シバケンの単なる雑談NO.39

雑談NO.36 雑談NO.37 雑談NO.38
雑談NO.31 雑談NO.32 雑談NO.33 雑談NO.34 雑談NO.35

雑談NO.30
雑談NO.5 雑談NO.10 雑談NO.15 雑談NO.20 雑談NO.25
題目一覧表

目次

雑談NO.40

NO.660 目出度く、酉年を迎えました。

NO.659 サル年の終わりのご挨拶

NO.658 昔の体育の日から文化の日まで(29) 戻ったのは文化の日(2)

NO.657 昔の体育の日から文化の日まで(28) 戻ったのは文化の日(1)

NO.656 昔の体育の日から文化の日まで(27) 今年の体育の日

NO.655 昔の体育の日から文化の日まで(26) 世の中薄情者ばっかり

NO.654 昔の体育の日から文化の日まで(25) 京都第一損害サービス・センター

NO.653 昔の体育の日から文化の日まで(24) 厄介なオバハン(5)

NO.652 昔の体育の日から文化の日まで(23) 厄介なオバハン(4)

NO.651 昔の体育の日から文化の日まで(22) 閑話休題、続々・二度のビクリ

雑談NO.38


NO.651 昔の体育の日から文化の日まで(22) 閑話休題、続々・二度のビクリ

一部修正。
此の度を含めて三回としたですが、ハタと想い出したです。モ一件、六年前にあったです。
余りに阿呆同士の、下らん、つまらん、注意力散漫、且つ無謀の馬鹿みたいな事故やたから、掲載即にも忘れてしもてたです。(「クルマのハナシNO.1」20.ネズミトリに引っかかった話参照)
元々が事故なるもの、注意力散漫、且つ無謀が殆どやけど。

しかるに、幸にしてです。生死に関わるよな事故に遭遇した事は無いですが。
一番に胆を冷やしたのは流石に息子、長男の事故やったです。奇跡的に物損だけで済んで佳かったです。やから、詳細、掲載出来てるですが。(「不可思議の世界NO.3」九死に一生参照)

私から見たらです。当人は懲りずにマダマダ怖い運転してますが。
我が愛車、スプリンターを廻してからはヒヤリとするよな話は聞いて無いです。聞いて無いだけカモ分からんですが。物損だけで、大した事故で無ければ結構です。

イヤ、方々ボコボコになってるですが。まあまあ、人にも寄り、外観基準も様々なれどです。年式を考慮で何とか運転してられる程度のボコボコです。

がしかし、最早限界。
修繕部品が嵩む段階ではありますが、有り難い事に、次ぎには二男が乗ってやても佳いゾと云うてくれてます。
ホナラ、任意保険も掛けとかんならんし。こっち持ちやし、車も只やし。親である私の名義やからやけど。
そやないと、保険代で息子共の財政、破綻するです。

現在、二男は富山は高岡で自転車通勤してるですが、スプリンターも寿命、廃車まではモオ暫く保ったです。やけど、まあ、一年が限度でなかろかと。
その前に、車の移動は来年、四月の予定やけど、京都から富山までの道中、保つやろかと。

イヤイヤ、話を戻してです。
車の事故は直前に走ってたら何にも知らんで済みますし。直後でも、現場が替わってしもたら状況が分からんし。
ホントに偶然に遭遇するですが、知らずに一生過ごせたら申し分が無いのにとは、常々思てますが、ソもイカンです。

事故には成って無いですが、私にしても、ハンドルを握って三十五年。身震いした場面が二回あったです。
両方共に亀岡に引っ越しての間無しの頃やから二十年ソコソコ経ってますが。

一つは、旧国道を走ってた時です。並河の駅から我が家に向かい、現の九号線に差し掛かる場面です。
信号が青で、間に合うよにと、可成りの速度を出してたです。赤になったら、時間待ちが鬱陶しいしなあ。

処が、前方十メートル以内の、正しく信号手前付近ですやんか。道路の右手を歩いてた小学生低学年の男の子がイキナリです。道を横切ろとしたです。正直云うて、そのまま横切られたら間に合わんです。
男の子にぶつけてたカモ分からんですが、其のホンの一歩、一瞬の手前で、私の車を発見してくれて。
半身の体制で以て、辛うじて、横切るのを踏み止まってくれたです。

イヤイヤ、私にも二人の息子が居てますし。
男の子にはビックリさせて申し訳無しやし。踏み止まってクレてへんかたら、余りに手前過ぎて、速度も出てたし、避けよが無かったです。

正しく、顔面蒼白、体に激震が走り、必死に急ブレーキを掛けて、停止したですが。
男の子が横切ってタラ、間違いなく、撥ねてしもてますし、無事に通過してからも、心臓はドキドキ、体も手もブルブル震てたです。後続車が無くて佳かったですし。
イヤ、ウシロを見る余裕なんかもなかたです。男の子に一点集中やたです。

今、男の子の動作、光景、想い出しても、何も無くて佳かったなあと胸撫で下ろすです。
以来、自分なりにではあるけれど、必要以上の速度は出さんよにしてるですが、二十数年です。親父になてるのか、マダ独身なんか。何してるのやろと。
やけど、会おても分からんです。
記憶してるは、其の当時の小学生のままのホンの一瞬の情景だけですやんか。

モ一度は、南丹病院の正面前の道路です。
何の用事でかは忘れたけれど。多分なら母の入院で、お見舞い方々、洗濯物の回収やったんやろか。お見舞いなら殆ど、毎日往ってましたが。

其の日は休日でして。
嫁はんも同乗してたよな、して無いよなの、多分なら同乗してたですが、何でかは忘れたけれど、駐車場の入り口付近で方向転換したです。

方向転換のために、一度車をバックして、来た道を戻るつもりやったですが、方向転換したアトでです。
バック・ミラーを見たら、車の真ウシロに車椅子のお婆さんが居たはったんやで。
入院患者と思うですが、バックの時、車椅子は全然見えて無かったです。モ少しでも余計にバックしてたら、ブツカッてた。
カモ分からんです。

果たして、其のお婆さんが我が車に気がついてたかどかも分からんのです。
車とは反対方向を見たはった故ですが、バック・ミラーで、車椅子のお婆さんを発見して、冷や汗が出たです。ガタガタ震たです。

紙一重でも、何事も無ければ、気楽に話も出来るけど。
其の紙一重で何事かになたらと思うと怖いです。
男の子に、お婆さんにブツカッててみいな。ソ思ただけでも、ゾとするです。任意保険があるにはあても、金銭だけでは、済まんやろな。
云うたら、お婆さんには失礼やけど、男の子は将来性があるだけになあ。

