シバケンの単なる雑談NO.204

雑談NO.201 雑談NO.202 雑談NO.203
雑談NO.196 雑談NO.197 雑談NO.198 雑談NO.199 雑談NO.200

雑談NO.160 雑談NO.170 雑談NO.180 雑談NO.190 雑談NO.200
雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.205

NO.2310 吉事重なり、凶事も重なるの話(19) 予兆、予見の話(2)

NO.2309 吉事重なり、凶事も重なるの話(18) 予兆、予見の話(1)

NO.2308 吉事重なり、凶事も重なるの話(17) 直近の凶事の話(2)

NO.2307 吉事重なり、凶事も重なるの話(16) 直近の凶事の話(1)

NO.2306 妹婿母の三回忌の話

NO.2305 来年の沖縄旅行計画の話(3) 余計なるの話の、排尿困難薬の話

NO.2304 来年の沖縄旅行計画の話(2)

NO.2303 来年の沖縄旅行計画の話(1)

NO.2302 円町、「京都工業保険会」の新先生の話

NO.2301 2017年度、「期末総会」の話(13) こんな話、つまらんねえの話

雑談NO.203


NO.2301 2017年度、「期末総会」の話(13) こんな話、つまらんねえの話

いやね。
明日<4月11日>は、円町、「京都工業保険会」え、前立腺肥大と、PSA検査結果の件で、行くです。
イヤ、オシッコが出易くなるの薬、現、「ユリーフ錠4mg」<薬価81.3円>の事は、そのままにしとくかと。
いやね。
「ハルナールD錠0.2mg」<薬価121.6円>、「アボルブカプセル0.5mg」<薬価210.6円>の2種類で、朝1回服用の件。
変更を先生に相談は、止めるかと。
そらなあ、高いです。高過ぎるです。3日間程度の効き目なら、あるですが。チョとなあと。

いやね、それでね。
その明くるの、12日には、立命館大学電気工学科の同期生の面々、来年の沖縄旅行の件で、京都駅前、「酔心」にて、17時より、計画の相談するになってるですが。
料理なるは、「雅」で、飲み放題。

いやね。
同窓会と、するのか、なら、いつもは、一人前5000円也のにしてたですが。クーポンで、1割引故、4500円<税込み>になるですが。
少々余るの傾向あって。又、そんなに高いのに、しんでもと。
とは、当方の考えなれどの、「雅」は、4500円也での、安い方にと。これも、クーポンにて、4050円になるですが。釣り銭が厄介やなと。されどの、一応は、50円玉を人数分、準備はしてるですが。当方、幹事故。

いやね。それでや。
実は、昨日、アキノリ君、九州福岡在住の、です。これも、九州から、沖縄えで、現地集合と、するのか、合流予定なれどの、急遽の、相談会に参加するのメール受電で、へえと。

イヤ、熱烈の歓迎するの旨と、集まるの面々、当方以外の、4名にも、返信をそのままに、打電。
と、同時に、本日、「酔心」には、人数修正の電話を致し。
要は、12日の件、5名を6名にと。当方、幹事故。

イヤイヤ、アキノリ君、業務で、大阪に来るのらしく。
そこから、行く故、少々、遅刻するかも、なと。
イヤイヤ、結構なるの、皆、喜ぶゾと。
それと、「酔心」の場所、こんなモン、Webで、見たら、分かるですが。念には、念をの、「京すいしん」と、「酔心」があるから、なと。
同系列なれどの、「酔心」なるは、地下。
分からんかたら、ケータイに電話せよと。当方、掛かって来ても、気が付かんの事、度々故、「酔心」の電話も記載しといたですが。

いやね。
結果、下手したら、沖縄旅行の相談の筈が、別途の話に華が咲き、全然の進まんの可能性がと。
イヤ、来年の話故、どて事無いの、結論、幹事に。ンの、この幹事は、旅行計画の幹事の、ノブユキ君と、エイジ君に一任かと。
我々の要望、決まってるの、ウンと、安くで、仕上げて頂戴なと、ダケでして。
それと、レンタカーの話があるですが。安く上げるに、その方がの案なれどの、それは、止めておけと。慣れぬの道を、行程を、我々世代の若くも無いのが、事故ってもたら、どもならず。
又、高齢者がと。70代のがと、新聞沙汰にされたら、腹立つ故と。腹立つの程度ならばの、結構も、昇天してもてみい、残っても、いっても、悲惨故。
まあな、冗談半分、本気半分以下の、自損で、全員即死で、巻き添え無しなら、結構なれど。まあ、無理難題。


オッとの、そんな話、してたら、又、話が逸れる故に、元に戻すの。
「期末総会」の話。
とするのか、アカンねえ。ここ、ン年。
そらね、当方にしたって、区長の時には、右も、左もの、分からんの事ばかりで、悩んだですが。
何分の、ピカピカの1年生故の、分かって来たの頃には、任期満了、お役御免で、ポイ捨てでして。

いやね。
当町内会、全員、それでして。
イヤ、三役の、副区長、会計なるは、何度か、されてるの方、あるですが。区長なるは、「輪番制」からは、再度の、就任無し。
そもそもがの、何度でも、申すの、この町内会で、誠心誠意、一生懸命に、やっても、ポイ捨てでして。
まあね、ポイ捨ても、少々の云い過ぎ、卑下のし過ぎ、なれどです。

オッとの、そんな話をしたいで無いです。
そらねえ、当方にしたって、自身、只の役員も、してるの時の事なら、中身、詳細承知も、無役の期は、皆目の。
とまでは、申さんも、殆ど、分からんわと。
但しの、漏れ聞こえて来るです。内実が。
漏れ聞こえて来るは、大抵ならばの、悪い話。頼りないの話ばかり。

いやね。
反面では、あの方、面白い人やねえと。宴会部長やでと。
オッとの、当方の事に非ずの、先輩区長也。当方、基本、下戸で、カラオケも苦手で、逃げまくり故。
そもそもがの、亀岡の事なんか、皆目の知らんが故、話題も、あらへんわと。単に、ウンウン、そですか、へえと、聞いてるのだけの人。
イヤ、2005年当時の、区長会での話。
そらね、知らんの事、話は致さんし、出しゃばったりも、しやへんし。
只々、町内会の顔として、責務果たすは、何が何でもと、ダケでしたです。

ンの、何の話をしてるの怪の。
云うてもたら、区長たるの、何ちゅうかの、責任感と、するのか、云うてるは、実質的なるの素養が、なと。
いやね、悪いけれどの、当方、経験者だけに、見えてもてね。

誤解招くの危惧あるが故、補足しておくですが。
区長としての、素養が欠けてると、人間性は、別問題。誰様とは申さんの、そんな方、結構多いなと。
むしろ、弁舌立たず、おどおどとは、云い過ぎも、では、あっても、人間性的、魅力あり、ええ人、多いなと。
とも、云えるですが。
諸般、誠意で以て、区長として、行動されてても、的外れで、空回りしたり、してまして。

いやね。
再度の、云うてもたら、弁舌爽やか、口達者な程、中身希薄。
その場だけとも、云えまして。
それも、相応に、一生懸命なると、思うですが。

オッとの、こんな話、つまらんねえ。
そらね、具体的に申すが出来るなら、スカリと致すですが。
云うたって、第三者には、さっぱりの、分からんわと。町内会の、以外は、なと。
その町内会の面々に、分かってもたら、エラソに、何抜かすかと、当方、顰蹙買いの、町内会八分にされるわと。
だけで済まずの、告訴され、罰金刑、町内会引きまわしの上、磔、獄門、首跳ねられるわと。
(18/04/11)


NO.2302 円町、「京都工業保険会」の新先生の話

いやね。
後先、後が先になるですが。
いやね、待ち時間、長くになって、帰宅が遅くになったです。

いやね。
いつもなら、12時15分の電車、円町駅なれどの、快速で帰ってるですが。
本日<4月11日>は、1時間遅れの、13時15分になったです。

いやね。
原因、泌尿器科の先生、配置転換で、替わってもたです。それは、結構も、今度の先生、話が長く。
云うたって、当方の番では、ものの、5分と、掛かってませんです。

オッとの、そんな事で、家出たは、8時50分頃で、並河駅発9時15分。15分で、円町駅で、歩いて、5分程度で、「京都工業保険会」。
でや、本日、残尿検査も、元々の量と、出した後の尿の量を計測すると。フウンと。
加えての、尿検査をと。

いやね。
要は、エコー検査をイニシャルと、アフターでして。検尿の採取と、後は出し切って頂戴と。ハイと。
がしかし、量的、一寸なと。イヤ、自分的、少ないなと。

とは、思いつつの、アフターのエコー検査で、検査士の先生、結構なるの歳の方でして。
イヤ、従前の方とは、異なるですが。
いやね、チャンと出ましたかと、尋ねるが故、ンの、残尿多いの哉と、尋ねたならばの、それは、先生に聞いて頂戴なと。
ならばの、気になるの事、口走らんといて呉れと。
とは、申してませんですが。

いやね。
ここまでは、待ち時間含めての、1時間と、掛かってませんでして。
泌尿器科、とは、明記されてませんの、数字の番号だけの診察室前で、待たされ、待たされ。

いやね。
診察室に掲示されてるの、担当医の名前を見て、ンの、違うみたいでね。
イヤ、さりとて、従前の先生の名前をしかとは、覚えてませんですが。

いやね。
診察室の中から、声が聞こえてまして。声は聞こえてるも、中身までは、分からんですが。
従前の先生の場合、声聞こえるは無かったですが。よて、違うの哉と。とは、薄々のと、するのか、可成りの確率で、代行の方哉と。

