孫共の話NO.1


孫娘NO.3 親父、爺NO.16
ハデブスNO.12 孫娘の話NO.11
題目一覧表

目次

孫共の話NO.2

NO.10 孫娘のお雛さんは口実の話(3) 孫娘、孫君の話

NO.9 孫娘のお雛さんは口実の話(2) テントで、「KENT」の話

NO.8 孫娘のお雛さんは口実の話(1) 墓参の話

NO.7 孫共2人を相手するの話(7) 余談

NO.6 孫共2人を相手するの話(6) 孫共寝たの話

NO.5 孫共2人を相手するの話(5) 絵本選定の話(2)

NO.4 孫共2人を相手するの話(4) 絵本選定の話(1)

NO.3 孫共2人を相手するの話(3) コンビニに行くの話

NO.2 孫共2人を相手するの話(2) 雪が水になるの話

NO.1 孫共2人を相手するの話(1) 到着の話

親父、爺としての話NO.16


NO.1 孫共2人を相手するの話(1) 到着の話

「日光角化症」の治療。
患部を切開され、抜糸もして戴きましての、その明くるの日、1月25日<水>、長男と、孫娘、孫君が急遽とするのか、連絡あったは、23日なれどの、来まして。
実際には、来るとなったが故、抜糸の予定を2日間繰り上げたですが。

来るの事情なるは、息子がこっち方面に出張となりての、この際と。
孫娘、孫君、子ども達2人を新幹線に乗せたろかと。特には、孫君、乗り物、鉄道が大好きでして。実際には、息子が鉄道が好きで、孫君が影響されてるだけでして。
だけとは云えどの、概ね、男の子は、自動車、救急車、パトカー、新幹線、特急等々、乗り物が好きなれどです。
<参考=「単なる雑談NO.77」NO.1039 日光角化症の話(7) 予定繰り上げの話>
又、大人が同伴での幼児は2人までが、無料ですて。へえと。

孫君2号は、母親と一緒にお留守番。
そらなあ、産まれて、4ヶ月のを含めての、3人を男親1人で、連れ歩くは大変やと。
こっちも、孫君2号を加えての、3人の孫共を1人で面倒見るとなれば、お断りするです。保たんです。

イヤ、前日には、二男の嫁に援軍要請したですが。打診、連絡は嫁はんなれどです。運悪くの、当日、仕事ですて。仕方が無いなあと。
イヤイヤ、私め、自慢や無いけれどの、1人で、2人の面倒見るは初体験でして。こっちが初体験なら、あっちもでして。双方、保つのかと。

過日、過年なら、孫娘、1人だけの時には、一晩預かった際、泣いて、泣いて、泣き倒しまして。往生したですが。
救いとなれば、孫君が誕生で、2人となったの辺りから、孫娘も、嫌がらんよになって来たかなあと。オッとの、親が居ても、私共爺婆ではダメでして。
それが、昨年辺りから、次第、次第に扱い易くなって来たは、来たですが。兎に角、従前、婆であるの、嫁はんも一緒でして。


さての、どんな事になるのやらと。心配で、シンパイで。
ソラなあ、泣かれて、泣かれて、泣かれ倒されてみい。お手上げ、万歳三唱の、されどの、他にダアレも居てへんなら、逃げる訳にもの、なだめ、すかし、あの手、この手の、奥の手、孫の手にて、何とかせにゃならぬです。

ソレが、1時間、2時間なら、我慢の、忍耐の、時間稼ぎでもと思うですが。どっちが早いか、息子の帰宅か、嫁はんかの、待たな仕方が無いですが。朝の9時頃から、夕方、4時、5時、6時頃まででして。
考えただけでも、ゾとするですが。
誰の孫でも無いの、我が孫やと。


そんな次第の、斯くなるでの。
着いた、その日は、風呂に入って、寝るだけでして。
当然の親父であるの、長男が仕事を終えて、帰宅してからの出発でして。こっちに着いたは、9時頃かと。

イヤイヤ、車で、嫁はんと、亀岡駅まで、迎えに行ったですが。案の定の、出迎えの車が一杯でねえ。オッとの、早めに出てるが故に、しかるべくの駅の、出入り口ソバに駐められたですが。
駐めても、車を離れる訳にもの、「一般車乗降口」でありまして。乗り、降りのための場所でして。やから、車を駐められるですが。状況、雰囲気からして、運転席には、誰か居てんならんやろなあと。
云うたら、目の前には、警察の派出所もありまして。

変な話、派出所がある方が気楽もあるです。運転席を離れて、アンタなあと、警告せず、違反切符も切らんやろと。当世、違反切符なるが存続してるかは、知らんですが。
かと云うて、ダアレも、車から、離れてえへんのに、離れるのもナと、自重したですが。ソレがため、嫁はんと2人で、来てるですが。
嫁はんは、予定の時刻、8時55分の、5分前には、駅構内えと。私は、車内で、大人しくの、待つ事、着時刻から、10分も経ってから、現れまして。何で。特急が出発するのを、見送ってたと。フウンと。

イヤイヤ、ええなあとするのか、出張は特急ですて。モ一発の、フウンと。
但しの、この時間帯、快速とか、鈍行では、大入り満員の、小さな子を2人も連れては危ないわと。


孫共に、新幹線に乗ったか。ンと。
特急は良かったか。ンと。

孫娘の方は、一応の会話は出来るです。4歳半でして。孫君は、まだ、2歳と4ヶ月で、会話は成立しませんですが。様子からして、喋れんまでも、こっちが云うてるの意味は分かってまして。
最近になってから、ンや、嫌等々、瞬間的言葉は云えるよになってるかと。
その他は、嗚呼、ア、あと、「あ」が大多数なれどです。

そんな意味ならばの、孫娘の方は、基本的会話は成立もしの、下手したら、諸般、アや、コやと、教えてくれたり、致しまして。へえと。
元々が、女の子は口が早くの、おしゃまで、男の子は、口が遅いですが。

でででの、そんな次第の、或る意味、孫娘は、今頃から、数年が一番に可愛い頃かと。孫君は、これから、益々、可愛らしくなる時期かと。イヤ、喋り出せば、面白くと云えば、語弊の、イヤ、事実、面白くなるのかと。
アトは、兎に角、親が居て無くとも、爺で、婆で、相手で、楽しく過ごしてくれさえしたら、有り難いですがと。さもなくばの、相手をしてやるにも、出来ずの、双方、地獄と化すです。

オッとの、にしても、息子はアタッシュ・ケースと、キャリア・ケースの二つの荷物持参の、アタッシュ・ケースは自分ので。仕事ので。
大きいの、キャリア・ケースは、子ども達の荷物でして。
云うたら、親父、親は、子ども達のために、大変やと。
ではあれどの、こんな具合に、預けるの先、親元があって、ええなあと。
イヤ、ホンマやでの、私には、この経験は無いです。ズと、親とは一緒で、「親元」なる、言葉は存在せずでして。嫁はんの里、「親元」なら、存在致すですが。
意味合いが違うわと。
(12/01/29)


NO.2 孫共2人を相手するの話(2) 雪が水になるの話

そんな次第の、斯くなるでの。
当日、明くる日、1月26日<木曜日>の朝には、雪が積もってまして。

オッとの、その前にです。
孫共2人に朝飯喰わすは嫁はんでして。
私の方は、嫁はんが出掛けてしもたアトの、その他、昼飯は何を喰わすか、自分のはと。食器はどれで、喉が渇いたと云えば、どれで、おやつは何をで、どこに置いてあるのかと。
諸般、全部を覚えとかんと、エライ事でして。自分のなら、適当なれどです。

その他、孫君のオムツはどこにで、どんな具合にと。
当世、パンツ方式での、取る時は、横をビリリと、破るですて。丸めて、ポイと、捨てるですて。フウンと。便利やねえと。オッとの、嫁がやってるを見て、知ってるけれどや。見て、知ってるのと、現実、やる可能性の下に、聞くは違うです。

