孫共の話NO.3


孫共の話NO.1 孫共の話NO.2

孫娘NO.3 親父、爺NO.16
ハデブスNO.12 孫娘の話NO.11
題目一覧表

目次

孫共の話NO.4

NO.30 早めのクリスマス・プレゼントの話(1) 孫娘の話

NO.29 長男家孫共3人、3人しての、七五三の話(6)

NO.28 長男家孫共3人、3人しての、七五三の話(5)

NO.27 長男家孫共3人、3人しての、七五三の話(4)

NO.26 長男家孫共3人、3人しての、七五三の話(3)

NO.25 長男家孫共3人、3人しての、七五三の話(2)

NO.24 長男家孫共3人、3人しての、七五三の話(1)

NO.23 イツの間にか、恒例の本屋(2)

NO.22 イツの間にか、恒例の本屋(1)

NO.21 親父の命日の話

孫共の話NO.2


NO.21 親父の命日の話

諸般、諸々のです。
長男一家、5月31日、来ましてねえ。主の目的、当家に非ずの、嫁の実家でして。そっちの内容、割愛致すですが。

要は、この日、5月31日となればの、我が親父の命日でして。
平成3年<1991年>でして。ンの、来年<2015年>には、25回忌に成るなあと。
オッとの、それが、命日云々で、来たで無いの、先の通りの、別件でして。こっちには、ついでの事でして。

葬儀が、明くるの、6月1日でして。変な話、その日が親父の誕生日でねえ。誕生日の、1日前、80歳で、他界したになるですが。
来たついでと、云えば、何ですがの、しかるべくの、政<まつりごと>、年会をば、来年の6月なり、5月のええ日にしんならんなと。結果、5月の連休辺りならなと。そやなあと。

での、諸般、息子一家、昼直前に着いての。
着いて、即の、近在の、マクドナルドでもの。昼飯喰てねえ。
喰えば、夫婦で、あちら、嫁の実家に向かうが故、孫共3人、こっちで、預かるになっててねえ。
イヤ、一向に構わんですが。買い物にも行かんならんしねえ。3人分の、チャイルド・シートを我が愛車に乗せ替えまして。3人分のと、なればの、嫁はんの座るの場所、殆ど無くなるですが。何分の、カローラでして。

とも、云うてられんの、載せ替え、近在のスーパー、「マツモト」えと。
これがなあ、孫共3人となればの、歳が、歳での、最高齢、孫娘の、ピカピカの一年生やしなあ。後の、孫君1号、2号、目が離せませんでしてねえ。好き放題、勝手放題の行動してからにねえ。
コレ又、仕方が無いの、重々覚悟してるですが。
ンの、オヤツ、1人、1つ、買おてやるからと。お菓子売り場の方に向かえば、コレ又、騒がしいてねえ。
イヤ、考えて、選んでるのか。目に付いたのを、適当にか、分からんですが。孫君2人は、相応のを、決めて。孫娘、流石に知恵付いててねえ。ここだけの話の、比較的、高価なるのと、別途に1個、おねだりしやがってねえ。
アカンとも、云えずの、我れ乍らに、孫娘には、甘いなあと。

でででの、実は、この日、5月31日<土曜日>には、母、ショート・スティ先の、「けやき」から、戻るになっててねえ。
正直には、諸般、忙しないの日でして。
そらなあ、買い物も、ユックリとは、してられんの。16時頃に帰るとなればの、15時半頃には、戻ってんとの。ご帰還には、相応の準備も要りまして。

先に云うてしもたら、長男一家、折角故の、一泊してねえ。明日<6月1日>には、コレ又、折角故と、次男一家、来るになっててねえ。
更なるの、先に云うてしもたら、その明くるの日、2日の月曜日には、リハビリ・センター<中期入所>の、「こもれび」に母を伴い、行くに成っててねえ。
モっと、云うてしもたら、その当日、9時には、入所以外の、ケア・マネージャーが、来るに成ってまして。10時には、「こもれび」にと。

いやなあ、31日、母戻るに、これは、先様、「けやき」の送迎あってねえ。
あっても、車椅子移動がため、玄関先には、スロープの設置をせねばならぬの。設置の時には、嫁はんの車が邪魔でして。何分の、広い前庭の邸宅で無く。
今度は、6月2日に、「こもれび」に向かうに、諸般の準備、着替え、持ち物等々、しかるべくの、準備もしんならんしなあ。準備等々、嫁はんなれどです。入所に、送迎あらへんでねえ。変な具合やねえ。

とかとか、それは、それでの、まあなあ、孫共3人も、下のが、動き出しの、走り出しの。ヤンチャは、元々なれどの、コレ、3人、孫娘は流石に、女の子やねえ。全然の違うの、大人しいとするのか、扱い易くなってるですが。男の子はなあ、どもならんわと。
とは、重々承知の。これが、反対では、末が心配なれどです。

男の子は、少々、イヤ、可成り、手を焼くの程で、安心とするのか、当たり前でして。安心も異なれどの。そらなあ、怪我させたり、したら、大変は、大変なれどの、こんなモンでして。
こんなモン以前の、これから、益々の手を焼くになるですが。
息子共2人、その成長過程見てるしなあ。

いやなあ、孫君も、3人でして。
上の孫娘の行動と、当初は一緒なれどの、次第に、男の子と、女の子の違い、出て来てねえ。
どちにしたって、その孫君3人。3人目、次男家の、なれどの、行動パターン一緒。

これ又、流石に、孫君1号、最近では、戸の開け閉め、しんよになったですが。2号、3号、やるしなあ。
やって、ども無いならなれどの、戸の間にでも、指詰めてみい。悲惨ぞと。当世、指詰めんよな、戸もあるらしいけれどや。そこまでもはなの、戸が動かんよにと、孫3号のため、テープで貼るですが。
これが、2号には、効き目無く。
理由なるは、テープも、剥がれ易いのを、使うですが。ソラ、孫共、居てへんなら、テープ不要でして。
チカラが違うのやねえ。2号では、一発、動いてしまうです。そらなあ、1歳、歳上でして。


での、1号、一番にヤンチャ。
当然の事の、4歳でして。爺様、私の事なれどの、肩に乗って来るわの。上で、カラダを左右に動かすわの。頭くしゃくしゃにされるわの。要は、オモチャにしやげってねえ。
コレ、2号、3号では、マダ、出来ませんでして。

コレ又、1号、卒業した頃、2号で。2号、卒業した頃、3号にやられるの哉の。何をとなればの、爺様をオモチャ扱い。
イヤ、やるの年代、やれるの年代、事程左様の、1年、2年でして。
今の内だけでして。

オッとの、これがや。
小学生にでもの。ましてやの、中学生にでも成って、肩の上に乗られたらの。乗られただけで、耐えられんわの。そこで、左右に振られてみい。持ち堪えられんわと。
持ち堪えられんと同時に、心配になるです。マダ、こんな遊びをするの哉と。

そんな次第の、斯くなるでの。
孫共、4人も、成長と共にの、面白いねえ。イツまで、コレが続くやの。イツまでも、コレでは、心配のと。
複雑怪奇也の、心境でして。

そらなあ、孫娘、変顔好きでねえ。可愛らしい顔して、何するやと。
コレも、変顔してるも、ここ数年やろと。
コレは、肩車では無いの。我が膝に乗って来るですが。飯喰うにも、お爺ちゃんの隣でと。云うてくれてるの内が、華哉と。
その内には、バイ菌扱いされたりしてねえ。
(14/06/04)


NO.22 イツの間にか、恒例の本屋(1)

長男家、孫共3人。
当年、揃いの、七五三でして。
七五三なら、大体が、11月でして。正式になら、15日でして。
云い出せば、満年齢なら、六歳、四歳、二歳なれどです。ならばの、去年に成るですが。マ、ええかと。今年やると。

それは、結構の、11月の話が、貸衣装なら、今から、予約しんとアカンのですて。へえと。
且つは、長男家、神戸在住なれどの、京都、「八坂神社」で行うにしてるですが。京都でなら、京都の、貸衣装屋で、着物合わせ、しんならんのですて。フウンと。
確かに、神戸で借りて、着付けして。京都に来て、「八坂神社」でなら、その間に、折角の、衣装、着付けが、グシャ、愚者の、グシャになるやろなあと。

