シバケンの天国
お上のやる事に、
間違いばっかりの話NO.7

間違いNO.5 間違いNO.6
間違いNO.1 間違いNO.2 間違いNO.3 間違いNO.4

yu−koku憂国yu−koku
表題一覧表 トキの話題 云いたい放題

目次

お上のやる事の話NO.8

NO.70 ホップ・ステップ・肉離れ(4) 国策とは、誰の策かの話

NO.69 ホップ・ステップ・肉離れ(3) 東京地方検察庁特別捜査部、「関係者」の話(2)

NO.68 ホップ・ステップ・肉離れ(2) 東京地方検察庁特別捜査部、「関係者」の話(1)

NO.67 ホップ・ステップ・肉離れ(1) 今更乍らの、中川昭一元財務大臣の話

NO.66 政治家のレベル(25) 麻生太郎は、悪ガキ、天の邪鬼の話

NO.65 政治家のレベル(24) 人事院総裁のズレまくりの話

NO.64 政治家のレベル(23) 麻生太郎の前後不覚の話

NO.63 政治家のレベル(22) 詐欺師以下の麻生太郎の話

NO.62 政治家のレベル(21) 余談・APOジャパンの話(2)

NO.61 政治家のレベル(20) 余談・APOジャパンの話(1)

お上のやる事の話NO.6


NO.61 政治家のレベル(20) 余談・APOジャパンの話(1)

そんな事で、同窓会も、面々の元気なる姿とするのか、見る、会う、話をチラとだけでも、一種独特のと。
当時を彷彿(ほうふつ)の、懐かしくと。
にしても、何度でも繰り返すの、変わってえへんなあと。ソラ、歳を重ねての、幾ら何でもの、還暦を過ぎてるですと。子が居たらの、現在唯今、中学生でもあるまいにの、子も結婚して、孫が出来てるの年代にての、姿形は変わってるけれどや。

変わってえへんかったら、オバケぞと。
其のオバケ的に、当時の記憶が、瞬時で、蘇りと。
とは、とは、云うたって、殆ど、接触してへん人もありましてと。接触とは、喋ったとか、一緒に何かをしたの憶えがあらへんですと。
そんな意味なら、喋ったとか、何かをとなればの、女性でならばの、NEさん、YASU子さんに、YO子さん、HAさんの四人かと。

ソレ以外での、若干名ともなればの、アトから、卒業アルバムなんかを見たりしての、嗚呼、この人かと。当然にして、その場でも、想い出してはいるけれどや。写真を見て、更に蘇ったりと。
そんな意味なら、失礼乍らの、この人、こんなに美人やったかなあと。美人も不美人も、そんな事では無くの、どんな感じの人やったかと。さもなくばの、卒業アルバムなんか、ワザワザの引っ張り出しての、見るモンかと。

イヤ、全くでは無いけれどや。美醜の概念程度、中学の三年生ともなればの、あるけれどやと。
町内会の、隣り近所の奥様とは、感覚異なりましてと。理由は、中学生時代とまでは、申さんの、現在と、当時が重なるですと。重なれば、実年齢よりは、数段の若く思えるですと。
ソラ、私にしたって、還暦過ぎの、ン十ン歳でと。其の時は、誕生日の一日前なれどです。自分自身、当時とは、変貌してるは承知の、さりとての、人間が替わったで無しと。

イヤイヤ、デデデの、「不二家」で、コーヒー一杯にて、粘りの、店員さんから、申し訳ありませんがの、閉店ですのでと。
オッとの、そんな時間かと。腕時計を見たら、10時かと。ええ時間やなあと。最近では、この辺りも早くに閉めるんやと。云うても、そんな時間に入った記憶も無いですがと。
亀岡の、「さと」でなら、町内会の人と、午前様もあったけれどの、近くやしと。この辺りは、反って、五月蠅いの可能性もあるのかと。周囲を見ても、居残り、一組かと。

ホナラ、出よかと、皆様、小銭をテーブルの上にで、私はモタモタの、実は、小銭入れが瞬時に、見つからんでねえ。
何処や、何処やの、上着の、ズボンの、小物入れをと、探して、やっとで、小物入れで見つけてねえ。
大体は、ズボンのポケットに入れるの習慣なれどの、正直、挨拶するに、立ってするに、お腹も出てて、ズボンのポケットがプクリと膨らんでるでは、格好がと。
イツもはしん事、したですと。
マア、見つかれば、万事結構のと。最後になってしもての、テーブルの小銭を集めましての、精算の、足ってるのかと、危惧しツツの、結果、キッチリでと。
イヤイヤ、ソバで、YO子さん、心配そおに、足ってるかと。足ったと。

デデデの、外に出たら、様相一変の、この時間やのに、人で一杯でと。
マアナア、十日恵美須っさんの日でもあるが、影響してるのか、してへんのかと。其の昔なら、夜の12時頃でも、賑やかにて、人出も一杯の、最近では、この辺りに、こんな時間に用事はあらへんけれどと。
来るにしたって、車ならばの、駐車場代が要るし、電車でなら、終電車に間に合うよにしんならんしと。亀岡なるは、田舎でと。ホンマやでと。
以前が、楽に過ぎたけれどの、引っ越すまでは、分からんしと。居てるにも、居てられへん事情もと。
イヤ、夜逃げしたでは無いけれどと。

デデデの、そんな事で、皆様、何で帰るやと。
私は、地下鉄にての、京都駅にでも、何ならの、二条駅にでもの、ここからやったら、何処がええのか、どっちでもの距離でと。
烏丸線なら、烏丸まで、歩かんならんし、東西線なら、四条の御池の市役所までなんやろかと。マアマア、適当にと。
云うてたら、他の面々、タクシーにてと。どっちにしたって、6人もは、無理でしてと。ホナラと、お暇のと、してたら、MIさんが、私は何処やと。最寄りの駅はと。
亀岡のと。亀岡の何処かと、細かく聞き出して。

云うても、亀岡なんか、分かるかなあと、生返事をしたなら、用事で、並河の方には良く行くえと。へえと。我が家、その、並河駅が最寄りの駅でと。へえと。ホナラの今までにも、スレ違てるかもなあと。そやなあで、バッタリ、合おて、知らん顔、しんといてやと、云われてねえ。
私は知らん顔をする気、毛頭無くの、知ってたら、声は掛けるけれど、声掛けるに、自信が有ればであってと。
とは、云うてえへんけれどの、ソやなあと。握手して、お別れしたですと。

ホンマやでと。
MIさんなんか、此度の、同窓会で、一番に顔形とするのか、印象がズレまくって。おそらくは、近々にでも、モ一発、MIさんと、認識しての、会わへんかったら、自信がと。
正直には、こんなに品がと。背丈も、こんなにあったかなあと。小さくは無かったけれどと。モっと、云うたら、スタイルも良くなってと。見違えてるですと。
とは、口にはしてへんけれどの、大体が、喫茶店では、FU君を挟んで、その先で、一言も喋ってえへんです。
喋ったは、「竹香」で、住所は合おてるかと。ダケでしてと。イヤ、間違い承知の、正解の住所を教えて戴きましてと。名簿に反映させるしと。

イヤイヤ、ソラナア、余りに、変な事も聞けへんしと。間が、ン十年、卒業して以来やってみい。喋るのネタを考え込むです。そんなに、真剣に考える事も無いのにと、思いツツのと。

斯くしての、ホナラの、サイナラと、良く見たら、私以外、全員が一台のタクシーに乗り込みましての、面々には、手を振りの、サテの、一人になっての、とりあえずは、真っ直ぐにと。
四条通りをで、地下鉄烏丸線にでも乗って、京都駅で嵯峨野線にと。

歩き出したはええのやけれどの、オッとの、トットで、足が痛あてねえ。
左足、膝の関節辺りに、痛みがと。次第に歩いてられへんよになってと。
イヤ、突然のと。この、ン十ン年で、初体験のと。膝に痛みが走るのがと。
イヤイヤ、歩かへんかったら、ども無いけれどや。歩けば、痛みがと。されどの、歩かん事には一歩も進めへんし。帰れへんしと。
休み、休みで、歩いたけれどの、何があったかの、何も無いのにと。人を蹴飛ばしも、蹴飛ばされも、モノにブツかっても無いしと。

強いてなら、「竹香」にて、正座をして、広東料理を喰た程度かと。胴長短足とは云えどの、ベタリと座ったでは、料理が取り難くと。喫茶店でも、ども無いしの、出てからの、ホンの暫く歩いて、阪急百貨店前の四条河原町の信号を渡るに、困ったゾと。
兎に角、痛あてねえ。ビッコを引いて、渡ったですがと。

イヤイヤ、デデデの、斯くなる次第の、斯くなるでと。
マアナア、商店街、市町村、一企業なるが、ポイント制等々の、還元、割引での、云うたら、金券発行と、国家的規模では、金額の桁がと。
以て、発行すると、宣言の瞬間にも、貨幣価値が低下の、パイパー・インフレでの、円安と、物価の上昇がとは、経済専門家筋の反対論でと。
ホナラの反対結構の、対案をば出したらと。アレだめ、コレだめだけで、何にも無いのかと。
製造工程で、不良品出してて、そんな悠長な事、云うてたら、工場なんか、潰れるゾと。

ホンマやでと。野党、与党の議論聞いてるみたいでと。特には、今時の与党は下品でねえ。
筆頭、麻生の太郎坊やでねえ。野党からの、質問に対するに、薄笑いを浮かべての、はっはの、ハと、超の下品なる、笑い方するなあと。ホントにこのオッサン、名士、名門の出かと。名士で、名門と、品とは、相関性があるとも、云えへんけれどと。
要は、侮蔑の態度でと。

オッとの、一寸、話をば、電子マネー、「円天」に戻しての、この波和二会長が設立の、L&Gの、「円天」の前歴なるが、テレビで出たですがと。
1971年に、「APOジャパン」なる、車の燃費を改善するの、装置販売のマルチ商法にも、絡んでたですて。

オッとの、トットで、何を隠そお、隠す事も無いです。知ってるですと。
当時、会社を辞めたヤツ、ロームに勤めてたですがと。IWA君と称するですが。比較的仲良くしてましてと。
入社は私よりも、早く、年齢下でと。止めてから、電話一発、一寸、お付き合いをと。頼まれましてと。容易い御用と、頼まれるがままにお付き合いの、とあるの会場にと。
其処で、「APOジャパン」なるを、知ったです。要するに、日本国で最初のマルチ商法でと。

イヤイヤ、私も、入社早々の、青二才の頃なれどの、一応は、理系でと。嘘なんか、一発でと。
大体が、ガラス製の容器、フラスコみたいなのを、自動車のエンジン部分に取り付ければ、排気ガス減少の、燃費がグンと向上でと。倍、三倍は軽くのと。へえと。よお云うなあと。

云うたら、幻灯機、カラー映像にての、画面一杯に撮し出されの、こんな具合にと。ナンボ、説得、モットもらしい事、云われてもと。嘘バレバレのと。
フラスコに入れた、得体不明の液体を通せば、排気ガスは減るかも、分からんですがの、減ればの、燃費も向上するかも分からんですがの、其処までは、云われんでも、理解の、何で、ガラスの容器みたいので、実現出来るかと。液体は何やと。秘密のと。特許申請中ですて。
イヤ、質問なんか、一切してへんけれどや。

そんな肝心なるの、説明無くの、一個、ン万円でと。
子を増やせば、一個の値が安くなりので、子を増やせば、増やす程に儲かるゾと。世のため、人のため、限られたるの、資源を有効にと。地球規模で、ガンバローと。

しかるにの、あのなあと。
自動車のエンジン部分に取り付けゾと。百歩譲って、離してもと。ボンネット部なんか、熱いんゾと。ラジエーターもあるんやしと。火傷する程ゾと。
云うまでも無くの、熱膨張係数が違い過ぎるの、強度的にも、振動、衝撃をば、如何に、緩和させるのかと。そもそもがの、そんな有用、ご立派な装置ならばの、自動車メーカーがホットクかと。
嘘、冗談も休み、休みに云うてくれと。
とは、一切の、その場では云わずの、周辺、皆、桜みたいでねえ。拍手ばかりの熱狂的雰囲気での、とてもやないけれどの、会場を出るも、質問するにもと。
或る意味、こんなバカみたいな話に熱狂出来て、羨ましいなあと。
とは、思てえへんです。頭を冷やしたらと。ソレこその、中学生でも分かるゾと。理科の一寸した知識でと。常識的にもと。

終わって、会場出てから、オイオイ、IWA君よと。キミも、理系なんやと。嘘なんか、一発やろと。単純明快の、少なくともの、交通事故で、ぶつかった瞬間にも、車は動かへんゾと。
ガラス故に、破損してと。どするやと。理論が正しいを前提にしてもと。

ホナラの、強化プラスチックならばの、信用したかとなればの、元に戻っての、肝心の理論がナと。
会場では、話が飛んでしもての、子を増やせ。世界の資源を有効にの、大合唱ばっかりでと。
しかるにの、その後、IWA君、どしたかは、知らんですと。以降、連絡途絶えたしと。
(09/02/06)


NO.62 政治家のレベル(21) 余談・APOジャパンの話(2)

