パソコンあれこれNO.3

あれこれNO.1 あれこれNO.2

題目一覧表

目次

パソコンあれこれ NO.4

60.スパム・メール(1)

59.プリンターの話(6) 余談

58.プリンターの話(5) 来年度の心配

57.プリンターの話(4) エライことになりました

56.プリンターの話(3) プリンターのアップ・グレード

55.プリンターの話(2) 自作マシン

54.プリンターの話(1) 愛機老衰

53.Badtrans.Bに感染(5)

52.Badtrans.Bに感染(4)

51.Badtrans.Bに感染(3)

50.Badtrans.Bに感染(2)

49.Badtrans.Bに感染(1)

48.地獄の修正プログラム(4) 完結編

47.地獄の修正プログラム(3)

46.地獄の修正プログラム(2)

45.地獄の修正プログラム(1)

44.VideoReseach(2)

43.VideoReseach(1)

42.ACアダプターのハナシ(6) J&P寺町Win館

41.ACアダプターのハナシ(5) 京都一ばん館

パソコンあれこれ NO.2


41.ACアダプターのハナシ(5) 京都一ばん館

学生時代からの親友からの電話です。
「ノート・パソコンを買おてくれへんか。」
突然ナニをと詳細伺えば、この話の(「パソコンあれこれNO.2」ACアダプターの話(2)参照)で、白黒液晶がウンともスンとも云わんよおになったから、ホカしてしまおかと。掲載してたのを読だのです。
イチオウ、カラーでWindows95対応。モデム内蔵でMS−D0Sでも起動出来る。
速度は遅いし、HDDも数百Mbしかないし、FDDは外付けやけどドオやろなあ。
エライ話が飛び込んで来た。
ホーム・ページに掲載してる話にウソはナイです。MS−DOSのが壊れてしもて、場所だけを喰ってます。
MS−DOS用ソフトは動かす気はナイし、その気になれば現有ディスク・トップ・パソコンでも可能です。現に一部は入れてます。
LOTUS1−2−3R25J、一太郎V5、筆まめV4、NORTON、ノストラダムス(HDDの最適化用)、Newton(圧縮ソフト)、VAKZIN(ウィルス駆除ソフト)、QCAS(統計計算用)に、エコロジ3。上海に麻雀ゲームにアリスのゲーム・ソフトと占いソフト若干と。
会社を辞めてからは、開く用事がなくなった業務で作成した資料に標準類の写しとか、クレーム情報。
データーもQCAS以外はWindowsソフトで開くことは可能やし、ナニも困ってナイのです。
「悪いけど、イランわ。」
アッサリ、断ってしもた。
ツギに買うのなら、時代に逆行セズ、最新鋭機がヨイと思てます。
ノート・パソコンが故障したトキには思います。もお一台有ったら便利やろ。ACアダプターが原因かドオかもスグ分かる。そやけど、先立つお金がナイし、贅沢や。
さて、前回の続きです。
西院のお店に行ってから、休みと分かるより、電話で知ってヨカッタのです。
ノートそのものは電源が入ったり、入らんかったりの運任せ。
それにしては、ACアダプターのコンバーター部分が発熱してる。通電したら、発熱して当然やけど、ここまでは電気が来てることにナル。
パソコンに通電出来るトキはチャンと起動するから、カナリの確率でACアダプターが壊れてると思てます。
その明くる日、西院のJOSHIN一ばん館に電話したら、受付かナニか知りませんが、そこから更に、二三人も変わって、担当が応対してくれた。
こんなトキは、十中八九はアカンのです。
ナニがアカンのか。お客の問い合わせをイヤがって、盥回しのため、対応が悪いのです。
案の定、LavieNXのACアダプターは有りますかと訊ねたら、即答されてしもた。
「置いてません。」
アッサリしたモンです。簡単明瞭、愛想希薄、意図不明。私がこの人にナニかイランことでも云うたのかいな。
そお受け取ったのには語調、音調も有る。当人はそのツモリでナクとも、電話であっても、相手の表情、感情まで感じるモンや。
調べてから、云われたら諦めるけど、間髪入れずの即答が気にイラン。それとも、お店に陳列した商品から、倉庫のナカまで、全部頭のナカに有るとでも云うのかい。
「頼んだら、ナン日くらい掛かるのですか。」
「二週間くらいです。」
マタモヤ、簡単明瞭、愛想希薄、意図不明。
意図くらい分かってます。要は私に相手するのが邪魔臭いだけ。
アッチは男ですから、コチラがうら若き女性の声なら、又チガウのけど、それに反して、何処のオッサンか、得体の知れんのを相手に手間を取られるのが邪魔臭いのか。
こおなったら、私も意地悪く、同じく、LavieNXのメモリー、HDDはありますか。
聞いてやろかと思て、辞めた。聞くも、時間の無駄。
この程度の水準の店員なら、折り返し、電話しますと返事する配慮もナイ。ナニも云わんと、ダラダラとナン時間も待たされでもしたら、電話代が勿体ナイやんか。
店員ではナク、店長やったら、威張ってるだけ。ナンの能もナイから、そのうち閉店してしまうやろ。
どっちにしても、この西院の京都一ばん館にACアダプター程度の部品さえ置いてナイとしたら、お店に来たお客は、殆ど目的を達成することが出来ません。部品の取り寄せだけを依頼して、ハイ、サヨウナラ。
それでも、ここの三階はパソコンのフロアになってるから、本体とデジカメ、プリンター、DVDは有る筈で、生CDに、印刷用紙とラベルにインク等、消耗品は売ってます。
消耗品だけやったら、何処かの文房具屋はんと一緒やで。
不愛想な応対されて、極めて不愉快。
お店の対応をボロクソに云うてても、事は進まんし、打つ手はマダあるゾ。
(00/10/20)


42.ACアダプターのハナシ(6) J&P寺町Win館

西院は近いから、先に確認しただけで、次なる一手が本命です。
寺町のJ&PWin館には実績が有る。
先日の親友も関係してました。
コイツは大阪の人間ですが、白黒ノート用のバッテリーが壊れたから、日本橋で探しまくったけれど見つからず。
パソコンで在庫を検索してくれたけど、大阪にはナシ。取り寄せたらンヶ月と云われたから、京都のお店で何処かに心当たりがナイやろかと連絡がありました。
日本橋に無かって、京都に有るのかなと考えることはナイのです。タマタマ、そのバッテリーが私のとオナジ品番。
探しまくったことがありまして、寺町のJ&Pで買おたことが有る。
そのアトでも陳列されてるのを見てたのです。バッテリーなんか何処にでもあるみたいやけど、98noteNS/Lは出てる数が少ないのでバッテリーも出てないのです。
当時としては、A4サイズで一番小さく。軽くて、出張にでも持って行くことが出来るから買おたけど、形状的に無理があったのか、バッテリーがスグに壊れるのです。
販売数は少ないし、同様にして、バッテリーも売れるのが少ないから、イツまでも陳列されてることにナル。結果、運ヨク置いてあったから、買おて、手渡すことが出来た。
そのトキ、お礼や云うてウィスキーをくれたのです。アルコールは苦手やから、イマだに飾ってますが。
今回はドオか分かりませんが、ACアダプターの有無で寺町の店に電話をしたら、交代は一回だけ。出て来た担当者は声の綺麗な女性。
しかも、在庫を調べてくれたのです。チと時間が掛かったけど、もお暫くです。アト数分お待ちくださいねと、途中経過報告も有ったのや。ナカナカの優秀です。
結果は、私の云うた型番が、パソコンの機種に合致してナイから再度調べ治したらしい。カタログで調査してくれたらしいですが、私は現物の型番を見て云うたのです。
そんなことはどおでもヨイ。嬉しいことに有ったのです。
それなら、確保しといてクレ。ツイデにバッテリーも欲しいのや。
イマから、お邪魔します。多分、所要時間三十分。
ハイ、私はナンとかと申します。準備して、お待ちしておりますのでと、マタモヤ、嬉しいことを云うてくれます。
お声からして、どんな綺麗な人やろか。お歳は、推定四十歳のご尊顔を拝せるだけでも有りがたい。
勝手に色んなことを想像しながら、云われたとおりの階に到着したけど、中年男が一人居てるだけ。ラシキ女性は居てないのです。
ナンとかと申しますけど、ナンとかさん居られますか。
呼び出しますので、暫くお待ちくださいと、アナウンスしてくれた。
名前を指名したのやから、私がその女性とヘンな関係やナイかとか、邪推されては困るなあとか、アホなこと考え乍ら、陳列されてるパソコンの値段は幾らで、性能はどんなやろ。見てましたら、
「お待たせしました。」
待ちに待った美声の電話の主が現れた。
のやけど、失礼乍ら、声とは不釣り合いなお方。邪推されても、気にすることもナイ程度。
お歳の頃は、図星やけど、独身の雰囲気が漂ってる。
イヤイヤ、お顔はナンですが、非常に親切な女性で、カタログまで持ち出して、経過説明をしてくれるのです。
買おて二年と少々やから、そんなに古い機種でもナイのに、私のパソコンの型番がナイから、類推してくれた。
「バッテリーとACアダプターの大きさはこんなモンですか。」
そんなこと聞かれても、箱に入ってる状態では、見当もつかんのに、私もヨイ加減な人間やから、タブン、そんなモンでしょう。
それより、ACアダプターが原因かどおかを早よ確認したいから、精算しよとしたら、この姉ちゃん、
「会員証を提示して頂ければ、割引があります。お持ち頂いてますか。」
会員になったのは記憶してるけど、カードをほかしてしもてる。
「入会して頂いてますよ。」
ナンでそんなこと分かるのやろ。聞けば、ACアダプターを確保してくれと伝えたトキに名前と電話番号を教えたから、それで分かるのやて。
「沢山、お買い求め頂いてますねえ。」
全部、調べ挙げられてます。
何処かの佳い加減なオッサンより、余程シッカリしたはります。
オッサンとは私のことではなくて、西院の奴。アレも声からしたら、四十歳代後半です。
「カードの再発行代金として、五十円頂きます。
それでも、お買い求めの部品が五%引きになりますから、お得です。」
拒否する理由もナイのやし、お任せです。
新しいカードも出来て、懇切丁寧で。声の綺麗な独身中年女性にサイナラ云うて、無事帰還。
やっぱり、ACアダプターが原因やった。
ノートが動いてくれたのです。
桂が営業してたら、もっと高くついて、パソコンとも暫しのお別れでした。
(00/10/21)


43.VideoReseach(1)

