シバケンの単なる雑談NO.94

雑談NO.91 雑談NO.92 雑談NO.93
雑談NO.86 雑談NO.87 雑談NO.88 雑談NO.89 雑談NO.90

雑談NO.80 雑談NO.85
雑談NO.55 雑談NO.60 雑談NO.65 雑談NO.70 雑談NO.75
雑談NO.30 雑談NO.35 雑談NO.40 雑談NO.45 雑談NO.50
雑談NO.5 雑談NO.10 雑談NO.15 雑談NO.20 雑談NO.25
題目一覧表

目次

雑談NO.95

NO.1210 諸般諸々の挨拶の話

NO.1209 表鬼門の南天の木の話

NO.1208 母のショート・スティの話

NO.1207 余談<2件>

NO.1206 母帰るの話

NO.1205 次男来るの話(2) 今頃になっての、ホワイト・デーの話

NO.1204 次男来るの話(1) 墓参でばったりの話

NO.1203 妹夫婦来るの話

NO.1202 再々度の、「亀岡シミズ病院」の話(3) 無罪放免の話

NO.1201 再々度の、「亀岡シミズ病院」の話(2) 「5」番の威力の話

雑談NO.93


NO.1201 再々度の、「亀岡シミズ病院」の話(2) 「5」番の威力の話

本日、朝には、母、「けやき」からの、お出迎え。
こちらは、老年男性1人が車での送迎されてまして。ディ・サービスの、「こもれび」とは、又、雰囲気が異なるですが。イヤ、「こもれび」は、所謂の若手でして。

無事に、送り出せば、久しぶりの、墓参にと。嫁はんとです。
そら、この土日、ズと母居てたら、墓参もままならず。
行って、母の事、そして、我が親族。要は、息子共一家の事、等々、近況伝えの万事、宜しくと。近況もねえ。大して知らんですが。私にあれこれ、報告も、打診も、一切の、ありませんでして。
よって、息子共の方は、万事宜しくとしか、云いよが無く。

での、墓石の、花立ての石が、本体から、ズレてましてねえ。イヤイヤ、何やら、セメントの破片のよなのが、落ちてるを発見。何かなあと、墓石周辺と、云うまでも無く、花立ての石が本体から、ズレてるを発見。
多分なら、過日の地震で、やられたかと。とは云え、当家以外のも観察すれど、我が墓石程の顕著な、ズレ見られずでして。観察も、周辺の数箇所なれどです。

イヤ、「河波忠兵衛」の事務所に立ち寄り、斯くの然々での、修繕宜しくの。ついては、修繕費用如何ほどかと。尋ねたならばの、三千円也と返事したか、四千円であったか。失念の。その程度でして。
嗚呼、良かったなあと。ン万円の費用云われたら、どしょかと、案じたですが。
まあなあ、土台が少々変形したとしても、そこから、直すであるまいにと。まあ云うたら、セメントで、くっつけ直すだけなんかなあと。

での、イツにして戴けますかの、本日にでもと。へえと。
修繕代は、イツでも結構との事で。次回、来月にでも、来た時にと。当たり前に、修繕されてるを見て、確認してからでして。

オトトの往々にして、斯様な事はあるです。聞くです。
墓石に何かある時には、一家に何かあったり、前兆であったりと。よって、月参りでもしまして、相応の処置をと。イヤ、別段にの、母の事を指してる、示してるとは思てませんです。一家でして。
家を守るの存在、立場の者は、常々、心掛けよと。
とは、私が思てるだけなれどと。
そらなあ、墓参せずして、斯様な事、分からんわと。

墓参が終われば、帰りの道中にて、昼飯喰て。
本日、午後からは、「芋煮会」でして。

思えば、前回です。
「芋煮会」に、参加してての、作業中にも、家<嫁はん>から、ケータイに、電話一発。ショート・スティ先の、「けやき」から、母高熱。38度故、即の、戻って、母を医者にと、云われてると。へえと、戻りの、嫁はんと2人で、母を引き取り、「亀岡シミズ病院」えと。
インフルエンザを疑おたですが。早過ぎても分かりませんと。明くるの日曜日には、「南丹病院」にと。イヤ、「亀岡シミズ病院」では、日曜日、やってませんと、云われたからでして。
結果、インフルエンザも、肺炎も白。
高熱原因、風邪かと。

その風邪症状、熱も、昨日<19日・金曜日>の診察の時までには、解消されてまして。イヤ、以降も、又、ショート・スティ先、「けやき」にての、熱出してまして。されどの、37度辺りであったがため、返品されずに済みまして。
但し、戻ってから、又、37度の熱出し、先週土曜日<12日>、ショート・スティ先の、「けやき」には、キャンセルを伝えて、再度の、「亀岡シミズ病院」えと。

処方して戴いたの薬の効能発揮の、最早の風邪症状、熱も、回復してるですが。その時、来週来いと決着付けると、先生から、云われてるが故、再診して戴いたが、昨日の、金曜日でして。

そんな事で、その再診の順番取りの、「5」番となれば、ゆっくりもしてられませんでして。
9時から診察も、善は急げ、急げの、大急ぎにて、母を車に乗せまして。有料道路で、「亀岡シミズ病院」えと。
流石に、8時半なら、駐車場もガラガラのガラ。正確には、三分の一程が空いてまして。楽勝やなあと。安全見て、嫁はんにも来て貰たですが。有り難うさんと、帰ってもろて。
ソラなあ、ン時間も待たされるを何回も経験とするのか、やられててみい。30分程度、早く着くも、大した事ではありませんでして。場合により、先生、15分や、30分、遅れて、診察する事もあるですが。
開始まで、1時間待たされても、どて事無いわと。
とりあえずは、午前中に終わって、帰るが出来たら、万々歳。

イヤ、待合いもガラガラのガラで、いつもとは雰囲気が違うです。当たり前の話の、早出の患者ばかりでして。眠たそでねえ。
での、着いて、場所もガラガラでの、最前列、車椅子が駐め易いの場所の、特等席に座って、15分もしたら、方々で、「何とか様」と、看護師が患者を呼び出すの声が聞こえてねえ。
イヤイヤ、整形外科、外科、内科、泌尿器科に、神経外科がありまして。内科の診察室からも、看護師が出て、声掛けた故、扉の隙間から、覗けば、先生着席してまして。へえと。思たより、真面目なんやねえと。

大抵なら、15分や、30分、遅れるがザラでして。
イヤ、15分前に仕事してるが故に、感心したです。

処置室からも、呼び出し開始で、「何とか様」と。診察室の電光板も、数字が点灯、いきなりの、「2」番と。へえと。
ならばの、少なくともの、5番目には、処置室なりから、母の名が呼ばれる筈の、案の定の、9時には、呼ばれてねえ。ハイと返答の、即の入室。採血されまして。
イヤ、採尿、レントゲンもあるかと思いきやの、採血だけですて。又もやの、へえと。先生が、採血だけで、結構とするなら、結構なれどの、肺炎の方はどなんかなあと。前回には、3枚の写真を見比べられてたですが。一週間では、差もなあと。

での、採血されたならばの、後はひたすらの血液検査結果を待つしか無いですが。これも、公式には、25分とされてるですが。この番号やでと。数やで、人数やでと。始まったばかりやでの。
1時間も、1時間半も掛からんやろと。

検査担当に持ち込むまでの、所用時間考慮しても、30分程度かと。
思てたら、その30分しての、9時半、診察室より、「5」番の母の名、呼ばれてねえ。ハイと、元気よく、挙手しの、返事して。
母の代行の、私がです。
(13/04/21)


