YU−KOKU憂国YU−KOKU
NO.31

NO.26 NO.27 NO.28 NO.29 NO.30
NO.21 NO.22 NO.23 NO.24 NO.25

NO.5 NO.10 NO.15 NO.20

表題一覧表 トキの話題 云いたい放題

目次

お上のやる事の話NO.1

NO.412 アメリカ発、世界大恐慌を防ぐ法(4)

NO.411 アメリカ発、世界大恐慌を防ぐ法(3)

憂国 NO.30


NO.411 アメリカ発、世界大恐慌を防ぐ法(3)

マズは、「アメリカ発、世界大恐慌を防ぐ法」なるは、難しくは無いです。既に、何度も触れてるです。
モタモタしてる間は無いですと。何の理屈も要らんです。
予算確保したなら、サッサと実行しなさいと。スグには無理なら、具体的内容、日程をば示しなさいと、ダケでして。

ホンマやでと。
ロシアでは、早々に。
ウクライナ、ルーマニア、オーストラリア、アイスランド、インドネシアの証券取引所は取引停止の措置致しましてと。
当然ですやんかと。自国の問題では無くの、米国発やしナと。
加えての、投げ売りですやんかと。或いはの、ソレに乗じた、売国奴、空売り屋ですやんかと。自国のか、米国のか、ソレ以外にも居てるか、知らんけれどや。加えての、どちみちの、ヘッジ・ファンドと称するのと。まともな投資家居てへんです。まともなのは、損させられてと。

日本は、盆暗揃いで、何にもしません、出来ませんでと。
只々、唖然、呆然と、守銭奴、空売り屋の成されるがままに、儲けさせましてと。何がための、財務省で、東京証券取引所かと。
ホンマやでと。健全なる企業の資金繰りまで悪化するです。生命保険資産の目減りを加速させるです。厚生年金にしても、投資信託で運営のが沢山あってと。株式の組み込み比率の多い投資信託なんかなら、冗談や無いです。日経平均半減にて、理論的、半減でと。
イヤ、実際問題、投資信託等々を解約されたら、待った無しで、売却しんならんです。コレが投げ売りでの、悪循環にての、負の連鎖となるです。

よって、ロシアなんかは、当然の処置と、私は思うです。ソラ、自国の市場を守るが最優先でと。
健全なる市場は開かれるべきと、するは、下心、プンプンの、屁理屈でと。儲けの場を失う故でと。
イヤ、米国は開くべきでありましてと。自国内で、処理しなさいと。10000ドルが、5000になろが、1000、100、10のマイナスになっても知るモンかと。
財務長官と、FRB議長の責任の、死刑にしたら、結構かと。監視、調整するが、お役目でと。その怠慢故でと。
死刑が厭なら、サブ・プライムローン問題の波及を早急にと。口先だけで、エラソに云うてんと、具体的、迅速、呵責にと。

しかるにの、10日(日本時間11日)、ブッシュ米大統領、金融危機への対応について曰くに、「財務省は金融機関の株式買い取りを含め、銀行の資本増強に向けたあらゆる手段を持っている。」と、公的資金による金融機関への資本注入の可能性を表明。
同時に、「財務省はできる限り迅速に実行に移す。」と、明言したと。

されど、声明を受けても、米国市場、左程に反応せず。128ドル安(8451ドル)で、引けたですて。当たり前ですやんかと。
何度でも、申すの、具体的にと。イツやと。日程、方法論なるを、納得出来るよにと。そもそもが、ブッシュ君、金融機関への公的資金注入に反対の立場を取ってたです。
所謂の自由原理とやらでと。
されどの、ココまで来たら、云うてられへんしで、大慌てかと。声明なんか、幾ら出しても屁の突っ張りにもならへんわと。突っ張りになる時期を越したんやと。

空説法、空念仏は聞き飽きたと。方法論なんか、誰にも分かってましてと。
米国一国なら、勝手にしたらの話なれどの、全世界に波及でと。
実態経済なるが、米国の見え見え、分かり切った、投機目的の住宅ローンのための、インチキ不動産屋、ヘッジ・ファンド屋、証券屋がため、叩き潰されてたまるかと。
ホンマやでと。誰も住まんよな、ボロ家までも、投機目的で売買してたんやと。ソレを証券化したのが、悪知恵屋でと。乗った人が多かったんやと。
変な話、そんなボロ家の、値が落ち着くまで、下がり続けるの話があってと。