そんな事で、「不二家」を出て、四条河原町の信号を渡るの間際から、変やなあと。
変も、何も、歩けへんでねえ。何でやと。
僅かな距離ですやんかと。一分、二分かと。出て、信号を渡って、MIさんと、話をして、ホナラと握手で、サイナラと。其処までは、何の違和感もあらへんしと。

要は歩くに、足の膝を曲げるですが。其の都度、痛いのイタイで、どしょかと。どするも、こするも、タクシーも勿体ないしと。
河原町から、烏丸なんか、知れてるわと。京都駅に行くにしたって、地下鉄で、充分でと。云うたら、捻挫、打撲、骨折してる訳では無くの、さりとての、原因不明の、膝関節部の、イタイイタイ病でと。兎に角、歩けば、痛いダケなんやと。ダケが困るですがと。

兎に角、休み、休みの、必死で、烏丸四条に到着のと。ソラナア、多少の痛みならばの、そのまま、歩き続けるですが。一寸ナと。ガマンにも限度があるし、休めば、マシにはなるしと。
マアナア、時間的に終電車には、時間の余裕はあるけれどや。ソレこその、JR並河駅からの、我が家までが、困ったなあと。話簡単の、ケータイ一発、迎え宜しくも、ダアレも居てへんしで、自力で、帰るしかあらへんわと。
そんな意味ならばの、どしても、歩けへんでもあらへんですと。適当に休み、休みの、足の具合、ご機嫌さんをば、尋ねツツのと。原因、考えツツのと。考えても、思い当たる事があらへんしと。正座以外はと。
ソレも、喰てるの、一寸の間やでと。修行不足の我が身の、正座が長く続くモンですかと。正座で、足に痺れ、痛かったら、即刻の止めてるわと。一人我慢大会してるで無しと。

イヤイヤ、デデデの、本来ならばの、10分も掛からんの距離がと。休み、休み故の、倍は軽くに掛かったかと。信号では、余裕を持っての、キッチリ、停止しましてと。足の痛さを緩和のためと。駆け足、苦しいのもありましてと。
やっとで、地下鉄入り口に到着の、今度は階段がと。降りるに辛あてねえ。歩くに辛いんやから、当然でと。

様々、考えての、同窓会のための、往復葉書を買いにの、帰りに、暴走軽自動車で、引っ繰り返えされて、赤痣、青痣は、右足、太股の内側でと。
此度は、左足の膝の関節部でありので、場所が違うですと。そんな意味なら、赤痣、青痣も、スッカリとと。までは、回復してへんですがの、痕跡程度かと。
ここまで、回復して良かったなあと、思てるのに、反対側かと。
しかるにの、打撲のは、触れば、若干の痛かった程度の、歩くに、無関係の、此度、実質的、大変ゾと。

にしたって、歩けへんとは、足に豆が出来たとか。歩き草臥れてのと。
イヤイヤ、左足首、骨折もして、歩けへんかった時期もあったには、あったけれどの、こんな感覚、初体験。場合によりの、激痛でと。
ソラナア、多少の痛みなら、我慢するです。我輩、誰と思うや、シバケンぞと。
とも、云うてられへんでねえ。

諸般、諸々、心当たりを探ったけれどの、あらへんです。
正座程度で、関節なんか、痛めるかと。正直には、普段してへんの姿勢なれどです。されどの、他には、思い当たらんしと。
更には、一ヶ月過ぎたの現在唯今、マダ、違和感あっての、医者に行く程でもあらへんしと。大体が出無精、物臭、邪魔くさがりの、医者嫌いでと。

イヤイヤ、そんな事で、困ったなあと。
マダマダ、11時にはなってえへんしで、終電車には間に合うけれどの、其処から先がと。援軍求めるに、大体は、ケータイで、呼び出しの、車で帰るもしやへんですがと。
多少の距離なんか、歩け、歩けの、兎に角の、歩く方が、健康にも宜しいと。概略の、1.3キロメートルやし、大した、距離でもあらへんしと。
今までは、余程でなければ、歩いてたですがの、此度、援軍呼ぶにも、嫁はんは、友達の家に泊まりで居てへんしと。息子共は、神戸でありの、富山の高岡でと。まさかの、迎え宜しくも出来ひんわと。
母なんか、居てたって、モノの役には立たへんしの、こっちが、世話してバッカリの、どっちにしたって、亀岡シミズ病院に骨折にての、入院でと。

地下鉄烏丸線なるは、スンナリとで、数分にて、京都駅には到着したけれどの、階段、階段で、又、大変でと。痛い、イタイなるが、一向に収まるの兆候、気配もしやへんしと。
只々、我慢、ガマンの、もお、一寸と。
思てな仕方が無いしで、思てる間にも、目の前で、電車が出てしもての、時刻表なら、持参してるですがの、急ぐに、走れへんしと。ソラ、走るは出来ても、無理するの事でもあらへんわと。

ソラナア、時刻は承知の、本来ならば、走るけれどや。我輩、誰と思うや、シバケンぞと。
小学生時代から、走りで、勝った試しは無いけれどや。
不思議に、現在唯今、同年配ならばの、負ける気はしいひんゾと。実際に、還暦組で、100メートル走なんか、した事、無いけれどや。加えての、運動神経なら、良好とは、申さんですがと。動作、俊敏でも無いですがと。持久力もあらへんしの、チカラ技も、筋肉隆々の筋肉マンでもあらへんしの、何に関しても、皆目の自信は無いですがと。
ホナラの、何で、走りで勝つの自信がと問われたならばの、理由なんか、あらへんわと。単純には、健康優良爺でと。結果、過信にての、健康に対してが、甘くなりのと。

とは、重々承知なれどの、このところ、人間ドックにも行かへんしと。定期検診も受けずの、アカンなあと。
最近ならばの、インフルエンザの予防接種が、昨年末かと。其の前ならばの、風邪で町医者かと。
云うたら、死ぬる時には、死ぬるですと。只ナ、欲を云えば、アッサリとと。誰にも迷惑掛けずにと。そのためには、ポックリ寺にでもお参りのと、思てるですがと。
オッとの、してるです。嵯峨釈迦堂、清涼寺が、その筈でと。
オッとの、オッとで、そんな話は結構の、この話、家に帰っても終わらんですと。

そんな事で、「APOジャパン」の集会に、私を呼び出しの、参加させたの、IWA君なれどと。
実は、何も、どんなと、詳細、一切の説明無しの、単に、ええ話があるし、来てくれやはらへんかの、一言でと。
自分で云うも、何やけれどの、私もお付き合いが良過ぎてねえ。表現変えたら、よ断らんの、意志薄弱でと。ツイデにの、独身で、暇やしと。会場となってたの場所なるは、もしかしての、四条烏丸の、京都産業会館やったかなあと。当然にして、地下鉄は走ってえへん時代でと。

デデデの、マルチ商法なる言葉さえも、無い時代故の、知らんけれどの、矛盾点をコンコンとと。要はインチキ商品やと。
されどの、IWA君、完全に洗脳されててねえ。自動車会社になんか、特許を売ったら、ソレっきり故、モっと、広くの、全世界の、世のため、人のためと。訳の分からん反論の、全然の動じる気配無く。
兎に角の、そんなに有力なる、燃焼効率上がるの装置ならばの、新聞、テレビ、学会、業界にて、評判になってるでと。理屈も道理も世間に通じるゾと。
されどの、アカンかったなあと。以降、何の音沙汰も無しで、現在唯今、どしてるのかと。

デデデの更には、時代変遷の、現代唯今の話なれどの、とあるの専門筋、被害者救済の、弁護士なるのが、申してたです。
「円天」についての、仕組みをば、L&G、波(なみ)和二会長(75歳)は、頭っから、信じ込んでる気配濃厚のと、バカな事をと。弁護士やろと。

「APOジャパン」の件にしたって、嘘承知の、確信犯やでと。
啓蒙、洗脳の、集会でも、壇上に上がった若手のが、「APO」を、アホ的表現の、アッポと、発音してたかと。聞いてて、ムカっとしたですがと。確かにに、こんなインチキ商品に集まったの、面々が、アホなんやと。そんな気持ちがソ云わせてるかと。私には、そんな風に聞こえたですがと。
さりとての、APOが何の意味かは知らんけれどの、米国発のインチキ会社でと。
要は、日本の独占的販売権を得たと、豪語の、こんなバカみたいな、理屈に簡単に、騙される人が多いのかと。

只なあ、一種独特の、会場の雰囲気で、感化されるのも居てるかと。私なら、そんな場では、至って冷静のと。煽られたら、煽られるだけ、バカバカしいてねえ。扇動、力説してる人は、本気かと。
信じてたら、思考回路、可笑しいゾと。
イヤ、或る意味、自分が宣伝、啓蒙の成果にて、生活出来て、大いに儲かってたら、何でもありかと。人間なるは、そんなモンでしてと。

さての、「円天」が真似たの、電子マネーそのものに、私には違和感あっての、インターネット・バンキングも、申し込みだけはしたけれどの、やってえへんです。怖いですと。
そんな意味では、波会長、年齢75歳で、電子マネーに思い至るは、大したモンかと。

イヤイヤ、クレジット社会そのものが、米国発の、催眠商法かと。
現生(げんなま)もあらへんのに、商品を買えるですと。金銭感覚が麻痺かと。私もエラソには、云えへんけれどや。元々が現生も、チビリとしか、持たんのにと。
限度額、50万円とか、ン百万円とかと、勝手に決めやがってねえ。ソラ、沢山借りられるは、信用があっての事なれどの、借りたら、返すの、金利がと。
高利貸し並でと。よって、借りた事は無いですがと。現在唯今まではと。

さりとての、銀行系ならばの、公共料金等々、引き落とせて、便利なれどです。残金不足でも、定期貯金があれば、融通利くしと。厭でも、お世話にならざるを得んの場合もありましてと。
場合も、何にもの、ショッチュウの、何分の、我が家のみの、真性無資産階級やしナと。

デデデの、銀行の貸越金利でも、概略の、年利0.5%なれどの、「円天」なるは、年利が36%故に、常識外れの、破綻は見えてるです。
ソラ、電子マネーに名を借りたの、マルチ商法故に、最初っから、金出せ、子(会員)を増やせが前提でと。
モっと、云うたら、初期に加入ならばの、使ても減らんの、「円天」での、ウハウハでの、神様、仏様、波(は)様、ペ様、ヨン様での、盲信も、不思議で無いけれどや。
次第にの、金集められるだけで、金利が振り込まれんよになりの、遂には、元金も、ゼロとなりので、波様、反転しての、鬼畜米英、死に神にと。

デデデの、云うたら、何やけれどの、代表的にの、とあるの有名、女性下着販売の、何処とは、ダイアナ。洗剤等々の日用品販売、何処とは、アムウェイ。
とかとか、なんかは、マルチ商法的に繁栄、運営してましてと。
販売なるは、元々がマルチ的傾向あってと。
只ナ、モノに実態あるのか、架空で、システムに無理があるかの差であっての、「円天」商法なるが、何で、今頃まで、逮捕もされず、存続してたのか、分からんなあと。
ン年前から、詐欺商法と、されてたのにと。
(09/02/07)


NO.63 政治家のレベル(22) 詐欺師以下の麻生太郎の話

本日、晩ご飯とするのか、焼きそばでと。
折角ならばの、正月以来、置きっ放しの、缶ビールでも飲むかと。
嫁はんと、一個を開けての、コップに一杯ずつ。話簡単の半分ずつの、母が居ても、開けるは一個で、三分の一ずつなれどの、入院で居てへんしで、多目でと。
以て、同窓会のあった、1月10日以来のビールでと。
イヤ、階段に置いてあっての、登る度、降りる度に、マダあるなあと。原則、二男と母以外飲まへんしで。あって、当然なれどです。焼きそばなら、一寸、欲しいナと、だけでしてと。缶ビール一個は、要らんのやと。あるから、飲んでもと、思ただけの、無ければ、無いで、結構の、ワザワザ、買いに行ってまでは、欲しくは無いですと。

イヤイヤ、デデデの、そんな事で、遅れての嵯峨野線には一つズレて、乗れましてと。運も良くの座れてと。
そんな意味なら、遅らせて、良かったかと。大体が、嵯峨野線、大入りの満員でと。時間帯にもよるけれどの、座れるは珍しいかと。自慢やないけれどの、私は要領が悪うてねえと。
どっちにしても、並河駅に着いてからが大変の、イヨイヨの歩けへんしで、どしょかと。

どするも、こするも、助けはあらへんしで、自力で、歩いて、家に帰らな仕方が無いですと。この道中なるが、一番に辛かったかと。
イヤ、雪も降って来てねえ。流石に、亀岡やなあと。そんな事は結構の、前を学生風のが、ケータイのメールなんかをチェックしつつの、ユックリと、歩いてるですがの、ユックリ故に、ソレを追い越したろと、思えど、全然の距離が接近せずと。あの程度の早さに追い付かんかと。こっちは、一生懸命に歩いてるのにと。

正直、次第、次第に激痛となっての、休み、休みで、歩かな仕方が無いし。京都の、河原町から、烏丸が如くの、もたれるよな柱も壁もあらへんし。目の保養とするのか、店も、看板もあらへんしと。
時間も時間で、灯りも疎らの、ホントに田舎やなあと。時間が早くとも、日が暮れたら、灯りも疎らの田舎やけれどの、言葉を上手に選べば、自然が豊富と。

