シバケンの単なる雑談NO.211

雑談NO.206 雑談NO.207 雑談NO.208 雑談NO.209 雑談NO.210

雑談NO.205
雑談NO.160 雑談NO.170 雑談NO.180 雑談NO.190 雑談NO.200
雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.212

NO.2380 5月の連休の話(28) 美山の里の話(6)

NO.2379 この数日、クタブレタの話(1) ン十年ブリの新幹線の話

NO.2378 亀岡シミズ病院と、散髪の話

NO.2377 5月の連休の話(27) 美山の里の話(5)

NO.2376 JAのキャンペーン中年女性と、アキラ君の話

NO.2375 5月の連休の話(26) 美山の里の話(4)

NO.2374 5月の連休の話(25) 美山の里の話(3)

NO.2373 「松田ロール」と、耐震自己診断の話(2)

NO.2372 「松田ロール」と、耐震自己診断の話(1)

NO.2371 雨中の、「芋煮会」の話

雑談NO.210


NO.2371 雨中の、「芋煮会」の話

いやね。
本日<6月23日>、予定通りの、「芋煮会」。
10時に、最寄りの並河駅にと、参じたならばの、既に、幹事君の車は到着してまして。
イヤ、何名かを、送って来てるですが。
更に、1台、到着で。これは、運転手のみ。
イヤ、当方も、運転手のみなれど。

そして、予定の時刻に、電車到着で、メンバー揃い。
かと、思いきやの、幹事君、曰くに、一名、遅刻ですて。寺田<地名>の君。イヤ、同期生ですが。

で、当方的、気に掛かるは、何名が、「さと」行きか、でして。
そらね、当方名で、予約とするのか。予約やねえ。云うたって、席の確保だけの話なれどの、人数、激減なら、1室で、宜しくて。
大体は、1室8名の席でして。

オッとの、どちの話を先にするかがあるですが。
いやね。
「芋煮会」でして。本日、ジャガイモの収穫でして。但し、農園主、入院中らしく。とは、幹事君の話で、入院先、「京都三菱病院」ですて。
いやね。
ここなら、次男が、実習と、するのか、実習やねえ。大学の、ですが。先の病院でして。
イヤイヤ、どこにあるのやろなあと、実習に行くの前に、場所の確認しに行ったです。
イヤ、わざわざと、では無くの、多分なら、墓参の帰りの道中かと。

いやね。
場所なら、桂<かつら>の方で、五条通り<国道9号線>からは、一寸だけ、南の方。或いは、少々距離あるですが。大きくには、桂離宮の方。
イヤイヤ、国道沿いでは無いがため、分かり難いけど。
その次男の時まで、京都三菱病院の存在知らんでねえ。その界隈と、するのか、近在には、総合の、大病院多いですが。
西京都病院、桂病院、洛西シミズ病院、洛西ニュータウン病院等々。

イヤイヤ、西京都病院なら、親父が、大腿部骨折で、入院の病院。
桂病院なるは、母方上の伯父が、何やったかは失念の、入院したの、病院でして。
洛西シミズ病院なるは、長男が、事故った時、頭は大丈夫かと、診察しに、行ったの病院でして。何も無かったですが。

更になら、洛西ニュータウン病院なるは、その昔には、名称違うの病院名でして。何とか、大学病院。では、よ分からんですが。
の当時、妹婿母が、白内障手術してね。見舞いに行った、なと。
オッとの、嗚呼と、関西医科大学附属病院であったの哉と。
そんな事なら、桂病院も、伯父の入院見舞いでして。

見舞い以外で、知ったは、京都三菱病院のみで、余計なるの話の、その、京都三菱病院なるは、心臓に強く。
いやね。
農園主、心臓疾患抱えてまして。とは、この入院まで、知らなんだですが。
イヤイヤ、元気、元気の、元気印<しるし>的に、思ててね。
さりとての、心臓疾患あって、不元気になる事、あらへんですが。

いやね。
ついでになら、洛西ニュータウン病院なるは、シミズ病院系列で、脳神経外科に強く。
とか、聞き及ぶです。

いやね。
結果的、この界隈の病院には、一通り、出向いてまして。
幸いにして、現在唯今の時点、当方、お世話には、なてませんですが。ここから先、分からんですが。

いやね。
ここだけの話。
でも、無いけれどの。そらね、亀岡にも、総合病院なら、あるですが。
亀岡では無いけれどの、京都中部総合医療センター<南丹市・旧公立南丹病院>。
亀岡シミズ病院、亀岡市立病院、亀岡病院、ムツミ病院があるですが。まあね、云うたら、悪いけれどの、そらねえ、少々の、なら、なれどの、安全見るなら、京都市内の病院さ、選ぶわと。

いやね。
母も、実は、胃癌を患いまして。諸般の都合。
とは、当方の、なれどの。モ、あっての、京都市立病院に入院させたです。
そらね、ここは、ロームのソバでして。着替えの件、等々、すぐにも、寄れるです。五条通り沿いでして。
イヤ、親父の大腿部骨折の時には、西京都病院なれどの。ここも、すぐにも、寄れるです。矢張り、五条通り沿いでして。

いやね。
余計なるの話の、母方伯父の、桂病院。
妹婿母の、現洛西ニュータウン病院の選定理由、よ、分からんですが。
いやね。
伯父の家、当時、宇治大久保でして。距離的、相当にあるです。
妹婿母のも、当時なら、宇治黄檗の時哉で。妹一家、滋賀県の時でして。
オッとの、この辺りの、地理的云々、細々なるは、京都市近辺の面々にしか、分からんですが。
いやね。
伯父も、妹婿母の、入院先。但し、この時には、の話の。むしろ、その親族の家よりも、亀岡の当方の方が、より近く。
何故に、わざわざの、そんなに遠い病院に入院したの怪の疑問。

いやね。
農園主なら、遠いも、心臓疾患に強い病院を選択してるです。
親父、母の時には、こちの都合で、選定してるです。要は、平日でも、行けるよにと。現に、度々の、寄ってたわと。

更なるの、余計なるの話の。
次男の眼の件なら、その病院、大阪医科大学附属病院が、眼に強く。
又、行くにも、高槻駅のソバと、するのか、すぐのそこでして。
オッとの、そこ、高槻故、先日、6月18日の、地震の際には、諸般あったの哉と。次男、入院卒業で、通院の段階なれど、です。

いやね。
更なるの、余計なるの話の。
そらね、基本、伯父も、妹婿母も、自身の選択と、思うですが。その病院、交通手段難しく。
当人、車の運転出来ませんの、家族が見舞い、様子見も、車で無いと、大変ぞと。
まあな、バスの手もあるですが。


トトトの、話、完全に逸れてもてね。
いつもの、得意技なれどの。
さての、本日、畑作業途中より、小雨降り。終盤、終わってからは、本降りでして。
まあね、終わってからの本降り故、ヨカツタですが。

人数分、ジャガイモを別けて、さての、昼食、「さと」なれどの、参加者、13名。
とは、当初より、聞いてたですが。幹事君より。
ところがの、1名、食事せずに、帰らんならんと。
1名、約1時間半の遅刻でねえ。作業終わってましての、コレ、諸般、通院がため、食事せずと。へえの、結果、2名減って、11名様故、まあな、8人で、一室で、11名なら、二室になるですが。一応はと、「さと」に電話を致し。ケータイで。

皆、車に分散しての、大井町の、「さと」に行けば、二室を一室にして呉れててね。
イヤ、間の、障子を、外して呉れてましての、結構なると。
後は、店の子に頼みまして。イヤ、注文なるは、当世、タッチ・パネル方式でして。よ、分からんでねえ。
イヤイヤ、当方なら、息子共一家と、外食の際には、嫁に操作頼むわと。
イヤイヤ、呼び鈴一発、店の子を呼びまして。コレ、操作宜しくの、口々に、あや、こやと。五月蠅い事。