での、過日。
この過日なるは、7月5日<土曜日>の事でして。
こっち、京都に来ると。着付け、予約にでして。ついては、その日、こっち、我が家に泊まると。ンの、結構哉と。
但し、諸般、着付け等々、してから故、到着何時になるか、分からんですて。着付け、借り衣装屋、五条西大路の、「京都市民病院」のソバですて。さよかと。

そんな次第の、斯くなるでの。
この日なるは、私共夫婦、朝から、月参りの墓参でして。
私なら、夜の20時から、町内会の役員会でして。状況より、来た頃には、居てへんやろなあと。居てへんでも、居ても、どちでも結構なれどです。
結果的、役員会出席がため、家出た後で、着いたですが。

私の方、出るに、基本、風呂までは、入ってませんですが。
シャワーして、着替えして。髭剃り、歯を磨き。諸般、役員会えと。
この話、役員会については、気が向けば、別途にと。
いやなあ、諸般、草臥れるの、役員会でしたです。オッとの、チカラ仕事したで無く。気づかれしたの意でして。


での、役員会終わって、帰宅した頃には、孫共、3人、早くも寝てしもたらしく。珍しいなあと。
オッとの、20時開始で、22時半頃になったですが。通例の役員会の後で、諸般、別途の、ミニ役員会したが故でして。余計に疲れたですが。くれぐれもの、中身が故でして。

ででの、夜更かし癖付いてましての、私が、なれどです。2時頃、寝間に行けば、孫娘も、一緒の部屋で、寝ててねえ。予め聞いてたが故、気を付けてたですが。何を気ぃ付けるは、不用心に、部屋に侵入の、孫娘に気ぃ付かずで、踏まんよにでして。
まあなあ、踊り場の灯りで、寝てるの場所、一発判明したですが。

寝床に入って、暫くしてからが、大変でねえ。
いやなあ、どったん、ばったん、寝相悪うてねえ。孫娘がでして。あっちに寝返り、こっちにと。手が、足が、飛んで来てねえ。
薄明かりで、見たら、布団なんか、トンでもの、毛布さえも、撥ね飛ばし。風邪引かしてはと、毛布、掛けてやっても、ン分保たず。撥ね退けて。困ったのヤツやなと。
とかとか、云うたってなあ。暑いんやろと。暑い故、毛布も、不要の、どったん、ばったん。あっちに、こっちに、一回転、二回転の、よお、動くなと。
その度、こっちに、手が足が、飛んで来てねえ。見たら、毛布着てへんし。掛けてやればの、跳ね飛ばしの、云々での、正直、寝てられへんわと。

そして、7時頃やったか。6時代やったか、定かには、覚えてませんの、朝も早くに起きやがってねえ。孫娘がです。
2階の部屋から、1階の居間えと、移動したですが。


いやなあ、斯く申すの我輩、私めも、寝相悪いは承知してまして。
真夜中、目を覚ませば、頭と、足の方向、寝た時の反対。そのまま、寝て、再度、目を覚ませば、元の位置に戻ってたりしてねえ。話簡単の、一回転してるは、常の。下手したらの、一夜、二回転の事あったりしてねえ。
こいつ、孫娘、我輩に似たの哉の。可哀想になあと。

そんな話も結構の。
孫君1号、大人しく。嫁が申すに、熱あると。38度突破ですて。へえと。
下手に動かせへんなあの。孫娘、要求するに、請求するに、本屋に連れてけと。それは、ええけれどの、孫君1号、置いてはなあと。
事実、その話、聞いてたみたいでねえ。本屋に行くの話をでして。自分も行きたい、連れてけと、泣いて、泣いて、ヒックの、ヒクで、困ったなあと。熱出てるの孫君1号連れて、本屋に行くは、考えモノでして。

まあなあ、しんどいもあっての、寝てる間にと。
こそりの、長男夫婦、孫娘、孫君2号との、5人にての、「宮脇書店」えと。
孫娘は、所望の本、決まってまして。
「かいけつゾロリ」シリーズのどれかをと。孫君1号のは、父親であるの、長男が選択するになってねえ。孫君2号のは、嫁と一緒にと。私、孫娘担当での、あれか、これかの、どれにするやの、コレと、決まるは早かったですが。

孫君2号のは、この辺りの年代の本、「だるまさん」シリーズのどれかをと。懸命なるの、推奨、推薦したですが。孫君2号も、頑固でねえ。誰に似たかの、知らんわの。コレ又、爺似哉の、変なとこだけ、似るの哉の。コイツ、2号の性格、限りなくの、爺であるの、こっちに、酷似しててねえ。フウンの、変なとこだけ似てからにの、困った、困った、困ったヤツやなと。

結果、概ね、2700円強の、本代に相成りの。
乏しいの、我が財布より、気前良く。代行にての、長男の選んだ子ども向け、雑誌を買い求めたですが。

いやなあ、諸般の、諸般、この本屋行きなるが、イツの間にやらの、恒例化したですて。
こっちに、来しなに、あれを、これをの、声あったですて。へえと。
私なら、孫共、本好むなら、本をでして。そらなあ、度々なら、懐、財布の中身も、瞬時でして。一時には、金欠病再発したですが。
本なら、結構なるでして。
(14/07/08)


NO.23 イツの間にか、恒例の本屋(2)

実は、蟻君がねえ。
7月4日<金曜日>、勝手口から、台所に列成し、往来のを、殲滅した積もりが、明くる日、5日<土曜日>にも、出て来ててねえ。
<参考=「単なる雑談NO.129」NO.1552 蟻の誤報の話

いやなあ、朝から、嫁はん、大騒ぎで、居てる、居てると。へえと。
現場、勝手口の方に向かえば、云う通りの、居ててねえ。蟻がで、数的、前日金曜日とは、数段の少ないですが。少ないも、十数匹は居てたの哉の。最早の、指で、処分したですが。
嫁はんと、顔見合わせの、何があるのやろなあと。
イヤ、この日、土曜日には、台所、キッチンの上、コンロ付近にまでは、到達してなんだですが。

到達までに、発見の。処分した故か。あれは、誤報で、別途の場所に何かを、発見してるのやろかなあと。
もしかしての、まさかの、過年の、ミリンの残存、まだ、あるのやろかと。ならばの、ン年も経たずの出て来てるやろしなあと。
どちにしても、尚、不可解なるの、蟻君でして。

更なるの、明くるの日曜日には、発見せず。その又、明くるの、月曜日には、居ててねえ。
そして、本日、火曜日も、でして。
オッとの、数は、次第にの、減少の、知れてるの。発見時も、数匹でして。即の、殲滅してるですが。
処分しても、処分しても、出現してるは、何やろなあと。
明日にでも、蟻の駆除薬でもを、コーナンに買い求めに行くかと。忘れへんかったならなと。

最近、モノ忘れ、酷<ひど>なってねえ。困るです。
まだ、忘れたを、後刻にでも、思い出してるが故、大丈夫、とは、思てるですが。この、蟻君の事が、そでして。事例でして。
状況、掲載しよ、記載しよと、思て乍らの、忘れ、忘れの、今に成ってるが現状でして。

されどの、この辺り、モノ忘れを気にする事、事態、考え過ぎとも、思ててねえ。
そらなあ、若くとも、若き時にも、モノ忘れしてるの筈の。若い故、忘れた事、気にせんかったの、ダケ哉と。加齢で、体力減退、認知症気にし出しの。コレ、勝手に気にしてるの、ダケの可能性がと。


オッとの、での、話の続きあるです。

実は、長男家5人。
当家に来るに合わせの、長岡京の、次男家3人も、来るの積もりしてたですが。
嫁より、嫁はんに打電一発、3人諸共の、風邪引きさんに相成ってと。遠慮すると。

3人、まともで、来て、孫君1号の風邪映ってもなで、それで、幸いしたですが。
その孫君1号も、神戸に戻っての、明くる日には、熱下がったらしく、嗚呼、良かったなあと。
そらなあ、風邪引き状態で、ごろんと横に成りの、動きも出来ずの状態でして。帰路、車に乗せられ、大丈夫哉と、危惧してたですが。ホと安堵。

