不可思議の世界NO.20

京都・亀岡の良く当たる占い師の話

京都でよく当たる占い師は?
注;URL<京都inet>

不可思議NO.18 不可思議NO.19
不可思議NO.16 不可思議NO.17

不可思議NO.5 不可思議NO.10 不可思議NO.15

題目一覧表 お問い合わせ状況 三栖神社・炬火祭

目次

不可思議NO.21

NO.230 桜散る散る、花吹雪の話(22) 物件物色の話

NO.229 桜散る散る、花吹雪の話(21) ついでの話(4)

NO.228 桜散る散る、花吹雪の話(20) ついでの話(3)

NO.227 桜散る散る、花吹雪の話(19) ついでの話(2)

NO.226 桜散る散る、花吹雪の話(18) ついでの話(1)

NO.225 桜散る散る、花吹雪の話(17) 親父の話

NO.224 桜散る散る、花吹雪の話(16) オバ宅に寄るの話

NO.223 桜散る散る、花吹雪の話(15) 再度の、祖母の葬儀の話

NO.222 桜散る散る、花吹雪の話(14) オジの結婚式の話

NO.221 桜散る散る、花吹雪の話(13) 先祖の話

不可思議NO.19


NO.221 桜散る散る、花吹雪の話(13) 先祖の話

事程左様に、分からんの事が多てねえ。
こんな事なら、祖母であり、親父の存命中にでも、聞いとけば良かったなあと。
マダ、下のオジは居てまして。しかるべくの、機会に、尋ねてみよかと思うですが。知ってるやろかなあと。

変な話、過日、「柴田家」の紋は何やったと、電話で尋ねて来たです。
答えは、「丸に横木瓜(まるによこもっこ)」でして。
長男なら、諸般、承知してるですが。二男、三男、四男ともなればの、接するの機会少なくの、又、用事も無かった可能性がと。
イヤ、墓地だけは、手配してたですが。イヨイヨの、建墓<オジ嫁>の運びとなりまして。墓石屋から、紋を尋ねられたらしく。

での、肝心の我が家の墓の件なれどの、先の通りのよお分からんです。
祖父の母親が一緒の墓で、父親はどなってるかと。
離縁されたの話は無くの、ソ云えば、養子が何たらの話があったかなあと。これが、その話か、別途の事か、記憶定かに非ずの、その養子が出て行ってしもたやったかなあと。養子では無く、単に出て行ったやったかなあの、くれぐれもの、超ええ加減なる記憶なれどの、であるとしたなら、その親父が墓に入って無いは分かるですが。

ならば、それより以前の先祖は如何にと。
別段の、天災地異で、墓地が、家屋敷が喪失の話も聞いてませんでして。聞かされて無いだけで、あったかも、分からんですが。
養子で無くの、単に出て行ったで、長男以外なら、分かるですが。


ソレを云い出せば、そもそもが、何故に祖父、亀吉が、丹波篠山から、京都に出て来たかとなるですが。それも、母親と一緒。親友か、従兄弟が一緒にと。イヤ、モ一人の出て来た仲の良かったの、苗字は違うです。
祖母、すゑが、祖父と結婚は、明らかに、京都。
明らかとは、祖母が云うてたし、姉妹三人共に京都でして。

云い出せば、諸般、嫁入り道具も沢山あったと、云うてたです。但し、苦しい時に、相当数、売ったらしく。
仏光寺の家には、五月人形、大将さんがあったし、五段重ねのお雛さんもあったです。曰くに、大将は、親父、亀太郎のなれどの、お雛さんは、自分のであると。
イヤ、立派でして。
五人囃子もあったし、一通り、揃てたですが。話簡単には、我がご幼少時代にオモチャにしてしもての、相当数、壊してるです。別段に叱られもしませんでして。又、祖母他界より、数年して、処分もしてるです。
大将さんは、親父他界で、暫くしてから、同様にしての処分したですが。
オッとの、くれぐれもの、ポイ捨てでは無いの、しかるべくの、人形供養の、お寺さんを通じてるです。
<参考=宝鏡寺>

売ったとは、主として、反物でして。当時は、持参金とするのか、反物であったりの、イザとなれば、売れるのモノをと。
イヤ、判子一発、資産没収によりの、生活のため、殆どを、売ってしもた。
とか云うてたですが。

ついでになら、その昔。少なくともの、我がご幼少の時代。
世間では、娘三人、嫁入りさせたら、身代<財産>潰れると、云われてたですが。祖母、まさしくの、三姉妹でして。その祖母の出生なるは、彦根<江州>。その祖母が、井伊直弼の孫娘と同級生の話と、「豊田」姓であるの話程度でして。

後は、墓参、墓参の、ご先祖様にと。
朝の早くから、起こされて。歩いて、祇園、円山公園、東大谷祖廟にと。イヤ、当時は大した距離に非ずの、30分も歩けば、着いたです。
墓参が済めば、円山公園には、屋台が出ててねえ。そこで、牛乳と、トーストをご馳走になるが、楽しみでねえ。オッとの、祖母、すゑと、私とは、60歳の年齢差でして。10歳の頃なら、70歳かと。元気やったんやと。

盆には、光圓寺から、お坊様に来て戴きまして。これ又、歩いて、10分かと。
親父、母親は、居てたらの話の、私は絶対にの、同席させられて。しびれの切れるを我慢、我慢の子であったですが。兎に角、説教が長くてねえ。現在、亀岡に来て戴いてるの先代なれどです。

での、祖父、亀吉の話は、余り聞かされてませんでして。イヤ、既に、掲載の事の程度と、最期は、トイレで、倒れてたの話かと。
むしろの、何故か、隣の小母さんが良く知ってるとするのか、話をしてくれて。ええ人やったでと。親切で、人を裏切らんの人でと。いつも、ニコニコの、ええ商人(あきんど)やったでと。
ついでの、一発、アンタも見習わんとアカンえと。
見習うも、顔さえ、会わせてませんでして。

写真では、見てるですが。この、顔さえ、会わせてませんのが、問題での、諸般、話をされても、具体的に思い浮かべるが出来ませんでして。祖父の話をされても、遠い、遠い、過去の人でして。事実、過去の人ではあるですが。
更には、その親の話をされても、尚更の、さっぱりでして。


祖母の事なら、身近に、体感してまして。
当然の、世間の常識、慣わしであるとか等々、当時、昔は、爺婆が孫に教えるが常道でして。役目でもありまして。云い出せば、教育そのものが、爺婆の役目やわと。よって、家の慣習も、継承出来るです。


イヤ、祖母は、当たり前に、子ども思いであったです。
上のオジが結婚したなら、ミカン数個、持って行ってやってくれと、私に託されたり。イヤ、既に、高校生になってたしで、自転車で、何度か、持って行ってるですが。
或いは、下のオジが独立した際には、出た先、上鳥羽に、一緒に来いと。イヤイヤ、諸般、その頃には、ボディ・ガード的役割もさせられてたかと。
更には、その、下のオジが結婚した時には、百万遍辺りに住みまして。ミカン数個持参の、一緒に訪問に行った事もあったですが。

イヤイヤ、多分なら、寂しかったかと。
正直には、私も寂しく思ってまして。盗られたみたいな感覚でして。祖母と同伴なら、会いに行けるナと。会って、オジ達とは、特段の話もしませんですが。私も、オジ達の嫁はんが居たら、従前通りの調子ではナで、遠慮もしたですが。

そんな次第の斯くなるでの。
特には、下のオジ夫婦は仏光寺の家に良く来てくれまして。来ると、祖母、涙を流して、喜んで。変な話、二男、三男はええなあと。一寸、顔出ししただけで。小遣いをと。手渡せばの、親孝行やなあと、涙流して、喜んで貰えまして。
イヤイヤ、勝ち気な祖母が、涙を流すが故に、余程に嬉しいのやなあと。
(12/07/04)


