シバケンの単なる雑談NO.213

雑談NO.211 雑談NO.212
雑談NO.206 雑談NO.207 雑談NO.208 雑談NO.209 雑談NO.210

雑談NO.205
雑談NO.160 雑談NO.170 雑談NO.180 雑談NO.190 雑談NO.200
雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.214

NO.2400 宵々山の話(6) 長刀鉾の粽は売り切れの話

NO.2399 宵々山の話(5) 「紫田」姓って、あるの怪の話

NO.2398 宵々山の話(4) 老舗たるの所以の話

NO.2397 2018年度の夏祭りの話 余計なる、2件の話

NO.2396 宵々山の話(3) 京極かねよの話

NO.2395 宵々山の話(2) 祇園祭の粽の話

NO.2394 宵々山の話(1) 京極かねよの話

NO.2393 この数日、クタブレタの話(14) 帰りの道中の話

NO.2392 この数日、クタブレタの話(13) 義母の話

NO.2391 この数日、クタブレタの話(12) 比地木の小屋の話

雑談NO.212


NO.2391 この数日、クタブレタの話(12) 比地木の小屋の話

いやね。
凄い猛暑、酷暑、激暑で、日本全国、方々にて、熱中症で、倒れたり、亡くなってるです。
倒れて、救急車にての搬送、2037人で、亡くなったは、8人。8人には、京都の方も、含むです。

いやね。
諸般、昨年の粽、「祇園祭」の、なれどの、函谷鉾のと、茅の輪を納めに行くの積もりをしてたですが。止めたです。
イヤ、車でなら、行ってるですが。歩け、歩けの積もりでして。
何も、わざわざの、この、猛暑、酷暑、激暑の最中に、無理すなと。

オッとの、此度には、菊水鉾の、粽を買おたですが。
早速にも、玄関先に飾ると、するのか。飾るのやねえ。ブラ下げたです。魔除けのため。
いやね。
納めるなら、その鉾のところか、「八坂神社」の納め所に納めたら、宜しいですが。鉾のところには、あるのか、無いのか、よ、知りませんでして。
それなら、月参りの墓参の時にでも、「八坂神社」にと、相成るですが。忘れてしまいそでね。忘れても、次ぎの機会、次月にでもと、すれば、宜しいですが。とりあえず、「大井神社」の茅の輪もあるが故、近在の、「大井神社」にでもと。


とかとか、この話、やり出したら、延々の続くが故、「この数日、クタブレタの話」をするです。
いやね。
告別式と、するのか、故人を偲び、写真の数々、モニターにて、見せて戴きまして。
ンの、ならばの、喪主挨拶なるは、どなるの哉と。
イヤイヤ、司会者と、するのか、進行役の女性が、マイクの声が、籠もってもての、聞こえ難く、判別し難いの音声にての、回顧場面を説明してもての、ほならの、それが、殆どではと。

イヤ、聞こえてませんですが。写真見たら、概ねの状況分かるです。
イヤイヤ、こんなモニターでの、写真も、初でして。
いやね。
結婚式でなら、次男ので、あったですが。最近では、この手のを、散見してるですが。結婚式での、話の、葬儀では、初。

いやね。
下世話なるの話の、これにも、金使てるのや、なと。
では、あれどの、更なるの、下世話、余計なるの話の、これだけの沢山の親族、会葬者が来て呉れたら、香典も、相応の金額に成るやろと。
では、では、あれどの、弁当準備したり、初七日の会席の料理等々、してたら、コレ又、余計なるの話の、出費がと。

いやね。
葬儀なるは、ムツカシイです。
そらな、地方、地方、地域、地域によて、違うわと。
突出も、考えものでの、多分なら、こちらの方では、こなんやろなあと。

対して、何度も、申してるの、我が地域、承知の範囲なら、質素も、表現、異なれどの、家族葬で、こぢんまりの方向にありまして。
要は、極普通から、一般の方からの、香典遠慮になりの、最近では、家族葬で、事後報告でして。
イヤ、地域、地域、その立場に寄りての、それで、充分な事も理解。
反面、地域、地域の事情に寄りの、そは出来ずも理解。

で、当方的、一般の方、会葬者からの、香典遠慮なら、実際問題、家族葬で、結構哉と。
さもなくばの、粗供養だけでも、バカには、成らず。
いやね。
それもあるし、葬儀なるを、故人の集大成と、位置付けるならばの、家族葬で、こぢんまりも、寂しいなあと。
さりとての、死ねば一緒の、無でして。
更にならばの、そらね、有名人でも、あらへんでして。辛うじて、その地域での、どれ程かの人数が、承知して呉れてるのだけ。それも、怪しいモンでして。

いやね。そらね。
当方でも、生まれの、育ったの、喜吉荒神町で、ならばの、そらな、沢山の方が、心底、残念がって呉れるですが。多分。
この町内会では、事後でも、嗚呼、そかの、あの人、亡くなったんやてと。ダケで、チョン。
同級生、同窓生には、喪中葉書で、知らせるだけで、充分哉の、わざわざの、亀岡くんだりまで、来て戴く事も、あらへんわと。

オッとの、そ云うたら、中学時代の親友、マサヒロ君の件もあるなあと。
イヤ、過日亡くなったの報、届いたですが。届いた時には、既に、内々で、家族葬の事やろねえ。終えてますの報でして。


オッとの、とととの、そんな事で、故人と、しかるべくの、親族が、火葬場に行かれるをお見送りしたなら、さあ、行こかと。
イヤ、比地木の、義母の住むの、小屋に、でして。
イヤイヤ、この界隈、そらな、嫁はんの方が、土地勘、地理に詳しいわと。運転は、嫁はんに託し。
いやね。
30分もは、掛からんの、20分程度哉と。車で。

いやね。そらね。
当方でも、概ねの道順なら、承知してるですが。ここ、近年、四国では、運転してませんでして。
イヤ、一昨年なら、長男、腕骨折に寄り、次男と、当方が運転で、四国に来たですが。
イヤイヤ、夏の、お盆の時期の、年中行事として、義姉宅にと。イヤ、宿泊先が、でして。宿泊だけで、済まんけど。

そんな次第の、斯くなるでの。
要は、詫間の、「三豊メモリアルホール」から、比地木の、義母宅でして。
まあね、本来ならばの、前日、通夜から、来るべきなれどの、嫁はんが、目眩等々、申しの、「亀岡シミズ病院」に、MRを撮って戴きに、でして。
まあな。
告別式には、顔出し。
されどの、火葬場には、遠慮で、比地木えと。
そらね、義母も、ええ歳でして。有り体には、そは、長くは無いです。
イヤ、通夜に来ても、泊まるは、義母宅の積もりにしてたですが。

イヤイヤ、従前には、我々夫婦なら、諸般、そのよに、致してたです。それが、筋でして。
がしかし、人数多くなればの、そもそもがの、小屋では、人数泊まれませんでして。
まあ、2人、3人程度哉と。

とっとの、そんな事で、比地木の義母宅に着けば、寝てまして。
イヤイヤ、そらな、我々、イツに来るか、小屋えの事なれどの、分からんでして。この日の話やでの、正確なる時間が、でして。

イヤイヤ、コレ又、図面も記載せずの、状況伝えるは、難しいですが。義兄、手先器用で、あちこち、手を加えてまして。
まずは、木戸が出来てての、ストッパー付き。

イヤイヤ、従前には、木戸は無かったですが。当然の、小屋に入るの扉は、網戸との、二重になってるですが。
いやね。
基本、この界隈、戸締まりなるは、キチリと、とは、しませんでして。謂わば、解放状態。

それ、云うたら、仏光寺時代の我が家も、同じでして。
大抵の宅様、鍵なんか、掛けてませんでしたです。基本、泥棒がと、するなら、特段の、玄関から、入らんわと。
とするのか、元々が、京都の家々には、裏庭があるです。
我が家にも、あったと、申してるです。この裏庭には、その気になれば、ヒョイと、入るは出来るです。

申してるです。猫なんか、どこからでも、出入り自由。
特段の飼おても、無いの猫が、当方をば、ご主人様扱いして呉れてと。オヤツでもを、喰てたら、横瀬。イヤ、ヨコセと、ニャー、ニャー、泣かれて、ソバに来て。
下手したら、下手しんでもの、真冬とかとか、勝手に、布団に潜り込んで来てね。
ついでになら、朝には、顔なめられて、臭い臭いするの、ザラザラの舌で。オイ、何喰たと。

オッとの、話、逸れたですが。
当家、鍵なるを、掛け出したは、槇島時代から、でして。
それは、鍵が着いてるの、玄関でも、あったですが。戸締まりし出したです。
そらね、近在の方々を知らんもあるです。
と、考えれば、仏光寺時代なら、近在の方々、重々承知もあるです。
現亀岡も、槇島と一緒。鍵掛かるの、玄関でもあるですが。近在の方々を知らんも、異なれどの、そこまでは、知らんです。

いやね。
よ考えたら、仏光寺時代には、近在の方々承知も、家の前は、沢山の方、通行してるです。
それでも、不用心なるの、鍵掛けずは、何か、あれば、近在の方が、怪しいのが、ウロウロしてたぞ、用心せよと。とかとか、情報、入れて呉れるです。

ンの、又もやの、話、余計なるの事、申し。
いやね。
玄関入れば、所謂の、土間、タタキでして。
その先にと、するのか、部屋がありの、当然の段差あるですが。又、右手には、トイレがあるですが。

