シバケンの単なる雑談NO.65

雑談NO.61 雑談NO.62 雑談NO.63 雑談NO.64
雑談NO.56 雑談NO.57 雑談NO.58 雑談NO.59 雑談NO.60

雑談NO.55
雑談NO.30 雑談NO.35 雑談NO.40 雑談NO.45 雑談NO.50
雑談NO.5 雑談NO.10 雑談NO.15 雑談NO.20 雑談NO.25
題目一覧表

目次

雑談NO.66

NO.920 人数増えての迎春の話(6) 美形の話(2)

NO.919 人数増えての迎春の話(5) 美形の話(1)

NO.918 人数増えての迎春の話(4) マクドナルドの話(2)

NO.917 人数増えての迎春の話(3) マクドナルドの話(1)

NO.916 人数増えての迎春の話(2) 孫共とお留守番の話

NO.915 人数増えての迎春の話(1) 年末年始の行事の話

NO.914 新年明けまして、おめでとう御座います

NO.913 行く年、来る年の話

NO.912 大根・白菜・初雪・クリスマスの話(6) ケーキを三個の話

NO.911 大根・白菜・初雪・クリスマスの話(5) 見知らぬ奥様の話(2)

雑談NO.64


NO.911 大根・白菜・初雪・クリスマスの話(5) 見知らぬ奥様の話(2)

イヨイヨの年末。
今年もアト僅かになりまして。
されどの、イツもの事乍らの、例年乍らの、ピンとは来てませんです。

正月を迎えるの準備体制はとなればの、ええ加減。
年賀状なら、やっとで、作成の投函致しまして。
コレ又、正直には、以前なら、個々、一枚ずつに、一言、添えてたですが。イツの頃か、止めてまして。理由は、一言は結構の、ハタと気が付けば、殆どが、同じ文言ばかりでして。
意味無いなあと。

かと云うて、無言とするのか、一言も無しの、プリンターで印刷だけで、ハイ、おしまいも、味気ないなあと。
かと、かと、云うて、一枚ずつ、手書きも、ナカナカにと。
にしても、プリンターも、三代<三台>目なれどの、初代は、印刷の位置合わせが超の大変の、印刷しても、上下、右に左に、斜めに、ズレての、ガタガタでの、困ったですが。

ソラ、A4用紙の印刷に合わせたら、ソレで、ズっとなら、宜しいですが。
年賀状に切り替えてみい。相当なるズレが出てまして。年賀状に合わせて、今度は、A4用紙にでも、印刷してみい。又かと。調整かと。
話簡単の、当世のなら、個々のアプリケーションで、調整出来るですが。当時のは、プリンター本体<設定プログラム>で、調整してまして。

二代目の頃には、アプリケーションにもよりの、原則、荒っぽくではあっても、出来るよになったですが。
この時には、プリンターの設計が悪いのか、タマタマ、調子の悪いのに、捕まったのか、フィーダーが出鱈目での、余計な箇所にインクが付着するわの、一枚でええのに、一気、二枚、三枚を引き摺(ず)り込みまして。
ズレて、ズレての、軽くの、十枚に、一枚は、ミス・プリントしてたかと。

コレが、A4用紙ならばの、ええけれどや。
年賀葉書なら、大変ゾと。
その昔には、印刷ミス、書き損じは、交換して戴けるを知らなんでねえ。勿体ない話でしたと。イヤ、適当に、片目を瞑(つぶ)りまして。出すにしとこの、合格にと。

そんな意味での、三代目からは、最早の全然の異なりまして。アプリケーションで、調整が出来まして。
フィーダーも、確実に一枚ずつを取り込んでくれまして。
要は、相応の枚数をセットで、ホッタラカシに出来まして。

イヤ、ホンマやでの、初代、二代目では、一々の監視をさせられたです。監視をしてても、ミスられるのにと。してへんかってみい。グシャグシャの、愚者で、悲惨な事になってるわと。
ソラナア、インク代も、バカ高いわと。

での、年賀状も、その昔なら、200枚を買おてたですが。200枚が、世間様と比較で、多いのか、少ないのか、そんなモンかは、知らんですが。
年々、枚数も縮小しまして。正確には、経費節減の、枚数を削りまして。
ソラ、会いもしんとするのか、日頃の疎遠が云々の話も、最早の会う用事も、会う機会もが、絶無となりての、面々にまでは、出す必要性がと。
反面では、少数乍らの、出すべきの先様が出来まして。
当年ならば、100枚でも、余り出し。
一言添えるもサボり出し。

オッの、余り出しの、一つの理由には、昨年までは、息子共の分も買おてたですが。独立したしで、買わんでも宜しくなりての、増えたとなれば、その息子共の嫁の実家の分かと。
加えての、独立とするのか、結婚した、姪、甥の分かと。

そんな意味ならばの、本日、二男夫婦は、伊勢の嫁の実家に向かいまして。
正月には、こっちに、帰るになってるです。こっちとは、我が家、私共、親元でして。

その嫁も風邪気味らしく。
風邪となれば、私めも、シックリとはしてへんですが。一体、イツまで、グスグス、ご本の、ゴホンとやってるのかと。喉も一向になおらんしと。
そんな矢先とするのか、嫁はんも本格的、風邪引きでして。
熱も出てましての、寝込んでしもて。
私のなら、喉飴で、誤魔化したりの程度なれどの、熱が出てたでは、大変でして。オッとの、インフルエンザに非ずの、風邪は、風邪。

斯くなる次第の、そんな次第での、此度の、「芋煮会」はイツモのとは、様子が異なりまして。
私の車なら、農園主の庭にドンと、では無く、片隅にと。されどの、後続部隊の三台も、停められるかなあと。このママでは、無理かと。

イヤイヤ、到着の面々が、農園主はどこかと、ケータイで、呼び出せば、何とまの、家の中でして。
イヤ、入れるに一寸、無理がと、云うしで、大丈夫やでと、云うたなら、車は、キャンピング・カーですて。へえと。そんな大きな車に誰がと、なればの、先の奥様の婿さんでして。
イヤイヤ、先客の、知り合いの、知り合いがの、云々の当人でして。
イヤ、車では、此度、初めてでして。出て来たの、農園主が、ホナラと、軽トラックを移動させてくれまして。
移動先は、スグのソコの、目と鼻の先とは云えどの、我々が置くには、一寸、気の退けるの場所でして。
多分ならばの、ソコも、農園主の土地とは思うですが。お地蔵さんが置いてあっての、下手にブツケでもしたら、大変やしと。ソラ、起伏もあるしで、慣れが要求されるかと。

そんな次第の、三台目、四台目も到着の、私の車も、位置変更致しまして。全部が置けたですが。
イヤ、四台目の車にも、見知らぬの女性がで、当然にして、奥様でして。

イヤイヤ、大柄女性でして。反対には、私めが、小心小身小者なれどです。
ご主人が大柄故、釣り合いがと。

そんな時、ハタと上空見上げればの、何やら、舞ってまして。瞬時、ゴミか、ハエ<灰>か、マサカの小振りの花弁でもあるまいにと。
ヨクヨクの、観察したなら、雪でして。へえと。
初雪かと。

での、何を隠そおの、変な話、ここでは、隠す事も無いの、この奥様とは、当然の初対面なれどの、ご主人とするのか、メンバーからは、聞いてたです。
奥様は、我が母校、「堀川高校」出身であると。

マア、云うたら、一年か、二年の後輩になるですが。話簡単には、その昔は、先様宅に、歩いてでも、行けるの距離やったかと。オッとの、行ってえへんけれどや。
とりあえずは、大凡の実家の場所をば、聞いてるですが、そんな存在は知らんなあと。存在とは、当時、知ってたかの話やわと。

ソラなあ、同級生でも、知らんの方が多いわと。
ましてやの、一学年、二学年と違えば、一年、二年は、同じ時期に、高校に通たは確かなれどの、全然のと。
クラブ活動でもで、一緒等々、何かのご縁があったならの、無いなあと。
私め、一年生では、水泳部で。二年では、化学部でして。双方に、女の子なんか、居てへんわと。
オッとの、元々が、普通課程では、女の子は、少なかったです。約の、1対2から、1対3の割合かと。

オトトの、そんな意味ならばの、先の会社に居たはったかの奥様よりも、仮にの、ニアミスの可能性はあっても、ニア・ミスとは、校舎で、タマタマの、スレ違い等々あってもの話の、更なるの、昔になりましてと。
何しろの、高校生時代やしナと。
(10/12/30)


