シバケンの天国
YU−KOKU<再び>憂国YU−KOKU
NO.4

再び憂国NO.1 再び憂国NO.2 再び憂国NO.3

憂国 間違い 言いたい
表題一覧表 トキの話題 云いたい放題

目次

再び憂国NO.5

NO.40 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<その2>(6) 四つ巴に非ずの、五つ巴の、卍巴

NO.39 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<その2>(5) 政官学民の四つ巴

NO.38 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<その2>(4) 遂に、チェルノブイリ水準と成りに蹴り

NO.37 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<その2>(3) 地域限定に非ずの風評被害

NO.36 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<その2>(2) テレビ局のカメラが現場に無い不思議

NO.35 <余談>実録・余波、タバコの話

NO.34 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<その2>(1) 再確認、「実話」の意味


「みんながパソコン大魔神」投稿記事
NO.21 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<その2>


NO.33 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(21) たった四杯で夜も寝られず

NO.32 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(20) 日本国に与えられた手駒の話

NO.31 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(19) 迫り来る包囲網の話


「みんながパソコン大魔神」投稿記事
NO.19 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>


再び憂国NO.3


NO.31 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(19) 迫り来る包囲網の話

【シバケン】 2011/04/07 (Thu) 00:03

余談ではあるですが。
福島原子力発電所の件に絡み、「コウナゴ」に放射能検出と。
での、「コウナゴ」とは、何じゃと、検索、一発、写真を見て、嗚呼、小魚の事かと。
「ジャコ」の事かと。
イヤイヤ、そんなに単純な話では無いです。

「コウナゴ」とは、東日本での呼称で、西日本なら、「イカナゴ」でして。
されどの、京都、滋賀では、「ジャコ」でして。京都も、京都市内だけと違うかナと。
亀岡では、「イカナゴ」と称してまして。
当初、「イカナゴ」とは、何じゃと。
嗚呼、「ジャコ」の事かと、理解するに、ン年を要したです。
イヤ、本当です。現物を見て分かる事でして。
話だけ聞いてただは、分からんです。そんな名称の魚かと、だけでして。

この、「ジャコ」として良いのか、「イカナゴ」か、「コウナゴ」か。
兎に角、小魚で、放射能が検出されまして。出荷は好ましく無いと。

好ましく無いため、保証するですて。保証とは、金銭を意味してましての、日本国政府は気前が宜しいです。
政治家自身の資産からでは無く、所詮は血税でして。ナンボでも、使えるわと。

イヤ、一切の保証をすなと、云うてるでは無いです。
保証はするべきなれどの、何の処置、対策も、展望も示さず、保証だけするは、簡単、安直、無策に過ぎまして。
この程度なら、政治は誰にでも出来るです。私にでも、出来るです。
問題は、人前で喋るが苦手でして。これが最大の課題かと。

イヤイヤ、失敗に失敗を重ねてまして。
結果、放射能を拡散させて、ツケは血税かと。楽やなあと。
基準は、額は、どんな具合に決めるのかと。イツまで、保証をするのかと。
展望無く、無謀でして。

オトトの、そんな話は結構の、国民を、世界を不安に陥れてるの最大の問題は、方策の稚拙さでして。
対応の遅さ、展望の無さ。

何よりも、次第、次第、ジワジワと、危険の包囲網は狭まって来てまして。
何がとなればの、野菜から、原乳、牛肉に。
そして、魚にと。

魚はジッとはしてませんです。
されどの、「ジャコ」程度、回遊、行動範囲は知れてるですが。
その小魚を中魚が、中魚が大魚が喰いましての、所謂の食物の連鎖が始まるです。
始まって、人間様が喰いまして。

イヤイヤ、学者先生様、仰るに、この程度、喰ても、大丈夫と。
一年間、喰い続けてもと、抜かすですが。
現時点、解決せずの、見通しも立たずの、果てしの無い、戦争になってまして。
後、一ヶ月で、解決するのか、半年、一年かの、見通し処か、この連中、政官民の、三すくみの、三馬鹿に任せてたら、トンでも無い事になりそでねえ。

かと、申しまして、私共では、何も出来ず。
歯がゆいだけでして。

学者先生様、仰るに、放射能は甲状腺に集まるの習性を持つですて。
よって、丸ごと喰らうの小魚と、肉だけを喰らうの、中魚、大魚を一緒、一律には出来ませんですて。フウンと。

されどの、云い切れるのかと。
学者先生様に詰め寄るに、云い切るなら、云い切れるなら、放射能検出地帯、海域で獲れた、中魚、大魚を毎日、喰てくれと。
孫子に自信を持って、喰わせる事が出来るかと。
確信を持って、モルモット代わりに出来るかと。


NO.32 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(20) 日本国に与えられた手駒の話

【シバケン】 2011/04/08 (Fri) 00:01

三者、三様、何をして良いのか、分かって無いです。
三者とは、何度でも申すの、政官民。
されどの、結果的、三者共、官の世界。
烏合の衆が、寄って、集って、日本国を切り刻むのかと。信用失墜させてるかと。

イヤ、原子力発電所の建屋が水素爆発、ドカン、ドカンの二発で、気も動転かと。
爆発で、屋根が吹き飛べば、誰しもの動転もやむを得んですが、四週間が経つです。ええ加減に冷静、沈着、現状認識をと。
行き当たり、ばったりの、適当なるその場しのぎの対策ばかりをしてたでは、解決には、程遠く。
最早の、日本国民も、世界も、三者の実力なんか、スケスケ、ズブズブにお見通しで御座候の、事ここに至れば、開き直って頂戴ナと。

