YU−KOKU憂国YU−KOKU
NO.5

NO.1 NO.2 NO.3 NO.4

表題一覧表 トキの話題 云いたい放題

目次

憂国 NO.6

100.小泉政権崩壊の足音(18) 偽造パスポート発覚

99.小泉政権崩壊の足音(17) 鈴木宗男議員証人喚問

98.小泉政権崩壊の足音(16) 独断偏見新党構想

97.小泉政権崩壊の足音(15) 舐められたらアカン

96.小泉政権崩壊の足音(14) 真紀子爆弾参考人招致で炸裂

95.小泉政権崩壊の足音(13) 速水総裁さえ我慢堪らず

94.小泉政権崩壊の足音(12) 国会でのブッシュ大統領演説

93.小泉政権崩壊の足音(11) ニューヨーク・タイムズに反論する

92.小泉政権崩壊の足音(10) 内閣不一致迷走混迷

91.小泉政権崩壊の足音(9) 抱腹絶倒ムネオハウスの怪

90.小泉政権崩壊の足音(8) 経済対策としての狂牛病

89.小泉政権崩壊の足音(7) ダメ日本

88.小泉政権崩壊の足音(6) 大胆且つ柔軟なる対策

87.小泉政権崩壊の足音(5) 救世主ブッシュ大統領訪日

86.小泉政権崩壊の足音(4) 三つの大問題

85.小泉政権崩壊の足音(3) 三方一両損

84.小泉政権崩壊の足音(2) 更迭以前からのトリプル安

83.小泉政権崩壊の足音(1) 企業の常識経費節減

82.小泉内閣支持率(3) 後任川口順子環境相

81.小泉内閣支持率(2)

憂国 NO.4


81.小泉内閣支持率(2)

政治評論家の言では、小泉首相の支持率は五十%が生命線である。
真紀子大臣更迭直後、一月三十一日、東京テレビの緊急世論調査では、小泉内閣支持率五十五%。
二月一日の読売新聞社の調査では、四十七%。半分を割ってますが、激震直後、昨日、今日の調査では数字も大きくぶれるのと、規模と調査対象も不明です。
熱が冷めた一、二週間経過しての母数を大きくした結果に注目ですが、生命線の五十%以下になると予測してますから、人気だけが頼りの小泉政権の頼みの綱も心細くなる。
支持率低下もやむを得ずと、充分承知のウエで更迭したと、ご当人様も申されてますが、首相就任以来の異常な高人気、高支持率はもしかして、我がモノであると勘違いし、過信に至った気配があるぞ。
真紀子大臣もあれだけ失敗連発では、かつて程の評価も下落の一途。にも関わらず、小泉内閣は高支持率を維持してるワイ。
其れも正解ですが、「女の涙は武器である。」発言は大失敗。女性票大量離脱に留まれば佳いけど、「女心と秋の空。」なる言葉もあるぞ。女性蔑視と反発されて、不支持に廻る。
此処で留まってれば、ミス一回だけ。まだまだ、救いよおも有ったのですが、世間周知の云うた、云わんを外務省内部のイザコザであると、軽く診た判断ミスで、根本原因さえ見抜けず、理解せず。其れだけでも改革の大きな旗印も嘘バレバレですが、分かったウエで、不問、不明確にするのなら、改革反対で、利権漁りの鈴木議員と官僚組織の味方して、孤軍奮闘の真紀子大臣を切り捨てることを意味します。
この件はダレが観ても、田中大臣が正しいです。大臣がミス連発の時は勉強してクレ、官僚を旨く使てクレと擁護しておいて。
戦場で、丁々発止、命掛けで戦いを挑んでる真っ最中に、守らねばならぬ上司、小泉首相が突如豹変、黙れ、馬鹿たれめが、喧嘩両成敗と、イキナリの袈裟懸けでバッサリやられたのでは唖然呆然、信用出来ますかいな。腹切り覚悟せねばならぬは小泉首相です。
此れが決定的となりまして、人気ガタ墜ちで、断を下してから、軌道修正して、
「外務省は鈴木議員を気にし過ぎた。そこを厳しく反省すべきだと外務省に強く指示してるから、今後、鈴木議員の影響力は格段に少なくなるだろう。」
ナンとまあ。ならば、鈴木議員の横槍は把握してたことになりますし、少なくなろおとも、マダ存在することになりまして、あの更迭劇はナンのためやった。覆水盆に返らず。我れ一人、佳い格好するなよなあ。イヤ、元々が佳い格好しいでありました。
さて、真紀子大臣も失敗連発では、いずれ更迭されるとも思てましたが、巷で噂の指輪紛失事件、米国のアーミテージ副長官との会談すっぽかし事件、人事課籠城事件等々程度で首を切ったのでは真紀子大臣の沽券に関わるし、任命権者としての責任も有る。
其れなら、農水省の官僚の云うがままで、やる気のナイ、お飾り武部大臣の失言では実害甚大で牛肉業界壊滅寸前。首を切るなら此方のホウで、其れなら理由は、明々白々、国民も納得します。
いずれにせよ、一内閣一閣僚の呪縛もありまして、真紀子大臣の失敗の都度、口では、外務官僚と仲よくやってくれれば佳いのです。替えることは致しませんと明言してたのに、公約無視撤回反故を行動で示してしもた。
そもそも、外務官僚が何処まで正確な情報を伝達してたかも不明で、組織的に尾鰭をつけて宣伝してる疑いも濃厚。尾鰭ですから、無かったとは云うてませんで。一連の不祥事に対する処分も、減給一割、期間限定とは馬鹿みたいやし、そんな軽い処分で外務省改革も出来ません。と思てました。がしかし、今回は小泉首相の大きな判断ミスで、国民も馬鹿ではないし、背景を知ってますから笑止千万。
よって、支持率急降下は、出鱈目な更迭劇が引き金になってますが、その背景には、国民も薄々気がつきだしてたこともある。彼の気迫は何処へ消え去ったかと。
改革も、妥協に妥協を重ねて、骨抜き、肉抜き、皮だけの風船状態。景気が良くナイのは分かってますが、我慢をイツまで続けさせられるのか、見通しはナイし、内閣誕生以来、悪化、悪化の一途で、明るい話は皆無です。
日本の景気が悪いのは、同時多発テロの影響であると、余所様の責任にしてましたが、ご当地ではお先に底打ち宣言されまして、回復傾向も見えて来た。
株価に一喜一憂セズも結構ですが、回復の兆しさえ見えませんので、日本一国、置いけぼりから、他国から景気回復を催促されるならまだマシで、日本低迷が世界の景気には影響ナシと、無視の声さえ聞こえて来ました。
確かに、株安、債券安、円安のため、経済大国日本が経済小国になってしまえば、世界への影響も軽微になるワイ。
ホンの僅かでも、改善の兆しがあれば、一つでも明るい話題が有ればです。
日本にも、我が身にも、行く末、希望を見出せまして、多少の無茶に、公約の一つや二つの反故なんか、支持率にはナンの影響もしませんが、増税、リストラ、就職難にペイ・オフ、不良債権増加、狂牛病に雪印の詐欺に、悪い話ばっかりで、佳いことなんかナンにもナイがな。
やってることが怪しいウエに、やることが、支離滅裂、言行不一致なら、行く末、暗澹、心配になる。
小泉さんを時代の救世主と錯覚した国民こそが暗澹たる気分で、嗚呼、憂国。
(02/02/03)


82.小泉内閣支持率(3) 後任川口順子環境相

真紀子大臣を更迭したからには、後任には相応しいお人を招かねばならぬ。
緒方貞子さんには政界総力あげての外務大臣就任要請したのですが、沈思黙考、お断りされまして。
かつては小渕政権の際にも要請されたのですが、お断りになり、小泉政権では二度の要請を固辞されたのですが、賢明なる判断と思います。
成りたい、成りたい、大臣に成りたい、大臣にしてクレ、お願い致します。
お声を掛けて欲しい人ばかりですが、三度の要請を固辞されるお人もあるのです。私などが云々するのは烏滸がましいけど、既掲載のとおり、緒方さんには余人に替え難い天命が下ってますため、我が道を往かれたら佳いのです。
自民党内には、綺羅、星の如く人材を抱えてる。ハズですが、チカラになって戴きたい人は外部に居まして、受諾してくれず。首にしたい大臣は居座り、我慢堪らず、ツイツイ、首を切ったら大騒動。居座り大臣とは武部さんで、切られたのは真紀子大臣。
ハッキリ申せば、小泉首相からの大臣就任要請も、虚心坦懐、清廉潔白、邪心邪念ナク、真に天命のみに基づくものならば、神仏をも動かし、受諾されるのですが、残念乍ら邪念が顔を覗かせたため、拒否されたと解釈する。
そもそも、国政を預かる最高権力者が国家浮沈の重大なる時期にカラオケ、歌舞伎にX−JAPANのコンサートを鑑賞してる場合でナイぞ。
休日返上、身命を賭し、全身全霊、心血注がねばならぬのです。一国の長たる者、国民の生命財産を守る使命がある。此の程度の犠牲と覚悟は最低限要求されると云うことで、ナニも云われずとも、率先垂範、行動で示せよなあ。
そお云えば、就任早々の昨年には、夏休みをお取りになりましたが、平時、平穏無事、景気回復も軌道に乗った国家情勢なら許せますが、先の見えぬ大海原で日本丸沈没か、遭難か、脱出出来るのかと、その瀬戸際でナニしてるのかいなと思いました。
NGO問題で、云うた、云うわんを外務省内部のゴタゴゴであると誤審したのは、偏った情報を収集した結果のためでありまして、国民感情と道理に合わぬ裁定を下す結果になったのですが、此れぞ、天命が小泉内閣を見放したと診るのか、ハタマタ、天が寝ぼけるなと、強烈なるカウンター・パンチを顎に一発、初心に帰れと喝を入れたのか。
初心そのものが、天命に基づいたものなら佳いのですが、単なる口から出任せ、勢い任せでは、戻れる初心がナイのです。国民にしてみれば、初心は本物であって欲しいと願うのみ。
イヤ、失政に寄り、日本経済が瓦解すれば、どおなるか。被害者は政治家、官僚ではありませんで。彼方様は老後の資金タップリで、利権と地位、名誉は確保されてます。
如何なる施政の下であろおとも、ナンとしてでも生存せねばならぬは、我が一家、我が子、我が身であります。アフガニスタンの二十年の長きに渡る戦争を見よ。個人のチカラでは如何とも出来ず、銃弾、爆弾、奪略、地雷をかいくぐり、世の動きに翻弄される。
日本丸は其処までには至ってませんので、マダ幸せですが、背筋が寒くなるワイ。
さて、邪心とは、小泉内閣支持率維持のためのお飾り大臣に据えるだけではないかと云うことで、緒方女史が断わられたのは賢明なる選択としたのです。
元々、政治家ではありませんし、野心もナシ。お歳もソコソコのご高齢ですから、タブン、お断りになるのではと思てました。
主客転倒、我が組織大事で、国難無縁の鬼界の住人、外務省官僚とは波長が合わんやろし、まあ、云うたら、平成の高橋是清と持て囃されましたが、日本経済を奈落の底に導いた、宮沢さんとも棲む世界がチガウわい。
ならばコソ、緒方女史に国難を救って欲しいとも云えますが、此処から先のことは分かりません。日本丸そのものが、小泉首相と共に天命を受諾せねばならぬのです。
結果、新外務大臣には川口順子環境相を起用。後任の環境相には橋本派の大木浩元氏が就任する運びとなりました。
何故かマスコミはこき下ろしてますが、此のお方は立派な人材で、元通産省官僚でありますが、サントリー常務でもありまして、生活環境と品質保証を担当されたのです。雪印に品質保証の概念はなかったことも分かっておられますゾ。
カリスマ性は有りませんが、そお簡単に無視も出来ません。下手なことしたら、ヤンワリたしなめられますし、大人しそおに見えますから、喧嘩も出来ません。
指輪、ドタキャン、籠城されることもナシ。外務省の伏魔殿ぶりも外には出ませんが、遣り難い相手と思われる。
見掛け上なら、真紀子大臣とは対局にある性格故、如何なることになるのやら。
外務省だけではないのやで。小泉首相が提唱する構造改革は勿論のこと、経済政策の迅速性、真価、手腕を問われる結果となりました。
此れで、国民も催眠術からは覚めまして、小泉首相も芸能人張りの高人気に天狗になってましたが、現実の世界に戻され、目醒めてくれるなら、万事好回転。
眠ったままなら、どおしたものか。日本売りで沈没してしまうゾ。
神様、仏様、キリスト様、何卒、我が日本丸をお救いくださいませ。
(02/02/04)


