親父として、爺としての話NO.2


親父、爺NO.1

ハデブスNO.12 孫娘の話NO.11 孫娘NO.3
題目一覧表

目次

親父、爺としての話NO.3

NO.20 余談・姪と、その息子の話(5) ブライダル・フェアの話(3)

NO.19 余談・姪と、その息子の話(4) ブライダル・フェアの話(2)

NO.18 余談・姪と、その息子の話(3) ブライダル・フェアの話(1)

NO.17 余談・姪と、その息子の話(2) 「いづもや」での話

NO.16 余談・姪と、その息子の話(1) 鴨川河川敷

NO.15 オヤジさんとの話(15) 妹さんの話(2)

NO.14 オヤジさんとの話(14) 妹さんの話(1)

NO.13 オヤジさんとの話(13) 老先生二度目の診察の話(4)

NO.12 オヤジさんとの話(12) 老先生二度目の診察の話(3)

NO.11 オヤジさんとの話(11) 老先生二度目の診察の話(2)

親父、爺としての話NO.1


NO.11 オヤジさんとの話(11) 老先生二度目の診察の話(2)

参議院選挙当日と相成って。
当然にして、清き一票、投じて来たですが。
正直、候補者が馴染みの無い面々ばかりでねえ。

オッとの、失礼乍らの、我が選挙区に、幸福の科学、大川隆法(54歳)の、「幸福実現党」のまでが、立候補してたんやと。投票所に出向くの道中にて、知ったです。候補者のポスターが貼ってありましてと。

結果、誰に、どの政党に清き一票かは、難しいねえと。
云うたら、ア菅代表が、参議院選挙直前に、下手に、アホに、調子に乗っての、「消費税」の件に言及したばかりに、その事だけに、議論も、報道も、集中での、他の話はどなったんやと。
野党も野党やし、菅も菅で、首相の言葉の重みを身を以て、承知したかと。
ソラ、今までは、副首相の立場であっても、「副」が付くのと、取れるでは、月とスッポン、天と地、提灯と釣り鐘、雲泥の差やでと。

過日<7月4日>、菅代表が、党首討論会に出席せずの、枝野書記長が代理出席にて、「サンデー・フロントライン」<朝日テレビ>の小宮悦子キャスターは、「党首討論」をば、「党首クラスの出席」でと、修正したですが。
ソラ、枝野は、党首では無いです。意志統一がされてても、菅と、枝野では、人間が違うの、枝野が多少の失言したって、菅が、違うの一言で、オシマイやと。
菅の、失言を、枝野が修正したって、撤回は出来ませんです。

イヤ、菅も肝心な事が抜け落ちてると。
「消費税」を云々の際には、信を問いの、解散総選挙をしてからやと。
ソレまでは、1円たりとも、上げませんと。
当たり前田のクラッカーでの、そんな程度は、誰もが承知の、只ナで、余りの思い付き、唐突の発言にて、ビックリやと。

総攻撃を受けたら、受けたで、逆進性の問題解消のための、一つの案であるの、所得額での、還付にしたって、世間の所得水準を余りにも知らん過ぎるを露呈の、ア菅タレやなあと。
口を開けば、開く程に、墓穴を掘ったかと。

イヤイヤ、現時点では、民主党、自民党の議席は分からんですが。出口調査等々、最新情報からは、民主党惨敗は確定かと。
と、云えるかは別として、過半数割れで、このままでは、衆参ネジレ確定かと。
ソラ、菅政権の支持率が、発足当初<約60%>から、一ヶ月で、10%も下落してるですて。さもありなんの、ア菅君も、増長満、傲慢なる態度、所得水準さえを、把握をしてへんのが、バレバレの、造り笑いが過ぎたかと。
官僚に丸め込まれ、国民を舐(な)め過ぎた結果かと。
イヤ、消費税は結構の、他に論点が一杯あるのにと。
消費税議論は重要なれどの、マズは、自らの鮮血、衆参両院の定数半分、報酬半額にしたらと。公務員の生首なんか、遠慮せずにバンバン斬ったらと。民間会社なら、日常茶飯やでと。

そんな話は結構の、老先生からは、前回と同様の質問がありまして。
イヤ、兎に角、処方して戴いたの薬服用以来、楽ですと。適当ではあれ、日に30回のトイレが、半分以下になってましてと。
感覚的になら、行って、5分も保たずに、又、行ってが、1時間なら、何とか、保つのかなあと、なってまして。事実、トイレ日記なるの、データー上は、ソなんやと。
気分的にも楽で、痛みは無いし、時間も掛からんしと。
とまあ、そのままの表現はしてへんけれどの、快調ですと。

ホナラの老先生問うに、喉の渇きは、どんな具合に凌(しの)いでますかと。ンと。
何の話か、ピンとは来いひんでねえ。
イヤ、喉が渇いたら、コーヒーを飲むとか、お茶やとかと。特にはで、イツもと、一緒ですがと。
イヤイヤ、返答してから、もしかしたらの、投薬に対するの、副作用の問題かと。副作用なら、めまい、食欲不振、かゆみ<蕁麻疹(じんましん)>等々でして。喉の渇きはあらへんでねえ。
どっちにしたって、服用以来の、この2週間では、特段の変化はあらへんわと。至って、普通の何の変化、異変もと。
とまでは、云うてえへんの、そんな質問もあらへんでねえ。喉の渇きだけでして。

での、カルテには、エコー検査の映像の写しがありまして。
老先生、眺め乍らの、フンの、成る程の、ソかと。一人、納得してまして。そして、ここが、こんな具合になってましてねえと。机に置かれた、カルテを指差されまして。
私め、そのままの、丸椅子に座ったままなら、見えへんし。立ち上がりまして。

尿道への道が、前立腺で塞がれてまして。
とは、老先生の言で。
云われても、何が、何やらの、そもそもが、尿道がどこかも分からんしで、質問一発、尿道はどこですかと。
尿道はこの図では分かりません。コレが、前立腺の肥大箇所で、その下に隠れてますと。嗚呼、ソかの、ソラ、分からんわと。

その前立腺の肥大箇所にしたって、鮮明に見えてるで無しの、エコー映像やしナと。
ここにと、云われたなら、ボヤっとした箇所があっての、ソレが前立腺で、出っ張ってて、尿道が下で、見えずで、尿道を通じて、尿が出るに、邪魔されてと。
概略なら、何とか、辛うじての、分かったですが。
要は、膀胱の出口を下に、上から、撮ってるのかと。そんな事が出来るのかと。オッとの、我が解釈での、そんな質問なんか、してへんわと。
写してるの位置関係が分からん事には、理解も出来ひんと、ダケでしてと。当初は、膀胱を横手から、撮ってるみたいに思てたです。事実、上向きに寝かされた上での、超音波発信器を当てられたは、膀胱の辺りやしと。

にしたって、膀胱からの出口を前立腺が塞いでたら、出るモノも出えへんし、出ても、スグに塞がれてしまうわなあと。
ソレと、痛かったの関係は分からんけれどの、前立腺が、尿道の出口に引っ掛かって、痛かったのやろかと、勝手な推測したりしての、余りに、根堀りの、葉堀りもナと。

イヤイヤ、現在唯今の、処方して戴いたの薬を服用以来、痛みも、痒みもあらへんわと。至って快調の、もしかしたらの、前立腺肥大も治ってるみたいに思えてねえ。
されどの、2週間の経過を調べて戴けるの様子は無くの、老先生曰くに、薬は一種にしましょうと。えと。
意図が良く分からんの、多分なら、新薬と称するの方、前立腺を小さくするのを一旦、止めるのかと。
での、曰くに、モ一種類のは、9月からにしましょうかと。へえと。
ではあっても、一切の逆らうはせず。
ソラナア、老先生の考えに従うが一番でありましてと。
只ナの、諸般の事情にての、9月からとされるが、一寸ナと。
(10/07/12)


NO.12 オヤジさんとの話(12) 老先生二度目の診察の話(3)

イヤイヤ、本日<7月14日>、大雨でして。
亀岡にも、大雨・洪水警報が出たですが。
朝から、雨は雨でも、朝のは、単なる雨でして。昼頃には、一旦あがって、あがっても、突然の雷で、変な天気やなあと。
イヤ、何かが、ぶつかった、落としたよな音でして。沈思黙考の、雷やったんやと。

での、雨が降ったり、止んだりの、夕方19時半頃からが、凄い雨。
までは、結構の、雨やし二男を最寄りの駅に迎えに行くに、国道への道に入ろとしたら、大渋滞。へえと。
その昔の、日本海に泳ぎにかの、車が多かったの状況を彷彿の、コレでは、どもならんナと。ホナラの嫁はんが、迎えに行こかと。出先から、ケータイでの電話をくれて、頼むわと。
イヤ、最寄りの駅に近いがためで、数段に早いわと。

そこからなら、1分も掛からんしで、9号線には関係無いしと。<渋滞は、京都方面>
その段階での、我が位置からなら、9号線を横断するまで、だけでも、ン十分は掛かるかの状況でと。オッとの、距離的、9号線までは、三、四百メートルかと。
大体が、車が殆ど動いてえへんしで、ケータイに連絡があって、渡りに船で、引っ返すにさえ、大変なれどの、動いてえへんが幸の、後続車が、横道に移動で、我が車も、バックの出来るの距離が稼げてねえ。
一寸だけ、バックで、来た道に戻れて、嗚呼、助かったと。

