シバケンの単なる雑談NO.47

雑談NO.46
雑談NO.41 雑談NO.42 雑談NO.43 雑談NO.44 雑談NO.45

雑談NO.30 雑談NO.35 雑談NO.40
雑談NO.5 雑談NO.10 雑談NO.15 雑談NO.20 雑談NO.25
題目一覧表

目次

雑談NO.48

NO.740 総会の議長を頼まれての話(1) 開催ン十分前の電話着弾の話

NO.739 町内会の役員選考の話(4) 決定の話

NO.738 町内会の役員選考の話(3) 阿弥陀籤の話

NO.737 町内会の役員選考の話(2) 目線の話

NO.736 町内会の役員選考の話(1) オッサン、何云うやと

NO.735 お墓参りと、初詣の話(4) 良き年にと、諸々欲張り祈願

NO.734 お墓参りと、初詣の話(3) 信ずれば、救われる

NO.733 お墓参りと、初詣の話(2) 世の中、平和の話

NO.732 お墓参りと、初詣の話(1) 晴れ女

NO.731 新年、明けまして、おめでとう御座います

雑談NO.46


NO.731 新年、明けまして、おめでとう御座います

新年明けまして、おめでとう御座います。

明けましたら、話簡単の、我がホーム・ページも一つ、歳喰うになるです。満一歳が過ぎて、二歳、二年目に突入でして。
何しろの、一月一日公開故でと。考えての、計算したりの手間隙、無用でと。単純明快でと。

イヤイヤ、デデデの、年末、28日には、二男、富山の高岡から帰省。
30日には、長男一家が帰って来まして。我が家も、俄然賑やかにと。特には、孫娘一人で、大賑わい。マダ、喋れへんけれどや。
一歳半となりて、或る程度、動き回れるしと。ほっといたら、怖いんやと。当人、怖さが分かってえへんしで、尚更でと。本能、思うがままのと。
さりとての、この歳で、オベンチャラ、ご機嫌取り、ゴマすりなんかされたら、困るですがと。

イヤイヤ、二男も姪へのプレゼントとして、大奮発の、お飯事(ままごと)セットを買おて来たですて。ええ叔父さんやなあと。私等は木製の、知育教材みたいなのをと。
イヤ、別段に、何でも良かったですが。本来的なるは、二男のよなのを求めてたですが。無かったです。丁度、この辺り、一歳半のは、種類が少なくてと。三歳以上となれば、選り取り見取りの、種類が豊富。値も豊富。

ソラ、一歳半のでも、資金タップリならば、何とでもなるけれどや。帯に短し、襷に長しと。オマケで、コレはとなれば、値が張ってと。孫娘の、気に要るか、どかも、分からんのにと。
兎に角、一寸、遅れ気味のクリスマス・プレゼント。兼の、お年玉としましてと。当人、全然、分かってえへんけれどや。クリスマスが何か、お正月がどんなモンかをでと。

伝え聞く処によればの、孫娘、最初に喋ったの、日本語なるは、「かっぱえびせん」ですて。何で、「かっぱえびせん」かは、分からんですがと。
イヤ、今にも、喋りそな、雰囲気だけは漂おてるです。実際には、アとか、ウとか、一生懸命に、意思表示してるは分かるです。されどの、言葉には、成ってえへんです。
よって、何で、「かっぱえびせん」かと。
イヤ、私等が聞いたでは無いです。長男夫婦の話でと。
云うたら、簡単なる言葉は理解してるですが。喋れへんです。簡単なとは、絵に描いてあるの、リンゴ、ブドウ等々、こっちが、言葉を発せば、指で示すですと。よって、簡単な単語は理解してるかと。

デデデの、新年早々のと。正月一日には、一家で、初詣と、墓参でと。
例年ならばの、初詣、墓参で、正月映画を見に行くとか、してたけれどや。昨年より、映画は止めましてと。ソラ、昨年一月なら、マダ、6ヶ月、7ヶ月やでと。小さいのを連れて、映画はナと。ウロウロもナと。
ツイデになら、私等にとっては、年に一度のパチンコもと。
イヤイヤ、二年前、嫁も一緒に行った時には、珍しくも、正月早々に、全員勝ちましてと。正月に、勝てるなんか、夢にもと。
云うたら、モ一寸、大きくなったら、お子様映画にお付き合いさせられるかと。当世ならばの、「崖の上のポニョ」になるのかなあと。イヤ、そんな年代でもあらへんしで、見てへんけれどや。

とかとか、思いの、新年早々には、氏神様、「大井神社」に初詣。
昨年の干支、<子(ねずみ)>の置物をば、返納と、今年の、丑(うし)のを、戴きにの、「出雲大神宮」さんにと。その際には、諸般、諸々の有効期限一年の御守りも、お納めさせて戴きましてと。
御守りも、ここ数年買い求めてえへんけれどや。どちらかとなればの、この、出雲大神宮さんの、干支の置物でありましてと。
更には、出来れば、墓参もしてと。
との予定は、数日前からの話であっての、現時点にては、マダ、行動してへんですがと。

以て、規模もデカクの、世界平和。人類皆友達、招福万来、悪鬼退散、今年こそは、宝くじにも、当たって、一気、億万長者たらんと。
との、思いは毎年の変わらぬ祈願なれどのと。年末ジャンボは残念無念のと。尚更の、今年のはと。
何はともあれの、今年一年宜しく、御願い申し上げます。
(09/01/01)


NO.732 お墓参りと、初詣の話(1) 晴れ女

オッとの、年末も、年末の、12月31日ですやんかと。
何やら違和感あっての、よくよく、プラウザの、「PageRank」なるを、見たら、「3」になっててねえ。
何かの、間違いかと、再度の、再々度の、確認のための、更新したですがの、正解でと。マアナア、自分で調整出来るで無しと。

デデデの、諸般の事情にて、正月一日は、墓参と、出雲大神宮さんになったです。
ダケになったのか。にしたかは微妙なれどです。
より、正直には、にしたが、正解かと。

イヤイヤ、正月一日、大本命の用件なるは、一家揃いましての、墓参でと。家を出られたのが、昼一番でして。この時点で、何カ所もは、無理やなあと。
何分の、京都、八坂神社、祇園さん周辺なるは、初詣の人で、人で、大変でと。其処に車では、ナカナカに接近出来ませんです。昨年は、通過するべき道が悉くの、通行止めでと。諦めて、「高台寺(霊山観音さん)」の駐車場に停めたですが。
とまあ、危惧したたですが。左程で無くて。

よ考えたら、初詣が目的では無くの、墓参目的やしナと。
東大谷さんの、駐車場に停めよかと。
イヤ、昨年、知ったです。東大谷さんの駐車場には、車が停まってまして。管理人さんに尋ねたならばの、入って来られたら、停めて戴きますと。こちらは、初詣では無くの、東大谷祖廟ですと。ソラ、ソやなあと。八坂神社には無関係でと。
但しの、初詣で、八坂神社で、車で来るのバカは居てへんですがと。そもそもが、八坂神社に駐車場はあらへんです。市営の有料のならあるけれどや。祇園さんの、東山通りの角やしナと。

よって、思い切って、通行止めを突破で、東大谷祖廟の駐車場にと。
イヤイヤ、「満車」としてあったですが。お墓参りですと、宣言にて、入れて戴きまして。墓参目的、事実やしと。私等はです。
ソラなあ、正直には、墓参で無くての、初詣で、八坂神社にと、マトモに伝えてては、入れて戴けへんです。
イヤ、無料なんやし、尚更でと。

ツイデが初詣ならばの、知らんけれどや。イヤイヤ、ツイデにの、初詣なら、我が御一行様もしたです。
但しの、正真正銘の、ツイデでと。墓参してから、折角やし、一寸、しやへんかと。ホントの一寸の失礼乍らの寄り道でして。単純に、円山公園から、八坂神社に突入の、案外に思たよりも、人出は少なかったです。少なくともの昨年よりはと。
お稲荷さんと、八坂神社にお参りの、チャリンと、お賽銭をで、退散したですがと。

デデデの、何です。
孫娘、晴れ女の面目躍如の、車中、雨が降ってたですが、東大谷さんに着いた頃には、止んでててねえ。へえと。流石やなあと。
悉くの、そんな具合の、車中で降ってても、降りたら、止んでてねえ。雨の準備として、傘は持参してたですが。使う用事が無くてと。

イヤイヤ、斯くなる次第の、斯くなるでと。
墓参では人が一杯でと。お隣さんにも、初めて、見参したです。
イヤ、変な話、墓地であれどの、お隣さん故、「こんにちは。」と、当方より挨拶してるのにと。歳の頃なら、私よりは、若干の年配の、女性なれどの、無反応、無視でしてと。娘さんやろかの、女性も一緒のと。

遅れ、遅れの、昼飯とするのかの、最早の四時頃になったですがの、矢っ張り、お正月やしと。この際と、一発、大奮発のと。
五条通りの、「かごの屋」にと。

イヤイヤ、何を隠そお。隠す事も無いです。大体ならばの、墓参の度、五条通りを真っ直ぐにと。ここ数年はと。突破してるですがの、ここ、七本松通りには、「Starbucks Coffee」と、「かごの屋」がありましてと。
「Starbucks Coffee」には、ン年前に一度入ったですがと。確か、長男と、三人かと。其の隣りの、「かごの屋」とは、何ぞやと。
ソラ、名称からしての、和食の、チェーン・ストアとは承知の、どんなかと。値段と、モノがでと。一辺、入ってみたいなあと、思てたですが。イツも、通過してから、入ってみたかったを、思い出しと。

そんな具合故、一度も入ってえへんかったを、墓参が終わってからの、八坂神社にお参りする前の、一寸した間に、思い出しの、この際やしで、行こかと。お正月やしと。
イヤイヤ、「かごの屋」なるは、和食で、加えての、しゃぶしゃぶとは、着いてから、知ったですがと。しゃぶしゃぶを喰う気は無いですがと。小さいのが居てるし、危ないしと。
とりあえずは、こんな時期、正月故に、どなんやろと。
そもそもが、やてるのかと。孫娘が居てるしで、混み具合はと。ケータイ一発、混んでるですて。へえと。止めとこかと。

そやけどナと。今から、三十分は掛かる筈の、予約とするのか。名前だけでも書いて戴けへんやろかと。
こんな予約の仕方をば、孫娘が出来てから、するよになったです。さもなくばの、保たんです。コレが、幼子の居る場合の大人のお役目、やるべき努力でと。お断りとされたら、他を当たるしかあらへんわと。
ホンマやでと。ガラガラで、空いてたら、結構なれどの、そんなに上手い具合にはナと。この処、所謂の、ファミリー・レストランで、ン時間も、小一時間も、待つは珍しいけれどや。その、三十分も、小一時間も待たされてみい。保たんです。
グズ付いて、周辺にご迷惑でと。泣く子と地頭には勝てぬの、親でさえが、何とも出来ずと。分かってるのなら、しかるべくのと。
結果、手を焼いた事は無いですがと。相応に手立ては取ってるしと。

