不可思議の世界NO.30

京都・亀岡の良く当たる占い師の話

京都でよく当たる占い師は?
注;URL<京都inet>

不可思議NO.27 不可思議NO.28 不可思議NO.29
不可思議NO.24 不可思議NO.25 不可思議NO.26
不可思議NO.21 不可思議NO.22 不可思議NO.23

不可思議NO.15 不可思議NO.20
不可思議NO.5 不可思議NO.10

題目一覧表 お問い合わせ状況 三栖神社・炬火祭

目次

不可思議NO.31

番外2

番外

NO.330 我が祖父の話(2)

NO.329 我が祖父の話(1)

NO.328 親父の25回忌の話(16)

NO.327 親父の25回忌の話(15)

NO.326 親父の25回忌の話(14)

NO.325 親父の25回忌の話(13)

NO.324 親父の25回忌の話(12)

NO.323 親父の25回忌の話(11)

NO.322 親父の25回忌の話(10)

NO.321 親父の25回忌の話(9)

不可思議NO.29


NO.321 親父の25回忌の話(9)

そんな事で、会席を始めるに当たっての、挨拶終わったですが。
終われば、施主の当方、礼服の上着も脱ぎまして。黒のネクタイも外しまして。

イヤイヤ、基本、施主が、席に着くなり、くつろぎ過ぎるは、引き締まらんわと。
幾ら、内々、内輪の場、会席でもや。
そらなあ、仲居さんが見てるぞと。見られて、別段の、どて事、あらへんですが。先様、プロです。場慣れもしたはるです。教育も、されたはるです。単に口にはされぬのダケでして。
要は、客のレベルを推し量ったはるです。多分なら、なと。

いやなあ、教育されたはろが、されたはらへん、でも、です。
場慣れと、するのか。日々、何組もの、客相手。数日、一週間、一箇月も、しんでも、です。職場に少々、慣れて来やはったら、こんな事、余程の鈍感、無関心でも、無い限りは、見えるです。

そこらの、ファミリー・レストランでも、飯屋でも、あるまいにと。
「かに家」なるは、一応は、下足番までが、居たはるの、料理屋でして。この手の料理屋にしたら、まあ、一般的なるので、高級料亭とは、チョと、云い難いの、だけでして。
「菊乃井」「いそべ」でと、なんか、云うたら、会席、最低でもと、するのか、幾らか、知らんの、まあ、通例のなら、七千円程度に成るの、哉の、よ、出さんわと。
「いそべ」でなら、過年、年会で、何度か、使てるですが。まあなあ、当方にも、資金的、多少の余裕のあったの、頃でして。
云うとくの、ソレは、料理代でして。
場代とするのか、予約で、部屋取れば、相応にの、飲食代金の、1割とかや。飲み物当然の、別途料金の、話簡単、忘年会、新年会、同窓会での、飲み放題は、あらへんわと。

トトトの、そんな意味なら、です。
ここだけの話の、一度は、「いそべ」ででも、食事をさせてやりたいなあと。とは、思うですが。思てるですが。
オッとの、誰にかと、なれば、嫁共、孫共に、でして。
ここでの、主たるの対象、孫共に非ずの、嫁共でして。

オトトの、もしかしたらの、もしか、して、です。
嫁共、この手、高級料亭の、料理なるは、何度も、入って、知ってるの可能性あるですが。
まあなあ、高級も、「吉兆」の如くの、下手したら、万円台の、超高級のも、あるけれどや。
とりあえずは、我々の身分で、背伸びしたら、入れるのと、なれば、万円以内。

そんな話、するの積もり、無かったですが。「いそべ」の、話を、でして。
ここは、「かに家」での。別段の、仲居さん、ハタ目なんか、気にするの事、あらへんですが。当家は、当家でして。
それこその、飲み放題で、カラオケしたり、踊り出したりの、余所様に絡んだり、悪酔いするの面々、居てませんでして。
元々が、年会で、そんなの居てへんと、思うですが。酒癖の悪いの、親族居たら、ソラ、分からんですが。

我が記憶の範囲、ご幼少のおりからは、相応に変化してるは、あるなあと。
オッとの、酒癖云々なら、元々があらへんですが。忘年会、新年会、会社の、歓送迎会でも、あるまいにと。会社のやったら、あるけどや。そんな事なら、会社での方が、基本、最初だけは、ビシリ、バシリとしてるです。
ビシリ、バシリは、最初だけで、飲み出し、喰い出し、暫くしたら、乱れるですが。ソラ、飲み助、多いし、なあと。

但しの、会社の宴会での、上座は、偉いさんでして。幹事が、下座でして。概ねの、役職、年式で、席が概ね決まってるですが。あくまでもの、概ねなれど、です。それでもなと。
挨拶なり、乾盃の音頭までは、ビシリ、バシリでして。
そらなあ、全員が、社会人でして。
それでも、接待の宴会でも無いの、限りは、社内の面々やしの、内々の、なれど、です。
但しの、但しで、会社のは、云うたら、上司の手前とか、目があって。あっても、乱れる時は、乱れるですが。コレ、あくまでも、終盤でして。


トッとの、斯くしての。
我が真ん前には、長男の嫁。
嫁はん、孫共に誘われ、まあ、云うたら、下座の方え、移動してもて、ねえ。
孫共なら、こっちの、想定、仲居さんが、準備の席に、座らんで、ねえ。まあ、ええかと。席は、絶対に、ここと、決まってえへんしと。正式になら、決まってるですが。
この正式、内々の、内輪との、兼ね合いが、難しく。そら、年会そのものが、分かってえへんのにと。
次回と、なればの、ン年の先でして。当家、「柴田家」の、なら、でして。

そんな次第の、斯くなるでの。
真正面、長男嫁での、丁度良く。
その隣辺りに、次男嫁なら、尚、都合が良かったですが。
孫共の席の都合にての、間が空いてもて。そこに準備されてたですが。孫共、移動してもて、ねえ。
まさかの、次男嫁に、こっちに来いと、わざわざの、移動させての、するの、よな話でも無くて。重要なるの話なら、遠の昔にしてるですが。ならばの、重要でも、無いのかと、問われれば、こんな機会故、するの話、でして。

こんな機会とは、親父の話。親父の年会、25回忌でして。
そこまで、するの積もりは無かったですが。挨拶で、云うてもたですが。そんな事、単なるの、一部で、一端でして。
そもそもがの、親父の話なんか、どれ程の、してるの哉と。
長男嫁にならと、するのか、その結婚披露宴では、チラと、したですが。電機屋でと。
当方も、専攻、電気工学での。長男も、電気工学でして。大学は違うけどや。親子三代、電気屋ですと。
とかとかの、この話なるは、コレ以上は、ここでは、割愛致すですが。

したかったは、どこで他界したか。原因はと。
余り、自慢は出来ぬの、我が両親、夫婦仲悪うて、ねえと。
その前に、です。親父には、申し訳無かったと、思てまして。
何がと、なればの、挨拶での、話では無いです。妹婿殿より、電話での、人工呼吸、2時間にての、先生の限度云々での、もお、結構の、決断、返答については、申し訳無いとは、思てませんでして。

当時の我が認識なら、です。
祖母84歳、親父80歳なら、寿命的、早い、早過ぎるでは、あらへんです。充分とも、申さんですが。まあ、そんなモンならと。
それもあるし、病歴もあって。
ならばの、何に対して、かと、なればの、それを、嫁共に話をしたかったんやと。
果たしての、息子共には、してるか、してへんかは、よお、分からんですが。多分なら、してるの筈と。
(15/05/14)


NO.322 親父の25回忌の話(10)

ついでの話を致すです。
あくまでもの、ついでやでと。どしてもの、話に非ずの意でして。

基本、この手、慣習、慣わし、不文律なるは、知ってて、損しませんです。
むしろの、知らずは、恥描くです。正確には、恥描くの事があるのダケでの、大抵ならばの、真面目な方なら、真面目な分、どしょかと、ドギマギ致すです。
知った上で、場に合わせるは、出来るわと。要は、その場で、突出すなよと。

例えばの話、会席で、宴会で、全員が上着を脱がずに、正座してるのに、です。1人、脱いで、くつろぐは、異様やろな。目立つやろな。
反対に、全員が、上着脱いで、くつろいでるのに、1人、脱がずの、正座もなと。但しの、挨拶、乾盃の音頭するの方は、別途やでと。
その辺り、会社のは、決まってるわの、その場の一番の偉いさんに合わすが、賢明哉と。兎に角、場を読め。自己判断すなと。
大体は、挨拶なり、乾盃の音頭まで、なんやと。その程度の間なら、ビシリ、バシリと、しとけよなと。そらなあ、挨拶したはるのに、くつろいでもての、横向いて、雑談してたり、してたら、失礼の千万。

自分が立場に成っての、挨拶してるのに。乾盃の音頭取ってるのに。そんな事、やられてみいの。腹の立つノリやろなと。
そんなモン、一時間も、二時間も、しやはらへんわの。精々が、数分。ガマンせよと。
この事を、理解しの、読めるが、場慣れと、申すです。

イヤイヤ、この事、不文律での、余程の場で無いの限りは、厳密に非ずやわと。要注意すべきは、他家が参加してるの場でありの、会社のやと。
まあなあ、強いてならの、どんな場でもと。
家族とか、親しい友人ダケの場と、違うならばと。

での、長男嫁が真正面故に、我が話の聞き手にされたの、カモなあと。
されどの、くどいけど、こんな機会にしか、話するの場があらへんです。聞かれん事にはなの。何かの、話のキッカケ、関連でも、無いの限りはなと。
そらなあ、休みの日に、孫共連れて、どこえ行くの相談してるの時に、あのなあの、親父がなあと。こんな事、あったんやと、全くの、無関係なるの話なんか、頭の片隅にも、出て来やへんわと。

オッとの、そんな事で、我が挨拶の中身、内容なるは、本来、解説しな、分からんの話やしなあと。
とは、嫁には、云うてえへん、けどや。
いやなあ、我が家の歴史と、するのか、事については、ええ事も、悪い事、でも、です。家族、身内には、知っといて、もらわんと、なの、気があるです。
云うたら、何かのおり、子ども達<我が孫共>から、親に、ルーツ的なるの事、尋ねられての、へえの、知らんわと。爺ちゃん、婆ちゃん<我々の事>に、聞いて頂戴な。
では、困るわと。
まあなあ、多少は話が出来て、それ以上の詳しい事は、あっちに聞けは、結構なれど、です。

