シバケンの単なる雑談NO.215

雑談NO.211 雑談NO.212 雑談NO.213 雑談NO.214
雑談NO.206 雑談NO.207 雑談NO.208 雑談NO.209 雑談NO.210

雑談NO.205
雑談NO.160 雑談NO.170 雑談NO.180 雑談NO.190 雑談NO.200
雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.216

NO.2420 単なるの雑談 上々の、異例の、「夏祭り」の話

NO.2419 宵々山の話(17) 嵐電の話(3)

NO.2418 嫁はんの里帰りの話(3) 錦市場の話

NO.2417 単なるの雑談 諸般の葛藤の話

NO.2416 嫁はんの里帰りの話(2) 出生(でしょう)の話

NO.2415 嫁はんの里帰りの話(1) 風邪引いてまんねんの話

NO.2414 宵々山の話(16) 京都の地名の話

NO.2413 宵々山の話(15) 嵐電の話(2)

NO.2412 宵々山の話(14) 嵐電の話(1)

NO.2411 宵々山の話(13) 四条大宮の話

雑談NO.214


NO.2411 宵々山の話(13) 四条大宮の話

いやね。
本日<8月7日>には、車屋からは、何も無く。
ほならの、明日哉と。下手したら、明後日怪と。
どちにしろ、あちら様が、車を取りに来るです。
或いは、簡単作業なら、当家、ガレージで、作業するの哉の。任せておかな、仕方無く。

まあね。
バッテリー交換の如くの、簡単作業でも無いやろと。
単には、失礼の、されどの、単に、やねえ。
ハザード・ランプの点滅をば、殺す、オフにするだけの仮処置作業で、20分。
その奥の、部品交換故、小一時間は掛かるやろなあと。
ほならの、車を、持ち帰りの、表現異の。されどの、持ち帰りやねえ。車屋に、です。
そこで、作業するの、やろなあと。
とかとか、余計なるの事、どしても、当方考えまして。

いやね。
更なるの、余計なるの話。
本日、涼しかったです。連日の、この暑さから、したらの話の、最高気温、35度。
イヤ、それまでは、37度、38度でして。
明日も、そんな物らしく。宜しいねえ。多少は過ごし易いよに、思うけれどの。思う、期待だけで、実際には、昼直前辺りから、どしょかと。暑くてね。
がしかし、夕方より、ガクンと、冷えての、この表現も異の。そやねえ、それこその、涼しく感じの、助かったです。
イヤ、実は、この2、3日、お茶の消費量、少なくて。
どちかと、申せば、当方、余り、水分摂らぬ方でして。がしかし、熱中症の事、ありての、意識的、ガブ飲みしてたですが。
そらねえ、本日も、飲むは、飲むけれどの、左程で無く。そもそもがの、汗タラタラの状況で無く。


オッとの、そんな次第の、斯くなるでの。本題、「宵々山の話」をと。
云うたって、宵に来てるで無くの、昼間であって。既に、鉾の見物、乗るも、終わってもてね。一路、帰宅の方向なれどの。
帰宅するに、「大丸」で買い物も終わって、さあ、四条大宮から、「嵐電」に乗って、天神川やなあと。
とか、云うたって、烏丸から故、阪急の烏丸駅より、四条大宮駅えと、相成って。
オトトの、実際には、四条大宮駅とは、申さんの、大宮駅。

いやね。
面白いねえ。
阪急で、河原町から、烏丸に、とか。四条大宮えと、通常、申してるですが。実際には、河原町から、烏丸程度、電車になんか、乗らんけどや。距離、短くて。
それ、云うたら、烏丸から、四条大宮も、大体は、乗らんけど。申してるの、距離、各々の区間、1キロもあらへんわいと。
云いたいは、これ、四条通りの地下を走ってまして。西院<さいいん>までは、地下でして。
ンの、その事を申したいの、でも、無くての、駅名、大宮のみ、四条大宮と、云うてるなと。大抵なら、なと。必ずしも、そでは、無いけれど、です。
まあな、西院<さいいん>は、地名でして。通り名で無く。通り名でなら、四条西大路と成るですが。

いやね。
四条大宮なるは、四条も、大宮も、通り名。四条大宮で、ポイントを示すになるですが。角を。
オッとの、申しておくの、大宮なるは、「おおみや」と、読むです。
いやね。
その昔、当方、学生時代であったですが。
その四条大宮の、市電の停留場で、電車待ってたかの。当時には、市電も走ってましての。とりあえず、その界隈に居てたら、「しじょうたいぐう」はどこですか。
なるの、質問されて、ねえ。多分なら、中年の方。とかの、詳細までは、記憶に薄く。そら、半世紀の昔の話故。

での、ンの、そんな地名知らんでと。
とは、申してませんですが。
四条は知ってますけど、「たいぐう」なんか、聞いた事、ありませんねえと。
とは、口にしたですが。
ほならの、先方様、ここですと、メモ書き見せて呉れたの字、漢字なれどの、見たら、「四条大宮<しじょうおおみや>」
見て、ンの、ここです。
こことは、どこです。
ここは、ここです。

その先、どこを目差しておられたか、までは、記憶外。
なれどの、その時、初めて、フウンの、そやなあと。
確かに、「大宮<おおみや>」は、「たいぐう」とも、読めるなと。初めて、気が付いたです。それまでは、頭っから、「おおみや」以外に、読み知らんわと。

余計なるの話の、それ云うたら、「烏丸<からすま>」なるは、「とりまる」と、申すの地方の方、圧倒的多数。
そらな、仕方が無いですの、但しの、「烏<からす>」と、「鳥<とり>」は、字が違うです。
いやね。
これも、モと、申せば、再度の、「烏丸<からすま>」でして。「からすまる」とは、読まず。
とかとか、事程左様の、地名、通り名なるは、その地、その地域に於いての、特有の読み方する故、ムツカシイねえ。
且つは、その地の方なるは、その読み方でして。他の読み方されたら、ンの、どこ怪なと。知らんでと。


オトトの、そんな事で、当方にしたらの、その四条大宮界隈なるは、超の懐かしの箇所。
いやね、そらね、そこから、我が母校、郁文中学校が見えるです。
見えは、せぬですが。母方、下の伯父の家が、黒門の仏光寺。とか、申せど、土地勘、通り名分からんの方には、さっぱりなれどの、詳細、省略致すです。要は、四条大宮から、歩いて、まあ、5分。

そして、上の伯父が、それこその、大宮四条故、すぐの、そこ。
加えての、申してるの、「越後屋」の親父様が、黒門の綾小路で、コレ又、すぐの、そこ。
モと、申せば、当家、本籍地。なるは、綾小路大宮でして。コレ又、すぐの、そこ。
旧住所、仏光寺油小路なるは、少々、距離あっての。それでも、そこからなら、歩いて、10分も掛からんわと。

いやね。
申してるの、菊水鉾、函谷鉾、長刀鉾の辺りなるは、我がホーム・グランドとは、云えても、本格的なるは、こちの方でして。
そらな、中学校が、すぐの、そこ。

そらねえ、正直申せば、出来るの事なら。時間許すなら。
皆に、一寸、当家、本籍地がどの辺りか、旧住所が、どの辺りかを、歩いて、説明、解説したいのけどや。
ンの、まの、時間は許すですが。皆まで、連れて、そこまで、行くは、なと。少々、疲れるやろと。
まあな、要請あれば、なれどの、あらへんしと。

いやね。ほんとはね。
せめてもの、本籍地は、ここ也と、とは、説明したいけれどや。ここ也も、この辺り也と、しか、示せませんですが。
ピンポイントで、こことは、誰にも、教えてもろてませんでして。

いやね。
現時点、柴田家で、知ってるは、下の叔父だけでして。
イヤ、母も知らんでね。住んでませんでして。
その下の叔父も、物心、付いた時、果たしての、そこに居たかは、分からんでして。

いやね。
今更の、しもた、なあと。
知ってるの者、そもそもがの、少ないけれどの、親父存命中にでも、聞いとけば、ヨカツタなと。
とは、思えどの、生きてる時には、そんな事、微塵も、思わんわと。
イヤ、意味なるは、イツでも、聞けると、思てたわと。
聞けぬよに、なてもたが故に、今更故に、尚の事、知りたいと、思たり、又、知っても、なと。
そこに、柴田家あらへんです。遠の昔に、他家でして。
よて、この辺り、だけで、充分哉と。
イヤイヤ、旧の、我が家の、仏光寺油小路なら、当方承知。
とか、云うたって、ダアレも、聞いても、呉れんわと。
聞いて呉れたって、当家あらへんけれど。
イヤ、諸般、寂しいねえ。
(18/08/08)


NO.2412 宵々山の話(14) 嵐電の話(1)

いやね。
本日<8月8日>も、車屋からは、何も無く。
結果、下手したらの、更に、明日哉と。
明日も、明後日でも、居てるですが。その次ぎの、11日から、当家、皆。皆云うても、嫁はんと二人だけなれどの留守致すです。
嫁はんの里え、JRで、向かうです。
よて、明日にでも、音沙汰無いなら、その旨、伝えねばと。
とするのか、イツになるですかと、問わねば、なと。

