シバケンの魔界列伝NO.1


魔界列伝NO.2

NO.20 キチガイにパソコン(3) 掲示板アラシ(2)

NO.19 キチガイにパソコン(2) 掲示板アラシ(1)

NO.18 キチガイにパソコン(1)

NO.17 我がサイトが更新サレズとは

NO.16 ホーム・ページの管理とは

NO.15 パソコンにも免許制導入

NO.14 無事故無違反を誇る奴(5) 応援演説

NO.13 無事故無違反を誇る奴(4) 我が付け足しの一言

NO.12 無事故無違反を誇る奴(3) 長ったらしい大魔神見解

NO.11 無事故無違反を誇る奴(2) 見解を問われる

NO.10 無事故無違反を誇る奴(1) 最初のメール

NO.9 或るネスケ信者の話(7) 円月殺法

NO.8 伏魔殿の魑魅魍魎

NO.7 或るネスケ信者の話(6) 全世界共通の一般常識

NO.6 或るネスケ信者の話(5) 群を抜く礼儀無視

NO.5 或るネスケ信者の話(4) 仰天メール

NO.4 或るネスケ信者の話(3) 供養塔送還

NO.3 或るネスケ信者の話(2) 閑話休題的メーラーの話

NO.2 或るネスケ信者の話(1) ハナシの発端

NO.1 一部のNEC信者諸君に告ぐ Windows3.1のハナシ


NO.1 一部のNEC信者諸君に告ぐ Windows3.1のハナシ

公式的にと云えば大袈裟ですが、Windows3.1が、イツ登場したかは知りません。
3.1と称するからには、その前に、3.0が有り、2.0も有ったのでしょうが、聞いたよおな、聞かんよおなで、有ったとしても、有名でナイから、評価は低かったのか。
がしかし、Windows3.1なるものを知っておられるなら、古くから、パソコンなる怪物と格闘された勇士です。
或いは、職場のパソコンが古いか、中古品を譲り受けられたのか。それ以外にも様々な事情はあるのでしょう。
Windows95は1995年、ビル・ゲイツ氏が仰天大騒ぎ企画で発売したのですが、3.1は、その土台となったものとしての存在意義高し。
私の場合は、懐かしき、MS−DOSの時代に我が愛機、98NOTE・NS/LにWindows3.1をインストールしたのです。当然ですが、会社にあったソフトを無断でコピーさせて戴いた。
イヤ、無断とは語弊がある。何処からともナク、3.1が彼処にあるでとの情報で、順番待ちで、借りたのや。
時期は、Windows95登場の前年であったのか。いずれにせよ、95の宣伝マエです。
我が愛機は白黒液晶で、HDDは80Mb。CPUなど20Mhzの代物で、メモリーも8Mb。
にも関わらず、Windows3.1がどんなものかを試したいばかりに、ワザワザ、250MbのHDDを買い求めた程に興味を抱いたのです。
そこまでして、インストールしたワリには、殆ど使わんかったので、3.1が如何様であったのか、説明はヨオしませんのです。
私だけではナイ。順番待ちした連中全員討ち死にした。
ならば、何故、使わんかったのか。私の場合なら、ナニブン、CPUが20Mhzでは、起動が遅過ぎてねえ。下手に起動させれば、十分は手持ちぶさたにされるがな。
当世の高性能パソコンなら、イヤ、お古いパソコンであろおとも、我が白黒液晶より多少なりとも高性能ならば、イライラせずにスムはずや。
実は、このWindows3.1が当世でも現役で稼働し、この関連のご質問も時折届くのですが、一般的でナイため、最近では、掲載してませんのです。
それはそれとして、Windows3.1に関し、奇妙なご意見を拝受したことがある。それも二度三度、もっと多かったやもしれません。
当初、無知なる私には、ナニを宣おてるのか、サッパリ、分からんかった。そこで、大魔神の解説に寄れば、Windows3.1がOSとの主張やて。
よって、イヤ、チガウでと、大魔神が幾度も説明するのに、それは可笑しいとの反論がひつこく繰り返されるのです。
彼方さんの、そもそもの思い込みの発端は、Windows3.1発売当時、プレ・インストール・マシンが存在したから、OSに間違いナシとの前提で、大魔神コーナーに掲載の記述は間違いであるからにして、即刻訂正セヨとするもの也。
私など、Windows3.1のプレ・インストール・マシンの存在さえ知りませんでしたが、無知なる私でさえ、OSでナイことくらい知ってるがな。
逆に云えば、そもそも、Windows3.1など最初っから、アプリケーションとしての認識しかナイのです。
DOS版時代の一太郎V5にしても、Windowsモドキの仕掛けをして、花子、三四郎に、流行りのマクロも登録出来て、壁紙、フォント等、環境設定から、ファイル操作からゲームまで出来るよおにしてましたのや。
登録出来た処で、起動出来るのはタダ一つのアプリケーションのみで、Windows3.1と大差なし。
それと比較するならば、オナジWindowsでも、95となれば、画期的なものでした。
幾つものアプリケーションを同時に開くことが出来るからです。もしかして、Windows3.1でも可能であったかも知れませんが、挑戦してナイので知りません。
ここで重要なことは、Windows3.1はMS−DOSのウエにインストールしたのです。私はV6.2のウエでした。そもそも、3.1を、イキナリ、インストールなど、出来ませんがな。
この知ったかぶりの青二才NEC信者が余りにヒツコイので、我が体験談をメールしてやり、収まったのです。収まったと云うより、あれだけひつこかったのに、応答ナシやがな。
云うたらナンですが、私は現在に至るまで、五台のNEC製マシンで、浮気セズ。
イマでも二台のNECマシンを使てますが、幾らナンでも、起動はWindows98。
白黒ノートを含めれば所有は三台ですが、こいつはウンともスンとも答えてくれず、ご臨終と相成り、物置台に鎮座。そのウチ、ご供養の予定です。
ここで、資金がたっぷり有れば、最新鋭機に買い換えたいのは山々ですが、時折、ご機嫌ヤヤ斜めにはなるけれど、ナンとか動いてるからには、お払い箱にする口実がナイだけ。
最新鋭機なら、ナニがヨイ。イマ、白紙です。
何故なら、我が同胞である一部のNEC信者には、理屈屋さんが多い。
理屈だけなら、そおか、そおかと頭を撫で、なだめるのさえ邪魔くさいけど、それでスム。
可笑しなことに、大魔神に質問をし、お告げを授かれば、皮肉で、反論で、返す馬鹿が存在するのです。
この手の無礼、非礼な輩の存在こそ、吐き気を催すぞ。
それ程に自説一席、確たる主張と自信が有るならば、最初っから、質問などするなよなあ。馬鹿たれめが。
しかるに、意見が違うからと、余所様の逆鱗に敢えて触れる真似したり、要らぬ手間暇掛けさせる魂胆が計り知れん。
どちらにせよ、嘆かわしくも、恥の上塗りだけは辞めてオケ。私の如き、イヤ、大多数の健全NEC愛用者の気分を害されるだけでも、ハタ迷惑千万也。
以上のことを、一部の非常識NEC信者諸君に告げてオク。
(01/05/26)


NO.2 或るネスケ信者の話(1) ハナシの発端

元々は、メールのヤリトリだけのことです。
お互いに面と向かい合い、直談判でもすれば、意見の喰い違いも解消されるやも知れん。
されど、メールのヤリトリが発端で、気分悪いヤツと、遠路遙々、呼び出して、或いは、馳せ参じてまで、決着つける程のことでもナシ。
面談も、先方様が妙齢の美女なら、別ですが、我が輩と同年輩か、それ以上の、ムサ苦しきオッサン捕まえて、初対面から、オイ、貴様、馬鹿たれめが。などと、罵倒すれば、失礼千万を飛び越して、血の雨が降る。イヤ、そんな言動に及んだ我が輩こそが、馬鹿たれめです。
かと云うて、心にもナイのに、ニコニコして、愛想笑いと相づちで、左様で御座いますか。成る程、成る程、ご無理ご尤もで、御座候。肌にも合わん、巧言令色的姿勢も示せませんから、余計に悶々とし、日に日に、イライラが募るだけ。
さてここで、メールのヤリトリのことなら、そのメールの全文を時系列にでも掲載してしまえば、ラチも明き、我が輩も至って楽チンです。
そのウエで、皆様、どお思いますかと、ご判断をお任せればヨイのですが、幾らナンでも、そこまでやるのは非常識で、やり過ぎで、ご当人様には、ダレのことか、スグにも判明し、要らぬ喧嘩を売ることになる。
よって、対象のご当人様が閲覧されたなら、もしかして、儂のことではないかいなと、その程度なら、よかろおと思う次第です。
実際、そのおカタに間違いナイかも知れませんが、この手のハナシは沢山有るし、クレグレも、我が輩はダレとは限定などしてませんからそのおつもりで。
そこまでの配慮をしたウエで掲載するからには、我が思う処を存分に披露する所存です。
そこでです、このハナシの発端は、約半年前にさかのぼるため、自ら云うのもナンですが、穏健なる我が輩にして、怒り心頭、未だ冷めやらぬ故、考えよおによっては、我が輩こそが相当にヒツコイのです。
さて、最初の質問など、何事もナシで、単に、二台のマシンに取り込んだ、ネット・スケープ(以下、ネスケと呼称する。)のメールを合成させるにはドオしたらヨイかです。
つまり、二台のマシンで、メールを適当に取り込んだ場合、双方を結合させる方法は存在するのかです。
実は、我が輩も、サイト運営上、個人メールと「大魔神コーナー」の質問メールは区分せねばならぬのと、突発的なマシン故障も想定し、二台のマシンでメールを取り込んでます。
しかも、ネスケとOutlookExpress(以下、Outlookと呼称する。)の両方ですから、いわば、四重に管理してることになる。そこまですることナイとは思い乍らも、それぞれに長所と欠点があるから、やむを得ず。
そのためには、サーバーにメールを保管させねばならぬし、その程度の設定なら、いずれのメーラーでも可能です。がしかし、そのまま放置したのでは、日数の経過と共に、取り込み時間が長くなるのと、サーバーの負荷も過大になるから、不要メールはOutlookの機能を生かし、一定期間以上経過のものと、メーラー上で削除したものはサーバーからも削除させるよおに設定してるのです。
特に、サイトを運営してますと、意味有りの誘惑メールと、ワケの分からんカジノ・ゲームとか、懸賞に金儲けに、ネズミ講式メールが多数送信されて来る。
加えて、サイト宣伝のため、一時など、あちこちのメルマガ(注1:参照)に投稿連発した惰性もあって、全部を解約するのもナンやから、一部のメルマガだけは購読してるから、これらを不要メールとして、削除してる。
がしかしです。ネスケとOutlookは喧嘩する。イヤ、Outlookと云うより、InternetExplorerとの相性甚だ悪く、やたら、いずれかが、凝り固まるのです。
この問題に対応するためには、幾度も、頭を打たれ、注意深く、監視のウエ、どの場合に固まり得るかを経験せねばならぬのです。
それでも、完全な対応は至難の技で、いつ何時でも、固まるのを覚悟してオクこと。固まっても、強制終了させ、再起動するだけのこととは云え、要らぬ手間暇やないですか。
云うたらナンですが、この質問者にそこまでのことを要求するのは無理難題で、その程度はオイオイ判明する。
それを防止するには、メーラーはOutlookに限定するのが望ましいのですが、大魔神も、危険承知で、ネスケにどのよおな機能があるのか調査のため、ナン時間も掛けて、ダウン・ロードし、機能を確認のウエで、回答したのです。
実は、大魔神にも誤解が有ったのです。ネスケとOutlookの機能を混同してしもて、片方のマシンのメール・ファイルをコピーし、インポート(取り込み)すればヨイと回答した。
それが出来ぬと返答されたこともあり、スマヌ、前回の回答は間違いであったと謝罪し、次なる案を提示した。
(01/05/26)