そんなおり、大相撲の八百長の処分の話は浮世離れしてまして。
ニュースで話を聞いて、オトトの、まだ、そんな下らんの話をやってるかと。ええ加減にして頂戴の、全員首で結構かと。
一から出直しが肝要かと。
ホンマやでの、国技、国技と、結果的、税金逃れに必死でして。
往生際の悪い事。
力士なら、ドンと構えて、横綱相撲を取るべきでして。
要は、コセコセせず、税金を払うの覚悟をすれば宜しいです。

大相撲は仕方が無いにしても、「政」の方では、大連立<民主党と自民党が組む>の話が出回ってまして。
自民党は、菅直人首相ではナと。
民主党では、閣僚を出せと。

民主党は余程に人材不足の、での、自民党の誰か、誰かとなればの、原則、谷垣禎一総裁(66歳)ですが。
何の担当大臣をさせるのかとなればの、此度の震災担当ですて。アホかと。
政権政党の親分、菅直人君がこの難局を突破する自信が無ければ、政権を降りなはれ。
邪魔なんやと。

既に、「災害ボランティア活動担当」補佐官として、無所属の辻元清美ちゃん(50歳)を抜擢、起用したと違うかと。
姉ちゃんが、何を活動してるか、知らんですが。

更には、追加で、「東北地方太平洋沖地震による災害及び原子力発電所事故対応担当」なる、長ったらしい名称の補佐官として、馬淵澄夫君(50歳)を起用は何やと。

起用は結構の、具体的に何をさせるかを明確にして、しかるべくの、権限を与えませんとと。
そもそもが、総大将は、アカンでも、無能でも、菅直人首相でありまして。
自ら、本部長に就任したと違うかと。

イヤイヤ、一国の責任者が、ウロウロ、右往左往、責任転嫁してたでは、困るです。
ここでこそ、ドンと構えて、横綱相撲をと。

ホンマやでの、ここで、テキパキの指導力を発揮しててみい。
千載一遇の、落ちに落ちてるの支持率が急上昇致すですが。
モ、ア菅なあ。
民主党西岡武夫参議院議長(75歳)でさえが、こんな首相と酷評してるです。

とは云え、現状体制、日本国に与えられた手駒、政官民で、やって戴かん事には、我々、外野席では如何とも出来ず。
外野席ではあっても、野球観戦に非ずの、このままでは、実生活、子々孫々に実害が及ぶです。
これが困るんやと。


NO.33 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<!>(21) たった四杯で夜も寝られず

【シバケン】 2011/04/09 (Sat) 00:31

「太平の眠りをさます上喜撰 たった四杯で夜も寝られず」

事象は異なるですが。
「黒船来航」<嘉永6年(1853年)>

要は、米国の東インド艦隊艦船が、米国大統領の親書を携え、日本の江戸湾浦賀に来航した事件。
目的は、捕鯨船の寄港地開発<植民地化>が目的でして。

この時の黒船とは、蒸気船でして。
イヤ、黒船は帆船と、蒸気船がありまして。単に防水処理で、黒くしてたがため、黒船でして。
マシュー・ペリー提督によって、不平等な、日米和親条約締結に至るです。

イヤ、当初、庶民が歓待で、先様も歓待で、和気藹々の状態が、幕府が禁止令を出しまして。
加えての、将軍が徳川家慶でして。病気で、伏せてまして。

親書一つを受けるが、なかなかに出来ませんでねえ。
受け取るに、一年待てと、ペリー一行に伝えまして。その一年経った時には、家慶他界で、後継の家定は凡庸とするのか、器量が乏しいとするのか、脳性麻痺説がありましての、諸説紛々でと。
要は、時の首長がしっかりしてませんと、物事は進まず。
風評、巷の噂が、駆けめぐりまして。

嘘か、誠か、空砲をガンガン、打たれて、右往左往。
イヤ、幕臣がです。


そんな次第の、その当時の、有名なる狂歌を紹介致すです。
イヤイヤ、教科書<中学校>に出てたです。さもなくばの、知らんです。

「太平の眠りをさます上喜撰 たった四はいで夜も寝られず」

(注=「蒸気船」と、茶の「上喜撰」、「4隻」を、「4杯」)
(参考=茶を飲み過ぎて、眠れなくなる様子を、黒船の騒ぎとかけた皮肉)


そんな次第の、此度は、福島原子力発電所の水素爆発、2発でして。
イヤイヤ、当事者にしか、真相は分からんですが。

当事者とは、東京電力幹部と、政府関係者<菅首相>でして。
ベント<炉芯部の弁を開け、気圧を下げる処置>が何故遅れたか。
反対には、東京電力が、何故、ベントするを渋ったか。
大気中に、放射能を出すを危惧したの話があるですが。結果的には、水素爆発させてしもたですが。

この当時の事を、部外者が推測しても始まらんですが。
ドカン、ドカンの水素爆発2発で、気が動転では無く、それ以前の、原子炉の周辺状況が把握されるに連れ、その深刻さに動転、唖然の、なす術を失った可能性がと。
簡単には、あまりの想定外の事で、どしょかと。
思てる間にドカンが真相かと。
ドカンで、問答無用の、今度は、ベント、ベントと。

それは、原子力発電所の関係者でありまして。官邸<首相>側は甘く見たかと。
ドカンとなる以前は、記者会見に顔出し致しまして。
ドカン一発以降は、官房長官の枝野君に任せまして。


とかとか、過ぎたる話をしてても、仕方が無いです。
イヤ、正直なる印象なら、意外に時間があると。
ドカンの頃は、日本国も、遂に、世紀末到来かと思たですが。
イヤイヤ、発電所での作業の決死隊を公募なら、応募するかと、真剣に考えたりしたですが。

ソラ、この歳でして。
好んで、放射能入り、野菜、牛肉、牛乳を飲むは致しませんですが。決死隊として、突入は意味合いがと。

での、喰うの仕事は、「O−157」のカイワレ大根で名を馳せた、当時、厚生大臣で、現総理大臣、菅直人君の仕事でして。
「O−157」の件なら、カイワレ大根程度、誰でも喰うですが。
あれは、風評被害の、検出されてませんでして。

