不可思議の世界NO.40

京都・亀岡の良く当たる占い師の話

京都でよく当たる占い師は?
注;URL<京都inet>

不可思議NO.39
不可思議NO.36 不可思議NO.37 不可思議NO.38

不可思議NO.35
不可思議NO.20 不可思議NO.25 不可思議NO.30
不可思議NO.5 不可思議NO.10 不可思議NO.15

題目一覧表 お問い合わせ状況 三栖神社・炬火祭

目次

不可思議NO.41

NO.430 とある、訃報の話(5)

NO.429 とある、訃報の話(4)

NO.428 とある、訃報の話(3)

NO.427 とある、訃報の話(2)

NO.426 とある、訃報の話(1)

NO.425 久しぶりの、夢見で、周辺、大便の話(2)

NO.424 久しぶりの、夢見で、周辺、大便の話(1)

NO.423 初夢、夢見、二本立ての話(21) 二本目の夢の話(11)

NO.422 初夢、夢見、二本立ての話(20) 二本目の夢の話(10)

NO.421 初夢、夢見、二本立ての話(19) 二本目の夢の話(9)

不可思議NO.39


NO.421 初夢、夢見、二本立ての話(19) 二本目の夢の話(9)

何の話をしてるの哉と。
イヤ、二本立ての夢見の、二本目の夢の話をしてるですが。
何故に大学の話までが、出て来るの怪と。

要は、金は無いの話をしたかったの哉と。
但し、就職するまでの、学生時代、家に金を入れんと、生活出来ぬ、喰えぬの程でも無くて。
さりとて、オコズカイなんか、貰た事は無く。その辺り、自力でして。

云うたって、お年玉が、あると、云うなかれ。
柴田家、叔父達なら、少額なれどの、呉れたですが。親が、呉れた覚え無く。飛んで、祖母でして。
ここだけの話の、母方、伯父達からは、お見事、呉れた事は無いです。
更なるの、ここだけの話、でも無いの、小学生時代のは、親に預けの、使い込まれてまして。

流石に、中学生になれば、分かるです。
イヤ、中学生になれば、お年玉で、腕時計を買いたいと、貯めてたつもりが、あらへんでして。祖母が、えらく、怒ったです。
イヤイヤ、親が、子のお年玉を使い込んで、どするやと。
親父か、母のどちらがと、とは、申さんですが。

よて、当家、嫁はんも同様考えにて、息子共のお年玉等々、別管理で、当人名義の銀行通帳作ってね。
まあ、云うたら、それ以上の金額、息子共のためと、貯金してたわと。金額、幾らと、までは、申さんですが。
しかるべくの時、自由に使えと。
当然の、しかるべき時、あった故、遠の昔に手渡してるです。


オッとの、でや。
この、柴田家と、母方なら、柴田家の方が、経済的には、マシでしたです。
その柴田家の中でも、そらなあ、当家、長男家が、マダ、マシであったよな感致すです。理由、祖母には、戦死の、次男の、恩給がと。

これ又、云うたって、その恩恵にあずかったは、大学の入学金を一部援助と、卒業して、入社してから、その祝いとして、自動車教習所代を呉れた事。
コレ、全額呉れたです。

以外の、学資の援助、オコズカイなんかは、一切の、無し。
当たり前だの、クラッカーの、自動車教習所代は、嬉しくて。
そらな、本来ならば、学生時代に通うが、一番なれどの、そんな金あるもんか。色々云うたって、学資をと。優先でして。
とかとか、兎に角、経済観念に乏しくて。

さての、仏光寺の家、出るにしたって、先立つものがいるですが。
買うなら、買うで、住宅ローンを借りるになるですが。手付け金と、するのか、前金と、云うのかも、ありまして。ある故、一銭も、持ち合わせが無いでは、話に成らず。
とかなんか、知らんでね。

新聞の折り込み広告で、建売物件情報見て、即の行った先、山科の、小金塚<こかなづか>。要は、山科の北の方。
現在、亀岡の、小金岐<こかなげ>と、称するの地域でして。
結果的、似たよな、地区名でして。

オッとの、そこえ、母と一緒に出向いたですが。値は、朧気の、500万円見当での、即日行ってるのに、完売。
そこで、宇治の近鉄沿線、小倉駅のそばの物件、教えて戴きの、その足で行ったの哉の。当然の、ホンダの、軽自動車、NV。
それこその、近鉄の線路沿いに建つの家でして。当然の、新築でして。
営業担当、曰くに、700万円也と。

抑えるに、2万円であったの哉の、出せと。抑えるとは、他の客がこの物件をと、話があっても、二番手とするためのモノでして。
要は交渉優先権。
但し、戻りませんの、購入契約成立なら、頭金とするのか、700万円の支払いの一部にするの金。
とかとか、何箇所か、見に行き、その都度、ン万円をの抑え金、出金で、幾ら使たの哉の、可成りの額。

云うとくの、入社二年目でして。
初任給、33500円の時代やでと。残業、残業で、手取りで、5万円は、あったのけどや。その過半、家に、でして。
されどの、ここだけの話で、無いけれどの、ボーナス分があるです。

ボーナスねえ。
倍率、結構良くて、公表、3倍なら、内緒の話の、あのねのねと、4倍も戴いて。これが、夏と、冬の2回。
くれぐれもの、入社、2年、3年だけの話やでと。以降、公表の、そのまんま。

これは、全部、自分。
要は、給料の過半、家に入れても、ボーナス分が潤沢でして。それこその、当人、失念と、思うけれどの、妹に、ドカンと、までは定かび非ずの、適当に、オコズカイをと。
云うとくの、引っ越し直前まで、高校生やったんやと。それだけ、歳、離れてるです。
とか、云うたって、住宅ローンが決まれば、そんな事、よ致しませんですが。

オトトの、とっとの、小倉の家ねえ。
抑えの手付け金、支払いはしたですが。
そもそもがの、近鉄沿線の、本当の、線路の真ん前の家でして。金網あっての、道路2メートル幅の、間隔のみでして。土地、多分なら、20坪で、駐車スペースも、軽自動車が限度であったの哉と。
但し、駅は近くで、徒歩、5分。

されどの、まずは、結婚して、子が出来て。こんな場所で、子ども、大丈夫怪の、大きな不安。線路が近過ぎるです。騒音も、五月蠅いやろと。
この事に、相当に悩んだですが、ンの、それ以前の、諸般、悩むまでも無いの、住宅ローンで、借りるが出来るの最大値、400万円也。
記憶してるは、返済額、手取り、年収の、30%以内と、されてまして。そもそもがの、住宅ローンの金利、正確なるは、忘れたですが。8%、9%の、時代やわと。
700万円の物件なんか、軽くの、プと、吹き飛んでもたです。
(17/02/21)


NO.422 初夢、夢見、二本立ての話(20) 二本目の夢の話(10)

イヤ、家を探し出して、分かったです。
土地、家屋の相場を、でして。
且つは、土地バブルの走りの時期でして。
あくまでもの、推測の範疇の、これも、家主、売らんの原因の一つ哉と。

そらねえ、新聞の折り込みチラシを見て、即の現場に出向いて、売り切れでして。
そこで、紹介された先は、チラシの物件よりも、遠くで、高く。これも、建売業者の戦法かと、思うですが。

日曜日には、朝出勤も、昼には戻って、家見に行ったですが。とてもやないの、京都市内なんか、手も足も出ず。
市外なら、格段に安くはなっても、新築では、同様にしての、手も足も出ず。
その当時の、市内の相場、忘れたですが。

いやね、母が知り合いであると、申しの、不動産業者を呼びまして。仏光寺の家に、でして。
多分なら、保険の件での、知り合い哉と。

若手の、営業担当。
まずは、予算聞かれて、ン百万円也と。ンは、銀行から、借りるが出来るの限度の、「4」なれどの。それなら、その値で、宇治、槇島の中古物件がと。

話簡単の、その程度の資金では、新築なんか、ダメ、ダメ、ダメと。
業者の車で、見に行ったの先が、最初の引っ越し先でして。
話簡単、当方の甲斐性では、中古物件で、槇島で、15坪のが、精一杯。そらな、24歳や、5歳で、貯金も無いのに、どするやの世界。
冗談は顔だけにせよと。

良いも、悪いも無いです。
正直申しの、その値で、少々、坪数多くなら、奈良に接近の、寺田、富野荘辺りになるです。そこから、通勤してるのも、居たですが。その近くに勤め先あれば、結構なれどです。

とりあえず、京都市内では、無理、無理、ムリの、無理難題。
離れて、遠くになれば、なる程に、安くなるです。
とは、当たり前の話、なれどの、その時、初めて、実感したです。思い知ったです。
しかも、連棟でして。五連棟でして。
ここだけの話、でも無いの、まあ、云う鱈、長屋。
しかも、しかもの、築何十年の、何は、「2」であったの哉の。「2」にしては、可成りのボロ。
モ一発、ここは、一生住むの家、住めるでは無いなあと。

