シバケンの単なる雑談NO.188

雑談NO.186 雑談NO.187
雑談NO.181 雑談NO.182 雑談NO.183 雑談NO.184 雑談NO.185

雑談NO.160 雑談NO.170 雑談NO.180
雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.189

NO.2150 えらいこっちゃ、家に入れずの話(3) 昔の家は、閂であったの話

NO.2149 えらいこっちゃ、家に入れずの話(2) 出先で、ばったりの話

NO.2148 えらいこっちゃ、家に入れずの話(1)

NO.2147 堀川高校3年9組6人衆<369会>の伊勢旅行の話(3) 券が一杯の話

NO.2146 堀川高校3年9組6人衆<369会>の伊勢旅行の話(2) 費用質素、中身豪華絢爛の話

NO.2145 台風21号、22号と、名神高速の大山崎出口、京都縦貫道の話

NO.2144 台風21号と、長男家孫共の話(3) ソロバン塾帰りの道間違うの話

NO.2143 堀川高校3年9組6人衆<369会>の伊勢旅行の話(1) 明日から、孫君2号の鼓笛隊の話

NO.2142 少々草臥れたの単なる雑談

NO.2141 台風21号と、長男家孫共の話(2)

雑談NO.187


NO.2141 台風21号と、長男家孫共の話(2)

まあ、云うたら、えらい時期、台風21号の時、ハワイ旅行。
長男夫婦が、でして。
さりとて、数箇月以前より、組んだの、計画でして。
ども成らず。

イヤ、現段階、本日<22日>帰国は延期に成ったです。
飛行機飛ばずで、明日、12時半頃、関西空港着なれどの、そこから先、さての、どするやの、船は出航せずで、バスに成るですが。
そのバスも、14時半、関西空港発らしく。高速道路工事中の影響もありで、さての、どの程度の時間喰て、帰って来るのやらの。
結果、こちも、委細構わずの、ハイ、サイナラとは、出来ずにコマツタなと。

明日は平日故、孫共の学校、小学校はどなるのか。
イヤ、台風の影響のためでして。警報なり発令中なら、休校になるですが。
孫君2号の保育園では、開園でして。
結果的、これは、送迎せねばならず。

いやね、当方的、本来ならば、息子夫婦が本日、帰宅で、明日、適当なるの時刻、出来る限り、早くに退散。25日、26日の伊勢行きの準備と、する程の準備もしませんですが。
単に、高校3年の同窓生と、会うだけでして。会って、伊勢神宮にでも、参拝するかと。


でや、昨日、何があったか、事件とは、簡単には、電気、消えてもてね。
ここは、太陽光発電と、関西電力の併用でして。だけに、システム的、よ、分からんでして。
イヤ、一部、室内灯、点灯してて、テレビは消え、炊飯器の電気系統不通で、孫娘、<小学4年生>、孫君1号<小学2年生>の、学童の発表会が14時からで。
諸般、電気系統の異常、実は、「ポーチ」と銘打ったのブレーカーのみ、異常でして。異常とするのか、漏電してるが故、全体のブレーカーが落ちてまして。
入れても、落ちまして。

この点検と、するのか、漏電箇所の検査、特定するの業者来訪が、14時でして。
結果、嫁はんは、学童保育。
とは、神戸にて、小学校の基本、低学年対象に、放課後の一定時間、預かるの施設で、そちの、発表会。
とは、歌、太鼓なりの、日頃の訓練の成果発表会があり、そちの方え。

当方、留守番で、業者対応致し。
実際には、14時過ぎに業者来まして、一緒にと、するのか、立合致し。
結果の結果、家の外回りのどこかであると。まあ、つまり、諸般の情報より、個々のブレーカーを全部切り、主電源を入れて、一個ずつ、入れて行けば、その、「ポーチ」のみ、異常が判明してまして。

云うたって、その、「ポーチ」がどこを意味してるか、なんか、当方知る訳あらへんわと。
この家の主でもありませんでして。主たるの、長男も、知ってるの怪の範疇での。
がしかし、概ね、玄関の方やろと。

いやね、この点検、特定するの業者の、出張費用<3千円>、漏電箇所点検費用<5千円>でして。加える事の実費。
但し、この業者は、ここまででして。
しかるべくの、家の建設業者に連絡の上、施行業者が処置するになってまして。
費用なるは、その上での請求なり、保証期間故と、無料になるかは、分からんでして。
それが、又、明日<23日>には、連絡あると。連絡なるは、修繕なりの、日の打ち合わせ。

イヤイヤ、要は、ブレーカー1個で、その、1個の、1系統でして。外回りのコンセントを抜いたです。業者が、でして。
抜いて、該当ブレーカー入れても、正常での、屋内については、問題無く。生活するに、支障無く。

とっとの、それは、それ。
とするのか、その時には、焦ったですが。
そらね、所謂の停電か、太陽光発電システムの異常か、何か、トンでもの、現象呈してるのかと。
電話は出来ませんし、そら、関西電力系でして。ケータイ、スマホも、充電出来ずの、充電なら、予めしてるですが。
何よりも、連絡先等々、知らんがな。
これは、嫁はんが、息子夫婦と、連絡取っての、しかるべくのと。


での、本日<22日・日曜日>なるは、孫娘の、珠算の検定試験の日でして。
これ又、全然の知らんの、「神戸商工会議所」行きでして。
これが、朝、7時12分の、バスに乗って、最寄りの、地下鉄西神中央駅へ。そこから、三宮経由の、ポートライナーにて、市民広場下車で、試験会場にと、相成るですが。

試験そのものは、9時から、でして。
7時12分のバスに乗れば、概ね、8時半頃には、着くの勘定での、余裕あるですが。
こちは、土地勘無く、方向も知らんしなと。
しかも、孫共、3名を嫁はんと、2人での、連れてくに相成って。
だけで無くの、台風21号の影響がと。

そらね、何でも無いの、常平生なら、天気良い、ならばの、界隈、散策したりの、「神戸どうぶつ王国」なるが、あるのらしくの、孫娘の試験さえ、終わればの話の、連れてってやれればと。
とは、長男嫁の案での、台風21号発生以前の話。
そらね、検定試験、1時間でして。10時には、終わるです。

まあね、本日には、その検定試験会場には、行きまして。無事、戻ってるですが。
いやね、台風の影響にての、雨、本降り、風、少々きつかったのけれどの、この程度なら、特段にの、状況でして。
反って、息子宅に戻ってからの方が、風雨共、可成りの、きつく。
(17/10/23)


NO.2142 少々草臥れたの単なる雑談

イヤ、少々。
イヤ、可成り、草臥れたです。
10月22日夜には、帰宅の筈の、長男夫婦。
台風21号の影響にて、結果的、23日、夕方に帰宅したです。

いやね、23日には、適当なるの段階、長男宅にての、昼飯でも、喰てから、帰るの積もりにしてたですが。
昼飯が、晩飯になてもてね。
いやね、そんな時刻、夜になてからの、車の運転なるは、余りしてませんでして。ましてやの、慣れたの道では無いがため、道、迷う事、無いよにと、高速道路で帰ったですが。
ンの、とりあえず、その日の内には、帰宅してるですが。

