<続>孫共の話NO.2


<続>孫共の話NO.1

爺・孫娘NO.1 爺・孫娘NO.2 爺・孫娘NO.3 爺・孫娘NO.4
孫共の話NO.1 孫共の話NO.2 孫共の話NO.3 孫共の話NO.4

孫娘NO.3 親父、爺NO.16
ハデブスNO.12 孫娘の話NO.11
題目一覧表

目次

<続>孫共の話NO.3

NO.20 孫君3号の誕生会の話(4) ハッピー・バースディの話

NO.19 孫君3号の誕生会の話(3) 「牙」「無敵のハンター」の話

NO.18 孫君3号の誕生会の話(2) 「きば」の話

NO.17 孫君3号の誕生会の話(1) 喋る、喋るの話

NO.16 孫君3号の運動会の話(16) 「花雷」の、讃岐うどんの話

NO.15 孫君3号の運動会の話(15) 親子の競技に出るの話

NO.14 孫君3号の運動会の話(14) 小休止で、タバコ吸いにの、コンビニえの話

NO.13 孫君3号の運動会の話(13) 次男のその当時と、重なるの話

NO.12 孫君3号の運動会の話(12) 孫君3号、目で、親を捜してるの話

NO.11 孫君3号の運動会の話(11) 場所取り戦争の話

<続>孫共の話NO.1


NO.11 孫君3号の運動会の話(11) 場所取り戦争の話

想い出したです。
何を。初めて、「長岡京駅」に下車とするのか、行ったのをです。
矢っ張り、孫娘の誕生でして。
長男が、そっち、産院に居てるし、駅まで来てくれと。
帰りも、長男、産院で、その部屋で、泊まる故と、車で、駅まで送ってくれたなと。駅の周辺探しの、夕食をと。飲み屋みたいな店しか、開いてえへんでねえ。そこで、飯喰たなあと。

二度目は、「芋煮会」で、サントリー大山崎工場見学のためでして。
その2度だけでして。駅はなと。
勿論の事、次男家、家探すに、付き合いまして。何軒か、見学と、するのか、見に行ったですが。当然の、決めるの時、契約の時にも、行ってるし。そっちに、引っ越してからも、度々の、出向いてるですが。
駅は、2度だけ哉と。
オッとの、マンションから、歩いてなら、コレ又、一度だけ、駅の方に行ってるですが。駐輪場を物色にかなあと。駅のスーパー・マーケットにも、その時、入ったなあと。

そらなあ、ソレ以前にも、一度か、二度、長岡京には、出向いてるです。「長岡天神」には、記憶あるです。
記憶あるだけで、イツの話かは、定かに非ずの、そもそもがの、そっち方面に、用事あらへんわと。

ンの、何の話、してるの哉の。
とりあえずは、向日市も、長岡京市も、大して知らんわと。

只なあ、当方、天性の、方向音痴とは云えどの、本格的には、歳喰てからでして。
その昔の、若い頃なら、地図帳だけで、ええ加減なるの、道路標識、案内板頼りに、方々、行ってたです。案内板も、当世の如くに親切ではあらへんでと。
それこその、会社の用事でも、個人的にも、生涯、一度だけの先に行きの、帰りの、してたわと。
振り返って、自分でも、ビクリするです。

そらなあ、その当時、ン十年昔の、若いの頃なら、一発、道覚えたになるです。
嫁はんの里に行くも、その都度、毎回、コース変更してたなと。同じの道では、面白無いと。勇気もあったんやと。
オッとの、高速道路なんか、充実してへんでと。近畿道なんか、高松道も、建設途上でねえ。瀬戸大橋もあらへんの時代の話やわと。

むしろの、出来てからが、分からんよになったです。
通るの道が違うになるわと。景観、異なるわと。インター・チェンジでは、道が、グルグル、回らさせられるし、方向感覚失おてもて。果たしての、どっち向いて、走ってるの怪状態に相成って。太陽のあるの、方向見たら、分かるけどや。
そんな習慣あらへんわと。

それでや、孫君3号の、運動会の話。
マンションから、歩いて、10分、15分哉の場所でして。
次男の先導、案内で、行ったですが。歩いてなと。ソラ、保育園に、駐車場なんか、あらへんわと。
どこを、どんな具合にか、モ一遍、自分で、行けと、なればの、迷子になるなあと。

迷子ねえ。度々の経験してるなと。
東京、品川であったなと。品川には、ロームの東京営業所があってねえ。
時々、来て頂戴と、営業担当者からの要請受けて、東京方面に出向くですが。大体は、営業所に寄らず、最寄りの駅、品川駅なり、それ以外の駅で、待ち合わせの、営業車で、迎えに来て、一緒に、先様、会社えと、向かうですが。

営業所も、全くの知らんでは無いの、概ねの場所なら承知してての、兎に角、山手の方でして。当時はなと。
での、一度、寄って頂戴の話で、歩いて行ったですが。タクシーに乗るの程でもあらへんわの、距離故でして。
ででの、営業所なるは、山手、上の方にあるの筈が、道中、途中から、下り坂でねえ。ンと。イヤ、迷子になったんやと。
大通りに出たし、公衆電話探して。この当時に、ケータイなんか、あらへんわと。
電話一発、現在地、分からんよになったんやと。真っ直ぐ、行った筈が、山、降りてもての、大通りなんやけどと。申すに、何か、目印になる建物なり、ありませんか。イヤなあ、あらへんなあと。高架なら、そこ、目の前にあるけどと。
ハイ、分かりましたですと、そこ動くな、迎えに行きますと。ハイ、承知と。
余裕、充分、あったの筈が、忽ちにして、限度一杯になてもたわと。さもなくばの、歩いてなんか、行かへんですが。一度も行った事の無いの営業所やしと。

いやなあ、実は、営業担当も、出向くの会社も、大抵なら、一度だけが多く。
そらなあ、そは度々の、当方、出向かんならんよな、クレームなりはあらへんわと。あっても、松下系、東芝、三菱系等々、数知れてるわと。
よて、営業担当者、数多く接してるですが。名前なんか、殆ど、覚えてえへんでねえ。あちは、よお、来て戴きましてと、覚えてくれてるですが。


オトトの、迷子の話から、脱線してもたですが。
保育園、結構、立派、大きな建屋で、二階建てでねえ。へえと。
ンの、されどの、イツか、見た事、あるの光景でして。雰囲気でして。
理由簡単の、イツであったか、お盆の時期か、母の五逮夜か。はたまたの、それ以前の、5月の連休の時、やったの哉の、嫁が、ビデオ見せてくれて。孫君3号の、昨年の、運動会の模様をねえ。多分ならなと。
イヤ、正直には、ビデオの中身、注視してたは、孫君3号の様子だけ。園の、外観映ってたし、運動会のと、思うですが。
事程左様の、最近、記憶曖昧。歳やなと。

そんな事で、この時、見た、ビデオの孫君3号、勝手な動き、好き勝手ばっかりしてやがての。皆と、動作、行動、合わせえへんでねえ。ヒヤ、冷やし乍らの見たですが。
まあなあ、その当時、こちが、云う事、概ね、分かってても、日本語、喋るが出来てませんでして。
まあ云うたら、先生、友達の云うてる事なんかも、概ねしか、分かってえへんやろと。
モ一発、云うたら、皆が、そんな状態なんやろと。ソラなあ、当時なら、2歳やでと。昨年の運動会なら、2歳にも、なるの前での。そのクラス全員がそんな歳なんやと。
概ね分かるも、難しいの話、分かる訳あらへんわと。

トトトの、それでや。
話、前後するの、保育園には、到着したですが。門から入って、中央の、運動場の周辺、向こうの方、建屋の方には、園児。門の方には、保護者、両親なり、爺婆で一杯でねえ。
嫁どこなんやと。こんなに沢山では、分からんぞと、奥の方と、するのか、先の方に歩いて行けば、こっちですと。
ンと、聞いた事あるの声での、後ろ、振り返れば、嫁でねえ。

へえの、我々、来たがよお、分かったなあと。
そらもお、数、数えてなんか、してへんけどや。ザとで、200人の見物人、参観者とするのか、大人が居てての。
いくら、立派な建屋、二階建てと、とは、申せどの、保育園やでと。そんなには、広い敷地で無くの、そこに、沢山の見物人で、後ろの方の方、立ってるし。見通し悪くの、見過ごすわの。
これでは、嫁探すも大変ぞと、思てたの時でして。