まあな、その当時、家探しで、分かったは、バブルの出だしで、ドンドンと、高騰する事。一刻でも、早くに買う方が、近い将来にでも、高くなるのと、高くなれば、手も足も、出んよになる事。
モ一つは、高度成長で、給料も、ドンドンと、上がる事。
今は、返済金額、大変なれどの、その内、10年、20年も経てば、どて事、無くなるやろと。

コレ、正解であって、正解でも無く。そら、思うよには、給料上がらず。想定以上に、土地の値は上がり。
但し、当初、無理してでも、買えば、近い将来にでも、それが、元手となりての、新築でもが、買えるよになるやろと。
コレ、正解でして。但し、負担も増えるですが。
云うたって、高金利時代やしなと。最初の、十年、十数年なるは、金利だけを払うと一緒でして。元金なんか、なかなかに減らんですが。


オッとの、話の主旨、そこに非ず。
の前に、モ少し、触れたら、当たり前だの、クラッカーの、駅に近い程に、高く。遠くになれば、安くには、なるです。
槇島の家は、近鉄沿線、向島駅と、小倉駅の中間でして。要は、中途半端なるの位置でして。しかも、中古で、連棟故、安くで買えたになるですが。
安い云うたって、限度額、一杯、一杯なれどです。

いやな、主旨なるは、矢っ張り、京都市内、しかも、仏光寺の家の場所、位置は、良過ぎたです。出て、初めて、その良さ、分かるです。実感するです。
そらね、京都に詳しいなら、一発、分かるの、四条大宮までなら、歩いて、10分以内。
四条烏丸でも、その程度。
大丸でも、島屋にでも、歩いて行けるです。錦市場にでも、何なら、祇園にでも、墓参にでも。

何を云うてるかと、なればの、歩いてでも、行ける故、交通費が掛からんわと。
少々の、遠くでも、バスで行けるし、当世なら、地下鉄が東西と、南北にあるです。地下鉄は便利やねえ。交通渋滞に無関係で、早いし、安いし、本数沢山あるです。
まあ、云うたら、自動車なんか、無くても、困らんわと。下手に乗って行けば、駐車場の空きの心配、駐められても、料金がと。

現在、亀岡なれどの、何するにも、どこえ行くにも、一旦、京都<市内>にと、相成って。
京都<駅>に行くだけでも、一仕事の、家からは、余裕見て、一時間を覚悟。乗ってるの時間なら、30分程度なれどです。駅まで、行かんならんし、切符も買わねばならず。
自動車で行くなら、先の通りの、駐車場がと。昔のよに、そこらに駐めとくは、出来ませんでして。
どちにしたって、交通費がバカに成らず。しかも、所用時間、余計に、要するです。

この事、引っ越して、即にも、分かったですが。
引っ越さざるを得んかったですが。
そらな、高齢になって、運転免許証返納も、京都市内なら、出来ても、亀岡では、車が無くては、不便でして。
歩いて、どこえでもは、無理難題。
結果、行動範囲狭くなるです。
ンの、高齢になっての事までは、その当時、考えもしてませんですが。
そらな、20代、ド真ん中。
(17/02/22)


NO.423 初夢、夢見、二本立ての話(21) 二本目の夢の話(11)

オッとの、夢見の世界。
三角屋根の家、面前にして、そこまでの事、考えてませんですが。
そこまでとは、仏光寺の家の事、引っ越し先で、奔走した事、等々を、です。
単純には、家見て、変則窓見て。見上げて、三角屋根で、嗚呼、仏光寺の家であるなと、認識してるだけ。

但し、入るに、入るの光景、夢では飛んでしもての、突然の、二階。
云うてるは、階段を上がるの光景ありませんでして。
上がったの、その二階は、木造で無く、鉄筋コンクリートの、これが、どこをイメージしてるかが、分からんの、兎に角、研究所。
研究所ねえ。もしかしたら、もしかしての、大学の研究室の事鴨なと。イヤ、分からんですが。

で、そこで、何をするでもありませんでして。
そもそもが、何故にここに居てるも、皆目のと。
単純には、自分の部屋は、どこ怪なと。正確には、入るべきの部屋が分かりませんでして。入って、アンタ誰と、怪訝な顔されたら、困る故、慎重に、扉の窓から、中を伺うに、人の気配無く。

で、適当なるの部屋の扉を開けて。この時には、何故か、自分の入るべきの部屋との、認識してるですが。
中に入っても、特段の、何も無く。
でで、部屋出るに、自分が最後の人でして。この建家を出るがです。

まあね、ロームでは、そんな事、良くあったです。
そしたら、ロームなんやろか。ロームに、こんな部屋知らんですが。在籍当時はな。
最後とは、建家を出るがです。要は、戸締まりせねばならぬの、戸締まりは、部屋の鍵掛けて、しかるべくの、守衛室なりに、鍵を届けるになるですが。

イヤ、ロームでは、そしてたです。
下手したら、出勤も、一番乗りであったです。何分の亀岡からは、距離あるです。国道9号線は、混みまして。家出るが遅くになれば、成る程に、指数関数的、渋滞になるです。亀岡から、京都えは、国道9号線のみでして。
よて、朝早くに家出て、それこその、始業、1時間もの前に、会社に着いてしもて。
の、事もあるだけの話やでと。大体は、45分前哉と。
どちにしたって、大抵なら、部屋に入るの一番手故、守衛室で、部屋の鍵、預かり、鍵を開けるに成るですが。二番手なら、鍵は、ありませんでして。

夢では、朝の話に非ずの、出るが最後。
云うたって、真夜中的、感覚で無く、昼間。昼間も、夜も、夢見の世界では、区別してませんですが。
単に、最後故、鍵をと。
その鍵の置き場と、するのか、保管場所だけを見て。夢の世界ではなと。

さての、タイム・レコーダーに通すに、自分のカードがありませんでして。要は見つかりませんでして。
そら、遠の昔に退職してるです。
ならばの、何故に出勤してるの怪と。何の仕事をしてるの怪と。

実は、その場面、夢には無いですが。無給で、仕事をしてるの認識でして。よて、タイム・カードが無いのやなと。
そらねえ、会社の時にも、キチリと、残業なんか、付けてませんでして。諸般、残業規制があったり、してね。厳密、厳格なるの規制で、無いけどや。
まあ、云う鱈、15分の休憩も、1時間の休憩にしたり。1時間程度の残業なら、残業とはせずであったり。

オッとの、何の話、してるの怪と。
イヤイヤ、この手、タイム・カードが無いの夢も、度々、見るです。
無給で、奉仕で、仕事をしてたりしてね。夢の中での話やでと。

自分は、社員では、無いの社員。
ところが、新入社員とか、後輩捕まえ、あれやれ、これやれと。こするのや、あするのやと、指揮、指導したり、教育したり。
この相手は、夢の中では、出て来てませんですが。単に、そんな事、してるの認識でして。

そして、こんな具合に、木賃、キチンと、出勤してるのに、何故に無給なんやと。
多少なら、許せるですが。何故に給料呉れんのかと。タイム・カードもあらへんしと。おかしいやないかと。

での、社員でも無いのに、誰とは、分からんのアシスタントの子、女性を捕まえ、タイム・カードが無いと。人事にそのよに、伝えといてと。
指示して、良いのか、悪いのかを、悩んでね。
その子、しっかりしてるし、云わんでも、分かるやろと。

しっかりの子なら、あの子やろか、この子やろかと。
そらねえ、誰とは、申さんの、以心伝心の子が何人か、居たです。正確には、代々の子がそでして。
中には、そで無いのも居たですが。

出張に行くと、伝えたなら、その先と、何泊かを尋ねて呉れての、出張届けの用紙に、諸般記入して、当方の判子まで、押して呉れて。
新幹線の回数券手配までして、机の上に置いてあったりしてね。
まあね、それが、アシスタントの役目は、役目なれどの、そらねえ、工場えなら、工場の責任者にまで、伝えて呉れて。宿泊先まで、確認して呉れて。へえと。
やから、出張なりしたら、その子に土産モノをと。代表的、手渡すにしてたですが。あとは、貴君の良きに計らえと。

ンの、その手、庶務的業務、こなすの子が居てませんでして。
コレ又、正確には、その手の、出来た子が、その場、夢の場、なれどの、見つからんでね。コマツタなと。
そもそもがの、夢見の世界では、人の気配すれどの、具体的には、誰がと、姿見えるは、極めての希。姿も、気配だけでの、明確になってるは、親父なら、そこに居るは、親父と、こちが、勝手に認識してるだけでして。

