親父として、爺としての話NO.3


親父、爺NO.1 親父、爺NO.2

ハデブスNO.12 孫娘の話NO.11 孫娘NO.3
題目一覧表

目次

親父、爺としての話NO.4

NO.30 オヤジさんとの話(20) 引っ越しの話

NO.29 オヤジさんとの話(19) 神棚の話

NO.28 オヤジさんとの話(18) 信教の自由の話

NO.27 オヤジさんとの話(17) 脱線の話

NO.26 オヤジさんとの話(16) 信教の話

NO.25 余談・姪と、その息子の話(8) リプトンでの話

NO.24 余談・姪と、その息子の話(7) ブライダル・フェアの話(5)

NO.23 閑話休題・SSOKの話(2) 鰻を喰うの話

NO.22 閑話休題・SSOKの話(1) 箕面に行くの話

NO.21 余談・姪と、その息子の話(6) ブライダル・フェアの話(4)

親父、爺としての話NO.2


NO.21 余談・姪と、その息子の話(6) ブライダル・フェアの話(4)

本日<土曜日>は、ディー・サービスで。
痰のツマリも、息苦しいも無くの、元気に送迎バスに乗り込んだです。
オッとの、我が母の話やでの、昨晩も、途中から、暑い、暑い、嗚呼、暑いと、唸り出して。エアコンをつけてて、何で暑いのかと、部屋に入れば、一発の、一寸、リモコンを見せてみいと。
見たら、「暖房」やて。

アノナアと。
あちこち、触ったら、アカンでと。
我が母が、特別なんか、年寄りはこんなモンかの、私めにしたって、諸般、自信はあらへんわの、近代兵器は分からんの、エアコンが、近代兵器には、成らんけれどと。

そして、しかるべくの、施設の送迎バスで、帰って来たら、又、悲鳴を上げて。暑い、アツイの、嗚呼、暑いの、空気が薄いの、死にそやと。
エアコンをつけてやっても、マダ、暑いと。30度もあると、部屋の温度計を指差して。
あのなあと。
スグには、冷えへんでと。
そして、暫くしたら、コンコンと、咳をし出して、嗚呼、寒いと。又、触ったナと。
この季節、何なら、別天地の、施設にて、ショート・スティを一ヶ月間でも行ってくれたらなあと。聞かされるだけでも、こっちが、暑くなるですがと。
されどの、只ではあらへんしと。

オッとの、そんな話は結構の、母ので、病院に行ってたなら、自分のでは、邪魔くさくなってねえ。
頻尿での、泌尿器科のも、異常と分かって、半年経って。イヨイヨ、我慢がとなってからでの、マア、結果的、薬を処方して戴きまして。
での、実は、7月に入ったくらいから、目の調子がと。

眼球が、どのこのでは無くの、表現的、目の裏手が凝ってるみたいな感覚でと。特には、朝一番が辛あてねえ。
イヤ、右目だけであっての、疲れ目かと、「ダックス」によりの、一般的なるので、安いので、「Vロート」を買い求めて、点眼してたですが。
何やら、瞼の周辺も、赤くなってるみたいで、ホナラと、ものもらい用の、「ロート抗菌目薬」をと。

イヤイヤ、実は、母も瞼の周辺が赤くなってての、目薬を買おてやろかの、までに、治ってしもて。治るのが早いなあと、思てるの矢先に、こっちが、赤くなっての、うつされたかと。
での、「ロート抗菌目薬」にて、赤く爛れてたのは、治ったですが。右目の奥の、違和感は消えず。

イヤ、経過的なら、最初、右目の一部に靄(もや)が掛かったが如くになりまして。
イヤイヤ、目脂か、その類のが、原因かと、目をパチクリ、動かしたりしても、動かんでねえ。水道水で、洗顔をと、試して、一応の成果はあったですが。
今度は、目の奥がゴロゴロして、もしかしたらの、目脂状のが、目の反対側に移動かと。そんな筈はの、次第に、キリキリと、痛み出してねえ。

そんな次第の、コレ又の、市販の薬を何種類も買おてるよりはと。
思い切っての、目医者にと。
何を隠そおの、目医者なる存在には、ン十年来のご無沙汰やと。多分ならばの、学生時代に、仮性近視になって以来かと。
イヤ、黒板の字が読み辛くになって来て、ハタと気が付けばの、教室の最前列にで、コレはおかしいと、目医者にで。仮性近視故に、マダ、間に合うと。

何が間に合うかとなればの、真正近眼の手前故に、遠くを見るなり、緑を見る等々、特には、出来る限りの、遠くを見ての、文字でも、何でも、看板でもの、字が見えるまで、読めるまで、頑張れと。
話簡単の、見えへんからと、近くに寄せるはダメでして。見えへんでも、見えるまで、見詰めなさいと、ご教示戴き、見事、回復したです。
結果、健康診断、半日人間ドックで、診て戴く以外には、診て戴いてえへんわと。

そんな次第での、現在唯今ならばの、加齢によるの、ローガンでの、コレは仕方が無いの、兎に角の、目医者はナと。慣れてえへんわの、鋭意決断の、近所とするのか、車でなら、5分程度の、眼科に行かせて戴いたです。
当然にしての、門をトントンの、門は自動扉で、トントンは不可なれどの、イザの、初見参。

イヤイヤ、でででの、そんな次第の、アノ奥様。
多分ならばの、奥様で、カカ様やろと、固定概念にて、思うだけの、ええ氏の云々も、全て、外見、見てくれだけでの、こんな女性を相手するは、気を使うゾと。
先様にしたって、話相手になって頂戴とは、云うたあらへんけれどや。

ホンマやでの、息子共の彼女の、母親が、この手のなら、閉口のと。
実は、御挨拶のおりにしたって、実はの、そんな事を一番に心配してたわと。エラソ、ブッたり、お上品ブッたはったら、厭やでと。付き合い切れへんゾと。
マアナア、早々に、お目に掛かる事も無いけれどの、各種諸々の、諸般の行事で、アや、コやと、一々、意見を出されるのも、困ったモンやしと。
オッとの、意見を出すなとは、云わんの、余りに細々はと。決まるモノも、決まらんわと。
ソラナア、軽い気持ちでの、意見でも、間接的に聞くになればの、先様のご両親のご意向ともなればの、針小棒大になるんやわと。
少なくともの、無視は出来ひんしと。

この手の感じので無くて良かったわと。
イヤイヤ、ホンマやでの、ホナラの反対の、粗野がええかとなればの、意味合いがと。物事には、限度があっての、こっちにも、あっちからでも、あっちとは、先様にしたって、こっちに対するに、許容範囲があるんやわと。
とは云えどの、当人が主でありの、親と結婚するで無しの、許容範囲は相当に広くしてるけれどの、されどの、親は親やしナと。
そんな意味からも、長男のも、二男のも、本人とは別途の話の、良かったなあと。堅っ苦しいのは厭やしと。

ざっくばらんに過ぎての、話が合い過ぎての肝心の、諸般諸々が飛んでしもたですがと。
何がとなればの、クドイけれどの、出生の話の、されどの、チラとは聞いてるわと。しても、いてるわと。
(10/07/25)


NO.22 閑話休題・SSOKの話(1) 箕面に行くの話

眼科の話は、一寸、置いといて。
本日、大阪の、箕面(みのお)の、「<繊維・生活用品・総合卸>SSOK」なるショッピング・モールに行って参じたです。
<注=「SSOK」から、「ジェット」に屋号変更>
場所を知らんし、長男一家が前日より来てくれて。本日<7月25日>朝から、長男の車でと。

その朝には、9ヶ月の孫が風邪気味とするのか、熱があってねえ。嫁と二人を残して、出掛けたです。
ソラナア、一歳未満の、熱の出た孫を、この熱い最中(さなか)、人混みに連れ出すのもナで、行く目的なるは、孫娘の3歳の誕生祝いの玩具を買うためでして。
孫娘は6月産まれのため、遅い誕生祝いと相成りまして。

