シバケンの単なる雑談NO.130

雑談NO.126 雑談NO.127 雑談NO.128 雑談NO.129
雑談NO.121 雑談NO.122 雑談NO.123 雑談NO.124 雑談NO.125

雑談NO.110 雑談NO.120
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.131

NO.1570 ン十ン回目の、嫁はんの里帰り(3)

NO.1569 ン十ン回目の、嫁はんの里帰り(2)

NO.1568 ン十ン回目の、嫁はんの里帰り(1)

NO.1567 恒例の、嫁はんの、里帰り

NO.1566 真夏の、寝苦しい夜の、夢の話(6) 続・ケータイ紛失の話

NO.1565 真夏の、寝苦しい夜の、夢の話(5) 叔父達と、迷子と、ケータイ紛失の話

NO.1564 9年ブリかの、大丸の話(2)

NO.1563 9年ブリかの、大丸の話(1)

NO.1562 義姉婿殿の親父様、亡くなるの話(5) 嫁はんの、里帰りの話

NO.1561 義姉婿殿の親父様、亡くなるの話(4) 芋煮会での話(2)

雑談NO.129


NO.1561 義姉婿殿の親父様、亡くなるの話(4) 芋煮会での話(2)

イヤイヤ、そんな事で、ついでの話。
彼の寺なるは、京都、下京、西本願寺のソバでして。
我が、京都時代の住所、仏光寺の油小路からも、近くでして。そこからなら、歩いて、10分程度哉の。寺までは、行ってませんですが。新入社員時代には、一緒にドライブしたり、してまして。
但し、学校は一緒で無く。学区が違うからでして。就職するまで、その存在は知らんかったですが。
その前に、歳一緒では無く。彼、一浪、一留がため、2歳年上でして。
ではあれどの、卒業年度が一緒で、就職一緒ならばの、同期生でして。本来ならばの、「さん」付けなれどの、同期故、呼び捨てになってねえ。

オッとの、ついでの話とは、その事に非ずの。
当世の、葬儀事情を尋ねたです。
葬儀事情とは、家、自宅で、葬儀するの方は、どれ程哉と。
さすれば、ここ最近、数年、自宅での葬儀は、あらへんですて。へえと。

彼曰くに、その方が楽やでと。
ンの、それは、そと思うですが。何かねえ。寂しい思いするけれどと。
葬儀費用も、家と、葬儀会館では、殆ど、差は無いのと、違うかと。そもそもがの、最近の家の建て方そのものが、葬儀出来るの構造、構成になってませんですて。
ンの、それも、そ思うです。

しかるべくの、飾り、祭壇を設えるに、幕で、周辺隠したりしてたら、例えばの、トイレが使えんよになったり、致しまして。さすれば、隣近所のトイレを借りんならんとか。坊様の着替えの部屋も必要での。
又、親戚筋の場が無く。家の前で、ウロウロしてんならんしなあと。
ンの、それも、異議無く、同感は、同感でして。

家の者でも、家の中に居てられへんでねえ。親戚筋、優先でして。
とは、従前の、私共の立場でして。祖母の葬儀なら、喪主、親父でして。親父の時には、長男たるの私が喪主なれどです。本来ならばの、母なれどの。まあ、やらんわと。
後の、家族で無く、親族のなら、変な話、気楽での。外に居てても宜しいですが。喪主が、家の外で、ウロウロもしてられへんし。

何よりも、茶、茶菓子、食事の世話等々、家では、大変でして。
葬儀社なら、会館なら、全部、そっちで、手配してくれてねえ。当然の費用発生するですが。それは、家でも一緒でして。
云い出したら、家でなら、駐車場、車を駐めるの場所まで、心配しんならんですが。葬儀会館なら、駐車場もあっての、余計なるの、心配せずにも、済みまして。

そらなあ、その昔ならです。
若手親族、従兄弟なりに。或いは、友達にです。辻々に立ってくれとか。案内の張り紙してくれとか。頼んだりしたですが。
葬儀社でなら、場所さえ、連絡で、済みまして。案内役、連絡役、頼まずに済むですが。

云うたら、それも、昔乍らの、葬儀の風景でして。役割分担でして。
まあ云うたら、何か、手伝う事、無いかと、申し出したりしたモンですが。当世なら、精々が、受付程度しか、あらへんです。受付も、案外に難しく。
責任重大でして。香典、預かる故でして。

その香典もなの、当世、不要とするの、葬儀多いらしく。
いやなあ、芋煮会の、フサオ君、申すに。下手したら、隣近所のでも、葬儀、終わってから、連絡戴いたりも、するですて。へえと。味気無いなあと。
葬儀とは、最後の分かれも、冷たいとするのか、水臭なったなあと。
確かに、隣近所でも、昔のよな、付き合い、致しませんでして。皆様、内に籠もってしもてまして。


斯くしての、本日<7月27日>、嫁はん、四国から、帰って来まして。駅まで、向かえに参じたですが。車でですが。
曰くに、参列、弔問客、約の、500名様ですて。へえの、凄いなと。
これは、諸般、親族の勤め先の関係もあるですが。その関係によりの、弔問客、雲泥の差になるですが。

そらなあ、どこかの、会社員で、現役のが、他界しの、葬儀ならです。軽くの、ン百名には、成りまして。
当人が、でなく、家族が、でもでして。
祖母の時が、そでして。我が勤め先、ロームの、上司が、何名か、来てくれてまして。親父の、叔父の、関係先も、でして。花輪にしたって、沢山、飾られたですが。

実は、その花輪の数にも、中身にもです。少々の見栄もあってねえ。
そらなあ、少ないよりも、多いの方、恰好付くです。花輪には、提供者の屋号なり、社名が記載されるですが。見て、読んで、へえと。お付き合い、広い方、やったんやなあと。一種、生前の活動範囲、付き合いの広さまでを、彷彿させの、周辺に知らしめるの、効果もあったですが。
最近では、下手したら、その手の明記、致さんの事、多々あるですて。イヤ、花輪は、飾ってもです。
理由、原因、一切の知らんですが。故人の、個人情報になるの哉の。変な世になったモンやと。


事程左様の、葬儀に対するの考え方も、変化してるですが。
楽な方、楽な方えと、成ってるですが。楽がええに決まってるですが。
葬儀、出棺なるは、住み慣れたの、自宅からがと、考えるは、野暮なんかなあと。さりとての、当世、戸主でも、葬儀会館からの、出棺でして。

そんな事ならです。
マンション、団地ならです。
場合によりの、そこの、公民館なりで、葬儀させてくれるの事、あってねえ。
父方、叔父、叔母の時が、そでして。これなら、自宅と、までは、申さんでもの、近くでして。町内会から、出棺されるみたいなモンでねえ。

むしろの、戸建ての家の方が、町内会の公民館等々にての、させてくれへんなら、葬儀社に成るの哉の。
それも、もしかしたら、次第、次第に、葬儀社えと、移行してるのかなあと。
そらなあ、公民館も、駐車場の問題あるです。矢張り、親族等々には、辻々に立って戴くなりの、案内役、必要となってねえ。

オトトの、そんな次第の、嫁はんの、姉婿の親父様の葬儀にての。諸般、諸々の、考えさせられたです。
(14/07/28)


NO.1562 義姉婿殿の親父様、亡くなるの話(5) 嫁はんの、里帰りの話

フサオ君、芋煮会での、雑談で、曰くにです。
親父さんの、葬儀なるは、自宅で無く、葬儀会館でも無くの、お寺さんですて。へえと。

大体は、葬儀会館を積もりしてたですが。空きが無く。
お寺さんに相談したら、寺でしたらと。ンの、その手もあるかと。
がしかしの、お寺さんでは、気を使うでと。何がと、一々の、細かくは、聞いてませんですが。
確かに、諸般、気を使うやろなあと、想像なら、出来るです。

