シバケンの単なる雑談NO.217

雑談NO.216
雑談NO.211 雑談NO.212 雑談NO.213 雑談NO.214 雑談NO.215

雑談NO.210
雑談NO.160 雑談NO.170 雑談NO.180 雑談NO.190 雑談NO.200
雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.218

NO.2440 続・宵々山の話(6) その内には、こちがボケてしまうわの話

NO.2439 続・宵々山の話(5) 息子共の結婚するの時の話

NO.2438 続・宵々山の話(4) 仏壇と、墓石の話

NO.2437 続・宵々山の話(3) 終活の一環の話(3)

NO.2436 単なるの雑談<耐震診断結果の話>

NO.2435 続・宵々山の話(2) 終活の一環の話(2)

NO.2434 続・宵々山の話(1) 終活の一環の話(1)

NO.2433 単なるの雑談<とあるの方から、突然のケータイに電話の話>

NO.2432 単なるの雑談<次男の見舞い、とかとかの話>

NO.2431 単なるの雑談<摩訶不思議の家崩壊の話>

雑談NO.216


NO.2431 単なるの雑談<摩訶不思議の家崩壊の話>

いやね。
朝から、我が家の周辺。
敷地内なれどの、飛んで来てるの葉っぱ等々、掃除したり。
ベランダにも、その手、葉っぱとか、何のやろねえ、細々なるの、ゴミ取り除いたり。
オッとの、そのベランダの屋根の樋。云うたって、連結部、なれどの、外れてるのを、差し込んだり。
とかとかの、或いは、ガレージの柱に括り付けてたの、自転車を元に戻したり。
とかとか、したです。
云うたら、台風一過の、戦後処理。

そこえと、するのか、正確には、手を付けるの直前なれどの、元組の方。
奥様なれどの、来訪にての、えと。
イヤ、5年になるのか、出られまして。云うたって、近くに転出なれどの、但し、ここですと、云えるの、確たる、家の場所、知らんですが。
行った事、ありませんでして。

いやね。
開口一番、ご迷惑お掛けしましてと。ンの、当家には、特段の、迷惑掛かってませんでして。
その方の家の、隣でありませぬ故で。
そらね、その方の家の隣は、この手、台風の都度、被害受けてる筈ですが。
まあね、具体的には、何なれどの、転出は結構も、家は、所有のままでして。偶には、見に来られてるのらしいですが。

いやね。
少々、話逸れるですが。
度々の、申してるですの、仏光寺の家の事を。
祖母亡くなり、親父が結核にての、強制隔離入院で、我が家、忽ちにして、雨降れば、天窓から、雨漏りし出し。
遂には、漏電したり。
裏の柱が、腐って来て、宙に浮き出したりで、このままでは、家崩壊しそ故、若造が。
とは、当方の事なれどの、家主に、家売って呉れと、直談判致しの、アカン、ダメと。

いやね。
売らずで、家建て直すは、そっちの、資金でなら、結構の。名義は、こっち、家主にで。建て直しで、綺麗になれば、その分、家賃上げると、云われてねえ。
そんなバカなの、出てくになったですが。
いやね。
要は、家主、家の壊れるを待ってたです。

イヤイヤ、云いたいは、来訪の方の家も、似たよなでして。
何がと、なればの、この場合、一家全員、転出なれどの、要は、家の主、居なくなればの、忽ちにして、家崩壊。
崩壊たって、雨漏りは、知らんし、そらな、その家に入った事が無く。屋根が、柱が、腐ってもての、云々も、分からんですが。
再度の、くれぐれもの、余所宅には、入りませんでして。入れませんでして。多分なら、鍵掛かってる筈。

いやね。
実は、その家の、ベランダに設置のエアコンの室外機が、落下しそになって来たり。ベランダそのものが、崩壊し出してね。
イヤ、所有者が、処理されたですが。
或いは、この度々の台風にて、瓦が落下して来たりは、隣家にね。

申してるは、現に、在住の家で、この近所で、その手、話、聞いた事が無く。
当家にしたって、屋根瓦の落下無く。
そらな、細々なるは、屋根に上がってでも、見ぬ事には、分からんもあるのけれどの、現に、落下物、見てませんです。
発見してるは、掃除してるは、紙とか、葉っぱに、細々なるのゴミでして。波板でさえが、飛んでませんです。ましてやの、ベランダが崩壊しそにも成ってませんです。
オッとの、家の建った時期なるは、その来訪の方のと、左程に替わらんの、若干の、あちら様の方が、早いの哉の程度。

いやね。
モと、申せば、ベランダなんか、樋が云々なら、過去にもあるですが。ベランダそのものなるは、修繕も、した事あらへんです。
殆どの家々、そと、思うですが。
住人が、不在と、するのか、家出て行けば、崩壊し出すんやなと。不思議やなあと。

オッとの、それでや。
来訪の方、申すに、いよいよの、売却すると。へえと。
諸般の、思う事、あったが故、そのままにしてたですがと。へえの、そですかの、まあね、売却なり、されるの方が、はっきりして、宜しいかと。
さもなくばの、実質的、家の管理が出来ませんでして。

いやねえ。
だけでは、無いです。
オッとの、そこ様の話は、以上でオシマイでの、違うの、家の話。

いやね。
嵯峨嵐山の、フサオ君の、隣家の話をと。
フサオ君宅なるは、改築してるですが。その隣は、古家のままに、主<あるじ>転出してもてね。
はきりと、申しの、出た途端に、でも無いけれどの、暫くして、屋根陥没。
フサオ君、その家の所有者、主<あるじ>に対しの、何とか、せよと。そらなあ、屋根が陥没。次ぎ、家崩落で、その倒れ方で、フサオ家に影響あってみい、困るの事よと。
結果、更地に成ったか、駐車場にされたかは、その話の時、聞いたけれどの、どちであったかは、忘れてもたです。

これもねえ。
家の主が、出たら、忽ちにしての、屋根陥没でして。
話としたら、人が、動かんし、窓の開け閉めもせぬ故、換気が出来ずで、空気淀みの、カビ蔓延りましての、畳に柱が、腐り出す。
とか、でして。
それなら、ベランダなんかは、屋外で、吹き曝し状態故、カビは蔓延らんですが。何で、崩壊し出すの哉と。

それもあるし、仏光寺の家なるは、確かに、主であるの、親父は、入院なれどの、人間様なら、当方、母、妹の三人、居たですが。
それでも、家崩壊し出してねえ。
諸般、摩訶の、不思議や、なと。
オトトの、又もやの、「宵々山の話」が飛んでもたです。
(18/09/06)


NO.2432 単なるの雑談<次男の見舞い、とかとかの話>

いやね。
まだ、話来てませんですが。
何のと、なればの、「大井神社」の大祭、例祭、御神輿の件。
諸般、10月16日の本番には、1箇月と、少々と、なりての、ボチボチの、歩け、歩けを致しませんと、間に合わんなと。
何が、間に合う、合わんと、なればの、当方の、体力。特には、足ので、何よりもの、持続力、気力。

いやね。
正直、申しの、これが、年々萎えてまして。困るです。
そらねえ、当方、当年、71歳と、既に、8箇月になろと、してるです。
一番最初は、2009年故、早、9年経つです。ならばの、62歳、やったんやねえ。
この時には、へえの、この程度かと。なあんやと。
までは、思てませんの、しんどいけれどの、面白いなあと。
要は辛さよりも、面白さと、やり甲斐と、するのか、大井町の方々、巡るの楽しさあったです。

これがねえ。
年々、1年、1年、辛さが、増え出してねえ。
楽しさ、面白さ、やり甲斐よりも、勝るの感で、コマツタなと。
いやね。
従前には、諸般の、思うの事、ありての、それを祈願で、この手、神事に参加も結構なると。
思うの事、とは、次男の結婚あったり、孫君が、1号が、2号が、3号がと。誕生故、それを祝うの意もあって。
いやね。
孫娘の誕生なるは、間に合わず。そら、還暦の孫でして。

いやね。
昨年<2017年>は、雨で、流れまして。その前<2016年>は、参加してるですが、特段の、何も無く。更なる前<2015年>は、母の葬儀出したが故、遠慮、辞退したですが。
実は、本音的、内心的には、昨年で、引退するの積もりでしたです。
それが、雨で、流れてもた故、不完全燃焼状態。

今年はねえ。
次男の眼の件あるし、区長君に、副区長君に、会計君に、協力してやりたいなの、気もあって。
それもあるし、地下足袋を新調してるです。地下足袋なんか、御神輿以外に、使う怪と。当方が。
おまけで、ポシェットも、買おてましての、諸事万端、揃えて、一度も使わず、お蔵入りで、埃を被せるだけでは、勿体ないわと。
まあな、どちにしたって、何れは、廃棄になるのけど。

いやね。
その、一昨年<2016年>の時には、ゴールであるの、大井神社に戻るに、保つの哉と。体力が、足が、気力がです。
それこその、足が棒だけで無く、動かすが、限界ぎりぎりでしたです。正直に。