いやね。
要は、12時15分の電車に間に合うやろかと、思いつつの、ンの、12時になてもたら、精算も考えると、最早の無理と。
次ぎ、鈍行で、12時半のも、ンの、精算も考えたら、最早の無理難題の、ほならの、その次ぎと、なればの、13時15分の快速でして。
幾ら何でもの、これには、間に合わせて戴かんとなと。
思えどの、患者の都合なんか、先生考えずの、兎に角、声が聞こえてましての、延々の終わらんでして。コマツタなと。

いやね。
この、泌尿器科の周辺、待つ人の事なれどの、そらな、時間の経過と共にの、減りまするです。
いつも、当方、最後の最後で、残り、1人が常でして。

いやね。
看護師も、出たり、入ったりしてるですが。看護師が出て、消えてもたりしての、看護師なるは、大凡の所用時間承知で、診察時間も長い故に、居て無くとも、ええのやろと。

いやね。
そんな事で、多分、あの方も、泌尿器科なんやろなあの、残り、当方含めの、2人となったの時、遂に、呼び出しあって、嗚呼、何とか、13時15分の電車には、間に合うなあと。
思いつつの、部屋に入れば、案の定の、違うの先生。

開口一番、長くにお待たせ致しましてと、謝罪され。
特段の、文句云うの積もりは毛頭の、なれどの、謝られたら、云いたくとも、云えんなと。
での、申されるに、残尿は、まあ、こんなモンですかねえと。ンの、数値知らんですが、先生が、こんなモンと、云われるなら、こんなモンなんやろと。

いやね。
更に、申されるに、前任の先生、転勤になりましてと。へえの、そですかと。
いやね、更に、申されるに、諸般、引き継ぎしてますのでと。何を引き継がれたかは、知らんの、従前のは、カルテを見て戴ければ、分かるの筈と。

いやね。
更に、申されるに、尿検査は、特段のそんなモンですねえの、こんなモンですかと、尋ねられるが故、イヤ、前回、PSAの検査で、採血したですがと。
申せば、看護師、ファイルに挟まれてるの、紙、血液検査結果なんやろねえ。嗚呼、これかと、見て、「3.2」ですねえと。
<注=前回、「4.1」のため、再検査なり、精密検査をと、されたです>
嗚呼、そですか、ならばの、下がってますねえと。
申せば、申したは、当方なれどの、先生も、二個、ニコと、嗚呼、よかったねえと、当方の肩をポンと叩き。

まあね、云うたら、ええ先生なんやと。
いやね、当方的、その結果を聞くが、本日の大本命の件。
この数値が上がってたら、さての、どする兵衛は、先生の話を待たねば、当方には、分からんわと。
いやね、更なるの、精密検査をするのか、再度の触診なり、されるのか。
はたまたの、再度の血液検査をしてもと。

イヤイヤ、そんな次第の斯くなるでの。
後は、処方薬の件での、このままに、「ユリーフ錠」は続けて下さいねと。
4週間分、出しておきますのでと、申されるが故、出来れば、2箇月にと、頼めば、では、8週間分、出しておきましょうと。
結果、次回なるは、6月6日に相成ったですが。

いやね。
処方薬の件、「ハルナールD錠0.2mg」「アボルブカプセル0.5mg」の、なれどの、その次回にでも、話するなら、尋ねてみよかと。
いやね、ある意味、話のし易いの先生でして。
従前の先生なるは、殆ど話をされませんでして。

いやね。
そんな事で、ものの、5分も掛かってませんの、ありがとう、ございますと、部屋出たら、先客と、するのか、先に出た、女性患者なれどの、看護師と、色々話をしてての、これは、話の中身分かるの、要は、待たされ、待たされの、待たされ過ぎの、このエリアの方だけですやんかと。診察待ちで、居てるのはと。

嗚呼、この方が先生に、文句云うたんやと。
それは、結構も、延々の話をしてまして。あのなあと。
いやね、当方にしてみたらの、その看護師から、診察結果とするのか、書類を戴き、受付に提示で、精算せぬ事には、帰るが出来んわと。

ほんまやでの、コマツタの人やなと。
いやね、文句は分かるの、されどの、極の簡単で宜しいのではと。看護師に、どたら、こたら、云うたって、看護師の責任で無く。
とは、思えどの、その看護師も、そですねえと。先生も、話を色々されますのでねと。時間掛かるんですよと、同調致し。

こちは、はよ終われ、はよ終わって呉れと。
願うしか、出来ませんの、まさかの、2人に、あのなあの、雑談、井戸端会議、愚痴話を、延々のすなの、はよ、切り上げよ。
とは、申せませんでして。

イヤイヤ、やとで、2人の愚痴話も、終わりての、書類も戴きの、精算も出来ての、13時15分の電車には、余裕で、間に合おたです。
ついでの話の、並河駅で、下車の、この際、先に、院外薬局、最寄りのです。行ってしまおかと。
イヤ、少々、遠回りになるですが。少々での、精々が、5分程度の、寄り道で、多分なら、薬を受け取るに、5分と掛からんわと。
イヤ、事実、その程度の、寄り道で、所用時間で、薬も手にして我が家えと。


オトトの、忘れてならじの、されどの、余計なるの話の。
円町のパチンコ屋の件。
いやね、半世紀の昔と、までは、申さんの、昔には、円町には、パチンコ屋があってと。
過日、時間、少々ありで、界隈、見たけど、無くなってるなあと、申したですが。

いやね、あったです。
諸般、帰りの際の、円町の、コンビニにて、タバコ一服。
吸い乍らの、真正面に、「KING」なる屋号の、看板の、ンの、何の店怪と、眺めてたならばの、ンの、その昔の、パチンコ屋も、「KING」であったよなと。

での、よくよくの、掲示してあるの文言、見たなら、「PACHINKO」としてあてね。
いやね、当世、外観的、昔の、派手、派手の電飾の、では無くの、外観的、全然の分からんねえと。
イヤ、この、ン十年。大抵ならばの、30年は、PACHINKOには、無縁でね。

オッとの、トトトの、年に1回、正月映画を見るに、新京極のには、一家全員にて、行ってたですが。
長男嫁、当時には、許嫁となるのかと、含めての、行ったの、11年の昔が、最後になってるです。
<参考=「ハデでなく、ブスでもなくNO.00」正月元旦からの大勝利の福の神
(18/04/12)


NO.2303 来年の沖縄旅行計画の話(1)

いやね。
昨日、今日と、連日の、電車、乗車。JRなれど。
昨日は、朝出発故、忙しなかったですが。されどの、京都駅の大分手前の、円町<えんまち>でして。所用時間、15分<快速>。本日は、17時に集合ですが、上手い具合な、電車が無く。
、15時半の電車で、所用時間25分で、16時前、京都駅に着いたですが。
まあね、その気なら、ぎりぎりの、数分前、京都駅着もあるけれどの、一寸なと。幹事故。

いやね。
1時間前には、京都駅に着いて、さての、「酔心」の予約の表示で、「立命館電気」がある故、一安心の。あって、当然なれどの、一応はなと、確認してから、向かいの、「ヨドバシカメラ」に向かいまして。
イヤ、特段の、欲しいのは、無いですが。マウスで、安いのがあればと。
結果、1000円札一枚で、買えるのが無くて。
イヤイヤ、前回であったか、買えたです。
ンの、特段の安いのが、見付からんで、止めたですが。

いやね、どしょかと。時間があり過ぎて。
と、思てたら、ケンイチ君より、メールが着弾で、何事かと。イヤ、突然の用事で、欠席かと、内容見たら、今、京都駅に着いたと。
即のケータイで、電話をしたら、地下で、本屋に居てると。
地下の本屋と、云われてもねえ。どの地下かと。こちは、ヨドバシカメラの前に居てるけれどの、分かり易くの、「酔心」に来る怪と、問えば、まだ早いしなあと。
そんな事、分かってるの、単に、会うの場所示してるだけの事なれどの、意志疎通上手く出来ずに、どちみちの、10分前には、「酔心」に行くからと、さよかと。

での、そのヨドバシカメラの、横手には、喫煙場所あって。
タバコ一服、吸うて、さての、どしょかと。「酔心」にでもと、喫煙場所から、「酔心」の方えと、向かうの矢先に、ンの、見た事のあるの、とする以前の、何度も会おてるわの、エイジ君が眼に入り。
同時に、オオと。

いやね。
当方、吸うたとこ故、これから、「酔心」にと。ほならの、エイジ君、一服吸うてから、行くからと、さよかと。
行って、暫くしたら、ケンイチ君現れ。更に、暫くしたら、エイジ君がと。
更には、ノブユキ君、ヒロシ君が現れましての、残るは、アキノリ君なれどの、これは、大阪からで、少々遅刻と、云うててね。
オッとの、皆、遠くなれどの。ケンイチ君、川西<かわにし>で、エイジ君、北海道札幌で、ノブユキ君、ヒロシ君は、大阪高槻でして。
それ云うたら、アキノリ君、福岡なれど。業務やろねえ、大阪よりと。

いやね。
そんな事で、談笑してるの間にも、17時になりての、ここは、きちりと、してましての、開店時間、丁度の17時にならねば、開けてくれずの、「酔心」。

いやね。
開いた故、店の人に、「立命館電気」ですと、伝えたならばの、柴田さんですねえと。ハイと。
ではと、案内されるの道中、店の人、中年から、老年の間の、さての、60代半ばのが、立命館電気とは、立命館大学の電気の意ですかと、尋ねるが故、そですと。
返答したなら、曰くに、自分も、立命也と。少々古いですがと。ンと。

いやね。
申してるの、中年から、老年の間の、60代半ば哉、でして。
それに、少々古いですがと、云われたならばの、こちの事、云いよがなと。
基本、少々古いと、なれば、我々よりも、古手の意となって。ど見ても、こちの方、先輩でして。但し、変な話の、当方、パと見、若くは見えるですが。
他の面々見てみい、爺様ぞと。ンの、当方も、爺様なれど。