オトトの、トットの、悪い事なるも、門外不出、墓場まで、持って行くよなは、あらへんわと。世間に顔向け、口外出来ぬ、よなはと。
要は、当家に、犯罪者は居てへんし。新聞沙汰になるよなの、後ろ指指されるのも、居てませんでして。してませんでして。
さりとての、国から、表彰されたりの、一芸突出の、国家的有名人も出てへんけどや。
加えての、申すなら、です。金持ち、貧乏なるは、時の運。
ほんまやでの、親族も、どこまでかと、なればの、血縁者に、変なのが居てへんなら、充分でして。
変も、病気等々、体質等々、これは、なあ、仕方が無いわと。

当方にしたって、持病持ってるわと。別段の、口外しても、構わんの、まずは、耳鳴り症。現在唯今、今も鳴ってると、するのか、耳鳴り聞こえてるです。初期の頃からは、相当に慣れたですが。
耳鳴りに加えての、痔瘻。手術でもの、考えあるですが。恥ずかしいし、邪魔くさいしと。
問題は、更に、十年、十ン年と、経ってみい。大で、尻拭くに、自分で、出来んよに、成って、もてみい。困るなあと。これが、現、最大の悩み哉と。イヤ、冗談に非ずやでと。
よて、早め、惜しまれるの間、年代で、黄泉の世界に行くの方がと。真面目、真剣に考えてるは、事実やわと。
まあなあ、痔瘻のためダケも、変やけど。

トトトの、自分の事を嫁には、申してませんの。親父の事を。
イヤイヤ、肺結核で、入院してまして。当時、法定伝染病での、宇多野病院に隔離入院させられたです。

コレ、祖母他界<1971年・84歳>の直後でねえ。その直後故に、親父入院、59歳哉と。
当方、24歳にての、社会人に成ってましての、影響軽微。
これが、学生時代なら、果たしてのと。どころか、どもならんわと。中退してでも、一家をと。
とは、結果的、成ってえへんしで、左程に深刻な思い、してへんでした、ですが。親父、他界したでも、あらへんしと。

での、我が家に、残ったは、母と、妹でして。
妹とは、七歳違うんやでの、当時、高校一年生なんやと。
再度の、別段にの、深刻には、考えてえへんの。大体が、ノンビリ屋。とりあえずは、上手い具合の、社会人でして。祖母他界で、親父入院も、明日から、どするやの事態に非ずの、助かってるです。
申すの、我が家、資産家に非ずの、無産階級での、貯金なんか、トンでもの。もしかしたら、もしかしての、あった、カモ分からんですが。当方、感知せず。
まあなあ、祖母なら、しっかり者故の、イザ知らずの。親父が貯金なんかと。出来るよなは、稼いでませんでして。

母正直申しの、浪費家でして。
収入以上に、使うの人でして。大晦日になれば、借金取りが、我が家にと。
モと、正直には、事実上、祖母が戴くの、恩給。次男<我が叔父>満州にて、戦死故で。それが、可成りの、家計の足しになってた哉と。
云うとくの、当方、学資、親から、出してもろてえへんわと。かと、申しの、祖母からもと。何度かは、助けてくれた、カモ、分からんですが。覚えてませんでして。そもそもが、金の話、祖母なりに、したは、入学金の事、だけの、後は、一切の、してへんしと。
そらなあ、高校生で、入学金の足しになるよな、金なんか、持ってえへんわと。捻出のしよが、あらへんわと。

オッとの、での、既に、社会人やし、給料あっての、収入がと。
家に幾ら出してたか。
までは、覚えてえへんの。実は、残業、残業での、土曜日、平日の時代で、手取りで、初任給<33500円>の、倍額程もろてて、ねえ。ボーナスにしたって、年に2回の、1回で、当時には、3倍程はあった筈での、コレ、ボーナスなら、全額、自分の、での。我が、収入、懐、潤沢で、ねえ。
よて、月々には、月給手取りの、軽くの、半分以上、手渡してたわと。半分でも、初任給、全額分でして。実際には、我が手元に、1万程度哉と。当時には、1万円なるは、大金でして。現在唯今でも、我がお小遣い、2万円やのに、です。当世の、初任給と、比較で、概ねの金の値打ち、推測出来るやろと。
での、母に手渡せばの、後は、良きに計らえの、多分なら、そこから、妹の学資等々、賄えた筈の。されどの、一切の関与、感知せずの、無関心。

云うたら、朝、こっちが、起きるが早いし。出勤故で。母に、朝食なんか、喰わせてもろたの事、あらへんわと。
昼は、会社の食堂での。夜は、残業、残業やしの、会社の食堂で、喰たり、会社の近所の、焼き肉屋に行ったり、してねえ。兎に角、資金、潤沢でねえ。家では、殆ど、喰て無いけれどの、所謂の飯代<はんだい>として、出してまして。
そらなあ、長男故での、一家、母、妹をば、支えねばと。までの、悲壮感あらへんですが。目算的、飯代にての、充分、賄える筈と。

ンの、この辺りの、金の話なるは、この時、会席の場での、長男嫁には、してませんでして。
金の話、したは、この日の、夜、次男嫁にしたの筈も、チラとだけの、学資は自分でしたぞの、程度哉と。

ででの、真正面の、長男嫁捕まえ、あのなあと。
家なるは、主<あるじ>消えたら、居んよになったら、まさしくの、壊れる、崩壊するなあと。
この家なるは、住んでるの家の事での。そもそもがの、借家でして。古家でして。元々が、雨漏りしてたですが。急激に、大漏れ、壊れ出したわと。
家の中、2階の、我が部屋なんか、天井から、雨漏り、激しくの、家の中で、傘でして。金盥なんか、間に合わずのどしょかの、状況での。
とかは、長男、結婚するの時期、2人で、良く、我が家に来てたし、話したの、覚えあるですが。

ならばの、本命、何の話したかは、順々にと。
親父に申し訳無いの思いの話、なれど、です。
(15/05/15)


NO.323 親父の25回忌の話(11)

真正面に居た、長男嫁捕まえて。
いやなあ、挨拶での話に感情移入し過ぎてて。そこまで、云うの積もり無かったのに、です。結果、まざまざと、当時の状況、蘇り。
そは易々の、平常心には戻れませんでして。
一方的に、話したが、正解哉の。されどの、会席の場での、細々なるは、申してませんですが。
下手して、又、その話怪と、思われるも、なと。そんなに度々は、この手の話、してへん、とは、思てるですが。よお、分からんわと。

での、云うとくの。
当方、無産階級なれどの。されどの、奇妙な事に、金に困った事、あらへんなあと。
この一言にも、解説要するですが。明日、今日、喰うに困った。借金までするの事、までは、してへんの意でして。
当方は、なと。

我が家族で、借金、屁とも、思てないは、母1人だけ。
当方なら、借金となればの、超一般的、住宅ローンと、車を買う際の、ローンのみ。のみとは、云い切れんですが。一度だけ、それ以外で、「京都中央信用金庫」から、借りたの覚えあるですが。
次男産まれたの頃での、その出産費用が要るのに、母、エアコンが欲しいと。贅沢な事、云うて。
されどの、その要求、聞き入れてるです。それがための、借金でして。自分の事で、あらへんわと。
イヤイヤ、例えばの話、次ぎのボーナスで、でも、返済出来るです。
そんな程度、半年そこそこなら、待てと。ガマンせよでも、宜しいですが。若干一名、ガマン出来ぬの人でして。兎に角、我が儘、気儘の、困ったの人、やけど、です。
欲しいモノは、欲しいと、駄々こねるの人でして。されどの、親は、親でして。

まあ、云うたら、云うた者勝ちの面、あるです。
当方、親の要求、基本的、一方的、拒否したの事、あらへんわと。
この辺り、説明、難しいですが。別段の、親なるを、尊敬しては、いませんでして。借金、苦にもせず。我が儘、気儘を押し通すよな、親を、です。
親父にしたって、イザの時、助けては、くれてえへんし、なあと。無いの袖は振れませんと。

かと、申しの、喰うに困ってた、ではあらへんでして。
但しの、喰うとは、まさしくの、喰う、での、三度の食事の事、でして。さりとての、家にオヤツがあるで無く。オモチャが一杯、あるでも無く。
オッとの、基本、衣食住には、困ってません、でして。贅沢、別として、でして。

再度の、くれぐれもの、こんな話、までを、長男嫁には、してへんでと。そんな長々、延々はと。
されどの、従前には、してるの覚えあって、ねえ。孫娘、産まれるの、以前の、家に良く、来てたの頃には、なと。
そらなあ、諸般、我が家族の事、特性、性格なるを、知って欲しいが、あるです。ええ事、悪い事、ひっくるめての、別段にの、後ろめたいの話でも、あらへんわと。嘘、作り話でも、あらへんしと。多少の表現、異なれどの、この話、したら、毎回、一緒やわと。話、する度、コロコロと、替わるであらへんわと。

ほんまやでの、母、サラ金にも、手ぇ出しの。
何度、ボーナス、吹き飛んだかと。要は、返済の肩代わりでして。それで、感謝されてるかと、なればの、当たり前に思われてて、ねえ。嘘か、ホントか、コロリと、忘れてくれてるの、結構なるの、記憶力。
さりとての、こっちも、嫁はん共々、基本、苦にも、してへんわと。

親を尊敬は、してへん、ですが。大切に、思てて、ねえ。
かと、申しの、世に聞くの、子が親えの、感謝の、意の、産んでくれて、ありがとう。なんかは、全然に思てえへんわと。アレ、その言葉、ホンマ哉の、疑念一杯。
オトトの、子を育てるの苦労、気苦労あるは、承知してるですが。当方、1人で、育ったでは、あらへんわと。
あえて、屁理屈申す、なら、です。産んでくれと、頼みはしてませんでして。くれぐれもの、屁理屈やでと。

トッとの、その上での、当方、自信持って、子として、親に、成すべき、成してるわと。
成すべき、成してて、綺麗事云えと。
云うたら、別段にの、当たり前の事、してまして。

