シバケンの単なる雑談NO.55

雑談NO.51 雑談NO.52 雑談NO.53 雑談NO.54
雑談NO.46 雑談NO.47 雑談NO.48 雑談NO.49 雑談NO.50

雑談NO.30 雑談NO.35 雑談NO.40 雑談NO.45
雑談NO.5 雑談NO.10 雑談NO.15 雑談NO.20 雑談NO.25
題目一覧表

目次

雑談NO.56

NO.820 諸事雑感なる話(10) 公園での話(1)

NO.819 諸事雑感なる話(9) 目に入れても痛く無いの話

NO.818 諸事雑感なる話(8) 孫娘の話(2)

NO.817 諸事雑感なる話(7) 孫娘の話(1)

NO.816 諸事雑感なる話(6) やっとで、出発の話

NO.815 諸事雑感なる話(5) 「けやき」にショート・スティの話(2)

NO.814 諸事雑感なる話(4) 「けやき」にショート・スティの話(1)

NO.813 諸事雑感なる話(3) 里帰りの事前準備(3)

NO.812 諸事雑感なる話(2) 里帰りの事前準備(2)

NO.811 諸事雑感なる話(1) 里帰りの事前準備(1)

雑談NO.54


NO.811 諸事雑感なる話(1) 里帰りの事前準備(1)

足裏では無くの、足の甲と、脹ら脛(ふくらはぎ)が、真っ赤っかでと。
四日も経ったですがと。
嫁はんの里とするのか、里は、比地木でありましての、義姉一家の住むの、太陽の町(太陽博<1981年から1984年>が開催された地)、仁尾町にて、潮干狩りをした結果でと。
しかるに、当時、太陽博を、見に行ったです。義姉一家と共にで、当然にして、息子共も小さかったですがと。

兎に角、マダマダ、冷めやらずの、困ったなあと。
イヤ、風呂に入るに、イタあて、イタあて、どしょかと。水で薄めたら良いですがと。生暖かいお湯も、入ってる気がしいひんしと。
まあ、明日にも、治ると期待してるですがと。

イヤイヤ、お盆の時期の行事として、嫁はんの里に行ってたです。云うたら、渋滞承知で、突入でと。
此度は、例年にも増してと。
推測の、理由は、ETC装着の場合、区間によりの千円でして。この区間によりが良く分からんです。
四国に渡るに、神戸(明石)から、淡路島経由で、鳴門。
岡山から、坂出の、瀬戸大橋。
モ一発、尾道、今治の、しまなみ海道もあるですがと。

この橋が一基、一本、一橋と数えるのかの、兎に角、計算方式が曖昧の、良く分からんので、とりあえずは、一個にしとくの、千円かと。淡路島経由なら、明石(海峡)大橋、大鳴門橋がありましての、二個になっての、二千円かと。
だけでは、済まずの、高松道もありましてと。

オッとの、明石大橋までの料金もと。
どちらかとなればの、明石大橋に至るまでの料金の方がヤヤコシク。理由は簡単の、一律千円地帯でもあらへんしと。さりとての、千円も取られるの距離数でもあらへん筈のと。
されどの、一度も、下道に降りずなら、高松道も含めての、千円やろかと。
結果、橋二個、その他が千円で、都合の三千円やろかなあと。

イヤイヤ、知らんです。息子任せ故に、確認もしてへんです。
一昨年より、長男が神戸在住になった故に、我が家から、神戸までは二男の車でと。神戸からは、長男の車でと。こんな時には便利でねえ。「NOAH」は8人乗りでして。一台で、済むですと。

加えての、本年には、我が愛車にも、ETCは付いたけれどや。近代兵器、カー・ナビゲーションまでは、あらへんしと。
あっても、無かっても、息子共の車で、運転でと。
結果、私め、道の状況、全然、分からんよになったです。
正確には、息子共が運転免許証を取得以来、一寸ずつ、運転を譲りの、その間には、道路も整備されましてと。
ソラなあ、瀬戸大橋が出来て、近畿自動車道路も繋がりの、鳴門大橋、明石大橋、高松道も出来上がりのと。何時の間にやら、香川の、国道11号線も、新のが出来ましてと。

サッパリ、分からんですと。
元々が、私め、方向音痴で、地名音痴の、音楽も音痴で、記憶力は散漫。
運転も余程で無ければ、しいひんとなればの、考える気も消滅の、全て、貴方任せと相成りまして。

その上での、淡路島経由の、神戸淡路鳴門自動車道(明石大橋、大鳴門橋を含む)だけで、例年ならばの、5450円也。
瀬戸大橋の経路ならばの、橋だけで、4100円也でしてと。
丼勘定しての、高速道路代だけで、片道軽くの、万札一枚、ヒラヒラと、飛び散ったですがと。
ETCが装備で、安くで、行けるよになったです。
ヤヤコシイのは、民主党が政権獲得で、全線では無く、都心を除外の、無料化するですて。自民党政権継続ならばの、来年でオシマイでと。
されどの、現状からしたら、民主党政権になるのかと。

そんな事で、細かな話、二男は、ガソリンも高速道路代もええわと、持ってくれて。
神戸からは、昨年は、高速道路代はこっちが持って、ガソリン代は宜しくとしてたですがと。今回は、全部、持ってくれてと。助かるですと。

イヤイヤ、デデデの、とりあえずは、嫁はんの里より無事に帰還で、内実暴露も出来るですがと。
余りに細々掲載も、監視の目が五月蠅いしと。
云うたって、そんな細々、内輪の話を掲載も、しやへんわと。
我輩、誰と思うや、シバケン爺ゾと。

そんな事は結構の、そんな計画以前の問題もありましてと。
出るに、我が母の事がありましての、日程決定の、即のハイ、ソしょかと。
とは、成らんです。
隠す事は無いですの、むしろの一番の難題、コレでしてと。

云うたら、嫁はんの里帰りで、母までが、何年かは、付いて来てたです。何年かとなればの、5年、10年やろかと。年々、息子共の体格も大きくなりましてと。
我が愛車の、「5」ナンバーでは、大変なんやでと。
ソレこその財布も一緒の参加ならばの、熱烈歓迎の、有り難いけれどと。財布は持ってても、中身が無しで、全部こっち持ちも辛いんやでと。お子様料金とは違うしと。

イヤイヤ、デデデの、母をどするかの、それこその、一昨年(2007年7月)、転けて、圧迫骨折にて、要介護、「1」となり。
結果、お陰様で、以来、しかるべくの施設に預けられるよになりましてと。
イヤイヤ、永住では無いです。ディー・サービス(日帰りサービス)を受けてまして。その施設のケア・マネージャーさんを通じての、ショート・ステイ(短期入所)を申し込みましてと。

里帰りの期間、宜しくと。
一発で、了解してくれるならばの、有り難いけれどや。ソは易々とは応じいひんです。
云うたら、転倒の年は、お盆には行かず。その前に、5月の連休に、姪の結婚式にと。
イヤ、お盆の時期には、孫娘が産まれてまして。幾ら何でも、一ヶ月や、二ヶ月の赤子を連れては遠出は出来ひんわと。

むしろの、その年の、5月の連休に姪の結婚式に行くに一苦労のと。変な話の、骨折もしてへんしで、ディー・サービスにも通てえへんしと。
そもそもが、ショート・ステイも、ディー・サービスにも、無縁でと。専門用語を知らんわと。
兎に角、年寄りを一人では置いとけへんし、さりとての、連れても行けへんしと。当人は行ってもええで。
とは、云うてたですが、アノナアと。

体力が保つのかと。
とも、云うてえへんですがと。
そんな歳、80代にもなったの、姑が、嫁はんの里に同行なんか、聞いた事もあらへんわと。結婚したての頃にさえ、あらへんわと。我が母は来たけれどや。
そんな意味なら、新婚旅行に同行の姑の話は良く聞くですがと。他にも凄いの話も、一杯聞くですがと。
全部、実話であるは、よっく、分かるですと。

結果、滋賀の姪に、行ってるの期間中、一日でも、二日でも結構の、一寸、様子を見に来てくれと、頼んだかなあと。諸事万端の、一通りの食料諸々、買い揃えての話やでと。
臨時の出費の場合に備えての、幾ばくかの、金銭も持たせての話やでと。

そんな事は結構の、前回、とは、昨年の里帰りからは、施設でのショート・ステイにお世話になったです。
ソラなあ、施設でお世話になる方が、安心でと。何かあっても、人目もあるし、しかるべくの、処置もして戴けるです。しかるべくの処置とは、怪我、病気の場合、病院にと。

その昨年には、苦労したです。
イヤ、里に一緒に行くとまでは、云わんの、一人で留守番してるがなと。
何でも自分で出来るがなと。

口では云うても、実際に、出来てるならばの、こっちも、施設に頼むはしやへんわと。常平生(つねへいぜい)から、出来る、してるなら、悩まへんわと。
出来ひん、やらへん、下手にやられても、危なっつかしいてと。若い時からでも、出来ひん、やらへん、危なっつかしいて、横着やのにと。
イヤイヤ、云うたら、強制執行も構わへんけれどの、矢っ張り、当人が納得してもらわんとと。最終的、どしてもならばの、誰か一人、例えばの、私めが残るにしよかと。
まで、考えたりと。
ソラナア、里からしたら、私一人が他人でと。息子共は、孫でありの、甥でありの、従兄弟での、血の繋がりがありましてと。

ホンマやでと。
此度も、滋賀の姪に頼むも結構なれどの、そんな上手い具合に、休みが合えばで、姪も予定があるやろしの、毎年、毎年もは、都合良くの、頼めえへんわと。

ついでの話の、云うてしもたら、お年寄りも、一人暮らしのお年寄りと、家族と一緒のとでは、考え方がと。
ソラ、言語明瞭の、一人暮らしのお年寄りはシッカリしたはるです。家族と一緒のでも、シッカリしたはるですがと。質が全然異なりましてと。その人の性格、考え方にもよるですがと。
我が承知の範囲でなら、総じて、間違いは無いかと。

そんな次第の、昨年は、説得するだけでも、ンヶ月。
イヤ、ホンマやでと。
決して、大袈裟なる話では無いです。話を小出しの、当人に、予めの、或る程度の覚悟をと。他には、何にも、要求、要請、期待事項はあらへんしと。この事を聞いてくれと。
聞いてくれて、こっちに何の利得も無いですがと。
無い事も無くの、ソラ、只で、ショート・ステイはしてくれへんですがと。安心料かと。万事、そんなモンでしてと。資金が無ければ、大変ゾと。

しかるにの、母の願い事、云う事は、100%までは、知らんけれどの、限り無くの、100%に近くは、叶えてるですと。拒否した事は一度も無いです。
暑いと云えば、エアコン設置。寒いと云えば、ファン・ヒーター。電気毛布をと。お茶と云われれば、お茶で、オヤツと要求で、オヤツをと。私等の分として、置いてあるのまでを、マア、ええかと、差し出しましてと。

嘘と違うですの、ホンマやでと。喰いモノの恨みは、ヒツコイしと。こっちは多少の犠牲は惜しまずと。
よって、私等の願いなるは、幾つもは無いの、この一件だけ、ウンと返事してクレと。
実際には、モ一件あるけれどや。諦めたとするのか、諦めさせられたですがと。

デデデの、本年、此度も、ンヶ月。
ソラなあ、しかるべくの、預かって戴くに、今日云うて、明日から。
とは、出来ひんわと。
先様にも、収容人数なるがありましてと。
かと、云うて、ンヶ月も先では、何時から、何時までの、予定も決まってえへんのに、予約も出来ずと。

