シバケンの単なる雑談NO.110

雑談NO.106 雑談NO.107 雑談NO.108 雑談NO.109
雑談NO.101 雑談NO.102 雑談NO.103 雑談NO.104 雑談NO.105

雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.111

NO.1370 母高熱の話(9) 先客の婆様の話(3)

NO.1369 母高熱の話(8) こっちの話<検便結果>

NO.1368 母高熱の話(7) 先客の婆様の話(2)

NO.1367 母高熱の話(6) 先客の婆様の話(1)

NO.1366 母高熱の話(5) 日曜日の一升餅の儀も、行けずの話

NO.1365 母高熱の話(4) この3日間、何やったの話

NO.1364 母高熱の話(3) 皮膚科、所用時間3分の話

NO.1363 母高熱の話(2) 「亀岡シミズ病院」での話

NO.1362 母高熱の話(1) 「けやき」からの、電話一発の話

NO.1361 本御輿本番(5) 虹二橋の話

雑談NO.109


NO.1361 本御輿本番(5) 虹二橋の話

いやなあ、甘かったです。
「マグミット」を処方して戴き。院外薬局、医院の隣の敷地なれどです。処方箋提示で、出して戴き、持ち帰りの、遅い昼食にての、服用一発目。
記載事項、中身、勘違い、間違いまして。日に三回、一回一錠をば、何を思たかの、三錠一気、服用。
飲んでしもてから、これで、10日分の勘定合うかと、要注視の、ンの、一回一錠、食事後での、総計30錠での、しもたなあと。
但し、適時、調整されたしと、先生云うてたしと。

されどの、それ以降、夕食後、一錠での、軌道修正してるですが。明くるの日も、朝食後、一錠での、一食事、一錠なれどです。特段の変化無く。変化無いとは、便秘症状改善の兆候がです。
思たの、その直後。
ンの、ンンの、嗚呼、来たぞの、大急ぎで、トイレえと。駆け込み。それは、この数日と、ホボ一緒のコロコロのでは無く、極の普通の便。
云うたら、正常哉と。
以て、二日目、二回目のを採取出来たですが。検便用のです。

そこからが、大忙しの、トイレを出たり、入ったりの。出て、又、入りまして。要は、もよおすがためで。もよおしても、不発の事、多々あるけれどや。
多々で無いの時には、サラサラの便出まして。
イヤ、便秘薬服用がため、効能発揮で、結構なれどです。最初に採取して良かったなあと。出てもサラサラ便では、採取のしよが無く。

斯くしての、二回分の検便用サンプル採取出来たですが。医院に届けるの間、保つの哉と。そら、片道、10分。往復20分。その他、諸々の、余裕見て、30分、保たんと、出るに出られませんでして。
道中、もよおしてみい。大変ゾと。まさかの、白昼堂々の、医院えの道、医院そのものが、田んぼの中と、までは、申さんの、田園風景、豊かなるの場所でして。

云うたら、知る人ぞ知るの医院にしては、いつも、大入り満員。大体が、内科の患者多いですが。
我が家近在、徒歩5分の処にも、内科の医院あったですが。先生、死んでしもてねえ。私とホボの同年でして。既に、20年は経つの哉の。そこが無事なら、そこに行ってるですが。そこの、息子さんも医者でして。現在唯今、修行中とするのか、もお、ええ歳やし、戻って来るとか、まだ、先やとか。

戻るの予定故、医院、そのまま。駐車場もそのままでして。帰って来て、開業医するなら、即の可能状態でして。
イヤイヤ、そこの、息子さんさえ戻れば、開業するなら、スグにも流行るです。まあなあ、程度にも寄るですが。先代、親切でねえ。反面、儲かって、儲かって。儲けて、儲けて、亀岡の高額所得者に名を連ねてたです。

での、その息子さん。一度だけ、見たです。
ン十年の昔の、多分なら、そこの息子さんも、我が、息子共も、同じの年代での、中学生時代哉と。町内会の体育振興役員してた時でして。町内会対抗の、卓球大会開催されて。我が町内会も、選手出しの。
その当時の戦力たるや、顔ブレなるは、大井町屈指の、優勝候補。事実、優勝したよな、三位に甘んじたの哉の。選手が1人不足で、私が急遽出た結果の敗戦であったの哉の。定かに覚えてませんですが。出たは事実の。私でも、卓球程度、出来るわの。下手の横好きの類なれどです。
ソラ、ン十年の昔の話の、会社でも、卓球してたわと。

オトトの、それでです。
練習の時、その先生と、息子さんが、卓球しててねえ。イヤイヤ、ナカナカに上手。こら、負けるなと。確信得た程の名手。実際には、組み合わせがあっての、選手としての、出場場面見てませんですが。
結構、スポーツ・マンなんやなあと。

卓球もなれどの、名医でねえ。
丁度、院外薬局が云々の時期での。医院の隣に、院外薬局が出来た途端、亡くなったですが。私が通たも、風邪程度、胃の調子がの程度なれどです。

とかとかの、話逸れたですが。
出たり、入ったり。又、出て、入っての、繰り返しが収まった頃、折角の、サンプリングも終わった事でもありの。善は急げの、早速にも、持参。
受付にて、検便ですがと、提示で。二日間で、結果が出るの話、あったが故、余裕見て、来週なら、結果出てるですかと。問えば、火曜日<10月29日>以降にしてくれと。フウンの、5日間待ちかの。宣伝文句と、までは、申さんですが。公式論と、実務からでは、若干のズレ、あるなあと。


斯くなる次第の、斯くなるでの。
以て、腹スッキリとは、申せませんの。マダ、わだかまりも、少々残ってるですが。果たしての、結果はどかなあの。
話、戻して、神輿の日の話。

いやなあ、右足、小指が、痛あて、痛あて。「太田」の、おむすび、一個戴き。喰て即の、適当なるの場所に、腰掛けまして。チャンとした、椅子なんか、置いてませんの。何やろねえ。鉄パイプが置いてあったし、そこにです。座って、地下足袋脱いで。
足の小指、点検、確認したですが。確かに、触れば、痛いものの、すり剥けてるでも無く。豆が出来てるでも無く。とりあえずは、バンド・エイドを貼って、様子見しな仕方が無いなあと。

での、これは、マダ、マシの段階での。
我が町内会を過ぎまして。過ぎたとするのか。その頃からでして。
今度は、左足、膝とするのか、関節部が、痛なってねえ。思うに、右足、小指の痛いをかもたからか。曲げるとするのか。歩けば、嫌でも、曲げんならんですが。
とりあえず、まともに、歩けんよになってねえ。
チンバひくと、形容するのか。左足を引きずるが如く。普通には、歩けませんの。激痛走りの、脂汗、タラタラと、までは、申さんですが。右足に体重、掛けたら、右足小指。左足に重心傾けたら、関節がと。

どするやと。ほんまやでの、後僅か、1キロもあるかの、段階でして。その1キロが、辛い、ツライの、どしょかと。祭礼でなく。神輿で無く。只、1人、自分だけの用事ならばの、どこか適当なるの場所で、座って、様子見、小休止が妥当なれどです。
祭礼で、神輿で、巡行でして。自分1人、ギブアップの、ここで、脱輪、妥協、脱落する故、皆の衆、宜しくと。
とは、口裂けても、申せませんの。逆には、ここまで、来たからには、何が何でもの、這おてでもと。ほんまやでの、町内会の面々にも、この時には、痛いとは、絶対にと。云うて、どか成るかとなればの、どもならず。
ここまで、来てたら、モ一寸でして。目と鼻の先の、知れてるです。そのモ一寸が、しんどいなあと。しんどいけれどの。ここまで来ての、小休止、情けなく。

とかとか、何とか、終点、「大井神社」に、到着での、ホっとしたですが。
最早の立ってるのも、しんどいけれどや。我慢、我慢の、我慢するしか、手段無く。
最後の締めの、盃にての、以て、怪我無く、事故なく、無事に帰還致したですと。

ででの、この日、朝一番、北東の方向に、綺麗、鮮やかなる、虹がと、云うたですが。
今度は、帰りの道中。我が町内会のソバに到達したの場所、頃。16時頃かなあと。夕方なれどの、西の空に、これ又、綺麗、豪華絢爛の、虹二つ。
ほんまやでの、虹一つは珍しくも無いの、虹が、重なるの如くに、二橋掛かっててねえ。
神輿の面々、口々に、綺麗な虹やな。二つも掛かってるでと。
以て、何かええ事、あるの哉と、この時だけ、左足膝関節、右足小指の痛いのなんか、綺麗さっぱりの、忘れてたわと。
(13/10/25)


NO.1362 母高熱の話(1) 「けやき」からの、電話一発の話

昨夜<10月24日>、22時頃哉と。
母、ショート・スティ先、「けやき」の責任者から、ケータイに、電話一発。
正直、この時刻でして。しかも、「けやき」からでしての、ンの、何事かの。話の中身、当然の母の件。

熱がありましてと。37度8分でしてと。ンと。この季節故、インフルエンザは無いと思うですが。風邪哉と。
イヤ、風邪症状無いですがと。この時刻故、暫く、様子見てみますが。もしかして、真夜中、又、連絡するカモ分かりませんですがと。ハイ、承知と。
承知と返事も、電話あって、どするやの。真夜中でも、迎えに行くの哉と。そらなあ、「けやき」は、ショート・スティ施設での。病院ではありませんでして。但し、「亀岡病院」の系列なれどです。