ほんとにねえ。
この、三角屋根の、我が家とは、似ても似つかんの、メルヘンチックなるの気分にさせるの、仏光寺の家。
そこに入れば、鉄筋コンクリートの、研究所。
出るの間際には、ロームでして。鍵の場所で、鍵見つけ。見つけるだで、手には、してないですが。
退社するに、タイム・カードが無くて。アシスタントの子を探すも、誰をの、どの子が居てるか、分からんでして。

あの子か、この子かと。
そ云う鱈、あの子、この子は、どしてるの怪と。幸せに暮らしてるなら、結構なれど。
とか、思てるの間にも、駐車場の車をと。それが、変則的立体駐車場で。何階にあるのか、忘れてるですが。或いは、平地の大駐車場の。
ぽつりの、我が愛車、13年選手の、カローラ、一台だけあるを、奇跡的見つけて、嗚呼、ヨカツタな。あったなと。
そこで、夢から、覚めてもて。
(17/02/23)


NO.424 久しぶりの、夢見で、周辺、大便の話(1)

久しぶりの、夢見の話。
しかも、覚えてる故、話も出来るですが。イツの夢かと、なればの、軽くの、一週間は経ってるです。

イヤ、どちらに掲載するかを、現在唯今、迷いつつ。
とは、「不可思議の世界」か、「単なる雑談」かと。

まあ、それは、後刻の事で、さての、どんな夢見かと、なればの、ンの、何と申すか、少々、表現、迷うですが。
まあ、云う鱈、トイレの話。
トイレも、大小あるですが。これは、大の方。

イヤ、諸般、便秘気味もあったですが。解消したり、再発したり、致してまして。
この当時には、出て、出て、出過ぎで無い怪の、喰た以上に、土管、ドカンの、ドドカンの、へえと、感心する程での、もしかしたらと、異常ではと、危惧してたの当時。

での、兎に角、ハタと、気が付けば、トイレの中。
記憶の範囲、それがねえ、イメージ的、仏光寺の家の、ではと。されどの、にしては、綺麗過ぎで、広くに過ぎて。
いやね、仏光寺の家のは、狭くて、汚くて。

とするのか、産まれて、そこしか、知らぬが故。でも、無いですが。そら、小学校、中学校等々、トイレは見聞、使てるですが。
大丸、島屋、藤井大丸に、丸物とかの、百貨店のも、知ってるですが。
その辺り、友人宅とかで、借りたの事、僅少。

とっとの、ならばの、仏光寺のとは、違うのみたいなれどの、あくまでもの、夢見の世界での、感覚でして。印象でして。
極めての、安心感ありまして。
さもなくばの、ンの、現物出ませんです。せっぱ詰まっても無ければ、余所探すです。

にしてもの、時々、この手の夢見るですが。
大で無く、小なら、ご幼少の時。我慢たまらず、出したら、大世界地図を描いてたは、今だ、覚えてるですが。その時には、したい、したい、にも関わらずの、汚い、汚い、トイレでねえ。ここ嫌、あそこ嫌、こんな場所、トンでもと、洞窟、螺旋回廊のよな、薄暗い場所をドンドンと、進みの、遂に、ドン突き、行くも、戻るも出来ずの、エイのヤで、スキリとした途端の、ゲと、嫌な感触にて、目が覚めて。

大も、いつか、あったよな、あったとは、夢見で、見たの、気も、記憶もしてるですが。
それこその、渦巻き状の、黄金の坩堝。そんな形のなんか、出した事無いですが。
オッとの、それは、出す時の場所、姿勢、状態、量に寄るですが。理屈的には、なと。

でや、此度、過日、最新の夢見の話、なるは、可成り、異なるです。
兎に角、懐かしく感じるの場所、トイレでして。にしても、今時、トイレ、トイレと、申してるですが。その昔には、トイレとなんか、云うてませんの、日本語にて、便所。

されどの、便所の文言、汚く感じ。トイレなら、水洗便所的哉と。
要は、便所とは、昔式。トイレは、ウォッシュ・レットの、今式でして。イメージ的には、なと。

いやね、仏光寺のは、木造で、イツの時であったか、水洗式には、なってたですが。何分の、京都のド真ん中故、その手、近代化は、早かったです。
云うても鱈、道路も、アスファルト化されたは、小学生時代ではと。
云うておくの、当方の、小学生時代、半ばと、なればの、60年の昔やぞと。
中学生か、高校生の時には、水洗式トイレになったんやでと。市からの、援助もあったみたいでね。そら、その手、詳しい事は、知りませんの、親任せで、話をチラチラ、聞かされてたです。

オッとの、何の話哉の、夢見で、トイレの、大の話。
でや、気が付けば、トイレの中に居てまして。まさしくの、やってるの状態で、ハタと。何が、ハタかと、なればの、仏光寺の家の、トイレ哉の、そんな筈はの、遠の昔に、壊されてるわと。
陰も、形も、あらへんわと。

とか、思いつつの、周辺見たら、案外に、綺麗でね。されどの、安心感あってね。
綺麗で、安心感は、ある意味、当然なれどです。
下手に、コンビニのトイレを借りて、入ってみい、汚い、汚い、どしょかと。云うたって、便器の周辺が汚いだけなれどの、その便器の汚いが困るわと。

云うてるは、当時の我が家の、トイレなるは、木造でして。その昔には、貯め置き式と、するのか、遙か昔には、お百姓さんが、買いに来てくれやはりまして。
ホンマやでと。
人間様の糞尿なるは、売れたです。とするのか、実際には、大根であるとかや。その手の物々交換。

イヤイヤ、冗談、誇張に非ずの、ほんまやでと。
所謂の作物の、肥やしでして。当世でも、田舎、ド田舎、嫁はんの里に行けば、今だ、あるです。肥え貯めが。中には、何も入ってませんですが。
当世は、なと。
その当世、水洗式となりての、水で、流してるですが。勿体ない話かと。その当時の、感覚からは、なと。最早の、売れませんでして。

何の話をしてるの怪の。当然の、夢の中にての、ハタと、気が付いたのトイレなるは、水洗式トイレ。
その水洗式も、当世なら、洋式が主なれどの、その昔には、和式でね。
ハタと、周辺見渡せば、ンの、その和式のが、横手にあって、ね。ンと。自分の出した場所なるは、便器で無いぞと。何でやと。にしてもの、コマツタなと。

折角の綺麗なトイレ、にも、関わらずの、どこにそんな事、してるのかと。
当然の、しかるべくの、処分せねばの、コマツタなと。その手、処分するにどするやの、コマツタなと。
手段が無いです。何も、無いです。素手で、かと。まあな、自分のであると。

とか、思てるの間にも、ンの、便器では無いの、その周辺には、現物がと。一箇所に非ずの、多所。あっちに、こっちに、方々、一杯。
それが、二三個ずつ、点在してて。へえと。
それが、点在も、足の踏み場も無い程の多所。コマツタなと。どする兵衛哉と。

その場から、移動するにも、足の踏み場がで、どする兵衛哉と。
行くも、去るも、どもならず。直下の以外、多分ならばの、自分のでは無い筈と。コマツタなと。
とは、云え、思い出すに、ンの、されどの、臭いは皆目のありませんでして。不思議やねえ。まあね、夢見の世界故、臭いの無いも、理解致すですが。
その時には、当たり前だの、クラッカーの、夢の世界の、とは、思てませんでして。
別段にの、当たり前でも、ありませんですが。時には、夢見の世界で、コレ、夢であると、察知してるの事、あるですが。

ででや、コマツタ、コマツタと、どしょか、どする兵衛かと、思案。思案も、途方に暮れてましたら、ンの、便器の方では無いの、方向の、横手見鱈、ドア開いてまして。そっち方向、明るくて。へえと。

いやね、正確には、当方の位置より、左手がそんな状態の、大便の点在で、便器があって。ハタと、右手方向見鱈、ドアがと、するよりは、解放状態で、明るくて。

モ一発、そこには、女の子が居てまして。
イヤイヤ、見た事のあるよな、無いよおなの子でして。
イヤイヤ、親戚縁者では無いです。多分なら、会社に居たの子でして。されどの、誰かが、思い出せませんの、正直には、顔だけは、何とか、覚えてるの範疇の、苗字なんか、トンでもの。

今、振り返っても、誰やった怪なあと。
皆目の分からんの、そんなにも、話もしてませんの子、長期にも、在職してませんの、女の子でね。
そもそもが、部署は一緒も、仕事が関係してませんの子でね。

何で、そこにと、ここにと、思たの時、夢から、覚めたですが。
覚めて、ンの、大変な事には、なってえへんやろなあと。大いに心配の、確認結果、無事で、嗚呼、ヨカツタなと。
だけの夢。

とかとか、結果、「不可思議の世界」に掲載するにしたです。
と、だけの話。
(17/05/27)