そして、外に出る時には、これこれを着せて、手袋はこれで、帽子はと。
イザとなれば、孫娘に聞けば、全部、知ってるかと。

そんな事で、一通りの事を聞きまして。
嫁はんは、出て、息子は起きて来て。
朝飯喰て、デハと、出まして。
出るに、孫君、自分の荷物を手に一緒に出るの気配で、息子云うに、おまえは、行かへんのやでと。お父さんは仕事やでと。帰るまで、待っててなで、孫君、ンと、うなずきましての、ホンマかと。
イヤイヤ、すんなり、納得しまして。荷物を降ろすし、こっちが、へえと。チャンと聞き分けてるなあと。
イヤ、言葉が喋れえへんのと、理解は違うのかと。
ホンの片言、瞬時、瞬間なら、意志表示が出来てるですが。嫌や、違う、好き、嫌い。程度かなあと。アトの複雑なる意思表示は出来ずに、嗚呼、アアアと。されどの、云われてる事、状況察知は出来てるです。


でででの、出て行くべきは、出てしもて。
イヨイヨの、私めと、孫共3人と相成って。要は、現実問題、婆ちゃんと、親父の姿が消えたらなら、泣き出すかと、思てたですが、さに非ずの、案外に、案外に、元気でねえ。シュンともせずで。
実は、この辺りを一番に心配してたです。
ソラ、婆ちゃんは、良く面倒見てまして。親父は、親父で、爺婆とは、比較対象に成らずの、特には、この爺めは、孫共からしたらの、役立たず。

よって、一言、付け足してるです。
昼飯喰たら、コンビニで、絵本を買いに行こなあと。
2人共に、絵本が好きでねえ。特に、シールを貼る式の絵本がでして。子どもは、何で、この手の絵本が好きかと。絵本とするよりは、シールを貼るの遊びが好きなんかなあと。
での、昼飯喰てからとしてるは、朝から、買いに行ってみい。昼からの時間が保たんわと。

イヤイヤ、別途には、クレヨンと、落書き帳を準備してまして。昨夜から、使てるですが。
コレ又、大変でねえ。描いてる最中に、別途の行動に移るしで、クレヨンが、あっちに、こっちにと。加えての、堀炬燵でして。
すぐに炬燵の下に落としてねえ。
落としては、孫娘、捜してあげると。落とすは、孫君なれどです。孫娘の分まで、落としてくれて。

懐中電灯がありまして。
それを使いたいもありまして。孫娘がです。
且つは、堀炬燵の中に入りたいのもありまして。
オッとの、電気を切らんと、熱いし、危険やしで、電気を切ったり、堀炬燵の布団をめくったりと。云うたら、何度、繰り返したか、やらさせられたかと。
実は、掘炬燵のカバーをしとこかの話もあったですが。何分の、1月でして。寒いわと。当然の、ガス・ストーブも全開にしてるですが。風邪を引かせんよにと。


オトトの、そんな次第の、斯くなるでの、まずは、孫娘からの提案、頼み事。
朝には、雪が積もってまして。
見せて欲しい、見せて欲しいと。云うしで、抱っこで、窓越し、目隠しをして無い高さにしてやって。積もってるなあと。神戸は、雪はあらへんかの、こんなには、あらへんなあと。フウンの、神戸は温かで、ええなあと。
での、孫娘、お水になるのを、見てみたいと。フウンと。雪がお水になるを知ってるのかと。イヤ、最早の、孫娘、会話に苦労はしてませんでして。想像以上に表現力、語彙豊富。

でででの、ホナラと、上着を着せて。孫共にです。
ガラスのコップと、小皿を持って、3人して、外に出まして、雪の収集。コップと、皿に入れまして。イヤ、どっちが、見易いかと。
例によって、例の如くの、我が家の前だけ、寒冷地帯での、雪が残ってまして。道の真ん中は車が通って、溶けてるですが。端々には、残ってまして。云うても、約の数ミリ程度。

部屋に持ち帰って、さあ、どんな具合になるやろなあと。
見てても、ナカナカに溶けぬが故に、その間、絵でも描いてるかと。
オッとの、孫娘、これがお爺ちゃんで、お婆ちゃんで。これが自分でと。これが、イチゴで、これが、お父さんで、お母さんでと。正直には、人物には見えんけれどや。イチゴは何でと、問えば、好きなんやてえ。フウンの、アトで、買おたろかと。ンと。

云うてるの間にも、孫娘、気になって、気になっての、雪の溶け具合がで。何度も、何度も、置いてるの、台所に行きまして。まだやなあ。まだやなあと。
その間にも、次第に溶けて来ましての、水になって来たなあと。ソやなあと。
での、ついには、水と化しの、小さあなったなあ。そやなあと。何でえ。あのなあの、何でやろなあの、実際問題、この年齢の子に説明なるは、難しいねえ。まさかの、密度が、結晶が、云々なんか、通用しやへんわの、サテの、どんな具合にの、雪が万歳したはったのが、手を下げて、足も狭めて、お座りしやはったのかなあと。
フウンと。
(12/01/30)


NO.3 孫共2人を相手するの話(3) コンビニに行くの話

オッとの、それで、孫娘が理解したとは思わんですが。
何度も、何度も、台所に置いた、雪を入れた、コップと、小皿を見に行きまして。まだやなあ。まだやなあ。
モ一寸やなあと。
遂に、雪が溶けて、水になったら、モ1回やりたいと。へえの、外は寒いのにと。

実は、雪だるまを作りたかったらしく。
されどの、最早の道路の中央部に雪は無く。端々だけでの、それも、数ミリ程度。とてもや無いけれどの、雪だるまを作れるの量では無いです故、再度の雪収集に出たですが。雪が溶けて、水になるの、ジッケンが終われば、公園に行こと。
良し、分かったの、行こかと。

再度、再々度の、重装備をしまして。
帽子を被って、マフラーをして。手袋して、3人して、出掛けたです。孫共の手をしっかり、握りまして。
さもなくばの、団地内、町内会の中と云えどの、車も案外に走ってまして。危ない、危ないの、町内会には、公園がありまして。砂場、ブランコ、滑り台、鉄棒、ジャングル・ジムがありまして。

公園がソバになれば、視野に入れば、走り出し。孫娘がです。お姉ちゃんが走れば、孫君もと。まあなあ、そこまで来たら、距離も知れてまして。ソバに車さえ、来てなければ、手を離しの、開放してやって。


孫君は、ブランコをしたがるですが。危ないねえ。押してやったら、ブランコが振れるですが。下手したら、勝手に降りる故に、余りに強くも押せず。押して、降りられてみい。ブランコの台にぶつかるです。
その辺りの計算は無理でして。
孫娘は、自力で、漕ぐが出来ず。押してくれと。こっちは、押せば、喜ぶの余裕はあるですが。あっても、これ又、強くは押せず。

孫君は、滑り台が好きでして。イヤ、自力で、階段を上がれて、滑り降りるは出来るです。器用に足で、靴で、速度を調整してまして。イヤ、滑り台の両脇を靴で、抑えて、ブレーキにしてるです。

ジャングル・ジムは、この時は、2人共に乗り気で無く。
イヤ、登ったは、登ったですが、すぐにも降りて来てねえ。実際には、ジャングル・ジムが冷たいかと。ソラ、手袋して登るは滑るし、危ないし。外して、登らせてるです。
そして、孫娘曰くに、雪だるまをと。そやけどなあ。公園には、雪は残ってるものの、少なくて。こんな程度ではアカンでと。
又、次の時、雪があったら、雪だるまを作ろかと。ンと。