されどの、放射能が基準値以上検出の、今こそ、当時を思い出しの、ア菅君自らが、喰うべきでして。
この程度の放射能なら、問題無しと。
どちみちの、ええ歳でして。
毎日喰ても、大した問題では無いです。
率先垂範、頑張って頂戴ナと。口先だけで無くと。

オトトの、そんな話をするつもりは無かったですが、ついついにと。


NO.34 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<その2>(1) 再確認、「実話」の意味

【シバケン】 2011/04/09 (Sat) 22:11

ここで、「実話」としてるは、絵空事と違うの、SF小説でも無いの、「実話」であり、現実の話であるの意でして。
処置を間違えば、日本国は死滅するです。

そして、現時点では、好ましい方向には進んで無いと思われるです。


での、
O−157のカイワレ大根と、放射能汚染のホウレンソウ、牛乳、牛肉、米とは次元が異なりまして。
風評被害の、O−157のカイワレ大根なんか、当時の菅直人厚生大臣で無くとも、誰でも食するです。
風評被害の出た事が異常でして。
且つは、国内問題でして。

されどの、放射能汚染は国際問題化してまして。
日本ブランドの安全性が崩壊してまして。

今こそ、ア菅首相、枝野君、東京電力幹部、原子力安全・保安院、学者先生様が率先垂範、食するべきかと。
イヤ、大連立が云々の場違いなる議論をしてるの暇があれば、国会議員雄志諸君が、以降、福島産以外は食せずの決意で以て、臨みませんとと。


イヤイヤ、冗談では無いです。簡単な事でして、最低限、議員食堂の全ての食材は福島産でと。
何なら、議員自らがボランティアで、活動をと。
どちみち、暇やろと。

そして、災害対策本部は、二手に分かれまして。
避難民対策は、避難場所に本部を設置。
発電所対策本部は、当たり前に福島原子力発電所敷地内に置きませんとと。

ホンマやでと。
日本国の存亡が掛かってるとして、過言で無いです。
霞ヶ関、国会議事堂で、机上の空論で、云々してる場合と違うです。

議員たるは、選挙区以外で、真剣に仕事をしたらと。
官僚も、自分のためだけで無く、日本国のため、子々孫々のために、動け。


【ノグチ】 2011/04/09 (Sat) 23:06

福島県は、葉たばこの産地ですが、今年の作付けはあきらめるそうです。

責任の所在は、東京電力とハッキリしていますから、保障はあるでしょう。

日本は、アメリカに対し大幅な貿易黒字があります。
アメリカは、たばこでもカリフォルニア米でも、何でも喜んで売ってくれるでしょう。

西日本の方々は、自粛などせず、東北の名産品を買ってください。

今は、無理ですが、事態が落ち着いたら、観光にも来て下さい。

福島県人をはじめとした東北人も頑張ります。


【シバケン】 2011/04/09 (Sat) 23:56

ノグチさん

現在までの政官民の動きを見てますと。
オッとの、テレビでの話ですが。
皆様、バラバラでして。
統一性が無く、根本対策が出来てませんです。

保証もどんな具合に。又、基準で、やるんでしょおねえ。

福島は葉タバコの産地ですか<!>
イヤ、福島工場の被害の問題で、タバコの減産は承知してたですが。
私、愛煙家で、昨年、10月1日以来、値上げで、困ってるです<笑>

>西日本の方々は、自粛などせず、東北の名産品を買ってください。

そおですねえ。
よく、分かるです。

で、
私め、地方地方の名産に疎いですが、東北では、何があるのですかねえ。
しかるに、私、下戸です<笑>

観光は5年前に一度だけ、ツアーで、行ったです。仙台までは、飛行機でしたねえ。
イヤ、仙台までなら、仕事で、何度か行ってるです。
仙台から先は、5年前のツアーが初めてでした。

その仙台空港が水没したと知って、びっくりしたです。


【ノグチ】 2011/04/10 (Sun) 08:46

東北の名産品、果物であれば、青森、福島のりんご、福島の桃。
山形のさくらんぼなど。

青森のにんにくもありましたねえ。

太平洋沿岸の漁業は、しばらく厳しいでしょう。

こちらでは、日本たばこの出荷停止で、たばこ全部売り切れですが、シバケンさん大丈夫ですか。

赤字続きだった福島空港も、仙台空港が水没して、大活躍でした。


【シバケン】 2011/04/10 (Sun) 09:32

ノグチさん

ソ云えば、青森となれば、りんごですねえ。
福島もりんごですか<!>

成る程の、さくらんぼとなれば、山形ですねえ。
青森のにんにくは知りませんでした。

福島空港は、行った事がありませんが、元々が飛行機に搭乗が少ないですが<笑>
そもそもが、京都には、空港がありませんので、飛行機となりますと、行くまでが大変です。

で、たばこは切れましたので、これから、買いに行って参りますです。


NO.35 <余談>実録・余波、タバコの話

【シバケン】 2011/04/10 (Sun) 11:08

イヤ、参ったです。

タバコを買い求めに、コンビニ行脚。
イヤ、予め、難航を予測致しまして、車でですが<笑>

まずは、最寄りの、「ミニ・ストップ」では、キャスター・マイルドが5個しかありませんと。

イヤ、大体が、カートン単位<10箱>で買おてまして。
ホナラの別ので、カートン単位でありますかで、日本のはありませんねえと。

仕方が無いしで、とりあえずは、それで結構ですと、別途のコンビニ、「Kマート」へと。

キャスター・マイルドをと、注文で、規制を掛けてますと。へえと。
どんな規制かとなればの、お一人様、2箱までですて。
フウンの、とりあえずは、その2箱をと。

一寸、危機感を覚えまして、更なる、コンビニ、「FamilyMart」へと。

キャスター・マイルド1カートンも、1個もありませんねえの、あるのは、あれだけですと、棚を示され、ジクリと見れば、マイルド・セブンはあったですが、メンソールなんたらでして。
メンソールも、一本、二本なら、気分転換で宜しいですが。やめとこかと。