覚悟の、一夜明けまして。明けて、朝の9時頃であったか。電話一発、こっちから、したですが。先様の、看護師が出て、朝は落ち着いてるですと。36度5分、6分ですと。フウンの、母の平熱からしたら、高めなれどです。
落ち着いてるならと、一安心したです。

での、実は、明くるの、土曜日<26日>には、神戸に行くの予定にしてまして。孫娘の鼓笛隊に出るの話あってねえ。
<参考=「単なる雑談NO.109」NO.1357 アンパンマン君のアンパンマン・ブロック

当日の詳細、正直、知らんですが。保育園でやると、思てたら、沢山の人数参加、見物するですて。へえと。そんなに大きな保育園哉と。引っ越した先の、保育園の規模、知らんしなあ。
ででの、今度は、台風27号接近での、嫁はんが、やれるの哉と、云う故、保育園で、やるに、雨で影響されるのかと。問えば、保育園では無く。別途の会場ですて。へえと。成る程の、鼓笛隊故、グラウンド哉と。
思てたら、雨に左右されずの、屋内ですて。へえと。どこの屋内かも知らんですが。

事程左様の、可哀想な事に、正直、殆ど、何も知らんです。
とりあえず、明日、土曜日、JRで、行くにしてるの予定のみ。日曜日には、次男一家も来て、孫君3号の、一升餅の儀、挙行がため、一升餅を本日、取りに行くになってるですが。それを、持参で、JRにてで。
帰りは、次男の車に載せてもらうのツモリでして。


イヤイヤ、そんな事で、一升餅、取りには、電話一発、「塩武」と称するの、和菓子屋でして。孫共、全員の、一升餅、ここでして。しかるべくの、手作りでして。イツ頃、取りに行けば、宜しいですかと。問えば、モ、イツでも結構ですと。へえと。デハの、早速にも、取りに行きますのでと。
即の、車で、出たですが。一升餅、入れるのお盆持参にてで。いつも、手ぶらで、何か、入れ物はと。問われる故でして。

そんな事で、車で、約の、10分の、「塩武」にで。
店主に、一升餅を受け取りに来ましたと。電話の相手は、多分なら、店主の母親哉の。姿、見えませんでして。一升餅なら、店の奥にあるが、チラと見えての、持参のお盆で、丁度良いなあの。
店主曰くに、下に何か、敷いときましょかで、ええ、お願い致しますの。ついでと、云えば、何ですが。
明日には、嫁両親も来られるになってまして。折角なら、和菓子、栗饅頭でもと。何個いるかの、大人だけで、8名様かと。次男一家と、嫁両親、日がズレるですが。我々だけが喰て、次男夫婦の分、無しもなと。子どもの分も、孫娘と、孫君1号なら、請求するやろと。孫君2号も、請求するの可能性充分なれどの。悪いけど、饅頭、店頭に、10個だけ。
よって、孫君2号、3号無し。
3号なら、元々がいらんですが。離乳食でして。

そんな事で、一升餅と、栗饅頭10個。持ち帰った、そのスグ後です。
「けやき」より、電話一発、ケータイにで。今度は、昨夜の、「けやき」責任者。38度1分の熱でしてと。
イヤ、朝方、電話して戴いた時には、熱も落ち着いてたですが。先程、熱計りますと、高熱でして。当人様、元気にされてるですが。何分の、高熱でしてと。へえと。
風邪症状無くの、熱冷まシートでも、貼るに、当人様、拒否されましてと。へえと。困ったヤツやなと。周囲の心配、無視の、万事、マイ・ペースでして。

それは、結構の、引き取りに来いの。行かんならぬが故の電話一発でして。とりあえずは、しかるべくの、医者に見せてくれの要請でして。
云うたら、よりによっての、台風27号接近での、雨でして。雨、風、槍が降ろがの、引き取れ、連れてけと。ならばの、迎えに行かんならんですが。先様、病院に非ずの、介護施設故。病人を扱うの場所では無いです。
云うてもなあ、夜の診察、してくれるの病院、医院はどこかと。
一寸、調べてから、又、電話致しますの。まさかの、町医者ではなと。風邪、インフルエンザで無くとも、その他、肺炎等々、発熱原因様々でして。入院と、ならばの、町医者論外。

ならばの、「亀岡シミズ病院」ではと。探索、検索一発、内科が、夜診やってまして。17時半からでして。
即の、電話しの。斯くの然々での、17時過ぎに、迎えに行く故、、宜しくお願い致しますと。

結果、問答無用の、明日の予定の件、一発、霧散の、これが、長男の宿命也と。
イヤ、良くある事での、常に覚悟してるです。ソラ、生まれて以来のズと、長男やってまして。

そらなあ、推測付くの。診察して戴いての、精々、解熱薬でして。明日まで、様子見で、熱下がってなければ、再度来い。下がってたとての、「けやき」にしてみたらの、原因不明のままに、再度の、受入、出来かねて。
他の入所者に、何か知らぬの、伝染、感染でも、してみい。大変ぞと。責任問題での。せめてもの、一両日、様子見て頂戴が、相場の、常識でして。
私が担当でも、ソ云うです。云うて、当たり前。
一両日ねえ。
孫娘の鼓笛隊は明日。明後日の、一升餅も、予定からは、消えたなの。母優先でして。

とか、云うたってなあ。ドンの、ピシャリやなと。ピシャリも、度々なれどです。
そもそもがの、まだ、今日で良かったの面あってと。出てしもててみい。引き返さんならんわと。そのよな、話の、契約になってまして。保護者が、即の対応すると。
保護者、つまりは、家族が、即の、対応出来るよにと。皆が、皆、してるかは知らんですが。しんかったら、次ぎなるの、ショート・スティ受入に影響するカモなと。するか、しんかも、そんな不義理した事無くの。影響したら、コレ又、大変でして。

出てしもてたら、近くの、次男に出馬要請するになるの哉の。ソレもなと。
出先では、即には、ども出来ず。かと云うて、次男では、どするやの。病院に連れてくも、健康保険証の場所も知らんがな。診察券もいるわと。
そもそもがの、1人で、90歳の婆様、車に乗せての、云々、慣れてえへんかったら、出来ませんです。ソラ、出来ぬ事も無いけれどや。誰でも、出来るは出来るけれどや。現に、私がやってるですが。
一気、この状態に非ずの、次第、次第での、年季も入ってるわと。
母の、特性、状態、重々、承知してるしと。
まあ、云うたら、頼まれたの方も、可哀想。

オッとのまあなあ、「けやき」も、即、とは云うても、我々が帰るまで、待ってくれると思うですが。

斯くなるでの、何も、嫁はんと、二人、母の面倒、見る事も無いですが。嫁はん、一人だけでも、行けばと、云うてるですが。止めとくと。ソラ、私にしたって、一人では、辛いけれどや。
反対にです。私が行ったでは、母の面倒、嫁はん一人では、出来かねて。
ソラ、オシッコ一つ、少々、チカラもいりまして。トイレが狭い故の。そのオシッコ、一度や、二度で、すまへんわと。
(13/10/26)


NO.1363 母高熱の話(2) 「亀岡シミズ病院」での話

オッとの、そんな次第のです。
元々が、10月24日<木曜日>の夜にケータイに連絡あったですが。熱がありましてと。当人様、元気にされてるですがと。
熱が続くよなら、真夜中にも、又、連絡するかも、分かりませんと。ハイ、承知と、返答の。

夜には、連絡ありませんでして。無ければ、落ち着いたの哉と。思いつつの、朝、二番、こっちから、電話確認したなら、落ち着いてますのでと。聞いて、ほと安堵の、こっちは、明日、明後日の予定、神戸行きの算段してたですが。
要は、一升餅の受け取りにです。ついでに、栗餅10個を買い求め。

帰った途端の、先様、「けやき」より、ケータイに電話一発、38度突破ですと。
云うたら、37度台なら、先様での様子見して戴けるですが。38度到達では、しかるべくの、処置。病院にて、診察されたしと。病院には、家族が責任持ってになってまして。

にしても、母、この4月、5月にも、「けやき」で、高熱出して、戻されたですが。インフルエンザでもありませんでして。此度にしても、15日から、来月11月1日まで、ショート・スティにしてたです。
当人、母、「けやき」は至って、気にいってまして。個室で、テレビ付きでして。自由、気儘の、介護士は親切やしと。戻る時には、帰りと無い。ここの方がええのやと、訴えてたですが。「けやき」は、ショート・スティ専門の介護施設でして。ズと、居てられるの場では無いです。

にしてもが、モ一発。
「ふないの里」では、長期間、前回、6月から、9月の4箇月居たですが。その前には、11箇月居たですが。その手の話、無かったのにと。

とか、云うてても、始まらんの。17時過ぎに、「けやき」に引き取りにと、するのか。「亀岡シミズ病院」に、診て戴くがため、行きまして。行けば、看護師なんやろねえ。妙齢の美女と、責任者の男性。男性は、何度も、お会いしてるが故、承知してるですが。母も伴い、玄関口にと。
イヤ、ここはなあ、家族も玄関先、或いは、一階、受付ロビーまででして。そこから、一歩たりとも、入ってませんです。入ってはダメと云われてるでは無いの。行けば、暫し、お待ちをと。母を連れて来てくれる故、一歩、先に行くにも、行けませんでして。