第二神明道路、阪神高速、名神高速で、大山崎インターより、亀岡の京都縦貫道路えと、向かうの積もりが、この案内板、ややこしいてねえ。
ンの、京滋バイパスの方に、行ってもてね。
滋賀県に行っても仕方がありませんの、方向違い故、即の降りまして。高速から。
さての、ここからが、困るの事よの、現在地不明。

暫く、走ってたら、あっち、どこそこ、こっち、京都市街と、するの案内板発見故、京都市街えと、向かえば、見た覚えあるの、界隈にと。
要は、東土川に到着。
ここからなら、帰りの道中、道順、分かるが故、京都縦貫道の沓掛に向かいの、無事に、帰宅したです。

いやね、正直、歳喰たら、慣れぬの界隈、困るです。
いやね、大山崎インターより、無事に、亀岡の、大井インターに行けた時も、あったですが。
コレ、大山崎出口としてあるを、仔細構わずの進行にて、京都縦貫道えの、高速に突入出来たのやなと。今、思えば、なと。
されどの、出口、出口としてあれば、しかるべくの、道が別途に存在すると、思うがな。

ましてやの、夜は、焦るです。少々、見難い分、迷うです。
これが、加齢と、勝手に思てるですが。

まあね、無事に帰宅出来て、ほとしたですが。
さての、明日<10月25日>からは、伊勢行きでして。
これは、「堀川高校3年8組」の、男衆、当方含めの、6名様の、まあ、云うたら、ミニミニ同窓会。
同窓会とは、銘打ってませんですが。

とりあえず、明日、朝、8時には、我が家出発で、9時20分、京都駅八条口、近鉄改札口前にて、集合になってるです。
イヤ、8時27分かの、JRに乗れば、9時前には、京都駅到着でして。
そこから、八条口には、まあ、云うたら、京都駅の、端から、端。
まあ、云うたら、正面から、裏手。

そんな事で、明日、明後日と、外出での。
そして、27日を空けて、28日、29日は、再度の、神戸長男宅で。
これは、孫君2号の、鼓笛隊の応援と、するのか、参観なんやねえ。
で、以て、10月の予定は、オシマイになるです。
(17/10/25)


NO.2143 堀川高校3年9組6人衆<369会>の伊勢旅行の話(1) 明日から、孫君2号の鼓笛隊の話

10月25日より、26日。
なるは、「堀川高校3年9組」同窓生、6名にて、伊勢方面。

オッとの、ここで、従前、ええ加減の、恥ずかし乍らの、「3年8組」と、してまして。
ここで、修正致すです。当時、12組中の、「8組」で無く、「9組」でしたです。

そして、宿泊先、民宿の、「魚勘」にて、「369会」と、銘打つかと。
意味なるは、3年9組6人の意での、「396」では、尻すぼみ傾向故、「369」と、致し。

イヤイヤ、結構面白かったです。
所謂の、ハプニングの連発でして。

イヤイヤ、6名なるは、東京から、1名。千葉より、1名。
京都より、3名で、三重名張から1名。
集合なるは、「伊勢駅」。

当たり前だの、クラッカーの、「堀川高校」なるは、「京都市立」故、学区制での、元々は、皆、近所。皆の家、当時には、歩いてでも、行けるの距離。
京都組3名、実は、中学校も一緒で、内の1名、幼稚園まで、一緒。
云うてもたら、ミノル君は、中学からで、マサノリ君なるは、幼稚園が一緒で、小学校飛んで、中学、高校が一緒。

それ以外の、3名は、高校で、一緒に相成っての、それが、3年生で、「9組」でして。
この6名が、何故に、仲良しかと、なればの、要は、3年で、同級となりての、実は、受験勉強を一緒にしてたです。
受験勉強たって、単に、夏休みなりに、高校に行きまして。教室の一室にて、一緒にと、だけでして。

今時と違いましての、塾になんか、通てませんでして。
正確には、1週間程度のみ、予備校の夏期講座には、行ったの哉と。
予備校は、「関西文理学院」であったと、記憶してるです。

いやね、この6名が行ったか、その何名かがかは、失念なれど、夏休みに予備校にチラと行きまして。
当然の、予備校生<浪人組>が圧倒的多数の、その熱気と、講座の中身の、難解さに、ビクリしたを覚えてるです。
熱気は、夏休み故、暑さもあったですが。
オッとの、エアコン、クーラーねえ。そんなモン、あるのモンかと。当時は、なと。
てな、話は、この伊勢行きでは、一切の出てませんですが。出たは、一緒に高校の一室での話等々。
要は予備校の話は出て無いの意。

いやね、諸般、明日<10月28日>、明後日と、又もやの、神戸、長男宅に向かう故。
いやね、孫君2号の鼓笛隊ですて。その参観にと。
先週金曜日から、明くるの月曜日まで、行ってたですが。これは、長男夫婦のハワイ旅行にての、留守番と、するのか、孫の面倒見にでして。
帰って、この水曜日、木曜日と、伊勢で、明日より、2日間が、神戸。
明日も、朝の早く、でも無いけれどの、8時出発故、ここまでと、致すです。
イヤ、正直、出不精自慢の当方にして、出っ放し故、可成り、草臥れてるです。
(17/10/28)


NO.2144 台風21号と、長男家孫共の話(3) ソロバン塾帰りの道間違うの話

さての、10月28日、29日と、再度の神戸行き。
これは、孫君2号の、保育園の鼓笛隊発表の参観でして。
神戸の、9つの保育園の発表会でして。12時開場、12時半開会、15時半頃閉会。

長男一家と、嫁両親と、当方夫婦の、何ちゅうかの、爺婆4名と、でして。
嫁両親なるは、当日、会場で会い、終わってから、会場で、サイナラ致し。我々は、長男宅にて、一泊して、15時頃、サイナラしたですが。

前回、神戸えの、20日から、23日なるは、台風21号の最中。
此度は、台風22号。

且つは、その真ん中、25日、26日は、「堀川高校369会」要は、3年9組6人会と急遽の銘打ったの伊勢旅行でして。
正直、草臥れたです。
イヤイヤ、旅行の方、天候には恵まれ、ヨカツタですが。これは、別途に掲載するの積もり。

再度、記載するなら、20日から、23日のは、長男夫婦のハワイ旅行中の、孫共の面倒でして。前半、16日から、20日までは、嫁母担当での、後半が、当方夫婦でして。

さての、さてで、何を掲載するかに、相成るですが。
ネタ話、多く。
かと、申しの、そんな事、全部は、なと。

での、まずは、失敗談をと。
いやね、20日から、23日の時には、孫娘、孫君1号のソロバン塾の送迎したです。
日の明るい内の、行きには、特段の送りは不要なれどの、道を、場所を、知るが目的にて、車でと。
孫君1号なら、16時から、17時。孫娘は、17時から、18時でして。

両方の送迎なるは、23日だけでして。
でや、何で、やろねえ。
孫共、歩いてでも、通えるの道中、道順の簡単なるの、場所なれど。何回、道を間違おたか、迷子に成りかけたかと。
実際には、瞬時、なったですが。

途中からの道順。
信号から、一筋先の道を左え。即の、次ぎの道を右で、曲がった先の、T字路の、一寸先が、ソロバン塾。
当然の、住宅街故、道幅狭くの、Uターンなんか、出来ませんでして。辛うじて、車が行き交うは出来るの程度の、故でして。

