孫娘の話NO.4

孫娘の話NO.1 孫娘の話NO.2 孫娘の話NO.3

ハデブスNO.12
題目一覧表

目次

孫娘の話NO.5

NO.40 年末年始・雨嫁、晴孫娘(9) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(3)

NO.39 年末年始・雨嫁、晴孫娘(8) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(2)

NO.38 年末年始・雨嫁、晴孫娘(7) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(1)

NO.37 年末年始・雨嫁、晴孫娘(6) 母俄然元気溌剌

NO.36 年末年始・雨嫁、晴孫娘(5) 習慣の話

NO.35 年末年始・雨嫁、晴孫娘(4) 正月準備

NO.34 年末年始・雨嫁、晴孫娘(3) 先はどんな具合にと

NO.33 年末年始・雨嫁、晴孫娘(2) 色白美人アカチャンの話

NO.32 年末年始・雨嫁、晴孫娘(1) タバコが減ったの話

NO.31 お食べ初めの話(4) 儀式無事終了

孫娘の話NO.3


NO.31 お食べ初めの話(4) 儀式無事終了

突然、アア、ワア、ウウ、ワアアのアのアと、呻(うめ)き声が聞こえたです。
何事かと。
イヤ、本日、予定通りに、母も退院したですし。何かあったかと。又、転けたかと。瞬時、ビックリしたですが。
こっちの話は、別途にしまして。
イヤイヤ、呻き声では無かったです。

イヤイヤ、嫁から、嫁はんにです。
携帯電話の動画を送信して来たです。DocomoのFomaです。動画に音声まで、送信出来るのかと。イヤイヤ、寝返り出来たと。其の声が聞こえたです。
へえと。アカチャンが動き出したら、又、色々、大変やし。楽しみやしと。
こっちは、下手に動かれたら、又、何事かと。心配やしと。心配の質(しつ)が違うですがと。ホンマやでと。
しかるに、嫁はんのから、こっちに転送したですが。コマ切れ写真で、動いてるですが。Movaでは、音声までは、アカンのかと。にしても、アカチャンのは、和むなあと。
イヤ、私等が居た時にも、寸前まではやってたです。今一歩と、思たですが。出来たんやと。三日の差かと。日々進歩かと。

デデデの、まあ云うたら、アカチャンは二十四時間監視体制。昼も夜もあらへんし。
とは云え、多少は夜も寝てくれるよになったらしいですが。ニコリと笑てるかと思えば、渋面造って、泣き出すし。泣いてると思えば、ニコリとするし。基本的には、相手して、ダッコして、動いてたら、ご機嫌さん。其れで駄目なら、腹が減ったか、オシッコ、ウンチ。
でも、無ければ、眠たいのかと。
何分の、言葉が喋れへんのやし。態度で示すだけですし。周囲が原因追及、推察してやって、適切なる処置してやらんとと。
年寄りはナ。言葉は喋れるですが。都合の佳い事だけでしてと。悪い事は、黙ってまして。質(たち)がナと。

デデデの、何です。落ち着いて来たしと。孫娘がです。ホナラ、やろかと。お食べ初めをです。
しかるに、何をどんな具合にと。分からへんし、インターネットで調べたですが。書き方、バラバラ、色んな手法がありまして。細かく云い出したら、キリ無いしと。

最も、妥当、簡単にと。お膳は、準備万端してあるです。ニラミ鯛がドンと一尾、ひかえてまして。コレがために、朝一番から、鯛を持参したです。お陰様で、チと出発遅れたですが。鯛が出来るに時間が掛かったからで。
イヤ、前日から、予約してたですが。近くの、スーパー・マーケット、「マツモト」です。

そんな、話はどでも佳いです。
マズは、飯。飯は栗入り赤飯でして。夕食で、大人はお先に頂戴したですが。美味かったです。
次に、オカズ。飯、オカズと、順々に一汁三菜を食るの真似すると。アカチャンの口元に運びましてと。そして、最後に飯でと。最後の最後に歯固めの小石を口元にと。
以て、お仕舞いと。息子はデジカメにて、馬車、バシャと。一部始終を収めたです。まあ、ええ記念やなあと。

イヤイヤ、モノには、一粒だけでも、ご飯をと。なってるですしで、ご飯粒、一つだけを口の中にです。
イヤ、泣かずに最後まで、出来たです。
当人、何をされてるのか、してるのか、サッパリやけど。ご飯粒はイツの間にやら、消えてたですし。多分なら、胃袋に入ったかと。
コレにて、一件落着、神戸に来ての、大きな目的達成出来たです。

デデデの、明くる日です。
大分、長い事、美容院にも往けてへんしと、嫁がです。「宜しいですか。」と。
イヤイヤ、孫娘の面倒見ててクレと。其の間に、との事でして。お易いご用やし、往って来たらと。息子も一緒に散髪ですて。車で往く距離みたいでと。何処かと、聞いても分からんです。まあ、お好きにしてクレと。

出た途端ですやんか。
今まで、静かに、ご機嫌さんの、孫娘が、烈火の如く、泣き出して。
なだめ、すかし、ダッコ、ウロウロしても、泣き止まへんのや。流石やなあと。親が消えたら、一発で分かるかと。
そやからと、どっちが、諦めるかとなれば、アカチャンに諦めさせな仕方が無いしと。根比べに負けられへんしと。嫁はんと交代々々にて、なだめ、すかし、あやしと。

そのうちには、寝たですが。
ホナラの、眠たかったんやと。泣き疲れたのかと。されどの、動かしたら、眼を覚ますし。嫁はん、ダッコしたまま、ウトウトと。私も便乗、寝たですが。ホンマになあ。寝てくれたら、平和です。

平和裏に、神戸での一泊、孫娘のお食べ初め、歯固めの儀も無事に終えたです。
次なる予定は何かいナと。お正月、雛祭り、一歳のお誕生日かと。お正月までは、間があるなあと。されどの、帰れば、母の件があるですしで。ソ簡単にはナと。少なくとも、暫く、様子を見てからと。どっちにしても、佳くも、悪くも、見てるウチに日は経つですが。
母の様子をです。
(07/10/10)


NO.32 年末年始・雨嫁、晴孫娘(1) タバコが減ったの話

突然にも、何ですが。
以来、タバコの本数減ったです。

イヤイヤ、其の前に、マズは、二男、早くも、12月28日から、戻りまして。タマには、年末の大掃除のお手伝いをと。殊勝な事、云うてくれて。
そやけど、折角やけどの、粗方なら終わってたですが。

そして、31日には、孫娘一家。
イヤ、長男一家も帰って来てまして。1月5日に、皆帰ってしもて、元の年寄り三人の生活になったですが。
イヤイヤ、生後半年、孫娘が居てる限りは、タバコがなあ。居てるソバでは吸えへんしと。居てるの主力、昼間は六畳の間の、狭い居間に布団を敷いての、我が隣やしで。台所の換気扇の下で吸うになったですが。男三人、揃いましてと。
結果、一々移動も邪魔くさいもあって。次第に減ってしもたです。
云うたら、ソレまでは、日に、一箱は軽くの吸うてたですが。ソバに灰皿置いてまして。
処がの、ホボの一週間も、居てられたらなあ。換気扇の下が習慣になってしもたのもあるですが。この際と、継続にての、年末には一カートン(10箱)、買おた、タバコがマダ、半分の五箱残ってまして。
話簡単、軽くの半分以下になりにけりと。

正確には、12月24日、クリスマスのイブの日です。買い求めに、ミニ・ストップに、一カートンをと。ツイデに、クリスマス・ケーキを買おたですが。
暮れの31日には、底を突きのと、7日で、10箱の計算なれど。先の通りの、11日現在、半分残ってましてと。まあ云うたら、ええ調子の、結構な事です。(「要介護1の話NO.3」NO.26NO.27イタイイタイ病とヨッコラ病・余談の余談・閑話休題・蟹とデコレーション・ケーキの話参照)
何にも、我慢はしてへんです。単に吸いに往くのが、邪魔くさいだけでと。
但しの、現在唯今、日に10本以下とは云わへんです。孫娘が居た期間、極端に本数減ってただけでと。

イヤイヤ、デデデの、孫娘が中心の話です。
年末年始、時雨模様かと、天気予報では、成ってたですが。雪も、雨も降らずの、31日、昼の何時、2時頃かと。
到着しましての、マダ、小さいのに。アカチャンやのに。アカチャンやからこその、移動するに、荷物が一杯の、正しくの、オシメ様。
ソレは結構の、車からの、荷物の出し入れに邪魔やろしと。お母さんの抱かれてるのを、嗚呼、来たかと、引き取りの、ダッコしたろかと。手を出せば、ニコリとしまして。
嗚呼、アア、ええ子やなあと。
思たは、瞬時、束の間の、ホナラと、イザの、行動の、ダッコした、途端ですやんかの、ギャアの、アアアのアのギャアと、火がついたみたいに、絶叫、泣き叫び。

