リストラのハナシNO.2

リストラのハナシNO.1

目次

32.「日経マネー」の取材(12) 五月号の原稿
<「日経マネー」2002年5月号(倒産・リストラに負けない!「大失業時代のサバイバルマネー術」)>

31.「日経マネー」の取材(11) 詐欺商法

30.「日経マネー」の取材(10) 年金の話

29.「日経マネー」の取材(9) 暗雲立ちこめる日本の製造業

28.「日経マネー」の取材(8) Webショップ

27.「日経マネー」の取材(7) 住宅ローン

26.「日経マネー」の取材(6) 人材登録センターの話(2)

25.「日経マネー」の取材(5) 人材登録センターの話(1)

24.「日経マネー」の取材(4) 総合職と専門職

23.「日経マネー」の取材(3) 自己都合と会社都合退職

22.「日経マネー」の取材(2) 日経ホーム出版社

21.「日経マネー」の取材(1) メール受信

リストラのハナシNO.1


21.「日経マネー」の取材(1) メール受信

見知らぬメールが届きましてねえ。
見知らぬメールも佳く届きますし、電話も掛かって来ますがな。
電話なら、ヒツコク掛かって来るのが冠婚葬祭でお馴染みのセレマです。
小母様のお声でセレマを知っておられますか。はい、知ってますが入ってますと答えたら、もお一口どおですかやて。結構で御座いますでオシマイにしてしまう。
見知らぬお声での電話も内容を聞かねば意図が分かりませんし、結果、間違い電話も多いしなあ。
違うと返事してるのに何回も掛けて来る馬鹿も居る。其の度に電話番号を尋ねられ、可笑しいなあと捨て台詞やで。お前の頭が可笑しいのや。スミマセンの一言くらい云うてクレ。
若い女の子なら多少の我慢もするけれど、小母様では腹が立つし、小父様なら吐き気を催しますが、不思議なことに小父様からの間違い電話は無いので助かってます。
メールについては千差万別、種々様々ですが、概略なら「件名」と「送信者」に寄りまして、斜め読みのウエ削除か一時保管のウエ削除。或いは目も通さずに即刻の削除。後回しで読むか、精読して返信しなければならぬかがホボ決まります。筆無精故、其の返信がナカナカ出来ませんので困ってますが。
この話での見知らぬメールの件名は、「日経マネー取材のお願い」でありまして、送信者は藤井聡子さん。
「日経マネー」なら高名なる雑誌ですから買ったことも有ります。送信者はどんな人か名前からして女性としか分かりませんが、雑誌社からの取材とは如何なることかと精読です。
雑誌名からしてですが、もしかして、「財テク失敗談」でも読まれたのかなあ。実は此れが時々有るのです。
ナンとかフューチャーのナンとかですが、此れ此れの先物をやりませんですか。イヤ、貴方様のホーム・ページをチと拝読致しましてねえ。ご経験はお有りのようですが、是非共私共のナンとかフューチャーで一財産。如何で御座いましょうかねえ。
先物に一度手を出したら何度もやりたがるのですて。よって、鴨として打診されるのです。私も一度ならず手を出しましたがモオやらんワイ。
電話も有りますが、たったの一言、そんなモンに興味ナシで終わってクレれば宜しいが、イヤイヤ、ナンやカやと喋りっぱなしで切りが無い。ならば、申し訳有りませんが切りますと返事は無用。一方的にお断りして受話器を降ろします。
メールでホーム・ページの話が出ますと返事に困る。一応、我がサイトの訪問者です。削除も無視も、するワケにも往きませんので丁重にお断りのメールを発信です。
此のメールの内容は財テクではなかった。雑誌、「日経マネー」の五月号(三月二十一日発売予定)で、「大失業時代のマネープラン」なる企画で私のサイトを見つけられ、取材が出来ないかとの主旨。
早い話が、我がサイトに掲載の「リストラのハナシ」を読まれて、取材候補にされたのです。
具体的には私の体験としての会社を退職するまでの経緯と現在の状況等々についての話を電話で伺いたいとのこと。直接の面談も佳いけれど、ナニブン、先方様は東京ですて。
勿論、匿名で記事構成致しますのでご心配無用ですし、取材を受けて戴けるなら電話番号並びに都合の佳い日、時間帯を連絡してくださいとのことであります。
ホーム・ページに公開してるのですからお断りする口実は無いのです。かと云うて、真実そのまま公開してますから、其れにナニを付け足すのかです。
とりあえず、そんな主旨で返事を出したら、早速、企画書添付のメールまで戴きまして、電話取材の取り決め等もご丁寧に逐一メールで戴けまして、「リストラのハナシ」の裏付け肉付け取材と解釈した。
ならば、取材を受けるからにはナニを掲載してたのか読み直さねばなりません。掲載内容と取材での話に喰いチガイが有ってはイカン。
「リストラのハナシ」も過去数回手直しをしてるのです。掲載時には感情の高ぶりもありますし、過激なる表現もしてました。読み返せば問題箇所も多々ありますし、誤字、脱字は数知れず。修正で治れば佳いのですが、修正のつもりがミスしてしもたり。
今回も例外ではなかった。読み返せば問題だれけで又修正です。
特に人名には気を使うのです。退職者は実名でも佳いけれど、さりとて漢字ではイカンやろし、現役ならカタカナでもダメですが、余りに遠い仮名にしたら私でも分からんよおになる。
兎に角、電話取材までにはやってしまえとナンとか当日の一時間前に出来ました。
云うてもたったの一ファイルです。
(02/03/21)