ホナラの、今度は、コンビニに行きたいなあと。
オッとの、コンビニとは、何を意味するかとなればの、絵本を買いに行きたいの意であっての、ソは易々の行くモンかと。
約束した限りは、行くけれどや。行って、絵本は買おてやるですが。兎に角、本日1日、保たさんならんです。イヤ、昼飯喰たらと、してまして。
ホナラの帰って、昼ご飯にするかと。2人して、ンと。
沢山食べんとアカンでと。ンと。

沢山食べたら、一寸だけ、おやつも買うかと。ンと。そしたら、帰ろかと。
イヤ、当日、1月の26日は寒うてねえ。ソラ、雪が降る程でして。
再びの、2人の手を繋いで、帰宅でと。帰宅したら、こいつ等の、食事の準備で、嫁はんから、聞いてるの材料をば出しまして。カボチャを好きらしく、細かくしてあっての、それを見せたら、喜んでねえ。

幾つ食べる。沢山と。フウンと。云うたら、私め、カボチャは苦手でありまして。
当然の主食、牛丼がありまして。孫娘は、ご飯に掛けるの方式が好みで、孫君は、別々にが良いらしく。とは、嫁はんから聞いてましての、そのよにしてやって。
2人が食べ出し、ホとしてたら、何か忘れてると、沈思黙考の、オッとの、自分のを準備してへんゾと。孫共のをしてたら、自分の事を忘れてしもて。


斯くなる次第の、そんな次第での、孫娘は想像以上に良く喰てねえ。
処がの、孫君は小食になってまして。
イヤイヤ、過日は反対であったかと。孫娘は、殆ど食べずで、孫君は大食であったですが。逆転してるです。

喰たら、早よ行こと催促するけれどや。諸般、後始末もしんならんわと。一寸、待てと。行くは行くし、ウソは付かんわと。されどの、するべきはしてしまわんと、出られへんわの、クレヨンで、絵でも描いてなさいと。ンと。

斯くしての、諸般の後始末も終われば、今度は、クレヨンが足らんの、何が無いの、堀炬燵の下を捜したり。懐中電灯を出して来たりの、やっとで、見つけて、又、出掛けるの準備と相成って。
イヤ、コンビニに連れてってやらんならんわと。

しかるにの、どこのコンビニにするかもあるですが。
近くの方、「ミニ・ストップ」は、何度も行ってまして。大体が、そんなに種類が有るで無し。本屋で無くの、コンビニでして。
別途の、一寸、離れたのコンビニ、「サンクス」もあるですが。信号、国道9号線を渡らんならんです。まあ、止めとこかと。それもあるし、別途、何度か、足を運んでるですが。そもそもが、「サンクス」に、子ども用のがあったかなあと。

後日、別途の用件にて、行った際、探せど、見つからずの、本は、漫画本、週刊誌等々置いてはあるですが。子ども用のが見つからんでねえ。店員に尋ねたならばの、子ども用のは置いて無いですて。フウンと。

そんな事で、当日、行かずに、良かったですが。
さての、此度も、「ミニ・ストップ」にしたですが。代わり映えしてへんでねえ。
イヤイヤ、兎に角、好きな本を選びなさいと。
(12/02/01)


NO.4 孫共2人を相手するの話(4) 絵本選定の話(1)

何の話をしたかったか、失念の。
ハタと思い出したです。
過日、そのハタと。
行こかと、嫁はんと、参拝したです。どことなればの、「出雲大神宮」
イヤイヤ、目的はあるです。御礼と、祈願と、願望、欲望、その他諸々有りまして。諸々は、願望、欲望の類なれどです。

御礼なるは、諸般、心配事がありまして。
第三子、孫君2号の件でして。イヤ、問題解消、霧散で、ホと安堵の、御礼でして。私の方も、「日光角化症」も無事に除去出来ましての、ついでの、御礼でして。日も経ち、傷口も、目立たんとは云えんまでも、違和感無く。
ソラ、この歳、60とン歳。頬には、シミも出来てまして。称して、老人斑(ろうじんはん・老人性色素斑)も目立ってまして。手術痕があっても、髪の毛で、隠れるの辺りでもありまして。オッとの、伸びて来たらの話なれどです。
まあ云うたら、余程に気を付けんと、第三者には、分からんわと。
<参考=「単なる雑談NO.77」日光角化症の話>

孫共を伴い、長男が戻った時<1月25日>にも、思たよりは、、目立たんなあと。
その時には、血痕、血溜まりも残ってたですが。現在唯今、抜糸より、一週間以上が経過で、消えまして。

オッとの、祈願なるは、子孫繁栄、五体満足、五穀豊穣。
願望、欲望なるは、ソラ、沢山、山程、海程、何個でも。まとめて、満願成就祈願。

イヤイヤ、私め、我が一家に何かあらば、「出雲大神宮」に参拝してるです。但しの、当然の、耳に入ったらの話の、入らん事には、祈願も、御礼も出来ませんですが。
第三子の件を余りに細々も、問題での、概要ならばの、生後1ヶ月の辺りで、風邪引きまして。産院から紹介されたの病院に行きの、風邪薬を処方して戴きまして。での、その延長で、血液検査をしたなら、気になるの結果が出ましてねえ。

原因は、風邪薬の影響かと。
後日、日を開けの、2度目の血液検査でも、気になるの結果がと。
気になるとは、諸般、黒とは云えんまでも、数値が高く。

ででの、更に、1ヶ月経って、三度目では、問題無しの結果で、安心は安心してたですが。念には念をの、過日、孫共が、こっちに戻った際、第三子は、神戸で、嫁が病院に連れて行きの、4度目の血液検査にて、問題無しと相成りまして。
嗚呼、良かったなあと。二度連続の合格かと。
結果、無罪放免と相成ったの、仮に黒であったとしても、早期発見故に、対応出来るですが。

イヤイヤ、或る意味、生後1ヶ月で、血液検査をして良かったとも云えまして。
大体が、風邪でも引かんと、生後1ヶ月での、血液検査は致しませんです。とは云え、当初、嫌な結果が出て、心配させられたですが。先の通り、早期に分かっておれば、その後の検査で、黒なら、迷わずの、即の対応が出来るです。

オトトの、私自身は、諸般、何故か、この子は運の強い子と信じてまして。
先の通りの、万が一の、黒連発でも、早期発見での、対応出来るし、白となりての、万事、目出度しでして。
運の強い子と、思てる。信じてると、現実、白判定での安心は別問題での、「出雲大神宮」に、御礼にと。
御礼も、所謂の、パワー・スポットが二箇所ありましての、両方に参拝させて戴いたです。云うたら、殆どの面々なるは、一箇所のみの、パワー・スポットに止めるですが。奥、山手の方にもと。
云うたら、何やけれどの、余所様、来てるの面々も、二箇所目の、パワー・スポットまでには行きませんです。知らんからでして。境内の案内版には記載されてるですが。
での、パワー・スポットとは、「磐座(いわくら)」の事でして。


でででの、孫娘、孫君<長男>を連れて、コンビニ、「ミニ・ストップ」にと。
イヤ、孫娘、コンビニの、「ミニ・ストップ」なる、名称も知ってまして。へえと。ソラ、私も承知はしてるですが。字も読めへんのが、字は多少は読めても、カタカナ、ひらがなでは書いて無いです。英語、アルファベットで、「MINI STOP」でして。
何で知ってるのかなあと。多分なら、図柄、ロゴかと。


そんな次第の、斯くなるでの、孫娘は、早く、早くと、引っ張りまして。
引っ張るとするよりも、ある段階、ここからなら、真っ直ぐの場所からは、目的地は分かったとばかりに、しっかり、握ってるの手を離そとしまして。困ったヤツやなあと。
離せば、走るの勢いにての、歩道を歩いてるとは云えどの、車も結構多くて、危ないわと。
こっちは、孫君のペースに合わせてまして。
イヤイヤ、こいつも、案外に、走りたがり屋なれどです。且つは、この歳、3歳と三ヶ月で、疲れを知らんの、動いて、動いて、動き回りまして。よって、目が離せませんですが。