とかとか、無事に、昼食も終わりましての、まあな、帰りは、並河駅組、自宅までの組に分かれまして。
にしたって、帰りも、皆五月蠅い事。
雨降ってるしと、屋根の下に、こちは、運転手は、車を回しての。雨に濡れて。
それは、結構なるも、モと、こっち、あっちと、指示、要望されて。
とりあえず、駅組、無事に最寄りの駅、並河駅に、送り届けの、一件落着。
いやね。
実際には、「さと」から、並河駅なんか、歩いて、1分、2分なれどの、雨故、駅までの送迎と。

オトトの、モ一発。
幹事君曰くに、その本日、農園主、退院ですて。へえと。
ヨカツタなと。
(18/06/24)


NO.2372 「松田ロール」と、耐震自己診断の話(1)

いやね。
本日<6月24日>、過日、「父の日」に長男家より、送って呉れたの、神戸牛の、「松田ロール」を喰たです。夕食で。
いやね。
豪華な箱には、三種入ってまして。
既に、牛タンの、「コロッケ」、「タンコロ」は、腹の中に収まってるですが。5個故、2日間、喰えたですが。
「松田ロール」は、2個でして。当然の、嫁はんと、1個づつ。

いやね。
まだ、牛タンの、「タンバーグ」。これは、「ハンバーグ」なれどの、まだ、2個入ってましての、残ってるですが。
そらね、一気、喰うは勿体ないと。
<参考=「単なる雑談NO.210」NO.2365 5月の連休の話(23) 馬勝った、牛負けたの話

イヤイヤ、「松田ロール」なるは、本命の、でして。
馬勝った。牛負けた。
なれどの、神戸牛でして。


オッとの、それで、です。
家の耐震の件。
いやね。
自己診断なるのがありまして。やってみたです。
イヤ、市役所に提出するべくの、書類の一つでして。
1.建てたのは、いつ頃ですか=1981年以前で、評価=「0」点。<1980年10月>
2.いままでに大きな災害に見舞われたことはありますか。=ありませぬ故、評価=「1」点。
3.増築について。=してませぬ故、評価=「1」点。
4.痛み具合や補修・改修について=ありませぬ故、評価=「1」点。
5.建物の平面はどのような形ですか=長方形に近い形故、評価=「1」点。<注=L字、T字の場合、「0」点>
6.大きな吹き抜けがありますか=ありませぬ故、評価=「1」点。
7.1階と2階の壁面が一致しますか=一致します故、評価=「1」点。
8.壁の配置はバランスがとれてますか=1階外壁の東西南北どの面にも壁がある故、評価=「1」点。
9.屋根葺材と壁の多さは=瓦など比較的重い屋根葺材であるが、1階に壁が多いと、思うが故、評価=「1」点。
10.どのような基礎ですか=これは、良く分かりませんでして、評価=「0」点。

評価結果、合計、「8」点でして。
要は、「10」点なら、「ひとまず安心ですが、念のため、専門家に診てもらいましょう」と、成ってまして。
「9」から、「8」点なら、「専門家に診てもらいましょう」でして。
「7」点以下は、「心配ですので、早めに専門家に診てもらいましょう」と、成ってるです。

まあね。
自己診断した限りは、トンでも状態では、無いなあと。
されどの、どちにしたって、1981年5月以前の建家では、建築基準改正前故、満点には成らずの、諸般、耐震対策としての、手を加えるの必要性ありでして。

まあね。
明日、市役所に行けるか、明後日に成るかと。
まあね、明日、少々、野暮用ありまして。されどの、善は急げ。
もあって、ねえ。
そらねえ、地震なるは、次ぎの瞬間にも、来るかもでして。
さりとての、診断結果、半年後やしねえ。

その上で、どんな具合な手があるか、があって。
その又上で、一番の難関、金策がと。
道は遠くて、険しいなと。
(18/06/25)


NO.2373 「松田ロール」と、耐震自己診断の話(2)

いやね。
神戸牛の、「松田ロール」の話は、昨日、喰てもての、オワツタですが。
耐震自己診断の結果等々、しかるべくの、市役所えの、書類提出をと、本日<6月25日>の朝三番。
とは、11時半頃、家出まして。
イヤ、それまでに、諸般の野暮用あって。又、以降もあって。

いやね。
家出るに、亀岡市役所に提出の書類の点検等々、抜け等々。特には、「自己診断」の結果は、コピー致し。
土地家屋の登記原本は、そのままに持参で、先方様、市役所で、コピーして呉れるになってまして。

いやね。
とかとか、イザの、行くになれば、あれこれ、これあれ、準備万端の、出たですが。
イヤ、市役所まで、車で、10分、15分でして。

での、つかつかと、隠し階段にて、2階に上がりましての、しかるべくの部署に着き。一番の手前の男子。
要は前回にも、捕まえたの君に、耐震の件で、書類持参したですがと、用件伝え。
イヤ、こちが、覚えてる故、あちも、当方の事、覚えてると、思うですが。
この君では、少々、頼り無く。とは、新入社員。イヤ、職員ではと。

いやね。
奥の方、一番の奥の、この部署の長では無いの、一寸、手前の方。
なるが、前回、細々、説明、解説して呉れたの方も、同時に出て来て呉れて。
いやね。
苗字まで、見てませんでねえ。首から、その手、何ちゅうかの、職員証なん哉を、ブラ下げたはるですが。戸別訪問なりで、市役所のと、ブラ下げてるのを、提示されても、細々なんか、見えても無いし、ジロジロと、見るも、ど哉と。
要は、市役所のと、云われたら、そかと、信じてるですが。ここなら、市職員に決まってまして。

いやね。
要は、苗字知らんの方と、君が応対して呉れて。
持参の書類一式、これをと、提示で、登記の書類と、家の図面<1枚>は、コピーしますのでと、先輩職員が、その君に託し。

で、その間、当方が、聞きたい事、知りたい事をば、ベテラン職員に、尋ねまして。
まずは、診断に来られるのは、イツ頃になるのかと。要は、申込み即の、例えばの話の、本日、この場で、希望日等々、申すのか。
基本、1週間なり、2週間掛かるのか。
等々でして。

ならばの、まずは、当方の場合、しかるべくの、業者を知りませぬ故、紹介をお願いしてるですが。
よて、こちらより、とは、市役所より、業者に連絡、決まれば、業者名等々、葉書で連絡致すと。へえの、そですかと。
で、結果的、イツに診断する等々なるは、その業者と直接にと。へえの、そですかと。
イヤイヤ、そらねえ。
こちは、その辺りの事、皆目の無知でして。分からんの事、不明なるの事、思い当たるの事、なるは、尋ねませんとと。

それもあるし、診断はどんな具合にと。
質問の意味なるは、例えばの話の、家具類等々、退かしたりの、要は移動までせねばならぬのか。又、診断の所用時間はと。
ならばの、基本、家具類、移動はせずで、診断に行くの、人数にも寄るの、2名なら、早いですが。1名なら、軽くの半日は掛かるですかねえと。
理由、箇所箇所の、写真撮影しますのでと。へえと。

更なるの、質問事項の、この手、補助金を得ての、診断受けた場合、結果に基づきの、工事なりの事の、する、しないの、返答なりを市役所にするの、義務等々、あるのかと。
イヤ、全くのありませんと。
診断は、診断。工事は工事ですと。
診断士の会社なりで、工事せねば、ならぬも、ありませんと。又、原則、診断士の営業的行為は禁止されてるですと。へえと。
但し、補助金は、亀岡市から、ですので、前提、亀岡の会社、事務所を置くの業者でなくてはなりませんですがと。へえと。

