シバケンの単なる雑談NO.107

雑談NO.106
雑談NO.101 雑談NO.102 雑談NO.103 雑談NO.104 雑談NO.105

雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.108

NO.1340 町民運動会の話(4) 当日問題点解決の話

NO.1339 町民運動会の話(3) 慰労会の話

NO.1338 町民運動会の話(2) つでに、区長に一言の話

NO.1337 町民運動会の話(1) 手首しくじったの話

NO.1336 母、「ふないの里」退所接近の話(3) 介護用品搬入の話

NO.1335 母、「ふないの里」退所接近の話(2) 生死与奪の権限の話

NO.1334 母、「ふないの里」退所接近の話(1)

NO.1333 孫君1号、2号の誕生祝いの話(7) 安全見ての、一庫経由の話

NO.1332 孫君1号、2号の誕生祝いの話(6) 挨拶の話

NO.1331 孫君1号、2号の誕生祝いの話(5) 行儀の話

雑談NO.106


NO.1331 孫君1号、2号の誕生祝いの話(5) 行儀の話

にしても、歯の治療、歯の掃除で、多分なら、出費、軽くの、二万円也哉と。
少々、きついねえと。とは云え、ほったらかしにも出来かねて。
での、昨日、違和感解消のため、一寸、削って戴いたの成果、どかとなればの、分かりませんです。分からん程度なら、成果あった。とも云えるですが。元々が微妙でして。
更に、様子見してな仕方が無いなあと。その内、忘れてしまうよなら、結構でして。

ででの、明日は、町内会の草刈りの日でして。
そこから先、母の件での、介護用品の搬入あって。土曜日には、「芋煮会」で、サツマイモ。日曜日には、運動会で。イツも通りの、玉入れと、綱引きに参加。月末、月曜日には、母を迎えにでして。火曜日、母の介護についての、関係者各位との、会議。名称、何の会議か知らんですが。要は、要介護認定されて、介護施設利用とならばの、沢山の方々が関係すると云う事でして。
或る意味、幸せやなあと。

イヤ、複雑な心境なれどです。
そら、介護認定されぬが宜しいですが。されぬは、不自由無いを意味してまして。
過日、瀬戸内寂聴<91歳>がテレビに出てたですが。シャキシャキされてまして。杖に頼らず、歩いておられまして。健啖でして。肉大好きですて。へえと。
こんな具合になら、100歳でも、200歳でもと。呆けてもおられませんし。
只、不自由に成り、介護認定受けたなら、家族がソバに居てませんと、施設利用も難儀でして。


トトトの、それは、それとしてです。
本日にでも、散髪に行っといたら、良かったなあと。
基本、御神輿に参加するなら、相応にと。それまでにも、諸般の行事。会うの約束あるなら、ボサボサの頭、髪の毛も、失礼でして。
髪の毛以外なら、髭剃り、歯磨きもしまして。無茶な恰好せずの、対応してるですが。

まあなあ、草刈りは、帽子被ってやれば良しの。それ以降、介護用品搬入にて、業者が来られるしと。「芋煮会」の面々になら、気も使わんですが。これも、限度あるです。自己評価でも、その限度に達してまして。
大体が、時期中途半端でねえ。散髪も三箇月に一回でええと、してるですが。ソラ、出来れば、相応の時期に、行けば宜しいですが。散髪代が高あてねえ。4500円に消費税。
早々には、行けませんです。ならばの、ホカの安い店にと、成るですが。イツも、そ考えてるですが。馴染みの店を簡単に替えるもなと。結果、延々の、いつもの店にと。


まあなあ、その本日、土曜日も過ぎたが故、どっちにしたって、行くなら、明日、草刈り、朝一番の行事終わってからでして。鋭意決断の、いつもの店にでもと。
ほんまになあ。店替えるも、勇気がいるし、ナカナカに出来ませんです。
別段の、散髪に行った時にしか、マスターには、顔も、合わせへんのにと。

オッとの、での。神戸での話。
「コープ」から、戻れば、昼でして。昼食は、これ又、定番に成った哉の。「マクドナルド」にと。
イヤ、マクドナルドには、良く行ってまして。それ、そのものは、特段にの。ここでの、テーマ、行儀。

そらなあ、赤ちゃん世代は、食べてくれさえしたら、宜しくて。孫君2号辺りでは、食べるに飽きたら、食べ物をば、オモチャにしてしまうですが。これも、アカンと云うたってなあ。分かるの年代で無く。
又、食卓に乗ってしまうよなら、ダメも、ええも、降ろすになるですが。
孫娘、孫君1号の世代なら、その時代は過ぎてまして。今度は、残さずに食べるが課題。

ではあれどの、孫娘世代、微妙でして。来年には、金ぴかの小学一年生。ボチボチの、躾の時代でもあるですが。躾は常に必要の、行儀でして。行儀も、常に必要なれどです。
さての、テーブルに肘付き、喰てまして。ソラ、行儀が悪いは見て一発。
イヤイヤ、その姿勢、態度、見たは、その時だけなれどです。

どするやと、瞬時、迷てねえ。赤ちゃん世代なら、別段にの。最早の、来年には、金ぴかの小学一年生。
何故に迷うか、モ一点あってねえ。正確には、更に、モ一点あるですが。
簡単なるの方なら、孫共の躾について、親が、我が子に対し、どしてるかを、知らんわと。始終、その姿勢で、食事してるでも無く。爺として、ダメと、云うべきか。親に全面的任せるのべきか。
任せるにしたって、親が気が付かぬ場合もあるしで、親を通じて、ダメと、云わせるべき哉と。幸いにして、嫁が気付きの、たしなめたですが。ホと、安堵したですが。嗚呼、良かったなあと。

当世、この手の食べ方してるの大人が多いわと。ええ歳したのが、分かってませんでして。
ソラ、ご幼少の頃より、その親が、それなら、躾られてませんでして。良い、悪い。恰好悪いの判断出来ませんでして。

そらなあ、恰好悪いわと。
テーブルに肘突き。加えての、箸を付き出し、口には、食べ物、入れたままに、顎突き出し、喋ってみやがってみい。
オッとの、マクドナルドで、箸は使わんですが。
如何なるの絶世の美女も、出生<でしょう>、お里が知れるです。頭脳明晰も、社会常識、欠落也と。判断して、間違い無く。

女性だけでは無いの。男が、そんな仕草を、上司の前で、やってみい。余程の縁故無ければ、出世不可。
オッとの、上司もその類なら、大した事の無いの、会社でして。

イヤイヤ、食べ方、態度が全てでは無い。
とは、云うもののです。礼儀作法、行儀、重要でして。どこで、誰が見てるか分からんわと。
そんな意味でなら、お茶、お華の作法、重要でして。決して、お茶の作法、お華の活け方が、では無くの。その心でして。姿、精神でして。云うてるの私、作法知らんけれどや。通てませんでして。

云うたら、食事の際、腕は、出来るだけ、食卓なり、テーブルから、離すと美しく見えるです。肘を突いて食事なんか、トンでも行為でして。
そらなあ、細々云えば、幾らでもあるけれどや。
例えばの、和食では、汁から、一番にと。云うけれどや。その汁、碗をば、左手で、肘付いて持ち。右手も肘突き、箸突き出し、喋り乍らの、顎突き出し、すすてみい。アホかと。
どこどの、不良、下郎、ええべべ着て、化粧でもして、恰好だけ、外面だけの。してるだけ。先の通りの、一発、お里、知れるです。
オッとの、先様が、最低限の躾、行儀を承知してたらの話やでと。

での、アラフォー、独身グループ、はめ外して、こんな調子の、仲間内でやっててみい。ハタから見ても、ンの成る程のと。納得致すわと。
さりとての、余りに、キチン、キチンもなと。適度の常識の範囲で結構哉と。
(13/09/22)


NO.1332 孫君1号、2号の誕生祝いの話(6) 挨拶の話

朝から、町内会の、草刈り<秋の環境衛生行事>に参加。
私の方は、裏手の溝の泥なり、雑草をと。集合場所に参集して、区長挨拶も聞き。しかるべくの、土嚢を探したですが。あらへんでねえ。区長に沢山あったのに、どこに行ったんやろかと、一緒に探しまして。
結果、「埋め立てゴミ専用袋」を見つけまして。それに入れるにしたですが。
イヤイヤ、場合により、土<つち>を廃棄は、ダメとされる場合もありまして。区長と一緒に探す事で、自動的、草とは別なれどの、一緒に廃棄してくれるの了解得たと同意になったですが。

