不可思議の世界NO.41

京都・亀岡の良く当たる占い師の話

京都でよく当たる占い師は?
注;URL<京都inet>

不可思議NO.39 不可思議NO.40
不可思議NO.36 不可思議NO.37 不可思議NO.38

不可思議NO.35
不可思議NO.20 不可思議NO.25 不可思議NO.30
不可思議NO.5 不可思議NO.10 不可思議NO.15

題目一覧表 お問い合わせ状況 三栖神社・炬火祭

目次

NO.434 とある、訃報の話(9)

NO.433 とある、訃報の話(8)

NO.432 とある、訃報の話(7)

NO.431 とある、訃報の話(6)

不可思議NO.40


NO.431 とある、訃報の話(6)

本題からは、逸れに、逸れての、余計なるの話。
「油小路」通りが、伏見の、あの通りとは、相当なるの年数経て、知ったです。

いやね、槇島在住の、約7年。
その通りを通勤コースの1つにしてたですが。あくまでもの、1つで、固定せず。
理由、通勤時間帯なるは、大渋滞。効率の良い、空いた道は無いものかと、探しまくってまして。

どちにしろ、伏見の、その通り、なるは、幅広く。片側、2車線、3車線あったですが。
いやね、その当時に、その道、「油小路」とは、露知らず。一部、舗装されて無かったりの、ホコリっぽい道でして。
そこの、過年、いつの間にやらの、「阪神高速8号京都線」なる、高架の道路、有料道路が出現。道路標識も充実にての、ンの、この道、「油小路」怪と。

いやね、そらね、亀岡え転出も、宇治には、用事、多々ありまして。
思えば、その道路、「油小路」を走ったです。但しの、多々あったの頃には、有料道路は、出来ておらず。
間があっての、妹家が、滋賀より、伏見に転入してから、又、ご縁出来。それが、何時であったか、5年、7年経つの哉の、その時、有料道路が出現の、ゲの、景観すかりの変貌の、ゲゲゲの、「大手筋」が、分からんでして。

イヤ、妹家、その、「大手筋」のソバでして。
イヤイヤ、はきりと、申しの、その界隈にての、通り名で、承知は、「大手筋」のみ、でして。
そらね、外環状線なり、国道24号線も、承知してるですが。元々が、方向音痴で、景観替われば、頭の中の地図、グシャ、愚者の、グシャになるの方でして。当方がや。
正直、申しの、妹家行くに、何度も、迷子と、までは、申さんの、曲がるのべき道、間違おて。そら、景観違う故、どこやった怪なあと。ここ怪と、曲がれば、ンの様子がと。話簡単には、手前の道で、曲がってたり、致し。

ンの、何の話をしたかったの怪の。
いやね、そらね、当時に、その道、「油小路」であるを認識してたら、又、違うわと。印象がや。

云うたって、何度でも、申すの、所謂の京都中心部の、「油小路」とでは、様相まるきりの違うわと。
中心部の方なるは、そのままの、「小路」で、道幅、狭く。狭いも、自動車交差出来るですが。こちの方、片側3車線でも、あるの、正々堂々の、大通り。
ここを、後刻、「油小路」と、知っても、なと。へえの、嘘やろと。

での、昨日、実は、「堀川」通りとの、合流にての、「油小路」也と、知って、へえの、成る程のと、勝手に合点。
理由、「油小路」よりは、「堀川」の通り名の方、聞こえがええのにと、チラと、申したですが。
そらね、「油小路」とは、再度の、「小路」にての、「堀川」よりは、数段の知名度低く。ンの、左程に、低くは無いけどや。市内中心部の住人なら、承知の、そらねの、「堀川」「烏丸」「河原町」と、「油小路」では、違うやろな。

との、感覚も、地方の方には、伝わらんですが。多分なら、なと。
申してるは、「堀川」の延長と、するのか、伏見の方でも、「堀川」通りと、してるのなら、です。へえと、ここは、「堀川」かと。
道幅からも、合点致すですが。
多くの方の、印象異なりの、ズボンと、一本線で、道の位置、描ける、分かるです。
との事、申したく。

いやね、変な話、伏見の大通、「油小路」を承知も、ンの、ならばの、「堀川」はと。一筋違うの、どこなんや。とかとか全くの考えてませんですが。
そらね、通りも、途中消えたりも、してまして。「醒ヶ井」通りも、五条から、下<しも>には、ありませんです。