さての、本日には、涼しくて、結構なると。
気温、35度でして。概ね、曇天でして。夕方からも、扇風機もいらず。
関東に接近の、台風13号の影響哉と。


オトトの、本題。
とは、云うても、話、少々ズレてるですが。
いやね。
母方、伯父の家が、あっち、こっち。とかとか、申したですが。
最早の、そこには、居てませんです。あくまでもの、その当時の話をしてるです。
その当時とは、下の伯父なら、2003年の憲法記念日に亡くなったです。
<参考=「不可思議の話NO.3」伯父貴が逝きよった>

亡くなって、その家には、誰も住まず。
イヤ、家は、どなったんやろねえ。
云うたって、借地で、家屋のみ所有の変な具合でねえ。
まあね、地主は、どこ様も、賢いです。損するよな事、致さんです。家屋は、いつか、朽ち果てるです。土地は、残るです。
イヤ、家を建て直すの話出たら、借地契約破棄でして。多分。

いやね。
どちにしろ、そこの長男、従兄弟より、伯父の諸般の持ち物をば、しかるべくの、処理に大変也の話だけは、聞いてるです。
イヤ、伯父は、修験道してまして。聖護院派の山伏でして。

いやね。
それこその、余計なるの話の、仏具、置物等々には、魂入れてると。伯父が。
要は、魂抜きなり、しなければ、そこらに、適当にの、廃品とも、出来ず。その費用だけでも、大変やと。
までは、聞いてるですが。果たして、その後、どしたかは、知らんです。

イヤイヤ、伯父の年会にも、声掛かってませんでして。
母の葬儀には、参列して呉れたですが。そんな話、してるの場でも無く。
一周忌には、声掛けたですが。諸般で、出て来られずでして。

いやね。
上の伯父なら、イツやろねえ。
当家、槇島時代には、宇治、大久保の方に引っ越してまして。その時には、伯母は亡くなってましての、そこの長男、要は、我が従兄弟なれどの。
その夫婦と、同居してたです。

そやねえ。
その従兄弟の、結婚には、呼ばれて無いですが。その嫁はんの親元なるが、「老いの坂」の方でして。
ンの、どことなれば、京都市と、亀岡市の境界線の辺りの峠を指すです。その京都側に何軒か、家あって。そのどれかが、嫁はんの里。

オッとの、それよりは、瓦屋さんでして。
そかと、亀岡の家の、屋根を葺き替えるに、そこに頼んだです。
イヤイヤ、買おたばかりやのに、雨漏りしてね。引っ越して、5年程で、それしたですが。

いやね。
話、益々の逸れるですが。
下の伯父家なるは、郁文中学校の通学路でして。
時偶には、寄ってたです。まあね、夫婦で、可愛がっても呉れたし、従兄弟も3人居たし。
当家、亀岡に引っ越しても、墓参は月参り故、度々の寄ったりしてね。
その当時には、従兄弟達、独立して、居てませんですが。

いやね。
申してるです。
母方従兄弟なるは、年齢接近してて。但し、当方が一番の年長なれど。
どちにしろ、昔には、皆、京都市内で、歩いて行けるの範囲故の、交流頻繁。

対して、柴田家、叔父達の方なるは、結婚当初は、京都市内も、すぐにも、上は、田辺<地名>に、下は、男山<地名>に、引っ越してもてね。
これは、そは易々の往来出来ず。
とか、云うたって、当家、槇島時代には、よお、行ったですが。

まあね。
祖母が居た頃、仏光寺時代には、あちからは頻繁に来てたですが。親亡くなってもたら、来ませんでして。
余計なるの話の、親父との、兄弟仲悪く。
その親父にしたって、祖母が亡くなって、暫くしたら、結核で、宇多野病院に、強制隔離入院したですが。

いやね。
当方的になら、この、柴田の叔父達なら、同居の期間長く。
歳の離れた、兄的存在でして。
いやね。
云うてもたら、母なるは、他人。
よて、祖母が亡くなったら、叔父達、当家からは、足遠退いて。イヤ、当方なら、あちに出向いてるですが。何や、かやと。

そらねえ。
息子共誕生で、成長して来たら、正月には、出向きの、お年玉を呉れと。イヤ、ほんと。
オッとの、そんな事、口には、してへんのけどや。
当家全員、当時、母含めての、5名様で、出向くは、そのためでして。

がしかし、柴田家の方の、従兄弟達は、年齢離れてもてて。
申してるです。
当方、中学生か、高校生の時、上の叔父で、大学生の時、下の叔父が結婚でして。


そんな次第の、斯くなるでの。
最早の、我が、ホーム・グランドと、申しても、この界隈に、親族居てへんわと。
仏光寺の家も、当時の家主の、何ちゅうかの、娘家の、でして。
イヤ、現在唯今、どんな様子かも、知らんでねえ。
イヤイヤ、引っ越して、何年かは、時々には、我が家周辺、歩いたり、車で、素通りなら、してるですが。

いやね。
その当時からの、竹馬の友も、そこには、居てませんでして。
一人は、遠の昔に、亡くなってもてて。
残ってるのも、以来、一度は、小学校の同窓会で。一度は、電話で、同窓会の件で、話をしたですが。
イヤイヤ、電話では、懐かしくの話をしたです。一発、分かって呉れて、ねえ。
某さんのお宅ですか。柴田と申しますが。出て来たのが、多分それでして。嗚呼、タモッちゃんか。嗚呼、タケちゃんかと。
ツトムちゃんが亡くなったの知ってるか。嗚呼、知ってるでと。
イヤ、ツトムちゃんは、タモッちゃんの隣家でして。
その、タモッちゃんも、引っ越してもた、みたいでねえ。

とは、云えどの、まだ、同級生は居てるですが。
イヤイヤ、それこその、郁文中学の3年2組の同窓会では、会おてるです。当時の女の子。


事程左様の、話戻すです。
四条大宮、嵐電に到着。
ンの、運賃幾らなんやと。
イヤ、大人一律220円也で、小学生以下<110円>の子どもは、大人一名で、2名が無料ですて。へえと。
下車の時、「エコ」と、申せば、そなるですて。フウンと。
話簡単、大人4名、子ども3名故、子ども3名、無料になるです。
オトトの、「嵐電<らんでん>」とは、この、四条大宮から、嵐山<嵯峨嵐山>を往復するの、路面電車の事なるぞと。

<参考=「合言葉は「ecoサマー」。嵐電の小児運賃が無料!」(嵐電)>
(18/08/09)


NO.1413 宵々山の話(15) 嵐電の話(2)

いやね。
本日<8月9日>も、車屋来ず。
イヤ、カローラのハザード・ランプの件。
イヤイヤ、最早の、特段の急いてませんですが。
但し、明日は居てるですが。それ以降、14日までは、家に居てませんでして。
四国、香川の嫁はんの里でして。

いやね。
明日、朝二番には、一発、確認せねばと。
一番には、来るかもでして。
イヤ、来る時、いつも、突然で、早めでして。9時頃来るです。
よて、二番の、10時頃まで、待つか。9時過ぎには、確認の電話一発、してみるかと。さもなくばの、明後日以降には、居てへんでと、云うとかんとと。


そんな次第の、斯くなるでの。
嫁はん、祇園祭本番、見てへんと、思てたら、一度、母に連れられ、見に来てるですて。へえと。
母にも、そんな面、あったんかと。
まあね、当方と、同様の、気持ちであったかと。意味なるは、折角故、機会あらば、嫁共、孫共には、山鉾見せてやりたいなと。
山はねえ、少々距離あるが故、難しいですが。孫共が、モ一寸、大きくなればと、思てるです。

いやね。
そのモ一寸、大きくなれば、こちの体力、気力が保たんよになってるやろなあと。
正直、既に、その兆候あって、これだけ、歩かされたら、足が棒の一歩手前故。一歩手前も、事実上、足が棒でして。
但し、皆には、分からんの程度には、歩いてる故、一歩手前と、申してるです。
イヤ、皆、当方が、足が棒状態で、苦慮してるは知らんです。
一言も、一寸、待って呉れと、とは、申してませんでして。されどの、一番の後方を歩いてたですが。先の方は、委細構わずの、進みやがてね。先頭が、誰かは、知らんけど。

いやね。
云うてもたら、当方の年齢、考えてえへんやろと。
考えてもらうの、年齢でも、あらへんわと。モ片方では、思てるですが。

いやね。
この嵐電も、半世紀ブリと、思てたら、嫁はん曰くに、乗ってるえと。えと。
まさしくの、嵐山に行ってるですて。へえと。フウンと。
当方的、その記憶、霧散してるです。

いやね。
嵐山には、一家全員、5名様で。或いは、息子共が、家出てからなら、嫁はんと、二人だけで、何度か、行ってるは、記憶してるです。但し、車で、でして。
嵐電に乗ってと、なればの、記憶が、なと。
そもそもがの、嫁はんもと、なればの、槇島時代か、亀岡でして。わざわざの、四条大宮まで、来て、乗るの事が、なと。
思たって、当人、云うてる故、そなんやろと。