NO.912 大根・白菜・初雪・クリスマスの話(6) ケーキを三個の話

午前中にと。
ソラ、家に居てんと具合が悪いしで、全部を午前中に集中させたですが。
諸般の用事とするのか、母の杖の回収、歩行器納品書の件。預かり品の引き渡しに、ガス・ストーブの修繕品納品等々がありまして。
全部が、午前中にで、午後からは、動けるなあと、思てましたら、内の一件が、遅れてねえ。

困るんやでと。
先様にとっては、高がの一件でも、こっちも、高がの一件でも、こっちにも、都合がありまして。
遅れるなら、遅れると、連絡一本くれたらええのにと。

での、でででの、肝心の農作業なれどの、収穫だけでして。
大根、白菜をで、大根は、抜くだけ。白菜は、何と形容かの、取るだけとするのか、簡単やねえ。
只なあ、大根は案外に少なくて。大きさも、バラバラでして。
間引きで、相当数、取ったが、問題かと。目算、暗算、適当の、一人、六本、七本も当たれば、上出来かの、白菜は、コレ又、何と形容かの、スカスカでして。
中身のええのが、少なあてねえ。

されどの、数にして、一人、二個も当たるのかの、奥様は除外で、本日欠席のフサオ君のも、確保しての、ソラ、フサオ君は主要メンバーでして。除外したら、むくれるわと。
での、11名分になるのかの、白菜は一人二個が難しく。
更には、収穫の中にも、スカスカのが沢山あっての、農園主曰くに、別途のを、取るかと。
イヤ、自身でも作ってまして。見たら、出来が全然違うの、流石は、プロかと。ホンマやでの、スカスカのなんか、あらへんわと、農園主に尋ねたならばの、理由は分からんですて。

ホンマかいなと。
多少は、手入れの仕方が違うとは、思うです。その手入れが何か、どんな事かは、知らんですが。
されどの、農園主曰くには、時期的な問題があるかなあと。要は、収穫の時期が遅れたら、スカスカでして。上手い具合に一致で、こんな具合かなあと。
要は、我々の場合、収穫の時期が、ズレるですが、農園主のは、適当な時期にと。タマタマの、当日、12月25日に、時期になったかと。フウンと。

そんな次第での、収穫が終われば、適当に、人数分に区分しまして。当然にして、秤(はかり)で、計るの訳では無くの、適当ですが。私も、内の一山と、白菜をば、ええのと、悪いのとの、一個ずつを戴きまして。
ええのとは、農園主ので、悪いのは、我々の作ったやつの事でしてと。
見て、一発、違うわと。

そんな次第の、大根にしても、コレの程度ならば、前回、間引きの時の大根の方が揃てたなあと。数も、同程度でして。目算、暗算、見取り算は、見事に外れまして。
イヤ、一人十本はと、見てたです。
とは云え、我々、出荷するで無しの、沢山の大根を戴いても、処理に困るの、私のなら、正月に息子共一家が来たら、お裾分けの、余れば、ご近所さんにでもと。
とは、とは、云えどの、余りに小さいのを、ご近所さん、息子共一家にもでして。
されどの、云うてられへんの、自家製やと。オッとの、自家では無いの、我々は借りてる農園にて、種蒔きと、雑草取りだけしかしてへんかと。

そんな次第の、斯くなるでの、収穫、分配が終われば、「茶話会」でして。
皆が、農園主宅、和室に上がり込みまして。
ストーブを点けたり、御膳とするのか、テーブルを並べまして。
そして、オヤツとするのか、喰いモノもと。

各自、気のある面々は、相応に、手土産、お菓子等を持参ですが。私めは、気が無い故に、持ち込んだ事が無いの、そもそもが、旅行にも行ってえへんしで、お土産が一度も無いです。
オッとの、嫁はんの里帰りなら、行ってるですが、旅行感覚とは違いまして。
どっちにしたって、気が無い故に、持ち込まず。

でででの、そんな意味ならばの、大体が、我が母校、高校の後輩に当たるの、奥様には、そんな話は、この場でも、一言もしてへんですが。
しても、ええけれどや。隠すの事もあらへんしと。
次回にでも、機会があればと。

での、この奥様、器用とするのか、洋菓子造りに長(た)けてまして。
毎回と、までは、云えませんですが。メンバーであるの、ご主人が、不参加もあるしで、ご主人が、チーズ・ケーキ等々を持って来てくれる事が、度々でして。
イヤイヤ、その他、諸々の、色んなケーキ、デザート類をで、正直、見てくれも、味も、一級品でして。店頭に並べても、立派に、商品として、売れるの見事さでして。

云うたら、道具も、材料もが、揃てるのかと。
少なくともの、作るの腕が無ければ、出来ませんですが。上手なればこその、ワザワザの、「芋煮会」にと、作って、ご主人が持参でして。
此度は、正々堂々のご当人様、作者が参戦、参加での、何とまの、一個は、アップルの混ざった、何やろなあの、アップル・パイなら知ってるの、ソレとは違うの、ケーキでして。
私め、自慢や無いけれどの、この手のモノにも、音痴でして。名称、サッパリでして。

だけで無くの、モ一個がメインであるの、クリスマスの、デコレーション・ケーキ<苺>やわと。
当日、クドイけれどの、12月25日でして。ドンの、ピシャリの日でして。且つの、飲み会では無いの、「茶話会」でして。二人の奥様も、参加かと。

イヤ、奥様から、どしましょうかと。
私にでは無いけれどの、その場の面々にで、何をどしましょかとなればの、ローソクの事でして。立てましょかの意でして。オッとの、私めは、ソ解釈したけれどの、ローソクまで、持参かと。
へえと。ええねえと。
クリスマスやしねえと。

ではと、イヨイヨの本格的の、ローソクをば、適当の十本程度か、立てまして。使い捨てライターにて、火を点けまして。
話簡単の、ええ歳した、オッサン、オバハンでの、クリスマスと相成ったです。
オトトの、だけで無く、何度でもの、ケーキを切って、全員にで、喰えば、美味でねえ。幸せでねえ。

での、モ一発、隠す事は無いの、この奥様、音楽教室<下鴨総合音楽教室>の、経営者でありまして。この奥様が、何の楽器が出来るのかは、良く知らんですが。適当の、アテズッポウでなら、ピアノかなあと。
でででの、このご主人も、チェロであったか、奏者でして。発表会には見学とするのか、聞かせて戴いたです。

そんな次第の、酒も無ければ、そんなに長くも、やってられへんわの、概略の二時間程度の、15時頃に解散かと。
イヤ、元々が、私共のは、集合が、並河駅で、13時半頃でして。
買い物組、直行組があるけれどの、大体が、作業開始は、14時頃かと。
そして、酒を飲むなら、早くて、19時頃まで、やってまして。飲まんの私からしたら、イツまで、やってるのかと思うですが。素面なら、この程度で解散かと。

オッとの、での、そんな次第の、忘れてたでは無いの、12月25日はクリスマスにて、大根と、白菜を戦利品として、持ち帰ってからです。
近くの、ケーキ屋に寄りまして。再度の、苺の、ショート・ケーキを二個。イヤ、クリスマス料金なんか、イツもの値段なんか、知らんですが、一個で、327円ですて。へえと。高いなあと。
されどの、嫁はんと、二人して、喰わせて戴いたです。母は、病院やしナと。

云うたら、この日、ケーキは、「芋煮会」で二個。
家で、一個の、計の、三個も戴いたです。何分の甘党故に、何個でも。

ででの、一体全体の、クリスマス・ケーキを喰うは、イツなんやろねえ。
12月24日が、クリスマスのイブ<前夜祭>とされてまして。その日<夜>に食するのが、ええのか、ハタマタの、クリスマスの日の、25日かと。
イヤ、元々が、商売熱心なるの、ケーキ屋、洋菓子屋の戦略かと。

イヤイヤ、実はの、ホンマやでの、日本国の洋菓子屋の戦略ですて。
不二家ですて。へえと。
創始は、クリスマス・ケーキのです。大正の時代<大正11年(1922年)>に現在の形にされたですて。フウンと。
先の、ローソクも、その頃からですて。
での、食するは、24日が多いとされてますが、されてても、本家・キリスト教徒の習慣では無いのかと。なあんやと。勝手に仏教徒が騒いでるだけかと。
先祖供養の変わりに、生き仏供養かと。