イヤイヤ、でででの、本題での、誰とは云うの、ケンイチ君から、メール一発。
当たり前に、「前立腺」の件。

「自慢じゃないが、前立腺肥大については先輩である。
十年ほど前、30分おきにトイレに行くようになり、超頻尿状態。仕事にならんので会社近くの泌尿器専門の医院へ。
結果は、前立腺が炎症を。それにグレーゾーンではあるが、肥大傾向に。
エコーを取ると前立腺になにやら白い影が。
ガンかもしれないので紹介の病院で精密検査をと。そこで済生会病院で造影検査を受けたが、これが痛くて痛くて。

先からチューブを差し込み、造影剤を入れられた。痛くて痛くて、検査後に排尿する時も、これまた痛くて痛くて。
検査の結果はガンでなくて、石が出来てるそうな。
こんなところにも石が出来るのか。薬では溶かすことが出来ないので切るしかないそうですが、今のところ悪さをしそうもないので、このままで行きましょかということになった。
前立腺は小さくすることは出来ないそうだが、これ以上の肥大化を防ぐ薬<ハルーリン>を毎食後服用している。その薬を毎月1回貰いに行っている。
その医院で3、6ヶ月毎にガンの腫瘍マーカーの検査も受けている。今のところ前立腺ガンの心配はないようだ。」

そんな次第の、「前立腺」では、多くの面々が悩むとするのか、患(わず)ろおてるのかと。
イヤ、ケンイチ君に限らず、相当なる以前、10年が経つかの、中学時代からの親友、ミノル君は、夜の頻尿で、漢方薬を処方して戴き、服用してると云うてたです。
薬の名称までは、記憶はしてへんですが。それ以前の、名称を聞いてえへんかったですが。もしかしての、「五淋散料エキス」かなあと。
オッとの、まさかの、市販薬を処方はしやはらへんかと。

私が、市販薬として買いの、余ったのは、「亀岡シミズ病院」の老先生に処方して戴いて以来、そのままに保管してるですが。
での、私め、医者でも、薬剤師でも無いしで、分からんですが、薬によって、日に一回<食後>であるとか、毎食後<日に三回>等々、色々あるのやなあと。
何が云いたいかの、「ハルーリン」にせよ、「ハルナールD錠0.2mg」「アボルブカプセル0.5mg」<エラーが多いためリンク解除・11/05/30>にせよ、検索で調べた限り、素人目には、「前立腺肥大」の薬であるは共通の、其の差が何か、よお、分からんわと。
よって、主治医なり、薬剤師の指示に従うが最善かと。
ソレしかあらへんしと。

での、でででの、実は、コレ又、何を隠そおの、隠す事も無いの、彼女は、「調剤薬局」の、薬剤師でして。
過日、結納の儀で、伊勢に行くの道中、車中にて、我が前立腺の話をしたです。
老先生から、薬を二種処方して戴いてと。内の一種が新薬とかで、2週間分しか、出せへんと、云われてねえと。2週間に一回の通院は厭やなあ、面倒やなあと。
ホナラの曰くに、返答するに、10月から、解禁ですよと。へえと。よお分かるナと、感心したですが。

別段に、薬の名称は云うてえへんですが。云うにも、覚えてえへんしで、云いよが無いだけの、云わんでも、「前立腺肥大」の新薬とだけで、名称承知したのかナと。流石は、専門家かと。
オッとの、彼女は、「亀岡シミズ病院」の横手の、「調剤薬局」には、関係無いですがと。

イヤイヤ、ソレなら、ソと、老先生も云うてくれたらなあと。10月から、解禁で、ソレまでは、2週間分やと。
老先生の説明から、新薬は、2週間分しか、アカンとしか、理解してへんかったですが。よって、コレから、ズっと、2週間分では、困ったなあと。

片やの、母の薬、睡眠薬は、1ヶ月分以上は出せませんと。
コレは、何度目かの、薬を戴きの際、母の先生<整形外科>が、2ヶ月分を出すにされたですが、「亀岡シミズ病院」の隣りに設置の、「調剤薬局」の薬剤師が、病院に問い合わせをしやはったです。
とするのか、何かの間違いではと。
結果、先生の勘違い、間違いにて、1ヶ月分となったですが。
コレは理解が出来るの、モノが睡眠薬だけに、下手に沢山出して、大量に服用されたら、自殺、事故、犯罪に直結かと。

イヤイヤ、でででの、私なりに、探索の、検索結果では、該当の新薬なるは、10月からの解禁は正解でして。
イヤ、彼女の話を疑おたでは無いの、薬の名称を云うてえへんしで、名称入力にての、どなんかなあと、だけやと。

での、そんな次第の、二度目の診察の際、老先生曰くに、薬は一種類にと。モ一種類の、前立腺を小さくする方<アボルブカプセル0.5mg>のは、9月からにしましょかと。へえと。何でかナと。
クレグレもの、彼女の話の、解禁は、10月からではありませんかとは、云うてえへんです。処方して戴くのが、9月からになるなら、1ヶ月は、2週間分しか、出えへんしで、9月は二度通わんならんのかなあと、だけでして。

そして、何で、一旦、中止するのかと。
別段の、服用にて、副作用的、調子が悪いも、何の変化もあらへんしと。
効能の、尿の出易さなら、快調の、痛さもあらへんし、出てるの量にも満足してるです。回数にしたって、半減かと。
とは云え、老先生が、ソ云うなら、従うしか無いです。ド素人が、ゴタゴタ、注文もと。

そんな事は結構の、老先生の診察も、薬の話だけで終わりソでねえ。
イヤイヤ、今回は、一種類を1ヶ月分出しておきますと。モ一種類は、9月からにしましょうと。
アトは、カルテに震えるの手で、何事かを記載の、コレで終わっては、何しに来たかの、薬だけとなる故に、再度の、次回は、1ヶ月後で宜しいのですか。ハイと。

での、課題が二つあっての、一つは、前回の採血によるの、結果がどかと。
よって、ズバリの、言語明瞭に、尋ねたです。
「前回、血液検査をして戴きましたが。」と。
「嗚呼、失礼しました。」と、カルテをペラペラと、めくられての、嗚呼、ここかと。

での、数値が、「3.2」となってる箇所を指差されて、コレは、「4」以下であれば、大丈夫で、「3.2」ですから、「前立腺癌」の可能性はありませんですと。へえと。
正常ではあっても、若干、値が高いですが、「前立腺肥大」の影響が出てる事が考えられますと。へえと。されどの、何の話か、サッパリの、要は、基準以下故、大丈夫の、大丈夫でも、ヤヤ、値が高めの数値かと。
では、あっても、気にする値では無いのかやナと。

コレ又、ソの時には、ソですかで、終わってしもたですが。
アトで調べたら、数字から、「PSA<前立腺特異抗原」かと。
での、老先生曰くに、肥大箇所、形状からして、癌の可能性は殆どありませんねえと。
イヤ、その材料として、血液検査をしときましょうと、仰ってたですがと。
とは、云うてえへんわと。
(10/07/15)


NO.13 オヤジさんとの話(13) 老先生二度目の診察の話(4)

昨日は凄かったです。
亀岡には、大雨・洪水警報が出て。
京都では、金閣寺の池<鏡湖池(こようこち)>が増水で、参道に流れ出して。本体である、金閣<舎利殿>が床下浸水ですて。テレビで見て、へえと。

警報を受けて、友人から、大丈夫かと、メールを戴き、感謝致すです。
当家、西側には、京都縦貫道が、山がと。されどの、崩落したとて、距離があって。溜め池もあるですが、矢っ張り、距離があっての、ン百メートルはで、我が団地内に浸蝕されるまでには、相当かと。
川なら、大きな川、保津川があるですが。矢っ張り、距離がで、軽くの、2キロ・メートルかと。近くにも、ドブ川ならあるですがの、我が家、高台でも無いけれどの、単なるの平地なれどの、ドブ川からなら、最短距離で、50メートルかと、思うですが。こっちには、流れて来るの地形で無しと。

オッとの、天災地異で、無防備となれば、地震、雷、火事、台風と、落下物<飛行機、ヘリコプター>かと。マダ、遭遇はしてへんですがと。
そして、下調べもせずの、訳の分からんの、クレーマーかと。昨年<2009年>の、9月11日から、12日に来やがったわの、コレは、人災鬼災迷災なれどです。

オッとの、とととの、そんな話は結構の、ソラ、何にでもの、専門家が居たら、助かるゾと。
「調剤薬局」に居てるしで、母の事で尋ねてみたです。
イヤイヤ、4週間に一度、処方して戴きに、「亀岡シミズ病院」に出向いてるですが。その薬が、睡眠薬、湿布以外に、ン種類。
睡眠薬はその性格上、当方が管理してるですが。さもなくばの、数が足らんよになりましての、足らんと、云いたい放題の、どしても要ると、駄々こねて。
結果、睡眠薬の数で、もボチボチ、行かんならんなあと、処方して戴くの時期を見計ろおてるですが。
他のは、当人任せの、ソレも、時には、不足しまして。

不足しても、命に別状の、当人も請求は致しませんですが。ショート・スティに行く場合には、施設が管理で、問い合わせがあったりと。
イヤ、施設では、しかるべくの、服用するべきの時に、出すがため、先様が受入時に、投薬の種類、数を確認をされるです。
無いからと、調達にも行かへんけれどの、良く確認の電話がありましてと。
云うても、ンヶ月に一度の、年にしても、精々が、2回、3回しか、ショート・スティに行かへんですがと。