いやなあ、当方の考え、思考回路、なるはです。出来る限り、孫共、平等に扱いたく。
例えばの話、長男家の、3人の孫、居てたら、本買うにしたって、3人、3冊でして。3冊とも、なればの、そらなあ。当世、絵本も安くは無く。
そやから云うて、オマエ、孫君2号君、いらんやとと、仲間ハズレ、除外するは、可哀想でして。
そやからと、選ぶ本、適当やしなあ。オッとの、相応の本、選びはしてるですが。コレ、母であるの、嫁が一緒に選びの、誘導もしてるも、ある筈でして。よって、嫁、困ってたりも、しててねえ。
これにしときと。
されどの、別途のを、持って来たりの、攻防戦勃発。
ども、コイツ、孫君2号君、天の邪鬼の傾向がと。母、困らせの、楽しんでるの気配濃厚。
まあなあ、それも、この歳、唯今、マダ、3歳未達の、9月になっての、到達もあるの哉と。

そしたら、孫娘、孫君1号、この辺りの頃、どやった哉は、思い出さんでねえ。
多分なら、孫君1号、歩き出し、少々、距離、歩け出しの、2人共の、町内会、公園に遊びに連れの。その帰りと、するは、異の、距離延ばしの、近在の、コンビニに連れてってねえ。
コンビニに置いてるの、絵本を買おてやったが、最初哉と。

結果、来る度、孫娘、ねだるに、コンビニに行こと。絵本買おてと。ンと。即の、二の返事。爺様、我輩がでして。
当然の、片方だけとは、出来ずの、当時なら、孫君1号も、でして。
孫君1号の時には、姉であるの、孫娘、よお、覚えててねえ。弟所有、蔵書の絵本をでして。孫君適当に選べば、コレ、持ってるやろ。

いやなあ、イツの間にやらの、孫娘の日本語、喋るの、意志伝達能力すさまじく。女の子は、口が早いは事実やなと。再認識した、させられたですが。オマケに、変な、日本語も、覚えやがってからにねえ。
云うたら、保育園に通うのよに、成ってからやねえ。
どこの子か、年長組の子からかは、分からんですが。下品語も、早いねえ。意味分かっては無い筈の。悪い言葉なるの、認識あるの様子でねえ。
コラと、叱れば、叱る程にの、巫山戯て、その手の言葉、発してねえ。


そんな次第の、斯くなるでのねえ。
諸般、孫娘、損してまして。絵本買おてやるの、時期、少々、遅くになってたの哉と。
よって、場合に寄りの。神戸の、「コープ」ならです。本屋に、シールも売っててねえ。孫娘、こそりの、お爺ちゃん、コレええかと。ンの皆には、秘密やでと。ンと。
での、ここ、亀岡の、「宮脇書店」では、少々、多少、「コープ」の本屋よりも、広くもあってねえ。店内、隈無くは、探索出来てませんでして。孫娘がでして。
イヤ、多分なら、その手、シールは売って無いよな感してて。

オトトのです。そんな事です。
別段にの、孫娘を特別の、可愛がっても居てませんでして。諸般の、損してる分、埋め合わせをしてやりたいのダケ。
云うてもなの、神戸にての、シール、買おてやったは、2度だけやでと。
シールで済むもなと。
(14/07/09)


NO.24 長男家孫共3人、3人しての、七五三の話(1)

いやねえ、最大級の台風、19号接近での。
当初より、予定してるの、10月12日<日曜日>に、長男家<神戸>、孫共3人の、七五三をば、どするやと。

いやなあ、孫娘、7歳。孫君1号、5歳。孫君2号、3歳でして。
丁度の、七五三でして。
正確には、孫君1号の誕生日、10月27日での、マダ、5歳には、成ってませんですが。そんなに細かくはなと。

どちにせよ、当初、この連休、10月12日<日曜日>、13日<体育の日>辺りには、本土上陸。日本列島に、大接近故、無理すな、勇気持って、予定変更せよ。兎にも、角にもの、最大級の台風であると。
一週間以前より、云われてまして。

七五三は、「八坂神社」で、執り行いまして。
東大谷祖廟での、墓参済ませましたら、祝い膳として、東山通りの、「かに家」にての、座敷とするのか、部屋の予約を入れてたですが。

予約も、迷いに迷てねえ。
そらなあ、主役、孫共でして。
「かに家」では、お子様メニューも、あるには、あるですが。一寸なの、中身でして。
対して、丹波口の方の、ファミリー・レストランの、「かごの屋」なるはです。ここだけの話、でも無いですが。「さと」よりは、一寸だけ、高級でして。
メニュー豊富でして。各自、好きなモノを注文したらと、成るですが。
その替わりに、座席とするのか。部屋が、8人部屋の、仕切りだけですて。ソラ、ファミリー・レストランでして。

「かに家」なら、部屋はきっちり、個室でして。人数相応に合わせてくれてねえ。
モノは、「蟹」料理での、そらなあ、祝い膳には、持って来いの、相応しく。
その分、部屋代取られるし、料理にしても、高いけれどや。
個室で、孫共、暴れてもと、するのか、ウロウロしても、ハタに気を使わんでも、ええしなあ。担当者が、きっちり、付いてくれての。時間も、左程に、気にしんでもでして。ユックリ出来ての、そこが、ファミリー・レストランと、料理屋との、差での、ええとこでして。

いやなあ、話決まって、早々にもの、「かに家」を予約しててねえ。
台風接近での、解約したり。
息子共一家、11日<土曜日>から、来るの予定で、孫君1号の、誕生会をも、予定してねえ。
キャラクターの、仮面ライダーの、ドライブとかの。デコレーション・ケーキも、早くから、予約しててねえ。これも、一旦、解約致しまして。

がしかしです。
当日、接近と共にの、ども、本番、13日<体育の日>に成りそな気配濃厚になってねえ。
濃厚とは、云えどの、最大級の台風でして。ニュースでは、最大級の連発でして。12日、本番の時、大丈夫哉と。又、神戸に帰るも、その辺り、台風の事、気にしんならんしで、ユックリも、出来ひんしと。

云うてたですが。
諸般、協議の結果とするのか。基本、長男家行事でして。
来る、帰るの際の、台風との問題も、自身で、考えるも、ええやろと。一任するに決めたですが。結果、予定通り、するに成ってねえ。
又、「かに家」に、ケーキ屋に、お願いと。予約入れまして。


それもあるし。
実は、孫3人、揃ての、七五三なるは、これが、最初で、最後でして。
嫁のご両親も、時間許せば、来て戴こかと。
これはなあ、諸般、宮参りの際にも、声掛けてたですが。遠慮されてたんやろなあと。孫娘の時、声掛け、不参加での、後の孫君のは、声掛けるを止めたですが。此度、最初で、最後故と、目出度いの、七五三故と。
参加と成ってねえ。

ならばと、するのか、次男家にも、声掛けたですが。
ソラ、大勢で、祝ってやるが、ええに決まってましての。只、ここだけの話の、次男家申すに、自分達なら、構わんけどの。先様、長男嫁のご両親が、気ぃ使わはったらなあと。
確かに、ソレはあるやろしと、長男嫁のご両親優先での、次男家、止めと相成ったですが。

イヤ、嫁の実家、向日市でして。遠くでもあらへんし。
一応の予定、こっちからは、長男の車と、我が愛車の2台。
ご両親は、現地、「八坂神社」に来て戴きまして。一緒に、七五三を執り行いの。終われば、我々、墓参での、孫共の、七五三の報告致しまして。ご両親の方は、墓参までは、付き合おて戴く事も無く。円山公園でも、知恩院さんでも、八坂神社をでもを、散策されても、宜しくて。

一緒に、「かに家」で、祝い膳の後、長男の車で、家に、送って差し上げたらと。
通例なら、我々、長男の車で、一緒に行ってるですが。そんな人数、乗れへんしと。二台にするダケでして。


そんな次第の、斯くなるでの。
長男一家、来るの日<11日>なるは、当方、「芋煮会」でして。
収穫の日でして。モノは、サツマイモ。オマケで、カボチャ、枝豆、ゴボウも、採れてねえ。
そらなあ、折角なら、息子共一家にも、嫁のご両親えの、一寸したの、手土産にでもと。成れば、結構なるでして。たとえの、サツマイモの1個でもです。