気分爽快、閑話休題、表題奇妙、支離滅裂。
この話は、直接的には一連の話に無関係ですが、間接的には関係してる。
今年の四月頃やったか、突然家に電話が有った。
「VideoResearchのナンとかと申しますが、お宅様ではインターネットをしておられますか。」
「はい、やってますけど、ナンですか。」
こんな会話から始まった。
VideoResearchとは、テレビ番組の視聴率なんかを調査してる処です。
この度、その調査に加えて、インターネットの接続状況を調査することになって、モニターを募集してます。
クドクドと説明してるより、資料を送るから、ソレを見て、検討して頂いても結構です。
それなら、資料を送ってくれと返事すれば、住所と名前を教えてくださいやて。
私がダレかも分からんと、電話して来たのかいな。多分やけど、本部のダレかが、無作為に電話番号を抽出して、ここに電話をしてクレと、指示されて、案内の電話をしてるだけで、先が、何処とは分かりませんが、関西ではなさそおや。
早速、案内書と、情報収集用ソフトが送られて来たのです。
ソフトの名称は「InfoGather2000」ですから、ソノママの名前。
要するに、送されたソフトをパソコンに入れといたら、インターネットをする度に、自動的にナニを閲覧したのかが発信される仕組みやて。
機密保持もへったくれも無くなってしまうけど、一年契約で、その謝礼としては月に千円分の商品券をくれるのやて。
ソレに釣られて、了解することにした。
云うたらナンやけど、アダルト・サイトは覗いてナイからです。イヤ、正直にはタマには偵察するけど、ホンのタマです。
もっと正直に云えば、その手のと分からんメールが届くことがアル。
貴方様のホーム・ページに遭遇したのです。
楽しい構成のホーム・ページですねえ。これからも、益々頑張って頂戴ネ。そして、是非共私のも見て頂戴ネ。
その送り主は女性かナニか分かりません。性別不明のニック・ネームとURLが添付されてるのです。
よって、薄々はそれやないかと思いつつ。偵察したら、やっぱり、十中八九。イヤ、十の十がソレなんや。
私のホーム・ページを見てと、まともなメールもアルのです。
この場合は、私の掲載してることについて、感想等が書いてアル。
URLも明記してあったら、ソレなりに偵察して、返事もすることにしてるのです。
そんなことで、文面を読めば分かるけど、一応は礼儀やし、絶対的な確信もナイから、偵察だけはして、やっぱりアッチ方面なら、ホッタラカシです。
そんなことは佳いのです。怪し気な処を見て廻ってるワケでナシ。ソフトはインストールしたのです。
説明書に寄れば、ナンの負荷もナイし、データー送信も瞬時。となってるけど、ソオでもナイのです。
電話回線を切っても、マタ、接続プロパティが出現するから、鬱っとおしい。
そのウエ、スタート・アップに設定されてるから、Windowsのタイトル・バーに表示されるまで、余計に時間が喰われることにナル。
ナニか有ったら、ヘルプ・センターに連絡してくれとのことやから、そのことを云うてやった。
表示の時間のことは仕方がナイ。
電話回線を切っても、プロパティが出現するのが気に要らん。そのホカにも沢山あったけど、忘れてしもた。
回答は、調査して問題があるよおなら改善する。暫くはソレでやっててクレ。
当面は、月千円の商品券が頂けるから、我慢です。但し、商品券が届いたら、右から左へと、嫁はんの財布のナカに収まるのです。
暫くしたら、目当ての新バージョンのソフトが届いたのです。迅速な対応やなあと、インストールしたら、何件かは改善されてたけど、肝心の電話回線のことは変わってナイ。
ソレ以外にナニか改善したのかと、問い合わせたら、パソコンの機種、インストールされてるアプリケーションに寄っては動作そのものが異常になるから、主としてそっちの改善やて。回線の話は難しいから、マダ、調整中。
それから、約半年です。半分以上諦めてたら、マタ、ツギの新バージョンが届いたのです。
公式的には、OSのNT、Me対応らしいです。私のは、マダ、Windows98。
ナンの関係もナイけど、やってくださいとの指示。
千円の商品券を頂いてるから、ショウガナイのです。
インストールしたけど、これがため、ナンにも出来んよおになってしもた。
(00/11/08)


44.VideoReseach(2)

VideoReseach社からの要求は、所有の全パソコンに調査用ソフトを入れてクレ。
そおはなってるけど、ナンの負荷も影響もナイと云うワリには、電話回線を切断したら、再び、プロパティが表示されたり、されんかったり。
されたら、消さんとアカンから、鬱っとおしいやろな。
インターネット接続状況の調査協力には、やぶさかでナイから最初は指示どおりにやるつもりやったけど、こんな調子では困るやないか。
調査対象のパソコンは、嵯峨のダケにしてアトは削除したのです。
バージョン・アップのはドオやろなあ。改善してくれたのやろか。説明書の手順どおり、バージョン・アップしたら、見掛け上、改善されてたのです。
これなら、結構。流石やなあ。
要望事項を実行してくれたのや。私だけやナシに、ホカにも苦情があったと思うけど。
と、喜んだのも束の間で、電話回線を切ったら、エラー表示。
そして、タイトル・バーのInfoGatherのアイコンが消えてしまう。
試しに、スタート・アップから、再起動させたら、ナンのことはナイ。マタモヤ、エラーが表示されて、今度はタイトル・バーのホカのアプリケーションのアイコンまで、全部消えてしまう。
これは、ヤバイです。文字入力も出来んよおになる。
そのウエで、Windowsを再起動させたら、InfoGatherのアイコンが一旦は表示されるけど、スグに、エラー表示が出て、消滅。ついでにホカのアイコンも消えてしまう。
このままでは、ナンにも出来んよおになるから、あの手、この手で調整したけどアカンのや。
云うても、ソフトの上書きだけやけど、一旦は正常に起動するけど、又、ダメになる。
ツギなる手はこのソフトを削除してしもて、再インストール。
実は再インストールはイヤやった。最初っからのインストールのトキは、回線を接続状態にして、私の情報を再入力しなアカンのや。これが邪魔くさいから、抵抗してた。
そやけど、商品券を頂いてる弱味もアルから、ヤランとアカン。
結論的には、再インストールしたことで正常に起動したのです。
Windowsを再起動させても、どおもナイ。暫く様子を診て、良ければホカのパソコンにも全面展開するツモリやったのに、明くる日、パソコンを起動させたら、イキナリ、エラー表示やないですか。油断もスキもナイ。
さて、ツギなる手も幾つかあるのです。
一つは、タイトル・バーに常駐するソフトとブツカッテしもてる可能性があるから、それを削除してみること。
モオ一つは、マエのトキから今回までの間にやったことを元に戻してみること。つまり、対象ソフトの削除です。
最後の手段は、InfoGatherをマエのに戻すこと。マエにはどおもナカッタからです。
ここまで来てしもたら、原因追及、トコトンやってやろやないか。
お陰様で、タイトル・バーにあったIBMの翻訳の王様は抹殺されてしもた。
ドッチミチ、使う用事も少なかったし、コイツのために、Windowsの起動完了までの待ち時間も長おなった。削除して、セイセイしたけど、異常とは無関係なんやなあ。
そしたら、ソフトでナニをしたかと云えば、筆まめをバージョン・アップしたから削除してみたろかと、してみたけど、同じなんやなあ。
まだアルで。遅蒔き乍ら、一太郎10にしたよなあ。削除したろか。
したけど、同じなんやなあ。
まだ有ったで。花子も10にしたよなあ。削除したろか。
したけど、エラーになるのやなあ。
マイクロ・ソフトのOffice2000はそれ以前やから、最初っから、予定外。そこでハタと気がついた。
私も、アホとチガウか。ソフトを、ドンドン、削除してしもて、InfoGatherだけが残るよおやったら、ナンのためのパソコンやな。アホクサ。
そしたら、ショウガナイ。そのInfoGatherを以前のに戻すしかナイのや。
私はトキドキこんなことがアル。
ナニか問題が起こったとしたら、ソレだけを解決するのに集中してしもて、原因追及に夢中になって、ハタと気がついたら、ナンの意味もナイことをやってるのです。
今回も、そればっかりに躍起になって、InfoGatherを削除したり、再インストールしたり。
電話回線も入れたり、切ったり。ソフトもドンドン削除してしもて、又インストールして。
アカンから、以前のバージョンでやることにしたで。
と、VideoResearch社にメールして。
早い話が何日間も朝から晩まで悩まされて、時間を喰っただけ。
(00/11/09)


45.地獄の修正プログラム(1)

又、パソコンの話です。
先日、Microsoftから、CD−ROMが届きました。
内容を簡単に説明したら、「Office2000」の修正プログラムトを買おた人を対象に、ソレ以降の修正版を送ると云うもの。
確かに、インターネットで申し込み、所定金額を振り込み、手配したことがありました。
Office2000には、特に、不具合もナカッタけど。出る程、使い込んでもいませんし、分かる程、詳しくもナイのですが、安全のタメです。
マエのトキはメールで案内が有ったのです。ソオで無かったら知りますかいな。今回は、ナンの連絡もナイとは云え、無料やがな。文句を云う筋合いでも有りません。
私の場合、文字入力はジャスト・システムのATOK13で、表計算はEXCEL。ワープロは一太郎。いわば、ヘンな使いカタをしてるのです。
表計算などは、MS−DOSの時代から、Lotus1−2−3やった。ところが、Windows時代になってから、EXCELに打ち負かされよった。
原因を何回でも云うてやる。大体がWindows版のLotus1−2−3がMS−DOSの1−2−3で作成したデーターを読み込めんとなったら、アカンやないか。ソレを他社のEXCELがスンナリ、取り込みよったら、ここで勝負あった。
一太郎は文字が綺麗で、軽いです。WORDは重いし、字が乱雑。私の直筆よりは格段にマシやけど。
そんなことは、ドッチでもヨイのです。そのCD−ROMの話です。
ナンと云うても、タダやから。只ほど怖いモノもナイ。このことも、イヤと云う程経験してるのに、又引っ掛かってしもた。
クドイけど、只やし、修正版や。ナンとまあ、Microsoftもご親切にと、これならパソコン大魔神であっても、文句はナイやろ。
アイツはMicrofoftをいかにも、目の敵。悪口雑言、やり過ぎてるで。
それで、早速にも案内書に基づいて、インストールです。HDDにコピーして、それをエクスプローラで起動さすのやて。云うとおりに、やらせて戴きましたがな。
途中、Office2000の二枚のCD−ROMまで要求されて。
そしたら、又、ドカンと容量を喰いやがって、不足気味を余計に不足にしやがって。まあ、そんなことは、ドッチでもヨイのです。
セイゼイ、EXCELくらいしか使うこともナイけど、そのウチ、WORDも利用する可能性有る。ソレ以外のワケの分からんソフトも入れてしまいやがった。これが原因やろけど、こんなこともヨイわいな。
かと云うて、ナニがドオ修正されたのか、全く知りませんけど、これもドオでもヨイわいな。正常にさえ、動いてくれたらヨイのです。
試しに表計算をやったけど、いつもの通りやし、ワープロもやってみたけど、ナンの差があるのやら、サッパリ分かりません。
兎に角、ドッチでも宜しいです。
実害さえなければ、ヨイのです。そやけど、HDDの容量がなあ。不足気味やしなあ。やってしもたから、今更ショウガナイし、アンインストールはアカンて書いてある。
暫くしてから、思い出したのです。年賀状ソフト、「筆まめ」のデーターを修正して、別のパソコンにコピーしておきましょう。イヤ、何点か修正するべき事情があったのです。
それから、このプログラムもインストールしときましょかいな。
ここから、話が可笑しくなったのです。そのコピーが出来ませんのです。フロッピーは認識してるよおやけど、中味が表示されません。しかも、フォーマットがされてません。そんなことを云い出す始末。
フォーマットくらいしてますがな。
現に別のでは中味は見えてますし、フロッピーは至って健康。何処が気に要らんのや。
入れたのはノート・パソコンのホウで、コイツを再起動させたり、デフラグしたり。
容量不足が問題かと、Office2000の一部ソフトを削除したり。これは一大事です。
俄に顔面蒼白。目の前は真っクラ。
頭のナカは血の海。全世界は地獄と化した。
(01/02/03)


46.地獄の修正プログラム(2)