嗚呼、よお、分かったなあと。
嫁が、我々3人、来たがです。
での、行き過ぎでの、こっちと、案内されたの場所、門の方に、少々戻りの、結果的、ええ場所でねえ。

いやなあの、この日、快晴。そんな中、運動場で、炎天下で、保つの怪と、心配したですが。
当初、日陰多少での、時間と共にの、太陽がと、思てたら、上手い具合に、木陰になって。へえと。
コレ、嫁の選択での、流石やなと。
そこまで、計算して、場所取れた、でも無いみたいなれどです。着いた時には、前の方、占領されてたですて。
当世、凄いなと。親、爺婆の場所取り戦争がや。
(15/10/22)


NO.12 孫君3号の運動会の話(12) 孫君3号、目で、親を捜してるの話

何ちゅうの。
正門、入って、左手から、L字方で、真向かいに校舎、とは、云わへんねえ。保育園故、二階建て園舎。イヤ、立派やねえ。少々、古い建屋なれどです。
二階建ての保育園なるは、知らんなと。

その園舎を背に、園児が、でして。中央、運動場にも、園児が競技と、云うのか、メニューに添って、色々やってまして。その手前に、保護者でして。
どちが多いか、軽くの、保護者と思うですが。倍程での。
あっち、主役の園児、何人居てるのやろねえ。保護者数、倍と、見た故、100名かなあと。

100名の園児、多いか、少ないかは、分からんですが。
ソラ、保育園の規模様々での。されどの、二階建てやしなと。とは云え、保育園やしなと。運動場も、一周で、50メートル程度なんやろかと。要は、そんなに大きな運動場ではあらへんですが。保育園なら、コレで、充分やと。

それでや、嫁確保の、見物席。
ビニール・シートの席でして。座るの気なら、4人、座れるですが。
結果的、当方、遠慮せずの、ドンと、胡座描いて、座らせてもろたですが。嫁はん、嫁も、シートに座ったですが。次男、後ろで、半腰とするのか、中途半端な座りしてたですが。
まあ、当人に任せとけと。

嫁なら、席から、ビデオ撮影してたですが。
ンの、孫君3号、一発、分かったわと。丁度、真正面でして。正確には、やや、左手の方、なれどです。
カラ、デカいの分、目立つんやなと。

いやなあ、当初、こっち方面、方角、見てるよに、思えた故、親が、来てるの、分かってるなと、思たですが。目線会わんし、こっちの方、顔向けても、ニコともせぬ故、嗚呼、マダ、発見してへんのやなと。
こっちの方云うたって、爺婆では、遠目で、分からんでもの、母親、父親なら、見て、見たら、見つけたら、分かるやろにと。

親が来てるが、分かってる子は、客席と、云うのか、保護者席に向かいの、やあやあとか、合図送っててねえ。
親も、相応に声掛けたりで、保育園やなあと。

イヤ、これはねえ、保育園の、催しはねえ。
園児のためは、当然としてもの、むしろの、保護者を標的と、するの表現、云い過ぎも、対象やなと。
お子さん、こんな具合に、出来るよ、頑張ってるよと。その分、園児の出番も何種かあって。どちかとなればの、保育士の方々、大変でして。メニューに合わせた、道具を配置したり、片付けたり。
決められたのコースに園児、動かんし。動かんかったら、誘導しなあかんしなあ。

オッとの、での。
孫君3号、動作ゆっくりも、親探してるの表情、目の動きでねえ。探しては、居てへんなあと。では無い怪と。
親なら、爺婆も、ホボの真正面に鎮座で、居てるですが。残念乍らの、我々の前には、何組もの、観客居てて。何組もと、云うたって、2組なれどの、要は、最前列ではあらへんし。余所様に隠れてもての、あっちからは、見難いのやろなあと。
ことからなら、しかりと、見えてるですが。

オトトの、それでや、ハタと。
とするのか、次男の七五三の時の事、フと、想い出し。
実は、次男の誕生日、この日。10月の3日でして。
とするのか、とするのかの、この時期、七五三の季節やしなと。そ云うたら、孫君3号、本日<10月22日>が誕生日やなと。嫁なら、11月の中旬、18日やけどです。
ンの、この一家、似たよな日に集中してるんやなと。今更乍らの、ハタと。

よ考えたら、結婚式、11月の20日やったんやと。
嫁、ン十ン歳の、誕生日直前やったんやなと。そらなあ、諸般、1歳でも、若い日の方がと。デハ、無い怪なと。とは、当方、勝手にハタと。ソラ、女の子やしと。
男なんか、そんな事、全然の、気にも、気もしやへんのけどや。

話、チョと逸れるの、当方、還暦迎えるは、少々、抵抗あったなと。
それ、以前の、大代突入、気にならんかったですが。ここから先、更に、十歳、十歳、加算の、突入なるは、益々の、抵抗あるやろなあと。
云うてるは、そらなあ、70代は、ど考えたって、高齢者。75歳なら、後期高齢者なんやでと。この呼称、気にいらんですが。
寿命なんか、どでも結構。とは、思てるは事実も、それと、年齢重ねの、大台突破、突入なるは、気分的、不愉快でして。

寿命、どでもも、その分、残余の寿命、着実に、少ななってるも、事実での。
80代、90代で、あの人、元気やなも、その年齢考慮の、考えタラの話やんかいさと。この、園児等と、100メートル競走、真剣勝負してみい。多分なら、イヤ、必ずや、負けるぞと。
そもそもが、息が、足が、付いてけへんわと。
こいつ等、転けたって、擦り傷、するやろかの、柔軟性での、高齢者が転けてみい。命に関わるわの、骨折怪で無くの、也でして。

いやなあ、ハタとは、この事で無いわと。
長男の、次男の、七五三の頃を、ハタと。七五三も、三歳のや。

長男の時には、「平安神宮」にてで。
次男のは、亀岡の、「鍬山神社」にて、執り行おて戴いたですが。
特には、次男の時の事をと。何故にと、なればの、次男、10月生まれ。三歳になったばかりの、七五三。長男なら、7月11日が誕生日での。七五三までに、少々時間あったなと。
この歳での、数箇月なるは、大きいわと。

以降は、一緒に、七五三をしたの哉の。
とりあえず、次男、タタの1人で、神殿にと。オッとの、七五三して戴くは、次男だけとは、違うの、他にも、数人居たけどや。ソレ以外の、お祓いもあるやろしと。
当方、記憶でなら、一番に歳、低かったのではと。云うたら、三歳、次男だけで、他は、五歳なり、七歳やったん哉と。それと、ソレ以外の何かしらのと。

ででや、次男、不安顔で、我々、親を目で捜してたです。と、見えてたです。我々にはなと。
多分なら、親なりは、神殿外、柵越しに待機での。一緒と違うの儀式、お祓いでして。この、「鍬山神社」ではなと。
イヤイヤ、他の神社、承知の範囲、保護者、家族も一緒に神殿に入るですが。ここは、違うかったんやと。

オッとの、当然の、家族全員で、行ってるです。
母も一緒やし、5人でして。当人神殿故、4人なれどです。それでも、大勢の観客でねえ。観客と、するのか、保護者連中、家族連中がや。
よて、見つけられへんかったんやと。
次男が、我々をや。
(15/10/23)


NO.13 孫君3号の運動会の話(13) 次男のその当時と、重なるの話

又、話逸れるですが。
唯今、Let'sNote<CF-Y7>の、<Windows10>化に凝ってまして。
とするのか、挑戦してまして。

いやなあ、コレ、2007年6月に購入のノート・パソコンでして。
2007年となればの、孫娘誕生の年で、6月は、誕生月。
オッとの、それで、買おたで無いの、単純に、従前のパソコンが壊れただけでして。正確には、壊れてた、になるですが。
コレ、本来、<WindowsVista>なれどの、最初っから、<Xp>にダウン・グレードしてもろててねえ。理由簡単の、<Vista>の評判悪いからで。多分なら、当時、<Vista>の、<Xp>えの、ダウン・グレードの第一発目哉と。

