シバケンの単なる雑談NO.36

雑談NO.31 雑談NO.32 雑談NO.33 雑談NO.34 雑談NO.35

雑談NO.30
雑談NO.5 雑談NO.10 雑談NO.15 雑談NO.20 雑談NO.25
題目一覧表

目次

雑談NO.37

NO.630 昔の体育の日から文化の日まで(1) 嵯峨から御室散策(1)

NO.629 三大恐怖(4) 久し振りの晴れ間<新潟地震、台風23号>

NO.628 三大恐怖(3) 鬱なる日<新潟地震、台風23号>

NO.627 三大恐怖(2) 鬱なる話<新潟地震、台風23号>

NO.626 三大恐怖(1) 滅入る話<新潟地震、台風23号>

NO.625 今年最大の台風23号(5) 新潟県中越地震(2)

NO.624 今年最大の台風23号(4) 新潟県中越地震(1)

NO.623 今年最大の台風23号(3) 喉が真っ赤っ赤

NO.622 今年最大の台風23号(2) 小児科内科

NO.621 今年最大の台風23号(1) 風邪引いた

雑談NO.35


NO.621 今年最大の台風23号(1) 風邪引いた

今年最大規模の台風23号が日本列島に上陸。
何回も何回も母の植木鉢を避難させまして。ご当人がチャンとやってくれたら佳いのに、知らん振り。

そやから云うて自分のやから、責任持ってやってクレ。厭なら構へんけれど、余所さんに迷惑掛かったら、自分で謝罪、賠償セヨ。
とも云えへんし。団塊の世代はホントに損です。阿呆みたい。雨が降ってる真っ最中に傘さしてです。

年に一回か二回なら、我慢もするけど、今年は何回や。
十回やて。両手やで。新聞に書いてあた。
モ一回来たら、我が算術能力を突破する故、ここらで、ひかえてクレ。

家族全員が風邪引きさんです。
其の植木鉢の母と、嫁はんが風邪引きまして。一番は母でしたが、飯喰てたら、両側から、ゴホン、ゴホゴホの、クッスン、クスクス。
ゲボゲボのガハガハ、ゴッホンやで。堪らんで。

逃げ場が無いです。狭い家なんや。
風邪のウィルス、病原菌、飛沫がそこら中に漂おてたら、堪らんで。二種類入り乱れて、混合されて、ヨリ強力になて。
充満してるのやから、風邪を引かへんほが異常やで。

嗚呼、時間の問題やなと、思てましたら、案の定です。
遂に、引きました。風邪引いて無いのを自慢にしたてのに。此のン年、風邪には縁が無かったのに。
阿呆は風邪引かんで、阿呆で大いに結構。賢こで、風邪引いて苦しんでるより、遙かにマシです。上等です。阿呆も程度問題やし。

今更、入学試験も有らへんし。有っても十を超して算術能力突破なら、合格しませんが。
今時の阿呆学校なら目を瞑ったままでも合格したる。しかるに、高校で赤点でも合格出来る学校がワンサカやて。内申書と単なる作文と面接で済ませてるです。
作文なら、任せとけ。有ること、有ること、尾鰭をつけて。

この度の風邪は、喉風邪でして、鼻汁は出えへんのは助かるですが、喉が痛いのと、咳が出て苦しいのとで。
嫁はんが一足お先に、お医者さんで戴いた風邪薬。
利かへんけど、飲むかと云う事で。要らんならクレ。飲むと、飲んだけど。利かへん薬は矢っ張り利かへんなあ。
何処の藪医者のかは申しませんが。其のウチ、廃院となるです。必ずや。

嗚呼、風邪で気分ウツウツ、体はガタガタ。熱は出て無いのに、頭が痛い。
咳する度、脳天が響くです。響いて鳴っても、カラカラなら納得やけど、ズキン、ズキンのキリキリで。
母はトォの昔に治ってますし、嫁はんもスキリとはして無いものの、峠は越した。
一番の被害者、私が一番に酷いです。ゴッホン、ゴホゴホ、嗚呼、ゴッホン。嗚呼、ゴッホンの、嗚呼、シンド。

イヤイヤ、本日とするよりは、昨日からです。
天空、ドンヨリ曇ってまして。とするよりは、雨模様。
二十日は朝から嵯峨に往きしなの老いの坂は久し振りの大渋滞。五十日、ゴトビと雨が重なったからか、事故でも有ったのか、無かったのか。
京都縦貫道路は出口の沓掛で渋滞とは、電光掲示板に表示してあたし、有料道路は使て無いですが、勿体ないやないですか。
桂坂で迂回したから何で渋滞か、ヨオ分かりません。

昼の日中も真っ暗気。雨台風との事で。
しかも、京都最接近は夕方七時から八時とかで、早めに帰りましょと、嵯峨を出たですが、成る程納得の名実共に史上最大やた。

国道九号線、老いの坂は河川状態。雨水が川の如くに流れてるです。
対向車線のダンプ・カーが撥ねる泥水のキツイ事。腹の立つ事。私は御機嫌斜めなんやで。風邪引いて、シンドイのやで。

老いの坂は何回往復して来た事か。
年に二百回として、概略の二十五年の掛け算やから五千往復にはなりますが、こんな光景見た事無いです。始めてやで。

ワイパーの利かん、雨は知ってるけれど、お盆やた。夕立やたし、スグ止んだ。お墓参りの往きしなやた。
この度のは、ワイパーは利いてるし、通用してるけれど、凄いのや。
山から流れて来る水がドッと押し寄せ、怖い事。前を走る車が右に左にと、迷走するから尚怖い。単に違反の携帯電話してるダケです。守らへん奴は守らんし。