イヤイヤ、そもそもがの、嵐電に乗って、嵐山が、珍しく。
イヤ、何度かは、乗ってるです。乗るなら、終点の、嵐山駅か、その手前の、嵐電嵐山駅か、でして。それ以外の駅には、用事無く。

いやね。
余計なるの話の、この嵐電の駅名なるは、独特でして。
イヤ、正確には、地名の読みなれどの、それが、嵐電独特でして。まともには、読めず。
四条大宮の次ぎの駅、「西院」なれど。コレ、四条の西大路で、一般的には、<さいいん>と、読むと、するのか、称してるですが。
嵐電では、<さい>と、読ませてるです。
イヤ、多分なら、本来の読みは、そなんやろなあと。
イヤイヤ、この場合、<さい>と、云う方、少数派。古くからのこの界隈の方なら、<さい>なんやろなあと。

全部を、まで、やてたら、嵐電の案内になてまうが故、特筆の、のみなら、「帷子ノ辻<かたびらのつじ>」「有栖川<ありすがわ>」があるです。
実は、この嵐電、「帷子ノ辻」から、乗り換えで、「北野白梅町<はくばいちょう>」えがあるです。
「北野白梅町」ねえ。
これ、通り名でなら、西大路の、今出川。そこを、「白梅町」と称するです。

余計なるの話の、「円町」は、西大路の、丸太町<まるたまち>。これは、嵐電には、関係無いですが。
先刻の、「西院<さいいん>」が、四条の、西大路。
他にどこがあるやろねえと。
これ又、嵐電には、無関係の、「百万遍」なるが、今出川の、東山通り。

での、この場合の、「西院」「白梅町」「円町」「百万遍」と、通り名での云い方とで、どちが、有名と、するのか、云い易い、分かり易いかと、なればの、圧倒的、「西院」とかの方。
ンの、これは、あくまでもの、当方感覚なれど。
そらねえ、その近在の方でも、誰でも、京都の方なら、「西院」とかの方が、簡単に表せまして。
そらねえ、一々の、アレ、何ちゅう、通り名やったの哉と、考えるよりは、一言で、済ますが出来るです。

更なるの、余計なるの話の。
この、「西院」等々なるは、現在唯今、正々堂々の、京都の中心部。なれどの、ド真ん中から、したらの、基本、端でして。
モ一発、申せば、四条大宮に、別称ありませんです。
モと、申せば、四条堀川、四条烏丸、四条河原町には、ありませんです。ンの、その先、東山四条は、「祇園」で、これは、別。
イヤイヤ、端と云うても、端の全てに別称あらへんですが。
西大路四条が、「西院」でも、西大路五条は、西大路五条。七条も、八条、九条も、三条、二条も、そのままやろなあと。
イヤ、そのままの筈。

イヤイヤ、ややこしいけれど。
「西院」「白梅町」「円町」「百万遍」は、地名とも、云えず。その辺りの事を指してるです。多分。
現には、「西院」「百万遍」には、「町」が付かず。
イヤ、多分としたですが。自信無く。現地、その近辺の方なら、承知と、思うけど。当方的理解なら、ピンポイントでして。

ついでの話の、過年には、「有栖川詐欺事件」なるが、あったです。
イヤ、嵐電の、「有栖川」駅。
イヤイヤ、自称、宮家、「有栖川」を名乗り、その結婚披露宴を催すと。有料で、一緒に写真を撮らせたり。の詐欺事件。

ついでの、ついでの話。
なれどの、漫談の、「綾小路きみまろ」。
本名、「假屋美尋<かりやよしひろ>」。鹿児島出身で、京都には無縁で、何故に、「綾小路<あやのこうじ>」怪と。
何故も、何も、芸名でして。
イヤ、「綾小路」家なるは、公家でして。
イヤイヤ、我が本籍の、「綾小路」通りがあるがため、興味抱くです。

それなら、「仏光寺」通りなるは、その名称の、「寺」があるです。
「油小路」は、単なるの、通り名なれどの、検索、探索したなら、ばの、京都最長の通りになるですて。へえと。
(18/08/10)


NO.2414 宵々山の話(16) 京都の地名の話

いやね。
本日<8月10日>、朝2番。ンの、3番やろかねえ。
とりあえずは、9時頃、10時まで、待てどの、音沙汰無くて。
イヤ、車屋の件。ハザード・ランプの修繕の件。

いやね。
ケータイ一発、出て来ませんでして。コマツタなと。
イヤ、病気、怪我でもと、心配致すです。

での、それから、半時乃至1時間。
ケータイの着メロ、何か、忘れたですが。車屋より。
イヤイヤ、当方の用件、申すのまでも無くの、部品が届いてから、連絡をと、思てましてねと。
での、本日、15時過ぎで、どでっしゃろ怪と。嗚呼、結構なると。
イヤ、当方の申し述べたい事なら、本日、無理なら、来週水曜日以降でと、する話は不要になったです。

いやね。
15時前、14時45分頃哉に、突然の、玄関のドア、開いて、持って行きますので、鍵をと。
ンの、そらな、声で、様子で、文言より、車屋であるは、分かるですが。15時過ぎと、聞いてた故、ビクリの仰天。そらな、突然に、玄関開けられて。
車屋、いつも、そなれど。
車の鍵、手渡したならばの、自身乗って来たの車を替わりに、置いて。ではと、行ったです。

まあな、軽くの1時間は掛かるやろの、諸般含めの、1時間半はと。思てたならばの、半時経って、又、玄関のドアが開いて、戻しますと、車屋の声で、えと。
いやね。
そんなに早くは、想定外でして。
へえと、ビクリしてたら、そらねえ、パネル外して、交換するだけですわと。フウンと。

での、車屋が置いてた車の鍵渡しの、デハ、さいならと。
そんな事で、我が愛車をガレージに駐めて、ものの、15分と経たぬの間に、又、玄関開いて、鍵貸してと。車屋の声で、えと。
何用かと、思いきやの、ケータイを忘れたですて。カローラ内に。
へえの、どぞの、別途のケータイにて、呼び出せばの、応答あって、嗚呼、ヨカツタなあと。


そんな次第の、斯くなるでの。
明日から、4日間、四国なれどの。
岡山から、多度津までで、あったの哉の、指定席取れてるですが。京都から、岡山までの、新幹線は、指定席取れてませんでして。
いやね、ハタと。
新大阪からなら、取れへんやろ怪と、並河駅に出向きの駅員に、調べてもろたですが。残念無念の、どれも、これもの、満席。
イヤ、余計なるの話の、前回、切符を買う時には、そこまでの事に、気が付かず。

いやね。
その時には、兄ちゃん駅員でして。
此度、姉ちゃん駅員。イヤ、結構なるの美形で、へえと。
ここだけの話の、兄ちゃんより、遙かに上等。

オッとの、肝心の事、不首尾に終わったですが。
そもそもが、その兄ちゃん駅員が、気を利かしの、新大阪からの指定席の事、助言なり、して呉れてたら、取れてたです。
イヤイヤ、インターネットで、調べたです。空きの新幹線があるかと。新大阪から、岡山が。
その時には、あったですが。果たしての、イツのデーターかが、分からんでして。
まあね、ダメなら、ダメで、岡山までの、1時間、立ったままを覚悟やなと。

まあな、1時間の辛抱かと。
そらねえ、この季節。お盆でして。混み状態を知らんです。
新幹線満席は分かってるですが。駅の、プラット・ホームの、混み状態を、です。乗客で、溢れる程か、単に、多いな、程度かが、です。
まあね。
下手に新大阪で、下車して、始発に並ぶよりは、なと、考えたりもしてるですが。

只な、最早の歳でして。
その昔、出張で、自由席満席にての、立ってたの時代はあるけれど。何度も、何度も、あるのけど。
そもそもがの、東京方面以外、指定席なんか、取りませんでして。高がの、1時間やそこらと。
モ、あるし、それ以前の、この時期、お盆の時に、新幹線になんか、乗った事、あらへんわと。
四国行きも、車で、でして。

まあな、物事、考えよで、此度の事、イヤ、満席も、1週間も、2週間も、前なら、京都からは無理でも、新大阪からなら、指定席取れるなの事、知ったです。
知って、次回、こんな事、あるかと、なればの、分からんですが。
どちにしろ、明日、本番、どんな哉と。


での、ででの、「西院」「白梅町」「円町」「百万遍」の話をと。
いやね。
この辺りでは、地名であったり、ピンポイントであったり、してるです。
「西院」「円町」には、住所の、1番地、2番地なりは、あらへんみたいでね。
それ以外の、「白梅町」「百万遍」では、あるみたいでね。

ンの、ややこしいですが。
当方的、よ、分からんですが。理由、その地域の住民経験ありませんでして。
友人、知人、学友、同僚、先輩にも、居てませんでして。

何を申してるかと、なればの、本籍地の場合、丸屋町なれどの、「京都市下京区綾小路通り大宮東入る丸屋町ン番地」と、表記致すですが。
この丸屋町は無くても結構。番地も不要。
あっても、結構の、京都の住所の書き方なるは、独特でして。