云うたら、先駆的、記念すべきの、パソコンでして。
イヤ、以降、流行ったとするのか、どこのメーカーも、ダウン・グレードするで、売り出したです。
の事、以上は、ここでは、解説しやへんけどや。
ンの、最早の、こんな話、珍しくもあらへんし、公開しても、どて事、あらへんですが。既に、<Xp>も、サポート切れで、<Vista>も、2017年4月で、サポート切れでと、ドンドンと、時代遅れの、過去の話になてもてねえ。
そらなあ、<Vista>から、<セブン>に、<エイト>にと。<エイト>も、<8.1>で、遂には、<テン>の時代でして。<Vista>も、アと云う間に、4世代の昔のOsでして。

よて、過日、過年、昨年、<CF-Y7>を、元の<Vista>にと。
これも、経緯、諸般あるけれどの、割愛致し。
処が、矢っ張り、超の鈍足でねえ。パフォーマンス悪いしねえ。どしょかと。

どするも、こするも、当時、鋭意決断の、当方からしたらの、大金でして。購入価格がや。
これが、最後のパソコン哉と。するは、少々、大袈裟なれどの、ソラ、当時の最新鋭機でして。
大袈裟も、実際問題、最早のそんな金額出してまで、よ買わんわと。

での、<Vista>では、鈍足での、使いモノに成らず。さりとて、<Xp>は、サポート切れで。
さての、どするやの、そこに、<Windows10>化の話あっての、そやなあと。さすれば、2025年まで、延命出来て。
も、あるし。壊れてもいやへんのに、捨てるなんか、勿体ないしと。

ここから先、説明し出したら、又、脱線の話が延々の続く故に、簡単には、<Windows10>にするためには、元の、Osなりが、<セブン>なり、<エイト>か、<8.1>で無いと、あかんのやてえ。
ならばの、<セブン>にと。
これが、昨日<10月22日>に、やと、出来て。
出来ただけでは、あきませんの、しかるべくのと、調整をと。実際には、出来ただけでも、<テン>に、アップ・グレード出来るよにも、思うですが。

コレ又、説明し出したら、延々での。
まあなあ、諸般に挑戦、調整の過程で、<CF-Y7>も、充分、<Windows7>で、動くが判明致したわと。
そらなあ、<Vista>を、<セブン>にして、動かんとか、動き悪いなら、実用にならへんわと、止めでして。最低限、動いて、使用するに耐えんとなと。悪くとも、我慢の出来るの許容範囲に収まらんとなと。
オッとの、基本的、性能的、可能性なら、あるけどや。アップ・グレードに耐え得るのです。耐えたって、実用的で、無ければなと。
それが、<セブン>にして、案外に快調でねえ。

それだけ、当世、<セブン>からは、Osも、軽量化と、するのか、パフォーマンス性を考慮するよに成ったんやと。
さもなくばの、新しいOsが誕生するの度、古いのパソコンは、搭載のOsの、サポート切れに泣かんならんです。勿体無いの話やでと。

その昔、大昔のパソコンなら、当世と比べたらの話、性能全然の違うですが。
我が見解ならです。2000年頃を境に、このパソコンの世界も、進歩なるは、頭打ち、とまでは、申さんでもの、目を見張るよな、進展、大革命なんか、あらへんわと。

あらへんもあるし、進展したって、こちの、頭が鈍足化で、ついてけへんし、懐も、拠出するに、鋭意決断出来ませんです。
それもあるし、意味あるの、進展は、こちが付いてけるの範疇での。それなら、従前のままで、充分でして。現に、充分、実用してるし、出来てるし。コレ以上の性能、追加されたって、利用価値が、我々にはあらへんわと。

ついでになら、当世、パソコンを使えんの新社会人が、増えて来てるですて。
ソラ、スマホと、パソコンでは、使用法違うです。パソコンでは、所謂のビジネス・ソフトが有効での。スマホで、Excel出来るの怪と。あんなモン、云うたら、ゲーム端末と、違う怪。
トッとの、そんな事で、ここ数日、<WindowsVista>の、<セブン>化に。次ぎ、<テン>化にと。少々、時間取られるわと。


での、本題の話。
孫君3号の、運動会の話、なれどの。
当方、孫君3号、遠目で、見乍ら、実は、次男の、当時、3歳の頃を想い浮かべててねえ。とするよりも、重なってもてねえ。

当然の、状況、違うけどや。
孫君3号なら、勝手知ったるの、保育園。周辺も、いつもの子でして。先生も、重々の承知してて。
只、正面見たら、大人が沢山居てての、自分の親、来てるの怪の、どこやろなあと。
では、無いの怪と。

次男の、「鍬山神社」での、七五三の、三歳なるは、「鍬山神社」そのものが、初めてでして。
着慣れぬ、紋付き袴、着せられての、周辺の人、沢山居てるけれどの、全然の知らんの人で、これから、何をするのか、させられるのか。何があるのか、あらへんのかの、状況不明の、親もどこなん哉の、分からんしと。

とは、云え、もしかしたらの、当人からは、分かってた、かもなれどの。
こちは、チャンと、見えてまして。
いやなあ、次男の様子、不安顔でねえ。見えてても、近づくは許されずの、状態でして。本来なら、走って、親の元なりに、走りたいの気持ちなれどの、困ったなあと。
では、無い怪と。

そらなあ、三歳でして。
物事、ぼんやり、分かり出してるですが。日本語も、少々なら、喋るが出来るですが。要は、意思の伝達も、出来るよになって、来てるですが。
初めての場所で、初めての、雰囲気でして。周辺の人も、知らんのばっかりでの、心細かったやろと。

見てるのこちは、大丈夫怪と。
何がと、なればの、逃げ出さへんやろなあと。泣かへんやろかと。

当時の情景はなと。
次男のや。
それが、当世、ええ歳になっての、一丁前になと。
次男だけでなくの、長男もや。

誰様にの、この親に向かいの、云いたい事、えらそな事、抜かしやがってなあと。
今に始まったの事と、違うのけどや。
そんな事も、度々のあるの話なれどの。そらなあ、こちも、時には、カチンと、来てるわの。
グと、愚と、我慢してるけどや。

ンの、マの、三歳当時は、息子共も、こんなんやと。
にしては、状況、違うは、違うけれどの、孫君3号、案外に堂々と、しててねえ。
且つは、イツぞや、嫁が見せてくれたの、前回、運動会の、やろなあの、ビデオのとは、格段に様子違うなと。

その時のは、皆と、行動一緒にせずの、好き、勝手放題の、先生の云う事も、分かってえへんなあと。
そらなあ、周辺、皆、そんな感じの、先生も、こんな子、扱うは、大変やと。先生に同情したですが。
此度はなあ、数段に、落ち着いてて、行動も、基本、一緒にしてて、安心出来たわと。
(15/10/24)


NO.14 孫君3号の運動会の話(14) 小休止で、タバコ吸いにの、コンビニえの話

本日<10月24日(土曜日)>、朝二番、9時前に、畳屋はん到着。
畳の張り替えの日でして。奥の間、元、母の部屋。元々は、我々夫婦の部屋の、でして。
既に、壁は塗り替えられて。畳張り替えで、予定の模様替え、リフォームなるは、終わるですが。業者に頼むの分はなと。

まだまだ、襖紙の張り替え、終わってえへんですが。コレは、合間見て、合間見ての、こちがやるの積もりでして。
玄関の方の扉は、過日、長男と一緒に張り替えて。押し入れのは、老夫婦で、やったですが。台所との、仕切りの、襖が手付かずでして。
とは云え、以て、家具と、仏壇の配置は出来るです。

いやなあ、6畳の間、張り替えられたら、ええねえ。
壁の色、従前のよりは、薄めの緑系でして。サラの、畳なら、やや緑系でして。上手い具合に合致しててねえ。
云うとくの、ソラ、壁と、畳で、色違うのけどや。落ち着いた、部屋の雰囲気になったなと。
先週かには、レースのカーテンも、買おててねえ。
折角故、カーテンも新しいのにと。交換のためでして。

オッとの、ダケでは終わらんの、朝から、仏壇の道具、飾りを出して。移動がためでして。
仲介の業者、この一連のリフォームの手配、頼んだの、業者なれどです。実際には、この業者は専門外の事での、ここは、水回りでして。
業者と一緒に来てくれて。主たる、家具の移動等々、手伝おて頂戴なと。

それでや、畳の張り替えなるは、30分もあれば、終わってもて。
むしろの、ここからが、本番での、家具を予定の位置に。仏壇を、ドンと、西側中央にと。まあ、云うたら、家具と、家具の真ん中なれどの、居間にあったの時よりは、威圧感無く。結構なると。
矢張り、ここがええのやなと。
その分、居間が数段の広くなったです。ソラ、仏壇が移動した故でして。広く、使えるよになってねえ。雰囲気、全然の違うわと。

