シバケンの天国
言いたい放題NO.4

言いたいNO.1 言いたいNO.2 言いたいNO.3

yu−koku憂国yu−koku お上は間違いばっかり
表題一覧表 トキの話題 云いたい放題

目次

再び憂国NO.1

NO.34 バナナの叩き売り政権(2) 自滅政党

NO.33 バナナの叩き売り政権(1) 再掲載分

NO.32 菅総理大臣始動(6) 違法で無いなら、常識も無いの話

NO.31 菅総理大臣始動(5) 政治資金規正法

言いたい放題NO.3


NO.31 菅総理大臣始動(5) 政治資金規正法

何をしてるかと。
国家戦略大臣に任命されたの、矢先、荒井聡(64歳)が不透明なる、事務所経費で、読売新聞記者に素っ破抜かれてねえ。
元々が、読売新聞の主筆、ナベツネ、渡邊恒雄(84歳)は、自民党やしねえ。

イヤ、ホンマやでの、谷亮子(34歳)が、民主党から、立候補で、挨拶が無かったと。
堀内恒雄(62歳)、中畑清(56歳)からはあったと。<自民党から出馬>
谷佳知(36歳)は、巨人の選手やな。拙いなあと。
新聞社のドンがこんな話を堂々とと。

オッとの、とっとの、当然にして、政権与党は、閣僚、党役員に任命の際には、しかるべくの、身辺調査を致しませんとと。
云うても、昨年までは、追求してた側でして。

での、成る程の、状況的には、不利でして。
使いもしてへんの、友人所有のマンションの一室をば、賃貸料も支払わず、政治団体事務所として、登録してたですて。へえと。
この一点だけでも、私らからしたら、何でやと。
賃貸料、只やしで、ホナラの、寄付かと。献金か、賄賂かと。

マンションを所有やしで、大金持ちかと。ええ友達やなあ。素晴らしいなあ。私にも、そんな友達が、二三人居たら、助かるなあと。
されどの、部屋があっても、使い道がと。近くなら、ええけれどの、遠くやってみい。ガソリン代、交通費だけでも大変やと。

そんな話は結構の、政治家なら、こんな話でさえが、罷(まか)り通るみたいでねえ。よ分からんなあと。
当たり前に、私らが、政治資金規正法も、政治家の収支報告書の書き方も知らんし、何とも早なれどの、世間の常識からは、遙(はる)か彼方の空遠くと。

大体が、イツまで、こんな不毛なるの、馬鹿合戦してるかと。日本の政界はと。
何とか、還元水での、当時、農林水産大臣松岡利勝<安倍晋三内閣>は自殺で、アトを引き継いだ、顔に絆創膏の、赤城徳彦も、事務所経費の問題にて、引責辞任。
以来、農林水産大臣職なるは、鬼門とされて。
鳩山政権下でも、赤松広隆(62歳)なるアホウは、口蹄疫問題にて、此度、留任を辞退。本来的、罷免(ひめん)で結構やと。

オッとの、とっとの、そんな次第の、荒井聡大臣の事務所問題発覚のついでに、蓮舫行政刷新大臣(42歳)、川端達夫文部科学大臣(65歳)も、昔の話をほじくられてねえ。
蓮舫大臣は、自宅を政治団体として、登録しててと。<2010年1月週刊ポスト>
川畑大臣は、秘書宅等々を政治団体として、登録と。<2010年1月読売新聞>

イヤイヤ、ほじくられても、正々堂々の領収書等々、出して、清廉潔白を主張したら宜しいですが。
問題は、政治家の収支報告書で、何で、疑惑が出て来るかとなればの、政治資金規正法が曖昧で、所管の、総務省がええ加減やからやと。
何度でも云うてやるの、会計報告書なるは、責任者の署名、捺印にて、第三者、監査法人にて、会計監査を行い、更には、総務省が一旦受け取れば、問題が無い事の証明になる程の権威、信頼性が無ければナと。

ホンマやでと。
総務省が一番に、出鱈目なんやと。
恥ずかしい事やでと。受け取ってて、問題を指摘されてるよでは、事務的にしか、受理してへんの証左かと。
イヤ、問題を指摘されたら、総務省の担当と、監査法人が主となりの、理由は簡単の押印、受け取ったの責任がと。当事者は参考人で結構の、三名が揃い、会見を開いて、説明する等々、方法論も検討しませんとと。
やのに、全くの知らんフリの、責任の一端はあるのやわと。
イヤイヤ、当事者が誤魔化すのは、当然やと。或いは、見解の相違もありましてと。