組長には、しかるべくの、溝掃除をするからと、お断り致しまして。ソラ、勝手に自分だけが、共同作業から、外れるも出来ませんでして。筋を通しとかんとと。
本来なら、皆と一緒に我が組周辺の雑草を刈り。終われば、公園の草刈りに合流するですが。どちみちの、組周辺のは、知れてるわの。形式だけでして。過日、9月15日の、大雨<台風18号>に寄り、溝にたまった、土を取る方がと。

にしても、狭い場所でして。当家のブロック塀があるし。裏手宅の、目隠しの波板があってねえ。人一人が何とか、通れるの幅でして。ブロック塀の上に乗り。溝であるの、下に降りねばならぬですが。
年々、辛い思いでねえ。
過年には、息子共がやってくれてたですが。とりあえず、居てへんしと。むしろ、やってくれてたの当時なら、こっちも若かったし、別段の苦にもしてへんかったですが。反対に、独立した後の方が、息子共に手を借りたいの気分なれどの、居てへんのを、思ても仕方無く。

結果、裏手のご主人にも、手助けして戴きまして。無事に掃除とするのか、土を取れたですが。
お陰様で、この作業だけで、汗ダクダク。

公園にも、回りの、相応の作業致しまして。シャワー浴び、着替えしての。さての、散髪にと。
イヤ、予定通りでありましての。高い散髪代と思いつつの、馴染みの店にしたですが。

散髪も無事に終わっての、昼からは、「ブック・オフ」と、「docomoショップ」にと。
「ブック・オフ」は、息子共が置いてるの本、漫画本が主なれどの、その処分でして。変な話、まともな、単行本より、漫画本の方が売れるです。単行本なんか、金<かね>に成らずの、引き取って戴くか、持ち帰るかでして。
持ち帰っても意味無く。置いて来たですが。漫画本、ン十冊かで、660円也の。金にはなったです。これは、孫貯金行きでの、孫娘の、ランドセル基金。

そこが終われば、「docomoショップ」でして。
目的、嫁はんのケータイに、迷惑メール頻繁の。この処、日に何十件も着弾してまして。
迷惑メールなら、任せて頂戴の、基本、パソコンからのを、遮断で済む筈がです。インターネットで調べた通りの、設定するに、画面とするのか、説明と、実際が違てねえ。説明通りの画面に成らんでは、手も足もの。
嫁はんが一箇所のみ、メール・マガジンを登録してるの、「小倉山荘」<おかき屋>のだけは、許可設定の。餅は、餅屋で、やってもらうが一番でして。手数料も掛からんしと。出向きの、案の定の、店の、妙齢の美女、チョイ、チョイの、これで、設定致しましたですの。フウンの、設定法、伝授して戴くを忘れたですが。

イヤ、私のなら、その手のメール着弾ゼロでして。
大体が、ケータイのメール・アドレス知らせてるは、家族、親族だけ。一部、必要に応じの、親友のみの。全部でも、十人も居てるの哉でして。ましてやの、メール・マガジン着弾は、「docomo」のみ。
以外には、一切の登録してませんでして。云うたら、迷惑メールの着弾のしよが無く。

そらなあ、嫁はんも、ケータイのメール・アドレスを知らせてるの範囲、私と、ホボの一緒の、家族、親族のみでして。加えての、メール・マガジン登録、先の通りの、「小倉山荘」一手だけ故、自動的、犯人、どこと云えるですが。少なくとも、ここから、漏れたと断定出来るですが。
まあなあ、ケータイからではありませんでして。パソコンからのを、遮断で済むですの。結果、パタリと止んだです。
ほんまやでの、本日、「docomoショップ」で設定してもらうまで、五月蠅あてねえ。30分、一時間もしたら、着メロでして。その昔、ケータイの電話番号で、メール発信出来ての、着弾してたの、迷惑メール時代と一緒の状況。

私なんか、先の通りの、家族、親族、一部、必要に応じの、親友だけにしか、教えてえへんのに。そもそもがの、その当時、15年の昔には、ケータイのメールなんか、殆ど発信もしてへんのにです。
日に、ン十発、着弾してたですが。長男に、メール・アドレス変更<電話番号から、変更>してもろて以来、ゼロでして。

そもそもが、先の通りの、ここ数年、息子共が結婚して以来、嫁からも、メール着弾の、相応にケータイ・メールも使てるですが。メール・マガジンは、パソコン・メールのみでして。
それも、「Yahoo!メール」の、「セーフティ・アドレス」でして。一見さんには、それでして。時々、ミスって、プロバイダ・メールで返信の、シモタと、思う事、あるですが。


オトトの、そんな話は結構の。
孫共に対するの、行儀、躾については、諸般、遠慮無用哉と。
万事、極度、行き過ぎの、行儀、躾は問題としてです。常識の範疇、常識的、教えてやらんとなと。息子共夫婦の意向斟酌するの必要性無しと、考え出したです。
後は、私共の、行動見て、覚えてくれと。
オッとの、全面的、正解とは云えんまでもです。

イヤイヤ、ほんまやでの、殺人犯が、ご近所で、あの方、挨拶もキチンとしたはるのにと。
そんな話が良くあるけれどの。ほんとに出来てるの哉と。失礼乍らの、その方自身、出来てますかと。我が町内会でも、チャンと、キチンと出来てるの面々、案外に少ないわと。言語明瞭の出来てませんの方、多いわと。それでも、ご当人様、してるのツモリと思うですが。大体は、挨拶なるは、自分から率先垂範せよと。されてからでは、負けでして。
負けと、思てるが、正解也と。

我が家でなら、現在唯今、夫婦二人だけ。10月には、母戻るですが。家の中でも、チャンと挨拶してまして。朝一番、顔合わせたなら、おはようさんと。当たり前でして。出る時には、簡単には、出るしな。
とか、声掛けるも当たり前の、行って、参りますで、行ってらっしゃいも、当然でして。家の中故、家族故と、無言では出てませんでして。帰って来たなら、帰ったしとか。唯今とか、一言、云うてるわと。
これ、常識でして。この習慣付けが大切でして。
オトトの、何で、こんな話に成ったの哉の、話戻さねばならぬなと。
(13/09/23)


NO.1333 孫君1号、2号の誕生祝いの話(7) 安全見ての、一庫経由の話

町内会の回覧版が回って来まして。
件名、「大井神社秋祭り」の、「神輿巡行奉仕員募集について」の件。

イヤ、それは結構なれどの、文言がなあ。気に喰わんでねえ。
第三者には、分からんですが。奉仕を頼まれ、諾とした、我が身の感情的にです。
ソラ、第三者なんか、細々、文面見ずの。見ても、素通りでして。我が身に無関係故でして。当事者たるは、そは成らんです。

文言のどこが、何故に、気に喰わんかとなればの、「なお、地下足袋、股引は、各参加者で準備が必要です。<中略>必要な方はその旨連絡ください。区として、援助を予定しています。」
の最後の、「援助」と、「予定」。


あくまでもの、くれぐれもの、私共、参加予定者の立場からの話での。
云わせて戴ければ、区<町内会>の代表として、参加するのであっての。それをです。
オッとの、私共の考え違いカモ、分からんですが。本来的、諸般、個人負担<準備>すべきなれどの、区から、「援助」する故、申し出よかと。それも、決定では無く、「予定」でして。言葉尻取っての、我が尻めくるならです。
区からの出費、快くで無いなら、出していらんわと。区の人員として、やって戴かんで結構ですと。
イヤイヤ、地下足袋も、股引も、ある故、不要なれどです。ここで、飛び切りの上等でも、出してくれるなら、是非にも、くれと相成るですが。

そもそもがです。
我が期、区長時代、奉仕者各位様には、どれだけ、感謝致したかと。大袈裟で無く、神様、仏様、救いの神様的、存在でして。大体が、例年、T川さん、一人だけでして。その、T川さんから、モっと、メンバー出して欲しいなと。云われた故、それも、そやなあと、必死に町内会、頼みに回ったですが。諾とする方、居てませんでして。

