YU−KOKU憂国YU−KOKU
NO.4

NO.1 NO.2 NO.3

表題一覧表 トキの話題 云いたい放題

目次

憂国 NO.5

80.小泉内閣支持率(1)

79.構造改革頓挫宣言

78.一内閣一閣僚公約も崩壊

77.アフガニスタン支援復興会議での涙

76.雪印食品の狂牛病詐欺事件(2)

75.雪印食品の狂牛病詐欺事件(1)

74.加藤茶番劇場後講釈(3) 我が身が大事

73.加藤茶番劇場後講釈(2) 猿回しの猿

72.加藤茶番劇場後講釈(1) ハジマリ、ハジマリ

71.家庭教育の崩壊(6) 小学生のユスリ

70.家庭教育の崩壊(5) 幼児虐待

69.家庭教育の崩壊(4) 躾とイジメ(3)

68.家庭教育の崩壊(3) 躾とイジメ(2)

67.家庭教育の崩壊(2) 躾とイジメ(1)

66.家庭教育の崩壊(1) マダ、このサキがコワイ

65.雪印の食中毒事件(10)

64.衣食足り過ぎて、礼節を忘れる(10) 深夜の騒音のハナシ

63.衣食足り過ぎて、礼節を忘れる(9) オトコらしさのハナシ

62.衣食足り過ぎて、礼節を忘れる(8) 茶髪のハナシ(2)

61.衣食足り過ぎて、礼節を忘れる(7) 茶髪のハナシ(1)

憂国 NO.3


80.小泉内閣支持率(1)

主権者は国民であり、消費者は神様である。
此れは建前であり、イザとなれば本音が出てしまい、我が身だけが大事。
政治家は派閥の意向を尊重し、雪印は上司の顔を伺う。共通項は、国民、消費者を愚弄してること。
ダレでも我が身が大事に決まってますが、詭弁を弄してるから腹が立つ。
雪印など、ホカにもメーカーがありますので、買うも買わぬも此方の気分次第でどおにでもなりますが、国政は日本に一つのため、日本に住む限り、選択の余地はありません。
時には、無礼にも土足で家に上がり込み、財布の中身を覗いて、一部をお上に差し出せと、強制執行します故、無視は出来ません。
小泉首相は、「構造改革なくして、景気の回復なし。」と旗を振り、イザとなったら、外務省一つの改革さえ蓋する構えで、小さな火種と判断したのが誤算であるとしましたが、国政を預かる最高責任者が誤算されては困るワイ。
この調子では不景気病で瀕死の日本経済の先行きも、見立てを誤られて、相済みませんとなってしもたらエライことですよ。
相済みませんと、誤ってくれても遅いし、歴代の首相が国民に誤ったことはありません。橋本龍太郎元首相でさえ大派閥の領袖として大きな顔してますがな。
云うた、云わんで更迭された田中真紀子大臣の後釜には世界で活躍の有名人、も一人のアフガニスタン復興支援会議での立て役者、緒方貞子さんに白羽の矢が当たってますが、チと疑問に思う節がある。
田中真紀子氏を外務省の大臣に据えた背景としては、小泉首相誕生の最大の功労者としての論功行賞的意味合い大きく、ご当人様の強いご希望のポストであったためと裏事情を開陳されるなら宜しいですが、公式的には、外務省の機密費、裏金詐欺事件等々の根源を絶つと共に綱紀粛正を計り、改革を断行するがための人事、人材であるとされました。さすれば、改革実行のため、腕力の有る大臣をあてがうのが筋ではないか。
イヤ、アッサリと小泉内閣が外務省改革の旗も降ろされるなら結構ですし、改革を伴わぬ本来の外務省お飾り大臣で、単なる人気取りで利用するだけならば、失礼千万、勿体ない人材です。魑魅魍魎、伏魔殿で駕籠の鳥にされるより、今のまま、人道支援のため、世界で活躍の天命こそを全うさせてあげるべし。
改革をあくまでも押し進めたいならば、毒を持って毒を制するの裏技を伝授する。いっそのこと、鈴木宗男氏にしてしまえ。必ずや、外務省高官は平身低頭、心底平伏、下僕と成る。
イヤイヤ、失言です。鈴木氏はNGO問題では一切口出しなどしておりません。無関係にも関わらず、名前を出されただけでも人権侵害。ではありますが、事の重大さに責任を痛感され、衆院議院運営委員長の重責を自ら辞された程の男気ある持ち主で、虚心坦懐、聖人君子でもありまして、今や政界自民党の世界だけでは大英雄で、人気も抜群、適任やで。
小泉首相にしても、ナンの罪もナイ鈴木氏にまで飛び火させ、辞任決断させた責任もありますし、橋本派との連絡、調整役として、小間使いにも便利で心強い存在となり、政権基盤安泰のためにも、彼方様に恩を売ることが出来れば外務省改革を含めて一挙三得。
其れならNGO団体も外務省との関係を心配セズに済みますがな。大西代表が突然呼び出され、机を叩いて、謝れとか、生意気であると、怒鳴られ、援助資金をうち切るゾと脅されることはありませんし、鈴木宗男氏もナニもナイわいと断言されてますし、小泉首相もそんなこと、有るはずが無いと明言されました。此れで一挙四得、万々歳。
さて、東京テレビが実施した緊急世論調査では小泉内閣の支持率が急降下。昨年十二月までは軽く七十%以上を確保してたのに、五十五%となりましたが、其れでも充分高い支持率やがな。私は五十を切ると思てたワイ。
比較するのはナンですが、田中大臣更迭に暗躍した小泉首相の自称ご意見番、森喜朗前首相の支持率は一桁やったなあ。
兎角、節目、節目で密会政治では元の木阿弥やわい。
結果、小泉首相は後ろ盾の高支持率を失い、国民は僅かな期待も裏切られ、古き自民党は高笑いで、嗚呼、憂国。
(02/02/01)


79.構造改革頓挫宣言

風雲急を告げる政局。
先日(一月二十九日)は日付が替わる深夜に田中真紀子大臣突然の更迭劇の開幕で、夜遅くまでNHKを見てました。
お陰様で、寝不足増幅、耳鳴りジージー、頭はガンガン。只でさえ、集中力欠如やのに、本日朝からボケッとしてます。
寝不足と云えば、私が大学生になった頃ですが、眼を懲らして見た番組がある。読売テレビは10チャンネルで、夜の十一時からのその名もズバリの11PM。
大橋巨泉氏が麻雀、競馬、釣り情報にお色気を全面に出しまして、いわば、趣味、お遊びの領域をテレビでやってのけての番組です。私はその当時、麻雀、競馬に釣りはしませんでしたから、ハッキリ云うてお色気だけがお目当てや。
今時なら、お色気もどのチャンネル、どの時間帯でも遙かにドぎついことを平気で放映してますが、当時、夜十一時以降は大人の時間帯。世間も私も健全なる生活でしたから、眼を開けてるのが辛かったなあ。
但し、威張り散らすオッサンですから、好きでは無かったのですが、11PMで超有名になって、民主党から参議院比例代表で立候補。党としてはトップ当選したのに突然の議員辞職の記者会見がその二十九日にありました。
民主党も自民党も中身が替わらんし、アト二年もすれば七十歳になってしまうワイ。立候補したことは後悔してませんが、民主党から立候補したことについては後悔してる。
年齢も、民主党のことも、立候補する前から分かってますがな。前触れもナク、六十八歳になりませんし、民主党の党則規範も設立の背景構成は聞いてるハズや。
記者団からの質問で、鳩山代表とは話し合ったのかとの回答が、ナンで私から合わねばならぬのか。三顧の礼で迎えられたのであると云い放ち、威張り屋根性は昔と変わらず。
そして、曰く。NGO問題で鈴木宗男氏の名前を云うた云わんの真紀子大臣と野上次官の口喧嘩は小泉首相が放置セズ、決断すれば済むことである。此れからは、マスコミを通じ、小泉政権がまやかしであると宣伝してやる。
ワザワザ、宣伝して戴かなくとも化けの皮は剥がれてますし、記者会見から数時間後には政局激変で、大橋巨泉氏の議員辞職も吹き飛んでしもたがな。
決着がナンであれ、可能性の出て来たことをニュースで放映してました。
塩爺が国会で内輪の話をコソコソと、真紀子はナニも悪いことはしてないで。野上が悪いから、辞めささんとアカンなあ。
来年度の補正予算成立を急ぎます。国会空転の事態修復のため、ダレかを生け贄にせねばならぬ。
社会的地位と権限があっても、路上での口論なら結構ですが、国会なる公の場で此処まで意地を張れば、途中であの発言は思い違いであると認めることは出来ません。認めた段階で辞任は当然のこと。真紀子大臣も野上次官も腹切り覚悟の論戦口論を展開した。
平行線である限り、塩爺のヒソヒソ話の如く旨くまとめられるとは思えません。必ずや、別の横槍が出て来まして、野上次官が辞めるなら、喧嘩両成敗であると主張する奴が居るのです。
いずれにセヨ、此れで一件落着となるハズもナイ。
野党、総攻撃の材料になりました。よおやくにして、NGO参加不参加、モメモメの原因究明と、真紀子大臣更迭の経緯について質問責めに合うやろなあ。
よって、この更迭劇は小泉流詭弁に国民が気づき、人気崩壊を自ら招くのです。
イヤ、真紀子大臣が政治家として、官僚のウエに立つ大臣としての器量は疑わしいのは否めませんし、仮にもエリート官僚を下僕同然に扱い、手で押しやり、罵倒する姿は見苦しい。親が家族が、テレビで見たら、激怒するゾ。
さりとて、更迭理由が喧嘩三方一両損の采配は矛盾だらけ。何処からどお見ても、真紀子大臣一人が負けた。野上次官は身を賭して組織を守れたし、黒幕鈴木宗男の利権と外務省への影響力は不変である。
そして、事の発端、NGO代表大西氏は記者会見で当時のメモ書きを公表しましたがな。真紀子大臣の云い分が真実である。
旧態依然とした、官僚組織と利権構造はそのままですから、小泉首相の看板、構造改革については頓挫宣言したも同然。この問題を外務省だけの内紛と見なしたのが誤算であった。その責任は私に有るとしましたが、如何にして責任を取るかには答えてないぞ。
口先で責任があると云うのは簡単。その責任は国家国民に対して取るものであって、橋本派に取るものではない。
小泉首相も一生懸命墓穴を掘ってます。嗚呼、情けない。
其れにしても、田中真紀子氏の天敵鈴木宗男氏なるキャラクターは御尊父田中角栄氏を彷彿させるがな。
(02/01/31)