ソレよりも、民主党は、自民党案の、領収書は、5万円からと、ケチな事を云わずに、1円からと、云うてたと、違うのかと。
世間の常識から、判断して、異常な処理はダメと致しませんとと。
実態が無いのに、政治団体と登録しても、構わないとする方がおかしいのであってと。
実は、本来的、政治団体<資金集め>、選挙事務所<実質活動の事務所>は、各々で、会計処理をするべきなれどの、選挙事務所となればの、使うばかりで、収入が無いがため、そんな事になると、政治評論家は抜かすですが。
ソレならばの、選挙事務所と、資金集めの政治団体を別々にするのを辞めたらと。一箇所でやったらえやないかと。活動の拠点、選挙事務所に一切を賄(まかな)うにと。
事実やしと。

ソレを、有力議員なるは、事務所は方々に。政治資金団体も、名を変え、品替え、方々にと。
云うたら、余りに巨額は、憚(はばか)られるがためかと。
ソラ、議員報酬と、カンパ程度で、活動の議員と、派閥、グループの長、親分とでは、違うやろと。ン千万円のと、ン億円ではナと。
加えての、親分ともなればの、子分に、軍資金を渡しまして。
さもなくばの、親分とは、云えへんしと。

ホナラの、政治家からの軍資金なるは、例えばの、1千万円を限度に、構わんにしたらと。
構わんでも、当たり前の、領収書は発行せよと。戴きましたと。ソレで、えやないかと。
ソレを、隠そとするから、ヤヤコシイのやと。

支援者が来訪で、お茶の一杯、出すやろと。来客が多けりゃ、相応に、お茶っ葉も、沢山要るやろしで、お茶だけではナと、コーヒーでもと。茶菓子もと。
出しても、知れてるわと。
月に、50万円。年にで、500万円も掛からんわと。常識の範囲があるわと。
ソコまで、監査法人、総務省は、見てクレと。

オッとの、云うたろかの、高がの、衆参両院の、議員数、722名やと。知れてるわと。総務省の役人、10名でなら、70名分と一寸やと。
20名でなら、その半分やと。
何が云いたいかとなればの、自殺したり、大臣罷免となる元を断ち切るためには、鋭意決断の、最初っから、矛盾してるよな、政治資金規正法と、習慣を止めませんとと。
さもなくばの、政治と金を断ち切りの、クリーンな政治をの、スローガンなんか、絵に描いた、餅以下やと。

ホンマやでの、こんな下らん話を、政争の具の、国会審議を空転させてたら、そっちの方が税金の無駄使いの、鳩山政権にしたって、ソレばっかりで、明け暮れて。
記者も、そんな、アホな事しか、聞かへんしと。
他に聞くのネタを知らんし、質問するにも、簡単やしと。

にしても、国民新党の、亀井の静香(73歳)も、揉めさせるが、好きやねえ。
郵政改革法案で、会期を延長せよと。要は、今国会中に、成立させよと、息巻いてるですが。さもなくばの、連立も脱退ゾと、脅しを掛けて。
云うたら、菅政権の度量を探り、揺さぶってるだけの、社民党の普天間問題とは、モノも、状況も、違うわと。

そもそもが、何で、そんなに急ぐのかと。公党と、公党の約束ですて。アホかと。成立を目指さへんとは、ダアレも云うてえへんわと。参議院選挙が迫ってるしで、一寸、アトにの話だけやと。
兎に角、急ぐの理由を明確にの、一ヶ月、二ヶ月、遅れる事で、何か、大問題でもあるのかと。郵政団体に対するの、一生懸命にやってるゾの、ポーズかと。

ホンマやでの、一週間や、二週間、会期を延ばして、充分なる審議を尽くせるかと。衆議院での如く、強行採決に持ち込むのかと。社民党が離脱やのに、出来るかと。
どちみちの、野党は、政治資金の件で、揉めて、揉めて、揉めさせて、実質的郵政改革法案なんかの審議はさせてくれへんし、参議院選挙前に、立ち往生するゾと。
民主党は、支持率が一寸、上がったしで、選挙も有利やから、会期延長は致しませんは、亀井も分かって云うてるかと。
(10/06/11)


NO.32 菅総理大臣始動(6) 違法で無いなら、常識も無いの話

大体は、分かるはなあ。
荒井聡(64歳)の、政治資金規正法絡みの、問題にて、自民党から、付け足しの、2人もエライ迷惑の、指摘、要求されて。
新任大臣2名、荒井聡、蓮舫(42歳)と、留任の、川端達夫(65歳)の3名の、収支報告書の領収書を提示したですが。
荒井のは、ええ加減の、メタメタの、ズタズタ。

その際、細野君(38歳)曰くに、領収書を精査の結果、違法な出費は無しと。
としか、云いよが無いけれどと。違法性があったら、エライコッチャの、下に上にの、蜂の巣の、大騒ぎになるですがと。
言葉的は結構の、領収書の中身で、何が分かったかとなればの、蓮舫、川端のは、名実共の、問題が無かったです。タクシー代、通信文書費用が殆どですて。
只ナの、事務所が、自宅であったり、秘書宅でも、ええのかと。
との、疑問はあるですが、慣例的、通用するなら、現行法が異常なだけでありましてと。当人の問題でもあるまいにと。

