シバケンの単なる雑談NO.85

雑談NO.81 雑談NO.82 雑談NO.83 雑談NO.84
雑談NO.76 雑談NO.77 雑談NO.78 雑談NO.79 雑談NO.80

雑談NO.55 雑談NO.60 雑談NO.65 雑談NO.70 雑談NO.75
雑談NO.30 雑談NO.35 雑談NO.40 雑談NO.45 雑談NO.50
雑談NO.5 雑談NO.10 雑談NO.15 雑談NO.20 雑談NO.25
題目一覧表

目次

雑談NO.86

NO.1120 正月元旦恒例行事(3) 母に面会の話

NO.1119 閑話休題的(4) 介護用品の話

NO.1118 閑話休題的(3) 受入体制の話

NO.1117 閑話休題的(2) 母の退所、打ち合わせの話

NO.1116 閑話休題的(1) 免許更新手続きの話

NO.1115 正月元旦恒例行事(2) 初詣の話

NO.1114 正月元旦恒例行事(1)

NO.1113 次男家、孫君の初宮参りの話(8) 万事、目出度くは、事故無く、怪我無くの話

NO.1112 明けまして、おめでとう御座います。

NO.1111 次男家、孫君の初宮参りの話(7) 爺婆がお手本の話

雑談NO.84


NO.1111 次男家、孫君の初宮参りの話(7) 爺婆がお手本の話

以来、幾日。
期せずしての、本日<12月30日>、私、嫁はんと、孫娘。快便一発、便秘解消。
イヤイヤ、実は、3人共、過日より、便秘症状でして。孫娘は、イツからかは、知らんの、こっちに来てからと、推測してるですが。
我が便秘なるは、嫁はんの、嘔吐からでの、時期ホボ一緒の、もしかしての、息子から、孫娘を預かってくれへんかの、打診、話が来てからみたいに思えてねえ。

イヤ、重責でして。
孫娘にとっても、1人、親元離れの、生活初体験でして。
こっちも、数日もの、長くに、孫娘1人を預かるは初めてでして。
兎に角、一番の危惧してたは、亀岡に着いた途端、帰りたいと、泣き出されてみい。ゾとするです。どするやと。ども、こも、出来ませんの、神戸に連れ帰るかと。その道中でもどなるかと。

イヤイヤ、当然の、孫娘も相応に、気が張りの、気も使てるは察知してるです。
一体、何日保つのやらと。1日、2日で、帰りたい等々、云い出すかと。云われてもなあ。こっちも、困るですが。
よって、長男一家が、年末のイツ来るかも、検討の。孫娘次第の、早く来て欲しいとなれば、30日にでもと。構わんなら、31日でも結構でして。諸般、電話をさせたり、早くに、来てもらうかと、当人、孫娘に問えば、構わへんと。へえと。ほんまかいなと。

そらなあ、正直には、30日にも、長男一家が来られてみい。年末大変ゾと。25日からの、孫娘1人で、年賀状でさえ、出来てえへんのにと。正月準備、出来るかと。孫娘1人で、ひっかき回され、邪魔されて。
ここに、孫君、1号、2号が加わってみい。目も当てられんの、万歳三唱の、好きにせえと。
ほんまやでの、孫娘。兎にも、角にも、相手せえと。まとい付きの、片時も、離してくれませんの。開放してくれませんの。さりとての、叱るも出来ませんの、可愛いモンでして。
これが、小学生にも成りの、年齢と共に、近寄りもしてくれんよになるは目に見えてましての、今の内だけを重々の承知してまして。

オッとの、斯くなるでの、やっとで、本日、30日。
年賀状の印刷だけは出来たです。それこその、孫娘に相手され乍ら。し乍らでして。イヤイヤ、諸般、プリンターを面白がってねえ。試し刷りで、余計な箇所にインクが付けば、内部のローラー箇所をティッシュで、インクを拭き取れば。自分にもさせよと、ウルサあて。させれば、きっちり、手にインク。オトトのその手で、鼻くそ、弄くったらアカンの、鼻の穴にインクが付いたら、大変ゾと。
手なら、指なら、風呂で洗えば、落ちるですが。多分ならナと。
云えば、尚、面白がってからに、我が顔にインクを付けよとしやがってねえ。完全に、遊ばれてるです。遊ばれても、その間、元気に、やってくれてたならばの、結構やと。静かにでも、されててみい。風邪か、病気かと、心配致すです。

での、プリンターに飽きたら、ティッシュをゴミ箱に入れよと、指示したなら、ティッシュを遠くから、入るやろかの、遊びして。ソラ、ナカナカに入らぬ故、一杯のティッシュを持ち出して。見ててや、入れるしと。際限無くの、遊びまくりの、見てへんかったら、怒ってねえ。
何でも、オモチャ、遊びにしてしもて。
での、ほめてやるの話もあっての、絵本とするのか。遊びの本の、間違い探しは上達したです。迷路も一発、完走。ナカナカに、要領掴むに素早いかと。


そんな次第の、斯くなるでの。
別途の一組、一団、別段の一見、普通でして。本来的、大人しい一家、一族と思うですが。とりあえず、親が、親でして。先の通りの、無神経。余所様の、小物入れを尻にしてても、別段のと。気にもしてへんみたいでねえ。
大体が、余所様が荷物を置いてるの場所に座るの神経、分からんですが。狭いの、控え室なら、理解もするですが。

ででの、神殿での、座り方にしたって、神主の指示を聞いてるのか。聞いて無いのかの、4歳、5歳かの、女の子、我が孫娘と同年齢程のが居てまして。ならばの、宮参り、初体験でもあるまいにの、席順適当の。さりとての、厳密に、ねばならぬでも、無いけれどや。
只なあ、足元に、沢山の荷物を置きまして。真後ろには、席が空いてる故に、私共のは、そちらに置きの、手元、足元、ゴチャゴチャさせてませんの、見て、参考にすれば宜しいのにと。

ソレを又、先様、爺婆様、足でか、手でか、触りまして。紙袋故に、がさごそ、がさごそ、してまして。
イヤイヤ、主の神主登場での、みことのり言上してるの際にも、落ち着きが無くの、ええのかと。正直には、えらいのと、同席での、同じの組に成ったなあと。

事と次第は、滞り無くの、進展の。男親には、前に出よと、玉串奉奠の儀と相成って。我々一同には、その真後ろにて、しかるべくの、二礼二拍手一拝の、同時に動作するよにと。
イヤ、我が次男、コートは脱ぎの、スーツ姿にしてるですが。先様、男親は、コート着たままでして。

いやなあ、別段の、絶対に脱げと。
までは、申さんですが。
コート着たままでは、神に失礼と、思わんかと。だけでして。神殿でして。神の面前でして。
その他大勢、我々なら、適当でも許されるですが。玉串奉奠するの身なれば、相応にと。とは、余計なお世話の、思うですが。大体が、爺婆無神経故に、仕方が無いなあと。
されどの、諸般、世に出るに。相応の立場になるに、恥かくゾの。ナカナカに、世間は教えてくれませんの、影で笑うだけの、爺婆がお手本示してやりませんとと。
(12/12/31)


NO.1112 明けまして、おめでとう御座います。

明けまして、おめでとう御座います。

旧年中は諸般、お世話になり、感謝致します。

本年も、どうぞ、宜しく、御願い申し上げます。
(13/01/01)


NO.1113 次男家、孫君の初宮参りの話(8) 万事、目出度くは、事故無く、怪我無くの話

そんな事で、孫娘の遊び相手をさせられて。
昼寝してくれたは、来た明くる日の1日だけ。後は、あれせえ、これせえ。
買おた本を読め。迷路を一緒にやってくれ。間違い探しは合おてるかと。絵描きでもせえと、絵を描かせたら。描いた絵で何か作れの、紙ヒコーキを作ったり。作れば、作ったで、飛ばすのお相手させられるしと。
作るはすぐにも覚えるですが。飛ばすの方法難儀でねえ。