イヤイヤ、ソレならと、先行予約とするのか、名前を書いて戴いてと。
着いた頃、ガラガラなら、ソレ又、結構の、結果的、約30分で、着いたですが。待ち人無しの、ガラガラでと。ガラガラとは、待合い場所の事でしての、実質、待ち時間ゼロとなりにけりの、ソラなあ、既に時分時過ぎての、四時なんやと。
そもそもが、予約の電話、ケータイ一発の頃が三時半なれどです。
極めての、遅い昼食とするのか、早めの、夕食かと。昼食は取れてえへんしで、昼食かと。

どっちでも、結構の、ここは、さながらの、銭湯みたいな、靴脱ぎ場がありましての、個別に靴を鍵付きで入れるよになってるです。
イヤ、落ち着くですと。ある種高級感も漂いましてと。
メニューを見たなら、和食は、和食で、和食の、「さと」よりは、一寸、高級でと。席も、掘り炬燵式で、ユッタリ目でと。
云うたら、幼子連れであるとか、多少の金銭的余裕のあるの面々の、ファミリー・レストランかと。よって、常連客になるに、私等風情ではの、懐具合がと。チと、可成り、相当に辛いナと。
正月やしで、寄ったですがと。

そんな事は結構の、皆様、お好きな注文にての、味もマアマアの、値段相応のと。
諸般にて、一旦、外に出まして、男三人、煙草一服のと。
デデデの、元に戻るとするのか、店内に入るに、靴脱ぎ場で、お子さん三人さんと、お母さんやろかが、靴を履いてましての、靴脱ぎ場独占にて、ドアの向こうで待ってたです。
そんなに広い空間でもあらへんしで、強引に入れば、邪魔するになる故でと。

ホナラのお子さん、多分ならばの、小学生高学年程度のが、早くしんとと。何分の若きお母さん、ブーツでと。モタモタしてましてと。イヤ、聞こえてえへんけれどや。ドア一枚、間だにあるです。
兎に角の、履くに四苦八苦の大変でと。されどの、私等を見つけた其の小学生高学年程度のが、気を利かして、出てくれたしで、入ったですが。
靴をば、脱いでと。靴入れに入れるがため、取ろとしたら、何かが、頭をかすめの、靴をば、コンと蹴られてねえ。何かとは、其の女性のブーツに決まってるですがの、云うたら、其処までは場所的にも、狭くはあらへんですがと。

イヤ、意図的で無いは、重々承知なれどの、蹴飛ばしたら、一言無いのかと。あったには、あったけれどの、何えと。
何えとは、何かあったのかの意での、何えだけで、その場を消えたですがと。

正月早々に、アノナアと。
そんなモン、分かる筈でと。何かを蹴飛ばしたのはと。
お母さんがそんな事ではナと。されどの、お子さんがシッカリしてるしで、お父さんがエライのかと。
イヤイヤ、近頃の若きお母様、結構、この手のが多いかと。余所様への、配慮、欠如のがでと。
されどの、何故か、お子さんがシッカリしたはってと。
(09/01/02)


NO.733 お墓参りと、初詣の話(2) 世の中、平和の話

ココから先、飯喰てからなれどの、「小川珈琲」にでも、行かへんかと。
長男がと。発案でと。イヤ、車でならばの、スグの其処。花屋町通りの、佐井通りに、本店があるです。
云うたら、ROHMのソバでしてと。当時、改装以前には、良く行ってたです。新装開店の、模様替えされてからは、高級感漂いの、敷居が一寸、イヤ、可成り高くなったですがと。
イヤ、私が退職してからの新装開店、模様替えでと。ソレまでは、普通とするのか、云うたら、単なるの、喫茶店でと。スパゲッティも、ケーキもやってたけれどや。
模様替えになってからは、スパゲッティは止めたかと。

イヤイヤ、要は、飯代、親のです。親父としての、沽券にての、私が出費したですがと。イヤイヤ、大体が恒例ですやんかと。今回に限ってえへんやんかと。皆と出たら、原則、出してるですがと。
されどの、子は子としての、何やろなあ。出させっ放しは悪いしと。
との、判断かと。
二男は、二男で、食事代、一寸でも出そかと。

マアナア、嬉しい、提案の、長男のは、私もコーヒーが好きでして。まあなあ、其の程度ならばの、現役にての、稼いでるのやしと。遠慮せずと。
二男のはなあ。同様にしての、現役にてやけれどの、気持ち、ソラ、嬉しいけれどの、変な話の、私も、正月の出費とするのか、ここまではの、基準線がありましてと。
年に一度のお正月ならばと。乏しいの、お小遣いも、何の其のの、確保とするのか、準備してましてと。

二男曰くに、こんな時にしか、出さへんでと。こんな時とは、どんな時か知らんけれどのと。
一度、奢ると、ベーカリーレストラン、「サンマルク」に、連れっててくれたです。母と、私等夫婦をと。されどの、富山、高岡から、帰省、往復するだけでも、費用がと。バカには成らへんしと。
とは、親としての、気持ちでと。

この、「サンマルク」も、高級感漂いの、値も結構なるでと。こんな場所に、ヒョイと、気紛れ、思い付きの、適当には、入れへんですがと。
只なあ、私からしたらの、「かごの屋」にしたって、「サンマルク」にしたって、高級感がと、する言葉の背景には、例えばの、普段着では、行けへんやろナと。
脇道、裏道、路地裏の、町内会の、飯屋と違うしと。
一応は、格好付けましての、女性ならばの、化粧もしましてと。
されどの、近頃、格好だけかと。外見だけかと。客層の中身がと。

イヤイヤ、この程度のは、私等の、庶民の範囲での、評する処の、高級感であってのと。
ソラナア、桁の違うの、シェフが、料理長がと。有名人であるとか、桁の違うの金満家が、財布、懐具合を気にもせずのと。
其の程度になればの、私等には、お声も掛けて戴けずの階級になるのかと。当世の、一寸だけの高級感では、客層もと。
する以前の、何かしら、当たり前の礼儀なるが欠落してるナと。云うたら、自尊心、プライドだけが高くて、余所様に配慮の気持ちがと。あらへんなあと。嘆かわしいなあと。

ホンマやでと。
八坂神社のお稲荷さんに参拝の折りにしたって、後ろに待つの中年男、シッカリとは、待てへんです。
お賽銭、チャリンで、鈴を鳴らしの、拝んでるのに、押し退けるが如くに、チャリンの、鈴をリンリンとと。あのなあと。
そんなに時間は掛けへんです。高がの、アト、数秒ですやんかと。場所から退散するまで、待ってたらと。私等にしたって、先客、退散されるまでは、鈴には接近してへんです。
云うたら、私が不愉快なるは、余所様にとっても不愉快と思うが故の、反対には、程度の差こそあれの、大多数が不愉快になるのかと。

「かごの屋」の若きお母さんにしたって、私が靴を取ろとしてるは見えてる筈のと。見えてえへんとしたら、我が存在無視かと。無視でも結構の、靴を蹴飛ばしたら、スミマセンねえの、一言要るやろと。
慰謝料、靴の修繕代を請求なんか、しいひんわと。報復にての、蹴ったヤツの靴を蹴飛ばすなんか、しやへんわと。待てと、足をつかまへんわと。下手につかんだりしてみい。変態、痴漢と間違われるですと。攻守交代の、警察署行きになるですと。
イヤイヤ、下手に、反撃、靴をば、蹴飛ばしてみい。この手のは、血相替えて、速射砲で、わめき散らすかと。自分のやった事は、気が付かずの、配慮も無しでと。

イヤイヤ、ホントになあ。
道を歩いてても、コノ手のが、目立つよになったなあと。傍若無人、唯我独尊の、余所のヤツなんか、知った事かの、輩(やから)がと。我慢の足らんのがと。

そんな事は、結構のと。
「小川珈琲」本店にはスグに着いたですが。大入り満員のと。
正月早々にも、大入り満員とは、商売繁盛でと。三組待ったのかの、さての注文の、折角ならばの、ケーキ・セットでもと。イヤ、長男、構わへんでと、云う故でと。

アレコレ、迷いの、コレにと、ケーキを注文したならの、ソレは売り切れでと。
ホナラと、こっちはと。売り切れでと。アレにするかの、アレは、時間が掛かりましてと。待ち時間20分でしてと。幾ら何でも、待ってられへんしと。孫娘がでと。
ホナラのケーキは別途に、お持ち帰りで売ってるし、ソレを買い求めの、ココでは、コーヒーだけにしとこかと。
にしたって、訳の分かったよな、分からんの名称の、コーヒー名称を並べられたってなあと。要は、一般的、普通のホット・コーヒーで結構でと。

主張したってなあ。
店員さんを困らせるになるだけ故、無難にの、皆と一緒のにしたですがと。
そんな意味ならばの、冒険心が無くなったです。無難に無難にとなりに蹴りの、ここの客層なるは、相対的、落ち着いてたかと。

ソラナア、小川珈琲の、ロール・ケーキを買い求めの、要領分からんでねえ。
コレをと、注文してたら、二男が来ての、お母さんが、滋賀県のをと云うてたでと。私が注文のは、京都の、「京ろーる」にての、陳列棚見たら、「堅田」のがありましての、そっちかと。

イヤ、堅田に小川珈琲の工場がありましての、直送品ですて。分かったと、そっちに変更のと。
して戴きの、ホナラの、何やら、簡易の袱紗(ふくさ)みたいなの、ツモリかの、布に請求書なんやろなあ。入れてくれての、コレを、レジに提示で、先に精算してくださいねえと。
我が知能、慣習、常識ではの、注文の品をば、戴いてからの精算なりと。よって、再度の確認したなら、お手数ですが。ソレをレジにと、促され。

ホナラと、私、金額準備しての、並びましての、準備云うても、1260円ので、五千円札一枚と、百円玉三枚をと。
順番が来る直前、ケーキ売り場の担当女性、包装したロール・ケーキを持って来てくれてと。嗚呼、こんな具合になってるのかと。

とりあえず、順番来た故、レジの金銭受け皿に、入れたです。五千円札一枚、百円玉三枚をと。
以て、釣り銭さえ戴ければ結構の、にも関わらずの、レジ担当曰くに、300円しかありませんですがと。オッとの、そんなバカなと。筈はと。更に、千円出せと云うのかと。
とは、云うてえへんけれどや。
さっきとするのか、今、ここに置いたですと。
幾ら、私、還暦も過ぎての、多少の耄碌(もうろく)しててもの、1260円ので、300円で済ますの気は無いですと。五千円札をも準備して、即の出せるよにと。
とも、云うてえへんけれどや。現に我が手には、ロール・ケーキの袋しか持ってえへんわと。
とも、とも、云うてえへんけれどや。

実際問題、困ったなあと。丸く収めるには、更にの、千円出せば済むけれどや。出したは事実の、原因不明のままにはなあと。
何よりもの、五千円札一枚消えたら、大変ゾと。辛いゾと。天地神明、神様、仏様、キリスト様、八百万の神々に誓っての、五千円札一枚、確かに、レジ担当の、台とするのか、受け皿に置いたです。
担当者も見てた筈に思たですがの、確かに、あらへんです。皿の中には、百円玉、三枚だけでしてと。
イヤイヤ、担当者を疑おたりもしてへんです。こんな場で、先様にしたって、嘘云わんです。私と、二人だけでも無いです。我が後ろには、長蛇の列の、二、三人がと。