とまあ、こんな話、までは、してへんですが。
親父に申し訳無いと、思てるは、この話の、最初、冒頭、親の夫婦仲悪くと、申したですが。
母とは、ズと、同居で、我が儘、気儘、聞き入れてるですが。自分等の事、少々の、犠牲にして、でも、でして。
くどいけどの、別段の、あくまでもの、少々でして。出来ぬの事、出来ひんし。出来るの範囲でして。そらなあ、ええモン喰わせよ、ええ服買おてくれと。そんな無茶なるの、話なるは、無視してるわと。

ほならの、エアコンは、何故にと、成るの、贅沢品かと、なればの、母以外の部屋にエアコン無くとも、母だけにはの、毎日、毎日、嗚呼、暑い、寒いと、云われてみい。
聞かされるだけでも、嫁はん、大変でして。
母には、そんな事まで、してる、のに、です。
親父にしてやれへん、かったが心残りで、ねえ。

いやなあ、京都に居た頃、親父、肺結核<当時、法定伝染病指定>で、宇多野病院に隔離入院させられた、ですが。
結果的、祖母を、親父を、失おたも、同然でして。親父は、生きてるですが。事実上、家には、居てませんの、退院、イツになるやらの。
忽ちにしての、我が家、日に、日に、崩壊の。コレは、表現的で無く、家、そのものが、壊れ出し。申してるの、雨降れば、家の中で、傘指すの状態でして。柱も、腐り出しの、どもならずの、漏電して、ねえ。

漏電ねえ。
親父の職業、電気屋での。我が家、電気屋でして。
加えての、当方、痩せても、枯れてもの、電気工学専攻やでと。正直なるは、複雑怪奇なるの、気分での。
電気工学専攻も、電気工事士の資格持ってえへんし。電気工事出来るの、電気屋はんに、頼んで、配線してもろた、ですが。恰好悪いなと。穴があったら、入りたいの、気分。
工事屋はんに、自身、電気工学専攻也と、なんか、口避けても、云えませんでして。

かと、申しの、云うたら、大学では、その手、実技は、してませんでして。諸般の、実験なら、してるですが。電気工事には、無関係での。要は、理論が主。電検なら、取れるですが。関西電気保安協会に就職するの積もり無く。
当時には、その手、資格に興味無く。今、思えば、しもた、なあと。頭、柔軟なるの、若い頃、取っといたら、良かったのにと。今時、皆目の、分からんわと。

オッとの、又もやの、話、逸れ出した、ですが。
家の話も、結構、面白いですが。後回しの。
兎にも、角にも、母、我が儘、気儘の、云いたい放題の。それでも、何とか、してた、ですが。
京都の家、借家での。出てくに成って。出たの先が、宇治槇島でして。ここは、中古住宅での、住宅ローンで、買えたですが。コレ、入社、2年目でして。1年目なら、ローンなんか、組めへんですが。昨年度の、年収なんか、あらへんしと。

結果的、運任せの、成り行き任せの、万事、綱渡り的、時代やった、なと、云えるですが。
くれぐれもの、深刻には、考えてえへんの、何とか、成ると。
ソラなあ、正直、当世と、異なりの、将来には、希望がと。

オトトの、それでや。親父の話。
退院したなら、その家にと。小さくともの、正々堂々の、我が家でして。いやなあ、13坪なれど、です。そらなあ、入社、2年目やでと。これが、借金出来るの最大限の、目一杯。
親父を、迎えるの積もりの、家でして。

そやけれどの、ここで、大問題の、母、親父と一緒の部屋では、絶対に嫌の。そもそもがの、同じの屋根の下に、暮らすは、嫌と。無茶云うて。
そらなあ、13坪やし、なあと。両親、部屋別々のと、そんな贅沢なんか、出来ひんし。同じ屋根の下に暮らすは嫌の、そんな事なら、家、出てくと。へえと。

トトトの、実際に退院なるは、当方、結婚してから、なれどの、ソラなあの、一緒に暮らしてるの、母の方の主張が通るわと。
結果的、親父、宇治の莵道、明星園<老人ホーム>に入所と、相成ったですが。
この辺りより、親父には、申し訳無いと。
申し訳無いは、まだまだ、あるですが。
(15/05/16)


NO.324 親父の25回忌の話(12)

この話、どこまでをが、あってねえ。
オッとの、長男嫁に話をしたは、極の一部。
会席の場で、延々の話をしたら、聞かされるの方にしたって、喰てられへんやろな。
こっちも、喋りっ放しでは、喰えへんわと。それで、のても、次々、料理が運ばれて来て。特に、蟹なんか、喰うに、大変でして。当方、不器用故、尚更でして。

での、くれぐれもの、ここに掲載の、一部しか、話はしてませんです。
諸般の背景、抜きの話故、多分ならばの、嫁も、よお、分からんかった、やろなあと。適当に相づちなら、打ってた、けどや。
ででの、それで、何を云うたか、話をしたか。

親父が退院しの、家に戻るになっての、母、一緒に暮らすは嫌と、家出てもてと。出たと、云うたか、出ると、云うたかが、あるですが。
出ると、云うてで、止めたかもの。実際には、家出たです。
帰宅して、嫁はんから、聞いて、ビクリの仰天。イヤ、家出て、戻って来いひんし。どこにと。
まあなあ、大体は、分かるの、母の兄宅でして。兄も、2人故の、長男宅哉と。事実、電話で尋ねたらの、そこに居たですが。戻って来いも、聞き入れず。

イヤイヤ、こんな事、までは、会席の場では、云うてえへんの。以前になら、チラと、してるの筈なれど、です。
はきりと、申しの、そこも、従兄弟が結婚したてで、長男として、親父<伯父嫁他界してたです>と、一緒に暮らしてまして。そこに、叔母が、居候してみい。云うまでも、無いの、迷惑千万也でして。
まあなあ、家出期間、数日なれど、です。
それでもなの、こっちが、気を使うわと。従兄弟に対してでして。その辺り、全くの、理解せずの、自分本位の母でして。一事が万事の、この調子の、思たの事、前後、考えずの、ハタの事、斟酌せずの、やてまうの、母でして。或る意味、幸せなるの、性格でして。
この性癖に、どれ程、振り回された哉と。私共夫婦がです。周囲が、です。特には、嫁はんが、でして。

イヤ、当方の構想なら、です。
狭くともの、我が家にと。親父を迎えるの積もりでして。
但し、そとなればの、両親、妹、嫁はん、当方の、5人やしなと。土地、13坪の家やしなと。親は、一室でと、考えてた、ですが。それも、正直、自分等の、思うの部屋でと。
ほんまやでの、万事、親、最優先でして。

されどの、そんな事で、どしょかと。
どするも、こするも、親父帰って来るなら、母出てくと。出たの先も、大迷惑なれど、です。従兄弟夫婦がなと。そこも、似たよな、家でして。13坪程哉と。
イヤイヤ、自身で、どこかのアパートでも、借りて、独り生活するの意の、出てくは無いです。そんな資金、あらへんわと。

とりあえずは、従兄弟も、結婚したて故に、子どもは、マダ出来て無かったですが。
出来てても、出来てんでも、諸般、非常識に過ぎるわと。母の行動、考え方が、です。
当たり前の、そこの従兄弟<長男>にしても、気が優しいわと。
の、程度で、止め置くですが。

結果、困ったなあと。
入院先の宇多野病院<京都市・西北>に相談致しまして。そのままの現状、伝えまして。ならばと、宇治、莵道<京都の、南東>の、老人ホーム、明星園を紹介されて。当時、我が方、宇治・槇島在住故で。近くの方えと。
そこなら、車で、20分、30分哉と。
この明星園に入所してたの事、会席の挨拶にて、触れたですが。皆、知ってる筈でして。

ここで、申せば、宇多野病院に、見舞いにと、するのか、面会には、当方1人、行ってたわと。
所謂の、結核病院と、するのか、病棟故に、嫁はんは、伴わず。母は、見舞いになんか、行かへんし。明星園になら、息子共を伴い、面会に行ったりと。
そらなあ、自分等の、祖父を記憶せよと。親父には、孫を見せるがためでして。
基本、主には、当方1人が、出来れば、1週間に1回。仕事の都合にての、行けずなら、間隔空くの、ソラなあ、残業、休日出勤、出張なら、ザラでして。
母も、年に1回はと。されどの、コレ、部屋に行ったで無いの。先様より、呼び出しあっての、話を聞きにの、我が同伴でして。
母1人で、行った事、あらへんわと。


親父に、申し訳無いの思い、この事でも無いです。
一緒に暮らすに、暮らせんかったは、心苦しいの思いは、あるですが。コレ、母のせいでして。
正直になら、一緒に暮らせて、たら、です。モっと、色々してやれた、のにの、思い、あるですが。

実は、正月かに、外泊にての、明星園から、戻った事あって。宇治槇島時代にも、戻ってるですが。
戻れば、母、家出。家出も、出先、分かってまして。
オッとの、幾ら何でもの、正月元旦から、家出で、家出の先様に、迷惑もで、正月と、するよりは、1月にの、方、正解なれど、です。

亀岡の新宅にも、何度か、戻ってまして。
この時、亀岡の家の、玄関先で、転けて。右大腿部、骨折したです。亀岡なるは、冬場、寒くの、積雪、よおあって。
兎に角、雪か、凍結かで、滑って、もて。入院先、桂の、「シミズ病院」でして。
コレ、幸いにしての、母方、叔母が、付き添いに行ってくれて。母、行かずのためも、あったの哉の。ここは、ロームの近く、でも、無いけれどの、国道9号線沿いでの、当方、通勤の道中でして。
嫁はんも、ソレ思いの、病院選定してくれたですが。
残業遅くで無く、宿泊伴うの出張で無いの限りは、日参までは、してへんですが。叔母が付き添いしてくれてるも、あって。ほっとけへんわと、頻繁にと。