78.一内閣一閣僚公約も崩壊

如何なることになりますのか、一寸先のことは分かりませんが、彼方でも此方でも大騒動。
天下国家の国会ではNGO代表のアフガニスタン復興支援国際会議参加問題で、外務省にちょこまか横槍の鈴木議員の口出しが有ったのか、無かったのか。
有ったことなら、国民の皆様はニュースで周知徹底されてますから、充分にご承知ですが、張本人の官僚が田中真紀子大臣に云うたか、云うてないかが問題になってます。
云うたことも、充分に分かってますが、どのよおな云い廻しであったかがありまして、官僚は我が身大事のため、悩みに悩み、猫が眼を廻すが如くに発言を一転二転させ、曖昧模糊にしてしまい、予算委員会も転々空転動転反転、審議拒否。
エリートでなくとも我が身は大事ですが、チと見苦しいゾ。ズバリと名前を出さずとも、言葉の端々、前後関係等々、総合判断し、鈴木大明神のご神託を勝手に類推セヨと云うのかなあ。
其れでも一億三千万人が鈴木の小熊であると判定しても、官僚と小熊はそんなこと云うてナイと言い張ってしもたら其れまでなんやて。身内のかばい合いは涙ぐましい程に慎重です。明日は我が身であります故。
官僚答弁に寄りますれば、色々なヤリトリがありまして、記憶も曖昧です。
私が記憶に自信ナシと云うたなら、今更ナニ寝ぼけたことをと、知人、友人、家族、ナンの疑念も抱きませんが、天下国家を代表する、秀才、超エリート、外務官僚様の知能ですがな。ご冗談も程々にしてクレ。
此処だけを捕らえるなら、雪印食品関西ミート・センター所長のホウがまだマシや。正直に懺悔し、悪う御座いましたと謝罪してます。
ではありますが、雪印食品の詐欺事件でも、出てくる、出てくる、豪州産牛肉を国産牛肉と詐称しただけでナク、水増し請求するは、北海道産牛肉を熊本産と詐称するは、関西ミート・センターだけでなく、本社の営業調達部営業グループと関東ミート・センターでもやってますから全社一丸でして、個人犯罪とは嘘八百。会社ぐるみ、経営幹部ご意向の元に、やりたい放題、し放題で、倫理感、世間の常識、規範遵守の欠片もありません。
此れマタ、此処だけを捕らえれば、官僚、官邸、鈴木の小熊も、小泉首相も全部含めて同類ですがな。
此の二つは別々みたいですが、我が既掲載文を再読して戴ければ、一目瞭然。共通点が色々ありまして、ウエの立場にある者の器と指示決断で決定する。雪印問題も個人の犯罪にしてはチと不可解でして、ウエからの指示ではないかと思てました。
どちらにせよ、云うた、云わぬは小泉首相が田中大臣をお飾りにした結果です。
実権を剥奪するは、見捨てるが如くの投げ槍発言してますから、鈴木の小熊が調子に乗って、好き勝手のし放題。保身の天才野上の阿呆外務次官は揉み手、肩もみ、ガード・マン宜しく、護衛しまして、何方様が外務省を統括する大臣か責任者か分からんよおに組織を替えたのは小泉首相ではないですか。
元々、外務省の実質的統括責任者は人事権掌握の野上次官ですし、此の地位に任命してくれたのは小泉首相ですから、一々のご注進、ご報告は首相にするのが筋でありまして、ナンの間違いもありません。田中大臣を茅の外も仕方のない人事が成されてます。
人気抜群のオトボケ首相のことですから、お取り巻きの云うがままで、気さえつかずの裸の大将。そんな例えは山下清画伯に失礼千万、裸の王様に過ぎません。
そもそも、人事権のナイ組織の長なんかレンタルの観賞植物程度。経費が嵩むだけならまだしも、朝一番には水までやらねばならぬし、面倒やで。早く処分したいけど、借りてる間は飾ってオケとの首相命令ですからショウガナイ。
さて、鈴木宗男なる議員様が弱小派閥なら無視ですが、ナンせ勢力抜群、兎角口五月蠅い圧力団体、反対勢力でもありまして、ご無理ご尤もと耳も貸さねば当人よりも其方のホウが怖いがな。
弱小派閥なら、慇懃無礼に持ち上げて、左様で御座いますと返事だけして、帰れば舌を出してます。
此処でも反対勢力なんか糞喰らえの大見得とは反対に白黒つけず、ウニャムニャにしてしまう原因が見えてます。
其処までなら何事もナイのですが、大臣と、次官、鈴木議員が犬猿の仲。其れも分かっての小泉首相の勅命ですから、云うた、云わんが大喧嘩になり、背景も報道されてるのに、小泉首相は外務省内部で佳きに計らえと、責任転嫁して、余計に大騒動にさせてるだけ。
或いは、高等戦略で、丁度ヨイ。この機会に官僚と喧嘩の田中大臣も喧嘩両成敗と、罷免してしまえ。官僚など、罷免した処で痛くも痒くもナシ。単なる捨て駒にしか過ぎませんが、薄々、小泉首相の器量の狭さに気付きだした世間が許すかどおかも計算セヨ。
会社でも最高責任者が佳きに計らえだけでは調整力欠如の能無し放漫経営を意味してまして、本来なら、社長交代となるのです。ナラバ、交替させても佳いけれど、不思議の会社、日本丸株式会社にとりましては、人気抜群、指示率抜群。
ダレが次期社長に打って出るのか、居てないなら、文句など云うな。何処からでも掛かって来いと威張ってます。
云うた、云わん。今更、そんなこと、どおでも佳い。どっちみち、官僚が正直に告白する勇気もナイし、前言撤回で、責任取れと罷免された処で巷の下郎とは身分が違う。大枚の退職金ガッポリや。
そんなことより、此れから以降、NGOをどのよおに扱うか、関係修復するのかしないのか。
ナンで、NGO代表大西氏を出席拒否したか、撤回したかの経緯を明確にセヨ。
そして、小泉首相ご説のとおり、外務省の体制を鈴木議員が干渉出来ぬよお、構造変革することやなあ。
口先ばかりですから、この程度の改革も無理難題。と、此処まで書いてたら、田中大臣、野上次官更迭のニュースが飛び込んだ。
やっぱりなあ。よって、小泉首相の高等戦術で、構造改革も口だけの空論、砂上の楼閣。私は真紀子ファンではナイけれど、今回も戦略を間違おたなあ。元々、真紀子大臣に戦略皆無ではあったけど、小泉首相の構造改革、一内閣一閣僚も口先だけでした。
嗚呼、憂国。臭いものに蓋しただけで、ナンの解決にもなってないワイ。器量ナシめが。
結果、勝利宣言、外務省官僚。ホッとしたのは反対勢力。お手柄は鈴木の小熊。此れで、人気抜群の小泉内閣も下駄が外れ、危機的状況となる。
おめでとうさんなことで、高等戦略も計算間違いしてるワイ。
(02/01/30)


77.アフガニスタン支援復興会議での涙

アフガニスタン支援復興会議に関連して、二つの涙を見せられた。
まづは、ワイド・ショー内閣と称される主人公小泉首相がニタニタされて、仰った。
「女の涙は最大の武器である。」
さて、その涙の経緯ですが、国際会議を巡り場外騒動勃発。
非政府組織(NGO)、ジャパン・プラットホームとピースウィンズ・ジャパン、二つの団体の代表を兼ねる大西健丞氏の参加を外務省が拒否したことで、自民党橋本派の超有力政治家、鈴木宗男氏が介在したかどおかの一件や。
議論するまでもナイ。大西代表が記者会見で云うてました。
会議の前日、外務省から出席してくれるなと連絡があったトキ、政治家鈴木さんの名前が出たし、携帯電話にも鈴木さんから直接電話も有りました。
知らぬ人、されど、高名なる政治家ですから、名前は知ってます。いずれにせよ、面識はありませんのに、ナンで私の携帯電話番号を知っておられるのかと、ビックリしました。
事の発端は代表が、「お上の云うことは信用出来ない。」と、或る新聞に掲載されたのを北海道の小熊、鈴木議員が知る処となりまして、あんな奴、参加させるなと横槍入れる器量の狭さを発揮した。
その小熊の要請を世間知らずの天才官僚野上義二事務次官が保身のためもありまして、全面的に聞き入れたのが大間違い。此れマタ、田中真紀子大臣の知る処となりまして、鶴の一声、出て戴くことになりましたが、その経緯を国会で質問された田中大臣が実名を出したのですなあ。
そんなヤバイこと、口にされては困るがな。などとは口が裂けても云えませんので、ナニ抜かすと、鈴木氏、野上氏、結託しまして、ナニも無かったことにしてしもた。
天才官僚曰く、「私に一部政治家から圧力があったというのは全くの誤り。キツネにつままれた感じです。」
小熊議員曰く、「外相は嘘をつく癖がある。」
対して、四面楚歌、孤軍奮闘の田中大臣は、「ナンで、役所の云うことが正しくて、国会議員の云うことは正しくないのか。」
と、叫び、喚くは、涙を流し、此れが一つの涙です。其れ程に悔しかったのかとご同情申し上げます。
田中大臣の答弁された、政治家の関与はチと配慮に欠ける発言ではありますが、犬猿の仲でもありますし、正直そのままでもありまして。但し、政治家の発言がナニがナンでも正しいなどと本気で思ってらっしゃるとすれば、嘘八百で、勘違いも甚だしいワイ。
政治家の発言を全面的に信用してる国民が居たらお目に掛かりたい。田中大臣殿にしても、ご都合のヨイことだけしか云うてナイやろな。
当の鈴木小熊も政治家ですし、政治の世界は魑魅魍魎でなければ生息不可。天才野上氏も我が身が大事。いずれは政治家の仲間入りを画策してるのか、橋本派が怖いのか、兎角、鈴木氏の肩を持つ。
ナニよりバカバカしいのは、云うた云わんの井戸端口喧嘩を派閥抗争、利権確保、政争の具にしてしもて、本業である国会での審議論争、構造改革、景気回復、雇用失業問題、予算案に増税問題はそっち退け。与野党入り乱れ、場外乱闘にまでも持ち込みやがり、おまけに証人喚問などと云い出す始末。どちらかが嘘を云うてます。嘘云うたホウは議員辞職セヨ。
阿呆なことを真剣に論争してることが大問題。NGOの会議参加問題に的を絞った議論なら、マダ、救いよおがあるのに、世界の恥さらし議員と官僚には、呆れ返るワイ。
肝心の国会のホウですが、民主党の官さんが質問致しました。
「構造改革をやれば、何故、景気回復するか、そのメカニズムを説明してクレ。」
小泉首相は開き治ってしもて、スグに景気回復するとは云うてナイぞ。
確かに、この答弁も嘘ではありませんが、質問と回答の完全なるミスマッチです。小泉さんも、分かっておれば喜色満面、お得意口調で演説出来ますが、してませんので出来ません。
ついでなら、こおも質問して欲しかった。
「あらゆる手段を講じ、金融危機は引き起こさない。」
小泉首相のお言葉ですが、あらゆる手段の一つか二つでも、具体的に示し、国民を安心させてクレ。
この問題に明快なる答弁したウエで、外務省よシッカリセヨとお説教されるなら、多少は説得力も出て来ます。此れも小泉首相では無理やろなあ。
さて、会議では、もお一つの涙が流れたのです。
アフガニスタン暫定政権のカイザル議長が眼に涙して、全世界に向かい演説した。
我が祖国、国民の多くは、今も尚、飢えで苦しみ、教育を受けることが出来てません。多くの義援金に感謝致します。
短い文言のナカで愛国の情が伝わったなあ。其れに比べて、我が国、飽食の日本。以上の次第では、余所事ではなくなり、三つ目の涙は凄いゾ。
嗚呼、憂国。日本国民一億三千万人の両の眼から流れるワイ。
(02/01/27)


76.雪印食品の狂牛病詐欺事件(2)

私の聞き間違いでなければ、二度目の記者会見では、品質の二文字を削除したぞ。
「センター長の独断でやったことですが、管理体制が不充分でした。」
其れでも何処が不味かったかを明確にしてないのです。
所詮は思想信条の欠落した煽り専門、亡国の使者、マスコミ相手ですから、楽なもの。ナンで、センター長が犯罪行為に走ったかが問題で、ざる法故、かいくぐるのもイト簡単ですが、やるにはやるだけの背景が存在する。
一つには、会社の雰囲気が陰険、陰湿、隠微なのか。
業績がこのままでは、関西ミート・センターも人員整理をせにゃナラヌ。その筆頭は当然乍ら、責任者のオマエやなあと、脅迫されたか、降格に左遷をチラリとか。或いは、その反対かも分かりませんが、イヤ、内情は知りませんですし、其れで詐取セヨと命令されたとは申してませんです。
雪印食品は仮にも従業員二千名、年商百億円の企業です。総額一千万円、実質数百万円の収益目的で、センター長の肩書きがあるにしても、経営幹部でも、小也と云えど、一国一城の主、個人商店主でもあるまいに、一会社員の分際にして、そんな判断するもんかなあ。ハッキリ云えば、個人、無名の零細企業なら、金額も少ないやろし、其処まで追いつめられたのですから同情の余地がある。
此方は大企業でありまして、明らかな詐欺、犯罪のヤバイ作業に大切な部下まで動員しやがって、荷担させるのかと情けない。
其れこそ、本社に露見したら懲戒解雇。イヤ、余所様の会社の内情までは知りませんですが、常識で考えればのことで、私なら、部下を動員出来ませんし、致しません。部下にも家族がありますし、ヤルにしても、我一人のみ。家族にも申し訳立たぬ故、身一つにしてからの実行です。
そこまでの覚悟なら、オソラク、倒産寸前の我が社を救わねばならぬの愛社精神であると、或る意味立派ですが、口裏合わせ、口止めまでしてたから、そおでもナイぞ。会社もそんな状況でもないしなあ。その覚悟なら気迫に圧倒、同情され、露見致しません。
事件の背景は単なる憶測ですが、政治の無為無策で不景気は深刻、大会社のリストラ発表もマタかいなの世相です。一個人の行為とすれば、我が身大事、業績向上の方策も考えねばと、脅迫観念にも襲われて、安易なる名案を思いついたのか。
さもなくば、業界での裏話で噂が飛び交おて、ドコソコはやってるみたいやで。イヤ、此れも知りませんで。
検査前国産牛の受け入れも一部は現物確認セズ、書類審査だけですし、雪印の如き大会社なら社名だけで信用されますから、書類審査になっておりました。
書類審査だけなら、その気にさえなれば出来ること。現に保管会社社長が黙ってれば発覚しませんでした。
そして、国民が牛肉離れしてるのは、狂牛病検査はマトモに実施され、危険な肉は確実に廃棄処分されてのか。
検査前の肉が検査後の肉と混ぜられ、販売されてナイやろなあ。対策以降の牛の飼料がどのよおなモノが使用され、管理もされてるのか。
日本政府は其処を不明確にしてまして、説明もしてません。武部大臣殿も、原因究明が何故要るのかと、馬鹿な答弁してましたが、原因究明しなければ対策は出来ませんのです。
他国からの警告にも関わらず、狂牛病など日本では大丈夫であるとした官僚は責任追及されることもナク、高額の退職金を懐にして、結構なこと。
此のセンター長のやったことは紛れもナク犯罪行為ですが、農水省の失策は其れ以上の犯罪行為です。犯罪者が犯罪者を告訴検討。ホカにヤル部署がありませんので仕方ありませんが、奇妙な構図やなあ。
其れでも小泉首相は我れ関せず。知らぬ振りで武部大臣をかぼてます。同じかばうなら、上司、任命権者として、アンタが全面に出て、全国民に謝罪と説明してクレ。まあ、ヤランなあ。
其れは諦めまして、雪印が品質管理的手法で対策するならば、関西ミート・センターの最高責任者であるセンター長立ち会いのもと、国産牛を処分するべきでした。
そのセンター長がこの程度では困ります故、雪印自画自賛の品質管理部門の責任で処分させると社内で規定すればヨカッタなあ。
返品牛乳の処分にしても、品質に関しては品質管理部門の責任が伴うため、責任部署の許可を得て実施しなければならぬのですが、雪印にはその思想がなく、現場の独断先行ですから、処理もバラバラになってると推測する。此れこそ、典型的な品質無管理状態です。
社風もそのままであると思われるため、品質管理担当者が現場の惨状を見ても、惨状とさえ感じてない。感じても、ナンの権限もないから処分を中止させ、回収させるにも相手にしてもらえませんのです。そもそも、担当者が何名居てるのかさえ疑問。
結果、再度の業務自粛、雪印食品社長の辞任検討、雪印製品のスーパー、コンビニ、学校給食からの排除等々。
一センター長の偽装行為が此処まで発展したけれど、根本原因は雪印経営幹部の知能の低さ、拝金主義と無管理体制に起因してるのです。
其処に経営幹部が気づき、頭のナカも総入れ替えせぬ限り、企業としての存続もナイ。
イヤ、雪印一社でもあるまい。
世界に冠たる日本の製造業も他山の石以て玉を攻むべしと解釈せねば、日本沈没。