とりあえず、迎えの時には、暗くてね。
それは、結構の、孫娘迎えにで、乗せて、次ぎの道を左にで。右えの道が無い故での。再度の、左にで。
ここまでは、正解なれどの、ここから先、勘違いの、何故か、右に進路を取てもてね。
正解なるは、左に、そして、右でして。
要は、元来た道に戻るだけなんや、けどね。

申し添えれば、その道を真っ直ぐに、でもなれどの、コレ又、真っ直ぐの道が無く。T字路でして。
云うてもたら、この界隈、道あったり、なかったりで、ややこしいわと。要は、T字路多く。

自身、そこまでは、ボケて無いと、思てるですが。
現に、進路間違い、どこを、どんな具合にか、大通りに突入。大通も、片側一車線の、人道もあるの、程度の道幅なれど。ならばの、中通り哉の、ンの、変やな、周辺の雰囲気、違うなと。
イヤイヤ、迎えにの道も、その手のを通るですが。

兎に角、この界隈、この手、似たよな、道多く。
ましてやの、ソロバン塾なんか、此度、初でして。
大体は、神戸に来たら、当方、殆ど、運転せず。車で行くのところは、息子の車で、運転で。
神戸で、車で息子宅以外には、息子が、両腕、骨折入院の際の、見舞いの時だけでして。

息子宅の、周辺、家並さえも、よ、知らんでして。用事がありませんでして。ウロウロも、してませんでして。
そもそもの、神戸で、我々、車運転するは、自殺行為哉と。
カー・ナビゲーションでも、無ければ、とても、とてもの、とてもやないの、必ずや、道迷いの、迷子になるの、現在地不明に相成るです。
そら、土地勘皆無で、この手の道には慣れてませんでして。
この手とは、どこも、かしこも、似たよな光景。且つは、京都市内のよな、真っ直ぐなるの、道、碁盤の目では無くて。

ましてやの、ソロバン塾界隈なんか、初でして。
とは、云い訳なれどの。
そらね、無事に戻りの、現在唯今、我が家でして。行方不明には、成ってませんですが。危なかったんやと。

夜目、遠目の、ましてやの、知らぬ道。
そらね、即の分かったです。ンの、道間違おたぞと。
間違いの箇所、分かってたら、そこまで、戻れば結構も、それが、どこかさえ、不明でね。それこその、現在地不明で、コマツタなと。

云うたら、ケータイ持参も、嫁はんに尋ねたって、分からんわい。土地の者でもあらへんでして。
息子、嫁に尋ねるにしたって、あちら、ハワイ。
まあね、最終的、コンビニにでも入って。或いは、交番所でもあれば、警察官に、でもと。
現在地どこですか。息子宅、この住所で、そち方面に行くに、戻るに、どこを、どんな具合に行けばと、尋ねるかと。
それもねえ、夜目、遠目の、夜は、分かり難くて困るんやと。
やから、基本、夜の運転厭でして。

オッとの、でや、孫娘に、正直に、コマツタなと。道が分からんわと、申せば、申すに、お爺ちゃん、左に行ったら、元に戻れるえ。ンと。
おまえ、道分かってるの怪と、問えば、この道は知らんけど、お爺ちゃん、左に行くのを、右に行ってしもたんやと。そして、再度の右にと。
フウンの、へえと。

いやね、孫娘曰くに、信号のあるの道の、同じくの信号のある、一つ先の大通りを反対方向に走ってる故、どこに行くの哉と、思てたの、らしく。
よて、適当なるの道を右に。そして、大通りまで、行って、そこを、再度の右にと、進路を取れば、元来た道に相成ると。
フウンの、そかと。嗚呼、ヨカツタなと。
孫娘が、当方の間違いを承知してたです。
(17/10/31)


NO.2145 台風21号、22号と、名神高速の大山崎出口、京都縦貫道の話

大体が、当方、方向音痴自認。
過日、過年、2014年の12月10日が初でして。
オッとの、何がと、なればの、新しく出来た、名神高速道路の、大山崎ジャンクションから、京都縦貫道路の沓掛に向かうの有料道路を走るが、です。
<参考=「孫共の話NO.4」NO.34 早めのクリスマス・プレゼントの話(5) 帰りの道中、ミスるの話

イヤ、その時には、大山崎ジャンクションから、京都縦貫道路えは、間違おてませんでして。
間違おたは、第二神明道路で、西神戸線に入るをミスったです。
正確には、伊川谷ジャンクションから、入るべきを、通過してもてね。
そのまま、真っ直ぐの、阪神高速、名神高速、京都縦貫道路で、帰ったですが。

以来、過日の、2017年10月23日。
要は、台風21号の時。
長男夫婦がハワイから、帰国するに、飛行機飛ばずで、一日、余計に滞在故、こちも、帰るに帰れずの。
実際には、22日夜の遅くに帰り、明くるの、23日、昼飯でも、喰たら、孫共の事、バトン・タッチして、帰るの積もりが、23日の、18時頃、帰宅になって。

当然の、当方、爺婆も、息子夫婦が、帰ってからしか、帰れませんでして。
結果、昼飯の予定が、晩飯になてもてね。
は、結構も、台風21号の余波で、いつもの道路、山間部を通るがためと、安全見て、高速道路、モロの方がと、名神高速と、京都縦貫道で、帰るにしたですが。

さての、そのコースは、2度目。
前回、3年前でして。度々の、走るのコースで無くて。
そらね、半世紀の昔、ローム<当時は、東洋電具製作所>に入社の時には、金属皮膜抵抗器の納入急ぐがため、名神高速道路を良く走ったですが。

オッとの、営業でもありませんですが。新入社員は、昼間、実験、夜、製造の作業員でして。
特に、当時には、金属皮膜抵抗器の製造が追い付かず。
その中身なるは、不良品が多く。反対表現では、歩留まり悪く。ロットに寄ったら、全滅に近く。
よて、その対策で、新入社員が、動員されたですが。

オトトの、新入社員当時、当方、運転免許持ってませぬ故、単に、工程長と共に、伊丹空港に行っただけ。
何故に、連れてかれたかは、分からんわと。来いと、云う故、行っただけ。
ンの、その工程長、実は、「堀川高校」の2年程の、先輩でして。苗字覚えてるの、ナカツジさん。
高校卒業で、即の、入社されてまして。卓球が、上手でね。
トトトの、何故に、かは、不明の、当方、入社で、1年、2年かで、電撃退社。噂では、家業の自転車屋を継いだの話も、あるですが。
ンンの、どこの自転車屋か、までは、聞いて無くて。

で、何の話をしてるの怪の。
その後には、私用でも、名神高速なら、走ったですが。営業担当の運転で、顧客にも行ったですが。これは、クレームでして。
或いは、東方面、名古屋までなら、知多半島の、知多電子<当時>には、数度、車で、走った事もあったですが。
退職以来、名神高速に用事無く。

でや、その10月23日。
台風21号の事、夜でもありの、安全見て、第二神明道路、阪神高速。そして、大山崎ジャンクションから、京都縦貫道えの、コースで帰るにしたですが。

そもそもがの、夜に走るは厭でねえ。
若い時なら、イザ、知らずの、この歳になると、夜に走るの用事無く。走っても、亀岡近在でして。

での、ででや。
いよいよの、大山崎ジャンクションに接近の、嗚呼、ここかと。以前、一度だけ、そこから、亀岡の、大井インターにと、走ったですが。それは、まだまだの、薄暮の時間帯でして。