まずは、寺やしなの。寺の規模にも寄るの。されどの、大体の寺の規模やろしの。寺の皆様、家族も、居られるしと。
葬儀会館でも、汚したりは出来ませんですが。寺では、余計にと。寺の飾りを、壊してもで、触る訳にもでの、慎重さが、要求されるの哉と。

いやなあ、寺での葬儀も、承知はしてるです。
それこその、二十年は経つですが。会社での、部下とするのかの、社員の、祖母がか、祖父かが、他界されまして。連絡受理での、急遽の、通夜の、お参りに参じたですが。それが、どこであったかの、寺でして。

当たり前の、喪服は着てませんの、スーツでして。スーツでも無く、ブレザーであったの哉の。派手めので無く、ほとしてたですが。
そらなあ、出張でもあるなら、スーツ姿なれどです。会社えの出勤なら、精々が、ブレザーでして。夏場なら、カッター・シャツだけなれどの。秋か、春かで、ブレザーでも、着用してて、良かったなあと。

数珠なんか、持参してませんの。
連絡受理の、即とするのか、当日故、着の身、着のままでも、結構でして。当然の、夜でして。
親族でさえが、まばらか、そんなモンかの、数人居られたですが。お辞儀致しましての。当人には、しかるべくの、会社からの、香典。部署で、集めたの、香典を手渡しの。数珠貸してくれと。

まだ、受付もあらへんでねえ。
イヤ、特段のいらんです。
当人にさえ、我々、来たぞと。勤め先のがと。分かっておれば、結構でして。当人から、親父様なりえの、紹介無ければ、特段の挨拶も致しませんの。致しよも、あらへんしと。誰が、誰かも、知らんしと。
多分なら、明くるの日には、出張予定してたの哉と。

にしても、京都の、どっち方面かも、皆目の、忘れたです。寺の名も、皆目での、よお、行けたなあと。自分の車で行ったと、思うですが。場所的、とりあえず、ややこしいのとこでねえ。
ややこしいとは、諸般あるの。ンの、チラと、思い出したの、上<かみ>の方とは、思うですが。
安置されてるの、堂内、明々と、電灯点けられててねえ。一種異様なるの、雰囲気あったですが。

いやなあ、会社関係での、当人で無く。親でも、兄弟でも、無いならです。
正直には、可成り、楽でして。気分的にでして。
当人であったり、嫁はん、子どもさんとか、やってみい。これはねえ。困るです。言葉無いです。

とかとかねえ。
親族以外。町内会以外の、会社関係での、その手の、お参りなら、相当数、させて戴いてるですが。
その、二十数年の昔。
少なくともの、2000年以前、ならです。葬儀会館での、葬儀を知らんです。寺でのも、その一度だけ。
ドチにしたって、そらなあ、陰気なるの、弔事、葬儀よりは、慶事の、結婚式に招待されるが、えに決まってるわの。こっちの方が、出費嵩むのけれどや。


斯くしての、四国、香川、仁尾のです。
義姉婿殿の親父様の他界にての、この盆の、四国行きは遠慮しとこかと。遠慮すべきと、してたですが。
ンの、あっちの方から、気にせずと、するのか、お参りしてくれるの積もりで、来て頂戴と。云うてると。へえと。

云うたら、四十九日も過ぎて無くの。ええの哉と。こっちが、ンと、成るですが。
基本、故人に、一番に身近なるの、存在の、義姉婿殿が、ど考えてるかが、重要でして。そこが、来てくれと、例年通りと、してる、云うてるならなれどです。ソレ以外の言なら、どかなあと、逡巡致すですが。
嫁はん、曰くに、その当人が、そんな具合に云うてると。へえと。ほんまかいなと。

まあねえ、あちら様がさえ、ええなら、こっちはねえ。
万事、嫁はんと、先様に任せとこかと。当方、私めが、どの、このと、云うてもなと。

くどいけれどの、私には、故人との、血の繋がり無く。所謂の親戚筋の範疇でして。
会話も、数度の、挨拶程度でして。精々が、先方様に、お邪魔しての、会えば、そのままの、お邪魔しておりますでして。
それも、入所されるの以前までの数度。入所されての、一度だけ。
そんな事なら、お顔も承知の、お参りにはなあ、わざわざでも無くの、変な話、行くのならの。これも、ご縁での、結構なれどです。
私なら、断固、遠慮でも無く。先様、嫁はん次第の、自然体でして。

只なの、例年通りも、バーベキューが、子ども達の花火もどかと、思うですが。
これも、万事、先様次第哉の。嫁はんと、義姉の話での、成り行き任せでと。
そらなあ、葬儀も、祭事でして。との、考えも、あってねえ。

とは、云えどの、嫁はんの里帰りは、本来ならばの、仁尾で無くの、比地木なれどの。
コレ又、変な話でねえ。余計なるの事はなと。
更には、姉妹の仲、悪ければ、叶わんの事でもありの。婿殿の考えも、あっての話での。
モ一発、私にしたって、イツまで、付き合えるの哉と。
年齢的にや。
(14/07/29)


NO.1563 9年ブリかの、大丸の話(1)

この日曜日。
要は、昨日<8月3日>。
月参りの墓参をしてからです。何年ブリなんやろねえ。
イヤ、9年ブリかで、四条烏丸の、大丸に行ったです。
オッとの、私が、9年ブリかの話で、嫁はんは、チラと、行ってたですて。

いやなあ、過日の、「芋煮会」でです。同期の、住職、寺の坊主ですが。高島屋の駐車場、稲荷駐車場が、マンションに衣替えで、少々、混むよになったと、申したならばです。
最近、高島屋には、行ってえへんなあと。
ンの、ならばの、所謂の、デパート、百貨店には、行かへんのかと。問おたならばの、大丸にしてると。
大丸ねえ。大丸こそは、何十年行ってないけど、駐車するに、困らへんかと。云うたならばの、混んでえへんでと。へえと。
待っても、10分程度哉と。大抵、スと入れるでと。ほんまかと。

その辺り、高島屋の場合、河原町通りを並んで、駐車場に入るになるに。下手したら、20分程掛かってねえ。場合により、御池の駐車場にまで、向かうになるですが。
待っても、10分なら、一度、大丸にでも、行ってもええなあと。
思てたの矢先、嫁はん、盆の里帰りの、お土産とするのか。調達にです。墓参の帰り、高島屋に寄りたいと。申したが故、久しぶりに、大丸にしやへんかと。

そんな次第の、斯くなるでの。
東大谷祖廟から、東大路通りを、五条通りに。烏丸通りを上がりまして。四条通りを突破の、錦小路を右折。
とまあ、大丸駐車場の手前に大丸の契約駐車場があったですが。その先には、大丸駐車場があってねえ。スと、入れて、フウンの、聞いた通りやなと。

云うたら、それだけ、百貨店に行くの人数減ったを意味するですが。
過年には、高島屋も、駐車場えの車列、延々での、待ち時間、下手したら、1時間。適当なるの、有料駐車場に駐めた事もあったですが。息子共が、まだまだ、小学生、中学生時代であったの哉と。

同様にしての、大丸にしたってなあ。
烏丸通りで、延々でして。上<かみ>から、下がって来て、錦小路に入るのがあれば、動けませんでして。
これが、解消し出して、大分経ってるですが。解消は、高島屋の方での、大丸には、行ってませんでして。

での、スと、駐められ、大丸7階の食堂街、見たですが。高いなあと。折角なら、錦小路の、店にでもと。ンの、過年、どこかの、2階で、昼食喰たですが。それから、9年経つの哉の。
にしても、当世、錦小路も、観光地として、有名に成ってねえ。
人が多い、多いの、行き交うの人、若手か、中年に別れててねえ。若手なら、学生やろか。友達同士の、女の子が大多数。中年となればの、我々世代より、若干の若手が多く。
にしてもや。外人が多いねえ。
白、黒、黄色で、黄色も、喋るの言葉で、日本人とは、違うなと。国際色豊なるの、場所に変貌しててねえ。