修正プログラムをインストールしたのは、ノート・パソコンのホウです。
自宅でも、嵯峨のマンションでも、何処にでも、常に私のソバに従う愛器です。
FDDのこの症状は以前にも経験はしてるのです。
一番最初はMS−DOS時代の遺産、1.2Mbのフロッピーを認識センよおになったトキです。
原因はWindows95から、98にしたトキで。手当たり次第に調査したら、NECの、「サポート・キット」が要ったのや。
デバイスの3MODO対応FDのナンたらカンたらをインストールすることで、720Kb、1.2Mb、1.44Mbの3種類が使えるよおにナルのやて。
幾らナンでも、750Kbは持ってませんでしたが、当時は1.2Mbが主力で、1.44Mbは従でした。
マダまだ、お古い機種が現役で活躍中のこと。今でも、その気なら動かせます。
速度、20MHzの白黒ノート・パソコン。参ったか。
ホカスのもナンやから、保管してるダケやけど。
このトキが最大の危機で、以降も時々あったけど、再起動でスキャン・ディスクで、デフラグで。不思議なことに治ったのです。ソレでナンで回復したかまでは、知るもんか。治れば、ソレで佳いやんか。
今回もその程度かと、再起動に、スキャン・ディスクに、デフラグしたけど、アカンのや。
砂時計が長いこと動きやがって、停止したらフォーマットが出来てません。そんなモン、やってるワイ。
そやから云うて、ヤッテクレと命令しても、出来ませんやて。素っ気ナイ返事をしやがって、私をダレやと思てるのや。このバカタレめが。
さりとて、強制終了させたら、ビビッてしもて、固まりよって、余計に手間暇掛かるのです。
FDDのモーター音は最初だけで、アトはウンともスンとも返事もナイ。もしかして、壊れてしもたのかと。
ソレなら、エライことですよ。以前なら、桂にSSが有ったけど、イマや伏見のホウやから、チョッと治してと、簡単なことではナイのです。さりとて、外付けのなんか、買うのも勿体ナイこと。
パソコン大魔神に相談と云う手もありますが、私にも多少やけど、自尊心なるモノが有る。
ドッチミチ、イマの段階では、困った、ドオしたらヨイのやだけ。ムコウも大魔神とは云え、生身の人間、困りますやろな。
さて、可笑しくなる前に、やったことは、修正プログラムなるものをインストールしただけです。ホカにはナンにもやってナイ。
結果、HDDも4.7Gbの残量が、アッと云う間に1Gbを切ってしもたのです。
計算上は、このプログラムだけで、2Gbととナルのです。そんなバカなこともナイけど、表示上はソオなってます。
ここで、私のやれることが三つ有る。
修正プログラムは、アンインストール出来ませんから、Office2000諸共、アンインストールさせて戴いて、再インストールしてやれば、元通り。の、筈やけど、保証はナイ。
或いは、容量不足が原因なら、使用もセン、Office2000のビジネス・ソフトを削除してしまうとか。
これなんか、勝手に入れてしまいやがったから、容量が激減したのやで。これも、FDDの動作と、ナンの関係がアルのか、ナンの保証もナイのです。
もお一点は、FDDのデバイスの存在確認。これこそ、関係してるがな。
スグにも出来るし、そやな、ガテンしたと、「システム」を確認したら、正常との表示。
ナニが正常やな。正常やったら、動け、バカタレめが。
そやけど、そおなってるから仕方がナイのです。ここは、グッと我慢しときましょう。
そしたら、簡単なホウからやってやれと、ビジネス・ソフトのDisc2を削除してやったのです。やったワリには、容量の変化はナイし、FDDも動ずることはナシ。要するにナンの変化もナイ。
オカシなことです。ソフトを削除して、FDDはショウガナイけど、HDDの容量はナン等かの変化が有ってもしかるべしでアル。
されど、エクスプローラでは、そのよおに表示されてるから、仕方ナイのです。
(01/02/04)


47.地獄の修正プログラム(3)

イヨイヨ、大魔神様に御神託を求めるか、外付けFDDの購入か。
それとも、伏見へ直行か。
マア、それにしても、何回、やったことか。再起動に、スキャン・ディスクに、デフラグを。
そして、FDDは回復してるかなあ。頼むから、しててクレ。その度に、フォーマットされてませんなどと抜かしやがって、期待を裏切り、私を逆撫でしやがって。
FDDのデバイスも確認、再確認、再々確認。イヤと云う程、覗いては見たものの、これも正常に動作してますやて。動かんから、アレコレやってるのに気に喰わんヤツ。云うても、その都度変化したら、そっちのホウが怖いけど。
それにしても、FDDが壊れたら困るのです。我が最新情報は、全部ノート・パソコンのナカやから、取り出すことが出来んよおになる。
CD−RWなどと、そんな特殊武具も持ち合わせて無い。チョッとした資料のバック・アップくらいやったら、フロッピーで充分やんかいさ。
そのウチ、あることに気がついた。
ヤルことが狭まり、追い込まれて来たから、ダメ元でもお一歩踏み込んでやれ。デバイスのプロパティを開いたら、「Microsoft Consumer Windows Publisher」になってます。
コイツは何処かで、見掛けたことが有りますゾ。
そうなんです。削除した、Office2000のビジネス・ソフト、Disk2に、「Microsoft Publisher」なるものが存在してた。オナジ、Microsoftでもありますがな。そやけど、FDDとナンの関係がアルのやろ。
有るとか、無いとか、今はそんな理屈を云うてる場合でナイ。可能性のあることは全部やってヤレ。
そおと思い立ったが百年目。即刻、Disk2をインストールしてやった。当然、最小限にしてやけど。
そして、恐る恐る再起動。エクスプローラでFDDをクリックしたら、モーター音がしてくれて。ソレは、サッキからオナジことやけど、ナンとマア、中味が表示されましたがな。
この瞬間の感激は一生涯忘れることは有りません。などと、大袈裟な。
マズは理屈などマッタク分かりませんけど、自力で回復させることが出来ました。
外付けFDDを買うこともナク、伏見くんだりまで、出掛けることもナク。大魔神様のお告げを押し頂くこともナク。
と、しながらも、もお一回、快感を味わうためにFDDを確かめて、ヤッパリ大丈夫。無事に起動してくれてました。
それにしても、ナンやなあ。この修正プログラムなる化け物はイランことしてくれて。
Microsoftなる大会社からの無償の贈り物やからこそ、ナンにも疑ってナイ。
多少は、容量を喰うやろけど、ナンかの不都合を修正するプログラムとの触れ込みやから、不利にはナランはず。と、信用して、説明書きの通りにやったのです。
イヤ、ムシロです。ワザワザ、送って来たから、相当な不都合でも発見されたとか。
それを知られんウチに解決してしまえとなったのではナイか。そおとも、解釈しましたがな。
我が一大事件が過ぎ去り、落ち着いたからですが。
順序は逆やけど、Microsofuのホーム・ページを覗いたのです。

1.長いプリンタ名を使用していると、PhotoEditor印刷時にエラー
2.WORDで、標準のファイル保存形式が2回目以降無効になる
3.WORD95のファイルを上書き保存すると、WORD95で開けない
4.EXELで、挿入したバーコードの数字が逆に表示される
5.EXELが、WinMe上で、特定フォントが別のフォントに置き換わる

セイゼイ、5番が関係するのかなあ。なったことはナイのですが。
その他、Outlookに、Accessに、PowerPoint等、諸々有ったけど、私には無関係な話ばっかりで、まだ、あるらしいけど、英文やて。キット、私が苦手なことを知っててからに、イジワルしてるのや。
まあ、宜しい。トリアエズはFDDが回復し、安堵したのは事実やけど、何故かHDDの容量も元に戻ってる。云うとくけど、間違いナク、Microsoftのビジネス・ソフトは追加したのです。
この真冬の深夜の悪夢はナンやったのか。
次第次第に五臓六腑のハラワタが煮えくりかえり、コンチクショウめ。
地獄からの使者、妖怪、下手物、魑魅魍魎。
憎たらしい地獄からの使者、Microsoftの修正プログラムめ。出番が時期ハズレでアルぞ。
タダでさえ、寝不足の我が時間を喰い潰しやがって。もお、ナンドキやな。
真夜中の、イヤ、チガウ。明け方の鶏が鳴く時間になってます。
さりとて、近隣諸家に鶏を飼おては居ませぬが、過ぎ去りし時間は戻りませぬゾ。
呪われた、このCD一枚。蹴飛ばし、踏みつけ、丸めて、クシャクシャにして。
二度と蘇ることナキよお、穴を開け、切り刻み、バラバラにして。粉砕して、封印して、焼き殺してやる。
そのマエに、アホくさいし、邪魔くさいし、兎に角、眠たいワイ。
されど、血が頭に登ってしもて、カッカして。眠るに眠られへんやんかいさ。
(01/02/05)


48.地獄の修正プログラム(4) 完結編

地獄の修正プログラムの続編を掲載してクレ。
そんなことをメールで戴いたり、隠し掲示板にまで、書き込みして戴きまして、誠に恐縮至極に存じます。
隠し掲示板は、取り扱い方法が複雑でしたから、採用するかどおかで、暫し沈思黙考。
その暫しだけでも、足かけ半年、迷てたのです。トリアエズ、公開してる掲示板も有りますから、特に急ぐ用事も無かったし。
迷てるウチに、勝手に別窓が開くよおになりまして。何処かさんの宣伝しよりますのですが、表示までの時間が掛かりまして。用事もナイのに開くまで待たされるのも、鬱っとおしいからリンクを外してしまいました。遂、数日マエのことですが。
宣伝なら、レンタル掲示板ではショウガナイことですし、掲示板のナカでやるのならありますので、一向に構いませんが。別窓を開けるのがスキなんはアダルト・サイトみたいやんかいさ。
それにしても、隠してる掲示板まで探し当てられて、迷惑千万と苦笑いして。
ツイデにとあるサイト用のパスワード・ファイルも極秘リンクしてたのに、何方様か存じませんが、発見されてまして。
隠し掲示板の側でしたから、発見されて当然ですが、googleであったか、検索でも引っ掛かりまして、このことがあって、慌ててリンクから外したのです。
パスワード・ファイルは私の備忘録ですから、サーバーには残してます。超重要な呪文ですから、ファイルにして、アップして。以来、ン年経過して、再訪問は何回したのか。
多分、ゼロから三回程度です。それなら、サーバーからも削除すればヨイのに未だにやってません。
正直云うて、隠し掲示板のことから想い出しただけで、それまで忘れてしもてました。
イヤ、もっと正直白状すれば、メールで問い合わせを戴いたのです。アレはナンの意味があるのやな。コレ又、正直にお答えしときましたです。
とは云え、余所さんに知られて流用され、被害甚大、倒産破産してしまうよおな、金銭に絡むパスワードではナイのですが、発見されても意味不明なよおに、対象サイト名は若干の加工を施してるのです。若干の加工のつもりであったのが、作成者の私がイマ覗きましても、解読出来ません。
ところで、地獄の修正プログラムの続編と申しましても、アレで解決してしもたから、完了してるのです。
無償配布のMicrosoft Office2000の修正プログラムCDは、クシャクシャにして、粉砕して、丸めて捨てたとしてますが、根が不精者故、コレ又未だに我が机の引き出しに温存されてます。
チナミニ、前回の掲載は二月五日。
これまた、引き出しを開ける度にほかしてしまわんとアカン。とは思いつつ、現在に至ってるから、半年もそのままです。
ご希望者があれば、差し上げても宜しいのですが、くれぐれも、試されたりしてはいけませんので、今月中には掲載どおり、微塵に粉砕してやる。
これにて、地獄の修正プログラムのお話は完結です。
(01/08/05)


49.Badtrans.Bに感染(1)

