孫娘の話NO.7

孫娘の話NO.4 孫娘の話NO.5 孫娘の話NO.6
孫娘の話NO.1 孫娘の話NO.2 孫娘の話NO.3

ハデブスNO.12
題目一覧表

目次

孫娘の話NO.8

NO.70 初節句の話(16) 買い物の話

NO.69 初節句の話(15) 母説得の話

NO.68 初節句の話(14) 京都島津総本店での話(4)

NO.67 初節句の話(13) 京都島津総本店での話(3)

NO.66 初節句の話(12) 京都島津総本店での話(2)

NO.65 初節句の話(11) 京都島津総本店での話(1)

NO.64 初節句の話(10) 高島屋の話

NO.63 初節句の話(9) 秘密兵器・孫貯金の話

NO.62 初節句の話(8) 余談・雑談・世にも不可思議なる話の話(3)

NO.61 初節句の話(7) 余談・雑談・世にも不可思議なる話の話(2)

孫娘の話NO.6


NO.61 初節句の話(7) 余談・雑談・世にも不可思議なる話の話(2)

<「不可思議の世界NO.5」NO.76 仏壇、墓石の話>

ホンマやで。
お仏壇の移動で、話としたら、本箱一つ、大から、小へと。
だけやけど。中身がありますやんかと。お仏壇の幅分の、掛ける事の段数でして。中身処分も大変やでと。ソラなあ、次々に、我が蔵書。
とする程も無いけれどや。大切に保管の諸々をば、選別に、選別重ねて、涙を飲んでと。まだ、アカンかと、大量処分したですが。
古本屋、ブック・オフに持ち込んだって、漫画本以下の扱いでと。値打ち無しと。バカにスナ。引き取って要らんわと。激怒する訳にもナと。持ち帰っても、置く場所が無いのやしと。何とか、そっちで、お願いですと、懇願しまして。ホンマになあ。時代も様変わりでと。

ン十年昔の単行本、難攻不落の電気工学専門書、哲学書、文豪寄せ集めの全集モノが、教科書がと。教科書は二束三文でも、仕方が無いけれどや。読み古しの、ペラペラ、エッチ本、漫画本なんかに、負けるとはなあと。
何せの、漫画の全集モノ、全巻揃うが遙かの、数段、桁違いの値打ちなんやて。引き手、数多なんやて。飛ぶよに売れるんやて。
へえと、世も末、末法の世かと。アホラシと。

デデデの、云い出したら、当世、無法、非常識が横行してるです。
道路に、公園に、下手したら、田や、畑に煙草のポイ捨て。
程度は可愛らしくて。ゴミ箱扱いの、燃えるゴミなんか、常識の、粗大ゴミ、オムツやなんかを意図的放棄。だけでも無くての、人気(ひとけ)の少なく、目立たん場所には、冷蔵庫、テレビ、エアコンなんかを捨てまして。へえと、感心するです。

まあなあ、変な話、ソコまでなら、分からんでも無いけれどや。佳くある話で、珍しくもあらへんしと。アホで、身勝手、自分勝手なヤツが多いナと。
コレで、ビックリ仰天、卒倒する程で無いと、アカンのやと。
場所によったら、ボロ車が置いてありまして。要は廃車の手間暇、諸経費が辛いのかと。放置された方の迷惑なんか、一切のお構い無し。されどの、墓石、お仏壇の放棄は、モノがモノだけに、モノ扱いでええのかと。ハタ迷惑も考えてへんしと。

ご先祖様が、ウラメシヤと、化けて出るゾ。
脅したって、霊感、五感、第六感の、世の一般通念、常識、欠落した人なら、気にもしいひんやろと。出て来るなら、出て来いと。下手物小屋に、売り飛ばしたる。
とでも、云われたら、ご先祖様も、オイ、ソレとはナと。出て来られへんですが。かと、云うて、幽霊をば、軟禁、監禁、拘束、如何なる手段でかと。

変に理屈を考えてもナと。
斯く申すの私も、霊感、五感の第六感に欠落してての、幽霊、お化けに、妖怪なんか、バッタリ遭遇も、片鱗、気配さえも、見た事、感じた事もあらへんです。怪奇現象も経験してへんしと。
されどの、偶然の摩訶不思議な事なら、度々、経験してるけれどや。怪奇現象とは違うしナと。出来れば、偶然のお導きも、宝くじで一発、二発と、ン億円が、一千万円でも構わへんしで、当たって欲しいナの、欲ばっかりでと。
当たった経験無いから、余計になあと。

以て、気にしてへんかとなれば、幽霊屋敷、結界、魔界、苦界の、猪八戒の、ミステリー・スポット、心霊スポット等々。
曰く、因縁の場所になんか、近づくのも嫌でしてと。肝試しなんか、参加御無用の、誘てくれんでも結構の、ホラー映画なら、タマには見るですがの、余りに気色の悪いのでは、気分悪くなるですしで、程々にと。
イヤ、好きは好きです。恐がりだけでと。

ホンマやで。クドイけれどの、墓参も、日の高い内にが、常識でして。薄暮ともなればの、薄気味悪い場所で。ご先祖様が守ってクレたって、多勢に無勢の、ホカの変なヤツに取り憑(つ)かれでもしたら、大変でと。
特には、丑三つの刻なんか、幽霊、妖怪の活発、生き生きの、活動の時間やゾと。外国モノでも、吸血鬼ドラキュラ伯爵がソやろな。お天道(てんと)様には、弱いんやと。夜の遅くにお外をウロウロすなと。バカたれめがと。五月蠅いのやと。
私が寝てるのにと。

まあなあ、今の時期、寒いしで、お外で延々雑談のアホも居てへんけれどや。夏休みにでもなってみいと。スネかじりのアホ学生が丑三つの刻にでも、活動してまして。正しくの、魑魅魍魎闊歩状態かと。
勇気あるなら、墓地に夜往けと。ご先祖様が、こんばんわ。佳く、来てくれたナと。ニコとして、感謝感激、熱烈歓迎、歓待接待してくれるゾと。
場所柄的、時刻的にも、歓待されるは、私も嫌ですがと。
昼間で、耳寄り情報ならばの、こっちが、熱烈歓迎するですがの、幾ら、ご先祖様大事でも、コレはコレ、ソレはソレと、区分明確にと。

デデデの、映画程度ならやけど、実物、変に見たり、実体験するも、困るですが。
座敷童(ざしきわらし)なら、熱烈歓迎致すですが。さりとての、実際に遭遇したら、腰抜かすかと。
仙台四郎のグッズは持ってへんですが。仙台幸子の写真なら、何処からとも無く、回って来たですが。東北地方に、この手の話が多いのかと。
イヤ、財布に入れてたら、お金が貯まると聞いたし、以来、入れて、何年。ン年。今や、入れてるのさえ、忘却の彼方の、掲載してて、ハタと思い出したですが。矢っ張り、ポイ捨てもなあと。邪魔になったら。
とは、失礼なれどの、有効期限、原則一年の御守りなんかと一緒に神社にでもと。ソレも、財布の中にあるを憶えてたらやけど。何せの、証明写真以下の大きさやしと。

イヤイヤ、デデデの、お仏壇をば、捨てるよなヤツの念じる事柄、チと趣異なるので無いかナと。
ホカしたお仏壇で、罰(ばち)当たらんよにと。
なら、マシで、罪の意識があるからでと。当人にしたら、アレはアレ。コレはコレの別次元かと。自分さえ、佳ければ、万事佳しの、善悪の区分も付いてへんのが、多いかと。

さもなくばの、盗人、詐欺師、殺人鬼に、麻薬に、脱税、天下り、イジメに、虐待なんか、あらへんです。老人の孤独死もあらへんし。痴漢も、放火も、裏金、年金問題、毒入り餃子も、品質保証期限切れの偽装も、イージス艦の衝突も、発生しいひんわと。
政治家は言動に責任持つし、国家国民のための、百年の大計構築するしと。食料の自給率も向上してるし、オゾン層破壊も、地球温暖化も一発、解決するです。
解決以前に、問題にもならへんわと。予防措置、一致団結でと。こんな程度、政治家、官僚で無くとも、分かってるがな。滅私奉公、ヤル気だけの問題でと。

ホンマやで。
云うたら、公明党の、坂口力、当時の厚生労働大臣、「100年安心の年金プランである。」ゾの、豪語で、忽ちにして破綻の、無茶苦茶。(「ハデでなく、ブスでもなくNO.10」NO.100親父の十七回忌(3)お焼香参照)
今度は、同じくの、公明党の、冬柴鐵三国土交通大臣が、原油高騰の折り、ガソリンの暫定税率、道路特定財源のため、ビタ一文、一銭たりとも、負けへんゾと。全部、道路に使うんやと、意地張って。

云うたら、国民の年金、ズタズタも、ガソリン税も高いがママに生活脅かすの、お二人様、揃いも揃ての、公明党やナと。
よおやるなあと。何のために、大臣してるかとなればの、国民のためで無く、官僚様と、しかるべくの、建設業者のご意向のままに、国民を喰いモノの、モノ扱いしまして。

イヤイヤ、デデデの、お仏壇を粗大ゴミとして、ホカスお方はどんなお人かと。
おそらくは、神社にも、お参りして、鈴をリンリン、ガラガラと鳴らしてるやろと。しかるべく、お賽銭、チャリンで、御利益をと、念じてるやろと。宝くじも買い、阿弥陀籤にも参加して、くじ引きでは、ええ景品当たってクレと、祈願して。受験ならばの、合格祈願で、ええ恋人が、良縁をと、念じてるやろと。子々孫々の繁栄をと。
されどの、ソレはソレ、コレはコレかと。スカッと、分離、割り切れるお人かと。
云うたら、墓参もしたはるやろと。五年に一回、十年に一回でもや。墓参をしたら、してると、云うは、云えるです。間違い無いです。