その昔、京都に住んでたの頃なんか、人出多いは、多かったけれどや。日本人だけでして。
又、買い物なら、松原通りの市場でして。何も、わざわざの、錦小路<我々、錦と称してたですが>にまで、行かんでもの。数える程しか、行ってませんですが。
尚且つの、特段の、値が安いでも無く。

にして、何故に、松原の市場が寂れ、錦の市場が、有名と成りの、観光地化したのかは、推測なれどの。この距離感かなあと。
イヤイヤ、松原通りは、道幅広おてねえ。車も、交差十分出来るですが。錦は、「小路」でありの、狭あてねえ。車は通れませんの、基本、二輪車でして。それも、遠慮してまして。
オッとの、人だけが通れるのか。自転車までは、許可かは、道路標識まで、見てへんですが。その昔より、自転車さえ、通ってなかったと、思うです。

とかとか、そらなあ、狭い道路の両側に、店。
それも、基本、魚屋、菓子屋、漬け物屋に、肉屋にの。ソラ、市場でして。試食もさせてくれるし、歩いて、見てるだけでも、懐かしくて、楽しくて。
この情景、状況見てたら、亀岡は、ほんとに、田舎やなあと。
これだけの、人数、集まるとするのか、賑わうの場所が無く。外人なんか、珍しく。外人の多いを望まんけれどや。
それでも、これだけの、国際色豊な情景あれば、賑やかで、宜しいですやんかと。

ほんまやでの、観光人、この雰囲気、楽しんでるの風情、伝わってねえ。外国の、若い子、姉ちゃん達、数人が、何やら、よお知らんの、言葉で、喋っててみい。それが、あっちでも、こっちでもの。
一々の、アレ、何人<なにじん>と、考えてるの間も、無い程の、バラバラでして。
且つは、どこの国の子<娘>も、大同小異の、似てるなと。似てるとは、雰囲気がでして。
それだけ、日本人が、国際的感覚に成って来てるのか、外人が、珍しくも無くなりの、特別視、せんよになったがためかは、分からんですが。

オッとの、での、端から、端、寺町まで、行ってしもてねえ。
何を喰うやの、昼飯をでして。
喰えるの店なら、沢山あっても。イヤ、基本、2階のが、多いですが。高いんやと。正確には、正直にはの、相応の値なれどの、昼飯で、ン千円も張り込むの気、毛頭でして。
せめてもの、千円にプラスのアルファーならなと。探して、あったなの。和食屋でして。2階に上がれば、席も空いててねえ。
メニュー見たら、「うなぎ」が、1290円也での。まあ、ええかと。
ででの、正直には、余り旨くは無かったですが。ご飯が、柔らか過ぎてねえ。「うなぎ」も、少なくて。まあ、値は、値だけの哉と。

ここでも、入って来るのは、若い姉ちゃん、20歳そこそこの2人、3人連れのが、多てねえ。或いは、孫3人、中学生、高校生程度のを伴いの、お婆ちゃんがです。元気な婆様で、宜しいなあと。


オトトのです。
大丸駐車場なるは、3000円以上の買い物にての、2時間無料。
以降、最初の1時間、600円也でして。錦小路をウロウロの。飯喰てたら、1時間経ってしもてねえ。ま、ええかの、駐車場代、600円の、覚悟して。
大丸に入れば、人の少ない事。
昔日から、したらの話なれどです。錦と、比較したら、雲泥の差でねえ。

錦なら、真っ直ぐ歩くに一苦労なれどです。人、人、人で。
大丸の方、これは、完全に、高島屋に抜かれてるなあと。規模も、半分もあるの哉なれどです。
(14/08/05)


NO.1564 9年ブリかの、大丸の話(2)

昔はねえ。
大丸の屋上には、子どもの遊び場的、小規模遊園地的なるの。又、ゲーム・センター的なるのが、あったですが。
無くなってるねえ。
園芸品と、ペット用品売り場になってるです。
イヤ、正直には、全容見てませんですが。元々が、そんなに広い場所でも無く。云うたら、屋上とするよりは、7階の食堂街でして。一角には、喫煙所もあってねえ。嗚呼、見つけたゾと。

この日、大丸の目的なるは、嫁はんの里帰りに伴うの、お土産類の調達でして。
最上階の、7階に用事は無くの、地階でして。
エスカレーターで、何階には、何かの、様子見しつつ、地階に行けばです。大勢の人でねえ。へえと。
本体の、1階以上とは、全然の違てねえ。

されどの、高島屋の地階と一緒の、中高年、年寄りばっかりで、ごった反っててねえ。
まあねえ、店の数は、少ないもののです。概ねなら、これだけあれば、充分哉の、充実してまして。
どこさんには、何をで、どこには、これをの、諸般、聞いてても、誰に何かを全然の覚えてませんでして。買い物袋だけは、両手の花状態の、一杯になってねえ。

ついでになら、オヤツとするのか、高島屋に寄っても、買おてるの、和菓子をと。ぼた餅と、後一種類の、名称よお知らんの和菓子でして。オッとの、水菓子とでも云うの哉と。
更なるの、ついでに、夕食の弁当をと。
いやなあ、所謂の、デパ地下のは、安いんやでと。所謂の、幕の内弁当的なるのが、正価700円代のが、3割引きであったりしてねえ。要は、一食、500円見当で、買えるしねえ。
総菜も、漬け物も、一杯置いてるしねえ。

コレ目的に、婆様、沢山、来たはってねえ。要領ええねえ。買い物籠の場所も、よお、知ったはってねえ。イヤ、籠が置いてまして。高島屋には、無かったの光景でして。
大丸の、買い物籠片手に、方々の店、陳列物の、物色したはってねえ。
ほんとにねえ、年寄り、2人だけ。1人だけなら、ここ、大丸に、高島屋にです。近くならです。デパ地下で、食料品、晩飯の弁当、総菜、おかずでも、何でも、物色した方が、作るの、調理するの、手間はぶけて、便利で、楽でして。

そらなあ、スーパー・マツモトのとでは、種類が、モノが、値段にしてもです。圧倒的、こっちが優勢でして。
まあなあ、スーパーなら、デパ地下の、出店、一店のみの規模でして。種類、知れてるですが。こっちなら、店沢山あってねえ。選り取り、見取の、何でも御座れ。見てるだけでも、楽しいなあと。

云うても、夏場でして。
そんなには、食欲もあらへんでねえ。脂っ濃いのは、いらんしなあ。野菜類、苦手やし。魚も、気が進まんし。さりとての、ハンバーグもなあ。いらんなあ。軽いので、結構も、麺類もなあ。
そんな事なら、デパ地下で、物色せんでも、スーパーで、充分でして。

いやなあ、デパ地下も、都会の、スーパー並でして。近所の婆様にしたらです。
そんな意味でなら、客筋も、若干の違うです。
スーパーには、概ね、中年主流で。デパ地下では、婆様主流。何でやと。先の通りの、三度の食事の出来合の、食材調達哉と。確かに、その方、宜しいわと。

只ねえ、スーパーと、デパートでは、服装がなあ。違うなあ。当たり前なれどです。
別段にの、上等の服装で無いと、入場禁止として無いですが。全体的、余所行きの服装したはるが故、余りに、恰好悪いの、変な恰好しては、デパートには、行けませんでして。
対して、コンビニ、スーパーなんかは、普段着で、お気楽にの、どぞでして。ファッション雑誌から、飛び出したよな、恰好して、入ってみい。目立つゾと。