マイッタ、まいった、マイッタなあ。
見事にやられてしもた。ウィルスにです。ダレとは申しませんが、ヨク知ったヤツや。
件名が、「Re:」だけで、添付ファイル付きやから、典型的なウィルス・メールやぞ。
可哀想にアレが感染しよったぞ。知らせてやらねばならぬワイ。駆除の仕方も知らんやろから、教えてやらんとアカンがな。そのマエに我がパソコンのを退治せねばナラヌわい。
慎重に、慎重にやらんとアカンのです。手違いで、或いは生来の慌て者故、焦ってしもて、場所を間違い、クリックしてしまい、ファイルを開き、アア、シモタではナンにもならんぞと。何度も自分に云い利かせ、さあ、削除してやるぞと狙いを定め。標的のメールにカーソルを合わせた、その瞬間や。
多分やけど、ナニやら閃光が走ったよおな、走ってナイよおな、イヤな予感がしたけれど、眼の錯覚であって欲しいなあ。
イヤ、間違いなく、眼の錯覚であって、気のセイやろ。ファイルなんか開いてナイで。そして、文面も空白ですから、ウィルス・メールに間違いナシと断定した。(前回のことは、「魔界列伝」のNO.2NO.3の「ウィルス感染」に掲載。)
トリアエズ、コイツを先に抹殺してしまえと、削除して、サーバーにも削除指令を出してオケ。さもないと、ノートにまで感染してしまうがな。
ここで、閃光が走ったのは嵯峨の隠れ家にあるパソコンのホウで、この一、ニヶ月まえに自作したのです。
自作と云うても、私が組み立てたのではナイ。息子です。
そして、Windows2000にされてしもたのです。してくれと頼んだワケでは有りません。あくまでも勝手にしやがった。
その顛末は別にして、自作パソコンは受信専用として、アドレス帳は白紙です。万が一、ウィルス感染してしもて、アドレス帳を覗きやがって、ウィルス・メールを乱発したくとも、徒労に終わるよおにしてるのです。
それはそれとして、もお一度受信したら、今度は発信者文字化けの不明の件名、「Re:」だけのウィルス・メールがドッかと配信されるのです。ドッかとは、どれ程かは数えてナイけど、十個は有ったぞ。
これは大変と、削除のためにです。メールにカーソルを当てたらや。またもや閃光が走りよってなあ。二度まで花火を見たからには、幾ら老眼でも眼の錯覚ではナイわいな。
ホボ、間違いナク我がパソコンに得体不明のウィルスをブチ込まれた気配がする。
そやけど、ファイルは開いてないのに、ナンで、ブチ込める。新種のウィルスでも開発しやがったのか。暇人めが。
暫し沈思黙考、どおしたものか。どっちみち、感染してしもたら、ナンとでもしやがれと、開き治ってしもて、もお一発受信したら、警告メールが届いてるがな。貴方様のパソコンにはウィルス感染の可能性がありますよ。
イヤ、発信者が何処のダレかさんかも心当たりがナイのです。もしかして、そんなサービス会社の自動メールかも分かりませんです。
ナニはともあれ、ウィルスがナニ者であるかの犯人探しです。
前回にも経験したことでもありますし、まずはシマンテックに接続して、ウィルス・スキャンをやってみたら、ものの見事に感染ファイルが二個検出されたワイ。
まず、ウィルス名称は、「W32.Badtrans.B@mm」(以降、Badtrans.Bとする。)で、WindowsのSystem32のフォルダーに、「Kdll.dll」と、「Kernel32.exe」の名で存在してると教えてくれた。
さて、それならばソレ対応の駆除方法を探してみたれと、サイト内の探索に取り掛かれば、探索するまでもナク、TOPページで警告されてるがな。
そこから調べてみれば、最新ウィルスでWindows2000の場合は該当ファイルを削除セヨとしてあります。(11月29日のことで、当日夕方より詳細な記述となり、30日夕方より駆除ツールも添付されました。)
ならば場所は分かってますから、削除してやれと。エクスプローラで表示させ、削除するにも、ホカで使ってますとコメントが表示され、出来ませんのです。
ならば、トレンド・マイクロで探してみましょうかと、サイトに接続しても、マッタク接続出来ませんです。
原因はアクセスが異常に多いためと、何処かのサイトに掲載されてました。
そして、今現在(30日、23時過ぎ。)はシマンテックの駆除ツール先に接続出来ませんぞ。多分、駆除ツールが公開されたからなんやろ。
そして、その頃ですが、雅子様が宮内庁病院に入られたとニュースでやってました。
イヨイヨ、おめでた間近で御座います。
(01/12/01)


50.Badtrans.Bに感染(2)

おめでたいことであります。
待ちに待たれました、内親王様ご誕生と相成りました。
お誕生日は、平成十三年十二月一日であります。お一日とは重ね重ね、おめでたいことであります。
雅子妃殿下様におかれましては定期検診されれば、されたでニュースで報道されて。ご入院からご出産に至っては、悉く臨時ニュースにされまして。
日本一国に留まらず、世界の衆目注視のナカでありますから、それはそれは、お立場とは云え大変な重圧のナカでのご出産。マズはホッとされたことでありましょう。
ご誕生を受けて号外が出されましたが、これはおめでたの重責を果たされたことでもありますから、さぞかしご歓迎されてることと思います。
その号外は戴いてませんですが、私めもウィルス感染にイチオウの解決を見てます故、素直にホッとし、内親王様のお誕生も心よりご歓迎致しております。
そやけど、ナンですねえ。イマでもソやのに女性族に幅を利かされるかと、チと心配。男性族も頑張らねばならぬ。
さて、ウィルスの話でありますが、我が重圧としましては、彼方此方にウィルス・メールをバラ撒いて、被害拡大となりますことですから、当面は防衛策として、感染パソコンではメールの受送信せねばスムのでありますし、イザとなれば、フォーマットすればヨイだけですが、そのフォーマットが邪魔臭い故、ナンとかソレ以外の簡単簡便なる手段で駆除したいのに出来ませんから、コマッタ、困った、困ったなあとなってたのです。
検索サイト、Googleから、「Badtrans.B」関連サイトを探したら、アルは有るはで約四百件。多過ぎてもナンですから、「駆除」で絞り込んで、十二件にして。
既知のサイトは除外して、山田洋行なる会社がありまして。駆除ツールを公開してますから、やれることはナンでもやってみたれと、内容確認すれば、お試し版がありまして、Zip形式とやらで、解凍ソフトも要るはで、そんな余計なソフトの持ち合わせは無いもんで、全部ダウンロードして、やってみたけど、途中で停止しやがって、徒労に終わったのであります。
ナンやな、ショウガナイなあ。云うとくけど、嵯峨では只のダイアル・アップ接続なんや。電話代が嵩んでショウガナイけど、ナンとかせねばならぬから、多少のことはショウガナイ。
トレンドマイクロには、夕方(11月29日のこと)になって、やっとのことで、接続出来まして、ナルホド、駆除ツール、「3368FIX_BADT.exe」が有りました。
マエもココので駆除したかいな。イヤ、余所やったかなあ。どっちでもヨイのです。有れば結構と、さっきまでの不機嫌な表情もコロリと変幻。ニヤリと相好崩し、取り込んで。
やってみたけど、アカンのや。コンチクショウめ。これも、途中で停止するのです。ドナイセエと云うのやな。コマッタ、困った、困ったなあ。
それ以外にナニかやること無いかいなと、暫し沈思黙考。そおか、ノートで試したろかと、取り込めば、お見事、自己解凍してくれて、起動もしたのですが、当たり前やけど、無事でした。
此方のは、Windows98SEですし、嵯峨のはWindows2000ですから、OSがチガウのです。ダレとは申しませんが、余計なことしやがったなあ。
今更云うても仕方がナイけど、此処で名案が浮かんだなあ。
ならば、此奴をコピーして、ワケの分からん自作機に取り込んで、やってみたらどおなるかと、やってみたけど、アカンなあ。
アカン、アカンばかっりではアカンけど、我が知識ではここまでが限度一杯、万事休すです。
ナンせ、Windows2000のことはヨオ分からんし、最低限、検出された二個のウィルス汚染ファイルを削除したいけど、削除出来ませんからショウガナイ。帰宅してから、張本人の息子にでも聞きましょう。
と、帰宅の準備に取り掛かったら、珍しく、我が携帯電話からのお呼び出し。ナニ事かと相手を見れば、感染させたヤツなんや。
「私やけど、メールは届いたか。見てくれたか。
あのなあ、パソコンが風邪引いてなあ。そのことで、困ってるねん。」
ダレとは申しませんが、コンチクショウめではありますが、イチオウ、グッと堪えるつもりが、今の苦戦はそのためやないか。
「分かってるワイ。其方のパソコンはウィルスに感染してるのや。
お陰さんで、此方もエライことになってるのや。そんなパソコンでメールなんか送信したらアカンがな。」
堪えるどころか、ブチ切れて、腹が立って、腹が立って。
とは云え、そんなことさえ認識して無いから、送信したのやし。それで終わっては可哀想でもある。それ以上にメールを連発されたらエライことですぞ。ノートまで殺されてしまうがな。
それで、駆除ツールのことを教えてやろと、
「ウィルスの駆除やけどなあ。」
と、ソレだけしか云うて無いのに、ナンのことか分からんから、ダレ其れに替わるし、其れに云うてクレ。
そのダレ其れに、ウィルスのことを伝えてるのに、返事が少ないがな。腹が立ってるのに、余計に腹が立つやんか。
「あのなあ。聞いてるか。
ウィルス名称は、Badtrans.Bやけど、トレンドマイクロには駆除ツールが有る。それで駆除出来るから、ダウンロードして、やってクレ。
そのマエにセキュリティ・チェックが有るから、チェックして、ナニも検出されんかったら、ウィルスでは無いけれど、そんなハズは無い。必ず、してるワイ。それでチェックして、ウィルスの名称が分かったら、駆除してクレ。」
私も相当に怒ってますが、そんなことは別にして、
「トレンドマイクロも、シマンテックも、URLは検索サイトで検索して、駆除ツールの使いカタも、そこに書いてあるから調べてクレ。分かったかいな。エッ、どおなんやな。」
暫し沈黙が有って、どおしたのかいなと思たなら、
「今、トレンドマイクロに往きましたけど、何処を見らたヨイのですか。」
「オイオイ、コッチは今、画面を見て無いのに分かるかい。ウエの段に横書きで、ページの説明が有るやろな。其れを見てクレ。セキュリティ・チェックて無いかいな。」
「セキュリティ・チェックはありませんけど、ウィルス・チェックが有りました。コレのことですか。」
「其れや其れソレ。オナジことやから、其奴でチェックしてクレ。
ソレをヤリ出したら、三十分は掛かるから、電話はここまでや。モオ帰る。」
どっちみち、Badtrans.Bが検出されるけど、今後のことも有りますがな。彼方はWindows98Meですから、其れで解決致します。
羨ましいことです。私のは延長戦に突入やで。コンチクショウめ。
(01/12/02)


51.Badtrans.Bに感染(3)