22.「日経マネー」の取材(2) 日経ホーム出版社

早速、見知らぬおカタ様からメールを戴きまして。
我がサイトのご訪問者様ですが、日経マネー五月号とは云え、三月二十一日発売の電話取材打ち合わせのことを三月二十一日付けで掲載してますから、発売に間に合わんのではないかとのこと。
ご心配無用です。私の話はバラバラでして、何十年も昔のことから極最近のことまで。一緒クタで順不同。
マズ、この話の発端となりました一発目のメール受信は二月十二日のことで、電話取材は十五日でした。そんなに早くから掲載するのも時期尚早で材料不足でしたが出版前日には掲載の日経マネーを送付して戴きましたので掲載の次第です。
実は、リストラのことに限らず、メール、電話で簡単な取材を受けることがあるのです。
電話で色々お話しさせて戴きましても、結果採用されずのこともありますし、採用されたとしても匿名で、たったの数文字では捜すだけでも大変。捜すどころか、紹介件数が多過ぎまして、どれが私のことかも分かりませんがな。早い話が単なるアンケートに毛の生えた程度の肉付け用材料にされただけやったりして。
取材としては、「リストラのハナシ」を通じてが多いのですが、「M社のISO物語」でも有りましたし、「耳鳴りのハナシ」では健康食品と雑誌社からも有りまして。
尤も、ご意見をお聞かせくださいとか、我が社のアレを一度試してみませんかです。一定期間タダでとか、サンプルでも送ってくれるなら佳いのですがナンにもナシ。イヤ、一度だけ有ったかなあ。ナンのことはない、其れなら取材は口実で、彼方様の営業活動の一環や。
今回は取材のアトでご丁寧にも原稿まで連絡戴いてますし、当方での掲載の旨もお断りしています。
そんな次第で電話取材は当日二時頃となっておりまして、普通の電話では急用があってもいけませんので何処に居ても大丈夫なよおにと携帯電話をお知らせしてたのです。
さて、タマにしか鳴らぬ携帯電話の呼び鈴が予定の時刻に鳴りまして、時間に正確は佳いことであります。
「日経ホーム出版社の藤井と申します。」
日経マネーは日本経済新聞社が直接やってると思てたのですが、子会社の日経ホーム出版社です。
出版物としては「TRENDY」「日経WOMAN」「ZEROONE」「日経おとなのOFF」「ココカラ」「日経アドレ」。そして主力の「日経マネー」等々単行本。
悪いのですが、「日経おとなのOFF」「ココカラ」「日経WOMAN」は存在すら知らなんだ。
「TRENDY」「日経アドレ」はそんな名称の雑誌が有るのを知ってる程度で、「日経マネー」以外は表紙さえめくったこともない。単行本なら買ったことが有るかも分かりませんが出版社を見て買うので無いしなあ。
そんなことはどおでも佳い。先方は我がサイトを覗いておられるのですから私のことを或る程度承知と思うのですが、私は先方のことはメールの範囲でしか分かりません。分かってることは、氏名からして女性と云うだけ。
自己紹介の次ぎは取材承諾のお礼を云われまして、イヤイヤ、結構で御座いますよ。
「早速ですが、どのよおなお仕事をされてたのですか。」
此のご質問が一番困るのです。出版社の編集部のカタですから、製造業には無縁で品質管理のことは知らんやろ。どの程度の説明が要るのかさえ分かりません。
「日立、東芝、松下、NEC、サンヨー、シャープと云えば説明するまでも無く有名ですが、其の製品の内部に使われてる電子部品の会社は一般のカタには無縁ですので、ロームは知らんでしょう。」
「知ってます。大きな会社ですし、私も京都出身なんです。柴田さんのホーム・ページにも掲載されてますねえ。」
左様でしたか。此方様は就職先が東京だけで、出身は京都でしたか。ロームも其処まで有名になってましたか。「実録ハイテク物語」にも目を通して戴いてましたか。
そしたら、多少は分かって戴いてるはずで、製造業に於ける品質管理業務の説明は長くなりますので此処では省略致します。
途中、携帯電話のためか雑音が酷いのですて。差し支えなければ普通の電話の番号を教えてください。折り返し電話する。
余り使うことのない携帯電話ですから、可笑しくなってるのか、時々声が聞き取り難いと云われることがあるのです。もしかして、集音部に口を接近させ過ぎてるのかとも思てましたが、そんなこともなさそおで。
電話が切り替わりましたら、先方のお声も佳く聞こえるよおになりまして、お声からして若き女性でした。イヤ、電話では年齢までは分かりませんし、聞いてもいませんで。
(02/03/22)


23.「日経マネー」の取材(3) 自己都合と会社都合退職

電話を切り替える其の数秒だけで、ナンの話を何処までしてたか忘れてしもて。
そおそお、お次ぎのご質問はリストラされたのですから、会社都合ですよねえやった。
違うのやなあ。リストラに慣れた会社は経験を積んでますから会社都合になんかにさせませんのです。もっと賢いやり方です。
松下、NEC、富士通等々が希望退職の募集を発表しました。松下なんか終身雇用の守り本尊的存在でしたが前例にない小泉大不況のためとITブームの急激な落ち込みに加えて、米国での同時多発テロ勃発で我慢堪らず打ち出した人員削減ですが、誰もが知る大会社だけに希望退職を発表するには大変な勇気決断が要ったと思います。
会社が希望退職募集して、其れに応募したならばご当人様が此処等で退職してやろかと判断してのことであっても紛れなく会社都合に寄る退職でリストラされたのです。希望退職ですから其れなりに上積みもあってこの条件ならこの機会にと決心するよおにしてるのです。上積みもなければ辞めることもありませんしねえ。
私もリストラされたとの認識ですし、経過を説明すれば誰もがリストラであると判断してくれますが、会社としましてはご当人である私の決心だけのことでありまして、退職届には一身上の都合に寄りと自己都合的表現をしてるのです。
つまりです。自己都合とは会社が希望退職を募集したワケで無し。誰からも退職してクレとも首であるとも言語明瞭に宣告もされず、会社が倒産したのでもない場合の退職や。
そしたら、勝手な都合だけみたいですが、クドイけど其処までに至る経過がありまして、直接の原因は度重なるイジメ人事と異動のためです。
「リストラのハナシ」でもそのまま掲載してますが、其処まで読んでないのやなあ。
イヤ、長文の掲載ですから全部には目を通してませんやて。正直で宜しいです。ご当人の私でも全文を再読するのは大変やった。
私の場合、あくまでも、嫌がらせ人事で追い込まれたため形上は私から自主的に退職届を出したのです。
私だけでは無いのです。あのとき、同じく人事異動で所属を替えらえた面々は私のアトを追うが如くに退職しましたが、全員、自己都合ですし、其の前に大リストラで約百名の部署が半減しましたが、誰一人会社都合ではない。お前は不要と云われても其の部署には不要であると云うことで、余所の部署に即刻往けで、気に要らず厭であるなら辞めてしまえです。
イジメ人事かソオでない人事かくらい当事者なら分かります。多少なりとも経験を生かせる業務であるとか、異動先から是非にと望まれてとか、新しい部署でも夢と希望があるならナンでも結構。そおで無いならイジメ人事で、イツでも辞めてクレです。
私以前でも以降もイジメ人事が横行しまして、沢山の人が辞めてます。暫く大人しくなりましたが、またもや小泉大不況と追い打ちを掛けた諸般の事情に寄りまして、昨年末から今年に掛け、世間に名だたる大企業はリストラ策を発表。
同じ電気業界で希望退職等、人員削減策を発表してない会社ならリストラしてないかと云えば大間違い。電子部品業界では希望退職を募ってないだけで、大々的にやってるのです。
其れがイジメ人事でありまして、何処の会社とは申しませんが毎日草刈りとか、新設部署に該当者だけが配属され、不良品の選別業務。或いは、役職を剥奪されないまでも、部下ゼロにされ仕事が無くなるとか。
希望退職募集以外の方法なんか幾らでもある。イジメ人事で辞めてくれるなら余計な出費は要りませんし、世間に公表することもないので会社としては賢いですが、社員は堪ったものでありません。
此れは現在の社員のことでありまして、今時、新卒でも正社員で雇う処が少ないし、契約社員とか派遣社員かアルバイトにしてしもて、イツでも首を切れる体制に移行してる。
此れ又、何処とは申しませんが、アシスタント業務は全員派遣社員にしてしまい、如何に有能であっても二年でサヨナラの契約です。ならば、従来から居た正社員でアシスタント業務担当者はどおなったかと云えば、大半は女性ですから自然減に任せるか、勤続年数の長い者は強引な人事異動。運が良ければそのままですが、そのままでもイツかは辞めるか、辞めそおでなければ人事異動で息の根を止める。
つまり、正社員として勤めてる者は派遣社員と契約社員に職を奪われ、かと云うて、新卒でも正社員としては雇用されるのが難しい時代で、やむお得ず、派遣社員か契約社員となってるだけ。
こんな歪んだ雇用形態も求職難と企業の喰うか喰われるかの世界的な生存競争のためもあり、凄い勢いで広まってるのが現状やで。
(02/03/25)