余計なるの話、なれどの、この叔母、当方をば、大切に思てくれて。「タケオちゃん、タケオちゃん」と。
更なるの、余計なるの、話、なれどの、ここ、長男をば、早くに亡くしてまして。早くも、小学生に上がったばかりの時期哉の。以下、娘ばかりの、何人哉と。この早世の従兄弟、年齢、ホボ、同じの、1歳、2歳、下やったの哉と。
モと、余計なるの話の、亡骸をば、見にの、表現、意なれどの、見に行ったは、まざまざと、その情景、記憶してるです。当方も、子ども乍らの、残念でもありの、叔母の顔、まともに、見られんでねえ。
憔悴し切ってまして。
イヤイヤ、当時、同じの京都市内でして。云うたら、殆どの親族、京都市内でして。叔母の家になら、自転車でと。多くは、歩いてでも、行けるの距離でして。
こんな事、までは、嫁共にも、多分なら、従前にも、話はしてへんですが。こんな、とは、叔母が、親父入院の際の、付き添いしてくれたの話をでして。


オッとの、での、本命の話。
コレ、挨拶にても、ホンのチラとは、触れてるですが。チラでして。誰が、記憶してるの哉と。まあ、してへんやろと。
兎に角、親父、この時、骨折入院。年齢忘れたですが、75歳辺りやった、やろかの、モと、後やった、哉の、以来、杖。
プレートなら、取れずの、そのままでして。年齢的、取るは無理がためでして。

この不自由なるが、当方、余り、理解出来てえへんでねえ。この当時、ソラ、40代。
祖母も、足骨折にての、以来、寝た切りになっての、他界したですが。
祖母なるは、他界したは、84歳でして。親父なら、杖も、歩けてて。

これは、自分が成って、分かるです。
当方、45歳頃、骨折したですが。再度の入院、プレートを外すの入院なれどの、その入院中に、親父他界したですが。
イヤイヤ、云うとくの、入院中も、明星園に、面会には、行ってたんやでと。それこその、その時、入院先、我が家の先、八木の、「公立南丹病院」より、宇治、莵道の、概ね、50キロ哉と。
ソラなあ、亀岡から、宇治でして。先刻の通りの、病院も、鷹揚でして。入院患者の車置くを許してて。
かと、申しの、骨折して、術後、1週間、2週間、1箇月程は、外出もしてへん、出来ひんけどや。こっちも、骨折での、ギブスが取れて、装具が出来て。先生から、外出許可出てからやと。

オッとの、とっとの、申し訳無いは、骨折にての、その不自由さ加減なるが、理解出来て無かった事を、です。
正確には、充分にはと。
背景には、親は常に、元気であって欲しいの、気、希望もあったですが。
そらなあ、杖の身分で、シャキシャキの、歩けるとは、思てえへんけどや。
思うと、体験、実感とは、雲泥の差也と。
思うダケなら、誰にも、出来るですが。行動なるは、誰もは、出来ひんわと。
(15/05/17)


NO.325 親父の25回忌の話(13)

申し訳無い。
それは、あの歳になって、骨折しまして。
不自由なりに、杖で歩いてたですが。歩くにどこまで、手助けしたらが、当方、その当時には、分からんでして。
現在、母なら、高齢、92歳なれどの、車椅子での移動でして。トイレも大変、寝起きも大変。よて、所謂の、リハビリ・センターに入所<中期入所>しの。自宅復帰、目指しの、リハビリしてるですが。
コレ又、冷静には、現実的自宅復帰無理哉と。

いやなあ、母に対しては、当人の、希望通りに、事、進めてるですが。
親父には、それが、出来てませんでして。
それもあるし、59歳から、肺結核での、隔離入院で。そのまま、老人ホームでの、結果的、80歳まで、家に戻れず。

当方からしたら、残念でねえ。
母の状況、つぶさに見てるが故に、尚更でねえ。
親父の時、その不自由さに対するの、理解の不足が、でして。こんな事、親父には、してやれてえへんなあと。

イヤ、くどいけど、離れてましても、出来る事、やってるは、やってるですが。
コレ、母に対するの、千分の一、万分の一哉と。そらなあ、同居と、分かれてては、出来るの事、雲泥の差の、比較対象無茶でして。
コレ又、説明加えるの、母車椅子なるは、ここ数年での。親父他界、25年経ち。時期異なるですが。
母の状況なるは、常に見てるし、現在唯今なら、リハビリ・センター入所故に、洗濯モノの回収、収納での、週2回、「こもれび」に出向いてるですが。嫁はんと、交代交代にて、でして。

母の状況にあわせの、こっちも、学習出来ててねえ。
親父の時には、常が一緒と違うしなあ。不自由さ、加減、程度が分かってえへんで。くどいけど、骨折承知の、杖使用故に、皆目の理解出来てえへん、では、無いけれどや。
モっと、理解してやれて、たらと。

実は、亀岡に引っ越したの際、親父も亀岡の施設にと。
考え、しかるべくの施設を検討の、見学にも行ったですが。その当時、どことは、申さんの、亀岡のは、施設の雰囲気、劣悪でして。
止めたですが。
止めて、正解、不正解、分からんですが。
そらなあ、亀岡から、宇治莵道までは、年々、しんどくなるです。土曜日、日曜日なんか、車、大渋滞。行くだけで、一仕事で、長い時間、構てられへんでして。
行ったら、帰らんならんしなあ。

での、偶には、親父と一緒に、昼食をと。
大した話に非ずの、明星園の近くに、店はと、探したですが。喫茶店しか、あらへんでねえ。その当時には、でして。
喫茶店に入って、親父に、コーヒーと、サンドイッチをと。当方、何を注文したかは、忘れたですが。この店入るに、階段でして。この階段、どするやの、しもた、なあと。
されどの、親父、登ってくれて。
まあなあ、思えば、狭い階段での、手摺りがあっての、登れたですが。こっちは、下から、イザの時、受けるの体制での、登り切り。オッとの、数段なれど、です。

問題は、食事の状況での、親父、食べるのサンドイッチをぽろぽろ、こぼして。慌てて、食べるが故も、あって、でして。
コレ又、困ったなあと。
準備が無いわと。準備とは、落ちた、パン等々を拾うは出来ても、それを、収納するのポリ袋なりの、準備がでして。

店主には、申し訳ありませんと、謝罪致しまして。店主、嗚呼、結構ですよ、気にしてもらわんでもと。そのままでと。有り難いの、返答戴いて。
そして、店出るに、大丈夫ですか。手伝いましょかと、尋ねられ。
イヤ、結構です。有り難う、御座いますと、お断り致して。
されどの、店主、わざわざの、見送って戴いて。嗚呼、有り難う御座いますと。

そらなあ、転けられたら、大変もあるですが。見送って戴いてるの様子から、分かるです。万事、チョっとしたの、表情にての、一発でして。この店主、微塵のと。
全くの、親切心から、でして。
ほんまやでの、チラの、嫌そな表情されてみい。ホンのチラも、分かるわと。気の無いの返事も、されたら、一発、察知、出来るわと。

これもなあ、店主には、感謝なれどの、親父に対し、階段はなと。
モっと、調査、探索しとくの、べきやったなと。当世が如くの、インターネットがあった、なら、です。園の近辺の適当なるの店、探せるですが。そんな時代と、違うです。
そももがの、園えの、道、熟知も、店なんか、近くに、あらへんでねえ。少々、遠出をしたら、あるですが。そんなにも、遠くはなと。
又、余りに客の入り、多くの店も、憚るです。正直、ハタ迷惑でして。親父も気を使うやろと。
その時の、その店の客、当方2人だけでして。

オッとの、この話、してへんです。
してへんの、この手の事、親父が、モと、若い頃、するのべきやったなと。
思たって、時<とき>は、戻らんでして。
只なあ、この時、当方、寂しかったわと。そんなに慌てて、喰わんでもと。それも、あるし、大体が、歯がなあ。沢山、抜けててねえ。元々が、隔離入院以前から、抜けてたですが。
云い出したら、祖母も、でして。
当時の人、歯抜け、多かったですが。珍しくも無くの。その歯の間から、口にしたの、パンが、ぽろぽろでして。
いやなあ、親父、歳喰たなあと、その喫茶店で、一緒に、飯と、するのか、食事で、実感でして。

そんな次第の、斯くなるでの。
申し訳無いは、不自由さ加減を理解出来てませんでして。理解は出来てても、こっちの、対応がと。
モ一発、当然の、残念無念があるですが。
これは、一緒に暮らせえへんかった事でして。当方の意志で無いにしても、です。

経過から、したって、親父なるは、突然の入院やでと。
頭っから、病気なるは、治れば、戻るです。戻れるです。我が家に、でして。我が家は、申し訳無いけれどの、その時には、宇治・槇島でして。ここが、「柴田」の家でして。他に戻るの家あらへんわと。

それこその、母にしたって、親父にしたって、独り暮らし出来るの、経済力、資金力なんか、あらへんわと。
当方にあるかと、なればの、あらへんけどや。
基本、住み処があれば、1つ屋根の下に暮らせば、何とか、なるわと。
思てたけれどの、母の家出事件、想定外。
(15/05/18)


NO.326 親父の25回忌の話(14)

親父に、申し訳無い。
これを、解説、説明するに、延々の記載してるですが。
何故か、しっくり、来ませんでして。何で哉と、思てたですが、ハタと。

親父の大腿部骨折。杖で歩いてたですが。自身、足骨折したと、申し乍らの、1つの場面、一緒に昼食のため、親父連れ出し、喫茶店えの話をしたですが。
この場面、鮮明に記憶してるですが。店主の応対、親父がパンをぽろぽろとと。階段云々の、寂しい思いをと。
記載し乍ら、これだけやったの哉と。

ここで、大事な事、忘れてたです。
まずは、この場面、結果的、親父と食事の最後でしたです。
且つは、当方自身、骨折入院中でしたです。
いやなあ、コレ、骨折の左足には、ギブスと、するのか、装具付けて。松葉杖で、行ってたです。

イヤイヤ、オート・マチック車、故、右足で、アクセルも、ブレーキも踏めるです。松葉杖は、後部座席にでも、トランク・ルームにでも、積み込みまして。
入院中、何故に、南丹市、八木<当時、園部市八木>の、「公立南丹病院」から、「明星園」に出向いたかは、忘れたですが。
単純に、面会にか、園からの要請哉と。

イヤ、親父の散髪には、家族が、連れてくになっててねえ。園から、電話連絡あっての、出向きの、明星園近在の、散髪屋に連れてったり、してたですが。この時には、当然の、散髪に、では無いです。
当世なら、その手、福祉施設に入所なら、です。散髪屋が来て、やってくれるですが。当時には、トンでも、でして。