いやね。そらね。
業者なら、全くの、心当たり、無いでは、無いけれどの。水廻りの業者通じての、園部の方でして。園部とは、南丹市でして。亀岡市よりは、更に、西と、するのか、北でして。ンの、ならばの、北西になるの哉と。
と、までは、申してませんですが。工事するにしたって、どの範囲が、あるです。
屋根に手を付けた、ならばの、ン百万円はと。

いやね。
そんな事で、概略の、当方の思い込みの件、含めの。
イヤ、診断日が、どの程度の調整出来るの哉と。又、この手、補助金受けたら、何かの義務生ずるのかと。
の件、疑問解消致し。
又、実際には、コレ、有料診断でして。5万円程度の実費掛かるですが。それを、個人負担3000円で、やって呉れるの制度でして。
いやね。
その件、診断士には、その場、診断して戴いたの時、支払い、補助金については、こちから、請求なり、するのか、それは、業者かと。
問えば、こちは、その場で、3000円<基本交通費該当>のみ支払い、補助金は、業者より、市役所に請求すると。ハイの、そですかで、登記の書類、図面も戻り。
では、宜しく、お願い致しますで、お暇致し。
家に戻ったは、12時の一寸過ぎ。
要は、所用時間、15分程度。

で、この件、詳しくと、までは、申さんですが。
「みんながパソコン大魔神」掲示板に、でも、投稿するかと。
息の長い話。
でも、あるですが。
そらなあ、診断結果出るにさえ、半年掛かるの話故、こま切れになるですが。
(18/06/26)


NO.2374 5月の連休の話(25) 美山の里の話(3)

あれは、6月18日の朝でして。
あれ、とは、大阪北部、高槻方面の地震で、震度「6弱」の件<亀岡方面震度「5強」。
本日、26日でして、一応の日数経って、ここ数日。少なくともの、昨日の、今日は、体感地震ありませんでして。
但し、広島、島根で、震度「4」。
千葉、震度「4」で、岩手では、震度「3」と、方々、バラバラに揺れてるです。
日本列島、大丈夫怪と。

いやね。
南海トラフが云々の件。ここ、30年以内にと。
それまでには、京阪神で、此度同等の地震がと。あのなあと。
30年以内。
とは、次ぎの瞬間かも、明日かも、明後日かもの、そこから、30年もの間、又、来るかと、気が気で無いを続けるの怪と。

いやね。
京阪神故、京都、大阪、神戸でして。ンの、何故に、兵庫と云わずに、神戸になってるかが、分からんですが。兵庫では、範囲が広過ぎるの哉と。多分。
にしたって、京阪神でも、範囲広いですが。

いやね。
話ころりの、明日にでも、散髪に行こかいなあと。
大分、髪の毛、延びて来てまして。3箇月が経つしと。
ここから、更に、3箇月は、9月末でして。基本、10月17日の、大井神社の神輿には、参加の積もり故、10月に入れば、散髪をと。
逆算で、ボチボチ、行っといた方がと、思てるのダケでして。
別段にの、明日でなかって結構なれど。


オッとの、そんな事で、「美山<みやま>」の、続きの話。
いやね。
黒豆入りコーヒーと、ロール・ケーキを、飲みの、喰いの。
いやね。
待ち時間も結構あって。最初っから、10分待って下さいねと、云われてるですが。
いやね。
喉が渇いた故、喫茶店風の、茅葺きの屋根の家に入ったですが。
ンの、何が云いたかったの哉の、ハタと、思い出したは、その水の件。

いやね。
言葉選ばずの、人里離れた、山村の、でして。
オッとの、この界隈なら、家方々にあって、寒村でも無いですが。
いやね。
コーヒーが出るまでの、水はどんな味かと、旨いやろなあと、思いの期待したですが。一発、嗚呼の、これは、水道水。
折角なら、この界隈の、湧き水でもを、出して呉れたらと、大いなるの期待は外れたです。

そらねえ、カルキ入りのでは、なと。
且つは、ここだけの話。でも、無いの、只の水。とは、冷えてませんでして。
まあな、この日は、5月の5日でして。まだ、少々の寒い気はあったですが。それなら、お茶でも結構なれどの、兎に角、地の水が味わいたかったですが。
とは、その場では、申してませんの、出て、我が家に戻ってから、水がなあと。そやなあと、3人の意見見事一致。

いやね。
我々3人、諸般、喋りっ放しなれどの、中身、皆目の覚えてえへんですが。多分なら、昔話の、あの時、おまえはなあと、長男の子ども時代の話であったの哉と。
いやね。
それでも、周辺の客の観察もしてまして。

いやね。
一組、まあ、云うたら、老人グループで、3人の男と、一人の女性。平たくには、爺婆グループでして。
ンの、もしかしたらの、もしかしんでもの、「芋煮会」で、どこぞに、行けば、そんな事に見られるの哉と。
いやね。
内の一人、特徴あるの頭で、丸坊主。
コレ又、簡単、簡潔の、ズバリとなら、お笑いコンビ、バイきんぐの、小峠英二みたいな、でして。元々が、髪の毛、あらへんでして。
相方、西村瑞樹なるは、髪の毛あっても、影薄いけど。

いやね。
一組、親子やろねえ。
我々世代の、でして。
但し、娘が2人で、親、2人共に、がっちりタイプ。これも、平たくならばの、でっぷりタイプで、娘2人も、一緒でねえ。
所謂の、ぽっちゃりなら、可愛いけれど、そこは、軽くの突破で、でっぷりでして。そらなあ、親2人が、これでは、当然の、子、娘なれどの、そなるわなあの、可哀想になあと。
いやね。
すんなりとは、座れませんでして。イヤ、椅子席で無く、畳の部屋やし、なと。
結果、云うまでも無いの、足出してもてね。格好ワルツと。

いやね。
そんなでも無いの、子、妙齢の女の子でもの、この手、畳の部屋では、足投げ出すの子、多いぞと。
どんな教育してるの怪の、情けないなあと。
オッとの、ここでは、その手、妙齢のは、居てナカツタですが。
これは、過年、嵐山は、天龍寺の、湯豆腐屋、「西山艸堂」に、そんなのが居ての、へえと。
観光客か、京都の、かは、知らんけど。

いやね。
どんなに美人でも、男前でも、それは、アカンやろと。
所謂の、ハキリと申しの、お里が知れるです。
いやね。それはね。
女の子だけの、グループでして。一発、地が出てるです。地故、素顔でして。オッとの、顔の化粧なるは、べたべたなれど。心の化粧がされてませんです。
申せば、見て呉れの化粧よりも、中身の化粧が大切でして。

オッとの、何を申してるかと、なればの、その、でっぷりの、親子が、皆様、ソレ。
親子で、家族で、身内だけ故、気楽は、気楽で、結構なれどの、お行儀は、なと。教えるは、親の勤めなるです。
イザの時、出てまうわと。
イザの時とは、どんな時かと、なればの、そらなあ、人様々、多様でして。
いやね。
アホ、カシコに、美人、不美人、男前、醜男、なるは、結構も。行儀、作法も、ある程度は、愛嬌なれどの、この手、態度、格好、姿勢なるは、アカンなあと。

いやね。
これは、親でして。
親見て、子、この場合、娘なれどの、育ってまして。
いやね。
自分達だけの、個室では、モっと、素晴らしいの格好するの、やろなあと。
そらね、この場なるは、解放状態の、そこらに数組の客居てるです。或る程度の、緊張感あっても、結構なると。
オッとの、我々なら、緊張感以前の、こんな場、個室でも、下手な格好致さんわと。

