シバケンの単なる雑談NO.81

雑談NO.76 雑談NO.77 雑談NO.78 雑談NO.79 雑談NO.80

雑談NO.55 雑談NO.60 雑談NO.65 雑談NO.70 雑談NO.75
雑談NO.30 雑談NO.35 雑談NO.40 雑談NO.45 雑談NO.50
雑談NO.5 雑談NO.10 雑談NO.15 雑談NO.20 雑談NO.25
題目一覧表

目次

雑談NO.82

NO.1080 単なるの世間話(1) ゴミ当番の週の話

NO.1079 町民運動会の話(2) 肝心なるを忘れたの話

NO.1078 町民運動会の話(1) くじ運の話

NO.1077 恒例・四国の話(8) 無事に帰還の話

NO.1076 恒例・四国の話(7) 「瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフ」封鎖の話

NO.1075 恒例・四国の話(6) 墓参の話

NO.1074 恒例・四国の話(5) 感動2件の話

NO.1073 恒例・四国の話(4) 潮干狩りの話

NO.1072 恒例・四国の話(3) そら草臥れるの話

NO.1071 恒例・四国の話(2) 寝るが一番の話

雑談NO.80


NO.1071 恒例・四国の話(2) 寝るが一番の話

オッとの、我々が長男宅に到着なるは、12時は軽く回って、13時頃やったかなあと。
イヤ、飲まずの、喰わずでありまして。本来ならばの、高松道のサービス・エリアで、軽くの喰て。坂出辺り、どこか適当なるのを、姪にでも打診の、推奨のうどん屋にての、昼食のつもりであったですが。トンでものと。
息子宅、近在のコンビニにて、全員の食料調達で済ませたですが。部屋で、アイス・コーヒーを戴いたりと。一寸、落ち着いてしもたりの。

ノンビリしてるの場合で無いの、四国えのお土産の運送、宅配は、マンション内の管理人室で扱ってくれまして。明日には着くと。へえと。この盆休みの真っ直中でも一緒かなあと。一緒でなければ、困るですが。
ではの、8名、「NOAH」に乗り込みまして。足元にも、荷物がの、正直、苦しい状況なれどの、仕方が無いなあと。オッとの、私は、まずは、助手席に乗せてもろたですが。とりあえずの話の、孫共の指定にも寄りまして。
お爺ちゃんが、こことか、お婆ちゃんが、叔父ちゃんが、ママがと。あっちに、こっちにと、席は交代したですが。ママねえ。まあねえ。グランパ、グランマと云われんだけでも、マシかと。アンバランスな感致すですが。まあねえ。

当然の、綺麗な日本語が好きでして。まさかの、皇室が、パパ、ママでは、ひっくり返るです。だけの話やわと。
皇室が、「食べれる」「見れる」とは、申されませんです。
イヤイヤ、ホンマやでの、奥ゆかしさの分からんの、口先、方便だけで、皇室の話をするのが居てるですが。


オッとの、余計な話は止めまして。
斯くしての、明石海峡大橋。淡路島<神戸淡路鳴門道>から、高松道えと。
イヤ、多少の渋滞あったですが。概ね快調。

土産モノを積んでるなら、仁尾の義姉宅にとなってたですが。宅急便故、直接に、比地木の義母宅、小屋にと。平たくなら、離れになるですが。離れとするには、諸般、離れてまして。要は母屋と同じの敷地内でもあらへんしと。
そらなあ、くどいけれどの、これだけの人数、義母宅には、泊まれませんでして。無理したら、泊まれん事も無いけれどや。
諸般、嫁はん、折角の里帰りも、肝心のお母さんとの話、会おてるの時間、短くて。

トトトの、そんな話は結構の。
小屋には、既に、義姉婿、姪一家、甥一家が居てまして。そらなあ、何時(なんどき)、17時過ぎでして。挨拶しつつの、上には上がったですが。6畳の間、4畳半<ベッドがある>の間に、当家、柴田の方だけでも、8名。
先様、義姉家も、全員なら、9名。義母含めたら、10名。
総勢18名もは入れませんでして。オッとの、無理したら、入れん事も無いけれどや。小さいのがウロウロするし、居てられへんわで、挨拶済めば、外に出て。タバコでも吸うたり、義母と雑談したりと。


トトトの、そんな暇は無いの、早速にも、仏壇にお参りに行こかと、母屋にと。
イヤ、暑い事、暑い事。
ジッとしてても、汗ぽたぽたの、こんにちはと、義兄嫁に挨拶。義兄は不在であったか、姿見えずの、早々にも、仏壇の間に行きの、全員、順々にお参りしまして。
悪いけれどの、ここでは、特段の話無いです。先様、義兄嫁とは、挨拶のみで、話せず。一言くらいあったかなあの、イツ来た。今、さっき。
義母には、明日は分からんの、明後日には、又、来ると。オッとの、明日<13日>は、義母、ディ・サービスの日で、不在でして。明後日になるのかなあと。諸事万端、計画一切、嫁はんでして。私共、指示、予定を聞き、ソかとだけ。
下手したら、その予定さえも、知らんかったりの、とりあえずは、滞在中の宿は、義姉宅での、明日は、昼頃、海岸にて、潮干狩り方々、海遊び。夕方には、甥宅庭で、バーベキュー。最終日には、朝から、墓参で、比地木にで。
昼食は、いつもの、うどん屋にての、結果的、うどん屋からの、後は、帰路でして。


での、一同、そのままに、仁尾の義姉宅えと、移動しまして。
ここでは、受入体制万全でして。
全員、総勢何名、17名になるのかと。これ又、早速にもの、夕食と相成って。
しかるにの、子ども達、小さいのが大勢居てたら、大変ゾと。何人居てるか。長男のが、3名。甥のが、男2名で、姪のが、男1名。都合の、6名なれどの、上が、6歳<甥の長男>から、1歳<我が孫君2号>までの、丁度、1歳ずつ離れてまして。
云うたら、女の子、孫娘1人。ホカは全員、男の子。もてて、もてて、困るナと。
加えての、来年ならばの、二男の子が増えてるなあと。

さながらの、保育園状態の、1歳の孫君2号が一番に危険。
イヤイヤ、1歳ともならばの、ハイハイでして。テーブルあらば、伝い歩き致しまして。そこらのモノ、何でも口に運ぶしと。皆が遊んでたら、仲間に入りたいらしく。されどの、相手にされず。されても、分からんしと。
危険故に、抱っこしてても、暫くなら保っても、5分、10分で、抵抗し出すしなあ。要は離せ。自由にせよと。それを無理矢理に抱っこしてたら、モ泣きそな表情になりまして。泣かれるのまでに、開放致しませんとと。

での、食事が済めば、暫くしてから、全員にて、銭湯にと。
歩いて、5分辺りの処に、最寄りの銭湯がと。
オッとの、家にも、風呂はあるですが。これだけの人数、入ってたら、時間喰て、最後は何時になるのやらで、銭湯なれどです。

そんな次第の斯くなるでの。
正直、余所に出たら、私め、寝るは一番に相成るです。
イヤ、自宅でなら、夜の、1時、2時でも、起きてるですが。パソコンを触ったりしてるが故で。
ここ数年、パソコン持参せずの。持参しても、インターネットが出来ませんでして。する気なら、出来ると思うですが。一人、別室にての、やってられへんわの、持参せぬが無難でして。

となれば、する事が無く。
それもあるし、起きてられませんでして。車中、諸般、草臥れまして。寝るがこれ又、一番に無難の、事実、カラダがなあ。しんどい、しんどい。どなるかと、心配になる程でして。
(12/08/18)