入院中にも、入院、2度での。
手術と、手術で、取り付けられたの、プレート外すのためと。
1度め、3箇月で、1年半程開けて、2度目の外すの手術で、3箇月でして。

親父は、その2度目の手術で、入院中に他界したですが。
昼食には、何故に連れ出したか、よお、分からんですが。
もしかしての、もしかして、コレ、所謂の、虫の知らせ哉と、たった今、ハタと。全然の意識して無かったですが。
親父に申し訳無しの、云々以前の、この場面、一番に記憶してるです。

オッとの、当方、松葉杖でも、この時、使たの哉の、多分なら、使わずの。親父、杖で。喫茶店での、昼食で、コーヒーと、サンドイッチなれど、です。朝食なら、分かるですが。腹の足しになるのが、この程度であったの哉と。
イヤイヤ、親父、喜んでたです。何がええ。何でもええで。
何でもも、玉子サンド、ハム・サンドに、ミックス・サンドでして。ミックス・サンドを注文した筈でして。

更に、思い出したは、親父、口から、ぽろぽろも、当方、膝折り、テーブルの下に潜り込みの、拾うを挑戦努力した、ですが。よ、考えたら、ギブス装着にての、左足、まま成らず。
こちから、すみませんと、声掛けたか、店主、その光景見ての、慌てて、結構ですよ。そのままで、そのままでと。大丈夫ですよと。云われた哉の、細々、までは、正直、覚えてえへんですが。
そんなよな、会話、場面あったです。
イヤ、別段にの、テーブル下に潜り込むは、当方、全くの、意に介さんですが。

考えたら、拾たって、処分が出来ませんし。先刻の通りの、ポリ袋等々、準備が無いです。
コレ、多分なら、松葉杖は準備も、使ては無かった哉と。ギブスなら、ズボンの裾に隠れてまして。第三者には、分からんでして。
要は、喫茶店に入るに、店の方<かた>に、余計なるの、心配掛けんがため、でして。
2度目の入院中故、骨なら、充分に、くっついてるです。松葉杖なんか、安全のためでして。

自身、骨折にての、その不自由さ加減、身に染みて、理解の。親父の大腿部骨折の大変さをと。
よて、入院中にも、親父連れ出し、一緒に昼食でもと、考えたので無い怪と。
コレも、変な話、なれど、です。足の悪いのが、足の悪いのを、連れ出して。階段、数段でもの、喫茶店でして。冷静になら、一寸は、状況、考えたらと、相成るですが。
計画練っての事で、あらへんでして。ハタと、思い付いたの、行動でして。申し訳無いの、気持ちからでの。
親父と一緒に飯をと。それも、結果的、飯で無くの、サンドイッチやでと。そこしか、店あらへんも、あるですが。

ここで、この店、喫茶店で、よかった、です。
店主がしかり。客、偶々で、あれどの、2人だけ。
当然の、場所柄、明星園のと、分かるです。追記的、店主、60代哉の、表情、誠に以ての、柔和な方での、安心出来たです。

コレが、結果的、親父との、最後の食事での。しかも、2人っ切りでして。
イヤイヤ、大した会話してませんです。おいしいか、ン、ンの、程度でして。喜んで、喰てくれさえしたら、充分でして。

ここから、親父、急激に、足腰、弱ってもて。
車椅子になって、もてて。車椅子では、老人ホームでは、面倒見られませんのでと。
明星園内、新設の、特別養護老人ホームに移動をと。イヤ、併設なったばかりの、新館でして。寄付も、多少はしてたですが。
食事の次ぎに行ったは、その移動のための、付き添いと、するのか、身の回りの、モノを整理の、新しい場所に持ち込むの時。云うたって、真向かいでして。

新館の、親父の場所に、同行での、そこは、仮ですと。早急に、正式なるの、部屋に、移動してもらいますと、担当者から、聞いたですが。
よて、親父の私物なるは、仮置きでして。
只なあ、新館は、新館での、新しいですが。何故か、陰気に感じてねえ。全体的、暗いも、あった、ですが。照明の具合もあった、ですが。

での、帰って、何日後哉の、早朝と、するのか、未明に、入院先に電話一発。
親父、黄檗病院にと。危篤であると、えと。

詳細、肺に穴がで、人工呼吸云々での。
ンの、コレ、分かるの、親父の病歴、肺結核での、隔離入院してたです。
それもあるし、従前の、老人ホームから、新設、併設、とは、云えどの、特別養護老人ホームに移動が、です。
コレ、環境の変化での、年寄りには、少々辛いモノがの、程度、薄々なら、承知の。これが、問題やった、哉と。
思えどの、結果論でありの、園からの要請での、当方には、ども出来ず。

にしてもの、数段であれどの、階段をば、登れるの間。
直前では、あったですが。偶々でも、あった、ですが。一緒に飯では、無いですが、食事して。
よて、虫の知らせ哉の。こんな事が、当方には、よ、あって。

オッとの、虫の知らせ、なるは、頭の中、記憶をば、整理整頓しの、経過的、事実関係並べての、ホンの今、たった今、唯今、ハタと。
何と、まの、25年も経っての、25回忌も、無事に執り行いの、過ぎてて、ねえ。
今頃になって、ハタと、哉と。
(15/05/19)


NO.327 親父の25回忌の話(15)

この手の話。
断片的、場面、場面、鮮明に覚えてるですが。覚えてるも、細々は、なと。
且つは、時系列的なるが、曖昧でして。
正直なるは、その辺り、自身で、考え、考え、掲載してるですが。よて、同じよな、話を毎回、毎回、繰り返すになってるです。
その度、若干の、追記的なるを、記載してまして。

いやなあ、喫茶店の話、なるは、嫁はんも、息子共も、知らんやろと。
ソレ、云い出したら、基本、宇多野病院にも、明星園にも、当方、1人が、出向いてまして。そんな事、一々の、自身でさえ、覚えてえへんわと。
されどの、親父との、共有の時間とは、云えるですが。

まあなあ、そんな意味でなら、喫茶店の話は、親父と、当方だけの、想い出でして。
強いてなら、店主もと、なるですが。あちら様からは、単なるの、客でして。どの店か、再度、訪問も、分からんやろと。とは、云え、当時、あの近辺にては、そこだけでして。
只なあ、店主も、最早の、80代、90代でして。店やてられへん、やろと。

実は、諸般、この手の事、掲載、記載するに、四苦八苦してるです。
何分の、25年は、経つの話でして。時系列的なるも、極めての、曖昧でして。
且つは、宇多野病院、明星園と、親父、59歳から、80歳の話でして。その間、入院も、一度で無いわと。オッとの、宇多野病院なら、入院での、肺結核以外の、傷病あらば、そこで、診てくれ、治療をと。

明星園は、病院ではあらへんしで、病気になれば、病院でして。
コレ又、何度か、あった、ですが、ある度、園より、連絡あっての、付き添いにと。下手したら、そこから、出社、出勤も、あったなあと。


ほんまやでの、明星園入所の時には、我が家えの、外泊、外出も、母、一緒は嫌と、出てくに、初回は、家出なれどの、以降、こっちが、出先に送り届けまして。迎えにもと。
要は、送迎でして。
母方、上の伯父宅<当時、宇治・大久保>であったり、下の伯父<下京・黒門、仏光寺>の場合も有りでして。
親父の方も、同様での、送迎でして。ここは、宇治・莵道。
とりあえずは、年に1回、2回か、それも、忘れたですが。両親共、送迎せねば、ならぬわの。手間の掛かるの、親でして。さりとての、自分でと、云うたって、なあ。

加えての、申すなら、です。
母方、叔母が、桂の、シミズ病院に、付き添いしてくれたですが。
コレ、叔母、当時には、宇治の先、城陽市富野荘<とのしょう>でして。
とか、云うたって、方向感、距離感、京都のモノで無ければ、分からんですが。京都から、云えば、奈良に近く。叔母も、車なんか、運転出来ず、所有もせずの、電車等々にての、大変でして。
よお、やってくれた、なあと。今更乍らの、感謝。
オッとの、泊まり込みなれどで、尚更でして。

イヤイヤ、そんな恩義も、重々感じてるですが。
叔母婿殿の葬儀には、我が叔父嫁の葬儀に重なれどの、幸いにしての、全くの、方向違う、でも無くて。時間も、若干のズレあっての、梯子が出来た、ですが。
いやなあ、恩義云々以前の、矢張り、我が考えからも、立場からも、梯子してるですが。
葬儀の梯子に同行の、嫁はん、大変なれど、です。

オッとの、そんな事で、この手の話、一気、話するも、無理でして。
云う方、思い出し、思い出しの、時系列、バラバラになるやろしと。
それもあるし、当時の、この手、福祉施設と、するのか、老人ホームと、最近のと、では、やり方と、するのか、制度が違うです。概念、イメージも、異なるです。

よて、余計なるの話に相成るですが。
基本的、老人ホームなるは、身寄りの無い老人が、入所するの、福祉施設。家族が居ても、諸般、一緒に暮らせぬの場合も、入所出来るですが。
あくまでもの、当時の制度では、です。入所者が、年収<年金等>に応じた、応分の負担。家族が居れば、家族も、年収<所得税>からの、応分の負担をと。
それこその、細かくは、覚えて無いの。多分なら、親父の年金、月4万円程度でして。半分程度を負担してたの哉の。当方なら、1万円、2万円見当哉と。
当然の、医療費控除等々、確定申告しての、負担額、減らすの努力した、ですが。
これを、毎月、支払いに、行ってまして。明星園に、です。

更なるの、余計な話の。親父は、母とは、違いの、性格的、大人しく。
無駄使い、する人で無く。コレ、反対には、無駄も、必要なるも、自身で、出費する人で無い。とも、云えるですが。有り体には、そこまでの、資金力が、とも、成るですが。所謂の、シブチンと、云えるですが。
そらなあ、年金にしたって、月4万円でして。
オッとの、先刻、散髪には、家族が、連れてくになってたと、申してるですが。散髪代、当方出費してた、なあと。これは、もしかしたらの、当人、出費するの積もりあっても、散髪屋がこっちに、請求する故でして。