イヤ、旧住所の場合も、「京都市下京区仏光寺通り油小路喜吉荒神町ン番地」と、表記でも、喜吉荒神町も、番地も無くても、郵便物は届くです。
ならばの、通り名省いての、丸屋町ン番地で、届くかと、なればの、丸屋町は偶々なれどの、3箇所あるの哉故、届くは難しく。
但し、喜吉荒神町なら、1箇所だけ故、届くの筈。
いやね。
申してるは、中心部では、町名よりは、通り名が幅利かしてるです。

中心部から、外れれば、外れる程に、碁盤の目になっておらずの、又、曲がり、くねりの、途切れたり、短かかったりの、分かり難く。
むしろの、町名の方が、幅利かしてるの哉と。
イヤ、正確なるは、知らんです。

での、余計なるの話。
京福電鉄の嵐電、「帷子ノ辻」駅から、「白梅町」駅の、一駅手前の、「等持院」駅なるは、立命館大学衣笠学舎の近くでして。
当方、基本、スーパー・カブで、通学してたですが。諸般では、嵐電の、「四条大宮」駅から、通うの事もあったです。
も、あっただけで、回数多くは無いですが。
そら、故障で、修繕中なら、仕方無く。

この、「白梅町」駅なるは、「北野天満宮」の最寄りの駅と、なるの哉の。
での、余計なるの話の、「北野天満宮」の先が、の、先とは、「白梅町」からの話の、実際には、若干の、市内中心部の方なれどの、「西陣<にしじん>」でして。
左様の、「西陣織」の、「西陣」なれど。応仁の乱の、「西陣」「東陣」の、「西陣」。「東陣」なるは、地名として、残ってませんですが。
この、「西陣」は、又、説明難しくの、その辺り、地域を指すですが。「西陣町」なるは、無いです。
事程左様の、京都の事、地名なりを、云い出すと、当方には、サパリの、分からんよになるの、複雑怪奇。
(18/08/11)


NO.2415 嫁はんの里帰りの話(1) 風邪引いてまんねんの話

イヤ、草臥れてるです。
イヤ、風邪引いても、いてるです。
イヤ、正直に、歳や、なと。
<参考=「NO.1730 風邪ひいてまんねん」(みんながパソコン大魔神)>

イヤ、この、8月の11日<土曜日>には、嫁はんと、二人、四国、香川、三豊の、比地木。
要は、嫁はんの里に、電車、JRで、出向いたです。
この時期、お盆故、新幹線の指定席は取れずで、そこから先の指定席は取れたですが。
とりあえず、京都駅から、岡山駅までは、自由席、立ち席での、1時間。

まあね。
云うたって、最悪の、新幹線に一発で、乗れるかの、プラット・ホームが人で、人で、超の満杯で、乗るだけで、長蛇の列。
では、ナカツタですが。
まあね。
新幹線に乗るは、プラット・ホームも、先客数名様での、まあ、これならと。一番最初に着いたのに、飛び乗ったですが。
さりとての、席は満席、車内も、人で、人で、一杯にての、デッキと、するのか、乗車口の辺りに居たですが。そこも、自身の居場所確保で、精一杯の状況。
かと、申しの、そこは、超は付かんの満席でして。確保なら、最後まで、出来たです。
但し、当然の、岡山までの、1時間そこそこは、立ちっ放し。では、あるですが。まあな、一発で、乗れただけでも、結構哉の、早めに、岡山に着くの方がと。

イヤ、新大阪で、降りて、新大阪始発のに、乗り換えるの手もあるには、あるですが。
どちみちの、自由席で、席の確保出来るの保証無く。そのままで、立ちっ放しで、行ってしまうにしたです。
岡山から、多度津までは、指定席取れてまして。要は、それに乗るが出来れば、何とでも成ると。
とするのか、乗れるよにするが、最重要でして。

とかとか、細々は、別途にでも、気が向けばの事に致し。
要するに、その11日は、比地木の、義母宅、小屋なれどの、そこで、嫁はんの姉との、三人にて、一泊したです。
とは、義兄。要は、嫁はんの兄の要請でして。
偶には、母親と、ジクリと、話せよと。

イヤ、結構なるの、そらねえ、従前には、そのよにしてたですが。
諸般の事情にての、里帰りしても、結局は、義姉宅に、泊まるになてもたの、だけでして。
諸般の、諸般で、本宅に泊めてもらえぬなら、小屋でして。小屋では、三人が寝るだけで、一杯、一杯でして。

イヤイヤ、義母なるは、自身のベッドが、寝室にあっての、そこで、寝てるですが。
我々なら、居間と、するのか、居間やねえ。まあ、云うたら、四畳半の間に、食器棚、テレビ、テーブル等々あるの間で、雑魚寝やねえ。
この時期、お盆の時期故、それで、充分なれどの、まあ、云うたら、薄い敷き布団でねえ。
チョと、寝返り打ったら、当たり前に、当方、端故、畳なれどの、硬くてね。ンのその先には、板でして。布団は、部屋に一杯、一杯故の、結果的、畳と、するよりも、床にゴトン。

義母も、夜中にトイレにも行くやろしと。
となれば、突破するの空間無くの、そちの方には、義姉が寝てまして。一応は。
イヤイヤ、結果的、三人共に、寝てはいるものの、熟睡出来てえへんやろと。

いやね。
そんな事で、11日の当日には、夕食喰て、4人して、四方山話等してたですが。
何時頃哉の、義母寝るが早くの、20時には、ベッドでね。
我々、更に、四方山話等してまして。風呂とするのか、シャワーもしまして。イヤ、風呂はあるですが。湯船に浸かるはしてませんでして。果たしての、寝たは何時か、忘れたですが。寝るとするよりは、横に成ったが正解哉の。
明くるの日には、朝食、昼飯喰ての、さての、どする兵衛の。

いやね。
基本、義母、常には、一人でして。
突然に、でも無いけれどの、三人もが、来て、喋っててみい。喋られてみい。日常生活からは、差があり過ぎての、狂うです。
とは、重々承知の、諸般で、一足お先に、来たですが。

云うてるです。
義母も、93歳哉での、ディー・サービスにも、週に三回行ってましての、ンの、ディー・サービスには、関係無いの、歳でして。
この先、10年も、20年もは、なと。
ここだけの話。
でも、無いの、そんなには長くはあらへんでして。数年やろと。
とは、失礼なるも、ええ機会也と。

義兄の要請故と。
小屋で、泊まるにしたですが。
再度、申すの、生活のリズムが狂うは確か。
幾ら、娘2人と、云えどの、一緒に暮らしてませんでして。
オッとの、そこに、余計なるの、娘婿。当方の事なれどの、一緒に居てまして。娘だけでも、気を使うやろにと。

そんな事、重々の承知の上なれどの。
そらなあ。
我が母なら、自身の部屋あって。我々夫婦と、共に生活してまして。
そこに、孫夫婦、曾孫が来ても、自身の部屋に戻るが出来て。又、来ても、四六時中、ソバに居てるであらへんでして。
自室で、テレビでも、見たり、寝てたりも、してたですが。
小屋では、なと。

云うてるは、一人だけの生活に慣れてまして。義母が。
精々が、息子が、食事を運んで来たり、してるのダケでして。他の時間、一人だけ。要は、殆ど、一人だけ。
それに慣れると、娘であれどの、ズと、一緒は、煩わしいだけ哉と。
イヤ、分からんで、無いです。何度でも、申すの、重々の分かるです。

いやね。
我が母にしたって、中期リハビリ<約3箇月>で、施設に行けば、家に戻るを嫌がって。
家に暫く居てたら、施設に行くを嫌がって。施設での、生活に慣れてもたら、家に戻っても、帰ると、云い出して。帰るは、施設に、でして。

とかとかで、我々が、小屋で、泊まるは、義母にとて、苦痛。
煩わしい、みたいにも、受け取れて。
イヤ、さもありなんの、理解するです。

でや。
我々、今度は、仁尾の義姉宅に、でして。
ここでは、当家、10人に相成って。
イヤ、他の、8名様の、長男家5名は、車で。次男家3名は、JRで、明くるの、12日に、こち、仁尾に、来たです。

いやね。
仁尾では、賑やかでねえ。
云うたって、当方、暇でねえ。孫共は、仁尾の孫世代と、遊ぶし、息子共は、そこらで、適当。嫁共も、でして。

いやね。
仁尾では、2泊なれどの、そらねえ、ここでは、布団はしかりと、あるですが。
基本、雑魚寝。
比地木でよりは、寝てるし、寝られてるですが。
それでもねえ。孫共が、どたん、ばたんと、寝返り打ちの、その都度、眼が覚めてもてね。蹴飛ばされ。

そして、14日の、15時の電車に乗るがため、次男家は、一足お先に、京都え。
残った、長男家と、我々なら、16時頃、仁尾出発で、神戸経由。
向日町の嫁の実家経由で、亀岡の我が家。
イヤ、嫁は、孫共と、実家に里帰りで、長男は、亀岡の、我が家えと。
イヤ、長男なら、17日、向日町経由で、神戸に戻ったですが。
とりあえず、亀岡の我が家着、日が替わってもての、15日の1時頃。