での、更に、曰くに、広小路<ひろこうじ>の方ですと。ンの、ならばの、文系でして。
とは、申さずの、こちは、衣笠<きぬがさ>ですわと。
まあね、衣笠学舎には、理工学部と、経済学部でして。他の文系が、広小路学舎<本学>。

だけの話で、部屋に案内されまして。
着席と、するのか、座って、とりあえずは、ビールで、乾杯と。して、暫くしたら、ケータイにメールが着弾。
中身、アキノリ君からでの、件名、「留守番 着信通知」と、だけでして。ンと。意味不明で、ケータイで電話するに、エリア外。

そかと、店外に出て、そこから、電話でも、してやろ怪と、店出たら、ンの、そこに、アキノリ君現れて。オオ、早かったなと。
いやね。
多分なら、その件かと。要は、「酔心」には着いたけれどの、場所不明の意と、察知したです。
いやね、漢字の、「酔心」も、地下B1と、B2がありまして。我々、B2に居てまして。
よて、店外に出ても、エリア外なら、B1に、でもと、思たの矢先に当人現れたら、即の、問題解決でして。

いやね。
皆集まってるでと。こち、こっちと、部屋に案内の、部屋名、「烏丸<からすま>」でして。一番の奥。
いやね。
皆には、アキノリ君来たでと。
ほならの、再度の、乾杯するかと。

とかとか、こんな話、してても、つまらんねえ。
イヤ、沖縄旅行の件、大方の方針、決まったです。要は、来年、4月の中旬。
費用なるは、概ね、5万円、6万円程度で、要は旅行社の、お任せにするかと。その方が、安上がりで、安心でして。但し、自由度は少ないですが。
まあな、安いが一番の、但し、11月頃、新しいのプランが発表される故、それまでに、我々なりの、プラン、大方の希望をまとめての、旅行社の、どのプランにするかを、決めるにしよ怪と。
そやなあと。

いやね。
どちにしたって、当方、沖縄なんかの、なんかは余計の、初めてでの、サパリの、分からんわと。
対して、アキノリ君、厭と、云う程に、沖縄には旅行してるですて。へえと。
心強い参加者が居たです。
いやいや、アキノリ君、現在、福岡在住なれどの、地元は、熊本、八代<やっちろ>でして。
何を隠そおの、隠す事も無いの、電友会、九州・沖縄支部の支部長。
とは云えどの、沖縄出身の、電友会会員は居てへんですて。さよかと。
オッとの、ついでの話の、電友会会長は、我々の同期生で、忘年会等々には、参加してるです。

加えての、余計なるの話の、先刻にも、申してるですが。
電友会会長なるは、立命館大学理工学部<電気、電子>では、過年まで。
現在では、岡山理科大学にて、教鞭執ってるです。
ンの、左様の、当世、何かと、国会を、ワイドショーを、賑わせてるの、話題提供してるの、加計学園系大学。

とまでは、承知も、それ以上の話なんか、我々には、無縁やわと。
イヤ、加計問題の事を、申してるです。
そもそもがの、仕事の話なんか、するのモンかと。聞いたって、分からんわと。
(18/04/13)


NO.2304 来年の沖縄旅行計画の話(2)

まあね。
沖縄旅行ねえ。
2人は、してると。ノブユキ君と、アキノリ君。
アキノリ君は、九州故、近いと、云えば、近くでして。
ンの、アキノリ君、電友会、九州・沖縄支部の支部長なれどの、その関係で、沖縄には、度々の旅行なり、足運んでるの怪と、尋ねたならばの、沖縄の会員居てへんでと。へえの、さよかと。
とかの、九州男児故、関西弁では無いですが。

いやね。
当方なら、前回の、北海道も、沖縄も、初でして。その手前、北は、青森、南は、福岡までなら、行ってるです。
青森は、2005年度、区長職お役御免で、嫁はんと、行ったです。
九州福岡なるは、工場あって、その関係故、出張でして。云うたって、抵抗器製造部時代故、入社、5年程まで哉と。
オッとの、それなら、佐賀の鳥栖にも、行ってるですが。
高校の修学旅行では、九州の青島にも行ってるですが。それが、九州初上陸。

イヤイヤ、その当時でして。
何がと、なればの、舟木一夫の、「修学旅行」では、修学旅行。「高校3年生」の歌が流行った時には、その、「高校3年生」でして。
と、する程の、ベビー・ブーム世代の、ド真ん中。
今時には、邪魔者扱いされてるですが。イヤ、ほんまやでと。邪魔者扱いが。

オッとの、どちにしたって、当方に、沖縄のどこに行きたいの怪と、尋ねられても、皆目の分からんわと。
精々が、「ひめゆりの塔」を知ってるの程度やわと。
ならばの、どしても、そこにと、なればの、どちでも結構なると。そばに行けば、遠くからでも、拝んでおくかと。

いやね。
要は、知ってるの面々が、ここはヨカツタでと、成るの観光地なりに、連れてって呉れれば結構なるの程度。
北海道にしたって、そでして。どこをと、なんか、あらへんでして。行って、観光バスなりの、バス・ガイドの話を聞いて、フウンの、そ怪なと。
ンの夕張通過で、オッとの、夕張なるは、メロンで有名やなと。
その昔なら、夕張炭鉱で、有名でして。その炭鉱の跡地も、道中チラと、見たですが。よくぞ、夕張を炭鉱で無く、炭鉱は、封鎖されてる故の、メロンで頑張ったなと。

いやね。
沖縄なら、米軍基地がと、その話が多く。されどの、米軍基地見たって、なと。観光の場でも、あるまいにと。
基地反対運動も凄まじくの、らしくの、その活動家の、様子見ても、コレ又、それ以上に、つまらんわと。活動家は、常に、自信過剰の、皆が自分と一緒の考えしてると、信じてましての、ども成らず。
要は自身の考え、偏向的なるを、世に強制して、周辺困ってたり、してるを気が付かず。

オッとの、何の話、してるの怪の。
とりあえず、旅行なるは、安くで、行けるよにと。レンタカーは止めると。危険故と。
の程度の意志統一で、充分でして。後は、時期的、来年の、4月の、新学期始まった頃が、良いでは、無い怪と。
されどの、4月も、下旬は、諸般、町内会の総会等々のあるの時期故、中旬にと。

とまあ、その程度の事で、では、二次会にと、相成って。
いやね、アキノリ君、明日も用件あるが故と、そこで、サイナラと、相成って。
結果、1人減っての、5人で、界隈、徘徊。

あのねえの、我々の二次会なるは、喫茶店で、コーヒー程度の、極めての、安上がりの、安全、健全なるの、でして。
いやね、喫茶店でも、ビール程度飲めるのもあるですが。
前回、エイジ君発見と、するのか、開発したのが、それでした、ですが。値が少々の高くの、且つは、思いの他、満席でして。満席も、店員が、しかるべくの、席を準備して呉れたですが。
ンの、そこ、どこやったの怪の、分からんでねえ。

結果、京都駅前地下<Porta>の、スター・バックスに行こかと。したですが、どこも、大入り満員の、結果的、ドトール・コーヒーに成ったですが。
いやね。
これ、夜の、19時半頃でして。
いやね、「酔心」の飲み放題コースなるは、2時間でして。17時から故、19時まで。但しの、少々のオマケあっての、19時半頃、出たですが。

いやね。
「酔心」出て、コーヒー屋を探すが大本命の話なれどの、界隈、ウロウロの、面々皆、気が付いてるわの。
そこら中、外国人だらけ。

いやね。
当方、昼間なら、Portaにも、来てるですが。「酔心」の待ち時間の間には、ヨドバシカメラにも入ったですが。
そこも、外人が多いなと。との印象なれどの、左程には、なと。
そら、日本人が、過半数故でして。かと、申しの、アジア系のは、肌の色では、区別付かぬですが。
最近では、日本人も、お行儀の悪いのが多なってもてね。余計に区別難しいけれどと。

いやね。
店内でも、ペット・ボトルの飲料水、飲み乍らの闊歩のが、珍しくも、無くなってもてね。日本人でもや。
ましてやの、人様、当方、真っ直ぐに進んでる、歩いてるの真横を、平然と、遮るの如くに、横切るのが目立つしなと。
いやね。
基本、日本人たる、その手、失礼なるの、歩き方、致さんわと。
云うてるは、まあな、どちかが、譲れば結構なるも、全くの、余所様の動きを注視してへんでして。こちが、足止めるなり、ブツかるを、避けるに相成るです。
特には、2人、3人組のが、道塞ぎ。どこの国の怪と。

いやね。
外人が、特には、中華系、韓国系のが、その手、多いけれどの、当世、日本人も、全くの、退けを取らずの、負けてませんです。
ええ勝負の、傍若無人。

オッとの、それでや。
Portaの話の、夜になりての、人多くの、これが、軽くの過半、外国人。むしろの、日本人僅少哉と。
白黒黄色の、黒は殆ど見ませんけれどの、黄色の外人凄まじくの、声出せば、ンの、あちら様やなの、その多い事、ビクリするの、コレ、京都怪と。

高槻の、住人曰くに、大阪は、こんなで無いと。あのなあと。
高槻は、大阪に間違い無いけれどの、大阪の中心なるは、大阪駅界隈の、梅田辺り哉の。
そこなら、わんさかの、わんさで無い怪と。
一応は、日本で、一番に外来人、多くなったは、大阪と、されてるですが。京都も、大幅、増員と、されてるですが。正直には、迷惑なると。住人には、なと。