83.小泉政権崩壊の足音(1) 企業の常識経費節減

弱きを蹴落とし、強きを助ける小泉政権崩壊の足音が聞こえるなあ。
悪いけど、真紀子大臣更迭以前から聞こえてたゾ。
その話の前に、雪印乳業は身売りを検討。関係会社は雪印ブランドの名称を使うかどおかは独自で決めてクレやて。阿呆なことを平気で云う親会社が有るのやなあ。可哀想に立場の弱い、パート従業員一千名が真っ先に解雇通告やて。次には正社員も切られることになりますが、認識不足の経営者が居てたらこんなことになる。影でコソコソやる奴は何処の世界にも居てますなあ。
二月五日の雪印乳業の株価は百十七円也で、雪印食品は三十円となりました。(参考までに、雪印乳業の腐敗菌騒動直前の一年半前は乳業四百円、食品二百円也でした。)
巷の一企業のことですが、同時発生の政界のゴタゴタはどおなるか。折角、小泉首相、お得意の決断、三方一両損。小泉さんも三方を損させ、我が身だけは安泰と画策して、臭いものにも蓋したつもり。やのに、野党からの参考人招致要求。ざまあ見ろと云いたいけど、要求されることは、誰にでも分かります。
其れだけなら、小泉首相のニヤケタご尊顔もそのままですが、支持率低下に気分はウツロで、二月四日の施政方針演説はナンやいな。
「構造改革なくして、景気の回復なし。」
このスローガンの基に旗揚げされた小泉政権は人気も抜群、スーパー・スター並でしたのに、内閣支持率も真紀子大臣更迭で急降下。ではありますが、改革の決意は揺るぐことなく、抵抗勢力にも断固、妥協セズと表明された。
揺るがず、妥協セズ。簡単には其れだけの演説やけど、まさか、改革は頓挫するかも分からんし、抵抗勢力もチと手強いなあとも云えませんがな。
国民の不安をかき消すため、構造改革と景気回復の因果関係を力説され、よって、暫し我慢セヨと仰るなら人気回復も納得ですが、御言葉だけで成果は示せず。表情だけは真剣でしたが、中身がナイから、顔面蒼白、虚ろに見える。イヤ、表情の内側には支持率低下の焦りが見えた。こんな施政方針演説なら、支持率も更に低下致します。
私の専門は政治でも経済でもないし因果関係は分かりません。専門分野でも分かりませんが、タブン関係あるよおなナイよおなと、私もヨイ加減な人間故、明確なることは申せませんが、総裁選挙の頃はナンとなく、関係するよおに錯覚してましたから、応援もしたで。
ところが、夏休みを取りよった処辺りから、チと疑問符がつきまして、靖国神社ご参拝については日をずらすと云う中途半端な行動されましたから、イヨイヨ怪しいゾと思たのです。
小さいことではありますが、公約は公約でありまして、撤回するしないは別にしても、靖国神社参拝のことを大見得切って宣言する程のことでもなかったのです。とりあえず、破ったか破ってないか、白か黒か二つに一つ。さあ、どっちとなれば、黒ですがな。
此処でまず一つ公約を破ったのですが、識者は此の程度の公約なんかナンでもナイと申してました。私にしてみたら、此の程度の公約であるからこそ、守れんよおではアカンなあと思いました。
そして、一内閣一閣僚の公約も真紀子大臣の更迭で破ってしもた。此れも左程大きな事ではありませんけど、大見得切って公言したからには公約である。結果、二つの公約を破棄したことになる。しかも、更迭理由がバカバカしい。真紀子大臣と共に掲げた最重要とまでは申しませんが、大きな課題であります。
少なくとも、小泉政権の最重要課題の構造改革の一部に該当してますから、構造改革は抵抗勢力に負けず、断固、押し進めると大声張り上げて戴いても嘘バレバレで虚しく聞こえる。
さて、構造改革とはナンぞやですが、会社での経費節減に該当するのではないかいな。
経費節減なら何処の会社でもやってます。不景気の折り、光熱費を始末するため、昼休みは消灯しなさい。
コピー枚数は上限を定め管理し、努力セヨ。同じ部署なら一部にするとか、回覧にするとか、鋭意工夫しなさいな。配るにしても、不要な資料は省略して、三枚なら二枚に、二枚なら一枚になるよおに努力セヨ。
出張は控え目にセヨ。不要不急の出張は中止にして、電話かFAXで済ませてしまい、要件はメモ書きして要領良く簡潔にすませること。移動の場合も電車、バス、徒歩とし、なるべくタクシーは使うなよ。
設備投資は充分に吟味し、見積もりも数社から出させ、ヨリ安価に出来る方策がないかと、業者と共に考え、知恵を出し合い、効率的な業務推進をセヨ。
社内の人員で出来ることは外注に出さず、万事、社内で処理する方向で検討セヨ。不要設備、備品は一覧表にして、管理し、全部署に通達すること。購入予定の設備、備品が一覧表に該当する場合、新規に買うことはセズ、流用を検討セヨ等々。
当世、小泉不景気故、この程度ならやってます。生産設備であろおとも、審査も厳重になりまして、稟議書がナカナカ通りませんし、一苦労やて。
にも関わらず、族議員の巻き返しで道路建設凍結もあっさり妥協。まあ、出所は税金ですから、ナンとでもなるワイ。此方に廻らねば、余所に廻るだけですから、取らねば損々。
イヤ、会社なら売り上げが減れば、支出を抑えないと倒れますがな。この程度の経費節減で間に合わんなら、リストラしてでも対処せねばなりません。
ならば、国家も同様、売り上げ、つまりは税収目減りなら、支出を抑制せんとアカンのですが、何年、十何年も前に計画された実施案をそのまま工夫もせずにやりたがるから、当たり前に赤字の垂れ流しになる。
ハッキリ云うて国政に預かる者はお目出度くも素晴らしき頭脳の馬鹿ばっかり。
(02/02/06)


84.小泉政権崩壊の足音(2) 更迭以前からのトリプル安

そんな次第で、国家レベルでの経費節減が構造改革であると解釈すれば理解が簡単。
経費節減は小泉流にもの申せば、聖域ナキ改革であり、国家と云えど、例外に非ず。是が非にでもやって当然ですのに、改革工程表には省庁でのコピーの節約、休憩時間中の消灯励行、出張経費のケチケチ精神、国会議員定数半減、報酬減俸が盛り込まれてませんので、聖域だらけ、穴だらけで気に喰わんなあ。
其処までしたら、外務省改革も意味を成すのです。要するに、国家財政も切羽詰まってるゾの周知徹底、意識づけが必要なんや。
海外からも、小泉内閣の構造改革路線は間違ってないから強力に推進してクレ。そやけど、進展が遅いなあと、皮肉たっぷりで云われてますが、企業がこんな程度の内容進度で経費節減やってたら、淘汰されるのも時間の問題ですが、海外にしてみれば、余所さんのお宅が経費節減されるのをトヤカク注文をつける筋合いもない。勝手にしてクレが本音ですが、小泉さんは都合佳く、同意を得てると意を強くしてますから面白い。
勿論のこと、余所さんから注文されるまでもナク、お家の構造改革はやらねばなりません。経費をイツまでも垂れ流しでは税金の無駄遣い。無駄遣いを節約したら、ドオなるか。毎年の借金、三十兆円上積みが僅かでも少なくなりますが、三十兆円以上の節約せねばイツまで経っても借金返済には程遠いし、お家の事情のため、当然の如くやらねばならぬのに、納税者のためにやってるとは勘違いも甚だしいワイ。
ケチをつけてはイケマセン。改革工程表の詳細不明ですが、偉い人が何ヶ月も知恵を絞って作成されたものです。必ずや其処まで到達出来るのです。但し、小泉さんが力説される一年、二年のことではありません。借金完済は何十年も先のことになる。
其れと、景気回復にナンの関係が有るのか。国家の借金を返済すれば、景気回復するやろか。借金完済が前提なら何十年も先のことになるから、景気回復には無関係となる。
実際には不景気なら税収は減りますから、借金返済への期間は長くなりますが、好景気になれば、税収は増えて、借金完済も短期間となる。
ところが、最近の不景気には目に余るものが有る。原因が分からんなら仕方がありませんが、ハッキリしてるがな。
消費の低迷でありまして、ナンで低迷するかは実入りが少ないのと、将来の不安です。
イツ、首を切られるか分からんのと、雇用形態が変貌してる。明日をも知れぬ、一年、二年の契約社員、派遣社員の身分で耐久消費財に手を出せるもんですか。
かと云うて、不景気な時代では、企業も我が身が大事。下手に社員にすれば首を切るのも面倒やがな。
斯くなる次第で、悪循環。環を掛けて、小泉政権の経済対策無策のため、いつまで経っても底にさえ到達出来ず。余計に明日のことが心配で、財布の紐も固くなる。
マサシク、小泉不況です。バブル後最安値の株式市場について、福田官房長官も斯様に申されました。
「株安は真紀子大臣更迭に寄る支持率低下と無関係。明日にでも自律反発して欲しい。」
流石は小泉政権の官房長官。お見事、云い当ててます。
日本の株式市場が昨日、今日の数日だけの大暴落の結果でナイわい。小泉政権誕生当時、一万四千円の日経平均も下げっぱなしで浮上セズ、たまたま、九千三百円になってるだけ。
尚かつ、明日にでも自律反発とは、希望的観測でありまして、自律反発とは下げすぎたから、勝手に多少は戻るかなと云う意味でありまして、小泉政権の画期的発案名案に寄り、必ずや反発させてやるとの意志表示ではナイのです。
つまり、小泉首相の一喜一憂セズと同様、現政権は景気対策には無為無策、無能であると説明してくれただけです。
云われるまでもナク、株式市場は政権誕生以来、無為無策、無能であることを見抜いてたのです。
此処に来て、抵抗勢力の橋本派までが、此れではイカン、何とかせにゃならぬとまで云い出した。
最早、能無し小泉政権に抵抗してる場合でないぞ。任してたら、エライことになるぞとチと慌て出したがな。其れでも小泉さんは一二年は低迷すると最初っから云うてるワイ。
こんなことだけダダこねて、頑張りますから、なだめるにも困ったもんやなあ。
(02/02/07)


85.小泉政権崩壊の足音(3) 三方一両損

ナンとまあ、「小泉政権は強きを助け、弱きをくじく、弱肉強食。」
国会の代表質問で、我が云い分そのままのことを、事もあろおに共産党の志位委員長が申してクレました。云うとくけど、共産党なんか大キライやで。その共産党と同じになるとは世も末じゃわい。
さて、「強きを助け、弱きをくじく、弱肉強食政権。」小泉さんの答弁で佳く出る文言で、三方一両損がある。
最初がNGO問題で揉めた真紀子大臣、野上次官、鈴木議員の三幹部は等しくお役ご免で損をセヨ。此れからの展開に寄っては、ホントに誰が損したのか分かりませんが、今の処は役職の桁からして、真紀子大臣一人が損してる。
お次ぎが医療制度改革で、患者、保険加入者、医療機関、三方等しく妥協し損をセヨ。
そやけど、佳く考えてクレ。保険加入者が患者も兼ねてますから、患者になると二重に損することになる。
此れも患者負担の現行二割負担を三割にすると、小泉さんは仰ってますが、内情はホカの二方が固まってナイのやて。固まってから実施しても遅くないと、周囲は諫めてるのに、小泉さん一人が患者負担のみ先行すると云い張ってます。厚生属議員と厚生省のお役人がこのままでは健康保険の資金が枯渇し破綻するから早よ決断してクレとせかすのを、小泉さんがチョッと待ってクレなら合点するのですが、反対ですから佳お分からんワイ。
三方一両損ではないけれど、株安、債権安、円安のトリプル安も一喜一憂することはなく、すべからく、国力の実力評価でありますから享受セヨ。
お言葉に間違いはありませんが、小泉さんを筆頭に経済担当の三馬鹿トリオ閣僚、塩爺、柳澤、竹中平蔵さんを含めた無策の結果でもあります故、其れも頭に叩き込んでオケ。
最近では、一喜一憂セズが、注視すると云い出しました。注視とは、注意して視るだけの意味です。ナンで視てるだけになるかと云えば、失礼乍ら、数字の意味する処が理解出来ませんので、グラフにして差し上げまして、どっち向きならどおなんか、三日三晩の缶詰講習会をして差し上げてからにして欲しい。このままでは、腕組んでボケーとされてるだけになりまして、時間の無駄で構造改革にも反する。イヤ、ハッキリ云うてオク。数字の意味が分かってたら、顔面蒼白、とっくの昔に対応してるワイ。
銀行の預貯金もペイオフを順次実施し、国が保証することは致さぬ方向ですので、国民の皆様、各自判断し、勝手に自己防衛してくださいね。
されど、心配要りません。金融不安で倒れるよおな金融機関は見当たりませんから、公的資金債注入は致しません。何処の金融機関も預貯金が解約引き出し等されてませんのです。
引き出しされてないとは真っ赤な嘘や。郵便局には長蛇の列とまでは申しませんが、預け入れ金額急増やて。市中銀行も郵便局も情報開示してませんが、小泉不況のため、銀行の貸し出し先の企業倒産増大の折り、イツ転けるか分からん銀行よりも郵便貯金なら安全で、同様にして、資産防衛のため金価格が上昇の一途。こんなことくらい、新聞に掲載されてますがな。柳澤さんは新聞さえお読みになってないのです。
そもそも、株安、円安、債権安は市場から現政権が馬鹿にされてる証明です。何処まで売られたら眼が醒めるのか。国が消滅するまで醒める気配がナイのでやりたい放題。
そのくせ、小泉さんは痛みも一二年のことやから兎に角我慢してクレ。一二年待つまでもナク、日本沈没やで。
国民は我慢セヨ、我慢セヨと云われっぱなし。抵抗勢力には断じて妥協しません。負けませんと云い乍ら、マダマダ、協議されてますが、道路属議員には妥協に妥協を重ね続けて、特殊法人解体も申し訳程度の一つだけ。予算も以前と同額か其れ以上やて。阿呆抜かせ。
兎角、国民は我慢を強いられ、負担は押しつけられて、経済企画庁の月例報告では益々悪化の一途で回復の兆しも程遠いやて。
結局、小泉さんは、国民の夢と希望は我慢して戴きまして、辛いことは即刻受け入れてクレと申されます。
そして、呪文の台詞、構造改革なくして、景気の回復なしと、関係有るよな無いよおな、ワケの分からんことと、三方一両損の損してクレばかりの連発で、金融不安解消と経済対策についての具体案は今だ示セズ。