いやね。
家の中なら、適当なれど。
それでもや。一歩でも、外に出るに、下着、寝間着、パジャマ姿では、出ませんです。
それこその、裸でなんか、家の中でも、ウロウロとは、しやへんわい。
娘が居てるの宅様では、親父様、してるの話、テレビでも、女優たるが、申してるを聞くですが。アホウな事、口外すなと。
そもそもが、そんな格好で、教育上、宜しくありませんです。

いやね。
余計なるの話の、その上で、妙齢の女の子が、抵抗感無くの、親父と、一緒に風呂入ってるの話、なるは、宜しいねえ。
その手の話と、風呂上がって、すっぽんぽんの、裸で、ウロウロなるは、次元、異なるわと。
自慢と、違うぞと。開放的でも、何でもあらへんぞと。

いやね。
更なるの、余計なるの話の、過年、どこ様とは、申さんの、既に、転出されたの宅様なれどの。
そこのご主人様、パンツ一丁にて、物干し、ベランダなれどの、出てて、ねえ。アホかと。
一歩、外とは、その手、自宅内でもの、余所様の目があるの可能性の場を含むぞと。

てな、話。
当家では、全くのしてへんですが。
そもそもがの、家の中でさえも、そんな格好、してへんわと。
当然の、しかるべくの、風呂、トイレ以外は、なと。
オッとの、裸で、トイレになんか、入らへんけどや。
(18/06/27)


NO.2375 5月の連休の話(26) 美山の里の話(4)

昨日<6月26日>なるは、野暮用にて、出たり、入ったり。
本日は、チラとは、出たですが、家で、雑用で、殆ど、出てませんですが。

明日は、JA職員が、来る。
とか、でして。
イヤ、本来なら、27日であったの哉の、日は良く、覚えてませんですが。諸般、キャンペーンの説明で、同伴一名、女性がと。
との事、でして。へえの、結構ですよと、返答してるですが。
イヤ、時刻も、大体は、10時半頃と成ってるですが。集金のみの場合なれどの、15時半にと。へえの、そですかの、結構ですよと。

いやね。
結果的、散髪には、行ってませんです。
特段の、急ぐで無くの、適当でして。

そんな次第の、斯くなるでの。
一寸、考えたら、分かるです。
家の中、近所に、なら、普段着でして。それで、充分でして。
されどの、所謂の外出、遠出なら、相応の格好、服装でして。町の中、繁華街、デパートに行くに、普段着は、無いやろと。
そらね、スーパー、コンビニなるは、普段着でも、結構でして。
の、程度の区分なりは、してるやろなと。

そらね。
町医者に出向くにしたって、家の中と、一緒の格好、服装では、なと。
オッとの、家の中での、服装も、相応の、ならばの、区別する事、あらへんですが。

当方、基本、やらんですが。
いやね。
この季節、暑いしと、上半身、裸は、あらへんでして。下着着ずも、あらへんです。上衣まで、チャンと、着てるです。
イヤ、場合に寄り、Tシャツなら、下着は着ませんですが。
その格好で、スーパー、コンビニ程度になら、行くですが。髙島屋、大丸には、行かんわと。

いやね。
何故にと、なればの、話簡単の、イツ、誰様がご来訪か、分からんでして。
ピンポンの、パンと、呼び鈴鳴って、慌てふためきの、服着るなんか、せずの、最初っから、相応のと。
の程度の事、常識やろなと。
それが、単なるの、押し売りでもや。ご近所の方でもや。

いやね。
ご近所の方に、下手な格好にて、応対したって、別段の、アンタなあと。とは、云われませんですが。
思われるです。
少なくともの、値打ち上げるは、無いです。下げるは、あっても、でして。下げても、どて事、あらへんですが。
さりとての、まさかの、上半身、裸では、出えへんやろな。下着だけも、あらへんやろな。

いやね。
いつも、大人しそな子、女の子が、まさかの、がに股で、肩で、風切って、歩いてたら、ど哉と。
その子の、人品、その格好に現れてるです。

当世なら、自転車に乗って、片手スマホで、乗っててみい、アホでして。
ましてやの、歩きスマホで、モ片方の手には、ペット・ボトルで、喇叭飲みしててみい。ドの付くのアホウでして。
とは、当世の、親、教育してへんの、やろねえ。当人自身が、そでして。

いやね。
当世では、その手のが、非常に多く。
余所様の、通行の邪魔して、平気でね。そんな子、可愛らしいとは、全くの思わんし、事実、アホウと、思てるです。
要は、周囲が見えてませんです。見る気が無くの、自分だけよければ、それで結構の世界の子でして。こんな子が、将来的、良き母に、なんか、成れる筈、あらへんわと。
まあ、云うたら、以降、その程度の子が、代々続くに相成っての、日本国の将来、暗澹。

ンの、何の話をしてるの哉と。
いやね。
美山の、茅葺きの屋根の、喫茶店、「カフェ・ギャラリー彩花」では、ある意味、暇でねえ。
待ち時間、10分は、結構あるです。
結果、周辺の人間観察致し。
いやね。
結構、特徴のあるの、或いは、得体不明のが、多く。

あちから、こちは、どなんやろねえ。
要は、両親と、その息子なんやろなあと。
とは、思われてると、思うですが。イヤ、正解でして。

問題は、息子の嫁が見えずで、その子も、見えず故、ンの、あの親の子故、ン歳辺りで、ンンの、可哀想に、まだ、独身怪なあと。
の程度には、なと。
そらな、見た眼、そでして。見えぬ、居てぬは、無いも同然。

云うたら、でっぷり一家。両親と、その子、娘2人のも、娘の連れ合い、子も、見えぬ故に、独身なん哉と。
その娘の様子を見てて。イヤ、見るの気、無いけどや。目立つわと。その態度、格好、姿勢の横柄さが。
これでは、しかるべくの、伴侶を見付けるが難しいなあと。女の子らしさが、感じられませんでして。
矢張り、どこか、可愛らしさが伺えれば、宜しいですが。そもそもがの、足投げ出しが、あきませんです。そして、スマホ命で、そればかりでね。

いやね。
当世、このスマホ、ケータイを含むですが。これが、世の倫理を壊してるなと。
傍目にも、格好ワルツの、どこから見ても、アホウでして。

いやね。
比較するの対象が、難しいけれどの、秋篠宮家の、眞子様、佳子様が、その手のスマホ命で、歩いてたら、ンの、皇室の印象劣悪に成るです。
簡単には、この方々が、ペット・ボトルの茶でもを、喇叭飲みの姿は、見えず。

イヤ、喇叭飲みが悪い。
とは、申さずの、歩き乍らの、では、相応しく無いです。
イヤイヤ、当世、ペット・ボトルで、喇叭飲み出来るよになってまして。我々、下々の身故、別段にの、構わんですが。
それでも、歩き乍らの、では、お行儀がと。座れと。
せめてもの、立ち止まってと。そんなに急ぐ事も、あらへんわと。

イヤイヤ、申してるは、一応の基準、そこでして。
皇室の方が、歩きスマホで、歩き乍らの飲食してた、では、なと。
そんな場面、あって、スマホで、バシャリと、写真でも、動画でもを、撮ってみい。スクープぞと。
がに股で、肩で、風切って、人様の真ん前、横切られてみい、スクープぞと。
それこその、化粧べたべた、茶髪、黄髪にでも、染められてみい。文春砲炸裂ぞと。

イヤイヤ、実は、モ一組居たはりまして。
コレ、男女の2人。
但しの、年齢がねえ。夫婦にしたら、年齢がチョと、離れ過ぎての、親子にしたら、接近し過ぎでねえ。
要は、中途半端な、組合せ、でして。
いやね。
当然の、正解分からんわの、万事、諸般、こちの勝手なるの、思い込みと、妄想、空想、でっち上げの、でして。