いやね。
その部屋から、トイレに、何ちゅうかの、渡り廊下がこさえられててね。
更には、手摺りが、付けられててね。へえと。
イヤイヤ、昨年から、義兄、諸般、手を加えたんやなと。
イヤ、立派と、するのか、まあ、立派やねえ。反面では、義母も、次第、次第にの、足許がと。

まあね。
当家、ンの、亀岡の当家の事、なれどの。
そらな、母の部屋から、トイレには、バリア・フリーにしたし、手摺りも、全面的では、無いものの、方々に付けてるし。
全面的には、して無いは、途中から、家の中で、車椅子でして。
ンの、ここでは、それは、出来んですが。するなら、更なるの大掛かりな、大工仕事がいるですが。
イヤ、我が家の方なら、当然の本職の大工に、頼んでるです。
そらな、トイレまでの、床のバリア・フリーなんか、ド素人に出来るのモンかと。
(18/07/19)


NO.2392 この数日、クタブレタの話(13) 義母の話

いやね。
長雨、「西日本豪雨」が終われば、多少の雨なら、欲しいのに、猛暑、激暑、酷暑。
これは、日本全土で、大変でして。京都は、下手したら、観測史上の記録更新するかの、高温、気温。

いやね。
確かに、暑さの質が違うです。涼風が無いです。扇風機回して、来るが、熱風。
その昔なら、風鈴が、涼しさを招いてたですが。そんな風情あらへんでして。

とっとの、その話は、置いといての、義母の話。
云うたって、相応の年齢でして。94歳でして。
只な、我が母と、違うは、骨折してませんでして。車椅子に非ず。
かと、申しの、ディ・サービスで、通うの福祉施設では、車椅子。

いやね。
難しいねえ。介護の考え方がです。
基本、歩けるなら、自力で、歩いた方が、健康、足の体力には、好ましいですが。
さりとて、それで、転けられたでは、施設の責任でして。
又、年齢的、高齢になれば、なる程に、転け易く。そらな、足上がらんです。上げてる積もりも、上がってませんでして。僅かな、段差で、蹴躓くです。
まあね、それを、突破なり、嗚呼、蹴躓いたなで、歳やなと、自制、反省してるの内は大丈夫なれどの、それで、実際に、転けてもてみい、骨折でして。

いやね。
年齢とは、そんな事でして。
一寸の段差で、蹴躓いても、転けませんですが。それは、反射神経、足の体力、バランス感覚健在故。
健在も、年々、退化してもてね。

オッとの、何の話をしてるの哉の、我々、小屋に着いた時、部屋で、畳の間で、ごろんと、横になて、寝てまして。義母が。
正直、申しの、寝てるのやろなあと。
そらな、ベッドで、寝てるなら、まだ、分かるですが。それでも、寝てられてたら、起こして、声掛けて、起きるの哉と。
起きたら、結構も、そらな、最悪の事態も、想定してしまうわと。再度の、歳が、歳故でして。

イヤイヤ、嫁はん、寝てるのか。着いたよと。
こんな暑いところで、扇風機も、エアコンも点けんとからにの、熱中症になるえと。
がしかし、応答無くの、とりあえず、間に上がりの、再度の、来たえと。
イヤ、寝てるが分かったですが。少々の動きがあった故の、正直、ホと、安堵。
それにしても、値難い体勢で、寝てるなと。且つは、嫁はん申すの通りの、この糞暑いのに、扇風機も、エアコンも点けずの、窓は、開けてるですが。

いやね。
誰か、一緒なら、小屋にの話の、喉が渇けば、お茶なり、水でも、出せるですが。小屋に一人では、取るだけでも、難儀やろなあ。邪魔くさいやろなあと。
そらね、冷蔵庫は土間にあるです。
行くに、手摺りをつたい、靴なり、スリッパ履いて、冷蔵庫まで、歩かねばならず。

いやね。
正直申しの、当方でも、邪魔くさいわと。
冷蔵庫の、茶出し、コップに、注いで、氷りでもを、入れるがです。
まあな、その邪魔くさいを突破の、猛暑なら、仕方無くと。
それ云えば、トイレに立つも、移動も、邪魔くさいやろなあと。

イヤイヤ、よっく、分かるです。
その気持ちがでして。
さりとて、トイレなら、我慢たまらずの、行くのであって。
いやね。
我々なら、まだまだ、若いです。自力で、手摺り要らず、車椅子で無く。単に邪魔くさいだけの話なれどの、高齢で、自力で、立つ、移動に難儀しててみい。
当方なら、どするやと。
どするも、こするも、出来る事、せねばならぬけど。

いやね。
実は、その辺りの事、難しいぞと。
歳取れば、基本、横着になるですが。横着の種類が違うです。
ンの、何を云いたいかと、なればの、義母の場合、横着になって来てると、思うですが。基本、小屋に一人で、自立してるです。

いやね。
母の場合、自宅でなら、基本、一人には、させてませんでして。
そらね、車椅子移動故、一人では、オシッコにさえ、行けへんわと。食事も、出来んわと。
そらねえ、ケータイ・トイレなるは、コレ、家族が処理するが大変でして。当世、臭いも、相当に改善の、臭い消し、消臭剤が、出てるですが、限度あるです。
臭いは、臭いわと。

ならばの、オムツをして呉れたら、なれどの、しませんでして。
コレ又、気持ちも、よっく、分かるです。
オッとの、義母も、してませんですの、そらな、人間としての、尊厳あるです。自尊心あるです。理解してるわと。
これも、簡単に申すは出来ても、実際問題、付けたり、外したり、又、付けたりが、大変ぞと。自力で、出来ませんでして。

いやね。
テレビのCMやあるまいにの、あれは、そこまでの、高齢者に非ずの、自力で、履ける、脱げるの程度の年寄りでして。それなら、オムツなんか、いらんがな。
いるは、車椅子なり、自力で、移動出来ぬの方。

オトトの、何の話をしてるの哉の。
イヤイヤ、世間話をしたです。義母と。
イヤイヤ、何度も、何度も、孫、曾孫の事、聞いて。何人やったなあ。4人。
又、暫くして、何人やったなあ。4人。
何度も、何度も、聞くですが。これを、呆けてるの、或いは、呆けて来たの証左と、考えるか、まあな、年齢的、そんなモンと、考えるかは、当方的、年齢相応と、してるです。

理由超の簡単の、実際に、呆けてもてみい、孫、曾孫の数までの、以前の、事まで、考え及ばんわと。
尋ねも、しませんです。
下手したら、我々、見て、あんた、誰。どこの人。
はたまたの、どこかで、見た事、あるなあと。云われてみい、これは、なと。

イヤイヤ、申してるは、何度も、何度も、同じの事、聞くですが。
当方的になら、呆けて無いです。大丈夫也と。
オッとの、そらな、正確には、呆け出してるですが。金さん、銀さん、みたいなのと、一緒にすなよと。

されどの、当方的に、ならばの、長寿なるは、必ずしもの、めでたい事で、あらへんわと。
そらな、金さん、銀さん、みたいに、シルバー・カー付きなれどの、自力で、結構、歩いてまして。受け答えも、充分に出来ての、百歳、百歳ならばの、結構なれどの、それでも、なと。
かと、申しの、自分で、自分の寿命を決めるが出来ずの、難儀やねえ。

いやね。
義兄申すに、表情が乏しくなったと。
ンの、同感なれどの、これも、なあと。
まあつまりは、感動するの事が、無くなって来たんや、なと、思うです。
感動する事、あっても、その度合いがあるです。
又、自身、一番の関心事なるは、別の事でして。それ以外は、単なるの、世間話的でして。

いやね。
孫、曾孫の人数の事、何回も、何回も、尋ねてたですが。その件については、感心あるが故、聞いてるです。
但し、嗚呼、矢っ張り、自分の記憶の人数と、一緒やなあと。よて、感動せずの。その確認を何度も、何度もしてるのだけと。
とは、当方的、解釈。

いやね。
多分なら、義母の死生観は、当方と一緒哉と。
いやね。
孫、曾孫の数と、同様に、早く行きたいと、申しまして。行くとは、あの世の話の、当方的、重々理解するです。
先の通りの、自分で、自分の寿命決められず。

イヤ、特段の、死ぬるが怖くも、何ともあらへんでして。只な、自殺は、御法度。ハタ迷惑故。
又、更に、申すのならばの、怪我も厭。病気も厭。
理想論申せば、寝てるの間に、行くが一番也と。贅沢なれどと。
とっとの、そらな、病気は、ある意味、仕方があらへんですが。中身に寄るなあと。
要は、苦しんで、行くが、厭でして。

オトトの、何の話をしてるの怪と。
そらね、義母も、そんなに長くは無いと、思うが故、機会見て、折角故と、顔をと、するのか、顔やねえ。
様子見しに来てるです。

ついでになら、京都駅で、調達の、「聖」<餡入り生八つ橋>をば、持参。
イヤイヤ、しかるべくの、宅様の分も、持って来てるです。
(18/07/20)


NO.2393 この数日、クタブレタの話(14) 帰りの道中の話


さての。
京都で、38度が、一週間、7日連続ですて。最高気温も、連続も、記録更新ですて。
さもありなんの、ジッとしてても、汗たらり。
そもそもが、涼風が無いです。感じられんです。
こんな事、過去にあったやろかの、異常事態。

さての。
明日<7月21日>、耐震診断の日でして。
一級建築士の方が、朝、9時半に、来られるになってるです。
イヤイヤ、だけの話で、どんな具合にされるか、なるかは、明日になてみな、分からんわと。
<参考=「単なる雑談NO.212」NO.2389 この数日、クタブレタの話(10) ところ替われば、形式も違うの話(1)


