孫娘の話NO.6

孫娘の話NO.4 孫娘の話NO.5
孫娘の話NO.1 孫娘の話NO.2 孫娘の話NO.3

ハデブスNO.12
題目一覧表

目次

孫娘の話NO.7

NO.60 初節句の話(6) 余談・雑談・世にも不可思議なる話の話(1)

NO.59 初節句の話(5) 余談・雑談・姪からのメール一発の話

NO.58 初節句の話(4) お雛さんの話(2)

NO.57 初節句の話(3) お雛さんの話(1)

NO.56 初節句の話(2) 孫娘の話(2)

NO.55 初節句の話(1) 孫娘の話(1)

NO.54 年末年始・雨嫁、晴孫娘(23) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(17)

NO.53 年末年始・雨嫁、晴孫娘(22) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(16)

NO.52 年末年始・雨嫁、晴孫娘(21) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(15)

NO.51 年末年始・雨嫁、晴孫娘(20) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(14)

孫娘の話NO.5


NO.51 年末年始・雨嫁、晴孫娘(20) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(14)

<「不可思議の世界NO.5」NO.74 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話>

単に兵士が、銃を持ってるのと、構えられるで、全然違うです。
警察官なんか、悪い事、してへんかったら、怖くも何とも無いけれどや。兵士はなあ。役目違うです。
冗談、漫画、映画とも違うしなあ。鉄砲も、オモチャと違うしなあ。実弾が入ってるし。少なくとも、逆らえる状態では無いです。
気分を害したら、何されるかと。まあなあ、発砲されへんまでも、話がこじれたら、しかるべき、場所に連行されるかと。私は言葉が分からんし、どんな話になってるのか。何が問題なんか。サッパリでして。

イヤ、要は高台には、青瓦台(せいがだい)、韓国の大統領官邸があって。
イヤイヤ、時の大統領、朴正煕(パク・チョンヒ)でありまして。云うたら、強権、独裁、軍事体制の時代です。結果、暗殺されたですが。往ったは、金大中氏の謎の拉致事件のアトやけど。
当時の韓国では、何があっても、不思議で無い時代でもありまして。

製造課長が、単純に、青瓦台の大統領官邸の外観だけでも、私に見せてやろとのご好意でして。
イヤ、行き先、私は知らんです。何も聞いてへんのや。聞いてたとしても、多分なら、私に通じてへんです。「青瓦台」を、「セイガダイ」と云われたら、理解出来てても、発音違うです。大統領は大統領かも分からんですが。結果、何とかの、大統領が何かいなと。
そんなモンです。話半分しか、通じてへんです。理解してへんです。
残念乍ら、そんな事で、引っ返すになったですが。兵士に制止されて、タクシーが、坂道で、停まったまでは、ええけれどの、停まって、動かすに、エンコしてて。

坂道、急峻にて、オーバー・ヒートしたです。
実は、兵士から、制止されるまでもなくの、キャブレターから、水蒸気がモクモクと。変な処で、停まったからか、停まりソやったから、怪しいモノかと、制止されたのかの、どっちが早かったかでありまして。

タマタマの場所が、兵士の監視小屋のソバやったかと。真相不明なんやけど。ソラ、何処からとも無くの、兵士の現れるは、素早(すばや)かったです。アっと云う間です。
とりあえず、話終わってから、運チャン、ボンネットを開けたと思たら、コレ又、アっと、云う間、制止する間も無く、蓋に触ってしもて。
アツアツ、アッチッチのチ。
とは云うてへんです。ハングル語で、そんなよな事を。

こっちが、ビックリ仰天の、咄嗟に、「大丈夫ですか。」と。
日本語やしで、先方様には通じてへんですしで、怪訝な顔されて。実は、こんな度に、嗚呼、ここは、韓国かと。工場の連中なら、或る程度の日本語ペラペラ、中途半端でもや。不自由はしてへんですが。余計に錯覚しての、自分が外人であるを、忘れてるです。

課長に、冷えるまで、暫く待たんとと。私でも承知のオーバー・ヒートの際の基本原則やけど。運ちゃんも慌てたんやなあ。鉄砲、構えられて、私以上にです。自分の車やしで。没収でもされたら、大変やしで。
其の時には、兵隊さんには、課長の説明、弁明、釈明、通じてまして。銃口も天井向けてたですが。

もっと、云うたら、自家用車なんか、当時の韓国で、持ってる人はお金持ち。持ってる程なら、お抱え運転手付きでと。
加えて、電話があったら、一寸は、鼻高々の時代です。
まあ云うたら、状況的に、日本との差、概略二十年あったかと。
クドイけれどの、今から三十年前の話やで。ソコから、十年して、外見(そとみ)的には差が無くなったです。外見的とは、表面的にはで。物価の差も縮小やしで。
中身はなあ、ソ簡単には、分からんです。

分からんでも、日本の佳き時代を彷彿させられるは確かです。
只ナ、先の通りの、外見で判断してたら、落差が大きいゾと。
言語明瞭の、観光で韓国にと、業務では、見方、感じ方は違うです。違うで当然の、仕事の方が、中身佳く見えるです。
そんな意味なら、韓国最大の欠点、表と裏の落差でと。表は家の玄関、重厚長大、豪華絢爛でも、家の裏手、勝手口の意で無く、トイレがなあ。汚いです。

エラソに云うても、日本もソやったです。公共施設のトイレなんか、悪臭プンプン、黄金の坩堝(るつぼ)。高速道路のサービス・エリアのトイレでも、綺麗になったは、ここ数年からでと。
昔はなあ、大なんかに下手に入れへんかったかと。男子はまだしもの、女性は大変でと。
よって、海外でも、日本でも、先様、見るなら、トイレをと。見るからには、自分のトイレを綺麗にしとかんとと。自分のは、ほったらかしで、余所様をケチョン、ケチョンではナと。

そんな話はどでも佳いけど、コレは戦争でも無いから、色々考えるの余裕もあったですが。
戦争状態での、外人部隊が来たら、怖いやろなあと。無差別には殺されへんにしても、生死与奪の権限、先方様やしで。気分次第やし。ご機嫌損ねたら、何をされるかと。
自国の兵士でも居ててみい。同等に扱われて、銃殺されるゾと。命の取り合いやしで。やらへんかったら、やられるしで。

満州での、国境付近の兵士は大変やったかと。大変の形容では、無理でして。
不可侵条約なんか、イツ、破られるかと。
よって、ソ連との、国境線を守ってたんやしで。装備万全ならやけど。銃弾なんか、殆ど無しで、最前線では、何の情報もあらへんし。情報収集の役目なんやしと。
其の一員、我が叔父かと。今更乍らの、胸中、如何にと。

イヤイヤ、デデデの、肝心の、霊山観音さんでの話です。
変な話、担当のお方のお力、借りんでも、叔父の位牌、見つかるよな気がしてて。少なくとも、ここにあると、確信持ってるしで。こことは、「格致(かくち)」と明記の、ラックです。
担当者のお方の、お力、借りる、借りひんの問題で無いのも承知やけれどや。
一応は、お断りしてから、やるべきやけど。勝手にやってて、アカンかったら、アカンと云うて来やはるやろと。別段に、破壊したり、お持ち帰りはしいひんしと。
まあ、云うたら、信用しなさいと。怪しいモノではありませんと。構成見ても分かるやろと。見やはったか、見たはらへんかも知らんですが。アカチャン連れてて、悪い事、致しませんと。
連れてへんでも、しいひんけれどや。

何かご用ですかと、お声が掛かって、適当に返事して。先方様からも、何事も無くの、三分、五分も掛かったやろか。もっと、経ってたやろか。もっと、云うても、十分も経ってへんですが。
息子が、「コレや。あったわ。」と。
「あったか。」「あった。コレや。名前が書いたある。」
「そおか。あったか。見つかったか。」
嗚呼、佳かった。無事に見つかったかと。
(08/02/25)


NO.52 年末年始・雨嫁、晴孫娘(21) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(15)

<「不可思議の世界NO.5」NO.74 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話>

矢っ張りなあ、最新鋭の、「イージス艦(あたご)」様、艦長様、仮眠中やったですて。
寝てたのと、違うかとは、半分以上、皮肉で、冗談やったですが。ホンマやったです。
(「孫娘の話NO.5」NO.49年末年始・雨嫁、晴孫娘(18)何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(12)参照)

寝るなとは、云わへんです。人間なんやしで。
漁船を粉砕、真っ二つの際には、水雷長が当直士官として、操縦の全権限を任されてたですて。水雷長とは、何ゾやとなれば、海軍の少佐クラス。
ホナラの、艦長はとなれば、舩渡(ふなと)健一等海佐(52歳)。海軍でなら、大佐クラスかと。
自衛隊のは、階級がピンと来ませんが。大佐、少佐やて。「イージス艦」クラスともなれば、凄いナと。

当然乍らの、旧海軍ならば、艦長たるもの、運命をば、艦と共にが、常識でして。沈没させたら、一緒に沈めの、四の五の云うナ。
ツベコベ抜かすナ。嫌なら、任に付くまでに、自信無しと、辞退、退任セヨと。
ましてやの、日本国に接岸の間際です。危険が一杯の時です。仮眠取るなら、太平洋のド真ん中。見渡す限りの大海原で、鯨相手の時やろナと。そんな時なら、ズっと、寝てても結構かと。艦長なんか、要らんです。

イヤ、艦長の更迭が囁かれてるですが。当たり前です。2月19日、事故あって、27日になって、遺族にお見舞いですて。まあなあ、被害者の捜索の結果を受けてと思うですが。マダ、遺体が見つからんですが。遅いなあと。
ボンクラ艦長、仕方が無いにしても、人間としての、誠意だけでも示しなさいと。

