−シバケンの天国−
スパム・SPAM・メール
分類・撃退法秘伝公開

OutlookExpress
メッセージ・ルール設定法


OutlookExpress SpamMailKiller メールの使い分け
IDManager スパム・ロボット対策 SPYWARE対策

解説・スパム対策秘伝

秘伝公開

裏伝<本文−ひらがな>の法
英文Spamを「削除」フォルダに直行の法(1)

新裏伝<本文−助詞>の法
英文Spamを「削除」フォルダに直行の法(2)

<究極秘伝奥義>
英文・日本文SPAM分類の法

スパム・メール単語一覧<設定例>
SPAM・MAIL・DOMAIN一覧<設定例>

解説

秘伝公開

<秘伝と豪語の理由>
−机上の空論、引用、流用に非ず−
−試行錯誤の成果を公開−

NO 説明
SPAMメールとは、不特定多数の人に繰り返し、大量に送られる不要な迷惑メール
個人で可能なSPAMメール対策法
(1) メール・アドレスを防衛するしかありません。
(2) ここでは、OutlookExpressの「メッセージ・ルール」での対処法を解説する。
(3) HTML形式メールはSPAMメールの温床
注意事項
(1) 世間周知の信頼出来るサイトであっても安易にプロバイダ・メール・アドレスを登録しない。
(2) 懸賞応募等には無料メールが無難。SPAMの原因と覚悟するべし。
(3) メール・マガジンの購読も例外ではない。SPAMの原因と覚悟し、要注意。
(4) フリー・メールを活用する事。
改訂記録 内容
新規 03/09/24
改正 08/05/22 全面見直し
改正 08/07/02 3−(4)追加


裏伝<本文−ひらがな>の法
英文Spamを「削除」フォルダに直行の法(1)

裏伝<ひらがな>がメール本文に含まれなければ削除するの法について。

<<前提>>
1.日本語の文面には必ず<ひらがな>が含まれる。
2.英文のメールをやりとりしている場合は、相手先のアドレスは削除しないの設定にする。

*** 設定方法 ***

1.「ツール」→「メッセージルール」→「メール」→「新規作成」

2.「1.ルールの条件」は、”メッセージ本文に指定した言葉が含まれる場合”を選択する。

3.「2.ルールのアクション」は、”削除する”を選択する。

4.「3.ルールの説明」は、「指定した言葉が含まれる」を選択し、<ひらがな>の五十音を一文字づつ全てを「追加」入力する。
・・・あ〔追加〕・・い〔追加〕・・う〔追加〕・・・・・か〔追加〕・・・・わ〔追加〕・・ん〔追加〕

5.最後に、「オプション」ボタンをクリックし、「メッセージが次の言葉を含まない場合」に変更する。此れをしないと、<ひらがな>が含まれたメールは全て削除される。

尚、上記は前田さんから連絡して戴きました裏技、逆転の発想です。(注:原文を要約してます。)
経緯は、「解説NO.11」参照。
(03/10/26)


新裏伝<本文−助詞>の法
英文Spamを「削除」フォルダに直行の法(2)

直伝、秘伝、「裏伝<本文−ひらがな>の法」に引き続きまして。
改訂、改編、「新裏伝<本文−助詞>の法」を公開。
前提は前回の、【裏伝<本文−ひらがな>の法】と同様にして。
設定方法も同様にして、中身が異なる。

前回は<ひらがな>の五十音を全部設定したのに対し、助詞を放り込むの秘伝、裏技也。
「は」追加、「が」追加、「の」追加、「を」追加。
漏れが心配なら、「です」、「ます」を追加しとけばホボ完璧。無くても佳いとは想うけど。
設定方法は、「裏伝<本文−ひらがな>の法」参照されたし。
経緯はNO.12に記載してオク。
(03/12/16)

安全を見て、「て」「に」「を」「は」「が」「の」「で」「す」「ま」「お」「し」を登録も一法です。
(07/05/12)