NO.222 桜散る散る、花吹雪の話(14) オジの結婚式の話

オッとの、突然にも、実名を出しだしたですが。
実は、以前にも出してまして。

祖父、亀吉。親父、亀太郎。
結果、危うくの、私め、亀雄にでも、名付けられるの可能性がと。
又、曾祖母、うみ。親父の妹、幼くして、他界の福子は、初めてなれどです。ここから先、余りに細々、実名掲載出来ませんでして。顰蹙買うが分かってまして。よって、可能な範囲に止めるですが。

とりあえずは、京都、下京、喜吉荒神町の頃。隣の小母さん、町内会の誰々、小父さん連中から、良く聞いたです。アンタのお爺さん、亀吉さんはなあと。ええ人やったと。
祖母、すゑの事なら、承知の、或る意味、気性が激しい面もあったかと。考えよでは、気持ちを正直に出す人でもありまして。一番に困ったは、下のオジの結婚式の時でして。
<参考=「孫娘の話NO.6」NO.53 年末年始・雨嫁、晴孫娘(22) 何かのご縁の、お導きの、不可思議なる話(16)>
<参考=「不可思議の世界NO.5」NO.78 叔母の話(1) お見舞いに(1)>

私は学生時代で、学生服で、参列したですが。学生服しかあらへんしと。
この時、東京のオバは、長男と一緒に来てくれたかと。云うたら、常に、オバは、長男と一緒でして。この従兄弟の服装までは、覚えてませんですが。での、親族一同、祖母に困らされまして。
要は、オジの結婚に、ワテ<私>は反対やでと、親族の控え室で、云い出して。

今思えば、祖母、式場にまでは、来てまして。当然の、母親であるの、我が祖母には、話をしの、諾の返事を貰ってるとするのか、見合い結婚やしナと。
見合いして。何度か、会いの、その上での、諾の、当日を迎えてるですが。
先様親族にも挨拶しんならんですが。頑として、嫌であると、云い張って。ならば、本来的、代行として、我が親父夫婦が、兄として、長男としてでも、挨拶に行くなり、来られたら、対応するなりするべきなれどの、しませんでねえ。
私等は出る幕に非ずの、従兄弟と二人。オバも一緒にやったか、祖母を説得したりして。
イヤもお、皆とは反対の方を向きまして。背を向けまして。

考えたら、一番末の息子で、幾つの子かの、40歳には達してまして。云うたら、高齢出産でして。
当時の高齢出産故、相当でして。長男は大切な子。末の子は、可愛い子でして。結果、上のオジは、自分はどでもええ子なんやと、常々、口にしてたですが。

での、この時、東京のオバに会おたが、何年ぶりになるかの、中学三年の修学旅行で、宿に面会に来てくれたの、以来でして。オッとの、知れてるナの、4、5年ぶりかと。
従兄弟は、年に1回まではどか知らんの、京都が好きで、時々は来てたですが。

イヤイヤ、でででの、祖母、不機嫌なままにも、神前結婚式は、滞り無くの、執り行われまして。流石に、式場では、観念はしてたですが。そこで、まだまだ、駄々こねてたら、どかしてるですが。

私にとっても、これが、初めての、結婚式参列でして。
実は、上のオジは、式を挙げてませんでして。
良いよに云えば、自由人。形式張った事は嫌いらしく。何かと、理屈云いでして。
下のオジは、コレ又、正反対の、形式張ってまして。
我が親父は、商売してるくせして、事勿れ主義の、表面に出るが嫌な方でして。
ででの、この時、久しぶりに東京のオバと、従兄弟が、我が家に泊まったですが。

ここから、数年、更に、3、4年で、祖母が骨折の、一年経って、他界したに相成るですが。
そんな意味でなら、この時が、晩年の祖母、一番に元気な時やったかなあと。オジ夫婦の新居。云うても、結婚当初は、百万遍の辺りのアパートを借りたですが。祖母とは、簡単な手土産持参で、何回かは、訪問したですが。
又、オジ夫婦も、何回かは、祖母に会いに来たですが。時には、何の映像であったか、失念の8ミリで撮したフィルムを見せてくれたりと。
イヤ、映写機も持参で、部屋を暗くしの、スクリーンも適当に、白地の布でもを、張ったかなあと。
イヤイヤ、中身、全然の記憶に無く。只々、スクリーンにすべくの、布を探した記憶と、祖母、映像を見て、涙ぽろぽろの、そっちに気が行ってしもてと。

イヤ、私からしたら、失礼乍らの、大した映像でも無くの、多分なら、新婚夫婦2人しての、新婚旅行か、或いは、単なるの旅行かの、フィルムでして。正直になら、ええなあと。
私共、親と旅行は一度も無かったです。
ハイキングになら、一度だけ、中学生時代であったかの、4人<両親と、妹>で、比叡山の展望台に行ったです。
オッとの、ケーブル・カーにも乗らずの、歩け、歩けの、歩いて登りの、降りたですが。当時、妹、小学生に成ってたかの、低学年の頃でして。よお、頑張ったなあと。
話簡単の、ケーブル・カーに乗るの資金無く。
(12/07/05)


NO.223 桜散る散る、花吹雪の話(15) 再度の、祖母の葬儀の話

そんな次第の、斯くなるでの。
東京のオバが、祖母生前に会いの、話が出来たは、オジの結婚式で、来た時かと。
この時もなあ、オバとは、大した話はしてませんでして。ソラ、オバは、祖母と諸般諸々の話をしてたですが。

どっちにしても、オバの姿なら、結婚式での情景よりは、家で、祖母の着物を着てたのか。残ったのを、持って帰れとでも、云われたかで。最早の祖母が着られるの歳でも無く。
来たついでと云えば、形見別けのツモリもあったかと。ソラ、80歳近くになってまして。
オッとの、ソバに居ては拙いのかと。されどの、狭いの我が家で、二階に行くか、外に出るしか、逃げ場所も無く。
云うたって、オバも丸裸になってるで無し。
もしかしたら、「タケオ、これ、どえ。似合うか。」の程度は喋ってくれたかなあと。


それから、3年程経っての、昭和45年<1970年>に、交通事故に遭遇の件なるは、親父なりから、連絡してる筈なれどの、当時は、生命に影響無く。但し、左足骨折で、退院してからも、寝た切りになったですが。
病気で寝た切りでも無く。今日の、明日の話でも無く。

変な話、足の骨折で、動けんよになったら、致命的は承知してても、家族故、イツか、しかるべくの回復にて、動けるよになると、信じてたですが。正確には、どれ程の期間、寝た切りの、そのままに、他界するになったかは、覚えてませんです。
半年か、1年かと。

イヤ、別段にの、先刻、記載もしてるですが。
朝、出社の際には、行って参ります。帰れば、唯今と、挨拶してまして。帰る時刻はバラバラなれどです。ソラ、残業、残業のためでして。下手したら、徹夜してたりでして。
夜遅くとも、起きてまして。オッとの、目を開けてるの意での、唯今と云えば、頷いてたです。或いは、頑張ってるのやなあと。
当日も、朝、出社するに、行って参りますで、目を開けの、頷いてくれたよに、見えてたですが。


イヤイヤ、云うたら、何やけれどの、祖母が骨折、入院以来、家では、朝飯喰て無いわと。
それまでは、祖母が、何なりと、準備してくれてまして。理由なるは、我が母、寝てまして。
ホンマやでの、母が私よりも、早く起きた事が無く。朝食を準備してくれたの記憶無く。結果、会社の食堂にあったの、売店にて、パンと牛乳を買い求めまして。

お陰様で、売店の店主と仲良くなってねえ。
丁度、娘さんが、ローム<当時、東洋電具>に入社してまして。同じの、抵抗器製造部に所属してたですが。オッとの、担当部署は違うですが。娘さんに無関係の、売店の店主、釣り好きでねえ。
釣りに誘われましての、何人やったか。4人かなあ。店主を含めての話の、私以外の2人は、総務部の先輩社員で、店主の車に載せて戴きまして。和歌山の、どこかは、失念の、海釣りにで。