対して、漁船の責任論も出てるですが。
先の通りです。大型戦艦故、小回り利かへんがな。一直線同士で、ぶつかったかと。事故なるは、必ず、双方に問題有りです。ダブル・ミスです。
其の上で、まあ、云うたら、過信があったです。海の銀座云うても、マッコト、銀座でもあるまいにと。話簡単、四方八方、全面道路みたいな、海上にて、ぶつかる方が難しいです。真夏の海水浴場やあるまいにと。

其の難しいのを、ぶつかってたら、何を云うても、デカイ方が悪いです。漁船だけが、体当たりして来たで無し。「イージス艦」は警笛、警報鳴らさへんかったし、自動操縦やしで、常識外れかと。自動操縦で無くとも、「イージス艦」様が悪いんやと。舐めたんやと。自動操縦でも、レーダー情報で自動的に微調整しいひんのかと。単に目的地に一直線の堅物かと。巨大漂流物、障害物でもあったら、どするやと。自動的にぶつかりに往くのかと。
何を云うても、艦長がアホウです。頼り無いのに任せたのが、運の尽き。お見事、ババツカミ。任せてへんでも、この程度の艦長なら、ぶつかってるです。玉砕、沈没です。
兎に角、するべきをして、ぶつかってたら、あっち、漁船も悪いんやなあとなるけれどや。
イヤ、ソレでも、巨艦が悪いですが。世間もショガナイなあと、納得するです。

にも関わらずの、この艦長、漁船が多い海域である認識希薄と認めたです。加えて、「責任あると思います。」
とはナ。
言語明瞭、「思います。」では無く、「責任です。」と、きっぱり、断言、云い切れよ。余所事みたいで、女々しいのお。コレでも、海上自衛隊の大佐クラスかと。格好だけは一人前でと。
ホンマやで。こんなヤツ、バッカリなんやと。イザとなったら、ゴタゴタ、責任回避のバカがです。
まあなあ、チラとでも、非を認めただけ、多少はマシかと。間違い認める処か、全然無関係な処から、笑止千万、アホ丸出し、訳無しの、屁理屈で、攻めるアホウも居てるしなあと。

デデデの、霊山観音さんでの話です。
このラックにあると、分かってたって、120%の保証は無いです。
何かの手違い、先方様のご都合にて、場所変更とかが、あるカモ分からんですやんか。
クドイけれどの、50年もの昔の話です。以来、この建屋にあるは承知でも、一度も調べてへんです。調べる用事があらへんです。
ホナラ、此度、何で其処までとなるですが。

用事ねえ。見つけて、何するでも無いです。見つけるのが用事でと。
見つけさえしたら、用事は終わるです。有ると、皆が納得したら、用事は終わるです。目的達成したになるです。
イヤイヤ、息子共の小さい時、多分なら、七歳、八歳頃かと。来て、ここやと示したツモリやったですが。示した云うても、ラックのある建屋に入っただけで、こんなに徹底してへんかったですが。

此度はなあ。万感の思いあったです。
ソラなあ、親族については、息子共も承知はしてるですが。満州にて、戦死の叔父の事も、知ってるですが。チャンと伝えとかんとと。伝えるが、我が使命かと。ここに、英霊として、祀られたはるでと。位牌があるでと。
加えての、何を隠そお。隠す事は無いです。孫娘の守護霊なるが、我が祖母なんです。

イヤイヤ、守護霊云々、笑う、無かれと。初孫故、気になるがなと。
占い師さんに、占おて戴いたです。孫娘が産まれるに、名前は何が佳い。どんな子かと。
当たり前に、名前は、親父である息子が決めたですが。結果的には、占い師さんの、考えてくれやはった、名前。私も一応は考えたですが。一切、採用されず。
まあなあ、結構かと。悪い名前でも無いしで。変な話、変に採用されたら、責任感じたりと。

ホンマやで。名付け親を頼まれたりと、あるけれどや。
頼まれたからには、真剣にと。佳い名前をと。云うたら、出世、健康、財運、結婚運。生涯に渡って、万事目出度しと、成って戴かんならんです。さりとての、保証出来るモノで無しと。
グレられたり、五体不満足の、健康で無かったり。中身がアホでは、困るしなあと。

ソラなあ、名前の候補は一杯出たです。
されどの、四柱推命学的の字数が佳く、語呂もの、憶えて戴き易くの、何でも、かでもが、佳いは難しく。候補の中から、気に入ったので、決めればと。孫娘、一生モンやしと。

イヤ、孫娘の守護霊が、我が祖母なるゾと。
息子共にとっては、曾祖母でと。孫娘にしたら、曾々祖母でと。
占い師さんの話で、柴田の子故、柴田のご先祖様の守護霊が付きますと。大体は、基本原則、三世代昔のと。時として、一世代、二世代の場合もあるけれどや。
イヤ、あるらしいけれどや。チャンと成仏、あの世、黄泉の世界に居ると、当人とするのか、仏様がご認識、達観したはったらと。
デデデの、孫娘からの、三世代となれば、我が両親世代から先となるですが。云うたら、母では困るナと。

イヤイヤ、母生存故、守護霊様には成れへんですが。誰やろかと。本来ならばの、50年をした人となってたですが。50年なら、誰しも、成仏、黄泉の世界故でと。
されどの、我が祖母にしたって、マダ、50年には成ってへんですが。ホナラの近いお方とされての、矢っ張り、祖母かいナと。それ以外に思い当たるがあらへんです。ご先祖様を、ソレとは失礼千万なれどです。親族故、何でも結構かと。
云うたら、我が祖父、戦死の叔父も50年は過ぎてるですが。昭和の20年やしナ。63年かと。されどの、女性との事でして。結果、祖母しか無いなあと。マダ、40年にもならへんけれどや。

デデデの、云うたら、祖母の実像知ってるは、息子である、男山八幡(近くの名勝・石清水八幡宮)の叔父と、我が母と、私くらいです。
ソラなあ、叔父達の嫁はん、叔母連中も知ってるけれどや。云い出したら、従兄弟、再従兄弟(はとこ)でも、知ってるのも居るけれどや。知ってる内に入らへんです。年数少ないし。我が家に来たのが、年に何回やな。柴田の従兄弟なんかは、年齢低かったです。物心、付いた頃には、祖母、他界かと。
イヤ、我が柴田の従兄弟、私とは、年齢離れてまして。叔父の結婚、晩婚故。叔母のは、近いけれどや。東京やしナ。

男山八幡の叔父からはお母さんやしナ。悪い想い出なんか、無い筈で。実際にも、祖母は、叔父の事を色々と、心配とするのか、アレコレ、気づかいしてたを、承知です。承知とは、私がです。
ソラなあ、上の叔父の処にも、下の叔父の処にも、私と一緒に往ったし。場合により、例えば、オミカン一つ、二つでもです。
もっとあったかと思うですが。持って往ったってクレと、頼まれたりで。

祖母に連れられて、往った事もあったですが。親子の話もあったやろしと。ヒソヒソ話もしたはったです。
私も何とは無しに、邪魔みたいでと。そんな場合、ソバには近づかんよに心掛けたりと。若輩者なりに、気を使たりで。イヤ、私が高校生になってからかと。下の叔父が家を出て、独立したのがです。
イヤイヤ、祖母と何度か往ったは、叔父達、主として、独身時代でありまして。
結婚してからは、私が頼まれまして。代行でと。祖母も若くはも無くなったしで。
(08/02/28)


NO.53 年末年始・雨嫁、晴孫娘(22) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(16)

<「不可思議の世界NO.5」NO.74 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話>

ボチボチ、三月、孫娘の初節句。
やのに、正月の話をしてるですが。まあ、急がず、慌てず、追々にと。
イヤ、三月一日、二日と、神戸の予定。
オッとの、多少は慌てんとナと。

デデデの、上の叔父は、既に他界してるですが。叔母が、親父が、上の叔父がと。バタバタバタとです。
イヤ、上の叔父は結婚して、南区の南会館のソバのアパートで暮らしてたかと。結婚したのが、私が高校生時分やったかと。
南会館(現京都みなみ会館)とは、映画館でして。往けば、従業員の出入り口から入れてクレてねえ。もっと、云うたら、映写室に入れてくれてねえ。ホンマはアカンのやと、云い乍らです。

実際問題、映写機なんかで、五月蠅いし、マトモに見てられへんけれどや。一度か二度やったですが。何の映画かも、記憶に無いですが。変な映画で無かったのは確かでと。
ソラなあ、高校生程度の甥に、18禁の映画も見せられへんですが。但しの、余り上等の映画でも無くての、下等でも無くの、邦画の古いのやったかと。例えばの、チャンバラとかや。
でも、無かったかなあと。
イヤ、全然、記憶に無いです。見つかったら、どしょかと、そっちが心配でと。私が心配してもしょがないけれどや。

下の叔父は、一時、我が家から南の方角、上鳥羽に間借りしまして。祖母と何度か往ったです。ソラ、正直、遠いしなあ。祖母となら、バスで往ったかと。一人でなら、自転車でと。イヤ、祖母から、何か、持って往けと頼まれてであって。ハイ、承知と、二の返事。
叔父が、結婚してからは、正反対の方角、万里小路辺りのアパートにと。万里小路も上(かみ)の方やけど。
イヤイヤ、矢っ張り、祖母と一緒に往ったですが。市電でなあ。降りてから、道に迷てねえ。大通りなら分かるけど、細かな道なんか、知るもんか。
何処にか、変な処にで。お寺の辺りで、雰囲気がと。
オトトのトットのトのトットと、大慌てで、脱出したですが。変の意の、詳しくは避けるです。

まあ、云うたら、当時の事です。電話もしんと、突然にで。コンコンと、ドア、ノックで、誰かと思えば、祖母と私で、当たり前に、叔父、叔母、ビックリ仰天でと。ビックリされて、こっちが、ビックリ仰天でと。何をそんなにビックリされてと。
アカンかったかなあ。
とか、思たりで。イヤ、この時だけは、距離が一寸遠なったかと、感じたです。何年も一緒に暮らしてたんやで。云うたら、お母さんと、甥なんやしナ。
反面、祖母が連絡とか、してると思てたですが。実際には、急襲でと。心配で、心配で、矢も盾もたまらず、往ったかと。私は単なる、用心棒。
一応は、18歳、学生でしたです。