これもねえ。
ええ格好。とは、服装の事、なれどの、結構、上等のを、着てまして。
にしてはの、コレ又、お里が分かるの、見えるの、格好、態度で、足投げ出してもてね。
いやね。一見では、どこぞの、金持ちの、女性なれどの、それで、足投げ出しでは、不正解。

いやね。
云うておくの、我々3人、足投げ出したりは、してへんぞと。
まあな、そんなには、太っても、居てませんの、但しの、メタボ判定、ぎりぎりなれどの。当方がや。
元々が、こんな場で、こんな場でなくともの、足投げ出したりしてへんわいと。
勿論の事、お上品なるの、言動してへんのけどや。
されどの、お下品なるの、言動も、してへんわいと。
とは、自分では、思てるです。
(18/06/28)


NO.2376 JAのキャンペーン中年女性と、アキラ君の話

いやね。
本日<6月28日>、なるは、JA職員がキャンペーンとかで、モ一人来て、説明するの日。
でした、ですが。忘れてもてて。

いやね。
予定通りの時刻、15時半頃、ピンポンのパンと、呼び鈴鳴って。ンの、そ云うたら、今日やった、なと。
来られてかた、ハタと、この件、思い出し。

いやね。
眼の前の、カレンダーには、メモってるです。
28日の箇所には、「15時半、JAキャンペーン」と。
されどの、四六時中見てるであらへんでして。

オッとの、そんな事で、いつもの職員、若き男性なれどの、モ一人は、中年女性で、この方が、キャンペーンの説明の方。
なれどの、キャンペーンの中身なら、大方分かってましての、年金を、JAにと。イヤ、当たり。
イヤイヤ、いつもの集金の件、提示で、事務手続き、証書に押印と、領収書を書いて戴いてるの間に、その方、中年女性の方に、何のキャンペーンですかと、水を向け。
ほならの、企業年金は、どされてるですかと。ンの、以前にも、同様の話あったですが。又、説明怪の、当方の会社、ロームと、までは、申してませんですが。
以前には、云うたですが。問われたが故の、此度は、そこまでの、質問無く。

いやね。
解散されて、一時金で、受け取ったですと。
とは、申したですが。ここから先、云うて無いの話の、果たして、一時金で、受け取ったが正解か、それ以外の手立て、しかるべくの、時より、一定額受け取るなり、信託するなりが有利かは、全くの分からんでして。
その一時金の額と、それを、どしてるかは、ここでは、ヒミツにしとくです。
イヤイヤ、大した額に非ずの、一切の、当方的、手は付けてませんでして。

いやね。
どちにしろ、年金は、現時点、京都銀行でして。
そこで、各種引き落とし、自動振り込みしてまして。それを、替えるも面倒。
とか、話をしたら、ケータイなら、電話番号が分かれば、変更出来るし、電気、ガスは、顧客ナンバーなりが、記載の、検針票で、分かるですと。
オッとの、当世、その検針票あらへんでして。イヤ、電気の方。
見たい、知りたいならばの、しかるべくの、サイトにログインでして。
いやね。
その手に変更にて、どれくらいかは、知らんの、安くなってるです。

いやね。
それでも、所謂の顧客ナンバーなるは、分かるですが。
そこまでは、話せずの、このキャンペーン女性、中年のは、その辺りの事、知らんのみたいでね。

いやね。
要は、JAカードで、引き落としにすれば、ポイントが付いて、還元されるですと。
イヤ、その件も、前回、聞いて知ってるですが。
イヤイヤ、云うてもたら、JAカード、そのものは、クレジット・カードでして。当家の場合、「JCB」。
矢鱈、クレジット・カードが増えて、コマツテルですが。とは、云うては無いけれどの。
話、逸れての、イヤ、その中年キャンペーン女性の話がで。その手、公共料金等々、何でも結構の、引き落としで、JAカードの年会費が無料になるですと。

いやね。
聞いて、知ってるです。
この1年は、只でして。その間にでも、検討で、宜しくて。
となればの、どちみちの、当家メイン・バンクをJAにか、そのままの、京都銀行かの決断をせねばならぬですが。

とまあ、そんな程度で、本日なるは。
正確には、本日も、嫁はんと、検討するですと、話を濁し。

いやね。
ここだけの話の、このキャンペーンの中年女性。言葉がね。
気取ってるのか、地かの、地なら、京都の方では、無いなあと。
正直申しの、所謂の変なニュアンスのアクセントの、喋り方でして。
モと、正確には、京都の人ならばの、気取った雰囲気漂わせるの、喋り方、アクセントや、なと。ハキリとは、少々、イヤ、可成りの、感じの悪いの、喋り方でして。
とは、当方的感覚なれど。


いやね。
それから、ケータイに電話で、誰かと、見れば、アキラ君。
イヤ、堀川高校の同級生。
京都大学農学部の、でして。東京在住。で、何事かと。

話聞けば、来週、都合はと。ンの何じゃと。イヤ、京都に行く故、時間あれば、一緒に食事でもと。フウンと。
月曜日なら、なと。
イヤ、亀岡と、するのか、並河に来て呉れるみたいでね。
で、亀岡の、どこに行くのかと、問えば、イヤ、一緒にメシでもと、思うのだけと。フウンの、ならばの、ミノル君にも、声掛けるかと。
イヤ、昨年の、伊勢行き以来、会おてませんでして。
<参考=「単なる雑談NO.188から、NO.193」堀川高校3年9組6人衆<369会>の伊勢旅行の話
(17/10/25から、26)

イヤイヤ、早速にも、ミノル君に、ケータイ一発。
嗚呼、ええでと。
但し、当日<7月2日>には、午前中用事あっての、メシ喰てから行くと。
よて、13時半頃がえかなあと。ンの、結構なると。

いやね。
ミノル君、曰くに、次回の、同窓会と、するのかは、「烟河温泉<けむりかわおんせん>」やったなあと。
下見に行かへん怪と。嗚呼、そやなあと。

イヤイヤ、当方、過月には、嫁はんと、下見には、行ってるですが。
当方的、この温泉で、何するやと。
まあな、温泉なれど、です。売店も、小規模でして。
まあな、皆で、イヤ、アキラ君、ミノル君と、3名で、下見に行って、どする兵衛と、相談するの手もあるなあと。
(18/06/29)


NO.2377 5月の連休の話(27) 美山の里の話(5)

いやね。
嫁はんの姉婿母。
要は、当方にとっての、義姉の義母が本日<6月29日>17時頃、亡くなったの知らせがと。

いやね。
過日より、怪しいと。
可成りの呆け症状で、食事が取れず。
とは、聞いてたですが。
通夜、明日で、明後日、告別式と、相成って。明日、明後日と、嫁はんと、四国、香川に行くに成ったです。
<追記=諸般で、告別式のみの参列にしたです。>

いやね。
当家、母の時には、仁尾のは、夫婦で、来て戴いて。
いやね。
親父の時には、どであったのかは、定かに覚えてませんですが。
先様の、親父様の時には、こちの母の件、有りで、嫁はん一人で、行ったですが。

とかとか、俄然、忙しくなったです。
忙しいも、単に、四国に行くのだけなれど。
いやね。2005年の当方、区長の時には、嫁はんの実の父が亡くなり、我々夫婦と、息子2人の、4人で、長男の車で、行ったの覚えあるですが。
そらなあ、13年前でして。息子共、まだ、結婚してませんでして。
オッとの、結婚してる、してないの、以前の、この場合なら、我々だけでも、構いませんですが。まあな、そこらが難しいところでね。