いやね。
とかとか、16日には、長男と二人、当方的、8月度、二度目の、墓参して。
イヤイヤ、その16日の夜が、肌寒うてねえ。
結果、一発、風邪引いてもたです。
風邪引いて、現在唯今、尚、調子悪くの、歳や、なと。
(18/08/21)


NO.2416 嫁はんの里帰りの話(2) 出生(でしょう)の話

まあね。
一度だけで、オシマイにするの積もり。
でした、ですが。
モ一発と。

いやね。
比地木の義母の件。
とするのか、そらね、歳でして。我々世代の、親世代でして。歳なるは、当たり前だの、クラッカーでして。

昔年の如くの、応答、適当。
同じの事、何度も、何度も、尋ねまして。
イヤ、我々夫婦はイツ帰るのかと。
帰るねえ。
小屋からは、明くるの12日には、仁尾に行く故、帰るは、帰るですが。京都には、14日でして。
この、イツ帰るかと、問われると、返答も、困るですが。

よて、京都には、14日にと、返答の、又、明日<12日>か、明後日には、皆で、来るからと。
とは、嫁はんが、返答するですが。
皆と、申すと、皆元気怪と、尋ね。皆ねえ。
皆とは、どの範囲の皆哉と。息子共、嫁共、孫共なら、元気でね。よて、来るですが。
まさかの、我が母の事までは、含んでえへんやろと。過年、亡くなってまして。
とかとかの、この話も、何度も、何度も、尋ねまして。
まあね、話題、世間話の類やろと、解釈してるですが。

での、孫の事、どこまで記憶をしてるの哉の、その返答ならばの、仁尾の孫共なら、名が出て来るですが。
こちの方は、出て来んです。
まあな、当然でして。年に1度しか、顔合わさんです。それも、瞬時の、精々が、1時間程度。
且つは、全員なら、仁尾の面々も加算で、孫だけでも、7人でして。
それが、スと出て来るなら、大したモンでして。

まあね。
それでも、当方的、見立てならばの、義母元気。ボケても無いです。
ンの、ボケても無いは、少々、イヤ、可成りの、過大評価なれどの、受け答えは、正確に出来てるです。話が、ピンボケ、明後日の話に非ず、でして。

それもあるし、歩けてるです。手助け不要。
いやね。
この歳、93歳で、自力で立って、手摺りは要るものの、歩けるなら、立派なモンです。
そもそもがの、車椅子生活に非ず。

いやね。
基本、我が母なりの状況と、比較するですが。母なら、車椅子生活になてもてね。
これは、介護が大変でして。自身で、ベッドからの、移動がママ成らず。よて、24時間体制となりての、家族は寝てられんわと。
まあね。
小屋のベッドも、自前の、でして。介護用のであらへんです。
要は、上半身を持ち上げるが出来ずで、食事するにも、移動せねばならず。

いやね。
かと、申しの、動けるが故、動くの方が、好ましく。
そらねえ、ベッドでの生活、寝てるが主になてもてみい。足の筋肉、経ち処に減ってもての、いよいよの、自力で歩けんよに成るです。
只でさえ、運動量減ってもてるのに、尚更でして。

余計なるの話の、諸般患い、入院でもして、ベッドに伏せててもてみい。足の太さ。
とする以前の、筋肉、消滅で、単なるの、骨皮筋右衛門化してまうわと。
それで、病気回復も、最早の、歩けませんです。歩くの、筋肉あらへんしと。
イヤイヤ、事程左様の、歩くは、歩けるは、健康維持、体力持続に重要なるでして。
イヤイヤ、諸般、見舞い等々にて、見て来てるです。
そらな、見て一発の、足の状態、骨皮筋右衛門状態では、そは、長くは無いと。
正確には、医者に見限られたが故に、ベッド生活でして。

オッとの、かと、申しの、そらね、ボケ症状なら、出てるです。
何度も、何度も、同じの事、尋ねるは、極々の軽度。
いやね。
さっき、喰たのに、すぐにも、腹減ったと、冷蔵庫の食料をば、漁るです。これは、ボケが出て来てるなと。

いやね。
さりとての、喰えるなら、まだまだ、元気の証左で、喰えんよになると、ンの、表現、どする兵衛哉の、ヤバいぞと、相成るですが。
いやね。
食料をば、自身、口から、喰えるなら、でして。
口から、入れられても、咀嚼が出来ぬよに成ると、ヤバいぞと。
入れられんよになっての、流動食的なるを、誰かに、喰わてもらうせるに成ると、尚、ヤバく。
それも、出来ぬよに成っての、所謂の栄養剤の点滴に成ると、最早のと。
とは、我が母の最晩年の状況より、でして。
イヤイヤ、どこ様、誰様も、同様でして。

いやね。
要は、義母、骨折してませぬ故、自力で、立って、動けてまして。
車椅子生活で無いだけでも、元気、元気の、マダ、保つです。

イヤ、当人、口開くと、モ死にたいと。早くに、逝きたいと、申すですが。
ほんとにねえ。
自身の寿命を自分で決められたら、ええのになあと。
それ、云い出せば、尊厳死なるも、存在するですが。日本国では、認められてませんです。
ンの、さりとての、それも、考えよの、ど哉と、思うわと。云うたら、自殺行為でして。それを、金出して、第三者に頼むの、だけの話。


オトトの、そんな次第の、斯くなるでの。
変な話の、諸般、嫁はんの姉、義姉とも、そんなには、細々の、話も、した事無くて。
いやな、そらな、年に一度、こちには来てるですが。来たら、3日間、居てるですが。
それ以外にも、義姉夫婦なり、義姉一家が、京都に来たりで、当家に泊まったりも、してるですが。云うたって、我々が、仁尾で、泊まるの回数、日数の方が、桁違いに多いのけどや。
そらな、京都に来てるの回数そのものが、数えるの程。

イヤイヤ、そんな事で、義母なら、19時、20時頃には、ベッドに上がって、寝てもてね。
肝心の、主人公が寝てもたならばの、我々3人にての、世間話になてもてね。
イヤイヤ、申してるです。そ云うたら、義姉と、長々の話なんか、した事が無く。

イヤイヤ、どこから、そんな話に成ったの哉の、我が母の、出生(でしょう)と、するのか、兄弟さんの話に成ったりしてね。
イヤ、何人兄弟で、4人でねの、現在元気なん怪等々にての、その辺りの話で、上に、兄2人で、皆、亡くなってての、下に、妹さんで、さての、亡くなっては無いの。

さりとての、そこの子、我が従兄弟に相成るの、皆、3人皆、女の子<元々は、一番上に男の子が居たですが、早くに亡くなったです>、なれどの、女の子だけに、お付き合い僅少にての、諸般にての、連絡方々の、叔母の事、尋ねても、元気ですで、チョン。
イヤ、年賀状がさえ、返品されるよになったが故、尋ねてるですが。
まあな、多分なら、しかるべくの、特別養護老人ホームなりに、入所と、思うですが。どこかと、尋ねても、教えて呉れんでねえと。

そして、我が柴田家の方ならと。
親父の方、6人兄弟でして。
親父長男で、下に、弟3人。妹2人。
一番の下の、弟、叔父なれどの、以外、皆、亡くなってるです。
弟一番手なるは、満州にて、戦死で。妹の一人は、幼くしての、亡くなってまして。

ついでの話の、当家、祖父の話もしたです。
云うたって、承知の話、殆ど、あらへんですが。
あちら様、当方生まれるの2年前に、亡くなってまして。要は、終戦の年に、祖父と、叔父。

とかとか、今、この歳になりての、その手の話題が出て、ねえ。
イヤ、当方も、別途、義姉婿殿に、諸般尋ねたりで、フウンと。
いやね。
この手の事、当家、柴田家の事にしたって、今になって、嗚呼、親父なり、祖母が居てたの時、モっと、モと、聞いとけばと、つくづくの思うわと。
思えどの、遠の昔に亡くなってるですが。
そらなあ、概ねの事なら、聞かされ、聞いての、承知してるのけどや。
あくまでもの、概ねの事。
その記憶が正しいのか、間違おて覚えてるかが、分からんわと。
(18/08/22)


NO.2417 単なるの雑談 諸般の葛藤の話

いやね。
今だ、ども、体調と、するのか、風邪症状、しっくりせず。
イヤ、正確には、風邪症状なるは、鼻水だけと、相成ってるですが。要は、喉は痛く無く、咳やコンコンも解消にての、ども、カラダの具合が、シャキリとせず故、疲れ哉と。
よて、耳鼻咽喉科には、出向かず。
風邪薬として、処方して戴いたのも、服用サボり気味でして。サボり気味故、切羽は詰まっておらず。