当然の当時、土曜日、出勤でして。会社が終わってからの出発にての、現地に着いて、車中泊での、朝一番からです。
海釣りも、小高い岩場から、釣り竿垂らして、半日程頑張ったかなあ。
オッとの、私め、本格的釣りするは、初めてでして。初めても、自分で竿を持って、釣ったは、ソレ1回のみなれどの、竿は当然の店主のでして。全員、借りまして。

実は、モノの見事に、縞鯛が釣れまして。オトトの、4人して、釣れたは、この一尾のみ。
釣れたはええけれどの、扱い方が分からんで。店主とするのか、オヤジさんが、そのまま、そのまま、ジッとしとけと、処理してくれたですが。処理とは、魚籠(びく)に入れてくれまして。
帰りの道中、どこなんやろなあ。只でさえ、方向音痴、地名、人名音痴の、真正、純正、音楽音痴の我輩でして。どこかは、さっぱりの、オヤジの運転故の、オヤジの案内にての、温泉場<銭湯>に行きまして。ええ湯でして。


更なる、余計なるの、別途の話。
先程の、その娘さんに頼まれまして。弟の家庭教師をと。云うても、約半年の、高校受験のためでして。一週間に一日、教えに行ったかなあと。
その子が、私が会社を辞めるの頃、オヤジに替わって、売店に来てたかと。当たり前に、すっかり、大人になってねえ。

オトトの、そんな話は結構の、話があっちに、こっちにと。飛びに、飛んでるですが。
兎に角、小学生時代に、オバが東京に引っ越して以来、会おたとなれば、中学三年の修学旅行で、宿に来てくれたが1回。下のオジの結婚式で、1回。そして、イヨイヨの、祖母の葬式にて1回の、約10年で、3回でして。
オバ婿殿となればの、以来となればの、その約10年で、祖母の葬式だけでして。カー・ステレオのカセット・テープで、「高尚なる趣味やなあ。」と。これは、明らかに、私に対するの言葉でして。
<参考=「不可思議の世界NO.19」NO.215 桜散る散る、花吹雪の話(7) オバ婿殿との話(1)>


での、イヨイヨの、祖母の葬式なれどです。
葬式当日、会社からは、直属の上司、2人が来てくれてまして。入社即の、配属先なるは、抵抗器製造部QC課<品質管理>でして。配属されて、すぐにも、QC課が二分され。
所謂のQC課と、生産技術課に分かれの、私は、生産技術課に相成ったですが。実際には、そのままの業務でして。
要は、品質保証試験、標準類管理、クレーム関係と、生産技術担当部門が分離されたですが。
結果的には、この2つは、くっついたり、離れたり。経営陣の考え1つで、ころころと、変更されたですが。この時は、既に、抵抗器製造部生産技術課に所属でして。その、上司2人、主任と、課長が参列でして。

イヤ、正直、嬉しかったです。
我が家族のため、わざわざ、来てくれやはったかと。
当世、社員そのものは、当然としても、家族の葬儀には参列せぬ上司、会社の習慣もあるみたいなれどの、一寸なあと。そこまで、割り切る事もあらへんのにと。

トトトの、棺は、従兄弟連中、オジ連中で、霊柩車に運んだですが。泣けて、泣けて、泣けてねえ。

しかるにの、モ一発、余計な話の、諸々の葬儀に参列してるですが。イヤ、親族は勿論の、町内会であったり、社員、部下、上司等々のでして。
泣く人が珍しくなってるです。
或る程度、歳喰えば、諸般ありまして。葬儀慣れしてるのもあるですが。故人の子、孫連中でさえ、棺を運ぶに、涙を見ませんです。沈着冷静でして。理由なるは、水くさくなったのか。葬儀会館等であれば、棺はキャリヤに乗せまして。重たいのを、人力で運ぶで無く、押すだけでして。
味気ないなあと。
さりとての、世の流れかと。
(12/07/07)


NO.224 桜散る散る、花吹雪の話(16) オバ宅に寄るの話

での、当然の、京都、東山の、花山火葬場に行ったは、この時が初めてでして。
焼かれて、出て来た灰の中に、金属棒発見。交通事故で左足を骨折で、埋め込まれたの棒でして。こんなデカイのが入ってたかと。又、泣けて。可哀想にと。

話が飛ぶですが。親父の葬儀は、亀岡に引っ越してからでしての、火葬場は、亀岡なれどの、まあ云うたら、大丈夫かと、心配になる程の施設でして。矢っ張り、灰になって、出て来た中に金属棒発見。
イヤイヤ、この時は、ドキっとしたです。よ考えたら、実は、我が親父も左足を骨折してまして。この時は、リハビリの思想が導入での、歩けたですが。祖母と同じやったんやと、あらためて、気が付いたです。

オッとの、何を隠そおの、隠して無いの、私も、足の骨折経験ありましての、同じくの、左足の金属棒を付けられたですが。年齢的、40代半ば故、1年半経って、抜き取りの手術が出来たですが。
左足を骨折した時には、へえと、感心したです。左足骨折が代々、続くかと。されどの、出すを予めの承知をしてまして。私が焼かれても、金属棒は出えへんなあと。イヤ、まだ、安心出来ませんですが。
そんな事なら、母は大腿部骨折、右も、左もしてまして。年齢的、出すはせずの入れたままの、両側のが、出て来るなあと。


ででの、東京のオバ婿殿が、私が所有のカー・ステレオ、カセットを、「高尚な趣味やなあ。」と評したは、夜伽を終えての明くる日。葬儀が始まるまでの間の事でして。
葬儀も終わってからの、初七日も、当日終えての、更に、一泊したのか、その日の内に帰ったかは、定かに覚えてませんですが。兎に角、帰るまでの、雑談の中。これは、私との雑談に非ずの、親父でありの、オジ達との話なれどの、ポツリと喋った一言が記憶鮮明でして。
文言なるは、オバが年々、歳取れば取る程に、お母さんに似て来ると。
親子、母娘故に当然は、当然の、されどの、私からは、祖母と比較は可哀想な程に若かったですが。オッとの、歳は幾つやったか。年齢そのものを正確には知らんですが。多分なら、50代になったばかりかと。
私自身は、50代の祖母を知りませんでして。祖母60歳で誕生の内孫君でして。
とは云え、確かに、オバは、祖母と良く似てたです。


さての、先の通り、これが、オバ婿殿との最期でして。
イツ他界されたのか。全くの覚えてませんの、この葬儀から、10年経ったか、経たずの頃でして。東京の従兄弟から、斯くなるでの、葬儀は終わったとの、連絡を受けたです。
つまり、我々遠方故、葬儀の連絡遠慮したと。よって、御仏前のみを、送ったかと。


トトトの、話を戻しての、斯くなるでの、祖母葬儀決算なるは、親父を中心に、オジ達と3人でやってたですが。上のオジ、曰くに、丁度、42万円也の、所謂の死に<42>金やなあと、ポツリと口にしたを覚えてるです。


そして、この葬儀から、間も無く、東京で開催の講習会に参加が決まりまして。題目は、「塗料」の事であったかの。目的は、抵抗器の塗料の事を知るがためでして。上司から、勉強に行って来いと。
一泊の予定故に、ソラ、講習会は朝からでして。
東京の従兄弟に電話一発。斯くなるでの、泊めてくれと。宿泊代は出るですが。親戚宅なら、半額なれどです。

での、当日、会社が終わってから、新幹線で、東京にと。この当時、東海道新幹線は開通してたですが。東京、新大阪だけでして。山陽新幹線はまだでして。余計な話、岡山の工場には、在来線で、出張してたですが。

イヤ、東京には、入社以来、何度か行ってたですが。まさかの、同僚<主として同期入社の同僚と一緒が多く>と一緒に従兄弟宅<オバ宅>には行けませんでして。
一人では、これが初での、東京駅に着けば、しかるべくの、「銀の鈴」にと。
<参考=「銀の鈴」(東京駅周辺情報)><消滅・削除・12/09/28>