での、「堀川」通りが、「八条」通り手前にて、「油小路」と合流。そこから、下なるは、「油小路」と、知って、ンの、成る程のと、1人大いに合点したです。
特段の、過年よりの、疑問でも、無かったですが。そこまで、深くも、考えてませんでして。
やからと、知れば、先の通りの、そかと。「堀川」通りかと。あくまでもの、印象的の話の、ズボンと、一本線で、引けたです。
そらね、本来的、「油小路」なるは、京都駅界隈にて、消滅と、思てたわと。それが、又、どこかで、復活怪の、程度でしたです。
再度の、申せば、折角なら、大通の通り名にすればと、薄々の思てただけ。


での、本題に戻すです。学齢一緒の、「訃報」の方。
寂しいねえと、するは、本意。
大して知らん、のにです。

当地に来て、約の40年。その間、その方との会話なるは、数度でして。会話も、会話らしいの会話でもあらへんでして。
で、その方の出生も、経歴、職業が何であったも、皆目の知らんですが。
且つは、先様、当方の事、遙か、年下と、思てるやろと。

そんな方の事、何故に、ここまで、延々にの語るかと、なればの、再度の寂しいねえと。
何故に寂しいかと、なればの、結果的、会話するの機会も無くなってもてね。
会話して、何じゃの世界なれどの、先様の事、何も知らんと、申してるです。知って、何じゃの世界なれど、です。
当方的、基本、何かのご縁にての、同じの町内会の住人と、相成ったですが。それも、ありの、加えての、年齢大いに影響哉と。

そらね、これまでも、多くの方、亡くなってるです。町内会の方々で。
されどの、特に、印象に残るの、お二人様。
一人、サンジさん。
諸般、その昔より、一緒に役したり、させて戴いたりの、この役で、親しく、話もさせて戴いての、且つは、諸般の、「不可思議の世界」的、ネタ話ありての、想い出深きの方なれどの、享年83歳哉と。
<参考=「不可思議の世界NO.31NO.32」<異例>町内会訃報三連発の希しきのご縁の話>

そらね、諸般、町内会の方、全員と、までは、申さんの、大多数の葬儀には、参列してるですが。ンの、もしかして、もしかしたら、全員かもと。
まあな、そんなには、多くもありませんでして。今後は、増えると、思うですが。

オトトの、でや。
実は、以来、此度、初。
云うたら、2016年1月から、約の、1年半、経ったです。1年半の間、短いですが。当町内会の状況なら、なと。


での、こちの、年齢もあるの哉と、申したですが。亡くなり方、理想的でして。
そらね、26日には、ニコニコ顔で、「夏祭り」で、見てて。見ただけなれどの、30日に、亡くなりまして。ええなあと。
との、表現、異なれどの。そらな、少々早過ぎるですが。同年故。

只な、最早の、70歳。10年経ったら、80歳。20年も経って、もてみい、90歳ぞと。ゲと。
従前、若い方、歳喰た方、亡くなっても、特段のその手、明日は、我が身なるぞの思い、あらへんでした、ですが。ンの、ない事も、ないけどや。
明日は、我が身の度合い、まる切りの、違うです。
遙か、身近に感じるです。

ここから先、同窓会なりで、会うの、会おてるの学友が、亡くなってもてみい。ガクリの、意気消沈の、チカラ、抜けるのではと。
いやな、これまでも、亡くなってるけれど。特には、情報入るの、中学3年のは、可成りの人数になるですが。ンの、そかの、寂しいは、寂しいけれどの、若死にで、可哀想と、思たですが。
この、若死になるの文言、感慨、70代にもなればの、若死には、若死にも、若いとは、云えませんの年代哉と。

そらね、当方、75歳から、78歳辺りの寿命を想定してるですが。
ンの、75歳ねえ。後5年も、既に、7箇月経過の、ンンの、今、寿命、後5年未満で、宜しいの怪なと、問われたならばの、チョと、待て頂戴なに、相成るなと。

