シバケンの天国
YU−KOKU<再び>憂国YU−KOKU
NO.3

再び憂国NO.1 再び憂国NO.2

憂国 間違い 言いたい
表題一覧表 トキの話題 云いたい放題

目次

再び憂国NO.4

NO.30 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(18) 三馬鹿体制の話

NO.29 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(17) 世界に応援をの話

NO.28 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(16) 日本国政府は秘密主義の話

NO.27 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(15) 汚染水放流の話

NO.26 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(14) 避難場所のトイレ対策の話

NO.25 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(13) 野菜、原乳等の全量放射線測定をの話

NO.24 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(12) 活性炭、竹炭の話

NO.23 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(11) 風評被害、川柳の話

NO.22 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(10) 技術立国日本崩壊の話

NO.21 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(9) 何がための頭脳の話


「みんながパソコン大魔神」投稿記事
NO.19 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>


再び憂国NO.2


NO.21 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(9) 何がための頭脳の話

【シバケン】 2011/04/01 (Fri) 01:23

さもなくばの、何がための、頭脳、知識、経験、技術かと。

イヤ、恥ずかしいねえ。
フランスのサルコジ大統領が、菅君に具体的支援を申し出たです。
既に、フランスの原子力会社、アレバ社社長が技術者を同伴で来日してるですが。
ロボットも提供すると。

米国は、放射能被害管理専門家集団140名を日本に派遣ですて。
ロボットの提供は既に、されてるですが。

コレが実行力なんやと。
こんな、こんなやと、現状の数字を示して、自粛せよと、お話してるだけでは、根本問題は解決致しません。
結果、無為無策で、三週間。

三週間経って、事態は好転せずの、深刻にと。
コレが、日本国の実態でして。実力でして。
世界に知らしめたです。
マザマザと、見せつけられてるです。怖いなあ。

保安院西山英彦審議官(54歳)。
頭脳明晰にて、ハーバード大学大学院で勉学しよが、メッセンジャー・ボーイを務めてるでは、意味無いわと。
記者会見で、薄ら笑いをしてる場合かと。
放射能の数値を淡々と、何千倍、何百倍であると、伝えて、何になる。
ソレが審議官の仕事なら、審議官も、原子力安全保安院もいらんわと。
高級取りがメッセンジャー・ボーイかと。

日本国民は、世界は、具体的対策の、見通し、進捗度合いが知りたいです。


とは云え、この審議官、原子力の専門家に非ずの法律家でして。
ソレが何で、メッセンジャー・ボーイをして、自分の見解を述べてるかと。

そんな話は結構の、原子力関係の学者は何故か、顎髭(あごひげ)を蓄えた面々が多いかと。
格好付けてるのかと。
付けるの暇があれば、名案をと。さもなくばの、評論家でして。

イヤ、思うに信ずるに、学問、知識とは、実際に利用して、応用出来て、値打ちかと。


NO.22 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(10) 技術立国日本崩壊の話

【シバケン】 2011/04/01 (Fri) 22:47

イヤ、凄いです。
フランスのサルコジ大統領(56歳)は来日されてたです。
3月31日に、ア菅君と会談したですて。

福島原子力発電所の対策で、全面的支援を約束ですて。
汚染水処理の技術者は来てるし、ロボットもと。
ここに来て、やっと、動きが出て来て、期待を抱かせるです。

イヤ、日本国の政官民から、外国の支援が具体化して来たからでして。
如何に、日本国のやってる事が、情けないかの証左での、小学生の子どもでも、ラジコン・ヘリコプターの発想ならしますし、ロボットの活用なんか、日本人のホボの全員が当然と、してたかと。
むしろ、何で、登場しやへんのかと、不思議で、不思議の、摩訶不思議でと。

何で、危険、危険の、様子も分からんの設備の建屋内に決死隊同然、命懸けで、作業者を向かわせるのかと。
真っ暗なら、赤外線もあるのにと。
イヤ、自衛隊、消防隊が、真っ暗な中を作業のビデオを公開されてたですが。
赤外線は、全部、空想科学小説、SF映画の世界かと。
日本は石器時代の、原始国家かと。