いやね。
再度の、それが、一昨年でして。
昨年には、イザの、これで、負けてられんの、せめてもの、足だけでも、可能なるの範囲、保護してやろと。との、思いで、地下足袋の上等を買おたですが。雨。
流れてもてね。地下足袋の、具合が分からんわと。

オッとの、とっとの、この話なるは、「みんながパソコン大魔神」掲示板に譲るかと。
いやね。
既に、本日<9月6日>には、鋭意決断の、歩きに出たです。
有限実行の、掲示板に投稿にての、義務付けさせるかと。さもなくばの、邪魔くさい病が軽くの、勝つです。
何より、歳やし、なと。
この気、甘えが、頭持ち上げるです。
そらなあ、歩け、歩け、なるは、可成りの、鼓舞必要でして。

イヤイヤ、でででの、本日<9月6日>。
大阪医科大学附属病院に、次男の見舞いに行って参じたです。
イヤ、夜の、何時頃、車で、家出たのやろねえ。18時45分頃やろか。
兎に角、面会時間、朝は知らんの夜は、20時まで、でして。
云うたって、病棟に入るが、でして。入ってもたら、こちのモンでの、それでも、20時ねえ。場所、阪急高槻駅のソバでして。間に合うの怪の、案外に、渋滞してませんでして。
20時に、10分前、病院の駐車場に入ったです。まあな、それなら、ぎりぎりの、セーフ。
そやからと、5分、10分遅れて、病棟には入ってはダメと、門前払いまでは、されぬと、思うですが。

いやね。
前の手術の時、晩飯を、嫁と、孫君3号と、4人で、喰いに出まして、大阪王将で、喰て、では、次男の顔だけ、見て、帰る怪と、再度の病棟に入るに、何用かと、守衛に尋ねられたです。
イヤ、そのままに、病棟に居てますのでと、返答したか、何と、云うた、かは、忘れたですが。確認は、されたです。
そらねえ、20時までと。
とは、知らんでねえ。多分なら、21時は過ぎてた、かも、なと。
とかとかの事なら、当時の話、掲載の、ですが、辿れば、分かるですが。そこまで、しんでもと。

オッとの、そんな事で、次男に面会の、まあな、中身なるは、その気になればの、後日にでもの、まあ、元気でね。
まだ、見え方、特段の、良くは、なっては無いけれどの。暫く、様子見やねえと。フウンの、さよかと。
まあね、諸般の話では、諸々の、処置はして戴いてるのらしくで、ヨカツタなと。
とまあ、当方にしたって、医者で無く。専門的知識皆無で、当人、申すの先生の言の、暫く、様子見せねばの仕方が無くて。


オトトの、斯くなる次第の、斯くなるでの。
話、又もやの、全然の無関係の話で、逸れるですが。常に逸れてるですが。
当方、声大にして、申したいは、日本人ならばの、基本、皇室の所作を見習えと。
ンの、細々なるは、当方、とてもやないの真似、よ、しませんですが。

いやね。
話簡単の、皇室の方々が、歩きスマホしてたら、ンの、ど思うやと。眞子様、佳子様、秋篠宮、皇太子殿下も、人の子やなあの。ンの天皇陛下、皇后陛下も、人の子で、現人神では、ナカツタなと、相成るですが。
多分なら、スマホは所持されてると、思うですが。スマホ命で、没頭は、されてえへんやろ、なあと。
町中をば、缶コーヒー片手に、飲み乍らの、歩きも、されてるの場面、見た事、ある怪の、あらへんわと。

それ云うたら、当方、映画観賞の際、ポップ・コーンと、コーヒーを持ち込みましての、喰い乍ら、飲み乍らが、楽しみでもありの、習慣に相成ってるですが。
皇室の方々、飲まずの、喰わずで、ジッとしての、鑑賞するに集中されてるですが。
コレ、真似、よ、しませんでして。当方は。

云うたって、ねえ。
当方にしたって、喰い乍ら、飲み乍らの、歩きは一切の、致さんわと。
歩きスマホなるは、するにも、スマホは所有せずの、今だ、ガラケー、FOMAですが。
らくらくスマホに、昇進したって、歩きスマホは、しませんですが。操作、難しくの、集中せねば、なれど。ンの、マダ、所有せず故、難度分からんけれど。
いやね。
ど、見たって、歩きスマホなり、歩き喰いなるは、お上品とは、云えず。下品に見えるですが。当方には。
(18/09/07)


NO.2433 単なるの雑談<とあるの方から、突然のケータイに電話の話>

いやね。
忘れてたです。
イヤ、昨日<9月6日>に、嫁はんと、2人して、次男の入院先、大阪医科大学附属病院に見舞いに行って参じたですが。
それは、それで、結構の、22時頃、帰宅で、車を家のガレージに入れるに、ハザード・ランプを点けまして。

イヤ、それが、習性でして。
余所様に、しかるべくの、合図のためです。
それでも、突っ込んで来るの車が居たり、歩行者が、車の前、後を突破して来る事、度々あるですが。

いやね。
過日、そのハザード・ランプが壊れて、点灯、しっ放しになりての。
それは、「光圓寺」住職を駅にお迎えしての、さあ、我が家えの、矢先でして。<8月4日・土>
<参考=「単なる雑談NO.214」NO.2408 この猛暑、激暑、酷暑の、最中に冷や汗の話(1) 愛車カローラのハザード・ランプのボタンの故障の話

イヤ、住職には、車に乗って戴き、車を動かすに、ハザード・ランプを点灯のオン。無事に、しかるべくの、動作で、消す、オフに、するに、オフに成らずの、消えませんでして。

イヤイヤ、ハザード・ランプのボタンが云う事、聞かず。どしても、ボタンが元の位置に戻らずがため、そのままに、「トヨタ・カローラ」営業所に寄りまして。
仮処置的、オフ状態の、消して戴き。
そのままでは、オンに、出来ませぬ故、車屋にケータイ一発、斯くの、然でと、修繕依頼の件。部品が云々で、届くを待って。
なるは、既に、完了。
請求金額34884円なるは、精算終わってるですが。
イヤ、余計なるの話、部品代で、35000円也が、安くになって、ヨカツタなと。

オッとの、それでや。
見舞いに行って、帰って、来ての、我が家、ガレージに入れるに、ハザード・ランプ点灯、オンは結構も、オフするに、オフに出来んでねえ。
コレ、ボタンが元に戻らず状態での、さあ、コマツタなあと。

いやね。
22時でして。
修繕して呉れたの車屋に、即の、来て呉れも、酷な話、でね。
さりとての、この状態のままでは、バッテリーが上がってまうは、明々白々での、どしょかと。
どするも、こするも、単にボタンを押す。押して、本来なら、戻って来るのボタンが戻らぬの原因、そら、分かってるです。
薄々は、ボタンの反応悪いなと。

要は、押すに、すんなり、押されずの。戻すに、戻り悪く。
的、現象、度々、あって。
されどの、結果的、押せて、戻るが故、そのままにしてたですが。遂にかと。

イヤイヤ、でででの、どしたかと、なればの、兎に角の、ボタンの奥の部品が云々での、それは、交換してるし、どもありませんの、ハザード・ランプの辺りのパネルを手の平にて、ポンポンと、叩いたです。
イヤ、戻りの問題、引っ掛かり、やろと。

実際にも、の程度しか、出来るの事あらへんしと。
ならばの、運良くか、矢っ張りか、戻ったです。戻ったが故、オフに出来たですが。
要は、ボタンに、引っ掛かりがあるなあと。

いやね。
よて、明くるの本日<9月7日>の、朝二番。
ケータイ一発、車屋に、そんな次第也と。云うたって、戻りが悪いと、だけなれどの、伝えたならばの、調整すると。とは、自身の都合の事と、解釈してるですが。

結果的、その本日、来て呉れず。
まあね、日程、時間的、調整出来た、ならばの、連絡あるのかと。
とは、現時点、思てるですが。

いやね。
その本日、とあるの方から、ケータイに電話一発、掛かって来まして。
ンの、とあるの方とは、元ロームの、でして。年齢的、軽くの先輩の、当年78歳。
イヤイヤ、業務的、繋がりありませんの、まあね、当方、入社の当時には、男性社員については、殆どの方々、承知の、親しくの、話もしてるしと。

いやね。
殆ど、どころか、知らんの方、居てませんです。
一年、二年、三年の後輩<入社>、モと、モと、十年の後輩辺りまでは、承知してたです。
まあね、当方、入社の当時には、従業員も、400名<本社>程度で、女性社員が、圧倒的多く。云うたって、男が、100名、200名程度かと、思うですが。

これが、年々の人数増えて。
千名に接近するの辺りから、分からんよになてもたですが。
要は、その辺りまでの、社員なら、先輩、後輩、業務云々に関わらずの、全員、承知してるです。余程で無い限りは、なと。
そして、自身、先輩諸氏には、可愛がられたと、勝手に思てるですが。