とかとか、なるは、万事、皆に任せてましての、当方、大まかなるの予定だけしか、知らんしなあ。
当日、「芋煮会」から、帰れば、20時頃での。長男一家、着いてましての。ここから、孫君1号の誕生祝いと相成って。
爺婆と、長男一家で、祝てやってねえ。

明くるの、12日には、五条西大路東北角の、貸し衣装屋で、写真屋の、「アリス」で、七五三の衣装の、着付けでして。
ここはなの、我が会社、「ローム」のソバでして。在職時、ここに、「アリス」が、あったは、知らんですが。多分なら、あらへんでして。
退職より、最早の、20年経ってまして。

イヤイヤ、長男達は、一足お先にの、8時半頃、出発での。
当方、爺婆、9時半頃、家出てねえ。
要は、10時半、嫁のご両親との、待ち合わせの、「八坂神社」也と。
(14/10/14)


NO.25 長男家孫共3人、3人しての、七五三の話(2)

そんな次第の、斯くなるでの。
長男一家、先発部隊、5人は、先に出発の、「アリス」えと。
私共、爺婆、30分遅れで、家、出まして。10時丁度、打ち合わせ通りの時刻に、到着しまして。

ここは、駐車場も広おてねえ。
五条通りから、入れるですが。見て、そこに長男の車あってねえ。長男1人、ケータイにて、何やらやってるですが。ケータイで無く、「iPhone」とか、やろねえ。
嫁と、3人の孫、店内に居てるのやろと。嫁はん、先に、二階の方、店内えと。こっちは、駐車場にての、タバコ一服致しまして。ソラ、店内、禁煙に決まってまして。

での、吸えば、皆の居るの、二階えと。
単に、居てるかなあの、居てるに決まってるですが。様子見だけの積もりでして。
二階えは、エレベーターもあるですが。歩け、歩けの、自力で歩けの、階段にて、二階に上がれば、受付あっての。妙齢の美女軍団、3名様が居てましての。別段にの、尋ねる、聞くの用事無く。
店内のどこに居てるの哉の、様子見だけでして。

美女軍団には、軽くの会釈一発。
当たり前に、貸衣装屋でもあっての、服屋みたいに、服だらけの中、ツタツタと、奥の方えと、向かえばです。
先の受付美女軍団の1人が、追いかけて来てねえ。ンの、当方に、何事、何用かと、こっちには、用事なんか、あらへんですがと、思いきやの。
お客様、すみませんですが、店内、土足禁止なんです。えと。

えの、ビクリの、赤面、真っ青の。顔が、赤に、青と、までは、成ってませんですが。
オトトの、トットの、相済みませんですねえと、入り口、受付の辺りまで、戻れば、足元に書いてあったなの、「土足厳禁」。
横手に、靴の棚があるんやなと。

私、下見ず、横手見ずの。脇目も振らずの、真正面。
受付、妙齢の美女軍団、見てまして。精々が、受付陣容、3人の美女哉と。漠と、思ただけでして。
いやなあ、せめてもの、玄関には、スリッパでも、あれば、分かるですが。段差あっても、分かるですが。
まあなあ、子どもが多いためなんやろなあと。段差は止めて、靴止めて。

とかとか、いきなりの失敗なれどです。
云うたって、当方にしたら、この程度、失敗の内に、入ってませんでして。
再度の、出直しの、店内奥深くに行けば、居たです。嫁、嫁はんと、孫君2人、既に、七五三の衣装着てましての。竜虎の模様でして。ええなあと。
での、孫娘は見えませんでの。別途の部屋で、でも、着付けしてるのやろなあと。女の子は、大変やなと。

思てたら、孫君2号、爺に気ぃ付き、飛びかかって来てねえ。次いで、孫君1号も、でして。
こんな場所で、相手してるも、問題でして。店内、方々に、爺婆、両親、子ども達がで、顰蹙買うです故、適当なところで、スと姿消しの、店外えと。階下えと。駐車場に戻りましての、懐かしの景色と、するのか、五条の西大路から、ロームの方、見たり。

当時には、南西角には、何があったか、忘れたですが。現在では、「マクドナルド」が出来てましての、ええなあと。
良くとも、1人で、入る事、無いですが。
10年、一昔の、20年故、二昔<ふたむかし>でして。情景、光景、すかりと、変貌してるわと。
むしろの、退社してからの、直後より、大変貌してまして。

そんな話は、結構の。
店内より、5人、出て来てねえ。孫娘の和服姿、可愛らしいねえ。女の子は、ええなあと。
流石に、ピカピカの一年生でして。落ち着いてるなと。昨夜、今朝のはしゃぎブリとは、様子違うなと。衣装着て、すかりの、御姫様気分。
対して、孫君2人、袴姿で、はしゃぎっ放しの、本番まで、保つの哉と。恰好が、でして。

そんな話も、結構の。
ええ時間故、「八坂神社」えと、向かいましての。「八坂神社常磐神殿」駐車場に入りの。マダ、ガラガラでして。
この時、丁度、10時の半。
嫁の両親とは、この時刻に待ち合わせでの、嫁に、ええ時間やなあと。ピタリやなあと。

嫁、親に、ケータイ一発。
ども、祇園石段辺りで、居てるのみたいでねえ。丁度、宜しいですの。駐車場から、「八坂神社」に向かえば、ドンの、ピシャで、会えるです。駐車場からは、横手から、神社に入れるよに、相成っててねえ。

常磐神殿側には、タバコの灰皿もあるし。トイレもありまして。
順々に、トイレでもと。こっちは、タバコでもと。
吸うてて、ハタと、見れば、嫁の両親、既に、到着してての、孫共の、相手になっててねえ。
嗚呼、お早う御座いますの、こんにちはと、挨拶致しまして。
親父様の方には、灰皿、こっちにあるですと。イヤ、親父様も、愛煙家でして。

オッとの、今の内です。トイレえと。
用足し、出て来たらの、何とマの、孫娘、大勢の観光客に取り囲まれてましての。記念写真撮られてましての、へえと。
何分の、ここ、「八坂神社」なるは、観光地でして。取り囲むは、ども、外人、中華系哉と。いやなあ、結構なるの、妙齢の美女でしての、へえと。日本語も、流暢でねえ。再度の、へえと。
イヤイヤ、孫娘を抱きかかえるよにしての、写真撮影でして。

一通りの記念撮影終われば、嫁の親父様、孫娘の手を取り、一緒に行こかと。まあなあ、任せとくかと。
ででの、常磐神殿より、八坂神社えの、参道。云うても、スグのそこが、「八坂神社」なれどの。
入った途端の、そこには、先程の、妙齢の美女の仲間の旅行客なんやろねえ。その一団なら、中年も居ての。ソレに、又、捕まってしもての、孫娘がでして。
抱きかかえられては、記念写真での。
こんな調子では、すぐの、そこの、見えてるの、「八坂神社」本殿までに、到達するに、どれ程の時間要すの哉と。
そらなあ、一歩、「八坂神社」側に入れば、人、一杯。

にしても、周辺、外国人ばかり哉と。
外国人云うても、中華系でして。顔はこっちで、こっちも、そらなあ、印象違うですがの。言葉があっちで、服装も、やや、違うし。先の通りの、顔付きもと。先の、妙齢の美女にしたって、ややなあと。

云うたら、あっちの女優かなあと。
とも、思える程の、美女でして。
にも、関わらずの、仲間の、一団はなと。全然の、違うなと。
年齢層、バラバラ、顔付きバラバラ。言葉、喋らんでもの、一発、あっちの方やなと。美女も、一発、あっちの方と、分かるですが。
(14/10/15)


NO.26 長男家孫共3人、3人しての、七五三の話(3)