とは、云え、当日、25日も客がワンサカ、ワンサの、デコレーション・ケーキの予約してた人が引き取りに来てたですが。
イヤイヤ、私め、仏教徒で、キリスト教の事は、よお知らんわの、日本国独自とするのか、どっちでも結構の、口実は何でもの、ケーキが喰えたならと。
されどの、代金は、私めかと。
(10/12/31)


NO.913 行く年、来る年の話

そんな事で、2010年の初雪は、12月の25日にチラでして。
での、見て一発の積雪なるは、何とまの、本日、大晦日の、31日でして。ドカ雪でねえ。積もりましてねえ。
諸般、諸々で、困ったなあと。

イヤイヤ、地球温暖化も実感致すです。
私共一家が、亀岡に引っ越して来た当時、最早の30年が経つですが。少なくともの、クリスマス辺りには、雪は降っての、雪だるまが作れる程には、積もったかと。
ソレも、年内、一度や、二度ではあらへんわと。エライ、雪国に来たモンやと。

本日のでも、雪だるまが、軽く作れるですが。云うたら、久し振りの、ドカ雪、豪雪かと。
北国の豪雪とは、桁違いなれどです。積もった量も、5cm、10cm程度かと。ソレでも、車は大変ゾと。ノーマル・タイヤのと、スノー・タイヤ<スタッド・レス>のが、入り乱れての、ノーマル・タイヤのでは、超安全運転にて、折角の、スノー・タイヤのも、付き合わさせられまして。超の安全運転でして。

での、年末とするのか、新年を迎えるに当たっては、散髪も致しまして。
テレビでは、髪結いさん<舞妓さん、芸子さんの日本髪を結う専門職>が、大忙しで、年を越しの、中継までされてたですが。
当世では、特段に中継も無いなあと。

私めも、散髪については、原則、12月の半ばにしてたですが。
散髪屋はんも、12月末に集中での、お忙しは、昔日の話と云うてたです。皆様、適当に分散されましてと。
イヤ、今年は、散髪も、11月20日の、二男の結婚式に照準をで、その直前、数日前に致しまして。
加えての、11月23日夜には、母が転倒での、救急車でして。

以来、何かと、気忙しく。
大体が、散髪も、三ヶ月に一度の頻度でして。
新年を迎えるに、散髪するも、中途半端でねえ。
正直、お金も勿体ないしで、正月の頭にするは、止めたです。

斯くなる次第の、斯くなるでの、年末、大晦日になっても、大晦日になったの気分は希薄でして。
当然にして、正月を迎えるの、迎春準備は、着々と。
餅も買い、ダイダイも買いの、数の子、丹波牛に、おせちにと。クワイは戴き、何は戴きの、雪で、洗車は出来ずに、車内のみ、清掃したですが。

での、ででの、母も、リハビリは、先生も年末年始休みとなりの、退院させられのと。
すったもんだはしたですが、風呂の件もあるし、病院が如くの、携帯トイレとも出来ずで、一旦は、ショート・スティ専門施設<けやき>にと。約一週間。
ソラなあ、正月には、我が家も、大入り満員の、ゴッタ返すです。
正直、とてもや無いけれどの、母の面倒を、見てられへんわと。

とは云え、この日、12月31日は、先の通りの大雪でして。
病院に行くも大変の、下道では、遅くなるしで、上道、京都縦貫道を使用で、時速50キロにて、無事に着けたです。

オトトの、そんな次第の、鏡餅、今時、中身、小餅の、組立式のを組立まして。
小餅、三段重ねの、三宝さん。二段重ねで、神棚、仏さん<二組>と、結び昆布も人数分掛ける事の、ン倍。
祝い箸も、人数分、孫娘、孫のも、当然にして、母のも、組重もと。名前を書けばの、オッとの、印刷の門松もセロテープで、貼り付けまして。

一応の、迎春準備は整おたですが。
何分の、終日の雪でねえ。
大丈夫かと。道中がと。

オッとの、での、今年一年、慌ただしく、過ぎるですが、来る年、2011年、「辛卯(かのとう)」は如何なるの年になるのかと。
での、「辛」は金性に属し、辛苦、辛酸等々、厳しい状況下で使われるですが。「辛抱する木に金(かね)が成る」とも、云われてまして。

更には、去る年、「寅」は、千里を走り、千里を帰る。
来る年、「卯」は、跳ねる。
とも、云われてましての、飛躍、秘薬の年になればと。

そして、風水的には、来る年こそ、特に、特にの、「金<ゴールド>」系の色が金運を招く。
とも、云われてまして。

今年一年、有り難う、御座いました。
来る年も、宜しく、叱咤、激励、御指導、御鞭撻の程、伏して、御願い申し上げます。
(10/12/31)


NO.914 新年明けまして、おめでとう御座います

新年、明けまして、おめでとう御座います。
今年も、どうぞ、宜しく、お願い致します。

イヤイヤ、この正月より、賑やかになりましてねえ。
家族が一人、増えまして。

イヤ、2007年には、長男が結婚しまして。
結果、家族が一人増えまして。

その年には、孫娘が誕生で、一人増えまして。
更には、2009年に、孫が誕生で、又、一人が増えまして。

そして、昨年、2010年には、二男が結婚にて、又々の、一人が増えまして。
云うたら、長男が結婚して以来、我が家族、五名<母、私、嫁はん、息子二人>が、一気、九名になったです。
そんな意味からも、長男が結婚した、2007年以来、我が一家の、人数が増えて、増えての、お目出度続きでありまして。

その顔ぶれが揃ての、初の正月を迎えるのでありまして。
二男一家<夫婦>は、正月、元旦に帰って来るですが。
長男一家は、大晦日の31日、夕方、17時頃に帰宅致しまして。孫娘、孫が居たら、一気、賑やかでねえ。目が離せませんです。特には、孫も、一歳と、三ヶ月で、歩き出しまして。
余計に目が離せませんです。
イヤイヤ、での、豪雪と思てたですが、既に、国道等々は、何とも無くの、真正、純正、豪雪地帯は、我が家の前の道路だけですて。ソかの、フウンと。

でででの、私共の願望、希望は、兄弟の、嫁同士が仲良くしてくれるの事でして。
実は、その事を、二男の結婚披露宴での、両家代表挨拶にて、簡単に申し述べたです。
簡単に過ぎて、理解をしてくれたかなあと。ソラ、背景等々は山程にありまして。

での、要は、「嫁」とは、書いて字の如く、「女」偏に、「家」であると。「家」とは、「いえ」であり、「け」とも読むと。
「家(いえ)」は、読んで、字の如くの、「家」でして。一家、「家」の事を実際に取り仕切ってるは、嫁でして。コレは、真相でして。ご主人、旦那は、「家」を代表してるですが。或る意味、顔でありの、飾りでして。
「嫁」がしっかりしてへんかったら、旦那を立ててくれへんかったら、名実共の、中身も、外見も、ガタガタでして。
立ててたら、旦那が立派に見えるし、事実、立派やしで、分かる人には、内助の功も、承知で、見てるわと。

での、「家(け)」とは、嫁の実家であるの、「家」があり、我が家<柴田家>がありまして。「家(け)」となれば、一家を示しの、特には、各々の、兄弟姉妹がありましてと。
話簡単の、その兄弟姉妹を大切にと。

本当は、モっと、触れたかったですが。実の兄弟、或いは、姉妹にしたって、血の繋がりがありまして。多少の喧嘩をしても、スグにも仲直りは出来るです。
例えばの、我が息子共の場合、嫁同士は内実には、全くの他人でして。世間的、義理の姉妹でして。ここの仲が悪いとなればの、最悪でして。努力をしてでも、仲良くと。
仲良くしてるの義理の姉妹同士なら、親も安心でして。

ホンマやでの、事例ならばの、数限り無くの承知をしてまして。意味を理解での、努力をしやへんかったら、ナカナカにと。
そんな話をば、余りに長々とも、問題での、簡潔に、挨拶言葉にしたですが。実情なら、長々と話は我が気力、話術では、保たんわと。

そんな次第での、実は、嫁二人は、厄年<本厄>になりまして。
この際やと。二組の夫婦で、男山八幡さん<石清水八幡宮>にでも、お参りに行ったらと。
孫共は、私共夫婦<親>が、面倒見てるしと。
オッとの、初詣をしてからの話やわと。

イヤイヤ、小さいのを、二人も連れて、山登りとするのか、男山八幡さんの本殿までは、大変でして。
(11/01/01)