さりとての、当時はそんなモンです。一々、今から往くとか、一切の連絡なんかしてへんです。電話もあらへん処が多かったし。携帯電話なんか、陰も形もあらへんし。
電話があっても、電話代が勿体ないと。
ホンマやで。他府県なら、やけど。同じ京都市内でなら、往った方が早いと。往って、不在なら、仕方が無いなあと。場合により、家の前で、待機したり。往きソな処を探しにと。パチンコ屋にでも、飯屋にでも。何なら、風呂屋にでも。
近所に友達の家でもあったら、知らんかと。無ければ、隣のお宅様にでもと、聞きまくったりと。
イヤ、当時なら、新しく引っ越したって、大抵なら、知ったはったです。
隣近所には、一声掛けて、外出なるが、常識やったかと。家に留守番、居てへんかったらナ。通信手段があらへんしと。よって、一人孤独死なんか、余程やでと。

イヤイヤ、デデデの下の叔父の時です。結婚式が、印象深く。
其の当日やで。コレから、始まるの直前やで。結婚式場が何処かまでは憶えてへんです。上(かみ)か、下(しも)かも、忘れたです。
只でさえ、物覚えが悪いのにと。

祖母、反対やと。断固反対と、駄々こねて。
先方様親族様に挨拶になんか、往くモンかと。しに来られても、顔も見とない。返礼なんか、するモンかと。
ペタリと座り込みの、反対側向いてしもて。ボケっとした記憶からなら、和室かと。床で、ベタリはキチガイやしで。何に対して反対側向いたかとなれば、皆とは反対の、要は、襖でありの、壁に向いてしもたんやと。

反対してるの意思表示です。
実際、「ワテは、(式には)出えへん。嫌や。アンタ等、勝手にしたら。」と、言語明瞭、云うてたです。
光景、台詞は、シカと憶えてるです。鮮明に覚えてるです。ビックリでと。今更やしで。家では、佳かった、佳かった。コレで全部、片づいたと。喜んでたのにと。

式場にまで来て、何云うてるかと、親族一同大慌て。
東京からは、叔母一家が来てたしで。一家も、もしかしたら、叔母と其の長男やったかと。長男、私の一歳上で、要は従兄弟です。
叔母は、「お母さん、お母さん、何云うてるのん。ダダ云うたら、アカンよ。」と、なだめ、スカし。
イヤ、気持ちなら、察してたです。一番下の息子です。残念で、悔しいてと。嫁に取られる気がしてたかと。イヤ、実際、ソ云うてたです。取られてなるモンかと。式の前日辺りから、怪しくなってたです。ご機嫌、麗しく無く。

さりとての、世間の常識、新郎、叔父の立場もあるやんかと。
親族一同、私と叔母が中心になったかと。なだめ、スカして、説得しまして。事無きを得たですが。
得てへんかったら、大変やけど。結婚式が成立するのか、しいひんのかと。別段の祖母が反対で、断固反対で、出席拒否でも、成立だけならするですが。格好付かへんです。まあ、云うたら、片親なんやで。祖父、早くに他界やし。
イヤ、担当の方が、呼びに来られたら、当たり前に、重い腰を上げ、参加、列席したですが。ソレでも、頑として、ペタリで動かへんかったら、洒落にならんですが。

云うたら、祖母、人一倍の、家族思い、身内思いでありまして。
タマのタマに、叔父夫婦が来たら、涙流して、喜んでたです。叔父も気が優しくて、8ミリやったか、持って来まして、撮影したのを、我が家で、見せてくれたですが。電気なんかを消しまして。白い布を貼りまして。
今時のと異なりましての、設備も重たいですが。

祖母には、お小遣いなんかも、手渡したりと。親思いの叔父でして。
只なあ、そやけどなあと。
同居とは違うんやと。ソラ、長男である、親父が居てるしで。親の面倒、見んでも結構でと。さりとての、親に、お小遣い一つ、手渡すだけでも、大したモンです。今時、そんな話も聞かへんゾと。
云うても、祖母、当時幾つやな。私が18歳の頃に叔父結婚。祖母、還暦で、私が誕生でと。
ホナラの78歳かと。他界6年前かと。

とまあ、ここまでの詳しくは云うてへんですが。イヤ、息子共にです。
しかるに、還暦で、孫なら、私が還暦で、孫娘誕生の、希しきご縁かと。全くの立場、正反対やけどと。
祖母(女)に対して、私が、孫息子(男)。私が祖父(男)に対し、孫娘(女)故。

デデデの、叔父の結婚式で、孫娘の守護霊と目されるの、祖母、ダダこねてなあと。
ダケは、或る意味、想い出深き、エピソードとして、霊山観音さんで、探してる真っ最中、話をしたです。
(08/03/01)


NO.54 年末年始・雨嫁、晴孫娘(23) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(17)

<「不可思議の世界NO.5」NO.74 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話>

本日、3月1日、前夜から雨。
孫娘の初節句に、往く日です。
しかるに、「年末年始・雨嫁、晴孫娘」と題しとき乍ら、一向に、その話をしてへんかったですが。
ソラなあ、年がら年中、雨では無く、晴でも無いです。雨降って、バッカリ、晴れてバッカリでも、困るですが。

イヤなあ、年末年始、怪しい空模様とされてたですが。
雨嫁、典型的にて、結納の儀の日が、キッチリ、雪やし。先様にチャンと到着出来るのかと。途中から、霙(みぞれ)となり、午後からは、晴れたですが。
結婚式も、式が終わり、イザの、肝心のブーケの直前から、ダダ雨でして。フラワー・シャワーも出来ず。ソレはソレで、一つの想い出やけど。

孫娘の場合、所用で、出掛けるに、降ってる事はあるですが。イザ、実際に外に出るの際、車から降りる際、お見事、傘の要る状況、無かったです。
云うても、人生、やっとで、八ヶ月。知れてるですが。
本日、雨模様も、別段に、孫娘が外出するで無し。私等が道中、どなんかなあと、心配でして。イヤ、グネグネ、急峻、曲がりクネッた、山道あるし、道が凍てついてたら、困るナと。

其の道中、池田街道、山中にて、実際、雨、霰(あられ)が降って来まして。霰も小粒で、パラパラと。積もりソな気配は無かったですが。神戸に着けば、快晴。
とまでは、云えへんですが。一滴も降らず。あの道中、何やったかと。
無事に、二時間弱で到着したです。イヤ、道が空いてまして。ホンマやで。一応は、ゴールド免許やわと。

デデデの、希しきご縁の、祖母、亥年。
私は、一月生まれの、節分前故、干支は前年の、戌年になるですが<高島暦による>。孫娘、亥年となるです。更には、我が母、亥年でして。
正直、亥は、頑固なんやで。
祖母を見て来て、頑固やし。母、頑固に加えて、我が儘、気儘やしと。果たして、孫娘、どんな亥かと。基本原則、頑固に決まってるですが。頑固の出方でありまして。

そんな意味なら、祖母と母は合わんかったです。
頑固、我が儘、気儘は一緒でも、種々様々でして。祖母は、先の通りの、叔父の結婚式で、駄々こねて。周囲を困らせたですが。家族思いであったです。誰でも、基本原則、家族の事を一番に考えて、当たり前やけどです。当たり前が、当たり前で無い人も散見するです。
話簡単、イザの時、親に助けてもろたの記憶は無いです。祖母には、二度、救われたかと。云い出したら、諸般の事情にて、母をこっちが、何度も助けてるですが。

母云々の話は、ここでは止めといて。霊山観音さんでの話です。
そんな次第で、英霊、叔父の位牌を見つけまして。万感の思い。
祖母がニコリとしたような、感したです。
写真でしか、見た事の無い、叔父は、佳く来てくれたナと。双方、黙礼したよな感覚、覚えたです。チラと涙したです。双方とは、叔父と私です。そんな気がしただけです。気だけなら、佳くあるですが。

イヤ、クドイけど、私に霊感あらへんです。
幽霊も、守護霊様も、理屈、科学的に合理性の無い超常現象的事象は見た事、無いですが。ソラなあ、幽霊、妖怪、考えただけでも、ええ気はしいひんです。怖いです。信じる、信じひん以前の問題でして。されどの、怪談は好きかと。人並みにです。

されどの、希しきご縁の、偶然の偶然なら、体現してるです。此度の、霊山観音さんの件もソかなあと。他にも多々あるです。へえと、感心するよな事がです。但し、怪奇現象、超常現象でもあらへんです。あくまでもの、希しきご縁のお導きかと。
折角なら、欲を云えばの、籤運、宝くじ運、財運、出世運があれば、実益あって、ええのになあと。そっちに、ご縁の無いのが、ウラメシヤと。願わくば、ボチボチ、そっちのご縁も宜しくと。
只ナ、ご先祖様さえ、大切にしとけば、間違い無しと、思てるです。悪いよには、しやはらへんと。金銭には、代え難き、事が沢山あるです。

但しの、一銭も無しでは、ご先祖様を御守りもママならんです。お墓参りにも往けへんです。心でと、しても、そんな事、理屈であっての、年会一つ、まともに出来ませんがな。
万事、理屈は理屈。現実は現実。

斯くなる次第の、偶然とは云え、正月二日、墓参するに、タマタマに止めた駐車場、高台寺は、霊山観音さんの真ん前のと。こんな前まで来て、見えてるのに、幾ら何でも、知らぬ、存ぜぬの、お参りもせず、無視して、帰れるかいナと。
そんなに、薄情、無味乾燥、無知蒙昧の世間知らずとは違うです。