レジ担当者も、私が嘘を。
とは、思てえへんです。多分ならばの、瞬時だけでも、五千円札、見た筈でと。
結果、「もしかしまして、下に落ちてませんか。」と。
下にねえと。見たら、落ちててねえ。我が足元にと。大金、超の高額紙幣、五千円札一枚見つけて、嗚呼、よかったなあと。ホと安堵の、疑念晴れましての、後続の大部隊、一団様には、「スミマセンねえ。」と。
ホナラの、精算が次ぎの女性。歳の頃は、私と同年配のが、ビックリした表情にての、良かったですねえ。見つかってと。ええ、ホンマです。スミマセンでしたねえ。

イエイエ、有ればと。見つかればと。私も、出されるのを見てたですと。瞬時、手品かと。
私、そんなに手先器用では無いです。不器用でと。何で、落ちたか、分からんですがと。もしかしての、担当者が袱紗(ふくさ)状のを取る時にでも、舞い上がりの、ヒラの、ヒラリのと。違うかなあ。
とは、一切、云うてえへんですの、思ただけの、後続大部隊様、二、三名様には、モタモタしましての、相済みませんの意の、お辞儀一発。
皆様には、ニコリとして戴きましての、以て、世の中、平和かと。
イヤ、ホンマやでと。
憮然たる、表情にての、担当者と、自分が悪い。悪く無いは無関係の、態度一発でと。
誰かが、一部始終の顛末、目撃してへん限り、所詮は真相不明。
(09/01/03)


NO.734 お墓参りと、初詣の話(3) 信ずれば、救われる

しかるにの、「京都inet」も、マダ、生きててねえ。
ホーム・ページ・サーバーがと。結果、「京都inet」の、「シバケンの天国」は生きてるとするのか、移転命令のファイルと成しの、当然にして、更新も、全くしてへんの、残骸だけとなってましてと。
ソレで、「TOP50」は無理としても、一寸下にランキングは凄いとするのか、変な具合でねえ。
まあ、諸般の事情、何度でもの、「京都でよく当たる占い師は?」からのが、多いしなあと。忘れた頃、忘れた頃に問い合わせがありましての。ソレだけで、存続させてるですがと。
ホンマやでと。
問い合わせが無いなら、責任もあらへんしで、一気、「京都inet」のは、削除してるですと。あるだけでも、諸般の事情の、ヤヤコシイんやでと。

単純予測ならばの、年末にでも、プッツンされるかと。されへんなら、明日からでも、仕事始めの、5日にでも、切られるかと。
一月に切られへんなら、最早の、次回契約更新の三月末かと。勝手に推測の、好きにして頂戴ナと。課金さえ、されへんなら、結構なれどの、ケジメがなあと。
付かへんです。

例年の事でしてと。年賀状の話でと。
出した先様では無くの、出さへんかった先様から、沢山届きましてと。今回なるは、何を勘違いかの、「筆まめ」の入力がと。出した筈の先様とするのか、出すべき先様のに、チェックがされてえへんでねえ。

そらなあ、出すのが、重なってもアカンしと、「筆まめ」には、出した先様のチェックを入れてるです。入れるよに出来るしでと。
よって、届いた先様のは、来たゾと、チェックを入れましての、チェックが二つ揃えば、出しの、戴きので、目出度くと。完結するですがと。

単純には、出した筈が、出したツモリになってただけやったかなあと。筈と、ツモリの違いも、定かで無いけれどや。
云うたら、我が基準がありましての、ン年来てへんかったら、最早、要らんやろと。実際、こっちが、延々出してても、ン年来てへんかったら、出すのは要らんです。只では無いしで、勿体無いです。
別段の、年賀状だけが、日頃の不義理を解消の道具立てでもあらへんわと。その日頃に会おてる面々も居てましてと。

マア云うたら、出してる筈の、親戚筋にチェックが入ってえへんでねえ。入ってえへんとは、出してえへんになるですと。
よって、急遽の作成したりと。
イヤイヤ、其の一件だけでは無いです。10件あったかと。チェックの入ってえへんのがでと。中には、何で、漏れたか分からんのがあったりでと。おかしいなあと。
中には、ご新規さんのがありましてと。よお、調べたなあと。誰かに、聞いたんやろなあと。

兎に角の、理由は分からんです。
正直、意図的のもあるけれどや。ソで無いのもありましての。どちらかとなればの、ショウジキ、正直、意図的では無いのが大部分でと。云うたら、一件、二件は、テレコ、テレコになってたりと。テレコ故、こっちが、止めたら、停止になるのかと。意図的にと。
されどの、テレコが入れ違いになりの、来たら、出さんならんやんかと。結果、延々続いてるのかなあと。

マアナア、毎年の事でしてと。
親戚筋でも、一切の、年賀状を出さんのもありましてと。コッチは出してるですが、先方からでと。コレも、来年からは、止めたろかとか。クレへんのに、出す必要性もあらへんわと。親戚筋にも、種類諸々、ありましてと。
とか、思いの結果、毎年出してたりと。

にしても、今年とするのか、この年末年始、諸般の事情もあったですがの、年末気分、年始気分になってえへんです。
日にちも、感覚的ズレてましてと。今日は、何日やったかと。本日、3日かと。既に、何日も経ってるよな、マダ、新年を迎えてえへんよなと。奇妙なる気分になってましてと。

斯くなる次第の、斯くなるでと。
「小川珈琲」も、5時半で、ご来店締め切りの、6時閉店でしてと。
イヤ、席待ちの人が無くなってまして。変やなあと、思てたら、アナウンスがあったです。まあ、6時までも、居てるツモリは無いですがと。
云うたら、「出雲大神宮」さんに行ってしまおかと。準備だけはしてるですしと。お納めするべきの、昨年の干支、子(ね)の置物は、車に入れてましての、何とでも、出来るよにと、してるです。

にしても、常なら、こんな時間に、神社に出向くは無いけれどや。
この日は、正月一日でしてと。夜になっても、初詣の人は居たはるかと。問題は、今年の干支等々、社務所がやったはるかどかなれどの、それこその、お正月やしなあと。
一気、向かいましたです。
云うたら、「大井神社」は、明日にしましてと。

こんな時間に、神社なんかに、行った事は無いけれどや。本来的、避けるべき時間帯でと。
特には、お寺さんには、結構としても、お墓になんか、原則三時、四時までと、されてましてと。イヤ、夜ので無くの、昼のやでと。
神社ならばの、丑の刻参りが連想されてと。そんな時間でも無いけれどや。マア、正月やと。

イヤイヤ、長男、一寸、道を間違いまして。
行き過ぎたです。イヤ、道中、曲がるべき道をでと。私なら、素直に引き返しての、本来の道からにするけれどや。こんな場合、カー・ナビがあれば、ええなあと。無ければ、とてもやないけど、よ進まんですが。ソラ、田舎道故で、山道故で。道幅狭くの、対向車でも来たら、どするやと。行き止まりとか、一段と、狭い道になっての、進むも戻るも出来んよになってみいと。
とか、危惧しの、思てても、運転するモノに任せとかな仕方が無いです。

ホンマやでと。田舎道、山道は、怖いんやでと。山も、そんなに高くは無いけれどや。高く無くとも、一歩先の状況、知らんしなあと。
イヤイヤ、強引に突破の、下の道、本来の道を走る車が見える場所に出て来ての、ホと安堵のと。
ソラナア、狭い道故に、対向車が来るのも困るけれどの、一台も無いのもナと。走ってる車があれば、チャンとした道があるの意であってと。
結果、その道に合流の、見た記憶もありましての、間違い無くの、出雲大神宮さんへの道でしてと。イヤ、走ってたは、ワン・コイン・バスでしてと。スグにも、目的地に到着のと。

大抵なら、この時期、初詣の時期なら、別途の駐車場も大入り満員の、神社の前の駐車スペースには、屋台がと。車なんか、入れるの余地無い筈が、停められるの状態でして。
参拝者も案外に多くてねえ。ゾロゾロの、立錐の余地もの程には遠いけれどと。社務所もやったはるみたいでと。流石に、正月やなあと。

イヤイヤ、手水で両手、口をば、浄化、ゆすぎましての、お納めするべきは、お納めしまして。本殿に参拝させて戴きまして。
予定通りの、今年の干支、丑(うし)の置物、戴きましてと。
若手は、おみくじなんかを致しまして。私等夫婦は、遠慮しまして。変な話、占いには、興味あっても、おみくじはと。ここから先は、お好きにして頂戴の世界でと。
以て、最低限の、正月一日の予定は無事に完了のと。
イヤ、実際問題、こんな時間に神社になんか、初めてかと。
イヤイヤ、朧気(おぼろげ)ならばの、祇園、「八坂神社」の、「をけら参り(祭)」に行ったよなと。「をけら参り」には、八坂神社のが、真相の、我等が巷の噂の諸説もあるけれどや。
以来、夜の神社は二度目かと。

「をけら参り」なるは、私等の概念ならばの、単純の、縄に火を点けたのを、後生大事に、お持ち帰りの、ソレで、お雑煮を炊くの、火元にしたですがと。
ソラ、昔は、車なんか、あらへんしと。あっても、車中に、火縄は危険が一杯の、歩け、歩けの、歩きましてと。マアナア、三十分程で、到着したかいなあと。
無病息災、家内安全、学業成就、招福万来の、悪鬼退散と、何でも結構のと、念じましてと。小さい頃故、問答無用の、理屈抜き。
問答するに、知識なんか、あらへんですがと。

イヤ、ソレで結構のと。
神仏の話に、理屈なんかと。あるもんかと。信ずれば、救われるですと。正直には、其処まで、信心深くも無いですがと。
されどの、人一倍に、救われたいしと。
(09/01/04)


NO.735 お墓参りと、初詣の話(4) 良き年にと、諸々欲張り祈願

斯くしての、初詣が、日も落ちた、夜になるとは、思いも、してへんですと。
兎角に、正月元旦なるは、色々あったです。

墓参では、珍しく、お隣さんにお会いして。
イヤ、お墓がお隣さんだけでの、全然知らんですがと。こんにちはと、声発しての、挨拶してるのに、中年か、老年女性、憮然、無愛想でと。アレも困るですがと。二度も、三度も、先様、応答あるまで、ヒツコクもの、挨拶しいひんですと。
オッとの、正月元旦故に、お目出とう、御座いますかいなあと。

されどの、場所が場所やしナと。お目出度くもあり、お目出度くも無しと。
その反対側のお隣のお方には、二十年前やろか、一度だけお会いしてるです。其の当時で、推定、既に70代かと。爺様にての、失礼乍らの、もしかしてと。
ソラ、そなら、現在唯今、90代やでと。勿論の事、生存の可能性もあるけれどや。

イヤイヤ、当家のを含めて、周辺が立派とするのか、お墓になりまして。
ソラナア、正直には、お墓までは、ナカナカに手が付けられへんです。金(かね)掛かるです。
とか、云うても、確かに、一時、墓石を新しくするが、流行ったですが。当家のならば、流行も多少の、最大の理由なるは、「柴田家」と、掘った部分が割れて来てましてと。何とか、したいナと。この際と、思い切っての、全面的に替えたですがと。

其の、お隣さんは、全面では無くの、上は従来ので、土台を新調とするのか、新しくされましてと。感慨無量の面持ちにて、ソバの石段に座ったはったです。其の光景、マザマザと。お爺さんの積年の思い達成されたかと。
以来、そちら様とも、お会いせず。そんな意味なら、向かい三軒両隣のお墓の所有者に会うは珍しいかと。
そんな意味なら、男山も、田辺の柴田も、時々参ってくれてまして。ソレこその、このン十年、不思議に一度も墓所で、バタリと会うが無いです。