いやね。
さりとての、「酔心」では、日本人ばかり。オッとの、個室なれどの、周辺の状況程度、出たり、入ったりで、見えるし、分かるわい。
結果的、ドトール・コーヒーに入ったですが。ここも、大半、過半は、日本人で、外人も、極の、少数居てたですが。再度の少数で、気にも成らず。
いやね。
今後、もっと、もと、外人、海外からの旅行者を増やしたいと、してるですが。
大丈夫怪と。

いやね。
喫茶店も、解散なって、亀岡、並河に帰るに、その電車。
オッとの、最近、円町の、「京都工業保険会」に通院してるですが。その帰りの道中の、車内、外人が多いぞと。
これが、「優先席」も独占してね。
我々、こんな場では、老人自認の、にも、関わらずの、座るが出来ず。
云うたって、観光地目当ての、嵯峨嵐山駅で、降りるが分かってる故、どて事あらへんですが。

オッとの、云うてもたら、この日、二次会終えて、京都駅からの、帰りは、流石に、時間的もありの、外人は居てても、少なくて。
優先席、空いてたですが。
ンの、若手、日本人が座ってまして。遠慮気味の、すみませんねえと、声掛けての座ったですが。

いやね。
別途の席なんか、優先席の話なれどの、若手が、1人、荷物を片脇に置きやがてね。他人が座るを、無言の拒否してやがてね。
これが、最近、目立つわと。
特に、若手女の子。まさに、子やなあと。
まあな、見たら、分かるの、パンパラの、パンの顔。可愛い子はいてませんです。

オトトの、何の話をしてるの怪の、沖縄旅行の話、なるは、先の事。
それよりも、所謂の都会の、相応の場所、京都駅周辺なり、多分なら、四条河原町界隈なら、夜の部には、外国人だらけに相成るの哉の、怖いなと。
イヤ、ン十年の昔、30年くらい哉には、その四条河原町界隈なるは、子どもの世界に変貌の話があったですが。

ンの、子どもねえ。コレ、若手の事。
多分なら、大学生辺りと、思うですが。京都に何しに来てるやの、勉学で無く、遊び怪。
それが、外国人旅行者と、遊びに来てるの学生の界隈になってるの哉と。
世も末、末法の、京都。

イヤイヤ、その昔、我々の時代には、京都は学生の町。とは、云われてたですが。
意味合全くの違うわと。
学生が、そもそもの、遊びになんか、出回ってえへんかったわと。出ても、ほんの偶。
そらな、金なんか、あらへんしと。繁華街に、なんか、ほつきの歩いてられんわと。
学生の町とは、京都に大学多く、地方からのが多く、学生なるは、金あらへんわの。
よて、京都に学生多く、京都の人々も、学生を大切にして呉れるの町、京都の意。

いやね。
余計なるの話の、今時、貧乏学生、僅少と、思うですが。
眞子様の、コンニャク者君、圭君なんか、ブランド物の、服着て、時計持って、靴履いて。
学生時代には、海外留学も致しの、子ども時代には、ピアノを習いの、学費、文系では高いの、国際基督教大学。
どこが、母子家庭で、母親、パートで、貧乏怪なと。
オトトの話、逸れ過ぎたわと。
(18/04/14)


NO.2305 来年の沖縄旅行計画の話(3) 余計なるの話の、排尿困難薬の話

いやね。
余計なるの話。
誰とは、申さんですが。どちにしたって、沖縄旅行の相談会、「酔心」にての、二次会。
とか、云うたって、地下街、「Porta」のドトール・コーヒーの、一角。

いやね。
エイジ君と、当方のみ、タバコ吸いでして。タバコの吸えるの場所なるが、ドトール・コーヒーには、設置されてまして。
いやね、エイジ君、必死に探し。イヤ、タバコの吸えるの喫茶店を。
結果、ドトール・コーヒーになったですが。

いやね。
余計の上に、余計なるの話の、それを求めて、「Porta」をウロウロ致し。
何とマの、外国人の多い事と。まるきりの、どこかの、国際空港の免税店状態みたいでね。
ンの、ここ、ン十年、国際空港にご縁あらへんですが。
イヤ、その昔、ローム時代には、韓国Seoulの工場には、用事あっての、度々の、渡韓してたですが。伊丹より。

まあね、概ね、1時間で、着くですが。
あとは、あちら、工場からの、お出迎えの主導に任せの、工場え、でして。イヤ、大抵ならばの、その前に、昼食をと、相成っての、下手に任せてたら、当日、工場に行かずに、ホテルにチェック・インさせられてもたり、してね。
そらねえ、国内、日本なら、こちが、自由と、するのか、勝手にも、変なれどの、最寄りの駅より、タクシーなりで、工場に直行なれど、です。
韓国では、文字読めず。言葉分からず故、それ出来ずで、案内役、云うたって、大抵ならばの、実習生なれど。

実習生たって、皆、えらいさんでして。
オッとの、云うとくの、当方なるは、彼等にとては、大先生様。
韓国語の発音でなら、「ソンセンシム」。「先生」が、「ソンセン」で、「様」が、「シム」らしく。尊崇の念を抱いてるの場合、「先生様」と、成るですて。へえと。
ンの、「大」は、当方勝手に付けてるのだけ。強いてならの、ハチオン、「デー」哉の、全部で、「デーソンセンシム」と、相成るの怪と。
イヤイヤ、日本にて、実習の際、これは、四国、香川の工場での、手取りの、足取りの、寝食共にしての、旅館では、夜も、教育してたですが。一期生を。

ンの何の話をしてるの怪と。
単に、国際空港の免税店状態と、だけの話の、場所は、「Porta」の、ドトール・コーヒーの、喫煙席。
喫煙は、エイジ君と、当方の2人だけ、なれどの、他の3名、1名は、早々に別れた故、総勢5名ですが。要は、他の3名、タバコ吸わず、なれどの、お付き合いにて、喫煙席と、するのか、喫煙出来るの隔離されたの、部屋に入ったですが。

いやね。
そこでは、沖縄旅行の話なんか、全く出ずの、何の話をしてたのかと、なればの、とりとめも無いの四方山話。
学生時代の話、親の話に、怪我の、病気の、病気は、皆様、大病せずで、結構なると。
怪我なら、当方、足の骨折してるですが。皆、大して知らんですが。こんな事、細々の話も致さんわと。

いやね。
当方の最大の関心事、健康診断は、どなんやと。
申せば、誰とは、申さんの、ケンイチ君、三種あってと。認知症に、コレステロールに、排尿困難。
ンの、認知症たって、当人、云うてるよには、分からんですが。結構、記憶力あると、判断出来る故。

いやね。
当人曰くに、それは、薬で、進行抑えてるが故で、検査では、認知症也と。へえと。
まあな、どちにしたって、皆、高齢故、自然に呆けると、思うですが。現に、本日、「酔心」に向かうに、家出るに、大変やったんやと。
イヤ、「酔心」の、1割引クーポンなら、予めのプリントしてるですが。忘れてならじの、その紙をと。

エイジ君が電送して呉れたの、旅行の資料も、プリントしてるし、それも、持参。
更には、本日の、料理、飲み放題の、値が、4500円也の、1割引きで、4050円故に、釣り銭、50円玉も、人数分を一応の確保で、数数<かずかぞ>え。
まあな、充分過ぎるの程の、10個もあったですが。

それでや。
ハンカチ、ポケット・ティッシュに、小銭入れに、ンの、後は、何がと。ケータイに、嵯峨野線の時刻表にと。
一々の、確認し乍らの、さての、出るの時、ンの、あれは、入れたやろなあ、これはと、その自信の無さに、我れ乍らに感心致し。

いやね。
申してるは、以前には、そこまで考えずともの、まあ、忘れたら、忘れた時の事也と、割り切ってたと。とも、云えて。
このところ、それは、そなんやけれどの、確認しても、確認しても、何か、忘れてて。家出ては、戻りの、又、出ては、戻りで、折角の、余裕充分の筈が、ぎりぎりになてもてね。
イヤ、電車の時間に間に合う怪と。

ンの何の話をしてるの怪の。
誰とは、申さんの、ンの、貴君、排尿困難。要は、前立腺肥大やなと。当方も、そなんやと。
そらね、云い出せば、コレステロールも、基準値遙か超えてましての、上限<139>であるべきが、200代での、軽くの突破。
先生より、薬服用をば、勧められてるですが。断固拒否。

更には、血圧、130以下であるべきが、概ねの、150辺り。これ又、先生より、薬で、抑えるを勧められてるですが、ほっといて呉れ。
とまでは、申してませんですが。まあ、そは、申さずともの、拒否してるですが。
ならばの、タバコを止めたらと、助言も、受け付けずの、好きにせえと。
とも、云われてませんですが。その内、切れてもての、大変ぞと。とは、脅されてるですが。

いやね。
折角なら、切れて、一気、あちの世界なら、家族孝行で、結構なると。中途半端は困るの事よと。とは、冗談で無くの、本気。
ほんまやでの、親の介護して来たが故、誠、そ思てるわと。
口で、理屈で、云うは易くの、実際には、まあな、左程でも、無いけどや。いやな、我々夫婦、慣れてるが故。いきなりの、介護生活でもあらへんわと。

とかの話はチラでの、話戻すわと。又、脱線してもての。
いやね、興味あるは、排尿困難の方。
で、何の薬を処方して戴いてるやと、聞けば、ンの未知の薬名出ての、へえと。
当方なら、現在唯今、「ユリーフ錠4mg」<81.3円>で。以前には、「ハルナールD錠0.2mg」<121.6円>と、「アボルブカプセル0.5mg」<210.6円>の併用でして。
誰様とは、申さんの、ケンイチ君、「タムスロシン塩酸塩カプセル0.2mg<サワイ>」<41.3円>ですて。へえと。安いなと。結構なると。