結果、区長経験者であるの役員が、やったろかと。云うてくれやはって、ホと安堵の、まさしくの、救いの神様でして。云わずとも、地下足袋、股引なるは、実費であるは承知されてるですが。そんな話、金の話なんか、微塵たりともの、口にしてませんです。
前提、頭っからの、区の費用での。個人負担なんか、毛頭の、発想ありませんでして。兎に角、区の代表でして。よって、聞いたは、足の文数、障害保険のための、生年月日のみ。


そもそもがの、私の場合、4年前が初参加の。頼みに来たのが、諸般の事情によりの、副区長での、神具関係業者。お手のモノでの、ええのを、準備しとくですと。申しまして。
その次の年には、若手区長なれどの、地下足袋の、「上等」のを、準備致しますと。へえの、嬉しい事をの、有り難く、「上等」戴きまして。以降、それ使てるですが。

ほんまやでの。
それが、二年前の区長からが、変でして。実費なんやけどと。こっちにしたら、モっと、上等のでもが、あればなの。会議所に余ってるのが、あった故と、持って来てくれて。
結果、お返ししたですが。持ってるのと、一緒がためで。且つは、新品かと、思いきやの、箱無しの、中古、お古でねえ。
での、前回、一年前にも、似たよな、話の、持ったはるねえの。無ければ、実費で、実費でと。そやけど、区から、出すしと。あのなあと。

要は、祭礼、神事で、金<かね>、金、カネの。金の話出すかと。区の出費、惜しむかと。

我輩、誰と思うやの。
区長経験してるが故、詳細承知の、基本、神社は、実費でと。してるですが。それを、区が、町内会が、どするかは、区長の考え次第。はっきりとは、我々、奉仕者を、区長がどの程度の位置付けしてるかでして。

正直、正確であるは、重々承知の。実費、実費が、気に喰わんわと。
心配せんでも、区の予算圧迫する程の、世帯数丁度の、100人。その倍、200人もの、参加希望者なんか、逆立ちしても、出て来ませんです。出て来たら、それだけで、神輿の総員、人数、事足りて。
1割の、10人も出たら、奇跡的現象での。我々以外に、1人、2人でも挙手あってみい。上出来でして。4人、5人ともなればの、この町内会も捨てたモンと違うなと。見直すわと。

事程左様の、何回か、参加してましたなら、申し訳無いけれどの、どしても、自分の時。又、各期区長と比較してしまうです。

とは云え、実際問題、祭、神事に参加、ご奉仕も、結構、面白いは事実也。
さもなくばの、一度参加で充分での。二度目、あり得ませんですが。
最低限、健康で、カラダが動きの、参加出来るは意味あるの事でして。病気、怪我、体調悪くの、体力、気力に自信とまでは、申さんの。参加しても良いの、意欲、気持ちあれば、幸い也と、思てまして。
それこその、私の年齢的、後、何年出来るの哉と。出来るの限りはと、思てるは事実。

での、今回、行程14キロとされてましての、良かったなあと。
初回参加の時と、同じでの。以来、参加の度、伸びて、伸びて、昨年、17キロでして。その分、休憩時間、削られてしもての。しんどい、しんどいの。くたばったですが。

とりあえず、この件、機会あれば、区長には、伝えとこかと。
イヤ、参加者、口々、申してるです。受けるの気持ち、一緒やわと。伝え方、難しいけれどや。又、損するけれどや。云うべきは、云うとかんとなと。何と、思われよがです。


でででの、斯くなるでの。
孫君1号の自転車なるは、カタログで、これと、決まり。
来年、金ぴかの一年生の孫娘のランドセルも、カタログにて、これと、決まってねえ。ならばの、それで、注文しといてと。成ったですが。ランドセル、ネットで、注文早いものの、今、注文で、納期、半年先ですて。へえと。安いモノに非ずなれどの、凄い事になってるなと。安いモノで無いが故、凄いの哉と。

そんな事で、後は、帰りの道中、台風18号の影響心配でねえ。
息子がインターネットで、嫁はんは、知人にと。調べたの、聞いたの結果、池田街道の、どこかは、知らんの、山崩れか、土砂崩れにての。程度は分からんですが。無難になら、別ルートでと。

イヤイヤ、これが、従前なら、別ルートをと。云われたってなあ。神戸くんだりから、亀岡なんか、分からんわと。
あっち、どこそこの、どこが、どこかも、見当も付かんわと。
されどの、此度、幸いにして。期せずしての、カー・ナビあるです。不思議なモンでの、心丈夫でねえ。カー・ナビが案内してくれるわと。云うても、全くの、カー・ナビ頼りも、出来ませんでして。
ソラ、迂回、別ルートをと、云われたって、どのルートがあるの哉と。

そこで、嫁はんの知人教えてくれるの、「宝塚」から先、「池田木部」の、「ジャパン」。
通例ならばの、そこの信号の真ん中の道を行くですが。左手にと。そこを真っ直ぐの。しかるべくの、右手に進路取っての、「一庫<ひとくら>」方面に行けば、亀岡にと。フウンと。
イヤイヤ、この情報、大いに、役立ったです。
(13/09/24)


追記

でででの、斯くなるでの、神戸、息子宅からの、帰途なるは、いつものコースを避けまして。
迂回ルートと、するのか、結果的、「池田街道」には、入らず、「能勢街道」をそのまま、行ったに相成りまして。

諸般の情報と、カー・ナビがあったお陰様で、殆ど、迷う事も無くの。
とは、云い過ぎなれどの。コース、間違わず、「湯ノ花」経由で、帰宅出来たです。

イヤ、「湯ノ花」経由とは、聞いてたですが。
「湯ノ花」も、一昨年、四国の義姉夫婦が、京都見物に来た際、泊まったの宿、「すみや亀峰菴」の真ん前通過で、へえと。イヤイヤ、この時点で、やっとで、現在地把握したです。
<参考=「単なる雑談NO.74」NO.1009 義姉夫婦の京都見物(20) すみや亀峰菴に到着の話>

そんな事での、カー・ナビ云々の話、別途の、「みんながパソコン大魔神」掲示板に任せるです。
<参考2=NO.157 <使えるのか?>カー・ナビ<実戦編>

後は、無事に帰宅出来ましたと、だけでして。
強いてなら、我が家、台風18号の影響、被害無く。良かったなあと。
(13/09/25)


NO.1334 母、「ふないの里」退所接近の話(1)

では、延び延びになってたの、母の件をと。
イヤ、「ふないの里」から、電話一発、何事かと。
母に何か、あったか、何か、しでかしたかと、思いつつの、先方様の話拝聴したです。
での、先様、開口一番、母退所より、二、三日後にでも、「亀岡シミズ病院」に通院予定ありますかと。ンと。
ありませんですと。そら、病気、怪我してませんでして。

先様、ならばと、お薬がと。ええ、過日、「亀岡シミズ病院」より、紹介状を書いて戴き、しかるべくの、近在の、町医者で、薬を戴くにしたですがと、返答すればです。
前回、入所の際、「亀岡シミズ病院」に行ってますねえと。ええ、行ってますが。目的、健康診断書作成のためですと。町医者では、作成拒否とするのか、してくれませんでしてと。
返答にて、曰くの、前回は退所で、二、三日後、「亀岡シミズ病院」に行ってますねえと。ハイと。
それは、「ふないの里」に入所以前に、入院してまして。圧迫骨折に寄るですが。入院中、内科、外科にで。退院後も、診察に来いとなってまして。「ふないの里」より、送迎車を出して戴き、月一回、二個月に、三箇月に一回等々、通てたは事実の。されどの、モ、ええのやないかと。実際にも、外科では無罪放免と成りの。内科だけと成ったですが。
退所の際、、「ふないの里」より、退所後、一回は行ってくれと、申し渡されたとするのか、要請あったが故、その一回、通院致しましての、内科についても、モえかなあと。相成って。

なっても、薬は必要での、しかるべくの、紹介状を書いて戴き、町医者で処方して戴く事にと。
理由、そら、「亀岡シミズ病院」で、薬戴くだけで、半日要しまして。町医者なら、十分、二十分の待ちでして。
とかとかの、そこまで詳しくは申してませんですが。