NO.1202 再々度の、「亀岡シミズ病院」の話(3) 無罪放免の話

そんな事で、昨日<20日・土曜日>には、朝から、諸般ありまして。
母をショート・スティ先に送り出し。送り出せば、墓参にと。墓の石の花立てにズレが生じてての、「河波忠兵衛」事務所に、修繕依頼。
帰りの道中にて、昼飯喰て。家に戻れば、私の方は、「芋煮会」に参加で、出掛けまして。

畑仕事、そのものは、大した量は無く。正確には、農園主がやってしもててねえ。イヤ、昼から、雨の予報があったためでして。
そっちは、早めに切り上げまして。誰が云い出したか、フサオ君であったか。「竹の子」採りに行かへんかと。

嗚呼、それはええなあと。
家に手土産として、「竹の子」があれば、上等でして。私なら、昨年以来2度目かと。
イヤ、農園主、方々に山を所有してまして。山とするのか。山の一角なれどです。皆で、参加者、総勢15名で、出掛けまして。兎に角、全員が持ち帰るが出来る数を収穫致しまして。
いやなあ、「竹の子」も、最初は、見えませんですが。土の上にかすかに、頭を出してるの状態がです。誰かが、見つけたのを見てる内には、目が慣れ、見つけるが出来るです。

まあなあ、その日の、明くるの、本日<日曜日>には、次男一家が来るになってまして。
オッとの、その時にはでして。「竹の子」を持ち帰れば、ええ土産が出来るなと。
その本日<日曜日>の話は、後回しに致すです。


での、「亀岡シミズ病院」再々度の通院の、19日<金曜日>の話。
イヤイヤ、斯くなるでの、7時半に、嫁はん順番取りの、「5」番獲得。
診察開始、9時からなれどの、8時半には、母を乗せて、病院に着いて。早くも、9時には、処置室から、呼ばれて、採血しまして。只なあ、採尿、レントゲンもあらへんでねえ。フウンの、所用時間。
とは、公称の血液検査の時間なれどの、30分して、9時半に、診察室から、呼ばれてねえ。へえと。流石に、「5」番は、早いなあと。

正直、早めに来て良かったわと。
大抵ならばの、先生診察室入室、9時過ぎと思てたのが、15分前には、全科入室されてまして。意外と云えば、失礼の。先生、真面目なんやなあと。イヤ、通例、従前、それが常態化してたですが。当世では、チャンと時間までには、仕事をされるよになってるのかと。感心したですが。

での、入って、先生には、宜しくお願い致しますと。
挨拶したなら、先生、どんな具合えと。ハイの、お陰様で、処方して戴いたの薬で、体温も、下がってまして。風邪症状も、可成り改善してるです。
まあ、つまり、ティッシュの箱、1箱が、2日で、無くなってたのが、マシになってまして。ティッシュの山が、小山にと。
までは、申してませんですが。

ほんまやでの、この数週間、痰が出て出て、出まくって。拭いて、拭いて、拭きまくりの。一寸でも出たら、何度も拭いて。お陰様で、通院の際にも、ポケット・ティッシュでは間に合わずの、1箱、持参してたですが。
ここ数日には、ティッシュの消費量も減り出して。
当日も、1箱、持参はしてたですが。まあなあ、待ち時間、短いのもありですが。1枚も、使てませんでして。
とも、申してませんですが。

諸般の状況より、風邪は回復傾向にあるは実感してるです。
只なあ、食欲が一寸、不足気味の、便秘症状がと。とは、伝えたですが。そですかの返事も無くの、只、血液検査結果では、矢っ張り、腎臓が一寸、悪いなあと。
それは、従前より、分かってるですが。

での、胸を触診されの、チャンと食事せんと、あかんでと。母にで、まあなあ、どもありませんの、次は薬<いつもの薬の意>が切れた頃、又、来てなと。
嗚呼、良かったなあの、回復でと。私が、母にで、先生には、ハイ、有り難う御座いますと。感謝の意を伝えまして。

イヤ、薬が切れたらも、難しいの判断でして。
睡眠薬なら、1箇月分を処方して戴いてまして。その他のなら、3箇月分。
実は、薬も、別途の町医者から、戴くにしてまして。そのために、この1月、「ふないの里」退所、即の、「亀岡シミズ病院」に来まして、しかるべくの、「紹介状」を作成して戴いたですが。

それもあるし、実際には、果たしての、母の風邪症状なら、素人目にも、回復見えてまして。
真面目に通院も、必要性無かったですが。云うたら、その他の疾患、肺炎であるとかや。別途のがあっては困ると、指定の当日、通院したですが。結果的には、レントゲン無く。血液検査のみの結果で、諸般診察、診断出来るのかと。

まあなあ、結果、無罪放免にての、ホっとしたです。

そして、帰って即の、「けやき」に電話一発。
斯くなる次第の、明日、土曜日より、宜しくお世話になりますと。伝えまして。
「こもれび」の、ケア・マネージャーにも、同様の、無罪放免なって、明日より、「けやき」に残りの、ショート・スティに行きますのでと。

残りとは、元々が、今回、4月12日から、25日の予定であったです。これが、行くの当日、母の体温異常かと。計れば、37度突破で、これはと、一旦、一週間のキャンセルをと、連絡致したです。
そらなあ、熱出しての、ショート・スティに行ったって、返品されるです。先様に迷惑でして。

そんな事で、20日<土曜日>から、25日の予定で、ショート・スティにと。
多分なら、「けやき」での、風呂、月曜、水曜、金曜日かと。イヤ、知らんですが。その金曜日に、若干の風邪症状のままに、先様に行っては、風呂入って、熱出しての、パターンが続いてたかと。

されどの、土曜日より、ショート・スティなら、風呂の日、間が開くがため、まあ、安全かと。
そらなあ、1日も早くに、風呂に入って、すっくりさせたいですが。母をです。
この季節、寒暖の差、激しく、我々の家では、自然状態、そのままでの、体調管理難しく。施設なりの、空調しっかりしてるの処の方がと。
よって、月曜、火曜日辺りの状況に注意がと。注意も先様からの連絡の有無だけなれどと。
(13/04/22)


NO.1203 妹夫婦来る話

斯くしての、19日の診察結果、無罪放免の、投薬も無く。
精算して、10時には、家に戻れてたですが。

こんな事なら、以降、母を病院の際には、7時半に順番取りをと。8時半頃に病院に着きさえしたら、駐車場も、別段にの、ガラガラ状態での、嫁はんに付き合おてもらわんでもと。

での、明くるの土曜日<20日>には、ショート・スティ先、「けやき」からの迎えの車が来まして。無事に、先様えと。
イヤイヤ、多分なら、先様では、家で程は、うるさく無いのやろねえ。但し、痛い、イタイ、しんどい、しんどいの連発と、在らぬ場所、場面で、手を出したり、足を動かしたり。車椅子での移動で、勝手にブレーキ掛けたりと。
過日、ショート・スティ先責任者が申してまして。これは、直らんなあと。

イヤ、家では、トイレに入るの際。入るの際には、持つ必要性の無い、手摺りに手を出して。これが素早くてねえ。アカン、アカンと注意するですが。毎回でして。下手に持たれてみい。危ないです。
車椅子諸共の、出来る限り、トイレの中に入れるがため、動かしてるの最中故に、手を怪我するの可能性がと。

とかとかの、母がショート・スティに行ってる間の、暫くは、気も休まるですが。
その土曜日には、嫁はんと一緒に墓参をしの。地震でやろねえ。花立てが傾いてたのを発見の、修繕を、「河波忠兵衛」事務所に依頼しまして。

昼一番には、「芋煮会」に参加。
農作業そのものは、農園主が粗方、やってしもてましての、ならばと、皆で、「竹の子」狩りにと、くり出しまして。総勢、15名分。実際には、農園主はいらんと云うし。又、夫婦で参加の一組一件としての、13個以上収穫するべくの、頑張って。何個、何本、採れたか、少なくともの、人数分確保。