彼奴にウィルス感染させられて、怒り心頭ではありますが、そのメールが無かったとしても、事情が分かって無かったら、その他ので遣られてますぞ。
送りつけられた件名、「Re.」のメールは初日だけでも軽く十通以上。削除しても、削除しても送りつけられ、今現在では軽く十通は届いてます。
現在なら正体は分かってますし。対策完了でもありますから、削除するだけですが、この手のメールがイツまで続くのかと厭になる。
さて、そのトキには全容が分かってませんし、問答無用で削除のつもりでも、プレビューだけで感染してしもたから、正常メールにウィルス・メールを挟む形で、削除したのです。
こんなトキ、惰性で購読のメルマガ(:参照)が有るから助かりましたが、その他不必要メールで挟めたらヨイけれど、最新メールがウィルスなら、困るがな。タマタマですが、そおは成らずにヨカッタけど。
ノートでは駆除ツールが有効と判明してますが、何回も感染するワケにもイカンでしょ。駆除しても、出来たかどおか、ウィルス・バスター・サイトでウィルス・チェックして、確認せにゃならぬし、早いこと恒久処置もしとかねばらぬ。
イヤ、ご心配ナク。イマ現在なら、仮に未対策状態であろおとも、件名、「Re:」のウィルス・メール、Badtrans.B、一通の削除方法も分かってますが、話には順番が有りますから、追々に説明する。
さて、帰宅した丁度そのトキに彼奴からの電話がありまして、「治ったし。」とのこと。
其れはヨイけれど、ウィルス感染してしもたら、対策出来るまでメーラーは起動したらアカンでと、一般的注意事項を伝えたら、「メーラーってナンや。」やて。
Outlookのことやがなと、説明にも一苦労。
そして、息子にカクカク、シカジカでと、ファイルの削除はドオするのかと尋ねれば、Windows2000には、それなりの方法が有るのやて。
「Ctrl+Alt+Del」キーで、「タスクマネージャ」なるものを表示させ、問題のウィルス、「Kernel32.exe」の活動を停止させる処置をしてから、標的のファイルをエクスプローラ等で削除するのです。
これで、一つ賢くなったけど、この時間帯になればシマンテックでも、単に、「削除セヨ」だけの表現から、「タスクマネージャー」の操作云々までが掲載されてたで。最初っからやってくれたら退治だけでも出来たのに。
トリアエズ、自宅ではフレッツISDNにしてますから、電話代を気にすることなく、Badtrans.B関連情報を収集したのですが、不正確な記述が多かって。
サイトに寄っては、アドレス帳からアドレスを盗むとしてあったり、未読メールのアドレスにウィルス・メールが配信されるとしてあったり。バラバラの説明ですが、私の体験からではこの二つにはチと首を傾げるワイ。
そもそも、感染マシンのOltlookのアドレス帳は白紙やで。未読メールは一通たりともナイのやわい。必ずや、開封スミにしたウエで、削除と保管に分別してるのです。にも関わらず、ウィルス・メールを受信したとの連絡が有った。
よって、保管メールからアドレスを盗まれて、其処にウィルス・メールを送信しやがるとの表現なら、正しいのです。よって、処置方法を懸命に探してるのや。
案の定、我が掲示板にも書き込みが有りました。
「シバケン様、貴方のマシンにBadtrans.Bなるウィルスが感染してますよ。何処其処に、内容が掲載されてますから、参照してくださいね。」
それが、アドレス入力なしで、苗字のみ。しかも、私の知らぬ人ですから、「パソコン大魔神コーナー」に質問でもしたお方やろ。
「申し訳有りません。感染パソコンのメーラーは対応完了まで、使用致しません。」
と返答して、暫くしてから、確認したら、主文も返答も、削除されてまして。
私はやってませんから、ご当人様が削除されたのか。書き込みが有ったのは現実で、眼の錯覚でナイことは確かです。
これで、三名様にウィルス・メールが発信されてたことになる。三名ですんでたらヨイのですが、そのホカでウィルスに詳しくナイ人に届いてら、困るなあ。
更に情報を収集すれば、二度三度とオナジ宛先には送信しませんともありました。これは、確認も難しい。
更に、こんな無責任記述も有りましたで。このウィルスは不完全であるため、発信者名が文字化けしてるし、汚染ファイルも実行しません。驚異はありませんが、安全のタメ、削除だけはしてくださいね。
こんな記事、ウソ八百もヨイ処やで。確かに文字化けもしてますが、此方からのウィルス・メールが相手様で認識されてますがな。
或いは、キャッシュで保存のパスワードを盗んだり、キー操作までを記録して、ハッキングするとしてあります。これは、信用スル、シナイは別にして、要注意。
それよりも、私の責任に寄る被害者が何人かが気に掛かるから、目安としてですが、一度に何通発信されてしまうかが知りたいなあ。
注1:<メルマガはスパム・メールの原因になる場合があります。登録の際は要注意してください。
SPAM撃退法秘伝」を参照してください。(追記:03/09/17)>
(01/12/03)


52.Badtrans.Bに感染(4)

十二月一日(土曜日)の内親王様お誕生を受けまして、明けの十二月三日(月曜日)の株式市場はドオなった。
ご歓迎の祝砲一発、ブチ上げられず。その原因は負債総額二兆円とも、四兆円ともされる、多寡が海の向こうは米国のエンロンなる聞いたこともナイ、電力会社の倒産と称する弔砲一発如きで、ガタガタ、メロメロに打ち崩されよって、情けないの一言に尽きる。
こっちは、日本の株式市場です。こんなトキこそ、日本の景気をチとでも持ち上げて、明るくさせるためにも、国家の威信を賭け、機関投資家も大号令一発、総動員で弔砲一発に祝砲万発で対抗せねばならぬのに、単に手を拱き、唖然と見守ってるだけの無為無策、無知蒙昧ブリを発揮してたのではどおしょおもナイ。
これでは日本の景気も良くならん筈。なあ、小泉さんに竹中君よ。ついでに塩のクソ爺さん。ナンとか云うたらどおですか。
所詮は脆弱なる日本の政治力、経済力の実力を反映してるだけです。とは、新聞には書いてありましたが、私も同感であります。
さて、脆弱と云えば、Windows2000に潜り込んだウィルスのことですが、手順に従い、処置した結果、ナンとか感染ファイルの削除が出来ました。
したら、したで、ウィルスチェックせにゃならん。コレも無事通過で、ウィルスは退治したことにナル。ならば、お次ぎの番で感染防止をせにゃならぬ。
方法は何通りも有りまして、サイトに寄って説明が若干異なるのです。そもそも、Badtrans.BなるウィルスはOutlookExpressの脆弱なるセキュリティ・ホールを狙ったものと解説されてます。
この脆弱なるセキュリティ・ホールとはナンのことか、近頃の言語は英語と日本語をゴチャ混ぜにしやがって、感覚的には分かっても、理解するのが難しい。
単純に日本語に翻訳すれば、日本経済と一緒のことで、ウィルス一発、ビックリ仰天、奈落の底に転落の落とし穴と云うことや。
自慢にはナランけど、感染二度目のため、ビックリまではしてませんが、ソフトに欠陥があるからこそ、狙われた。
むしろ、狙たウィルス開発者こそ賢いなあと、思てます。などと敵さんを誉めてはイケマセン。お陰様で、被害甚大、電話代と時間を喰うてショウガナイわい。それと、ウィルス・メールは今日もマタ、十通近く届いてますぞ。これも、感覚的には若干落ち着いた。それよりも、ウィルス・メールが届いたぞ。との連絡は初日だけですから、チと安心や。
そこで、この穴を埋めるためには、IEのService Pack2を適用するか、IEのバグを修正セヨ。
ハタマタ、WindowsをUpdateセヨ。或いは、OutlookExpressのプレビュー機能を動作させないことで対応可能ともされてます。調べれば調べる程、沢山有り過ぎて、どれがヨイのか迷うがな。
特に、ウィルス感染を予期したワケでもありませんが、先日、我がサイトの訪問者のお知らせが有りまして、IE(含む、Outlook)のバージョンアップも試してみたのですが、最後に出た文言が、
「原因不明のエラーで、インストール出来ませんでした。最初からやりなおしてください。」
との文言で、反故にされた。
時間だけ喰って、阿呆みたいやった。考えるに、バージョンが古過ぎた可能性が有る。
ならば、第一段階として簡単に出来ることはOutlookExpressでカーソルを合わせても、プレビュー表示させんよおに設定してやれば、仮の対策が出来ます。
トリアエズ、其れをしておいて、次ぎにService Pack2なるものを取り込んで、恒久対策すればヨイ。と、考えた。
二重手間ですが、全設定が引き継がれると判断したのと、対策は二重三重にしとけばヨイと思ただけ。
そのService Pack2も、二種類有って、IE5.0と、IE5.5ですて。
折角なら、5.5にしとこかいなと、ダウンロード開始です。またもや、時間を喰って約二時間。電話代も要ってショウガナイけど、ここまで来たらケチケチせず、トコトンやらんとショウガナイ。
そして、無事完了したけれど、ダウンロードの最中に、時たま回線が切れたり、ダウンロードが停止してたのです。ナンせ、ISDNでもADSLでもナイ、只の電話回線です。
可笑しいなあと思てたら、大魔神からの電話が有りまして、彼方もBadtrans.Bに感染したのやて。
「駆除はしたけど、OutlookExpressが起動しないのや。」
もしかして、私からのメールで感染したかと思たけど、ダレからのメールか文字化けで、分からんのやて。
ならば、証拠がナイから、チと安心。大魔神には私が感染したことをメールで通知してたのです。
そして、云うにはファイルを開くどころか、未開封の設定にも関わらず、カーソルを合わせただけで、感染したのやて。しかも、Aliz.Wormなる同種のウィルスも蔓延してるとか。
コラ、イカンぞ。もっと、厳重に対応せねば、感染してしまうがな。
そこで、彼方此方のサイトを探索して、よおやくにして対応策が見つかった。
OutlookExpressの「表示」→「レイアウト」→「プレビュー・ウィンドウを表示する」で、此奴を解除すればヨイのです。
コレで、ウィルス・メールが届いても、二重の対策完了です。
(01/12/05)


53.Badtrans.Bに感染(5)

Badtrans.Bは、十一月二十四日、英国で発見され、翌二十五日には日本に上陸で、私は二十九日に感染した。
私のIEは、自作機がWindows2000のそのままのIE5.0。
ノートのは雑誌、「Yahoo」の付録で5.0やがな。雑誌は何日のかと問われれば、昨年です。
ナンで、IE5.5のSarvice Pack2をインストールするまで、Updateがアカンかったのかは、謎ですが、やってからは、WindowsのUpdateもスンナリ出来ました。
出来たはヨイけれど、若干ですが、OutlookExpressの操作方法が替わってますから、困ります。
メールを作成して、「下書き」保存のつもりで、「後で送信する」にしたら、「送信トレイ」に格納されるしなあ。
「送信」も「後で送信する」もオナジになって、「上書き保存」が、「下書き」のフォルダになるのです。こんなこと、統一してクレ。などと、ここで愚痴をこぼしてもショウガナイ。
そして、Badtrans.Bにどのよおに対応してるかと云えば、件名、「Re:」のメールにカーソルを合わせれば、ファイルを開くか、ドオするのやと尋ねてくれるのです。
そこで、「保存」とか、実行するにしてしまえば、感染やから、要注意です。
いずれにせよ、以前のバージョンでは、ウィルス感染防止として、意味不明の添付ファイルさえ開かなければ大丈夫の迷信も崩れ去った。
そして、Badtrans.Bについては、単に保管のメールから勝手にアドレスを盗み見して、ウィルス・メールをバラ撒くだけでナク、OutlookExpressそのものが起動出来んよおになったり、送信が、或いは受信が出来んかったりしてますから、ウィルス・バスター・サイトの説明だけの被害ではナイで。
いずれにせよ、ウィルス・メールを撒き散らし、見知らぬ人に余計な手間暇を掛けさせたのは、初めてです。対策が完了すれば、ダレに発信したかをつきとめたいと、「送信済み」フォルダを覗いたのですが、ナンの痕跡も無かったなあ。
私の許可もナク、勝手にウィルス・メールを送信しても、送信した限りに於いて記録が残ってると思たのですが、甘かった。
ウィルス・バスター・サイトに一度往くとクセになってしもて、適当なウィルス・チェック・ツールはナイものかと、探したら、トレンド・マイクロにDOS−MODEで動作する無償ツールが有りました。
チと試してやれと取り込んで、起動したら、説明書きどおり、Windowsを自動終了させ、再起動。これがDOS−MODEとなって、チェックを開始。
それは結構ですが、時間が長いのや。ファイル・サイズにも寄りますが、一個に一秒やられたら、何時間も掛かるがな。待つのも邪魔くさいので、一旦停止させるにも、どのキーを操作しても、出来ません。
仕方ナイから、強制終了させて、再起動させても、DOS−MODEでウィルス・チェックしやがって。しかも、振り出しに戻って、最初っからやて。
ショウガナイから、約二時間、ジッと待ちましたがな。
さて、件名、「Re:」のウィルス・メールも受信は減少して五通程度になりましたから、収束には向かってはいますが、パソコン大魔神コーナーの質問者に、一々掲載通知を出すのも考えモノや。未対応のまま、何時までもウィルスに気もつかず、放置してるヤツも居てるからで、最近目立つのが、「Re:Re.」のウィルス・ファイル付きの文面なしメール。
我がプロバイダの京都inetからも、警告メールが届きました。ウィルス未対応のままでメールしてくれるな。被害が拡大してしまうぞ。との主旨で、ウィルス・対策ソフトを導入セヨとのことでした。
私も以前は入れてましたが、これのためにWindowsが停止したのです。よって、削除したのですが、本日も奇妙なメールが届いたぞ。
件名、「Hi:」で、添付ファイルつきメール。何者ぞと調査すれば、此奴はメールのバラ撒きと、ウィルス・ソフトを標的にした、新種のウィルス。今月四日に発見で、私に届いたのは五日。
その名も、「GONE.A」(トレンド・マイクロでの名称。)やて。
マサカ、日産自動車の社長やあるまいに。(シマンテックでは、「GONER.A」で駆除ツールがあります。)
そんな冗談は別にして、何処のダレかは知らんけど、ヘンなファイルは開くなよなあ。馬鹿タレめが。
コレほど早く、新種ウィルスが蔓延してしまう根源はウィルスのことさえ知らぬパソコン新人が急激に増殖してしもて、インターネットそのものも、フレッツが拡散。常時接続の時代となり、ウィルスの餌食になってるのです。
タマには、ウィルス・バスター・サイトを覗いてクレ。
私もお歳のセイか、頭は日々固くなり、保守的になってるのに、ここ一週間、ウィルスだけは、最新のが届くため、イヤになる。
(01/12/06)