NO.3 或るネスケ信者の話(2) 閑話休題的メーラーの話

閑話休題、ツマラン話ですが、多少は関係してるため、暫し、ご辛抱の程。
そもそもは、Outlookなら、Outlook、ネスケ、両方のメール・ファイルをインポート出来るのに、可笑しなことに、ネスケは、Outlookは出来るのに、ネスケをインポートしませんのです。
我が輩はそんなこと、したことないので知りません。
HDDをFormatすれば、取り込み記録が消失するから、サーバーに残っておれば、メールを取り込めます。それが、二千通ともなれば、取り込むだけで、ン時間となる。
これでは整理するだけでもオオゴトになりますが、それしか手段を知らんなら、やらんとショウガナイので、やりましたがな。
幾らナンでも、邪魔くさいから、次なる手立てとして、もお片方のマシンに格納された、メール・ファイルをそっくりそのままのコピーを試したのです。
これもエライことやった。ナンせ、CD−Rなる兵器を所持してなかった頃ですから、フロッピーにコピーです。
しかるに、フロッピー容量は、1.44Mb。メール・ファイルには、軽くそれ以上のものがあるので、如何様にと云えば、Windowsに添付のシステム・ツールの、「バック・アップ」で挑戦やから、フロッピーを何枚も準備せねばナラヌのや。
そんな、こんなの手間暇を経て、イツの頃か、不要メールを削除し、保管期間も指定出来ることを知るに及び、更には、CD−Rも入手。
準備万端整った、その段階からは、formatをしてませんのです。
ここで、我が輩の独断で、ネスケとOutlookの優劣を申し上げるなら、Outlookに軍配です。
ネスケなど、文字化け頻繁で、TEXT形式メールになれば、横に長過ぎて、読むにも大変。
このTEXTメールこそ、大魔神コーナーのFORMから発信される質問メール。
ならば、ネスケを何故使うのかとなれば、送信者のアドレスを表示してくれる。
そんなことなら、TEXTメールですから、Outlookでも表示はしてくれますが、アドレスだけを、コピーしたくとも、出来ません。それに引き替え、ネスケならコピー可能。
ナンで、質問者のアドレスが要るのかですが、Excelで管理してるのです。
更に、ナンで、管理してるとなれば、時たま、追加質問をFORMからではナク、一般メールで送信する御仁が居るのです。
イヤハヤ、最初の質問では、適当なニック・ネームを記載しておいて、追加は、通常メールでは、どの質問の続編か、分からんことがある。
お礼メールは様式バラバラで、どの質問者が、ワザワザ、発信くだされたのかさえ、皆目、分からんから、我が輩も、時間を割き、照合せねばならぬのです。その際、ネスケなら、アドレス表示をしてくれますから、Excelでどなた様であるかが検索可能。
事程左様に、一部のご質問者ではありますが、私め、管理者になど、ナンの配慮、気配りもしてくれんことがある。よって、危険承知で、仕方ナク、ネスケも併用の次第です。
それでも、一日二日のズレならヨシ。古くとも、一週間ならまだしも、数週間もマエのことなら、如何なるご質問の続編であったのか、照査のウエ、掲載させて載くことになる。
背景として、そんなことも有り、魔界列伝にご紹介するネスケ信者は、三週間、或いは、数ヶ月、忘れた頃に追加のご質問を送信してくれるのです。
そおかと思えば、同日深夜、矢継ぎ早なるご質問メールを送信してくれましてねえ。
イヤ、そんな程度では、ナンの憤りもありませんです。単に、慌てたはるのやなあ、可哀想と、思うだけ。
そのメールのナカに、ご挨拶のおつもりか、ご愛嬌か、斯様なる一文、書き添えられてまいたです。
「はっきり物を云う大阪人。」
多分なら、大魔神のことを評したのでしょうが、大魔神コーナーの何処から、大阪人が出て来たのかです。
我が輩のページでも、大阪人などと、記載の覚えナシ。
云わさせて戴ければ、我がTOPページに掲載の、我が表題、「JR嵯峨嵐山駅前立ち話」だけでも、ご覧召されれば、分かるハズ。
タダタダ、メーラーの設定のことばかりにご執心のため、我がサイトの予備調査どころか、TOPページにさえ目を配ることなく、単に大阪人としただけです。
よって、この一文、削除し、掲載セズ。
イヤ、この程度なら、マダマダ、魔界列伝にご紹介には及びません。するなら、一切合切、全部とりまとめ、その他大勢の口ですがな。
がしかし、ご紹介してるからには、マダ、先が有る。
(01/05/28)


NO.4 或るネスケ信者の話(3) 供養塔送還

ナニを隠そう、イヤ、ナニも隠すことはありません。
この御仁に限らず、メーラーに関するご質問は多いのです。
代表的にはOutlookで、富士通製パソコンの宣伝キャラクターでお馴染みのタッチおじさんと、ネスケが続きます。
いずれも、内容はほぼオナジで、受信したメールに記載のURLをクリックしても、プラウザが起動しないとか、タッチおじさんは富士通パソコンでないとダメなのか。
受信メールの振り分け方法はどおすればヨイのか。署名のやりかたを教えてクレ等々です。
タッチおじさんのことは知りませんが、ネスケとOutlookなら、我が輩もそれなりに苦労した甲斐あって、大魔神を呼び出すまでもナク、ご当人にのみ返信したり、トキには掲載したりの勝手気儘に処置することもありますが、それで、お礼メールを戴いたことがナイのは、余程、頼りなく思われてのことかいな。
この御仁については、話の発端が二台のパソコンに取り込んだメールの結合で、我が輩は未経験であるからにして、大魔神に任せてしもた。
お告げなるものは、Outlookをインストールしたウエで、ネスケのメール・ファイルをOutlookにインポートし、Outlookのファイルから、再び、ネスケにインポートするのはどおですか。
至って廻りくどい手段ではありますが、ご質問者がネスケに拘ってるからには仕方ナシ。
よって、ご質問者にあられましては、ご神託に従い、廻りくどくも、インポートを繰り返し、結合させたなら、同じメールが二通も三通も、重複したのやて。
メール二つの合成で、二通なら納得ですが、ナンで三通になるのか、経過のご説明が省略されてるので、分かりませんです。
インポートするマエに、重複メールを取り込まんよおにする選択肢があるハズですが、やってしもたから後の祭りで仕方ナイのか、出来れば、重複メールを自動削除する手立てはナイものかとのこと。
悪いけど、ソレはナイのやなあ。残された道は、コマメに削除か、やり直すかだけ。
それではと、何故かこの御仁、IEとOutlookに宗旨換えするとのことで、一件落着した。かに見えたのですが、さに非ず。矢継ぎ早のご質問を拝受した。
折角、ネスケを諦め、改宗したのに、ネスケがメールを受信するではないですか。
メールに記載のURLをクリックしても、IEが起動せんではないですか。Outlookでのメール振り分け機能は何処にあるのか教えてクレ。
よくぞ質問してくれました。この程度なら、大魔神の出番ではナイ。単に、設定だけのことやから、我が輩の出番也。カクカク、シカジカですがと、回答して差し上げた。それにしても、マエのはどおしたのでしょうか。興味もあって、問い合わせをしたのに、ここで、パタリと応答ナシやがな。
ナンの返事も、お礼の一言もナイけれど、これにて、一件落着した。かと思いきや、すっかり忘れた頃に、またもや、ご質問を拝受した。
イヤ、お断りしておきますが、ご質問者お一人につき、ご質問一件に限定などとは申してませんし、何処にも掲載も警告もしてませんで。
それなら、何故、またもやとしたのかですが、その冒頭、イキナリ、ネスケで、と来たのです。このマエには、改宗の旨、連絡があったのに、臆面もナク、ネスケ信者に舞い戻りです。
それは彼方様の勝手ではありますが、質問ばかりが能やない。チョッとくらい、経過説明してくれても、損しませんで、小父様よ。
イヤハヤ、その質問ですが、CommunicatorでURLを開く方法と、メールの振り分け機能を説明してクレ。
多分、そんな程度の内容かと思うのですが、知ってか知らずか、やたらに、横文字のコマンド連発ですがな。
ナニブン、無知蒙昧、横文字には滅法弱く、打倒排斥毛唐の我が輩には、読解不可能故、あっさり、大魔神に廻してしもた。
流石に、大魔神も元の木阿弥にはがっくり来たのか、供養塔送還と相成ったのです。
ここまでは、単なる前段階の経過説明で、イヨイヨ、この先からが本番で、乞うご期待です。
(01/05/29)


NO.5 或るネスケ信者の話(4) 仰天メール

パソコン大魔神コーナーの質問者は不特定多数。
不特定多数となると、顔が見えぬ世界だけに、色んなカタが訪問される。
幸なことに、我がサイトは、真面目な質問者が多いと自負してますが、根絶駆除不可能な、一部の悪戯半分か、知能程度の疑わしき連中も訪れるのです。
疑わしいどころではナク、間違いなく、知能が低いのですが、パソコンがナンとか動かせる程度には脳味噌があるだけに厄介です。
もっと、厄介なことには、当人にその自覚がナク、唯我独尊を自認してる。唯我独尊なら、我が輩も、大魔神も同様ですから、ツイツイ、カチンコチンと来てしまうがな。
阿呆を相手も覚悟のウエですが、我が輩も人の子です。押さえれば押さえる程、イライラが倍化、三倍化、下手すれば、百層倍に増幅され、積もり積もって、千層倍。
相手が二十歳そこそこなら、オイオイと、チと警告でもすみますが、ヨイ歳したオッサンなら、頭のナカが活火山となり、即、噴火です。
或いは、文面がヤヤもすれば非常識でも、内容が閲覧者のご参考になるなら、御本殿にでも奉納で、幾ら礼儀正しくとも、重複問なら、涙を飲んで供養塔送還に処せられるのです。
事程左様に、供養塔の中味を吟味すれば、次第に矛盾も生じてる。
涙を飲んでの供養塔送りと、質問内容意味不明、内容確認すれど、音沙汰ナシの知らぬ顔、宛先さえも入力ミスの初歩的馬鹿タレめ、オマエなど、磔獄門さらし首にしてくれん。
まだまだ有るのです。希過ぎて、或いは、個人的に過ぎるための未掲載がありますし、阿呆丸出しの個人的メールも未掲載です。
未掲載は別問題にして、これらを、十把一絡げに供養塔に掲載したのでは、内容に差が有り過ぎる。或る意味では、真面目なご質問者に対し、失礼千万なるが故、分離分割せにゃならぬとも考える。
供養塔にしても、その数、墓碑銘にして、四百を突破してますから、そお簡単には分骨ままならぬので、如何様にしたもんか。
ショウガナイから、或る時期を境として、無礼千万の輩は、「無縁仏」か「納骨堂」、或いは、「共同墓地」にでも投げ込んだろかいなと思案中。
それは、ボチボチやることにして、このオッサンのは、没扱いとなり申した。没とは供養塔送還を意味してまして、我がサイトの何処かに掲載したと通達してるのです。
云うときますが、このオッサンだけにではナイのです。供養塔に掲載のは、分け隔てナク、斯様な表現で連絡してますです。
しかるに、一週間を経過して、その何処とは何処のことかいなとの、お問い合わせを戴いた。
イヤ、発見出来ぬのは、このオッサンだけでもナイ。凡そ、一ヶ月に一件程度は教えてクレとのメールを拝受致してます。それでも、連絡から、遅くとも、二日目には救援要請ですがな。
しかるに、このオッサンの言が素晴らしい。我が輩が発信した連絡メールを削除してしもたから、内容について、うろ覚えではあるものの、もしかして、お賽銭云々と書いてあったやに思たけど、支払わねば、回答明示してくれんのか。
このオッサン、果たして、お賽銭箱は見つけたのか、見過ごしてるのか、それさえも、稚拙な文面故、分かりませぬが、過去何回も質問してるクセして、よおそんな阿呆な発想するもんで、何処を探しても、有料質問コーナーとはしてナイで。
よって、アア、情けないオッサンも居るもんやとの思いで返信した。
結論的には、貴方様も、しっかり、両目をお開けになって、「供養塔」でも見てください。
それで、発見出来れば、魔界列伝にも登場セズなれど、アカンかったのやなあ。
このトキのご返信はビックリする程早かった。しかも、お賽銭箱の存在は知ってたのです。
そのウエで、何回も大魔神コーナーを探し廻ったのに、発見出来ぬからには、我が輩が掲載してないか、掲載忘れをしてるにチガイなし。その理由を明確に示せ。
更には、余計なことなど、ごちゃごちゃ云わず、何処に掲載したのか、掲載するのを忘れたのか、ハタマタ、お賽銭が無ければ掲載セヌのか、いずれであるか、たったの一言の返答だけでヨシ。
イヤ、云うとくけど、我が輩が面白可笑しくするために、ワザワザ、誇張表現したのではナイですぞ。原文全文、ご紹介するだに阿呆クサイから、これでも割愛してるのや。
それにしても、このオッサン、折角、教示してやったのに、その隣の供養塔が分かってナイのでは情けナシ。我が輩同様、老眼気味でも、読めますから、注意力散漫やろかなあ。
我が輩は、ムカムカ、吐き気を催しながらも、ご親切ご丁寧にも、「供養塔」と、括弧付きでメールしてやったのですぞ。
無論、我が輩のことです。お問い合わせに対するお答えの、「供養塔」のことは、メールの一番最後に記載です。
そこまで辿り着くには、皮肉たっぷりの我が話を、忍び難きを忍び、耐え難きを耐え、通過せねばならぬけど。
話はまだ続きます。
(01/05/30)


