シバケンの天国
<−介護・凡人の憂鬱ー>
−明日は我が身の話−

禁談・奇談NO.8

禁談・奇談NO.7
禁談・奇談NO.4 禁談・奇談NO.5 禁談・奇談NO.6
禁談・奇談NO.1 禁談・奇談NO.2 禁談・奇談NO.3

要介護[2]NO.1 見えるNO.3
番外・爺さん・婆さんの話 母入院NO.4 要介護1NO.3

題目一覧表

目次

禁談・奇談NO.9

NO.80 三度目の延期交渉の話(11) 打ち合わせの話(2)

NO.79 三度目の延期交渉の話(10) 打ち合わせの話(1)

NO.78 閑話休題 当面の予定の話

NO.77 三度目の延期交渉の話(9) ケア・マネージャーの話

NO.76 三度目の延期交渉の話(8) トイレの話

NO.75 三度目の延期交渉の話(7) 内科での話

NO.74 三度目の延期交渉の話(6) 病院での話(2)

NO.73 三度目の延期交渉の話(5) 病院での話(1)

NO.72 三度目の延期交渉の話(4) 母診察の日の話

NO.71 三度目の延期交渉の話(3) ケア・マネージャー退職してたの話

禁談・奇談NO.7


NO.71 三度目の延期交渉の話(3) ケア・マネージャー退職してたの話

ホンマやでと。
先様、相談員の考え方、よお分かりませんでして。
一度目の延期については、すんなりと。
二度目は、嫁はんの、白内障手術にての、当方の受入体制の問題にての、家に来られたの際、斯くなるでと、申し出したなら、こっちが急いでる故、急遽の現場確認のため、家に訪問したのにと。
云われてねえ。

嗚呼、こっちの意向最優先。とまでは、別途の、聞き入れて戴けるかと。母の意向、年内、居てられへんやろかの、伝えたならばの、此度の延期は、奥様の白内障のためでありの、予定通りにして戴きませんとと。
ピシャリと、断られまして。

イヤ、事実、そのままでもありましての、無理は無理の、云えへんのかと。
只ナの、当時、同部屋の面々、婆様、一向に退所の気配無く。広場に居てるの爺婆様の顔ぶれも、殆ど、変化無く。要は、延々の入所されてるよに見えてまして。
ソかと云うて、明確には、死ぬまで、ここにと。
そんな理不尽、可哀想な事は毛頭の。居させてもらえるなら、その期間、何とか、成らんのかと。するが、本音での、当方の希望も添えるなら、1年間面倒見て戴ければ、有り難くと。
正直、思てまして。
反対には、ソレ以上の無理は、申しませんの、相談員の事も、何が、ホントかが、計りかね。
イヤ、こっちの、意向が主とされ、意向を伝えたなら、ピシャリでして。

過日、過月、この、「ふないの里」に勤務の、ロームでの旧知のに、尋ねたならば。イヤ、母の通院の際、送迎の車の運転をしてまして。何度か、彼が担当してくれて。
良い機会故に、斯くなるでの、何がホンマかと。
返答するに、相談員の、話、直近のが正解であると。フウンと。

理由なるは、福祉の世界も、大袈裟には、日々、刻々の、年々、指導方針変更とするのか、替わりまして。
過日なら、少々の融通利くも、最近では、原則、「リハビリ・センター」なるは、社会復帰とするのか、しかるべくの、リハビリの成果を出しの、自宅に戻って戴くが、主たるの役目。
平たくなら、それが評価の対象にも相成ってと。イヤ、一々の納得の話をしてくれて。

にしても、我が母よりも、早くに入所で、長くに渡って、居てるの方も存在してるけれどと。話をしたなら、そんな事もあるやろなあと。現場復帰、無理なら、無理矢理の、帰れ。とも、出来ませんでして。
只、裏道、推奨出来ぬの話ならば、一旦、出所で、ン箇月で、再びの入所もあるらしくと。変な話、同種、系列の、「リハビリ・センター」を転々のと。
これらは、「ふないの里」の意向では無くの、所謂の、母担当、「ケア・マネージャー」との、相談やでと。フウンのさよかと。

とは云えどの、転々とさせるは、当方の趣味とするのか、意向に合致せず。
そらなあ、歳でして。可哀想でして。意味なるは、慣れた頃に、場所変更は、名実共の、たらい回しの、環境に慣れるも大変ゾと。我がオヤジの事もありましてと。
イヤ、オヤジの体調、動きが出来ず。車椅子では、「老人ホーム」では、無理の、「特別養護老人ホーム」に転居とされたですが。日が保たずに、体調崩し。
私の不明の致す処であると、大いに反省してるですが。反省しても、覆水盆に戻らず。まあなあ、我が救いとするなら、歳も歳でして。永遠の命はあらへんですが。
無くとも、責めを自身、負おてまして。要は、こっちの、経験不足、認識不足の結果でありの、オヤジには、申し訳無しと。

イヤイヤ、自分自身なら、構わんですが。
心は、生死感の問題でして。それを、例え親とて、強要せず。簡単には、オヤジと、母とでは、雲泥の差でして。
オヤジなら、まだまだ、私に近いとは、思てるですが。母は我が身第一。誰でも、原則、ソですが。

オッとの、そらなあ、母の意向も、聞けぬ場合もあるの。
私共にしたって、母が一緒で無いの時期、初体験とするも、大袈裟なれどの、これ程の期間、自由なる時、日々過ごしてませんでして。ソラ、正直、気楽やわと。既に、私共も歳喰ての、自由の過ごし方さえ、分からんですが。

ソラなあ、帰るとなればの、諸般、元の生活に戻るになるの、1つの計画でさえが、まま成らんわの、諸般の事柄、行事をば、勝手に日取りを決めたって、相手先の都合もありまして。
犬猫やあるまいにの、お隣さんに、一寸、面倒をと、頼めませんです。
母が或る程度の動けるの状態なら、結構なれどの。それでも、諸般あるです。あったです。元気な時には、どこえでも、一緒でして。


オトトの、そんな話は結構の。
先様、相談員は、着実に、退所の方向での、話を進めてまして。
退所後、従前の、ケア・マネージャーにするのかと。ンと。ケア・マネージャーをこっちの、好み、都合で、変更出来るも知らんですが。ええ、そのままでと、考えてるですがと。伝えたならばの、電話での、話なれどの、後日、この件にて、再度の電話受理の、従前の、担当ケア・マネージャー、M氏、退職されたですて。へえと。

での、先様、「こもれび」の、Y内氏に、しかるべくの、連絡取って頂戴と。
云われての、即の、電話したなら、電話を取ったの主、T中氏が、M氏退職の際、我が母の件も、引き継いだモノですがと。私で、良ければ、しかるべくの、部署内にて、相談の上、決めさせて戴きますがと。
イヤ、この方、男性での、要は、男の私でも、宜しいですかと。

話、よお分からんの、男、女で、女性ケア・マネージャーを好むの家族なり、当人が多いのかなあと。何で、男が嫌われるか、分からんですが。
そもそもが、ケア・マネージャーが、母の介護面等々、直接に面倒見るではありませんでして。諸般、要望事項を基に、介護計画、錬り、調整するが主たるの役目。

にしても、当然の、退職されたの、M氏なら、何度も会いの、人柄も良く良くの承知してるの。
この、T中氏は、当たり前に、顔見た事無くの、電話での、声、話し方からだけなら、お若いかと。若くとも、当方からしたらの、誠実な方なら、有り難く。

話をころころ、替えられたり、云うてると、やってるが違うかったり、本音、見えぬは、接し方からしての、正直、困るです。更なるの、一歩、踏み込めませんです。
ホンマやでの、言動一致、根本一本、何よりでして。こっちが、真面目に接してましても、先様、上の空の、あっち向いててみい。さりとての、ども出来ませんですが。
どっちにしたって、誠意感じられたならばの、当方にしても、全面的信頼出来るですの、その手の1人が、M氏でありまして。
とは云え、退職されたではなあと。
(12/10/30)