オッとの、そんな次第の、斯くなるでの。
義母宅、小屋には、1時間程居たの哉の、その間には、冷蔵庫にあったの、缶サイダー、1個あったが故、嫁はんと、半分ずつと、戴いたり、致してね。
そらねえ、結構蒸し暑くの、扇風機を回したり。
いやね、この時には、まだ、暑さも、マシなれどの、そら、7月の1日の事でして。
イヤイヤ、義母、エアコンも、扇風機も点けず。誰かに、良く似てるです。
オッとの、当方なら、扇風機は点けるですが。
今の時期、38度が云々では、日中には、エアコンも点けるですが。

いやね。
この時期、今の話、なれどの、冷茶をガブ飲み。冷茶とは、単に、お茶に、氷を入れてるのだけの茶。
それに飽きたら、氷水。同じくの、単に、水道水、当然の、浄水器を通してるの水なれどの、それに、氷を入れてるだけの水。

オトトの、そんな事で、ほなら、サイナラの、又、8月になれば、来るしと、お暇致し。
その相談、マダ、決まってませんですが。
来るは、来るです。
単に、どんな具合にと、日程が、決まってませんでして。とは、云えどの、嫁はんの頭の中では、決まってると、思うですが。

今度は、一路、嫁はんの運転で、義姉の車で、「三豊メモリアルホール」に戻りまして。
いやね、丁度、皆様、これから、マイクロ・バス等に乗りましての、火葬場に、骨拾いに行くの直前と、するのか、マイクロ・バスに乗ってるの途中でね。

イヤイヤ、丁度、ヨカツタなと。
イヤ、車の、キーを、当人様にかえすが出来るです。
イヤ、多分なら、間に合わずで、「三豊メモリアルホール」の方にでも、預けるにしてたですが。当人に手渡すが一番でして。
イヤイヤ、ほならの、そんな事でと、サイナラ致し。

我々夫婦なら、そのままに、とするのか、既に、平服に着替えてましての、諸般の荷物なるは、宅急便で、送って頂戴と、してまして。
義姉に。嫁はんから。
よて、後は、タクシーを呼んで戴き、「詫間駅」に行くだけでして。

イヤイヤ、そんな事で、タクシーねえ。
久しぶりやねえ。
イヤ、一昨年の、「古希、北海道旅行の話」<「単なる雑談」に掲載>では、参加者6名で、乗ったですが。
これはねえ。所謂の団体さんで、でして。
個人で、乗るは、ン十年ブリやろねえ。乗るの、用事、ありませんでして。

いやね。
駅に着けば、即の、切符、指定席の予約でして。
ンの、残念無念の、新幹線の指定席は取れたですが。所謂の、三人掛けの席の、二つでして。要は、誰か様、余所様が、居てるになって、ねえ。
特急しおかぜなるは、元々が、二人、二人の席なれどの、通路挟んでの、席しか、ありませんでして。

いやね。
正直申せば、帰りには、新幹線で、駅弁でも、買うかと、してたですが。岡山駅なら、種類も沢山あるやろしと。
されどの、同じの席に、余所様居られて、弁当喰うも、一寸なと。
駅弁で無くともの、帰りの道中、イヤ、並河駅から、我が家えの、道中の事なれどの、国道9号線土田<つった>の交差点に、「ほっともっと」がある故、そこで、夕食調達するかと。そやなあと。

いやね。
要は、行きしなは、新幹線も、それから先も、ガラガラと、までは、申さんの、ガラ程度でしたですが。
帰りは、二人席なるは、満杯でして。三人席しか、空いてませんでして。コレ、新幹線。
イヤ、そらね、列車を、一つなり、二つ、遅らせたら、空いてると、思うですが。そこまで、しんでもと。


結果、「多度津駅」から、岡山駅なるは、通路挟んで、右、左の、後で、聞けば、嫁はんの隣の席の方、女性なれどの、花を持ってまして。
イヤ、手に持つで無くの、荷物として、我々が乗るまでの間、隣席に置いてまして。
それは、結構なるも、その席に、嫁はん座るに、その方の、前の、テーブルに載せたですが。
も、結構も、えらい、デカいの花でして。イヤ、袋には、入れてるですが。

いやね。
問題は、そこから、アリが出て来たり、でして。へえと。
当人、隣席の方、そんな事、無関心での、となればの、それまで、置かれてたの、嫁はんの座席にも、アリが居てたのやろかの、ハタ迷惑なるの、話でね。

今度は、岡山駅からの、新幹線なれどの、まあ、人様々での、同列の、二人席の、ご夫婦やろかねえ。若いの方。
駅弁開けるは、結構も、カメラで、中身、写真を撮り出して。へえと。
多分なら、ネットで、報告なり、するの、やろねえ。すっきやなあと。余所様が喰うの、弁当の中身、見て、喜ぶの変人が居てるのやろと。

ンの、での、3人席の方。我々の座るの方なれどの、窓際の席、ダアレも居てませんでねえ。
イヤ、さての、誰かが、取ってる筈での、新神戸駅過ぎ。ならばの、新大阪駅やろなあと、思てたならばの、案の定の、そでして。
そらな、新大阪駅からは、大入り満員でして。

での、ンの、いきなりの、弁当開けてね。
イヤ、お好きに結構の、そんな状況、分かってた、ならばの、岡山駅で、弁当買おて、新大阪駅までの間、喰えたのにと。
されどの、既に、時、遅しの、「ほっともっと」の弁当にしたです。
にしてもの、そらねえ。
正直、クタブレタです。
されどの、車で、よりは、気が楽、気楽なれど、です。
(18/07/21)


NO.2394 宵々山の話(1) 京極かねよの話

「この数日、クタブレタの話」なるは、後回しにするです。
とか、云うたって、7月2日<月曜日>に、堀川高校の同級生、アキラ君、ミノル君と、亀岡で会いまして。
10月に予定してるの、ミニ・ミニの同窓会での、場所、烟河温泉の下見の話でして。
ンの、10月に予定とは、その日に、適当に決めたのだけの事でして。

本来ならば、6人の積もりしてたですが。
内の1人、千葉在住のコウジ君は、遠慮すると。結果、5人でと、相成ったです。
イヤイヤ、実際には、その10月の日程の調整が大変でして。結果的、10月18日、19日と決まったです。
只な、烟河温泉なるは、京都、亀岡、湯の花温泉の一つでして。
まあなあ、温泉故、温泉に浸かるだけの目的で、行く方もあるですが。正直申しの、当方に、その手趣味あらへんでして。
まあな、諸般、旧交を温めるの目的故、行き先なるは、どこでも、宜しいですが。


とっとの、そんな事で、本日<7月21日>、耐震診断で、一級建築士の方が、約束の、9時半丁度に来られたです。
この糞暑いのに、大変やねえ。
家廻り、建て付けの状況。天井裏、軒下にも、潜りの、調べられたです。汗ダクダクでねえ。約の2時間。

正式な、結果は、後日になるですが。
概ねの、耐震工事の事をば、話あって。
要は、数値的、細々なるは、止めにしての、要は、点数、「0.7」以上に出来るなら、補助金<90万円・総額の、3/4以内>が出るですて。
イヤ、元々の当家が幾らかは、計算しな、分からんですが。多分なら、「0.2」程度ではと。コレ、実際には、壁をめくって、調べる等々、せねば、分からんですが。1980年の建物故、旧基準でを、前提になら、そんなモンかと。

その耐震工事なれどの、あくまでもの、概要なら、屋根に手を付けん事には、「0.7」には、到達出来ませんと。
イヤ、手段なら、幾つかあっても、屋根をそのままでは、費用の割には、改善がと。
屋根に手を付けるも、ピン、切りでして。どのよにするかがありの、まあ、適当には、100万円で、収めるも可能でして。但し、壁面も、工事せぬ事には、意味が無くと。

当方、聞いてましての、ンの、予算、概要、200万円見当になるの哉の。
内の、90万円の補助も、持ち出し、110万円故、要は、その工面の問題也と。
とか、云うたって、難しいの問題でして。一発の地震が、イツ来る、被災するかは、分からんわと。
家壊れたら、住むの場所無くなるです。半壊でも、一緒。
加えての、それで、命失う。或いは、怪我、重症も、問題でして。嗚呼、あの時、直しとけばと、後悔するも、厭でして。


オッとの、そんな事で、当家、宵々山<7月15日>の祇園祭の鉾見学と、するのか、「京極かねよ」に鰻を喰いにの話と、するのか。
の話をするです。
いやね。
7月14日<土曜日>、夕方に、神戸長男家<5人>到着。
長岡京次男家<3人>については、現地集合。
とは、明くるの、15日<宵々山>の日に、「京極かねよ」に、11時にと。
云うたって、開店11時半でして。30分、この糞暑いのに、待たねばならぬですが。

いやね。
総勢10名様でして。我がご一行様が。
となればの、10人分の席確保せねばの、早めになら、可能哉と。
早めで無くとも、可能は可能の、但し、待ち時間、長くなるですが。

いやね。
小さいのが、4人も居て、この糞暑いのに、長時間の待ちは大変でして。
云うたって、開店前でも、待たねばならぬですが。店の外で。

かと、申しの、遅めの、昼食では、昨年みたいに、もおもお、人が一杯で、身動き大変でして。
いやね。
大人と、するのか、息子共なりが、土地勘あれば、なれどの、あらへんし。
ましてやの、孫共が迷子になてみい、どもならず。
要は、早め、早めの行動で、人出も、まだまだの、少ない内にと。