イヤイヤ、デデデの、忘れてならじの、何です。孫娘の話ですやんかと。まあ、なあ、「余談・雑談」やしなあと。
嫁はんは、援軍、一泊して、戻ったですが。孫娘、名前を呼ばれたら、ハイ。
とは、返事はしいひんものの、出来ひんけれどや。したら、怖いですが。
何とまの、手を挙げるですて。へえと。自分の名前を理解してるかと。ホンマにホンマかいナと。ホンマやったら、大したモンやと。

しかるにの、男が援軍に往ったってなあ。場所取るだけ、口だけにての、何のお役にも立てへんなあと。むしろの、邪魔なだけかと。
その点、女は、料理、洗濯等々、家事が出来るしと。まだ、マシかと。
(08/03/15)


NO.62 初節句の話(8) 余談・雑談・世にも不可思議なる話の話(3)

<「不可思議の世界NO.5」NO.76 仏壇、墓石の話>

三月十七日は、彼岸の日です。知っといてやと。暑さ寒さも、彼岸までと。
イヤ、この辺りに、お墓参りするのやでと。当家、月参り故、日には、こだわってへんですがと。既に、三月行ってるです。

イヤイヤ、デデデの、ホンマやでと。
例年、一月になったら、「東大谷祖廟」の墓石に、札がブラ下げられるです。
何のかとなれば、年払いの管理費未納で、十年経ってしもて。執行猶予、一年の、寺務所に来てくれと。しかるべくの、処置してくれと。さもなくばの、没収するゾと。

要は、墓地なるは、借地権の購入でして。土地は、東大谷さんのモノでして。管理費十年未納で、没収でと。
権利の購入、結構高いです。ン百万円単位かと。果たして、東大谷さん以外に売買出来るかどかは知らんですが。没収なんかされたら、丸損やのにと。
イヤ、諸般の事情にて、値を調べたです。諸般とは、叔父他界で、叔母が適当なる墓地がと、云うてたしで。ホナラの十年以上昔の相場になるですが。結局、別途に調達されたかと。確かに、一寸、高いナと。場所も場所やしと。云うたら、良過ぎるです。
全国的に有名やし。景色はええしと。私は大満足、大いなる自慢にしてるです。
かと、云うて、遠いお方はソはナカナカに墓参がなあと。原則、家の近くがええに決まってるです。我が一家にしても、昔は、歩いて行ける距離やったしと。

デデデの、コレが毎年、案外に多いです。
我が墓地への道中、何軒あるかと。五軒はあるかと。見えてる範囲の、大した距離と違うのにと。見えてる範囲の母数、幾らか分からんけれどや。丼勘定、大雑把の適当、感覚的なら、5%かと。要は、十に一つは無いけれどと。あったら、無茶やでと。
云うたら、十年やで。十年もに渡って、お守(も)りするべきが一度も墓参に来てへんのかと。親戚縁者がタマに来たって、分からんしと。よって、札をブラ下げ、注意喚起したはるですが。

言語明瞭、年々、増えてる気がしてるです。アソコも、ココもと。へえと、感心してるですが。
さりとての、執行猶予一年の間には減ってるなあと。一年通じて、そんなに沢山、見てへんしと。一月、二月の墓参で、突如増えての、目立つし、気がつくのやしと。何処がとなんか、憶えてへんしと。

只なあ、管理責任者、借地権保有者が他界で、引き継ぐべきが、管理費の事まで、知らん場合があるですがと。無くても、年に一度、管理責任者宛に請求書が届く筈で、ン千円かと。
よって、寺務所にしたって、把握したはるです。宛先不明で戻ればで。

我が墓地、当然乍らの、全権、私で、親戚縁者の叔父、叔母、妹一家も墓参してるです。しても、管理はこっちやしで、そんな札、見つけたら、考えるまでも無いです。号砲一発、あのなあと。
チャンとしといてやと。文句、小言、責め受けて、無茶苦茶、云われるですが。ソレでも長男かと。長男で、何の資産も引き継いでへんけれどや。イヤ、電話、墓地の権利書と、お仏壇かと。
電話は、「Eo」にしたし。墓石、お仏壇は新調したですが。結果、墓地は残ってるなあと。不動産かと。

してるし、してる処か、月参りやしで、管理費なら、年初に往けば、お支払いをと、決めてるです。要は、借地権保有者とは、年管理費の支払い責任者かと。
デデデの、権利書なら、祖母から、教えられてたです。こんな具合に保管してるしと。当時の、管理費、まさかのン千円では無いけれどや。一発、破産するしで、物価、スライド制かと。されどの、相当以前から、ン千円。

デデデの、十年も墓参せずは、余程やけれど。斯くなる次第に案外に、多いんやと。
ホンマやで。迷信であれ、何であれ、気持ちの問題であれど、モノがモノやしナと。生きた人間でも、モノ扱いのご時世やけどです。考えのズレたお方も多いけれどや。へえと、感心、ビックリするよな人が多いですが。

さりとての、何かあったって、お仏壇をホカした。墓参をしてへんのとの、因果関係なんか、分からへんです。当人と、極少数の親戚縁者だけかと。承知、理解、してたらで。そんなモン、ホカにも、一杯、思い当たるの事、あるやろしと。
斯くしての、何事につけ、相手さん、マトモなら、ホと安堵しての、変な時代になったナと。マトモも、ソコまでは分からんですがと。

デデデの、やっとで、話を戻しての、孫娘の話です。「洛西島津」での話です。
イヤマア、孫娘、分かってるのか、分かってへんのか、ご機嫌さんで。
ニコニコ、嬉々としてまして。アカチャン語で、何や、かやとの、アカチャン語故、アア、ウウだけでの、大平正芳、真っ青でと。云うたら、女の子は、アカチャンでも、人形を好むのかと。分かってるのかと。不可思議なる世界やなあと。クドイけれどの、生後の、八ヶ月やで。日本語さえが、マトモに喋れてへんのにと。

泣いて、寝て、お乳を飲んで、出してと。
其の、泣くが、次第に少のおなったナと。
イヤイヤ、デデデの、ホンマやで。伸び上がって、必死に手を出しまして。飾ったある、人形さんにです。
オトトのトットと。下手に触られてみい。つかまれてみい。つかむに、動作が遅いけれどや。一箇所に凝っとしてたら、つかめるしで。壊されてみい。買う気も無いのに、弁償しんならんです。しんならんかどかは分からんけれど。応分の責任あるやろなあと。

イヤ、息子がオンブしてるですが。
車から降りての移動の際等々、外では、私等一切、ダッコしいひんに決めてるです。泣かれても、困るですが。
一番は、万が一にも、落としてみい。しもたなあ。困ったなあで、済まへんしと。責任は親が持ってクレと。持つべしと。
ホンマやで。階段なんか、尚更でと。蹴躓(けつまづ)いて、ヨロヨロとでもしてみい。怖いです。若くは無いを自覚もしてるです。孫が出来たら、間違い無くの、名実共にの、爺さん、婆さんやしで。余所様から、爺さん、婆さんと、云われて、何とも思わへんです。

売り子さんからも、お爺ちゃん、お婆ちゃんと、云われてねえ。云うたら、ホボの同じか、一寸、年下の女性やけどです。矢っ張り、間違いあらへんしと。腹は全然、立ってへんです。
中には、爺ちゃん、婆ちゃんと、云われるを、好まんお方もあるのやて。ホナラの、どんな呼ばせ方するのかと。まさかの、倒産、解散、トト様、カカ様でもあるまいにと。

イヤイヤ、孫娘の動作を見て、売り子さん、素早くの、コレがお好みみたいですねえと。
云われても、何も決まってへんです。息子夫婦の相談、検討結果待ちでと。
まあなあ、長居は無用の、カタログだけを求めまして。参考のためです。戴けますかと、請求したです。ホナラの、立派なカタログ、戴きまして。
「早めに決めて下さいね。又のお越しをお待ちしております。」と、お見送り戴きの、エレベーターまでやけど。

要は、「洛西島津」は、ここまででして。
結論とするのか、先の事は、息子一家が、嫁の実家から戻ってからとしたですが。
或る程度は、覚悟の、金策しとかんとと。嫁はんとです。深刻なる相談になるなあと。
(08/03/18)


NO.63 初節句の話(9) 秘密兵器・孫貯金の話

イヤ、息子一家とサイナラしまして。
云うても、夜、何時かには、戻るですが。ソレまでにと。実は、秘密兵器なるがあるです。孫貯金をしてまして。
貯金は、貯金箱にで。
瀬戸物では無く、カンカンでして。名称、「COIN CAN」で、100均にて、嫁はんが買おたです。
500円玉で、満杯ならばの、20万円也です。
金属製故、缶切りで開けるか、入り口から、出すかしか無いですが。缶切りで開けたら、おしまいやしで。必死で中身を出したです。

イヤイヤ、何年前やろかなあ。
十年、十五年が経つのかの、小銭を息子共のために、貯金したです。この当時は、ガラスの瓶でして。一円、五円、十円の、大奮発で、五十円、百円かと。
何がためとなれば、何かの折りの、息子共のお小遣いにでもと。足しになればと。当然乍らの、銀行に持って往っての両替でして。さもなくばの、そんな小銭を持ち歩くも出来ひんやんかと。
イヤ、公式的には、お小遣いなんか渡してへんです。自分で稼げとしてまして。只ナ、色んな名目にて、軍資金なるは、我がお小遣いからやってたですが。

デデデの、ガラス瓶のを喜んで、両替に往った息子共も、大学を卒業、社会人にでもなってみい。稼ぎもええしで、そんな小銭なんか、瓶一杯になったって、見向きもしいひんのや。
ソラなあ、満杯で、幾らやな、精々が三千円、四千円程度かと。意外に少ないなあと。主力の硬貨が硬貨やしで。一円、五円、十円が主力やしで。間違いにて、百円玉やしで。