イヤイヤ、当方的、それこその、ン十年ブリに、新幹線に乗るになるなあと。
そらね、退職以来、新幹線に用事無く。
イヤイヤ、別段にの、新幹線に乗らねば、ならぬの事も、無いですが。高がの、京都から、岡山間でして。そこから、昔なら、宇野まで行って、宇高連絡船で、四国に渡り、予讃線で、しかるべくの、詫間に行くになってたですが。
どちにしろ、当世、瀬戸大橋があるが故、格段の、早くに行けるです。
イヤ、告別式が終われば、速やかに、帰途にと、考えてるですが。所謂の姻族故。
もあるし、そらな、遠いもあるしと。

いやね。
しもたなあと。
散髪、散髪と、思い乍らも、行ってませんでして。
本日なら、晴れ間もあったですが。実は、行くの積もりには、してたですが。
イザと、その気になれば、豪雨でね。凄まじく、降って来て。止めたと。
で、その知らせなるは、義姉より、嫁はんにで。嫁はんから、当方に、でして。最早の、遅いなと。
イヤ、その気なら、明日、朝早くにでもと、相成るですが。土曜日ともなればの、先客多いやろなあと。
とかとか、矢鱈、散髪に乗り気で無くて。そら、出不精自慢の、行くに、邪魔くさいわと。


オッとの、そんな次第の、斯くなるでの。
美山での、観光客の、お行儀の話なれどの。そらなあと。
イヤイヤ、別段にの、ゴミ出しての云々の話に非ずの、その辺りの事なら、普通と、思うですが。

いやねえ、まあ、観察してみ。
とするのか、常識的、お行儀云々を承知してるの面々ならばの、観察以前に、一発、嗚呼、残念と、思うわと。
或いは、眼も当てられんの、行儀の悪さに、唖然と、するのか、腹立たしくに、成るの事、あるわと。

要は、親がダメ。
ならばの、その又、親も、ダメなんやろと。
いやね。
当方ならばの、祖母なりが、自然に教えて呉れてたです。
簡単には、足投げ出して、座ってるの面々居たら、あんな格好したら、アカンよと。お里が知れるしなと。
ンの、当家なら、所謂の名門に非ずの、只の家、なれどの、子があんな格好、真似してたら、その親が恥じ掻くわと。その又、親であるの、爺婆が、恥搔くわと。当方には、爺は、既に、居てませんでした、ですが。
下手な事してたら、祖母申すに、そんな躾をした、覚えあらへんわと。
当世なら、諸般の事情にての、その爺婆、孫に、ダダ甘でして。


いやね。
話、少々の、先に成るですが。
帰りの道中、美山の、道の駅、「ふらっと美山」に寄ったですが。
<参考=ふらっと美山

そこの、美山特産品の売店にや。まあな、中年女性と、その娘がや。
何と、まの、ソフト・クリームを喰い乍らに、売店にて、何か、ええのが、無い怪なと、物色でして。あのなあと。
とは、申してませんですが。
そらなあ、この母娘の、この姿、格好、行動見ても、アホウと、思わんのが、居たら、それは、この母娘と、同程度の、であると。

いやね。
当人、少なくとも、母親が、それを、ええ格好と、でも思てるのか、舌で、ペロペロ、ソフト・クリームを味わい乍らの、商品、覗き込み。
娘なら、まあ、高校生か、大学生辺りの哉の、年代でして。
これも、将来、母親になても、その行動、何か、文句あっか、やろなあと。

いやね。
申すは、自身の子をのびやかに。自由にと。
育てたいと、良く聞くですが。方向感覚、メタメタと、違う怪と。

イヤイヤ、のびやか、自由は、大いに酸性、イヤ、賛成なれど、です。
それは、生き方、発想の事でありの、世の常識、お行儀なるは、のびやか、自由とは、違う分野也と。
その辺りを、この中年女性、はき違えてる、なと。
されどの、我々が、この女性に、一言苦言は、一寸なと。申せませんです。思てるのダケ。
アホウや、なと。

只な、残念乍らの、これより先、将来的、益々の、この手のアホウが増えるやろと。
そらな、常識知らず、教えられずの面々、益々の増加傾向にあるが故。
そらな、この娘のボーイ・フレンドも、一緒に、歩きソフト・クリームやろと。
これが、自由奔放怪の、嘘やろと。

いやね。
こんな素敵な、彼が、彼女がと、世間、見知らぬの面々にまで、見せひらしてるの積もり。
なんやろなあと。
自身の、バカさ加減、分かって無いが故の、散見どころか、既に、良く見るです。
(18/06/30)


NO.2378 亀岡シミズ病院と、散髪の話

いやね。
本日<6月30日>、昼一番にでも、出発の積もりが、諸般あって、明日朝、一番になったです。
ンの、何の事かと、なればの、四国、香川行きの件。
嫁はんの姉の婿母が亡くなりまして。その通夜、告別式に参列の件。

何故に、明日になったかと、なればの、嫁はんの具合が悪く。
ンの、生死に関わるの事で無く、ンンの、そらね、見立て悪く、間違いで、最悪なら、そなるの可能性あるですが。
イヤ、過日、先週辺りより、目眩がと。
申してまして。内科、町医者なれどの、方々に行ってるですが。風邪やろなあと、その薬を処方して戴き、服用してるですが。目眩、収まらず故、一発、脳の、MRでもと。

申すが故、ほならと、「亀岡シミズ病院」に、連れてったです。朝、二番。
イヤ、10時頃、家出まして。
いやね、その道中、国道9号線沿いには、最近、ここ数年、通い出してるの、散髪屋チェーン店の、「cut-A」なるが、ありまして。
いやね、どちみちの、時間掛かるやろしと、待ち時間の間にでも、散髪に行くかと。
イヤイヤ、しかるべくの、検査、MRの時間分かれば、ケータイにメールなり、して頂戴なと。

とかとか、要は、母の件で、度々の、「亀岡シミズ病院」には、通てましたですが。
最早の、ここ数年、ご無沙汰でして。どんな具合哉と、受付の待合いの様子見たら、ンの、患者数、少ないねえの、へえと。
むしろの、平日の方が、多いのやろ怪の、まあな、どちでも結構の、こちは、速やかに、散髪してしまうに致しの。
実は、来しな、チラと、散髪屋の様子を見たら、駐車場の車の数、僅少でして。嗚呼、結構なると。

いやね。
当然の、その時ならの話の、時間経てば、様子も違うかもなの、案の定の、駐車場も大入り満車で、1台、辛うじて、出る方あっての、駐められたですが。
云うたって、駐車場に置けるの台数、何台やろねえ。10台程哉の、店内に入れば、待ち人、多数の、10名様程度で、へえの、コマツタなと。
とは、思えどの、今更でして。
来た限りは、やてしまわんと、なと。

がしかし、当方の、番号札が、「11」番。朝一番、「1」から、スタートなら、この待ち人の人数と、矛盾するですが。
そらね、10人程が居て、当方、「11」番故でして。
ンの、空いた席に、陣取り、すぐにも、番号呼ばれたのが、「5」番でねえ。ンンの、ほならの、当方、6番目に相成るの、以外の方、何じゃと、不思議に思てたですが。
すぐにも、回答分かったです。

いやね。
子どもさんの散髪に、親が付いて来てるです。へえと。
そして、理髪師に、あれこれ、指示するのも、居たりしての、モ一発、へえと。
イヤイヤ、子どもさん、小学生に非ずの、まあ、中学生やろなあの、年代でして。
いやね。
当方なら、息子共の散髪に、お付き合いなんか、してへんでと。ましてやの、あや、こやと、注文も付けるは、思い及ばんの事でして。
今時の親は、大したモンと、するのか、諸般、あるなあと。