とりあえずは、目に見えてますやんかと。日本の今後の対応がと。
消費税は、反対意見強いしと。形だけ、見送りの、方々の予算、減額させての、年金支給減らしの、掛け金増やしと。煙草の税金上げましてと。
数字のみ、帳尻合わせで、知った事かと。日本の場合はナと。
決める方は、雲上人故、下々の事なんかと。金蔓(かねづる)以上の存在に非ずと。

イヤ、財務大臣、軽傷と、云い放った割りには、大和(やまと)生命なる保険会社が破綻したです。
私は契約してへんけれどや。財務基盤の弱い処から、順々にと。破綻波及で、法人税の収入減ってと。
再度の目に見えてますやんかと。税収不足がと。不足で、何が出来るやと。
結果、赤字国債、乱発かと。アホかいなあと。私でも分かるの愚行でと。コレで、影響軽微と云えますかと。政治家は言葉に責任持ちなさいと。嘘ばっかり、平気で云うてと。

米国からは、日本が金の生(な)る木。日本政府からは、庶民が金の生る木でと。一番の被害、日本の庶民でと。
とか、云うてる場合でも無いです。
米国も時、悪く、大統領選挙の真っ直中でと。既に、ブッシュ君の威信喪失。マケインか、オバマかと。どっちでもええけれどや。この二人も、点数稼ぎに終始して。

此度の金融問題に関しての、救済策、預金者保護として、上限10万ドル(約1000万円)を、25万ドル(約2500万円)にするを申し入れたと。宣伝にコレ努め。
イヤ、アカンでは無いです。結構でと。されどの、そんな高額資産、あればの話の、肝心の抜本対策、提案してへんのかと。アホやなあ。盆暗(ぼんくら)やなあと。目は節穴やなあと。

もしかしての、日本同様、銀行の淘汰、統合をばと。昔の名前は何やったと。離合集散、最早の昔の名前も思い出さへんですがと。
要は、銀行の数が多過ぎてと。自己資本が何たらでと。米国を見習えとされたですが。
肝心の米国は、コレを範としての、強引なる手法にて、進める気かと。或いは、救済するに、軍資金が無いのかと。
とは、日本の経済専門家の言でしてと。云うだけで、金儲かってええなあと。

イヤイヤ、言語明瞭の、予算まで通して、ヤルゾ、ヤルゾの掛け声、全権、全責任を委ねられたと云うだけで、やるの気配、無い故にと。
よって、市場は悲鳴を上げて、催促してるですが。生殺しが目的ならばの、分かるですが。犠牲者、常に、庶民でと。

ホンマやでと。
経済専門家諸事のお説が如くの、市場原理にての、米国金融業界再編成なんか、愚の骨頂の、知恵無しの考えでと。
本気でさせるならばの、資金注入にて、株券をと。国家的規模の介在故、有無を云わさず、統合したら結構でと。資金も無いも嘘でしてと。予算通過してるです。無い袖、資金ならばの、通らへんです。但しの、実弾があるかどかは不明でと。

さもなくばの、幾ら何でも理屈に合わんです。
日本株にしたって、採算度外視で、投げ売りされてと。日本では、信用での売買も規制はされてえへんしと。ロシアなんかは、賢いし、市場を封鎖したですがと。日本なんか、思考能力低くの、知恵無しばっかりやしで、成されるがままに放置で、連れ安でと。
ソレこその、米国の都合で、無茶されてたまるかの、反骨精神あらへんのかと。少なくともの、信用売買規制したらと。下げて喜ぶよなヤツなんか、閉め出しをと。
天誅です。抹殺をと。
イヤイヤ、日本の株式市場にて、負の連鎖を喰い止めるの自信があればやけれど。何にもあらへんのにと。

とも、云うてる場合で無いです。
日本政府、社会保険庁なんかは、詐欺集団。国土交通省は、巻き上げ集団。農林水産省なるは、責任転嫁集団。ドレも、コレも信用出来ず。財務省なんか、何が出来る。何にも出来ません集団でと。ソラ、金利政策、日本銀行なれどの、利下げなんか、出来る時代、小泉政権時代、今、やられたらの、口先介入にて、利上げが出来ず。
結果、協調利下げで、手も足も出ずの、アホばっかり。小泉元首相は、知らぬ顔の半兵衛でと。二男に看板、譲って、世襲で、ええなあと。責任も感じてへんしと。