NO.72 三度目の延期交渉の話(4) 母診察の日の話

での、過日。
この過日は、10月23日。母を、「亀岡シミズ病院」に連れてくの日でして。

「ふないの里」から、送迎車を出して戴くになってまして。家族が、同乗にて、病院に行くになるです。イヤ、有り難い事でして。
さもなくばの、母を自分の車に載せては、大変でして。まずは、駐車場の空きの具合からして、自由度少なく。
ソラ、離れた場所にも、駐車場があるですが。そこからでは、車椅子を病院内で借りて、駐車場に運びと成るですが。そんな事は出来ませぬ故、裏口であれ、正面玄関であれ、出入り口のソバに、車を駐めて。しかるべくの、車椅子を確保で、母を移動させるになるですが。
どっちにしたって、車を駐めるの場所が無くてはナと。
送迎車を出して戴けるなら、駐車場の心配せずに済みまして。ソラ、有り難いわと。

ででの、先様、看護師より、当日、10時頃にと、指示されてまして。
所定の時刻には、到着の。階の受付には、来ましたのでと、伝えまして。ついでに、洗濯モノを処理致しまして。要は、洗濯したモノを所定の場所に。汚れたのを回収でして。
そして、母を車椅子に乗せて、玄関口に伴うですが。万事、看護師の指示に従うになってまして。
何を従うかとなればの、看護師に送迎車の手配等々して戴いてまして。玄関先までは、看護師が、母を連れてってくれまして。しかるべくの、健康保険証等々、こちらに預かって戴いてるのを、受理しまして。
私共は、送迎車に乗り込むになるですが。

そこえ、相談員が現れまして。今日、行かれますねえと。ハイと。
そしたら、先様、内科の先生に、診断書を書いて戴くになってるが故、書いて戴くよお、お伝え下さいと。ハイ、承知と。
又、診断書作成に当たっては、レントゲンも撮って戴くになてますと。ハイ、承知と。
この診断書は、退所にあたっての、必要書類らしく。以前、電話ででも、聞いてたですが。

更に、問われるに、毎月、通たはりますねえと。
イヤ、毎月では無いですがと。当初、毎月とするのか、退院後、2週間であったか。1箇月してから、整形外科、内科に行ったですが。次第、次第に、2箇月、3箇月と、間を空けて戴いてまして。
とか、返答したなら、先月は行ってませんかと。イヤ、直近では、3箇月前です。
これからは、どするですかで、イヤ、先様、先生の判断任せですと。次回は、半年になるのか。3箇月か。はたまたの無罪放免にして戴けるのか。

そもそもが、整形外科が本命でして。
圧迫骨折によるの入院でして。内科の方は、母入院中に、諸般、異常を訴えたが故、入院してるの間に、診といてもらえばと。
結果、行く度、血液検査をされ。コレステロールがと。その他、値がと。次回、イツにするやの、一箇月先と云われたりの、当方からしたらの、整形外科の日と合わせて戴ければと、お願いをしの、同時に診察して戴いてるが現状でして。

とか、返答したなら、退所後はどしますかと。
退所したなら、血液検査程度、町医者でやってくれまして。
従前なら、その町医者で、半年に1回と、頻度決めては無いですが。諸般の機会、インフルエンザの予防接種等々の時に、採血して戴いたりしてまして。正直、「亀岡シミズ病院」では、時間<待ち時間>が掛かるし、モええかなと、考えてるですが。

とかとか、返答したなら、突然に、止めるは、止めて欲しいと。ンと。
先様の、意向、意図、よお分からんでねえ。「亀岡シミズ病院」で、整形外科、内科の2つ、診て戴くと、3時間掛かるです。
送迎車の運転手に待って戴くも、申し訳無くと。云うたならばの、そんな事、気にして戴く事はありませんの、内科で薬を処方して戴いてますねえと。ンと。
確かに、内科の薬は、従前、入所以前より、処方して戴いてるですが。これは、整形外科で、代行とするのか、一緒に出して戴いてまして。内科の先生に診て戴いてるのは、直近の、入院からでしてと。
又、薬を戴きには、私が代行で、来てまして。整形外科も、診察して戴いて無かったですがと。

ででの、更に、曰くに、診断書を書いて戴かんと、あきませんしと。ハイ、それは、承知してるですの、ホナラの、退所後も、診察して戴かんとダメですねえと。ンと。
診察継続は、先様、先生の指示にもよるの、突然に、診察をサボる等々の、不義理は致しませんですがと。
返答したなら、そでは無く、定期的診察受けた方がと。

とかとかの、先様、相談員の意図つかめぬがのままの、変な話になりまして。
看護師は既に、車椅子の母を伴い、先に行ってまして。この場をどすゆやの、再度の現状、話をしててもの、ハイ、そのよに致しますと、返答しまして。


イヤ、実際問題として、内科先生より、無罪放免なり、して戴ければ、時間の掛かるの、総合病院に出向く事は無く。そもそもがの、内科で診て戴いてて、特段の事は無く。コレステロールの値がと、云われるだけの、それで、薬をでも、処方して戴くのなら、又、判断、異なるですが。何にも無しでして。
それがために、3時間も居てるもナと。整形外科だけなら、圧迫骨折部のレントゲンだけの、30分、1時間もしたら、診察まで、終わるですが。内科ともなればの、血液検査結果を待たねばならぬの、それだけで、採血から、1時間は軽く。
又、失礼乍らの、担当医、時間が掛かってねえ。誰様とは云わんの、この先生の時には、年寄り多く。尚更にの、時間が掛かってねえ。

ホンマやでの、先生の云うがままなら、毎月、毎月でして。ソレを、整形外科と合わせて戴ければと、要望しの、2箇月後に、3箇月後にと、して戴いてまして。
そもそもが、年寄りを伴いの、診察して戴くは、付き添い人がどれ程大変かが、分かって戴いてませんでして。イヤ、先生がです。
そらなあ、当人病気持ちで、体調悪くとならばの、そんな悠長なるは云わず。考えずの、連れて来るですが。当人、どもないと。何で、内科を診てもらうやと、問おてる程でして。

オトトのそんな次第の、当面、様子を見つつと、致しまして。相談員にはでして。デハ、行って参じますと。
(12/10/31)


NO.73 三度目の延期交渉の話(5) 病院での話(1)

そらねえ、私共だけの話なら、内科はパス致すですが。
パスしたいの意向は、「ふないの里」の、担当者。看護師であったり、介護士にも伝えたですが。先生が、次回を決めてる故、受診して欲しいと、云われまして。
ソ云われたら、勝手にパスは出来ませぬ故に、内科も受診してるですが。

ソラ、「亀岡シミズ病院」に通てるのが、我が母だけに非ずです。ホカの入所者も通てる筈での、勝手にパスして、不都合あってもと。よって、最低限、「ふないの里」経由とするのか、母が入所の間は、万事、指示に従うです。
退所で、即の勝手も致しませんですが。それが、我が方の基本的姿勢でして。事実、過去何度か、通てるの際には、整形外科、内科を受診してまして。

正直、ここだけの話、諸般、決め込みの話されたら、やり難いわと。こっちも、背景、事情説明しつつの、ソラ、理解して戴きたいしで、云うべきは、伝えませんとと。
話を聞くにしても、先様の意図がどこにあるかも、探ってまして。ども、こっちの理解不足か、あちら様の話がよお分からんでねえ。

出来れば、早急に母の入所延期依頼の話もしたいけれどの、こんな場、立ち話で、病院に行くの際に出来ませんでして。云うてるの間にも、看護師、母をしかるべくの、送迎車に送り届けて戴きの、戻って来やはってねえ。
オッとの、急がねばならぬの、運転手を待たせるのもと、相談員の話は、要は、不義理されては困るの、チャンと通て欲しいと、診断書作成の件、内科先生に頼むの2件であるは、分かってまして。