まあなあ、今までは、お母さんにダッコされてて、急に、見知らぬ、変なヤツに抱かれたら、ビックリするかと。
とは、思うけれどの、腹の立つノリでと。
前回イツやな。11月末かと。神戸に数時間、滞在したですが。僅かの、一ヶ月の一寸で、忘れるかと。
云うても、前回なるは、孫娘の陣地内。悉くの、見慣れた景色内やしなあと。次第、次第に周辺の物事、しっかり、認識し始めてるかと。まあ、ソやとは、思うけれどや。

最初の、アノ、ニコリは何やったと。モ一発、腹の立つノリでと。騙し討ちかと。女のニコリは生後半年の、こんな時期から、信用出来ひんのかと。
まあ、なあ、お母さんにダッコされてての、安全地帯故、お愛想笑いをしたのかと。既に、お愛想笑いが出来るのかと。ソレを勘違いしたら、烈火の如くに、姫、豹変。手がつけられへんのや。
泣くアカチャンと地頭には勝てへんです。即刻、お母さんに交代して頂戴と。ホナラの即の泣き止みやがっての、流石はお母さん。
されどの、ムカの、ムカムカの、腹の立つノリでと。

イヤ、早速にも、嫁はんが、予めに準備の定位置、布団の処にやけど。どうも、オシメがなあと。交換してもろての、一寸、落ち着いて。ご尊顔覗けば、再びの、ニコリとしてくれて。へえと。表情全然違うナと。ソレが原因かいな。ソか、ソかと。
ホナラの、一寸ずつです。ホッペタ触りの、マシュマロのよなのと。今から、ゴワゴワでは困るけれどや。
ヨッシャと、ダッコしよとしたら、又もやの、烈火の如くに豹変のと。ニコリに、騙されたかと。マダマダ、お愛想笑いやったかと。この歳でと。生後半年やんかいさと。

話簡単、一定の距離を保ちの相手してる分には、ご機嫌さん。可愛らしくも、目で笑いの、ニコニコしてて。歯の無い口をもパックリ開けての、可愛らしい笑顔を見せてくれるのにと。
ホッペタ触りの、手を持ちの、大丈夫の、充分に慣れたかと。
思いきやの、ダッコは断固の拒否されての、烈火の如くに豹変の、腹の立つノリ、何回かと。

イヤイヤ、神戸とは、往ったり、来たりの、結局は毎月程に接触してるですが。当然乍らのダッコもしてるですが。
ダッコする度、思うです。実感してるです。ズシリと重たくなってるなあと。ダッコしてての怖さも無くなって来てるです。
ソラなあ、一番最初、産まれたばかりの時なんか、見てるだけでも、壊れそで。ダッコなんか、怖かったです。潰れてしまいそでと。目、耳、鼻、口に、手も足もと。マズは、最低限の、部品は一揃い、揃てるだけで、ホと安堵。
イヤ、部品が多いも、困るけれどや。

目は見えてへんやろしの、耳も聞こえてへんやろしの、次第に、音に反応、目で追うよになりので、五感も正常かと。佳かったなあと。
マダマダ、横にされたら、されたまま。
デハ、無くての、次第にウツムケにはなるよになってるみたいでと。座らせたら、何とか、保ってるみたいでと。
其のウチには、ハイハイ、し出したら、楽しいけれど、周囲が大変かと。

今現在、何が困りの、安心かとなればの、手当たり次第に、なめる事。
ガラガラをなめるは結構やけど。お椀でも、紙でも、携帯電話のストラップでも、本体でもです。興味を持てば、掴んで、引っ張りましての、シッカリ握りの、コレが結構、チカラ強くなってまして。ソは易々の離さへんです。何とかして、なめよとするです。必死です。

まあねえ、何が安全で、安全で無いかを確認してるの証左なれどの、成長の一過程なれどの、なめて佳いのと、悪いのがあってと。周囲が余りに神経質も困るし、無神経もナと。
にしても、ホンマに歯の無い小さな口から、小さなベロを、チョコンと出して。チョロチョロと、なめるの仕草は、可愛らしいなあと。
云うてられへんです。目を離したら、ソバにあるのは、手当たり次第。多少は動けるよになってるしで、伸び上がってでもと。
マダマダ、範囲が知れてるですがと。
(08/01/12)


NO.33 年末年始・雨嫁、晴孫娘(2) 色白美人アカチャンの話

ホンマになあ。
我が横に居てるしで。ハタと気がつけば、凝っと、こっちを向いてまして。
こっちが、見たら、ニコリと笑てくれて、手を足をバタバタさせて。
頬を触れば、マシュマロのよでと。手をつかみの、足を触りの、柔らかいなあと。アカチャンやなあと。

してたら、益々の、手足バタバタ、ニコリとしまして。アウアウ、アアアアのアの、ワワワのと、声出しての、如何にも、相手セヨと請求されてるよでと。手を差し出し、ダッコしよとしたら、豹変。大変なんやで。泣き出して。
ホナラ、さっきまでは、何やったと。生後半年のアカチャンに尋ねたって、喋れへんです。日本語通じひんです。さりとての、アカチャン語も知らんがな。
さりとて、さりとての、三十、四十(しじゅう)、五十になっても、まともな日本語、喋れへん。使えへんのが多いですがと。
云うたら、アカチャンこそは、本能のみでの言動でしてと。云うても、アウアウ、アアアアのアの、ワワワか、泣くかしか無いですがと。アトは、周囲が察知したらなアカンのですがと。
察知するにも、豹変されたら、こっちが、手も足も出ずの、お手上げ、バンザイ状態。アワワワのワと、絶句の、手を焼くです。
ソラなあ、大人が沢山居てるしで、誰かが面倒見てやれるですが。見るに拒否されたら、どしょも無いなあと。

イヤイヤ、結果的に月に一回は接触してるです。
あっちから、来てくれたり、こっちから、出向いたりと。あっちでなら、そんなに泣かれへんのにと。矢っ張り、周辺の状況も違うしで、アカチャンなりに、観察、用心、用心と、身の安全、計ってるのかと。大したモンやなあと。
ソラなあ、嫁はんでも、来て暫くは、アカンかったですが。次第に慣れて来まして。されどの、爺さん、とは、私の事やけど。結果、慣れてくれるに三日掛かったです。
三日目には、ダッコしても、泣かんよになってと。
にしても、三日も掛かるのかと。情けないよな、仕方が無いよなと。

そんな意味では、一ヶ月に一回故、成長ブリが、変わりよも、佳く分かるです。
何よりも、見る度、色白になってまして。
云うたら、生まれたての頃は若干の黄疸が出てたのもあるですが。医者は問題無しとの事で、問題にはしてへんかったですが。
ソラ、女の子やし、色黒よりは、色白の方が宜しいと。
只なあ、女の子も、成長過程で、変動するです。小さい頃は、色白で。中高校生では、真っ黒けのけでと。大学にはどか知らんですが。今時、少子化にて、その気、親に甲斐性さえあったら、何とでもの、進学したら、又、色白になったりでと。

もっと、云うたら、今時はええのか、悪いのかの、小学生、中学生から、お化粧なんかさしたりでと。
云わせて戴ければ、自然のままで、お化粧せずの、清楚な子が少なくなったかと。全ては、世間の趨勢、親の責任やけどです。果たして、この孫娘はどんな具合にと、今から心配してても仕方が無いけれどや。

ソラなあ、同級生が、お友達が、化粧してたら、しともなるけれどや。
頑として、化粧もしてへんとなればの、意志明確のご立派で、頑固モノかと。或る意味、親もご立派で、ナカナカに出来ひんです。
そやけどなあと。若い時は誰でも綺麗なんやと。お化粧なんかしんでもと。
しかるに、何です。今度は、歳喰ての、婆さん年齢にての、お化粧も考えモンやでと。歳は歳で、年齢相応にと。
デデデの、婆さんにお化粧でも、マダ、見てられるですが。爺さんにお化粧は気色が悪いですが。化け物かと。気は確かかと。
されどの、化粧では無くの、髪の毛、黒々の、ホンマかいなのお方を散見するです。或いは、見るからに、カツラかと。私なら、幸いにして、髪の毛、健在なれどの、ハゲて来て。或いは、白いモノが目立って来ても、気にはしいひんです。
イヤ、むしろの、我が理想は白髪でして。そんな意味なら、中途半端なのは困るですが。

そんな話はどでも佳いです。
色白で佳かったなあと、シゲシゲ、見つめたは、孫娘一家が荷物も運び込みの、落ち着いてからの話です。
イヤイヤ、荷物が済めば、ご先祖様、お仏壇に帰りましたのご挨拶しなさいと。終われば、生き仏の、我が母に挨拶をと。
更には、何やら、お土産があるらしくの、ホナラの、全部、お仏壇に一番にと。生き仏様、イヤ、今度は一家全員の事やけど。アトで、残りカスを有り難くの、戴くにしてと。