さりとての、90歳も、100歳もは、ハタ迷惑やろと。
そもそもがの、誰が面倒なんか、見て呉れるの怪と。
こんな、ヤツをと。ヤツとは、当方の事也の。

そらね、ここだけの話の、そらそらね。
当方、その昔、祖母と、一緒に暮らし。過年、母とも、ズと、同居してまして。
同居してないの面々の話も、諸般聞くけれどの。皆まで、云うなの、諸般、中身、分かってるわと。
ぽっくり、一気が一番也と。
されどの、そは、自身の意では、どもならずの、「訃報」の方、理想的と。
(17/09/09)


NO.432 とある、訃報の話(7)

いやね、何か、モノ足らず。
よて、延々の、「訃報」の件に、まつわるの、又、逸れに、逸れたの話をしてるですが。

いやね、そらね、町内会の面々で、親しくしてる方。
学友も、同窓会なりで、或いは、ケータイ等々してるの面々。
また、諸般のおつきあいしてるの面々。
同窓会云々なるは、同年でして。その他は、年齢バラバラでして。

云うてるです。
中学の同窓生なら、結構、亡くなってまして。高校のは、知らんですが。そこまでの、情報入ってませんでして。
いやね、そらね、中学から、堀川高校えのは、分かってるですが。
過去にも触れてるの、賢いヤツ、云うてもたら、京都大学、大阪大学に進学したのが、早くも、亡くなっててね。

大阪大学の、なんか、40代。早くに過ぎるなと。
京都大学のは、60代半ばの、最近でして。且つは、コイツ、中学から、大学卒業までは、親しくしてたの、云うたら、親友でして。
只ね、東京在住で、亡くなったの報、葬儀終わってから、知ったです。
いやね、結果的、大学卒業以来、会おたは、1度だけ。中学の、同期の、合同同窓会の時、久しぶりで、会おたなと。

ンの、親族ねえ。
そらねえ、父方、柴田の方の、下の叔父なら、最早の、90歳に接近かと。
まあね、その内、どしてる怪と、会いにと、思いつつの、延び延びになってるですが。
そらね、嫁はんの母親、義理の母に相成るですが。コレ又、92歳でして。
とかとか、年齢的、そは長くはないぞ、のが、親族には、居てるですが。

同窓生で、早くに、のは、実は、寂しいは、寂しいも、特段にと。
早いな、早くに過ぎるなと。とは、思てるですが。
実は、それは、こちが、70歳の大台に乗るの以前の気持ちでして。そらね、60代では、当世、早いわと。
されどの、こちが、70代に乗ってしまうと、ンの、余所事に非ずの、自分も、ええ歳やぞと、死なるが、極めての身近。

いやね、過日、町内会の某さんにばたりと、遭遇。
イヤ、「歩き」をしてたですが。以前には、その道中、とあるの場所に居てまして。その某さんが、です。
そこで、何をしてるかと、なればの、屈伸運動。会うたび、声掛けてたですが。ここ、最近、その手の事、してませんでして。

さりとて、このところ、遭遇するは、一緒の、但しの、場所違うの、状況異なるの、あちら、自転車にての、屈伸運動に非ず。
での、過日、自転車の某さんに遭遇の、オッとの、男性なれど。年上の方。

いやね、ここ最近なら、遭遇も、会釈なりで、或いは、おはようございます等々、声掛けたりもしてるですが。反しがあって、大抵ならばの、そのままに、さいならしてるですが。
過日には、ンの、自転車から、降りまして。
あんたのお子さん、嫁いだ怪と、尋ねられの、ンの、当方の子、男の子で、2人での、嫁ぎはしてへんの、2人共に、結婚はしてると。
へえの、そかの、孫はと、尋ねるが故、ンの4人。何歳やで、上、10歳也の女の子で、以下、男の子が3人で、一番下、5歳哉の、ンの、まだ、4歳也と、申せば、自身のは、上のが、20歳ですて。
へえの、そらね、よ、考えたら、可成りの年長故、さもありなんの、自身申すに、後、3年で、80歳やと。へえの、云われたら、そんなモン哉の、上の孫さん、20歳も、納得でして。

での、申すに先日、某さん、「訃報」の方の事、なれどの、突然に亡くなったなあと。まだ、若いのに、なあと。
ンの、そらね、当世基準なら、早いですが。この某さんからなら、尚、若く。
とかとか、世間話の、某さん曰くに、余所事に非ずの、明日、我が身也の、とか、申しの、寿命は、自身で、決めるが出来ずと。ンの、そやねえの、異論無く。