散髪代は別途の話での、要は、親父、母とは、金銭感覚、正反対でして。
自身の収入以上の出費せず。母なるは、欲しいモノは、欲しいで、ガマンせず。どちが、ええのか、分からんですが。只なあ、借金してまでの、ハタ迷惑でして。
これも、母は、我々夫婦なりが、何とか、するの気があったのやろと。実際問題、こっちにしたって、ほっとけへんわと。ほっといたら、借金、雪だるま式に増えるわと。最終的、こっちに掛かるは、目に見えてての、処理出来るの間にと。

そんな事で、諸般、親父の話も、どこまでをと。
年会、会席での、挨拶にて、モ1つ、申したですが。
イヤ、触れて無かったかなあと。イヤイヤ、触れた、やろか、なあと。

よ、覚えてませんの事。
覚えて無いとは、挨拶にて、触れたか、触れて無いかの、明星園には、妹婿、一度か、二度、親父に面会に行ってくれてまして。
コレ、妹一家、当時、宇治・小倉に在住の頃でして。明星園にも、近いの頃でして。
園の方に云われたかの、親父入浴のお手伝いをと。聞いて、へえと、ビクリしたですが。当方になら、分かるも、妹婿にかいなと。偶々の、面会の時、入浴の時間やったのかと。

イヤ、有り難うと。
事程左様の、諸般、婿殿、親父にご縁、結構あって。
そもそもがの、黄檗病院での、臨終の際にも、立ち会おてたり。こっちは、遅れた、のに、です。
何故か、早くに着いてて、ねえ。その訳、疑念に思いつつの、今だ、聞いてえへんで、ねえ。この当時<現在、京都・伏見>には、滋賀の、簡単に説明なら、琵琶湖大橋の方に在住の頃でして。
即の、出られるの状態やったん、やろなあと。
対して、こっちは、既載の通りの、入院中でして。只なの、病院には、車を置いてましての、家に帰った時には、妹夫婦は、黄檗病院に居てましての、我が家に電話をしてくれて。

その時、先生、人工呼吸を2時間してくれたはっての、最早の限界哉と。
兄さん、どしますかと。
人工呼吸を続けてもらうか、止めてもの、決断を、でして。

コレ、当方、親父の病歴承知の、肺結核での、肺に穴がで、嗚呼、無理哉の、親父を苦しめるよりはと。
モ結構也と、返答致したですが。
コレ又、表現的、そなるだけでの、電話での話に、即答するも、決断責任重大でして。
さりとての、なと。婿殿が、妹が、決断不可の。
するは、当然の、当方、責務也と。

にしても、コレ、25年の昔での。ケータイでは無いの、固定電話での。オッとの、場所柄、公衆電話やったやろと。
偶々の、当方、家に着いたの時での。一旦、家、出てもてたら、到着するまで、連絡取れてえへんです。
(15/05/20)


NO.328 親父の25回忌の話(16)

親父に対し、申し訳無いの、気持ち。
同時には、何故か、一番に記憶してて、想い出すが、喫茶店での、ミックスサンドの事でして。

時系列的、整理整頓、沈思黙考したら、です。
するも、せんも、大体が、親父の大腿部骨折の時期をよお、覚えてませんでして。
自身の、足骨折の時期でさえ、でして。

云えるは、「公立南丹病院」に、2度目<プレートの取り外し>の、入院中でして。親父の危篤の報。そして、他界が、でして。
親父、他界、平成3年<1988年>でして。25回忌<1年を加える>やしなと。
この、喫茶店の時、自身、入院中であったを、全くの、重きに考えてませんでして。親父の、パン、ぽろぽろの印象、記憶が鮮明に過ぎて。自分の事なんか、飛んでもてて。よ、考えたら、その時期やったんやの、程度でして。
まあなあ、2度目ので、気楽な入院でも、あったですが。

入院なるは、約の、3箇月やしなと。
その間に、喫茶店で、特別養護老人ホームに移動で、他界でして。
そらなあ、危篤で、臨終の日の事なるは、超の鮮明なれど、です。病院のベッドで、寝てたら、看護婦に起こされて。家から、電話ですよと。

大急ぎで、家に帰って、支度して。してるの間に、妹婿からの、電話一発。人工呼吸の事をと。
そこから、黄檗病院え、家族全員、母、嫁はん、息子2人を乗せて、行くの道中、前、見えてたの哉と。
イヤ、涙、涙でして。頭の中、グシャ、グシャの、愚者でして。道順、よ間違えんと、病院に、着いたなあと。病室に入れば、ベッドの親父、既に、他界で、鼻の穴、口には、詰め物してあって。
では、あっても、穏やか、安らかなるの、顔してて。或る意味、ホとした、ですが。

少々、落ち着きの、この病室内、周辺、見たら、沢山のベッドが置いてあっての、まあ、正直には、最早の、臨終間際のと。するのか、その手の老人ばっかり、でして。
嗚呼、ここは、その手の病室哉と。

余計なるの話。
そらなあ、ン箇月もの期間、総合病院に、入院してたら、概ねの、内輪の話も、分かるわと。
どこの病室の方、某さん、大部屋なれどの、そこから、個室に替わったと。その方の、病状より、分かるです。嗚呼、モ、あかんのやと。この病院での、個室選択、考えモンやなあと。
そんな資力、あらへんけどや。方々の患者から、情報、入って、ねえ。
ここなら、こんな病室に入れられたら、おしまい、なんかいなと。

そらなあ、他界されたの、部屋と知れば、そんな病室で、闘病生活なんか、しとは、無いわと。ましてやの、個室はなと。夜、寝てられへんぞと。モノ音1つで、ギクリで、真夜中、看護婦、ソと、入室にての、ギヤアと、悲鳴、卒倒哉の。
知らぬ間に、枕元にでも、立たれてみい。発狂するです。想像するだに、うなされるです。悪い夢見るです。
夢なら、ええけどや。


オトトの、会席での、真向かいの長男嫁に、そんな話、全然のしてへんわと。
したは、親族の臨終には、立ち会えたの事、無いなあと。
この時、親父のも、しかりで、記載の通りの、終わってまして。
祖母の時、毎朝、出勤時には、行って参りますと、挨拶してたですが。その日も、挨拶致して、祖母、ンと、頷いたと、するのか、布団に横たわっての、こっちを向いてるの、状態故、応答も、会釈程度なれど、です。

この時も、目を開きの、会釈したと、思てたですが。少なくともの、そのよに、見えてたですが。
会社に着いたら、アシスタント的女性より、この女性、誰であったか、皆目の、覚えて無いの、家から、電話ですよと。出たら、祖母がと。
コレ又、どやって、帰ったの哉の。この当時には、単車の、HONDAの、スーパー・カブやったのか。中古の、HONDAの、NVやったかを、覚えて無いですが。家えの戻るの、道中、涙、涙でねえ。
での、聞けば、もしかして、もしかしたらの、当方、行って参りますの、挨拶したの時には、亡くなってたの、可能性がと。へえと。

そらなあ、会釈したとか、してへん、とかとか、これは、基本、毎日の挨拶でして。祖母の、応答でして。
死ぬなんか、毛頭の、想定なんか、してへんわと。
時には、気ぃ付けて、行ってきぃやと、返答あったり、してた、ですが。次第、次第にの、会釈だけと、なって、ねえ。それが、元気無くなって来たとは、全くの、解釈してへんわと。

と、までは、云うては無いの。一部は、云うた、ですが。
話としてなら、祖母とは、申しては、無いの、「お婆ちゃん」でして。
お婆ちゃんが、お婆ちゃんがと、申してた、ならです。ソバに居てるの、長男曰くに、誰にと、云えば、嫁にで。要は、こっちの方に、お婆ちゃんは、お父さんの、お婆ちゃんやでと。
補足的、解説してねえ。
嗚呼、そやなあと。嫁からは、我が嫁はんが、お婆ちゃんでして。
イヤイヤ、基本、孫基準でして。
オッとの、嫁が、当方には、お父さんなれど、です。孫<子>に対しては、お爺ちゃんに、云いなさい。とかとかに、相成ってての、少々、ややこしく。

ついでにならばの、当方、嫁はんも、です。
嫁から、息子共から、諸般の都合にての、お爺ちゃん、お婆ちゃんとの、呼称、全くの、違和感持ってえへんです。孫基準で、当然の呼称也と。
イヤイヤ、時には、それ、云われるを、嫌うの方、あるらしく。

オッとの、そんな次第の、真向かい、真正面の、嫁捕まえて。
概ねの、そんなよな、話、してた、ですが。孫世代、喰い終わってもての、動き出し。あっちに、こちにと、騒がしく。大人のには、デザートで、アイスが付いてるですが。子どものには、付いてえへんし、注文してやってと、嫁はんにと。

それも、喰い終わればの。
ではと、〆の挨拶をの、立ち上がりましての、「本日、有り難う、御座いました。」
次回、親父の、33回忌なるは、8年後。祖母のは、5年したら、50回忌ですと。

果たしての、8年、5年では、一緒にして、良いのか、悪いの哉の。
菩提寺、「光圓寺」住職にでも、尋ねな、仕方が無いなあと。
ソラ、基本、1年、2年なら、なれどの、3年なるは、微妙やなと。
(15/05/21)


NO.329 我が祖父の話(1)

そんな事で、会席の解散宣言、挨拶致しまして。
皆、それぞれに、退席の、階下えと。部屋、2階故でして。

嫁はんは、おあいそ、精算のため、ササと、出てったですが。
こっちは、施主として、忘れモノはと、見渡しまして。嗚呼、無いなあと。最後に部屋出て、階の中央部に行けば、長男、タバコ吸うててねえ。イヤ、休憩場所と、するのか、喫煙場所が設けられてまして。
部屋でも、吸えるですが。子ども達、女性が居たら、吸うのもなと。部屋では吸うてませんでして。
オッとの、そやなあと。吸うてから、出るかと。

一服してたら、仲居さん、リーダー格のが、現れて。
コレが、上座にと、手渡されたは、ハンカチ一枚。
オッとの、トットの、見回った筈が、見落としあったんかと。多分なら、背もたれと、するのか、座椅子で隠れてたん、やろなあと。