イヤイヤ、でででの、しかるべくの、同じに服用の頻度のは、一包化してもらえるのかと。一包化とは、一つの袋に入れてもらえるのかと。
での、彼女、曰くに、返答するに、オッとの、矢っ張り、結納の儀の際の、車中での話の、可能ですと。
但しの、手数料を取られると。ソラそかなあと。種類別に、所定の個数を出すのと、しかるべくの、加工するのでは、手間が違うし、手数料は当然の、での、どの程度の費用発生かと、尋ねたならばの、薬局によっても、種類によっても、異なるの、概略ならばの、1割増し程度かと。
但しの、但しで、保健が効くですて。へえと。
よって、母の場合ならばの、1割負担で済むですて。
モ一発、但しで、待ち時間は長くなるでしょねえと。ソラ、ソかと。手間の掛かる分、時間も掛かるかと。

での、過日、母ので、「亀岡シミズ病院」の、隣りの、「調剤薬局」なるは、「あい薬局」と称するですが。尋ねてみたです。ホナラの、彼女の云う通りの、約1割見当での、待ち時間なら、3倍はと。要は、10分が、30分程度ですと。へえと。止めとこかと。
ソラなあ、待ち時間、10分では済んでえへんわと。20分は掛かってるわの、2倍としても、40分も、待ってられへんわと。生命、財産に関わるで無しのと。

での、でででの、加えての、一包化の出来るは、2種類の薬だけかと。<服用頻度が同じモノ>
イヤ、「あい薬局」の薬剤師と、一緒に、どれがと、調べた結果の話やわと。へえの、たったの2種類かと。ホナラの、3倍は掛からんでも、2倍ですかねえと。

斯くなる次第の、斯くなるでの、ケンイチ君の曰くの、メールでの、「前立腺は小さくすることは出来ないそうだが。」なるの、文言があったですが。
「アボルブカプセル0.5mg」<エラー頻発のため、リンク解除・11/05/30>なるは、再度の、再々度の、「前立腺」を小さくするの、新薬やと。出たは、ここ1年の事での、10年選手では、反って、情報が古く、ケンイチ君の担当医も、当時は、マダ知らんかったかと。
かと、云うて、改善の可能性があるだけでの、100発、100中とは違うわと。
そんな意味なら、私のは、大きくなり過ぎて、一寸、シンドイなと、老先生が仰ったです。

そんな次第での、薬、薬と云うても、安くは無いです。
考えたら、たったの2週間分で、1900円也<2種類>やでと。単純計算ならばの、4週間分なら、3800円になるのかナと。
ソレでも、「前立腺肥大」が治れば、安いとするのか、手術の方が一発でと、なるのかナと。されどの、現在唯今なら、老先生の指示に従いの、投薬で済ませるになるかと。

イヤイヤ、でででの、そんな次第での、尿を出し易くするの、「ハルナールD錠0.2mg」<エラー頻発のためリンク解除・11/05/30>は1ヶ月分出しますと。
ソレは結構の、イヨイヨの終わりソで、何がため、オシッコをの、愚と、グの、愚直に我慢の、投薬の効果があっての、前回よりは、数段のマシの、切羽は詰まってえへんですが。
やって、以来、軽くの3時間は経ってての、オシッコを貯めての話があったですがと。
尋ねたならばの、老先生返答するに、嗚呼、宜しいですと。
えと。

宜しいとは、もええ。やらへんの意かと。
されどの、何の検査かは、分からんけれどの、「検査は、しなくて、宜しいのですか。」と、明確に確認したならばの、老先生、超のアッサリの、一言、ハイと。
結果、投薬は、1種類に減りの、4週間分。エコー検査も、触診も、一切の無しの、要は、血液検査の結果は、当方より、請求しての、癌に対し、白と判明の、とりあえずは、次回は、4週間経ってからかと。
お陰様で、出費は少なくて済んだですがと。
(10/07/16)

<参考>
尿回数の目安
1.頻度;1回/2時間
2.夜間;0〜2回
3.昼間;4〜5回<夜間を含め、8回〜10回/日との話もある>


<注>
「頻尿」については、色んな説があり、一慨にどれが正しいとは云えない。
諸般の疾患が無い場合でも、個人差がある。寒暖の差、水分の取り方でも影響される。


NO.14 オヤジさんとの話(14) 妹さんの話(1)

斯くなる次第の、斯くなるでの、オヤジさんは、豪放磊落(ごうほうらいらく)なる人柄かと。
万事、飾らん人で、思うが事は口にされて、隠し隔てはしたはらへんです。
よって、非常に話がし易かったです。
対して、奥様は、正反対かと。
オッとの、夫唱婦随の意であっての、云うたら、出しゃばらずかと。私共、初対面であるの、御挨拶のおりも、結納の儀の際にも、殆ど、喋ったはらへんです。こっちも、喋りかけてえへんですがと。
イヤイヤ、常識の範疇にての、会話はしてるですがと。

での、一歩、踏み込みの、彼女は三姉妹の真ん中でして。弟さんも居たはりまして。
での、彼女に対するの第一印象、この年代の娘(こ)、若いのにしたら、地味やなあと。
表現を替えれば、派手さは全くあらへんわの、よ考えたら、職業柄、派手には出来ひんし、してるよな、薬剤師は居てへんなあと。
「調剤薬局」の面々にしたって、化粧ベタベタでは、顰蹙(ひんしゅく)を買うかと。してても、薄化粧かと。

その昔の、「亀岡シミズ病院」は、「あたご病院」と称してたですが。その当時のは、事務のでも、看護婦でも、えと、ビックリするよな、化粧ベタベタやったですが。
これではナで、経営が、「シミズ病院」になったかと。以来、まともな病院かと。
オッとの、クレグレもの、彼女は、「亀岡シミズ病院」には、無関係やと。

イヤイヤ、事程左様に、そんな意味からも、今時珍しい娘(こ)でして。
兎に角、大人しいかと。事実をそのままに、掲載してるですが。全て、当方が質問なりして、彼女が返答やと。彼女から、あんな、こんなと、話はあらへんわと。
コレ又、最初っから、ベラベラとは、喋れへんけれどや。そんな意味ならばの、妹さんは、性格的、正反対かと。
イヤ、正反対やと。

実は、最初の御挨拶の際には、三姉妹が揃てたです。妹さんは、既婚者での、何とまの、男の子、3人の子持ちやでと。
イヤイヤ、この娘(こ)は、正直、オヤジさんと性格が似てるのかと。隠したり、遠慮したりは全く無いの、女性故、豪放磊落とするよりは、明朗闊達(めいろうかったつ)、天衣無縫(てんいむほう)での、色んな意味で、助かったかと。
正確には、助けられたかと。妹さんが喋る度、場の雰囲気が、パと明るくなってねえ。
ソラ、何と云うても、双方、初対面やと。初対面乍らも、オヤジさんと、私め、双方、云いたい事を云うたですが。更なる、云えるの雰囲気を作ってくれたは、妹さんでして。

ホンマやでの、3人もの息子が居てるとは、とてもやないけれどの、思えへんの、性格的、明るく、可愛らしい子やでと。
先様に、息子が御挨拶に訪問の際、妹さんが、手作りクッキーなんかをくれたです。
息子が持ち帰りの、何の事は無いの、私め、甘党故に、殆どを戴いたかと。初対面の際、そんな話もしたですが。戴いた、クッキーは私が殆ど、喰てしもたと。美味しかったと。

その結果かの、二度目、結納の儀の際、途中から、入場の妹さんが、どら焼きをと。父の日やしと、くれたんやと。肝心のオヤジさんには、無しでして。
での、私め、委細構わず、遠慮無用の、有り難うと、戴いたですが。コレは、ソレ屋で調達のどら焼きでして。どら焼きであるを知ったは、帰ってからやでと。何をくれたかと、袋を開けてからでしてと。
コレ又、殆ど、私が喰てしもたかなあの、美味かったなあと。
オッとの、殆どであっての、全部では無いですがと。そんな意味なら、手作り、クッキーも、全部とはしてへんわと。全部に限りなくの近いけれどと。

対して、お姉さんは、大人しいてねえ。
喋ったは、先様、自宅から、料理屋はんに移動で、ソバの駐車場に停めて、車から降りての、料理屋に向かうの道中、とする程の距離は無いの時に、「柴田です。」と。
「宜しくお願い致します。」と、歩き乍らに自己紹介をしたですが。
イヤ、多分なら、お姉さんからは、「こちらこそ、宜しくお願い致します。」とでも、返礼を戴いたかなあの、正確なるは、忘却のと。
イヤイヤ、甥っ子の面倒見てたのもあるけれどの、ではあっても、大人しいわと。

そんな意味ならばの、妹さんは、顔形は、母親で、中身、性格は、オヤジさん似かと。
彼女と、お姉さんは、性格的、似てての、その反対の、顔形はオヤジさんで、性格は母親似かと。
ソレが何や、どしたと、問われたならばの、ソレだけの話やわと。弟さんには、マダ、お会いしてへんしで、分からんですが。

