シバケンの単なる雑談NO.87

雑談NO.86
雑談NO.81 雑談NO.82 雑談NO.83 雑談NO.84 雑談NO.85

雑談NO.80
雑談NO.55 雑談NO.60 雑談NO.65 雑談NO.70 雑談NO.75
雑談NO.30 雑談NO.35 雑談NO.40 雑談NO.45 雑談NO.50
雑談NO.5 雑談NO.10 雑談NO.15 雑談NO.20 雑談NO.25
題目一覧表

目次

雑談NO.88

NO.1140 我が家のナース・コールの話(11) 余談

NO.1139 我が家のナース・コールの話(10) 内科の紹介書の話

NO.1138 我が家のナース・コールの話(9) 内科の順番待ちの話

NO.1137 我が家のナース・コールの話(8) 母の睡眠薬命の話

NO.1136 我が家のナース・コールの話(7) 石川啄木の不思議の短歌の話

NO.1135 我が家のナース・コールの話(6) 同窓生の話

NO.1134 我が家のナース・コールの話(5) オシッコ、日に12回の話

NO.1133 我が家のナース・コールの話(4) 妹一家の新年の挨拶の話

NO.1132 我が家のナース・コールの話(3) 自立が出来ずの話

NO.1131 閑話的、「大将軍八神社」の話(4) この手の贅沢の話

雑談NO.86


NO.1131 閑話的、「大将軍八神社」の話(4) この手の贅沢の話

そんな次第の、斯くなるでの。
詰め合わせの、漬け物、一袋。和菓子屋では、「うぐいす餅」と、「さくら餅」をと、買い求め。
別段にの、その程度なら、どこの漬け物屋、和菓子屋でも売ってるけれどや。まあ、えやないですかと。大抵ならばの、専門屋で買うはめったに無くの、「スーパー」ので、我慢してるわと。

駐車場は、そのスグのソバでの、どやって、精算するのかと。方々見て回りの、嗚呼の、ここは、「1」かと。後は、注意書き、手順通りに、料金見るに、ンの、「200円」也で、えと。
何かの、間違いと違うやろなあと。
10分、200円也の、とてもやないの、10分以内で収まってませんの、少なくともの、半時は、過ごしてまして。ソラ、本堂だけで無く。全部の祠参拝。社務所では、御札、清めの砂を買うに、嫁はん、2度も、列に並びの、オッとの、その間、私め、タバコを吸うてたですが。当然の、しかるべくの、灰皿があるの場所での、もしかしたらの、ソバには、神社の当主、宮司らしきのが居たですが。一緒にタバコを吸うてたです。
イヤ、私が先客での、先様、遠慮の、床机があるのに、立ったまま故、灰皿を動かし、どぞと、促したですが。イヤと、そのままの立ったまま故、好きなよに、して頂戴の、ほっとけと。
イヤイヤ、ええ歳、可成りの歳での、70代かと。服装にて、神社関係者と、分かるわと。

そして、先の通りの、漬け物屋と、和菓子屋で、物色、買い物致しまして。ど考えたって、10分、20分で、戻ってませんですが。間違い無くの、駐車場所番号正解の、料金も、「200円」の表示でして。フウンと。
前に、「1」が付いての、「1200円」也でもあらへんわの。その、「1200円」也も想定内でして。実際に、ソならばの、正直、痛いけれどや。懐具合がです。

安くて、文句は無いの、先様、機械の、指示通りに支払いの。「表示」も、無事、「解除」に相成っての、無罪放免の、車を出したですが。イヤ、気分宜しいねえ。最低でも、600円也を覚悟の、下手したら、千円札一枚、消えるかと、覚悟してたですが。何度も申すの、「200円」也の。この界隈、周辺の駐車場、皆、同じの料金体系でして。得した気分の、急いて、買い物もせずは後悔するの、駐車場代で、安かった分、買い物出来たよなでして。
良かったなあと。

での、昼食時での、この界隈とするのか。西大路の上<かみ>には、和食の、「さと」がありまして。そこに行こかと。イヤ、度々の、ここには、入ってまして。云うたら、息子共の、嫁の、腹帯を授かりにの。「わら天神」では、概ね、ここでして。いつであったか、長男一家、次男一家も一緒の時には、別途の、「BigBoy」になったですが。

そんな話は結構の。
「さと」の、駐車場の状況からしたら、大入り満員かと。推測の、店内に入れば、案の定の、順番待ちの面々多数故に、止めとこかと。
イヤ、この近在でも無いけれどの、一寸先。丸太町通り、「JR花園駅」の先にも、「さと」があったです。そっちにしよかと。ソしよかと。

イヤイヤ、正直、「株主優待券」を所有してまして。あるのに、現金出して、昼食も、勿体ないわと。よって、「さと」にこだわりの、少々ならと、そっち方面にと。西大路の、「平野神社」前の、「さと」を出まして。一路、「花園」の方の、「さと」えと、走ったですが。車ででして。
イヤイヤ、云うたら、我が前をトロトロ、ノロノロ、走るの車が一台。ならばの、追い越せば宜しいですが。中途半端な速度でねえ。これが、先の、「平野神社」の、「さと」の駐車場を出たを承知してたですが。
オトトの、行く先、回るの先、一緒でねえ。云うても、回るは、一箇所だけの、西大路の、丸太町だけなれどの。ンの、「花園」の、「さと」の処で、そっちに突入の構えにて、ンと。同じの行動してたかと。
要は、あっち、満員故、こっちに移動の、もしかしてと。先様も、「優待券」組かと。イヤ、知らんけれどや。ソレ以外に、「さと」にこだわるの理由無く。

ででの、乗ってた、運転してたは、我々よりも、若手夫婦でして。されどの、運転が下手な旦那でして。
とかとかの話、結構の、ここは、順番待ちせずの、すんなりとと。

食事済ませたならばの、折角故に、双ケ丘経由。福王子で。広沢池から、丸太町の、嵐山で、帰ろかと。
急ぐならばの、丸太町通りを西に行けば宜しいですが。再度の、折角でして。ソラ、遠回りに違いは無くとも、5分、10分の世界。
正直には、このコース。本来ならばの、金閣寺からが、大好きでして。遠方からの客人には、少々の無理してでもの、見せたい、通りたいの、コースでして。現に、ン十年の昔には、父方、叔母を。
一昨年であったかには、嫁はんの義姉夫婦をと。このコースを走りの、見せまして。ここなら、ガイド役も出来まして。正確には、させて欲しいのコースでして。ソラ、ドライブには持って来いでして。車は適当の。渋滞なら、精々が、福王子の交差点だけでして。

とととの、オッとの、「大覚寺」前の辺りに来たら、ソやなあと。ここまで来たなら、ついでです。「豆腐」の、「森嘉」があったです。何度でも、折角やしと。豆腐でも、買おて帰って、牡蠣の湯豆腐でもしやへんかと。
私め、この組み合わせも大好きでして。牡蠣の湯豆腐。それも、「森嘉」の豆腐ならばの、超の贅沢、文句無し。

イヤイヤ、正直、「平野神社」の、「さと」に、すんなり、入れてたら、多分ならばの、こんなコースで、帰る事も考えず。丸太町通りから、亀岡に帰るなら、「森嘉」は気がついても、概ね、「西大路」を南下で、四条か、五条通りに向こてしもてるの確率、90%かと。
ソラ、その方が一般的かと。

そんな次第の、この日、1月の19日は、大いなるの贅沢させて戴いたです。
正直、申せば、母が、ショート・スティから、戻れば、この手の贅沢、思い付くがままの、行動出来ませんでして。ソラ、諸般、時間制限出来るです。
(13/01/23)


NO.1132 我が家のナース・コールの話(3) 自立が出来ずの話

過日。
オッとの、過日、何の話やったかなあと。
イヤ、思い出せませんでして。こんな事が、この処、時々あってねえ。困るです。ううんと、沈思黙考の、嗚呼と、思い出しの、過日。当然の、母、退所の後の話。
イヤイヤ、「ふないの里」に精算しに行ったです。要は、12月分と、1月は、12日までの分、合算にて、約1箇月半分。実際には、退所当日、精算が理想的なれどの、想定してませんでして。
退所のための、荷物の整理、持ち出しと、諸般の挨拶。しかるべくの、相談員にも声掛けたり、受付では、預けてましたの、母の後期高齢者医療被保険証、介護保険被保険証等々の受け取りでして。そっちの方に気が行き、精算の件、失念。

失念してなくとも、1箇月半分の精算、一寸、難。
銀行に現金下ろしに行ってのその足でと。精算致しまして。以て、当面、「ふないの里」にも用事が無くなったなあと。相談員にも、挨拶をと、部屋を覗いたですが、不在。運転手君の、彼にも一言挨拶をと、受付の一隅。ロビー周辺、見渡しの、発見出来ず。リハビリの先生も、見当たらずの、結果的、受付の妙齢の美女にのみ、お世話になりましたと。