イヤ、そのための三馬鹿閣僚ですがな。馬鹿でも三人寄れば文殊の知恵。知恵がナイなら、ショウガナイ。
もっと馬鹿のウエ、専門外でありまして、責任も取れませんが、私の知恵でも授けたりましょかいな。どっちみち、彼方様も責任なんか取りますかいな。
此処に来て、やっとこさ、経済安全保障会議(仮称)を設置するのやて。土壇場にならんと動きませんが、従来どおりの空論百出では事態の解決は出来ません。
案がまとまっても、小手先案ではアキマセン。
(02/02/08)


86.小泉政権崩壊の足音(4) 三つの大問題

今の日本には大きく三つの大問題がある。
その一つには国債乱発で、国の借金が嵩んでるために国債価格が下落の一途。
国債が安くなるのは持ってる人が売るからと、買い手が居てないからで、ナンでかと云えば、国の信用が低下したためや。低下の原因は借金漬けの体質改善が頓挫するのではないかと疑われ出したから。
疑われた原因は真紀子大臣更迭に寄る小泉首相の計算間違いで、大幅な支持率低下のため、構造改革が頓挫すると、危惧を抱かれたのであって、主たる買い手の銀行と生命保険会社が運用資金の目減り防衛のために売り出した。
そんなことされたら困るがなと、日銀が買い支えにお腰を上げた。国の機関がお金を印刷して、政府にお金を貸し付けることになりますが、買い手がなければショウガナイなあ。ショウガナイけど、約四百兆円にも達する国債を買い支えるには無理がある。無理を承知で乗り出さねばならぬ処まで追いつめられたと云うことや。
私は国債を持ってませんが、銀行口座は有りますし、生命保険にも加入してるから無縁ではナイ。
国債下落の対処方法のその一では、借金漬け体質を改善することは勿論ですが、小泉内閣が世間の信用を勝ち取ること。別段、小泉さんの内閣でなくとも結構で、経済対策さえしっかりすればヨイ。其れが一番難しいから歴代の首相が傷を深くした。
そのための処方箋の一つは公約どおり、構造改革をやってクレと云いたいけど、円安、株安、不良債権処理の遅れが大いに関係してるのに、肝心の小泉さんはマダ理解に乏しいから世話がない。三馬鹿閣僚トリオにもありませんので救いよおがナイ。
円安にしても輸出大国日本ですから、円高が自然やのに、ソオはなってナイ。原因は日本の金融市場が超低金利と株安のためナンの魅力も無くなって、資産保全と運用のため、外国債券に逃避ですから情けない。イヤ、日本の政府が情けないのです。
加えて、デフレ阻止のためと、金融当局が円安誘導の口先介入してますが、国債同様、日本経済の実力での円安です。そのうち、流れに逆らえんよおになりまして、日本売りと真っ青になっても知るもんか。などと、私が開き治ってもナンの足しにもならんワイ。
二つ目がバブル崩壊からの干支一廻りの十二年間、土地と株価のダダ下がりのため銀行を筆頭に資産が目減りして、信用不安が充満してる。其れを踏まえてのペイオフ解禁ですから、理解に苦しむなあ。このことは掲載済み故、繰り返しません。
とりあえず、信用不安を取り除くための具体策を発表して、即刻実施ならまだしも、安心セヨと口先ばかり。またもや、日銀が乗り出して、二兆円を準備したらしい。準備してナニするかと云えば、イザとなったら、銀行に公的資金再注入のためですて。
イザとなったらでは遅い。物事は、ヤルならヤルでイザとなるまでに、迅速呵責にやらねば意味無いわい。強制的にでも注入したら佳いのですが、銀行屋さんが拒否してます。理由は経営責任を問われるためとダダこねてますから、何処も彼処も阿呆ばっかり。金融不安の助長より、我が身、我が立場の保全だけが最優先。エライさんは何処でも一緒やなあ。
イヤ、銀行屋が阿呆か、小泉さんが阿呆か、どっちも阿呆と思います。信用不安も銀行保有の国債と株式が目減りの一途では当然やなあ。その株式の下落のため、我が身大事で銀行が一生懸命に売却してます。売却するから下がって、下がるからもっと売る。マサシク、下落下落の悪循環。
その株を銀行等保有株式取得機構で引き受けるのやて。資金も二兆円也で、空売り規制もするのやて。
この国の金融当局者は揃いも揃て薄ノロばかりで涙が出る。此処まで追い詰められての規制ですが、小手先だけでは株価の下落は停まりません。一時的には停まっても、右肩上がりに転ずることはない。
空売りは株価が下がると診て売られてる。下がれば下がる程、儲かることになるからで、反対ならどおなるか。上がれば上がる程、空売りしたら損しますから、売るハズがナイ。
つまり、日本の株式市場は干支の一廻りの十二年間、舐めに舐められ、舐めまくられてると云うことや。殊に、小泉政権誕生以来、ホンマかいな、嘘やろと、世界の投資家から完全に舐められて、強きをたすけ、弱きをくじきでもなくて、強きまで弱体化させられてるやに見える。
今や、日本のハイテク企業、NEC株は売りとして、その資金で韓国三星が買われてます。
銀行も国債も外国からの格付け機関から格下げ予告されまして。銀行だけではナイで。聞いたことのナイ生命保険会社なら結構ですが、日本を代表する日本生命と第一生命までが含まれてます。
生命保険までを取り上げられたら、私が死んでも葬式さえ出してもらえませんし、幾ばくかの残すべきものもなくなるがな。
とりあえず、僅かでもラシキ対応策が出て来ましたから、歯止めになればヨイけどなあ。
三つ目は、其れ等が複合化し、国民の将来への不安が増幅され、消費が盛り上がらん。
嗚呼、こんな話、考えるだけでも気が重いし頭が痛いし、寝不足になる。
(02/02/09)


87.小泉政権崩壊の足音(5) 救世主ブッシュ大統領訪日

このテーマを掲載するだけでも、間違わんよおにと定期購読の京都新聞は勿論のこと、日経新聞とネットに公開された最新記事を二誌三誌、四誌五誌と眼を通さねばなりません。
眼を通しても、新聞社に寄っては表現が異なったり、正反対のことが掲載されてたり。同じ新聞社でも新しい記事ではニュアンスがチガウかったりしてなあ。
日本売りでトリプル安の株、債権、円の下落に加え、我が記憶力も低下途上にありまして、眼も老眼気味から老眼へと、着実に確実に進行してます。
あの記事は何処の社の記事でナンと書いてあったかと、探すのにも一苦労。眼は疲れるわ、眼鏡は何処に置いたかと探すのにも時間を喰うて。と云う程の広い居場所でもありませんし、動き廻ってもいませんので、その場から手が届く範囲に決まってます。
自己防衛のため、コピーして保存してたら、沢山になってしもてねえ。此れマタ、探すのに一苦労。保存の時には超重要なことでしたが、暫し時間が経ちまして、も一度読みなおせば、こんな程度のことやったかと、削除して。削除してから、シモタ、要るのまで削除してしもたと慌てても、遅いのやワイ。
此れも、二三回で打ち切り予定が、突如、同時進行で不況対策に動きが出て来ました故、エライ、テーマを取り上げてしもたと後悔してますが、とりあえず、時間を喰ってショウガナイのです。其れにも増して、ナニかしら、政府案が出て来たことは悦ばしいことです。
遅蒔き乍らも、此処数日来、日本経済の混乱を言を左右にしやがって、心配してない、心配するな、心配し過ぎであるゾと、適当に誤魔化してた政府筋が経済対策を検討俎上にし出しただけでも大成功。
イヤ、業を煮やした我がサイトでボロクソに掲載の檄文をチとでも覗いたからと、まさか、そんな見当チガイして、エラソウなことは申しません。万が一にでもそおであったなら、喜色満面、政府さえ動かしてやったぞと大々的に自慢したるけど、サイトの存在さえ知らんやろ。
ではありますが、私も小泉内閣メールマガジンを初版から購読してまして、時たまですが、忌憚ナキ意見を投稿してるのです。嗚呼、其方様は世間のことをナンにも分かってませんねと。
かと云うて、お眼を通して戴けたとは思てません。日本全国、あまねく、津々浦々、不特定多数の皆々様からの多種多様なる想いを込めてのご意見が無数に届くやろ。しかるに、読んだぞと、お返事の一通さえ戴いたことが無いからなあ。イヤ、小泉首相にとは申してません。整理されるのは、事務方であると思てます。
タマタマお目に掛けられたのは、悲惨な大事件、大阪教育大学附属池田小学校の児童殺傷事件で池田小学校の児童が出したメール一通が評判になりましたが、此れ以外は一方通行ではなかろおか。
さて、此の八日(日本時間九日)より、カナダのオタワで開催の先進七ヶ国財務相中央銀行総裁会議、所謂G7が開催されてます。
塩爺が出席してますが、日本はナニしてる。日本発の世界恐慌に引きずり込む気か、足を引っ張るなよ、馬鹿タレめがと、血祭りに上げられる前にこんなことを検討してますとお土産話を出しまして、なだめに掛かってます。
更に、十七日には米国のブッシュ大統領が来日とのことで、政府筋も大慌てで、大忙しで。
主要国では景気回復の目処が立って来てるのに日本一国だけが取り残されてますから、しっかりして頂戴ねと、つつかれるからです。
ブッシュ大統領様にはそんな予定は無かったのです。
小泉さんの構造改革の方向性には間違いないからしっかりやってくださいねと簡単なご挨拶だけの儀礼的会談で終わるハズが、日本の経済状況がチとどころか、かなり怪しくなってるため、君、大丈夫かねとご心配のお声があるやも知れませんのです。
お声があるまでナンにもしませんのは、今も昔も替わりませんが、案だけでも出て来るだけマシと思てます。ナニも無ければエライことですよ。冗談云うてる場合でナイぞ。
或いは、銀行等保有株式取得機構も造っただけでは機能しませんので、二兆円を準備したり、ナニをモタモタしてるのや、急げ、急げ、始動を前倒し致せとセキ出して、勝手なもんです。
ブッシュ大統領の訪日予定がなければ、佳きに計らえと、いつまで経ってもほったらかしの、暢気でボケばっかりやなあ。
そしたら、ナニかいな。情けないことに、ブッシュ大統領訪日が日本経済不況脱出のための救世主になるのかい。
なってくれんと困りますが、全ての施策は大統領への説明のためでなく、国民に対してやってクレ。
(02/02/10)


88.小泉政権崩壊の足音(6) 大胆且つ柔軟なる対策

近所で、土地が売りに出てます。
近畿財務局の公示では、雑種地、壺単価で十五万円で二百ン十壺で総額ン千万円也。
半年前から掲示されてましたが、相続税を現物で納めやはったのではと勝手に想像してますが、今だにそのままで、売れてませんから、土地神話崩壊以前とは大違い。
住宅地でこの価格なら安いのですが、雑種地では材料置き場か駐車場にしか出来ません。
老後の安定収入として、駐車場経営するのも妙案ですが、ン千万円となれば、我が甲斐性では逆立ちしてもあきませんので、自宅を売り払い、首吊って保険金を加えれば、ナンとか土地だけでも買えるやろ。
そやけど、駐車場にするための整地にも時間とお金が掛かり、残された者が住処と喰うにも困り、此の季節、暖冬とは云え、駐車場予定地で凍死か餓死してしまう。
金融機関が保有の株式も小泉政権誕生以前なら担保価値もまだマシであったため、売却することもナイのですが、下落の一途ではたまりません。不良債権を処分しても、処分しても、減るどころか増加の一途。
株安、債権安、円安のトリプル安だけではナイぞ。も一つ忘れてならぬのがこの土地安で、カルテット安と云うてクレ。実際には、この土地と株が大問題で、債券と円はその結果からの不安心理からです。
とは云うても、現実には四方一両損の結果、銀行には融資先の企業を支える体力もなくなって、大型倒産が心配されてるのが、三月決算までの二月と三月の危機。
まず、株価を支えるための対策なら、昨年にも出てました。個人が積極的に株式投資をしてくれるよおにと、売買に伴う税金を抜本的に見直しましょう。知者が雁首揃えて出して来たのが、総合分離課税の廃止で申告課税への一本化。簡単には、売却益の二十%が税金やて。阿呆抜かせ、何処が抜本的対策かトクと説明してクレ。
税の公平性のためには、株式益だけを突出優遇するワケにもイカンのやて。
そんな間抜けなことを云うてるから此のザマがある。株式の売買益が出る程度の株式市場にしてから云うてクレ。イヤ、こんな程度の対策案しか出せませんから、売買益の出せる株式市場になりませんのです。
個人投資家が歓迎する案ならば、発表されただけでも株式市場も活況を呈しますが、反対ですから蹴られてる。
本気で国民の皆々様の資金を頼りに株価の下支えをしたいなら、形振り構わず、面子に拘らず、是非にもお願い申し上げますと、政府関係者、全員丸坊主になって、土下座してでも御願い申せ。
其れを形とし、数字で示し、無税にでもナンでも手当たり次第にやれ。其れで、株式売買が活発化すれば、証券会社の手数料収入とその消費税で国税もガッポリ入るワイ。
証券会社も手数料収入不振で赤字に転落ですが、こんな魅力のナイ株式市場なら、個人どころか、機関投資家も逃げてしまうから、余計に買い手不在で下げるのです。
此処でも知者のご名案のため、法人税が消えて無くなったワイ。専門知識を振り回し、ケチなことばっかり云うてるからや。ざまあ見ろ。
ざまあ見て戴いてもショウガナイけど、反省さえしてませんから知者どころかグシャグシャの愚者です。
土地税制も住宅建設にも同じことが云えるのや。本気で土地と住宅建設を促進させたいなら、せめて、消費税だけでも免除してやれ。
出来ることなら、購入金額に応じて所得税もウンと減額してやって、お国の不況対策にご協力戴きまして誠に感謝致しますと、金一封と記念品を添え、総理大臣殿直筆の感謝状の一枚でも指し出してやれ。
思い起こせば、時の総理大臣橋本龍太郎氏が消費税三%を五%にして以来、加速した不景気と消費の低下ですから、いっそのこと、元の三%にでも戻す英断も要るのやで。イヤ、此の窮地になってますから、期間限定であろおとも、ゼロ%にしてもヨイくらいです。
其れがだめなら、高額商品だけでも税率を下げてみよ。韓国では、贅沢品の税金免除で、景気好調ですがな。経済学者が学ぶべきは屁理屈よりも隣国韓国の成功にこそ模範がある。シッカリ観察のウエ、辞を低くし先哲に教えを請え。
つまる処、問題箇所の税金を優遇処置すること。其れを目先の税収がナンたらカンたら、タラタラだけでは、屁のつっぱりどころろか、ヤルだけ、云うだけでもがっかりさせられ逆効果。
難しいことは分かりませんが、此れなら国債増発もイランと思うけど。そして、結果的に税収が増え、不況脱出なら、云うことナイぞ。
目先の痛みは我慢してクレ。構造改革はナニがナンでもやらねばならぬ。そんな呪文こそ、其方様のお仲間を説得するだけで、即刻にも解決出来るワイ。国民にナニをしてクレと云うのかい。負担の増額ばっかりや。
小泉不況打開のため、国民がナンとまあと、ビックリ仰天するよおな、小泉さんのお言葉どおり、口癖どおりの大胆且つ柔軟なる対策のたった一つでも示してクレたら佳いのです。
其れで貴方様がもたらした不況対策が出来んかったら、時期が悪かった、天運も、お天気も悪かったと、潔く、きっぱり、辞任してしまえ。
その覚悟が有ったらヨイけど、サテ小泉さんは如何かな。
(02/02/11)