いやね。
余計なるの話の、それで、理髪師、一応のカットが出来て、これで、宜しいですかと、親に確認するに、親、チラ見で、ハイと。
当方的、どみても、大した髪型に非ずの、所詮は、中学生の男の子の髪でして。
とは、一切の口にはしてませんの、思ただけ。
イヤイヤ、そもそもがの、散髪してるの時、当人、親、男親なれどの、ケータイ命で、超の三昧にての、散髪されてるの様子なんか、見てへんわと。
単に、云うてみたかった、ダケの範疇や、なと。
オッとの、当方の番来て、当方なら、適当の、髪の毛、耳の辺りまでで、鬢は、半分程度にと。ダケの注文にての、あとは、良きに計らえでして。
付け加えるならばの、バリカン厭。

とかとか、散髪して貰てるの間にも、ケータイに、着メロ、二度鳴って。嗚呼、要は進んでるのやなの。メールなれどの。されどの、散髪されてるの最中に、文面見るも出来ひんわと。

イヤ、順番までは、半時間程度で、20分の所用時間で、当方程度のは、一丁上がりの、精算、シャンプー込みで、1620円也<消費税込み>は、シルバー料金。
支払いましての、店から、出て、文面拝読の、検査<MR>は、13時からで、12時半には、検査室の辺りに来て呉れと、成ってると。
との事で、時計見たら、12時15分辺りでね。
イヤ、丁度良い頃合いでして。
話簡単には、12時に散髪終わって、そこからなら、大渋滞でも無い限りは、10分、15分もあれば、待合いまで、行けるです。

とかとか、行けば、MRの、待合いまでの、道中、長椅子に嫁はん座ってましての。
イヤ、患者なんか、殆ど居てませんでして。この時刻、12時半でして。
で、ほならと、MR室の方で、待つに、結構遅れてるのみたいでね。13時には、先客が検査で、一人分、長引いてるみたいでの、結果、14時に、MR検査を終えまして。

「脳神経科」に、検査結果と、共にの、診察受ければ、脳には、特段の事は無くと。
そら、ヨカツタですが。ならばの、目眩は何じゃの世界の、これこそは、三半規管が云々の話あるなら、耳鼻咽喉科の町医者でも結構の、来週早々にでも、診て戴くかと。


そんな次第の、斯くなるでの。
明日朝一番、7時には、我が家出発に相成ったです。
イヤ、嫁はんの方なら、脳に所見無く、少々、気が晴れたか、気分的、明るくなったです。
当方なら、行かんとなあと、思てたの散髪も、出来てもてね。これ又の、気分的、楽になったです。
そらね、明日は、四国で、明後日には、アキラ君、ミノル君に会うになっててね。
こちは、特段の、なれどの、そらな、散髪して、頭スキリの方がと。
(18/07/01)


NO.2379 この数日、クタブレタの話(1) ン十年ブリの新幹線の話

いやね。
正直、クタブレタ<草臥れた>です。
6月30日<土曜日>には、嫁はんが予てより、目眩がすると。
申してまして。ほならと、「亀岡シミズ病院」に、行くかと、連れて行き。

いやね。
その前日には、嫁はんの姉婿の母が亡くなりまして。本来ならばの、30日には、通夜で、7月1日、告別式でして。
とりあえず、7月1日の告別式のみの、参列に致し。
そして、明くるの、2日には、東京さから来てるの、アキラ君と、昼食をの話あって。

イヤ、まずは、話順々の、「亀岡シミズ」病院なるは、当方、単に付き添いでして。気楽なれどの、折角と、するのか、その近くには、「Cut-A」なる屋号の散髪屋チェーン店がある故、待ち時間の間にでも、散髪にと。
イヤイヤ、上手い具合に、散髪が終わった頃、MR撮影場所に待機してて呉れの時間でして。

イヤ、正確には、12時半にその場所の辺りで、待機で、13時開始であると。
当方、散髪終えたが、12時丁度辺りでね。待機して呉れの、時間には、間に合おてまして。
での、実際には、遅れ、遅れの、13時に先客、患者が、MRを終えて、14時に、やとで、嫁はん終わってねえ。
とかとか、結果的、先生の診断も終え、精算もが、14時半頃哉と。
まあね、どちにしろ、MRでは、特段の異常無くと、ヨカツタなと。

いやね。
その明くるの、7月1日<日曜日>には、朝6時には起床で、7時には、我が家出発。
イヤ、夫婦で、出発故、車で、送って呉れるのが居てませぬ故、早めに家出てるです。
諸般、礼服、靴等々も、持参でね。結構、重たいねえ。
とも、云うてられんの、まあな、早足なら、15分程度で、普通に歩けば、20分でして。荷物あるが故、20分で、着くですが。朝から、汗ダクダク。

いやね。
予定通りの、快速電車に乗れて。
イヤ、日曜日の、7時34分の快速電車に、乗るに、結構、乗客多く。されどの、優先座席に正々堂々の座りまして。
同席の方、ンの、微妙なるの年代なれどの、ま、ええかと。

とかとか、「京都駅」から、「岡山駅」までは、ン十年ブリの、新幹線でして。
「岡山駅」からは、その昔なら、宇野線で、宇高連絡船に成って、予讃線でと、相成るですが。
当世、瀬戸大橋が出来てましての、楽やねえ。経路も違うの、とかとか、特急しおかぜで、「多度津駅」。
から、快速サンポート南風リレー号に乗り換え、「詫間駅」には、10時52分着でして。

まあね。
この時間帯のなら、指定席取らんでも、楽勝なれどの、それは、結果論。
いやね。
新幹線も、20年の昔とは、桁違いに、静かで、揺れへんねえ。綺麗やしねえ。清潔感もあって、ねえ。ええねえ。

とかとか、乗り継ぎ、乗り継ぎも、クタブレルねえ。
その昔の、乗り継ぎ、1分、2分故と、走った時代と、違うしねえ。
まあな、当時は、若いし、行き慣れてるもあってねえ。

イヤイヤ、何を隠そおの、隠す事、一切無いの、四国、香川、高松には、工場あって。現在でも、あるですが。「AOI電子」が、ロームの協力会社<工場>の時代には、当方、良く行ってたです。
先の通りの、宇野線、宇高連絡船の時代でして。要は、瀬戸大橋の無い時代。

余計なるの話の、宇高連絡船で、喰うのうどんが馬勝ったで、牛負けるです。いやね、定番でして。席の確保もそこそもに、先にうどん。
風に吹かれ乍らのうどんの旨い事。
いやね、大抵ならばの、会社が終わってからの出発で、前夜の内に、高松の、「ホワイト・ホテル」に到着で、朝一番より、「AOI電子」に出社してたです。
帰りは、当然の、勤務時間終わってからで、夜でして。
云うてるは、勤務時間帯に、移動するは無く。我々は、なと。余所の部署の面々の事は、知らんわと。

オッとの、何の話哉の、高松以外なら、岡山、笠岡の、「ワコー電器」等々、東方になら、クレームとかで、新幹線には、乗ってたですが。
そらね、下手したら、下手しんでもの、工場え、そら、クレームでと。一箇月で、大抵ならばの、1度、2度は、新幹線に乗ってたですが。
コレ又、余計なるの話の、クレームの場合、一泊なり、日帰りでして。工場なら、最低でも、3日で、多くは、一週間哉と。

それがや。
退職以来、一度も、新幹線には、乗ってえへんでして。
の以前の当方、自称、出不精と、公言してるですが。工場え、それ、クレームとかとかで、新幹線に乗りまくってたら、出るも厭に相成るわと。
「ワコー電器」になら、始発の、「こだま」に乗ってたわと。とは、当方くらいと、思うけど。