NO.1072 恒例・四国の話(3) そら草臥れるの話

オッとの、掲載忘れてたです。
寝る前、食事済んでからです。

諸般、孫世代に、息子共世代が、お土産交換致しまして。これを、あれを、誰にと。
ども、一番人気、孫世代のは、二男持参の、シャボン玉セットかと。明くる日、全員、孫君2号を除き、大はしゃぎで、やってたですが。

オッとの、での、姪、私には、靴下をくれたです。半ズボンの際の、短い靴下なれどの、何足入りかの、10足程入ってかかなあと。ンの、姪に、有り難う。
早速にも、履かせて戴いたです。現在唯今も、その幾つ目かを、履いてるですが。


イヤイヤ、パソコン持参で無いだけで無く。
諸般の、道中、車中、草臥れるし、孫共世代を相手するも、気を使うし、草臥れもするです。何分の、慣れてませんでして。
更には、姪、甥の子も居ててみい。実家、里故、居てて当然なれどです。
そらなあ、どこまで、手を出してええモンやら。手を出すとは、相手するの意でして。我が孫共が、いらん事してたら、止めんならんし。これが、どこまでの躾をされてるやら、してるやらも、分からんし。実体験、共同の場で、学ぶが一番なれどです。

男の子は、或る意味、或る程度は、暴れて、ほたえて、当然でもあるし。大人しかってみい。心配になるの、かと云うて、相応の年齢なら、厳しい目も向けるですが。さりとての、原則、余所の子故にと。
自制はしつつも、勇気を出して、愛情持って、叱るべきは、叱らんとと。

ホンマやでの、姪、甥の子とは云えどの、余所の子、孫世代に、云う事、きかせるは勇気が要るです。
されどの、云うべきは云わんとと、云うてきけば、問題無いけれどの、きかへんわと。ついついのと。諸般、余計に、疲れが、ドっと、溜まるわと。
イヤイヤ、ホンマやでの、余所様の、誰が、勇気と、愛情持って、躾、教育をしてくれるやと。大抵ならばの、余所の子なんか、見て、見ぬふりの、知らぬ顔が大多数の無難やわと。私にしたって、親族の子故、たしなめるのでありましてと。
我が孫でも、悪い事とするのか、小さな子同士、一寸したトラブル発生も致すの、相手に謝れ云うても、きかへんわと。強情も結構なれどの、善悪の区別、協調性も教えてやらんとと。これが、当世、ナカナカに難しく。

その辺り、女の子は、又、違うなと。
実際、男の子と比べたら、数段に大人しく。反面では、現時点、女の子の従兄弟、居てませんでして。遊ぶの相手がなと。

とは云え、孫娘、従前と比べ、数段に可愛らしくなって来てるです。
イヤ、ちゃんと、云う事、きいてくれるしなあ。その年代に成ってるとも云えるですが。孫君1号、まだまだ、3歳前。但し、この3歳辺りが一番に重要でして。三つ子の魂、百までと、申すです。次第、次第に、個性が出てくれば、心配なるの面あって。
とは云えどの、まだまだ、3歳。オッとの、親に任せな仕方が無いわと。


斯くなるでの、初日、夜、多分なら、22時頃かには、本当に、しんどおてねえ。風呂に行くも、道中、気分が悪くなりそでねえ。下手したら、倒れそな感してまして。
とは云えどの、風呂には入っとかんとと。銭湯には行ったですが。
帰ったら、義姉、嫁はん、二男と一緒に、布団敷きを手伝いまして。長男は、運転で草臥れたか、既に、横になってしもててねえ。布団を敷けば、一番に、布団に転がり、寝てしもて。

私の方は、義姉にアイス・コーヒーを戴き。外に出て、タバコ一服。イヤ、向かいの敷地に、灰皿<蚊取り線香の入れ物が灰皿替わり>が準備されてまして。
そらなあ、屋内には、孫世代が居てては、タバコ厳禁でして。

斯くしての、横になれば、一気、昇天、夢の世界。夢まで、見てへんけれどや。
蒸し暑い夜で、四六時中、エアコン、オンで、電気代も大変やろにと。思いつつのと。
(12/08/19)


NO.1073 恒例・四国の話(4) 潮干狩りの話

実は、孫君2号。
我が祖父に良く似てまして。又、私が三輪車に乗って、ニタと笑った写真があるですが。まあ、云うたら、3歳、4歳、白黒写真。全くの瓜2つ。
となれば、私が祖父に似てるとなるですが。あくまでもの、写真の話での、祖父とは入れ違いの、実物知りませんでして。写真も晩年のモノでして。
オッとの、或る意味、似て当然なれどです。

されどの、そんな話、一言もしてませんです。
理由は簡単明瞭の、私以外の、嫁はん、嫁が、義姉が、義姉婿が、親父であるの、長男そっくりと、口を揃えて申すが故で。私が、イヤ、我輩にと。
とも云えず。
ソラ、そんな写真、私は良く見て、知ってるですが。ホカの面々、知りませんでして。
オトトの、ホナラの結果、長男が私に似てるになるですが。現時点、そんなには、似てませんでして。されどの、全くとも云えず。ソラソラ、親子故。

そんな意味ならばの、二男は当初、似て無いみたいに思てたですが。何かの拍子に、ンと。私を彷彿させるの事、ありまして。
イヤ、2人共に、体型、私には似てませんです。長男、肥え過ぎ。二男、ガッシリし過ぎ。


ついでになら、甥、姪、誰に似てるやと。義姉、義姉婿に似てへんとは云わんの、そやけどなあと。この親を彷彿させるの場面、状況に出会さんです。と云う程の頻繁には、会おてえへんけれどや。精々が、年1回でして。
となればの、その子ども達も、同じくの、果たしての両親に似てるのかなあと。疑念を抱く程に、似てませんでして。極論、強いてならの話やでと。

それを云い出せば、我が従兄弟が、私に似てるかとなればの、全然でして。
只ナで、父方、上の叔父の子、姉弟なれどの、親父であるの、叔父を彷彿させまして。特には、弟の方、益々の叔父に似て来てねえ。過年、下の叔父嫁の葬儀の際、久しぶりに会おたですが。瞬時、当の叔父かと、ビックリする程の、叔父は既に他界してるですが。

強いてなら、我が二男、その昔、中学生頃までなら、嫁はんの兄に似てたですが。益々の離れ、現在なら、むしろの、下の叔父の息子でありの、叔母の長男に似て来てるです。あくまでもの、顔付きがです。
そんな事なら、四国の甥の子、息子2人なれどの、どなんかなあと。爺婆にも似てへんし。甥嫁にも、似てるのか、似てへんのかの。姪の息子も、どっちに似てるのやらと。よお、分からんでねえ。

イヤイヤ、時折見るです。親子、母娘、父息子、一発、瓜2つの、模造品の如くの子をです。


只、思うに、少子化の現実、見えるです。
我々、ベビー・ブーム世代ともなればの、京都、仏光寺時代。同じの町内、約40軒程であったか。同世代の子が居てへんの家が珍しく。同世代とは、精々が、上下3歳。5歳も違えば、相手されず。相手に成らず。
何が云いたいかとなればの、遊び相手に不自由せず。隣がダメなら、その隣。又、隣と、順々にで、遊んでたら、行った先の子が出て来たり。そこまでしんでも、外で遊んでたら、自然に人数増えまして。相応の遊びに切り替えたり致したですが。
果たしての、孫世代、近所に同世代の子が居てるかと。殆ど、見掛けませんでして。殆ど処か、全然のと。特には、仁尾の義姉宅近辺。声すら聞こえませんでして。