兎に角、米国頼みの、ハゲの、バーナンキでも、ポールソンでも、何でもええのや。具体的に方針、計画日程示しなさいねと。
ソレが出たら、赤信号が、せめてもの、黄色の信号に替わるかと。落ち着き出すかと。
但しの米国の話であっての、日本はなあと。どなんかなあと。米国で、ドルをジャン、ジャン印刷されたら、ドル安、連れての円高でと。輸出企業は大変でと。
反対には、その頃から、ドル預金かなあと。資金があればの話でと。
とは、我がド素人予言故に信用すなよと。

兎に角の、口歪めて、解散総選挙が云々してる間があったらです。国会で、ケータイしてる暇があったらです。
麻生の太郎坊やと、酒飲み中川昭チャン、手に手を取って、兎に角、米国に飛びなさい。私なら、飛んでるです。
何なら、吉田茂の爺さんの亡霊でも出して、尻叩こかと。どっちみち、日本に居て、何の役に立つのかと。立たへんやんか。暇やろナと。

ブッシュ君でも、マケインでも、オバマでもです。
出来れば、ハゲの、バーナンキでも、ポールソンでも、捕まえまして。アンタ、一年と三ヶ月前に何云うたと。日本国政府と同じ失敗、愚行をば、繰り返す気かと。
とは、云わずの、面とは、向かては、云えへんしで。頼むし、具体的計画立案、早急にと。途中経過をテレビ演説でも、何でもして頂戴と。
ズバズバ、云うてやらんとと。何なら、暇人、ケータイの兄ちゃん、中川の昭一君には、ケータイならば、米国ででも、何処ででもです。出来るしと。見張り番で、置いとくしと。宜しくと。
イヤ、具体的計画、計画実行、着手されるまでは、日本に帰って来る必要性あらへんです。多少は真面目に仕事をせよとだけでしてと。

イヤイヤ、中川の昭一君、兎に角、G7に参加がため、米国にスっ飛びまして。
そして、ポールソン君には教えてやったですて。金融機関を潰す手立てをと。
事実、日本では、何行潰したかと。
証券会社なら、山一証券、メリル・リンチに乗っ取られましてと。其のメルリ・リンチも、バンク・オブ・アメリカに買収されてと。こんな具合の、或る意味、ほっといても、統廃合成るですと。金融機関、資本増強、体質改善がため、自然に統廃合成るですと。何にも無くとも成るですと。
とか、本音は別としての、G7は、G7であっての、気持ちは分かったの、何でも結構。
兎に角、早く、実行への具体的なる道筋、明確にが、最重要でと。

斯くなる次第の、斯くなるでと。
とりあえず、米国が次なる手立て。具体的なる、金融機関への、公的資金注入手順をば示せば、アチラ様は赤信号から、黄色に変わるかと。
どっちにしたって、政権与党なんやしと。点数稼ぎでも、何でも結構。今、行動せずに、イツやるやと。

何なら、民主党の小沢代表が、スっ飛べと。こんな程度で、世界の危機が救えてみい。総選挙なんか、イツやっても、民主党が勝利するです。
間違い無いです。
やのに、アホウの一つ覚えの対決姿勢を鮮明の、早期解散をやて。
太郎も、一郎もアカンなあ。長男甚六ならばの、二男の出番やゾと。

補記1)<日経NET>より<文面そのまま>
ポールソン米財務長官は10日、7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の閉幕を受けて声明を発表した。
「金融市場の安定に向け、金融機関からの住宅ローン債権の買い取り・保証、株式買い取りの計画を進めている」と述べ、公的資金による金融機関への資本注入の準備を進めていることを明確にした。
公的資金で購入する株式については、原則として「議決権のない株式とする」と表明。
金融機関が新たに発行する優先株の買い取りを念頭に置いていることを明らかにした。