イヤなあ、実際問題、何故か、お仏壇にお供えのモノを戴くに、味がなあと。落ちてるです。もしかしての、ご先祖様が食したかと。
世間では、奇談としての、ジュースなんかをお供えしてても、腐らへんとかで。
私は腐る、腐らへんの話をしてへんです。味の話をしてるです。大体がジュースなんかをお仏壇にお供えした試しは無いです。

しかるべく、食い物が殆どでと。腐る程には、置いとかへんです。当日のウチに、処分してるです。処分先は当たり前に、家族全員の、胃袋やと。
或いは、液体ならばの、日本酒、洋酒、ワインでと。酒類なら、余り呑まへんけれどや。日本酒が腐る、腐らんの話は聞いた事が無いですし。酢になるの話なら、チラと聞くですが。
云うたら、お酒は果物なんかが自然発酵にて、出来て。更に、麹菌の作用にて、酢にと。酢は最古の調味料とかでと。

コレ又、そんなにまでは、ほっとかへんです。日本酒なら、料理酒にでも、してしまうです。嫁はんがです。
洋酒ならばの、お仏壇にお供えのアトで、お隣の、本棚に後生大事に飾ってあるです。誰も呑みもしいひんしで。ソレこそ、正月にでも、呑むかと、云うてるですが。
結果、毎年、毎年、持ち越しにての、そのままになってるですが。
斯くしての、一番古いので、ン十年、三十年は経ってるですが。中身、どんな事になってるかと。呑みもしてへんしで、分からんですがと。
呑んでも、差が分かる程のツウでも無いですがと。
(08/01/14)


NO.34 年末年始・雨嫁、晴孫娘(3) 先はどんな具合にと

我が誕生日は、1月11日。過ぎたですが。
本日、1月15日は小正月、小豆粥の日。
話簡単、小豆を入れた、お粥を喰うの日です。その話は別途にしまして。し出したら、小豆粥だけで、済まへんやんかと。1月11日との関連、分かってるかと。我が誕生日はどでも結構の、鏡開きの日なんやと。
イヤ、ええ歳してても、知らんのが多過ぎて、嫌になるです。私も大して知らんけどや。話は順々にと。大した話と違うしで。

デデデの、ホンマに、ホンマになあと。
この小さいのが、三歳になり。
五歳になりの、七歳になってと。
早い話が、七五三です。
どんな具合になってるかを、想像逞(たくま)しくするに、マダとするのか、マダマダ、出来ひんです。云うたら、私は加える事の六十と約半年でして。

イヤイヤ、我が年齢置いといても、どんな小娘になるのかと。こましゃくれた、餓鬼になるのかと。何をどんな具合に喋ってくれるのか、くれへんのかと。
イヤイヤ、今やから、ダッコも出来るし、泣かれて、どて事、無いですが。三歳、五歳、七歳でも、ダッコくらいは出来るですが。してくれと、せがまれたら、可愛いですが。

十歳は、どなんかと。十三歳の十三参り、中学生にもなったら、ダッコなんか、さしてくれへんやろなあと。高校生にでも、なってみいな。万が一にもダッコさせてくれたら、こっちが、転けてしまうかなあと。
かなあ、ではなく、転けるです。ダッコ出来るよなら、拒食症で、病気やでと。デブも困るけれどや。何でも、限度があっての、ガリガリよりは、多少の太り気味がマシかいナと。健康的かと。

イヨイヨの、二十歳にでも、なってみいな。こっちは、八十歳やでと。反対に、ダッコされる身かと。してくれるよなら、可愛らしいけれどや。フンと、ソッポ、明後日の方向見やがってみい。歯牙にも掛けよらへんかってみい。腹の立つノリでは収まらんゾと。
オシメしてやがったクセにと。エラソにするなと。お尻ペンペンしたるゾと。
何と云われよがの、セクハラ、パワハラ、ドクハラは無関係の、ジジハラ、エロ爺と罵られよが、問答無用のと。
躾が大切也と。愛のシゴキであるゾと。

イヤイヤ、生存してたらでして。明日の事も分からへんのに、二十年先は遙か彼方の別世界かと。
イヤ、想像するにも、具体的なる姿、顔形が頭の中には出て来いひんです。マダマダ、赤ん坊やしで、誰似と云うても、ソラ、息子にでも、嫁にでもでの、或る瞬間なら、先方様のご両親似で、或る瞬間には、嫁はんやったり、私やったりでと。
ソラ、アカチャン故、表情単純でも、複雑なる順列組合わせもありましてと。どっちにしたって、ええ処取りしてくれたら結構やと。ええ処があったらやけど。
イヤ、ホンマになあ。アカチャンでは、先の人相、どんなになるのか、想像するに難しいです。

云うたら、テレビや映画で、回想場面があるですが。自分や、家族の若かりし頃を回想しまして。
ソラ、ン十年でも、回想なら出来るですが。果たしての、其の人相、姿形がどかとなれば、当時の写真でも見たらやけれど。何にも無しでは、甚だ難しいです。現在の自分が、其の場面に居てるかの如くでありまして。自分で自分の顔を見る事、無いしと。朝一番、顔を洗う時だけでの、一分、二分程度。
歯も磨き、寝癖の髪の毛を霧吹きにてシュッシュの、ブラシで、サっと一発する時だけかと。

我が親にしたって、ソなんやと。
オヤジの、母の若かりし頃の情景浮かぶも、場面も、格好だけでして。顔までは朧(おぼろ)であっての、祖母なんか、物心付いたら、婆さんやで。
全部、梅干し婆さんの祖母の姿、形でありましてと。云うたら、晩年の光景と、ソレ以前の合成でして。云うても、殆ど差があらへんですが。
ホナラの、孫娘にしたって、物心付いたら、私も嫁はんも、爺婆かと。爺婆に間違い無いけれどや。
そんな意味なら、何故か、息子共の光景、嫁はんのなら、思い浮かぶです。
七五三、十三参りの格好、表情全部、しっかり、焼き付いてるですが。ソラ、現在があって、過去があるです。

理由は簡単、写真は有効なる道具立てです。写真にて、一気、当時を思い出させるです。
云うたら、写真を通じて、当時をマザマザと、再現。
或いは、彷彿させてくれるです。

デデデの、嫁が、ハイと、写真をクレまして。写真も、A4の紙に印刷したモノなれどです。デジ・カメで撮したんやろなあ。三枚でして。ピンク、黄色の帽子を被せてもろて。
イヤイヤ、表情豊かになってまして。云うたら、カメラ目線。役者やなあと。実際、怖がらへんのやねえ。

しかるにの、今時の子はええなあと。便利な道具があるなあと。
昔にもあったけれどや。手軽さも、値段が、数段違うです。ビデオ・カメラなんか、大型でと。持ち運びが大変での、値段もン十ン万円したかいナと。
今や、ビデオにしたって、片手で持てるし、操作が出来るです。パソコンにて、編集までが、出来るですて。

カメラなら、携帯電話にでも、くっついてるしと。
そやからと、余り沢山あってもナと。アトの整理が大変でと。珠玉の逸品、一品の筈が、何点になるかと。マダマダ、生後半年なんやで。アトの処理は、親に任せましての、戴いたる三枚、前からのを含めて四枚やけど。
お仏壇の隣に鎮座の本箱の扉に貼り付けまして。貼れても、アト、一枚、二枚です。順々に珠玉の逸品、選択しんならんですが。

デデデの、何です。
タバコがなあ。大晦日の一カートンのが、15日現在、マダ、一箱残ってるです。サラがです。一箱は現在、吸うてる真っ最中。
云うたら、年明けてから、タバコを買いには往ってへんです。
以来、換気扇の下で吸うの習慣、守ってまして。特には、節煙を意識はしてへんですが、とりあえずの、移動するのが邪魔くさいが一番でと。私としたら、お小遣いが助かるですが。
クドイけれどの、孫娘が居た時、極端に本数少なかっただけでして。されどの、以来、少なくなったは紛れ無くの、事実でと。一カートン、10箱が二週間保ってるしで、私にしたら、驚異的です。

嫁はんは、ヤニが無くなり、掃除が楽にと。何よりも、受動喫煙、副流煙での影響受けんで済むと、喜んでるですが。
とりあえず、イツまで、続けられるかの、自信は無いですが。
(08/01/16)


NO.35 年末年始・雨嫁、晴孫娘(4) 正月準備の話

本日、17日、雪景色。
云うても、パラパラ程度の軽いモンです。年末年始を通じての、初雪かと。
其の雪をモノともせずの、タバコを買いに、往ったです。実に、17日間保ったナと。10箱がです。更に、10箱の一カートンで、一月一杯、保ったらなあと。お小遣いが助かるなあと。

デデデの、話は年末も年末、大晦日の話の、マダ、生後半年の孫娘です。
先の先までの、空想してても始まらんですが。空想するにも、情景浮かばへんしで。
ソラなあ、嫁の腹の中に居てたって、出た状態の、アカチャンを想像出来ませんです。出来ひんとするよりも、アカチャンはアカチャンで、皆同じと思てたですが。
兎に角、予定日、分かってても、万事、出てからの話ですやんかと。伸びたり、縮んだりするのやしと。
イヤ、出産がです。