よって、保育園なりに入れませんと、共同生活、遊び等々、一人ではナと。
ソラ、大いに、喧嘩をして、一緒に遊んで、諸般、体験しの、知恵付けませんとと。


トトトのそんな話は結構の、明くる日、昼から、雨天の天気予報と、甥が云うてたですが。よって、恒例のバーベキュー、夕方からなれどの、どするやと。テントなり準備をしとかんとと。
ソやなあと、思えど、私共では、何とも判断難しく。主導権は義姉一家でありまして。私共、出来る範囲で、手伝いするだけでして。
その当日なるは、午前中は、前日の、二男嫁が調達の、シャボン玉セットで、孫共遊びまして。ピストル型で、風を送って、風船玉を作るですが。今時、簡単、便利やねえ。セットの中にシャボンまで、ありまして。昔なら、石鹸水を作ったり、ストローを持ち出したりしたですが。
どっちが、ええのか分からんけれどや。ストローよりは、シャボン玉が出来易く。されどの、材料無くなれば、石鹸水を作らんならんけれどや。

イヤ、心配してた雨も降りソで無く。
昼食済んでからは、海岸に潮干狩りとするのか、孫世代は海遊びにと。
テント、潮干狩り用の、何と云うのか、鍬なんやろねえ。2本持ち出しましまして。
イヤイヤ、しもたなあと。サンダルを忘れてまして。健康サンダルを借りたですが。こんなサンダル、長くは歩けませんでして。足の裏が痛あてねえ。とりあえずは、片道、海岸までは、行けたですが。歩いて、10分程なれどです。

毎年、いつからか、仁尾の海岸で、潮干狩りをしてるですが。比地木で、泊まらんよになってからでして。比地木の海岸では、潮干狩りは無理の、泳ぐならでして。すぐにも、深くなるからでして。こっち、仁尾は、遠浅とするのか、引き潮では、広い砂地になってまして。
オッとの、私は見てるだけ。概ね、義姉婿と、甥がやってるですが。

私も一寸だけやるに、ナカナカに感覚難しく。砂を鍬で、スキまして。カチンと当たれば、貝でして。そのカチンが微妙での、カチンと当たっても、探すに一苦労。結果、私は幾つ採れたか、知れてるわの、10個辺りかなあ。
義姉婿、甥は、ガンガンでの、都合、軽くの、150個は採れたかと。
この貝、夕方からの、バーベキューで、喰うになるですが。
(12/08/20)


NO.1074 恒例・四国の話(5) 感動2件の話

孫共の海遊びは、その親共がくっついてまして。
我々、爺共、用事無し。

されどの、甥が、子どもえお頼むと。えと。
一寸だけ用事で、テントの方にモノを取りに戻るらしく。ここは、嫁が来てませんでして。モ一人の子どもも来てませんでして。
云うたら、嫁はん、義姉、孫君2号も来てませんでして。

での、頼むと云われてもねえ。云う事をきかんです。私なら、海に入るのツモリは無く。海水パンツは履いてえへんし。短ズボンでして。にも関わらずの、行くなと制止する方に行くしなあ。追い掛けたら、当たり前に短ズボンも濡れるし。捕まえたら、逃げて、泥砂掛けるし、困った君でして。どちみちの、一旦濡れたら、一緒やけれどと。
甥が戻って来たら、ホと安堵の、引き渡し。ソラなあ、溺れられでもしたら、えらい事でして。


オッとの、クレグレもの、私め、河童。
云うても、ここ、ン年、泳いでませんですが。比地木の海の頃には、泳いだですが。当世、この歳、同じの調子で泳げば、心臓麻痺で、帰らぬ人に成るの可能性がと。あくまでもの、同じの調子で、泳げばの話の、自制は致すですが。
そもそもがの、海は楽なんやと。海水でして。自然にしてたら、浮くです。

潮干狩りをしたは、その後でして。やった云うても、10分、20分なれどです。
しかるにの、見知らぬの小学生低学年の男の子が、ソバに来ましてねえ。イヤ、潮干狩りで、砂を掻いた後の箇所を踏んで行くです。変な子やなあと。
続いて、その爺様やろかなあ。同じくの、掻いた砂の箇所を踏んで行きまして。変な爺様やなあと。

思てましたら、義姉婿曰くに、あいつ等、何にも知らんなあと。
要は、この辺りの人間と違うらしく。この辺りの人間なら、余所様が掻いた砂の上を踏まんですて。

オッとの、成る程の、そやろなあと。
やってる方の立場、こっち側から見ればの、先の通りの、変な子、変な爺様でして。言葉、選ばずなら、失礼千万なるの子どもで、爺様で。この爺様で、この孫かと。
反対の立場で、私が、余所様が掻いた砂地を踏みつけ、歩くは致しませんです。そこら一面、避けて通るに難儀な程なら、知らんけれどや。横幅、ン百メートルの砂場で、ホンの、10メートル四方かなあと。わざわざの、ソバに来て、踏みつけられてるの感でして。

踏まれて、困らんし。我が土地でも無いけれどや。
子どもだけなら、潮干狩りが珍しいのかなあと。されどの、ええ歳した爺様があれでは、えとなったですが。
されどの、アンタなあと、小言一発、云えるで無し。公共の場で、我が土地で無しの、私なら、余所者でして。
イヤ、爺様なら、一言、収穫はありますか。とでも、あってみい。だけで、挨拶でして。それを、難しい顔して、ニコともせずの、掻いた砂場を踏み荒らされて。オトトの、掻いた後故、どでも宜しいですが。やってる方からしたらの、極めての不愉快なる気分。我が陣地やのにと。

イヤイヤ、安心したです。我が感覚で正解かと。
爺様だけに、土地の人かと思たですが。さりとて、アンタなあと、一言、文句云う程の事でも無いけれどや。それだけに、不文律なるモノがあるです。
くどいけれどの、踏まれて、損害一切無く。単に気分不愉快なだけでして。少なくともの、通過の間、砂を掻くは出来ませんでして。まともに踏まれてまして。要は完全無視でして。へえと。

そんな次第の、斯くなるでの。
貝も沢山収穫しまして。大多数は、義姉婿と、甥なれどです。甥がやってる間、孫共、その周辺で遊んでたですが。
ボチボチ、帰ろかの、バーベキューの準備もしんならんしと。

帰るに、履いて来たの、健康サンダルがきつうてねえ。
海水で、足裏がふやけてるのもあるやろしの、この調子で、家まで辿りの着けるのかと。着いた頃には、足裏、腫れ上がってるかと、心配になってましたら、二男が、お父さん、サンダル替えよかと。ンの、へえの、オオキニの、感動のと。

イヤイヤ、私の歩くが、ゆっくりでして。皆に遅れてたですが。更に、我が後を歩いてまして。ども、歩き方がと見たのか。健康サンダルなんか、アカンでと。こんなモン、どこまで、健康になるかは、ええ加減やでと。
履いても一寸だけのモンやと。ソやなあと。
サンダルさえ、まともになればの、足裏そのものは、健康人。海水で、少々、ふやけてても、まともに歩いて、帰えれるです。嗚呼、良かったなあと。ホンマやでの、帰りの道中、来た時から、どしょかと思てたです。
二男には、云うたら、こんな面ありまして。

よって、砂場、海岸に着いた時から、サンダル脱いで、素足でして。素足で充分の、漂流物少ないの、綺麗な砂地でして。時折には、花火の残骸あるけれどや。
ホンマやでの、一々、小言で、やかましいけれどの、花火の残骸程度、持ち帰れ。自宅で処分せよ。常識やと。
当世、万事、この調子の、自分が良ければ、万事良しの風潮がと。やった、後始末さえ、しやへんなあと。それで、えらそな事、云うててみい。噴飯でして。


トトトの、そんな話も結構の。
家に戻って、小休止の、さあ、やろかと。バーベキューの準備をでして。床机、テント、椅子等々、コレ又、歩いて、2、3分なれどの、甥宅にと。オッとの、浜からの帰りの道中、途中に甥宅あっての、テントはそこに置いて来たですが。