イヤイヤ、そんな次第の、実はの、お姉さんも薬剤師で、「調剤薬局」にと、聞いて、へえと。
オッとの、2人は、別途の、出身大学で、「調剤薬局」も違うですが。オヤジさんの職業も、薬には無縁でありまして。何でかと、彼女に問えば、オヤジさんの夢やったですて。薬局を開くのがと。

彼女曰くに、お父さんに、洗脳されたかと。
とは、矢っ張り、御挨拶が終わっての、帰りの車中での雑談やと。
ホントは、彼女の、ご両親に、尋ねるのツモリをしてたですが。別途の話で、そんな機会も無くて。

での、実は一発目、妹さんは、ドの付くの、ド派手の化粧でねえ。姉2人とは、コレ又、対照的での、へえと、感心したですが。ソラナア、クドイけれどの、3人の子持ちやでと。
3人もの、子の母親にしては、化粧が派手過ぎるかと。
思てたですがの、二発目の、結納の儀の際には、左程で無くて。或る意味、素顔が垣間見られたですが。正直、素顔の方が、可愛らしいゾと。
とかの、そんな話はしてへんけれどや。ご当人、ご主人様に任せとけと。私がとやかくの筋合いで無しと。

オッとの、そんな次第の、三姉妹と、妹さんのご主人、お子さんで、旅行をされて、どこにかは、聞いたけれどの、忘れたですが。彼女が曰くに、妹の子守をさせるが目的かと。
マア、2人の、ええお姉さんやと。伯母ちゃんやと。
実は、御挨拶に行くの道中、サービス・エリアにての、小休止の際、旅行の写真を見せてくれてねえ。
或る意味、どんな子かと、予備知識を得たが故に、初対面でも、身近な感覚があったです。写真のそのまんまやなあと。

での、御挨拶の際、まずは、先様の家で、御挨拶方々、諸般の話をオヤジさんとしてまして。
話が尽きひんしで、早く、お昼にしましょと、妹さんからの掛け声一発、ソやなあと、動き出したですが。
での、ででの、妹さん曰くに、息子共は良く暴れるしで、何が飛んで来るか、分かりませんから、気を付けてくださいよと。

ンの、成る程の、覚悟しとくはナと。
男の子、3人なら、当然やと。男の子、3人兄弟が、3人して、大人しかってみい。そっちの方が心配やと。オッとの、内の1人は、アカチャンなれどです。
この、何が飛んで来るか、分かりませんよの、一言が、誠に以て、云い得て妙の、面白い事を云うなあと、スコンと、記憶してしもたわと。
事実、料理屋はんで、走り回りの、騒がしい事。
されどの、場が、場だけに、シンと、音がする程に、聞こえる程に、静かよりは、このクライの騒がしい方が、こっちにしたら、和(なご)みの、ホと安堵するわと。

での、でででの、御挨拶のおりには、オヤジさんの頻尿の件は出てへんですが。出てへんしで、知らんですが。
むしろの、私の方が、頻尿と、下痢症状にて、心配での、行きしなには、ドラッグ・ストアの、「ユタカ」にて、「正露丸」を買い求めたくらいの、会食は、小一時間程度かの、その間、一度、トイレに立たはったかなあと。

云うても、その程度なら、良くある話の、気にもしてへんわと。
私なら、一応の解散とするのか、料理屋はんからの出しなに、よったかと。
その際の先客が、オヤジさんやったけれどの、コレ又、気にはしてへんわの、頻尿の事を聞いてから、ソ云うたら、二度、行ったはったナと、だけでしてと。
イヤイヤ、御挨拶のおりの、会食では、全員が烏龍茶なんやと。酒も、ビールも口にはしてへんわと。
オヤジさんは、元々が飲まはらへんし、車を運転やしで、息子は飲めるけれどの、運転で、私は元が下戸やしと。
(10/07/17)


NO.15 オヤジさんとの話(15) 妹さんの話(2)

又やねえ。
家の前に、喰いカスがと。
イヤ、現物は無いけれどの、包み紙が一組で、二つ。要は手が汚れぬよに、容器と、ティッシュ・ペーパーでの、汚れ具合、状況からして、過日の、「骨付きジューシーチキン」<消滅・削除・12/03/08>の雰囲気と酷似してまして。犯人は同じの餓鬼やナと。
(「パソコン雑談NO.22」NO.219 バナーの話(1) 突然に戴いたの話参照)

とは、推測だけでの、ホントに迷惑なヤツやナと。自分勝手で、ゴミはそこらにポイ捨てかと。
誰が、どんなヤツかで、こんなモン、気色が悪いしなあ。ビョーキ持ちのなら、下手に触れへんし、さりとての、そのまま放置は出来ひんしと。
公徳心欠落症なる、ビョーキ持ちには間違い無くの、ソラ、我が家の真ん前やし、当方が処分をしな仕方が無いですがと。
ティッシュ・ペーパーを数枚重ねて、掴みの、小さめのレジ袋に収納をと。
オッとの、最初っから、レジ袋で掴めば良かったかと。

ホンマやでの、小さな子どもが、場の意味を理解せずの、ホタエルのは、愛嬌あるけれどと。
小学生は卒業の、中学生か、高校生かは、知らんけれどの、公徳心欠落で、横着なる行為とは質が違うんやと。
ソラ、真夜中に、コンビニに寄っての、骨付きのか、骨の無いのかは知らんの、買い喰い、立ち喰い、歩き喰いして、ポイでは、親の躾が成って無い以前の、親がソなんやろと。
要は、子どもでも、物事の分別なら、付けられてるわと。

イヤイヤ、そんな次第の、予めの打診はあったです。
食事の際、姉妹と、その子が同席しても宜しいかと。当方、正直、熱烈歓迎致しますと、返答してるです。
ソラそやでの、堅苦しい場になるより、その方が、気楽やわと。

事実、モノの30分も保たへんわと。
小さな子、特には、男の子が保つ筈が無いは、重々承知の、料理屋の、座敷の座卓の下を這(は)い回るわ、部屋で、駆けっこするわの、上に、下への大騒ぎになっても、そんなモンやと。
精々が、元気で宜しいですねえと、だけでの、オヤジさんとの話に影響してへんわと。

影響はしてへんけれどの、別途の話で、華が咲きの、本来的、云うべきの話にならへんでねえ。
イヤ、長男の時には、ホンの概要なれどの、最初の御挨拶のおりに、云うたです。
先様が覚えたはるかは、知らんの、当人、嫁にも、同じ事を云うたですが。

何の事かとなればの、荒削り、適当、ええ加減の、出生(でしょう)をと。
オッとの、荒削りは正解なれどの、適当、ええ加減は、半分正解の、私めが、聞いてるだけの、未確認情報が沢山混ざってまして。ソラ、産まれる以前の事は、確認のしよがあらへんわの。されどの、諸般の証拠物件より、全くの、嘘、出鱈目とは違うわと。

イヤイヤ、本来的とするは、当世、恋愛結婚が主流での、お見合い結婚は、少数派の時代の、要は、仲人さんが居たはったら、仲人さんが、出生なり、人物なりを承知の、双方にしかるべくの伝えやはるですが。ソレが、仲人の勤めやしと。
本来的、結納の儀なら、主人公は、仲人やと。
恋愛結婚なら、仲人が居てへんしで、将来的、婿となる側のオヤジが、口上を述べの、主人公になるだけの話やわと。

加えての、昔ならばの、「聞き合わせ」なる文言があったです。今でも、あるけれどや。
何の事かとなればの、しかるべくの、興信所なり、親戚筋なり、友人、知人に頼むなり、当人<親>自らが、先様の状況を調べるですが。
簡単に云うたら、どんな人物、家柄かと。
詳しく云うたら、出来る限り詳しくの、当人、親族の学歴、職業、性癖、近所での評判等々かと。更に、詳しくなら、家系が云々になりの、大変ゾと。
要は、変な人か、人では無いかを、周辺の状況から、調べるわと。

何を以て、変とするかは、個々人の判断基準なれどの、簡単な事ならばの、酒癖が悪いとか。酔おたら、暴れてねえと。飲まんでも、時々、訳の分からんの事を叫んで、暴れてねえは困るしナと。
女癖が悪い、男癖がと。派手好みで、遊び好きで、金使いが荒いも避けるが安全でと。
そやけどなあ、当世、分からんゾと。新興住宅街なんかでは、隣近所のお付き合いも希薄やしと。
同じ町内会、組でさえも、どこの学校に通てるも知らんかったりの、下手したら、息子、娘さんの顔も知らんわと。下手しんでも、家族構成さえ、ええ加減かと。

そんな状態で、あのですねえの、ご近所さん、某さんの、娘さんについて、知りたいですがと、興信所の方に尋ねられたって、伝えるべきの、情報があらへんわと。
精々が、へえの、アソコに娘さんが居たはりましたかと。
とまでは、別途の、知ってたら、嗚呼、無愛想な娘さんが、居たはったかなあと。
ソラナア、会釈一つも出来んのでは、アカンでと。されどの、今時、そんな息子、娘の方が多いかと。親がソやしと。

オッとの、ホンマやでと。
結婚して、豹変は嘘かと。暴言、暴力がと。
元々がそんな人なんやと。恋愛期間中は、自分を隠すは簡単かと。加えての、惚れた、腫れたの、痘痕(あばた)でさえもが、笑窪(えくぼ)と化しててねえ。