10月23日なるは、神戸、長男宅出たが、20時頃。
まあ、云うたら、夜。
そら、こっち、大山崎出口で、京都縦貫道えの看板、標識なら、見えてるですが。
ここのは、分かり難うてね。

兎に角、ぐるぐる回るです。回って、回って、こっち、大山崎出口で、京都縦貫道で、あっち、京滋バイパスとしてあって。
当然の、滋賀に用事無くの、大山崎で、京都縦貫道のコースを取らねばならずの、その道がや、ぐるぐる回って、回って、延々でして。
そして、何度目かで、大山崎出口としてあるが故、大山崎には用事無く。用事あるは、京都縦貫道故、そこを避けたら、ンの、いきなりの、京滋バイパス。

さての、コマツタなの、再度の、滋賀県に用事無く。
むしろの、その反対方向でして。
しょがない故、直近のインターで降りるかと。多分なら、久御山淀で降りたんやろねえ。
降りても、現在地不明でねえ。

適当に走ってたら、あっち、どこそこ、こっち、京都市街なるの道路標識あっての。ほならの、京都市街に向かうかと。
行けば、とするのか、適当に、あっちえ、こっちえと、進路取り。
気が付けば、国道171号線の、東土川にと。
その辺りで、現在地判明の、ここからなら、向日市役所経由の、洛西ニュータウン経由の、沓掛の、京都縦貫道に行けるなと。
とりあえずの、現在地判明にての、我が家に戻れたですが。

ででや。
再度の、10月29日。
今度は、台風22号の日。
帰りは、山間部突破は避けて、モ一発の、第二神明道路で、阪神高速。
そして、名神高速にての、大山崎ジャンクションより、京都縦貫道のコースに再挑戦するかと。

そらな、失敗したは、一週間前でして。
失敗原因、概ね承知の、徹底的、分かるの範囲の、大山崎出口のコースを取れ。でして。
多分なら、明るいの内なら、道路標識の、全部の文字、判読出来るやろと。

そんな次第の、斯くなるでの。
先週の、今週、同じの場所に差し掛かりの、道路標識、よ、見たら、読めば、大山崎出口と、京都縦貫道が併記してあったです。
これは、明るいの間故、分かったですが。先週の今週故に、分かったですが。
こんな分かり辛い、道路標識なんか、あらへんぞと。
いやね、むしろの、京都縦貫道を主で、大山崎出口を、従に記載してもらわんとと。
そして、出口には、道路そのものに、下に、出口、出口と、書いて呉れと。
高速道路には、大抵、そしてあるです。
(17/11/01)


NO.2146 堀川高校3年9組6人衆<369会>の伊勢旅行の話(2) 費用質素、中身豪華絢爛の話

まあね、これで、よくぞ、まの、道路地図帳一冊にて、嫁はんの里。
四国に行ったり、方々にドライブしたなあと。

若い頃には、怖さ知らず。
少々の道、逸れて、迷子になっても、気にせず。
それよりも、冒険心旺盛であったの哉と。それもあるし、瞬時の判断、正確であったの哉と。

加えての、脳味噌にも、柔軟性があった、なと。
方向音痴、地名音痴は事実も、昔と、替わらんですが。その昔には、概ねの、地名、一発、記憶したです。
地名も、道路も、町並み、光景、雰囲気をも、でして。

どちらかと、なればの、町並みの光景、雰囲気を覚えるが早かったの哉と。
ところがねえ、年々、その道が、綺麗になり、コースも違うよになりの、結果、光景、雰囲気が、まるきりの替わってもてね。

それもあるし、高速道路の、インターチェンジなんか、ぐるぐる、回らさせられての、方向音痴の当方、只でさえ、東西南北、適当やのに、回る事で、方向感覚、更に、ズタズタにされてもてね。
モ一発、それもあるし、高速道路で、初めての、インターチェンジを降りたら、現在地、どこか、さっぱりでして。

まあね、名神高速から、大山崎ジャンクションから、京都縦貫道えは、兎に角、左え、左えと、進路取れば、ええの哉と。
間違おても、2度、戻れるのチャンスがあると、聞くですが。
10月23日の時には、左に進路取るべきを、右に取ってもての、いきなりの、京滋バイパスでして。
どこにも、こっち、京都縦貫道となんか、標識あらへんかったわと。あれば、ほと、安堵で、そっちに、行ってるですが。無いから、最初のインターチェンジの、久御山淀で、降りたになるです。

この久御山淀も、知らんがな。
淀なら、競馬場があるは、承知も、行った事が無く。何分の、競馬、競輪に用事無く。

ここ10年なら、1年に一度の、パチンコにさえ、用事無く。
イヤイヤ、それまでなら、年に一度、正月映画に、家族全員、云うたって、嫁はん、息子共の4人でして。母、映画に興味無く。その当時になら、母の兄。当方からしたらの、伯父宅で、降ろして呉れと。
当然の、帰りには、引取に行きまして。

いやね、現在唯今なら、大山崎で、左え、左えで、京都縦貫道也と、把握したですが。
これが、次回、何時になるのか、1年、2年も経てもてみい、頭の片隅からも、霧散、消滅してもてるわと。
ンの、1年も経たずとも、かもなと。

ンンの、何の話をしてるの怪の。
要は、京都で、高速を降りたって、分からんところは、右も、左も、分からんわと。暫く、迷爺婆に相成ってたわと。
やから、夜は厭なんやと。標識あっても、見辛いし。
やから、肝心なるを、見落とすです。
云うてるは、日の高い間になら、確かに、こっち、大山崎出口、京都縦貫道と、明示してるが、分かったわと。


まあね、そんな次第の、斯くなるでの。
先月、10月には、予定満載にての、ここだけの話の、出費もバカに成らず。
そらね、神戸に二度。
孫共の面倒見にの際には、生活費も、置いてあったですが。足るモンかと。
オッとの、生活費のみなら、足るですが。

二度目には、孫君2号の保育園の鼓笛隊発表に、なれどの、孫君1号、2号の誕生祝いもあって、ね。
1号、10月で、8歳。2号、9月で、6歳でして。
まとめて、2人の希望のモノと、なればの、又、オモチャ。

これがねえ、年々、成長する分、年々の、高級オモチャに相成っての、高級オモチャとなればの、高いわと。
爺婆、相当なるの、金持ちと、思われてるで、ない怪なと。
まあな、コレと、云われて、高いし、アカン。
とも、云えず。
いやな、正直申しの、年々、知恵付き、高いのを、選ぶ傾向がと。基本、高いし、アカンと、申さんのも、あるの哉と。

モと、正直申せば、当世の子、オモチャが多過ぎるで無い怪と。
それだけ、親、爺婆が、買い与えてるになるですが。云うてもたら、爺婆も、2組居てるです。

いやね、当方の事、申せば、母方には、爺婆居てませんでして。父方には、祖母だけでして。
且つは、同居で、親からは、当然の、祖母からも、誕生日故と、オモチャなんか、買おてもろたの覚え無く。
むしろ、小学生になった、中学生にと。その手、節目、節目で、プレゼントをもろたは、記憶してるです。

ンの、中学生になったの時、お祝いとしての、叔父達から、野球のグローブをもろたです。
ンンの、バットもあったなと。ボールもあったなと。
このバット、ボールは、プレゼントとしてでは無いなあと。