「銀の鈴」ねえ。聞き始めでの、要は、東京駅での、待ち合わせの有名なる場所ですて。へえと。
分からんかったら、誰かに聞けば、分かるわと。ソかと。
イヤイヤ、聞いた通りに、一直線。まさしくの、「銀の鈴」が見えたです。同時に、従兄弟の姿も見えまして。やあ、やあと。
早速にも、駐車場にで、従兄弟の車に乗せてもらいの、「ひばりケ丘」にと。当時はそこに住んでまして。

ででの、早速にも、ビックリしたです。
運転の従兄弟が説明するに、ここが皇居やでと。ンと。皇居の上を高速道路が走ってるのかと。東京人は不遜なる事をしてるナと。皇室の頭上を車が走るとは、何事かと。とは云え、夜景は綺麗でねえ。
京都と異なり、高いビルも目白押しでの、景観全くの違うですが。
入社以来、東京には、数度来てるですが。景観を楽しむの余裕無く。

そして、オバ宅に着いて、オバが作った夕食喰て。果たして、何の料理かまで、覚えてませんですが。にしても、手土産は持参してたか。失念かも、定かに非ず。祖母が居たら、教えてくれるですが。
正直云うて、ナカナカに気は付かんです。オバ、従兄弟に会いに行くが主目的に非ずの、主は講習会でして。
正確には、オバでは無く、従兄弟に会うが楽しみで行ったですが。


オッとの、オバ婿殿の姿が記憶に無く。云うたら、オバは後ろ姿だけが記憶にあってねえ。夕食を作ってたの姿でして。イヤ、雰囲気、ニコニコ、楽しソにしてたです。
後は、従兄弟3人と雑魚寝で、夜通し、あやこやと。概ね、上の従兄弟とは話が会うですが。中手は理屈っぽおてねえ。下は、年齢差もあって、話も余りしてませんですが。
とか云うても、具体的に何の話をしたかまでは覚えてませんです。

多分なら、朝飯喰て、従兄弟の車で、講習会場とまでは申さんの、適当なる駅で降ろしてもろたかと。当然の右も、左もさっぱり故に、従兄弟に道順とするのか、経路をメモにでも書いてもろたかと。

そんな背景もありまして。この講習会のみ、中身覚えてるです。塗料とは、接着剤であると。フウンと。

何れにせよ、オバ宅はこれが初でして。結果的、部屋に入ったは、これが最期でして。
要は、最初で、最期でありましたです。
(12/07/10)


NO.225 桜散る散る、花吹雪の話(17) 親父の話

そんな次第の、一口にオジ、オバと申しましてもです。
血縁のある、オジ、オバなら、何年、何十年、会わずとも、一発、見分けが付くの自信があるですが。その連れ合いのオジ、オバとなればの、難しいわと。
難しくとも、母方の、下のオジ嫁なら、一発にて、分かるですが。既に、亡くなってるですが。近所でもありの、会うの頻度が違いまして。
<参考=「不可思議の世界NO.18」NO.210 桜散る散る、花吹雪の話(2) 話別件、伯母の話>

父方のオジ嫁も同様にしての、一発にて、分かるですが。左程には、会おてえへんでもです。掲載の通りの、東京のオバ婿殿は余りにも、会う機会少なくて。姿形が全然の思い浮かばんです。
同様にして、オバそのものも、血縁の中では、一番に会う機会が少なくの。喋ったの記憶も殆ど無く。されどの、鮮明でして。不思議やなあと。


での、話を若干の戻しまして。
親父の話をと。

どんな親父かとなればです。話簡単には、大人しく。はっきり云えば、母の方が男勝りで、反対の性格ならと。
結果、叱られたの覚え無く。されどの、経済的、援助してもろたの記憶も無く。


高校受験の際です。
本命、京都市立堀川高校なれどです。滑り止めで、京都商業高校も受けとこかと。受験費は出してくれたですが。合格して、入学金をの段階にて、アカンと。学資が出せへんと、あっさり云われてねえ。
こっちにしても、商業高校に行く気は無くの、ソかと、諦めたですが。
云うたら、親なら、出してくれてもええのにと。とは、思たですが。

ついでになら、大学に合格したものの、入学金が無く。
無くて、どしたかとなればの、親父曰くの、集金して来いと。どこに幾ら、どこそこにと。
正気云うて、納期、締め切りに間に合わんでねえ。ソラ、一軒、二軒と違うの、何軒までは失念の、一箇所とは違うの方々でして。京都市内であってもです。イヤ、全部、自転車で疾駆したですが。

結果、困ったなあと、締め切りに間に合いませんが、どしたら宜しいですかと、学校に問い合わせの、第二弾の締め切りを教えて戴きまして。結果、入学式には間に合わずの、途中入学と相成ったですが。
まあ、ええかと。

イヤイヤ、ついでの話の、親戚縁者はおろかの、オジ達にも一切の口にはしてませんでして。私にも相応の見栄あって。
母に云うたって、無駄は承知の、祖母には最期の最期に口にしたかの、結果、金額失念の、足してもらいで、間に合おたの感あったです。

更なる、ついでの話の、20歳頃であったかに、親父倒れまして。
この時は、軽い脳梗塞やったかと。イヤ、以降も生存で、79歳<1991年>まで生きてまして。兎に角、近在の医者に往診して戴きまして。軽いがため、数日安静で、手が、足がの、特段の異常無く。

只なあ、この時、オジ連中が集まりまして。私に、学校をどするやと。あのなあと。
とは云うて無いの、そもそもが、親に学資を出してもろてませんでして。
とまあ、正確には、何度か、幾らかは、足してくれたかも、分からんですが。

とは云えどの、苦しいの時期が何度もありまして。とりあえずは、学資滞納によりの、仮除籍に何回されたかと。諸般、最早ダメと。多分なら、その当時でして。親父が倒れた頃でして。
学生課に退学届けを出しに行くに、学生課の職員、まだ、早いと。えと。
仮除籍されても、まだ、仮での、除籍にまでは、間があると。ソかと。
実は、この辺りで、学友ケンイチ君から、妙案を貰いの、要は、学校独自の奨学金を申請したらと。ソかと、申請一発、通りまして。一年間の学資を借りられたです。助かったです。
卒業して、これを返したかとなれば、定かに覚えてませんですが。

での、金銭面、深刻に考えてたかとなればの、全くでして。
但しの、退学届けの時は、諸般、強がりも、親父の件が影響もしてまして。ソラなあ、喰うだけは、やってもろてまして。無理はさせられへんゾと。
それもあるし、痩せても、枯れても、名ばかりであっても、長男でして。イザとなればの、代行せねばならぬの使命感はあったです。そらなあ、妹が、まだ、中学生でして。
かと云うて、深刻以前の計画性も無く。
話簡単の、退学して、就職先のあてがあったで無しの、ノー天気。
イヤイヤ、オジ達にも話は全くのしてませんでして。この時は、祖母にもでして。誰にもでして。したは、学校でだけ。

結果的、保証人には、親父と、下のオジになってもろたですが。別段にの、オジに金銭借りたで無し。


とかとか、諸般あったですが。
話を戻しましての、果たして、東京のオバ宅では、従兄弟達と雑魚寝故に、寒くは無いの時期でして。
祖母の葬式なるは、寒い、寒いの、2月でして。
要は、数ヶ月経ってたかと。

イヤ、実は、祖母が亡くなってから、暫くしまして、親父入院。
原因なるは、肺結核でして。
イヤイヤ、どっちが先やったかなあと。東京に行ったが先か、親父入院かと。親父入院の気分では、行ってませんでして。多分なら、東京行きから、暫くしての事かと。

当時、肺結核と診断されたなら、強制的入院させられて。右京区鳴滝の、国立宇多野病院に隔離されたです。
その昔には、肺結核となれば、不治の病、労咳とされてまして。高杉晋作、正岡子規、樋口一葉、石川啄木、滝廉太郎、石原裕次郎までが、感染したとされてるですが。
とは云え、この当時、既に、「不治」なる文言には、疑問符が付いてたですが。
付いても、法律で、隔離されるになっててねえ。兎に角、強制的に、宇多野病院にと。