イヨイヨの、コンビニに到着も、むしろの私からしたらの、コンビニの方が危ないわと。車の出入りが多くの、こんなチビさんなんか、目に入らんわと。よって、急くの2人を、まだ、アカンと、がっちり、手を握って、離さずの、店内に入れば、開放をと。
開放にて、一目散の、絵本の場所にで、サテのここからが大変の、往々にして、孫君は、持ってるのを、又、買いたがり。姉が欲しいのを、欲しがりまして。
孫娘は、ナカナカに決まらずでして。


トトトの、そんな話は結構の、実際問題、種類もそんなには無く。ソラ、本屋に非ずの、コンビニでして。
以前に買ったよなのばかりでねえ。孫君のは、無いのを見つけたとするのか、孫君が、取ったのを、孫娘に、これはどやと。要は、持ってるか、持って無いかを確認しまして。どちみちの、種類そのものが、少ないわの、女の子、男の子ので、別けたら、半分でして。
精々が、片方、5種類くらいかなあと。
(12/02/03)


NO.5 孫共2人を相手するの話(5) 絵本選定の話(2)

節分となれば、恵方巻き。
鰯(いわし)を頭から、丸かじり<「丸かぶり」とも云う>
此度は、北北西を向いて、喰うですて。喰うに、一言も喋らずは、世間の常識かと。何でかは、知らんの、多分ならばの、商売繁盛、厄払いかと。何でも結構の、無病息災、満願成就に、招福万来。

オッとの、丸かじりは、場合によりの、鰯で無く、単に、恵方巻きをがぶりの、丸かじりとしてるのもあったりでして。真相は私め、歴史学者に非ずの、よ知らんわと。
鰯も当世、高くなりての、我が家では、子持ち柳葉魚(ししゃも)にしてるですが。

イヤイヤ、喰たです。指示通りの、北北西を向きまして。スーパー、マツモトで買い求めたの、恵方巻き、一巻き398円のを。値段なら、安い方で、298円。高いのが、498円。
話簡単の真ん中を取っただけでして。


での、恵方巻きを喰い終われば、豆まきでして。
イヤ、ホンマやでの、日本の行事は真面目に踏襲してるです。
ええ歳したオッサン、私の事なれどの、一合升に、豆入れての、福は内、鬼は外で、福は内と、表と、裏でやるは、気恥ずかしいけれどや。おまけで、嫁はん、豆を準備だけでの、知らぬ顔。
1人で、気恥ずかしいを、グの、愚と、こらえの、大真面目にやりましたです。
毎年、やってるわの、1人でなあ。

外にまいたの豆はそのままなれどです。福は内の家側にまいたのは、回収せねばならぬわの、それも、私め、1人でやらせて戴いたです。オッとの、回収は毎年での、福は内の豆は少な目でして。
且つは、勢い良くはまけませんです。放れませんです。回収が大変でして。
とは云え、毎回思うは、福は内は、モっと、勢い良くやるのが、ホンマやろなあと。
とは思いつつの、回収前提故に、ソは出来かねて。

豆まきが終われば、歳の数、数え歳の分、喰うになってるですが。
それこその、この歳、60と、ン個を喰てみい。腹壊すゾと。壊すかなあと。

云うたら、息子共が、小学生時代までは、家族全員でやってたけれどや。息子共も、中学生にもなれば、付き合わず。息子共が付き合わねば、嫁はんもで、結果、以来、私め1人でやってまして。
あほくさと。

イヤイヤ、思うですの、神戸、長男宅では、やってるかなあと。
娘と、息子が居てまして。やれば、喜んで、参加してるやろと。ええなあと。
ホンマやでの、1人でやってたら、空しさがと。されどの、縁起モノでしての、欠かさず、やらせて戴いてるですが。今時、余所様ではやったはるのかなあと。恵方巻きなら、テレビで、ラジオで、話題にしてるですが。
スーパー、料理屋でも、宣伝してるですが。
豆まきは、宣伝を知らんし、豆では、売り上げに貢献度、僅少故かと。されどの、古来、伝承、本命なるは、節分の豆まきやでと。


オトトの、そんな次第の、斯くなるでの。
何とか、絵本が決まりまして。
おやつも約束故、買い求めるに、孫娘は、「うまか棒」
孫君、「トーマス」の、棒付き、「ぺろぺろチョコレート」
1個、幾らか、値段をチャンとは見てませんですが。十数円、二十数円の世界でして。小さい子のおやつは楽やなあと、精算での、各々を孫共、自分で持ちたいしで、別途に包装は結構の、値段を見て、びっくりの、しめて、2千と、ン百円で、ンと。何でと。
間違おても、2千円で、ン百円のお釣りと思てまして。
ン百円が足らずで、一寸、待てと。

待てとは、約束故に、買うは買うの、計算間違いではと、孫娘が手にしてるの絵本を見れば、千とン百円也で、ゲと。イヤ、音の出るの絵本でして。ソか、音の出るの絵本があったかと。
孫君のも、ええ値段をしてるの、絵本も、シールを貼る式のは、高いなあ。
侮れませんです。

自分が買うの文庫本は、迷て、迷て、吟味に、吟味を重ねて、結果、止める事もあるですが。
当世、文庫本も高いです。イツの間にやら、千円そこそこが主力でして。昔、昔日の、とは云えどの、どの程度の昔日があるですが。単行本のホボの半額が相場かと。500円程度で、あったかと。
オッとの、当世でも、半額かも、分からんの、最早の、余程でなければ、単行本は買わずの、文庫本なれどです。字が読み辛いけれどの、老眼故で。

孫共のとなればの、迷うも、迷わんも、相応に覚悟をしてまして。何でも結構の、喜び、楽しんでくれたらと、ダケでして。
かと云うて、値段の高いに、驚いたけれどや。音出る式故、仕方がないなあと。音の出るの式ねえ。今時の子どもはええなあと。万事、効率良くの、技術的、絵本も、電池かと。シールのにしたって、オモチャと、楽器と、絵本の合体かと。
ソラ、高いわと。

でででの、何でも結構の、詳細理解すれば結構の、アトは、帰りの道中なれどです。
孫娘は、大丈夫でも、孫君がと。片手は、私が握ってまして。片方の手に、絵本を入れた、レジ袋をがっちりなれどの、辛いやろと。持ったろかと、袋を取れば、嫌と、取り返えされて。
かと云うて、時には、バタリと、転けるしと。手はがっちり故に、道にどたりの、転げはさせませんですが。
子どもは、こんなモンやねえ。
自分のは、どしても、何が何でもの、自分の手にシカと、持って、帰りたいです。
(12/02/04)


NO.6 孫共2人を相手するの話(6) 孫共寝たの話

ケンイチ君からメール一発。
節分の豆まき。
幼稚園では、やっているようでして。我が家では子袋になん粒か入ったものを撒きまして、翌朝回収が容易なれど、愛想なし。
近所に恥ずかしいので小声で「鬼は外、福は内」と叫び、鬼が舞い込んで来ぬ内に扉をばたんと閉めるのが慣わしでして。

ソ云うたら、小袋に入った、豆が売ってるよにも、思えたり。イヤ、売ってるですて。
ついでになら、ピーナッツの皮付きのでも、宜しいかと。

ソレでは、御利益がどかなあとの心配無用の、豆は、大豆(だいず)とは指定されてませんの、豆は、「魔滅(まめ)」に通ずで、豆なら、何でも結構かと。
結果、鬼に豆をぶつけることにより、邪気、悪鬼をば、追い払いの、一年の無病息災を願うのでありましてと。

イヤイヤ、過日、過年、同じよな話、そんなメールをくれたゾと。その、ケンイチ君からです。
<参考=「ハデでなく、ブスでもなくNO.2」NO.19 ご両親との面談の話(1) 縁談まとまるの話>