デハと、先を急いだですが。
運転手は、元ロームのでは無く、初めての人でして。イヤ、送迎運転手、何名居てるかは、知らんの、彼を含めて、3人目。
経路、此度は、国道9号線からでして。イヤイヤ、従前、裏道でして。且つは、この日、雨天。

ででの、毎回、毎回、一緒の状況での、病院での話がでして。
とりあえず、運転手は、一旦戻ると。しかるべくの、電話一発、迎えに来るの、所用時間30分見て欲しいの、ハイ、承知の、電話番号承知もしてますと。

イヤ、この方が気楽です。
元ロームのも、一度は、ン時間、待ってくれてたですが。二度目は、少々、ご機嫌斜めで、マダかと。イヤ、まだなんや。
とするのか、精算中でして。精算なら、後刻でも構わんのと、違うかと。云われてもなあ。その旨、精算の担当者に伝えても、その場合、処理がややこしくなりますがと。一部はこの場で精算での、一部は後日も出来るですがと。
それなら、待つも一緒でして。彼には、すまんなあと、謝りっ放し。

そんな事で、受付に行けば、予め、予約がされてまして。
受付にて、「ふないの里」の、柴田ですがと。伝えたならばの、予約券を出して戴きまして。これには、整形外科で、何番。内科で、何番とされてまして。
大抵ならばの、順番過ぎてまして。

ここで、黙ってたら、効率悪いがため、受付担当者に、検査はありますかと。
尋ねるにしてるです。
さもなくばの、特に、内科。
順番待ちで、ン時間待ちの、やっとで、順番が来ての、診察室に呼ばれ。先生の問診あってから、ソオソオの、血液検査しとこかと。ゲと。
ここは、総合病院故、検査そのものをやってまして。採血してから、公称20分。実際には、概ね、1時間掛かるです。要は、一度診察して戴きの、そこから、採血してたら、更に、小一時間軽く掛かってしもてねえ。
再度の呼び出し、診察があるです。終わるまで、帰れませんです。

そんな非効率、困るが故、受付にて、検査の有無、確認するにしてるですが。整形外科は、レントゲン。内科は、採血なれどの、それこその、この日は、内科でも、レントゲンがあると、相談員より、聞いてまして。
受付担当者には、検査の件、念入りにと。確認してるのに、兎に角、待てと。
待つは、待つけれどの、覚悟の上の受診に来てるですが。
言語明瞭の、付き添いの私の方は、ガマン、我慢の、ガマンをするですが。肝心の母の方が、ガマンたまらんでねえ。

オトトの、そんな話よりも、採血等の、「処置室」から、呼ばれるを待つ事、小30分。一向に呼び出し掛からぬしと。扉を開けの、そこの看護師に、あのですねえと。柴田ですが、採血、レントゲンがある筈なんですが。マダですかと。
問えば、暫く待って下さいねえの、にしても、遅いけれどの、待ちに待ってたならばの、先の看護師が、まだですかと。まだなんですの、一寸、確認しますねえと。親切に云うて戴きの、わざわざの、状況、伝えて戴くに、現在、まさしくの、先生が、何をするかの書類作成中ですと。へえと。ハイ、承知と。


事程左様の、この先生とは、十中十から、二十までは、内科先生様かと。
での、更に、待つ事、小20分。先程の看護師が、待たせてご免なさいねえと。イヤ、構いませんの、有り難う御座いますの。しかるべくの、誠実に、確認して戴き、報告まで、してくれまして。
当方、正直、大感謝。

イヤイヤ、看護師は、我々、付き添いの大変さ、分かって戴いてまして。
云うたら、車椅子の母を待たせるの場所が早々にありませんでして。通路では、邪魔。待合室の長椅子の場所では、周辺の面々の邪魔になるやろと。
加えての、私共と一緒に座るとなればの、大変でして。
結果、強引な方は、長椅子に座ってるですが。多くの場合、邪魔にならぬの場所で、付き添い、大抵ならばの、立ちっ放し。

特に、この日、某先生の曜日は、車椅子の老人多く。
何度も申すの、次回、次回と、一箇月後にと、云われるが故に、多少の顔ぶれ違うモノの、殆ど、一緒でして。これが、減らずに、増えるの一方。様子、分かり出してるしで、ゾとなるゾと。
無罪放免の日が、来るのかと。
まあなあ、「ふないの里」に、お世話になってるの期間は、問答無用の贅沢云わんの、万事、指示のままに致すですと。
(12/11/01)


NO.74 三度目の延期交渉の話(6) 病院での話(2)

事程左様に付添人、大変でして。

母の薬を代理で戴きに来てたり。これは、適当な曜日、日で。私自身の、前立腺肥大<尿が出難い>、コレステロールの件で、泌尿器科に来てるですが。これは、水曜日。主治医が、水曜日でして。
母のは、退院以来、診察は火曜日を指定されてまして。入院時の主治医が、火曜日往診の日でして。

よって、イツに満員か。車椅子が多いか。概ね分かってまして。
それから、云えば、火曜日には、車椅子の年寄り多数。殆どが、内科。


さての、採血して戴き。レントゲン室に移動で、撮影して戴きまして。これが、終われば、まさしくの、呼び出し、順番待ちの、診察待ちでして。
云うても、整形外科のは、早いです。待合室に戻って、暫くしたら、呼び出され。整形外科の先生より、レントゲンを見せて戴きの、ほれ、この通りの、概ね、大丈夫と。反対には、ここから先は時間、日数掛かるし、診察はこれで以て、宜しいですと。へえの、それは、それは、有り難う御座いますの、お大事にと。チョンと、相成っての、整形外科、無罪放免。

ならばの、内科がどかと成るですが。これがなあ。どもならんです。
でででの、そこから、待つ事、約の2時間。そこからとは、整形外科の診察終わってからの意での、2時間ともなればの、母、ジッとは、してませんの、黙ってませんの、「帰りたい。」
あのなあの、内科の診察マダなんやと。
何で、診てもらうのえの、それを私に尋ねられても、先生と違うし、分からんわと。来いと、指示されてるが故に、来てるんやと。

こんな会話が、度々あっての、要は。まだか。何を待ってるの、内科をで。内科て、何かあったんかと。あのなあと。私が診て戴いてるので無いの、アンタやわと。
云うてるの間にも、案の定の、オシッコ。

ハイ、承知の、障害者用のに入りまして。当たり前に一緒にでの、母を便器の前に立たせて、パンツ、脱がせまして。
終わったか。ン、終わったの返事にての、再びの立たせて、パンツ、履かせるとするのか。上に上げ。諸般身だしなみを整えの、水を流して、出るにコレがなあ。ソは度々の、障害者用トイレに用事無く。
果たしての、どんな具合に開けるのやったかなあと。
正直云うて、車椅子でなら、簡単なみたいで、ナカナカに難しいわと。後ろ向きに出ませんと、レバーが操作出来ませんでして。


そんな事よりも、そらなあの、母此度の圧迫骨折以前ならばの、そこまで致しませんでしたですが。そこまでとは、一緒には、トイレに入るですが。安全のためでの、されどの、パンツの上げ下げまでは致しませんの。最早の自力では立ててても、足腰、怪しくて。
動作、足の位置、手の位置。確認しつつの支え、移動させてやらんと、すとんと、尻餅衝くの危惧あって。
ソラ、車椅子で、便器のソバまでは、移動出来ても、カラダを反転致しませんと、便器に座れませんです。座るに、パンツ下げるに、両手を使わねばならぬの、それでは、両脇の手摺りが持てず。
持てんと、すとんと、尻から崩れ落ちるの可能性がと。