荒井のでは、それに加えての、たこ焼き<焼き肉との話もある>、マッサージ代、漫画<少女コミック本等々>30冊<17冊説もある>、15万円のスーツ<ルーム・ウェアとの話もある>、パチンコ屋で流れるのCD、マクドナルドのハンバーガー・セット、玩具代。
オマケで、カシミールまでがあったですて。へえと。
カシミールねえ。何じゃと、検索一発、「Google」にて、調べてみたら、女性の下着ですて。モ一発、へえと。

このオッサン、冗談は、顔と眼鏡だけかと、思いきやの、そんな、冗談的、怪しいの趣味があったか。フウンと、一つ、賢くなっての、裏情報取得かと。
恐喝の材料にするには、公(おおやけ)に成り過ぎて、残念やと。

記者の質問に答えるに、舐めた態度で、反省の色なんか、全くの、当人抜かすに、違法ではありません。
での、ででの、そんなモノまで、ありましたかと。キョトンとした、冗談顔で、冗談眼鏡で、抜かしたですが。
あのなあと、領収書を全部、自分で精査したけれど、問題無しと、大見得切ったは、誰やったかなあ。一晩も寝たら、中身が何かを、忘れたかと。
冗談は、たこ焼き、マッサージ代、少女コミック漫画、スーツ、パチンコCD、マクドナルドのハンバーガー。
オマケの、カシミールと、アンタの顔と、眼鏡だけにしといて頂戴ナと。

繰り返すの、たこ焼き、マッサージ代、少女漫画、パチンコCD、マクドナルド、玩具、カシミール等々をば、政治資金の使途、備品としては、嘘やろ、冗談やろと。
思うですが、違法では無いですて。ホンマかいなと。モ一発の、嘘やろと。
備品として、そんなモンまでが、認められるのなら、政治資金規正法には、常識が無いわと。
ホナラの、秘書が息抜きにと。使たのでは無いかと。マタモヤの、秘書のせいかで、アンタも、報告書に署名、捺印したのやろと。指摘され、領収書も再度の精査したんやろと。つべこべ、抜かすな、バカタレめがと。

イヤ、世間の常識的思考ならばの、そんなモン、自分の小遣いから、買えばと。
政治活動ならばの、もしかしての、有権者に対するの、現物での、賄賂かと。
ハタマタの、孫娘さんでも、居たはるかと。孫娘なら、少女コミック漫画、玩具、マクドナルドまでは、理解の、マッサージまでは、しやへんかと。カシミールも一寸早いかと。
年齢を知らんですがと。

話簡単の、ポケットに入れた、ゴチャゴチャの領収書をポイと、秘書に渡して、処理しといてと。アホの秘書も、親分からの指示故、中身も精査せずに、ハイと。
収支報告書も、荒井は、メクラ判を、ポンと、押しまして。ハイ、オシマイかと。

更なる、明くる日には、荒井抜かすに、少女コミック本なるは、秘書が、息抜きで、買おたのを、手違いにて、領収書が紛れ込んだですて。
どっちにしたって、入れたんやと。秘書も、変な趣味やナと。オッとの、男女の何れか、分からんの、親分が、親分なら、秘書も秘書の、メクラ収支報告書で、メクラ判に間違いは無く、恥の上塗りかと。

ハッキリとは、自分で確認も、嘘なんやと。本当ならばの、申し訳無い。私用のが、数点、混じってたですと。されどの、所謂の、使途不明金ではありませんと、自分から、申し出るかと。
指摘されて、へえと、返答では、馬鹿丸出しやと。

私が、野党議員なら、違法で無いなら、無いでも結構の、国会にて、厳しく糾弾するゾと。馬鹿モンがと。民主党の場合、大臣は、国家戦略を、漫画本で勉強かと。弁明なんか、無視のケチョンの、ケチョンにと。
モ一発、冗談は顔と、眼鏡と、カシミールだけにせよと。
高がの、町内会の会計でも、そんなモン、間違おても、計上しやへんゾと。そもそもが、公費で、税金で、政治資金で、漫画本を買うは、麻生太郎だけかと、思てたですがと。

での、アンタの、お小遣いは月に幾らなんやと。アンタの、歳は幾つやと。カシミールの使途は、アンタの嫁はん、愛人、まさかの、自分のかと。
ソレでも、大臣かで、せこいなあと。
モ一辺、聞きたいの、アンタの歳は幾つやと。出身学校はと。へえの、東大の農学部ですかと。その学校では、備品に、たこ焼き、マッサージ代、少女漫画、パチンコCD、マクドナルド、玩具、カシミールは当然なんかと。