などと、此の掲載文を撃ち込んでるウチに益々キツクなたです。
台風の目は過ぎてるし、吹き戻しですが。
風が唸ってますし、家がガタゴト、唸ってますし。ガレージの波板はバリバリ云うて壊れて飛びソな音やし。
方々でガタン、ゴトン、コトコトやし。方々やから、我が家のか余所さんかが分からんのや。
私のほは、ゴホン、ゴホゴホ、ゴッホンで嗚呼、シンドの風邪のほがもと大変やし。
此方はマトモに我が身、我が事やし。

嫁はんが別のお医者さんで貰た薬があるとかで。
こっちが利いたみたいで、嫁はん峠を越した処か、スカリと回復したです。余ったんやたら、クレ。明日でもお医者さんに往ったらと、云われんでも分かってる。
只でさえ、シンドイのや。不機嫌なんや。
(04/10/21)


NO.622 今年最大の台風23号(2) 小児科内科

米国大リーグのアメリカン・リーグのプレイ・オフで、ボストン・レッドソックスが松井秀喜選手の居てます、ニューヨーク・ヤンキーズを相手に逆転優勝。
百年以上の歴史を誇る、大リーグ史上初なんですて。七連戦で、三連敗したチームが優勝したのがです。

海の向こうが史上初なら、日本国内でも観測史上、全例の無い、十個もの台風襲来。
十個目は方々で大変な事をしでかしました。方々とは我が家でなくて、全国方々。

富山港では練習帆船、海王丸が、座礁、漂流。朝一番のテレビで見てました。木の葉みたいに大波に弄ばれる中に人が居てるのかと。
足を骨折した人が居てましたが、全員無事に救出されました。
京都舞鶴では由良川が氾濫、観光バスが水没で、屋根の上で一晩とかで、今年最大規模の被害ですて。

分かる気がします。
京都鴨川の凄い増水をテレビ中継してましたし、昨夜の国道九号線、老いの坂の状況からしても、さもありなん。堀川なんか、軽く溢れてるです。

私のホは近年希なる風邪引いてしもて。
朝からグズグズしてました。グズグズは、鼻水ではなくて、我が態度がですが。往くか、往かんとこか。往くなら何処にしよかいな。風邪を診て戴きにですやんか。

どするのえと、決断を急かされて。嫁はんにですが。
とりあえず、此処何年かは病院には縁がなくて、結構な事ですが、半日人間ドックもサボってまして。
イヤ、正確には、歯周病で歯医者さんに半年通てましたが、無事無罪放免。(「単なる雑談NO.28NO.29」歯周病の話参照)
歯周病と、風邪、その他の怪我、大病とは違うです。

南丹病院は一年以上経ったら、初診となり、手続きが要るし。
其の間にも受診者が増えての延々と待たされての、ホボ半日仕事。
内科か耳鼻咽喉科の選択も有るし。診て戴くなら耳鼻咽喉科にしよかと。待ち人が少ないからでして。

其れとも、歩いて小五分、近所の町医者なら、何分後、何時間後に来てクレとなりますし。
数の少ない、内科小児科でして、沢山なんや。朝の早よから順取り、席取りで親御さんが並んだはるです。
風邪引きの私が小さなお子さんにお風邪を移してしもたら悪いしなあと、逡巡したりもしてまして。
やけど、近くやし、歩いて往けるし。ソッチにしとこと。

ホナラ、申し込みに往って来るしと、家を出たら、雨やがな。傘を取り出し、ツイデに財布も持っとこかと。
又、帰って来んならんし、財布一つが荷物になるしと、躊躇してたですが、万が一の事もありますやんか。運佳く、待ち時間無しとかです。

いやまあ、診察券と健康保険証をシカリと握り締め、お医者さんにですが。
此処のお医者さんは、私とホボの同い歳。私等が引っ越して五六年してから出来たのか。息子共も嫁はんも、大変お世話になったです。
嫁はんは今でも常連客に近いけど。私は過去何回かいな。五回目やろか。佳く覚えて無いです。

受付にシカリと握り締めてた診察券と健康保険証を差し出しましたら、暫し、横手、待合室で待ってクレ。
待ち時間の計算でもしたはるのか。余りに長いし、忘れられたのかと、思てましたら、やっとの事で、名前を呼ばれて。

実はです。
町内会のお宅の奥様も此処に勤めたはるです。
其の奥様に名前を呼ばれて。会釈を交わしツツも何事かと。そしたら、控えの空間、カーテンで区切られてるだけやけど、移動してクレと。

早い話が、珍しく診察客が少ないのか。受診の順番が来てしもたんや。
ホッと胸を撫で下ろしたです。万が一と財布を持って来てて佳かったナと。
控えの間、椅子に移動セヨで、スミマセン。財布を持って来て無いです。とは云い難いし。町内会の奥様が居たはるし、尚云い難いですが、時間の経過と共に、もしかしてとは思たです。

イヤイヤ、風邪の話ばっかりみたいやけれど、表題通りの台風の話をしてるです。
話には順番があるだけなんや。
(04/10/22)