さもなくばの、何のための、付き添いしてるか、分からんわの。
ソラ、親子と云えどの、当初は、ソラソラ、こっちも、多少ならばの、恥ずかしかったですが。一緒に、トイレに入るのがで。イツの頃から、周囲の目、一切の気にならんよになったです。気にしてたら、入れませんの。私も、ええ歳になったんやと。
これが、紅顔の美青年時代やってみい。ハタの目が気になって、気になっての、迷うですが。オトトの、紅顔の美青年の頃なら、親も、まだまだの、若いけれどや。
オッとの、その頃なら、自力、腕力、体力。相応にあったですが。当世、この歳、腕力、体力に自信無く。少々、辛いの事もあるですが。一緒に転けては、意味あらへんしと。


いやなあ、話、一寸、逸れるですが。
どこ様かは、知らんの、歩きに出てるの際、時々、偶々の、遭遇するの事あって。
何がとなればの、歳の頃なら、40歳そこそこかの、男性。デブ君。
女性、多分ならばの、60代後半。或いは、70代に入った頃かの、まあ、云うたら、母息子。では、ないかと。
実は、このデブ君、車椅子。押してるのが、母の方での、大変ゾと。先の通りの、男性、デブ君。見掛け、私の倍程かの、丸々、太っててねえ。
だけなら、嗚呼、大変やなあと、ダケなれどの。ダケでも無いけれどや。このデブ君、デブ君と、表現してるからには、人相悪く。太々しいの顔付きしてまして。ダケなら、どて事無いの、多分なら、親を顎で、使てるの気配濃厚。

イヤイヤ、このデブ君、車椅子になった、経緯は知らんの、そもそもが、どこの誰かも知らんの、時々、見掛けるだけの人。見掛けて、散歩なんか、よお分からんの、ドテと、車椅子にフンぞり反ってまして。
これは、押すにしたって、重たいやろなあと。母上様がで。母様、極普通の体格での、歳も、歳での、この先、どなるかと。余所事乍らの、よって、大変やなあと、思うだけの、私に何にも出来ませんの、見てるだけ。

そんな次第の、斯くなるでの、大抵ならばの、年寄りが車椅子で、若手。云うても、我が歳程度。或いは、それ以下大半なれどの、先のよな、反対のもあってねえ。デブ君では無いだけの。単なるの、一時的の、怪我でも、病気でもの。
ならばの、概ね分かるの、多分なら、半身不随で、一生動けえへんのやろなあと。親も大変やなあと。

そんな光景、散見での。我が方も、大変は、大変なれどの、先様から、比べたらの、順当での、数段の、マシでして。マシとするより、先様、親も、当人も、地獄かと。

トトトの、2時間程経って、やっとの、「柴田様」と呼ばれまして。この、看護師から、「様」も、違和感あるですが。次第に慣れたなあと。
オッとの、での、ハイと、返答の、さての、どんな具合かも、分かってるの。後は、無罪放免にして戴けるかなあと、淡い、淡い、期待して。
(12/11/02)


NO.75 三度目の延期交渉の話(7) 内科での話

車椅子の母を1人には出来ませんでして。
オシッコも、云い出したら、即でして。
下手に車椅子で、移動されたら、余所様の邪魔にもなりまして。ソラ、当人、そんな事には、斟酌無し。
大きな声で、モしんどい。モ帰る。何を待ってるのえ。あそこ、空いてるし、座ったらと。テレビが見たい。お尻が痛いと、うるさあてねえ。

待合室の空いてる場所があるのは、知ってるわと。
只ナで、場所によりの、座り難いです。自分1人なら、どにでもするし、成るですが。車椅子の母を伴おては、ハタの邪魔になりまして。遠慮するです。
ソラ、遠慮せずに、ドカンと座るの面々も居てるですが。それは、それでの、アチラ様の勝手。
私でも、座ってるのソバに、車椅子の人が来たら、気を使うです。座ってられへんです。

イヤ、場所を探してるの気配、察知して、座ってるの場所が、車椅子と同伴で、都合の良いの場所なら、スと、余所え移動の、譲るですが。どうぞとなんか、一切の云わんです。
恩を売る気、毛頭の、勝手とするのか、諸般、空いたが故、勝手に座って頂戴でして。
ソラなあ、周辺に沢山の人が居て。一寸でも、立てば、争奪戦展開されるの状況ならば、ご指名致すですが。まあないなあ。通勤列車やあるまいにと。

只なあ、往々にして、車椅子の年寄りの方が横着でして。又、母にしても、入院中の顔見知り。ゲート・ボール時代の知り合いとバッタリでの、大きな声で、話をし出したり。
付添人同士は面識無くの、適当に会釈してな仕方が無く。

オッとの、での、「柴田様」と、呼ばれまして。さあ、行こかと。母の車椅子を診察室にと。
伴い、入室したなら、先生、開口一番、どですかと。母にで、母、どもありません。先生、どもあるの、コレステロールが高いしなあ。腎臓の事もあるし、減塩食にしてるかと。母に、私に問われても、分からんです。
しかるべくの、介護士なり、看護師なり、栄養士に、尋ねて戴きませんとと。
とは、云うてえへんけれどや。

そもそもが、母、何故に内科に診てもろたか、定かに覚えてませんでして。もしかしたら、胸が苦しい。息苦しいとか、云い出した時かなあと。特段の異常無く、退院の筈が、その退院の日、1箇月したら、整形外科、内科に診察をと、「亀岡シミズ病院」の看護師から、通知されまして。ハイと。
どちみちの、整形外科にも行かんならんしで、気楽に思てたですが。本命の、整形外科なら、レントゲンだけでして。1時間もあれば、精算まで出来るですが。内科は、ソは行かずの、採血、血液検査で、診察までに、3時間掛かるです。
要は、誰とは申さんの、この先生、診察時間が長あてねえ。イヤ、母なんか、呼ばれて、所用時間、5分、10分なれどです。

での、薬は出してたかなあ。イヤ、内科の薬は、整形外科で処方して戴いてます。ソか。こっちからは、出してえへんか。次回イツにする。えと。
又かと。
イヤイヤ、その前に、「ふないの里」の相談員に頼まれてるの、診断書作成を依頼せねばと、しかるべくの、話をしたなら、何やら、書くの、書式の、項目の、不明点があるらしく。
先生と、看護師とで、あやこやと。

ででの、私はどしたら宜しいですかと。意図なるは、何かせねばならぬなら、そのよにやりますの意での、看護師に尋ねたならばの、診断書は、「ふないの里」に送りますと。ソですかと。ならばの、する事は無いのかと。イヤ、通例、診断書作成依頼したなら、しかるべくの、作成費用要しまして。又、取りに来るなら、来んならんしと、思たですが。
ほならの、もしかしての、無罪放免になるかもと、思いきやの、先生曰くに、その診断書に次回の件、書いとくしと。あのなあの、モええのと違いますか。
とも云えず。
(12/11/03)


NO.76 三度目の延期交渉の話(8) トイレの話

季節も良く。
10月に入ってから、諸般の行事が目白押し。11月に成ったら、尚更でして。
出不精の私には、キツイ季節に相成って。
それ以外にも、母の件で、打ち合わせもありまして。別途には、別途の話もありまして。
ここでは、主として、母の話をと。

斯くなる次第の、斯くなるでの。
母のオシッコで、一緒に身障者用トイレに入ったり。ソラ、車椅子で、入って、1人で、用を足せれば、苦労は要らんの、便座に座るも一苦労の、ズボン、パンツの上げ下ろしも、ママなりませんでして。
イヤ、最早の慣れたです。
恰好付けてられんの、気も使てられんの。衆目、一切の気にも成らんわと。

イヤイヤ、初期の頃、身障者トイレに入るのがさえ、経験乏しいの時には、一緒に入るを逡巡したですが。ましてや、母、一応は女性。こっちが気を使たですが。病院に来る度、時間を要しの、必ずやの、オシッコでして。
一緒に入るも度重なれば。又、ズボン、パンツの上げ下ろしに時間が掛かれば、ほっとけへんわの、その間にも、呼び出しがあってみい。困るわと。
イヤ、パンツが云々なるは、家に居た時から、監視とするのか、してるですが。昨年、転けての入院以来、1人では出来んよになってまして。そもそもが、自立は出来ても、パンツの上げ下ろしまでは、出来ませんでして。立ってるのがやっとの事で。