での、ででの、誰に対してかとなればの、日本国、国民の皆様に、公私混同、申し訳ありませんでした。以降、一切致しません。私的なる買い物は、自分のお小遣いでさせて戴きますので、ご容赦をと。
土下座で、謝罪せよと、天下に恥じを晒させてやるです。
この程度をさせんと、あの平然たるの態度では、政治家として、恥ずかしいかと。

そもそもが、たこ焼き、マッサージ、少女コミック漫画、パチンコ屋の音楽CD、マクドナルドの領収書、玩具に、カシミールまでが、何で、政治資金収支報告書に添付で、総務省にも通るんやと。
報告書作成者も、そんな領収書を見て、一点の疑問も、抱かんかと。
ここが、摩訶不思議の、収支報告書での、良くゾ、菅首相は、こんな東大出の馬鹿を国家戦略、並びに、経済財政、消費者及び食品安全の大臣にしたのかと。
国家戦略も、経済財政も、公私混同されたら、エライ事ゾと。

ホンマやでと。
常に思うは、分かってえへんかったら、ドアホウやし。分かってたら、初歩の初歩の、詐欺行為。
法律的には、違法で無いとするなら、そんな法律では、常識が欠落してるわと。
話簡単の、抜け道ばっかりの法律なんか、紙代さえが、審議時間も勿体ないしで、作るなよと。形だけで結構の、単に作成して、格好だけ付けば、良しとしとけばと。
その方が、分かり易いゾと。
よって、政治家が、政治の専門家とする以前の、世間の常識、「いろは」がさえ、分かってたら、まともな政治家として、勤まるわと。三原のじゅん子(45歳)ちゃんよ、よ覚えときやと。
政治家なんか、その程度やでと。

そして、同時進行で、国民新党の、亀井の静香(73歳)が、国会会期延長して、郵政改革法案を成立させよと、ダダ、こねて。
このオッサンも、ええ歳して、どこまで、ダダ、こねるかと、思いきやの、民主党が、頑として、参議員選挙を優先の方針故に、遂に、切れて、金融・郵政大臣辞任ですて。へえと。
連立は維持すると。アホやなあと。
オッとの、連立から離脱したら、郵政改革法案なんか、成立しやへんしと。
よって、民主党からは、足元見られただけなんやと。

そもそもが、2005年の小泉内閣での郵政選挙以来の話やでと。5年やでと。ここで、一ヶ月や、二ヶ月、延びて、中途半端な議論、宙吊りになるよりは、ジックリ構えたらと。
預け入れ限度額も、1千万円を、2千万円とか、何やとか。何で、そこまで、肩入れをと。分からんの話が多過ぎてと。

当人からしたらの、延期されての、ケジメなれどの、社民党、福島瑞穂(54歳)ちゃんが、普天間問題にて、頑として譲らずの、罷免され、連立政権離脱の、女のケジメとは、中身が全然違うの、亀井のは、相当にズレて、ズレて、ズレまくってるかと。
もしかしたらの、この程度の話ならば、鳩山政権下では、通ったやろなあと。鳩山は、静香に悪い癖を付けたモンやと。

での、結果、国民新党幹事長、自見庄三郎(64歳)なる、更に、得体不明の変なオッサンが後任の、金融・郵政大臣ですて。へえと。
大臣が、突然の辞任、交替でも、日本国の金融は、大丈夫なんかなあと。大丈夫なら、所詮は、大臣やと。政治家やと。実務は、官僚やと。菅君もエラソに云うてたら、アカンぞと。
この機会に、国民新党の閣僚ポストを替える程度の決断がと。さもなくばの、郵政改革法案が通れば、先様、何があるのかと。

でででの、大体が、この国民新党なるは、同族企業ならぬの、同族政党での、兄とか、娘とかで。
とりあえず、党員には、亀井姓が多いナと。<亀井久輿(70歳)、亀井静香(73歳)、亀井郁夫(70歳)、亀井亜紀子(45歳)>

少なくとも、亜紀子は、久輿の娘で、郁夫は、静香の弟やと。
亀井久輿は、岩倉具視が高祖父であったり、津和野藩主<島根県津和野町>であったりで、云うたら、名門やと。
亀井静香とは、何の関係があるかとなればの、静香の方は、分家らしくと。久輿は直系でと。

オッとの、とっとの、此度の騒動とは、何の関係も無いですがと。
一つ、賢くなったの気分かと。
(10/06/12)


NO.33 バナナの叩き売り政権(1) 再掲載分

まずは、<既載>参議院選挙関連を再掲載致すです。

−−−

<<既載>>

<「親として、祖父母としての話NO.1」NO.9 オヤジさんとの話(9) 前立腺肥大の話>
(10/07/10)