ソラ、約1年、毎週通いの、洗濯モノをと。その他、諸々の打ち合わせ等々。結構、出入り、お世話になったです。
当然の、これで、ご縁無くなったとも云えませんですが。諸般、又、入所の可能性は残ってまして。

そんな次第の、斯くなるでの。母帰宅で、母の部屋も、すっかりの、模様替えになってまして。大きくは、ベッドが、自前の木製から、レンタルの、可動式に。鏡台は無くなり、洋服箪笥が、その位置に。箪笥の場所が空きで、部屋も広くの。その分、車椅子で動き易くなったですが。

寝床そのものが、新調でして。マットレスはレンタルなれどの、敷き布団、電気毛布に、毛布に、かけ布団。
以前と違うとなればの、木製のベッドの時には、畳でして。畳の変わりに、マットレスになっただけの、後は、従前通りなれどです。暑い、暑いと云い出して。オッとの、以前は寒い、寒いの、凍え死にそと抜かしてたのにと。
イヤ、寝床の構成、「ふないの里」と一緒なれどの、正直、布団のモノが違うの、こっちは、羽毛布団。それで、それだけ違うのかと。電気毛布の目盛りを調整の、小さくしたですが。
加えての、ガス・ストーブも消してくれと。へえと。

そして、一旦、居間に戻った途端の、リンリン、リンリン、リィン、鈴々の、ナース・コール。何事かと、嫁はんと、2人で、様子を伺いにの、母の部屋に行けば、テレビのリモコン、どこなんやと。嗚呼、そんな用事かの、ここにあると。
ベッド用のテーブルに置いてあるは、教えてたですが。要はこれも、高さ調整をの、どやって、するのか、試行錯誤で、やっとで、方法判明の。こんなモンでええかと。

での、ナース・コールのボタンは一度でええしと。二度も、三度も、押しっ放しはウルサイしと。ハイ、承知と、超の素直な返事して。母がです。
えらい、素直になったなあと。矢っ張り、介護士は他人様での、多少の遠慮はあったのかと。
嫁はんと、小声で話しながらの、母の部屋退散。

したと、思たら、又、リンリンやったか、ピンポンかの、ナース・コールの鳴りっ放しの、何事かと、部屋に伺えばの、水が欲しいと。ハイ、承知の、小さなポットに水をで、これも、テーブルにと。
しかるにの、さっきも云うたけれどの、ボタンは1回、一度で結構の。大邸宅でもあらへんの。居間に置いてるし、聞こえるしと。ハイ、承知の、素直なるの、返事で、人間、修行も大切の。返事が良過ぎて、気色が悪く。

戻った、途端の、又もやの、リンリンやったか、ピンポンかの。それとも、別途の音色か、メロディーかの。鳴りの、響きの、ええ加減にしときやの。1回、一度、押すだけで結構の、しかるにの、今度は何やと、尋ねたならばの、オシッコですて。

まあなあ、最初は仕方が無いかの。万事、出来れば、一度で、云うて頂戴の、その方が、こっちも、落ち着けるしと。この調子で、鳴らされてみい。座ったと思たら、鳴りの。用事済めば、又、鳴らされの。
座ってるの間があらへんしと。

結果、次第、次第の、呼び鈴、リンリン、ナース・コールも1回、一度だけには成ったですが。問題は、ここからでの。この、オシッコの頻度が、マア、大変。嗚呼、大変の、介護士が云うてたの、1時間に一度では、無いもののです。概ね、2時間かの。昼間は、宜しいですがの、夜がなあ。
イヤ、夜なら、私、多少は強くの、虹でも、賛辞でも、惨事でもです。起きてるですが。起きてられるですが。

とりあえずの、母が戻ったの初日。夜。
23時頃かなあ。ナース・コールで、嫁はんと2人で、オシッコに連れて行き。イヤ、当初は、2人がまずは、慣れませんとと。母の状態も把握致しませんとと。2人で、やるにしてたですが。
ソラ、入所以前は、歩行器で、自力で、歩けてたですが。最早の、車椅子での、自立が出来てませんでねえ。だけで無くの、ベッドの母を、起こすだけ。座らせるだけでも、大変の。車椅子に座らせるが大仕事。

オッとの、双方、慣れて無いもあるですが。
車椅子にさえ、乗せれば、トイレまでの、短い道中。移動は楽なれどの。そこから先、便座に座らせるまでが、さあ、大変、嗚呼、大変の、大騒ぎ。自立が出来て無い故に、立ち位置、移動が難しく。
狭いトイレ故に、我々が手を貸すに難儀での。ソラ、一緒には、入れませんの、車椅子も、どんな具合にと。

兎に角、ズボンを脱がせ。パンツ、脱がせ。座るに、オッとの、モっと、後ろにと。さもなくばの、便器の外にオシッコ、出てしまうの。だけで無くの、衣類も悲惨な状態にと。よって、必死に、しかるべくの位置に移動させるに、怖がってねえ。
心配すなの、転ける場所もあらへんの。云う通りの場所に、手を足を、動かしてくれさえしたら、万事、都合ええのに。してくれず。

とかとかも、日中嫁はんと一緒で、相談し乍らやってたですが。さての、23時には、嫁はん、寝てくれの。夜の、零時、2時担当しまして。私もここまででの、後は、ナース・コールの受信器2階の我が部屋に持ち込みの、寝たですが。

アカンなあ。4時も、6時も。ナース・コールに私め、起きられずの、嫁はんに起こされて。へえの、鳴ってたかと。
正直、大して、熟睡してへんみたいで、完全、爆睡、熟睡の、寝てしもてるです。
イヤイヤ、一発、まともに、応じる、つきあうの、つもりで居たですが。
(13/01/24)


NO.1133 我が家のナース・コールの話(4) 妹一家の新年の挨拶の話

本日、ゴミ出しの日。この辺りは、毎週、月曜、木曜でして。
での、ゴミ出すに、その道中。道中も、10歩、20歩の範疇なれどです。正確には、我が家で無くの、お隣さんの家の前。何の入れものやろねえ。お菓子の入ってた紙箱やろかねえ。2個落ちてまして。
見た限り、発見した限り、捨て置けませんでして。小さな、紙箱でも無いしで、嫌でも、見えるですが。ついでの話故に、拾て、ゴミ袋にと。

いやなあ、二重に問題でして。そもそもがの、歩き乍らの喰てたかと。喰てしもて。中身無くなればの、ポイ捨てかと。親の顔見てみたいです。躾が出来てませんです。自らも、適当故、子も、こんな事して平気でして。

での、帰りの道中。云うても、先の通りの、10歩、20歩の範疇なれどの。今度は、我が家の真ん前に、タバコの吸い殻がと。
ついでの話故に、拾て、集積場の我が家のゴミ袋に投入したですが。こんなモン、我が家の真ん前だけに、そのままにしとけませんです。

考えてみたら、京都の家の頃なるは、毎日とまでは、申しませんの、時折には、家の前を箒で掃除したです。所謂の、向かい三軒両隣分。理由簡単の、色んなモノが落ちてまして。主として、何やろねえ。まあ云うたら、落ち葉かなあと。時には、キャラメルの包み紙。チュウイン・ガムの吐き捨てたヤツもあったですが。悪いけれどの、この手の、紙箱みたいな、大きなのは、捨ててなかったです。

理由簡単の、捨てるに目立つわと。
大通りでは無いけれどの、車も、人も、自転車も、相応に往来してまして。
その辺り、我が家の周辺、近在としたらば、往来多く。さりとての、所詮は、亀岡の端でして。知れてるわと。子どもも、大人も、程度が悪くなったか。見えぬ場所ではこんなモンかと。人間様も、情けないなあと。自分のモノくらい、自分で、処分出来ねば、犬畜生と一緒やわと。
とは、祖母から、良く聞かされてたです。


オッとの、での、母が戻ったの時から、戦争状態。
ナース・コールを買おて、設置で、まだ、助かってるですが。これが無ければ、母、声出しっ放しになるです。水、お茶が欲しけりゃ、水、水、水。お茶、お茶、お茶と。下手したら、チャンネルどこ、どこの、どこやった<どこに持って行った>。
テレビのリモコンなんか、自分が使てるくせして、どこは無いやろ。どこやったは、尚、問題の。私共が隠したみたいで、聞こえが悪いです。
この親の顔見てみたいけれどの、母方の親、我が祖父母を、知らんです。

イヤイヤ、概ね、歳喰たら、こんなモノの云い方するのかと。
イヤ、この程度の度胸、好き勝手で無ければ、当世、ナカナカに、子とは一緒に暮らせえへんぞと。

しかるにの、リモコンも、レンタル・ベッドになって、発見し易くなったです。木製の時には、ベッドの向こう側に落ちたら、見えませんの。布団を退けて、懐中電灯片手に、下手したら、ベッドの畳まで、外しまして。
やっとで、見つけても、知らぬ顔。精々が、嗚呼、そんなとこにあったかと。あったで無く、落としただけなれどです。