54.プリンターの話(1) 愛機老衰

夏の終わり頃から、我が愛機、NECのPC−9821Xaの調子が悪くなりまして。
元々ご主人様に何かと造反する気紛れマシンでしたが、遂に動作停止になりました。
兎に角、電源を入れてもダメでして。HDDの声さえ、ウンともスンとも聞こえません。
トキには、呻き声と共にメモリーをカウントしてくれて、立ち上がりそおになるのですが、其処でお声も掻き消えて、停止したり、カウントさえもしてクレんかったり、何事もナク、無事に立ち上がっても、スグに固まったり。
困るのは、固まることで、Windowsが立ち上がり、ナニもしてないのに固まったこともある。
仕方がナイので、リセット・ボタンで再起動させれば、一発で起動したり、しんかったりで、壊れたことだけは確かなため、どおにでも成れと、リセット。其れを何回か繰り返せば、運良く起動したりして。
トリアエズ、朝一番、電源を入れて、どおなるか。ヒヤヒヤし乍ら、騙し、騙しにやってましたが、次第に立ち上がらぬ頻度が増しまして、ご機嫌麗しき折りを見計らい、貴重なデーターをバック・アップせねばならぬのですが、その途中でも固まるから、苦労した。
ソやから云うて、ほっとくワケにも往きませんし、CDへの書き込みを何回も失敗し乍ら、早晩訪れるであろお、ご臨終に対応すれば、暫く調子が良かったり。
其れで安心してれば、突如の反戦ストライキですから、もお、アカンぞ、許さんぞ。ホカしてしまうぞ、覚悟セヨ。
とは、何時も思てたのですが、最新鋭機にしたくとも、財布と相談せねばなりませんし、何処のメーカーのナンの機種にするかも問題で、種類が有り過ぎても選択に困る。
其れを彼方様はユーザーの選択の幅を広くしてますと、勝手な理屈をこね回してるだけ。此方にすれば、マズはご主人に従順で、値段は安く、そのウエで多機能であればヨシ。
私が使う程度なら、最新鋭機能も要りません。ダレかさんみたいに、画像処理も、音楽も無縁ですし、怪し気なサイトから、得体知れずのソフトを取り込むことも致しませんし、ナンせ我が主力マシンはNECのノート。ディスク・トップはサブ・マシン。此又、ダレかの反対方向。
本来ならば、PC−9801FAからのNEC派故、出来れば、生涯、NECにしたいのですが、イザ故障の際の桂にあったサービス・センターも無くなりまして。京都では伏見一カ所になってます。伏見まで持って往っても、修繕は大阪ですし、一、二週間、取り上げられ、伏見にまで取りに往くのもシンドイです。
其れなら、近くの電気屋さんに出せばヨイのですが、度々出さねばならぬ造反マシンでは困りますし、メーカー物では不要のオマケ・ソフトが満載過ぎて、悪さをシヤガル。
ツラツラ、考えた末、息子に相談したのです。どおしたもんやろと。
イヤ、中学生時代は私の弟子でしたが、Windows98出現以来、逆転されて、我が先生になってます。
此方が時代遅れになっただけですが、其れも此も、会社に居てたら、ナニかと情報が入ってたのに、なくなってしもた。
息子もPC−9821Xaでしたが、壊れてしまい、不具合現象もオナジで、ウンともスンとも物云わんよおになったのですが、そのトキ、リセット・ボタンを連発してやれば、一時的にではあれ、回復したのか。
どっちみち、音無では、ご臨終ですし、自作マシンに移行しました。
息子は友達のも含め、五台を組み立てたと云うてますし、失敗を重ねに重ね、犠牲者累々、其れなりに、復旧させて、経験も積んでます。
「幾ら有れば、ナンとか成るのやな。」
「十万円以内で、目標八万円かなあ。ディスプレイはイマのが使えるし。」
その十万円を如何に工面するかがありますが、そおとなれば、早いに越したことはナイ。
夏休み中にでもやってクレと、早速、寺町のパーツ屋さんを彷徨いて、部品の調達でした。
それが、プリンターとナンの関係が有るのかですが、其れは追々分かります。
(01/12/29)


55.プリンターの話(2) 自作マシン

驚いたのは、家電にパソコン量販店よりパーツ屋さんにお客さんが圧倒的に多いこと。
新聞紙上で騒いでる、IT不況は何処のことか。さりとて、お客が多いから、売れて、儲かってるとは限りませんが、商品を手にして、レジに並んでますから、結構、売れてます。
但し、部品ですから、パソコン・メーカーは大変やろ。しかも、企業のパソコン導入が一巡したからIT不況で、個人の部品購買だけでは知れてるのやろ。
四五年前(1996から7年)のことですが、マダマダ、メーカー・パソコン主流の時代、知り合いが自作マシンに挑戦したと聞き及び、そんな難しいことをやるとは、大したものと感心した。
事実、その当時は情報乏しく、難しかった。一台目は見事失敗して、二台目でナンとかなって、アトは、其れを増改築してます。
イマでも一発で成功するのが難しい。部品のメーカーが多いし、種類も多く、組み合わせが多岐に渡るのと、今度は情報も氾濫し、余計な高性能までを追求して、バランスを壊してしまう。
昔なら、部品をかき集め、アルミ・シャーシー、通称、弁当箱にドリルで穴を開け、半田鏝片手にラジオを組んだりしましたが、イマならプラスチック製の小型携帯ラジオはキットやし、道具不要で、小学生でも造れます。
パソコンも、ドライバー一本ですから、便利になったもんです。
其れ以外でなら、テレビに冷蔵庫、炊飯器にエアコン等々、此の自作は聞いたことがナイぞ。
ダレもがメーカーのを買いますが、ラジオを自力で組み立てるのは、造る楽しみでの世界でしたが、パソコンはチと意味合いが異なるよおな気がしてる。
メーカー物は独自性と多機能ばかりを追い求め、家電製品程の安定さに欠けるのと、そのワリに高いのと、使用者のホウも、想定出来ぬ、無茶な使いカタをするからや。
その替わり、メーカー保証がありまして、アフター・サービスも充実してる筈ですが、スンナリとは面倒診て貰えません。そんな苦い経験を積み重ねた結果として、オナジ不安定でも自作なら多少のことは仕方ナシ。我慢も出来るし納得出来ると、息子は申してました。
私に云わせて戴ければ、使用頻度の高いテレビでも、セイゼイ、チャンネルと音量を操作するだけですが、其れもリモコンで、直接に触れることはナイぞ。
パソコンは、各人各様、種々雑多、得体不明のソフトを放り込まれ、ダウン・ロードでブチ込まれ、弄くり廻され、ついでにウィルスまで飲み込まされ、ご主人様に散々虐待されるため、不安定になってもショウガナイ。
イヤ、私のパソコンは老衰で、治した処でHDDも二器を足して4.4Gbで、一杯一杯。
CPUも133MHzで、寿命、たったの六年で、時代遅れになってます。其れでも生存する限り、ご老体に鞭打ち、酷使するつもりであったし、不便も無かったぞ。
其れに引き替え、この度のマシンは20Gbで、1GHz。数字程には快適ではナイ。
そのウエで、世間の動向も、部品も、日々進化して、其れを追いかけるなら、メーカーの最新鋭機をその都度購入するしかナイのですが、自作なら目的に応じ、対象の部品を交換するか増設ですから、安いし、手っ取り早い。その替わり、下手な選択すれば、造反されます。
尤も、自作マシン流行りとなりましても、ナニも考えず、単にやってみたいと、挑戦だけして、結果、お手上げする馬鹿も多いのですが、自作は全て自己責任が前提。最初っから、パソコンとしての保証はされてナイし、保証が有っても部品単体だけ。
とか、エラソオに云うだけ云うて、寺町には息子と一緒に往きまして、どの部品にスル等々、全部、任せてしもたなあ。当然、組み立て、調整も含めてのこと。私は幾ら掛かるかと、そっちの心配だけ。
トリアエズ、パソコン一台分の部品を買い求め、荷物一杯持ち帰り、その日のウチに物が完成してしもた。イヤ、ドライバー片手に息子が組み立てたのですが。
そして、ノートと同様、Windows98SE(以下、98とする。)として、明くる日には嵯峨に持ち込み、ディスプレイと、プリンターを接続。要り用のソフトと、バック・アップ・データーを取り込めば、見掛け上は完成する。悪いけど、其処まではつき合おてクレ。
アトは、インターネットの設定等々、これくらいなら、私一人で出来るし、遣らねばならぬため、任しといてクレ。
とまあ、此処まではヨカッタのですが、息子が居る間にディスク・トップとノートのデーターの共有化も図れば、ナニかと便利です。この機会にLANカードもコードも買い求めてますので、接続を試みたのですが、失敗してしもた。
原因は、98の機能に有るのではないかとなりまして、息子がその対応として、Windows2000(以下、2000とする)にしやがった。
しやがったと申しましたが、結果、ファイルの共有化は成功したのですが、此処から、問題が発生して、其れがプリンターです。
何故かと云えば、プリンターには印刷条件設定用のアプリケーションが添付されてまして、インストールして使用するのですが、2000では、ソフトがインストール出来ません。
エラーもクソも、受け付けさえもしてクレず。困った、コマッタ、困ったぞ。ナンとかしてクレ。
(01/12/30)