ソラ、難しい話やでと。
こっちだけが決まっても、里の都合もありましてと。最早の、学生とは違うしと。社会人でと。
話簡単の、四国の甥、姪、その連れ合いも、ええ歳なんやと。甥にも、姪にも、子が出来てましてと。
(09/08/19)


NO.812 諸事雑感なる話(2) 里帰りの事前準備(2)

お陰様で、足の甲、脹ら脛の軽度の火傷はお風呂で痛まんよになったです。
ソラ、厳密には、チリチリ、ピリピリ、してるですがと。充分に我慢の出来る範囲に収まって来たです。

イヤイヤ、世間では、酒井法子の麻薬問題で、テレビの報道番組なるは、センキョされ状態。
本物の選挙は、8月30日投票の衆議院総選挙では、宗教法人、大川隆法(53歳)の、「幸福の科学」が、「幸福実現党」なるを設立、結党にて、打って出るですて。へえと。
失礼乍らの、イツぞやの、オウム真理教の、「真理党」(1990年)みたいな感じでと。結果は承知の全滅での、兎角に教祖様は、先の見通しをば、錯覚、勘違いする傾向にあるのかと。

イヤ、此度は分からんですがと。
但しの、先を見通せる故に、教祖と違うのかと。大川隆法も、麻原彰晃も、一緒にしたら、失礼なれどの、どっちも、予言めいたる話をしてるですがと。
とりあえずは、オウム真理教の教祖、麻原彰晃なるは、惨敗にて、インチキをば露呈でと。

そやけど、ホンマやでと。
ソラ、宗教団体の集会には、熱心なる信者が集まりましてと。聴衆、信者なるは、一切の疑念を抱かずの拍手喝采、陶酔しましてと。
教祖様、教祖様と、云われてるのか、何様かは知らんですがと。
宗教法人故に、お布施とするのか、喜捨で得たの物品に、税金は掛からへんしと。

しかるにの、私めは、冥界、天上界、神界、不可思議なる世界の話は大好きでしてと。大川隆法の本も何冊読んだ事かと。多分ならばの、主たるのは、読破でと。
かと、云うて、信者になる程の帰依(きえ)も、陶酔もしてへんです。単純に、読み物として、面白いナと。
だけでして。

更には、視覚、聴覚、触覚、味覚、臭覚には自信が無いけれどの、人並みには、五感までは、正常でと。
イヤ、正直には、視覚は、老眼。
聴覚は衰え、他人様には、聞こえへんの、異次元の音、耳鳴りがと。
味覚は、出鱈目、臭覚も蓄膿症で、触覚は、どなんかなあと。
ぢ病では時々悩むし、日焼けで、痛かったしと。マア云うたら、マトモかと。その意の触覚ならばでと。されどの、触覚なるは、痛い、カユイとは、違うかと。

そんな続きでの、第六の感覚。
日本的には、「勘」の部類の、第六感なら、当たるも八卦の、悪い勘なら、当たらんでもええのに、モノの見事にまで、当たるですがと。宝くじには、当たらへんのにと。

所謂の、霊的なるの、六番目の感覚となればの、冥界の様子は知らんしと。
されどの、異な体験なら、何度かは、人並みに経験をと。イヤ、ホンマやでと。機会があればと。一つは、「不可思議の世界」に掲載してるですがと。
マア云うたら、出張先、四国、香川、高松の宿泊先のホテルにての、金縛り体験。されどの、物の怪の、気配のみで、画像とするのか、実像なるは見えてえへんです。
見えてたら、気絶してるかと。気が狂ての、発狂でと。

デデデの、大川隆法の出版物にての、例えばの、松下幸之助が、天上界でも、最上位の神の位(くらい)の界に存在でと。
云われて、否定の理由はあらへんです。
既に、生存時代に、「商売の神様」とされた人物でと。信奉者は多いしと。
むしろの、下層とされたら、ソレは無いやろと。

更には、ン百年、ン千年の先の世界、日本の姿を述べられても、否定も、肯定も、出来ませんです。そもそもが、当世に存在の人間様が、百年なら、可能性はあっても、ン百ともなればの、生存してへんしと。
そんな意味からなら、大川隆法なる人物は賢いなあと。反論の出来ん世界の話を書物にしてましてと。
イヤイヤ、私め、そんな異次元の世界の話は大好きでと。
但しの、好きと、信奉は違うですがと。

ツイデになら、前世がと。
輪廻転生思想で、貴方は、島原の乱の、天草四郎時貞のと。
云われて、その気の、三輪明宏(74歳)なる人物。
コレ又、第三者が、否定も、肯定も出来ませんですと。我れこそ、生まれ変わり、名乗られても、別段にと。二人、三人居ても、不思議でも無い世界の話やしと。
反対には、我が前世、誰の生まれ変わりかは、興味津々にて、知りたいナと。占おて戴くに、万札が飛ぶなら要らんですがと。

イヤイヤ、デデデの、準備の話。
準備とは、母説得の話でと。

しかるにの、お年寄りで、社交性が無いとするのか、苦手のために、ディー・サービス(日帰り)さえを厭がるお方もありましてと。どちらかとなれば、そっちの方が多いかと。
コレ又、家族は大変ゾと。
自分の事は自分で出来るなら、構わへんですがと。
出来る、出来ひんも、80代の出来る、出来ひんの中身は違うゾと。足腰が相当に健康で、杖無しでと。以て、家の風呂でも入れるですがと。

入れへんなら、改造か、ディー・サービスにでもと、なりましてと。
ソラナア、風呂も相当に広いなら、改造もと。されどの、私らの如くのそこらの家屋では、改造のしよが、あらへんわと。
当然にして、我が家の風呂にも、手摺りは付けてるですがと。
云うたら、出来る範囲の改造ならしたですがと。改造は、四年前(2005年)なれどの、2007年には、肝心の当人が圧迫骨折にて、結果的には、風呂は、ディー・サービスに頼るになったです。

その2007年には、「要介護1」と認定して戴きの、ディー・サービスは、週二回。
2008年には、「要介護2」となりので、週三回。
2008年の年末には、ベッドから転けての、大腿部骨折にての、当年、2009年には、「要介護3」となっても、週三回なれどのと。
要は、しかるべくの施設(こもれび)から、朝9時頃にお迎えが来て。施設で、お風呂に入りの、昼食喰て。ゲームとするのか、お遊びなんかをさせて戴きの、オヤツを喰てと。
帰って来るのが、16時頃かと。

話簡単の、施設利用の殆どの面々なるは、風呂に入れてもらうが目的かと。
自宅で、しかるべくの、入れたら結構なれどの、入れる体力、カラダの機能があればの話でと。設備があっての話でと。

デデデの、加えての、サービスを受けるにしたって、認定をされませんとと。「要介護1」であるとか、「2」とかで、最高で、「5」なれどです。
(要介護の下には、要支援の、「1」「2」がありますが、受けられるサービスの範囲が狭くなります。)
(参照;「介護早わかりガイド」)<消滅・削除>(11/04/01)

認定されたって、サービスを受けるに、只では無いです。一割負担で済むとは云えどの、一割の負担がありましてと。負担は介護保険の利くモノと、利かんのがありましてと。
例えばの、食事代なるは、純然たるの、個人に帰するモノ故、補助は無いです。
マア、超の簡単には、一度の、ディー・サービスを受けるに、介護保険該当分の自己負担が千円。関係無いのが、千円の計2千円かと。
結果、保険からの補助が9千円也ので、一人、一度で、一万円が掛かってるかと。
言葉を選ばずなら、施設からしたらの、単純には、ええ商売やでと。
当人にしたって、楽しみで待ってまして。家族も助けられてるですと。

どっちにしたって、難しい話でと。
要介護の認定を受けて、サービスを受けられるにしたってなあ。
等級が上がって、介護保険の使用限度額が上がっても、先立つモノがあっての話。当人が行く気になっての話でと。
そんな意味なら、我が母なるは、老人会から、見学に行ったりしてましての、当人から、行きたいと。
こっちが、へえと、ビックリしたですがと。

斯くなる次第での、2008年年末には、大腿部を骨折にて、家の中では、杖突いての歩行となってと。
外になんか、自力では出られへんです。
ソレこその、トイレは自力でと。自力で行けてる故に、私共、家族も助かってるですがと。

イヤイヤ、ホンマやでと。
ディー・サービスも、杖であれ、シルバー・カーであれ、何であれ、自力である程度は自分の事が出来ての、通えるの話でと。
自力で出来んよになればの、ディー・サービスにしても、その分、手間暇掛かりの、応分の費用がと。
何で、こんな事を事細かくとなればの、諸般の前提をと。

あまりに、表面的では、一人相撲が如くになりましてと。或いは、母を悪(あ)し様(ざま)に掲載するになりましてと。
云うても、我が母、ゴン田家での、断トツの、ゴン子に間違い無いけれどと。
ホンマやでと。
綺麗事なんか、云うてられへんです。毎日が、精神的戦争状態でと。
とは、何処様も大なり、小なり、一緒かと。さもなくばの、聖人君子かと。
(09/08/20)


NO.813 諸事雑感なる話(3) 里帰りの事前準備(3)

今週は、町内会で輪番制のゴミ当番の週でして。
町内会には何カ所か集積場がありまして。我が家の担当地域でなら、十週で一巡。集積、週二回也でと。

ゴミ当番とは、難しい話で無くの、しかるべくの場所に燃えるゴミのゴミ袋(定められたゴミ袋)の集積場所がありましてと。
各家庭から出されたゴミ袋をゴミ収集車が来て、持って行ってくれるですが、ゴミ袋には、網が掛けてありましての、収集の際には、取り外されるがため、網を所定の場所にキチンと整理整頓の役目でと。
ダケでは無いですがと。

イヤ、以前には無かったですが、鳥インフルエンザ(2004年)の大流行の、京都でも、丹波町の養鶏場、「浅田農産船井農場」での、大量発生の際には、カラスの死骸が、方々にと。
以来、ゴミ袋には、網をしまして、カラスが、鳥が近寄らんよにと。
ソレ以前は、網もあらへんし、散逸ゴミがあれば、箒(ほうき)を片手に、掃除しまして、汚い場合は、バケツ一杯の水を散布だけやったですがと。
網が設置されてからは、網をと。
綺麗に畳みまして、しかるべくの、所定の位置にと。

デデデの、鳥インフルエンザには無関係の、時折は燃えるゴミの袋の中に、何を入れたのか、中身までは知らんですがの、覗いてえへんしで、そんな趣味もあらへんしと。
要は、ゴミ収集車が収集せずに、撥ねた袋があったりでと。撥ねられたからには、燃えるゴミ以外のモノが入れてあったのかと。
撥ねられても、元の持ち主、出し主が気が付き、回収の、しかるべくの処置をしてくれたら、ええけれどや。気が付かんでも、ゴミ袋で、誰のか、分かれば、ええけれどや。

分からへんかったら、どするやと。むしろの、分からへんわと。
そんな場合、どするやと。
とりあえずは、輪番制のゴミ当番の担当でと。
とは、決まってえへんけれどの、暗黙の了解事項かと。他に誰がと、決まってえへんしと。
さりとての、イキナリの処分も何やしで、半日でも、一日でも、様子を見させて戴きの、主(ぬし)が出て来て、回収してくれへんかったら、しかるべくの、処置をしんならんですやんかと。

しかるべくとは、担当者が持ち帰りの中身の適切なる処理でしてと。
ソラ、そんな場所にイツまでもホットケへんわと。幸いにして、当家の担当の時には無かったけれどと。中身が中身なら、どするやと。燃えるゴミ以外のモノならばと。
当然にして、分別の上で、処分しんならんですと。分別するにも、余所様のやしと。余り、気色の良くない作業でと。
コレが順番が回って来た時の最大の心配事でと。