ででの、明くるの、日曜日<21日>には、朝から、妹夫婦が来るになってまして。昼からは、次男一家が来る筈が、孫君3号<次男家第一子>、一寸、風邪気味との事で、次男だけが来るになって。

オッとの、での、妹夫婦が何用かと。
思てたですが。
ソラ、母、当日には、居てませんでして。ショート・スティ先でして。での、10時半頃であったかに、到着の、用件、長男の新築祝いの祝い金持参してくれて。へえと。
本来ならばの、当人宅に持参すべきなれどの、遠いしなあと。ソラ、そでして。神戸では、ヒョイとは、行けませんです。
所用時間的、2時間でもの、気分的、神戸と聞いただけで、遠いわと。

イヤイヤ、妹一家、現在唯今、伏見なれどの、一昨年までは、滋賀大津でして。琵琶湖大橋近くがため、所用時間、1時間半、2時間掛かったですが。印象的、隣の県故、遠くと、感じてませんでして。
イヤ、変な話、奈良県なら、又、遠くに感じるですが。実際には、大阪なら近くなれどの、中間的での、兵庫神戸となれば、聞いただけでも、印象的、遠く。

での、長男家、新築の件、正直、最早の2箇月が過ぎての、そんな事、念頭に無くの、想定外の事での、有り難くと。代行にて受け取り、しかるべくの、渡しておくと。とりあえずは、仏壇にと。
イヤ、この、5月の連休には、来るになってまして。
まあなあ、来ても、1日、2日で、帰るですが。ほんまになあ、諸般、そんな事やでと。

にしても、妹家には、長女、既婚。孫君1人。
息子が2人居てるですが。長男同居で、イヤ、就職先、東京にての、一時、離れてたですが。
での、独身でして。婚活中でして。良縁早くに見つかればええのになあと。とりあえずは、当人が結婚について、どこまで真剣、その気がありや、なしやの問題かと。
その前に、とりあえずは、ご縁でして。

次男の方は、大阪に行ったらしく。イヤ、以前に聞いてたですが。行くと。
何やら、アニメと云うたか。何かの、プログラミングの専門学校に通うですて。そのため、当面、新聞販売店に下宿するですて。オトトの、我が記憶、曖昧なれどです。まあなあ、私からしたら、まだまだ、若く、20代。
好きな道を探し求めてるになるですが。親にしたら、早くに正規社員になれと。その上で、しかるべくの好きな道を探せばと。この気持ちも分からんでは無いですが。
冒険とするのか、出来るも、若い内でして。これが、40にも、成って、探してるよでは、困るですが。先の通りの、20代。今の内やなあ。とは、無責任なるの我が感想。

そらなあ、天職なるは、見つかれば、幸せでして。ナカナカに見つからんわと。殆どの面々、見つけるが出来ずかと。私にしたって、果たしての、これで良かったとは、思てませんの、道を誤ったの気がと。
されどの、この歳にての、今更でして。

余計な話の、人生やり直しが出来るならばの、再度の、20代、30代でも結構の、再出発したいなあと。思ても、過ぎたるの時間、戻せませんでして。
ほんまやでの、諸般の選択、あっちにしたら、こっちにしたら。あの時、こしてたらと、するが、あるですが。万事、その当時には、経験浅くの、先も、手元も、見えてませんでして。
それを云い出せばの、現在唯今でも、同じやなあと。進歩無いなあと。
その場、その場で、最良の選択してるつもりが、裏目、裏目が多いわと。全部、表目やってみい。凄い事になってるわと。高名、有名、大金持ちかと。されどの、何故か、金運無く。残念無念のと。
これ又、ご縁の世界かと。欲張ってもの。とは云えどの、最低限度の、金運欲しいなあと。
これこその、今からでも、遅くは無いの、そっち方面の、精進、精進に勤めるかと。

オトトのそんな事で、時分時故、近在の、ファミリー・レストラン、「Joyful」にと。
ここで、諸般、婿殿の母上様、「要介護2」でして。その話。
我が母、「要介護4」での、その話。

「要介護2」となればの、自立は出来てまして。手摺りがあればの話、自力で、トイレにも行けてるですが。ソラ、自力では、諸般、時間も掛かりの、失敗もと。
その辺り、我が母、小水の失敗、少ないですが。大の方がと。但しの、風邪気の時でして。勿論の事、大も、小も、失敗、少ないだけの事での、ソラ、あるわと。
年寄り見てましたら、将来の自分も、こなるかと。思えば、正直、嫌になるの。
その前に、こんなになって、諸般、見てもらえるのかなあと。
私なら、祖母とは、身近の、一緒に暮らしてまして。母も、同様でして。
(13/04/23)


NO.1204 次男来るの話(1) 墓参でばったりの話

この処、夜、21時頃ともなればの、うつら、うつらの、ウゥツラと。
頭、がくがく、揺れ動きの、ハタと、気が付けばの、寝てもおてるです。
小1時間なりして、起きるですが。完全に夢の世界に突入のと。別段の、夢は見てませんですが。多分ならなと。
イヤ、母、ショート・スティに行って、ナース・コールも鳴らへんし。気楽、気楽の、ナース・コールに注意するの事が無く。

居てたら、全くの寝てませんでして。
夜、2時、3時辺りまで、起きてましての、オシッコにお付き合い。眠とおなれば、母を様子見しまして。行くかと、オシッコに誘いまして。起きるよなら、連れて行きの、終われば、寝るにしてるですが。
起きねば、起こしてまでは、可哀想の、そのままにして、寝るですが。

後は、嫁はんに任せてるですが。
下手したら、寝たの直後の、3時過ぎ、4時頃であったりの。6時にも嫁はん起こされたりと。
私の方なら、3時頃、一旦、寝床に入れば、爆睡でして。雷鳴っても。この処、季節柄の、鳴ってませんですが。地震があったら、目が覚めるですが。これは、一度あったですが。しかるべくの、7時頃まで、起きませんですが。
考えてみたら、睡眠時間、4時間、5時間なんやなあと。

イヤ、正直、ショート・スティに行くまではと、頑張って。行っては、返品されたり、熱出て、キャンセルしてたでは、保たへんわと。
オッとの、保たせん事には、アカンですが。
いやなあ、母も昼間寝てたでは、夜も寝られませんでして。にも関わらずの、20時頃には、睡眠薬をくれと、云い張りの。ダメと、21時半になれば、飲ませて、以降の、我が担当の時間帯には、ふらふらでして。これ、困るんやなあ。
元々が自立出来てえへんのに、足元、ふらふら、トイレで、支えるに。車椅子に乗せるに、狭いトイレで、一苦労。転かしてしてみい、えらい事やしと。

での、その習性、習慣、母が居てへんからと、ソは易々の戻りませんでして。結果、概ね、2時頃まで、寝られずでして。困ったなあと。
さりとて、早めに寝て、母、戻れば、起きてられへんやろしと、悩ましい処かと。
にしても、便秘症状、解消傾向にあっての、一安心。


ででの、日曜日。
そんな事で、妹夫婦と、あやこやと。
介護の愚痴を云い合いまして。
そんな中、この彼岸、3月末なんやろねえ。妹夫婦、墓参してくれたらしく。その際、次男一家とばったり、会おたですて。へえと。
孫君、大きくなってるねえと。そやろなあと。他人事みないな、返事になってねえ。
そらなあ、ここしばらく、見てへんでねえと。云うても、会う度、しっかりした顔付きになって来てて、頼もしいですが。

大体が、見たが、何回やと。
産まれた明くる月、嫁の実家に訪問での、見たが初回。
12月に、初宮参り。明けての、正月、3回目。果たして、モ1回、あったよな、無かったよなの。おっとの、お食べ初めをしたなあと。結果、産まれて、半年にての、その4回かと。