ソレも、両替してもろたら、手数料を取られるよになったしで。イヤイヤ、バカにならへんのやで。49枚までは、無料やけれど。
100枚では、100円。100枚以上の1000枚までで、200円となりまして。クドイけれどの、モノが、小銭やし。ホナラの預金したら、手数料が只なんやけど。
丁度、卒業間際からかと。手数料が要るよになったのがです。

まあなあ、そんな、こんなで、小銭貯金も止めまして。私はヤル気を無くしたしで。貯金したってなあと。
しかるに、イツからか、将来のためにと、嫁はんがです。カンカンにやり出したです。今度は、ドンと、500円玉でと。500円玉となれば、チャリンはチと辛いですが。私も途中から参加をしまして。何年やろか。
どっちにしたって、500円玉貯金は決心要るです。ソレが結構貯まってるしと。帰って、即の出そかと。幾らになってるやろかと。

半分なら、10万円で、半分以上あるやろかと。もしかしたら、三分の二はあるやろかと。三分の二なら、十二、三万円かと。
やけど、本当に500円玉だけとは限らんです。タマには、一円、五円、十円とかや。百円やったりの、適当なる場合もあったしなあと。嫁はん、「COIN CAN」の上から物差し突っ込みまして。ドレ程やろかと。

イヤ、案外に少なくての、半分程やろかと。持って、振ったみた、感覚ならばの、満杯近くやけれど。可笑しいなあと。可笑しくとも、高さは高さで、事実やしと。
出すはええけれどや。カンカンやしで。

イヤイヤ、「孫貯金」としてるですが。孫が出来たは、昨年やしナ。話簡単、何となくの、貯金の当時は、小銭でと。
産まれるが分かってから、「孫貯金」と銘々にての。実際には、出てからやで、私も積極参加で、500円玉の、チャリンが加速したのがです。
イヤ、参加だけはしてたけれどや。500円玉はチと、少々、可成りの、相当に苦しいです。

イヤイヤ、クレグレもの、銘々、「孫貯金」であって。
当面、神戸の孫娘が対象なれどの、諸般の行事等々のためにと。
当たり前に、二男が結婚したならばの、或いは、二人目、三人目。
とかや。孫誕生、増えるに従い、誰のになるかは、分からんですが。話簡単には、ソであって欲しいと願てるですが。
云うたら、京都縦貫自動車道の通行料、最寄りの大井インターから、沓掛まで、500円也でと。以来、私等だけのときは、余程で無いと、下道(したみち)をと、なったですが。

デデデの、カンカンから、出すは難しいです。お賽銭泥棒みたいに、ヒモにでも、鳥もち(粘着材)付けて、取り出す訳にもナ。そもそもが、賽銭箱が如くに口が大きくあらへんです。
500円玉を入れるだけの穴やしでと。

イヤ、口を下に、振ったりしまして。
ソレでも、運が良ければ、出て来たですが。何の加減か、私は下手で、嫁はん、お上手。スコン、スコンと、見事なまでにで。へえと。
ホナラ、任せたと。大体が私は不器用自慢。
では、あっても、次第に出んよになって、仰向けになりましての、「COIN CAN」の口から、物差しを突っ込み、コチョコチョと。
矢っ張り、私は下手で、嫁はん、お上手。コロン、コロンと、見事なまでにで。へえと。大したモンやと、完全にお任せしまして。

斯くなる次第の、次第の、次第に、判明するです。
大体、幾ら入ってるかがです。一番最初は、十数万円かと、思てたですが。物差し、突っ込み、高さを見た段階にて、良くての、半分の10万円かと。500円玉バッカリの前提でと。
出たのを、数えましての、残りの状況からして、まあ云うたら、5万円はあるけれどの、10万円には程遠くのと。

一寸、辛いなあと。残念無念の、思いの外、少ないなあと。
ソラなあ、モノは、最低でも、10万円をホンの僅かに切る程度やで。お釣りが、僅かやで。まあ、10万円としてで、一寸、ええなあとなれば、ン十万円やで。どしょナと。
どするも、こするも、あらへんけれどや。足らずは、何とか、しな仕方が無いですと。その足らずが、ドレ程かと。ソレが決まってへんですがと。
欲を云うたら、切り無いし。さりとての、下々々の下(げげげのげ)では、可哀想やしと。

イヤ、まだ、決まってへんけどナと。
斯くなる次第の、次第の、次第で、硬貨全部を出せたはええのやけれど。出て、嫁はんと二人しての、顔を見合わせの、へえと、溜息(ためいき)、吐息(といき)の、虫の息にまではならへんですが。
世の中、甘くはあらへんなあと。

イヤイヤ、息子一家が戻って来たら、一切、隠さず、「COIN CAN」の件を云うたろかと。今までならばの、秘密兵器やったけれどの、最早の隠す事もあらへんしと。そもそもが、コタツの上に置いたままの、見たら、分かるですがと。あるのがです。
見ても、金額までは、分からんですが。嵩(かさ)からしたら、大して無いのは分かるですが。

しかるにの、秘密兵器とは、私等夫婦にとっての事でしてと。イザの場合の兵器でと。
どっちになるかは、別問題の、どっちにしたって、「孫貯金」故の、当面は、中身全部、孫娘のための、秘密兵器やしと。されどの、チとナ。少ないなあと。云うても、満杯にて、20万円やけどです。

そやけど、20万円となれば、大きいでぇ。500円玉一個、投入痛いでぇ。決心要るでぇ。云うても、20万円には遙かに足らんけれどの、まあなあ、孫娘のためやと。
これでオシマイと違うです。これからも、しんならんやろな。ホレ、七五三やとか、誕生日とか、何やとか。大抵なら、貯まるまでに、要り用出来るかと。二人目、三人目が出来てみいと。
なったらなあと。
(08/03/23)


NO.64 初節句の話(10) 高島屋の話

三月二十四日は、息子夫婦の結婚一周年記念日でして。
おめでとうさん、ホンマに早いモンやねえと。メールを一発、二発。携帯電話で、お二人さんに、慣れぬ手付きで、やっとの事で。
嫁から返信、ケーキでお祝いしたですて。
まあなあ、ソかと思てたですが。お好きにしてクレ。
とは、返事はしてへんですが。

斯くなる次第の、結納の儀の日では無く、婚姻届けの日でも無くの、形式的ではあっても、結婚式の日が、結婚記念日なんやと。
儀式、儀礼、そして、礼儀、重要かと。
結納の儀は身内だけの、内々の話で、婚姻届けは、公的やけど、矢っ張り、内々の手続き上の話であって、実際には、法律的に重要なる事やけど。
法的には、何にも無しの、人生最大の儀式、結婚式で以て、親族、友人、世間にご披露したんやしと。記念日なんやと。

ホンマやで。
一寸、話がズレるですが。年賀状を虚礼として、全く止める。或いは、年賀状をば、電子メールで、パソコンからでも、携帯電話からでも、簡単送信出来るですが。
云うたら、電子メールで良い場合と、矢っ張り、書状としての、現物にするべきがありまして。そして、主義主張として、徹底的に出さんも結構かと。
この、徹底的が問題でして。会社員なら、上司に虚礼廃止。商売屋はんで、お得意先に宣告出来るかと。
イヤイヤ、無駄金避けるの意味で、必要最低限の範囲にでもと。

只なあ、年賀状なるは、虚礼やろかと。
(「単なる雑談NO.45」NO.717閑話休題・厄介なる間違い電話参照)

イヤ、私自身は虚礼とは思てへんしで、毎年しかるべくの出してるですが。虚礼とするよりも、毎年、時期になれば、ここは、どしょかと、迷う先が出現も確かかと。
斯くなる次第の、虚礼、実礼、儀礼、御礼の、失礼、無礼の、範疇、解釈、難しいです。まあナ、学問的には線引き、定義があってもです。その又、解釈、様々でと。

デデデの、そんな話は置いといて、昔はなあと。
歳喰たら、この、「昔はなあ。」が口に出るとするのか、筆に、指先走らすかと。
デデデの、昔はなあ。人数さえが、集まったら、トランプ・ゲームなんかをしたモンでと。一寸した、旅行でも、修学旅行の移動の車中、旅館ででも、したモンでと。
ババ抜き、ナポレオン、七並べ、ポーカー、カブなんかをしたモンでと。

するに、何にも無しでは、面白無いしで、一円とか、マッチ棒とかを、賭けたですが。そんなタメ用でも、ガラス瓶に、小銭を集めてたですが。
息子共の小さい頃はお正月ともなれば、したけれどや。任天堂のファミリー・コンピューター、ファミコンが出現にて、一人遊びが流行ってしもて。小銭を使う用事も無くなったですが。
どっちにしたって、お小遣いの足し用やったですが。コレからは、「孫貯金」となりの、一口500円玉かいナと。
まあなあ、100円玉でもええけれどや。一円、五円、十円では、相応の金額、貯まらんしと。

イヤイヤ、デデデの、結果、我々でとなったです。我々で、とは、我々でと。その場の面々でと。
よって、伝えたです。斯くなる次第の、称しての、「孫貯金」、今現在、ン万ン千ン百ン十ン円也があるゾと。分かったかと。
分かって、どて事無いけれどや。正直、案外に少ないなあと。誰もの顔が云うてたです。モノの相場、概略、分かってる故で。皆まで、云うナと。云われんでも、分かってるわと。遙かに、不足やなあと。

デデデの、何です。一月四日は妹一家が来てくれて。
五日に、諸般の事情、お祝い返しで、高島屋にと。イヤ、ソレだけでは無いけれどや。息子夫婦がです。ホナラの一緒にと。
私には、私の用事があるです。誕生日(1月11日)のお祝いに、小銭入れを買おてクレと。請求してまして。ヨッシャと、許可得てまして。
元々がお気に入りの小銭入れがあったですが。ファスナー部が壊れてしもて。閉まらんよになったです。イヤ、ブランド物でしての、Dunhillでして。云うても、一万円そこそこやったかと。小銭入れやしナと。