NO.425 久しぶりの、夢見で、周辺、大便の話(2)

だけの話故。
だけで終わるの積もりでした、ですが。
そらね、ネタなら、まだ、あるですが。中途半端でね。

そらね、あれも、これもと、あるには、あるですが。大した話、でもありませんでして。
それ云う鱈、万事、大した話で無いですが。
それ云うても鱈、何云うて万年に相成るですが。

そこに、諸般ありまして。モ一発と。
いやね、FHさんより、「シバケンの掲示板」に投稿賜り。

−−−<ここから>

【FH】

シバケンさん こんにちは。

>遙か昔には、お百姓さんが、買いに来てくれやはりまして。

55年ほど以前までウチも貰いに行ってましたです。

ベタを牛に引かせて、お渡しする野菜を積んでタンゴ桶は10ほど積んでいたんでしょうか・・・。

私自身は見てませんのですが四条あたりまで行くこともあったと祖父に聴いてます。
縄張りと言いますと聞こえが悪いですけど決まったお家があったらしいです。
そのころは化学肥料なんて有りませんでしたしねぇ。

−−−

【シバケン】

FHさん、こんにちは。

>>遙か昔には、お百姓さんが、買いに来てくれやはりまして。

>55年ほど以前までウチも貰いに行ってましたです。

オッとの、そですか。

売れたと、思てたですが。大根等々、戴いてたは、先様のご厚意でした、ですか。

イヤ、
まだ、十代半ば、までの頃でもありまして。おじさんには、かわいがって、戴いたです。

水洗になったは、うれしかったですが、あのおじさんには、会うが出来なくなりまして。寂しい思いもしたです。

で、どこから、来ておられるは、知りませんでした。苗字も知らず。
どこと、聞いても、当時には、見当も付きませんですが。

での、四条辺り、ともなれば、当時の我が家もその範囲です。

思うに、歩いてでして。且つは、大変な作業であると、当時から、思てたです。

いやね、時には、やりたいと、お百所さんに懇願したなら、阿寒、アカンと。持てへんと<笑>

での、
その当時には、所謂の糞尿の臭い、慣れてたもあるですが、気にもなりませんでしたです。

−−−<ここまで>

イヤ、転載の通り、そんな事です。そのままです。
そらね、糞尿の臭い、慣れたもあると、したですが。そらね、臭いモノは、臭いです。
只ね、貯め置き式故、便器直下にある故、下を覗けば、見えるです。見える割には、臭い、左程で無いの意でして。
何か、その手、工夫がしてあるの鴨ですが。

そかと、申し、糞尿取るに、柄杓ですくわれてるですが。要は、攪拌するよな事で、臭い強烈と。
それを、木樽に入れられるになりの、尋常なる臭いに非ず。
イヤ、当家の場合、横手、路地になってまして。そこに、出し口あったです。

そらねえ、水洗式も、流さず、流し忘れのがあれば、ゲとなるです。
検便のため、等々のは、自分のでして。諸般、我慢当然なれどの、赤の他人の、これ、なかなかに出来ませんです。

そらね、諸般、母の時、トイレにまで、保たず、道中やってしもての、そのままに、便器に座り。
結果、便器、下着、上衣と、するのか、パジャマまで、便で汚れてみい。親のを処分するに、我慢、我慢の、我慢大会。
拭いて、拭いて、拭きまくりの、綺麗に、綺麗にしてる積もりも、臭いが十万。イヤ、充満。

臭い無くなるまで、消えるまで、拭いて、拭いて、拭きまくっても、臭いなるは、なかなかに消えず。消えずは、必ずや、どこかに、現物の残骸、残存あるが故でして。
その辺り、どこか、どこかと、探すまでも無くの、臭いに鈍感なるの、我が鼻先、その辺りに、接近させれば、嗚呼、ここかと。

とは、比較、対象出来ぬわと。
全部、他人のでして。


オッとの、話、若干、戻すです。
この当時には、家の前に、牛、馬、通行と、するのか、当然の、主も一緒ですが。別段の、珍しい事でもありませんでして。
それこその、牛、馬の糞尿も、道路に落ちてたです。
これは、草食故、臭いなるは、殆ど無くて。人間様の、とは、比較に成らず。

それを、云い出せば、当方、中学生辺りまでは、正月三賀日には、獅子舞も、来てたし、季節無関係の、チンドン屋も、珍しくはあったですが、数年に一度は、来てたです。
イヤ、大通の、四条なら、しかも、河原町通りなら、別段の、珍しくは無く。商店街、繁華街でも無いの、仏光寺通りや、油小路等々、所謂の、小路にまでは、珍しく。
チンドン屋が、何しに来てた、かは、当時には、分からんかったですが。多分なら、大安売りとかの宣伝哉と。

それ、云い出し鱈、その昔には、飛行機からの、宣伝ビラも、良くあったです。
一枚で良いのに、集め回ったり。難しい漢字は読めぬですが。
イヤイヤ、自動車なんか、金持ちだけでして。今時なら、危ない話。


オトトの、それでや。
云い忘れの事あって。

夢見の話の、大をしてもたの話の、トイレの状況、綺麗で、広いと、したですが。
どのよな、感かと、申せば、木造で無くの、まあ、云う鱈、当世の、風呂場の感。
現在唯今、我が家の風呂場の感。半ユニット式と、でも申すかの、でして。仏光寺のボロ家、木造の、今にも、壊れそな、傾いたの便所に非ず。

にしては、感覚的、安心感あって、嗚呼、仏光寺のと。あくまでもの、夢見の世界での話やでと。
実際にはと、するも、異の、比較対象では、とてもやないの、似ても、似つかんです。

いやね、当方にとって、安心感のあると、なれば、どしても、産まれの、育ったの、仏光寺のと、相成って。
当たり前に、現在唯今の、亀岡の我が家も、我が家故、安心感あるですが。
それ云う鱈、夢見でさえ、槇島のは、出て来んわと。住んでたが、短いもあるですが。

されどの、出て来たとし鱈、矢っ張りの、トイレになるの哉と。
オッとの、そこのは、簡易貯め置き式であったのかの、只な、過日にも、申してるの、当家、その家で、全てがあったです。
当方、結婚、妹、嫁がせ、長男、次男誕生。
最後、出るの際、トイレの神様には、顔突っ込み、御礼申し上げ。
(17/05/28)


<補足>

FHさんより、返答賜ったです。

トイレの、臭い軽微の件。

>>何か、その手、工夫がしてあるの鴨ですが。

>トイレと風呂は別棟になってまして、風通しが良く、冬は寒かったです。
で、そのうちに父が壺の近くに換気扇を取り付けてました。」

オッとの、そ云えば、狭い当家のも、別棟でしたです。
奥の間より、中庭には、トイレえの廊下がありまして。小便器、大便器と、するのか、大便器は、当然の囲いあるですが。
要は、風通しかと。


ついでの話の、中庭には、大きな石、置いてあり。
上には、数センチ哉の、くり抜いてあっての、水が貯めてあり。具体的には、高さ1メートルの石に、深さ数センチで、直径30センチのくりぬきの穴。
要は手水鉢で、当然の柄杓もあったです。さもなくばの、廊下、渡り廊下から、届きませんでして。

手水鉢、夏場には、ボウフラ。
冬場は、薄氷が張ったり、致し。

での、この、中庭の存在こそが、狭い我が家に関わらずの、落ち着き感、与えたの哉と。
手水の石、岩とも、云えるですが、長々見てて、飽きませんでして。

トトトの、記載、忘れるところであったです。
槇島の、「簡易貯め置き式」は、「簡易浄化槽」の間違いです。
(17/05/28)


<「単なる雑談NO.183」高齢者<合理化>講習会の話>から、続く。


NO.426 とある、訃報の話(1)

いやね、やとで、本日、「案内状」<定期健診のお知らせ>が届いたです。
オッとの、何のかと、なれば、「お口の定期健診の時期が近づいてまいりました。」と、でして。
ンの、中身、歯の掃除の、でして。

イヤ、ホっとしたです。忘れられてるの哉と、思た故。
そらね、過月、5月の15日に、初めて、行ったの、新しい、歯医者でして。
その時、次回は、2箇月後ですと、ドクターと、歯科衛生士に云われてまして。2箇月後には、「案内状」なり、戴けるですかと、問えば、出しますのでと。

返答あって、その2箇月なら、7月でして。8月になっても、来ませんでして。ンの、コマツタなと。
一応は、別途の歯医者では、4箇月経って、「案内状」が届いてた故、その、4箇月、一応は、待つ哉と、思てたの矢先の、「案内状」。

いやね、それでも、従前には、4箇月で、届いても、概ね2箇月程度、ほったらかしの、結果的、半年に一度のペースの、歯の掃除通いでして。
此度も、それ踏まえの、どする兵衛哉と。