での、看護師から、状況説明のメモ戴きまして。中身、体温の状況。服用の薬等々でして。このメモを先生に見せてくださいと。ハイ、承知と。
車に、母乗せ、出発するにです。車を動かした、途端に、痛い、イタイ、嗚呼、痛い。何とかしてえなと。何とかするも、医者でも無いのに、何抜かすの。痛いの場所、耳の後ろ辺りでして。
ンの、熱が出てると違うのかと。問えば、そんな事、どでも結構の、耳の後ろ辺りが、痛いのが困るのやと。ンと。

打ったんか。打ってえへん。何もしてへんのに、痛いのやと。泣き叫び、わめき散らしの、何じゃと。
何じゃは、こっちの、気分での。気持ちでの。何科に診て戴くに成るの哉と。耳の後ろが痛いも、打ったりしたで無く。何も無いのに、何故痛いかの。触ったら、マシになるらしくの、余計に、訳分からんですが。
とりあえず、内科で、熱の件、診察して戴きまして。その時に、耳の後ろの痛いの件も伝えて、判断、仰ぐかと。

そんな次第の、病院に到着の。問診票には、熱の件、記載で、昨夜<24日>からですと。等々、記載で、内科の順番待ちするにです。患者数、左程で無く、安堵の。そは、させじと、案の定の、何しに来た。診察は次ぎか。ハヨ、帰ろ。
あのなあの、モノは順番の。耳の後ろが痛いのを診てもらわんならんやろなと。熱の事は、話題にせず。さもなくばの、高熱、当人、自覚してませんでして。
云うてるの間、処置室より、呼び出しの。熱を計れば、36度で、ンと。38度突破で、呼び出し受けてるのにです。只、母、ジッとは、してませんでして。体温計で、計るの際です。手を左右に振り、邪魔するは。腋に入れてるの温度計を触りの、何でえ。
五月蠅いヤツやなあ。ええ加減にしときやと。親子で、一戦交えてたら、看護師、モ、終わりましたと。体温測定がです。での、看護師曰くに、先の、36度は可笑しいわと。
何のために、来てるかの。看護師には、すみませんが、38度辺りの筈なんですがと。云えば、別途の耳に当てるの体温計にて、再測定の結果、38度で、ホと安堵。
高熱と分かって、ホと安堵も異様なれどです。正常値なら、先生に聞きよ。診断のしてもらいよが、あらへんわと。


での、再度の待ちの。名前呼ばれて。斯く斯く、然々でと。看護師のメモ書き渡しの、説明加えまして。先生、聴診器にて、胸を検査の。ンのまあの、風邪症状あらへんしと。一寸、様子見の。とりあえず、解熱剤を出しておくです故、熱が下がらんなら、再度の明日来てくださいと。ハイ、承知の、右耳、後ろ辺りが痛いと云うのですがと。伝えたたら。
嗚呼、もしかしての、帯状疱疹哉と。これは、高熱等々、カラダの免疫が落ちると、症状表面化するモノでして。明日、土曜日も、皮膚科の先生出てますし、収まってなければ、診てもらってくださいと。ハイ、承知と。

そんな事で、先生より、帯状疱疹の説明も受けましての。基本的、伝染、感染するモノでは無いですの。耳の後ろだけに限らず、胴回りとかとかに、現れますと。左様<さよ>ですかと。
処方して戴いたの薬を、院外薬局で、調達の、「カロナール錠」「グレースビット錠」をと。
にしても、後期高齢者の病院代、薬代、安いねえ。合計で、500円程度。薬代なんか、三日分とは、云え、200円也の。
薬剤師、問うに、ホカにどんな薬を服用されてますかで、一種類、覚えたの、「マグミット」があるですと。返答したなら、一寸待ての。それと、これを、一緒に服用は効果、吸収しますが故、2時間、開けてくださいねえと。ンと。
ならばの、どっちが先かと、詰問したなら、どっちでも構いませんと、左様<さよ>ですかと。聞いといて、良かったなあと。

そんな事で、薬も戴き、結果的、土曜日も、医者通いかの。その夜の事。24時頃の事。
当然の、睡眠薬、服用での、フラフラ状態。母がです。
この状態で、トイレに連れてくは、困るですが。ナース・コール一発、ハイ、承知の、ベッドから、起こして。車椅子に乗せ。トイレに運びの、車椅子は、邪魔故、トイレの外にと。さもなくばの、母のパジャマ、パンツを降ろせませんでして。
イヤ、当然の、母のズボン、パジャマを持ち上げてるですが。母の体勢により、どしても、瞬時、手を離さん事には、共倒れの可能性がと。離したのその間。僅かな間に、母、へなへなの、床にストンと、尻餅衝いてねえ。

当然の、腰がフラフラしてるが故、基本、離す事は無いけれどや。転けられたら、大変故で。その上でも、場合により、離さざるを得んの事もありまして。離すに、腰のふらつき具合を見てるし、手摺りを持たせてるですが。
見極めた上で、瞬時手を離したそのスキにです。フラフラ、ストンでは、何してる事かの。我が方がです。よって、睡眠薬は止めてくれと、云うてるですが。転けても構わへんの、睡眠薬命の母でして。どもならんわと。

イヤイヤ、立てるか。立てる。痛無いか。痛無いと。
確かに、足がぶらぶら、折れてるの気配無く。只、オシッコ終わって、車椅子に乗せるに、尻、痛がって。痛がるは常故、実際の処は、よお分からんですが。
云い出せば、兎に角、何をしても、何もしてへんでも、痛い、イタイの、嗚呼イタイの連発でして。実際に、何が痛いか、さっぱり、分からんの、狼ババア。
とは云え、尻となれば、前科のあるの、恥骨圧迫骨折もありまして。
とりあえず、一晩、明日の朝、様子見て、考えよかと。
イヤ、検温次第の、内科。耳の後ろの痛がり具合より、皮膚科。足とするのか、その辺りの痛がり具合より、整形外科をと。

話簡単の、本日、土曜日も、「亀岡シミズ病院」行きの、朝行って、家に戻ったは、14時半頃哉と。
土曜日は、嫁はんも一緒に来てくれて、助かったですが。
従前、1人で、連れて来ててみい。ゲと成るで、済まずの。母の面倒見てるだけで、草臥れるで、済まずの。こっちは、気の休めるの間無く。体調崩すです。
ほんまやでの、患者本人大変も。自分の事なれどの。付き添い人なんか、自分の事でも無いけれどの。患者の代弁者でもありの。当人以上の、モと大変。特に、車椅子の患者は、待合いの場所選らぶしなあ。どこでも、結構の、適当でありませんでして。患者が主。
(13/10/27)


NO.1364 母高熱の話(3) 皮膚科、所用時間3分の話

正直、25日<金曜日>は、大変でして。
とりあえず、大した雨では無いも、雨降ってまして。台風27号接近故で。嫁はん居てませんでして。
兎に角、雨の中、云うても、「けやき」から、「亀岡シミズ病院」は、母乗せるも、降ろすも、屋根付きの場所でして。問題は、我が家に入れるに、手際良くやりませんと、母が雨に打たれて、風邪でも引かれたらと。そっちの方が心配でして。傘差すのが、居てませんでして。

とは云え、云うてるの場合で無いの。引き取りにと、するのか、病院に連れてったですが。
今度は、幸いにして、雨がため、病院閑散。スグにも、順番回って来たですが。閑散、満員御礼、無関係に、母、待つが耐えられず。車椅子で、ウロウロしてねえ。これも、閑散故、好きにしてなさいと。
満員御礼状態なら、余所様の邪魔になるしで、止めるですが。確かに、年寄りには、病院暇やろねえ。年寄りで無くとも、暇ですが。

結果、熱の原因不明で、右耳、後ろは、帯状疱疹の可能性で、土曜日朝にでも、皮膚科にと。内科の先生に指導受けて、ハイ、承知の。その明くる日、嫁はんと、三人して、再度の、「亀岡シミズ病院」えと。
土曜日はなあ、結構人が多く。又、皮膚科と、整形外科でして。
お陰様で、熱は出てませんでして。36度丁度辺りで、落ち着いてる故、内科は、パス。診て戴くにもなと。

整形外科は、フラフラ、ストンと尻餅衝いたとしてるですが。当然の、必死、身を呈しの、守り、養護してるです。手を離したとするよりは、手で、ズボンを持ち、ストンと転けぬよに、転けさせぬよに、持ってるですが。車椅子をトイレから出さねば、オシッコさせられませんでして。ズボン、パンツを脱がさせんならんわと。
その際、ズボンを持ってても、想定以上に、母の腰が落ちて来てみい。片手、車椅子。半身で、片手で、母を支えるも、赤ちゃんやあるまいにの、結構、重力あるです。下手したら、こっちが、支え切れずの、転けて、転けた母の上にでも、重なってしもてみい。それこそ、骨折確実の、致命傷に至るわと。

最悪の事態裂けるがため、限度一杯、必死にズボン持って、この体勢越したら、アカンと判断の。実際には、殆ど、トイレの床に接触するかの、辺りにて、手を離しただけの。それでも、年寄りの骨、脆く。骨折の危険性がと。
まあなあ、足は動いてるし、骨折してないは、スグにも判明してるですが。ヒビも有り得るわと。

にしても、何度も、何度も、母をオシッコに連れてってるですが。オシッコさせてるですが。当たり前に、こんな事、初めてでして。そらなあ、車椅子をサと、引き出せば宜しいですが。腰、フラフラ、延々のされててみい。サとは、出せませんの、そのタイミングが計り難くの。支えてるの手の、腕の、体力、消耗致すわと。
まあなあ、以降、トイレの柱に擦り付けてでも、母のズボン、ガチリと掴みツツの、車椅子退けてるですが。


