シバケンの単なる雑談NO.88

雑談NO.86 雑談NO.87
雑談NO.81 雑談NO.82 雑談NO.83 雑談NO.84 雑談NO.85

雑談NO.80
雑談NO.55 雑談NO.60 雑談NO.65 雑談NO.70 雑談NO.75
雑談NO.30 雑談NO.35 雑談NO.40 雑談NO.45 雑談NO.50
雑談NO.5 雑談NO.10 雑談NO.15 雑談NO.20 雑談NO.25
題目一覧表

目次

雑談NO.89

NO.1150 こんな事もあるのやねえの話(3) 気も晴れ晴れの話

NO.1149 こんな事もあるのやねえの話(2) 次期組長の話

NO.1148 こんな事もあるのやねえの話(1) 町内会の寄り合いの話

NO.1147 バッテリーが上がってしもたの話

NO.1146 我が家のナース・コールの話(15) 紹介書のは、嫌われるかの話

NO.1145 我が家のナース・コールの話(14) 漫画か、虐待かの話

NO.1144 我が家のナース・コールの話(13) 母戻るの話

NO.1143 次男家第一子のお食べ初めの話(2)

NO.1142 次男家第一子のお食べ初めの話(1)

NO.1141 我が家のナース・コールの話(12) 救世主・女神様の話

雑談NO.87


NO.1141 我が家のナース・コールの話(12) 救世主・女神様の話

オッとの、斯くなるでの、現実的、実際にはです。
そんな、細々、諸般、考えてへんわと。
ナース・コールが鳴れば、何用かと、馳せ参じ。オシッコなら、ソかと。ソかも、まずは、ベッドから、起きてくれるを待つのか。待てへんのかと。待てへんなら、相応に手を貸しの、速やかに、起こすです。
待てるなら、諸般、リハビリの一環やと。辛抱強く、待ちまして。

イヤ、全部、一緒の、とりあえずは、転けられたら、困るわの、転けさせぬよに、してるの。後は、気良く、過ごしてくれたらと。只、それだけやと。
とは云えどの、双方、人間でして。気分の悪い日もあれば、時もあれば。瞬間もあるです。言葉の1つに、何抜かすかと。


斯くなるでの、「亀岡シミズ病院」での話。
内科の先生には、「ふないの里」からの、書類、預かってまして。中身、知らんですが。相談員より、しかるべくの、診察の際、先生の手渡して頂戴なと。ハイ、承知と、承った以上は、診察して戴かねばならず。
診察して戴くからには、紹介書をと。

にしても、此度、採血無く。
原則、毎月、月1回、来なさいと、されてる割には、待ち時間、ン時間の、診察は、元気にしてるか。チャンと食べてるか。正月、餅は喰たかと。
での、相談員から、預かったの書類は、母の経過報告らしく。フウンと。
とりあえずは、診察時間、2分もあったやろかの、紹介書は、快諾して戴きの、後日にと。ハイ、有り難う御座いますの、サテの、無罪放免はええけれどの、「けやき」に連絡しとかんとと。

イヤ、既に、14時。
逆立ちしても、14時には、昼食下げますの、14時には、間に合わず。
一報しまして。多少なら、待ってくれるなら、待って欲しいしと。ケータイ、一発。斯くの然々でと、状況報告致しまして。先方様、ショート・スティの担当者です。

要は、診察完了の、これから、精算、並びに、薬を戴かんならんの、30分は掛かるですがと。
云えば、昼食は下げますので、しかるべくの、パンなり、何なり、こっちで、調達をと。持参で、「けやき」で食事は構いませんと。嗚呼、ソですかと。
正直、助かるです。
パンなら、予め、調達してまして。ソレを、病院待合いで、食べさせるか。どこか、適当なるの、病院内か、車内でと。考えてたですが。「けやき」に、持ち込みでも構わんなら、ほんとに、ほんとに、有り難く。

更なるの、お茶程度なら、ありますのでと。嗚呼、神様、仏様、キリスト様。救世主、女神様の声でして。
そらなあ、パン1つも、子どもと一緒の、ぽろぽろ、こぼすです。病院内の衆目の場で、ぽろぽろもなあ。車内で、ぽろぽろも、掃除が大変でして。売店にて、何か、適当なるの、紙でも戴くに、売店もこの時間では、閉まってまして。
イヤ、どこであれ、下に敷くの紙でして。
病院内故、構わへんは無いです。

嗚呼、助かったの、精算を待つに、母、何を待ってるのん。はよ、帰りたい。しんどいと。あのなあと。精算しんならんし。精算終わったら、薬をもらいに行かんならんしと。そしたら、「けやき」に行けるしと。
オッとの、ソラ、母も腹減るやろと。手持ちの、喉飴、与えまして。これ又、持ってて、よかったなあと。


での、ででの、精算終わって、院外薬局にで。ここで、待っててなあと。云えば、母、どこにも行かんといてと。あのなあの、薬をもらいに、行くだけやと。睡眠薬無かったら、困るやろと、云い聞かせ。
貰て来て、再度の、ここで、待っててなあと。車をしかるべくの、持って来るしと、云えば、どこにも行かんといてと、泣き出して。
あのなあの、車を取りに行くだけやと。そこの、出口に持って来やへんかったら、乗れへんわと。イヤ、しかるべくの、駐車場所では、両隣に車が駐まってまして。車椅子を横付けするの場所が無く。
何なら、多少は、動かし、場所の確保してもええけれどや。他の車の出入りの邪魔かと。
加えての寒い日でして。1月15日の事でして。駐車場まで、車椅子で、動かすよりは、出入り口付近の邪魔にならぬ場所でと、配慮の話やのに、困ったモンやと。

兎に角、ツモリの通り、車を取りにの。さあと、母を連れて、車に載せまして。車椅子は、トランク・ルームに、よっこらしょと。くどいけれどの、案外に重たいわと。
されどの、云うてられんの、入れまして。
入れてしもたら、後は、「けやき」に行けばの、行きの、玄関先に横付けでの、今度は、トランク・ルームから、車椅子を出してるの最中。早速にも、電話の相手の主、現れまして。
イヤ、受付には何も云うて無いの、云うの前でして。へえと。

電話で、概ねの、30分掛かると、伝えてはいるですが。その30分経過の頃は頃なれどです。嗚呼、有り難いなあと。
での、先様、介護士曰くに、モすぐにもの、3時です。オヤツの時間ですのでねえと。ソ云うたら、ソやなあの、2時半でして。一応は、ドーナッツを買おてまして。介護士に手渡しまして。
睡眠薬命の、入手の薬も、全部、手渡しまして。
宜しく、お願い致しますと。

以て、この日の、我が大役、終わったですが。
我が家に戻りの。帰りの、ハタと、時計見ればの、気が付けばの、3時。
よ考えたら、私も、昼飯、喰てないわと。されどの、空腹にはならへんでねえ。ホっとしたの、安堵と、疲労感だけ。
(13/02/03)


NO.1142 次男家第一子のお食べ初めの話(1)

イヤイヤ、諸般、またもやの顰蹙買い。
オッとの、詳細、具体的には触れませんです。ここで、具体的に触れたなら、何してるかに相成りましての。大凡、掲載の際には、前提、背景、簡便簡略に過ぎての、飛ばすの事、度々での、誤解を招く事あるです。
誤解も、こっちの誤認もありので、誠に以て、反省しきり。
イヤ、諸般、我が掲載の、何の件と云われたならばの、掲載したの事程度、瞬時、思い出すですが。思い出しはしても、それは、掲載の事実だけでの、中身、どんな具合にかは、失念してるわと。
での、後刻、再読にての、嗚呼と。
成る程の、この表現では、だけの記載では、誤解を招いて当然の。又、誤認もあったかの、即の抹消。
5年、10年、20年先にと。これだけでは、何の事かは、第三者にさっぱりなれどの、尋ねたら云々と。えらそに掲載の。たったの1箇月で、霧散、失念してたです。
アカンなあと。再度の反省の、申し訳無しと。


斯くしての、本日、2月3日となればの、節分でして。
節分となれば、オトトの、ソ云うたら、豆まきするを失念してるです。
豆は準備万端致しまして。まくだけなれどです。何してるやと。

豆まくのと、恵方巻きを、本年ならば、南南東に向いて、喰うですが。これは、家族3人にて、喰たですが。
鰯<いわし>がねえ。焼けませんでして。何故となればの、ガス・コンロが故障してまして。ガス屋には、修繕依頼の、ども、センサーが壊れてるらしく。手配をお願いの真っ最中でして。