イヤイヤ、我慢してでも、歩いてたら、スと治るよな、期待もあったですがの、残念乍らの、酷くなるばかりで、膝を曲げるのさえが、辛あてねえ。
ではあっても、何とか、我が家に辿り着いたら、日付も替わっての、午前様でと。
「不二家」から、二時間も掛かったかと。
午前様でも、何でも、家に入れば、こっちのモンの、着替えして、小物入れ等々、中身を取り出しの、あるべき場所にモノを移動させたりのと。
痛いは、痛いけれどの、家でなら、寒くも無いし、ゴロリと引っ繰り返ってもええのやしと。マダ、なってえへんけれどや。

一通り整理整頓の、落ち着いてと。
ホナラの、コーヒーでも飲もかと、調合は、カフェ・オーレでと。飲み乍らの、当日、配布で余って、持ち帰ったの、「同窓生名簿」を、チラと。

イヤ、自分も含めての13名なれどの、余裕を見て、15部を作成してるですと。余ったは、3部での、計算正確なるは、当たり前のと。一枚は、MIさんが、自分の住所、電話番号を書いてくれたし、ソレを戴きの、新しいのと交換したりと。

イヤイヤ、デデデの、「名簿」を、ホンのチラで、瞬時の、えとなってと。
まさかの、何でやと。
目の錯覚、幻想、老眼に乱視が加わったかと。視力の老化、近眼でもの進行にて、乱視も加わるけれどと。或いは、足の痛さで、目に来たか。頭に来たか。呆けたかと。さもなくばの、午前様にて、寝てしもてるのかと。熟睡、爆睡、猛睡、昏睡、タヌキ寝入りにて、夢見てるかと。
されどの、我輩、そんなに器用な人間とは違うですがと。立ったままでは、よ寝られませんですと。イヤ、立たずに座ってるけれどや。
理屈はどでもの、老眼でも、日常生活に不自由してへんわと。パソコンするに、眼鏡なんか、掛けてえへんわの、寝るには、マダ、宵の口とも云わんですが。日付は替わってるしと。

デデデの、何で、えとなったかとなればの、目に飛び込んだは、NEさんの名でありましての、おかしいゾと。こんな字やったかなあと。
イヤ、言語明瞭の、失礼千万の、大間違いゾと。
イヤイヤ、同じ読みの漢字で、似たよなでの、発音したらば、一緒でもの、字が違うゾと。ソラ、一発分かるですと。ン十年会おてえへんでも、旧姓でなら、姓も、名も、間違う筈が無いの、充分承知の、オッとの、トットの、何で、間違おたかと。

云うたら、「名簿」なんか、厭と云う程の、何度も、何度も、見てるのに、今まで、何で、気が付かんかったかと。脳天、ガツンの一発、殴られた気分の、火花、閃光走りの、寝るの処か、目はパチクリ、頭が冴えて、冴えての、一点凝視のと。へえと。
ソラナア、我輩、ええ加減とは云えどの、同級生に配るに何度、見直してるかと。加えての、字の大きさ、変更したり、書式を見直したりと。

そんな事はええけれどや。分析、解析するまでもあらへんです。
重々承知の、原因、只一点の、間違いの理由なるは、話簡単のパソコンでの、誤入力、勘違い、失敗、呆けでしてと。
何で、こんな事になったかの、確認するに、実際に名を入力して、試せば一発分かるの、漢字変換にての、成る程の、本来の、NEさんの名の漢字の該当のがあらへんゾと。
まさかの、へえの、そんなバカな事があるのかと。「ATOK17」に限定の事かも分からんですがと。「一太郎2004」やしナと。ソレでも、我が所有のバージョンならばの、最新版でと。

兎に角の、遅まき乍らの知ったです。こんな事があるのやなあと。錯覚、思い込み、早合点は得意としても、何とマの、NEさんのをねえと。
私にしたらの、NEさんの名の漢字が常識なれどの、世間からしたらの、誰とは云わんの、もしかしての、似たよなの、とあるの女流作家の名でありましてと。
もっと、云うたら、難しい漢字でもあらへんしと。馴染みが無い人とか、読み難い漢字等々、複雑怪奇とならばの、注意するけれどや。入力の際ならばの、一発、一括変換での、良く承知故の、似てるのもあっての、正解、合致と思い込んだナと。

云うたら、参加との、返信もあったし、安心してしもてと。ソラなあ、間違おてるとは、露(つゆ)も、靄(もや)程も思てえへんです。自信満々が災いしたかと。
どっちにしても、困ったなあと。困るも、何も、配ってしもたしなあと。救いはとなればの、最新版とするのか、諸般の間違いとするのか、間違いは承知の上での配布故の、修正版を配布するにしてるですと。
承知は、NEさんとは違いましての、別途のと。

只なあ、結果、謝罪の機会を失おたですと。事前に察知ならばの、当たり前に、「名簿」は修正してるですと。
モっと、云うたら、他の面々で、住所不明、苗字が、名が、住所がと。再送したり、何したりと。そっちに気を取られてのと。
更には、結婚しての、苗字は当然の、名まで、変えてるのが居てましてと。姓名判断で、変更したのかと。或いは、原本、他の資料が間違いかと。
同窓会に来たら、確認のツモリが、急遽でも無いけれどの、欠席になったりの、どっちにしよかと、迷うのもあったりと。とりあえずは、元のとするのか、知ってるの方で、入力したですがと。修正版では、矢っ張り、最新情報のがええのかナと、思たりもと。

この、「名簿」も、門外不出の段階から、此度、日の目を見るの運びになりましてと。公開、配布となれば、諸般、諸々ありましてと。
イヤイヤ、間違いをば、知ったからには、最早の問答無用の、即刻にも、名を、「ATOK17」に登録の、「名簿」は当然の、「筆まめ」も修正のと。
ハッキリとは、「名簿」で実質的ミスなるは、NEさんのみでの、或る意味、間違おたら、アカンの、一体全体、何してるかと。
足のイタイ、イタイは忘れてしもてと。
イヤ、座ってたら、痛くは無いけれどや。脳天、ガツンの、衝撃程度で収まらずの。失礼千万の、許されへんゾと、心臓にドスンと、響いて、赤面青面、平身低頭、冷汗三斗の、土下座の気分での、実際には、出来ひんしと。

斯くなる次第の、斯くなるでと。一歩、間違えれば、マルチ商法。
現実伴えばの、模範的、先駆的、優良販売業者。
その差は微妙の、販売業者なるは、多かれ、少なかれの、マルチ商法的手法なるが、お手本と、思わん事も無いですと。
ソラなあ、諸般のお付き合いにて、そんな集会に来てくれと、頼まれ、顔出した事も、何度かあるですがの、全くの、我が新入社員時代に経験のと、規模は違えどの、「APOジャパン」の設定、やり口と同じでと。
煽って、煽って、煽りまくられの、私は口をアングリの、何でこんな場違いの場に来たかと。遠慮無用の、其処までの義理無しのと、長居は無用のサイナラしてるですがと。

何で、こんな話をとなればの、麻生の太郎坊や、国会にて、民主党元代表の、前原誠司氏(47歳)から、道路特定財源の一般財源化、選挙をば、ヤルヤルで、やらずの、ヤルヤル詐欺の、詐欺師のと。
云い放ちの、詐欺は犯罪なれどのと、当の本人から、反論されたですがの、事実、こんな可愛い話で無くの、何でもが、朝令暮改の、又、コロリの、又々、コロリのコロコロの、一体、このオッサン、オツムは、マトモか、気は確かかと。

詐欺師ならばの、多少の思い込みの、徹頭徹尾の意志強固頑固の、最初っから騙すツモリの、嘘でもを正論と云い替え、云い切るの、度量、勇気、ある種、厚顔無恥に徹するの、素養が要るですがと。
厚顔無恥は、一緒でもの、オッサンには、何の思想も、方向性もあらへんしで、詐欺師以下、テキ屋、ペテン師、香具師以下かと。

そして、民主党議員をバカにして、国民を見下しのと。
このオッサンでも、首相で無ければ、面白いオッサンで済むけれどや。一応は、日本国で、一番にエライ人なんやと。代表者なんやと。
舵取り間違われたら、困るんやと。
間違うも、何も、進路もコロコロのコロの、コロコロと、替えられてみい。目的地さえが、見えてえへん、分かってえへんしで、日本丸はどんな事になるのやらと。

麻生の太郎は、ソレさえも、分かってえへんし。自民党の他の面々も、成り代わってのが居てえへんしの、余程にボンクラ揃いのと。
ソレを、引き摺り降ろせえへん、民主党も情けないナと。
結果、最大の被害者なるは、私等弱者、国民でと。
(09/02/08)


NO.64 政治家のレベル(23) 麻生太郎の前後不覚の話

現在唯今、約一ヶ月経っての、左足の具合はとなればの、歩けば、若干の痛みはあるもののと。
違和感も残ってるですがの、マアナアと。当時とは桁違いに回復でと。イヤ、そのままで、膏薬一枚、貼ってえへんです。邪魔くさいですと。
大体が、原因不明で、心当たりがあらへんしと。矢っ張り、慣れぬ正座で、関節部がズレたのかなあと。

デデデの、「名簿」を一瞥、「目が点」とは、こんな状態をば、称するのかと。
自慢や無いけれどの、誤植は度々あるけれどや。実は、何を隠そお、案内状には、発起人4名、列記したですがと。
誰とは、云わんの1名の、苗字を誤植、入力ミスしてたです。コレ又、同じ読みなれどのと。云うたら、漢字としての意味合いも一緒なれどのと。似たよなでの、疑念持たずにと。

正直、投函してから、気が付いてと。
出してから、案内文面見直しの、アレレのレと。イヤ、この場合も、投函までに、見直しなるは、何度もしてるですがの、出してから、パと見て、この字やったかなあと。違和感あっての、「名簿」を再読、字が違うゾの、年賀状も確認の、矢っ張りかの、シモタとなってと。
案内状なるは、本来的、発起人に出す予定は無かったですがの、失礼故、発起人にも、こんな具合な内容でと、参考として、出して、ここをこんな具合にミスしたと、記載で、謝罪したですがと。
該当の1人だけも何やしでの、3名にと。ソラ、案内状の見本名目が故の、返信不要と致しましてと。

案内状も、発起人に、発送しやへんかったら、分からへんではあるけれどや。原則、ソはナと。
気が付けば、しかるべくの処置して、当然かと。
とは、我が考えでと。
対して、同窓会での、「名簿」なるは、同窓会そのものが、久方ブリでの、話簡単には、間違い覚悟。
とは云えどの、意味合い様々での、NEさんのは、覚悟してへんですと。合致と思い込みのと。

勝手にと、云うたら、語弊の、姓名判断にての、改名したりは、間違おてても仕方が無いゾと。
結婚しての、改正後の姓を間違うのも、仕方の無い面、ありましてと。原本、異なれば、写しを間違うしと。住所も同様にしての、引っ越しもあっての、モっと、云うたら、離婚があったり、再婚もと。
実際にあったかとなればの、よ知らんですがと。

されどの、NEさんは、名で、そのままやのにと。
私ならばの、「健雄」を、「建雄」であるとか、「健男」に、「健夫」にされてるみたいなでと。全部、年賀状にて、今だ、ありましてと。
初回以来、ズっとで、こっちも、出してるのに、一回くらい、見てくれよと。
会う機会でもあればの、云うけれどや。機会があらへんしの、会おても、そんな話、余程で無いと、出さへんしの、年賀状なんか、年に一度の話で、間違われてるの件も、忘却のと。

そんな意味でなら、NEさんには、今まで、年賀状の一通も出してえへんかったナと。ソレが問題かと。
ホナラの、この同窓会に参加の面々にて、年賀状をば、何名様に出してるかとなればの、4名かと。正直、発起人の3名と、HAさんでと。要は、年賀状をば、交換の面々なるは、全員参加してたですがの、交換するに至ったの理由の、大元は何やったかと。
考えても、キッカケなるが、分からんなあと。古い話に過ぎてかと。

イヤ、MASA君ならばの、私が、社会人になってからの、稼ぐよになってからでと。ハッキリとは、中学生時代から、仲も良かったしで、先さん、男やしで、諸々考えるまでも、無かったしと。
其の前に、何で、年賀状をと、なればの、会社で、其の時期、年末になればの、所属部署の、「名簿」が配られましてと。ソかと。上司、先輩、同僚には、出さんならんなあと。
ホナラの、ツイデとは、何やけれどの、諸々の、同窓生の知ってる範囲にと。イヤ、単に知ってるとなればの、全員にと、なるけれどや。其処は諸般の事情の、取捨選択のと。
どっちにしてもの、他の3人、女性はこんなに古くからはと。ホナラの、何でかと、幾ら考えても、シカとの、理由が分からんですがと。時折は、ミニミニ同窓会にて、会う機会があったは事実なれどの、其の前からやしナと。

イヤイヤ、デデデの、発起人の苗字の件なら、謝罪の機会は幾らでもと。よって、全然、慌ててえへんです。
こんな具合に、見本をと。或いは、同窓会本番にて、当人に、斯くなる次第で、スマンなあと。さもなくばの、ケータイのメールででもと。アドレスも承知してるしと。
どんな手段でも可能でと。少なくとも、「名簿」のミスとは違うしと。