まあなあ、バーベキューの話なんかしても、仕方が無く。毎年一緒の事でして。
強いてなら、孫共世代に、焼き貝大人気でありまして。150個全部では無いけれどの。大きなのは、粗方、喰われてしもて。
喰えば、花火大会開催の、当然のやるは、孫共世代の、大人は、手助けだけでして。

での、私め、珍しく、小用をと。
実は、アルコールを飲めば、小水出ませんの傾向あって。
バーベキューは、甥宅庭先での、当然の、トイレは、家の中。ここ数年、バーベキューは、ここなれどの、家の中に入ったとなればの、新築、出来上がった時だけであったかと。

イヤ、何が云いたいかとなればの、トイレを貸して頂戴と。ホナラの、先に云うてるの、きかん坊の、ここの長男。
おっちゃん、こっちと、場所を案内の、トイレのドア開けてくれるわ。電気を付けてくれるわの、便器の、蓋まで、開けてくれて。
オイ、おまえ、びっくりする程の、親切なんやなあ。感心、感心、感動したでと。
とは、正直、そのままの、感想でして。自慢やないの、我輩、歯の浮くよな、おべんちゃら一切云わんわの、云えへんの。
表も、裏も、あらへんわの、このまんま。
(12/08/21)


NO.1075 恒例・四国の話(6) 墓参の話

さての、その日、2日目も、私はお先に失礼の、モ寝るわと、挨拶方々、宣告しまして。
ソラ、万事、挨拶からでして。

されどの、この日は、夜半より、雨。稲光もしてまして。イヤ、バーベキューも、終わってまして、良かったですが。蒸し暑うてねえ。嫁はんと、その姉は、夜中、喋ってるしねえ。まあなあ、夜中にしか、話が出来んもあるですが。
話の中身までは聞こえませんですが。聞き耳立ててるでも無しで。一番に遠くで寝てるもあるですが。何分の、耳鳴り症状故に、分からんわと。
朝、聞けば、1時頃まで、喋ってたらしく。フウンと。

での、矢っ張り、3日目、雨でして。結構なるの雨でして。
こちらで、本格的雨を知りませんでして。「太陽博」があった程の、雨の少ないの地域故で。

イヤ、朝、義姉婿と、向かいの庭で、喋ってたです。20年前やったかなあと。聞けば、30年の昔<1981年>ですて。そんな昔やったかなあと。そしたら、息子共が、2歳、3歳の頃でして。まあ、覚えてえへんやろなあと。
イヤイヤ、当時、入場したです。

その時、太陽光線を集光し、発電するための鏡があったですが。太陽博解散の際、希望者に、上げたらしく。
義姉婿は、応募以前に、貰い受けに行き。ええのを一枚<無料>、戴いたですて。更に、公募の際、一枚<500円>をと。都合の二枚を入手したですが。内の一枚は知り合いが欲しいとの事で、差し上げたですて。マア云うたら、元値、500円やしと。
イヤイヤ、無料、或いは、500円なれどの、モノは、相当なるの大きさでの鏡でして。正確には、知らんの、多分ならばの、横幅、50センチ。縦、150センチ程度かと。

その鏡を当時、見た記憶がありまして。最近見てへんなあと、問えば、玄関の真正面に置いてたですが。その位置関係、玄関の真正面では、「気」を跳ね返すと聞いて、カバーで覆たですて。ンの、そんな話も聞くなあと。
真正面にデカイ鏡は、諸般避けるべしと。風水でなら、置くに、玄関の横手に六角鏡<実際には、八角鏡>ですて。さすれば、邪気を撥ね退け、金運上昇なると。
イヤ、我が家には置いてるですが。金運はどか知らんですが。


でででの、皆が起きて来たら、朝食での、この日は、里、比地木に墓参が予定されてまして。
戻って、「うどんフジ」で、うどん喰て、サイナラでして。

での、そんな事で、準備が出来次第の、移動なれどの、これが、この人数ともならばの、ましてやの、小さい子が居て、ナカナカでの。実際に出たは、11時頃かと。オッとの、当然の、荷物一式、長男の車に積み込みまして。
義姉も、あれを、これをと、沢山出して来るし。ソラ、有り難いけれどや。載るのかと。
兎に角、無理矢理にでも、積み込んで。比地木に向こたですが。上手い具合に、雨はホボの、止みまして。
義母宅、小屋になれどの、ここで、又、小休止。とするよりは、義母が、あれこれ、出して来まして。冷たいモノをと。ここには、誰が来てたか。甥嫁と、その二男以外の全員でして。長男は、義姉と一緒に来てたですが。車の中で、爆睡でして。オッとの、エンジン掛けて、エアコン付けて。

とりあえずは、私め、タバコを吸うたり、義母と話をしたりと。してたら、義兄嫁がチラと。
オトトの、挨拶でもと、するの間も無くの、義姉と、一言、二言、喋って、消えてもて。
義姉、義兄嫁の話を伝えるに、車を退けてくれと。フウンと。
退けるの目的なるは、義兄の車を出すがためで。ホナラの出るの際、当人が、退けよの一言で、済むの話なれどの、まあええかと。諸般の考えありまして。

での、オマケで、昨日、仏壇には参ったし。モええのと違うかの話ですて。フウンの、そんな事なら、墓参だけで、ええけれどや。確かに、昨日、お参りしてるですが。毎年、来た日と、帰るの日の2回、お参りしてたですが。
実は、別途の事情で、辞めよかとしてたですが。事情とは、母屋に行くの道中、両脇の草が生い茂りの、昨夜来の雨で、濡れてまして。行くも結構なれどの、濡れてもなあと。電話ででも、斯くなるでと、お断りしとこかと。義姉婿と話をした矢先故にと。

結果、イツの間にやら、義兄の車は出てしもて。挨拶も出来ず。
そらなあ、別段にの、義兄夫婦に会いに来るが目的でも無いですが。義母にでの。そやからと、来て、そこに居てるのに、顔見ずの、挨拶もでは、何してるの事かと。云うても、出てしもたではなで、ホナラの一同、墓参にと。
雨後で、道中、坂道、滑り易く。ソラ、浜まで、急峻なる坂道でして。歩いて、150メートルもあるやろかの、100メートル以上はあるかなあの距離なれどです。坂道は気を使うの、墓参を済ませたら、さての、義母ともお暇しまして。

イヤ、ホントになあ。
原則、基本、主目的なるは、嫁はんの里帰りでして。里帰りとは、親に会いに来てるですの、我々、特には、私なんか、お付き合いでして。果たしての、何分、何十分、話をしたのか、知れてるわと。
変な話、私の方が義母と話の時間、長いよなと。
とか云うても、中身、全然の記憶無く。適当なるの、世間話か、愚痴話。云われんでも、愚痴は、よお分かるわと。
要は、万事、基準、土俵が違うかと。困ったモンやと。

オッとの、での、この界隈えの、土産モノの大部分は、嫁はんと、義姉が配ってまして。私共御一行様は、一軒のみ。嫁はんとどんな関係になるのか、今だ、理解出来ずの、多分なら、義母の妹宅なんかなあと。その妹は居てませんでして。娘と、その子、娘は居たですが。正直、その子<娘>と会うは初めてでして。イヤ、ナカナカの美形の、何歳か。25歳くらいかなあと。よお、知らんです。盆休みで、実家に帰ってるのかなあと。
イヤ、知らんです。
そこのは、仏壇を拝ませて戴きまして。ええなあの、孫世代全員に、お小遣いでも、貰たんかなあ。祝儀袋を戴いてまして。
イヤイヤ、義母宅でも、戴いてたの気配濃厚の、私は、部屋には、チラと入っただけで、縁側に。或いは、タバコを吸いにの、外に出たりと。

斯くなる次第の、斯くなるでの。
一応の里帰りの予定は、以て、完了でして。
後は、「うどんフジ」で、昼食のうどんを喰うだけやと。
(12/08/22)