いやね、そは云うても、以前には、一回、30分掛かるの、歯の掃除で、4回、5回と、通たですが。
ここは、一回、1時間掛かるものの、その一回で済む故、楽でして。
まあね、とりあえずは、「案内状」届いた故、一安心の、さての、何時に、予約の電話一発、入れよかと。


での、それは、それで、本日、別途の、「通知」が、町内会、区長名で、届いたです。
正確には、全戸配布されたです。何の、「通知」かと、なればの、「訃報」。
話簡単、町内会の方が亡くなったの報。

での、誰様かと、思いきやの、余計なるの話をするの、実は、当方と、同年の方。
さもなくばの、超の簡単に、触れるのだけにするですが。でも、無いの、差し障りの無い範囲で、話をしてるですが。掲載をと。

いやね、何ちゅうかの、突然の事でして。
いやね、何を以て、突然と、申すかと、なればの、過日、8月26日<土曜日>、町内会の、「夏祭り」に顔出してたです。
いやね、どのよな経過かは、知らんの、何ちゅうかの、説明し易くなら、「老人席」を設けてもろての、そこに鎮座してたです。

ついで故、少々、状況申せば、会場<公園>には、テント張って、宴会席、座るの席設けられ。
飲めや、歌えやの、までは、知らんの賑わってるですが。
当方、飲まぬと、するのか、その手の席、苦手でねえ。

いやね、別途には、椅子席も設けられてるですが。大抵ならばの、まあ、申せば、舞台と、するのか、司会席があって、テントがあっての、後方に位置してたですが。
此度には、司会席の真ん前でして。且つは、一脚と、するのか、長椅子一脚のみで、まあ、云うたら、その気なら、3人でも、6人でも、その机を挟んで、座るなら、座れるです。

「老人席」的、配置で、お二人様のみ、座ってまして。要は、司会者の真ん前の、特別席的配置でね。
オッとの、何故に、「老人席」と、申したかと、なればの、その方と、モ1人の、年寄り、こちは、名実共の年配者での、後期高齢者。
当方なら、まだ、前期でして。その亡くなった方も、同年故、前期。

がしかし、「老人席」と、申されずともの、その手の席や、なと、敬遠。
オッとの、偶々の、その2人が座っただけかもなと。
只な、余りの、場所的、目立ち過ぎるの位置でして。当方的、一発、「老人席」或いは、「特別席」と、見てね。思えてね。

正直申すの、当方、自他共にの、高齢も、そらな、当年、70歳故での。されどの、変な話の、「老人席」に陣取るの勇気あらへんわと。
オトトの、電車の、「優先席」なら、空いてれば、座るですが。他が、満席なら、なと。
当世、若手でも、正々堂々の、座ってるですが。あくまでもの、「優先席」故。

この席、町内会、「夏祭り」の方の、席の事なれどの、モと、沢山、あれば、座ってるかも、なれど。イヤ、別段にの、「老人席」とは、思わぬ程の、様子なら、なと。
只な、この2人が座ってるの席、余りに、真正面に過ぎての目立ち過ぎもありの、どしても、ど見ても、「老人席」。


ついでの話の、当方、何故か、こんな事あるの、本日<9月2日>も、又、「歩き」に出たですが。
道中、前方より、自転車の、老人に遭遇。イヤ、失礼なるの表現したですが。何を隠そおの、隠す事も無いの、その、「老人席」に鎮座の、モ1人の方。

オトトの、その時には、この話、件、知らんわと。
こちは、その方、認知の、どこの方と、苗字、家も、承知も、その方、こちを、知らんでねえ。
云うとくの、その方に遭遇の際には、必ずや、会釈なり、してるですが。

理由、当方、区長拝命の直前の頃、町内会転入の宅様。若夫婦と、その方が。加えての、我が期、役員されて。よて、諸般の用事にて、宅様には、何度も、何度も、お邪魔してるですが。
お邪魔してるが故、承知してまして。
オッとの、その方<年寄り>に用事で無くの、所謂の、役員してるの若夫婦に、なれど。その方が、同居されてるは、暫く、知らんかって、ねえ。
の程の、当時の印象、大人しいの方。

いやね、若夫婦、方々で、出先で、見掛けるの事、あらへんですが。この方には、この頃では無く、数年、数も、「6」か、「8」近くの、経ってから、遭遇し出してるです。
よて、その都度、嗚呼と、会釈するも、返礼返らんでねえ。分かって無いなと、当方を。
いやね、別段にの、2005年の云々の話、無関係の、町内会の人間であるの程度、承知しといて欲しいなの程度、なれど。
その遭遇と、申せど、そらね、毎日でも、毎月でも無いの、数箇月単位。数も、「3」なり、「5」が入る程の、それ以前には、全くの見掛けもしてませんでして。

イヤイヤ、雑談、世間話も、した事、あらへんですが。出来るよな、状況で無く。
あちら様、大抵なら、自転車にて。こちら、徒歩での、会釈するも、分かって無いの状況故もありの。
只ね、最近には、こんな具合に、結構、外出好きとするのか、ウロウロしてて。この後期高齢者が、でして。

でや、それは、午前中の話の、午後になって、フイと、郵便受け見たら、ンの配りモノが入ってまして。中身、「訃報」。
誰かと、見たら、その方の、隣に陣取ってたの方でして。とするよりは、訃報の方の方、知られてるですが。町内会で、古い故。
そらね、時偶遭遇の方よりは、亡くなったの方なら、双方重々認知してるわの。されどの、雑談、世間話をする程の関係でもあらへんかったですが。

いやね、その手の関係の方、この町内会では、多くてね。
よて、親密度がと、申してるですが。

イヤイヤ、そんな事で、最近、見てないなあと、するの方で無く。
ついの先日、丁度の、1週間前には、見てるの方。
亡くなったの日、見れば、ンンの、8月30日。へえの、あれから、4日かと。あれとは、「夏祭り」で、見たの日。
少なくともの、元気で、ニコニコして、居てた、よには、伺えて。
云うてるは、カラダの具合悪く、入院されての事で無くの、中身、知らんけれどの、所謂の、突然哉と。
(17/09/03)


NO.427 とある、訃報の話(2)

本日<9月3日>、諸般で、スーパー、「マツモト」に行って参じたです。
嫁はんと、買い出しに、でして。

でや、大体が、行けば、知り合い、特には、町内会の面々と、顔合わす事、そらね、近在のスーパー故、あるには、あるですが。
会うの確率、半分以下。
会おても、1人とするのか、1組でして。組とするは、ご夫婦での場合の事。ややこしい故、これも、1人としておくの、2人に会うは、まあねえ、どの程度かと、なればの、統計、記録取ってませぬ故、適当、感覚的には、4回に1度哉と。
それなら、3人、4人ともなればの、極めての僅少。まあ、そんな事、ありませんでして。

での、此度、本日、何人と、出会したかと、なればの、9人での。へえと、感心するですが。全員とは、挨拶、会釈、言葉は交わしてませんの、3人、見掛けたの程度の、そらねえ、追いかけて、までは、なと。
当方的には、これだけ沢山の方と、スーパー、「マツモト」で、遭遇なるは、初体験。

ででや、そんな事、だけで、話のネタ、掲載致さんの、事は、「訃報」の配りモノあったの、明くる日でして。
当方が、では無くの、当方なら、諸般、買おたモノを車に持ち運んだり、してまして。
まあ、云うたら、嫁はんが、「訃報」の方の組の方と、ばたりと遭遇、チョと話をしたのらしくの。オッとの、その方が誰かは、承知してるの、挨拶なら、交わしてるですが。

嫁はんも、当然の、26日<夏祭り>には、その方、元気で、顔出してたの件、当方より、聞いて知ってまして。
イヤ、嫁はんは、「夏祭り」には、出てませんでして。
まあ、云うたら、死因の件、聞いたですて。ほならの、当日、8月30日、「歩き」に出て、帰って、ばたりであったと。

フウンの、余計なるの話の、当方も、22日より、「歩き」には、出てるですが、ばたりの、遭遇してませんでして。当然の、「歩き」に出るのコースが、違うの哉の、どちにしろ、へえと。
そら、突然に過ぎての、ご家族様、ビクリされた事と、思うに、余りあるですが。

当方的、「歩き」に出て、帰って、ばたりの話、少々、イヤ、可成りの、気に掛かるですが。
そら、このところ、諸般で、「歩き」をしてまして。大した距離、「歩き」でもあらへんですが。
只ねえ、詳しいの中身、知らんですが。過去に、少々、健康上の話、聞き及んでるの程度。

その手の話、当人様とは、一度もしてませんでして。
但し、ここ数年、表現難しいけれどの、以前のよに、元気溌剌では、ありませんでして。ここで、元気溌剌の形容も、大袈裟での、まあ、普通と、解釈で結構哉と。
では、このところ、どんな具合かと、なればの、外見的、腰でも悪いか、椅子持参で、町内会行事に、参加されてまして。