しかるにの、この夏休みの時期、お盆の時期とするのかならばの、道端にゴミが捨ててあるです。この時期は特に酷(ひど)いかと。
ホンマやでと。
煙草の吸い殻、空き袋、封の切れ端から、得体不明の紙コップ類。紙コップなら、良心的での、缶なら、燃えへんしと。当然にして、犯人不明。警察やあるまいにの、指紋までは、調べへんしと。調べても、前科が無いと、分からんですと。

我が家の領分、延長線上なら、考えるまでも無いです。処分致すですがと。
ズレてる場合は、どするやと。原則、そこ様に任せるですがと。
イツまでも、処分されてえへんでみい。見て、見ぬフリも出来ひんしと。目障りやしと、処分致すですがと。

イヤイヤ、デデデの、当家の当番にて、朝一番。
タマタマなれどの、置くのも一番になっての、所定の場所の、ソバの電柱に、小さなポリ袋に入ってるの、煙草の吸い殻等々がと。クドイけれどの、吸い殻以外は分からんわと。
分からんけれどの、缶や金属製でも無いみたいでと。

要は、ホットケへんやろナと。
ホットイテもええけれどの、当家がゴミ当番でと。
残れば、処分も何も、ポリ袋やしで、ゴミ袋でもあらへんしで、ゴミ収集車が回収もしてくれへんしで、結果的には、残ってしもての、当番が、持ち帰りの、処分しんならんわと。
よって、即の、当家のゴミ袋の結びを解きの、放り込んだ方が早いですと、放り込みの、網を掛けましてと。

デデデのゴミ回収車が去った後に、網の処置等々のために、向かいましたならばの、ゴミ袋までは、残ってえへんの、草の茎が。煙草の吸い殻が数個散逸でと。
イヤ、ポリ袋のでは無いです。ポリ袋は、チャンと封して、ゴミ袋に収め、ゴミ袋にも封をしてと。結びましてと。

草の茎は、誰かさんのゴミ袋から、漏れて、出て来たんやろなあと。
煙草の吸い殻は、僅かな間にも、ポイ捨てされたかと。されどの、一個、二個と違うです。
三個かと。
理屈は結構の、この程度ならマシやしで、拾い集めて、持ち帰りの、我が家のゴミ箱にポイ。

では、あっても、ホンマになあと。
ポリ袋は誰かに処分してくれの意であっても、余りに無責任でと。誰かとは、誰なんやと。私めと、捨てたヤツには、何の面識もあらへんし、知り合いでもあらへんわと。
何よりもの、何の恩義、特典、便宜供与も受けてえへんし、義理もあらへんけれどや。ゴミ当番であるの、義務感、責任感でと。

しかるにの、煙草の吸い殻は分からんですが。
草の茎、要は、ゴミ袋の封をキチンと、チャンと、シッカリしてへんのは、大体は、どこ様かは推測してるですと。
可能性なら、二軒程あるかと。
どっちにしたって、この程度で収まってたら、御(おん)の字でと。
ドコのドイツか、知らんですが、ゴミ袋がモロ残っててみい。困るですと。

イヤイヤ、デデデの、本題でと。
ソラナア、余所様から見てたら、お年寄りは、誰も彼もが、好々爺(こうこうや)でと。(注;「好々婆」なる表現は無いです。)
されどの、一歩、家の中に入ってみいと。180度とまでは、云わんですがの、全然の別人格でと。
お断りしておくの、家の中とは、文字通りの家の中では無いです。一緒に暮らすの意でと。

我が母にしたって、お出迎え、お見送りの、話簡単には、送迎の介護士さん、職員さんには、ニコヤカでして。
何かして戴ければ、嗚呼、有り難う。ご免なあと。大丈夫かと。
一言、二言、下手したら、詔(みことのり)の、余計な言葉まで、発しましてと。こんな具合に、あんな具合にと、指示されたら、至って素直に聞きましてと。
へえと、こっちが、感心致すですがと。
本音では、そっちの事よりも、自分の足元の注意をしたらと。職員さんの云うてる事も、意味合い理解しての返事では無くての、適当での、実際には、全然聞いてえへんです。

具体的になら、車から降りて、家の玄関のしかるべくの場所までが、施設とするのか、先様の責任範囲での(注;等級による。)、職員さんから、手を携えて戴くに、その手をシッカリ、掴(つか)んでしもてと。
何が困るかとなればの、職員さんは、職員さんの意図を持って、しかるべくの母の腕を持つがために、手を出したはるのに、途中で、掴まれてしもたら、厄介ですやんかと。
一度、外してくださいねえと、云われても、ハイハイと、返事だけで、掴んだママでと。

イヤイヤ、コレをされたら、危ないです。
溺(おぼ)れてる人を助けるに、羽交い締めにされたみたいなモンでしてと。イザの時、何にも出来ませんです。
イヤ、私めも、ンの、成る程と。そんな具合にしたら、保護し易いなあと、合点で、見様見真似で、やるですがと。意図せぬ事を先、先とやられたら、困るんやと。
私らなら、無理にでも、手を外させ、少々のキツイ言葉も出すですがと。職員さんは、そんな事、出来ひんやんかと。

母に諸般の説得にしても、余りに同じ話をするのも、進歩の無い返事を聞くのも鬱で、嫌で、バカバカしいて。
話簡単の、返事の全ては承知でと。こ云うたら、こんな返事で、あ云うたら、あんなでと。
返答に困れば、プイと、部屋にと。悪態付き乍らの、捨て台詞でと。

よって、息子共、母にとっては孫共に説得を要請したりもするですがと。幾ら何でもの、息子、長男の嫁には酷でして。我が孫娘では、日本語がマダマダ、理解も、喋りも出来ひんしと。

イヤ、何を隠そお、隠す事も無いです。
息子共なら、当たりが違うですと。母もマダマダ、耳を貸しの、聞いてるですがと。返事も多少は穏やかでしてと。
私等、夫婦に対するの、帰って来るの、文言では無いです。売り言葉に、買い言葉の、捨て台詞が無いだけでも、印象がと。喧嘩口論には成らへんですと。

されどの、結果は一緒でありましてと。
されどの、されどで、何度でも、根気良く、説得とするのか、時間を掛けて、何度も、何度もで、孫の手、曾孫までは無理でも、或る意味、覚悟をさせませんとと。

話簡単の、私等が、嫁はんの里への、里帰りの際、母一人、家には、ホットケへんのやしと。
イヤイヤ、事程左様に、「こもれび」にお世話になって以来は、何としてでもの、しかるべく、施設に預けてるです。
さもなくばの、出られてえへんですと。
(09/08/21)


NO.814 諸事雑感なる話(4) 「けやき」にショート・スティの話(1)

ホンマやでと。
ポリ袋に吸い殻を入れて、道路にポイは、ポリ袋に入れてるだけでも数段のマシの、吸い殻を、ポイポイは、言語道断のと。
されどの、双方、ポイには差があらへんしと。

只ナ、煙草の火も消さんと、家の方、目がけて、放り込まれてみい。火災の危険性がと。
よって、表側には、燃え易いモノを置かん方が、安全でと。当家では、ソしてるです。心掛けてるです。
云うたら、ポイ捨ての煙草で、火事を出しても、犯人が分からんやんかと。当人は、分かってるかと。或る意味、燃えたら面白いナの、程度のヤツでしてと。
そんな意味でなら、当家は、団地内ではあっても、通行量の多い場所でしてと。マア云うたら、通り抜けの出来る道でしてと。

イヤ、私めも煙草を吸うですがと。ポイ捨ての習慣はあらへんです。場合により、地面で、火を消し、溝に放り込んだりと。水があれば、完全に消える故と。少なくともの、火は消すです。
イヤイヤ、しかるべくの、外出の際には、必ず、携帯灰皿持参でと。持ってても、出来る限りは、しかるべくの場、灰皿のソバで吸うですがと。灰皿があっても、見えてても、無い処で吸うの馬鹿も居てるですがと。

特には、ええ歳したオッサンがと。軽犯罪法違反でもあらへんしで、私が、キミキミ、アノナアと、注意するの立場でもあらへんしと。したって、聞くよなでもあらへんわと。
変に正義感発揮で、注意して、足首、手首、臍回りの、刺青でも見せられたら、二の句に困るですがと。

只ナ、町内会の人が、ポリ袋に入れて、電柱の傍らに捨てる必要性はあらへんしで、通りすがりの誰かなんやろと。一見しての、車の灰皿が満杯にての、車内のゴミと共に、ポリ袋かと。
ポリ袋までを、準備してるならばの、自宅に持ち帰るとか、しいひんのかなあと。
犯人が分からんしで、何とも早(はや)なれどです。

云うたら、夕方には、我が家の前に、煙草の吸い殻二個がと。
ええ加減にしときやと。
この時期故、どこゾの、馬鹿息子かと。不良かと。オヤジがオヤジなら、この程度の思考回路、知能のが、夏休みには、闊歩でと。
イヤイヤ、ここ数年目立つんやでと。煙草に限らずの、空き缶、空きの紙コップのホイ捨てがと。高校生、大学生の程度がガタガタに落ちてる証左かと。
学校で、何を勉強してるのかと。何にも勉強なんか、してへんわと。彼女の尻を追い掛けてバッカリかと。その彼女の質もガタガタでと。

イヤイヤ、デデデの、斯くなる次第の、斯くなるでと。
母の不満なるは、承知してるです。
ソラ、何度も、何度も、厭になる程、説得してましてと。話はしてましてと。

相部屋では、口をポカンの人も居たはってと。厭なんやと。
ディー・サービスの時とは違いの、まあ云うたら、ゲームなんかが少ないとかで。面倒も見てくれやはらへんしと。
ソラなあ、ショート・ステイでは、所謂の、養老院の空き部屋、空きベッドを流用かと。
ディー・サービスは外部からの、或る意味、お客様でしてと。部屋は不要でと。
お風呂も、行った都度、入れて戴けるですが、ショート・ステイでは、二日に一回となりましてと。ディー・サービスには、毎日も通てえへんしで、同じの頻度なれどです。
何よりもの、当人が、本音は云うてえへんですがの、ソラ、家とは違いましての、引っ繰り返って、好きなテレビ番組をば、見てられへんわと。いつもの場所、ディ・サービスのとも、違うしと。周辺にも多少の気を使うかと。

前回(昨年のお盆)なるは、先様、「こもれび」の、ショート・ステイの責任者に口説いて戴いたですがと。
「柴田さん、お盆になったら、来てな。」と。「待ってるで。」と。
ウン、行くと、二の返事でと。この責任者は母のお気に入りでしてと。

イヤ、そんなモンです。お年寄りは、他人さんには、調子が宜しいです。
よって、他人でも無いですがの、我が息子共に、説得をさせてたですがと。余所様なら、一発でと。アホらしいてねえ。

此度の、お盆の件については、我が方での、説得の合間にも、「こもれび」の、ケア・マネージャーさんとは、打ち合わせをしてましてと。
イヤ、何を隠そお、裏情報ならばの、当人、覚悟はあるみたいでと。
ソレとは無しに、お盆には、お世話になるカモと、ショート・スティの責任者に漏らしてたですて。へえと。
只なあ、日程も決まりの、肝心の部屋が空いてえへんです。大体は二ヶ月前までにと、なってるですが。其の二ヶ月前に、先様には、お盆にはと、話はしてたですがと。

お世話になるカモとは、背景簡単の、「要介護3」となってましての、我が家では、食事の準備万端してあっても、電子レンジで、チンも出来ませんです。
出来て、トイレに行くだけでと。