まあね。
そこまでして、何故に、ウナギをと、相成るですが。
それは、昨年、次男家も一緒なら、一つの目的、当方の、なれどの、果たせたに成るですが。来てませんでして。

オッとの、大きな目的なるは、嫁共、孫共に、是非共の、「かねよ」の、マムシ<ウナギ>を喰わせてやりたいと。
昨年には、長男嫁、孫共には、果たせたですが。次男家のが、未達。
ンの、何故に、「かねよ」にと、成るかと、なればの、ウナギ一本、老舗でして。
且つは、祖母より、唯一と、するのか、連れてってもろたの、店でして。

いやね。
祖母とは、墓参で、円山公園での、トーストと、牛乳なら、何度もあるですが。
これは、朝の早くに、家を出ての。当然の、歩け、歩けの墓参でして。そのトーストと、牛乳が楽しみでねえ。
墓参は、それが楽しみで、ついて行ったよな感、多々あるですが。

その上で、年に一度、あったか、無かったのかは、定かに覚えてませんの、「かねよ」にと。
まあな、墓地の近くと、云えば、近くでして。帰りの道中でもあって。正確には、一寸、寄り道と、するのか、脇に入るですが。
そらな、家に戻るならばの、四条通りを真っ直ぐでして。且つは、2筋、下<しも・南>ですが、「かねよ」は、河原町通りの、四条を3筋、上<かみ・北>でして。

とかとか、細かな話は止めまして。
とりあえず、祖母がと、するよりは、当時に、祖母世代のが、所謂の、外食なんか、まあ、致しませんの、習慣が無いです。贅沢でして。
まあな、特別なるの、来訪者あれば、出前を頼むなり、しかるべくの時には、仕出し屋の出前になったり、するですが。
とりあえず、店屋物なるは、御法度。とは、大袈裟も、まあ、あらへんわと。
円山公園の出店での、トーストと、牛乳でさえ、特別でして。

ましてやの、ウナギねえ。うどんでさえ、大層なるの話やのに、ウナギでして。
そして、「かねよ」に行けば、申したです。
ここは、下足番が居てるのやでと。フウンと。
下足番の意味が、分からんかったですが。当初は、なと。

申してるです。
その手、店に行く、入るが珍しく。そこらの、メシ屋、うどん屋に、下足番なんか、居てるのモンかと。
大抵ならばの、高級なるの、店でして。その店も、「かねよ」しか、知らんでねえ。

いやね。
どこまで、何をと、相成るですが。
まずは、当世、職業に貴賤あらへんですが。
当時には、多少は、あったわと。

いやね。
当世ならばの、靴屋は、結構高級のが多く、我々庶民では、フイと、靴屋に入って、買うに、懐との相談あるですが。昔にでも、あるけれどや。
その当時には、履き物は余り上等の、とは、なと。
ましてやの、料理屋と、するのか、その手の店で、下足番を雇うは、相応の店でして。
現在でも、相応のと、云えるの、そもそもが、履き物脱いでの店が少なくて。
あっても、自分で、靴置き場に、置いたりでして。

それを、わざわざの、客の、履き物の番、管理をしてくれるの担当者が居てるに相成って。
いやね。
云うてもたら、いっぱしの、大の大人が、そんな役、自ら進んで、やるのモンかと。
的、考えでして。
やのに、下足番の居てるの料理屋であると。

当方、知らんですが。
用事ありませんの、京都の一流料亭、所謂の、一見さんお断りの料亭で、靴脱いで、自分で、靴箱には、あらへんやろなあと。
そこに、下足番が、居てるかは、知らんですが。
客は、大抵ならばの、履き物、脱いで、そのままで、しかるべくの、部屋に通されるやろと。

オッとのと、玄関先に戻っても、先刻の、履き物は、きちりと、仕舞われてるやろと。
イヤイヤ、食事なり、終えて、戻るの時には、心配せずともの、履き物は、出てるです。

ンの、何の話をしてるの哉の。
基本、履き物脱いで、上がるの、店なるは、自分で、下駄箱に入れて、鍵掛けて。鍵は自分が管理か、下足番が居てるか、居てずともの、チャンと、されてるです。

いやね。
その下足の話と、ウナギの老舗也の話と、祖母に連れて来てもろたの話をしたく。
「かねよ」に、是非共と。

云うたって、当時、我が祖母と、来た頃なるは、そんなに待たされるであらへんでした、ですが。
当世、多分なら、観光専門誌なりに、登場で、相当に有名になってもてる、やろなあと。
開店前に、行って、嗚呼、こんなに少ないのかと。
では、無いやろ、なあと。

どちにしろ、そんな事で、7月15日<日曜日>には、朝、11時の、開店30分前に、現地、「かねよ」に集合と、決まってね。
イヤ、次男家は、電車で、来る故でして。
(18/07/22)


NO.2395 宵々山の話(2) 祇園祭の粽の話

いやね。
今月の墓参は遅くになったです。
いやね。
大体は、月参りの墓参なるは、月初めにしてまして。

イヤイヤ、6月31日は、嫁はんが目眩が云々で、MR診察をと、「亀岡シミズ病院」。
1日には、四国、香川。コレ、嫁はんの姉婿母の葬儀、告別式でしたです。
そして、先週は、我が一家全員揃いましての、祇園祭の、宵々山。実際には、昼間で、宵の表現おかしいですが。
更には、昨日<21日>は、家の耐震診断で、結果的、本日<22日>の墓参になったんやと。

いやね。
ならばと、昨年の粽。祇園祭の。
コレ、どする兵衛の、近在の、氏神様、「大井神社」にでも、納めるかと。イヤ、昨年の、茅の輪もありまして。
思てたですが。この猛暑。無理すなと。
イヤ、歩いて、行くの積もり、してたですが。

で、本日、折角故と。
イヤ、当家、墓地、「東本願寺祖廟」なるは、「八坂神社」のソバでもありまして。
「八坂神社」とは、左様ですの、祇園祭の元締めでして。とするのか、「八坂神社」の、お祭り、祭礼でして。
丁度、ええなあと。そこに納めるかと。墓参の後で。
イヤイヤ、当然の、「大井神社」の茅の輪も一緒。どちにしたって、しかるべくの、袋に入れてまして。それを、どちに、持参するか、だけの事でして。


オッとの、それは、本来的、この話の、後の話。
でしたです。
いやね。
長男が、袋に入った、何かを、テーブルの上に置いてまして。ンの、何か、ええ物哉と。イヤ、菓子類とかや。
にしては、見えてるの物が、ンの、祇園祭の粽に見えて。
何のために、粽をと。尋ねたならばの、納めるがためのと。嗚呼、そやなあと。納めんならんなと。

いやね。
祇園祭の、粽なるは、ここ、ン十年、ご縁無く。
とするのか、仏光寺の家出て以来、昨年まで、ご縁無く。
そらなあ、宇治、槇島では、どこからとも無くの、回って来るはありませんです。
亀岡なら、尚更でして。時々には、軒下に、粽を見る事、あるですが。ンの、果たしての、祇園祭の、やろかなあの。では、無いよなのをブラ下げられてるの事、あって。
イヤ、分からんです。何の粽かと。
ンの、山鉾の、では無くの、「八坂神社」の、可能性あるなあと。

いやね。
当方的、「八坂神社」の粽は知らんです。イヤ、7月中、売ってると、するのか、売ってるのやねえ。授けるになるの哉の、してるは承知も、「八坂神社」で、買おた事が無く。
昨年なら、函谷鉾の、でして。

いやね。
先に、云うてもたら、そらね、長刀鉾の粽が欲しかったです。
がしかし、昨年も、今年も、入手出来ず。
イヤ、軽くの午前中には、売り切れてまして。へえと。へえも、昨年も、今年も、でして。

での、昨年なら、函谷鉾の粽を、でして。
今年は、せめてものと、菊水鉾のをと、買おたです。千円。
いやね。
何か、買わんと、鉾に乗れませんでして。
長刀鉾では、上がれるは、男子のみで、ここでも、何か、買うになってまして。粽が売り切れ故、手ぬぐいを買おたです。500円。

いやね。
長刀鉾のみ、1個、1つ買えば、男子なら、全員と、するのか、その1団については、全員の意なれどの、乗るが出来るです。
他のは、基本、粽1つで、1人で、なり、買おた上で、複数乗るなら、一人、500円であったの哉の。鉾によて、違うですが。
更には、毎年、違うの事もありまして。一概に、こであると。とは、申せませんでして。

いやね。
函谷鉾も、菊水鉾も、女子乗れるです。
結果的、函谷鉾は、昨年も、今年も乗らずの、女子は、菊水鉾に乗ったです。
いやね。
今年は、子どもは、只であると。との事で、孫共全員、菊水鉾に乗ったですが。
イヤ、孫君共、我々、男子全員、長刀鉾には、乗ったです。乗れる故。
とかとか、その昔には、鉾に乗るは、只でしたですが。いつの間にやら、観光化されたと、するのか、その手、資金集めねば、管理、運営難しくなって来てるは事実。

いやね。
ついでの話の、当方、粽の飾り方、間違おてたです。
基本、粽なるは、玄関の上に飾りての、その下を潜るですて。へえも、よ、考えたら、仏光寺時代には、そしてたです。
いやね。
現在の家の、玄関の構造が異なりまして。要は、仏光寺の家では、戸板でしたです。
がしかし、現在の亀岡のは、開き戸でして。横手の柱に、吸盤を付けて、粽を結んでるですが。
人が、つまり、我々が、粽を潜るとなればの、真上に、取り付けねばなりませんでして。
その玄関の開き戸の、上、開けて、邪魔にならぬよに、更に、上に取り付けねば、御利益あらへんなと。
明日にでも、粽の飾ってるの位置を変えるにするです。