ソレにしても、ア菅なあ。
消費税を、スグにでは無いにしても、現行5%を10%にと。
ついては、逆進性の緩和のため、低所得層には、消費税を還付で、対象を、年収300万円、350万円、400万円と。
口を開く度に、変動の、350万円とならば、我が家でも、還付されるゾと。イヤ、有り難いけれどの、400万円なら、日本国の約半数の世帯は無税放免かと。
オッとの、二男の年収を加えたなら、ええ線行くけれどの、二男が我が家の家計を支えてえへんわで、月ン万円の、所謂の、飯代(はんだい)は出してくれてるですがと。年収は含まずの、当然にして、飯代は含めての話やでと。

市民運動から出発の、ア菅首相も、イツの間にやら、相当なるの、高額所得者になりての、庶民の暮らし、所得水準が把握出来てえへんかと。情け無いなあと。
還付も、どんな方法、計算でするのかの、そんな事なら、年金からの、健康保険料、所得税、府市民税を免除してくれたらと。介護保険料も要らんやろと。
余程に簡単、現実的で、熱烈歓迎されるかと。
ソラ、還付を受けるに、確定申告をしんならんなら、出来る人、出来ん人もありましてと。

ホンマやでと。
民主党ア菅代表(63歳)も、何やら、造り笑いが目立つよになりましてと。

での、過日、7月1日からの、ゆうパック日本郵便>で、遅配続発ですて。
この日から、日本通運のペリカン便を吸収合併した結果ですて。
日本郵便社長鍋倉眞一君(62歳)が曰くに、弁明、釈明するに、職員の不慣れ及び、使用の設備<システム>が異なるが原因やったですて。
流石は、元官僚様で、天下りの社長だけに素晴らしい答弁かと。東大法学部出身故に、頭脳明晰、熟慮に、熟慮を重ねた結果の、愚答かと。
先が思いやられるの、顔でも洗て、蟄居、幽閉、二度と世間に顔出しすなと。

現場で曰くに、人員一緒で、一気、いつもの、3倍の量ですて。
嘗(かつ)ては、メガ・バンクの統合、銀行名隠し、誤魔化しの際でも、システム統合で、どのシステムにするかで、主導権争いも加わりの、モメて、モメて、事前の予備実験でも、トラブル続発したですが。
私でも記憶の、初歩的なるの問題を、元郵政省官僚<現総務省>たるが、知らんかったか、忘れたかの、へえの、賢いなあと。

での、過日。
とは、昨夜<7月8日>、「報道ステーション」に、亀井の静香ちゃんが生出演で、古館伊知郎君(55歳)は、この件に触れへんかったなあ。
イヤ、触れたは、触れたですが、静香ちゃん(72歳)が曰くに、現の幹部も可哀想なんやと。旧の役員が決めた事でと。
アホと違うかの、現でも、旧でも、無理となればの、計画変更するとか、相応の対策するが、経営陣の責務やわと。
オッとの、そもそもが、無計画なる計画をば、前倒しで、早めたは、現社長やわと。

イヤイヤ、そんなアホな回答で、チョンでは、古館伊知郎君もア菅なあと。社長の愚答をば、披露してやったら、良かったのにと。多分なら、知らんかったんかと。
大体が、そもそもが、現社長が、イツから、社長をやってるかとなればの、2009年11月やでと。8ヶ月も経って、社長職に慣れてえへんかったら、無能やわと。

遅配騒動以来、一週間が経ち、一応の改善、収束を見てるですが。
一部では、こんなええ加減な会社、日本郵便は怖いナと、余所に変更したですて。折角の顧客に見限られてしもてと。
ソラ、あの、社長答弁、愚答を聞けば、社長たるが、この認識ではア菅なあと、なって当然かと。

イヨイヨの、参議院選挙が迫りの、サテの、どんな事になるのやらの、参議院は、立候補者に対するの、馴染みが、薄いナと。
での、テレビでの党首討論会でも、消費税の問題ばかりで、景気・雇用対策、年金問題、老人施設の収容人員、子ども手当、待機児童、外国人参政権問題、普天間問題、後期高齢者制度の問題等々、山積の割りには、議論が展開されへんしと。

オマケで、ア菅代表は、7月4日の、「サンデー・フロントライン」<朝日テレビ>での、党首討論会に出席せずの、代理で、枝野幸夫幹事長(46歳)を代理出席させたですが。
全党首出席で、民主党のみ、コレではナで、枝野幹事長が、小宮悦子キャスター(52歳)に詰問されてたです。
何故、菅さんは、出られませんかと。ホナラの、一日、一回と、決めてましてと。何を勘違いの、アホと違うかの、選挙戦の真っ直中で、国民に対しての、宣伝のええ機会やのにと。
そして、応援演説では、消費税の事がうまく、理解されていないと。する場合には、解散総選挙で、民意を問うと、抜かしてからに、菅は、矢っ張り、ア菅なあと。
その影響か、どかは、不明なれどの、現時点にて、民主党は苦戦してるですて。現有、改選の、54議席の維持が危ういと。