NO.6 或るネスケ信者の話(5) 群を抜く礼儀無視

このお方の特徴は、中味の薄い自尊心と、注意力散漫で、記憶力貧弱。
そのウエ、ご当人をお手本とされたご基準で、我が輩を推し量られたことが大間違い。
基準のズレならダレにもありますから、この御仁のズレさ加減を説明する。
結果、我が輩のズレが甚だしく、「魔界列伝」に逆掲載されたりしてなあ。
可能性はありますから、ご判断は、諸兄にお任せすることにして、我が輩発信の掲載の通知メールの削除なら、彼方さんの勝手です。がしかしです、肝心なことは記憶してオケ。
文言の一行目には、「掲載しました。」と、断定的過去形での表現をしてますがな。何処にも、掲載未定、明日には、イヤ、明後日には掲載したろかなあと曖昧になど、してませんのや。
お賽銭については、ヨロシクとはしてますが、戴かねば掲載してやらんなる、詐欺行為的表現もしたことナイわい。されど、出来ることなら、勘違いしてくれたらヨカッタのに。
そのウエで、見つからんけど、何処なんや。お賽銭だけ取りやがって、掲載セズならば、詐欺として、しかるべき筋に訴えてヤルから覚悟セヨ。
と云われても、お賽銭なるものは、そんな主旨ではナイのですが、我が輩も人の子故、気分も上々。
ならば、皮肉蕩々、一切辞め、文頭早々からして、チガウのや。
お賽銭を有り難う御座います。一週間前ですが、「供養塔」に掲載しておりますので、ご参照ください。御寄進帳には貴名を記載しておきます。
とでもしておこう。
事程左様に、ネット社会では、姿形見えず、お声聞けずでありますが、如何なる相手に対しても、我が輩流ではありますが、誠意を持って対応するを貫いてます。
時折、非常識質問者には、我が冗談を一発お見舞いしたがため、それをマタ、まともに受け取られしもて、苦笑すること度々で、その反対に本気で怒ってるのに冗談と受け取られたり。
いずれにせよ、大魔神のお告げが届けば、ホーム・ページ・ビルダーにて迅速掲載です。
サーバーにアップし、プラウザ表示でも確認のウエ、ご当人様にはメールでご連絡申し上げてるのです。
時たま、プラウザ表示を忘れてしもて、メールすることもありますが、原因は眠たいだけ。
シモタなあと、確認してますから、イマの処、アップ前のメール発信皆無です。
そもそも、このオッサンですが、お賽銭ナシでは掲載せんのかと、失礼千万なるメールするマエに、チと照査すればヨイのです。
御寄進帳には入金日が、Q&Aには掲載日を包み隠すことナク、明記してますから至って簡単です。掲載マエに御寄進事例が存在すれば、もしかして、有料サイトと心配もセヨ。
されど、質問者だけでナク、奇特なるご参拝者殿が御寄進されることもありますが、この程度の予備調査なら、時間も喰わんのや。やってから、ご自身の思い込みが正解となったなら、イツでも云うて来い。
このオッサンの勘違いの根源は、幾度も質問してるから、ヒツコイ奴と我が輩に思われて、有料掲載にでもされたのかと、疑念を抱いた節もある。
何故ならば、真夜中連発質問のおり、そんなよおなことも記載してあったので、何度、質問されても構いませんでと返答してますがな。
そのウエで、前回の結果はどおしたのか、どおなったのか、せめて、その一文でも書き添えてクレとは、注文した。
所謂、余所さんに、ご質問する姿勢態度礼儀常識がなってナイのです。そんなことくらい、文章表現からでも、察知可能やで。
つまり、同じ類の継続質問なら、マエの助言は理解出来たのか、出来んのか。やってナイのか、ヤッタけどアカンのか。別の手段で解決したのかです。
一文たりとも触れてナイと云うことは、無視されたのか。要は頭のナカにはご自分の問題しかナイのです。イヤハヤ、我が輩以上に勝手な奴。
せめて、このことを記載でもしてあれば、それなりに、パソコンに対する知識の程度を推測のウエ、回答出来ますが、やたら、専門用語を連発し、儂は頭脳明晰、パソコン経験豊富なれど、この件のみ、答えなさい的台詞です。
この台詞、実を云えば、この馬鹿御仁に限りませんのです。
礼儀無視の台詞など、殊に、年輩者に散見されますが、この御仁は群を抜く。
(01/05/31)


NO.7 或るネスケ信者の話(6) 全世界共通の一般常識

もお暫く、この小父様の話を続けますが、文言の流用セズ、誇張もしてませんです。
されど、掲載材料充分で、拝受したメールには、こんなことまで書いてある。
掲載がなければ、次の段階に進まんから、ナンとかセヨ。
云うたらナンやけど、掲載連絡から一週間も音信不通にしておいて、ナニ抜かす。
そこまでお急ぎで、分からんことが多いなら、即刻、本屋さんにでも駆け込んで、「猫でも自由自在、ネスケの初歩の初歩」でも買えばヨイ。
誤解ナキよおに云うてオク。斯様な表題の本が店頭に並んでるかどおかは未確認。
存在したとて、シブチン小父様なら、天眼鏡持参で、指に唾つけ、ページをめくりめくりの、立ち読みやろ。
実際、そんなお方が多いから、イツの頃からか、立ち読み専用と販売用が区分されました。そんな小父様に汚されんよお、紐で括られたのは、雑誌のホウですが。
斯く申す、我が輩こそはネスケの本を所持してます。
技術評論社出版の、「ネットスケープ・コミュニケーターの上手な使い方教えます」
ナニを血迷おたのか、初版本と、三版本。並べておくのも恥ずかしいから、自宅と嵯峨に一冊づつの保管です。懲りずに三冊目を買おたなら、お金が勿体ナイは、情けないは、隠す場所もナイから抹殺せねばならぬ。それほどに、興味だけ有って、読んでナイと云うことや。
そんな話は別にして、このご勝手な小父様のことですが、本領発揮はまだあるのです。
我が輩は、或る分野の学者である。英語で物事を思考する習慣も身についてるが故、至って素直な気持ちで文面をしたため、発信したにも関わらず、日本人的感覚の貴殿には、曲解、誤解された節がある。
ナニ抜かす。ナンの学者か、ナニ様かは存じませんが、学者を気取りたければ、尚更のこと、二冊も買えば我が輩の二の舞やから、一冊でも、ネスケの本を自腹で買おて精読セヨ。ご自慢の英語版なら完璧やで。
されど、この一文で合点した。知ってか知らずか、質問メールは横文字専門用語の連発で、一方的に聞きたいことのみ通知して、当方からの助言と問い合わせは完全無視しやがって。
成る程、言語と思考回路のみナラズ、鼻の高さと色合いまで、英語圏カブレにかぶれ過ぎ、真っ赤っかのかや。
あまつさえ、我が輩など、打倒排斥毛唐の急先鋒。日本をこよなく愛し、日本人であることを、誇りにさえ思てます。
理由は、至極簡単。日本語を常用し、生活習慣に慣れ親しんでるからで、それでも、用法理解難しく、失敗を重ね重ねてこの歳です。横文字代表格の英語など、用事がナイから、文字数、かぞえるだけでも四苦八苦。
そんなこと、どおでも宜しい。兎角、質問者のナカには、学会での発表がとか、プログラム作成を業としてるとか、単なるご挨拶のつもりか、味付けか、自慢話をしたいのか、余計な一文を挿入するお方が存在する。
されても、イッコウに構いはしませんが、文字数僅かにでも多くなれば、ファイルが大きくなりまして、アップ先のサーバー容量を喰うてしまうがな。その分、容量増設が接近してしまうけど、それを云うたのでは、サイト管理が出来ませんので、苦しい立場です。
イヤ、この小父様のは掲載するものでナイから、尚更、ナンの目的で学者と英語が出て来たのか理解不能です。
もしかして、我が輩とオマエでは知的水準が大きく異なるとでも知らしめたいのかも分かりませんが、我が輩からしたら、Outlookにはお手上げで、ネスケの基本操作も知らん、単なる一質問者にしか過ぎんのや。
ここでも、誤解ナキよおに云うてオク。ご尊顔さえ知らぬのに、比較検討こそ出来ませんが、我が輩の知的水準なら、多少は承知しております。
エラソオに、サイトの管理運営こそしてますが、パソコンのことは皆目分かりませんので、議論セズ。ナニかの問題に遭遇すれば、大魔神にすがるのみ。ただし、経験した範囲なら、お尋ね有らば、教えて差し上げることは可能です。
英語は苦手であると公言する程に、四苦八苦。何処にも得意と、ウソ八百を並べてませんし、競う気もナシ。
そんな無能無知蒙昧の我が輩ですら、他人様に、求めてお尋ねするトキは、時間を取らせ、申し訳なしと、そのままの台詞でナクとも、有り難うの気持ちは伝えます。
この程度のことは、日本だけでナク、英語圏どころか、全世界共通の、人間世界の一般常識と認識してるわい。
(01/06/01)