実は、壊れたのは、二代目でして。初代のは、車上荒らしにやられたです。
(「単なる雑談NO.23、」460.残念無念、やられてしもた(4)上等の小銭入れ参照)

やられたのは、ボロなったしで。二代目を買いましての、小銭を入れてたですが。
イヤ、初代も二代目も、小銭入れやけどです。それこその、500円玉も入れたし、ン千円はあったかと。車上荒らしにやられたは、ソレだけでは無くての、相当額で。

灰皿としては、使てへんの、ノー・スモーキング灰皿にも、500円玉で、ン十枚はあった筈。云うたら、何故か、500円玉を使わず、貯めてたです。かれこれの、5年前です。今更乍らの勿体無かったなあと。
あってみいと。
イヤイヤ、覆水盆に戻らずの、記念硬貨もあったしなあ。やったヤツ、ニンマリしやがっての、グヤジいナと。今、思い出しても、腹が立つノリの、腸(はらわた)煮えくりかえるです。

イヤイヤ、デデデの、二代目が壊れてしもて。小銭の行き場があらへんしと。折角ならばの、ええのをと。自分で買うに、お小遣いがと。
皆様にお強請りしたです。誕生日のと。お強請り二度目でありましての、初回は、腕時計をと。
(「単なる雑談NO.43」NO.700生涯初の超高級腕時計参照)

ン万円のを頼んだのが、二年前かと。味しめたかと。

イヤイヤ、息子共も社会人となりので、お強請りしても、許せる範囲でと。現在唯今、次回は何をなんか、考えてへんですが。今回にしたって、想定、一万円程度。一人増えてるしナと、娘がです。長男の嫁がで、人数で割ってクレと。
イヤ、幾らのを買うかを、高島屋でと。出来れば、全く同じの、Dunhillをと。

斯くなる次第の、一月五日は、「高島屋」と相成りまして。
イヤ、二男は友達に合いにと、出て行って。母には、お留守番をで、どちみち、出られへんですが。息子一家、私と嫁はん、爺さん、婆さんの五人でと。
イヤイヤ、昼飯をば、どしょかと。地階に、安いの、上手いの、早いが売りの、カレー屋はんの、「サンマルコ」があるけれどや。孫娘が一緒で、カウンター席ではナと。
高いけど、お正月やしなあと。一寸、張り込んで、七階の、「京回廊」ででも、喰おかと。但しの、ファミリー・レストランの、「ロイヤルキッチン」でと。ソレでも、高いけどや。モ一発、正月やしなあと。お陰様で、我輩、爺さん、破産やけれどと。

イヤイヤ、昼の時分時(じぶんどき)に、行ってみい。当たり前に並ばんならんです。分かり切った話で、三十分前に行ってるです。よって、選り取り見取の、片隅のええ席取れて。
イヤ、店員さんに、選んで戴けて。入るや否やの、スグにも、満杯にて、嗚呼、良かったなあと。何分かでも、遅れてたら、大変やったです。

とまあ、こんな話をしてたら、初節句に何の関係があるのかと。
なるけれどの、高島屋なら、お人形屋はんがあってと。時期的、季節柄、お雛さんもあるやろと。参考のタメ、見学しよかと。適当なんがあったら、本格的に検討してもええのやしと。決めるまでは、方々にて、見るだけなら、只なんやしと。
しかるにの、雛祭りは、お祭りでして。祭事でと。

斯くなる次第の、次第で、高島屋です。「ロイヤルキッチン」にて、私はカレー・ライス。皆、適当のバラバラのと。しかるにの、当月、お誕生日のお方は、挙手してクレと。
イヤ、申し出てクレと、、メニューに書いたって。しからばの、デザートを、サービス致しますと。へえと、即刻の挙手したです。戴けたは、小振りのシャーベット。されどの、気持ちは、気持ちと、一口どかと、分配したりして。

まあなあ、食事はどでも良いです。
同じ七階には、贈答用コーナーがありまして。予め決めてあったか、即の終了。
ホナラと、探すまでも無いです。同じの七階に、お雛さんコーナーがありまして。当然です。見せて戴いたです。

見て、瞬時、即刻、失礼乍らの、アカンなと。何処のとは、申さずの、申すに、屋号もお見事、忘れたですが。憶えてても、掲載するかどかは別問題の、値は相応に高くの、もしかしたらの、「島津」で見た値よりも、高めかと。
モノは、失礼乍らの見栄え悪く。止めとこかと。イヤ、高島屋は問題外と相成ったです。
別段に、高島屋が売ってるのでは無いですが。高島屋で売ってるのやしと。
(08/03/26)


NO.65 初節句の話(11) 京都島津総本店での話(1)

予め、洛西の、「島津」を見てへんかったら、分からんですが。
ソラ、比較対象するの相手が無いけれどの、見てただけに、素人目にも、コレではなあと。落ちるなあと。検討の余地無いなあと。話簡単、値が高くの、モノが落ちてたら、目も当てられへんですやんかと。

何が違うか、具体的には難しいけれどや。専門家でもあらへんしで。
単純なる、印象的になら、着てるモノが違うです。ハデ、派手、ケバケバしいんやなあ。
とも、云えずの、色褪(あ)せてる感がするのやなあ。
派手で、色褪せてるも変やけど。場違いとするのか、お顔とお着物、合おてへんとするのか。安っぽいとするのか、落ち着きが無いのやなあ。
一番には、お人形さんのお顔に品がなあ。派手と云うのでも無いですが。違うんやなあ。
島津のは、男雛さん、天皇家のお召し物を着たはったですが。金色でと。金もケバケバしく無くの、重厚感あったですが。金がお似合いの品のあるお顔でと。
イヤ、我が印象だけでは無いです。四人意見一致の、アカンなと。止めとこかと。一通りの見聞にて、サと退散したです。

イツぞやの、初着(うぶぎ)の時もソやったですが。高島屋では、総じて、高いナと。結果、買わへんかったけれどや。嫁の実家にあったしでと。
変な話、有れば、何でも結構です。ワザワザの金出して、買う必要なんか、あらへんです。無ければ、買わんならんし。同じ買うならと、方々にて、見聞させて戴いたですがと。
値が、ピン、キリでと。一度だけやしなあと、迷てたですが。あったら、ソレでと。結構と。

さて、とりあえずは、高島屋での、雛人形は諦めまして。
次なるは、私の用事で、二階の、「Dunhill」にで。
イヤ、しもたなあと。忘れモノをしてたです。肝心の壊れた小銭入れを持って来てへんですが。こんなヤツと現物見せたら、一発やのにと。或いは、修繕をと。

云うても、仕方が無いです。持って来てへんのやしと。
ブランド・コーナーの、「Dunhill」に入って、コーナーをば、一巡、一通り、見たですが、アラヘンし。イヤ、あるには、あるけれどの、少ないのや。二三点かと。
モノが無いだけで無くて、お客も居てへんですが。大体は、女性向けのブランド・コーナーにはお客も多いですが。男性向けはなあ。少ないなあ。少ないと、敷居が高おて入り難いなあ。

ダアレも居たはらへんの、Dunhillコーナーに、四人と、加える事の孫娘の五人やしで、心丈夫でと。
一発、店員さんに、小銭入れを見たいと。イヤ、見るに、鍵付きの陳列棚やしナ。頼まんと、手にしては見られへんです。
ホナラ、店員さん、ワザワザ、白い手袋を持ち出しまして、鍵を外して、一点、取り出しまして。コレですかと、ウヤウヤしく、示されたのは、全然、違うモンなんやなあ。想定の構造がです。
モ一つ、こっちをと。又もやの、ウヤウヤしくの、取り出しまして。陳列台の上に載せられ、手にして見たですが、違うんやなあ。

何やけど、ワザワザの手袋されて、出されたら、触り難いなあ。遠慮するなあ。
ソラなあ、仮にもDunhillやけど。変な話、手袋で出して、私が素手で触って、手袋の手で、陳列台の元の位置では、何のための、手袋かと。
手垢が付かんよにとの、配慮としても、我が手垢が付くしと。

デザインも、機能もで。
しかも、値段が、二万と数千円と、コレ又、想定外で、ホカにはあらへんのですか。
小銭入れは、コレだけですがと。二三種類かと。パカリと、口がアングリで、確かに入れ易すソやけれど。形が、形式が気に要らんナと。
そもそもが、こんな高いのは、要らんナと。しかるに、修繕の場合、幾らですか。八千円です。へえ、八千円かと。買値、一万円程度で、修繕に八千円も取られてたら、世話無いなあと。されどの、イザの時の、選択肢、参考でと。

ホナラの、今まで何処で買おたとなるですが。
初代は、云うたら、ハワイで、免税店でと。イヤイヤ、アトにも、先にも、一度やけれど。勤続十五年かで、有給と、お小遣い五万円を戴きまして。嫁はんと、二人で行ったです。
二代目はとなれば、初代が、禿げ、ハゲの、ボロボロ、云うても、立派に使えてたけれどや。早めにと、亀岡の、「サティ」<現イオン>でありましてと。高島屋と違うです。まあ、云うたら、同じ、Dunhillでも、百貨店と、スーパーやしな。モノも違うのかと。

デデデの、ホナラの、嫁曰くに、「お父さん、どしても、Dunhillでないと、ダメですか。」と。
イヤ、似たよなのがあれば、構わへんけどナと、返事したなら、「一階にも、ありますよ。」と。
オッとの、ソやなあと。見に行こかと。ソラなあ、Dunhillの同じ形のが、相応の値段であればなあと。
イヤイヤ、全員、云うても、孫娘を除くの四人で、見たですが。
コレがと、思えば、Dunhill形式。今時、小銭入れは、こんなかと。パカリと、口が開くかと。私はチャックのが好みやけれどと。今のは、鎖が一本、付いてまして、車のキーも入れられるです。
オッとの、そんなよなのが、あったしで、こんな具合やなあと。嫁に示せば、お父さん、ソレ、キー・ホルダーです。
サヨカ。キー・ホルダーかと。どっちにしたって、Dunhillには無かったし、一階の財布売り場でも見つからんでねえ。