まあ、云うたら、出たら、出たかと。
小さい乍らもチャンとした、人間でして。或る意味、触るのも怖いよなでと。下手に触ったら、潰(つぶ)れてしまいそでと。デデデの、コレが孫娘かと。
一番には、何を思たかとなれば、母子共に無事で佳かったなあと。出たのも、五体満足でと。部品は全部、揃てるみたいでと。云うてもなあ、産着を着てるし、中身までは見てへんけれどや。
全部を見んでも、確認しんでも、息子夫婦の表情見たら、分かるです。ニコニコと、平和、安堵してるしで。何かあったら、してられへんです。
とは、当時には掲載してへんかったですが。見るのが怖いのもあったしなあと。ソレが誰しもの、正直なる気持ちではなかろかと。

ソレが、アッと云う間。
とまでは、云わへんですが。去年の今頃、マダ、出てへんかったんかと。マダ、半年かと。
ソイツが、愛想笑いしやがってと。されて、心底、喜んでるのやけれど。言葉、口にはしてへんだけでの、内心、ニタリなんやけど。
されどの、ダッコしてクレの愛想笑いで無くての、単に相手してクレの愛想笑い、催促かと。マダマダ、全面的、信用してやってへんゾと、なるんかなあと。この、コマイのに、振り回させられてるです。
のも、本音でと。

デデデの、何です。生後半年のン年も、ン十年もの先、将来思ても始まらへんです。どんなヤツと結婚かと。曾孫はと、チラとは思うけれどの、実際問題、始まらへんは百も承知の、精々が、イツ、ハイハイかと。
歩き出すのか、喋るのか、食べられるよになるのかの、其の程度が現実的でと。

イヤ、もっと、もと、現実の世界に戻りましての、息子共が揃たら、頼み事が二つあるです。
マズの、一つは、母のための、取っ手の固定を手伝えと。モ一つは、別途の話にと。

イヤイヤ、年末にです。大晦日も年末やけどです。大晦日の一週間前です。
玄関先のスリッパ立てに取っ手を取り付けたですが。「コーナン」にて、材料一式、買い求め。
スリッパ立て故、固定はされてへんですが。下駄箱、今時、下駄は無いしで、靴入れ、履き物入れやけど。どっちでも結構の、木の箱と、玄関の敷居との間に挟んでるですが。
イヤ、スリッパ立ても出来合では無くの、特注でして。大工さんにお願いして、造って戴いたですが。さもなくばの、場所が狭いし、出来合のでは、トイレのドアが開かへんのやわと。

よって、ぐらつきはしても、そは簡単に外れたり、転けるモノでは無いですが。
処がです。母がディ・ケアに出掛ける際、止めとけ云うても、スリッパ立てを掴(つか)みましての、グラグラするしで、どっちみち、一切聞かずの、掴むを止めへんのやしと、スリッパ立てに、取っ手でも付けたらと、付けたですが。

想定以上のチカラ強さでありまして。加えて、引っ張るしで、挟んでるだけではナと。箱に固定しんとアカンなと。
やろとしたですが、当たり前に重たいしと。箱がです。固定するに、動かさんならんしと。息子共が帰省したら、手伝わせるにしてたです。

目的一言、分かったと、早速にも、やってクレて、助かったです。
ホンマやで。私等夫婦も若けりゃ、二人でやってるですが。実際、挑戦したですが。いかんせん、体力、腕力、根気、精力、馬力、気力に財力、皆、無くなったです。考えただけでも、億劫でと。
云うたら、息子共が二人居るのやしと。一番に、体力、腕力、精力、馬力に気力、財力まではどか知らんけど。持て余すの頃ですやんかと。

デデデの、小一時間で、済んだですが。何故か、肝心の母が使てへんのやなあ。
変な話、息子共が帰省の年末になってから、俄然、元気溌剌、歩き方がシッカリしてと。痛いも云わへんし、ゴタゴタも封印してしもて。さながらの別人かと。
イヤ、明らかに、別人、別人格の、マアマアの、我慢出来る範囲のええ子と、相成ったです。
ホナラの、何のために、取っ手を付けたか分からんですが。元気になったはええけれどや。息子共が往ってしもたら、口までもが、超元気回復。とするよりも、口だけ、元に戻ったですが。此処から先は別途の話に譲るです。あくまでもの、孫娘が中心の話やしと。
中心になるか、どかは、分からんですがと。

デデデの、何です。斯くしての、年末大晦日には、一家全員揃いまして。
天気予報の、時雨れるも、無くの、正月準備の鏡餅も、しかるべくの、お供えしまして。正月元旦用の梅干し入り昆布茶、梅昆布茶、お福茶とも云うですがの、お昆布も造りまして。
イヤ、細長く切ったを結ぶだけの、至って簡単の、準備やけれど。コレが案外に難しいです。一寸湿らさんと、折れるです。折れたら、パクリと食するですが。
二男と、嫁に手伝わせてと。嫁は、アカチャンを見ながらで、殆ど手伝おてえへんけれどや。手伝おてもらう程でも無いしの、気があるだけで充分でと。
まあなあ、正月三賀日、妹一家のも加えての、30個もあったら、充分やしと。40個造ったりの、余裕を見ただけでと。余ったら、喰うだけやしで。

ホンマになあ。毎年思うです。便利とするのか、便利に成り過ぎてと。
鏡餅も、組み立て式、ポリエチレンの、鏡餅の型取りした容器入りのが出てるしで。容器を分解したら、小餅でと。鏡開きの意味も、単に、容器から取り出すだけの儀式かと。
まあなあ、形だけでも、格好付けんとナと。

デデデの、年末、大晦日の私の仕事です。
家族全員の正月用の祝い箸の箸袋に、名前を書いて。私は、「主人」で、アトは名前で、取り箸、「組重」でと。余所では、どんな習わしあるのか、知らんですが。余ってるしと、「組重」二つにしたりして。

オッとの、マダ、食べられへんけれどの、孫娘のも、作っとかんとと。名前入りは七枚にと。
当家、オヤジが居た時には、オヤジでと。居てへんかったら、私がと。やってたですが。何の疑問も持たずにと。加えて、妹一家、五人が来るとの事で、五人分のを準備しまして。
五人全員で来んでも、毎年五人分を準備してるですがと。

しかるに、何です。
何でと、嫁の質問あったです。私が字が上手やから、書いたはるのですかと。あのなあと。
とは、云うてへんです。我輩、自慢や無いけど、字は下手糞なんやと。恥ずかしいくらいやと。されどの、コレは一家の大黒柱が書くが習わしでと。

本来ならばは、云うてへんですが。
家督を譲れば、譲られたモノがと。譲るべくの、資産、財産無くとも、家督、戸主なんかはイツでも譲れるですが。

デデデの、祝い箸はイツまで使うのかですかと。あのなあと。
とは、云うてへんです。待ってましたの、極めて佳い質問やでと。佳くゾ、聞いてくれたナと。
とも、口にはしてへんけれどや。
ニタリ、ニコニコ、破顔一笑、二升、三勝、常勝の、喜色満面。
とも、一切の顔には出してへんけれどや。
(08/01/18)


NO.36 年末年始・雨嫁、晴孫娘(5) 習慣の話

ソラなあ、年末年始。
だけでも無いけれどや。我が家には我が家の習慣がありまして。されどの、他家の事は知らんがな。
産まれて以来、一手しか、知らんですし。他家のも、外から見えるのは見てるし、親戚縁者のも知ってるけれどや。財力の問題、立場、考え方もあっての、皆それぞれに違うしナと。
見えるのは、見て、分かっても、身内にしか、見えへん習慣もあっての、コレは分からんですし。実はの、こっちの方が重要でして。家にとってです。
ソラなあ、見えるのは、世間と一緒にするか、しいひんか、するにどの程度にするかダケでして。見えへんのは、余所様との比較検証のしようが無いです。

唯我独尊、大いに結構です。ハタがとやかくは、ソレこその失礼千万。
土足で、家に上がり込むよなでと。掛け軸がアカン、茶瓶が土瓶が、禿げ茶瓶がと。オマエの頭が、顔が、髭が、服装がと。飼い犬、猫まで、一々、気に要らんと、不躾にも、勝手に上がり込まれて、文句タラタラ云われるよでと。

イヤ、そんな輩(やから)が多いけれどや。ホットイテくれと。家内安全、身内、友人、知人での、単なる話題の雑談ならばの、結構やけど。
嫁の実家はどなんかと、聞くのもナと。違いがあれば、当人が違うナと、判断したらええ話でと。違うでも、一向に構わへんです。当家の習慣に合わせなさいが我が思想でと。
ソレを一々、実家ではと、やられてみい。事と次第、内容によっては、返答に窮するです。