先様曰くの、此度、退所の際、こちらから、準備の薬、二、三日分しか、ありませんのでねと。

嗚呼、成る程の、その件かと。
やっとで、先様用件、理解したですが。最初っから、お薬の件と、前提云うてくれたら、分かり易いのにと。それも、退所の際、二、三日分しか、準備しませんのでと。後は、しかるべくの、我々の方で、手配しなさいよ、とか。
薬は、どするかと、問われたならばの、話、早いですが。
ではと、そのよに、先生<ふないの里の担当医>に紹介状を書いてもろときますと。ハイ、有り難う、御座いますと。

成る程の、先様の担当医に紹介状を書いて戴かんならんかと。
イヤイヤ、そら、入所にて、薬は、「ふないの里」が手配して戴いてまして。その間、私共、町医者に薬を戴きには、行ってませんでして。その間、4箇月。長きに渡る故、又、当人連れての、診察なり、要求されるの可能性あるですが。
それでも、三十分もあれば、終わるです。


事程左様の、話の仕方は難しいねえ。
立ち位置により、異なりまして。当然の、経緯、先様には、伝えてるですが。先様にしたって、沢山の入所者でして。一々、正確には、覚えてられんは承知してるですが。
こっちにしてみたら、突然の電話一発、何事かの、過ぎたるの話を思い出しツツでして。


イヤイヤ、諸般、難しいぞと。
9月6日、先様、「ふないの里」にて、9月の介護計画打ち合わせの際です。
計画なるは、形通りの、従前の延長でして。話の中心、本命、退所の日をイツにするか。時間はと。
申込書で、9月末としてます故、そのままの、9月末の、30日。15時には、オヤツの時間故、16時に迎えに来ますと、伝えまして。

当方の、本命、9月末に退所で、秋の期間、自宅にて。そして、12月より、3月の寒い時期、再び、お世話に成りたくと。「ふないの里」の、担当ケア・マネージャーに伝えたならばの、結構ですよと。
希望通りに空きがあるかは、分かりませんですが。最優先にさせて戴くですと。へえの、有り難う御座いますと。
ついては、「入所申込書」を戴きたいのですがと。申し出たなら、即の、戴きまして。

前回、「健康診断書」と、「こもれび」の、担当ケア・マネージャーの、所信とするのか、書類を書いて戴き、添付書類として、提出したですが。いりますかと。
そら、「こもれび」の、担当ケア・マネージャーに、所信書いて頂戴も、入所中の話でして。見てませんでして。
ならばの、いりませんと。へえの、そですかの、有り難う御座いますと。での、「入所申込書」は、次回、来られた時にでも、提出して戴ければと。ハイと。

そのよに、話、成ったですが。
ここで、ややこしいのは、先の、先様の存在でして。
そもそもが、その日も、その方を尋ねての、面談が、諸般、別途の用件にて、担当ケア・マネージャーと面談したですが。

これが又、話、終わってから、私に話があると。ハイと。
での、内容、先の、退所の話でして。このよに、成りましたねで、ハイと。
次回、12月からのは、ご希望に添えるかは、分かりませんのでねと。ハイと。
早い方が入り易いのなら、それの方が良いのですがと、伝えたならばの、それは、ありませんの、遅くに成るの可能性の方が高いですと。へえと。

での、念のための。「入所申込書」は、どなた様宛にすれば宜しいですかと、問えば、私の方にと。へえの、ハイと。
あちらは、ケア・マネージャーで、私は相談員ですと。ハイと。
イヤ、ケア・マネージャーと、相談員の職務分担、私に分かりませんですが。そのよに、云われたならばの、万事、仰せの通りでして。

更にの、念のためです。添付書類の事も尋ねたならばの、まずは、「入所申込書」を出して戴いてからですて。ハイの、承知の、更なるの、念のためです。
では、早速ですが、明日にでも、持参致しますと、申せば、今、入所中ですのでねと。
イヤ、意味合い分かりませんでして。入所中がどかしたかと、なればの、入所中に、次回の、「入所申込書」の提出、おかしいの意でして。
退所の日で結構ですと。
ハイ、承知致しましたと、余計なる話、一切せず。
(13/09/25)


NO.1335 母、「ふないの里」退所接近の話(2) 生死与奪の権限の話

さて、歩きにも拍車掛かってまして。
ソラ、御神輿に参加決まれば、体力、気力。何より、脚力とするのか、足のスタミナをと。大した距離では無いですが。慣れさせんとなと。
歩くですが。まだ、9月。暑いねえ。朝一番とは申しませんの、気合い入れて、歩いてるですが。汗ダクダク。
結果、朝から、シャワー浴びて、着替えして。風呂では無い故。酒は飲んで無いし。起きてるしで、小原庄助では無いですが。今時、「小原庄助」と記載で、意味、通用するの哉と。

での、時々、遭遇するです。
若夫婦とその娘なんやろねえ。歩道、横一線に並びまして。カカ様、手には、紙パックのジュース。飲み飲み、歩いてまして。
イヤ、困るんやなあ。抜くに、抜けぬの、ダラダラ歩きでねえ。娘、多分なら、中学生哉の。よりによって、この親子三人、やや、大柄、小太り。横幅、一杯。周辺の状況、無関心。
止む無く、車道に出て、追い抜くですが。
それでも、周辺の状況、無関心。天下国家、天下の歩道、我がモノでして。

缶ジュース等々、飲むにしたって、原則、座って飲めと。諸般、座るの場所なければ、最低限、立った状態、片脇にての、余所様の邪魔にならぬの場所でと。捨て場のあるの場所でと。
にしても、歩き乍らの紙パックのジュース哉と。行儀もヘタクレも、あらへんなあと。当世、このスタイル、定常化傾向にあってねえ。世も末、末法の世かと。むしろの、指摘したって、指摘するの方が、変人扱い、気色悪<きしょくわる>がられたり致しまして。

この、9月7日の、アルゼンチンの、ブエノスアイレスにて開催の。オリンピック招致レセプションにての。
滝川クリステル嬢<35歳>の、「お・も・て・な・し」も、前提、気配り、心配りの、ハタ迷惑に成らぬ事の、謙譲の精神あっての事やでと。見せかけ、表面的だけ、その場だけの、言葉だけが先攻ではアカンわと。
意味、中身、理解して頂戴なと。

イヤイヤ、私共、夫婦二人して、歩く時でも、場所にもよるですが。出来る限り、横一線には、歩いてませんです。余所様の通行の邪魔に成るが故の、原則なれどの、縦一列。
云うたら、何やけれどの、走行の自転車には、常に気<き>付けてまして。
真正面から、人が歩いて来たら、道譲るです。


オッとの、それでや。
歩き出してから、足が痛いと云うで無く。アキレス腱辺りが、凝ったよな感してねえ。普通に歩くに、歩き辛<つら>なってねえ。
要は、普段の運動不足、歩き不足のせいなれどです。
この状態をば、早くに脱出、卒業せぬ事には、本番なんか、トンでもでして。鋭意、歩け、歩けと。


でででの、斯くしての。ども、こう云う人、苦手。
こう云う人とは、誰様とは云わんの、話決まってからの、その日になっての。嗚呼、そんな事なら、云うてくれやはったらの。聞いてませんしねえと。スコンと、云われたりの。
聞いてませんと、云われて、ンの、何度も云うてますが。とも、諸般の状況にて、口には出来ませんでして。

イヤイヤ、前回、母退所の日の話でして。
私、直接には、その文言、耳にしてませんですが。嫁はんが聞きまして。退所の日、嫁はんと二人して、母を迎えに行った際の事でして。
口に出来ぬは、又、しかるべくの、お世話になるの可能性充分にあってねえ。云うた、云わんで、もめても、意味が無く。損、こっち。

そらなあ、此度にしても、延長、頼めるなら、頼むですが。
母も、こっちの方が、不自由無くの、気楽でして。家に帰ってみい。行動範囲狭くなるです。トイレも、狭くの、三度、三度の食事も、時間、きっちりとはしてませんでして。我々、専門の介護士で無く。

ディ・サービスに行くにしたって、大騒動。
そらなあ、ベッドから、車椅子に移動させるの一つが大変でして。ディ・サービスの送迎車に乗るに、まずは、玄関に座らせんならんですが。これが、大仕事。当人も、私もでして。
何よりもの、特には、夜のオシッコでして。ナース・コール一発、トイレなれどの。これが、頻繁でして。脱がせたり、履かせたり。当人にしたって、待てん時もあるしなあ。イヤ、ナース・コール、即の、母の処に行ってるですが。
介護施設みたいに、広くは無いしの、多分なら、我が家での方が、数段、何用かと、ソバに行くが早いと思うですが。