処がの、NEさんの場合、同窓会で配ってしもたしなあと。間違いなんか、露程にも、考え及んでなかったしと。
当人にしたら、案内状での、ミスがあっても、返信で、連絡してるのにと。
なって、当然の、こっちにしたら、小学校の同窓会名簿でも、確認の、此度、配布の、「名簿」なんか、案内状が如くに非ずの、数倍、見直してと。されどの、怖いモノで、合致と思い込みにて、見てても、名では無くの、旧姓でありの、結婚後の苗字、行をズラしてへんやろなあ等々、現住所であっての、名を間違う筈があらへんわと。
までは、思てえへんモノのと。注意の箇所が違うかったナと。安全の上には、安全の、名にも、注視しとくべきやったかと。
イヤ、全部に注視してた、ツモリなれどの、何を云うても、弁解の、事実は事実の、間違おたと。配ったと。

イヤイヤ、どっちにしても、申し訳無い事をと。
原則、修正版を発行するけれどの、今度は、直接では無くの、MASA君を通じての、写真を発送の際、「名簿」を同梱予定でありましての、ソレは結構なれどの、さて、どするやと。
発起人の苗字の誤植とは、意味違うし、当然乍らの、誤植なるを、当人発見してへん筈はあらへんしと。謝罪文発信するべきと。されどの、如何様にと。正直そのままにと。
考えてるの、矢先に、当の、NEさんより、葉書到着のと。
オッとの、変な話の、助かったナと。話簡単の、如何様にと、迷う事も無くの、謝罪の機会を得たゾと。

デデデの、斯くなる次第の、斯くなるでと。
麻生の太郎首相、国会での答弁にて、曰くに、私は郵政民営化には、反対やったと。されどの、当時の小泉純一郎首相の意志強固でと。押印したと。小泉内閣では、総務大臣麻生太郎でと。

あのなあと。
このオッサン、民主主義を知らんかと。反対でも、何でも結構の、内閣の一員、大臣たるが、一旦、諾の押印したなら、賛成なんやと。徹底的に反対ならばの、大臣辞任をと。さもなくばの、前提狂うですと。

小学生、中学生でも、あるまいにと。
ボクちゃん、反対やったしと、一人、ええ格好してるツモリかと。
当時の郵政民営化なるは、ソレがために、解散総選挙の、反対した自民党議員は自民党を離党させられての、刺客を送られてと。落とされたり、這い上がって来たりと。

ソレを臆面無く、反対やったと、豪語の麻生なる人物の思考回路が分からんナと。私に分かるよなら、単純なれどの、もしかしての、私以上に単細胞かと。
されどの、私なんかが単細胞でも、国政に無縁の実害無いけれどの、事は一国、日本国の首相ゾと。
されどの、されどで、考えよによったら、首相になったんやし。自分が思うがままの事をと。思うよにと。にしては、コロコロの、コロと話が変わってしもてと。

更に、一発、されどの、自分も責任者、推進者の一員やったんやと。その自覚がと。根底での思い、一緒でもの、他にも、云いよがあるやろにと。
郵政民営化について、現状のままで、推進を色んな角度から、評価し、見直すの時期かと。このまま、推し進めるべきか、修正、改正の余地あるのかと。ボチボチでも、議論を開始するべきの時期かと、等々とと。
話は一緒でもの、余所様、世間様の、受け取りよが違うかと。
イキナリの、我輩、反対やったゾと、云われたでは、唖然、呆然致すですと。
一年生議員、公募で立候補で当選の、ええ加減男の、杉村太蔵君に、そんな事、云っちゃ、ダメですよと。
云われてるよではナと。情けないオッサンでと。

但しの、真理の一端はありましての、そもそもが、郵政民営化そのものが、何のためで、誰が得をしたのかと。族議員の分断、資金枯渇をと、小泉首相が力説の、主旨が不明の、分断と、何の関係あるのかと。
イヤ、日本郵便、簡易保険(生命保険)、郵便、郵貯銀行と、四つに分断の、私等利用者にしたら、同じの郵便局での、何が違うのかの、ヤヤコシイだけにされましてと。

云うたら、僻地とするのか、地方の郵便局がドンドンと減りましてと。減らへん。減らさせへんゾ。
とは、小泉純一郎、一流の、詭弁、香具師、詐欺師、お得意の大言壮語の、嘘ばっかりの、お役ご免で、一言も無しの、口を開いて、一院制かと。
バカバカしいわと。議員数、多いは、減らして、当然のと。されどの、自ら、次期衆議院には出馬せずの、引退表明、大したモンやと。
思てたら、息子が出馬やてえ。香具師の、面目躍如かと。

しかるにの、ホナラの、民主党は、郵政民営化をどするやと。
小沢の一郎、曰くに、首相たるが、云うべき言葉では無いと、麻生太郎の見識をあざ笑いの、麻生政権の正当性を云々の、中身は、高見の見物してんとからにの、肝心の、その先の議論をと。賛成なんか、反対かを、ハッキリさせたらと。
そんな処でも、政権担当能力をば、疑われるですと。
(09/02/09)


NO.65 政治家のレベル(24) 人事院総裁のズレまくりの話

イヤイヤ、デデデの、マア云うたら、そのままの、事実を、その通りにと。
折角やしで、ツイデにの、思うが事もと。
文面作成なるは、パソコン入力にての、オッとの、又々の、入力ミスしたらアカンぞと。
謝罪の葉書では無くの、手紙にての、さもなくばの、葉書では、とてもやないけれどの、文字数収まらんですと。収まる以前の、字面がと。我輩、誰と思うや、シバケンぞの、自慢や無いけれどの、判読不可なるの文字、ミミズが這おてたでは、目も当てられへんわと。
全文読み切るに日が暮れてと。結果、誤解、六階、七転八倒、猪八戒が、苦界、十戒の、麻生の太郎如くの、漢字も、何と読めるか、読まさせられるかと。

ソラ、謝罪文にしたって、何ならの、ミスして済みませんです。修正しましたです。
だけならばの、葉書で充分の、たったの、一行、字足らず、言葉足らず、余白が一杯でも、意に介せずならばの、済むけれどと。
幾ら何でもの、そんなダケなら、「名簿」の修正版を見て戴ければ済むですがと。割り切ってなら、主旨なるは、修正宜しくなんやしと。修正さえしたら、結構での、出すならばの、一行では、味も素っ気も、愛想もあらへんわの、出さん方がマシでと。

そんな意味なら、NEさん、綺麗な字でねえ。返信するも、困るんやと。
葉書に、完全収録、キチンと収まるの文言にて、伝えるべきを記載でと。私には、真似出来ませんですと。書き出したら、アレも、コレも、アッチも、ソッチもと。
なってしもての、文面、イヨイヨの長くになっての、余計な話までもを記載でと。オッとのと、行き過ぎ、書き過ぎでの、アトから、必死に削除、削除の消しまくってと。

にしても、同窓会本番にて、一寸ナと。アンタなと。
云うて戴いても、良かったと云えば、良かったけれどの、其の時には、こっちは、夢にもの、気が付いてえへんしで、気が付いてたら、当然の、修正してるしと。してたら、ミスもバレてえへんけれどのと。
名がと、字が違うよと、伝えられたら、ビックリ仰天の、目から火花の、腰抜けて。以降、足痛、歩行困難だけでは、済まずに、永遠に寝込むですと。

斯くなる次第の、斯くなるでと。
何とか、文面作成にての、プリント・アウトしての、封書でポストに投函、家に戻って、文面再読にて、オトトのトットで、何してるかと。
イヤ、クドイけれどの、文面ならばの、何度も見直してるですがと。
修正、手直し等々、し過ぎの、一箇所、文字では無くの、一記号、削除し過ぎの、アカンなあと。云うても、本題、謝罪の文言なるには、全くの影響無しなれどと。

自分で云うも、何やけれどの、本来的、私は、筆無精でと。葉書は、年一回の、年賀状だけかと。手紙なんか、ここ数年、出した記憶がと。
既載の通りの、殆どなるは、電子マネーならぬの、メールで処理出来てるしと。
結果、余った、或いは、書き損じの、年賀状をば、一枚5円で、普通の葉書に交換もと。懸賞になら、年賀状の余りで結構の、ソレも、年に何枚出すのかと。
斯くしての、当たったの、「切手シート」を6枚交換だけで、止めたですがと。

来年のとするのか、今年、買うの枚数なるは、モッと、無駄を省かんとと。ホンマやでと。私自身が使たは、100枚程度かと。30枚も余らせての、勿体ないなあと。
このご時世に、何に使えるやと。何たる事かの、資源の無駄での、我が家、破産でと。

そんな事で、一寸、余談の、年賀状の話をと。
考えてみたら、年賀状で、出すなら、出すで、絶対に外せへん先様とは、何処なんかと。私の場合、親戚縁者、同窓生でありの、会社での同僚等々、お世話になった人とかでと。

しかるにの、当時の同僚も、年数経たら、会う機会もと。
会うにも、退社で、他府県に引っ越したり、地元に戻ってたりと。そんな事になれば、以降の、我が生涯にて、会うやろかと。若き頃なら、可能性あってもと。
多分ならばの、会わへんやろなあと。

イヤ、引っ越しての、当初は、その後、どしてる等々、年賀状に記載しての、近況を、尋ねたりもするですがの、特段の、その返事があるで無しの、仮に、教えて戴いての、情報入って、どするやと。
記憶に止めとけば、ええのやけれどと。何かのおりにでも、別途の連れに教えてやったりと。

そんな意味ならばの、同窓生とならばの、会う機会がと。此度の如くに、十ン年、ン十年振りで開催であってもやと。生存してて、健在での、参加の気があればと。
さりとての、会う機会があったり、無いからと、年賀状を出す、出さんでも無いけれどと。
そやけれどの、会う可能性、極めて僅少となればの、年賀状の交換だけとなりの、合理的なる判断ならばの、無駄と、思たりもと。会うなら、会うで、別段の、年賀状とは無関係かと。

云うたら、年賀状の交換してへんしで、気に要らんヤツでもあらへんしと。
結果、少なくともの、同窓生とならばの、この広いの世間で、同時期に棲息、ご縁あっての、同じの教室にて、勉学しの、接触あったんやと。
想い出ならばの、山程もと。
されどの、失礼乍らの、同窓会で会おたの、全員には、共通の、想い出なるは、無くての、正直には、喋ったの記憶がさえも、あらへん場合もと。
よって、あれば、相応にと、思たりもと。

イヤイヤ、斯くなるでの、「名簿」の修正版なるは、MASA君に発送の、悪いけれどの、お手間なれどの、参加者には当然として、不参加ではあっても、応答あった面々には、「名簿」と一緒に、全員で撮したのを一枚、送付してやってくれと。
ソラナア、其の気はあっても、諸般の事情にて、来られへんのも居てたしと。不参加故に、送らんも、片手落ちのと。
云うたら、発起人たるは、この程度の手間隙なるは、当然のと。何を云うても、16年振りなんやと。

イヤイヤ、デデデの、話を戻しての、麻生の太郎君、今度は、当時、小泉内閣での、総務大臣時代は、郵政民営化に賛成やったと。
又もやの、何が云いたいかの、理解不能の訳の分からん文言吐いてと。
付き合い切れんなあと。要は、その場、その場だけの、都合勝手の答弁でと。
ある時には、会社経営してたゾと。ある時には、会社経営から離れて、年数経ってと。
ある時には、郵政民営化担当大臣してたんやと。ある時には、反対してた故、揉めて、揉めて、外されてたんやと。更には、二年間勉強での、理解深めて、賛成したと。
アンタ、一体、何が云いたいのかと。ええ加減にしたらと。逃げまくるのはと。コレ又、臆面無くの、真顔で故に、質(たち)が悪いかと。コレが、日本国の首相でと。
コレを引き摺り降ろしも出来ん、自民党の議員諸君なるは、自分が大事だけの、能無し揃いでの、ボチボチ、冗談、漫画、コメディ、余所事では、済まされへん事態ゾと。
日本国がや。

イヤ、こんな無責任野郎も、其処等に一杯居てるですと。私はよ付き合わんですと。振り回され、腹が立ちの、草臥れるだけでと。
云うたら、単なるの知り合いなら、以降、絶交での、年賀状出さずの、ケータイは拒否設定にての、付き合わんでも、済むよにと。一寸、知ってる程度ならばの、最初っから、年賀状までもは、出さんけれどと。

コイツは、天下国家、日本国の首相やでと。
結果的、政治、行政にての、預金通帳から、天引きされたり、するに不足ならばの、催促状一発、平穏なるの、家庭にも、土足で踏み込んで来ましてと。さもなくばの、家財道具一式、家でも、車でも、寝間着でもを、差し押さえるゾと。充当させるゾと。

官僚、霞ヶ関の、魑魅魍魎の、勘違い人間には、操り人形にされましての、好き勝手放題されましてと。
人事院の、ミスター渡りの、谷公士総裁(68歳)なんか、ズレて、ズレて、ズレまくってましてと。或る意味、麻生の太郎(68歳)とええ勝負かと。
オッとの、同じの歳なんやと。成る程、納得のと、云うてられへんですがと。