24.「日経マネー」の取材(4) 総合職と専門職

アシスタント業務が二年契約になったら、その度に教育しなければならぬし所属長も大変やなあ。
細かな業務の引継も充分には出来ませんし、所謂、愛社精神不要の時代になった。
話だけが先行してまして、アシスタント業務がナニかの説明をしてなかった。アシスタント業務も一口には難しいけど、日本語でなら庶務的業務です。
品質管理のアシスタントがナニをしてたかとなれば、沢山有った。どの部署にも有ったのは会計的業務で、出張旅費の精算手続きやがな。こんなことだけ日本的慣行が踏襲されまして、判子が沢山要るので外務省みたいに不正は出来ません。計算ミスでもしてたらアシスタントが間違ってますよと指摘しやがるから恥を描かずに済むので、其れくらいのアシスタントは信頼できるし重宝です。
そして、定型的書類の処理がありまして、ナンのことかと云えば、営業を通じて顧客から技術資料を要求され、作成済みのものなら捜してコピーを送るだけですが、異常に多いから担当者が一名要りますがな。無ければ誰かが作成せねばなりません。簡単な資料ならアシスタント業務となりまして、複雑なら熟知した技術者がやらねばなりません。私であったり開発者であったり、兎に角顧客要求の意味を理解して技術資料が作成出来る人。
或いは、標準書の管理と関係部署への配布等々。標準書の作成は無理ですから、作成は私であったり開発者であったり。此れ又、内容を理解し標準書が作成出来る人。
ハタマタ、信頼性試験等々の実務はアシスタント業務で、結果を如何に判断し加工するかは責任者の業務。とりあえず、多岐に渡るため、場合に寄ればアシスタントのホウが詳しいことが有る。其れで何名要るかとなれば部署の受け持ち規模によってバラバラですが、三名から十数名。
阿呆みたいな心配ですが、アシスタント業務が契約社員になれば職場の忘年会、新年会に歓送迎会とかレクリェーションもどおするのやろ。ヤルにしても空々しい雰囲気やろ。何せ、長くて二年。二年もしたら顔ぶれが一新してる。計算ミスも指摘してくれるのか。
結婚するとなってもお祝いなんかどおするのやろ。披露宴にも招待してくれるのかいな。そおかおめでとうさんだけでオシマイやろか。そやったら、冷たいことやなあ。
人にも寄りますから、長年勤めてるからと招待してくれるとも限りませんし、されたらされたでお祝いにも気を使うし、挨拶の一つもやらんとあかんやろ。其れだけは堪忍してクレと意識過剰で上がり症の私は気が重いけど、其れが日本の習慣やで。日本だけの習慣でもないけどなあ。
今までなら辞めると聞けばナンでやな。寂しいなあとそんな会話もあったのです。部署が替わってもワザワザ挨拶しに来てくれたけど、会社だけでの至ってドライな関係になるのやろ。
風邪でも引いて休みよったら、大丈夫かと家にまでお見舞いに往っても良いのやら。怪我、病気で入院しよって、病室を訪問したらヘンな奴と勘違いされたりして。
イヤイヤ、知り合いがなあ、此処の病院に入院してるし、ついでやし寄っただけやとか、弁解ばっかりせにゃならぬ。
古いかも分かりませんが、会社での仲間なら、同じ部署なら勿論のこと、時には部署を越え、そんなお付き合いは常識と考えてます。
こんなこと、アシスタント業務だけでは無いのやで。
専門的な技術が有ろおとも、資格が有っても途中入社では正社員として再就職出来た者は少ないのです。云うときますが、私みたいな中年ではありません。三十歳になったばかりでもそんな扱いですから下手に会社も辞められんし、辞められませんが、ご当人に合わなければ早く見切ったホウが賢明です。
この前なんか、新聞に掲載されてましたで。来年度からの新規採用では大学院卒は正社員ですが、大卒は一年契約の契約社員で退職金なしやて。
その替わり、月給は約八万円高いのですが、入社試験を受けて合格しても身分は契約社員やからなあ。何処の会社かと云えば、ナンとまあロームやて。イヨイヨ、人間使い捨ての時代になったのです。
来年度になってみなければ分かりませんが、そんな冷酷非情な会社に入社したい大学卒が居るのかです。ではありますが、既に新入社員の九十%が大学院卒ですから本音では大学卒は要らんと云うことで気位がお高くなりました。
確かに、会社と云う場所は仕事だけして、見合う給料さえ貰えば佳いと云えば佳い。慣れてしまえばそのナカでも人間関係は構築出来るのですが、製造会社も外食FCかファースト・フード店のアルバイト店員みたいな様相を呈して来た。
店長一人で実働部隊はアルバイト。アルバイトでも教育さえマニュアルに基づきしっかりやれば充分です。
王将、さと、CASA、マクドナルドにミスター・ドーナツで三ヶ月もしたら店員さんが替わってる。下手したら往く度に替わってるし、半年、一年もしてまだ居てたら大したもんや。
つまり、何処でも総合職の社員とアルバイト的専門職に分かれて、此れぞ米国的合理主義的思想ですが、適する業種と適さぬ業種が有ると思うのです。と云う前に技術の蓄積を要するなら不適です。
技術の継承も総合職がやれば佳いと云われれば其れまでですが、目的はナニかと云えば会社も面倒なリストラ不要の体制とし、会社での人間関係も希薄で胡麻擂りばかりとなる。
(02/03/26)


25.「日経マネー」の取材(5) 人材登録センターの話(1)