56.プリンターの話(3) プリンターのアップ・グレード

年末中に此の話を完了させる予定が、或る事情に寄り中断しました。
事情とは、年末特有の話ですから、年始早々に掲載するのは如何なものかと、其れだけのこと。七日正月も過ぎましたので、再開することに致します。
さて、プリンターの話ですが、プリンターも古いのは困ります。古くとも、仕様どおりに動けば文句なし。其れなら、話は簡単です。
当家のは、Epsonのインクジェット・プリンター、MJ−800Cなる機種ですが、Windows95が出たトキに買い、今となっては古臭くとも、当時の最新鋭機。幾らしたかは忘れましたが、安くは無かった。
買おて、即、ユーザー登録致しましたら、彼方様からご丁寧な封書が届きまして、
「この度は弊社製品をお買い求め戴きまして、誠に有り難う御座います。
さて、そこで、別紙一覧表に示します機種につきましては、近々にもアップ・グレード致しますが、イマならご希望に寄りまして、全て無料対応致します故、その旨同封の葉書で連絡してクレ。
折り返し、梱包材一式をご指示宛先にご送付致しますし、送料も不要であります。」
とのことでした。イヤ、そんな文面は保管してませんので、記憶に基づいてます。
其処で、一覧表を見れば、購入機種が該当してます。アップ・グレードとは双方向通信対応ドライバでパソコン画面からインク残量を表示出来るよおにするのですて。
最新鋭機で、早速のアップ・グレードとは可笑しいぞ。とは思いつつ、どちらにしても、スグには用事がない。無料で梱包材も戴けるなら、良きに計らえと快諾。
プリンターの先輩はタイプライターになるのかなあ。タイプライターが扱えれば、一流企業の就職にも有利。早さを競う大会も有ったよな気がしてる。イマのパソコン検定みたいなのも有ったけど、私は不器用で、用事はナイし、触ったこともナイ。
タイプライターに取って替わったのが、ワープロでして。
最初は生産管理業務としてのラベルと作業伝票印刷をやったのか。次第に波及して、QCのクレーム回答用にも使いました。
私は晩生故、一番最後に文作(ワープロの商品名)の操作を教わりまして、廃棄同然のを戴いた。イヤ、自宅にではありませんぞ。業務用にです。
その頃には、若手はパソコンを使い出してたのに、意地にでも使たるもんかと。
イヤ、ウソです。パソコンは高価で、且つ不安定なため、無知なる輩に触られて、壊されでもしたらイカンので、ソバにも寄らさせて戴けませなんだ。
ならば、キーボードなるものに触れてみたかっただけです。パソコンは意地になり、有り金叩いて買いました。其れがNECのPC−9801FA。
当時の印字はリボン・カセット方式。リボンに塗布されたカーボンが消耗して、次第に印刷ムラが出来ますから、反転させました。
其れに取って替わる有力候補として、電子式高速サーマル・プリント・ヘッドなるものが出現したのです。
電子式故、カセットなしで、交換不要の唄い文句。ではありましたが、用紙が感熱紙でなければナラヌのと、ヘッドがスグに切れたよなあ。ローム製サーマル・プリント・ヘッドもクレームばっかりでした。イヤ、昔の話をしています。
お次には、用紙にインクを吹き付ける、インク・ジェット方式の時代となりまして、インクですから、そのウチ、消滅しますが、インク切れになれば停止しますので、印刷ムラは解消。カラーも可能となりました。その替わり、インク代が高いよなあ。
自動停止機能は会社ので、我がプリンターには斯様な高度機能はついてません。
更には、レーザー・プリンター等々が出てますが、使たことがナイので知りません。
いずれにセヨ、一昔前なら、プリンターを個人的に持つには超高級品。持ってれば、アルぞと、多少の自慢になりましたが、ナニに使うかと云えば、年に一度の年賀状だけやんか。にも関わらず、買いまして、年賀状までには間が有ると、Epsonに発送した。
無事に戻りましても、年賀状までには、マダマダ、間が有りまして、確認もセズ、放置数ヶ月。確認した処で、チと試し刷りした程度で発送してますから、ナニがどのよおに良くなったのか、比較のしよもありません。
イザ、年賀状の季節となれば、筆まめで住所録を作成し、図案を練って、試し刷りしたり、印刷位置を調整したり。此れはナカナカ、大変や。
ナニブン、会社では、A4用紙の印刷だけで、多少のズレは許せますが、年賀状は多少が大きいから微調整が要るし。
印刷位置は取扱説明書を読みまして、ナンとか調整、収まったのですが、イザ、葉書印刷本番になれば、フィーダーが可笑しいのです。
葉書を取り込んだり、取らなんだり。取ってくれても、数枚取ったり、詰まってしもたり、詰まっては、停止したり。
無茶苦茶やないですか。アップ・グレードの名を借りて、ナニをした。困った、コマッタ、困ったなあ。
(02/01/09)


57.プリンターの話(4) エライことになりました

直して戴くにも、年末が迫ってます故、今更、時間がナイ。
無理矢理にでも、印刷、投函すれば、ホッとして。喉元過ぎれば、忘れてしもた。
そして、一年経ち、イザ、年賀状の季節となりまして。ハタと思い出し、イマなら間に合うぞ。
カクカク、シカジカでと、Epsonのサポート・センターにナンとかナラヌのかと電話したら、
「フィーダーの滑りの問題と思われます。」
そんなこと、分かってますが、素直に拝聴致しまして。
「ローラー部に汚れが付着しますと、滑りが悪くなります。
其処を綿棒等にメタロールを染み込ませ、拭いてください。さすれば、多分ですが、解消されます。」
ならば、やってヤレと、綿棒とメタノールを調達し、ローラー部は狭いため、四苦八苦。挑戦したけど、アカンわい。再度、再々度、電話したのですが、
「やり方が不味いのです。カバーを外して、やってみてください。
タダシ、精密機械ですから、回転部等、イランことセヌよおにお願い致します。」
ナニ抜かす。そもそも、ローラー部も回転部です。その精密機械がナンで紙の取りミスをするのかや。
そんなイランこと云うてませんが、挑戦してるウチ、年末切迫、期限切れとなりまして、このままでは年賀状が間に合わん。
またもや、四苦八苦、無理矢理にでも、印刷してしもて、投函すれば、喉元過ぎて。
とまあ、例年、そんなことで修繕もセズ、現在に至ってますが今回は事情がチとチガウ。
PC−9821Xaが老衰のため、葬りまして、自作マシンです。しかも、止せばヨイのに、Windows2000にしやがった。
クドイですが、私がしたのではナイのです。息子がやったことですが、Windows2000ではプリンター設定用アプリケーションを受付けず。
無設定のまま、印刷したら、何時まで続のくか、解読不可なる呪文の嵐を印字しやがって、用紙を投入するのも無駄ですから、電源切って停止させ。
もしかして、Windows2000用のが有るかいなと、Epsonのサイトを訪問すれど、該当機種のは掲載されてません。ホカのは有るのに、どおなった。困った、コマッタ、困ったなあ。
そこで、ハタと気がついたのは、家のはどおしてるかです。オナジ機種ですので、息子に確認すれば、問題無く、印刷出来てるのです。
チナミニ、プリンターのドライバーはWindows2000に有るから、プラグ・アンド・プレイで自動的に設定してくれるのやて。ナンやな、其れを先に云うてクレ。私は従来どおり、アプリケーションでヤルものと信じ込んでたで。
お陰様で、ドライバーは設定出来て、適当に試し刷りすれば、お見事出来ました。その後も、とある通信文を作成し、無事に印刷出来てます。
とまあ、此で目出度しなら結構ですが、恒例の、年賀状の季節となりまして、押し迫ったとある日に、筆まめV.12の図案を選択、試し刷りしたら、色はその都度異なるし、色むらが出るわ、途中で停止しやがるわ。
カラーは何処でナニを調整出来るのか、探しまくり、試行錯誤を重ね、其れでも分からんから、Epsonサイトを訪問して、ドライバーの修正版は出てるかと。せめて、Windows2000での設定方法解説とか。ナンにもありませんし、困ったなあ。
彼方此方、ウロウロ、徘徊。
辿り着いたのが、筆まめの印刷画面プロパティの設定でした。其処で、あれこれ、試してみれば、印刷用紙の設定で決まるよおな、決まらんよおな。
一枚は正常に印刷出来るのに、二枚目からがアカンのです。色むらは出るは、途中で停止するわ、薄くなるはで、どおなってる。
其処で、ハタと気がついた。もしかしてですが、一回一回、設定せにゃならぬのかと、やってみたら、出来たなあ。出来たは佳いけど、エライことになる。
只でさえ印刷速度が遅いのに、設定をその都度やってたら、一枚印刷するに五分も掛かる。
単純には、一時間で十二枚。十時間で百二十枚となる。
予定の枚数は百ン十枚、軽く十数時間です。此れも、印刷完了即準備した場合のこと。
印刷中はホカのことをすればヨイとは云え、エライことですよ。困った、コマッタ、困ったなあ。
(02/01/10)