での、年末28日には、孫娘の服を買いにで、嫁はんと3人して、「アル・プラザ」にと。これがナカナカに決まらんでねえ。小一時間。お付き合いも大変ゾの。買えば、「アル・プラザ」の近くの、「COCOSU」にて、夕食をと。
明くるの、29日には、昼食を、近在の、「丸亀製麺」に散歩がてらに行きまして。ついでに、無人屋台の野菜を買い求め。帰れば、余程に気に入ったか、紙ヒコーキ三昧。

イヤイヤ、こっちが云うた事はよお覚えててねえ。
今日は、「COCOSU」、明日は、「うどん」と。絵本は、31日、神戸から、皆が来たら、孫君1号と一緒に、本屋さんに行くのやと。イヤ、そのよに約束してまして。

斯くしての、ナカナカに、正月準備が出来ひんでねえ。
オッとの、30日。皆が来るまでに、やって仕舞わんとと。やっとで、年賀状に着手の、デザインしまして。プリンターで、印刷をし出せば、付いて来るし。そこで、紙ヒコーキせえ。抱っこせえと。
邪魔ばっかりしやがっての。されどの、付き合おたらな、仕方無く。

ででの、その31日。
朝から、正月の、「結び昆布」を一緒に作りまして。そら、人数分でして。イヤ、昨年も一緒に結んだかと。
昆布が終われば、お鏡さんでして。当世、簡単にセットが売ってまして。組み立てたらオシマイでして。次には、小餅で、仏さん、神棚、三宝さん<三宝荒神>のは、小餅を三段重ねに致しまして。
昔乍らの竈<おくどさん>はありませぬ故、流しの、コンロのあるの場所。火を使うの場所に飾りまして。等々、終われば、息子一家到着。

イヤイヤ、嫁<母親>からは、ケータイにての、モぼちぼち到着とは、連絡入ってまして。孫娘曰くに、ビックリさせよかと。意味なるは、シンデレラの恰好して驚かせたいの話。
ならばと、衣装一式、取り出して。着替えさせの、玄関が開けば、サと、姿見せ。
イヤア、ええなあと、親から云われて大満足。云うたら、孫娘、5歳半。可愛い時期でありまして。
オッとの、到着の、荷物を降ろせば、早速にも、連れてけと。どこにとなれば、孫君1号と一緒に、本屋さん。チャイルド・シートが要る故、借りて来たのを、息子の車に移動させの、息子には、面倒なれどの、そっちの車で、「宮脇書店」
そんな次第の、12月31日、大晦日もよおやくにして、過ぎて行ったです。


でででの、次男夫婦の第一子。
宮参りも、滞り無くの、「平安神宮」にて執り行いの。
次なるは、「かに家」にて、懐石料理をと。
イヤ、いつからか。孫娘の初宮参り以来、当家、恒例のコースになってまして。イヤイヤ、長男一家の時には、初宮参りは、「八坂神社」でして。「かに家」は、すぐのそこの、何なら。その気なら。歩いてでも行けるの距離でして。
「平安神宮」からなら、多少は、距離はあるですが。それでも、1キロ、2キロの範疇での、遠くでは無いです。

しかるにの、「八坂神社」は、「祇園祭」
「平安神宮」なるは、「時代祭」でして。どっちも、京都の三大祭。
ついでになら、モ1つの、「葵祭」は、「御所」「上賀茂神社」「下鴨神社」

「かに家」にしたは、宮参りが、「平安神宮」故でして。ここは、次男夫婦の結婚式場の場でして。よって、次男夫婦が決めたです。
云うたら、次男家のソバの、「長岡天満宮」にて、初宮参りをするなら、「かに家」ではしてませんです。遠いです。とは云うても、どこで、懐石をとなれば、私共、長岡京市界隈知らんわと。
ソラなあ、次男夫婦がそっちに住むになったが故、時々には、出向いてるですが。それが無ければ、無縁の地。

とまでは、申さんの。
長男嫁の出産。孫娘は、長岡京の産院でして。妹の娘<姪>も、初産、同じの産院でして。結果、次男嫁も、その産院に通院の、初産故、伊勢の実家で産んだですが。
そんな意味では、突然の、長岡京にご縁、出来たですが。
それでも、そこだけ。次男の住み処の周辺少々だけの。皆目のと。

そんな次第の、「平安神宮」にての、初宮参りで良かったです。当初、「長岡天満宮」との話があったが故に、そっちは、知らんしナと。先の、相応の、食事処をです。イヤ、当然の、宮参りとしては、「長岡天満宮」でも結構でして。近在の有名なるの、神社でして。
本来の、氏神様、神社がどこか、知らんしと。もしかしたらの、「長岡天満宮」の可能性あるですが。

トトトの、そんな次第の斯くなるでの。
当家、「柴田家」年内最後の行事。
次男家、第一子の初宮参りは、滞り無く。

ででの、こんな場合、爺の立場なるは、添え物程度の役目での、する事、殆ど無いですが。それは、それで、諸般、気疲れも致すわと。
兎に角、無事にの、事故無く、怪我無く。不測の事態も勃発せずと。
それ無くして、万事、目出度いの行事、儀式も、目出度くも無くなるです。
何事も無くで、良き、思い出と相成るです。
(13/01/05)


NO.1114 正月元旦恒例行事(1)

さての、そんな次第の、大晦日と相成りまして。
イヤ、正直、忙しないです。孫娘1人に、かき回されて。ほんまやでの、肩車せえ。でんぐり返りさせよ。紙ヒコーキにつきあえ。皆が来たら、弟と本屋に連れてけと。
とかとか、云い乍ら。云われ乍らも、時刻は刻々の過ぎまして。
親に、兄弟に、会うも久しぶり故、見れば、泣き出すかと、思いきやの、案外に、あっさりしててねえ。それ処では無いの、シンデレラ・スタイルで、皆を驚かすに専念してまして。

そんな事で、零時近くになれば、年越し蕎麦なれどの、その頃には、孫共3人、就寝でして。大人4人で喰えば、ボチボチの、零時の、年明けの、正月元旦と相成りの、「明けまして、おめでとう御座います。」と。
イヤ、実際にも、口にして挨拶してるです。

挨拶したら、男の仕事がありまして。
要は、初水を取るです。神棚の榊の水を。仏壇の華の水を取り替え。明日とするのか。雑煮のための。茶のための。水を取るです。
水を換え、水を取れば、年明け一番の仕事。やるべきは、終えまして。後は寝るなり、テレビを見るなり。パソコンでもと。何なら、適当に茶を、コーヒーを。菓子でも、喰ても宜しいですが。
結果、皆、何をしてたんやろねえ。覚えてませんです。

でででの、明くるの、名実共の、正月元旦には、次男一家の到着待ちの。揃った処で、諸般、私が代表での、するべきの仕事、行事があるです。
今度は、仏壇には、雑煮を。そして、灯り<ロウソク>をともしの、線香立てて。家族全員にて、「明けまして、おめでとう御座います。今年もどうぞ、宜しくお願い致します。」
加えての、今年は、次男夫婦の第一子が増えまして。「有り難う御座います。」と、御礼述べて。

続いて、神棚には、酒も供えの、同じくの、雑煮と、灯りをともしの、ここは、二礼二拍手一拝を先導しまして。矢っ張り、「明けまして、おめでとう御座います。今年もどうぞ、宜しくお願い致します。」と、挨拶と共にの、次男夫婦の第一子を、「有り難う御座います。」と、御礼をと。