での、「CABIN」のボックス<箱>がありまして。
ボックスなんか、扱いが面倒なれどです。
とりあえずは、それをと、10個<1カートン>戴いたです。

結果、合計、17個<!>

しかるにの、店員の曰くに、5月中旬までは、こんな調子と違いますかと。へえと。


【ノグチ】 2011/04/10 (Sun) 16:55

タバコをやめるにしても、自分の意志ではなく、お金があるのに買えないから、というのは悔しいですね。

平成米騒動のときは、タイから緊急輸入しましたが、タバコも緊急輸入してくれるのでしょうか。

きょう、スーパーに行ったら、牛乳は北海道産だけ。
納豆は、普通にありました。


【シバケン】 2011/04/11 (Mon) 00:17

ノグチさん

ソ云えば、タイ米騒動がありましたねえ。
ピラフ程度にしか使えないとか、味が、値がと。
一度か、二度は喰た記憶があるです。
そんなに悪い味とは思いませんでしたが、毎日ではなあと。

タバコは緊急輸入の話はありませんねえ。
約一ヶ月ですので、我慢かなあと。

私も本日、スーパーに行きましたが、既に、正常に戻ってるです。
一時は、ペット・ボトルの水が消えた<正確には、少なくなった>時期があったですが、解消されてましたです。


NO.36 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<その2>(2) テレビ局のカメラが現場に無い不思議

【シバケン】 2011/04/11 (Mon) 00:22

我が家から、30kmとなればの、どこやろかと。
多分なら、我が墓地、東大谷祖廟辺りになるのかと。
墓地は山の傾斜にありまして。京都市内を一望出来るですが。
とてもや無いけれどの、亀岡までは、見渡せませんです。途中、西山<老いの坂>がありまして。
山が無くとも、30kmともなればの、肉眼では無理かと。

での、疑問が多いですが。

内の一つ、テレビ局が、福島原子力発電所で、作業の皆様の様子、原子炉の外観の様子を遠く、30km地点から、放映してるですが。
解像度を修復、補正してると注釈まで入れまして。

おかしいねえ。変やねえ。

カメラ・マンは、秘境でも、治安の悪い危険地帯にでも、生命の危機迫るの戦場にまで、飛び出し、活躍してるですが。
この原子炉は、何故に遠くからの撮影かと。

イヤ、理由を明確にするべきでして。
放射能が危険故に、政府が許さんのか、東京電力かと。
それとも、戦場と、放射能は異なりまして。身の危険があるため、現地、現場に飛び込むの勇気あるカメラ・マンが居てへんのかと。

それは無いやろの、防御服を着て、しかるべくの、活動の時間制限をば致しまして。
イヤイヤ、待機所の場にさえ、カメラ・マンが居てへんのかと。
おかしいなあ、摩訶不思議の世界やねえ。

そして、新聞社は、東京電力なり、東芝が提供の写真をWeb上に公開したりしてまして。
自前では、撮影をしてませんです。
変やねえ。絶対におかしいねえ。
多分なら、政府、ア菅政権が許さんのかと。
理由は簡単明瞭の、見せられる状況に無いがためかと。

ソラ、対策状況、進展お見事で、良い方向なら、世界に宣伝、発信するかと。
是が非にも、発信させるかと。
発信させるに、余りの惨状、瓦礫の山で、進展が無くでは、恥ずかしいかと。

つまる処、テレビ局の中継カメラが現地、発電所に入って、初めて、入れるの状況にまで、見せられるの状態になったと云えるの目安になるのかと。
それまでは、メタメタの、放射能汚染された瓦礫を処理するのロボット、無人重機がやっとで現場に導入され出したですて。
遅いなあ。


【電右衛門】 2011/04/11 (Mon) 09:05


<副題=Re:テレビ局のカメラが現場に無い不思議>


<シバケン>さん お早うございます

シバケン邸から30Kmと申しますと正確には大谷祖廟を越え JR大津駅前辺りですが解像度等を修正し御覧の映像です
NHKは政府主幹の報道機関 政府の主張に反する映像を長時間流すは出来ないけれど 報道機関として煙程度は映したい
それ以上は関係者の首が危ういのギリギリ映像がコレ
コレがシバケンさんを始め多くの方々の疑惑を呼ぶのです

水素爆発にてメチャクチャに壊れた原子炉建屋を国民に晒すのは 恐怖感を余計に煽るとした政府の判断でしょうが
あの遠距離原子炉映像を見せられると 電右衛門にも政府の自信の無さだけがクローズアップされます

尖閣中国漁船映像もそうでしたが 日本国政府は余りにも国民を信用していないとの疑念が浮かぶ映像です
コノ映像は諸外国マスコミにも非常に評判悪く 日本政府は真実を明かして無との疑惑発生源となってます

余談ですが
今回の原子炉災害事故に付いて制作担当の日立社長は
「政府の設計・主導の元に正確に作った物で我々に落ち度は無い」
東電関係者でも
「我々は運転だけを・・・以下省略」