いやね、この方、某さん、出先で、良く遭遇するです。
出先、云うたって、近在でして。コンビニで、タバコを買おてたら、ばったり、とかとか。そのたび、何か、尋ねられたり、致し。
何かとは、何かで、あんた、歳幾つ。或いは、子どもさん、結婚した怪。
その都度、歳幾つで、息子は、結婚した、等々、正直なるを、返答してるですが。そらな、隠すよな情報でもありませんでして。
ところがや、案外に、その手の事、聞くと、不機嫌になるの方もあったり、するの、らしく。へえと。

ンの、又もやの、話、逸れたですが。
この方、気さくに声掛けて呉れ、又、掛けるが出来るの方での、中には、何故かは、分からんの、プイと、余所向くの方も、ホンの若干名居てるですが。
いやね、プイと、余所向くの方、過年には、あちから、こちに、諸般、町内会の方々の、余計な話をしたですが。アイツなあ、とかとか、えらそにしやがって、なあと。
フウンと、聞いてるより、仕方が無いですが。このところは、プイ。
これ又、余計なるの話、最近では、女性に声掛けてるの傾向哉と。

オッとの、それでや、本題に戻すの、この、70代なるは、問題でして。
それまでは、死とか、歳とか、そらね、意識せず。とは、申さんの、されどの、左程に身近には、考えてませんでして。
これが、70代に達したの途端、極めての身近に相成ってもてね。

本日、月参りの、墓参に行ったですが。嫁はんと、二人して、なれどの。
ハタと、これ、車で、運転して、来てるですが。「東本願寺祖廟」の、東山の、中腹に墓石あるですが。坂、石段を登りの、当家、墓に参るですが。
ンの、年々、厳しさが増し。云うたって、現時点、チョと、しんどいだけで、特段の問題あらへんですが。
ンンの、これ、75歳。又、80歳にも、なってみい。これ、後、5年、10年の話、なれどの、まずは、車を運転出来てるの怪の、ここまで、上がる、登るに、体力、足も動くの怪と。

いやね、真剣にハタと。
ンの結果的、「訃報」の話とは、逸れたけど。
(17/09/10)


NO.433 とある、訃報の話(8)

オッとの、くれぐれもの、挨拶するも、しよと、するにも、あち向いてプイの方。
どちかと、なればの、女性相手にニコニコしてるの御仁。
なるは、後期高齢者年代の男性でして。
この方、「訃報」の方とは、正反対の、ここ、数年、変な具合に、人替わってもたです。
何で哉と、思えど、分からんわと。

分からんは、相当の以前より、当方に対しの、完全無視のも、居てるですが。
コレ又、原因、さっぱりでして。正直、困ったの、どいつや、コイツ哉と。
いやもお、こちも、わざわざの、声出してまで、挨拶致さんにしたです。しても、横向いて、ホイでは、腹の立つだけでして。
多分なら、こち向くがさえ、苦痛なんやろと。こちも、伝染してもての、強いての挨拶も止めるにしたです。挨拶止めるも、こちにしたらの苦痛。それするは、習慣、常識と、してるが故。

での、とあるの方に、当事者知らんの方なれどの。知らんが故、云えるですが。こんなのが居てねえと。
申せば、そんな変人、どこにでも居てるでと。そかと。
意識せず、こちも、無視したらの話あっての、そやなあと。
イヤ、当方的、それも、しんどいですが。無視するが、です。されどの、しても、あち向いたままで、その時初めて、気が付いたよな風にて、聞こえたぞの、首縦に振るだけ故、あちが、こち向かんの限り、声出してまでは、余計なると。

オッとの、この手、この二人のみ、でして。
少々、イヤ、可成り変と、するが、です。
勿論の事、当方だけに非ずの、その手、印象抱くの方、多いけど。

いやね、当方なら、少々、気に喰わんの、でも、常に挨拶程度、してるです。
くどいけど、当方にも、居てるは居てるですが、必要に応じ、話してるし、話は、相手の顔、目を見て、してるです。
理由、超の簡単の、それが、常識也と。
気に喰わんからと、話も、横向いてなんか、致さんわと。失礼無礼千万、超の非常識行為故。
自分がされて、厭な事、余所様には、断じてなれどの、この、ドイツや、コイツなるは、それを意図してやてるが故、悪質也と。