補記2)<日経NET>より<文面そのまま>
7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は10日夕、行動計画を採択して閉幕した。世界の金融情勢について声明は「現下の情勢は緊急かつ異例の措置を必要としている」と指摘。
「銀行などが、必要に応じ、資本を民間及び公的部門から調達できるようにする」など、5項目で合意したと発表した。
5項目には、金融システムのために重要な金融機関を支援し破綻を未然に防ぐことや、金融市場の機能停止状態を緩和し、銀行や金融機関が幅広い流動性にアクセスできるようにすることなども含んでいる。
(08/10/11)


NO.412 アメリカ発、世界大恐慌を防ぐ法(4)

とまあ、そんな具合にG7にて、声明だけは出たですが。
実はの、声明なら、何度でも、出てるです。
クドイけれどの、口先介入、お言葉、述懐だけではナと。
ソレで収まる時期、過ぎたです。

とするのか、一番の不思議なるは、市場関係者の行動パターンを天下国家、世界の金融の番人、ハゲの、バーナンキと、ポールソンが何故読めへんのかと。
後手、後手に回るのかと。世界が悲鳴を上げるまで、手を打たんのかと。
番人も、番犬以下かと。
ホンマやでと。アチラ様、番犬なるは、ドッグ・フードだけで頑張ってるです。名誉も金銭も要求しやへんです。才能発揮で、只々ご主人様のためだけをと。
臭覚も凄いしなあと。ご主人様の匂いなんか、相当なる先でも、察知でと。

ソラソオや。
有料道路の無料化と高々と、アドバルーンをブチ上げて戴いてもナと。イツからや。百年先にはとされてみい。アホかと。関係者一同、別世界の、あの世やでと。
ホナラの、何処のやと。比叡山ドライブ・ウェイをとされたら、一生、何回使うかと。年一回も行くのかと。前回、イツやったと。

よって、来年度から、全ての有料道路をとされたら、オッとの、京都縦貫道路も該当かと、大いに有り難くと。されどの、一般道との、合流地点が渋滞かと。
までは、結構の、熱烈歓迎致すですがと。まあ、無いやろなあと。
あっても、別途のしっぺ返しがと。倍返し、三倍返しの、増税とか、何やとか。アノ手、コノ手かと。

イヤイヤ、当面、どっちにしたって、具体的の、期限をと。
ソレを、実際には、11月末にはと、されてるです。具体的着手をです。
11月末に蓋開けて、どんなかと。
有言実行の文言なるは、政治家の辞書には、記載はされてえへんです。嘘とも申さずの、兎角に言葉そのまま、額面通り、世間の常識からは、ズレあってと。
微妙に変化させましてと。結果、最終的には、嘘は無くなるかと。

にしたって、日本国の、三菱UFJが、天下国家、米国のモルガン・スタンレーを支援ですて。へえと。アノ、モルガン・スタンレーをと。
処がの、先様の株価、下落の一途の、遂に10ドルを割ったですて。
イヤ、元々が、一株、25.25ドルで買い取ると、合意してるですがと。総計、9000億円でと。
三菱UFJも太っ腹。大したモンです。日本国の中小企業には、貸し剥がし、貸し渋りで、海の向こうの、瀕死の大物には、何とマの、お口(くち)アングリの、時価の2.5倍やてえ。
何かの、勘違いしてるのかと。

アチラ様、ハゲ鷹ファンドならばの、足元見透かしの、時価の設定、限り無く、限度一杯の下で見積もりの、もしかしての、実際の期日に、株価が、設定以下に下落ならばの、当たり前に、其の時価でと。上がってたら、当然の、見積もり時の価格でと。
間違おても、損する取り決めしませんですがと。

天下国家、日本の巨大の、銀行屋はんは、やらはる事が、違うなあ。勇ましいなあと。ヒックリ反るです。
とは云え、大体は、40ドル、50ドルでウロウロの株価やったですがと。よって、半値ならと、見込んだかと。甘いなあと。検討に入った頃には、下落し出してたのにと。
さもなくばの、ハゲ鷹ファンドの大親分、胴元がです。半値で了解する筈があらへんですと。
ハゲ鷹処かの、モルガン・スタンレーそのものが、サブ・プライム・ローン問題の大元ですやんかと。よって、住宅価格下落で、資産価値下落で、株価も一番に下落でと。
三菱UFJも流石やなあと。当然にして、知って、やってるかと。