75.雪印食品の狂牛病詐欺事件(1)

思いおこせば、一年半前の猛暑の頃。
雪印乳業が出荷した牛乳で下痢症状やて。(「憂国」NO.2NO.3参照。)
原因は様々有ったのですが、根本原因は高名なる社名に胡座をかいての金儲け至上主義経営と断定。
極め付きは返品された牛乳を炎天下で混ぜ合わせて再生したこと。モノを粗末にする風潮の昨今、充分使用出来るのを捨てるのは勿体ナイと再生するのなら佳いことです。
但し、再生には其れなりの環境、条件、そして品質確認が要りますゾ。ナニもしてないから、腐敗菌が増殖して食中毒になりました。
にも関わらず、会社幹部はこんな意味のことを云うたなあ。
「品質管理をやってますから大丈夫です。」
どおも、雪印はカンリ、カンリと管理を連発して、カンリを安物にする。管理をしてればしてる程、管理は難しいから、管理を口にするのは避けるワイ。
私もQCをやってましたが、クレーム回答で、我が社の品質管理体制は万全でアルなどと、恥ずかしい説明をしたことはナイ。
そしたら、私がやってた品質管理は万全なる体制ではなかったかと云えば、万全なる品質管理は世のナカに存在しせん。現に不良品は出てますし、製造に関わる経験者なら、万全なる品質管理体制などあり得ぬことは承知です。
不良ゼロは理想であっても、ゼロと云うたその瞬間に嘘がバレバレ。イヤ、目標はゼロでありますが、顧客に保証は出来ません。
製造工程は生き物で、日々変動してるから、品質管理体制も流動的である。此処に問題がありましたから、此のよおに改善して、不良率がどの程度に低下しました。よって、チとご安心をと説明するのであって、抽象論では意味が無い。雪印も小泉首相も、具体的項目、数値と目標を明言セヨ。そしたら、多少は信用奪還、景気も良くなるワイ。
そしたら、不良が有っても当たり前かと聞かれれば、当たり前と答えてやる。
顧客にも製造工程が有りますから、内部検査はしてますがな。不良が出るのは前提で、率も把握してるのです。嘘を云うても阿呆抜かせと笑われるだけ。
別段、我が社の製品だけを工程投入してるワケでナシ。他社製品の不良率が此れくらいやから、オマエの処の製品は無茶苦茶で使いモノにならんから出直して来いと云われれば、其れまでや。不良率を下げる努力をして、此れでどおや、評価してクレとなるのです。
結果が全てですから、雪印乳業には品質管理の思想など存在してないと断言出来る。
京都園部の八木町に牛乳の最新鋭工場を建て、テレビで紹介してましたが、マスクもしてなんだ。食品会社がマスクもなしでヨオやります。会社そのものに品質意識の希薄さが丸見えや。
この問題も喉元過ぎて一年半。巷の噂も七十五日は遙かに過ぎて、雪印事件もチとだけですが、忘れてしもたのに、奇妙な事件が飛び込んだ。
雪印乳業の子会社で雪印食品の関西ミートセンター(兵庫県伊丹市)のセンター長を含め、社員八名が昨年十月、豪州産牛肉を国産牛の箱に詰め替える偽装工作して、業界団体に買い取らせていたことを牛肉保管を委託をされてた、西宮冷蔵(兵庫県西宮市)の社長が暴露してしもた。
西宮冷蔵の社長の説明では、いつもなら、当社社員と一緒に作業するのに、ダレも来るなと断わられ、センターの社員だけで処理したのです。
悪いと分かってますから、身内だけで処理するのは当然ですが、保管会社の社長が再三、偽装工作は悪いことであるから、善処セヨと、センター長に忠告したのに無視されたため、此れは不味いぞと、しかるべき筋に報告したのです。
センター長の弁は、自分の判断でやったことであり、会社とは無関係である。
動機としては、狂牛病問題で牛肉の売り上げが低迷するため、在庫が増え、将来の不安を感じ、買い取り制度を悪用した。そのために、北陸雪印ハムにシールの偽造までを強引に依頼し再発行させた。
牛肉の買い取りは、厚生労働省の全頭検査が始まった昨年十月からで、其れ以前に解体された国産牛の肉を業界団体が買い上げ、国が買い取り費用と処分費を全額助成する制度を悪用して、助成金を騙し取ったことになる。
約一千万円を受け取ったのですが、前科が有るとは云え、世に冠たる会社のやるべきことではナイ。
ではありますが、第一報を知った時には、マタ、やりよったか。懲りない会社やなあ。もお、アカンでと思いました。
そして、私の聞き間違いでなければ、またしても、会社幹部はこお云うたぞ。
「品質管理体制が不充分でした。」
またもや、カンリが出て来たゾ。
此の問題の何処が品質管理に関係してるのか、説明してクレ。笑止千万也。関係しても構いませんが、不充分なら不充分でも結構ですので、何処がどのよおに不充分であるかを、具体的に説明セヨ。事件発覚、即の記者会見では、対策までは無理としてです。
この連中は、口先だけのカンリですから、社員の教育指導管理体制と製品品質管理体制をごちゃ混ぜにしただけや。管理の意味さえ理解してませんので、ショウガナイのかなあ。
そもそも、一年半前の事件でもナニを改善したのか。あれだけのオオゴトですから、全社一丸となり、骨の髄まで反省してるやろと、性善説で考えてましたが、甘かったなあ。
社長は交代してませんし、幹部もそのまま。会社の構造改革が成されるハズがナイ。
(02/01/26)


74.加藤茶番劇場後講釈(3) 我が身が大事

そもそも、茶番とはナンやろなあ。
単純には、お客にお茶を出す役で、マサシク、お茶当番。
ツギが、立茶番と称するもので、簡単な扮装だけのお芝居で、茶番狂言とも云うのです。
もっと有って、担ぎ茶番。観客から、お笑いを取るお芝居で、ヤルゾ、ヤルゾと見せ掛けて、結局、ナンにもヤランとオチにスル。
加藤茶番劇は、コレに該当してるのです。ヤルゾ、ヤルゾと見せかけて、ナニもセズ。
ここでは、ハッキリと、茶番劇後講釈と云うてます。
既に、結果が有って、今更、ナニを云うても時計は元に戻りません。
それにしても、これほどに、お見事、肩すかしを喰ったこともナイ。加藤紘一さんの価値判断はナニが基準であるのか。
観衆にとっては、考えもシテナイ幕切れ。ナンで考えても居ないのか。ご当人が、イヤと云う程、宣言してるからで、それこそ、我々庶民とは、身分がチガウお立場のカタです。
いやしくも、代議士先生を束ね一派を形成されてる大親分に、二言の有ろおハズがナイ。
日本の景気をダメにしたのは、見通しが甘かっただけ。トキの総理大臣も、意志が弱かったから、足を引っ張られただけ。加藤先生は、エリートです。
貴重な人材として、政治家として、世間の評価も高く、近い将来には、総理大臣でもと、嘱望されてます。
今回は、足を引っ張られることはナイのです。加藤先生の決意だけの問題で、ソレを阻むものはナニもナイ。
ヤクザの親分、野中さんが恫喝しよおが、橋龍さんが、脅しを掛けよおが、無関係。
万が一にも、自民党から、何十名もの除名処分者を出そおものなら、自民党そのものがエライことにナル。反対に、脅かしてやったらヨイのです。
イヤ、ムシロ、加藤一派は、ソレが目的やったのではナイか。決戦までに、戦争相手が、白旗でも揚げてくれたらなあと、ソオ云う甘い考えを、見破られてた気配が有る。
ナンで見破られてたのかと云うと、自民党からは、離脱しないと云うてたからで、その程度の覚悟では、政変を巻き起こすのは難しい。ツマリ、ホンキではナイと云うことや。
そのウエで、加藤一派の、親分も親分なら、子分も子分。
その子分の一人は京都が選挙区の議員さんで、眼一杯、目立ってました。テレビ中継してるから、その演技も見事なモンで、
「大将なんですから、一人で突撃はダメです。」
「そんなことされたら、アトに残された、我々はドオするのですか。」
眼には涙まで浮かべて、説得してます。
そのワリに、様子がオカシイ。そこまで、云うのやったら、この議員さんも、堂々と一緒に出席して、賛成票を投じたいと進言すればヨイ。そおしましょうよ。私もご一緒致します。その決意の一言がナイのです。
一言どころか、意気地のナイ、大将なら仕方がナイのです。クビに縄でもつけるとか、殴りつけて、気絶させてでも初志貫徹すればヨイ。
ところが、口ではソオ云うてるけど、ヤッテルことは、正反対やった。
加藤先生を、身動き出来んよおに、取り囲こんでしもて、羽交い締めにしてるのです。先生も、涙を流してるけど、ナニに対しての涙であるのか。
国民の皆様のご期待を裏切って申し訳アリマセン。政治家、加藤紘一の有言不実行は万死に値します。
あの涙には、そんなこと、意味してません。
志をオナジにした同士達が、羽交い締めにしてくれて、一人で突撃したらアカンとだけ云うてくれてます。ドオしたらヨイのやろ。
そやけど、これで、助かった。賛成票を提出センでもヨオなったから、安堵しての涙です。アア、ヨカッタ、自民党から、追い出されんでスムからなあ。
忠臣がナニもしてくれんかったら、同士に対し、演説してしもた手前もアル。山崎氏とタッタの二人、手を携えて、国会に出席して、賛成票を投じ、自民党から離脱せねばナラヌのです。
案に相違して、忠臣が、テレビ中継のあることから、エライ、目立ってくれて、殿、大将、加藤先生とか云うて、必死に妨害してくれたモンやから、ナンの行動も起こさないと云う、口実が出来てしもた。
そして、敗戦の弁です。
私の戦略が甘かった。チカラを蓄えて、ツギの機会を伺います。
さて、ここで、加藤先生の戦略とはナンやろなあ。
そもそも、ナンの戦略が有ったのか。やるべきことは、派内の意思統一だけ。その派内さえ、バラバラではどおしょうもナイ。
アトは、初志貫徹、残った同士だけを引き連れて、国会には出席して、賛成票を投じるのみ。
結果、自民党から除名されよおがナニされよおが、お勝手にと、その覚悟さえアレば、充分やけど、このエリートには、ソレがナカッタ。
我が身の保身だけが有ったことにナル。
この程度の政治家が、日本の明日を担えるハズがナイ。
ドッチミチ、自民党を、離脱したところで、除名されたところで、命まで、取られませんがな。
失政されたがために、自己破産するヒトは沢山有るのやで。
(00/11/24)