斯くなる次第の、斯くなるでの。
帰れば、帰ったで、孫娘は、弟の絵本が気になって。一緒に見やへんかと。
孫君は、孫君で、姉の本、音の鳴るのが、気になって。一緒にとするよりは、むしろ、そっちが欲しいと、泣き出して。ホナラの交換すればの、絵本は男の子ので、音の鳴る方はどっちでも宜しいですが。

云うたら、孫君は、姉の持つのを何でも、欲しがってねえ。かと云うて、自分のは確保で、シールを貼るの絵本の、肝心のシールを取り上げて。
孫娘の方はシールを取られては、意味が無く。
程無くして、落ち着くべく、落ち着いて。
シールもすぐに貼ってしもてねえ。指定の場所に貼るで無しの適当故で。

とかとか、してる内にも、お腹が減ったらしく。よっしゃと、3時のおやつやなあと、ゼリー菓子を出してやり。食べてるのか、オモチャにしてるかの、グシャ、グシャにしやがってねえ。
グシャ、グシャまでは結構の、食べるに、孫君、容器を落下させてしもて。これは大変の、床の大掃除。
イヤイヤ、親は大変やねえ。息子共にも、こんな時代があったかと。当たり前に、爺たるの私もやけれどの、誰にもでして。

結果、孫娘は、半分程度。孫君は、遊んだだけの、最早の、いらんみたいでねえ。小食やなあと。自分の想定のおやつでは無かったかと。
されどの、或る意味、贅沢やなあと。
オッとの、こんな一歳、二歳、三歳当時の自分の事は覚えてえへんけれどの。ゼリーなんか、小さな子の大好物と違うかと。大人の、イヤ、爺の私でも、好きとするのか、嫌いでは無いのにと。


でででの、そんな事をしてる内に、標的はこっちになっての、孫君、孫娘は、我が膝に陣取りまして。2人に座られたら、一寸、重いですが。
左に孫君、右に孫娘で。どちかとなればの、孫君、眠たソでねえ。よし、一発と、単調なるリズムで、脇腹、お腹の辺りを、手の平にて、とんとんと、軽く叩いてやると、うとうとと。この調子で、寝てくれたら、私も助かるわの、とんとんと。

イヤイヤ、一寸、待ての、寝床を準備しとかんとの、室内<居間>は、ガス・ファン・ヒーターで、暖かくはしてるの、座布団をしかるべく、敷きつめて。アトは、寝てしもたら、毛布でもの、毛布は二階にあるしで、寝てからでも、取りに行こかの、思てる間にも、寝てくれて。
ホと安堵。

ホンマやでの、小さいのを2人を、まともに相手は大変ゾと。
常からなれば、慣れてるですが。私め、1人で、こんなに長時間は、初体験でして。
にしても、むしろの、2人やから、何とか、なってると、云えん事も無いですが。2人で、遊んでくれてる事もありまして。2人で、喧嘩をしてるの事もあったりで。その際は、仲裁もせにゃならぬですが。
どちかとなればの、孫君は、姉と同じよにしたがって。姉は、多少の妥協を出来るよになってまして。
とは云え、原則、仲は宜しいです。孫娘は、弟の事を気づかい、孫君は、姉を頼りにしてまして。オトトの、兄弟故に当然なれどです。

只なあ、孫君、怖さを知ら無さ過ぎてまして。
冒険心、旺盛に過ぎてまして。男の子故に、これ又、或る意味当然なれどの、例えばの、全身で、飛びついて来るは結構の、まともやでと。階段に登るが好きで、降りるが難しく。さあ、抱っこで、降りるかの際、上から、手を万歳の如くに上げて、そのまま、全身を委ねまして。こっちが、体制整えて無ければ、ドンと受けるに大変ゾと。
イヤ、まさしくの、プールに飛び込むみたいでねえ。

とかとか、云うてる間にも、兎に角、寝てしもて。
ソと、座布団の上に寝かせれば、一度、二度と、抵抗してるですが。寝るは嫌と。されどの、目はトロンの、起きてられず。
寝たら、二階から、毛布を持って降りての、掛けてやりの、一丁上がり。

こっちが寝たなら、次なるの標的、孫娘。
寝るか。嫌。寝えへん。
とは、口では云うてるですが、抵抗してるですが、目はトロン。弟が寝た、寝させられたの状況をば承知故に、とんとんをさせず。絵描きに向かいの、ハタと気が付けばの、姿が見えずの、堀炬燵に足元を入れて、うつむけ状態で寝てまして。
イヤ、孫君も、寝るの体制、うつむけでして。フウンの、この姿勢で、良くゾ、寝られるなあの、何でも結構の、寝てくれさえしたら、私め、爺としても、楽やと。

アトは、嫁はんなり、息子が帰って来るを待つだけでして。
ソラ、最早の、4時頃でして。
1時間や、2時間は寝るやろと。
(12/02/06)


NO.7 孫共2人を相手するの話(7) 余談

前回で、おしまいのつもりをしてたですが。
イヤ、話は、余談の、節分の件。

テレビでやってたです。
当世、節分行事の様子をと。
大阪であるのか、東京か。街を歩くの、女子高生に質問一発。節分で、豆まきは何が目的かと。
結果、知らんの子が多いのやねえ。
豆が嫌いやから、投げるとか。あのなあと。鬼撃退のためとするの返答なるは、極の少数派。

イヤイヤ、無理は無いの、家で、節分行事はするの、恵方巻きを食するだけ。これは、恵方を向いて、言葉を発せずの、一気、喰うと。正解でして。
何で、一言も喋らずは知らんですが。検索、探索でもしたら、相応の答えがあるかと、思うの、云うたら、縁起モノでして。何でも結構の、地方、地方によりの伝承も異なるの、処により、笑い乍ら、食するの話もありまして。
関東よりは、関西にて、行われてるの話もありまして。
思うに、豆まきは、ソラ、やる方、やらさせらるの、主たるは、当家、家長の役目となりての、一番に恥ずかしいわと。子ども達が居たら、親父は、鬼役やったりで。

私めから、云わせて戴ければの、キリスト教徒でも無いのに、クリスマスを祝い。バレンタオン・デーで、意中の面々に、チョコレートを贈ったりと。
オッとの、我が家でも、真似事、形だけは祝いの、贈ったり、贈られたりと、やってるですが。別段に、悪い事で無しでして。
での、その分、日本の行事も伝承をも、大切にと。
オトトの、恵方巻きが、イツの時代からの習わしになったかは、知った事では無いですが。諸説紛々に過ぎまして。有り過ぎまして。

豆まきの方は、室町時代からではと、されてるです。
これ又、かけ声なるが、諸説紛々にての、「鬼は外、福は内」「福は内、鬼は外、福は内」の説。「福は内」のみの説。
神社により、例えばの、京都福知山の大原神社では、「鬼は内、福は外」と唱えるらしく。目的なるは、鬼を神社に招き、福を民家にと。
奈良金峯山寺では、「福は内、鬼も内」での、集めた鬼を改心させるの行事とか。
とかとか、場所、場所にて、好き勝手。
とは語弊の、独自の解釈、説法、理屈、屁理屈、何でも結構の、要は、悪鬼、邪気、悪霊払いでありましての、ホナラの、「鬼は外」だけでも、宜しいかと。
結果、「福は内」は、付け足し、願望かと。

との結論を得たですが。
問題は、女子高生の返答でして。困ったモンやの、親がサボってるかと。
加えての、核家族化が影響かと。
クリスマス、バレンタインにしても、親には無縁の処で、楽しんでまして。ましてやの、孫から、バレンタインでチョコレートを戴けるは夢にものと。