同様にしての、三宝荒神様にも、神様としての、二礼二拍手一排。挨拶と共にの、御礼申し述べ。
更には、トイレの神様にも、神様故に、二礼二拍手一排での、挨拶、並びに、御礼をと。以て、正月元旦の行事。
文字通りの、神様、仏様に、一番に雑煮を供えの、挨拶等々、申し述べれば、家族一同が雑煮で、祝うに相成るです。


実はの、ここだけの話。他言無用の、秘密の話の、過日、昨年末。諸般、「芋煮会」にて、そのよな話題が出まして。
とは、年末年始の、先のよな、「家」の行事をしてるかと。問えば、してる処有りの、してないのも有りでして。どちかとなればの、して無いのが大勢でして。へえと。
いやまあねえ。万事、「気」の問題でして。

して、当年、万事、順調かとなればの、ソで無いの年もあるですが。順調では無いとは云うものの、我が家、ひっくり反る程の事件、事故、凶事無く。とは云え、宝くじが当たるよな、金満の話も無いけれどや。
我が心なるは、我が家族。息子共一家、一緒に暮らしては無いものの、我が家族でありの。事件、事故、病気も無く。
オッとの、そらなあ。風邪引いたり、中耳炎を患いの、病院通い。薬の世話にもなってるですが。私にしたって、悪玉コレステロールが高いの、前立腺肥大で、オシッコが出難いわの。耳鳴り症状、一向に改善しませんの。痔もあるしの。喉の痛いは年中行事ではあるですが。

嫁はんにしたって、昨年には、白内障手術をしの、まだまだ、思うよには、目の調子がと。ゴタゴタ、モタモタ、してるもののです。
その程度で、過ごしてまして。
正直云うて、この歳で、寝たきり。半身不随。身動き出来ぬの話無く。

息子共一家にしたってなあ。諸般、細々とはあると思うですが。先の通りの、取り返しの付かんの、事故、怪我、病気無く。同様にして、孫達にしたって、現在唯今、特段のと。
掲載不可の、秘密にするよな、してるの話無く。
そらなあ。自分の話ならばの、掲載も勝手の恥、外聞も、自分でして。されどの、息子共一家のとなればの、ソは出来ぬの事、あるやにも、思うですが。特段のと。

云うたら、至って、フツーでして。
実は、フツーが一番に難しく。平穏無事で結構でして。イヤ、例年通りの、平穏無事を願っての、諸般の行事。感謝の気持ちを、年頭に当たって、神仏に伝えてまして。

云い出せばの、欲を云えばの、高額宝くじにでも、一度で結構の、当てさせてくれと。懇願したいけれどや。そらなあ。神頼み、仏頼みの、招福万来等々、口にしの、掲載しの、やってるですが。
何よりもの、一番。家内安全。コレ無くして、何が金満かと。

オッとの。金が無いは、首が無いと同然の話、あるですが。異議無く、同意致すの、よって、一度で結構の高額宝くじをと。願うも真剣なれどです。金銭全てで無いと、思てまして。
生活ままならぬは困るですが。
我が家、正直、その状態に限り無く、近いとは思てるですが。

さりとての、悪銭身に付かずの、余所様を騙したり。傷付けたり。犯罪に手を染めの、金銭不要の、騙すよりは、騙されてるの方がと。傷付ける云々論外の、付けられるは困るですが。左様な、事件、事故に巻き込まれてる、関係してるになりまして。
云うたら、交通事故に一度も遭遇せぬは不可能に近く。要は、遭遇しても、物損の範囲でと。万が一の、怪我も、自分1人の範囲でと。それも、こんな怪我したと。したなあと、明るく云えるの程度ならば、どて事あらへんの証左でして。

これら、万事、自分だけでは、どしょも無いの事もありまして。
よって、大事を、小事に。小事は、知らぬ内に過ぎ去りてと。ホンマやでの、万事、紙一重の、「紙」は、「神」に通じてまして。守護霊様、ご先祖様の加護と思てるの。
墓参、月参りも、仏壇の世話も、節目、節目の、諸般の行事も。道端に地蔵菩薩に両手合わせるも、ソレでして。

当然の、我が立場的、我が身よりも、家族一番での。
モっと、云い出せばの、諸般の知り合い。「芋煮会」であれ。インターネットを通じての、顔さえ知らんの仲間にしてもです。正直、大切、大事に思てまして。
ソラなあ。諸般、諸般の、ご縁でして。ご縁なくして、この広い世界で、知り合えませんの。奇跡的にさえ、思てるです。この奇跡こそが、ご縁。
ご縁は大切にの、ご縁をぞんざいに扱うの御仁は信じられませんです。オッとの、ぞんざいに扱うは、実は、ご縁を自分のためだけに、利用してる故。

そんな次第の、斯くなるでの。
正月元旦、一番最初の、当家内行事、滞り無く。
「明けましておめでとう御座います。今年もどうぞ、宜しくお願い致します。」
諸般、「有り難う御座います。」

万事、万感の思いにての、挨拶、御礼申し述べてるです。
感謝、感謝。そして、諸般、守れと。
(13/01/06)


NO.1115 正月元旦恒例行事(2) 初詣の話

前提、正月元旦なるは、一家、家族全員揃て、祝う。
祝えるが、理想での、少ないよりは、1人でも多く。静かよりは、賑やかに。

その上での話の、孫共揃えば、大変でして。
長男のが、孫娘、5歳半。これが最年長。二番手、孫君1号、3歳と2箇月。3番手、孫君2号、1歳4箇月。この3番手が、昨年正月には、4箇月でありまして。
此度、本年、次男家の孫君増えまして。これが、3箇月。

云うたら、毎年のよに、産まれたてのが、増えまして。くれぐれもの、結構なる話が前提の上の、大変ゾと。
特には、孫君1号、2号、動き回りまして。1号も、まだまだ、分別付かず。2号は、何をしでかすか、予測が付かず。とするよりは、所謂の、悪い事ばかりしやがってねえ。危険箇所から、連れ戻せば、泣きやがってねえ。

その辺り、孫娘は、或る程度の、分別付きの、目を離せるですが。
さりとての、コイツ、1人を預かってるの時には、1人にはさせられませんの、一寸した用事の、外出にも、一緒に連れて行かんならんです。居てる間、寒い、寒いの日、ばかりでして。一寸した、外出にも、重装備。
そんな意味ならばの、親も一緒なら、相応にの、親が居てるだけでも、こっちも、安心でもあり、楽でして。

云うたら、次男家のは、赤ちゃん故、勝手には動けませんの、寝て、飲んで、泣いて、出すが仕事。とりあえずは、母親が、父親が居てるが故に、任せとけるですが。
さりとての、動き回るの、孫共3人が大声出してみい。折角の、寝たばかりの、赤ちゃんが起きまして。加えての、小さいのが、赤ちゃんの方に向かえば、危険一杯。
話簡単の、孫共も、4人揃うは、此度初。そらそら、諸般、気を使うわと。私共にしたって、見るは、二度目やわと。

そらなあ、大邸宅で、広い家、部屋が一杯なら、どて事無いけれどや。狭い我が家に、10人も居ててみい。凄まじいです。
あっちを相手したら、こっちが、自分もと。こっちを相手してたら、あっちが、自分もと。それが際限無くの、正直、疲れるです。体力保たんです。


での、雑煮を祝い、さての、正月元旦、外出先、初詣なれどの、氏神様、「大井神社」と、「出雲大神宮」だけに絞りまして。
それも、次男の孫は、嫁はん<婆様>に任せまして。総勢、8人で、参拝にと。