NO.623 今年最大の台風23号(3) 喉が真っ赤っ赤

兵庫県豊岡市では円山川が決壊、市の半分に当たる八千世帯が水没、水浸し。
名実共に史上最大規模、被害甚大の台風ではなかろかと。

嵐山は渡月橋、桂川の上、カミですが、大堰川畔では凄い事になってました。情緒豊かな料亭、湯豆腐屋さんが立ち並んでますが、川の水が溢れ出しての木の葉、流木と泥を浴びたのですて。浴びた程度で佳かったですが。

イヤ、川のソバ、或いは高台は景色が佳くて羨ましく思てましたが、こんな天災地異の時には困るです。
実際、老いの坂の濁流、国道にドドッと流れ込む状況具に見てましたら、山間のお家の人はさぞかし、気が気や無かったやろと。
被災された皆様には御見舞い申し上げます。

さて、御見舞い申し上げ乍らの冗談めかしい話をするのも何ですが。
しかも、有ること、有ること、尾鰭をつけてです。

先客は四五歳の女の子。お風邪を召したみたいで、お母さんに連れられて、症状は私と一緒で、熱は無く、鼻水も無いとは云わんけど、少なくて、咳が兎に角、ゴホンのゴホンのゴホゴホで。
お母さんが真剣に説明してますが、当人は別の事に気が往ってまして。
イヤ、正確な事は分かりませんが、先生のソバに何かがあって、欲しい。クレ。先生は此れが欲しいのか。佳しヨシと手渡しまして。

クレとせがまれ、アッサリ渡せるのは、何やろなあ。イヤ、知りません。分かりません。
カーテン一枚やし、話声は丸聞こえやし。カーテンやし、隙間から見えてたですが、其処までは見て無いです。見えて無いです。
女の子の診断も終了。風邪を忘れてしもての喜色満面で、カーテン越しに私を見付けて、可愛いお顔でニコリとしてくれたです。
バイバイと、気さくなお子です。誘拐されても知らんゾよ。

私もバイバイして、相手してる場合で無いですが。風邪引いてるのにです。
スグにも先生からお呼びが掛かり、椅子に座るや否や、さて、どおされましたか。風邪です。
喉が痛いです。熱はありません。鼻水も多少はありますが、大した事は無いです。今の処はですが。
まさか、サッキの女の子と同じ症状です。とは云えへんやろな。

上半身裸になてくださいと、胸と背中に聴診器を当てられまして。
ゼーゼー云うてますねえ。ハイ、喉を見ますと、金具で舌を抑えられまして、酷いです。完全に真っ赤っ赤です。
先生に断言されたら、そんなに酷いのかと、心配になるです。

「体はどんな具合ですか。シンドイですか。」
「何とも分かりませんが。」
「そしたら、注射は辞めときましょか。」
注射ねえ。好きでは無いですが、其れ一発で治るなら我慢しよかと、返事を急遽変更。
「シンドイです。」

「そしたら、彼方で待ってて下さい。」
ハイ、有り難う御座いますと席を立ち、彼方とは何処かと、室内の様子を伺えば、町内会の奥様が、ニコリと会釈で、コッチです。
マサカ、奥様が注射は無いやろなあと。

兎に角、待ってなさいやから大人しくです。
椅子に腰掛け、注射台と云うのか、上肢台で佳いのか、台に左腕を乗せた状態で待機です。

小三分程で妙齢のスラリとした背のお高い美女看護婦さんが現れまして。
今時看護婦さんやなしに、看護師さんと云うみたいですが、ヤヤコシイなあ。看護婦さんは看護婦さんで何がアカンのやろ。
遙かに親近感があるです。馴染みがあるです。看護婦さんのほがです。

其の看護師さんが、一杯道具を持ち出しまして。中の一つに我が目が釘付け。
イヤ、ブッとい注射器が出て来て、思わず口に出たです。
「そんなんでヤラはるんですか。」
「ええ、此処では此れですよ。」
イトもアサリと云われてしもて。
「太いですねえ。」
そやけど、内科小児科やで。子供にでもこんなんでブスリとやるのやろか。見ただけで、泣かへんのやろか。

ソバに居たはる、町内会の奥様が看護師さんとの話を聞いてまして。
思わずクスリ。
余所事やと思てからに困った奥方様です。余所事には間違い無いですが。
看護師さんは委細構わず、何種類ものカプセルをブッとい注射器に注入しまして。
さあ、往くゾ。

クレグレも、台風23号の話です。
話には順番があるです。
(04/10/23)


NO.624 今年最大の台風23号(4) 新潟県中越地震(1)

台風が過ぎたと思たら、地震ですて。二十三日、夜六時頃からです。
新潟で震度6が、3回、4回と相次いでの揺れ。
台風は予報で分かるけど、地震は突然ですから、心の準備が出来ません。上越新幹線が脱線、家屋倒壊、火事、地割れ、土砂崩れ。今年は禄な事が無いです。

そもそも、政、マツリゴトが乱れると、天変地異が起こるとは、昔っから云われてて、論より証拠の、小泉の純ちゃん、第二次改造内閣、自民党幹部人事選定のズサンな事。
幹事長に狂牛病問題の武部勤氏。任命理由たるや、打たれ強いのですて。
総理大臣補佐官にエロ河童で落選組の山崎拓氏。
法務大臣には自ら素人と豪語で答弁支離滅裂の南野知恵子氏。
産業経済大臣には大酒飲みで酔っぱらい。アルコール中毒症の中川昭一氏。
語るに本気かいなと、馬鹿々々しいです。余程の人材不足を暴露して、天がビクリ仰天、唖然、呆然の引っ繰り返ってしもての天災地変、天変地異也。
何とかセヨと、一喝。天からは暴風雨で、足元、地面も揺れ動かされる也。