イヤイヤ、云いたいは、町内会行事には、殆ど、参加されてるですの、希有の方。
云うたら、それ承知の程に、当方も、参加してるが故、云えるの事也と。
特には、ここ3年は、としておくです。

イヤイヤ、「町民大運動会」にも、チラとは、顔出し。選手として、競技には、出てたか、出ずは、そこまで、気に留めてませんですが。
出ても、「玉入れ」程度と、思うですが。
イヤ、知らんわと。

での、その、「慰労会」にも、出席されてまして。この、3年はと。
これは、当然の、当方も、出席故、分かってるです。イヤ、ビールなど、薦めに、行ったりしてね。当方、その方に。
薦めて、受けたか、受けんかったか、までもは、記憶せず。
そもそもがの、当方的、余所様に、強いての、薦めもしませんでして。断られたら、サと、注ぐは止めるです。

いやね、承知は承知も、それ程には、親しくも無く。席も、超の接近、隣同士で、座るも無く。
オッとの、拒否、避けてるの意では無く。
あちら様も、積極的に、話をする方でもなくて。
さりとて、「防火訓練」の講習会等々では、諸般、意見、質問したり、してるですが。要は、無口でも無く。

オッとの、そんな話をするの積もりで無かったですが。
時が時、年齢的にも、皆様、意外でね。「訃報」が、でして。
当方にしたって、その方、ンの、最近、見てへんなあと、するで無く。最近も、最近の、数日前には、見たの方。

でや、「訃報」では、所謂の家族葬にての、諸般の香典等々、辞退とされてまして。嗚呼、やらはらへんのやなと。
少々、寂しいの気もあって。当方がや。
多分なら、生前よりの、故人の意志あったの哉の、家族葬も、分からんで無く。


変な話、生まれ、育ったの地、地域での葬儀なら、近所の方も、相応に親しくしてて。学友、竹馬の友も、参列して呉れて。
とも、なるですが。
この町内会での、我々の立場なるは、途中から、でして。

当方にしたって、葬儀に、学友、竹馬の友と、云うたって、来るも大変。
町内会の方も、云うたら、何やけれどの、そんなには、なと。
ならばの、結果的、家族葬でと、思わんの事も無く。

モと、云うたら、このところ、香典ご辞退が流行ってまして。このところも、ここ数年でして。1軒のみ、辞退宣言無く。
イヤ、本来的、それが普通と、思うの、互助の精神也と。
されどの、親戚縁者以外、香典辞退ともなればの、まあ、云うたら、賑わしと、申せば失礼の、そら、葬儀に来て戴けるに、多いに越した事は無く。

かと、申しの、香典辞退では、来て戴いたの分、出費に相成るです。
町内会の方、100人もは、来て戴けませんですが。100人来て戴ければ、そら、盛大なる葬儀になって、結構なるも、香典辞退では、その粗供養、はきりと、申しの、出費になるです。
イヤイヤ、細かく申せば、粗供養1個約千円故、10万円也。

まあつまり、当町内会、新興住宅街だけに、なと。
ン十年経てど、一緒でして。
又、当方にしたって、この地、亀岡で、勤務してたでありませんでして。京都でして。
当地で、親しい方、居てませんでして。

オッとの、居てないも、語弊あるですが。訃報聞き、そかと、葬儀に足運んで呉れる程の親しい方、居てへんなと。クレグレもの、町内会以外での話やでと。
イヤ、余所の町内会の方の葬儀なんか、情報入らずでして。

オッとの、そんな話、するの積もり、無かったですが。
家族葬とされ、そかと、納得したり、寂しいなと、思たりも。
これからの、葬儀の仕方も、難儀やねえ。どこまで、割り切れるかが、あって。
(17/09/04)


NO.428 とある、訃報の話(3)

前日の、スーパー、「マツモト」にて、町内会の方々、9人。
なるは、超の希有と申したです。
実際問題、希有でして。

ハタと、考えたら、何と、まの、皆様、違うの組の方。
ンの、正確には、一組のみ、2名様でして。まあ、云うたら、各組代表、期せずして、スーパー、「マツモト」に集結の感。
期せずも、偶々の、「訃報」の翌日にて、その組の方に嫁はん、話を聞いたです。
脳梗塞か、心臓かの、そこまでは、知らんの、分からんの、どちらかでの、「歩き」から、帰宅で、倒れられたと。

余計なるの話の、若いのにと。
これを、除外するなら、変な話、されどの、正直なるの見解、理想的でして。
所謂のぽっくりでして。
当方にしたって、誰にしたって、とは、云い過ぎも、出来れば、そんな具合に逝けたらと。家族のお世話にならずに済むです。
そらね、元気で、自分の事、自分で出来るなら、何歳でも、なれどの、そはな、出来ませんです。

オッとの、ここでは、それが主題で無く。
いやね、「不可思議の世界」。

8月26日<土曜日>、町内会の、夕方からの、「夏祭り」の日。
まあ、云うたら、会場の公園の、舞台と、するのか、司会者の真ん前の長椅子席に鎮座の二人。前期高齢者と、後期高齢者。
今更乍らの、よ、考えたら、この二人、同じの組でして。

「訃報」の方、当方と同年の前期高齢者。但し、先様、同年と、承知かは、疑問。多分なら、自身の方が、年長也と、勘違いしてたの気配濃厚。
ンの、諸般で、そのよに、当方、感じるの場面多数故。
やからと、どのこの、皆無。

そして、9月2日、「歩き」に出たの道中、後期高齢者の方と、ばたり。
されどの、先様、当方をば、誰と、認知してませんでして。
オッとの、とっとの、当方なら、誰様と、承知故、会釈してるですが。ンの、怪訝な顔してる故、冗談一発、本気一発、こちを誰か、分かってえへんなと。
イヤ、ズバリと、申したです。先様、意味不明の、にたりの、苦笑い。

まあな、諸般より、その程度、云うて、角立たぬの方と、見た故、申したです。角立つの可能性、ン%なら、口にチャックで、ユメユメ、申さんわと。
そらね、どこの、どいつ。
とは、それこその、口にチャックで、申さんですが。この町内会、約の110軒。人口、不明の、数えてませんの、一匹のみ、明々白々の、無視するが居てるです。
挨拶したって、横向いてホイ。あちから、こちに、挨拶、会釈など、皆無。

話超簡単の、こちを、そもそもがの、存在さえが、厭なんやろねえ。原因、全くの不明の、これと、思い当たるの事件、事故ありませんですが。
云うてるは、失礼なるの事、した覚えも、嫌がらせ、した事も無く。
無視なるは、嫌がらせ故、あちから、こちには、してやがると、申して、過言で無く。
当方的、それは結構も、嫌いは結構の意なれどの、普通にして呉れたらなと。思うですが、まあ、それが出来ませんの、やろと。
ここで、云うてもたら、異常やねえ。子ども水準やねえ。

当方なら、それは、出来るです。
形だけでも、会釈一発、会話も出来るです。
そらな、当方も人間故、好き嫌い当然のあって、会うも避けたいのは、居てる、居てたですが。ローム時代には、なと。
表面には、一切の、出しませんでして。

出す程、出てしまう程の、アホウに非ず。
先方様に、そんな事、気付かれるよな態度取るは、人品がと、承知してまして。
さりとての、歯の浮くよな、おべんちゃらも、申さん、申せませんの、根が正直過ぎるの性格なれど。
そんな意味なら、どこの、どいつは、特定の面々には、、ほんま怪なの、歯の浮くよな、おべんちゃら、申してるですが。

オトトの、云うてるは、先刻の、後期高齢者が、当方認知しておらずは、その手、無視と、次元異なるを申してるです。
そらね、諸般、会話した事、ありませんですが。
只な、当方的、間が空いてよと、度々の出会してたら、こちが、挨拶、会釈してるのなら、多少は、見た事あるなあの程度の、認知して頂戴なの意。
その辺り、当方、一度面と、相対峙の、会えば、概ねの記憶するですが。ン年もの昔なら、失念するですが。
ンの、この、後期高齢者とは、会話の実績あらへんですが。


オトトの、又もやの、話を広げ過ぎ故、元に戻すの。
その後期高齢者と、ばたりが、9月の2日で、当日、後刻、「訃報」を知ったです。へえと。
知ったの明くるの3日、その件、中身の詳細、云うても、突然の、ばったりの話を、「マツモト」にて、知ったです。

この、「マツモト」での、状況たるや、先の通りの、町内会の面々の多い事。
云うとくの、我が町内会、約の、110軒。内の、9人もの方々に遭遇でして。最寄りの、スーパーは、スーパーなれど。加えての、内の1人、その組の方でして。へえと。