云うてるの間に、嫁はんがインフルエンザに掛かったり。母が熱出したりの。これ又、次男がインフルエンザに掛かった、とかとかの。での、よ考えたら、車のタイヤ交換云々で、来るの話も、今度は肝心の当人、孫君が風邪気味とかとかで。
イヤ、私の方は、孫君の初節句と勘違いしてたですが。先の通りの、タイヤ交換目的でして。

その日、妹一家が来た当日<21日>の昼、何時か知らんの、1人で、来るになってるですが。
イヤ、来たですが。その話は別途の、墓参りで、妹夫婦に会おた話は聞いてませんでして。そもそもがの、墓参したの話も知らんわの。そこまでの話もしいひんかと。

そもそもがの、私になんか、誰からも、電話無く。オッとの、過日、嫁はん、インフルエンザの際、ケータイ、ピンポンか、リンリンかの。着メロ、何かよお知らんの、誰かと、思いきやの、珍しくも、次男からで。
インフルエンザやてなあと。行く予定を延期するのケータイがと。

とかとかの、話の一部は妹夫婦としたですが。
大抵ならばの、孫君を見たの回数かなあ。
イヤ、婿殿より、その時、撮ったの写真を見せてもろたりと。ンの、誰に似て来てるのやろかなあと。この辺りでは、見方、撮り方にて、色んな風に見えまして。一時なら、私に似てるよに思てたですが。
時には、父であるの、次男に似てたり、嫁であったりと。

トトトの、そんな事で、「Joyful」にて、昼食をの。我が家に戻って、コーヒーでもと。思てたですが。まだ、諸般の用事、「アル・プラザ<平和堂>」の商品券、1500円かが、あって、買い物に行くとやらで、そのまま、サイナラしたですが。


での、何時頃であったか。今度は、次男到着の。
要は、1人で、来て、タイヤ交換ですて。イヤイヤ、タイヤを我が家に置いてまして。スタッド・レス・タイヤと交換のためでして。家の横手に保管のを、出して、車に載せて。交換にと。どこに行ったか。
国道添いの、「イエロー・ハット」か、縦貫道脇の、「オート・バックス」なんかなあと。イヤ、聞いて無いし、知らんですが。

にしても、昨年、正月には、長男、次男が、墓参で、上の叔父嫁<叔父は他界>と、その娘<我が従兄妹>と、ばったり、会おたと、聞いてまして。
此度は、次男一家、墓参で、妹夫婦にと。

何故か、私共夫婦、墓参で、誰とも、会おたの試し無く。そらなあ、月参りしてるのにと。
での、次男曰くの、私共、行くは、どちかとなればの、彼岸なり、人出の多い日は避けてるとするのか。余り、考えて無く。要は、出来る限りの、月初めとだけでして。
結果、会う事がナカナカにと。では、無いかと。それもあるのかなあと。
全くのと、なれば、マダ、線香がの。誰かが、参ったの、直後に、墓前に着いたりならばの、あるですが。ばったりは、見事に無いです。
それこその、この、ン十年やでと。月参りしてるのにと。
(13/04/24)


NO.1205 次男来るの話(2) 今頃になっての、ホワイト・デーの話

介護用品レンタル屋からの、領収書が届いたです。
イヤ、金融機関からの、自動引き落としでして。これだけ、戴いたぞの通知でして。

金額見て、えと。
えと、云う以前の、3箇月分<1月から、3月>、まとめての総額なれどの、11500円。そかと。これで、1割負担でして。結果、11万円からの、レンタル料に相成るかと。凄いなあと。
1月も、12日からでして。確かに、15日締めと聞いてるですが。1月は、3日借りて、1箇月分かと。サービスしてくれたらええのにと。思えど、そんな交渉してませんでして。
これは、儲かるなあと。

確かに、ここ数年、十年にて、介護、福祉関係の業者が増えてるです。少子高齢化で、所謂の老人関係、年寄り相手は、成長産業、分野でして。
介護施設は当然の。食材の宅配、この、介護用品レンタル屋。

での、例えばの、母が、「ふないの里」に、入所したなら、レンタルは一旦解除、解約になるですが。解約しても、ベッドなんかの大物は、別段に、置いて戴いても結構なれどです。レンタル料さえ、発生しなければの話。
トイレの手摺りは、邪魔やしなあ。持ち帰って欲しいですが。又、車椅子は要らんしなあ。スロープも、置き場、実際には、困ってるです。そら、長さ、2メートルでして。現在では、家の外壁に立て掛けてるですが。強風で、倒れたりしたら、大変でして。


とかとかの、そんな話は結構の。21日の話。
次男も、タイヤ交換が目的でして。終わって、コーヒーでも飲んで、茶菓子喰い。暫くしたら、ホナラ、サイナラと。
オッとの、晩飯喰てから、帰るかと、思いきやの、えらい早いなあと。

そしたら、竹の子の半分でもを持ち帰らせるべくの、嫁はん準備致しまして。
まあなあ、タイミングが宜しいです。昨日<20日>、「芋煮会」採れた処でして。
サツマイモ、ジャガイモ、タマネギなら、少々の保管も出来るし。多いなら、近所にもお裾分け致すですが。竹の子なんかは、そは出来ず。戦利品として、持ち帰ったも、実質、1本。
にしても、スーパーなんかで、売ってるのは、チャンとした、竹の子でして。サツマイモ、ジャガイモ、タマネギにしても、形が揃てまして。
「芋煮会」のは、大きさバラバラ。形もイビツ。
人数も、10人、15人ともなればの、豊作でも、均等に分けたら、知れてまして。

それと、モ一発。
嫁から、もろた、バレンタイン・デーのお返しの。ホワイト・デーのチョコレートをば、ズと、保管してまして。
そらなあ、コレ又、諸般、会うの機会無く。
一時は、送ろかなあと、思たですが。別段に、腐るのモノでも無く。イヤイヤ、それこその、こっちが良ければ、あっちの都合が。あっちが良くとも、こっちの方がと。嫁はんがインフルエンザに掛かったり。
母が熱出したり。次男がインフルエンザになったりの。此度は、孫君、風邪気味にて、来られませんでして。

ほんまやでの。
長男嫁には、イツであったか。長男一家、引っ越しの際。丁度、3月15日でして。持参したですが。引っ越しの混乱の中、手渡したですが。果たして、どなったかなあと。とりあえずは、間違い無く、手渡した故、後は、あっちの、宜しいよにと。

イヤイヤ、調達したは、2月でして。バレンタイン・デーで、戴いて、即に、ホワイト・デーのをと。忘れん内にと。「アル・プラザ」にてでして。
変な話、上等を戴くと、ホワイト・デーのも、悩むなあ。返礼、立場上、それ、以上のをと、成りまして。果たしての、ソレ以上に成ってるかが、分からんですが。正直、少々、張り込んだですが。
それを、次男嫁の方には、渡すの機会、延び延びになってての。やっとで、息子に持ち帰ってくれと。肩の荷、降ろしたとするは、大袈裟なれどの、下手したら、忘れてしもたりを、心配してたです。


ででの、そんな次第の。実は、この日、4月21日<日曜日>なるは、京都縦貫道の沓掛から、名神高速道路の、大山崎の開通の日でして。15時からでして。
来しなは、14時には、着いてかで。帰りは、それで、帰るかと。どんなモンかなあと。
いやなあ、ソラ、次男宅、長岡京市でして。大山崎の手前なれどの。料金等々、所要時間によっては、便利でして。
<参考=「京都第二外環が開通 沓掛-大山崎9・8キロ 縦貫道と名神直結」(京都新聞)>
<消滅・削除・14/04/23>