かと云うて、本題なるを、話をしたら、娘(我が妹宅)の処に行くがなと。一泊なら、ショート・スティに行ってもええでとか、言を左右に致しまして。
話簡単の、妹宅にも、姑さんが居たはるですがと。同居でと。
言葉を選ばずならばの、一人でも大変やのに、婆(ばば)二人も見てられへんわと。
とも、云うてえへんけれどの、そんな道理、理屈が分かってえへんです。分かって、無理難題の、屁理屈、抵抗してるです。

大体が、里帰りで、母一泊ならばの、こっちは、強行軍になりましてと。行ったと思たら、挨拶もそこそこに、ホナラと、踵(きびす)を返して、帰らんならんです。
そんな無茶、無理な、予定も組めへんのにと。
とも、云うてえへんですがと。

イヤイヤ、斯くなるでの、「こもれび」では、予定の日程では部屋が取れず。
予備とするのか、ショート・スティ専門の、「けやき」をと。
ケア・マネージャーさんから、紹介戴きの、ここなら、予定の日程取れましてと。加えての、評判も良くと。マア云うたら、ゲームなんかの催しも充実の、ご希望によりの個室も取れますがと。へえと。
当たり前に、個室ならばの、その分、負担額が増えましての、概略ならばの、一日、4千円かと。
個室ならばの、ご希望によりの、テレビもと。

イヤ、結構なるでと。
4千円で、一泊に、三食、ゲームに、催し付き。テレビ付き、昼寝付きのとならば、ビジネス・ホテルとか、旅館よりも、格段に安いですと。
マア云うたら、そこに、介護士さん付きなんやでと。私等からしたら、天国に該当の施設、待遇でと。
高く評価出来るです。
但し、タダシの、「こもれび」がダメな場合でありましてと。

ソラ、「けやき」は、初めてやしで、職員さんも、知らんです。イヤ、当人、母がで、場所も初めてなら、居辛いやろと。
よって、原則、出来る限り、「こもれび」を優先でと、してたですが、上手い具合に取れへんでねえ。
例えばの、「こもれび」主体で、中一日だけを、「けやき」ならと。等々の話もあったですが、年寄りを余りに動かすよりは、全日程を前提での、「こもれび」を優先の、どちらか一方でと。

コレ又、以前より、話を進めてましてと。
イヨイヨの目前となって来ての、変な話、「こもれび」に入所の方が、入院でと。お盆の期間も入院なら、部屋が空くですがと。そんな不確かな事では、予定も組めへんしで、安全のため、「けやき」の面談をと。

イヤイヤ、新しい施設の場合、面談が要るです。
しかるべくの、先方様としては、預かる当人の、状況。簡単には、ボケ程度、身体能力、持病、罹病、手術歴等々。
その上で、施設の概要を当方に理解して戴きの、契約書等々、注意事項等々とと。云うたら、こんな事で宜しければと、承諾ならばの、契約を結ぶになるです。

入所とするのか、予定の数日前に我が家に来て戴きので、面談をと。
母、最大の希望は、個室で、テレビでと。
結構ですの、テレビは、日に、100円ですて。へえと。安いなあと。
亀岡シミズ病院に入院の際には、テレビ・カード購入での、1200分(20時間)で、千円やでと。軽くの、二日に一枚使われてと。
こっちが、ヒイ、フウ、ハアの、ゲとなったです。
イヤ、息子共も何回か、手助けしてくれたですがと。
(09/08/22)


NO.815 諸事雑感なる話(5) 「けやき」にショート・スティの話(2)

オウムの、「真理党」、「幸福の科学」の、「幸福実現党」の話を掲載したなら、「創価学会」の、「公明党」との差はと。
そんな質問メールを戴いたです。
云うたら、「公明党」は、現に政権与党として、国政に大きな影響力を発揮でと。良い、悪いは別としてです。

イヤ、私め、簡単明瞭の、「公明党」は嫌いやでと。「創価学会」も大嫌いでと。大体が、宗教団体が、政治に進出はおかしいかと。バラ撒き専門で、支離滅裂でしてと。元祖子育て政党であると、何を根拠にかと。新米のお母さん連中が泣いたはるですと。

デデデの、嫌いやでと、明確に述べたる上での話なれどの、マズは、組織の大きさが異なりましてと。
「創価学会」;信者数、公称2000万人(実数推定私案根拠無しでは、3百万人)
「オウム真理教」;最盛期、公称約1万人(問題外)
「幸福の科学」;信者数、公称1000万人(実数推定私案根拠無しでは、15万人)

オウム真理教の、1万名は、マア、どでも結構の、鵜呑みにしても、創価学会、幸福の科学の、1千万、2千万ともなればの、一寸ナと。
イヤ、可成りの、眉唾モノでと。

但しの、創価学会の、世界規模ともなれば、推測のしよもあらへんしで、日本国内に限定の、創価学会員なら、我が町内会にも居たはるしと。関連の建物も、方々にありましてと。
ではあっても、2千万人とは、大袈裟の、話半分の、その又半分の、5百万人ならと。コレでも、多いと思うですがと。本音でなら、更に半分に一寸だけ色付けての、3百万人規模かと。
背景なるは、日蓮宗の分派でありましてと。規模が、出身母体がデカイかと。

かと云うて、話半分の、創価学会、1千万なる数字にしたって、日本の人口からして、13人に1人やでと。
創価学会本部のあるの、東京新宿なら、知らんですがと。

幸福の科学も、本部のあるの、東京品川なら、知らんですがと。
そんな理屈でなら、幸福の科学なるは、公称値の、十分の一の、百万人程度かと。
イヤ、ホンマかなあと。
大川隆法氏の、書物の発行部数で、上位のが、一冊当たり、百万部程度なら、分からんでも無いですがの、信者でも無いの、私めも数の内に入ってしまう事になりましてと。
マア云うたら、信者ともなればの、更に、十分の一の、10万人に、色付けての、15万人規模かと。

15万人規模なら、凄いですがと。
さりとての、失礼乍らの、全国に散らばってましての、せめてもの、地方議員を輩出してからにされたらと。
するが、僭越乍らの、我が助言でと。どっちにしたって、宗教団体がと。
されどの、公明党、創価学会なるは、事実上、自民党と組んでの、政権与党となってたですがと。結果、自民党は公明党に首根っこを押さえられてと。
日本国を左右してたです。怖いなあと。
尚、信者数なるは、あくまでも、コレと云うよな根拠は無くの、我が独断、偏見、邪推、第六感、適当、丼勘定なれどのと。

イヤイヤ、デデデの、何で、ショート・スティとか、ディー・サービスやとか。
我が母の問題を取り上げてるかとなればの、何を隠そお。隠す事は無いです。事実そのままでと。
加えての、考えてみて頂戴の、我が母がええ歳ならばの、四国の義母も、ええ歳なんやでと。(義父は2005年に他界。)
その義母も今年から、ディー・サービスに通うよになったです。当人は嫌がってたですが。周囲に勧められ、説得されましてと。周囲とは、我が嫁はんと、義姉の二人でと。

その、嫁はんの実姉、我が義姉一家には、何を隠そお、ご両親、舅、姑、健在でと。
健在ならばの、世間体、結構なる話でも、言葉を選ばずの、ソラソラ、一緒に居てるの家族たるや、ゲとなる程に、大変ゾと。
大変は云うまでも無くの、至って当然の、当たり前故、話題にもしてへんけれどや。
敢えて、意図的に、避けてたでも無いですがと。
その、舅、姑さん、話簡単には、ご両親も、ディー・サービスにと。特には、オヤジさんが嫌がったはったですが、通い出さはってと。イツからかは、知らんですがと。オヤジさんは、もしかしての、最近かと。

ソレ以外の、内実なるは、根堀りの、葉堀りの、聞かんでも、見てたら、大体の事は、分かるですと。
ソラ、100%までは分からんでも、見えるですと。私共と似たよな立場故にと。
云うても、三者三様、状況異なるですがの、異なって、コレ又、当たり前でありましてと。
そんな意味では、里の義父が他界より、義母の事が一段と、気になり出しましてと。気にはなったって、我が方では、如何ともし難くと。
ソラ、周囲、とは、私共のよな立場のモノを指してるですがと。環境、家族構成から、考え方も様々でと。何が良い、悪いは云えへんかと。

マアマア、そんな話は追々での、兎に角、義姉一家は、良くやったはるですと。
表現を替えるなら、やらざるを得んですと。単純明快の、親でしてと。気性が合わん。一々、五月蠅いわと。養うだけの金銭、家もあらへんしと、親を追い出したりの、水臭さい性格に非ずならばの、人間ならばの、自然の成り行きでありの、道理でと。

話超簡単には、最初っから、家族としての、計算に入ってましてと。
この、家族としての計算に、最初っから、入ってるか、否かが大きいゾと。
計算に入った上での、万事の計画があるです。無視しては、一歩も進まんですと。
此度、我が母の、ショート・ステイの話も同様でと。前提があって、里帰り計画が実施が出来るですと。

ソラ、無理矢理の強制執行でもええけれどと。家族故にナと。
毎日、顔を合わすのに、気拙(まず)い雰囲気になったら、困るですと。元々が、親たるは、気難しいです。ホンマやでと。
右左、白黒なるは、時々刻々、その場、その場で変動でと。
よって、余計な摩擦を避けるがため、ンヶ月でも、説得の、よりよい手段をと、腐心するですと。

そんな観点からなら、我が町内会、110軒。
当家と同じの家族構成とならばの、多分ならばの、4軒やろかと。やろか、とは、実にええ加減な話なれどの、単純なるの、親子での在住は除外でと。
実に、少ないです。希少価値かと。

イヤイヤ、その4軒で、親の話なんか、した事は無いですがと。
おもしろい事に、4軒共に、家の改築してるです。中身も、目的も聞いてえへんけれどや。多分ならばの、出来る範囲での、バリア・フリーにしたはるかと。

対して、言葉選ばず、田舎の方がマシでしてと。
一見、田舎の方が、同居が少ないみたいなれどの、実情なるは、ソや無いです。
云い出せば、四国の姪の嫁ぎ先も、大変ゾと。義理の父母に加えての、お婆ちゃんまでが、居たはってと。但しの、同じ敷地内で、棟(むね)が異なるですがと。
云うたら、理想的かと。
マアナア、年代がと。我が息子共にも、お婆ちゃんは居てましてと。同居で無いだけでしてと。

此度、諸般諸々の事情にて、一歩突っ込んだ中身に切り込まざるを得ませんでしてと。
イヤイヤ、昨年は、里では、我が一家、二組に分かれたです。宿泊先をでと。
云うたら、義母宅には、私と嫁はんと、二男がと。長男一家は、義姉宅にと。

此度は、三組に分かれたです。
当然にして、私と嫁はんは、義母宅でして。本来的、里帰りでありましてと。親元でお世話になるが、当たり前でと。
二男は、義姉宅で、長男一家は、義姉の長男宅でと。
イヤ、昨年と同様でも構わんですが、義姉の長男宅が、近くやしと。実は、新築しよってねえ。羨ましいなあと。

イヤイヤ、デデデの、母は、「けやき」にお世話になるが決まりましてと。
ここも、凄い人気とするのか、需要逼迫(ひっぱく)の、当日まで、入所者とするのか、利用者がありましてと。個室故に、部屋の整備とするのか、受入体制をば、整えてからと。
出迎えは、昼からになったですがと。

そんな意味ならばの、年々、とする程の、年季は入ってえへんですが、しかるべくの施設の手配が大変になって行くの傾向にあるのかと。
現に、「こもれび」では、満員御礼にて、結果的、部屋(ベッド)が取れへんかったんやと。
イヤ、「こもれび」なら、どしても、個室とは、頼んでえへんかったですがと。出来ればの範囲でありましてと。
ソラ、正直、経費がかさむしと。
(09/08/23)