イヤ、あっても、デザイン、形、色から、何から、何まで、気に要らんしと、修繕を本格検討するとか、ホカを当たって見るにしての、本日、ココはココまでにしとこかと。
ココとは、高島屋であっての、余りに長居は無用でと。二時間までなら、駐車場も只になるですが。三千円以上の買い物してたらで。既に、充分してるですと。

さての、一通りの、予定の買い物等々、済ませまして。予定で無いのもあるけれどや。
高島屋カードで、買い物金額の8%のポイントを集めての、相当額の商品券を貰えまして。ソレで、孫娘の何かをと。
イヤ、コレがナカナカに決められへんでねえ。

イヤイヤ、決めるは、お二人さんやけど。何とか、決まって、高島屋をアトにしたですが。車中、息子曰くに、「島津の本店」が、このソバやなあと。オッとの、ソやなあと。
元々が、島津は京都の人形屋やけれどや。何処かには、あるですが。場所がなあと。
イヤ、カー・ナビゲーションで、分かるんやて。へえと。カー・ナビゲーションは便利やねえ。島津の本店とするのか、総本店は、高倉の四条にあるですて。

ホナラのソコやんかと。へえと。こんなと、云うたら、失礼なれどの、こんな場所にあったかと。今まで、用事が無いしで、知らなんだです。
云うても、四条通りに面してへんし、知る人ゾ、知るの、カー・ナビゲーションでも無ければ、分からんわと。加えての駐車場もあるんやてえ。
全部、カー・ナビゲーションで分かるんやて。凄いナと。
(08/03/29)


NO.66 初節句の話(12) 京都島津総本店での話(2)

イヤマア、何です。
このテーマで、「Yahoo!カテゴリ」に選定、登録されたです。光栄のと。テーマとしたら、一番に新しいですがと。イヤ、二番かなあと。一番に新しいのは、「要介護1」の話かと。厳密には、どっちか、難しいけれどや。
家族として、孫娘が一番の新人やしなあと。

ホナラと、イヤイヤ、デデデの、イヤまあ、駐車場からは、裏手になるのかと。島津総本店の話ですやんかと。入るは当然にして、初めてでして。
赤絨毯の、敷かれた、ご立派なる、階段登れば、ありましてと。お雛さんがです。
概略ならばの、洛西と一緒やけれどの、配置がやけど。中身がなあ。数がなあ。広さがなあ。
広さは大した差は無いけれどの、一寸、違えば、大違いの、手頃とするのか、相応の値のが、ありまして。
ソラなあ、一声、ン十万円ばっかりの、上の数字のやったら、場違い、ジックリ見てられへんです。サイナラと、裏手から姿消さんならんですが。云うても、相場です。こんなモンなんやと。

高島屋と何が違うか、入ってスグにも、分かったです。高島屋は、当然にしての、階の一隅、照明もそのままの明るさでして。
ここ、島津は、相応に適切なる、明るさでして。若干なりとも、暗くしてあっての、人形さん主体、主人公でと。見せるがためでと。飾り付けも、お上手でと。
入っての印象、雰囲気からして、違うわと。加えての、お顔も、服装もと。モノが上等、気品があるなあと。

早速にも、店員さん、結構なるお歳の女性やけれど。軽くの私よりも、年配者。只ナ、品がなあと。あるなあと。流石に、総本店でと。物腰柔らかくの、ベテランやなあと。
嫁はん、問うに、話をするに、洛西のも見たですがと。
嗚呼、ソですかと。アソコは、季節だけなんですと。一月から、五月までかと。へえと。ソなんですかと。
年がら年中、島津の看板、旗立ってるのになあと。とは、云うてへんです。一つ、賢くなった気分でと。なって、ナンボの話で無いけれどや。早々のご縁もあらへんしと。
イヤ、分からんけれどや。

デデデの、概略なら、見てるしで。見方も相応に知ったしで。
嫁はん、当家代表、質問攻めしましての、「何を基準にしたら、ええのですかねえ。」と。
ソラなあ、ピン、キリでと。値も大きさもと。お金が唸る程あれば、悩まへんけれどや。陳列のお人形さんも多いしなあ。基本的考え、聞きましょかと。

一番にと。
何が一番かは、別にしましてと。マズは、お顔ですと。相性でと。お顔は一品一品、異なりましてと。見て、嫌なのはねえと。矢っ張り、ええなあと、思えるお顔を選定でと。

成る程、納得の、作者、業者にも寄るですが。失礼乍らの、高島屋のは、お顔がピンと来てへんかったです。作風、全然異なりましてと。受け入れ難くと、問題外と。
その点、ここのは、安心感がと。親しみ易いかと。肝心の孫娘はどか知らんけど。四人の意見、一緒やしと。さっきは、一発、アカンな。嫁、ソですねえと。行こか。行こと、即の退散したですと。
ホンマやで。値も値やし、モノがなあと。気に要らんナと。

二番にと。
当たり前に、置く場所でしてと。幾ら、ご立派なお人形さんでも、買おて戴けるは有り難いですがと。置く場所、無ければねえと。案外に場所取りますしと。特に、お雛さんは、お飾りの期間が長いですしと。
要は、この二つが、マズは重要ですと。
失礼なる話、マンションは狭い場合が多いです。無理して、お買いになられましてもねえと。

イヤ、息子一家は、其の狭いマンションでしてと。
確かにの、コレがと、買おて、イザの飾るの場所が無ければ、大変ゾと。返品、替えてクレも、再度の、島津のここに来て、交渉しんならんですやんかと。
お雛さんやで。その他の人形とは、意味合い、異なるゾと。ソ簡単に、返品、交換なんか、縁起がナと。易々のしてられへんわと。一旦、決めたら、後生大切にと。
そんな、話はしてへんけれどや。

デデデの、嫁はん、どんなのが、よく売れるですかと。人気の一品わと。
尋ねたならばの、難しいご質問ですねえと。一番上等のン百万円のあれは、看板替わりの、代表のと。
さりとての、女の子のはねえと。将来、お友達をご招待したりされたりしましてと。余りに可哀想なのは、可哀想ですしと。
さりとての、さりとて、ご立派過ぎましてもねえと。人間様が一番でと。

デデデの、何です。何も一気、全部を揃える必要なんか、ありませんですよと。ご予算に応じましての、順々にと。
へえと、ソやなあと。目の前、パッと明るくなったです。
ソラなあ、ええなあと、思たら、ン十万円。手も足もと。「孫貯金」なんか、十万にも達して無くての、足しにはなっても、アトの足らずが、足らずに過ぎてと。溜息吐息になってたですと。どしょかと。

一番には、当然にして、男雛、女雛さんでしてと。アトは、何を揃えるかだけの、当店、バラ売りしておりますですで、御座いますですよと。
ン、成る程の、ソなんかと。バラ売り、バラ買いの手があったかと。甲斐性、懐具合、相応の、ええ事、知ったナと。無理矢理の、背伸び、しんでもと。
元々が、背伸びではあるけれどや。孫娘のための、するべきの、背伸びであってと。

イヤイヤ、方向性、決まったです。マズは、選定かと。当たり前に、懐具合、金策との、相談あるけれどや。
具体的、細々、見積もって戴いての、検討しましょかと。
さもなくばの、一歩も進まへんやんかと。何がため、ここまで、足運んだかと。ウウン、困ったと、唸り、悩むがためと、違うゾと。
初節句に備えての、孫娘に相応しいのの、選定ゾと。
(08/04/05)


NO.67 初節句の話(13) 京都島津総本店での話(3)

考えてみたら。考えんでも、雛祭りから、一ヶ月経ってるなあと。
まあ、急ぐ話でも無いし、まあ、ええかと。勝手な解釈致しまして。
ハッキリとは、雛祭り、そのモノの話をしてるのツモリは無いです。「Yahoo!カテゴリ」の解説、紹介文言の、日記と違うんやと。
云うたら、日記は其の日の出来事でと。私なんか、日記となったら、三日も保たんです。保つ人、大したモンやと、だけでして。

デデデの、斯くなる次第でと、云うてもナ。
大元高けりゃ、お人形さんだけでも高いしナと。値の半分以上がお人形さんやしナと。云うても、その他、諸々のお飾りあって。積もり、積もって、相当額かと。
其の前に、何処に置くや。アソコしか無いなあと。アソコとは、アソコで、和室です。アソコだけで、充分会話、意味通じてるです。現在なら、空き部屋でと。物置でと。
でも、無いけれどや。ディスク・トップのパソコンが置いてあるし、私等が寄った際、泊まりの際なら、其の部屋で寝るの部屋。泊まったは二度やけどです。初節句の日を加えてで。
普段なら、孫娘、昼間に寝かせられるの部屋。大人しく、寝たらやけれど。

イヤ、当日、初節句のお祝いの日、其の部屋で寝たですが。寝る際には、お雛さんが邪魔やし、居間に移動させたですが。
イヤイヤ、丁度、ガラスのテーブルに乗るの大きさでして。ピッタリかと。
デデデのこの際です。店員さんに、単なる質問、雑問、ガラスのケースに入ったのもありますねえと。アレはどなんですかと。イヤ、「島津」には置いてへんかったです。「高島屋」にもで。
と、までは、云うてへんですが。アレはですねえと。原則、お好みですがと。

但しの、ですねえと。其の上でと。
ガラスのケースに入ってますと、マズは、ガラスのケース以上には広げられへんです。増やせませんですねえと。云うても、ケース内に一式収まってるですがと。そのための、ケースですがと。
次には、お雛さんなるは、お子様と一緒に、親しく、遊んで戴くモノですよと。ガラスのケースではねえと。手に取れませんしねえと。
やんわり、否定されたですが。成る程、納得のと。子供が、黙ってへんです。触らずに大人しくはしてへんです。白酒、菱餅、雛あられにしたって、ガラスのケースの前ではなあ、お雛さんが、食べられへんやんかと。
どちみち、人間様が喰うにしてもや。