オッとの、そんな話は結構の。
その節分の日、次男家第一子、孫君のお食べ初めをするの日でして。コレ又、お食べ初めの準備万端の、整えてまして。
前回、イツであったか。正月には、見てまして。
イヤイヤ、実は、その時には、それなりにと。云うしか無いですが。ソラ、10月22日に誕生の、1月の元旦でして。この時には、正直、抱っこするも怖いくらいの、赤ちゃんでして。抱っこはしたけれどや。
これがなあ、たったの一箇月にての、表情豊かになってねえ。笑うし、渋面作るし。思わずの、へえと。

孫なら、既に、3人居てるですが。イツ頃、表情豊かになったかなんか、覚えてませんです。
されどの、此度、嫁がケータイ一発、写真を送ってくれてまして。中身、米を宜しくの話なれどの。どっちがついでか、添付されててねえ。見て、へえと。ほんまかと。云うたら、こっちは、日々老化の、あっちは、日々成長。
オッとの、その現物、目の当たりにしまして。再度のほんまやなあの、写真のままでして。

その写真と云えばの、初宮参りの写真が出来てまして。持って来てくれてましての、拝見のと。
イヤ、これは、良く出来てまして。良く出来てるとの表現したなら、実物、良く無いみたいに受け取られては困るの、実物通りとするのか。イメージ通りの、さすがは、プロの写真家でして。そのよに、看板には書いてあったです。

自分自身のなら、へえの、こんなに歳喰たかと。白髪目立つよになってまして。されどの、ソレはソレの、このままかと。別段にの、この歳にての、髪の毛黒々の方が異質かと。
世の中には、我が近辺での、年齢にての。髪の毛黒々、存在致すですが。染めてるのと違うかと。

ここで、解説、説明、加えるならばの、我が孫娘。ケータイでの写真を撮ってやってるですが。気にいったのが無いです。何故か、撮ったの写真が気に喰わずの、原因なるは、イメージとはズレてまして。
写真は、真実を撮すの、爺バカと抜かすなかれの、写りが悪いです。

オッとの、での、嫁、曰くには、この子の後頭部が、爺様であるの、私に似てるですて。フウンと。云われてもなあ。見慣れてませんです。正確には、自分では、見た事無く。更になら、次男の後頭部にも似てるですて。フウンの、それは、ソ云われれば、そかなあの。確かに似てるですが。
これはなあ、私にも、見えるが故で。

での、顔のイメージ的、この時期、赤ちゃんの時期には、色んな顔に見えまして。トトトの、コレ又、表現難しいけれどの、孫娘にしたって、ある時には、嫁の父親に。母親に。
時には、私に、嫁はんにと。百面相が如くに、瞬時、瞬時の、日により、状況によりの、微妙に変化してるです。
現時点、長男家、孫君2号が、この爺様、私に良く似てると、見えてるです。

での、この子はどかとなればの、丸々、太っててねえ。顔もまん丸での、アンパンマンかと。眉毛はどちらかとなればの、八の字に見えて。顔がまん丸故にそ見えるのかと。
マダ、顔的、誰様に似てると、申せませんでして。
但しの、髪恰好。前髪、ピンと上向き、次男そのまま。

オッとの、実はの、それ以上に、関心あるは、この子に関係しての、我がホーム・ページにての、超常現象具現。
詳細、次男夫婦には、説明したですが。掲載は、別途の、「不可思議の世界」にてと。
イヤ、一端示せば、この子の誕生の際には、「フルーツ・メール<Q&Aサイト>」からの、アクセス有ったですが。「フルーツ・メール」はそれきりでの。此度、別途の、「Q&A」からのアクセス散見。
<参考=「5−2 次男家<第一子>」(ホーム・ページ裏話NO.3)>


イヤイヤ、でででの、お食べ初めの儀なるは、滞り無く。
次なるは、一歳での、一升餅の儀式やなあと。
オトトのその前に、5月があるなあの、初節句。
(13/02/04)


NO.1143 次男家第一子のお食べ初めの話(2)

結果、本日、4日も、豆まき、忘れてしもて。
イヤ、夕食前には、嫁はんと、しもたなあと。今日でも、ええし、やるかと、云うてたのに。又、忘れてしもての、この時間。この時間とは、既に、日付が替わってるです。
云うたら、昨日、次男一家が来まして。豆はあるか。上げよかと、お裾分けしまして。以て、豆まきしたよな錯覚したかと。

それもあるし。諸般、母に振り回されの、くたびれてしもてねえ。
オッとの、その話は後回しの、所謂の、プロの写真屋の写真は宜しいねえ。長男一家の写真も同様の、プロの写真屋、写真館でして。そらなあ、道具立てがあって、こせえ、あせえと、指示されて。何枚もの写真を撮られて、内の数枚が選ばれてるです。選んだは、当人、此度なら、次男夫婦なれどです。

孫君、立派に目をぱっちり。
云うたら、次男夫婦は相応に美男美女に写ってまして。とか云うたら、実物と、現物。イヤ、本物よりも、出来の良い写真みたいなれどの、ソでは無く、先にも云うてるの、イメージ通りでありまして。
私なら、想像以上に、歳のよに写ってるですが。マア、異議無く、こんなモンやろと。これが、二十歳そこそこに見えててみい。気分爽快以前の、気色が悪いです。化け物でして。

でのお食べ初めも、諸般、御膳もありまして。しかるべくの、鯛も準備してまして。当然の、歯固めの儀式のための、石もありまして。
いやなあ、石も、気にせずなら、気にせずとも宜しいですが。最初の孫娘の時には、諸般、調達に迷たです。悩んだです。初体験故にです。
気にせずなら、それこその、そこらの石で結構なれどの、あんまりなあ。適当過ぎるも問題での、運悪くも、悪しき因縁の石を拾たではなと。イヤ、気にせず、知らんならなれどの。一応はなあ。石には、色んな霊がつき易いとも、聞き及ぶです。

聞き及びの、無視するのもで。別段にの、排除するの法もありので、神社境内の石ならばと。これは、孫娘の時に、知ったです。
実は、既に、石を調達してまして。しかるべくの、祇園の、「石」と称するの、宝石屋にて、ピンクの、石、外国産のを買い求めたです。イヤ、相応に、店の奥様に聞きまして。
その上で、神戸、生田神社に参拝の機会ありの。そこの境内に、石を一端、落としの、神社の石と見成し。速やかに、拾うの法を採用したです。

での、よ考えたら、わざわざの、石を買う事も無くの、神社境内にて、相応、適当なるの石を調達が一番に安全確実かと。そらなあ、神社ととは云え、どこから持って来たは、分からんですが。
神社のなら、神々が守りの、清められてるですと。

そんな事で、孫娘以降、諸般の神社での。次男家第一子君のは、亀岡の、「出雲大神宮」境内から、調達したですが。流石に神社境内の石なるは、安心感があるです。オッとの、気のせいと云われたならばの、否定せずの。その、「気」が大切と思てまして。

での、ででのです。
嫁、菓子箱持って来てまして。イヤ、手土産の事を云うてるですが。
お食べ初め、歯固めの儀式も、滞り無くの。丁度、3時と相成っての。ソレが何か。食べたいなあと。お茶でもするかの。嫁が、何やら、紙とするのか、持って来まして。ンの、見れば、「恵方巻き」が云々の、今年は、南南東であると。ンの、知ってるけれどの、何かなあと。
イヤ、その時には、正確、精査、拝読。とは、大袈裟の、話簡単には、拾い読み、飛ばし読みの。まともに目を通してませんでして。菓子とするのか、ロール・ケーキをば、喰てしもてからの、再読の。ンと。

「恵方巻きロール」としてあっての。そこで初めて、ソかと。
正直には、甘党故に、出された、ロール・ケーキを早く食べたいが先決での。恵方は承知してるしと。
でででの、再度の、ンの、よくよく見ればの、「恵方巻きロール」で、ソかの、成る程の、巻き寿司だけが、節分の恵方巻きに非ずの、ロール・ケーキも恵方巻きなるゾの、ケーキ屋の宣伝とするのか。挑戦、知恵かと。
そらなあ、巻き寿司だけが能や無いの、ロール・ケーキも立派なるの、恵方巻きでして。ソか、それで、これを買おて来たかの。旨かったと。


ででの、実は、母も歳でして。今年、誕生日が来たらの、齢、90歳に相成るです。
実は、何度か、それとは無くの、写真を撮ってるですが。大体は、正月でして、皆が揃えば、母を囲みの、一発と。
されどの、ここ最近。
とするのか、昨年の正月なるは、年末に転けて、「亀岡シミズ病院」でして。今年は、「ふないの里」で、過ごしまして。昨年のその前、一昨年も、「亀岡シミズ病院」に入院してたかで、写真を撮ってませんでして。