それにしても、新しい畳の臭いはええなあと。
新築みたいでねえ。云うたら、新車の臭い感覚でして。あれも、延々の、1年、2年と、匂うですが。
畳は果たして、どれ程の期間、匂うかは、知らんですが。色も、いつまで、緑掛かった光沢を放つも、分からんですが。

ついでにと、するのか、この際、2階の、四畳半の間も、畳張り替えよかと。
いやなあ、諸般、畳の痛み具合、甚だしくて。
何を隠そおの、隠す事も無いの、そこは、次男の部屋でねえ。勉強机置いて、椅子もあったし、その椅子で、畳がボロボロでねえ。就職で、次男が出て行った頃から、張り替えよかと、話だけはあったですが。してたですが。先立つモノがで、延び延びになっててねえ。

その当時も、今も、先立つのモノの状況一緒やけれど。
無いモノは、あらへんけどや。この際と、思い切らん事には、イツまで経っても出来ひんしと。
云うたってなあ。その部屋、使うは、息子共一家が、泊まるの時だけでして。普段なら、物置の、仮置きの、一時置き場としてしか、使てえへんけどや。云うたら、年何回使うやの、話なれどの、兎に角、この際と。

畳屋はんには、その旨、申しまして。
一気にやれば、良かったですが。その時には、壁の塗り替え費用が、結構な額でねえ。コレ、従前のを、壊して、新しく、塗るの想定やったのが、壊さんでも、行けるになって。
壊さんなら、日数も、作業時間も、短くなるし。壊した壁の処分の手間、費用もいらんしと。
要は、その分、浮くの分、2階の畳の張り替えにと。

そんな次第の、斯くなるでの。
奥の間なるは、見違えるの、よおなったですが。
となれば、具体的に、家具をどのよに使うかがあるですが。
細々なるは、ぼちぼちにでも、やるにするかと。ソラなあ、一気には、出来ませんです。やてもたら、こちが、戸惑うわと。
今でも、一部、変更で、アレ、どこに。コレ、どこにあるのんやと。探すに一苦労、二苦労致すです。習慣、慣れとは、恐ろしいねえ。
万事、今の内にしてしまわんと、歳喰たら、喰たの分、新しい事、覚えんよになるわと。

での、孫君3号の、運動会なるは、順調にの、進行、消化致しまして。
コレ又、正直、孫の出えへんの、競技、メニューなんか、見ててもなと。しょがあらへんです。

器用な子がいるし、不器用、要領の悪いの子がねえ。
何ちゅうても、保育園でして。果たしての、当世の、保育園なるは、幼稚園的の、小学校上がるのまでの期間、行けるのか。間に、幼稚園があるのか、知らんですが。
概ね、皆、先生の指示通り、皆と一緒にの、規則正しく、やってるよの、見えるですが。

過年には、小学校の教室では、整列なり、静かにしてるが出来ませんと。
皆、思い、思いの行動して、好き勝手で、先生の云う事なんか、聞かへんと。
の割には、指導がええのか、その当時からは、園児も、賢こなてるのか。今も、昔も、園児のレベルも、先生の質も、替わらんと。とは、思うですが。園の方針にも、寄るですが。

どちにしたって、孫君の出番で無いの、余所の子のなんか、見てたってなと。
思てたら、次男が、お父さん、タバコ吸いに行かへんかと。オッとの、渡りに船の、その手があるかと。

吸うも、実は、園の門の外の周辺にて、タバコ吸うてるの保護者なんやねえ。何人もが、タバコ吸うてたですが。下手したら、園の真ん前の家の前で、座ってもての、タバコ吸うたりの。
あのなあの、行儀悪いぞと。
とは、申してませんですが。その程度の常識、弁えんの、保護者でして。程度、知れてるわの、暴力沙汰、傷害事件にでもなったら、えらい事での、フウンと、ダケなれどの。
の程度の、光景なら、入るの時、見てたですが。

さりとての、園で、保育園で、保護者用の喫煙場所なんか、準備してへんやろと。
どするの怪の、まあ、一緒に、適当なるの場所に案内してくれるの怪と。
席立って、園外。どこにと。次男の行くの方向に行けば、ンの、そかの、大通りに、出たら、コンビニがと。

これは、都合宜しいの、灰皿はあるし、トイレもあるし。
特段の、切羽は詰まってえへんけどや。ええ頃合いでして。そらなあ、家出る前には、用足してるですが。次男、マンションでは、オッとの、部屋には、行ってえへんけどの。マンション内、共同のがあっての、そこで、やったわと。

ここは、セキュリティ、厳重での。余所様、勝手に入れませんでして。ロックされてまして。
諸般、手渡すのモノがあっての、それを次男に渡して、部屋えは、行かずに、入り口近くの、そこでと。
それからなら、約の、1時間以上、経ってるなあと。ボチボチやなあと。
イヤイヤ、モ暫くしたら、保育園のでも、借りて、用足さんとなと。とは、思てたですが。

とりあえず、良い、頃合いで、小休止出来て。タバコが吸えて。
元の席に戻りの、孫君、次ぎ、何に出るのんやと。問えば、親子での競技に出場らしく。それが、終われば、孫君のは、オシマイらしく。
フウンの、親子のには、息子が出るらしく。そこで、孫君、親、来てるが分かるなと。
ンの、こんな競技あったら、親、参観、見物に行かんならんなと。まあ、結構なるの、競技、趣向なれどです。
(15/10/25)


NO.15 孫君3号の運動会の話(15) 親子の競技に出るの話

そらねえ、正直云うて、余所様のお子達のを見ててもなと。
そらなあ、暫くは、フウンと、あんな、こんなと、要領のええ子とか、鈍臭い子やなあ、可愛らしい子やなあと。
されどの、我が孫君の方が、とかとか。どしても、比較してまうわの。どちにしたって、孫君の動向、注視してまして。

いよいよの、親子競技の番での、息子が出たですが。
ンの、一番の最後でねえ。
それも、競技と、するよりは、競技は競技なれどの、果たしての、人数一緒哉の、適当での。まあなあ、勝ち負け、争うの、でもあらへんし。

いつぞや、小学校の運動会で、100メートル走も、ゴール直前では、皆がお手々繋いで、一緒にゴール・インする等々、順位を決めんの方策での、競技してる、とかとかの話、聞いてたですが。
話題になってたですが。
そんな下らんの事、まではされてませんでして。さりとて、順位が決まるで無く。
確かに、主旨なるが、子ども達の、元気溌剌、楽しく、運動会してるの様子の参観でして。

オッとの、それでや。
最後の最期、皆が、走り終わって。
とりあえずは、2組やったか、3組やったか、最早の失念したですが。当方も、時間の経過、日の経過と共にの、記憶曖昧になりての。そもそもが、そんな事、どでも良く。

要は、相手が走り終えての、最後の最期。
或る意味、目立つですが。ンの、親子で、どするやは、2人で、走って行って、走った先には、円があって。円内に、子どもが入りの、そこで、親父なり、母親にオンブしてもろての状態で、元の場所に戻って、ゴール・イン。
やった哉の。極めての、ええ加減。

その他のなら、親子で、円になっての、音楽に合わせて、手を上げたり、声上げたりのも、あったなと。
何の曲かは、当方、知らんですが。
その中の、1人の、ご婦人。多分なら、そのご主人まで、参加されてたの哉の。兎に角、目立ってねえ。

何故に目立つかと、なればの、ここだけの話の、服装、化粧、派手。派手とするよりは、何ちゅうの。
高級感漂い過ぎの、チョと、違う世界の人種哉と。
そのご婦人も、動作が、派手とするのか、雰囲気の割には、挙動、派手。

イヤイヤ、云うとくの、美人系での。
そこまでは、宜しいですが。その子の母親にしては、チョと、歳哉と。その子は、保育園児やしなと。
モと、正直には、その子の母親には、間違い無いけれどの、ソラ、余所の子の母親が、そんな競技に出る筈はの。その様子からしての、まあ、云うたら、市会議員とかや、なりしてるの方、怪なあと。