マクドナルドとか王将の話まではしてませんで。
来年度の大卒が契約社員のこともしてませんで。電話取材のアトでの情報です。
何れにセヨ、内実はリストラであっても、名目は自己都合退職になってます。
私のアトも先でも次々に退職したり、させられてますが、会社都合ではないのです。倒産ではないし、希望退職を募られたワケでも無いですから、全て自己都合です。
「其れで退職の際に割増金は有ったのですか。」
ロームでは其の当時、割増金は公然の秘密でした。
公然の秘密とは制度化されておらず、辞めた人から口伝えに噂から噂として広まっただけで、私が退職して半年経過から早期退職制度として制度化されました。
噂と制度化でどのよおな差が有るかと云えば、噂を知らなければ請求も出来ませんので、割増金も戴けません。デマなら恥掻くしねえ。
制度化されてれば黙ってても頂戴出来ますし、支給されなければ忘れてるのではないかと請求出来ます。
そんなことで、私も噂で知ってましたから請求して、割増金は戴けました。残念乍ら制度化以前でもありまして額は少なかったのです。
「お辞めになった時、子供さんは高校生だったのですねえ。教育資金はどのよおにされたのですか。」
辞める時、其のことが一番の問題でしたから、息子達には進路については思うよおにやれば佳い。心配するなとだけ伝えたのです。
正直云って、退職金全額は学資に消えました。二男はまだ大学院に往きますから、其の分は不足です。
「就職活動はどのよおにされたのですか。」
辞めた直後にはホウボウに往きました。所謂人材登録センターが主ですが、京都は勿論、大阪にも足は運びました。
インターネットで求人情報を調べたウエで職種についても予め絞り込み、こんな職が佳いと目安を付けて、例えばのことですが、ナンとか電工の関係会社で年齢制限無し。品質管理の部長職を募集してるから、是非やらせて欲しいと打診したら、人材センターから会ってお話致しましょうとの返事です。
とりあえず、先方指定の履歴書様式をメール送信して戴きまして、職務実績の内容も作成して説明に来てクレとのことでしたから、指示どおりに資料持参して大阪に往きましたがな。
ナンと云う人材登録センターかまでは申しませんが曾根崎警察署のソバでして、其処なら年一回の学生時代の同窓会の集合場所になってましたから方向音痴の私でも迷うことなく一発で往けるつもりが東西南北が分からず、やっぱり迷いましてねえ。
ビルの何階かは忘れましたが、其処の一角に有りまして、面談の担当者は名刺に寄れば部長さん。年齢は私よりも年輩者でして、定年退職で再就職されたのではと思た程。
履歴書はそのままですから問題無いのですが、職務実績の話になれば、佳く分からんからと、品質管理が分かる人にも加わって戴くことになりまして。此のカタも私よりも年輩者で名刺に寄れば部長さんでして。
此の人材登録センターでは全員の肩書きが部長さんで、定年退職の再就職者ばかりではないかと思た程。
其れは其れとして、実績では成果をもっと誇張したホウが佳いですよ等と助言を戴きまして、ナルホドなあと納得したのです。
ところが、肝心の再就職先の件に話を移行したら、アレは既に決まってますやて。
云うときますが、何度も内容確認してますし、往く直前にも電話で大丈夫ですかと確認してるのです。ホカにも希望者が有るのは結構ですが、余所さんに決まりましたでは困りますし、出来れば其れ以外にも適当な先が有ればと思てたのです。
大丈夫ですよと回答を得て大阪に来たのに、アレはダメですとアッサリ云われてしもて、問いつめれば取引先のカタで決まりましたとのこと。
ホーム・ページではナンとか電工の下請けでしたから、其処からの出向者を受け入れるとのことでした。其れなら事前に分かってるのですから云うてクレよなあ。
とまあ、其の段階ではショウガナイとしたのですが、その後、一週間してもホーム・ページではそのまま掲載されてますから、再確認したら、イヤ、スミマセン削除致しますやて。
ところが、削除もされずに一年間も掲載されてましてねえ。
要するに、条件の佳い求人は単なる餌情報のことがあるので要注意やで。
(02/04/05)


26.「日経マネー」の取材(6) 人材登録センターの話(2)

中年諸子よ。経験者求むで、年齢制限ナシの求人にはご用心で要注意。
真相を知れば、何処でもやってるのです。
撒き餌なら喰えるのですが、喰えませんから食欲をそそられるだけの仕掛けでルアーと称する擬餌鍼です。
決まってしもてるのに一年間も掲載してますから明らかに意識的なもので人寄せのための広告を主目的とした求人情報ではないのか。
何せ、更新だけは日に一回、最低でも一週間に一度はされてます。ホカにも年齢制限ナシで中年を対象とした設計開発部門責任者、経理責任者、営業管理者等々が削除されぬままに掲載されてましたで。年齢制限のキツイ求人情報の回転は速かったから、削除忘れとは云わさせませんで。
かと云うて人材登録センターの中年向け求人情報がマッタクのインチキとも思てません。最初は有ったのでしょおが、無くなれば速やかに削除してクレと云いたいだけ。
私みたいな単純、世間知らずの暢気者ならこんな求人が有るのかとすっかり信用してしもて、乗り気になって、大阪やからチと遠いけど、挑戦してみよかと真剣に考えてしまうがな。
イヤ、チョッと待ってクレ。其れなら事前に問い合わせしてるのですから教えてクレても良いのになあ。往って、確認して、残念でしたねえでは詐欺行為やで。尤も、登録は無料ですから文句は云えんのか。
此れ程の良い職種が来てる人材登録センターなら此れ以外にも良いのが有ると思うのは甘いのです。
大阪のでも履歴書と写真と職務実績を持って来てクレと云われまして、写真屋さんで写真を撮りまして、写真館では無くそこらのですが、履歴書には貼らず持って来るだけで佳いと云われまして。
差し出された登録用紙に住所、氏名、連絡先等書かされまして。持参の履歴書等は戴くけど、写真はコピーだけで佳いとのことで、適当な求人が入ったら連絡しますでソレっ切り。
其れ以外の人材センターにも当たってみましたが、似たよおなことばっかりで、足を運ぶだけ無駄と知った。にも関わらずなんで履歴書等持参で登録だけさせられるのか。憶測ですが、人材登録センターの登録者数の数稼ぎにさせられてるのか。
実際の処、管理職業務は縁故がなければ難しいです。或いは在籍中に次ぎなる就職先を決めてしまい、皆様計画的で賢いです。
私みたいに縁故が無ければ、工場の作業者か倉庫、駐車場管理、生存競争の激しいタクシー運転手しか有りませんで。
小泉首相も仰った。失業率は増えたけど、其れは製造業でありまして、その分サービス業に移行してるのですて。間違いではありません。タクシーは驚異的に増加してます。
何処でもそおですが、先日京都駅に往ってビックリしたで。私が辞める以前の反対になってます。乗客よりタクシーのホウが圧倒的に多いから、京都駅のタクシー乗り場周辺はタクシー満杯のために交通渋滞。乗用車が下手に近寄ったら一歩も動けず。
以前は乗客が大勢で十分二十分の待ちはザラやったのが、タクシー待ちの乗客が居らず、タクシーが乗客待ちしてる。
斯く申す私もタクシーに乗るのは年一回も有るやろか。そもそも、亀岡、嵯峨の往復だけで出不精故、ホカへは外出しませんし、タクシーに乗る用事も無いし、自費ですから勿体ないと思てます。
お陰様で、タクシーの運ちゃんも水揚げが月十万円程度に落ちたのやて。此れでは生活を支えることは出来ませんと誰かが云うてました。ソラ、企業収益ガタ減りでは出張でもタクシーはなるべく避けなさい。出来る限り、公共交通機関を利用セヨとなってますので、小泉不況に感謝セヨ。
其れは其れとして、焦ることなく、当面は自分のやって来たことを生かしたいと思てるのです。
ホーム・ページ開設で、自己紹介欄に品質管理の仕事が有れば馳せ参じますと掲載してたら、ISO取得を手伝ってくれと、M社からお声が掛かったのです。
其の経過は、「M社のISO物語」に掲載してまして、経緯もそのままで付け足すこともない。
その後も知った先からISO取得を手伝ってくれとか品質管理の指導をして欲しいとか。全部、単発で名目は契約社員と云うのか応援です。
「其の収入で生活が維持出来てるのですか。」
来た来た。此の質問が一番厄介ですが、電話取材に応じたからには答えねばなりません。
生活は維持出来てませんが、私にも一応の蓄えが有りますから、取り崩してるのです。イツまでもこんな状態では困りますし、云うたらナンですが、森首相時代から話も減って来て、小泉首相になって拍車が掛かってます。
今日明日ならドオと云うことも無いのですが、ノンビリしてたらアキマセンので、友達にナニか有れば頼むと声を掛けてるのですが、早々有りません。
本当にダメになったら、考えねばなりません。作業者、倉庫に駐車場管理者、タクシー運転手も視界に入って来てます。
本当ですよ。ホーム・ページで愚痴を零してる場合でないからチと焦って来てます。
(02/04/06)