そもそもが、6月は諸般の事情、二男の結納の儀もありの、先様、オヤジさんの前立腺の件。
他人事では無いの、私めの、前立腺肥大の件もあっての、諸般諸々にての、神戸には、行くにも、行けずでありまして。
での、「SSOK」の話もあって、折角なら、そこでの、ここは、会員制での、パと行っては、入れへんですて。入るに、カードを作成の相応の手続きが必要での、長男は会員になってての、会員になるがための手法を教えると。

要は、会員からの紹介で、会員登録をするですて。へえと。
何でも結構の、そこで、買い物をするかと。

イヤイヤ、事程左様に、行ったですが。
実に厳重とするのか、成る程の、持ち物で、鞄、小物入れ等々を持参で、店内にはアカンのですて。先様に備え付けの、透明の入れ物に入れて、首からとするのか、ブラ下げるですて。へえと。
そんな事なら、持って行ってしもた、鞄、小物入れはどするやと。
長男に問えば、コレ又、備え付けのロッカーに収納ですて。コイン・ロッカーは、100円を入れて、鍵を掛けて、帰りしなとするのか、出すに、鍵で開けたなら、先程の、100円は戻るの、要は只ですて。フウンと。

更には、買い物をしたら、袋に入れてくれて。袋にはテープで封をするですて。へえと。
万事、万引き防止のためでの、そんな事なら、そんなとは、卸屋(おろしや)で、入場するに、会員制でカードが必要なら、買い物客も少ないかと、思いきやの、大した人気での、早めに行かんと、駐車場も空いてえへんですて。

駐車場代は、2千円以上の買い物で、只になるですて。マア、2千円なら、買うやろと。孫娘の玩具一つで、その程度はと。他にも、フライパン、洗剤、帽子等々も予定をしてるらしく。嫁はんと、嫁がやでと。嫁は、孫の風邪で、お留守番故、長男が買うになるですがと。

オッとの、何でも結構の、箕面方面ともなれば、行くは、ン十年とは云わんの、十ン年程は経つかの、日本橋に息子共と行った以来、無縁での、行き方が分からんの、十ン年が経てば、周辺の状況も違うやろの、「SSOK」なるは、「イオン」が出来てて、そのソバですて。
云われても、イオンなんか、知らんしと。
イヤ、イオンは承知の、箕面のイオンを知らんわと。
そんな次第の、カー・ナビゲーションも設置せずの、我が土地勘、方向音痴では、現地で会うも難しく。来てくれて、一緒にと、相成ったです。
(10/07/26)


NO.23 閑話休題・SSOKの話(2) 鰻を喰うの話

イヤイヤ、そんな次第での、世間に疎く、世間を知らず。
無知蒙昧、時代遅れは自認の、私が知らんだけでして。
オッとの、「SSOK」<ジェット>の話の、二男も知ってたし、嫁はんは当然の、多分ならばの、私を外せば、承知の面々が多いかと。

云うたら、京都駅八条口に、「イオンモール京都」<解除>が出来た<2010年6月4日>のは、知らんかってねえ。
ヨドバシカメラの店舗なら、京都駅中央出口前の、旧近鉄百貨店跡地<近鉄以前には、「丸物」>に、2010年11月にも開店するらしいの話は承知してたですが。

そんな次第の、「SSOK」には、マダマダ、万引き防止のための、「お願い」事項がありまして。
要は、登録カード一枚にて、同伴者<SSOKでは、特約店とされている>は3名までで、ベビー・カー、バギーの入店もお断りでは、アカチャンなんか、連れてくは大変ゾと。
イヤ、息子一家は4人で行ったらしく。想像するに、へえと。

とりあえずは、一度行けば、様子は分かるの、日用雑貨から、ブランド物まで、品揃えは豊富で、必ずしも、全商品が割安とは云えへんですが。
イメージ的、百貨店程の高級では無く、スーパー・マーケット程の、安物と云えば、語弊の、その両方を扱ってるかと。

での、「SSOK」には、マクドナルドがありましてと。
話簡単の、孫娘が、マクドナルドが大好きでして。嫁はん名義で、カードを取得の、私が仲間を連れては有り得えへんしで。
取得の、スグにも、昼飯にするかの、混まん内にと、マクドナルドでと。
お子様向けには、ハッピー・セットがあっての、玩具も戴けるのやねえ。孫娘は、マイクを選択。

そんな次第での、マクドナルドの店で喰うは、ン年ブリかと。
息子共が社会人になるまでなら、墓参の帰りにもよってたですが。社会人となり、家を出てしもてからは、行くの用事がの、マクドナルドに年寄り夫婦だけで、入れるの雰囲気でもあらへんしと。
ドライブ・スルー、お持ち帰りでのなら、喰てるですがと。以来、2度だけかと。

での、ででの、息子は、何やら良く知ってまして。
ケータイで、探索の、その画面を店の子に見せて、何たら、かんたらの、何かがあるのやろねえ。私にはサッパリの世界の、何の事か、御利益があるかは、聞いてえへんですが。
大抵なら、聞いても分からんしと。

での、本命の、孫娘の誕生祝いの玩具を探しにの、各種諸々の、孫娘が、お気に入りの一角には、「メルちゃん」がありまして。
メルちゃんねえ。メルちゃんは、聞き始めの、知らんの、「リカちゃん」なら、承知してたですが。色々出てるんやと。
結果、「メルちゃんのいちごクリニック」と、「おんぶだっこひも」
「おんぶだっこひも」とは、何かの、メルちゃん人形をおんぶしたり、だっこしたりの、グッズやてえ。要は、お母さんが弟をだっこしてるの真似なんやと。

モ一つは、9ヶ月の孫の玩具なれどの、難しいねえ。
一人遊びが出来るよにと、ノート・パソコンの玩具をと。キー・ボードを叩けば、音声が出るです。
息子がソレで良いと云うから、ソレなんやと。
以て、お留守番の、孫のも、揃えられて、帰るだけなれどの、帰りは、有料道路でと。社会実験にて、400円<通常600円>になってるですて。
イヤ、行きしなは、一般道で、池田街道をで、豊能町役場の信号を左折で、ああ行って、こ行ってで、御堂筋線に出ての、約1時間が掛かったですがと。
帰りしなには、箕面グリーンロードを経て、池田街道にと。

イヤイヤ、出て来たの先なるは、見覚えの、息子の住むの神戸に行く際に、通過の道路でして。
嗚呼、ここかと。
ここなら承知の、この信号は、有料道路に行くがための信号かと。

確かに、箕面グリーンロードを使えば、早いとするよりは、一気、御堂筋に出るがため、分かり易いけれどの、ソラ、亀岡からなら、御堂筋線に入って、真っ直ぐで、イオンの信号にて、片脇に寄れば、「SSOK」にと。
帰りも、御堂筋線にさえ、出たら、真っ直ぐやと。
但しの、行きの豊能町役場の信号までは、距離も結構ありましてと。実際の処、どちらが早いか分からんの、道を間違うの心配は少ないかと。何分の、私め、方向音痴、地名音痴故に、一発で、行けるの自信が無いです。

にしても、行程、約7キロで、400円は高いなあと。
安いのを買うのツモリで、有料道路を使いの、片道ならで、往復なら、800円也では、何してる事かと。
息子曰くに、よって、帰りだけにしたんやと。
ソやろなあと。

での、この際と。
土用の丑の日<2010年7月26日>には、1日早め<7月25日>なれどの、晩飯は鰻にでもしよかと、「亀岡アミティ」にと。
ソラ、先週は、四国の姪に、二男と、その彼女と、「いづもや」で鰻を喰うたしと。長男一家にもと。
オッとの、今年は鰻の当たり年での、先週<7月18日>に続きの2週連続かと。

イヤイヤ、どっちにしたって、この暑い最中、「SSOK」では、あっちにウロウロ、こっちにと、草臥れたわと。
での、矢っ張り、一寸、会わんかったら、アカンなあ。「SSOK」にて、手を繋いでやっても、離されるし。孫は、会うの回数も数える程での、全然に懐いてくれへんしと。
イヤ、私の顔を見たら、泣きやがってねえ。
ではあるですが、早速にも、孫娘が、孫が、玩具で遊んでくれてたら、多少は、吹き飛ぶわと。あくまでも、多少であっての、我が顔を見て、又、泣かれたら、腹の立つノリやでと。モ、買わんわと。買おてやるモンかと。