それを云えば、祖母からは、何も無かった、なと。
がしかし、最初で、最後の、最大のは、就職祝いとして、自動車教習所代を呉れたです。
当時なら、3万円程度哉の、とりあえず、相場、大卒初任給の額でして。

オッとの、まあね。
長男家には、孫3人故、オモチャも、その分多い。
とも、云えるですが。

次男家は、果たして、どなんかは、知らんでして。オモチャ箱を見てませんでして。
イヤ、オモチャで、遊んでるですが。単に、オモチャ箱が見えるの場所に、置いて無いだけでして。

そらねえ、見てる、見えてるのは、四国、仁尾の、姪の息子のも、多いなと。
感覚的、趣味趣向も異なるですが。ここは、1人で、2人分は、持ってるの哉と。

はきりと、申せば、買い与え過ぎではと。
とは、云うたって、その内には、この手、オモチャからは、卒業するですが。卒業したら、次ぎには、誕生日プレゼントには、どんなモノになるの怪の、今から、心配致すわと。

反面、当世の子、塾、塾、塾で、予定一杯。
まあね、孫娘、孫君1号なるは、塾も、ソロバンと、ピアノ教室哉と。その内には、学習塾も加わるの哉と。


オッとの、それでや。
肝心の話。お題目の話。
堀川高校3年9組6人衆<369会>の伊勢旅行の話。

神戸行き、一度目と、二度目の間の、25日、26日には、その伊勢旅行があったですが。
これはねえ、ケチケチ旅行。
とまでは、申さんですが。

正直申しの、費用質素で、想定外の、中身豪華絢爛。
イヤ、ほんまやでと。
それを、追々に申すです。
(17/11/02)


NO.2147 堀川高校3年9組6人衆<369会>の伊勢旅行の話(3) 券が一杯の話

いやね。
ミノル君より、前売りの、「伊勢神宮参拝きっぷ」<近鉄>なるのがあってと。
往復で、6600円也と。
この値、通常で買うより、740円安いぞと。
話簡単には、前売りの、割引切符。

いやね。
どちみちの、帰らねばならぬし、特急券付きなら、結構なると。お願いしたです。
結果、京都組のマサノリ君も頼みの、3名が、その、「伊勢神宮参拝きっぷ」にしたですが。

これがねえ。
イザ、伊勢に着けば、威力発揮の、近鉄は当然の、三重交通<バス>も、三重県内なら、無料に相成って。
そらね、ツアーの旅で無く、我々、ご一同様、6名の適当なるの、旅行でして。
バスには、何回乗ったか。近鉄にも往復以外に乗りまして。その他の、交通費だけでも、軽くの、千円以上の出費が、只。

正確に申せば、附属の券が付いてまして。
降りるの際、バスの運転手に見せれば、パス。近鉄なら、それ用の券があっての、自動改札機に、通せば、パス。
一々の、切符を買う事も無くの、ミノル君には、感謝、感謝の大感謝。
おそらくは、交通費、割引の、740円を加えての、軽くの、2千円は、安くなったです。
そのミノル君は、諸般、都合に寄り、10月25日<水曜日>のみの参加で、宿泊せずに、帰ったですが。


そんな事で、参加の面々、詳しくなら。詳しくも、どこまでが、あるですが。
そもそもがの、「京都市立堀川高等学校」<中京区堀川錦小路上ル>なるは、1908年、「京都市立高等女学校」として、設立されたです。

高等女学校そのものは、名称度々の変更になったですが。
「京都市立第一高等女学校」「京都市立堀川高等女学校」を経て、1948年、男女共学の、「京都市立堀川高等学校」と相成り、現在に至ってるです。

話、逸れるですが。北朝鮮の拉致被害者家族の、横田早紀江さん<めぐみさんの母親><81歳>は、「京都市立堀川高等学校」になってからの、3期生になるの哉の、先輩になるです。
我々なら、14期生。

追記するなら、二部<夜間>もあったですが、2001年に廃止。
それ云うたら、「京都市立郁文中学校」<下京区大宮綾小路下ル>にも、二部があったです。郁文中学校は、遠の昔に廃校になったですが。
建屋はそのままで、校名が、「京都市立洛友中学校」になってるですが。
これまた、それ云うたら、出身の、「京都市立格致小学校」<下京区油小路高辻上ル>も、廃校でして。

オッとの、この小学校は、当方のみ。
京都組の3人なるは、郁文中学校出身でして。
マサノリ君なら、明徳幼稚園も一緒。

とか、云うたって、当時の話での。
現在唯今、当方、亀岡。ミノル君なら、元の家、家業のデンキ屋は、弟が継ぎ、詳しくは知らんの、その近所に、母親が住んでまして。
当人、丹波口のマンション。
マサノリ君なら、五条の、堀川の方に住んでたですが。両親亡くなり、現在、桂坂。

いやね、ミノル君なら、その気ならの話の、京都駅程度なら、歩いて行けるです。
イヤイヤ、その気で無くとも、実家、母親の家、堀川の五条の方からなら、歩けるです。
当方にしたって、大きくなら、四条の堀川の方でして。

とかとか、当時の家の事、云い出せば、延々の続くですが。
この3人、小学校違うの、中学校一緒で、歩いてなら、7分、10分の範囲哉と。

更に、申せば、6人皆、高校一緒でして。学区制でして。
少々、遠いは、アキラ君だけ哉と。
彼の親父様が、国鉄<当時>職員でして。職員宿舎が、現在の、京都中央郵便局の裏手とするのか、横手の、現立体駐車場辺りにあったです。
そのアキラ君、現在、東京在住。

コウジ君の実家は、矢張り、堀川五条の方で、西本願寺の向かい辺り。
現在、千葉在住。

での、アツオ君、実家は、堀川高校の真向かいと、するのか、堀川三条の辺り。堀川通りを渡れば、高校故、ええなあと。
堀川通りなるは、大通故、道幅、広いですが。
現在、コレが、三重、名張市で、此度は、伊勢にでもと、相成ったですが。

大学を申せば、現役、アツオ君、大阪大学理学部。やったの哉の、学部は、不正確の、理系。
ミノル君、東京の、電気通信大学で、この、「東京」を付けませんと、大阪のと、間違われ。
マサノリ君、同志社大学文学部で、当方、立命館大学理工学部。

一浪で、アキラ君、京都大学農学部。学科も聞いたですが、よ、覚えてませんでして。
コウジ君、京都府立大学の、学部は聞いてませんでして。どちにしろ、理系。
ンの、よ、考えたら、マサノリ君以外、理系やなと。
いやね、当時、理系の大ブームでして。云うてもたら、倍率も、相応に高く。
イヤ、ほんと。


要は、京都から、3名。
東京、千葉から、1名ずつで、現地も、名張から、近鉄伊勢市駅11時55分集合。
そこで、京都駅、近鉄改札口に集合なるは、9時20分で、東京からのと、4名が、集まるになっててね。
イヤ、東京のアキラ君は、京都松尾橋の東の辺りにマンション所有で、そこからでして。
コウジ君は、千葉からで、直接に伊勢市駅に行くと。