結論としては時の政府が電力会社を通し政治資金を吸上げ 地域補償を名目に票を買収した結果の成れの果てです
         書込・掲載責任者 電右衛門


【シバケン】 2011/04/11 (Mon) 14:14

オッとの電右衛門さん

>シバケン邸から30Kmと申しますと正確には大谷祖廟を越え JR大津駅前辺りですが解像度等を修正し御覧の映像です

シバケン邸<!>ですか<苦笑です>
で、そんなになりますですか<!>

よ考えたら、私の距離の目安なるは、車での走行距離のメーター値です。直線では無かったです<笑>
どちらにしても、東山処か、山科も超え、結果、京都に隣接の滋賀大津ですか<!>
にしても、我が家をよくご存じで<!>


での、よくゾの、その距離で、障害物が無く、発電所の映像<外観だけですが>を撮れるの場所があったなあと、感心するですが。
<注=一度か、二度、遠くから、建屋、屋外での作業風景が、放映されたかと>

での、ピンポイント的、カメラの設置場所を探すの意気込みがあらば、何で、現地、現場でと。

思うに、鳥越俊太郎(71歳)、田原総一朗(76歳)は、何かと云えば、ジャーナリズムがと。
正確性、公共性、皆が求めるモノをと。
要は真実を伝える事が報道の使命であると。
イヤ、その通りです。間違いでは無いです。

当然にして、各局の、テレビの、論説委員、デスク、パーソナリティとか称するの面々も、兎角に、ジャーナリズムがと。
正確性、公共性、皆が求めるモノをと。
真実を伝える事が使命であると、抜かしてるですが。
今後、一切の口にすなと。恥ずかしいわの、笑止千万也と。


イヤ、許可が無ければ、現場には入れませんです。不法侵入となりまして。
されどの、遠慮は無用の、正々堂々の、誰と交渉してるのかの、その過程、状況をば、中継したらと。
内実を公開したらと。

どちみちの、下っ端役人が、弁解、これ努めまして、どこの誰の指示とは明確にせずの、言を左右にするは見えてるですが。
イヤ、構わんのです。
こんな次第で、現場では放映出来ませんと、放送局も実情、実態を国民に知らせるの義務があるです。

での、ラチがあきませんので、しかるべくの、閣僚に、インタビューでもしたらと。
経済産業省、海江田万里君(62歳)では頼り無く。総務省、片山善博君(59歳)も、何を考えてるやらで。

ホナラの、内閣官房長官、枝野幸男君(46歳)なら、毎日、日にン回、記者会見を行ってまして。
そんな場でこそ、下らんの、質問してるよりは、単刀直入、至って素直、純朴、歯に衣を着せずの、「原子力発電所敷地内にテレビ・カメラを入れて戴けませんですか。」
と、懇願したらと。

そこで、放射線がとか、危ないからとか、又もやの、下らんの回答をしてるよなら、各社一斉に、防御服を着てもだめですか。
時間制限大いに結構ですと。
次々に質問攻撃したらと。

モっと云うなら、作業員が詰めるの、寄宿舎程度、構わんやろと。
モっと、モっと、云うたら、取材活動するは命懸け。

かの、普賢岳<1991年6月3日の火砕流>では、報道関係者16名<アルバイト学生を含む>、火山学者、地質学者が4名、消防団員12名、報道関係者に同行したタクシー運転手4名、警察官2名が犠牲になってまして。

アルバイト学生、タクシーの運転手は可哀想なれどです。
ホカは、覚悟してるかと。
<注1=諸説紛々の、過剰取材行動の話もあります>
<注2=消防団員は、避難住民の空き家に入ったり、盗電の取材陣の警戒のため、立ち入り禁止区域に入ったともされてます>

要は、菅政権が本当に公開を禁止なら禁止で結構の、実態を白日の下に晒すべきでして。
現在なら、放送局も、カメラ・マンも、本音では、放射能は怖いのかと。
イヤ、誰しも、怖いですがと。


での、更にはです。
一党独裁、共産主義の国では無い筈でして。
あるいは、健全野党と云いたいならば、自民党、公明党、社民党、みんなの党か、甘党でも、辛党でも結構の、国会で追及、要求したらと。

現場の状況を放映したらと。
何で、しやへんのか、気がつかんのか。
話簡単には、同類かと。

どちらにしても、報道陣も、その素っ首をよ賭けませんし、現政権は勿論の、野党陣も含めまして、政治家そのものの、肝っ玉が小さいなあと。
裏でこそこそだけが目立ちまして。
そのコソコソは、報道陣も尾鰭をつけて、報道致しまして。
これで、素っ首が飛ばんなら、原子力発電所の放映させろの詰問攻めでは飛びませんです。

とかを、私が保証は致しませんですが<笑>
するにも、出来るの立場でも無いですが。
その程度の気概が無いとアカンです。


NO.37 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<その2>(3) 地域限定に非ずの風評被害

【シバケン】 2011/04/12 (Tue) 00:24

マアねえ、福島原子力発電所の様子を放映遮断も、ア菅首相の指示に決まってるですが。
進言したって、御大がウンと頷かん事には、ダメでして。

私からしたら、恥の上塗りですが。
ソラなあ、汚染水の垂れ流しの対策で、出て来たのが、オガクズ、おむつの樹脂、水ガラスでして。

それも、最初はどの場所からの流水であるかを調査もせず、オガクズ、樹脂を放り込みの、取水口からの流水が止まらず、おかしいなあと。
色水で、調査で、嗚呼、ここからかと。
分かって、水ガラスの注入なれどです。
その源泉も、まだ、分かってませんですが。

日本国の技術者のレベルはこの程度を世界に知らしめ、心配させたは、この辺りからでして。
それまでは、おかしいなあ、おかしいなあと。
だけが、結果的、取水口へのルート<構造>さえ、つかんでえへんかったのかと、驚愕したです。

での、こんな無様なドタバタを外部、とは、日本国民に、全世界に。わざわざのテレビの実況中継で、晒す事も無いですが。
無いなら、無いで、しっかりして頂戴ナと。


での、思うに、ソラ、被災者、被災地域の実情をレポートも重要なれどです。
これ又、右に習えで、全局一斉でして。
キャスターが、コメンテーターが、パーソナリティが、芸能人、有名人が、カメラ・マンを伴い、現地に飛び込みまして。