実際には、ソもナで、にしても、女の子は、2歳、3歳で、女の子らしくなるんやなあと。
1歳を過ぎたかの頃には、化粧に憧れまして。3歳ともならばの、弟が出来たのもあるですが、お人形をしかるべくの、グッズで、だっこしたがるかと。
(10/07/27)


NO.24 余談・姪と、その息子の話(7) ブライダル・フェアの話(5)

そんな次第の、斯くなるでの、孫娘を見てたら、誰に似てるのかの、その時々、見る度、見る角度により、異なってまして。
只ナで、両親に酷似でも無く、どちらかとなればの、嫁のご両親に似てるの面があったり、我が嫁はんに似てたりと。
少なくとも、現時点では、私には似てへんわと。

での、孫はとなればの、コレは文句無しの、明々白々のオヤジであるの、長男に相似やわと。気色の悪い程に、似てまして。
それが、我が顔をジッと、見詰めて、次第、次第に表情が渋面と成りの、ワアンと、泣かれてみい。天井を見上げ、下を向き、涙一杯溜めて、泣かれてみい。
我が立場からは、悲惨ゾと。ハタは、慣れてえへんしと、笑てるですがと。

での、ででの、母は、暑いと。
暑いは、この処、連日、暑いけれど、年寄りが、暑さで、沢山、死んだはるですて。ンの、知ってるでと。
返答すれば、エアコンを我慢したはるからですて。ンの承知してるの、母は、エアコンをつけてるがなと。
イヤイヤ、実は、部屋の戸を開放しておけと、譲らんです。開放してたら、部屋が冷えへんでと。正直、電気代が勿体ないしと、閉めよとしたら、怒り出しての、何でやと。
問えば、空気を循環ささんと、息苦しいと。循環なら、扇風機を回してるのにと。
イヤ、コレ以上の問答は無駄でして。超の過激なるの話になってしまうかと。どっちにしたって、理屈は通らんわと。

での、突然に、あのなあと、母がで、「2リットルのお茶を飲まんとアカンのやてえ。」と。
マアナア、暑い最中、水分補給も必要は、承知の、ソレがどしたと、問えば、お茶をくれと。
あのなあの、そんな回りくどい云い方しんでもと。

斯くなる次第の、孫娘には、手を退けられ、孫には、顔見て、泣かれ。
我が母、ゴン子からは、無茶の回りくどくの、お茶クレと、云われての、お茶なら、充分にあるわの、あんな、こんなで、辛いのおの、孫娘、孫は、モ一寸の時間が、年数がと、期待だけはの、オッとの、での、何の話をするのツモリやったかの、眼医者に行ったの話での、所謂の健康診断は別としての、学生時代以来やわと。

ソラ、ン十年もの長きに渡って、眼を一度も患おてえへんかとなればの、ソレこその、無理難題の、無茶の、患おてるわの、但しの、市販の目薬一滴、二滴で、治ってまして。或いは、水道水で、洗眼をするとかでと。
大抵ならばの、眼にゴミか、多少の花粉症にての、眼が痒い程度かと。

そんな次第の、車で5分かの、町医者に行くは初めてなれどの、保険証を見せて、初回ですと。右目の奥がと、云い掛けたら、先様、妙齢の、受付嬢曰くに、全くの初回ですか。
ハイと、回答の、問診票を。
モ一発、ハイと返答の、待ってたら、怪訝(けげん)な顔されての、ソッチにありますしと。
イヤ、問診票なる文言は分かったですが、用紙が出て来る、出してくれると思うがな。最初っから、初回で、全くかで、ハイで、この眼医者の建物の構成、構造、仕組みを知らんわと。

イヤイヤ、そんな屁理屈は云うてえへんわの、問診票なるは、分かり難い場所にあってねえ。要は、受付の前の、柱の横手で、待合室の出入り口からしたら、柱の向こう側やし、隠れてしもてて、分からんわと。
受付からにしたって、後ろを向いても、分からんわと。柱があっての、横手やしと。
での、とりあえずは、イツから、どんな症状で、現在服用の薬等々、アレルギーはと。服用の薬はあるですがの、前立腺肥大によるの、頻尿の薬なれどの、まあ、ええかと。
正確なる薬の名称も覚えてえへんし、目薬とは、関係無いやろと。
一通りの、質問事項に返答の、受付に出ソとしたら、居てえへんでねえ。待つ事、1分、2分で戻って来まして。コレで宜しいかで、ハイ、結構ですで、暫し、お待ち下さいで、ハイと。

更に、待つ事、僅かの、5分で、呼ばれてねえ。受付からで、モ、診察して戴けるのかと、思いきやの、そんな筈はの、先客が沢山居たはるしと。
ホナラの、診察カードが出来ましたと。
ソかと。矢っ張りなあと。

そやろなあの、早過ぎると思たですが、更に、待つ事、待たされる事、小30分。
マアナア、母の薬で、待たされるよりも短いかの、受付嬢曰くに、この先の、茶色の椅子に座って、待っててくださいと。何やら、難しい事を云うなあと、その先に行けば、確かに、茶色の椅子があっての、先客、5名、6名が居たはっての、要は、更なるの、順番待ちの場所かと。

そんな次第の、斯くなるでの、ソラ、正直には、目薬では、効果が無くの、右眼にイツもとは違うの異常を感じてるが故に、鋭意決断の眼医者に行ったのであっての、気分、穏やかではあらへんわと。
されとての、異常は、異常でも、キリキリ、激痛が走るとか、見えへんとか、そんな事態でもあらへんしと。

での、姪と、その息子を連れて、京都見物にと。
思えどの、姪も草臥れたか、息子も、昼飯喰たら、寝るが習慣での、結果、予定はしてへんかったの、二男と、その彼女が行ってるの、ブライダル・フェアの会場にと。
要は、新郎、新婦のための、貸衣装を実際に着付けるの場かと。

そこに、居たはったの、多分なら、新婦になるべくの、娘の母親かと思しきの、パっと見、派手造り、若造りのご婦人が、目立ってましてと。
イヤ、髪の毛は、一寸、茶に染めて、パーマを掛けて。ピンク系のワンピースを着たはってと。
コレで、真正美人なら、オーラが出てるですが。オーラは出てえへんわの、単に目立ってるだけかと。イヤ、美形は美形やでの、立ち居振る舞いが、一寸ナの、気取ったはりまして。
実際には、気さくな人かも、分からんけれどの、所謂の、万人が苦手なタイプなんやと。

そして、娘さんが、舞台とするのか、鏡の場所に出て来たら、何を云うてるのか、したはるのかの、仔細は分からねどの、担当女性と、当人に、あやこやと。
娘の着た、ドレスを、角度を変えて見たり、引っ張ったりと。ン、ンと、頷いたりと。
イヤイヤ、そんなに遠くでも無いけれどの、場内、静かでもあらへんし。聞き耳をば、立てても居てへんしで、ジッとも、見てへんしで、何をしたはるかも、云うてるかも知らんの、他は、新郎と思しきのと、我が一団での、精々が、写真を撮ってる程度やしと。
矢っ張り、目立つんやと。

イヤイヤ、でででの、母娘は、ソックリさんでして。正直、娘さんの、ドレス姿も、そんなにはナと。顔と、ドレスが合おてえへんは、ド素人の私にでも、分かるわの、分かる以前の、好みの問題なれどのと。
加えての、合致してへんだけで、娘さんは、不美人では無いです。美形の部類かと。