NO.8 伏魔殿の魑魅魍魎

魔界列伝でご紹介の話はウソではナイ。
ウソでナイなら原文そのままを掲載すればヨイのですが、ナカには、メール如きに著作権を主張する輩も居るから致しませんのです。
それだけでもナイのです。味の素を少々振りかけ、味付けもせにゃならんし、批判的観点から紹介するものについては、それなりの配慮も要る。もしかして、相手様につけ狙われでもしたら、エライこと。
イヤイヤ、そんなことまでは考えてません。それこそ、ネット世界のことです。貧弱な我が輩の体に鉛の銃弾を撃ち込まれるワケでナシ。刃物で切り刻まれるのでも、薬物投与され、廃人にされるワケでもナク、生命には別状ありませんし、掲示板アラシされるより、数段マシとは思てます。
さて、お賽銭のことで、時折、メールを戴くのです。
メールの内容は、イツイツ、京都銀行の指定口座にお賽銭を振り込んだゾと、そんな嬉しい話なら、参拝者ページに掲載してますがな。
中味は、お賽銭を廃止セヨ。或いは、一律幾らにセヨ。
当然、何処ぞの小父さんも含むのですが、意外や意外、皆様、若き青年層ではナイのです。ここで云う、青年層とは、四十代以下を云う。
文言は、ほぼオナジで、日本人の悪しき因習である曖昧表現を踏襲する管理者の了見が気に要らん。管理者を名指しですから、我が輩に対してです。
お賽銭箱の設置により、我がサイトの品位を汚しており、あまつさえ、喜捨するか否かの判断を他人様に委ねて、責任転嫁で逃げている。
そもそも、お賽銭であるから自由意志であると、如何に弁解されよおとも、設置の事実だけで、閲覧者諸子に対しては、お賽銭を出さねば受けてはくれぬのかと、要らぬ脅迫的観念を与えてることは明白である。
そのクセして、一方では、ボランティアでやってると、聞こえのヨイ詐欺的台詞を吐いており、オマエ(我が輩のことですぞ)の思想など、無茶苦茶、ガタガタ、支離滅裂で、明らかに、金品目当てが見えすいてるではないか。
よって、お賽銭箱など即刻撤去し、幾ばくかの銭を支払わねば、一切、応答してやらんと言語明瞭に主張セヨ。
有料化の場合であるが、一律、一問につき、百円、或いは、二百円でも、値段を設定してしまえば、ナンの遠慮もナク、質問が出来るし、オマエ等も大儲けではないか。
まとめてしまうと、こんな具合になるのです。
日本人の平均耐久度は知らんのですが、閉まりがナイとは云え、我が輩の口もポカンと空いてしもて、数日間、塞がらんかったことも幾度か。
お陰様で、喉が乾いて、コーヒー三昧。口のハタには亀裂が走り、多分、胃が悪化したよおやから、そこらの薬屋で、市販の薬物、キャベジン飲んで、元通りに回復した。
ここで、我が輩の見解を明確にしてオク。
お賽銭なるものは、日本のヨキ習慣ですがな。御利益授かる、授からんに関わらず、その気があれば喜捨すればヨイ。気は心の日本の伝統的暗黙の了解事項也。
そもそもが、お賽銭箱の設置で、強要してると感ずるなら、そのよおに解釈してくれも構いませんのやで。
されど、そお云う貴方様は、お賽銭箱の存在を知ってたクセに、ナンの遠慮もナク、質問連発で、振り込みなんかナイやんかいさ。
お賽銭なる文言は日本の悪しき曖昧表現の代表格で、下らん因習であると評されたけど、充分に理解してるから、無視してくれたのです。脅迫観念が本当に有ったとしたら、質問マエに確認メールを発信セヨ。そんな御仁はたったの一人も居てないがな。
かと云うて、我が輩も、そんなメールを受信したら、返答に困るなあ。妙齢の美女なら懇切丁寧に説明もさせて戴きますが、小父様なら、消え失せろと削除キーを撃打百回。だめ押しで、二度と復活するなと、猛打千回。
それにしてもです。パソコン大魔神コーナーを一問百円での有料サイトにしたならば、振り込み手数料で銀行こそが丸儲け。
百円を馬鹿にはしませんが、されど、百円の悩み度ならば、喫茶店のコーヒー代金一杯分にほど遠く、缶コーヒー一個分にも不足することがあるから、ご自身で、インスタント・コーヒーを造ってジックリ痛飲してクレ。
我が輩は、管理のことを、思案するだけでも、気が狂う。
そのマエに、はっきりさせてオク。
我がサイトの運営方針に、伏魔殿に巣喰う魑魅魍魎の口出しなど、まかりならん。
即刻、消え失せよ。
(01/06/02)


NO.9 或るネスケ信者の話(7) 円月殺法

ネスケ小父様の話で、締め括りを忘れてたから、追記してオク。
供養塔設置は二月の中旬。この日を起点とした場合、現在に至るまでに、約三百件を掲載してるのです。
その間、供養塔の存在そのものが分からんので、何処に掲載したのか、教えてクレとのメール受信は五件です。
一見さんなら仕方のナイことですから、「供養塔」ですと回答してます。そおでナクとも、設置直後なら、見つけられんことがある。
普通なら、この一回で勝負有り。四件については、間髪入れず、発見出来ましたと、ご丁寧なるご報告を戴いてます。
残る一件は、それでも分からんと、エラソオに、早く掲載セヨと、阿呆メールを発信してくれたのが、ネスケ小父様です。
ご自分の注意力散漫を忘れてしもてるから、我が輩も笑い転げ、顎が外れるそおになったがな。お陰様で、魔界列伝を堂々飾ってくれてますが、流石にお礼メールはくれてナイ。
ここで、我が輩が発信した三度目のメール内容を記載してオク。
クドイですが、間違いなく、回答は掲載しております。場所は、前回にも記載のとおり、「供養塔」です。
「パソコン大魔神コーナー」を、最初っから、ジックリ、ご観察くだされば、「供養塔」はスグにも発見出来ます。
それでも、ご不明なら、そのよおに、お返事戴ければ、詳しくご連絡申し上げますので、ご遠慮など要りません。
概略、そんなモンです。
この説明ならイヤでも分かると思うのですが、相手が相手ですから、それでも発見出来ん可能性がある。よって、次なる回答も、心の準備はしてました。
プラウザで、「パソコン大魔神コーナー」を表示させ、検索機能で、「供養塔」と入力すれば、スグ分かります。
チョッと待てクレ。メーラーの基本操作が分からんのでは、プラウザの機能も、知らんやろ。そのウエ、我がサイトはフレームですから、単純には検索出来ませんのです。
ならば、目的のファイルにカーソル合わせ、コンコンと、軽くクリックしてから、プラウザの、「編集」のナカの、「検索」で、「供養塔」と入力のウエ、検索するのです。
イヤハヤ、英語堪能なる、学者先生様ではあるのですが、ヨイお歳を召し、その発想の原点が魔界では、予想もつかんのです。
かと云うて、ウンとか、スンとかご返事が有ったなら、残念なことではありますが、魔界列伝に連ねることも出来ませなんだから、これ幸です。
タダシ、ウン、スンの中味には、最低限、有り難う御座いますの一文を要します。
いずれにしても、この小父様、音無の構えとは、言語道断。
よって、我が輩は、妖剣夢想正宗を抜き、切っ先を下段に構え、緩やかなる円弧を描き、ジョウダンより、バッサリ、切り飛ばしてやる。
その対象は、不遜にも、天狗様の鼻より長く成長し、あまつさえ、ぶよぶよに腫れあがった、その赤鼻也。
イヤ、剣道はやったことはナイのです。
単に、柴田連三郎原作、円月殺法、眠狂四郎の真似事で、チャンバラごっこです。
(01/06/03)


NO.10 無事故無違反を誇る奴(1) 最初のメール

表題が、「無事故無違反を誇る奴」になってますが、間違いナク、魔界列伝です。
そして、ご紹介の話は、結果的に応援団となってますから、匿名である、「水戸の爺」さんの範囲なら、原文引用可能と判断しております。
まずは、大魔神コーナーの質問FORMで受信した一文に当惑したのです。
「はじめにお断りしておきますが、パソコンの質問ではありません。
過去ログのNO.71(ここです)で、『無事故無違反を誇るヤツ云々』のくだりが私には納得できません。
どうしてそう思うのですか。」
たった、これだけの文章ではナンのことか、分かりませんですがな。
チナミニ、「NO.71」は、昨年七月の掲載分で、メールを戴いたのは、今年の四月です。
ナンの話であったのか、Q&Aを再確認して、合点した。大魔神が回答文のナカで、脱線甚だしく、交通事故と免停の話を持ち出してたのです。
それにしても、九ヶ月マエの話。ではありますが、交通事故と違反に対する考え方ですから、腐ってしまうものでもナイ。
理屈は、その通りではありますがです。納得出来ないのはあちらさんの勝手としても、そんなこと、各人各様の考えがあってもヨイのではないですか。それを、どおしてかと、問われる意図が分からんのです。
更に、我が輩の立場としては、複雑な気分。そこまで深くお読み戴いたのは結構なことですが、我がサイトには、「クルマのハナシ」があるし、「単なる雑談」では、速度違反で免停になった話もしてますし、ナニを隠そお、免停を喰ろおたのが、昨年のその時期ですがな。
そんなことはどおでもヨイ。我がサイトは、TEXT主体のため、全ての文面については、文責を明確にしてるのです。
パソコン大魔神コーナーでの回答についての文責は、大魔神で、それを掲載した責任は我が輩に有る。
それなら、質問者から受信したメールはドオなるかと云えば、当然のこと、我が輩に発信し、託したからには、我が手のウチにあって、煮よおが、焼こおが、洟をかんで、ゴミ箱に捨てよおが、勝手です。
ならば、このメールは如何様にしたものか。
パソコン関連の技術的問題なら、こんな手段があるゾ。それは可笑しいぞと、異論、持論、自論に奇論までも覚悟の助なれど、無事故無違反云々のことなんか、このコーナーの主旨でナイわいな。
或る意味では、単なる雑談の世界ですから、そんな考えもあるのかと、清涼飲料水を選択するが如く、軽く受け流したらヨイことや。
いや、チガウ、どおしても、ペプシ・コーラでなければ殺してやる。
アカンのや、コカ・コーラでなければ自殺してやる。
そんな大袈裟なこと云うな。セイゼイ、ポッカ・レモンでなければ、家出か、離婚までやなあ。
まさかの話、そこまで発展することではナイとは思うのです。
よって、大魔神が回答に含めたからには、真剣に受け止めるべきか否かです。
我が輩も、七転八倒、苦しみ抜いて、考えた末、いずれにせよ、発信者にはナニかの背景があるのやろ。
加えて、ナニを求めてのことか知るために、も少し、具体的なるご質問の主旨を教えてクレと返信した。
イヤ、もしかして、お酒飲みが、すっかり出来上がってしもての発信のこともあるからなあ。
ハタマタ、疲労が蓄積したとか、単なる気紛れか、或いは、嫌がらせ、悪戯も考えられますがな。
文面からすれば、嫌がらせとも思われませんのです。ナニかしら、思い詰められた感もするのですが、その上で、我が輩の性格も災いしてる。放置すればヨイのかなあとも考え乍も、出来ませんのです。
されど、出来ることならですが、メールが届いた頃にはお熱も冷めてくれてたならと、期待したのです。
(01/06/04)