いやね。
正直には、薬品名、難しい名称故、本日、メールにて、教えて頂戴なと、打電したです。結果、長ったらしい名称のを、返信して呉れて。
モ一発の、正確には、薬価は、別途調べたですが。
イヤイヤ、その調べた結果では、この手、前立腺肥大に寄るの、排尿困難対応薬なるは、各種あるのやねえ。
イヤ、知らなんだです。

基本、当初の、「ハルナールD錠0.2mg」と、「アボルブカプセル0.5mg」が、この手の処置薬也で、他を知らんでねえ。たっかい薬やなと。
こんなモン、永続的には、よ飲めんなと。途中より、通院止めた程。そらなあ、2種類なら、日に、332.2円に相成って。
健康保険で、2割負担に成るけれどや。

イツ止めたかと、なればの、袋を見たなら、「平成24年11月24日」<2012年>でして。我れ乍らに、へえと。
イヤ、それを現在唯今、尚、保有で、イザの時、服用してるです。
オッとの、「ユリーフ錠」をば、処方されるの、までは、なと。

ンの、イザとは、どんな時怪と、なればの、宿泊を伴うの外出の時が主。とは、最近なら、一昨年の、この面々にての、北海道旅行なり。昨年の、堀川高校同窓生での、伊勢旅行の時。
はたまたの、神戸、長男宅に行く時とかとかや。
ンの、嫁はんの里帰りで、四国、香川に行くの時とかや。

いやね。
その他は、適宜と、するのか、適当でして。
いやね、さもなくばの、5年半もの長きに渡っては、保たんわと。

いやね。
排尿困難たって、出ぬ訳で無く。出ぬなら、大変の、眼が白黒の、失神のと。それなら、手術やなと。
云うたら、前立腺肥大がため、排尿困難、尿、オシッコが出難いが故、全部が出し切れずで、残尿感あっての、間隔短くなりての、頻尿とも、云うですが。成るですが。

いやね。
季節にも、寄るの、寒い時期は、困るの事よの、30分と、保たんの時、あるし。場合に寄り、ン時間保ったりしてね。
イヤイヤ、一番に困ったは、何年前かの、町内会の総会でして。はよ終われば、ええのに、延々の下らんの話でね。
1時間で終わらずの、2時間掛かったの哉の、所用時間忘れたけれどの、さての、どしょかの、会議所にも、トイレなら、あるのけどや。
その前にも、人が居てるし、気恥ずかしいしと。そらな、この歳でも、ンの、当時は、ン年前の分、若いけれどの、似たよな歳でして。
そらなあ、勇気あるの面々ならばの、行ってたですが。
誰様と、申せば、昨年亡くなったの方。

いやね、もしかして、もしかしたらの、あの方も、前立腺肥大であったの哉と、余計なるの事、考えたり致してね。
イヤ、事実、そと、思てるです。度々の、トイレに行ってたです。
ンの、学齢同年也。

いやね。
その寒いの季節は、そんな事で、困るですが。
暖かくの、この時期辺りよりは、そんなで無くて。よて、基本、飲まずに過ごせてるもあるし。
基本の、基本、当方、薬嫌い。

いやね。
最近でこそ、町医者通いもするよに、成ってるけれどの。その昔には、余程で無いと、行くもんかと。
年に一度も、医者通いなんか、してへんわと。数年に、一度やわと。健康保険代の勿体無い事。

オッとの、トトトの、何の話をしてるの怪の。
折角故、次回、「京都工業保険会」に通院の際。とは、6月の6日に成るですが。
一発、先生に相談してみる怪の、「タムスロシン塩酸塩カプセル0.2mg<サワイ>」<41.3円>は、どんなですかと。
探索結果、一番に安く。

そんな事で、明日<4月15日>なるは、妹婿母の三回忌でね。
嫁はんと、2人、呼ばれてましての、伏見の方に、行って参じるになってるです。
正直には、血縁で無くの、姻戚故、ええのやけれどと。
声掛かれば、なと。
まあな、妹とも、久しぶり故の。
いやね、血縁の、母の三周忌<昨年、5月>なるは、妹、体調崩しの、参列せず故。
(18/04/15)


NO.2306 妹婿母の三回忌の話

いやね。
正直には、可成り草臥れたです。
まともに、連日。では、無いけれどの、ホボの連日の、外出でして。

いやね。
本日<4月15日>は、妹婿母の三回忌でね。
14時からと、聞いたが故、12時半頃、我が家出て。嫁はんと、2人、我が愛車、カローラにて。
いやね。
出るに、服装整え、持ち物点検して。靴は、数珠は、お供えのモノは、不祝儀袋は、中身はと。
ハンカチ、ポケット・ティッシュに、タバコに、使い捨てのライター、ケータイ灰皿はと。

いやね。
経路、京都縦貫道を使いの、洛西<らくさい>ニュータウン経由の、長岡京市の、一文橋を通過。
ンの、一文橋を渡れば、長岡京市で、手前は、向日市哉で、細かな話、長岡京市では無いの哉と。よお、知らんの、どちでも、結構の、その経路で、伏見の妹宅なれどの、想定以上に早くに着いてもてね。
いやね、1時間もは、掛からずの、45分程度哉と。

いやね。
道中、嫁はん、ケータイにて、今、どこそこ、今、着いた等々、連絡するに、何で怪なの、唯今、電話に出られませんですて。イヤ、アナウンスで、そんな台詞がと。
まあな、どちでも結構の、最終的、繋がったですが。
そして、妹宅、マンションの真ん前に着いて、車の置き場所の問題での、婿殿出て来て、案内をと。

いやね。
助手席に乗ってもろての、駐車場所に向かうに、結構早くに着いてと。
そらねえ、1時間半は軽くの掛かると、思てたのが、その半分の所用時間。さりとて、まともに、1時間半もの時間掛かれば、本来ならばの、ぎりぎりの、遅刻の可能性あったですが。まあね、1時間半なるは、当然の交通渋滞等々の可能性を踏まえての余裕見ての、時間。
結果、まあ、云うたら、14時開始で、13時15分頃到着でして。

とか、婿殿に、云うてたら、曰くの、法要、15時からなんやと。えと。
当方、14時と、聞いた筈の、15時なら、そんなに早くに出るの事、無かったなと。
まあな、遅れるよりは、早くの方がと。
云うたって、1時間45分もの、余裕なれど。

まあな。
大体は、当方、充分なるの、余裕見て、家出るにしてるですが。
イヤ、12日の、立命館大学の、同窓生の集まるの。とするのか、沖縄旅行の相談会も、1時間も早くに、京都駅には、着いてまして。

又、話、逸れるですが。
当世、云わんですが。聞かんですが。
「京都時間」なるのがあるです。
意味なるは、京都人、大体が、30分は遅刻すると。これはねえ、人に寄るです。
遅刻常習犯は、確かに存在してるです。
但し、特段の、京都人に限らんわと。

いやね。
中学、高校の同窓会で、遅刻するのを、知らんです。
むしろの、反対に、早めに、来るのが、大半でして。話簡単の、当方、その口でして。

いやね。
ならばの、何故に、「京都時間」なるの、文言、あるかと、なればの、基本、実は、こんな具合に、他家に訪問の際の事を申すです。
早過ぎたら、先方様の、都合、準備もあると。
よて、早過ぎずが、好ましくと、するのか、先様の事、配慮の意。
されどの、法事で、遅刻は、問題外の、遅刻厳禁。そら、住職到着までにが、常識中の、常識でして。

オッとの、ならばの、他家に訪問も、法事は除外に相成るなと。
云うたって、なと。
当世、他家に訪問も、そんなに度々の、致しませんですが。
オトトの、さりとての、こんな具合に、早過ぎるも、問題なれど。

されどの、時刻が、なと。
14時と、聞いたの筈故、そのよにと。
ンの、真相不明の、婿殿なるは、15時と、云うたの筈と。フウンと。
フウンも、それなら、こんなに早くに、家出る事も無かったなと。昼飯、早めに喰て、あたふたしたです。
15時なら、まあ、13時に、でも、出れば、充分でして。
イヤ、しもたなあと。コレ、本音。

いやね。
時間、聞き間違いか、伝え方の問題かは、分からんの。どちにしたって、間があって。間があっても、久しぶり故、諸般の話で、時間なら、過ぎるですが。
そして、姪一家、云うたって、その婿殿は、諸般、用事で、遅れるが故、姪と、その子、2人は、電車で、中書島<ちゅうしょじま>駅下車で、来ると。その連絡あって、婿殿。
との、この婿なるは、妹婿の事なれど。
イヤイヤ、その辺りの、諸般の家族関係、筋等々、一々の、云うてたら、反って、ややこしくなるし、説明、邪魔くさく。
イヤ、その駅、京阪、おけいはんの、中書島に迎えに行ったり、致してね。

いやね。
当方、タバコ吸い。
されどの、この家、妹宅。とするのか、婿殿、以前には、吸うてたですが。諸般の健康上の理由にて、止めてもてね。
タバコ吸いの、居て無いの宅で、自身1人、委細構わずの、吸う程の、何ちゅうかの、我が儘に非ず、でして。

いやね。
されどの、肝心の住職、タバコ吸い。
仏間と、するのか、以前には、婿母の部屋なれどの、そこの部屋で、住職には、灰皿準備で、吸うて戴いてるですて。ですてで無くの、吸うておられるは承知してるですが。

そやからと、それは、住職の、まあ、云うたら、我が儘でして。
住職故に、許されると、するのか、当方には、その手、習慣は無く。
とするのか、屋内で、吸うの事も無くの、そのための、ケータイ灰皿持参が故、出て、吸うわと。

いやね。
そんな事で、集まるべきの、面々集まりまして。
ンの、妹一家と、するのか、家族全員7名<姪婿以外>集合で、その他なるは、我々夫婦のみでの、フウンと。
いやね。
婿母の一周忌の時、来られてたの、その妹さんであったの哉のは、来られると、思てたですが。ソラ、血縁の親族故。
がしかし、高齢でもあるし、なと。
イヤ、我々夫婦なるは、故人の血縁で無く。姻族、姻戚でして。