我が戒めです。
戒めだけで、事故しやへんかたら文句は無いけど、自分からの事故ダケは避けたいです。
人身事故は絶対にです。取り返しがつかんです。
(04/12/03)


NO.652 昔の体育の日から文化の日まで(23) 厄介なオバハン(4)

奈良の小学生の女の子、楓ちゃんの痛ましい事件やけど。
二週間以上経ってるのに、マダなんやねえ。
GPS機能つきの携帯電話で画像を送りつけたりしてるし、スグにも捕まると思てましたが。
大した事無いのやねえ。大雑把なんやねえ。場所が特定出来ひんのやねえ。

更には、犯人と思しき血液型が分かった。毛布に書かれてる文字が、「M」と「O」である。防犯ビデオが現場に有ったけど、解像度が低いとかで。
理屈も証拠も要るけれど。有無を云わさず、捕まえてナンボの世界やないですか。

お陰様で、方々で女の子や男の子が得体不明のオッチョコチョイから声を掛けられたり、連れ去られソになったりの、危険に晒されてます。
正直云うて、下手にお子さんに声も掛けられんよな日本になってるです。
道も尋ねられへんです。変な小父さんと疑われます。

小さい子を捕まえての、道を尋ねる事はせずに。
さりとて、チと成長しまして、中学生、高校生の女の子にも声も掛けられへんやろな。助平小父さんの援助交際の申し込みと、勘違いでもされたらエライ事ですやんか。
無難な処で、小父様、小母様、青年団を選択します。
誠に情けないご時世です。

要は核家族化で、隣は何をする人ゾ。変な個人主義が台頭しまして。
子等もパソコン、ゲーム器、携帯電話を使いますし。イヤ、其れは時代の流れで仕方が無いですが。
其の前に少子高齢化で子供が少なく、遊び相手も無いです。

イヤ、私が育った環境では、こんな事件は考えられへんです。
私の警戒心が強かったのでは無くて、完全なる無防備ではあるけれど。行動範囲でなら、大抵の人が顔見知りですやんか。
八百屋はん、豆腐屋はん。煙草屋の看板小母さんに駄菓子屋はんに、パン屋の小父さんも全部知ってるし。
幼稚園にしたかて、バスでは無くて、歩いて通園してたですし、友達同士だけでです。

むしろ、其処等に一杯、監視の目が有ったです。
或る程度、大きくなってからやけど、チョッと外出したら、外出先の途中で知り合いにも会うし、何処其処に居たなあと云われるし。安心感も有ったです。

こんなに冷たくなた世間を一挙に暖かくは難しいけれど、少しでもとは常々思てるです。
マズは、一人一人が意識し、自覚するが肝要かと。
そもそも、小さなお子が大人から我が身を守らんならんのが可笑しいのやで。

見知らぬ大人を見たら、泥棒、詐欺師、人サライ、キチガイかヤクザ、変態趣味と思えの火の用心。
チョン、チョン。
ちなみに、チョン、チョンとは拍子木のツモリですと、誤解ナキよに添えてオク。

さて、パジェロ・ミニの厄介なオバハンや。
余りに保険、保険と云いとも無いけど。保険金詐欺するみたいで、厭やけど、仕方が無いですやんか。彼方様のため思て云うてるです。

説得して、納得してもろてです。
「兎に角、保険の会社と、証書の番号を教えてください。」
「悪いなあ。持ち歩いてへんねん。
イヤ、間違いなく、保険には掛けてるのえ。国道沿いに京タンスがあるやろナ。其のもっと先に車屋はんがあるやろな。
其処で掛けてるのやで。」

京タンスは知ってます。ソラまあ、国道です。車屋の一つや二つ。
モシカシタラ、十や二十。
何処まで遡れば佳いかもあるけど、有るのは有るやろ。
やけど、保険を掛けてる車屋はんの場所を教えて戴いても仕方が無いですやんか。
証書や証書。保険屋に連絡を取って欲しいのや。車屋はんが代理店やたら、車屋はんでも佳いです。
携帯電話なら貸すのに、一向に証書を探す気配も電話番号を調べる気配も無くて。其処に派手ハデのパトカーやがな。

「免許証と車検証。保険証を出してください。」
「車検証は持ってるけど、保険証がなあ。」

「此れです。此れが保険証です。」
「嗚呼、此れが保険証かいな。持ってたのや。有った、有った。千度探したのに見つからへんかったんや。」
以上、警察屋はんとオバハンの会話でありまして。

よお云うわ。千度探したやて。
しかるに、当たり前にです。其れは自賠責保険の証書や。任意保険のと違うワイ。
とは云うて無いですが、警察屋はんの助言の、アトは双方で連絡が付くよにしといてくださいね。

ホナラ、サイナラに基づいてです。
我が愛車に積み込んでます、メモ用紙と鉛筆を取り出してです。
此れに住所、氏名です。生年月日とご職業は要らんから、電話番号を書いてクレ。

私のも書いて手渡してです。
先方様が書いてクレた、メモに基づいてです。住所、氏名、電話番号を読み上げての確認です。
読み方が間違おてたり、記入ミスがあたらアカンやろな。特には氏名を間違おたら、失礼やろなと、何とかの何とか子さんですねと確認したらや。

怒ったよな口調でやで。
「何とか子て、チャンと読めるやろ。」
ホナラ、読み方は合おてるけれどや。
マッタク、ホントに減らず口の、小憎たらしいオバハンやで。
(04/12/04)


NO.653 昔の体育の日から文化の日まで(24) 厄介なオバハン(5)

ご質問メールを戴いたです。
同じよなご質問メールを度々戴きますが。
例えばやけど、「柴田さん」、「柴田はん」の如くの、「さん」と、「はん」の使い分けはどんな具合にしてるのかと。

正直云うて適当です。
其の場の雰囲気、感覚、相手さんとの関係、其の人の語感、考え方にも寄るですが。
我が感覚だけでの独断的解説したらです。
極々簡単明瞭には、初対面のお人に、「はん」とは絶対に云わへんです。メールで何回通信してても、「さん」です。断じて、「さん」です。

「さん」が一番に無難故です。失礼にならんからです。
そんな意味からは、「はん」はチと砕けた表現となるです。砕けたの表現を替えたら、親近感を含めたとなるですが。

そやから云うて、「はん」を使て無い、他府県のお方に、「はん」とはナカナカ使えへんです。
「はん」の微妙なニュアンスが分かって戴ける相手で無いと自然には出て来ませんし。且つ、多少の失礼が許される相手で無いとなあ。
そんな事で、先生、大先輩に、「はん」は無いです。