イヤイヤ、話は台風23号です。
日本列島の方々に大規模災害をもたらしたです。
高知県、室戸岬の防波堤が壊れて、ソバの市営住宅を直撃。
足摺岬、室戸岬ともなればです。日本屈指の台風市場やないですか。
こんな過酷な場所に住宅があったのも驚きやけど、台風の洗礼を幾度も受けた防波堤が崩れる程の勢力やったと云う事でして。

アトで分かったですが、身近な処で、隣近所、我が家にも若干の被害をもたらしてたです。
お隣さんは風で樋、トユが外れ、我が家は木の葉、木ぎれ、積年の泥で樋が詰まってしもて。傾斜が緩いせいもあります故、此の際、直してしまおかの程度で収まって佳かったです。
素人が下手にやって、壊したら大変やし、其れ屋はんに頼んでやけど。

台風翌日ですが、国道九号線を車で走ってましたら、イヤ、お医者さんに往ったアトでです。
国道沿いのお店の看板がグニャグニャに曲がってたり、見たのは一個だけやけど。道には木の葉、木ぎれ、その他諸々のゴミが散乱して、ゴミゴミして。

道に色んなモノが散乱してる状況は朝一番、新聞を取りに出たり、お医者さんに往く道中でも分かってました。
朝一番に分かった我が家の被害は母の牛乳受けが移動してた事だけやったのに。スグにも元の場所に戻したですが。

そんな事はどでも佳いです。
ブッとい、デカイの注射器の話です。イヤ、クドイけど、台風23号の話です。

恐怖に駆られて、手が体が小刻みにブルブルまでは嘘やけど。注射器に見合う、ブッとい注射針を取り付けるのかと。
思いきや。違うかた。注射針は小さなヤツで、チューブで連結するのやた。ホッと一息ついたです。ソオ云うたら、最近は此の方式やなと。
イヤイヤ、注射なんか、怖くは無いです。さりとて、余り気分は佳くないですが。一発で風邪が治るなら我慢、ガマン。

兎に角、腕まくりして待ち構えてたです。
私の血管は佳く見えてます。注射針は刺し易いです。看護師さんから感謝状でも戴きたい程です。

小さいとするよりは、普通の注射針で、ブスリと刺され。痛くは無いですか。
ニコニコして、どもないです。
妙齢の美人看護師さんに佳い歳したオッサンがみっともない態度も出来ひんやんか。断じて見せられへんやんか。ええ格好しな。

にしても、沢山の薬を注射するのやなと。
申しましたら、ブドウ糖、炎症止め等々の、早い話が点滴みたいなモンです。其れを注射器でやるだけですよ。
ソですか。

しかるに、液の量からしても、相当なる時間が掛かりソで。イヤ、ン時間では無くて、分単位やけれど。間違おても、秒単位では無さそやし。黙ってるのも芸が無いですし。
芸は元々が無いですが。一番の話題の台風の話をしたです。昨夜の今朝やし。
富山港では練習船が、舞鶴ではバスが、兵庫の豊岡では町が水没と。

そしたら、看護師さん、堰を切ったよに話出しまして。
イヤ、台風の被害状況ですやんか。しかも、地元、近在近郷の主体のですやんか。
(04/10/24)


NO.625 今年最大の台風23号(5) 新潟県中越地震(2)

いやまあ、台風の話をしてるのに、新潟県中越地震でエライ事になってます。
昨日は夜中で状況不明が一晩明けて、死亡が21名、負傷は1600名ですて。其れで止まれば佳いですが。無事を祈るのみですが。

上越新幹線、「とき」の脱線については、佳くゾ、この程度で済んだナと。
全員ご無事で佳かったナアと思てます。

運転手さんのお話では、時速200kmで走ってる時に感知したとの事です。
時速200kmやで。地震を感知したら停車する装置が付いてたからこそ、停まったのであり、且つ直線コースであったのも幸したです。対向車線に列車が走って無かったのもやし。
此の度の脱線を教訓に直下型の地震にも耐える装置を開発されたら佳いです。

この度の新潟県中越地震は、1995年の1月17日の阪神大地震を思い出させるです。
あのときは震源地が近いのもあって、我が家も相当に振動したし、影響を受けたです。
箪笥の上のが落下したし、名神高速道路、環状線、新幹線が不通故、迂回路としてトラックが流れ込んで、上の京都縦貫道路と下の国道九号線は何ヶ月もの間、大渋滞。

新潟では無いけれど、二男が富山の高岡に居てます故、嫁はんが早速にも携帯電話で確認したら、相当なる揺れでビックリしたと。
ビックリした程度で済んでて佳かったです。二男の借りてるマンションは駅のソバ。極の近くに川も山も有らへんし、平坦地やから、直撃でなければ、大丈夫とは思てたですが。

余震も続いてますし、十度に及ぶ台風襲来で以て、日本列島の地盤も緩んでますし、山間部ではマダマダ注意が要るです。

考えてみたらです。考えんでもです。
台風23号の被災者も新潟の地震も同じの天災地異。
兵庫の豊岡だけでも死者20名。水没家屋、8000世帯。表現を気にしやへんかたら、被害は新潟と遜色無いです。