での、次男、家に着いて、ケータイ一発。嫁はんになれど。
何やら、ややこしい話の。亀岡方面からは、大山崎では、降りられませんですて。乗るだけですて。へえと。なあんやと。イヤ、再確認要するですが。
<注1=「沓掛」から、「大山崎」インターの間に、「大原野」インターがありまして。そこからは、降りられんの意味でした。「大山崎」では、行き過ぎでして。>
<注2=「沓掛」「大山崎」間に、「大原野」と、「長岡京・向日市」のインターがあるです。>

ででの、一寸、替わってくれと、私にでして。何用かと、思えばの、嫁からでして。有り難う御座いますと。
ンの、瞬時、お礼を云われるよな、何か、あったかなあと。
ホワイト・デーのを、息子に託した段階にて、私にしてみたら、用事、終わってしもてたです。話簡単の、嫁に手渡したと、同様の気に成ってしもて。

イヤイヤ、今頃になってなあと。
にしても、当人、嫁にも、孫君にも、ナカナカに会えへんなあと。
どっちにしたって、初節句には、会えるですが。
(13/04/25)


NO.1206 母帰るの話

それはそと、「電友会」の、「会報」はと。
「執筆」依頼されたの、我が原稿の件なれどと。
校正原稿、校正も、余りに、数多くて、多過ぎて。事務局には、再度の校正致したしと、打電しておいたですが。それは、イツの話やの、遠の昔。掲載文言、紐解けば。精査したら、判明致すですが。細かな話、どでも良く。
概ね、4月の初めでの。結果、そのままの、梨の礫で、事務局、妙齢の美女に嫌われたかなあと。イヤ、冗談。

されどの、あのままでは、正確なる、我が原文で、「会報」に掲載されるとは、思えませんでして。
そらなあ、初っ端から、作文されてまして。一度も、精査、照合せぬがまま、校正原稿として、発送してまして。作文箇所、数箇所程度なら、心配も致しませんですが。ン十箇所やでと。
正直、余りに、余りの事故、「一太郎」にて、先様の文面、作成の。それをプリント・アウトして、朱書校正致したですが。
送って来た、校正原稿に、朱書校正するには、余りに文字細かく、箇所多く。とてもやないの、出来ませんでして。

イヤイヤ、「会報」の発行、発表、イツの事かの、多分なら、ボチボチと思うですが。
校正原稿での、見直し要請、期限4月8日でして。期限待たずの、届いたの明くる日か、その明くる日には、返送しの、先の内容の、打電一発してまして。

いやなあ、私め、こんな具合な表現法なれどの、相応に、こだわり持ってまして。
又、文面、筆法なるは、個々人のイメージの中にありの、読むに、リズムなるが存在致すです。ついでになら、バラバラのよで、一応の統一してまして。
当然の、私の場合ならばの、我がリズムでして。如何に、長文であれどの、作文されたら、一発、判明致すです。そんな表現、しやへんわと。区切り方しやへんわと。
イヤ、本来ならばの、その方が正解とは思えどの、私には、私の主義主張がと。やり方がと。までの、大袈裟な話でも無いけれどや。

嫌なんやなあ。
読み辛あても、どんな具合に、読めばと、なろおともです。読み辛いなら、読んで戴かんでもええわの、結構やと。天下国家を論じてるで無し。学位論文でもあるまいにと。別段に、直木賞、芥川賞を狙てるでなし。
表現には、こだわり持ってまして。作文されたのを、私の表現と、誤解されるが、嫌なんやと。作文されたの方が、数段の上等でもです。
下手は、下手なり。異質は、異質なりの、個性でして。新聞記事記載してるで無しでして。

そらなあ、その昔なら、筆跡にて、誰と判明致したですが。私の筆跡なら、そもそもがの、みみずが這う以前の、読解不可の。
当世、有り難いの事に、ワープロ、規格文字。
出鱈目であれ、無茶苦茶であれ、文面見て、これ、誰と、主張させるに、文体での、表現法しか、ありませんでして。

オッとの、そんな事で、再度の校正、精査出来ずに、させて戴けずで、困ったなあと。思えどの、今更でして。それこその、天地ひっくり反るの程の事でも無くて。只、同期生等々、我が実態を知るの面々に読まれるの可能性ありでして。誤植があっても、嫌やなあと。

トトトの、この掲載文言、誰とは云わんのケンイチ君であったり、FHさんからであったり。その他、諸般諸々の面々より、違うでと。ご指摘賜る事、度々の、数多なれどの。これと、あっちでは、モノが、目的が、違うわと。
どっちも、原則、文体、表現法一緒なれどです。

にしても、喋り言葉で無く。文語調で無く。どちかとなればの、喋り言葉に近いですが。近いからと、このままの喋り方なんか、してへんわと。但しの、頭の中、考え方は、この文体。


での、ででの。
母、本日、帰宅致しましたです。
いやなあ、一度、ショート・スティなりに、行って、戻ると、足腰、弱くなってまして。多分なら、先様では、余り、運動しやへんかと。ベッドで、寝たまま。車椅子に乗ったままでの。自分の足で、立つの機会少ないのかと。

モ一発、いやなあ。実は、帰って来て、一番に心配するは、環境の変化でして。
施設は、空調設備で、朝晩、夜昼の、温度差も僅少かと。家では、そんな芸当出来ませんでして。
結果、寒暖の差で、風邪でも引かれてみい。大変でして。
何分の、腎臓が片方無く。風邪引いても、強い薬は処方されませんでして。又、それ以前の、医者に診せるが大事<おおごと>やしと。

ほんまやでの、何度でも申すの、ディ・サービスであれ、ショート・スティであれ。短期入所であれどの、前提、健康である事でして。
怪我したら、病気したら、入院なりでの、病院でして。風邪程度の、一寸、体調悪くの場合等々、自宅待機。しかるべくの施設では預かって戴けませんです。

云うたら、この歳、年齢でして。
来月には、90歳に相成るですが。はっきりとは、我々よりも、病気、怪我に強く。快復力早く、びっくりする程であったのがです。
ここ当面の、体調、風邪症状。熱出したりの様子見てたら、体力低下を実感致すです。

病気、怪我に強く、快復力早いがため、この歳まで、生存出来てまして。弱けりゃ、この歳まで、保ってえへんわと。下手したらの、我々の方が、早くにあの世行きかと、思う程。
この体力低下の原因、矢っ張り、転けて、転けての、良く、転けての、結果、遂に、車椅子生活に相成って。歩けん事には、足腰弱りの、体力低下もと。
されどの、食欲はあるが故に、まだ、元気にしてるですが。

どこまでが、ほんとか、適当かの、頭の方も、やや、呆け出してるかと。オッとの、所謂の、認知症、痴呆症では無いですが。
歳も、この歳故、時には、記憶もええ加減の、喋ってる事も、ちぐはぐなれどです。
そらなあ、帰って、聞くに、私が母になれどの、風呂には入れてもろたかと。1度入ったと。ンと。1度では無いと思うですが。1日置きの筈でして。2回はと、思てるですが。
又、オシッコも、漏れた、漏れたと、連発してるですが。尿取りパッドを一寸、触っても、別段に濡れてませんでして。漏らしてえへんのにと。

とかとか、諸般考えさせられるです。
イヤ、どする事が、母にとって、より、快適なる生活、日常を過ごせるのかと。ソラ、一番は、我が家で、家族と一緒で、我が家そのものが、施設同然の。全てが、温調出来て、トイレ広く。風呂にも、大装置で、自動入浴させる事が出来たならばの、ソラなあと。
されどの、それは出来ませんでして。
(13/04/26)