場合により、風評被害を訴えて戴いたり。
旅館名を宣伝させたりと。

イヤ、観光の風評被害は、現地や、現地周辺に限ってませんです。
観光都市、京都も影響を受けてまして。

京都だけでは無いです。当初には、愛媛の旅館がキャンセルが相次ぎと、報道されてたですが。

兎に角、日本国に対するの、海外からの客がガタ減りですて。
さもありなんの、世界、外国から見たら、福島は日本国でして。
日本国が放射能汚染されてまして。

イヤ、事実と思うです。
ロシア、米国程の国土の広さがあれば、原子炉の爆発があっても、ロシアのどこやろ。米国のどこなんやとなるですが。
島国、日本国は狭いです。小さいです。

よって、福島原子力発電所の概念では無く、日本国の原子力発電所が放射能汚染でして。
イヤイヤ、事実です。

尚更に、しっかりした対応を致しませんと、世界の笑いモノ、失笑を買うかと。
イヤ、心配させるかと。
イヤイヤ、既に、同情も、心配も、されてまして。

気がついて無いは、時の政権と、官僚だけかと。
内実を知るにつけ、不思議の国、ニッポンでして。


【磯津千由紀】 2011/04/12 (Tue) 17:57

 シバケン様、こんにちは。


>アルバイト学生、タクシーの運転手は可哀想なれどです。
>ホカは、覚悟してるかと。

 消防団員は、報道関係者が留守宅に勝手に上がり込むのが横行したので、パトロールしてたもので、気の毒です。

 報道関係者は、木口小平ではなく、無謀な馬鹿かと。

<注=「木口小平」とは、「日清戦争で戦死した兵士。
実際には、ラッパ手、「木口小平」が死しても、口からラッパを離さなかったという風聞が評判になり、小学校の教科書にも登場>


【シバケン】 2011/04/12 (Tue) 18:49

磯津千由紀さん

まあねえ、報道陣も色々ですねえ。
にしても、木口小平が出て来ましたか<!>

での、本日の菅首相の記者会見で、全て公開していると発言したですが。
ここで、一発、待ってましたと、福島原子力発電所への、テレビ・カメラ導入を要求しない記者団は情けないです。


【磯津千由紀】 2011/04/12 (Tue) 21:27

 シバケン様、こんばんは。

 説明不足だったので補足します。
 報道関係者が「電気や電話を使うために」留守宅に上がり込んだです。
 当時、記者が「死んでもカメラを離しませんでした」という美談として報道されたです。


【シバケン】 2011/04/12 (Tue) 22:53

磯津千由紀さん

>報道関係者が「電気や電話を使うために」留守宅に上がり込んだです。

この件は承知してたです。

>当時、記者が「死んでもカメラを離しませんでした」という美談として報道されたです。

この件は知りませんでした<?>
とするのか、忘れてましたです。

よって、戦場での、英霊のラッパと、無謀のカメラを対比されましたですか。


NO.38 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<その2>(4) 遂に、チェルノブイリ水準と成りに蹴り

【シバケン】 2011/04/13 (Wed) 00:07

イヤイヤ、何からをと。
大きな話が有り過ぎまして。

での、何と云うても、此度の原子力発電所の事故についての、レベルが引き上げられたです。

通商産業省別働隊、原子力安全・保安院が発表するに、国際原子力事象評価尺度(INES)」の暫定評価を、「レベル5」から最悪の「7」に引き上げたです。

従来の、「5」から、「6」を飛ばして、「7」でして。

「7」とは、「0」から、「7」までの、「8」段階の、一番最悪、最高位、「深刻な事故」ですて。
フウンの、専門家筋は余程に甘く見てたかと。

今更の、発表の、西山英彦審議官君、そもそもが、「6」にするをさえ、慎重でして。
それをイトもあっさり、「7」ですかと。
とは云え、数字の世界なれど、その数字が怖いですが。

この、「7」となればの、ロシア、チェルノブイリと同等でして。へえと。
さもありなんの、表現変更の、日本国の原子力に対するのレベルは、その程度かと。
寂しいなあと。

されどの、現在唯今の動き、対応を見てたら、分からんでは無いです。技術力からは、モッと下<レベルは上>でも不思議で無いです。

学者先生様、通商産業省別働隊の、原子力安全・保安院も、チェルノブイリにはなりません。水準が全然違うと、申されてたですが。
全然処か、同じ水準ですて。

但し、西山審議官が弁解するに、漏れ出た放射線量は、チェルノブイリの1割やと。
とは云われても、当初から、説明を聞いてて、分からんかったです。
チェルノブイリと何が違うやと。
確かに、先様のは、初期段階で沢山の死亡者が出て、甲状腺癌の子どもも出たですが。

福島原子力発電所の事故で、どなるかとなればの、未だ、収束の方向には向こてませんです。
原子炉の暴走を喰い止めてるがやっとでして。
放射能は、放散しっ放しでありまして。

要は、コントロールを出来てませんです。

空から、ヘリコプターで、原子炉に海水をまき。
下から、ポンプ車で、散水をと。
そして、海水を真水に変更した事でして。
外部から電源を引っ張って来まして、嗚呼、炉芯をコントロール出来るかと思いきやの、汚染水が邪魔になり、作業が進まず。

汚染水を処理するに、話が拡大されまして。
取水口からの垂れ流しを喰い止めんならんと、日本国の英知を集めた結果が、オガクズ、おむつの凝固剤ではダメで、水ガラスで、汚染水を喰いとめるがやっとでして。