<究極秘伝奥義>
英文・日本文SPAM分類の法

<目的>
OutlookExpress6 の「メッセージ ルール」で、英文、日本文のSpamメールを分類格納する。
日本文Spamについては、メールの中身を再確認のうえ、削除する。
英文メールは、「削除」フォルダに収納させ、再起動で、「削除」フォルダ、及びメール・サーバーから削除する。
削除方法;「スパム・ロボット撃退法秘伝公開」6.OutlookExpressV6.O<メール削除方法>参照

【英文、日本文Spamの分類方法】
<OutlookExpressV6>→「ツール」→「メッセージ ルール」→「メール」→「メール ルール」

NO 目的 ルールの条件 ルールのアクション 登録例
「メッセージ・ルール」の
適用除外の法
宛先又はCCにユーザーが
含まれる>場合
ルールの処理を中止する。 「柴田」「健雄」「シバケン」等
件名に指定した言葉が
含まれる>場合
「柴田」「健雄」「シバケン」等
メッセージ本文に指定した言葉が
含まれる>場合
「柴田」「健雄」「シバケン」等
日本文Spamを
「迷惑メール」フォルダに格納の法
メッセージ本文に指定した言葉が
含まれる>場合
指定したフォルダに移動する→「迷惑メール」フォルダを指定。 http
英文SPAMを
「削除」フォルダに格納の法
メッセージ本文に指定した言葉が
含まない>場合
削除する(「削除フォルダ」に収納する。) 裏伝<本文−ひらがなの法
新裏伝<本文−助詞の法

<注意事項>
【1】前提
1−1.不特定多数からのメールを受信し、誤削除を避ける事を最優先とする。
1−2.OutlookExpress 6 の、「メッセージ ルール」を使用する。
1−3.英文メールは、Spamメールと見なす。
1−4.適用除外では、自分のメール・アドレス以外の、名前、通称等、通常のメールに含まれる言葉を登録する。その他、必要に応じ、追加する事。
注;Spamメールには自分のメール・アドレスが含まれる事があるため。
1−5.日本文Spam判定は、「http」のみを登録。
1−6.宛先不明連絡メールは英文のため、適用除外で、登録する事。

【2】HTML形式での、日本文Spamメールは漏れる事もあります。「http」(URL)がSpamメールに記載されていない場合も漏れます。
反対に、日本文で、指定の言葉がなく、URLが記載のメールは、Spamメール判定される。

【3】上記、NOの、順番通りに設定する事。順番が異なると、分類出来ない。(上位優先)

【4】日本文Spam格納の、「迷惑メール」フォルダを作成し、移動先フォルダに設定する。メールの中身を確認し、処置する。
注;名称は、「迷惑メール」以外でも構わない。

【5】ホワイト・リストを充実させる事が前提。

【6】参照
6−1.「パソコンあれこれNO.24NO.25」スパム・メールの話/余談・スパム・メールの話
6−2.[OE] メール ルールが正常に動作しない<Microsoft社>
<消滅・削除・15/12/10>

(07/05/12)


【ご参考】
ホワイト・リストの充実を前提に、「サーバーから削除する」方法があります。
但し、初心者向けではありません。

N0 内容 解説
優先
順位
「ヘッダー」部からの
ホワイト・リスト
1.「ヘッダー」部から選定のホワイト・リストは、「メッセージ ルール」の一番上位に設定すること。
2.「ルールのアクション」は、「ルールの処理を中止する」を選択する。
「ヘッダー」部からの
ブラック・リスト
1.「ヘッダー」部から選定のブラック・リストは、ホワイト・リストの下位に設定すること。
2.「ヘッダー」部からの選定のみ、「サーバーから削除する」が選択出来る。
「本文」部からの
ホワイト・リスト
1.「本文」部から選択は、メールを受信後になります。
2.「ヘッダー」部での、「メッセージ ルール」の下位に設定します。
「本文」部からの
ブラック・リスト(分類)
1.「サーバーから削除する」は適用出来ませんので、分類のみになります。
フォルダへの振り分け設定が、重複する場合、
下位のルールで、最終的に処理される。
例)想定の振り分け。
英文→「削除」フォルダ。
日本文の本文に、htmlの記載されたメール→「迷惑メール」フォルダ