73.加藤茶番劇場後講釈(2) 猿回しの猿

眠たいなあ。
夜も遅いから、眠たい、眠たい、眠たいなあ。
折角、ナンでもカンでもの、大安売りの「今世紀最期」の大演劇を、特等席で、観劇出来るハズやった。私の特等席とは、炬燵のナカ。
劇場は国会議事堂です。幸せなことに、私共、庶民は、テレビが中継してくれるので、居ながらにして、観劇出来るのです。
前座の、演劇も、淀みナク、滞りもナク進んでクレて、ボチボチ、その時分になったのです。
舞台設営のための準備も整おてるし、主人公一同、ご登場を待つばかりとなったのです。
大演劇のことやから、この幕間段階では、主演役者の控室にまでテレビがお邪魔して、中継まで有ったのですが、その状況が、オカシイ。
如何にも、忠臣面した面々が、お殿様を取り囲んで、
「お殿様、お気は確かで御座いますか。」
控室で、演劇練習でもやってるのかいな。お殿様の御眼にも、大粒の涙が流れ、迫真の演技が展開されてます。そやけど、台詞がオカシイのです。
お殿様と云われてるお方は、隣国のお殿様と二人だけで、是非共、舞台に出演させてクレと懇願し、それ以外の面々は、自重してクレ、残ってクレ、涙を呑んで、我慢してクレ。キズはマダ浅い。
ソレならソレで、お殿様の指示やから、
「御意。」
この一言でヨイのに、命令してるお殿様を、一生懸命、引き留めてます。忠臣は、どおも、一緒に出演するツモリは消え失せてるよおでもありました。ここに残ってクレの一言で、スッカリ、その気になってます。忠臣連中は、最早、出演取り辞めは既成の事実としてしもて、アア、助かった。ツイデに、お殿様も自重しておクレ。こんな感じです。
ドオ見ても、この光景では、間違おても、我々家臣も一緒に出演とは云うてナイのです。アクマでも、殿様に待ったを掛けてるだけ。
観劇者の私としては、ウソやで、そんなことなら、ツマランし、ナンにもオモシロイことがナイ。ここまで、待ってたのやから、ナニかやってほしい。
期待してたら、やってクレました。国会では、保守党の松浪先生が、ナニに激怒したのか、野党席に水をぶっかけた。
台湾のマネをしたのか、アッチは、もっと派手で、ショッチュウやってるらしいけど、こんな野蛮なことは、良識アル、日本の国会では、初めてらしいのです。ホンマかいなと、思うけど、公式的には、そお云うことになってます。
おそらくは、国会に出席されてる先生諸氏も、今世紀最期の大演劇を心待ちに待ってたのに、ドタキャンされてしもたから、消化不良になってたのです。
オナジク、与党とは云え、松浪先生も消化不良になってたから、ここで、一発、ウサ晴らしでもしてやれと、演技してくれたのです。
ホンの軽い演技のツモリが、意に反し、野党一斉の怒号と抗議で、沸き返ってしもたから、さしもの、武闘派、松浪先生も、多勢に無勢、ご自慢の格闘技で応戦するにも、相手は単なる国会議員。
口サキだけの生物やから、ガツンと、一発、披露するワケにもイカンがな。
水のバラマキの演技の直後は、先生も、その態度、その顔、その眼で、威喝はしてましたけど、収まるどころか、次第に大事になって来てしもた。
顔は、青ざめ、引きつって、どおしたらヨイのやろ。
イマ更、冗談です。ホンの出来心でと、謝る勇気もアリマセン。数合わせの一員のクセに、エエ格好し過ぎたのです。
悪いけど、この松浪なる先生が、この事件で、罷免されよおが、ドオされよおが、国政にはナンの影響もナイ。
単なる猿回しの猿同然。
そやけど、加藤先生はそおではナイのです。イチオウ、派閥の大将で、自民党の元幹事長。
松浪議員とは、格が違う。政治のプロで、影響度も大。
言動の重みもチガウのです。
(00/11/23)


72.加藤茶番劇場後講釈(1) ハジマリ、ハジマリ

結局は、加藤、山崎両氏の騒動は、単なる茶番劇で、オシマイやねえ。
国政を、自民党を、替えねばナランと、豪語したけど、自民党からは離脱致しません。
この言葉が前提やったから、ナンやオカシイとは思てたのです。
そして、最期の最期、名誉アル撤退。これ以上の負けイクサは致しません。
ツマリ、加藤氏の云う名誉とは、自分の派閥だけの名誉だけ。国民不在で、我が身が大事なだけの、エエ処のボンボン大将です。
私等なら、アホやから、計算も戦略もナイ。
単純には、連日の如く、テレビに出演して、公言してしもたら、退路は断ってることを意味してます。
ソレをイトもアッサリ、撤回出来るのは、東大出身で、頭の回転が良過ぎるのか。そのサキには、高等算術でもアルのでも云うのかと疑おてしまう。
早いハナシが、私等みたいな、アホなら、負ける戦であっても、万分の一の可能性がアルだけで、やってしまうことがアルのに、頭の賢いカタには、その程度の思いっ切りがナイのです。
そもそも、私には、意外でした。
世間の、加藤氏に対する評価が、すこぶる高かった。私に云わせれば、甘いのやけど。
ナンと云うても、英語がご堪能で、エエ氏のオボッチャマと、持ち上げて。
それ程に、国民の皆様は、忘却が早い証拠です。
ヒトのウワサも七十五日。ソレ以上、日数も経過してるから、忘れやはっても仕方がナイ。
ナニを隠そお、橋本龍太郎内閣大失政時代の、加藤幹事長、山崎政調会長です。
このお二人から、耳にタコが出来る程、幾度も聞かされてました。勿論、テレビ番組でのことですよ。
この夏には、秋には、年を越した頃には、サクラの咲く頃には、絶対に、景気はヨクなるからと力説されてました。全部、ウソで、イマの状況です。
この政治責任なんか、ダレも取ってナイ。それどころか、トキの妖怪がマタ出没したのです。
傑作は、そのトキの橋龍が、そのトキの幹事長、政調会長と、敵対関係にアルのです。ホンマかいなと思うけど、これが政治の世界やろ。
この騒動で、オトコを上げたのは、ヤクザ丸出しで極悪人相、且つ、学歴詐称の老練現幹事長、野中はん。
このオッサンは、関西のトアル大学出身とか云うてたのです。関西出身にはチガイない。
亀岡の少しサキの、園部出身らしいから。
それにしても、詐欺も、詐欺、大詐欺の、アホクサイ、幕切れでした。
(00/11/22)


71.家庭教育の崩壊(6) 小学生のユスリ

やたら、表に出て来た、幼児虐待事件。
これは、やってることが派手やから。
幼子が何回も病院に救急入院する程の怪我をさせるから、お医者さんも、気がつくのや。
派手な理由は、阿呆なオトコが、感情のおもむくがままに、無茶苦茶やってしもて、カラダにキズをつけるほどの折檻をしてしまうからです。
継母の場合は賢いから、カラダにはキズはつけずに、心につける。世間に出るよおな、バカな真似はしませんのです。
阿呆なオトコと、そんなオトコに惚れたオンナのために、その子は悲惨な目に合うのや。
これも、ムカシみたいに、戸板一枚の長屋やったら、親の虐待振りが、長屋中に轟き渡って、たちまちにして、貫禄充分の、ブクブク太った、お節介オバハンが、怒鳴り込んで来て、
「チョッとアンタ、この子にナニしてるのや。」
一発、カマしてくれるけど、イマは、鉄筋コンクリートの厚い壁やから、隔離されてしもて、多少の物音は聞こえません。
手抜きもアルのやから、厚くもナイのやけど、触らぬ神に祟りナシです。
戸板一枚は、こんなトキには有効やけど、プライバシーは、ナイのも同然やから、これが困る。
そやけど、ブクブクに太った、お節介オバハンなら、何処にでも居てます。余所さんの、アルことナイこと、吹聴して廻ってるのやけど、肝心なことは知らんフリしてるダケ。
事件にでもなって、表面に出てしもたら。
「そおなんやで。
アソコの親も、キツイのや。小さい子やのに、叩いたり、どついたり、大声で怒鳴りつけたり。
イツも、ドタンバタンて、大きな音がしてるのや。鳴き声も聞こえてるし、アレは、床に投げつけてた音にチガイないのや。
あの子にしても、可哀想に、ショッチュウ、アザだらけやし、泣いてるし、お父さんを見たら、おびえてるし、私はイツも、大丈夫か云うて、かぼてあげてたましたのやけどなあ。」
ホンマかウソか、テレビの取材班にやったら、急に、雄弁になってしもて、アレコレ、細々に報告するのです。
そこまで知ってるのやったら、もっと、早いこと、警察にでも云うてやったらヨイのに、最近の、お節介オバハンは、どおでもヨイ、イランことだけを云うて廻るのや。
警察も、親が躾と云うてしもたら、余程のことがナイ限り、手も足も出えへんのやけど。
私としたら、これらの事件が何処かも知らんのやから、その子には悪いけど、知ってる範囲で、ナイことを祈るだけです。
特に、近所のハナシを吹聴もしてナイしなあ。気に入らんヤツは多いけど。
サテ、ここで、私もエラソウに云うたけど、コノ子を救えるのは、親しか居てナイのや。
頼りないとは云え、警察が出て、ナニが出来るのか。その子を施設にでも入れるのかいな。入れて、ソノ子が幸せになれるのやろか。
横幅の広い、お節介オバハンに、ナニが出来ると云うのや。突然、出現した、私みたいな、そこらの、貧相な中年のオッサンでもアカンのや。ナンでアカンかと云うたら、その子の面倒を見ることが出来んからです。
その家に、勇敢にも、怒鳴り込んで、お説教も結構やけど、聞き入れる、入れんは、親の問題であって、或いは、親戚筋であっても、最終的に、ソノ子を引き取って、育てあげるくらいの奇特な覚悟がナイとアカンのです。
ソラ、私の家でもムリしたら、子の一人くらい、養えるやろけど、犬猫十姉妹、愛玩動物とか畜生ではあるまいに、単にメシを喰わしてたらヨイと云うだけではナイのや。
何処のご家庭でも、我が子だけでさえ、悩みが大きいのに、余所さんの子になんか、悪いけど、責任が持てません。
一食、二食、一晩、二晩、三晩とか、もっと、長おて、一ケ月、二ケ月、期限ツキの面倒なら、ナンとか、カマヘンやろけど、巣立つまでと云われたら、困るのや。
そこらの、お節介オバハンにしても、適当に、近所所の秘密情報をウワサしてるブンには、罪も軽いけど、余所のご家庭にまで、上がり込んでまでの、お節介は出来ませんのです。これが、戸板一枚時代でもです。
そやけど、学校でのイジメは、どおやろか。
先日も、カー・ラジオを聞いてたら、小学2年生の子を持つ親の投書を朗読してました。
そこの子が、学校で、ユスリに合おたのやて。しかも、同級生から。同級生やから、強請ってる相手も小学2年生と云うことにナル。そんな歳で、やりよるて、ホンマかいな。
講堂とか、体育館に呼び出して、千円持って来い。二千円持って来いと要求するらしいです。この程度の歳やから、この金額でスムのやけど、この歳やから、スグに、親に訴えたらしい。
それで、親御さんが、先生に云うたら、収まったのやて。ヨカッタなあ。
確かに、最近は、躾そのものが難しい。気まぐれ折檻はアカンけど、躾そのものが出来てナイ。
そんなこと云うたら、シテルと反論されてしまうやろけど、親はしてるツモリやろけど、アカンから、この現状や。
おそらくは、ユスリをした子も躾はされてるやろけど、やって悪いことと、良いことの区別がついてナイのや。
イヤ、区別くらいついてるけど、オモシロイからやってるのやろ。
大きい、兄ちゃん、姉ちゃんもやってるから、真似してるダケやで。
兄ちゃん、姉ちゃんだけでもナイのやで。
その子にとっては、お爺ちゃんでも、やってるし、エライはずの会社の社長さんでもウソばっかり云うてるのを知ってます。
牛乳の会社もそおやし、クルマの会社もそおやった。
欲しいモンは欲しいし、お金が有ったら、ナンでも買えるがな。
我慢なんか、してたら、損するのやで。
子はナンでも知ってます。
(00/09/20)