いやね。
その方の事務所。
とは、退職されてからの話の、主たるは、老人の、福祉介護用具のレンタル業されまして。
当方も、退職してからの話の、ンの、既に、十数年は経つの哉の、その事務所にも、一度なれどの、行ってるです。
場所的、亀岡から見ての、府道202号線で、国道1号線赤池<あかいけ>の、手前。名神高速道路の下の辺りの、久我でして。
イヤ、その時、昼食で、近所のうどん屋で、ご馳走になったですが。

いやね。
余計なるの話の、年賀状は出してたですが。返信がねえ。来ませんでして。数年前に出すを止めたですが。
どちにしろ、事務所で合おて以来の、声でして。ンの、何事かと。

での、台風はどやった。ンの、まあ、何も無いに等しいの状態ですねえと。
での、そちらはと、問えば、ンの、色々あるでと。波板が飛んだり、瓦がと。嗚呼、それでねえ、あの事務所、畳んだし、なと。嗚呼、そですかと。

で、貴君、とは、当方の事なれどの、どの辺やと。
M社の近くか、M社を知ってるかと。
M社とは、「M社のISO物語」の、「M社」の事での、知ってるですと。
そこから、家の場所、どの辺り怪と、尋ねるが故、「M社」では、少々の距離あっての、説明難しくの、「ローム・メカテック」をご存知ですかと、問えば、知ってるでと、現在、誰それが、社長をしてるのや、なと、云うが故、その辺りの事、知らんですと。

とかとか、あちに、こちに、話飛び。
それでや、貴君、苫小牧の、K君知ってるかと。ンの、それ、同期生也と。
亀岡に、家所有で、毎年、点検なりの、来てたですが。その時、連絡あって、何人かで、会おてたですが。それも、ここ、10年程は、連絡無くの、来てませんですねえと。

いやね。
彼と、話をしてたら、貴君の話が出てなあと。嗚呼の、そですかの、それで、どしてるの哉と、電話をと。へえと。
で、そ云うたら、貴君、パソコンの事、詳しかったと、違うの怪の、実は、デスク・トップから、ノートに替えてから、おかしくなって、ねえと。フウンと。
どんな具合にですかと、問えば、又、話が若干の逸れての、ワード、エクセルが、分からんでねえと。
云うが故、ワードはねえ、使てませんの、一太郎でしてと。エクセルなら、簡単なるの、データー入力してるですがと。
申せば、ワードも、一太郎も、一緒やろなと。まあね、基本、一緒も、使て無いは事実也の、細々、違うも、事実と。

てな、話で、時間はあるの怪と、尋ねるが故、時間、あるは、あるの、只、本日、車云々での、業者からの連絡待ちと、するのか、来る筈で、待機状態也と。
そか、今、昼飯喰てるし、又、15時頃、電話すると。
嗚呼、そですかと、ケータイをば、切ったですが。

さての、15時ねえと。
云うたって、車屋が、何時に来るのか、来ぬかも、分からんなと。
まあな、話の様子からしての、もしかしての、もしかしたらの、こっちの方に来てるの可能性あるなあと。
例えばの話の、「M社」。
イヤ、話、そこまでは、尋ねてませんでして。

イヤイヤ、もしかしたら、ノート・パソコン持参で、調子悪いが故、診て呉れの用事哉と。
とかとか、適当に、先方の主用件をば、想定致し。
ンの、近くに来てるの、ならばの、そっちを優先させる怪と。

いやね。
車屋が来ても、例えばの話の、車が無いなら、相応に連絡あるやろと。
要は、我が家に来て戴くなら、車はあるし、なと。
或いは、別途の場所なら、場所でも、結構哉の。国道9号線沿いの、分かり易くの、「コメダ珈琲」があるし、「さと」もあるなあと。

どちにしたって、下手に待つよりは、待たせるよりはと、こちから、ケータイ一発。
今、どこに、おられるですかと、問えばの、返答なるは、家やでと。ンと。
出先と、違うですかと、申せば、イヤ、家やでと。
へえの、先刻の、話の様子から、近所に来たはるの哉と、思たしねえと。

イヤ、ならばの、15時の電話を戴いての、云々よりは、先に、そちらの話と、するのか、会おた方が、早いなと。
へえの、スマン、スマンの、一寸、話をしてみたかったのダケなんやと。へえの、そですかの、こちは、ノート・パソコンの調子が云々の、エクセルの、使い方云々でと。
イヤイヤ、スマン、スマンの、急ぐなら、それ屋が近くで、聞けば、すぐにも、済むの話でねと。

嗚呼の、そですかと。
にしてもの、この方も、78歳。
モ2年もしたら、80歳怪の、皆、歳喰てもた、なあと。
だけの話や、わと。
にしてもの、なかなかに、「宵々山の話」の続きの話が出来んなと。
とか、云うたって、大した話、あらへんですが。
での、結果的、先にも、申してるの、本日、車屋来ず。
(18/09/08)


NO.2434 続・宵々山の話(1) 終活の一環の話(1)

いやね。
鋭意決断の。
とまでは、少々、大袈裟の、「大井神社」の御神輿に備えの、歩け、歩けも、2日前には、実行出来たですが。昨日、本日<9月8日>と、連日の曇天。
イヤ、雨は、降ったり、止んだりでの、歩きに出るに、躊躇するです。
そらねえ、傘さして。或いは、傘持参で、歩きに出るも、なと。
加えての、明日も、怪しいの天気予報でして。コマツタなと。
云うたって、区長より、参加要請来てませんですが。ンの、これも、イツまでにの話、こちには、分からんですが。
そ、云うたら、「秋の環境衛生」行事の、日も、分からんでして。正式決定と、するのか、この日にやるの、回覧されてませんでして。期首総会での、計画でなら、9月23日<日>に、なってるですが。


そんな次第の、斯くなるでの。
来週、早々の、10日<月>には、耐震診断の結果を受けての、説明あって。10時に、亀岡市役所に出向くです。
オッとの、歯科衛生士に寄るの、歯の掃除も、ぼちぼちの、予約もせねばと。前回なるが、5月でして。4箇月になるなあと。
そして、14日<金>が、孫君2号の、誕生日故、ンの、祝いに、神戸にでもと。行くは、15、16日なれど、です。
そして、22日<土>が、「芋煮会」で、30日<日>が、大井町の、「町民大運動会」。当方、「玉入れ」と、「綱引き」に挙手と、するのか、回覧の紙に、氏名をば、記載したです。
イヤ、例年、そのよにしてるです。してるの方、極の僅少、少数なれど。体育振興役員の手間省けるし、こちも、出るなら、出るで、出易い種目にと。

そらな。
まあ、あらへんですが。何かの、人間違いにての、走りにでもと、出て呉れと、要請されてみい。それこその、冗談やろと。誰ぞの言でも、無いけれど。
イヤイヤ、思てるです。「綱引き」も、今期限りや、なと。
そらな、自身の年齢考慮で、足引っ張るのだけ、でして。まあ、勝てぬですが。イヤ、分からんですが。

での、26日<水>には、円町の、「京都工業保険会」に出向きと、するのか、通院にての、前立腺肥大に寄るの、オシッコを出易くの、薬の処方箋戴きまして。
以て、円町は、卒業するかと。
そらなあ、延々の、円町まで、薬の処方箋を戴くだけの、通院も、なと。交通費と、時間が、勿体ないわと。
で、以て、現時点、分かってるの、範囲の、当月、9月の予定は終わるです。
イヤイヤ、「秋の環境衛生」行事は、イツか、分からんし。歯の掃除も、日は決まってませんですが。ついでになら、愛車カローラの、ハザード・ランプの再調整の日も、分からんけれど。


とっとの、そんな事で、やとで、「宵々山の話」の続きをと。
思うですが、事実上の話、「祇園祭」は、終わってもてるです。
単に、「宵々山」と、するのか、「祇園祭」の前々日に、「かねよ」で、「キンシマムシ」を喰いまして。長刀鉾に、乗り。女子と、孫共は、菊水鉾にで、後は、小休止等々兼ねて、烏丸仏光寺北の、「かごの屋四条烏丸店」にと。

余計なるの話の、「四条烏丸店」と、するは、間違いでして。但し、目安的には、それでも、通じるですが。京都の方々に、ならばの、正確に、「烏丸仏光寺」店か、「烏丸綾小路」店と、せねば、なと。思うですが。
そらな、店は、烏丸通りに面してまして。
いやね、四条烏丸と、表記すれば、四条通りに面してるを、意味する故。
まあな、店は、仏光寺と、綾小路の間なれどの、細々よりは、大通の、四条と称して、結構なれど。
どちにしろ、正解に、より、近くなら、「烏丸四条」店也と。

との、余計なるの話は、ここまでで、止めて。
とか、云うたって、二度目、してるですが。我れ乍らに、ヒツコイなと。
そして、女性陣の買い物で、「大丸」「髙島屋」にと。又、「大丸」にと、行ったり、来たりを、してねえ。但し、この期間、上の道、四条通りを歩くも、なと、地下にしてるですが。
当方、足が棒の、一歩手前になてもたですが。
イヤ、コレ又、正直申しの、度々の、触れてるですが。真意、申せば、つくづくの、歳を感じた事件。
とは、大袈裟でもの、現象でも、あったです。
そらねえ、この程度で、足が棒気配になるの怪と。アカンなと。