次男には、カメラを持って来てくれと。
オッとの、カメラなら、上等のデジタル・カメラを嫁から、貰てるですが。わざわざの、神妙にの、理由も無くの、写真撮ろかも、変でして。
オトトの、目的なるは、当然の。ここだけの話の、母には内緒の、秘密の、しかるべくの、写真でして。そらなあ、イツかは、分からんのなりに、準備だけはしとかんとと。実はの、親父のも、しかるべくの、撮ったですが。

我が息子共と一緒にでして。されどの、肝心のイザの時。どこに行ったか、分からんでねえ。別途の写真で、代用したですが。
そらなあ、そのツモリで、準備はしてても、準備は、準備の、イザとなればの、気も動転の。落ち着いてるよに見えててもです。焦りに、焦りの、慌ててしもて。
ではあれどの、準備しといて、間違いは無く。


そんな次第の、斯くなるでの。
次男一家と、我々とで、母を囲んで、写真一発の、一発では済まんの、本命の母が、あっち向いたり、こっちをと。きょろきょろしてからにの、ナカナカにの、シャッター・チャンスが無くてねえ。
とは云え、相応の写真が撮れまして。
今度は、母、曾孫を抱っこしたいと。そもそもがの、自分の身1つが、介護されてるの身の、自立も出来ずの、ベッドに座るにさえ、コロンコロンの、コロコロでして。
気持ち、分かれどの、当人、転けられても。孫君落とされても、困るですが。
嫁、抱っこでは無くの、膝の上に載せてあげたらと。名案出しの、そやなあと。その程度ならと。膝の上に載せてやれて。

事程左様の、2月3日、万事、滞り無く。
でででの、夕食も一緒にと、思てたですが。そのための、恵方巻き。こっちの方のは、本命、巻き寿司なれどの、準備はしてたですが。スーパーのでは無いの、ヤツやでの。されどの、帰るらしく。
ほならの先の、豆まきの豆と、その恵方巻きもと。そらなあ、次男と、嫁のための、モノでして。置いといても、仕方無く。
(13/02/05)


NO.1144 我が家のナース・コールの話(13) 母戻るの話

での、やっとで、本日、5日。
2日遅れでの、節分の豆まきしたです。
したも、1人だけでの、嫁はん、任せとくはと、知らぬ顔。大体が、イツも、この調子で、やるは、私1人でやてるですが。何かなあ。1人芝居してるのみたいでねえ。且つは、夜は、夜なれどの、遅くともの、ダアレも通らんでも無しでして。家の前の道をです。
よって、ええ歳して、福は内、鬼は外も、大きな声ではの。さりとての、折角故、多少は声出しまして。豆もあまりに沢山は勿体ないしで、一度に二三個ずつでして。最後に、鬼は外で、内にまいたの豆を回収の、外に投げまして。以て、後は、喰えるわと。

場合によりの、小袋入りの豆まく面々も居てるのらしく。回収して、食するためなれどです。我が家では、豆現物、そのまままいてる故に、回収致しませんです。イヤ、これは、今回からでして。前年までは、内にまいたは、回収の。責任上、私が喰うにしてたわと。


での、ででのです。
「シバケンの掲示板」にての、磯津千由紀さんよりの、成る程の話、疑問が投稿されまして。
要は、説明飛ばしてましての、諸般の解釈出来るなと。

よって、その辺り、補足的解説致すの、まずは、赤子の、お食べ初めの儀の話。
一説では、お喰い初めとも、称するですが。どっちにしてもの、概ねの、生後、3、4箇月<生後百箇日の辺り>での。実際には、授乳食もまだ先の、ミルク世代。
よって、初めて食べさせるのでは無いの。食べるの真似、恰好させるだけでして。

インターネットで、探索したなら、何を準備、これを準備の大層なるの話になるですが。万事、気持ちや、気持ちの世界の、皆で、祝ってやれれば、宜しいかの。我が家なら、タコの足。ニンジン、芋であったか、何やったかの、吸い物での。外にもあったですが、失念のと。そんな品よりは、赤子が渋面作るを何とかと。泣かぬよにと、祈ってまして。祈るしか、手が無く。泣かれたら、時と場合によりの、時間をずらしの、再挑戦に相成ったりの。寝てるよなら、起きるまで、待たされたりと。

本命、大本命、鯛と、赤飯。
兎に角の、祝い事でして。しかるべくの、喰うに困らぬよにと。

次なるの、歯固めの儀も、似たよなでの。この歳。まだ、3、4箇月<生後百箇日の辺り>での、歯はありませんでして。歯固めの儀となればの、石を準備で、噛ませるかの如くに、聞こえるですが。解釈出来るですが。
お食べ初めの儀と同様の、主人公、赤子の口のソバに持って行きの。一寸、触れさせるだけでして。口の中に入れたりは致しませんの、石も相応の大きさでして。云うても、小石なれどです。
丸みがありの、尖って無いのを、選らんでるです。万が一にも、石で、赤子に傷を付けぬよにとの配慮での。要は、石のよに、硬い、丈夫なるの歯になるよにの、祈願哉。


事程左様の、赤子の儀式なるは、生後1箇月で、初宮参り。
3、4箇月<百箇日>で、先の、お食べ初め、歯固めの儀。そして、1歳にての、一升餅の儀と相成るです。一升餅も、文字通りの餅米一升分の餅でして。幼子に背負わせ、さての、筆、ソロバン、はさみ、財布等々、適当なるのを、台の上にでも置きまして。何を掴む、取るかで、この子が将来、何になるかを占うですが。
本命、一升餅なるは、一生、喰うに困らぬよにの、祈願。
当然の、一歳では、よちよち歩きでの。一升もの餅、背負ては、歩けませんですの。相応に軽減でもしてやっての事でして。


ついでの話。
我が息子共の時、当然の儀式、してる筈が、記憶に皆目でして。全然の思い出さんです。或る意味、昔の話と云えば、云えるですが。ならばの、大しての、年数違わんの、七五三の、三歳の時の情景なら、鮮明に記憶してるです。
特には、次男がチャンと、お祓い受けられるかと。イヤ、次男の三歳では、亀岡の、「鍬山神社」で、やったですが。親は離されまして。当人達だけがお祓い受けたですが。まだまだ、右も、左もの、時期でして。
されどの、大人しく、しててくれて、ホとしたを覚えてるですが。

初宮参りも、お食べ初め、歯固めの儀、一升餅のは、全然でして。
まあ云うたら、儀式よりも、泣くな。泣くなと、それだけであったかと。又、子育ての真っ最中、初心者でもありの、気分的、余裕が無かったのもあるのかと。

そんな意味では、4人の孫共での、今になって、ああやって。こやってと、楽しめてるがほんまでして。多分なら、息子共夫婦も、そんな事やろなあと。そもそもがの、何をするかも、するべきも、分かりませんでして。
結果、爺婆の出番と相成るですが。爺婆にしたって、遠い昔の話、光景、目に浮かばずの、分かって無いよで、何故か、概ねのやり方のみ、承知してての、摩訶不思議やなあと。


そんな次第の、斯くなるでの。母の話に戻すです。
イヤ、「亀岡シミズ病院」にて、2週間分の薬と、紹介書を戴きまして。実際には、「整形外科」のは、当日受理。「内科」のは、後日、病院より、出来た故、取りに来いの、ハイ、承知と、受け取りに出向いたですが。

その当日には、ショート・スティ先の、「けやき」に連れて行きの。退所は、1月25日の、金曜日。
オッとの、そんな事で、先様の送迎車にての、母、戻りまして。概ねの、16時頃なるは、過去の事例で分かってまして。30分前には、準備万端の、体制整えてるですが。

イヤイヤ、何を隠そおの、隠す事も無いの、車椅子の母の出迎え方が、分からんでして。
従前なら、車から出たら、そのままに、運転手でありの、施設の担当者と2人して、母を玄関に座らせるまでは、やったですが。果たしての、先様、どこまで、してくれるかと。
とりあえずは、スロープ、出して。しかるべくの場所、玄関先に設置して。担当者、云うても、我々世代なれどです。任せな仕方が無いの。慣れておられるの筈でして。

結果、車から、まずは、車椅子を降ろしまして。車は、所謂の軽自動車でして。続いて、母を助手席から、降ろしの、車椅子に座らせて。
云うたら、何やけれどの、母、積極的なる、協力してねえ。傍目、全然の、危なっつかしく無くてねえ。見てて、へえと。自立は出来ては無いものの、上手く、車椅子に誘導されて。