日本は不思議の国です。
台風の時には台風ばかり。地震があったら、一斉にそっちに往ってしもて。台風も忘れんといてあげてクレ。
どちにしても、天災地異での被害は大変です。被災者の皆様には御見舞い申し上げます。

イヤイヤ、小児科内科のお医者さんでの話です。
妙齢の美人看護師さんの話です。点滴みたいな注射をされ乍らです。

「保津川も決壊したんですよ。場所が住居地のソバでは無いので、被害は大した事が無いよおですが。
日吉ダムは最大の水量になったみたいですし。」
「そおですか。ダムの限界を確かめる訳にも往きませんしねえ。」
「ホントですねえ。確認出来た時にはダムが壊れてますしねえ。」

「それに、老いの坂は崖崩れの危険性で、一次通行止めになったんですて。
観音峠は崖崩れしてしもて、復旧がマダですて。」
「へえ、そおですか。老いの坂は昨日通ったんですが、早めでよかったです。」
しかるに、観音峠とは、国道九号線、京都、亀岡の先の園部と須知の間の峠。
その他諸々何処其処の小屋の屋根が飛び、水浸しで云々で。云われても、亀岡の地名に疎い故、何処の事か皆目分からずで。
にしても、こんな情報を何処で仕入れやはるのかと、摩訶不思議。

「注射で、ご気分が悪いとか、ありませんか。」
「大丈夫です。」
「では、お仕舞いです。お大事に。」
無事にとは異な表現なれど、注射も無事終了。お薬も沢山の種類、四日分戴きまして。

にしても、ヒツコイ風邪で、嫁はんはブリ返すし、私は咳は止まったものの、今だ何とは無くスッキリせず。
一番最初に風邪引いた、母一人風邪完治の気分爽快。
(04/10/25)


NO.626 三大恐怖(1) 滅入る話<新潟地震、台風23号>

恐怖の四天王。
地震、雷、火事、親父。

佳く見ると、台風が無いです。
台風は五穀豊穣、生きとし生けるモノの生命の源、作物の生長のための水を供給する天の恵みとも云える。
但し、程度問題で、崖崩れ、家屋水没のよな過激は困る。

地震は予告がなくて、破壊のみ。足元グラグラは小さな揺れでも気分が悪い。
そのまま終焉かキツクなるかが分からんし。緩いのなら何度も経験してるけど、何度経験しても揺れたら不安がよぎるです。

雷は怖いだけやけど、当たってしもたら、大変です。
大変では済まんけど、火事も破壊のみで、親父は付け足しならば、三大恐怖となるのか。

台風も度重なって、強烈な地震が追い打ち掛けたら、余り冗談も云うてられへんし、被災されたお方のお立場を考えたら、気が退ける。
しかるに、幸せにも、私は三大恐怖に遭遇した事が無いです。

勿論やけど、細かく云えばありますが。地震は阪神大地震があったけど。場所は阪神やし、余波を体験しただけですし。
雷も京都に居た頃、家の前の電信柱が直撃されて、火花が散ったのを間近で見たけど。其れだけの事で実害無し。(「単なる雑談NO.1」6.犬と猫の話(1)居候猫参照)

火事は家が燃えてる現場を見た事が無いです。小火も無いです。
借りてるマンションのお隣さんが燃えて、マンションも被害を被ったけど、燃えた時間帯には居てなんで、不思議に我が部屋は大した被害も無くてです。(「JR嵯峨嵐山駅前立ち話NO.3NO.4」隣家の火災事件参照)

此の歳になるまで、生命財産の財産は無いですが。無いと云うても家はありますが。有っても住宅ローンの返済中やけど。
家具調度一式も無ければ生活出来ませんけど、壊滅、失うよな天災地異には遭遇して無いです。

災難ならば、車上荒らしのコソ泥棒には合いました。(「単なる雑談NO.23NO.24」残念無念、やられてしもた参照)
車の中に入れてた、硬貨を一杯盗まれたです。概算、総額二万円也で、額よりも、百円玉、五百円玉の記念硬貨を持って往かれてしもたのが何よりも、辛いです。

その他、我が面前での暴力沙汰、修羅場、人殺しの現場に遭遇して無いし。
事程左様に運佳くも、直接的、壊滅的なる事件、事故、災害に見舞われた事が無いですが。
無いからと、先の保証は一切無いです。

この度、台風、地震で被災されたお方にしても、生涯初体験の人が多い筈。
雪が多いだけで、台風は無く、地震も無くと新潟の被災者が云うたはりました。
こんな天災地変に度々遭遇では前世で何を悪い事したかと。疑心暗鬼に陥るですが。

イヤ、私にしても、明日は我が身。
天災地異が立て続きにあると気が滅入るです。そお度々は見逃してもらえへんぞと。

気分一新。
日本シリーズでは伊東勤監督(四十二歳)率いる西武ライオンズが落合博満監督(五十歳)の中日ドラゴンズを破って、優勝。
時期が時期だけに、盛り上がりに欠けたですが、12年振り、9回目の優勝おめでとう。
悪いけど、巨人は茅の外やし、矢っ張り、滅入るだけで、気分一新にはならんけど、私が気を滅入らしても何の役にも立たんのや。