かと云うて、その場の雰囲気で、親しみを込めて、ツイツイ、「はん」と云う場合も有るですし。
厳密な処は分からんですが、親しい間柄での、「さん」は距離を感ずるですし、ホントに親しい同等の相手、同級生、同僚、後輩なら、「さん」も、「はん」も無い、呼び捨て、或いは、「君」やからです。

つまり、其の人の微妙なる語感で使い分けしてるだけですが、年上、年配者やから云うて、親しくも無いのに、相手が年下やから云うて、「君」は失礼やし、こんな場合は、「さん」が無難かと。

ヤヤコシイ、用法ならばです。
呉服屋「はん」の何とか「さん」なる話方もあて、厄介やけどです。もしかしたら、ヤヤコシクも無く、極普通に使うですが。
別段、ご職業に親しみを込めて、苗字に尊敬の念でも無いですが。もしかしたら、ソかも分からんですが。
最終的には、「さん」つけ故、失礼な云い方で無いとの判断は、あくまでも、我が語感やけどです。

さて、オバハンとの話です。
此のオバハンとは小母「はん」や。ヤヤ年配の、年喰た女性を小母はんと称するです。

しかるに、オバハンに対して、オッサン。
オッサンとは、小父さんの短縮形であて。其のオッサンの私がですが、面と向こての、オバハンとは当たり前に言語道断、失礼やから、断じて口には致しませんが。
口が滑ってしもて、云うてしもたら、喧嘩口論口調、何やなオッサンと云い返されるです。

小さなお子さんが、オバハンに対して、オバハンは許されるですが。
原則、ヤパリ、可愛く、小母ちゃんやろなあ。
よて、クレグレもです。
相手さんを誰と特定せず、第三者的なる表現として、オバハンとしてるです。

兎に角です。
正直云うてこのオバハンの事は、半分信用して、半分以上疑おてます。足しても充分以上になるけれどです。
電話も佳いけど、常に家に居たはったらの話です。外出したはる時も有るやろな。
急く時にも、ご当人さんに連絡のつける手段はあるかと、尋ねたら、娘さんが、お家に居たはるのですて。

子持ちやし、子に付きっ切りやし、娘でも話が通じるよにしときます。
まあ云うたら、離婚しやはったんやろかと、要らぬ詮索したりして。
実際、ソ思いますが、余計な話やけど、最近、結婚して、赤ちゃんが出来て、即離婚が多いです。お互いに我慢が足らんのやと思うですが、親御さんも、何かあたらスグ帰れと云うみたいやし。親も甘過ぎるのです。

オバハンと私がドのコのの折衝、説得してる間、嫁はんには我が車屋はんに連絡を取ってもろてたんですが。
斯くなる次第で、本日、即修繕には出せそに無くなたから一旦はお断りしまして。
先方様は、自宅に帰り次第、証書を探して私がメモした携帯電話に連絡してくれるよにお願いしてです。

此れ以上、問答しててもしょがないし。天下国家の公道で晒し首みたいでみっともないし。
ホナラ、宜しくと。
何を宜しくかは、証書番号の事やけど。
暫くの間、真後ろについて来るパジェロ・ミニのオバハンは、又モヤの喰わえ煙草でフテ腐れた顔してです。
さりとて、事故した直後にニタニタ、ニコニコしてたらキチガイやけど。

私にしても、嫁はんも、憮然です。
こんな事さえなかたら、ホントに御機嫌さんで。
今日はクタブレタな。しんどかたな。晩ご飯は、森嘉の豆腐で、牡蠣の湯豆腐で決まりで、贅沢やなと。
気色満面の筈やったのが、一気に地獄とまでは申しませんが、暗雲立ち籠めてしもて。

さて、スグの筈の電話がナカナカ掛かって来ませんでして。
もしかして、私の字が下手過ぎて、数字が読めへんのやろか。ハタマタ、証書が見つからんのか、電話するのを忘れてしもたんかと。

電話やけれど、四時に別れて七時半やで。
「モシモシ、何とかですが、柴田さんですか。」
「ハイ、ソです。」
「何とかですが、先程はご迷惑お掛けしまして、すみませんでしたねえ。」
イヤ、誠にご丁寧なるお言葉頂戴仕りまして。恐縮至極で御座います。

電話からは、娘さんと思しき声が聞こえてまして。
嗚呼、番号は合おてたなあと丸聞こえ。
正直云うて、震う手で住所、氏名、携帯電話番号をメモしたモンで。読めるかどかの、自信がなかたです。

保険会社は、日本興亜で。証書番号は何番で。
サッキ連絡したですので、保険会社より、お宅さんに連絡する筈です。八時までにはと云う事です。

とまあ、其処までは、素直に聞けてたですがです。
「レンタ・カーも借りたいと云うたはたし。
保険屋はんに、レンタ・カーの事も云うといたけど、お宅は其のほが佳いのやねえ。
そして欲しいのやねえ。」
此のオバハンは、トコトン、一言多いです。
被害者に不便を掛けんよに配慮するのが加害者の立場やろな。とは云うて無いです。

一応は、我が要求事項、云うた事は無視せず、満たしてくれたです。
「其れで結構です。」
「そしたら、アトは保険屋はんが面倒見てくれるみたいやし。」
ホナラ、サイナラとなりました。

最後の最後まで、言葉を知らんオバハンやったですが。
オバハンとの会話は以上で以て、お仕舞いで、以降、電話も無いし、してないし。
やけど、私のほはマダマダ大変やったんや。
(04/12/05)


NO.654 昔の体育の日から文化の日まで(25) 京都第一損害サービス・センター

続きの話です。
イヤイヤ、ヨン様ブームの話の続きですやんか。(「単なる雑談NO.38」NO.645、NO.646、NO.647、NO.648参照)

ヨン様、ペ様は同一人物やったですが。ホカにも、ピ様がいらっしゃるのですて。モと居たはるですが、ヨオ知らん。
もしかしたら、パ、ピ、プ、ペ、ポ様がいらっしゃる。カモ分からんですが、呼び名の語感にソコハカとなく、親近感が有るです。

しかるに、日本女性が大挙してです。韓国男性との結婚を切望の兆候があるのですて。
少し前までは、近くて遠い国としての韓国が、強力、絶大なる親善大使様出現のお陰で極めて近くなたですが、日本女性の憧れ理由が阿呆みたいで。
阿呆みたい以上に、甘過ぎるです。元々甘チャンが多くなてるのですが。