イヤ、時々居てるなあ。その手の、派手、ハデ、貴婦人風のがです。コンビニ、スーパーに、です。違和感あるなあ。
オッとの、そこまでの、ハデ、派手の、貴婦人風では、デパートでも、目立つですが。
どちにしたって、デパートが近所なら、ええなあと。
こんな暑い、暑いの、猛暑、猛暑で、ジッとしてても、汗タラタラの。家でならです。バテバテに成りそでも、チョイと、デパートにでも、入れば、冷房完備。
居たはるです。7階にでも、そこらにでも、椅子が置いてあれば、爺様が、婆様が、腰掛け、寝たはったりしてねえ。中には、爆睡のがです。ええなあと。私、そこまでの、勇気無いです。


オトトの、そんな次第の、斯くなるでの。
錦小路で、昼飯、喰うに、ウロウロしてての、1時間。
デパ地下で、土産類調達。オヤツの和菓子に、晩飯の弁当物色だけでも、軽くの、1時間。別途、嫁はん、バッグを買おてねえ。イヤイヤ、ノー・ブランド、バーゲン的、ン千円のでして。
上に上がったり、下に降りたりでの。サテの、用件終わって、ンの、都合の3時間までには、間があっての。大丸駐車場に行きの。受付にての。3000円分の領収書提示で、2時間無料で、超過1時間以内で、600円也を精算。

高島屋なら、5000円の領収書で、2時間でして。高島屋内で、無料化手続きなれどの。大丸では、駐車場でなんやねえ。
手続き法なんか、すかりと、忘却のです。
にしても、車で、来てたら、諸般、駐車場に苦労致すなと。

での、オッとの。
先刻、1時17分。
震度「4」の地震があったです。
震源地、京都府南部みたいでねえ。
イヤイヤ、突然の、ガタガタと。揺れてねえ。「4」ともならばの、少々、キツイねえ。横揺れ故、マシなれどの。これが、縦なら、怖いんやねえ。
とりあえずは、無事でして。その程度で、済んでねえ。
ホと安堵。
(14/08/06)


NO.1565 真夏の、寝苦しい夜の、夢の話(5) 叔父達と、迷子と、ケータイ紛失の話

当たり前の、夢の話故。
それも、真夏の、寝苦しい夜の、夢の話故に、辻褄さっぱりの、話でして。

とりあえず、暫く、夢らしいの夢。オッとの、起きても、覚えてるの夢、見てませんでしたですが。久しぶりに、記憶の夢の話を致すかと。
見たは、多分なら、昨夜でして。日付替わって、掲載文言、考えるの時まで、覚えてたら、です。
ネタにするかと。
大抵なら、夢の話故、軽くの忘却してる筈が、覚えててねえ。フウンと。

での、どんな夢かと、なればです。
我が親父の弟。つまりは、叔父が2人居ててねえ。上の叔父なら、22年前、1992年、オッとの、67歳にて、他界してるですが。下の叔父なら、現在唯今、80歳かなあで、元気にしてるですが。

夢の中に、この2人の叔父が出て来てねえ。
しかも、若あてねえ。一緒に暮らしてた時の、年代哉の。
若い分、こっちも、若いとするよりも、子ども的感覚で、出て来てねえ。あくまでもの、感覚でして。一緒とならばの、私、小中学生辺り、でして。
とは云え、あくまでもの、感覚でして。

ででの、どんな情景、設定されてたかと、なればです。
泳ぎにでも、行ったのやろか。銭湯やろかなあ。現実には、叔父達と、銭湯に、行ったを覚えてませんですが。尚、京都時代には、内風呂ありませんでしての。銭湯通いでして。
泳ぎもなあ、一緒に行ったの筈は無く。

ならばの、当世で云うの、銭湯は、銭湯も、健康村と称するの類の、大浴場なんかなあ。小規模銭湯も、大規模の健康村にでもです。実際には、叔父達と、一緒に行ったの記憶無いけれどや。
あくまでもの、夢の世界の話でして。

健康村も、どこはか、知らんです。
且つは、健康村であるかも、よお分からんですが。
兎に角、さあ、帰ろかと、なってねえ。帰ろかは、結構なれどの、叔父達、歩くの速度とするのか、早あてねえ。ドンドン、先を行きの、こっちは、子ども的、追い着かんでねえ。
大体が、叔父達、こっちは、見向きもせず。容赦無くの、ドンドン、先急ぎ。

遂に、はぐれてしもたと、するのか、見失いの、1人になってしもてねえ。困ったなあと。
どこえ、帰ればええのかも、皆目のです。
イヤイヤ、京都の家、あらへんし。上の叔父なら、京都田辺やし。下の叔父は、男山八幡の方でして。私、亀岡やしなあ。まあ、云うたら、3っつ共、方向違うです。

とかとか、してるの間にも、どこかの、団地、みたいな場所に成ってねえ。棟の幾つも建ってるのです。
ならばの、どちかの、叔父の家でして。
やけどなあ、団地は、団地も、様子が違いまして。古い団地で無く、当世の、高級マンション風と、までは、申さんでもの、兎に角、どちかの、叔父の団地は、団地も、どっちの叔父のか、分からんでねえ。
しかも、見た事の無いの団地でして。

イヤイヤ、感覚的、上か、下の、叔父の住むの団地なれどです。
見た事が無いの団地故に、現在地が分からんし。そもそもがの、叔父の部屋番号も、この団地のはです。分からんでねえ。困ったなあと。

くれぐれもの、夢の話やしなと。
合理性も、あらへんわの。そもそもがの、上の叔父、他界してるわの。若い叔父達、ドンドン進みの、視界からは、消えてもて。
ハタと、気ぃ付けば、見た事の無いの、団地でして。最初は、どちかの、叔父のと、思てたですが。次第に、立派な団地故に、違うのではと。
違う以前の、迷子状態での、さての、困った、困った、困ったなあと。途方に暮れてねえ。

されどの、何とか、せねばの。
ンの、そやの、ケータイで、嫁はんに尋ねるかと。我が子ども時代に、ケータイなんか、影も形もあらへんけれどや。子ども時代に、嫁はん、居てへんけれどや。突然に、現在唯今の、年頃に成ってねえ。
ケータイで、何をするの積もりかは、叔父達の、ケータイ番号でも、家はどこかでも、何でも結構の。
ケータイ番号さえ、聞けばの。叔父に電話して、今、どこに居るやの。迷子の、当方をば、救てくれと。頼むの感覚でして。

ででの、オトトの、トッとの、えらい事。
ですやんかの。
ケータイ、あらへんでねえ。

ンの、そこで、健康村かで、脱衣しての。上がって、着替えの際です。
そのままに、ケータイを忘れて来たかの。ならばの、えらい事、ですやんかと。どするやの。その健康村の場所なんか、知らんでの。誰かに、ケータイ盗られてみい。コレ又、えらいの事、ですやんかと。
方々の、登録のです。先様のです。迷惑掛けるになるしなあ。
それもあるし、ケータイなければ、誰にも、連絡取れずの、イヨイヨの、本格的、迷子哉の、家にも、帰れずの、どするやと。

ケータイ紛失ならばの、紛失届け出しの。別途のケータイでもを、入手せなば、ならぬですが。保険にも、掛けてえへんかったしなあ。そんなオプションでの、出金勿体ないわと。
困った、困った、困ったなあと。
そんな、新しいのを、買うの資金なんか、あらへんしなあ。スマート・フォンをさえ、よ買わんのにと。ランニング・コストが、バカ高く。

どするやの、先程の健康村にでも、見に行こかの。その健康村も、どこやったんやの。屋号でさえもの、皆目のです。覚えて無い以前の、気にもしてへんかってねえ。
そもそもがの、現在地でさえが、分からんのにです。誰にも、連絡さえも付けられずの。
途方に暮れての、万事休すの、名案無くの。