デデデの、結果、昼飯の時間が、遅なったです。駐車場を出たのが、何時、三時頃やったかと。
お正月の事やしで、時間、不規則なれどです。そもそもが、朝が遅いし、朝昼兼用のお雑煮でして。さりとての、腹減ったナと。「さと」にでも食べに往こかと。
五条通り、河原町西南の、「さと」に往ったですが。アカチャンが居るし、和室でと。お店に入って、空いてますか。満杯ですの、ホナラ、結構ですと。

帰り道となれば、九号線沿いの、「仁左衛門の湯」の向かいの、「さと」でして。「仁左衛門の湯」には、入った事は無いですが。
余談で、この「仁左衛門の湯」の、「仁左衛門」が、検索一発、温泉好きの案内ホーム・ページの多くが、「仁左右衛門」になってまして。一度往ったなら、チャンとしとけよなあと。私もエラソに云えへんけれどや。クレグレも、「仁左衛門の湯」が正解なるゾと。私は、回し者でも、縁者でも無いですが。

イヤイヤ、デデデの、今時、便利やねえ。
カー・ナビゲーションで、電話番号まで、分かるですて。分かれば、携帯電話があるのやしと。嫁が検索一発、嫁はんが、電話をしまして、和室は空いてますか。ハイ、空いてます。いつ頃、到着ですか。四時頃にはと。
イヤ、既に、三時半になってたです。ここからやったら、三十分かと。

正月二日で、五条通りも、車が一杯。真っ直ぐでは、三十分以上掛かるしと、一寸迂回しまして。息子がです。
デデデの、ソ云うたら、桂の、「さと」の向かい辺りに、人形の、「島津(洛西本店)」があったなあと。飯喰て、時間があったら、見に往こかと。結果的には、飯喰たら、五時で、暗いしなあ。時間も遅いし、止めたです。
ソラなあ、孫娘が居てるのに、夜の遅くまで、あんまり、アチコチ、連れ廻すのもナと。宜しく無いです。
ましてやの、爺さん、婆さんが付いててからにと。
(08/03/02)


NO.55 初節句の話(1) 孫娘の話(1)

一寸、試しにと。
検索サイト、「Yahoo」で、「孫娘」で検索一発。
イヤマア、Urlをば、新年元旦に変更したバッカリでして。何番手辺りに表示されるのかと。云うてもナ、極めて一般的過ぎるの、キー・ワード故、問題外の外で、アホかとなるかと。
と、思いきやの、オッとの、ホンマかいなの、筆頭、一位に表示されたです。
「Google」では、53位で、「孫娘の話」として、絞り込めば、「孫娘の話NO.6」が二位となるですが。
イヤ、我れ乍らに、「Yahoo」での表示順位、凄いナと、自画自賛。

イヤイヤ、「Yahoo」での、「登録サイト」からは、脱落してるです。申請だけはしたですが。梨の礫で、不採用かと。採用、不採用、何が基準か、分からんですが。
分からんでも、一位表示なら、嬉しいです。何の腹の足しにもならへんですが。

されどの、Indexファイルでは無く、ファイルそのものの、「孫娘」で、「孫娘の話NO.4」一位、「孫娘の話NO.5」が二位の、枝葉の単独ファイル故、極めて、不安定なる立場かと。
「Google」にしたって、「孫娘の話NO.6」で二位にはなってるものの、ソレ以外は、陰も形もあらへんです。少なくとも、百位以下。

ツイデになら、「孫娘」で、「Yahoo」なら、母数198万。「Google」にて、54万。
もっと、ツイデになら、「Yahoo」では、瀕死の筈の、「京都inet」のIndexファイルが、「孫娘」で、表示されたです。110位で、へえと。底力があるなあと。歴史がモノ云うなあと。
「Eonet」のなんか、単独ファイルでは表示されても、主要の、Indexファイルなんか、ソレこその、陰も形もあらへんです。
まあナ、これからかと。「Eonet」の、「シバケンの天国」なるは、マダ、生後二ヶ月です。

ではあっても、この程度の簡単なる検索キー・ワードで、一時、瞬時であれの、一位、二位とはナと。
イヤ、Indexファイルが上位進出してこその、安定でと。枝葉のファイルでは、何かの気紛れやしで、アカンのやと。論より証拠の、「Yahoo」「Google」にても、表示されるファイルがバラバラでと。
よって、雛祭りの日の、三月三日現在ではと、お断りしとくです。明日にも転落の可能性、充分でして。

イヤイヤ、デデデの、三月一日、一足お先にの、孫娘の、初節句、雛祭りを口実に、神戸の息子宅に参上。
諸般の事情にての、荷物を一杯、積み込んで。イヤ、寝具がなあ、足らんしで。持ち込みでと。

しかるに、何回目やな。三回目やろか。四回目やろか。自分の運転にて車で、往くのがです。初めてでは無いしで、大夫慣れたですが。慣れたとは云えど、往く度、高速道路、中国縦貫自動車道からの先で迷うです。
イヤ、道に迷い、迷走の、迷子にはなってへんですが。瞬時、ここで佳かったかと。北神戸線に入るのがです。帰りは帰りで、同様にしてで。何カ所か、自信の無い箇所があるです。ソレこそ、反対方向を走ったりで。スグに可笑しいナと、引っ返したりと。二度あったですが。中国縦貫自動車道から出てからが、どっちかやったかと。
右、宝塚方面、左、川西方面で、何故か、宝塚方面に二度往って。

イヤイヤ、前回より、迷いツツも、一発で、往けて、帰れてるですが。お陰様で、行程約80kmを、所要時間、約一時間半。一寸、スピードを出し過ぎてるかと。自分なりには、抑えて、抑えて、抑えまくってるですが。
一般道路にしたって、信号も少ないしと。高速道路が半分以上故と、しとくです。されどの、北神戸線、制限速度、公称60km/hなれど。誰一人、そんな速度で走ってへんしで、皆と一緒にと。

イヤイヤ、デデデの、到着、マンションに入るなり。
いの一番、一番手、洗面所にです。イヤ、トイレでは無いです。息子に右、左の容器、どっちが洗剤かと、尋ねまして。右と。ソかと。殺菌の洗剤にて、手を洗い、腕を洗うがためです。

果たして、イツまで、気をつけるべきか、無罪放免か、分からんですが。まあなあ、やっとくに越した事は無いです。
少なくとも、何に触ってるかと。云うても、車のハンドル、ドアに、高速道路のカードと、千円札かと。このお札がええ加減でと。イヤ、バイ菌に対してです。色んな人が触れてる故で。
さりとての、お札は一番に大切なモノでして。ぞんざいには扱えへんです。バチが当たるです。

イヤ、基本原則の余談なれど、財布にお札を入れる場合の心使いの、一には、方向を揃える事。二には、千円札は千円札で、五千円札は五千円札で、まとめておく事と。間違い無いようにです。
ソレを、バラバラ、上下、斜めも適当では、お金はお足で、逃げてしまうですて。
よって、チャンと原則をば厳守してるですが。一向に御利益あらへんなあと。逃げられてバッカリでと。

イヤイヤ、デデデの二番手では、孫娘を触りにと。其の話はアトにしまして。事実、アトやしで。
嫁が、「お父さん、髪の毛、切らはりました。」と。
尋ねられ、髪の毛切ったとはねえ。切ったかなあと。何で切ったかと、問われたかと。

瞬時、沈思黙考の、オトトのトットの、嗚呼、切るとは、散髪の事かと、気がついて。「散髪やなあ。往ったで。一週間前やで。」と。
考えてみたら、女の子はと。
とは、云うても、今やの一児の母で、嫁で、主婦で、我が娘やけれど。髪の毛切ると表現かと。私なんか、散髪とされへんかったら、ピンと来ませんが。加えて、昨日の事も忘れるのに、一週間も経ったら、忘却の彼方。

デデデの、三番手では、灰皿をば、貸して頂戴と。キッチンに置いてあるのを、手に煙草一服、ベランダに出て。
云うたら、息子、正月帰ってから、禁煙したと聞いてまして。
にしては、いつもの場所、キッチンの換気扇に灰皿があったしと。あっても不思議で無いですが。元々が吸うてたしで。
しかるに、灰皿には、吸いカスがありまして。可笑しいなあと。禁煙したんと、違うのかと。息子に問うたなら、してへんでと。吸うてるでと。禁煙したは、一ヶ月程度やったですて。諸般の事情にての、禁煙保留にしたですて。へえと。

或る意味、変な話、ホっとしたです。禁煙真っ最中の息子の目の前で。前では無く、ベランダに隠れて。
でも無いけれどや。吸うに気を使うがなと。邪魔するみたいでと。にしても、一ヶ月にしても、禁煙したはエライなと。
しかるに、ツイデの話で、私も、正月以来、禁煙では無く、本数少なくなってるです。家でも、換気扇の場所で吸うよにしてるしで。往くが邪魔臭いしで、日に一箱以内には収まってるです。
そんな事で、来るまでは、一人寂しく、三月とは云えどの、なったばかりの寒空の、ベランダにて、吸うのかと。
思てたですが、仲間健在で佳かったなあと。寒いベランダでは無く、結果、換気扇の下で吸うにしたですが。イヤ、前回までは、ベランダで吸うてたです。此度は、息子が、こっちでと、云うから、ソしただけでして。どっちでも、吸えたら、結構でしてと。

デデデの、何です。
来て、一番、孫娘の話は別途にしての、何を実感したかとなればの、暖(あ)ったかいナと。
イヤ、気温がです。室内温度がです。数段違うかと。亀岡の我が家と比較してです。暖房無しでも、充分でして。へえと。差があり過ぎるナと。
南方とは云えどの、距離的に大した差はあらへんのにと。
(08/03/04)


NO.56 初節句の話(2) 孫娘の話(2)

前回からの、ツイデの、ツイデの話の、お狸の話。
イヤ、狸学会のケンイチ君からの第二報故。(第一報、「孫娘の話NO.5」NO.44年末年始・雨嫁、晴孫娘(13)閑話休題的・何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(7)参照)
第二報も、一報の直後に受信してるですが。話の都合もあるですやんかと。大した都合も無いけれどや。

