シバケンの単なる雑談NO.11

単なる雑談NO.10
単なる雑談NO.7 単なる雑談NO.8 単なる雑談NO.9
単なる雑談NO.4 単なる雑談NO.5 単なる雑談NO.6
単なる雑談NO.1 単なる雑談NO.2 単なる雑談NO.3

題目一覧表

目次

雑談NO.12

220.MUSE389(6) 学園祭

219.MUSE389(5) エレキ・ギター

218.MUSE389(4) MUSE389

217.MUSE389(3) 大魔神の自慢話(3)

216.MUSE389(2) 大魔神の自慢話(2)

215.MUSE389(1) 大魔神の自慢話(1)

214.ナンでもナイ話

213.就職説明会(12) 茶髪のハナシ

212.就職説明会(11) ご父兄の奇妙なご質問(2)

211.就職説明会(10) ご父兄の奇妙なご質問(1)

210.就職説明会(9) 分厚い会社案内の本

209.就職説明会(8) 浪人、留年のハナシ

208.就職説明会(7) 留年、中退のハナシ

207.就職説明会(6) 就職について

206.就職説明会(5) 進路選択について

205.就職説明会(4) 校門前

204.就職説明会(3) 時代の相違

203.就職説明会(2) 就職難時代

202.就職説明会(1) イザ、お出かけ

201.国道九号線沓掛(21) 付録のハナシ

雑談NO.10


220.MUSE389(6) 学園祭

ソオコオしてる間に、周囲の、モトモトが薄暗い照明が、一段と暗なって、幕が開き、開演。
そしたら、舞台のマエに、ナン名かの若い子が近寄って、立ち上がるのです。アクマでも、数名だけですが。
しかも、私の隣に座ってた女の子までが、スックと立ち上がりよった。その立つ位置が悪いから、私の場所からは、舞台が隠れてしもて、半分しか、見えんよおになってしもたのです。
目当てのバンドでもナイから、ドッチでもヨイけど、このまま、立たれてしもたら、エライことですよ。ナニしに来たのか分からんよおになる。
お題目に寄れば、「SPACENOID」と銘打ったバンドで、メンバーは、サッキまで、そこらを彷徨いてた連中やがな。立ち上がったのは、その友達かファンやろ。
ホールの観衆は、高校生か、大学生か、社会人か。
若いのは、ホボ全員が、そんなモンで、むしろ、20代後半から、40代前半が欠落して、40代後半からがチラホラやから、親御さんか、オバアちゃまか、私等みたいな立場のモンやろ。
それはエエけど、チョッと待ってクレ。
大魔神は、耳をツンザク、大音響を体感してクレなどと、豪語しやがったけど、ショボイで、このバンド。
環境と、持ち物が充実してるから、高校の学芸会よりはマシやけど、ハッキリ云うて、ソレに毛が生えた程度やんか。
エライもんに時間を喰わされることになったもんです。こんな調子で、最後までやられたら、シツレイ乍ら、寝てしまいそお。
リーダーで、ボーカルも、始終、シタばっかり向いて、表情にも、自信がなさそおで、可哀想なくらいです。
されど、ショウガナイわなあ。マダマダ、若のやから、場数を踏んで、度胸をつけてくれ。
私なら、舞台に上がっただけで、足がガタガタ、声はうわずるどころか、発声すら出来ません。
歌とか、演奏など、とんでもナイことです。顔面蒼白で、頭のナカは真っ白け。そんなんから比べたら、エライもんです。比べる対象が、基準外やけど。
ところで、私がエレキテル式ギターなるものを、目の当たりにし、大音響を体感するのが初体験かと云うと、ソオではナイ。
やっぱり、大学一回生の頃、学園祭で、体感したのです。そのトキは、ホントウにビックリし、感激したモンや。
会場は何処か、ダレがやってたのか。ドッチミチ、部活かナニかの学生が、発表のため、やってたのやろ。そんな、名の有るスター等、お呼びすることなんか、ありませんでした。
お呼びするだけの、お金が無かったこともあるやろけど、そんな習慣も、考えさえが、微塵もナカッタはず。
出し物は、全部、自前で、その分、イマから比べたら、ショボかった。それでも、それなりに、賑やかで、盛り上がってたで。
イマドキの、各大学では、宣伝のタメもあって、大か小か、スターを招待してまで、やってるけど、私から云わせて戴ければ、邪道である。
学園祭なるものは、その名の通り、その大学の学生の、学生にヨル、学生のタメの学園祭が主旨ではないか。
本来は、大学各部の、日頃の練習成果等を発表するのが目的の場であった。
人集めパンダなど、必要ではナイ。そんな余裕資金があるならば、施設にでも、募金するか、私にクレ。
その前に、イマの学生など、お金持ちやから、お好きな催しなら、自腹で、行ってるで。
イヤ、それでです。
学園祭で、会場に入るやイナや、それこそ、耳をつんざくばかりの大音響。ヒヤー、凄いモンやと、感激した。入った会場の、そのナカで、そんなことヤッテルとは知らんから、不意打ちに遭遇したみたいなモンで、余計です。
そして、当時なら、そこらの公園でも、トランペットや、ギターなら、練習してよったモンです。
深夜なら、ご近所さんから叱られるから、日曜日の昼間とか。遅くとも、日没まで。
それでも、文句を云うヒトは有る。ツカツカと、怖いオッサンが近寄って来て、五月蠅いと、叱られたら、スミマセンです。内心では、ナンと反発していよおとも、すんなり、引き上げよったもんですよ。
ではあっても、そのオッサンからしてみたら、楽器など、ヤル奴なんか、折り紙付きの、不良で、どおしょおもナイ、穀潰し。ガラクタの、ヘナチョコ野郎で、役立たず。
しかるに、イマドキなら、そんなこと云う、オッサン、居てませんし、下手したら、殺される。
ナニも楽器が云々ではナイ。イマは寒いから、マシですが、夏場など、窓を開けっぱなしで、クルマから、大音響。
亀岡に引っ越したトキなんか、何処とは申しませんが、居てましたがな。自分の部屋のナカやけど、流石に、土日だけやけど、夏場の昼間なら、窓を開けて、ステレオからの大音響。
それも、イツの間にやら、無くなった。その子が成長して、独立でもしたのやろ。
それにしても、テレビで見てるよおに、ソレゾレに両手をあげて、キャー、ワーはナシ。数人が、黙って、立ってるだけ。
悪く云うたら、盛り上がってナイ。ヨク云うたら、予想外に、大人しい。
しかも、肝心の、大魔神の姿はイマだ、見えず。
エエのかいな。
(01/02/11)


219.MUSE389(5) エレキ・ギター

マズは、席を確保して、オモムロに周囲を見渡したのです。
当然、20歳そこそこの、お若い連中が多いけど、ナカには、エエ歳のおカタも混在してる。
余程の愛好家か、物好きか、それとも、お孫さんのタメにでも来たはるのやろ。中年のオッサンも居てましたで。数人やけど。
それで、何名が入場してたかと云うと、そのトキは、百名も居てませんです。
とか、ホウボウに眼をやりながら、開場までには、多少の間がある。戴いたパンフレットに眼をやった。そしたら、MUSE389の催し物のパンフレットだけではナイのです。
本日出演グループのアンケート用紙まで、有るやないですか。ご丁寧に、構成員まで書いてある。
大魔神の、長男さんは、BREMENで、二男さんが、Lot Crueに所属とのこと。しかも、二人共、ギターになってます。
本日のお題は、物々しくも、「BREMEN 1st CD 発売記念ライブ」やて、云わさしとけ。
当然のこと乍ら、アンケート用紙には、息子さんの名前も書いてある。そおですか、そんな名前でしたか。苗字で分かっただけやけど、辺りを見渡してたら、そのナカに、大魔神、ソックリのが、ウロウロしてたから、キット、アレがソオなんやろ。ホンマに、複写機で撮したみたいに、顔立ちなんか、瓜二つ。性格も酷似してるのやろ。ソレで、どおなんか、云うてしもたら、呪い殺されるから、辞めてオク。
さて、MUSE389のホーム・ページを見て分かったことは、ホボ、毎日のよおに、この手の出し物が組まれてるのです。それだけ、タクサンのグループが存在してることにナル。ソレゾレに、個性豊かに楽しんでるのやろ。
ところで、エレキ・ギターなるものは、イツの時代に出現したのかです。もっと、マエから有ったらしいけど、私が認知したのは、ビートルズから。リンゴ・スター、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリソン、ジョン・レノン。
希有のスーパー・スター、四名が、昭和41年に初来日し、武道館で公演したトキ、私は大学一回生。
音楽なんかクソくらえの私でさえも、しっかり、テレビ中継で、見てましたがな。前座が、ナンと、ドリフターズやったで。これには、愕いた。
イマでこそ、大御所みたいな顔してるけど、当時は、シャボン玉ホリデーの、クレージー・キャッツが有名で、ドリフターズみたいなもんがと、そんな感じやったなあ。そお云うたら、シャボン玉には、ピーナッツも出てたぞ。
ビートルズ旋風で、オトコの長髪が流行ったし、マスコミを通じて、著名人が、ビートルズ、音痴論なるものも、展開してよった。そんな論陣を張ったヤツは、イマ、どおしてるのか。ドッチミチ、コロッと変貌して、ビートルズこそ、20世紀最大のアーティストと、誉めちぎってるのやで。
そもそも、私から云わせて戴ければ、ギターを代表して、楽器なるものを、演奏するヤカラは、お金持ちの、オボッチャマ、オジョウチャマである。
精神軟弱のクセしやがって、エエ格好するためにやってる程度の贅沢三昧的道楽趣味と位置づけられてます。
実の処は、私がヨオやらんから、ひねくれてるだけとのハナシもある。ナンせ、お玉杓子も解読不可の有様ではアカンがな。
そやけど、実際にも、ソオと思うのです。照明のための、デンキ代にも気をつこて、蛍雪時代とは云い過ぎやけど。
電話が有っても、お飾りだけ。掛けるにしても、電話代が勿体ないからと、祖母から、何処に、ナンのためにと、問われたモンやから、不要不急の電話などはしませんでした。
それで、五月蠅いとも感じてません。心底、勿体ないから、隣近所なら、徒歩、自転車で訪問してた時代です。
チョッとしたお家なら、電話に、レースとか、毛糸で編んだ、カバーまで掛けられて、電話するトキ、汚さんよおにと、気をつこて、手袋までしたはる処も有りました。
ソレはウソですが、イマや、カバーは犬猫にされ、電話するのに、許可をドオコオ云うてたら、キチガイ扱いされるし、一々、お断りされたら、鬱っとおしいで。
加えて、携帯電話の普及もあって、電話の役目も縮小され、公衆電話にも、順番待ちで、並ぶこともナイのです。公衆電話を探してまで、掛けるのも、携帯電話を持って来るのを忘れた時くらいです。
ナンのハナシやな。ギターのことやった。それも、エレキ・ギターのことで、電話のハナシではナカッタのです。まあ、云うたら、イヤミを云いたかっただけやがな。
もっと、云うたら、ギター程度のことなら、静かやし、周囲の迷惑にもナランけど、エレキテル式ギターともなれば、音量が五月蠅いのんとチガイますか。デンキ代はヨイとしても、練習場所をドオしてるのや。
大魔神みたいに、ドラムなんかをやってたら、道具もタクサン要るし、ヤルのも大変。とか、イラン心配してからに。
家で、そんなハナシをしていたら、息子から、云われてしもたのです。
ナンにも知らんのやなあ。エレキテル式ギターのホウが、迷惑にナランのや。
音量なんか、アンプで、ナンボでも調整出来るし、ヘッド・ホンして、本人だけが聞こえるよおに、なってるのや。
ソオですか、ソオかいな。
ナンにも、知らんモンでなあ。フンッ。
(01/02/10)