イヤイヤ、先方様を批判も出来ひんがなと。
ソか、ソか。へえとしか、返事は出来ひんです。余程の間違いでもあったらやけど。細木の数子女史と違うのやしと。数子女史の話の全部が全部、正しいでもあらへんしと。
相談でもあったらやけどと。自説展開するですがと。ソレをしてるが、我がホーム・ページでありましてと。唯我独尊故でと。余所様の盗用、流用、してへんしと。参考にはするですがと。

イヤイヤ、一から十までは要求しいひんです。時代の流れもありましてと。ホンマやで。昔通りにやるに、やれへん事もありましてと。
そんな意味で、嫁が問おてくれたら、嬉しいです。単なる、場つなぎ的雑談、お愛想でもです。一応は、我が家の習慣、説明の機会が出来たんやと。同居と違うしと。
同居でも、聞いてクレへんかったら、手も足もの、達磨さん状態もあるですやんかと。達磨でも、口は出せるですがと。
よって、舅、姑は口五月蠅(うるさ)く思われるですと。

イヤイヤ、ソラなあの、立場によっても違うんやと。
話簡単、祝い膳、祝い箸なるは、賑やかが結構。子孫繁栄、五穀豊穣、家内安全、一家一族郎党末永くと。年々数が増えれば、尚結構。喰える、喰えへんでも、孫娘の分もです。一家一族、紛れ無くの、一員なんやと。
加えて、妹一家が来るのが分かってて、祝い箸も出さんと、どするやと。箸袋に名前を書かんと、どするやと。適当に、どれでも結構は、失礼でと。ソレもあるしの、チャンと準備なるは、言下に熱烈歓迎、佳く来てくれたの意志表明でと。

イヤイヤ、とは云え、エラソに云えへんです。字がなあ。難しいのもあったりでと。今時、便利。パソコンに入力してるです。
一々、確認しての、名前をと。ソラなあ、字の上手、下手は天性故、仕方が無いしの、読めれば結構の。されどの、誤字、当て字は失礼千万の、逆効果。オッチャン、名前を知らんのかと。顰蹙(ひんしゅく)買うです。
怒られるです。怖いです。
そんな意味なら、誰が書いてもええみたいやけれど。
私からしたらの、大晦日の自分の責務の一つとしてるです。お鏡さんにしたって、初水にしたって、男がやるべしと。飾ったり、取ったりをです。

斯くなる次第の、立場にもと、してるは、独立してたって、実家に帰るとなれば、祝い箸なんか準備せんでもと。
只ナ、習慣は覚えとけと。イツかは自分でしんならんゾと。して当然の、理想でありの、自然やゾと。物事、順送り故。

イヤイヤ、デデデの、其の先、習慣、慣習、習わしの話やけれど。
祝い箸なるは、原則正月三賀日に使うものでと。
承知の上での、一応は当家、七日正月、七草粥、15日の小正月にも使てるです。特段の意味は無いです。我が家の習慣やと。一応、正月と付くやんかと、だけでして。
厳密には、七日正月までは、祝い箸を使てましての、アトは適当の、15日の小豆粥で以て、終了してるですが。

云うたら、七草粥の仔細省略の、過ぎたるの、11日には、鏡開きでありましての、お仏壇、神様、三宝さん、家の中心、居間とかの、あれば、床の間が最善でしての、掻き集めての、昔はデカイのを包丁にて、切らさせられたです。
問答無用の、男がするもんやと。

其の鏡開きのお餅で、小豆粥をと。お善哉をと。
まあ、切るはチカラ仕事でありましてと。今時、鏡餅がなあ。あらへんです。スーパーのでは、小餅になってましてと。
イヤ、便利で、手間暇掛からへんですが。寂しい思いも致すです。文句あらば、自分で、餅搗(つ)きしたらええのやけれど。道具もあらへんしと。
イヤイヤ、一度だけしたです。学生時代です。学友に九州出身のが居てまして。帰省するまでに、手伝おてクレと。男一人では大変やしで。

イヤイヤ、昔はなあ。今でもやけど。するとなればの、隣近所のお方がウチも、ウチもと。一緒にと。当然乍らに、手伝うしと。道具も出すしと。寄って集って、したですが。
反対には、一家だけではなあ。ナカナカに、出来ひんです。何軒もが寄るし、出来るです。大体が、道具一式、揃てるとなればの、一寸したお家でありましてと。
我が家には、何故か、蒸籠と臼、杵があったですが。ホナラの出来るですが。人手がナと。私一人で、搗(つ)けるモンですかと。自分の家のだけなら知れてるですが。知れてても、一臼搗いたら、ヘトヘトのクタバルです。流石は九州男児は、大したモンでと。殆ど、一人でやってくれたです。
とは、正月用の御昆布を結び乍らの雑談にて、嫁と二男にしたですが。長男一人、自分の愛車を洗車やし。

別段に、忘れてクレても結構の、聞いてくれるだけでもと。
ソラなあ、聞かれもしいひんかったら、話そのもの、習慣的なるは、話をする機会が無いです。或る意味、常識也と、頭っから思てるしで。
聞かれて、初めて、もしかしたらの、我が家だけやろかと。我が家だけのもあるし、世間一般のもあるやろしと。されどの、家、家によっても違うやろと。
よって、この手の話は一方的で結構やと。一発で覚えてもらわんでも、こんな具合に来てくれてたら、自然と分かるですと。そのウチには、問答無用の、孫娘に手伝わせてやるゾと。こするのや。あするのやと。
イヤ、女の子やし、嫁はん。イヤ、お婆ちゃんのお手伝いかいなあと。お煮染めが大変やしと。

とかとかの、身勝手、一方的なる、妄想抱き乍らの正月準備も順調にと。
しかるにの、早々の予定をどするやと。
例年ならばの、正月元旦、正月映画を見にやけど。乳飲み子、孫娘が居てるしの、当面はアカンなと。往けるよになっても、モノが違うになるかいナと。アニメーション映画とかや。
構わへんけれどや。お供させて戴くですがと。

デデデの長男、映画のDVDを持って来てるですて。へえと。
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」「パイレーツ・カビリアン」「ダイ・ハード」「ソウ」「東京タワー」の五つですて。
結構やナと。さりとての、多分ならばの、全部は見られへんけれど。ここだけの話。見られへんのは、パソコンで、コピーするかと。コピーするに、生DVDを持ってへんですが。
プレヤーなら、息子からもろたですがと。結婚式場でのイベント参加の景品ですが。私等なら、ソレで充分でと。
(08/01/20)


NO.37 年末年始・雨嫁、晴孫娘(6) 母俄然元気溌剌

何故か、年末年始、母、俄然元気溌剌。
杖も持たんと、家の中をウロウロと。結構な事、なれどです。
普段を知ってる、私等、嫁はんにしたら、ホンマかいナと。別人、別人格でと。
されどの、クドイけれどの、結構な事です。普段通りにされたら、息子共、ビックリするです。普段を知らんしで。云うても、一部は知ってるですが。一部と全部は違うがなと。

イヤイヤ、そんな話は別途にしまして。
母、杖も持たんと、やって来て。居間にです。居間に、曾孫娘が居てるしで。手摺り替わりにあっちを持ち、こっちを持ちのと。されどの、数段の安定感伺われるですが。
何で、杖を持たへんかとなればの、目的明確、ダッコしたいです。元気溌剌なるを、見せたいです。孫にです。孫の嫁にです。

イヤ、気持ちは、佳く理解してるです。
そやけどなあ、一寸、横着なんや。以前と一緒で、立ったまま、抱かせてクレと。
あのなあと。自分の身一つが大変やのに。自分では、一人で何でもやってるツモリなれどです。私等夫婦が聞き耳立てて、目配りしてて、ソバに居てんでも、注視してるを知らんだけ。
イヤイヤ、知ってる故、口五月蠅(くちうるさ)く、煩(わずら)わしいヤツと、思われてるですが。

デデデの、長男、ダッコ、させて上げるしと。まあ、座ってえなと。孫に云われたら、ニコヤカなる表情にて、ソやなあと。至って素直な返答にて、聞き入れまして。
ペタリと座って、ホナラと、息子から、ダッコの引き継ぎしまして。
イヤ、クドイけれどの、誰しもの、気持ちは理解してるしで。アカン、とも、云えへんし。云うてへんです。さりとての、まあなあ、細々云うたら、切り無いですし、触れるは一つだけにしとくです。

「いやあ、柔らかい、ホッペタやなあ。手も足も可愛らしいなあ。」と。
イヤ、誰しもの、同感、異論は無いです。只なあ、自分の手を洗たんかと。出来れば、洗剤でと。消毒のです。
聞いてもなあ。意に介せず、洗たで。綺麗やでと、返事されたら、ソレまででして。監視はしてへんし。洗たは事実であっても、イツ洗たがあるですやんかと。

問えば、チャンと、毎日洗てるでと。
イヤ、今やけど。チャンと洗てるがなと。今の今やで。洗てるでと、話は全然進まへんのや。
イヤイヤ、頑固に主張してるだけなれどの、敢えて、話をはぐらかしてるだけでして。