いやね。
基本の基本、玄関で、目に付き易い所とされてるです。疫病、悪鬼、邪気除けでして。
がしかし、京都の時には、戸板なり、横開きの扉でして。その真上に飾ってたなと。
玄関では、無理なるの場合、内側でも、兎に角、目に付き易いの場所でして。
(18/07/23)


NO.2396 宵々山の話(3) 京極かねよの話

冒頭、余計なるの話、3件。
余計でも無いけどや。

いやね。
早速にも、祇園祭の粽の移動を考えまして。
玄関先に吊すは一緒も、扉の横手から、真上にと。
現状、吸盤をくっつけ、それに、結んでるですが。その吸盤がいるなあと、「コーナン」に出向き、似たよなのを調達。
作業するに、脚立がいるなあ。紐もいるなあ。とかとか、セロテープに、ハサミもいるなあと。

思いつつの、さてのどんな具合哉と、現場。
云うたって、当家、玄関先なれどの、出て、現場、現物、状況確認して。ンと。
見たら、案外に、粽が大きくて。とするのか、長くてね。どする兵衛哉の、ども出来ず。

いやね。
玄関の扉は、金属製で、ガラスもはめ込まれてるですが。高さ二重で、扉の上がまだあって。その上段箇所に吸盤をと、想定なれどの、その高さが、不十分。
いやね。粽のしかるべくの箇所を紐で括って、ぶら下げるに、その下の箇所が、扉の開け閉めの際、ぶつかると、するのか、邪魔になるの位置。
ならばの、更なるの上にと、なればの、そこは、壁。モルタルでして。

そらねえ、どしてもなら、モルタル用釘でも、打ち付けてと、相成るですが。
それで、モルタルにヒビとか、入ってもてみい。どもならず。
沈思黙考、小1分で、嗚呼、成る程の、当方、多分なら、昨年も、そしよと、した筈なれどの、状況的、無理と、するのか、基本、目立つよにが本命の、粽故、真上が無理ならと、横手にしたのやなと。

での、2件目。
明日<7月24日>、「芋煮会」有志で、草刈りをと。
過日、幹事君より、要請受けて、参加するにしてるですが。
イヤ、集合時刻、10時半、農園主宅でして。
但し、参加のフサオ君を並河駅に、10時過ぎに迎え宜しくと、されてましての。それも、結構なると、諾と。

でや。
この数日、何日、続いてるやの、高温、気温、警戒警報でして。命の危険性あると。
イヤ、事実、単に、買い物なり、諸般の野暮用にての、出たり、入ったりだけなれどの、この、猛暑、激暑、酷暑で、出てる、動いてるだけで、汗ダクダクの。だけで無くの、動くも、辛い事。

いやね。
朝10時半とせず。モと、早い集合にしやへん怪と、幹事君に伝えたですが。
曰くに、返答するに、この先も、一緒で、気温の下がる話、ありませんねえと。
ンの、主旨に、少々ズレあるですが、申すに、農園主とも相談の、各自、水分補給に留意せよと。との事ですと。
さよかと。
仕方が無いなあと。
まあね、幹事としたら、そやろなあと。オッとの、中止要請したでは無いけどや。時刻を早めるの話なれどの。結果的、参加者、有志全員に通達も、大変でして。
云うたって、何名なん哉の、総勢7名<農園主含む>やろかと。それでも、その人数集まるだけ、大したモンですが。

まあな。
まずは、ペット・ボトルに、茶を冷やして、氷にしたのと、道中、駅ででも、自動販売機の、ペット・ボトルの茶を調達でもするかと。
いやね。
氷の茶は、作業終わってからでして。イヤ、途中ででも、構わんですが。自動販売機のは、作業し乍らの補給用。
そらね、氷のは、そは、簡単には、溶けませんでして。
イザの時、困るの事よの、経験なら、してるです。

での、3件目。
いやね。
何時頃かは、失念の、単に、呆けと、テレビを見てたですが。
イヤ、BSの、103チャンネル<NHK>とだけは、記憶してるですが。

いやね。
真面目には、見てませんの、ハタと、ンの、これ、京極通りやなと。京都のです。
題目も、真剣には、見てませんの、多分なら、「京都の音」哉の、何の音か、機関車とかの、でして。梅小路の怪の、ツマランなあの、テレビ切るの直前に、その京極が映りまして。且つは、六角通り、辺りでの。話簡単には、「京極かねよ」の界隈なるは、そら、一発、分かるです。

いやね。
そのものズバリの、ウナギの老舗が云々の、ウナギを焼いてるの場面が映りの、へえと。
で、何やの、落語をやってまして。「かねよ」で。

イヤ、そんな事、「かねよ」の、ホーム・ページに、掲載されてるし、「かねよ」には、宣伝ビラ、張ってるです。
されどの、落語をば、見ても、聞きも、してませんですが。
映像では、結構なる、人数の観客が居てるなと。
<参考=京極かねよ

いやね。
「かねよ」では、毎月、1日だけ、落語を開催してまして。
木戸銭なるが、ウナギ丼付きで、2500円也。
これ、この値なるは、ウナギ丼の、「並」でして。
話簡単の、ウナギ丼だけの値で、落語を見る、聞くが出来るです。


そんな次第の、斯くなるでの。
そのテレビで、放映の、落語をしてるの場所なるは、「かねよ」の2階。1階は、椅子席でして。座敷の間で、やってる故。
いやね。
我々、ご一行様。
結果的、7名様が先に着いたですが。次男家、少々遅れて、到着でして。結果、10名様なれど。

いやね。
地下鉄の天神川駅のそばの駐車場に車を駐めて。昨年同様での、終日、700円也故での、安い故。
ここから、地下鉄で、御池通りの、市役所前で、下車で、行ったですが。

いやね。
この日、7月の15日。
後刻、知ったですが。この、15日なるは、特別の日、ですて。毎月の。
いやね。
先刻の、「かねよ」の、ホーム・ページにも、記載、掲載されてるですが。70歳以上の限定にての、30名様に、ウナギ丼只、無料。
「お元気ランチ」と、称してるですが。

いやね。
実は、我々、御一行様7名は、11時に、5分、10分前頃、「かねよ」に到着。
したなら、既に、沢山の。
とするのか、多分なら、7名、8名程の、老人、お年寄りの団体さんやろかの、一団が居てましての、へえの、早いなと。
まあね、その程度の人数ならばの、どて事、ありませんの、先頭集団であるは、確定。

いやね。
その直後には、順々に、並び出してましての、へえと。皆様、早いなと。我々も、早いけれどの、どちにしろの、開店11時半でして。
と、思てたならばの、長男曰くに、70歳以上の人は、只で、ウナギが喰えて、且つは、11時に入れると、してあるでと。へえと。

いやね。
要は、毎月、15日には、10時に70歳以上の方、50名様限定で、抽選あって。内の30名様には、「お元気ランチ」と称しの、11時開店で、只で、ウナギ丼が戴けるですて。へえと。

いやね。
成る程の、我々の前の、大多数の老人、お年寄りの方々、11時になって、担当者より、促されの、店内えと。
結果、我々の先客、2名様の老夫婦のみと、相成ったですが。
イヤイヤ、後ろの方で、並んでたの、方も、何名様かが、促されの、店内えと。要は、抽選で当たったの、30名様なんやろねえ。
中には、自転車で、来てるの、方も居たりして。ンの、元気やなあと。
オッとの、当方、71歳で、自転車には、乗ってるのけどや。

いやね。
再度、申すの、いつの間にやら、自身、70代になてもてて。
特段の以前より、自身の年齢、隠しも、何にも、してませんの。只な、目の前の、年寄り、老人と、判断してたの面々、70歳以上の、やなの、当方も、年齢的、その、「お元気ランチ」たらの、有資格者なるの怪と。

いやね。
近くなら、来てもええなあと。毎月15日なら、尚更での。30名様なら、多分ならの、大抵なら、当選怪と。
いやね。
少なくともの、11時半開店を、最優先の、11時から、入れて呉れての、優遇でして。

いやね。
その老人達。
とは、表現異なれどの、当方も、故の、結果的、年齢隠しては居てへんでもの、老人と、称されるに、若干の抵抗あるですが。
ええなあと。

いやね。
その方々が、入って、暫くしたら、次男家3名到着で、ホと安堵。
そらな、次男なら、何度かは、連れて来てるし、場所承知と、思えどの、イツの話怪と。
まあな、当世には、スマホで、地図で、案内して呉れるですが。

いやねえ。
この日、7月15日も、猛暑、激暑、酷暑の日、でして。
それを、店外にて、軽くの30分以上、待つも、辛いですが。
いやね。
早くに来てて、ヨカツタです。時々刻々と、並ぶの人数、多くなてね。再度、申すの、最初の年寄り連中の、大部分は、「お元気ランチ」組でして。
ある意味、そやろなあと。
こんなに早くに、ええ歳した、爺様、婆様が、30分以上も、待つの怪と、思てたですが。30分早くに入れてもらえて、只で、ウナギを喰わせて戴けて。結構や、なと。
思てるの間にも、モ、喰たんやねえ。一人、二人と、店内から、出て来てね。へえと。