デデデの、お狸となれば、昔話の、「ぶんぷく茶釜」があって、「証誠寺の狸ばやし」があるですが。
千葉県木更津市には、その、「証誠寺の狸ばやし」でお馴染みの、「證誠寺(しょじょじ)」がありましてと。へえ、実在するのかと。(注;童謡では「証誠寺」、お寺の名称、「證誠寺」。)

京都に、木屋町通りと先斗町通りの間の「15」と書かれた路地に入れば、「お狸さんの祠(ほこら)」があってと。
昭和53年、先斗町での火災の折り、この15番路地で、火災が止まったとかで。そこにあった、お狸さんのお陰かと。祠に祀られてるとかで。
更には、清水寺の、「西尾八つ橋」なる、八つ橋屋はんのお店に、「おまんたぬき」があったですが、修学旅行生が珍しがってさわりまくられて、壊れてしまったそうなと。

イヤ、私は全然知らんです。
先斗町にご縁は無いです。清水寺には、何度か足運んでるですが。狸にまで、注意往き届かんです。気にもしてへんしで。されど、そんなが、あったよな、なかったよなのと。大体が、お店にマスコット人形、佳くある話でありましてと。
しかるにの、「おまんたぬき」の、「おまん」は、商品名、生八つ橋菓子の、「おまん」の、「おまん」でありまして。狸が、粒餡入り八つ橋をお盆に乗せて、持ってる故でと。
何も私が宣伝の必要無いです。加えて、ここのは、喰た事も無いです。イヤ、通った時、試食ならしてるカモ分からんですが。

デデデの、ケンイチ君曰くに、曰くはメールでやけど。
「たぬき」は動物学で生態学、化学(ばけがく)、狸理学、歴史学、宗教、アート、癒し、地域活性、環境問題などなど奥深いもんなんですて。
狸でもって人類の幸せと世界平和をと。
ケンイチ君は結んでるです。私としたら、特に、異議無し故、好きにしてクレと。

イヤイヤ、デデデの、狸とは無縁の、孫娘の話です。
此度、孫娘も泣かへんかったです。
自分の陣地であるが一番。周辺の景色も替わってへんし、変なヤツ、とは、爺さん、婆さん。とは、私と、嫁はんの事やけど。来ても、両親、ソバに居てるし、安心感が数段違うかと。

イヤ、一番の最初は、一寸、不思議ソな表情見せたですが。誰かいナと。
泣くべきか、泣かざるべきかと。暫し、沈思黙考してたです。こっちも、過去の状況、経験からも、心得てるです。イキナリのダッコは避けまして。この顔に慣れるまでは、様子見だけにしまして。
孫娘も、お父ちゃんの顔と、お爺ちゃんの顔、双方見比べまして。
イヤ、多分なら、お父ちゃんが警戒してへんしで、安全なる人間かどかを確認してたかと。
イヤ、分からんです。こっちの勝手推量でと。云うたら、幼いなりに、本能的にも警戒信号、様子見してるかと。安直に接近しよったら、号砲一発、泣いたるゾと。

こっちは、こっちで、急がず、慌てず。手を触り、ホッペタをば触り。
イヤ、ホントになあ、ホッペタ、マシュマロの如くでありまして。今から、ゴワゴワでは困るですが。云うたら、チャンと、座ってまして。この辺り、日々、成長してるナと。一寸、見てへんかったら、大違いでと。感心するです。
ソラなあ、ホンの二ヶ月前の、正月では、寝返りもママならずの、寝かせば、嫌と、泣くし。チャンとお座りなんか、瞬時でと。

デデデの、開口一番、息子曰くに、「お父さん、ホーム・ページの事やけど。一寸、問題があるで。」
オッとの、ギクリの、ドキリの何事かと。変な事、掲載しての、苦情かと。
されどの、思い当たるの節が無いです。表現、内実の掲載に、躊躇の箇所は無かったですが。
よって、「へえ、何で。」と、真剣なる面持ちにて、尋ねたならばの、表題、「孫娘の話」にしたら、孫娘の話が少ないがなと。
オッとの、そっちの話かと。

イヤ、ソレなら、充分承知の、現在ならばの、我が祖母、叔父の話が主体でと。折しもの、「イージス艦」様の事件で、ソレも掲載してるです。
ツイデにの、お狸の話から、京都の観光名勝旧跡までを。

イヤイヤ、自衛隊と、軍隊とは、原則、異なるですが。本質、中身は一緒故、自衛隊を自衛隊とし、専守防衛に徹するとしてるし、海外からも、舐められてるです。
イヤイヤ、基本的思想、結構です。されどの、海外の考え方が、世界の常識であるは、日本人の誰もが承知の、建前の理屈の、誤魔化しの、自衛隊としてる故の、まあ云うたら、綺麗事。

ソラなあ、一発、殴られてからの反撃では、遅いです。一発が一発で済むならやけど。一発目、何処が先制攻撃容認するかと。東京かいな。大阪かいなと。神戸か、横浜かと。
敵国からしたら、最初の一撃、東京に決まってるです。何なら、原子力発電所かと。
攻撃せんでも、占拠かと。イヤイヤ、当世ならばの、食品禁輸で、日本国なんか、イチコロかと。石油禁輸、ガスをと。
そんな具合に政治家、官僚が、方向性を決め、日本弱体化に誘導してるです。正しくの、売国奴かと。官僚は別として、政治家を選出は国民故、国民がアホなんやと。
さりとての、今時、マトモに戦争したなら、人類破滅、滅亡でして。人類だけで無くの、地球、宇宙規模かと。自衛隊も、軍隊も、戦闘員、非戦闘員もあらへんです。

「イージス艦(あたご)」様の衝突事故で、死者が出たは問題やけど。さりとての、野党が、石破防衛大臣、責任問題にての、大臣職辞任が云々のと。アホかいナと。
そんな下らん議論してる暇があったら、中国産の殺虫剤入り餃子(「憂国NO.30」参照)、食料問題、資源問題、株式市場大混乱の大幅下落を何とかしたらと。させるだけの、技量が無いの、バッカリ、政治家、官僚故にアカンけどと。

イヤイヤ、デデデの、そんな話もツイデにチラとしたですが。
息子の苦情に、ソかと。
云うてもなあと。孫娘、話が出来るで無しの、アカチャンやしで。
寝て、オッパイ飲んで、オシッコ、ウンチしてと。オシメを替えて、タマに起きてたら、手当たり次第に舐めるしで。目が離せへんだけの、手の掛かる存在でと。
まあ、ソレも可愛らしいの中やけど。

誰しもが、こんな状態から、大きいなって、一人前の顔してと。口答えしたり、文句云うたりと。
と、までは云うてへんですが。まあなあ、コレからやなあと。ホンマやで。
可愛い、可愛いなあ。
だけでは、一行、二行、数文字で、事足りるです。「孫娘の話」の、お話に、ならへんです。

さりとての、検索サイト、「Yahoo」で、検索キー・ワード、「孫娘」で、堂々の一位、二位独占。
「Google」でなら、「孫娘の話」で、二位から、堂々の一位になってるゾ。

ツイデになら、「Yahoo」で、「孫娘の話」と入力、検索結果を「すべて表示」でクリック一発してみい。一枚目で、一位から九位まで、Indexファイルを含みの、ズラリと並んで、独占状態。
ツイデのツイデに、そんな処やあらへんゾと。ファイル二枚目も、独占状態やゾと。

そんな処やあらへんゾと。邪魔臭い故、ファイルの六枚目までしか、見てへんですが。
「シバケンの天国」の、「孫娘の話」だらけで、埋め尽くされてるゾと。何度も、何度も、コレでもか、コレでもか状態の、ヒツコイくらいにで。当の本人、私がビックリ仰天。
とは、云うてへんです。その時には、調べてへんしで。マダ、知らんです。(以上、検索サイトでの表示状況は、三月五日現在での話)
(08/03/06)


NO.57 初節句の話(3) お雛さんの話(1)

足首が痛いナと。
何でかなあと。
嫁はん、曰くに、孫娘を抱いたりと。乳母車で、坂道を歩いたりと。したからと、違うかと。
そんな事、イツの話や。三月二日の話やでと。既に、ン日経ってるのにと。ホナラの確かに、歳かいナと。

デデデの、何です。
三月七日、四国の姪が産んだですて。へえと。ヤっとかと。佳かったなあと。
イヤ、元々は三月三日の雛祭りの日が予定日やったですが、延びてたです。男の子やのにです。
男の子なら、五月の五日の端午の節句にと。そんな上手い具合には成らんですが。結果、三と七の、足して、十かと。
勝手に数合わせをしたりして。

モ一発、デデデの、何です。話を戻して、孫娘の話です。
年末年始の話が尻切れトンボでおしまいかいナと。お雛さんの話になってと。
ソや無いです。関連してるです。

イヤイヤ、デデデの、初節句の話です。肝心のお雛さんはどんなかと。
和室の一隅に、テーブルがと。ソコに上手い具合に、飾られてまして。丁度、親王様、男雛、女雛が金屏風を背にです。ご立派な畳の上に鎮座ましまされてましてと、舌を噛みそになるけれどや。
御前(おんまえ)には、一人前に、雛あられ、菱餅、飾ってあってねえ。丁度、前日には、前日とは、この場合、二月二十九日の事やけど。「島津」から、桃の枝が十本程も送って来たですて。

島津も、エライ、サービスええなあ。気が利いてるなあと。蕾(つぼみ)の状態で送って来てたですが。中の幾つか、一輪、二輪、咲き出してまして。へえと。上手い具合にしてくれたはるなあと。
イヤイヤ、お人形は、ワザワザの、云うまでも無いです。記載の通りの、京都「島津」の総本店にて、買い求めたです。
変な話、「島津」は、本店ばっかりでと。最初に往ったが、実は、洛西本店。他には、久世本店、草津本店、彦根のはんなり庵。そして、神戸本店と。結果、本店の本店で、総本店が、高倉四条にあるです。
何も、島津の宣伝しんでもええけれどや。