デデデの雑談、結構なれどの、どするかですやんかと。
先立つモノがと、にしても、高いしなあと、金策、思案してたら、息子曰くに、「お父さん、こっちからも、出してもええで。」と。
折角なら、ええのをと。ソラ、そおや。折角なら、ええのをしてやりたいなあと。誰しもの、ソ思う故に悩ましくと、思案、黙考、模索の困ったなあと。
オッとの、ソかと。出してくれるかと。一気、気も楽になってと。ホナラの気に要ったのをと。大体は意見一致してたです。孫娘も、コレがと。分かってへんけれどや。手を出すのがあってと。
ン百万円ものに手を出してたら、問題外なれどです。まあ、順当、適当、成る程の、出来れば、この程度のにしてやりたいなあと、思えるのにで。お顔も、大きさも妥当でと。皆がええなあと。特に、意見集約してへんけれどや。以心伝心、大体なら、分かるやんかと。コレと。

イヤイヤ、デデデの、話簡単、ソと決まれば、最低限、何が要るかと。
ソラ、主人公の、男雛(御内裏様)、女雛(内親王様)はいの一番に要るけれどや。その他、諸々ですやんかと。
ホナラの店員さん、座るの畳、玉座がと。其の下の、下敷きの、赤い毛氈(もうせん)がと。そして、金屏風がと。一応のコレだけあれば、格好付くですと。らしくなりますと。
玉座と、毛氈は一手ですし、結構ですが、金屏風には、種類がありましてと。

裏は見る、見ないもありますが。見えない処の、裏がしっかりの、裏こそ、重要ですしねえと。
何でも、そおですよねえ。見えない処の気配り、心配り。お雛さんにしても、お召しの、着物の裏地がしっかりしてます。良く見といて下さいねと。このお雛さん、一枚のペラペラの生地では無いですよと。
裏もですと。下もですと。
よって、相応に高いんや。
と、までは云うたあらへんですが。モノが違うんやと。何処からでも見てクレ。余所の安物、外見だけの、手抜きと、一緒にスナよと。
とも、云うたあらへんけれどや。

そんな事で、屏風は全て、裏がシッカリしてますが、どちらかとなれば、派手目、地味目がありましてと。お雛さんに合わせて戴くが肝要でと。
云うても二種類、三種類やったか。持って来られて、お雛さんの後ろに立てて、比較して。結果、コレにと。果たして、派手目か、地味目か忘れたですが。要はお雛さんに合わせまして。

以て、決まったですが。
何かなあ。モノ足らんなあと。幾ら、予算が云々、大問題にしてもです。歌にあるやないですかと。矢っ張り、雪洞(ぼんぼり)一対、要るなあと。息子と相談しまして。
入れとこかと。

欲を云うたら、右近の橘、左近の桜も欲しいけれどと。まあなあ、欲を云うたら、キリ無いしと。次回にでもと。次回、買えるかどか分からんですがと。
云い出したら、箪笥、長持、牛車にと。お化粧台に、今は無きの、おくどさん(竈;かまど)に、食器とか。
イヤ、ホンマやで。余所は知らんけど、京都は生活用品、あったんやと。

ツイデになら、祖母からよく聞かされたです。女の子は、意地汚いし、お供えのお菓子を絶やしたらアカンのやと。
しかるに、ツイデの、ツイデに、京都の、「島津」の、お雛さんは、向かって、右が、お内裏様で、左が御姫様。
加えての、右近、左近も、玉座からであって。人間様からとは違うです。
イヤ、馬鹿にする無かれ、案外に逆にしてるが多いです。さりとての、罰金刑にされるで無しの、大した問題でも無いけれどや。

話が決まれば、見積もり等々でして。幾ら掛かるか分からんですが。出てから、再度の思案かと。
とりあえず、煙草でも吸いに行こかと、息子と一緒に階下にです。階下とは、一階でと。イヤ、二階には、テーブルあるですが。計算等々で、独占してたですが。灰皿があらへんしと、降りたですが。
矢っ張り、あらへんしと、居たはった、お店の方に尋ねたです。煙草は何処で吸えますかと。
ホナラの、ここで結構ですと、座って下さいと、テーブルにで。灰皿も持って来て戴きまして。

イヤ、一階には、呉服が飾ってあるし、吸うにも気を使うですが。お店の方が、ええと云うのやしと。ソラなあ、二階には、お人形さんやし、灰皿が無いのは承知してたですが。
しかるにの、息子と相談、どするかと。

イヤイヤ、息子が出すの提案、結構やけど。具体的にです。
案ならばの、私等の、「孫貯金」は当然としての、他にも、初節句のお祝い戴けるやろと。
叔父となった、二男から等々でしてと。捕らぬ狸の皮算用なれどの、全部を足した、足らずを折半しよかと。ええかと。ウン、ソレで、構わへんでと。
まあ、云うたら、その範囲なら、妥当なる線やし。息子にも大変なる負担にはならへんし。私等も助かるですと。
ソラなあ、全額出してやったら、ええのやけれど。ソとなればの、二の足踏むです。安いモノと違うしで。清水の舞台から飛び降りるに、決心付かずの、即死、見え見えでと。

イヤイヤ、斯くなる次第の話が決まれば、結構でと。
何云うたって、願望だけしたって、先立つモノが無ければ、手も足もの、お話にならへんです。物事、進まへんです。

<嬉しい雛祭りの歌>
灯りをつけましょ 雪洞(ぼんぼり)に
お花をあげましょ 桃の花 五人囃子の笛、太鼓
今日は楽しい雛祭り

お内裏様と お雛様 二人並んですまし顔
お嫁にいらした姉様に 良く似た官女の白い顔

金の屏風に 映る日を かすかに揺する春の風
少し白酒召されたか 赤いお顔の右大臣

着物を着替えて 帯締めて 今日は私も晴れ姿
春の弥生のこの良き日 何より嬉しい雛祭り
(08/04/09)


NO.68 初節句の話(14) 京都島津総本店での話(4)

一度目の誕生日がマダの、ゼロ歳児の孫娘、何を考えてるのやらと。
考えるも何も、考えるの材料、基準があらへんですが。結果、本能だけかと。そして、日々の学習効果かと。この場合の学習とは、本能を磨くの意であってと。
そやから、腹が立つノリの、最初に警戒信号出される事をと。ダッコしてやろとしたら、顔を凝っと見ての、泣くべきか、笑うべきかと。相当に迷いやがってと。分からん時は、泣いてやれと。
では、無いかいナと。
コンチクショウのと、腹立てて、コラと、怒りも出来ひんしと。怖い顔してみい、ヤカンに火でも点いたみたいになって、大変やしと。なだめるに一苦労の、私らではども出来ませんです。解決出来るは、父母のみかと。

まあなあ、にしても、エライもんやと。こんな時代、ゼロ歳の赤子でも、身の危険、安全かを必死に判断しよとしてるのやと。
但しの、判断とは別の、怖い、危険が分からんです。未経験故で。
好奇心旺盛、結構なれど。手当たり次第に口にして。矢っ張り、安全かどかを確認、体験してるですが。確認以前に、飲み込むしと。変なモノをそこらに置いとけへんです。
マダマダ、動作が遅いですが。まともにハイハイ、両足で、歩き出してみい。好きな処に自力で行けるし、速度も速くなっての、目が離せんよになるです。

目を離すも、離さへんも、四六時中監視も出来ひんし。一寸、目を離せば、何をしでかすかと。
まあなあ、発見、アホやなあと、笑てられる範囲なら、ええけれどや。大変も、想い出話的なるでも結構やけど。下手して、一生モノの怪我でもしてみい。親の責任ゾと。

ホンマやでと。
アカチャン、子供は好奇心旺盛で当たり前。誰もが通過して来てるですが。運も良く、相応の歳まで、落命せずに、無事に過ごして来たは、正しくの運の良さと、私は思てるです。

私等にしたって、紙一重の事態、一杯あった筈でしてと。知らぬが仏で、危険があった事さえも、知らんで過ごしてる場合もありましてと。
イヤ、悪い事だけが紙一重とは限らんです。ええ事も紙一重で、スリ抜けてたりと。
斯くなる次第の、悪鬼退散知らぬが仏で、招福万来見逃さぬよにと、ご先祖様にお願いしてるです。

イヤイヤ、デデデの、話が決まれば、早いです。
計算一発、店員さんが、イツイツまでにと、これだけの金額をと、振り込み先、方法の説明されて。コレは、嫁はんと、嫁に任せましての、一月下旬には、お届け、発送致しますと。
そして、飾るのは、節分明け出来る限りの早くにと。三月三日、雛祭りが過ぎたら、出来る限りの速やかにと。お片づけをと。
ハイ、承知と。但しの、送り先は神戸やしナ。よって、以来、見たは、孫娘の初節句の、三月一日でして。

お客も三々五々、チラホラと。云うても、私等以外に二組でして。
お婆ちゃんと、若夫婦とお孫さんやったり。爺ちゃん、婆ちゃんと、若夫婦とお孫チャンやったり。お孫チャンは当然にして女の子でありの、男の子も一緒にくっついて来てたりでと。
お孫チャンも、走り回ってる年頃やしで、幾つなんやろ。小学校までか、保育園児やろかと。

オッとの、テーブルの真ん前には、ン百万円のが飾ってありまして。通過の際、冗談か、本気かの、コレ、ええなあ。コレやったら、飾れるえと、聞こえよがしに云いやがってねえ。
見て一発の婆さんがです。まあ、歳の頃なら七十代になったバッカリかと。
よお、云うなあと。云うだけなら、只やけどや。何にも、周辺に聞こえるよに云わんでもええやないかと。
ホンマやで。この手の、何と云うのか、自慢しいとするのか、イヤガラセとするのか、ハタの事は斟酌(しんしゃく)無しの、云いたい放題、バカたれめがと。買うなら、黙って買えと。
とは、云うてへんですが。