そんな事で。
実は、嫁の姉には、息子が3人。
実家近くでの、ええなあと。
3人して、実家に度々の、来てるのらしく、又、ええなあと。

我が次男家には、息子が1人。長岡京市故に、やや、距離あるですが。同じの京都府下での、車でなら、小一時間。
但し、小一時間故、来て泊まるは、皆が揃うの、正月哉と。

長男家は、神戸やしなと。
神戸なら、同じの関西故、又、距離的、約の、100キロ哉の。有料道路使えば、使わんと、こっちからも、よ、行かんですが。2時間強でして。
以前も、同じの神戸で、80キロなれどの。神戸から、神戸なれどの、引っ越し前には、良く、来たですが。孫娘が、小学校に成るもあっての。引っ越してからは、諸般、やや、足遠退いててねえ。
それでも、年に何回も、来てくれてるですが。
こっちから、行くが、年々、足遠退いて。そらなあ、こっちも、その分、歳喰てるわと。果たしての、100キロが、遠距離に成るかは、分からんでもの、遠出に慣れて無いもあってねえ。
嫁の母親なら、度々の、神戸の、我が長男宅に出向いてるのらしく。マメやなあと、感心致すですが。当方、よ、真似出来ませんですが。

オッとの、そんな事で、嫁の姉の子、上は、高校生やしなあ。皆男の子やしなあ。
我が孫娘、女の子は、貴重品でして。
当方にとっても、貴重品でして。云うたら、初孫でして。

とりあえず、嫁の親父様が、一緒にと、孫娘の手を取り、先に行くですが。
外人観光客に捕まっては、記念写真撮られてねえ。
イヤ、記念写真、大いに結構なれどです。ハタから、無視される、よりは、余程に、この低い鼻も、多少は高なるわと。
されどの、爺が誰なんか、ハタに、無関係なれどです。

ならばの、孫君1号、2号となればです。
こっちは、嫁、つまりは、母親とです。息子、婆2人の、4人掛かりで、面倒見てもろててねえ。
さもなくばの、衣装着て、はしゃぎっ放しの、危ない、危ない。こんな場所で、転けてみいと。別段にの、車は走るの場所で無いけれどや。石畳みでありの、袴に、草履でして。歩き慣れてえへんし、ぎこち無く。
結果、当方、1人、ブラブラ歩きに相成ってねえ。
一向に構わんですが。

結果、本殿にまで、先に着いての。親父様、孫娘と手を繋ぎの、神殿に入るの構えしてるですが。皆、マダやしなあ。
孫君共が、ナカナカに現れずの。コレ、観光客が多て、見えませんでして。見えずともの、はぐれてしまうよな、場所でも無く。

での、息子と、孫君1号見えての、先に、手水をと。そやなあと。忘れてたなと。
親父様には、あっちが、先と、合図して。
皆で、手水致しましての、イザ、神殿えと。

時刻が、やや早め哉の、先客居てませんでして。神殿の待合いに入って、皆が揃うを待ってねえ。
イヤ、お祓いの申込書を書かねばの。それは、長男夫婦に任せましての。待合いの椅子に腰掛けてての、ハタと、気が付けばの、孫娘、ちょこんと、我が隣の椅子に座ってて。へえと。
基本、三脚ずつ、四ヶ所にあってねえ。椅子が、でして。

私、出入り口近くの場所に、1人、陣取って。別途の、一ヶ所には、嫁のご両親、陣取って。嫁はん、更に、別途の席にで。そっちに、孫君共、陣取るとするよりも、嫁はんに、婆様に相手したり、ウロウロ、動き回りの、ソラ、ジっとは、してませんでして。
貸衣装に付いてるの、扇子をオモチャにしたりしてねえ。

その辺り、流石に、7歳、小学生ともなればの、孫娘、大人しく、静かにしてての、助かるですが。
いやなあ、まさしくの、姫でして。
服装からしての、いつも通りの、はしゃいだりは、出来ませんでして。すまし顔で、我が隣に、ちょこんと、座っててねえ。全然の、雰囲気違うなと。

ええなあ、可愛らしいなあと、褒めてやったら、ニタリ。
綺麗な、オベベ<着物>やなあと、褒めてやったら、又、ニタリ。頭に、ええのを、付けてるなと、云うてやったら、又々の、ウンと、頷いて。
ほんまになあ、男の子と、女の子では、全然の違うなと。女の子は、おしゃまやなあと。幾らでも、可愛く出来るのやと。


オッとの、話するを、忘れるのとこ、やったの。
実はなの、孫娘のなの、前歯がなと。1本がなと。抜けててねえ。
ニコと、笑えば、前歯一本、抜けてるが見えての、尚、可愛らしくてねえ。
ンの、歯が、一本、抜けてるなと。云うてやったら、ウンと、頷き、又、ニコリ。
これから、順々に抜けて、今度は、大人の歯が生えるんやでと。云うてやればの、又、ニコリ。

とかとか、実は、モ一ヶ所の、椅子には、厄払いなんやろねえ。少々、遅れての、2人が座ったですが。我々よりも、先に呼ばれてねえ。先にお祓いをしてもろてねえ。
とりあえずは、その面々のお祓いが済まんの事には、番回って来ませんでして。
そこ、してる内、別途の一団、これは、七五三の、男の子が1人と、爺婆、両親との、5人が来たですが。

時間待ちしてるも、結構、長く、思えてねえ。
孫娘が退屈せぬよに、色々、話掛けてやったりの。片方の、孫君共、目が離せえへんでねえ。オイオイの、静かにしなさいも、一向に効き目無く。
そらなあ、3歳、5歳でして。

での、やっとで、先客、厄払いのが、お祓い終わりましての、当家、呼ばれましての。
所定の位置に移動の。祭壇に向かいの、前列、主人公とするのか、息子一家が陣取りの。後列には、爺婆、2組がと。

いやなあの、お祓いも、沢山の面々なら、一同にまとめて、なれどの。数が少なあてねえ。
一組、一組で、やってもらえるです。
その方が、有難味も増してねえ。
(14/10/16)


NO.27 長男家孫共3人、3人しての、七五三の話(4)

七五三のお祓い。
我々、御一行様一組で、執り行おて戴きまして。
一番の心配、3歳の、孫君2号、静かにしてくれるか、なれどの、してくれてねえ。
それまでは、ほたえて、ほたえて、動き回ってたですが。神殿を前にして、大人しくなったです。
イヤ、結構なるの、本番に強いなと。

お祓い終われば、神殿からは、退散なれどの。
孫共には、「千歳飴」等々、戴きまして。

「千歳飴」ねえ。
懐かしいねえ。ええねえと。
いやなあ、七五三で、「千歳飴」をすっかり、忘れてたです。長寿を願いの、細長い飴での。昔と一緒の、ねじりだけか、「松竹梅」とか、「鶴亀」なんかなあと。
イヤ、中身、見てへんしで、知らんですが。

神殿から出たら、折角やしと。
まずは、記念写真をと。長男、カメラ持参でねえ。三脚も持参でねえ。
皆で、撮ったり、孫共だけで撮ったりするですが。どしても、孫君2号、余所向いて。

コレ、意図的でして。
こっち、こっちと、皆が声出し、向かせるにも、頑として、横向いたり、下向いたり。
いやまあ、コレ又、記念写真でして。孫君2号、こんな時期があったんやで、結構哉と。無理して、正面向かせるの事も無く。自然のままでと。

そして、本殿にお詣りしまして。
出来れば、周囲の祠、神々様にも、お詣りしたかったですが。この人数、9人で、ぞろぞろと、そこまでの時間もなと。
これから、墓参を予定してまして。13時には、「かに家」を予約してまして。

そんな事で、皆で、「八坂神社」の駐車場とするのか、「常磐神殿」えと、向かい。
とりあえずは、皆で、「東本願寺祖廟駐車場」えと。
云うたって、スグの、そこでの、場合により、歩いた方が、早いの事、あるですが。長男の車に、嫁のご両親、乗せるに、車内、少々、整理せなばならずの。ならばと、こっち、我が方の車に乗るですかと。
乗って戴いてねえ。

乗って戴いて、祖廟駐車場に行っても、です。ご両親までが、当家、「柴田家」の、墓参にお付き合い、して戴く事もあらへんし。
着いてから、どされるやと。
まあなあ、この界隈、観光地でして。駐車場、左手、円山公園。その先、知恩院。右手に行けば、霊山観音、更には、清水寺があるですが。清水寺まで、行くの時間は無いですが。
その辺りは、当人様にお任せでして。しかるべくの、墓参済めば、嫁が親に、ケータイ一発。駐車場に来て戴いても、「かに家」に直接行って戴いても、結構でして。
兎に角、13時に予約してまして。