モと、云うたら、他のお母さん方、お父さんならや。
動作、少々、恥ずかし気味の風情での。その方だけでして。エイヤーと、拳挙げ。服装から、化粧から、ついでになら、スタイルも良くて。ソラ、目立つわなあと。
その方、実は、当方、次男と一緒にコンビニから、帰るの道中、すれ違い。
先の子やろの、乳母車に乗せて、帰られるの様子での。嗚呼、さっきの方やと。
ここだけの話、他の親子なら、分からんのけどや。目立ってたの分、一発、分かるわと。
とかの話、息子には、してへんのけどや。どこの誰様とも、知らんしと。周知の有名人でもあらへんし。

オッとの、そんな事で、孫君も、探してたの親、見つからんかったのが。
突然に、現れ、びくりしたやろなあと。
嬉しかったやろと。
イヤ、多分なら、発見出来てえへんかったの筈の、我々の方には、目線来てへんかったの故での。こち方面に、目線、ズバなら、両親、爺婆、居てるわと。爺婆、遠目で、分からんでもの、親なら、一発、分かるの筈と。
まあなあ、それ程に、観客多く。又、我々、最前列でもあらへんし。当人にしたって、延々の親何処と、探してるの訳にもなと。

での、親子競技も終われば、以て、出番、オシマイでして。
嫁曰くに、こっちの方に、戻って来る筈と。フウンと。
云うてる間、聞いてる間にも、2人が、我々の真後ろに戻って来てねえ。ンの、どするやと。
嫁曰くに、出番以て、オシマイで、帰っても、ええのですよと。フウンの、ほなら、帰るかと。そらなあ、くどいけど、余所の子のを、見ててもなと。しょがあらへんです。
それもあるし、座れてるの観客の倍以上に、立ち見の方多く。その分、嫁頑張って、席取りしたを意味してるわの。帰ってもええなら、即の帰るかと。席譲るの意もあってと。


それでや。
当方、この日、昼からは、「芋煮会」あっての、そもそもがの、長居出来ず。
さりとての、出番終わったは、11時頃での、昼からも、最寄りの駅、「並河」駅に、集合、13時半での。時間的になら、充分あるの、息子曰くに、帰りの道中、昼飯一緒にどやと。
まあなあ、軽くで結構の、そするかと。どちみちの、こちで、喰うか、帰って喰うかだけでして。

ほならの、うどんでもと。
ンのそれで結構の、過日、過月、イツの話か、忘れたですが。「Panasonic」の工場が見えるの辺り。
としか、当方、地名皆目の分からんの、屋号、「花雷」。

実は、その過日、過月、そこにうどんでも、喰いにと、出向いたですが。指定の、駐車場もあっての、そこに、車置いて。行けば、その日、休日でねえ。多分なら、日曜日であったと、思うですが。
日曜日に、休み、とはなの、周辺、会社が多いし、会社の休みに合わせてるの哉と。実は、ここ様、飲み屋でもあっての、昼間開けて無く、夜の部のみの開店の曜日もあってねえ。

ならばの、この日、10月3日なるは、土曜日での。ど哉の、とりあえず、行ってみる怪と。
息子、先遣での、開くのみたいやと。
要は、休み、では無かったですが。11時半、開店でして。

いやなあ、正直には、商店街で無く。
まあ、云うたら、平日は知らんの、人通りの僅少なるの、通り、界隈でして。そこに、ポツリの、うどん屋でして。
開店待ちで、店の前に並ぶの方、あるみたいでねえ。フウンと。

とりあえず、何人やろかの、我々御一行様、5名様、含めの、10人程やろかが、開店待ちの、うどん屋、屋号、「花雷」。
ンの、読み方、分からんの、「かでん」やろか、なあと。
(15/10/27)


NO.16 孫君3号の運動会の話(16) 「花雷」の、讃岐うどんの話

讃岐、四国、香川でも無いの、京都で、讃岐うどんとは、云えどの、云うてるけれどの、開店前に並ぶなんか、考えもしやへんわと。

にしてもの、京都で、讃岐うどんねえ。
ならばの、手作りうどんとは思うですが。
当方、若い頃、今でもやけど。モノ事、知らんでねえ。昔は、情報も僅少での、尚更の、モノ事、知らんでねえ。
会社の出張で、四国、香川の工場に行った際、昼飯に、うどん屋に連れてって、もろたですが。イヤ、旨かったですが。
旨いからと、二杯、二玉喰て、腹の調子、悪なったですが。

それまで、香川の、讃岐うどんが、有名であるを、知らんでねえ。
正直には、何をわざわざの、工場から、車に乗って、うどん屋怪なと。
しかも、セルフ・サービスでねえ。フウンと。

京都で、うどん屋なんか、こんなに沢山の客、入りませんでして。ソレ程に、大入り満員の、席確保に苦労したですが。工場の面々がで。
うどん程度で、何でやと。するが、当時、初めての讃岐うどんでの。
そらなあ、京都でなら、素うどん、稲荷うどん、しっぽく等々、あったですが。所謂の、太さ、腰の強さが全然の違うなと。

での、数年前、2010年頃からには、讃岐うどんブームがあったですが。当世でも、その余波、続いてるかも、分からんですが。
「香川県」を、「うどん県」にの、話もあるしなあ。
いやなあ、その当時、5年の昔、嫁はんの里帰りで、香川に行ったの際。我が家族全員での、「釜あげうどん長田in香の香」なるの、屋号のうどん屋に行ったですが。それこその、駐車場に車駐めるに、大変。

駐めて、並ぶに又、大変の、店の前から、列でねえ。
順番、来て、注文しても、席の確保が、尚大変。何分の当時、次男結婚前とは、云えどの、長男結婚で、孫娘居てるし、ンの、孫君1号、誕生してたの頃やった哉の。どちにしたって、人数多く。
この、年と、その次ぎの年も、「長田in香の香」に、行ったの哉の。確かに、旨かったのけどや。

この、「長田in香の香」、今でも、あの調子なんやろかなあと、チラと、思たですが。
いやなあ、本家、讃岐なら、分からんでも無いの、京都、長岡京の、こんな場所と、するは、失礼なれどの、知らんかったら、素通りしてしまうよな、入り口の店でして。
10月3日、入ったの、「花雷」、読み方、「はならい」なるの、屋号の店がや。

されどの、並んでまでの、客がで、さての、どんな哉と。
注文、何してよいのやらの、素うどん、しっぽく、あらへんし。
とりあえず、次男の薦めより、「つけ麺定食」の、「ホルモン」にしたですが。
イヤ、次男も入るの、コレ、初めてなんやてえ。

での、出て来たの、うどんの入ったの、器がデカく。ハサミ付きで、尚且つの、玉子掛けご飯もあってねえ。フウンと。
モ一発、専用と、するのか、箸がねえ。立派でねえ。とするのか、うどん用箸なんやろねえ。四角でして。割り箸でも、四角やけどや。割り箸に非ずの、チャンとした、箸でねえ。フウンと。

とかとかの、定食故、品数多く。
当初より、昼過ぎには、「芋煮会」でも、そんなに長居は出来ぬの、簡単に、簡単の、うどんでも、ええでの、うどんなれどです。定食やしなあ。値も、正直、ええ値してるしなあ。
そもそもが、器からして、小道具からして、唐揚げも付いててねえ。何度も、フウンと。

いやなあ、ソレは、ソレとして、孫君3号、大人しいてねえ。
「運動会」で、疲れたのか、両親、爺婆まで、居てるに、びっくりしてるのか。
言葉数少なく、オッとの、子どもには、子どものがあったですが。この喰い助が、やや、少食気味でねえ。へえと。

オッとの、過日、10月25日<日曜日>には、お誕生会で、我が家に来たですが。
この日は、全然の違うの、よお、喋ってねえ。面白い程に喋っての、言葉も丁寧で、へえと、フウンと、感心の。ミニチュアの恐竜見て、コレ、嫁が持って来たのモノなれどの、「むてきのはんたー」<無敵のハンター>とか、申しての、へえの、難しい言葉、よお、云えるなと。意味分かって、云うてるとは、思ええへんにしてもや。

言語明瞭、しっかり、分かるの。
当方、さっぱりの、その4個、4体の恐竜の名前、云うてねえ。コレ、3歳になったのばかりの子が怪なあと。

兎に角、25日には、その過日の、3日の時とは、全然の違うの、能弁でねえ。
元々が、今にも、喋りそで、片言なら、時折申してたですが。
呪縛から、解き放たれたよな、様相での、喋る、喋るの、お爺ちゃんとか、申しの、ソレも云えるの怪の、フウンと、感心してばかりでねえ。
そらなあ、3日の、「運動会」の時とは、雲泥の差での。その時には、無口やなと、思たですが。
(15/10/28)