ハイ、有り難う御座いますと、受け取ったですが。
での、上座ねえ、矢っ張り、忘れモノ等々、しかりと、見たはると、するのか、当たり前に、上座、下座は、常識でして。
忘れモノがありましたと、ダケで、手渡されたら、どの辺りですかと、尋ねるですが。上座と、されたら、概ね、一発、分かるです。上座にも、諸般、席順あるけれど、です。
実は、こ云う事なんやと。仲居たる、上座、下座をば、チャンと、承知で、諸般、見て、聞いたはるんやと。

コレ、落とし主、妹でして。
まあなあ、持ち主に、戻れば、結構なるの。
後は、施主として、です。他家の方々の、お見送りを、でして。コレ又、当たり前でして。適当に、ハイ、さいなら、とはなと。
コレ又、どこまでの、丁寧にが、あるけれどや。とりあえずは、当方、夫婦で、お見送りをと。云うたら、施主夫婦でして。

ででの、妹夫婦と、その長男なるは、伏見でして。京阪電車、祇園四条駅からで、駅には、歩いて、行くと。ンの、祇園四条駅ねえ。イツから、そんな名称になったの哉の、従前なら、京阪の四条駅と、云うてたですが。コレ、通称やったの怪の、まあなあ、分かれば、結構なるの。
姪一家は、車で来てましての、お見送りでの、有り難うなあと。


以て、親父の年会、25回忌も、無事にと。
無事も、皆が、チャンと、帰っての、事でして。
こっちは、こっちで、久しぶりに、我が家で、全員集合の、一泊でして。正月なるは、次男家、泊まれませんでして。嫁の実家えで、弟さんの結婚云々での、皆が揃ての、食事をと。

家に戻って、一泊して。
それで、明くるの日、何をするか、何処かえ、行くかは、決まってえへんでねえ。
決まってたは、皆で、母に入所先、「こもれび」に面会に、行くと、だけでして。後は、夕食には、「さと」でと。
ついでになら、昼は、「マクドナルド」に、でもと。どこの、とは、決めてませんですが。


斯くなる次第の、斯くなるでの。
その日の、夕食なるは、カレー・ライス。昼が、豪華に、蟹料理故に、お茶漬けでも、良かったですが。そも出来ず。

での、です。
夕食も終わって、皆でと、するのか、麦酒とか、缶酎ハイ等々、適当なるの、菓子類喰てるの時。
もしかしたら、この時、長男嫁は、子ども達を寝かしてたのか、なあと。
イヤイヤ、次男嫁が、夫であるの、次男が、です。お爺さんの事を、余り、知らんみたいですと。云うてくれて。
<参考=NO.316 親父の25回忌の話(4)


オッとの、ここで、今、ハタと。
又もやの、ハタと。
いやなあ、当方、嫁より、お爺さんの事をと、聞いたが故に、我が祖父の話をしたですが。ハタの、ハタとは、次男夫婦からの、云うの、お爺さんとは、我が親父の事や、なあと。
大いなるの勘違いしてもての、我が祖父の事をば、延々、したですが。別段にの、我が祖父の話をと、聞いたでは無いと、とは、云わへんでねえ。ズと、勘違い哉の、話をしたですが。

この話も、あっちに、こっちにと、飛び火しての、支離滅裂、バラバラの話でねえ。
そらなあ、我が家、親族の事を、問われれば、嬉しいわと。ルーツやしと。
云うたってなあ。嫁には、冒頭に、申したです。
我が祖父と、当方とは、年代、ズレててねえと。実像、実体、知らんの、会おてえへんしと。

との、話、冒頭にした故、お爺さんとは、我が祖父の事で、良かったの哉の、よお、分からんですが。
イヤイヤ、それで、話、進めの、諸般、興味津々で、聞いてくれての、質問も、されたわと。質問されたら、調子に乗っての、又、あの話、この話をの。我が祖父なんか、見てへし、話も、してへん、のにです。
よて、冒頭、加えての、祖母なりから、聞いたの話やでと。この祖母も、当方から、見ての、祖母でして。次男夫婦世代からは、曾祖母と、成るですが。そんな説明一切せずの。まあ、云うたら、自分中心の話でして。

オトトの、ソかと。
話、少々戻しての。年会なるは、我が親父の、25回忌でして。息子共にしたら、お爺ちゃんの25回忌でして。
されどの、既載の通りの、結婚以前に、肺結核にての、「宇多野病院」に、隔離入院<強制入院>でして。治って、戻るに、母拒否、家出したりの、そのままに、老人ホームの、「明星園」でして。
息子共、誕生にての、何度かは、「明星園」に連れてってるですが。親父に、孫見せるのと、息子共には、お爺ちゃんを知らしめるがため、でして。
コレ、何度か、でして。
親父、我が家に、戻るはあっても、外泊、外出での、年2回もあったの、哉の話での。

要は、一緒には、暮らしてえへんしで、残念乍らの、そんなモンやろと。
イヤ、どんな人やったか、知らんで、当然でして。知ってても、馴染み薄く。これが、お爺ちゃんやでと、聞いても、なと。
云うたら、お年玉1つ、くれた、でも無くて。余計に哉と。
我が母、お婆ちゃんなら、同居してるし、重々の承知。
では、あれどの、当方の、祖母の感覚と、息子共にとっての、お婆ちゃん、我が母の、では、相当に違うのではと。そもそもがの、物事に対するの、考え方が、一々の、全くの、違うわと。

まあなあ、明治の祖母と、大正の母でして。
祖母なるは、自分は二の次、三の次ぎで、家族を大切にした人でして。家族大事で、あったですが。
まあ、云うたら、明治の考え方、そのままでして。古い考えでの、厳格、質素倹約。当方、古い考え、正解と、思てるです。
又、長男たるの、我が親父を支えてたです。必ずや、祖父<夫>をも、支えてた筈の。オッとの、嫁姑の問題、話も、あるですが。そんな事、重々承知してるわと。祖母も、母も、産まれたの時から、ズと、一緒なんやでと。

オトトの、次男嫁には、そんな話、までは、してへんですが。
基本、我が祖父の話やわと。多分なら、親父と、祖父を、勘違いした、みたいなれど、です。
(15/05/22)


NO.330 我が祖父の話(2)

そんな事で、5月4日、親父の、25回忌したの、夜。
次男夫婦相手に、祖父の話。
後刻、今頃になっての、良く、良くの、よ考えたら、我が親父の事、尋ねられたみたい、なれどです。
嫁から、お爺さんの事、よ知らんと、夫であるの、次男が云うてると。聞いて、お爺さんねえと、自分の祖父の事と、勘違いして。

我が話の、初っ端から、話、変と、思たやろにの。
冒頭、自分も、祖父の事、実体、よお、知らんのやと。産まれた時には、居てへんしと。あっちは、終戦の年に。こっちは、終戦後の産まれやしと。2年ズレててねえと。
ここで、次男夫婦、当方、勘違いは、分かると、思うですが。そのままの、フン、フンと、耳傾けてくれて。
こっちも、缶酎ハイ飲みつつの、少々、アルコールも入ってもての、赤い顔して、延々のと。元々が、下戸での、次男とは、大違いでして。

次男、何故か、アルコールに強く。
それと、薬剤師してての、その辺りの事かいなあと、勝手に解釈も、致しまして。
いやなあ、実は、次男には、祖父の事、その関係の話なら、してるの積もりでねえ。嫁にも、したの積もりなれどの、多分なら、ホンのチラ哉と。
結果的、祖父の話と、するよりは、我が祖父母の話に相成ってるですが。そらなあ、当方にしても、祖父とは、話出来てませんの、主として、祖母からの、伝聞でして。それも、断片的なるの話でして。

まずは、我が親族で、医療関係となればの、全くのご縁無いかと、なればの、あるです。くどいけど、次男には、薬学志望の件、聞いた時、云うてるですが。
祖母、江州<ごうしゅう>は、滋賀、彦根の出、でして。
その、祖母<二世代昔>の、祖母<四世代昔>なるは、井伊直弼の、孫娘と、同級生でしたと、聞いてると。
その当時、とは、どの当時か、定かに非ずの、祖母の、祖母時代哉の。とは、云うたって、その、どの、当時かが、分からんの。そこまで、聞いてませんの、御典医であったか、単に医者であったのか。
どちにしろの、医者であるとは、聞いててねえ。どの当時なるは、祖母の、祖母の、旦那であるのか。祖母の父親が、医者なんかを、知らんです。もしかしての、代々、医者やったの哉と。

にしたら、何故に、祖母、江州、彦根から、京都に嫁いだかを、知らんわと。
祖母、三姉妹の、長女でして。三姉妹共に、京都に嫁いでるです。当たり前に、2人の妹も、良く、良くの、承知してるです。下の妹、我が家、菩提寺、「光圓寺」の近くでして。松原通りでは、無いの、万寿寺通りなれど、です。
上の妹なら、北大路は、大徳寺の真向かいでして。当時はなと。

実は、その大徳寺の長男。我が親父の、従兄弟に成るですが。コレが、酒豪。コレとは、少々、失礼なるの、呼び方になるですが。
この妹<祖母の>も、親父の従兄弟も、我が家に、よお、来やはったわと。
妹、姉に、愚痴こぼしにで。従兄弟<親父の>は、伯母さんに、何を云いに来てるかと、文句と、までは、申さんの、されどの、矢っ張り、文句哉と。云いに、でして。これが、酒飲んで、酔っぱろおたの状態で、来てねえ。我が家にや。

云うとくの、当時の親戚付き合いなるは、こんな具合の、親密でして。
特に、我が家なるは、色んな方が、よお、来やはったです。
そもそもがの、祖母、長女。親父は、長男。
祖父は、どやったの哉の、よお、知らんでねえ。多分なら、長男やったん、やろなあと。

当家、現、「東大谷祖廟」の、墓地、墓石なるは、祖父の代の、入手でして。ここだけの話の、こんな場所に、所有と、するのか、墓地は、借地権なれどの、入手するに、相応の資力要するです。
莫大でも、無いですが。
大正年代の、入手故に、生前より、入手してるです故、自身の親が墓に入ったの、最初なんやろと。