赤外線カメラなんか、変質者が駆使してると違うかと。
そんなための、開発で、市販なら、赤外線技術は不要の、即刻、廃棄、抹殺せよと。
バカバカしいわと。

イヤイヤ、事程左様に、此度の震災では、日本国の備えは、何にも無くの、技術立国とは、幻想でありましての、単なるの、砂上の楼閣であったかと。
誰もが、思い付くの初歩的ツールを何故、使わんのかと。

ソやのに、いの一番に、支援表明の、米国、ヒラリー・クリントン国務長官(63歳)が、冷却剤の提供等々、日本国政府に打診したなら、不要と断られたですて。
へえの、遠慮は無用の、断ったヤツの実名を明かしたらと。
ここらが、日本の報道のまずさで、サルコジ大統領の件も、ヒラリー・クリントン国務長官の件も、大々的に報道すれば良かったのにと。


NO.23 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(11) 風評被害、川柳の話

【シバケン】 2011/04/02 (Sat) 00:03

福島天栄村の牛肉で、基準値以上の放射線検出と。
発表されて、再検査では、検出されず。
発表するからには、二度、三度と、確認してからにして頂戴の、それで無くとも、風評被害で、「福島産」とだけで、ダダ安値。

とは、別途の、ケンイチ君から、メールが一発。

「被災地で盗難の被害金額が、1億円以上だそうです。
とっ捕まえた犯人は即福島原発の瓦礫撤去などの最前線に送り込むべきだと、総理に提案したい気持ち。」

イヤ、同感でして。

での、ついでにと、「朝日川柳」<朝日新聞>を連絡してくれたです。


加害者がえらそうに電気を支配する
<伊勢原市 佐藤裕>

専門家いつもはどこで何してる
<名古屋市 池俣淳>

影響が出る頃この世にいない
<二戸市 佐々木紀明>

そう言えば本家友愛雲隠れ
<横須賀市 青木恭子>

原子炉が地産地消を買い占める
<高槻市 富田美義>

被災地で感動探すリポーター
<西海市 前田一笑>


NO.24 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(12) 活性炭、竹炭の話

【シバケン】 2011/04/03 (Sun) 01:59

再度の、ケンイチ君から、メール一発。

東京都水道局が金町浄水場にて採水した浄水に210ベクレル/kgの放射性ヨウ素(ヨウ素131)が検出された。
3月19日に各都道府県水道行政担当部(局)長宛で厚生労働省水道課長名の、<福島第一、第二原子力発電所の事故に伴う水道の対応について>という通達がなされた。
<消滅・削除・12/06/12>

通達の、
4.放射性物質の浄水処理については、知見の数が少ないものの活性炭処理による除去効果を示す知見が存在するため、指標値に近い値が検出された水道事業体等においては粉末活性炭等による処理の実施を検討し、指標値以下となるよう取り組まれたい。

(参考5)浄水処理によるヨウ素131<除去効果を示す知見>
・アルミニウムを凝集剤として用い、活性炭(5〜15ppm)を添加した場合、凝集沈殿によるヨウ素131の除去率は約6〜7割除去できる知見が報告されている。

・粉末活性炭によるヨウ素131の除去実験では原水への添加の場合、活性炭注入率が5、30、200mg/Lで、ヨウ素131の除去率はそれぞれ74%、100%、100%。同様の実験をろ過水に添加した場合、活性炭注入率が5、30、200mg/Lで、ヨウ素131の除去率はそれぞれろ過水の濃度からみて22%、39%、47%であった。



東京都水道局がおそらくこの通達に従ってだと思うが、活性炭の投入量を大幅に増やしたという記事を読んだ。それで、いろいろ調べてみると面白いことが分かってきた。

<参考=「東京都水道局」(TVで見た蔵)><エラー・削除・11/09/16>

又、どんどん調べていくと、どうやら活性炭より竹炭が放射性物質の除去にはより効果が高いという話もあります。


NO.25 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(13) 野菜、原乳等の全量放射線測定をの話

【シバケン】 2011/04/03 (Sun) 23:58

別途の友人から、メールが一発。
イヤ、最近、メールを沢山戴きまして。
一寸、紹介致すです。

食物の風評被害に関するの件>です。

「まず最初に食べなければいけないのは、血税から多額の報酬をもらいながら国民に安心感を与えられない無能な国会議員であり、対応が後手後手で有効な対処が出来ない無能な東京電力の幹部達ではないでしょうか?
どうせなら『居酒屋 汚染』 とか、『クラブ 風評』 とか、放射能汚染されたり風評被害を受けた食品のみのメニューの店を作り、議員さんの夜の会合や、東京電力の偉いさんの接待は、この店の領収書でなければ落とせない法律を創ろう!
というくらいの発信をしてはどうですか?」