デデデの、正月二日に、「さと」の向かいの、「島津」、洛西本店によるツモリやったですが。時間も時間やしと。止めたですが。ソコまでは、経過、掲載してたですが。
明くる、三日に再度、出向いたです。
イヤ、息子一家、三日は、嫁の実家に往く予定でと。只、時間があるしで、一寸、よってからにしよかと。よってから、往くなら、車二台にしんとナと。再びの、亀岡に送ってもらう訳にもナと。

イヤ、買う、買わんは別問題でして。参考のためです。見聞のためです。知って、損しいひんしと。正直には、ドレ程の値(ね)かと。モノも、値も、全然、知らんしなあと。
他にも諸般の事情もあるしで、あくまでも、見聞でして。云うたら、見るだけでも、楽しいやんかと。楽しいだけで、済めばええけれどや。

ソラなあ、我が家にも、妹が居たし、飾ったですが。正確には、飾らせられたですが。
云うたら、古いので、我が家の規模にしたらの、ご立派なヤツで。ご立派に過ぎて、御殿まであったですが。お陰様で、組み立てするが、大変でと。何故か、年々、部品がなあと。一個、ニ個、見当たらんで、探しまくったですが。
憶えてる範囲で、三段飾りで、男雛、女雛、三人官女が居たし。右近の橘、左近の桜も、あったしなあと。雪洞(ぼんぼり)が、当然乍らの左右にと。御膳があったし、何があったかなあと。

五人囃子、随臣は無かったよなと。赤い毛氈敷きまして。お陰様で、寝る場所がと。狭い上に狭なってしもて。
ソラなあ、仏壇はあるし。箪笥があるし。床の間があってと。
しかるにの、仏壇の隣辺りを整理しまして。飾る場所の確保のためで。押し入れから、桐箱を三つ出して来まして。ソレを一段、二段で、三段目としまして。

誰のとなれば、祖母のやったかと。元々は五人囃子も、随臣もと。箪笥、長持も、あったのにと。云うてたよな、云うてへんよなと。大抵なら、云うてたです。飾る度に、聞かされてたかと。
されどの、現物、見た事、無いですが。今から思えば、あっても不思議で無いです。何分の御殿付きでと。この御殿が立派に過ぎて。組み立てが大変やったです。

とは、云え、私も、腕白盛りの頃やしで、組み立ててるよりは、お雛さんで、遊んでる時間の方が長かったかと。
ソラなあ、男雛の刀を抜いたりと。手当たり次第に、オモチャにしたかと。結果、部品がなあと。何処へ往ったかと、大騒ぎして。
このお雛さん、多分なら、妹が嫁入りの際、持って往ったかと。或いは、しかるべくの、納めたかと。イヤ、本来ならばの、納めるですが。
の、説もあるですがと。佳く知らんです。諸説紛々にてで、ホナラの、お家、お家で、お好きなよにと。

イヤイヤ、デデデの、再度の、話を正月三日に戻すです。
国道九号線にあったなあと。息子一家三人、嫁はんと私の五人で、車二台で、出向いたです。
当たり前に、洛西島津になんか、入るは初めてでして。ご縁が無かったしで。島津に無かっただけで。息子共のは、五月人形の、「平安武久」で買い求めたかと。兜だけやけど。

他にも、張り子の虎とか、あったですが。長男が産まれた時に、会社の人から、戴いたですが。
この兜なら、我が家にあるです。長男でも、二男でもの、二男は結婚マダやけど。どっちにしたって、男の子が出来たら、持ってけと。早いモノ勝ちやでと。
ホナラの私の人形がと。あったか、無かったのかの、あった筈やけど。大したモノでは無かったなあと。大したモノなら、京都から引っ越しの際、持って来てるですが。
矢っ張り、ボロボロの張り子の虎はあったかと。ボロボロには、私がしたと思うですが。髭が無くなり、耳が取れ、胴体ハゲハゲでと。ソレでも、首振りされたら、怖かったを憶えてるです。
ソレこそ、叔父達に、首振りで、やられたかと。怖がるのを面白がられましてと。鮮明に記憶してるです。

イヤイヤ、デデデの、脱線してたら、アカンです。洛西の、「島津」の話です。
云うたら、用事が無ければ、入る事も無かったですが。島津の建物がアルは承知してたです。常々、何でこんな処にと。ミドリ電化の隣にですが。失礼乍らの余りなあ。入り易い場所では無いしで。
孫娘のお陰で、チラとでもと。中はどんなかと。家を出たは、昼飯喰てからです。一階の奥手に広い駐車場がありまして。しかるに、案の定の、車が一台も止まってへんです。ええのかなあと。
やったはるのは分かってるです。電話で聞いてるです。朝十時から、夜の六時までと。

こんな場合、売り子さんが、ピタリと付かはるのかなあとか。質問あれば、こっちがするけれどや。変に強力推奨されても、マダマダ、買うかどかも、分からんしで。
とか、思い乍らに、エレベーターやて。出たら、ソコには、雛人形が沢山、飾ってありましてと。
矢っ張り、早速にも、売り子さんが、イラッシャイマセと。まあ、可愛らしいお嬢ちゃまですねえと。当たり前に、お嬢ちゃまとは、孫娘の事やけど。イヤ、広いお店に、お客は我々五人のみ。
一寸なあと。目立ち過ぎるも何も、店内、チラで、覚悟はしたです。駐車場の状況からも、分かってたですが。
(08/03/08)


NO.58 初節句の話(4) お雛さんの話(2)

<「不可思議の世界NO.5」NO.75 人形供養の話>

お人形さんの取り扱いは難しいです。
何分の、名称、そのままの、人形(ひとがた)故で。イヤ、話簡単、燃えるゴミ、燃えないゴミの類(たぐい)の、ゴミとして、ポイとはナ。
ほかせへんです。しかるべくの供養をしてやらんとと。
ソラなあ、気持ちの問題だけやけど。人間社会、気持ちや、気持ちが大切でと。後日、アレをと、引っ掛からんよにと。ヤルべきさえ、やってましたら、気持ちや、気持ちも、安泰でして。気にもせずに済むですと。

イヤ、アルです。
人形供養をして戴けるお寺さんがです。十何年も経つですが。諸々の、失礼乍らの、曰く因縁、とまでは云わずの、訳の分からんよになってる置物、人形。云うたら、戴いた、買おたはええけれどの、年数経ての、好みに合わんの等々、お納めに往ったです。
京都には、堀川通りの上(かみ)の方に、有名処の、宝鏡寺がありまして。(「不可思議の世界NO.3」56.伯父貴が逝きよった(5)空海と役行者参照)

ソラなあ、人形供養の形態も、土地、土地、信教か、信条か、家々かは知らんですが。供養代行業者、団体まであったりと。ウソか誠かの、川に流すの方法とか。
されどの、流れるのと、流れへんのがあるし。流れたとて、市松人形なんかが、プカプカ、流れてたら、気色が悪いゾと。何よりも、川を汚すになるので無いかと。

矢っ張り、原則、しかるべくの、お寺さんなりに、お納めするするが、一番かと、私は思うです。当世、インターネットで調べられるし。郵送でも、受けて戴けるです。
お納めするは、只では無いしで、塩を振り掛け、お礼を申し述べの、ゴミとして出すの方法も悪くは無いかと。要は、気持ちの問題にての、ポイ捨てだけはナと。

デデデの、「島津」の、洛西本店にての、売り子さんの、話は適当に、聞き流し乍らの、マズは、何を見たか。
当然にしての、ナンボくらいするものかと。一応の目安を知っとかんとと。
見てたらなあ。へえと、感心してバッカリの、最高のなら、高級外車でもが、一台、買えるです。最低ので、やっとの、十万円を切るのかと。ソレが一組しか置いてへんのやで。へえと。
他のが、他のやしで、安っぽお見えるなあと。

まあ、云うたら、最低でも、十万円かと。
大体は、ンの付く、十万円台で、ンとなったです。買う買わんは、別としての、息苦しくなって、窒息しそな感してと。
されどの、万が一処か、千に一のと。実際的なる確率的には、限り無くの、二分の一にしてもや。まあ云うたら、孫娘のタメなんやと。コイツも、幸せなヤツやナと。
当人、何も知らんでも、こんな具合に、両親、祖父母が、算段してくれてと。

イヤ、買う買わんは別問題の、或る程度の目算、算段、覚悟だけは、しとかんならんですが。
云うても、千円、二千円。一万、二万と違うしなあと。オイソレとはナ。ニコともしてられへんです。あくまでも、ご参考なんやけどと。ご参考でもなあ、想定以上に高いナと。

一通り、見てから、売り子さんの話も、聞き出しまして。
一番、上等の、ン百万円のは、天皇家、愛子様の初節句の際のモノですて。五段飾りで、へえと。天皇家には、「島津」が収めてるかと。ソ云うたら、そんな話があったなあと。
「島津」は禁裏(皇室)御用達であると。

よって、桃の節句の人形、天皇様、皇后様であると。お召しのモノは、皇室のモノであると。
イヤ、元々が、お雛さんは、皇室、お公家さんで、端午の節句、五月人形は、大将さんやしで。武家でと。ソラ、兜に、甲冑にと。虎があったりと。凛(りん)として、勇々しくと。
云うたら、女の子の人形はモノとしての位(くらい)が高いのかと。

そんな事は、結構での、売り子さん、曰くに、飾るのは、節分過ぎて、スグでしてと。節分までには、余り、日が無いしで、早めに手配をしませんとと。
成る程の、節分までは、一ヶ月しかあらへんし。買うなら、買うで、サッサと決めてしまわんとと。イヤ、洛西の、「島津」は、正月三日の話でと。