NO.1207 余談<2件>

いやなあ、何処様とは、云えませんですが。
どことも、云えませんですが。とあるの、一角、無法地帯。
車を家の前に置いてまして。邪魔でねえ。その一角、、ン軒、軒並みでして。軒並み故、出来てるかと。

とは云え、我が家にしたって、年にン回、息子共一家が戻れば、家の前に駐車致すが故、口にも出来ず。ソラ、五十歩百歩処か、一歩百歩の差があってもの、ゼロ歩では無いです。一歩は認めてまして。
その一歩をガタガタ、云われともあらへんしと。

但しの、この一歩、通行の邪魔には成らぬですが。どことは云わんの一角、下手したら、両側での、邪魔でねえ。イヤ、対向車が来たら、バックするなり、停車するなり。兎に角、要注視、要注意の、神経使てるですが。
駐めてる方は、気にもしてへんのやろなあと。してたら、駐められませんですが。
結果、私共、以来の、ハザード・ランプ点滅させ乍らの、車庫入れ、出しでして。家の前で、短時間、数分、十数分なれどの、駐める時にも、ハザード・ランプをと。さもなくばの、見通し悪くの、危ないわと。その一角、曲がり角でして。
イヤ、母を、病院に連れてったりの時にも、当然のと。車に乗せるに、通行するの車に要注意して頂戴の意で、ハザード・ランプをと。
近在で、そんな事、してるの宅様、殆ど無いですが。

そのどこ様とは、云えんの、ご主人様、挨拶するが難しく。見た、瞬間にでも、会釈なり致しませんと、パと、後ろ向きでして。瞬間では、先様、見てへんと思うですが。見ても、無視と、思うですが。
そこの娘も同様でして。こっちが、会釈するに、見もせず。真っ直ぐ向いたままでして。へえと、感心致すですが。
イヤイヤ、先様一家に、我が方、何かした記憶無いけれどや。

オトトの話はそんな事に非ずの、その娘の子、一歳になってるか、なれどの、車を運転の、その母でありの、娘。その小さな子を、膝に乗せたままで、運転してまして。へえと。
ソ云うたら、チャイルド・シートなんか、装備してへんなあと。
これは、無法以前の、安全に対するの意識なれどです。
イヤイヤ、時折、そんな光景見るです。高級車に乗ったの、貴婦人。ハタと、見たら、一歳、二歳の子を膝の上にと。外見、貴婦人も、中身、下卑、下賤也と。

イヤ、自慢致すです。
この辺り、我が息子共、例えばの、長男家に子ども3人なれどの、チャイルド・シート3台。お陰様で、我々、一緒に乗るの際、狭あてねえ。くれぐれもの、8人乗りでして。
次男家には、子ども1人なれどの、当然の、チャイルド・シート、ばっちりでして。
云うたら、正々堂々の、この手の話、出来るです。
イヤイヤ、当たり前の事でして。

での、一言、云わせて戴くならばの。
先のは、親が娘に云わへんのやねえ。孫の安全よりも、どもあらへんわの、安直哉と。そらなあ、最低限の礼儀、挨拶1つ、出来ませんのにと。
ついでの、モ一発。そんなのが、最近、多いぞと。ええ歳しててからにと。

更なる、モ一発。
出先、コンビニでも、スーパーでも。町内会の、それ以外でもの、道中でもの。顔見知りが居たなら。発見したなら、間髪入れずの、こんにちはと、声出し。或いは、会釈程度、必ずしてるわと。
大抵なら、こっちが先に発見、多いわと。老眼なれどです。
イヤ、さもなくばの、顔見合わせ、承知してるに、無言、知らぬフリ、変でして。


余計な話、モ一発。
水道回りの業者が来まして。
イヤイヤ、まずは、この方、昨年であったかには、大腸癌。
一週間で退院にての、良かったねえと。
今度は、3月末であったかに。肝臓に癌と。へえの、一週間、入院すると云うてたですが。期間、二週間に相成ったよで。それでもの、無事、退院されまして。

要は1箇月ブリに顔見て、嗚呼、退院出来て、良かったねえと。
イヤ、元気そでして。
来た目的なるは、癌予防で、霊芝はどかと。その霊芝を、嫁はんが知り合いから調達してましての。その受け取りでして。
急いでるよで、長々の話、してへんですが。

過日の、水道蛇口の修繕の件。この業者を通じてでして。
イヤイヤ、あれ以来、修繕に来た業者からも、タカラ・スタンダードからも、音沙汰無くて。
只なら、結構なれどの、もしかしての、この業者に何か、連絡でもと。例えばの、請求は、こちらからの可能性がと、尋ねたですが。イヤ、何にもと。そですかと。
無ければ、無いで、結構の、只やからかなあと。

<参考=NO.1189 水道の先端箇所交換の話
(13/04/27)


NO.1208 母のショート・スティの話

本日<27日>、嫁はんの知り合いが、鯛をくれまして。
イヤ、本物の鯛で、結構大物でして。
日本海、福井のどこかの、釣り堀で、釣ったですて。大漁で、3人で、二十数尾。数が多過ぎるが故、知り合いに配って歩いてるですて。へえと。豪勢やなあと。

さての、戴いて、どするやの、丁度、ええなあと。
イヤイヤ、次男家、孫君の初節句が、近日でして。
ソラ、子供の日、端午の節句なるは、昔日より、5月5日に成ってまして。

長男一家も、この、5月の連休には来るになっててねえ。滞在期間、日数、少ないですが。我が家に孫共、居てるも、1日、2日かなあと。
来ても、墓参であったり、妹宅に、御礼にと。新築祝いを戴いてまして。又、男山八幡宮にも、御礼にと。そして、次男宅には、初節句のお祝いとかとかの。ならばの、実質、夜だけの、1日、2日かと。
皆様、遠くに、成りの、蹴り。

次男家の初節句を祝うは、次男家にての。大挙して、押しかけるになるですが。
ほんまやでの、鯛が、グッド・タイミングの、目出鯛なあと。
ソラ、イカナゴの佃煮ならば、毎年のよに、隣の宅様より、戴くですが。鯛はなあ。そもそもがの、イカナゴよりも、大きな魚を戴くが初めてでして。何とまの、ご縁やなあと。
早速にも、冷蔵庫に冷凍保存也。

での、本日より、母は又、「けやき」でして。
お迎え、朝では無くの、昼からの、15時半。何故にそんな時間に成ってるかは、多分なら、その辺りの時間まで、入所の方が居られるのかと。
時間が、時間故、母、何でえと。
過日より、予定は云うてるですが。それは、良かったと、喜んでたのに、イザとなれば、気が進まんの風情でねえ。実際、困るです。名実共の、嫌々と、云い出せば、「けやき」に行くの、意味が無く。
「けやき」も、「こもれび」も、全て、万事、当人、母の希望でして。希望に基づき、手配なりしてるです。こっちの、独断先行では、話を進めてませんでして。

但しの、そらなあ、受入先には、先の都合もあるです。対象、母1人に非ずの、沢山の人でして。
予約も、ケア・マネージャーに、万事、宜しくと、委ねてるです。しかも、2箇月前には、予約を入れるになるですが。2箇月先に、この日に取って下さいと、都合の良い日が分かってるで無しで。
よって、出来れば、土日を挟んでもらえればと。これは、こっちの欲目。
取れても、先の通りの、風邪引きでの、熱が出たりしたら、キャンセルでして。風邪引きさんを入所させるも出来ませんです。