での、先様、準備したのスロープをば、使いの、車椅子を玄関にと。さての、注目、ここからでして。先様、私に問うに、どされてますかと。ンの、どされるも、施設担当者が車椅子の母を戻すは初体験でして。
イヤ、そこの、玄関先に座らせて戴ければと。返答したなら。嗚呼、玄関の上に載せますかと。ンの、乗せるとは、車椅子諸共かの。そんな事、出来るのかと。思てるの間にも、凄いです。
担当者、車椅子の、後方にあるの、出っ張りの、金棒をば、踏みの、要はテコの原理の、金棒は、そのための、金棒での、エイと一発、車椅子の前方を持ち上げ、前輪を玄関の上に。そのままに、後輪をば、玄関の床の上にで、車椅子、無事上げられての、へえと。
そんな事が出来るのかと。されどの、正直には、下用車椅子がため、そのままでは、困るの、されどの、やってしまわれたモノは仕方無く。後ででも、掃除しとけばと。

斯くなるでの、以て、先様の職務はおしまいでの、有り難う御座いましたと、御礼申し上げ。
さての、こっちは、ここからでの。上用車椅子に母を移動させの。荷物は、荷物で、しかるべくの。兎に角、ベッドに寝かせてしもたら、一件落着の。そのためには、先に、スロープを元の保管場所に移動させ。母の処理、狭い玄関では、身動き出来ずの裏口より、上がって、母を移動させましてと。


イヤイヤ、事程左様の、車椅子での移動、家族は大変ぞと。
家の構造、規模にも寄るですが。
にしても、流石は、先様、慣れたはるなあと。大いに参考には、成ったですが。上用、下用の車椅子を分けてたら、その荒技使えませんですが。
使えんでも、体制だけは、整えませんとと。
イヤ、話簡単の明くる日、嫁はんと、ビニール・シートを調達、「コーナン」えと。
(13/02/06)


NO.1145 我が家のナース・コールの話(14) 漫画か、虐待かの話

さての、そら、大変でして。
母のオシッコのお付き合いがです。
ナース・コール、リンリン、リィンの鈴で、何用かと、お伺いに、母の部屋にで。オシッコと聞けば、ベッドから、起こして。車椅子に乗せて。大した距離でも無いけれどの、狭い我が家故の、トイレにと。
当然の、先に、扉を開けて。便器の蓋を上げて。トイレ用スリッパは、片脇にのけて。
準備が整えば、しかるべくの、トイレに車椅子を出来る限り、中に入れて。イヤ、狭いトイレ故に、車椅子諸共は、入れられませんですが。便器には、レンタルの手摺りが設置してあっての、ソレを頼りに、母立ち上がり。

立ち上がれば、車椅子をば、退けての、母のズボン、パンツに、オムツを下ろしまして。兎に角、準備体制、整えてやらんとなあ。整えてやって。便座に座れど、位置がズレてたら、しかるべくの場所、奥の方に移動させてやらんと、便座から、ズボン、パンツ等々がオシッコに汚されるになるです。なってみい。誰が始末をするやの、介護者の私共でして。オシッコ程度ならばの、まだしもの、ウンコやってみい。悲惨ぞと。

途中省略の、終われば、立たせて、オムツ、パンツ、ズボン等々、所定の位置に整えまして。この姿勢がなあ。母のです。腰が退けて、後ろに、後ろにと、傾いてまして。あのなあと。そんな姿勢で、立てるかと。腰を前に、足は、後ろにして頂戴も、ナカナカに行動に移せませんでして。下手したら、履かせてるの途中で、すとんと、便座にと。
さもなくばの、私共の服を腕を、胸を握られて。転けぬよにするの防衛でして。母のです。

それされたら、こっちの自由が利きませんの。正直、オシッコ程度なら、許せるですが。ウンコの時には、手が指が汚れてるの場合があってねえ。当然のウエット・ティッシュで、しかるべくの、汚れを取ってるですが。完全には無理の、その手で、方々、握られてみい。ゲとなるです。
イヤ、当初、そこまで気が付かずの、何で、居間が、ウンコ臭いのやろなあと。ンの、ども、服に付いてるの可能性がと。

とかとか、そんな事は序の口でして。
さての、トイレから、出しの、車椅子に乗せるが一仕事。こっちは、母を乗せるに、ズボンのベルトの辺りを必死に握って。母を腰から、崩れさせんよにでして。尚かつの、片手で、車椅子を持ちの、支えてまして。にも関わらずの、母が動かず。ハタと、手の位置見たら、トイレ出入り口の手摺りを必死に握っててねえ。
止めてくれ。離してくれと。
さもなくばの、こっちの、腕力、体力、気力が保たんわと。実際問題、これをやられると、こっちも、母を崩れさせては大変の、体力の限界考えずの、支えてましての、疲れるです。
事が終わって、ベッドに母を寝かせば、諸般、トイレの後始末をと。


この程度、まだ、ましでの、病院なり、ディ・サービスなりに、母が行くの際。玄関までは、母を車椅子で。ここから、靴なりを履かせるに、当たり前に、玄関に座らせねばならぬの、矢っ張り、手摺りが設えてあっての、まずは、手摺りにつかまっててくれと。つかまえさせまして。車椅子は後方に。そして、さての、母を後ろから、抱えて、ゆっくりと、玄関に座らせるですが。ンの、母のカラダが降りませんの。
何でやと、確認するまでも無いの、その手摺りをガッチリ、握ってまして。オトトの、手摺りから、手を離してくれと。

反対に、帰って来たら、母を車椅子から、下ろしの、一旦は、玄関先に座らせて。靴を脱がせの、さあ、やるでと。後ろから、母を抱えの、持ち上げるになるですが。ンの母が持ち上がらんの、原因云うまでも無いの、手摺りをがっちり、握ってまして。離してくれ。止めてくれ。
絶叫でして。

幾ら、軽くなってるとは云えどの、母を降ろすよりは、持ち上げるの方が、大変ぞと。
私も、若くは無いです。体力、気力、腕力には、元々が自信無くの、事程左様の、トイレ1つ、玄関先での母の上げ、下げ1つ。くどいけれどの、こんな場で、転けさせては、間違い無くの、骨折での、致命傷。

分かってるが故、精一杯、耐えてるですが。
正直、この処、腰が痛あてねえ。痛いからと、代行者不在。


昼間だけで無くの、おまけで、夜のオシッコのお付き合いもありまして。
これが、日によりの、バラバラ。まだまだの試行錯誤中なれどの、ども、睡眠薬を飲ませるの時間によるの可能性あってねえ。大体は、20時頃に請求するですが。これを、我慢せえ。我慢やと。21時過ぎに飲ませるとです。
概ね、24時と、2時半頃になるのかと。ここで、お役目終了の、私も、適当に寝ましての。5時か、5時半頃まで、保ってくれるの、この辺りは、ナース・コール、リンリン、りーんの鈴も、私は別世界故、嫁はんがと。

さもなくばの、20時頃に睡眠薬飲ませててみい。零時以降、1時間から、1時間半しか保たんかと。これでは、ナース・コール、リンリン、りーんの鈴も、別世界に行くの途上での、聞こえてねえ。
起きてまうです。

斯くしての、最近、肩凝って。頭痛がし出してねえ。
イヤ、この状態では、朝はしかるべくの、多少は起きるが遅めにはなったですが。7時頃には起きてまして。されどの、昼寝をしたら、ええよなもののです。ディ・サービスでは無いの日には、寝てられんわと。

ほんまやでの、トイレでの情景。玄関先での、必死の攻防。年寄りが嫌々、怖い、怖いと、手摺りにしがみついてるのをです。その息子が、必死に車椅子に乗せてるみたいでの。傍目で見ててみい。
漫画やでと。
はたまたの、暴力息子、親不孝者が、鬼の形相にての、無理矢理、強引の。親に罵声をあびせの、虐待でして。
イヤ、どっちも、間違いは無くの、事実です。
漫画でも、虐待でもの。何と見られよが、好きにで結構。世間体、構てられへんわと。


オトトの、そんな次第の、1月25日<金曜日>。ショート・スティ先の、「けやき」から、母が戻りまして。
さての、明くる日には、近在の町医者にと。「亀岡シミズ病院」の、「整形外科」「内科」の、紹介書を携えの。諸般、宜しくお願い致しますを目的でして。中身なるは、母の睡眠薬命の、睡眠薬なれどです。
こっちで、処方して戴ければ、待ち時間、大抵ならばの、半時、30分で済むかと。ソラ、楽でして。嫁はんと2人して、母を車に載せて、行きましたです。
(13/02/07)