でででの、幾ら何でもの、オヤジさんと、そんな話をするのツモリで居たですが。超簡単なるの、出生の話をと。
イヤ、別段にの、世間話的での、その一つの取っ掛かりが、娘さん2人が、薬剤師とは、何でかと。
イヤイヤ、御挨拶の帰りの道中、彼女から、聞いて、知ったですが。
承知の上で、結納の儀の際、オヤジさんに聞こかと、思てたですが。ソラ、ソレ以外にもある筈の、更に、一歩進めての、そもそもが、何で、オヤジさんは、薬局を開くが夢であったかと。
何の事は無いの、頻尿の件で、華が咲き過ぎてと。
イヤイヤ、この手の話をするに、余程の事が無い限りの、早々に機会はあらへんゾと。

ホナラの、実は、二男も薬剤師免許を持ってまして。「調剤薬局」には、現在唯今、無縁なれどの、我が家系にその気(け)のあるのが、居たかとなればの、居てたんやと。
当然にして、二男には、話はしてるです。

での、彼女に話をしたかとなればの、超の荒削りでなら、触れたです。
只なあ、その話で、その話とは、結婚の話で、二男が彼女を伴いの、我が家に来た時には、最初、単に連れて来るとダケなんやと。
結婚が云々の話とは云われんでも、あらたまって、彼女を連れて来るとなればの、ソの可能性大と思えどの、確信はあらへんわと。

どんな状況かとなればの、正直、話題に困ったわと。単なるの、世間話しか、出来ひんわと。
そして、単なるの、世間話の途中にて、二男が、「ぶっちゃけた話」として、斯様なる次第でと。決めたと。
聞いて、嫁はんと2人して、異口同音の、「おめでとうさん。」
そして、「良かったなあ。」と、正直なる感想をと。

イヤ、最初っから、そんな話でと、云うてくれてたら、世間話は適当に、即にもの、相応の話も出来るですが。
ソかなあと、思いはしてても、万が一の違うかってみい。ソかで、ハハハで、笑て、誤魔化す事になるのかと。
イヤイヤ、彼女とは、ソレが初対面でもあらへんけれどと。
(10/07/18)


NO.16 余談・姪と、その息子の話(1) 鴨川河川敷

イヤイヤ、にしても、猛暑、酷暑。
梅雨開けと同時に凄いねえ。
京都では、7月17日。
とならばの、祇園祭の本番でして。マア、云うたら、一番に暑い時期でして。今年は、美味い具合に、土曜日でして。18日が日曜日で、何故か、イツからか、知らんが間に、19日の月曜日が、「海の日」で、祝日ですて。結果、3連休で、へえと。

オッとの、そんな話は結構の、四国、香川の、義姉の娘であるの、姪の、ご主人の学友のと。
兎に角の、要は、姪のご主人の親友の結婚式が、「京都ホテルオークラ」にてで、18日でして。ご主人は披露宴に出席にて、飲むやろしと。帰りの運転手として、姪がで、その息子も連れて来まして。
ソラ、2歳程度のを、一人で置いとけへんしと、前日の、17日から、京都には来てまして。

17日となればの、祇園祭当日やけど、ソレが目的では無いしで、見てへんですが。
「京都ホテルオークラ」は、御池河原町北東角でして。京都市役所は、御池河原町北西角でして。
何が云いたいかとなればの、市役所前には、祇園祭の観覧席が設営されまして。山鉾の巡行を見られるの場やわと。学生時代、アルバイトで、設営、後片づけをしたなあと。
オッとの、とととの、そんな話も結構の、祇園祭は午前中やしで。面々が着くは、午後でして。明くるの、18日、結婚式で、ご主人が出席の間、息子と一緒に面倒見てくれと、姪の要請にて、出掛けたです。

イヤイヤ、可愛らしいモンやでと。
知らん間に、こっちに来て、知らん間に帰られてしもたら、水臭いけれどの、小さい息子の面倒見てくれとならばの、左様(さよ)か、分かったと。
とは云え、2歳程度のは、難しいなあと。どこへ行くやと。

電車に乗せてやろか。
されどの、京都市内は地下に潜ってまして。
岡崎の、「京都市動物園」もええかなあと。
そやけど、時期が時期だけに、熱苦しいて、臭いも大変かと。
イヤマア、食事は、折角やしと、先斗町四条、鴨川畔の、「いづもや」を予約してましてと。ソラなあ、時期が時期だけに、休日だけに、小さい子どもが居てて、席が無い。大入り満員、順番待ちはしてられへんわと。

イヤイヤ、二男と彼女もそこで一緒になるにしてるの、二人は、高島屋に用事があって。
食事をしたら、別れるのツモリの、ツモリはツモリだけの、さての、どしょかの、ええ加減な予定なれどのと。
イヤ、折角の機会やしで、姪にも彼女のお披露目をと。
既に、長男一家、妹一家には、会おてまして。機会があるなら、結婚式までにも、順々にと。での、長男とは、兄弟なんやし、機会をつくってでも、神戸には行って欲しいけれど、その機会が、ナカナカに無いみたいでねえ。

での、でででの、実際問題、臨機応変の、その場、その場で、考えんとナと。
ソラなあ、その昔なら、大丸の屋上に、ゲーム・センターがあったですが。高島屋にもあるけれどの、ホーム・ページで見る範囲ならばの、ペット・ショップやとか、プレイランド。
このプレイランドがどんなモンかと。2歳、3歳のが、遊べるのかなあと。

とかとか、折角やし、探索しても、よお分からんわの、「ホテルオークラ」に向かうに、「京都縦貫道路」も、無料は結構の、沓掛出口で混んでたではナで、篠のICから、老いの坂で、桂坂経由が正解での、ええ時間に、「御池地下駐車場」に到達。
ええ時間とは、10分程度の余裕を持ってで。さもなくばの、10分遅れになってたかと。

での、ホテルは便利な処にありまして。地下駐車場から、地下の商店街、「ゼスト(ZEST)御池」にで。その先、そのままに行けるです。
行った先は、ホテルの地下2階なんやねえ。トイレに行って、オッとの、好都合の、トイレの前には、灰皿もありまして。ホっと、一服。多分ならばの、ロビーになんか、当世、置いてえへんやろと。
イヤイヤ、貴重なるの、情報ゾと。「ホテルオークラ」の地下2階、御池の駐車場から、入った先に、トイレと、灰皿がと。トイレなら、ゼスト御池にもあるけれどと。

そんな話は結構の、ホテルのロビーにて、無事に会えて。
婿殿にも、更には、一緒に来てるの友人にもと。友人にも挨拶方々の、一度姪の新居で会おてまして。イヤ、姪の結婚式に参加で、此度の結婚式のも、その時にと。名前までは、忘れたの、医者ですて。泌尿器科なら、行くですが、舞鶴ですて。舞鶴までは、通えへんしで、アカンなあと。
ホナラと、モええ時間やし、トボトボと、子どもと一緒に歩けば、「いづもや」にも、ええ時間になるやろと。

昨年<2009年>のお盆には、四国にて、この子にも接してるですが。その前にもで、産まれてからは、二度会おてるですが。
昨年は、手を差し出したら、泣くとするよりは、厭と、手を払い退けられてねえ。ハッキリしてるなあと。
此度、ソレでは困るけれどの、様子伺いの、手を差し伸べたら、案外にスンナリと、受け付けてくれて。ホっと、一安心の、さての、4人で、どんな経路で、「いづもや」にの、小さいのを連れて、人混みもと、御池から、木屋町。木屋町で、三条からは、鴨川の河川敷を歩こかと。過日、大雨にて、河川敷が水没したですが。

オッとの、そもそもがの、私め、河川敷には、何度か、降りた事はあるですが。降りただけで、三条から、四条へと、歩くは、初めてやと。
イヤイヤ、時間的、午前中やしで、アベックも居てへんですが。人通りも、数人かと。
オッとの、での、河川敷の内側とするのか、「納涼床」の方の川に、鴨が居てねえ。姪の息子、小さいのに、「鴨やで。」と。教えてやったですが、見たのか、気は付いたのかと。

更には、マダ、午前中とは云えどの、カンカン照りの熱い最中に、その河川敷から、内側の、納涼床に向かいの、若いアベックがと。イヤ、何の事情か、背景がの、女の子の方は、浴衣姿のままでの、爆睡やでと。へえと。
男の方は、腰掛けての、ウトウトとと。着の身着のままにて、モ一発、へえと。

年齢が若いから、救われてるの、私みたいな、年齢やってみい。風体からしたらの、一発、乞食やわと。乞食程には、汚れてえへんですがと。
での、今時、乞食は見いひんけれどの、その昔、その又昔の、大昔の、三十年、四十年の昔になら、四条大橋の下辺り、要は、この若手が寝てるの一寸先には、小屋があっての、乞食暮らしの面々が居たはったんやと。
よって、とてもや無いけれどの、河川敷辺りで、アベックが等間隔で並ぶなんか、あらへんわと。
あったら、余所者かと。当世でも、余所者と思うですがと。

そんな話も結構の、コレ又、丁度良い時間に、「いづもや」にと。
「いづもや」には、過去、二度、三度かは、入ってるですが。裏手とするのか、河川敷の方から、入るは初めてやと。
そもそもが、早々に河川敷なんぞに、降りて、歩く事があらへんしと。
マアナア、姪に、その息子に、一つの想い出話をつくってやれたらナと。
にしても、小さいのも、良くゾ頑張って、歩いたかと。
(10/07/20)