<設定順序>
1.本文に、htmlのルール→「迷惑メール」フォルダ
2.英文→「削除」フォルダ

注;順番を逆に設定すると、英文で、htmlが記載されたメールは、「迷惑メール」フォルダに格納される。
キー・ワードは、含まれる文字列全てに適用される。 例1)「.info(Spam)」を「削除」フォルダに格納したい。
→「.infoweb」にも適用される。

例2)「mail.net(英文Spam)」→「mail.netwave.or.jp」にも適用される。

注;「送信者」には、「メール・アドレス」と、「送信者名」に適用されるため、要注意。
設定確認 メッセージ ルールを新規登録の際には、想定通りに振り分けられるかの、確認する事。
「メール ルール」→「適用」で受信済みメールに適用確認出来ます。
その他 不特定多数(日本国内)のメールを受信する場合は、上記の、【英文、日本文Spamの分類方法】が最も簡単で、安全(サーバーからの誤削除が無い)であり、精度が高い。

<理由>
1.五個の、「メッセージ ルール」で対応可能。
2.Spamのメール・アドレスは無尽蔵で偽装が多い。
3.日本文Spamの、「件名」は無尽蔵。
注1 1.Spamメール、ゼロ件を目指さない事。泥沼に入り込みます。
2.要るメールを誤削除しないのを最優先にする事。ホワイト・リストの充実が必須。
改訂記録 年/月/日
新規 07/05/16
注1 07/05/18

スパム・メール単語一覧
英文 日本文

1.英文SPAM(件名)<省略・16/11/14>

改訂記録 内容
新規 03/09/15 一覧表作成
改正 07/07/10 全面見直し
改正 07/08/31 全面見直し
改正 07/09/30 全面見直し
省略 16/11/14 削除

2.日本文SPAM<省略・16/11/14>

改訂記録 備考
新規 03/09/15 一覧表作成
改正 04/10/25 全面見直し
改正 07/07/11 全面見直し
改正 07/08/31 全面見直し
改正 07/09/30 全面見直し
省略 16/11/14 削除

SPAM・MAIL・DOMAIN一覧
<省略・16/11/14>
改訂記録 備考
新規 03/09/18 一覧表作成
改正 07/07/11 全面見直し
改正 07/08/31 全面見直し
改正 07/09/30 全面見直し
省略 16/11/14 削除

解説


NO.12 改訂、改編、「新裏伝<本文−助詞>の法」

NO.11 裏技、逆転の発想、「裏伝<ひらがな>の法」

NO.10 超有名企業名でも返信には要注意(2)

NO.9 超有名企業名でも返信には要注意(1)

NO.8 スパム・メールに荷担勧誘のスパム・メール

NO.7 阿呆で間抜けのスパム・メール業者に引っ掛かるド阿呆

NO.6 メール・マガジンにも要注意

NO.5 スパムメール業者は学習してる(2)

NO.4 ネットでのクイズ、懸賞の応募は慎重に

NO.3 スパム・メールのドメイン名

NO.2 スパム・メール業者は学習してる(1)

NO.1 スパム、SPAMのスパム・メールに宣戦布告

NO.0 スパム・メールとは


NO.0 スパム・メールとは

スパム・メールとはSPAM・MAIL。
米国HormelFoods社の豚肉の缶詰の商品名がSPAMとされており、元々はインターネットとは無関係の言葉です。
SPAMとは、同じことを何度も何度も繰り返されることで本来の会話や議論を妨げるような迷惑行為を称し、SPAM・MAILとは、要求もしてないのに勝手に送りつけられるメールの意。

最も多いのが英文。
薬物、得体不明の妙齢の美女からのお誘いにアダルト・サイトへの勧誘。等々種類が有り過ぎて。
反対に内容がまったく同じで送り主のメール・アドレスだけがバラバラであたりする。
届いたメールの八割方がスパム・メールでは異常です。正しく、本来のメールの目的を妨げてます。
日に一通か二通なら可愛いものですが、十通を越し、二十通を越し出すと暴力と化す。