イヤ、韓国男性は男の私の眼からも男性的ですし、体格はガシリしてますし。動作はキビキビ、凛々しいしです。
私がヘナチョコ、ダラダラに過ぎるのやけど、大きな原因は徴兵制度にありますが。
会社でも、年に一回、業務を停めてまでの、一斉訓練がありますし。兵役が終えても、何年かに数日は、軍隊で再訓練を受けてますし。

ソラ、お隣の北朝鮮が驚異ですしねえ。主要道路は戦争に即応体制にあるですし。
此の辺りを私なりにやけれど。解説し出すと長くなるし、「単なる雑談」では済まんですし。
実は、当初より、韓国の話を、「実録ハイテク裏話」にて掲載予定にしてるのですが、ナカナカ進まへんのやなあ。

何でそっちでかとなれば、観光ではなくて、業務で数限り無くです。品質問題で、渡韓してましたし。
ガイドさんでは無くて、工場の連中から事細かに聞いてるです。

要は日本みたいな、平和呆けで無い事を理解されたしやけど、北朝鮮の人々も、元は同胞ですやんか。
やけど、朝鮮戦争で以て、家族親族を殺戮された相手でもあて。此の辺り、私にも理解はムツカシイけれど、戦争体験者が何人も工場に居てました。

対して、韓国の人々が日本、日本人を如何様に見てるかも、私なりには、理解してます。
三月一日が韓国の祝日やけど。私は知らんと出張してたですが。何で祝日かと、聞いてもナカナカ教えてクレませんでしたが、独立記念日なんです。
独立とは日本からのであて。歴史教育、歴史感が異なります。

韓国には、業務でしか、往った事が無いですが。
反対には、業務を通じてのお付き合いで、ご家庭にもご招待賜り、何度も訪問させて戴いたですが、ご家庭は昔懐かしの日本の姿そのままですやんか。
所謂、儒教の精神旺盛也。
儒教の精神の一端なら日本にも残ってるけれどです。現在の日本の若き男女には理解がムツカシイのではなかろかと。桁が違うです。

女性を大切には何処の国でも一緒で、根本的には、女性は弱く、手を挙げるは以てのホカ。
やけど、韓国は日本よりも、男尊女卑の色濃いお国であります。
とてもや無いけど、当世の男女同権が常識化し、浸透しつつある、日本女性では理解もムツカシイくなてるです。

イヤ、韓国男性との恋愛してる日本女性が先方のご両親も暖かく迎えてくれてと、大感激したはりますが。テレビでやってたですが。
そんな事、日本でも一緒やで。
恋愛中と、結婚してからでは違います。違て当たり前ですやんか。

何時までも、お客さん扱いで、家事させず。お食事はお口をアンと開けて、交際相手が食べさせてくれて。
ついでになら、オシメも替えてもろたら佳いです。赤ちゃんが出来てもお口アンしてお母さんがお父さんにお食事してもろてたら、どないする。
ゾとするですが、其の辺り、誰の事でも無いです。ご自分の事やし、宜しく頼むです。

サテ果て、電話一発戴きまして。我が妹からやけど。
「事故があったんやて。ホーム・ページに書いたったえ。」
イヤ、電話には私が出たので無いです。嫁はんですが。

と云うたはるえと聞いてです。何の事故かいなと一瞬考え込んだです。
ソかソか。此の話やた。事故の事を掲載中でした。すかりと忘れてたです。

とは大嘘ですが、表題にもチャンと書いてるやんか。事故は、十月の十日の話。
モオ治ってる。治ったのが、文化の日の、十一月の三日で、修繕完了まで、三週間も掛かったんや。其れ程に重症やったんや。

イヤイヤ、電話でなくて、友達からメールも戴きます。事故したんかと。
したんやないです。されたんやで。
今頃、メールで戴いたら、調子が狂うですが。狂ても見てくれてるのやから、嬉しいモンですが、複雑怪奇な気分でもあります。

斯くなる次第で、ご心配無用の、マダ当日、十月十日の話をしてます。
オバハンから電話があって、八時までにはと。
云うから待ってたです。携帯電話を手元にしてです。八時を過ぎて、三十分してからです。

「日本興亜の何とかです。ご迷惑をお掛けしまして申し訳ありませんです。」
しかるに、日本興亜損害保険株式会社の興亜とはです。漢字で書けばと、新興の興と亜種の亜でと。
懇切丁寧過ぎる程にご親切にです。聞きもしてへんのに、社名から説明して戴いたです。

其れで、私が修繕に出す車屋はんは何処なんや。電話番号と担当者を教えてクレで、斯くの然でとお伝えしたらです。
「此れより先、京都第一損害サービス・センターに引き継ぎまして。」
証書番号は、ナニナニですが、事故ナンバーがコレコレで。
要は日本興亜から、京都第一損害サービス・センターに引き継いで、センターには事故係と云うのがあってです。

事故番号によて、全てが分かるよになてる故、二十四時間体制で以て、事故係の相手が誰であても結構です。
事故番号を云うてくれたら佳いです。
以上、宜しくとの事やった。
イヤ、京都第一損害サービス・センターは聞き始めです。
(04/12/06)


NO.655 昔の体育の日から文化の日まで(26) 世の中薄情者ばっかり(1)

何時からなんやろねえ。
交通事故を起こして、保険屋はんが全面的に処理してくれるよになったのがです。

私は一度だけです。事故して、自賠責で処理したのがです。
捻挫で完治までが、半年の話です。(「単なる雑談NO.6」102.槇島のハナシ(9)103.槇島のハナシ(10)参照)
其れ以外では事故を起こしての、保険を使た事は無いです。自賠責も任意保険もです。

やけど、我が若かりし頃には、ショッチュウ加害者になってたです。
保険屋は加入者の申請に基づいて、打倒な線とするか。領収書は当然の事です。
所定の様式に所定事項を記入してです。保険を下ろすの、誠に気位のお高いシステムやったのを自賠責で一度経験したんです。

自慢にはならんけど、車には度々ぶつけてましたです。
車にだけでなくて、電信柱を擦りましたし。溝には落ちたし。所謂脱輪でして。工事中の柵にはブツカッタし。
電信柱と脱輪、柵は各一回で、殆どは、ホンダのNVの頃です。早い話が初心者の頃です。