218.MUSE389(4) MUSE389

下手に欲張って、入場券を四枚。これが、誠に、困ったのです。
真意は、私なんかより、若いヒトが好むに決まってる。それで、息子の分もと、請求したまではヨカッタけど、その時期、大学は、後期試験の真っ直中やった。それを計算に入れてナカッタのです。それなら、知り合いにでもと、考えたのですが、全部、ダメ。
ダメなママに当日になってしもて、イマ更、ショウガナイ。大魔神には、悪いけど、嫁はんと二人して、行くことにしたのです。
ところで、MUSE389とは、場所は何処なんや。嫁はんが云うには、券には、四条の柳の馬場としてあるで。ヨオ見てること。
その更に、何処なんや。インターネットで調べたら、地図が表示され、四条通りの、大丸の、その先の、「山一証券」の先となってます。
ソレにしても、「山一証券」とは、古くさいこと。こんなモン、忘れもしません。売国奴にして、ポマード大王、橋本政権時代のこと、「メルリリンチ」に模様替えされてしもたのです。そんな事情があるから、MUSE389のホーム・ページも、ヨイ加減なモンや。
そんなことは、ドッチでもヨイのです。概略の位置は判明した。
で、開場17時半、開演18時となってます。
それなら、早めに出発して、寄り道など、どおやろか。ソバには、大丸が有るから、久しぶりに見聞などとなったのです。勿論、嫁はんの意見で、私も逆らう理由もナイから、同意して。
まあ、ライブも、たいてい、一時間、長くとも、二時間もしたら、充分やろと想定したら、夜の八時には、オワルことになる。食事はソレからにしましょうか。四条通りなら、ナンかアルやろと、相談して。
マア、久しぶりの大丸は、スッカリ、模様替えしてしもて、何処が何処かも分かりません。
ナニを買うと云うこともナク、ウロウロしてるだけで、アッと云う間に一時間が過ぎ、開演十五分マエで、時間切れ。ソソクサと、MUSE389に向かう羽目になりました。
調べた範囲では、MUSE389の定員は250名。
しかも、土曜日など、借り代が結構高おて、20万見当。日曜日なら、もっと高いのやで。一人二千円で、250名なら50万円也。それなら、儲かるのやろかなあ。そやけど、私みたいなんばっかりやったら、上がったりです。親御さんも大変やなあと、同情したりして。
マサカ、入場者が親戚縁者親兄弟に、友人知人ばっかりで、中年が多かったりしてなあ。ハタマタ、若い子ばっかりで、私等の居場所がナカッタりしてなあ。どっちやろ。
座席はドオなってるのか。場所が、3、4階とされてるけど、ドンな具合にしてるのか。等々、色んな余計な心配まで、しましたで。
そのワリに、MUSE389はスンナリ分かり、マエには、階段を上がる数人が居て、タブン、ソッチからやろと、ヒタスラ、ついて行ったら、旨い具合に受付に到着してしもた。
券を渡したら、タクサンのパンフレットと、噂のCD。それと、予定のドリンク券と、カセットまで、くれました。ナンのカセットかと、ヨオ見たら、ホカのメンバーの分ですがな。シツレイながら、そんなモン、イランけど。
MUSE389のナカは、ホールになってます。以外に狭いから、これで、250名も入れるのか。
イマのところ、入場者はチラホラやけど、大丈夫かな。
イヤ、そんなこと、心配してる場合ではナイのです。
座る場所を確保したホウが宜しいで。
兎に角、座席は、ステージをマエに、コの字カタにしかナイのです。セイゼイ、二三十名しか座れそおにナイのと、空きは、殆どナシ。
逆に云うたら、僅かに、二名分だけが空いてたから、速攻で、確保。
アトで、この行動が正解であったと確信した。
ユックリしてたら、エライことでしたよ。
(01/02/09)


217.MUSE389(3) 大魔神の自慢話(3)

大魔神がギターをやってたと、掲載したら、当の大魔神から、チガウやないかと、苦情のメールが届いたのです。
某会社のオンボロ卓球場でやってたのはドラムなんやて。
ギターはベツの人なんですて。私は、全員、ギターとばっかり思い込んでましたがな。
その当時、私もそのオンボロ卓球条場で、下手な卓球をしてました。そんなことで、見たり、聞いたり、聞かされたりしてたのです。
勿論、皆さん、定時以降の活動で、場合によっては、そのアトに、残業のため、職場に戻ったりもしてました。
卓球なんかしてたら、汗は、タラタラ、ダクダク、ビショビショで、吹き出る汗を拭き乍らの業務続行。それでは仕事にならへんけど、何処からも、文句の一つも、出ることもナシ。
やるべきことをやれば、それでヨシ。そんな雰囲気ではありました。さりとて、居場所はハッキリしてるから、トキタマ、上司に呼び戻されたりして。アレ、どおなった。スグにやってクレ。卓球を、やりたいがため、急ぎの業務も、ホッタラカシのトキも有ったのや。
云うまでもナク、私の卓球の腕前は知れてます。
更に、大魔神のメールに寄れば、軽音楽部が有ったとか。そお云うたら、会社の慰安旅行で、演奏しよったことが有りますぞ。
その軽音楽でも、大魔神は、フルートをやってたらしいです。悪いけど、それは、マッタク、記憶にナシ。我が自慢の記憶も、当てにはならんと云うこっちゃ。
それにしても、当時の慰安旅行は賑やかで、隠し芸大会の出し物も、盛り沢山でした。イツも、エラソウにしてた購買の、ダレとは申しませんが、それこそ、汗をカキカキ、冷や汗やけど、手品を披露してくれたりしてました。アレマア、あの五月蠅いのがと、拍手喝采やったがな。
後日、当人に、上手やなあと、誉めてあげたら、エライ喜んで。慰安旅行の出し物のタメ、ワザワザ、練習したらしいです。
もしかして、卓球場では、音合わせ等、隠し芸大会のための、練習してたのか。
云うたらナンやけど、以降、会社が大きくなるに連れ、そんな和気藹々的な雰囲気も、慰安旅行も、何処かえやら、忘れ去られてしまいました。
ソラ、本社だけで、千名までなら、ナンとかなったけど、そこを突破してしもては、慰安旅行は無理です。
各部署単位でドオかとの案も有ったらしいけど、そんなモン、イヤやなあ。仕事の延長になってしまうがなとの声も有ったりして。そんなことで、なし崩し的に、廃止されてしもたのです。
当時のバンドも、軽音楽も、構成員は退職してしもて。正確には、させられて、イマはナニをしてるやら。
それはそれとして、大魔神も、ドラムにフルートとは、器用なもんですなあ。その大魔神の音感を引き継いだのか、無理矢理、教えたのか、息子さん、二人が二人共、別々のバンドで、活動してるのやて。
コンカイは、その兄の所属のグループが、CDデビューで、MUSE389に出場らしい。弟のホウのグループも応援のために、出演するのやて。それなら、見に行ってやってもヨイ。
但し、息子さんのお顔は知りません。ついでに、MUSE389も、ナンのことかも知りません。そこでヤルとのことやから、タブン、会場なんやろ。
CDデビューも、どれほどのモンか、知るワケがナイ。
「その世界では、カナリ有名になってるのやで。」
幾ら云われても、知らんモンは知らんがな。そお力説するから、タブン、その道では有名なんでしょう。
「券を上げるから、時間が有れば、是非、見に行ってやってんか。
CD付き、ドリンク付きの出血大サービスや。」
そお云うて、入場券を一枚くれたのです。そやけど、行くとしたら、私一人ではなあ。
もお一枚、モオ二枚と、都合、四枚クレ。夫婦と、我が息子の分とか云うて。
イヤ、それで、券みたいなモン、タダやとばっかり、思てたら、大魔神が悲鳴を上げた。有料で、しかも、一枚二千円もスルのやて。
券をシカと見たら、ソオ書いてアル。知らんかったがな。
そしたら、二元二次、難解なる方程式を暗算したならば、瞬時に答が出て来たのです。
計算上は、合計八千円とナルではないか。コラ、イカンぞ。食事代をオゴルがな。
アリガトウ、御座います。
その返事でもって、交渉成立。
(01/02/08)


216.MUSE389(2) 大魔神の自慢話(2)

ウェファー工程とか、樹脂がナンたら、ワイボンがドオコオなどと。
そんなハナシを、「サンデーサン」で、やってても、周辺の皆様にはナンのコッチャ分かりませんやろ。聞いてもいませんでしょうが、それが小一時間。
されど、一般的には、技術屋はんなるものは、相場が筆無精となってます。ホボ、ソレに間違いはナイ。
我が友人となれば、殆どがその技術屋はん。インターネットは、やってはいるものの、メールもタマにしかくれたことがナイ。ヨク知ってる場合は、出し難いこともありますし、私もタマにしか出しません。
ところが、会えば、オマエのあのホーム・ページがナンタラ、カンタラと、批判しよる。批判としたら、語弊があります。イチオウは、眼は通してくれてるから、アリガタイこと。
そんなナカで、QC業務とは、事務的技術職で、守備範囲が広いから、一言では説明出来ません。
簡単には、製品納入先で、不具合が出たら、先方の、設計開発、工程、購買、そしてQC等、顧客の技術屋はんを相手に、回答資料を作成するなどして、報告する立場。
不具合の対策はイツからで、ソレまでに、ドオするかで、文学的抽象論ではアカンのです。
それは、原則論で、小声で補充説明しておけば、ウソも方便と、政治的曖昧模糊なる表現も、トキとして、やりますです。相手先にも寄りますけど。
マズは、回答するからには、責任を持って、工程にも、関連部署にも、そのことを指示し、実行させる立場でもありますから、ホントウのところは、筆無精ではやってられません。
さりとて、定型的技術文書であるにして、云う程、難しくもナイのです。逆には、型ハズレ的文面では、巫山戯んなよと、取引停止になってしもたりして。
そんなことで、書くと云うことなら、QC経験者は慣れてます。大魔神も、QC業務をやってたから、そのQ&Aでは、相当数の回答を、丁寧に仕上げてます。
その裏では、回答する限りに於いて、調べんならんこともアルから、徹夜もナンカイか、してるのです。ソレに相反し、質問者のは、若手から、エエ歳したオッサンまで、礼儀も、語彙も、表現も、情けナクも、涙が出そおな程に、欠乏してるのが、目立ちまっせ。ナニが小学校から、英語教育やな。バカバカしい。日本語さえも、禄に覚えてナイから、マズは、母国語を勉強してクレ。
ソレはソレとして、業務内容の意味からも、QC業務は、オモシロイし、やり甲斐のある職務である。尤も、その会社での位置づけにもよるし、生産性で評価されたら、ナンにもナイ。
単に、生産性を阻害することのホウが多いから、ウエからも、他部門からも、鬱っとおしいヤツと思われてることでしょう。実際に、ウエの気分一つで、立場もコロコロ変わるし、一人前に育つまでにも、年月が掛かって、QCも、大変やで。
何処とは云わんけど、自動車で不具合を隠蔽しょった。牛乳で、無茶苦茶やりよりました。広い意味でのQC部門のチカラが弱いからと、QCとしての実力もナサソオです。
とまあ、簡潔には、そんな業務ではありまして、そのハナシもしてたのです。
食事なんかはスグにも終わり、コーヒーの、お代わりはご自由ですから、エエ歳したオッサン二人して、一杯、二杯、三杯と、何杯もお代わりして。
もお一回やなあと、五杯、六杯と、杯を重ねて、何時間も居座って。アンマリ濃いのを、何杯も、飲んでたら、胃に悪いでと、勝手なこと云うて。
そして、イヨイヨ、終盤になって、大魔神がオモムロに云い出したのです。
「息子がなあ。
バンドを結成して、CDデビューすることになったのや。」
「ヘエ、それは凄いことやないか。」
私は、トリアエズ、そんな具合に返事はしたけど、ナンにも、分かってナイのです。イマドキ、個人でも、趣味で、やってるから、ドレ程凄いのでしょうかねえ。
ところで、彼の息子さんは、アイス・スケートをやってたハズ。そんなメールが有ったけどなあ。
「イヤ、アレは、近畿大会に出たまでや。」
近畿大会ねえ。私でさえも、高校一年生時代のこと、水泳で、その大会には参加したことがアル。アクマでも、参加だけですが。と、云うことは、そんなモンかなあ。イヤ、水準がです。同列にしたら、アキマセンでしょうがねえ。
私もアイス・スケートくらい、滑られるで。バックに多少の難はありますが。停まるためには、フェンスに激突ですが。
ソレはソレとして、私の聞き間違いでなければ、バンドのことを云うたのです。
こちらのホウも、分からんことはナイ。そのムカシ、大魔神も、やってましたがな。
イマから、二十数年マエになる。会社には、福利厚生施設が乏しかったのに、卓球台だけは一人前に有りました。その部屋で、記憶では、三人が、楽器の練習をしてました。
ソレが、ダレかもハッキリ覚えてます。楽器は、ギターのハズで、サンタナを演奏してました。私なんか、楽器ダメ。加えて、筋金入りで、正統派の音楽音痴。
その私でさえもが、演奏の曲目は、サンタナと分かる程度の演奏振り。その当時に、サンタナが大流行してたのです。
トリアエズは、器用に楽器を演奏出来るヤツ等がウラヤマシかったです。
(01/02/07)