云うてる、思てるの間にも、11時半丁度になりての、前の、老夫婦は、1階に案内され。
我々、ご一行様、10名なるは、2階にと。
いやね。
1階は、椅子席故、履き物そのまま。
2階は、靴脱いで階段上がるの、当世には、下足番とは、してへんやろ哉の、担当の方、案内役が、居てるですが。要は、10名様がと、上、2階の面々に伝えてましての。
当たり前だの、クラッカーの、2階席の、一番手。
結構なると。
(18/07/24)


NO.2397 2018年度の夏祭りの話 余計なる、2件の話

冒頭、余計なるの話、2件。
余計でも無いけどや。

いやね。
1件なるは、本日<7月24日>の、芋煮会有志に寄るの草刈りの話。
オッとの、この件、「みんながパソコン大魔神」掲示板に投稿故、そちに、譲り。
<参考=NO.1712 <雑談>猛烈なる暑さの中で、草刈り<笑>

ならばの、モ1件の方なれどの。
コレ、町内会の、「夏祭り」の案内状が全戸に配布されまして。
イヤ、日は、8月25日<土曜日>でして。フウンと。
で、注目の、さての、今年は、缶ビールか、生ビールかと、多分なら、缶ビールやろなあと。
理由、超の簡単、前回、前期までの、3年、3期連続の、缶ビールでして。最早の、生ビールで、やるの筈、あらへんわと。

思いつつの、メニュー見たら、ンンの、生ビールとしてあてねえ。へえと。フウンと。
やって、呉れたなと。結構なると。
申しておくの、此度については、総会では、意見云うては無いです。区長本人にも、その他、役員にも、一切のこの手の話、してへんわと。
当方的、一度意見申せば、でして。

イヤ、その一度。
とは、昨年度、期首総会にて、申したです。
二年連続の、缶ビールでして。前年度では、役員会で賛否取って、1票差で、缶ビールになったと、噂で、耳に入ってるですが。
それを、会計君応答致しの、嗚呼、今期、やる気が無いなあと。
前例、踏襲怪と。

云うてもたら、役員が、役員たるが、何であるか、でして。
申してるです。世話役也と。
云うたって、当方的、下戸故、どちでも宜しいですが。缶であれ、生であれどの、されどの、生ビールなら、口当たり宜しくの、1つ、戴くかと、毎年、買おてまして。
缶ビールなら、わざわざの、買おてまでは、いらんわと。

いやね。
それこその、余計なるの話の、噂をバラまいてるのヤツが、総会なりで、意見出せば、宜しいのに、云わんでねえ。
オッとの、それが、誰かは、知らんですが。
イヤ、当方なら、そんな事、区長の決断也と、思てまして。そもそもがの、賛否取る事怪と。
は、結構も、結果的、前期は、賢くての、前例踏襲を決めてたに相成って。
つまり、区長なり、三役の、決断やろなと、思てるです。
対して、役員からは、何の意見も、反論も、出てませんを意味致し。情け無いなあと。その期、その期の役員がです。
では、あっても、その期、その期の顔、代表たるは、区長也。経緯なるは、内部の役員にしか、分からんわと。

では、今期はと、成るですが。
結果的、区長判断にて、元に戻して呉れたになるです。流石やなあと。
いやね。
今期については、色んな意味で、期待とするのか、期待やねえ。してるです。
されどの、この件については、3期連続の、缶ビール故、そのまま哉と、思てたですが。ある意味、それを、元に戻すは、勇気いるです。
イヤイヤ、その経過等々、一切の知らんわと。感知してへんわと。申してるの通りの、「夏祭り」の案内状が届いて、知っただけ。

いやね。
ついでになら、焼きそばは、どするのか、までは、案内状的には、分からんです。単に、「焼きそば」だけでして。
イヤ、申してるは、出来合のを、出すのか、その場で、焼くのか、でして。
コレ又、3期連続の、出来合故、果たしての、どか、分からんですが。折角なら、その場で、焼いて欲しいなと。「夏祭り」らしくと。
イヤイヤ、くどいけど、年に一度の事でして。

それを申せば、今期は、「大井町」の、町内会<区>対抗ソフト・ボール大会には、参加をしまして、準優勝ですて。
いやね、区長も、選手として、出場してるです。大したモンやと。そら、若手故もあるですが。
イヤイヤ、回覧板で、回ってたです。
イヤイヤの、何度でも、イヤイヤの、頑張ってるなあと。区長君。
申してるです。我が期<2005年度>区長時代の、青少年育成協議会役員でしたと。それで、細々、話など、してへんのけどや。左程にするの機会もあらへんしと。
但し、諸般の状況より、真面目也と、とは、分かってまして。

オッとの、ならばの、それ以外の区長が、不真面目と、までは、申してませんです。
がしかしの、声デカく、能弁なだけで、中身、疑問なるのが、多いねえと。
真面目、不真面目以前の、性格の問題やろなあと。

云うてもたら、昨年度には、唖然と、させられた、わと。
いやね、「大井神社」秋の大祭の、神輿の件。
他の面々には、話してて、こちだけ、話来ず。こちから、動いて、動いて、やとで、当人、区長殿に伝えて、やとで、話付いての状況での。
加えての、参加予定者、4名の、内の2名については、諸般で、参加出来ずの件、モ一人の、参加者には、伝わってませんでして。へえの、ほんま怪なと。

いやね。
動くの気、ナカツタのや、なと。
近場、区長宅の近在の方だけ、話して。当方なるは、区長、誰か、知らんかったんやろと。
イヤ、苗字、名、分かれば、町内会地図あるが故、我が家、どこかの程度、一発、分かるですが。

いやね。
ついでになら、町内会役員の、「輪番制」についての、意見をば、期首総会で、申してるのに、全くの記憶してませんの、ゲ。
当方の意見と、ホボの、同様意見なるが、役員会で、出たですて。
とは、期末総会での、その他の件にて、発表したですが。区長が。
へえの、されどの、その前に、期首で、云うてるのに、なと。しかるべくの、役員会にて、相談と、するのか、やて頂戴なと。
その区長、女性なれどの、期首での、挨拶の仕方等々より、しかりと、してるなと、大いに期待したですが。残念乍らので、ビクリの仰天したです。
少なくともの、総会での、出た意見程度、覚えといて頂戴なと。
実は、そんなのが、多過ぎるですが。

いやね。
その区長なるは、昨年度期首総会まで、どんな方かも、知らんの方。
でした、ですが。
やけど、受け答え、はきはきしてて、へえのと、感心したですが。その応答ブリなるは、歴代筆頭也でして。

オッとの、何の話、してるの怪と。
その点、現区長なるは、話下手でして。
話下手の区長なら、多いけどや。殆どが、そでして。当方も。

いやね。
されどの、その応答なりで、誠意あるか、無いかは、概ね分かるです。
その点、能弁なるは、誠意無いのが、多いなと。
(18/07/25)


NO.2398 宵々山の話(4) 老舗たるの所以の話

いやね。そらね。
区長たる、拝命したからには、相応に、真剣に、自分の時間犠牲にして、役目をされてるは、重々の承知。
又、その他、役員に立候補あっても、区長にあらへんわと。
オッとの、一人だけ、あったですが。

いやね。
一寸なと。
イヤイヤ、人間的には、良い方でして。憎めぬ方でして。
はきりとは、我が組の方で、当方、組長<支部長>の時の、区長。それだけにねえ。
諸般、必死に、支えた、助言した、助力したですが。そらね、当方、区長経験者でありの、同組故の、残念無念の、意志がねえ。フラフラしてもてねえ。
何度も、何度も、どんでん反しを喰ろたです。結果の結果、元の木阿弥の、いつも、振り出しに戻ってもてね。

云うたら、ンの、詳しくは、申せませんの。
万事、丸く収まるの、千載一遇の、場所、機会を失おたです。
ンンの、だけでは、第三者には皆目の分からんですが。分からんで結構なると。

いやね。
この区長、誰とは、申さんですが。当たり前だの、クラッカーの、分かるの方には、分かるですが。チョと調べたら、町内会の方なら、分かるの事よの、彼は彼なりに、粉骨砕身の、真剣、真面目に事に当たったですが。
あくまでもの、彼は、彼なりに、でして。結果が伴わんかった、なと。

いやね。
それこその、余計なるの話の、任期満了の、その年と、するのかに、我が母亡くなりましての、その受付して呉れて。
その年であったか、その明くるの年かに、腰を患いましての、福祉施設に通うになりての、殆ど、姿見ず。

オッとの、何の話をしてるの怪と。
いやね。
この区長について、ハタ目、世間の評価なるは、どか分からんでして。されどの、概ねなら、分かるの、ンの、申さず。
只な、この君、区長職を軽くに見てたの傾向あった、なと。反面、時の経過と共にの、重さに気づき、一生懸命に、お役目全うに尽力したも事実。
オトトの、再度の、何の話をしてるの怪と。
又、後刻にでも、諸般あれば、展開するかと。ここでは、ここまでに、しておくわと。


での、本題。
宵々山の話の続きをと。
いやね、「京極かねよ」で、キンシマムシを喰たですが。当世、単に、キンシウナギとも、云わずに、正式には、「きんし丼」と、してるですが。
いやね。そらね。
京都に、京都以外にでも、ウナギ専門店なら、方々にあると、思うです。

現に、京都市内、有名処で、四条大橋の、先斗町の、「いづもや」なら、兎角に、京都の、現在なら、気温が高くの、情景で、四条大橋なり、祇園、これは、八坂神社の祇園石段下なれどの、そこから、中継されれば、嗚呼、京都やなと、一発分かるの光景でして。
四条大橋が撮されたら、大抵なら、「いづもや」が映るです。
まあ、云うたら、ええ宣伝や、なと。