イヤイヤ、結構、頻繁に来てるです。両の、柴田がと。年に一回や、二回では無いです。少なくともの、二、三ヶ月に一回はと。にも関わらずの、変な話、私等が行くの、直前であったりと。正月元旦にも、供えてあるのが、色花故、直前にお参りしてくれてるかと。どちらの柴田か知らんけれどや。
イヤ、新しいと判断したのは、一切、捨てへんです。重ねて、お供えしてるです。

デデデの、余計にと。
何かのご縁にて、お墓であれどの、お隣さん故、挨拶程度はナと。大した手間暇取らへんし。して、損しやへんしと、私は思てるですがと。
ホンマやでと。
憮然、無愛想にされてたら、何かいナと。少なくとも、墓参の間の、5分、10分の間、限られたる空間、目に入る距離に、双方、存在してましてと。
ソラナア、隣りやしナと。拝む時には、ソバにも寄るしと。知らんフリしてるのかと。そのクセ、こちらを、チラチラ、見たはってと。やり難い、ご婦人、娘さんやなあと。
イヤ、こちらは、順々、交代にて、そっち側に向かうし、当然にして、顔は向くです。
とまあ、墓参では、そんな事もあったですが。

昼飯とするのか、「かごの屋」では、若きお母さんに、靴をば、蹴飛ばされての、何えで、何が、何えかと。気分を害したりと。イヤ、ご尊顔は拝してへんです。見たは、派手、ハデの、ブーツと、後ろ姿のみ。ソラ、蹴飛ばして、そのままやしナと。
更には、「小川珈琲」では、私にとっての、超の高額紙幣、5千円札が、精算の折りに、消えたりと。ここでは、モタモタしての、私が周辺をば、不愉快にさせてるかと、後続大部隊の、二、三名様には、謝罪の意を表したですがと。

しかるにの、こんな話、我が一家は知らんですがと。お墓での、お隣さんなら、皆も、知ってるけれどや。その他のなら、瞬時でもの、私一人の別行動の、結果にての、話はしてへんです。スル程の事でもナと。
と云う割りには、ホーム・ページに掲載にての、世の中、矛盾だらけでと。私が、気紛れなだけかと。
イヤイヤ、口にして、話の出来るのと、文字化で、出来るの差もありましてと。口にも、文字化も、出来る、出来ひんのもあるけれどや。

そして、夜になってからの、出雲大神宮さんとは、予測だにもでと。
イヤ、長男が行ってしまおかと、云うしで、行ったですがと。一応の準備もしてたしと。道中、変な道に行ってしもてと。ええのかと、正直、心配したですがと。
兎に角、無事、目的地に到着の、干支の丑の置物も戴きましての、帰って、即の、家の西側に位置する場所、丁度の、玄関の、下駄箱の上に置いたです。
家の中心に向かわせましてと。説明書には、そのよに、明記してあるしと。

事程左様に、正月元旦は、慌ただしく、暮れまして。
明くる日には、長男夫婦、孫娘を家に置いて、高島屋に、福袋を買い求めに出掛けたです。ソラなあ、人気抜群のと。凄い人出で、小さな子を連れては、危険が一杯でと。ソレでも、連れてく夫婦も居てるらしくと。
イヤイヤ、福袋の目的、中身なるは、娘の衣装なんですて。ブランド物なんやてえ。ええなあと。

しかるにの、親不在の預かってる間の、約半日。コレがなあ。ナカナカに懐(なつ)いてくれへんでねえ。
ソラ、一応は、泣きもせずに、過ごしてるですがと。親が帰って来たら、ここから先は、他を寄せ付けずの、下手したら、泣いて、泣いてと。
云うたら、親が消えて、我慢に我慢を重ねてたかと。

一寸も変わらんなあと。マアナア、その内には、お爺ちゃん、お婆ちゃんと、飛び込んで来てくれるを期待してるけれどや。この辺りが、別居の辛い処かと。
とは、方々から、聞いて、承知してるですが。その子の気性にもよるけれどや。イツまでも、そんな具合ならばの、今度は親が大変でと。預かってもらえへんゾと。
ソラ、懐いてくれてるなら、何とでも、してやれるけれどや。してやるけれどや。出来る範囲でと。

イヤイヤ、斯くなる次第の、斯くなるでと。
息子夫婦が帰って来まして。ホナラと、今からでもと。氏神さん、「大井神社」にと。相成った時には、再びの日没でと。
今から、神社かも、二日目でと。少なくともの、氏神様には、お参りしとかんならんですと。
行けば、駐車場には、流石に、車が一台だけ。されどの、社務所はやったはりましての、天照大神と、「大井神社」の御札、御神符(ごしんぷ)を戴ければと。

向かえば、本殿がと。工事中でねえ。へえと。
本殿だけで無くの、周囲の祠も一緒でと。
イヤイヤ、御記帳は、イツもの場所では無くの、テントが設営の、其処にあったですがと。
とりあえずは、「順路」に従いましての、仮本殿、お稲荷さんにと、順々にと。最後に社務所で、天照大神と、「大井神社」の御神符を戴きましてと。

イヤイヤ、ホボの同時に参拝の、若きご一家とは、黙礼のと。三歳くらいの男の子がご一緒でと。イヤ、全然、知らん人やけどです。
原則、神社仏閣では、挨拶するが通例でと。
ソラなあ、大入り満員の、ごった返してたら、挨拶なんか、するに出来ませんですがと。こんな具合な、少ないならばの、先の通りの、黙礼程度、して、損は無いです。大した、手間隙も、特別の準備も不用でと。

御神符は、帰宅の即の、神棚、云うても、板一枚なれどです。
板切れ一枚に、御神符を飾りの、榊一対、瓶子(へいし)、水玉、蝋燭立てもありましてと。
格好だけ、付けてましてと。気持ちや、気持ちの世界でと。

斯くなる次第の、斯くなるでと。本年の、墓参、初詣は、完了の、以て、一応の行事、お勤めなるは、果たせたかと。
アトは、この一年、昨年よりは、一寸だけでも、良い年にと。
諸々欲張り祈願。
(09/01/05)


NO.736 町内会の役員選考の話(1) オッサン、何云うやと

イヤイヤ、デデデの、二月の半ば。
町内会の来年度の役員を決めるの時期になりましてと。
来期、我が組からは、三役の、会計さんをと、なっててねえ。何故か、毎年のよに、決め方で揉めるですがと。

正確には、決め手、取り仕切り役の組長さんが、決め方を把握してへん場合が多くてと。
ソラ、知ってたら、揉める筈は無くの、順当の、テキパキとと。揉めるならばの、私は、避けて欲しい等々とと、なるだけでと。
されどの、決めるは、失礼乍らの、会計さんやしナと。区長でもあるまいにと。イヤ、大変は大変なれどのと。滅私奉公、時間は取られるしと。

大体は、区長を避けるがため、他ので、立候補も出たりので、前回、昨年度、私が要らんの提案しましてと。
区長と、その他の役員とは、選考方法、分断したらと。
理由は簡単の、先の通りの、区長以外の、副区長、会計、体育振興役員ならば、楽ですやんかと。何かをしんならんにしたって、断じての、区長だけはと、なって当然のと。
私にしたって、ン年度の、何とは云わんの、区長以外のを立候補しよかと、鋭意決断したですがの、イザの本番にて、アッサリの、先を越されてしもてと。

ホンマやでと。
奥様代行にて、寄り合いに出席の、誰か立候補でもと、当時の組長が、発言即の、主人が、やってもええと、云うてましたと、されたならばの、イヤイヤ、私がと。
押し退けてまでは、云えへんです。町内会の役員やでと。どっちがええかの、記名式決戦投票でもするのかと。
私なら、誰も立候補が無ければと、おもむろにの、ホナラと、私がと、挙手のツモリやったですがと。甘かったナと。世の中、絵に描いたみたいに、思うよには、させてくれへんなあと。
私は本人なんやけどと。されどの、代行の奥様に、負けたナと。
其の次ぎなるは、立候補は、止めたです。余りに好まんの役職でもありましてと。既に、一度、経験もしてて、自然に任せるにして、阿弥陀籤にて、余所さんに決まりのと。

斯くしての、イヨイヨの、区長選考と、なった段階には、俄然の賑やかにと。
誰とは、云わんのお方、奥様なれどの、次の役員をお受け致しますのでと、なってねえ。要は、今回の、区長選考候補から、外してくれと。
コレを認めたならばの、其の次ぎの役員をば、私にと。更に、其の次ぎのはと。一気、何年も先の、先の先の、三役全部が決まってみいと。但しの、区長は外されての、収拾付かへんですと。
黙ってたら、損するの世界になってしもてと。

要は、区長は避けたいが本音の、そんな事ならと、虎視眈々の、時期を見計らいの、しかるべくの、基準を決めてと、提案したです。簡単には、前回なれどです。
区長選考の基準とは、矢っ張り、失礼乍らの、出来ればの、ご夫婦揃っておられる方がと。女性だけの世帯は可哀想やしと。その上で、世帯主、ご主人が、選考の場には、参加されましてと。
一番に肝心なは、他の役職とは、分離しての、特別扱いでの、丁々発止で、諸般の事情等々、ぶっつけてと。

ホンマやでと。
私になってしもたの、区長選考の寄り合いの時なんか、男の世帯主で誰が出てたかと。嫁はんに、云いたい事、云わせてと。男なんか、仕切り屋の組長と、モお一人さんと、私の三人だけやったんやでと。(当時は、我が組15軒で、男が世帯主は、11軒)
イザの、選考方法、阿弥陀籤でと。ソラ、実際問題の、阿弥陀籤でも、構わへんけれどや。他はどでもの、区長選出、選考の時くらい、世帯主が出て来たらと、思た故に、後日の、提案と相成ったですと。

ホンマに、ホンマやでと。
何ぼ、考えたって、アホらしいてねえ。当時、結果的、私が阿弥陀籤で、区長に決まった時なんか、決めるまでの手順がと。
そもそもの、そんな次ぎの役員の立候補まで、取り上げてと。
私が、取り仕切り役なら、一蹴でと。大体が、女性だけの世帯も、何もかもの、一緒クタでの、阿弥陀籤の、第三者的に見ても、其の人が区長に当たってしもたら、どするやと。自分になる、ならんの、可能性なるは、ホットイテもの、危惧したですがと。
そんな無茶な、阿弥陀籤で、私が不運の、区長に当たってしもての、マア云うたら、丸く収まったけれどや。
誰とは、云わんの、仕切った人は、何を考えてと。引いた人も、当たったら、どするやと。引いてから、必死に、出来ませんと、懇願するのかと。誰にやナと。

ソラなあ、無理、可哀想と、思うならばの、アンタ、柴田はんがやったげたらと。
なっても、よしませんですと。当時、右も左もの、未経験やしナと。大変さも分からへんのにと。経験したら、尚更の、断じてと。
あくまでもの、無理、可哀想と、思たげるだけでありましてと。ソ簡単に、ホナラと、云える役職で無いは、重々承知でと。
そしたら、標的として、私に懇願されたら、どするやと。私にしたって、必死に逃げるです。ええ格好云うて、ハイ、承知の分かったとは、返答よしませんですと。
そもそもが、当時の私にそんな話は来いひんです。区長やるまでは、只の人で、他に出来そな人、一杯でと。現在唯今も、只の人でと。