89.小泉政権崩壊の足音(7) ダメ日本

携帯電話の呼び鈴が鳴りまして。
呼び鈴とは古くさい表現ですが、登録してナイ電話からの着メロは設定してないのです。其れでも着メロやなあ。
どっちでも佳いけど、表示を見たら非通知ですし、いつもの調子で名前を名乗りそおになるのをグッと堪え、はい、モシモシとだけ返事したら、男の声で、アア、間違えましたとプッツン切られてしもた。
そしたらナニかい。出るのは女性のつもりやったのか。
そおかと思たら、昼間に酔っぱらいから掛かって来まして、
「はい、モシモシ、シバタです。」
ツイツイ、名乗ってしもたなら、
「嘘やろな。冗談云うたらアカンわい。シバタは此処に居るゾ。」
と笑われまして。オマケに、
「今何処や。場所を間違ってナイやろなあ。早く来い。」
とせかされました。腹が立つから、スマンのお。
替わりに謝っておきました。ツイデにも一言、行けんよおになったワイと追加してやって、腹を抱えて笑たなあ。何処かに嘘も混じってますが。
酔っぱらいは別にして、男性は謝ってクレますが、女性が謝ってくれたことはナイのです。
はい、モシモシと返事しただけで、アッと云う呻き声とも叫び声ともつかぬ、短音一発でプッツンしやがる。せめて、スミマセンの一言くらい云うてクレ。
その短音一発で、性別は勿論、大凡の年齢まで予測出来ますが、さあ、鳴ったぞ、何処に置いたか、誰かいな。ナンの用事かと、大慌てした分だけ腹が立つ。腹を立て、携帯電話を地面に叩きつければ、壊れるのは私のですから、そんなことは出来ません。
此れも相手先が女性のつもりなんやろなあ。どっちでも結構ですが、お子達さんには挨拶くらい出来るよおに育ててクレ。
私の云う挨拶とは、相手の立場に立てる姿勢のことです。
其れを云い出したら、政界なんか佳い歳したオッサン、オバハンが無茶苦茶やってます。
国会を愚弄するとは何事かと正義漢ぶって怒鳴り合ってますが、愚弄されてるのは国民で、国会答弁の何処にホンマのことが有りますか。
質問は揚げ足取りで、ご答弁は言語明瞭、意味不明確なすれ違い。都合の悪い速記録は削除して、只々正直者の国民だけが阻害され、云いくるめられて馬鹿見る時代です。
NGOのアフガニスタン復興支援国際会議出席問題もODAを巡る政治家の口出し排除を目的とした構造改革の一環にすればよいものを、鈴木宗男氏がどおであったのか知らんけど、圧力はなかったし、証拠もないから分からんワイ。全ては外務省判断で、どのよおな経過であれ、結果、大西氏は会議に参加出来たから其れで佳いではないかとしてしまう。
国会での小泉首相の答弁ですが、此れで佳しにしてしまいたいのは橋本派と押しまくられてる小泉首相だけ。
其れはアカン。経過は明確にせねばならぬと野党側の参考人招致要請につきましては、当事者はイツでも出てやると宣言してるのに、ナニが不都合なのか、自民党だけが言を左右に悩んでます。
鈴木宗男氏の名前が出てない自信が有るなら、ナニ抜かす、NGOの大西代表も含めてイツでも何処でも束になり、ドンと掛かって来やがれと、胸張って応戦出来んのか。そんなへっぴり腰では仲間ウチの構造改革も程遠い。
反論有るなら、成果事例の一つでも具体的に教えてクレ。そしたら、悪う御座いました。誤解してましたと素直に謝罪し、佳くやってくれたと絶賛してヤル。
イヤ、そんなことはどおでも佳い。構造改革は一二年は掛かると煙幕張られてますし、国債発行三十兆円枠を死守すると嘘ついてますが、其れなら其れで結構です。ナニよりも、カルテット安のホウが深刻です。
オタワのG7で塩爺さんはドイツ経済も第二の日本になる危険性を孕んで来たと名指しされたのやで。
その塩爺さんはG7で経済対策、構造改革については具体的にナニをセヨと意見を出されませんでしたから、納得して戴いたものと解釈しております。
本気で云うてたらボケてるで。
(02/02/12)


90.小泉政権崩壊の足音(8) 経済対策としての狂牛病

亀岡縦貫道大井インターの入り口付近にステーキ・ワンと称するお店がありす。
その名のとおりステーキ屋さんで、土日など嫁はんと二人で歩きをしてるのですが、そのコースにあるのです。今年になってからは寒いのと色々用事が重なって、久しぶりに歩きをしたら、閉まってるではないですか。
その日は月曜日とは云え、建国記念日(二月十一日)で祝日ですからオカシイなあと覗き込めば、入り口には張り紙がしてあって、閉店としてあるがな。
狂牛病騒動以前は大繁盛。お店の外で待たされた程やった。昨年のお盆休みには妹一家と一緒に大人数で押し掛けたのですが、騒動以来客足が激減してました。
歩きの度にチラリと横目でお客の入りはどんなもんかと覗いてました。多くて三組、ガラガラで、もしかして、窓際のは桜ではナイかと思た程。こんな調子でイツまで保つのと余所事乍ら心配してました。
チェーン店ですから、親会社がナンとか保てば保つのやろ。其れでも、期限不明の狂牛病後遺症ですし、初競りでは高値で取引されて市況回復かと思われた矢先に雪印食品偽装事件発覚。
こともあろおに、原産地まで偽装して、更には牛肉だけでなく、豚肉、鶏肉まで誤魔化してたら、食品業界全体に疑惑の眼が向けられる。云うたらイカンけど、賞味期限と原産地ならホカでもやってると思いますよ。原産地は別にして、賞味期限とはナニが基準かも分かりませんし、保存方法でも異なるしなあ。松坂牛も生産量より流通量が多いのやて。
その昔のことですが、インスタント・コーヒーを造ろとしたら、粉が固まってた。そやから云うてホカスのは勿体ない。買いに往くのも邪魔くさいがな。お金もナイし、粉砕して飲みました。味はどおであったか忘れてしもたけど、お腹を壊すこともナシ。チナミニ、インスタント・コーヒーにも賞味期限は表示されてます。一年や二年は大丈夫。
そんなことは佳いのです。雪印食品事件に追い打ち掛けられて、牛肉業者は大打撃。存亡の危機に晒されてます。農水省が雪印を告訴してやると申してますが、その前にせんならんことがあるやろな。
武部大臣がダメならダメでも結構です。野党からの罷免要求も与党が否決でも結構です。小泉首相が上司ですから、不出来な部下を擁護するのも結構です。
ではありますが、誰のために弁解して、その目的はなんですか。武部大臣の身分保全のために弁解して、小泉政権存続のために擁護するならオカシイのです。そおとしか考えられませんが、ナンのため、誰のための政権であり国政か。
誰でもナイのです。国民のための政権であり国政でありますから、武部大臣なんかどおでも宜しい。牛肉業者のためにも小泉首相が人肌脱いでやれ。
国民の前に立ち、斯くなる次第で今現在の牛肉は大丈夫である。全頭検査実施以来のデーターに寄れば検査頭数ン万頭で狂牛病ン件でありますが、全部我が眼の前で処分し、其れ以前の肉製品も焼却処分にしてますから、市中には怪しい肉は一片たりとも出回っておりませんです。
万が一にも、疑わしき肉が存在すれば、私、小泉純一郎に連絡してください。お宅様の眼の前で食べさせて戴くことを公約致します。公約だけでは実績的に信用されませんので法律化致しましたです。
当然、市中の肉は我が息子孝太郎にも食べさせてますし、武部大臣のご子息、お孫さんにも食べて戴いております。
更には、農水省、厚生省を始め各省庁の職員官僚は家族揃って週に三度、機密費、裏金ではなく自費に寄りまして焼き肉パーティを実施。ベジタリアンにも強制的に喰わせてます故、国民の皆様ご安心を。
其れで牛肉の信用度が回復するかどおかは別にして、国民の小泉首相への評価だけはチと戻ります。
イヤ、此の程度のことなら国債発行要りませんし、ナンの損も致しません。牛肉業者が復活すれば税金も多少は潤いますがな。其れどころか失業も若干減り、雇用確保も出来ます。
ステーキ・ワンは左程有名でもありませんが、牛丼の吉野屋もマクドナルドも売り上げ激減。牛肉関連の外食産業も大変やで。
私にしてもアレ以来、肉喰ったのは二回だけ。好きですから腹一杯喰いたいけど、マダマダ、不安が残ってます。
ホンマに検査前のが出回ってナイやろなあ。ホンマに検査してるのやろなあ。検査で怪しいのは間違いなく処分してるやろなあ。国のやってることは嘘が多いから無条件では信用出来ませんしねえ。
農水省の官報で検査結果は公表されてますが、検査数が少な過ぎますし、まとまったものがナイのやなあ。一事が万事、この調子ですから彼方様の姿勢が推し量れます。
其れにも増して、小泉さんもナンにもしませんし、する気配もありません。
経済対策も狂牛病も余所事で、そもそも、今ナニをするべきかも分かってナイ。
(02/02/13)