トトトの、話を続けるなら、「孫共2人を相手するの話」も、ネタはあるです。
孫共2人が寝てしもて。
暫くしたら、息子が帰って来ましてねえ。ホナラと買い物にで、目的なるは、孫娘が、「いちご」が好き。欲しいと抜かしたからで。起きてたら、寝ててもです。身動き出来ずの、嫁はんでも、息子でもが帰って来たらと、心つもりはしてたです。

デハと、「スーパー・マツモト」に買い求めにで、なけなしの、小遣いから、鋭意決断の、上等のいちごをと。
イヤイヤ、ホンマやでの、旨そなのをと。
帰って来て、暫くしたら、孫共起きまして。息子は、ホナラと寝てしもて。

別段の、息子のために、買おて来たで無しの、サア、食べるかと。粒が大きい故に、とりあえずは、2個ずつやったら、孫君、チラと喰て。とするより、カジって、固まってしもて。
多分なら、想定の味では無かったかと。食べへんと云えば、叱られるかと。泣きべそ描いてねえ。
云うたら、無理して喰て戴く事も無く。
孫娘は、美味しく喰てくれて。ホナラと、孫君の残った1個も喰うかと。ンと。
私も、孫君のカジったの、1個と、サラの1個の2個喰たですが。ナカナカに美味でねえ。ソラ、上等でして。

斯くしての、私めの、長い、長い、1日。子守の1日も、無事にお役目全うの、無罪放免と相成ったです。
にしても、孫娘1人だけの時は、泣いて、泣いてねえ。ママ、ママと、泣き暮らしの、扱い難くの、その時の状況なるが、トラウマ的になってまして。
こんなに扱い易くなれば、イツでもなれどの、これが、孫娘1人、孫君1人なら、どなるやと。


オマケの、余談の余談。
息子共3人を亀岡駅に迎えに、送りにの話なれどの、亀岡駅前には、バス停の邪魔にならぬの場所に、一般車両の乗降口が設けられてまして。
それは結構の、運良くも、その乗降口に駐めて、待ちの、送ったですが。嫁はんは、迎えにの、送りにの、駅構内に入ったですが。こっちは、原則、運転手として、車内に止まったですが。

嫁はんを待つの間にも、家族を迎えにの車が、ドンドンと増えまして。
増えても、駐まれるの場所、台数は限られるですが。亀岡駅なんか、亀岡市の駅ではあっても、所詮は、ローカル駅でして。規模は知れてるの、余裕でなら、精々が、3台分かと。無理して、強引になら、5台かと。
それ以上に、増えて、どなるかとなればの、二重に駐めやがってねえ。

意味なるは、ロータリは、道路で云えば、三車線分。内側一車線が、本来の駐めるの場所での、私め、当然のそこに駐めてるですが。且つは、他の車の移動を配慮しての、駐めてるですが。結果、3台となるですが。
そこに、二車線目に、我々に覆い被さるよに、重ねるよにの、車を駐めやがってねえ。詰めて、詰めて、駐めるが故に、7台、8台での、車間距離も無視。

オッとの、駐めるの場所では無いの、話簡単の、嫁はんが戻って来て、出るに出られえへんわの、非常識にも、程があるです。イヤ、出られる程度の間を開けてくれてるなら、腹も立たんの、出るに、出られませんです。
とは云え、何分かしたら、列車も到着にての、待ち人到来の、出よるですが。そこまで、待ってんならんのかと。こっちの方が早くに来て、アトから、来たヤツの、アトにしか、出られえへんのかと。

万事、当世、こんな具合になってましての、余所様の事なんか、我れ関せずの、知った事かの、無遠慮でねえ。
無配慮でねえ。
ナラバの、斯様な場合、駐めるの場所が無いならばの、私なら、どしてるかとなればの、ロータリがだめなら、近在の、適当なる、邪魔にもならぬの場所に移動致すです。空いてなければ、しょがないわと。
待つにしたって、当世、ケータイもあるやないかと。オトトの、ソレ以前の、可能な限り、余裕を持って、迎えに出てるです。
(12/02/07)


NO.8 孫娘のお雛さんは口実の話(1) 墓参の話

過日、神戸長男宅にと。
名目、嫁はんが、孫娘のお雛さんの片づけの応援。
私にしたら、分かったよな、分からんの口実でして。
そんなモン、応援なんか、いるかと。

そもそもが、お雛さんなるは、3月3日でして。
私が承知の話ならば、出来る限り、早めに飾り、3月3日の本番が終われば、速やかに、片づけるが世の慣わしでして。理由は簡単の、早くに片づくよにと。言葉、変更なら、早くにお嫁に行けるよにと。
との、親の願望がありまして。

での、神戸の長男宅には、3月17日<土曜日>に出発でして。
本来、私は行くのツモリはしてませんでして。後片づけに私までもと。
当日には、「芋煮会」が予定されてまして。原則、そっちに行くにしてたですが。天気予報により、雨天のため、2週間延期と相成ったです。イヤ、好都合での、24日なら、町内会の、「期末総会」が予定されてまして。
又、午前中には、「漢方外来」に通院を予定してるの日でして。
当日は、墓参も予定してまして。

イヤイヤ、本来ならば、月初めに墓参をしてるですが。諸般、「漢方外来」に通院の日に、同時にと。
昨年<2011年>1月に通院以来、そのよにしてまして。


一寸、話が逸れるですが。
3月3日の土曜日には、二男夫婦が戻りまして。「ふないの里」に母に面会に行ってくれたですが。
<参考=「禁断・奇談NO.6」NO.52 入所から2週間の話(1) 面会の話>

その日、二男夫婦には、墓参もしろよと、申してたですが。
理由は諸般あるです。

コレ又、古来、迷信、伝聞の類、云い伝えがあるです。
イヤ、仏壇があれば、挨拶は当然。他家でも同様の、但しの、特別なる理由の無い限りは、友人、知人宅での仏壇にチンは余計の、原則、親戚縁者宅の仏壇でありまして。
その上で、生き仏<親兄弟等々>には当然の、ご先祖様にご挨拶のための、墓参を出来る限り頻繁にと。
頻繁にも、東京、北海道、九州、沖縄等々、遠くなら、仕方が無いけれどや。交通費だけでもバカに成らずの、それでも、出来る限りの頻繁にと。
オッとの、何がための、話かとなればの、嫁をご先祖様に認知して戴くがためでして。

まあ云うたら、柴田家の嫁を宜しくと。子孫をと。宜しくとは、ご加護をと。
ホカに誰が守ってくれるやの、家族でありの、ご先祖様でありまして。心の支えでありまして。
話簡単の、一度も墓参に、仏壇に、お参りをせぬよな、疎遠なるの、嫁、子孫を如何様にして守れるやと。イヤ、守ってはくれるですが。イザの、オトトの、どれが、嫁で、子孫かと。
半分冗談、半分大真面目の、自分が大切なら、家族が大切ならばの、ご先祖様を大切にと。


イヤイヤ、ホンマやでの。
我が嫁はんの里にはお盆休みで、全員が四国に行くですが。そこで、私にとっては、義理の父の墓参、仏壇にお参りしてるですが。当然の事でして。
されどの、私共、夫婦は必ずや、事前にも、当家、柴田家の墓参をしてまして。
これ又、当然でして。

云えば、正月には、全員で、柴田家の墓参はしてるですが。お盆はどなんやと。四国に行く故、全員での墓参は出来てませんでして。個別に行くしか無いの。
オッとの、こんな事に強制は無いです。或る意味、年に一度、正月に墓参するだけでも、宜しいかと。宜しいとは、全くの墓参なんか、想定外の面々も多いかと。
とは云えどの、私からは、大いなるの不満。

オトトの、そんな事で、二男夫婦には、理由までは申さんの、墓参をと。しといてやと。過日、3月3日に云うてたですが。長男宅に居てた日、日曜日に、二男から、嫁はんにケータイ一発、今、墓なんやけどと。
と云うたかは知らんの、ローソク立てが2個もあってなあと。ンと。当家のなら、苗字を明記してたですが。それが無いのが2個らしく。