70.家庭教育の崩壊(5) 幼児虐待

躾と称して、我が子を虐待する親が居る。
全身にアザが出来る程、叩いたり、床に投げつけて、骨折させたり、挙げ句の果てに、マンションの二階から、放り投げたり。
病院に連れ込まれるくらいの折檻をして、ナニが躾やな。
二階から、放り投げて、ナニが殺す気はナカッタのやな。アホ抜かせ。
この手の親の心理状態は、私の理解の範囲を超えてます。私でナクとも、理解は苦しいけど、その背景を知ったら、納得出来るのです。
子持ちの女性の、同棲相手がやってるのやから、オトコにとっては、我が子ではナイ。しかも、くっついたオトコが麻薬常習者とか、酒乱やて。我が子であっても、離婚してるとか。
ソレ、見てみいな。可哀想に、その子にとっては、マトモな家庭環境とはチガウのや。
二階から放り投げて、殺す気はナカッタ。そしたら、ドンな気が有ったのやろ。ダレが考えても、殺す気やで。
邪悪な気持ちはダレにでもアル。
ムカシから、他人さんの幸福は、ウラヤマシイのや。ネタマシイのや。反対に、余所さんの不幸は、蜜の味らしいで。
アイツが宝くじにでも当たりよったら、シャクに触るし、隣の同級生の子が、勉強でも、ヨオ出来たら、腹立たしい。アホやったら、ザマあ見ろ。
知り合いに、ヨイことでも有ったら、口では、ヨカッタなあやけど、心のナカまでは、ヨオ分かりませんのやで。
一瞬の表情のナカに、ソレが読みとれることがアル。寂しいことやけど、これは仕方がナイ。
ヨイことが有ったとしても、その多寡にも寄る。
ナニかの抽選で、百円、千円、万円くらいのモンやったら、モノにもよるし、イツでも買えるし、ドッチでもヨイ。
私は、こお云うのには、見事、一度も当たったことがナイ。最初っから、当たるハズがナイと、諦めてるから、宝くじなるモノも、買おたことがナイのや。
買わんから、当たるハズもナイけど、知ったヒトが当たれば、素直に祝福することが出来ます。出来ることなら、当たったヒトに、ナニか、おごってクレと、云うてみたい。
そやけど、十万円が当たったハナシは一回だけ有った。
妹の婿はんで、当たったから、カラオケに連れてくれたのや。云うたらナンやけど、私はカラオケは、大の苦手やから、無理矢理、連れて行かれたと云うホウが、正確なんや。
ソレ以外では、聞いたことはナイ。もしかして、百万、千万円の大金やったら、黙ってよるのやろか。聞いたから云うて、それで、かすめ取るつもりはナイ。おごれと云いたいだけ。
さて、それで、そもそもが、継子イジメは、ムカシから、有ったこと。継子と我が子とを、オナジよおに扱おてくれる、育ての親こそが珍しい。
それでも、一生懸命に、オナジに扱ってるヒトもアル。これは、自尊心が存在するのやろ。私はそんな、継子イジメをするよおな、下等、卑劣な鬼畜生ではナイと、自分に云い聞かせてるのやで。
我が子がアレば、そっちが可愛いに決まってます。ソレをグッと我慢して、表面に出さんのが、自尊心。と、私は解釈してるのです。
世間一般では、子連れでも、再婚するまでは、或いは、してからでも、実の親のよおに可愛がってくれた相手やのに、実子が出来た、その途端に、豹変して、邪魔者扱いにしよるのや。
こんなハナシは腐るホドあるし、アル意味では仕方がナイ。そのヒトの、素直な衝動です。
私でも、その立場になったとしたら、自信はナイ。自信はナイけど、必死に努力をセンと仕方がナイと考えてます。
トリアエズ、結婚した相手と気が合わんから、簡単に離婚してしもて、ツギなる、再婚か、同棲か、コレまた、適当に見つけてしもて、その子が犠牲になってるのです。
ハッキリ、云うたら、相手を診る眼もナイのに、結婚してしもて、ヤッパリ、アカンから云うて、ハイ、サヨウナラ。
アタマのナカはガキのクセして、更に、ガキが子を造ってしもて、離婚はしたけど、ナンの学習効果もナイままに、マタもや、適当な相手を物色しただけやから、色ボケ、色キチガイ以外のナニモノでもナイ。
悪いけど、虐待を受ける子は、そんなアホな親から産まれた身の不運です。
テレビの人生相談でも、離婚をどおするかのハナシが多いやないか。
有名人のお答は、決まってます。マダ、お若いのやから、サッサと離婚しなさい。
アッサリ、云うてのけるヤツばっかりで、その気が知れんのです。
ソラ、芸能界は、乱れに乱れてる。ヤレ、くっついた、ソラ、離れた。こんな話題は日常茶飯事のことで、ナンの珍しいこともナイ。それを、一般社会と、一緒の経験則で論じるな。
子がナイのなら、決断は早いホオがヨイ。私も賛成で、我が道を行けばヨイ。子が有ったら、そお簡単ではナイ。
回答者には、その子に対するナンの責任もナイ。責任を持つべきは、その親だけ。そして、両親が揃てることだけが、その子にとって、将来的にも重要なことではもナイ。片親でも立派に育つ、育てる親もアル。
勿論、経済的な問題もアルし、肝心の相手が、お酒を飲み、暴力を振るうのならベツやけど。そのマエに、相手の酒乱、麻薬中毒くらい、流行りの、同棲をしてるのやから、分かってるやろに。
ソレをカクゴのウエで、結婚してくれ。同棲してくれ。
そして、同棲やったら、ナンの保証もナイのやから、子は造るな。
ここまで云うて来て、不思議なことに気がついた。
ムカシの継子イジメは、継母の専売特許。
そやから、先妻の子がやりよったのや。ツマリは、女性です。
イマドキの幼児虐待は、同棲中のオトコか、離婚されたオトコがやってるのやて。
どっちにしても、やってるのは、ナサケナイ、男性です。
つまりは、自尊心のカケラも無くなった、オトコが増えたのかいなあ。
(00/09/19)


69.家庭教育の崩壊(4) 躾とイジメ(3)

イマでは、ムカシながらの長屋も次第に姿を消してます。
長屋は、長屋やから、路地裏にある。
何処の長屋でも、狭いのは一緒やけど、戸板一枚も大差はナイのやけど、ワン・ルーム・マンションくらいの広さで一軒のから、イチオウ、狭い乍も、一軒家風のまでアルのです。
殆どは、狭い乍も一軒家風。これは、そこらにイッパイあったのや。
棲んでるヒトが、胸を張って、貧乏長屋と云うてます。
貧乏と、ハッキリ云うてるホウが、肩肘張ることもナイからで、実際には、表通りの一軒家でも、借金だらけの貧乏人が多いのや。当家も、借金だらけではナイけど、貧乏やった。
その貧乏長屋も、イツの間にやら、マンションに変貌してたり、建て売り住宅が建ってたり、そこの住人が、隣を買おて、二軒を一軒にして、三階建てに建て替えてしもたり。
私がシンパイすることではナイけど、その結果、三階建てに挟まれてしもたボロ家はエライことです。
その長屋の住民も、高年齢化してしもてるのや。サッキみたいに、立て替えたらベツやけど、そんなムカシ乍らの長屋に、若いヒトが棲むことは希です。
斯く申す、母方の伯父も、90歳近くになって、マダ、京都は下京の、四条大宮近くの路地の片隅の、貧乏長屋に棲んでます。伯母は他界したから、一人暮らし。
その歳で、今更、マンションでもナイやろし、死ぬまで、動くモンかと、意地張ってます。
マダ、カラダもアタマもハッキリしてるから、大丈夫。ムシロ、マンションよりもアンシン。
隣近所は知ったヒトばっかりやし、ナニよりも、階段がナイ。近くのマンションに棲む、そこの長男一家は、毎日の食事の面倒が大変やろけど、ヨオやってます。
イッソのこと、オヤジと一緒に棲む方がヨイみたいやけど、それぞれの事情もアルし、今更、出来ませんのです。
ツマリは、長屋は有っても、老人ばっかりになってるから、ムカシみたいに、夫婦の大喧嘩がアルはずもナイ。幼い子の鳴き声がタマに聞こえても、お孫さんが来てるだけやとか。
ムカシなら、こんな長屋の延長で、電車のナカでも、道端でも、幼子を、周囲の目も憚ることもナク、叱ってたのや。
別段、大邸宅でもナイ限り、長屋でナクても、そこらで、聞こえてました。ソレほど、ムカシはナンでも派手やった。
ソトでも、オナジ調子で、子は泣き叫ぶし、五月蠅いし、この場合は、周囲にも迷惑が掛かる。
ダダをこねた、洟垂れ小僧。小僧でナクても、お嬢でも、洟は垂れてたけど、ナンでか、洟垂れお嬢とは云わなんだなあ。
そんなことは、ドッチでもエエけど、その青ばなが顔中イッパイで、イマやったら、そんな顔してたら、汚ならしいと、スグにでも、ポケット・テッシュかナニかで、拭かれてしまうけど、そんなテッシュみたいな高級品が世にナイ時代やからソノママや。お金持ちやったら、ハンカチ等で、拭いて貰てたやろか。
兎に角、その汚い顔を、平手で、パシンと、気持ちのエエくらいのエエ音させて、叩かれてよるのも、ショッチュウ、見てたのやで。
他人事でもナイやろ。タブン、私かて、パシンと気持ちよく、やられてたとは思てます。洟垂れ小僧かどおかまで、覚えてナイけど。
イマ時、その洟垂れ小僧が居てナイし、洟垂れはどっちでもヨイけど、平手で顔を叩く親も、見たことがナイ。そやけど、この平手はコワイのやで。ソレで、難聴になってしもたヤツも知ってます。ここに、叩く親の冷静さと教養が要求される。
そんなことで、平手で顔を叩く親はドオかと思うけど、そもそもが、叱る親が無くなった。
小僧もお嬢も、そのお歳で、教養タップリとは云わせません。オナジよおに、叱られるよおなことバッカリやってるのやで。
ダダをこねてる子も、ムカシと一緒。靴のママ、電車の座席に上がる子も、ムカシと一緒。
そやったら、イマドキの、叱らん親には、冷静さと教養がアルのやろか。ムカシは文盲も居たけど、イマや、義務教育は、経てるのやから、最低限の教養はアルやろけど、トテモやないけど、教養のカケラも伺えません。せめて、注意くらいしたらどおなんやな。
ソレを自由闊達に育てるのやと、エラソウに、主張してるだけで、単なる、躾の義務の、放棄やないか。
ムカシの長屋でも居たのや。マッタクの、ホッタラカシで、子が、泣こおが、騒ごおが、親は、お構いなしのも居た。
これは、構てるヒマがナイのか、構う気がナイのか、ハタマタ、ナニを構てヨイのか、分かってナイのか。
云うたら、ムカシはそのクライ、パシンと平手と、分かってナイ親の両極端。
イマは、パシンと平手は少数派で、分かってナイのが多数派。
そやけど、理屈だけは一人前の親。
その子もオナジク、屁理屈だけは一人前。
(00/09/18)


68.家庭教育の崩壊(3) 躾とイジメ(2)

幼児虐待は、やってる親を、そんな具合に躾をした親の顔も見てやりたいのや。
その親とは、やられた幼児にとっては、爺さん、婆さんに相当するカタのこと。ドッチミチ、禄な、爺さん、婆さんとはチガウやろ。
親は、躾でアルと、口では云うけど、本心は、明らかに、イジワルでやってます。
ソモソモが、躾とは、読んで字の如く、その身を美しくすることで、ここで云う身とは、心身共を指すのに、躾してる親のホウの躾がなってナイから深刻です。
このことは、親の方針が、世間一般の常識と、ズレてるから、困るのです。
それだけに、躾とは親の責任重大で、ズレがあっても、余程のオツキアイがナイと傍目には分かりませんし、分かっても、この問題は、親兄弟でも、指摘するのが難しい。
躾とか、教育は、ダレにも絶対的な自信がナイ。有っても、ホカの方法ではアカンと云うこともナイ。
虐待にしても、隣近所は、知って、知らんフリしてるのです。触らぬ神に祟りなし。イランこと云うて、疎まれたり、ヘンな報復でもされたらエライこと。
セイゼイ、あの家はキツイなあ、イツも、アソコの子が泣かされてるで、程度です。
ハッキリ云うたら、可哀想にとは思うけど、所詮はヒトの子。
その虐待のことですけど、日本語でさえ、まだ理解してない幼児が、親の云うことを利かんと、叩いたり、つねったり、投げたりしたら、泣き叫んで、当たり前。
そしたら、やってるホウは、余計に反抗しやがってと、更に、手を上げてしまう。幼児が反抗するハズがナイのやけど。
さて、イマドキ、余り、見掛けませんけど、ムカシなら、散見したのです。
表現に、多少の苦労をするけど、私の家も貧乏でした。その日の、晩ご飯にさえも困ったことがあったけど、それで、一食くらい、お茶漬けになっても、餓死するのではと、思たことはナイ。
これは、味噌、醤油、お米でも、借りたものは返せる程度の貧乏やからです。
そやけど、もっと、貧乏な家も有ったのです。借りても、返せるアテがナイ。隣近所で、借りるにも、貸せる余裕がナイ。イザとなったら、そこらの、隣近所からでも、失敬するしかない。
そおでもせんと、一食が飛ぶどころの騒ぎではナクナッテ、何食も、オカズなしで、お茶漬けばっかりになるからや。
場合によったら、その調達を、子にさせて、ヨオヤッタと誉める親も居たのです。
京都には、そんな貧乏長屋の一帯が、アチコチにあったのや。過去形にしたのは、イマでは、相当数、姿を消してるからです。
そもそもが、京都には長屋が多かった。もしかしたら、大江戸以上の数やないかと思てます。
云うとくけど、当家のハナシではナイ。当家は貧乏やったけど、イマにも天井が崩壊してしまいそおな、町内でも一番のボロ家でもあったけど、イチオウ、ナンとか通りに面した、一軒家。
その長屋にも、イロイロあって、場合によったら、大金持ちも居たのです。ソコラ一帯の土地持ちさんが長屋に棲んでたこともあるのやけど、これは珍しいことです。
そこらの、普通の長屋なら、経済的には、当家と大差はナイ。収入は大したことないけど、それなりの定職が有るから、贅沢さえセンかったら、ナンとかやれる。いわば、世間一般の家庭やから、多少、家が小さい程度。多少でもナイ家もあったけど。
貧乏長屋の場合、大黒柱に定職らしきモノがナイから、ナニして喰ってるのやら。そんな一家のことを指してるのです。イマの私と大差ナイけど。
そんな長屋なら、日常茶飯事的に、あったのです。
隣とのシキリは、戸板一枚だけ。夏の暑苦しいトキでも、エアコンが、あらへんから、窓かて、開けっぱなし。ムカシのハナシやから、エアコンなんか、最初っからナカッタけど。
団扇、扇子の全盛時代。セイゼイ、扇風機があったくらいのモンです。その程度までやったら、戸板一枚以外は、お金持ちでも一緒。
長屋の場合、夫婦喧嘩であろおが、なかろおが、ガキの喚き声から、ナニからナニまで、そこらに、丸聞こえ。
聞こえて、恥ずかしいとでも云うのやったら、そんな場所に棲まんとけ。サッサと何処へでも引っ越したらヨイのやけど、その資金がナイから、そこに居てる。
ここが、お金持ちとはチガウ処です。お金持ちでも夫婦喧嘩はスルやろけど、隣近所に聞こえる程の大声では、ヤランやろ。やっても、お屋敷やから、ソトには聞こえません。
一説では、教養の差とのハナシもアル。
他方では、お金持ちは、世間体を気にしてるだけとのハナシもアル。
そやから云うて、最近は、派手な夫婦喧嘩を、見たことも、聞いたこともナイ。
やっぱり、教養の差やろか。
イマでは、長屋も次第に消えて、戸板一枚から、マンション、アパートに変化して、夫婦喧嘩の怒鳴り声も、ウチに籠もってしもたのやろか。
アパートやったら、戸板一枚に近いけど。
(00/09/16)