そんな次第の、斯くなるでの。
先に、皮膚科に回ってくれと、事務方より、指示あって。皮膚科、待合いにて、待つ事、1時間強。番号札、「12」番なれどの、1人、1人がナカナカでねえ。来た時、「8」番でして。
母、オシッコと云う故、連れてったの、その時、名前、呼ばれたですが。こんな時、付き添い2人は楽でして。今、トイレですと、看護師に伝えるが出来るです。

での、1人分、損して、後になったですが。やっとで、診察室に入れまして。
我が方から、先生に説明するに、変に帯状疱疹とも、云わず。右耳、後ろ辺りを痛がりましてと。伝えたならばの、先生、チラ見の、特段の、何も出来ててませんねえと。多少、赤くはなってるですが。
帯状疱疹の可能性もあるですが。症状出てませんねえと。

確かに、痛い、イタイとは、云うてるですが。よって、病院に二日連続の、連れて来てるですが。昨日には、若干の赤くなってたですが。この時には、引いててねえ。
されどの、痛い、痛いの、あいたたたは、相変わらずの。
兎に角、木曜日<24日>からですが。右耳、後ろ辺りを痛がってましてと。

イヤ、塗り薬で、様子を見てください。こんなのを、出しときますと。塗り薬の入った箱を出して、これですと。示されたは、「ポルタレンゲル」の、チューブ1本。これを、日に2回、塗布して上げてくださいで、ハイ、終了の、所用時間、1分掛かったの哉の。
むしろ、母の名前呼ばれて、ハイと返答。車椅子の母を診察室に入れて。先生の横手に置いて、宜しくお願い致します。
先生から、チューブ一本と、塗布回数云われ、有り難う御座いますと、御礼申し述べ。部屋から、出るの総計でも、3分かの。アと云う間。
それで、無事解決したら、宜しいですが。あっさり、し過ぎの感あって。

次ぎなるは、整形外科に成るですが。診察室の前に陣取って。奇跡的、車椅子置いて、且つの、嫁はんと二人、座るの場所あってねえ。
での、母の番号札、「49」番。診察室の表示、見たら、「18」番で、ゲ。既に、11時過ぎてましての、母、保つの哉と。ほんまやでの、年寄りが待つは耐え難く。待ってるの間に、体調崩すの可能性がと。

されどの、転けたは、転けた故。又、痛がってましての。診察は受けとかんとと。ヒビでも、入っててみい。下手な扱い出来ませんです。もしかしたらの、入院でして。
まあなあ、変な話、入院でも、構わんですが。入院させてくれるの、ヒビならばです。その方が安全でして。
そらなあ、何も無いが一番なれどです。

での、看護師から、母の呼び出しあっての、へえの、飛び級かと、思いきやの。看護師曰くに、本日、患者数多く、このままでは、相当に遅くなりますがと。それは、承知してるですが。特段の、この先生にと、指定が無いならですが。本日、一診、二診の、二つ、ありましてと。
二診にされるなら、そっちに回って戴けるですがと。へえの、そっちが、早いなら、そっちで、結構ですと、返答したなら、あっちの、売店の向かい辺りに、二診がありましので、そちらに行ってくださいと。ハイ、承知と、向かえば、こっちの方、患者少なそでねえ。良かったなあと。

少ないとは、先客、患者、2名哉と。
スグにも、回って来るなあと、思いきやの、甘かったなあ。まずは、1人が、ナカナカに終わらずの。
後から、来た人。多分なら、どこかの、特別養護老人ホームの入所者哉の。介護士か、看護師か、知らんですが。付き添いで、来てまして。そっちの方が早かったですが。
その方が、診察室に呼ばれたのが、既に、13時を、回っててねえ。
話簡単、昼飯も、喰えずの修行哉と。母も珍しく、保ってねえ。
(13/10/28)


NO.1365 母高熱の話(4) この3日間、何やったの話

イヤイヤ、木曜日<10月24日>の夜からの熱、何やったんやろねえ。
明くるの金曜日、朝の確認では、熱下がってたですが。15時頃から、又、高熱、38度突破で、「けやき」より、しかるべくの、処置をと。要は、病院に連れて行ってくれの、要請でして。
くどいけど、「けやき」は、ショート・スティ専門の、介護施設でして。病院で無く。病人、扱わんです。

早速にも、引き取り、その足で、「亀岡シミズ病院」えと。
は、結構なれどの、その道中、痛い、イタイと、側頭部辺りがイタイと。何とかせえと。母がです。云われてもなあ。医者でもあるまいにの、何とも出来かねるの、これから、「亀岡シミズ病院」やと。
熱はどなんやと、問えば、あらへんわと。嘘云えと。あるから、迎えに来て、病院に向こてるわと。道中、親子喧嘩、口論し乍らの雨の中、到着での。

病院で、看護師が検温するに、36度。あのなあと。とは申してませんの、母、体温計を挟んでるの方の手を、バタバタ、動かす故、正確には、計れてませんでして。ほんまやでの、いつもでして。
体温計るに、何度失敗させられるかと。一度で、済めば、誰もが、楽やのにです。時間も喰わへんのにです。
イヤ、内科で、先生に、熱がと、症状訴えるに、病院の検温で、36度では、診て戴きよがで。看護師には、再度、検温依頼の、38度。矢っ張り、計れてませんでして。

結果、胸の触診とするのか、聴診器で、調べられまして。ンの、とりあえず、解熱剤を出しときます故、様子見して頂戴の。熱が下がらんなら、明日再診をと。
その先生に、側頭部、右耳、後ろを痛がってましてと、伝えたならばの、帯状疱疹の可能性あるため、明日にでも、皮膚科にと。「亀岡シミズ病院」に、皮膚科ありまして。土曜日もやってるですと。

ハイ、承知の、その土曜日。
熱は、36度辺りで、落ち着いててねえ。
帯状疱疹の方、症状出て無いものの、痛がって、痛がって。それもあるし、転けたのもあっての、安全見て、診て戴く方がと、二日連続の、「亀岡シミズ病院」えと。

結果の結果、皮膚科では、塗り薬、「ポルタレンゲル」の、チューブ1本、処方して戴きまして。
ではの、整形外科に移動に成るですが。結論的、レントゲン撮影では、何にも無くの、頓服として、「カロナール錠」を処方して戴きまして。
いやなあ、要は、レントゲンで、見える範囲の、ヒビも見受けられず。ではあれどの、母、お尻が痛い。腰がと、訴える故、頓服戴いたですが。何なら、痛いの箇所に、皮膚科で、処方の、「ポルタレンゲル」を塗布して戴いても結構ですと。ハイと。

結果が三発の、以降、熱出てませんでして。
正確には、母の36度は、やや高めなれどです。むしろの、耳の後ろが痛い、イタイの、嗚呼、イタイ。腰が、尻がの、モと痛いと。五月蠅あてねえ。

云うたら、そもそもがの、高熱、何やったと。
確かに、連れ戻したの、金曜日には、カラダ触っても、熱あるが、一発分かるの、熱うてねえ。
では、あるですが。熱さえ、出てえへんかったら、家で、トイレで、転けるの事も無かったです。私共にしたら、予定通りの、土曜日には、神戸にと。孫娘の、発表会とするのか、正式名称皆目の知らんですが。鼓笛隊を見られたですが。

まだ、この時点、諦めてませんの、日曜日の、孫君3号の、一升餅の儀をです。
イヤイヤ、変な話の、孫娘の鼓笛隊を見るがため、神戸に行くのでありまして。それならと、次男一家が、神戸に行って、一升餅の儀をと。
ならばの、長男、折角ならと、誕生祝いのケーキと、鯛を張り込むと。成ってたですが。この時点、まだ、行けるの可能性ありまして。
そらなあ、云うてるの通りの、何にも無く。「けやき」が、ならばと、ショート・スティの続き。11月1日までの予定でして。即の、引き取ってくれるならですが。母をです。日曜日の朝からでも、今度は、次男に迎えに来てもろて。一緒に神戸に行くの手もあるなあと。

オッとの、世間は、状況なるは、そんなに甘くは無かったですが。
母なら、本日、28日<月曜日>、「けやき」からの送迎車に乗って、ご機嫌さんで、行ったですが。尚更にの、この金曜日から、日曜日の一騒動、処かの、大騒動、台風26号、27号の比では無くの。何やったと。

物事、順々にでは無く、先の話まで、したですが。
変な話、丸々の、きちりの、金曜日の夜から、月曜日の朝まで、母、在宅での、一歩も出られんよに成ったですが。
これが、幸いなんか、不幸なんかが、分かりませんでして。母は我々の予定は知らんです。又、高熱なんか、意図して出せるモノで無く。只なあ、いつもと、までは、申さんですが。我々の予定を狂わすは、母の得意技。

幸いとするにしても、26日、27日に、別段の交通機関で、ニュースに成るよな、事故等々、一切ありませんでして。イヤ、その手の類の、行くな、行くなの、運命論的、見えぬ手、チラと。それ程に、諸般、行くな、行くなの、大合唱の。
どしても、行かさんぞの、強烈なるの、チカラが働いてたみたいに、見えまして。思えるの程でもありまして。