NO.17 余談・姪と、その息子の話(2) 「いづもや」での話

そんな次第の、斯くなるでの、ン年ブリで、「いづもや」にと。
ソラなあ、ン千円もの昼食をば、早々に喰えへんわと。四国の姪と、その息子が来たから、大奮発やの、息子は小さいし、記憶の彼方になるけれどと。
兎に角の、予約がしてあるしで、3階の和室に案内されて。ええ席で、窓側で、鴨川、南座が良く見えまして。他にも、先客が居たですが。

程無くして、二男と彼女も到着にて、予定の面々が揃いまして。
イヤまあ、適当なるの、自己紹介があったのか、無かったのか。姪も、相応の情報は承知の、彼女には、姪の話はしてる筈の、こっちが、とやかくの出しゃばる必要もあらへんわの、ソレよりは、腹が減ったの、注文はと。

その昔、「ひょうたん弁当」を喰た覚えがあって、ソレにしよかと思たですが。肝心の鰻が入ってえへんでねえ。
ホナラと、「うな重」にしたですが。姪も、嫁はんもで、小さいのには、お子様弁当がありまして。コレが丁度ええなあと。
での、二男は、「きんし丼」に、「きも」の串をと。

この際と、イヤ、時間的には帰るまでは、充分やしで、生ビールの小をと。
ソラナア、季節も真夏の真っ直中で、タマには、飲んでもええやろと。
二男は、電車で来てての、生の中をと。マア、遠慮をしてるですが。マダ、高島屋で、催しがあって、行くにしてるしで、大は飲んでられへんかと。

彼女の注文は、ソレ以外ので、何を頼んだかと。
問えば、メニュー見せて、コレですと。フウンの、「ひまつぶし<暇つぶし>」かと。
イヤ、真剣に、そのよに読んで、そんな名前のがあるんやねえと。オッとの、彼女、ケラケラの、いえいえ、読み方がと。違いますよと。
ンと、何が違うのやと、メニューをば、再読、精読、ヨクヨクの、ジックリ、見ればの、「ひつまぶし<櫃まぶし>」
平仮名の数、一文字、一文字の読みは、一緒なれどの、読み順、組み合わせが違うかったかと。固定概念はアカンなと。

イヤイヤ、でででの、注文の品が出て来たですが。姪の息子、小さいのでは、食事をするに、座卓の高さがで、店員さんに、何か、台でもありませんかと、座椅子を頼みまして。
イヤイヤ、お子様弁当の皿には、おにぎり、ハンバーグに、海老にと、相応に、小さい子の好きそなのが載ってまして。
生ビールには、コレが合うでと、息子が、「きも」の串をと。ンと、一本の半分をもらいの、喰たですが、美味いなあと。

での、オヤジさんの件の、あれから、どなんやと。
返答するに、一応の成功での、されどの、頻尿の度合いは、治って無いらしく。詳しくの掲載は割愛の、結果的、最悪の事態にはなってえへんしで、良かったの、半分は改善されたですと。

での、でででの、彼女から、鰻を食べには、良く行くのかと。
オッとの、とととで、正直、鰻は高いしなあと。そんなにはと。
しかるにの、京都では、鰻は、「マムシ」と云うてるゾと。「いづもや」では、「鰻」は、「うなぎ」としてるけれどと。
モ一軒の、京極の、「かねよ」では、マムシとしてるかと。
そんな話をしての、アトで、ホーム・ページを探索したなら、「かねよ」でも、「マムシ」なる文言は消えてるなあ。困ったなあと。
オッとの、一応は、「マムシ」の事も掲載されてたですがと。

イヤイヤ、我が祖母には、あっちの、「かねよ」に良く連れてもろたです。良くも、多くて、年1回、大体は、ン年に1回かと。
むしろの、「いづもや」には、入った事が無いなあと。
あちらの、「かねよ」では、祖母は、「きんしマムシ」が好きでして。コレ又、注文するに、コレでも通用するとは思うの、お品書きでは、「きんし丼」かと。
「きんし」とは、要は、玉子焼きが付いてまして。その替わりに、鰻が少なめでと。
とまでの、話はしてへんけれどと。場所が、「いづもや」やしで、商売仇かと。

そんな次第の、食事が済めばの、さての、コレから、どするやの、二男と彼女は、高島屋での、ブライダル・フェアに行くですが。
姪曰くに、お土産も買わんならんしと。ホナラの、高島屋に一緒に行くかと。
イヤ、着いてからは、二人とは別行動になるですがと。目的が違うしと。

そんな次第の、斯くなるでの、「いづもや」を出て、スグのソコの高島屋にと。
姪達は、当日、朝も高島屋に走ったですて。云うに、結婚式で履くの靴を、持って来るのを忘れてねえと。どこが一番に早く開店するかで、高島屋が一番ですて。へえと。
開店即の、入店にて、店員さんが、ズラリと並びの、有り難う御座いますと、お辞儀をしてくれやはって、派手がましい事と。されどの、気分のええ事と。

話簡単の、当日、二度目の高島屋なれどの、外でウロウロしてるよりは、冷房もあって、この方がと。
確かに、小さいのを連れて、カンカン照りの京都を歩いてられへんナと。考えただけで、気が遠くなるの、その前日には、面々にて、清水寺に行ったけれどの、コレ又、大変やったと。
ンのさもありなんと。

でででの、そんな次第の、土産物も一通り、買い求めの、こんな荷物を持って、どこに行くにしろの、ウロウロもしてられへんの、姪曰くに、コイン・ロッカーが、高島屋の出口の横手にあるですて。
へえの、よ考えたら、あったみたいにも、思うナと。用事が無いしで、ええ加減の、もしかしたらの、こっちかなあと、河原町側のドアのソバにと、行けば、あったなあ。

イヤイヤ、丁度、適当なのが、一箇所、空いてまして。良かったなあと。
何箇所もは、要らんの、されどの、一箇所も無ければ、最悪やしと。
土産物も、一箇所の店で買おてるならばの、一寸、預かっといてと、頼むが出来ても、方々やしと。ソレでも、図々しければ、ダメ元にて、頼めるけれどの、根が、根で、一寸なあと。

そんな次第の、コイン・ロッカーに荷物を預けてしもたら、自由放免の、姪曰くに、見学しに行かへんかと。何をとなればの、高島屋のブライダル・フェアーとやらで、二人が何をしてるのかと。
ンの、名案やと。

イヤ、貸衣装屋のブライダル・フェアーとは承知の、詳しい中身までは、知らんですが。
貸衣装屋でのブライダル・フェアであるが故に、多分ならばの、どのドレスにするか等々での、ドレスを着るのかなあと。
ホナラの、折角やしで、見学、見聞に、一寸覗きに行くかと。構わへんやろと。
そやなあと。
アテも無く、小さい子を連れて、高島屋をウロウロしてるよりはと。
(10/07/21)


NO.18 余談・姪と、その息子の話(3) ブライダル・フェアの話(1)

でででの、そんな次第での、姪の息子を、動物園にでもと。
或いは、四条京阪から、電車にでも乗せてやろかと。乗せて、どこに行くかもあるけれどや。
ハタマタの、どこかの、デパートの屋上に遊園地でもあったらなあと。喜ぶやろなあと。
色々、思案巡らし、計画してたですが、オッとの、姪が曰くに、動物園は、云わんといてクレと。電車もええよで、遊園地もと。

理由は簡単の、小さいのは、昼飯喰たら、寝るが習性での、さもありなんと。
ソレもあるし、昨日、四国は香川、云うても、愛媛に近い処から、車で来て、着けば、暑い最中に、清水寺にで、嗚呼、暑かったえと。
そして、当日、朝からは、高島屋に靴をと、行ったり、来たりの、大変ゾと。
成る程なあと。

での、そんな次第での、折角ならばと、二人が、行った先の、ブライダル・フェアなるが、どこやろかと。
兎に角、主催者の貸衣装屋<4階>の場所を探して、着けば、そんな気配無く。オッとの、5階の、どこそこにてと、そんな催しをしてるらしくの、掲示がしてあってと。

上かと、エスカレーターで、上がって、らしき場所、一隅の中を覗けば、居たなあ。息子がと。丸テーブルで、椅子に座ってまして。嗚呼、ここで良かったのやと。
イヤイヤ、来たでと、ホナラの、惜しかったなあと。さっき、衣装を着て、出て来た処やったんやと。ソかと。
マアナア、どちらかとなればの、居場所を探してたのもあっての、早速にも、周辺から、椅子を調達の、ホと、椅子に腰掛けて。

ホナラのホナラで、案の定の、嫁はんに抱かれてた、姪の息子は、トロトロと、寝てしもてねえ。丁度、良かったかと。確かに、方々に連れ回してるよりはと。
当人も、草臥れたかと。
朝から、「ホテルオークラ」から、三条大橋へ。三条大橋から、鴨川の河川敷に降りて、歩いて、「いづもや」にと。お子様弁当喰て、高島屋にで。土産物を買うに、あっちに、こっちにと。
そして、コイン・ロッカーから、5階に、4階に、又、5階にと。やっとで、落ち着いて、ぐっすりかと。

での、ででの、息子が、オッとの、私めの息子なれどの、こんな具合やと、デジタル・カメラで、彼女のドレス姿の写真を見せてくれて。
ンの、正直云うて、写真映りがと。
イヤ、間違い無く、彼女ではあるけれどの、実物よりも、悪く撮れててねえ。
イヤイヤ、派手で無く、ブスでは無くの、ハッキリとは、美形でして。