215.MUSE389(1) 大魔神の自慢話(1)

マタモヤ、パソコン大魔神が登場するのです。
したからとて、パソコンのハナシではナイのですぞ。
トリアエズは、昨、年末のこと。久しぶりに、パソコン大魔神と面談したのです。面談と称する程、大層なモンではありません。ハナシそのものは、所謂、世間話。
そして、「パソコン大魔神コーナー」の人気沸騰のハナシ。忘れてはならない、大魔神のご自慢話蕩々、延々、クドクドと、オナジことばっかりで、ナンカイ、聞かされてることか。スグ忘れてしまう程には、モウロクしてないのに、ヒツコイのです。
そもそも、大魔神は自己中心的思考の持ち主で、取り扱いが難しい。
当日も、そっちに行くマエには連絡するからと、自ら宣言しておき乍ら、突然、我が開かずの扉のチャイムがピンポンパン。鳴らすヤツが居るやないですか。予定はされてるから、大魔神とは、推測はつきますけど、困ったヤツです。私にも、心の準備と云うものがアル。
「事前に、連絡すると云うてたやろな。」
「そんなこと、云うたかなあ。」
イツも、そんな調子です。そして、食事にでもと云い出す始末。さりとて、昼時のことでもあるから、不思議でもナイ。私は、出不精ではありますが、断る理由もナシ。そおやなあと、素直に同意して。
続けて、何処かエエ処が在りますかやて、私も嵯峨、嵐山を往復するよおになって、カレコレ、五年になる。かと云うて、地元でもナイから、知りますかいな。外に出ること自体が珍しいのです。
そしたら、嵐山にある、ファミリー・レストランにでもと、レイによって、大魔神ご自慢の、高級外車、Audyの助手席に乗せられて。考えて見たら、この外車に載せてもらうのは初めてのこと。見たのは二回目で、着いた先は、「サンデーサン」。
ここも二回目で、嵐山のファミリー・レストランとなれば、ホボ、ここを想定してました。もお、ナン年マエになるのか。十年以上にはなります。
私が、DAIODE製造部QC時代に、ブラジル工場のQC責任者候補でもある実習生を、教育したことがあって、ソレが、日本に来たトキや。
ソレが、日本に来るタビに、ワザワザ、挨拶に来てくれるから、その都度、何処かえ、連れては行ったのです。されども、何処かの官僚やあるまいに、エライさんやあるまいに、全部、自腹でやったのや。云うても、身分相応に、金額も、場所も、この程度で、知れてますけど。
私は、嵐山が好きで、この近辺に、マンションも探して、借りたのですが、弟子のホウは、その他、諸々、連れやったけど、ここだけしか覚えてナイ。
ナンでここだけを覚えてるかと聞かれても、大した理由はナイのです。私が、イッペン、来てみたかっただけのこと。
「サンデーサン」では、適当に、注文して、雑談開始。
ついでやから、どんな自慢話が出て来たのか、聞かされたのか、触れてオク。
LEDのウェファー工程は、ナンとかさんが最初に構築したのやで。我々も、LED製造部で、ナンでもゼロからの出発やった。イマや、ロームも大きうなってしもたけど、その時の財産があるからやで。
それになあ、LEDのウェファーが、よお割れて、ラッピング(研磨)するのも、大変やったで。
ワイ・ボン(ワィヤー・ボンディング)したら、パッド(電極)が割れるし、剥がれるし、オープン(断線)になってしもて、クレームばっかりやったなあ。
クレーム回答から、工場への指示書から、新製品の開発も、全部、やってたで。
以前にも、ナンかのトキ、ロームの若手が居てたのや。名前を名乗ってやったら、アア、あの有名な、ナンとかさんですか。図面に指示書に、殆どの書類には、イマでも、そのお名前が書いてありますよ。
そお云うて、ビックリしてたがな。ドオや、参ったか。
参ったかと云われて、私が、参るワケがナイ。云わせて頂ければ、私は、彼とは、部署がチガウだけで、オナジよおな業務を長年やってましたがな。書類にしても、実験にしても、もおイッペン、云わせて戴ければ、年数からだけでも、アンタの倍はやってることになるのやワイ。
ついでに云うとくけど、私の所属が変わって、SENSORに移動したトキやがな。
使用する材料でもある、LEDの資料をクレと、取りに行ったら、ナンにもナイからと、丁重にお断りされて、困ったわ。ナンとまあ、DIODE、そのマエの抵抗器と比較して、LEDは時代遅れで、整備もされてナイのかと、唖然としたのやで。
されど、その材料が、ダレの担当であったのか。アンタも、とっくのムカシに、消え去って、陰もカタチもナカッタのや。イマ更、蒸し返しても、仕方がナイけどな。
そんなことで、イヤ、御無理、ご尤も。左様で御座いますか。
ナンの異議申し立て事項も、ありませんです。ハイハイのハイ。
ナンで私が相づちばっかり、打たされんならんのや。
(01/02/06)


214.ナンでもナイ話

イヤマア、お正月は忙しいです。
お一日には、初詣で、氏神様と、大本教本部です。
ちなみに、大本教の信者では有りませんです。
亀岡に本部が有って、抽選で、ナニかが当たるから、ソレを目当てにしてるだけ。至って、邪心の多い参拝者。
ナニかが当たりますけど、スカが蜜柑一個。アトは、小さな姫ダルマが当たるのです。もっと、ヨイ景品もあるでしょうけど、当たったことがナイから知りませんです。
この辺りの氏神様は、大井神社と申しまして、鯉が祀られてます。そのタメ、五月五日の鯉のぼりは、御法度。
何処の家でも、お見事、鯉のぼりはやってません。旧家だけではナク、新興住宅の皆さんもオナジことです。
鯉のぼりと云えば、私が小学生時代に一回だけ、やってもろた記憶がある。息子が出来たら、是非ともやってやりたいと思てたのに、アカンかったなあ。
私はここで産まれ育ったワケでもナク、俄氏子やから、ソレ以上のことは知りませんのです。
それでも、当家の氏神様にはチガイない。神棚には、天照大神様と大井神社のお札をお祭り申して上げております。ここまでは、家族全員でした。
申し訳ナイけど、母にはお留守番を頼んで、親子四人して、新京極に、お正月映画を鑑賞に参じました。
正月一日は、安いのです。全館千円均一料金。
目的の映画は、松竹座で上映の、「パーティカル・リミット」。
K−2の登山中に遭難した妹を兄貴が救いに行くハナシです。宣伝文句では、四百回は死ぬ程の危険をモノともセズ、妹を無事救出するのです。
実際に、四百回も危険が有ったかどおか、知りませんけど、それなりには、ヨカッタです。
二日の日は、妹一家が来てくれて、一緒に、出雲大神宮にお参りしたのです。
数年マエ、この大神宮のことを知り、干支の置物を求め、家に飾ってオクよおになりました。
今年は巳年。ヘビの置物は、南から、家の中心に向けてオクのがヨイらしいです。
イヤマア、トリアエズ、それだけのハナシです。
(01/01/03)


213.就職説明会(12) 茶髪のハナシ

さて、これからドオするかです。
折角やから、構内を散策。さりとて、ナニが何処に有るのかも知りませんがな。
お腹も空いてるから、どんなもんか、ここの学食なるモノを喰ってみたいけど、ナニせ、本日は、日曜日。食堂も、生協も、休みです。
それにしては、学生が、適当に彷徨いてます。それも、大学生と高校生が入り交じってる。ヨオ考えたら、ここの付属高校がオナジ構内に有ったのです。
息子が一回生の夏、この高校が甲子園に出場した。
アレよ、アレよと、順調に勝ち進み、ナンと、決勝戦にまで進出してしもた。結果は、負けて、準優勝。そのトキの対戦相手が横浜高校で、その横浜高校の投手が現西武の松坂投手なんやて。
云うても、当時は、高校球界随一とも知りませなんだ。解説者はどの出場選手も誉めまくるから、全員が超実力有名選手になってしまう。そのワリには、ヨオ打たんし、打たれ過ぎ。
息子の出身校ではナイけど、イチオウ、注目し、応援してたから、そのトキの印象が尾を引いて、松坂は、単に、ニクタラシイだけ。マッタク、ヒイキにはしてません。
そやのに、ナニをしでかしても、西武の寵児です。アンマリ、チヤホヤしてたらアキマセンで。当人も、天狗になってたら、アキマセンで。
云うたら悪いけど、オナジく、高校球界随一と評価された打者で、巨人の松井とはエライ違いです。こっちは、最初っから、ナンの醜聞も表に出てませんで。
そこらでウロウロしてた高校生は、野球部ではナイのです。テニス・ラケットを持ってたから、テニス部やろか。悪いけど、制服は着てるけど、ボタンを締めてナイから、ダラしなく見える。アンマリ、柄がヨオナイ格好するなよなあ。但し、威圧感はナカッタのです。ワルの仕草をしてるだけ。構外で、町中なら、受ける印象もチガウのやろ。
大学生らしき連中も、茶髪だらけやないか。せめてもの慰めは、ハデハデでナイ。斯く申す、我が息子も茶髪にしよったのです。
一回生の頃は、私が気のつかん程度に、脱色してた。嫁はんに云わせたら、私が鈍感なダケです。
二回生になってから、染め出して、次第に派手になり、私にさえ、分かるよおになりました。これが、一気にやられてたら、不愉快やけど、ジワジワやから、眼が慣れさせられてしもて。そやけど、この辺りが限度やで。
嫁はんと、イマだけやから、黙っとこか。若いのは、ホボ全員がやってます。
姪も甥もやってるし、云うのなら、姪、甥にも釘を刺さんとアカンがな。そやけど、ここから一歩でも、ハデハデになったら、ガツンと一発、云うたらんとなあ。
ところが、この夏休み以降、何故か、薄目になり、最近では、カスカに、名残だけが残る程度になったのです。
マサシク、就職戦線間近やから、準備態勢に入ったのか、それとも、飽きが来たのやろか。トリアエズ、世間の常識が、分かってるよおで、安心はした。
ほぼ同時に、二男の茶髪も解消傾向。こっちの進路は進学か就職か、まだ、迷ってるよおやけど、頭の毛については結構なこと。
さりとて、茶髪がマッタク、イカンとは申してません。派手になったらアカンとは云うた。そしたら、オナジみたいやけど、そおではナイ。程度を問題にしてるだけ。
或る意味で、ソレが出来るのもイマのウチです。さりとて、中年芸能人もやってますけど、アレは白髪を隠してるのや。
私こそ、会社勤めでも、人気商売、客商売でもナイから、ナニしても勝手。
それでも、染める気はナイのです。染めたとしたら、友人、知人、親戚縁者から、オマエ、気が振れたのかと、心配しよるがな。それでナクとも、疑われてる可能性は有る。
考えてみたら、町内会でも茶髪中年は居てません。昔ながらの、白髪染めなら、有ることでしょう。
少なくとも、母はやってるのです。
イチオウ、女性のよおやから。
(00/12/29)


212.就職説明会(11) ご父兄の奇妙なご質問(2)