イヤ、話、順々に致すですが。
もしかしての、肝心の、孫君3号、やや風邪気味の話あってねえ。我々が、神戸に行ってたならですが。次男夫婦も、諸般、少々無理してでもと。来るの可能性あってねえ。それで、風邪こじらせてもあきませんでして。

とかとかの、それ程にの、諸般、母の高熱、何やろなあと。ドンの、ピシャの、きっちり、お見事に過ぎまして。
私共の、予定、全部、潰れての、本日、月曜日<10月28日>。
先の通りの、ご機嫌さんの。熱も、36度を切っててねえ。耳の後ろが痛いも、一言も云わず。腰が、尻がも、一切無く。朝のお迎えの車に乗ってねえ。

悪くなら、意図せずともの、母に又、邪魔されたかと。
邪魔される程の私共、母をぞんざいには扱おてませんでして。万事、母の云うよに、思うがままにと。自分の事、諸般後回しの最優先でして。
云うたら、母在宅の、この三日間。ワタシャ、云うたら、オシッコ番での、夜、軽くの4時頃まで、起きてまして。珍しくも、6時まで、保ってくれて。幾ら何でもの、4時頃寝てては、6時は爆睡してるですが。爆睡してても、7時頃には、起きてるですが。
結果、殆ど、嫁はん、オシッコ番、日に、1度か、2度かで、済んでまして。その替わりに、母の着替え等々、やってくれてるですが。

イヤイヤ、そこまで、私が頑張るの理由、云うまでも無いの、嫁はん、少々、体調崩してまして。めまいすると。よって、極力の私が出来る限りの、母の介護とするのか、オシッコ番をと。
頑張れるは、当面の日数、知れてまして。
出来る限り、私がやってしまおかと。

オッとの、話を前後させたですが。話、順々に致すです。
(13/10/29)


NO.1366 母高熱の話(5) 日曜日の一升餅の儀も、行けずの話

そんな事で。
とは、「亀岡シミズ病院」にての、26日<土曜日>の話。
やっとで、順番、来まして。先生、若き先生でして。転けて、ここが、あそこがと、訴えまして。ここは、尻。恥骨の辺り。あそこは、腰で、特には、左側であると。
痛いと、母がです。先生、ハイ、承知の、レントゲンをと。向かいましての、スグにも、撮して戴きまして。

丁度、撮してるの間に、ケータイに、「けやき」の責任者より、電話一発。どんな具合ですかと。
前日、母を引き取ったの、金曜日にも、「亀岡シミズ病院」での、状況伝えてるですが。高熱の原因不明の、とりあえず、解熱剤とするのか、処方して戴きましてと。只、当人、母、それ以上に、右耳、後方辺りを痛がってまして。それも、皮膚表面でして。触れば、楽になるらしく、内科の先生談では、帯状疱疹ではと。
金曜日夜診では、皮膚科やってませんでして。明日にも、診察して戴きますと。

での、土曜日、昼の電話では、熱の方、朝一番では、正常の、36度強の、1分、2分程度ですと。熱ありませぬ故、内科はパスの、皮膚科を受診。但し、帯状疱疹の症状、現れてませんでして。されどの、痛がるが故、診て戴き、塗り薬を処方して戴いたです。
だけで無く、昨夜、夜、24時とするのか、零時頃、トイレで、転けましてと。正直、そのまま伝えまして。骨折してるでは無いですが。安全のため、整形外科に診察での、唯今、レントゲンを撮ってる処ですと。
ならばの、結果が分かれば、連絡お願い致しますと。ハイ、承知と。

その結果の、先生の説明でなら、レントゲンで見た限りは、骨折も、ヒビも見受けられませんですと。レントゲンで、分かる範囲はですがと。極小のヒビは分かりませんですが。何れにせよ、痛み止めを出しておくですと。
中身、内科で出てるの、「カロナール錠」ですがと。それと、皮膚科で、出てるの、塗り薬、「ポルタレンゲル」ですが。これを、痛がっておられるの箇所に塗って戴いても、宜しいですと。へえと。痛み止めの万能薬ですかと。万能薬でもありませんですが、それでも、痛みが取れますのでと。

イヤイヤ、正直、良かったなあと。
これで、微少なれどの、レントゲンで、見える程度の、ヒビでもあってみい。ワタシャ、責任感じるです。気が重くなるです。折角、諸般、注意しの。注意した上に、注意してるのにです。云うたら、私共の手も、かさかさ。日に何度も、母のオシッコに付き合いの、手荒いしてるがためでして。
加えての、その回数、母のズボンをシッカと、握ってるが故、右手、指なんか、身が行ってまして。指を、ジャイケン<ジャンケン>の、グウ、パアさせてみい。痛い、イタイの、嗚呼、イタイの、母では無いけれどや。
腕も、曲げたり、延ばしたり、してみい。痛いと、までは申しませんですが。明らかに、身が行ってるです。
そらなあ、トイレで、だけに非ずの、母をベッドから、起こす、ベッドに座らせるの際も、同様でして。

それ程にやってても、僅かな隙、間隙突いて、殆ど、衝撃無かったとは云え、尻餅吐かせたは事実での。転けられた。転けさせてしもたになりまして。年寄りの骨なんか、枯れ木同然の、僅かな衝撃で、折れるです。重々承知が故、尚更の、しもたなあと、思てまして。
レントゲン結果、無事と知っての、母以上に、私の方が安堵したですが。

ででの、結果をと、「けやき」から、云われてるですが。どちみちの、母、メガネを、「けやき」に置いたままでして。それが、どしても、欲しいと云い張るし。帰りの、「けやき」によりまして。直接に状況説明しましょかと。

いやなあ、斯くしての、「亀岡シミズ病院」での、二日間の、診察結果。
肝心の、高熱は、確かに、金曜日<25日>確認してるですが。以降、落ち着いてまして。但し、状況からして、熱出るは、昼から、夜でして。昨夜は、解熱剤とするのか、処方薬飲ませてるがため、計ってませんでして。
明くるの、朝の検温では、26度程度で、まあ、正常。
右耳、後方の痛い、イタイも、症状出ておらず。塗り薬のみ、処方して戴き。転けたの件も、正直、「けやき」に伝えたですが。レントゲン上、ヒビも無く。まあ云うたら、頓服を処方して戴きまして。

結果、問題無く、「けやき」で、ショート・スティ継続出来るの状態なれどです。
矢っ張り、モ一夜、我が家で、様子見致しまして。高熱、夜が心配がためと、明くる日、日曜日の朝の検温で、問題無ければと。「けやき」で、継続して戴けませんですかと、お願いしてみよかと。
そらなあ、本来、11月1日まででして。
母の荷物、着替え等々、預けたのままでして。「けやき」も、戻るが前提での、病院行きでして。


そんな次第の、斯くなるでの。その時、何を考えてたかと、なればです。
診察終わって、母、万事、無事。時既に、昼飯喰わずの、14時半か、15時頃でして。嫁はんと、丁度、きっちり、孫娘の鼓笛隊も、歌も、終わったなあと。
今頃、どこの会場かも、知らんですが。終わって、帰りの支度でも、し出してるの頃哉の。

されどの、明日朝にでも、母を、「けやき」に引き取って戴ければ、まだ、神戸に行って、向こうで、一升餅の儀が出来るなと。それこその、次男に亀岡に迎えに来てもろてと。勝手なるの、妄想致してまして。
そしたら、一升餅も、栗饅頭も、無駄にならずに済むですしと。孫娘には、見られえへんかったけどと。多分なら、写真なりを、見られるやろかと。
イヤ、本気も、本気の、そのよな計画、目論んでの、「けやき」に到着のです。

責任者居て無くての、看護師なんやろねえ。出て来まして。
まずは、メガネが欲しいと、母の要求伝えまして。そして、母の診察結果等々、状況説明の。
「けやき」が一番に心配されてるの、熱の方。前日、金曜日、「亀岡シミズ病院」での、内科では、38度確認したですが。以降、高熱出てませんでしてと。但し、高熱、昼からのよでして。
本日、1日。そして、明日朝の様子、検温にて、特段の問題無ければ、こちら様、「けやき」にお世話になれればと。
有り難いのですがと、我が方の意向伝えたならばの、返答、想定外の話。

明日は、日曜日でしてと。
そんな事、我が方にしたって、重々承知の、何かあった場合、対応出来ませんのでと。日曜日では、病院、休みですの、意でして。
それは、母がどこに居ても、一緒なれどです。理屈的、「けやき」なら、「亀岡病院」系列が故、先生も居たはるですが。そんな話、一切せず。

要は、まだまだ、安定したとは、云い切れずの意やろと。
熱が出たら、日曜日でも、やってるの病院、救急病院にでも、連れてって、診て戴くの、体制でと、云うたはるのやろと。
とかとか、云うまでも無くの、口調からして、日曜日は、ダメですとの、強固なるの、意志伺えまして。
仰るには、その日曜日の、夕方、18時頃に一報をと。検温結果を連絡して戴き、判断致しましょうと。問題無ければ、月曜日より、ショート・スティの続きをと。
そのよに、云われたなら、我々、従うしか手段無く。二の五の、サザンが九とも、口にせず。ハイの、承知致しましたと。

以て、お見事、日曜日の、神戸行きも消滅。
イヤイヤ、この時点。次男には、一升餅、我が家に取りに来させて、次男一家のみ、神戸に行くの法、残ってたですが。
母の状況なら、金曜日には、息子共に、嫁はんより、伝えてるですが。
その時には、とりあえず、土曜日は行けずと。
ソラ、日曜日も怪しいけれどや。土曜日の、診察結果と、母の体調、様子次第哉と、思てたですが。
(13/10/30)