区長経験した故、別途の役員の予約をと、発言された理由も分かるですの、其のお方も、区長経験者でありましてと。
ソラ、私等でも、当時、ボヤとではあっても、大変さは頭の中では、理解の、実際には、モっとやナと。
何度でもの、表面的には、上手く行ってるよに、見えてるだけの、中身は分からんですし、区長ともなればの、責任重大の、足を引っ張りよるのも、居てるんやと。

云うたら、この地で産まれ、育ったで無しの、ハッキリとは、お隣さん、ご近所さんの、前歴は当然の、苗字は知ってても、名を知らんとか。
足を引っ張るも、何も、相手さんの、本性、性格なんか、全然の、表面的、見えてる範囲だけでの、ホナラの、町内会の殆ど全員、極めての、ええ人バッカリの、実際に、ぶつかってみんと、分からんわと。区長になって、この人は、こんなかと、分かった頃には、半期過ぎてるわと。毎日、顔を合わすで無しと。
打ち合わせの都度、変な事、云うなあと、思いはすれどの、変も、善意と解釈しての、私も余程にお人が良過ぎてねえと。

そんな事は結構の、我が組での、区長の決め方が拙(まず)いんやと。
云うたら、先の通りの、区長以外の役職なんか、どでも結構と。ジャンケンのポンでも、阿弥陀籤でも、マッチ棒でもと。何ならばの、立候補もと。立候補あれば、話は簡単やしと。
区長以外なら、引いてからでも、私め、出来ませんです。諸般の事情でと。なっても、再度の阿弥陀籤ででも、何でも、再選考も吝(やぶさ)かではあらへんしと。
現に、前回、区長以外故に、ソなったです。

ソラなあ、会計は厭でも、副区長ならと。体育振興役員ならと。区長は別途故に、アトは、お好み次第での、ドチミチの、組で一巡するまでは、何か一つはやらんならんしと。
組の世帯、15軒(一軒引っ越しにて、空き家で、現時点では、14軒)故に、15年に一度とはならんですがと。毎年、役員を出すで無しのと。数えてえへんけれどの、ザっとで、25年に一度に、なるのかと。
早くやってしもて、気楽になるも宜しいしと。
かと、云うて、現在二巡目で、半ばでの、私は一回、区長当たってしもての、三巡目の、最後の方になったら、私の生存なるが、怪しいゾと。ホナラの当たらん方がと、なるのかと。
云うたら、一度も役員やってえへんの、世帯もありましてと。逃げて、逃げてと。

イヤイヤ、繰り返せば、区長選考の場合、他の役職無関係の、原則、世帯主の話合いでと。世帯主とは、男性でと。区長経験者は外す、外さへんも、その場でと。
出来る、出来ひんも、その場でと。
大体は、余所の組では、ソしたはるですと。我が組だけなんやと。ええ加減で、細かく決まってえへんのはと。
私にしたって、正直には、区長経験するまでは、区長云々だけで無くの、我が町内会の内実も、近隣との関係も、一切の、中身を知らんしと。諸々、思いはしてても、意見なんか、出すも、出さんも、分からんしで、自信があらへんわと。

トカトカの、我が経験、思いを、踏まえての、前回の提案となっての、今回でと。
しかるにの、此度の実質的組長さん、本来の世帯主が、ご高齢、後期高齢者での、代行さんでありましての、過去の経過を知らはらへんでねえ。
イヤ、町内会の行事等々には、この一年、頑張ったはったですが。ソレ以前は、世帯主さんが、出たはっての、この組長さんは、組の寄り合いに参加は初めてやのに、役員選出しんならんですと。

諸般の、事情、背景承知故に、どしょかと、迷いツツの、余計な話はしんとこかと。
聞かれたら、知る限りは教えて差し上げるですがの、こっちから、決め方、知ったはりますかと、問うのもナと。ソラ、世帯主が、方法、過去の経過をば、伝授しやはったら、良いのであっての、私なんかが出しゃばるは、余計なお世話の、お節介やしと。黙っとこにしたですと。

そして、当日、本番、隣りのオッサンと、家を出るが一緒になってと、連れ立っての、会議所に到着の、アレレの、他の組の奥様、居たはっての、へえと。日を間違おたかと。
イヤイヤ、そちらさんも、一緒の日ですと。へえの、二組程度、一緒に出来るの広さ、二間あるしと。
そんな次第の、我が組の面々、集まり出しの、さて、どしやはるやと。
意地悪でも、何でも無いです。大人しくの、出しゃばらんとこと、ダケでしてと。云い出せば、区長経験しやはたら、色々云わはるなあの、エラソにと。
でも、陰口されてみいと。バカバカしいわと。

デデデの、組長挨拶、私は諸般の事情にての、こんな場に出るも初めての、どんな具合に進めさせて戴いて良いのやらと。分かりませんですと。出来れば、何方様かが、進めて戴ければと。有り難いのですがと。

オッとの、困った事、云うなあと。世帯主からの、伝授何にも無しかと。イヤ、私は口にチャックの、原則、出しゃばらんとこに、してるしと。
ホナラの、別途の、隣りのオッサン、口を開きのと。
イヤ、背景知らんです。このオッサンが、頼まれての、口を開いたのか、流れで、善意でかと。私にしたら、オッサンは、年配者やしで、任せとけと。良かったなあと。

しかるにの、オッサン、云うに、私は別途の役をしてましてと。どしてもなら、やらん事も無いけれどの、出来たら、避けて欲しいナと。
5年経ってたら、再選されへんとかの話もあって。5年は経ってしもたけどと。

再度の、オッとの、オッサン、オッサン、何云うやと。
余計な話をと。避けて欲しいも、何も、現在二巡目の、オッサンなんか、既に、二巡目、一番手で、役員経験してるがなと。今回の、会計選出には、原則無関係の、変な話の、高見の見物で宜しいですと。

云うも、グと我慢の、ダアレも、何にも、云わへんしで、困ったなあと。オッサン、我が組での、選考方法、忘れてしもたかと。奥様が出たり、オッサンがと。断続的に、出たり、入ったりやしと。
されどの、誰もが、黙ってたら、変な方向だけで無くの、沈黙だけで、余計な時間を喰うゾと。しかも、云うに事欠いての、選考から、除外の話をしてしもてと。したくは無い人からしたらの絶好のと。

斯くなる次第の、こんなモン、会計なんか、10分、20分も掛からんと、思てたのにと。想定外の話になってと。
イヤ、正直には、方法をば、忘れてしもたの、オッサンと、仕切り屋の、組長以外の、殆どの全員が、選考方法、承知の事での、厄介やナと。
余計な口出ししんとこと、鋭意決断してるのにと。
(09/02/13)


NO.737 町内会の役員選考の話(2) 目線の話

果たして、我が組の役員選出方法、云うたら内規をシカと記憶は何人かと。
コレがええ加減になったら、関係者、困るんやと。
加えての、町内会としての、選挙規定はドレ程かと。当然にして、コレが基本での、総会にて、承認されてましてと。但しの、内規が優先するは、当然のと。

規定に基づいての、我が町内会では、組の輪番制にて、町内会の主要役員をば、選出してるのでありましてと。要は、定められた規定に基づき、所定の役員さえ、組から出せば良いのでありましてと。
立候補であれ、阿弥陀籤、ジャンケンのポンでも、インターネット・オン・ライン・ゲームででも、手段なんか、どでも結構の、当人さえ納得にて、出て戴くが、前提にての、ソレを崩しては、成り立たんですと。

デデデの、マダマダ、愚の、グと我慢の、下手な出しゃばり、止めとこかと。
シカと記憶が何人かは、別としての、オッサンに任せとけと。
ホナラの、とあるの某さん、口をば、開きましての、私にはとても、トテモ、会計なる重職は、務まりませんの、三役なるは、町内会の顔での、余所様に対しての恥晒しでと。
呆けて、大切なるお金を紛失でもしたら、家を売らんならんですと。

オッとの、エライ話が飛び出してと。家を売るの、補填しての、お釣りなら、充分なれどのと。マア云うたら、町内会での余剰の埋蔵金、ン百万円程かと。ご心配ご無用の、銀行に貯金されてましてと。
月々預かったのも、銀行にと。手元になら、当面の必要なるン万円程度かと。
とは云えどの、預金通帳、印鑑をば、窃盗されたり、紛失したら、困るですがと。

云うたら、確かに、三役なるは、町内会の顔は、顔やけれどのと。代表としての、顔は区長やでと。
失礼乍らの、歴代、副区長、会計なんか、ダアレも記憶はしてへんですと。しても、区長だけかと。区長でさえも、怪しいのにと。毎年、毎年、一名増えるしと。
とかの、モヤモヤ、思てたら、誰とは云わんの小声で、紛失したら、家屋敷、ホンマに売る気やろかと。私も、ホンマやなあと。
加えての、別途の誰とは云わんのが、小声で、アレだけ、口達者なら、呆けてえへんねえと。私も、ホンマやなあと。あれだけ云えたら、ご立派で、負けるナと。

更には、他の役なら何でもと。組長でも、やらせて戴きますと。
あのなあと。
とは、云うてえへんですがの、組長なんか、家の並びの順番にての、選挙でも、何でもあらへんわと。全世帯がやるんやわと。
云うたら、こんな事を、蕩々の、口にして、云えるだけ、大したモンでしてと。

反論とするのか、アノナアと、説教口調にて、発言なら、出来るですがの、ヤメトケ、ヤメトケと。我が組の面々、愚の、グと、我慢の子の、黙ってご拝聴の、反論したって、仕方があらへんわと。
結果的、この御仁、組長以外は一度もしてへんですと。

こんな具合に、何や、かやと、断りの弁、蕩々の、されどの、前回、前々回も、ズと、阿弥陀籤には、参加してましてと。考えてみたら、籤には参加だけはしてるのかと。運も良くのハズレててと。ハズレて、逃げ切れてるは、何でかなあと。一巡、一回は当たるのにと。どでも、ええ話の、記憶の彼方の、当たって、逃げたんやろと。
しかるにの、区長で無いは確かかと。区長ならばの、経緯、全部を記憶してるですと。全部云うても、選出したとならばの、私を加えての三名(区長は四名輩出)での、私以前は、組の大多数の世帯主がチャンと出たはったのにと。私の時ダケやでと。奥様連中に取り囲まれてと。ダケも一回ダケなれどのと。何分の三回ダケやしと。

よって、某さん、他の役を断り続けてての、区長当たったら、どするやと。私が心配した程のと。
ソレは、ソレで、当たれば、必死の、懇願するのかと。されどの、会計、副区長程度なら、仕方が無いなあで、再度の選考あってもの、区長とならばの、取り仕切り役、組長の英断必要でと。

実際、困るんやでと。こんな発言されたならばと。ソレでも、アカン、籤引けとは、云えませんですがと。されどの、毎年、引いたはるですがと。
要は、云うだけ、云わせとけと。此度、会計やと。
とするのか、イザ、阿弥陀籤でも、何でも、開始となれば、そんな話、誰もが、スッカリ、忘れてしもてと。当人もスッカリの、忘れてるのかと。