オッとの、さての、住職も来られの、法要と、相成って。こちは、血縁でも無いしの、超の末席にての。
とかとか、この先、云うても、なと。
法要は、法要で、滞り無くの。会席なるは、近所の、まあ、歩いて、数分の、「割烹すしてら内」なるの屋号の店にと。
イヤ、実は、そこの駐車場に、我が愛車、カローラを駐めさせて戴いてたです。
よて、会席終わっての帰りは、そこの駐車場から故、楽、楽、楽の、楽。
皆に、ではと、サイナラ致し。

いやね。
会席なるは、17時半開始で、概ねの、2時間で、19時半。
では、ご馳走になりましたと、お暇しての、帰宅なるは、20時過ぎ哉と。
イヤ、案外に帰りも、早くに帰宅出来たです。

イヤイヤ、帰りは、別途の経路なれどの、変な話、行きと、帰りで、違えてるです。
いやね、行きは、外環状線の方が、分かり易く。帰りは、何ちゅうかの、赤池<あかいけ>経由がと。
理由、超の簡単の、何故か、帰りの経路で、向かうと、道間違うの事、多々あって。方向音痴故で、行きは、申したの、一文橋からの方が、一本道でして。

いやね。
話簡単の、一文橋なるは、次男家の家の方故、行き慣れてまして。要は、橋越せば、次男宅の方。
帰りはねえ。槇島時代の会社、ロームえの、経路と、次男宅えの道の合成。
それでも、夜は、なと。
走り難いねえ。
最近では、夜走り慣れて無いも、あるし、妹宅えも、偶でして。
(18/04/16)


NO.2307 吉事重なり、凶事も重なるの話(16) 直近の凶事の話(1)

さあて。
話をグンと、戻すです。

イヤ、前回なるは、下記<参考>でして。
<参考=NO.2284 吉事重なり、凶事も重なるの話(15) 完璧に話逸れての、針刺しの話(2)>

内容なるは、副題の通りの、夜店、さての、「9」の付くの日の、「くやどう」と、云うてたですが。その夜店の事を。
「くやどう」ねえ。
どんな意味なんやろねえ。云い方、間違えて無いを前提の、勝手推量ならばの、「九夜洞」やろかと。解説するなら、「9」の付く日の、「夜店」で、「西洞院<にしのとういん・通り名>」通りとでも、相成るの哉と。
イヤ、適当故、実際の事、皆目の不明。

イヤイヤ、基本、子どもの頃にしか、出向いて無いです。
且つは、1人で、でして。年齢的、多分なら、小学生高学年から、高校生になったの辺りまで、出向いてたの哉と。
小学生高学年ならばの、、10歳頃でして。
祖母、70歳でして。

いやね。
70歳で、眼鏡掛けずに、裁縫してたが故、眼は良かったんやと。
現在唯今、当方、71歳。
裁縫なんか、元々が、やった事が無く、よやらんですが。やるとしたなら、裁縫そのものは、出来ても、確実に、ローガン故、針に糸通すは、無理やろなあと。
よて、祖母も、針通しだけは、当方に、やて呉れと。

イヤイヤ、懸命に、努力はしてたです。
どしても、手元狂うが故、そばに居てるの当方に、頼んでたです。唾で、糸の尖端、くるくると、丸め、伸ばしまして。
いやね。
祖母のそんな姿見てるが故、夜店で売ってたの、針通しの具、曲がり物やなと、祖母申したですが、祖母のため、思いの、買おたですが。

いやね。
ここだけの話の、他言、どでも結構の、果たしての、我が孫共が、祖父母の事、当方達の事なれどの、思いの、こんな事、して呉れるの怪と、なればの、正直申しの、疑問。

いやね。
まずは、祖母が、繕い物等々してるは、日常の事での、その日常に接してたが故、分かる事。
いやね。
我々が、孫に接するは、ン箇月に一度と、するのか、日常で無く。
まあね、簡単なるの、話の、当世、裁縫、繕い物なんか、日常には、致さんわと。
ほならの、当方、日常に、何してるの怪と、相成るですが。まあな、パソコンを弄くってるだけの、爺様怪と。

それも、孫共来たら、使わんよにしてるわと。
いやね、当世、孫共、多少は、パソコンをば、使えましての、貸せ、貸せと。目的、YouTubeで、今流行の漫画と、するのか、動画を見させよと、なてもてね。

イヤイヤ、これ又、正確には、触らせても、構わんの、パソコンを触らせてるですが。ンの、どんなパソコンかと、なればの、キーが外れんのヤツ。
データーの入れて無いのヤツで、頑丈なるのヤツで、所有のでは、一番の高性能機種。
一番の高性能にも、関わらずの、何故に孫共に触らせても、別段にと、なればの、データー入れておらずの、安全故。
そらね、適当に弄くられの、設定狂えば、困るの事よの、貸せる、触らせてるは、その心配も、僅少故。

オッとの、何の話をしてるの怪の。
夜店、「くやどう」には、精々が、高校生辺りまでしか、行ってませんですが。
にしてもの、10歳辺りで、よくぞの、子ども、当方1人で、行かせて呉れたに相成るですが。当時は、そんなモンでして。
親が一々の、同伴、付き添い、監視役では、同行致さんわと。

云うたって、「くやどう」なるは、小学校区からは、外れてたですが。
云うたって、我が家からは、数百メートルでして。
まあな、そこまでの、道中にしたって、小学校の同級生の家々あるし。殆どの場合、近所の大人の誰かに、ばったり。
ばったりとは、合わずともの、見られてるです。後日、誰かから、居てたやろと。ウンと。

いやね。
事程左様の、子ども達は、大人から、見守られてた的、或いは、監視されてるの感あったです。
要は、外で、悪い事、出来んわと。

いやね。
当世、核家族化してるが故、又、誘拐と、するのか、奇妙なるの性癖のが、そこらに居てまして。
とまでは、申さんも、大人が、下手に子どもに声一つ、掛けるに、要注意人物、変な人的、警戒されるの時代。
又、余程で無いと、そこらで、遊んでるのが、どこの子かさえ、知らんわと。
そもそもがの、外で遊ぶの子も、僅少で無いの怪と。近所に、同学年のが、少なくて。


オトトの、コレ、話が、又もやの、逸れ出してるなと。
本題、「吉事重なり、凶事も重なるの話」やなと。

での、直近の事となればの。直近も、ここ数年に成るですが。
まずは、2015年の、6月8日、母亡くなるが最初哉と。

ここから、当方的、偶然にしては、出来過ぎの表現も、異の、そこから、三箇月経って、同じの組の婆様が亡くなって。
更に、四箇月経ったの、明くるの1月、組違うけれどの、町内会の爺様亡くなってもてね。
だけの事なら、偶々の偶然と、相成るですが。

当方的になら、この3名、敬老会の参加者でして。
では、分からんの、この町内会で、敬老会等々、参加するの面々なるは、この3名のみ。
それ程に、仲間意識希薄なるの、町内会でして。そらな、所謂の、新興住宅街の、最大の問題。
いやね、爺様とは、申してもの、町内会では、有名人のサンジさんと、苗字で無く、名で、愛称で、呼ばれてたの方でして。

基本的には、運の良い方での、小学校区の、大運動会では、一等賞の、自転車が当たったの方。
いやね。
余計なるの話の、自転車で、運動会にチラと来て。
その日、生憎の、雨降り出して。急遽、ここまでと、相成ってもての、抽選だけでもと。その抽選で当たったの、運ええなあと、感心したですが。
当たったの自転車なるは、町内会調達の、軽トラック、本来ならば、テント等々、運ぶがための、ですが。それで、自宅まで、運んで頂戴なと。
ソラ、自転車二台になっては、どもならず。


イヤイヤ、兎に角、申してるですの、我が町内会、110軒で、年に一度、あるや、無しやの、葬儀。
それが、偶々にしては、2015年度のみ、3連発の葬儀なるは、幾ら何でもの、多過ぎるわと。
その次ぎの年度には、葬儀無く。その又、次ぎの年度。とは、昨年度<2017年度>の事なれどの、二軒あったは、あったですが。
何故か、二軒共にの、世帯主で、家族葬。
イヤ、2015年度のは、家族葬に非ずの、極の一般的、通常の葬儀。

まあ、云うたら、変な話の、2017年度のは、区長たる、らっくやねえ。2軒あっても、「お知らせ」通知で、済んでまして。
その点、2015年度のは、三連発で、運悪くも、一発目、我が母でもありの、又、通常、恒例の、形式と、するのか、三役が受付せずの、異例のと、相成ってもてね。
イヤ、内情承知の、されどの、掲載致さんわと。

イヤイヤ、当方なら、申してるの、その手、葬儀には、必ずの参列故、必ずも、大袈裟なれどの、正確には、1度や、2度、用事ありで、欠席と、するのか、参列してへんのけどや。
そもそもがの、参列してる方、してるし、してへんの方、しやへんわい。
当たり前みたいな話で、当たり前に非ずの、よて、水臭いの面々の、多いの町内会也と、申してるです。
(18/04/17)


NO.2308 吉事重なり、凶事も重なるの話(17) 直近の凶事の話(2)

いやね。
2015年度の、町内会の三連発。
なるは、云うてるの通りの、町内会での話。
高がの、110軒で、三連発は、多過ぎるです。
かと、申しの、昨年度<2017年>は、二連発。
云うたって、一発目、昨年9月で、二発目、当年、3月でして。半年経過してるですが。
まあな、それだけ、当町内会も、高齢化が進んでる。とも、云えるですが。とか、云うたって、片方、隣家で、両人70代で、身近に過ぎて。