一番佳いのはプロバイダが対応する事。
プロバイダが対応せぬ限り、会員は受信しなくれはならぬのです。受信しても不要メールとして削除だけで済みますが、プロバイダがスパム・メールを受信拒否で返品してやれば、先方のメール・サーバーが破裂するのにしやへんから困る。
プロバイダが防波堤になってクレなければ、会員が不要メールとして返品しても佳いけれど、返品に寄り、生きたアドレスとして新たなるスパム・メールを送りつけられる原因ともなるから厄介なんや。

プロバイダは認識不足でやる気がない。問題が大きくなてからの対策では、遅くに過ぎる。
現在でも敵さんは学習して日進月歩。如何にして、メッセージ・ルールで引っ掛かけられんよにするかに腐心してるのは、戦闘態勢に入れば佳く分かる。
成る程、此奴は手強いと。感心してる場合でないです。
この調子で増え続ければ、日にン十通が百通ともなり、何のためのメール・アドレスか分からんよになる。

実際、増え続けてるのですが、スパム・メールが苦痛でなければ、受信されるも勝手なれど、でなければ、何等かの対応が必要と考えた。
(03/09/22)


NO.1 スパム、SPAMのスパム・メールに宣戦布告

スパム、SPAMのスパム・メールに悩まされ。
種々雑多のサイトを探索、調べたけれど、通り一辺の皆一緒。
発信者のメール・アドレスをOutlookExpressのメッセージ・ルールに登録し、撃退するしか手段が無いとの事で、懇切丁寧に登録方法まで図解されてます。

やりましたがな。やらせて戴きましたがな。
勝手に届けやがるスパムのメールを片っ端から「送信者を禁止する」に登録しまして。
アカウント名は出鱈目やから、ドメイン名での登録に加工、編集すれど、百種類を軽く突破しての登録しても、登録してもです。半数以上が素通りでは意味がない。意味がなければ方針転換するしかないのです。
掲載者はホントに確認したのか甚だ疑問。

同じくメッセージ・ルールにしても、メールに含まれる文言で網を張ったらどやろかと思い立ち。
やってみたら成功した。
巧妙なるスパム・メールが散見では全部が全部には無理がありますが、メール・アドレスで取り締まるよりも効果覿面の大成功の効果抜群。
八割方が網に引っ掛かり、使い物になる事が判明故、公開のウエ、スパム・メールに宣戦布告する。
(03/09/16)


NO.2 スパム・メール業者は学習してる(1)

サイトによれば、スパム・メールの撃退法を記載し乍らのHTMLメールの作成法の手解きまで解説してる。
阿呆も此処まで来たら天晴れでして。
インターネットのやり始めの初心者が興味津々、チと試しにやりたがるのがHTML形式のメールです。
阿呆の天晴れのと初心者が云々と切り捨て理由は簡単明確。
メッセージ・ルールで本文の文言に網を張ってもHTML形式では捕まらず、TEXTでないとアカンのです。
メールの表示をTEXTだけにしたら、HTMLは添付ファイルになて仕舞う。ウィルスを運ぶのも添付ファイルです。

賢いスパム・メール業者ならメッセージ・ルールの盲点を承知し、削除されぬよに対策してる。
手段として、「件名」には二文字程度に抑えてしもて、「HI」とか、「RE:」とかで、本文をHTML形式にされたら引っ掛かけよがないのです。
何もしてない、出来ない、知恵のないプロバイダとは大違いです。
先方様は生活が掛かり、プロバイダでは他人事。ウィルス対策は商売になるけど、スパム・メールではならへんのやて。
インターネットの世界のゴミ屑駆除は商売にするよりは無償で対応して当たり前と想うけど。
(03/09/16)


NO.3 スパム・メールのドメイン名

スパム・メール登録単語一覧(注:新規公開段階)で約八割は引っ掛けられます。
其れでも二割は突破されるのですが、順次、追加予定です。
既載のとおり、「件名」二文字で「本文」がHTMLなら「メール・ルール」ではお手上げですが、ドメイン名で捕獲の手段もあります。
ドメイン名は無尽蔵に出現しますが、併用も手段のウチと考える。(SPAM・MAIL・DOMAIN一覧参照)
(03/09/18)