67.家庭教育の崩壊(2) 躾とイジメ(1)

幼児虐待と、イジメと、学級崩壊。
幼児虐待は、一番身近で、外敵から保護してくれるべき大人にやられるのやから、子はタマッタもんではナイ。可哀想に、そのキズ痕は、成長しても、残ってしまうやろ。
通てる学校で、イジメの標的にされてしもたら、逃れるにも、ムコウから、迫って来るのやから、どおしょおもナイ。
学級崩壊も、中学校から、小学校に波及。
小中学校は、義務教育で、地域制やから、どおしたらヨイのやな。昨年まで、大丈夫でも、今年、来年と、大丈夫やとは、ナンの保証もナイ。
イジメと学級崩壊の根元は、ホボ、オナジと見てます。加えて、少年犯罪も根っ子はオナジで、親の猫可愛がり。
幼児虐待のホウは、マッタクの対極にあって、大人が、二歳や三歳の子のカラダにアザをつけたり、骨折させたりするのやから、ナンとも、云いよおがナイのです。
やってる大人は、躾やと、開きなおりよるけど、明らかに、お仕置き、拷問に属することや。イヤ、もっと、キツイ。イジメそのもので、理屈もナンにもナイ。
その区別が出来んのやから、無教養、丸出し。イヤ、これも、チガウ。マッタクの無教養ではなく、立派な逃げ口上を知ってるのやから、保身の計算だけは分かってるのやから、何処かのお国の、政界、財界の重鎮とオナジです。
そうかと云うて、親権のアル大人が、そお云うてしもたら、余程の証拠でもナイ限り、手も足も出せへんのが、日本のオカシナ現状で、出せる頃には、ソノ子が重症やないか。
そもそもが、そんな歳の子に、ナンの躾をスル気やろ。百歩譲って、躾としても、手を上げること自体が、躾のナンたるかが、分かってナイ証拠です。
千日と云えば、三歳。ここまでは、寝て、食べて、笑って、泣くのが主たる仕事で、千日に接近するに従って、歩き出し、日本語も、多少は理解してくるのです。
子に手を上げるのはイカンことではナイのです。ナニも分からんトキでも、物事の道理をカラダで覚えさせるのも、教育でアルことに、異論はナイのや。
上げん過ぎて、猫可愛がりもアカンやろ。家庭内暴力、少年犯罪は、そのタメやと思てます。それもあるから、接しカタが両極端と云うてるのです。
私も、子に手は上げたけど、叩いたのは、お尻だけ。それも、小学生低学年まで。理由を云うて、お尻をめくって、自分の掌が痛いくらい、容赦ナク、叩いたのや。
間違おても、顔とか、アタマは叩いたことはナイ。ここは、間違おたら、傷害を起こすことがある。お尻なら、幾ら叩いても、痛いだけで、万が一、場所を外してしもても、ナンのシンパイもナイ。
叩くトキは、ウソをついたトキで、お尻、十発と決めてたのです。
と、これは、私の方針であって、それがヨイともワルイとも、余所さんに云えることではありませんのです。
余所さんには余所さんの方針があって結構で、私がトヤカク云う筋合いでもナイ。
そやけど、常識的に、ダレもがオカシイと思うことは、ヤッパリ、オカシイのやし、ムカシっから、ウソは泥棒の始まりとも云われてるのや。そお云う意味からも、最初っから、ホンマのことを云うてたら、矛盾することはナイ。
世の中、そのウソが多過ぎる。
そのウソも、アタマが悪いのか、賢いのか、世に云う、有名人でさえ、常識的に考えても、スグにもばれるウソを平気で公表する。
アホでは、世には出られへんから、賢いハズやと思うのやけど、もっと、マトモに理論武装したらヨイのに、ウソの上塗りのウソの説明をするから、理論武装も、やりよおがナイだけや。
或る意味では、アタマ隠して、尻隠さずで、可愛いモンやけど、可愛くもナイお歳のヒトがやってるから世話はナイです。
そのウソを、一度ついてしもたら、際限が無くなるのや。サラ金での借金もオナジことらしいけど、幼児虐待も、イジメも一緒で、一度やってしもたら、歯止めが利かんのやろ。
天使ブルのは、格好はヨイのやけど、イツでもブッテルのはシンドイのや。
悪魔は、本来、人間の本性やから、ヤルのは簡単なこと。現に、そこらにイッパイ、居てるがな。
当人が、ソレと気が付いてナイから、困るけど、私だけがヨカッタら、それでヨイと云う奴ばっかりが、ウジャウジャ居てるがな。
自動車でも運転してたら、スグ、分かる。ホカの運転手は、全員、悪魔に見えるやろ。実際、悪魔が多いのや。天使ブッテたら、目的地には着けへんのやで。
それで、二十歳そこそこに成長した、我が息子達にウソがナイのかどおかは知らんのや。
イマのところ、バレバレのウソはナイとは思てるだけ。
かと云うて、マダ、二十歳そこそこやから、隠すよおなハナシもナイとも思てるけど。
これも、ブッテよるだけで、私も甘いのやろか。
(00/09/15)


66.家庭教育の崩壊(1) マダ、このサキがコワイ

凶悪な少年犯罪にも、慣れてしもた。
少年院から脱走したヤツが居ても、特に、驚愕スル程のこともナイ。牢獄でもナイのやから。
こんなことが有っても不思議ではナイし、トリアエズ、ヨオも知らん、遠くのハナシやから、私には無関係。冷たいけど、そんなモンです。
これが、眼と鼻のサキのことやったら、そおも云うてられません。警察はナニしてる。早いこと探し出して、身柄を拘束してクレ。
食品の異物混入事件も、陳腐化してしもた。社長が最初にナニを云うたか、覚えてますか。
「我が社では、品質管理をヤッテます。」
この一言で、この会社は、品質管理なるものが分かってナイと、判断したけど、その通りの経過を辿ってます。
三菱自動車にしても、リコール隠し発覚で、社長が開口一番、ナニを云うたか、覚えたはりますか。
「ワシはナニも知らんのや。品質管理の担当者がヤッタこと。」
会社の組織を知ってるヒトやったら、クレーム情報なるものは重要な経営資料に含まれるから、担当部署の独断で、隠蔽するはずのナイことくらい、承知してます。隠蔽する理由がナイがな。キッチリ、役員が関係してたのや。役員が関係してたら、社長も知ってるハズ。
この二つの会社は、不特定多数を対象に、殺人未遂をやったことにナル。しかも、社員数、ン万人もの組織ぐるみです。末端の社員はナニも知らんと、一生懸命やってるとは云うけど、社風と称するものがあるのやから、分かってるハズや。
どっちにしても、責任は、代表取締役社長にアル。お国のホウでは、どの工程のダレがやったのか、複合汚染で、責任追及が難しいのやて。アホみたいなことを云うてます。犯人なんか、最初っから、ハッキリしてるやないか。社長に決まってる。そのタメに、代表取締役として存在してるから、マズは、社長を、逮捕、監禁してしもてから、ユックリ、調査してください。
ナンでやて、社長にしても、退任したらオシマイで、アトで裁判されて、有罪になろおが、所詮は、執行猶予がつくから、痛いことも、痒いこともナイ。刑務所に入れられることはナイのです。そやから、平気でウソを云う。ナンのタメの社長職やろ、司法やろ。
有罪になったら、戸籍にキズがつくとは云うものの、ガッポリ、退職金も頂くのやし、その歳で、再就職するにしても、系列会社の役員やろから、履歴書に賞罰まで書くことはナイのやで。
どっちにしても、この目まぐるしいご時世やから、全部、陳腐化してしもたハナシです。
しかも、イマのところ、私自身の日常生活には、無関係な事件ばっかり。そやけど、イツまでも、そおとも云うてられませんのです。
遙か遠くでの爆発、火事、地震、噴火、風水害等々、事件にしても、大変やなあ。ニクタラシイ奴が居てるのやなあ。可哀想になあでスムのやけど、こんなこと、イツ何時、隣近所で起こるかも分かりません。
イマ、棲んでる場所は、活火山も、死火山もナイから、噴火のシンパイはナイ。
水害も、保津川が決壊することはナイとは思う。万が一、あったとしたかて、我が家は、ヤヤ、高台やから、ナンのシンパイもしてナイのです。
爆発は何処かの会社で、ヘンなことでもしたら、可能性はアルけど、スグ、近くには、ラシキ会社はナイのです。ホカの爆発やったら、プロパン・ガスがアルけど、集中配管で、コレマタ、家のソバにはナイから、シンパイしてません。
台風も、亀岡は盆地。我が家の屋根が吹き飛ぶよおな可能性は少ないし、山崩れに、土砂崩れも、山がソバとは云え、距離がアル。余所さんには、悪いけど、その手前で収まってしまうやろ。
地震はシンパイです。ココラには、亀岡断層なるものがアルらしいから、トキドキ、動いてるとのウワサがアル。私は鈍感やから、小さいのは感じてませんけど、そお云うたら、亀岡には、湯ノ花温泉がアル。これも、クルマで、20分程度の距離。それで安全とは云い切れませんけど、ビクつく程のことはナイ。
刑務所とか、その手の施設も近所にはナイから、脱走犯が、出没する可能性もナイ。
交通の便は、多少は、悪いけど、バスもJRも、歩いて行ける距離にアル。まあ、云うたら、比較的、安全で、欲を云うたらキリがナイことになるけど、このよおに並べたら、ナルホド、京都市の中心なら、安全地帯で、便利もヨイ。
悠久の都として存続した理由も納得出来るのです。出来ることなら、私の本音は、マエの町内に、戻りたい。亀岡は、イツまで経っても、余所の土地感覚。
かと云うて、京都市内でも、天災地変なるものを、完璧に避けることは出来ませんのです。そやから、天災地変。
可能性だけなら、最低限にすることは出来る。河川、火山のソバに棲むのは避けたらヨイのやけど、その場所が、生活基盤なら、避けるのが難しい。そやけど、価値判断の問題です。
事件のホウは、遠くなら、無関係やし、隣近所の範囲でも、可哀想になあで、スムことがあるけど、我が一家が巻き込まれる可能性が、ナイとも云えませんのです。
そのナカに、教育と云う問題がアル。
家庭教育そのものが、間違おた方向に進んでるのではナイカ。
ソレが、間違おた、その一家だけの問題なら、冷酷に、ザマア見ろ云うて、嘲笑おてたらヨイのやけど、そおも云うてられません。
オカシナ教育をされた子が成長して、一人前に社会人となって、結婚する。
それに、子が出来て、そんな親が、親とナリ、その子が学校に入学するのです。
ここまでは、当然のことやけど、その子と、我が孫が、同級生にでもなったらエライことです。
私には、マダ、孫まで居てナイけど、順当なら、遠くもナイ将来、そおなるのです。
この循環は、脅かすよおやけど、私だけのことではナイのやで。
(00/09/13)


65.雪印の食中毒事件(10)