NO.816 諸事雑感なる話(6) やっとで、出発の話

8月22日、我が町内会の、「夏祭り」が開催されまして。
昨年は雨でして、私めは不参加でして。嫁はんは、ご近所さんと参加したですがと。
此度も、開催直前、チラと雨がと。チラ故、イツも通りに開催出来たですがと。役員、関係者一同、気が気や無かったやろなあと。

イヤ、結構、参加も迷うですと。
最早の、区長をして、4年が経過したですしで、あくまでもの、町内会の一区民としての参加で結構でと。
私自身は思うですがと。お歴々、ご来賓が来られてて、ご尊顔を拝し、多少ならば、承知してるのに、横向くのも失礼のと。さりとての、シャシャリ出るのもナと。
軽く挨拶程度でと。思たり、出来れば、無縁の場所で、気楽にと。
とも、思たりと。
よって、昨年は、遠慮したです。雨天決行にて、人数も少ないやろしの、出て行ったら、目立つしの、知らんフリもと。

イヤイヤ、一昨年には、あったんやと。
誰とは云わんの、当時の役員の一人が、一寸、云うたんやと。私めにで。ソかと、そんな具合に思う、受け取るのが居てるかと。
こっちにしたら、現役区長の支援、応援のツモリで、場を盛り上げるの助力をと。されどの、想定外の事を、酔た勢いとは云えどの、面と向かいの云われたら、モ、止めとこかと。
話簡単には、エライさんになったんやと。自分よりも下やったのにと。
この、上(うえ)、下(した)の意味が分からんですがと。年齢的には、そのお方の方が上でしてと。親分肌の人物故に、よもやの話でと。
私めからしたらの、その期までなら、ご来賓に対し、多少はお相手が出来ると思たしで、しただけなれどです。ソラ、重々承知の面々でありましてと。

我が区長時代、云うても、新米区長やでと。
市会議員様、自治会副会長様なんか、雲上人みたいなモンでしてと。雲上人までは、表現するに、大袈裟でも、お相手するに、何の話題をと。親(ちか)しくも知らんのにと。

よって、役員の中に、先輩区長が居てるしで、最初っから、応援以来とするのか、お相手を、お願いと。頼んでたです。要は助けて頂戴ナと。
実際問題、新米区長で、ご来賓席を飽きさせず、場を賑わせ、盛り上げられたら、大したモンやでと。
マア、無理でしてと。コレぞ、先輩区長のお役目での、先輩区長としての、顔も立つかと。
正直、応援して戴き、区長として、助かったです。嬉しくもあったです。

しかるにの、重々承知から、去年からは、知ってる云うても、最早の、顔だけの面々となりましてと。
イヤ、ご来賓の、市会議員は承知してても、そんなに親しくは喋ってえへんしと。
自治会なら、現会長は区長で同期故、重々承知はしてても、代行で、副会長が来るしで。副会長は、副会長に就任以前、何かの寄り合いで、時々居たはったナの程度の、顔だけしか知らんです。
先様は、私めなんかは、全然でと。ご当地の人からしたらの、余所者でしてと。イヤ、顔だけなら、何とか、記憶の片隅のと。見た事があるよな、無いよなの程度でと。

そして、隣接の区長も代が替わってしもてと。ソラ、4年も経ったら、そんなモンですと。挨拶するにも、顔だけは承知の、苗字がと。知らんわと。
マアナア、余りに難しくも考えずに、適当にと。

イヤイヤ、正直には、参加をしても、飲めへんしと。
飲める面々に、調子を合わせて、話題提供の、器用さもあらへんしと。さりとての、一度経験したなら、我が町内会の役員の苦労も重々承知の、分かるしナと。
ソラなあ、誰でも、何でも結構の、沢山、タクサン、タークサン、沢山の面々に参加して戴くに意義あり、やり甲斐がありので、嬉しい事でありましてと。盛り上がって、盛り上がっての、時間も忘れて、盛況がと。ハヨ、帰れと追い出すくらいが宜しいですと。
さもなくばの、後始末が大変でと。
私めの期は、追い出したです。追い出すくらいが良いとか、悪いは全くの、当時は、気分的余裕は無いです。只々、役員のためでありましてと。遅なったら、後片づけが、大変やしと。

今期、家に居てへんなら、仕方が無いけれどの、暇で、居てるしと。
強いてなら、巨人戦のテレビ中継も見たいけれどの、グと我慢してと。
とまあ、そんなに深くも、考える必要もあらへんのにと、思たりもと。
とりあえずは、嫁はんと、一寸行くかと。ビンゴ・ゲームもあるし、抽選もあって、何か当たるの可能性もありましてと。

飲めへんは、飲めへんでも、生ビールの一杯程度はと。私めにしたら、中ジョッキ一杯は可成り多いですがと。
兎に角、ボチボチの、ビンゴ・ゲームが始まるの頃に出向きまして。200円也で、ビールを一杯。しかるにの、ビール担当の役員さんは正直、苗字も知らんのやと。

当時、相当に、勉強とするのか、覚えたツモリなれどです。若手はサッパリ、分からんわと。一緒に役をやった以外の面々はと。
何でも結構の、困った事に、参加の半数以上が若手でありましてと。
ここで云うの、若手とは、我が町内会にも、年々、新しい家も建ちましてと。新しく加わったの、町内会の面々の意でありましてと。知らんで当然のも居てましてと。

モ一発、何でも結構の、生ビールをジョッキで、チビリ、チビチビの飲んでましたら、町内会のオッサン、若手は知らんですがの、オッサンなら、承知のと。
イヤイヤ、単なるの世間話でありましてと。先様、区長経験者でもありましてと。そんな区長が云々の話はしてへんですがと。
云うたら、我がオヤジが他界の時の区長でして。
とも、話はしてへんけれどや。我が家の前に町内会のテントを張って戴き、二度、三度と、お焼香もして戴いたですと。
当時の役員さん、全員がと。有り難かったです。

とも、全然の、話はしてへんですがと。その時には、そんな話題でもあらへんしと。
要は、オヤジが他界より、最早の18年が経つのかと。ホナラ、このオッサンが区長をして、18年が経つのかと。正直には、18年も経てば、町内会の誰が、区長経験かも、忘れ去られてるですがと。

イヤイヤ、クレグレもの、そんな昔話は一切、してへんです。
したのは、我がホーム・ページを見たはるですて。へえと。
このオッサンに宣伝した記憶は無いですがと。云うたら、変な話は掲載出来ひんなあと。どっちにしたって、ソレを、Blog、Blogと云わはるしで。
イヤ、Blogでは無いですと。ホーム・ページですと。ホーム・ページと、Blogの違いの概要をば、ホンの手短に解説のと。本気で、云い出したら、延々、三日、二晩、特訓になってしまうしと。一分で納めたですがと。
幾ら何でも、「夏祭り」の余興として、真剣な顔して、口角泡を飛ばしの、講義をするに、相応しくも無しでと。

イヤイヤ、デデデの、斯くなる次第の、斯くなるでの。
云うたら、私等夫婦にしたって、アト、何年、里帰りが出来るやと。
少なくともの、我が体力の事も考え出すです。

迎えてくれるの、義母もええ歳なんやでと。一番にお世話になってるの義姉夫婦も、私等と同年配なんやでと。
現在唯今なら、行く、行かへんを、考慮、左右するよな、健康問題も無いですがと。関係者一同にもあらへんから、毎年、継続出来てるですがと。
云うたら、全員が、健康なればこそでしてと。

ボチボチ、この手の話からは、脱出の、ソレ以外の準備もしんならんです。
矢っ張り、一ヶ月もの前から、同時進行、手配万端の、ソラ、手ブラでは行けへんしと。コレは、嫁はん担当の、誰には、何をで、どこさんには何をと。
マア、正直、お土産の数だけでも大変ゾと。合う、合わんは別としても、云うたら、田舎やしと。こっちに配って、あっちに配らん訳にもと。
モっと、云うたら、ご近所さんの、悉くが、親戚縁者でありましてと。

イヤ、羨ましい事でしてと。よって、里でありの、行ける先、里がありましてと。
私らなんか、親も、共に移動故に、実家は、我が家でありましてと。所謂の、我が家以外に、柴田家の里、親元なるは、あらへんしと。

とは、云うても、何年経つやと。三十三年かと。イヤ、比地木の里に私も行き出してと。
とは、とは、云うても、親戚関係、分かってえへんでねえ。多過ぎるは云い訳でも、義母の妹さんだけはヨック承知でと。理由は簡単の、ショッチュウ、顔を合わせてましてと。
イヤ、義母宅でと。家が近く故に、朝に、夕にと、気が付けば、居たはってと。

オッとの、そんな話も結構の、やっとで、出発とするのか、母を、「けやき」に送ってしもたら、二男が仕事先から、帰るを待ちましてと。
小休止とするのか、夕飯喰て、風呂にも入って、神戸の長男宅に向かうですと。
イヤイヤ、先の通りの、荷物が一杯。積めるのかと。積まんと仕方が無いけれどと。変な話、お土産類なるは、先に義姉宅に送ってしまうの手もあるですがと。しやへんかったんやと。

そんな事も結構の、二男も帰宅で、準備もしまして。
出たは、夜の、9時半頃かと。要は、一旦、長男宅で、一泊での、明くるの朝から、今度はしかるべくの、荷物の積み降ろしで、一同、長男の車で、四国に向かいの、里に出発でと。
その方が、お盆の交通渋滞に突入も軽度かと。
さもなくばの、我が家から、明くる日の朝から、出発しててみい。
忙(せわ)しないゾと。
(09/08/24)


NO.817 諸事雑感なる話(7) 孫娘の話(1)

イヤイヤ、斯くなる次第の、斯くなるでと。
「夏祭り」の会場なるは、町内会の公園でと。
公園に張られたテントの席は満席にて、私らは立ったままの雑談でと。
同じ組の奥様連中も、周辺にで。私め相手で無くの、嫁はんでと。ソラなあ、誰にしたって、知らん人の輪に入るも難しくと。知る、知らんも、基準は様々なれどのと。

デデデの、今期区長の奥様もチラと。
イヤ、私にでは無いです。嫁はんにで。
イヤイヤ、区長が大変でして。可哀想とするのか、諸般諸々にて、入院したはるですて。話簡単には、「夏祭り」に間に合わずと。
私め、ハタから、話を聞いてて、「重なる時は、重なりますねえ。」と、ダケでして。
ソレ、以上は云いよが無いです。

イヤ、実際、重なるです。
何を隠そお、我が期でも諸々重なったです。
私め、最初の行事、「春の環境衛生」、要は草刈りの直前に倒れたです。諸般諸々、救急車で、運ばれたですが。
幸いにしての、様子見だけの一泊、二泊程度で、無罪放免になったですがと。

イヤイヤ、最初の行事の、「春の環境衛生」をば、しかるべくの、イツイツ、何時からやるゾの、町内会の面々に回覧のための、通達文書原文なるは作成済みの、されどの、配るの直前にての、その時は、長男が京都に居てたしで、頼むと。
イヤ、原文なるは、作成済みでも、パソコンの中でしてと。

但しの、最低限の、副区長にだけは、伝えたですがと。ソラ、下手して、下手に、長期にでもなったら、以降、代行をとなるですしと。覚悟しといて戴きませんとと。
結果的、行事には何の支障も無くの、何事も無きかの如くに行事進行。

モっと、云うたら、身は一つで、行事が重なったり、私用も重なったりでと。
私用、最大は、ソレこその、四国の義父が、危篤のと。葬式がと。この年の事でしてと。
危篤も、葬式も、町内会の行事では無くの、自治会主催、関連の行事と重なりましてと。行事、準備が連日の如くで、ソラ、私用、公用、誰もが、何等かの、重なって当然の、どしょかと。
万障繰り合わせての調整も、葬儀は繰り合わせよが無いですと。