NO.11 無事故無違反を誇る奴(2) 見解を問われる

それで、オシマイかと期待したのは甘かった。
水戸の爺さんからは、待ってましたとばかりに、応答が有ったのです。
「私は、常々こう思って車を運転しています。
『車輌の運行は、自分の生命財産だけでなく、他人の生命財産をも危険にさらしているのだ』と。
そして、車輌の運行ほど『自己責任』という言葉が当てはまる行為もないんだと。
大魔神殿が、常々『パソコンの運用は自己責任である』とおっしゃるのはその通りだと私も思います。
『パソコンで痛い目に遭えばその分だけ賢くなる』とおっしゃるのもまさにその通りだと、私も思います。
でも、パソコンの運用で自分の不注意によって失う物はせいぜい自分の財産の一部だけです。最悪でも他人の財産のこれまた一部です。まあひょっとしたらもっともっと大事な『信用』ってヤツも無くすかも知れませんが。
でも車輌の運行では、最悪の結果は『人殺し』になります。
大魔神殿がいみじくもおっしゃられた運転に関するたとえの部分は、私にはこう読めました。
『車の運転ってヤツは、人を轢き殺したり、人の車にぶつけなきゃうまくなんかなりっこねえんだよ』と。そして、大魔神殿がいう『痛い目』にあった瞬間に巻き添え喰って死んだ人に対して『これからはもっと気を付けっから、ま、運が悪かったと思って成仏してくんな』と言っているように感じました。
『痛い目に遭わなければ賢くならない』の『痛い目』は、車輌の運行では、最悪で『他人の財産の損失』『他人の生命の損失』につながるのです。自己の生命財産は言わずもがなです。
同じ「自己責任」でも桁が違うのではないでしょうか。
そう思えば、たとえはた迷惑な『無事故無違反』でもあれほど馬鹿にした引き合いの仕方をする必要は無いと思います。
私のこういった考え方の方が、よっぽど極端だと思われるかも知れません。でも、毎年コンスタントに一万人程が事故発生から二十四時間以内に死んでいる事を考えれば、そして明日私自身がその数字に入るかも、あるいはその数字を作る側になるかも知れないと思うと、大魔神殿の引き合いの出し方を黙って流す事がどうしても出来ません。
ちなみに、私は車の運転が『下手』です。無事故でも無違反でもありません。
二度ほどぶつけられました。
一度目の相手と私にはケガはありませんでしたが、二度目にぶつけてきた女の子はシートベルトをしていなかったので、頭をかなり切ってしまいました。
どちらも私に過失はありませんでしたが、ぶつけられたのは自分が『下手』だったからではないかと今も思っています。
私に大魔神殿の何分の一でも腕があればきっとよけられたのでしょう。
ずいぶん長くなりましたが、私は、上に述べた理由から、大魔神殿の引き合いの出し方にどうしても納得がいかないのです。
どうしても、もし良かったらお返事下さい。また、下手な文章で申し訳有りません。」
ところで、水戸の爺さんとは、匿名ですから、正真正銘の爺さんではナイ。入力が正しければ、三十代の青年ですがな。
そして、文面の中味は正論であり、常識で、極論でもある。
その極論も、映画の世界なら、狭い町中を、クルマが暴走する場面が好んで取り入れられますが、実社会なら、余程の異常人格者か薬物中毒患者でもナイ限り、命知らずの非常識集団、暴走族でも、そこまでヤレヌから、代行してるだけ。
大魔神が無事故無違反を自慢するのは運転の下手クソな奴と表現したのは事実としても、生命、財産、信用に関わるよおな、大きな事故でナイのが前提や。
よって、免許停止の範囲を指してるのであって、文面の最後には、免許取消にまでなれば、行き過ぎであるとも付け加えてる。
つまりは、ねずみ捕り、オービスに引っかるよおな、我が輩みたいな罰金か、物損事故で、免停に収まる範囲であって、それを越せば、免許取消しですがな。
そのよおに、掲載されてると解釈するのも、斯様に受け取られることが有るのも事実であって、現に水戸の爺さんが受け取ってしもたのです。
さて、どおしたものか。文言からすれば、文責者である大魔神に問われてるのであって、サイト管理者であり、掲載責任者でもある我が輩など、無視されてるしなあ。ハッキリ申せば、失礼千万なこと。
とは云え、ご要求の、文責者大魔神見解は必要ですから、確認したウエで、我が輩のも付け足したろかいな。それにしても、付け足しとは情けナイ。
イヤ、付け足しであっても、黙ってられんのです。
斯く申す我が輩は、速度違反で免許停止を喰ろたのは事実なれど、超優良運転手と自認してるのです。
クレグレも、運転が上手とは云うてない。超優良運転手としてるのですが、免許停止を喰らおて、超優良とは、こは如何に。
(01/06/05)


NO.12 無事故無違反を誇る奴(3) 長ったらしい大魔神見解

大魔神の見解は下記のとおり。
「あまり拡大解釈をして頂くと困ってしまうのですが、大怪我をしたり事故死するような事態になれば『痛い!』で済む話では有りませんので、あくまで「ア痛!」と思うようなレベルの話です。
『一度や二度の『免停』は勲章のようなもので、『無事故無違反』を自慢する人は大抵下手クソです。』というクダりは、ちょっと勢い余って余計な事を書いてしまったと、正直反省しております。
実は、『ワシャ〜無事故無違反や!』、と自慢していたペーパードライバーが居たので、車を運転しない人は無事故無違反には違いないので、それを自慢されたら仕事で車を運転しなければならない人は立場が無いと思うワケです。
『犬も歩けば棒に当たる』と同じで、『車も走れば”取締り”に当たる』。
ただし、人にだけは当たってはいけません。
これは私事なのですが、今までに一度だけ、『人身事故』を起こした事が有ります。もちろん、自慢出来る話では有りません。
どう言う事故かと言うと、子供が走って来て、勢い余って私の車の側面に激突して来たんです。怪我は軽い打撲傷だったのですが、困ったのは警察です。
日本の『道路交通法』では車が人に当たることは有っても、人が車に当たると言うことは全く想定しておりません。一応相手に怪我をさせているワケで、『業務上過失障害』なのですが、『前方不注意により...』
には当たらない。まさか『側方不注意』なんて有るワケが無いですので、ホトホト困ってしまったんです。結局は『おトガメ無し』という事になったのですが、法律というのは摩訶不思議なものなのです。
もっと凄いのは電動車椅子で、道路交通法など完璧に無視して車道の反対車線を平気で逆走して行くのを目撃しました。しかも、七条警察署の真っ正面での話。
さすがの警察官もタダ唖然とするばかりで、車は必死で避けるしか有りません。
あんな物に当たったら、どちらが被害者か判りません。
交通事故に関しては全く同感で、事故から24時間以内に亡くなられる人が毎年一万人弱、それにICU(集中治療室)を出ないまま亡くなられる方を含めると約二倍、脊髄損傷や脳障害、失明などの重大な後遺症を一生引きずる方は数万人と言われます。
確率的には0.04パーセントですが、二十年間毎日車を運転する仕事に従事していると、死んだり重傷を負う確率は何と1%近くにもなります。
しかし、これはあくまで確率の話で、プロのドライバーは勘が鋭いので遥かに低い確率になっています。むしろ、滅多に車を運転しない方が事故に遭われる確率が高いのは不幸な事だと思います。
そこで法律の話に戻りますが、日本の刑法では交通事故の責任は100%運転者に有るという大原則が有ります。しかし、これが完璧に間違っている事が判るのはドイツ車を運転した時です。排気量2,000cc以上のドイツ車は高速での安定性が全く違います。走行安定性だけでなく、制動性能も車体剛性も全く違います。
日本の交通事故原因の何%かは自動車自体の原因が絶対に有ります。しかし、警察も運輸省もこの事を認めていません。
最近になってやっとオフセット衝突の抜き打ちテストを運輸省が行うようになりましたが、ドイツでは20年以上前からやっている話です。
この間に死なずに済んだ人が何万人いたのかと思うと、『何をイマサラ』と言う思いと『やっと判りよったか』と言う思いです。
これは日本自動車工業会が自民党や運輸省に圧力をかけて黙殺して来た事で、そう言う意味では『トヨタ』は日本最大の”殺人企業”と言われても仕方が無いと思います。
『ホンダ』は更にバイクでも大勢の人を死に至らしめているワケで、企業責任というモノを見直す時期はもっと以前に有ったハズだと思います。
特にミニバイクはタイヤ径が小さいためにタイヤの接地面積が少なく、かつ重心が高いために旋回時のバランスが非常に取り難いのに、エンジンの出力が大きいため、事故が多発しています。
車両工学に詳しい人なら判る事ですが、あのような欠陥車両が認可されている事自体考えられない事です。
それと同じような設計上の常識を無視した自動車は、普通貨物車やスポーツタイプの乗用車、更には大型牽引貨物車にも言えます。
海外では承認されないような欠陥車が日本中に溢れた結果(海外仕様は日本国内仕様と違っています)、このような事故件数になっている事は意外に知られていません。
もちろん、こう言う問題は警察関係者にも話しているのですが、『警察に出来る事は交差点に立って交通整理をするくらいしか出来ない』という事で、最近京都府警ではスピード違反の取締りより、交差点に警官を配置して交差点事故を減らそうと言う方向に動いています。
他府県ではどのようになっているかは判りませんが、検問や取締りだけでは交通事故は減らせないところまで限界に来ているのは事実です。
あとは本人の”運”だけです。」
例によって、余りに長文ですから、紹介だけに止め、我が輩がナニを付け足したかは、次回に廻す。
(01/06/06)


NO.13 無事故無違反を誇る奴(4) 我が付け足しの一言

では、我が輩が如何様に考えるかとなれば、簡単明瞭には、「クルマのハナシ(ココ)」を読んでクレとなる。
それではツマランし、アッサリとし過ぎてもいるから、若干の解説をする。
ペーパー・ドライバーは論外として、無事故無違反は、日常生活でクルマを運転してるなら、大いに自慢してもヨイ。
我が輩など、ゴールド免許であったのに、昨年、国道九号線沓掛で速度違反で免停を喰ろたから、次回更新ではゴールドを剥奪されてしまうのです。
同じ場所では追突もされたから、沓掛は鬼門やし、無事故無違反と聞けば羨ましい。
追突されたのは、我が輩の責任ではナイ。信号待ちで、停車してたのに、ウシロからぶっつけられたから全面的な先方責任ですが、速度違反は不味かったなあ。
事故に遭遇するのは運不運も絡むし、避けられんこともある。特に、運不運の問題は大きいから、場合によれば、物損だけではすまんことがある。
或いは、我が輩に追突したオッサンは脇見運転ですが、信号が青で、クルマが流れてたなら、何事もナカッタはず。
つまり、脇見運転による前方不注意と、赤信号のため。ならば、我が輩がオッサンに同情してるかとなれば、とんでもない。
オッサンが一般生活で、どの程度の常識人かは知りませんが、アレ以来、ウンとも、スンとも、云うて来んから、非常識人と思てます。手紙でも、電子メールでも、たったの一通でヨイから申し訳なしと謝ってクレたなら常識人。
今時、そんな奴は多いのです。紳士淑女面した非常識人。
ヒドイのは、携帯電話をしながらと、テレビを見ながらの運転が横行してるがな。ウシロから見てたら丸分かり。とんでもない蛇行運転してるから、あれでよお、生存し、人身事故を免れてると感心する。
あんな奴こそ、徹底的に取り締まってヤレ。と思うのに、事故を起こしてからでナイとアキマセンのやて。その点、ネズミ捕りなんか、簡単で、高性能測定器までが登場する。
速度については、クルマの流れもありますから、それ以外を対象として、道路交通法に照らし合わせ、正真正銘、清廉潔白なる人物が存在すれば、是非共、握手したい程。
おそらくは、殆どの人は何等かの覚えがあるハズで、踏切で、一旦停車するのも希ですし、横断歩道のド真ん中に停車しても、知ら顔。
まぶしいのに、前照灯を点けっぱなしの停車もあるし、右折左折で、方向指示器も出しよらんとか。
そもそもが、パトカーでさえ、配慮ナシの運転をしてるがな。
我が輩が、自称超優良運転としてるのは、速度は前科者としても、それ以外は正真正銘、道路交通法に背いてナイと自負してるから。
そもそも、無事故無違反など結果論である。道路交通法は別問題として、運転マナーこそ、ナンとかせにゃならんがな。マナーがヨクなれば、事故も減る。
狭い道を猛スピードで疾駆する馬鹿野郎。その狭い道を、走って来る対向車が見えてるのに、無視して突っ込む馬鹿女。お先にどおぞと、停まってやっても、挨拶も、会釈さえもセズ、通過してしまう中年紳士淑女諸兄諸子。特に、中年マダムはアカンなあ。例外ナク、下手クソのクセして、我が輩が譲って当然の如くに無視しやがる。
シート・ベルトも無視で、お子様にもさせてナイ。幼稚園の送り迎えのママさんドライバーですがな。他人様のお子様なんか、どおかなっても構いませんが、身をもって、ご立派な教育されてます。
運転マナーのことは、マダマダありますが、本題ではナイから、ここらで辞めてオク。
要するに、無事故無違反は誇ればヨイ。無違反なら、事故も少ないやろし、運転マナーもマトモであると思いたい。
よって、水戸の爺さんには、至って簡単明瞭なる付け足しです。
我がサイトの、「クルマのハナシ」にも目を通してクレ。
(01/06/07)