NO.1076 恒例・四国の話(7) 「瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフ」封鎖の話

そんな次第の、仁尾に戻りの、「うどんフジ」にての。
奥の部屋、一室借りまして。事前に予約はされてるですが。一室も、一室しかあらへんけれどと。
ここには、甥嫁と、二男も加わって。総勢、何名、当家だけで、8名様の、義姉一家、9名の、都合、17名ともならばの、満員御礼状態。
ここに、我が二男嫁と、しかるべくの、長男、増えてみい。どんな事になるのやらの。されどの、ここでなら、席を詰めてでもと、相成るですが。

での、天ぷらうどんの大を頼みの、大はうどん玉2個らしいの、1個では不足の、2個でまあまあの量でして。
イヤ、義姉婿殿、過日、2日前、我々到着の前日より、下痢症状やったらしく。娘であるの、姪曰くに、下痢で、うどんはアカンよと。ンと。
イヤイヤ、我々ならばの、下痢症状、腹の調子のおかしい時には、軽くの、うどんにでもしとくかと。症状更に重いなら、お粥か、お茶漬けでもと、相成るの、反対の話を聞いて。されどの、納得の、我々が食して来たのうどんと、讃岐うどんでは、モノが違うかと。

確かに、こっちのは、腹に持ちまして。下手に沢山喰てみい。腹ピー、ピーに成るです。現に、初めて、讃岐に来た、ン十年の昔。旨いからと、玉2つにしたら、覿面の下痢症状で、信じられんかったです。うどんで、下痢ねえと。
左程に大した症状でも無いけれどや。讃岐出身のヤツ曰くに塩が多いと、云うてたです。真相定かに非ずの話なれどと。オッとの、正しいです。


「うどんフジ」で、うどん喰たら、概ね何時。15時頃になってまして。いつもの通り、帰るが遅い時間になるなあと。
ホンマやでの、当日中に帰れた事が無く。ソラ、一旦、神戸の息子宅になる故で。そこから、亀岡での、概ね、所要時間、1時間半。
そやからと、急くのもでして。場の流れ、雰囲気に合わせてな仕方が無いですが。

では、では、又、来年なあとかとか、声掛け、声掛けられての、イザ、出発なれどです。
道中、まずは、「鳥坂まんじゅう(とっさかまんじゅう)」どするやと。欲しいなら、買うし。欲しく無いなら、素通りでと。嫁はん、皆に問えば、喰いたい。持ち帰りたいと。ならばと、「鳥坂」の交差点の、まんじゅう屋に寄りまして。
オッとの、従前、店の側の、駐車場だけやったのが、通りの真向かいにも、駐車場が出来てまして。
<参考=「鳥坂まんじゅう」(三豊市観光協会)><削除>

イヤ、店側駐車場、車が満杯。10台、15台が駐まってるのかなあ。
での、真向かいのは、5台程が駐まれるのスペースなれどの、2台分、空いてまして。
駐めて、嫁はんが信号渡って、調達にと。
イヤイヤ、待つ事30分。やっとで、戻って、早速にも、喰て。
一口まんじゅう故に喰い易いですが。一寸、何となくの、味がと。落ちてるの感しまして。モ少し、甘酒の香りとするのか、風味あったですが。別段にの、雨酒好きでも無いですが。
正直、この味なら、30分も待って、買う事もと。値打ちが一寸で、即の買えるならと、結論なったですが。

道中、更には、ガソリンをと。
どこかは知らんの、セルフの、ガソリン・スタンドに寄りの。長男入れて、何やら、一等賞の文字見えて。何が当たったかと、思いきやの、次回、このセルフ・ガソリン・スタンド限定での、1リットル、3円引きですて。なあんやと。

斯くしての、高速道路、高松道に突入の、さての、土産モノを調達しませんとと。
実は、前回、5月は、どこであったか、とりあえずは、国道と思てるの、スーパーみたいな、大型店に入ったですが。そこでは、土産モノ等々も売ってまして。そこなら、ええなあと、嫁はんと、二男とは、云うてたですが。長男には、話してなくて。
してても、場所が分からんですが。適当に見つけて、寄っただけでして。

そして、結局は、与島にも寄ったですが。
こここそ、例年寄ってまして。前回、5月は寄ったかなあと。既に、土産物調達終わってまして。

での、ででの、与島に突入の、土産物をと。
只なあ、ここは、この季節、人で、人で、一杯でして。実は、嫁はんの買い物多く、まずは、車に積み込むに難儀かと、宅急便で送ってもらうにしてたですが。ソレなら、空いてる方がと、第1駐車場の、「与島プラザ」よりは、第2駐車場の、「瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフ」にと。

行ったですが、ンの、車僅少の、例年、少ないとは云えどの、ここまではと。
思たならばの、封鎖してましての、へえと。封鎖かと。封鎖する程にはの、人は適当に入ってたですが。イヤイヤ、こっちの方が、人が少ない分、気楽でねえ。品数も同等にありましての、こっちなら、送ってもらうにしても、手続きし易いと思てたですが。アカンかと。
封鎖なら、つべこべ云わずの、選択の余地無く、第1駐車場、「与島プラザ」にしな仕方が無く。

そのまま、第1駐車場に戻りの、様子伺うに、確かに、車の数も、若干なれどの、少ないよにも見えまして。ではと、買い物しに中に入れば、人は多いは多いけれどの、思た程でも無く。
イヤ、ホンマやでの、常は知らんの、この季節、盆の真っ直中で、店内、うろつくにも、人で、人で、人でねえ。モノを決めて、レジに並ぶに、コレ又、列が延々でして。
一寸、休憩。座るに、空いてえへんでねえ。
とかとか、思てるのに、座るに座れ。レジの並びも、まあまあでして。フウンと。
云うたら、買い物客もこの景気で、少なくなって来てるのかと。オッとの、但しの、季節が季節故に、がらがらに非ずの、多いですが。例年を承知してるだけに、やや、拍子抜け。

ででの、買い物は終わりの、小休止の。
喫茶コーナーとするのか、「カフェまりんちゃん」で、何か、食べ、飲み、しやへんかと。食べるも、アイス・クリーム程度の、飲むも、アイス・コーヒーなり、コカ・コーラなれどです。
イヤ、これも、あっちの、「瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフ」であっても、こっちの、「与島プラザ」ででも、食べの、飲みのをしてるですが。
あっちなら、下手したら、喫茶部の客、我々、御一行様だけの事もあったりしてたですが。こっちなら、下手したら、店内満席での、外に持ち出しの、した事もあったですが。此度、席は充分に空いてまして。へえの、満席状態、昔日の話かと。

オッとの、今回だけの珍現象かも、分からんですが。
ソレなら、第2駐車場の、「瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフ」を封鎖はしやへんわと。
但しの、そらなあ、盆、正月の人出の多い時期だけ満杯では、店も大変の可能性がと。
<注=「瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフ」封鎖=2011年11月末>
(12/08/23)


NO.1077 恒例・四国の話(8) 無事に帰還の話

恒例、とするのか。
「与島プラザ」の、「カフェまりんちゃん」で、小休止。
先の通りの、アイスとかや。私は、コーヒーが飲みたいだけで。さりとて、一人で飲むのもなと。

での、孫娘、コーンのアイスに致しまして。ホカの面々、何したかまでは、一々、覚える程の知能指数あらへんわの。さての、孫娘、アイスに口付け、一口、二口の辺りで、ポロンの、ぽとり。
オッとの、肝心のアイスがです。シャーベットがです。

落としたら、拾わんとアカンの、拾いまして。ホナラの、モ一発、買いに行くかと。孫娘に云うてたら、長男曰くに、コーンのは、落ち易いけど、「ジェラート」の方やったら、安定してて、落ちひんでと。フウンと。
イヤ、「ジェラート」が何の事か、分かりませんでして。
まあ、行けば分かるやろと。