そんな意味ならばの、長男の嫁にしたって、派手で無くの、ブスでは無くのは一緒の、同様にしての、言語明瞭には、美形やでと。
されどの、写真映りはそのままに近いかと。
よって、写真を見ても、見せられても、違和感は無いけれどの、この娘(こ)、二男の彼女は、撮られ方が拙いとするのか、角度が変かの、何故か、実物との差があり過ぎてと。
ハッキリとは、撮し手の二男が下手かと。

イヤイヤ、ついでの話の、期せずしての、派手で無くの、ブスでは無いの意の、大きな分類的ならばの、二人共にの、私め、内心、ホントに良かったなあと。
片方が、派手、派手の、ハデやってみい。趣味がなあと。
加えての、正真正銘、名実共の、本物の、ドの付くの、ブスやったり、反対に、グラビア・アイドル水準の、絶世の美女やってみいと。
或る意味、困るゾと。目のやり場にと。話もし難いゾと。

そんな意味ならばの、彼女の妹さんが、初対面のおりには、ド派手な化粧やったですが。どんな化粧かとなればの、ギャル曽根的かと。
見て、正直、ビックリしたけれどの、性格がと。掲載の通りの、可愛らしいてねえ。クッキーを戴いたり、どら焼きをくれたりで、一発、好きになったですがと。

での、どら焼きを戴いたの、結納の儀の際には、そこまでの化粧はしてへんかったですが。その方が、より可愛らしいてねえ。余計なお世話なれどの、私が舅になるならばの、そのままの、ズバリと、申すかと。
されどの、初対面での状態ならばの、困ったなあと、なるですがと。実のオヤジさんは、どんな具合に思てるかと。
イヤイヤ、姉2人の化粧とは、雲泥の差やしと。
ご主人が、ええなら、ええのかなあと。

もしかしたら、自由奔放、天衣無縫で、反面、頑固で、云うても、聞かへんのかナの、あのオヤジさんなら、云うてる筈と。
妹さんは、美形とするよりは、素では、可愛らしい系での、ソラ、全くの素の状態は知らんの、顔立ちから、大体は分かるわと。どっちにしたって、よりによっての、化粧をするに、ギャル曽根は無いやろにと。他の選択肢が無いのかの、勿体ないなあと。

オッとの、とととの、そんな話は一切のしてへんけれどの、ブライダル・フェアなるは、ども、予定してるのドレスを着てとするのか、寸法合わせをするの場かと。正確なるの主旨は知らんですが。
丸テーブルが、4個、5個あって、各々に、新郎となるべくのが、椅子に座ってまして。
中央には、舞台が設営での、屏風が如くに大きな鏡が備えられててねえ。自身でも、ドレス姿を見られるよにと。
イヤ、私め、こんな場は初めてでの、興味津々で、見学させて戴いたですが。肝心の彼女はどこなんやろねえ。多分なら、裏手に衣装合わせ、着付けの場所があっての、そこに居てるのかと。

での、舞台とするのか、鏡の前には、次々に新婦となるべくの、妙齢の美女がドレスに身を包みの現れまして。
そやけどなあ、余所の娘さんを見ててもなあ。
中には、ンの、へえのと。
如何なるの感想かは、別として、相方が、デジタル・カメラに納めたりは、お好きにして頂戴ナと。

オトトのとっとで、係の女性が席に来まして。
モすぐにも、出て来られますよと。
そして、ごゆっくりしてくださいねえと、人数分、寝てるの小さいのは無かったですが、ホット・コーヒーと、おいしいですよと、クッキーを出して戴きまして、へえの、得したなあと。
サービスがええなあと。喉も渇いてるわの、美味しく戴きまして。

そして、次ぎには、息子の衣装合わせですて。へえと。
云うても、男、新郎のは、衣装合わせも、華が無いしで、舞台に上がるでも無くの、私め、一寸、失礼の、7階にでもと。
イヤ、高島屋で一箇所の喫煙所がありましての、一服をと。
(10/07/22)


NO.19 余談・姪と、その息子の話(4) ブライダル・フェアの話(2)

そんな次第の、私についてなら、トイレ回数なるは、減って来たです。
日に、8回が、正常、マトモとするならばの、多少の増減の、減は厳しく、増はあるですが。8回、9回、10回程度に収まって来てるです。
ソラなあ、溶けて、干上がって、干物、乾物(かんぶつ)になってしまいソな、ダダ暑いの最中やでと。一寸、動いたら、腕から、顔から、背中、腹から、汗が噴き出して。
当然にして、干物、乾物にならぬよに、適宜、水分補給はしてるですが。原則、扇風機で、我慢大会してまして。出来れば、その扇風機も使わぬよにと。
コレで、ガンガン、バンバン、ジャブジャブの、出てしもてみい。名実共の、干上がりの、乾物になり果てるかと。

での、でででの、母がねえ。
ディー・サービスから、帰ると、五月蠅あて、うりさあて。
ゴタゴタ、ゴタゴタ、悲鳴を上げて。
何事、何用かと、問えば、嗚呼、暑い、死にそやの、空気が薄いの、地獄やわと、遂には、泣き出して。

原因明白の、しかるべくの、施設では、エアコンがと。送迎の車でも、エアコンがと。よって、行きしなには、寒いしと、カーディガンまで、持ち出してまして。
脱げばええのに、その格好で、部屋に入って、悲鳴を上げられたら、こっちまでが、暑うなってねえ。

あのなあの、遠慮せんでも、エアコンを付けたらと。
云えば、全然、寒うにならへんわと。又、悲鳴を上げて、泣き出して。
モ一発、あのなあの、部屋の窓と云う窓、扉を全開放では、電気代が勿体ないわと、閉めてやったら、今度は、寒い、寒いの、凍えソや、風邪引くわと。

あのなあの、温度調整をしてクレよなあと。
イヤイヤ、正確には、効きが悪いと、リモコンを触りまくりの、設定温度を目一杯、下げててねえ。始末が悪いんやと。
それこその、扇風機をつけたら、空気も循環するしと、つけてやったりの、ホナラの、首を振らせてくれと。あっちに向けてと、訳が分からんの注文されたりの、こっちは、先の通りの、我慢大会してるのにと。

事程左様に、母と色々、問答してたら、漫才か、吉本新喜劇みたいになるですが。
当事者は、冗談とは違うんやと。真剣やと。
毎年、冬になれば、なったで、夏は夏でと。そんな意味ならばの、今年は、メリハリのあるの夏で、大変やと。一発、ザっと、一気、夕立でもと。

での、でででの、そんな次第の、斯くなるでの、過日の話の、高島屋7階、「京回廊」奥に、喫煙所がと。
案外に女性が多いんやと。妙齢のから、お婆さんまでで、お婆さんでも、高島屋に来てる、来てられたら、五体満足、元気で、健康の証左やわと。
病院での、お婆さんとは、違うわと。
云うても、高島屋の、7階にまで、来て、タバコを吸うは、70代までかなあと。流石に80代と思しきは、居てへんですがと。
妙齢も、コレ又、我が年代からしたらの、妙齢での、大体は、30代後半から、40代の女性が多いかと。

そんな余計な話は結構の、「京回廊」のレストラン街にも、喫茶店とするのか、冷たいのが戴けるのもありまして。
吸い終わってから、どんな具合か、探索したですが。
オッとの、大人は、ホット・コーヒーを戴いたけれどの、小さいのは、姪の息子は、昼飯だけやし、可哀想やしと。大人にしても、冷たいのが、欲しいわなあと。
主として、当然のモノと、値を探索の、高いなあ。止めたと。
各階にも、喫茶部があるですが。値も、値で、場所が狭いしなあと。そんな意味ならばの、ブライダル・フェアを開催の、ソバに、喫茶部があったですが。
大人5人に、プラスの1人が、入れるかと。分散しな無理でしてと。

イヤイヤ、そんな探索での、腹案ならありましての、フェアに戻れば、息子の衣装も決まったみたいの、彼女も戻ってまして。
何やら、知らんの、契約書かの、件があっての待ってるですて。
適当なるの、雑談をし乍らの、余所様の様子を見てたですが、結構面白いかと。

イヤイヤ、でででの、大体は、近い将来、結婚するの、新郎、新婦となるべくのが、一緒に来てるの、我が一団の如く、両親と、姪と、その息子なるは、来てへんけれどや。
我々にしたって、最初っからは、その気は無くの、臨機応変の、気紛れ、タマタマやと。
大きな、屏風状の、姿見で自分の姿を映してるの、妙齢の美女揃いなれどの、マアなあ、正直、当家の面々の方が数段の勝ると、云えるのが多いけれどの、流石に、全勝とは成らんわの、へえと、感心の、美形のも居てましてと。

での、中に、一組とするのか、新郎は居てへんの、新婦の、母親と思しきのが、居てまして。
一発、嗚呼、あれが、娘さんかと、分かる程の、良く似てるですが。その娘さんがなあ、余りに美形と違うんやと。
イヤ、我が趣味趣向、好みの問題が大きいけれどの、云うたら、お母さんは、若作りをしてまして。正直、若かりし頃でも、美形とは云えへんなあの、どちらかとなればの、自分で、美形と信じ込めるの、都合の良いタイプかと。