いやね。
それもあるし、クレームでは、方々の会社に出向いてるですが。呉れ呉れもの、クレームやし、なと。
周辺の名勝旧跡、観光すべきの場所なんか、全くのと。
とするの以前の、クレームの中身なら、殆どの件、覚えてるですが。それが、どの会社の、どの工場の、となんか、皆目の、でして。
先方の担当者なら、一部、記憶も、営業担当なんか、本社の以外、覚えてえへんわと。

いやね。そらね。
何度も、何度も、ひつこく、ひつこくの、来て呉れ、行って呉れと、頼みまくるの、ならばの、厭でも、覚えるですが。
大抵ならばの、一度だけでして。
そんな事で、一度だけしか、出向いて無いの、営業担当も、会社も、覚えるの筈は無く。

オトトの、「詫間駅」ねえ。
実は、嫁はんの里、「比地木」の、最寄りの駅、そこでして。
その、「詫間駅」になら、2度か、3度か、4度程度は、降りてると、するのか、そこから、乗っても、居てまして。
されどの、乗り換えの、「多度津駅」なるは、此度初めてでして。
イヤイヤ、大抵ならばの、車で、でして。
とかとか、「詫間駅」には、嫁はんの兄が迎えに来て呉れてるですて。へえの、ヨカツタなと。

とかとかの、とかと、こんな調子で、話をしてたら、「5月の連休の話」が、終わらんわと。
(18/07/04)


NO.2380 5月の連休の話(28) 美山の里の話(6)

いやね。
矢っ張り、先に、「5月の連休の話」をやてまうかと。
さもなくばの、題名通りの、5月の連休、5日の日の話が、7月の5日になっても、終わらんでして。一寸なと。

いやね。
そんな事で、長男と、3人して、美山<みやま>の、茅葺きの屋根の家。集落を尋ねまして。
まあ、云うたら、「日本昔話」の光景のよな、集落でして。
いやね。
日本人故か、この手の建家を見てたら、落ち着くねえ。安心感、抱くねえ。
はきりと申しの、近代建築、デカいのを見てるよりは、なと。
但し、コレ又、正直には、落ち着くの度合い、京都の家のよな方が、より落ち着くの感するよに、思えてね。

いやね。
この手の造りでは、裏庭が無いです。
ある意味、家の周囲全体が庭みたいな、モンでして。
いやね。
京都の家なるは、小さな家にでも、裏庭があるです。古い造り、なら、なと。
そらね、小さな、にも、限度あるですが。
仏光寺の家は小さかったですが。裏庭の広さ、正確には、分からんの、大抵ならばの、5坪くらいはあったの哉と。

いやね。
裏庭には、渡り廊下で、トイレもあって。手水があって。物干しの、竹竿も立て掛けてあって、ねえ。
落ち着くの一番の理由、原因なるは、隣接の家からは、見えませんです。
そらな、天井まで、完全に囲まれてるで無くの、塀だけ故、その気になれば、見えるのけどや。そんな事、致さんわと。

いやね。
裏庭には、特段の、何があるでも、あらへんですが。見えるは、トイレ、手水の石。物干しの竹棹と、塀だけでして。まあな、手入れしてないの、草も生えてるし、苔むしてるですが。それが、落ち着くの理由哉と。

まあな。
茅葺きの屋根の家の、喫茶店。
ここが、落ち着くのは、まあ、云うたら、古い木造の家でして。
なんやろな、あと。

オッとの、落ち着いてもてね。
黒豆入りのコーヒーと、ロール・ケーキ喰て。
喰い終わって、さあ、ボチボチの、行くかと。行くも、どこにの、あてもあらへんですが。そらな、初めてでして。

イヤ、とりあえず、靴履いて、さての、皆が行くの方向、山手の方なれどの、道標では、寺があるのらしくの、行ってみるかと。
道中、「美山民族資料館」なるが、あったですが。有料故、止め。
イヤ、その先には、「普明寺」なる名称の寺がある筈故、上がったですが。

いやね。石段、数段。
上がっての、ここだけの話の。
でも、無いの、石段数段の分、小高い場所に、家あって。ンの、これが、寺怪なと。他に、寺らしいの建家の無いの寺でして。
そらね、周辺隈無く探しまくれば、何か、あるかもなれどの、まあな、結構哉と、階段降りて。あっちに行くかと、降りた場所から、左手に進路取っての、ンの、単に、田園風景、家あるだけの、でして。
まあ、云うたら、久しぶりに歩け、歩けの、歩くも、大した距離で無くの、さあ、駐車場の方え、戻るかと。

いやね。
戻って、周辺見たら、土産物屋があるみたいでね。
一寸、見てみるかと。入れば、美山の特産品がありての、諸般の買い物致し。

いやね。
折角なら、こちに、来るの道中、道の駅、「美山ふれあい広場」なるのがあった、なと。行こかと。
<参考=「美山ふれあい広場」(美山ナビ)>

イヤイヤ、ここで、地の玉子をパックで、20個。
牛乳があっての、これもと。
更には、お米があって。可成り、高いけれどの、まあな、どんな味か、美山のお米はと、2kgを買い求め。
いやね、最小単位、1合のが、あったですが。少な過ぎるなと。

イヤイヤ、結構馬勝ったです。牛負けたです。
イヤ、お米も、玉子も、牛乳も。
の、程度しか、買い物してませんですが。ここでは、なと。

オッとの、先に申してたの、中年女性と、その娘。高校生か、大学生辺りの、母娘なれどの、この、道の駅の売店で、事もあろにの、ソフト・クリームをペロペロ、ねぶり乍らの、極めてのお行儀の悪いの2人が居た場所でして。
ご当人様、自身の行儀の悪さを全くの、感じて無いが故、その手の行為、してるですが。
ある意味、幸せな母娘で、ある意味、アホウな、でして。

イヤイヤ、それに刺激されたで無いですが。
その建家では、無いの、別の場所で、ソフト・クリームを売っててね。
多くの面々、喰てましての、長男曰くに、食べる怪と。おごるでと。へえの、そかの、ありがとさんと。
オッとの、喰てるは、先程の、母娘の如くに非ずの、外で、でして。ベンチもあって。

いやね。
美山の乳牛で、絞ったの牛乳で、作ってるの、ソフト・クリームやろしと。
そんな事で、長男のおごりで、三人して、当然の、ベンチに座って、喰たですが。馬勝ったで、牛負けたです。

イヤイヤ、以て、美山も、オシマイの、帰るに、当然の、車の方えで、ンの、あの店と、するのか、黒豆入りのコーヒーと、ロール・ケーキを喰たの、茅葺き屋根の、喫茶店に居たの、何ちゅうかの、目立ったの、老年グループ。
特には、お笑いコンビ、「バイきんぐ」の、小峠英二に似たの風貌のが、その駐車場から、出てくのと、遭遇の。
嫁はん曰くに、あの人、小峠に似た人、見たなあと。
ンの、皆、注視してたんやと。そらな、目立つしと。


そんな事で、後は、1時間半掛かって、我が家に戻ったですが。
いやね。
美山の里で、暮らしたいかと、なればの、遠慮するです。
まあね、一時的になら、結構なるも、歳喰ての、ここでは、一寸なと。
いやね。
歳喰て、田舎で、のんびりなるの生活をと、テレビでは、時々のやてるですが。
無責任なるの話でね。

そらね、歳喰うも、健康で、動けてるの範囲の歳でして。
そらね、60代、70代、辺りまで哉と。前提、くどいけどの、健康で、病気持たずの話の、更に、歳喰ての、70代後半、後期高齢者年代になてもてみい。
町医者通いさえ、ままならずの、高齢者福祉施設も、あるの哉の、ありませんでして。

いやね。
この地に生まれ、育ったの方なら、諸般の慣れあるけれどの、余所者高齢者には、難しいぞと。
(18/07/05)



inserted by FC2 system