まあね。
それは、それとしての、四条烏丸に戻った故、阪急にて、四条大宮駅にで。
そこから、嵐電にと。
とかとか、7月15日の事の概要、繰り返すも、なの。
されどの、経緯をと。

されどの、されどの、話、端折りの、我が家に戻り。全員揃いの、晩飯喰て。FHさんから、戴いたの、中身有りの、粽を喰て。
イヤイヤ、申すは、「祇園祭」で、買おたの、粽。今年は、菊水鉾で、買おたですが。これは、魔除けの護符故、中身ありませんです。
要は、期せずしての、護符の粽と、中身有りの粽が揃たに相成って。
期せずしても、昨年と、一緒なれど。次男家が居てませんでした、ですが。

イヤイヤ、それでや。
話をしたかったは、その夜。
孫共寝静まり、大人だけ、6人になって。ホントはねと。諸般の話をしたいなと、思てたですが。
先の通りの、ホウボウ、あちに、こちにで、足が棒の一歩手前。事実上なら、足が棒の、軽症状態に相成ってもた、程での。そらねえ、それから、マダ、阪急に乗り。一駅なれど。
嵐電に乗り。嵐電天神川駅まで、なれど。
されどの、そこからは、駐めてたの、長男の車で、四条の、「Joshin」と、亀岡の、「Joshin」に、お付き合いでして。
まあ、云うたら、歩き、歩けの、乗り降り、降り乗りの、そらな、草臥れるわと。

よて、諸般の話をしたい、なと、思てたけれどの、寝てもたわと。
申してるです。
での、別段の、孫共も、一緒でも、構わんの話、なれどの。
されどの、まだまだ、孫共、ジクリの、静かに、聞いてて呉れるの、歳でも、あらへんでして。

いやね。
本当なら、孫子に、申したいの事、多々あって。
子とは、息子共、嫁共での。
何故に、何をと、なればの、諸般の、「柴田家」の歴史。
そらな、家系図なんか、あらへんしの、大した歴史で無いけれどや。恥ずるの、でも、あらへんわと。
それもあるし、別途の、諸般の事も、云いたいのけれどや。聞いて呉れるの怪と。
そらな、話に寄りの、余所様の悪口にも、聞こえるの事、あるのけれどの、広く、世の常識、当方の経験、考え述べたいの事も、あるわと。

いやな。
別段にの、身内の中での話故に、本音で、語るのべき事、あって。
それは、我が一家の面々には、その手の事、無きよにの、思いあって。
さもなくばの、そこらの面々と、一緒になてまうぞと。の、思いもあって。
要は、終活の一環かと。
(18/09/09)


NO.2435 続・宵々山の話(2) 終活の一環の話(2)

いやね。
連日の雨で、困ってるです。
イヤ、歩け、歩けも、結構なれどの、肝心の天気が雨では、なと。これで、三日連続の雨天、曇天。
6日<木>に、歩きに、出といて、ヨカツタなと。

云うたって、のんびり、構えてるも、出来ませんでして。
かと、云うて、傘さしての、歩きも、なと、屋内で、出来るの、何ちゅうかの、ストレッチでもと。
云うたって、どんな方法が、良いのか、分からんが故、適当なれど。
要は、屈伸運動、足を持ち上げる等々でして。兎に角、足の体力、耐力、筋力をと。
云うたって、屋内では、大した効果もあらへんと、とは、思うですが。そら、実際に歩け、歩けが、一番なれどの、出来ぬ時には、何もせぬより、気持ち、マシ哉と。

オッとの、それでや。
終活ねえ。
と、までの、大袈裟でも、あらへんですが。
そらねえ、年に何回かは、会おてるですが。直近ならばの、コレ、8月の、お盆に、嫁はんの里で、でして。

云うてるです。
義姉婿宅にて、夜には、皆が、食堂と、するのか、食堂やねえ。台所の辺りで、座談会とは、申さんの、適当なるの、四方山話をしてるですが。
これはねえ。誰が主体かも、知らんの、話題も、何やろねえの、当方、寝てるのすぐの、そこで、やってるですが。
聞き耳立ててもいてませんでして。

そらねえ、断片的には、聞こえるですが。
声で、良く、聞こえるは、義姉婿の、でして。ならばの、そこが、主哉と。
嫁共、息子も、居てる筈なれどの、余り、声も、聞こえませんでして。ならばの、そんなには、喋ってえへんの、聞き手哉と。
兎に角、中身は知らんわと。こちは、半分以上、夢の中で、聞いてまして。
ンの、その浅い、眠りから、覚めては、ンの、嗚呼、ここは、四国や、なと。何を喋ってるの哉の程度で、又、寝るに集中してるです。

いやね。
確かに、10人全員、揃うの事、年に何回かは、あるですが。
正月、5月の連休、今年<2018年>なら、7月の、祇園祭があったですが。そして、8月のお盆の時期に、四国でと。
祇園祭は、別としまして、年に3回なんやねえ。
当家で、のみなら、年に2回やねえ。

いやね。
個別では、あるですが。
どちかと、なればの、神戸の長男家には、年に、2度か、3度哉と。行くが、でして。
次男家は、どなんやろねえ。結構、会いはしてるですが。そらなあ、長岡京故、車で、まあ、30分では、無理哉の、距離でして。

云うたって、ねえ。
他家で、当家、「柴田家」の、云々の話、なるは、一寸なあと。
イヤ、コレ又、話が出たなら、義姉にも、婿殿にも、してるですが。
変な話、此度には、出たし、したですが。
そらな、諸般、そちら様の、母様の、葬儀、告別式に参列したの事もありての、葬儀の基本、流れは、佛教故、一緒も、異なるの事もあって、ねえ。
その話から、話展開の、その手、出生の事に至ったり。

イヤイヤ、思い出したの、その通りで、葬儀なり、墓地の件から、話膨らみ、展開したなあと。
そらな、四国えは、その葬儀で、7月1日、日帰りで、新幹線で、行きの、8月11日には、行きは、新幹線と、するのか、JRで、皆よりも、1日早くに、行きまして。
申してるです。
諸般の要請にての、比地木の義母宅、小屋で、3人して泊まったと。
その時の、四方山話なりで、話をしたです。諸般、尋ねられも、してね。

そらねえ。
尋ね、尋ねられれば、この手、話もし易くて。
それも、あるし、ンの、婿殿からは、親父様、お母様の話、成り染めと、するのかの、話を聞いたですが。ンンの詳しくは、失念してもた、わと。
イヤ、親父様が、こちらの出身で無くと。ンの、ならばの、どこからであるを、云うて呉れたですが、それがねえ、どこかを、失念。
イヤイヤ、関西なれどの、京都では無いの、大阪、兵庫、辺りであったの哉の、極めての、ええ加減なるの記憶。当方が。

これはねえ。
家の話、からでして。
家とは、葬儀で、坊様3人での読経の件から、でして。
喪主家で1人。弟家から、1人と、母方親族から、1人の、都合の3人也が、発展してね。

そこから、当家なら、祖父の代の話から、したですが。
これも、細々はしてませんですが。分からんの事、多々あって。
そもそもがの、祖父と、祖母の出会いの話を知らんです。知ってるは、ええ加減の、祖父は、丹波篠山の出で、祖母、彦根出身也と。
彦根は、正確でして。当人より、聞いてるです。
の言なら、祖父は、2年の、入れ違いで、顔見てませんでして。知ってるは、写真と、その代からの、モノだけでして。
イヤ、墓地、墓石と、当方の代で、新調してるですが、仏壇と、黒檀の机と、布袋の置物のみ。
ンのだけでも、無いの、什器、掛け軸もあるのけど。
てな、話までは、してへんわと。

したは、その祖父の代では、ドイツ製染料を扱い、大儲けしたのらしくの、家を、何軒も所有してと。
がしかし、実印一発、保証人になりての、取り上げられてもての、借家にと。
その、祖父の大儲けしたの地、住所が、当家、本籍地也で、当方、生まれ、育ったの地は、借家でねと。
古家、云々の、壊れ出しの、家主と、直談判の、出てくになった、経緯と、宇治、槇島の家、住宅ローンで、買おたの話と、長男、次男、生まれて、手狭を考え、広い家にと、考えての、当時の、当方の甲斐性にて、買えるは、亀岡の現住所であったの話で、現在に至ると。

でや。
よ、考えたら、この手の話、従前には、仁尾の義姉、婿殿には、した事が無く。
そもそもがの、話なら、婿殿とは、良くしてるのものの、こんな話なんかには、ならへんでして。
それこその、まあ、云うてもたらの、単なるの世間話で終始してたです。