オッとの、そんな次第の、選挙では、誰に、何処に清き一票なるは、大いに、悩むですが。

−−−

<<既載>>

<「親として、祖父母としての話NO.2」NO.11 オヤジさんとの話(9) 前立腺肥大の話参照>
(10/07/12)

参議院選挙当日と相成って。
当然にして、清き一票、投じて来たですが。
正直、候補者が馴染みの無い面々ばかりでねえ。

オッとの、失礼乍らの、我が選挙区に、幸福の科学、大川隆法(54歳)の、「幸福実現党」のまでが、立候補してたんやと。投票所に出向くの道中にて、知ったです。候補者のポスターが貼ってありましてと。

結果、誰に、どの政党に清き一票かは、難しいねえと。
云うたら、ア菅代表が、参議院選挙直前に、下手に、アホに、調子に乗っての、「消費税」の件に言及したばかりに、その事だけに、議論も、報道も、集中での、他の話はどなったんやと。
野党も野党やし、菅も菅で、首相の言葉の重みを身を以て、承知したかと。
ソラ、今までは、副首相の立場であっても、「副」が付くのと、取れるでは、月とスッポン、天と地、提灯と釣り鐘、雲泥の差やでと。

過日<7月4日>、菅代表が、党首討論会に出席せずの、枝野書記長が代理出席にて、「サンデー・フロントライン」<朝日テレビ>の小宮悦子キャスターは、「党首討論」をば、「党首クラスの出席」でと、修正したですが。
ソラ、枝野は、党首では無いです。意志統一がされてても、菅と、枝野では、人間が違うの、枝野が多少の失言したって、菅が、違うの一言で、オシマイやと。
菅の、失言を、枝野が修正したって、撤回は出来ませんです。

イヤ、菅も肝心な事が抜け落ちてると。
「消費税」を云々の際には、信を問いの、解散総選挙をしてからやと。
ソレまでは、1円たりとも、上げませんと。
当たり前田のクラッカーでの、そんな程度は、誰もが承知の、只ナで、余りの思い付き、唐突の発言にて、ビックリやと。

総攻撃を受けたら、受けたで、逆進性の問題解消のための、一つの案であるの、所得額での、還付にしたって、世間の所得水準を余りにも知らん過ぎるを露呈の、ア菅タレやなあと。
口を開けば、開く程に、墓穴を掘ったかと。

イヤイヤ、現時点では、民主党、自民党の議席は分からんですが。出口調査等々、最新情報からは、民主党惨敗は確定かと。
と、云えるかは別として、過半数割れで、このままでは、衆参ネジレ確定かと。
ソラ、菅政権の支持率が、発足当初<約60%>から、一ヶ月で、10%も下落してるですて。さもありなんの、ア菅君も、増長満、傲慢なる態度、所得水準さえを、把握をしてへんのが、バレバレの、造り笑いが過ぎたかと。
官僚に丸め込まれ、国民を舐(な)め過ぎた結果かと。
イヤ、消費税は結構の、他に論点が一杯あるのにと。
消費税議論は重要なれどの、マズは、自らの鮮血、衆参両院の定数半分、報酬半額にしたらと。公務員の生首なんか、遠慮せずにバンバン斬ったらと。民間会社なら、日常茶飯やでと。

−−−

以上、既載分の再掲。
(10/07/13)


NO.34 バナナの叩き売り政権(2) 自滅政党

以上、関連の話を再掲したですが。
選挙結果を踏まえての、続きをと。

での、でででの、マア云うたら、「消費税」論議は必要やと。
別段に、ア菅のでも無いですが、余りに、準備不足で、唐突に過ぎて。話簡単の、思い付きで、増税論議は困るんやと。
言語明瞭には、自民党に対し、バナナの叩き売り的、大安売りで、買おたが、余りに高くついたかと。
マア云うたら、消費税買いの議席失い。

イヤイヤ、消費税は議論多いに結構やと。買い方が、拙かったんやと。政権与党故、出すなら、最初っから、正々堂々の打ち出せと。
この辺りが、分かってえへんしで、マニフェストで、打ち出してた、自民党躍進、議席奪還で、民主党敗退。
オマケで、国民新党亀井代表は、応援演説にて、絶対に阻止すると、全面否定されて。民主党の候補者も、反対、賛成のバラバラでは、ア菅よなあと。サイナラと。