そんな次第の、娘さんのお披露目は終了の、舞台裏から、出て来やはったら、へえと。
何を隠そおの、隠す事は無いの、美形の部類処か、美形でねえ。美形とするよりは、可愛らしい顔立ちの娘(こ)でねえ。何でやなと。
あの、ドレス姿での、見劣りはと。
ハッキリとは、ドレスと、私服で、化粧が合致してへんかったかと。化粧が、ドレスの白の色調の、清楚な感とは、多少の異質であった故かと。
とは、クレグレもの、超の外野席、暇人の感想なれどと。
(10/07/28)


NO.25 余談・姪と、その息子の話(8) リプトンでの話

10分やろか。
20分待ったやろかで、看護師さんから、柴田さんと、呼ばれまして。
オッとの、眼科医の診察室ソバの待合室での話やでと。

ハイと、返事で、中に入れば、中年の看護師さんが居てまして。
イヤ、待合室から、中の様子の、概要は見えてまして。眼の検査をしたはるです。方々に検査装置があっての、各々が、何の検査かは、知らんですが。
私の場合は、ここに座れと、座って、覗けの先には、気球がで。シュッと、空気を噴射されての、眼圧検査かと。左右が終わって、ハイ、宜しいで、別の椅子に座らせられたの先には、視力検査の装置かと。

片目ずつ、「C」のどちらが開いてるかで、上、下、右に、左と、返答の、次第に区別が付かんよになっての、今度は、本を読めと。へえと。本を読むの検査は初めてでして。
イヤ、この程度に離して、看護師さんが指した一行を読むですが。ども、短歌みたいでねえ。

読めへんとなれば、レンズを持ち出されて、コレでどか。コレではどかと。更に、コレと、コレでは、どっちが、見え易いかと、問われてもねえ。余りに微妙では、返答に窮するわと。
されどの、どちらかと、答えんならんしと。ならん事は無いけれどの、分からんも判断の一つやしで、何等かの、返答をしんならんわと。

での、看護師さん、私に問うに、眼鏡は持ったはりますかと。
ローガン鏡なら、持ってるですが、実質、使てえへんしで、持ってませんと、返答の、イヤ、質問の意図が分からんしと。
ホナラの、新聞を読む時には、どしたはりますかと。どもしてませんですがと。イヤ、事実やしと。

で、オシマイで、アッチの長椅子で待ってくれと。
あっちとは、アレですかと、ども、その一角、仕切られた内側に、先生が居られるかと。
既に、先客とするのか、患者さんが居たはりまして。長椅子では無く、個別の椅子に座ったはりまして。そこから、順々に、診察になるのかと。

での、ででの、ソラ、そやでと。
貧乏、金持ちは関係無いとは云うもののや。
娘さんにとって、息子にとってでも、母親が、父親でもが、年齢よりも、数段の若々しくて、美人で、男前で、服装のセンスも良くて、一見して、セレブ風なら、自慢やろなあと。
本物のセレブなら、尚、鼻が高いかと。

そやけどナの、こっちにしたら、お付き合いがと。
お付き合いも、親同士が早々には、無いけれどや。
反対に、極端なるの話の、ルンペンみたいに、ヨレヨレ、悪臭プンプンの、余りに見窄(みすぼ)らしいも困るですが。この辺りのバランスが難しいかと。
イヤイヤ、要は、華美にならず、見窄らしくもなくの、中庸がと。個々人の基準もあるけれどの、ソラ、性格的、ズボラな人もあれば、見栄っ張りも居てまして。

ホンマやでと。
私なんかは、ズボラやしと。
ほっといたら、何を着て行くか、履くか、持って行くかと。嫁はんに、コンコンと説教されまして。モ一寸、髭を剃ったらと。小物入れは、この程度のをと。
云う程には、小物入れも、3っつしか無いけれどや。マサカの、御挨拶、結納の儀に、ポシェットを持って行くの非常識人でも無いですがと。
当然にして、ブランド物に非ずの、ン千円程度の適当やと。
入れるも、何がの、ハンカチ、ポケット・ティシュ、タバコ、使い捨てライター、携帯灰皿、喉飴に、小銭入れかと。

オッとの、そんな話は結構の、その奥様、お母様が如くの、娘の向こうを張ったの、格好にて、御挨拶に、結納の儀で、そんな格好で、出て来られてみい。
退くゾと。
別段に、お母様と息子が結婚するでは無いけれどと。
そんな意味からも、息子共の相方の、ご両親なるは、普通で良かったなあと、つくづく、思うわナと。

オッとの、とととの、そんな話も結構の、嫁はんに抱かれて、寝てしもてたの、姪の息子も、起きまして。
ブライダル・フェアでの用事も済んだみたいで、ホナラの行こかで、折角ならと、冷たいモノでも飲みにと。大人は、担当女性から、ホット・コーヒーを戴いたですが。
小さいのには、あらへんしと。
イヤ、高島屋では、クーラーが効いてるとは云え、真夏やしと。

での、ででの、高島屋の横手のコイン・ロッカーで、姪の買い物を出しまして。どこへ行こかで、三条の、「リプトン」にと。
新京極、寺町通りでは、人が多過ぎるし、小さいのでは可哀想やしと、手前の細い道、裏寺町通りをと。映画館の、「MOVIX」の辺りから、新京極通りに出て、「リプトン」にと。

イヤイヤ、大入り満員。
では、あるけれどの、待ってるのが一組だけやし、待ってるかと。他に適当なるの、喫茶店もあらへんし、ここなら、例年、正月には来てたんやと。
年に一度、「MOVIX」の正月映画を家族で、見ににで、時間待ちで、「リプトン」に入ったり、年に一度のパチンコをしたりと。孫娘が産まれるまではで、産まれてからは、ご無沙汰なれどと。
5名にプラスの、1名ですと、プラスの、1名は小さな子どもやと、担当者に伝えまして。

伝えて、スグにも、空きましたと。
行けば、サービス満点の、子ども用の椅子と、5名分の椅子が準備されててねえ。
イヤ、見たら、分かるとは云えどの、悪いけれどの、「いづもや」では、請求しな出て来いひんかったしと。
ウェイトレスさんも、ウェイターさんも、何かと、子どもに相手になってくれてねえ。若い面々やのに、良く気が付くなあと。

そんな次第の、個々人が適当に注文の、ハタと、気が付けばの、小さいのは、余程に喉が渇いたかの、出された、水を飲み干して。
ソラ、アレ以来、アレとは、「いづもや」で、お子様弁当を喰てからは、飲まず、喰わずで、寝ての、起きたら、歩いて、「リプトン」での、既に、4時間が経過かと。無理も無いなあと。

イヤイヤ、でででの、そんな次第での、姪がケータイで婿に確認したら、披露宴も終わったみたいでねえ。
そこからなら、「京都ホテルオークラ」までは、歩いて、5分程度かと。よって、「リプトン」にしたですがと。
ホテルの、喫茶部は高いしと。

オッとの、ホテルの、冷たいのが、幾らか知らんけれどや。
これから、姪の運転にて、四国に帰るですて。
結婚披露宴に参加組は、アルコールを痛飲してるしと。ご苦労さんと。
(10/07/29)


NO.26 オヤジさんとの話(16) 信教の話

そんな次第の、斯くなるでの、眼科医院での話。
イヨイヨの、先生に診て戴けるの順番待ちで、先客、患者さんが、呼ばれて、仕切りをされた一隅の中へと。
同じく、私も、座るの場所を移動せよと、看護師さんの指示で、動きまして。座れば、斜め前の、一隅の中には、こっち向きに先生が居られ、あっち向きに、先程の患者さんがと。
丸見え、丸聞こえ状態やと。
見えて、聞かれて、隠すよな、恥ずかしいの症状、病状とは違うですがと。
ソ云うたら、耳鼻咽喉科、歯医者では、こんな感じのが多いかと。
モ一発、ソ云うたら、最近、ここ数年は、歯医者には、ご無沙汰の、行ってえへんなあの、ええ事やけどと。
イヤ、ン年前の前回では、歯周病と云われて、何回か、通たですが。

イヤイヤ、結構、若い先生やなあと。精々が30代かと。
我が一家がこっちに引っ越した頃には、存在の眼科医院やったですが。その当時の先生か、世代が替わってるのか、応援のかも、分からんですが。
何分の、初めての来院にての、状況を全然の知らんです。