云うは簡単の、決めるも出来るですが。出るに、ナカナカに準備が出来ませんでねえ。オシッコに。オムツの交換に。腹減ったと云い出したり。さっき、雑煮を喰たばかりなれどの、孫共にしたら、好きな物に非ず。
とかとか、云うてるの間にも、年賀状が届いたり。届けば、見たいし、次男曰くの、30日に出したのが、届いてるやろかと。オッとの、30日ねえ。私共のは、31日投函でして。案の定の、次男のは、まだでして。
30日のが、あかんなら、31日のは、あかんやろと。

斯くしての、云い出して、出たのが、昼の2時頃かと。
長男の車は8人乗り故、それ一台で、行くにして。最初は、「大井神社」で。ここは、人出も知れてますが。
諸般の祠が多く。孫2人には、賽銭を与えまして。投入も、賽銭箱、何箇所あるのか。10箇所はと。一円、五円、十円玉だけなれどの、相応にと。
そして、昨年の御札を収めまして。今年の御札、「天照大神」と、「大井神社」の2枚でして。神棚に祀るの物でして。

帰りしな、「大井神社」の若き宮司とばったりの、新年の挨拶させて戴きまして。イヤ、私が区長時代、彼は、消防分団に所属での、諸般、市長の面前にて、訓練の成果を披露。表彰されましての、祝賀の席で、同じテーブルで、話を致しまして。
単純に、宮司になるの学校はあるのかと。
問えば、国士舘大学と、皇學館大学ですて。フウンと。

斯くなるでの、正直、地方の無名、小さな神社なれどの、若き宮司を知ってるだけでも、鼻高いわと。
そんな事なら、宮総代なんか、雲の上の人的感覚でして。宮総代してると聞けば、へえと。えらいんやと。ホンマやでの、基本、地方、地方、土地、土地の有力者が成る、成れるの、役職でして。

イヤイヤ、云うたら、何やけれどの、参拝するに、先客あらば、我が一団、先客参拝されるまでは、待つにするが常識での、そのよにしてるですが。待てんの人が多いねえ。そんな、賽銭投入の、二礼二拍手一拝なんか、8人居ても、1分と時間を要しませんです。
やのに、割り込むの御仁多数。

時たまの、一団。
我々が、先客、一団の参拝が済むまで、待機してたなら。当然の、8人も居てたら、分かるわの、先様の、爺様なり、婆様が、軽くの、会釈されての。要は、待ってくれて、感謝致すの意、表明されてるです。
イヤ、こんな場面あらば、嬉しいです。双方共、常識弁え、理解もされてるです。
下手したら、横手向いたままの平然の、去ってく面々もあるですが。それでも、構わんと云えば、構いませんが。片やで、礼儀を弁え、会釈で、去るの面々あれば、その差歴然。

ホンマやでの、一族、一家が、参拝の場に、第三者に割り込まれるは、気分不愉快でして。見え、見えの、すぐの後方で待たれるも、急かされてるみたいでねえ。オッとの、我々なら、適当なる、距離開けてまして。
間違おても、真後ろには、接近致さんですが。場合により、その我々を追い越し、先に進みの、参拝するの面々存在致すですが。
あのなあと。

神社に何を祈願してるやと。
当然の我々が、天下国家の安泰を祈願致しませんの。町内会安全も、念じませんの。家族でありの、自分達の招福万来に決まってるですが。先の通りの、他人様を押し退けたりの、非常識なるの行為は、問題でして。

精進、精進なるは、誰様も気分良く出来ての話であっての、我れ1人、安泰ならばの、万事良しに非ず。非常識がまかり通りの、主流になれば、日本国も最低でして。
イヤ、ここだけの話、そんな風潮蔓延の傾向にあるです。
原因明白の、そもそもがの、爺婆が非常識。自らが、先陣切って、余所様を押し退け、満足してまして。

云うたら、神仏の面前にて、何してるかと。恥ずかしの行為すなと。

オッとの、くれぐれもの、その場の状況にも寄るの。「八坂神社」等々、参拝客多過ぎるの神社ならばの、列成し、順番を待つになるですがと。地方の無名の、神社では、数も知れてましての、爺婆が、率先垂範の態度で示して頂戴なと。誰も教えてくれませんの、家族だけでして。
諸般、一銭の得にも成らぬですが。気分や、気分。気持ちや、気持ちの世界やわと。


斯くしての、「大井神社」が終われば、「出雲大神宮」
ここは、「大井神社」とは違いましての、当世、相応の有名処と相成って。駐車場に入るだけで、小30分。
神社境内に到着したなら、長蛇の列。本殿に向かうだけで、小30分。その間、並んでるの間に、手水(ちょうず)しまして。しかるべくの、前年の干支の縁起物の、辰の置物を収めまして。
斯くしての、順番到来の、二礼二拍手一拝にての。さての、どするやの、所謂の、パワー・スポットにお参りするかと。
(13/01/07)


NO.1116 閑話休題的(1) 免許更新手続きの話

諸般諸々の。
年が明けたら、明けたで、コレ又、忙しないです。

オッとの、その前に、この土日。とは、1月5日、6日の事なれどの。諸般、昼食、外食にと。
云うても、うどんでしての、近在の、「丸亀製麺」にと。嫁はんと2人して、運動兼ねて、行ったです。大体は、「かけうどん<並>」に、天ぷら1個と、おむすび1個でして。これで充分での、概ね、1人、500円也でして。

のつもりで、1月5日に、行ったならばの、正月メニューで、「大海老」がと。
中身、「かけうどん」に、「大海老<天ぷら>」1個に、梅干し、とろろ。薄いですが、「寿」と描いた、「かまぼこ」1枚付きで、480円也。
イヤイヤ、これは、ええなあと、注文一発。嫁はんもで、二発。大満足しまして。

味しめての、明くるの日曜日<6日>も、「大海老」目的での、徒歩にて、行ったです。
果たして、イツまでの、提供かは知らんですが。イヤ、「期間限定販売」。とはされてるですが。その期間がイツまでかが、明記されてませんでして。とは云うてもなあ。毎日、毎日、「大海老」のうどんを喰う訳にもでして。
又、この土曜日にでも、行くなら、あったなら、「大海老」をと。

での、運転免許の更新もありまして。
手続きには、本日<7日>に出向いたです。

実は、この処、目の調子が悪うてねえ。単純には、ローガンに、乱視も混ざって来てまして。朝、パソコンの画面、文字を解読するに、ボヤけてて。困ったなあと。
イヤ、こんな調子で、手続きに行きの。視力検査で、不合格に相成りの、条件欄に、「メガネ」をと。されてもなあと。困るです。
とは云えどの、通常の運転に支障のある程度でも無く。

とりあえずは、疲れ目の目薬は、所持してまして。昨年、イツやろなあ。夏場にでも、買おたのが、余ってまして。点眼一発、さあ、行こかと。「亀岡警察署」にと。
行けば、警察の駐車場、案外にガラガラでして。フウンの、更新手続きの面々、少ないのかなあと。ホンマやでの、パトカーが、2、3台。一般車が、2、3台。その2、3台のが、全員、更新でもあるまいにと。
署内に入れば、更新手続きの受付場所が、異なってまして。要は、玄関から、入って、左手にあった筈が、右手になってなってましての、へえと。窓越しに室内見れば、先客5名様で、又、へえと。
車の台数よりも、多いゾと。

そんな話は結構の、部屋に入った間際に、受付窓口、空きまして。担当の、妙齢のか、美女に、持参の、免許証と、更新案内の葉書を提示の、早速にも、横手で、視力検査すると。ハイ、承知と。
今度は婦警さんでして。そこから覗いて下さいの、検眼致しますと。イヤ、この婦警さんの方が、美女でして。年齢問わずの話の、気分良くの指示に従いのと。
兎に角、覗けで、覗いたならばの、即の開始されてましての、どっち。あっち。どっち、こっち。上、下、ええとの、左の、右のと。何故か、右、左が上手い事、云えませんの、左は、左手を左方向に。右は、もしかしたら、無かったのではなかろかと。