そして、母が戻った日の、明くるの、13日<日曜日>には、妹夫婦。その娘<姪>一家<婿、息子>が、年始の挨拶方々、母に会いに来たです。予定では、そこの甥<長男>も、来る予定が、体調悪くと。風邪気味らしく。

での、何時頃かの、11時頃かと。車2台で、到着しまして。
明けまして、おめでとう御座います等々、挨拶致しまして。仏壇にも、挨拶してもろて。当然の母にもでして。

ここだけの話、前日来の、真夜中のトイレで、寝不足でねえ。
正直には、カラダが、しんどおてねえ。動けば、忘れられるですが。タバコでも、吸えば、忘れられるですが。
いやなあ、母のナース・コールでも、熟睡、爆睡の。耳のソバに置いてたですが。あかんなあ。そして、4時、6時と起こされたら。ついで故に、嫁はんも、私も、オシッコをと。変な話、たったの数日。12日も半日の。13、14日はモロの。15日は、半日になるのか。だけで、夜、目が覚めるよになってしもてねえ。イヤ、トイレのためです。こんな事、習慣にならんでもええのにと。

オッとの、姪の子には、お年玉をと。2歳と数箇月なれどです。
まあなあ、事前に、この子は、車派か、電車派かと、次男に尋ねたならばの、車派との事で。イヤ、住み処が近くでして。時々、往来してるらしく。
での、来るの数日前、「ミドリ電化」が、イツの間にやら、「エディオン」に屋号変更されてるですが。そこの2階にオモチャ屋があってねえ。相応のを、買い求めの、準備しておいたですが。

まあ云うたら、持ってよが、持って無かろが、仕方なしの。持ってても、持って帰れの、いらん云われても、困るのオモチャ。
いらんなら、いらんで、我が孫、孫君にでも、やるですが。
イヤイヤ、買おてたのは、持ってなかったみたいで、良かったなあと。

での、昼食は、「ひら山」で、オードブル等々、別途には、寿司を予約してまして。
そらなあ、母連れて、外食も出来ませんでして。
オッとの、皆様、母に新年の挨拶なるが、主目的でして。

しかるにの、皆が来てる時には、母、どんな言葉、発するかとなればです。
ナース・コールで、オシッコの道中。
嗚呼、ご免なさい。有り難うなあ。すみません。すみませんと。
あのなあと。変な話、我々、常に、虐待でもして。面倒見るを、邪魔くさがってるみたいに、聞こえるわと。
されどの、一々の、気に成らず。云わせとけと。こっちも、大声にて、あっちや。こっちや。手を出したら、あかん。立って、立って、頑張ってと。ズボン降ろしてるのに、座ったらあかんがな。

面々来てるからと、余所行きの話もせず。してる、出来るの余裕無し。その場、その場の、そんな器用人間でもありませんでして。
イヤイヤ、別段にの、従前より、一切のと。云うたら、妹の処にも、婿殿の母親居たはりましての、要介護2。
(13/01/25)


NO.1134 我が家のナース・コールの話(5) オシッコ、日に12回の話

さての、一寸した話。
覚えてる時には、覚えてまして。されどの、どっちにしよかと。
いくつもの、ネタ話を列記しても、仕方無く。とりあえずは、こっちにしよかの、ミノル君の話。

イヤ、中学校からの、友人でして。親友でして。会社までが一緒になってねえ。あっちは、諸般の都合で、1年遅れで。退職の時期も1年違い。あっちが早かったかと。
諸般の都合とは、NECに就職したのか。家の都合で、1年で、京都に戻って来た故でして。

家に居たら、オイ、居てるかと。勝手に我が部屋、二階に上がって来てねえ。云うたら、そんな仲でもあったですが。東洋電具<現ローム>って、どんな会社かと。どんなと問われてもねえ。返答し難いですが。
こんなあんなと、適当なるの話をしての、気が付けば、就職してたです。

そのミノル君も、前立腺肥大で、頻尿ですて。オッとの、病歴なら、あっちの方が先輩でして。「八味地黄丸」を処方してもらいの、服用してる。
とは、10年以上の昔<2000年頃>に聞いてたですが。当時の私、フウンの、ソかと、聞いてただけなれどの。過年<2010年>、頻尿とするのか、残尿感と、出難いがため、「亀岡シミズ病院」の泌尿器科に行けば。見事なるの、前立腺肥大であると、診断されて。
以来、「ハルナールD錠0.2mg」「アボルブカプセル0.5mg」を服用してるですが。

過日。
この過日は、3週間程の過日。突然の、ケータイに。パソコンに。メール着弾の、遂には、ケータイの電話で、あのなあと。イヤ、当時は、母、「ふないの里」からの出所のための、打ち合わせ等々。「介護用品」屋、ケア・マネージャーが我が家見聞での、どんな用品要るか等々の頃でして。即の、返信せぬが故の、電話一発の。
要は、「八味地黄丸」を服用してるけれどの、夜が大変の、一時間に1回の頻度でと。へえと。
そこまでは、メールには書いてませんでしての。での、私の方はどんな具合かと。との問い合わせでして。

先の通りの、「ハルナールD錠0.2mg」「アボルブカプセル0.5mg」を服用の、夜はなあ。精々が1回かと。行く日もあるし、行かんの日もあっての。計算間違いせずとも、夜、1時間に1回では無いゾと。
とかとかの、彼、ミノル君は、内科で、処方して戴いてるのらしく。ほならの、当然の専門医であるの、泌尿器科に行くべしと。助言したなら、行きまして。結果、処方は、「ユリーフ」なる薬でして。現段階、まだ、効果現れて無いのらしく。
担当医に云わせればの、「アボルブカプセル」は高い薬でして。効果も、半年、1年経たんと現れずと。フウンの、高いは高いと思うの、効能なるは、即の現れたけどなあと。
利いてるは、概ね、1日半かで、そこを過ぎると、頻尿に相成って。とするのか、出難くなって、困るんやと。
果たしての、ミノル君、次回の通院にて、どするかなれどの。もしかしたらの、薬も患者によりの、相性あるかと。
どっちにしたって、以来、毎日の如くの、メール着弾の、薬、頻尿の話。イヤ、ほんまです。


での、そんな次第の、斯くなるでの。トイレねえ。オシッコねえ。
生理的現象、重要なるの問題でして。
1月12日、母、「ふないの里」から、出所以来、結果的、主として、何が私共を苦しめるかとなればの、オシッコでして。母のオシッコに付き合うの事でして。

云うたら、しかるべくの、施設、「ふないの里」なら、介護士が付き合うになるですが。云うたら、あちら様は、交代制勤務。有り体には、業務でして。
オッとの、くれぐれもの、私共、頭の下がるの仕事なれどです。感謝してるも事実、心底なれどです。余所の爺様、婆様相手やでと。家族でさえが、嫌になるの、話でして。

只なあ、家では、24時間体制には出来ませんでして。
とは云え、お付き合いせねばなりませんでして。
ほっといて、母、オシッコに行けるなら、苦労はいらんの、楽なれどです。
自立が出来ませんの。介助、介護するに、チカラ仕事でありの、根気が要るです。自立とは、自力で、立てず。立てるは立っても、一秒、二秒保つかの水準での。これでは、何が困るかとなればの、服の着替えも自力で出来ず。ベッドに座ってるも、ナカナカでして。

イヤイヤ、左程に足腰、弱っててねえ。
誤解恐れずの、云えば、介護施設では、楽をさせ過ぎかと。そらなあ、移動するに、万事、車椅子での方が、早いし、楽でして。当人も、楽でして。結果、ついついの、足腰弱るに相成るですが。
結果、一番に困るは、当人でありの、同居の家族でして。

それが、概ね、2時間に一度。日中ならばの、ソレ以外の用事もあっての。ソラ、食事もあるし。薬も服用してまして。
一番に母の要求なるは、睡眠薬。鎮静剤とするよりも、睡眠薬依存症。出さねば、世の中、収まらんの、薬、薬の、連発でしての。キチガイみたいな状態での。さながらの、麻薬かと。
イヤ、大袈裟に非ずの、麻薬並でして。オッとの、麻薬がどんなモノかは知らんです。

私が服用なるは、「ハルナールD錠0.2mg」「アボルブカプセル0.5mg」なる、頻尿、前立腺肥大の薬と、コレステロール対策の、「ゼチーア錠10mg」だけ。この3種で、月に、7000円也故の、どしょかと。
いっその事、さぼるかと。さぼれば、オシッコがと。されどの、少々の出難いは我慢も検討の余地有りでして。
コレステロールにしたって、針小棒大と違うかと。とは云え、血液検査では、高めなれどです。


オトトの、私の話は結構の。
オシッコの度、母を起こし。
オッとの、起きてはいるですが。ベッドに横たわるの母のカラダを起こすの意での。
更には、ベッドから、車椅子に。車椅子の母、トイレに運び。諸般の出せる体制にしてやって。終われば、カラダを支えつつの、手を洗わせまして。拭きまして。再度の車椅子に座らせ、ベッドにと。
これが、日に何回やと。2時間に1回なら、単純計算、オシッコの付き合いのみが、日に、12回で、ゲと。