しかるにの、三菱UFJの昔の名前は何やったと。
「三菱」が付いてる故、三菱銀行がと。されどの、「UFJ」が、サッパリでと。
実はの、正式には、三菱東京UFJでと。変遷、復習の、振り返れば、ビックリするですが。ヤヤコシイため、細々は省略の、「三菱」「東京」「三和」「東海」の四つが一つに合体でと。
当時、三菱と、三和がかと、旧財閥がと。世間が驚いたですがと。
ソレ以上に、当時、貸し剥がし、貸し渋りの中小企業イジメで、有名でと。業務改善命令まで、出されててと。
当然にして、三菱系、三和系、東海系は安泰でと。

ホンマやでと。
されどの、或る意味、当然でと。同じ系列には、寛大、温情でと。人情、企業倫理でと。
ソレが、世界のハゲ鷹を支援やしで、同類は同類をと。只ナ、実際に、どするかは分からんですがと。イヤ、須(すべから)くの、万事、合意事項、実行されての、ナンボでと。
されどの、モルガン・スタンレーの資産評価額、目減りの一途。再度の、サブ・プライム問題の大元故でと。住宅価格が落ち着かんとナと。
云うても、公的資金注入はどんな形であれ、実行されるですがと。果たしての、先様からしたらの、外国資本の入る、モルガン・スタンレーには知らんですがと。

モ一発、ホンマやでと。
当時のやけど、日本の行員さんなんか、年収ン千万円。
今時のモルガン・スタンレー様の年収なんか、下手したら、ン億円でと。銀座の飲み屋で豪遊は、モルガン・スタンレーの日本支社のエライさんバッカリですて、へえと。
アチラ様、米国のモルガン・スタンレー社員もソなんやと。よって、米国国民が怒ってるです。そんなヤツに公的資金注入するのかと。
日本でも、そんな話があったですが、時間、年数経って、忘れ去られてるですがと。

そんな背景あるが故、実際に公的資金の注入に踏み切れるかが、問題でと。経営の失敗責任どするやと。豪遊のツケは、如何なる形で精算させるのかと。
牢屋にブチ込むのか、死刑にするのかと。財産没収如何にと。先様、日本みたいに甘くは無いかと。

日本の銀行屋なんか、社長の首のすげ替えダケですやんかと。アトは無罪放免の、合併、合併の、主導権争いでと。
まさかのマスコミも忘れてへんやろなあと。三菱UFJなんか、三菱東京と、UFJがATM一緒にする際、揉めましてと。結果、何日間か、ATM使えへんとかでと。
イヤ、私なら、三菱UFJには無縁でと。停止であれ、名簿漏洩、紛失も関係無かったですがと。

斯くなる次第の、斯くなるでと。
どこの国のでも、銀行屋は好き勝手の、倒産となれば、小さな金融機関は潰されまして。大きなのは、合併にて、生き残るかと。
何処に、正当なる競争原理があるのかと。
イヤ、銀行だけに非ずのと。国家も一緒。何もかも一緒でと。結果的、負担は庶民に回されるだけ。しかも、小国、日本にと。日本の時には、ダアレも救いの手が無く、単にハゲ鷹ファンドに熨斗付けて、持ってかれて、高値で、売却されましてと。何処と申せば、「新生銀行(旧長期信用銀行)」
加えての、現に日本なんか、金利微々たるでと。米国はジワジワ、昨年度の、5.25%が、1.5%にと。

追記1)米政府は、モルガン・スタンレーに公的資金注入は予定していないと表明。
三菱UFJは、出資にあたって、再度の調整を行うにした。
又、英国等では、いち早く、主要銀行に公的資金注入実施により、奥州各国の株価は上昇。残るは、米国が如何に実際に動くが注目される。
尚、日本は10月13日は体育の日で、株式市場、休場。

追記2)13日、米国財務省は、大型金融機関、JPモルガン、メリル・リンチ、シティ・グループ等の最高経営責任者を集め、公的資金注入の積極的活用を促すべく伝えた。→具体的行動と判断出来る。

追記3)主要株式市場、大幅上昇。コレが転機となり、世界大恐慌が回避出来たらと。
<以上、追記(08/10/14>
(08/10/13)



inserted by FC2 system