そんな、あんな、こんなと、諸般、見定めるの目的もありまして。
そらなあ、母、89歳。
年々、月々、日々、退化してるです。向上、改善、進歩しの、俊敏なるの動作が出来るの筈が無く。しかるべくの、退所にて、どの程度の覚悟を要するかの見定めでして。
正直、これは、困ったなあと。益々の手が掛かるの状態でして。されどの、手を掛けずば、事は進まず。重々の覚悟はしてまして。
ホンマやでの、介護士には頭が下がるです。仕事とは云えどです。悪いけれどの、そこらの、姉ちゃん、兄ちゃんには出来ませんです。経験してませんでして。見てませんでして。
経験してなくとも、見てなくとも、やるべき時には、やらんならんですが。
又、見て無いとは、この状態をでして。見てるとは、自分がやるの時のつもりの覚悟で以ての、話でして。自分には無縁の、余所事としてたでは、単なるの傍観者であっての、分かりませんでして。

私共の場合なら、ズとでして。
母の体力、腕力、腰の状態、足の動きの変化を注視してまして。健康なるの時代からの推移、承知してまして。現在唯今、何が出来て、出来んかと。出来んなら、相応にどするかの対応を考えねばなりませんでして。
家に戻った時の方法をでして。

ソラ、最早の、更に、1年、等々、頼めませんでして。私共にしたって、そこまでの、気も無く。家で、見てやるが一番でして。されどの、当人にしたら、複雑かと。
理由なるは、しかるべくの施設、「ふないの里」なら、介護士、専門家が沢山居てまして。移動は車椅子で、自分で、移動が出来まして。限られたの範囲ではあっても、動けまして。
家では、車椅子での移動も範囲狭いわと。

家では、三度、三度の食事も、時間通りには出来ませんです。トイレ1つ、移動に命懸け。イヤ、大袈裟では無いです。現に、道中、何度も転けてまして。それで、懲りて無いのが、分からんですが。
そのトイレも、施設のは、広い場所でして。家のとは、何倍もの差があっての、介護士が居てくれまして。
家のは、狭いし、カラダの移動1つが大変。手摺りは相応に付けてるですが。狭い分、無理があるです。少なくともの、車椅子諸共の入れませんです。
身障者用のでも、便座に座るの際には、車椅子を降りねばならぬですが。家のでは、車椅子では、入れませんです。そんなに広いの屋敷で無し。

とかとか、母にも気迷い有りまして。とは云え、家族と一緒が良いですが。自分の部屋で、勝手気儘に、ベッドに寝たままでの、テレビを見てるが一番でして。
施設では、個室以外には、テレビはありませんでして。
個室になんかしたら、とてもや無いの、入所費用は出て来ませんです。一番の安いので、17万円でして。


オッとの、そんな事で、トイレから出て、すぐとは申さんの、暫くして、お呼びが掛かったですが。
診断書の件で、あやこやと。私に尋ねられても、分からんし。看護師から、「ふないの里」に送りますと。へえと。宜しくお願い致しますで、終わったですが。次回は、その診断書に書いておくと、先生云うたですが。

後日、先生から、「ふないの里」に電話があっての、毎月来いと。えと。
とは、フロアの看護師から、聞いたですが。この先生、好きやなあと。別段の、薬を処方して戴いてるで無し。血液検査の結果で、コレステロールが高いなあ。腎臓が片方あらへんしで、減塩食にしといてなと。
だけでして。

減塩食は、「ふないの里」の栄養士が献立計画するのでありまして。内科の薬は、此度の入院での、薬では無く。別途の目的での、薬は、整形外科から、出てまして。
単に血液検査の確認だけなら、町医者で充分でして。
イヤ、それで、何をするでもありませんでして。するに、出来ませんでして。

母が1人で、通院出来るならなれど。出来ぬとも、簡単に車に乗れて、連れて来られるなら、構いませんですが。
「ふないの里」に入所してるの間であれば、施設の車、車椅子諸共、乗り込めるの車で、送迎して戴けまして。楽ですが。在宅となれば、我が愛車で、来んならんですが。駐車の空きがあるかから、心配の、ナカナカに空きが無ければ、1人では大変でして。

とりあえずは、車から、下ろしの、車椅子に座らせて、院内のどこかで、待機してもらわねばならず。
素早くの、空きが出来れば宜しいですが。ホンマやでの、そんな、こんなの、一々の大変でして。よって、在宅での、通院は、嫁はんの時間のあるの時にしてたですが。
兎に角の、1人では無理なるの、老人の通院は、付添人が大変でして。先生には、その事が分かってませんでして。
ホンマやでの、当人、老人のオシッコに付き合い乍らも、自分はグと我慢してるの人が殆どでして。
私も、例外で無くの、自分のオシッコは万事、診察終わってからの、ホと一安心の、「ふないの里」に、しかるべくの、迎え頼むの、連絡が終わりの、精算の時間待ちの間やわと。

この精算が終わりの、車が迎えに来ての、一緒に、「ふないの里」に行き。自宅に戻るは、14時は軽くの過ぎてるわと。
家を出るは、9時半過ぎやでと。これは、「ふないの里」の都合に合わせての話で、自分の都合に非ずやわと。
(12/11/21)


NO.77 三度目の延期交渉の話(9) ケア・マネージャーの話

イヤイヤ、このよに、車椅子ででも、病院に連れて来てくれるの家族が居てるは幸せでして。

オッとの、母を、「亀岡シミズ病院」に連れてったのが、10月の23日でして。
その2日後の、25日、「ふないの里」の担当者、相談員との、打ち合わせの場が設けられまして。イヤ、退所の件でして。着々と進められてまして。

ではあれどの、何度でも申すの、我が母、揺れ動いてるです。
ソラ、家族と一緒、我が家での方が、良いに決まってまして。されどの、我が家では、車椅子での移動は難儀の、移動出来るの距離も知れてるわと。三度、三度の食事も、時間、ピタリには出来ませんでして。
こっち、「ふないの里」には、沢山の介護士が居てるです。看護婦も居て、三度、三度の食事、おやつもありまして。欠点何かとなればの、テレビが共同である事だけかと。
個室なら、テレビも付くですが。個室に入れる程の資産家に非ずの、相部屋がやっとの経済力でして。我々のです。

さての、話をどのよにしよかと。
母の希望は伝えてるですが。ソレを云い出せば、切りが無く。結果的、我々、家族の意向が問題らしく。意向なら、嫁はんが白内障手術で、その経過が思たより、思わしく無く。
誤解無きよにの、手術は成功の、順調は順調なれどの、目のバランスが合おてえへんみたいでねえ。目が痛い。頭痛がする。充血がと、色々、云うてまして。眼科医では、万事、落ち着くまでの期間、色々あるとの事なれどの、こんな状態で、母が戻って来ても、嫁はんのストレスたまるだけでして。

モ暫く、入所させて戴けませんかの、意向で、話をするに致しまして。
されどの、当日、「こもれび」のケア・マネージャーも同席するになってるらしく。要は、諸般の状況を理解して戴くがための同席でして。
とは云え、母入所中にも、従前の女性担当者退職されまして。新任のケア・マネージャーは男性でして。オッとの、会おた事も無く。若いのか、歳喰てるかも知らんの、電話でなら、二度話をしの、まあ、お若い方かなあと。

イヤ、会いもしてへんの、ケア・マネージャーに、相談も出来ず。
相談とは、当方の意向をでして。モ暫く、延ばして戴きたいの事をでして。何も、延々の、この先、ズっとの意では無く。精々が、来年の2月末。云うたら、都合の1年でして。