イヤイヤ、同感でして。


更になら、食料品の出荷可否なるは、地域別で決めず。
又、自治体が責任を持って、全量、放射線検査をしたらと。
その方が安全、確実でして。
<参考=放射線測定器>
<消滅・削除・13/06/23>


NO.26 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(14) 避難場所のトイレ対策の話

【シバケン】 2011/04/04 (Mon) 00:24

ケンイチ君からのメール。

イヤ、彼は、1995年1月17日の阪神・淡路大地震の際、避難した経験を持つです。

「災害時の避難所でいつも問題になるのが、トイレです。
我慢して病気になる人も多いと聞きます。
仮設のトイレは階段があったり、狭いなど、幼い子どもやお年寄り、障害者には使い難い構造になっています。
何も仮設トイレでなくても、地面に穴を掘ったり、地元の工務店が建築用のパネルで囲ってカーテンをつければトイレになりますよね。
ダンボールに穴を開けてごみ袋をつければ、りっぱな洋式トイレとなります。

トイレの消臭に消石灰やもみがら炭が有効と聞きます。(まだ試したことはありませんが)。石灰は学校のライン引きで使われており、家庭菜園されておられる家庭では、土壌のPH調整に石灰を使います。猫、犬用の砂も凝固、消臭で効果があるそうです。
是非、各家庭でこれらの備蓄を呼びかけてはいかがでしょうか。」

<「もみがら炭」がトイレ消臭やオイル吸着に効果>
日刊工業新聞(11/03/29)

進展工業(新潟市西区、長谷川弘 社長)は、もみがら炭の増産に着手した。
東日本大震災の被災地向けに、トイレ消臭とオイル吸着の機能で需要が急増していることに対応する。受注量が平常時の4から5倍になっているため生産ラインを2交代にして、0.5?入りのもみがら炭換算で2倍の月産1万袋まで引き上げた。

同社は泰平商会(新潟市中央区)を通じて電力関係に0.5?入りもみがら炭を8000袋、2?入り同を1000袋、8?入り同を250袋を24日までに納めるなどしている。

被災建物は「断水で被災者がトイレを流せず悪臭が発生しているため、もみがら炭の消臭力と液体吸収効果が役立っている」(長谷川社長)という。排泄後の袋に、もみがら炭をかけるという簡単な使い方。

一方、電信柱にあるトランスの倒壊で、流出したトランスオイルの吸着作業でも、もみがら炭が効果を発揮している。もみがら炭は静電気を帯びないため、オイルなど発火の危険がなく安全性も高い。

進展工業では受注残として、0.5?入りのもみがら炭4000袋があり、避難所で暮らす被災者に早急に届けられるよう増産を続ける。また電力関連からは2?入り1万袋の追加引き合いがある。もみがら炭はアルミ蒸着袋に封入されており長期保存できるほか、土中に埋めれば土壌改良材になる。


私も園芸用にとJAの"パスカル三田"でもみがら炭を買いました。かさばるのと、臭いがするのが少々難点ですが、園芸用の苦土石灰とともに保管しています。


NO.27 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(15) 汚染水放流の話

【シバケン】 2011/04/05 (Tue) 00:36

<低レベル汚染水を1万トン、海に放流>

まあ云うたら、既にやってまして。高濃度のをガンガンと放流してまして。
こっちをやってて、低レベルのをそのままもおかしな話でありまして。

原子力安全・保安院の説明によればの、さもなくばの、発電所の設備が水没の恐れがあるですて。へえと。
加えての、ガンガンと高濃度汚染水放流を喰い止めるが目的ですて。フウンと。

よって、高濃度汚染水の保管場所の確保のため、低レベル汚染水を海に放流致すですて。
ご無理ごもっともな話ではあるですが。
早くに、溢れ出るの汚染水の源泉を見つけませんとと。
ホンマやでの、自社工場、原子力発電所の構造さえが、分かってませんですて。