止めたは宜しいですが、今までの汚染水は、どこに消えたか、行くのかと。
解明は置いといて、その他の汚染水の処理をしてまして。

そして、水素爆発の予防のためと、タンクに窒素を注入でして。


要は一ヶ月経っても、一向に根本対策までには進んでませんです。


での、ロシアは秘密主義でして。
日本国はどかとなればの、何度でもの、進行状況は何ら、報告されず、見えず、秘密のベールに包まれてまして。

での、菅直人首相が記者会見<4月12日>にて、曰くに、「国民の皆さんに必要な、あるいは必要とされる情報はしっかり提供している。」ですて。
ならば、現地にテレビ・カメラの設置、カメラ・マンの派遣を許可したらと。

大体が、現在唯今、発電所で何をされてるかを国民の誰が知ってるかと。
肝心の、関係各位、上層部でさえが、全容をば、把握してますかと。


【磯津千由紀】 2011/04/13 (Wed) 08:36

 おはようございます。


 10日夕方の余震の際、東北電力からの電力供給が止まったのは「想定内」だったものの、予め準備してあった電源車又は消防車に冷却用放水を切り替えようにも、津波注意報が出てて作業員が切り換えに行けなかったのは「想定外」だったとか。事前想定が甘いです。

 スリーマイル島事故のときは、バルブをずっと開け忘れていたのが収束までに時間が掛かった理由で、バルブを開いた後は本来の冷却機構が正常動作したです。
 しかし福島は、本来の冷却機構が損傷してる可能性が高く、その修理に人が入れるようになるには1年以上は掛かると予想されてる(スリーマイル島のときは人が立ち入ったのが半年後)ので、スリーマイル島のように本来の冷却系(閉鎖系)ではなく、放水での冷却(開放系)を続ける必要があるだろうと。膨大な量の汚染水が発生するです。レベル7もむべなるかと。
 レベル7でも、黒鉛減速のチェルノブイリは論外の設計思想無茶苦茶でしたからそんなことになったと言われましたが、福島も外部に放出された放射能の量が判定基準を超えたのは同じです。マサカ、レベル7になるとは予想してなかったので、驚いたです。これを鑑みるに、世界中の原子炉の殆んどに、レベル7事故の可能性が考えられるということになります。怖いです。


NO.39 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<その2>(5) 政官学民の四つ巴

【シバケン】 2011/04/14 (Thu) 00:02

「レベル7」の話は、今更でして。
どもない、どもないと、云い続けて来て、突然に、二段階上げて、実は、最悪ですと。
チェルノブイリ水準ですと。
これを称して、騙し討ちでして。
イヤイヤ、騙し続けて来てたです。

にしても、「レベル7」の基準としては、「数万テラ・ベクレル以上の放射線物質の放出」と、「原子炉や放射性物質障壁が壊滅、再建不能」でして。

放射線量としたら、原子力安全・保安院が出した数値は、約50万テラ・ベクレル<37万テラ・ベクレルから、63万テラ・ベクレル>。合致。
「再建不能」は合致。
されどの、「障壁が壊滅」はしたのかと。
オッとの、「障壁」とは、何ぞやの、建屋の障壁ではあるまいにの、炉芯の格納障壁と思うですが。

今までは、してへん、してへんと云い続けてまして。
されどの、一部原子力学者先生様は、破損の可能性を指摘してまして。
破損も完全に破壊されたでは、このレベルではすみませんがと。

発表では、この辺り、上手くとするのか、説明は避けられてまして。
一番に説明のし易い、数値だけでしたです。

そして、チェルノブイリとは、放射線量で、一桁違う。アチラでは、死者29名。こっちでは、死者は出てませんですと。
要は、レベルとしては、チェルノブイリと同等の、「7」なれどの、強いてなら、「7」の下であると。

更には、海外からは、「レベル7」以下と違うかと。あるいは、妥当であると。
声が聞こえて来たら、一体全体の、この、国際原子力事象評価尺度(INES)」の基準とは何じゃと。


での、良く見れば、「レベル7」と決定とはされてませんです。
「暫定評価」としてあるです。
紛らわしいとする以前の、ええ加減やねえ。
「暫定」であれ、「決定」であれ、発表した段階にて、「レベル7」なんやと。

但しの、「暫定」としてあれば、言葉巧みに、逃げる事が出来ましての、姑息やねえ。
発表は、経済産業省の別働隊、原子力安全・保安院でして。

での、ここで、冒頭の、<政官学民の四つ巴>

どいつが責任を持ってるのかです。だあれも持ってませんです。
民<東京電力>にも、被害者意識がありまして。
イヤ、事実、被害者の可能性がありまして。

あとの、政官学は最初っから、当事者意識はありませんです。
そしたら、どこが当事者意識を持って、対応してるかとなればの、もしかしての、東芝と日立かと。
実際に、福島原子力発電所を運営の、協力会社かと。

イヤイヤ、原子炉の製造会社がバラバラでして。

1号機=GE
2号機=GE・東芝
3号機=東芝
4号機=日立
5号機=東芝
6号機=GE・東芝

<参考=福島第一原子力発電所(東京電力)>

GEからは社員が来てるのかと。来てるの話は出てませんですが。
東芝は現地、発電所に詰めてるの様子は報道されてまして。


NO.40 <緊急>実話・原子力との、戦争に負けられない<その2>(6) 四つ巴に非ずの、五つ巴の、卍巴

【シバケン】 2011/04/15 (Fri) 00:28

四つ巴とはです。

政=政治家
官=通産省別働隊、原子力安全・保安院
学=原子力安全委員会
民=東京電力


この四つに、加える事の、IAEA<国際原子力機構>なるのがありまして。
「外」とでもすれば良いのかと。
結果、政官学民外の、五つ巴となり果てまして。入り乱れての、ややこしいなあ。
これを称して、卍巴と云うですて。へえと。