そんな次第の、斯くなるでの。
嫁のご両親とは、一旦、分かれましての、我々、7名、ご先祖様に、孫共、七五三を迎えたの事、報告にです。
向かうに、道中、孫君2号、抱っこせよと。イヨイヨの、我が儘云い出してねえ。それもあるし、墓地の石段を、3歳の孫君2号が、袴姿、草履で、上がるも難儀でねえ。
結果、長男が、抱っこして上がるに相成ったですが。コレ又、大変なれどの、まあなあ、仕方があらへんわと。
誰しも、小さい時には、そんな時代がありまして。
多分なら、その当時、長男、次男も、我々が、抱っこして、墓参したの筈でして。その当時なら、我々にしたって、その分、若く。その分、馬力もありの、躊躇無くの、やったですが。今や、そんな事、トンでもやと。

オッとの、ここからはなの。
孫君1号が、バケツと、柄杓を持ってくれてねえ。持ちたがるもあるですが。
孫娘は、当方とお手々繋いで、上がるになってねえ。
当然の、当家、墓石近くの、水場になれば、孫君1号から、バケツ、預かり、孫娘は先に行けと。ソラ、バケツに水を入れて、持ち運ぶは、孫君1号には、出来ませんでして。

での、墓掃除しの、花立に、樒<しきみ>を、備えの。
オトトの、孫君1号にはなの、樒の葉、出来る限り、上で、綺麗なのを一枚、取らせましての、水鉢えと。備えるの指導をと。
イヤ、当方なら、その昔、毎回、毎回、墓参の度、祖母に教えられの。教えられると、するのか、実際には、見よう、見真似で、やってたですが。これはなあ、月参りでして。
祖母からは、葉っぱ一枚、仏様の、ご先祖様の、お箸のよなモンやと。聞いてまして。聞かされてましての。孫君1号にも、そのよに、伝えたですが。

いやなあ、それを、諸般、現代風に伝えるがええのか、悪いのかもあるですが。
スプーンやとか、ストローやとか。
基本、葉っぱで、水をすくて、飲んだり、お箸替わりにと、祖母からは聞いてまして。本来ならばの、故人、ご先祖様の好物なりを、お供えするですが。当家、それはしてませんでして。
お供えは、持ち帰れとなっててねえ。さもなくばの、カラスが喰い散らす等々、あってねえ。
そんな細々も、孫君には、伝えてやりたいけれどの、機会僅少。
機会僅少でもの、機会あれば、その時、伝えてやれば、宜しいですが。

実はなの、そんな事、常には、意識してませんでして。
意識してても、常には、自分でやってましての、イザの、孫共一緒の時にも、無意識に、自分でやってしもての、ハタと、気が付けば、終わってしもての、嗚呼、しもたと。
且つは、そんなに重要なるの、事でも無く。

重要で無くとも、そんな話、あるを知るは重要でして。
現に、祖母の云うてくれた事、現在唯今でも、覚えてるわと。墓参する度、その光景まで、浮かび上がってねえ。
よって、その行動、し終わってから、ハタと。

此度、初めてでして。
孫君1号に、一寸、来いと、その事、教えツツのやらせたがです。
孫君、我が云うを理解出来ずの、少々、失敗したですが。それは、それで結構の。次回より、自分でやるなり、親なり、爺がやる時、じっくり、見とけよと。
そんな事、墓参の事以外にも、沢山あるですが。常に一緒で、云える事での、偶ではなの、一々の、思いの、出さんわと。

それもあるし、世間見てたらの話の。
今時の、爺婆なんか、昔の役目との、ズレ、大いに生じて来てるなと。
接してるの時間短くての、役目、果たそにも、果たせぬの、状況も、あるですが。爺婆でさえが、諸般、昔の習慣等々、知らぬがあってねえ。
ソラ、爺婆世代、そのものが、伝承されて無いからの。尚更に、子に、孫世代に伝えられんでねえ。
(14/10/18)


NO.28 長男家孫共3人、3人しての、七五三の話(5)

実は、この日、10月12日<日曜日>は、「大井神社」の、「秋祭り」のための、町内会の、子供御輿の組立の日でしたです。
当方、七五三のため、欠席するは、以前より、伝えてまして。

何れにせよ、この週、数日、忙しいてねえ。
11日<土曜日>には、「芋煮会」。
12日が、七五三。
13日、台風19号到来の日。イヤ、諸般の台風準備をしてるですが。
15日には、「こもれび」に、洗濯モノの収納、回収。同じの日に、母、施設から、退所に伴うの、介護用品、ベッド、車椅子、スロープ等々の受入でして。
16日は、「大井神社」の、「秋祭り」本番での、御神輿での、私め、ご奉仕にて、参加でして。この日のため、諸般、ウォーキングしてまして。
19日<日曜日>に、母、退所予定で、「こもれび」に、迎えに行くになってるです。
明くるの、20日、母の薬を代理で、町医者に受け取りにでして。
21日は、母退所に伴うの、会議とするのか、報告会が、我が家にて開催されまして。

予定では、11月の中旬には、再入所のための、申し込み予定してるです。
冬を控えの、家では、母が可哀想でして。家全体、廊下、トイレまでは、暖房無理でして。
その入所までの間、ショート・スティ等々、予定してるですが。ナカナカに上手い具合には、決まらんでして。
いやなあ、2泊が、家で介護出来るの限度近く。
そらなあ、オシッコ番で、24時間体制、自宅で、嫁はんと、2人では、保たんです。特に、夜の部が大変でして。
まあなあ、この件、ここでは、別件故、止めるにするです。


ここでは、話、ころりの、孫共主体の話での。
そんな事で、墓参で、ご先祖様には、孫共、七五三の歳になったを報告致しまして。
正直、墓参、済ませれば、ホと致すです。特には、私共夫婦、月参りしてまして。基本、欠かせた事は無く。今月、10月なるは、息子一家、七五三で、墓参予定してるがため、月初めの墓参、してませんでして。
ご先祖様も、私共だけよりは、沢山で、お詣りしたなら、さぞかしの、嬉しいやろと。

オッとの、現実的なるの、話、したなら、死ねば、オシマイでして。無でして。
そこに、宗教観とするのか、死後の世界で、魂がとか。どこまで、信じてるかと、なればの、まあなあ。
魂なるは、あって欲しい。とは、思うですが。実際に、存在してみい。余り、気色のええものでも無いなあと。ややこしい事になるなあと。

では、何故に墓参するかと、成るけれどや。
そこに、ご先祖様、存在と、云えば、嘘っぽいですが。存在すべき、象徴的なるの、場所であると、考えてるです。
仏壇も、同様でして。まあ云うたら、2箇所に存在するの哉と。
イヤイヤ、強いてなら、3箇所でして。我が、心の中に、生存してるです。
云い出せば、会おた事の無い、産まれるまでに、他界の、祖父。戦死の、叔父までが、存在してまして。当然の、私、24歳の時、他界の、祖母。47歳の時の、親父なら、常に存在してるとして、大袈裟で無く。

かと、云うて、別段の、常に意識してるでは無いです。
そんな事、してたら、大変でして。
宗教家で無く、第六の感覚も、持ち合わせてませんでして。幽霊、妖怪、お会いした事も無く。見たりしたら、それこその、気絶、悶絶致すわと。
その辺り、ご先祖様なら、気絶も、悶絶もしやへんなあと。オトトの、くれぐれもの、幽霊、見た事、あらへんわと。

只なの、身近には、感じてるです。
この、身近に感じてると、するは、身近に存在の意では無く。とかとか、諸般、説明難しい故、コレ又、気が向けばの別途に致すですが。
超の簡単には、自身にとって、都合の良い存在哉と。
何事か、あれば、ご先祖様が、必ずや、守ってる筈、守ってくれるの筈と、確信抱いてまして。
この確信の、背景あってねえ。とかとか、云うてたら、延々の続く故、止めるです。


そんな事で、墓参、終わって、ホっとして。
東大谷祖廟を出て、近在の、薬師如来があってねえ。折角故、お薬の要らんよにと、皆で、参拝致しまして。
イヤ、時々、お詣り致してるですが。

駐車場に戻って、嫁、曰くに、ご両親、既に、「かに家」に行ってるですと。へえと。
その方が、埒空いて宜しいですが。そらなあ、時間、あるなら、場所、分かってるなら、界隈の風情楽しみ乍らの、散策兼ねて、行くも結構でして。
イヤ、分かったはったんやなあと。