オバハンやないですが、ぶつけた車の損傷程度は保険を使うよなで無しで。柵も柵代が実費で、一万円やったやろか。現金で済ませてました。
電信柱と脱輪は勝手ですが。安月給で、手元不如意なため、給料日に支払いに往ってたです。
後払いを先方様も即刻了解してクレたです。板金を伴うよな重症で無いのもありますが。大抵なら、バンパーの取り替え程度です。下手したら、取り替えてなかたりしまして。
イヤイヤ、取り替えられたのを確認して支払おたんでは無いです。お互いにです。部品代の相場を知ってまして。
その場で交渉したんです。ナンボにしとこと。

学習効果もありまして。
数万円程度は財布に入れて。イザとなたら、その場で済ませられる体制にしてからです。
不思議な事に、修繕代を弁償しんならん事が無くなたですが、現在もお守り替わりに或る程度の金額は財布に有るです。
お守り替わりの意味はです。ぶつけてしもたら、相応の金額、簡単にはお小遣い一ヶ月分が、一発で吹き飛ぶゾと。
オマケに自分のも治さんならんやないですか。痛いやないですか。

其れまでは、車をぶつけた度にです。指示された場所に現金を手渡しに往きました。
当然ですが、加害者の立場です。
手ブラでは往けへんやろな。チョッとしたお菓子、ケーキなんかを携えまして。時には皮肉の一言享受しまして。一言も云われんでも、相済みませんと謝罪しまして。

まあ、其の程度で済んでるから佳かったですが。
やのに、私が被害者になったのは、多くて電話が二度。大抵なら一回戴くだけですやんか。
菓子折、ケーキなんか一度も戴いた事が無いです。そもそも、ご訪問して戴いた事が無いです。ホッタラカシで、完全なる保険屋任せ。

イヤ、被害者の私に何かクレと云うので無いですが。正直にはです。改めての謝罪は当然の事と考えてるです。
保険屋が処理してもです。
長男が事故した時には、金銭問題は保険屋やけれど、加害者として、茶菓子をブラ下げて、先方様のお宅に謝罪訪問したですが。ご迷惑をお掛けしたのやしです。

クドイけど、被害者となた私としては、世の中、可成り、可笑しくなたのでないかと。
先の通りで、電話の一本、多くて二本。
内容たるや、謝罪が主でなくて。保険についてと、レンタ・カーの確認だけやで。
確かに、其のための自動車保険ではあるけれどや。貴方任せに任せっぱなしで誠意が無いのや。加害者としての自責の念、責任感が無くなってるです。

保険屋はんからは、処理完了の通知が届く筈でして。その段階で、茶菓子を持って、訪問セヨとまでは申しませんが。
せめてです。電話の一本でも寄こせと云いたいワイ。
其の節は、ご迷惑をお掛けしましたの一言で結構。実際、迷惑掛けられたんや。不便させられたんや。

加害者の皆様は人生経験乏しい年代では無いのやで。誰一人、音沙汰無しが、信じられんです。
たとえ物損でもです。人としての道理、被害者の気持ちを斟酌出来ん、薄情なんバカリになったのかと寂しいです。
そやから云うて、こっちからです。皮肉の電話一本、したら、キチガイやし。
(04/12/07)


NO.656 昔の体育の日から文化の日まで(27) 今年の体育の日

十二月二十七日、インドネシア、スマトラ島沖地震、マグニチュード、9.0で、津波が最大十メートル。
タイランドのブーケット、スリランカの海岸、リゾート地帯が一撃されて、犠牲者も二万人以上とされてます。

タイランドは生涯一度だけ、観光に往かさせて戴きましたです。長男が会社からの出張で半年居たからですやんか。(「騒慌珍嬉のThailand」参照)
出来れば、機会があれば、往く口実さえあればです。再度でも、再々度でも往きたいけれど、先立つ資金がなあ。

無いです。

長男は今年もインドネシアに三ヶ月、出張してたですが、インドネシアはなあ。

辞めたです。
気が進まんかったです。先立つモノも無かったけれど。まずは、息子の出張先やからと、親が度々観光にも往ってられへんです。

何れにせよ、タイランドではバンコックを中心にアユタヤ方面の観光三昧やから、海岸線のブーケットは知らんです。
ましてや、スリランカ、昔のセイロンは知りませぬ。

阪神大地震ではマグニチュード、7.9ですから、規模のデカさが伺えるです。
被災されたお方様には心より、御見舞い申し上げます。

方や、ボチボチ復旧の目処がつき出した、本家、日本での台風23号、新潟中越地震等では義援金をホンの僅かです。我がナケナシのお小遣いからですが。させて戴いたです。

びっくりしたです。舞鶴市役所から手紙が届きまして。
舞鶴の市役所にはご縁が無いからです。しかも、市の、「労政年金課」としてあるです。前半の、「労政」が何の意味か分からんですが、後半の、「年金」が気になって。
まさかです。舞鶴市から年金を受ける筈が無いけどなあと、封を開けて二度目のびくり。

何とまあ、義援金に対する礼状ですやんか。
ソオ云うたら舞鶴にも義援金を送金したですが、先が市役所とは知らなんだです。単純に、「舞鶴市災害対策本部」なる名称のに出しただけ。
云うたら何ですが、義援金は今回だけで無いです。この度も一箇所で無くて、方々に出してます。勿論ですが、高額では無いです。
或る意味公表するに、恥ずかしい程やから金額は伏せてるですが、過去に礼状なんか戴いた事が無いです。

クレグレも礼状は期待してないです。
一々出して戴いてたら、経費のほが高くつくのでないかと。幾ら何でも、其処までの低額では無くて、郵便代よりは、チとだけ高額やけどです。
第一番に、関係各位の手間暇が大変ですやんか。

そもそもが、我が悪筆、乱脈、支離滅裂なる文字での住所、氏名が判読出来ただけでも勲章モンです。
頭っから、返事を期待して無いからでして。字を書くのが下手な上に何枚も同じ事を書いてたら、厭になるやんか。
よて、相当に手を抜いたです。自分でも読めへんよな字で。気は心だけやから、邪魔くさいのを我慢して、形式的に送金人の欄に書いただけ。
当たり前に本命の送金先は慎重に記入したけどです。
兎に角、ご丁寧さんにと感激、恐縮しましたです。(礼状参照)
<省略・16/10/31>

台風は地球温暖化の影響してるのは確実で。
地震にしても、温暖化に関係してるのではなかろかと。
根拠とならば、我が乏しい理科の知識のコジツケであっても、温度の要因は熱膨張係数に関係するです。
地球規模の話やから、気温で一度、二度の影響も甚大故、早急に対応しなあきません。

私一人で地球温暖化には手も足も出ませぬ故、続きの話です。
そんな次第で、ブツケられた当日は何も出来ず。保険の話も分からへんのに、即の車屋はんに直行、持ち込めへんですやんか。