云うたら、汚染水放流は既に、分かってたです。見え見えでして。
一生懸命に口実作りをしてまして。
湧き出るの汚染水の源泉が見つからんかったら、何度でも、いつまででも、高濃度汚染水を海に放流しんならんです。
ではありましても、対策する事が最優先事項でありまする。


イヤイヤ、私め、過日(11/03/31)、既に、掲載してるです。
>イヤ、イツか、決断が要るです。
今、海に流出させるか、万事、万策尽きて、更に高濃度の汚染水を流出させてしまうのかと。
<参考=NO.18 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(6)

での、考えてみれば、政官民の三者では無かったです。
政<政治屋>も、元官僚が多く、官<官僚>は官のままで、民<東京電力>も官からの天下り先でして。
言語明瞭の、全員が、「官」でして。
おまけで、首相が、「菅」直人。
救われる筈が無いなあと。
冗談云うてる場合で無いです。最悪かと。
現に最悪の事態に進行中でして。どこかで、脱皮をして戴きませんとと。

ソラ、三者共に、知恵無く、行動力無く、責任感が無く。
知恵とは、臨機応変が要求されるの、応用問題であり。
行動力とは、記者会見に臨んだり、視察をする事で無く。
責任感とは、出荷停止を申し渡す事では無いです。

出荷停止は、自己保全、保身が目的でして。
知恵無く、行動力無く、責任回避で、お達しされても、当事者は困るです。


での、三者なるは、失敗しても、成功やし。
大失敗なら、あいつが、こいつがの、責任のなすり合いで、私は、反対してたのにと、知らぬ存ぜぬの頬被りやし。
大成功なら、突然の表明の、私が提言、汗をかきの、やったんやと。
自慢だけはしっかりとと。


NO.28 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(16) 日本国政府は秘密主義の話

【シバケン】 2011/04/05 (Tue) 01:13

加えての、公開、公開とし乍ら、秘密主義やし。
世界では、放射性物質の拡散状況を報道してるですが、本家本元の、日本国ではしてませんです。
したら、四方八方で、日本国中が騒然となるからかと。
それは、発表の仕方次第でありまして。

で、
日本には原子力事故時に放射性物質の飛散予測を行う、「SPEEDI」なるシステムがあるですて。
されどの、日本国政府は、予測情報さえも公開してませぬ故、批判されてるですて。
批判されてから、公開してるよでは、ア菅なあと。
何をビクついてるのかと。

折角の、対策本部を設置してても、魂が入ってませんので、機能せず。

での、何よりも、知恵無く、決断力の欠片も無いのが辛いです。
枝野君も、ア菅君もええ格好してるだけでして。
最早の化けの皮も剥がれてるです。この程度やと。

イヤイヤ、ホンマやでの、ア菅君は、即刻にも馬脚を現したですが。
枝野君は、モ一寸だけでも、ましかと思たですが。顔が、態度が、耳タブがデカイだけの、発想力の乏しい、口先だけの人でしたです。

イヤ、枝野官房長官殿曰くに、野菜、牛肉、原乳等々の、放射能汚染の出荷制限についは、都道府県単位では無く、市町村単位でやると。

こんな事、今頃何を抜かしてるかと。今頃でも、多少はマシなれどです。
最初っから、都道府県単位が無謀、無為無策でして。

そもそもが、弁護士崩れでありまして。
原子力の事は分からんわと。

イヤイヤ、官僚の云うがままにやってるでは、日本国は消滅致すです。
オトトの、政治主導は名ばかりで、実態は、官僚から、面従腹背、総スカンを喰ろてるのは一目瞭然の、分かってるです。
分かってえへんのは、民主党の政治屋だけでして。
こんな時には、官僚を頼り切っての、云うがまま故、庶民が苦しむわと。