NO.1146 我が家のナース・コールの話(15) 紹介書のは、嫌われるかの話

イヤ、ほんまやでと。
タマの、1回、2回なら、慎重、親切、懇切丁寧にも、出来るですが。やってやれるですが。あっちも、人の子、こっちも、こいつの子。
別段の親を選びはしてませんです。選びも出来ませんですが。

日々、時々刻々の、その時、その場で、気分違うわと。
云うて来るの、言葉の、1つ1つ、腹立つノリの事あるし。笑てられる時もあるわと。
どちかとなればの、よおそんなの、腹の立つノリの時の方が、圧倒的なれどです。この憎まれ口を、トイレでやられてみい。怒髪天を衝くかと。衝いてもなあ。当世話題の、全日本の、女子柔道の男の監督やあるまいにの、張り手してられへんし。
学校の先生やあるまいにの、体罰もと。

そらなあ、当たり前の、常識の、こっちの方が、圧倒的、強いわと。されどの、親は親。
一番に簡単なるの、体罰、拷問なるは、ほったらかしかと。ナース・コール、リンリン、りぃんの、鈴、聞こえぬふりの、一切無視。絶叫の、寝るの薬、くれ、くれ、くーれも、右から、左の、馬耳東風。
出来るなら、してやりたいけれどの。出来ませんです。

せめてもの、20時が常なら、諸般、経験的、21時以降ならと。21時半ならと。イヤ、事実、遅い方が、夜中のトイレ回数、少のおなるの傾向あってねえ。概ね、1時間半に1回が、2時間半から、3時間保ってみい。こっちの負担大幅軽減されるです。
よって、説得に説得重ねまして。或いは、わめかれよが。ナース・コール連発でも、愚と、グの我慢の、頑としてです。21時半まで、待てと。心配せずとも、出すからと。後、10分、後、5分やと。そこの、時計見て頂戴の、スグやと。

やっとで、数日前から、聞き入れるよになってくれてねえ。での、零時頃に行きの、2時半頃には、無理にでも、起こしの、オシッコさせて。させたら、私は寝てしもての、後は嫁はんにの、5時半頃に行くみたいなれどの、こっちは、別世界の、夢の中。
話簡単には、ナース・コールも聞こえてませんです。


オッとの、そんな次第の斯くなるでの、過日。
この過日なるは、ショート・スティ先、「けやき」から、母戻ったの明くるの日、土曜日<1月26日>。

要は、担当医に、紹介書を書いて戴きの、携えての、近在の町医者にと。母を伴いの。ソラ、一度は診察してもらわんならんです。
よって、朝から、母を車に乗せて。とは、一言なれどの、ソラなあ、大変ぞと。兎に角、乗せて、連れて行かん事には、薬を処方して戴けませんですの。以降は、私が代行するですが。
での、着いて、医院の、車椅子を借りよとしたら、ンの、あらへんでねえ。へえと。
イヤ、過日にはありましての、借りてたですが。無いモノはあらへんしで、キャスター付き、椅子に座らせて。椅子を車椅子替わりにと。

斯くしての、幸いにしての、患者数、左程に居てへんでねえ。10分、15分か、20分して。別段にの、時計なんか、見てませんの、先客、オッとの、患者も、2人、3人でして。そんなモンかと。
母を呼ぶばれて、付添人2人。私と、嫁はんでして。
先生には、紹介書を提示の、一瞥して、曰くにの、「ここでは、入院出来ませんよ。」と。
オトトの、町医者での、病棟あらへんし。そんな事、百も承知の、えの、ンの、えの、へえと。異なる事、云うなあと。ここに入院、夢想だにもの、想定外。

での、先生、紹介書を見乍らの、薬について、曰くにの、これは、只のビタミン剤やし、いらんなあ。この薬<便秘薬>は、日に4個もいらんでと。
ビタミン剤やし、いらんでと。云われたならばの、ソやなあと。我々、当人では無く、ド素人でもありの、特段の反論無く。
ならばの、せめてもの、そもそもがの、目的、睡眠薬命の、これでして。睡眠薬は、いるですがと。言葉を添えたら、そかと。すんなりと。嗚呼、良かったなあと。これを拒否されたら、何してる事かの、別途の町医者にでもとなるですが。

いやなあ、この先生、いつもは、にこやかでして。
同じの、京都市内出身でして。歳もホボの一緒でして。オトトの、母も以前は良く通てまして。私なら、風邪引いたり、予防接種は、ここでして。風邪も、重症とするのか、程度によりの、変な話、町医者でも、専門医であるの、耳鼻咽喉科に行ってですが。季節によりの、待ち時間、ン時間でして。ここだけの話、軽い時には、安全を見て、こちらにしてるですが。

イヤイヤ、諸般、何故かは、知らんの、紹介書で、行く、来るは、嫌われるのかと。それ以外に考えられませんですが。言葉の端々、ド真ん中でも、表情、雰囲気からして、異様。
とかとか、云うてられんの、モ一発。何日分戴けますかと。

そらなあ、二週間でも、仕方が無いけれどの、大体は、睡眠薬は、一箇月以内が決まりらしく。二個月分もは、出せぬは、過年の、「亀岡シミズ病院」の、「院外薬局」で聞かされまして。
この時、主治医は、二個月分を処方したですが。薬局の、薬剤師が、主治医に確認しまして。とするのか、指導したんやねえ。結果、一箇月分に、減らされて。

イヤイヤ、前回、「亀岡シミズ病院」では、整形外科医に、二週間分しか、処方してもらえませんでして。よって、10日間の、ショート・スティから、戻って、即の、こちらに来たですが。
とのとかの、経験あるが故、その前提で、尋ねたならばの、一箇月分出すと。嗚呼、良かったなあと。
さもなくばの、経験、あるとは云えどの、そんな話、なかなかに出来ませんの、失礼でして。
要は、睡眠薬なるは、悪用、例えばの、自殺のために、使われる事もありまして。下手したら、横流しの第三者に売るの人もあるらしく。

オッとの、での、ついでの、モ一発。
湿布薬もと、請求の、嗚呼、付けとくわと。これは、すんなりとの。
くれぐれもの、第三者に売るの目的に非ずの、嫁はん、息子共、肩凝り症故、母ので、処方して戴ければ、1割の費用で、手に入るしと。当然の、母も、肩凝り症。寝てるだけでも、肩凝るかと。
での、以て、診察オシマイの、精算しの、処方箋を戴きまして。今度は看護師が、キャスター付き椅子で、玄関先まで、手伝おてくれて。

での、ここの医院の、「院外薬局」も、スグのソバの、裏手での。嫁はんが、薬を戴きにの、無事に帰宅の、袋の中身、よお見たら、湿布薬あらへんでねえ。
まあええかの、次回、請求するかと。
(13/02/08)


NO.1147 バッテリーが上がってしもたの話

イヤイヤ、この数日、忙しく。気忙しく。
での、本日、12日には、母、ショート・スティでして。22日まで、「けやき」でして。

朝から、大忙しの、9時頃に、先様より、迎えの車が出る筈の。大抵ならばの、着くのが、9時半頃が相場でして。そのツモリの、されどの、最近、この処、ディ・サービスの、「こもれび」の送迎車も速くてねえ。
8時半から、9時のが、8時20分頃に来てくれたり。帰りは、従前、16時頃が、15時45分頃に到着したり。

よって、概ね、9時半なれどの、9時には準備しとこかと。家の外に出た途端、らしきの車到着での、えと。モ来たかと。
送迎担当の方、曰くに、一寸、早いかなあと、思いツツ、来たと。へえと。見ての通りの、準備途上ですと。イヤ、スロープを出すの処でして。要は、全くの準備して無いでは無いを分かって戴ければと。

イヤイヤ、マイ・ペースが突如の、ユア・ペースに相成っての、俄然、忙しくなりましたです。スロープを出しの、しかるべくの、場所に設置の。下用車椅子を出しの。家に入って、母には、来やはったしと。
当然の、着替えさせ、持ち物全部、嫁はんがやってくれてまして。上用の車椅子に座らせ、イツでも出せるの状態でして。
イヤイヤ、部屋は、ガス・ストーブ。テレビを点けて。待機状態にしてまして。

さての、上から、何着る。膝掛けこれかの、玄関まで、出して。抱えて、座らせ、先様、担当者が構えてるの、下用車椅子に乗せ替えて。オッとの、母をです。
正直、「けやき」からは、我々世代。或いは、一寸、上かなあの、男性でして。気は使わんです。トトトの、そらなあ、スロープも傾斜、小さくは無いです。少々のチカラ要るです。なめてたら、人を乗せた車椅子は上げも、下げも、出来ませんです。