変な話の、再度申すの、26日の、「夏祭り」では、元気なる姿、様子を見てて。
30日に亡くなってもて。9月2日の朝、その同席してたの方、後期高齢者に、ばたりで、午後、「訃報」見て。
明くる日には、スーパーで、これでもか、これでもかの、町内会の面々に遭遇。結果的、突然の死の状況知ったです。
少々、イヤ、当方的、出来過ぎの、可成りの、偶然重なり過ぎでして。
やから、何やと、問われたならばの、困るの事よと。

ついでに、申すならばの、「訃報」の方と、同じの組の方、過去、この、ン十年で、この、「マツモト」で、ばたりの遭遇、初めて哉と。当方が。
そら、嫁はんは、知らんけど。
事程左様の、何故にこの方、亡くなったの方で、こんなに偶然重なるかは、皆目の分からんわと。
何故か、この手、偶々が重なる事、当方には、良くあって。

くどいけど、霊感、第六感、霊能なんか、全くのあらへんわい。
幽霊、化け物なんか、過去、見た事は無く。
霊感、第六感、霊能あって、タカラ籤でも当たれば、申し分、あらへんですが。その手、金運がと。
精々が、昨年の、「夏祭り」で、景品の上等が当たったが、珍しい事でして。過去、何度あった怪の、「夏祭り」で、初か、やっとの、二度目哉の、程度。

当たらんでも宜しいの、阿弥陀籤。
2005年度、区長を決めるの、には、一発、当たってもてね。ゲと。
最早の、何人、何軒で、籤引いたか、忘れたですが。多分なら、確率、13分の1でして。お見事でして。


そもそもがの、故人に特別なるの、出来事ありませんですが。
町内会とは云えどの、家が離れてまして。何度も、申すの、特段の会話した事も無く。
とも、云えませんですが。

会話なら、一回のみ、覚えてるの、20年経つの哉の、とあるの日。
当方、歩いてまして。国道9号線の方えで、何がためかは、失念の、その方、自転車で、多分なら、並河駅に向こてたの哉の、ハタと、自転車の荷台の紐が、外れてて。地面に落ちて、引きずってるの状態故、某さんと、声掛け、荷台の紐がと、教えたです。
ほならの、ア、そおと、だけで、行てもてね。

云うてもたら、ア、そおの返答、えらく、違和感あって、的感覚やった、なと。
実は、その印象強く。気位の高い人やなと。
そもそも、京都の面々で、ア、そおは、云わんわと。
されどの、別段にの、どこの、どいつみたいに、顔合わせて、あっち向いてホイでは無く。誰様に対しても、その態度、反応哉と。
云うてるは、当方にだけの反応でも、なさそでね。

イヤイヤ、申しておくの、所謂の、しっかりした人でして。
但し、会話も、過去、その程度の、中身大して、知らんけれどの、この、しっかりしたの我が評価も、遠目もあっての、あてにはならずは、自身承知してるですが。
何でかの原因、知らんの、一度倒れられてからの、ここ数年。特には、ここ3年。
当然の、当方印象、主観、独断、偏見なれどの、まあ、云うたら、以前とは、表情、態度、物腰が全然の別人に相成ってたです。
要は、表情ニコヤカ、物腰柔らかく。

話簡単には、以前には、とっつき難いなの、印象であったのが、話易いの雰囲気になってまして。
さもなくばの、昨年度なれどの、「町民大運動会」の慰労会にて、当方、ビールでもと、わざわざの、注ぎにも行かんわと。
大体が、席が隣でも無くの、離れてましてと、云うてるです。避けてるでも無いけれどと。

さての、ほんとはね。
先にも、触れたの、少々、年齢的、早いは、早いけれどの、家族の手掛けずの、取らずの、ぽっくりと、逝くは理想的也の。
葬儀にしても、家族葬も、手哉の、この町内会ではなの話も、したかったですが。
又、別の機会にでもと。
それにしても、町内会での、どのこの、なるは、掲載するも、やり難く。
(17/09/05)


NO.429 とある、訃報の話(4)

最早、確認のしよも、あらへんですが。
「訃報」の方との話。
軽く、10年は。もしかしたら、15年、20年経ってるかもの、「土田<つった>」の交差点の手前附近での話の。
先方様、自転車で、当方、徒歩の時、追い抜いて行ったのが、その方でして。

ンの、荷台の紐が、外れて、地面に引き摺ってる故、その旨伝えるがため、某さん、某さんと、呼び止めて。
イヤ、ア、そおと、返答あって、直してから、行ったか、そのままで行ったかは、記憶に定かに非ずの、多分なら、その場では、そのままであったよな気がしてるですが。

この、ア、そおが、頭に残ってまして。
返答の仕方より、気位の高い人やなあと。との、印象受けたの話なれど。
ここで、終われば、誤解招くが故、少々、解説をと。

いやね、京都の方では無いなあと、申してるですが。
基本、こんな言葉使い、致しませんでして。
いやね、別途にも、同じの組の方で、この手の言葉使いする方居たです。既に、転出されてるですが。出身、長野と、聞いてたの哉の方。

いやね、そもそもがの、所謂の関西人からしたら、関東方面の方の言葉なるは、キツく聞こえるです。
当方、ロームに入社して、早々にも、電話で、東京営業所の女性。イヤ、面識無いです。偶々に電話取れば、東京営業所の女性であった、だけの話の、中身、忘れたですが。忘れて当然の、半世紀以前の話。

イヤ、先方様には、極普通の会話なれどの、こちからしたら、叱られてるのみたいでね。
そらね、誰とは、知らんの、叱られるよな話で無くとも、こちからしたら、言葉の語調、受け取りよ、感覚的、高飛車、上から目線のよに、聞こえるです。
まあ、云うたら、ズバズバ、歯切れ良過ぎるの感と、するのか、初めての相手に、そんな事、云わんでもの、腹の立つノリでして。
とは、こちの感覚。

女性故、可成り違うと、思うですが。
だってさあ、そなんだろ。違うよ、こだよ。
とかとか、こんな調子で、やられてみい、何抜かすと、相成るですが。関西では、なと。モ一寸、云いよがあるやろと。

よて、ア、そおは、瞬時、カチンの、コチンの、ハタと、先様、関西人とは、違うなと。
での、そんな細々なるの話、10年、20年昔の話も、最早の確認したくとも、亡くなってもた故、しよがあらへんですが。
したとて、まずは、記憶されてませんですが。
とかとか、当方、この手、つまらん事、ズと、覚えてまして。困るの事よと。

での、不思議な事に、出先、と申しても、町内会のソバですが。「土田」の交差点が、ですが。
出先で、この方との、遭遇、多分なら、それが、最初で、最後でして。
そらな、町内会行事、宅様の辺りでは、会おてたかも、なれど。会うも、見掛けただけの範疇で、まあ、精々が、会釈程度。

ほんとにねえ、お見事、その方、或いは、奥様にしても、出先で、ばったりの、記憶無く。
かと申しの、そらね、会えば、どこの誰様とは、承知してるわと。
されどの、話をするの機会無く、どこの出身、会社はと、全くの知らんでねえ。

只ね、所謂の、しっかり、したはるなの印象あるです。
理由、超の簡単の、我が町内会、発足の時の、三役歴任してるです。
三役の、副区長でして。
この当時には、組の輪番制で無くの、頼まれての、受諾しての、就任でして。
要は、しかるべくの、区長が決まったのか、その辺りからの、ご指命、推薦、要請あっての事哉と。
この発足より、2年連続の、副区長歴任の上、輪番制になってからの、区長もしてるです。

云うてるは、発足当時には、輪番制で無く、しかるべくの、要請受けての就任故、何度も、申してるの、しっかりした方なんやと。
この、しっかり、なるが、正確には、ええ加減なれどの、その当時には、名実共の、しっかりやろと。
そらな、頼まれての、副区長故の、それも、2年でして。

発足当時には、区長も、2年してるですが。その区長からの、要請、懇願あっての事と、推察してるの、出来の悪いの、副区長なら、2年目まで、頼まんわと。
当方、区長なら、なと。
誰が、区長でもや。
イヤ、当時には、その手、三役、特には、区長になんか、成り手無く。かと、申しの、発足当時のは、強い意志を持っての事なれど。

でや、町内会発足とは、何時の事かと、なればの、1985年<当年2017年>。
ンの、当家、当地に転入、1980年哉と。
町内会発足以前になるですが。その当時なるは、町内会として、独立してませんでして。されどの、一応の組織、形態はあったと、思てるですが。

ン、ンの、そらね、転入即の、組長して呉れと、頼まれて。
頼んだ方、転勤故と。
てな事、あったですが。
その宅様、1年、2年経って、戻って来られたですが。されどの、過年、数年前には、転出されたですが。
その宅様なるが、長野であったの哉と。その、長野に戻られたの哉と。