知恵無し、行動力無し、責任感無しでして。
我が自説、全量、放射能検査をしたら宜しいです。
余程に安全確実でして。
出荷元、産地も納得かと。


NO.29 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(17) 世界に応援をの話

【磯津千由紀】 2011/04/05 (Tue) 05:20

 シバケン様、おはようございます。

 とうとう、初の「意図しての放射能の放出」が始まったんですね。
 ECCS用発電機ダウンから、此処まで酷い事態に至るとは、思わなかったです。「馬鹿な見落とし」によるスリーマイル島も丸一日以内で収束したんで、設計思想論外のチェルノブイリを別にすれば、史上最大級の原子力事故です。(注:スリーマイル島では、4基の原子炉のうちの2基が現在も稼働中ですが体制は全面的に見直されましたし、近隣の川で釣った魚を市長が率先して食べています)
 東芝製も含めて基本的に米国の設計ですから、悪環境下(衣食住を含む)で頑張ってることには称賛を惜しみませんが経験の無い日本人よりも、米国の専門家チームが一番頼りになると思うです。
 ただ米国流は基本的に大雑把で、日本人官僚が処置に許可を出さないのではないかと。この非常時に、細かいことに拘っていてはならんのです。
 仏チームも頼りになると思うです。深刻な事態を想定した訓練を積んでるです(冷戦時代、発電所が攻撃を受けることまで想定してましたから)。
 今こそ、全世界の知恵を集めねばならんとき、日本の政治家・官僚は邪魔です。


【cyclo】 2011/04/05 (Tue) 12:00

シバケン様、長らくご無沙汰しています。
自分なりに腹立たしく感じている事、公開にマズい文章もあると思いますが、適当に端折ってください。

さて、今更ながらに思うのは初期対応のマズさです。
最初に米国からあった原発事故支援の申し出を政府が断ったとかなんとか、廃炉前提の提案だったようで…
結果は泥縄で核拡散が世界的な迷惑になろうとしています。

8号機まで計画のあった福島第一を失う事は、東電にとって大きな損失になのは判るが、それ以上にあとの経過がこの国の損失をどこまで拡大させるか計り知れません。
この国のエネルギー政策は、特定の企業団体が牛耳れるような法制度になってるし、原発=電力に限らず原油も同じ。
多数の天下りと取巻き政治家の、巨大な利権が渦巻いている構図が、対応のマズさに繋がっているように思えてなりません。

原発安全性の議論でも、震度7以上を提唱した有識者は排除され、都合のいい推進派だけの原子力政策だし、国民には「絶対安全だ」と言いながら、「想定外」で責任を逃れようとするフザケた輩である。
<原子力なんとか院なんて何にもできな院>

TV番組で問題の深刻さを訴えたコメンテーターは姿を消し、あたかも報道規制が敷かれた如くありきたりの解説だけになってしまった。
「問題ないレベル」とは何ぞや?
閣僚が一人も現場から声明を発する事もなく遠いところでボソボソ…
首相はどこへ消えた?
政府は国民を愚弄しているとしか思えません。

現場でそれこそ命がけの対応をしている職員や作業員たちに、そして悲痛な思いで非難している住民に、どう申し開きをするのでしょうか?
そして国際的信頼を失墜させ、莫大な国益を損なうことになると思えてなりません。
「想定外」と判って発言するのなら「何もできない」ではなくて、「想定以上の対応をする」と言う意味だと思うのですが、人が良すぎるのでしょうか?

関西には若狭湾に「もんじゅ」をはじめ、原発がいっぱいあって、今回のような惨事になれば水瓶の琵琶湖が…
京阪神は全滅でしょうね。


【シバケン】 2011/04/05 (Tue) 16:33

磯津千由紀さん

>とうとう、初の「意図しての放射能の放出」が始まったんですね。

東京電力の担当者が、涙乍らに訴えたですが。
経済産業省の海江田万里大臣(61歳)が、
「苦渋に満ちた、やむを得ない措置であり、これを最後にしたい。」と。

最後に出来るの確証はあるのか、貴君のお知恵はと。
道筋をチラとでも、説明して頂戴です。

まずは、この海江田万里がイツ、苦渋に満ちた顔、表情をしたかと。
東京電力の無計画なる計画停電を原案のままに認めまして。経済産業の足を引っ張りまして。

折角の支援を申し出た、米国、フランスの提案は、蹴りまして。
東京都の消防隊に、命令を聞けと。聞かんかったら、処分をすると。筋違いの指示を出しまして。
後刻、石原慎太郎都知事から、チクリと刺されまして。アホやなあと。