いやね。
三連発の方に、話戻しの、三発目が、2016年の1月也と。
そして、更に、4箇月後の5月に、これは、我が姻族と、するのか、過日、4月15日の、妹婿母の三回忌のが、当方的、四発目に該当に相成るです。

いやね。
この四発、当方的、よっく承知の方々でして。
そら、妹婿母なら、槇島時代の事、妹の結婚の件で、ご両親と、当人、婿殿、挨拶に来られ。
以来、当たり前だの、クラッカーの、親戚付き合いしてまして。親父様の葬儀にも、此度なら、お母さんの葬儀にも、年会にも、参列してまして。
ンの、ならばの、親父様の、年会知らんなと。

いやね。
実は、実はの、その妹婿母の葬儀の事。
奇っ怪なるの話は、置いといて。
とするのか、<参考>をと。
<参考=「不可思議の世界NO.32」NO.347 妹婿母がご挨拶に来られたの話(1) 13日の金曜日の真夜中の電話の話

いやね。
まずは、その、葬儀なるが、5月14日<2016年>でして。
当家、長男<神戸>、次男<長岡京市>も、通夜にと、呼びまして。
までは、結構の、その4日後の、18日、長男、出勤途上で、事故られて。当人、バイクで、先様、トラックで、道を塞ぐよに、信号でも無い場所にての、横断したがための、激突にての、右手、手首、左腕骨折。
その詳細なるは、<参考>をと。
<参考=「不可思議の世界NO.33」NO.359 長男、被害者、事故られるの話

まあね。
命に関わり無くの、ヨカツタですが。
当年<2018年>1月末には、左腕に埋め込まれてたの金具も取れて。
ンの、再度の、手術でね。
それも、この4月で、通院も、終えたですが。

いやね。
その次ぎ、あるです。
昨年<2017年>11月19日。
これは、次男家孫君3号の、七五三の日でして。
この時、次男、眼の調子がと。日曜日で、休日診療のあるの、二条駅の診察所に行ったですが。この時には、結膜炎と診断されて、嗚呼、ヨカツタなと。

ところが、相変わらずの、眼の調子がと、との事で、再度の眼医者<近所>に行ったならばの、即の、しかるべくの、大病院で、診察をと、相成って。
22日から、「大阪医科大学附属病院」に急遽の入院。
<参考=「単なる雑談NO.190」NO.2167 野暮用3件重なるの話(2)

いやね。
眼のヘルペスに寄るの、右目網膜の一部壊死との診断にて、当面、その退治のための、入院でして。
結果、まあまあと、するのか、経過的良好哉と、その年、2017年末には、退院出来たですが。

再度の、眼の調子がと。
2月28日連絡あっての、3月2日に手術となったです。
原因、網膜剥離を呈してると。えと。
<参考=「単なる雑談NO.200」NO.2264 吉事重なり、凶事も重なるの話(2)

いやね。
連絡あったは、28日で、その2日前には、眼の調子がで、病院には行って、再入院の話であったですが。
当方的には、先の通りの、28日に知ったですが。
その28日には、当方的、気になるの事、現象<参考>あったです。
イヤ、折しもの、強風にて、玄関先に取り付けてたの、魔除け、茅の輪と、祇園祭の、函谷鉾の粽が、吸盤式フック諸共の、取れてもてね。

いやね。
その日はそのままにしてたですが。
夜、次男より、手術の件、電話あっての、そかと、早速にも、明くるの日、ガチリと、取り付けたです。
そらねえ、吸盤諸共は、希有なるの事也と。二度と、取れぬよにと。両面テープ式のに、切り替えたです。
<参考=「単なる雑談NO.200」NO.2262 単なる雑談<魔除けシカリと、付けると、JAにて、洗車の話>

いやね。
それも、一週間程で退院にての。
再度の、一応の目安、3箇月後に再手術なれどの、結果、良好になって呉れればの。
ここで、この手の事、なるは、オシマイにして欲しいなと。
いやね、この手の事なるは、ご先祖様、神様、仏様、基督様にも、何とか、せよの、神頼みしか、出来ませんでして。
(18/04/18)


NO.2309 吉事重なり、凶事も重なるの話(18) 予兆、予見の話(1)

いやね。
本日<4月18日>、町内会の方、矢張り、世帯主が亡くなったの、「お知らせ」回覧がと。
既に、家族、身内で、葬儀済ませてるですと。へえと。
既も、4月3日の事でして。フウンと。

いやね。
当然の、この方、町内会の方故、承知は当然も、実は、当方、区長時代に、諸般ありまして。
イヤイヤ、もめ事に非ずの、何ちゅうかの、詳細なるの中身伏せるですが。
中身伏せると、説明厄介なれどの、外堀のみ、申せば、申すも、どんな具合にと、相成るですが。
要は、諸般あって、その御礼にと、枕カバーであったか、戴きまして。オッとの、そんな事、無用ですと、お断りしてるのに、まあ、云うたら、そんな水臭い事、云わんでもと。高がの、枕カバーですやんかと。

いやね。
水臭いも、何も、当方的、何もしてませんですと。単に、役目故の事でしてと。
とかとか、申し乍らも、どしても、受け取れと、頑として、譲られずで、戴いたですが。
イヤイヤ、正直には、それ以前には、話なんか、した事の無い方では、あったです。イヤイヤ、その後も、話はしてませんですが。
話をするの用事無く。

但し、朝晩、我が家の真ん前、車で、通られてましての、何故か、以来、良く見掛けるよに相成ってもてね。
イヤ、意図的に、見掛けてるでは無くの、偶々でして。偶々でも、見掛けたら、会釈なりは、してたですが。当方、誰ぞと、一緒にすなよの、基本、誰様であっても、承知の方には、無視なんか、致さんの、会釈程度、最低限の礼儀は致すわと。
そらね、先様、車故、見掛けて、会釈も、そのタイミングなるは、瞬時。
いやね、最近、そ云うたら、見てないなあと、チラと、頭かすめてたの矢先の、悲報で、フウンと。

いやね。
以て、これ又、三連発に相成るなと。
但し、昨年度で、2軒で、今期、1軒。
何を以て、三連発と、申したかと、なればの、世帯主で、家族葬故。加えての、皆様、70代。
云うたって、71歳のも居てるし、79歳のもで、幅広いですが。当世、70代では、チョと早いなと。
いやね、とするよりも、我が町内会で、最高齢何歳と、思うやの、106歳。この方、他を圧倒の、90代も、80代も、少なくての、70代と、60代が過半。
イヤイヤ、この、106歳の婆様、最近では、見掛けませんですが。以前には、外に出て、ウロウロと、するのか、散歩もされてまして。会えば、挨拶致したわと。

いやね。
余計なるの話、この婆様も、何度も、骨折されたか、歩行器の時代もあったり、してね。ンの、丁度の、当方、区長時代。
そらね、区長として、方々に、訪問してたです。よて、自然と、多くの方と接触も致し、様子も分かったです。
そらね、用事も無いのに、他家にピンポンの、パンと、呼び鈴鳴らしの、訪問致さんわと。
そらね、全戸と、までは、申さんの、殆どの宅様には、ピンポンのパンと、お役目で。


オトトの、とっとの、話、逸れたです。
この手、訃報の話をする積もりで無かったですが。偶々の、回覧で、回って来た故、へえと、あの方がと。
そんな意味でなら、今後は、諸般、年に1回は、無いの時代は過ぎたの哉と。当町内会、確実に、高齢化の一途故。
いやね、その手の話は、別途するの積もりしてるです。

いやね。
諸般諸々の、当方的、そらねえ、気に掛かるです。
一連の事、繰り返せば、母亡くなって以来、凶事連発。
その母、亡くなるの直前、数箇月前なれどの、には、関連の夢、多々見たは掲載してるですが。
<参考=「不可思議の世界NO.27NO.28」枕元に祖母の話>
<参考=「不可思議の世界NO.28」夢で、京都の家の話>

いやね。
云うたって、当方的、母亡くなると、とは、思てませんでして。
よて、祖母がと。我が枕元にかと。或いは、京都、仏光寺の家の奥の部屋で、ベッドで、しかも、天蓋付きの、なんか、そもそもがの、ベッドさえ、あらへんのにと。
これが、夢故、奇想天外の話なれどの、日本髪の女性ねえ。祖母の若い頃の写真で、そんなのを、見たの記憶ありまして。
全て、祖母也と、頭っから、思い込んでたですが。
イザ、冷静の、時経て、母亡くなりの、フウンのアレは、母哉と。もしかして、もしかしたらの話なれど。
とか、云うたって、元々が夢の話、世界でして。

いやね。
妹婿母の時には、亡くなったの時刻辺りの夜の遅くに、瞬時、電話が、リンと。
何事かと。その時には、なと。
結果、明くるの日、妹婿より、電話があっての、亡くなったと。へえと。

いやね。
何かの、知らせ的、夢なりの、夢は、まだ、理解も、電話のリンは、よ、分からんのけどや。
長男の、事故られたの件については、その手、予兆的、予見的なるは、何も無く。されどの、凶事連発は、連発の時でして。そらね、妹婿母の葬儀の直後。

そして、次男の最初の、ヘルペスに寄るの、網膜壊死の時には、何も無かったですが。予兆、予見の話がや。
されどの、2月28日には、あったし、なと。
吸盤式フック諸共の、魔除けの、夏越しの茅の輪、祇園祭、函谷鉾の粽が、強風で、取れてもてね。
その時には、嗚呼、単に、強風かと。吸盤式フックは、甘かったなと。明日にでも、吸盤式のデカいのを、強いのを、コーナンにでも、買いに行くかと。