斯くなる次第の、理屈は分かるですが、こっちだけでも決められへんし。決めるにしても、先立つモノがです。算段しんならんやないですかと。クドイけれどの、安価で無いです。正直、想定以上に高いです。
見たら、そんなモンかと、理解はしてもです。息子共のにしたって、兜一つが高かったです。結局は、一つしか、買えへんかってと。理由は簡単、先立つモノの都合でと。

イヤイヤ、デデデの、要は、原則、息子夫婦に任せるにしたです。誰が買うの件をです。
基本原則なら、承知してるですが。諸般の事情、好み、考えもあるやんかと。息子夫婦で総合的なる判断して頂戴と。私等、嫁はんとは、一切の異議無く、ソレに従うと。
但しの、当然乍らの、こっちになった場合、懐具合との相談もあるしと。ソラなあ、孫娘に、出来るだけの事はしてやりたいは山々でと。
されどの、モノは順番の、手順もあるやんかと。

デデデの、その他、諸々の予備的、雑談的、一口知識的々の、お雛さんの見方も教わったです。人形故に、細工がと。
マズは着てるモノがと。云うたら、プリント地のもありますしと。一枚のペラペラのもあるし、何枚重ねもありましてと。大体は人形さんの裏、お尻とするのか、反対側を見るですて。ホナラの、細工の手抜き、丁寧さが一目瞭然のと。着てる着物の枚数も分かりますよと。
へえと、反対にして、見せて戴きまして。ホレ、この場合、ン枚ですねと。左右で、綺麗に分かれてますねと。一点一点、着せて、合わせてるですと。成る程のと、納得したです。

加えての、顔で選ぶですて。変な話、派手好みか、地味か、滑稽、冗談、奇抜なヤツかと。イヤイヤ、そんなお雛さんもあるです。おぼこ雛と称するですが。童女の顔形をした親王飾りの、佳く云えば、当時、平安時代の美人顔の、ふっくらのと。そやけどなあと。見方もあるけれどや。正直、好みに合わんし、気色が悪いナと。

もっと、云うたら、置く場所をと。確保、何処に置くかでねえと。ソラ、そおやと。ええ格好して、デカイのをと。買おたとて。買えたとしても、肝心の置く場所無ければ、どしょも無いです。
そんな意味なら、思えば、我が家にあった、三段飾りは凄かったなあと。寝る場所が無くなっての意でと。されどの、問答無用の、お飾り優先でと。
島津で見てても、そんな風のは置いてへんかったですが。御殿のあるのがです。或る意味、当世、幾らするのかと。思てたですが。只ナ、値(ね)はお人形さんの大きさによりましてと。アトの、付属的、お飾りなるは、ソレに合わせましてと。

イヤ、御殿が云々なんか、聞いてへんです。
モノと、値段、帯に短しとしても、襷にするは、長過ぎるナと。中庸は無いのかと。ホンマやで。ン百万、百万は問題外にしてもや。
十万以下もなあと。其の上となればの、ン十万円も、五本の指が要るよなのを、ハイ、承知となんか、ソ簡単にも、間違おても、云えへんでと。お金持ちやあるまいにと。
清水の舞台にしても、飛び降りるに、高過ぎてと。下界、見て一発、アカンなと。飛び降りたら、即死やなあと。
(08/03/11)


NO.59 初節句の話(5) 余談・雑談・姪からのメール一発の話

四国の姪から、メール一発。
イヤ、メールは携帯電話のです。
イヤイヤ、3月7日に産まれたばかりの赤ちゃんの映像がインターネットで流れるでと。産院で動画中継してるでと。産まれたての、ホヤホヤの、我が息子を一寸、見てクレと。
へえと、ヨッシャと、検索一発、指定の病院、一発出まして。大したモンやナと。「Google」にて、一番表示。

ソラそやで。
病院なんか、一杯あるです。そんな、特殊で、珍しい病院名でもあらへんです。そこらに一杯のと。もしかして、県名、町名、地名から、何から何までの、相当に絞り込まんならんかと、思てたですが。
凄いナと。

デデデの、一発で見つかったは、結構なれどの、画像がなあ。表示されへんです。病院のホーム・ページの、アカチャン放映故の、「あかチャンネル」なれどの、クリック一発、「X」マークが出まして。
何か故障か、手違いかと。イヤ、先方様のです。設定可笑しいとかや。
早速にも、その旨、病院に文句云えと。映ってへんでと、姪に返信メール、ン分掛けてるのに、文字数多いからやけど。一発、即の返事で、流石に、若手は早いナと。
イヤ、感心してる場合で無いです。神戸の嫁からは、見たで。
との返事があったですて。へえと。可笑しいなあと。しかるにの、あっちにも連絡してたかと。
試しにと、嫁はんの、Ibmノート・パソコンにて、クリック一発、二発で、オッとの、画像が表示されてねえ。ホナラの我が、Let’sNoteは何やったと。イヤ、故障はしてへんですが。何で動画が表示されへんのかと。原則、設定一緒やのにと。バカにしてと。
嫁はんは、携帯電話で、姉さんとやろか。ケラケラ、笑い乍らの、パソコンの映像見乍らの、実況談話。

イヤイヤ、困ったなあと。Ibmので、見られたら、ええは、ええのやけれど。気になるやんか。云うたら、不自由はしてへんです。画像、動画なんか、余り見いひんしと。
タマには、見てるですが。全部表示されて、チャンと動いてるです。「Eo光」にして、大満足してるです。

にしても、何でやろと。「あかチャンネル」での、注意事項ならばの、「ウィルスチェックのプログラムが作動の場合、ご覧戴けない場合があります。」と、してあって。
そんな、金掛けての、面倒、悪さするよな、アプリケーションなんか、一切、入れてへんです。セキュリティに関してなら、只の、「Spybot」と、「Spywareblaster」だけでして。
アトは、原則、週一回の、オン・ラインのセキュリティ・チェックしてるですが。一度たりとも、引っ掛かってへんです。変な、サイトに往かへんし。メールも、画像のなんか、一発削除でと。

そんな事は、どでも結構の、何でやろと。
初歩的対応ならばの、「インターネットの一時ファイルの削除」かと。
期待せずに、したけど、何の関係もあらへんしと。一杯なら、他のがアカンですが。ここだけやしで。
考えられるは、動画再生ソフトがなあと。MicroSoftの、「WindowsMediaPlayer」しか、入れてへんです。インターネットの動画に関係するかどかは知らんのや。大体が動画に無関心でと。

では、あってもの、モノは試しと、「RealPlayer」をと。検索一発、インストールしたですが。画像表示されずでと。
ホナラで、Apple社の、「QuickTime」をと。検索一発、インストールしたですがの、全然反応示さずでと。イヤ、関係、無関係、知らんのやと。手当たり次第に、入れてるだけでと。

ホナラの、ホナラで、一体、何かいナと。
思い当たるのが、あらへんですが、もしかしたらと、SunMicrosystemsの、「Java」でも入れたろかと。原則、Javaのプログラムも、動いてるけれどや。モノによって、違いがあるかもなあと。
そやけど、先方様、Javaとはしてへんですがと。推奨、InternetExplorerの4.01以上でと。あのなあと。今時、4.01なんか、使てへんやろと。せめてもの、5.5程度にと。
さもなくばの、同類の、OutlookExpressの古いのままやってみい。ウィルス・メールでガタガタやでと。

とは、思いつつの、SunJavaのインストール一発、動いたなあ。
そんな事なら、ウィルスチェックが云々では無くての、「Java」でと、しといてクレよと。とは云え、一苦労の、動けば、何でも結構やけどです。
デデデの、動いたは結構の、要らんのをインストールしたしで、今度は、SunJava以外、不要也と、削除の削除の、しまくってと。

イヤ、私は不要となればの、即のアン・インストールしてるです。後日では、何のか、分からん事もありましてと。この程度の画像処理ソフトは分かるけれどや。分かるから、検索にて、インストールしたですが。
しかるにの、SunJavaなんか、Ibmにインストールした憶えが無いしで、多分なら、息子がやったかと。イツとれば、ソラ、イツかであって。
Ibmは、04年の5月からやし、最早の、4年経つしで、分からんですが。

イヤイヤ、中身を見たら、分かるですが。へえと、SunJavaが入ってへんです。
ホナラと、思い出したです。この正月、嫁はんの、Ibmを一寸、貸してクレと、InternetExplorerを、6から、7にしよったなあと。他にもコチョコチョ、してたですが。関連となれば、コレかと。コレしか無いなあと。
InternetExplorerの7では、SunJavaに類似のを導入してるのかと。
以て、やっとの、疑問共々、解決したですが。もしかしたら、何とか病院のを、見られへんお方が多いかと。我がLet’sNoteは、去年やしナと。WindowsのVistaでは無いけれどや。Xpにしてるですが。

イヤイヤ、デデデの、肝心のです。
姪のアカチャン息子は、もしかしたらの義兄に似てるよなでと。似てるよに、見える面もあるの意やけれど。ソラ、親族故で。
そんな意味なら、我が孫娘は、先様の親父さんに似てるよな面あるです。嫁はんは、先様のお母さんにもと、云うてるですが。私には、そんな風には見えへんしと。
斯くなる次第の、アカチャンなんか、見る人、見方によって、全然、違うですが。コレから先、どんな具合にと。
デデデの、無事に見えるよになって、見てましたら、突然、熊のぬいぐるみに替わってしもて。
オッとの、授乳の時間かと。新生児室の定置撮影故。

イヤイヤ、デデデの、何です。一寸、話変更の、遂に、神戸の嫁と、孫娘が風邪引いたですて。へえと。
大体がここまで、風邪一つひいてへんかったですが。嫁も、孫娘もです。よって、頑丈とするのか、丈夫やなあと。
イヤ、むしろの、嫁がです。ソラなあ、孫娘、生後の八ヶ月やしで。嫁も、存在承知して、一年と三ヶ月やけれどや。少なくとも、一年365日、無病息災で過ごせたら、凄いですが。細々の毎日までは、知らんけれどや。毎日、顔合わせてるで無しで。
されどの、誰しもの、人の子、ソは延々と、風邪一つもとは、ナカナカにで、遂にかと。