イヤ、チとはお役にと、煙草代、月ン千円を節約、ゼロにはよしませんので、減らさしての、気はホンの心だけの寄付でもと。
何処にするかも有ります故、平等にするには、ンヶ月は相当に辛いナ。
拷問やナと、又もや気が滅入り。
(04/10/26)


NO.627 三大恐怖(2) 鬱なる話<新潟地震、台風23号>

此処数日、鬱なる気分。
第一は風邪気味でして。咳は止まってるけど、シックリせず。今一歩で完全回復の筈が、其の一歩がナカナカで、誠に厄介。
小児科内科で戴いた薬も切れまして。補充を嫁はんに頼んで調達しまして。

第二は毎日のよに報道される被災地の現況。主は新潟県中越地震やけれど、台風の被災者も悲惨ですやんか。
家屋崩壊、道路分断は一緒で、共通はどっちにもお年寄りの多い事。
お年寄りとなれば、阪神大地震では仮設住宅での孤独死を想い出すし、働き盛りの若手は、避難場所から仕事場に往かんならんのですと云うたはりました。

ソオ云うたら、元阪神の投手とするのか、監督とするべきかの村山実氏が愛車に寝泊まりしたはったのが報道されてたです。
避難場所ではご迷惑が掛かるとの事でした。
有名人には有名人の悩みもあるのやナと思たです。

イヤ、何を隠そお、阪神とは云え、ザトペック投法の力感溢れる村山投手は好きやった。
巨人の長嶋、王との真っ向勝負は固唾を飲んで見てました。当然乍ら、テレビでやけど。
背番号、「11」は阪神の永久欠番。地震から三年後に他界されたです。

忘れる処でありました。
鬱なる気分にさせる、第三には朝から曇天故で、曇天は余計に憂鬱にさせるです。
明日には晴れるみたいやけど、張れてスカリとなって欲しいです。
風邪も、被災地も、お天気も、我が気分もです。

被災地の状況として、生活のための、水、トイレ、食料、燃料が不足。さもありなん。阪神大地震と同じよな状況。
忘れもしません。1995年の1月17日やって、寒さが大変でして。
この度の地震は新潟やし。新潟の寒さは分からんですが、十月も末。間違おても、暖かくは無いです。
台風の兵庫、豊岡もどおなんやろ。舞鶴も暖かくは無いやろし。

等と思いを馳せて、寄付金でも意味は通じるですが、義援金と称するです。
阪神大地震がキッカケで、以来各地の被災は人事では無いゾと、全部のはやってませんが、気はホンの心持ちだけの支援をしたです。
私に出来るのはお小遣いの一部を拠出するのが関の山。煙草代がン個分。

正直云うて、チカラを貸せる程の器量は無いし、体力的にも非力やし。
出不精やし、邪魔臭ガリやし。何よりも、不器用やし。要領が悪いし、関係者の足手まといになるだけやろな。何をするにも一々聞かんならんやろし。

送金先は何処かいなと探索したら、此の度は先様が沢山有るやないですか。
沢山有る上に、何時も思うに送金先を一箇所にしたら佳いのにと。
イヤ、銀行と郵便局は仕方が無いとしても、郵便局だけに限定しても、何とか本部、支部、委員会、義援金、募金会、赤十字等々となってます。

ゾっとしたです。とりあえず、原則的に本部にしとこ。<参考><省略・16/10/31>
数が多いし、一発では辛い故、月賦にしとこ。
(04/10/27)


NO.628 三大恐怖(3) 鬱なる日<新潟地震、台風23号>

まあ、何と形容したら佳いのか。
佳かったとするのか、残念とするべきか、矢っ張りなんか。
新潟、長岡、信濃川県道で地震に寄る崖崩れに遭遇。車毎土砂と石とするよりは岩に閉じ込められた母子三人を四日目になって救出作業が開始されたですが。

長男、優太ちゃん(二歳)は頭部皮膚のみが裂傷でその他五体異常無く、謂わば奇跡的に救出されたです。
優太ちゃんは車の中ではなくて、外。外と云うても、土砂の下、車輪の間に空洞が出来てて、其処に居たのです。車にはデカイ岩が突き刺さってた。

ですがです。
残念乍ら、お母さんの皆川貴子さん(三十九歳)は死亡が確認され、長女の真優ちゃん(三歳)は車の中に居てるものの、生存反応無く、救出もままならず。夜中に再度の作業。
場所が場所だけに、状況が状況だけに、作業は難航。
優太ちゃんとお母さんの救出作業中にも、キツイ余震が続いて、作業も危ないし。
余震となれば、一発目の地震から数百回もの体感地震が継続中。

其れにしても、土砂と岩に埋もれた中に四日間、優太ちゃんは相当なる生命力を持ってるとしか云いよが無いし。
車が完全には埋もれて仕舞わんと、僅かにでも表面に出てたのも運やし。頭部裂傷だけで助かったのは間違い無く運の強さ。

ですがです。
モ少しでも早く救出活動出来ひんかったのかと。
もしかしたら、もしかして、三人共に生存のまま救出出来たかも分からんです。
やけど、偶然にも、崖崩れの瞬間に現場を走行してたのは一家としては無惨。

タマタマ、同じ県道を走ってた人が云うてました。
目の前を突然草木が舞い落ち、後方を見たら後の窓ガラスが破損してた。更にアトを走行の車もありましたと。其の車が貴子さんとお二人のお子さんのであった筈。
前を走ってた車の人は、もしかしたら、一秒も無い時間差で以て、ギリギリの正しく間一髪で助かった。