雪印乳業の食中毒事件で、原因が特定されんがままに、操業が再開。
厚生省も甘いなあと、思てたら、北海道の大樹工場で製造された脱脂粉乳で、黄色ブドウ球菌の毒素が検出されたとか。
そしたら、あの安全宣言はナンやったのやろ。雪印もズサンやけど、そのウシロに居てる、厚生省も無責任。
その脱脂粉乳を原料に、乳製品を製造してたのやから、汚染も拡大される。
原因は、大樹工場で、脱脂粉乳製造当時の停電らしいです。停電発生のトキには、ナニを、どのようにすると云う作業標準がナイから、そのまま製造して出荷したとのハナシ。
よって、停電時の処置等、対策が出されるまでは無期限操業禁止にスルのやて。
そお云うたら、トウモロコシの缶詰にヤモリが混入してたのも停電中やったなあ。
ナンでも停電中のセイにされてしもてるけど、停電がどの程度の頻度で発生するのかです。それもアルし、停電は突発的なモノで、過去、一回もナカッタとは、云わせませんゾ。
そのウエで、停電時の処置まで決めてる工場があったら、大したモンです。
雪印が、そこまでの管理を検討出来る能力があるのやったら、こんな問題が発生してるハズがナイやないか。なぜなら、世に云うハイテク関係工場でも、そこまでは、決めてナイやろなあ。
私も電子部品の品質管理には関係してたけど、停電時の処置まで決めたと云う記憶はナイし、ホカのダレかが作成したハズもナイし、見たこともナイ。
クレームがあって、停電が原因と回答した覚えもナイ。
そしたら、ハイテク関係工場では、停電がナイのかと云うたら、オナジよおに設備は電力で動かしてるのやから、当たり前に発生する。発生しても、取り決めがナイから、ナニもしやへんのかと云うたら、トンデモナイ。
関係者全員、大忙しにナル。設備関係者は、停電復旧後、設備の点検をスル。それで、異常がナイことが確認されるまで、設備を動かすことはナイ。
そのウエで、最初に製造したものを検査して、品質管理関係者が許可を与えるまで、設備の稼働をしたらアカンのや。
工程のヒトは、製造途中にあったモノは全て、回収。
品質管理関係者は、その製品の一時保管場所、作業伝票へのマーキングから、その製品の処置まで、全ての指示をスルことになってる。
そしたら、設備関係者も、品質管理関係者も不在やったら、どおなるのか。製造工程は停まったままにナルのやから、真夜中でも、叩き起こされることにナルのや。
つまり、停電みたいなモン、イツ発生するか、どんな状況で発生するのか、千差万別で、分かりますかいな。
そんな全ての場合を、想定、網羅した、異常処置手順を作成するのは不可能なことで、その都度、追加作成してたら、タイヘンなことにナルし、ナンの役にも立つもんか。
ナンでもヨイ。異常が有ったら、責任部署の指示に従うことだけがハッキリしてたらヨイのです。それ以外のモノが勝手に判断したらアカンのや。
大樹工場の幹部も、毒素に関する知識が甘かったやて、ヘンな言い訳をしてるけど、工場の全員が専門知識を持ってるハズがナイやろな。
勿論、全員が沢山の知識を持つに越したことはナイけど、ナンの知識が要求されるのか。
設備関係者は、機械屋はんとか電気屋はんです。細菌の知識も有るに越したことはナイのやけど、最低限、設備の異常が判断出来て、修復出来る技量が有ったらヨイ。
工程管理者は、最低限、安全で、正確な作業手順等を、しっかり把握して、作業者に教えられたらヨイのです。
毒素の知識は、重要な、品質管理項目やから、当然のこと、品質管理とか、衛生管理の関係者にその知識が要求されるのやから、ナニか、突発な異常が有ったら、それがナンの品質に影響する可能性がアルのか、判断をして、設備とか、製品の処置を指示する立場にアル。
それにしても、大樹工場は、どんな対策を回答して、厚生省は、どんな対策なら、満足スルのやろ。そもそも、雪印乳業には、作業者ばっかりで、品質とか、衛生管理の担当者みたいなモン、居てナイのとチガウか。
居てるけど、訓練されてナイのです。市場クレームが有ったところで、相手は、ド素人。理論的な質問が有ったところで、知れてます。
アル人が、一連の食品異常に対して、
「食品を、工業製品とオナジ感覚で扱ってるから、困る。」
とか、申してました。
食品を、工業製品とオナジ感覚で扱って頂いておれば、もっと、マシにナル。
とは云え、三菱自動車は論外です。
パジェロ・ミニで、むち打ちになった被害者に、提出された回答書には、担当者名も、責任者名も、ナイのやて。
完全に、相手を小馬鹿にしてる証拠です。
何処の会社の担当者でも、出来れば、そのよおに、誤魔化してしまいたい。
そやけど、ソコには、担当者、責任者として、そのマエに、人間としての、自尊心と、倫理感が、ナカッタラ、アカンのや。
こんなことをしてるよおでは、三菱自動車も、何処かの少年犯罪者と、ナンにも変わりません。
(00/08/25)


64.衣食足り過ぎて、礼節を忘れる(10) 深夜の騒音のハナシ

私が亀岡に住むよおになって、約20年。
場所的には、国道からは離れてるし、ソバには、縦貫道路のインターも有るけど、騒音は気になる程ではナイ。
いわば、閑静な住宅街で、ソレだけは、大層、気に入ってるのです。
ソレだけはと云うたら、ホカに、気に入らんことが有るみたい。ソレは、有るには有るけど、ここでは伏せてオク。
ところが、最近、当家のマエの道路が騒がしなったのや。
真夜中に、バイクが、ブンブン、バリバリと、アホみたいに、エンジンを吹かしやがって。
クルマの警笛も、ナンの意味もナイのに、プープー、ガーガー、鳴らしやがって。
そんな速度を出せる場所でもアラヘンのやから、加速そのものに意味がナイけど、ソレをスル馬鹿も居る。マッタク、常識がナイのです。
五月蠅いから、カリカリしてしもて、金属バットでも片手に家を飛び出して、その空っぽのアタマでも、殴ったろかとも思うけど、それは、アカンから、バイクかクルマの胴体でも、ボコボコにしてやりたいけど、イカンセン、もお、寝掛かってるのと、金属バットが家にナイ。
素手で、相手するには、勇気もナイから、警察屋はんにでも訴えたろか。そやけど、これも、電話する頃には、静かなモンになってます。
これは、明らかに、意図的なイヤガラセやけど、私には、恨みを持たれる覚えがナイ。標的は、私ではナク、不特定多数やろ。
トキには、ダレかは知らんのやけど、クルマで何処ぞの家に訪問して、夜も遅くまで、延々と過ごして、そのマタ、訪問者を送り出すのに、ソトで、大声で喋ってる馬鹿が居る。
ナンのハナシか知らんけど、昼間なら、イザ知らず、イマ、ナンドキやと思てるのや。オマケに、ドアを開けたママ、カー・ラジオをガンガン鳴らして、閉じるのも、ドタン、バタン。ついでに、プープー、ガーガー、警笛まで鳴らしやがる馬鹿が居る。タブンなら、ホナ、サイナラとの合図やろけど、アホもそこまで来たら、度が過ぎてる。
非常識なことやから、親も注意くらいしたらドオなんや。そやけど、一向に収まる気配はナイから、親も黙ってるのやろ。
要するに、自分等だけが良ければヨイ。周囲の状況など、マッタク、お構いナシ、配慮ナシ。そのことを、教えてやる、気もナシ。
もしかしたら、子に教えるにも、その親が、状況把握が出来てナイなら、教えることも出来ません。
斯くの如く、情けない、親と子が増えて、ツギは、その非常識な、孫の誕生とナル。
云うたらナンやけど、私の息子は分かってるのです。
ヘンなハナシやけど、息子がクルマで出掛けて、夜遅おなるよおやったら、以前は、起きて待ってたけど、もお、そんな歳でもナイし、イツ戻るのか、時間さえ分からんのやから、寝ることにしてるのや。そやけど、イチオウ、事故等がシンパイやから、横にはナッテル程度です。
帰って来たトキ、その気配は感じ取ってるけど、クルマのドアの開け閉めから、玄関の扉の開閉音まで、聞こえんトキが有る。
ホンマに、無事に、辿り着いたのやろかと、却って、シンパイになったりするけど、ナニやら家のナカで、ゴソゴソしてるから、間違いなく、ダレかが家のナカで動いてることが分かれば、寝てしまう。
息子ではナク、泥棒やったら、エライことやけど、命以外は取るモンがナイし、鍵は掛けてるのやから、合い鍵がナイと入れません。
家族とは云え、夜の遅いときには、その程度の配慮はするべきです。家のソトでは尚更やけど、最近は、若いのも、エエ歳した連中も、日付の変わった時間でも、ワイワイ、ガヤガヤ、住宅街を、繁華街と間違おて、歩きよるのです。ホンマに、アホばっかりが増えて来た。
こんな騒音でさえも、常識が分かってナイのと、明らかに、分かったウエで、意識的にやってるのが有る。それは、状況で分かる。
アホは、状況が分かってナイからアホ。ワルは、分かってやってるから、性悪。
おそらくは、ソレを他人さんからやられたら、人一倍、腹を立てて、凄むのもそんな連中やろ。
但し、共通項はタダ一つ。自分のことが最重要。イヤガラセを意識的にヤルのも、自分等の快感が最重要。イヤガル相手が多ければ多い程、効果が有るし、快感も高い。
私も、イッペン、やってやろかとも思うのやけど、馬鹿にナルだけの勇気がナイ。
これらは、全て、クルマに関係してるから、少年のハナシではナイ。
イチオウ、少年時代を経過した、立派な社会人か、免許を取れた年齢のおヒトです。
いかにも、些細なことみたいやけど、この些細なことさえもが分かってナイ。
些細な常識を持ったヒトが居てナイとは云うてません。
そやけど、非常識人は、着実に増加してる。
衣食足り過ぎて、マサシク、些細な礼節までもが忘れ去られてる。
コレくらいの些細なことが重なって、とんでもナイことにナルのや。
(00/08/24)


63.衣食足り過ぎて、礼節を忘れる(9) オトコらしさのハナシ

お婆ちゃん世代の紫髪は、流行ってるらしいです。
ソレはソレとして、オトコの茶髪くらいは、まだマシ。
男性化粧品まで出てるのやて。今更、常識化してるとのハナシもアルけど、ソレはウソ。
コレこそ、私がその世代であったとしても、幾ら流行っても、絶対にヤルモンカ。考えただけでも、ゾッとスル。
男性化粧品にドンなモンがアルのかも知りませんけど、ソレがお商売の、芸能人、ホスト・クラブの皆さんやったら、生活のタメです。自分がヨイと思うことはナンでもやったらヨイ。そのホウが、その手の女性にモテルのやろし、ヨイ香りがして、顔にも輝きも出る。
反対に、悪臭を放って、ドロドロの顔では、商売柄も困るやろ。それは、極端な比較をしただけのことで、一般のヒトがそうでもセンと女性にモテンと判断するマエに、当人の中味、或いは、考え方自体を見直したホウがヨイ。
ヨイ香り、顔の色艶なるモノは外見だけの問題で、ソレに惹かれるのは、その程度の相手と思ってマチガイはナイ。
コレは、建前のハナシで、初対面の相手なら、マズは、外見から判断されるやろ。その先入観を基に、中味が観察されることにナルのを否定はしません。ではあるけど、外見だけのモノは、スグにバレてしまう。
自然のママも難しいけど、ソレがヨイと思うのです。人間やから、ダレのマエでも、ヨイ格好はしたいのは分かります。特に、異性のマエでは、その気持ちも倍化することやけど、それでも、自然のママがヨイ。
外面と内面には、差が有って当然やけど、その落差も少ないホウが気楽。
そやから云うて、夏、家のナカでパンツ一丁で、ソトに出るのに、そのままではアカンやろ。イツ、来客があっても、バタバタせんでもヨイよおにはしとかんとアカンやろ。パンツ一丁は、自然体とは云え、ある程度の年齢になったら、マズイのや。
家のナカでまで、ネクタイをしてることはナイ。一張羅の服を、家のナカで着てるのは勝手やけど、勿体ナイ。自然体にも節度はアル。
要は、服装と一緒のことで、オトコがヤツスのも、一般常識の範囲でヨイと思てます。私のナカでは、男性化粧品なるモノは、その範囲を逸脱してることにナル。
男性化粧品ではナイけど、テレビでやってました。
彼と彼女。仲のヨイお二人でアルにも関わらず、ただ一つ、彼女が、彼について、気にイランことが有って、それが、髭らしい。
その原因までは分かりませんけど、彼女は彼に、髭の脱毛を要求した。
こんなハナシ、彼は、どのよおに処理するのかと思てたら、以外にアッサリ、脱毛を決心してしもたのです。
ハッキリ云うて、ド阿呆なオトコです。しかも、この脱毛は毛根を焼き切るらしいから、二度と生えませんのです。
彼女としては、私のために、そこまでの決心をしてくれる彼がスキとのこと。彼としては、彼女がソオ云うから決心しただけやろか。タダタダ、彼女に好かれたい一心なんやろか。
私がその彼女の親なら、こんなオトコを娘婿にすることは拒絶する。そんな要求する娘にも失望してしまう。ツイデに、そのオトコの親の顔と、我が息子が髭まで脱毛することの、ご感想なども、お伺いしてみたい。
そして、そんなアホみたいな要求をハネツケル男のホウがまだマシやと、娘には助言する。
彼の場合、将来的にその彼女と結婚するならヨイのやけど、その程度の二人なら、早晩、ナニかで別れる可能性もアル。そして、ツギなる彼女が、髭のナイのはオカシイ云うたら、どおするのやろ。
友人からでも、聞かれたら、要求した彼女のセイにでもするのやろか。そんなこと、口が裂けても云うたらアカンのや。あくまでも、ご自分の意志。それでも、ヘンなヤツと思われるだけ。思て、口にしてくれる友達がヨイのです。やってしもてからでは、遅いけど。
そもそも、彼女として、彼に要求スルベキことがチガウ。生存競争の激しい世界で、彼がホカのオトコに負けんヨオ、勝ち残れるヨオに、支えてやれるのがヨイ彼女です。
髭は、オトコなら、濃い薄いはあっても、ダレにでも生えるから、オトコ。
お互いに、ソレでヨイのやったら、勝手にしたらヨイけど、ここまで価値観のズレが有ったら、つき合い切れません。
マダ、結婚はしてナイけど、この程度のオトコなら、彼女の云いなりで、仕事もホッタラカシになるのやろ。さぞかし、上司からも、信頼されることです。
一個の人間なら、自己主張もナイとオカシイ。ソレさえナカッタラ、女性一人、守れ切れません。
女性を守ることは、ナニも暴力から守ることではナイ。体格、腕力ではナイと云う意味です。未開の国なら、ソレも正しいけど、イチオウ、日本は先進国の仲間です。
体格、腕力が頼りなら、私なんか、マッタク、ナイのやから、喧嘩でもしたら、ボコボコにされてしまうだけ。若いトキならイザ知らず、ヨイ歳になったら、ダレでも、アカンのや。
そのマエに一目散に逃げましょう。
これも、勇気が要求されるのやで。そやけど、自分一人が逃げるワケにもイカンのです。
家族の安全確保が、マズ、一番。そのためには、この程度のアタマの一つや二つ、下げてもヨイのです。
それを、粋がって、握り拳を造ったところで、悲惨なことにナル。
整形手術と、男性化粧品の連中なら、こんなトキ、どおするか、興味津々。
ドッチミチ、自己主張も表面だけやから、一目散に、タダ一人、逃亡することやろ。
衣食足り過ぎて、自己主張の勘違いして。
(00/08/17)