言語明瞭には、ええ氏の娘さんでありの、ええ氏の婿殿の奥様かと。
要は、お上品なる様(さま)で、どこゾの、名門、お嬢様専門の女子大出かと。例えばの、京都ノートルダム女子大学<4年制>であるとか、同志社女子短期大学<2001年・短期大学廃止>、池坊短期大学かと。

イヤ、聞いてえへんしで、知らんけれどや。
当世なら、最早の、短期大学は人気が無いけれどの、昔の短期大学も、4年制になっての、ワザワザの、4年制の方やと、云われん事には、分からんですが。

この奥様、お母様の年代なら、マダが二発では無く、一発だけになってるかの、微妙なるの、女子は、高校で充分かの時代の、短期大学にでも通たはったら、お嬢様やと。
ソレよりも、お茶、お花、お習字等々の、習い事、行儀作法が主であったかなあと。
イヤイヤ、或る意味、重要なるの、当世の若い娘(こ)では、行儀作法も、ヘタクレもあらへんわと。
あらへんのが、大多数やわと。嘆かわしいわと。

ソラナア、コンビニの前で、女の子が、ベタリの、ペタリの、地べたで座りの、ソフト・クリームを歩き喰いして、ジュースを喇叭飲みしてるよでは、問題外の外の外の大外やと。アホ丸出しなんやと。
お話にならへんの、親も親での、最低限の見本も示されずの、躾もトンでもあらへんわと。

オッとの、この奥様、お母様が、どの程度の教養を身につけてるなんか、知らんけれどの、こんな場で、分からんけれどの、兎に角、若作りで、服装は一見でなら、簡素でも、色調がで、少なくともの、既製服では無いなあの、カラダにも、金が掛かってるやろなあの、スマートでの、化粧でありの、一寸、染めての、髪形での、風情でなあと。
要は、比較対象が悪いけれどの、私めとは、棲息の世界が違うの、一発、目立つ存在なんやと。
オッとの、とととで、本物、名実共の、ええ氏の奥様、娘さんならばの、貸衣装とは、違いの、コレ又の、一流デザイナー創作の、おあつらえかも、分からんけれどと。
(10/07/23)


NO.20 余談・姪と、その息子の話(5) ブライダル・フェアの話(3)

本日<7月23日>、暦上、大暑。
流石やねえ。
暦通りで、昔の人は、エライなあと。チャンと、云い当てたはるです。

での、大暑は結構の、この処、季節のメリハリがあって、あり過ぎてと。
ソラ、日本国では、夏は夏で、暑くて当たり前。冬になれば、雪が降ったりで、寒いで当然。
雨が、ダラダラと続いて、イツの間にやらの、振り返って、ン日前が梅雨明けですと、云われたってなあ。
春先から、秋口になっても、暑かったり、突然のゲリラ豪雨が、突然でも無くの、定常化してしもてみい。その傾向にはあるですがの、イヨイヨの、地球温暖化で、季節も、雨の降り方も、変動して来て、この先、どなるのかと。
熱帯か、極寒かと、心配してるよりは、数段のマシでしてと。

メリハリは結構でも、まっこと、暑過ぎて。
水分補給は重要なる、生命維持手段かと。実際にも、飲んで、飲んで、飲みまくってるですが。オッとの、単なるのお茶をやでと。
正直、寒い時期には、水分補給は食事の時くらいでして。オッとの、との、ソレでも、頻尿に悩まされたですが。
現在唯今、投薬の効能があるにしても、お茶をば、ガブガブの、ガブ飲みでも、トイレ回数は数段に少なくなっての、我れ乍らに、へえと。
イヤイヤ、水分補給でもしやへんかったら、カラダが、干物、乾物の、血液が沸騰しそでねえ。

とは、我々の、までの話での、年寄りには、辛いみたいでねえ。
我が母の話なれどの、この季節になれば、暑いと。半年先なら、寒いと。
この処、日中は勿論の、朝から、晩になっても、大変ゾと。

朝一番、目が醒めたら、げえげえ、はあはあ、ふうふうの、ひいふうはあと、息が出来ひん、胸が苦しい、救急車呼べ。
での、様態見れば、喉に引っ掛かった、痰が取り切れへんみたいでねえ。出すに、げえげえ、はあはあ、ふうふうの、ひいふうはあで、背中をさすれの、暑い、苦しい、息がで、母の周辺、ティッシュ・ペーパーだらけで、散乱の、当人、錯乱状態。
見て、聞いてるだけでも、朝の一番から、暑苦しいてねえ。息苦しいてねえ。こっちがやと。

嫁はんと、二人して、ティッシュ・ペーパーを片付けたり、背中をさすったりの、次第に冷静になって来たら、暑い、暑いの、死にソやと。病院に連れてけと。
話解説の、救急車から、一歩、後退やと。
での、暑いからと、病院に行ってもナ。処方箋は書きよがあらへんの、不機嫌なる顔で、睨まれたって、暑いも、寒いも、こっちの責任でもあらへんしと。

更に、時間の経過と共に落ち着きの、薬が欲しいと。
オッとの、過日、一週間前、町医者に、連れてっての、トローチであるとか、喉中枢を抑制の咳を鎮めるの薬、痰の粘りを低下させ、切れを良くするの薬、気管支を拡げて、呼吸を楽にするの薬等々をば、処方して戴いててねえ。
ソレを取りに行けの意での、ソレなら、おやすい御用の、連れて行くよりは、数段のと。

イヤ、ホンマやでと。
自分の身一つが保持出来ひんのを、車で、町医者には大変ゾと。
玄関先には、階段があったりで。順番が来て、呼ばれても、スとは行けへんし。医院にある、車椅子に乗ってくれたら、楽なれどの、先生<広い意味での先生>が、杖にしなさいと、云うたはると。
何も、病院で、杖にする事は無いのに、そんな理屈は通らんわと。

待合室の席に座るも、沢山の処がええのやと。私の座る場所があらへんしで、あっちの片脇にしやへんかと、提案しても、あっちは、椅子が柔らか過ぎて、立ったり、座ったりがシンドイと。
あのなあの、自分一人で、立ったり、座ったりもしやへんのにと。
云うても、無駄の、こんな場、病院で、親子喧嘩の、押し問答もしてられへんしで、ソかと、だけの返事をしてたら、多分なら、姑さんの居たはるの、奥様やろなあ。
ニコリと、頷いたはったです。云うたら、どこも一緒やねえの意かと。
とは、我が勝手なるの解釈なれどと。

イヤイヤ、そんな次第での、痰が切れ難いも、分からんでは無いの、一つには、切るの肺活量なり、体力がと。
一つには、口をパカリと開けて、寝てたでは、乾燥も致すかと。口の中、喉の奥がと。更には、扇風機を回しっ放しではナと。せめてもの、横向きに寝たらと、助言はすれどの、聞かへんし。
モ一つには、唾液の分泌量が減って来るかと。
歳喰たら、口臭が云々にしたって、唾液で、口内洗浄してても、唾液が少なくなればの、ソラ、臭いやろなあと。
アカチャンなんかを見てたら、出しよの桁が違うかと。

とりあえずの、加齢によるの、唾液の分泌量が減りで、上向きで、口をパカリの、扇風機では、最悪の状態かと。
どっちにしたって、町医者に薬を戴きにの、ソレで、当人、母が納得の、症状緩和ならナと。
さもなくばの、今にも、死ぬみたいな、暴言やでと。一寸、オーバーにも過ぎるですが。無視して、ホントに喉が詰まって、最悪の事態にでもなってみいと。
当人より、こっちが、アホ臭いわと。

での、その時間帯が過ぎたら、テレビを見乍らの、ケタケタと、笑われててみい。鼻唄を歌われててみい。アホクサと。
ホンマやでの、朝一番から、あれこれ云われて、走り回って、薬を戴いて、帰って来た頃には、収まっててねえ。収まって、悪くは無いけれどの、先刻の、死ぬ、死ぬの、死ねばええのやろは、何やったと。
毎日、毎日の、オオカミババアのゴン子かと。されどの、泣かれて、叫ばれて、悲鳴を上げられては、無視も出来ひんわと。毎回、毎回、日にン度も、聞いてるわと。
ソラナア、狼少年ゴン太は高がの、余所の子やわと。

オッとの、での、高島屋での、ブライダルの、フェアの話。
ソラなあ、結婚年齢に達してるの娘の母やしで、相応の年齢の、見掛け、多分ならばの、少なくともの、若く見ての、40代後半での、ズバリ狙いの、適当なら、50代かと。
コレで、60代と云われたら、へえの、流石に、若作りも成功と、評価するですが。
まさかの、ツカツカの、先様のテーブルに接近の、図々しくも、対面にどっかと座りの、アンタ、年齢は、いくつやねん。
とは、失礼千万、不見識の、先様、卒倒の、警察なら、マシの、救急車を呼ばれて、精神科のある病院送致かと。

オマケで、スポーツ新聞、三面記事専門のスポニチにでも、六十ン歳の、只のオッサンが、熱中症で、気が狂いの、ブライダル・フェアに参加の妹と一緒に来てた、40代女性に、いくつかと、年齢を聞く。
とでも、1面トップ全面に、正々堂々の顔写真付きで、飾られてみい。万死に値するゾと。末代の恥ゾと。
イヤイヤ、この、万死、末代の恥の概念があれば、そんなバカは致しませんですがと。
(10/07/24)



inserted by FC2 system