我々なら、時々には。
時々も、息子共一家となら、孫共の、初宮参りででも、来てまして。時には、年会でも、使てまして。
私共、夫婦でなら、年に1回。とも、云えずの、二三年に一度哉の、贅沢、味わってるですが。蟹料理も、メニュー的、安いのも、あってねえ。

ここ、駐車場からなら、数分でして。何分の、観光地故、観光客の状況、車の混み具合にも、寄るの。特段の、何も無く。東山通りの、信号さえ、上手く行けば、数分でして。
歩いても、5分、10分の範囲でして。
よって、墓地近くでもあり。「八坂神社」のそばでもありでの、「かに家」が便利でねえ。

ここは、ファミリー・レストランに非ずの、先の通りの、蟹料理屋でして。座敷もあっての、予約も出来て。
但し、座敷、予約の場合、料理は、ン千円以上のモノで、部屋代、料理の、1割、取られるですが。小さな子が居てたら、部屋借りて、落ち着いて居てられるが良いに決まってまして。
ましてやの、七五三故、ここがと、思いツツも、諸般、迷たですが。
迷たは、子ども達向けの料理があらへんでして。無い事も、無いですが。中身がなと。

よって、「かごの屋」も検討したですが。お子様メニューがあるし。好きなのを、選べるしと。
部屋も予約は出来るですが。衝立だけの、仕切りでして。且つは、8人部屋でして。総勢、9人では、やや、狭く。9人も、内の3人、子どもなれどです。どちにしたって、衝立だけの仕切りではなと。
息子夫婦の意見も勘案しての、「かに家」にと。
子ども達のは、天ぷら料理が、比較的無難哉と。それにして。
(14/10/19)


NO.29 長男家孫共3人、3人しての、七五三の話(6)

本日<10月19日>、嫁はんと、2人しての、「こもれび」に、母迎えに参じたです。
以て、当面、オシッコ番、24時間体制の突入に相成るですが。
まあなあ、この話、気が向けば、別途にでもと。
介護の話の、「禁断・奇談U」にでもと。されどの、話、一緒でねえ。代わり映えしいひんの話でねと。

ついでになら、「大井神社」の、「秋祭り」の、です。御神輿に参加、ご奉仕の件も、無事にお役目全うさせて戴いたですが。
これは、「みんながパソコン大魔神」にチラチラの、投稿してまして。
当然の、関連するの、別途の話もあってねえ。あっちの、「我輩は只の組長也」にでもと。考えるだけなら、考えてるですが。
<参考=NO.924 <実践><ためしてガッテン>速歩3分、ゆっくり歩き3分/足の筋力UP<!>

ゴミ集積場問題も、こっちで無く、あっちの、「我輩は只の組長也」でして。
色々な展開あるですが。こっちで、掲載してたら、あっちの話が、中途半端になってしまうが故、こっちではなと。

これらを、全部、掲載出来る程に、我が方、器用であらへんでねえ。
かと云うて、こっちを、終わるまで、あっちの掲載、我慢してたら、次第、次第の、日が経てばの、あっちの話の、掲載意欲、薄れて来たりして。

そんな事は、置いといて。
置かずなら、これら、皆、全部が、人間の務めでして。
親の介護は当たり前。

当世、介護施設あるがため、楽になっててねえ。それが無ければ、私共、夫婦、2人共に、遠の昔、自分のカラダを壊してるです。
壊してまで、親の介護をするの哉と、問われたならばの、可能なるの限り、頑張るが、人間として、当然と、考えてまして。
コレ、はきりと、申すの、ズと、同居故に出来るの事でして。又、諸般の、人間性、性格もあるですがと。
そんな事、世間見たら、一目瞭然也と。その気無く、呆けと、見てた。では、皆目の、分からんですが。
又、自分のためもあってねえ。悔いの無いよにと。
正直には、全くの、悔いあらへんですが。私共夫婦の、真似出来るなら、やってみて頂戴の、自信、気概あるです。

御神輿はなあ、自分が、その昔、区長時代、辛酸なめたも、あってねえ。諸般、断るの理由、無い故、受けたですが。
それもあるし、期末総会にての、挨拶にて、申してるです。以降、一区民として、協力致すと。
これの、有言実行での。それなら、誰しも、云うてるですが。有言実行されたの試しがあらへんわと。それを、単に実行してるのだけでして。

同様にしての、ゴミ集積場問題もです。
偶々であれどの、こんな時期に、組長拝命したが、何かのご縁也と、解釈してまして。
ダケと、云えば、ダケでして。
本来ならばの、こんな事に、首突っ込んで、得する事なんか、ちょっとも、あらへんわと。無いは承知の上の。むしろの、損でして。損も、覚悟の上でして。コレ、まさしくの、アホでして。アホで、結構哉の、我が性格でして。


そんな次第の、斯くなるでの。
孫共3人の、七五三の話。
これもなの、実は、息子共、ええなあ。羨ましいなあと、思うの面、あってねえ。

当世、世間様、夫婦、両家の親参加でねえ。
これが、当たり前と、云えば、当たり前でして。その当たり前が、私共からしたら、ええなあと。実は、我が親、何もしてくれませんでして。オンブに、抱っこでして。
その親を、介護は、人の道としてでして。
そらなあ、介護度、「4」の、車椅子生活の、親の介護してるよりはです。明日のある、将来のある、孫共の元気な姿、笑顔、はしゃぎっプリ、見てるが、ええに決まってまして。
この落差の大きい事。別世界やでと。

ででの、「かに家」に到着の。
「かに家」に車預けて、店内から、店の前を伺えば、嫁のご両親居たはって。唯今、着きましたと。

案内されたの部屋に行けば、落ち着いてねえ。
ソラ、個室でして。
諸般、上座、下座の、席決めして。
縁起とするのか、形だけでもと。何のとなればの、乾盃を茶で、ウーロン茶で、する訳にもの。さりとての、私、長男、車で来てるし、ビール、飲むは出来ませんの。
嫁の親父様に、我々には、遠慮せずの、飲めばと、促したなら、です。アカンのですて。へえと。ホンマかいなと。

イヤ、私も、長男も、似ててねえ。
ソラ、全くと、までは、申さんですが。飲めんでは無いですが。飲み助で無く。飲まずに済む方での。
最近でこそ、私め、こんな場でなら、飲みたいなあと、思いはするもののです。飲めずなら、飲まずで、我慢と、する程の、でも無くて。

そんな事で、硬く、飲めんと、申されて。
ならばの、ノン・アルコールの、ビールでもと。それも、アカンと、親父様、申されるし。ノン・アルコールやし、アルコール抜きやし、大丈夫と。
こんな場故、折角やしと。雰囲気大事の、乾盃、した方がと、半ば、強制したりして。
での、出て来たは、ノン・アルコールの瓶ビールでの、へえと。
缶のしか、知らんかったですが。瓶のが、あるのやなあと。

皆が、乾盃準備、したところで、長男より、挨拶しまして。
挨拶し終われば、最早の、恰好してるの事も無く。
孫共、七五三の衣装も、脱いでの、洋服に着替え。我が方、ネクタイ外しの。喰うの体制えと。

いやなあ、嫁の親父様、蟹が好きみたいでねえ。色々、品評、褒めてくれてねえ。嗚呼、良かったなあと。
そらなあ、蟹が嫌いな方、僅少とは、思うですが。中には、居たはりまして。嫌いとするよりは、カラダに合わんの方なれどの。それなら、それで、親御様も、「かに家」と、知れば、蟹はダメと、申されるですが。
その手の話、嫁より、聞かんがため、問題無いとは、承知なれどの。気にいってくれてるのみたいでねえ。
何度でもの、嗚呼、良かったなあと。

孫共、喰てしもたら、ボチボチの、飽きて来てねえ。
孫娘は、相応に大人しいですが。孫君2人、ウロウロし出してねえ。
ウロウロまでは、結構なれどの。私共に相手に成って来てねえ。これはねえ。少々、気を使うです。
爺婆、2組故でして。基本、孫共任せの、嫁のご両親優先でして。