そこで、目が醒め、ハタと。
嗚呼、夢かの。夢で、良かったなあと。現実やってみい。
ケータイがと。
(14/08/08)


NO.1566 真夏の、寝苦しい夜の、夢の話(6) 続・ケータイ紛失の話

巨人がねえ。
オッとの、漫才の話で無いです。プロ野球です。
2位の阪神に、1.5ゲーム差に追い上げられ。尻に火が点いての、やっとで、高橋由伸君をば、スタメン起用。
本日、中日戦にての、本塁打で、拍手喝采。
相手投手、左腕ですが。この高橋君に、右も、左も関係あらへんわと。

いやなあ、高橋君、どっかと、スタメンに名を連ねて、重量感、増すです。厚みが感じられるです。
それを、何を血迷おたか、長野選手を4番起用は、ビクリの仰天したです。この選手、若い分だけ、将来性あるですが。4番を任せられるの、器量を感じませんでして。迫力感じませんでして。
且つは、好球必打は、結構なれどです。
初球で、ゴロ、フライでは、相手投手、楽やねえ。ノー・アウトで、走者出て、バントもせず、走れる選手に盗塁させずの。強攻策で、初球、1球にての、併殺打なら、クククと、笑いを押し殺すも、苦労するやろなあと。対戦相手様がです。
まあなあ、これを、機に、腹の立つノリ監督も、原点に戻って戴きまして。粘れ、粘れの、粘り倒せの。走者は、走るぞ、走るぞの姿勢示し。先発投手を一刻も早くに潰すにせよと。


オッとの、野球の話で無くの。夢の話の続きやわと。
私、時々、寝て乍らの、声出したりするらしく。この手の夢、時には、声出してるの声で、自分で、ビクリの仰天にての、目ぇ醒めるの事あるですが。
結構、恥ずかしいぞと。
目の醒めたの、その時には、夢でも、叫ぶ、うなされるの情景をば、覚えてるですが。寝直す事で、忘却のと。

忘却してるのに、声出すの場面、目の醒めたの直後には、夢の中身、覚えてると、云えるのかと、成るですが。
これはなあ、叫ぶなり、うなされるなりの、夢の状態から、現<うつつ>の世界、現世、この世でも、声出してるの、だけは、分かってまして。夢で、そのよな場面、あったが故、声出してまして。
されどの、現世、現実の世界に戻りの、嗚呼、夢で、良かったなあと。
とは云えどの、何の夢であったかは、スグにも、忘れてしまうんやと。
覚えてたら、話のネタにしてるわと。

そんな事ならです。
覚えてる云うても、夢の話なんか、日数経てば、忘れるですが。忘れんの夢も、幾つか、あるですが。それは、それとしてです。
斯くの如くに、ネタにすると、殆ど、忘れませんでして。
少なくともの、キムタク君の夢、現在唯今、尚、シカと、記憶してるです。

あれも、ソであったよに、此度の、2人の叔父も、夢に出てるが、叔父であると、勝手に認識してるのダケでして。
イヤ、キムタク君なら、面と向かいの、話をしてたですが。
叔父達とは、面と向かうの場面無く。場面なるは、ひたすらに、先急ぐの叔父でして。全くの顔見てませんですが。兎に角、叔父であると。
自分の姿は、見えてませんでして。見えてるよにも、感じてるですが。只、小学生か、中学生くらいの、男の子的、感覚でして。そのよに、認識してまして。

健康村なんやろねえ。そこから、帰るに、何故にそんなに急がんならんなんか、知らんわと。
帰るも、どこなんやと。上の叔父か、下の叔父のところえかも、聞いてえへんでねえ。叔父達、急いでて、こっちの事なんか無視でして。こっちは、はぐれてならじと、必死に追いかけるに、遂には、見失のおてしもてねえ。困ったなあと。どするやと。

思てたら、マンション風の場に居てて。
このマンション、もしかしての、次男のところみたいにも、思えたり。コレ、今、思えばの話の、大体が、この手の建屋に入るの数、僅少でして。
2人の叔父のところと、引っ越し前の、神戸、長男宅と、長岡京の、次男宅。そして、中学時代からの、親友の、ミノル君のところとです。モ一軒、30年以上昔の、同僚のです。これは、洛西ニュータウンでして。
印象的、長岡京の次男のマンションに近いなと。

近くとも、印象的、近いだけでの、全くの違うわと。
次男のと、気ぃ付いてたら、部屋番号、覚えてるわと。長男のも、覚えてましての。只なあ、上の叔父のなら、そんなに沢山の棟で無く。下の叔父の、男山のは、相当なるの、数あってねえ。
突然にも、そのどこかで、置き去りにされてみい。現在地、皆目の、見当付かんわと。それこその、迷子になるわの。自慢や無いの、迷子になりそになった事、あってねえ。
今年、叔母の墓出来たの墓参に行ったの際でして。駐車場に駐めるに、その駐車場、叔父宅のソバのが、分からんよになっての、往生したですが。
この手のは、皆、同じの造りでして。
行くの方向、道が違うと、さっぱりでして。

オトトの、そんな話、するの積もりでないです。
置き去りにされ、現在地不明の、ケータイで、叔父達に連絡取るにしてもです。現在地分からんでは、話に成らず。
分かってもです。車での移動と違うです。歩いての話での。距離的、どなんかなあと。
冷静になら、管理人室でも、探しまして。住人に聞けば、どこかは、教えてくれるですが。夢の世界で、そこまでの、知恵、出ませんです。何故か、嫁はんに連絡取るが、先決に思えてねえ。
モと云うたら、上の叔父なら、22年の以前に他界してるですが。ケータイなんかの話の、理屈は結構の、固定電話なら、親族、全部、登録してるわと。

での、ハタと。
電話をと、考えましての。
ンの、ケータイが無いに気ぃ付いてねえ。
えの、ゲの、どするやと。

これも、又、無いなら、無いで、公衆電話でも、宜しいですが。公衆電話で、掛けるに、無一文。
ついでになら、公衆電話を思い付きもしやへんでねえ。当世、公衆電話も、数少のおなって、探すに、それこその、一苦労。
とするの以前の、夢の世界で、思いの、付かんわと。断じての、ケータイからの、発想から、離れるが出来ませんの。潜在的、無一文があったの哉と。無一文でも、ケータイさえ、手元にあればの、電話は出来るです。銀行口座からの、自動引き落としでして。

ケータイになら、電話番号登録しててねえ。
そんな事ならです。その昔の、固定電話だけの時代ならです。頻繁に電話をするの相手なら、10個でも、20個でもは、自信無いですが。記憶してたわと。少なくともの、手帳にメモってての、手帳は、肌身、離さずの、持っててねえ。
それがなあ、ケータイ時代突入してから、電話番号なんか、メモるも、覚えるのも、必要性無くなってしもて。覚えてるは、自分宅の電話、固定電話番号のみでして。
自分のケータイ番号さえを、覚えるの気も無く。番号問われたならばの、ケータイで、表示させての、コレですと。

での、ハタと。
その、ケータイがさえも、手元に無くの。出先で、紛失哉の。そなればの、諸般、どこに居てても、孤立状態哉の。
加えての、手元に、一銭も所有してなければ、こんな事に成るのやなと。孤立で、孤独の、孤島状態。

ケータイは便利な道具なれどの。現世、当世、この世で、紛失したならばの、えらいの事。
ですやんかと。
夢の話ならです。
醒めれば、無事でありの、ホと、安堵なれどです。
(14/08/09)


NO.1567 恒例の、嫁はんの、里帰り

さての、この、8月の、10日<日曜日>から、長男、戻ってまして。
イヤ、嫁の里帰りで、向日市に送って、行って。当人のみ、こっちでして。
明くるの、11日には、2階の、網戸の、網の交換してくれて。