バイ菌がと説明したって、私等なら、一発、理解するですが。年寄りは、ソは成らんです。或る反面、私等にしたって、余りに神経質もと、思てるも事実なれどです。
そやからと、医学の進歩で、乳幼児の病気、死亡原因究明のと。
云われたら、逆らうの理由が無いです。所詮はド素人やしで。

云い出したら、下痢症状を引き起こすの、カキ、アサリ、シジミ等々の二枚貝等々からの、菌が、人から人に感染、伝染するの、ノロ・ウィルスなんかも最近ですやんか。
日本でなら、2006年から、騒がれ出したです。施設にて、老人が集団感染、死亡したはるです。
そんな事、知らんと、云うのは勝手の、無知蒙昧さを披露してるだけの、心を素直に、聞き入れるの気持ちが無いとアカンです。
対処法なるは、調理人が、手を佳く洗い、調理器具を衛生に保ちの、食材は加熱をしてと。食中毒と一緒やけれどや。

ホンマやで。無菌がどとかの、バイ菌に耐えるの、体力、耐力、気力、訓練をの、論法、屁理屈、私も理解するですがの、所詮は感情的、感覚論にしか過ぎんです。ド素人なんやと。

我が子、我が孫が産まれて、産婦人科の先生に、触る場合、手を腕を充分に殺菌して下さいと注意されて、断固嫌と、従わん勇気があったら、或る意味、ご立派のアホかいナと。

言語明瞭の、ハイ、承知と、素直に従えば宜しいです。
産まれたての、我が子に、我が孫に、汚い手で触るのかと。汚いも、見るからに、汚い手で無しの、洗てへん手でです。万が一にも、何かがあって、責任取れるかと。取るにも、誰が触っての原因分からんですし。取りよが無いです。
触った当人にしたって、罪の意識も、責任感もあらへんです。知らんのやしで。洗うの意味合いさえ分かってへんのにと。

加えて、運、不運があるです。
タマタマの誰かが、貝喰て、菌持ちでと。手ずからに押し戴いたる甘いケーキで感染かと。
タマタマの体調悪かったもあるやろしと。
風邪にしたって、風邪引きさんのソバに居たが悪かっての、風邪引いてと。その程度で済めばええのやけれど。人命に関わったら、エライ事です。冗談、世間話で済まへんです。

イヤイヤ、デデデの流石に生後間もなくの、一週間、二週間。一ヶ月、二や、三ヶ月ならばの断固拒否の、目の前で、手を専用の洗剤で洗えとなるですが。半年ともなればの、微妙な段階でと。
アカチャンそのものが、アレを舐(な)め、コレを舐めと、バイ菌、ウジャウジャ。コレなら大丈夫としてても、バイ菌は必ずくっついてるです。正しくの、今がバイ菌への体力、耐力、つけてるの段階かと。
ソレと、コレとは別次元の話の、何もワザワザ、汚い手で触るは問題かと。

イヤイヤ、大晦日の話はこの辺りでと。
正直、アカチャン以外にも、聞き分けの無いのが、居たら、皆、気を使うんやと。何事にも、判断難しいです。
何を聞いても、確認しても、返事、全部、分かってるしで。云うて、直るなら、直ってるです。
昔はそんな事、してへんし、知識もあらへんしと。尚更に、厄介でと。歳喰たら、頭の切り替え、柔軟性が、理解力がと。

私にしたって、四国の甥のアカチャンで、初めて知ったです。義兄から、バイ菌には要注意と。
注意するは、当然としても、程度がナと。聞けば、ソかと、素直に従えば宜しいですと。
(08/01/22)


NO.38 年末年始・雨嫁、晴孫娘(7) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(1)

<「不可思議の世界NO.5」NO.74 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話>

イヤマア、斯くなる次第の、大晦日も、丁度の、零時を過ぎたしと。
ホナラと、皆様、明けましてのおめでとう御座いますの、挨拶をば致しまして。ホナラの、ホナラで、初水取りしよかと。
見掛け、原則、男が中心。実態、嫁はんの指揮にての、無事終了と相成って。

デデデの、寝て、起きての明日の名実共にの、元旦、どするやと。
どするも、こするも、マズは祝い膳にての、お正月の祝賀をしんならんけれどや。其のアトの、氏神様、大井神社にと。加えて、出雲大神宮にと。干支の置物戴きましてと。時間あれば、墓参りにと。全ては、皆の起きる時間に掛かってるですが。
人数、多けりゃ、多い程に、時間喰てと。特には、長男、寝坊助でと。

斯くなる次第の、昨年は、云うたら、長男の嫁。
正月当時ならば、結婚式前で。されどの、その前の12月10日に入籍だけは済ませてたの、法律的には、嫁の。ヤヤコシイけれどの、通常概念的には婚約者であるの、妙齢の美女一人が加わって。
今年は孫娘が加わっての、孫娘は何にも分からへんやれどや。目出度くの正月元旦迎えたです。

サテと、お雑煮等々、当たり前の話は省略の、ホナラのお年玉やなあと。
アカチャン一人にアトは成人やのにと、云う無かれ。アカチャンには、相応の、少々の現金と、現物にての、オシメを準備してるです。ホナラと、二男も叔父さんやしと。少々の金額をと。

加えての、娘にハイと、お年玉。云うまでも無いです。長男の嫁は、我が夫婦の娘ですと。こっちの金額大きいけれどや。コレが最初で最後になるのか、以降、習慣になるのかは分からんですが。まあ、云うたら、孫娘が物心付くまでかなあと。
イヤイヤ、ホナラの長男、ボクには無いのかと。あらへんわと。沢山、稼いでてからにと。こっちにクレと。

イヤイヤ、デデデの、細かな話は置いといて。
母はお留守番で、総勢6名、息子の車にての、初詣に出られたが、何時やな。昼の一時になってたかと。そもそもがの、お雑煮を祝うが遅(おそ)なって。
イヤ、「大井神社」には、天照大神様のと、氏神様の御札を収めましての、新しいのを戴きまして。時間も時間やしで、駐車場も神殿も空いてまして。スンナリと。

ここから、「出雲大神宮」も、距離的には、知れてるですが。車で10分掛かるやろかと。まあ、15分も有ったらと。
イヤイヤ、甘かったの、ビックリしたです。道中、至って順調の、出雲さんの、駐車場目が鼻の先の処まで来ての、交通渋滞、車が数珠繋ぎで、へえと。凄いナと。
大体が、正月元旦には初めてでして。例年ならばの、二日の日に来てるですが。妹一家が、四日に来るとしてるしで。ホナラと先にお参りをとしたですが。待つ事、約三十分で、停められて。

昨年の亥の置物等々、お世話になりましたと、お収めさせて戴きまして。
イヤ、今度は、神殿までの道中、列成しててねえ。初詣客がこんなに多いかと。正月元旦やし、当たり前は当たり前やけどです。例年ならばの、氏神様にお参りしたら、正月映画を見に往ってたしで、様子を知らんがなと。

斯くなる次第の、以て、出雲さんに参拝、干支、子の置物戴きましたら、三時やてえ。
幾ら何でも、ここから、これから、祇園さん、東大谷さんには無理やナと。無理も何も、三時やしと。墓参済ませて、帰るの時間やでと。大体が、こんなに遅くに、墓参はナと。
余り、結構とはされてへんです。明日にしよかと、相成って。

委細省略の、其の明日の話です。正月二日です。
今頃に正月二日の話も遅いけど。急ぐ話と違うしでと。
イヤまあ、当たり前に、朝一番にはお雑煮戴きまして。何とか、午前中には出られたです。矢っ張り、母、お留守番で、長男の車で、ですやんかと。
イヤイヤ、朝一番には空模様、怪しいなあと。降っては無いですがの、元々が長期予報で、年末年始、愚図つくと、されてたですしで、安全見ての、傘持って、往っとこかと。

云うたら、嫁、自他共に認めるの、雨女。結婚式までの、節目、節目の行事、儀式、見事なまでの、悉くの雨。
忘れもしいひんです。結納の儀の日、雪。先方様に往くの朝、亀岡から、出られるのかと。心配したですが。まあ、大した雪では無かったですが。
結婚式は、チャペルに入る前は、まあまあで、出たら雨。矢っ張りかと。フラワー・シャワーなるのが、出来ひんかったです。

しかるに、何です。孫娘です。産まれた日はお天気で。
私等夫婦、爺さん、婆さんが初見参した日は雨やったけれどや。以外は、雨を知らんです。云うても、生後半年やけどです。半年しか経ってへんしで、何とも早(はや)、やけどです。
イヤイヤ、お母さんの、雨女に勝ってるのかと。現在までは、明らかに、軍配、孫娘かと。

イヤイヤ、デデデの、結果、雨には降られてへんですが。
東山通りから、東大谷さんへの道が通行止めでと。云うたら、祇園さん、八坂神社への初詣客が多いしと。まあ、桁が違うしなあと。