ハタマタの、金持ち自慢なんやろかと。私等やから、ええけれどや。詐欺師、泥棒家業のが、ソバで聞いててみい。オッとのええ鴨かと。アトを付けられるゾと。
延々の尾行して、あばら家、ゴミ屋敷やってみい、ガックリかと。こちら様が、詐欺師とまでは申さんですが、大法螺吹きかと。
ホンマやで。一緒の人、誰一人、ウンとは同意せずで、口八丁、手八丁、婆さんかと。口は千度出せどの、金一切出さずの、単にくっついて来ただけやったりと。

結果、買うにしたのか。買うに、他のにしたのか。冷やかしなんかも、知らんですが。
孫娘さんの初節句に買わずに、この歳になってからかと。まあ、お好きにして戴ければ結構やけど。立ち止まっての、店員さんとの相談したはったは、全然違う場所。
イヤ、何処にでも、この種のイヤミなのが居てるですが。どんな考えしてるのかと。特に、最近多いみたいに思うは、思い過ごしなんやろかと。結構、ええ歳した人がそおなんやと。もしかしての、気になるは、我がヒガミの根性かいナと。
云うたら、私なんか、気も、心にも無い事を云える性格とは違うしと。私が真顔で、そんな言葉発したならばの、嫁はん、息子から、気は確かか、大丈夫かと。心配顔されるです。

デデデの、店員さん曰くに、追加のお飾りですがと。
お名前でも、買われた日でも、何でも結構です。記録を残してますのでと。仰って戴ければ、合おたのが手配出来ますと。話簡単には、お人形さんの大きさに合わせたモノでなければ、調和が取れませんしと。
ソですかの、ハイ、承知と。
斯くなる次第の、延々と、お雛さんを、「島津」で買うまでの話をして来たですが。
或る意味、楽しい事でして。こんな具合に、「島津」にご縁が出来たり、色んな話を聞けたりで。その分、お金も要るけれどや。

イヤナア、男の子の場合、左程で無いですが。女の子は、お雛さんともなれば、お友達を呼んだり、呼ばれたり、するですて。へえと。
私なんか、大将さんを飾ってたですが。見て欲しいとか。友達のを見たいとか。お呼ばれされたとか、呼んだとか。そんな覚えはあらへんですが。中には、誕生会を開いたりと。
ソレも無かったなあと。

そんな話もしたです。女の子の場合はなあと。
そんな事もあるし。余りに安物云うたら、何やけどの、恥ずかしいよなのはなあと。可哀想と。ソラ、ソやなあと。
五段も、十段もは知らんですが。お屋敷やあるまいにの、一段でも、皆が納得のをさえ、飾っとけばと。
イヤナア、後日見たです。亀岡の、「アル・プラザ」で、ガラスのケース入りのお雛さんやけど。失礼乍らの、値も相応に安かったですが。当然にして、内容的、比較したら、目も当てられへんナと。

変な話、格好なら付くけれど。考え方一つ、一寸、お金を貯めてと。一踏ん張りも、選択肢かと。
正直云うて、「島津」で話を聞いたり、余所を見たりで、多少の勉強もして、納得出来たです。孫娘も満足やろと。
にしても、「孫貯金」しといて、良かったなあ。助かったなあと。してへんかったら、お話にならへんしと。加えての、順々に揃える事になるのか。二番目、三番目が出来て、資金、回らへんのか。
二男の大事業もあるやろしと。マダ、どするのかの、気配、話が無いけれどや。コレこその、ご縁やしと。
さりとての、話決まれば、「孫貯金」程度で、間に合わんですがと。
(08/04/12)


NO.69 初節句の話(15) 母説得の話

当然にして、息子が、「お婆ちゃんは。」と。
「行きたい云うてなあ。」と。息子、へえと。

イヤ、ディー・サービス受けてるのに、来られへんやんかと。
来るなら、来るで、昨年、八月のお盆休みにはと、母にも一度は見せとかんとと、神戸のマンションをです。計画してたですが。怪我したし。(「母入院の話NO.1」NO.1姫御前帰宅(1)母転倒大騒動(1)参照)

ホンマやで。孫娘、産院から、退院。嫁の実家に一ヶ月経って、我が家に来る、其の日、七月の二十九日の、まさに、到着五分前やがな。玄関先で転倒、頭から出血、大騒ぎして。
コレは大変と、救急車を呼びまして。結果、この時は、裂傷のみで、問題無く、縫うて戴き、帰宅出来たです。裂傷だけで、良かったなあと。
やのに、抜糸が出来ての、二日後の、八月八日に、今度は家で転けて。こっちが、重症とするのか、圧迫骨折にて、入院でして。
結果、お盆休みに神戸の息子宅にも行けんよになってと。余程に縁が無いのやなあと。
変な話、一度で懲りずに二度やしナ。正直には、一寸、横着してたです。

マダ、家を出るのも、ディー・サービスの時だけの、タマに、家の周辺、まさに、狭い、我が家の敷地内をウロウロしてるだけやのにです。要は、玄関から出て、裏庭にです。
だけでも、ヒイ、フウ、ハアと、唸ってるのに、神戸になんか、行けへんでと。

何でえ。何でて、歩けへんやんかと。
車で行くんやろ。乗ってるだけやろ。あのなあと。着けば、歩かんならんでと。そもそもが、三人も泊まれへんやんかと。二人でも、大変で、布団持参やのにと。そんな事、無いえ。どこでも寝られるえと。

まさかの、トイレが云々の話も出来ひんしで、説得には苦労したですが。
ソラなあ、何でも、一発にて、聞き分けあったら、ええけれどや。最初っから、説得聞く気のあらへんのは承知で、説得も辛いんやでと。
そしたら、ホナラの家で待ってるしと。あのなあと。調理が出来ひんやろな。出来るえと。電子レンジも、トースターも、炊飯器も、使い方なら、知ってるえと。
知ってるのと、使えるのは違うですが、ああ云えば、上祐(じょうゆう)で、大変なんやと。調理が出来るは出来たとしても、一人やったら、何しでかすかと。

以て、ズバリと、「こもれび」に、ショート・ステイして欲しいんやと。現在、ディ・ケアに通いの施設でしての、当人、気に入ってまして。職員さんとも顔馴染みでと。
ここなら、安心して、私等も出てられるしと。さもなくばの、又、転けられててみい。勝手に行動されててみい。どしょもあらへんです。少なくとも、施設ならばの、人の目がありの、食事等々の心配不要の、何かあれば、しかるべくのと。

ホナラの母曰くに、急にはアカンえと。相当以前から、申し込みしとかんと、受けてくれやはらへんでと。私も曾孫を見たいしと。
私等は、曾孫で無くの、孫を見たいんやけどナと。曾孫なんか、見られるやろかと。其処まで、生存してられるやろかと。ホンマやで。
変な話、次々に年寄り、早く死ねの、年金支給目減りの負担増大のと、邪魔者扱いされてまして。私等が母の歳になるまでには、経済的破綻で、早く、安楽死をと、懇願しんならんか。
とは、冗談では無くの、現実味を帯びてまして。
母は始終、孫をば見てたんやでと。私等は、遠いしなあと。ソラ、アンタ等の勝手やと。勝手も何もなあ。そんな具合に云われるかと。親としての、考え方が根本的に違うだけ。

こんな時程、長男、とは、私の事やけど、つまらんなあと、思うです。嫁はんはソレ以上に大変やしと。
自分の予定を、自分等だけの都合で、ホイとは成らんのやと。親の事も最大限、よいよおにと。ソレでも、色々あるんやでと。云いたい放題云われましてと。
では、あっても、仮にも、我が親やしで。分かってて、色々屁理屈云うしと。我慢、我慢のしっ放しでアホみたい。

ホンマやで。最初っから、話は分かってるです。納得なんか、本来的にする気はあらへんです。お見通しの、承知で、延々と、言葉を選びの、説明してる程の、バカバカしい事はあらへんでと。
結果、アレは嫌、コレは嫌となれば、どするかとなればの、孫娘の初節句、神戸行きは断念覚悟でと。
ソラ、仕方が無いです。年寄り、一人、家に置いては一泊してられへんです。自分等の都合だけでは、行動出来ませんです。
ホナラの日帰りでとなるけれどや。時間的制約もありましてと。私等夫婦、そんなに若くは無いのやわと。ホナラのホナラで、嫁はんだけでもと。
云うたら、二男と三人、或いは、嫁はんと、二人して、泊まりで行ったは、母入院中で、病院なら、安心でしてと。或いは、最初のショート・ステイの合間でと。其のショート・スティで気に要らんでねえ。施設の場所が違うかったですが。

イヤイヤ、誰か、第三者でも、私等年寄り、三人の話を聞いたはったら、バカバカしいよなでと。イライラ、しやはるです。ソレを百、千も分かってて、真剣に聞き、説得、説明してるんやと。
こっちは、凡人にての、聖人君子でもあらへんのにと。我慢強くはなってるですが。

イヤイヤ、糸口なら承知してるです。母の出方なんか、百、千、万も承知でと。産まれて以来の、この歳までの、ン十年も一緒やでと。祖母までを承知やでと。
明治の産まれと、大正では違うですが。昭和も違うと思うですが。ドンドンと、我が儘、気儘になってるみたいでと。昭和の爺さん、婆さんなんか、最低かと。私も昭和やけれどや。恥ずかしいよな、常識外れのバッカリでと。

ソラなあ、表面だけを見てへんです。中身も承知の、年寄りなんか、皆同じ。表面的にウンウンと返事してたって、自分に無関係なら、右から左の、関係してたら、チっとや、ソっとで、ウンと云わんです。
話簡単、駄々っ子と一緒。