イヤイヤ、デデデの、オッサン、応答するに。ソかと。イツやったかの、アンタの処に決まった時、どしてもと、辞退しやはった事があったかなあと。
オッサン、同情的発言しましてと。
されどの、ホットケ、ホットケと。私は番外者の、高見の見物、決め込みましてと。愚と、グと、我慢の子でと。下手な口出し、ええ格好しんでもと。口にチャックで、結構のと。

ソレは、ええけれどの、オッサン、矢っ張り、組長に、頼まれたのか、善意かの、取り仕切り役での、今まで、どんな具合に決めてたんかなあと。
イヤイヤ、オッサンが陣取ったの席、場所も、組長の隣りでと。話簡単の私の対面(といめん)での、一番に遠い場所での、私なら、隣りのオッサンと一緒に、一番に入場しての、一番の下座、出入り口のソバに陣取ったんやと。一番に気楽で、無難やしと。

オッサン、曰くに、再度の、ワシはなあと、他ので、役しててと。外して欲しいのやけどの、しかるにの、某さんやけど、三年連続の、青少協役員(青少年育成連絡協議会)をやったはるのやなあと。アレは、どなるんやと。
其の某さん、遅刻で、マダ、来たはらへんでねえ。
云うたら、某さんには、我が期にて、青少協役員をば、お願いした立場でと。任期二年なれどの、再度の頼まれやはりましての、結果、三年連続と、相成りましてと。四年目はどしやはるか、分からんけれどや。

イヤイヤ、愚と、グの我慢の、口にチャックも、ボチボチ、限度かと。オッサン、完全に忘れてるナと。区、町内会の規定も、組の内規もと。
このまま、ダアレも、発言しやへんかったら、会計の選考、選出、一歩も進まへんですと。
確かに、この場には、区長経験者なるは、奥様が出席なれどの、当人が出て来てえへんです。云うたら、私と、この取り仕切り役を買おて出たのかの、オッサンだけでと。

区長経験云うてもナ。ン年も経ったら、忘却のと。
例えばの、お役ご免の直後ならばの、私も諸般の事情にての、完全不完全燃焼にての、モヤモヤ一杯での、顔ぶれさえ、変更ならばの、モ一期でも、突入の、緊張感と、ヤル気もあったけれどと。

ソラなあ、白紙の状態の、何にも知らんでの、区長職、突入にての、先哲諸氏に、聞いて、聞いて、聞きまくっての、ン、成る程のと、分かった頃には、半期も過ぎてと。
町内会に戻ればの、誰とは、云わんの若干一名に、足をば、引っ張られての、遂に、ガツンの一発の頃なるは、年も明けての、任期も残り僅かな頃でしてと。

正直には、二期目をやるならばの、正体見つけたりの、こんな輩なんか、要らん。出てけと、追い出してるかと。
イヤイヤ、町内会からでは無いです。会議所からでと。役員解任でと。そんな権限あらへんけれどと。どちみちの、諸般の事情での、結果的、三役の役職、一人でと、までは、云い過ぎでもの、やってたみたいなモンやったんやと。お陰様の、大真面目、真剣に取り組みの、義理と人情引っ提げての、諸般の内実、よっく、分かったけれどや。
ソラ、先哲、諸先輩をば、表敬にての、教えてくれと、頼みまくったら、親切に教えて戴けるですと。チカラにもなって戴けるしと。

されどの、現役員に、出てけとなんか、よ云わんが、一期目の、前半でと。実際に出てけとは、云わへんけれどや。
任期一年故の、愚と、グの我慢の子もありましてと。高がの、町内会の話やでと。
二期目ならばの、一年の、一通りの経験、大きくての、余裕も出来ての、思うがママのと。性癖知っての、役立たずと、判断なればの、まともになんか、相手にせずのと。
ソラなあ、原則、相応に顔をば、立ててと、思うが故に腹立つノリだけやしと。
無罪放免の、お役ご免となりての、一年経ちの、二年の、三年のと、来期の、四年目ともなればの、モ、二度とは、やりとは無いナと。一度、経験したら、充分でと。

云うたら、区長職、何をどんな具合にと。やるべきかが、分からんが故に、規約は当然の、過去の事例、何年分もの、資料全部に、何回も、目を通しての、書式も全部作成、やり易いよにと、次期区長にCDに焼いて、全部を引き継ぎのと。
ホンマやでと。私が引き継いだの時なんか、フロッピー一枚でと。一枚でも、充分となれば、充分なれどと。
話簡単の、パソコンの使えへん区長が多かったんやと。歴代の、間にそんな区長、一代挟まったらの、パソコン入力のデーター、資料なるは、壊滅かと。
大体が、会計の予算の書式からして、あらへんかったんやと。まさかの、パソコンの中身を見せてくれとも、云えへんしと。総会資料は、パソコン入力なんやけどと。
マアナア、この程度の書式、様式、作成なんか、簡単やしと。Excelにての、項目、罫線だけでしてと。

我がパソコン入力資料も、果たしての。次期には、引き継げても、其の次ぎの、次ぎの次ぎともなればの、モ、分からんゾと。
百歩譲って、分かって、何ぼの値打ちかと。私に何が出来るやと。
行事一つにしたって、様子が異なって来ての、遂には、消火訓練、今期無かったですと。無くても、ええ、悪いはあらへんですと。区長を始めの、三役、役員殿のお好きなよにと。私が口出し、出来るで無しと。

イヤイヤ、そんな話は結構のと。
愚の、グと、我慢も、ここまでかと。肝心の、会計選出の選挙か、選考か、ジャンケンのポンでも、何でも結構の、話が一歩も進まんゾと。
にしても、皆様、遠慮勝ちのと。
チラと、私に促すの人もありましてと。促すとは、チラ、チラと、目線がと。
恰(あたか)もの、アンタ、云え、云えと。
(09/02/14)


NO.738 町内会の役員選考の話(3) 阿弥陀籤の話

遅刻の、現青少協役員の、某さんも、到着の、以て、我が組の面々、揃たですがと。
デデデの、正直、困ったなあと。ダアレも発言しやへんならと。
されどの、ええ格好も云えへんしと。一歩も、二歩も、遠慮しての、発言しませんとと。

ソラ、問われての、返答ではあらへんしで、世の中、逆に、逆に、器用に、お上手に、解釈、受け取るのも居てるしと。
鋭意決断の、あのですねえと。口を開いたです。
開口一番、私の記憶ではと。自信は無いですがと。間違おてたら、何方か、修正宜しくと。実際に自信が無く、間違いの可能性大なら、自分から進んでの、発言しいひんけれどや。

デデデの、5年云々の話は、確かにの、我が町内会の規約にありましてと。5年以内に選挙管理規定に規定の役職なるが、当たるよなら、正々堂々の、辞退が出来るの規約でと。
されどの、例えばの、ご当人様が、やってもええでと、挙手、立候補でも、されたならばの、再選等々、妨げるモノではありませんの意でと。余り、意味無いですがと。
理由は簡単の、我が組の場合、別途の内規がありましての、籤でも、立候補でも、順々に決めて行きの、全戸全部がやってしもたら、最初っからの、現在、二巡目の途中でありましてと。

加えての、決めるは、三役と、体振(体育振興)役員での、青少協(青少年育成連絡協議会)役員は、これとは、関係無くの、区長の責任で以ての、別途の選出でと。
以て、二巡目で、役をやらはったは、ドコドコさんの、ン軒での、更には、我が組では、内規的に、消防分団団員が居たはるお宅様も免除であっての、現時点でなら、ン軒が除外されるかと。

ここまで、云うたならばの、ドコからか、声が聞こえての、某さんが、副区長やらはったねえと。
あのなあ、とは、云うてえへんけれどの、某さんは、引っ越さはったんやと。とも、云うてえへんけれどの、引っ越さはったら、悪いけれどの、除外も何もあらへんわと。
とは、思ただけでの、口には出さずの、角が立つ故でと。ホンマに気を使うナと。

今度は、某さんコソリと、私も、役員やってまっせと。オッとの、そやったねえと。忘れてたと。大体が、こんな話、するツモリが無かったしと。
とは、云うてえへんけれどの、ホナラの某さん、私も、役員やったですと。オッとの、そやけど、一巡目でと。現在、二巡目ですと。
オッサン、飲み込み早くの、嗚呼、そやったか。そやったなあと。
で、どんな方法で、決めてたかなあと。大体は、阿弥陀籤かと。ホナラ、阿弥陀籤で決めよかと。

斯くなる次第の、やっとで、動き出しましてと。
マア、云うたら、オッサンも、取り仕切り役をば、よ、引き受けたナと。さりとての、誰よりも、適任者かと。我が組でなら、最年長でと。
イヤ、実際、難しいです。こんな場で、区長選考の件までを、説明もと。区長が別途故に、皆様、大人しいのもあるのかと。されどの、暗黙の了解事項でと。

しかし乍らの、本来ならばの、文面にしての、組の面々に配布で、意志統一するがホントなれどです。
そしたら、多少の不手際あっても、概ね、問題無くの進むのにと。

されどの、コレ又、私の役目で無いです。組長がやるべきのと。ダアレもやらへんなら、当家が組長にでもなった際、加えての、役員選出の期ならばのと。
思てるけれどの、何年先の話か、7年先でありましてと。憶えてて、生存してて、この町内会に住んでての、パソコンがあって、私自身も、使い方を憶えてての、状態ならばの、作成でもと。
非常に条件、厳しいけれどのと。とは、思てるですがと。さもなくばの、毎回とは云わんまでもの、こんな事ではナと。

そもそもが、区長選考をば、他の役職とは分断の案にしたって、今まで、意見が出えへんかったが、摩訶不思議でと。
マアナア、やってみな実態、分からんの職責ではあるけれどや。

ツイデになら、7年も先になってみいと。区長なんか、出来るの人は数が限られて来るのかと。理由は簡単の、マズは、後期高齢者が続出での、何年もの先の話は分からんわと。町内会の規約も改正されるの可能性もあるし、生存者がと。戸数も何軒になってるかと。引っ越しもあるやろしと。
現在唯今でも、出来そに無いのお宅様が、チラホラやのにと。
よって、先の役員予約も如何なモノかの、私が、気も長くの、7年先にと、思てたって、軒数替わったりしたらの、順番も狂うしと。狂て、役員選出の期になるのか、ならへんのかと。

あくまでもの、現状維持前提の、作成して、意味あればの話でと。ソレまでに、奇特なる組長出現にての、作成の可能性もと。
思えどの、マズは、考えられへんけれどの、私にしたって、ン年前かの組長の時なんか、考え及んでませんしと。但しの、当時は、役員選出には、無関係での、単なるの、組の会計報告しただけでと。
そんな意味なら、組としての、慶弔のための、集金も無くなりましての、残余ので、賄(まかな)うになってからは、報告もされてえへんかと。
結果、寄り合いも、次期役員選出の番になった時だけやなあと。
よって、一年か二年に一回の寄り合い故、可能な限り、世帯主がと。特には、区長なんか、9年に一回やでと、当人が出て来いと、私は思うだけでと。

イヤイヤ、産まれ、育ったの地ならばの、気心を良く知りので、誰か内規を書きぃナと、催促するですがと。自分で造るも覚悟の上でと。されどの、余計な話はご遠慮のと。
善意であれどの、必要あっても、出しゃばりなるは、陰で、要らん話も出て来るしと。