嫁はんとどしょかと。
まずは、正直に、目の不調の件を伝えるにして。希望は、都合の1年。せめてもの、年内頼めへんやろかで、話を進めるにしたですが。「ふないの里」で、突然に、延期の話を出せば、新任ケア・マネージャーも面喰らうやろと。
又、名案あればと、その当日、25日の朝、打ち合わせに向かうの直前に、概ねの話を伝えるにしたです。

イヤイヤ、電話一発、意向を伝えたならばの、案外に理解してくれて。
延期については、「ふないの里」の都合、意向もあるですが。家族、我々の負担軽減策なら、ショート・スティを多くする等々の手立てもあると。「ふないの里」でも、ショート・スティをやってましてと。フウンと。

それなら、こっちも、母も好都合かと。
変な話、ディ・サービスに通うの、「こもれび」での、ショート・スティは、母、嫌てまして。理由は、老人ホームの空き部屋のベッドになるがためでして。加えての、口を開けたままの、諸般、重症の方も居られまして。

あんなのと一緒にされたら、嫌と。
贅沢は贅沢なれどの、気持ち、分からんの事も無く。
或る意味、母、全くのボケてませんでして。都合の悪い話になれば、勝手ツンボになったり、ボケたりするですが。
母の希望は、ショート・スティなら、「けやき」でして。ここは、ショート・スティ専門施設でして。但し、「亀岡病院」の系列でして。

どっちにしても、ショート・スティを頻度高く。後は、従前通りの、ディ・サービスで、賄えばと、なりまして。確かに、名案でして。
名案であっても、ショート・スティが、思うの期間、日に、取れるかは、分からんですが。基本線、例えばの、月の半分、ショート・スティの手もあるなあと。当然の、費用かさむですが。仕方が無いです。

そらなあ、トイレもホボの、2時間毎でして。
今までなら、歩行器で、移動出来てた故、例えば、夜、2時頃まで。朝、6時頃からは、見るが出来ての、その間、2時から、6時までの4時間、1人で、用を足すにしてもらうで、良かったですが。
方法論的、ポータブル・トイレにするにしたって、施設でなら、薄明かりもあるですが。ボタン1つで、介護士が飛んで来てくれるですが。家では、ソレが出来ませんでして。
にも関わらずの、真っ暗にせんと、寝られえへんと。こっち、「ふないの里」なら、我慢してるのかと。我慢とは、トイレの意では無く、薄明かりの事。

イヤイヤ、ホンマやでの、真っ暗にしてて、ポータブル・トイレに移動は、我々でも、無理でして。薄明かりを点けてくれと、頼んでも、嫌と。
施設でなら、我が儘、云えませんの、規則に従おてるですが。
これは、家に戻るの際、重々の、約束をさせませんとと。

オッとの、そんな事で、顔も知らんの、新任ケア・マネージャーには、我が方の、概ねの意向。又、そんな話も出しますと、予め伝えまして。
では、後刻、宜しくお願い致しますと。
(12/11/22)


NO.78 閑話休題 当面の予定の話

ホントにねえ。
本日<11月22日>、神宮道の、「ギャラリー唯」に行って参じたです。
イヤイヤ、若菜屋で、手土産調達してまして。
これで、ええのか、悪いのか、分からんですが。手ぶらでは行けませんでして。

イヤ、中学の同窓生が、作品を展示してまして。ホカに、2人が展示で、「三人展」と称してるですが。ホカの面々と、当人の関係知らんです。概ね、年齢的、同級生辺りかと。
案内状が届く度、行ってまして。何度も行ってますの故、最早の迷う事も無く。大体が、迷うのよな、場所で無く。神宮道そのものが、まあ云うたら、有名なるの道。仁王門通りの一寸下(しも)での、そのまんま、真っ直ぐ、北に上がれば、真正面には、「平安神宮」

この界隈、京都市美術館、京都会館、京都市勧業会館、府立図書館、動物園がありまして。
動物園なるは、息子共が、小学生時代以来、用事無く。
平安神宮なら、直近で、二年経つの、二男の結婚式で、入りましたです。その前となればの、イツなんやろねえ。入ったの記憶はあるの、ン十年は昔。

まあねえ、私に芸術は分からんです。絵心皆無。されどの、値札見て、へえと。大きいのなら、ン十万円。
同級生が、絵を描くも知らなんだですが。大体が、知らんの事、ばかりなれどです。絵心無く。絵に興味薄く。されどの、案内状が届けば、久しぶりに顔でも見に行こかと。オッとの、女性やでと。

<参考=「単なる雑談NO.15から、18」コンビニ・ダンス・ストア>

ナカナカに、発展的、活動的女性でして。<参考>の、演劇はするは。絵を描いてるわ。方々にも、旅行したりしてまして。へえと。感心してばっかりでして。
会うと、同窓会せよと。オッとの、中学3年の同級生でして。
結果的、2度程したのかなあと。この前は、京都グランド・ホテルで。オトトの、屋号替わってるですが。その前が、大和大路の、何とかでと。法事で、東京在住の何とかさんが来るのに合わせましてと。

とかとか、結果、1時間以上居たのか。雑談しまして。別途の来客、入場での、コレ又、70代女性で、当然の、彼女との関係皆目の、知り合いらしく。ホナラと、お暇しまして。
イヤ、車で行ってるですが。穴場駐車場、勧業会館地下に入れてまして。駐車場料金、700円<最初の1時間500円。以降、30分毎200円>故、道中、移動時間含め、1時間になるかと。

まあなあ、観光シーズンでして。人は多いですが。車も多く。五条堀川辺りから、難儀したですが。それこその、この界隈、我が、庭でして。庭でも、その昔の話での、我が母校、堀川高校を横目に、二条城の手前、御池通りから、川端二条。二条通りから、岡崎の手前の道を仁王門で、神宮道で、勧業会館地下と。
想定、下手したら、駐車待ちの可能性もと、思たですが。平日でもあっての、ガラガラのガラで、拍子抜け。
オッとの、市営駐車場は別途にあっての、ここは、穴場なれどです。

云うたら、「唯」のソバには、「唯」の駐車場もあるですが。「唯」の駐車場故、只なれどです。狭い場所で、実際には、一方通行の道の角での、変な話、狭いの道を一寸だけ、逆走しんならんわと。
狭い道故、走って来るの車もタマなれどです。タマで無くとも、偶々の、駐車してるの車満杯での、二台しか駐められずの、運悪くの、駐められへんかったら、バカみたいの、戻って来るが大変でして。
こんな界隈の細かな道の構造までは、知らんわの。下手したら、出て来られんの事もあってねえ。それこその、カー・ナビゲーション付きの近代兵器、あれば、強行突破もするですが。
安全見て、有料駐車場にと。ガラガラでの、或る意味、正解でして。


オッとの、そんな話は結構の、昨日は、私の用事で、「亀岡シミズ病院」えと。
前立腺肥大の薬。悪玉コレステロールの件で、血液検査、尿検査と、薬を戴きにでして。結果、まだ、下がってませんでして。先生も、何でかなあと。問われても、私にも分からんの、思い当たるの事はありませんかで、最近、外食が多いからかなあと。
外食程度で、コレステロールが減らん。血糖値が高いも、筋が通るかは、知らんですが。

何よりも、ビックリは、診察代、検査含むで、4000円と一寸也で、ゲと。
薬、三種類の、3箇月分で、16000円也で、ゾの、ホンマかの、聞き間違い、目の錯覚かの、都合の、一箇月、7000円見当になりまして。冗談や無いわと。モ、止めとこかと。
されどの、オシッコが出辛いは、辛いですが。
にしても、前回も同じなれどの、こんなに高かったかなあと。領収書を見たら、分かるですが。多分なら、検査費用、2000円見当、値上がってるかと。それでも、2000円かと。
トトトの、当世はやりの、ジェネリック薬品で結構でして。でも、一種類のみ、後発が出てての、後は、出てませんでして。困ったなあと。
都合の、2000円安くなるかは、別途の話の、ジェネリック薬品にして、3箇月分で、2000円見当の節約でして。嗚呼、困ったなあと。焼け石に水と。
ならばの、前立腺肥大のは、市販薬で、過ごせるなら、その方がとなるですが。それこその、一発、二男にでも、尋ねてみよかと。多分なら、目的等々、モノが違うの返事と思うですが。