NO.14 無事故無違反を誇る奴(5) 応援演説

水戸の爺さんの返事がマタ長い。
「大魔神殿 柴田様。
お返事下さってありがとうございます。
実は、今回のメールのきっかけは、大魔神殿の例の発言と、柴田様の交通マナーのコーナーでの発言とが、私の中でどうにも消化不良を起こした結果です。
私の父は、或る自動車販売会社に長く勤めていた都合で、様々な事例を見てきました。
特に人身事故で死者が出たときの、加害者と被害者遺族の地獄の様を見た事も一度や二度ではなかったと言っていました。
そのくせ、父の運転はかなり自分勝手なのです。私は、その横で乗り物酔いに苦しみつつも、父の運転に疑問を感じていました。
ある時、NHKで交通事故の特集番組があって、大魔神殿の今回のメールにあるような事を知りました。
そのあとで、NHKでのこの手の特番をテープに収集して、さらに色々なことがわかるにつれ、大魔神殿と同じ事を考えるようになりました。
また、当時、『ニューモデルマガジンX』と言う自動車雑誌で、ジャーナリストの黒田氏(少し前に亡くなられました)のコーナーでも、このあたりの事を集中連載していました。(残念なことに収集したテープは現在行方不明です もっと気合いを入れて探します。)
現在では、この『ニューモデルマガジンX』の自動車評論と、徳大寺氏の『間違いだらけ』シリーズの評論の読み比べがマイブームです。
私自身は、レーシングドライバーになりたかったので、基本の『丁寧な操作』を大事にしたいのです。
彼らの運転をビデオで見るとその操作の丁寧さがよくわかります。
彼らの操作は、鬼のように早いけれど、決して荒くはありません。カッコをつけたがるヤツほどそこを誤解しています。
また、狭い道をとばしたがるヤツほど、夜の高速で百五十キロオーバーでコーナーに進入する腕も度胸も持ち合わせていません。
私は、人気のない夜中の常磐道では違う人間になってしまいますことをここに白状します。
私の友人は、皆首をかしげます。
『普通とばす人ってどこでもとばすけど、どうしていつもはあんなにゆっくりなのに、高速道路では鬼みたいにとばすの?』
と良く聞かれます。私にも何故かはわかりません。ひょっとしたら何かから逃げているのかも知れません。
私は、ことあるごとに『シートベルトくらいしろ』と言うのですが、勤務先の工場の連中は、誰も私のせりふに耳を貸しません。
私自身、人を説得する技には自信を持っていましたが、それも木っ端微塵です。どうしたら連中に理解させられるでしょうか。
大魔神殿や柴田様のような知識は決して一般常識ではありません。
誰も教えられていないし、自力でこういった知識を探す方法すら普通は知らないのです。中には、こういった物の考え方があるという事を想像すら出来ない人もいる事でしょう。
まったく何をどうしたらこういった事を連中に教え込めるんでしょうか 
最後に、私のような者のメールにご丁寧にお返事いただきましたこと、厚く御礼申し上げます。
大魔神殿、柴田様のますますの御活躍、御多幸をお祈りいたしております。
そして、このホームページを訪れる人たちの何割かでも、『自己責任』に目覚め本当の『パソコンユーザー』に進化出来ますよう、陰ながら応援させていただきます。」
以上ですが、我が輩は疑り深い質です。
文面のとおり、「クルマのハナシ」を読んでくれたとは、思てません。読んだとだけしか記されてナイからですが、ご当人がそお主張してるから、斜め読み程度には、目を通してくれたのかなあ。
主たる内容は、お父上の無謀運転と、ぶっ飛ばし屋への批判。そして、交通事故の悲惨さと、クルマについてはレーサーになりたかった程に興味を持っており、最後は大魔神コーナーへの応援演説で締めくくりです。
ところで、シート・ベルトをスルとか、シナイなど、習慣的なものである。
マエの会社(ROHM)では二十年マエになりますが、半強制的にやらせたのです。交通事故防止委員会なる組織が編成され、抜き打ちで、早朝から駐車場に待機して、出勤して来る社員に呼びかけた。
我が輩は、初代委員に指名された手前もあって、やらんとショウガナイがな。最初は邪魔くさいから、意識的でしたけど、イツの間にやら、身についた。
道路交通法でも規制されてナイ時期のことですから、習慣化するまで、数年を要したのですが、委員が張り込みしてるのを見つけたら、駐車場を素通りして、シート・ベルトを締めてから、ご入場するのも居ましたが、やらんとアカンと認識されたらヨイのです。
水戸の爺さんも、相応の職責にあると受け取れるから、本気なら、適当に捕まえて、ゴチャゴチャ説得してるより、組織として動くのが一番です。
コレマタ、我が輩がゴチャゴチャ云う立場ではナイから黙っとく。
それにしてもです。我が輩など、夜であろおと、昼の日中であろおと、高速道路で百五十キロも出す勇気も、度胸も、腕もナイ。セイゼイ、百二十キロまで。
それを越したら、我がボロ車など、異音を発し、黒煙を吐き、分解してしまうがな。
(01/06/08)


NO.15 パソコンにも免許制導入

パソコン大魔神コーナーはQ&Aである。
よって、その性質上、有り難いことに、お礼メールを戴くことがあるのです。
お礼メールについては、我が輩の感謝の意も込めて、「パソコン大魔神コーナー応援団」に掲載しております。
されど、たったの一行でも、我が、「シバケンの天国」にも触れてクレ。
さすれば、単純なる我が輩など、感涙にむせび泣くのに、そんな奇特なメールは少数派。
つまるところ、パソコンのことしか眼中にナシ。至って、情緒貧しく、配慮乏しく、オツムの軽い連中ばかりと、情けなくもなる。
たまには、清涼奇抜なる我が一文にも目を通し、洗心してクレ。
余りにヒドイから、たまりかね、時たまではありますが、そのよおに、愚痴の一文を付け足し、メールでもしてやれば、即刻のご返信の内容たるや、我が輩を逆撫でしやがって。
それは、極一部の輩ではありますが、返信に駆使された、豊富なる語彙を持ち合わせてるなら、質問のトキにも、駆使してクレよなあ。
実際、ナニが聞きたいのか、ワケの分からん内容のご質問メールも戴くし、お礼メールについても千差万別です。
長ったらしいご質問のワリには、お礼文が、タッタの一行で、掲載するだけでも邪魔くさいのから、ご質問内容がタッタの一行で、お礼メールが長ったらしいのまであるのです。
それでも、お礼メールを戴けるだけマシで、音無が過半数を突破です。
さて、ここで、お礼メールの内容で面白いのをご紹介する。
「早速、HDの交換をしてもらうことになりました。ありがとうございます。
ところで、私も家電メーカーに二十年つとめていたので企業の論理というのはよくわかるのですが、企業も個人も動物でさえ自分の論理で生きているのではないでしょうか。
子供を作るのは種の保存ではなくて個の保存です。
また、自動車が発売された頃には、ブレーキも付いていなかったそうです。ABS、エアバッグなどもごく最近の物です。安全性などという概念すらない状態でスタートしているのです。
私は今でも車(飛行機や船なども含みますが)は欠陥商品だと思っています。高々二十五年のパソコンが欠陥だらけなのは当たり前でしょう。
車については免許制度や車検制度(無い国も多い)があります。パソコンにもこんな制度を導入したらどうかと思います。
今後ともよろしくお願いします。では失礼します。」
何処かの家電メーカーに勤務して、二十年ともなれば、それなりの年齢ですが、思考回路は大丈夫かと心配になる。
そもそも、ナニが基準か、気に要らんのか、自動車とパソコンを一緒にしてしまう発想からして、笑えてしまう。自動車に免許制度を導入してる背景が分かってナイ。
公道に一歩でも踏み出せば、不特定多数の面々と出喰わし、お互いに我が儘、気儘な解釈されては、渋滞どころか、事故ばかりですから、一定の約束事を設定し、御一同様よ、遵守セヨとなる。
それ以上に、車は走る凶器である。人間様が喧嘩して、勝てるものではナク、軽く、ぶっ飛ばされ、運悪ければ、あの世往き。
教習所に大枚の金額を上納し、教官殿より基本操作を伝授され、約束事としての道路交通法を学んだのに、それでも、守れん、守らん、忘れてしもた奴ばかりのため、彼方此方で揉めるのです。
つまりは、命掛けの自動車と、多寡がパソコンなどを同一視してはならぬのや。
自動車を組み立てるには、相応の知識を要するし、部品を揃えるのも至難の技で、場所確保も一苦労。パソコンなら、そこらの小部屋で、ドライバー一本有れば造れます。
などと、経験したよおな事を申しましたが、我が輩は不器用なるが故、やったことナシで、やる気もナシ。
更には、パソコンなど、操作だけなら、猿でも、猫にも出来ることになってます。将来、未来はイザ知らず、当世で、猿や猫に、車の運転されたら、エライこと。
そこまで簡単なハズのパソコンで、ナンで人間様が悩むのか。このことを、当メール発信者の主張と解釈すれば、分からんこともナイ。
ナンの基礎知識がナクとも、操作だけなら買おたその日から可能やし、資金さえ有れば、パソコン部品も購入可能で、慣れたなら、二三時間で、組み立て完了。
されど、文面をヨク読めば、欠陥だらけのパソコン故、免許制度が必要ではないかとしてるのです。成る程、分かった。それならば、やることがチガウのです。
欠陥だらけを認識する諦めと寛容の精神が要求され、そのための、適正検査です。
もっと、重要なことは、精神鑑定で、理屈云いと、知ったかぶりに、自慢しいの口五月蠅いオタク撲滅。
適正検査では、いの一番で、我が輩が不合格。
ナニを隠そう、精神鑑定では、大魔神が不合格。
そして、肝心なことです。戴いた、お礼メールは我が輩の独断で、斯くの如くに加工したウエで、掲載した。
最初の一行と、最後の一行で、合計二行のみと、スッキリさせたのですが、抗議ナシ。
気づいてないか、読んでナイか、以降、訪問してくれてナイか。
それとも、諦めたのか。
(01/06/09)