>今こそ、全世界の知恵を集めねばならんとき、日本の政治家・官僚は邪魔です。

その通りです。
悪いですが、日本国の面々の知恵、技術力は、充分に分かったです。
最早、自尊心は捨てて戴きませんと、全世界に影響を及ぼすです。



オッとの、cycloさん、お久しぶりです。

>自分なりに腹立たしく感じている事、公開にマズい文章もあると思いますが、適当に端折ってください。

イヤ、拝読致しましたですが、同感です。

>「問題ないレベル」とは何ぞや? 閣僚が一人も現場から声明を発する事もなく遠いところでボソボソ… 
首相はどこへ消えた?
政府は国民を愚弄しているとしか思えません。

その通りです。
閣僚に危機感が感じられません。
言葉巧みに逃げてるだけでして。
海江田万里君こそが、総責任者として、福島原子力発電所に陣取りまして。
作業者と一緒に活動致しませんとと。

遠くから、苦渋の選択されてたではねえ。
しかも、近隣諸国に一言の断りも無くですて。へえと。

イヤ、多分なら、海江田万里君は官僚に総スカンを喰てるです。
その程度の事は、官僚諸君は承知してる筈でして。
大臣になりたいだけで、何の配慮も無しの海江田万里君では、日本国の経済も、産業も壊滅かと。


NO.30 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(18) 三馬鹿体制の話

【シバケン】 2011/04/06 (Wed) 01:19

福島原子力発電所問題はイヨイヨの、お先真っ暗。
政官民の三位一体では無く、三馬鹿状態。
では無く、なすり合いの、親方日の丸組に責任を押しつけてまして。

イヤ、政治は、食材の出荷抑制、停止の範囲と品目を云うてるだけ。
原子力安全・保安院と、海江田万里君は、低濃度汚染水放流なるは苦渋の選択であると、訳の分からんの事を云うてるだけでして。
イヤイヤ、正確には、高濃度汚染水を垂れ流しをしてるよりは、低濃度汚染水を放流する方がと。

結果、水ガラスなりの土壌凝固材投入にて、取水口からの放水量はやや減ったとされてるですが、減った分はどなるのやろねえ。
当たり前に、貯まるのやろねえ。
どこにやろねえ。

頭脳明晰、周辺熟知、賢い面々が、必死に検討、考えた末の結論です。
私共の浅知恵では無いです。

と、しとかんと仕方が無いです。所詮は、私共の考えは、届く事はありませんです。
届いた頃には、手遅れでして。

イヤイヤ、現時点、当時者は、取水口から流れ出る水、しかも、発電所の放水が如くの水量をせき止めるを目標にしてまして。
是も非も無いです。一点集中。

で、諸般挑戦で、上手く止められずにサテのどこからの水かと、沈思黙考の、更なる下に経路があったですて。フウンの、やっとで、見つけたかと。
見つけたら、せき止めるが至上命令、前提になってまして。

イヤ、思うに、考えるに、高濃度汚染水の源泉はどこかと。
これが主たるの問題と思うですが。
源泉を断たん事には、問題解決には至らんです。

イヤイヤ、実は、この3週間強の日数を掛けて、話が好転の気配があったは、電源が通じて、冷却水を循環出来るとされた頃だけでして。
実際には、点検が必要でとされて、ソラ、ソやなあと。
海水を放水のため、塩分がと。

実は、ここで、話は一転の、取水口の高濃度汚染水の件となりの、更には、それよりは、低濃度汚染水の意図的放流の話になってまして。

要は、行き当たり、ばったりの、何が本来の目的であるかが、希釈されまして。

よって、政官民の、三者、三様の知恵無く、統一性無く、バラバラで、やってる事は大丈夫かの、万事、やる事、なす事の、頼りの無さ、信用の無さが、日本国民を、全世界的心配させてるです。


【cyclo】 2011/04/06 (Wed) 10:50

土木屋から勝手な一言。

報道で福島第一での対応方法を見ていると、どうも行き当たりばったりの対処療法に見えて。
炉心が溶けそうやから水を掛ける、圧力が上がりすぎたからバルブを開ける、瓦礫で機械が通れないから戦車をブルドーザー代わりに、水が漏れるから薬液注入で…
それから?