91.小泉政権崩壊の足音(9) 抱腹絶倒ムネオハウスの怪

衆議院予算委員会で共産党の佐々木憲昭議員の口から面白い話題が飛び出した。
日本政府が国後島に建てた「友好の家」がムネオハウス。
色丹島の診療所は「鈴木宗男診療所」で、贈られた四輪駆動車が「ムネオ号」。
ホンマかいな嘘やろなと我が耳を疑い、抱腹絶倒、笑い転げますが、我れに還れば不思議でナイなあ。
NGO問題で大西代表にオマエ等なんかにお金が集められんやろ。集める気もナイやろ。ワシが集めてるのやぞと恫喝した議員様です。此の言葉には事実の一端と勘違いの面もありますが、北方四島に赴きまして、
「私、鈴木宗男がたった一人、万難を退け、長年に渡りまして各方面に一生懸命働きかけましたる結果、この度、日本国民の血税から、此の地に各施設等々の建設資金援助が出来る運びとなりました。」
とでも説明するべき処、時間もなかったから、言葉を簡潔明瞭にするため肝心な出所を端寄ってしまいまして、
「私、鈴木宗男が資金援助致します。」
とでも発言したのやろ。イヤ、知りませんよ。単なる個人的推測です。
宗男議員にしてみたら、資金を捻出するべく強力推進尽力傾注圧力を掛けた結果でもありますから、それも認めて欲しいし、多少は実力も誇示したい。最低限、私、宗男が努力した結果ですとは云いたいやろ。
この範囲なら議員様お得意の自画自賛宣伝文句でありまして、不思議ではありませんが、説明を端寄り過ぎたなあ。
結果、彼方様も感謝感激、気も使われまして、銘々の際、ムネオハウス、鈴木宗男診療所にムネオ号と勝手にされたのでありまして、宗男議員様としては、そんな名称にしてクレと頼んだ覚えはナイと云われるのも間違いありません。
国会でこの発言が出ましたから、マスコミ各局がどおなんやと現地に電話確認した処、そんな事実はナイとの回答が紹介されてます。
この程度のことなら電話一本、口裏合わせは可能です。クレグレもしたとは申してません。可能としています。
小泉首相も事実関係を調査する旨、答弁されましたが、政府筋がチンタラやってる間にも敵さんのホウは臨機応変、迅速呵責、証拠隠滅全室完備、政治生命死守厳守、影響力温存増大増幅も可能です。
ナルホド、一番遅い報告が外務省で、やっぱり現地関係者に電話で確認しましたが、そんなことないと返事がありましたとのこと。
よって、阿呆抜かせ。ワシャ知らんワイ。証拠もナシに人様をおとしめることしなさんな、云いなさんな。出る処に出てやって、事実だけを語ってやるワイと大いに強気と相成りました。
二十日にも真紀子前大臣を始めとしまして、NGO代表抜きですが、宗男議員も国会での参考人招致に出席されますが、結果は見えております。
云うた云わんも、その場に居合わせました関係者一同、鈴木議員の名前は出てなんだと申されてますし、国会答弁での公式速記録からも削除されてます。原子力爆弾一発、録音テープでも持ち込まんとアカンやろなあ。
原子力爆弾が存在するか否かは別にして、日米首脳会談を目前に急遽活発化した経済財政諮問会議の動向も面白いのですが、ムネオハウスみたいに面白いとホントに笑ってられんのが辛いです。
常々構造改革なくして、景気の回復なしと連呼されてたのが、ナンで気が替わったのか、如何なる手段を講じてでも金融不安は引き起こしません。断固としてデフレ対策を実施すると云い張り出した。
ホナ、ナニかいな。金融三馬鹿閣僚は今までナンにもしてなかったと云うことか。
小泉首相がチとでも気が向いただけマシですが、オタワ会議では、塩爺さんが来年度はゼロ成長で、その次ぎの年度は一%成長であると発表したのに、日本に戻ってからは、公約ではなく努力目標であると解説して、竹中大臣は可能であると演説した。
肝心の小泉首相は黙して語らず。佳いのか悪いのか、彼方様に任せてるのや。
ではありますが、株式市場も日米首脳会談でナニが出て来るのか、来ないのか、疑心暗鬼のままバブル後最安値からチとだけ戻しましたが、従来どおりの案だけなら、出すのは遠慮してオケ。余計に失望され、暴落致します。
効果がナイと思われてるから、今が有る。其れさえ理解してないから困った連中です。
先日も、ムーディーズが日本国債の格付けを下げたるぞの報道に対し、福田康夫官房長官殿がお得意の皮肉タップリ口調で申されました。
「どお云う風に判断するかは彼方様の考え方でして、日本経済の底力を知らないのではと思います。」
その日本経済の足を引っ張ってるのが貴方様を含む小泉政権の面々であることを分かってないから下げるのや。
現実問題、売られて下落してるのを口先だけで解決出来るなら、毎日二十四時間、一瞬たりとも途絶えることなく薄笑いを浮かべて皮肉ってクレ。
真面目に実行してくれたら、佳く頑張ってくれたと、金一封ナシ、賞状ナシ、我が心の内だけで密かに誉めてつかわす。されど、市場からは馬鹿にされます。
百歩、千歩、万歩とお譲りして、仰るとおり、金融不安も、国債も株式も、国民及び市場は悉く間違ってるかも分かりませんが、その間違いを理論的に指摘し、正当なる水準に戻すことが政府高官の使命やで。
出来ることなら、その正当なる評価を理論と実践で示し、胸張って得意満面、ブッシュ大統領様に約束してクレ。ブッシュさんも気を使ってますから、込み入った話は個人的にしますと云うてます。
どっちみち、国民はそっち退けやがな。
(02/02/17)


92.小泉政権崩壊の足音(10) 内閣不一致迷走混迷

政界の迷走と食品業界の原産地偽装が同時進行です。
原産地偽装は雪印だけでは無かった。
高松の業者もやってましたし、肉以外でも熊本の青果業者が韓国産ミニトマトを八代産として出荷して、こんなこと、余所でもやってますと嘘ぶいてますが、ビックリ仰天することもナイ。やっぱりなあと思います。
衣類なんかもっと酷いです。バーゲン・セールの正価を信じてるのかい。私は信じてませんが、其れしか資料がナイからその値段にしとかんとショウガナイ。其処から半額にしてるから安いのやろと得した気分になってるだけです。
ブランド物のハンド・バックに財布に鞄も直営店なら信用しますが、悪いけど、スーパーにそこらのお店でなら値段にも寄りますが半信半疑やで。イヤ、安過ぎたら本物とは思いませんが、興味本位で買うこともある。私も二十年前ではありますが、韓国で偽物と認識したウエで買ったことがある。家族へのお土産としての数個ですが、隠すことなく税関でも見せてました。
その直後からニセ・ブランドの国内持ち込みが流行ってしもて、税関が厳しくなった頃には機内でしか買ってナイ。機内ですから無税のホンマ物です。
露店で売ってるブランド物商品など誰が信用するもんですか。其れでも二十年前の偽物よりは本物に近いから恐れ要る。
此れなんか、製造から流通、販売に至るまで偽物を意図して製造し、分かったウエで販売してますから、根が深い。下手したら、販売店が気がついてないこともあるらしいのですが、仕入れ価格がチガウから、気がついてないとの説明は嘘に決まってる。そやから云うて、ホントのことも云えませんで。犯罪になるからなあ。
ミニトマトにしても、不作のため要求量が確保出来んからと輸入したのですが、生産地としては供給責任がありますから、ナンとしてでも調達してクレ。
但し、ハッキリと韓国産であるとして出荷すればヨカッタのですが、其処を隠されたら、サッパリ分からんし、犯罪です。納入先がどおしても外国産がダメと仰るならば、お断りするしかナイのです。
其れが名産地のプライドなるもので、そもそも、輸入品との差額を儲けるのは輸入会社のやることです。此処に企業倫理の欠落と甘い汁の罠が有る。一度やってしまえば、美味なる儲け口ですからやらにゃ損々。結局はバレてしもて、信用ガタ墜ち。さりとて、私などミニトマトが何処産とも知らずに喰ってます。ミニトマト一個一個に原産地表示なんかしてないしなあ。
さて、経済面では、一月度の倒産(負債一千万円以上)総額一兆円で、干支の一廻りで十二年ぶりではナク、戦後最悪ですて。
戦後からともなれば、五十七年ぶりとなりますが、物価と総資産額もチガウし、単純に比較は出来ませんが、此方も酷いことになってることは事実です。
此の干支の一廻りなる表現ですが、此処数日来、政治家も云い出した。イヤ、我がサイトを覗いたからとは申しませんが、此方のホウが一足早いとだけは申してオク。些細なここではありますが、断じて、余所様からのパクリではありません。(憂国、二月九日掲載文参照
さて、ペイオフ解禁の四月までは一ヶ月と半月を切りました。
国民は不安に駆られてますが、柳澤大臣は金融機関への公的資金注入など年度内には実施致しませんと公言してます。何処でかと云えば国会での予算委員会やで。
やるとしても、四月以降になるとのことですが、ナンでやろ。
漏れ聞こえるだけで真相不明ですが、金融機関は手段を選ばず、粉飾決算でもナンでもして二月と三月危機だけは乗り越え、ペイオフ解禁になってからの四月以降、破綻する銀行が出るやも知れんから、その段階と云うことか。
国会答弁やのに野党も肝心なことを問い質してクレませんから真意が分かりません。私等にしてみれば、破綻する銀行はペイオフまでに消え去ってクレ。ペイオフ以降に破綻されたら困るのや。
そもそも、柳澤大臣は嘘で固めてますから信用出来ませんのです。銀行の特別監査も何時になったら終わるのやら。一斉にやってるワケでもナイのですから、出た結果を順次公表すれば佳いのです。今なら全額保証されてますから、結果の悪い銀行に預貯金が有ったら、三月までに引き出せば佳い。
そお思うてたら、国会以外の演説で、竹中大臣は必要ならば三月中にも公的資金注入やて。国会答弁よりも外野での演説が優先なら国会なんか辞めてクレ。時間の無駄。
金融機関の保有株買い取りも簿価としたり時価と云うてみたり。野党民主党と竹中大臣はナニ抜かすと反論したり、事此処に至ってナニを揉めてるのか。
事此処に至ってるから切羽詰まって揉め出したのか。
長たる小泉首相が経済音痴で意志薄弱やから閣内不一致で迷走混迷してる。
そして、ブッシュ大統領来日で、日米首脳会談でナニが飛び出すかです。国民不在でも目新しい画期的方向性を提示してくれたら其れで佳し。
ナンにもなければ、再び奈落の底に突き進む。
(02/02/18)


93.小泉政権崩壊の足音(11) ニューヨーク・タイムズに反論する

ニューヨーク・タイムズがブッシュ大統領訪日を機にこんなことを掲載したのやて。
「ブッシュ大統領の父君が大統領として訪日した十年マエは自信に満ちて無敵を誇っていた日本が今や大きく様変わりした。
その当時の米国は日本式経営方法を研究したが、今度は日本が米国から講義を受ける立場となった。
日本の金融当局者達は今では物覚えが悪い世界の劣等生とみられている。」
此の文言は当たってる部分と外れてる部分が有ると思うのです。
十年マエと云えば、平成の妖怪宮沢首相の時代ではありますが、そもそも彼方様が日本式経営を研究したとは恐れ要る。
私の眼からはその反対で儒教精神の美風が僅かにでも反映された年功序列の日本式経営でしたのに、ナンの防御策もなく、単純に、尚かつ無闇矢鱈に基準不明確なまま、基準などナンにもありませんが、実力主義と称する化け物の名目だけを神国米国様から真似したのは日本企業と見えるけど。
お陰様で、何処も彼処もギクシャクした会社になりまして、競争力も大幅なる低下。一番目立つのは胡麻擂りの横行でして、雪印も其れやし、ガキ大将も消えましたがな。当時、彼方は昼間も怖い国。今、日本も同じで凶悪犯罪詐欺横行列島。全部、マネしてます。
イヤイヤ、微かな記憶に寄れば、バブルの真っ最中に彼方様の見学者が大挙し、トヨタの塗装ロボットを見学されたのを鮮明に覚えてます。
社交辞令もありますが、見学者が仰ったことは、日本の技術力は素晴らしい。日本の品質管理は世界一であると絶賛されたのです。
本も出ましたで。エズラ・F・ヴォーゲル著、ジャパン・アズ・ナンバー・ワン。
其れをそのまま初心貫徹してたら佳いのに異質文化の真似するから奈落に墜ちた。
昔は、安かろう悪かろうの品質が、当時、安いのはそのままで、品質が世界一となりました。此れぞ技術大国、電子立国日本の唯一誇れるもので、このことは電子部品業界の品質管理に携わった一員として、私も誇りに思てます。
忘れるもんか。米国では其れが許せん、我慢ならんと、トヨタ車に火をつけたり、壊したり、東芝のラジカセにもハンマーを打ち下ろしてたではないですか。其れでも品質優秀で売れるから、三年間の輸出制限までしたのですが、日本製品は高くしても売れたしなあ。ナンせ、品質は世界一優秀でした。今では此れも彼方様の真似し出しまして、チと心配になって来ました。
今は韓国が王道を歩み、日本は猿真似してるばかりに追い越されそお。
彼方様の経営方式を形だけを純粋に真似したのは不動産屋です。円高でしたから安くなった米国の土地と建物を高値で買わされました。
三菱地所がナニを勘違いしたのか、イヤ、日本の地価は高過ぎるからと、自分等が吊り上げたのも忘れてしもて、ロックフェラー・ビルを云い値で買い取りまして、米国の誇りであるこのビルを事もあろおに日本のチビ野郎がお金に糸目をつけずに買いやがったと罵られたで。
この調子なら、摩天楼も金門橋も、自由の女神も買い叩かれるゾと、散々に罵倒された結果、ロックフェラー・ビルもガタガタに値下がりしてから売りまして、大損したのやて。
この説明は嘘であります。米国でも土地のミニ・バブルが発生しましたが、原因は見境無く、日本人が買い漁ったからで、馬鹿な日本人が適当に足元を見られてふっかけられただけ。管理費も聞いてたよりも掛かるわ、肝心の日本の土地神話が崩壊して、手放すときには妥当値の評価額で彼方様の相場そのまま。もしかして、買う時の競争相手も日本企業やったりしてなあ。後ろ盾には銀行屋さんがついてますから、お金ならナンとでもなったのです。
こんな具合に嘲笑たくせに、私でもキチガイやと思たのに、似非日本式経営方法を誇り高き米国の経営者が学ぶワケがナイやろな。
ついでに云うてやる。何処かの銀行屋さんが欧州のオークションで教科書に出て来る程の有名な絵画。マネやったか、モネやったか、ゴッホかピカソであったのか。兎に角、立派な額縁に入ってましたが、有名な割りに私には縁がナイもんで、誰のナンの絵かも忘れましたが、値段はン十億円で落札しやがった。
評判になりましたから覚えてることは金満大国日本の馬鹿さ加減だけが目立っただけで、彼方様からは健全なる値に押さえてクレと苦情が出たやんか。
そのお答えが面白い。我が銀行に相応しい絵ですから、ナンとしてでも欲しかったのと、節税ですて。これだけ合併が進めば、ナンと云う銀行であったかも忘れてしもた。イヤ、一行二行でなかったから、私の知能では覚え切れませんでした。
その当時の銀行屋さんの付けが今だに払えてませんので、その銀行屋とがっちり結託してる金融当局者への評価は間違ってません。相も変わらずの知能の低い劣等生であることくらい云われんでも分かってます。
優等生なら、干支の一廻りの十二年、阿呆な施策はしてませんし、暢気な政治家も多少は進歩してるハズが、柳澤大臣なんかその気配まるで無し。
頑として、国民を玩として、銀行屋さんを擁護してるのか。或いは小渕政権時代に公的資金注入の責任者でしたから、兎に角、巖として、健全なる銀行ばかりですから公的資金の注入は要りませんと頑張ってます。
云われるがままに異質文化を銀行に導入するから金融不安になりまして、内閣は不一致で、小泉首相の指導力に期待ですから、日本国民は地獄往きで、まだまだ足を引っ張られます。
其れにしても、日本の報道機関もダラシがナイ。ニューヨーク・タイムズの皮肉記事に反論さえせずに垂れ流してるだけ。何処の報道機関も薄ら馬鹿ばっかりやで。
薄ら馬鹿で文句有ったら掛かってきやがれ。幾らでも云うてやる。売国奴で提灯持ちめ。
(02/02/19)