私なら、案外に、丈夫ですが。二、三年に一度は風邪ひいて。町医者なりに、往くですが。大体は、年に一度は怪しいなってるけれどや。気配、感じたら、葛根湯一服、凌(しの)いでるですが。加えて、喉飴にてで。
当たり前に、一服、二服で収まってへんけれどや。熱が出たりは、あらへんです。一寸、声がの、五本で、ご本の、ゴッホン程度でと。

デデデの、何です。
昨日、息子が会社を休んで、二人を医者に連れてったとかで。
ソレは、ソレはと、嫁はん、矢も、盾もたまらず。本日、早速にもと、援軍として、神戸に足を運んだです。息子が主夫してるとの事でして。まあ、一泊の予定かと。
ソラなあ、電車でなら、片道三時間、往復六時間。電車賃だけでも、往復3500円也の、日帰りしてたら、何してる事かと。イヤ、シンドイめ、だけしてと。
その件も、姪は知ってまして。その件とは、二人の風邪引きと、嫁はんが急遽の、自費出張の件でして。
昨日のメールで、頑張ってクレと。ホントに、情報早いナと。
(08/03/12)


NO.60 初節句の話(6) 余談・雑談・世にも不可思議なる話の話(1)

<「不可思議の世界NO.5」NO.76 仏壇、墓石の話>

人形供養の話を掲載しましたなら、ケンイチ君から、メール一発。
人形なら、まだしもの、粗大ゴミの中にお仏壇があったですて。
へえと。ケンイチ君も、ビックリ仰天の、何と罰当たりなヤツがと。ホンマやなあと。
結果、業者が回収せずで、自治会で預かっているので引き取りに来てください。
との、張り紙がしてあってと。その先、お仏壇がどなったか、分からんですが。自治会に尋ねたら分かるですが。云うたら、粗大ゴミでお仏壇を捨てるくらいの人間故、引取りには来ひんやろと。
こんなヤツが居て、存在するは、世にも不可思議なる話でと。

しかるに、当家では、亀岡に引っ越してから、仏壇を新調したです。
ソラなあ、ロウソクの火で、焦げコゲでと。剥げ、禿げの、線香で、煤(すす)だらけで、扉も、一寸、壊れてまして。
イヤ、祖母の代からでして。イヤイヤ、正直には、イツの時代のお仏壇かは、知らんですが。今、思えば、祖母の代に買おたとしたら、見掛け、古過ぎるし、ボロボロでと。百年、二百年の歴史があるよなでと。

或いは、動かし過ぎたかと。されどの、我が記憶の中では、大して動かしてへんですが。
イヤイヤ、昔はなあ。衛生掃除と称しましての、町内一斉の大掃除をしてたです。町内だけで無く、そこら周辺一斉でして。畳は全部を上げて、ポンポンと。叩いて、ホコリを出しての、軒下には、DDTを撒いたりと。その度に、動かしてたしで、年一回かと。
考えたら、無茶苦茶やナと。衛生掃除は結構やけど。DDT散布がです。

イヤイヤ、デデデの、この際と。
云うたら、万寿寺通りに親戚がありまして。祖母の妹宅でして。其の近くに、仏具屋はんがありまして。大体が、京都に仏具屋はん、多いですが。京都そのものが、神社仏閣だらけでと。神社に仏壇、関係無いけれどや。
この辺り、特に、多い界隈でして。一寸、ええ処を、知り合いをと。紹介してえなと。出来たら、値を負けて欲しいしと。
とは、直言せずの、せずとも、言下に含んでるけれどや。一緒にお付き合いして戴いての、近所やしで。歩いて一分の仏具屋はんで、東大谷派故、金ピカのを買い求めたですが。イヤ、万寿寺通りの寺町の一寸、西入った処でと。
その際、古い分の、処分、お願いと。交換条件でと。

実際には、処分だけなら、頼むに、相場、ン万円は掛かるかと。よって、粗大ゴミ扱いしたのかと。
とは、思うけれどや。思うと、ヤルとは違うです。我々、一般常識、夢にも、粗大ゴミ扱いはしいひんです。諸般の事情、例えばの、持ち主、他界されたかなあと。
ホナラの子が孫がとなるけれどや。ここから先は何とも早と。推測、想像だけの世界になってと。

デデデの、新しいのは、ロウソク、お線香立てが、仏壇に引き出しが付いてまして、外に置けるよになってるです。煤で汚れたり、焦げんよにです。相応に工夫したはるなあと。
にしても、こんなモン、歴史が古いのやしで、考慮してへん方がおかしいですが。されどの、ロウソク、お線香で、仏壇が焼けて、火事になったの話は聞かへんし、不思議やなあと。ご先祖様が守ってるかと。

イヤイヤ、デデデの、もっと、云うたら、お寺様、光圓寺<松原京極商店街>のお坊様にも、来て戴きまして。魂抜き、御霊(みたま)抜き、正念抜きとも、称するですが。
して戴きまして。新しいのには、魂を入れをして戴きましてと。ソラ、正直、手順、諸々大変でと。そんな事、人生、一生に一度、有りや、無しやと。少なくとも、家やあるまいにの、二度、三度もナと。しいひんです。よって、専門家であるの、仏具屋はんに聞いたりと。何なら、お寺さんでも、餅は餅屋でと。
(「不可思議の世界NO.3」56.伯父貴が逝きよった(5)空海と役行者参照)

オマケで、母方の伯父も家に来てくれて。山伏やってるしで。魂をと、入れてくれたです。
(「不可思議の世界NO.3NO.4」叔父貴が逝きよった参照)

もっと、モと、云うたら、墓石も新調したです。「石匠河波忠兵衛」にてで。東大谷さんに事務所があるしで。
今度は、近くでと、事務所では無くの、寺務所、東大谷さんの、お坊様に魂抜きして戴きの、河波忠兵衛に処分をと。新しいのには、魂入れ、して戴きましてと。
魂入れの際には、親族一同、「墓開き」と称しましての、集まって戴きまして。無事に終わってから、円山公園の、「いそべ」にて、席を設けて、お祝いしたです。慶事故で。

更に、云うたら、墓石、お仏壇なんかを、ぞんざい、粗略には扱えへんです。ソラなあ、ウソか、誠か、迷信、巷の噂、業者のでっち上げかも分からんけれどや。
しかるべく、処置しいひんかったら。大切に扱わへんかったら、一家、一族郎党、子々孫々に災い及ぶゾと。
と、までは、どか分からんけれどや。災いとは、金銭に替え難く、病気、不治の病にでもなってみい。後悔、先に立たずと云えりと。
よって、お仏壇、ご先祖様をお守(も)りするの、一家の主、長たるの、長男たるは、大変なんやと。
自分の一家、だけの事を考えてたら、ええのと違うしと。しかるべくの、お守(も)り一切、慶事、祭事、弔事の政(まつりごと)等々、相応にしんならんです。

ホンマやで。お仏壇一つにしたって、最初っから、家財として、計算に入れるが大前提でと。ソレを中心に据えて、アトの家財も決まるです。決まるとは、大きさから、配置までで。
云うたら、家族は全員、計算に入れると同様にしてと。お仏壇は、家族、ご先祖様也と。
どんなに小さな家でもで。極端になら、寝る場所、削ってでもや。箪笥、本箱なんか、ホカシテでもや。ご先祖様を大切にと。当たり前やろナと。家族やと。出てけと、追い出せるかと。
そんな意味では、モノはモノやけど、消滅しいひんし。独立もしいひんしで、扱い大変かと。

イヤ、ホンマにホンマやで。
ン年前やけど。まだ、息子共が学生時分やけれど。我が家で、諸般の事情にての、部屋の移動しまして。
要は、母の年齢もあって、二階から、一階に移動して欲しいと。しかるに、嫌がって、いやがって。説得して、説得して。階段で転けたら、どするやと。どもしいひんと。転けへん。大丈夫。階段を上れんよになったら、人生おしまいと。
あのなあと。説得だけに何日掛かった事かと。昔っから、こんな調子で、息子では無くの、歳喰た駄々っ子一人に手を焼いてるですが。

妥協案として、一階の部屋に置いたった、お仏壇をば、出してクレと云うしで。箪笥諸々の自分の家財が多いしで。居間に移動させたですが。
本来ならばの、年寄りがお守(も)りをするモンやけど。我が家では、チと異なりましてと。気が向いたら、お経を上げてるですが。誰のためでも無いと。自分のためと、云い放つですが。あのなあと。
イヤ、そのままの姿勢貫いてるですが。
しかるに、私なんか、お経サッパリでして。

オッの、余計ついでに、お陰様で、居間の大きな本箱を、小さなのに替えたです。替えるに当たって、古いのは妹一家が貰てもええでと云うてくれたし、引き渡しましての、小さなのを買い求めましてと。
斯くなる次第の、私と、嫁はんとで、必死に家を、ご先祖様を守ってるです。よって、墓参、月参りをしてるんやと。自分のためで無くの、線香七本、一家一族、現在唯今、七名、万事宜しく、見守れと。
デデデの、仏壇移動の結果、息子共が戻っても、妹一家が来ても、居間が、狭あてねえ。特に、仏壇はなあ。場所取るし。仏壇だけに、変に、もたれも出来ひんやろな。

まあまあ、そんな話は置いといて。息子一家の風邪引きの話です。
着いた先からの、嫁はんからは、携帯電話のメールで、孫娘は、咳はしてるものの、まあ、元気と。嫁は、熱は下がったものの、一寸、シンドイみたいでと。
ソか、熱があったかと。
加えて、私に晩飯等々の指示連発。携帯電話で、して来るし。あのなあと。
そっちも、こっちも、「Eo」やしナと。電話代、遠慮しんでも、只なんやと。
(08/03/14)



inserted by FC2 system