本日<12日>、墓参にと。お盆やしなあと。
その墓参にねえ、一緒にと。あのなあと。
この、3日<日曜日>、嫁はんと、月参りの、墓参してまして。
要は、車で、一緒にと。その車は、我が愛車。
まあなあ、お盆の墓参も、今週本格化でして。前回なるは、少々、早めは、早めでして。松のシキビでもありませんでして。ま、ええかと。
私共、別段に、お盆やからと、その期間にと。とは、こだわってませんでして。基本、月初めに、墓参してまして。

予想通り、東本願寺祖廟の駐車場は、満車と、してあったですが。運良く、スと入れてねえ。
イヤ、周回、ダメとしてあってねえ。
従前には、満車御礼の場合、何回か、回れば、回数に応じ、空きが出たの段階にて、駐めるが出来たですが。

意味合い不明の、周回車の、マナーが悪いらしく。周回ダメになってるですが。
マナーが悪いとは、どんな行状、醜態を演じてるの哉と。よお、分かりませんでして。
私共なら、普通に、周回してるだけでして。マナーが云々の場面無く。

での、寺務所に、墓参の証明、押印をば、戴きに行けば。事務員、申すに、正月の期間、実際には、12月31日から、1月の3日の、4日間。駐車場を封鎖するですて。へえと。
困ったなあと。
正月には、家族全員での、墓参、恒例でして。

封鎖なら、どこかの、有料駐車場にと、相成るですが。墓地に一番に近いは、円山公園の市営駐車場やろなあと。
地下に駐めて、出てきた先は、円山公園でして。まあ、云うたら、東太谷祖廟の、隣でして。

にしても、蒸し暑うてねえ。所謂の曇天でして。
そこに、日傘差したの、女性陣。老いも、若きも、マナー知らずでねえ。墓地内の道中、石段をです。差したままで、傘も避けずに、えらいの、迷惑でして。
いやなあ、コレ、差してるの当人、分かってませんですが。パカリと開いた、骨の先が、怖いんやでと。そんなに接近致しませんですが。目にでも、刺さってみい。どしてくれるやの、刺さった事、無いけれどや。
刺さったの話も、聞かんけど。ハタからは、怖いんやでと。


オッとの、そんな事で、8月度、2度の、墓参、致しまして。先の通りの、まあ、構わへんけどや。
家に帰れば、コーヒー一杯飲んで、長男、向日市の嫁の実家に迎えに参じの。そのままに、神戸に戻ったですが。

今度は、明日からです。朝からです。
長岡京の次男一家、こっちに、迎えに来てくれるになってまして。どこでかは、知らんの、長男一家と合流。2台の車で、四国香川の嫁はんの実家。この辺り、説明厄介での、詳細省略のです。

実際には、予定は殆ど、知りませんの。
多分なら、一旦、義母の住むの、比地木に寄って。母屋にあるの、仏壇を拝み。浜にあるの、墓にと、相成るの哉と。
いやなあ、この日、13日なるは、義母、ディ・サービスの日ですて。

行っても、居てないの可能性がと。居て無くとも、墓参、仏壇を拝むは出来るですが。果たしての、その辺り、どんな話に成ってるかを、知らんです。
私共、嫁はん任せ、息子共任せでありまして。

どっちにしろ、明日は、観音寺の、「琴弾回廊」で、風呂入って、晩飯喰うの手筈になってるのらしく。
イヤ、四国の義姉一家と共にです。あちら、何名様かの、8名様哉の。総勢、18名になってねえ。小さいのが、7名故、部屋も取ってるのらしく。
長男の話では、その辺りの宿で、泊まるになってるですて。へえの、聞き始めでして。
ほんまやでの、諸般、そんなモンでの、嫁はんの里帰りでの、私共、予定は、殆ど、知らされずの、蚊帳の外。
まあなあ、一向に、構いませんですが。知って、知らずで、どちでも、一緒の、特段の、運転するで無しの。息子共の車に載せてもろての、くっついてくだけでして。
あしょ、こしょなんか、一切の口出しも致しませんでして。

するに、その、ネタも無く。
大体が、地元でもあらへんの。どこに何がも、知らんわの。
兎に角、事故無く、怪我無く、無事に里帰りが出来て。皆が、無事に、帰還出来たら、結構でして。
そらなあ、黙って、車に乗ってるだけも、辛いぞと。

常に、事故るな。事故るなよと。ソレばっかりでして。
はっきり申しの、片時も、事故の事、心配、頭離れませんでして。スピード出しやがったら、気が気や無いし。
盆の時期なら、スピードもなあ、出すの場面、僅少での。むしろの、渋滞がなあ。どの程度で収まるのか、続くの哉と。

それもあるし。
孫共も、扱い難しいてねえ。
基本、親が居てまして。原則、親に任せるのべきでして。

結果、私共、爺なんか、何がために、一緒にと。
付け足しでして。
まあなあ、里帰りも、結婚以来、何十回。義姉宅に寄りの、お世話になるも、何十回。ここ、ニ三年なら、里帰り以外に、あっちから、京都に。又、神戸にと。
度々会おてましての。気楽は、気楽なれどです。

前提、姉妹仲、宜しい故、こんな事、出来てるですが。
加えての、義姉婿殿、ええ人故、往来出来てるですが。あっちの、甥、姪一家も、熱烈の歓迎してくれるが故、有り難いですが。
何度でも、申すの、婿殿と、私とは、血縁無く。
息子共なら、甥、姪とは、従兄弟関係なれどです。

今度はなあ。
婿殿、話題豊富で、気の使うの御仁では無いけれどや。
延々の、自慢話ばかりを聞かされるの我が身に成ってみい。大変ぞと。こっちの話なんか、殆ど、聞かへんしと。
最初は、ええけれどの、終盤になってみい。どしょかと。年齢的、こっちが、2歳上でして。されどの、義理の兄でして。
余計になあ。
(14/08/13)


NO.1568 ン十ン回目の、嫁はんの里帰り(1)

イヤ、原則、毎年の行事でして。
次第、次第に、家族、一家が増えてねえ。

結婚初期には、家族3人。
母までが、同行しましてねえ。
時には、とするのか、1度だけなれどの、我が妹と、その婿殿<当時、婚約者>も、一緒に来た事、あったですが。
そして、息子共が産まれて。4人で、5人でと。母も同行故でして。
イツ頃から、なんやろねえ。母が、同行せずと、なったがです。概ね、母、70代後半辺りから、哉と。現在母、91歳でして。
そらなあ、普通車、5人乗りの車に、大人、5人はしんどいわと。息子共も、次第に成長してまして。母は、反対に、体力がと。気力、その気はあってもでして。

よって、暫くは、家族4人、私共夫婦と、息子2人での、四国行きが続いてねえ。
この場合、少々の、無理利いて。そらなあ、カローラに、5人は、しんどいけれどの。4人ならなと。陸路を行ったりしたですが。陸路と、申しても、主は、宇高連絡船利用なれどです。今時、フェリー・ボートを使いませんですが。
イヤイヤ、カローラになって、24年に成るの哉の、2代目でして。それ以前には、スプリンターでして。どちにしたって、1300ccでして。


での、長男結婚以来、人数増え出してねえ。
次男結婚で、又、増えてねえ。
オッとの、有り難い事でして。目出度いの事でして。不平、不満。微塵たりともの、思てませんですが。
結果、現在唯今、10人の、大移動と、相成っててねえ。

京都からは、次男の車、7人乗りでして。
次男一家、3人と、私共、爺婆が、次男の車に載せてもろて、山陽道のサービス・エリアで、神戸在住の、長男一家、5人<車は、8人乗り>と、合流するにしてるですが。
要は、こっちからは、車2台での、四国えの、移動でして。