お腹が減って、ご機嫌麗しくナイのに、余計な質問ばっかり出されたのです。
早よ、オワッテくれよなあ。そんな質問では、ナンの腹の足しにもナランのや。
回答者も困ったはりましたわ。
それなら、サッサと終わらせるため、私が代弁してあげてもヨイけど、残念乍ら、そんな、度胸など有りませんから、頭のナカで、ブツクサ、愚痴ってただけです。
「学生は何カ所くらい、入社試験を受けてるのですか。」
そんなこと、学生にアンケートでも取らんと分かりますかいな。一発で決まるのが、居てるやろし、場合によっては、数十箇所のも居てるやろ。当人さえ、何処を受けたのか、忘れてるのとチガイますか。
「学校から斡旋された会社の場合、どれ程の合格率になりますか。」
あのなあ、エエ加減にしてクレよなあ。資料を集計したら、分かるけど、イマ、手元にナイから、分かりませんです。
ホントウの回答はナンやったか、記憶にナシ。適当に、お茶を濁したのやろ。
そのお茶もナシ。休憩時間もナシ。ただひたすらに、木の椅子に座って、聞いてるだけ。
「一覧表によれば、ナンとか精機に入社実績がありますが、ここは、どんな経路で入社したのでしょうか。」
オイオイ、その質問にはナンの意図が有るのですか。アトの個人面談で、聞いてクレ。
その個人面談は希望者が有ればやりますやて。遠路はるばるやって来たから、参加しましょうと、思ては居たけど、それなら、辞めとこか。嫁はんに、ソオ云うて、遠慮することにした。
最後に、一言。兎に角、三回生の後期試験が重要である。ご子息に、是非、頑張ってクレと、伝えてください。
愚息も、既に、資料収集してます。会社訪問も、新学期に突入早々からの開始で、四回生の成績は無関係やろなあ。
私の時代にも、マスコミは、ヤレ、青田刈り。もっと、ユックリ、落ち着いて、学生が勉学に励めるよおに、してやってクレ。
イランお世話です。実体も知らんと、批判ばっかりしてたけど、過半数の学生は、夏休みマエには決まってたで。
学生にしたって、一刻でも早いこと、行き先が決まるホウが、気楽やないですか。残された、学生生活を、ジックリ満喫出来るがな。
ソレ以降も、自粛、自粛と、会社も一緒になって、大声だけは出してたけど、実際には、新入社員の連中が駆り出され、出身大学を訪問して、学生に会社案内を配りまくってた。
成績証明書の重要度も相手会社に依るのです。面接試験を含む入社試験が最重要の会社が多いやろ。理由は大学間格差が有るからです。
成績にしても、証明書には、全部の取得単位のが記載されるハズ。三回生後期の試験分がヨカッテも、アトが無茶苦茶なら、成績重視の会社に振り落とされるやろ。三回生後期の成績を重視するのは、大学院のホウと違いますやろか。
もお一つ、成績証明書では、卒業に、どの程度の余裕があるかの判定が出来る。場合によっては、四回生で割り当てられた、取得単位を選択出来ん学生も居る。
例えば、実験2を取るためには、実験1が取得要件で、その実験1を、三回生で、取れてナカッタラ、自動的に留年決定。そんなヤツは、会社訪問も出来ませんけど。
さてはて、云うたらナンやけど、ご父兄も遅刻が多かったで。
開催30分過ぎても、ゾロゾロ、入室して来るのです。アカンたれめが。
私等夫婦は昼飯も抜き、30分前には、着席してるのに、ウシロでゴソゴソするなよなあ。五月蠅いやんか。
早過ぎたのは、私等夫婦の勝手ですけど、最終的には、30組程度が参加のよおでした。
それにしても、遅刻のご夫妻数組は、旨いこと、教室のウシロから入って来たのです。
ソレが、ナンやなと問われたら、この教室の廊下側には窓がナイ。外から、ナカの状態は分かりません。
教室の扉もシッカリ閉められて、受付の子は開催と同時に入室してますから、廊下に案内人が居てナイのに、よくぞ、迷わず、ウシロから入室が出来たなあ。斯様に思たのです。
教室の構造を、知ったはったのか、それとも、卒業生やろか。建物も比較的新しいから、父兄との卒業年次にはズレが有る。
そんな、アホみたいな疑問を抱いてたけど、説明会が終わって、解決してしもた。廊下に張り紙がしてあった。
「あちらの扉から、ご入室ください。」
ナルホド、気の利く子やなあ。
私も、人様のご質問をトヤカク云うてる資格はナイ。
こんな疑問こそ、ナンの腹の足しにもナランです。
(00/12/28)


211.就職説明会(10) ご父兄の奇妙なご質問(1)

それにしても、ヨイ教室です。
教壇から中程の天井には大きなモニターがぶら下がってる。黒板に書かれた文字でも拡大するのやろか。それなら、マエのホウに陣取らんでもヨイわなあ。
私なんか、最初は一番ウシロでも苦にならんかったのが、次第にマエのホウに席を取らんと、黒板の細かな字が判読出来んよおになった。ナンでやろ、オカシイなあ。
それで、仮性近視と分かったけど、お陰さんで、これはイカンと思てる間に治ってしもた。もっとも、仮性近視とは、眼精疲労が原因で、眼を休めたら、治るのやて。テレビ・ゲームは存在してナイから、遠く、比叡山を眺めてただけ。
さてここで、大学側の説明者は教授でした。ハナシの途中で、講義風景など、多少の皮肉を込めて紹介されたのです。
講義の時、いつもは、この教室に半数程度の学生が、試験のマエになると、倍増して、満席になるのです。学生がこんなに多かったのかと、ビックリしますよ。
悪いけど、このお言葉には反論させて頂きたい。一般常識として、最初に一発、学生を脅迫してやればヨイのです。
開講一番、出欠を取ってやる。考課は、試験と出席率で決めてやる。文句有るか。この宣言だけで、満席マチガイ無し。云うたらナンやけど、ツマラン講義も有るからなあ。年季の入ったノート片手に講義されてたら、タマらんで。
当時、半導体なるものが、ようやく、世に出始めた頃ではあったけど、真空管の講義はツマランかった。イズレ、取って代わられることくらい、誰でも知ってたのです。かと云うて、強権を発動するから、出席しただけ。必須科目でもあったから、ショウガナイやないか。もっとも、真空管も、マダ、現役で生きてはいますけど、そのうち、消滅する。余談やけど、この真空管の封止技術は東芝がピカ一で、イマでも、蛍光灯にその技術は生きてます。
さてはて、試験だけで決まる講義は適当にサボったり、朝一番からの講義でも、肝心の教授がダダ遅れの常習犯の時は、それなりに調整したりして。
年次が進むと、一日、たった一つの講義で、登校してるのに、休講ですとか。教授には、スグに休講を決め込む常習犯が居るのです。予め、掲示でもしといてクレよなあ。そしたら、アルバイトに、勤しみますのに。
息子共の行動も、似たよおなモンです。朝起きて来るのが遅いから、嫁はんが心配して、遅刻するでと、叩き起こしたら、休講やから、寝てるのにと、大声で、文句云うてます。ホンマに予告してくれてるのかいな。疑わしいけど、親がトヤカク、干渉することでもナイ。
この休講問題で、常々不思議に思うのは、休講されたら、本来は、その分の講義料は、払い戻しするべきやのに、何故か、高校、大学では、そんなことしませんです。
大学の場合、前期、後期の前払いで、この講義に幾らとしてナイのと、どの講義を取るかは学生側の価値観と、選択権が加味されてるからやろか。
ところで、大学にも寄るけど、イマの四回生は、卒業研究と、少々しか、取得科目がナイのです。そやのに、全回生で同一料金。これも、合点がイカンけど、習性になってるから仕方ナイのやろなあ。
とは云え、私の学生時代でも、休講は嬉しかった。実験の合間でも、ジャンケンなどして、勝てば、ソバのグラウンドで、ソフト・ボールでサボったり。
それよりも、イマのご時世、四回生では卒業研究程度にしとかんと、就職活動に支障が生じるのやろ。
昔でも、四回生での必須取得単位は、少な目やったけど、正直云うて、落としてるのも有ったから、目一杯やられたら、それこそ、留年してしまう。四回生でラクしたければ、それまでに、単位を稼いでおくこと。トリアエズは、息子共が留年することナク、無事、卒業してくれたら、それでヨシ。さて、ドオなることか。
イヤ、ハナシを戻します。
ご父兄の質問は、兎に角、オモシロイです。色んな立場、職業のおカタがおられるのやけど、
「就職は成績の良いホウが有利ですか。」
こんな質問されたら、回答も困るやろ。しばし、沈思黙考されて、
「そお云うこともありますでしょうねえ。」
ズバリ云うたら、基本的には有利に決まってる。
どの会社でも、優秀な人材が欲しいのや。ではあっても、成績と、人格、才能はベツ問題。誰でもそんなことくらい分かってるけど、さりとて、人格、才能の計測は難しい。
結局は、学科試験が主となり、振り落とし、適正検査と面接で推し量るけど、されるホウも、早々にボロは出しますまい。するホウの人格もどの程度やら。そんな場で、ボロを出してしまうよおではアカンわい。学校側も、ソオとは、立場上、答えられるハズもナシ。
説明のナカでも仰ってました。実力相応の会社を選んで欲しいけど、どおしても、当人の希望も有って、有名企業を推薦させられることがある。結果、何処もカシコも落ちてしまうから、ナンなら、アンタ、留年したホウがヨイぞと、助言することもある。
質問は、マダあったのです。
「就職先は、学生が、自分勝手に探して来ても、構わんのですか。」
マタモヤ、困る質問です。就職なんか、勝手にしてくれたらヨイのやけど、大学側も可能な範囲で、後押しをしてるだけ。北海道、九州、四国等、何処であっても、お里に就職口が有るのなら、ナニも学校斡旋の会社なんか受けることもナイ。是非、我が社にと、ご指名があって、引っ張られ、相思相愛なら、そんなウラヤマシイことはナイのです。
学校側も、ドシドシ質問をと、催促する。ご父兄も、それなら、ナニか、質問セにゃならん。無理矢理、質問されてる感もした。或いは、説明を聞き漏らしたか、聞いてナカッタか。
私は、ナニしてた。コンビニで買おた、値の高い三色ボール・ペン、学校から頂いた、記念のボール・ペン。これを使いもセズ、オモチャにしながら、そんな質問、モオ、エエやろな。
ボチボチ、4時になる。頼むから、説明会よ、早よオワッテくれ。
ナンと云うても、腹が減ってるのや。昼食抜きやからなあ。
(00/12/27)


210.就職説明会(9) 分厚い会社案内の本

父兄への就職説明会と銘は打ってたけど、大学院の説明も有ったから、実際には、進路説明会ではあった。
就職に関しては、どんな会社からの求人が有って、今年と去年、何処の会社に何名が入社した等のハナシが中心で、ナンと云うこともナシ。
進学については、年々その重要度が増して、設備、施設も充実させてます程度。
それより、オモシロかったのは、ご父兄からの質問内容です。
「日本経済新聞社から、就職案内のよおなモンが届いてますが、アレはその会社にとって、ナンの利点があるのですか。」
お聞きになる相手がチガウみたいやけど、さてはて、学校側の応答は、
「ドナタか、このナカで、人事関係のカタは居られませんですか。」
確かに、立場上からも、ヨイ加減なことを云うワケにもイカンからなあ。父兄のナカには居てナカッタ。云うたらナンやけど、ドレもコレも、一風変わった、技術屋はんらしき、顔してるのや。得体の知れんのも居たけどなあ。私もオナジことやろか。
ソレに対して、受付の子が、学生に対して、夏休みマエ、会社案内等、希望するかドオかのアンケートを取ったから、その結果に基づいて、希望者に郵便物が届いてるのではナイかと答えてくれた。
これは直接的な回答ではナイけど、そお云うたら、夏休みくらいから、息子宛に色んな会社からの入社案内が届いてました。基本的には、電機業界が中心で、私には、ナンの会社か、概略の内容が分かってました。つまり、アイツはアンケートで、就職希望にしたのや。
そして、質問者の云うとおり、説明会の直前に、日本経済新聞社から、百科辞典くらいの分厚さの郵便物が届いたから、目立ちはしたのです。中味は見てナイけど、アレやろなあ。コレも大凡の見当はついてました。
兎に角、毎日のよおに、様々な形態の郵便物が届くよおになって、私にしてみたら、イマドキ、インターネットでも申し込めるのやから、アチコチに資料請求してよると思てたくらいで、アトは、ホッタラカシにされる郵便物が日増しに増えるのが、邪魔で、邪魔で、ナンとか整理してくれよなあ。そんな程度に思てました。
私の時代にも有ったのです。その時は、ダイヤモンド社の分厚い会社案内の資料で、ナンにも頼んでナイのに、郵便物として、届いたハズ。
書物が貴重な時代に、分厚い本を、タダでくれるとは、ナンと気前がヨイのやろ。もしかして、アトから請求書が届くのとチガウやろかと、心配したりして。
心配したのは、事実です。結果的には、請求書が届く事もナク、就職先を選定するマエに、ロームの先輩が研究室にドカドカやって来て、拉致されたから、就職先の物色には、余り、役には立ってナイ。そやけど、貴重な資料では有った。同級生が、何処ソコに就職が決まったと聞けば、何処に有る、ナンの会社か、ソレで調査したのや。
そんなことで、日本経済新聞社の資料にはナンの疑問もナカッタのです。イマでもオナジことをやってるのや、程度。
ソレで、ナンのタメにと質問されたなら、私も人事関係ではナイけど、会社なら、イカなる不況下であろおとも、常に有能な人材の確保は至上命題で、より多くの就職希望者が応募してくれることを望んでる、とでも答えます。
ではあっても、資料を届けてくれたことで、その会社に入社が確定したとか、入社してくれと、頼まれてるワケではナイ。単なる会社案内が目的です。
ついでには、その会社の宣伝効果を狙ってるくらいの解釈が適当やないか。
ホカの会社に入社されたとしても、その会社の名前を記憶してくれてたら、イツの日か、ナニかの折りに、一度、そこの製品でも、検討してやろか。そんなことにでもなったら、有りがたいやろな。
当然のことながら、日本経済新聞社に会社案内を掲載依頼するのは有料で、出版社としては、出版部数が多ければ多い程、掲載依頼会社の勧誘も有利になる。会社にとっても、宣伝効果が向上する。
ツマリ、私の解釈では、会社の人材募集と宣伝の波及効果を期待してるから、学生への資料配布は、当然、無料で、学生にとっては、会社選択のヨキ参考資料ともナル。
表現を変えたら、会社宣伝ばっかりの本やないか。
本屋さんの店頭で、持って帰ってクレと書いてアル本が有る。最初に見つけた時、ホンマにタダかいな。
念のため、店員さんに訊ねたら、ドウゾ、ドウゾ、お持ち帰りくださいと云うから、それではと、一冊頂いた。ナンのことはナイ、通販の商品案内の本やった。
雑誌でも、分厚いけど、安いのは、宣伝ばっかりです。
パソコン雑誌、賃貸住宅情報、アルバイト情報も、宣伝効果で成り立ってるから、タダで配布してもヨイくらいやで。
(00/12/26)