オッとの、そんな話、までは、してへんですが。
要は、次男の進路、特性に、影響してるの哉の、我が親族からの、類推、説明でして。
その祖母の中手の妹<次女>の長男<親父の従兄弟>の、長男なるは、麻酔関係の医者してると、聞いてるですが。この長男なるは、数歳年長での、当方、小中学生時代にしか、会おてませんでして。
当時、良く、遊んでくれたですが。そのソバの、船岡山公園の、中腹には、池あって。その池で、手作りの、船、スクリュー付きの模型なれどの、浮かばせ、動かしたり。

オトトの、当方作でして。当世のよな、出来合、組立、簡単なるのと、違うぞの。木製の、セメダインで、貼り合わせるの式での、モーター付けて、電池で、スクリュー動かすの式。
木製故、隙間だらけで、スグにも、水侵入で、傾きましての、電池も、モーターも、濡れてもての。動かんよになるわと。
当時の、模型は、そんなモンでして。作るに四苦八苦の、難儀の、イザ、実践で、一発、おしまい。

イヤイヤ、そんな話、までは、してへんですが。
酒飲みと、なればの、この、祖母の妹<次女>の、長男をば、思うです。土木屋でして。自身、大工と、申してた、ですが。一級建築士でして。大学の先輩でも、あるですが。
云うとくの、飲んで、暴れる、では無いです。
我が親父とは、性格異なりの、大人しくは無くの、豪放磊落の、まあ、云うたら、一言でならの、ええ人でして。

酔おたの、勢いにての、文句云いに、来てるは事実なれどの、笑い乍らでして。
何故に、文句かと、なればの、母親の愚痴こぼしに、来てるに、対する、でして。この愚痴、自分に対するの、愚痴でして。中身までは、当方、知らんわと。基本、聞いて、聞かぬ振りの。実際にも、子どもの身分で、大人のしてるの話の理解、不可。

そこの、親父様、祖母の中手の妹のご主人なるは、知らんです。早くに他界でして。
話簡単の、酒豪の親父の従兄弟も、長男での。母親と、一緒に暮らしたはったです。下には、妹居てましての、皆同居。ソ云うたら、その方の奥様、早くに、他界でして。当方、矢っ張り、知らんのやと。
家庭の概要よりの、母親、妹2人やった、哉の、子も含めの、それを、1人で、養おたはったんやでと。よ考えたら、なと。立派也と。
当然の、妹なるは、結婚で、出てった、ですが。

イヤイヤ、当時、どこ様も、そんなモンでして。我が家も、同様での。
長男たる、責任重大、親、弟妹、一家、家族、全部を、背負ててねえ。我が親父も、諸般、云われてるですが。全面的、否定はしやへんですが。
甲斐性無かったは、認めるですが。そやけどなの、母親、弟2人も、同居やでと。少なくともの、住み処提供の、飯喰わしてた、ですが。
されどの、長男として、弟達、妹にも、です。充分には、出来て無いが故に、弟からは、ぼろくそ、ケチョンの、ケチョンでして。
ここで、思うの、充分なる、とは、どこまで哉と。

オトトの、トットの、そんな話、までは、次男夫婦にしてへんわと。
したは、酒豪と、なればの、その方哉と。医療関係と、なればの、どの代か、までは、よお、知らんの、祖母の血統に医者筋居たなあと。麻酔医もと。

ならばの、我が祖父はと、なればの、染料屋。
出生、丹波の篠山と、聞いてるですが。コレ、ホントか、どかが、定かに非ずの、叔父から、聞いててねえ。
ここだけの話、でも無いの。大体が、この上の叔父、冗談多く。今更乍らの、親父、祖母に、その辺りの真相、聞いてえへんを、後悔してるです。
イヤイヤ、チョと、待ての、下の叔父、存命中にでも、聞いとこかいなと。

そらなあ、諸般、当方も、祖母、親父なりから、柴田家の話、祖父の事、聞いてるよで、聞いてえへんで、ねえ。
概ねなら、聞いてるですが。肝心の事、知らんなと。イツでも、聞けるの気で、今日<こんにち>に至ってるです。
下の叔父になら、時々には、会いに行ってるですが。そんな話、までは、してへんで、ねえ。別の話で、終始しての、ほなら、さいならの、又、来るわで、終わってるです。
とかとか、現在唯今、今、思てても、イザ、会えば、聞くを、すかりと、忘れてるが常でして。
(15/05/23)


番外

諸般、諸々の、です。
明日<5月24日・日曜日>、町内会の、「春の環境衛生」行事の日でして。要は、草刈りの事、なれど、です。
朝8時集合での、早めに起きんならんわと。
イヤ、常平生、その時間になら、起きてるけれどや。ならばの、正確には、下手して、寝過ごし出来ませんでして。
オッとの、常平生なら、寝過ごしもしやへんけどや。土日には、周辺、静かでねえ。物音、1つ、せぬがあって、ねえ。この物音で、朝の早くに、目を覚まされるが、多く。

イヤイヤ、下手な、云い訳せずの。
余りに、遅くまで、起きてたら、ソラ、寝過ごすの可能性有りでして。
基本、町内会行事には、全て、参加を旨としの。今期、諸般あっての、快くは思てませんですが。それは、それでの、当方、協力出来るは、当然の、協力致すの主義でして。
少々、早めなれどの、寝るに致すです。

ででの、一言のみ、記載なら、です。
我が祖父、昭和20年<1945年5月23日>、69歳にての、他界と、過去帳にと。
ンの、ならばの、本日命日やったんやと。

ゲの、供養してやらんと、なと。今、気が付いたわと。
での、69歳ねえ。コレ、数え年での、ンの、ンンの、誰かの、現年齢と、一緒やでと。
(15/05/24)


番外2

本日<5月24日・日曜日>、町内会の、「春の環境衛生」行事の日。
実体、草刈りなれど、です。

イヤイヤ、チャンと、起きられ、集合時間の、8時の、15分前には、指定の場所、会議所前には、到着してたです。
寝過ごしも、6時には、一旦、目を覚ましの、少々早いなと、寝直して。7時には、起床で、朝飯喰いまして。

いやなあ、家出たら、隣のご主人とバッタリの、ほならの、ご一緒にと。での、その時刻になっての、区長挨拶、聞きましての、さあ、自分の組に戻りの、草刈りをと、思いきやの、とあるの宅様、ご主人、土嚢袋を手に、さあと、当方に手渡すし、何事かと。
土嚢袋の目的、溝掃除でして。そんな話、聞いてえへんしで、何事かと。

過年、当方より、溝掃除をしよと、提案したなら、諸般、数名様よりの、反対されて。
実際には、溝掃除は、したですが。諸般の、諸般で、二度とは、こんな、提案なんか、しやへんわと。決心してる、のにです。へえと。
事実、昨年度、当方、組長の時には、一言も、云うてえへんで、ねえ。やろと、なんか、断じて、云わんの、口避けても、申さんが故、やてへんですが。

ほならの、過日、今期になってからの、組の寄り合い、支部会にて、そんな事が決まったですて。
とは、別のご主人から、聞いて、へえの、その会には、当方、出席してませんでして。
理由、出席するも、せんも、その寄り合いの主たるの目的、ゴミ集積場所の件でして。当家には、無関係が故に、呼ばれてえへんで、ねえ。全然の、知らんがな。

云うとくの、やるなら、やるで、やぶさかでは無いです。
しんでも、とかの、反対したり、嫌なるの顔、一切の致しませんですが。
むしろの、過年の事、重々、記憶してるの、承知の上での、積極的、協力致すですが。

突然に、ホイと、土嚢を手渡されてもなあ。まあなあ、多分なら、その方、当方提案と、勘違いしてたの哉と。先様、思うは勝手の、その、ホイと、手渡されてもの、嫌な顔、一切のしやへん、してへん、ですが。
むしろの、ニコリと致しの、受け取りの。何ですのんと。
まさかの、溝掃除を、その方の提案にての、するになるは、夢想だにもの、事でして。事実、違た、ですが。今期、組長提案でして。
再度の、別件での、支部会故に、当家、呼ばれてませんの、出席してませんでして。


での、です。
兎に角、汗ダクダクで、主としての、余所様の溝掃除を積極的、協力致しの、自身のは、真裏手のご主人がやてくれやはって。
嗚呼、すみません。有り難う、御座いますと。最後の少々のみ、手伝うと、するのか、やった、ですが。ソラ、我が家の場所でして。
での、手伝おたの先様、数軒、そこで、溝掃除は、オシマイでして。まあなあ、こっち、我が家の方、比較的、泥も、少なくて。概ね、終盤なれどのと。真裏手のご主人が、やてくれやはったが、故でして。
とは、云うたって、なあと。気持ちや、気持ちの世界でして。

ここだけの、話の、諸般、諸々の、です。
何か、一言、あっても、えやないかと。当方、諸般で、靴から、服から、手からの、ドロドロになって、るんやでと。溝掃除の恰好してへんしと。最低限、長靴履けばよかった、ですが。やてるの最中、ハタと、思た、ですが。ソラ、溝掃除やし、なあと。
最早の、遅かりしの、由良の助、状態でして。
とかとかの、当、「不可思議の世界」の話とは、縁遠く。ここでは、コレ以上の話、割愛致すですが。

にしても、当方も、歳やねえ。
結構、疲れたわと。溝掃除でねえ。諸般諸々の、余計に、疲れたわと。
次ぎ、話あったら、いの一番、我が家の溝をで、余所様なるは、余力あらばの、範疇でと。それで、当たり前やのにと。当方、アホや、なと。
さもなくばの、誰様が手伝おて、くれやはる、やと。真裏手のご主人だけ、でして。そして、当方、自分の場所、ほったらかしでの、余所様のを、やてたでは、全く以ての、ド阿呆。
の、範疇にての、止め置くですが。


コレ、終わって、その、当日には、次男一家、3人で、我が家えと。
結構なるの、嫁に、尋ねたです。
過日、お爺さんの事をの、このお爺さんとは、当方から、見ての、お爺さんで、良かったの怪と。その話をした故でして。
もしかして、もしかしたらの、次男夫婦からしたの、お爺さんとは、我が親父になるし、なあと。
結果、我が解釈の、我がお爺さんの話を、聞きたかったんやと。

へえの、ならばの、結構なると。
又、その話を繰り返しの、致したり。

ででの、本日、溝掃除等々、正直、草臥れたです。歳やなあと。
話は、明日にでもと。
(15/05/25)



inserted by FC2 system