云うたってなあ。
着替え、お土産等々、車に積んでてねえ。
後部座席の、半分、荷物置きにしてたら。孫共にしたって、チャイルド・シートやしなで、場所喰てねえ。ソラ、狭くなっての、後部座席、楽で無いですが。
イヤ、私共爺婆、運転するで無くの、後部座席故、楽な、姿勢で無いですが。慣れたら、左程で無いですが。慣れるの、まではなと。

かと、云うて、車3台もで、移動してたら、ややこしいわと。ガソリン代、有料道路代も、バカバカしくて。勿体無くて。
特には、この時期、お盆でして。大移動の最中<さなか>でして。とは、云うても、登り、下り共、ピークの日は、ズレてまして。別段にの、意図的、ズラしたで無いですが。
そらなあ、10人もで、移動するに、休みの日を、一致させるは大変でして。オッとの、孫共、爺は、特段のです。
次男が休み取るが難儀でして。13日<水曜日>から、15日<金曜日>まで、取れたですが。明くるの、16日<土曜日>には、出勤ですて。へえと。
院外薬局勤めで、病院の日程に合わせんならんが為でして。


そんな次第の、斯くなるでの。
13日<水曜日>、次男一家、長岡京をば、8時に出まして。当家には、8時半過ぎ、着いたの哉の。
早速にも、荷物載せて、舞鶴自動車道、丹波篠山経由の、山陽道でして。どこでか、サービス・エリアに着いて、2分、3分後かには、長男到着して、へえと。
まあなあ、舞鶴自動車道に入ったの辺りで、一報入れてるですが。嫁はんがでして。

後は、随時、今、どの辺りと、連絡しつつなれどの。
最後部座席の、こっちには、殆ど、分かりませんでして。会話が、聞こえてませんでして。さっぱりでして。
そのサービス・エリアで、昼飯喰たですが。12時に30分前なれどの。その時なら、空いててねえ。嫁はんが、次男嫁が、食堂の席の場所取りしてくれて。
そらなあ、10人分となれば、場所取りしませんとと。バラバラでも、結構みたいなれどの。席が空かんでは、昼食も一緒に取れずで、時間喰うばかりでねえ。

その替わり、10人もで、行動してたら、孫共に、気は使うものの、心丈夫でねえ。
モ一発、そらなあ、孫共、ジッとは、してんへんし。ウロウロするし。下手したら、泣くし、わめくし。こんな人の多い場所で、見失おてみい。大事<おおごと>ぞと。
要は、監視、監視でして。

とは、云え、孫娘は、云う事、聞けるし、孫君1号辺りは、落ち着きが出て来ててねえ。
孫君3号なら、まだ、勝手に方々えは、行きは、するものの、まだ、マシでの。問題、孫君2号哉と。その内には、2号が落ち着き出し。3号君が、目を離せんよに成るの哉の。
順繰りでして。

まあなあ、昨年よりは、楽になってまして。
更に、来年は、楽に成るの哉の。その内には、こっちが、無理するにもの、出来んの年代に突入するの、やろなあと。
ほんまやでの、面々、こっちの年齢、考慮に入れてえへんみたいでねえ。
オッとの、気を使てもらわんならんの年齢でも無いですが。着実に、1年経てば、1歳、歳喰てるは事実の、現実でして。
ここだけの話の、イツまで、付き合えるの哉と。
心底、考え出してるわと。
(14/08/17)


NO.1569 ン十ン回目の、嫁はんの里帰り(2)

そこの、サービス・エリアにて、1時間程度、居たの哉の。
とりあえず、そこから、四国香川、仁尾経由で、大浜<地名>えと。
仁尾は、義姉宅なれどの、素通りでして。先に、義母の通うの、ディ・サービス・センターに直行したです。
時間的、15時過ぎであったの哉の。その時刻なら、そっちでして。義母がでして。
大浜なるは、義姉宅と、義母宅のある、比地木の、概ね、中間地点になるですが。

綺麗な施設でねえ。
昨年、出来たですて。へえの、ええなあと。
ここで、孫共の七五三の衣装、先取りのアルバムが出来ててねえ。一緒に見せてもろたですが。ナカナカに、よお、出来ててねえ。相応の費用掛かってるなあと。当世の子どもはええなあと。
オッとの、本番、10月なれどです。
京都、八坂神社で、執り行うの予定でして。
諸般、母のショート・スティ等々、早くも、調整がと。その、10月16日<水曜日>には、大井神社の、「秋祭り<御神輿>」もあってねえ。
例年通り、参加予定してまして。ならばの、母の件、コレ又、調整をと。

ここだけの話、でも、無いですが。
リハビリ・センターの入所の延期をと。
延期したら、したで、冬場の、予約が、その分、先になってねえ。中旬までが、限度哉の。その先の、ショート・スティ等々の予約が取れてませんでして。
母の希望、「けやき」のがでして。

オトトの、そんな話は結構の。
全員、10名にて、義母と面会致しまして。
明くるの、14日<木曜日>には、比地木に行くの積もりしてるですが。本家にも、行き、仏壇にお詣りしまして。墓参をと。墓は、比地木の浜の方にあってねえ。坂道故、結構なるの、坂故、5分程度、要するですが。距離的になら、200メートル程度でして。スグの近くでして。


での、ここからの予定なれどです。
大浜の義母に面会終われば、義姉宅えと。
そこから、観音寺の、「琴弾回廊」に向かいまして。風呂に入って、そこで、夕食でして。
これがなあ、何分の、四国組と、合わせての、総勢、18名でして。部屋の予約、確保をと。したなら、会席料理をと、云われてねえ。最低でもの、ン千円のをと。へえと。
へえも、従わざるを、得ませんでして。そらなあ、大人だけの18名なら、適当にと。しても、結構なれどの。それでも、食堂が主で無く、風呂でして。食堂の収容人数、知れてましての、精々が、20名程哉の。我々だけが、客で無く。
会席にしとこかと。相成ってねえ。

実は、長男、宿泊すると、勘違いしてたですが。ここでは、風呂と、夕食のみでして。
泊まるは、仁尾の、義姉宅でして。
正直、さもなくばの、費用大変。
イヤイヤ、この、「琴弾回廊」に隣接してるの、宿泊施設には、過年、宿泊した事、あってねえ。7年前であったかの、姪の結婚式の時でして。

この時には、長男結婚してて、次男マダ。
5名で、来たの哉と。
要は、ウィークリー・マンションでして。安くて、宿泊出来まして。仁尾にも近く。
イヤ、当時には、仁尾の義姉宅には、宿泊してませんでして。かと云うて、比地木の、義母宅では、狭く、我々、夫婦のみで。場合により、息子共、甥宅に泊まったり、仁尾でと。分散してたですが。
変な話、義姉婿殿のご両親、介護施設に入所から、仁尾で、泊まるよになったですが。

ででの、13日、当日、宿泊するは、仁尾でして。
明くる日、14日には、先の通りの、比地木の義母宅と、本家の、長男宅にで。仏壇拝み、墓参り致しまして。
昼からは、仁尾の海岸にて、海遊びなれどの。今回、私め、遠慮しとこかと。
ここでは、潮干狩りをしてたですが。婿殿、足、骨折でねえ。行けませんでして。
私なら、そのお付き合いで、行ってた程度でして。

いやなあ、比地木の浜でなら、泳げるですが。従前、泳いでたですが。
仁尾は、遠浅での、孫共の、海遊びが主でして。私なんか、居てもなと。ウロウロしてるだけで、用事無く。孫共の相手するも、親居てて。
とかとか、その間にでも、夜のバーベキューの準備でもを、婿殿と、してるの方、気楽でして。
それもあるし、昼寝でもと。
そらなあ、正直、疲れてるです。
既に、何回も、仁尾で、泊まってるし、その辺り、気ぃ使わんですが。好きにしてるですが。年々、車に乗ってるだけで、疲れるわと。