27.「日経マネー」の取材(7) 住宅ローン

電話取材では京都駅のタクシー満杯から乗客ガラガラの話まではしてませんで。
小泉不況で何処さんも大変ですねえと云うただけ。
其のホカにはホーム・ページを通じて、知り合いになったカタのご紹介で、ボヘミア・ガラスを無店舗Webショップ販売したのです。
有名なる楽天市場ではありませんが、類似の有料Webショップ支援サイトに登録もしましたが、マッタクとは申しませんが、登録料に見合うだけは売れませんでした。有料だけでなく、無料サイトにも登録しましたが、無料のは引き合いもナシ。
折しもITブームの崩壊もありまして、崩壊以前にダメでしたが、Webショップで販売出来るものはYahooオークションに出品されてる品目でもお分かりのよおに、Webでなら簡単便利な訳有り商品か、有店舗有名店のもので、Webは補助的なものに限定されてます。
ボヘミア・ガラスは、ヤヤ特殊なものでして贈答品には適しますが、贈答品なら無名無店舗のWeb販売には適しませんでした。結果的にそのことが分かったのですが、投資金額は知れてますし、佳き経験になりました。
「住宅ローンは有るのですか。有ればですが、残金はどおされてますか。」
住宅ローンねえ。こんな質問は想定してませんでしたが、残ってますと答えました。残ってますから、払い続けてます。二十五年ローンで、アト三、四年です。
辞めた時、残金が幾らであったのか正確なことは忘れましたが、ン百万円有ったのかなあ。
高金利の時代に借りてましたから会社在籍中にでも借り換えれば佳いのに、突然辞めたからやってませんでした。阿呆ですねえ。
金利は住宅金融公庫が5.5%、厚生年金基金6%、住宅ローン7.8%、財形基金融資8.7%。(「単なる雑談」NO.109槇嶋のハナシ参照)
住宅ローンとはナンのことか、隠すことも無いのです。大和銀行の住宅ローンのことでありまして、金利が馬鹿高いため、財形基金融資分と一緒に一括返済してますが、借りて十年後のことで、退職とは無関係。
忘れもしません。一括返済したいと大和銀行に申し出たら、色々注文つけやがってねえ。
貸金庫を契約してくれませんか。定期貯金をしてくださいよ。キャッシュ・カードとVISAカードを造ってクレませんですかやて。
定期預金はやってます。預金残高不足のために住宅ローンの引き落としが出来んかったら困りますよと銀行から云われましたがな。イヤイヤ、ローン返済用口座の通帳まで造らさせられてます。
キャッシュ・カードなんか、発足はイツなんや。かれこれ、三十年になるのやろ。
そもそも、会社の経理担当者が造って来てやったでやて。頼みはしてませんが先輩社員ですから断ることも出来ませんしねえ。会社の資金繰りがきつかった時期でして、私なんか預金通帳を造って来てやると云われまして、認め印の三文判を渡しまして。ついでにキャッシュ・カードを戴きました。
ATMが珍しき時代です。他行との提携などされてませんから手数料以前に無効のため、発行銀行でしか使用出来ずで、キャッシュ・カードの意味はなかったで。
経理担当者が銀行に往く度に預金者をナン人か紹介してクレ。キャッシュ・カードを造ってクレと此れ又、軽い一言だけでありましても立場上、強要、脅迫に該当しますから、私共無垢なる後輩社員がやって来てやるでと勧誘されたのです。
クレジット・カードは出張が多かったから、JCBを持ってまして、引き落とし先の口座が大和銀行の其の口座ですがな。そんな意味からは、今になってATMも普及しまして三十年前のキャッシュ・カードと口座が役立ってます。但し、クレジット・カードは退職すれば海外出張もありませんので、利用頻度年に一度も無くなったため会費だけを取られてます。
貸金庫にしましは、用事も無いのに住宅ローン設定の時に契約させられたワイ。さあ、云うてクレ。其れ以外にナニをセエと云うのやな。
そしたら、一覧表が有りましてねえ。行員がチェックしやがるのです。
ナルホド、全部やっておられますねえ。ショウガナイなあ。まあ、定期貯金でも増額してくれたら佳いのですがやて。五月蠅いワイ。
そして、抵当権抹消代金、手数料込みで二十万円取られたで。
今では取られんらしいけど、銀行とはそんな処です。借りる時、完済する時にはゴタゴタ、ゴタゴタ注文ばかりを付けるのです。
そのくせ、定期貯金をしてクレ。口座も沢山造ってクレ。その定期貯金はペイ・オフでは真っ先に切り捨てで、口座も同一名義の鞘寄せしてからの引き出しですて。そんなことしてるから、大和銀行の株価も下の下の百円以下になってます。
イヤ、電話取材ではそんなことまでは云うてませんです。
阿呆でした。借り換えておけば佳かったのになあ。
辞めてからでは遅いので、アト数年、頑張って返済するしかありませんとだけ申しました。
(02/04/07)