後は、24日<土曜日>、「芋煮会」で、タマネギの植え付けが予定されてまして。
更なるの、来週、火曜日、27日には、母を、「亀岡シミズ病院」に連れてくの日になってたですが。諸般、パス出来るらしく。イヤイヤ、万々歳でして。
さもなくばの、半日以上、取られるの処でして。
諸般、この話、「ふないの里」の、相談員が、動いてくれたです。


ででの、12月に入れば、神戸の息子宅にと。何やら、孫娘の演劇発表会らしく。私共は見ませんですが。息子夫婦が見るがため、子ども達、ホカの2人を見てくれと。
そして、12月8日には、学生時代の同窓会が予定されてまして。この季節、諸般、色々の行事があってねえ。余計に、病院代で、高額出費、辛いわと。


オトトの、での、話戻しての、岡崎の勧業会館の駐車場に車を駐めて、勧業会館から、出るの際です。
向こう側から、和服姿の女性。女性も、お年寄りなれどです。すれ違うの際、どこかで、見た人やなあと。ででの、今、ハタと。
嗚呼の、市田ひろみさん(80歳)であると。
再度の、現在唯今、80歳なれどの、とてもやないの、80歳とは、見えませんでして。かと云うて、60代とは、見えませんですが。精々が、70代の女性と見えてたです。
何を隠そおの、市田女史。我が母校、堀川高校の先輩でして。同窓会会長でして。現物見たは、これが初めてなれどです。
(12/11/23)


NO.79 三度目の延期交渉の話(10) 打ち合わせの話(1)

市田ひろみさんは、遠目では、分からんでして。すれ違うの際、先様、横目で、チラとこっちを見まして。こっちも、チラと。
ンの、どこかで見たよおなと。思案巡らせどの、分からんでねえ。

イヤ、別段の、この勧業会館では、和装、珍しくも無く。その手の催しがされてる事多く。道路側から、会館入り口に向かいの、1人で、歩いて来てまして。お付きの方が居てるで無し。
まあ云うたら、妙齢の美女でも無く。婆様でして。亀岡の知り合いには、該当無く。悪いけれどの、この年代で、和服を着てるよなのはナと。
前の町内会の面々にしたって、最早の、40年経ってまして。矢っ張り、この年代の女性に知り合いは無く。知り合いあっても、40年も経ってたら、分からんわと。
よって、どこで見たのか。料亭、旅館の女将に知り合いは無くと。

されどの、残像のみ、記憶に残りの、何時間も経ってから、ハタと。テレビで見たと。写真で見たと。写真とは、堀川高校の同窓会報でして。同窓会の会長でして。
そんな意味でなら、亀岡で、所謂の有名人に遭遇は無いですが。京都でなら、時々あるです。
そやからと、その場では、誰とは分からんわと。有名人と、喋った事もあらへんしと。有名人云うても、ピン、キリでして。

一発で、分かるよなのは、その昔、河原町通りを歩いてたら、川端康成にすれ違たです。ギョロ目のあの風貌故、一発でして。宝塚の遊園地、息子共が小学生時代かには、堺正章、井上順を見たです。
20年以上は昔での、既に、スパイダースは解散してたですが。


オトトの、そんな話は結構の、母の件。
10月25日、「ふないの里」に行きまして。行くは、毎週行ってるですが。当日は、しかるべくの、今後の件。今後とは、先様の意向、退所に向けての話。当方、多少なりともの、延期を懇願の話をしたく。

イヤ、嫁はんと2人して、出向いたです。
当方の受入体制として、嫁はんの白内障術語の経過、思わしく無く。手術は成功してるですが。目の奥が。充血が。頭痛がと。先生の話では、落ち着くまでには、諸般あるらしく。慣れるまではと、云われてるですが。その慣れるまでが、どれ程かと。

くれぐれもの、視力は相応に良くなってまして。原則、メガネも不要でして。ならば、結構なる話なれどの、従前、無かったよな症状がと。これが、目のバランスが崩れたための、次第に慣れる筈でして。
要は、従前、更に、目は悪かったですが。悪いなりに、脳がバランスを合わせてたです。手術により、目は見え易くなったですが。脳で調整のバランスが崩れたの意での、脳での調整に時間を要するです。
その時間が、如何程かが、分かりませんでして。出来る限り、長くと、だけでして。長くも、半年、1年の話では無いです。最長で、3箇月。

での、その打ち合わせ当日。
まずは、相談員から、いきなりの、書類を提示されまして。諸般、母の状態。在宅での場合のアドバイス、案の書類でして。
イヤイヤ、最初に、受入体制はと、尋ねられるかと、思てたですが。挨拶も早々の、書類を提示されまして。説明がが始まりまして。内心、困ったなあと。説明されてるのに、中断させ、実はと、話も出し難く。
どっちにしろ、近い将来、助言、案に基づき、母の様子、家の状態に添おての、出来るの事はしんなならんわと。

まあ、正直には、話の中身は、概ね、分かってまして。
兎に角、ベッドは、しかるべくの、現在のは、廃棄致しまして。レンタル・ベッドにせなばなりませんです。高さが高いのと、動かせませんでして。高さ調節出来て、起きあがれるのをと。

問題は、ポータブル・トイレをどするかと。
実は、注文するの直前。まさしくの、数日前、転倒、圧迫骨折での、入院してしもて。
ならばの、そのまま、注文すれば、良いよなモノの、当時から、比較で、母の状態、悪化してるわと。少なくともの、歩行器での移動は無理かと。ベッドのソバに、ポータブル・トイレを置くにしても、上手く、移動出来るかと。

云うたら、夜、真っ暗でして。これは、せめてもの、小さな灯りでも、点けとくよに致しませんとと。されどの、嫌がりまして。寝られへんと。寝られへんなら、寝んでも宜しいですが。どっちにしたって、昼間寝てて、夜まで、寝てられんわと。
とは、こっちの理屈での、当人は、昼間は寝てへんわと。
イヤイヤ、ホンマやでの、扉、ドアを閉め切って。電灯完全に消してしもててみい。夜には、モノの場所、分からんわと。手探りで、ポータブル・トイレも危なくて。この辺りが思案のしどころの、オムツをするなり、こっちが起きてるなりの、トイレにおつきあいせねばならぬです。

これが、2時間に1回。
「ふないの里」のデーターでも、2時間に1回でして。イヤ、一々の記録されてるです。
よって、先様は、ポータブル・トイレを推奨でして。こっちは、諸般、云う事聞きませんの、その辺りの話をしたなら、何なら、一緒に母を説得致しますと。ンの、あのなあの、一緒に説得意味無く。
ソラ、余所様と一緒に話をしたなら、ハイハイと、一発、理解を示すですが。イザとなれば、そんな話、知らんわと。
なるが、従前での、どっちにしたって、説得は当方がするの、後は、当人、母が、その約束を守るが問題でして。
灯りを点してても、眠た目で、ボケ状態にての、1人で、勝手に、移動されてみい。一緒でして。この辺りを、家族として、どするかが、大いなるの問題。今度、転けたら、家での生活、無理になるも、当人にしたって、理屈分かって、イザとなればの、忘れまして。

よって、云う事聞かんなら、勝手にせえと。
転けて、勝手やわと。とも、云えず。
ソラなあ、転倒するは、予期出来てまして。
(12/11/24)


NO.80 三度目の延期交渉の話(11) 打ち合わせの話(2)