イヤ、困ったとするよりは、祖母を失い、親父入院。別段に、入院については、深刻には考えてなかったですが。
イヤイヤ、何を隠そおの、隠す事も無いの、オジ達も、一時、入院させられたですが。退院してまして。

にしても、祖母が他界で、間も無くの、親父が肺結核で入院でして。
家に残ったは、母、妹、私の三人でして。心細い事。
ではあれどの、既に、就職してまして。これが、学生時代なら、ノー天気にはしてられんの、中退確定してたかと。ソラ、その程度の覚悟なら、先の通りの一度、してまして。
オッとの、その時期にもよるですが。卒業間近なら、卒業してるです。ソラなあ、4回生の、夏休み以前には、就職先、決まってまして。
当時は、大体が、夏場以降に決まるですが。


オトトの、更なるの、ついでの話の、ソ云えば、卒業式も出てませんでして。
イヤ、原因は、全共闘やとか、何やとかの、学生運動なるが、最も盛んな時期でして。どこの馬鹿学生かが、入学試験、卒業式を、妨害のと。入学試験は流石に実施されたですが。
卒業式はふっ飛んだです。
お陰様で、後期試験は、レポート提出に相成っての、無事に単位取得で、卒業出来たの面々がと。私もソレに近かったかなあと。
(12/07/11)


NO.226 桜散る散る、花吹雪の話(18) ついでの話(1)

ついでの話を致すです。

この辺りで、学友ケンイチ君から、妙案を貰いの、学校独自の奨学金を申請したらで、ソかと、申請一発、通りまして。一年間の学資を借りられたです。助かったです。
卒業して、これを返したかとなれば、定かに覚えてませんですが。

とか云い乍らの、斯くなるでの、金銭的、諸般あったですが。現在でもあるですが。
金銭借りた事は無いです。貸した事はあるですが。
とは、当然の、対個人の事なれどです。ソラ、家を買うに、住宅ローンを組みまして。高い金利を支払おて来たわと。

多人数で、買い物しまして。代行、代表での精算の際、ン十円不足で、借りる事はあるけれどや。忘れてませんの、皆に集金の上、借りた人には、10円、20円でも、返すです。返すは当たり前でして。
貸した事は度々での、これは、大抵ならば、忘れ去られる事も、度々でして。
先の通りの、10円、20円ならば、予め、返してもらわんでも、ええでと、伝える事もあるですが。千円、二千円なら、覚えてるですが。まあ、帰えらんの方が多いかなあと。ひつこくの、1年、2年なら、覚えてるですが。3年以降、怪しくなるですが。
貸した事実だけは覚えてまして。ナラバの返してくれと、請求すれば宜しいですが。余りに年月経てば、額を覚えてませんです。時効かと。
オッとの、桁違いの金額なら、覚えてるですが。桁の違うのは、貸すに、手元不如意で早々にあらへんですが。

イヤ、原則、10円、20円でも、借りたモノは借りたモノでして。返していらんでと、云われん限り、返すが常識の、いらんと云われても、後刻、会えば、返すが常識と承知してるです。
イヤイヤ、ホンマやでの、金銭なるは、借りるモノに非ず。貸すは、帰って来んを覚悟かと。
但し、貸した方は必ずや覚えてまして。覚えてても、云い出し難いなあ。
ましてやの、年月経ってしもたのは尚更でして。

只なあ、思うに、考えるに、10円、20円なら、勝手に返すの必要性無しと判断する方は、ええ加減な性格かと。
ホンマやでの、独自判断にて、10円、20円なら、モええやろと、貰た事にしてしまう人も居てるですが。確かに、その程度なら、どちでも、宜しいですが。勝手に判断すなと。

での、学生時代、金銭的、諸般あったですが。
名実共の、良く遊び、色んな経験も積ませて戴きまして。オッとの、良く学びは自信無く。
されどの、正直、遊びっ放しでは、卒業出来ませんです。

先にも云うてるですが。2回生から、定職の、家庭教師をやってまして。当時、3000円、3人を教えてまして。都合の9000円ゾと。イヤ、バラバラでは無くの、同時にで。しかるべくの宅様にお邪魔しての事での、京都府立桂高校生でして。
彼等が1年生から、3年生までの、要は大学受験に向けてでして。数学、理科<化学、物理>だけを教えたかと。結果的、どやったかとなればの、1人は浪人。2人はしかるべくの、志望校に合格したかなあと。
オトトの、下手したら、私よりも、良い大学やったりしまして。

イヤイヤ、優秀なる生徒でして。
私が無事に、4回生になりの。在籍さえしてたら、誰でも、4回生には成れるけれどや。留年したら、5回生、6回生に成るだけでして。
その4回生の、夏休みを期に、ここからは、自分達でやれと。頑張れと。イヨイヨ、本腰での、ここからが真剣勝負で、私が邪魔をしたら、アカンしと。最期に、全員で、ボーリングをしに行ったかと。
ピンを試験問題と考えて、薙ぎ倒してやれと。当時、ボーリングが大盛況でして。

家庭教師以外となれば、夏、春の長い休みに、アルバイトでして。授業のあるの時期の、他には、単発での、エキストラであるとか、祭礼かと。実入りが良いためでして。
イヤ、実は、教科書とするのか、教材も買わんと、授業だけを受けてた科目もありまして。試験があるがため、徹夜のアルバイトをしたりして。千円を持ち帰ったら、母曰くに、おかず代が無い故、貸してくれと。ンと。
まあ、ええか。仕方が無いかと。
する程度の執着心の程度でして。当然の単位は落としたですが。
とする程の、無計画ぶりでして。別段にの、別途の単位さえが取れれば、卒業は出来るです。計算が狂いの怪しくもなったですが。
での、当然の貸してくれなれどの、帰ってませんですが。今だ、覚えてるわと。背景が背景、事情が事情だけにです。

事程左様の、相応に学生生活、満喫の、学友と、喫茶店にも良く行きまして。単車、名車、ホンダのスーパー・カブも買いまして。さもなくばの、桂高校生を教えには行けませんの、通学もと。
モ一発、ホンマやでの、当時、我が住処が、現在の亀岡やってみい。とてもやないけれどの、行けてませんです。
同じの学科のに、園部から来てるのが居てまして。へえと、ビックリ仰天してたです。そんな遠い処から、大変やなあと。山陰線でなら、現我が住処からは、ソは遠くで無いですが。
されどの、当時は単線、ディーゼルでして。通学するだに大変ゾと。
まあなあ、学舎が衣笠であったが故に、彼が、園部からでも、通えてたですが。まさかの、亀岡から、スーパー・カブで、衣笠に通えるかと。これも、その手立てしか無いなら、もしかしての、やってるの可能性はあるあと。

更なるの、ついでの話。
当時は、共通一次試験なるは無かったです。
例えばの私が、京都大学を受験したけりゃ、申請さえしたら、出来まして。云うたら、高校卒業見込み、資格さえあればです。どこの大学でも受験は出来るですが。自分の実力なら、重々の承知をしてまして。
はっきり云うて、逆立ちしてった、合格致しませんです。全教科が対象でして。
そもそもが、受験したいと、高校に通知したなら、貴君、やめとけと。受験費用、時間の無駄であると、云われるです。

モっと、云うたら、模擬試験なるはあったですが。年1回でして。
結果が出た頃には、受験戦争の時期に突入してまして。ではあってもの、どこの大学がどの程度かは、最低限、承知してたです。
今時、知らんのヤツが大勢居てるですが。大学が乱立の、多過ぎるもあるですが。

での、当時、京都で、理工学系となればの、大学は3っつだけでして。大阪になら、沢山あるですが。大阪は問題外の、京都大学は先の通りの、受けるは勝手の、貴君なあ。気は確かかと、なるですがと。
(12/07/12)


NO.227 桜散る散る、花吹雪の話(19) ついでの話(2)