何度も、申してるです。
当方、どちかと、なればの、遠くより、接近の方、誰と、認識するが、早いと、自負してまして。
それを、間違い無くの、確と、信得たなら、こちより、会釈なり、声掛けるです。

これも、人様々での、無視と、するで無く、下向いたままの方も、居てるですが。イヤ、多分なら、こちを、誰と、認識してると、思うですが。
当然の、こんにちはと、声掛けするが当然の、こちも、下向いたままも、変でして。
コレ、案外に、女性に多く。
それ云い出したら、それこその、女性、多くの女性。道端で、長談義の際には、周囲に気を配ってえへんなあと。


オトトの、とっとの、余計なるの話、ばかりしてるですが。
余計ついでの、当町内会の、自治会会計殿。
ども、体調崩したらしく。あくまでもの、噂の範疇なれど、です。とか、申しても、体調崩した、哉の程度しか、知らんですが。

いやね、過日の、「夏祭り」の時、居てませんでして。居てないの確信無いけれど。
方々、隅々、見回してませんでして。
只、来賓で、挨拶したの、自治会会長、市会議員については、承知の、その挨拶、聞いてるですが。
紹介のみの、自治会役員、多分なら、当方時代には、土木役員と称してたの役職の方と、近在の区長については、区長より、紹介のみあったですが。

ンの、その際、先の、会計殿、居てへんなと。紹介もされてませんでして。
イヤ、そらねえ、そこまで、紹介なら、当町内会からの、自治会会計殿なるは、来賓と、するかは、分からんの、紹介して当然でして。
少なくともの、顔は知ってるの筈の、事前に、来て頂戴ねと、声掛けるべきでして。

イヤイヤ、云うてるは、「夏祭り」に、顔出して無いが故、変や、なと。
とは、思てたですが。
そらね、云うてもたら、例年、毎回、「夏祭り」で、姿、見た事が無く。その期、役員の時、以外は、なと。
オッとの、クレグレもの、そんな事、一々の、気に留めてませんですが。単に、記憶辿れば、そやなあ、見てへんなの、程度でして。

当然の、ここから先、当方の勝手推量なれどの。
体調崩したが、事実なら。それが、今回の、「夏祭り」にて、姿無かったと、関係してるのならの話の、仮定であるの、前提の、矢張り、十年もの期間空いての、自治会役員。しかも、会計殿は、少々、気を使うの面、あったの哉と、思わんでも無く。

くどいけど、そであったの話の、そらね、区長してても、十年もの間空けば、自治会役員なるは、全員知らんの面々でして。
そらね、その方、諸般の理由にての、業務的、自治会にも、関係されてたですが。退職して、これ又、少々の期間あって。

いやね、申すは、この手、役員も、区長止めて、即か、1年、2年なら、なれど。当方なら、その1年空いて、辞退したですが。
即なら、何度も、申してるの、その勢いで以て、会計受諾してるですが。
事実、受諾の覚悟したですが。諸般の理由にての、結果的、元々の、地元の方に成ったです。

こちにしたら、その方から、出来ぬ事情勃発にて、やてくれんかと、要請あったが故、諾と。
されどの、その事情変動にて、その方がと。一転、二転致し。
話簡単の、好きなよに、振り回されたですが。当人には、その手の事、一切の、申さず。

イヤイヤ、その後も、出先で、ばたりと、遭遇してるですが、手を振り、元気怪と。そらな、同期の区長仲間でして。
云うてるは、振り回されたは事実の、それで、アイツめと、恨みに、までは、全くの思てませんの、1つの出来事、想い出の類と、相成ってるです。
おそらくは、当方で無く、別途の方なら、激怒哉と。当方ならばの、ノー天気。

でや、その会計殿なら、諸般の何ちゅうかの、想い出あるです。
そらねえ、当方、体育振興役員の時。とも、なればの、20年以上は軽くの昔の際、バレー・ボールの選手に出場して戴いたり、致し。
そらねえ、感謝、感謝の方でして。20年以上経っても、感謝の念、不変。
とかとか、接触極めて少ないけれどの、まあ、云うたら、ええ人でして。
当方にとて、だけでは無いの、誠心誠意の方也と、見てるです。イヤ、殆ど、間違いあらへんわと。