ホンマやでと。
夢想だにしやへん事柄をば、考えられんよな、受け取り方をされたりでと。
マアナア、組の内規なんか、頼まれても、立場でも無いのに、書いて、配布したなら、大凡の受け取りよも、推測出来るですがと。
云うたら、アノ人も、好きやなあの、その程度ならばの、実害無いけれどの、ソレで、役員選出にて、アンタ好きなんやろと、区長にでも、推挙されてみい。目も当てられへんですと。
ソレと、コレは別物を主張しても、遠慮してと、なりましてと。言語明瞭には、私が第三者でも、ソ思うですと。組長で、ソレをやっても、好きに思われそおでと。

トカトカの、何でも結構の、決めるの方向性さえ、意志統一とならばの、話は早いかと。
ホナラの、阿弥陀籤はええけれどの、オッサン曰くに、柴田クン、造ってくれやと。
オッとの、ソやから、要らん事をと。阿弥陀籤程度、大した用事で無いけれどや。本来的、順当、妥当なるの担当、組長やでと。
とは、口にはしてへんけれどの、ホンマやでと。
私なんかは、単なるの、一町民、一区民、一組員での、オッサンが要らん発言しやへんかったら、口にチャックで、黙ってたのにと。
思いはすれど、阿弥陀籤程度で、ゴネルもナと、二の返事の、ハイ、承知と。さもなくばの、コレ又、一歩も進まへんし、嫌々してたら、大人気(おとなげ)無いしと。

組長からは、ハイと、紙とボール・ペンを差し出されまして。内心、オイオイと。
そんな事は結構の、意を決しの、さて、何軒で、線何本やと。端から、順々に苗字を云いましての、都合のン軒、ン本かと。
しかるにの、最初に、会計なんか、責任重大の、町内会の顔でと。預かったお金に何かあったら、家、売らんならんの、某さんの熱烈発言の件、スッカリ、忘却の、数の内に入れてしもてと。
イヤ、そんなモンでと。当人も、阿弥陀籤から、外してクレとも、云わへんしと。

サテの、軒数、本数、決まって、書ことしたら、オッサン、ええ格好して、曰くに、最初に順番を決めるの阿弥陀籤しての、其の順番で、会計決めるの、阿弥陀籤をと。
ホナラの二度やるのかと。
マアナア、阿弥陀籤なんやし、線を引く人数分引いて、適当に、横線を引くだけの簡単な事なれどです。

イヤイヤ、私ならばの、ご心配無用の、誰とは云わんの何処ゾの、若干一名が如くに発狂なんか、致しませんです。至って、容易い御用の、ニコリと笑顔でと。
ホンマやでと。字を書け、絵を描け、恥までは、分からんけれどの、字も、絵も、至って苦手故の、時と、場合によりますの、汗かくも、厭(いと)わんですの、滅私奉公の、皆々様のお役に立てれば、本望のと。

実際、簡単な事でしてと。瞬時、書き上げての、オッとの、順番の数字を書いとかんとナと。
ホナラの今度は、某さんから、提案とするのか、下の部分は二重に折りますのやと。ソかと。二重にねえと。成る程の、パラリと開いてしもて、見えんよにかと。ソですねえと。至って簡単なる注文での、即、実施と。順番程度見えても構わへんけれどや。マアナア、ご意見尊重のと。

アトは、順々にと、回してくださいと。我がソバの該当者の一人に、紙と、ボール・ペンを手渡しましてと。イヤ、誰からでも結構でと。順番決めだけの阿弥陀籤やしと。
オッとの、その間にでも、本番用のをと。造ってる間にも、順番を決めるのが戻って来てと。ホナラの、そっちを優先の、一番、某さん、二番、誰さんと。
クドイけれどの、冒頭の、家を売ってでもの、某さんも、チャンと、記入してましてと。線余りはあらへんナと。
こんな具合に選考の都度、一悶着の、結果的、該当者全員での、阿弥陀籤と相成りましてと。

ここまで来たら、全部を引き受けての、サテはの、本番。一番、某さんでと、お一人、お一人様、苗字を読み上げの、ご指名させて戴きましての、戻って来たのを、開けさせて戴きの、サテのサテの決定の、オッとの、私の責任と、違うしナと。
前置きしての、再度の確認にても、矢っ張り、間違いありませんのでと。
某さんが当たりですと。ご当人さんが確認してくださいと、阿弥陀籤の紙を差し上げましてと。以て、私のお役目全うのと。

斯くなる次第の、不思議にも、家を売るの、町内会の顔がの、某さんには当たらへんのやなあと。
イヤ、イツかは当たるの、こんな具合にの、年々、回数重ねての、該当軒数少のおなったら、厭でもと。されどの、当たったら、多分ならばの、最初っから、云うてますの、ご辞退をと。
なって、再度の一悶着の、阿弥陀籤のやり直しになるだけなれどの、高がの、失礼乍らの、会計やしナと。
マア、ええかと、相成るですがと。
(09/02/15)


NO.739 町内会の役員選考の話(4) 決定の話

斯くなる次第の、そんな意味でなら、家を売らんならんの、町内会の顔がの、某さんなるは、籤運が良いとするのか、ど云うのかなあと。
確かに、当たってから、二の五の、散々の、死ぬの、苦のと、ゴタゴタ、云われるよりは、最初っから、厭の意、拒否宣言表明なるが、ご親切とするのか、ハッキリしてて、宜しいかと。
只ナと、話が大袈裟でと。大袈裟の方が効果あるけれどや。

加えての、話を聞いて、私が、会計なんか、町内会の顔ではあらへんゾ。
とは、口が裂けてもの、会計経験者が居たはるしと。
副区長の方が楽やなあとも、副区長経験者が居たはるしで、云えへんしの、こんな話されて、一切の口出し、意見を出せませんのや。区長経験の立場から、中身、承知してるだけにと。

云う人もあるけれどや。
私が、区長選考は別扱いにしたらの、提案の際には、誰とは云わんのが、会計も大変やでと、公然と、宣おたですがと。
私は一切の応戦してへんですがの、そもそもが、会計が楽とは、云うてえへんです。思てえへんです。ソレ処か、仰せの通りの、会計なるは、金銭扱うが故、大変なるは、重々承知のと。
但しの、大変も、区長の次ぎにであっての、加えての、区長とは、比較の対象には成らんの、桁が違うんやと。

さもなくばの、副区長、会計には、立候補があっても、論より、証拠の、区長には、ダアレも立候補なんか致しませんですと。口を揃えて、除外してクレの弁でと。
従来ならばの、別途のを勤めてしもての、無罪放免の、高見の見物でと。
此度の私と一緒の立場。

先の、会計の場合ならばの、仮の話で、町内会の預かり金、紛失となっての、責任問題での、家を売る、売らんの話になったとて、区長が、知らぬ、存ぜぬの、担当者の責任にての、自腹を切れと。
とは、云えへんやろなあと。
とは、我が範疇、思想での、話なれどと。

出来れば、三役で、対策案、相談のと。
相談するにしても、副区長にまで、応分のと。とは、云えへんし。名案が出るで無しのと。事が事だけに、話を広げるのもナで、更には、役員会でと、なればの、事実上の、公表となってしもての、出来ん話のと。
イヤイヤ、当然の、口座を即閉めての、早急なるの対策等々の、既に、遅かったらの話でと。

そんな前例知らんけれどや。
ソラ、振り込め詐欺で、会計担当が、町内会の預金の事までは、連想しいひんしと。但しの、性格にも、よるしと。
云うたら、被害額によりの、対応方法にしたって、区長責任にての、案をば、出してからの話でと。役員会、三役会、内部、内々で、処理等々のと。
内々なるは、拙いとなるかは別問題の、猫ババ、使い込みで無しならばと。
兎に角の、下手な公開しての、会計役員なるが、町内会に居てられへんよになったでは、コレ又、事が大きくなり過ぎての、区長責任重大のと。

イヤイヤ、某さんの、会計役員受けられんの、熱弁をば、黙って拝聴での、話、大袈裟の、誇張であってもの、区長経験の立場からは、会計だけの責任かなあと。区長ならばの、一人に押しつけられへんやろと。
ソラナア、相談された段階にての、額も問題なれどの、原則一緒に責任取るの覚悟しんならんかと。ソレが区長やしと。
ホンマやでと。家を売っての云々の話も、ホントに売る気が有れば、有る程に、口にはナと。覚悟はしてても、要ってもと。

イヤ、変な話、極の内々には、必ずや、あったの可能性はあるですと。
ソラ、ン十、ン百、ン千円程度ならば、計算が合わんで、会計が処理のと。
その計算が、更に桁が違うとなればの、区長と相談しかあらへんしと。相談されたの段階にての、区長たるは、応分の責任をで、同じの三役でも、副区長にまではナと。話を広げんのためにもと。
とは、クレグレもの、我が考えでの、役職をば、降りてから、益々の思うですと。よおやったナと。沢山あったと、までは、別としての、色々あったけれどの、処理出来るの範囲で、止まったナと。

ホンマやでと。
火事、ボヤ、事件、事故、台風、地震等々の、天変地異があってみいと。
小事故、小事件はあったけれどや。
防火用の、「ホース格納箱」が、車同士の衝突にて、壊されたり、アライグマが出没したりで、回覧板なんか、歴代断トツ一位の発行部数かと。
されどの、この程度で、収まったナと。全部とまでは、云わんまでもの、大部分は公開、公表してるの話やしと。

よって、そんな事を、軽々に発言されて、私としたら、考え込んだですと。
我が期、何と云うても、引っ越して来やはって、早々の、若手が会計に選考された故の、組長経験も無くての、手違い等々、勝手な判断された事もあったけれどの、其処までの、大きな問題無くての、良かったなあと。
今更乍らの、変な処で、ホと安堵のと。

ホンマやでと。
表面に出せる、出せへんの話も一杯あるですと。
当然にして、云いたい放題かの、ホーム・ページではあっても、出してえへん、出せへんの話が山程あるんやでと。

斯くなる次第の、斯くなるでと。
次期、会計に決まった某さん、どしょかと。困ったなあと。組長職、やっと、終わって、無罪放免の筈がと。エライ事になってしもてと。私に務まるやろかと。
私から、云わせて戴ければの、今期、組長を経験されて良かったかと。してへんかってみい。大変ゾと。性格にもよるけれどと。

デデデの、オッサン曰くに、大した事はあらへんでと。
アノナアと、私もオッサンの一言に、惑わされたの、可能性も多少はありましてと。我が期では無いけれどの、以前の事なれどの、区長になっても、三役三人で、チカラを合わせたら、何とか成るでと。
ソラ、その通りではあっても、尋常の場合であっての、加えての、オッサンが如くの、地の状況に詳しくの、経験者なればこそ、云えるのであってと。
右も左も分からんかったら、大変ゾと。
私でも、二期目をやるとなれば、何とでも成るけれどや。一期目でも、何とかしな仕方が無かったけれどやと。ソラ、正直、大変やったと。

しかるにの、阿弥陀籤で、来期の会計に決まった某さんは真面目でと。キチンとされてるお方での、仮にの、私が区長の立場ならばの、安心出来るの人材かと。
ソラ、大体が、過去の状況からも、一目瞭然のと。大して、話もしてへんけれどや。
面従腹背、表と裏の差が激しい人で無いは確かかと。突然に狂たり、出席をサボったりもあらへんかと。云われた、頼まれた事は、誠意を持って、一生懸命に勤めるお方と、見てるですと。