加えての、睡眠薬命で、20時頃に請求されて。22時頃か、23時頃かに、オシッコでして。母、寝てるの感での、カラダ、ふらふら。イヤ、立派に、ナース・コールの呼び鈴ボタン押してるですが。カラダ、ふらふらのを、支えて、トイレで、しかるべくの、オシッコさせて。パンツ、ズボン。イヤ、パジャマに着替えてるですが。上げ下げ、するは、大変ぞと。
よって、モッと後。
21時、22時頃に睡眠薬を飲めばと、注文してるですが。一切の聞き入れず。余計に腹の立つノリやと。
(13/01/27)


NO.1135 我が家のナース・コールの話(6) 同窓生の話

ミノル君が、NECから、京都の会社、現ロームに転職なるは、親父さんの他界であった筈。
京都に戻って、暫くは実家に居たですが。ここから、一寸、話を飛ばしの、暫くしてから、近在のマンション買いまして。1人で生活してたです。オッとの、現在も、そのマンションにて、一家在住。一家とは、嫁はんと子ども達かと。イヤ、子ども達も学校卒業の、果たしての、就職先も、結婚の事も知らんです。会いはしても、その辺り、話をしてませんでして。全くしてないでも無いですが。聞いてもなあ。一度か、二度、見ただけでして。出先でねえ。
母親とは、同居してませんですが。当然の、我が母と同年代での、何度かお会いしてるです。

そんな意味なら、親父さんは、我が親父とも同級生。しかも、同じの電気屋でして。ならばの、交流があったかとなればの、無かったなあ。同級生も、どこまでの同級生かは、知らんです。多分なら、中学校だけの可能性がと。しかも、同じクラスになったかも、知りませんです。

云うたら、ミノル君と、私なら、高校3年生が同じクラスになったかと。
イヤ、当然の、中学校も一緒なれどの、存在は承知も、話をしたりの機会無く。高校3年で、一緒になって。親友的付き合いがと。イヤ、小学校区が違いまして。
イヤイヤ、電気工事の資格取得での。京都の家も、槇島の家も、彼が電気工事をしてくれたです。オッとの、彼も、電気専攻。ならばの、私も電気専攻なれどの、電気工事の資格も、電検も取得してませんでして。
その辺り、彼、ミノル君は努力家でありの、超真面目。真面目さなら、私も真面目なれどの、彼は、先の通りの、「超」を付けてるです。

イヤ、彼の母親も、「要介護2」になったと云うてたかの。
諸般、最近では、時にはなれどの、実家で寝起きする事もあるらしく。
イヤイヤ、当時の実家では無いですが。この辺り、詳細、掲載邪魔くさく。単なるの、雑談的故、意味も無く。
斯くの如く、昔っからの。中学生からの、知り合いともなればの、細かくに知り過ぎての、同居で無くとも、実家の母親の面倒もえらい<立派>です。近く故に出来る事でして。

での、同居となればの、ケンイチ君が居てるですが。最初っからでの、謂わばの、私と一緒やわと。
こっちは、学生時代からでの、ソラ、大変ゾと。時々には、メールで、電話で、話をしたり。聞いたりを、してるですが。まさしくの、母親の部屋で、寝たりの話をしてたです。
現在、「要介護5」と云うてたですが。電話での話の限りは、我が母、「要介護4」より、程度は良いみたいに思うですが。

理由なるは、過日、電話にての、「要介護5」と聞いて。遠慮も無くの、ボケたはるのかと。問えば、ボケて無いと。最近なあ、2、3歩、歩くんやと。えと。
つまりは、自立出来てるの意での、自立が出来て、「要介護5」は無いやろと。云うても、保護者が、間違うの筈は無くの、「5」でして。
区分的、「5」となればの、生まれたての、赤ちゃん並での、自分では何も出来ませんですが。3歩も歩けたなら、立派なモノでの、「3」でも、不思議でないの、能力でして。只なあ、介護認定の時には、「5」水準での。この1年にて、当人、努力の甲斐有り、機能回復したかと。立派な事やと。

その辺り、我が母、自立が出来ぬ故、周囲、大変ゾと。
兎に角、ベッドから、車椅子に移動、座らせるだけでも、よっこらしょと。時間が掛かるの、掛かれば、オシッコも、心配の、漏らされたらなと。
且つは、ズボンを、パンツを脱がすに、腰が定まらずの大変ゾと。オマケで、あっち向きの際の、プとやられてみい。顔に、鼻先にまともやわと。冗談に非ずの、何度やられてるかと。まだなあ、屁で、ましと思てるわと。

そんな事で、ケンイチ君とは、母親の話も致すですが。オッとの、当然の、ケンイチ君の母親にも、何度か、お会いしてるです。云うても、バッタリも、誰とは、分からんですが。そら、直近で、イツの事かの、彼が結婚して間無しの頃やしなと。それ以前になら、3度、お会いしてるかと。
トトトの、私と、ケンイチ君、ミノル君は、親友なれどの、双方、無縁の。されどの、共通点、皆様、前立腺肥大で、悩んでるです。


そんな次第の、斯くなるでの。
1月14日の、成人の日の、祝日なるは、本来なら、ディ・サービスの日になってたですが。先様の都合によりの、中止になりまして。イヤ、構わんの、12日、退所で、13日には、妹一家が来まして。14日には、ディ・サービスもしんどいやろと。
正直、こっちは、楽なれどです。

問題は、その明くるの、15日<火曜日>でして。
「ふないの里」の相談員からは、そもそもがの、処方薬が、15日までしか無く。その、15日から、「けやき」に25日までの、ショート・スティ予定では、薬があらへんしと。
要は、「亀岡シミズ病院」に、診察して戴きに、行ってくれと。

諸般、これは、大変なる事でして。
簡単には、「ふないの里」に入所してた期間なら、介護設備のバスで、病院までの、送迎してくれたですが。退所したなら、無縁でして。我々、家族が、何とかせねばならぬの、且つは、今後の診察とするのか、薬の事がありまして。

従前、「亀岡シミズ病院」に入院までは、私が代行にて、薬のみ、処方箋を戴き、「院外薬局」に取りに行ってたですが。睡眠薬がある故、1箇月に1回でして。その度、半日も取られてみい。大変ゾと。
での、「ふないの里」に入所の期間の薬は、「ふないの里」が手配してまして。私の手を離れてたですが。

それもあるし、薬を戴きにの間、母を家に置いとくも出来ず。その辺り、ディ・サービスの日にでも、取りに来たらと云うもののです。
薬だけを、代行で、半日は辛くの、我が近在の町医者にでも、薬を処方して戴くべくの、紹介書を戴くも、目的にしてまして。

どっちにしても、15日は、大変の。
朝には、母を、「亀岡シミズ病院」に連れて行きの、「整形外科」「内科」で、診察の。薬を処方が大目的での、同時に、しかるべくの、紹介書を書いて戴くをお願いをと。

薬を得たなら、その足で、ショート・スティ先の、「けやき」に連れてかねばならず。
これが、イツになるのか、分からんわと。分からんでも、概ね、過去の実績なら、14時には、どかなあの時刻になるかと。14時では、昼飯をどするかがありまして。

前日には、「けやき」に電話一発、尋ねたです。
斯くなる次第の、当日、昼飯なるは、何時まで、待てますかと。ならばの、14時ですて。されどの、14時を過ぎれば、下げますと。ハイ、承知と。要は、昼食、準備して戴きたくと。
そらなあ、位置関係的、母を、「亀岡シミズ病院」に。診察して戴き。薬を戴き。我が家に連れ戻りの、昼食。又、出るに、「けやき」が、そっち方面でして。病院には、小半時。「けやき」に、約20分。掛けて、その都度、母を家に入れて、出すは、こっちも、母も大変ゾと。

イヤイヤ、口だけ、簡単には、それだけの話なれどの。実際には、諸般、やるべきの作業あるです。それを基本的、当日には、私1人でやるになりましてと。
(13/01/28)


NO.1136 我が家のナース・コールの話(7) 石川啄木の不思議の短歌の話

まあなあ、自分がこの歳。母がこの歳になって、諸般、分かるです。

「たはむれに母を背負いてそのあまり、軽きに泣きて、三歩あゆまず」<石川啄木>

イヤ、啄木のこの短歌で、共鳴するは、どかしてまして。諸般、啄木の生活についての云々、諸説あるですが。それも、置いといてです。
イヤイヤ、とりあえず、啄木、26歳で他界してるです。仮に、母親、20歳の時の子どもとして、母親、46歳までの話と、相成るです。但し、啄木、明治時代の作家故に、当世程の寿命では無いですが。