NO.1367 母高熱の話(6) 先客の婆様の話(1)

元々が、母、10月15日<火曜日>、15時半から、11月1日M金曜日>、16時頃までの、「けやき」で、ショート・スティ予定でしたです。
15日にして戴いたは、16日に、「大井神社」の祭礼、御神輿に参加がありまして。頼み込んだが正解でして。

それも、最初は、25日から、11月1日が最初に決まってまして。
理由、孫娘の、鼓笛隊参観のためでして。以前より、予定に入れてたです。
それと、16日辺りも、依頼してまして。結果、先の通りの期間、ショート・スティにと。都合のある日が取れてまして。良かったなあと、思てたですが。

結果、祭礼の方、予定通り、参加出来まして。
孫娘の、鼓笛隊参観<26日・土曜日>は、金曜日の段階にて、無理と。
日曜日に予定の、次男家長男、孫君3号の一升餅の儀をどするやは、土曜日、「けやき」に出向きの、看護師との話で、月曜日朝まで、母在宅と成りで、私共、神戸には、行けずに成りで、次男に任せるに相成ったですが。
ソラ、一升餅なら、我が家にありまして。次男が取りに来るか、私か、嫁はんが、次男宅に持って行くなりしまして。神戸に餅を持参で、向こうで一升餅の儀を執り行うの手があるです。

されどの、肝心の、孫君3号、風邪気味らしく。一升餅の儀は延期すると。
ならばの、長男家では、デコレーション・ケーキと、鯛を予定してたですが。鯛は、予約を取り消すか。取り消せねば、引き取り、喰てしまうかになりまして。デコレーション・ケーキは、孫君1号の誕生祝いにでも、すれば良く。
イヤ、1号、ドン、ピシャの、27日が、4歳の誕生日でして。

こっちは、こっちで、一升餅の儀、延期なら、それまで、保管も出来ず。11月10日<日曜日>にと、決めたらしく。
折角の、栗餅、10個も、そんなには、置いとけへんしなあ。さりとて、10個も、私共が、喰うには、多過ぎて。何処様とは、申さんの、2個、2個を、2軒のご近所さんに、配りまして。
オトトの、ならばと、急遽、柔らかい内にと、一升餅は、切りまして。ポリ袋にでも入れて、冷凍庫保管で、保つやろと。
オッとの、切った餅で、一升餅の儀を執り行うでは無いです。それは、それで、再度の、「塩武」には、注文したです。11月8日か、9日に取りに行くしと。イヤイヤ、日が接近したら、明確に致すですが。

この栗餅、10個。
一升餅を受け取りに行った際、「塩武」で、買い求めたですが。
そらなあ、先にも、云うてるの。土曜日には、嫁のご両親含めての、爺婆4人。長男夫婦に、孫共3人の内、2人は、喰うやろと。日はズレるですが。日曜日に、次男一家が神戸に来たら、次男夫婦の分をの、都合10個。
まさかの、その、一時間後に、こんな話、母、高熱の話なんか、夢想だにもでして。

まあなあ、云うたら、嫁のご両親には、何度もお会いしてまして。宅様に上がったのが、何度か、あるですが。
我が家には、お母さんが一度だけ哉と。孫娘が生まれるに、嫁が、里帰りしてまして。神戸に戻る際、お母さんが一緒に来られたの一度でして。お父さんの方は、結果的、一度も来たはらへんなあと。

来られるの、用事が無いと、云えば、無いですが。
そんな事なら、次男嫁の実家には、私共夫婦、お伺いしたが、2度でして。
一度は、結婚についての、ご挨拶。結納の儀は、先様宅で無く、料理屋でして。モ一度は、次男嫁の出産で、孫出来た故、里にお伺いの、見に行ったですが。この時には、親父さんは、居たはった筈の。
私とは、大違いの、諸般、経営者でして。夜勤故、寝たはったの哉と。
イヤ、当然の、結婚式でもお会いしてるですが。我が家には、一度もでして。コレ又、来られるの、用事が無いと、云えば、無いですが。

この辺りがなあ。当世、核家族化の弊害と云えば、明らかなるの、弊害でして。若夫婦の親同士が疎遠になってるです。
云い出せば、妹宅に行けば、婿殿の母親が居てまして。当然の挨拶もするし、回数重ねたならばの、親近感もと。反対に、妹夫婦なり、姪甥が来たら、我が母居てまして。
只、双方、相応の年齢になってる故、近年、ディ・サービス、ショート・スティで、居てぬ事、あるですが。

オッとの、別段の、嫁のご両親に会うがため、神戸では無いですの、孫娘の保育園の、鼓笛隊参観でして。ご両親も参観されるがため、結果的、会うになるだけの事。
とは云え、会おて、挨拶も無くはあらへんわと。難しい、挨拶なんか、致しませんですが。


そんな話は結構の。最早の過ぎたるの話故。
その過ぎたるの話なれどの、「亀岡シミズ病院」でねえ。整形外科で、先客がと。婆様が居られたですが。付き添いの方、福祉施設の方でして。看護師哉の、要は家族では無かったです。家族と思しきは、遅れて、レントゲンが終わり、その結果の診察も終わってから、到着されたですが。

その婆様の話をと。
イヤイヤ、車椅子でして。その車椅子が、余り見掛けませんの、リクライニング式なんかなあ。赤ちゃん用みたいな、感じでして。寝てられるですが。
声は殆ど聞こえてませんでして。只、付き添いで来て居られるの方、中年女性なれどの。その様子、声で、婆様が、何を要求してるか、一発、判明の。
ども、寒いらしく、上に羽織るモノをと。云われてもなあ。持参して無ければ、どしょも無く。されどの、年寄りなるは、理屈通りませんでして。何度も、何度も、要求されてか。一寸、待ってなあと。
暫し、婆様から、離れの、多分なら、トイレ程度に行ったのか。戻って来て、某さん、何子さん、矢っ張り、みつからへんかったわと。寒いけど、モ一寸、我慢してなあと。

婆様、それで、納得したのか、してへんのか。多分なら、納得せずの、膝掛けを工夫しの、これで、どおえ。こらならと。場所を替えよかと。賢明に努力されててねえ。
実は、婆様、見掛け、天井向いて、口パクリの、一見、可成りの痴呆が出てるの風情でして。又、婆様の声は一切の聞こえませんの。聞こえるは、付き添い女性の声のみでして。
その辺り、我が母とは、大違いの、こっちは、何かに付けて、大声でして。あの人、挨拶しやはったなあ。アンタ、知ってる人か。イヤ、違うなあ。マッサージの人や。とかと。
あのなあの、マッサージの人とは云わんの、リハビリの先生やでと。
母、何度も、「亀岡シミズ病院」に入院してましての。特には、リハビリの先生には、お世話になってるですが。私も、諸般、洗濯モノの回収、収納で、母、入院してる時には、来てまして。病室に居てなければ、リハビリ室に決まってまして。
概ね、リハビリ室の方なら、承知してるものの、最近では、見知らぬ方が多く。
にしても、そんな事を、先様を、マッサージの人やと、大きな声で、やられたら、一寸、黙っててくれと。されどの、母、黙るも、小声も、出来ませんでして。何でも、大声の。順番マダか。何を待ってるのん。帰ろ。帰りたいの、そんな事ばっかり、大声でして。
ええ加減にしときやと。
(13/10/31)


NO.1368 母高熱の話(7) 先客の婆様の話(2)

母の方は、10月28日<月曜日>、朝、「けやき」からの送迎車に乗って、ご機嫌さんで、行ったです。
当日、朝、検温も、35度7分であったかの、極めての平温。元々が、この程度でして。36度台では、やや、熱があるの水準なれどです。36度では、熱は無いとされてまして。
安全を見て、整形外科で、処方して戴いた、頓服<カロナール錠>と、、皮膚科の、塗り薬<ポルタレンゲル>を持たせてと、するのか。送迎の方に、託しまして。

そらなあ、「けやき」の責任者からも、日曜日の朝、電話があってねえ。この方からは、何度も電話を戴いてるですが。土曜日の件、看護師に話、したと同じの事。云われた話を伝えたですが。
要は、何にも無かったですと。ですが、日曜日、当日の18時半頃に電話して欲しいと。検温結果をで。それで、問題無ければ、月曜日に来て戴いても構いませんになってるですと。
そしたら、連絡は何も無ければ、要りませんと。あれば、連絡くださいと。そして、処方して戴いたの薬も、あれば、一緒にと。

での、月曜日、9時頃に、連れて行くのツモリにしてるですがと、伝えたなら、イヤ、送迎車を出しますと。へえと。
ソラ、その方が有り難いです。私の方は、引き取りに行ったの経緯より、当方が、連れて行かんならんよに、思てまして。

とかとかの、28日に、母を送り出しまして。早いモンやねえ。明日には、11月1日での。戻るです。
そしたら、今度のショート・スティは、8日、15時半から、14日の、朝、10時頃まででして。その間の、10日に、孫君3号の、一升餅の儀をするにしてるです。
イヤ、別段に母居てても宜しいですが。ややこしいしねえ。諸般、居てると、時々、奇妙なるの話、致しまして。びっくりする事、度々でして。
いやもお、一升餅は、再度の、「塩武」に、頼んでまして。デコレーション・ケーキは、相応に予約を入れるのツモリでして。準備万端、進めてるです。
がしかし、大分、寒なったしなあ。母、風邪など、引かんよにと。それこその、前歴あるが故、そっちも、心配でと。風邪引いたら、「けやき」にも、ディ・サービスの、「こもれび」にも、行けませんでして。健康である事前提でして。健康も、要介護認定受けてるですが。その上での、健康でして。

