シバケンの単なる雑談NO.196

雑談NO.191 雑談NO.192 雑談NO.193 雑談NO.194 雑談NO.195

雑談NO.160 雑談NO.170 雑談NO.180 雑談NO.190 雑談NO.195
雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.197

NO.2230 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(20) 仏光寺の家、買いたいの話(3)

NO.2229 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(19) 仏光寺の家、買いたいの話(2)

NO.2228 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(18) 仏光寺の家、買いたいの話(1)

NO.2227 本日の空模様、積雪、天気予報が気に掛かるの話(2)

NO.2226 明日の空模様、積雪、天気予報が気に掛かるの話(1)

NO.2225 歯科医院での話

NO.2224 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(17) 仏光寺の家、案外に広かったの話

NO.2223 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(16) 奥の間、二間を一間にしてたの話(2)

NO.2222 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(15) 奥の間、二間を一間にしてたの話(1)

NO.2221 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(14) 何故に狭く感じるやの話

雑談NO.195


NO.2221 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(14) 何故に狭く感じるやの話

いやね。
今頃ですが、ハタと。
初夢見たの哉と。
見てない、とは、申さんですが。見た、とも、云えずの、中途半端でね。
意味なるは、夢見たの記憶はあるですが。中身、皆目の覚えてませんでして。
よて、見たとは云えず。

いやね。
ならばの、正月元旦から、イツまでの夢を初夢と、するの哉と。
一説、二説の、沢山の説あるですが。
正月元旦に見た夢、初夢。元旦から、2日に掛けての夢とか、7日正月までとか、11日とか。
はたまたの、一番に緩いの基準、説なら、1月中とかや。
鏡開きの、11日なら、当方、誕生日の日で、過ぎたですが。小正月なら、15日前後の日で、コレ又、過ぎたですが。
1月中なら、まだ、間に合うなと。

いやね。
年明けて、最初に見た夢、初夢とするなら、1月中とは、限らんでして。
いやね。
夢なるは、覚えてて、こその、夢でして。覚えて無い夢なら、夢とは、云えんなと。
そんな事なら、ここ暫く、数箇月。
イヤ、一年以上、夢なるは、記憶してるの、出来てるの夢なんか、全くの、見てへんなと。

ならばの、覚えてるの、直近なるは、母が亡くなる<2015年6月8>の直前の、摩訶不思議の夢でして。
これは、二つ、見てるですが。ここでは、割愛致すです。
そら、度々と、する程の、度々では、無いけれどの、中身、詳細、掲載してるわと。


オッとの、何の話をしてるの怪の、家族全員、揃た時の、食事の場所の話やなと。
云うたって、年何回怪の、まあ、2回。
正月と、5月の連休でして。
夏場の、お盆の時期なるは、嫁はんの里、四国でして。家族、全員、総勢10名様で、でして。

ンの、いやね。
ならばの、香川、仁尾の義姉宅。
或いは、比地木の、義母の小屋は無理なれどの、義兄宅なら、その気に成ればの、10人程度、何とでもなるなあと。
義兄宅では、10名が、食事したの事、無いけれどや。

いやね。
義姉宅なら、この10名様、寝泊まり、飯も、喰うてるです。
更には、当然の義姉一家、夫婦と、姪と、その息子と、甥一家4名様の、都合の、8名が加わったら、何と、まの、18名に相成って。
その人数にて、飯喰てるし、泊まってるし。

いやね。
特段の、豪邸に非ずの、極普通の民家。当たり前だの、クラッカーの、普通の人で、家で、農家でも、何でもあらへんでして。
いやね。
基本、比地木にしても、仁尾の家にしても、大勢が泊まると、するのか、会食、集まるを想定の、間取りしてるの哉と。

いやね。
それ、云うたら、京都、仏光寺の、我が家も、狭い乍らも、十人やそこら、来ても、入っても、飯は喰えるし、何とでもなるの間取りでして。
イヤ、当家、親父の代なるは、単なるの、「電気屋」でして。
店構えなんか、貧弱の、でして。
派手に、手広くの、商いしてるなら、当方、一応は、電気工学科専攻故、家業継いでるわと。

いやね。
どちから先にと、ハタと、迷い出し。
どちとは、我が家からか、四国、香川の方の間取りかと。

まあな、我が家からの方が、順当哉の。
ここも、何度も、触れてるの、15坪か、13坪か、正確なるは、知らんけど。計っても、いてませんの。只な、建蔽率云々の話の無い時代、頃の建家故、地面、土地一杯、一杯の家でして。