ホンマやでと。
同期入省しても、トップに立てるは一人だけですて。他はしかるべくの、早期退職するに、活躍の場を与えてやらんとと。
もっともらしくの、極めての、真顔、真剣にと。滑稽(こっけい)な程にと。コレで、東大出かと。
イヤ、東大出なればこその、ズレてるかと。ズレが理解出来てえへんかと。
イヤイヤ、トンでも無いと。
論理破綻なるは、重々承知の、入省即の、長年に渡って、ドップリ浸かって、汚染されたんやと。ソと主張、押し通さんと、仕方が無いのやと。私等なら、非常識に過ぎて、口にも出来ませんですがと。

よって、云うてるです。市井の製造会社に、1000時間の実習を必須としての、世間の常識をば、チラとでも、学習して戴きまして。以て、受験資格を得ての、公務員試験を受けてから、官公庁に入ったらと。
ズレさ、ズルさ、バカさ加減が、どんなに酷いか、無茶苦茶かが、多少は理解出来るかと。恥を知れ。恥をと。学習院大学水準ゾと。下手したら、下回ってるゾと。
ソレが分かってえへんしで、必死の理論武装構築で、この程度の説明を、テレビで臆面も無くの公言、正々堂々のと。ホントに日本の官僚なるは、下の下の、ゲゲゲの鬼太郎かと。
こんな程度のでは、日本国の先行き、暗澹(あんたん)、官僚の、オモチャ、ゲーム扱いされてるナと。高給取ってと。ソラ、辞められへんです。

其処等の会社に同期入社したって、上の役職数は知れてるです。代表取締役社長は一人やしと。二人も、三人も、社長が居てたら、困るんやと。
当然にしての、部署、部署の部長も、一人やしと。以下、課長が、係長が、主任がと、数は増えるけれどのと。辞めると云うて、或いは、肩叩きで、辞めさせられるに、次ぎの職場なんか、準備、斡旋なんか、誰がしてくれるやと。しやへんゾと。
云うたら、同期が減らずに、そのまま、居残るならばの、余程の仕事は楽で、超の高給くれるんやと。
事程左様に、株式会社とは、別世界かと。
一寸、この、総裁に、個別特訓してやらんとと。下界、世の常識をと。

オッとの、イッソの事の、霞ヶ関も、郵便局と一緒の、株式会社化、分社化したらと。多分ならばの、恐怖政治になるのかと。増税、ガンガンとと。
福利厚生、全部切り捨ての、されどの、間違い無くの、役人の数は減るかと。
理由は簡単の、分捕り合戦にての、分け前、減るしと。

しかるにの、麻生の太郎の首相の呼び出しにも、出向きもしいひんよな、人事院総裁なんか、罷免(ひめん)したらと。
程度の簡単な事をよしいひん故、甘く見られて、当然のと。
少なくとも、太郎君、激怒しませんとと。
(09/02/10)


NO.66 政治家のレベル(25) 麻生太郎は、悪ガキ、天の邪鬼の話

遅まき乍らの、麻生の太郎の、正体、見つけたりと。
世間でなら、勘違い、迷走と、評してるですがと。勘違いでも、迷走でもあらへんわと。
話簡単の、ご意見、発言、変遷するは、彼の、天性の性格なるが、天の邪鬼故でと。ご幼少の折りより、培われて来たの、性癖でと。
要は、右と云われたならばの、左であると。左と云われたなら、右ゾの、繰り返しでありましてと。

イヤ、ホンマやでと。世間が評するよな、高尚でも、深謀遠慮でもあらへんわと。単なるの、気紛れ、思い付きの、その場だけの方便、ええ格好しいでと。
郵政民営化の、発言コロコロにて、180度替わろおが、更に、180度で、360度になろが、無関係の、ソかと、性癖かと、承知、理解したですと。

この手のは、巷にも居てましてと。
何でも反対の、誰とは云わんの、我が区長時代の、役員にも居たですと。手に負えへんのがと。
云うたら、何でもを嫌々での、反対の、ホナラの役員受けるなよと。ハタ迷惑でと。されどの、区長以外なら、受けとかんとと。受けといたら、区長が回って来いひんしと。断るの口実でと。

イヤイヤ、普段ならばの、典型的、腰の低いの、ええ人なんやと。
只ナ、麻生の太郎は、公開の場でも、正々堂々の、コロコロのと。
誰とは、云わんのは、卑怯の典型の、陰で、反対してバッカリの、公開の場では、へえへえと。その差とするのか、落差が大き過ぎての、こっちが、振り回わさせられたですと。そんなに替わるが、信じられへんしと。
マア云うたら、ええ人であるの、印象、思い込みが災いしてたです。評価をば、修正するに、半年掛かったかと。

麻生の太郎は、その点ならばの、先の通りの、正々堂々は、正々堂々なれどの、首相やでと。町内会の一役員とは違うんゾと。
町内会の会議、寄り合いに、テレビ中継、入らへんしと。記者も質問なんか、しやへんしと。ああ云うた、こお云うたと、報道もされへんしの、そもそもがの、行事も、町内会と、その周辺程度で、其処から一歩出たらの、無縁でと。国家国民では無くの、あくまでも、町でありの、区民でと。町内会だけなら、110軒かと。

されどの、滅私奉公、世のため、町内会のためと。町内会が、自分がと、恥かかぬよにと、必死やでと。発言には、注意しまして、云うた限りは、何等かの回答を、見解をと。責任持ちましてと。
そんな意味からは、麻生の太郎坊やとは、人間性、性格が異なりましての、私等と、一緒、比較されたら、不名誉千万でと。

このお方様なるは、産まれ育ちが名門に加えての、先祖代々からの、金満家故の、ご幼少の頃より、逆らう人が居てへんしと。右を左、左を右も、ハイ、左様で御座候の、楯突く人が居てへんが、災いしたかと。
ソラ、表現変更にて、意地悪なんやと。
自分の発言にて、世間のええ大人が、年寄りが、右往左往するが面白くてと。快感を味わいの、いじめっ子でと。サディストでと。
サディストでは、困るんやと。日本国が破壊されて、ニタニタされてみいと。ソレを選んだが、自民党の諸君でと。国賊、売国奴なるゾと。

コノ手のは、理屈も、屁理屈も、理論武装も一切の無関係。
気分次第の、その場だけで、断言、云い切るがお得意の、論戦したら、正論なんか、歯が立たんゾと。最初っから、聞く耳、持たずの、土俵が違うんやと。
ソラなあ、矛盾を、屁理屈を、指摘されて、嗚呼、ソかとは成らんのやと。云うてる内容なるが、矛盾、屁理屈であるを、理解なら、言を左右に致しませんです。

その場での、自分の云う事が正解、大正解でと。昨日は昨日で、朝は朝。意に介せずのと。
ましてやの、人から、指示されたり、命令なんか、トンでも無いと。何が悲しいてと。我輩、誰と思うや、麻生の太郎坊やゾと。オマエ等、下々と、一緒にされて、たまるかと。
よって、小泉政権であれ、安倍の晋三ちゃんであれの、福田の康夫であっても、上司となんか、思てえへんです。多分ならばの、歴代首相も、説得するに、苦労したやろなあと。

イヤ、余所で、勝手な発言しましてと。
されどの、首相でも無いしで、細々とは、注目されずの、されて、アキバの皆さん。私が、麻生の太郎坊やです。漫画太郎ですと。
拍手喝采での、「有頂天」を、何と読むやろかと。「ゆうちょうてん」かと。云うてたって、知れてるですと。ダアレも気にして、聞いてえへんしと。聞いてたら、新聞紙上で揶揄されての、名実共の、漫画太郎にされてるですと。

ではあっても、町内会の会議、内々の打ち合わせやあるまいにの、餓鬼でも無くの、誰とは云わんの、突然の、豹変の、狂たみたいに、無茶発言、暴れまくらへんやろしと。
単純には、云うべきを云わせて戴くと、如何にもの、正論が如くに蕩々とと。ソラ、喋るが仕事の政治家でと。
大臣としての、仕事は何にもしんとからにと。やったよな事、云うてと。

官僚なら、コノ手の扱いお手のモノの、麻生太郎大臣様、斯くの如くにさせて戴きたくと、何卒、宜しく、御願い申し上げますの、他の歴代のでは、仕事も出来ませんでしたですがと。
流石は、天下無双の、名門、家系抜群の、麻生太郎大臣様でしての、私共を良くご理解賜りましての、就任して戴きましての、有り難い事です。
事が進みますですと、下にも置かんの慇懃無礼でもの、中身も見ずの、ヨシと、快諾でと。
ツイデにでも、歴代一番の、名の付く、大臣様でしてと。他の誰とは、申しませんですがの、麻生太郎大臣様の爪の垢でも煎じて飲んで戴きたくと。
ツイデの、ツイデにでも、時間を取って戴きましての、私共を、教育して戴ければ、無上の幸い、名誉で御座候のと。歯なんか、幾ら浮かせても、損しやへんわと。

ソラナア、解散総選挙を早急にと、イツやるのかと。ヤルヤルの詐欺ゾと。
野党、民主党が詰問したなら、逆効果かと。
我輩、誰と思うやの、しかるべくの時期にと。解散しいひんとは、一度も云うて無いゾと。
結果、ヤルとも、やらんともの、曖昧なる返答でと。実際、誰が首相でもの、こんなバカげた質問に、ハイ、左様の、早急にと。明日にでもとなんか、返答するモンかと。彼も真性バカやあるまいにと。

これこその、反対にの、ホナラの一発、麻生政権では、解散総選挙はしなくて、結構のと。任期一杯、頑張って頂戴と。
持ち上げの、ツイデになら、コレだけの高支持率なら、辞めるの必要もあらへんですと。大丈夫ゾと。自民党は、麻生政権にて、安泰の、経済危機も何のそのの、日本丸は沈みませんです。大船、巨艦、浮沈空母のと。船長、誰と思うや、麻生の太郎ゾと。
必ずや、一億三千万人の、国民の、幸せのためにもと。思いっ切りの持ち上げて差し上げたらと。

ドチミチの、辞める気配露程の、解散をと、云えば、云う程、意固地になるは、分かり切ったの話でと。
戦略、云い方、方向転換、致しませんとと。
ホナラの、ホナラで、ヨシ、邪魔くさいの、解散するゾと、成る可能性もあるのかと。性癖、理解したなら、自明の理の、マトモ、真剣に扱おたら、損するだけでと。

郵政民営化で、旗振った、小泉とか称するの、元首相をば、現役首相が、奇人、変人と国会にて、云い放つの人物やでと。
私なら、小泉なんか、香具師、詐欺師と思てるですが、しかるべくの場で、そんな失礼なる文言、吐くモンですかと。されどの、麻生の太郎坊やからしたらの、我輩に指示したの、忌々しいだけの、元上司でと。

再度の、この御仁は、自分の発言にて、周囲が、慌てたり、騒いだりが、面白くの、楽しんでるです。
矛盾も、屁理屈も、指摘されたって、憶えてえへんです。万が一の、億分の一の、憶えてても、気にしたり、真剣に受け止めるよなの、真面目な性格とは違うんやと。

そんな人間が、其処等にも居てての、唖然、呆然したですがの、結果、ガツンと一発なれどのと。
イヤイヤ、ガツンの一発なるは、当然にして、手では無くの、口で云うただけでと。我慢たまらずの、激高のと。こんな大人しい性格の、私が激高ゾと。余程やゾと。

結果、一寸は大人しくなりに蹴りの、されどの、麻生の太郎坊やなるは、ガツンと一発も、効き目は無いです。名門のオボッチャマでの、怖いモノ知らずの、云いたい放題での、反対に、屁理屈、屁理屈、無い事、無い事、並べ立てて、反論されるだけ。
自民党の諸君に、一寸でも、日本国のための政治をの、気があるならばの、責任持って、辞めさせるべきと。
コレ又、無理な話かと。自民党に政治家不在でと。民主党には、政略、政策、説得力があらへんしと。

小沢党首は、麻生首相、就任演説、冒頭解散と、云うてたですが。無しとなれば、10月までにと。年内にと。新年冒頭解散で、今度は、三月までにはと。
何の根拠で、宣うかと。根拠を示せと。予言者なら、一発目のハズレで、信用失墜の、ハズレやでと。二段、三段と、悉くの、全部がハズレで、締まらんなあと。
延ばし、延ばしで、遂には、任期満了の、9月とならば、必ず当たるですがの、予言は要らんし、具体的なる戦略、政策でと。

重ねての、米国、国務長官ヒラリー・クリントンが、17日に、来日の際小沢代表との会談を打診で、小沢曰くに、どおしても、会いたいと、云う事なら会うと。
アンタなあ。エラソな事、云うなあと。
やから、このオッサン、嫌いでと。素直に、是非と、云えへんかと。アンタの持論、米国とは、対等のと。云うべきを云うと。有言実行をば、示して戴きませんとと。民主党の姿勢を、明確にと。

更には、忘れたとは、云わさせへんの、福田、小沢の秘密の会談、密談にて、大連立構想をば、民主党に持ち帰りの、拒否されてと。何を血迷おたか、一度、代表降りまして。
慰留されて、涙流して、復帰したんやろと。有り難う。死ぬ気でやらせて戴きますと。
悪いけれどの、私は記憶してるです。死ぬ気で、ヒラリー・クリントン国務長官と、丁々発止をやって頂戴と。
(09/02/11)