ホナラの、「こもれび」が受けてくれやはったら、構わへんかと。構わへんと。も、無理やでと。一ヶ月前に頼まんと、アカンみたいやしと。
チャンと承知してるです。ボケてなんか居てへんです。

実はの、話を出すに、一ヶ月前から、延々の下準備してまして。予約は取ってたです。当然乍らのキャンセルも出来るですが。ボチボチ、日も接近やしで、一週間前にはと、切り出しまして。
コレを真正直に一ヶ月前に話を出しててみい。マズは、妥協点、あらへんですが。

日を改め、「こもれび」は予約、ええみたいやと。ホンマにええと云わはったんかと。予約が出来たんやったら、仕方が無いなあと。話、決まれば、担当者のお方が面談でと。介護施設利用も大変なんやと。
とは、云え、成功したです。自分から、構わへんと、云うてクレたです。云わへんからと、まさかの強制執行出来ませんです。
ソラ、家族なんやしと。この一点のみで説明充分かと。

斯くなる次第で、ショート・ステイが決まったんやと、経緯、息子夫婦にも説明しまして。全部も説明してへんけれどや。
一緒に行くと云うて、困ったんやと。されどの、準備万端、作戦練ってと。
だけでして。
(08/04/15)


NO.70 初節句の話(16) 買い物の話

ショート・スティとなれば、なったで、「こもれび」からは、ケアー・マネージャさんと、其の担当のお方がお見えになってと。
しかるべくの面談ありまして。時期が時期だけに、接近してるし、直前でして。
イヤ、ホントに大変でして。お付き合いとするのか、家族と、当人への内容説明がで。ソラなあ、介護保険を使うのやしで、国費やしで。厳格にも、厳格なんやろと。

さもなくばの、誤魔化し横行、人員水増し、サービス加算で、不正請求あってもと。一々の計画書を作成、説明されましての、家族の同意、署名・捺印要るです。
ソラなあ、一割負担やしナ。他の九割、国庫やし。
職員さんも、家族も大変です。おそらくは、倍する書類を市の部署に提示したはるかと。

イヤ、この制度、在宅介護は国の負担を軽減してるです。全面的、国に面倒見てもろてみい。こんなモンでは済まへんゾと。正確には、四方八方、得々のええ制度です。施設は数少なくて済むし、希望者にサービスの一部を提供にての、収入源になりの。
当人にしたら、希望のサービス受けられて、家族も助かるです。無ければ、家族も身動き取れへんです。

当然にして、重々理解の、自己負担もありましての、只では無いです。介護保険でまかなえる以外の個人に帰属の食事代、オヤツ代は全額で。若干なりともの、電気代等々は当然にして、応分の実費負担で、総計、一日、二千円見当かと。二千円なら安いですが。
結果、施設からの面談の際、母自分から、「お世話になりたいです。」と云うてくれて。ホと安堵の、ここまで、持ち込むに大変やったですが。
ソラなあ、施設のお方は第三者で、余所様です。話逆転、振り出しに戻ったら、どしょかと、思てたですが。

家に一人で、安心なら、預かって戴く必要無いけれどや。当人にしたって、家で引っ繰り返って、テレビでも見てるが気楽やけれどや。ソは出来ませんです。
行ってる間、大人しくしてくれてたらええけれどや。トンでも無いです。出たがるし。圧迫骨折も回復でと。結構な事でもナ。若くは無いです。
道端で、転けたらどするやと。当人の返事は百も承知の、どもないと。気は付けてると、完全無視。

イヤマア、斯くしての、三月一日、土曜日には、ディ・ケアの日なんやけど。そのままの、ショート・スティにと。二泊三日にと。
私等は一泊のみで、神戸から戻るですが。母帰宅の時間には戻れへんです。イヤ、早いんです。四時頃には戻るしで。早ければ三時半やしで。そんな時間に迎えるに、一時半には出てんならんです。交通状況も分からんしと。安全見て、モ一泊の依頼したですが。
云うたら、施設の送迎故、ホントに助かるですが。但しの、原則、家族が居てんならんです。

余所はどか知らんけれどや。イヤ、地域、地域によって違うみたいですが。原則、玄関先から玄関先まででして。その玄関先の解釈次第でと。安全かとで違うです。
さりとての、私等なら、玄関先で、転けられて、文句は申しませんですが。年寄りの特性重々承知故で。中にはナ。承知してるのか、してへんのかの、想定外のイチャモン付けるのも居てるやろしと。施設にだけならやけど。方々にアナウンスされてみい。信用ガタ墜ち。
ソレを狙いのハタ迷惑なる、悪質なんも居てるやろしと。

ホナラの家族が居てへんかったら、どするやと。介護保険も使うに使えへんのかと。保険金だけは天引きでと。どおも、この日本なるお国は、役人天国、実態知らんの机上の空論、砂上の楼閣にての立国かと。
実際、ソやで。親と同居の役人、議員はドレ程かと。祖父母と一緒に生活経験あるのかと。
イヤ、所謂の現役世代では、親もマダマダお若いです。祖父母の実態、見てみなさいと。まあ、無理やろなあ。一端なりとも知ってたら、悪法なんか、発想、不可能でしてと。次元、土俵が違い過ぎてと。

ホンマやで。自分の身に迫ってへんからでして。
ボケの代表、福田のヤッサン、抜かすに事欠いての、可哀想なクライに頑張ってるのにと。嫌なら、首相止めたらと。変わりは幾らも居てるです。漫画のアっソオのオッサンも。皆様、ズレててまして。コレで、日本国、良くなる筈があらへんなあと。

そんな話は置いといて。母の話は別途にしまして。
デデデの、本題の、孫娘の初節句です。
祝い膳となるは、平たくの、晩ご飯は、ちらし寿司。
昨夜から、嫁はん、材料調達の下準備してたですが。加えて、蛤(はまぐり)のお吸い物でと。一式、持参のお祝いでして。云うても、主人公、孫娘は食べられへんです。目の前で、皆が喰うを、まさしくの、指くわえて、見てるだけ。
ホンマになあ。何かと、孫娘が主人公なれどの、肝心の主人公には無関係の、ハタが楽しみ、味おおてるかと。

イヤイヤ、デデデの、行った当日には、買い物あって。息子一家のです。ホナラの一緒にと。何処に行ったか、あっちや、こっちにもと。
ホンマやで。私は自慢の方向音痴。碁盤の目しか分からんです。出来れば、一直線の一次元。
一寸でも、クネと曲がっての、二次元になったら、そこから先、考える気もしいひんです。精々が、見た事のある風景かと。初めてかと。加えての、この辺り、高低ありましての、起伏激しく、上がったり、下がったりの、三次元。

大体が、最近の大型店舗、雰囲気殆ど一緒で、ここは、前に来た事あるんかなあ。息子、ここは初めてやでの、強引に時間の要素を加味で、四次元となりの、初めてでは、余計に、グシャ、愚者のグシャで。
ツイデに、オヤツのロール・ケーキもと。コレで、プンとええ匂いを追加で、五次元の世界かと。
何分の土地不案内故に、何が何やらサッパリの、分かっても、分からんでも、どでもええのやけれどです。くっついて来てるだけでしてと。
デデデの何処でか、サッパリの、嫁曰くに、今日、ここの洗剤が安いんですよ。一人二袋限定でと。嫁はん、ソかと、一緒に買おたげるえと。洗剤の詰め替えを四袋。

電気屋、生活雑貨、何屋はんも、建屋、内部が大きく、広いです。品数豊富で、何処ででも、何でも揃うかの如くで、羨ましいです。ソレだけ、住人が多いからで。云うたら、マンション林立、ベッド・タウンかと。
亀岡なんかはなあ。その点田舎やなあと。建屋は小さいし、其の分、内部も狭いし、品数貧弱。云うたら、中途半端です。万屋(よろずや)みたいで、万屋に非ずかと。
ソラなあ、一応は電気屋、家具屋で、お野菜は置かへんし。雑貨屋で、菓子類置けても、矢っ張り、お野菜置かへんけれどや。

我が近所の、「ミドリ電化」で、USBメモリー一つ、買うに、探すに苦労するです。陳列棚に鍵付きやで。種類も、幾つや、10種類程度かと。
ここらなら、カード式で、仕様気に要ったら、カード一枚、会計にと。コレで宜しいですかと、店員さんが現物提示で、買うですが。要は、モノが小さく、高価故に、万引きし易く、防止のためでと。

其の替わりに、ここらは、車が無いとアカンなあと。要はマンション街やしで、何処かに行けば、全部が揃うかとなれば、そでも無いし。店舗は方々にあっても、言葉通りの方々やしで。歩いての方々は大変やしで。
若手とするのか、カラダが健康、動ける人なら、便利かと。年寄りやったら、大変やで。坂が多いし、往復してるだけで、ヒイ、フウのハアで、バッタリと。
とは、云えど、相応に慣れて、訓練出来るですが。訓練しな仕方が無いけれどや。
イヤ、何処でも一緒やけれどや。私等の年代になれば。殊に、年寄りと一緒やってみい。状況把握、先々を思うです。例えばの母一人で、生きてけへんです。形、生きてけても、一人では、何にも出来ませんです。
云うたら、環境に適応出来なければ、淘汰(とうた)されるです。自然の摂理は冷酷でして。人間様が特別では無いです。

斯くなる次第、車に乗って、あっちに、こっちにと。
ウトウトとしたら、起こされて。イヤ、孫娘がです。
イヤイヤ、車内でも、大人しくなったです。イカのおしゃぶり、ゴム製なんやろかと。持たせてもろて。ご機嫌さんとするのか、短いミジカイ舌出して。ペロペロと、舐めるに一生懸命でありまして。お陰様で、よだれ掛け、ベタベタ。
イヤイヤ、以前までは進行方向に逆向けに座らされてたですが。ベビー・シートも、進行方向に向けてもろて。ソレもあるかも分からんですが。
ソラなあ、後ろ向きでは、楽しくも無いですが。
(08/04/18)



inserted by FC2 system