普通はこういった事態を想定したフローチャートを作り、マニュアル化しておくべきモノでしょうけど、「こんな地震は想定してない」でも起きたんです。
一連の対処方法について見ていると、現場に土木技術者が居ないのでは?と感じてしまいます。

消防車や放水車は火炎越しに放水するもので、土木屋ならコンクリートポンプ車の方が有効なのはすぐわかる。
コンクリートポンプ車なら火の手さえなければ、時間当たり100t以上の水をピンポイントで送れます。 ただ建設工事のオペレーターは消防隊員のような訓練は受けてないのがどうかと。
でも炉心なんか急激に冷やすと金属は疲労せんのかな?
だから液体窒素なんか使えんのかしら、確かに熱のコントロールは難しい。

瓦礫を片付ける→作業通路を確保するのは、建設現場では当たり前というか最初にやるべき事であって、緊急の対処と平行して段取りしないと…

水をぶっ掛ければ流れ出るのは当たり前で、土木屋なら水の話をするときは最初にまず流末を考えます。
汚染されているなら尚の事、拡散する可能性を考えます。
雨漏りに穴の空いたバケツで受けて「これで安心」そんなアホな?
バケツの穴を塞ぐ「水ガラス」とは、土木工事で地盤補強や漏水止めの薬液注入で極普通に使われているもの、配合でゲル化タイムを自在にコントロールして狙った位置で土粒子の間隙を塞ぐ一般的な技術、でも完全やない仮設の色が濃い。

それよりも第一に原発沿岸の海を閉塞する事が先決。 現場には防波堤があり、船が出入りする部分にバージ船で大量の土砂でもコンクリートでも放り込んで遮断せな。
シルトプロテクターみたいなモンでは底はツウツウやし、潮流の影響で下からどんどん出て行きおる。
魚も出入りでけんようにして、高分子凝集剤で浮遊物を沈殿させる。 ぶっ掛ける水の循環使用で増やさんように考えますけど駄目かいな?

私自身、若いころ原発の基礎工事に参加したこともありますけど、岩盤まで掘ってそら凄まじいコンクリートの塊でした。
でも所詮は人間の造ったモン、いつかは壊れますって。
壊れたときにどうするかを考えておくのも造る人の責任かと。

この国には経験豊富で優秀な建設技術者や、地盤や構造物の調査技師がギョウサンおるはずなんですが、如何せん経験がないモンで、対処療法から脱却するには仏米の協力を仰ぐべきですかな。
現場は生易しいモンではないと思いますが、報道から見えてくるものがチト寂しい。


【シバケン】 2011/04/06 (Wed) 15:46

cycloさん
投稿をありがとう御座います。
ソ云えば、cycloさんは、土木屋はんでした。

直近では、<NG-1996>(10/02/11)です。

最初となりますと、
NO.801 土木・建築系の方のためのパソコンの話」(02/09/07)
になります。

実に、古いおつきあいになります。
その間、「シバケンの天国」が存続した事にもなりますが。
再度の投稿をありがとう御座います。

で、
>私自身、若いころ原発の基礎工事に参加したこともありますけど、岩盤まで掘ってそら凄まじいコンクリートの塊でした。

へえ<!>
原子力発電所の基礎工事に参加されたですか<!>
なかなかに貴重な経験ですねえ。

で、
>一連の対処方法について見ていると、現場に土木技術者が居ないのでは?と感じてしまいます。
>雨漏りに穴の空いたバケツで受けて「これで安心」そんなアホな?


土木屋のcycloさんの仰る通りです。
何か、ド素人が、訳も分からず、ドタバタ、アタフタ、慌ててるだけの様子に見えて、伝わって来まして。
怖いなあと。

イヤ、取水口の水がどこからかさえ、分かりませんでねえ。
やっとで、見つけて、対応したですが。
発電所の施工工事は鹿島建設との事です。図面はあるやろと。

イヤ、日本国、国家存亡の超一大事です。
総力を挙げて無いのかと。必要なら、鹿島建設を呼べと。図面を見なさいと。
少なくとも、設計者に構造を確認するべきでして。

図面上から、水はどこからかと。
理解してからの処置するべきを、敵さんの事も知らずに、闇雲にやってますが。
大丈夫かと。
源流を断たねば意味が無く、猶予期間は何日かと。

>現場は生易しいモンではないと思いますが、報道から見えてくるものがチト寂しい。

本当です。
英知を結集の筈が、この程度では、困った事に、安心感は毛頭の、不安が募るです。
しっかり、して頂戴ナと。



inserted by FC2 system