兎に角、カチャ、カチャ、音がしまして。その度、「C」の方向が替えられて。
ではの、両眼でと、云われた際。ンと。最初っから、両眼、開けたままやったけどなあと。もしかしての、違反かと。
イヤイヤ、そんな筈はの、冷静に考えれば、こっちは、両目を開けてても。機械の方で、片目を塞ぐの方式やったなあと。何分の、その昔の、片手にシャモジで、自分で、片目を塞ぐの方式、連想でして。

での、ハイ、おしまいですの声で。ンの、嗚呼、良かったの。正直、全問正解、自信満々。ソラ、判読に難儀してませんでして。ニコリの、この目、捨てたモノでは無いなあと。

ででの、婦警さんより、こっちにと。こっちとは、婦警さんのソバに来いの意では無くの、別室にと。別室で何をとなればの、写真撮影。
当世、楽やねえ。過年なら、わざわざの、免許更新のための、写真を撮りに行ったですが。この場で、撮影してくれまして。結果、バチリと一発、ハイ、オシマイの、あっちで、呼ばれるまで、待機をと。ハイ、承知の、即の呼ばれましての。諸般の書類に、住所、氏名を書けと。容易いご用の、この程度ならばの、汚い字ではあるですがと。気楽に応答まではしてませんの、スイスイと。

斯くしての、受講料等々、3100円也の、加えての、安全協会にご協力して戴けますかと。金額、800円也ですがと。問われの、結構ですと。正確には、協力致しませんと。
イヤイヤ、この件、私め、誤解、思い込みしてたです。
協会の金額、支払わねば、更新の案内が来ませんと。

実は、長男、4日まで、居てまして。
嫁と、子ども達3人は、嫁の実家に帰ってたですが。先様、実家。犬、猫を飼ってまして。長男、毛にアレルギー体質らしく。らしくとは、ええ加減なる話なれどの、要は、クシャミしたり、するですて。
よって、長居は無用の、送って行った日は、夕食まで、ご馳走になりの、1人、戻って、我が家にと。

でです。
運転免許、更新に行くの話の。費用がバカにならんなあと。特には、安全協会のが、バカバカしいてなあと。話をしたなら。あんなモン、払てえへんでと。えと。払わんと、更新の通知が貰えへんやろなと。云えば、貰えるでと。えと。

そんな事なら、安全協会えの出費なるは、何やらの、小冊子と、免許証入れを戴くのダケかと。それで、800円也は高い。高過ぎるの。単なるの、警察の、天下りの、協力金かと。バカバカしいわと。
止めるに決心してまして。
ほんまやでの、万事、断るに、勇気無く。当世まで、どれ程の、バカを見て来たかと。出費して来たかと。されどの、最早の現役でもあらへんわの、断るべきは、断りませんとと。

イヤ、すんなりの、ソでうかで、チョンの。
後は、講習会の日の件なれどの、2箇月先の、3月11日<月曜日>ですて。へえと。
且つは、場所も、「亀岡警察署」では無くの、「ガレリア亀岡」ですと。フウンと。されどの、その方が楽は楽。
理由、警察署は、原則、駐車場が狭く。早くに行きませんと、駐車が出来ず。結果、向かいの、市役所の駐車場に駐めるになるですが。オッとの、私なら、早めに行きの、警察の駐車場に駐めてるですが。
「ガレリア亀岡」なら、駐車場も広くて、駐め易く。

しかるにの、当然の、優良運転手故。講習会も、30分。
オトトの、にしても、新しい免許証では、「本籍」が記載されませんですて。ンと。
出す場合、暗証番号、2つで出せるですて。そんなモン、免許証に記載がされてるが故に、イザの時、見て、書けるですが。イザの時、暗証番号で、出せるの警察で、用事があるで無しの、不便な事、しやがるなあと。
とは、受付、妙齢は知らんの、美女には申してませんですが。

どっちにしたって、「個人情報」云々が絡むかと。誰か、どこかの、アホウ共が、発案、発言、思い付きにての。
ソレがため、ン千万人が不便を強いられるのかと。アホみたい。
(13/01/08)


NO.1117 閑話休題的(2) 母の退所、打ち合わせの話

イヤ、「こもれび」のケア・マネージャーから、1月7日<月曜日>に諸般、打ち合わせのため、「ふないの里」に来るよにと。
指示あり、出向いたです。
イヤイヤ、この日、朝には、「亀岡警察署」に出向きの、運転免許更新手続き致しまして。昼一番には、この件でと。

指定の時刻、13時半。待たせてはいけませぬ故、5分前に着きまして。駐車場に車を駐めるの際、先客ありの、用心、用心、火の用心の、ハザード・ランプ点滅させ乍らの駐めたですが。
オッとの、その先客、介護用品屋。

イヤイヤ、その時には、知らんです。そもそもが、誰様に会うのかも、具体的なるの目的も知りませんです。兎に角、当日、「ふないの里」にと、ダケでして。諸般、介護認定の見直しの申請書が市役所より、届いてたら、持参されたしと。ダケでして。
届いてた故、持参してまして。

での、「ふないの里」に着きの、中をチラと確認の。ケア・マネージャーがマダなら、外で、タバコ一服させてもらおかと。イヤ、玄関の横手に、灰皿設置されてるです。施設の職員。或いは、入所者やろねえ。
時々、ここに出て来て、タバコを吸うたはりまして。

オッとの、での、建屋に入って、様子伺うに、ケア・マネージャー来てまして。ここの相談員と諸般の話されてまして。フウンの、まずは、相談員も関係するかと。する故、ここで、打ち合わせかと。
そして、先の先客現れまして。ケア・マネージャーより、介護用品の方であると、紹介されまして。宜しくと。
イヤ、名刺を戴きましての、宜しく、お願い致しますと。丁重にと。

そして、母の居てるの階、2階に4人して上がりまして。部屋の入り口前のフロアにテーブルあっての、そこで、打ち合わせするらしくの、相談員が、椅子が足りるやろかと。余所から持って来るしなあ。
一体全体、何名様の打ち合わせかと。思いきやの、更には、「けやき」<ショート・スティ専門施設>の方。ここの、リハビリの先生。介護士までが、参加での、総数、7名様で、へえと。
イヤ、知らんがな。
云うたら、我が母のために、これだけの関係者が参集かと。

ででの、要は、我が母、退所、1月12日<土曜日>に決定してまして。
退所についての、打ち合わせと思てたですが。目的は正解なれどの、正直、大層やなあと。又、申し訳無いなあと。諸般、手を、時間を取りまして。
どのタイミングにて、御礼申すかと、考えてたならばの、「こもれび」のケア・マネージャーが、音頭で、自己紹介が始まりまして。イヤ、ケア・マネージャーの指示の順番でして。オッとの、私は指示されませぬ故に、デハと。
自分から、挨拶方々、御礼をと。

云うても、大した、話に非ずの、「(入所の母の)、長男、タケオと申します。宜しく、お願い致します。」
ホントに、申し訳ありませんの、こんなに沢山、集まって戴きましてと。訳の分かったよな、分からんの挨拶をと。イヤ、正直なる気持ちを口にしただけでして。
「こんなに沢山」だけ、余計やったかなと、後悔してるですが。

にしても、事実、人数、沢山でして。
実際には、介護士と、リハビリの先生が、母の現状伝えまして。その内容に従いの、退所後より、担当となるの、「こもれび」のケア・マネージャーが、我が家での、受入体制を。そして、ショート・スティ先の、「けやき」、「介護用品」の方には、しかるべくの、母の現状を理解して戴くになるですが。
相談員は、「ふないの里」代表代行かと。