NO.17 孫君3号の誕生会の話(1) 喋る、喋るの話

本日<10月28日>、畳屋がで。
2階の、四畳半の部屋の畳も、張り替えまして。
いやなあ、その準備で、諸般大変と、するのか、部屋の家具なりを、移動でして。

そらなあ、最早の、物置場と、仮しててねえ。
物置場でも、家具はあるです。それを、過日より、隣の六畳の間に移動で、畳張り替え終われば、元の場所に戻すになるです。
本日、以て、嫁はんと2人の年寄り、ヒイ、フウの、ハアと、息切る程の、では無いですが。畳に摩らせて、傷付けてもなと。新品のは、少々、気を使うですが。可成りの気、使うですが。

畳屋の作業なるは、家具も、そんな事で、粗方、退けてましての、順調にの。
実は、この日の前日、夜には、雨でねえ。畳屋も、その時、電話で、明日にと。
雨で、雨も、大雨なら、どするかですが、とりあえず、明日にと、朝一番、9時頃にと、電話戴いてまして。
その本日、朝には、快晴でねえ。嗚呼、良かったなあと。

ほんまやでの、それこその、過日の、壁の塗り替え以来。実は、天候には、大いに、恵まれててねえ。雨らしい、雨、昨夜だけであったの哉の。事実、その壁塗りの日、以前より、雨を知らんなと。
にしては、その雨の時には、最終の段階で、雨に降られるの怪と、危惧したですが。先の通りの、朝起きて、外の様子見たなら、確認したなら、ンの、快晴でねえ。
コレ、日頃の精進、精進の賜物也と、勝手に判断致したり。

以て、次ぎ、何年先か、結果的、永久にせずか。
分からんですが。我が家、畳の間は、残り、1間の、2階の、六畳の間のみ。

そんな事で、少しずつ、少しずつの、牛歩で、基本、我々の住み易いよにと、模様替えと、するのか、手を加えてるですが。
その他、諸々の、マダ、息子共が、放置と、するのか、モノあっての、コレも、ジワジワと、処分なりしんとなと。当然の、当人、持ち主にも、一言、断るですが。
にしたってなあ、出て、何年やの。ほったらかしのを、捨てるしなと、申しの、置いといては、無いやろと。
とは、思うの、結構、長男、その手の性格でねえ。

とはとは、云えどの、概ね、最早の無いと、思うですが。
誰のかの、ギターも処分したのか、当人に戻したのか。此度なら、次男のサーフ・ボードがあってねえ。
こんなモン、と、するも、何やけどの、使たん怪と。使ても、何怪、何回怪と。
そらなあ、当家、海が近いでもあらへんしと。多分なら、学生時代にと、思うのけどや。

トトトの、ンの、サーフ・ボード、こちで使たで無いの、あっち、一時と、するのか、結構、長かったけれどの、次男、卒業即の、赴任先、富山、高岡のカネボウの薬品部門、当世、クラシエなれどの、やったんやなと。
そちには、「雨晴海岸」が、あったんやと。
にしても、ええなあと。我が息子共、こんな事、出来たんやと。

オッとの、畳も済んで、夜には、嫁はんと、2人で、大きなモノ、家具なれどの、元の位置に、箇所に、ヒイ、フウの、ハアと。息切らすの程でも無いけどや。
今の内なら、歳ならなと。


での、話、本題。
でも、無いの哉の、当世、昔っから、かも分からんですが。
うどん屋も、諸般の工夫してるです。

イヤ、「花雷」、読み方、「はならい」の話なれどです。
箸も、うどんが滑らんよにの、細工の、でして。うどん切る、ハサミまで、付いててねえ。
にしても、玉子かけご飯も、久しぶりでの、旨かったなと。

息子から、昼飯でもの、話あった時には、うどんでも、ええでと、申したですが。
この手の、うどんでも無かったですが。
ええ店やなと。成る程の、開店前から、客並ぶのうどん屋でして。通<ツウ>の間では、相応の有名なんやろなあと。

オッとの、コレ、息子の奢りでねえ。ご馳走さんと。
にしても、大正解の店なれどの、うどんも、少々の高めでねえ。
これが、亀岡なら、知り合い等々、でもが、来た時には、連れてってやても、ええけれどの、長岡京ではなと。遠いわと。尚かつの、道順知らんわと。単に、「Panasonic」の工場、見えるの界隈。
橋を渡ったなあと。比較的、広い道でねえ。近くには、マンションがありの、ンの、ソ云うたら、消防署もあるですが。
とか、申せば、近在の方なら、概ねの場所、分かるやろと。されどの、当方、さっぱり、分からんわと。長岡京市の人と、違うしと。


での、その後日の、本日基準の過日の、10月25日<日曜日>には、孫君3号の誕生日会開催での。
開催は、我が家での。
昼過ぎに、来たですが。

ンの、次男夫婦、正装しててねえ。ンンの、何事かと、思いきやの、七五三の写真を撮ったですて。写真館にて、でして。フウンと。
イヤ、場所なら、承知してるですの、過年、云うてもの、孫君3号、マダ、3歳やしの、昨年か、一昨年なれどの。多分なら、2歳の時哉の。ンの、コレ、よお、覚えてえへんの、初節句の時なん哉の。

初節句なら、我々、夫婦も、一緒に写真撮った記憶がと。
ンの、そ云うたら、過去、2度行ってるの、哉の、写真館でして。

これは、どちでも結構の、どちにしたって、七五三を、「長岡天神」で、やると。ソラ、次男家が決断で結構の。
イツにするやで、11月のイツかの、日曜日にでもと。結構なると。
只なの、会席をどこでがあるの、そっち方面の、料理屋、知らんしなあと。検索、検索、探索、探索、幾つかの、候補見つかったですが。選定なるは、次男夫婦に任せるわと。

オッとの、それでや。
孫君、喋る、喋るの、喋りっ放し。
それも、文言、よっく、分かるの、理解出来るの、へえと。

いやなあの、母の、百箇日の日、コレ、9月20日での。
この時、親族一同集まりましての、妹家もで、総数、人数、18名。
「光圓寺」住職に、来て戴きの、読経、法要して戴いての、夜。と、するのか、この日、色の、「あお」<青>は云えてたですが。後、一言、二言なら、喋ってたですが。
「かいじゅう」<怪獣>も、よっく、分かったですが。

の程度でねえ。
こちの、母親なりの、父親の、親の云うてるの事なら、全部、分かってるの雰囲気での、反応してたですが。
とりあえず、口数少ないなと、思てたですが。

それがや、以来、何日、1箇月と少々しか、経って無いのになと。その間なら、10月3日<土曜日>に、孫君3号の、保育園での、「運動会」でも、会おてるのけどや。
これは、あっち、孫君、出場選手で、こちは、見物人での、実質的、昼飯、「花雷」での、話での。殆ど、話も、してへんのけどや。
とりあえず、それからでも、3週間の、この日、10月25日<日曜日>には、喋る、喋るの、へえと。
ほんま怪の、びくりするの、程での。イツの間に怪と。
(15/10/29)


NO.18 孫君3号の誕生会の話(2) 「きば」の話

「きば」「きば」。
孫君3号、本棚の扉開け、「きば」「きば」と。
はっきり、分かるです。「きば」は、「牙」。
「牙」なんか、よお、分かるなと。そのモノの名称がです。

いやなあ、本棚には、本も、半分以下でして。物置場所と、化してるですが。
その1つに、過年に買おたの、親子の象の、瀬戸物の、飾りとするのか、置物置いてまして。
過年は、長男が、日本電産に入社半年目哉に、タイランドに出向で、行ってた時。この際と、女5人、男一匹での海外旅行したですが。
その時、買おたの、記念の、象でして。我が家のお土産でして。
<参考=騒慌珍嬉のThailand

こいつ、孫君3号、兎角にそれ、気にいって。
来たら、ソレを持ち出し、遊ぶです。
遊ぶは結構の、落としたり、机とするのか、堀炬燵の台にぶつけたり。

まあなあ、1歳なら、2歳の前半なら、です。大したチカラでもあらへんしと。遊ぶに任せてたですが。
2歳も、後半に成って来てみい。相応のチカラでの、下手したら、壊れる、割れるの、瀬戸物でして。当初は、まあなあと、孫のする事、故と、大目に見てたですが。
ンの、最近では、そも、云うてられんの、ぶつけて、壊されたら、最早のと。