NO.4 ネットでのクイズ、懸賞の応募は慎重に

未承諾広告なる件名でメールが舞い込んだ。
内容たるや、E−メールのアドレス、ン百万件。携帯電話、主としてDocomoですがン百万件を保有してるけど、興味あるかと。
噂では知ってたけれど、まともに来たやないですか。アドレスを売買してるのです。
其処でハタと気がついたのが、スパム・メール激増の原因ですが。
一流全国紙が主催のプロ野球クイズに応募した事がある。
一流全国紙でもあるし、答えを入力しまして、送信ですが。
応募者のメール・アドレス。そして、年齢に住所に氏名に連絡手段としての携帯電話番号を登録したんやなあ。
クドイけど、一流全国紙やし、何の警戒もしてなかた。イヤ、此処の新聞社が犯人かどかは分かりません。但し、お盆休み前からトアル野球場でのトアル回に打者に立ったトアル球団の選手名の中から一名を応募する。極めて簡単の何度でも応募出来るのです。
観戦した際には想い出し、指定の回の打者を送信してました。キャンペーン期間中の試合の全部は観戦してないですが、五回は応募したのでないかと。
お盆休み数週間前からの企画でありまして、当たれば、十万円ものお小遣いが戴ける。
結果、一度も当たらへんかたけれどです。スパム・メール激増はお盆休みからやんか。(「単なる雑談NO.25」496.続・新車にさせられた(7)宮本武蔵参照)
イヤ、トアル新聞社がアドレスを横流ししたかどかは分かりません。新聞社も企画担当者も露程にも考えなくとも、関係者の周辺までは保証出来ひんし、時期が余りにピタリと一致する。
其れで何が云いたいのか。
信頼出来るサイトでも下手にメール・アドレスを入力せぬ事也。
こんな時こそ、応募用無料メールでやっておくのが懸命かと。
(03/09/23)


NO.5 スパムメール業者は学習してる(2)

最も多いスパム・メールは「Vaiagra」の宣伝メール。
「件名」でも「本文」でも、「Vaiagra」には網を掛けてるから難なく引っ掛かるけど、「Vaiagra」のスペルに工夫してやがる。
「Vaiagra」を「Vaiagraa」にされても舐められてるみたいで、「VAIAGRA」でも引っ掛かるのですが、「V A I A G R A」では通過するけど、ホカの単語で引っ掛けてやた。
中には感心するのがあて、「V@i@gr@」やて。想わず唸ってしもた。
けれども、ホカので引っ掛けてやる。
(03/09/28)


NO.6 メール・マガジンにも要注意

スパム・メール対策で、「メール・ルール」に単語を登録すると、予期せぬ事態が発生。
惰性で購読のメール・マガジンが引っ掛かった。
惰性であるからにして、即刻の購読解除。したけれど、佳く考えてみれば我がサイトでも宣伝してたんや。
「おもしろSITEの倉庫」、「WEB_SHOPの倉庫」そして、「メルマガの倉庫」を「秘密の三倉庫」としてです。
「おもしろSITEの倉庫」と「WEB_SHOPの倉庫」は早々にも削除。
理由は消滅するのが多いからで、補充するのも邪魔臭い。
「メルマガの倉庫」はAccessUpの参考のためと掲載継続してたけど、購読登録に寄り、スパム・メールの原因ともなる可能性があるため、削除した。
考えてみれば、怖い事です。掲載した当時にはスパム・メールなんか想定してなかたのが、対策を真剣に考え出せば、ホーム・ページ宣伝用メール・マガジンではあるけれど、何があるか分からんやんか。
ましてや、問題のある文言が一杯含まれてるサイトをガンガンと宣伝してるから引っ掛かってしもてヤヤコシイ。
要は管理者の正体不明。私も正体不明は同じやけれどです。意味合いがチと異なるやんか。
管理者が一人なんか二人なんか、先方のサイトには人格を探る手立てがない。
其れなら私も一緒やけれどです。理屈はどでも佳い。
どちみちメール・マガジンには目を通してないのに、「SPAM撃退法秘伝」を公開してて、彼方で被害者が出てしもたら理屈が合わん。
気がつかんかたらそのまんまやけど、ついたからには放置は出来ずと削除してしもた。
(03/09/28)