更なるの、ついでの話。

プロ野球選手は、当然の、野球の天賦の才能を持った、天才集団でして。
中でも、打球を遠くに飛ばすの、ホームラン・バッターは、天性の才能ですて。世界の王、ヤンキースに入団<既に退団>の松井は、天性のホームラン・バッターになるですが。
意味は、プロの投手が投げるの球を飛ばすは、簡単なる話と違うですて。
且つは、その天性の才能を磨いて、磨いて、打てるですて。

での、私がプロ野球選手に成れるかとなればの、頭っから、無理でして。まずは、体格でダメ。運動神経で、ダメ。逆立ちしても、ダメ。泣き落としも効果無し。
水泳でも、ソでして。私め、水泳好きで、高校1年生の1年間、水泳部所属なれどの、オリンピック選手とまでは申さんの、競泳選手は、体格が違うです。体格は天賦の資格かと。親からの遺伝でして。

頭の良し、悪し。
簡単には、学校の勉強の出来、不出来は、知能指数でして。原則、親からの、遺伝でして。
くれぐれもの、頭の良し、悪しを基準にした場合であっての、人格、性格も、遺伝でありの、環境にも影響されるですが。
基本、トンビはタカを産まんです。元々が、タカであったの、親が、自分がタカであるを知らんかっただけでして。教育を受けて無いから、トンビとは申せませんでして。


イヤイヤ、この世界、知能指数が、歴然でして。
ムツゴロウの畑正憲は、一週間、二週間で、一箇国語をマスター。ン箇月もあれば、数カ国語をマスターすると豪語してるですが。事実やろと。
ホリエモンの、堀江貴文(39歳)は、何歳の時であったか、百科事典を読破したと、豪語したですが。事実やろと。

誰ゾ、挑戦してみるかで、挙手するなら、同等の天才でして。私め、逆立ちで、出来るなら、逆立ちにまずは挑戦の程度でして。云うたら、凡人。
ここで、「天才」と、「秀才」の差についてなれどの、「天才」は、「凡才」の面々が、真似するに無理でして。「秀才」なら、努力により、相応に挑戦出来るの範疇かと。

誰であったか。どこかの、知事経験者。
テレビのコメンテーターをやってたですが。何の時か、突然に憲法やったかなあ。何かの条文を問われて、延々の諳(そら)んじてたです。ビックリ仰天の、へえの、凄いなあと。
イヤ、天才でして。

この手の、テレビの、或いは、有名人の話は、別世界の事でして。
思えば、中学2年の時に、同じのクラスに、変わったヤツが居てたです。兎角に、物体が、生命体が、何たらでの、ウニャムニャのムニャのと、意味不明の文言を羅列のヤツがです。あだ名、タヌキと云われてたですが。

何を隠そおの、私、小学6年の頃から、算数が得意科目に相成りまして。オジに、分数を教えてくれと、教わったがキッカケかと。要は、理解出来たです。結果、以来、試験で、100点連発の、当時の先生、100点だけは、答案用紙、返却の際、点数を云うたですが。
それが嬉しいてねえ。されどの、何故か、通知簿、従前通りの、「5」段階表記の、「3」のまま。多分なら、先生に嫌われてたかと。勝手に思てるですが。何分の、後ろから、悪戯され、振り向いての仕返しをするがため、目立ってしもての、立たされっ放しでして。

での、中学生となりても、数学が好きでして。
得意科目であったですが。
ある時、数学の試験で、難しいてねえ。タヌキに、難しかったなあ。半分も答えられへんかったと、申したなら。そいつ、1問だけ、分からんかったと抜かしやがっての、問題、全部を諳んじてまして。へえと。
こいつ、賢いのやと。

結果、同じ高校に進学の、そいつ、タヌキ、実は、商業課程志望で、入ったは、堀川高校なれどの、普通課程と、商業課程が、2年になるの際、分かれまして。タヌキは、西京高校に移動したですが。通例、商業課程は、進学致しませんですが。
<注=50年昔の話>
何とまの、東京大学合格ですて。聞いて、へえと。そもそもが、何で、商業課程かと。変人故、分からんですが。もしかしたらの、東京大学教授をしてるとかでして。モ一発のへえと。


つでになら、中学3年の同じのクラスには、京都大学、大阪大学に進学したのが居たですが。2人共、同じくの、堀川高校に入学で、京都大学のは親友でして。大阪大学のは、親しかったです。
親友と、親しかったの差となれば、親友は、方々に出掛けるに、遊ぶに、一緒であったりでして。親しいとは、良く話をしたの範疇かと。
こっちの方は、変人では無かったです。天才とは思てませんの、秀才でして。但し、勉学で、学校成績、通知簿で、勝てるかとなればの、全然でして。ソラ、多分なら、知能指数が違うかと。

知能指数高く、努力家と評価してるです。
要は、何かを諳(そら)んじてる等々、披露する事は無かったです。但し、実際には、諳んじてた可能性がと。これは、努力をしての話でして。
ソラなあ、諸般、水準があるかと。知能指数も、数字で示されまして。我が印象ならばの、ども、高いヤツ程、変人が多いかと。凡人に近い程に、接し易く。

オッとの、当世、知能指数<IQ>を云々せぬよになってるですが。
確かに、人間性と、頭脳明晰は一致せず。一番に好ましいは、頭脳明晰で、人間性が良ければと。
ででの、別段にの、高学歴で無くとも、凄いなあと、思えるの面々多いわと。
(12/07/13)


NO.228 桜散る散る、花吹雪の話(20) ついでの話(3)

百科事典、辞書を読破だけなら、一大決心にて、真似出来ん事も無いですが。
読破だけでは意味が無く。覚えて意味があるですが。多分なら、畑正憲は辞書を読破で、間違いなく、記憶して行ったです。堀江貴文は、紛れ無く、百科事典を覚えて行ったです。
凡人で、太刀打ち出来るの芸当では無いです。

での、余計な話の、タヌキ君の事を。
イヤ、こいつ、賢いなあと、数学の問題で、解けぬのを、聞いた事があったです。同じクラスになってたの、2年生の時でして。肝心の話をせずに、抜かすにの、2年なら、3年のとか。高校で習うの事をやったら、2年のは、簡単やでと。
それは、ソかも、分からんけれどや。先行学習出来れば、苦労は要らんです。現在唯今の問題が問題でして。ソやから、賢いヤツは嫌いなんやと。自分と一緒にすなと。
とは、申してませんですが。思たです。聞くだけ、無駄かと。

更なるの、余計な話をと。
当世、学校での、イジメが社会問題になってるですが。過日には、大津の中学2年生が、自宅マンションの14階から、飛び降り自殺したですて。可哀想な話なれどです。我々の、当時、イジメは知らんです。

チョッカイなら、出されて、喧嘩にもなったですが。
これは、イジメ的感覚に非ずの、先の通りの、チョッカイでして。悪巫山戯(わるふざけ)でして。陰湿で、癪に触ったですが。喧嘩にもなったですが。真剣に腹も立てたですが。殴り合いの喧嘩まではしてませんでして。

とっつかみ合いにはなってたですが。マア云うたら、転かせばしまいでして。分が悪くなれば、逃げまくるですが。私め、被害者側故、追い掛けたかと。逃げるなら、以降、やらんかとなれば、又、やられ。
又、とっつかみ合いになって、又、逃げられて。オッとの、同じのクラス故に、戻って来たら、喧嘩再開したら良いみたいの、モええかの気になってたです。イヤイヤ、別段にの、私め、腕力に自信無く。
されどの、あっちは、悪い事をしてるの負い目があって、逃げてたですが。

事程左様の、喧嘩するにしたって、一対一でして。当世の如く、多人数で、1人をイジメるの陰湿、卑怯は無かったなあと。限度も当然の弁えてたかと。
既に、小学生の時にはでして。中学生でも、時々はいざこざがあったですが。知れてまして。
ましてやの、イジメの現場を見た事は無く。とは云えどの、不良グループは居たですが。関わり合いにはなってませんの、あっちは、あっちでして。あっちから、こっちに来る事も無く。