デデデの、オッサン、何事かを、ボソボソの、マタモヤの、柴田クン、何やったかなあと。
イキナリの、何やったかなあと、問われても、何が何やら、分からんですと。
とは、云わずの、自治会の件ですかと。会計ならばの、上納金がありましてと。
イヤイヤ、違う、違うの、花壇に、花を植えるの行事があったなあと。嗚呼、クリーンやったか、グリーンやったかの、推進委員(正確には、クリーン推進委員)の話ですか。ソレや。ソレやで、其の程度かなあと。又もやの、ええ加減な話をしましてと。
コレは、原則、三役の奥様が担当の役職での、ソレも含めたら、大変ゾと。
とは、云うてえへんです。

イヤイヤ、会計の職責の話やったかと。
ソラなあ、仮にもの、三役でと。三役会はあるし、役員会はあるしで、会計報告、予算は作成しんならんし、総会では、発表やしと。自主防災会はあるし、年末警戒で、駆り出されるしと。
大井町自治会の総会もありましてと。出席しんならんしと。
我が期、会計、出てくれへんのが、多かったけれどやと。ソラ、前代未聞の、期首総会に、出えへんかったんやと。多分ならばの、私以外、ダアレも気にも、記憶もしてへんけれどのと。

とは、一切の口にはせずと。
会計経験者ならばの、何名かが、居たはるですと。どっちにしたって、イキナリの、予算案作成がと。発表がと。されどの、私は緊張しいなれどの、この某さん、至っての、落ち着きがと。
冒頭挨拶からしての、緊張の気配無くの、感心したですと。落ち着いたはるなあと。大したモンやと。どっちにしたって、真面目なお方が会計で良かったです。来期区長がと。誰か、知らんけどと。
思た処で、以て、オシマイの、皆様、口々に、ホナラの会計さん宜しくの、ご苦労様ですと、解散と、相成ったですと。
(09/02/16)


NO.740 総会の議長を頼まれての話(1) 開催ン十分前の電話着弾の話

ン年前。
多分ならばの、二年前。
花粉症が出て来出してねえ。目は痒い。喉は痛い。水洟もと。声はガラガラやしと。厭になるです。
流石に、三月も末になって来て、ホンの僅か、マシにはなり出したですが。

イヤイヤ、この時期、花粉症の時期、先日、とあるの日曜日。我が町内会の期末総会が開催されまして。
イヤ、この三連休にて、3月20日(金)から、22日の日曜日まで、息子一家も来てまして。ボチボチ、神戸に戻るですがと。私の方は、総会に出席でと。
出席故に、最低限の、礼儀で、髭だけでも、モ一発、剃っとこかと。ソラ、人様が集まるの場やしと。大して濃い髭でもあらへんけれどや。
思てた矢先に電話がリンリンと。嫁はんが出まして、何やら話をしてましてと。ソかと。嫁はんの知り合いか、隣近所の奥様かと。要は、嫁はんに用事かと。

ホナラの、髭でもと。
されどの、一寸だけ様子がと。
違うみたいにも、思えたりの、思たりの、してたら、私にですて。へえと。私にねえ。珍しいなあと。大体が、電話で私に誰からかと。心当たりがあらへんです。
今時、ケータイやしと。

ホナラの、ホナラで、今期区長ですて。へえが、モ一発で、この時間に何用かと。
ソラナア、そもそもがの、一時間は無くの、アト、ン十分もしたらの、総会が開催やしナと。当人、最後の締めで、一番に気忙しくも、緊張の極みの時間帯やのにと。
マアナア、性格にもよるけれどや。
にしたって、一体全体、何事かと。現区長から、この一年処か、区長職関係無くともの、初めてですやんかと。そもそもの、我が家の電話番号、良く調べたなあと。町内会全体の名簿を見るとか、我が区長時代の資料にあるけれどや。
あっても、調べまくっての、そこまでしての、私に何用かと。思いを巡らしのと。巡らすに材料があらへんわと。何か、頼みの、頼まれもしてへんしと。あっても、総会に行くですがと。

云うたら、私にしたって、コレから、総会に出る間際やでと。間際も、何も、会議所には、一寸だけ、早めに出ませんとと。背中をもたれるの、特等席の確保が難しいからでと。
争奪戦が凄まじくの、15分前には行っとかんとと。思ての準備のと。
ソラなあ、話簡単の、前過ぎずの、後ろ過ぎずの、余りに目立たずの、姿、形が、完全には、隠れてしまわずの、丁度良い場所にと。15分前なら、役員以外の、その他大勢一名、二名か、三名にての、席なるは、選り取り、見取りでありましてと。三名も来てたら、一寸、苦しくなるですがと。取られ方にもよるですがと。
但しの、早出のは、其処を取るが主目的やしナと。役員以外の話やでと。

イヤイヤ、デデデの、ホナラの、ホナラで、開口一番、ギチョウを頼めませんかと。聞こえたよなでの、ンの、聞き間違いかと。
悪いけれどの、モ一遍云うてみてくれへんかと。
ええ、ええの、再度の、総会には、出席してくれやはりますねえと。ええ、出席で、唯今、準備してるですがと。そしたら、突然ですがと。ギチョウをお願い出来ませんかと。
総会に出席で、ギチョウとなればの、議長の事やろかと。

我れに返って、オッとの、トットの、トのトのトットで、アンタ、何抜かすかの、私に議長てか。
冗談はアンタの顔だけにと。とは、云うてえへんけれどや。
ハイ、議長をお願い出来ませんですか。方々頼んだですがの、悉くの断られましてと。スミマセンですがと。

アノナアと。方々って、私め、一番の最後の安全牌と違うゾと。
とは、返答するまでに、スミマセンがと。次から、次ぎに断られましてと。アノナアと。
返答するまでにの、時間も、時間で、申し訳無いですがと。
懇願されたら、無下(むげ)に断るが出来るよな、私め、冷たい性格とは違うですがと。云うたら、ここで断ればの、それこその時間があらへんわと。総会をどするやと。
どするも、こするも、私に一切の責任は無いけれどや。役員でもあらへんしと。さりとての、総会の議長なんか、やった事があらへんわと。我が議長時代には、期首総会、期末の総会の、二度のを、頼みに、懇願にと。町内会を回った事ならあったですがと。

クレグレもの、ン十分前でも、当日、午前中でもあらへんゾと。
ツイデになら、前日でも無いゾと。
少なくともの、総会開催通知の回覧までの、軽くの、二週間前には、決めてたゾと。決めた上で、開催通知の回覧でと。
とまでは、覚えてえへんけれどの、最低限、一週間前には、決まってたわと。

ホンマやでと。
頼むの先様には、三顧の礼で、直接に面談の、どしてもと、貴方様が適任でと。経験豊富でと、お願いに上がったですと。
嘘と違うゾ。ホンマやでと。
少なくともの、当日、ン十分前に、電話一本で頼むなんか、してへんわと。大抵ならばの、一発にて、受けてくれやはるは無いやろしと。

にも、関わらずの、こっちには、開催間際の直前に、電話一本かと。余程に軽いんやと。体重がと。
小心小身小者で、短足胴長故に、仕方が無いけれどや。見てクレ確かに、軽いわと。
さりとて、さりとての、一応は、我輩、区長経験者でもありましてと。区長の立場も充分にと。加えての、この段階、この時間で、押し問答もやってられへんですと。

やるなら、やるで、私にも準備があるです。相応のと。この間際で、心の準備は間に合わんです。
最低限の、髭では済まずに、髪の毛から、服装までもと。ツイデに歯も磨かんとと。着て行くの、服装も違て来るやんかと。

要は、こんな段階にては、押し問答せずに受けるならばの、受けてしもての、体裁整えるが先決かと。とりあえずは、了解と、返答の、しもたなあと。断るも出来たのになあと。
されどの、一旦、諾と返事故に、大急ぎでと。話簡単の、意志薄弱で、断るが出来ひんしと。

ソラナア。
ついのさっきまでは、その他大勢組故にの、適当なるの、普段着、家で着てるの、一寸だけ、ええめの、ズボンでも、何でも、良かったけれどや。履き替えんならんし。髪もバサバサではナと、整えんならんですやんかと。乱れんよにと、タマの、スプレーもしましてと。
ダケで無くの、一応はと。
ネクタイまでは不要としても、ブレザー程度はナと。歯も磨きの、忘れてならじの、ハンカチ、鼻紙、ティッシュ・ペーパーをと。
ツイデのツイデに、喉が詰まってもアカンしと。南天喉飴も準備致しましてと。花粉症で、喉が痛いのやと。一応は、議長で、無言のママに議事進行なんか、出来ひんしと。

オッとの、町内会の規約も要るなあと。本棚から、取り出しの、ボール・ペンとするのか、筆記具もと。俄然、忙しくの、バタバタとと。何度、玄関まで行っては、取りに戻ったかと。
加えての、議事進行の打ち合わせはどするのかと。手順はと。する必要はあったかなあと。例年一緒やしと。
思いツツの、やっとで、家を出発、天空、雨やんかと。ホナラの、傘をと、兎に角、大慌て。大急ぎで、急遽の、会議所へと。

ホンマやでと。我が身になってみいと。
確かに、区長経験あっても、議長経験なんか、あらへんわと。余所事ゾと。
注視も、観察もしてへんわと。大体が議長なんか、誰かは、暗黙の了解の、決まってましての、過去、ン十年来、我が承知の範囲ならばの、四枚様でと。
適当、盥回しの、頼まれたはったですがと。

Aさん、Bさんが主で、Cさんは、タマで、Dさんは、モっと、タマでと。
今期、期首総会では、其のタマの、Dさんやったですがと。マア云うたら、過去、一回、二回かなあと。やらはったのがと。
我が期ならばの、期首が、Aさん。期末は、Aさんに断られの、Bさんにと。
ソラなあ、慣れてえへん人よりも、慣れてる人が宜しいかと。少なくともの、総会には真面目に参加の人でしてと。参加もしてへんのに、頼んだって、経過も知らんと、出来ませんですと。

よって、こっちにしたらの、過去の経過からして、全くの無縁の、無関係のと。夢にもの、ましてやの、こんな日、こんな時刻の、ン十分前やでと。
ボチボチ、出掛けるの準備をしよかの、時間やでと。

とか、ぼやいてるの、暇は無いです。
何処から、何処までを、議長が議事進行するのかの。兎に角の議長やしで、採決するが、任務やしと。
概略なら、分かってるけれどや。総会の議長なんか、やった事、あらへんわと。余所事と、傍観してただけでと。
ソラナア、自分が頼んだ時には、手順、議事の進行も、相応に想定してたけれどや。期首であれ、期末であれ、総会をば、万事、無事に終わりたい、終わらせたいの、一念での事で、何年前の話かと。

マアナア、何しろの、「期末」の、総会故に、特段の問題はと。
以上、結果報告、議事進行の、シャンシャンの手打ちで、拍手で以て、承認での、万事、目出度くの、終わるかと。
思てたですがの、結果、全然、甘くは無かったなれどの、話は、順々にと。
(09/03/27)



inserted by FC2 system