実は、券売機で、券を買おての事でして。そこにあるのやろと。
ででの、孫娘とお手々繋いで、券売機になれどの、その前に、落ちたアイスを処分するの場所が分からんでねえ。イヤ、らしきの、ゴミ箱等々、置いてませんでして。仕方が無くの、店員に、コレ、どしたら宜しいですかと。問えば、ハイ、預かりますと。フウンと。手渡しまして。
ハタと、表示を見たなら、「返却口」
モ、一発、フウンと。ここで、良かったかと。

そんな事で、券売機に向かえば、「ジェラート」の文字見つけまして。要は、底の広い紙コップに、アイスを入れるの方式でして。ンの、成る程のと。長男、よお見てるなと。私は、皆が云うの、注文の品を出すに、ボタンを押すに、精一杯の、最後に、自分の、アイス・コーヒーをと。
してたが故、細々、見てませんです。
とまあ、そんなに焦らんでも、ええけれどや。後ろで、別途の面々に待たれてみい。気が急くです。

にしても、そこらの、市井のからしたら、ホボの倍額かと。

そんな次第の、斯くなるでの、そこを出てたら、一路、神戸なれどです。経路省略の、よお、分からんわの、案外に早くに、到着の、神戸になれどの、ソラ、スピード出してねえ。
とりあえず、「さと」に行ったですが。駐車場の状況からも、待ち時間がと。二男と、長男の嫁が確認しに行ったら、1時間程掛かるですて。やめとこかと。
次なるは、「びっくりドンキー」ですて。フウンと。
当世、色んな名称のがあるのやなあと。オッとの、京都、五条千本にもあっての、何時やったか。このメンバーに、加えての、二男の嫁、総勢、9名で入った事があったかなあと。もしかしたら、孫君2号、誕生前やったかなあと。
どっちにしても、メニューの中身、よお、分からんでねえ。説明は息子から聞いたですが。若手向きかの、適当に注文したですがと。

での、夕食終えて、長男宅にが、案外に長距離の、約半時。
長男宅に寄りの、荷物分配方々、アイス・コーヒーとかとか、戴きまして。モ、そろそろ、帰らんと、午前様になるなあと。出たが、22時頃かと。

我が愛車、カローラに、荷物、移動の、積み込みまして。これは、知れてるの、楽勝でして。イヨイヨの、自宅なれどの、二男は更に、長岡京なれどの、亀岡に着くの頃、ケータイ一発。ボチボチやでと。
イヤ、二男の嫁が、亀岡に、迎えに来てくれるのらしく。
ソラ、我が家で一泊も、帰宅でも、どっちでも、ええけれどや。好きにして頂戴の、嫁の返答、遅くとも、構わんと。迎えに来てくれるになりまして。


そんな次第の、斯くなるでの。
我々、亀岡に到着当日中の、23時45分頃で、嫁到着、24時頃かなあと。
イヤイヤ、折角やしと、冷たいお茶でもの、「鳥坂まんじゅう」でもと。
そして、再びの、お土産等々、分配の、これが、あれで、あれが、これでと。私共、聞いてても、よお分からんわと。
とりあえずは、無事に分配出来て。何よりもの、無事に帰還出来たら、万事良し。


オッとの、での、番外の話。
二男、又、タバコを忘れてねえ。又とするからには、前歴、ン回。
一応は、了解得ませんとと。ケータイ一発、吸うとくでと。
(12/08/24)


NO.1078 町民運動会の話(1) くじ運の話

昨日、10月の7日は、雨天<台風17号>順延の結果の、町内会対抗、「町民大運動会」の開催の日。
イヤ、毎年出てましての、開会式が終わるの辺り。9時頃に着くよに、自転車でと。安全のため、空気圧見たら、ゆるゆるでして。こら、あかんと、空気入れを出して来まして。
云うたら、この自転車、二男の置き土産でして。そもそもが、学生時代に買おたモノ。既に、10年は軽くの突破の、錆だらけ。タイヤも何度、パンクか。方々、割れてまして。されどの、私にしたって、タマでして。乗るのがで。
パンクは修繕で、新調する気、毛頭のと。

トトトの、そんな話は結構の、此度より、自転車置き場<例年、臨時自転車置き場が設置されます>が、従前とは変更になったらしく。そこなら、運動会場であるの、「大井小学校」の前ですすが。「大井神社」の方になるですて。
要は、神社と、小学校は背中合わせでありまして。神社の裏手から、小学校の裏手に入れるですが。

での、自転車の空気も入れて、颯爽と、快走の、神社前の自転車置き場に着いたならです。町内会の、小K氏、交通安全担当の制服着て、居てまして。やあやあと。ご苦労さんと。
この役で、今年は、「御神輿」あかんのやてねえ。残念やねえ。
そおなんや。当日も、交通整理しんならんしなあと。

での、適当なるの場所に置き。さての、神社の方に向かえば、小K氏、曰くに、そっちはあかんのや。締め切ってある。へえの、ソかいなの、不便やねえ。
イヤ、こっちからでも、横手から入れるでと。嗚呼、そやったかなあと。
何分の、この小学校の卒業生でもありませんでして。小学校の細かな構造。周辺の状況知らんわと。

斯くなるでの、横手から、小学校の運動場に入れば、既に、開会式も、終わり頃の。丁度、柔軟体操に入るの頃で、良かったわと。延々の、何とか代表等々、挨拶聞いててみい。ゲとなるです。
皆様、相応の挨拶言葉を練習されてるは重々の承知なれどです。最早の、区長時代から、何年経ったの、7年でして。モ、どでも結構でして。イヤ、退任から、2年程度は、開会式に間に合うよに、行ったですが。
そこまで、する必要性も感じられず。
してるの、区長経験者も居てませず。私1人でないかいなあと。アホみたい。

そんな話は結構の、我が出番。例年の如くの、「玉入れ」「綱引き」でして。参加希望用紙には、そのよに明記の、例年出てるですが。これも、明記は、私1人でないかいなあと。何に義理立てしてるか、分からんですが。
体育振興役員の際、選手に出て戴くに、町内会、総ナメ、何度回った事かと。ナカナカに、ウンと返事も戴けず。下手したら、前日になって、辞退のも居てたりでの、振り回されて。
そんな経験より、どちみちの、運動会の応援に行って。選手の数が不足で、出さされるの事もあるならばの、最初っから、これこれにと。しとくの方が、明快でして。

結果、どであったか。戦績はとなればの、「玉入れ」下から、ン番目。
「綱引き」初戦、1回敗退の、あっさりして宜しいですが。全部、私1人の責任では無いと。「玉入れ」なるは、男女20名。「綱引き」男子20名。共同責任やと。
私自身なら、「玉入れ」にて、5個は入れたです。総計、入ったの数は、20個程度やったかなあ。競技は、2度の合計で、点数化されるですが。ホナラの、1回5個で、10点は稼いだ故に、役目果たしてるですが。
こんな具合に云えるも、団体競技故でして。

でででの、我が組、支部と称するですが。戸数14軒で、出て来てるの人、私以外で、3名様。内の2名様、夫婦で出てて。選手でして。モ1人様は、組長、支部長と称するですが。だけでして。まあなあ、全体的、歳喰てるもあるですが。
対して、若手主体の組は参加多くてねえ。

そんな話も結構の、出番、午前の部で終わってしもて。されどの、行きかかり上、午前中は、ズと応援方々、会場に居てまして。イヤ、弁当戴くもありまして。
云うたら、選手でありの、応援者には、無料で、弁当戴けるになってまして。当然の、区費からの出費なれどです。我が家、1個戴くもありまして。嫁はんも、チラとでも来たら、2個戴けるのにと。但しの、予めの予約がいるですが。