28.「日経マネー」の取材(8) Webショップ

余談ではありますが、ご参考までにボヘミア・ガラスのサイトは1999年9月2日に開設。
名称は、「玻璃の王国・BOHE・BOHEミヤーン」で御座います。
卸元も諸般の事情に寄りまして、輸入打ち切りされます故、サイト登録のプロバイダ契約更新も打ち切りで、此の四月から自然消滅のハズがマダ存続してます。其れは彼方様の勝手ですが、そのうち気がつかれまして抹殺される運命です。
Webショップ支援サイトの一覧表が、「秘密の三倉庫」の「WEB_SHOPの倉庫」です。
有料、無料支援サイトがありまして、最大では五十サイトを越す数を一覧表に掲載してましたが、二年半を経過した現時点では、四分の三を削除し、十二サイトが残るのみ。イヤ、削除のみで追加してない結果ではありますが、勝手に削除したのでは無く、先方様サイトが消滅したり、衣替えされたためです。
尚、一覧表と我がWebショップ・サイトの登録先とは無関係で、そのうち、此の倉庫も抹殺するやも知れません。抹殺したらのことですが、「秘密の三倉庫」改め、「秘密の二倉庫」か、単なる「秘密の倉庫」にでも改題致します。
さて又、流石に有料支援サイトも無料のも、ITバブルと共に増大し、崩壊と共に淘汰されました。
その間には色々有りまして、最初が無料であったのに途中から有料にする等で、詐欺行為に近いものがありますが、実績でも有れば別ですが、ナンにもナイから更新応諾してないのに、其れでも掲載してくれてたりしましてねえ。
理由は簡単明瞭で、店舗登録数を誇示するためであります。多ければ多い程、賑やかですし、登録店舗数、百未満ではお話にもなりませんが、五百、千ともなれば、一応の信用力、宣伝価値も出て来ます。よって、最初は無料で登録させ、数だけ稼ぎ、しかる後に有料化が手のウチであります。
数が多くなれば、同一商品販売店も出て来ますので、余所より目立たせるがためのオプション契約でTOPページに貼り付けるリンクの勧誘も出来ますしねえ。オプションですから別途料金が要るのであります。
登録店舗数が多ければ、関係者御一行様のご訪問も期待出来まして、訪問者数日にン万件と豪語してますが、カウンターが存在してませんので嘘かホントか分かりませんで。
Webショップで買い物をするのは簡単便利ではありますが、反面に於いては金銭が行き来するがため、支援サイトの信用力が大いに影響します。如何に善良真面目に運営しよおとも、Webだけに訪問者様には其の姿顔形は見えません。見えた処で私は極悪非道で詐欺常習犯の前科者であるとも書いてナイ。
Webショップが流行ると共にトラブルも増えまして。注文の品と届いた物が違うとか、壊れてるとか。支払ったのに物が届かん。イヤ、注文された品物を大量にキャンセルされたとか、毎日のよおに報道された時期がありました。丁度、IT全盛期の頃で、我がWebショップでは問題発生する程の販売量も無かったなあ。
矢張り、高名なるWebショップ支援サイト、楽天市場等と契約するのが一番で、此方なら店舗数も一万店に今一歩で、其れなりに売れるよおにする企画もありまして、勿論参加は有料ですが、果たして、ボヘミア・ガラスが登録基本料金月額五万円を上回る純益を産んだかとなると甚だ疑問。
とりあえず、Webショップに適する商品と適さぬものが有ることだけは確かですが、楽天市場では会社組織であることが出店の前提条件となっておりまして、個人Webショップは門前払いです。イヤ、楽天市場だけではありません。高名であればある程、契約に際しての条件が多々ありまして、資本金ン百万円以上、年商ン千万円以上、有店舗、開店ン年以上とかで、ナカには疑わしいお店が出店されてますが、基本的には出店側の実績がなければダメになってます。
等々此の世界の裏と表を勉強させて戴きましたのと、余談ではありますが一部は電話取材で話をしました。
さて、ご意見が有りまして、大和銀行が提携のクレジット・カードはJCBではないのかとのことでしたが、一括払いに絡んで勧められたのは十数年マエのことであります。
VISAカードのホウが広範でありますので、その時は腹立ちましたので断りましたが、頭のナカでは、JCBを解約して、VISAにするのも佳いのかなと、チとだけ迷った経緯も記憶しております。
(02/04/08)