での、スグにも、先生に呼ばれて、再びの、顎を台に乗せて、額をくっつけてと。真正面の、飛行船を見てくださいと、眼を、フと、吹き付けられて。思わず、眼をパチクリのと。
先客、患者も、同じよな事をされたはったですが。まさかの同じの症状でもあるまいにと。

での、ででの、先生問うに、どんな具合なんですかと。
ハイ、今月に入ってからですが、最初、眼に膜が張りまして。ヒツコイ膜でしての、瞼を閉じたり、眼を動かしても取れず。洗眼して、一寸、取れまして。
更に、頑張っての、洗眼をしたり、眼を動かす事で、取れまして。
ソレとの関係は分かりませんですが、以降、眼の奥が、ゴロゴロと、違和感がと。
ソレも、解消の、瞼の周辺に赤い斑点が出来ての、痒くなりまして。
その頃からか、眼の奥が凝ったみたいな、感覚がありまして。

よって、市販の目薬を買いまして。点眼してましたら、眼の奥のゴロゴロ感、瞼の赤い斑点は解消の、眼の奥の凝ったみたいな、違和感、感覚だけが取れずと。
訴えたならばの、眼を上に、下に、右、左にと。
云われるがママに動かしたならば、ハイ、結構ですの、一寸、見てくださいと、写真を見せられて。
オッとの、瞬時の間に間に、写真を撮られたかと。へえと。

での、ででの、若先生仰るに、コレでは無いかと。コレねえの、見たら、睫(まつげ)が、眼に触ってましての、コレが、神経を刺激しての違和感ではと。
聞いて、ホンマかいナの、逆睫(さかまつげ)が原因ですかと、問おたならばの、ハイと。
イヤイヤ、私め、逆睫には、良く成ってるの、痛あて、痛あての、手で、指で、直す事、度々なれどの、逆睫なら、自分で、分かるわなあと。そこまで、鈍感とは違うしと。
とまでは、失礼故に、口にはせずの、神妙に拝聴の、ホナラの、若先生仰るに、取りますので、一寸、眼を左にで、瞬時に、ハイ、結構ですの、兎に角、素早いなあと。

での、でででの、ソレ以外には、何もありませんが、確認のため、眼底を見て見ますねえと。
何をされるかと、思いきやの、場所を替えの、更に奥手の暗い場所の椅子に座らせられて、若先生が、ランプを手に、ハイ、上、下、右の、左にと、眼を動かしての、ハイ、結構ですの、何にもありませんですと。へえと。
何も無ければ、有り難いけれどの、ホンマに、ホンマに、逆睫かなあと。
されどの、若先生が、ソ仰るからには、信じるしか無いの、とりあえずは、トンでもの、疾患は無いのやナと。

での、若先生、曰くの、デハ、目薬を出しておきますが、右目に一滴で結構です。違和感が無ければ、点眼せずとも、結構ですよと。
要は、何にも無いの、健康なるの眼やしで、目薬も要らんのやけど、一応は、出しておくの程度かと。
イヤ、嬉しいは、嬉しいけれどの、以て、治るの気がしいひんのやわと。ハッキリとは、原因は、逆睫では無い筈と。写真では、逆睫は逆睫であれどの、そんなに、大した、逆睫とは違うわと。
触るか、触ってえへんかの、微妙なる状態やでと。
イヤイヤ、余計な話は一切の、事実、原因がソかも、分からんしと。

での、話はコロリの、四国の姪は無事に帰ったですが。
その日は、7月18日の、日曜日でして。
何が云いたいかの、四国の、高松道は、社会実験にて、無料と違うですて。但しの、ETC付きがため、瀬戸大橋は、千円で通行出来るですて。良かったなあと。
無事に帰還出来てと。

での、ででの、二男の彼女が返答するに、実家の信教なるは、広くの、仏教ですて。良かったなあと。
多分なら、真宗ですて。
オッとの、ええ加減なるの話みたいなれどの、若いのは、そんなモンやと。真宗さえ、知らんのが居てるわと。むしろの圧倒的多数が知らんやろ。
での、真宗となればの、広い意味では当家と一緒の、東<大谷>か、西<大谷>かとなるですがと。どっちにしても、真宗ならばの、安心やと。

ホンマやでの、コレが、何とか教での、世に云うの、カルト教団やったりしててみい。ゲとなるゾの、カルトで無くの、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、モルモン教に、ユダヤ教、ロシア教でも、困るわの、マズは、仏教でと。
イヤ、何教であっても、当家の宗教、宗派に合わせてくれたら、結構やと。
要は、当家以外の、どこの、何の、宗教、宗派であれどの、ガチガチではどしょかとなるですが、柔軟性があって、婿側に合わせてくれたら、万事丸く収まるわと。

ソラナア、或る意味、何宗、何教であっても、信仰心はあって欲しいわの、重要なる事やしで。但しの、程度問題やと。
例えばの、真宗大谷派<東本願寺>であれば、結構でも、コレ又、細々の振り回されるよなのも、一寸なあと。

イヤイヤ、私め、基準が分からんの、墓参の、月参りは、夫婦では実行の、習慣化してるですが、息子共には、強要してへんわと。
イヤ、本音でなら、せめてもの、2ヶ月に一回とか、何ならの、3ヶ月に一回でも、習慣化して欲しいとは、思てるですが。
アイツ等には、アイツ等の、時間の都合もあるやろしと。
モっと、云うたら、お盆の読経もお寺さんに頼んで、松原通りの光圓寺さんには、亀岡に足を運んで戴いてるですが。息子共が同居の時代も、どしても、立ち会えとは、強要せず。

ソレで良いのか、どかは、分からんわの、しかるべくの、仏壇を引き継いだ際には、お盆の事は引き継いで欲しいとは、思うの、月参りまでは、地理的な関係もあっての、出来ればの範囲かと。
大体が、月参りは、我れ乍らに、良くゾやってるなあと、自画自賛とするのか、呆れてるわと。
オッとの、そんな話は結構の、二男の彼女も、仏教故に、真宗故に、ホと安堵したですがと。
(10/07/30)


NO.27 オヤジさんとの話(17) 脱線の話

真夏の、奇っ怪なる話の、東京都では屈指の高齢者、男性では一番のが居てる筈の一家にて。
形の上、数字だけの、計算上なら、111歳にも成るの爺さんが、自宅で死亡してるのが、見つかったですて。推定では、亡くなって、30年が経ってるですて。
ホナラの、81歳で他界での、へえと、感心する以前の、気色の悪いの、真夏の怪談話かと。

での、報道によれば、部屋からは、昭和53年の新聞が見つかったですて。さもありなんの、当世、平成の御代での、22年やしナと。
即身成仏(そくしんじょうぶつ)するとの事で、部屋に閉じ籠もったですて。以降、水、食料は受け付けずで、フウンと。
当人、爺さんは、長女(81歳)夫婦と同居で、同じく、同居の、孫娘(53歳)が、しかるべくの筋、警察に届けに来たですて。フウンと。

問題は、爺さんの奥様<元教員>が、2004年に死亡で、共済組合の遺族年金月額16万円が、夫である爺さんに支給されてたですて。成る程のと。
ソラ、爺さんが記録的生存なら、爺さんの年金も、共済年金の高額遺族年金も、入るわなあと。
イヤ、更に同居の、孫(49歳)も居てましての、都合の、5人家族でしてと。

イヤイヤ、余所様の内々の話は、第三者では、分からんの、年金の件は、結果論としても、爺さんが厳しく、怖い存在でも、30年も放置は、どかしてるの、同居家族の構成からしても、失礼乍らの、異様での、精神を病んでるかと。
ソラナア、孫娘が、53歳で、孫が、49歳で、独身かと。
世に伝わるの怪談話よりも、実話の方が余程に怖いの、ではあっても、下手したら、どこにでも、そこらにでも、起こり得るの話やでと。