そらな、表は、多少の、奥まってたですが。多少でして。軽自動車、ホンダの、NⅢなり、Zを駐めるに、タイヤの片側、溝蓋を超えててね。
意地悪警官に、車庫違反で、罰金取るぞと、脅されたの程でして。
車庫違反ねえ。確かに、軽自動車の場合、車庫証明不要でして。

オッとの、そんな話、するの積もりで無くの。
土地面積、僅少も、当方記憶の範囲なら、結構広かったわと。
そら、先の通りの、建蔽率の問題でして。庭なら、表には、無いけれどの、裏庭あったわと。

そらな。
この裏庭のお陰で、気分的、のんびりしてたです。
特段の、何も無いの、裏庭でして。且つは、狭いのけどや。狭い云うても、広く感じてたです。
再度の、特段の何にも、無いけれどの、奥の部屋、間から、呆けっと、眺めてて、落ち着いたです。

いやね。
何も無いも、そら、渡り廊下あって、その先には、男子便所が。その先には、大便所の小屋と、するのか、囲いがあって。
そこには、手水石があったです。柄杓で、汲むなりして、手を拭いて。
更には、物干しの、棒が二本、突っ立っててね。
後は、塀なれどの、何ちゅうかの、暇なら、呆けっと、眺めてた、なと。

オッとの、それでや。裏庭も、どの程度の広さか、分からんですが。二坪、三坪<みつぼ>くらい哉と。
何ちゅうかの、家に入るは、家の、右手からで、左手には、電気屋故、店になってて。そのままに、タタキがあって、裏に、裏庭に、行けるですが。これも、広く感じるの要素哉と。

間取りなら、その店がありの、台所がありの。奥には、居間でして。皆、六畳の間と、思てるですが。
いやね。
六畳も、所謂の京間故、広いんやと。
いやね。
それが、一直線と、するのか、三部屋、並んでまして。店は、仕切りがあるけれどの、台所と、居間は、襖があるですが、基本、解放。

いやね。
それが、ウナギの寝床の、構造でして。
云うたら、何やけれどの、敷地面積にしては、広く感じるなと。

えらく、話が、逸れてるよ、なれどの、この構造故、広く感じて、且つ、広く使えるです。
いやね。
実際には、十人も、二十人もが、集まったの事、あらへんですが。
台所と、奥の間、居間で、十二畳で、京間で、広い故、その気なら、一同に会せるです。

いやね。
台所ったって、そこで、調理する場所で無くの、食事するです。
流しは、タタキのところにありまして。タタキには、オクドさんがあるし、物置もありまして。
且つは、当世とは、違いの、椅子生活に非ずの、食事も、畳の間で、座るです。椅子生活で無いが故、所謂の卓袱台でして。椅子よりは、自由度高く。

いやね。
当家、一番人数多い時で、総勢7名が住んでたですが。
その卓袱台囲んで、狭くも無くの、食事してたわと。

いやねえ。
もしかしたら、その卓袱台、現、当家の、櫓炬燵の、机よりも、大きかったかもなと。
イヤイヤ、会して云々の時、特段の机なんか、いりませんでして。座布団さえ、あればと。
そらな、家族が、会すると、何かの寄り合いでは、違うわと。

オッとの、どちにしたって、京都、仏光寺の家、面積的には、亀岡の半分程度なれどの、建蔽率が違うし、家の中も、建て方も、全然の、違うし、広く感じるし、事実、建家そのもの、広かった、なと。

いやね。
どちにしろ、当家の場合、基本、年二回の、家族全員10名様が一同に、食事出来たらの話。
構造的、六畳の間でと、なればの、櫓炬燵の机が邪魔や、なと。
これが、諸般、制限されるに相成って。

いやね。
話簡単、正月なら、ホット・カーペットにしたら、堀炬燵はいらんわと。
ンの、堀炬燵にするの以前は、それでしたです。ホット・カーペットでしたです。
(18/01/19)


NO.2222 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(15) 奥の間、二間を一間にしてたの話(1)

いやね。
歯の方、右上奥歯、奥から、2つ目、3つ目辺りの違和感。
まあ、云うたら、虫歯感。
実際には、歯周病と、思てるですが。
イヤ、過年、虫歯と思い、歯医者に行けば、歯周病と診断されて、歯科衛生士なる存在、知ったですが。