での、過程を知るに連れ、分かって来てたです。日本国の原子炉に対するの技術水準は、オガクズ、水ガラス程度かと。
建屋の構造さえ、調べずに、処理するかと。
土木屋はんの知恵も借りずに、独断専行の、海に散水かと。
万事休すで、外国のチカラを借りますかと。

イヤ、借りて戴かんと困るです。
形振り構わず、構てられずの、何が何でも、絶対に原子力との戦争に負けられませんです。


ででの、過日<3月31日>、福島飯館村<原子力発電所から、20キロ以上のため、避難区域外>の土壌から、基準値の2倍の放射能を検出と。
IAEA<国際原子力機関><外>が発表。
要は避難すべきであると。

すかさず、日本の原子力安全委員会<学>なるのが登場の、日本国では、土壌では無く、空間放射線量を指標にしていると説明。
要は、飯館村は20キロ以上離れており、基準値以内でもあり、避難しなくて宜しいと。

この辺りから、変やなあと。
日本の基準は、国際基準と比較で、数段に厳しいとされてたのが、数値的逆転の瞬間でもありまして。
しかも、一番に基本の基本、測定法<条件>がバラバラで、統一されてませんですて。
そんな馬鹿なと。
測定法が異なれば、測定値が異なって当然でして。
それで、厳しいとか、緩いとか、云々するは意味が無く。

ホンマやでの、学者先生様が、恥ずかしく無いのかと。
そもそもが、空間なんか、一定しませんです。強いてなら、土壌も、表面から、何センチとか、測定位置が定められるべきものでして。
云うたら、あっちでは、土壌の土の中、数センチ。こっちは、土壌表面。そっちは、表面から、数センチの高さで測っててみい。
計る人により、数字が違うになるです。

まさかの、野菜で、野菜のどこを計ってるのかと。
出荷停止、自粛して欲しいは、どこを測定しての話かと。
イヤイヤ、笑い話、冗談では無いです。野菜に測定器をピタリとくっつけて計るのと、5センチ、10センチと。
下手して、50センチも、1メートルも離した場所で測定では違うで当然の、それで、基準値以下、以上、出荷停止、自粛、解禁とされてたら、顔を洗て出直せで済むの話と違うです。


での、汚染度を調べるに、<学>の空間か、<外>の土壌かとなればの、素人的には、土壌が正解のよに思うですが。
結果、IAEAの件から、二週間経ってから、如何なるになったかとなれば、<政>枝野君が発表の、福島飯館村は自主避難されたしと。

矢っ張り、IAEAが正解かと。
尚かつの、原子力発電所から、同心円で、10km、20kmと、杓子定規に、コンパスで計る処に、知恵の無さを感じてまして。

言語明瞭の、風向きで違うやろと。

での、自主避難となればの、損害の保証はされませんです。
加えての、どこに避難するやと。

「自主」故、経費も自分持ちかと。そんな、アホなと。

イヤ、誰の責任かとなればの、本来的、学者先生様、<学>の問題でして。
風向き程度、計算出来るやろと。
イヤイヤ、外国が日本国の、気象庁発表のデーターを分析、放射能の飛散状況をシュミレーションしてるですて。

肝心の気象庁は、大々的には公開せずでして。
<学>も、あとになってから、「SPEEDI」があると、云い出したり。後出しジャンケンが得意は学者先生様の得意技でして。

それを又、政官学が気がついて無かったのが不思議でねえ。
特に、官学が一丸となって、避難して戴くに、どの資料に基づくかの相談は重要事項でして。
その上で、政を動かすが筋かと。

されどの、我が国の体制は、四つ巴、五つ巴の、卍巴になりての、グシャ、グシャの愚者でして。
犠牲者は対象地域の国民かと。


【cyclo】 2011/04/15 (Fri) 09:30

副題=風向きが変わる

季節が春らしくなり、やがて初夏の様相。
もうすぐ田植えのシーズンを向かえ蛙がゲロゲロ始めるんでしょう。

忘れちゃいけないのが夏型気圧配置。
例年通り太平洋高気圧が小笠原付近に居座ると、南東の季節風が吹いて、日本海側ではフェーン現象で山から風が吹き降りる。

太平洋側にある福島第一から、この風下にあたるのはどこ?
会津の山を越えて行き着く先は、新潟・山形・秋田… 日本の米どころやね。

政府のお偉方はわかっているのか知りませんが、今年以降の米やら酒がとうなるか、風評被害どころではないのとちゃうか?
ここのところ海洋汚染に話題が集まってますが、内陸への拡散は今後どうなんでしょうかね?

早いとこフタできれば良いんでしょうが、今は「冷やせ冷やせ!」の方に夢中で、オトトの心配が先行している様子。
今年は冷凍モノの秋刀魚が人気になるか? はたまたお米にも影響がでるのか… 余計な心配だったらイイですけど。


【シバケン】 2011/04/15 (Fri) 13:10

cycloさん

>早いとこフタできれば良いんでしょうが、今は「冷やせ冷やせ!」の方に夢中で、オトトの心配が先行している様子。

イヤイヤ、同感です。
汚染水を海に放水だけで無く、空気中にも放散されてますのでねえ。

こちらの問題で、野菜が、原乳が、牛肉が、土壌がと。
水道水も、空気中に拡散された放射能かと。

で、
地下水はどなんですかねえ。
要注意ですが。
イヤ、これが怖いですが。


で、
風向きは季節により、日々でも異なってまして。
どちらにしても、原子力発電所の建屋にフタをしてと。

よ考えましたら、一時、計画されてたよに思うですが。
どなったのかと。

とかとか、国民に余計な心配させるよりは、兎に角、一刻も早く、フタをして、根本対策に着手する事です。



inserted by FC2 system