NO.915 人数増えての迎春の話(1) 年末年始の行事の話

イヤイヤ、大晦日<31日>から、正月二日までは、忙しいとするよりもです。
孫共二人に、遊ばれてと。
表現的、間違いに非ずの、遊んでやったで無いです。
遊ばれたです。

イヤ、孫娘の方は、三歳半となりての、一寸、落ち着き出して。マア、女の子やしと。
片やの、孫は、見る度、会う度、活発になりまして。
歩けん頃には、当然にして、左程でなかったですが。歩け出したら、大変ゾと。動き回って、走りとするのか、ソラ、一歳と二ヶ月やそこらで、駆け足は出来ずの、ヨチヨチであれどの、走り出しての、益々の動作が俊敏になりまして。

見るモノ、見えるモノ、触れるモノ、触れられるモノには見境が無くの興味を示しまして。
しかも、触られて、困るのは、執念深くに狙いまして。
例えばの、ノート・パソコンを触ってたら、目がキラリと輝きの、接近して来まして。液晶画面を触られては困るが故に、パソコンを閉じれば、マウスをと。
アカチャンの居てる場所では、やってられへんわと。

での、触って宜しいとするのか、玩具には、感心を持ってくれても、瞬時でして。
興味を抱くは、ええよな、悪いよなので。ソラ、この歳で、万事に無関心なら、大丈夫かとなるですが。何をしでかすかの、予測が付かんし、目が離せませんです。

イヤ、予測の出来る事もありましての、兎に角、階段を上りとおてねえ。隙(すき)があらば、階段に向かうです。階段は、居間の横開きの戸を開けて、廊下に出んならんですが。
最早の簡単に開けられまして。
階段なら、登らせてやったら、ええよなモノの、この季節です。寒いです。戸を開けられたら、折角の暖房がと。開けられても、閉めは致しませんの、出来ませんの、一回、やらせたら、満足かとなればの、何度でもの、こっちが、保たんわと。
ソラ、一人で階段は危ないです。

又、階段のソバまでは、一気、走って行くですが。イザの、上がる時には、こっちの様子を見てまして。要は、付き合えと。
イヤイヤ、ホンマやでの、自分一人では、上がりませんです。
この歳で、結構、安全確認をしてまして。
その割りには、スプーンを持って、或いは、箸を持って、走り回りの、ソレで、転けたら、大変ゾと。

孫娘の方は、足を持って、逆様にしてくれと。
してやったら、モッと、モッとと、飽きもせずの、コレ又、こっちの、体力、腕力、持続力が保たんわと。

マアねえ、孫娘の方は、三歳と半年。
日本語も結構、喋り出してまして。或る程度は、聞き分けも出来てまして。お姉ちゃんらしくもなってまして。へえと。
イヤ、孫が勝手に転んで、泣きましたら、如何にもの、私め、爺ちゃんが、犯人の、泣かせたかのよに、睨みつけやがってねえ。
困ったヤツやなあと。
マア、弟思いで結構やと。

斯くなる次第の、斯くなるでの、12月31日の除夜の鐘が聞こえたなら。
実際には、NHKの、恒例の、行く年、来る年で、やってるの、鐘撞きの音と共にの、除夜の鐘での、零時丁度になればの、「明けまして、おめでとう御座います。」と、新年の挨拶を致しまして。

挨拶が終われば、サア、やろかと。
例年ならばの、二男も居たですが。
今年は、元日に来ると云うてるしで、長男と共に、初水取りを致しまして。

要は、神棚、仏様のお水を換えの、お雑煮用の水等々を取りまして。
以て、我が家の正月元旦になったばかりの、一番最初の行事は、終わるです。

イヤ、出来れば、二男の嫁にも、私共の年末年始の行事、慣わしを一緒に体験して欲しいけれどの、どしても、大晦日から来んとあかんのかと。
での、どしてもかと、問われたならばの、どしてもと、云うよな次元の話では無いの、初水取りなるは、正月行事として、あくまでもの、やるならばの話の、自宅ででも、どこででも、良いとも云えまして。
又、予定があれば、そっちを優先で、結構でして。

イヤイヤ、ホンマやでの、どしても、我が家でと、強制するよな話に非ずの、当家での、習慣的問題でして。やらはらへんの宅様も沢山あるやろなあと。
むしろの、当世、やるの方が、少数派で、やらはらへんの方が主流かと。
地方、地方での、習慣にて、異なる場合もありまして。
強いてならばの話での、正月行事なるは、家族が一人でも多くの参加で賑やかに執り行うが、良いに決まってまして。
ソラ、大晦日から、長男一家が戻ってえへんなら、私共夫婦二人だけでも執り行うです。

さりとての、ダアレも帰って来いひんのなら、気合いも、入らんし。私共夫婦も高齢となりての、或いは、諸般の事情にての、やれんよになれば、やるにも、やれへんしと。
とは云え、初水取りさえもが、出来んよになれば、モ、おしまいかと。

での、正月元旦、朝には二男夫婦も帰って来まして。
帰れば、早速の、お雑煮を食するに、コレ又、その前にの、恒例の、お雑煮を仏壇にと。
そして、ロウソクに火を点しの、お線香を立てて、家族全員にて、「あけまして、おめでとう御座います。今年もどうぞ宜しくお願い致します。」と、ご先祖様にと。
オッとの、声を出すは、私めが代表してなれどと。

更には、三宝さん<竈(かまど)の神様・不動明王とも云われてます>に、三段重ねのお餅を供えてまして。そこに、お雑煮と、お光り<ローソク>をと。
そして、全員にて、二礼二拍手一拝で以て、「明けまして、おめでとう御座います。今年もどうぞ宜しくお願い致します。」と。
神棚にも、同様にして。又、トイレにも、お雑煮を供えの、お光りをで、全員にて、ご挨拶と共に、二礼二拍手一拝をと。
イヤイヤ、トイレは水回りの意と、人間にとって、食すると、食すれば、出すでの、重要なる場所であましてと。実際問題、トイレに行けるか、行けへんかで、違うゾと。

での、本来的、この行事なるは、正月三賀日、三日間行うですが。
諸般の事情にて、正月元旦のみとしたですが。
隠す事も無いの、諸般の事情とは、人数が多くなれば、起きて来るの時間もバラバラでして。又、正月二日には、諸般の用事もありましてと。
(11/01/04)


NO.916 人数増えての迎春の話(2) 孫共とお留守番の話

そんな次第の、斯くなるでの、正月元旦。
仏さん、神さん、三宝さんに、トイレの神様にと。
お光りを上げて、お雑煮を供えまして。

しかるべくの、「明けまして、おめでとう御座います。今年もどうぞ、宜しくお願い致します。」と、新年の挨拶方々、諸般のお願いをば、致しまして。
以て、家族全員にて、お雑煮、おせち料理と相成りまして。

での、終わってから、二男の嫁に尋ねてみたです。
伊勢<実家>では、どんな具合にするのかと。
イヤ、仏さん等々に、お光りを上げたり、お雑煮をお供えするのかと。
イヤイヤ、私めからしたらの、興味津々でして。

ホナラの致しませんですて。へえの、フウンと。
で、注連縄を飾るですて。へえの、フウンの、注連縄とは、流石やねえと。
ソラ、無病息災、家内安全、招福万来、悪鬼、邪気退散の区切りの印(しるし)であっての、正月の門松も同意でして。
での、そんな次第での、門松はと、尋ねたならばの、そこまでは、してませんねえと。ソかと。
とは云え、ソレが伊勢の習慣か、嫁の里の習慣かは、知らんですが。注連縄なるは、早々に見やへんしで、矢っ張り、伊勢の習慣かと。

イヤ、当家では、やった事が無いの、印刷した、門松の絵を玄関に貼り付けてるですが。
その昔、下京に居た頃には、主たるとするのか、相応の屋敷、邸宅とするのか、簡単には、旧家であるとか、金持ちさんは、立派な門松を飾ったはったです。

オッとの、注連縄とまでは、してへんですが。
簡単な、注連飾りなら、嫁はんの里の、義母が造ってくれやはってねえ。
家のと、車のとを、送って戴きまして。車も、何台分かを戴きまして、嫁はんも、息子共も、付けてたですが。義母も寄るの年波にて、造れずになりまして。
買おてまではナと、以来、やってえへんです。
オトトの、そんな事ならばの、注連飾りと、注連縄の二種類あっての、伊勢独特の注連飾りもありましてと。