NO.7 阿呆で間抜けのスパム・メール業者に引っ掛かるド阿呆

学習してるスパム・メール業者の反対に阿呆で間抜けな業者も居てる。
何が阿呆で間抜けかとなれば、画像ファイルを組み込んでるメールの筈がリンク・ミスで表示されへんのです。
スパム・メールでなくて、何処かのサイトでも散見出来るけれど、ご立派な文面、内容でも張り付けられてる筈の画像が表示されてなかたら管理してませんと白状してるみたいなもんで、其れなら画像を削除しといたホが佳いのです。
しかるに、阿呆で間抜けなスパム・メール。
件名からすれば、アダルト・サイトにご招待。
勝手に送りつけたメールです。折角ならサンプル画像だけなら見てやるのに、表示しやへんから悩ましい事。
下手にクリックして有料サイトに強制連行されての債権取立代行業者、便乗で姑息な詐欺師から高額料金請求されて身に覚え有り故、ギクリとさせられたら阿呆みたいやから、クリックなんか致しませんが。
此の手の単純ミスしてるスパム・メール業者が多いのです。
イヤ、もしかして画像ファイルのリンクのミスが敵さんの陰謀なら極めて高等戦略なれど、そんな賢い筈がないやろな。
所詮はインターネットの世界の蝿に蛾に蚊程でもないウルサイだけの金の亡者。
彼方さんが必死に追い求めてるのは千分の一のクリックする物好き人間のみ。
電子メールなら簡単に大量発信出来るから至って安上がり。引っ掛かる奴も超安上がりの格好の餌食。
業者も郵便切手を貼ってのダイレクト・メールで発信なら金と手間暇掛かって、やってられへんワイ。
(03/09/29)


NO.8 スパム・メールに荷担勧誘のスパム・メール

SPAMメールの中身は一緒で送信者のアドレスだけが違うだけ。
英文で画像も同じのが同時に二通ならイザ知らず、三通も四通も届いてみいな。腹も立つ。
ジクリと観察すれば、送信時刻が一分刻み。明かに相手さんは一人です。
同じ内容のだけではないけど、そんなに美味い具合に時刻が重なるもんですか。
英文のに続いて、とある日本語の未承諾メールが届いた。SPAMメールで日本語のは希なんです。昔は日本語ばかりでしたが、様相が一変してるのです。
副業として外国企業の宣伝メールの発信をしませんかヤテ。発信先から注文があれば、手数料が戴けます。
主婦、学生、年齢十四歳以上なら誰でも可能なメール発信だけの副業ですの謳い文句です。
成る程、こんな副業でSPAMメール発信者を増やしてるのかと合点した。
応募した人は迷惑メール、SPAMメールが何の事かも分からずに荷担してる。其の前に勧誘メール、そのものがSPAMメールやんかいさ。
ではあるけど、月収五十万円も夢で無いゾとしてある。
就職難の時代です。就職出来ても、大卒初任給が二十万円有るか無しか。色々引かれて十五万円もあるやろか。
五十万円は可成りなもんで、話半分で二十五万円。其の半分でも十万円は有る。
相手さんに迷惑と分かってても、美味い話に一口です。乗る人が有っても不思議でない。
(03/10/13)


NO.9 超有名企業名でも返信には要注意(1)