超推測なれどの、根本は、金では無いかと。
一寸、ゆすれば、金を出したのではと。それが、エスカレートした可能性がと。
悪いけれどの、私共の時代。ゆすられて、出すの金品、逆立ちしたって、出て来いひんわと。ポケットに一銭も無し。
<参考=NO.163 <大津中学校>2年男子イジメで自殺

それもあるし、我々の時代、ベビー・ブーム世代でして。友達なら、そこらに一杯居てまして。近所の、おばちゃん、おっちゃん、顔見知りでして。変に繁華街ででも、遊んでてみい。変な恰好してたり、しててみい。一発、見つかり、親の知る処となりの、先生にも伝わるわと。多分ならナで、やった事が無いしで、分からんですが。善悪の判断程度、ついてるわと。
当世の子どもにしても、その区別ならついてるですが。何分の、先生も、親も、甘いわと。
親も、精々の近所つきあいを致しませんとと。


オッとの、での、一寸だけ、話を戻しまして。
就職の話なれどの、当時は、就職先の心配してませんでして。中退しての就職斡旋無いですが。
別段にの、当時、学校に就職の斡旋して戴いてませんですが。
とりあえずは、4回生になりの、夏休み以前の頃、卒業研究の部屋に居たなら、自称先輩と称するの、面々が2人来まして。君等、東洋電具<ロームの旧名>って、知ってるかと。実は、承知してまして。何の授業であったか、教授から、チラと聞いてたです。

知ってますと、返答の、工場見学させたるわと。へえと。
そのまま、車に乗せられ、東洋電具にと。後部座席に、3人程が乗ってたかと。そのまま、五条西大路の、会社に行きましての、工程見学させて戴きましての、終われば、ロビーに連れて行かれの、人事課の人から、この場で、願書を書けと。へえと。
別段にの、拒否するの理由も無くの、素直に書いての、提出を以て、後日、試験に来いと、案内状が届きまして。
試験を受けの、これが、第一次でして。第二次があって。多分なら、適正検査であったかと。更に、第三次試験があっての、これが、面接でして。

更には、興信所から、諸般、あったです。
イヤ、家に来られまして。基本的なる事。云うたら、本籍、国籍、趣味、宗教。家族構成等々の、何で、そこまでの、個人情報をば、尋ねられてねえ。当時、個人情報的感覚無かったですが。
別段にの、隠すの話でも無く。
イヤイヤ、興信所でして。見合い結婚の話でも無いですがの、隣近所にも、聞き合わせしてたです。
での、別段にの、悪い噂無くの、ええ兄ちゃんやと。イヤ、ホンマやわと。


ででの、後刻知ったですが。拉致の2人は、抵抗器製造部の、品質管理課、課長と、主任でして。事実、大学の先輩でして。
面接したは、抵抗器製造部の部長でしたです。結果、抵抗器製造部品質管理課に配属されたですが。

オッとの、全員が合格、採用されたで無いです。
結果的、10人程が、受けたらしくの、3人採用でして。同期入社の、江藤君、大堀君は、早くに退職したですが。果たして、転職で、どこに行ったか、音沙汰無く。知らんです。

イヤイヤ、就職先の条件なら、あったです。
原則、京都の、製造業でして。大企業では無く、中小企業の方がええかなあと。当時の、東洋電具は、中小企業でして。本社には、約400名でしたです。400名程度故に、殆ど、全員の顔なら、覚えられたです。


そんな事で、斯くなるでの、夏休みまでには、就職先が決まってしもて。
その夏休みには、実習に来いと。結構なる話の、アルバイト料が戴けるの話でして。夏休みに、アルバイト先を物色するの必要性が無く。
出社で、アルバイトの配属先が、これ又、そのままの、抵抗器製造部の品質管理課QC係でして。先の、拉致した、主任の部署でして。実習の中身なるは、管理試験<信頼性試験>でしたです。
(12/07/14)


NO.229 桜散る散る、花吹雪の話(21) ついでの話(4)

での、本題に戻すです。
別段に、「ついでの話」も、本題に無縁では無いですが。


とか云い乍ら、モ一寸だけ。
北海道の、衆議院議員殿、鈴木宗男君<64歳>の、馬を売って大学<東京・拓殖大学>の学費に充てたの清貧、苦学生なる話があるですが。
あのなあの、馬一頭、売ってくれたの財のあるの農家でして。そもそもが、北海道から、東京さに出るの資金があったんやと。
東京さに出たなら、衣食住大変は、重々承知と違うかと。清貧、苦学生とは抜かすなかれと。

イヤ、私め、家が金持ちで無いは事実の、されどの、苦学生程には思てませんでして。理由なるは、相応、適当、学生生活謳歌してまして。一時、退学なるを真剣に考え、実際にも、退学届けを提出もしたですが。
原因、諸般、親父が倒れたり致しまして。学資等々、親から、出してもろてませんですが。喰うはやってくれてまして。喰うは表現的での、原則、衣食住、面倒見てもろてまして。
長男として、ここは、諸般、親父の代行せねばならぬかと、思ての事でして。
結果、脳梗塞であったかの、症状も極めて軽くの、特段にの、後遺症も無く。イヤイヤ、良かったです。

オッとの、地元の学校故に、通えたと思てるの、ホンダの、スーパー・カブもよお買えたなあと。さもなくばの、機動力発揮出来ずに大変かと。
これを、如何にして買おたが、思い出せませんでして。多分なら、月賦かと。月賦にしたって、頭金がいるですが。

実は、通学途中、えらい事がありまして。
当時は、ヘルメット着用、義務ではありませんでして。普段は、何も被らず、走ってたですが。どこにであったか、失念の、白の工事現場用のヘルメット、ボロのがころがってまして。イツ見ても、ころがってまして。
ボロ故、誰かが、捨てたかと。

拾いの、被るに、「核丸」としてあってねえ。くれぐれもの、「革マル」<日本革命的共産主義者同盟「革」命的「マル」クス主義派>では無いです。紛らわしいですがと。
「核丸」としてあるも、カッター状のモノで、白い箇所を削って地肌が見えてる程度なれどです。まあ云うたら、誰かが、悪戯したと思うですが。
時に、4回生の、学生運動盛んなる時期でして。変に被ってたら、怪しまれるかなあと、思いつつです。

学校に行くの道中、千本通りから、中立売通りを、北野天満宮にの、途中に、「派出所」がありまして。現在唯今、存在不明なれどの、当時はありましての、ピピピと、警官から、呼び止められて。
瞬時、やばいなあと、思いつつも、指示に従いの、派出所内にと。での、一発、これ、何やと。「核マル」の文字でして。間違ってますねえと。ンと。
高校生と違うのかと。学生証を見せなさいと。ンと。
「免許証」はと。ハイと。

フウンの、大学生かで、学生運動してるやろと。イヤ、してませんの、再度の、コレ、何やと。
ですから、字が間違ってますの、実は、拾たヘルメットですと。ホンマかと。ホンマですの、その時は、当たり前に、拾たの場所は承知の、どこそこでと。まあ、ええかと。警官がです。
騙されといてやると。ハイ、おおきにで、チョン。
イヤ、もしかしての、高校生で、原付に乗ってるみたいに思われたかと。その、「派出所」の前はショッチュウ、走ってたですがと。
オッとの、高校生で、原付になら、乗れるですが。

この手の話、良くありまして。
何度でも申すの、着てるの服、学生服一丁。夏場、カッター・シャツ一丁での、学生服にて、パチンコしてましたら、後ろから、私服警官かと。君々、学生証見せなさいと。見せたら、フウンの、大学生かと。ハイと。
これが、度々あったですの、当時は、私服警官が多く、補導されるの高校生が多かったかと。イヤイヤ、その方が宜しいかと。

いやねえ、4回生の時です。その学生運動、激しかった年ですが。
卒業研究の面々と、初めて、広小路学舎に行きまして。学園祭の時かと。
エレキ・ギターの音響で、ビックリしたを覚えてるですが。ソレ以上に仰天が、講堂であったか、名称知らんの施設に入ったなら、壇上で、学生が、教授か、助教授か知らんですが。座らせの、貴様、オイ、コラと。
何やら、糾弾してまして。酷い事してるナと。別段に、手を出してるでは無いですが。