にしてもの、明日<8月23日>の夜から、明くるの24日に掛けて、台風20号がと。
コレ、現時点の予報的、まともに、京都方面みたいでね。
本日には、家の前、道路向こう側に出してるのプランターを家の中、前庭、要は、ガレージの方なれどの、移動。
明日、朝方には、ベランダの竿等々も、外して、ベランダの下に置くの積もり。

にしてもの、ここ数日、暑いねえ。
体感的、感覚的には、一時の程では無いですが。
とりあえず、8月も、下旬となりての、日も、若干の短くなってるのに、この気温。本日、36度あったです。へえと。
イヤ、その程度の気温やろなあと、思たですが。暑い故。
要は、涼しくなったり、暑かかったりで、体調がと、思てるです。その変動に付いてけず。

いやね。
余計なるの話の、此度の、御神輿は、どしょかと。
いやね。
昨年とは、明らかに、自身の体力的、劣って来てるを実感してるです。
いやね。
イザ、本気の、参加するなら、10月16日故、ボチボチの、歩きの訓練、鍛錬をば、開始せねば、とてもやないの、付いてけずは承知。
であれどの、この猛暑、激暑、酷暑で、残暑では、家出るの気にも成らず。

いやね。
申してるです。本番、10月16日でして。2箇月切ってるです。
出るなら、出るで、足の訓練、鍛錬、せねばの、間に合わんわと。この歳故。
そらな、初回参加、2009年。9年前なら、当方、62歳。多少の、訓練にての、間に合おたですが。
以来、参加の度、足が棒状態の、ども成らず故、練習、訓練をば、し出してるですが。それでも、間に合わずの、早め、早めにと、してるですが。

いやね。
昨年度には、引退賭けての、練習、訓練、鍛錬の上に、地下足袋も、上等、新調したです。出るの気、満々の、せめてもの、薄い地下足袋では、足壊れるぞと。
その要因だけでも、解消をと。
大枚叩いて、買おたのに、雨天中止。

いやね。
その地下足袋、一度は使わん事には、勿体ないわいと。
この祭礼、御神輿で、履かん事には、履くの場所、機会無く。何がためと、相成るわと。
云うたって、昨年の自信、気力、体力なるが、あらへんでして。

いやね。
葛藤してるです。
何も、そこまでして、参加しんでもと。
その歳、この歳で、誰が参加してるやと。あるには、あるですが。その方々、途中から、現れ、途中で、消えて、又、現れてるわと。歳相応の参加の仕方があるのやなと。要領のええ方は。

云うたってねえ。
当方的、参加するならばの、最初っから、最後まで、でして。途中で、消えたり、現れたりの、出来るの、この界隈の事、知らんでねえ。
要は、地の出身の方々故、町内会毎の、あてがわれたの、装束着て、参加して、適当なるの、場所で、消えて、休憩出来てるですが。そんな器用な事、出来んでねえ。当方には。
そらな、迷子にまでは、成らぬけど。

いやね。
我が町内会なるは、新参故、その手、装束云々、ありませんです。これは、多分なら、地の町内会の方々なら、回り持ちで、させられたはると、思てるですが。
イヤ、真相、知らんわと。
とりあえず、可成りの年配の方も、参加はしておられるですが。それは、その手の役持ちの方。我々、その他大勢、数の内の面々なら、イツの間にやらの、最早の、当方、最年長。

いやね。
走らさせられるの箇所さえ、何とか、なればと、思うけど。
当方、そもそもがの、走り苦手。超の苦手。
加えての、この歳で、若手と一緒に走れるのもんかと。

がしかしの、健康のためと。
特段の病気、怪我してへんわと。参加断るの口実なるは、歳やしなと。するが、あるはあるけれど。
それを、自身の口で云うが、悔しくて。
イヤ、歳は、歳也と、自認はしてるです。昨年から。
70歳に達してからの、その昨年が、雨天中止でね。

いやね。
引退なるは、現についてけずに成ればと、思てるですが。
現時点、ついてけへんやろなあと、想定してるのだけでして。それは、至って、沈着冷静の、見栄、外聞、除外しての話。
いやね。
その見栄、外聞なんか、ダアレも、思てえへんわと。
単なるの、数の内の一人で、毎年、出てるが故、区長が、一応はと、話を持って来るのだけ。

いやね。
それさえも、昨年度、無視されて。
いやね。
話、来ずで、こちから、請求させられて。
請求、要は、立候補にての、何が何でもの、完走せねばと、必死に訓練、鍛錬したけれどの、雨天中止で、実は、ホと安堵。

いやね。
どちにしろ、訓練、鍛錬無しに、参加出来るの自身の状況に非ずは、重々の承知。
且つは、距離歩いて、足が棒。
この一歩手前は、過日の、祇園祭の、宵々山の時、思い知ったわと。
<参考=「単なる雑談NO.214」NO.2403 宵々山の話(9) あちに、こちにで、歳やなの話

いやね。
孫共、小学の、5年、3年、1年の、までに、追い越されの、付いてけず。
イヤイヤ、呉れぐれもの、足が棒状態には成ったですが。一寸の小休止で、回復してるのけどや。
要は、本番、御神輿では、この時の、歩数、約12000歩に対しの、29000歩。
(18/08/23)


NO.2418 嫁はんの里帰りの話(3) 錦市場の話

本日<8月23日>真夜中の、23時頃から、明日2時、3時頃に成るの哉の。
台風12号が通過するです。してるです。
雨、風、共に、強烈に成ってるですが。恐怖感じるの、程で無く。現在唯今は、なと。

いやね。
そんな事で、嫁はんの里、比地木にて、当方夫婦と、義姉と、義母宅、小屋で、一泊したですが。
義姉と、長々の話するは、此度、初。
そらねえ、何度も会いはしてるですが。言葉も交わしてるですが。特筆するよな、では、あらへんの、まあ云うたら、世間話で、挨拶替わりの、会話。
オッとの、長々の話も、世間話の範疇では、あるですが。

いやね。
錦市場に行ってみたいと。へえと。結構なると。
錦市場なるは、「錦小路」にあってと。と、云うたって、義姉には、分からんですが。
まあ、云うたら、「錦小路」とは、通り名でして。その、何筋やろかねえ。3筋やろか、4筋、5筋やろ哉の、距離短い範囲にあるの、「市場」でねえと。
これ又、云うたって、説明難しいけれどの、一筋、どの程度の長さやろかねえ。公式的には、約の、400メートル哉と。
までは、申してませんですが。

1筋、400メートルなら、4筋でも、1.6キロに相成ってもてね。
そんなには、あらへん、なと。感覚的には、なと。
いやねえ。
見るべき、見たいが多いと。要は、店々並びの、変化あれば、距離長くとも、チラ見してるだけでも、面白くの、短く感じる。
のもあって。

いやね。
それと、何の変哲も無いの、住宅街なりの、我が住み処の近在なんか、変化乏しくの、見るの、見たいの、何も無くての、最寄りの駅まで、歩くだに、大変なるの、距離感じるですが。
そらな、チラ見もしませんし。したって、なと。単に、歩いてるの、だけでして。ツマランねえ。

対して、この界隈、錦市場なら、あれこれ、見て、ええ物あらばの、買うかと。
そのええ物無い怪なと、物色致しまして。物色出来て。
そらね、高級家具売ってるで無く。骨董品屋があるで無くの、基本、喰い物でして。肉、魚、野菜、果物、漬け物に、海苔、干物に、菓子類等々。
菓子類ねえ。漬け物ねえ。それも、自家製でして。

いやね。
この錦市場なるは、仏光寺時代なら、近くでして。
但し、別途の、松原市場<松原通り>がモと、近く故に、基本、余り、行ってませんですが。
そらな、日常のなら、松原市場で、用足りるです。

それこその、その当時なら、買い物籠、手に致し。
当世の如くの、レジ袋なんか、あらへんわい。今時、買い物籠手にして、買い物致さんですが。
イヤ、正確には、コンビニ、スーパーにあるの、籠に入れて、精算なれど。
要は、自前の、ではあらへんでして。便利は、便利も、それがため、袋が一杯に成るですが。
とかの、余計なるの話はしてへんけどや。

錦小路の、市場には、まあ、云うたら、見学的、その当時にも、偶には、出向いてるですが。
いやね。
「大丸」のソバでして。行くなら、「大丸」に寄ったのついでに哉と。

いやね。
左程に、広いの通り、道幅で無くて。
正確なるの、道幅、知らんのけれどの、2メートル程哉の、幅の両側に、店あって。狭いが故、物も、一発、見易くて。
但し、当世、多分なら、ここ10年、20年の間にも、様相一変の、外人観光客、異常に多くなりての、人で、人で、人で、一杯、一杯の、その人が、外人ばかり。

その外人の、特には、中華、韓国人やろ哉の、マナーが悪く。
試食品をガバりと、喰てもたりで、最近、ここ数年以前より、試食的なるのも、有料、売り物になてもてね。へえと。
それも、結構なるの、高値を付けてるしで、ゲと。
まあね、日本人観光客なら、そは、簡単には、試食もしませんですが。イヤ、当世のは、分からんですが。
只な、試食するは、基本、買う気あるが故でして。
外人観光客は、只、無料と知れば、遠慮せず。
との、話は、したですが。