いやね。
かと、申しの、仁尾家の方々に、当家の話、詳し、くしても、なと。
かとかと、申しの、多少は、承知しておいて戴く事も、なと。
少なくともの、変な出生でありませんの、程度は、なと。
ンの、云うたって、申してるわの、歴史上、高名なるの、偉人を先祖に戴くの、枝葉の、末裔でも、あらへんのけどや。
家系図もあらへんのにと。
とか、云うたって、当世、パソコンで、家系図なんか、作成出来るですが。
とか、云うたって、分かってるの範囲しか、書けへんわと。

オトトの、そんな事で。
その手の話なるは、息子共が、結婚する云々にての、嫁と、会おたの時、若干の話はしてるのけどや。
よ、考えたら、その時、更には、結婚式の直前等々、結婚して、マダ、孫共、生まれるの、までは、してたなと。
とか、云うたって、相当に端折ってるわと。且つは、長男嫁、次男嫁には、少々別角度からの話が主体でね。そら、別途に会おてるが故もあって。

孫共、生まれたら、そらな、そちの方、主体に相成って。
次第、次第にと、するのか、全くのせぬよに、なてもた、なと。
まあな、当然の成り行きなれど、です。

での、ハタと。
その孫共も、赤ちゃんの時代からは、成長しまして。来年には、皆、小学生でして。
更に、再来年からは、順々にの、中学生に。又、高校生にと、なって、もてね。
その内にはと、するのか、まあな、爺婆なんか、相手には、されんよに、成るのやろと。
相手にされたって、その内には、こちが、保たんわと。

いやね。そらね。
この辺り、難しく。
偶に会えば、コレ又、当然の、その場での話、主体でね。
加えての、あらたまっての、超の真面目、重要なるの話、なれどの、するも、なと、構えて仕舞うわと。こちが。
モと、云うたら、質問でもされたら、応じて、出来るのけれどの、されん事には、話するの機会も、なと。するにしたって、どこから、どんな話をと。
その内には、話するにも、こちが、呆けてしまうやろと。
よて、終活の一環と、申してるですが。

いやね。
歳喰たら、同じの話ばかりをしてと。
との、話あるですが。分からん事も、無いなあと。
(18/09/10)


NO.2436 単なるの雑談<耐震診断結果の話>

いやね。
本日<9月10日>も、又、雨天。
朝方には、当地、亀岡には、洪水警報まで、出されたです。
いやね。
これで、4日連続の、歩きが出来ずで、コマツタなと。

それでです。
朝には、車屋にケータイでの、電話一発、本日、午前中留守しますのでと。
イヤ、ハザード・ランプの件です。直して戴いたですが、尚、調子が悪く。
過日、5日に、次男の見舞いで、帰宅で、ガレージに車を入れるに、ハザード・ランプをオンは結構の、オフ出来ませんでねえ。
イヤイヤ、夜の、22時でして。
そんな時刻に、車屋に云々も酷でして。さりとて、そのままでは、バッテリーがで、コマツタな。の、以前の、何としてでも、オフせねばで、その辺りのパネルを平手で、ぽんぽんと、叩けば、幸いにして、ボタンが戻りての、嗚呼、ヨカツタなと。

その明くる日、朝に、車屋に連絡したです。
斯くの、然でと、状況伝えまして。ほならの、調整するとの、事での、待ってたですが。結果的、音沙汰無くの。まあね、土日を挟んでたもあるが故、本日、週明けにての、連絡したです。

いやね。
本日、10時、耐震診断結果の件で、亀岡市役所に、呼ばれてるが故、居てませんのでと。
いやね。
案の定の、本日、朝、来るの積もりであったと。イヤ、事実、そであるかは、分からんのけどや。かと、申しの、事実なら、折角に、来て戴いても、当家、留守してるです。車もありませんでして。

いやね。
結果的、その本日、何時頃やろかの、多分なら、15時頃。
いやね。
当方、トイレに入ってたら、突然に玄関のドア、開いて、ゲの、嗚呼の、多分なら、車屋やろと。
いやね。
呼び鈴鳴らさずの、いきなりの、玄関のドア開けて、入って来るは、2人居てるです。
1人が、この方、車屋でして。モ1人、水回りの業者。

いやね。
こんな事、あるが故、困るんやと。イヤ、トイレに入ってるの最中でね。小用、そこそこに、出て、ンの、嗚呼の、スミマセンねえと。何で、謝らんならんか、分からんですが。コレ、当方的、咄嗟の、動作、言動、反応。

イヤ、車の鍵をと。ハイ、承知の、鍵手渡しの、再度の状況をば、伝えまして。
要は、元々が、やや、反応鈍く、悪く。されどの、とりあえず、動作し、解除出来れば、結構なると、そのままにしてたですが。
イヤイヤ、調子がと、伝えずに、使てたですが。
過日、5日の夜、22時に、遂に、戻らんよになっての、その時刻故に、エイの、ヤの、苦肉の策の、の、程度しか、当方に出来るの事、あらへんが故、ポンポンと、叩けば、ボタン戻りの、オフと、成りと。

ほならの、業者申すに、もしかしたら、もしかしての、モ一箇所、思うの部品の問題あって、ねえと。
それ哉と。いやね、何分の、狭い箇所でしてと。一寸、その辺り、見させて頂戴なと。
代車と、するよりは、当人、乗って来たの車を置いて、我が愛車カローラに乗って、行ってもてね。
小一時間程で、又、玄関突然に開きの、その時には、居間に居たですが。車屋でして。

あのですねえの、矢っ張り、その部品ですわと。へえの、そですかの。で、直るはイツですかと。問えば、さっき、部品手配したとこやし、分からんのです。フウンの、届けば、連絡しますのでと。
そですかの、ハイの、承知と、返答するしか、仕方無く。


オッとの、そんな事で。
嫁はんと、二人して、耐震診断結果の説明を受けに、亀岡市役所えと、行って参じたです。
いやねえ、可成りの、余裕見て、家出たですが、「建築住宅課」に着いたは、10時の1分前。前故、遅刻では無いですが。
かと、申しの、10分も、20分もの前では、なと。

オトトの、「建築住宅課」は、2階。課の方に案内されての、3階の会議室に着けば、先日の、一級建築士でありの、耐震診断士の方が、居られましての。案内の方は、デハと、消え。
間も無くの、担当の方、その方から、諸般の説明受けてるですが。まあ、云うたら、立合と、補助制度の説明のためでして。

そんな事で、デハと、耐震診断結果の説明受けたですが。
ンの、要は、概ねの費用、何とマの、190万円から、350万円。
いやね、幅が広過ぎるですが。これは、選定の材料に寄るがためと。へえと。

コレ、当然の、現、土葺<ふ>き瓦屋根をば、桟葺き瓦屋根に総替え前提。
その費用が、高く付くですが。
兎に角、現状の屋根瓦では、重く、地震に対するの耐性に不利。軽量にする事で、耐性を増させると。
とは、診断の時にも、聞いてたですが。
以外にも、横、縦の壁面の筋交い、金具等で、補強の工事等々。

にしたって、まあ、最低の、190万円では、収まらんやろなあと。
真ん中でも、270万円也でして。ゲの、どするやと、相成るです。

いやね。
こちにしたら、万事、金策でして。270万円にしたって、ついでに、ここも、あそこもと、なればの、それこその、300万円見当哉の。補助考えても、軽くの、200万円はと。
イヤ、補助は、最大、90万円。

いやね。
当然の、諸般、建築士の方と、相談、打ち合わせで、どこをどんな具合に。又、ついでに、ここも、あそこもの、事も、伝えての正確なる、見積もりもして戴いての話に成るですが。
この場でも、云われたは、樋が、古くて、交換した方がと。
ンの、過日、4日の台風21号でも、連結部、なれどの、外れてねえと。と、までは、申してませんですが。

いやね。
説明、質問等々、補助金、税金の件、含めの、1時間。
イヤ、税金とは、控除の話の、耐震強度、「1.0」になるなら、控除受けられるですが。工事結果、「0.7」故、受けられませんですと。
いやね。
ここだけの話の、当家、そんなに、税金払ってませんです。払うよな、所得あらへんでして。
とは、申してませんですが。
どちにしろ、説明拝聴、質問等々、致しの、諸般、ありがとう、ございますと、お暇したですが。

さての、金策ねえ。コマツタなと。
尚、工事は、いつまでの、期限無く。
概ねの、工期、約1箇月哉の、住み乍ら、可能。

いやね。
地震で、一発、死んでもたら、宜しいですが。他家に迷惑掛けずが前提の。
半殺しは、自身困るし、ハタ迷惑でもあって。
ではの、工事したからと、地震の規模に寄りの、倒壊せずの保証無く。家のみ、半殺し状態にされてみい。最早の、補修するの資金、気力も、あらへんわと。
イヤイヤ、ここからが、選択の問題での、当面、悩むなと。
(18/09/11)


NO.2437 続・宵々山の話(3) 終活の一環の話(3)

いやね。
耐震診断結果を受けての、説明では、市職員より、モ一点、重要なる話があったです。
要は、耐震工事がいつまでの、期限は無いですが。
当たり前だの、クラッカーの、補助金を出すの当制度が、存続まで、でして。