イヤイヤ、理工学部では、考えられんの非常識言動でして。
先生と親しくも無かったけれどや。例えばの、電気工学科となればの、一学年150名程度でして。3つのクラスに別れてまして。原則、50名での授業でして。親しくは無いものの、遠くの存在でも無く。尊崇、畏敬の念、抱いてたですが。
よって、先生に対し、年長者に対し、オイ、コラは何やと。何事かの、考えられんナと。

云うたら、遊んでたでは、試験問題、解けずの、単位取れませんの、卒業出来ませんでして。留年者、中退者、珍しくも無く。4回生ともなれば、ボチボチの、5回生が一緒に授業を受けてたりと。
斯く申すの私も、必須科目の、ドイツ語を落としてしもての、二年間授業を受けたですが。ついでになら、その教授、高校時代の同級生の親父様でして。二度目の時、電話で、合格してるかと、尋ねたり。
結果は、大丈夫みたいやなあと。

オトトの、実は、卒業名簿かで、親の職業、大学教授とは承知の、まさかの、この学校とは知らんかったの、ある時、その教授と一緒に居たを見まして。
ソ云うたら、同じの苗字やなあと。
彼は、一浪したですが。

ででの、その学生運動、盛んなるの、入試阻止とか、やりやがってからにの、アホ運動家めがと。
そんなに大学が気にいらんなら、入って来るなの、出てけと。
とは、思ただけの、入試の監視員アルバイトをさせて戴いたですが。面白かったですが。肝心の、卒業式はそんな時代故、開催されずの、結果、入学式は、資金のかき集めに遅れの、出席出来ず。
卒業式は、妨害されての、開催されずがため、出るに、出られんかったですが。
(12/07/15)


NO.230 桜散る散る、花吹雪の話(22) 物件物色の話

今度こそ、本題に戻すです。

での、斯くなるでの、祖母が他界で、間も無くの、親父が、肺結核にての、宇多野病院に強制入院。
当時、宇多野病院なるは、結核病院と噂されてたですが。

とは云え、衝撃少なくて。
理由は、既に、就職してまして。変な話、先の通りの、学生時代に、脳梗塞で、一度倒れてまして。どっちかとなればの、そっちの方が衝撃的でして。オジから、学校どするやと。問われの、口では、別段にの、学資を出してもろてるで無しの、どて事無いと。
までは、申さんの、ほっといてくれ的感覚では居たですが。

実際問題、精神的には、影響あったは、疑いが無く。
誰にも、相談せずの、しても、仕方が無くの、素早くにもの、学生課に、退学届けを持って行ったです。心理状態、尋常なるでは無いなあと。学生課職員に、まだ、早いと云われんかったら、退学でして。
引き止められてから、学友にと。斯くの然々でと。困ったわと。イヤ、学資がでして。云うたら、金銭問題、出したは、現在唯今までを振り返っての、その一度のみ。
オッとの、別段にの、金貸せの話では無いです。
くどいけれどの、金貸せは、頼まれた事、度々なれどです。

イヤイヤ、ホンマやでの、4回生の時かに、京都大学に行ってたヤツ。高校2年の時の、友人なれどです。
担保に、腕時計で、千円貸せと。突然に来まして。記憶では、麻雀に負けてと。
されどの、腕時計を担保にしてもで。ソラ、質屋でもあるまいにの、保管だけでも大変ゾと。千円、貸すだけにしたですが。返って来た、記憶は無いですがと。云うたら、自分が、退学を真剣に考えた時期辺りなれどの、あっさり、貸したなあと。貸すとするより、忘れられるを覚悟の上でと。事実、以降、一度も会ってませんの、後刻、ン十年経って、誰とは云うのミノル君から、死んだらしいと。へえと。
云い出せば、中学3年の同じクラスの、秀才の、大阪大学のも、30代で、他界してまして。冗談半分、下手に秀才短命かと。


オトトの、での、再度の話を戻しましての。
そらなあ、祖母他界で、親父、入院。残ったは、母と、妹の3人でして。話簡単の、男は、自分1人でして。且つは、仮にも長男でして。
との、意識はあっても、ども出来ませんの、自然の、成り行き任せでありまして。

ついでになら、この際と。
当時の我が家、借家なれどの、買おてしまおかと。オッとの、ローンを組みの、家を建て替えをも計画致しまして。
家主、隣でして。1人交渉に行ったです。ここだけの話、隣は、女性5人でして。婆様、小母さん、娘2人。話簡単の、小父さん早くに他界されてまして。娘は、私よりも、年下でして。まあ云うたら、幼なじみではあるですが。

そんな話は結構の、当然の、大した、資産家でして。小父さんが健在ならばの、多分なら、2の返事で、売ってくれたですが。女5人では、実質、婆様、小母さんでは、話に成らずの、見知らぬの、余所の小母さん<隣の親族>が出て来まして。
条件なるは、建て替え構わんの、名義は、隣のに移動せよでして。ンと。
要は、土地は売らずの、建てた物件、あっちのモノとの事でして。嫌なら、出て行って頂戴の、きつい話であったです。

出てく、出ていかんも、実は、家の状態、ボロボロでして。
雨が降れば、2階の我が部屋、雨漏り三昧の、金盥、傘まで差さんと、居てられんの状態でして。

不思議な話の、祖母が他界。親父が入院を期して、ボロボロ度、突然の度を増しまして。
イヤイヤ、大雨降って、漏電での、配線から、煙が出まして。電源、大元切りまして。云うたら、我が家、電気屋。私め、電気専攻なれどの、親父は居てへんの、私は電気工事は出来ませんでして。そんな授業はあらへんわと。
且つは、屋内工事するに、資格がいりまして。簡単なる事なら、黙って、自力で致すですが。事は漏電でして。下手にやって、再度の漏電の、火事でも出してみい。犯罪者になるです。

よって、しかるべくの、それ屋、電気工事屋に依頼しまして。依頼するも、家が古い故にと。仮の配線だけでして。そんな馬鹿なと、交渉したですが。本格的になら、費用が高くなるけれどと。奇妙な話をしてくれて。
まあええかと。
鋭意決断の、この際と、家を買うにしたですが。買うとは、建て売り物件の話でして。

イヤイヤ、走り回ったです。
新聞のチラシを頼りに、当時、400万円のが、山科の、小金塚にありまして。行けばの、ここのは、全部、売れたですと。へえと。朝見て、すぐに行ってるのにと。
されどの、別件をと、宇治、小倉を紹介して戴きまして。まさしくの、近鉄線の、鉄道の真横でして。電車が通る度、ウルサイやろなあと。且つは、値が、700万円でして。正直、我が年収では、借りるが難しいの額なれどの、検討してみると、伝えたならばの、抑えておく故、1万円をと。
売買契約成ったならばの、頭金に充当すると。されどの、成らんなら、没収と。へえと。

当時、インチキか、事実か、定かに非ずの、斯様なる話があったですが。
坪数、30坪で、新築でして。駅にも近いしと。とりあえずは、1万円出したですが。

イヤ、当時、物件物色は、母と一緒にでして。
結果、この1万円、没収されるに相成ったの、相当額の、予約金とするのか、抑えの金額、没収されたかと。何分の、チラシ見て、即刻の現場に行きの、悉くの、売れてまして。
山科、小金塚が、一番に安く、400万円が、別途の場所で、500万円になりの、600円、700万円と、日と、までは申さんの、一週間で、100万円単位で、高騰してたの印象でして。事実、我々世代が、社会人と成りの、家を物色の時代でして。
想像絶するの状況かと。

にしても、良くゾ、1万円もの、金額出せたなあと。月給、多分なら、5万円<残業含む>も無かったのにと。ソラ、入社、2年辺りでして。ボーナス含めての、年収100万円見当。
やったかなあと。
そもそもが、初任給、33500円也でして。
(12/07/16)



inserted by FC2 system