ズバリ、云うなら、たわむれにでも、背負える程なら、母親、達者哉と。
現在、我が母、89歳。背負うの勇気無し。
ソラ、単に背負うだけなら、背負えるですが。こっちの、チカラ尽きての、降ろすに、母独自には、降りられませんです。自立が出来ず故に、背後に母では、どするやと。ども出来ずの、体勢替えるに、その瞬時の間にでも、転んでしもてしてみい。冗談に非ずの、骨折ぞと。そんな瞬時、立てるやろと、抜かすなかれの、怖がって、怖がって、我が衣服、腕でも何でも、つかみの離さずの。万事休すかと。
イヤ、ここだけの話、我が母だけの話かと、思いきやの、ケンイチ君のところもそらしく。よって、トイレ1つ、させるを難儀致すです。

まあ、つまり、啄木の母上様、軽いは、軽いと、思うですが。まだまだ、若いが故に、たわむれに背負えの、三歩でも歩めるです。且つは、軽くに感じられる程に、母親には、柔軟性がと。
これが、我々年代の母親、父親やってみい。体重軽くなってても、諸般の動作させるに、カラダを硬くしの、姿勢悪くの、重たい、重たいの、支えるの、こっちの体力との、消耗戦。

イヤイヤ、ほんまやでの、15日。
「亀岡シミズ病院」に通院の日なれどの。母をベッドから、起こし。着替えさせ。着替えさすは、嫁はんが担当してくれて。
車椅子に乗せるは、相応に慣れて来ての、さての、玄関で、靴を履かせるに、どするやとなればの、今度は、母を車椅子から、降ろし。玄関に設えたの、手摺りに掴ませまして。
さての、降ろすからなと、後ろから、母を抱き支えの、ゆっくりとです。玄関先に座らせまして。
云うたら、それだけの事が、大騒動の、抱き抱えて、降ろすに、降ろすからには、全体重、持ってるですが。降りませんでねえ。ンの、おかしいの、こっちも、若くは無いの、この歳でして。
腕力、気力が保たんのサア、大変の、ハタと、母の手の先見たなら、手摺り、掴んだままで、離しませんでして。怖い、怖いと、がっちり掴みの、こっちは、止めてくれ。離せ、離せ。ハヨ離せ。頼むから、離して頂戴の、嗚呼、一時には、どなるかと。

話簡単の、抱き抱えてるの、身が保ちませんでして。
かと云うて。荷物やあるまいにの、落として、嗚呼、しもたで、済まんわと。かとかと云うて、こっちも、一緒に転けてられんの。段差のあるの、玄関先でして。何としてでも、気力一杯、目一杯の、支えの抱き抱えの、玄関先にゆっくりと、降ろしの、座らせねばならぬです。

別段に、今回だけに非ずの、入院前には、ディ・サービスの度、その他、諸々、母を伴いの、出掛ける際には、やってたですが。一昨年末の、入院以来、1年経って、こっちも、これだけ、体力がと。
失せてるを、実感したですが。

イヤイヤ、状況正確に、記載してるの、母がさえ、手順通り。こっちの、思惑通りの、行動、身を預けてくれたなら、何の事も、あらへんわと。それを、恐がり、恐がり、必死に手摺りなりを、掴んで離さんが故に、こっちの負担が、倍、3倍の、消耗致すです。ソラ、チカラも要るし、時間も掛かるし、大変ぞと。

啄木が如くの、たわむれに、背負うは厳禁。背後から、抱き抱えての軽い方が一安心の、センチメンタルになってるの暇は無し。落としたり、怪我でもさせたら、一大事の、生命に関わるの、不可抗力の殺人になるです。
冗談に非ずの真剣、真面目なるの話やでと。


云い出せば、我が孫なんかなら、少々、荒っぽくと。
云うてしもたら、語弊の。転けても、転けさしてしもてもの。当然の場所、状況にもよるけれどや。泣きの、叫んでも、知れてるです。身軽で、それこその、1歳、2歳、3歳や、5歳です。ひょいと、抱っこも、持ち上げも出来るですが。
軽いと云うても、母、大人でして。ひょいとは、持ち上げも、抱っこも出来ませんでして。


でででの、斯くなるでの。
かねてよりの、レンタルのです。玄関の石段を突破のための、「スロープ」と。要は、折りたたみ式の板でして。下用の、「車椅子」を持ち出し、準備致しまして。
母には、靴を履かせ。下用車椅子に座らせて。スロープを使いの、下に降りたら、さての、家の真ん前に、横付けにさせたの、愛車、カローラにと。車椅子から、降ろしの、座席に座らせての。
これが、又、あっちを掴みの、こっち、そっちと、ナカナカに、思うよに、座らせるに難儀なれどです。嫁はんと2人で、よいしょ、よいしょと、座らせて。
座らせたら、準備は完了の、「スロープ」は、畳みの、元の保管場所に仕舞いまして。
さての、車椅子は、トランク・ルームに乗せまして。これが、案外に重たかってねえ。されどの、云うてるの場合で無いの、チカラ尽くで、乗せまして。
デハと、出発の、「亀岡シミズ病院」にと。

車椅子なら、病院にも、「けやき」にも、あるですが。よ考えたら、車に載せるの必要無かったかなあと。冷静に考えたら、そなんやと。されどの、ディ・サービスに通うに、必須の道具でして。
さもなくばの、通えませんでして。よって、借りたですが。

イヤイヤ、云うてしもたら、ディ・サービスの先、「こもれび」には、車椅子はあるですが。送迎の際には、持って来てくれませんです。あくまでも、施設内の備品でして。
ソラ、自力で、送迎バスの階段を登れるなら、車椅子不要なれどです。腰砕け。屁っ放り腰では、とてもやないの、危なくて。
ケア・マネージャーとしても、安全見て、車椅子での送迎をと。そのためには、レンタルでと、相成ってと。

されどの、「けやき」には、私が連れてく故、いらんかったかなあと。今になって思うですが。その時には、必死でねえ。気分的余裕が無いの、あったは、昼飯に間にあうのかと、担当医師の、紹介書の作成依頼でして。それに基づき、町医者から、薬を処方して戴きたく。
そもそもがの、そのための通院でして。母のカラダの具合が悪いで無し。

それと、兎に角、薬を戴きたくと。
その薬を持参で、「けやき」にショート・スティと相成るです。

オッとの、何度でも、申すの万事、母の希望でして。本来ならばの、「ふないの里」に、モ暫く、預かって戴けてるなら、それが一番に好都合の、母は、5月頃まで居たかったと。
されどの、諸般、相談員から、一蹴の。これでも、相応に期間延長して戴いてると。云えば、云えまして。

そらなあ、家は、施設のよな、環境では無いです。部屋の中は、相応に冷暖房出来ても、トイレまでの道中。廊下も、トイレも。までは、冷暖房してませんです。
こっちにしたって、その方が楽で、安心なれどです。次善の策として、ショート・スティを早期より、予約してたです。
での、そらなあ。ショート・スティで、10日間と云わずの、モっと、長くに居させてくれたら、宜しいですが。15日から、25日がやっと、取れたの日程でして。
(13/01/29)


NO.1137 我が家のナース・コールの話(8) 母の睡眠薬命の話

掲載してるの日、1月15日。
現在、1月29日故、約2週間。この間、ドンドンと出来事あっての、どしょかと。モっと、端折りの、簡潔にもと考えるですが。ま、えやないかと。

イヤ、その本日、1月29日には、「こもれび」の、ケア・マネージャーと、リハビリの先生が我が家に来て戴きまして。ケア・マネージャーは、介護認定の審査の件。イヤ、審査そのものでして。
リハビリの先生は、我が家の状況確認致したしと。

事程左様の、何や、かやと、連日とまでは申さんの、母、「ふないの里」を出所以来、諸般の来客ありまして。過日には、「こもれび」から、ディ・サービスの担当の方が、来られて、しかるべくの、書類の説明等々されたです。
更には、既に、この28日からは、母、ディ・サービスにも行きまして。ご機嫌さんで、「こもれび」に参じたですが。

イヤイヤ、その日、戻って来まして。送迎の介護士、曰くに、自立出来てますよと。ンと。ほんまかいなと。ウソは云う筈無くの。ほならの、家では甘えてるの可能性がと。
での、本日、リハビリの先生、云うても、歳の頃なら、20歳辺りの、妙齢も、妙齢の、可愛い系の美女。イヤ、清楚で、真面目で、化粧っ気無く。誠に以ての、清潔感溢れるの、可愛い子。
イヤ、ほんまやでの、超真面目で、こんな子にリハビリされたら、スグにも、機能回復するかと。

その子、イヤ、リハビリの先生曰くに、母、自立出来てますよと。ンの、発信元、ここかと。
詳細曰くに、平行棒を握った状態なれどの、歩けてますと。
ここで、「自立」「歩ける」の基準が、我々と、専門家の基準が違うを知ったですが。確かに、寝たきりの状態。そこを基準ならばの、立てて、歩けるの範疇に入るかと。母、我が家でも、ベッドから、車椅子に移動に、丸ごと抱えてるで無いです。或る程度は自力で、動いてまして。但し、自力では、全くなれどの、屁っピリ腰で、腰砕けの、手を抜けば、腰から、すとんと落ちるの状態故に、ズボンのお尻部分をしっかと握りの、転け防止してるですが。