まあね。
当制度、発足より、10年経過で、突然の打ち切りは無いと、思うですが。
それを考慮で、なら、なるべく早くにと。
但し、市役所では、年度末で、締めでして。この辺り、3月の補助金申込みでは、遅くになったり、ややこしくなるですと。
よて、なるべくの、締めを避けた申請をされたしと。
とまあ、そんな事で、耐震診断をしたからと、いつまでにの、話は無いですが。制度も変わる事もありますので、要注意と。ハイと。

まあね。
云うたって、簡単なる金額でありませんでして。
そかと、右から、左にの、捻出も出来ませんです。
さりとての、大地震とか、風水害によるの被害状況、等々、テレビで見てたら、どしょかと、不安に駆られ。
何よりも、他家に影響、コレ困るの事よと。

かと、申しの、保険と一緒で、災害、事故、病気、怪我に遭遇せぬなら、不要でして。
遭遇せぬの、保証なんか、一切のありませんでして。
厄介や、なと。
そらな、資金、潤沢なら、迷わんですが。半壊で、住めぬとなればの、どするやと。
まあね、そもそもがの、家が壊れ出すの、経験なら、仏光寺の家で、してるのけれどの、それは、老朽化でね。雨漏り、柱が腐って来ての話で、地震、雷、火事、親父に加える事の、台風、川の氾濫での、鉄砲水、山崩れ等々では、あらへんでして。
それ、申せば、幸いにしての、当家の立地的、火事、地震、台風以外、心配してませんです。


オッとの、にしてもの。
ンの、話、ころりの替わるですが。
「秋の環境衛生」行事も、計画なら、今月23日でして。ボチボチの、回覧でもと、思うですが、マダ。
「大井神社」の御神輿の件も、モ、話が来てるの頃なれどの、マダ。

いやね。
昨年は、偶々の、いつも一緒の、君と、歩きの帰途、ばたりと遭遇にての、ンの、話なら、「夏祭り」で、要請あったと、聞いたですが。
にしては、全くの話無くで、どしたの哉と、「秋の環境衛生」行事の時、尋ねるの積もりが、中に、人介在でして。その方、当時の役員なれどの、託したですが。
それでも、話、来ず故、最終的、「町民大運動会」の時、その介在の役員に確認の上、ンの話はしたけどなと。その、「秋の環境衛生」行事の時にと。

フウンの、そかと、マダ、話あらへんしと、区長に直談判したですが。
いやねえ、その場に居てるのに、当方より、話切り出すまで、全くの、でして。
加えての、参加者、当方と、君の、2名のみですて。へえと。

とかとかの、にしてもの、昨年度には、何ちゅうかの、無視されてた、なと。
他の面々には、遠の昔に話をしてまして。区長がや。
当方にのみ、沙汰無しでして。その当日、運動会の時にも、変な話をされて、ねえ。
バカバカしい故と、何度も、話はしてるが故、最早のしませんですが。要は、この区長、前期の、なれどの、やる気、あるのかと。
当方的、独断、偏見の評価なら、弁立つの、口達者なだけの、でして。
云うたら、当方とは、間逆。

イヤイヤ、当方なんか、弁立たず。
話するに、一から、十まで、組み立ててまして。何度も、反復してからのモノ申してるです。事と、次第に寄るのけど。
そらな、まさかの、雑談的、その場で、出て来たの話で、組み立てての話も、出来ずで、しませんですが。そもそもが、組み立ててるの、間もあらへんしと。
それはねえ、理屈の合わずで、矛盾するよな、話をよやらんでして。
かと、申しの、咄嗟の返答では、時々には、自分でも、下手な返事、見解述べたなと、落ち込むの事、度々でして。

オッとの、トトトの、がしかし、です。
前期では、やる気満々の、ンの、御神輿の話。
話来ずで、直談判云々でした、ですが。今期はねえ、そこまでの、満々に非ず。
新調、上等、高級地下足袋、法被に相応しいの、ポシェットまで、購入してるですが。昨年に。
よて、是が非でもと、思てたですが、今期はねえ、そこまでの、では、あらへんでして。原因、何かと、申せば、そらな、歳でして。実感してまして。

それもあるし、実は、「夏祭り」の時、若手の1人に、出るの怪と、尋ねたですが。イヤ、子供神輿があるしと。そっちにと、返答あっての、嗚呼の、そかと。
さもありなんの、彼、役員でして。そちが優先で、結構なるの反面、以て、仲間が1人減ったなと。

いやね。
彼、参加回数一番に少ないです。
されどの、若手でね。まあな、当町内会の参加者も、新手を開拓せねば、ジリ貧と成るですが。
そらね、当方、何度も申してるの、歳でして。モ1人のも、歳でして。一歳下でして。
更なるの、モ1人なら、若手なれどの、ダケでは、なと。
なんかは、当方、心配するの事では無いのけど。
そらねえ、こんな事、地の町内会なら、イザ知らずの、我が町内会のでは、地に対するの。又、町内会の面々にての、親しさの度合いも、桁違うわと。

ンの、ならばの、当方、何故に、初参加の、2009年以来、出続けてるかと、なればの、そらな、結構、面白く。
只な、その当時と、今とでは、年齢違うです。9歳若かったと、申してるです。
モ一発、只な、その時々の役員、区長なりに、役に立ちたいの思いあるです。
申してるです。
2005年度、当方、区長の時の、期末総会にて、一区民として、協力致すと。
とか、云うたって、ダアレも、覚えてなんか、して呉れてませんですが。そこが、余所様と、当方の差、違いやわと。


オトトの、とっとの、いつの間にやら、又、話逸れまくり。
終活の一環として、当家の面々に、話をしたいの事、多々あるですが。
されどの、あらたまって、何をと、なればの、ンの難しいねえ。
いやね。
考えれば、考えてもたら、ツマランの話でね。
皆が興味あるの怪の、あれば、尋ねて、呉れてるやろと。尋ねぬ故、無関心なんやろと。無関心な話をしたって、なと。
そもそもがの、当家の歴史を語っても、一銭の値打ちもあらへんしと。又、どこまでの話をと、相成って。又、微に、細には、知らんわと。

実は、当方も、この歳になてもたが故、関心持って、考えるですが。
若き頃には、ンの、そらなあ、祖母なりに、根堀りの、葉堀りの、尋ねたですが。
その当時には、尋ねるの中身が、現在の、知りたいの事とは、若干の異なるです。
それもあるし、承知の事から、辻褄合わせには、疑問点がありまして。現時点、知ってる筈と、するは、叔父1人。
その知ってる筈も、どこまでかは、甚だの疑問。これも、ぼちぼちの、90歳になるの哉と。

いやね。
今週末、15日、16日と、神戸、長男宅に行くになってるですが。
孫君2号の誕生日でね。誕生日は、その前日の、14日なれど。
オッとの、それまでに、愛車カローラの、ハザード・ランプは、修繕出来てるの怪と。
(18/09/12)


NO.2438 続・宵々山の話(4) 仏壇と、墓石の話

このところ、ズと、厄介なるの天気でね。
イヤ、基本、曇天。
時に、雨、豪雨。
時に、曇天で、何とか、雨降らず。
故に、歩きに出るを躊躇してるです。

イヤ、本日<9月12日>なるは、朝方、豪雨。
ならばと、散髪にでも、行くかと。場所的、車で、15分程度でして。安いの散髪屋故、先客多く。余りに多いなら、出直すの積もりで、行くですが。
実際問題、着いて、先客多くとも、今更、引き返すも、なと、待つになるですが。

いやね。
本日、偶々なれどの、先客4名様。
ンの、これは、これは、ヨカツタなと。イヤ、11時頃に着きまして。この程度なら、30分も待てば、順番来るなあと、見積もったですが。正解でして。
まあな、散髪、そのものは、ものの、15分もあれば、終わるです。
結果、何とか、午前中にと、するのか、帰宅は出来たです。

いやね。
今週末、15日には、神戸、長男宅でして。孫君2号の誕生会でして。来週、いつかは、マダ、予約してませんですが。歯医者で、歯の掃除をして戴くの予定。
オッとの、散髪には、関係無いですが。多分なら、週末、金曜日辺りに、愛車カローラの、ハザード・ランプの件も、修繕出来るの哉の、して戴かねば、故障のままに、神戸行きも、なと。

そして、22日には、「芋煮会」で、26日には、前立腺肥大の薬の処方箋で、円町行き。
30日には、「大井町」の、「町民大運動会」で、「玉入れ」「綱引き」に出場予定。

10月の予定の細々、決まってませんですが。
分かってるの範囲で、16日には、「大井神社」の、御神輿でして。話は、マダ、来てませんですが。どなるん、やろ怪なと。
その2日後の、18日、19日と、堀川高校の3年9組の同窓会と、までは、大袈裟の、5人が、亀岡に集結で、烟河温泉にて、1泊でして。

いやね。
その案内と、するのか、再確認の、メールの打電も、いるなあと。
烟河温泉にも、電話一発、予約の件の、確認をと。ンの、イヤ、予約されてませんですがと。云われてみい、何抜かすと、一悶着に成るの哉の、クレーマーでも、あるまいにと。