電話があったから、只々車屋はんに電話連絡。保険証の番号、事故番号、電話番号が分かったし、万端宜しく頼むと。
ヨシ、分かった、万端任せとけ。相手の保険屋が分かったらコッチのモンや。明日にでも連絡しますですで、昔の体育の日の、十月十日は終わってしもたです。

明くる日には、車屋はんから何かの連絡、修繕の車を持って来いとか。レンタ・カーを差し向けるとかの、連絡を待てど、暮らせど何にも無しで。
痺れを切らして、確認したら。
先方さんの窓口には電話をしたけど、繋がらへんのや。明日にしてクレやて。
ホナラ、分かった段階で云うてクレよ。
そんな次第で明くる、十一日、今年の体育の日での祝日も開店休業の、悲惨な車で外になんか出られへんですやんか。
恥ずかしいですやんか。
(04/12/28)


NO.657 昔の体育の日から文化の日まで(28) 戻ったのは文化の日(1)

いやまあ、何故か年末になると色々あります。
二男が高岡から戻って来まして。

会社を首になって。
では無くて、正月休みなんです。休暇を取って、一足お先に、この日曜日に戻ってますが。

イヤイヤ、二男はショッチュウ戻ってます。前回は何日であったのか。兎に角、二三ヶ月に一度は戻ってます。
戻ると数日はコッチなんですが、家に居てるのは戻った日の夜から明くる朝までを一日とするならばです。飯喰ての、一日、二日で、アトは友達の処を渡り歩いてるみたいで。顔を会わすのは数時間。

此の度は珍しく、長期間の滞在ですが。正月三日までの予定ですが。
戻った明くるの月曜日には大阪に往きまして。友達と会うためですが、出たのが五時なんですて。夜のです。
そんな時間に外出なら泊まって来るかと思いきや、十一時半頃になてこれから帰る。今、大阪。との伝言。

ホナラ、待ってなしょがないですが、最終電車に間に合うのかなと。多分なら、過去の経験ではです。十時半がギリギリの限度一杯ではなかったかと。
云うてる間にも電話は切れて。出たのは嫁はんですが、伝言は携帯電話です。
そして、十二時過ぎです。勿論夜のです。矢っ張り間に合わんみたいやし、ドショ。

ドショも何ショ、内緒も有るもんか。
他に泊まり歩く処、友達宅が無いなら迎えに往かんとショガナイやんか。待ち合わせは何処にする。京都駅なら正面よりも裏手の八条口が車が接近し易いなあ。

ホナラ、ホナラと、真夜中に、車で京都駅を目指してです。
こんな事、何年振りやろ。真夜中の京都を走るのがです。正直には、若くて、独身の頃は時間を気にもセズです。走り廻ってたのがです。
仕事でも遅くなって、ショッチュウやったですが。以来の多分なら、十ン年振りです。

イヨイヨ、歳なんかなあ。

怖い怖い。物凄く怖くて緊張したです。速度は出して無いです。制限速度の十キロ、オーバー程度です。途中、パトカーと併走したです。
パトカーと併走は心強いですし、真後ろには陸送の大型車で、尚頼もしかったです。

イヤ、流石に車は少ないですが、皆様、スピード狂なんや。皆様としたら大袈裟やけど、ブッ飛ばすのが沢山居ててなあ。
信号が替わりソなんは青として、黄色でも青で、替わった直後が黄色と見成して。
私はキチリと停まってますが、横を擦り抜け、赤信号をモノともセズです。ブツカッテも知らんで。死ぬのはアンタやで。

お若いのがと云いたいけれど、案外に小父様族なんやで。下手したら、高齢者の、「紅葉マーク」がブッ飛ばしてまして。
元気は佳いけど、冥土に往きたいのかと。冥土は勝手やけれど、自分一人にしといてクレ。

我が家での呑み助は我が母と二男です。
二男は学生時代、先輩方にご馳走になっては、最終電車で、乗り過ごしてしもて。何回園部駅まで迎えに往かされた事か。
モと寝過ごしててもご心配無用の、最終電車は園部駅までなんです。

私もエラソに云えへんです。
同窓会の帰りに、寝過ごしてしもて。最終電車では無かったですが。一歩手前やたけれど、戻りが無いのや。ン時間後なんや。明け方になるのや。嫁はんに電話で、宜しく頼む。
息子共が居たら頼むのやけど、二人共居てへんしです。

そんな事を思い出し乍ら、京都駅にです。
グデン、グデンに酔っぱらてまして。二男がです。其れでもチャンと、シャキと、ササと、車までは歩いて来まして。アトは万端宜しくとばかりに寝てしもた。
まあ、可愛いモンですが、お陰様で、京都縦貫道路を往復やで。勿体無いけど、しょおがないです。時間も時間や。我が家に着いたら、一時半やで。私は其れから風呂なんやで。入ってられへんやんか。
多分なら、そんな事態になると、予測してた故です。

さて、そんな事はドチでも佳いです。
今年の体育の日の明くる日に車屋はんが、レンタ・カーに乗って、引き取りに来てクレました。
レンタ・カーは、「滋賀ナンバー」のホンダ車なんやで。

此処がこんな具合にと。
そしたら、相当な日数が掛かるなあ。まあ、二週間は絶対で、一ヶ月にはならんと思うやて。

イヤ、治ったのは真ん中の三週間経った、文化の日やったですが。
此のレンター・カーが運転し難うて。往生したです。トヨタ車とは悉くに思想が異なってまして。
云うても、我が愛車の初代、二代目はホンダの軽自動車やったです。
(04/12/29)


NO.658 昔の体育の日から文化の日まで(29) 戻ったのは文化の日(2)

朝、霙、ミゾレが降ってました。
霙やから、積もりませんが、イヨイヨ、冬らいいなって来たナと。午前中には降り止んでましたが。

二男は月曜日が午前様で、火曜日の朝から四国巡礼の旅。
では無くて、当人にとっての伯父、伯母、従兄弟に会いにです。
イヤイヤ、特には、義父、二男にとっては祖父ですが、夏場に内蔵疾患で大手術をしたです。
其のお見舞いを兼ねてです。(「憂国NO.17」NO.280日本のプロ野球は何処へ往く(7)、「憂国NO.18」NO.282日本のプロ野球は何処へ往く(9)参照)