ここらが、難しいの、問題での。
遊ぶは結構も、壊れたら、困るの事よの。その破片で、怪我されたら、尚更にの、大問題勃発。
とするのか、3歳にもなれば、こんなモン、壊すは簡単でして。とりあえず、男の子やしなあ。
歳と共に、荒気な、なるです。冷や、冷やモンでの。モ限度と、こいつが来るとなればの、隠すと、するのか、手の届かんの場所に、矢っ張り、隠すになるの、その方が、無難やわと。

壊れてもてからでは、遅いわと。
壊された、ダケで、終われば、マダ、マシの、破片で、怪我でもされてみい。誰が悪いんやと。
当方、犯人扱いされても、困るしなあと。その怪我も、チョと、血の出る、擦り傷、引っ掻き傷の程度なら、なれどの、目にでも、入ってもてみい。悲惨ぞと。

そらなあ、こちも、壊されたら、困るの事よの、されどの、ご機嫌さんで、遊んでるの、こいつにしたら、只のオモチャ。
或る意味、叱られるの限度、探ってる。とも、云えるの、学習でして。ダアレも叱らんが故、過激になるです。
よて、ここらが難しいと、申してるです。

余所の子なら、すんなり、取り上げての、余所に隠すですが。
弁償問題、発生もあるわと。とか、云うたって、子ども、それも、1歳、2歳、3歳辺りの子が、何かして、壊して、親に弁償せよもなと。
トッとの、こいつの親、我が息子で、我が嫁でして。孫君、我が孫でして。

当然にして、弁償せえは、申さんのけどや。
してもらうにしたって、現物、そのまま返せとなれば、タイランドやでと。日本にでも、タイ国のと、売ってるの可能性あるけどや。
とととの、そんな事、云わへんけどや。

話、逸れるですが。
その時、タイに旅行した時、自分のモノとして、買おたは、象の模様の入った、小物入れと、合鴨でも、カルガモでは無い。ウンガロでも、巣鴨、賀茂川でもないの、フェラガモの財布。家には、象の置物でして。
象の小物入れなるは、遠の昔に壊れてもて。
カルガモでも無いの、フェラガモの財布なら、現在唯今、使てるわと。こんな高い、財布なんか、モ、二度とは、買えへんしと。後生大事に使てるですが。
風水的には、そんなに長くは、あかんのやてねえ。風水通りにしてたら、金、幾らあっても、足らんけど。

そんな事で、孫君に壊されるなら、諦めも付くの。
されどの、壊された、だけで、済むなら、なれどの、怪我するの可能性まで、想定出来てるならです。どこかに、隠しとくの方がと。
実際には、来るから、隠したでも無いの。前回、当家で、遊んでた時、ンの、チカラ出て来たなの、危険と、判断、手の届かんの場所に置いて、そのままに、忘れてもてたの、だけなんやと。
置いてるの場所をや。

まあ、つまりの、孫君3号、来る故、早急にと、隠したでは、あらへんでして。
本棚、開けて、孫君、「きば」「きば」と、申した時、初めて、嗚呼、あのままやったんかと。場所替えての、そのままかと。まあ、良かったわと。
そらなあ、イヨイヨの、壊されるの時期でして。甘くは、見てられんの時期に達してまして。

ここまで、言葉、言語明瞭に云えるになったんやと。
しかも、「牙」やで、「牙」と。
ンのそかの、怪獣にも、牙のあるのが、居てるなと。象の、その類怪と。


冗談云うてるの場合で無いの。
実は、その象の置物の。親象の牙の片方、折れててねえ。オッとの、こいつ、孫君3号が、やったで無いです。
と、思てるの、以前よりと。
ほならの、孫君1号なり、2号が怪しいのけどや。分からんわと。
そらなあ、この象も、歴代、孫君、オモチャにしてて。

その折れたの、「牙」だけが、元々の場所に残ってたです。
それ手にして、「牙」「牙」と。コレ、反って、危ないしなあ。小さな、置物、象の牙の片割れでして。飲み込まれでもしたら、大変ぞと。
嫁が、取り上げ、元の場所に置いたですが。

当方なら、こいつが、「牙」を、分かるのかと。ソチに感心したですが。
イヤ、「牙」と、云うたは、コレ、初でして。フウンと。
喋り出したら、早いなあと。

ほんまやでと。
それ以外にも、一杯喋ってくれてねえ。面白い程に、色々とと。
結構、難しい事も、喋るしと。「無敵のハンター」とかや。
聞いて、一々の、フウンと。
これから、益々の、ヤンチャになって、色々、喋るんやろなあと。
(15/10/30)


NO.19 孫君3号の誕生会の話(3) 「牙」「無敵のハンター」の話

「牙」、へえと。
「無敵のハンター」、フウンと。
「お爺ちゃん」「お父さん」「お母さん」「お婆ちゃん」では、えと。

今まで、殆ど、喋れてえへんのが、突然に、こんな難しいの文言、喋ってみい。ビクリするです。へえと。、フウンと、えと。
「お爺ちゃん」と、コチ、向いて、来てみい、何事かと。
次ぎの瞬間には、「お爺ちゃん」の意味、分かってるなと。

今まででも、言葉、喋らずともの、コチの云うてる事、皆、分かってるの雰囲気あったですが。口にするの、文言、嫌とか、ンとか、いやや、とか、ダケでして。
突き出たのお腹でもを、チョと、突<つつ>けば、喋りそなでして。
この、突き出たのお腹、この年頃の子、皆、一緒やねえ。むしろの、突き出たお腹、突き出して、歩いては、コロリと、前に、転けるですが。お腹がクッションにでも、なるの怪と。

いやなあ、孫共、4人、4様。
当たり前に、孫娘が、一番にしっかり、してるですが。
コレ、しっかりしてても、マダ、小学2年生の、8歳でして。

孫君1号、早口もあるですが。今一、云うてるの事、分からんの事あっての、そんな時、孫娘に、アレ、何云うてるのんと、聞けば、こおこおやと。フウンの流石に、お姉ちゃん。
チャンと、理解しの、聞き分けてるですが。
この、孫君1号、兎角に剽軽、熱烈の歓迎も、してくれて。
来年には、ピカピカの1年生なれどの、この辺りの男の子、概ね、こんなのが多いなと。イヤ、面白い時期と、云うてるですが。

孫君2号、我が儘、気儘の、形振り、構わずの、自己主張ばかりの子。
と、思てたですが。過日、案外に、案外の。意外も、意外の。
とするよりも、中身、超の、神経質とするのか、気ぃ使いで、親切で、甘えん坊での、当方の評価、とするのか、判断、大幅に変更させられたです。

いやなあ、以前には、転けるのに、そっくり反って、泣き出したり、処嫌わずの、道にでも、寝そべりの、大声出したりの、困ったヤツやなと。
大声出すは、小さいしで、周囲見てまでは、行動しやへのけどや。
ンの、最早の、そんな事、忘れたみたいな、状況での。まあ、良かったなあと、思うの反面、フウンと、以前とは、違うなと。
強いてなら、以前は、強がり、してただけなん哉の。本来、繊細なんやなと。
コレ、親であるの、息子、嫁、当たり前の、当方よりも、重々承知と、思うのけどや。この辺りの性格、踏まえて、接してやらんとなと。萎縮させては、大変ぞと。
とかとかの、性格的、次第、次第に、鮮明に成りの、つつあるですが。

この辺りの事、過日、長男嫁と、話してたら、嫁申したわの、重々承知の、諸般の解説してくれての、伊達に三人の子、育てませんと。
ンの、成る程のと。そら、そやと。

次男家、孫君3号なら、まだ、性格的、不明なれどの、家では、どか知らんの、諸般、探ってるの面、伺えて。
云うてるは、どこまでやったら、許されるか、叱られるか、でして。
或る意味、賢いわと。

コレ、当たり前の、君故、男の子での。
ヤンチャ。
ヤンチャで、荒っぽいけれどの、歳の割に、諸般、申してるの通りの、覚え早いなと。
反面、コイツ、一番に、我が儘、気儘、カモなと。