イヤイヤ、前回、何度も延長して戴いてまして。感謝してるです。
本来ならばの、三箇月が一応の期間でして。
それを、2012年2月21日入所。年越しての、1月12日まで、入れて戴いてまして。
出来れば、暖かくなってからにと、話、してたですが。いやもお、問答無用状態の、こっちは、一日でも長くにと。思えどの、そんなと、退所の日を、詰められ、詰められ、この日でどですかと、1月12日にされただけ。

これが、母の部屋、四人部屋なれどです。満室状態なら、なれどの、半分空いててねえ。それも、一つは、一週間程度以前よりの。モ一つは、モっと、長くのでして。
とは云え、次に入所の方があるは分かるですが。母の時なんか、連絡あって、入所まで、数日以内やでと。

トトトの、そんな話は結構の。
基本、我々の立場、微妙でして。表面的、金出してるの、顧客でして。
では、あるですが。空きが無ければ、入所不可。空き出来ての、誰様決定されるの哉の。アチラ様でして。

当然の、先様にも、基準あっての、入所者、入所期間の決定なれどです。
生死与奪の権限と、までは申さんの、先様次第、気分次第哉と。
そらなあ、何度でも、申すの、母よりも、先に。又、退所せずの、尚、入所継続されてるの方、沢山居たはりましての。何でやと。何が基準哉と。
脳梗塞等々にての、半身不随の方も居られるですが。基本、要介護認定の、数字によると違うの哉と。我が母、「4」でして。

とは云え、一切の、とやかくの、もめ事したく無く。次回、お世話にならんならんですと。オッとの、ならんならんは、誤植に非ず。
(13/09/26)


NO.1336 母、「ふないの里」退所接近の話(3) 介護用品搬入の話

本日、26日、母の介護用品搬入されまして。
従前と一緒の、ベッド、テーブル、車椅子<上用、下用>、スロープと、トイレの肘掛け。

イヤ、今回より、担当者、替わってまして。先に電話一発、当人より、苗字聞いてるですが。当然の、此度、会うが初。
名刺を戴き、フウンの、所長かと。
イヤイヤ、従前の担当者は元々が、営業所異なるですが。別途の所長になってるの哉と。要は、我が家担当とするのか、「こもれび」担当の営業所、そのものが、替わったの哉と。
そんな話、一言もしてませぬ故、真相不明の。私にしてみたら、今後は、当方にと、云われたら、ハイ、承知とダケでして。
屋号、伏せるの事も無いの、「三笑堂」と、称するです。営業所が、上鳥羽<かみとば>の本社から、大枝<おおえ>に替わったの哉と。そら、上鳥羽は亀岡には遠いわと。

での、来られたは、二人。一人は、従前からの人でして。介護用品を運んで来られてまして。営業担当と一緒に、搬入、組み立てされまして。終われば、ハイ、さいならと。後は、営業担当から提示の書類、受領書なれどの。署名、捺印でして。

モノは、前回と同様でして。取扱法等々承知してまして。先様も、ご存知と思いますのでと。細々なるの、説明省略。当方も、それで、結構でして。
只、云うべきとするのか。当方の予定は予めの説明しとかんとと。
基本、母は、この6月から、9月30日まで、「ふないの里」に入所してまして。10月、11月は、在宅介護と相成って。12月から、来年3月の、4箇月間は、再度の、「ふないの里」入所の予定してるですと。当たり前の、先様の空きによるですがと。

要は、暑い時期、寒い時期は、しかるべくの、「ふないの里」にと。以降、そのサイクルで、行けたなら、理想的でしてと。宜しく、お願い致しますと。ハイ、分かりましたと。
そらなあ、予定は伝えておきませんと、2箇月で、介護用品、又、回収して戴くになりまして。再びの、4箇月後に、搬入でして。

にしても、どなんかなあと。
何の事かとなればの、僅か、2箇月程度のレンタルでは、新品搬入してては、採算合わず。使い回しにしては、新品同様の、綺麗でして。車椅子の車輪には、シールがしてあってねえ。
車椅子だけは、新品なんやろかと、思たりも。されどの、レンタル料金、実費、月500円見当の。介護保険も合わせて、月5000円也でして。2箇月で、1万円ではなと。
車輪のシール程度、簡単にチョイ、チョイと出来るの哉の。さもなくばの、新品では、やってられませんですが。


イヤイヤ、搬入とならばの、こっちの、準備もあってねえ。ソラ、この4箇月の間には、多少の物置部屋とも化してまして。あくまでもの、多少であっての、モノは知れてるですが。扇風機2台を押し入れにと。
その他は、殆ど、母のモノなれどの、しかるべくの、押し入れにと。入れるにモノが一杯での。出したり、入れたりの、整理整頓をと。
掃除したり、余計な小物は、処分したり。

にしても、ベッド一つで、部屋も狭くなるです。よって、私はベッドでは無いですが。そもそもが、嫌いでねえ。
当世、殆どが、ベッドに成ってるですが。所謂の万年床状態に成るが故でして。
従前の布団も、畳まん事には、万年床なれどです。そんな事してたら、病人やでと。昔の人は申してたです。イヤ、毎日、チャンと畳んでるですが。押し入れには、入れんよになったですが。邪魔くさいのと。押し入れ満杯がためでして。

とは申せ、歳喰て、そんな事、出来ぬよに成りの。寝るにしたって、ベッドで無いと、しゃがんだり、起きたりが難しくなれば、ベッド生活に成るの哉と。確かに、ベッドの方が、その辺りの労、取らぬですが。
介護するにも、ベッドの方が楽でして。

イヤイヤ、介護保険制度で、助かるです。一割負担で済むが故で。
これが、実費やってみい。これだけの、用品揃えるは出来ませんでして。揃えるにしたって、出来る限り、安価なモノをと成りまして。
諸般、不要になってみい。処分するが難儀でして。

そんな次第の、母、退所に伴い、慌ただしいてねえ。
こっちも、心の準備体制、整えませんと、この4箇月、楽してまして。但し、これもあって、夜も出来る限り、遅くまで、起きてるにしてるですが。ソラ、いきなりの、夜、2時、3時までの、オシッコのお付き合いにての、待機は、ナカナカに出来ませんです。
その分、睡眠時間、短かあなるですが。睡眠時間、そのものは、短くとも、どて事無いですが。続くとなあと。

それがあるから哉の。以来、こっちの、体力に自信が無くなって来てるのです。
イヤ、「大井神社」の御神輿のため、脚力、足のスタミナをと。訓練に拍車掛かってると、云うてるですが。昨年は、ここまで、追いつめられてませんでして。精々が、歩きを本格的には、10月に入ってからでして。

ソラ、昨年は、母、「ふないの里」で。それ以前は、家に居たものの、オシッコには、自分一人で、行ってまして。寝ずの番、待機してませんです。夜遅くまで起きてるは、度々あったものの、自分の勝手。
2時までは、時たまなら、あったものの、3時までは、起きてませんです。
自分の勝手で、起きてるのと、介護のための、待機では、消耗が違うの哉と。
(13/09/27)


NO.1337 町民運動会の話(1) 手首しくじったの話

イヤ、草臥れたです。
昨日<9月28日>は、「芋煮会」で、サツマイモの収穫。
農園主に横手、庭には、柿の木ありまして。手で取れるの範囲数個取ってねえ。一部は、メンバーに。一部は、手土産にと。オッとの、手土産の先、我が家。
イヤイヤ、メンバーの何人かが、取ってまして。

収穫祭も開催の。サツマイモを収穫したが故の。大体が、それが目的での、バーベキューで、酒宴。
この日、メンバーで、車で来たのは、私だけでねえ。農園主も車で、集合場所、並河駅には来たですが。収穫祭では飲むです故、帰りは、送るは出来ませんでして。メンバーの一人は、ケータイ一発。奥様を迎えに頼みの。私の方は、駅から、農園にも。農園から、駅も二往復。何分の、総勢13名。

まあねえ、並河駅から、農園までは、片道、10分程度。
がしかしの、食材等々、駅近くの、スーパー、「マツモト」で買い求めの。農園にと。只なあ、着火剤があらへん。との事で、又、「コーナン」にと、運転手。