Web新聞にありました。「Vaiagra」がインターネットを通じての販売が急上昇。
確かに、「Vaiagra」だけでも日に五通は届きます。
かと想えば、信頼出来る誰もが知るとある大会社、MicroSoftと称しますが、宣伝メールが届くのです。
MicroSoftとはしてないのです。MicroSoftから全面依託されたましたる、三井物産なる名称の会社です。云うたら何やけど、双方超一流企業やんかいさ。
MicroSoftのユーザーさんにと、Html形式で大きなサイズの添付ファイル付きメールを日に何通も送って来るのです。
其の中に三井物産のが混ざってるだけですが、アドレスが三井物産を連想出来ずにMicroSoftに似た感じ。ホカのは連想も出来ない贋アドレスです。
どっちにしても、頼みもしてないのに、毎日も送って来られたらSPAMメールやんかいさ。
送って来るなと抗議したいけど、怪しいアドレスのは避けまして。英文であるからにして読解不能も原因ですが、三井物産のは日本語でして。
詳細佳く読めば、配信不要の場合、「件名」に「停止」と明記で返品してクレとしてあるやんかいさ。
ソか分かったとご指示の手順で返品したら、明くる日届いた関連メール、MicroSoftのナンたらかたらの重たい添付ファイル付きメールが一気に二十通。嫌がらせかいな此の野郎め。
配信元が三井物産とは限らへんのですが、偽装の可能性もあるけれど、オマケにご指定のアドレスには届ける事は出来ませんでしたと、ご丁寧なお断りの英文メール、デカイ添付ファイル付きを受信させられて。
二十通も届いたのは一日だけで助かったけど。其の時はシモタ、返信したは大間違いやたと真っ青になた。
メールの世界、一体どなってるのかです。会社名では信用出来ず、日々進歩学習のSPAMメール業者。
プロバイダは我れ関せずの無関心故、そのウチ、正規アドレスは撃沈されるゾ。
されたら、プロバイダのメール・サーバーは満タンにナテ、破裂するゾ。
(03/10/15)


NO.10 超有名企業名でも返信には要注意(2)

イヤ、実はです。
某有名ソフト会社のMicroSoft発信です。
とはしてないのですが、MicroSoftのロゴを使い、MicroSoftの製品をお使いの皆様にと矢鱈に英文で添付ファイルのメールが彼方此方から届くからにして。
馬鹿タレめ。チャンと管理せよ。
トカの抗議のメールを一発。されど、何処に出して佳いのやら。サービス・センターのフリー・ダイヤルでもあたら大声出して怒鳴り散らして脅迫してやれと。
トリアエズ、サイトを探索したら、奇妙な文言発見。
「贋情報にご注意。MicroSoftを名乗るウィルスが確認されてます。」
Swenと称するウィルスで、Html形式で、添付ファイルでと。セキュリティ対策を促す文面でと、想い当たる節有りと図解を見れば届いてる図柄がソックリそのままやんかいさ。
つまり、急増のSPAMメールはウィルスやた。
WindowsのUpdateはしてるし、添付ファイルは開けてないから感染してませんが、近頃、紛らわしいウィルスが横行してるのです。
発見日は九月十九日で、ソ云えば其の辺りから着信もチラホラ。
先日なんかは悲鳴を上げたけど、ウィルスと分かれば佳いのです。ウィルスなんか可愛いモノです。何れは収束するのです。
しかるに、贋情報ウィルスはセキュリティ対策と偽っての添付ファイルを開けるよに仕向け。
SPAMのメールはSPAM対策ソフトは要らんかなと出前、売り込むのメールを日に何通も送りつけやがってからに。
終焉がイツになるのか。無さそやから厭になる。
(03/10/16)