209.就職説明会(8) 浪人、留年のハナシ

留年がヨイのか、悪いのか。
経済的裏付けがナイなら、留年も出来ませんから、悪いに決まってる。
そしたら、留年がこんなに多いのも、学力低下が影響してるのか。この判断は難しいです。
マサカ、各年代の代表者を無作為抽出して、どの年代が凄かったのか、学力試験をやったところで、現役から遠ざかってる年寄り程、ボケてるから、現役の学生に勝てるハズがナイ。
ソレならと、代表者をソレなりに、年月を戻してやって、当時の実力でもって対抗戦をやったら決着はつくけど、そのアトで、年寄り程、元の歳に戻るのがイヤと、ダダをこねるからアカンやろなあ。
やろおにも、出来ませんけど、対等な試験問題を作成するのも難しい。昔なりの問題なら、年寄りが有利やし、イマ風の問題なら、年寄りは不利。
とは云うても、数学の公式が変化したワケでナシ。天然自然の原理原則がひっくり返っされたワケでも、英語のスペルが変動したワケでもナイ。
但し、英語力はイマのヒトのホウが数段に優れてる。理由は、世の中に横文字が氾濫して、日常化してるからで、イツの間にやら、自分のモノになってます。
その代わり、最近の意味不明な和洋混交の文言まで、一般化してるから、日本語か英語か分からんよおにもなってます。
そんな屁理屈など、単なる一面で、ホカの面で、私なんか、逆立ちしても叶わんことが沢山有るから、ドッチでもヨイのです。
留年が激増してるのは、時代の背景のためで、可哀想なことに、所謂、就職難と、夢のナイ実社会。その元凶の、無為無策どころか、我田引水の貧困な政治家のためです。
私がイマの時代の学生でも、困ってしまうやろ。価値観がぐらついて、夢を、安定を、ナニに求めるのか。それなら、冒険するのも一法やけど、そんなネタも能力も、勇気もナイ。
私等の時代には、ソレが多少なりとも有ったのや。何処かに就職するのも結構、冒険するのもヨシ。失敗したところで、就職口は山程有った。その意味で、私にはそのネタも能力も、勇気さえもナカッタから、就職の道を選択したことになる。
ちなみに、経済的に許されよおが、許されまいが、留年はヤッパリ恥ずかしいやろ。
私なら、その当時、留年が決まった段階で、中退が即刻決まってた。経済的裏付けがマッタク無かったからです。
そやけど、イマドキの留年は、卒業したいのに、単位が取れんから、やむなく留年するのと、ワザとの計画的留年が有るのやて。説明会でも云われたけど、学校側が薦めることも有るからなあ。
原因は、就職戦線が思わしくナイから、卒業の道を選ばず、敢えて、必須単位を落としてしもて、自動的留年にしてしまう。或いは、大学院に進学してしまう。
そんなことで、結果的に留年と進学が増えてるのやろ。これも、考えヨオで、留年なら、一年で、進学なら、最低二年となる。悪く云うたら、逃避にはなる。
何処かの大学でも、或る学部全員が留年したとの例も有る。知った時は、ホンマかいなと疑おたけど、まんざら、ウソでもなさそうで、このご時世やから、自己防衛手段としての留年も選択肢として存在することになる。
或るご父兄が質問されて、学校関係者が答に窮された。
「留年は就職にどの程度の不利があるのですか。」
しばし、沈思黙考。答としては、一年くらいなら、無関係でしょおなあ。
果たして、どおやろか。
これは、会社の方針にも寄る。マッタク、問題にセン会社も、イヤがる処も有る。
基本的には、浪人は無関係で、オナジ学生仲間なら、ナン浪しておろおが、入学年次がオナジなら、同期生として、同等で、就職にも無関係。
さりとて、三浪までが限度やろ。三浪くらいなら、ヨオそこまで初志貫徹したと敬服出来るけど、四浪にでもなってたら、ソレまでナニしてたとなる。実際、一浪はナンにも珍しくはナイし、二浪も沢山有る。三浪もタマには有るけど、四浪は知りません。
ロームの場合はドオであったのか。浪人も留年も、特には問題にして無かった。誰とは云わんけど、同期入社で、一浪で、二年も留年したのが居たのです。
アクマでも、卒業年次が基準やから、三歳もウエやけど、同期生扱いしてたのや。そやから、呼び捨てです。
後輩には、三浪組も居たのです。入社が私よりアトで、年齢がウエにナル。ソレでも、卒業年次で決まるから、ナンと云われよおが、私の後輩でアル。さりとて、呼び捨てはナンやから、愛称で呼んでました。
但し、当人が何処まで割り切れるかです。院なら、ソレなりに扱われるけど、浪人、留年しても、加味されず、卒業年次だけ。
そのマエに、浪人も留年も、長ければ長い程、歳喰ってるのに、年下の連中から、呼び捨てにされるのや。
ソラ、入社が同期なら、原則的にはオナジ歳と考えます。
どっちにしても、長い人生、留年一年程度なら、就職戦線に異状なし。
(00/12/25)


208.就職説明会(7) 留年、中退のハナシ

実際には、嫁はんが息子にシッカリ聞いてくれてたから、迷うこともナク、会場に到着。
会場は、150名程度が収容出来る教室で、受付に出席票を渡したらオシマイ。
受付の子が、参考資料はナカに有るから各自で取ってクレ。ナルホド、資料はスグに見つかった。
教室のナカには、既にご到着の中年ご夫妻が数組座ってます。
夫婦が殆どやから、安堵もしたのです。オヤジだけ、オフクロさんだけが大多数なら、派手がましいからなあ。
それにしても、マダ、数組やから、チと早かったのか。昼飯でも喰っといたらヨカッタのか。今更遅いし、その代わりに、何処に陣取っても構いません。
なるべく、目立たんよお、さりとて、聞く気がナイと思われるのもイヤやから、マエからの席順では中間で、その端のホウに座ったのです。マズは、そこに陣取って、しばし、落ち着き、ヨオ見たら、席は、二人用と三人用のが有るやないか。ソレなら、三人用のホウが楽やから、ソッチに移動して。
又、暫くしたら、エアコンの風がマトモに掛かるのが分かったけど、これが、風だけで、寒いのや。再び、移動したりして、開催までに、ナンとか理想の席を確保した。
それでも、マダ、時間は余ってるから、袋に入った資料を確認したら、ナンと、記念品として、ボール・ペンが有るのです。
シモタなあ。そんなことやったら、コンビニで買うのやなかったなあ。今更、遅いけど。
マダ、暇やから、資料に眼を通そとして、ハタと気がついた。字が読みにくいけど、老眼鏡を持って来てナイ。眼鏡そのものを、持ち歩く習性がナイもんやから、出掛ける際に忘れるのや。
ソオ云うたら、私が中年であると、本格的に意識したのは、この老眼鏡からです。
それまでも、中年との意識は有ったけど、半分冗談で、半分ホンキ。さりとて、青年とは思てナイから、複雑な気分ではあったのや。
老眼鏡を買おたのは、私が本を読んでると、家族から、眉間に皺を寄せて、怖い顔してると云われたからと、パソコンの文字まで、読み辛おなったから。
買おてからでも、掛けたり、掛けんかったり。掛けても、出来る限り、誰も居てナイ時やったりしてなあ。
ソレもよおやく、抵抗感が無くなった。イマでは、誰が居てよおと、居てまいと、必要な時には、掛けてます。さりとて、常時は、必要でナイ。明るい場所とか、調子のヨイ時なら、ナクともヨイのです。
この時は中途半端な状態で、暫くしたら、慣れてしもた。老眼鏡がナイのやから、無理にでも、慣れんと仕方ナイけど。
こんな、中年がドオコオ、老眼鏡がと、考えてしまうのも、周囲の年代もさること乍ら、息子の就職説明会です。実際にこの場に来てから、息子も、こんな歳になったのやなあと、そっちのホウから、自分の歳を実感させられたのや。それでも、私のホウが若そおやワイとか。
開催予定の時間になって、教授か職員さんか、知りませんけど、三名、現れた。現れるなり、資料に基づいて、話が始まったワケです。
マズは、最近の学生の就職状況は、どんな具合になってるかです。その点が気がかりで、ここに来たのに、心配ナイと云う。ソラ、そのホウが嬉しいけど、このご時世に、ホンマかいな。ナニか仕掛けが有るのやで。
電気工学科の場合、例年、約150名が在籍で、院に残るのが、約30名、ソレ以外は就職かと云うと、ソオではナイらしい。留年が有って、その人数たるや、実に50名程度やて。そしたら、同期生150名で、一緒に出るのは、半数以下になる。
留年も、例年どおりなら、結局のところ、卒業見込みは120名程度で一定とか。
但し、就職活動は厳しくなってます。一発で決まらんとか、推薦しても、落ちてしもたとか。
原因は、当人が、実力以上の会社を希望するからで、そんな時には、ナンやったら、留年して、実力をつけてから、就職したらドオですか。そんなことを助言することも有るのやて。
私のトキも、オナジ専攻の学生数は150名程度。知る範囲では、大学院への進学希望者は、居てナカッタ。留年は、ウエから落ちて来たのが居たけど、同期からはゼロやった。
勿論、危ない奴も居たけど、卒業式がナカッタし、後期の試験もナシで、代わりに、レポート提出になった。お陰様で、無事卒業出来たのが、何名かは居てました。
それにしても、エライ時代になってるのや。イトもアッサリ、学校側から留年のお勧めです。
親の負担はドオしてくれるのや。そこまでは、考えてナイのやろ。
大学側としたら、留年したらと、助言はスルけど、その裏には、実力不足なら、ナニも無理して卒業して頂くこともナイとの考えが有る。コレは、イマも昔も変わってませんけど。
経済的な問題は、関知セズ。そのために、奨学金が存在し、充実してるのや。
アトは、当人の自助努力だけで、ナンなら、中退してくれてもヨイのやで。
とは云うけど、そもそも、全員が奨学金の恩恵に預かれるわけでもナシ。奨学金だけで、学業が続行出来るワケでもナイ。
ソレも、当世、この不況の時代、オヤジがリストラされて、中退も、沢山有るのやてえ。
大学院どころのハナシではナイのやなあ。
そのマエに、卒業出来るかドオかの問題が有る。
(00/12/24)