そんな次第の、斯くなるでの、無事に母、送り出せば、こっちのモノ。
くれぐれもの、母、施設の方を好むになってまして。そらなあ、諸般、家は家でして。トイレ1つ、狭いしなあ。母も大変、こっちは、尚大変の、施設の方が、建屋全体、冷暖房完備。こっちは、部屋なら、冷暖房出来ても、廊下、トイレまでは、出来ませんです。

とかとかの、ホと安堵も、束の間の、先様、「けやき」より、電話一発。
あのですねえの、「メチコバール」が入ってませんですがと。ンと。何の薬か、分からんの、足らんなら、持って行かんとなあと。すみませんの、持って行くですと、返事しまして。電話切ってからです。
オッとの、トットの、当日、本日、午前中、車が動かんです。車はあるですが。バッテリーが上がってしもてねえ。ここ暫く、数日、車に乗ってませんでして。昨日<11日>、墓参に行くに、エンジン一発、ンと。
この日、月曜日は、母、ディ・サービスの日でして。出てるの間に、墓参しとこかと。

での、しもたなあと。この処の寒さもあっての。母のオシッコにての、外に出るに、出られぬの状態もあっての、上がってしもたかと。ソラ、用事はあるし、多少は出てるですが。出てるの先、知れてるわと。小一時間で、用事済ませ、帰れるの先でして。
よって、とりあえずは、嫁はんの車で、墓参にと。
その帰りの道中にての、近在の、「イエロー・ハット」で、ブースター・ケーブルが幾らか、見に行ったですが。案外に高いねえ。
イヤ、所有してた筈なれどの、探しても、あらへんでねえ。ハタと、前の車に載せてたかと。そのまま、長男にやってしもたかと。イヤ、自分が買おた、中古のを、壊しやがってねえ。当時の我が愛車、スプリンター、13年乗ってたのをです。結果、現カローラになったですが。これも、最早の、10年経つのかなあと。
5年前に、一度、バッテリー交換したですが。ボチボチの寿命かと。
それも有るし、16時に母、ディ・サービスから、帰るなら、15時半には、帰宅しときませんとと。

そんなこんなで、諸般、ブースター・ケーブルも、10年は使うの用事無く。この際、バッテリー交換するかと。
での、早速にも、嫁はんが、知り合いの自動車屋に電話一発、交換して頂戴と。自分で、交換考えたですが。まあええかと。結果、本日、午後にでも、交換してくれるになっててねえ。その事失念してたです。


オッとの、での、母の薬を探すに、「メチコバール」があらへんでねえ。薬剤師やあるまいにの、何の薬か、知らんわの。
名称、確かに、「メチコバール」であるのかと、スグにも、持参するかの如くに返答したを、修正の、少々、遅くなるの件、兼ねての電話一発の、遅くなるについては、了解の。薬は、確かに、「メチコバール」での、での、何の薬としてあるですかと、問えば、ビタミン剤ですて。へえの、それなら、処方して戴いてませんでしてと。

ほんまやでの、近在の町医者には、「亀岡シミズ病院」担当医に、紹介書を書いて戴き、母、ショート・スティより、戻った、明くる日、26日、連れてったですが。ビタミン剤なんか、いらんやろと、削られたです。
削ってくれんでもええのになあ。
その削られるの、以前の、明細をば、嫁はん、「けやき」に持参の薬に添付してたかと。

嗚呼、電話で確認して良かったなあと。さもなくばの、適当に持参してたら、えらい事でして。
電話を切った途端、先の自動車屋が来まして。バッテリー交換。


斯くなるでの、この自動車屋には、諸般、お世話になってまして。長男がです。11年の昔<2002年>にです。恩義は一生忘れませんです。薄情では無いの、自分での交換の考えあるですが。
多少なりとものと。
<参考=「九死に一生」不可思議の世界NO.3>

イヤ、こちら様なら、信用してるの、そもそもがの、現カローラも、こちらを通じてるです。嫁はんの軽自動車も、ここを通じて、買おてまして。
云うたら、昔乍らの車屋はんでして。変に、カローラ販売店に、修繕等々出すより、こっちの方が数段安く、気配りされてるです。
(13/02/13)


NO.1148 こんな事もあるのやねえの話(1) 町内会の寄り合いの話

イヤ、過日。
町内会の寄り合いがありまして。寄り合いも、組<支部>単位での話なれどです。
要は、今期<平成24年度>も終焉の、来期、役員決めるがための、寄り合いでして。我が組、来期は、「体育振興役員」をば、選出、出すになってるです。要は、町内会の役員なるは、組単位の輪番制でして。
云うたら、次なるの期には、「区長」選出、出すになりの、さあ、大変ぞと。大体が、我が組、ええ加減でして。特段の取り決め事項無く。その度、一寸、もめるですが。

よって、過年より、選出法等々、決めたらと。云うてるのに、決まりませんでして。理由簡単の、喉元過ぎれば、元の黙阿弥に堕するです。
中には、決まってるやないですかと、云い放つの御仁存在してまして。決まってたら、もめる事も無いですが。何故か、肝心の、「区長」選出の際には、世帯主の参加僅少の、出て来るは奥様ばっかり。
そして、云いたい事、云わさせましてねえ。私から、云わせて戴ければ、せめてもの、「区長」選出の時には、世帯主出て来いと。

での、過年には、我が組、15世帯で、世帯主が、出てたは、4軒のみ。当然の、私、バカの正直故、出てたですが。その時、あみだ籤で、「区長」に決まってしもてねえ。よって、籤運悪いなあと。こんな時には、お見事、当たり籤引いてしもて。
オッとの、その時には、そんなゴタゴタ、申してませんの、何年かが過ぎてからです。しかるべくの、取り決めをしたらと。

イヤイヤ、その時、「区長」選出の際、何があったかとなればです。
区長経験者宅様の奥様、その次の、「副区長」に立候補する故、此度の、選出では、除外してくれと。聞いて、ンと。それがまかり通れば、その次の、会計に。更なるの、「体育振興役員」にと、先々の、役の立候補が出てしもての、結果、「区長」選出で、又、もめるになるです。
よって、「区長」と、その他役員は別立てにしたらと、提案してるですが。皆様、ンと、同意せず。強いてなら、その誰とは云わんの御仁、「区長」を特別扱いかと、抜かしてねえ。
イヤ、私から、云わせて戴ければの、特別扱いで結構なれどです。さもなくばの、毎回、毎回、もめるの、「区長」選出法、決まらんわと。

オッとの、くれぐれもの、その奥様が提案の、その次の、「副区長」に立候補する故、此度、「区長」選出から、除外してくれの、気持ちなら、重々承知してるです。左程に、「区長」職大変でして。
当然の、難無く、職務まっとうの、二度目、当たっても、受諾するとされてるの宅様も存在してるですが。それは、それで、立派での。私から、云わせて戴ければの、その時の三役、組み合わせが良かったのやなあと。羨ましいなあと、思うですが。
当時の役員名簿拝見なら、成る程と。

但し、実際に、役目して、内実、本性分かるのであっての、外見的にはなと。されどの、概ね、その面々ならばの、性格見えてまして。さもありなんの、順調であったかと。当たり前の、「区長」当人の力量、人格もあるけれどや。
話簡単の、世間話程度では、人格不明の、実際に行動するの、頼み事によりの、返事で、応答で、態度で、分かるです。

での、前提若干の解説要るですが。
過年、過日、転入二軒。丁度、組長の順番の来るの辺りでして。理由不明のままの、転入後の組長が、その2軒、飛んでしもてねえ。これは、当時の組長の判断かと。勝手に思てたの、それはそれで、仕方無しと。
処が、飛んで、組長されたの次の組長が、転入組の、一軒に戻りまして。へえと。
これが、先に転入の先様なら、又、合点<がてん>もするの。後からの、転入の先様でして。とは云えどの、それは、それで、疑問に思いつつも、まあええかと。次回、回って来たら、その宅様も組長程度、しやはるやろと。

更なるの、裏の話の、このままでは、来々期には、当家、私めが、組長の番でして。組長なるは、家の並びのままに進むですが。問題は、その期、我が組より、「区長」輩出の期でして。
要は、私が組長の時、同じの組から、「区長」も出るになるですが。だけなら、結構の、誰様とは、云わんの、兎角に、突っかかるの御仁が、「区長」になったら、嫌やなあと。
私なら、マイ・ペースで、役目まっとうするですが。大体が、その御仁、挨拶1つが大儀でして。居てる故、「お早う、御座います。」の声1つ、掛けるに、あっち向いてるしなあ。大声で、挨拶したら、横向いたままの、「お早う御座います。」でして。
正直、申すならばの、避けられてるかと。特段の、私が嫌われるよな事、してへんけれどや。