民主党のア菅代表(63歳)、現役首相が云うに、自民党案の、10%を一つの参考にしたいと。要は、野党第一党、自民党案を丸飲みする故、異論は無い筈の、超党派での議論をと。
云うたってなあ、先様は野党であっての、責任政党とは違うんやでと。
その辺りを、ア菅君は見誤ったかと。ましてやの、選挙戦に突入の初っ端やでと。冗談は顔だけにしたらと。

野党が、消費税の数字を掲げたって、絵に描いた餅でして。
されどの、責任政党の代表、首相が、丸飲みでの、消費税に言及では、アンタ、気は確かかの、自分の数字は無いのかの、歩調を合わせての、そのままの増税されると、受け取られて、間違いは無いです。

モっと、云うたら、自民党と組まれて、消費税増税なら、数の原理にて、アっと云う間に決まるかと。
イヤ、それがため、ア菅君は、自民党案の数字をと、抜かしたです。一緒に、消費税の増税、実現に向けて、ガンバロウと。
そんな意図やのに、ソレが見えてて、後日微調整するに、消費税を上げる際には、解散総選挙致すと云われたってなあ。

その自民党は、10%の根拠なんか、無くとも結構の適当やと。
民主党の代表が口にするならばの、根拠、使途を明確には、当然の流れであっての、適当、思い付きでは、困るんやと。その辺りを、ア菅君は、理解不足の、墓穴をと。

弁明、釈明をすれば、する程に、還付の所得額の数字にしたって、分かってえへんなあと。
加えての、訳の分からんの理屈を展開の、消費税増額で得たの税収をば、介護方面に資金投入にて、雇用を確保で云々での、税金を支払うの立場になっての、景気は良くなるですて。聞いてて、へえと。
ソレと消費税に何の関係がの、やる気なら、景気回復、雇用改善のためにも、スグにもやるべき、やれるの話やでと。

での、でででの、選挙結果、大勝の自民党参議院幹事長谷川秀善(76歳)曰くに、消費税の話をば、民主党は良くゾ、喰い付いてくれたナと。感謝すると。
私め、さもありなんと。
イヤイヤ、「責任野党」として、財政健全化を謳うは当然やと。消費税増税が成れば、民主党に自民党案を丸飲みさせて、日本国の財政健全化を達成と。
ア菅かっても、責任政党とは違うわと。民主党のバカが、骨抜きにしたんやと、大いに宣伝かと。

での、自民党谷垣禎一(65歳)君も、超党派で、消費税についての議論をと、ア菅君から、選挙戦に突入して即の、誘われての、へえの、ポカンと、口を開けの、何でやと。
使途は明確か。民主党の数字の根拠はと、突っ込まれて、ア菅君も返答出来ず。

推測するに、ア菅はビックリしたやろなあと。
自民党マニフェストに掲げてるの公約故に、渡りに船と、自民党は喜んで、同意すると思いきやの、アンタのとは、違うんやと、突っ撥ねられ、真っ向、反対され、詰問されて。

ソラナア、反対なんやと。
アチラ様から、一緒にやらへんかと、声を掛けられたら、渋々なれどの、国家財政の健全化のため、党内で検討のと。その上で、超党派にて、対応策を練ってみるかと。

モノによればの、政争の具にされ、玩具にされるわと。
イヤイヤ、消費税問題なるは、大いに議論をするべきでの、妥当な方向に進めば結構の、その前に、やるべきが一杯かと。
事業仕分けは何のためにやってるかの、自らの鮮血を出してるかと。議員定数を減らしの、報酬減額、政治資金規正法の見直し等々、やるべきが山程あるのにと。

自らの鮮血、国会議員定数、公務員をガンガン減らしの、コレ以上、絞れへんわの、段階かと。
今すぐにやらへんにしても、コレこそを一番の課題にするべきを、声を張り上げての議論するべきを、増税案を出しての、一体、アンタ、何者、何様かと。
ア菅様かと。

とまあ、そんな話よりも、民主党大敗にて、これからの、政権運営は大変ゾと。
野党の意向、意志を尊重しての、大幅なる妥協、歩み寄りを示さん事には、一歩も前には、進まんわと。
外国人参政権なんか、吹き飛んで当然の、或る意味、良かったかと。

郵政問題にしたって、吹き飛ぶかと。
拙い事に、7月に入って、ペリカン便<日本通運>との合併での、ゆうパックの遅配。国民新党も、無惨やなあと。議席が、ゼロになってしもてと。
オッとの、江本孟紀(62歳・野球解説者)、敏いとう(70歳・作曲家)、西村修(38歳・プロレスラー)等々、9名を擁立したですがと。イヤ、敏いとうも、西村修も知らんですが。
結果、議員数6名<衆議院3名、参議院3名>と相成って。