他家のを使う訳にもで、やめとけ、やめとけと。
イヤ、東本願寺祖廟の、ローソク立ては固定では無いです。強風があれば、吹き飛ぶです。よって、しかるべくの、墓石の間、線香立ての石と、花立ての石の間に置いてるですが。良く、無くなりまして。

そんな次第の、斯くなるでの、嗚呼、行ってくれたかと。早速にもと。良かったなあと。


での、話を戻しまして。
当日、雨天。
池田街道を池田方面に。くねくねの山道を過ぎた時。丁度の良い処に、休憩とするのか、トイレを借りるに、「ジャパン」がありまして。
私め、外出先で、道中、小用には用事があれどの、大の方は、まずは、有り得ませんが。珍しくも、催しまして。
トイレに駆け込み、大をと。スキリとしたは宜しいですが。小用の方が中途半端でねえ。まあええかと、「ジャパン」は、前回、前々回かに、構内禁煙になったかで、従前、店の前には、灰皿があったのが、消えてまして。
構外、道路に出て、ケータイ灰皿にて、タバコ一服してから、出発の、買い物もせず。大体が、買い物せずの、小用だけなれどです。時たまには、買い物もするですが。

そんな話も結構の、ここから、中国道の、宝塚インターまでが、案外に混んでまして。まあ、ソレも、何とか、突破の、中国道に入った辺りで、今度は、小用をと。催しまして。
くどいけれどの、この道中で、2度も、トイレ休憩する事は無いですが。
安全を見て、SAでもあればと。イヤ、承知してるですの、「西宮名塩SA」があった筈の、入った事は無いですが。鋭意決断の、行っとこかと。

オトトの、これが、大入り満員の、車が数珠繋ぎでして。
されどの、ここまで来たら、意地にでもと。さもなくばの、長男宅まで、保たんわと。
そらなあ、その段階では、切羽は詰まってませんでしたが。待つ間、駐車場所に駐車が出来るまでに、切羽詰まってしもてねえ。

ここでは、充分に出すべきを出しまして。
又もやの、タバコ一服の、喫煙場所にと。
当然の灰皿のあるの場所でしか、吸わんですが。吸うてましたら、スーツ姿の男性、若いのが、プロモーション何たらでと。云うてる台詞がよお分からんの、キャンペーンが何たらの、さっぱりの、プロモーションで、そんな団体さんを誘導してるのかと、思いきやの、テントがあっての、中には、妙齢の美女が居てまして。一体、何のキャンペーンをしてるかと、思いきやの、出て来るの面々が、タバコの箱を持ってまして。ンと。

もしかしてと。
よくよくの、テントの様子を伺えばの、「KENT」を配ってるみたいでねえ。ンと。
タバコを吸い終わってから、呼び込み兄ちゃんに、確認したです。タバコを配ったはるのんかと。只<無料>かと。ハイと。ソかと。
戴くに命まで、取られるで無しの、アンケートでもしてるみたいでねえ。ではと、一発、「KENT」の、テントの中にと。
(12/03/20)


NO.9 孫娘のお雛さんは口実の話(2) テントで、「KENT」の話

私も、洗濯物を干したり、といれたり<取り入れたり>をしてるです。
毎日では無いけれどや。

での、干すは当然の朝方でして。
時たまなら、余所の奥様とばったりとするのか、物干し台で顔を合わせたりも致すです。
イヤ、くどいけれどの、私め、必ず自分から、「おはようございます。」なりの挨拶言葉を発するです。大抵ならばの、先様からも、返答がありまして。

ででの、過日、干してましたら、余所の奥様。但し、裏手三軒、両隣では無いの、一寸だけ、離れてるの奥様なれどです。その奥様が、物干し台でして。
正直には、この奥様、一度も声を聞いた事が無いです。くれぐれもの、挨拶言葉の話なれどの、委細構わず、「おはようございます。」と、声だけ掛けて、応答はあっても、無なかっても、どっちでも結構の、やるべきをやりまして。やるべきとは、当方からの一声、挨拶の意でして。

聞いてるです。
私にだけでは無いの、物干し台で、誰様に顔を合わせても、一言もと。そもそもが、見てくれも、向いてもくれず。
ホナラの無愛想かとなればの、ご主人が一緒なら、愛想良く。ニコリとして、お辞儀をされたりと。へえと。

での、挨拶した限りは、当然の先様の様子は伺うの、こっち方向、全くの無視の、よお見たら、パジャマ姿でねえ。ンと。
その程度、ローガンでも分かるわの、云うたら、何やけれどの、先様、妙齢では無いにしても、一応は、女性でして。男の私でさえ、普段着ではあっても、パジャマ姿で、物干し台に出るは考え及ばんの、断じて、無いゾと。
ソラなあ、外部から、見えるの場所、裏庭であってもです。下着姿、パジャマ姿で、ウロウロなるは、考えられんです。

忌憚無く申せば、裏と、表が有り過ぎるの、差がデカ過ぎるの、化粧もせずで、余所様に素顔を見られるのが、嫌かと。嫌なら、嫌で、化粧でもしてから、外に出て来たらと。物干し台は紛れ無くの外でして。
まあ云うたら、お上品では無いです。上等とは云えませんです。

かと云うて、出先、外でばたりで、先様、にこやかで、私め、ブスともしてませんですが。出来ませんですが。

オトトの、そらなあ、パジャマ姿で、外に、玄関先に、一度もは大袈裟の、過去何度かあるけれどや。夜の遅くに、呼び鈴、りんりんの、既に、風呂にも入って、パジャマに着替えてるならです。
そして、玄関先に、パジャマ姿で、出たは一度だけあったですが。
これこその、朝の早くに、呼び鈴、リーーん、リーーんの、相当なるの、脅迫、威喝をされた際の1回だけ。誰とは云わんの真向かいの男、異常者が来た時でして。
<参考=「不可思議の世界NO.8」NO.102 如何に解釈するかの話(3) 一つ目の犯罪行為の話(1)>

よって、早朝、真夜中なるは、訪問はひかえるべきが常識でして。
ではあっても、パジャマ姿で、洗濯物は、尋常なるの思考回路に非ず。恥じらいを感ぜず、人目を気にせずの、この手のが、男女を問わず、散見するよになってるは嘆かわしいかと。
ホンマやでの、パジャマと違うかの恰好にて、コンビニ、スーパー・マーケットに来てるの若き男女が居てまして。
私もパジャマで、運転はあるですが。当然の、その上に、上着を羽織りの、ズボンを履き替えまして。言語明瞭には、二男が最終電車で、寝過ごしの、園部駅にまで行ってしもた時かと。これが、一度や、二度であらへんでねえ。
終電車故、真夜中なれどの、道中何があるか、分からんし。駅ででも、車から二男が見えずなら、出て探すに、パジャマ姿では恰好付かんわと。


でででの、そんな次第の。
18日、二男夫婦が墓参の件、彼岸やしと。とは、嫁はんにケータイでの話なれどの、時期が時期だけに、東大谷祖廟駐車場も超満車であったらしく。


そんな話は結構の、この日、神戸に出発の日、土曜日は、雨天。
とするのか、降ったり、止んだりの天気でして。
トイレ休憩、タバコ一服の、「西宮名塩SA」には、12時、時分時。
ソラ、満員御礼状態、車は数珠繋ぎでして。
適当なる場所で、駐車の空きが出来るまで、待たな仕方の無い状態でして。

どっちにしたって、用を足しの、喫煙場所で、タバコ一服してましたなら、兄ちゃんが、プロモーションが何たらでと。イヤ、喫煙場所を向いてでは無くの、駐車場を向いてまして。
私らには無関係と思てたですが。テントも喫煙場所のソバにあったですが。テントと、兄ちゃんの関係も当初、分からんでねえ。精々が売店のテントかと。にしては、その他のテント、売店からは、離れてるなあと。