そんな次第の、そらなあ、母は、今となっては、現状のままを希望してまして。ソラ、楽でして。
こっちも楽でして。費用、相応に掛かるですが。
特には、この時期、一番の寒い時期。家なら、諸般、部屋の中なら、ガス・ストーブでも点ければ、相応なれどの。トイレで、廊下に出れば、寒いわと。移動も、施設の如く、車椅子で、自由自在とは、出来ませんでして。ソラ、狭いしなあ。

諸々、我が家が一番なれどの、ここの生活も悪くは無いと、考え出してまして。むしろ、現状なら、私共が、週2回、洗濯モノの入れ替えにて、行ってまして。ほったらかしにはしてませんでして。
中には、洗濯モノも週1回も、交換に来ぬ家族も存在らしく。

云い出せば、我が母よりも、長くに居てるの面々、多いですが。何故に、我が母、(追い)出されるのか、分かりませんでして。
とは、申してませんの、母申してるに、ここ、「ふないの里」(の介護士)は、親切な方ばかりで、喜んでましてと。出来れば、暖かくなってから、出所したがってるですが。ソも出来ませんでして。
とは、云うたです。

ほならの誰様とは、云わんの、そんな事、云うたはりますかと。
正直には、この手の打ち合わせの際、過去2度、申してるですが。最早の、退所の日も間近での、こんな場では、ソも云えず。
はっきりとは、申したならばの、ここは、ズと居てるの場所ではありませんのでねえと、云われてるです。イヤ、その通り故、一切の、反論してませんです。
只、どのよな基準で、退所かが、分かりませんでして。よって、嫁はんの、白内障手術の件、その後の経過、思わしく無くの状況にての。事実は、事実での、左程でも無いけれどや。母の希望に添いの、それを口実にての、入所延長を懇願したです。
事実、懇願でして。やっとで、当月12日と相成ったが経過でして。

での、モっと云えば、母の部屋、4人部屋。内のベッド一箇所空いてるです。そこには、個室に替わられた婆様が居たはって。イヤイヤ、面白い婆様での、話なら、良くしてるです。ここに来て、見つければ、一寸した挨拶もしてるです。
この婆様、脳梗塞にて、半身動かずになられまして。
この症状では、社会復帰難しく。家に戻っても、家族が大変なだけでして。
とかとかの、もしかしたらの、その手の症状、具合の面々、長期入所されてるかと。思わんの事も無いですが。ソでもなさそな、婆様も居たはりまして。婆様だけで無く、爺様も入所されてるですが。

斯くなるでの、結果的、明日<8日>にでも、介護用品の方と、ケア・マネージャーが、我が家に来て戴き、ベッドの件、その他、車椅子、スロープ等々、現場確認するになり。
加えての、母の薬が、退所3日分のみでして。とりあえずは、処方して戴くがため、15日<火曜日>には、「亀岡シミズ病院」に行ってくれと。へえと。
大体は、薬だけなら、私が代行にて、戴きに行ってたですが。当人を、連れて行くは大層でして。

申したですが。
診断書も書いて戴きたくと。ソですかの、ならばの、連れて行くですと。連れて行くに、どのようにと、問われるがため。イヤ、私が自分の車に載せてと、返答したなら。出来ますかと。誰様とは云わんですが。詰問されて。

出来ますかも、諸般、何とかせねばなりませんでして。既に、出所してるのに。ここの、送迎車を出して戴くも出来ませんでして。出来るなら、して戴きたいも、介護タクシーもありますがと。
そんな高いのを、使えへんわと。
とは、はっきり、申したです。

言語明瞭の、自分の家族です。親です。されどの、余計な出費出来るよな、金満家に非ずの、節約、節約の。自分で出来る事は、自分で致すです。
とまでは、申してませんですが。近い事は云うたです。
(13/01/09)


NO.1118 閑話休題的(3) 受入体制の話

そんな次第の、斯くなるでの。
正直には、その場の、我が立場、よお分かりませんでして。
とりあえずは、関係者各位、我が母のため、参集戴いてまして。中身は、母の現状でして。現状踏まえ、家では、どのよな体制にするか。ディ・サービス、ショート・スティについての、特記的事項。留意すべきの事柄はと。
確かに、諸般、承知してると、してないでは違うですが。聞いて、どするかは、保護者<家族>であるの、我が判断でして。原則、ケア・マネージャーは助言者でして。
我が判断で、どするかも、実際には、母が家に戻りの、様子を見な分かりませんです。概ねなら、過去からの経過。「ふないの里」で。又、「亀岡シミズ病院」に伴うの際の様子で分かってまして。
大変やなあと。

この打ち合わせで、一番に参考になったは、介護士からの情報でして。トイレが、夜、1時間に1回ですて。へえと。
イヤ、過日、昨年の打ち合わせでは、2時間に1回と聞いてたですが。この季節、寒い故か。それとも、1時間に1回が常態化してるのかと。
イヤイヤ、2時間に1回なら、私が見るとするのか、付き合うに決意してたですが。1時間に1回となれば、困ったなあと。赤ちゃんのミルクよりも、頻度高く。
とは云え、実際には、どか、分かりませんでして。

とかとか、云うたなら、誰様とは云わんのが、夜だけと違うの昼間もやでと。ソラ、分かってるですが。ならばの、どせえと。
ポータブル・トイレの手もあるですが。
一番に問題。母、夜は暗くしませんと、眠れずでして。暗くしたら、ポータブル・トイレの場所も、何も分からんです。蛍光灯は、リモコン式にしてるですが。さもなくばの、紐式では、余計に分からず。ボタン式にも出来ず。リモコン式が簡単なれどの、そのリモコンを方々に置きまして。
自分がさえ、場所が分からず、探してえなと。
探すに真っ暗では、こっとも分からんわと。

「ふないの里」では、真っ暗にはされてませんの、真っ暗には出来ませんですが。よって、回数多いのかと、思わんでも無いですが。介護士曰くに、夜も神経過敏で、一寸した物音にて、目を覚ますですて。ンの、家でもソですが。睡眠薬服用も、意味が無く。
この辺りも、方法を考えんと、こっちの、身が保たんなあと。
イヤイヤ、リハビリ担当、介護士の2人からの情報は、大いに参考、助けに成るです。

での、私なりの、対応云えば、誰様が、そんな事出来ますかと。出来ぬなら、知恵貸して頂戴なと。
とは、申してませんですが。

オッとの、母、歩行器で、自力で、歩くは最早の出来ませんです。脚力が乏しく、移動は車椅子になるですが。家でも同様での、広い屋敷なら、自力で、車椅子を動かせるの式、車椅子が可能も、我が家では、母の部屋から、トイレえのドアが狭いがため、介助者が車椅子を動かすの式になるです。
又、トイレも狭いがため、車椅子諸共、入るは出来ませんでして。誰かが、しかるべくの、介助で、車椅子から、便器にと。してやらんならんです。結果、1時間に1回の頻度で、24時間は無理の話なれどです。
さりとて、入所延期もしてくれず。延期して、改善の見込みも無く。

イヤイヤ、ほんまやでの、家に戻るの以上、家族が何とかせにゃならず。どしますかと。出来ますかと。問われて、我が方、返答のしよが無く。分かった上での、退所に向けたの話をしてるのでして。
我が家で、出来る範囲。工夫せねばならぬのだけの話やないですかと。

出来るとは、ベッドをレンタル致しまして。座位の高さを調整出来るモノ。頭を持ち上げるの構造。3モーター式とされてるですが。ベッドの導入での。そのために、従前のベッドを廃棄したのであってと。
車椅子も、動き易いよに、部屋の道具も、鏡台廃棄。洋服箪笥の位置変更の。トイレ側の道中に障害物を無くしまして。
イヤ、正月、息子共が揃ったの際、手伝えと、皆で、洋服箪笥を移動させたです。