何で、そんな話、したかと、なればの、「訃報」の方、質は違うですが、その手、誠心誠意の方と、見てるです。
よて、機会あれば、その機会も、この、9月24日の、「町民大運動会」の、「慰労会」には、顔出すやろと。出せば、チョと、世間話でもと、思てたですが。残念無念や、なと。

イヤ、実は、その会計殿も、出て来るなら、なれどの、「慰労会」に。出て来た事、ありませんですが。
出さえすれば、諸般の雑談、世間話の、ンの、どやと。会計職はと、冷やかし半分、本気半分の、話題で、聞くの積もりもしてたです。
オトトの、当方が、云々なるは、ここだけの話の、町内会は、当然の、嫁はん以外には、全くの、してへんわの、今後も、するの積もり、毛頭のと。
<注=体調崩したは、奥様の方で、且つは、ホンの一時。(17/09/29)>

イヤイヤ、既に、時効の、2006年、2007年度の話なら、するかも、なと。するも、せぬも、その手、話題にならねば、致さんですが。
2017年のは、10年後と、なればの、当方、80歳。ボケてもての、失念怪と。
いやな、この会計殿なら、その手、昔話も出来る哉と。そらな、この程度の事、区長経験者なら、遭遇してるです。オッとの、2006年、2007年の話やでと。2017年のは、この方には、出来ず。
「訃報」の方には、過年、何で、倒れたの怪の、健康上の話を聞きたかったし、話をしたかったなと。
(17/09/11)


NO.434 とある、訃報の話(9)

そらね、会計職の件、別段にの、話をしても、どて事、ありませんですが。
特に、2006年度、2007年度については、最早の、10年経ってもての。
されどの、この、2017年になるまで、話するの機会もあらへんかったの、ダケでして。

イヤ、話をしたは、諸般、突然の当方に話が来た故でして。
それこその、当時からは、10年経ってもて。モチベーションが、全然の上がらんでねえ。
云うてるは、話来る、して戴けるについては、光栄の極みの、相応の評価、して戴けてるが故と、解釈での。
そらね、出来る事なら、協力、諾と、返答したいけれどの、10年前の状況とは、全然の、違うわと。

そらね、自治会役員の、現在唯今の顔ブレなんか、知らんです。
2006年当時なら、当方、2005年度区長故、自治会執行部の面々、全員承知故。又、事務局も、用務員も、承知故もありの、流れのままに、どちでもと。
結果的、フリ回された、のだけ、でしたですが。

2007年度については、その延長戦の話でして。
これは、最早の、顔ブレが、替わってるが分かってまして。又、モチベーションも、少々低下。
但し、この時なら、まだ、1年しか、経ってませんでして。区長お役目御免よりの、まだまだ、勢いと、するのか、あったのけれどの、モ一発、要請に来られたなら、分からんかったわと。
そらね、何度も断るは、失礼千万故でして。

的なるは、初めて、この、2017年度に口にしたです。
とあるの、町内会の面々に、でして。
それまでは、ここ、「シバケンの天国」には、掲載も、一切の口外してへんわと。
それこその、口にするよな、機会もあらへんでして。
又、誰それ、捕まえ、こちから、積極的に、我輩はなと。えらそに、自慢話するよな、では、ありませんです。
云うてもたら、その手、自慢話、タラタラの、能弁ではあれどの、薄っぺらいのも、居てるですが。

いやね、町内会の某さん、2006年度、副会長に推挙、押したと、するよりは、「選考委員会」の地の方より、名前上がった方なれどの。
となれば、当方のと、するよりは、「選考委員会」よりの、推挙なれどの。その方については、我が期、役員故、積極的、説得致し。
イヤ、その方、結果的、2006年度副会長就任。実は、2007年度の会長としての推挙、説得でして。詳しく申すなら、正確には、会長えの、推挙。
でした、ですが、現会長留任故、副会長でして。

されどの、諸般にて、2007年度については、まあ、云うたら、降ろされたの形での。その辺りの事、詳しく聞いてるですが。
矢っ張り、ここだけの話の、他言無用と、するよりは、当方だけには、経緯、分かっといて欲しい。
との、要請での、くれぐれもの、他言無用であると。
とは、されてませんです。要は、口止めされたでないです。