とは云え、御仁が、その期の、「区長」に決まるかは、その時にならねば、分からんの、可能性だけなれどです。
要は、このままなら、我が家、次々期の組長決まってるだけの。それは、それで、仕方が無いの。同じの期に、誰様が、「区長」になっても、マイ・ペースの、全面的協力致すですが。御仁なら、嫌やなあと、思てるだけでして。
何故嫌かは、気を使うわの、よりによって、そんな時期に、組長が回るの運命かと。


とかとかの、背景説明の上での、寄り合いでして。
さもなくばの、ここから先の話、第三者に分からんです。下手したら、町内会の面々、我が組の面々でさえが、分かってえへんのにと。オッとの、組長も、過ぎてしまえば、又、先の事なら、余所事でして。
当事者だけが、ボチボチやなあと、思てるだけ。

オッとの、そんな次第の、その当日、2月9日<土曜日>、夜、8時から、会議所に集合でして。
私も珍しくも、隣のご主人に声掛けて。連絡したは、嫁はんなれどの、一緒に行きますかと。
珍しくもは、気分の問題での、この、30年、一緒に行くは、2度しか無いですが。大体は、従前、奥様出席されてまして。時々はご主人でして。奥様が出席なら、勝手に行って頂戴かと。

での、此度、ご主人が出席されるらしくの、ほならと、一緒にと。
ほんまやでの、お隣さん同士、仲良くしませんとと。それが、我がモットーでして。
出るの際、こっちから、呼び鈴鳴らしますと、してたのに、電話が終わって、スグにも、リンリンと、鳴らされて。へえの、約束が違うがな。とする程でも無いの、へえと。

準備万端、上着に、ポケット・ティッシュに、ハンカチ、喉飴、ボール・ペンをと。家を出たなら、矢っ張りの、ご主人でして。こっちから、呼び出すのツモリやたのにと。
イヤ、若干の早めの、8時の、15分の前でして。多分なら、一番、二番に到着かの、余りに早くも、幹事、当期、組長に迷惑かと。余計な心配不要なれどです。

ででの、会議所えの道中、ご主人曰くの、次期の役員、「体育振興役員」に立候補しよと、思てますねんと。へえと。結構なるの、どちみちの何か、役はしませんとと。「会計」「副区長」をさせられるよりは、「体育振興役員」の方がましかなあと。
イヤイヤ、これも、「区長」は別立てにと、提案してるが故の、話でして。

さもなくばの、「区長」選出までに、別途の役員に立候補も、し難いぞと。提案してるは、してるですが。まだ、明文化されてませんですが。
云うたら、誰様の組長の際、提案しての、明文化主張したですが。してくれてえへんでねえ。私が組長になったら、チャンとしてやろかと。現在唯今なら、考えてるですが。さもなくばの、毎回、毎回、どんな具合にと。決めるの時の、組長、皆に打診致しまして。その都度、適当でして。ええ加減にしときやと。

大体が、ご主人出席せずの、前例知らん過ぎまして。又、今期の如く、新規転入者やってみい。前例、知る筈が無く。やのに、誰様とは云わんの御仁なるは、明文化せずともの、決まってますやんかと、云い放ち。
私も、最早の歳もあるし。ええ子にしとこかの、大人しくと。
とは、思てるですが。根が、この性格でして。理屈に合わんの話は、相手、誰様であったとての、納得出来ませんでして。
されどの、どちみちの、「区長」選出の時には、もめるわと。もめたら、その時こそと。
虎視眈々の、云うても、「区長」云々なるは、まだ先、1年先の話なれどです。
(13/02/14)


NO.1149 こんな事もあるのやねえの話(2) 次期組長の話

イヤイヤ、本日、「大丸」から、宅急便が届いてねえ。
受取人、誰かと、見れば、私やないかの、ンと。
依頼人、誰かと見ればの、次男嫁にての、再度の、ンと。

云うたら、誕生日は軽くの、過ぎてまして。次男嫁に、何かを、送れ等々、頼んだの覚え無く。
まあなあ、大体が、嫁はんのでも、私の名義で、送って来るが多いですが。それは、それで、嫁はんから、聞いてまして。誰から、何々送って来ると。ソかと。
されどの、次男嫁からは、何も聞いてませんの、嫁はんからも、何も無く。心当たりが無いものの、間違い無く、受け取り人、私で、依頼主、次男嫁故、受け取っても宜しいわと。

での、張り紙見たらの、「2月14日当日中」としてあってねえ。嗚呼と。
本日、バレンタイン・ディ。有り難う。


斯くなるでの、組の寄り合いに出席するの、道中、「体育振興役員」えの立候補を当人様より、聞きまして。へえの、結構なると。
どちみちの、やらんならんの役なら、早めにやってしもた方が気が楽の、気楽でして。
となればの、本日、寄り合いも、次期組長を決めるだけの。それも、家の順番でして。決まってるも同然の。早く終わるなの、良かったなあと。シャンシャン集会になるなあと。

での、再度の背景、申しておくの。申して無いの件もあったですが。
要は、転出2軒としたですが。実際には、昨年夏場に、更なる1軒あってねえ。これは、転出のみでの、まだ、入居者決まってなくて。空き家でして。計算外。

云うたら、先の2軒、3年になるのかなあの、転入されてからです。
組長なんか、家の順番でして。又、転出が、組長勤めてからなら、問題無いけれどの、勤めるの以前でして。更には、転入、二軒様重なってまして。ややこしいわと。

その辺り、当時の組長が説明の上、次期に回せば、問題無いのに、説明無く、転入組の宅様飛ばして、古手組の宅様に回してしもてねえ。
イヤ、多少は不満あるものの、組長の判断尊重でして。まあ、ほっとけと。
ででの、古手組の宅様が、組長職、任期満了にての、次に引き継いだのが、先の転入組の、後から入居の先様でして。フウンと。
ならばの、モ一軒は、完全に飛ばすになったのかと。コレ又、期の、組長の判断に委ねるしか無いですが。矢っ張り、説明が無く。こっちからしたらの、まあ、ええかと。ダアレも問題視、しやへんのを、私が出しゃばって、口にする事もと。

只問題は、モ一軒の転出があっての、我が目論見、狂たです。
そこさえ、居てくれてたら、我が組から、「区長」を出すの期には、我が方に組長回って来ませんでして。出てしもたばかりに。又、転入も無いが故に、諸般嫌やなあと。
誰様とは云わんの宅様が、「区長」になるの確率低いけれどの、可能性あるが故でして。どちかとなればの、先様の方がより、嫌ではと。言語明瞭の、我が方、避けられてるを感じてるです。
挨拶なら、私め、誰様にも、一様にしてるですが。するにも、顔を向けてくれませんでして。横向いてられてねえ。それでも、仔細構わず、挨拶しても、横向いての、コンニチハと。失礼なるの話やでの、原因不明。よって、嫌われてるなあと。

まあ云うたら、相性悪いのかと。
とは云えどの、成ったら、成ったで、誰様であれどの、分け隔てせずの、全面的協力するにしてるですが。正直、気が重たいわと。
とかとかの、話簡単、先の話の、成るか、成らんかも、分からんの、心配してまして。
心配すれどの、我が方としたら、流れ任せの、成るよにしか、成らんわと。


そんな次第の、斯くなるでの、組の会議も始まるの、前に、隣のご主人、「体育振興役員」に立候補の事、組長に告げまして。まだまだ、出席者少ないの時でして。
での、始まって、早速にもの、その件、立候補ありましてと。外に無ければ、先様でと。拍手で以て、決まりまして。話は早いわと。

さての、そしたらの、次期組長なれどの、家の順番故、誰様と決まってるの、その当事者の宅様のご主人が曰くの、やらせて戴くとするのか。こっちの次が、柴田君で、その次が、何処やなあと。
順番を申しまして。私め、ハイ、その通りで、御座候の異議も無く。

と、思てたらの、次期組長の筈のご主人、異なる話を致しまして。イヤ、実はの、一軒飛ばしたの先様、出席してませんでして。云うてしもたら、この手の寄り合いには、参加された事が無くてねえ。
オッとの、外の、町内会の行事には、参加されてるですが。参加はされてるですが、行動、我々一団とは、一緒で無くて。遠慮されてるのかなあと。されどの、一度くらい、出て来んとと、思いはしても、それをさせるは、組長の仕事やわと。


曰くに、出て来んものは仕方が無いしで、自分が次期組長すると。
聞いて、えと。それは、おかしいぞと。
イヤ、今期とするのか、この順番内では、飛ばすにしても、次回、その宅様の番になった時、どするやと。出席せぬ故と、飛ばすのかと。役は、組長だけに非ずの、町内会の役職も順番に回って来るに、出席せぬ故と、飛ばすのかと。