NO.67 ホップ・ステップ・肉離れ(1) 今更乍らの、中川昭一元財務大臣の話

世の中、面白いねえ。
特に、政界、官界、報道の世界はと。
屁理の通らん理屈、常識外れで、勘違い、慇懃無礼の文言、行動、陰謀なるが、正々堂々の、罷(まか)り通るの摩訶不思議の世界でと。
ツイデにの、民主党は、「ホップ・ステップ・肉離れ」の頼り無い存在かと。

と、その前に、無関係みたいで、関係のあるの、2009年2月15日(日本時間)。
とは、早くも一ヶ月が経ったですが。この日、何があったかとなればの、イタリアは、ローマで開催の、G7での話でと。
誰とは、云うの、覚えてるかの、頼り無いにも程があるの、中川昭一前財務大臣が、風邪薬と、酒で、酔っ払いの、記者会見で、酩酊、呂律が回らずの、半分以上、寝てるの状態にての、オ・バ・マ・大統領が、ウニャ、ムニャの、ムニャでの、笑止千万の、世界に醜態を晒した日でありましてと。
結果、折角の天下国家、日本国の大臣職をば、辞任でと。

ダケで、話は終わらんかったですと。
その記者会見が終了で、そのままの酩酊状態にて、財務省、外務省の面々を随行させての、バチカン博物館を見学ですて。
何を血迷おたかの、このオッサン、酔おた勢いにて、立ち入り禁止区域に闖入にての、石像に素手で触ったりで、警報がブと鳴ったとか。同行の神父さんから、注意を受けたとか。
あくまでもの、報道されたの話であっての、真相不明が残念でと。
近頃の報道は、無条件には、信頼出来ませんですしと。

イヤイヤ、ええなあと。
大臣様ともなればの、6千万円の費用を掛けて、チャーターの飛行機で、現地に飛びの、業務の延長で、寸暇を惜しみの、官僚を引き連れ、名勝旧跡までもを見学が出来るんかと。

とりあえずは、G7の失態にて、大臣辞職にての、最早の中川の昭ちゃんの、話も忘れてたですがと。
掲載するにも、一ヶ月も経っての、時期遅れで、陳腐化のと。ビールも、サイダーでもの、気(け)も抜けてと。
思てるの矢先に、当人、今になって、警報は鳴って無いと。神父さんから、注意は無かったし、酒の匂いもしてへんかったと。
オッとの、このオッサンの、物差しは狂てるゾと。狂てる故に、東大法学部卒で、国会議員で、大臣様になれたかと。

あのなあと。
問題は、立ち入り禁止区域に入って、石像に触った事でありましてと。警報も、神父さんからの注意も、酒の匂いも、どでもええ話の、酒飲んでて、酩酊してたは、事実でと。
直前の、G7での、記者会見の映像なるは、世界に配信されてるゾと。
云うたら、田舎者なんやと。勘違い人間なんやと。鼻がスグに高くなるの性癖かと。外国にでも、旅行したら、旅は恥の掻き捨て、気が大きくなるの、性分(しょうぶん)かと。

自費での旅では無くの、公費、公金、税金からの、出張やし、業務なんやけどと。そんな意識、皆無かと。
掻き捨ての、恥ならばの、充分に掻いたがなと。前代未聞の、最高峰かと。歴史的、快挙かと。

私なんか、よやらんですと。
そもそもがの、博物館に置いてあるの、柵の向こうの、石像になんか、間違おても、入ってまで、触るモンかと。その上で、特別のお計らいにて、先様より、触ってみられたら、どですかと。
是非と、促されたら、触らせて戴くですがの、大体が、触っても良いモノに、柵なんか、あらへんわと。

私なら、其の前に、酒をガブ飲み、コップ一杯にて、酩酊のと。
ソレでも、触らんゾと。そもそもがの、触れられるの状態に非ずの、コップ二杯にもならばの、急性アルコール中毒にての、生死を彷徨(さまよ)わんならんですと。引っ繰り返ってるわと。
何とか、引っ繰り返らず、立てても、アンタとは違いましての、悪いけれどの、仏教に非ずの、異教であれの、歴史的造形物に対するの、畏敬、尊崇の念を持ち合わせてましてと。
非礼、無礼な、真似なんか、考え及ばんわと。

イヤイヤ、デデデの、石像に触れたの件、当人が否定せず故、本当かと。但しの、警報が鳴ったの云々なるは、財務省、外務省の随行員が尾鰭(おひれ)を付けて、触れ回ったかと。
さもなくばの、バチカン博物館内での行状なんか、記者諸君には、分からんの話やわと。映像も、写真一枚も、あらへんしと。
有ったら、記者会見同様のマンガになってしもての、ええ歳した、場違い、勘違いオッサンがと。

話簡単の、官僚とは、そんなモンやと。他人様を貶(おとし)めるは得意中の、得意技。むしろの業務の一環での、自分等の意のママになるの、大臣様なら、立ててくれるですと。
外務省と、財務省は関係無いみたいでも、官僚組織として、繋がってるわと。さもなくばの、そんな事、世に晒すモンですかと。必死に隠蔽(いんぺい)するですと。
自分等の悪事を隠蔽するが如くの巧妙にと。
イヤ、正々堂々と、やってるですがと。国民は問題外の、新聞記者も、政治家も、舐められてるしと。

ソラナア、舛添要一大臣なんか、口先だけで、何にもしいひんしで、安泰でと。官僚様の覚えも宜しくの、お目出とうさんでと。
消えた年金、年内解決も、どなんやと。後期高齢者医療制度も、何かしたんかと。決心だけの問題さえ、ウニャムニャのムニャなんやと。何で、次期首相にの人気投票にて、舛添君が上位になるのか、分からんわと。余程に国民も、議員も、バカなんやと。
その他、諸々の、小渕の優子大臣様、野田聖子大臣様も超の安泰かと。何分の、官僚様の思うがママか、何にもしてへんかったら、覚え宜しくと。論より、証拠の、麻生の太郎坊やなんか、官僚様が必死に守ってるし、解散総選挙せずに済んでるですと。

イヤイヤ、デデデの、昭一っちゃんが、グデグデに酔っ払いの、記者会見に同席の日銀総裁にしたって、何やいナと。ハタで、不愉快なる表情してましてと。酒臭いのなんか、隣りの席故、一発、分かるやろと。
不愉快なる顔、態度を示してるの暇あればの、抱えて、別室にと。当人が、抵抗したら、羽交い締め、拳骨、鉄拳をば、お尻、腹にでも、顎にでも、オムツ、オツムにでもの、何処にでも結構の、一発喰らわせの、気絶させてでもと。
体調悪しと。申し訳無しと。気絶、昇天でと。
ソラ、事実やしと。酔っ払い会見させてるよりは、数段のマシかと。国辱ものにはならへんわと。

イヤイヤ、官僚とは、この程度なんやと。怖いんやと。コレが、日本銀行総裁かと。知能と、能力、人間性は無関係なれどと。
コイツ等、何を守るかとなればの、日本国の国益に非ずの、マズは、自分の事でと。立場であり、名誉でありの、オマケで、結果的、官僚組織でありましてと。
他に何かあれば、教えて頂戴のと。少なくともの、日銀総裁が日本国の景気に如何程の貢献してるのかと。金利にしたって、超の低金利で、何を操作出来るかと。歴代、失敗の繰り返しの、ヤル事も限られてましての、絶妙、妙案なんか、一切の、よ出しもしやへんのにと。

正直、コレ程に凄まじいとは、知らなんだです。多少はあって、不思議で無いは承知の、ここまで、徹底してるんかと。
再度の、申すの、アッサリの、官僚組織を解体をと。全員首にしたらどですかと。そんな事したら、国政が混乱すると、嘘云うナと。
何の仕事もせずに、威張ってるだけ。高級戴いてるだけの、売国奴集団で、吸血鬼の、上手い話には、群がるだけの組織なんか、あるのが無駄でと。無い方が健全でと。税金の無駄が省けての一石二鳥かと。
とまあ、ホントに其処までしたら、問題なれどの、タマの万が一の、万人に一人や、二人なら、思考回路のまともなのも居てるやろしと。

イヤ、中川の昭一っちゃんの、G7のは、映像があるしで、明々白々の恥曝しなんやと。
只ナ、そおアトの、バチカン博物館での、石像に触ったの、警報機、神父さんから、お叱りの、酒の匂いプンプンの、騒動のは、「関係者」の話によればの、話の話を知ったかブリでの報道でと。
証拠の、映像無しの、話簡単の、又聞きでと。

ゴシップ専門の、三流、地方、スポーツ新聞、芸能新聞、ガリ版、壁新聞、瓦版だけとは、違うゾと。天下国家の、堂々たるの、報道機関やでと。記者が、記事書き、新聞発表の、テレビは何処でも報道のと。
一社でも、写真一枚でも、随行した、財務省のと、実名無くともの、出所元をば、ギリギリの表現でもの、明確にしてるかと。してへんわと。あくまでもの、「関係者」の話なんやと。

イヤイヤ、断っとくの、前提、昭一っちゃんはアホはアホの、G7の場で、其処まで、酒飲んだら、アカンわなあと。自制心が云々以前の問題でと。
類(たぐい)希なる、重症のアル中(アルコール中毒)、アルコール依存症で、東大出故に無教養の、田舎者でと。
出身地は何処で、親は誰なんやと。北海道で、中川一郎かと。へえと。

斯くなる次第の、摩訶不思議の国、ニッポン。
何から、何まで、面白いねえと。常識的に可笑しいねえと。可笑しいのは、主演の昭一っちゃんを筆頭に、記者諸君、評論家も同類のと。

イヤ、昭一チャンの件は、どでも結構のと。
要は、コノ手の、当人では無くの、「関係者」と称されるの存在さえが、曖昧で、不明確なる証人の発言をば、無秩序、事実かの如くに垂れ流しするの報道が、目立ちましてと。

ソラなあ、「関係者」からの情報なんか、極めてのええ加減で、無責任での、間違いなら、誰が責任取るのかの、単なるの逃げ口上にしてるだけなんやと。
元々が、報道屋が責任なんか、取らへんけれどや。そのクセ、報道の自由、言論の自由とか、エラソに申しましての、笑止千万のと。
日本国の報道屋なんか、無責任、身勝手なる、官僚の手先になり果ててと。裏で、ナンボ、お小遣いを戴いてるのかと。
或いは、脅迫されてるのかと。云う事、聞かへんかったら、以降、情報をやらへんゾと。イヤ、知らんけれどや。
ソレ程の、ええ加減な内容のを、垂れ流しで、国民を小バカにしてるんやと。
(09/03/16)


NO.68 ホップ・ステップ・肉離れ(2) 東京地方検察庁特別捜査部、「関係者」の話(1)

民主党は、ホップ・ステップ・肉離れで、情け無いなあと。
イザとなれば、足元、すくわれましてと。脇が甘いんやと。

イヤイヤ、実はの、ここからが、本命の話でと。
一連の西松建設から、偽装、ダミーの団体を通じての、政治献金を巡るの、小沢騒動の事やんかと。
全報道機関、同じ事を繰り返し、繰り返しの、「関係者」の話と称するを、垂れ流しの、ダダ流しをしてましてと。全ても、テレビ報道では、「関係者」との、文言あるは、極の一部かと。

反対には、今まで散々の、叩きに叩いてた筈の、悪評高きの、「定額給付金」支給日本一早いは、北海道西興部(にしおこっぺ)村でと。青森県の西目屋(にしめや)村でと。
一転しての、大騒動をば、お目出度い、お目出度いと、繰り返し、繰り返しの報道でと。
お目出度いは事実なれどの、手の平反したナと。流石に、報道機関は、臆面無くの、転身、転心、見事なまでに早いなあと。私なんか、脳味噌硬直化始まってましての、ついてけへんです。

イヤイヤ、私なら、「定額給付金」の支給は決まったしで、今か、今か、明日にでも、連絡あるのかと。イツ、戴けるのかと、心待ちに待ってるですがと。
一度たりともの、要らんの、拒否なんか、考えてえへんです。麻生の太郎坊ややあるまいにと。貧乏人を自他共の、自認、公認でと。
されどの、全然の、何の連絡もあらへんなあと。亀岡は大都会なんやろかと。嘘やろと。
只ナ、モっと、他に使い道がの、アトで、消費税増税では、目も当てられへんしと。ソレも終始一貫でと。
要は、二兆円もの大金を、同じ使うなら、他に有効なる使途があるのにと。バラ撒き政策なんか、アカンぞと。

デデデの、私め、古(いにしえ)には、小沢の一チャン(66歳)を好きやったですが。最近のは、余りに好きでは無いですがと。益々の人相悪くの、エラソな物言い、出ッ腹、突き出してと。
此度の問題も清廉潔白でと。強いてなら、見解の相違、事務処理上の問題と、抜かしてるですがと。嘘、バレバレでと。
イヤ、ダミーの団体、組織を通じての、西松建設からの、迂回資金、献金であるは、分かってる筈でと。さりとての、分かってるとは、口が裂けても、云えへんですがと。
バカ正直に、ン、知ってるでと。
告白の瞬間にも、蟄居(ちっきょ)で済まずに、逮捕、監禁、ブタ箱行きでと。民主党代表なんか、吹き飛びの、政界にさえ、二度とは、復帰出来ませんですがと。