そこ、してる内、お開きムードに成ってねえ。
七五三の貸衣装なるは、相応に、畳むに、女性三人。両家、カカ様、嫁のです。
これなら、一気、返却出来るの点検もしまして。
いやなあ、足袋は、返却不要等々、チェック・シート付きでして。

斯くなる次第の、斯くなるでの。
ここからの、帰りは、息子の車で、嫁のご両親をば、家まで送るの話になっててねえ。
私共夫婦は、我が愛車、カローラにての、一足お先に、失礼致しますと、ご両親に、挨拶致しまして。
イヤ、長男一家、ご両親、送ってから、我が家に戻るになっててねえ。晩飯喰てから、神戸えと。
イヤイヤ、台風19号、接近の前日の話やしと。

にしても、この日、雨降らず。
晴れの、ええ天気でねえ。
嫁の親父様、申すに、娘、雨女ですて。にも関わらずの、七五三で、晴れ故、これは、孫共の勝ち哉と。
(14/10/20)


NO.30 早めのクリスマス・プレゼントの話(1) 孫娘の話

会うは、会おてるですが。
前回、10月11日の、長男家孫共3人、3人しての、七五三でして。
コレ、あっちが、こっちに、来ての、七五三での。京都・祇園、「八坂神社」にて、でして。当投稿の、直前までのが、ソレでして。

対して、こっちが、あっちに、行くがなあ。
前回、イツであったか、よお、覚えてませんです。
精々が、年に、2度哉と。

での、此度、久しぶりに、行こかと。神戸の長男宅にです。
12月に入って、少々、早めの、クリスマス・プレゼントを、でもと。既に、嫁はんと、嫁で、話決まってるみたいでねえ。行くが、です。
孫共が、何が欲しいかも、でして。
買いに行くにしても、その方が、時間的、早くに済むし、結構なると。そもなくばの、3人のを、しかるべくの、オモチャ屋に行ってから、サテのと、選んでたら、日が暮れるわと。

ででの、です。
何故か、私共、長男家に行く。或いは、息子共が、来ると、なると、台風が、とか、積雪がと。天気予報では、云うててねえ。
此度、12月6日<土曜日>に、出るにしてた、ですが。この土曜日、日曜日には、寒波来襲での、積雪がと。
我が愛車、カローラには、スノー・タイヤなんか、付けてませんでして。元々が、所有してませんでして。

まあなあ、神戸、亀岡程度、イザとなればの、高速道路で、でもと。
更には、安全見て、戴きモノの、ポータブル・カー・ナビゲーションをでも、持参と、するのか、車に積んどくのが、えかなあと。実際には、チャンと、しかるべくの、入れ物に入れての、持参なれどです。
且つは、息子宅とは、云えどの、車内に放置は致さんですが。
いやなあ、コレ、安全のため、では、あったですが。帰りしなに、役立ったわと。イヤ、積雪のため、では無いの。恥ずかし乍ら、なれどです。

そんな先の話、帰りしなのは、結構の。
12月6日、9時半頃哉の、我が家、出発。池田街道から、宝塚の中国道えと。中国道から、北神戸線で、第二神明道の、玉津で、降りて、息子宅えは、迷う事、無くの、至って順調。着いたは、11時半頃哉の。
我が愛車駐めるの場所、空けてくれてるが故、そのまま、スコンと、駐車して。玄関に入れば、孫君1号、2号、熱烈の歓迎してくれてねえ。
ンの、孫娘、どしてるやと。思てたならばの、コイツ、隠れてやがってねえ。

発見、嗚呼、ここに居たかと、ビクリしたなら、大喜びでねえ。分からへんかったか。分からへんかったかと。
事実、分からんかったですが。
再度の、申すの、孫娘、7歳。ピカピカの1年生。
孫君1号、5歳で、2号、3歳。

まあ、云うたら、子ども達、孫共、一番に可愛らしいの時期でして。
斯くの如くの、爺婆をば、相手してくれてねえ。これが、イツまで、続くやの。まあなあ、10代にも入れば、なと。バイ菌と、までは、申さんですが。熱烈の歓迎は、なと。まあ、無理やろと。
今の内だけ哉の。居間のソファーに座れば、膝の上に乗って来てねえ。1人が、座れば、皆が、取り合いしてくれて、ねえ。我が膝を、でして。
かと、申しの、最早の、3人は、無理でして。そこまで、小さくは無く。孫共の体格が、でして。

かとかと、申しの、膝に乗って、ジっとは、してへんしなあ。
孫君1号、少々、乱暴でねえ。蹴って来たり、なめに来たりで、あのなあと。
孫娘は、コチョ、コチョしてと。コチョ、コチョとは、くすぐってくれの意でして。コレ、3人共に、好きでねえ。
孫娘をくすぐってたら、孫君1号、2号も、くすぐれと。コレ又、3人、一気に、くすぐれません、でして。

小さい子は、何故に、くすぐられるが、好きかは、分からんですが。
くすぐり過ぎると、泣くしなあ。くすぐらんと、くすぐりに、来るしなあ。
こっちも、正直、延々の、くすぐってるも、疲れるです。
そもそもがの、久しぶりの、長距離走行、運転でして。我が家から、概ね、90キロ哉と。100キロと、思てたですが。少々、少なかったんやと。
云うたってなあ。大体が、遠出も、月参りの、墓参程度でして。後は、亀岡市内をウロウロでして。

くねくねの山道、苦手でねえ。
高速道路も、偶でして。第二神明道から、下道に降りてからは、迷わんよに、成ったですが。
2時間も、2時間半もは、草臥れるです。

ででの、嫁に、です。本日の予定はと、尋ねたならばの。
とりあえず、昼飯。ハヤシ・ライスを作ってるですて。左様<さよ>かと。
昼食済めば、どこそこの、「トイザらス」にと。左様かと。ここで、オモチャを買いの。
一応は、本日、夕食、「さと」は、18時に予約入れてると。結構なると。

いやなあ、ここだけの話、でも無いの。
「さと」の株主優待券が余っててねえ。余ってるも、異なるの、話、なれどです。
そらなあ、私共夫婦、爺婆だけで、外食も、「さと」では、なと。これは、息子共一家が来たら、の話に、原則しててねえ。
次男一家なら、良く来てるですが。夕食まで、一緒にするは、珍しく。昼飯でして。昼飯なら、家で、喰たり、「マクドナルド」であったりと。
ここだけの話、でも無いの。「マクドナルド」も、株主優待券あってねえ。

話簡単の、この優待券目当ての、株主でして。
さもなくばの、一々の、外食しててみい。破産するです。
息子共、一家が来たからと、何も、わざわざの、外食せずとも、宜しいですが。ま、えやないかと。
「マクドナルド」なるは、孫共のため、でして。
私共、爺婆だけでは、殆ど、行かへんわと。行くなら、優待券余って、消化のため、でして。これも、1年に1回、あるか、無しかの、大抵なら、不足哉と。

オトトの、そんな次第の、ハヤシ・ライスの、昼食喰てねえ。
息子の車で、今度は、乗ってるだけで。
着けば、「トイザらス」。
誰が、何か、までは、記憶してへんわと。
孫娘のは、ミニチュアの、クリスマス・セット。コレ、ミニチュアの、自転車やとか、鏡やとか。タンスであったり、諸般、揃えて、楽しむの、です。
私共、男共には、ンの、何が楽しいのか、よ、分からんの世界の、女の子独特、独自の世界の、オモチャでねえ。フウンと。
当然の、孫娘なるは、女の子、でして。
そらなあ、後の、孫君、1号、2号の、男の子とは、数段の違い、鮮明にての、感心、致すわと。

いやなあ、当方にとって、男の子は、なあ。珍しく無く。ソラ、息子2人でして。
ヤンチャなんか、全然の、当然の、気にもせず。この程度の、ヤンチャで無ければなと。
とは、思うですが。女の子は、世界の違いに、フウンと。
間違いなくの、女の子、やったんやと。

これがなあ。歯が抜け出しててねえ。
現在、4本抜けてるですの。面白いねえ。顔が、抜けてるの前歯が、愛嬌あってねえ。間が抜けてるの、みたいな、風情も、あってねえ。
これ、孫娘が、ニと笑えば、前歯の無いのが、見えてねえ。
(14/12/09)



inserted by FC2 system