ではの、以外には、どこが有名かと、なればの、嵐山の、「廣川<ひろかわ>」がと、相成るです。
まあね、値段的、どこも、ほぼ一緒でして。
<参考=廣川

イヤ、入った事、あらへんわと。
大体は、嵐山と、なればの、「湯豆腐」でして。南禅寺も、「湯豆腐」なれど。南禅寺のも、行った事、あらへんわと。
いやね。
天龍寺の、中と、するのか、ンの、「湯豆腐」の方の話なれどの。
「西山艸堂<せいざんそうどう>」が有名哉と。
ここは、豆腐で、高名なるの、「森嘉<もりか>」のを、扱おてるです。
<参考=「西山艸堂」(森嘉)>

いやねえ。
出来るの事なら、皆に、「西山艸堂」の、「湯豆腐」も、味わせてやりたいと、思てるですが。
皆とは、我が一家、10名様の事での。されどの、当世、嵯峨嵐山なるは、観光地に過ぎてもてね。
行くに大変、行って、湯豆腐を喰うに、多分なら、順番待ちも大変やろ、なあと。
加えての、最早の、相当に、高くなってるやろ、なあと。
イヤイヤ、当方、夫婦で、何度か、入ってるです。ここには、息子共も、連れて行った事は無いです。そらなあ、墓参のついでと、出来ませんです。

いやね。
「廣川」の、ウナギよりは、「西山艸堂」の、湯豆腐をと、思てるです。
そらな、ウナギは、「かねよ」で、充分でして。
いやね。
云うてもたら、そらなあ、京都の名店、老舗なるを、総ナメしたいのけどや。
云うたって、「吉兆」なんか、知らんしなあ。一食で、ン万円ものは、身分不相応以前の、緊張してまうわと。

いやね。そらね。
庶民の有名店を、でして。
コレ又、云うたって、ン千円するわと。そは、易々のと。
それこその、老夫婦だけなら、2名様なれどの、ご一行様、10名様やてみい、分かるやろなの、容易では、無いです。金満家やあるまいにと。
その上で、この手のを、一度は、味わせてやりたいなと。特には、嫁に、孫共に。

いやね。
云うたって、あいつらの方が、金持ちでして。あいつとは、息子共の方がと。
とは、別問題の、親として、爺婆としての、話やわと。
いやね。
一寸でも、ええものをと。経験も、重要也と。
申してるは、我々夫婦だけで、さての、「西山艸堂」にと、云うたって、なの、コレ、2度か、3度でして。そんなに、頻繁には、なと。

外出先で、昼食なり、するにしたって、大体は、1人千円程度でして。奮発して、2千円弱。
二千円超えなんかは、よ出さんわと。
その上で、皆でなら、金掛かるも、そんな機会で無いと、最早の、よ行かんわと。

どちにしたって、夫婦で、喰てたって、嗚呼、嫁に、孫共にも、喰わせてやりたいなと。思たの瞬間、何ちゅうかの、表現難しく。
そらな、皆で、一緒で、あや、こやと、云い乍らは、楽しいわと。
又、当方同様の、当方なら、お婆ちゃんと、一緒に来たなあと、なってましての。
基本、そんな事、あったなあと、思い出して欲しいもあるわと。

そして、又、その子、孫共、嫁共、婿殿にと。なれば、結構なるの、そこまでの、延々と、「かねよ」が、「西山艸堂」が、存在してるかは、分からんわの。
されどの、ファミリー・レストラン、ファースト・フード店なるは、既存店も、イツ、閉店になるかも、分からんの。
その辺り、老舗たる、存続の努力するです。
それが、老舗の、老舗たるの、所以やわと。
オッとの、その手、名店、老舗も、もしかしての、もしかしたらの、息子共、嫁共の方が詳しいかもなあと。
(18/07/26)


NO.2399 宵々山の話(5) 「紫田」姓って、あるの怪の話

ンの、もしかしての、もしかしたら。
明後日、28日にも、本土、日本列島上陸の、台風12号なるは、奇妙奇天烈なる、動きししての、京都方面直撃の可能性あるです。
いやね。
何を以て、奇妙奇天烈な動きと、するかは、大体は、台風の進路なるは、南西より、上陸するですが。
この台風、南東より、上陸致しの、上陸してから、進路をば、更に、西北に降り曲がるです。
予報では。

とまあ、進路そのものは、まだ、確定では無いですが。
現段階、最新情報では、そなってるです。その上で、明明後日の朝には、日本海に抜けるになるですが。となればの、明後日の夜半より、明け方に掛けて、京都方面かと。
<参考=NO.1713 2018年7月末の台風12号

それにしても、一発目、高槻方面の地震があって。
西日本豪雨の長雨あって。今度は、雨無く、連日の、38度に達する、或いは、達するかの、異常気象の猛暑、激暑、酷暑。
では、終わらずの、今度は、台風接近。通過しても、この猛暑、激暑で、酷暑は、8月上旬も、ですて。
大体は、台風一過、涼しくなるの筈が、そは、ならず。予報では。


そんな事で、「京極かねよ」の話。
いやね。
当方記憶なら、「肝吸い」があった筈でして。キンシ丼に付いてるのか、付いて無いのかと。
とかとか、申してたなら、長男が、店員に聞いて呉れての、付いてませんと。へえと。
へえも、ほならの、注文するかと、皆に尋ねたですが。皆も、孫以外なれど。欲しいと、するは、男のみ。サヨかと、3つと、注文致し。但し、店員申すに、「キンシ丼」が来てから、10分待ってくださいと。へえの、しょがないなあと。

いやね。
「キンシ丼」が届いて、「肝吸い」も届いて。
いやね。
そ云うたら、前回、昨年には、無かったなあと。
されどの、「肝吸い」見たら、見覚えあっての、その昔には、付いてたのか、或いは、祖母が、注文して呉れたのかが、定かで無いですが。

いやね。
メニューにも、載ってませんでして。フウンと。
イヤ、店員には、注文出来てるし、届いてるし、あるは、あるですが。話簡単には、知る人ぞ、知るの、「肝吸い」かと。要は、ウナギの肝でして。
それが、お吸い物に、入ってるだけの簡単なるの、吸い物でして。
まあね、肝故、見て呉れ悪く。又、名称より、内臓とは、分かるの。よて、女性陣も、敬遠かと。されどの、嫁共、一口だけ、どんな物かと、味わったですが。味わって、へえと。
まあな。
そんなモンでして。特段の物に非ずの、ウナギの、肝吸いも、この手、ウナギ専門店故、存在致し。

とかとか、孫共も、喰い終わりの、ほならの行くかと。
立ち上がったの頃には、軽くの、1時間経過。
いやね。
2階の方にも、席空くを待つ方、居てるし、靴履いて、出るに、店の前には、長蛇の列で、へえと。

いやね。
昨年は、14時頃に着いたですが。その頃なら、待つ人、先客2人だけでした、ですが。1階の玄関では、暑い故と、2階に上がって、待つになったですが。そこから、5分、10分、待った筈でして。
とか、云うたって、店の前で、並ぶの人見たら、どしょか、悩むです。
最早の、喰い終わって、出るの身故、大変やなと、だけで、済むですが。

オッとの、それでや。
多分なら、次男嫁にと、思うですが。
いやね。
ウナギ喰て、新京極通りを、四条通りえの、道中。

いやね。
見付けたです。当方、高校生時代にアルバイトしてたの、「越後屋」を。
イヤイヤ、よて、そばで、歩いてたの、次男嫁に、ここで、高校生時代にアルバイトをしてたんやでと。
何をしてたのですかと、尋ねられ。店員、売り子と、返答したですが。
実際には、売り子なんか、出来んわと。高校生程度の、子どもでして。包装とか、値とするのか、会計処理も、教えてもろてませんでして。

ンの、ほならの、何をしてたかに相成るですが。
万引きの監視。
であったと、記憶してるです。
ンの、万引きの監視ねえ。これ又、そんな事、出来るのモンかの。監視なら、出来るですが。単に、そこら、店内をば、ウロウロしてるだけの、小僧。

いやね。そらね。
当方に、なんか、品物扱えませんです。扱わせてもらえませんです。扱う、即ち、会計処理になるです。
まあな、単に、知り合いの息子故、オコズカイ稼ぎに、来てもろても、宜しいの程度哉と。

知り合いとは、親父の、でして。
いやね。
その方の住所、黒門の、綾小路の方。
では、京都市内の方、以外には、場所分からんの、コレ、当家の本籍地であるの、丸屋町でして。
多分なら、親父の竹馬の友ではと。勝手に想像してるです。
イヤイヤ、当家の本籍地なら、綾小路の大宮ですが。まあ、云うたら、横町、横手。

いやね。
アルバイト代を戴きに、宅様には、訪問してるです。
いやね。
基本、「越後屋」に行けば、市電の回数券2枚戴きまして。1枚は、帰る用。一枚は、明くるの日の、来る用。
要は、金銭なるは、一切の、扱わず。

まあね。
当時には、所謂の、子どもでも、アルバイトと、するのか、そんな言葉ありませんでして。日本語で、お手伝いやねえ。
するに、店の現金なるは、触らず、扱わず。でした、です。
ある意味、当然でして。何か、問題あって、弁償するに、出来んわと。まさかの、親に責任をも、変でして。
故意なら、別なれど、です。