但し、一切の、口外してませんでして。
これぞ、10年も経ってるし、モええやろと。
云うたって、当時には、掲載したですが。口外なら、一切のせず。
再度の、口止めでもあらへんしで、構わんですが。その手の事、口にするよな、機会無く。この町内会では、なと。この町内会でさえ、あらへんのに、他所で、するの訳、あらへんですが。

オッとの、それでも、某さんの、会長職云々の件、までは、口外してませんですが。
これこそ、実現せず故、当方の、記憶の中で、留めてまして。
イヤイヤ、再度の、そんな程度の事、云うたって、構わんですが。覚えといて呉れは、自分では、この手の話、自慢話になるが故、自身では出来ずの意での。
先にも、申してるの、その手、薄っぺらいの人間では無いです。
経緯承知の、当方なら、口外、多いに結構と、とは、思てるですが。そんな話、誰がまともに、聞いて呉れるやと。

実は、この方、某さん、2歳上。
での、過年、何年経つかは、分からんの、5年、6年、7年哉の、倒れられ。
話簡単の、60代後半哉かの、可哀想にと。その当時には、散歩途中、ばたりと会いの、簡単なるの話、世間話もしてたですが。最近、見ませんでして。
オッとの、その手レベルでなら、健在。

いやね、奥様とは、町内会行事で、度々の。出先でも、時折ばったりと。
いやね、ええ奥様でして。某さん、自慢の奥様でして。イヤ、ほんと。
実は、過日より、最近見てませんもあっての、奥様には、尋ねてみよかと。最近どしたはるですかと。
その返答、承知してるですが。元気にしてるですと。

その上で、一発、喫茶店にでも誘いの、コーヒーでもと。イヤ、ほんと。
当方、冗談、顔だけでの、この手、掲載で、嘘申さんわの、誰かと、一緒にすなと。
とか、申して、特段の、この話、あの話も無いですが。この手、延々の掲載の時にも、記載してるの、色々、話も出来るの方でして。

オッとの、何が故、この話、したかと、なればの、「訃報」の方も、過年、倒れたと。何が原因か、までは、皆目の知らんですが。全くの知らんでも、無いけどや。
さりとて、当人、奥様より、正確なるを、聞いたでもありませんでして。
よて、「町民大運動会」の、「慰労会」に、参加なら、その機会にでもと、思てたの矢先でね。
云うとくの、当方、水臭いの性格に非ず。
どこぞのドイツとは、まあ、云うたら、正反対哉の。よて、アチ向いてホイされるの怪と。

イヤイヤ、ほんとはね。
葬儀も、昔乍らの自宅がええのか。
葬儀会館も、チャンとした、葬儀か、家族葬がと。
当方の場合を思いの、諸般、迷うですが。

ンの、これが、従前には、思うも、真剣度が全然の違いまして。
此度、この歳になりての、可成りの真剣味あるです。

そらね、本来的、自宅でするが、一番と、思てるですが。コレ、家族、親族が大変もありの。
当家の場合、仏光寺の家では、祖母を。
現、亀岡では、親父を。
結果的、母は、葬儀会館にて、チャンとした、葬儀に相成ったですが。

そらね、祖母の時のが、一番に、らしく思えてね。
そらね、仏光寺の家故、沢山の方に参列して戴きまして。それは、それは、賑やかと、するのか、立派と、するのか、その当時には、それが、常識でして。

親父の時には、町内会の当時、役員には、お世話になったですが。
自宅故、相応に、立派でして。賑やかでして。
当時には、親族も沢山来て呉れて。皆、若かったもあるのけど。

さての、自身、自分のと、なればの、難しいなあと。
京都市からは、亀岡には、少々距離あって、あっても、大した事、あらへんですが。そもそもがの、学友も、一部の面々しか、我が家を知らんわと。
竹馬の友なんか、現住所知らんし、なと。同窓生にしたって、コレ、遠いしなあと。
そらな、生まれの、育ったの地、仏光寺の家なら、問答無用の、自宅でと、相成るけどや。コレ、当方の死、亡くなってもたを、周知徹底の、知って戴くの意もあって。

その辺りの事、掘り下げ、考えてみたかったのけれどの。
まだ、何とも早の、考え、まとまらんわと。
(17/09/12)



inserted by FC2 system