とまあ、ここまでは、想定内でありまして。準備も出来てまして。
後は、打ち合わせ後、「こもれび」のケア・マネージャーと、「介護用品屋」に、諸般、知恵を借りるになるですが。
これ又、万事、費用伴うです。

云い出せば、ベッド、鏡台の廃棄も、出入り業者に頼んだですが。相応の費用掛かってまして。
レンタルにするのベッドも、レンタル料金、月、概ね、1000円。車椅子も、1つで、約500円也の、家用。下用の2台を借りるにしてましての、これだけでも、月に、2000円。
オッとの、介護保険のお陰で、その程度で済むですが。介護保険で、1割負担で済むですが。実際には、月、2万円のレンタル料金に相成るです。
これも、ディ・サービス、ショート・スティを併用でして。万事、介護保険、個人負担が伴いまして。
イヤイヤ、ほんまやでの、細々云い出せば、キリが無く。

での、片やの、誰様、一々の、皮肉っポイ、話をしましてねえ。
これに腹立てても、仕方が無くの、万事、すみません。ソですねえ。或いは、話、聞いて、聞かぬのフリしたりの、先様、強い立場やねえと。

ソラなあ、又、イツ、お世話になるかも、分かりませんでして。

ここだけの話、諸般、噂が耳に聞こえてるです。どこそこに、キツイ方が居たはると。
具体的には申しません。申せませんですが。聞いて、概ね、理解。

オトトの、ではあれどの、ここ、「ふないの里」は、リハビリ・センターでして。確かに、永遠に在所施設に非ずも理解の。我が方も、永遠には毛頭、皆目のと。家族、我が母です。最後の最期まで、面倒見るが前提でして。常識でして。
何の疑念無く。

とは、ケア・マネージャーにも伝えてるです。
ケア・マネージャーは、世間一般的、所謂の、養護老人ホームの事も考えてますかの、質問あったですが。それは、最後の最期の判断ですと。結果的、そなる事もあるですが。現時点は、不要ですと。
自宅で、見る。生活が前提であると。
云えば、今時、珍しいですねえと。フウンの、当世、水臭いの家族、子ども達が多いのかと、だけでして。

ででの、打ち合わせも終了の、その明くる日<1月8日>にでも、「介護用品屋」が我が家を確認したいと。イヤ、ベッド等々、持ち込むに、サイズの問題もありまして。
同時に、ケア・マネージャーも立ち会うと。デハ、宜しく、御願い申し上げますと。
そらなあ、ここで、細々の、知恵借りるも、無理があるです。実際に、我が家の様子を承知して戴いた上での話になるかと。
(13/01/10)


NO.1119 閑話休題的(4) 介護用品の話

既に、過日となってるの、その明くる日<1月8日>、「介護用品屋」と、ケア・マネージャーが来て戴きまして。
要は、母の部屋、トイレ等々。玄関の様子の現場確認。イヤ、コレが重要でして。

以て、どのよな介護用品を入れるかと。
概ね、決めてましての、ベッド<3モーター式>は、枕元、足元。そして、ベッドそのものが、高さ調整出来るのモノ。ベッドの付属品、回転式アーム介助バー、サイド・レール・カバーであるとか、マットレス。
加えての、サイド・テーブル。
ソラ、一寸、水飲む。オヤツ喰うの際、移動式の、テーブルがあれば、楽でして。便利でして。

そして、車椅子は、上用、下用の2台。
そらなあ、ディ・サービスに通うの際の、車椅子。そのまま、部屋に上がられたでは、困るわと。イヤ、屋内、家の中では、歩行器でと。移動が出来たら宜しいですが。まあ、無理やろと。
屋内での移動は、我が家、狭い故、介護者が動かすの式でして。

今度は、ディ・サービスに通うの際の、玄関先の階段は無理かと、スロープをと。
便器に座るに、立つに、手摺りがあった方がと。支え棒式は天井の強度の問題にて、無理で。設置をするの方式のをと。

とかとか、打ち合わせは良いけれどの。
目算、概算、レンタル料も、バカには、成らんやろなあと。
介護保険にて、個人負担、1割とは云うもののです。

ででの、母の部屋、畳でして。畳で、車椅子を動かすと、畳がスグにも、ボロボロになるですと。そやろなあと。タイル式敷物がある故、ソレを敷いた方がと。ハイ、承知の、しかるべくの、考えますと。
昨日<9日>、早速にも、「コーナン」に見に行ったですが。
大きくは、2種類あるですが。パネル式<30x30cm>で、子ども部屋の遊び場にするに適するの、スポンジ状のヤツ。これは、下が、フローリング状等々の、まさしくの、子どもの怪我防止かと。
車椅子では、一寸ダメの、本命、表側、絨毯状の敷物<50x50cm>があったですが。コレやろなあと。

コレが、1枚、298円。
果たしての、何枚要るかは、実際にベッドが入ってからかと。とは云え、最低でも、10枚はと。敷物が動かぬよに、裏側には、ゴム状のを付ける等々の。オッとの、敷物の裏側見てなんだです。付いてたら、ソレで充分でして。
イヤ、値段に寄るのかなあと。倍額のもあったです。


トトトの、本日<10日>には、「介護用品」が入って来たです。
いつものと、するのか、「ふないの里」で、紹介されたの方、所謂の営業担当の、年齢的、役職的、中堅かと。モ1人、応援なんか、よお分からんの、ええ歳した、方でして。この方、ここだけの話の、やる気あるのか。無いのか、何が不満か、フウフウと、息激しくて。
気を使うです。

要は、営業担当が、歳下になるですが。特段の指示はされてませんの、2人して、設置等々されたですが。手際良く、経験者なんやろねえ。単なるの、応援とも云えずの、機材を運んで来てもいたですが。
フウフウが耳に聞こえてねえ。
何なら、手伝える事なら、手伝いたいけれどの、何にも知りませんの、手出し下手にも出来ませんでして。見守ってるしか、仕方無く。トイレの手摺りで、四苦八苦されてるよで、無理なら、構いませんですがと、声掛けても、応答無く。
諸般、設置が終わったら、その年配者、納品書一式、これだけやと、営業担当に手渡しの、帰ると。まあ、好きにして戴ければ結構でして。


そんな次第の、営業担当から、諸般、機材の説明受けまして。
しかるにの、電動ベッドでの、一番の注意は、枕元を上げるの際、サイド・レール<カバー>で、手を挟むの可能性があると。現実問題、年に数例ありますと。へえと。
云われて見れば、構造的、ソなるです。以前は、格子も幅が、高さが広く、長くしてあったですが。手を挟むだけで無く、首を挟まれるの事故もありましてと。モ一発、へえと。サイド・レールの間から、首出し、枕元を上に動かせば、ソラ、首を挟まれるですが。やってしまうの事もあるのかと。
この辺りの話、確かに、重要でして。しかるべくの、説明した。聞いたの書類に、署名捺印させられて。


でででの、その他、諸々の契約書等々にも、署名捺印の、結果、レンタル料、合計、総計、3830円也で、ゲと。
これで、1割負担の話の、実質的、38300円に成るのかと。へえと。

何が高額かとなればの、ベッド、車椅子は想定内の、スロープが案外に高く、850円也。
正直、トイレ用手摺りも、狭いトイレに設置には、無理があるとするのか、我々の方が邪魔でねえ。これが、400円也でして。こっちの方は、除外も検討なれどの、スロープがなあ。判断難しいです。