62.衣食足り過ぎて、礼節を忘れる(8) 茶髪のハナシ(2)

ナンで、ここまで、茶髪が流行るのか。
流行ってるから、余計に、流行るのか。
或いは、流行らさせられて、流行ってるのか。皆がヤッテルから、センと損やと、競てるダケなんか。
それなりのお歳になったら辞めるのか。それなりのお歳でもヤッテル人がアル。これは、自営業等のおヒトやろ。そお思てたら、JRの保線のヒトもやってました。土木作業関係のおヒトで、若手は、殆ど、やったはる。
学生やったら、就職活動のトキは辞めてるのです。それなりの会社に就職する気なら、面接で落ちてしまうから。
会社には、茶髪はアカン。そんな規定はナイ。そやのに、ナンでアカンのやろ。横着に見えるのや。
実際に横着かと問われたら、確率的に、そんな連中が多いと云うておく。確率やから、偏差値と一緒のこと。カナラズとは云うてナイ。
会社の相手先には、色んな年代のヒトが居る。年輩のモノから見たら、ハッキリ云うて、気に喰わんことやろ。ナンでやと聞かれたら、サッキのことで、横着に見えるから。
外見で判断するのかと、突っ込まれたら、ソウヤと答えるやろ。それは、偏見やないかと、反論されたら、ベツに、アンタだけを相手にすることもナイ。ホカにも取引先はアルのやから、アンシン出来るホウを相手して、ナニが悪いのかと返答されるだけ。
会社の面接担当者もそんなモンです。
ところが、サッキのハナシで、数アル会社にでも、社内規定に茶髪がアカンなどと明記されてることはナイ。マエの会社にでも、ン十年マエ、たったの一人やけど、女性に居た。イマでは、茶髪は居てナイらしいけど、以前から、パンチ・パーマは有ったのです。そやけど、入社試験では、パーマも避けたホウがヨイ。
そしたら、私がその若い世代ならドオしてるやろか。
ハッキリ云うたら、染めてしもてます。アル意味で、これだけ周囲がヤルのに、自分だけが抵抗するのも勇気が要る。案外、主体性がナイのやなあ。ソオ云われたら、私も、そこまでの主体性は持ち合わせてナイと答えておく。
若いトキなら、仕方のナイ側面もあるから、私が頭ゴナシにアカンとヨオ云わんのも、そんな気がアルからです。
それでも、真ッ黄ッ黄にはシテナイ。紫にも、白にも染めてナイ。茶色が限度。ソレ以上の色では、目立ち過ぎて、やったとしても、私なら、恥ずかしい。
もしかしたら、適当に染めてる連中は、その可能性がアルとも思うのです。目立ちたくナイから、染めてるのです。
さて、当家の真ん前には、駐車場がアル。
家のマエの道のムコウには段差があって、駐車場は、一段低い位置やから、そのままでは、見えませんのです。
朝、家からクルマを出して、イザ、発進。シヨとしたら、視角にナニか異なるモノが飛び込んで来た。
駐車場のソバに、オバハンが棲んでるます。お歳の頃は、60歳中場。オナジ町内でも、区内でもナイ。ダレとも申せません。ソモソモ、喋ったことはナイし、苗字も知りません。
そのアタマが紫色に染められてたのです。マサカの坂が目の前に出現してしもた。しかも、こんなカタ田舎で。
このオバハンも気のヨイ人やろけど、見るからに、派手ズキではアルのです。そやけど、ここまで、やりますか。
年老いて、それなりに気品漂うおヒトも居ておられます。
教養がアルから、気品がアルものでもナイ。これは、オトコでも、オンナでも一緒のことで、エエ氏の古女将、古旦那にそれが多いのは事実やけど、そこらの長屋のオジン、オバンでもアル人にはアルのです。ムシロ、長屋の住人のホウが、気を使わんでスム。
ムカシは居たのに、少なくなった。そもそも、長屋が消えてるのです。
気品のアル人が、特別に、着飾ってるワケでもナイ。長屋で着飾ってるのは居てません。
そのカタの態度、物腰、そして、人相から発せられるもので、この気品は、長年の積み重ねやから、飾って、飾れるモノでもナイ。
歳取れば、取るホド、我が儘に成るハズやのに、気品の漂うのは、ウラヤマシイことです。そんなおカタが、少のおなった。私もソオ成りたいけど、こんなアホなことばっかり云うてたら、アカンやろ。
これも、衣食足り過ぎた結果からやろか。余裕がアリ過ぎて、気品までが忘れられた。
それとも、寿命が長くなり過ぎて、イツまで生きるのか、このサキ、マダ長いから、マズは自分のことが最優先になってしもたのやろか。
若いモンと、化粧、衣装、外見で、競争してナンになるのやろ。
そお云うたら、ソレくらいの気がナカッタラ、老け込むだけやでと助言してくれるおカタもアルやろけど、ソレは、論点がチガウのや。
身を飾ることも、アタマの活性には成るやろけど、それはあくまでも、外見だけと云うてるのです。
かと云うて、ナニをするにも、カタチから入るのがヨイらしい。演歌歌手志望なら、綺麗な、おべべを着て、その雰囲気に浸ったナカで、唱うのがヨイのやろ。
スポーツするにしても、道具がナイとやれません。道具があっても、背広とネクタイで、テニスをスル、馬鹿も居てナイやろ。その格好をしてからのことです。
自分をそういうナカに持ち込むことは重要やけど、ソレは、ソトに出すモンやから、格好が重要やけど、中味の問題は、ドオするのやな。
ここで云うてる中味とは、心の化粧。
下手したら、外観を飾ったヒトは、意固地と自尊心のカタマリになってるのです。
おそらくは、髪の毛を染めて、聖人君子に成れるハズもナイ。横着には、成れるやろ。
実際、横着な日本になってます。
逆に表現したら、横着な日本になったから、流行も、横着になったのか。
(00/08/13)


61.衣食足り過ぎて、礼節を忘れる(7) 茶髪のハナシ(1)

茶髪も、携帯電話も、ほぼ同時に、ここ数年で、爆発的に流行り出した。
この二つに、ナニか関係でもアルのやろか。
ナイことはナイ。立派にアルと思てます。
理由は、茶髪世代の使用目的を判断したら、明白や。
まず最初に、茶髪程度なら、マダ、マシで、黄髪から、銀髪、紫も見たことがアル。
当初は、髪全体を染めてたのが、マバラにしたり、適当に工夫までしてるのです。それも、20歳前後が主流やったのが、イマでは、高校生にまで波及。オンナの子だけではナイ。オトコまでやってます。
イツぞや、何処かの高校で、茶髪に染めた女子高生に、先生が辞めておけと指示して、当人が了解したのに、ナンでアカンのやと、ねじ込んだ親が居た。そんな話題があったこと自体がウソみたい。
これが、中小学生を飛び越して、チビチャンまでが、やってもろてます。その親御さんが茶髪なモンやから。
最近では、調子に乗って、中年芸能人までもが、やり出した。
先日、久しぶりに会おたら、オツムがスッカリ白髪になってしもてるのが居てたのや。まだ、そんな歳でもナイのです。
髪の毛を染めたらドオなんや。そおか、イッソのこと、茶髪にでも、してしもたらどおなんやと、皆から、云われて、当人だけが、絶対にヤルもんかと気張ってた。
ムシロ、髪の毛を染めるのは、彼みたいに、歳不相応の白髪がイヤやから、或いは、マバラな白髪がイヤやからスルものです。白髪とは、老化現象のことやから、そんな歳に見られてしまうのがイヤで、黒髪に染めるのが基本。勿論、当人が、ヤル気配がナイから云うてるだけ。やったところで、芸能人やあるまいに、茶髪にはセンでしょう。
当家の母も染めてます。もっとも、お爺ちゃん世代が、染めるのは、どおかとも思う。
染めても、銀髪やったら、白髪と変わらへんけど、茶髪の爺さん、紫の婆さんが出現したら、どんなことにナルのやろ。あの世へ行ったら、ご先祖様が腰を抜かすやろ。
それとも、閻魔様が、勘チガイしてしもて、外人は担当外やからと、その筋に回してしもたりして。
ハテサテ、その歳になって、白髪なら、染めると云う手もあるけど、染める髪の毛がナクなって来たらドオするのか。これマタ、カツラと云う手もアルけど、芸能人やあるまいに、気にはなるやろけど、私は、ハゲはハゲでもヨイと思てます。
実際に、白髪、ツルハゲになってしもたら、ドオするかは、分かりません。
それで、白髪になってしもても、染めたいとは、イマは思ってナイ。ハゲなら、多少は気になるやろけど、その程度にも、年齢にもヨル。ヒトに説明して、やっとこさ、分かる程度なら、どおでもヨイ。その歳で、ソオ成るなら仕方がナイ。
私も、若い頃、一時、白髪が目立って、ハゲにも成り掛かったトキがあった。云うても、大したことはナイけど、マダ、30台やったから、気になってしもて、この調子なら、アト数年で、全部、白髪になってしまうと覚悟までしたのです。そのマエに、ナクナッテしまう危険性もアルぞと、ゲソッとしてたのです。
鏡で、毎日、点検してたけど、仕事が忙しなってしもて、それをスルのを忘れてしもた。そして、アルとき、気が付いたら、解消してたのや。余り、気にしても、アカンのやろ。
そやけど、親兄弟、親戚にその気がナイなら、関係ナイけど、アルよおやったら、覚悟しておけ。私の場合は五分五分みたい。
ところで、年輩のオトコがナンで、染めたがらんのかは、単純に、邪魔くさいからではナイか。それと、オトコのクセに、見てくればっかりヨオしても仕方ナイとの気が大いに有る。
云うたらナンやけど、オトコは、中味で勝負と信じてるのや。ヘンに格好だけ繕おても、鍍金はスグに禿げ落ちてしまうのです。
そやから云うて、髭は、毎日、剃ってるし、髪の毛にも、一応は、櫛を入れてます。この程度は、常識との認識からです。
染めるヒツヨウもナイ、お若いヒトに流行ってしもて、白髪アタマを染めるのは、イヤと云う中年オトコの不可思議な乖離現象。
女性ならイザ知らず、オトコのクセして、ナンで、そこまでお洒落をセンならんのや。
似合おてたらヨイけど、似合わんのも居てるのです。高校生くらいのオトコの子がやってたら、明らかに、ノータリンで、不良と認定する。勉強もセンと、そんなことしてたら、将来が、真っ暗ヤミ。私の知ったことではナイけど、ムコウも、イランお世話やろけど、染めてるヒマがあったら、本でも読めと云いたいのや。
お子さんがアル程度、成長したら、ベツやけど、まだ、小さいのに、髪を染めて、マニュキュアまでしてる若嫁はん。お料理、お洗濯も、そのお手々でやったはるのやろか。
我が息子も髪の毛は染めてます。最初は、脱色やったらしい。私は、そんなことしてるとは、分からんかったのです。鈍感やと云うたら、それまで。
脱色は、髪の毛に宜しくナイ。目立つよおな染めカタはアカンと云うてやった。ところが、目立つと云う基準が難しい。イマドキ、やってナイのが珍しいのやから。
却って、ヤランホウが、目立つのやないかとさえ思てます。
コレマタ、事実で、オンナ子で、黒髪の子が居たら、芯のシッカリした子に、見えるやろ。親御さんも、キッチリしたはるのやろと推測する。オトコの子でも、そお思う。そしたら、私はキッチリしてないことにナル。自己弁護するなら、マダ、目立ってはナイ。
そしたら、染めてる子は、どお見えるかと云うと、自己主張の乏しい、流行に流されてるだけの希薄な、ヤツと見る。そしたら、私の息子もソオかと問われたら、ソオやと答える。
何故なら、そういう意味で、その白髪アタマになってしもたヤツが云うてたのや。
ソイツが入社の当時、購買部門に、ただ一人だけ、茶髪の女性が居た。これは、イマからン十年マエのことで、茶髪そのものが珍しかった。
勿論、私もその女性を知ってます。これは、ナニも流行ってナイ時代やから、勇気がアルし、自己主張がアルと云えます。
そやけど、イマの時代では、アキマセン。見渡す限り、ソレばっかりやから、単なる模倣で、自己主張がナイ。
イマこそ、黒髪で押し通す。そのホウが、余程、自己主張がアル。
息子連中も、脱色から、次第に、染めるよおになって来た。まだ、ハデハデではナイけど、そこが限度やぞとは云うてます。
ソモソモ、そんなお金がアルのが不思議。
そお云うてやったら、7百円で売ってるのやて。
それで、文庫本が二冊買えるのに、買おても、漫画が二冊になりそおです。
衣食足り過ぎて、意味のナイ、お洒落にまで、お金が廻る。
(00/08/12)



inserted by FC2 system