イヤ、残念乍らの、町内会として、発足当時<1985年>の町内会の事、詳細には、覚えてませんです。
この、「訃報」の方なりが、どんな副区長であったか、なんか、皆目のと。
イヤイヤ、町内会行事には、業務忙しくともの、出張して無いの限りは、自宅に居てるのならの、必ずや、参加してるです。
要は、当方的、町内会行事には、積極的参加してるわと。

但し、「子供会」役員の時だけは、町内会の子供達の名も知らんでねえ。相棒の方に任せてた、ですが。
その他、諸々のは、しかるべくの、手抜きせずの、お役目全うがため、精一杯の努力してるわと。
そらねえ、「体育振興会」役員では、「町民大運動会」に出場選手集める、頼みに回るに、大変でして。
ほんまにねえ、運動会直前になって、キャンセルされたり、致してね。大慌て、した事あったりの、替わりを頼みに回ったり。
そんな時、受けて呉れたの子、イヤ、誰と、まざまざと、記憶してるの、当時には、中学生の女の子でね。神様、仏様、キリスト様で、アラーの神様也と。


オッとの、何の話をしてるの哉と。
イヤ、「不可思議の世界」とは、無縁の話をしてるです。
話、広がり過ぎの、別の話になってもてるですが。

云うてるは、実際の人品、分からんですが。
輪番制以前、請われての、副区長拝命、2期連続故、相応のと、理解してるですが。それを、表面的、出すで無く。どこぞの、どいつと違いまして。
所謂の、出しゃばりに非ずの、されどの、大人しい方でも無いと。
まあね、組が違い、家も少々離れてての、おつきあいありませんでして。離れてても、おつきあいあったの、あるの方、結構多いけどや。

いやね、実は、今度、今年の、「町民大運動会」<9月24日の予定>の、「慰労会」あれば、又、参加するやろと。
その方がや。
参加なら、共通の話題、あらへんですが。ここだけの話の、過年、何で倒れたかの、病歴でも、尋ねてみよかと、内々、内心では、思てたです。
そらな、学齢同年故、その手の話も、話のネタになるです。
とか、云うても、先様、当方、同年とは、ゆめゆめ、思てなかったと、思うけど。

いやね、変な話、町内会役員で、その期、一緒なら、それをご縁で、親しくも話もするですが。
それが無いと、殆ど、話するの機会無く。
オッとの、されどの、故人になてもた故、話も出来んなと。
(17/09/07)


NO.430 とある、訃報の話(5)

さての、亡くなって、軽くの一週間経ったです。
イヤ、8月30日<水曜日>に亡くなり、本日、9月の7日。
早いもんやねえ。

且つは、寂しいねえ。
特段の、左程に親しくもなかったですが。正直、同年だけに、です。
モと、云うたら、世帯主にも関わらずの、家族葬でして。家族葬でも、葬儀はされてるですが。
まあ、云うたら、町内会の面々には、配りモノでの、通知だけ。

いやね、再度の、特段の、どしても、我々が参席の葬儀をして欲しいと、するではないですが。
まあね、家族葬の方が、親族、しかも、喪主は楽は、楽。多分ならね。

イヤ、我が親族でも、家族葬をしたのが、あるですが。
当時には、所謂の葬儀に、身内だけの家族葬なるが、あるを、知らんでねえ。
まあ、云うたら、母方従兄弟でして。故人が。独身でねえ。
イヤイヤ、20年、30年経つの哉の、最早の、何時であったか、覚えてませんですが。

記憶では、京都駅八条口側、堀川の、ンの、本来、堀川通りと、思てたですが。この辺り、八条通りより、油小路通りになってるです。
今更乍らの、フウンと。
イヤイヤ、申してるは、基本、五条通りから、堀川通りを真っ直ぐ、南で、京都駅の高架を潜った先の、西南角にあるの、葬儀会館、「公益社ブライトホール」でした、です。

通り名については、別途の話、なれどの、そかと。
伏見の方で、油小路と、称してるの道、実は、堀川通りの先やったんやと。
オッとの、実際には、この京都駅八条口、通り名、八条通りから、先とするのか、高架の辺りで、堀川と、油小路が合流してるです。
本来的、醒ヶ井なる通りが、その間にあるですが。あったですが。実は、これ、五条通から先<南方向>では、消滅してまして。

オトトの、何故にそんなに詳しいかと、なればの、何度でも、申すの、当方、旧の住所、仏光寺の、油小路でして。
大きくは、四条堀川の方。
その、申してるの、醒ヶ井通りのあったの地域でして。云うたって、狭い道なれどの、狭い云うても、場所により、車も充分に交差出来るです。

ンの、一方通行なれど、です。
ンンの、申してるは、八条通りから先については、堀川通りが無いのやなと。
いやね、通り名的、そらね、油小路よりも、堀川の方が、通りが宜しいです。この通りとは、聞こえでありの、印象的。
そらね、油小路なるは、名の通りの、「小路」でして。堀川なるは、大通り。

イヤイヤ、再度の、今更乍らの、堀川通りが、途中、油小路と、合流。そこから先、堀川の名が消え、油小路になってるを、初めて知ったなと。
イヤ、実は、当時行ったの、葬儀社は、この辺りであると、Web地図にて、調べたです。名称、何であったの哉と。それが、「公益社ブライトホール」でしたですが。
その際、通りの名、見て、えと。

まあね、余計なるの話の、堀川通りなるは、堀川なる、元々は、小さな川が流れてたですが。平安京造成に当たって、改修、運河にしたの話でして。
更には、疎水から、水を流したり。以前には、京の着倒れの、友禅染めで、堀川で、布を水に晒したり。
イヤ、当方住んでた頃には、実際にも、布が堀川に晒されてたです。

オトトの、その堀川<川>も、暗渠になったり、露出してたり。露出は、上<かみ>は、一条通り辺りか、その先か。下<しも>では、確かに、五条通りで、消えたりと。
実際には、鴨川に合流してると、聞くけれど。聞いてるだけで、どの辺りで、どなってるかは、皆目のと。
そんな意味では、上の方も、細々は知らんですが。

元々の、堀川なる、川が、多分なら、八条通り辺りで、別方向なりに、なってるの哉と。
よて、堀川の名が消え、油小路怪なあと。
イヤ、知らんですが。

オッとの、でや。
母方従兄弟。7歳下なれどの、20年前に他界の時、家族葬。ンの、当人、40代やったんや、なと。
イヤイヤ、当時、家族葬なるを、知らんでねえ。
葬儀会館に行けば、親族、何人か、居てまして。だけでして。まあ、云うたら、親族数人での葬儀。
まあね、住み処、どこかは、知らんかったの、独身故、当人の身内、嫁なり、子は居らず。伯父、当人の兄<従兄弟>、叔母夫婦が居てたの哉と。ンの、その母親であるの、伯母は、見て無かったなと。
当時には、生きてたですが。

特段のあらたまっての、焼香するで無くの、オッとの、着いて即の、してるですが。坊様なりが、居てるで無くの、適当なるの雑談で、終わったですが。
いやな、火葬場には、どであったか、そこまでは、記憶せず。イヤイヤ、一緒に行ったか、行かずを、でして。
イヤイヤ、大抵なら、記憶してるですが。もしかして、本当の身内、両親、兄弟のみで、行ったの可能性がと。
イヤ、寂しいねえ。

この時の喪主、親父であるの、伯父なれど。
我々親族も、そら、楽は楽。オッとの、家族葬とは、聞いて無いけれど。
よて、行って、へえと、ビクリしたですが。そら、その手、席が設けられて無く。
祭壇のソバで、皆が座って、適当なるの、会話してるだけでして。
これが、どこでも一緒かは、知らんですが。

イヤ、親族以外のは、1人だけ、来られたです。当人の近所の方と、聞いたですが。イヤイヤ、所謂の小母さんでして。伯父と、一寸だけ、話をして、帰りまして。
伯父からは、当人と、親しくして戴いてた方と、だけ、聞かされて。

オトトの、そんな次第の斯くなるでの。
やから、何やと、相成るですが。

喪主たるの、考え次第なれどの。
そらね、この時の、従兄弟なら、分からんでも無いです。
割り切り、現実的なる、申せば、葬儀に金掛けるは無駄は、無駄。
家族葬も、云うたら、親族葬でして。ほんとに親しかったの面々だけで、見送ってやるで、良いの哉と。

にしてもの、まあね。
死ねば、オシマイ。寂しいねえ。
此度、町内会の、「訃報」の方に、特段のは、無いけれどや。
只な、ここ3年、少々、人が替わったよに伺えててね。次回、機会あらば、世間話でもと、思てただけに、なと。
そらな、同じの町内会でして。
(17/09/08)



inserted by FC2 system