29.「日経マネー」の取材(9) 暗雲立ちこめる日本の製造業

「辞められるとき、家族のカタは反対されませんでしたか。」
会社勤めであれば無茶をセヌ限り安定収入を得ることが出来ます。辞めることは生活の糧を放棄することになるのですから、当然、家族は反対であったと思いますが、以前から辞めたいと零してたこともありますが、辞めると伝えたときには覚悟したみたいです。相談では無く、決心を伝えたからですが。
結果的には会社を辞めるのですが、会社そのものが嫌いになったワケではありません。会社とは会社を構成する人間の集合体であって、ウエの方針一つでコロコロ替わるのです。
替わっても妥協出来ることと、出来ないことがありまして。この経営陣の天下では望み薄なら我慢出来ますが、望みナシと判断したから辞めたのです。薄とナシでは雲泥の差です。
「望みとは何ですか。」
我が儘なことかも分かりませんが、ナニかの縁で会社に入社したのなら、其処でナニをしたいかと云えば、経験と実力も要りますが、思う存分の力を発揮して、会社を通じ、社会に貢献したい。
雪印乳業や食品ではあるまいに、本来は社会と会社は同じ意味でして、会社に貢献出来れば社会にも貢献出来てます。反対から云うても同じことで、社会に貢献出来れば会社にも貢献出来てます。
大袈裟に聞こえるかも分かりませんが、正直そお思てますし、辞めた今でもそお信じて疑ってません。
私は電子部品製造業の品質管理業務に従事してましたが、製品の品質が向上すれば、不良が少なくなって会社の利益に繋がる。寿命が長くなれば他社との競争力が増して会社の売り上げ向上にも貢献出来る。
電子部品の不良が少なくなって、寿命が延びれば、其の部品を組み込んだ電化製品の歩留まりも向上して、故障が無くなるし、価格競争力を増すことが出来る。買いたい人は安く佳いものを入手出来て故障知らず。結果、社会に貢献してることになる。
現実問題、日本の電子部品業界は品質的に世界一であると誰もが認めてますし、電化製品は機能向上で価格もドンドン安くなってます。ホカに同等のものが有れば例を挙げて紹介してクレ。
イヤ、私が偉かったとそんな馬鹿なことは云うてませんが、万分の一かの手助けはしたとは思てます。
其れとパソコン業界のことは知りませんし、此れから先は暗雲立ちこめてます。
品質は第二義的で、価格競争力至上主義となり、製造工場が海外に出て往ってるためで、日本国内の製造工場は壊滅状態。結果、日本では現場を知らぬ技術者が増え、海外工場から慇懃無礼にあしらわれることになるためです。
現場を知らぬ技術者は技術者とは云えませんのです。技術者には技術力の裏付けが要りまして、裏付けは現場での経験で培われるのです。
海外移転のことは別にして、こんな具合に表現してますと、そのためには会社での地位向上が望みであるよおにも受け取られますが、チと異なるのです。
ソラ、ヨリ高い地位に立ちたい気が有るのは否定致しませんし、立てば収入の向上にも繋がりまして、昇進を拒否する馬鹿も居てません。其れは結果的なことであって、地位そのものよりも、遣り甲斐の有る仕事に従事出来てれば文句なしと考えてます。
このことは、立身出世第一主義者と、遣り甲斐生き甲斐第一主義者との大きな差でありまして、立身出世第一主義の面々には理解し難いことで有ります。
ところが、イジメ人事で第一線から外され、更に外され、もっと外され。其の原因が私の大失敗、時代遅れで、知識不足で勉強不足ならショウガナイと納得致しますが、その反対とまでは申しませんが、第一線に残った現場経験のナイ連中が出鱈目ばっかりやってるから馬鹿々々しいワイ。
其のウエ、従来の業務に復帰出来る希望が残されてれば佳いのですが、下らぬ人事で望みを断たれれば、社会貢献も断たれたことにる。イヤ、其れを前提に入社してるのなら別問題ですが、そおでないなら残された道は退職のみとなる。
私だけではナイのです。現場経験の豊富な技術者の殆どはそのよおに考えてます。
(02/04/10)


30.「日経マネー」の取材(10) 年金の話

「年金についてはどのよおにされてますか。」
どのよおにしてるかと聞かれても、私はまだ受給年齢に達してませんので、年金を掛けてるかとの質問であれば、老後の生活のために掛けてます。退職に寄りまして、厚生年金から国民年金に移行しました。
私の場合、年金は六十三歳から受給で、其れまでの八年間をどおするかが課題であります。さりとて、まだ先のことですので年金生活についてはピンとは来てません。
伝え聞く処に寄れば、国民年金の掛け金を支払ってない人が増加傾向にありますが、気持ちが分からんこともナイ。
我々ベビー・ブーム世代が一斉に受領し出せば年金制度も破綻するのではナイかと心配してます。我々が心配してるのですから、若き世代が年金制度に疑念を抱くのは当然です。
加えて、リストラが流行り、雇用形態が契約社員、派遣社員に移行では数年先の人生設計さえ出来ませんがな。数年先のことが設計出来んのに、何十年も先の老後のことまで考える余裕はありません。とりあえず、今の生活を楽しんでおけとなる。
其処の処を政府がしっかり保証すると宣言し、保証出来るシステムを構築しなければなりませんが、肝心の其の政府筋が自分のことばかりを考えてまして国民の不信感を買おてるよおではアキマセン。誰もが考える心配は、掛け金ばかりが肥大して、受け取る頃には受給金額が目減りでは、掛ける意味が無い。
年金は推定二十万円弱のハズで、極一般的な金額ですが、年金だけでは生活は苦しいと考えてます。
ところが、一説では其の歳になれば出費も少なくなりまして、ゆとりのある生活が出来るのですて。ゆとりも人に寄りまして基準が異なりますが、旅行も出来て預金も出来るのですて。ホンマかいなと思てますが、前提は住宅ローンは完了しまして持ち家となり、子供は独立。夫婦二人の生活で、多少の資産のあることですて。
私の場合、アト数年で住宅ローンは無くなりますし、子供も独立してるハズ。但し、夫婦二人だけの生活になってるかどおかは不明で、年寄り三人の可能性がありまして、も一人の老人は今でも年金受給者ですが、全部お小遣いにしてるのにまだ不足を云うてます。
私が年金生活になりまして、同等の金額をお小遣いにしてしもたら、生活なんか出来ませんです。今でも、そんな沢山のお小遣いは貰ってませんし、使てませんので、それなりの生活は出来るかなあとは思てますが、資産が問題です。
前提の資産はン千万円とのことです。其の歳でン千万円の資産が有れば、気分的に余裕もあるやろ。
いずれにせよ、六十三歳までには間がありますので年金生活に入ることよりも、其れまでを如何に喰いつなぐかが問題であるのと、理想としては年金受給者年齢に達しても、何等かの仕事をしてたいのです。
急がず、慌てず、情報収集をしっかりとして、此れと思う事業が有れば是非参画しまして世のため、人のため貢献したいのですが、世間はそんなに甘くもありませんし、怖いです。
具体的には何ですが、幾つかの小耳に挟んだ情報を詳細に調べてみれば詐欺商法の類であったりしてますので、用心用心、細心の用心を怠らずです。
詐欺の片棒を担がされてはエライことですし、世のため人のため等と、幼子みたいな綺麗事を並べてますが、悪どいことを承知でやってしもては枕を高くは寝てられませんし、悲惨な老後になりますから、綺麗事で押し通すべきと信じてます。
其れではお金は儲かりませんが、其れこそ結果的にお小遣い程度が稼げてれば、万々歳の大成功ではと考えますが。
(02/04/11)