NO.11 裏技、逆転の発想、「裏伝<ひらがな>の法」

SPAMのメールに悩む人から沢山のメールを戴きます。
我が秘伝も完璧ではないですが、現在唯今では九割五分の削除率。
削除出来ないのは保管して、対応を検討ですが、数日して再読すれば画像が消えてたりの、要はHTMLファイルで送り届けたリンク先の内容を変更してるのです。
しかるに、前田さん、一面識もありませんが、SPAMの件でメールを戴いた。
悩みに悩んだ末に斯くなる裏伝に辿り着き、完璧にまでSPAMのメールを駆逐してるゾと。
此処を参照されたしとご紹介戴いたる先方様の掲載内容を拝読すれば、何百、何千のSPAM発信者アドレスを登録しても意味はないとの事でして。
イヤ、凄い数のアドレスが其処には掲載されてて、重い重たいファイルと化してる。私はフレッツISDN故ですが。
云うたら何やけど、私でもその程度の事ならスグにも察知で、削除対象の送信者はドメインで登録、二百程度で辞めてモテ、削除の対象をキー・ワードにしたのですが、此のお方のは成る程納得の裏伝、裏技ヤタ。
同じく、キー・ワードでも<ひらがな>の五十音を問答無用で登録しての本文に<ひらがな>があれば削除するな。
つまりは、本文に<ひらがな>の無い英文だけと、HTML形式は削除セヨとなる。
現在唯今、確認中なれど、効果有りと判断した故、掲載する事にした。

前田さんには掲載の可否確認の結果、皆様のお役に立てるならと快諾戴きました。
僭越乍ら、我がサイトを閲覧のSPAMのメールに悩むお方を代表致しまして、感謝致します。

裏伝<本文−ひらがな>の法

しかるに、最近ですが、日本文のがジワジワと増加傾向にありまして。
未承諾とも何とも明記セズに、早い話が裏商売の案内状を勝手に送りつけ、不要なら記載の返信用アドレスにそのままで結構、返信してクレ。
面倒やけど、当方で削除してヤル。
とでも云わんばかりの横柄振り。削除も糞も勝手に送って来てるのやんか。馬鹿にすな。
SPAM業者はプロバイダとは異なりましての日進月歩。
(03/10/26)


NO.12 改訂、改編、「新裏伝<本文−助詞>の法」

池田さんからメールを戴いた。勿論ですが、面識はありません。

−−−
シバケン さん、初めまして。
SPAM撃退法秘伝、特に、「裏伝<ひらがな>の法」には感動いたしました。
しかしながら、この方法には致命的な問題があります。
<ひらがな>を50個放り込むのが大変、という点です。
日本語メールだけをより分けたいのであれば、もっと簡単です。
前提条件は、「日本語の文章には必ず<助詞>が含まれる」です。
ご存知のように助詞とは、「てにをは」で、これを含まない日本語の文章はまずありません。
個人的に実験した結果ですが、「は、が、の、を」の四つのルールを作るだけで、ほぼ確実に日本語メールを分別できる筈です。ご確認いただければ幸いです。
又、漏れが心配であれば、「です」、「ます」を追加で充分です。
以上、お役に立てれば幸いです。
(注:一部加工してます。)
−−−

イヤ、ご無理ご尤もです。
薄々は分かってました。イヤイヤ、強がりでも何でもありません。
されど、SPAMメール対策として、50個の<ひらがな>設定で済むなら万歳やんか。
大した手間暇でもあるまいにと。本音ではそんな具合でありますが、此れから設定されるお方もあるからにしてです。
ならば、簡単のほが佳いに決まってる故、従来の設定を無効にしまして、「は、が、の、を」に追加の、「です」、「ます」で試してみたら、効果は一緒。
さて其処で、ちなみにですが、SPAMメールは次第に増幅傾向にあて、日に四十通を突破。
入れば数通が集中。内容も一緒のが連発されたりしてまして。
多分なら一人が何通も発信してやがって、簡単には暴力メールと化してます。
珠玉はSPAMメール対策ソフトなるSPAMメール。一日に何通送りつけたら気が済むのか。阿呆らしいから数えてないけど、三通は届いてる。
土曜、日曜、祝祭日となったら、気が狂う。程でもないけど、慣れてしもたからですが、百通から二百通やで。
されど、取り込みに若干の時間が掛かるダケでありまして。
と想とかんとしょおがないからですが、生活の知恵的設定に寄り、悉く削除フォルダに消えてます。
こんな具合に役に立てればと貴重なるお知恵を戴けるは誠に有りがたく。
世の中捨てたモノでないです。
感謝、多謝と掲載の次第。
(03/12/17)

新裏伝<本文−助詞>の法


inserted by FC2 system