94.小泉政権崩壊の足音(12) 国会でのブッシュ大統領演説

受験生諸君全員に合格して戴きたい試験がある。
運転免許の学科試験はテキストを基にして講師が講義をし乍ら答えを教えてくれるがな。
私の時はそおでした。三十年以上も昔のことですから、今は知りませんけど、左程替わってナイと思います。
此処は重要ですから覚えてオケ。此処は佳く出る処ですし、此のページのウエから三行目と四行は赤線を引いてオケ。
真面目に講義を聴いて、まともに受験すれば合格することになってます。問題と答えを教えて戴いてもド忘れすることもありますし、引っかけ問題もある。
慌てたり、勘違いすることも有りますが、夜更かしで試験の最中に寝てしもたらご苦労さん。
問題は沢山有りますし、百点は要りませんので、ホボ全員合格や。但し、意地張って白紙で出したり、答えを書く場所を完全に間違おたら知りません。免許が欲しければ、面倒でも再試験を受けてクレ。
さて、衆参両議院を集めたブッシュ大統領の演説で、小泉首相は最高の指導者であり、信頼出来る頼もしい人物である。ユーモアもありまして、最高の親友であると思てますし、大リーガーの人気者、イチロー選手と一緒でどんな玉を投げられても打てると、思いっきり歯の浮きそな文言を並べ立て、ベタベタのベタに誉めて、持ち上げてくれました。
そのウエで、日本は米国の強力なる同盟国であるから手を携え共にテロを撲滅し世界平和のために頑張りましょう。
構造改革の方向性については間違いはありませので精一杯支持致します。日本経済の再生のためにも、鋭意努力してくださいねと申されました。
そのテロが日本滞在中にでも勃発したらエライことでしたが、日程も無事消化され、何事も無く韓国に出発されましたので、小泉首相を始め関係者一同一安心。
忘れてた宿題、日本経済の回復のための方策を一夜漬けで作成しましたが、残念無念、キツイ一発は有りませなんだ。
ナイのは当然のことではありますが、ブッシュ大統領が日本の救世主になって戴くためにも小泉首相のお尻をバシッと一発、悲鳴と共に気絶し、内出血で腫れあがる程に叩いてクレと切望してたのに、アカンかったなあ。
余所の国のことですから、下手な口出しは内政干渉になります。巧妙に避けまして、単に、小泉首相を希有なる指導者ですから支持する、親友ですと云うだけで、よって、日本経済回復のため、日本製品を高値でドンドン買ってやるから安心セヨとまでは申されてません。
経済問題はブッシュ大統領に同行の経済界の面々が日本の関係者と別途やりまして、不良債権を早く処分セヨと迫ったのですが、経済界に詰め寄られてもショウガナイのです。常に不良債権処理と構造改革を早くやってクレと懇願してますが、政府筋が馬の耳に念仏。
この日、二月十九日の株式市場は変動が大きかった。朝方はブッシュ大統領のキツイ一発期待で小高く始まりましたが、ブッシュ大統領の演説が終わって間も無くのこと、止せば佳いのにお節介な記者団が閣僚に質問したのです。
不良債権早期処理のため公的資金の強制注入はやるのか、ヤランのか。彼方ではヤルと云い、此方ではヤランと云うてるから、内閣不一致ではないか。
その答えとして、財務相の塩爺さんはヤルで、やりたいなあ、ヤルべきと云うてたのがコロリと心変りしてしもて、政府はそんなこと考えてませんと前言を撤回。
金融相の柳澤大臣は私が責任を持つ分野であるから、外野席からトヤカク云われる筋合いはないぞ。馬鹿たれめが。
経済財政相の竹中大臣は言葉は沢山、早口速射するだけで内容はウニャムニャの意味不明で、結論がたったの一言、時期は必要になればです。必要になってからの注入では手遅れと思いますが、如何かな。
結局の処、揃いも揃った三馬鹿経済担当閣僚のご意見が一致した見解は、国民が抱く金融不安解消などやる気はナイと云うことです。
そおはなって欲しくはありませんが、危機と分かってから大慌てで穴を塞いでも信用は戻って来ませんから銀行は破綻し、取引企業も倒産する。其れを目的でダラダラやってるとしたら、悪魔やで。
なによりも、最長老の塩爺の就任当初からの痴呆症さえ回復してませんのに、日本景気の回復なんか実行出来ますかいな。
柳澤大臣は金融機関の信用回復よりも小渕政権時代からの経緯もあって、意地張ってますから、不良債権早期処分は遠退き、マタもや先送りされると解釈され、急転直下、円安、株安、国債安のトリプル安に見舞われ、折角期待先行で回復しかけた日経平均も一万円を割り込みました。
今までも同じことがありました。公的資金強制注入論が出ればチと上げますし、柳澤大臣が阿呆抜かせと打ち消せば、市場はまたかと悲鳴を上げる。
そのクセ、小泉首相は口では如何なる手段を用いてでも金融不安は引き起こさないと言い張ってます。既に、不安は満ち溢れ、お金持ちは国なんか信用出来んと金塊に走ってるで。
事前に答えを教えてもらい、其れでも間違い。また教えてもろて、間違っての繰り返しでは、学習する気さえない低能ですから墜ちて戴くより道がナイのに、政治家の世界は特権的別世界で気楽なもんです。阿呆な奴が国を動かしてたのでは保つものも保ちません。国家資産を何処まで目減りさせれば気が済むのか。
恐慌になってから、やっぱりかと他人事の如く、ニコリと微笑み反省するのか。反省なら猿でも出来る。ナニよりも沢山の出題問題でもないのです。たったの一問の回答を教えてもろても、二度三度、四度五度と同じ失敗を繰り返えす奴なんか聞いたことナイ。意識的にやってるとしか思えんで。
小泉首相発足時の支持率が八十%を突破し、高支持率を誇った時、こんなに高ければ墜ちるしかナイと嘘ぶいてました。その反対に日本経済も恐慌に陥ったら、上がるしかないなあ。
但し、抜け出すのは大変で、国家経済は破綻してますから、資産壊滅、老後の資金は吹き飛びまして、企業の連鎖倒産続発、一家離散、自殺者、凶悪犯罪横行の輝ける日本の明日が待ち受けてます。
国民にそんな不安があれば払拭し、近未来の夢を語り、実現させるのが政治家の役目。
口ばっかりの誤魔化してばかりで、ヤル気がなければこの世から消え去ってクレ。夜道は月明かりの日だけではないぞ。このまま放置してたら、三馬鹿経済担当閣僚と親分の小泉首相は暗殺される。それ程に国民は怒っても佳いのです。
イヤ、そんなこと云うてホンマに事件が起きたら私が疑われますからここらで辞めてオク。
チナミニ、私のことですが、近々に東京に往く用事なし。往っても法事で滋賀県まで。我が身は大事ですから、アリバイだけははっきりさせてオク。
(02/02/20)


95.小泉政権崩壊の足音(13) 速水総裁さえ我慢堪らず

海の向こうではエンロン破綻で企業の会計処理と政治家への献金疑惑浮上で大激震。
超巨大な世界的企業、IBMもマイクロ・ソフトも会計処理方法に疑い有りとの情報で、此処がやってたら何処でもやってるでと、何時まで経っても、信用回復出来ず。
詳しいことは知りませんが、収支決算の誤魔化しを公認会計士が容認したり、勧めたらアカンよなあ。折角、回復しかけた彼方様の株式市場もダダ下がり。
本家本元が此れでは面子が保てませんで。イヤ、ナンでもそおですが、一つ歯車が狂い出すとそこらじゅうに狂いが生じ、収集がつかんよおになる。責任者が悪う御座いましたと不手際を包み隠さず披露すれば佳いのに、二の五の云うて隠すから余計に辻褄が合わんよおになって、疑惑が疑惑を誘い、ボロを暴かれ、観念してホントのことを告白したときには手遅れです。
同情の余地もあるのです。我が家みたいな一軒だけの収支決算なら常に赤字で、火の車で、丼勘定で、世間体が悪いからとチと誤魔化して、毎月余剰金が此れだけやと頑張って、嘘ついても、ナンのためにするのやな。余所様にナンの影響も与えませんし、借金に借金を積み重ねることが出来るのも甲斐性のウチ。私等に誰がお金を貸すもんか。名だたる世界企業やから市場で巨額資金が集められるのや。
ところが巨大企業ともなれば所帯が大き過ぎて、嘘をつくと云うより、収入、出費も天文学的数字ですから、ご主人様でも全容把握が難しいのではナカろおか。
但し、エンロンは別です。破綻前に責任者だけは保有の自社株を売りぬけて、従業員は退職しなければ売れず。イヤイヤ、大丈夫ですから安心セヨと経営者から騙され、資産数十分の一にされたのですから悪質詐欺商法やで。
此処から先は疑惑を抱かれた企業が如何なる方策で投資家を納得させるかに掛かってるし、日の丸号は船長の有言不実行も解釈の相違であると乗客を煙に巻くのは辞めてクレ。
さて、二月十九日の夕刻のこと、奇怪な行動をした人がありました。
忘れてならないも一人の重鎮、あの大人しい日銀の速水総裁が余程切羽詰まったのか、真っ青な顔して急遽小泉首相に面談したのですて。
そもそも、誇り高き日銀総裁が呼ばれもしてないのに首相官邸に訪れるのは珍しいのです。
当日が如何なる日であったかと云えば、小泉内閣ご自慢の経済三馬鹿閣僚の猫の目発言が相次いで、株安、円安、債権安に見見回われた日なんやで。
こんなことを傍観してたら大変なことになるとの思いで出向かれたのですが、小泉首相に進言されたことは、金融安定化のための公的資金注入について早期の決断をするべきであるとのことでした。
内容を詳しく解説すれば、経済三馬鹿閣僚の支離滅裂な発言内容は小泉首相の方針であると推測する。このまま、ナニもセズ、中途半端に放置してたら市場の反発を買い、国民の信用を失うことになる。手遅れになる前に金融機関えの公的資金注入はやるべきであり、その資金は準備してるから、小泉首相は一刻も早く注入実施を決断し、関係部署にその旨、指示してクレと云うことや。
日銀は柔弱不断の小泉首相と、口数の多い議員さんから、ありとあらゆる手段を駆使して、効果的なデフレ対策をやってクレと何度も何度もお尻を叩かれてます。
叩かれる度に対策してまして、最早、供給資金としてはジャブジャブの状態になってるのに使わしてクレと頼む相手が居てませんから潤沢な資金が市中に出回ってないのです。
此れ以上ナニをやっても意味がナイと云い乍らも、五月蠅くつきまとわれ、ボロクソに怒鳴られるから仕方無く、国債を月に一兆円も買い上げるにまで追い詰められた。其れでもまだ不足してるし、努力が足らんゾ。ナイ知恵出して、頑張ってクレと脅迫され、株式買取機構に最大で四兆円を準備したのですが、塩爺さんも口先爺さんやし、その周辺も、イザ、ドンと予算を置かれたら、どおする、ああする、此れはイカン、彼もイカンと制約ばっかりくっつけて、外野席もアアや、コオやと五月蠅いし、結果、金融機関に横を向かれて不発の見込みです。
ナンせ、金融機関の予定では株式市場でン十兆円を処分の予定が買い取ってクレとの申し込みゼロ件で、準備しただけ手間が掛かって阿呆みたい。
その程度の無知無策をそっち退けにして、日銀だけに責任転嫁する政府筋で、日銀も行動には移してるのに責任だけ取さされるのは不味いですし、このままでは本当に日本経済が沈没してしまうと心配したのかなあ。
ドン臭い日銀の速水総裁なんか日本の敵と思てたのが、迅速なるこの行動には真相、背景がナンであれ、同感し、見直したで。
そもそも、真剣に考えるべき小泉首相と三馬鹿閣僚は迷走どころか、言語明瞭具体策なしで、アアやコオやと口ばっかりでナニもしてナイがな。
ブッシュ大統領が来日されるから、此れはイカンと急ごしらえのあらゆる手段を講じて対応しなければならぬと豪語した、デフレ総合緊急対策も中身は従来からの個別案件を集約しただけで目玉商品は一つもナシ。
せめて、一歩でも踏み込んでクレと、速水総裁が背中を押しに往ったけど、果たして、小泉首相は動くのかい。
当面はNGO問題の参考人招致に招かれて、忙しいワイ。
(02/02/21)