云うたら、座るの際には、チカラ尽くで、移動させてるですが。
目標、ディ・サービスで、車椅子に乗らずとも、自力で送迎バスに乗れるの事でして。イヤイヤ、トンでもの、要求に非ずの、従前なら、我が家の玄関先の階段では、2人掛かりでして。先様、送迎担当が、母の両手持ち。例えば、私が、ズボンのお尻をガッチリとです。支えて、バスの手摺りの場所まで、誘導したなら、後は、手摺りを頼りに、階段を上がってたのが、転んで、入院するの以前の状態。つまりは、一昨年末までの事。

さすれば、車椅子対応の送迎バスにでも乗れまして。ほならの、土曜日にも、ディ・サービスにも通えると聞いてまして。正直、土曜日に行ければ、我々も、助かるです。

オッとの、一言。
では、済まぬの、肝心の認定調査の話をチラと。ケア・マネージャー、母に問うに、両手、上がりますか。母、元気良くの、ハイの、高々と上げまして。足は上がりますかで、そんなモンと、云わんばかりの、動作、俊敏さで、以ての、上げまして。
見てるの我輩、あほらしと。
その元気溌剌の闊達さで、常に動作してくれと。

オシッコで、起きるの際、ベッドから、カラダを起こすのだけでも、難儀の、コロン、コロコロと、ひっくり反ってるくせしてからにの、この婆めがと。オッとの、ベッドで、布団の上故、こっちも、位置的、頭さえ、手摺りで、打たんの状態ならばと、放てるです。ベッドの上で、起きるも、リハビリの一環でして。正直には、手を貸し、さっさと、トイレに連れて行きの、ベッドに戻すが楽やわと。
コロリ、コロコロに付き合おてたら、その分、我が時間も取られまして。又、精神衛生上も良くは無いです。内心、ええ加減にしときやの、イライラする事もと。ソラなあ、こっちのやってる事を中断しての、母を最優先に、手を空け、付き合おてるです。

云い出せばの、トイレ1つ。
その度、手を洗わせの、後始末もで。したら、我が手も、相応に汚れの、清潔にの。洗面所にて、洗剤にての、手を洗うですが。ソラ、そのままの手で、パソコン1つ、キーにも触れずでの。云うたら、母の行くの回数と、こっちの回数、手を洗うになりので。正直、手の指、ばりばり、かさかさの、切れ出したです。
ハンド・クリームなんか、用事は無かったですが。遂に、お世話にと。
ならばの、薄手の手袋でもと云うなかれの、施設でもあるまいにの、一々のやってられへんわの、それこその、家族やわと。


斯くなる次第の、斯くなるでの。
遡っての、15日の話。8時半には出るのつもりも、主人公、母の付き添いなれどの、ソはサと出られずの。出る前には、トイレに行っとくか。「けやき」のショート・スティの準備も前日には嫁はんしてくれてるですが。揃えて、車に載せたり、あれこれ、してる間、先の通りの、スロープ出したり、元の場所にしもたりの。保険証は、診察カードはと。してるの間にも、あっと云う間に9時にも成りので、「亀岡シミズ病院」に付いたは、9時半頃かと。嗚呼、遅なってしもたなあの。順番取りして、愕然の、果たしての、午前中に診察してもらえるやろかの、番号でして。

イヤ、此度の本命、「整形外科」には、薬の処方と、紹介書と、「内科」には、「ふないの里」の要請でもありの、退所したから、必ず、診察をの、云うたら、義理でして。
この内科が厄介での、待ち時間だけで、ゾとする程の時間喰うですが。紹介書さえ、書いて戴ければ、義理立て出来て、以降、近在の町医者に通うに出来るですと。通うも、形、一度だけ、母を伴いまして。
しかるべくの、診察方々、紹介書を先生に手渡しまして。薬を処方して戴ければ、後は、私が代行でと。そっちなら、精々が待ち時間、1時間もあれば、充分かと。

での、小一時間にての、「整形外科」に呼ばれまして。
まずは、薬の処方なれどの、母の睡眠薬が本命でして。そのよに、先生に、お願いしたなら、返答、何故、睡眠薬がと、問われてねえ。
オッとの、従前、何年もの以前より、睡眠薬を処方して戴いてまして。母転倒、こちらに入院の際にも、出して、戴いてましてと。云うたならばの、この1年、出してませんと。嗚呼の、「ふないの里」に入所の間には、「ふないの里」で出して戴いてたですと。ソレ、以前は、こちらでと。無ければ、寝られえへんと、母申しましてと。
返答したなら、先生、抜かすに、ならばの、「心療内科」で、診てもらって下さいと。あのなあと。

とは云うてませんの。
内心なら、この野郎めと。こんな年寄りを、どこの、「心療内科」に連れて行けかと。ここの病院にあらへんわと。
とは、口が避けても云えませんでして。ほんまやでの、経験不足な先生やと。

での、本日より、ショート・スティに行きますので、持たせてやらねばなりませぬ故、申し訳ありませんがと、懇願の、やっとで、渋々の、2週間分出しときますと。2週間ですか。1箇月はダメですか。ダメです。
従前、一箇月分、出して戴いてたですがと。
とは云わんとこと。気分害され、紹介書に、睡眠薬を抹消されたら、最悪でして。

イヤイヤ、事程左様の、確かにです。母の薬なるは、本来ならばの、「整形外科」にて、「内科」の分も含めての、消化薬、骨粗鬆症の薬が主でして。睡眠薬は別途なれどの、母、睡眠薬依存症での、服用せなばの、収まらず。
飲んでは、夜の、22時、1時か、2時、3時のオシッコ、ふらふら状態。こっちは、その時間のオシッコに付き合うに。転けさせずと、必死でして。ソラ、ふらふら状態では、支えるに相応の神経使いの、チカラも要りの、疲れるわと。
云うても、母、それで押し通しの、私共、家族、同じ屋根の下の、嫁はんと、私だけの問題でして。

オトトの、我が母が特殊で無いは、「ふないの里」の相談員から、聞いたですが。人によりの、睡眠薬要求時間、ばらばらであると。我が母なら、夜、20時から、21時して。
夜、寝られへんしと。

ソラなあ、昼間、寝てては、夜寝られませんですが。ハタと、真夜中、オシッコにと。
あっちは、オシッコと、オシッコの間にも、寝てられてても、こっちは、夜、昼、寝ずの番。ナース・コールにて、ハイと馳せ参じ。
ハイと、馳せ参じは、事実なれどの、寝ずの番までは、大袈裟なれどの。当たり前に1人では、保たんの、諸般、嫁はんと、手分けしてるですが。

ソラなあ、私なら、夜には強く、虹、惨事、余事でも、徹夜でもする事、あるけれどや。これは、自分のしたい、する事での。母のペースに合わせてるとは、違うわと。虹、惨事にでもの。母のオシッコに付き合いの。
諸般、始末しての、スグには、寝るも出来ず。この季節、冷たい水で、消毒の、手を洗ててみい。ぼけたるの頭も、瞬時、冴えてまうわと。
(13/01/30)


NO.1138 我が家のナース・コールの話(9) 内科の順番待ちの話

どしたんやろねえ。
この処、忘れモノしまして。
本日、諸般の用事で、京都銀行えと。銀行に、パンに茶菓子、野菜は置いてませんの、金銭に絡むの話でありの。要は、預金残高、マイナスがため。定期貯金解約しまして、普通預金に振り替えるがためでして。
外にも、どこ様に、支払い、振り込み等々兼ねての用事。

さての、通帳、キャッシュ・カードに、振り込み先の口座番号等々、念には念の、準備万端整えて。オッとの、本日、母のディ・サービスの日でして。
こっちも、準備万端の。迎えの時刻は、8時50分から、9時20分の間になってまして。要は、この30分の間に来られるですが。やからと、真ん中取って、9時5分に準備したらと。
とは出来ませんの、8時50分なら、その10分前には、準備完了がためです。母の方は、上用の車椅子に座らせ、部屋は、ガス・ストーブで、暖かくして。諸般、バッグに詰め込み、即の出られるの状態に致しまして。
そっちが終われば、下用車椅子を出して来て。スロープも出して来て。このスロープ、レンタルなれどの、2メートルでの。結構重おてねえ。これを、隣との、境。ブロック塀と、我が愛車、カローラの間を突破させの。
玄関先に設置してるの間にも、送迎の車到着にての、嗚呼、早めに準備着手で良かったなあと。

斯くしての、母を送り出せば、先の銀行なれどの。そっちの方に着手の、車にて、云うたら、ソバの、スーパー、「マツモト」の駐車場にと。それこその、パンもオヤツも買うの予定がため、別段のやましいの気持ち、毛頭のと。
車を屋上駐車場に駐めの、階段で、階下に降りるの道中。ハタと。ンの、定期貯金ねえ。もしかして、印鑑が要るのと違うやろかの。違うかで無くの、要るなあと。されどの、持参してませんの、残念無念の、引き返し。