58.プリンターの話(5) 来年度の心配

本日で五十とン歳。隠す年齢でもありませんので、定年の歳です。
定年も、国家的推奨に企業も応じ、最近では六十歳になりつつありますが、公称だけのこと。
リストラ流行りのため、現実的定年なら四十ン歳でお払い箱。出来ることなら、死ぬまで現役を豪語したいワイ。
此の話題は別の機会に譲り、年賀状も例年なら、新年のご挨拶と宛名書きを併せて、一日で完成です。
一日ならイツでも出来るワイと伸び伸びになり、取り掛かりは土壇場の大晦日。
今回は、諸般の事情に寄りまして、ウカウカしてたら、大晦日までに間に合わんゾと、珍しく、数日マエから開始したのです。
筆まめを起動させ、画像を選定し、プリンターには葉書を定位置に設定のウエ、印刷プロパティでスーパー・ファイン専用紙に設定するのです。
普通紙を選択すれば、印刷速度は早いのですが、出る色がその都度異なるし、画像もまともになりません。印刷を途中で辞めたり、繰り返したり。年賀状はインクジェット紙であるのに、インクジェット用紙に設定してもダメなんや。
もっとウエの専用光沢フィルムと専用OHPシートにすれば、エライことになる。プリンターは動いてますが、イツ、果てるのか。軽く、一枚十分を要するのではなかろおか。幾ら私が暇人でも、其処までのお付き合いはご免被る。私にだけ、特別年末、三日余分にクレたらやってみても宜しいぞ。
十分は長いですが、スーパー・ファイン用紙での五分も中途半端な時間です。
煙草を一服出来ますが、印刷の都度吸うてたら、忽ちにして肺ガンになる。コーヒーでも一杯も宜しいですが、此れも、何杯もは飲めません。
しかるに、コーヒーも缶コーヒーではありません。缶コーヒーは糖分過多で糖尿の危険性有りですが、焙煎されたコーヒーなら、胃ガン、胆石予防に佳い。
しかも、一日三杯以上飲めば効果抜群。以上でも限度がありますが、飲まない人と比較して、確率半減する。但し、煙草を吸えば無意味と化す。私も朝、昼、晩の三杯ですが、愛煙家のため元の黙阿弥。
其れならインターネットも佳いけれど、嵯峨では単なるダイアル・アップ接続ですし、まともに接続すれば、電話代で破産するため、我がページでも作文してましょか。結構、名案ですが、ツイツイ、集中してしまいますので、気がつけば、とっくの昔に一枚完了。
トリアエズ、初日に三十枚が刷れたのですが、この調子ではご挨拶分も期限の大晦日に間に合わんがな。ご挨拶がすめば、宛名もやらねばならぬし、時間が足らん。
家でやっても佳いのですが、接続されてるマシンのOSもWindows2000にしてまして。Windows98なら、パスワードをキャンセルすれば画面は出ますし、筆まめも起動出来ますが、Windows2000では其れが出ません。
此処がWindows2000の辛い処で、息子のパスワードを聞くにも、生活時間帯に大きな時差がありまして、昼と夜が逆転してます。出来る限り頑張り、イザとなれば、叩き起こしてやれ。
日数も、一日、二日と経過して、三十日ともなれば、此の日のウチにご挨拶分だけでもやってしまわんことには、時間切れとなる。
多少なら、最終日の大晦日に廻せますが、思わぬ事態に遭遇した。
インク切れランプの点滅です。例年なら、即刻、新しいのに交換してたのですが、印刷時間に気を取られ、其処まで考えてなかった。
黒なら、何年かマエに調達したのを保管してますが、推奨使用期限、二千年六月。半年前に期限切れですが、食べるものでナシ。写真並の印刷精度も要求もしてません。印刷出来れば結構や。
そんなことはドオでも佳い。点滅してるのは、カラーです。間の悪いことに置いて無い。
其処で思い出したのが、プリンターのアップ・グレードでインク残量をパソコン画面で表示の一件ですが、チョッと待ってクレ。何処を探しても、そんなものは無かったぞ。そもそも、添付のアプリケーションCDに有ったもので、其れがインストール出来ませんから、表示される筈が無いのです。表示されても、結果的にはプリンター本体の点滅で判断してましたから、ナンのためのアップ・グレードであったのか。
亀岡の近所なら、ミドリ電化に有ります。この嵯峨の近所にも電気屋さんが数軒有りますが、プリンター用インクまでは置いて無いやろし、確実なら、西院のJ&Pですが、其処まで往くのもチと時間を要する。トリアエズ、受け取り人様には多少の画質は我慢して戴いて、可能なだけ印刷してやれ。どっちにしても、一枚づつですから、印刷状態は確認出来ます。
此処だけの話ですが、最初に印刷したのは親戚縁者宛ですから、正直云うて、イヤ、悪気は無いのですが、文字をどおするか、印刷位置は大丈夫か等々、調整をしたのです。此れで佳しとした頃には、所謂、友人知人の分だけになってまして。
インク切れであれ、ナンであれ、出来る限り、出し切ってやれ。一旦停止すれば、次回起動時にはインク噴射不可の気がしたのです。
さて、一枚目は大丈夫、二枚目も、三枚目と、枚数は増えて、点滅も常時点灯になりまして、イツの間にやら、印刷枚数、ン十枚に達してます。
夜も遅いから退散したいのですが、そおはイカンのです。トコトン、印刷してしもて、出来るなら、その日中にご挨拶分だけでも完了させたい。其処までカラー・インクが持つのかどおかの勝負になりまして、警告ランプ点きっ放しでしたが、お見事、出来てしもた。
明くる日完了の目処は立ちましたが、イマから、来年度の年賀状のことが心配になる。
お金が有れば、プリンターの佳いのを買いたいのに。
(02/01/11)


59.プリンターの話(6) 余談

年末も押し迫った大晦日。目標は、只一つ。年賀状は午前中の投函である。
印刷場所が嵯峨のため、京都市内ならナンとか元旦の配達に間に合いますが、其れでも日が暮れたら間に合わんぞ。
元旦配達に間に合わせるためには、一刻でも早く完成させねばならぬため、一枚一枚のセットも宛名書きなら普通紙モードで、一枚の所要時間一分程度。百ン十枚の印刷でも約三時間の話で、その一分でナニか一言の添え書きでもやれば効率的。
それでも、大晦日の投函では遠隔地の元旦配達は間に合わんのです。
ならば、京都、大阪、滋賀を最優先とする。ついでに奈良は二人で、和歌山は一人居たのかなあ。其処がおわれば、ホボ、オシマイやがな。
其れなら優先的に遠隔地を完成させて、昨日にでも投函してたらヨカッタのですが、今更、遅いです。と、此れも土壇場になれば思うのですが、やったことがナイ。
午前中の目標にはチと遅れましたが、無事投函出来ました。
イヤ、此処だけの話ですが、近隣なら、大晦日の昼三時頃までならナンとか間に合ってます。
正月早々、毎年、毎年、ナニしてる。漢字が間違ってるやないかと、従兄弟からお叱りの電話を戴いたりして、スマン、スマンと謝って、その都度、修正しとこと思うのですが、肝心の其奴から年賀状を戴いてなかったり。チナミニ、今年は戴いて、シカと確認すれば、正解でした。
以前のバージョンでは、登録されてない漢字が有りましたから、適当に印字してました。
さて、お正月に届く年賀状ですが、真っ先に気になるのが、出してナイ処から届くヤツ。ナン年もの間、出せども応答ナシのため、此処等で一発辞めたろかいなと。不思議なことに、そんな処から届くのが、常に一二通。
勿論、計算してますから、何枚かは予備も印刷してるのですが、家族に取られてしもて、その一二枚が不足する。
不足分は印刷することになりますが、案の定、正月明けには、カラー・インクがダメでした。インク切れ警告ランプの点滅のなかった黒までがインク切れ。
云うたらナンやけど、その一枚か二枚のために、インク交換せねばなりません。黒ならこれからの一年、何回かはプリントすることも有るやも知れません。カラーとなったら、どおやろなあ。
我が実績からすれば、プリンター購入以来、約七年。年賀状以外でカラー印刷したのは何回有ったのか。タブン、一二回やで。
カラー・インクの予備は置いてませんので調達せねばなりませんが、二千八百円もしますから、正月早々痛いです。
ならば、自筆で山水画か漫画でも、描けば佳いのですが、絵心皆無故、そんな恐ろしいこと、此処数十年、検討したこともありません。
挑戦したとして、失敗の枚数が膨大になるのと、旨く往っても、元々が下手なのは絵だけでなく、文字は解読不可で、誤配の可能性あり。配達させても、先方に対し、失礼千万、出せませんです。こんな処でプリンターなら自由自在に誤魔化せますから重宝してます。
其処で、インクの調達が勿体ないなら、綺麗に印刷された年賀状を買おても佳いのですが、年賀状が余ってるのに勿体ナイぞと、ヘンなことに拘ったり。
まあ、考えよおで、要ることがあるやも分かりませんから、泣く泣く、買いました。
二千八百円のインク代にさえこの調子ですから、とてもやないけど、ン万円もするプリンターが年末までに新調されるとは考えられません。どっちみち、年に一度の酷使です。
酷使されるのは私で、するのはプリンターですから、馬鹿みたい。
(02/01/12)


60.スパム・メール(1)

昨年十一月、悪名高きウィルス、Badtrans.B。
件名、「Re:」のウィルス・メールをブチ込まれ、感染させられた。
次第にウィルス・メールの受信件数も減りまして。イマでも時折訪れるのですが、下火となりまして、一週間に一通ですから、我慢出来る範囲となりました。尤も、大感染も一段落してるのに、マダ、保管してるのが居てるとは困ったものです。
とりあえず、件数も少なくなりまして、Outlookも対応出来てます故、感染してるゾ。駆除ツールも何処其処にあるぞと連絡して差し上げてますが、肝心の送信者には心当たりがナイのであります。
確認のため、全ての送受信メールを検索しても該当者ナシ。ご注意メールも返品されませんので届いてるハズですが、無視抹殺、梨の礫の音沙汰ナシのため、嫌がらせメールとでも受け取られたのか。其れなら、其れでも結構ですので、其方様の記録から、我がメールもアドレスも抹殺してクレ。
其れと入れ替えで激増してるのが、勧誘メール。
日本語もありますが、主として英文で、世界万国各地各方面各種内容方法で、米国、露西亜、仏蘭西、中国、香港、巴里、羅馬に倫敦に、その他諸々知るもんか。其れでも英語ですから、ヨオ分からんのや。
内容たるや、マルチ商法の上位になりませんですか。
そんなこと書いてませんが、投資金額たったのン千円で、実績では年収ン千万円が見込めて数年後には億万長者。
ナニを隠そお、私めも最初は疑りましたが、チョイチョイと片手間でメールを知り合いに、次第に努力に努力を重ねて、イマや年収どころか月収ン千万円。イヤ、お断りしておきますが、此処での私めとは送信者のことですぞ。
方法ですが、或る資料購入で、其れが一通ン千円ですが、購入者を募り、売却するだけ。イマなら広まってませんので、忽ちにして上位に成れますゾ。ですから、一刻も早く参加セヨ。
ホンマかいな、嘘みたい。其れだけで億万長者に成れるとは、嘘に決まってます。
そもそも、ダレに売りつけるのや。我が友人にそんなもの売りつけられませんし、私は買いませんぞ。其れに、ン十年マエから何度も何度も同じ話を知ってるワイ。未だに広まってないのか、不思議やワイ。
或いは、ナンとか保証の或る地区担当の保証人になりませんですか。債権ン万円をお買い戴ければ、忽ちにして億万長者です。営業一切不要。当方のお抱え専門家が処理致します故。
チョッと待ってクレ。その話も、ン十年マエから手紙で戴いてるゾ。
そして、ある種、外国製精力剤の合法的高額購入斡旋。我がアダルト・サイトにご優待してやるぞ。モロなんとかCD特別期間限定超格安激安出血大サービスで販売致します故、見本を当URLで見てクレ。
貴方様にピッタリの夢の出会いをVIP待遇で斡旋致しますので会員に成れ等々。処でですが、貴方にピッタリとはどお云う意味なんや。年齢は包み隠さず公表してますが、ご尊顔、体型、特殊趣味までは掲載してナイぞ。
馬鹿にスナと、そのまま返信してやれど、宛先不明で戻されまして、不要メール削除の手間だけが倍になる。
そしたら、アドレスも嘘で、日本は勿論、米国、露西亜、仏蘭西、中国、香港、巴里、羅馬に倫敦に、その他諸々知るもんかも嘘なんか。
此れが、一日一件から、日に寄れば、五件も六件も届くのです。しかも、同じ内容のがヒツコク届く。お届け先を確認すれば、プロバイダを一纏めにしやがったり、たったの一つのアドレスで、我がアドレスでもナイのに届いてやがるのが、佳く分かりませんのです。
日本語のは、此処まで読んでくれて、有り難う御座います。不要なら其方様で削除してクレと抜かしやがって、モ一度、馬鹿にしやがって。
削除なら云われんでもやったるけど、二度と送ってくれるな。にも関わらず、幾度も届くため、ナンとかならんのかと、そのサイトを訪問したけれど、登録、削除の手段が有りません。イヤ、間違おた。登録手段は有りまして、してしもたらエライことになるワイ。
ナカには、ご親切にも不要なら此処をクリックして、削除セヨと明記してあります。
ならばやってやろやないかと、ご指示どおり、其処をクリックしたらプラウザが開きまして、メール・アドレスの入力場所が出現しました。
此処に貴方のメール・アドレスを入力して戴ければ、当方の配信記録から削除し、二度と発信致しませんとの説明が有る。勿論、英文ですが。
よって、我がアドレスを入力してやったら、ホカにもアドレスが有れば入力してクレ。二度と送信致しません。
ホカのアドレスは持ってませんので、無視したけれど、此れで、無事解放されたと思てたのに、ナンの効果もないやんか。次々と、重ねて、二度三度、四度五度。
何回削除依頼したことか。しても、しても、停まりません故、削除依頼も草臥れた。
イヤ、もしかしてですがと思たのです。削除依頼して、数分したら配信されてますので、草臥れて、辞めた途端に停まったぞ。
ナンのことはナイ。アレは、此処に送信してクレの入力やんか。馬鹿にスナ。
事程左様に余所様を愚弄する輩が居てるのです。此れをスパム・メールと称するらしい。
(02/01/15)



inserted by FC2 system