只ナで、仮に、年金欲しさにしたって、同じ屋根の下に、30年も放置を致すかと。
信じられんわの、妖怪屋敷やわと。
そもそもが、私から、云わせて戴ければの、冷たい家族やナと。同居してるだけでも、マシとも云えるですが。部屋を30年も、掃除もしんとからにの、放置やしと。

での、云うたら、我が家にしたって、母の諸般諸々の手続きなるは、代行にて、私がしてるわと。
さりとての、外には出てるの、しかるべくの、ディー・サービスであったり、ショート・スティにと。体調悪くの欠席、欠勤では無いの、不参加とするのか、休む場合には、一報をば、入れましてと。
イヤイヤ、変な話の、しかるべくの、施設でサービス受けるに、或る程度の健康体で無ければ受けられへんの、さもなくばの、病院行きか、自宅での、様子見やでと。
月に一度は三者面談と称しての、ケアー・マネージャーさんが、ご来訪にて、種々諸々の希望であるとか、何やとかの、連絡会がありましてと。
母の存在ならば、世間が承知してるわの、年金にしたってなあと。諸般で、足が出てるわと。
オッとの、80代なれどと。

オッとの、とととで、そもそもがの、「即身成仏」とは、何ぞやと。
俗世間の真っ直中の、自宅でするモノとは違うの、ハタ迷惑での、ハタも、家族なれどの、年金に影響ともなればの、公金横領にもなりましての、しかるべくの、元々が修行を積んだ者が、世俗から離れての、更なるの、修行、苦行を積みましてと。
或る意味、死と相対峙の覚悟を以ての話での、「即身仏(そくしんぶつ)」とは、違うんやでと。覚えときやと。

どっちにしたって、此度の事件なるは、事件であっての、至って、俗世間の裏側の、失礼乍らの、再度申すの、精神を病んでるの諸行かと。大体が、当世、「即身仏」なる修行は許可がされへんわと。させたら、関係者は、自殺幇助(ほうじょ)になるのかナと。
での、そんな次第の、宗教観は重要なれどの、持ち様(よう)かと。凝り固まったりは、カルトになるわと。

ホンマやでの、孫娘に、孫に、孫は、マダ、何にも分からんけれどの、9ヶ月やしと。
仏壇に向かいの、マンマンチャン、アンの世界で充分かと。月参りも、ドライブがてらの、遠出気分やしと。一寸、過剰気味とは、承知の上の、誰様にも、迷惑は掛けてえへんわと。

お盆で、坊様に読経をして戴くは、当家の習慣での、私め、習慣を守ってるだけでしてと。世間での、常識でもありまして。別段にの、特別に異常でもあらへんの、むしろの、お盆に読経無し、墓参もせずで、済ませるの方が横行の、そっちが、異常と違うのかと。
そもそもが、読経をして戴くなんか、カルト一家では、しやへんやろと。坊様であれ、他人様を家になんかに、入れへん、上げへんやろと。
オッとの、仏壇があらへんのと、違うかと。

イヤイヤ、或る意味、自分のためなれどの、主たるは、ご先祖様には、アンタの子孫であるの、我々、当世の、一家眷族を守護、加護されたしと、願う故やと。

他に何にもあらへんわの、オッとの、出来たら、我が、頻尿を助けて頂戴と。
されどの、耳鳴りも一向に治らへんし、眼の違和感は、極最近での、ご先祖様には、報告してへんけれどの、聞いてくれてるのか、一寸、心配の、余所見してたら、アカンでと。

イヤイヤ、何を隠そおの、過日、「SSOK」に行くの際の、長男一家が、来てくれたですが。
(「親父として、爺としての話NO.3」NO.22NO.23閑話休題・SSOKの話参照)

その、来しなの道中<7月24日>、中国道の、西宮山口辺りで、走ってる直前、前方の車、トラックが多重衝突したですて。
正しくの、前を走行のが、突然に停止やしで、急ブレーキでの、危うくの、モ一寸の1メートル手前で停められたですが、さもなくばの、激突、衝突する処やったですて。
へえの、ぶつからんで、良かったなあと。

イヤ、何とはなく、前方が怪しい状態での、前のトラックは、ハザード・ランプはつけてえへんかったですが、長男は、異様な雰囲気をば、感じ取りの、ハザード・ランプをつけてたが故に、後続車も警戒していたらしく。
急ブレーキで、今度は、自分の車に衝突されずに、済んだらしく。

斯くなる次第の、斯くなるでの、一つ、一歩、一秒、二秒、間違えばの、スピードを出してたらの、笑い話、世間話、嗚呼、怖かったでの、暴露話で済まずに、病院行きでの、長男からしたらの、嫁、娘に、息子を乗せて、大惨事では、こっちも、生きた心地はしやへんわと。
しやへん処か、地獄やわと。
イヤイヤ、万事は、紙一重の、戸板一枚、既(すんで)の差やわと。
この差が大きいわと。

ホンマに、ホンマやでと。
既の差での、一番は、何事も無くで、あっても、物損で済めばと。嗚呼、怖かったで済むしで、カラダに何かあったら大事(おおごと)での、ましてやの、余所様に傷でもつけたら、エライ事やと。
コレ又、傷で済めばで、人命にでも、関わってみい、冗談、絵空事では済まへんわと。

この事を、私め、神仏に願うのやと。ご先祖様に頼んでるのやと。
加護せよ、守護せよ、大難(たいなん)を、小難にと。
更には、余所様から、後ろ指差されるよな事はすなよと。陰口もと、云われるよなはと。

ソラマア、出来たら、宝くじにも当たって、ウハウハの人生を送りたいけれどの、残念無念の、ここに至るまでには、当たった事が無いなあと。
イヤイヤ、皆無では無いけれどの、最高額でなら、一度だけ、1万円弱の経験はあっての、「ロト6」やったしと。
反対には、余計な話の、当たらんでもええよな、あみだ籤には当たったりと。
トカトカの、脱線してしもてと。
(10/07/31)


NO.28 オヤジさんとの話(18) 信教の自由の話

での、有り難う御座いますと、若先生に御礼方々、診察室からお暇しまして。
精算で、目薬を戴き、2千と430円也。
当たり前に、目薬を買うよりは、高いけれどの、要は、重大なる欠陥は無いと、分かったが成果かと。
オッとの、検眼の結果はどやったかを、聞き忘れてるなあと。
コレ又、大変なるの、ド遠視でも、近眼でも、乱視でもなければで、自分の感触的には、左右で差は無かったなあと。
だけでも分かれば、結構かと。

での、以来、戴いた目薬<二フラン点眼液0.1%>を適宜、点眼してるですが、眼の奥の凝ったみたいな感覚は、どなんかなあと。
イヤ、一寸はマシになってるのか、相も変わらずかが、よ分からんわと。
分からんとは、そんな違和感は、現在唯今でも、残存してるですが、若先生に診て戴き、眼の疾患が無いと分かれば、安心感がありまして。

そんな次第の、先日には、「亀岡シミズ病院」に頻尿の薬を戴きにの、こっちは、老先生での、「アボルブカプセル」<エラー頻発のためリンク解除・11/05/30>は、9月からとされてるし、診察までは要らんやろと。
イヤ、診察するとは、仰ってえへんしで、老先生の日では無いの日に、行ったです。

ソレでも、小1時間待たされ、処方箋を戴けば、「アボルブカプセル」が入っててねえ。
しかも、前回は、「ハルナールD錠」<エラー頻発のためリンク解除・11/05/30>だけを、4週間分が、「アボルブカプセル」が加わったがため、2週間と相成ってて、へえと。
何が、へえかとなればの、一つには、薬代が倍額になるです。二つには、2週間後に、又、来(こ)んならんかと。
三つめには、カルテには、どんな具合に記載して戴いてるのかと。そもそもが、カルテには、処方箋の経過も明記されてる筈と。

不満悶々(もんもん)の、とは云え、従わざるを得えへんし、処方箋を持って、調剤薬局にと。
での、何故か、母の処方箋の場合は、男性薬剤師で、私の時には、中年の、女性薬剤師でねえ。
この歳ともならばの、気に成らんかとなれば、成るわと。