ソレはええけど、どするやと。どするも、こするも、仕方が無いしで、ここもアカンな。ここもやなあと、東山通りを走ってたら、唯一、東に往けるの道がありましての、この先には、「高台寺の駐車場」があったなあと。
ヨッシャ、そっちに往こかと。まあ、東大谷さんに、そんなに遠くでもあらへんしと。

しかるにの、駐車場までが、東山通りから、車が数珠繋ぎ。大体の距離は分かってるけれどや。ホボの三十分で、駐車場に入れたですが。
まあ、云うたら、安いです。最初の一時間が500円で、以降、三十分で、250円。
何やら、霊山観音さんに参拝にての、割引があるですて。へえと。割引あっても、拝観料が要るけれどや。お線香付きのです。

イヤイヤ、何かのご縁です。お導きです。駐車場は、霊山観音さんの、目の前、真ん前でして。へえと、感心したです。気持ち、高揚したです。
墓参のアトで、お参りしましょかと。
イヤイヤ、絶対に、ゼッタイに、お参りしんならんゾと。絶好の機会やゾと。

何を隠そお、隠す事は無いです。「霊山観音」さんには、我が叔父が祀られたはるです。
大東亜戦争末期、満州にて、ソ連軍(現ロシア)の突如の侵攻にて、戦死してるです。霊山観音さんは、戦死者、英霊の位牌を守るがために、建立されたです。
開眼供養の際、我が祖母と一緒に来たです。私が八歳の頃かと。昭和三十年故で。マザマザと、覚えてるです。
イヤまあ、何度か来てるけれどや。この面々では初めてやしと。
ここに来てて、我が親族、一族にお参りせずは失礼千万也の、素通りの、背を向けるなんか、断じて、出来ませんです。
(08/01/24)


NO.39 年末年始・雨嫁、晴孫娘(8) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(2)

<「不可思議の世界NO.5」NO.74 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話>

ソラなあ、墓参で、正月三賀日の、ここに停めるは初めてでして。
三賀日に墓参そのものが、初めてやけど。月参りはしてるですがの、ワザワザの正月早々には、来てへんです。一寸、落ち着いてからでして。落ち着くとは、世間様がです。空いてからです。

イヤイヤ、デデデの、マズは、墓参です。そのために、来たです。
イヤ、お正月です。人が一杯。真っ直ぐには歩けへんです。丁度、「知恩院(ちおいん)」さん、「八坂」さん、円山(まるやま)公園から、「清水(きよみず)」さんへの道中ですやんか。エライ事やなあと。

四条河原町状態やなあと。
ホンマやで。人の流れを見定めへんかったら、ぶつかるですが。されどの、人混みなら慣れてるですが。スイスイと。我が娘をオンブの長男大変やけど、任しとかんとナと。

イヤマア、あっちの喧騒、人通りとは裏腹の、こっち、東大谷さん方面、一歩入れば、マア、静かでと。ソレでも、正月早々の墓参は多いです。寺務所前にはテントが出来てて、樒(しきび)、卒塔婆等々、そっちでと。人数多いからでして。
イヤ、樒もお正月用のは、松になってまして。値段もナ。高いです。イヤ、嫁はんの担当やしで、イツもが幾らか知らんですが。600円か、其処等やろと。
ソレが、正月料金、正月用ので、一式、千円。一式とは、左右の二束でして。

墓参の話も省略するです。イツもの事でと。
ホナラと、八坂さんにでも、初詣するかと。孫娘のお宮参りもした所やしと。
デデデの道中、東大谷さんの駐車場の前通過。云うたら、何やけれどの、来るまでの道、悉くの正月三賀日、通行止めとしたった筈が、何台かが止まっててねえ。

別段に、警察官が居たで無しの、通行止めの張り紙と、コーンが立てたっただけやけどです。おかしいなあと、駐車場の管理人さんに、車があるけど、何でと、尋ねたならばの、「通行止めにはなってますが。来られたら、停めへんわけにはいきませんしねえ。」と。
イヤ、私等は、正月三賀日は、ここの駐車場もアカンのかと。勝手に解釈、思たですが、違うかったかと。むしろの、八坂神社向けやったかと。
まあなあ、今更でと。正月早々、通行止めの張り紙無視してまではナと。チャンと、真面目に高台寺に停めたんやと。

イヤイヤ、デデデの、円山公園から、八坂神社も人ヒト人の人バッカリ。円山公園の八坂さんへの道にも、イツもは無いの、出店が出てて、賑やかで。
チラと、見ればの、値(ね)がなあと。一寸高いナと。ボッタクリやでと。フランクフルト一本、500円也、イカ焼き、800円とかとかの、お面が1000円、2000円の、ホナラのイツもなら、幾らするのか知らんけれどや。

出雲さんでも、みたらし団子一本200円。コロッケ一個200円。
コロッケの200円、まだしもの、みたらし団子一本200円はナと。コロッケにしたですが。
まあなあ、正月なら、何処でも高いけれどや。休みもしんと、頑張ったはるですが、一寸ナと。ソレでも売れるんやと。ウハウハかと。

斯くなる次第の、嫁に、見てるだけでも楽しいなあと。そやけど、高いなあと。無駄口、叩いてる間に着いたですが。着くも何も、目と鼻の先の、其処やけど。お隣さんやしで。
只ナ、人が多いし、大股無理で、小股歩きやけれど。

イヤ、正月二日の昼過ぎやしで。参拝客、多いは多いですが、思た程でも無くの、鈴の大縄も、使えんよに、しもてあってねえ。其の分、人も押し合い、圧(へ)し合い、する事も無く。
単純には、お賽銭をば、賽銭箱と思しき辺りに、投げまして。マンマンチャン、アンとするだけでと。
まあなあ、正月三賀日は人出が多いし、鈴の大縄を取り合いされたら、危険やしで。コレで結構なれどの、有り難みがなあ。一寸、薄いナと。
ソやけど、気持ちや、気持ちの、二礼、二拍手、一拝しまして。
我が一族郎党、一家眷族、知り合い、友人、知人、悉くの、須くの、この一年、万事宜しく、御願い申し上げますと。

ホナラ、往こかと。
ホナラのホナラで、長男、おみくじしたいと。ホナラ、して来(き)いなと。結果、芳(かんば)しく無く。
イヤイヤ、実はの、前日、正月元旦、亀岡の、出雲大神宮さんでもやったですが。結果、芳しく無く。

デデデの、高台寺駐車場の、霊山観音さんにやけれど。四条河原町状態の、ねねの道から、「高台寺」さんの石段から上がって往ったですが。上がった先にて、「高台寺天満宮札所」があって。おみくじがあっての、長男、又もやの、やりたいなあと。自分の財布からやしの、何回でも気が済むまでしたらと。
結果、三度目の正直も、芳しく無くのと。

イヤ、正月のおみくじなんかは、縁起担ぎのええよにと。籤のええのしか無いみたいに思てたですが。でも、無いのかなあと。三回やって、三回アカンならばの、アカンのかと。されどの、所詮はおみくじなんか、転ばぬ先の杖やしナと。
余り気にせずの、さりとての、偶然にしたって、幾ら何でもの、三度の三度やでと。気にして当然の、この一年、慎重にと。自分の運のええを信じる事やと。

イヤ、実際にも、長男、ビックリする程に、羨ましい程に、運が宜しいです。
デデデの、おみくじしたら、お菓子を一個くれやはったですて。御札の料金支払えばで。籤と一緒にくれやはったですて。イヤ、珍しいなあと。サービスええなあと。
悪鬼、邪気、悪縁、悪因、退散の厄払いかと。ええ事やと。

にしても、そんなに気になるかと。
ソラ、誰しもの、おみくじにて、芳しく無ければ、気分爽快では無いですが。そやからと、二度、三度とする気にはならへんです。
そんな意味なら、私は、余り好まへんです。アカンとなって、どするやと。ええとなって、何がとなるし、しいひんですが。イヤ、若い頃はナ。気になるしで、やってたですが。二度、三度はなあと。

ホナラの、ツイデになら、天満さんやしで、牛の置物あるしで、頭でもさすって、悪鬼、邪気、悪縁、悪因、退散の厄払いをと。
加えて、オツムが賢くなりますよにと。こっちが、本命やしの、孫娘のオツムをと。今からなら充分、間に合うなあと。ええなあと。私等手遅れに過ぎてと。

イヤイヤ、万事、古今東西、四方八方、前後左右、斜め横。天上天下唯我独尊、森羅万象、一寸先も、おみくじも、気持ちや、気持ちと。
お線香立てのお線香の煙にての、全身塗りたくりの、悪鬼、邪気、悪縁、悪因、退散厄払いしといたらと。息子にです。
モ一発の、気持ちや、気持ちの、ツイデになら、おみくじなるが、現在唯今基準とならばの、アトは上しか無いのやしと。
(08/01/26)


NO.40 年末年始・雨嫁、晴孫娘(9) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(3)