よくよくの観察してたなら、テントから、出て来た、別途の兄ちゃんが、タバコ一箱手にしてまして。ンと。
もしかしてと。
プロモーションとは、タバコのキャンペーンの事かと。イヤ、テントのどこにも、タバコの、「タ」の字も、記載されてえへんでねえ。但しの、中に居てるの姉ちゃんの衣装には、「KENT」の文字がで。
一発と、声を張り上げてるの兄ちゃんに尋ねたです。只で、タバコが貰えるのかと。ハイと。ソかと。

鋭意決断の、テントの中に入れば、妙齢の美女が2人。要は、あっちの入り口と、こっちの入り口に居てまして。
入れば、妙齢の美女、アンケートにお答えくださいと。ハイ、承知の、第一問、「未成年ではありませんねえ。」と。ンの、一瞬、聞き間違いかと。
この風貌、この恰好で、未成年なら、化け物ですが。真面目に、未成年ではありませんですと。

デハ、現在、どの銘柄を吸うておられますかで、サテの、昨年には、「KENT」も吸うてたですが。東日本大震災の余波で、日本たばこが、供給出来ず。
又、それまでは、「キャスター・マイルド」であったのを、この際と、日本製に切り替えるに、Box型で、ロングがええなあと、「マイルド・セブン」の、3ミリの、長いのに決めたです。
オッとの、返答は、「マイルド・セブンの、3ミリです。」と。

アンケートとは、この2問のみで、ではと、貴方様には、これをと、新製品ですと、「KENT」の、1ミリ、エキスパートをと。Box一箱をくれまして。喜色満面のオオキニと。
イヤイヤ、こんな場で、タバコ1箱、戴けるは夢にもの。そもそもが、初体験でして。
オッとの、箱には、「SAMPLE」と明記してあるです。
要は、「非売品」かと。
(12/03/21)


NO.10 孫娘のお雛さんは口実の話(3) 孫娘、孫君の話

ホンマやでと。
パジャマ姿で、物干し台も、余りに思慮分別が無さ過ぎて。無防備に過ぎて。
イヤ、世間体を構て欲しいナと。
構う事で、バランスが、規律が、保たれるです。世の常識が、常識になるです。強いては、犯罪も少なくなるです。
まあ云うたら、先様、奥様は、そんな具合には、躾がされて無かったかと。親が親なら、子も子でして。称して、お里がばれると申すです。
イヤ、何とも、思てえへんから、そんな恰好で、外界に姿を晒すです。ソラ、瞬時、1秒、2秒、精々が、5秒以内で、用事が済むならやけど。ソレでも、物干し台に出るに、網戸を一寸だけ、開けまして。周辺の様子を伺いまして。ンの、ダアレも居てへんなら、大急ぎで処理をの、気持ちや、気持ちの世界かと。
ソレを平然の、正々堂々かは知らんの、用事をしてるよではナと。


ででの、過日、散髪にと。
以来、3ヶ月ぶりでして。髪の毛伸び過ぎの、鬱になりての仕方無く。
イヤ、過日より花粉症気味で、鼻水タラタラ、クシャミをしたり。目が痒うなったりでして。さりとての、自分で云うも、不格好でねえ。死語か、差別用語か、自分に対してなら、宜しいかの、ルンペンみたいでねえ。
髭は剃ってるしで、左程でも無いですが。

イヤイヤ、散髪に行くにも、気を使うです。
顔を剃られてるの真っ最中に、ハハハの、ハッ苦の、ションではナと。余計な場所を剃られてみい。ビックリされてみい。鼻水タラタラでは、散髪には行けませんですし。散髪する人も、嫌やろしで、敬遠されるかと。
目が痒くて、ウズウズし出すも困るです。
よって、過日、「鼻炎」の薬を買い求め。花粉症によるの、目の痒いの、対応薬も買い求め。そして、喉飴も幾つか準備、ポケットに忍ばせの、イザの、散髪屋にと。

結果、途中で、喉飴が切れましての、喉がイガイガし出しの、ハハハの、八苦の、ションの可能性、兆候、気配もあったですが。ナラバと、委細構わずの、斯くの、然でと、説明の上、ポケットから、取り出したるの、喉飴をば、補充したですが。
当然の空袋は元のポケットにの、お持ち帰りの礼儀は弁えてるです。
での、無事に散髪を終えての、ホと安堵の、家に戻って、ハハハの、八苦の、ションの連発でして。
もしかしたら、花粉症から、風邪になったかなあと。


でででの、そんな次第の、斯くなるでの。
本来ならば、丁度の昼。12時頃には到着のつもりが、元々が、家を出たが遅かったですが。そもそもが、鼻炎の薬は、その日、近在の、「ダックス」に寄りましての、買い求めたです。在庫切れ、弾切れに相成りでして。

目薬は、その前日夜かなあと。
急激に、目が痒くなりまして。夜の、8時では、「ダックス」は閉店での、別途の、「ユタカ」に出向いたですが。一番に安い、ロート製薬のにしたですが。
云うたら、何やけれどの、同じ効能、成分が記載で、何故に、値が全然の違うのかと。
イヤ、ロート製薬の目薬は、安いから、ソレにしたですが。他社のは、千円札で、十円玉、2枚程度の釣り銭かと。
イヤイヤ、痩せても、枯れても、ロート製薬でして。粗悪品である筈が無く。話簡単の、3倍も値が違うです。
しかるにの、神戸では、持参の、鼻炎薬も、目薬も使わんかったです。亀岡と比較で、花粉の飛散が少ないのかなあと。


そんな話は結構の、着けば、既に、1時に相成ってまして。
昼食の焼きそばをご馳走になりまして。
この日は、どこに行ったか、夕食の手巻き寿司のネタを買い求めにで、どことは知らんの、車で約半時の、魚屋にと。

そんな話も結構の、孫君、少しは喋るよになってまして。
喋るも、大した言葉は出来ませんですが。但しの、イツの頃からか、喋れんまでも、こっちが、云うてる事はホボ分かってまして。返事は、嫌は、嫌。良いは、ウンと、意思表示は明確でして。
此度も、「パズル」と云い。「しよ」と、持って来たり。

「カルタ」も一緒にと、孫娘と3人でやったですが。イヤ、字は読めるのかと、思てたですが。案外に分かってまして。何枚かは、取れてましての、へえと。
果たしての、字を覚えてるのか。カルタの絵で、覚えてるのか、定かでは無いですが。とりあえずは、2歳と、5ヶ月目でして。フウンと。

その辺り、孫娘は、イツの間にやら、4歳と9ヶ月。喋る、喋る。
女の子だけに、よお喋る。

そして、絵本を読めと、ちょこんと、我が膝の上に座りまして。
ソレをされたら、無視も出来ず。ごろりと横になってたいのに、ソレも出来ずの、フウンの可愛らしいなあと。

イヤイヤ、ホンマやでの、小さいのを相手も、タマに故に、疲れるです。同じ事ばかりをさせられて。
されどの、孫故、爺婆を相手にもしてくれるのかと。

有り体には、テレビで、余所の子どもの写真等々、映像を放映したり、してるですが。イヤ、中には、確かに、可愛らしいなあと、思うの子のもあるですが。原則、小さな子は可愛らしいは事実なれどの、テレビで見せられる程のモノは少ないゾと。
まあ云うたら、親バカ、爺バカの最たるかと。

我が孫故、何をされても、腹立たず。云われても、ソかと、聞いてられるし、諸般、気も付けるですが。
余所様のを、ひやあ、可愛らしいねえと、驚嘆してるの面々はウソかと。

オッとの、くどいけれどの、原則、小さな子は可愛らしいわと。
ウソかの以前の、名実共に、こんな可愛い子がと、思えるの子も存在は事実なれどと。
(12/03/22)



inserted by FC2 system