さての、当方、近鉄に乗るは、何十年ブリ哉の、少なくともの、ローム時代以降、用事無く。
いやね、その昔には、八条口の、新幹線乗り場の、隣に近鉄の乗り場と、するのか、改札口えの、階段があった筈。
いやね、嵯峨野線で、京都駅で、どちから、行こ怪の、西口の、2階から行けば、即の分かったですが。
地下から、行きまして。

ンの、八条口に出て、新幹線の券売機等々、改札口もあったですが。
ンンの、近鉄は、どこ怪なの、延々と、する程も歩いてませんですが。
嗚呼、あった、あったの、ここかの、階段上がれば、皆、居てて。皆も、3人なれどの、云うとくの、9時20分集合で、当方、そこに着いたは、9時5分なるぞと。

正直には、正面の方で、タバコでも一本、吸うてからにと、思たですが。
早めに行った方がと、先を急いで、四番手。
早速にも、ミノル君には、「伊勢神宮参拝きっぷ」を戴き、ンの、4人分の、特急の指定席まで、取って呉れててね。
へえの、ありがとさんと。

云うたって、どする兵衛の、伊勢行き特急、実際には、賢島行きなれどの、9時50分哉の発でして。
どする兵衛も、ンの、ミノル君から、貰たの、券、沢山あって、ねえ。全部で、9枚。
ミノル君に問えば、これと、これが、伊勢までの券で、特急の指定席と、乗車券。

後のは、帰りのと、近鉄のパス、三重交通のパス。
松坂、賢島間なら、特急券とも、引き替え出来るの券、2枚。良くは、分からんの、使うの用事無いの、パールシャトル片道1回ご利用券。
ですて。

へえと。
ややこしい、なと。
されどの、これで、6600円也と。
(17/11/03)


NO.2148 えらいこっちゃ、家に入れずの話(1)

まずは、本日<11月3日>より、明後日まで、嫁はん、四国の実家に里帰り。
目的、親父様の、13回忌。
云うたら、当方、区長したの、2005年に亡くなりまして。

そんな事で、昼前、11時過ぎ、並河駅に、送って行ったです。
但し、当方の車、修繕中でして。

修繕ねえ。
右後方座席のドアの下に傷付いてまして。ドアの下故、パと見、分からんですが。
云い出せば、細かな傷、方々にあるですが。方々も、主として、バンパー。これは、それこその、パと見、分からんが故、そのままに、放置してるですが。
ドア下の傷は、その手、傷としては、重症でして。サビて来ても、困るなと。昨日、2日に修繕に出したです。
連休もありの、混み具合もありで、来週一週間掛かると、聞いてるです。

ンの修繕費用、ザとで、5万円也ですて。
この金額なら、任意保険を使わず、自費にて、処理するかと。とは、云え、アイタタ、タッタの、タの、タの、タッタでして。キツいなあと。
この、10月。
実は、諸般で、11月も、出費がありまして。
その一つが、親父様の13回忌。

来々週には、中学時代の友人、女性なれどの、個展を開きまして。毎年、案内状届くが故、見物に行ってるですが。
まあな、期間中に行くだけなれど。差し入れ持参でね。

そして、19日<日曜日>には、次男家孫君3号の、七五三。
29日<水曜日>には高齢者の特定健診がありまして。
とかは、現時点、分かってるの範囲。

オッとの、大学の同窓会と、するのか、忘年会も、11月末に、計画してまして。
当方、幹事で、日程調整の最中。


オトトの、本題なるは、その話で無くて。
並河駅に、嫁はん、送るに、我が愛車、カローラは、修繕中。車屋が、代車を置いて呉れてるですが。基本、使わんよにと。
そらね、余程の事の無い限りは、慣れぬ車は、運転せぬ方がと。
よて、嫁はんの車で、送るにしたです。

でや、当方、嫁はんの車のキー預かりまして。
家の戸締まり、点検致しの、家の鍵は嫁はんが、掛けまして。
では、出発で、積もりしてたの電車には、乗れたですが。

とまあ、ここまでは、至って順調。
ででや、我が家に戻り、嫁はんの車を所定の位置に駐めまして。
ここで、ンと。
あのなあと。

とか、云うてる場合で無いの、家の鍵。
話、簡単の、いつもなら、我が愛車、カローラと、家の鍵なるは、キー・ホルダーに付けてまして。
当たり前だの、クラッカーの、修繕に出すに、キー・ホルダー諸共は、出してませんの、車のキーのみ、手渡してるですが。

とまあ、ここまでは、結構の、再度の、家の鍵、キー・ホルダーに付けてまして。キー・ホルダーには、愛車カローラの鍵、付いてませんですが。車屋に手渡してるが故で。
再度の、申すの、家の鍵、掛けたは、嫁はんでして。それは、嫁はん所有の家の鍵。これは、安全のため、そのままに持って、行ってるですが。

当方のは、キー・ホルダーに付けてるですが。話簡単、嫁はん、駅に送るに、持ち出してませんでして。
そら、我が愛車カローラなるは、修繕に出してるです。

再度の、再度、申すに、そらな、常平生なら、嫁はん、外出するに、並河駅まで、送るに、我が愛車、カローラにて、送ってるですが。
此度、修繕に出してる故、嫁はんの車。
ゲゲゲの、ゲの、ゲで、何ちゅうかの、家の鍵、当方のは、持ち出してませんです。あるは、家の中。

戸締まり、キチリと致しの、出てるです。
念のため、玄関の開き具合確認するも、当然の開かず。
裏手、勝手口、窓、窓、開けるに挑戦も、ダメ、ダメ、ダメの、全部、ダメ。
コマツタなと。

まさかの、泥棒が如くに、窓ガラス割っても、問題でして。後始末に困るの事よの。
以外にも、手があるには、あるです。
梯子は、裏庭に置いてるが故、それで、二階のベランダ、物干しのところに登るの手。
されどの、戸締まりして無いの確証無く。二階の、表側の、窓の戸締まりも、ど哉の、こちらからは、梯子も、難儀で、止めた方がと。
そらな、当方、年齢的、10年昔なら、挑戦するですが。
いやな、多分なら、梯子も、二階えは、ぎりぎりの高さで、チョとでも、バランス崩せば、目も当てられずの結果が予測出来、このままでは、我が家に入れませんでして。
コマツタなと。

そら、手立て、方策、万策、尽きたら、梯子の手も実行してみるですが。
くどいけど、バランス崩さず、ベランダによじ登るの自信無く。
命懸けで、登って、開かんかてみい。降りるは、それ以上の、危険満載。

いやね、嫁はん、13回忌に参列がため、出たですが。13回忌は、明日、4日。帰るは、明後日、5日。
時間的には、余裕有りの、さての、どする兵衛の、手は、あるには、あるです。
嫁はん、時間的、まだ、京都駅には、着く前でして。
話簡単、戻って呉れと。

イヤ、嫁はんなら、自分所有と、するのか、家の鍵持ってまして。それで、鍵掛けたです。
他の手段、息子共、我が家の鍵所有してるです。そら、一緒に住んでまして。
さりとて、まさかの、神戸の長男に、持って来て呉れは、云い過ぎの、次男、長岡京故、家に居てたら、持って来て呉れるは可能。

よて、最初の案、嫁はんに、ケータイ一発、開口一番、えらいこっちゃ。
あのなあ、家の鍵、持って、出てえへんのや。家の中や。
そか、そしたら、京都駅に着いたら、戻るわ。