されどの、アノナアと。
そもそもが、「政治資金規正法」自体が、ザル法、抜け道ばっかりのと。
イヤ、モ一発、繰り返すの、政治資金「規正」法であって、「規制」では無いです。
オッとの、ヤヤコシイ話なれどの、広辞苑によればの、「規正」とは、「悪いところを正しく直すこと。」で、例えばの、「政治資金を規正する」でと。
ホナラの、「規制」とは、「おきて。きまり。また、規律を立てて制限すること。」で、「デモを規制する」「交通規制」でありのと。

何がどんなに違うかとなればの、「規正」は、罰則もあるけれどの、余程の悪質の場合であっての、見解の相違でと、或いは、知らぬ、存ぜぬと、しらばっくれましてと。
兎に角の、修正したら、原則、オシマイかと。
「規制」は、多少の、罰則等々もありましてと。
とは、我が捕らえ方でありましての、よって、何の拘束も、規制でも無いの、「規正」故に、小沢も、事務処理上のと、形式だけの問題でと、自信満々なんやと。

ソラ、政治家が自分等で造ったが故に、内容承知、熟知の、自民党の面々も、西松建設に絡むの戴いたの、政治献金をば、道義上の問題もあるしと、返却すると、云うてるですがと。実はの、ソレでも、正解なんやと。
返却とは、一切云わんの小沢はアホなんやと。
イヤイヤ、私、法律の専門家に非ずの、政治家でも無いしで、詳細知らんけれどや。単なるの、表面的、漢字的、字面(じづら)、広辞苑で調べたの範囲からは、ソなんやろと。

規正故、返却で、結構ですと。只ナ、小沢の場合、額が3億円ですて。へえと。
額が多いし、右から、左に返却も、ナカナカにと。余所様、小沢様の懐具合は知らんけれどと。
但しの、戴いたの総額なるは、十数年掛けてやしナと。ホナラの、年に約の2500万円ですて。ソレでも、矢っ張り、へえなれどの、政治家が、自分等の首を絞めるよな、法律なんか、造らんですと。

但しの、但しで、単純では無いですの、政治献金に贈収賄が関係してたら、ソはナと。コレは、立派過ぎるの、犯罪なんやと。
この部分が、報道では、外れてましてと。何をガタガタ、下らん事を、云うてるのか、騒いでるのかと。
献金を要求したとか、請求したとか。金額についての、打ち合わせしたとかと。何を報道してるかと。余程に、政治家、官僚と同様に、新聞購読者、テレビ視聴者をバカにしてるかと。
原則、簡単には、政治活動に資するがためと、浄財、寄付金を募って何が悪いかと。反論するならなれどと。
そもそもが、職務権限無ければ、贈収賄は成立難しくと。何分の、小沢氏、野党でと。されどの、地方、石川県では、実力絶大でと。テレビ報道では、云うてるですがと。
イヤ、不思議でも、何でも無いですがと。一応は、衆議院議員で、民主党代表でと。私でも知ってるしと。

イヤイヤ、ハッキリとは、政界、官界挙げての、小沢潰しの、大々的、キャンペーンかと。
コレでもか、コレでもかと、足を引っ張って、印象を悪くさせてるの誘導的報道でと。法律的には、何の意味もあらへんのにと。極悪人であるの、報道してるだけ。
自民党議員も含まれてるけれどや。片やは、政権奪取するかの、仮にもの、民主党代表での、片やは、単なるとは失礼乍らの、お大臣様、議員様ではナと。
重さが違うかと。麻生の太郎坊やならナと。

イヤ、そんな事になったら、只でさえ、ガタガタの政治不信が、株価とは反対に一気、高騰するかと。
要は、小沢代表の件があるしで、他のお大臣様の名が出ても、ソかだけの、軽い話になってしもてと。単独ならば、大スキャンダルかと。小沢にとっては、最初っからの、大スキャンダルなれどです。

兎に角、「東京地方検察庁特別捜査部(以下、東京地検特捜部、或いは特捜部とする。)」が、小沢の公設第一秘書であり、会計責任者の、大久保隆規容疑者(47歳)を、「逮捕」したは事実でと。単なるの、事情聴取では無くの、「逮捕」やでと。
何等かの、確証あるのやなあと。
あっても、政治資金規正法でなら、記載ミス、解釈の相違の話かと。或いは、記載ミスから、贈収賄に発展を狙てるのかと。
ここでも、重要なるは、狙てるのであってと。さもなくばの、「逮捕」まではと。
イヤ、下手したらの秘書が秘書がで、自殺の可能性あっての、阻止のための、「逮捕」しての、拘束、蟄居、監禁、監視、保護の意もあるのかと。思わせるだけでも、効果絶大。

イヤイヤ、デデデの、連日の小出しの、小沢一派の、政治献金の、取り扱いの杜撰(ずさん)さ加減、額の大きさ、諸々をば、全報道機関一斉の、テレビ報道で、新聞紙上で、当然にしての、Web新聞でも、垂れ流してるですがと。
面白いなあと。
笑止千万の、子供騙しでありましてと。ええ歳した、オッサン、オバハンまでも、珍妙、摩訶不思議さ加減が分かってえへんです。

ホンマやでと。
東京地検特捜部の、「関係者」の話としてあっての、実名あらへんなあと。実名なんか、出せへん内容なれどです。
ソラ、記事拝読にての、明確記載の、何とマの、「関係者」であっての、断じての、「担当者」とはしてへんですと。
まさかの、「東京地検特捜部広報が」とも、してへんです。特捜部に、広報担当有りや、無しやも知らんけど。徹頭徹尾、紛らわしいの文言での、「関係者」なんやと。

「広報」でも、「関係者」なれどです。意味合い、全然違うし、「広報」ならばの、記者会見にて、公平に発表でと。チョロ出し、しやへんわと。質問、疑問にも、返答でと。
対して、正体不明の、「関係者」なるは、覆面を被りの、話は一方通行でと。

モ一発、出て来るは、西松建設でありの、下請けの、「関係者」の話であっての、献金担当者とはしてへんです。まさかの、会社に献金担当なるを設置したでは、アホ丸出しの、ダミーの団体でありの、団体を取り仕切るは、西松建設幹部のOBなれどです。
担当の、元幹部が、そんなバカな話を特捜部に、新聞屋になんか、するモンかと。

実名あったとての、良く拝読したらの、以て、洩れ聞こえるの斯様な話をどんな具合に思うかの、政治評論家でありの、法曹関係大学教授であるとかの、あくまでもの、伝えられ、報道されるの内容をば、正解とした場合の、前提での、ご感想、見解をば、掲載、報道でと。
話簡単の、嘘、デマかも分からんの、出所不明の、巷の噂の、正当化、真実であると、見せ掛けるがための、偽装であっての、報道機関は、凄い事、するなあと。
明らかに、悪意が伺えるですと。

ソレが、犯罪と、如何なる関係があるのかと。そもそもが、検証したのか。裏を取ったのかと。
裏を取るなら、特捜部の、「関係者」では無くの、「担当者」に直接でと。されどの、常識的に、「担当者」が、ノコノコ、出て来いひんしで、「広報」担当からかと。「広報」担当が無ければ、「総務」かと。
どっちにしたって、捜査中の事柄をば、報道関係者、記者諸君に広報なんか、するモンかと。するなら、正々堂々の記者会見でと。

斯くなるでの、報道機関なるは、もしかしての、「守秘義務」違反の、特捜部担当者の陰謀をば、支援してるの、単なるの、手先かと。
使いっ走りか、御用聞きかと。
何が本当か、憶測、デマ情報かが、当世の報道姿勢、手抜きで、インチキ取材では、分からんですと。
(09/03/17)


NO.69 ホップ・ステップ・肉離れ(3) 東京地方検察庁特別捜査部、「関係者」の話(2)

民主党は、ホップ・ステップ・肉離れで、情け無いなあと。
イザとなれば、足元、すくわれましてと。脇が甘いんやと。

しかるにの、期せずして、日本テレビの、報道番組、「真相報道バンキシャ!」にて、虚偽による証言、誤報があったとして、久保伸太郎社長(64歳)が、「取材の最後の詰めが甘かった。」として、辞任ですて。
へえと。珍しいなあと。傲慢不遜の報道機関がと。

イヤイヤ、小沢騒動には無関係の、元土木建設会社役員(58歳)が、この番組にて、「岐阜県の土木事務所では、今も裏金づくりをしている。」等々と、証言。
対して、県側が、調査の結果、「裏金の事実は確認出来ない。」として、控訴。
偽計業務妨害の疑いで岐阜県警に逮捕されたですて。

簡単には、報道するに、裏も取らずに放映の責任を取っての社長が辞任なれどの、潔いですと。ご立派でと。
報道関係の社長たるが、この程度の認識、意識、責任感を持って、番組造りをしたら、そおは簡単に、当事者、担当者でも無い、無責任なるの、「関係者」の表現にての、噂話を、さも、「担当者」「当事者」が云うたが如くの、テレビ放映も、新聞記事には、出来ひんわと。
「担当者」「当事者」にしたって、思い込み、勘違い、端(はな)から、嘘八百、虚偽の可能性がありましてと。利害関係、対立したら、当然かと。
よって、慎重に、慎重にと、裏を取るのが、常識かと。
されどの、何にもせずの、失敗の歴史は満載でと。少々の勇み足も、全社一斉の、皆で渡れば、怖くは無いと。所詮は、我が事、親兄弟の事でも無くの他人さんの話で、仕事やしと。
では、無いかいナと。

只ナ、小沢騒動は趣(おもむき)が、チと異なりましてと。
多分ならばの、全くの嘘では無いやろなあの、表があって、裏があるやろなあの、微妙なるニュアンスの話であってと。問題はソの背景と、恰(あたか)もの、犯罪であるかの如くに尾鰭を付けて、報道してるのが、気になるなあと。
されどの、対象が、政界故に、裏口一杯の、知らんで、済ませられるの別世界の話での、政界、官界以外やってみい。万が一にも、私が同じよな事をやってみいと。間違いなくの犯罪ゾと。
簡単明瞭の、強請(ゆすり)、集(たか)りにて、「東京地検特捜部」が出動なんか不要での、派出所の巡査で充分かと。現行犯か、恐喝未遂で逮捕かと。

イヤ、ホンマやでと。
何処から、どんな具合に考えても、おかしいですと。
実際に、特捜部の面々が、報道陣に、小出し、オフレコ(off the record;記録せず)を前提の、ここだけの話として、云うたろかと。捜査で得たの機密情報をば、報道記者に教えるかと。
オフレコでも、全報道機関、同じの事を報道での、ソレが、一度ならずの、度々故、報道されるを前提での、ここだけの話で、オフレコかいなあと。
ホナラの形だけは、出所不明確にしとけよと、ダケの暗黙の了解の上かと。

ソとしたらの、私め、シバケンやあるまいにの、明かなる、「守秘義務」違反で、公職追放かと。罰金モノかと。
関係者とは、誰かいナと。親戚縁者、友人、知人に、バラして良いのかと。
とするが、我が、素直なる疑問、見解でと。
イヤイヤ、されどの、中身がナと。ジックリ、吟味で、どでも良いよな話でと。ソレを報道機関が、勝手推量にての、針小棒大に発表してるだけでと。

話簡単の、特捜部と、明確にしたら、如何なるの三流情報も、「守秘義務」違反になりましてと。単純明快の、コレこその、犯罪であってと。
そんな安直なるの情報を垂れ流しとは、情けない報道機関やなあと。我が日本国の報道界の記者連中なるは、ド素人集団かと。
さもなくばの、「東京地検特捜部」からの宣伝費をば、ナンボ、戴いてるかと。そっちを追求の報道機関は無いのかと。少なくともの、「東京地検特捜部」が、「関係者」の話として、意図的に流してるかと。

としたらの、「東京地検特捜部」なんか、無茶苦茶の組織でと。
個人情報保護法なんか、糞喰らえかと。公人に個人情報も無いけれどや。されどの、無責任情報、バラ撒きかと。但しの、「関係者」やしと。「担当者」に非ずで、間違いも有り得ましてと。多少の行き過ぎもと。
結果、肝心の、「特捜部」本体なるは一切、知らぬ、存ぜぬの、逃げるが勝ちの、報道機関が、誰か分からんの、「関係者」と称するの、憶測情報をば、勝手に報道してるだけでと。

本来ならばの、本当であれ、憶測であれ、特捜部たるは、出所不明の無責任報道をば、糾弾、告訴、牽制球でも投げませんとと。されどの、無言で、何もしやへんし、報道されてるの事項なるは、本当かなあと。
常識的には、なるんやわと。一応は、名だたるの、大新聞、テレビで報道故にと。

されどの、告訴したり、牽制球なんか、投げるモンですかと。
グルなんやと。タレ流しをしまして、出所なるは、「関係者」からと、曖昧模糊なる、表現でと。「関係者」故、友人、知人、親戚縁者、通りすがりの、其処らの、オッサンやったりと。