207.就職説明会(6) 就職について

就職問題は難しい。
私等の時代なら、公務員なんか、給料は安いわ、辛気くさいわ、活気はナイわで、絶対にイヤやった。
ところが、給料の低かったのは昔話。当世、長きに渡る大不況に突入で、そこらの企業など、リストラも当然。もっと赤字のハズの官公庁は、親方日の丸で、首を切られる心配がナイ。
そんなことしてるから、借金が増えて、それでも、企業努力ならぬ、上意で御座ると、新税の設定だけで、ナンとかしてしまうのや。
退職金も凄いのやで。私なんか、恥ずかしいから、幾らとはヨオ云わんけど、その三倍は有るらしいのやで。年金も、軽く倍は貰えるらしいのやて。
私も高校の、教員免許は持ってるから、なっといたらヨカッタのに、今更、遅いわなあ。
私のことではナイのや。息子は就職をドオするかです。イヤ、ドオあって欲しいかです。
マズは、有名大企業か、中小企業か、イッソ、無名はどおかです。
大会社では埋没するし、中小企業では、どおなるか分からん。かと云うて、寄らば大樹の陰時代は終焉したとも云われてる。大会社が潰されて、聞いたこともナイ会社が急成長して、又、潰れてしまう。無名でも、私が知らんだけで、ホカの世界では、超有名なことも有る。
日立、松下、東芝、NEC、三菱、富士通、等々、こんなモンは誰でも知ってるし、私が産まれて、気のつくマエから存在してる。
私が勤めたロームなど、就職した当時は、マッタクの無名。イマでこそ、テレビでも宣伝してるから、知名度は向上してるけど、それでも、ナンの会社か知らんヒトが多いやろ。
理由は簡単で、電子部品の製造やから、表面に出ることがナイのです。ではあっても、大抵の電化製品には入ってます。
イマ現在、携帯電話と云えば、NTTドコモが有名で、コレも、イツ出現したのやろ。
そのナカに組み込まれた部品で、村田製作所のコンデンサがナイとアキマセンのやで。ロームの部品もその仲間です。これも、NEC、松下、ノキアとか、本体の製造会社は知られてるけど、多少なりとも、興味がナイと、村田と聞いても、ナンやろなあ。京都の会社やから、京都のヒトなら知ってる可能性は高いやろ。それでも、ヨイのです。その業界で、有数の実力さえ持ってたら。
ではあっても、昔っから存在して、知名度の高い大会社では、福利厚生面が素晴らしい。海の家、山の家は有るし、退職金もヨイ。
それに引き替え、小さな会社では、食堂さえないことがあるし、退職金も思った以上に少ないこともある。
そんなことで、ナニを重要視するかで、方向性も異なって来る。先のことを考えたら、大会社が有利で、ヤリ甲斐を求めるなら、中小企業。実際、ロームでも、無名の頃は面白かった。私がここを選択したのも、強いて云うたら、ヤリ甲斐です。
そんなこと云うたかて、希望したところで、大会社になんか、入るのは難しいやないかと、笑われるかも分かりません。実際、新卒では難しいことがある。ところが、途中入社なら、案外、スンナリ行くことがあるのです。マエの会社での経験を評価してくれるからや。
昔と違って、日本も欧米並になってしもて、終身雇用ではナイとの風潮があって、気に要らんかったら、サッサと辞めて、ツギのを探せばヨイと云うこともある。
勿論、肌に合わんとなったら、切り替えは早いホウがヨイ。出来る限り、若いトキのホウが方向転換も早いやろ。そのウエで、職を転々としてしまうのには疑問が有る。そんなことバッカリされてたら、会社のホウも大変やし、ツギなる職場が天国との保証もナイ。
人間関係は何処でも一緒やし、理想を追い求めても、世の中、そんなに甘いモンではナイと云いたいだけ。
イヤな奴は何処にでも居てるし、給料を頂いて、仕事をするからには、多少の辛いことも我慢です。ナニよりも、新しい職場では、本来なら、ゼロからの出発になる。
折角、勤めてる会社で、顔と名前も広まって、仕事もいっぱしに出来るよおになっての転職は損なことがあるのや。
古いみたいやけど、欧米でも、その道、数日のカタと、一筋何十年のヒトでは信用される度合いもチガウはず。職人芸なんか、逆立ちしたって、一朝一夕には取得出来ません。
そのクセ、転職の都度、収入と地位が向上するのであるとして、成功物語事例集なるものが、本になるくらいやけど、殆どは失敗してるのやで。失敗してるヒトが多いから、勇気づけるために、本になってます。
本に書かれたことを信用して、転職して、失敗したやないかと抗議したところで、出版したヒトはナンの責任も取ってくれません。取りよおがナイからなあ。
その会社で、ドオなるか、全て、運任せの世界ではあるけど、息子は出来ることをやらさせてもらえる中小企業がヨイらしい。
それを云われたら、私もオナジ考えで就職したから、複雑な気分。
チガウことは、私の場合、相談する相手もナカッタ。
親として、その前提で助言するなら、中小企業ではあっても、カナラズ、本社として、独立してることが要件である。
下請け会社では、残念乍ら、思うよおなことは出来ません。親会社が、一々、口出しするから五月蠅いなあ。
当時のロームは、中小企業と云えど、独立した、れっきとした親会社でもあった。
(00/12/23)


206.就職説明会(5) 進路選択について

昔っから、理工学部に女子は少数。
私のトキには、全学科で、土木工学科に一名だけ。
学科がチガウと、知ってることはソレくらいなモンで、名前もナンにも知りませなんだ。
ただし、精神的には、大したモンやと評価はしてました。ナンの差別もナイけど、理系に女子が入り込むのは大変な覚悟が要求されたと思うのです。
ソレに反して、文学部では多かった。それでも、半分以下で、大学教育そのものが、男性中心であったことは否めません。
ソレがヨカッタのか、悪かったのか、色んな観点から様々な意見は有ると思うし、古いと云われたらソレまでやけど、男の場合、一家を養う義務が有る。そのための、一つの道具として、教育を受けてオクことは、有利にチガイない。
クドイけど、そのことを前提に、その身にナンらかの、才能、資産が有れば、コダワルことはナイ。ナンにもナク、そのウエで、当人にその気が有って、家計的にも、許されるなら、教育を受けておくことは、マチガイなく、当人の得。
砕いた表現をスルならば、ヨク学び、ヨク遊べ。遊ぶことも、社会勉強や。
私自身、イマ現在、たったの四年だけ、ドノ時代に戻りたいかと問われたら、迷うことなく、学生時代。欲を云うたら、そのウエで、お金が有ったら、素晴らしかったやろ。
ナニ分、お金がナカッタから、アルバイトばっかりしてたけど、それでも、イマ思えば、最高の時代でした。
アクマでも、振り返って診ればで、そのトキには、そのトキなりの大きな悩みも苦しみも有ったのやで。全て、過ぎ去ってからしか大きさの程度が分かりません。
イマでは、何処の大学の理系にも、各学科に数名の女子が在籍してるとのこと。この数名となると、ドオなんか。ヤッパリ、大したものと評価してます。そんな壁まで、突破してしもたのやからなあ。
私なんか、女子ばっかりのナカに割り込むことなど、到底出来ません。そんな気恥ずかしい気持ちを振り払う勇気さえもナイ。中年になってしもた、イマでもアカンのに。
ヨイ、悪い、実体もベツとして、男子は腕力と理屈で頑張って、女子は細やかさと感性が秀でてるから、その特性を生かせばヨイと思てます。
イマドキの女子には腕力も有る。理系の屁理屈までが加味されたら、怖いことやで。
ところで、当然のことながら、就職説明会に出席するからには、息子共の進路について、話はしたのです。
マズ、二男にも、ドオするのやな。ドオとは、進学か就職のことで、進学とは、大学院のこと。
薬学の場合、男女の比率が逆転してるのです。不思議なことに、女子が60%で、男子が40%。云うたらナンやけど、ウラヤマシイ構成です。数名ではナイのやからなあ。
ソレはソレとして、三年マエに読んだ、大学案内で、男子の過半数の進路先が大学院に進むホウでした。この時点から、院についても大きな関心でもって、私なりに注意をしてたのや。
考えてみれば、相手が医者とか、薬屋はん。薬屋はんでも、薬剤師の免許を持ってるから、ソレと対等に話をするためには、院でも出とかんと、シンドイのやろ。
そのまま製薬会社に就職しても、開発業務に従事したいなら、ヤッパリ、院でも出とかんと、単なる助手くらいにしか、扱こおてもらえんやろ。理由は簡単で、薬学の男子の過半数が院やから、ソコでは、院が幅を利かすハズ。
当人としたら、院でナニするか、ナンの価値もナイと云う。ナンの価値もナイけど、ヤッパリ、開発等、その手の業務をやりたいと云う。
それなら、親として、ナニをしてやれるかで、当人に、その希望が有るのなら、行っといたホウがヨイぞとだけ云うてやった。
オナジク、長男にも、問い質したけど、こっちは、最初っから、就職希望。
そおなると、私なりには、イマ時の大学みたいなもん、ナンの価値もナイと評価してるから、そのまま、云うたった。
長男も長男で、二男とオナジことを云う。院に行ってるヒトなんか、大したことナイで。魅力有る、研究所もナイからなあ。
そんなことクライ、私でも分かってるのや。大学入試そのものが、運と縁のモノで、そこから先も運と縁次第。院に行ったからと、ドオと云う保証もナイ。
私の時代でも、院なるものは価値などナカッタ。知る範囲の同期生で、院に進学したのは居てナイのやないか。行けと云われても、資金もナイ。
さりとて、世間の眼はソオではナイ。社会に出たら分かるのや。極、常識的に表現したら、就職には絶対有利で、会社でも有利やで。
大学の価値はダダ下がりで、イマも昔も、院にはナンの魅力もナイけど、コレも、行っておいて、損することはナイ。
私が息子の代行で、仕事をスルわけにはイカンのや。一家を養うワケにもイカンのや。責任を持って、孫を育てることも出来んのや。全て、当人の責任の元でやるべきこと。
そのナカで、親として、ナニが出来るのか。たったの一つしかナイのやで。その一家を養うための土台設定の援助をしてやるだけ。その土台もどっちに転ぶか、先のことまで分かりません。
そして、魅力がナイとは云え、院に通えるのも、その時代でしか出来んのや。マダ時間は有るから、ユックリ、考えてオケ。ここから先は、本人の判断で、そおとなったら、資金はコッチ持ちやから、無理矢理ではナイ。冗談抜きに、家計は火のクルマなんやから。
ところで、老人大学、ハタマタ、老人大学院が設立されたとしたら、ナンとする。
交通の便が問題やし、単なる趣味だけの、講演を聞いてるだけの大学院の卒業証書になんか、ナンの魅力もナイ。ボケ防止と交流には役立つのやろ。
ソレなら、家でパソコンと、外では、ゲート・ボールとオナジことやろか。
(00/12/21)