<「不可思議の世界NO.5」NO.74 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話>

大相撲一月場所では、白鵬、朝青龍の両横綱の千秋楽。
力相撲の末、白鵬優勝。

そやけど、朝青龍も大したモンです。仮病か何か知らんけど。二場所ものブランクあって、一敗守って来たです。強いナと。嫌いやけれどや。
そやけどなあ。白鵬も、朝青龍も外人です。モンゴル人です。日本人力士が土俵を沸かせてくれんと、相撲も凋落の一途で、寂しいなあと。
白鵬優勝で、国歌斉唱、「君が代」ですかいな。歌えへんやんかと。モンゴル国歌にしませんとと。日本人力士、奮起せよと。

しかるにの、大阪知事選挙があったですが。27日投票、20時締め切りの、一分経過頃です。テレビで速報流れたです。自民党、公明党推薦の、橋下徹候補(38歳)、当選確実ですて。ホナラの、民主党、国民新党、社民党推薦、熊谷貞俊氏(63歳)を破ったになるですが。
結果、最年少知事誕生とか、

ホンマかいなと。早過ぎるです。貯まった分でも、順々に開票してたんやろかと。
そもそもが、知事もタレント候補時代かと。横山ノック氏のセクハラよりは、マシやけど。パフォーマンスだけの、太田房江氏の次が、弁の立つ、テレビで引っ張りだこの、茶髪の弁護士かと。
まあなあ、悪いけど、対抗馬が大したモノでは無かったです。熊谷氏も云うてる中身、浮世離れしてまして。学者やのおと。共産党のは、問題外で。

とりあえず、橋下新知事、格好だけ。口先だけで、無いのを願うですが。所詮は他府県の知事でしてと。
ホナラの京都府知事の山田啓二氏なんか、ピンと来る人、何人居るかと。私は現物見てるですがと。イヤイヤ、遠くからです。その他大勢、数のウチの、聴衆の一人としてです。

デデデの、本題です。
マアなあ、息子共が、嫁が、おみくじしたいと云うたら、思わず、反射的にです。
幾ら要るのかと、ポケットに手を突っ込み、財布を物色、小銭を探したり。

探してる途中で、嗚呼、子供では無いのやなあと。子供は子供で、生涯、我が子供やけれどや。おみくじ代をと、手を出し、せがまれるの歳では無いのやなあと。モ、ボチボチの、三十やでと。
三十歳かいナと。早いモンやなあと。或る意味、佳かったとするのか、寂しいモノを感じたりと。
もっと、云うたら、私等よりも、沢山稼いでるんやでと。ホナラの、こっちに、お小遣いクレ。お年玉をと、せがんだろかと。イヤ、本気です。
デデデの、せがんだですが。お年玉やないですがの、此度だけでは無いです。二度目やけれど。ソレが、既載の、二つの頼みの一つであっての、一寸だけ、先の話です。既に、用事は済んでるですが。掲載がです。

デデデの、息子共は時代が過ぎて。
云うたら、この先、孫娘にせがまれ、ニコ、二個の、ニコとなるのかなあと。せがまれ、持ち合わせが有ったらやけど。
一人と云わず、何人になるのかと。何人造ってくれるのかと。

イヤイヤ、デデデの、ホナラと、「霊山観音」さんにです。是非にも、見せたいモノがあるのやなあと。
しかるにの、嫁は当然乍らの、初めてやけど。息子共には、過去一回、二回、連れて来てる筈なんやけど。覚えてへんと。覚えてへんと、云われても、私にしたら、情景、覚えてるですが。
まあなあ、小学生時代か、ソレまでの頃やしと。霊山観音さんにと、来てるで無くの、此度と一緒の、墓参のツイデやしと。

デデデの、変な話、細かな話、拝観料はこっち持ち。当たり前に、私の提案、是非にの、要請でもあってと。
ここは、建立目的、性格上からも、案外に安いです。お一人様、200円也の、大人5人とならばの、千円になるけれどや。孫娘は只でして。されどの、おみくじ代以上やけれど。
太く、長い、お線香一本付きでして。受付にて、人数分のお線香に火を付けて戴いての、香炉にお供えするですが。
イヤ、駐車場代の割引の話もあるしで、どんな具合にと、嫁はんが受付女性に尋ねたならばの、観音さんの処の、内陣受付にと。駐車券を見せて下さいと。ハイ、承知と。

ソラなあ、割引してもろても、千円もしてくれへんけれどや。千円してくれたら、駐車場代、只になるですがと。
イヤイヤ、ソレが目的に非ずの、佳い機会でと。クドイけれどの、墓参はしてても、ワザワザの、観音さんまで、足を運ぶはあらへんです。佳い機会も何も、盆正月にしか、揃わんです。五月の連休もあるですが。

揃てても、此度、スンナリの、東大谷さんの駐車場に停められてたら、思い付きもしいひんです。あくまでもの、墓参が目的での、折角やしの、八坂さんにもお参りにと。初詣をと。
マデは考えてたです。アトは、昼食の事だけでと。何処で食するが適切かと。「さと」の和室がええなあと。アカチャン、孫娘が居てるしで。泣かれたりしたら、ハタ迷惑やし。授乳の問題あってと。
ソレが、通行止めにて、やむ無くです。タマタマです。
高台寺駐車場に停めたは、お導きかと。幾ら何でも、面前やで。観音さんに、ジッと、見下ろされてるです。にこやかなる、頬笑みにて、正月早々、よく来たなあと。来てくれたかと。皆揃てと。嬉しいなあと、語りかけてるみたいでと。

ホンマやで。縁もユカリも無いならやけど。深い、ご縁があるのやしと。叔父が祀られてるのやでと。東大谷さんには、我がご先祖が。ここにも、我が一族、親族居てるです。
居てるを忘れてへんです。現在唯今、私が守ってるです。継承するべくの、息子共も居てるです。居てても、ホッタラカシで、継承しいひんかったら、継承出来ませんですが。
よって、私には、しかるべくの、伝える義務があるです。アトは、継承されるモノの判断なれどです。ソラなあ、御守りするも、口先だけでは出来ひんのやで。

お仏壇一つ、毎日、毎日、お花のお水を替えて。お灯明上げて。線香炊いて。炊いたばかりの熱々のご飯を一番に戴くは生き仏様と違うゾと。ご先祖様、お仏壇にお供えしまして。
御守りは、コレだけでは、無いけれどや。
イヤ、嫌では無いです。当然の話です。何の疑問もあらへんです。毎日の習慣でと。産まれた時から、やってるです。一家全員にてで。特には、嫁はん、大変でと。

デデデの、道々、息子共には、霊山観音さんには、来た事、無いと云われてねえ。尚更でと。
イヤ、受付にて戴いた線香をば、香炉の灰に差し込みまして。マンマンチャン、アンと。
早速にも、観音像の下、内陣受付によりましての、駐車券を示しましたならばの、ハイと、250円、30分の割引券を戴きまして。大袈裟なれどの、目的の一つを達成。ソラ、折角やし、忘れてたら、勿体ないです。

デデデの、観音さんに向かって、左手には、「願いの玉」、要は金色の大きな球形やけど。覚えてるか。知ってるかと。知らんなあと。覚えが無いなあと。
イヤ、願い事を念じて、球形に手を当て、一周回れば、叶うですと。信ずるモノは救われるですと。全員にて、一周。

更には、その先、観音さんの横手には、巨大な観音さんの足形がありまして。
覚えてるか。知ってるか。覚えてへんなあ。知らんなあ。ホンマかいなと。
球形は印象薄くとも、足形はなあと。されどの、覚えてへんと云われたら、覚えてへんのやろと。私は、祖母と来た時の印象深く。驚嘆したをマザマザと、思い出すですが。
息子共は、登ろとしたし、アカン、アカンと、止めたを記憶してるのやけどと。まあ、小さかったしなあと。そやけど、此度は、チャンと覚えとけと。
とは、口にはしてへんですが。

サテの、観音さんの左手後部には、階段から、胎内に入るが出来るです。
要は、干支によるの守護神が祀ってありまして。各々、自分の守護神様に、お賽銭などをチャリン。

干支 守護神
千手観音
丑、寅 虚空蔵菩薩
文殊菩薩
辰、巳 普賢菩薩
勢至菩薩
未、申 大日如来
不動尊
戌、亥 阿弥陀如来

実は、大抵のお方はここまででして。
同じく、胎内に何名か、何家族かが、居たはったですが。矢っ張り、ここまででして。云うたら、単なる観光客なら、ここまででと。
数多の観光案内、ホーム・ページ、Blogの掲載文言、写真も、ここまででと。
イヤ、ここまでで、結構です。充分でと。

されどの、我が大本命、ここから先でと。ここで帰ってたら、何しき来たと。アホかと。観光、見学、話のネタにしに来たかとなるです。
イヤイヤ、ご明察通りの、話のネタにはするけれどや。現に、してるですがと。
チと趣(おもむき)異なってまして。義務感から掲載するです。

デデデの、胎内から出て、観音さんの反対側の階段から降りましたら、さあ、往こかと。観音さんの、真後ろの建物に向こたです。見せたいモノがあると。
用事があると。
(08/01/28)



inserted by FC2 system