正直、アルコールを飲まずの。ノンアル気分の、缶酎ハイ、二缶飲んだですが。ジュース同然でねえ。イヤ、アルコールは下戸は下戸でも、ノンアルコールでは、バカみたいでして。皆、酒宴で、飲んで、騒ぐとするのか。盛り上がってるのに。一人、酔おてませんでして。一人でも無いですが。別途に、下戸のも居てまして。


イヤなあ、話の、本命、その事で無く。
帰って、収穫の、サツマイモ等々、車から、運び入れ。実は、嫁はんの知り合いより、玄米、30キロを買い求めてまして。
私が帰ってから、嫁はんの軽自動車に積んだ、その米を家に運び入れるの用事があってねえ。

ではと、軽自動車の後部座席の玄米、30キロを持ちの。邪魔に成らぬの場所、階段の踊り場に置くに、少々強引にしたのか。置いてから、左手、手首が痛<いた>なって。
要は、諸般、農作業等々にての。体力、腕力、握力、落ちてたんやねえ。最後、階段の踊り場とする程の広さでもないけれどや。そこぐらいしか、置き場無く。一旦、階段の手前ででも、降ろせばええものをです。そのまま、強行突破、裏目に出てしもて。

手の平を外に曲げるだけでと、するのか、曲げるに痛く。とてもや無いの、座った状態から、手の平で、カラダを支えて、立ち上がるよな、動作出来んよになったです。
イヤイヤ、一時的とするのか。手首に過重な負担を掛けたがためですが。とりあえずは、湿布薬を貼りまして。
一夜明けの。現在唯今、軽くの、24時間以上経たの今。まあなあ、幸いにして、快方に向こてるの状態なれどの。まだまだ、手の平を外向けにするだけでも、痛み走るですが。とてもやないの、手を突いて、立ち上がるには、苦しくて。ではあっても、挑戦するの勇気が出て来てまして。
感覚的、明日には無理でも、一週間も経てばと。元通りの保証は無いですが。可成り、マシになってる哉と。湿布薬貼ってたらなと。


問題はです。
明くるの本日<29日>、町内会の、「町民大運動会」
にての、私め、参加種目、「玉入れ」と、「綱引き」でして。これは、恒例、毎年、この二種目には、挙手とするのか。回覧にて、参加希望種目、記入の際には、署名してるです。その方が埒開いて宜しくて。
役員もその方が手間省けまして。
来るべくの、私が、その手の役する時には、協力せよの、意もあってねえ。する、せぬ、分からんけれどや。過去、以前、その昔には、私も、その役やりまして。大変なる思いしましてねえ。役した方、大抵、されてるですが。

選手に出てくれと、頼むに、二の返事で諾、難しく。下手したら、前日になって、都合悪なったと、辞退されたりねえ。
まあねえ、毎年の選手名簿も、出来の。基本、そちらに頼みに行くになるですが。
そんな事なら、「玉入れ」「綱引き」なんか、その場に居てるの面々、誰でも、頼めば、出てくれるの種目なれどです。運動場、一周、走るの競技であるまいにの。鈍足、俊足無関係。
器用、不器用無関係。年齢、美男美女無関係の、数さえ。人数さえ、揃えば、宜しくて。


いやまあ、斯くしての、本日。当日。
開会式は、遠慮の。ストレッチ体操辺りには、顔出し、参加のツモリが、当年、早く進行してねえ。
イヤ、当然の自転車にて、行ったですが。小学校の裏手。「大井神社」ソバの、空き地が臨時の駐輪場に成ってまして。そこから、まあ、数分、一分、二分で、小学校には到着の。横手、通用口からなれどです。
付けば、ストレッチ体操も終わってまして。オトトの、競技種目。一番手、「玉入れ」参加選手、集まれと。へえと。

ユニホーム、ハチマキなるは、チーム、我が町内会で準備のを、その場で借りて、来て、結ぶになるですが。従前には、選手に役員が配ったですが。回収等々、大変での。そんな形に相成ったですが。こっちも、その方が楽でねえ。その場で借りて。競技終われば、返却でして。

オトトの、大急ぎで、ユニホーム着て。ハチマキ借りて。集合場所にと。行くだけでも。本日、快晴に過ぎてねえ。
集まっても、十分程度、出番待ちの、だけでも、汗ダクダク状態。
そこで、T川さん見つけて、「御神輿」、今年は出えへんみたいやなあと。寂しいなあと。ンの、今回、別途の件あってねえと。二日も会社、休めへんしと。成る程なあと。

トカトカ、世間話してる間にも、競技開始で、まあなあ、何個かは、入れたですが。選手、男女、10名ずつの、20名にての。一人、2個でも入れてみい。40個と成りので。二度やりの。80個なら、優勝なれどです。
そは易々の、事運ばずの。まあ、二度のを合わせて、60個哉と。60個では、精々が、7位、8位哉の。チーム数、12チーム。

いやまあ、この程度の競技では、手首、しくじってても、実害無く。痛くも無く。手首には、湿布薬貼ったままで、参戦。
したですが。
(13/09/30)


NO.1338 町民運動会の話(2) つでに、区長に一言の話

本日、9月30日<月曜日>には、母の、「ふないの里」退所日でして。
この話は、後回しに致しましての。まずは、「町民大運動会」の話。

イヤ、「玉入れ」は、そんな事で、戦績震わずは、毎度の事でして。毎年、出てるの割には、ええ加減。私がです。
続いて、「綱引き」なれどの。過年、後先考えずの、綱に喰らいつき。左腕、肘を、縄で、擦り剥いてしもてねえ。この歳になると、皮膚の修復に年月と、までは、申さんの。月日<つきひ>掛かりまして。傷が癒えるに、数箇月。傷跡消えるに、一年を要した哉と。

よって、以降、喰らいついては、縄持ち、引っ張らんよにはしてるですが。そやなあと。長袖を羽織るべきであったなと。やっとで、気が付き、わざわざ、持参したですが。ジャージの上着をです。
肝心の、集合場所に出るの時、ヒョイと、上着脱ぎの、我が町内会の、テントの一隅に置いて、イザ、出陣。
イヨイヨ、出番の、両軍、相対峙の、ヨーイ、ドンの直前、ハタと。
しもたなあと。上着、置いて来てしもたなの。まあ、ええかと。その、ヨーイの、ドンで、一敗。再度の、場所変更の二度目で、二敗。結果、一度も雪辱出来ずの、連敗にての、予選、第一回線、敗退。

この段階では、左手、手首の云々なんか、綺麗さっぱり、忘却の、我が軍、勝利を目指して、精一杯の、奮戦、天井向いて、ヨイショ、ヨイショの掛け声空しく。
まあ、ええかと。結果、昼の部、出番無くなったなと。
かと云うて、ハイ、さいならと、帰るはせずの、せめてもの、午前の部、終わりまで、居てましょかの。ンの。そおそお、選手には、弁当戴けるのやったなあと。当然の昼の部、終わってからの配付なれどです。
待たんと仕方が無いなあと。

での、組長より、一個、一組。弁当と、缶のお茶なれどの。戴きまして。自転車に乗って、帰宅の。嫁はんと、オカズを別けて、喰たですが。
オッとの、一個を二人で、喰たでは無いです。別途に、相応のご飯も、オカズもあるの上での話やでと。
イヤ、嫁はんが応援にでも、来てるなら。弁当は、選手、応援者となってまして。予め、予約してるですが。応援に来る予定の無い、嫁はんの分まで、頼むの図々しさ、持ってませんでして。その手の方、散見するけれどや。


そんな話は結構の、昼飯喰て、コーヒー飲んだら、昼寝してしもて。ハタと、気が付けば、14時でして。ンの、これは、大変と。
イヤイヤ、我がチーム、午前の部での、町内会、町内会対抗<区対抗>リレーの予選、2位にて、突破しててねえ。決勝戦、観戦、応援してやらんとと。ガバリと起きて、一目散の、自転車疾駆の、駆けつけたなら、ンの、終盤、ボチボチの、アンカーが走るの頃でして。嗚呼、残念無念の、ビリでした。
予選突破だけでも、大したモノなれどです。
イヤ、予選では、6チームで、上位3チームが決戦でして。

とまでは、結構の。来てしもたら、くじ引きがありまして。プログラムには、連番が記してありまして。その片割れを、抽選箱に投入致しまして。それを来賓達が引きまして。番号を読み上げるの式なれどです。