運命を分けたのは、此の間一髪。
やけど、やけど、何事も無いのが一番やで。

本日も曇天。
雨だけは降って無いですが、風邪も今一歩の終日鬱なる日。
そんなんやたら、早よ寝たら佳いのに、誰も起きてろと強制、無理強いもしてないから勝手の勝手やけれど、ナカナカなんやなあ。
アホがツイツイ、夜更かし、してしもて。

アホとなれば、もとアホが居た。
福岡県出身の香田証生氏(二十四歳)がイラクで武装集団に捕まり、人質にされたんやて。
48時間以内に自衛隊がイラクから撤退しやへんかたら、殺すゾと、脅迫の材料にされて。
青年は自分探しの旅なんですて。
探すのは佳い事やけど、何にもワザワザ、好き好んで戦乱地、治安極めて悪い、イラクに出向く事も無いです。
ホントに鬱なる日。

しかるに、juneさんから、教えて戴いたです。
地震、雷、火事、親父の「親父」とは、「やまじ風」也と。(「単なる雑談NO.36」NO.626三大恐怖(1)滅入る話<新潟地震、台風23号>参照)
「やまじ風」とは、「突風」の事で、「台風」を意味するですが、語呂合わせで、「親父」となったの説です。
何を隠そお、「やまじ風」なる言葉は知らんかた。
以上、補足しときますが、表題はそのままにしときます。
(04/10/28)


NO.629 三大恐怖(4) 久し振りの晴れ間<新潟地震、台風23号>

天気が悪いと鬱なる気分になるですが、久し振りの晴れ間で気分もチとだけ晴れて。
丸一晩、この寒いのに、余震で二次災害の危険性もあるのにです。夜を徹しての手作業での救出活動には頭が下がり。
自動車の後部座席に居る、真優ちゃん(三歳)は生体反応無しを確認。再びの日没を迎え、東京消防庁の精鋭部隊、ハイパー・レスキュー隊の作業も中断せざるを得ず。

報道に寄れば、救出された優太ちゃんは順調に回復。残念乍ら、お母さんもお姉さんも即死状態との事なんやて。
そしたら、益々の不思議は優太ちゃんは車から如何様にして外に出て。瓦礫の下敷きにもならず、体の一部を潰されず。車と岩の下、合間の僅かな隙間に四日間も生存出来たのか。

或る程度の年齢なら説明出来ても、二歳やしなあ。
二歳やからこそ、偶然、奇跡が重なり、身軽でもあるし、致命的な怪我もセズに済んだ。
とも云えるけど。
結果的には永遠の謎となるですが、オソラクは、お母さんとお姉さんの死しても強い愛情、意志が働いたモノと推測しておく。
アトは健康に育ち、将来の日本を担う一人になって欲しいです。

不思議は不思議。奇跡は奇跡。そんな事は一杯あるです。
反対に運悪くも可哀想にと、ご同情する事もあるです。むしろ、そっちのほが多いみたいに思うです。
何が其の線引きをしてるのかは神のみゾ知るで、私等凡人は驚嘆、同情、感心してるしか無いです。

さて、義援金の話です。
掲載しといて、知らん振りも出来ひんし、忘れてしもても詐欺ですやんか。
イヤ、忘れては無いですが、兎に角出不精で無精者。邪魔臭いが先に立ち。
やけど、一大決心、禁煙ではなくて、節煙と引き替えの義援金を幾らにするかもありますし。何処を優先するかもあるし。

イヤイヤ、時間が無かっただけですが。
善は急げ。往って仕舞えと郵便局にです。

斯くの然の方法はどするのですかと職員さんに問えば、毎度の事です。
違う話ばかりをするから、今までは郵送してたです。相手先が一箇所だけもあるけれどです。

この度は相手先が多い故、切手代を節約しただけやけど。
職員さんがこんなでは、ヤル人がそんなに少ないのかと心配になるですが、被災地には何時も結構な額が集まってます。
余計な話ではあるけれど、沢山集まっても、地域、被災者数によて、取り分が大きく違うし不平等にも思たりも。
さりとて、我が義援金は気だけのお握り、ン個分の足しにしかならんけど。足しにして戴けたらと思うだけ。

「ハイ、災害地に送られる場合でも、持って来て戴いたら佳いですが。」
ども話が可笑しいです。
持って来るて、小包にして、小脇、両手に抱えて持って来る程の札束なんか、家をヒックリ返しても出て来るもんですか。全部一円玉に両替したら、分からんけどや。重たいやんか。
札束ならばです。其れこそ、郵便局強盗でもしんならんやないですか。

イヤ、現金ですが。嗚呼、荷物でなくて、現金を送られますか。ハイ、現金です。
書留の封筒に入れて戴いてですねえ。
何度云わすのやとは云わずに、義援金ですが。

嗚呼、義援金ですかと、コピー用紙にプリントされた一覧表を持って来やはって。此れだけの相手先がありますが。決めて戴いたら佳いですが。
イヤ、決めてます。何処其処と云々と。そしたら、此の用紙に書いてくださいと、「払込取扱票」を戴きまして。