いやね。
結果的、余りにもの、観光地化されてもての。
云うたら、市場やのに、市場機能が、薄れてもてね。
意味なるは、値が高くなてもてね。近所の方が、買い出しにも、ゲと成る程の値。
では、市場やのに、そは、易々の、買い物出来ずの状況でして。
とも、云うたですが。

いやね。
ここが、日本の、京都の、市場であると、ガイド・ブックにでも、掲載されてるの、やろねえ。さもなくばの、こんなに沢山の、外人、来ませんでして。
そらねえ、百貨店の、「大丸」「髙島屋」には、外人、少なくて。まあな、居てはいるですが。散見するの程度が、ここ、錦小路の市場には、ワンサカ、ワンサで、落ち着いて、店を見てるの状況に非ず。

只ねえ、ここが有名になてもての、松原通りの、松原市場が、寂れてもてね。
そらねえ、松原のは、繁華街からは、少々の距離あっての、知る人ぞ、知るの市場。
云うてるです。錦市場は、「大丸」のソバ。
「大丸」は、京都のド真ん中の四条通りにありての、錦市場なるは、まあ、表現異も、その裏手。一筋、上がった通りでして。
且つは、寺町<てらまち>通りに達するです。寺町通りとは、寺町通りで、その一筋先が、新京極通りで、ね。更なるの先が、河原町通りでして。
まあ、云うたら、繁華街と、するのか、その一角でして。

対して、松原なるは、四条通りよりは、五条通りに近く。
そらな、五条通り、よりは、四条通りが、中心部。
云うたって、五条通りも、京都の中心部なれど。四条通りには、負けるわと。正確には、なと。

いやね。
義姉夫婦、再度、京都に来るならばの、その時には、是非共の、錦小路の、市場を案内して差し上げるぞと。
いやね。そらね。
人で、人で、人で、一杯の。その人が、赤、白、黄色の、黒の、赤まではええ加減の、適当、口から出任せなれどの、外国人で、一杯でして。
そらな、云うたら、仁尾の方からしたらの、面白いやろなあと。珍しいやろと。
こちから、したらの、邪魔なるの、存在なれど。

いやね。そらね。
この界隈、錦市場は、まともには、歩けませんです。
意味なるは、再度の、人で、人で、人で、一杯、道一杯でして。再度の、再度の、道幅狭い、のに、なと。

そやなあの、はぐれたら、大変やねえと。
まあな、その時には、ここでと、最初に打ち合わせをしとかんとと。その、ここでが、他府県の人。他府県で無くの、京都の人でも、この界隈の土地勘無いの面々では、分からんですが。
まあな、「大丸」の、とか。では、少々、邪魔くさい故、ここの、何とか屋のと。とか、決めとかんと、なと。
とかとか、まだ、義姉夫婦、来るとは、決まってえへんのに、迷子とするのか、迷爺婆になるの事まで、心配してもてね。

イヤイヤ、そらねえ。
地方の方なら、興味津々と、思うです。
その気なら、市場故、買い物もと。

オッとの、その市場の二階では、飯も喰えるなと。
そこに、お茶漬け屋。実際には、漬け物屋の二階なれどの、そこで、お茶漬け喰えまして。
いやね。
一発、そこで、お茶漬け喰いたいなと、思ててね。
イヤイヤ、余計なるの話の、大体は、そこ以外の2階で、昼食してまして。
喰てもてから、嗚呼、あそこで、喰いたかつたなと。
只な、お茶漬けだけに、なと。
足るの怪と。
とは、嫁はんと。


オッとの、現在唯今、真夜中、1時過ぎなれどの、雨、風、共に、若干の、小康状態に相成ってるです。
この先、まだ、分からんですが。
(18/08/24)


NO.2419 宵々山の話(17) 嵐電の話(3)

いやね。
台風20号も一過、特段の、被害無くの、無事でして。嗚呼、ヨカツタなと。
<参考=NO.1735 2018年8月23日~25日の台風20号>(みんながパソコン大魔神)

いやね。
前回、7月の、台風12号よりは、暴風雨の時間が長く。
<参考=NO.1713 2018年7月末の台風12号>(みんながパソコン大魔神)

正直には、屋根のアンテナが大丈夫哉と。
危惧してたですが、とりあえず、無事でした、ですが。
にしてもの、7月、8月と、2度の台風でして。
そもそもがの、台風なるは、秋口、9月、10月でして。当世、この処、確かに、異常気象なれどの、異常も、定常化すれば、異常で無く。
諸般、覚悟せねばと。
云うたって、何をと、相成って。


そんな次第の、モ一発。
いやね。
義姉申すに、大阪の、黒門市場には行ってると。へえと。

いやね。
当方も、一度、行ってるです。
日本橋の、パソコン専門店街に行ったのついでに、でして。息子共を伴いまして。
イヤイヤ、どんな哉と、物見遊山で、適当でして。

イヤ、「黒門市場」と、看板あって、へえと。ここが、彼の有名なるの、黒門市場かと。
ならばの、一発、何かを買うかと、魚屋で、フグを買おたを覚えてるです。
それを、後生大事に持ち帰れば、どして、さばくか分からんと、嫁はんに云われてねえ。

いやね。
その黒門市場も、道幅狭かったと、申すが故、そ哉と。左程に狭いと、思わんかったですが。多分なら、錦市場よりは、広いかと。
いやね。
松原市場は、極の普通の通りでして。

ここで、申せば、錦市場なるは、「錦小路」の、一部なれどの。「小路」でして。
「小路」とは、狭い道を指してるです。
狭くとも、「小路」が付いて無いの道もあるですが。「小路」が付いても、広い道もあるですが。

いやね。
「松原市場」は、「松原」通りでして。「小路」は付いて無いです。さりとての、当家、菩提寺の、「光圓寺」のあるの箇所なるは、超の狭いですが。
「錦小路」にしたって、その、市場の界隈だけは、狭くの、以外の、そこまでの、道。西側の道幅なら、普通でして。

それ云い出したら、以前の、我が住み処の、「仏光寺通り油小路」の、「仏光寺」は、そのままの、「仏光寺」なる寺があっての、通り名でして。「ぶっこうじ」と読めどの、「小路」に非ず。
さりとての、「油小路<あぶらのこうじ>」なるは、「小路」なれどの、そんなに狭いの道でも無くて、伏見に成れば、大通り、でして。

まあな。
実際には、大通り。
「西大路」「北大路」の、広くて、大きな道に対しの、狭い道を、「小路」と、称してるだけでして。
又、その昔の通りの幅と、当世では、変遷あっての、当方には、分からんわと。
イヤイヤ、「大路」は、大路でして。
されどの、「一条」「二条」等々は、広くとも、「大路」は付いて無いのけどや。


オッとの、何の話をしてるの怪の、「宵々山の話」の続きをと。
云うたって、鉾見物終わってもての、買い物になって。
さての、どんな具合に、車を駐めてるの、天神川に戻るかで、四条大宮からの、嵐電<らんでん>にしたですが。
云うてるの、この界隈、我が、ホーム・グランドでした、です。

よて、ソバに居たの、長男嫁には、四条大宮の交差点にて、あれ、見えるの学校、我が母校。中学校なるぞと。
まあな、それだけの説明なれど、です。
かと、申しの、細々云い出したら、切りが無く。
そらなあ、阪急から、降りて。嵐電に向かうの道中でして。

での、ン十年ブリに、嵐電に乗って。
ローカル線で、路面電車故に、優雅でねえ。
ンの、二両連結なんやねえ。その昔に一両か、二両であったかも、記憶に定かで無いですが。大抵ならばの、季節、時間帯にも寄るなあと。大体は一両と、思てるですが。

それ云うたら、叡電<えいでん>にも、乗りたい、なと。
叡電ねえ。
文字通りの、比叡山に行くの電車。これは、出町柳<でまちやなぎ>から、でして。
宝ヶ池から、鞍馬<くらま>に行くのと、八瀬比叡山口<やせひえいざんくち>のとに、別れてるですが。
まあな、これも、ローカル線で、ンの路面電車かは、よ分からんの、鉄道に近いの哉でして。
まあな、何度かしか、乗ってませんですが。

とかとか、云い出したら、又、話逸れるが故、戻すですが。
いやね。
地下鉄の、「太秦天神川」駅と、嵐電の、「嵐電天神川」駅とは、すぐの、ソバでして。どちからでも、駐車してるの場所と、距離替わらんでして。

いやね。
当方的になら、孫共をば、この電車、「嵐電」に一度乗せてやりたいなと、思てたです。
それこその、先頭車両の、運転席近くでは、そらなあ、面白いぞと。所謂の、ローカル線で、路面電車でして。
堪能出来るぞと。

思てたならばの、長男抜かすに、お父さんが乗りたかったんやろと。あのなあと。
ンの、されどの、不正解でも、無いですが。
限り無くの、正解に近いのけどや。かと、申しの、大半、孫共に対するでして。
そらなあ、駅が、折角の、駐車場所の近くで、数十歩でして。地下鉄の駅でも、数十歩なれどです。若干は、距離長いけど。地下に降りる分、長いけど。
そらなあ、地下鉄なら、昨年も、往復で、乗ってるわと。珍しくも、何とも、あらへんでして。
そらな、嵐電の方がと。