の程度の事でして。
されどの、その夜、次男より、網膜剥離で、再入院の話がと。えと。
よて、超の簡単に考えてたの、取り付け法なるは、それは、ダメと。強固に、飛ばされたり、剥がれたり、せぬよにと。
そらね、単に、茅の輪なり、粽だけが、風で、飛ぶは、仕方が無いけれどの、取り付け具、諸共は、そは、経験してませんです。

とかとか、云うてるですが。
記載の通り、諸般、前兆、予兆的、現象、当方には、あるですが。
残念乍らの、それが、何を意味してるかが、その時には、皆目の分からんわと。
分かるのも、あるですが。

さりとての、自身、霊感ある。
などとは、全くの思てませんです。
これは、当方の立場的、知らせ的なるが、あるの哉と。
とは、思うですが、過日<4月12日>の、立命館大学電気の、同期生での、沖縄旅行相談会での、雑談、世間話にての、この手、話をしたですが。
オッとの、夢の話なれどの、誰1人、その手の事、体感なり、夢見してるのは居てへんでねえ。
それこその、同立場、長男君でさえ、無いなあと。フウンと。
(18/04/19)


NO.2310 吉事重なり、凶事も重なるの話(19) 予兆、予見の話(2)

いやね、余計なるの話。
諸般あるの、当方的、最大のは、東京の叔母でして。
<参考=「不可思議の世界NO.18から、NO.26」桜散る散る、花吹雪の話及び、続・桜散る散る、花吹雪の話>

まだ、あって。
同じの、表題の、一つに記載してるですが。
誤植に非ずの、「叔母」主体の話に、ぽつりと、「伯母」の話を掲載してるです。
そらね、叔母と、伯母の違いがある故に、親族でも、異なるわと。
<参考=「不可思議の世界NO.18」NO.210 桜散る散る、花吹雪の話(2) 話別件、伯母の話

ここでの、叔母は、親父の妹の事で、当時には、東京在住。
伯母は、母の兄<下の兄>の嫁の話で、ズと、京都在住で、黒門の方に住んでたです。まあ、云うたら、郁文中学校えの、通学路途上に家あったですが。

通学途中には、寄ってませんですが。そこには、従兄弟達3人<年下>も居てね。
その伯母も、当方をば、可愛がって呉れたです。
イヤ、矢張り、可愛がって呉れてるは、実感として、伝わるです。当人であるの、当方に。
イヤイヤ、東京の叔母も、当然の可愛がって呉れまして。そっちにも、従兄弟達3人。1人は、年上で、他は、年下でして。

いやね。
伯母は、伯父嫁故、当然にして、血縁で無いですが。
叔母は、親父の妹故、血縁でして。
そらね、血縁であるの方が、血縁故に、接し方も、違うですが。
そらね、叔母一家なるは、当家で、泊まるの事もありの。まあな、伯母方のは、近所故、それは無いですが。

いやね。
その時々に、その先の事なんか、分かるのモンかと。
只な、後日、諸般あっての、偶然にしては、出来過ぎてるわと。
只な、この関連付けなるは、強烈なるの印象あっての事でして。当方的、思うに、考えるに、他の面々にしても、何かあると、思うですが。関連付け出来るか、するか、だけの事とも、思てるです。
いやね。
当方にしたって、大きな事、周辺に起こっても、予兆的なるが、小さ過ぎる事では、関連付けるも、忘れてもてたら、出来んわと。

そらね。
長男両腕骨折の時には、その直前、妹婿母の葬儀でして。これが、その関連のが、デカ過ぎるわと。
その前には、母から、始まりの、町内会の三連発やでと。四発目が、その葬儀でして。その葬儀の直前、亡くなったの同時刻辺りに、電話がリンやでと。
何事かと。悪戯哉と。にしては、なと。

そらねえ。
電話がリンの、ワン切りも、偶には、あるけれどや。まあ、数年に1度有りや、無しやの、正直には、覚え、殆どあらへんわいと。
一度も無いかと、問われたならばの、無いと、自信持っては、断言、返答出来ぬわと。
そらねえ、ワン切りあっても、その後、何も無いなら、単なるの故、霧散、失念の、忘れてしまうの、つまらぬの事でして。

いやね。
その手の事、云い出せば、祖母の時には、予兆的、何も無く。
いやね。
そもそもが、当方、朝、出勤の際、祖母に、行って参りますと、挨拶と、するのか、当たり前だの、クラッカーの、声掛けてから、家出るですが。

いやね。
その当時には、祖母、当然の、二階の部屋には上がるは出来ずの、所謂の、寝た切り状態故、一階の奥の部屋に居てたですが。居てたと、するよるは、寝てたですが。

いやね。
当方出勤の際には、こち向いてまして。
いやね。
奥の間とか、居間、台所、とかとか、云うたって、仕切り、目隠しなんか、一切のしてませんの我が家。仏光寺の家では、なと。

いやね。
朝、顔洗いの、等々、朝飯なるは、申してるの、祖母、事故られ、骨折以来、喰わせて呉れるの、居てませぬ故、会社の食堂で、パンと、牛乳と、申してるです。
イヤ、母なら、その時間、寝てるわと。

いやね。
そんな事で、祖母は、こち向いて、布団に入っての、横になってるが故、行って参りますで、ウンと、頷くの時と、眼で、ンと、返答してるの時あって。
いやね。
殆ど、声出す事も無くて。無くても、結構の、以心伝心の、心の中なるは、云いたい事は、分かるわと。

気ぃ付けて、行ってきや。
でして。
これが、祖母の朝の言。

でや。
当然の、その日も、祖母に挨拶、行って参りますで、返答、眼か、頷いてか、までは、覚えてませんの、応答あったは事実の、出勤して、暫くしたら、家から、電話。
イヤ、当時には、ケータイなんか、あらへんわの。
代表電話の受付から、各部署の電話に転送で、電話のそばに居てるの、子、女性なれどの、電話を取り次いで呉れるですが。

での、出たら、祖母がと。えと。
いやね。
即の、涙し乍らの、愛車、当時は、ホンダのNⅢなれどの、乗って、戻って、聞けば、おそらくは、当方、出勤の際には、亡くなってた。
ので無い怪と。
或いは、その時辺り。
では、無い怪と。

いやね。
当方的、その時には、生きてたと。
そもそもが、祖母が、亡くなるは、夢にもの、想定してませんでして。

コレ、説明難しいけれど。
誰しも、そで無い怪と。
誰しも、永遠に生きてる、生きられると、なんか、思てませんですが。死ぬるは、余所事でして。

いやね、そらね。
親族なら、妹が、現妹の姉になるですが。生まれて、1週間程で、他界してるですが。
それは、夢の中での出来事のよでね。実感無く。
いやね、そらね。
当方、4歳<1951年>での、死の意味なんか、分かるのモンかと。

但し、産院、近所の、なれどの、「梅鉢産院」なれどの、歩いて、1分の、なれどの、日参の様子なり、葬儀の事なるは、鮮明に記憶してるですが。
云うたって、親族が沢山家に来て呉れて。葬儀の事、分からんの、嬉しくて、はしゃいでたの記憶。

いやね。
二階の間、祖母の部屋なれどの、そこで、母方上の伯父の親族の女性。
イヤ、それ以上の事、全くの知らんの方なれどの、着替えされててね。そんな事、お構いなしの、覗きに行って、それこその、家人、祖母やろ哉に、行ったらアカンと、叱られたと、するよりは、注意、小言の範疇の事、云われたを覚えてるです。

いやね。
よて、人間、4歳辺りより、諸般、記憶してるで無い怪と。
この手、日常に無いの、特異な事はと。

いやね。
その当時、時の事なら、妹が、戻ると、聞いて。
これは、夢の事と、とは、思てるですが。妹が、箱に入れられ、母方、下の伯父が自転車の荷台に載せて、我が家に運ぶ、連れ戻すの光景。
当方、その自転車の周りを、嬉しくの、踊りまくってたの、情景故、夢哉と。
この夢か、現<うつつ>の世界の事かは、定かに非ずの事も、今だ、鮮明に覚えてるです。

ンの、何の話をしてるの怪と。
いやね、親族なら、母方、妹故、叔母なれどの。の、長男の死も鮮明に記憶してるです。
これも、当方、何歳哉の。兎に角、小学校前なれどの、その家、七条通りであったの哉の。当時は、なと。
家に行けば、亡骸あって。夏場やったの哉の、ハエが飛んでたを覚えてるですが。イヤ、当方よりも、年下でして。

いやね。
それ以外の、単に、母なりの、祖母なりの、知り合いが亡くなっての、亡骸も、何度も、何度も、見聞してるですが。
葬儀にも、その小さな頃より、諸般、それこその、立場上、焼香にも、参じてるですが。
オッとの、当然の、母なり、祖母に連れられての事。

いやね。
そんな事でなら、親父と、その手、葬儀等々、出向いた事、無いなあと。
よて、当方、その代行的、連れらたの哉と、勝手に解釈してるですが。そら、長男故。

いやね。
結果、自然と、諸般の冠婚葬祭等々、見聞してまして。
オッとの、とととの、されどの、祖母の時、なるは、当方24歳。
それでも、親族、それも、親しいの、祖母が、死ぬるは、夢想だにも、してへんわと。
いやね、そらね。
顔見て、ンの、真っ青での、ンの、血の気、少なくの、ンの、死相哉と。
とかは、感じたりは、してたのけどや。

その当時なるは、それも、鮮明に覚えてるの、まだまだ、健康。
祖母が、二階の、自分の部屋、表の間に行くがため、階段を上がって来たの時の事。
要は、事故られるの前の話の、ンの、これが、祖母が、事故られるの、予兆的、感じたの事哉の。
されどの、時期的、よ、覚えてませんです。
されどの、されどで、よて、祖母が、亡くなるなりの、事とは、全くの、別次元の事的、考えてるわと。
(18/04/20)



inserted by FC2 system