オッとの、云うてったなあ。
1箇月のアルバイト代、多分なら、500円程度でしたです。そらなあ、勤務時間、忘れたですが。18時頃から、精々が、1時間か、2時間でして。
そらそら、なあ、未成年が云々以前の、新京極界隈なるは、繁華街でして。
夜の遅くに、ウロウロするは、不良と、見成されたです。
余所の子に、何かあっても、店主困るわと。

呉れぐれもの、これ、高校1年生での話。
2年生の時には、日通の助手席に乗ってるだけのアルバイトをしたの哉と。夏休みの、1箇月程度でして。
これは、母の友達の、ご主人が、日通に勤めてまして。
まあ、云うたら、無理矢理の、オコズカイ稼ぎであったの哉の、当然の、3年生になれば、一応は、堀川高校なるは、進学校故、アルバイトはせず。

ンの、よ考えたら、親父、電気屋はんでして。
本来ならばの、店の手伝いでと、成るですが。店の手伝いなら、してたわと。
云うたって、問屋に、部品なりを、取りにの、おつかい程度、なれど、です。駄賃なり、オコズカイなんか、一切の呉れへんわと。
呉れてたら、余所での、お手伝いなんか、しに、行かへんわと。

オッとの、それでや。
その問屋の、店員と、一度もめたです。
領収書に、「紫田」とされてるが故、ンの、「柴田」ですと、申したならばの、その店員抜かすに、これで、「シバタ」と、読むんやと。
あのなあの、それは、「シダ」か、「ムラサキダ」ですと。
イヤ、違うの、云々の、押し問答の、自身、「柴田」故、「紫田」では、ありませんと、云うてるのにねえ。
いやね。
今だ、「紫田」で、「シバタ」とするの方、多いけど。
当方、承知の範囲、「紫田」姓の方、知らんわと。
イヤイヤ、Webの苗字辞典では、「紫田」を、「しばた」と、してるですが。
ほんま怪と。
(18/07/27)


NO.2400 宵々山の話(6) 長刀鉾の粽は売り切れの話

ンの、もしかして、もしかしたら。
もしかしんでも、明後日<7月29日>の日曜日には、京都方面、台風12号の直撃哉と。
現時点の台風の進路からは、なと。

いやね。
とりあえずは、家の向かい側に置いてるのプランターは、こっちの方、我が家敷地内に移動したです。本日、朝一番。
状況より、明日には、ベランダの、棹等を外そ哉と。
イヤ、大体は、台風接近の時には、この程度の事はしてるですが。
此度のは、来るの方向が異なりましての、東から、でして。どんな事になるのか、不明なれどの、西日本豪雨での、被災地は、大変やろなあと。
まだ、処理終わって無いのに、雨台風かと。追い打ち掛けられるのみたいでね。
オッとの、明後日には、こちも、どんな事になるやらの、分からんですが。


そんな次第の、斯くなるでの。
このところ、小用、野暮用、細々あって。出たり、入ったり、又、出たりの、家の中に居てても、雑用あって。

オトトの、本題、その事に非ずの、そらねえ。
この界隈、新京極なり、四条通りなり、歩いてたら、諸般あるです。
いやね。
亀岡で、どこか、歩いてても、当方的、何にもあらへんわと。家から、最寄りの駅、並河駅に歩くに、何かあるの怪と。単に、最短時間はどの経路かと、ダケでして。
云うたって、幾つも、あるで無くの、歩道のある道、国道なれどの。それと、歩道の無い道にするか、だけと、信号が赤になれば、さての、待つか、先の信号にするか、だけの選択肢でして。
要は、道中、見るべきがあらへんわと。商店街があるで無く。あっても、買うのが、あらへんですが。あらへんでも、見てるだけで、楽しいも、あるですが。

いやね。
特段の、人の多い場所なんか、好きでもあらへんですが。さりとての、ダアレも、居て無い。とまでは、申さんの、見るべきも、あらへん場所よりは、あるの方が、気分転換にも、宜しくて。
いやね。
正直には、このところ、人の多い場所の方が、楽しいなと、思うの傾向あるです。限度あるのけど。

いやね。そらね。
この界隈なるは、所謂の地元でしたです。
ンの完全なるの、地元と、するには、少々の離れてるですが。それでも、仏光寺時代なら、我が家から、まあな、20分もあるけば、「京極かねよ」には、着くの距離感でして。
現亀岡の我が家から、20分なら、並河駅哉と。その道中に、何もあらへんわと。何もあらへん事、あらへんけどや。

いやね。
申してるです。
新京極の、「越後屋」なら、高校1年生当時、ホンの一時なれどの、アルバイトをしたと。
「越後屋」なるは、当時、土産物屋でねえ。多分なら、「八つ橋」とか、「五色豆」とかとか、売ってたと、思うですが。正直には、中身、細々とは、覚えてませんです。
単なるの、店番、万引き監視の役目故。

いやね。
修学旅行生やろかねえ。
これが、多かったですが。修学旅行の、高校の、でして。ならばの、高校2年生ですが。
云うてるです。当方、高校1年生。
まあ、つまり、1歳上の面々でして。それが、当方の事をば、中学生程度に見てたの哉の、その修学旅行生から、でして。
いやね。
京都では、男の子の事を、ボンボンと、云うのやねえ。的なるの事、云われたを記憶してるですが。

いやね。
修学旅行生が、当方に、「ボンボン」なるは、全くの、間違いでは、無いですが。少々、ズレもあるです。
そもそもが、「ボンボン」とか、云われた事、あらへんでして。
実は、「ボン」とは、「ボンボン」とはと、解説するに、ンの難しいなあと、相成ってもてね。ニュアンス、種々あって。場面も種々あって。

いやね。
「ボンボン」とは、イメージ的なるは、金持ちの御曹司的なるがあるなあと。
我が家、当家、金持ちであらへんでして。貧乏とも、思てませんですが。

いやね。
修学旅行生は、当方を、その、「越後屋」の、店主の子と、勘違いしてたの哉と。と、思われても、仕方が無く。
そらな、余所の子が、店に居てるは、想定外でして。されどの、当方、単なるの、お手伝いに過ぎず。
イヤ、事実、自身も、そのよに、思てたですが。

いやね。
まずは、当人に面と向こて、「ボンボン」とは、申しませんです。若干のニュアンス的、あくまでもの、若干なれどの、ええ氏、金持ちの御曹司で、少々頼りないの面あるの方を、あの人は、「ボンボン」やしなあと。的、使い方するです。
まあな、褒められてるの、表現で無く。
がしかし、悪い人との、意は全くの無くの、世間知らず、苦労知らずの、お人好し的、ニュアンスがと。
表現替えれば、騙され易い、騙しやすいの意があるなあと。それを、騙すヤツは、悪いヤツと。

での、当時の当方、高校1年生。
ええ氏の、御曹司と、仮定しての、実は、「ボン」か、「ボンボン」かは、微妙なるの年代哉と。
実は、「ボン」とは、どんな子にでも、使えるの言葉で、少年を意味してるです。女の子に、「ボン」はあらへんでして。
まあ、つまり、年長者からの表現での。されどの、1歳、2歳程度の年長から、「ボン」は無いやろと。間違いでは、無いけれどや。
要は、大人から、男の子に対する、でして。それも、知らんの子。
名を知らんが故、適当にの、「ボン」でして。

とかとか、あくまでもの、当方の、理解、受け取りよの、話なれど。
まあ、つまりの、左程の年長者でも無いの、1歳違いのから、「ボンボン」も、「ボン」も、無いやろと。
とかで、気分悪くしたでもあらへんですが。
当方的、解釈ならばの、申してるの、ンの、店主の子と、思われたの哉、の程度。

オトトの、この日、新京極通りを通ったの時には、店閉まってたですが。
果たして、店やってるのかは、分からんの。どちにしたって、代替わりで、当時の小父さんが、やってるの筈は無く。
いやね。そらね。
店主、親父の、でして。生きてたと、したら、107歳。
も、あるし、その方には、子は居てませんでしたです。多分。

そんな事で、総勢、10名様で、新京極通りから、四条通りを西えで、まずは、長刀鉾。
この鉾、女人禁制故、男子のみ、乗るが出来ての、兎に角、何か、1つ、長刀鉾の、グッズを買おて頂戴なの。さればの、だけで、何人でも、乗れるです。
とは、気前の良い鉾でして。他のは、諸般あるですが、粽<千円>を買おたの、一人でして。以外にも、乗りたいなら、乗り代と、するのか、搭乗代、観覧代と、でも称するの、代金<500円>要るです。
値は、あくまでもの、適当。

イヤイヤ、既に、多くの人、人。
それでも、昨年度から、したらの動けるの範囲。
いやね。
昨年は、長男が、何か買おたです。多分なら、色紙。
ならばと、此度、当方がと。
イヤイヤ、何か、適当なるの、グッズが欲しかったんやと。
売り場見たら、ンの、適当なるの、手拭いあったが故、これをと。
いやね、4種あって、どれでも、500円也での、それこその、適当なるの、値で、モノでして。汗拭きに丁度ええなあと。持ち帰るに、嵩張らんしと。

でや。
ども、当方選んだのが、一番人気みたいでね。
オッとの、その前に、長刀鉾の、粽がと、思たですが。遠の昔と、するのか、朝一番、多分なら、9時、10時には、売り切れ御免。
ですて。へえと。
イヤイヤ、以外の粽なら、買えるですが。長刀鉾のは、なかなかに買えませんです。
そ云うたら、「京極かねよ」の店先、玄関には、この、長刀鉾のを飾ってた、なと。
(18/07/28)



inserted by FC2 system