どっちでも、結構の、私め、思うに、伝統的行事は重要でして。
只ナで、年々手抜きになるなあと。矢っ張り、私共も、寄るの年波には、勝てへんわと。
イヤイヤ、ホンマやでの、おせち料理も、諸般の事情にて、作れえへんでねえ。一部は作ったですが、一部は、「宮本屋」に注文したです。
イヤ、何年か昔に一度だけ、頼んだですが。その際、オマケの佃煮を戴きまして。美味でして。今回も、オマケの佃煮を戴きまして。

オトトの、そんな次第の、正月行事の、家族全員にて、おせち料理に、お雑煮に、お屠蘇となるですがの、その前にと。
全員が揃いました故に、一言、ご挨拶をと。
イヤイヤ、正直、そのままの気持ちを云うたです。
「明けまして、おめでとう御座います。今年もどうぞ、宜しくお願い致します。」と。
だけなら、意味も無くの、モ一発の、毎年、毎年にも、家族が増えましてと。長男の嫁が増えたが、最初で、孫娘が、去年は孫が。そして、今年は、二男の嫁がと。

云うてたら、誰かが、孫は、一昨年に産まれたのやでと。
ンの、あのなあの、一昨年に産まれても、正月を一緒に迎えるは、此度で、二度目でありまして。
とは、云うてえへんです。正月早々に、大した話でも無いのに、黒白を云々の必要性は無いです。ソレを云い出せばの、二男の嫁も、結婚は昨年でして。

での、そんな次第の、毎年、毎年、お目出度い事で、喜ばしい事でしてと。
正直、そのままの、結婚披露宴での、続きの話の如くの、挨拶をと。
イヤイヤ、そらなあ、名実共、真正、純正、正直そのままの、ソラソラ、ホンマに、嬉しい事でして。
されどの、反面では、こっちは、その分、時代も変遷での、歳喰て行くのかと。

説明をば、若干に加えるならばの、同じ場には、孫娘、孫が居てまして。当然にして、私共、爺婆でして。
イヤ、爺婆と云われるに、思われるに、何の抵抗もあらへんです。時には、孫からは、お姉さんと呼べの、婆さんが居てるらしいですが、真正のアホかと。
孫共が混乱致すです。

オッとの、そんな話に非ずの、息子共も所帯を持つよになったかと。
要は、長男には、娘、息子で、こっちからしたらの、孫まで、出来まして。
とまでは、結構なれどの、息子共が、これから、40代に、50代にとなりまして。50代ともなればの、私め、何歳かと。ゾとする以前の、二男の結婚式の写真を見て、自分の歳を実感致すです。

当たり前に、息子共とは、親と、子の年齢差があるけれどや。そんな話、百も承知の、その上での、孫共も見るにつけ、成長してまして。
そして、自分の写真は見る事も少なく、モ一寸はマシかと、思てたですが。年齢相応かと。
での、息子共が結婚してくれるとするのか、所帯を持ってくれて、一人前とするのか、しかるべくの、家庭を持つよになりまして。
イヤ、クドイけれどの、私め、大いなる幸せを感じてるですが。
ソラナア、二人の息子、娘に囲まれてと。更には、孫共がと。

での、クドイけれどの、相応の歳になってるからでしての、写真で、息子共、自分自身、嫁はんを見てたら、ええよな、悪いよなの、複雑怪奇なる気分でして。
ソラ、同時進行にて、歳は喰うですが。

オトトの、そんな話も、結構の、嫁二人が厄年でして。同じ歳故、ソなりまして。
ホナラの、元旦当日、男山八幡さんに行くかと、相成りまして。

イヤ、私共、老夫婦は、孫の世話とするのか、面倒をば、見てるしと。ソラ、本殿への道中等々、小さいのを連れては大変でして。ましてやの、日が、日の、元旦では、初詣客で満杯での、小さいのも可哀想かと。
ホンマやでの、大勢の、人混みの中に、幼い子を連れてるの、若夫婦に、爺婆が居てるですが、アノナアと。一寸は、常識を考えたらと。

での、そんな事で、正月元旦のお雑煮を、戴きまして。
暫くしたら、孫が寝てしもて。
ホナラの丁度宜しいかと、息子共の夫婦で、出掛けるかと。
嫁は、孫娘に、お爺ちゃん、お婆ちゃんと、お留守番しててなあと。ンと。
賢くしてたら、マクドナルドの、ハッピー・セットやなあと。ンと。
(11/01/05)


NO.917 人数増えての迎春の話(3) マクドナルドの話(1)

での、そんな次第の、長男の嫁に、子ども用の、ハッピー・セットの、オマケの玩具等々、どするやと。
問えば、ハッピー・セットは、かざしケータイ、見せるケータイで、値が安くなるですて。へえの、何のこっちゃと。
イヤ、マクドナルドで、嫁が、ケータイを示してるのは、承知してるです。私も一緒に調達で、ドライブ・スルーで、嫁から、ケータイを渡されまして。コレを、かざして下さいと。

オッとの、店員さんに見せたら、分かりますしと。
での、示せば、ここにと、店員が云うしで、そこに示せば、裏表が反対ですと。へえと。知らんがなと。
とも、云うてられへんですが。
での、オマケの玩具は、此度は、選択出来ませんですて。へえと。

そんな次第の、かざすケータイにせよ、見せるケータイにせよ、嫁のを持って行くのも問題にての、私ので、何とかならんかと。
長男が色々、調べてくれて、オッとの、「らくらくホン」では辛いなあと。されどの、何とかなっての、かざすで無く、見せるの方でやるかと。画面を表示してくれて。
コレを見せたら、安くなるしと。
オッとの、ソレでは、インターネットでの、通信のしっ放しで、課金されたら、困るでと。
云えば、課金はされずで、その画面のままで、閉じても、大丈夫ですて。へえの、フウンと。

イヤイヤ、当世の、ケータイの使い方も色々あるみたいなれどの、サッパリでして。
サッパリ、分からんでも、死には致しませんの、特段に不便でもあらへんの、此度は、タマタマの、息子共が夫婦で、「石清水八幡宮」さんに、厄払いで、参拝のためでして。
通常なら、一緒やわと。

オッとの、そんな次第の、息子共は二男の車で、出発での、理由は、スタッドレス・タイヤでして。
そっちの方が安全でもありの、何もワザワザの、二台で行くのもナと。

出てしもたら、責任重大の、サテの、孫娘の、ハッピー・セットと、孫のプチパンケーキ。
そして、爺婆のは、適当の、嫁はんは、フィレオ・フィッシュで、アップル・ジュースで、ポテトでと。
私めのは、何にしよかで、ダブル・チーズ・バーガーで、ホット・コーヒーで、ポテトをと。

決まれば、さっさと行ってしまおかと。本当なら、孫娘でも連れて行くも一法なれどの、チャイルド・シートがあらへんしと。
イヤ、ホンマやでの、私の承知の、見てるの範囲でなら、真面目にしてるのは、少数派でして。本来的、産まれた段階から、六歳までと、されてるですが。
大抵なら、お母さんが、抱っこしてたりと。下手したら、何にも無しの、シート・ベルトさえ、しんとからにの、困った両親やと。

そんな話は結構の、余所様の話で、何かあっても、知った事ではあらへんわと。
での、イザの出発の、国道ならばの、雪も大丈夫なれどの、安全を見て、嫁はんの、ダイハツのMoveなら、スタッドレス・タイヤでして。
屋根には、雪を積んだままで、出掛けたです。

での、でででの、ドライブ・スルーよりは、店内で注文した方がと。落ち着いて、注文出来るかと。
反対には、何故か、ドライブ・スルーの列が長あてねえ。駐車場なら、適当に空きがありまして。店内を見れば、注文のカウンターは、ガラガラでして。
良かったなあと。
イヤ、余りに沢山に並ばれてたら、まごまごしての、注文も焦るわと。何が、何やら、サッパリやのにと。

での、実は、メモ用紙に注文の品々は書いてたです。孫娘と、孫のは、嫁がメモしてくれてまして。私等のを、追記するだけ状態でして。
イヤイヤ、気の利くの嫁でして。
この組み合わせで、注文してくださいねえと。ハイ、承知と。

オッとの、肝心の注文なれどの、兎に角の、要領が、分からんでねえ。
大体は、嫁なり、息子が注文してくれてまして。私なら、出て来たのを、受け取り、運ぶの役目でして。
とりあえずは、孫娘のと、孫のを注文の、オトトの、ケータイを見せんとアカンのやと。見せるケータイで、お願い致しますと、店員に伝えたならばの、番号は何番ですかと、問われてねえ。ンの、イヤ、ケータイを見せたらええだけやと、聞いてるけどねえと、再度の、水戸黄門の、印籠が如くに見せまして。