オッとの、それまでには、諸般の競技種目があってねえ。
暑い中、応援でもしてな仕方が無いですが。自チームが出るなら結構の。最早の終盤、余興的の種目のみでして。
そこえ、当期区長が、慰労会の件、18時半から、やりますしと。それまでは、子どもの部らしくの、そのあとでの、18時半より、大人の部として開催らしく。ハイ、承知と。

での、モ一件。
10月16日の件でと。出てくれますかの、確認でして。
我が方、一応、最初の打診の際、諾と云うてるですが。只、一言とするのか、云うておきたい事あってねえ。
過日の、回覧板の文言でして。

正直には、云うべきか、黙っとくべきか、迷てたですが。まあ、ええかと。わだかまりを抱いてるがままよりは、悪い子になっての、云うとこかと。
あのねえと。
過日の、回覧の件やけどと。あの文言、問題やねえと、切り出してしもてねえ。一旦、切り出せば、云うてしまうの方がの。参加希望者募るの件での、地下足袋、股引については、「援助を予定してる」の一文、一寸なと。言語明瞭の、我々、参加者からしたなら、気分悪しと。

「援助」で、「予定」は、区長の姿勢が伺えると。
但し、今期の問題に非ずの、前々期よりでして。その以前、二期とは、段違いになってるですと。
そもそもがの、私が初参加の、4年前には、O本さん<副区長>が、打診に来たですが。当然の如くの、地下足袋、股引、準備すると。
二度目の時には、上等の、地下足袋出すと。嬉しい事、云うたは、歴代、一番に若手区長でして。

ども、可笑しくなったは、それ以降でして。経費節減の問題があるやもしれんの、個人持ち、個人持ちの話がまずは全面に出てまして。余ったのが、会議所にあると。へえと。そんな話に成るの哉の。
前期も、同様の。金銭の話出るでは、モ結構と。
今期も、そんな話故、この町内会、どしたの哉と。

イヤ、我々、ご当地に生まれ、育ってたなら、「大井神社」に思い入れもあるですが。小学校も、ご当地ではありませんでして。
地の方が、御神輿のご奉仕に出ると、我々では、格段の差があるのではと。

イヤイヤ、誤解無きよにの、御神輿にご奉仕は、良い事と思うが故に、参加させて戴いてるですが。それなりに、楽しくやってるですがと。
以上、そのままの話をしたか、定かに覚えてえへんけれどや。
云うたら、この三期の区長、私共と同年代でして。尚更に、変やなあと。最初のO本さんは、若干若いですが。先の通りの、その次の区長なるは、歴代、一番の若手でして。ここが、一番にスカリの、気分良くさせてくれたのにです。
我が期にしたって、金銭の話、チラとも、出してませんです。当たり前に、区の予算前提。只々、出て戴けるだけで、感謝、感謝の有り難く。

もしかしての、そのO本さんの期より、相応に参加者の人数増えたが原因哉と。それ以前は、T川さん、一人だけでして。
我が期にしたって、方々、頼みに回りの、蹴られ、蹴られて、役員<区長経験者>が、出てやると、云うてくれて、本当に、本当に、救われたですが。

とか云うたら、区長曰くに、それ以外に、某さんが出たりと。ンの、それは、町内会からでは無く、別途の団体からではと。云い出せば、消防分団からも出てまして。それは、町内会代表とするのか、割り当てで、出てるので無く。
イヤ、町内会に対し、希望的なれどの、ン名出せと要請されるですが。

私も区長経験してるが故、その辺りの内実承知してるですが。それまでを、町内会の人員と考えるなら、気も楽なれどです。
成る程の、そこまで、含めての、町内会から出てるの解釈かと。間違いでは無いですが。一寸なと。
その面々の、地下足袋、股引は、そっちの団体が面倒見るですが。実費かどかは、知らんですが。

只、U原君<40代>が、今期、町内会から、出る事になってねえ。彼は、O本さん時代の役員でして。その時、頼まれ、参加したですが。満更でも無いが故、従前より、区長には、是非共、声掛けてくれと、頼んだですが。声掛けてくれずが、今回、声掛けてくれて。
その事については、感謝すると。
さもなくばの、我々なんか、イツまで、参加出来るやと。
(13/10/01)


NO.1339 町民運動会の話(3) 慰労会の話

事程左様の、実際に参加の、T川さんの話。
気持ち、重視か、名簿で、行くかと。
名簿とは、形でして。参加するにしたって、気の合う面々なら、ええけれどや。合わんのと一緒では、面白くも何ともあらへんしと。
どっちにしたって、従前、参加してくれるの方、居てへんでねえ。区長が走り回って、一人でも、二人でもが、出てくれるの状況なら、宜しいですが。まあ、無いなあ。

結果、当期、役員から、出すがやっとの事でして。我が期も、そであったですが。
その辺り、一寸、触れたら、役員を出すは、苦しいと。
意味なるは、町内会の、子供神輿がありまして。子どもが操れるの神輿なら、なれどの、大人が担がねばならぬの、上等に過ぎてねえ。最低でも、担ぎ手、6人いるです。
イヤ、余所の町内会のは、子どもが操れるです。大人が支援も、二人で、充分なるの、神輿でして。我が方、将来的、どするのかと、危惧してるですが。

云うたら、我が期も、諸般、人数ギリギリでして。肝心の、副区長も、会計も子供神輿に参加が出来ず。役員も、高齢の女性が何人か居てまして。そこから、神社の、「御神輿」に、人数削くは、ソラ、苦しいわと。
苦しいけれどの、出してまして。

イヤイヤ、区長より、あさりと、そ云われたら、正直、成る程の、重きに見てもろてえへんなあと。
考えよの問題なれどです。神社のは、相応の人数参加しまして。百人、百五十、二百には、成らぬですが。一人、二人、減ってもどて事無いですが。町内会のは、忽ちにして、困るです。
結果的、我が期、子供神輿には、子どもの親が、一人自主参加してくれての、助かったです。重々記憶の感謝、感謝でして。

まあなあ、神社の神輿のは、町内会の恰好付けとも云えるですが。四名出せ。五名出せで、一名ではなの、恰好付かんです。恰好付かんでも、人が居てへんなら、仕方が無いの、罰則もありませんです。
万事、気持ちや、気持ちの世界故。

そんな事で、前例、話をしての。区長より、苦しいとの応答あれば、ここまででして。
話的、嗚呼、そんな手もあるのか。歴代、よお、やったはるねえと。とでも、云うて戴ければなと。どっちにしたって、今期、町内会より、三名でして。恰好なら、付いてるです。
ソラ、同じに出るなら、気分良く、出たいしなあ。別段に、持ち上げて戴く程の事は無いけれどや。普通で結構哉と。


そんな次第の、運動会の、慰労会には、参加させて戴くですと。ソラ、それこその、区長直々のお誘いでして。有り難くの。
組長も、現れ、18時半から、慰労会やしなと。ハイ、承知と。
既に、T川さん、S田さん、U原君には、その話もしてるです。参加するのか。しよかと。しても、私共、大して飲めませんですが。まあ、賑わしでと。いつも、賑わしなれどです。
そらなあ、若手が圧倒的多数で、古手、我々世代の参加、我々程度でして。

での、くじ引きも、当たらずの。オッとの、町内会の誰様かは、知らんの、方が一等の自転車が当たったですが。大したモンやねえ。羨ましいねえと。これが、終われば、居てるの必要無く。自転車で、疾駆の、自宅に戻りの、早速にも、シャワー浴びて、着替えして。
イヤ、慰労会参加のためでして。
まさかの、汗ダクの。ジャージー姿で、参加は出来ず。

予定の18時半頃、会議所前に着けば、モ、入ってくださいねえと。役員から、促されの、入れば、早<はや>、T川さん、着席してましての、へえと。そこには、前期区長夫妻も陣取ってましての。フウンと。
イヤ、良い事です。
この辺りは、今期区長、前期の先輩区長を立ててるの哉と。哉では無く、立ててるです。立派でして。
私の時には、前期も、前々期の区長も、役員でして。立てるも、立てんもあらへんですが。むしろの、良く、助けて戴き、感謝、感謝でして。