オトトの、そんな事で、諸般の行事と、するのか、用事があるが故と、どちみちの、散髪には、早々に行かねば、なと、行くにしたです。
ちなみに、前回、イツにと、なればの、6月の30日なんやねえ。結果的、2箇月半経ってたです。
いやね。
本日、9月辺りに、散髪しとかんと、次ぎには、正月の頭にせねばの、それも、早めにの、11月末か、12月始めが宜しくて。
ならばの、矢っ張り、この辺りで行っといた方が無難や、なと。


とかとか、そんな次第の、斯くなるでの。
終活ねえ。
とまあ、そこまでの、大袈裟でも無いけれどや。
そらねえ、当方が孫として、祖母からは、諸般の、何ちゅうかの、柴田家男子としての、指導、教育をば、受けてたに相成って。
くれぐれもの、今、思えばの話やでと。
柴田家男子と、云うたって、当方1人だけ、なれど。
イヤ、直系が。

そらねえ。
お盆に、「光圓寺」住職が、読経に来られたら、当方、必ず、同席させられたです。
いやね。
それ以前の、祖母が、諸々の準備してるの姿も、見てるです。
毎日、毎日の、仏壇のお世話してるの事も、見てるです。

いやね。
云うたって、当時の生活習慣と、当世では、異なりまして。
異なるに連れ、諸般、省略も、してるですが。
そらね、仏飯なるは、ご飯炊けば、一番には、一緒。お茶はねえ。当世、必要なだけ、湧かして、保温も出来まして。
当時なら、湧かした一番のを、お供えしてたですが。この一番なるが、不明確になてもてね。
これは、省略してるです。

いやね。
それもあるし、孫共、兎角に、仏壇をオモチャにしてね。
まあな、現在では、やらんですが。
ンの、誤解無きよに、申せば、当方でも、小さい頃には、やってたと、思てるです。
仏壇の扉を閉めたり、開けたり。鈴<りん>を鳴らしたり。

いやね。
現在のは、当方、新調したですが。30年程経つですが。
先代の仏壇なるは、ボロボロで、ねえ。中扉の紙が破れてたり、桟が折れてたり。焦げがあったり。ンの危ない事があったのやと。
当然にして、当方に記憶あらへんですが。壊した事が、ですが。焦がした事も。
記憶無いだけで、犯人、当方であるの可能性充分。

いやいや、だけで無くの、仏壇も、当時のとは、若干なれどの、異なってるです。
但し、もしかしての、もしかしたら、綾小路の家から、仏光寺に引っ越すの際、無くしたの可能性大なれどの、お線香、ロウソクを置くの台があらへんかって、ねえ。
仏壇の中で、お線香、ロウソクを立ててたですが。
それでは、ロウソクの火が、仏壇にで、焦げてるも、あるですが。
いやね。
そんなボロボロの、仏壇故に、新調したです。加えての、当方の、悪戯なりで、壊れた、破れた、焦げてるの可能性充分でして。
但しの、くどいけど、当方、その事を誰からも、云われた事が無く。又、悪戯したり、弄んだの記憶も無く。
とりあえず、物心、付いたの時から、ボロボロ。

での、祖母から、聞いたは、仏壇には、ご先祖様が居られまして。家を守って呉れてると。
よて、仏壇が燃えたりは、聞いた事無いと。
イヤ、コレ又、言葉、加えれば、焦げあっても、中扉が完全には燃えてませんでして。あくまでもの、焦げあるだけ。

オッとの、何故に仏壇の話をしたの哉と。
いやね。
息子共一家、家に来たら、必ず、仏壇を拝み、帰るの際には、拝んでるです。
当たり前と、云えば、当たり前なれど。
結構なると。
てな話を、皆にしたいで、あらへんですが。

嗚呼、過日の、墓参の際、近くの墓石を拝みに来たの、若い一家3人。夫婦と、その息子の3人なれど。
その若主人、帽子被って、拝んでたですが。墓掃除も、雑でねえ。
申してるです。
当方夫婦よりも、軽くの後で、来て、軽くの先に、終わってもたですと。
イヤイヤ、どんな掃除の仕方をしてるか、なんか、全然の見てへんわと。
只、墓参終え、帰りは、その場所の真ん前通るが故に、チラ見しただけ。

と、まあな、墓参するの気、あるだけでも、充分哉の、されどの、年に、1回も、来てへんのやなと。
親と、一緒にも、来てへんの哉と。
とだけの感、しただけ。

オトトの、この墓石、昭和59年<1984年>に新調してるです。
新調故、古いのがあったです。
この古いのは、墓石が欠け出してる故、新調したです。
(18/09/13)


NO.2439 続・宵々山の話(5) 息子共の結婚するの時の話

ほんとにねえ。
台風一過の、台風なるは、9月の4日の、21号なれどの、その一過。
以来、ガタンと、気温低下。
云うたって、9月故、まだまだ、暖かいけれどの、ンの暖かいなるは、着てるの服に寄るですが。
長袖では、長ズボンでは、暑くて、半袖、半ズボンでは、肌寒く。厄介なるの気温で、天気でね。

いやね。
天気も、からりと、晴れては無くての、曇天。
天気予報的、曇りで、雨なれどの、雨がねえ。終日降らずで、時々でして。
いやね。
天空、雲の状況見てたら、今にも、降りそでね。
いやね。
鋭意決断の、歩きに出るに、苦労するです。
イヤ、出るか、出ざるかを、でして。出るにも、道中、降られては、なと。逡巡致し。されどの、こんな天気が延々の続いてみい、歩きが出来ずで、困るわと。

云うたってねえ。
話、まだ、来ずでして。
云うてるです。此度、来んなあと、カリカリもしてませんでして。正直には、極めての、中途半端。来たなら、ンの、御神輿参加の件なれどの、出てもええなあと。
来ずでも、まあな、「町民大運動会」の、慰労会には、顔出すの積もりでねえ。そこで、情報交換等々してもええなあと。
但しの、コレ、末も、末の、30日。

オッとの、そ云うたら、本日<9月13日>、回覧で回って来たです。「秋の環境衛生」行事の件で、予定通りの、その一週間前の、23日に行うと。
この日に、諸般の情報交換も、結構やしなあと。
あくまでもの、情報交換での結果、積極的に、区長に、オイ、貴君なと、尋ねるも、なと。

いやね。
本音でなら、現在唯今、歩きに出てるですが。これの、調子、状況に寄るなあと。
イヤイヤ、昨年よりも、極めての、積極的、多感に、歩いてるです。日は浅いけど、現時点、思てるは、9月中は、最低でも、5千歩で、10月に入れば、1万歩を目差すです。
但し、昨年までの、歩き方、速歩は封印。
基本、フツーに歩くと、してるです。
さもなくばの、一発、バテるわと。

いやね。
その辺り、昨年よりは、肌寒く。歩くに、汗ダクダクで、困ってませんでして。暑いと、そんなには、歩いてられんの、バテるです。
当然の、気合い入れての歩きは、速歩中心になるが故、すぐにも、バテて、どしょかと。
その辺り、フツーの歩きなら、方々、見聞は、大袈裟も、この先は、どんな具合になってるの怪と、寄り道も、しとも、なって来まして。
イヤ、言語明瞭の、歩数稼ぎ故、寄り道もせねばと。
それもあるし、1万歩を稼ぐに、どのコースがと、探索も兼ねてまして。
イヤ、正直申せば、体力、気力、耐力さえ、伴えばの、今日にでも、明日にでも、1万歩を目差すですが。
足と、するのか、膝の具合、注視し乍らでして。道中、想定外の事態、勃発してみい、家に戻るが大変でして。
出来る限り、休憩なり、出来るの場所あるの方がと、思てるですが。そんなには、上手い具合に出来んわと。田舎故。

イヤ、工業団地は、会社ばかりで、その周辺なんか、田園風景。
スーパーなり、コンビニの、コンビニでは、小休止も出来ぬですが。ドラッグ・ストアなり、大型電気屋なら、出来るですが。あるの箇所なんか、知れてるわと。


オッとの、そんな事で、さての、「続・宵々山の話」なれどの。最早の、「宵々山」とは、話、逸れまくりの、関係あらへんですが。
いやね。
話、若干の、元に戻るですが。古いの仏壇がボロボロと、申したですが。
壊したのが、自分ではと、思てるは事実も、それも、怪しいなあと。とも、思てるです。理由なるは、当方がやったんやぞと、とは、誰からも、聞いてませんでして。

そんな事、一々の、祖母なりが、云うかと、なればの、そら、分からんですが。
五月人形、大将さんの、端午の節句の、なれどの、張り子の虎があったですが。その昔の、仏光寺時代の話やでの、その虎の髭がありませんでして。
これは、親から、祖母から、叔父達から、何度も、何度も、云われた、わと。
張り子の虎を怖がってと。遂に、虎の、髭を取ってもたのは、オマエやぞと。フウンと。