ホナラの、先様、店員様、分かりましたと。
何が分かったのかが、分からんですが。
での、アトで、ケータイの画面をジックリと見詰めたならばの、確かに、数字があったです。この事かと。されどの、そこまで、聞いてえへんわの、見せるだけ。見せたらええだけと、聞いてたわと。
予想外、想定外の事を、聞いてくれるなと。

での、注文をするに、ども、コノ店員、女の子とは、相性が合わんでねえ。
一々、聞かれてねえ。
単品ですか、セットですか。
単品と、セットと、何が違うのんと。
とは、聞かんでも、分かるの、セットと、単品では、単品が高くて、セットが安いのかと。
とは、とは、思えどの、ども、気になってねえ。セットと、単品とで、何が違うのんと。
問えば、セットなら、ドリンクなり、ポテトか、サラダが付きますがと。
フウンの、ホナラ、セットかなあで、ホット・コーヒーは、大もは要らんの、小でも結構と云えば、セットの場合、「S」サイズはありませんがと、云われてねえ。
フウンの、ホナラの、大にしとこかと、返答したなら、「L」もありませんの、「M」だけですと。
あのなあと。
とは、云うてえへんの、最初っから、「M」しかありませんがと、教えてくれたら、ええのにと。

での、次なるの、嫁はんの注文のアップル・ジュースと、云えば、アップルは、ありませんがと。
あのなあの、ホナラの何がありますかで、絵図を見せてくれまして。コレだけですと。フウンの、オレンジなら、あるみたいやしで、コレにしとこかの、「M」だけかと。

イヤイヤ、変な話の、長男の嫁とは、買いに出た事もあったですが。
その時には、「S」「M」「L」で、注文してたかに思たけどなあと。どしても、「L」が欲しい訳でも無いけれどや。
「M」しか無いと云われたら、「M」で結構なれどです。オッとの、よお考えたら、ソレは、ポテトだけやったかなあと。

での、以上で宜しいですかの、宜しいですで、締めて、幾らですの、その数字に、ビックリ仰天の、あのなあと。
イヤ、真剣、真顔になったです。想定以上の値段でして。貴君、イヤ、アンタや、姉ちゃんやと。
とまでは、云うてえへんの、諸般諸々の、我輩の注文は、コレコレやと。加えての、かざすで無くの、ケータイの画像も見せたゾと。

ホンマやでの、映画館に入るに、時には、映画館内のマクドナルドで、簡単なる注文をした経験はあるですが。
大抵ならばの、コレコレをと、云うたなら、このセットにされますと、お安くなりますがと、先様、店員が、安くするの組み合わせを教えてくれてたですが。
この、姉ちゃんは、ソレが無いです。

イヤ、構わへんけれどの、私めが、再度の注文内容をば、力説、解説、説明してたなら、何分の、ガラガラにての、並ぶ人が居てへんでねえ。
店員の姉ちゃん数人が、私めの顔をシゲシゲと。
云うとくですが、私め、怒った顔、勢いでの、話はしてへんツモリでして。
ソラなあ、相手が私めからしたらの、一々の、分からん話をしても、グと、愚の我慢の、ソラ、訳が分かってえへんのやしで、妥協とするのか、そっちに話を合わせてまして。

されどの、勘定が、想定外の値なら、注文内容をば、再確認で、当然かと。
云うたら、10円、20円の差なら、我が知能、計算能力では、追い付かんですが。
ン百円もの差なら、一発、分かるわと。

よって、値を聞いて、ソレは違うのと、違うかと。
とは、思わず、声を発したです。イヤ、大声に非ずの、姉ちゃんには、聞こえるよにと。
さもなくばの、幾ら何でもの、先様に、話は通じいひんわと。
イヤイヤ、私め、ええ加減なる注文に見えてても、諸般の事情にての、違うは、確信を持ってまして。
ソラ、概略の計算なら、してるわと。
(11/01/06)


NO.918 人数増えての迎春の話(4) マクドナルドの話(2)

イヤイヤ、ホンマやでの、ドライブ・スルーにしんで、よかったなあと。
想定の値段と違うかってみい。車の中で、一人、焦りまくるです。
とは云え、私を担当の店員、女の子よりも、ドライブ・スルーの担当者の方が慣れてるの可能性があるですが。
もしかしたら、新人と違うかなあと。
云うたら、ドライブ・スルーでも、私みたいな、訳の分かってえへんの客も多いかと。大体が、単品ですか、セットですかなる、奇妙な質問をされた覚えが無いです。

イヤイヤ、重々承知はしてるです。
注文の仕方も、モノの名称から、分かってませんです。
組み合わせで、何が有利か、不利かは、先様が考えてくれたらと。
ホンマやでの、顔、風体を見たら、分かるやろと。ええ歳した、オッサンやと。そもそもが、かざすのケータイも、見せるのケータイも、番号も分かってえへんわと。嫁と、息子に、云われた通りにしてるだけでありまして。

何なら、ハッピー・セットも、そんなヤヤコシイ事をせずの、マトモに買えば宜しいですが。値を聞けば、二百円そこそこも、違うかってみい。ソラ、ソしよかと、なりまして。
加えての、しかるべくの、ケータイにセットしてくれたら、使わんの手は無いです。
イヤイヤ、そんな二百円の差額程度の差では無いです。最初に云われたの精算金額は、軽くの、六百円以上も高かったんやでと。ハッピー・セットの、二百円そこそこの割引も吹き飛ぶゾと。
幾ら、無知蒙昧でも、分かるわの、ハッピー・セットがそのままの値よりも、数段に高いわと。

よって、そんなバカなと、注文したモノを復習したです。
単品か、セットかは、知らんの、この組み合わせやと。
ソバの女性店員からは、白い目で見られてねえ。自分で、ソ感じただけかも、分からんですが。クレグレも、大きな声は出してませんです。店内が静かなだけの、タマタマなれどの、ホカに注文客が居てへんだけやと。
イヤイヤ、店内には、客は居ての、食してるですがと。そこまでは、聞こえてえへんわと。

そんな次第の、斯くなるでの、再度の計算をして戴きましての、都合の、幾らですと。ンと、そんなモンやと。納得をと。
話簡単の、矢っ張り、先様、店員は何かを間違おたかと。
私からしたら、セット、単品は、別としての、品数、種類はそのままでして。よって、もしかしたらの、二重カウントされたかと。二重でも、二個を云うたは、ポテトだけでして。

での、ででの、値段さえ、想定内なら結構でして。
イヤイヤ、注文してる間、精算の計算がと、やってる間にも、注文の品が、カウンターには、並んで来てまして。
納得した頃には、粗方終わりの、別段に、数量を減らしたりはされてえへんけれどと。

そんな事で、無事に精算金額をば支払いまして。
袋に入れて戴いたの、品を受け取りまして。
当然にして、帰路なれどの、国道九号線をまっしぐらの、我が家まで、アト、1キロか、そこらの信号が赤になってねえ。
イヤ、帰りしなも、何度も、赤信号には、引っ掛かってるですが。
停まった瞬間、ドドドのドのドと、車の屋根に積もった雪が、フロント・ガラスの方に落ちて来てねえ。
瞬時、全面が見えずとなってねえ。

イヤイヤ、ホンマやでの、ワイパーも利かずの、降りて、落とすに、信号が青に変わってしもての、仕方が無いしで、僅かに見えるの隙間から、道の状況等々を注視の、信号を左手に進路を変えまして。
適当なるの場所に停車で、雪を除去したですが。

イヤイヤ、走行中にも、雪は、落ちてたですが、後ろの方で、少量でして。まさかの、ドドドのドと、前方に来るとはと。別段にの、急ブレーキでもあるまいにの、冷や汗をかいたです。
ソラなあ、車は移動させるべきの、前方が完全には見えてえへんしで、万が一にもの、横断歩道を人でも、お年寄りでも、子どもでもが、渡っててみい。
大変ゾと。
よって、ユックリ、ユックリ、見えてる隙間から、その辺り、必死やでと。
云うたら、当然にしての、家を出るに、車の雪を多少は落としてまして。特には、フロント・ガラスの周辺は念入りにやったですが。