205.就職説明会(4) 校門前

周囲が、中年夫妻ばっかりなんは、当たり前のこと。
子が二十歳そこそこになってたら、親は中年になってます。私もその中年やから、我ながら、歳を喰ったなあと実感してしもた。
駅を降りたら、ドッチの方向かと迷うこともナイ。ここまで来たら、皆さん、行き先は一緒で、流れに沿って歩くだけ。
私のホウは、途中、ボール・ペンを求めてコンビニです。ところが、百円のがナイ。三色で、270円也。三色も要らんのに、ソレしかナイから仕方がナイなあ。
校門まで到着したのが、昼の一時頃。まだ、昼飯を喰ってナイけど、開催30分前。中途半端な時間です。オワルのが、四時の予定。
昼食は食べたいけど、ソレでは遅刻してしまう可能性が有る。予定では、そのアトで、父兄との懇談会もあるらしい。
ここまで来たからには、話くらい聞いてもヨイのですが、ドンな事を云われるやら。反対に、ナニか聞きたいことは有りますかと訊ねられても、ナンにも無いなあ。懇談会が到着順にでもなってたら、帰宅が遅くなるしなあ。
どおしたもんかと迷い乍ら、イズレにしても、席だけは、確保しといたホウが無難やろ。
その他、諸般の事情により、昼食も採らんと、会場を探して、まっしぐら。
諸般の一つに、この大学のナカには、入ったことがナイ。ナニが何処に有るのか、構造も、広さも、分からんのや。迷子になったらエライことです。
校門の前までは来たことが有るのです。ソレは、三年マエで、二人の進学先が決まった段階で、どんなモンかと、見学のため、クルマで来たのです。
丁度、その日は卒業式で、式を終えた学生で、満ちあふれてました。特に、女子学生は、ドレもコレも、鹿鳴館時代を彷彿させる袴姿に草履。
イツ頃から、卒業式にこの格好が復活したのか知りませんけど、一目で、ラシキ雰囲気が醸し出されてました。
この年代の女の子なら、一度はしてみたい格好で、ヤルにしても、卒業式くらいしか出来んやろ。たった一日のタメ、親御さんも出費が大変やで。
慣れてない格好で、草履やから、歩き方はぎこちない。そのワリに、例外もナク、そこらの喫茶店とか食堂に、大挙して押しかけて。飲食店は、マクドナルドに王将。その他、沢山有りソオやけど、王将にその格好では、似合わんし、汚したらアキマセンで。
その点、男はスーツ程度。味も素っ気もナイなあ。
私の時代はどおであったのか。実は、卒業式が流れたのや。
学生運動、最も盛んな頃で、民主的な、解放された学園をナンたらカンたらと、入学試験さえ、阻止しよおとするヤカラが居たのです。
この理屈が分からんかった。私なんか、学生運動はおろか、政治のことにはマッタク関心を持ってなかった。そんな奴をノンポリと評されたけど、正直云うて、そのノンポリなる意味さえ、分からんかったのや。
冗談抜きに、ノン・ポリスで、警察権力の介入を嫌うことやと、誠しやかに解説するのも居たのです。私もソレを信用してたけど、正解は、ノン・ポリシーのことやった。つまりは、ナンの方針もナイ奴なんやてなあ。意味が分かってから、急に腹が立って、ナニ抜かすと、怒ったりして。
そもそも、ナンの権利が有って、そんなバカなことをスル。解放と、受験阻止にナンの関係が有るのかです。
そしたら、犠牲者をこれ以上増やしたらアカンのやと、勝手な屁理屈つけてました。
理工学部にはそんな気運はナカッタけど、トキタマ、何処からか、遠征して来て、アジ演説をやらかすのです。ナニを云うてるのか、サッパリ分からんことを、拡声器で一時間も二時間も、飽きることなく、ガナリ立てるのや。
よお、そんな、喋る材料が有ることで、ジックリ、聞いたら、オナジことの繰り返し。マトモには聞いて無いから、タブンですけど。
どっちにしても、授業中やのに、邪魔しやがって、五月蠅いのや。水でも掛けて、追い返したろか。ゴタゴタ、文句は云わせません。何処の学校の、ナン回生か知らんけど、こっちは四回生やぞ。実際、余所の学生の二三回生辺りがアジ演説をやってた気配があるのです。
と云うよりも、コレ又、正直云うて、私等にしたら、珍しくさえ、見えてました。ソレくらい、学部がチガウと、静かなモンで、学生運動の動向には、マッタク知らんかった。マサシク、ノンポリシーにマチガイなし。
さりとて、入学試験は有ったのです。お陰様で、イツもヨリ、多い監視体制で実施されたから、私も、そのアルバイトにありつけた。
試験官補助と、案内係が募集されて、当然、試験官補助に応募。私も、アルバイトは、数限りなくやったけど、コレだけは、是非ともやってみたかった。
これこそは、四回生限定。イツ、募集されるのかと、心待ちにしてたくらいで、決まったトキは、ホンマに嬉しかった。
ヤルことは、受験生の顔写真が手元に有って、ソレと、本人と、受験票を照合すること。アトは、試験開始の合図で、カンニングがナイよおに監視すること。
ウシロから見てたら、怪しいのは分かるのです。ではあっても、流石に摘発までは出来ませなんだ。ソレ以上に、見つけてしもたら、こっちが緊張してしまう。云うたらナンやけど、私はカンニングをしたことがナイ。
指導では、カンニングと判断したら、マズ、注意して、それでも懲りずにヤルよおなら、退場させてもヨイことにはなってました。
そやから云うて、イマみたいに、何回でも受験出来る時代ではナイ。一発勝負やから、ホイホイと、オイ、オマエとも云えません。
そんなことで、圧力は掛けてやったのです。受験生の間をユックリと、歩くのやけど、ソイツの場所では、ホンの暫く、立ち止まる。立ち止まるのが、余りに長いとホカの受験生に迷惑やから、その暫くが難しい。
ソイツは、午後から消えてしもた。ヤッパリ、アカンかったのやろ。消えてくれて、ホッとしたりして。
出来てソオなんも分かります。答案用紙に一心不乱に向こてます。アカン奴は、暇やから、アッチ向いたり、コッチ向いたり。
その部屋は階段式の大講義室で、私は、初めて見る部屋でした。用事がナカッタから。
校門を見て、そんなことまで、思い出してしもた。
私の母校でもナイのになあ。
(00/12/20)


204.就職説明会(3) 時代の相違

二男の大学では、就職説明会なるものは、開催予定がナイのです。
理由は、薬科ですから、就職先は、ホボ、決まってる。
ご当人の、たっての希望ならベツですけど、マサカ、電子部品製造業はナイやろな。
製薬業界、薬屋はんか、病院です。但し、製薬業界の場合、どんな業務に就くのか分かりませんけど、一般的には、営業職が多いとか。
顧客が病院、医者になるから、専門的なハナシになったら、薬学専攻でナイと対応が難しいのや。などと、当人は申してます。当人が、ソレを希望してるワケではナイです。
薬屋はんは、イマ、スーパー感覚のは、DrugStoreと云うらしいです。私の知る範囲の薬屋はんでは、薬剤師さんがやってたけど、DrugStoreでは、薬剤師を配置してナイのが、30%を占めるとも、報道してました。
そんなことで、DrugStoreでは、薬剤師の人数不足。病院のホウは院外処方とやらで、過剰気味になり、新たな採用は少なくなるとの予測です。
特に、大病院では、薬が出るまでに、相当な時間、待たされるけど、院外処方では待たされることがナイ。その代わり、値が高いから、私は、イマだかつて利用したことがナイ。
二男のホウは、就職のことより、四回生からの、卒業研究室の選定で悩んでたけど、先日、希望の処に決まったと、報告してくれました。
テーマが、ナンたらかんたら、説明してくれたから、フンフン、ナルホドなあ。
腎不全の実験でなあ。ラットを解剖して、片方の腎臓を取り出して、ナンたらカンたら。
ラットとは、どぶネズミのことやなあ。折角やから、頷いて、分かったフリしてるけど、内情、チンプンカンプン。エライ、可哀想と云うのか、気持ちの悪いことをスルのやなあ。血を見るのも怖いヤツがなあ。
長男のホウは、私の専攻とオナジやから、ナニを云われても分かります。ところが、こっちは、卒業研究よりも、マダ先の、進路についての、父兄説明会。
イマの大学は気が早いのか、懇切丁寧か、お節介なんか、それとも、実状がソオさせるのか、ナンでも三回生の後半から、準備です。
さて、長男の通う大学までの行程は遠いのです。私なら、毎日毎日、電車を乗り継いで、通うのには、耐えられません。
幼稚園が徒歩十分。小学校が、一分で、中学校七分、高校七分。大学は流石に遠かったけど、それでも、バイクで通学、約三十分。イマでは、バイクも、自動車も、通学するのは厳禁やけど、当時はバイク程度なら、構へんかったのや。
自動車の免許を取得するまでは、会社にもバイクで、約三十分。電車で通たのは、夏休みの踏水会くらいです。これは水泳教室で、電車と云うても、イマや、跡形も無き、市電と称する路面電車。
そもそも、私の時代には、ソレ相応な資産家でナイと、府外の学校には、通えなんだ。現在の当家でも、大阪ならナンとかなるけど、下宿でもされたら、アキマセンです。
ところが、当時でも、私の学科では、京都出身より、ソレ以外のホウが圧倒的多数。
約百五十名が在籍したけど、京都のヤツは、一割程度。むしろ、大阪出身が多かった。アトは九州、四国に、北海道、その他、諸々、兵庫、名古屋、静岡、何処ソコとか、基本的には、関西が多い。
相応な資産家と云うマエに、さぞかし、親御さんは血の滲む支援をされてたのやろ。イマ、私がその親の身になって痛感してるのや。クルマを乗り換えたいなどと、トンでもナイから、グッと、押し殺してる。
そやのに、勧誘が有るのです。屋根を葺き替えませんか、壁を塗り替えませんか。モオ、建ってからナン年ですか。ボチボチ、やってしまわんと、長持ちしませんよ。
そんなことクライ、教えてもらわんでも、住人の私が一番ヨオ分かってるわい。
全部、耳に栓。ソオでもしてんと、ドオにもナランのやわい。用事が有ったら、こっちから、お頼み申しますがな。それまでは、ほっといてクレ。
ソレはソレとして、イマの交通の便には格段の進展が有る。その分、ヨイのか悪いのか、息子に云わせたら、大変なんやで。イッペン、お父さんも経験してクレ。
と云うワケでもナイけど、電車にしたのです。私が方向音痴で、大阪そのものも不案内。
何処に行ってしまうか見当もつかん。キット、時間にも間に合わんし、近辺には貸し駐車場もナイのやでと忠告されて。
ではあっても、息子の行程とはチガウのです。アイツは、JRで吹田まで。そこから、阪急に乗り換えるのです。ソレをさせたら、この親では迷う。四条大宮から阪急のホウがエエでと忠告された。
道中も、日曜日の昼前のこと。電車では、立たされることもナク、ウロウロと迷うこともナク、順調に目的の駅に到着出来たのです。
淡路、吹田辺りから、ラシキ、中年のご夫妻が目立って来た。
一組は、四条大宮から見てました。淡路で乗り換え、座席に座ってたら、乗り込んで来やはったから、タブン、ソレなんやろなあ。
吹田でも、人が増えたけど、殆どが、中年のご夫妻で、ヤッパリ、ソレやろなあ。
目的の駅では、ドカッと降りたのが、全部、中年ばっかり。
マチガイは無い。父兄説明会の出席者やで。
(00/12/18)