96.小泉政権崩壊の足音(14) 真紀子爆弾参考人招致で炸裂

この処、政治絡らみの話題が豊富で且つ面白い。
二月二十日に行われたアフガニスタン復興支援会議へのNGO参加拒否問題を巡る参考人招致として田中真紀子前外務大臣と鈴木宗男議員、延長戦では小泉首相に福田官房長官までが登場。
新任の川口外務大臣をはじめ外務省幹部も友情出演されてましたが肝心の野上前次官が外れてます。ヤバイことが有るから避けたのか、誰かの思惑で避けさせられたのか。
参考人招致は結果が分かってしもてるゾ。真紀子さんには原子爆弾はありませんから、ウニャムニャになると予測してたのに、ナンのナンの大きく的が外れてしもた。そもそも、従来の参考人招致がバカバカしかった。攻め手が週刊誌と新聞情報、憶測推測ではアカンよなあ。
ところが、真紀子さんは内情暴露。暴露も原子爆弾とは申しませんが、米軍がウサマ・ビン・ラディン氏掃討作戦でアフガニスタンで使用した地中貫通爆弾、通称バンカー・バスターが速射砲の如く発射され、炸裂したのです。
内容の真偽は別として、結果は明々白々。あとの鈴木議員をはじめ小泉首相もタジタジとなりまして、受け身一方。苦しい弁解でしたから頼りなさが目立っただけ。答弁すればする程にボロばっかり出てしもて。
鈴木議員には共産党からの新手の爆弾、外務省の丸秘文書までが準備されてまして、ムネオハウスに鈴木宗男診療所とムネオ号はやっぱりと云うべきか予想どおりではありますが、既掲載(91参照)のとおり、ご宗男様の私費で建設したかの如くに云いふらしてた。
しかも、建築は息の掛かった業者に落札させて、政治献金を受け取ってたと暴露されてはお手上げや。
しかも、外務省人事にまで口を挟んでるとは越権行為も甚だしいし、外務省も情けない。
にも関わらず、馬鹿の一つ覚えの艱難辛苦で叩き上げの、昔のタイプの政治家ですやて、阿呆抜かせ。実家に馬一頭、売れる財産が有っただけでもマシですし、其れで拓殖大学に進学出来たと涙の苦学生自慢やで。
おまけで云うてやる。閣僚の資産公開で小泉首相の五千万円も有っての貧乏自慢と一緒です。この数字そのものが怪しいし、貧乏でよくぞ慶応義塾大学卒業後、英国のロンドン大学にも留学出来たもんや。尤も、親の資産とご当人様とのチガイはありますが、桁違いに減らしたのかなあ。
どっちにしても、鈴木議員冒頭のご挨拶で、質問者の同情を買い、自らの立志伝を全国に宣伝するつもりがアカンかったなあ。
余所様は知りませんが、私は聞いて驚いたで。其れで苦学生なら苦学生だらけになってしまうワイ。熱弁、ご苦労様でありました。もっと世間のことを知ってクレ。とは申しましても、議員様となり、此処まで有名になられたのはご立派です。経過につきましては、故中川一郎さんもその息子さんも苦笑で。集金能力では橋本派でもピカ一で、手段は税金の私物化です。
其れ以外なら、鈴木議員の答弁は予測の範囲でしたが、番外攻撃では必死の防戦で、熱弁を振るうワリには言語明瞭意味不明確となり、ホカのことばっかり説明してまして、やっぱり誰かさんと相似形。誰かさんとは小泉首相のことやんか。理論武装もしてなかったなあ。
さて、一番手の真紀子さんの爆弾発言は斯くの如くでありました。
「更迭については予算を通さなければならぬと云う大臣としての責務から棒を飲む思いで承諾したのであって、納得してません。
そもそも、国務大臣と事務次官の更迭の判断は間違っている。事務次官を更迭したウエで様子を見る選択肢もあったのではないか。
小泉首相は一見新しいことを仰いますし、格好佳く素敵な方ではありますが、自由にヤレ、前に出ろと云ってくれますからその気になりまして、前に出よおとしても誰かがスカートを踏んで進めないんですよねえ。誰かと思って後を見たら云ってる本人の小泉首相やないですか。
小泉首相が抵抗勢力になってしまった。そもそも、お取り巻きが悪過ぎますねえ。」
云い得て妙で、痛快で、拍手喝采であります。流石は弁舌の達人で、痛快無比で、大臣職を離れたら、ヒヤヒヤせずに安心して聞いてられるワイ。
総裁選挙に於いて、ある時は母となり、ある時には妹となり、妻となりと仲良く手を携えた盟友から言語明瞭意味明確に印籠を渡されたらイカンがな。そお云えば、実生活でも離婚されてました。
真紀子爆弾炸裂、お見事心臓部に的中で恐れいった。ナルホド、そお云われてみれば、納得出来る節多々ありまして、難攻不落の疑問も氷解した。
小泉首相の答弁では鈴木宗男議員関連については通り一遍でありまして、真紀子発言には不愉快な表情を顕わにしまして、反論したのです。と云うことは、疎ましき存在と化したから、更迭したのか。
福田官房長官に至っては、其のお取り巻きとは私のことかいなあやて。
流石は官房長官、ご当人様が分かってますから安心した。
(02/02/22)


97.小泉政権崩壊の足音(15) 舐められたらアカン

米国ソルトレーク・シティでの冬季オリンピックは判定を巡って揉めてばっかり。
遂には頭に来たロシアの選手団が出場しないと云い出したり、韓国からも抗議メールが山のよおに届きサーバーがダウンしたとの噂やで。
結構なことです。もっとやってクレ。そもそも、日本の選手団は大人し過ぎて抗議の一つもやらんし、出来んから、完全に舐められ、馬鹿にされるのです。
イヤやのに頼まれたからショウガナイと出場して、参加賞のティッシュ・ペーパー一箱を押し戴く我が町内会の運動会やあるまいになあ。
その道の天才が全身全霊打ち込み、私生活は犠牲にして、数有るライバルを蹴飛ばして。お国の名誉、イヤ、ご当人様ご自身の栄光と将来のためもありまして、ナンとか此処まで来られたのに陰謀渦巻く審判団の判定で失格にされたらたまらんで。
其れだけお金になると云うことで、此処まで商業化してしもたオリンピックになんか興味ナシ。無理してまでやらんでも佳いのです。冬季オリンピック競技の名称も分かりませんし、日本勢も振るわん。此処まで無茶苦茶なら取れませんけど。
私は鈍足不器用で運動神経皆無で体力もナシ。結果、運動不足に陥って小食でして、ナンの才能もありません。執着心も欠落してまして、先立つお金もないのです。イヤ、ソルトレークに往く費用のことです。
ルールは分かってないし、スキーも出来ません。スケートなら我流でチと出来ますがン十年来やってないし、寒がりですから興味ナシ。せめて、北海道のさっぽろ雪祭りなら死ぬまでに一度は見てみたいと思てますが、やっぱり、寒いのは苦手です。今年は暖冬で、佳い機会でしたが、柔弱不断、思てる間にも閉幕しました。
ルールを理解してます競技には単純明快なる相撲がありますが、外人力士ばかりで情けない。サッカーはワールド・カップが日本と韓国で開催されますが、贔屓の選手が居てませんのと、そもそも、誰が誰かも佳く分からんし、やったこともありませんので此れ又興味ナシで、プロ野球のオープン戦が楽しみやワイ。
そんなことはドオでも佳い。どっちみち、プロ野球にしてもテレビで観戦するだけの不熱心なるファンです。
さて、惚れた腫れたの熱々の痘痕もエクボの恋愛も、冷めてしまえば顔も眼も見るどころか、声さえ聞くのも憎たらしい。
坊主難くけりゃ袈裟まで憎い。ソバに誰も居てなんだら、も一つ警察が存在してなければ、有無を云わさず暗闇に連れ込み、拳でボコボコに殴ったろかい。
この問題は小泉首相の後処理がなってないのや。真紀子大臣更迭も感情に任せてやってしもたものは仕方がナイとして、不味いのは折りに触れ真紀子議員が不満を漏らしてた川口新外務大臣との引継を是非やってクレと小泉首相から要請すればヨカッタのです。言葉を選ばなければ、攻撃材料の一つをもぎ取ってしまうべきでした。
其れを必要ナシと情け容赦もなく突っぱねたのは度量の狭さを現し、買うことのない反感をワザワザ好んで買いまして、攻撃材料にしてクレとし向けてるだけの愚の骨頂。言葉を選ばねば、小泉首相には失礼ですが、この程度の計算さえ出来ん阿呆な奴。よって、真紀子爆弾で顔が歪む程に口撃され、反対勢力が何処かも分からんよおになる。橋本派からも同情されてなあ。事程左様に、口では小泉首相の相手にならん。
「外務大臣は官邸が兼任してますから、そんなポストは要りません。」
総裁選に於いて小泉旋風を巻き起こせたのは真紀子議員の尽力大。如何なる行き違いがあろおとも、感謝こそすれ恩を仇で返してはナラヌのです。割り切り上手な小泉流は知りませんが、日本古来の美習に寄れば、斯様になってると思てます。
ではありますが、一国の長たる者、事と次第に寄りまして、悪いけどお国のためであると、冷たくバッサリ闇討ち、袈裟懸けせんならんこともある。
百歩譲り、そおであったとしても激戦を勝ち抜いた盟友である。後処理は稚拙であると笑われても、丁重なる葬式でお飾りし、祭り上げて差し上げれば、闇討ちされた無念の情も多少は救われ、和らぎまして、亡霊が現れたとしても、怨念の一言一句も違ったものになってやも知れません。其処までされたら本意は別にして、口撃出来ませんがな。
心底一国の存亡に関わることである故、申し訳ないとの信念があれば、動じることもナイし、一片のやましさもありませんから、弁解することも、反論することもナイのです。
イヤイヤ、単純明快、情緒の人でありまして、頑固一徹で潔しと周囲の面々は申されてますが、付け加えるべきことを忘れてるのではなかろおか。
小泉首相の一連の言動をつぶさに観察すれば、有言不実行、支離滅裂。熱し易く冷め易く、冷めれば見向きみしない冷淡なる人間像も見え隠れ。
こんなお人が上司になったら、夜道の一人歩きは危険が一杯で怖いです。申し訳ないですが、其れも離婚原因の一つであったやも知れん。
小泉首相も男なら此処まで云われて黙ってたらアカン。女性の涙は武器である。その女性から蹴飛ばされたなら、奮起一発、論より証拠と見返してやれ。
真紀子議員だけでは無いぞ。男性であるブッシュ大統領から、貴方の面前で云われた言葉を忘れてはいけません。
かつてはスーパーマンと評されたのにと、見るも無惨な日本経済の凋落ぶりに哀れみを戴きまして、有り難う御座いますと拝受してたらアカンわい。ナニ抜かすと反論セヨ。
構造改革も本気であるし、デフレ対策もしっかり見てオレ。デフレ対策などと奇妙な言い訳要りません。ハッキリと日本語で不景気対策としたホウが単純明快。
そもそも、此方は日本であるからにして、スーパー・マンではナイ。手塚治虫作の鉄腕アトムの百万馬力でもって米国に対抗し、見違える程の経済大国に回復させ、再び米国に日本製品を叩き壊されるよおにしてやるワイ。
兎に角、阿呆なことで意地張ってる場合でない。此処でも失敗したら小泉政権崩壊程度で済まんのや。貴方の替わりは幾らでもありますが、日本列島の替わりはナイのであります。
分かってるのか、小泉さん。雪印食品も解散ですて。此方にも替わりは沢山あります。
(02/02/23)