そんな次第の斯くなるでの、午前の部、終了にての、弁当1個戴きまして。自転車に乗って、帰って、嫁はんと一緒に喰たですが。
イヤ、当然のご飯は炊いてるの、おかずも、別途に準備はしてるの、弁当のおかずは適当に分けただけなれどの。大体が上等の弁当にての、その気なら、2人で、食べられるの品数でして。

とかとかの、余計なるの話は置いといて。
昼の部にも、応援に行ってるです。閉会式にも、参加致しまして。目的なるは、最後の最後に抽選会がありまして。一等賞、自転車<1本>。
二等なら、CDカセット<3本>なれどです。当たるなら、それで、我慢しとくの、三等は、何故か、観葉植物<5本>でして。この、賞品、何故か、毎年、一緒。
狙いは当然の、一等賞なれどの、残念無念のハズレでして。
云うたら、この手のくじ運とするのか、当たった試し無く。当たってる人は、我が町内会でも、姉弟で当たってたり致してまして。フウンと。云えば、他にも、一等賞が、我が町内会で、当たってるです。そんな意味でなら、私は例外の、町内会の面々では、くじ運の強いの人が居てるなと。

ホンマやでの、過日、先月であったかの、「夏祭り」でも、抽選会がありまして。此度の抽選方法、よお、分からんの、分からんでもの、1人<1軒>で、2つも当たってる人、多数なれどの、我が家、1個も当たらずじまい。
まあなあ、キッチン・ペーパー、ティッシュ・ペーパー、ゴミ出し用ゴミ袋等々、上等の、米、商品券以外の品目の中身は知れてるですが。それでも、当たれば、気分良く。ハズレっ放しでは、気分も悪いわと。

トトトのそんな事で、此度も、慰労会の話がありまして。
ならばの、折角故に、出させて戴きますかと。
(12/10/09)


NO.1079 町民運動会の話(2) 肝心なるを忘れたの話

いやねえ、「町民大運動会」の、「慰労会<町内会主催>」に、ややなれどの、積極的参加したです。
理由は、「御神輿」にご奉仕、参加のメンバー少なくて。情報交換もありまして。
先の通りの、小K氏、交通安全役員に就任。当日、そっちで活躍故に1人減り。

常連組の、T川さんは、運動会に参加せず。
多分なら、雨天順延で、都合が付かずかと。S田氏、区長には、まだ、返答して無いと云うてたですが。参加の意向。
モ1人、若手の、U原君には、運動会場にて、尋ねたならばの、そんな話、聞いてませんと。えと。
過日、区長が内々の打診に来た際、若手にも出て貰わんとと、U原君を推薦したですが。先日、別途の用件にて、区長が当家に来て、状況、チラと話をするに、T川さんは、参加と云うたです。以外は何も云わずに、消えてもて。

まあなあ、諸般、一癖、二癖ありましての、やり難い事。
ついでになら、地下足袋の件。
当たり前にええのがあれば、ソレに越した事は無く。要りますか。欲しいけどなあ。イヤ、私費でとされてるしと。あのなあの、神社からは、ソ云うですが。以て、私費で、私共から取る気かと。
とは申してませんですが。

我が期の事も尋ねられませぬ故、口にはしてませんですが。
私費が云々とは、口が避けてもと。云う程では無いの、口外してませんでして。当然にして、当然の如く、参加して戴ける方には、要不要を確認の、要るの人には、文数聞いて、神社に注文の、区費にて、調達の、手渡したです。
よって、我が期に出て戴いたの、U野氏は、背景一切の知らはらへんです。オトトの、U野氏も、区長経験者でありまして。

その期、その期で、変でねえ。
当時、私は、「御神輿」に無縁の期。区長退任、ン年目しての時。T川さんから、異な話、聞いたです。誰とは云わんの区長の時です。声掛からずのため、チラと尋ねたならばの、宜しいですて。ンと。
イヤイヤ、T川さんは、毎年、毎年の参加者でして。私からしたら、大先輩。私の時には、前期区長より、T川さんには、声掛けてくれと、申し渡しをされてまして。「秋祭り」の話を、「夏祭り」の際に、参加要請させて戴いたです。

更には、諸般諸々の要望事項ありで、全面的、積極的、何とかと、努力したです。
中身なるは、毎年、毎年、1人では寂しいと。何人か、出してくれと。よって、町内会のこれと、思われるの面々に声掛けたですが。皆様より、体よく、断られまして。仕方無く、役員から1名出したです。それが、U野氏。

イヤイヤ、「慰労会」には、役員以外で、古手、少なくて。
古手であっても、顔だけ承知で、苗字知らんのが居てまして。そらなあ、町内会行事に出たはらへんかったら、分からんわと。従前、役員にでもなって、一緒にでもならん事にはナと。
ならんでも、道端ででも、出先ででも、挨拶程度でもの、声掛け合うのも居てるですが。
これは、町内会の構造もあるですが。家の並び具合によりの、縁の無い、組がありまして。それでも、知ってるの宅様もあるけれどや。

での、古手で、役員以外、3名だけ。
K勝氏と、S田氏と、私だけ。
U原君は、役員でして。へえと。

この4人が、一つの机、席を確保しまして。そらなあ、よお知らんの、今期役員との同席、遠慮するです。遠慮の無い、今期役員も居てるですが。矢っ張り、気の合うの面々と同席の方が気楽やわと。
での、我が組、組長、見渡せどの居てへんでねえ。なあんやと。
或る意味、組長の顔立てるのもあっての、積極的に参加してるですが。

ででの、S田氏と、当日、どするやと。
イヤ、S田氏、当日の朝、9時頃まで、仕事ですて。へえの、大丈夫かと。彼は、63歳かと。定年して、別途の会社に勤めてるですて。大したモンの、歩く距離、15キロやでと。
オッとの、そこえ、区長が来まして。この区長、そんな意味なら、スポーツ・マン。我々よりも、数段の適任でして。曰くに、運動公園から、先。学園大学辺りまで、歩く事があるですて。フウンの凄いなあと。概ね、日に3万歩と聞いて、びくりの仰天の、桁違いかと。私なら、この数日、鋭意決断、気合いを入れての、動き出しの、精々が、2キロ、4000歩弱。
云うたならばの、S田氏、日に、2万歩ですて。ゲと。
皆様、桁の違うの話、してからにの。

S田氏曰くの、1歩、50センチ。1万歩、5キロですて。ンの成る程の、諸般の計算、合致致すです。ならばの、私めの、走行距離、2キロ未満かと。
それで、汗かき、ヒイ、フウ、ハアでは、話に成らぬですが。それでもの、当日まで、カラダを馴らしとかんと、いきなりでは、バテてしまうなと。
とか、云うてたら、S田氏、要領かまさんとと。行って、戻って来る処では、行かん事やでと。少々、カラダも休めんとと。まともに、あの距離、走ったりされてたでは、この歳、保たんわと。
オッとの、S田氏、学齢、2歳下でして。

曰くに、来年も、再来年も、出てやと。私がです。へえの、正直、ボチボチの引退、考えてるですが。
そらなあ、最高齢に接近では。又、走られたら、ついてけへんでねえ。正直、初回の、3年前は、しんどいなりには、走れて、ついてけてたですが。ついてくとは、「御神輿」の後方の綱を持たせて戴きまして。走るの際、引っ張ってもろてたですが。
去年、3回目は、足がなあ。歩幅がなあ。動かず、足らず。このままでは、転けてしまうと、思わずの、綱を手放したです。

そんな話は結構の、S田氏、飲み助にての、ほっといて。K勝氏と、チラの相談の、18時集合、20時解散の、その20時になっても、一向に解散するの雰囲気無く。
K勝氏も、私も、飲める方でも無くの、ボチボチのお暇しよかと。区長夫人に、デハと、失礼致しますと、継げまして。
ソ云うたら、K勝氏、当年60歳。この人も、諸般、気のええ人でして。「御神輿」にでも、誘えば、参加して戴けるの筈の人でして。次回、来年度は、一発、推薦してやろかと。