危篤の方は、危篤とは、別途の話の、一切口外せずの、自治会関連の行事にて、町内会から、何人かを出さんならんかったしで、しかるべくの、三役にお願いしたですがと。受けてくれへんでねえ。ホンマやでと。最悪でと。
三役以外の役員にお願いしたですがと。筋違いなれどの、ホンマやでと。区長経験者、O氏が受けてくれたですがと。

葬式に関してはの、最低限の一点のみ、コレだけはと、三役にお願いしたですがと。三役以外に出来ひんしで。
イヤ、町内会のテントを出さんならんですしで、テントが収納されてるの、倉庫の鍵を開けてクレと。コレは、三役が鍵を管理故でと。

ソラナア、義父故、嫁はんの実の父の葬式にての、嫁はんは当然の行かんならんですと。
我が母にしたって、当時は、ディー・サービスには通てえへんでも、自分の身一つが、ヒイ、フウ、ハアで、そんな用事、頼める状況に非ずでと。
結果、出発のギリギリまで、自治会行事の準備のお手伝いの、帰って来て、即の、そのままに、後片づけに馳せ参じのと。行事本番のみ、出られへんかったですと。

要は、代行依頼して、断られるにしても、断られよがありましてと。事と次第もありましてと。
しかるにの、救いの手もありましてと。
先の通りの、先輩区長4名が、古手の役員が、積極的に支援をしてくれたです。さもなくばの、我が身、保つモノも、壊れるわと。

この義父の葬式の件、段階を以て、区長として、最早のと。
見切りを付けたかと。
云うたら、一寸、遅め(義父云々の件は、11月であり、町内会としての、主要行事は終了してました。)なれどのと。ソラ、高がの、されどの、町内会の話やしと。
任期一年、されどの一年でしてと。残った任期、我が思うよに、進めるかと。厭なら、付いて来んでも宜しいですと、開き直ったですと。

その他の、三役、各々、諸般重なったりと。余所様の事やしで、ここには内実触れずの、マア、見事に諸般諸々重なったですが。
区長の立場としては、自分自身に諸般あっても、町内会の行事には、一切の影響させてえへんです。ええ格好を云うならばの、全ての行事に、陣頭指揮が執れたですが。
とは云え、区長も実際に陣頭指揮なるは、行事各々にての、初体験なんやと。「秋の環境衛生」行事以外はと。コレは、「春の環境衛生」として、経験してるしで、二度目の行事となるですしと。

イヤイヤ、デデデの、当期区長の入院なる背景、事情なるは、事前にも噂では承知の、「夏祭り」にも間に合わんかったのは、当日、その場で知ったですがと。
奥様としたら、コレ又、大変やろなあと。
区長の奥様なるは、実質的、重要なる役目が一杯の、されどの、あくまでもの、単なるの奥様にての、役員でもあらへんしと。
幾ら何でもの、陣頭指揮は執れへんしと。執るにしたって、右も左もサッパリでの、執るは、組織的、当然にしての、副区長でありましてと。副区長の人格で決まるですと。
云うても、コレ又、副区長にしたって、心の準備がと。
ソラなあ、副区長と、区長では、立場が違うです。

云うたら、失礼乍らの、過去に、三役経験してたって、区長とソレ以外では違うんやと。責任の重さがと。会社でも一緒の、されどの、会社では、地位の向上目指しての、何れは、社長にと、虎視眈々のヤツが居てるけれどの、町内会のは、あらへんわと。
何の実入りもあらへんしと。
普通に出来て、当たり前。その替わりに、町内会に、倒産、廃業はあらへんけれどと。
あって、遁走、夜逃げ、自殺かと。
ホンマやでと。あるんやでと。

イヤイヤ、デデデの、どっちにしたって、ビンゴ・ゲームはスカでしてと。
珍しくの、H氏、元区長で、自治会副会長歴任も居てましてと。イヤ、昨年から見てへんです。云うたら、失礼の、春の秋の、草刈り行事にも出てへんしと。
先様が、こっちを見つけてくれて、我が方、見て、手を挙げた故、「嗚呼、来たはりましたか。」と、だけでしてと。私め、この時には、町内会の奥様連中と単なるの、雑談中でと。
ソレもあるし、席があるのか、無いのかも、分からんしと。席の状況、ゴチャゴチャしてましてと。

デデデの、ビンゴ・ゲームはスカで、抽選が終われば、帰るのツモリで居たですがと。その抽選がイツから始まるのか、知らんですがと。
マア、最後の方かと、思てた矢先、当期副区長が、「柴田はん、柴田はん。」と。

こっちにしたら、声を掛けられた意図、意味は分からんしで、「頑張ったはるなあ。」と。
だけの返事して、サテの、私めに、何用かと。
勿体ぶっての、話の続きは、後回しにしましてと。

イヤイヤ、デデデの斯くなる次第の、斯くなるでと。
二男の車に積むべきを積んでしもたら、満タンでと。更に、長男の荷物を加えたらの、どするやと。
どするも、こするも、イザとなればの、別途に運送、宅配便ででも、頼まな仕方が無いですがと。この段階にて、宅配便に頼める荷物は限られてましてと。

そんな話は結構の、無事にとするのか、結果的、無理矢理の、無理難題の、長男の車、NOAHにも積み込めたですが。
とするよりは、足元にも荷物を一杯、積み込みましてと。大変ゾと。

そんな話も結構の、夜の9時半に我が家を出発、約80kmの行程をば、約1時間半。
無事に神戸の長男宅に到着のと。
イヤ、夕食は喰てるし、風呂にも入ってるし、原則、寝るだけでありましてと。
云うても、アイスのコーヒー一杯、クレと。嫁にで、ホっと、一息付けたです。

デデデの、孫娘も二歳と一寸になりましての、以前には、エライ警戒されましてと。ダッコするにも、不機嫌になりので、暫くしたら、我慢たまらず、泣き出してと。
泣き出したら、延々、泣くしで、始末に負えんのが、何故か、前々回辺りから、懐(なつ)き出してくれましてと。その前々回がイツの事かは、忘却のと。
イヤ、時期は承知の、前回、5月の辺りを境(さかい)にしてるかと。

二歳の誕生日会の口実で、こっちに来た時には、町内会の公園に連れて行ったですがと。
ソレまでなら、考えられへん現象でと。
言語明瞭の、家から一歩でも出てみい。お母ちゃんが視界から消えてみい。我が顔をチラとでも見てみい。真っ赤っかになって、泣きまくりの、帰る、帰るで、ドツイタロかと。
ドツキはしいひんけれどの、そんな状態では、一歩たりとも、外には出られへんです。

ソラナア、我が孫娘故に、懐(なつ)いてくれたら、可愛らしいです。
懐いてくれずに、渋面造りの、手で払い退け、一生懸命、全身全霊、六根清浄の、性根をすえて、涙ポロポロ、鼻水タラタラ、泣かれてみい。腹の立つノリ、超越するですと。
何で、こんなに嫌われんならんのかと。記念写真でも、パチリ、パチパチ、山程撮って、しかるべくの、年頃となりての、化粧しやがってと。彼氏でもを連れて来やがってみい。アノナア、貴君と、公開、開陳してやろかと。
そんな先まで、生存してタラの話なれどのと。
イヤ、原因、重々承知の爺婆には、馴染みが無いです。孫娘と会うが、ンヶ月に一度やしと。

処がの、二歳を境に、懐(なつ)き出してくれましてと。私が相手してやったら、喜び出してと。喜び出したら、こっちも、構うし、構て、泣かれへんなら、喜んでくれるならばの、公園にでも、連れてってやろかの気にもなるです。

その公園なるは、町内会での位置的、我が家からしたらの、端から端でしてと。距離的、ザッとで、250メートルかと。云うたら、「夏祭り」の会場でと。
マズは、その片道250メートルが保つのか、保たんのかと。大きな試金石となりので、片道、泣かへんでねえ。
イヤイヤ、お手々繋いで、歩いたですがと。

一歳、二歳の、二歳の辺りで、こんなに変貌するのかと。私の方がビックリの仰天のと。
さりとての、二歳を過ぎて、懐いてくれへんかったら、寂しいゾと。言葉を選ばずならばの、孫娘であっても、孫娘に非ずの状態になるかと。
懐き出してくれて、ホっとしたですがと。
マア云うたら、この頃から、アカチャンから、幼児になりの、一寸だけ、物事が理解で、幼稚園くらいまでが、面白い時期かと。
(09/08/25)


NO.818 諸事雑感なる話(8) 孫娘の話(2)

当期副区長、O氏は、我が期で、一寸した、お世話になってるです。
「町民大運動会」で、応援用に持ち出したの、太鼓のバチが壊れまして。イヤ、子供達が太鼓で遊ぶしでと。止めとけとは云わんです。
賑わしにて、大いにやってくれたら結構でと。
されどの、壊れるは、想定外でして。

当時は、何の役職でもあらへんですが、彼が、何とかしますわと。イヤ、関連の仕事をしたはってと。
話簡単には戴いたです。バチ二本。
費用請求してくれと、頼んだですが、頑として、断られてねえ。そんな費用云々程の値(ね)もしいひんしと。

かと云うて、ハイ、左様ですか。オオキニ。
とも、出来ずに、してもええけれどの、コレは性格の問題での、町内会の、其の辺りに詳しいの、サンジさんに、どしたものかと、お宅に伺いのご相談にての、再度、二人して、バチの、Oさん宅に再訪問の、そんなに気を使てもらわんでもと、矢っ張り、蹴られましてと。
気を使うとするよりも、こっちにしたらの、感謝の意、礼儀もあっての、ホナラと、サンジさん曰くに、何かの際にでも、Oさんには、金銭の事では無くの、一寸した、粗品とするのか、お土産でもと。区長からとするよりは、そのままの、アンタの気持ち、感謝の意をと。
ンの、成る程のと。
変な話の、期せずしての、義父の件もあっての、四国からの帰り、瀬戸大橋の与島で、お土産を買い求めましてと。

ソラナア、見え見えなれどです。
ソラナア、先様には、未だ、嘗て、そんなお土産をば、持参した事もあらへんのにと。突然にもの、四国のと、持参で、一発、嗚呼、あのお礼かと。
とは、分かっても、結構での、ソレ以外に手立てはあらへんわと。お土産も、マア云うたら、高額でもあらへんしで、遠慮して戴くよなでもあらへんしと。

要は、区長とは、そんな立場の、ケジメは付けとかんとと。当然にして、バチには、O氏、寄贈と書(しょ)しましてと。
この寄贈云々も、書き方が分からんでねえ。本来的、子供神輿、祭礼用のバチでしてと。矢っ張り、サンジさんには、どんな具合に書けば良いのかと。一々、お尋ね、お知恵拝借にと。

ソラなあ、単純に書けば良いみたいでも、書いた事があらへんしで、分からんわと。ましてやの、バチやし、書くにしても、場所がと。
手元では、消えるしと。先では目立ち過ぎるしと、色々考えてしまうんやと。オマケで、字を書くは、苦手の、何よりもの、下手糞でと。
結果、どこに書いたか、忘却のと。
ソラ、4年も過ぎたら、細々とは、忘れるわと。

斯くなる次第の、斯くなるでの、区長時代、一々の、助けられたる恩義は忘れてえへんです。
デデデの、その時の、バチのオッサン、現副区長から、柴田はんと、声掛けられて。へえと、何ですかと。
「抽選してくれやはらへんか。」と。
オッとの、意味合いなら承知の、へえの、への、何でやなと。私めにと。藪から棒の、晴天の霹靂(へきれき)とまでは申さんですがの、ビックリ仰天のと。