出直しにて、しかるべくの、定期貯金は処置致しましての、銀行のATMを操作で、所定の先様に、金額振り込みに、現金よりもと。別途に準備の、金額をば、通帳に入金。そこから、振り込む方が、諸般の送金主の身元、入力せずにすむなあと。
通帳に入金してから、ATMの所定の選択するに、ンの、ムムムのムの、通帳なり、キャッシュ・カードからの、送金の項目あらへんでねえ。変な話、「マツモト」の前の、ATMにはあった筈なれどです。

まあなあ、ホナラの、再度の入金したのを出しまして。あらためて、送金させて戴き。一件落着。
事程左様のこの処、この手の効率の悪い事、ばっかりでして。アカンなあと。とは云え、銀行にて、書類に記載の真っ最中に、オッとの、印鑑忘れたと。なってるよりは、数段の、マシかいなあと。

でででの、昨日、29日の、「こもれび」の、ケア・マネ^ジャーと、リハビリの可愛い系妙齢の美女。
我が家に来て戴きの、美女尋ねるに、トイレにはどのよにしてと。どのよにしてとなればの、車椅子に乗せて、行くだけなれどの。実際にやって戴けませんかと。ンと。
さっき、トイレには行ったですが。まあねえ、拒否するよな話でも無くと、ハイ、承知と快諾。母をベッドから、起こしまして。車椅子に乗せるに、美女曰くにスムーズですねえと。ンと。あのなあと。
とは申してませんの。正直には、イツもなら、起きるに、ベッドにコロコロ、コロリのひっくり返ってるですが。皆様の前故、私も、そはさせじと、一寸だけなれどの、それとは無くの、カバーしてまして。
ベッドから、車椅子も、ズボンの裾持ち、しかるべくの、車椅子のド真ん中に尻が来るよに、引っ張ってまして。オッとの、いつも、そしてるですが。さもなくばの、怖あて、怖あて、危ないわと。

ケア・マネージャー、曰くに、車椅子には、ブレーキ、付いてますがと。ンの、百も承知の、されどの、ブレーキなんか、信用して無いと。までは申さんの、片手で、車椅子を押さえ、片手で、母のズボンを引っ張ってまして。さもなくばの、この勢いで以て、母乗せてみい。保持してなければ、車椅子なんか、吹き飛ぶと。までは申さんの、移動してしまうです。移動したでは、我が腕力、保たぬが故、片手で、車椅子をば、固定してるです。
とは、云わずの。一言、ソですねえと。

イヤ、見えてるよで、この、微妙なるの、操作は見えへんのやねえ。イヤ、まだまだ、数日しか、経過はしてませんですが。こっちも、生活の知恵でして。当初は、一寸、止まるに、ブレーキで、保持してたですが。一々の邪魔くさく。
での、母をトイレに連れてったら、形だけのツモリが、オシッコすると、云い出して。まあ、ええかと。衆目、若き男性、ケア・マネージャーと、可愛い系、妙齢の美女。そして、私めの、3人の面前にて、母、オシッコかと。
或る意味、私が、その立場ならばの、恥ずかしいわと。されどの、この状態では、そんな恥も外聞もと。云うてられませんの。私も、常にしてるの作業を致しまして。こっちや。あっちや。手の位置、違うの、手を出せ。もっと、洗えの、怒鳴りっ放し。恥も、外聞も、ええ恰好もする気、毛頭のと。実情精々の見聞されたら、宜しいですと。

での、再度の曰くの、車椅子にスムーズに移動出来てますねえと。ンの、あのなあの。とは、云わずの。実は、さっきと一緒の、ズボンの裾持ち、強引に、車椅子のド真ん中に引き寄せてるです。
さもなくばの、屁っぴり腰で、足も動いてませぬ故、転けるです。ハタからは、母一人で、一寸の介助で、座れてるに見えるのかと。トンでも御座候の、殆ど、母は宙に浮いた状態にての。
されどの、そんな説明、邪魔くさく。
云うたは、双方、母も私も試行錯誤しての、慣れても来たですと。イヤ、事実やわと。


とかとかの、話を戻しての、「亀岡シミズ病院」での、話。
「整形外科」の先生の、睡眠薬で、「心療内科」にでもの話出て。コンチクショウ。
とは、申してませんですが。
大凡、医者先生も、年寄りの事を理解されてえへんなあと。付き添いも、どれだけ、大変かと。これは、経験しな分からんわと。
兎に角、紹介書を書いて戴ければの、目的達成の、薬は、2週間分なら、「けやき」にショート・スティの間だけなれどの。一応は、事足りるが故の、欲は云わずの、ハイと。有り難う御座いますで、チョン。

ソラなあ、先生と議論しても始まりませんです。これで、臍曲げられて、紹介書に、睡眠薬を飛ばされてみい。ほんとに、「心療内科」に行かんならんわの。誰が大変かの、家族でして。私でして。
母も一々の移動させられ、動かされ。大変でして。

でででの、「整形外科」の診察なるは、特段の無し。ソラ、レントゲンも撮ってませんでして。そんな意味ならばの、「内科」も、血液検査のお呼び出し無く。
にしても、こっちは、イツも通りの、ナカナカに順番の番号、進みませんの。待ってるだけで、遂には、12時に相成りの。それでも、表示の順番、まだまだでして。とは云え、突然にも、順番進む事もあるしで、動くに動けず。
(13/01/31)


NO.1139 我が家のナース・コールの話(10) 内科の紹介書の話

イヤイヤ、多少の学習効果、発揮、利用致しませんとと。
ソラなあ、完全に母に振り回されてるの、モロ、24時間では、身が保たんわと。

主として、夜のナース・コール、オシッコの件なれどの。それがため、寝ずの番。とまでは、申さんの、夜の遅くまで、待機してまして。ナース・コールが鳴れば、さあ、何事かの、矢っ張りの、オシッコなれどの、問題は時間でして。

寝られえへんと、睡眠薬を飲むが、20時頃。24時には、ふらふらで、ナース・コールで、オシッコで。
日付の替わった、2時頃にも、ナース・コールでオシッコでの、ふらふらでして。オシッコのお付き合いで、こっちは、寝不足での、日に12回では、くたくたになるです。
オッとの、ふらふらは、睡眠薬飲んだの、母の方。こっちも、一緒のふらふらでは、支え切れずの、母と一緒に転けるです。こっちは、転けても知れてるですが。母が転けては骨折かと。

イヤ、そんな話からの、睡眠薬飲むな。とは云わんの、時間を1時間でも遅らせばと。打診、命令、懇願すれどの、頑として。何でえ、何でえの連発での。理由説明も、何でえ、何でえの、繰り返しで、埒あかんです。

での、オシッコも、時刻ピタリの、定期ションなら、宜しいですが。
24時、2時となったり。23時、1時、3時となったりの。正確に、2時間に1回なら、又、結構の。
昨夜なるは、123時頃、1時頃と相成って。次回、3時か、待ったろかと。ソラ、嫁はんの番を一寸でも、楽させてやらんとと。待機、3時で、ナース・コール、音沙汰無しの。遂には、4時と成りので、こっちも、睡魔には勝てんの、寝るにしたですが。
結果、4時半頃にナース・コールが鳴ったらしく。らしくとは、私、聞こえてませんの、夢の世界で、徘徊してたかの。嫁はん、起きて、処理致しまして。

事程左様の、嫁はんと相談しの、こっちも、4時過ぎまでは保たんの、嫁はんも、23時には寝るにしても、4時過ぎに起こされてたでは、身が保たず。
での、2時頃には、母を起こしてしもての、オシッコしてくれと。
イヤイヤ、夜は多少は、時間が延びるの傾向あってねえ。2時頃にさせてしもたら、5時過ぎになってくれるの可能性がと。出来れば、6時頃ならなあと。

でででの、本日、2時頃に、起こして、させよとしたなら、しとないと。出えへんと。行くかへんと。困った、婆様でして。
そらなあ、無理矢理に起こし、出えへんと云うのを、更なる、無理矢理に、トイレの便器に座らせまして。さあ、出せ、ソラ、出せも、脅迫、暴力、リンチ、拷問、イジメかと。
さりとての、多少の協力、してくれんの事には、共倒れになるやもなと。とは云えどの、ここらが、この辺りの、年齢の。年寄りの頑固さかと。周囲が見えてませんでして。さながらの、赤ちゃん状態。

泣く子と地頭。そして、年寄りには、勝てませんです。


斯くなる次第の、斯くなるでの、「亀岡シミズ病院」での話。
ほんまやでの、「整形外科」は、何とかの、突破。9時半に来て、既に、12時を過ぎまして。それでも、「内科」の順番待ちの。番号なるは、まだ先での。母訴えるに、オシッコ。
どこでも、出物、腫れ物、処嫌わずの。オシッコなるは、生理的現象。
当然の、病院内、身障者用トイレに一緒に入って、処理致しまして。