云い出せば、舛添要一(61歳)の、新党改革も、12名擁立で、党幹事長荒井広幸(52歳)の1名だけが当選での、結果、議員数、2名<衆議院ゼロ・参議院2名>のみで、選挙以来、テレビでも、党首舛添を見んよになったなあと。
国民的人気があってと、マスコミで囃され、その気になってと。
確かに、次期総理大臣に、誰をのアンケートでなら、舛添が常に上位に居たですが。ええ加減なモンやと。元々が、この兄ちゃん、何をしたかと。天下国家の悪法、「後期高齢者」なる差別用語を造りの、形だけであれどの、独立させてしもて。

どっちにしたって、ここまで惨敗故に、野党と連立政権を組むにしたって、高く売り付けられるわと。
みんなの党の、渡辺喜美党首(58歳)にしたって、民主党とは、断じて、組まんと、大声張り上げ、自らの政党を高く、高く、天まで届く程に、高くに売りつけてまして。
オッとの、ここまで、民主党を味噌糞にコキ降ろしてたら、本気で、連立を組まんの可能性もあるですがと。
ソラ、ア菅君の、バナナの叩き売り的、消費税論議やあるまいにの、大敗の民主党の足元見られ、政権運営、担当能力、思考回路をば、見透かされれてるわと。

国民新党の、亀井静香代表(73歳)には、好き放題云われ。
社民党の、福島瑞穂ちゃん(54歳)からは、袖にされ。
要するのに、政権担当能力、手腕を問われてるの話での、相当なるの、頭の切り替えが必要かと。
切り替えとは、ア菅の、野党ボケでありの、党首討論を逃げずの、真っ向勝負の、器量、度量が、指導力がと。

ついでになら、消費税の議論ばかりでなくの、当面の、問題、雇用、景気回復の具体論に転換させるよに、仕向けませんとと。
ホンマやでと。
テレビ討論でも司会者に云えば良いです。提案したら、宜しいかと。そんな、イツの話かの議論よりもと。

ソレを、せずに、幹事長に代理出席させてたでは、性格的に問題での、そもそもが、テレビの向こうの、国民を無視をしの、バカにしての、他党党首に対しても、失礼千万やと。
反対の立場なら、どするやと。
後悔、先には立たんわと。

ホンマやでの、折角の政権を取って、少数政党に好き放題の攪乱されて。
小沢グループからは、責任論を出されまして。
内憂外患の、前途が思いやられるわと。
そんな内紛をしてる場合と違うの、松木謙公君(51歳)如きの青二才が、小沢の威を借りの、ゴタゴタ、寝とぼけたかの、執行部の責任問題をと。
だけで、止まらずの、9月の代表選挙では、小沢グループから、誰かを擁立とか、出来れば、当人がとか。
アホウな事を抜かしてたら、解雇、左遷、首切り、除名でも何でもしてやればと。

そこまでは可哀想ならば、貴君、一寸、来たまえの、ええ加減にしときやと、釘を刺す程度はしとかんとと。ついでになら、静香君にもナと。
連立を解消するゾと、脅してやるの、強権、意思表示もしとかんとと。
どちみちの、参議院は足らんわと。

ホンマに、ホンマやでの、内閣の一員、防衛大臣北澤俊美(72歳)までが、何を勘違いの、調子に乗っての、選挙に負けたの、責任をと。
誰かが、取るべきの、さもなくばの、シャキっとしいひんと。
遠慮する事は無いの、どちみちの、何もしてへんの大臣なんか、要らんの、経費節減のためにも、当人自らが、辞任をしたらと。
選挙直前の、就任、一ヶ月やそこらのが、何の責任で責任を取るかの、取るなら、小鳩君<小沢、鳩山>かと。政治と金の問題をウニャムニャにしててからにと。

その小鳩の、小の方が、選挙戦の真っ直中で、消費税がどたら、公約は守らんとと、自分の事を棚に上げての、暴言をと。
コレ又、アンタなあと、公約を、膏薬にしたの、A級戦犯は誰なんやと。大名行列で、国会議事堂を闊歩は誰なんやと。

斯くなるでの、民主党は、何でも自由と抜かしたアホウも居たですが。自由だけが能や無いです。野党とは違うの、政権与党の議員の一言には、重みがと。
よって、一致団結、意志統一が、重要かと。そして、ボチボチ、一番に肝心の、政権担当能力を問われるです。
さもなくばの、国政が一歩も動かんわと。被害者は、国民やと。
ネジレ現象なるは、その選択を国民がした結果なれど。かと云うて、変な法案を数のチカラで、通されてもナと。
(10/07/14)

<参議院選挙結果><2010年7月11日>

政党 民主 国民新 自民 公明 みんな 共産 社民 たち
あがれ
改革 その他 合計
今回 44 51 10 122
非改選 62 33 10 120
合計 106 84 19 11 242
改選前 116 71 21 241
(欠員1)


inserted by FC2 system