反対には、我が次期区長の時には、完全無視されたですが。ホンマやでと。
むしろの、副区長から、使いっ走りにされたりでして。まあなあ、年上なれどです。云い方もあるやろと。私なら、使いっ走りにされても、云われ方次第で、どて事無いけれどや。
はっきりとは、親しくもあらへんのにと。顔さえ、ン十年で、何回見たかの話でして。町内会行事にさえ、何度、顔出したの哉と。先様がです。

自慢や無いけれどの、私なんぞ、出られるの限り、行事に参加してるでと。運動会の慰労会までと、なれば、年々、知らぬ方、増え出しの、次第に足遠退いたですが。区長して以来、参加してくれたら、嬉しいが解りの、参加し出したですが。
そらなあ、折角の催しも、参加して戴いての値打ちでして。席が足らずの、どしょかと。成る方が嬉しいわと。お陰様で、我が期、盛況でして。大いに満足の。以降、賑わしでと。

これも、区長の姿勢次第でして。
そんな目で、見てたら、又、面白いわの。以降、まあ、普通哉と。盛況でも無く。不況でも無く。とか云うて、一番に閑散な期、誰の時かは、申せませんですが。

での、ででのです。
S田さんも来て。U原君も、来て。小Kさんも、参加での。話簡単、U原君、年寄り組とは、申せませんが。役員以外の、古手。従前から、居てるの面々、前期区長夫妻を除外ならです。一人は、我が組の人での、後は、神輿参加者だけでして。
小Kさんは、神輿に参加致しませんですが。別途の役してまして。交通安全委員として、交通整理とするのか、番をするです。
イヤ、四年前、三年前の二回、一緒に神輿参加してるです。
事程左様の、このメンバー、仲間意識ありまして。さもなくばの、慰労会にも出て来ませんです。私なんか、T川さんも、大して飲めへんのにと。後の面々ならばの、適当に飲めるですが。
(13/10/02)


NO.1340 町民運動会の話(4) 当日問題点解決の話

いやなあ、良かったです。
母退所で、所謂の在宅介護に突入してるですが。
在宅も、ディ・サービス、ショート・スティを併用するですが。とりあえずは、9月30日、母退所。10月1日に、ディ・サービスの、「こもれび」のケア・マネージャーを中心に、我が家にて、母を囲みの、面談あったです。

参加者、当然の、主人公母。保護者の私と、ケア・マネージャー。「こもれび」での、ディ・サービス担当者と、ショート・スティの、「けやき」担当者の、計5名。
前回は、リハビリ・センターとするのか、正式名称、「介護老人保険施設」の、「ふないの里」にて、「ふないの里」の、相談員、介護員、リハビリ担当者、介護用品業者までが参加の面談があったですが。

この面談の正式名称、「サービス担当者会議」と称するです。
本来なら、入所中、「ふないの里」で開催する予定が、日程合わず。退所してからに成りの、我が家にてで。「ふないの里」の方は参加せず。介護用品業者も、諸般で、参加が出来ずで、先のメンバーと相成ったですが。

イヤ、正直、よお、分からんです。
退所しても、「ふないの里」の方が参加と思てたですが。参加は結構の、我が家、母の部屋にそんな大人数入れるのかと、危惧してたですが。実際には、三名様が来られただけでして。
当然の、事前に確認してるですが。主催者であるの、「こもれび」のケア・マネージャーも何人来られるか、知りませんと。

まあなあ、狭いなりに、相応にと、考えてたですが。
私の方は、二度目でして。内容も概ね分かってまして。会議の中身よりは、当面の課題。
での、10月度のショート・スティは、16日から、11月1日までと、成ってまして。要は、退所より、半月は、我が家中心と成るですが。
実は、16日<水曜日>には、「大井神社」の、「秋祭り」でして。この日からの、ショート・スティでは、一寸、困るなと。

私、朝から、御神輿に参加で、神社に行かねばならず。
その16日の朝に、「けやき」からの送迎車来るに、母を玄関先に座らせたりが、嫁はんでは難しく。そら、母を抱えませんとと。その他、チカラ仕事もあってねえ。玄関の、階段を車椅子では、無理がため、スロープを設置せねばならず。コレ又、スロープは案外に重たいです。

まあなあ、イザとなればの、「けやき」の送迎者、中年男性でして。スロープ程度の持ち運びなら、頼めば、やってくれると、思うですが。母を玄関先に座らせるのチカラ技は、出来るにしても、危険でして。
万が一の、手が滑りでもしての。バランス崩しの。母転かしてみい。怪我程度で済まずの、骨折でもさせたらと。年齢的、90歳での、致命傷にて、先様、責任取れませんでして。

私が送迎担当者でも、嫌やでと。責任問わずの、誓約書でも書いて戴き、署名、捺印して戴きませんとと。その上でも、絶対に大丈夫とは、云い切れず。手が滑りの、バランス崩しの、転けさせ、骨折でもさせて。誓約書ある故、責任無しと、逃げるもなと。実質的、責任、問われずとも、自責の念で、以降、夜も寝られず、終生、苦しむになるです。

オッとの、そんな難しい話は止めにしての。
斯くなる次第での、16日は、祭礼の日でしてと。
当日、早くに来て戴くか。我が方から、「けやき」に連れて行くかの。理想的になら、前日にでも、母を受入して戴けるならと。「けやき」担当者に要請致しまして。
そら、当日の朝、バタバタしとは、ありませんでして。前日にでも、決着付けてる方が、気も楽でして。
結果、後刻、前日、15日、15時半からの受入なら可能也。との、返事戴きの、ホと安堵。
イヤ、ほんとに助かったです。


事程左様の、祭礼に参加、奉仕は結構の。
誰様にしったて、日程等々、調整なりの、したはるです。ましてやの、朝一番より、丸の一日仕事でして。
出てくれるかの、二の返事で、ハイ、承知も、中身、色々あるですと。変な話、従前、母、入院中であったり。昨年なら、「ふないの里」に入所してまして。母の件なら、考えずに済んだけれどや。

我々、この年齢にての。
完走とするのか。ハタ迷惑にならぬよに。無事に帰還出来るよにと。カラダも動かし、歩きに慣れるの努力も致しませんとと。まだまだ、この暑いのに、歩きに出てるわと。
オッとの、運動するは、自身の健康のためにも、良い事での。祭礼無関係に、せねばならぬの事、なれどです。
風邪も引かぬよに。諸般、痛い処でもあれば、医者に診て戴いとくとかも、考えねばならぬの。又、余計な話の、散髪なら、してるけれどや。

オッとの、での、何の話かの。
「慰労会」での話。
イヤ、イツであったか、S田さん、私と嫁はんとで、歩きに出てた時でして。出先で、バッタリの、神輿の話の。出るのか、出るでと。T川さんは、出えへんみたいやなあの。立ち話をしたですが。
その際、某さんにも、声掛けとくわと。

聞いて、正直、高確率にて、体良く、断られるは予測してたですが。
後刻、云いに行ったですて。へえと。何とか、何とかでの、あかんみたいやと。フウンの、そかと、だけの話しかしてませんですが。
前回も、前々回も、声掛けては、断られてるのにと。斯く申すの、私も、その当時、区長時代、声掛けたですが。断られてまして。

S田さんに云わせれば、声さえ掛けたら、出てくれる人、多いでと。
私から、云わせれば、S田さんや、私みたいなのは、極の少数派であると。自分と一緒にしてたら、大間違いの。それは、区長時代、嫌と云う程、体験してまして。そは、易々の、受けてくれるの人なんか、居たはりませんです。

そらなあ、頼み事が、一時間や、二時間の。超の簡単に済むの事なら、でして。それが、神輿と一緒に、大井町、一周。朝から、夕方まで、掛かるよな話、そかと、受けてくれるモンかと。
とは、思えどの。声掛けるは、結構でして。100%、ダメとも云えませんでして。
云うたら、子ども神輿の、我が町内会だけの巡回なら、まだしもでして。ソレでも、ナカナカの参加、ありませんです。現実、そんなモンでして。

まあ云うたら、我々が気が良過ぎるとするのか。人が良過ぎるの哉と。
まあなあ、確かに、一度出たら、大変は大変も、相応に面白いです。実際に神輿を担ぐで無いですが。神に近づき、身近に感ずるは出来てまして。
大井町を練り歩きの、神社に無事帰還で、嗚呼、良かったなと、充実感覚えるです。
(13/10/03)



inserted by FC2 system