但し、乗り換え等々。ンの、地下鉄でも、南北線から、東西線に乗り換えいるですが。帰りは、なと。
但しの、嵐電なら、阪急にて、移動故、その分、運賃加算されるですが。
但し、但しの、子どもが只とは、知らなんだですが。<注=大人が同伴の場合>

かと、申しの、そらなあと。
地下鉄では、景色云々あらへんし、何の変哲も、あらへんわいと。
(18/08/25)


NO.2420 単なるの雑談 上々の、異例の、「夏祭り」の話

いやね。
本日<8月25日>。
なるは、町内会の、「夏祭り」でして。

イヤ、まずは、「おでん」を嫁はんと二人分、二人前の予約してまして。元々が、注文数だけの材料調達で、作ってまして。
ついでに、生ビールもと、嫁はんに、でして。
イヤイヤ、夕食なるは、その、「おでん」をオカズで、生ビールを戴いたです。
云うたって、下戸故、生ビール1杯を、嫁はんと、でして。
いやね。
ガラスのジョッキで、かと、思てたら、プラスチック容器でしたです。結構なると。

いやね。
さもなくばの、「夏祭り」会場であるの、公園から、持ち帰るは、出来ませんでして。
イヤイヤ、正確には、頼んでは無いです。嫁はんに、生ビールまでは、なと。頼んだは、焼き鳥でして。
行列少ない、ならの話の、多けりゃ、無理する事ありませんでして。
と、思てたら、「おでん」と、生ビールが届きの、へえの、よ、こぼさんかった、なと。
イヤイヤ、生ビールの量が、多くてね。なみなみと、注がれてましての、気前がええなあと。今期は、なと。

いやね。
「おでん」も、一品多いよに、伺えて。
何が多いか、大根が一個、多いなと。大体は、玉子、ゴボ天、ちくわに、コンニャクまで、でして。

いやね。
云うてもたら、過年には、ガラスのジョッキで、生ビールを出してたです。
ジョッキには、数に限りがある故、洗て、洗て、回転させてたですが。
3年前かに、その生ビールを止めて、缶ビールになったですが。結果、缶ビールで3年。今年は、諦めてたですが。そらな、3年続けば、最早の、それが、恒例になるが故でして。

論より証拠の、昨年なんかは、それ前提での計画でして。
当方、この件、意見出したですが、話に成らず。
よて、今期、期首総会では、一言も触れずの、触れたって、なと。

がしかし、「夏祭り」の案内、メニュー見て、へえと。
生ビールと明記してあって。
焼きそば等々も、出来合のでありませんでして。再度の、へえの、今期区長、流石やなと。

申してるです。
この区長、当方、区長時代<2005年度>の、青少年育成協議会役員でしたと。
その当時には、役員会<支部長会」には、青少年育成協議会役員も、参加させてまして。
理由なるは、この、「夏祭り」と、「秋祭り」の要員確保もあって。又、その活動もあったです。「命の灯火」であったの哉の、提灯に灯りを灯して、一軒ずつ、持ち回りで、全戸に回したですが。

いやね。
これも、イツの間にやら、青少年育成協議会役員については、役員会に参加要請せぬとなってもての、何年も経つのみたいでね。
イヤ、現在唯今の事、知らんです。
提灯も、その年以来、ありませんでして。
イヤ、どの区長かは、知らんの、有り体には、アホや、なと。歴代からのを、踏襲したら、ええのにと。役員会に、参加要請の件。


オッとの、そんな余計なるは、結構の。
そらな、毎年、毎年、その期、その期で、工夫なり、変更多いにやれば、宜しいですが。手抜き方向は、一寸、なと。
とは、云えどの、役員の年齢にも寄るですが。
とか、云うたって、ハキリと申しの、ここ数年の役員の構成年齢なるは、我が期のよりは、遙かに、若手が多く。話簡単の、代替わり傾向あるです。宜しいねえと。

とかとか、過ぎたるの話は、止めておくですが。
そらな、その期、その期で、事情があると、思うのけどや。
当方的、申せば、この手の事、区長次第也と。これ、結論。
後は、アイデア勝負でして。

いやね。
ジョッキの事、手間暇分かるですが。更なるの、過年には、紙コップで、生ビールを出したの事もあったです。
その手、経緯を覚えて無いのやなあと。手間を考えるなら、でして。
での、今期は、プラスチック容器で、出すのアイデアにて、簡便化を計った、なと。結構なると。
勿論の事、その分、費用掛かるですが。

いやね。
当方的、3期連続の、生ビール止めて、缶ビールに対しての、理屈、屁理屈なるに対しは、何とでも、申せるです。反論、論破出来るです。
そもそもがの、「夏祭り」なるは、区費の、区民えの、還元の一環でして。
よて、福引きしたり、ビンゴ・ゲームしたりで、景品出してるです。

まあ、つまり、元々が、赤字。それを、浮かすを考える方が、変でして。生ビールにしたって、樽単位の購入でして。樽単位で、余ったなら、引き取って戴けるですが。残存してたら、飲み干さんと、損でして。
いやね。
それもあるし、時間、手間、労力取ってるの、役員には、生ビールを振る舞ってやればと。ご苦労さん、お疲れさんと。開店以前の、景気付けに、です。

要は、ケチケチすなと。当町内会も、若干なれどの、軒数増えてまして。その分増収でして。
云うてるは、増収で無くともの、「夏祭り」程度で、例年よりもの、大出血で、赤字転落致さんわと。考えてみいの、高がの、110軒の町内会でして。
生ビールで、どれ程の赤字上積みになるの怪と。知れてるわと。それよりは、盛り上がるの方をと。
取るが区長たると。


オッとの、トトトの、そんな次第の、斯くなるでの。
当然の、どんな哉と、会場であるの、公園には、出向いてるです。
いやねえ、奇抜なアイデアにての、へえと、感心したです。その構築が。

いやね。
大体は、公園の前の道路は、基本、通行止めなれどの、だけ、でして。
そこに、売店と、席を設けてましての、結構なると。
だけでは無いの、公園内には、テント張らずに、そのままの売店でして。イヤ、ンの成る程の結構なるの。客席のテントも、幌被せてませんの骨、枠のみでして。へえの、そやなあの、確かに、いらんなと。いっその事、その枠もいらんなと。

いやね。
基本、雨でも、降れば、でして。幌は。
尚且つの、「夏祭り」なるは、夜の行事故、日除けはいらんなと。
要は、その方が、イヤ、幌の無い方が、風通し宜しく、涼感あるなあと。

イヤイヤ、会場見て、一発の、考えたなと。今期、区長はと。
余計な事せず、効率的で、客の便利なよに、役員も、やり易いのよにと、工夫してるです。
いやね、コレでして。
従前の踏襲だけが、能で無く。発想替えて、手間掛けず。会場も、広く使えればと。
これが、区長のアイデアか、役員の、かは、知らんの、されどの、基本、区長決断也と。

何よりも、幌の無い、テントは、後始末も簡単でして。従前には、隣接町内会からも、借りてたですが。借りるの事もあらへんなと。
雨降らず、なら、なれど。
雨降ったら、どちにしたって、テントの中以外、濡れるわと。テントの収容人員、知れてまして。ましてやの、売店のテントなるは、食材の、ための、でして。

いやね。
2014年度には、当方、只の役員でした、ですが。
その時には、途中から、雨降ったですが。
会議所の中に移動の売店もあったですが。当方、焼きそば担当では、あったですが。実質的、カラダの方、テントから、はみ出してもてての、雨には、濡れたです。

オッとの、そんな話は結構の。
兎に角、会場見て、一発の、ンの、へえの、立派やなと。
イヤ、今期、区長、若手でして。三役三人共に、若手なれど、です。

での、福引きねえ。抽選会ねえ。
当町内会では、予めの、区民の苗字と、組を書いたの紙が、抽選箱に入れられてましての、それを、順々に引くですが。
要は、会場に居てるの方に、当選の権利ありまして。居て無いなら、悪いけど、次ぎの方。

でや。
当方、4等賞にアタツタです。
4等賞ねえ。物は、たこ焼きセットか、ドライヤーですて。ンの8等賞から、始まってるですが。
担当役員より、どちにしますかと、問われの、たこ焼きセットは、1個。ドライヤー、3個で、ドライヤーにすると。家で、たこ焼きなんか、しやへんしと。
とまでは、申してませんですが。
イヤ、4等賞なるは、4名様に当たるです。当方、その一番手でして。結構なるの、選択まで、出来たです。
イヤイヤ、4番目なら、残1個故、選択出来ませんでして。

とかとか、気分上々で、戦利品、ドライヤー持って、帰宅出来たわと。
時に、巨人vs阪神戦も終わってましての、6対0で、完封勝利で、更に、気分上々。
(18/08/26)



inserted by FC2 system