思たが故、遂にの、発言の、イツまで、飛ばすのかと。三役等々も飛ばすのかと。
イヤ、組長さえ、経験させずのを、欠席裁判にての、あみだ籤で、結果的、決まったからと、その宅様に話をして、させるのかと。私からしたらの、順番以前の、理屈に合わずの、軽くの発言、「いつまでですか。」と。「三役等々も飛ばすのですか。」と。

こんな時、ダアレも発言しませんでして。私め、単純故、誰の意見であれどの、理解に苦しむの話には、しかるべくの、問うです。イヤ、それは、それでの、皆様、それで結構となればの、従うです。頑として、我が意見をねじ込みは致さんです。
そもそもがの、私も先様、飛ばすを前提にしてるです。
イヤイヤ、そんな奇妙なるの、事さえ、云わんなら、すんなり、決まってるですが。出席せぬ故、家の順番ならと、変な事、云うからでして。
でででの、今回のみ、年数も経ったが故、飛ばしの、次回、何年先かの、順番回って来たら、やってもらうにするなら、それでも結構でして。我々の見解さえ、統一出来たらと。


思てたら、別途のご主人、三役と、組長とは、別物やし、分けて、考えた方がと、意見出し。えと。又もやの、異なる話するなあと。思えどの、私め、敢えて、反論せず。
反論するなら、組長もせずのが、三役、勤まらんです。組織が分かってませんです。とかとかを、云い出せばの、角が立つですと。
そこで、又、別途の方、発言するに、この際、組の人の顔も覚えてもらわんとと。それもあるし、この会に、出席なり、するよに、努力しましたかと。単刀直入の、その通りで、御座候のと。

での、当期組長、会議主催者曰くの、先様の方が、私共より、一寸だけ、早くに転入されましたと。
成る程の、この方も、当事者として、疑問に思われてたかと。さもありなんと。諸般、口にはし難いだけでして。
ほんまやでの、万事、公平であらねばと。その上で、少々不満あっても、皆が意見、考え、統一出来たら、それで、結構なれどです。

イヤイヤ、くれぐれもの、自分の番やと、したの御仁、親分肌でして。一番の年長者でして。よかれの発言、提案であるは、重々承知してるですと。只、理屈に合わんなと。
(13/02/15)


NO.1150 こんな事もあるのやねえの話(3) 気も晴れ晴れの話

ほんまやでの、時の組長が、こすると、宣言して戴ければ、済むですが。
そんな細かな事まで、決まってませんでして。要は、組長権限にての、宜しいかと。その一文をば、明文化しといてくれたらと、するが、我が希望なれどです。その場、その場で、臨機応変にが、主力かと。
そんな事、云うてるしで、曖昧なままに、30年、35年が経過してるです。とは云えどの、面倒なは、避けるが風潮、従前からの、流れでの、雰囲気での、まあ、ええかと。ほっとけと。

正直、私も口下手でして。
イヤ、ほんまやでの、文面作成、構築ならばの、出来るですが。それは、時間の余裕とするのか。考えるの間があるからでして。突然の降って沸いたよな話に対するは、単刀直入の、前略、後略の、ド真ん中発言するが故に、皆様、きょとん。
強いてなら、表現下手、説明下手でしての、変に言葉、追加も、正直、そのまま云うも、問題での、相応に気を使えば、云えんよになってねえ。

イヤイヤ、ほんまやでの、来期、組長覚悟の宅様、相応に、気を使いの提案でして。自分宅が、来期組長担当したなら、丸く収まると、考えての事であるは、重々承知。
又、事実上、この場に居て無いのに、欠席裁判にての、来期、組長をと。とも、云い難く。
もしかしての、組長回って来るにしろのまだまだ先の宅様。又、過ぎたるの宅様には、どでも良い事かと。

云い出せば、何代かの、組長の姿勢の問題でもありまして。
私が、その担当組長ならばの、どするかとなればの、嫌われよがの、云いに行くです。順番的、このよになってましてと。又、寄り合いには、必ずの、出席されたしと。精々が、年に一度だけの事。
別途に、総会なるが、期末、期首にあるですが。

とかとか、云うた上での、尚欠席ならばの、当日、その時間になってでも、皆を待たせてでもの、宅様に出向くわと。出て来てくれと。
オッとの、過去の経緯は一切の知らんです。当事者でもあるまいにの、その他大勢の口でして。
単純には、回覧だけ回して、来てぬなら、次善の策での、あっちに、こっちにかと、思うですが。それで、組長、飛ばして戴けるなら、ダアレも出て来んよにならんとも、限らんぞと。
にしても、実際問題、どするやの、この場に居たはらへんのに、欠席裁判もと。

での、何やらの、その宅様、自分がするの御仁なれどの、一人言云うてると、思いきやの、ケータイで、喋り出してましての。ども、話の内容からしての、欠席の先様かで、へえと。そんな先様まで、ケータイ登録してるのかと。

イヤイヤ、話を、最初っから、聞いてたでは無いの、途中から、分かっただけの、云うてるの内容。
「皆がそ云うてるのや。やったってくれよ。」
等と、手回しのええ事でして。その場で、説得かと。確かに、皆が居てるの場で、包み隠さずの、公開の、やってしもた方が早いわと。


事程左様の、家々には、家々の事情、考えあるですが。
我が町内会では、全員、町内会には参加になってまして。区費も相応の拠出してまして。組長、最大のご苦労、区費の徴収かと。月、1300円也でしての、来期には、1400円也にするですて。へえと。
イヤ、元々が、1400円也を、経費節減云々の、要請もありで、1300円にしたですが。女子トイレを洋式に改造するですて。さもなくばの、最近の子、トイレが出来ませんですて。へえと。

何分の、私共、男故に、女子トイレに入った経験無く。
イヤイヤ、会議所のトイレなるは、男子用、女子用の2つあってねえ。男子用は、小用のだけなれどです。


そんな話は結構の、宅様のケータイでの説得成功したです。流石やなあと。
もしかしたらの、何度も、何度も確認の、この場に、出て来てへんから、仕方が無いは、自分を納得させるのためも、あったかと。
そこに、余計な口出し、私の事なれどの、云うたモンでの、予定、若干狂たかと。されどの、云うてるの話、まともでして。とは、自認してるですが。
ならばの、当人に直接の交渉と相成って。イヤ、結構なるです。はっきりして、宜しいです。

での、結果、私にしたら、万事好都合の、組長が回って来るが、一期伸びてねえ。この組から、「区長」選出の期には、無役でして。良かったなあと。
当然の、「区長」籤、誰が引くかは、分からんですが。又、その場で、どんな手法、選出法になるかも、分からんですが。何分の、私が発言の内容、殆ど、明文化されてませんでして。

つでの話ならばの、一度、「区長」経験したなら、「区長」選出に際しては、優先的、外して戴けるの案も、云うてたですが。明文化されてませんでして。
結果的、来期、「区長」選出の際に、諸般、議論するのかと。
云うたら、失礼乍らの、その場にならんと、皆様、真剣に考えませんでして。私からしたら、事前に一寸ずつでも、明文化しといたら、予めの覚悟も出来るのにと。
その場になってから、「区長」歴任した故、対象から、外してくれは、問題かと。問題やと。そもそもがの、世帯主が出て来るべしと。
結果、世帯主の出席も増えて来てねえ。当日、2月9日の寄り合いでは、世帯主以外が出席なるは、2軒のみ。2軒の範疇ならばの、許せるですが。

にも関わらずの、「区長」選出法については、保留のまま、至ってるの、来期には、イヨイヨの、「区長」選出に相成るの、私は、大いにもめて頂戴なと。

オッとの、とっとの、斯くなる次第の、斯くなるでの。
結果、思いも寄らぬの、私にとっては、万事、好都合の状態に相成ったです。
そらなあ、何処様とは云わんの話が出たとての、この順番についてのみ、飛ばすの案になるが、精々かと、思てたわと。つまりは、3年も経ってしもてての、今更の、元に戻して、組長やれも、異なるの話やわと。

イヤイヤ、私からしたらの、こんな事もあるのやねえの。気も晴れ晴れの、組長にも成って無いの、来年の、先の話やのに、順番考え、えらい巡り合わせのと。気が付いたの、その時、今から、鬱やなあも、綺麗さっぱり、晴れてもて。
以て、どこ様とは申さんの宅様が、「区長」に選出成るが、成るまいがの、当家、我が家には無関係と相成ったです。目出度しの、目出度しの、精進、精進哉と。
(13/02/16)



inserted by FC2 system