市田ひろみさんは、遠目では、分からんでして。
とりあえず、和服のご婦人がこっちの方に歩いて来るなあの程度での。すれ違うの際、先様、横目で、チラとこっちを見まして。こっちも、チラと。
ンの、どこかで見たよおなと。思案巡らせどの、分からんでねえ。

イヤ、別段の、この勧業会館では、和装、珍しくも無く。その手の催しがされてる事多く。道路側から、会館入り口に向かいの、1人で、歩いて来てまして。お付きの方が居てるで無し。
まあ云うたら、妙齢の美女でも無く。婆様でして。亀岡の知り合いには、該当無く。悪いけれどの、この年代で、和服を着てるよなのはナと。
前の町内会の面々にしたって、最早の、40年経ってまして。矢っ張り、この年代の女性に知り合いは無く。知り合いあっても、40年も経ってたら、分からんわと。
よって、どこで見たのか。料亭、旅館の女将に知り合い無くと。そもそもがの、料亭、旅館に行く用事があらへんわと。

されどの、残像のみ、記憶に残りの、何時間も経ってから、ハタと。テレビで見たと。写真で見たと。写真とは、堀川高校の同窓会報でして。同窓会の会長でして。
そんな意味でなら、亀岡で、所謂の有名人に遭遇は無いですが。京都でなら、時々あるです。
そやからと、その場では、誰とは分からんわと。有名人と、喋った事もあらへんしと。有名人云うても、ピン、キリでして。

一発で、分かるよなのは、その昔、河原町通りを歩いてたら、川端康成にすれ違たです。ギョロ目のあの風貌故、一発でして。それこその、和服姿の妙齢の美女と一緒でして。所謂の芸者かなあと。
宝塚の遊園地、息子共が小学生時代かには、堺正章、井上順を見たです。
20年以上は昔での、既に、スパイダースは解散してたですが。


での、昨日<11月24日>は、「芋煮会」がありまして。タマネギの植え付け。大根を一部、収穫。イヤイヤ、不作でねえ。人数分、取るのが四苦八苦。ニンジンの種も植えてたですが。雨にでも流されたかなあと。畝に無く。くぼんだ方にあったりしまして。あっても、収穫には、まだまだ、気が早く。これで、一人前のニンジンらしく、成長するのかと。甚だの疑問。
別途には、農園主の裏庭とするのか。横庭には、柿の木がありまして。あれば、取ってもええど。されどの、最早の、5個程度かなあ。参加者<9名>で、分ける程も無く。キュウイは適当に人数分、収穫しまして。

での、誰とは云わんのメンバーの1人。
奥様と一寸した、冷戦状態らしく。イヤ、家が、桂坂の方でして。正直、交通の便悪く。大体は、奥様が送迎されてまして。ソラ、酒を飲めば、運転厳禁。
ところが、冷戦状態にて、当日、バスで来たらしく。帰りも迎えが無く。バスですて。へえと。
へえは、ええけれどの、ならばの、亀岡駅まで、送ってやらんならんです。来る時には、並河駅が集合場所での、農園主の車も来てくれたですが。農園主も飲めば、運転手、私だけ。大体は、モ1人、亀岡在住のが、車で来るですが。この日、不参加でして。

結果、農作業が終わってからの、飲み会。喰い会、ダベリング会が終わってから、私め、亀岡駅まで、二往復。
それは、構わんですが。早よ終われと云うのに、飲み助、終わらんでねえ。こっちは、二往復故にです。

での、二往復終わって、帰宅して。
云うたら、13時半集合での、帰宅、20時頃でして。
我が家に戻った途端、鼻水タラタラ。ンの、風邪でも引いたかと。
とりあえずは、葛根湯飲んで。寝しな、水をホンの一口。メンソレタームを、鼻の下に塗りまして。これは、私流の、風邪のお呪いでの、明くる日には、治ってたなあ。万歳三唱。
イヤ、正直、珍しいです。我が、呪いが効いたか。葛根湯か、水一口かと。全部やっても、まあ、明くる日には、ひっくり返ってる事の方が多いけれどや。


オトトの、そんな次第の、10月25日には、「ふないの里」に行きまして。行くは、毎週行ってるですが。当日は、しかるべくの、今後の件。今後とは、先様の意向、退所に向けての話。当方、多少なりともの、延期を懇願の話をしたく。

イヤ、嫁はんと2人して、出向いたです。
当方の受入体制として、嫁はんの白内障術語の経過、思わしく無く。手術は成功してるですが。目の奥が。充血が。頭痛がと。先生の話では、落ち着くまでには、諸般あるらしく。慣れるまではと、云われてるですが。その慣れるまでが、どれ程かと。

くれぐれもの、視力は相応に良くなってまして。原則、メガネも不要でして。ならば、結構なる話なれどの、従前、無かったよな症状がと。これが、目のバランスが崩れたための、次第に慣れる筈でして。
要は、従前、更に、目は悪かったですが。悪いなりに、脳がバランスを合わせてたです。手術により、目は見え易くなったですが。脳で調整のバランスが崩れたの意での、脳での調整に時間を要するです。
その時間が、如何程かが、分かりませんでして。出来る限り、長くと、だけでして。長くも、半年、1年の話では無いです。最長で、3箇月。

での、その打ち合わせ当日。
まずは、相談員から、いきなりの、書類を提示されまして。諸般、母の状態。在宅での場合のアドバイス、案の書類でして。
イヤイヤ、最初に、受入体制はと、尋ねられるかと、思てたですが。挨拶、即の、書類を提示されまして。説明がが始まりまして。内心、困ったなあと。説明されてるのに、中断させ、実はと、話も出し難く。
どっちにしろ、近い将来、助言、案に基づき、母の様子、家の状態に添おての、出来るの事はしんなならんわと。

まあ、正直には、話の中身は、概ね、分かってまして。
兎に角、ベッドは、しかるべくの、現在のは、廃棄致しまして。レンタル・ベッドにせなばなりませんです。高さが高いのと、動かせませんでして。高さ調節出来て、起きあがれるのをと。

問題は、ポータブル・トイレをどするかと。
実は、注文するの直前。まさしくの、数日前、転倒、圧迫骨折での、入院してしもて。
ならばの、そのまま、注文すれば、良いよなモノの、当時から、比較で、母の状態、悪化してるわと。少なくともの、歩行器での移動は無理かと。ベッドのソバに、ポータブル・トイレを置くにしても、上手く、移動出来るかと。

云うたら、夜、真っ暗でして。これは、せめてもの、小さな灯りでも、点けとくよに致しませんとと。されどの、嫌がりまして。寝られへんと。寝られへんなら、寝んでも宜しいですが。どっちにしたって、昼間寝てて、夜まで、寝てられんわと。
とは、こっちの理屈での、当人は、昼間は寝てへんわと。
イヤイヤ、ホンマやでの、扉、ドアを閉め切って。電灯完全に消してしもててみい。夜には、モノの場所、分からんわと。手探りで、ポータブル・トイレも危なくて。この辺りが思案のしどころの、オムツをするなり、こっちが起きてるなりの、トイレにおつきあいせねばならぬです。

これが、2時間に1回。
「ふないの里」のデーターでも、2時間に1回でして。イヤ、一々の記録されてるです。
よって、先様は、ポータブル・トイレを推奨でして。こっちは、諸般、云う事聞きませんの、その辺りの話をしたなら、何なら、一緒に母を説得致しますと。ンの、あのなあの、一緒に説得意味無く。

ソラ、余所様と一緒に話をしたなら、ハイハイと、一発、理解を示すですが。イザとなれば、そんな話、知らんわと。
なるが、従前での、どっちにしたって、説得は当方がするの、後は、当人、母が、その約束を守るが問題でして。
灯りを点してても、眠た目で、ボケっとした状態で、移動されてみい。一緒でして。この辺りを、家族として、どするかが、大いなるの問題。
今度、転けたら、家での生活、無理も、理屈分かって、イザとなればの、忘れまして。母がです。
(12/11/26)



inserted by FC2 system