結果、嫁はん、予定の、積もりしてたの、2時間遅れの、17時。
姉宅、四国、仁尾に着くに相成ったです。
(17/11/04)


NO.2149 えらいこっちゃ、家に入れずの話(2) 出先で、ばったりの話

昨日<11月3日>には、諸般あったです。
イヤ、嫁はん、四国えは、予定通りで、家の鍵、忘れたは、番外。

忘れて、入れぬの分、家の周辺で、ウロウロも出来ず。
してたら、近所の方、何してるに相成って。
まさかの、家の鍵、忘れて、入れません。
とは、口が裂けても、までは、どか知らんの、公言出来ませんでして。

いやね、トイレは使えず、タバコを玄関先で、吸うてるも、どかと、思い、とりあえずは、車は、並河駅のロータリーに駐めまして。
イヤ、嫁はん、駅に着くまで、待機してな、仕方が無く。
トイレなら、駅にもあるですが。一々、駅員に、貸して頂戴も、云い難く。駅のソバには、スーパーの、「マツモト」がありまして。嫁はん、不在の間の、自身の、食料品調達もせねばならず。

そんな事で、駅に居たり、「マツモト」に行ったり、してたら、ンの某君にばったり。
イヤ、御神輿で、一緒に参加の筈の、某君でして。町内会の、「夏祭り」直後に、「歩き」の帰りに会おたですが。
以外なら、実は、御神輿の日の、10月16日の前日か、前々日かに、当日の打ち合わせに、訪問して以来でして。

イヤイヤ、云うてるは、出先で、某君に会うは、これが二度目でして。
やあやあの、御神輿、流れたなあと。で、どこえ行くのかと。問えば、親の家ですて。へえと。

今度は、嫁はんから、鍵預かり、嫁はんは駅で待つと。
昼飯、喰わねばならぬ故もあっての、その間、当方、家に戻り、鍵開けて。自分の鍵を手元にで、嫁はんの鍵、返すに、再びの、駅に向かい。
以て、鍵の件、無事に終わったですが。


でや、食料調達も、調達忘れがありまして。朝食のパン。
大体は、自家製パンなれどの、嫁はん、居てぬの間には、菓子パンでもと。思てたのが、買い忘れ故、再度の、今度は、自転車で、「マツモト」に向かい。
その帰り、例年、一緒に、御神輿に参加の、某と、バタリ。あちら、犬の散歩。こち、自転車。
この某とは、良く会うです。云うたって、3、4箇月に1度哉の頻度。

での、この某、奥様のお母様の危篤云々にて、「運動会」<9月24日>、「御神輿」<10月16>に不参加と、聞いてまして。聞いたは、区長からで、「運動会」の日。
よて、お母さん、どなったと。

イヤ、訃報の通知、来てませんでして。
イヤイヤ、大体は、町内会の方が亡くなれば、葬儀の日程なり、家族葬なら、その旨、通知があるですが。ありませんでして。
ンの、某、怪訝なるの表情の、自分の親なら、遠の昔に亡くなってると。

イヤイヤ、過日、「運動会」の日に、諸般、区長から、聞いたけどなと。よて、「御神輿」も不参加になったと。
と、申せば、嗚呼、あれねえ。嫁はんの親也と。
イヤ、亡くなったと。そかと。
とだけで、その件、終わりにしたですが。諸般、同居と、聞いてたですが。


での、話を、「御神輿」の件に移し、雨で、流れてもたなあと。
いやね、正直申しの、此度、可成りの気合い入れててねと。
地下足袋新調、ポシェットも、新調。「歩き」の訓練なるは、8月下旬から、初めてたんやと。
理由、超の簡単、これが、最後で、引退をも、チラと。折角なら、道具立て整え、体力的にも、完走出来るよにと。

地下足袋、ポシェットを新調なら、来年も、参加せねば、アカンやないかと。そやなあと。
それもあるし、地下足袋、町内会費用なり、町内会で、買い取って貰うとか、考えんとなと、申すが故、まあ、アカンやろと。
そもそもがの、地下足袋、新調の話どころか、一式、ありますねえと、開口一番、云われたわと。

そもそもがの、当方、参加が、何時に決まったかと、なればの、「運動会」の時やでと。
いやな、秋の、「環境衛生」行事の、草刈りの日には、某にも、まだ、区長、来て無いと、云うてたですが。某君にも、でして。
その日、草刈りの日に、決着付けるの積もりが、役員の某より、今年も参加するの怪と、聞かれてね。実は、マダ、話が来て無いと、申せば、ンの、そかの、こちから、区長に云うといたげると。自身、今期、役員故と。フウンの、そかと、委ねたですが。

結果的、以降も話無く、最後の機会、「運動会」の日に、その役員の某に、話、マダなんやけどなと、伝えたなら、云うといた、けどなの、どちにしろ、場には、区長居てるが故、即の、確認したらと、相成って。
場に居てるの区長に、当方の、御神輿の件、どなってるの怪と、尋ねたなら、某君と、2人ですが、宜しいですかと。ンと。
要は、某の奥様の、お母様、危篤でと。別途の、某君については、奥様の体調がで、参加は、某君1人の意。

いやね、正直には、区長、当方の事、苗字と、顔が一致して無かったと、伺えるですが。
ここだけの話の、この有名人を、皆目の知らんは、何事ぞと。
とは、申してませんですが。知らんでも、結構の、話は、しに来んとあきませんです。こんなありがたい話、ありませんでして。出ると、してるのが、存在でして。
と、までは、某には、申してませんですが。某曰くに、区長、動いてえへんのやなと。要は、参加要請に。
とまでの話で、サイナラ致し。
そら、町内会に到着での、あちら、あっちで、こち、こっち。

とかとか、こんな事も、珍しく。
イヤ、御神輿参加仲間の、某と、某君と、出先で、ばったりの、遭遇が。

イヤイヤ、実は、この話をするの積もり、無かったですが。
したかったは、家の、戸締まりの話。
(17/11/05)


NO.2150 えらいこっちゃ、家に入れずの話(3) 昔の家は、閂であったの話

さての、本日<11月5日>には、嫁はん、親父様の、13回忌から、戻ったです。
1日、姉宅。2日目、母宅で、泊まり。17時半頃、並河駅着のケータイ受理故、迎えに、でして。

イヤ、基本、当方、駅までは、歩け、歩けで、送迎頼まんですが。
嫁はんの場合、送迎頼むです。
イヤ、一向に構わんでして。本日も、まだ、車は修繕より戻ってませぬ故、嫁はんの車で、迎えに、でして。
これは、自分で、戸締まり致しの、家の鍵忘れる筈が無く。

いやね、元々が、家の鍵、5個でして。家族5人故、1個ずつ。
なれどの、母の鍵、どしたの哉と。
いやね、残ってる筈故、それを、予備として、家の外のどこかに、置いとけば、持ち出すを忘れた場合、それで、玄関の扉の錠を開けるが出来るです。

で、どなったの哉と、嫁はんに問えば、次男が自分のを、無くしたとかで、母のを渡したのらしく。
で、その後、出て来たとかなら、それを、戻してもらうの手があるです。出て来て無いなら、合い鍵屋で、作ってもらうの手もあるです。
但し、昔の鍵で無く、少々の特殊故、スペア・キーを作成するに、難しいとか、聞いてまして。
まあね、それでも、当世なら、作れるの可能性あるですが。