ホンマやでの、仲間は多い方が、ええに決まってまして。
そして、帰宅してから、ハタと。
しもたなあと。
当日、本番、巡行より、「大井神社」に戻っての、町内会に戻るに、迎えはどなるやの、区長に重々の、打ち合わせをするを忘れてたです。
まあええかの、法被を持って来てくれるし、その時にでも、聞くかと。
イヤイヤ、今期は、役員の参加がありませんでして。あれば、ソレに、打ち合わせをしとけと相成るですが。無ければ、皆を代表の、私が区長と調整するになってまして。迎えあって、町内会の、「会議所」にて、「慰労会」の筈でして。
それもあって、「町民大運動会慰労会」に積極的参加したのになあと。
大して飲めぬ故、20時になれば、解散の、家に帰るの事ばっかりを考えてしもて。
(12/10/10)


NO.1080 単なるの世間話(1) ゴミ当番の週の話

我が町内会。
とするよりは、近在の何軒かが、ゴミ集積場を使用し、管理してまして。
我が家の場合、9軒が使用のゴミ集積場<家庭ゴミ>を順番に管理してるですが。管理とは、鳥除け網を整理整頓、汚れがあれば清掃を。持ち帰ってくれぬゴミ。要は不法投棄を処理してるですが。
ゴミ収集車が来るのは、週2回。月曜日と、木曜日でして。1週間単位で、ゴミ当番を回してるです。

又、資源ゴミは資源ゴミで、金属、プラスチック、発泡スチロール。或いは、ガラス瓶等々。これは、別途の日で、曜日で、使用し、管理の軒数増えまして。回収頻度から、2週間単位で、管理が回されるです。
更に、この8月から、プラスチックは別途の袋に分別で、週1回、水曜日に回収されるになりまして。
イヤ、これがねえ。こんなモノが、プラスチックかと、思う程に、種類が多く、方々に使われてまして。
例えば、所謂の、ホカ弁の容器。菓子袋、総菜容器等々、従前、ポリエチレンと思てたのが、プラスチックやったりで、へえと、感心してるです。
オッとの、従前、家庭ゴミは、週単位での輪番当番で。その他のは、2週間単位なれどの、これは、軒数多くて、もしかしたら、2年に1回かなあと。約、50軒で使用、管理のためでして。

での、家庭ゴミは、範囲も少なく、見た事が無いですが。
資源ゴミの方は時々あってねえ。
イヤ、日を間違おたか、家庭ゴミを置いてたり。金属パイプが、袋から顔出す処か、長さ、倍程も出てたりで。幾ら何でもアカンやろと。思うよなのを散見での。コレがあった時の当番、大変やなあと。犯人とするのか、ルール破りが、残された回収袋を発見の、持ち帰ってくれたら、宜しいですが。無視されてみい。当番の宅様が相応に処置しんならんです。

原則、組長に連絡と、なってるですが。組長が、しかるべくの、市役所なりに相談をと。
云うてもねえ。当番が、或る程度は努力致しませんとと。努力とは、置いてかれたのを、目立つ場所に移動で、当事者に発見され易くするとかです。

イヤイヤ、云い出せば、そんなモン、常識的、袋から、はみ出すも、はみ出し過ぎは無茶でして。日を間違うも言語道断。
とは云え、収集車の担当者も、人によるかと。甘い人なら、回収もしてくれて。辛いとするよりは、厳密、真面目な人なら、しかるべく、メモ貼って、置いてくですが。
はっきりとは、資源ゴミ等の方は、ええ加減な人が多いみたいでねえ。置き去りのを、良く見掛けてるです。

オッとの、必ずしもの、近在の、利用者、管理担当の回るの家々が、置いて行ったとも、云えませんでして。一寸、遠くから、持ち込むの人も居てるの可能性がと。
そらなあ、同じの町内会の面々ならば、顔も知ってるですが。違うの処のは、知りませんです。イヤ、時々聞くです。余所から、持ち込まれるのもあると。
云い出せば、町内会の公園のゴミ箱も、撤去されたです。頻繁に、家庭ゴミを入れられて。


での、過日、我が家が、家庭ゴミ、燃えるゴミの担当の日です。
あってねえ。置き去りのがです。ゲと。
イヤ、回収車の様子が一寸、おかしいなあと。何がとなればの、ゴミ収集車が走ってくのは見えまして。こんなモン、通常、アと云う間に、収集されて、次なる、集積場に向かうですが。暫く、居てまして。
正直、概ね、予測はしたですが。案の定の、一袋、回収されずに、置いてあってねえ。メモには、「毛布」としてあって。
中は、開けずとも、半透明で見えるですが。確かに、毛布、その他衣類が一杯、入れられててねえ。

概ね、予測はした云うても、利用者、多寡がの、9軒でして。
最近に転入された宅様無く。資源ゴミとは異なりの、違法、無茶は余り見てませんでして。余りとは、時々は見るの意でして。
コレ又、はっきりとは、家々の考え方もあるですが。木を剪定しの、その切りクズをば、廃棄は結構の、袋から、はみ出したりしてたり、先を括らずの、むき出しにしてたりと。いやなあ、恰好悪いと思うですが。

その辺り、我が家は、自慢をするの、はみ出したり、むき出しにしたり。口を括らずに出した事はありませんでして。
枝葉を廃棄の際も、ビニール袋とか、米袋に収納の上、専用袋に入れましたり。原則、半透明の専用袋の外から、何が入ってるかは、一発、分からんよにしてまして。

これ又、きっちりの宅様、あそこ、あそこと概ね分かるです。
反対には、限り無く、怪しい宅様、あそこやろか、あそこかなあと、概ね、分かってるです。されどの、グレー・ゾーンの宅様もありまして。ソラ、全部の性格分からんわと。
結果、我がグループで、三分割出来まして。

とは云えどの、当事者に分かって戴き、回収しの、しかるべくの、処置して戴くが一番でして。
こんちくしょうと、思いつつの、鳥除け網は整理整頓の、置き去りにされた1袋は、目立つの場所。実は、電柱あっての、その前にと。置きまして。
イヤイヤ、収集車は、朝9時過ぎに回収での、その直後から、置いてましての、果たしての、結果はどかと。夜の、6時過ぎまで、そのままでして。ンと。困ったなあと。
今時、夜の6時ともなればの、天空暗く、発見されんの可能性大でして。そもそもが、外に、出るの用事も無く。


この日、無事の何事も無ければ、当番札、順番の苗字を書いた木札なれどの、次の担当、お隣さんに持って行けるを取りやめまして。少なくともの、我が方で、処置を決めてからに致すかと。
処置とは、諦めて、我が家で回収、組長に云うなり、こっちから、市役所に問い合わせをするのか。我が方で、処理してしまうのか。一軒一軒、確認に回るか。夜は諸般問題有りで。一旦、回収の、明くるの朝一番、電柱の場所に置いて、当事者に発見させるかでありまして。
そらなあ、夜にもそのままで、奇人、変人が、袋をズタズタにしたり、燃やされたりでも、してみい。悲惨ゾと。

にしても、困ったヤツやなあと。
こんな袋を持って、ウロウロも出来かねて。ソラ、目立つよに、置いてるし。見てる人は、どこのやろと。それを私が手にうろうろしてたら、嗚呼、あそこのかと。ええ加減な人やなあと。衣類、毛布を、そのままで、置いとくさかいやでと。
思われるのシャクでして。

オッとの、順番の管理であっても、この週、どこが、管理担当、当番であるかなんか、ダアレも、気にもせずの、知らんわと。
精々が、木札を持って来たのお隣さんだけかと。
(12/10/12)



inserted by FC2 system