誠に難儀したです。
最近、字をまともに書いて無い故、筆先思うよに操れず。
字が盆踊り、阿波踊り、足を振り、手を振り、頭も体も振ってしもて。前後左右にママならぬ。

自分でも読めへんから、横線、縦線、斜め線、点線で補強したら、補強のまでがズレてしもて、余計に読めへん字でなく、象形文字でもなくて、何じゃらホイになてしもて。
イヤマア、間違い無く、先方さんに送金出来たら佳いのやし。

職員さんにこれでも大丈夫ですかと問えば、口座番号さえ判読出来たら大丈夫です。

しかるに、これは、「1」ですか、「7」ですか、「3」ですか。
これは、「7」ですか、「9」ですか。
これは、「6」ですか、「8」ですか、「0」ですか。

其処まで酷くも無いですが。無事に手続き完了で、ホっとした。
(04/10/29)


NO.630 昔の体育の日から文化の日まで(1) 嵯峨から御室散策(1)

昔は覚え易かったんや。祝日がです。
十月十日となれば、「体育の日」やったんや。
「体育の日」が何で、十月十日になたかとなれば、特異日なんです。
「体育の日」に相応しく、晴れる確率が高い日なんです。
そんなんやたら、替える事は無いのに、何処かの阿呆が十月の第二月曜日を、「体育の日」にしやがって。

早い話が連休にしたかったんです。日本人は働き過ぎとチョッと一言、外圧があたら、簡単にご意向を汲んでです。
しかるに、今年の十月十日の単なる日曜日は晴れやのに、ホラ、見てみいな。明くる、「体育の日」は雨模様。様にならへんがな。

そんな事はどでも佳いです。
最早、過ぎたる話の、其の十月十日の単なる日曜日。何の話をしたいのか。
しかも、「文化の日」と何の関係があるのかの、したい話があるから聞いてクレ。

兎に角、十月十日は特異日やから、前日がどであれ、晴れるのや。
嫁はんと久し振りに何処かに散策しに往かへんかと。要は運動のタメです。歩きにです。

何処が佳いやろかと、此れが一番の難問でして。近くで何処が佳いかも知らんのや。
そしたら、嵯峨大覚寺から御室仁和寺にでも。
勿論ですが、亀岡から歩いて往くので無いです。JRの嵯峨嵐山駅までは我が愛車でですが、チラリと掲載してます。(「パソコンあれこれNO.12」NO.151SPAMメールに挑戦の話(32)緊急掲載、ウィルス蔓延(3)参照)

大覚寺には何回往ったか、佳く覚えて無いですが、真ん前ならショッチュウ通ってるです。
金閣寺から堂本印象美術館、立命館大学、龍安寺、仁和寺、広沢の池から大覚寺で、嵯峨嵐山ともなれば、ドライブには佳いです。ブラリと散策には、チと距離が有るですが。(「JR嵯峨嵐山駅前立話NO.1」その5.嵯峨、嵯峨野、嵯峨野路参照)

大覚寺の真ん前なら佳く通過してても、中に入った事があるのか、無いのかは覚えて無いですが、多分なら過去一度だけ。
ホカの金閣寺は何度やろ。何度もやし。何度も云うても、十回程度で、龍安寺は数知れずやし。数知れずも、百回、二百回では無くて、五十回くらいやろか。
仁和寺には五度やろかで、堂本印象美術館には一度も入って無いです。外見からしても敷居が高ソで、拒絶されてるみたいで、入り難いですやんか。

そんな事はどでも佳いです。
JR嵯峨嵐山の駐車場に愛車を置いて、只々散策の歩きです。
嵯峨大覚寺までは二十分程度で、拝観料を支払いまして、配管したけど、中年、初老、老年のオッサン、オバハン、爺さん、婆さんと、団体さんばっかりでして。
私等夫婦も中年やけど、女子高生のグループも居てました。
大覚寺の中身は省略してしもての、大沢の池も一周出来るみたいやし。只みたいやし、しまして。

しかるにですが、その先、広沢の池の真ア前に、我が母校、京都市立堀川高校のグラウンドが有った筈のが、周辺大層賑やかでして、様子を伺えば、幼稚園の運動会をやってます。
しかも、しかも、運動会の運動場が我が母校のグラウンドの辺りなんやけど、様子がチガウやないですか。

グラウンドだけで、何にも無かった筈の建物があって、「佛教大学附属幼稚園」の大看板。
堀川高校の隣に、明徳高校のグラウンドが無いのやなあ。売ってしもたのやろかと、勝手に解釈。
兎に角、チョッと遠退いただけでスカリと変貌してしもて。(「単なる雑談NO.16」308.コンビニ・ダンス・ストア(18)余談・恐ろしい話参照)

ツイデに、堀川高校の場所を大雑把に説明なら、二条城の辺りとするのか、堀川通りの四条に有るのやけれど、体育の時間だけはスクール・バスで此処まで来てたんです。
昔は交通量もそんなで無いですし、高校から小三十分もあれば着いたけど。今時では小一時間は掛かるのでは無いかと。

我等が頃のベビー・ブーム世代の生徒数では無いです。一学年十二組六百名が、三学年やで。講堂の一部やけれど、教室に改造されたんやで。
今や、半減以下です。三学年で七百五十名となり、六年前に新校舎に改装されてます。羨ましい事です。

イヤイヤ、したい話の本命は散策、歩き、我が母校、堀川高校の事では無いです。
順々に話をしてるだけです。
(04/11/06)



inserted by FC2 system