にしても、ショート・スティ期間、27日より、5月8日まで、よお、取れたですが。正直、奇跡的。
理由、簡単の、5月の連休中になんか、取れると思てませんでして。且つは、特段の、この日と、指定もしてませんでして。
事実、「けやき」の担当者も、云うてたです。土日を入れる。連休を入れるは、競争激しいですと。そやろなあと。
それが、そのもの、ズバリの5月の連休、丸々含まれてまして。取れた日を、聞いた時、ほんまかいなと。くどいけれどの、特段の、この期間、ケア・マネージャーが、気を利かしての、申請してくれたのかいなあと。
そして、偶々でもの、運良く、取れたのかと。
結果、息子共の休みの都合。こっちに戻るの日。こっちで、諸般の予定してるの事にも付き合えるですが。さもなくばの、無理でして。
イヤ、戻って、家では、一緒に出来るですが。出掛けるとなれば、嫁はんか、私のどちらかは、留守番でして。母のオシッコの、お付き合いに相成るです。

そんな次第の、イヨイヨの、15時半には、迎えが来るがため、15時には、準備万端の、スロープ出したり。持ち物、薬等々、準備の、体制整えたら、変な事、云い出して。
確かに、いつもの時間、朝からでは無く。母も、変に思たの可能性がと。
されどの、嫌と、頑として、主張されたら、無理矢理には、出せませんでして。あくまでもの、原則、当人の希望でして。良いよにと。

云い出せば、「ふないの里」にも、申し込みしてるですが。
これ又、当人の希望でして。夏場の暑いの時期、家は嫌やなあと。
こっちにしたって、暑い、アツイの、嗚呼、暑いの。空気が薄い。窓開けよの、エアコン全開されてたら、カネまくみたいで。そんな金持ちと違うでと。

イヤイヤ、ほんとにねえ。4月も末とは云えどの、朝晩、まだまだ、寒いです。
真夜中のオシッコ1つ、気を使うわと。オシッコは宜しいにしても、風邪でも引かれてみい。こっちも、当人も大変でして。医者に連れて行くがです。
この辺り、4月12日に、「亀岡シミズ病院」の時には、37度突破で、ティッシュ・ペーパーも、軽くの、2日で、1箱、使てたですが。再診の日の、19日辺りには、ティッシュ・ペーパーの使用量も激減の。
この、1日、2日には、数枚でして。

只なあ、家に居てると、鼻声になったり、致しまして。朝晩の、寒暖の差かなあと。
よって、出来る限り、冷暖房、空調完備のしかるべくの、施設に居た方がと。万事、その方が、当人も楽。こっちも、休めるです。
さもなくばの、こっちが、保たんわと。

での、当然の結果の、15時半には成って無いの、20分頃に、ピンポンと。あれのまの、モ、お迎えがと。
最早のゴタゴタ、母を説得。話をしてるの場合で無いです。暇も無いです。送迎担当者には、しかるべくの挨拶致しまして。母を玄関先にの。抱えて、降ろして、靴履かせて。送迎担当者と協力にての。母をば、下用、車椅子に乗せたら、後は、車椅子諸共の、送迎車にと。乗せて戴ければ、嫁はんと一緒に見送って。
以て、一件落着。
ホと致すです。

ほんまやでの。
万事、母の希望に添いの、諸般、手配しの、やっててもです。直前になってから、ゴタゴタ、云われたら、どするやと。
機嫌良く、行ってくれたら、こっちも、やり甲斐、手配のし甲斐も、あるけれどや。ゴタゴタ、云われ出したら、悪い事、してるみたいでねえ。
強制してるみたいでねえ。
(13/04/28)


NO.1209 表鬼門の南天の木の話

イヤイヤ、本日<28日・日曜日>、くたびれたです。おまけで、足腰ガタガタ、筋肉痛。

朝二番、10時頃より、嫁はんと一緒に作業開始で、表鬼門<東北>の、猫の額程の、一角の、南天の木を、処分したです。
イヤイヤ、15時頃まで掛かったかなあと。当然の、昼飯も喰てるですが。昼飯は、国道9号線の、「丸亀製麺」にてでして。

従前、剪定のみしてたですが。いっその事、根こそぎの、処理しよかと。
オッとの、東北の一角には、南天の木だけでは無いです。
沈丁花、柊南天の木も植えてまして。この2つがあれば、ええやろと。

実は昨年、処分するにしてたですが。諸般、事情により、止めとこかと。
イヤイヤ、次男嫁が妊娠してましての、木々であれどの、殺生止めとこかと。何も、急ぐの事も無いしと。
<参考=「NO.16 二男夫婦の第一子の話(3) 諸般諸々の話」(孫共の話NO.2)>


それも、無事、出産。初宮参りも、正月も過ぎ。お食べ初めも、終わりまして。
そもそもが、出たら、モええやろと。とは思てたですが。ええやろと、出来るの時、出来るの日、気分の乗った日等々、こっちの都合もありまして。
やっとで、やったです。
南天の木の処分程度で、足腰ガタガタ、筋肉痛とは、大袈裟なと。云うなかれの、南天の木も、根が凄いねえ。猫の額が故、作業し辛く。先様も、限られたの面積、体積内で、頑張ってまして。
正直、手強かったわと。
それこその、素人仕事の、道具もええ加減の、揃てませんの、あっても、安物やしと。

「コーナン」で、予めの、土嚢袋を調達してまして。嫁はんがでして。
これは、猫の額故、掘った土を、持って行き場所が無く。又、掘ったのは、元に戻して、諸般、残すの、柊南天、沈丁花の場所も替えたいしと。
シャベルは家のでは、大き過ぎてねえ。これも、嫁はんが、借りて来て。小さな、スコップはあるですが。
さての、安物のノコギリで、剪定用ハサミで、土から出てるの箇所は切ったですが。問題は、土の中の根がどんな具合にかと。これが、大変の、掘っても、掘っても、横に下に斜めにと。
又、隣の敷地の境界のブロックと、道路側のブロックの隙間からも、枝が出てまして。これも、何とかするのつもりが、残念乍らの、案外に頑強。案外以前の、その状態より、難航承知してたですが。
ブロックの幅の分、残して、そのままにしたですが。
イヤ、取れませんでねえ。狭い隙間故に、余計にでして。

イヤイヤ、根っこが、安物ノコギリでは、切れへんでねえ。途中、「コーナン」に走って、新品を買い求めまして。新品のも、千円以下なれどの。生木用でして。これで、スカスカ切れて、やっとで、大物、南天の木の根本を処理出来たですが。
さもなくばの、出来てませんですが。

いやなあ、道路側のブロックの隙間に出たのは、木片にて、囲いまして。土が接触せぬよにと。さすれば、枯れて、その内にはの、1年、2年掛かるかも分かるかも、分からんですが。取れてくれたらなあと。

での、過日。1月の話なれどの。
大将軍八神社、方位の神様の神社に参拝したですが。
諸般、長男家が新築するが故で。
イヤ、別段にの、方位が悪いでも無いですが。安全の上には、安全のための、神頼みの、参拝致しの。しかるべくの、長男家のための、玄関に張るの御札。そして、鬼門にまけばの、悪鬼退散の、「清めの御砂」を買い求めてたです。当然の、引っ越しの日、3月15日に、手渡してるですが。
しかるべくの、張り、まいたとは思うですが。
長男家の場合、台所の水場が、鬼門線上にありまして。その床下に、盛り塩をと。又、その御砂をまけばと、されてまして。
その際、我が家用の、「清めの砂」も手に入れてまして。
<参考=NO.1130 閑話的、「大将軍八神社」の話(3) 地のモノを一寸の話

斯くしての、やっとで、この日、本日、諸般、処理してからです。
この、御砂をと。取り出しまして。説明書きの通りの、指示に従いの。
東北の隅。南東、西南、北西の順に、四隅にまきの清めたです。