NO.16 ホーム・ページの管理とは

まず、ホーム・ページの運営とは、ナニをすることか。
これでは、ナンのことか分からんから、言葉を追加することにする。
ナン等かの手段でもって、ファイルや画像を作成、更新し、サーバーにアップすることで、ネットの世界に公開する。このことを、ホーム・ページの運営と称する。
これは正解であるからにして、ならば、ナンのために、運営のことを問おたのか。
そこで、ホーム・ページの管理とすればドオなるかです。
マンションの管理人さんなら、共同使用の水道、ガス、電気の管理に、常夜灯の蛍光灯が故障したら取り替えるとか、廊下の掃除に、不審者の監視かなあ。そやけど、個々のお部屋は、住人さんが責任持てと云うことか。
ホーム・ページの場合は、ナニするかとなれば、ナニするのやろ。これは、各人各様の思想が絡むため、我が輩は問題提起に止め置く。
ナンで、こんな話を持ち出したのかと云えば、まずは、ホーム・ページに関し、種々のご質問を受理してる。
例えばですが、ホーム・ページ作成ソフトはナニがヨイ。そんなこと聞かれても、知りますかいな。されど、我が輩は、ホーム・ページ・ビルダーを使ってますゾ。
ならば、ホーム・ページ・ビルダーの操作方法を教えてクレ。そんなモン、添付の解説書を読んでクレ。
次には、フレームの作成はどおするのか。それなら、我が輩の、「HP作成裏話」を精読すれば、失敗談のナカに掲載してるから参考にセヨと、宣伝してやった。
或いは、META情報の入力方法を教えてクレ。待ってましたとばかりに、「AccessUp秘伝」に目を通セ。さすれば、懇切丁寧に解説しておりますと、すかさず、我がページの宣伝にこれ勤め。
その他、諸々あって、或るうら若き、女性からのご質問が印象に残るのです。
最初のご質問メールでは意味不明。ナンのことやらサッパリ分からず、何度も、メールを往復させたのです。
クレグレも、うら若き女性であるから、往復させたのではナイですぞ。その証拠には、余計な一文挟んでナイ。かと云うて、証拠としての、全メールの提示は拒否致します。
イヤハヤ、何回目かの往復にして、ナンとか、背景を理解したのですが、ここにご紹介する文面は、抜粋だけの極一部とする。
まず、最初の一文にはこんなことが書いてあったかなあ。
「複数のホーム・ページの管理を手伝ってます。」
どの範囲の管理を手伝ってるのかもありますが、うら若き女性で凄いことです。
もしかして、Webデザイナーでもしてるのかと、解釈したのです。おそらくは、大魔神もそのハズやで。
更に、文面は続きます。
「ところが、更新されてるはずのホーム・ページが、ある日を境に更新されなくなったのです。
ホーム・ページの管理をしてますから、掲示板のレスもしたいのですが、見えなくなって困ってます。ナニが原因なのでしょうか。」
ナニが原因ねえ。まさか、Webデザイナーを自称して、プラウザをオフ・ラインにして、更新されずと、とぼけるハズもナシ。サーバーに、アップされてたら、更新されるハズやけど。
これが我が輩の素直な感想で、これまた、大魔神とて、オナジこと。
ここから、我が輩の内偵開始です。クドイけど、うら若き女性であるからではナイですぞ。
もしかして、もしかしたらですが、勘違いしてるのではないか。イヤ、我が輩が、彼女のことをです。クドイけど、邪心を抱いてのことではナイ。
内偵では、ホーム・ページはナンのソフトで、管理してるURLも教えてクレとしたのです。
うら若き女性が管理してる、URLまで聞き出すとは、我が輩の行為も怪しいですが、断じて、そんなことはナイ。
まずは、ソフトのことですが、友人はホーム・ページ・ビルダーですとのこと。ならば、この女性はナニしてるのかと、大いなる疑問と、もしかして、我が輩の予想が的中か。
そこで、教えてくれた、URLに確認を兼ねて、ご訪問の結果、合点した。彼女の称するホーム・ページとは、掲示板を指してたのやなあ。
正確には、ホーム・ページと掲示板をゴチャ混ぜにして説明してくれたから、理解に苦しんだのです。苦しんだのは、我が輩のホウやけど。
果たして、借り物掲示板がホーム・ページに該当するかどおかの見解、議論は別として、間違いなく、掲示板には、「管理者」がパス・ワードを入力することで、書き込みされた記事を削除するなどの、管理者ページに入室可能です。
更に、メールの往復を積み重ねた結果、このうら若き女性質問者は、質問文面どおり、複数の友人の掲示板管理のお手伝いをしてたのです。
友人の一人は、本来のホーム・ページを運営し、もお一人の友人は、掲示板をホーム・ページと主張してるのや。
うら若き女性は、その複数の友人から、掲示板の管理者パス・ワードを教えてもらい、管理者ページに入室してただけ。
それでです、彼女の重大問題である、掲示板が更新出来んのは、どおなったのか。
おそらくは、プラウザを、オフ・ラインにしてたのではないか。掲示板も早や消滅や。
(01/06/10)


NO.17 我がサイトが更新サレズとは

この現象は、昨年の春以来、出没してるのです。
昨年は、我が、「シバケンの天国」そのものについてでした。
アクセス数が増えるに従おて、ここ三ヶ月前から、「パソコン大魔神コーナー」用の質問FORMからも届くよおになったなあ。
メールの主たる内容は、たったの一行ですむ話やで。
「最近、どのページも更新されてナイよおですが、休止したのですか。」
大魔神コーナー用FORMなら、
「プラウザの設定は確認したのですが異常ナシ。数日マエから、表示が更新されないのは何故なんでしょう。」
一発目のトキは、ビックリした。
そんなハズはナイ。我がサイトは毎日更新してますがな。足かけ二日ならイザ知らず、数日も更新セヌことはナイ。
昨年末からは、大魔神コーナーも盛況となり、毎日どころか、朝一番と、真夜中に。トキには、睡眠時間もン時間、削りに削り、フラフラになってでも更新してますがな。
それこそ、ここ十ヶ月と云うもの、宿泊旅行もしたことない。さりとて、元々、出不精ではありますが。
それなら、パソコンにも休日がナイ。パソコンが不休となれば、ご主人様も、おつき合いしてることになる。にも関わらず、おかしなことを云うて来る。
よって、もっと情報をクレと、返信したのです。
イツからか。最近、ナニか変更したことはないか。我がサイトだけが、そんな現象で、ホカは更新されてるのか。
回答は、CATVに切り替えてからで、全部のサイトがなるのやて。プロバイダには正常に接続されてるし、メールは、ホレ、このとおり、受信も発信も出来てますです。
このトキ、もお一通のメールが届いたのです。こちらさんは、フレッツISDNに切り替えて、四六時中接続してるとの一文が添えてあったのです。
成る程、そお云うことか。更新ボタンを押せばスム話です。
大魔神コーナーの質問メールにもこの手のが多い。イヤ、タダ単に、不具合現象のみを記載して、ナンでやろとの内容やがな。
以来、その数、数十件。もしかして、百にも届くか、突破の勢いで、イマや、日に数通のトキもありますがな。
原因からすれば、パソコンの普及があって、フレッツISDNと、ADSLに、CATVの波及も進み、その切り替えをキッカケにして、つけっ放しにした初心者が慌てたのです。
我が輩にしてみれば、迷惑千万。ヨイ加減にしてクレと、突っ返したいけど、突っ返すにしても、ナニか一文書き添えるなら、更新ボタンを押してクレですむ話やし、全部、相手がチガウのです。
そんなナカ、最近になって、更に、一文、書き添えられるのが出現した。
イヤ、先方さんからですが、ご当人のURLを記載して、そこに、我がサイトをリンクしてもヨイですか。
更新ボタンのことも分かってナイのに、サイト運営してるのや。どんなんかなあと、探索すれば、出来たてのホヤホヤで、パソコンの通信販売屋さんやったりして。イヤ、それ以外にも通信販売屋さんが沢山有るのです。
困ったなあ。我がサイトは営利目的ではナイし、商売屋さんもリンクはしてますが、個人的色彩が濃厚や。それに引き替え、パソコンに限らず、通信販売屋さんは、純然たる営業サイトで、ソレばっかりのページです。
ナンやカやと、言葉を濁し乍ら、一週間、そのサイトを観察したのですが、一回も更新されず。
イヤ、更新履歴だけは更新されてたのですが、その一週間で一回で、パソコンの品種が一点修正されただけ。
その間には、更新ボタンで更新された。有り難とさん。更には、こんな紹介文でリンクしたいけど、ナニか問題があれば云うてクレ。
催促されて、これ以上、返事を延ばすのもナンやから、斯様に返答した。
勿論、リンクされるのは有り難いことやから、結構です。されど、我がサイトは営利目的で運営してませんし、営利目的濃厚なサイトはリンクしてませんので、貴サイトにつきましては、相互リンクとは致しません。
この返答により、先方からのメールもパタリと止んだけど、プラウザの更新ボタンさえ分かってナイ、通信販売のパソコン店主とはナンやいな。
それから、一ヶ月以上になりますが、我がサイトはリンクされてもナイし、そもそも、サイトそのものが、更新されず。管理者さんはナニ者や。イヤ、奇怪なる話も有ったのです。ワケ有り画像のCDはどおですか。
いずれにせよ、先方様の主目的は、我がサイトでパソコン店のリンクを貼り、宣伝セヨとの魂胆やろ。そのマエに自分のサイトをナンとかセヨ。
こんなこと、パソコン店に限りませんで。それこそ、ワケ有りサイトも有ったし、ワケ分からんサイトも有った。この手の申し出でなど、枚挙に暇ナシ。
有れば、その段階より、我が輩の監視下に有ると覚えオケ。
以上の如く、我がサイトでのリンクは簡単そおで、審査は厳しいのである。
元より、少数精鋭主義。変貌、即、抹殺。抹殺前にお断り。
(01/06/11)


NO.18 キチガイにパソコン(1)

大阪の池田と云えば、亀岡から車で山越えすれば、三十分で行けます。
大阪教育大学附属池田小学校で八名の児童が殺害された事件。
ナンともハヤ、ワケも分からんままに殺害されたご当人は勿論のこと、ご両親から、親族、縁者、関係者の気持ちを想うと、可哀想と云うよりも、胸が詰まり、腹立たしく、悔しく、震えが停まりません。
宅間守(三十七歳)なるキチガイは、マサシク、キチガイが刃物を持っちやがって、ナニをしてくれる。
理不尽な犯罪であっても、心身喪失状態なら、無罪になる可能性も残されてますが、法律的には、そおなってるから、仕方がナイでは済まされん。
少年法と云い、キチガイ問題と云い、限度を超した犯罪は、成人、健常者とオナジ扱いにするべし。
ナニも、幼い命が八名と云うだけではナイ。幸にして、あそこまで凶暴なるキチガイは、我が周辺には居てナイし、外出先でも、遭遇したことはナイけれど、ここから先、ダレが、何時、出喰わすかも分からんのやで。
この種の問題になると、人権擁護団体なる、馬鹿で、ワケの分からん連中が、シャシャリ出て、彼等にも人権が有ると、それこそ、キチガイみたいに声高に喚く。ならば、被害者の人権は、将来はナンとする。それは、運が悪かったなあでは済まされんのやで。
勿論、精神を患った人達、全てが危険でナイのは承知してる。
それなりの処置すれば、健常者としての生活が出来ることも承知。日本ではその体制が遅れてるのも承知。
それだけに、腹が立つし、一個人としては、ナニも出来ぬ無力感からも、持って往きよおのナイ、イライラが募るのみ。
されど、小泉首相が対応検討指示と、一旦、口にしたからには、やりなさい。
何処かの外国人がエラソオに云うてました。米国ではガード・マン常駐が常識や。日本ではナンの対策もされてナイから遅れてる。
阿呆抜かせ、この大学教授め。そんなモン、ナンの自慢にもなるもんか。如何にも、警備が当然と、学校でさえ、警備せねば安全が保てぬ犯罪大国、米国の真似なんかすることナイ。
日本の伝統さえ守れれば、日本ほど、安全で、素晴らしい国はナイのである。
さて、凶悪なる、キチガイに刃物では、生命の危機にも陥るから、出来ることなら、避けて、近寄るべからずなれど、顔に、キチガイとは明記せず、首には札をぶら下げてるワケでもナイから困るのや。
がしかし、ここでは、キチガイにパソコンの話です。
ネットの世界でも、出来ることなら、お避けして、お近づきにはなりとおもナイけれど、如何セン、この世界では不可能です。
その替わりと云えばナンですが、生命を奪われる危険性はナイのですが、精神的苦痛と時間の浪費なら、充分に被害を受けますのです。
我が輩は、冷静を保てども、気分の佳かろうハズはナク、歓迎する気は毛頭ナシ。
イヤ、正直云えば、冷静は、表面的に装うてるだけで、腹のナカでは、怒りで煮えたぎり、脳天では、カリカリと音を立て、徹夜で監視せねばならぬから、眼はかすみ、意識朦朧。
果たして、真夜中の、その形相たるや、どちらが、キチガイかも分からんくらいになって、もしかして、我が輩のホウが、如何にも、怪しく、近寄りがたい気配が漂うてるのでは無いかと心配になる。
ナンのことかを云い忘れてた。
キチガイにパソコンとは、掲示板アラシのことですがな。
徹夜で監視とは、書き込み、即、削除の体制ですがな。
(01/06/12)