結果は極めて良好。現在ではピンピンしてますが、一時は大変で、嫁はんも看護に馳せ参じです。
手術は大変は大変でしたが。成功したですが、何故か小便が出ませんでして。
前立腺疾患ではなかろかと、内視鏡で探索すれど、異常無し。其れで安心したか、途端に快方に向こたです。
ホナラ、一体全体、小便不調の原因は何やったんやろと。
オソラクは、初めての大手術で精神的に参ってしもたのではなかろかとは、もっぱら、内々での噂話です。

実は何を隠そお私も経験があるです。(「不可思議の世界NO.4」66.出雲大神宮夏越の大祓(3)、「単なる雑談NO.33」NO.600高岡に往く(39)参照)
原因は今だ不明やけれど、意識不明となて、倒れてしもて。二十年以上前の事ですが、原因は何かと、精密検査ですが、入院した数日は絶対安静との事で、チューブを通されまして。アソコにですがな。
恥ずかしいのもあるし、痛いのもあるし。イヤ、実際にも血が滲んでたです。

看護婦さん、当世看護師さんと云うですが。下手なんやで。
やけど、アイタタタのタとも唸れへんし。されるがままに任せとかんと、仕方がナイです。俎板の鯉です。好きなよに料理してクレ。

そもそもが、其れが初体験やし。通院はあるですが、入院がです。
原因が分からへんし、どしたんやろもあるし。諸々の心配で、小便が出えへんのです。大体が、小便は立ってするモノです。或いは、座ってです。寝たままで出来たら、出せたらですが。大したモンやで。勲章モンやで。
よて、絶対安静にも関わらず。元々が其の時だけが意識不明でアトは五体満足、何の不自由も無いからですが。

立って、するのですが。容易には出ませんです。
チューブをつけられたまんまで出来るモンですか。マズは痛いし。ましてや、病室やで。絶対安静とは云えど、家では無いです。病院です。イツ何時、看護婦さん。イヤ、其れこそ、妙齢の美女看護師さんがなあ。見廻りに来やはるかも分からへんですやんか。
委細構わず、落ち着き払い、堂々と小便が出来たら、心臓に毛がボウボウの傑物、大物やで。

結局の処、検査入院やった故、脳のCTスキャンをやられたのですが、其の事と。ビクリして、病院に来た嫁はんと。
イヤ、亀岡の病院ではなかたです。会社のソバ、七条通りの南病院ですが、来てくれた、会社の連中の事を思い出すです。

其れでです。二男の事ですやんか。
二十八日の朝に四国、詫間に往って、一晩泊まって。二十九日のお昼過ぎには四国をお暇して、帰るのですが。
果たして、コッチに戻るのか。一応は戻る予定みたやけれど。途中、大阪方面で下車して、又もや飲み会なんですて。学生時代の先輩同期後輩を交えてです。
好きな奴は好き同士で集まるです。

イヤイヤ、或る意味、羨ましいです。色んなお付き合いが出来てです。
私なんか、呑めへんから、呑む機会も極めて少なくて。セイゼイが、年に一回、学生時代の同窓会です。
アトは臨時に時たまです。二年に一回か、三年に一回、誘われるです。
よて、お付き合いの幅が極めて狭いですし。タマの飲み会での話題にもついてけへん事が佳くあるです。

お堅く考えずに、適当にその場を楽しく、朗らかに。出来たら佳いのに出来ひんです。同窓会なんかでは出来ますが。
気心の分からん町内会で役員、組長ですが、成ったら、機会があるですが。場を持たすに苦労するです。

そして、結局は帰らへんと、電話があったです。二男から嫁はんの携帯電話にです。
遂さっきです。帰るに帰れん時間になったのではと。十二時近くやしなあ。
当たり前に、夜のです。お陰さんで、風呂も其のアトになったです。

そんな話でなくての、車の話ですが、此の話、一旦終わりにするです。
年末故です。
(04/12/30)


NO.659 サル年の終わりのご挨拶

イヨイヨ、年末。
毎年の事やけど、何やら慌ただしいです。

三十日には、伸び伸びになってた、黒田慶樹氏と紀宮様のご婚約内定の正式なる発表がありました。(「単なる雑談NO.36」NO.637昔の体育の日から文化の日まで(8)、「憂国NO.19」NO.300憂国余談(3)参照)

成る程、納得の年内最後の大安吉日なんやで。
こんな話は年内にしとくのが佳いですし、此の日を逃す訳には往かんでしたが、ご結婚は気の長いお話でありまして。来年の秋なんですて。
当世の風潮とは大夫違うですが。お立場からしても、簡単にくっついたり、離れたりが出来ませんしねえ。

スマトラ島沖地震の犠牲者が何と十一万人にもなるですて。
大変な事です。何処かの町、市が消滅と同等です。
余計な話やけど、ご遺体の処分だけでも大変です。日本では冬場やけれど、被災地は南国やし。

朝からモ一つ、大きなニュースが飛び込んで来たです。
越年するかと、思いきや、奈良の小学一年生の女の子、楓ちゃんに対する、猟奇的、キチガイ的、無惨残酷なる殺人事件の容疑者が取り調べられてるとの事やった。(「単なる雑談NO.38」NO.642昔の体育の日から文化の日まで(13)、「単なる雑談NO.39」NO.652昔の体育の日から文化の日まで(23)参照)

奈良の毎日新聞の販売員、小林薫容疑者(三十六歳)でして。
此れ又、成る程、納得の職業柄からしても、配達先周辺の細かな地理には詳しいですし、自宅マンションから女の子の携帯電話とランドセルを発見ですし。自供もしたですし。

ホナラ、決まりで、逮捕で、佳かったなあです。
逮捕されても、女の子はこの世に戻れませんが、近在近郷の方々の不安が少しは改善されるです。
お可哀想に、ご迷惑は毎日新聞社、新聞の販売店とマンションの所有者、住人さんでして。親戚縁者は当然としてです。
私ならそんなマンションには居てられへんです。殺人の舞台、且つキチガイが棲息してたのやし、気色が悪いです。

とりあえず、此の逮捕者は殺人には至って無いですが、似たよな犯行の前歴があったですが、ホントにマッタク、キチガイを放し飼いにするなよなあ。
ハタ迷惑なんやで。

チと余計な話、ではあるですが。今月、二十八日の事件です。
大阪富田林にて、19歳の大学生が我が母を殺害。原因が馬鹿みたいな、携帯電話料金が高過ぎると叱られるのが五月蠅いと。

確かに、三ヶ月で九万円は相当です。何処の大学かは知らんけど、軽くの阿呆なんです。ヨオ受かったなあ。
誠に以て、阿呆大学が多過ぎるです。
何処ゾの大学生も集団での痴漢、婦女暴行やて。名門大学の名を汚したと、エラソオな。
何処が名門やな。何を以て、名門やな。阿呆抜かせ。頭は空っぽの名門のクセしてからに。