目的なるは、ディ・サービスに通うのためでして。
屋内、玄関で、母をば、車椅子に座らせ、出るに、スロープが無くては、降ろせませんでして。
母のみ、降ろすに、送迎車に誘導するに、下手に腰から転けられるよでは、何してる事かと。
イヤ、実は、母を、前進させるに、前に1人、腕を支えてても、怖がっての、腰退けてまして。大抵ならばの、私なりが、ズボンの後ろを持ち上げてまして。

それでも、何とか、移動出来てたは、昨年末の転倒までの話。
転倒しの、圧迫骨折にての、「亀岡シミズ病院」に入院。イヤ、同じの原因にて、何度、転けてるかの。転けて、対応もせずの、転ける度に、腰退けて。余計に後ろに、後ろにと。
での、こんな調子では、送迎車に乗れるやろかの問題ありで。出来れば、車椅子諸共の、乗せ、降ろすが無難と、ケア・マネージャーが申しまして。

イヤ、ここらが、難しいの判断なれどです。改善の見込みあるなら、従前通りで宜しいですが。マア、年齢的、無理難題かと。安全策的、車椅子でとなれば。最初っから、乗った状態で、送迎車までとなれば、スロープがと。

どっちにしたって、母戻って、暫くは、様子を見な分かりませんでして。
にしても、毎年のよに、転けては、次第、次第に、大層なるの話になってくなあと。
オッとの、毎年のよに処か、下手したら、年に何回、転けてるやと。現時点、頭を打たずに良かったなあの状況でして。結果的、自分自身も不自由になって行ってるですが。
当人だけで無くの、諸般、こっちも、大変ゾと。
(13/01/11)


NO.1120 正月元旦恒例行事(3) 母に面会の話

そんな事で、予定通りの介護用品入荷で、設置。
後は、明日<12日>、母を約束の時刻、16時に迎えに行くになるです。オッとの、滑り防止。畳保護のマットを調達せねばなりませんですが。これは、「コーナン」に出向きの、何枚やろねえ。
20枚はと、考えてたですが。別段の、6畳の間、全面的は不要。車椅子で動くの範囲で結構でして。台所に。トイレにのコースだけなら、10枚程度かなあと。


での、話、戻して、正月元旦の話。
「出雲大神宮」に参拝は既載の通りの、折角ならばの、奥の院までは、小さな子<孫共>も一緒が故、遠慮して。せめてもの、そこまで以内の、パワー・スポットとされてるの箇所だけはと。
お詣りしの、縁起の、干支、巳の置物をと。

ででの、腹減ったなあと。境内の出店の、1個、120円也の、コロッケでもと。云うても、7名<総勢8名なれどの、1名赤ちゃん故、除外>ならばの、840円也かと。千円札一枚で、足るわと。
イヤ、喰うの間、要は、小休止での、トイレにも行っとかんとと。初詣は、以て、おしまいなれどの、母に挨拶にでもと。ここからなら、ソは遠くでも無いです。近くでして。
近く云うても、車で、5分は掛かるかと。


オトトの、道中、運転の長男、あれ、事故と違うかと。
へえと、示すの方向。云えば、進行方向の信号、右折したなら、「ふないの里」
左折の方向が、事故の現場でして。パトカーの赤色灯が見えてるです。遠目故、シカとは、判明難しいモノの、変やなあと。タイヤが見えてまして。四輪共での、ンの、もしかしての、ひっくり返ってるのかと。

モ一台はと。良く見えんですが。ソバにあるの気配にての、この辺り、実は、民家少なく。建物、そのものが少なくて。見晴らし抜群に宜しいです。道路も整備の、直線での。車もそんなに多くも無く。
実は、建物少なく、車適当。道は直線で、見晴らし良いは、遠近感、判断、難しいです。対象となるの、建物少ないがためでして。車が遠くに見えてても、案外に近くであったり。近くと思えど、ナカナカに接近して来ずと。
信号の無い、十字路から、本道に入るの際、気を使うです。

おまけで、場合によりの、車が少ない分、なめて掛かってるの運転手も居てましての、そのケースかなあと。
イヤイヤ、孫娘、見えてましての、わあ、わあと。タイヤが上になってると。救急車も走って来まして、到着の。孫君大騒ぎの、キューキュー車やと。

にしても、過日、当日、正月元旦。どこの誰様かも、負傷の程度も分からんですが。精進、精進の。精進あるのみでして。見掛け、大事故でも、物損だけならと。


での、我々、信号右折で、「ふないの里」の、母の処にと。
正月元旦、早々にも、こんなに多くで、行けば、ビックリの、興奮するの可能性大なれどです。
とりあえずは、所定の階にで。覗けば、広間に、母の姿がと。イヤ、面会者名簿に記載しとく故、先に行っといてくれと。名簿に、総勢8名の名前を記載しまして。これを書くも大変ゾと。見る、見んは別としての、名前を間違えば、えらい事。
ならばの、各自、書いてくれと云いたいですが。それでは、時間を要するがためと、私なら、珍しくの顔でも無くの、特段のと。

名簿に書き終われば、母のもとえの。
こんな広場、皆様がおられるの場で、賑やかにやってるも、憚るの、部屋の方にと、車椅子の移動をと。
部屋は、4人部屋なれどの、内の一箇所、一ベッド、過日、過月より、空いてまして。別途の、2人、不在での、広間でして。ここでなら、少々なら、構わんやろと。

ででの、私の方は、大して話するの用事無く。只、退所の日、決まって以来、退所の日は、イツと。歯の治療はどこまで進んでるかと。ダケでして。
この歯の治療が、結果的、入所の間に完了せずで。退所してからも、治療が続くになってまして。云うたら、イツからの話かの、概ね昨年6月からでして。半年掛けて、入れ歯がマダでして。マダでも、今更でして。終わるまで、継続して戴かねばなりませんです。
イヤ、入れ歯はマダの返事で充分でして。ソレ以上の事は、母にも分からんわと。

斯くなるでの、次男夫婦の第一子は、家で、嫁はんが面倒見てまして。孫共、母にとっては、曾孫は、長男の子、3人でして。嗚呼、よお来たと。コレ<自分の事>、お婆ちゃんえと。覚えといてなと。
お婆ちゃんねえ。強いてなら、大婆ちゃんなれどです。まあ、ええかと。
覚えといてな。
とは、曾孫にその存在をば、記憶しとけの意かなあと。まあなあ、孫娘なら、5歳半故、記憶もするですが。現段階では、孫君2人は、夢の世界の話かと。

しかるに、次男の嫁を捕まえ、モ出たのかと。嫁、ハイと。イツえ。去年、10月22日ですと。
オッとの、万事、母には伝えてるですが。

しかるにの。又もやの。孫君2号を抱っこしたいと。アカン、アカン。我が身1つが大変やのに。最早の、相応の、1歳と4箇月ともなればの、無理、無理の、無理。
前回も、抱っこしよとして、転けてまして。イヤ、ベッドの上での、座っての話。

この辺りの事をば、次男、心配してまして。我が子を抱っこしたいと云うたなら、断わんとと。
この辺り、難しいなあと。抱っこは無理でも、触らせる程度ならと、思わんでも無いですが。

イヤイヤ、でででの、大勢で来ても、特段の話題は無く。適当なるで、ほならの、帰るしと。母の車椅子を広間の、所定の位置に戻しまして。
どっちにしても、退所の日は決まってての、7日は、既載の通り、諸般の打ち合わせでして。

オッとの、そんな次第の、斯くなるでの。正月元旦の外出、ここまででして。
明くるの、2日は、同じの面々にての、墓参にと。

そらなあ、少ない機会に、墓参はしてくれませんとと。本来的、次男の第一子も、母には見せてやりたかったですが。
墓参も、第一子を伴うべきなれどです。
余りに方々にはの、次男の考え尊重致すです。無理強いして、何かあっても、困るわと。
(13/01/12)



inserted by FC2 system