事故られたら、どしょかと。
当然の、運転手任せなれどです。こっちが、安全運転でも、巻き添え喰うもあるしなあ。
そんな事で、14日は、墓参、海遊びと、バーベキューでして。
最終日には、バーベキューの後かたづけと、昼には、近在のうどん屋で、昼飯喰えば、帰路に着くになりまして。


そんな次第の、斯くなるでの。
婿殿、足骨折なるは、階段からの、降りしなに、足踏み外しての、踵をでして。
その数日後かに、親父様、他界。

変な話、私と、一緒でして。
私も、足の骨折にて、入院中に、親父の訃報、入ってねえ。
私の場合、手術致しまして。1年半後、足の骨にくっつけた、プレートを外すの二度目の手術してねえ。その入院中でして。

こんな時には、こんな事、重なるの哉の。
こんなとは、不幸な事、重なるの意での、変な話やなと。親父様、94歳とかでして。
まあなあ、寿命伸びてるとは、云えどの、天寿哉と。

オッとの、トットの、我々の寝場所に、親父様の飾り付けあってねえ。納骨前でねえ。
全員と、するのか。次男一家は、婿殿の部屋に。婿殿は、どこにか、知らんの、部屋に。
残りの、我が一行、7名が、その部屋とするのか、居間でして。仏壇も新調されたの部屋でして。

失礼乍らの、家の中心、台所と、部屋の間。
その、一番の端っことするのか、奥の方には、孫共なんかなあの。夜、寝相悪くの、暴れて、飾りを壊さぬよにと。反対側の、端っこのです。我が足元には、飾り付けあっての。
かと、云うてねえ。
枕元に、お骨、飾り付けではなと。
(14/08/18)


NO.1570 ン十ン回目の、嫁はんの里帰り(3)

オッとの、そらなあ。
義姉宅、訪問一番。
諸般の、我が御一行様、全員揃たところで、私、代表致しの、婿殿親父様、遺影、飾り付け、遺骨を前に、ロウソク点しましての、線香に火点け、チインと、鈴<りん>鳴らしの、拝んでるです。
基本、それがため、今回、来てると云うて、過言で無く。
息子共も、香典をば、嫁はんに託してまして。
多分なら、一度や、二度なら、顔合わせてるの筈でして。

いやなあ、こんな時期、飾りがあっての、時期にです。他家訪問初でして。
婿殿の話ならです。
来年の盆が、初盆にての、諸般、忙しくの、こんな事、してられへんしと。今年の方がと。
云われてもなの、可成り、気が退けるですが。先様が、構わんとの事での、来させて戴いたですが。

当たり前に、バーベキューは、昨年には、こちらの向かいの空き地を、買おたか、借りたか、してましての、そこで、やってたですが。
幾ら何でもの、葬儀出したばかりの家の向かいで、夜にバーベキューや、そら、花火やと、騒いでられませんでして。はばかれまして。
近在、別の町内会に在住の、甥宅にて、したですが。
ここでも、基本、一緒なれどです。我々の地域の如くに非ずの、ここら、地元故、近在の方なら、葬儀出してるは、承知されてるですが。本家宅よりは、マシかと。
コレ又、万事、仁尾一家の意向でして。例年通りにと。

本宅前の空き地でのバーベキューも、昨年やっただけでして。
それまでは、甥宅でして。近く故でして。出来るの庭の広さあってねえ。

そらなあ、ここだけの話。
でも無いの、ここら、土地安いです。坪、2万円程度ですて。ええなあと。
ほなら、住んでみるかと、なればの、一寸なと。遠慮致すですが。当地に産まれ、育ってたら、ええ場所なれどです。
人口、6700人<2005年統計>でして。城下町でして。仁尾城があったですが。戦国時代、落城してるです。

オトトの、そんな事で。
全員揃たところでと。申したですが。本家ソバには、車置けるの場所が無く。城下町であったがため、道幅、軽自動車が通過がやっとでして。それも、ミラーを畳んでの、通過でして。
息子共の車は、甥宅にと。
まあ、つまり、我々、荷物等々、降ろしてから、甥宅に車を置いてから、戻って来てまして。息子共、到着まで、待ってたですが。
バラバラで、拝むよりはと。バラバラでも、結構なれどの、全員にて、拝むの方が、明確での、ケジメがと。

での、婿殿親父様の遺影に対してです。
基本、ご冥福を祈るになるですが。在りし日の、情景、思い浮かべ乍らですが。ソラなあ、あるです。3っつあるです。
こちらの、一室に居られて、帰りしな等々、お邪魔致しましたと、声掛けた時の、情景。
ディー・サービスから、戻られた時、お邪魔してますと、挨拶した時の、情景。
モ1回は、リハビリ・センター<中期入所>に挨拶に行った際の、婆様に囲まれ、歯を磨いておられたの光景。イヤ、さながらの、ハーレム状態でして。へえと。
そらなあ、入所者、圧倒的、婆様多く。爺様なんか、1割も、居たはりませんでして。

この当時には、我が母も、ディ・サービス、ショート・スティのみでして。中期入所はしてませんでして。
されどの、圧倒的、婆様多いは、この時、承知したですが。知って、さもありなんと。男の寿命短いが故、この状態になるのやなと。
それもあるし、爺様の場合、入所は、嫌がるの傾向がと。

での、リハビリ・センターなるは、中期入所での、数箇月<基本3箇月>なれどです。
こちらの場合、戻って戴くは無いと。
所謂の、老人ホーム、特別養護老人ホームでも無いの、介護施設なれどです。こちらでは、それが、出来るのやなと。

イヤ、難しいの判断でして。
1人で、自分の事、出来んよになれば、この手、介護施設の助けを借りねば、家族大変でして。
されどの、誰しもの、自宅が、家族と共にが、ええに決まってまして。
とは云え、実際に、家族の手を借りねば、生活出来んの状態になれば、どなんやろなあと。介護施設の方が、当人にとっても、楽は、楽なれどです。
ズとは、嫌やろと。
家でなら、好き勝手出来るですが。施設では、集団行動、生活でして。

そんな話は結構の。
明くる日には、我々、10人で、比地木の、義母宅えと。そこから、裏手の、本宅の義兄夫婦に挨拶方々、義父の仏壇を拝みにと。
義父のはなと。想い出多く。又、拝み慣れてるとするのか、まだしもの、身近な存在でして。私共、結婚して以来でして。
小屋では、家の外の、仮屋根の下で、義父が昼寝してたの光景がなと。ソラ、お盆の時期での、外の方が、風通し良く、涼めるです。

実は、この義父のイビキが凄く。義母が、気を使てたですが。私なら、左程に気に成らんかったですが。早く寝た方の勝ちなれどです。義父の寝付きも、よおてねえ。負けっ放しでの。我が長男、孫娘が、案外にイビキをと。
義父よりは、数段のマシなれどです。

オッとの、そんな事で、ここには、仏壇にはです。
義母も同行致しまして。
仏壇に向かいの、嗚呼、京都から、皆が来てくれたゾと、泣き乍ら、拝んでねえ。
義兄夫婦からは、孫娘と、次男嫁には、クマの縫いぐるみを戴きまして。
これがなあ、次男嫁になら、孫君3号と一緒になるですが。孫君3号、縫いぐるみに左程の興味無く。されどの、孫君2号、興味津々での、貸してくれ、貸してくれと。姉を追い回し。
下手したら、孫君2号と、取り合いになっての、壊されてしまうの可能性がと。
要は、孫君1号、2号には、何も無く。

そして、ここが終われば、義兄も一緒に、浜の墓にお参りをと。
義母も行くと云うてたですが。坂道きつく、止めといたらと。要介護、「2」では、杖突いてては、無理でして。我々でも、身一つ、難儀な坂でして。
以て、お盆としての、やるべきの事、やれまして。
(14/08/19)



inserted by FC2 system