31.「日経マネー」の取材(11) 詐欺商法

そもそも詐欺に絡むかどおかの判断は難しいです。
投資なら、甘い話が満載で古くは豊田商事事件に経済革命倶楽部(KKC)、友部議員のオレンジ共済がありまして。お金を預ければ一年で五割増しで、それどころか、二倍にも三倍にもしてやると夢みたいな話を信用させられたり。
合法的詐欺集団も有りまして、先物取引が其れですが私も引っ掛かっりましたからエラソオなことは申せません。(財テク失敗談NO.1
一世風靡の霊感商法、福永法源率いた法の華三法業。銀座にお店を構えた宝石のココ山岡に和牛依託商法に原野商法に浄水器販売に消火器に資格取得商法と教材販売商法。
こんなもの数え上げたら切りがナイ程で、其れくらい詐欺が横行してますのでご用心ご用心で、幾ら用心しても気のつかぬ処で引っ掛かってる可能性もあります。
何年も前のことですが、若い青年が近所で工事をしてるのですが、材料が余りました。床下に蛇、猫、ネズミが忍び込まぬよお、通風口に網を張ったらどおですか。
余った材料ですので会社には内緒でタダにしときます。手間賃だけで、たったの一万円と云われまして。材料代がタダで手間賃だけならやってもらおかな。
アトで嫁はんから叱られた。ショッチュウ来たはって、断ってるのになあ。手間賃も一万円は高過ぎるなあやて。ナルホド、一時間弱の作業でした。
結局、一万円は家計からの回収が出来ず終いで、私のお小遣いから出費させられた。
母くらいのお歳の婆さんが、九州からリンゴを売りに来てるのやて。残りがこの一箱だけになったけど、持って帰るのも荷物になるから、安くで売ってやると、関西弁ではありませんが、リンゴは好きでも嫌いでもありません。
とりあえず、お年寄りが遠い処から商品を持ち込んで大変やなあ。安くしてくれるならと買いました。聞いた嫁はんがまたもや高過ぎるなあ。イヤ、お断りしておきますが、買おたのは誰とは申してませんで。
ところが、霊感商法でも気は心。不治の病が治ってしもたら其の人にとりましては詐欺ではナイのです。神様、仏様、福永法源様となる。
浄水器も種類は沢山ありまして、法外に値が高いかマトモかの差も有りまして。健康食品も妖し気なものもありますが、偶然かナニかの間違いと勘違いで持病が治り、健康も快調になれば騙されたワケでもナイのです。
問題は最初っから詐取を目的としてるのか、途中から詐欺行為に走ったかもありますし、リストラされた中高年が生活のため罪悪感を抱きつつもやってることがあるとも聞き及びます。
家のリフォームとかナンとかで土日になればオッサンが廻って来ます。立場も分かってますし、お断りするのに苦労します。まともに聞いてますと話が果てることがナイので、スミマセンですが、お金がありませんので結構です。千円や一万円の話ではナイしなあ。私のお小遣いからとは往きません。
或いは、冷静なる第三者が聞けば明々白々なインチキでも、心底信じてしもて、一生懸命佳かれと強引に勧誘する人もあるから厄介ですし、詐欺紛い商法は素人では判断が難しいこともある。
そんなことしたいとは思ってませんし、詐欺に詐欺紛いは出来る人と出来ない人がありまして、勇気も要ると思います。ド素人では逆立ちしても意識的に他人様を騙すのは無理でして、私にはとてもやないけど出来ません。イヤ、心底信じ込み、世のため人のためとガンガンになってしもたら分かりません。
そんなことまで、電話取材の話題になんかしてませんで。
したことは、此れからは老人社会となりますから、ご老人を対象とした事業を捜せば面白いと考えてます。
そんな折り、突然、物集女街道、桂中学前のとある店舗の前にお年寄りが大勢並び出しまして、自転車も一杯。其れが連日で、お店のナカも人集り。此の人気はナニかいなと思てましたら、健康食品のナンとかハートとしてありました。
WEBで検索致しますと有りました。店舗は四ヶ月毎に移動するのですて。そしたら、ボチボチ移動の時期で、お年寄りの行列も消えましたが、店舗を転々とするのは大いなる疑問でWEBでも諸説紛々。
詐欺、詐欺紛い商法とは申しませんが、マトモな健康食品なら大したものですが、次第に高価な浄水器まで勧めるらしいのです。店舗でナニをしてるかと云えば健康食品についての説明とか参加者の経験談を話し合うのですて。コミュニケーションは佳いことですが、店舗転々の妖しい所業を売りにしてるものに手は出さんとこ。
ナンとかハートは別にして、私自身も若くもナイし、健康食品には興味はありまして、大きな市場になってます。
お小遣い程度が稼げたらと云いつつも話が広がってますが、過去の仕事に拘ることなく、余力が有るウチに真剣に考えねばなりません。
さもなくば、年金受給までに干上がってしまい、家族に申し訳が立ちません。と、焦ってしもて詐欺、詐欺紛いに荷担してもイケマセンし、失敗したら干上がるのを早めてしまうしなあ。
(02/04/12)


32.「日経マネー」の取材(12) 五月号の原稿

以上を以て、電話での取材は完了です。時間は約三十分でした。
長々と掲載してますが、話は其処まで脱線してませんし、アトは、「リストラのハナシ」を再読しますとのことでした。
原稿は出来次第連絡します。四百字詰で一枚程度。内容ご確認のウエ、修正個所等問題があればナンなりと仰ってくださいね。
ホントに僅かですが、寸志も出ますので宜しくお願い致しますとのことで、其れは其れは、有り難う御座います。
まづは、数日して届いた原稿が下記であります。
何処がどのよおにとの説明は難しいのですが、私が強調したかったことと、第三者の受け取りカタには若干の差が見受けられる。
其の差は先方の狙いに寄るのやろとの解釈で、概ねその通りでもありまして、此処はこのよおにと、細かく修正して戴く程のこともないのです。
まあ、云うたらナンですが何処の何兵衛さんとも分からぬ匿名であります。実名でありましても、我が知人がタマタマ細かく読みよって、オイオイ、お前のことと違うのかとご注進してくれる可能性も無限小のため、了解の旨返答しました。
寸志は商品券かなあと思てましたら、図書券でして、ン千円分戴きましたから、息子二人に分け与え。商品券なら嫁はん往きやったかなあ。そして、当然のことですが、現生なら私の臨時収入でした。
更に、日経マネー五月号発売前日には雑誌を戴きました。

日経マネー編集部藤井
「住宅ローンと教育資金が失業後の家計を直撃」
大手IT企業に技術者として勤務していた佐藤明夫さん(仮名・55歳)がリストラを宣告されたのが7年前。噂は耳に入っていたが「まさか自分の身に降りかかるとは・・・」と当時を振り返る。
リストラの第一段階は「嫌がらせ人事」。今までの仕事と全く関係の無い業務内容の部署に突然異動を命じられ、身に覚えのない始末書を強要されたりして、どんどん精神的に追いつめられていった。結局事実上の「肩たたき」により、会社を退職。退職金はすべて、当時高校生だった子供たちの教育資金に充てることにし、住宅ローンの返済と生活費のために、預貯金を取り崩す日々が始まった。失業してしばらくは、職を探したがまともな仕事はなしのつぶて。年齢制限のカベは厚く、今はもう転職はあきらめたという。
現在は前の会社で身につけた技術を生かし、フリーで仕事を請け負っている佐藤さん。
目下の悩みは「あと8年、年金をもらうまでどう食いつないでいくか」。
老後の不安は今から絶えない。
<参考> 「日経マネー」2002年5月号(倒産・リストラに負けない!「大失業時代のサバイバルマネー術」)
(02/04/13)



inserted by FC2 system