中年女性薬剤師曰くに、問うに、「どんな具合ですか。」と。
質問の意図が不明の、服用にて、不具合があるかの質問かと、解釈での、「快調です。」と。
返答したなら、女性薬剤師曰くに、問うに、「前回はアボルブが入ってませんでしたが、今回は入ってますねえ。診察で、何かありましたか。」
と、質問されてもねえ、返答のしよがの、正直に、「いいえ、何もありません。」
一つには、前回までと、今回では、先生が違いまして。二つめには、今回は、薬のみの請求でして、診察して戴いてません。三つめには、前回には、副作用等々、何も無いと返答してましてと。

「何も無いのに、何でですかねえ。」
何でて、こっちが聞きたいけれどの、一つには、前回までの、老先生は、もしかしたら、経済的なる事を考慮されたかと。二つめには、9月から云々の件をカルテに記載して戴いて無い可能性がと。
三つめには、9月からの根拠は、アボルブカプセルの解禁から、そんなに遠く無い日から、継続服用を考えられたかと。
とは、一切の云わずに、診察して戴いた方が良かったですかねえ。次回は、2週間後になりますので、何か分かるかも分かりませんねえと。
としか、返答が出来ひんわと。

ソラ、金銭的なるの問題も口にはしたかったけれどや。薬剤師に云うたってナと。
とは云え、投薬履歴を見た上での、調剤とは、分かったですが。それもあるし、明細書を見れば、調剤薬局では、「薬剤服用歴管理指導料」なるのが、加算されてまして。
指導もしんとアカンのかと。
マア、機会があったら、二男の彼女にでも、聞いてみたろかと。

にしても、果たしての、この手の疾患なるは、延々に薬を服用せぬ事には、排尿がし難いのか、マシになれば、例えばの、日に1錠を、2日に1錠にする等の、服用を減らしてもええのかナと。
コレ又、老先生にでも、別の先生にでも、聞いてみよかと。
さもなくばの、手術をしん事には、収まらんわと。
ホンマやでと。
一生、薬を服用には、耐えられへんわと。安い薬でもあらへんの、2週間分で、1900円也と成りての、1ヶ月なら、3千と8百円になるんやでと。
一生は、続けてられへんわと。

イヤイヤ、冗談では無いの、その内には、「亀岡シミズ病院」に、自分が運転にて、車では行けんよになったりしたら、どするやと。歩いては、無理でしてと。
母のは、私が代行で、戴きに行ってるけれどの、私のを、誰が取りにと。
よって、延々の、生存してる限りは服用の薬は厭なんやと。誰もが、好き好んで、飲んだあらへんけれどと。

斯くなる次第の、そんな次第での、信教の自由は、日本国憲法20条にて、にて、保障されてるですが。
承知の上での、極近いの親族に対するの、宗教観なるは、適当で結構の、ガチガチでは困るんやと。
ガチガチで、アンタなあと、宗旨替えしてくれへんかと、頼んで、ハイ、承知せずの、それこその、憲法を持ち出されてみいと。どするやと。裁判沙汰にしたって、裁判官から、アンタなあと、こっちが負けるは明々白々での、ゾとするわと。

私め、コレが最大の課題と、考えてるです。
信教の問題は、流血にも直結してるの、信教さえ一致の上で、日本国の女性は何故か、教会での挙式で、バージン・ロードに憧れるですが。
私めは、ガチガチでは無いしで、許容範囲内。
断固、神社で、神式でとは、固執はしやへんわと。

オッとの、そんな意味ならばの、挙式は、「平安神宮」でやるですて。へえの、熱烈歓迎の、親族の、誰のでも結構の、一遍、平安神宮でやって欲しかったわと。
そして、披露宴は、「京都都ホテル<ウェスティン都ホテル京都>」ですて。

イヤイヤ、「平安神宮」には、何度か参拝で、入ってるけれどの、結婚式も余所様のは、見てるですがと。
「都ホテル」なら、長男もソやったし、又、入れるかと。
(10/08/01)


NO.29 オヤジさんとの話(19) 神棚の話

斯くなる次第の、そんな次第での、過日、7月29日に、市川海老蔵(32歳)と、小林麻央(28歳)の、御宝前(仏前)結婚式がと。
市川家所縁(ゆかり)の、成田山新勝寺の本尊不動明王の出開帳(でがいちょう)<不動明王の分身を入魂>で、挙行されたですて。
所謂の仏式での結婚式は余り聞かへんですが。
イヤ、あるは承知の、参加した事は無いなあと。
要は、親戚縁者、友人、知人等々の結婚式には、相当数、参加させて戴いてるですが、一度も無いです。

での、二男のは、マダマダ、先の話なれどの、神式での結婚式なるは、何年ブリになるのかと。
そんな意味ならばの、教会<チャペル>方式なら、親族以外の友人でも、何でも、誰もが、参加、参列、見学が出来るですが。
親族として、参列の教会式で、直近なら、滋賀の姪のが、昨年の、5月の5日でして。それこその、その前には、四国の姪で、更なる前が、長男がと。
その更なる以前となればの、我が従兄弟で、軽くの10年以上は経ってるわと。

での、神式となれば、挙式に参列が許されるは、親族だけやしナと。
つまりは、親族で、神式での挙式が何年ブリかとなればの、それこその、もしかしての、30年は経つかと。母方の従兄弟の結婚式であったかと。
新婦側での参加で、場所が彦根でありましての、京都から、親族一同、車で馳せ参じたです。我が愛車、当時は、グランド・ファミリアであったかので、母と、その兄、伯父を乗せたかと。
記憶では、従兄弟としては、私だけが参列したですが。

斯程に、当世、教会での挙式が主流になっての、神式が珍しくなってまして。二男から、式は、「平安神宮」でと、披露宴は、「都ホテル」と、聞いて、へえと。
何故、神式にしたか等々の、野暮な事は聞いてえへんわと。
基本原則、二人で決めた事でしてと。
オッとの、単純には、パッケージとして、その組み合わせで、あったらしく。

での、何かのおりにでも、タマタマの、「平安神宮」に行って、更なる、タマタマにでも、花嫁さんを見てるです。
見たら、得した気分になれるです。
「平安神宮」に限らず、「八坂神社」でも、見掛けるですが。矢っ張り、得した気分になれるナと。
そんな事なら、教会での式が多い割りには、タマタマでも、見掛ける事が無いなあと。一つには、式場の中の教会、チャペルで執り行われる事が多いからかと。
オッとの、コレ又、神式も、式場の中の、祭壇で執り行われる事が多いけれどの、考えてみたら、キリスト教信者でもあらへんしで、教会のソバを散策はしませんが。
神社なら、ソバを通れば、中を覗いたりは致しまして。

での、ででの、長男の嫁も、二男の彼女も、適度の信仰心がありまして。
ここで、彼女、彼女としてるは、結婚式がマダもあるけれどの、入籍もマダでしてと。よって、法的には、彼女やと。
そんな事は結構の、マア、云うたら、ガチガチでは無く、無視でも無くの、頃合いの良い程度で、標準的かと。
イヤ、ホンマやでの、ガチガチは困るですが、無視も困るわと。何でもが、中庸の、標準的で宜しいわと。

過日、6月の20日、結納の儀を終えてから、「伊勢神宮内宮」を参拝したですが。
その際、彼女曰くに、御札をと。
聞いて、へえの、ええ事やでと。
簡単なモノで結構の、しかるべくの、神棚をと。
板一枚でも、結構の、原則、南向きにと。

イヤ、我が家でも、板一枚なれどの、神棚を設(しつら)えてまして。板一枚の神棚であれどの、神棚の場所は頭上でありの、真正面には、「天照大神」<伊勢神宮の御札>をと。
オッとの、とととの、そんな意味ならばの、本家本元の御札を求めるはええ事やと。
向かって、右手には、土地の氏神様の御札で、左手には、尊崇神社の御札をと。
特段の、尊崇神社が無ければ、要らんしと。
での、有効期限との表現は適切か否かは、別としての、1年やと。原則、初詣の際、新しいのを、授かりの、旧のは、お納めするが、通例でと。