オトトの、そんな話は結構の、無事に帰宅の、帰宅をしたなら、早速にも、喰うかと。
孫娘に伝えたならばの、ポケモンはと。
ンの何の事かと問えばの、此度の、ハッピー・セットのオマケは、ポケモンですて。へえの、よお知ってるなあと。但しの出すのは、食べてからやでと。
ンと。

事程左様に、孫娘は、マクドナルドが好きでねえ。よお、知ってまして。
お陰様で、私共も、お付き合いの、考えてみたら、マクドナルドも、息子共が、社会人になるまででして。出てからは、ご縁も遠離ってましての、孫娘が、二歳になった頃からかと。
再びの、マクドナルドに復縁にて、食するよになったのがと。

大体が、ええ歳して、マクドナルドに入るも出来ませんです。
爺婆が入って来ても、孫が一緒やでと。爺婆だけで、入ってるは珍しいかと。オッとの、私共ならばの、マクドナルドに復縁成ってからは、一度だけ、嫁はんと二人で入ったですが。

イヤイヤ、一度、来(き)出したら、何とも無いの、若手に混じって、注文もしてるですが。
云うても、夫婦だけとなればの、店内で喰たは、十数年ブリでの、そもそもが、復縁成っても、年に何回かの範疇なれどです。長男一家が帰って来たら、居てる間の、一度は、マクドナルドにする程度かと。

での、孫は、プチパンケーキがお好きなよで。
どちみちの、全部は喰えずの、孫娘が、頂戴ナと、何個か、喰たりして。
イヤ、孫娘は、チキンナゲットにしてまして。

とかとか、私めも、当日、草臥れてねえ。
孫娘と、孫にお付き合いも大変での、面倒、お付き合いは嫁はんに頼むと、一寸、寝ると、その場で、横になってたならばの、二人して、上に乗って来ての、寝てられへんわと。
困ったヤツやなあと。

イヤイヤ、一時なら、孫娘も、親が居てへんなら、不機嫌になりましての、下手したら、泣きっ放しであったですが。
その当時から、比べれば、可愛らしくなったです。
孫も、お姉ちゃんが居てるのもあってか、安心して、ほたえまして。目が離せませんですが。
或る意味、孫娘の時のようでは無くの、慣れと云う面からは、誠に、良く懐いてくれまして。懐かれたら、可愛いモンでして。
ソラなあ、孫(娘)とは云えどの、手を差し伸べ、手を払い退けられては、泣かれ。抱っこしてやるに、真顔、真剣に泣かれててみい。腹が立つノリでして。

斯くなる次第の、孫は、そんな事は一度だけ、あったですが。
アトは、周囲構わずの、したい放題の、動き回りの、手を焼かせまして。男の子と、女の子では、全然に違うナと。
但しの、手当たり次第故に、危険が一杯かと。
よって、こっちも、気づかれしてしまうです。
(11/01/07)


NO.919 人数増えての迎春の話(5) 美形の話(1)

そんな次第の、正月元旦、元日なるは、息子共夫婦は、二人の嫁の、厄除けに、「男山八幡<石清水八幡宮>」さんに参拝にと。
夕刻、帰って来て曰くに、大勢の人でと。ソラ、ソやろと。
厄除け、お祓いは、すんなりでも、本殿を拝むに順番待ちでして。
お祓いも、御神矢<五千円也>を求めまして、お祓い<祈祷料一万円也>して戴くですて。へえの、正直に、高いなあと。
されどの、ソレで、厄払いが出来て、何事も無ければ、安いモノなれどと。

何かあれば、金銭には替えられへんです。
少なくとも、大難を、小難にと。小難は、知らぬ間に過ぎるが宜しいかと。
イヤイヤ、ホンマやでの、信ずれば、救われるです。万事、そのための、儀式、手順は重要でして。
結婚にしたって、両家両親のご挨拶があって、しかるべくの、結納の儀を執り行いの、結婚式と相成りまして。ケジメの手順でありまして。
入籍は入籍での、法律上の話であっての、実質的、世間的には、結婚式を以て、結婚したと見なしてまして。

年末年始の行事にしたって、手抜きをしたら、した分、気になってねえ。
ソラマア、万事、手抜きせずに、執行するに越した事は無いですがと。ナカナカねえ。

オトトの、そんな話は結構の、帰って来たら、息子共二人は、パチンコにと、出てしもたですが。
残った面々で、何をしてたか、忘れたですが。多分なら、孫共の面倒かと。兎角に、ジッとしてへんでねえ。
イヤイヤ、嫁は、嫁はんと共に、夕食の準備をしてたかと。
での、息子共も珍しく、予定の時刻、七時半には、帰って来まして。どの程度かは、知らんの負けたらしく。

そんな次第の、此度は、二男夫婦も一泊の予定にて、二男は飲めるしで、缶ビールをと。云うたって、私そのものが、大して飲めへんしで、半ダースしか、買おてませんですが。
折角やしで、私も、長男も、コップに一杯、飲みまして。
コレはスグにも無くなったですが。オマケの一個がありまして。
オマケとは、過日、二男が家に居た際に、買い置きので。ホナラのイツからかの、多分なら、昨年九月の買い置き分かと。要は、三ヶ月は一個がそのままやったんやと。

イヤ、冷蔵庫を開ける度に、見てはいたですが。さりとて、飲んでしまおかと、云うよな気にも成らず。
単純に、マダ、あるなあと、だけでして。ソラ、二男が居てへんかったら、飲み手は無いです。私にしたって、全くの飲まんでも無いけれどの、余程に暑い時期、汗でもかいての頃なら、一寸、欲しいナと、思うですが。
どっちかとなればの、コカ・コーラか、サイダーかと。

オトトの、二男の嫁は、炭酸系がアカンのですて。
イヤ、コーラも、サイダーもあるし、飲むなら、洋酒でも出すでと、云うたですが、要りませんと。へえと。
イヤイヤ、二男は酒豪とまでは申さんの、飲める方故、嫁も多少は飲むかと思いきやの、イヤ、下戸でも無いらしくの、されどの、ビールも、日本酒も、洋酒も今一での、強いてならの酎ハイですて。フウンと。
酎ハイなんか、置いてえへんわと。

されどの、酎ハイは口当たりがええのは確かかと。酎ハイも飲む機会が無いですが。「芋煮会」でなら、車を出した時には、ノン・アルコールの缶酎ハイにしてまして。
さもなくばの、ノン・アルコールの、缶ビールなんか、何杯も飲んでられへんわと。缶酎ハイにしても、何杯もは、飲んでられへんけれどや。

そんな次第の斯くなるでの、食事も終わり、ホナラの順々に、風呂にでもと。
さもなくばの、大人が六人、孫共二人が、風呂を入り終わるに、相当なるの時間を喰うわと。
での、その間にも、二男の嫁が、結婚式の際の、写真を見せてくれまして。イヤイヤ、ソレ屋が撮影の、アルバムでして。親族写真、両家両親と、新郎新婦の写真でして。
ナカナカに良く出来てまして。

イヤイヤ、正直云うて、忌憚無く、云うて。遠慮会釈無くの、嫁二人共に美形でして。
更なる正直には、嫁相手に話をしてたら、楽しいわと。楽しいツイデに、ツイツイの、余計な発言の可能性がある故に辛いですが。辛いとするよな、大層なるの話はしてへんけれどや。
少なくとも、ソバに居てられ、見て、ゲとなるよななら、話もしやへんの、し難いわと。まともに、見も出来ませんしと。

オトトの、そんな話よりも、長男の嫁は、最早の、三年半が経ちまして。
二男のは、何と云うても、結婚が、昨年、11月の20日でして。1ヶ月と、一寸やわと。
その前提で、長男の嫁には、孫共が居てまして。孫の面倒とするのか、相手してても、イザとなればの、母親が姿を見せれば、こっちも、ホと安堵致しまして。

元々が気さくな娘(こ)でありまして。
思えば、結婚式の時です。
御来賓として参加して戴いてるの、新婦の、直属の上司に、ビール瓶片手に、挨拶した際です。
この子は、ええ子でっせ、掘り出しモノでっせと、云われたです。

大体が、新郎父に、お愛想であれ、そんな言葉は発しませんです。イヤ、通り一遍の、挨拶で終わるが通例でして。こんな場で、ええ子でっせ、掘り出しモノでっせとは、思てても、ナカナカに言葉には出せませんです。
よって、シッカリ、記憶してしもてまして。
私め、何が云いたいかとなればの、以来の、三年半で、ンと、納得してるです。ええ娘(こ)やなあと。
あの上司は、心底、ソ思いの、そのままの、正直に、お愛想では無くの、新郎父に伝えられたかと。伝えねばならぬの、決意を以てと。