それ、云えば、当方の愛車カローラの鍵なるは、単純なる造りでして。
スペア・キーも簡単に作れたですが。当然の、スペア・キーでは、遠隔での、ロックも、解除も、出来ませんですが。
それ、云うたら、嫁はんの車のは、スペア・キーがあって、それで、車のロックも、解除も、出来るですが。エンジンを掛けたら、警報が鳴るです。

要は、キー本体が無いと、事実上、エンジン掛けるが出来ずの方式でして。厄介でして。
スペア・キーに何の御利益がと。
イヤイヤ、次第、次第に、車もセキュリティ強化で、単純で無くなってもてね。


オッとの、それでや。
家の鍵、家の戸締まりの話をと。

いやね、槇島時代にも、家の鍵あったです。全員、外出時には、玄関の扉に鍵掛けての外出なれどの、基本、それ以外、誰かが、家に居てまして。
そら、母家に居てたが故、外出先から戻って、自分で、鍵開けたり、した事が無く。
がしかし、鍵はあったです。

車の鍵なら、ホンダのZ<軽自動車>の時哉に、車内、エンジンにキー付けたままに、ロックしてもてね。
この時には、槇島に在住の頃での、結婚以前でもありの、妹に電話で、会社にスペア・キーを持って来て呉れと。
電話ねえ。当時には、ケータイなる、文明の利器ありませんでして。何分の、40年昔の話。

イヤイヤ、この当時には、結構、車のキーをその手、ミスしたです。
よて、スペア・キーを、しかるべくの、ツール、磁石付きの、ケースに入れて、車のどこか、底の部分に、でも、くっつけとくの方式のが、売っててね。
やってた時期もあったです。

現在唯今なら、キー本体は、キー・ホルダに付けてるですが。そこに、家の鍵も付けてるですが。
車の、スペア・キーについては、小銭入れに付けてるです。
予備の、キー本体については、嫁はん保管。
がしかし、嫁はんの車の、予備のキー本体なるは、ありませんでして。作るなら、バカ高く。モ結構と。そら、スペア・キーあっても、エンジン掛けて、警報鳴らされては、大変故、持つなら、予備のキー本体でして。よて、厄介やなと。


ででや。
家の鍵、戸締まりの話、なれど。
京都、下京の、仏光寺の家では、鍵なるは、持ってませんでしたです。
そもそもが、鍵の掛けるの扉で無くて。まあ、云うたら、閂式でして。この閂、家の中から、操作するですが。家人外から、閂するに、どしたの哉の、多分なら、外からでも、操作出来たみたいに思うですが。

操作は出来るも、そもそもがの、閂掛けたの、掛けられてたの記憶無く。
モ一発、そもそもがの、閂なんか、あっても、閂付きの扉、そのものが、簡単に外せるです。外すなら、下から、持ち上げ、桟から外せば、一発でして。
ンの、その閂そのものが、何時の間にやら、無くて、放置してた、よな感致し。
云うたら、家の裏手から、隣の家の庭にも、通じてまして。そこには、単なるの、扉の留め具一つだけ。

事程左様の、我が家に侵入なんか、どにでもなるです。
二階の部屋に、鍵は無く。敷居あっても、襖無くの、雨戸も無くて。外界とは、スケスケの、現に、猫なら、出入り自由。
云うたって、2匹も、3匹もは、侵入せずの、猫の世界にも、縄張りあったか、常に侵入猫1匹が、数代続いたです。これが、何故か、クロネコでして。
もしかしたらの、親子関係でもと。

オッとの、それでや。
仏光寺の家に、闖入者、猫は居てたですが、侵入者居てませんでして。
泥棒に入られたの覚え無く。
むしろ、入っても、盗るモノが無く。反って、可哀想と、置いてって呉れるで無い怪と、祖母、叔父達が申してたです。

では、槇島、現亀岡で、侵入者あったかと、なればの、無いですが。
オッとの、トトトの、亀岡では、過年、先代カローラの時代、車上狙いにやられたです。
中には、500円玉多数。100円玉も、多数の、記念硬貨まで、満載でして。加えての、Dunhillの小銭入れまで、盗られたです。被害総額、正確には、不明の、5万円はと。

ならばの、ガレージを開け、前庭までは、侵入したと相成るですが。家の中に、までは、経験無くて。
いやね、ここだけの話の、当町内会では、家の中にまで、泥棒に入られたの話、聞いてるです。

家の外なら、自転車盗まれたの話、町内会に限らず、方々で、聞いてるです。
オッとの、我が新車、自転車については、鍵掛け、カバー被せてるですが。
このカバーなるは、新車であるが、分からんよにと。
それ云うたら、以前の、次男の置き土産の、ボロ自転車には、カバーも、被せず。
なれどの、盗まれてませんでして。
云うたら、気が楽、気楽な自転車でしたが、方々、壊れ出しの、パンクもしの、乗れぬよになったが故、息子共が買おて呉れたですが。新車だけに、気を使うですが。新車故、乗り心地、良く。

オッとの、そんな事で、そらなの、仏光寺の時代、当然の泥棒も居た、侵入もしてたと、思うですが。金持ち宅には、なと。
されどの、噂は聞いてませんの、そもそもがの、鍵掛けてたの家、町内、喜吉荒神町で、何軒あったの哉の。殆ど、気にもしてませんでしたですが。
そらね、夜分、訪問は、余程で無いと、しませんし。
日中なら、訪問して、玄関、開けて、御免下さいと、声掛けて。

ンの、まずは、玄関開けずの、外から、声掛けるですが。返事無く、家人居てるの様子なら、玄関、開けて、入っての、再度の、御免下さいでして。
それでも、出て来ずなら、再度の、再々度の、声、大声出して。
尚、出て来ずなら、そこから先は、遠慮したです。

いやね、入り易い家と、そでないがあるですが。
大体が、玄関の扉、開けっ放しのもありまして。当家も、そでして。そら、「柴田電気商会」をば、営んでまして。

いやね、声掛けるは、当世の如くの、呼び鈴なんか、付いてる家、ありませんでして。
声掛けたら、以て、誰が来てるかは、分かりの、友人宅なら、それが居てたら、即の顔出し。居て無いなら、親なりが、出て、今、どこにと、教えて呉れたり、でして。
いやね、当世、万事、ケータイなり、電話で済ませてるですが。その当時には、電話なんか、滅多な事には、掛けず。居てる、居て無いなんか、考えずの、兎に角、足運び。
ケータイが流行り出して、その手、声聞いて云々の、我が子の友達の顔も、声も、知らんの状況では無くて。

そらね、他家訪問の時間帯もあるけれど。鍵掛かってたは知らんなと。
それ云い出したら、夜になれば、雨戸閉めて。朝、起きたら、雨戸を開けても、してませんでして。現在、雨戸あるが故、してるですが。
いやね、それ云い出したら、開けっ放し、閉めっ放しでも、無いの、京都の、その当時の家では、雨戸無いの家多く。
これは、昔の家なら、大方、そんなモンでして。日落ちたら、就寝。日昇れば、起床。

とは、当方、してませんでした、ですが。
まあ、つまり、仏光寺時代には、元々が、家の鍵、あらへんわと。
(17/11/06)



inserted by FC2 system