当然にしての、神棚を設えて、御札を、備えるだけではの、お世話とするのか、お守りをしんならんゾと。
榊(さかき)を左右に一対、毎日、水を新しくと。交換をと。

等々、コレ又、諸般諸々の細かく云い出したら、切りが無いしで、出来る範囲で結構の、宜しくお守りをの、簡単な神棚なら、我が家にあるしで、来た時にでも、見聞をと。
先の通りの、難しい事はしてへんわの、板一枚やと。御札を備えるの台もあらへんの、本当に、適当やと。
されどの、しかるべくと。
イヤイヤ、御札の台はあった方がええのかなあと。
とは、思てるですが。その内にはと、思いツツの、そのままかと。適当なんやと。

での、ででの、後日、我が家に来た際、見ときやと。
こんな具合にしてるしと。見るが一番に早いしと。
イヤイヤ、でででの、斯くなるでの、彼女は、出生(でしょう)が、伊勢故に、この手の概念を持ってるのかと。
イヤ、結構やと。
(10/08/02)


NO.30 オヤジさんとの話(20) 引っ越しの話

イヤイヤ、連日、暑いなあと。
されどの、メリハリのあるは、結構やと。夏は夏らしく、冬は冬らしくと。
にしても、連日、糞暑いなあと。
での、この、糞暑いの過日、二男は、新居とするのか、長岡京のマンションに引っ越したです。

イヤ、実際には、それまで、行ったり、来たりの、荷物は、マダあっての、その過日<8月1日>には、引っ越し屋のトラックで、テレビと、本棚。小物諸々の、段ボール箱を何個かを積み込みまして。
結果、事実上、その過日が、引っ越したの日になるのかナと。
されどの、残余の荷物は、マダあってねえ。何回かは、取りに来なアカンですが。そんな意味ならばの、長岡京なら、車で、30分程度やろかで、近いし、何とでもなるですが。

こっちは、駅の駐輪場の解約であるとか、駐車場のと。
結果、イヨイヨの、8月からは、車を置く場所がで、来ても、家の前になるですがと。マアナア、構わへんかと。誰とは云わんのバカも、正体判明してるし、どちみちの、泊まる事も無くなるかと。

自転車は、持って行かへんとかで。
ホナラの遠慮はせず、貰(もろ)とこかと。今のは、長男が学生時代のボロでして。サビサビの、錆だらけの、走れば、ギイギイ、唸ってまして。イツ、壊れるか、分解、解体されてしまうかと、気が気や無いしと。

彼女の方は、山科のマンションに住んでたですが。
契約等々の問題にて、ソラ、延々と借りてたら、家賃代が勿体ないわで、過日、引き渡しにて、部屋を引き払いの、最早、入れへんしで、長岡京に移動とするのか、居てるか、我が家に来るしか無いですがと。
イヤ、遠慮せず、来たら宜しいわと。

ソラなあ、無縁の余所様とは違うんやと。所謂の、許嫁(いいなずけ)でありましてと。結納の儀も滞り無くの、名実共の、正式なるの、許嫁でありましてと。
にしても、当世、許嫁なる文言が通用するのか、生きてるのかと。
私一人が、ンと疑問に思たり、許嫁なるの文言を、想定したりと。当人同士は、どなんかなあと。

イヤイヤ、でででの、私からしたら、長男も、二男も羨ましいなあと。
イヤ、現住所以外に、実家があるんやでと。気楽に寄れるの、実家がと。
私には、実家は無いです。常に親と共にありまして。自分の居る場が、実家やわと。

オッとの、私にも、あるけれどの、ソレは嫁はんのやしで、私からしたらの、義理の実家やわと。
変な話、嫁はんの実家なるは、私とは、血の繋がりがあらへんしと。片やの、息子共には、ありまして。私一人が、血縁が無くの、他人やわと。
オッとの、息子共の、嫁、彼女にとっても、親族にはなるけれどの、立場的、血の繋がりは無くての、私と一緒かと。

ともなればの、先日の、四国の姪も、私とは、血の繋がりはあらへんけれどの、ソラ、産まれた時から承知の、イヤ、産まれる以前から、承知の、可愛く思てるけれどや。
コレ又、余計な話の、長男の嫁、二男、二男の彼女。そして、姪は、学齢は一緒なんやと。会えば、賑やかになるのかと。

イヤイヤ、お盆休みには、全員で、四国に里帰りが、恒例の行事になっててねえ。
時期が合えば、事前に紹介されたりと。
時期がと云うは、結婚式との関係やと。タマタマ、結婚式がアトなら、事前になるしで、そんな意味ならばの、長男の嫁以外は、事前に知ったとするのか、お披露目かと。

モっと、余計な話の、そんな意味ならばの、四国の姪、甥、我が息子共が相応の年齢に達してからは、年々とは、大袈裟でも無くの、年々、人数が増えましてと。
その相方が増え、孫世代が増えて、益々、賑やかにと。賑やかも、度を超してるかと。小さいのが、動き回るし、泣くしと。

兎に角、従兄弟同士でも、仲良くしてくれたら、結構やと。
ホンマやでと。
奇っ怪なるの、事件が勃発するは、世の中、祖父母、親子、兄弟、従兄弟等々の関係がさえ、疎遠になってるのが、一つの大きな原因であると、私は思てるですと。

イヤイヤ、での、そんな次第の、人数が多いと、行くにしても、日程がの、合う、合わんもあっての、母は、連れて行けへんしで、ショート・スティの予約も二ヶ月前から、取ってまして。
最近でこそ、納得の、以前は説得に大変やったんやでと。ショート・スティに行くのがやと。

での、二男の彼女には、結納の儀までは、会えるの機会も少なかったですが。
この処は、一寸、多くなって来てるかと。
ソラナア、息子共の嫁とならばの、赤の他人に非ずの、我が娘となるんやわと。出来た子は、孫になるしと。
双方、イツまでも、遠慮はしてられへんしで、遠慮を解消なるは、会う機会を増やすしかあらへんわと。
とは云え、同居でも無いしで、果たして、これから先、どんな事になるのやらと。

そんな次第での、何や、かやと、口実を設けて、設けんでも、来てくれたらなあと。まあ、一人では来いひんとは思うの、結局は、息子の意志次第やわと。
長男の方は、子どもが二人ともなればの、ソは簡単に来られへんやろし。
こっちも、早々には、行けへんしと。誰とは云わずの、そんな話をしたら、神戸の息子宅には、車で、一時間半、二時間の範囲ならばの、ショッチュウ行けると、云う人が居てるですが。

嫁はんと、二人だけなら、ホイと、行けても、母が居てたら、簡単には、行けへんわと。
日帰りなら、ディー・サービスの日にでもと。されどの、母の帰宅は、16時頃故、間に合うよにと。間に合わんなら、しかるべくの、先様、施設に鍵を開けて欲しいと、伝えとかんならんしと。
少なくともの、夕食の事もあっての、ソレまでには、帰宅しとかんならんしと。
ホンマやでの、どこぞの、若きカカ様が育児放棄の如くの、我が子どもを餓死させたりの、真似しての、母をほっとくは出来ひんわと。

オッとの、そんな次第の、斯くなる次第での、二男も一応は、我が家から引っ越しての、イヨイヨの、再びの、我が家も年寄り3人に相成るかと。
結果、昨年、5月に富山高岡から、こっちに戻って来て、一年と一寸、同居に成ったですが。
イヤ、当然にして、相方が居て、結婚してくれる事になりての、安堵してるわと。

ホンマやでの、イツまでも、独身で、居てられてみい。
親からしたらの、口で、ど云うかは、別としての、内心、心底、ゾとするわと。
ソレこその、あれこれ、贅沢抜かすなよと、説教でも、してる内が華の、次第、次第に云えんよになるわと。
オッとの、オヤジさんとの話で、オヤジさんから離れてしもてるですが、マア、ええかと。
(10/08/03)



inserted by FC2 system