いやなあ、夜のオシッコの話。
嫁はんの体調も、思わしく無く。無理もさせられませんでして。
何の事かとなればの、基本、私が、見てるですが。母をです。かと云うて、24時間、寝ずの番してられへんわと。よって、従前、夜、2時、3時までは、私が起きてまして。母のナース・コールに対応してるですが。

先の、25日から、28日朝までの期間、私の方が、モ1時間、延ばしましての、3時、4時まで、起きるにして。
最早の、寝るの際には、これで、寝るしなと。出来る限り、オシッコは、オムツでしてくれと。要望してから、寝てるですが。結果、6時頃まで、ナース・コールが鳴りませんでして。要は、2時間、3時間、保ってる事になるですが。

イヤイヤ、これまで、最長でも、2時間まででして。嫁はん、4時、5時に、一度起こされてねえ。私の方は、完全爆睡。ナース・コールなんか、全然の聞こえてませんでして。嫁はんなら、朝の担当として、概ね、23時頃寝るにしてるですが。それでも、4時頃起こされてみい。寝てられへんわの、ソラ、体調も崩れるわと。

よって、そのよに、オムツでと。オムツでは、オシッコ出来ひんと、母申すですが。それでは、こっち、嫁はんが保たんし。まさかの、私がオシッコ全部の処理も出来ひんわと。
一寸は、協力してくれと。
そんな事で、保たすのツモリなら、母も保たせられるんやと。ほんまやでの、夜も、度々の、トイレに連れてくですが。ホンの一寸だけでして。あのなあと。
母はなあ、昼間も、寝てまして。こっちは、まともに、起きてて、オシッコの付き合いしてまして。その他、諸々、諸般で、雑用で、ナース・コール鳴らされて。「けやき」や、「こもれび」、ふないの里」と一緒みたいに思てくれるなと。
あっちは、何度も、申すの、三交代。こっちは、大部分、私1人でして。勝負にならへんわと。
ショート・スティが、ディ・サービスがと。特には、ショート・スティがあるがため。それまで、何とか、頑張ろと、してるですが。高熱でと、返品されてみい。今度は、病院に連れてかんならんわの。
どれ程の時間取られるかと。
夜の、オシッコの我慢も、やったら、出来るんやと。明日帰って来ても、そのよに、協力要請致すかと。


イヤイヤ、でででの、斯くなるでの。「亀岡シミズ病院」での話の、先客の婆様の話。
いやなあ、声小さく、乳母車みたいな。ホロは無いの、車椅子の婆様なれどです。別段に、顔もジクリとは、見てへんし、知らんですが。可成りの歳での、付き添い、施設の看護婦哉の。
婆様、共通して、寒がりやなあと。特段のこんな話、してませんですが。兎に角、膝掛け<毛布>、必需品。
且つは、10月31日に、「ふないの里」から、戻りましての。10日頃かには、ベッドに、電気毛布。膝掛けなら、夏も、冬も。春夏秋冬の、必需品。

先客婆様も、同じくの、寒がりでして。看護師には、上着でも、膝掛けでもと。要求してるです。看護師にしたって、手元に無いのを、出せませんでして。私共なら、そのままの、持って来てへんし、あらへんと、云うですが。オッとの、母、膝掛けならしてるですが。大体は、通路の一角では、寒い、寒いの、ここ嫌やと。大声、周辺に聞こえる程に、何度も、何度もの、申すですが。
看護師の返答等々、行動より、説明しても、納得せず、繰り返し、繰り返し、訴えるんやろなあと。母も一緒でして。帰ろ、帰ろの、何を待ってるのえと。無視してたら、声、ドンドン、大きくなっての。下手したら、アンタ<私の事>、聞こえてるのかと。寝てるのかと。あのなあの、それ以上、云うたら、どつき回すぞと。怒鳴りたいの、程でして。

病院になんか、来とも無いの。母の高熱、等々のため、来てるだけでして。寝てるも、起きてるも、余計なお世話の、寝てて、あんたのオシッコに、即の対応出来ひんわと。
とは、云うてえへんけれどや。

でででの、私共、整形外科2診に来た時には、2診の、ドアの真ん前に陣取ったですが。レントゲンで、戻ってからは、部屋の横手でして。
いやなあ、先生の話声、よお聞こえてねえ。ドアも閉まったままやのにです。壁一枚も、薄いのやろねえと。

結果、婆様が、何で、病院に来たかも、分かりまして。
整形外科故、転けた等々のため、骨折がどかの、診察のためは、分かってるですが。まさかの、風邪で、整形外科ありませんでして。

先生との、話なるは、婆様、転けて、骨折、ヒビを調べて戴くがためで、レントゲンでは、骨折、ヒビはありませんと。レントゲンに写る以下のヒビは、分かりませんですがの。後組、母の診察結果と、一緒でして。
先生の話、聞いて、へえの、良かったなあと。どこの、誰様。どこの施設かも、皆目の知らんですが。我が母も、同じの結果ならなあと。

それから、暫くしての。母の番と、成ったですが。中身、全くの一緒。
(13/11/01)


NO.1369 母高熱の話(8) こっちの話<検便結果>

いつであったか。
先週、10月22日<火曜日>哉の。最近、モノ覚えが悪なってねえ。
<参考=NO.1359 腹張っての処方薬、「マグミット」

イヤ、検便、二日分も、提出してまして。提出の際、来週火曜日<29日>以降にして欲しいと、云われてねえ。ならばの、水曜日でも良かったですが。別途の看護師かに、「マグミット」が無くなってからでも宜しいですよの話もあってねえ。
余り、早くも検査結果が届いて無いの可能性がと。水曜日も避けて、木曜日にでもと。思いの、イザ、検査結果を聞きにと。診察券取り出し、見たなら、木曜日、定休日ですて。なあんやと。
での、その明くるの本日<金曜日>、鋭意決断、行って参じたです。その町医者にです。ここは、内科、消化器科、小児科がありまして。先生は二人。小児科と、その他でして。

最近では、小児科は少なあてねえ。そんな話は結構の、待つのは嫌でねえ。待つを好きな方、居たはりませんですが。前回も、10時頃であったか。時間適当なれどの、12時半に診察して戴いたの哉の。
本日も、10時過ぎに、受付にで。結果、12時半になったですが。一旦、我が家に戻ってるですが。

前回は、子どもも少なかったですが。もしかしたら、居て無かったかもでして。本日、多てねえ。若き、お母さん方の話、チラチラ、聞こえて来るを聞くでも無く、聞こえてまして。ども、風邪が流行ってるみたいでねえ。
にしては、子ども達、元気、はしゃぎまくってるの。どこの子も一緒やねえ。イタズラしては、カカ様に叱られて。転けては、泣いて。まあ、見事に転けるねえ。来てるの子、概ね、2歳、3歳、4歳哉の。賑やかでして。

イヤイヤ、正直、申すです。
余所の子、孫世代見てて、可愛らしいと、思うの事、僅少での、まずは、殆ど無いですが。
今日のは、カカ様に、何故似て無いのか、知らんの、可愛い子が多てねえ。丁度、孫君、1号、2号世代でして。孫娘世代、居てませんでしたですが。特には、女の子が、面白おてねえ。
今時のは、可愛らしい恰好させて。何故か、カカ様、腹ボテばっかりの、別段の妊娠しての事で無く。兎に角、アンバランスで、余計に面白く。我れ乍らに悪趣味やなと。
オトト、万事、頭の中だけの話の、口外してませんですが。
口外しとても、相手無く。周辺、知らん人ばかりでねえ。

オッとの、患者は全然知らんですが。我が家から、車で、小5分掛かるの場所でして。
ここの、受付嬢、顔見知ってまして。先方、こっちを、覚えてるかは、知らんですが。多分なら、覚えてえへんやろと。嬢云うてもなあ。実は、去る事、20年の昔に骨折入院してたとしてるですが。
入院先、「公立南丹病院」でして。そこの、ナース・センターの受付に居た子でして。受付に居ただけで、看護師では無いですが。いやなあ、20年前、20代としても、40代。40代でも、我が方からしたら、妙齢の美女。
オッとの、ここだけの話の他言無用。無用も、苗字さえ、知らんですが。

での、我が名、呼ばれて、診察室にで。宜しく、お願い致しますの。検便結果、先生曰くの、血液検出されてませんと。
ンの、便の血液反応だけ哉と。瞬時、裂れ痔なら、どするやと。とは、申してませんですが。我が痔、疣痔でして。但し、便の検査で、白でも、検出されぬ事、あるですがと。ソラ、ソやろなあと。

ででの、横に成ってくださいの。大腸辺りを触診されて。どですかと。どですかねえ。大腸近辺、チラチラ、傷むは事実なれどの、チラでして。前回程には、痛く無いです。但し、前回よりも、触診の圧、少ないよにも、感じたり。とは、申してませんですが。
胸焼け、腹の張りありませんでして。食事は、美味しく、戴けてまして。とは云え、便秘症状、改善されてませんですが。オトトの、そこまでの話してませんでして。大体が、「マグミット」を先生の指定通りに服用してませんです。