兎に角、親の負担やからです。甘過ぎるです。
大学生なんやから、自己負担にさせたら佳いのに、何で其処まで親が面倒見んならんのや。
但し、当世ムツカシイです。
小学生で持つ時代です。当たり前に、稼げへんのやから、親の負担やけれど。イツから自己負担にするかを考えとかんとアカンです。親としてです。厳格にです。

そもそもが、最初に持たせる時に宣告しとけば佳いです。何歳になたら、自己負担やゾと。子供も馬鹿では無いです。覚悟するです。

幸にして、我が息子共は大学生になってからですが。最初っから自己負担やったです。料金はアルバイトで支払おてたです。
よて、使い過ぎでも親の知った事では無いですが、逆立ちしても、三ヶ月で九万円にはならんです。

兎に角、大学生にもなたら、自分で稼げ。稼がせたれ。馬鹿タレめが。

いやまあ、二男は三十日の朝早くに帰宅しまして。
徹夜でカラオケやったんですて。帰って来て、デハと寝てしもて。部屋はそのまんまなんです。二男の荷物がそのまんま。当たり前に長男のもです。二人共出てるのに。出てるとは就職してですが。家財道具が減らへんです。

夕方に起きて来て、飯喰て。またもや、お出掛けでして。何処に出掛けるのかまでは知らんですが、本日帰宅するのやてえ。ホンマかいなと。
若いモノの特権です。好きにしてクレ。アトは宜しく頼むです。

そして、日付が替わった時に、嫁はんの携帯電話にメールでです。
現在、帰宅途中。駅からは、歩いて帰ると。歩いて、ホボの二十分ですが。
ホナラ、風呂にも入れるですが。
にしても、京都に居てる長男やけど、イツ帰るのか。全然、連絡が無いです。まあ、大晦日にはとは、思てますが。

いやまあ、其の三十日にはやっとこさです。
年賀状を出せました。
葉書の印刷だけは出来てたけれど、字を書くのが大変でして。書く云うてもタタの四文字、自分の名前だけやのに、ホントに字が下手になったです。
年々下手になるです。書く機会が乏しい故です。

生来の筆無精で、電話無精で、出無精で。
書けてもポストに入れんとアカンのですが、歩いて五分の郵便局に往くのが億劫、難儀でねえ。自動車では大袈裟に過ぎるし、ガソリン代も勿体無いし。自転車は寒いしと。
悩みに悩んで、悩み苦しんで、結局は無難に歩いて往ったです。千代川郵便局にです。

何せ、地方の郵便局です。ポストを確認したら、集配が午前と午後の二回だけやて。午前が十二時丁度で、其れには間に合おてまして、ホとしたです。
折角やのに、数分違いで遅れててみいな。阿呆みたいですやんか。今更な話やけどです。此の郵便局のポストに投函するのが初めてなんです。
再度です。クレグレもポストに投函がです。利用は度々してますです。

その他諸々、年内にケリをつけたい事もあるしです。
或る意味、年末とはそんな時期です。忙し無いです。

今年を振り返ってみれば、私にとては、佳く無い事が多かった。
実は、昨年ですが、占い屋はんに診て戴いてたです。度々、診て戴いてる占い屋はんで、「不可思議の世界」でも紹介してますが。イヤ、紹介は占い屋はんの事で、此の件は掲載して無いです。念のため、云うときますが。

今年は佳く無い年です。ご慎重にと。万事空回りですと。
今年とは今年の事で、来年は明るくなるです。との事でした。

来年はまだ来て無いので何とも判定しかねますが。どれ程明るくなるのか分からんですが。
今年については大のつく、当たりで、万事、悉く上手く回転セズ。
オマケで、SPAMメールに難儀させられるし、再び愛車がぶつけられるし。散々やた。

斯くなる次第の我が鬱なる申年には、サヨナラの去ると致し。
来る年、酉の年はバタバタしても結構故、天高らかに飛び廻り、幸運を獲りたいです。

そして、僭越ではありますが。
我がサイトにご訪問のお方様には来る酉年はサル年よりも、モとモと、限りなくです。
佳きお年であれと、心よりお祈り申し上げます。
(04/12/31)


NO.660 目出度く、酉年を迎えました。

目出度く、酉年を迎えました。
明けまして、お目出とう御座います。
無事に生存の証拠です。重ねて、お目出とう御座います。

今年は乙酉(キノトトリ)の年であります。

「乙」とは、「草木ノ芽ガ延ビ切レズ、尚屈曲スル形」とされてます。まあ、つまりは、成長過程の意と思うです。

「酉」とは、「物皆成ル」、「新穀留熟」の意がありまして。そしたら、成果があるのです。
併せて、中国想像上の理想の鳥、郡鳥の長である処の鳳凰でありまする。

あくまでも、理想の鳥です故、此の世、現世としては、人間に最も馴染みのある、鶏となりまして。
鶏鳴と共に健やか、朗らかなる朝日の如き、御慶びを申し上げます。

イヤイヤ、お慶びを申し上げても、ソ簡単には終わらさせませんです。マダ、チとだけですが、続きがあります。

「酉」は元々鳥では無くて、徳利型の酒壺を意図した象形文字でありまして。
旧暦八月の事でもありまして。
八月とは穀類が実り、物事が成熟、光沢を増し、酒を造る月であり。鶏も太るとされてます。
私めはお酒にご縁乏しいですが。鶏は飼おた事は無くとも、食してますし。一人前に、穀物も喰っております。
要は恩恵を被ってます。感謝しております。

乙酉の二回りの昔とは、百二十年前となりまして。明治十八年は初代総理大臣に伊藤博文公が就任。

一回り昔とは、六十年前の昭和二十年となりまして。私はマダ産まれてませんが、影も形もありませんが。云うても、出生はモちょっと、アトだけですが。我が祖父他界の年であります。
そして、大東亜戦争終焉、ポツダム宣言受諾で、無敵常勝国、大日本帝国敗戦の年とも云えますが。

ならば、此度の乙酉の年はどんな事になるのか。
如何様なる事があるのかは、まだ、なったばかりであります。此れからです故、興味津々也です。

世界、日本を動かすよな大きな出来事が有るのか、無いのか。
其れもありますが、そんな大きな事では無くて、マズは我が身、我が一家にとて、佳い事があれば大満足はドチラ様も一緒と思うです故、我に幸多かれと。
共に仲良く祈願で万事目出度し。
(05/01/01)



inserted by FC2 system