98.小泉政権崩壊の足音(16) 独断偏見新党構想

田中真紀子前大臣の参考人招致での小泉首相そのものが抵抗勢力であるとの発言について、自民党の若手議員さんが申されました。
「小泉首相は構造改革を猛烈な精力で推進断行されてます。
評論家の皆さんは口先だけでナンの責任も取りませんが、政治家は言葉に責任を持ち、結果責任を取らねばなりません。
小泉首相の替わりはありませんので、国民の皆様は、其処の処を佳くご理解してください。」
この若手議員さんも時々テレビ出演されてますが、縁がナイので知りません。京都選出議員なら蹴飛ばしてやりたい気分です。
尤も、この方だけではありません。多くの自民党議員様がこの程度ですから心配になるし、ホカの評論家も反論一つ出来ません。
ならば、犬の遠吠えにもならんけど、茶の間の私が云うてやる。そもそも、やってるやってるだけのお言葉だけで、実例を一つも挙げてない。やってるとはご当人も申されてますが、ナニをしたのか数字が出てない。示せるものなら、鳴り物入りで鋭意作成の改革工程表に出来たものにマークをつけて説明してクレ。
結果責任も政治家の誰が取ったか事例を示せ。三つ指三本のスキャンダルで失脚した宇野宗佑さんは知ってます。
失政しても必死にしがみついてた橋本龍太郎、失言多発で暢気な森喜朗さんも国民の声に押されて渋々降りたのも知ってますが、誰一人、失政を明確に認め、国民の皆様、間違っておりました。私が悪う御座いました。申し訳御座いませんと土下座した首相は知りません。
反対に金銭絡みのスキャンダルまみれで失脚しても、政界のキング・メーカーとして君臨した竹下登さんを筆頭に権力益々肥大の政治家ばかりが目立ってる。
小泉首相にしても、言葉に責任を持ってるのか。橋本龍太郎ほどではありませんが、右往左往してるだけ。
柳澤大臣にしても、二年前の小渕政権時代のことですが、金融機関に公的資金を注入の際、此れで不良債権問題は解決致しますと大見得切ったのに、怪しいから、監査して、疑わしいと他国から云われて、厳密に検査しますと返答し、銀行株の暴落と云う市場からの圧力で、今度は検査を強化致しますでは今までナニをして来たのか。
その一回でも検査結果を公開したか。してないやろな。長い時間を掛けて秘密の検査を税金で行い、ペイオフは四月から実施に決まってますし、各自の資産は自己責任で管理する時代でアルぞ。
そんな寝ぼけた話を誰が信用するもんか。株価が額面割れ近くの銀行に閣僚全員の全資産を定期預金にしてから云うてくれても、信用出来ません。ナンせ、資料が開示されてませんので、閣僚でもそんな怖いこと出来ませんやろ。東京都でさえも困ってます。
まるで、一寸先は闇と霞の世界に検査結果公開の地図も示さず、預貯金全額保証の安心と云う名の灯りも取り上げて、時間切れ接近ですからと背中だけ押され、仕方無く、取引銀行の扉を開けたら、スカやったでは眼も当てられんのに、政治家はそんな馬鹿なことを云うてるのです。
クドイのですが、国民の生命財産に不安を与える施政者は最低です。リストラ、就職難は明日の今日の糧を奪い、生存の危機を招きます。金融機関の破綻はナケナシの財産を略奪されることを意味します。
そんなことにさえ、気付いてない無責任政治家をナンとかしてクレ。
そのウエで、日本国民、一億三千万人。小泉さんに替わる人材が居てないとは詭弁も甚だしいワイ。
と、私が頑張って反論するにも、被選挙権がありまして、ご老体にはチとご遠慮して戴きまして、それなりに知名度が有りまして、政治家としての信頼と実績のある人となりますと、サテ果て、確かに誰が佳いのか困ります。
其処で急浮上してるのが、石原慎太郎東京都知事(ココに掲載)と、田中真紀子前大臣の最強力新党。ついでに民主党の管直人幹事長にも参加願えましたなら、小泉政権どころか、自民党も民主党も雪崩を打って崩壊する。とばっちりで、小政党は消滅する。
自民党が崩壊すれば利権構造も崩壊して、政治改革も構造改革も一挙に出来上がる。
事のついでに、石原都知事の奥様の父君が小泉首相の弟君の奥様の祖父様とが兄弟なんやて。そしたら、石原さんが解散総選挙で立候補しても、小泉政権打倒とは云い難い。其処は管さんと真紀子さんに任せましょう。
ついでのついでなら、扇千景大臣と石原都知事はお子様の学校時代のPTA仲間やったんやてなあ。これだけの有名人ですから、通われる学校も下々とはチガイます故、分からんこともナイし、其れで、石原伸晃行政改革大臣も扇千景大臣の国土交通省には弱いと合点出来るやろ。そしたら、扇千景さんも新党の仲間入りで、怖い物ナシ。
それで云うてたのです。行革大臣と外務大臣を交替セヨ(ココに掲載)。もお、遅いです。
ではありますが、気の強い同士の石原慎太郎と田中真紀子では合わんなあ。其処を管直人さんと扇千景さんがナダメ役でナンとかしてクレ。
事程左様に今の日本を憂い、明日の日本を勝手に創造してますが、当面は二十七日にも発表予定の総合デフレ対策の中身に期待です。
断固として、金融不安は招かず、金融市場の活性化を促すための柔軟且つ大胆なる決意の構想も、出たり消えたり、又出て消える案からでは、タブンですが従来どうりの固定概念と妥協の産物となりまして、市場はガックリ、大恐慌。
そんなことにならぬよお、八百万の神様、仏様、キリスト様に、タダタダ、おすがりするのみ。
(02/02/24)


99.小泉政権崩壊の足音(17) 鈴木宗男議員証人喚問

数日マエから目が痒い。朝、新聞を取りに出たらクシャミ数発。
頭は元々ボケッとしてますが、熱無し、風邪で無し。遂に目がショボショボしまして、もしかして、此れが世に云う処の花粉症かいな。
近所の奥様は頭からスッポリ帽子を被り、デカイ、マスクをしてまして、エライ大層になあと思てたのです。イヤ、私は此れまで無縁でした。なって分かる花粉症の苦しみです。
ついでに、此の歳で鼻血まで出て来まして、花粉症の症状の一つかと思たのですが、ツラツラ考えるに、昨日喰い過ぎたピーナッツ入りのチョコレートが原因ではないか。
さて、連日の如くやるぞやるぞと大宣伝で、週刊誌も宗男疑惑を取り上げれば完売やて。私は出張が無くなって数年来、週刊誌も買おたことがありませんし、宗男議員の掲載された週刊誌も買おてません。新聞とテレビで充分やし、愛人問題なんかどおでも佳いワイ。不思議でもないし、羨ましいだけや。
そんな疑惑を詰問するために三月十一日、時の悪役鈴木宗男議員の証人喚問が実施されました。
時の悪役が居れば時の英雄が要る。一躍悪役退治の英雄に祭り上げら、超人気の野党質問者も迫力がないし、つまらんかったなあ。
そもそも与党の馬鹿げた質問の持ち時間が長過ぎて、本題の質問時間が短いため中途半端なままに終了ですが、野党側は再度の喚問と議員辞職を要求し、仲間の自民党からは議員辞職をしたホウが佳いとの声が出ています。
私は野暮用のため、ビデオに撮っておいたのですが、見るまでもないがな。テレビ報道では此ればっかり。
鈴木議員の政治資金集金力は自民党で第二位の四億円やで。一位は涙の反乱劇加藤紘一さん。こちらも秘書が秘書がで元秘書さんの金庫番の疑惑でもめてます。
双方、政治資金を集めるための無理が祟ってるのですが、世間の風評では加藤紘一議員が清潔なイメージで鈴木宗男がダーティやて。どちらもダーティですし、身勝手ですし、清廉潔白なる政治家が居たら教えてクレ。
そもそも、政治家の世界は嘘ばっかりで、権力闘争と利権で余程の佳いことがあるから立候補して議員様の座にしがみつく。
其の甘い汁の一滴でもお裾分けしてクレと折衝するがため、先祖二代なら大凡認知してますが、其の気配は無いし、三代四代遡って血族一家郎党の端の端まで辿れば、可能性が有るやも知れませんが、貧乏血統では、セイゼイ何処かの村会議員様止まりやろ。
当然、知人友人にも居てませんし、町内会にも居てないしなあ。イヤ、数年マエに引っ越して来て、一年で出て往った同じ組の住人が町内会から出てしもてから市会議員に立候補して当選したけど、利権に無縁の共産党や。
どちらにしても派閥の領袖でも無い北海道の小熊が一位二位を争う政治資金集金能力を持てた背景には大派閥橋本派幹部の後押しも有ったのです。
有ったから発言力が増し、虎の威を借りて大声を出して無理難題をねじ込み、勝手放題に出来たのです。そんなことを何年もやってたら自分の実力と勘違いしてしまう。
勘違いでも、集金能力が高ければ発言力は増しますし、無視出来ぬ存在になり、派内でも尊重されるから、益々調子に乗ってしまうのや。最大派閥で発言力が増せば余所さんも太刀打ち出来ませんで。
惜しむらくはお行儀、規範を知らず。場所も選ばず派手派手の真っ赤なスポーツ・カーを乗り回し、神出鬼没、速度を出し過ぎたため不良少年が目立ってしまうがな。
そんな車で何回も何回も警察署の前を新幹線並の超速で走ってもパトカーでも追いつきませんが、何時かは激突憤死するし、運悪く捕まれば一発で免許取り上げになる。
ではありますが、常日頃から大枚の資金をばらまいてますから、そお簡単に、ハイ、左様で御座いましたか相済みませんですとはならんやろ。
と、ご当人は思ってますが、イザとなれば皆様我が身が大事。知らぬ存ぜぬと、見捨てられるのも時間の問題。
暫く様子を見なければ分かりませんが、お調子乗りの鈴木の小熊が真っ赤なスポーツ・カーで速度違反をしたのは事実ですが、其れを調子に乗らせ、暴走を黙認してた過保護の親が居てるからで、そっちのホウが問題でも英雄諸君もマスコミも手も足も出ず、出せず、出さず。
それにしても、野上次官が云うた云わんから、宗男議員の真紀子さんは嘘を云う癖が有る。小泉首相の外務省内部の問題であると馬鹿にし、些少に判断した結果が此処まで来てしもた。
税金の無駄遣いを無くすための構造改革が生命線の小泉首相の見識の無さが露呈。其れどころか、騒動勃発当時でも疑惑の欠片程度は私等にでも薄々なら分かってましたから、小泉首相に分かってないハズがない。分かってなければ馬鹿なんです。
せめて、小泉首相は改革工程表にも政界浄化の一行を挿入のウエ、進行状態も其の節穴でも構いませんからしっかり見なおしてクレ。
しかるに小泉首相曰く、テレビ中継は見てなかったし、政治家の出処進退は自らが決めることやて。そしたら、ビデオで撮ってただけ私のホウが疑惑解明に積極的で構造改革にも熱心なんやで。
マズは小泉首相が構造改革のナンたるかを理解してクレ。
(02/03/12)


100.小泉政権崩壊の足音(18) 偽造パスポート発覚

イヤ、驚いたなあ。
帰りしなですが、国道九号線が渋滞のため、亀岡縦貫道路にしたのです。
まずは、入り口付近で布かナニかが道路に散乱してまして、暫く走ってたら、又有りまして、此処までは問題無し。夜中のことですから、踏む直前に発見しましたが、嵩張ってないので一安心。
亀岡インターを越えまして、トンネル内を走行車線を走ってたのですが、追い越し車線側には一抱えもあるデカイのが転がってましたで。
包装されてましたから中身はナニか分かりませんが嵩張ってまして、マトモに往ってしもたら車が横転するで。
トラックに積載された荷物がばら撒かれたのですが、発見以来、皆様安全運転で速度控え目になりました。結局、トンネル内の落下物が最後でしたが、不注意にぶっ飛ばす奴なら往ってしまいます。
さて、此の話題も当面はお暇するつもりが、エライことが発覚してしもた。
疑惑の百貨店、極小角栄鈴木宗男議員の此れ又正体不明で疑惑の私設秘書、身長二メートルを越すコンゴ人ムルアカ氏の外交官パスポートが偽造ですて。偽造なら不法滞在ですから即刻本国強制送還です。
其処等の零細町工場の社長様が雇ってたなら、知りませんでした。相済みませんで済みますが、小柄と云えども高名なる政治家が秘書としてたからには一言二言でも弁解してやらねばなりませんが、幾らナンでも偽造は無茶苦茶やで。
其れでも秘書のパスポートまでは管理してませんと云うてしまえば其れまでかも分かりませんが、そもそも外人を私設秘書にしてること事態が理解出来ません。
証人喚問ではムルアカ氏が外交官の肩書きを名刺に印刷してたのは当人のステータスと云うか格好をつけるがためであると答弁してましたが、格好をつけてたのは親分の小熊にしても同じです。
小熊の倍とまでは申しませんが、二メートルを越した身長では二階に顔が有りますので、二つ折りではまだ高いから、三つ折りにさせて付き従えさせるのは気分宜しかろ。
私が小熊の立場でもお鼻がどんどん高くなりまして、天にまで達するわい。何処にでも連れてって此れは我が秘書であると見せびらかせてやりたいわい。
自民党議員各位様の大勢では離党をしたホウが宜しかろと申されてまして。
兎に角、冷たいもので、政治資金のお裾分けを戴いてたムネムネ会の若手議員様でも、やっぱり離党されるのが宜しいかと背を向けられてます。
対して、橋本派大幹部の野中広務議員様が今暫く事態の推移を見守ったら如何ですかと、世間周知の保護者様だけありまして、只一人擁護されてますから立派ですが、偽造パスポート発覚ではたまらんなあ。その点、青木幹雄議員様は政治家の鏡です。利用だけ利用して、ヤバイとなれば見捨てるのも一番早い。しかるべき判断セヨと申されてます。
果たして、ご当人様が如何様に決断されるかは分かりませんが、一つ歯車が狂えばこんなもの。我が世の栄耀栄華権勢で、飛ぶ鳥落とす勢いも永遠に続くはずがないし、次から次ぎに真相を暴かれ、地団駄踏んでもアトの祭り。此れも又天命で潔く受け入れるべきですが、やっぱり常日頃の横暴なる言動が祟ってる。
そのことにご当人様は気がついてませんので防戦しまして、万事、二の五の弁解恫喝理解セヨと吠えてますが甘い汁を一杯吸うてますからそお簡単に金蔓を手放せません。
政治資金にしまても、公称が四億円でありまして、実際にはもっと有るハズや。短絡思考の小熊でも目一杯の額を差し出すことはない。大部分はポケット・マネーにしてるのです。そもそも、億単位の工事斡旋で百万円程度の献金で我慢するかいな。
派閥維持のため財布同然に使い廻し、佳し佳し可愛い奴と頭を撫で、自由気儘に走らせましてもホコロビが出たらオシマイです。
いずれにセヨ、馬一頭、涙の立身出世物語も真っ赤なスポーツ・カーを乗り回せる身分となりまして、トンネル内でも新幹線並の速度で突っ走っては転がってる障害物にも気がつかん。
気がついても、我が輩が恫喝すれば退散するわいと錯覚してしもた。
そんなことは佳いのです。悪事は暴かれて小熊が議員辞職したとして、其れで幕にしたのでは政界浄化と税金泥棒対策も幕になってしまう。
小泉首相も他人事みたいな顔せんと、真面目に対応してクレ。
(02/03/13)



inserted by FC2 system