NO.19 キチガイにパソコン(2) 掲示板アラシ(1)

掲示板アラシなるものの存在は、インターネットをやるマエから、噂では知ってたで。
何故か、女性のサイトが狙われるのやて。
と、云うことは、暇を持て余した男連中がアラシをしてることになる。
我がサイトなど、シバケンなる、風貌見るからに、むつけく、無精で、汚らしく、そこらの中年小父さんが運営してるから、どおなんかなあ。
されど、写真は公開してナイから、風貌不明なれど、自己紹介では生年月日を明確にしてますがな。云うたら、誤魔化したい年齢でもありません。
何処かの管理人さんなど、計算することもないのです。ご親切にも、何歳ですと掲載されてますが、如何セン、サイト公開時の年齢ですから、何年経てども、歳増えず。ならば、管理人様の博識、学識を発揮して、毎年訪れる誕生記念日には、更新してクレよなあ。
それとです。我がサイトに一歩でも迷い込めば、文字ばかりで読み難く、下手に眼を通しても、エラソオな云い廻しやから、読み手がイライラして、正常な頭でも、気が狂うやろ。
そんなこと、分かってますから、気を引くためにも、さあ、寄ってらっしやい、見てらっしゃと大々的なる宣伝です。
チンドン屋みたいな奇抜な扮装して、鐘や太古を打ち鳴らし、或いは、道行く人を片っ端から捕まえて、逃げる相手は袖をも引っ張り。
してみたいけど、お年頃の姉ちゃんはおろか、兄ちゃんにでさえ、見向きもされず、振り払われます。その証拠には、我が息子でさえも、タマにしか見てナイのやて。
それでも、世間は広いです。日本の人口、一億三千万人の半分と見積もれば、六千五百万人がインターネットをやってることになる。
ナカには物好きが居て、間違いかモノの弾みでチラリとでも見てくれても不思議ではナイのです。
その結果、コイツ、阿呆かいなと、歯牙にも掛けてもらえず、再度のご訪問もナシかいな。
とマア、そのハズですから、無駄な労力は辞めにして、大々的にはナンやから、多少の宣伝はしたけれど、所詮は、世間で認知されるには程遠い。
認知もされず、ムサイ小父さんのサイトでは、掲示板アラシも、寄りつかん。
そんなことで、一辺くらいなら、どんなモンか、経験してみたいけど、無理かいな。などと、世間知らず故の好奇心で、心底、ご訪問を期待とは、甘かった。
されど、アラシなるモノに、初めてご訪問して戴いたのは、さてはて、イツであったのか、忘れてしもた。
以降、度々ご訪問戴いてますから、都合ナン回であったのか。計算も苦手な故、両手、両足の指を全部足した数より多なって、天文学的数字となったのでは、数えることも出来ません。
ナニを血迷おたのか、我が無知蒙昧のサイトで掲示板アラシをする輩こそ、パソコン持ったキチガイです。
もしかして、パソコン持ったからこそのキチガイやも知れませんのです。つまりは、世を騒がした、巷の凶暴なるキチガイでも、刃物に、金属バット、石ころ、棒切れ、花瓶にコンパス。手にナニも無ければタダのキチガイで怖くもナシですが、車に乗れば、紳士淑女も立派なキチガイとなるのです。
それは別にして、剣道、柔道、空手に合気道に少林寺拳法等々、我が輩は武芸百般、やったこともナシ。
やった習い事は、セイゼイ、そろばん塾と、水泳の踏水会だけですが、生来の馬鹿ですから、向かって来たならば、応戦してやるぞ。
イヤ、相手の体格にも寄りますが、ソバに子でも居て、危害を加える気配なら、それも無視。我が持てるものならナンでも投げつけてヤル。
常日頃から、ノート・パソコンは持ち歩いてますが、これは、最終兵器です。ならば、ポケットに、携帯電話が有りますが、これで、応戦するには無理が有る。
あとは、財布に小銭入れに、ハンカチとティシュ・ペーパーと各種の鍵。ドレもコレも、武器には程遠いから、ヤッパリ、頭突きか鉄拳しかナイのです。逃げる手段も残ってますが、我が輩は運動不足に加えて駆け足も遅いからアキマセンのです。
それこそ、水中ならば、道具はナニも要りません。相手の体格に怯えることもナシ。十中九の確率で、泡を吹かせ、沈めてヤル。それでは、我が輩が殺人鬼になるから、寸止めしてやろかなあ。
さて、パソコン持ったキチガイは、「パソコン大魔神コーナー」が世に広まるに連れ、我がサイトに出没することになったのです。
おそらくは、小心者のクセして、自尊心だけは富士山より高く、知能は、猫以下。
猫と比較してはイカンなあ。猫なら餌でもやって、可愛がれば、ゴロゴロと喉を振るわせ、甘えてくれますが、掲示板アラシは不作法そのもの。
(01/06/13)


NO.20 キチガイにパソコン(3) 掲示板アラシ(2)

宅間守なるキチガイは、大阪教育大学附属池田小学校を襲い、手当たり次第に八名の児童を惨殺した。
この事件の捜査が進むに連れ、薬物は服用セズ、計画性もある。
もしかしたら、精神病患者を装っただけで、犯行の時も心身喪失状態ではナイから、刑事責任を問うことが出来るとの報道がある。
がしかし、この常軌を逸した行為をキチガイと云わずしてナンと云う。我が輩の称するキチガイとは、こんな奴のことを指す。
もっとも、精神病患者と接触した経験がナイから、どの程度の異常で患者と判定するのかは知りませんが、巷で噂の変人、奇人程度なら、小学生であれ、大人であれ、無差別のまま、他人様は元より、親族縁者でも殺傷するなど出来ますまい。
ここで云う奇人、変人とは、一風変わった人のことを云うのです。
もしかして、知らぬ処で、イヤ、お隣さんと、ご近所さんが、我が輩のことを一風変わったお人やなあと、噂を流布し、垂れ流しされてるかも分かりませんで。
もしかして、サイトを覗いたお方様も、我が一文、チラリと一瞥しただけで、異臭漂うヘンな奴と判断されてるやも知れませんがな。
分からんこともナイのです。気に喰わんことがあれば、忽ちにして、瞬間湯沸かし器に変貌し、ムツっとしてしまう。ムツだけですから、台所に飛び込み、刃渡り十五センチの出刃包丁を取り出すことも致しませんので、物理的危険性には乏しい湯沸かし器です。
そもそもが、出刃包丁の場所を探すだけでも一苦労。熱効率良好なる湯沸かし器のため、探してる間にも、冷却してしまうし、男子厨房に入るべからずで、料理などしたことない。
嫁はんが居てなければ、息子にやらせるし、息子も居てなければ、母ですし、全員不在なら、どおしたもんか。
コンビニで、食料を調達してもヨイけれど、出るのさえ邪魔くさいから、適当に家のナカを物色して、カップ・ラーメンでも見つたら、万々歳で、タマにはお湯くらい、沸かすことはある。当然、ラーメンを食べるためと、コーヒーを飲むトキだけ。
尤も、厨房と自慢するだけの広さはナイのです。
さてここで、殺人鬼とまでは、云い過ぎですから、その手前の犯罪者と掲示板アラシをオナジ土俵で語れるかです。
我が輩は同類と見てるのです。どちらも、我が儘、気儘で、甘やかされ、自己顕示欲旺盛で、常識の欠片もナイ。
まず、云うてやる。アラシはナンのために決行するのかです。その目的はナンですか。タダ一点、サイト管理者を困らせることだけにある。
アラシをされて、ナンで管理者が困るのか。
掲示板に、管理者に対する誹謗中傷、ワケの分からん文言を羅列されてたら、常連さんが訪れても、雰囲気が緊迫し、冗談の一言も、書き込みし難いではナイですか。
つまり、掲示板なるものは、パソコンで、インターネットさえ出来るなら、ダレもが、自由に入り込み、覗き込み、書き込みが出来る公開されたサイトの一部です。
掲示板設置の目的にも寄りますが、殆どは、第三者のダレに読まれても、恥ずかしくナイ、世間話の場になってます。
よって、読まれて困ることなど書き込みするナカレ。このことが、暗黙の了解事項となり、聞き捨てならぬことを書き込みする馬鹿も居てませんのです。
イヤまあ、我が輩は、こんな性格ですから、敢えて意識的に聞き捨てならぬことまでも、書き込みすることもありますが、出来る限り冗談と分かってクレるよおにしてるツモリ。
ツモリだけですから、当然、一人合点でありますが故に、誤解も、六階も有るもんか、七回忌に、猪八戒、苦界から、十戒まで存在するがな。
よって、管理者に対し、個人的にナニかを訴えたければ、メールにすればヨイ。
それこそ、アラシ野郎と比較するならば、Windows3.1のヒツコイ兄ちゃんも、常識外れのネスケ小父さんのホウが、数段マシ。
そらそおや。メールでなら、如何なる激論、誹謗中傷、攻防、された処で、表面的にはナンの波風も立ってないから、サイトにご訪問者の皆様に感知することもナシ。
阿呆な冗談連発で、大いにサイトを賑わし、佳とし、快とする。
そもそもが、アラシと称する野蛮で卑劣なる行為を、健全なる常連さんがヤルわけがナイ。
つまりは単なる一見さんで、アラシの中味からして、「パソコン大魔神コーナー」の質問者か、独り善がりのパソコン・オタク野郎。
それにしては、数あるナカには、アラシなる、非常識行為であったとしても、ヨク眼を通してるのも存在する。
ナカには、その行為が、掲示板アラシに該当してる自覚がナイのか、我が輩が勝手に一人相撲して、憤慨してるだけなんか、ご丁寧にもメール・アドレスを入力してる奴も居る。
とは云うても、入力してたのは、一件だけで、我が輩も、その宛先に、メールしてやった。
Q&Aに対し、文句有らば、掲示板に書き込みセズ、正々堂々、我が輩にメールせよ。
忠告のため、応戦したのに、音無の構え。ここで、再三再四、ヒツコク、追求したら同類になってしまうから、一回だけで辞めといた。
ここで、ハッキリさせたいことは、掲示板で、ゴチャゴチャと、誹謗中傷、嫌がらせの文言を書き込みする奴は、常識外れで、キチガイで、ネット界のクズ、ゴミ、邪魔物、恥さらし。
まだ云い足らん。ソイツの親に成り代わり、お尻めくって、張り手百発。
ちょっと待て、匿名では男女の区分が出来んのや。
アラシは糞餓鬼野郎と決めつけたけど、チガウなら、雌餓鬼尼から、セクハラ、痴漢行為の変態中年として、司法当局に訴えられるから、怖い世間となりました。
(01/06/14)


注1:メルマガはスパム・メールの原因になる場合があります。
登録の際は要注意してください。「SPAM撃退法秘伝」を参照してください。
(追記:03/09/17)



inserted by FC2 system