イヤイヤ、御砂とされてるが故、砂と思てたですが。袋から、取り出せば、砂とするには、大粒の白い小石かと。小石とするには、大きめなれどです。
嫁はんと2人して、指示された通りの順々にまきの、二礼二拍手、一礼をと。
オトトの、少々、余ったが故に、玄関先にもと。万事の、悪鬼邪気退散。入って来るな。寄り着くべからず。福神、良き知らせ、招福万来、熱烈の歓迎致すと。

ほんまやでの、これで以て、やっとで、鬼門の南天の木が処分出来まして。御砂も、しかるべくの、まけまして。
夕食なるは、久しぶりの、握り寿司。オッとの、スーパーのやけれどや。
そして、諸般、「芋煮会」のメンバーに戴いたの、北海道限定サッポロクラシックなるの、ビールで以て、嫁はんと。
乾杯と。
(13/04/29)


NO.1210 諸般諸々の挨拶の話

明くるの本日<4月29日>には、表側の部屋の目隠しのための網を設置。
イヤ、難しい話に非ずの、暖かく、暑くなれば、風通しを優先の、道路側の部屋。居間のガラス戸を開放致すですが。ガラス戸には、目隠しの、すりガラスにしてありの。上の方は透明も、フィルムを貼ってまして。
ガラス戸を閉めてる分には、外から、居間は見えませんですが。開放すれば、スケスケでして。今の内に、網を張りの、朝顔でも植えまして。蔓と葉っぱで、目隠しをと。

その準備をしたですが。
こんなモン、嫁はんと2人でなら、小一時間もすれば、完了でして。

での、それは、15時頃からでして。
昼には、昨日に引き続き、国道9号線添いの、「丸亀製麺」に、うどんを喰いにの、嫁はんと歩いて、出掛けたですが。まあ、云うたら、2日連続、昼、うどんは珍しいですが。正直、母が居たら、出来ませんです。

とりあえず、ヒョイと、歩きを含めて、出たですが。うどんを喰うだけが、出るの目的に非ずの。用事、2件、ついでの果たすがためでして。
内の一件、嫁はんがそこらを整理整頓してたなら、見覚えあるよな、無いよなの。金色した、小さな、下駄。アクセサリーがヒョイと出て来たですて。コレ、どしたモンかなあと。
単なるの、アクセサリーなら、燃えぬゴミとして、捨てたら宜しいですが。しかるべくの、神社等々のお守り的、アクセサリーなら、相応にと。
での、私も見たですが、心当たりがあるよな、無いよなの。もしかしたら、数年の昔。十年近くの昔の話に成るですが。大和大路の、十日ゑびすっさんにお詣りした際、出店で買おたよなでして。
イヤ、では無いかと。
ならばの、母の足元、健康を祈願で、嫁はんが買おたですが。それであるよな、無いよなの。母に聞けば宜しいですが。居てへんしなあ。又、そこらに適当では、母えの土産として買おたにしても、意味が無く。

での、どするやの、しかるべくの、神社にでもの。近場で、「大井神社」に納めとこかと。
その小さなアクセサリーをば、昨日の、「清めの御砂」の袋に入れまして。
イヤイヤ、砂そのものは、先の通りの、家の四隅。表鬼門、裏鬼門を主に、玄関先にまで、まきの、二礼二拍手、一拝したですが。入れ物なんか、小さな、紙袋でして。燃えるゴミでも宜しいですが。折角ならと、アクセサリーを入れまして。

「丸亀製麺」で、うどん喰てから、大井神社にと。
道中、我々の数歩先を歩くの妙齢の美女。どこからかと、なればの、大井神社に、百メートル、くらいの手前からでして。
追い越し乍らの、こんにちはと。イヤ、知らんの女性なれどの。この界隈、人も少なくの。歩いてるが、私共夫婦と、その方のみでして。ソラ、田舎でして。田舎の中の、又、田舎の、実は、田んぼの方から、神社に向こたですが。自動車も少なく、安全故で。

ででの、私共は、挨拶自然のこんな場で、単に追い抜き、知らんの顔より、怪しいモノでは御座らんの意の挨拶でして。先様も、我々に道を譲るの、先に行って頂戴の様子でして。
イヤ、挨拶したなら、先様も、軽くの、こんにちはと。これで、結構でして。お互いに知らん同士で、これ以上はなの。さての、神社に到着の、御札納め所に、納めまして。賽銭ちゃりんの、手を合わせまして。

ハタと、神社の石段見たなら、先の妙齢の美女も、神社にかと。へえと。
へえと、ビックリする程の話でも無いですが。行き先、一緒やったんかと。

だけの話の。
折角故に、本殿当然の。裏手の祠。横手の、お稲荷さん等々にも、お詣りの。賽銭ちゃりんの。総計ならばの、ちゃりん、ちゃりんも、相応の金額に相成るですが。
以て、1つも目的達成の、アクセサリーも、イツからの話か。一週間にも成るのかなあと。その間には、母も居たですが。居てる時には、母のナース・コール、オシッコ等々、完全に失念のと。
イヤ、そんなモンでして。

とかとかの、一件落着の、更には、葉書を出すの用事もありましての。並河駅前のポストにと。その道中。
無人出店に竹の子発見の。2本で、200円也のが、置いてあってねえ。ンの、200円なら、安いなあと。も1つは、大きいので、300円也の。そっちは、大き過ぎるかの、200円のを買い求めの、駅の方にと。

イヤイヤ、結構重たいですが。仕方が無いです。
しかるべくの、炊き込みご飯にするも結構の。残ってたら、長男一家が来るの際にも、出せるなあと。
過日の、「芋煮会」での、持ち帰っての。あく抜きのための、ぬかも余ってまして。丁度、宜しいと。オッとの、そのぬかは、別途、精米をしまして。その際、調達致しまして。

斯くなる次第の斯くなるでの。
挨拶ねえ。
私共、概ね、そんな具合でして。見知らぬ方にでも、状況次第の、挨拶してるですが。すれば、敵意無くの、双方、安心致すですが。ムツとしたままでは、変な具合でねえ。

ほんまやでの。実は、過日。この土曜日の話なれど。
町内会の期首総会に、出席するに。隣のご主人誘いまして。行きましょかと。
イヤ、前回、3月の期末総会では、誘いに来て戴いたらしく。されどの、私の方は、一歩早くに出てまして。さもなくばの、もたれられるの場所、取られてまして。出来る限り、早くにええ場所をと。
20分前に家を出たですが。
誘うの気もあったですが。余りに早いのもなと。実は、遠慮したですが。そんな話を聞いたが故、誘いにの。2人して、会議所に向かいの、無事に、ええ場所も取れまして。

話は、その事に非ずの、誰様とは、申さんの。
会議所に入って来て、そばに着席故、当然の会釈したですが。我が方、チラ見の、余所向き乍らの、頷きでして。正直、この方、いつもの事なれどの、失礼やなあと。チラ見、顔を背けるの事は無いです。
そして、別途の方に、笑顔で、会釈の、声掛けて。
余計に失礼千万のと。

とは、云えどの、そんな馬鹿げた話、あんたなあと。私に何か、恨み、憎しみ、辛みでもと。あるかと。
とはとは、当人には、間違おても聞けませんでして。
要は、あからさまなるの、侮蔑的態度とするのか、避けられてるなあと。一発の分かるわと。

イヤイヤ、モ一発。
総会も終わりの、帰宅の際。
無言で、振り返りもせずの。家に入るの先様には、お疲れ様でしたと、声掛けて。私、誰様に対しても、無視するが出来ませんでして。
イヤ、帰りの短いの道中。私共を抜かしてまして。当然の、我が存在、分かってるわと。
されどの、振り向きもせず、こっちを見もせずの。お疲れ様でしたと、声だけでして。家の中えと、消えたです。
矢っ張りなあと。されどの、声、聞こえただけでも、マシ哉と。
(13/04/30)



inserted by FC2 system