ソラ、区長退任以来でも、何回かは、「夏祭り」に、参加もしてるですが。何回云うても、此度で、三回なれどです。昨年、サボっただけでしての、抽選をしたは、我が期、区長としての、一回だけでしてと。一等賞をと。
との、余計な事は、云わずでと。

イヤ、副区長曰くに、歴代区長にお願いするに、前期のNさんは居てるし、問題無しでと。Aさんが飛んで、Kさんも飛んでの、来てへんしと。柴田はんにと。へえと。
アトは、Tさん、サンジさんにお願いの予定にしてるですて。
へえの、一寸ナと。私等なら、何でも結構の、副区長がメモ書きしてるを、示し乍らの説明故に、見たらの、抽選担当なるが、町内会の面々だけでしてと。

その町内会の面々も、歴代区長にしたら、おかしい面もあるですがと。
暫し、置いといての、オッとの、あのなあと。
とは、言語明瞭の、口にしたです。云うべき、伝えるべきはと。知って、知らんフリは出来ませんですと。恥をかかすになるですと。恥も、ダアレも云うてくれへんしと。
ホンマやでと。世の中、意地悪が多いですしと。

副区長の立場も理解してましての、そこまでの、予定、計画を練る、考えるの間が無かったかと。間があっても、慣例、序列を知らんかったら、分からんわと。
云うたら、毎年、毎年、「夏祭り」に顔を出してても、抽選風景をば、見てても、気が付かんです。単に、抽選をしたはるナの程度でと。
最大の関心事なるは、自分が当たる、当たらんか、だけでしてと。

しかるべくの立場になって、分かるですと。
イヤ、私めも同様でしてと。過去の資料を見てても、分からんわと。其処までは、当日になって、分かる。確定する事での、資料に、メモしてる程度でと。多分なら、先輩区長に尋ねたかと。さもなくばの、何も知らんしと。

云うたら、引き継ぎ事項の我が詳細文面、前例に無いの、詳しいのにも、記載はしてへんです。
細かな話に過ぎましてと。他に引き継ぐべきの、重要事項は、一杯あってと。

イヤイヤ、デデデの、斯くなる次第の、斯くなるでと。
神戸に着けば、孫娘も、歓迎してくれる。
とまでは、無理でも、相手してやっても、逃げへんしと。或る意味、我が陣地で、お城であっての、見える範囲に、お父さん、お母さん、イヤ、当世、パパ、ママが居てましてと。

ソラナア、見えてても、泣かれた事が度々でと。
余程に信用されてえへんのかと。
イヤ、信用、不信、以前の、本能的に危険信号が出てるのかと。ホナラの、何かい。我輩、爺ちゃんなるは、危険人物かと。問い質しともなる状況が遂の最近まであったです。

イヤイヤ、デデデの、ホンマやでと。
この、パパ、ママなる表現は、私めにとっては、聞き苦しく、耐え難き事ではあっても、最早の、何処様でもそんな具合に呼ばせてましてと。
話簡単の、一体、イツから、パパ、ママなるが、日本語と錯覚、誤解されるよになったかと。
錯覚も、誤解もされてえへんでも、主流になったかと。理解に苦しむですがと。要は、外国語であっての、平たくは、父ちゃん、母ちゃんの類(たぐい)でと。幼児語でと。

さりとての、アカチャン・クラスに、お父ちゃん、お母ちゃんとは、文言、発するにも、難しくと。パパ、ママなら、発し易いは、理解の、ソレでもナと。
我が考えならばの、イツまで、パパ、ママと呼ばせるかがありましてと。
高校生、大学生、社会人にもなって、パパ、ママとでも、呼ばさせる気かと。歳喰て、三十、四十歳にもなって、パパ、ママと、ええ歳したオッサンで、男が云うてたら、マザ・コン(マザー・コンプレックス)かと、疑うですがと。

イヤ、明かなる、マザ・コン、パパ・コンかと。
パパ・コンとは云わずの、ファザ・コン(ファザー・コンプレックス)と称するですがの、実は、英語でも、ママ(Mama)は、使われても、パパ(Papa)はあらへんわと。強いてなら、ダディ(Dady)かと。
されどの、ダディでは、矢っ張り、アカチャンでは、発音が難しくて、パパ、ママかと。アチラ様のアカチャンは知らんですがと。

コレも、中国語説、「マーマ」「パーパ」まであっての、ここまで来たら、何をか云わんの世界かと。
ええ加減に奇説は止めて頂戴ナの、米国語では無くの、英国語でありの、元は、フランス語が語源の説もありましてと。英国人が教養としてフランス語をと。コレが一番に妥当かと。
されどの、どっちにしたって、外来語。

我が語感からしたらの、アカチャン、幼児の段階は別としても、以降、パパ、ママは、幼稚に聞こえまして。
お父さん、お母さんは、上品、無難、シッカリした響きとして聞こえるですがと。ここは、日本国でありの、聞くは、日本人故にと。

そんな話は結構の、教育方針なるは、パパ、ママに任せましての、孫娘も、私め、爺をば避けて、逃げんよになったですと。
イヤ、私なら、爺でも、爺ちゃんでも、お爺ちゃんでも、何でも結構の、日本語でさえあればと。
されどの、糞爺(くそじじい)ともなればの、一寸ナと。
されどの、されどで、そんな、日本語を知り、喋られるは、イツ頃かと。良くも、悪くも、女の子は喋り出すが早いしと。
(09/08/26)


NO.819 諸事雑感なる話(9) 目に入れても痛く無いの話

イヤイヤ、デデデの、「夏祭り」の、催し。
景品が当たるの、抽選のと。
抽選者の人選、メモ書きをば見るまでは、気にもしてへんかったの、ご来賓様はどこかと。どこに居てるかと。
と、マデは、嘘なれどの、ソラ、来てスグ、チラとは見てるですが。再度のチラと、誰が居たはるのかと。正直には、馴染みの薄い面々が多くてと。
よって、チラで終了の、ソバには近寄らんかったですがと。

そもそもが、場所が、舞台からしての、一番の後方でと。椅子席でと。
云うたら、毎年、毎年、ベタリと座ったり、椅子席になったりと。上手い具合に、交互になってましてと。
実は、気の使い過ぎとするのか、椅子席では、盛り上がりに欠けるですと。
とは、エラソに云うても、申し合わせ事項で、前期区長から、聞いたです。ベタリの方が気楽でと。ご来賓が云うてたですと。
だけでは無くの、その他の、先輩区長も、ベタリと座った方が落ち着くでと、云うしで、疑念無く、従おたですがと。
当然にして、次期への引き継ぎでも、云うたですが。文面までにはしてへんですがと。
無視されてと。

完全無視も、気持ち、分からんでも無いですがと。
期の区長の思うがママで結構でと。私がトヤカクの思たって、仕方の無い話でありましてと。
されどの、矢っ張りナと。そんな視点で観察では、椅子席なるは、ご来賓席には近寄り難くの、人数も椅子の数だけになりましてと。確かに、盛り上がりに欠けてるですと。

にしても、最後部は、一寸ナと。
とは、瞬時思たですがの、ソ云うたら、今期役員での、区長経験者が少ないかと。されどの、前期のが居てるのにと。毎年、毎年、参加の古手も役員で、居てるのにと。

こんな時に、経験値を示してやらんとと。黙ってたら、経験も何のためのかの、役立たずでと。
云うたら、ご来賓席に座るだけで、「夏祭り」の状況をば、肌身に感じ取りの、例年との差、違いを考えへんかったら、単に、存在をば誇示だけになるですがと。

そんな事は結構の、兎にも、角にも、ご来賓として、自治会副会長、市会議員、隣接区、町内会の区長が来たはるです。
イヤイヤ、デデデの、話簡単の、ご来賓が居たはるのにと。副区長にです。
そちら様が最優先とするのか、上位を抽選して戴きの、諸般の事情にての、区長が不在ならばの、副区長のアンタが一等賞を引くのが、当然のでの、順当のと。
言語明瞭の、云うてしもたら、慣例に加えての、序列なるが、あるですと。ご来賓の顔を立てませんとと。

更には、変な話の、私等を、ハタマタの、Tさん、サンジさんを立てるならばの、自治会副会長歴任の、Hさんを立てたらんとと。云い出せばの、我が期以前の、Uさんもチラと見たけれどと。自治会会計歴任の、Hさんも見たし、Sさんもと。モっと、云うたら、今期役員で居てるのYさんもと。

副区長に云うたなら、そこまで、遡ってたら切りがあらへんしと。オッとの、マアナア、ソラ、ソやなあと。
一応の意見、助言の、参考での、どっちにしたって、ご来賓には、序列なるのがあっての、筆頭、この場合は、自治会代表で、以下、順には、市会議員であっての、隣接区長でと。
そして、最後が、一番にエライの、ご当地、区長であっての、居てへんなら、アンタ、副区長なんやでと。

イヤイヤ、私なんか、そんな大役はと。
イヤマア、そこから先は、そっちのご判断にての、私めからは、云うべきを、伝えるべきを、だけでの、決断は、アンタやしと。

マアナア、多少の順番が狂ても、どて事無いけれどの、ご来賓は立てんとナと。変な話、自治会代表と、議員様は、ご挨拶と、抽選をするがタメに来たはるみたいなモンでしてと。アチラの区長は、抽選もしいひんかったら、何がために来てるかと。
と、までは云うてえへんですがと。
場が場やしと。時間もあらへんしの、副区長の思考回路を混乱させてもと。

デデデの、そんな話をしてたならば、副区長の奥様、ソバに居ての、ソ云うたら、ご来賓の挨拶では、そんなよな順番やったねえと。ソやろ。ソラ、ソなんやと。
されどの、私め、ビンゴ・ゲームからでしての、挨拶は知らんですが。
との、余計な話は、云うてえへんです。

イヤ、どんな順番で、抽選担当の了解を得に回ってるかは知らんですが、誰か一人くらいは、エライさん、Yさん、Tさん、サンジさん、先輩諸氏が教えて差し上げませんとと。
ホンマやでと。
区長不在で、副区長が必死に頑張ってましてと。

区長なら、過去の資料にも目を通しの、抽選の仕方も構想を練ってる筈なれどです。
当日、本番にての、臨機応変の決断、決定するべきの事項も、沢山ありましてと。

抽選方法なるは、予め決めとくべきの事項なれどの、区長、入院にて、時間が無かったかと、同情致すです。
同情しても、何とも早(はや)の、私めには、手も足もで、三役の決断、役員会での決定事項でありましてと。区長経験者がモっと、助言をしてやらんとと。

しかるにの、残念乍らの、副区長では、そこまで、気が回らんわと。
ソレ以前の、突然の、アレコレ、決めるべき事項が多過ぎての、心の準備も出来てえへんかったかと。そもそもが、過去の資料の存在さえも知らんかと。
云うたら、我が区長時代、クドイけれどの、何度も、何度も過去の資料には、目を通しの、ソレでも、肝心なるの、具体的なるは、サッパリ故に、区長経験者の役員4名に聞きまくったわと。聞きまくったし、教えて戴いたしと。
さもなくばの、私めが如き、新米、初体験での、大きな行事に、陣頭指揮なんか、出来ませんです。私に限らず、新米区長では、初体験故に、分からんわと。
その他大勢にて、指示に従いの参加してるのと、計画練っての、陣頭指揮は、全然、違うですと。
結果的には、案ずるよりは、産むが易しの、古手の役員が、自発的にドンドンとと。実務をやって戴き、助かったですと。

よって、私なんか、出店の、テントの、椅子席の、ご来賓席の、場所を決める程度やったかなあと。席の確保の、明示の貼り紙も、先輩区長に云うて戴いて、気が付くのであってと。
云うたら、高がの、町内会の一行事。されどの、ご来賓までを招いての行事でありましてと。周囲、役員会の面々も、気を付けてやれよナと。