イヤ、実は、一番に困るは、待合いの席、一旦立てば、場所取られる事でして。
そもそもがの、車椅子と一緒は、場所、ありませんでして。あっても、限られてまして。特には、この曜日、火曜日なるは、担当、内科医に通うの年寄り多くてねえ。年寄りは車椅子が多くてねえ。
さすれば、付き添い人も居てまして。

云うたら、何やけれどの、担当医は、この状況、どんな具合に考えるかと。
オトトの、回数重ねてみい。自然に分かるの、車椅子には、しかるべくの施設の名称なりが付いてまして。自前か、病院か。はたまたの、施設のかは、分かるです。施設も、「ふないの里」の場合、付き添いは、家族でして。

施設から、来てたら、送迎バス、車で、来てるは事実なれどの、待ってるのがなあ。それもあるし、原則、病院の担当医の、指示、要請、診断に基づき、来てるです。
斯く申すの、私も、母退所したですが。担当医の、要請、指示によりまして。相談員から、退所したら、必ず、一度は、受診してくださいと。云われてるからには、パスも出来ず。そもそもがの、処方箋が要るです。薬が要るです。しかるべくの、町医者に対しの、紹介書を書いて戴けるまでは、薬も、当病院に取りに来んならんわと。

ソレだけなら、町医者に、直に頼めば、宜しいですが。「ふないの里」と、「亀岡シミズ病院」は同じの系列でして。
それもあるし、退所、即の、ほならの、サイナラの、そっちの事は、最早の知らぬ、存ぜぬの、好きにさせて戴くわと。とは、出来ず。母が、再度のお世話になるの、可能性あるです。あった方が、宜しいですが。こっちも、助かるですが。
そこまで、考えたら。考えるまでも無くの、一旦、行くと、約束した以上、約束は履行せねばならぬわと。よって、約束もありの、必死やわと。例えの相手様が、どであれどと。

そんな事で、実際には、母の車椅子のソバで、付添人、大抵ならばの、立ちっ放し。タマに場所見つけて、座れば、母、オシッコでして。笑てな仕方は無いわと。

オッとの、での、やっとで、順番が来ての、呼び出しあったが、何時や。14時に、10分前。
この時刻、何を意味するかとなればの、病院、終わってからの、行く先、「けやき」の昼食には、万事休すでして。ソラ、14時には、逆立ちしても、到着不可。

イヤイヤ、でででの、結果的、採血されずの。呼び出しでの。
診察室に入れば、嗚呼、どしたはった。元気か。食事はと。胸出しての、特段の聴診器当ててるのか、当ててえへんかの時にです。出来ればと。
今後は、出来れば、近在の町医者にと。通いたいですがと。
正直、ここまで、連れて来るのは、大変でしてと。イヤ、名実共の、正直にと。口にしたなら、どこの医者かと。どこと尋ねられたならばの、某先生ですと。これ又、正直に、行く予定の町医者を伝えたですが。嗚呼、某さんねえと。知ったはるのなあと。

ソレで結構ですよの、あっさり、承諾してくれて。有り難う御座いますと。これは、心底、事実でして。
(13/02/01)


NO.1140 我が家のナース・コールの話(11) 余談

さての、「ある介護要員」さんからです。
「シバケンの掲示板」に投稿賜りましての、その中身。

「男親はかなり前に、看取り、母親を介護。
家庭環境から来るべくことを、想定していました。
詰まる所、総てを受け入れるしか無いと。

頻尿も多い時は15分おき。此れも本人の存在の種の起源からの証明と。
それで、季節状況により、人感センサー付きライトと同チャイムを適宜試用。感知部分とサイン部分がワイヤレスで通信タイプも、お馴染みの、コーナンでも幾つか。又状況把握に、暗視タイプのワイヤレスカメラも併用。RCの場合は到達距離に多少制限がありますが、木造であれば10m位は無問題でした。

此方の経緯からでは、ナースコールを押されるのは、ご本人確かな意志が有る証拠とも、思われます。頻尿対策にはなりませんが、1つの実例ですが。
ネット作業中にライト、音響で気づき映像にて対処の段取りも可能です。当然のちょいテレ宜しく作業デスプレイに表示も可能です。」


いやまあの、文言拝読にての、オシッコ、15分置きともなればの、最早の、一般家庭での、介護の限度突破かと。
周囲が寝られるの状況に無く。
諸般の道具立てからしたら、当人の意志表示がナース・コールで、ボタンを押すも出来ずの、これは、大変ぞと。

「大変」と、言葉、2文字での表現なれどの、内実、経験したモノにしか、その、「大変」さは、分からんわと。
イヤ、第三者は、聞いてるしかありませんでして。


イヤイヤ、親の介護なるは、その背景、歴史様々での、物差し一本では、計り難く。

割り切るの面々ならばの、そんな事なら、しかるべくの施設に入れたらと。
当然の選択肢の1つに間違い無く。個々人、お家の事情があるです。思想、信念とは、大袈裟なれどの、考え方存在致すです。
そらなあ、現役世代、子育て世代では、出来ませんです。子育て世代では、親が、そんな年齢でも無いですが。オッとの、あくまでもの、一般論です。
当人、当事者の、資金力、資産、親子関係等々も関係のと。

先の第三者は聞いてるしか無いもののです。第三者でも無いの、兄弟姉妹、孫子はと、相成るですが。
ここだけの話、たまに来て、一寸、手助けして、やった、やってると、云われてもなあ。オトトのクレグレもの、その気、毛頭の、よりは、その気、多少でもあるだけ、やってくれるだけでも、数段の立派で、マシなれどです。

意味深長なるの、一言、云えば。親の介護なるは、降って、沸いての、突然には出来ませんです。
私、介護士は、仕事であると、云うてるですが。前提、尊崇致してるです。

話簡単には、私共の、誰様がです。無償にての、親切心だけでの、親でも無いの、余所の爺婆様の、介護出来るやと。有償でも、幾らなら、出来るやと。
はっきり、申すの、親のでも、汚いゾと。孫子のなら、喰い残し喰えても、親の、爺婆の、喰い残しを、ひもじくも無いの当世。飽食の時代の、誰が、喰うですかと。
貧乏、ビンボーとは、云えどの、喰うに困ってる。
とは、口では、云うてても、そこまでは、ひもじいもあらへんしと。オッとの、ソレをされてるの方も居られるですが。最早の、私の目からは、神様、仏様の、聖人君子かと。
されどの、そこには、親子関係、歴史が影響もしてまして。それでも、親を見捨てるの面々、珍しくも無く。

オトトの、クレグレもの、傍目、見捨ててるも、鬼畜米英、犬畜生の、魑魅魍魎と、までは、云い切れませんです。その方には、その方の考え、思想、信条、背景、事情がありましてと。

そらなあ、承知の範囲。
家を、改造、一千万円也の。リフト式浴槽までもを導入のが居るですが。ソラ、大したモンなれどの。その、資金力、背景に出来る事でして。再度の、クレグレもの、資金力、背景あっても、やらぬ人は、やらんですが。

親を、飯のタネ、道具程度にしか、見て無いの面々も存在の。実は、その方が多いよな気がしてるですが。

且つは、云うに。聞くに。誰もが、何れ、行くの道であると。
何れ、行くにしても、介護して、されるの身にならねばと。既載もしてるですが。私にしたって、若き時代、親父の状態、分かってませんでして。自身、相応の年齢となりの、母の様子からも、次第、次第に、そかと。
親父には、申し訳無しと。気の付かん事でありましたと。イヤ、別段にの、親父からは、コレと云うよな、モノは受けてませんですが。受けたは、墓地の借地権。仏壇<現在のは、新調してるです>、葬式代と、プラス、アルファと。三文判1個。
墓地と、仏壇は、親父からとするよりは、祖父の代からの継承かと。

母に至っては、マイナスでして。借金返済、どれ程の額代行したかと。
されどの、親は、親。
とりあえずは、人の道として、出来る限りの全力尽くすですと。但しの、自分達を全面的、犠牲には致しませんです。親のための、一生、この歳にての、残りの人生でもあるまいにと。
ほんまやでの、自分にしたって、或る意味、不自由無く、動けるは。動けてるは、モそろそろの、限界近くになってるは自覚してるわと。

での、この、全力も、個々人によりの、基準、価値判断が異なるですが。

とかとかの。
当世、介護保険があって、良かったわと。無かってみい。とてもや無いの、この高齢化では、親は大変、子も大変の、自宅介護のみでは、地獄絵図化致すです。
これが、介護に関連の費用、1割負担で済むが故に、ディー・サービス、ショート・スティ、リハビリ・センターを利用出来てるですが。医療にしても、1割負担であるが故に、大変でも、病院通い出来てるですが。
当事者全面的負担やってみい。こんな贅沢サービス、無縁の世界の、受けられへんわと。
(13/02/02)



inserted by FC2 system