其処らのオッサンが、「東京地検特捜部」の関係者とは、思わんけれどや。私に、警察屋はんの知り合いなら居ても、遙かなる、遠国は東京くんだりの、特捜部になんか、居てへんしと。
居たとしても、そんな話、業務上の話なんかはしいひんわと。万が一にしたとしても、肝心の、宣伝道具の報道機関の知り合いが、居てへんわと。居てても、アノナアと、耳寄り情報なるゾと、話をするのかと。
云うたら、諸般の条件、知り合いが双方に居てて、自分を含めて、守秘義務無視の、口が異常に軽くて、節操の無いヤツばっかりとなって、初めて、報道に至るですと。
イヤイヤ、深くは詮索しんでもの、特捜部と、報道記者の密接なる関係の上でかと。

ソラなあ、私めが、新聞屋はんに、電話、Faxでも致しまして。情報伝達するに、先様の誰が、相手してくれるかと。内部告発でさえも、裏を、証拠がと、云うくせにと。
イヤ、ソレが本当の姿勢、態度でと。
デマ情報を吟味せずに、全部を取り上げてたら、信用失墜致すですと。

ホナラの、「東京地検特捜部」の、「関係者」からの、情報としたら、裏を取らんでも、報道は許されるのかと。
イヤイヤ、良く良く、読まずの、斜め読みの、慌てモノからしたらの、出所、「東京地検特捜部」が如くの書き方やのにと。
私みたいなモンでも、我がホーム・ページで、無茶苦茶は掲載しやへんのにと。出所、明確の、我輩、誰と思うや、少なくともの、文責シバケンぞと。

イヤイヤ、デデデの、斯くなるでと。
相手さんが、公人であれ、他人様を貶(おとし)めるよな、情報を垂れ流しの公器としての、報道は如何なモノかと。
しかも、さぞかしの、「東京地検特捜部」からの、情報が如くの、偽装までしてと。
イヤ、明らかなる偽装でと。偽装が云い過ぎならばの、インチキ、誤魔化しでと。何かと、報道の自由とエラソにと。何が報道の自由かと。権利を主張の前提には、義務があるです。正確性の追求でと。
間違いを出来る限りの最低限に抑えるの努力をと。ソレを怠るよな、報道機関に、値打ちは無いのやわと。顔を洗て、出直せと。

モっと、云うたら、報道機関なるは、国策、政争の具と、化してるかと。「東京地検特捜部」の中身までもが、情け無いなあと。
仮にもの、秘書が、「逮捕」故に、スグにも、証拠が突き付けられ、民主党の小沢代表の素っ首、飛び跳ねるかと。民主党も災難かと。ホップ・ステップ・ジャンプで、政権奪取かと。
思たですが。小沢代表、蹴躓いてしもての、脱臼、肉離れの、「東京地検特捜部」たるが、何をモタモタ、してるんやと。天下国家の、エリート集団、国家権力の先導部隊たるが、情け無いなあと。

元東京地検特捜部の面々に、国策捜査はあるのかと。評論家なるが、テレビで、アホな質問したりして。
オッとの、質問に釣られて、ありますとなんか、返答してみいと。ソレこその、真性アホでしてと。返答された方も、質問し乍らも、唖然、呆然かと。単純なるの、誘導尋問に引っ掛かるよなのが、特捜部に居たのかと。知能指数、低いナと。
残念乍らの、私なら、即の、引っ掛かるけれどや。
元々が、知能は低いし、隠すの苦手やしと。とてもやないけど、勤まらんですと。
(09/03/18)


NO.70 ホップ・ステップ・肉離れ(4) 国策とは、誰の策かの話

民主党は、ホップ・ステップ・肉離れで、情け無いなあと。
イザとなれば、足元、すくわれましてと。脇が甘いんやと。

そもそもが、警察権なるは、国策でと。国家権力のために、あるですと。他にも、あるなら、教えてクレと。
例えばの話、デモして、デモ隊の要求妥当で、デモ隊を守るの機動隊があるのかと。
ソラナア、万引き、カッパライ、痴漢、詐欺、刃傷沙汰にも、警察が動くですがと。治安維持のためでしてと。治安が乱れたら、国家の面目立たんですと。

但しの、日本国の場合、国民に対するでと。北朝鮮の拉致には動かんしと。マア云うたら、内弁慶。
トカトカ、余りに、過激、余計なる文言は、避けませんとと。私なら、全くの敵対視なんかせずの、大いに頼りにしてるですと。町内会にも、多いしと。我が組にも居たはってと。組でなら、15軒で2軒やでと。

そんな事は、結構の、只ナ、間違おてならじの、国策も、政治家、政権与党とは、限らんですと。
法律に則り、日本国の官僚が牛耳ってるが、正しい表現かと。そもそもが、特捜部を動かすの権限、誰にあるのかと。単純明快の、官僚ゾと。特捜部の部長ゾと。
社会保険庁で、年金記録を改竄(かいざん)したり、消したり、パクったりの、実行犯が、特捜部の調査で、捕まったかナと。警察が取締りに出動した事があるのかナと。
全てはウニャムニャのムニャでしてと。

ソラなあ、元防衛事務次官の、守屋武昌が山田洋行の、収賄罪で捕まったですが。コレは余りに、目立ち過ぎたし、特定出来るしと。
夫婦で、寄生虫が如くの、ゴルフ三昧、接待浸けでの、まさかの、コレを放置で、検挙しやへんかったら、日本国が国家としての、体制、形式、面目、無くなるですと。
社会保険庁のは、組織的犯罪にての、隠蔽(いんぺい)でと。実行犯の数人が、捕まったけれどの、肝心の、指示命令の、大元であるの、社会保険庁長官等々の、幹部、官僚なるは、安泰でと。
コレだけの、犯罪、詐欺、横領を組織的に実行して、厚生労働省の、次官、大臣が、責任を取って、辞任もあらへんしと。
単なるの、下っ端、トカゲの尻尾切りでしてと。不思議の国、ニッポンかと。

ツイデになら、厚生労働省の有識者会議、「高齢者医療制度に関する検討会」(座長;塩川正十郎元財務大臣)にて、英知を結集にての、半年間、精力的に検討されましてと。
されどの、座長が、何分の、チと世間ズレしてるの、大阪の好々爺(こうこうや)、塩川正十郎氏(87歳)殿やしナと。後期高齢者医療制度も何のそののと。

例えばの、とあるの、中京テレビでの、「許せない消える年金」なるテーマで、「国民年金だけで議員は生活できると思われますか。」
なるの、質問されて、「ホンナン、出来るかいな。議員はアンタら、国民とは、生活のレベルが違うやないか。月100万円掛かるよ。皆、人間平等だと思てたらトンでもない間違いだよ。」
とかとかの、ツイツイの、真正直なる、ご返答でと。

そんな程度の認識の爺さん故に、結果、意見集約出来ず。せずの、話簡単の、手抜きしたかと。
ソラナア、意見を羅列したのみでの、結論なるは、「後期高齢者医療制度」なる、「名称」を、速やかに、変えたらと、ダケでと。
コレが、日本国屈指の有識者、英知を結集にての、半年間も頑張って、考えに、考えた挙げ句の果ての、結論かと。アノナア、アンタ等なあと。
所詮は、厚生労働省の官僚と、舛添要一大臣が主導で集めただけの、有識者、日本の頭脳の結集かと。英知、実行力、名案の持ち主かと。
そんな程度の認識に加えて、結論で、人を集めて、手数料、諸経費取って、税金を浪費して。時間喰てたら、世話無いなあと。顔を洗て、出直せと。

ホンマやでと。
親不孝者揃いの、別世界、浮世離れの官僚と、大臣でと。
最初っから、ヤル気なんか、あらへんの、天下国家の日本国の有識者にしても、元からして、あらへん知恵は出せへんわと。凡人でも、三人なら、文殊の知恵、名案が出せるのにと。

頭脳明晰のが、五人も、六人も居てての、人数知らんけれどや。バラバラではナと。むしろの、そんな意図で集めたかと。
やるならばの、最初に方向性を示しませんとと。こやって、あやって、こんな具合にやるんやでと。手取り、足取り、道筋全部を指導致しませんとと。道に迷いの、現在地不明となっての、無知蒙昧の、私が、一人でも、よ出さんよな、バカな結論になるんやわと。
にしても、良くゾまの、こんな結論をば、臆面無くの出せたなあと。この事こそを感心したです。大したモンやと。度胸やと。日本国の有識者諸君は、情けないなあと。

イヤイヤ、コレ又、国策でと。官僚の、官僚のための、官策、愚策の奸策、姦策でと。やってるフリしてるだけの、時間稼ぎでと。
最初っから、結論ありきでと。責任は、全部とまでは、申さんの、有識者検討会での結論に従いましてと、大見得切って、云えますですと。代案なら、通称の、「長寿医療制度」があるですがと。名称変更して戴いても、中身一緒の愚策ではナと。

云うたら、億分の一の、仮にもの、私が厚生労働大臣ならばの、こんな程度の結論を出されたら、瞬時、我が耳、目を疑いの、夢か、現(うつつ)か、幻(まぼろし)か、マンガの世界、麻生ワールドかと。プと、噴飯のと。
我れに帰れば、諸君はアホかと。激怒の、突っ返すです。塩爺様よ、冗談は、顔だけにしてクレと。
とまでは、後期高齢者に対し、失礼千万故に、コレで、国民が納得すると思わはりますかと。塩川さん、アンタは、どですかと。
多分ならばの、そおしんと、医療制度が破綻するやないかと、返事が来るですがと。アノナアと、有識者はそんな事まで、考えんでもと。斯くあるべしと、ええ格好で結構でと。アトは、依頼者の判断でと。

とは、我が考えにての、本来ならばの、舛添君、お得意の、大袈裟なるの、パフォーマンスで、やってみたらと。嘘でも、冗談、お芝居でも、激怒しての、云うてみたらと。
されどの、しやへん、云わへん故に、奸策、官策、舛添案に従おてるだけですと。さもなくばの、正真正銘の一任、任せっ切りはあらへんわと。事前にでも、厚生労働省の誰かが、調整するですと。
イヤ、多分ならばの、事務方、マトメ役なるは、厚生労働省の役人故でと。こんな下らんのを、そのままに、公開の場で晒すかと。どかしてるわと。

ソラナア、舛添君の持論、曰くに、介護は、専門家に任せるのが宜しいと。へえと。アノナアと。
専門家に任せられるは、相応に資金力のある人やと。頼むに、任せるに、只ではあらへんわと。加えての、後期高齢者ご当人も、専門家を好む人もあれば、好まん人もありましてと。
確かに、家で面倒見てたら、家族は大変やけどと。舛添君は、実態知らんのやと。自分は介護した。介護したと、口先だけで、吹聴してるだけやしと。

ハッキリとは、後期高齢者医療制度は、家族の分断でありましてと。税制、書類上からさえもと。
家族である、息子夫婦、娘夫婦に書類上だけでも、扶養家族になっててみい。税金が多少なりともの、救われるですが。分断され、孤立させられ、少ない年金からも、天引きですて。へえと。よおやるなあと。お代官様わと。

結果、「百年」安心の筈の、少ない年金は目減りで、削ぎ取られてるのに、「百年」に一度の経済危機では、消費の喚起は年寄りからと。
理由は簡単の、年寄りなるは、資産一杯やしと、理論武装も破綻の論法をば、誰が抜かしてるかと。
一体、イツから、年寄りが金満家になったかと。宝くじでも当たればやけどと。
イヤイヤ、私めなら、マダ、年寄りとは、思てえへんですがと。孫娘が居てるし、爺さんは自認なれどと。少なくともの、間違おても、金満家に非ずの、日々の生活をば、どしょかと。

イヤイヤ、デデデの、斯くなる次第の、斯くなるでと。国策、陰謀にも、種々あってと。
決定権者が誰であるかが、問題のと。ソラ、一番に権限あるは、天下国家、日本国の首相やけれどや。
モノによるですと。警察権の行使まではナと。
但しの、交通違反も、お抱え運転手付きで、安泰やし。何かの問題も、第三者を通じましての、アノ件、どなってるかと。問い合わせでもしたら、不問に付されるかと。
とまあ、其の程度の、特権なら、地方でなら、あるやろと。別段の首相で無くとも、土地で有名なるの、名士、金満家ならと。

国策として、そんなモノはあらへんの、反論としてです。
時の首相であったの、田中角栄がロッキード事件で、捕まったですが。
よって、国策では無いとするのが居てるですがと。
自民党議員も、公職選挙法で捕まったり、贈収賄で議員辞職したりと。此度も、自民党議員の名が出てるですがと。私から、云わさせて戴ければ、国策なんやと。奸策、官策、官僚の陰謀なんやと。

そもそもが、特捜部なるの、宣伝文言なるは、巨悪を許せえへんと、豪語なれどの、巨悪は、其処等に一杯あってと。
何を選ぶかの、取捨選択と違うのかと。全部をやってえへんのと、違うかと。あくまでもの、特定の意図、狙い、意志を持っての、捜査でと。
さもなくばの、東京地検特捜部の捜査員をば、総動員で、やるモンかと。
足らずで、余所から、応援を求めてるのにと。人件費の無駄ですやんかと。
(09/03/19)



inserted by FC2 system