イヤイヤ、ホンマやでの、ソラ、嫁からしたらの、私共なんか、所詮は、途中からの、両親、義理の父でありの、母でして。
同居をしてる訳で無くの、ソラソラ、仮面も相応に被ってる。
とは、思うの、ソラソラの、ソラの、私等にしたって、嫁には、ええ格好してるわと。当たり前に、イツもに一緒なら、してられへんけれどや。

その前提の上でも、気さくな娘(こ)でして。
マア云うたら、我が儘、気儘の、我が息子に良くゾ、付いて来てくれてるとするのか、合わせてくれてるなあと。
イヤイヤ、当然にして、云うならばの、注文もあるけれどや。マダ、口にはしてへんけれどや。

そんな意味ならばの、私めが、嫁として、掲載し出したは、結婚式からの、二男の嫁はと、なるですが。
何分の、マダ、1ヶ月と一寸でして。
イヤ、実際には、昨年<2010年>の、一月<二男から、結婚すると聞いた日>以来、会う機会が出来出してと云えば、云えるですが。

云うたら、長男の嫁とは、会話のキャッチ・ボールが出来てるですが。二男の嫁とは、次第、次第に出来出したの段階かと。
表現なるが、難しいけれどの、双方、所謂の、義理の両親、私共に、気は使てるは、分かるの、気の使い方、質が違うかと。
どんな具合にとなればの、二男の嫁は口数が少ない分、内面が見え難いかと。
イヤイヤ、コレが性格であるは、承知はしたですがと。

オッとの、トトトの、美形の話が、こんな方になってしもたですが。
重々承知の、シバケンに二言無し。
されどの、三言(みこと)、五言(ごこと)に、小言(こごと)から、大言壮語がありましてと。
(11/01/08)


NO.920 人数増えての迎春の話(6) 美形の話(2)

ソラナア、美醜、美形、不細工も、個々人の好み、判断基準で異なりまして。
とは云え、例えばの、美人女優とされてる、称されるの女性は、誰が見ても、綺麗なんやろなあと。少なくともの、不細工とは、云わんやろと。
での、失礼乍らの、街を歩いてての、ゲとなるよな、女性に遭遇も致しませんですが。
さりとての、目を見張りの、目がパチクリと、唖然、呆然の、へえと、感心するよな、美人にも遭遇は致しませんです。

ではあっても、矢っ張り、美人女優とされる面々の女性が、街を歩いてたら、名前も、テレビででも、見てへんでもの、稀代の美女でありの、思わずの、凝視、注視、注目するのかと。
何分の、遭遇の経験が無いしで、分からんですが。

イヤ、その上で、幾ら、美人と評判であっても、その世界では、期待の女性であっても、例えばの沢尻エリカは、好かんなあと。
イヤイヤ、美人とするのか、恵まれたの顔形をしてるは、認めるですが。あの気性ではナと。
要は、有り得ぬ話の、息子がこんな美女を連れて来まして、結婚すると、云うて来たら、どするやと。
原則、当人の意志をば、尊重にての、絶対反対は出来かねるの、されどの、諸手を挙げての賛成でも無いわと。
とは云え、画面を、フィルターを通しての彼女と、実際に接しの、見ての彼女とは、差もあるやろと。
オッとの、心配はしてませんです。そんな絶世の美女と、我が息子共では、釣り合いがと。こっちも、余りに凄いと、目のやり場に困るです。

ホンマやでの、町内会、狭(せま)し。
と、云えどの、そんな美形は居たはらへんです。
居たとしても、深窓の美形、美女では、お目に掛かれるの機会無く。
オッとの、高がの、町内会に、深窓は無いですが。有るとしたら、生活の時間帯がズレてての、ハタマタの、町内会行事には、一切の顔を出さずの、美女でして。
ついでになら、近所のオッサンになんか、知らんフリの、挨拶もせずかと。
コレは、外見、美形も、私めからしたらの、無愛想やと。無愛想な人間は、男女を問わずの、不細工やと。思考回路、習慣がと。
イヤイヤ、ソレを含めても、居てへんわと。

外見だけでも、美形ならばの、救いよもあるですが。
加えての、無愛想やってみい。救いよが無いの、不合格。赤点、ペケで、失格でと。
イヤイヤ、女性の一つの武器に、女性がありまして。ソレを云うと、差別や、男女同権やと、抜かすですが。云うてる尻から、女性としての、武器を最大限に使てるくせにと。
イヤ、百歩譲って、使(つこ)てるの、気は無くとも、使てるになってるです。
私めからしたらの、使てえへんの女性は居てませんです。
例外無しやと。
イヤ、逆には、使ってるを認識してるの、女性の方が、女性らしいかと。

イヤイヤ、表現のアヤでは無いです。真実、誠の、真相、真正、純正にての、オマケで、正解でして。
さもなくばの、化粧など、すなと。
女性は、女性らしくで、女性でして。恥じらいの、心を持ってて、女性でして。マサカのオッサンの如くの、下着だけで、外に出るかと。オトトの、今時、オッサンでも、一応は、男でも、出ませんですが。
での、その、女性らしさを知らんの女性は、中性かと。
イヤイヤ、コレ又の、事実、誠の、真相、純正にての、オマケで、正解でして。

斯くなる次第の、斯くなるでの、話が逸れてしもてるですが。
元に戻しましての、加えての、女優であるとか、グラビア・アイドル、モデル等々の、私共には、無縁の美形に、意味は無いです。

云うたら、会社の受付嬢なら、相応の美形を揃えてるですが。
ソやけどナと。
美形に、異議は申し立てませんですが、化粧がなあ、キツ過ぎまして。最大限に利用は結構なれどの、最大も、臨界点を突破の過剰ではナと。

その上での話の、別段にの、美醜なるを、一々、我が基準に照らし合わせての、選別などは、してませんですが。
次元の異なるの、女優、グラビア・アイドル、モデルを基準になどは、してませんですが。
会社の受付嬢に、美醜の基準では無くの、女性らしくの、気の付くの、愛想のええの女性を置いてるの方が、気が利いてるかと。その上で、美形であれば、上等でして。
ソラ、無愛想、不親切、気の利かんで、醜女(しこめ)であってみい。腹が立つ以前の、ゲとなりの、この会社の社長は、変人、奇人、モンスターで、怪物かと。

そしたら、美形でも、無愛想、不親切、気の利かんであってみい。
ゲとまでは、成らんの、腹が立つノリかと。
どっちにしたって、会社の第一印象を崩すわと。

とまあ、極端なるの話も、置いといて。
ある基準の範囲内であれば、女性は、女性らしくて、気が利いて。親切で、愛想が良かってみい。ソレだけでも、美形、美人、美女に見えるわと。
その上で、ある基準の範囲でも、5段階表示で、4や、5の上位評価が出来ててみい。大満足かと。
要するにの、女優、グラビア・アイドル、モデルを基準にしてるで無しと。

イヤイヤ、ホンマやでの、息子の嫁に、美人を選択して欲しい親が居てるかと。美人であるに越した事は無いけれどの、何よりも、マズは、息子との、相性でありましての、加える事の、気が利き、親切で、愛想がと。
嫁とならばの、更に、加える事の、私共、義理の両親とも、話をしてくれての、対応してくれるの事でして。

モ一発、ホンマやでの、気が利くの、親切が云々なんか、町内会の娘さんでは、分からんわと。
理由は簡単の、そこまでの、付き合いはしてませんです。
そもそもが、顔を見て、あそこの娘(こ)や、息子と分かるは、極の、少数でして。オッとの、世帯主、配偶者、爺婆なら、分かってるですがと。

での、そんな次第の、愛想がええか、悪いかなら、一発やと。
朝でも、昼夜でも、姿は見れども、目をこっちに向けさえせずの、無視するのアホめがと。
そんな事では、お嫁に行けへんゾのが、過日、行ったですて。へえと。

世の中、ソレで、上手く行ってるのかと。
ソラ、美形ならばの、万事、許すとするの面々も居てるは承知。
醜女でも、美人や、美人と吹聴の、男も居てるも承知。蓼喰う虫も好きずきでして。
私め、一般論を申してるだけでして。

そんな事で、息子の嫁は、ハデでなく、ブスでもなくと。
であれば、基本原則、概ね、結構かと。
どちみちの、中身なるは、知るに相応の日数、年月を要しまして。
(11/01/09)



inserted by FC2 system