そらなあ、外出、野暮用の、予定してる時には、飲むは止めてるです。道中、催してみい。誰が面倒見てくれるやと。矢張り、自分で、適時、調整せねばなりませんでして。
特に、母の高熱云々の際には、諸般、こっちの、イタイも、カユイも、便秘症状なんか、吹き飛んでるわと。便秘薬の服用なんか、母の薬を飲ませるの方に集中してるわと。


オッとの、そんな事で、一安心の。先生曰くの、とりあえず、2週間分、出しときます故、調整してくださいと。又、無くなった頃、来て戴ければと。ハイ、承知の、便秘症状と、食欲さえ、回復したら、最早の無罪放免と、解釈致しまして。


そんな次第の、斯くなるでの。
この日、本日、母、「けやき」から、戻るの日でして。戻ってしもたら、思い付きの、想い出しの、即には家を出られませんでして。それもあって、午前中にと。
イヤ、予定を若干、遅れて、16時半頃に戻ったですが。あっちでは、熱出てへんかで、出てへんと。右耳後ろの、イタイは無かったかで、無かったと。問題は、お尻が痛あてなあと。されどの、ヒビも無く、整形外科では、ども無いと。痛いなら、頓服をとされてたですが。頓服も一錠も飲まずとの事でして。

戻った矢先に、今度は、「こもれび」のケア・マネージャから、電話一発。
母のショート・スティの日が増えたですて。11月8日から、14日のが、6日からに成ったですて。へえの、有り難う御座いますと。そして、来年1月の、ショート・スティの希望日をと。
11月に入ったばかりで、来年の予定してませんですが。
とりあえず、希望だけならと、10日から、17日。24日からの、31日までを、伝えたですが。
しかるにの、12月は決まってますかと。まだ、聞いてませんでして。そしたら、6日から、13日。20日から、31日が、取れてるですて。へえと。年末が取れてたら、多分なら、1月5日まで、取れてるの筈なれどです。年末年始の一定期間、原則、休みでの、送迎車は出しませんと、聞いてまして。その期間、1月5日までと。

まあなあ、「ふないの里」の入所さえ決まれば、ショート・スティは消滅するですが。
ショート・スティなら、母高熱も、先様の送迎車を出して戴けまして。その替わり、家族、付き添いは、「ふないの里」まで、行ってからなれどです。
にしても、「ふないの里」では、風邪、高熱、無かったですが。何故に。「けやき」で、高熱出すが、分からんですが。

オッとの、例の、「亀岡シミズ病院」での、整形外科の先客、婆様の話、まだ、終わってませんです。
(13/11/02)


NO.1370 母高熱の話(9) 先客の婆様の話(3)

原則、白。
知った途端、何が、何で、ドと。
スキリとしたです。
処が、今度は、収まらんでねえ。何度、駆け込んだか。トイレにです。オッとの、別段の、「マグミット」は服用してませんです。

にしても、甘かったなあ。
イヤ、母の夜のオシッコの話。
「けやき」から、戻され、我が家で、3泊4日。後半2日、2夜。こっちが、3時、4時まで、担当しまして。これが最後やしなと。朝まで、我慢してなと、念を押し、就寝。
母も、2時間、3時間、保ったですが。
再度の、28日<月曜日>から、「けやき」にお世話になって。11月1日<金曜日>に戻ったですが。ここから、3時、4時まで、担当の。これが最後やしなと。朝まで、我慢してなで、ンと、返答はしてくれたですが。
1時間もしたら、ナース・コール、リンリンの。実際には、リンリンでは無く、何かの、メロディに設定してるですが。ガンガン、リンリン、ガンガンの連発でして。

就寝して、1時間も経てば、こっちの方、ナース・コール鳴ってるは、分かっても、起きられへんでねえ。云うたら、夢、現<うつつ>の世界で、聞いてまして。早寝の嫁はん、担当したですが。
コレ、困るなあと。
このままでは、家で、母見るは、体力の限界がと。何度でも申すの、施設は、3交替。こっちは、原則2交替。おまけで、年々、老々介護になってまして。モっと、若かけりゃ保ちもするですが。母も、我が儘、気儘云わずに、一寸は、協力してくれても、損しやへんのにと。
こっちが、倒れたりしたら、どするやと。ダアレも面倒なんか、見てくれへんぞと。
とか、脅しても、全くの、聞く耳持たずで、困ったモンやなと。

その辺り、ディ・サービス、ショート・スティ、長期とするのか、「ふないの里」のよな、福祉施設がある故、助かるです。無かってみい。保たんです。
只なあ、当たり前に、費用発生致しまして。発生しても、介護保険で、自己負担、1割やから、行けてるですが。全面的、個人負担では、頭っから無理。
超簡単、丼勘定的、ディ・サービスなら、日に、2千円。実際には、11千円見当でして。ディ・サービス、長期入所では、日に、3千円也の、計算での、実際には、16500円哉と。これで、長期入所、まともに、個人負担なら、ザっとで、月50万円也で、サイナラと。

この、介護保険分の自己負担割合の見直しが云々されてるですが。
高額所得者に対してなら、分かるですが。当家みたいな、低所得者にまで、拡大されたら、こっちの、寿命縮まるです。オトトの、ソレが目的と思うですが。結構なる事やなと。別段の、長生きしたいとは、思てませんでして。但し、笑い事、冗談では無くの、寿命は自分で決められませんのが、難儀やなと。


での、「亀岡シミズ病院」の話に戻るです。先客、患者の、婆様の話。
とりあえず、レントゲン撮影の後の、診断結果も、白であると。とは、壁越しに聞こえてたですが。クレグレもの、聞く気は無いです。この辺り、待合いに人少なくて。時たま、通行人が通るだけでの、静かでねえ。

その婆様の診察も終わって、看護師と共、一旦、消えたですが。私共の前に、又、1人、診察室に入らはってねえ。結果、待つ人、母だけになったですが。付き添いの私共夫婦も加えたら、3名様。
と思てたら、その看護師と、本人、婆様。そして、モ1人の中年女性現れて。多分なら、診察終わって、精算なり、しんならんですが。そこで、保護者とするのか、婆様の家族と、バッタリ哉の。3人して、こっちに、戻って来やはってねえ。

イヤイヤ、婆様の家族とは、話の中身と、状況からしてでして。
私共が知る訳無いわの。家族としても、実の娘に非ずの、息子の嫁なんやろなあと。これは、一発、分かるです。一種、臭い、雰囲気からでして。実の娘、息子でも、冷たいのは一杯居てるですが。
言葉使いでありの、気持ちや、気持ちの世界が冷たくて。言葉の端々、看護師の話を聞くの、態度に、現れてるです。まあ、そんなモンやろなあと。割り切ってるの、嫁はんならばです。

大体が、診察も全て、終わってから、現れてるのやでと。ええなあ。上手やなあと。勿論の事、その方の、都合もあるですが。病院に来るの以前より、「亀岡シミズ病院」にとは、聞いてるの筈でして。
そして、婆様になんか、触りもせず。

での、通路で、立ったままで、話してるが故、嫌でも、中身、聞こえてまして。私共の斜め前での、殆ど、離れてませんでして。
看護師曰くに、兎角に痛い、イタイの、嗚呼、イタイと、云わはりましてねえ。ンの、我が母と一緒やなあと。
何も無い。触りもしてへんのに、イタイ、痛いの、嗚呼、痛いと。申せば、その中年女性、そおなんですよ。口癖ですねえ。皆様、そんなモンですかと。そんな方も居られますが、某さん、特別ですねえと。

ソバで、聞いててとするのか。耳の痛い話でねえ。我が母も、福祉施設で、そんな具合に思われてるです。事実、聞いてるです。
触りもしてへんのに。どこにも、ぶつかてえへんのに。痛い、痛いの、嗚呼、イタイで、どせえと。それも、僅かな道中、ベッドから、起こすにイタイの連発。ベッドから、車椅子に移動の間にも、痛いで。車椅子に座って、痛い。移動中も痛くの。トイレで、何回連発するやと。
それでは、狼ババアで、何がホントで、オーバーなんかが、分からんわと。

そらなあ、聞き耳立ててるで無し。真剣に拝聴してるで無し。
断片的にしか、耳に入ってませんですが。何かの対策で、こんな、あんなの、介護用品がと。看護師が伝えたなら、手配して戴いても結構ですと。費用はこちらで、負担しますしと。そですかで、調べて、注文しとくですと。
何の、どんな介護用品なんやろねえ。施設で、使うのか。家で、使うのか。見当付かんですが。
只なあ、この女性の云い方がなあ。何でも、金で済めば、宜しく的、喋り方でして。看護師も、金が出るとするよりは、家族の了解得られるならの、提案ですが。

とりあえず、そんな場所、通路で、大きな声で、人目はばからずの、ええのかと。隠すよな話で無いは事実の。小声のヒソヒソでは、聞こえませんですが。そやけどなと。
余所様に聞こえよがしの話でも無く。一寸、行けば、待合いでもないの、場所あってねえ。長椅子もあるし。人は少ないし。通路では無いの、そっちの方に移動して話せばええモノをと。

にしても、何処の婆様、爺様も、寒がりで、痛い、イタイの、嗚呼、イタイの連発かと。
実際の痛さ、我々には、分かりませんでして。連発されたら、気も使うです。
(13/11/04)



inserted by FC2 system