イヤイヤ、デデデの、そっちの話も続くですが、本題の、里帰りの話をと。
マダ、里帰りには、緒(ちょ)についたばかりで、神戸での一泊。
本格的出発は、明くる日の話なれどのと。

そんな話は結構の、実は、孫娘に相対峙する度、嫌われてと。
するのか、警戒されて、困ったなあと。
ダッコするにしたって、一分と保つのかと。マダ、二歳の誕生日を迎える以前の話なれどです。二度目の、「雛祭り」の御祝いの時でしてと。
神戸、息子宅の近くのスーパー・マーケットであったのか。多分なら、最寄りの駅にある、スーパー・マーケットでの事なれどと。
イヤイヤ、何を隠そお。隠す事は無いです。
そのスーパー・マーケットに、ハンバーグのための、肉を買い求めに行ったです。その他、諸々の食材等々のと。

イヤ、云うたら、何やけれどの、我が母、大腿部骨折にての、入院中でありましてと。(2008年12月30日から、2009年5月3日まで入院)
入院してる故に、ショート・スティも関係あらへんわと。
ホンマやでと。
何の気兼ね、母の問題をば、考える事も無くと。
と、までは云えへんの、ソラなあと。
骨折での入院故に、毎日と、までは、云わんの、原則、週に3回程度は、見舞い、様子伺い、洗濯モノ、必要な物品、母の要請事項の確認、テレビ・カードの事、等々にて、病院には出向いてるですがと。
病院は完全看護でありましての、何と云うても、看護婦さんに、医者付きでと。
家より安全、安心のと。

家でなら、ソラ、我が儘、気儘の、孫娘の程度であらへんわと。日本語は喋れるしで、口から、出任せ、好き放題、勝手放題のと。
ホンマに、ホンマやでと。
孫娘とは、ええ勝負での、何をしでかすかも、分からんしと。

イヤイヤ、そんな事は結構の、丁度の入院期間中でありましての、正直、入院中には、一度、神戸に行けたです。
病院から、帰って来たら、行けへんしと。
行けへん事は無いけれどの、ショート・スティにお世話にならんならんです。スンナリ、諾と、云うてくれたらやけど。マア、無理でしてと。日帰りなら、可能でと。

そんな次第での、「雛祭り」の御祝いで出向いたの、そのスーパー・マーケットで、似たよな組み合わせの家族が居てましてと。
話簡単の若夫婦と、爺ちゃん、婆ちゃんと、孫娘。

その孫娘と、爺ちゃんがお手々繋いで、歩いてまして。
孫娘は多分なら、二歳くらいかの、当時としたら、我が孫娘よりは、一寸だけ、お姉ちゃんかなあの年頃ので、そのお手々繋いでの、孫娘の表情なるが、至極の、印象的でありましてと。
ソラソラ、楽しそおに、気色満面の、ニコニコでの、手を振り、アタマを振りの、カラダをフリのと。

孫娘があんな具合に喜んでくれたら、ソラソラ、可愛いやろなあと。
最早の、目には入れられへんですがと。物理的に無理難題でと。
されどの、正しくの、目に入れても痛く無いと、思わせるの時期かと。

我が孫娘も、その時、スーパー・マーケットでの、爺と、孫娘の光景に、一寸、接近かと。
されどの、喜色満面、ニコニコでの、手を振り、アタマを振りの、カラダを振りには、今一、今一歩かと。その内にはと。
さもなくばの、孫娘と、お手々繋いでの、この時期なるは、極めて短いしと。
(09/08/27)


NO.820 諸事雑感なる話(10) 公園での話(1)

斯くなるでの、我が町内会での、「夏祭り」にて、当期、副区長から、唐突に、抽選をと。
云われて、正直、慌てたです。

メモ書きを示しての、説明をば、聞きまして。ご来賓を立てる、引っ張り出すの話。
町内会の、代表としての、歴代区長。
とは、Nさん、私めで、意味合い分かっても、サンジさん、Tさんともなればの、選定基準が分からんしと。
イヤ、歴代区長に間違い無くとも、古過ぎてと。Tさんなら、別途の、亀岡の役もやってましての、又、分からんでも無いの、失礼乍らのサンジさんは、離れ過ぎててと。

イヤイヤ、誤解無きよにの、サンジさんなら、町内会の誰からも好かれてるですがと。私めも、区長時代、先の通り、何かと、お知恵拝借の、大いにお世話になったしと。
されどの、ソレと、コレは別問題での、新しい順としたら、格段に古いしと。
されどの、されどで、副区長の選択故に、この辺りの人選には、一切異論挟まずの、とりあえずは、自治会副会長歴任の、H氏をと。
アンタ、副区長も代表でと。

でなければ、我輩、抽選なんかしやへんで。
とまでは、云うてえへんです。云うべきを云えば、決断なるは、アチラ様任せでありましてと。

但しの、以て、人数が多い等々、そんな事は無いですがの、計画、計算が狂う等々、不都合あらばの、そんな時こそ、私なんか、除外でも、蹴って戴いても、何でも結構の、一切の、斟酌(しんしゃく)無用の、気にして戴かんでもと。
とは、云うたです。
ソラ、元々が、想定外の話やしと。目立つのも苦手の部類でと。

ホンマやでと。
第三者から見たら、区長経験者としか、分からんしと。その人選も、マア云うたら、一貫性がと。Nさんなら、先代故に、理解が出来てもの、二代も飛んでの、私め、光栄は光栄でも、ホイホイとは、出難いわと。
とは、云うてえへんけれどの、それが、我が本音でと。

ハッキリとは、会場の殆ど大多数の面々は、抽選で何かが当たる、当たらんかが、最大の関心事なれどです。
名指しされた、当事者の私めからしたら、光栄でも、出難くとも、人選内容承知したからには、一応はと。理屈が通るよに、しとかんとと。
正確には、云うとかんとと。
アトは、先様、副区長のご判断でありましてと。私め、当期役員でも、何でもあらへんしと。単純なる、その他大勢の外野席。

云い出せば、Blog、Blogの、オッサンも、その他、諸々の、我が先代区長が何人も来てるを知ってるしと。
イヤイヤ、其処まで、手を広げたら、大変故、近い方からと。ソラ、その通りで、そこから先、我が意見はご参考の、どでも良い話の、現役員のご判断で結構の、人数の問題ならばの、お好きに選定で、お任せをと。

イヤ、正直には、何処まで、話をするも、迷たです。
一切の、意見も云わずに、思し召し、ご指示のままに、従うが一番に楽なれどです。何かあっても、副区長の指示でと、一言のみで、済ませられるですがと。
ご来賓が入ってえへんしで、云うべきは、云うとかんとと。
にしても、ホンマやでと。私以外に、ダアレも、助言をしてへんみたいでねえと。

イヤイヤ、デデデの、斯くなるでと。
三月の、二度目の、「雛祭り」で神戸に出向いた際の、スーパー・マーケットにて、遭遇の、爺さんと、孫娘のお手々繋いでの、光景を見て、嗚呼、羨ましいなあと。
理想的な姿やなあと、心底、思たです。

イヤイヤ、爺さんも、ニコニコ顔での、孫娘チャンも可愛いてねえ。美形でねえ。
ソラなあ、我が孫娘にしたって、可愛いけれどの、ダッコして、渋面、全身全霊、六根清浄で、泣かれてみい。コノ、糞餓鬼めがと、思うがなと。
出物、腫れ物、壊れ物でと。相手するが、怖いゾと。至って上機嫌故に、接近して来るしで、大丈夫かと、一寸、相手で、豹変されてみい。厭に成らん方が不思議の世界でと。
もしろの、下手に相手するが、恐怖でと。
イヤ、ホンマやでと。お母さんがダッコしても、収まらん事もありましてと。
多分なら、眠たい。腹減ったも原因の一つと思うですがと。こっちにしたら、イヤイヤ、私が左程に厭やったんやと。コンチクショウめと。

デデデの、その次ぎが、6月20日(土曜日)であったのかの、二男も戻ってたしで、ディー・サービスに出すは、二男に頼むの、母帰宅の際には、面倒でも、家に入れてくださいと、施設に頼みましてと。
兎に角、母退院故、日帰りでと。
神戸に出向きましての、相手してやったら、喜んで、喜んで、気色満面のと。
されどの、自分のお城、お父ちゃん、お母ちゃんもソバに居てるしと。相当額、割引、差し引いて、評価したですがと。或いは、お父ちゃんとでも、思い違いの、勘違いかと。

斯くしての、7月の話になるですがと。里帰りの一ヶ月前の話でと。
孫娘の誕生会と銘打っての、一家がこっちに来たですがと。
実は、誕生日も、6月なれどです。月遅れに加えての、誕生会開催も、神戸で行うが順当なれどの、母退院してるしと。ショート・スティ(宿泊)で、施設に預けてまではと。

ソラソラ、8月には、此度、主題の、里帰りがあっての、ショート・スティの本番がと。待ち構えてるのに、ソは度々の、頼むとも云えへんしと。
ソレもあるし、母も一緒に祝てやるが、順当でと。亀岡でと。

イヤイヤ、デデデの、町内会の公園にとなったですがと。
云うたら、喜色満面とは云えへんの、されどの、泣く、逃げ出す。渋面造るでも無くの、至って素直に付いて来て。
ソラ、或る意味、何処に行くのかも、分からんわと。公園にとは、孫娘にも、伝えてたって、日本語は通じてえへんです。

実は、嫁が、公園には、度々とするのか、何度か、連れて行ってると云うてたしで、道中をば、知ってるかと思いきやの、アトで知ったですがの、嫁が行った先の、公園は、余所の町内会のでありましてと。
マア、云うたら、近くに、公園らしきのがあるですがの、失礼乍らの、小さくての、草ボウボウの、管理のされてえへんの公園でと。

我が町内会のは、原則、毎月、役員が輪番にて、掃除をしてましてと。草も、年に二度、「環境衛生」と銘打っての実施。
加えての、臨時とするのか、「夏祭り」を控えての、刈ってましてと。
イヤ、今期は知らんけれどや。7月の段階では、草ボウボウ。
とは、云え、余所の町内会の公園とは、格段に整備され、遊具も豊富。
と、云う程には、余所様の公園には、行ってえへんですがと。ソバを通る際、チラと視界に入る程度の、滑り台だけかと。

デデデの、公園に接近の、アレが公園やでと。
日本語が通じる、通じひんは無関係の、指差してやったら、そっちを見て、公園を発見の、喜んでねえ。走り出してねえ。走られて、転けられても、困るけれどの、走っても速度は知れてるですがと。
マダマダ、二歳の孫娘に駆けっこで、負けはしいひんですと。

イヤ、我が町内会の公園なるは、人気があっての、町内会以外の、周辺の子が遊びに来るです。町内会にも、小さい子は多いしと。
イヤイヤ、公園故、亀岡市のモノ。管理であると、錯覚されてるの兆候あるですがと。
何を隠そお。隠す事は無いです。我が町内会のモノでしてと。
よって、余所者は、来るナ。
とは、云わんです。熱烈歓迎のと。大いに利用されて、ナンボの値打ちの公園でと。

そんな次第の、我が孫娘ならばの、何の遠慮も要らんわと。
しかるにの、公園には、ブランコ、滑り台、鉄棒、砂場、ジャングル・ジムがありましてと。サテ、何で遊ぶやと。
遠慮、一切無用の、日曜日やのに、ダアレも居てへんでねえ。選り取り、見取りでありましてと。
私めが、へえと。ビックリのと。
(09/08/28)



inserted by FC2 system