ンの、そ云うたら、その大将さんの人形等々、張り子の虎も、どしたんやろなあと。
張り子の虎は、槇島に引っ越しの時、廃棄したよな、でして。それ以外の人形も、どしたんやろねえ。ありませんです。
多分なら、息子共の誕生で、そちに切り替えで、廃棄したのか、仕舞い込んでもたの哉と。されどの、以来、見てませんでして。
まあな、どちにしたって、当方の、その手、大将さんの人形なんか、いらんですが。

いやね。
逸れまくりの話なれどの、要は、そんな具合に、我が一家、揃うの事も、年に何回、3回哉でして。
個別には、会おてるですが。それでも、なと。回数知れてるです。
知れてるの以前の、会うは、相応の目的あっての事での、話の主題、それでして。わざわざの、あらたまっての、「柴田家」の、歴史になんか、触れるの機会、思いもあらへんでして。

要は、当方的になら、長男家、次男家にも、同じの話を、したくてね。
そらな、この話、いつか、した事あるなあと。されどの、どちに、やったんやろなあと、成るも、なと。聞いた方、又かと。
ンの、又かと、成るの程に、覚えて呉れてたら、嬉しいけれど。

いやね。そらね。
息子共、結婚の際には、初めて会おたの時、等々の、その当時には、嫁には、しかるべくの、話は、してるです。
概略なれど、です。
特になら、次男嫁、薬剤師故。とするのか、次男と、同学年の、同級生と、するのか、大学での、縁でして。

よて、医療に関するの、「柴田家」の関わりについては、その当時、話はしてるの積もりでね。多分。
イヤ、ここでも、何度も、話をしてるの話の、まずは、祖母の祖母。当方から、したらの、祖母が3代上での、更なるの3代上になるの方。
なるは、井伊直弼の孫娘と、同級生と、するのか、同年と、聞いてるです。
且つは、祖母の、その又、祖母の当時の親父様が、御殿医であったのよな、話をと。

ここで、医者が居たに成るですが。
更になら、祖母の一番下の妹。とか、云うたって、三姉妹なれど。その息子の、その長男であったの哉のが、麻酔医になったと、聞いてるです。
の話は、したの記憶がと。
いやね。
聞いてるは、祖母からでして。その当時に、麻酔医の存在なんか、知らんわと。

そして、別々に、では、あるのけれどの、我が祖父は、染料屋、ドイツ製のを扱い、儲けたの話も、してるです。多分。
そこで、実印一発、所有の借家も、全部、没収されたの話はしたのか、してないのか、定かに非ず。
イヤ、してるなと。
してるも、どこまでの話をかが、分からんでして。
そらなあ、したの当時なるは、嗚呼、この娘が、我が息子の嫁になるの哉の、概略の当家歴史でもと、ダケでして。
主たるは、多分なら、結婚式をどするやの、どこで、どんな具合にが、でして。
そこで、長男なら、「都ホテル」。
次男は、結婚式は、「平安神宮」。披露宴が、「都ホテル」でと。へえの、ええなあと。
羨ましいなあと。
(18/09/14)


NO.2440 続・宵々山の話(6) その内には、こちがボケてしまうわの話

又もやの、本日<9月14日>も、曇天、雨天。
天気予報的、曇り時々雨。
その合間縫て、歩きには、出てるですが。

いやね。
工業団地を一年ぶりに、見聞したです。
イヤ、今年になって、一番奥にまで、行ったは、此度初。
一年ぶりなれどの、工場の建家は出来てるですが、奥の方の、道、人道は、以前のままで、何にも出来てませんでして。
これで、出来てるのか、ほったらかしかは、当方には、分からんですが、パと見、ほったらかしの、歩道の枠は出来てるですが、雑草が生えてるし、果たしての、どするの怪の惨状。

いやね。
この辺りまで、人が、来る、歩くは、希とは、思うです。
工場の方、以外は、なと。
加えての、国道の方に通じるの橋をどするのか、新たな橋を架けるのか。これ又、当方には、計画知らんが故、分からんですが。そこえの道、工事中で、通行禁止。


さての、話の続きなれどの、終活的としてるですが。事実でして。
いやね。
申してるです。仁尾の、嫁はんの姉宅では、皆が夜の遅くまで、起きて、雑談してるですが。当方、よ、お付き合い出来ませんでして。
早くに寝てしもてると。

いやね。
家でなら、夜の遅くの、軽くの、日付変更線突破の、寝るは、一時、二時の、丑三つ刻。
正直には、早くて、一時過ぎで、遅くなら、三時頃でして。流石に、最近では、三時に成るの手前で、起きてられんでして。

いやね。
自宅では、何故に、そんな時刻まで、起きてるの怪と、尋ねられたら、斯くの如くの、パソコンをこちょこちょ、弄くってるです。
パソコンの操作で、文面等、作成してたら、起きてられるですが。
四国等々、自宅を離れてまでは、パソコンをば、持参せず。一応は。

いやね。
その昔、軽くの、10年の以前までは、必ずや、どこえでも、持参してたですが。
「パソコン大魔神コーナー」のためでして。一刻でも早くに、回答掲載、その旨、連絡をと。
話簡単には、電話回線で。或いは、ケータイ電話で、インターネット接続致しまして。

いやね。
要は、「京都inet」の時代に、でして。ならばの、「2008年」まで故、10年経つなあと。
この時までは、isdnでして。電話回線での、接続拠点がありまして。その替わり、電話代モロで、請求書見て、びくりの仰天したですが。しょがないなあと。
ええ格好、申せば、世のため、人のための、一助に成ればの、思いでして。
がしかし、その辺りから、「パソコン大魔神コーナー」えの、質問激減。肝心の大魔神君も、行方不明になてもてね。

オッとの、このままでは、又、話逸れまくるが故、軌道修正致すですが。
「Eonet」にしてからは、電話番号では、接続出来ずで、イヤ、仁尾でも、姪は、パソコンなり、スマホを使てるですが。
質問激減と、行方不明故、そこまで、しんでもと。又、費用も掛かるしと。

ンの、結果的、軌道修正出来てませんですが。
話は、一緒の、パソコンをば、持参せずに成りの、そなれば、起きてても、なと。仕方が無いのと、起きてても、なの、以前の、起きてられんよに、なてもてね。
いやね。
これが、実際の姿、実情ではと。当方の。

いやね。
息子宅の場合、時偶には、持参する事あるですが。1人、こちょこちょ、やてられんもあるです。孫共も居てまして。
イヤ、当然の、インターネットなら、出来るです。且つは、「Eonet」でして。
元々が、長男が、電話回線をば、「NTT」から、「Eo」にしたが故、こちも、変更したです。「Eo」同士なら、電話代が只でして。
それもあるし、「京都inet」では、ホーム・ページの基本容量が少な過ぎの、増設容量代を負担してたです。勿体ないなあと、思てたが故、その機会に、変更したもあるですが。

いやね。
そんな事で、仁尾の義姉宅と、するのか、婿殿宅では、パソコンに触れずで、触れずとなればの、夜の遅くまで、起きてられんわと。
何時でも、結構の、布団さえ、敷かれれば、一番手の、サと、寝てまうわと。孫君と、一緒に、なと。

いやね。
我が家でも、皆が居てたら。皆とは、長男家、次男家なれどの、パソコンなんか、ちょこちょこ、弄くってられんわと。
弄くらんと、起きてられんわと。
いやね。
眠たくなるまでに、雑談等々、してるのならばの、起きてるですが。頭活発に回転させてるが故でして。

いやね。
一寸の昔なら、孫共、赤ちゃん、或いは、小学校世代の手前なら、寝るが早く。
お母様連中も、早くに起きて、居間に集合してたですが。これが、次第、次第に、遅くになてもてね。
皆が、集合した頃には、こちが、起きてられんわと。モ、寝るでと、寝てまう事、多くなてもてね。

いやね。そらね。
どしても、これだけはと、伝えときたい、なと、思うの事、あれば、なと。
されどの、申してるの、断片的には、話はしてるです。「柴田家」の概略の、ならばと。
加えての、質問なり、されんの事には、話も、続かんし、してられんわと。

そらな、原稿あるで無く。
単に、当方の頭に残ってるの一部分でして。
そらな、あると、申せば、一杯あるです。
無いと、なればの、1つも無いです。
要は、皆で、雑談、四方山話の中で、出て来たらの話になてもてね。

いやね。
正確、正直には、再度のあるには、あるの、一杯あるのけれどの、年々、年月経つと共にの、こちの、記憶も、薄れて来てもてね。
それもあるし、イザの、皆が集まってる時、これはと、思うの事、云うにしたって、突然に、話題を変えてもて、までは、出来んわと。
こちも、その話に集中、聞き手なりに、なってるしと。

オッとの、そらねえ。
終活も、「柴田家」の歴史、当方の事を伝えるだけが、でも、あるまいにと。
よて、あくまでもの、終活の一端でして。
云うたって、伝えるの場が、なと。
あらへんわと。

いやね。されどの、ねと。
その内、近い将来にも、こちが、ボケてしまうなと。
冗談で無くの、事実で、本気や、わと。
(18/09/15)



inserted by FC2 system