203.就職説明会(2) 就職難時代

イツから就職難になったのか。
私がリストラされた5年マエ。既に、中高年は厳しい状況では有ったけど、新卒は左程でもナカッタはず。
ハッキリと、橋本政権時代で、目に見えて悪化した。マズ、拓銀が消えて、北海道はエライことになったのや。引き続き、山一証券が解体され、即刻、四条にあった京都支店のビルは、メルリ・リンチの看板が挙げられた。
にも関わらず、日本と云う国は、ヨク分かりません。
自民党が政権与党から脱したトキの宮沢首相が、小渕政権で大蔵大臣として返り咲き、マスコミも、平成の高橋是清と囃し立て、そのまま、居座ること、実に三期。
長期の在任で、さぞかし、ご立派な実績を挙げられたことでしょうから、感謝感激雨霰。涙が出て来ます。
そのウエ、日本をハチャメチャにした、国賊売国奴の大元締め、橋龍元首相も、イツの間にやら、復帰してくれたから、コンドは血の涙が出て来ます。
お二人共、そんな大臣職など、受けとおナカッタけど、国家国民のタメと、森首相に説得されたから仕方ナク。口では斯様に云うてるけど、隠せませんで。表情は崩れっぱなしで、ニタニタしてるやないか。
ホンマにイヤなら、国家国民を想うなら、頑として、受付ケズ。森首相と三人して、心中でもしておクレ。そしたら、日本の景気も、ナンとか浮上してくれるやろ。
その橋龍さんが、何処ぞの世論調査で、次期総理大臣候補一番手とか。こおなったら、国民もアホ丸出し。
その中味です。かつては女性に人気があった橋龍さんも、イマでは、男性が推してるとのことです。ホンの数年マエのことを、綺麗さっぱり、忘れてくれる日本男児やから、大和撫子からも、頼りナイとバカにされ、仕事も、家の主導権も、取って代わられるのや。
私も他人さんに、エラソウには云えません。嫁はんには、頭が上がりませんのです。
イヤ、就職戦線のハナシです。国賊のことをトヤカク云々しても、私みたいなモンでは、目のマエの景気はナンともなりません。
就職説明会で、ドンなハナシをされるのか、ダイタイの予測は出来てます。
マズ、この景気です。安閑としてたらアキマセンですよ。自ら積極的に探しなさい。会社は見栄え、知名度だけで選ぶのではナイのです。
高望みスルこと無く、身の丈に合わすこと。将来性と、仕事の中味です。ナニよりも、自分に適してることが肝心です。
コレは正論ではあるけど、一寸先は闇の世界。大会社が将来的にも、安泰でもないことは云えてます。かと云うて、聞いたことのナイ会社の将来性も、神様にしか予測は出来ませんし、仕事の中味も、就職して、配属されてからでしか、分かりませんのやで。
製造会社に入社したから、製造担当になるとは限らんし、商社で、海外を飛び回われる保証もナイ。
云えることは、単に、理系専攻に、経理担当への配属はナイ。文系専攻に、機器部品の設計開発の実務配属がナイことは確かです。そんなことしてたら、会社が潰れてしまう。
会社を選んで選べる身分なら結構ですけど、大多数の面々にはそんなこと出来ません。
私が大会社のワンマン社長なら、問答無用で、跡を継げ。当人は、イヤと云うても、損得勘定さえ出来るなら、ハナシは簡単。ソレでも、他人さんのメシは喰ったホウがヨイのです。
見も知らずの、何処の馬の骨かも分からん上司から、気分と、顎で使われて、ヤットコサ、お給料が頂けるのやで。
ワンマン社長のご子息が、最初っからその会社に入社したら、どんなイケズな社員でも、ゾンザイには扱いませんです。イケズされても、しれてます。少なくとも、一社は行き先が有るから気分的にも有利やろ。
息子共も、アルバイトはしてますけど、アルバイトは、所詮、アルバイト。そこで、立身出世してやるとの、気概が有るならベツやけど、ソコに勤めて、一家を養わんとアカンとの、責任が有るならチガウけど。
これを云うと、立身出世が目的ではナイ。マズは、オモシロイ人生が送れること。仕事は楽出来るのが一番エエやんかいさ。
そんなこと云うヤカラが居るのです。ことろがドッコイ、そんなヤツ程、胡麻擂りに大変身。騙されたらアカンのやで。
私が、マダ、マエの会社に在籍してるなら、息子にも、安全牌として、確保してやるけど、あの会社では、人材なんか、使い捨てやから、辞めてオケ。
才能、特技も努力の結集で、ソレに巡り会えた運も有る。社長のご子息も、その運で、そしたら、大多数の凡人は、ドオしたらヨイのやろ。
人生にとっての岐路は多いけど、職を見つけることは、大きな岐路で、ここにも、運任せの気配がタブンに有る。
会社の運、上司の運、先輩の運、部下の運。ソレ以上に、当人の運と、数え挙げたら切りがナイ運との巡り合わせが有る。
さて、理屈は置いといて、当世就職事情はどんな具合やろ。とのことで、就職説明会に参加する気になったのです。
ここまでは、公式論で、本音としたら、二男の大学は学園祭で入ってるけど、長男のは入ったことがナイ。
どんなモンか、イッペンくらい、中味を見せてもろても、バチ当たらんやろ。
(00/12/17)


202.就職説明会(1) イザ、お出かけ

やっとこさ、朝十時から開始の消防訓練も、小一時間で終わってくれた。
さあ、ここからが、忙しい。
この日には、用事が重なってたのです。
息子の通う大学で、就職説明会なるものが、昼の一時半からあるのです。場所が大阪ですから、出発せんとアキマセン。
実は、消防訓練のアトで、役員会も予定されてたけど、区長さんには、申し訳ないと断って、ソソクサと、その場を退散した。
退散途中、お節介なおカタが、
「アレ、アンタは組長さんやったなあ。区長さんが、これから、役員会をスルて、云うたはりましたで。」
「イヤ、用事がありまして、区長さんには、その旨、お断りしときました。」
とか、一々、説明して、家に戻ったら、もお、ギリギリやでと、嫁はんから催促されて、
「ナニを着たらヨイのかなあ。」
「着るモンは、そこに出してアルから、それを着てんか。」
着替える云うても、上着とズボンだけ。それと、ハンカチ、鼻紙、財布に、イチオウ、携帯電話。
「アア、ソレとホカにもナニか必要なモンは有ったかなあ。そおそお、参加票やなあ。アレはドオなってる。」
「それは、私が持ってるから、そんなことより、早よ準備してんか。」
せかされ、せかされて、
「もおチョッと、待ってくれ。ボール・ペンくらい、持っとかんとアカンやろな。」
兎に角、時間がナイ。と云うよりは、目的地までの所要時間が分かりません。
「アイツにドオやって行くのか、聞いといてくれたんか。」
「聞いてます。早よ、準備して。」
よおやく、準備も出来て、出発です。予定では、マズ、クルマで、近くのスーパーに。
ホンマはアカンけど、そこにクルマを置かさして頂きまして、JR並河駅に向かうのです。閉店が、夜の九時。ソレまでには、戻らんとアカンのや。
私はそんな手は知らんかったけど、流石は嫁はん、生活の知恵なるモノで、ヨオ知ってます。
そこからなら、駅まで、ホンの一分。ソレも知らんかった。
クルマから出るトキ、又、云うのです。
「そんな暑い格好してんと、脱いで、オーバーだけにしたら。」
「そおかなあ。」
と、云い乍らも、云われるがままに脱いだのです。駅まで、付いてから、
「シモタなあ。アレに、ボール・ペンを入れてたのや。」
「今更、アカンわよ。アッチに着いたら、コンビニが有る。」
ナルホド、そお云う手も有るのか。そやけど、折角、準備して、勿体ナイけど、ショウガナイ。
行程は、並河駅から二条駅。そこから、タクシーで、四条大宮。阪急に乗り込んで、淡路で、天下茶屋行きに乗り換えるのやて。そんなこと、私はマッタク、知りません。
嫁はんは入学式のトキ、一度だけ行ってますけど、もお、三年マエのハナシ。
と云うことで、息子は三回生。この段階で、就職説明とは気が早いよおにも思うけど、当世は、それくらいの就職難を意味するのやろ。
私等の時代では、就職のことなんか、気にもセンかった。と云うとウソになるけど、就職はナンとでもなるから、左程、心配はしてナカッタ。
花嫁一人に婿三人。実際にソオであったのかドオかは、不確かやけど、引き手数多であったことだけは事実で、最後の最後まで、就職先が見つからん、そんなヤツは居てナカッタ。
イマ、流行りのリクルート・スタイルなるものももナカッタし、ソレはお金が無かっただけやけど、セイゼイ、ブレザー程度で、一二箇所を訪問して、その程度で、決まってました。
私は一箇所しか、受けてナイのです。その会社にしたのが失敗であったのか、どおかまで、今更、後戻りも出来ません。
そお云う意味で、イマの若いヒトは可哀想です。選ぶどころか、選ばれてしもて。こんな日本に誰がした。
政治家、官僚、マスコミ、金融機関が、寄って集って、煽って、煽って、無茶苦茶にした。
国益のナンたるかも、考えること無く、ナンでも、カでも、米国様の、御意、御意、仰せのままに従います。御無理、御尤至極で御座います。
そして、甘い汁、吸うて、エエ格好して、アトは国民よ、宜しく、取り計らえ。
(00/12/16)


201.国道九号線沓掛(21) 付録のハナシ

自動車の任意保険のハナシです。
保険更新時期が迫って、中味がようやく決着した。
掛け金は高いけど、息子共も乗ることやから、手厚い補償の、NAAPの熱烈保険なる名称のモノにして、尚かつ、21歳未満不担保で、等級プロテクト特約にするツモリで居たのです。
等級プロテクト特約とは、一回だけの保険適用なら、等級はそのままで、据え置きになるから、保険の掛け金は従来どおりで、二回目の適用では、等級は下げられて、掛け金は高くなるのです。
私は、過去一回も、任意保険のお世話にはなってナイから、60%引き。更に、家族限定割引で、5%引き。都合65%引きとなってます。
息子共が私のクルマに乗ると云うことは、それだけ、危険度が増すことになる。息子に限らず、私であっても、事故を起こしてしもたら、エライこと。
万が一に対応しての保険やけど、イマまでの掛け金なら、4.7万円。熱烈保険の掛け金は、7.5万円となる。等級プロテクト特約が、凡そ、1.5万円見当とのことやから、合計、9万円にもなるのです。
一発の事故で、倍にでもなったら、18万円。これでは、保険の掛け金だけで、破産してしまうがな。
それどころか、私のクルマの価値はナキに等しいから、価値が逆転してしまうけど、長年のおつき合いで、大切な愛車です。
この程度までは、分かってましたけど、ホーム・ページで保険の内容を調べたら、21歳未満不担保とはベツに、子供特約なるものを発見したのです。
ナニがドオ違うのかと、当の保険屋さんに訊ねたのに、ヨオ分からんから、調べときます。とのことで、保留にしてたのや。
その返事が来たら、ナンのことはナイ。新型保険で、21歳未満不担保を辞め、子供特約にしたら、等級プロテクト特約をつけても、7.5万円より、マダ割安になるのやて。安い云うても、500円ではありますが。
それでも、安いくなって、等級プロテクト特約代金の、1.5万円も消えることにナル。
この原因は、年齢制限そのものを、30歳未満不担保にすることで、10%割引となる。21歳未満不担保では、10%割増となり、上下で、20%の差となるからや。
子供特約とは、マサシク、契約者の子供がやらかした事故も補償の範囲にすることで、別居でも、未婚なら含まれるとのこと。
「最初っから、ソオ云う具合に教えて欲しいなあ。こおやったら、有利やとか。」
「任意保険は、強制では有りませんので、コオしなさい、アアしなさいとは云えないのです。
特約を追加したら、それだけ、高くもなりますし、あくまでも、契約者のご希望に添って計算することになってます。」
保険屋さんは、こんな具合に弁解したけど、そんなことはナイ。
毎年、更新の時期になったら、今年の保険金はコレですが、宜しいですか。
今年の場合、新型保険が出たから、これがお勧めですと、ワザワザ、ナニがドオ違うのか、比較までした、案内状が届いたやないですか。
ところが、頂いたパンプレットには、特約のことは書いてナイ。それにも増して、保険会社のホーム・ページでは、誤解を招きやすい説明やった。
新型保険では、これだけの補償がありますよと、説明文のナカに、等級プロテクト特約だけが、羅列してあった。
等級プロテクト以外の特約事項は、「ご希望によりセット致します」のナカに有る。
正直云うて、私は早とちりな人間やから、最初に、ホーム・ページを覗いたトキ、新型保険には、等級プロテクトが含まれてるモノと思たのです。
これはヨイなあと、喜んだけど、パンフレットにはそんなことは書いてナイ。契約者にとって、有利なことなら、キット、大きく書いて、宣伝するハズや。
ホーム・ページの文面を、穴の開く程、ジックリ読んだら、イヤ、待てよ、特約の二文字がついてるのです。
普段の私なら、キッチリ、勘違いしてしもて、特約事項と知らんがままに、補償の範囲と勝手に信じ込んでた可能性がある。ホーム・ページでは、明らかに、ソレを狙てるゾ。
そのウエ、特約も、大凡の値段等、ナンにも明記してナイのです。一説には、契約者の状況により、掛け金がチガウから、保険屋さんでも計算が難しいとか。そんなことはナイ。イマどき、パソコンで、簡単に出来るハズ。
深読みしたら、イザ、その段階になったところで、イヤ、チガイます。ホラ、このとおり、特約事項になってますがな。お宅さんは、つけられてませんよ。それでマチガイはナイから、てな具合に、逃げられてしまうのや。
マズは、パンフレットには、正直に、こんな特約事項もありますと、明記してオケ。
ホーム・ページには、マチガイを誘発させるよおな、記載はするな。
考えれば考える程、汚い、保険業界の戦略ではナイかと、疑りたくもなる。
これこそ、情報格差なる、逆手謀略でアル。
(00/12/15)



inserted by FC2 system