そして、言葉、鮮明の、ええ言葉使いしてるなと。
問題は、諸般、保育園なり、小学校で、変な言葉、覚えるが怖いなと。
ほんまやでの、孫君1号、へえの、どこで、そんな言葉、覚えたの怪の、言葉、喋ってねえ。当然の、保育園なりに、決まってるですが。

難しいなあと。
同年代の子と、喋り、遊び、刺激受けるは、必要、必須事項なれどです。
喧嘩、口論も、学習でして。大怪我せぬの限りはなと。

只なの、悪い事も、教わってくるなと。
そらなあ、ええ事よりも、悪いの事の方、面白いは事実の、されどの、困るの事よの。
友達、選べよも、今、そんな事、分からんわと。当人がや。

孫君3号ならばの、現在唯今、ほんとに、綺麗で、感心、感心の、言葉使いしててねえ。
具体的に、「お爺ちゃん」等々のダケを云うてるでは無いの。ソレ以外でもや。こちが、何云うてたか、思い出さんだけでして。
印象的なるの、「牙」「無敵のハンター」に、ビクリしてもてねえ。
(15/10/31)


NO.20 孫君3号の誕生会の話(4) ハッピー・バースディの話

この、土日<10月31日から、11月1日>には、神戸の長男宅に行って参じてたです。
孫君1号、保育園の、鼓笛隊の参観と、するのか、参観やねえ。
7つの保育園の園児が演じるの、鼓笛隊の見物でして。更には、この孫君1号の、6歳の誕生会をも、兼ねまして。
オッとの、誕生日なるは、10月27日日で、過ぎてるですが。

まあねえ、その話は、別途の、とりあえず、この季節、この時期、この月、10月なるは、気候宜しく、諸般の催しあって、あっちに、こっちにと、爺婆も、忙しいねえ。
特には、当家、9月、10月、11月が、誕生月のが多く。何とまの、10人中、6人までが、この3箇月に集中してるです。
9月14日、孫君2号。30日、嫁はん。
10月3日、次男。22日、孫君3号<次男家長男>、27日、孫君1号<長男家長男>。
11月18日には、次男嫁。

とかとか、云うてたら、誕生日の事、よ、覚えてるみたいなれどの、コレ、順々に並べるが故、何とか、云えるのけどや。
個別、バラバラには、出て来いひんわと。
数、人数、多過ぎての、当方、記憶容量突破。

まあなあ、大人の誕生会、までは、してへんけどや。
我々、爺婆の、誕生日なり、父の日、母の日には、何がしらのプレゼントをくれたり、してるですが。

そんな次第の、斯くなるでの。
ここでは、孫君3号の誕生会の続きの話を致すですの。
ケーキなるは、孫君3号の、希望の、イチゴのケーキ。
ンの、ケーキそのものよりも、イチゴが好きで。ンンの、以前なら、兎に角、喰い助発揮の、よお、喰たですが。お茶で、ミルクでも、完全飲み干しの。無くなればの、泣いてでもの、請求。
喰いモノにしても、最後の最期まで、平らげ。不足と、泣いて、請求の、皿の僅かの残りも、指で、さらえて、喰う程の、喰い助。

やったのが、この処、その時の事、思えば、数段の少食でねえ。
それでも、殻、図体デカく。ンのまの、3歳の子にしたらの話の。或いは、当家の面々にしたらの話の。そらなあ、過日の、保育園の運動会、見てたら、モと、デカいのが、居てるですが。
まあ、云うたら、やや、デカめと。

それでも、3歳は、3歳。
色々、喋るですが。一発、云うてるの言葉、理解出来るの明瞭なるの、言葉、喋るですが。
云うてるの、「キバ<牙>」でも、「むてき<無敵>の、はんたー<ハンター>」にしたって、意味分かってる、と、までは、申さんの。されどの、象の、牙見て、「牙」と、云えるは、大したモンやと。
イヤ、「象」の、部品故、「象の、象の」と、云うならなと。
とかとか、とりあえず、こちにしたら、突然にも、喋り出しの、ビクリしたですが。

誕生日のプレゼントには、滑り台が欲しいらしく。
イヤ、長男宅にあるの、簡単な、プラスチックの滑り台なれどです。
置き場所の問題にての、滑り台だけで、ええと。コレは、親の主張。

どちにしろ、見に行くかと。
次男の車で、まずは、近在の、「Edion」にと、行ったですが。滑り台があらへんでねえ。
デハと、「ジョーシン」にと。行ったですが。あるには、あった、ですが。滑り台部分のダケのは、あらへんでねえ。少々の大きめでの、嫁曰くに、実家には、その手のがあったですて。
イヤ、嫁の、妹さん一家が居てまして。その妹夫婦に、上、男の子3人、その下に女の子1人の、4人の子持ちでねえ。それだけの子が居てたら、ソラなあの、オモチャ、遊具も一杯あるやろなあと。

オッとの、妹さんの、そんな話は結構の、探して、あるなら、そのよにと。
次男家に任せな仕方あらへんでして。とりあえずは、近在には、置いてえへんでして。

ンの、この手、オモチャ売り場。
当世、電気屋はんに併設されてるんやねえ。
今に知ったで無いけどや。
いやなあ、次男家<長岡京市>の近く、隣の市、向日市の方には、「トイザらス」。
なるのが、あって、そこなら、あるやろと。あれば、そこで、買おてクレと。

その辺り、亀岡は、田舎やなあと。店なら、沢山あるですが。皆、小振りで、品数少なくて。
但し、人口的には、亀岡が多く、約9万人で、長岡京、7万、向日市、5万人。されどの、京都市に近く、郊外店として、大型店多く、ええなあと。
それも、ここ、ン年、十ン年の事やけど。見違える程に、よおなって。
その辺り、亀岡なるは、立ち後れ。

オトトの、そんな話、してるで無いです。
滑り台は、別にしての、「ジョーシン」に、「恐竜」は無いの怪と。孫君3号、好き故での、探したですが、案外にあらへんねえ。
ゴジラ、ガメラなら、あるですが。コレ、「怪獣」での、「恐竜」に非ず。

とりあえず、「トミカ」の、ミニ・カーでもと。この場はなと。
にしてもの、当世の子どもはええなあと。

年代、相当に違うのけどや。
我々の子どもの頃とは、大違いの、プラスチックで、ここまでの、精巧な、模型はあらへんわと。殆どは、部品のみで、それを自分で、組立るの式での、飛行機とか、船も、竹で、木で、紙で、ゴムで、アルミ管の組み合わせで、作ってたですが。

寸法が、ナカナカに合わずで、失敗、失敗の、繰り返しでねえ。
形だけ、作れたって、飛ばへんし。飛んだって、下手したら、落下で、一発、分解してもての、ソラなあ、上手く作るは大変やったんやと。
その分、創意工夫の、知恵比べ、みたいなモンの。
当世の、技術力の結集の、組立するも、寸法、狂わずの、ポンポン、チョイ、チョイでして。

この、プラスチック製のでも、金型なり、材料の進歩で、全然の違うわの。バリなんか、最早の、あらえんわと。我々当時のは、寸法違う、バリが、バリバリでの、このバリを処分、除去するに、カッターでと。
色も、当世、材料とするのか、部品の段階で、カラフルなれどの、昔のは、自分で、ラッカーなり、塗るの方式での、小さい子に、サと、塗れへんし。色揃えるだけでもの、資金、相応に掛かるしなあと。

オッとの、どちが、ええかとなればの、当世の方が、全体的レベルを上げると思うです。
昔のは、最初っから、出来る子は、出来るですが。とするのか、根気の有無。材料、部品、揃えるが出来るかで、決まってまうわと。
不器用で、根気が無いなら、まあ、無理難題。

オッとの、当方の場合、叔父達居たしなあ。
この叔父達、好きでねえ。この手、工作がや。
叔父達の、協力の下、木の飛行機、コレ、ゴムで、プロペラ回して、飛ぶですが。軍艦も、木で、作って、親戚の、家の近く、船岡公園の池に浮かばせ、一発、撃沈してもたわと。

オトトの、そんな次第の、孫君3号。
誕生日、プレゼントの、滑り台は、イツになるのかの、とりあえずは、ミニ・カー1個、手にしての、ご機嫌さんの。
ケーキの時には、皆で、ハッピー・バースデイの歌、謳てもろての、ご機嫌さでと。
(15/11/03)



inserted by FC2 system