いやね。
その感覚でして。
歯周病と、虫歯感似てるです。当方的には、なと。

いやね。
歯医者に電話一発、した日の朝方までは、その辺り、右上奥歯なれどの、歯茎が、膨らんでまして。歯ブラシで、歯磨くに、痛くてね。血も多少は出てまして。
それも有りで、歯周病と。

それがや。
電話一発、予約した、途端に、その違和感、薄れてもてね。
現在唯今、歯茎の膨れも解消してまして。
イヤ、違和感の方、薄れてるとするも、解消までは、してませんですが。予約の日、来週月曜日には、ど哉と。この調子なら、更に、改善に向かうと、思うですが。

まあな。
当日、解消してたら、結構なるの、先生には、状況、ありのままに、伝えるかと。先様、専門医故、虫歯なら、虫歯で、歯周病なら、それで、別途のも、分かるやろと。
当然の、歯の掃除は、してもらうです。

にしてもの、何故に解消に向こてるかは、分からんですが。
多分なら、その辺り、違和感あるの歯の辺りをば、念入りに歯磨きしてるから哉と。
それ以外に、何もありませんでして。


そんな次第の、斯くなるでの。
いやねえ、それにしても、このところ、右膝、皿の辺りがで、整形外科に。左目、逆睫がで、眼医者にで。
そして、鼻水タラタラ、クシャミ三回、ルル三錠で、耳鼻科に、でして。
まあね、歯医者は、歯の掃除で、定例化し出してるですが。
このところ、首から上の、調子の悪さが重なってまして。それ、云い出したら、耳鳴り症なるは、医者通いしてませんですが。

月が替わって、2月7日には、健康診断結果からの、当方選択、胃の萎縮性何たらと、ンの、胃部粘膜萎縮性胃炎でしたの、PSAの精密検査か、再検査か、それは、先生の判断なれどの、してもらいに、円町<地名>に行くの予定でね。
場所的、嵯峨野線で、円町駅で降りて、徒歩5分らしく。車で、行ってるよりは、なと。場所知りませんでして。地図なら、分かってるですが、その界隈、知らんがな。
とかとか、いよいよの、医者浸けになて来たの怪の、厭や、なと。

オトトの、話は、家の間取り、構造の事でした。
目的、年に何回あるやの、我が一家、全員で、食事するの場の、構想、算段でしたです。

いやね。
亀岡の我が家の、二階なら、六畳と、四畳半の間の襖を退けたら、十畳半に相成って、10人や、そこらなら、楽勝なれど、です。
よ考えたら、人数分の、食器、料理、運ぶに、一階からでは、大変ぞと。料理屋やあるまいにの、エレベーターなんか、あらへんわと。
喰たら、喰たで、下に降ろさん事には、洗いも出来ず。
持って上がったり、降りたりなんか、危ない事、やらせられんわ、やてらんわと。
そらな、オヤツ程度なら、可能なれど、です。

そんな事で、現亀岡に非ずの、仏光寺の家の話をしてたですが。
あそこ、今、考えたら、結構便利で、広く使えるの、作りでしたです。

いやね。
記憶辿れば、奥の部屋、居間なれどの、二間を一間にしてたよなと。
意味なるは、元々が、六畳の間と、二畳の間であったよな感してまして。その六畳と、二畳の間の仕切り、襖なりは、外してもて、あらへんでして。
よて、結果的、八畳の間として、使てた筈と。

そらね。
京間で、八畳なら、広いわと。
いやね。その二畳の方と、するのか、二畳の方やねえ。要は、六畳と、二畳が、並びであって。その二畳程度の片隅、西向きに、当方の勉強机を置いてた時期があったです。

いやね。
小学生時代には、勉強机なんか、ありませんでして。元々が、勉強なんか、してへんけれど。
勉強机を置いてもろたは、中学生になってから。
それまでは、どしてたかと、なればの、卓袱台が勉強机。
くどいけど、小学生時代には、勉強なんか、してへんわと。帰って来るのと、出てくが一緒。
唯今と、挨拶したら、モ消えてまして。

そして、中学生になったの頃、上の叔父、結婚して、独立しまして。
「南会館」、映画館なれどの、方に引っ越して。

ついでになら、高校生になったの頃、下の叔父は、1人暮らしを始めまして。
叔父達、二階に居てまして。結果、二階が空いてと、するよりは、元々が、祖母も、二階の部屋でして。殆どは、下の、台所が主たるの居所でしたですが。

ンの、ややこしい、けれどの。
台所も、居間みたいなモンでして。
そこに、テレビも置いてたし、電話もありまして。飯も、喰てまして。
ならばの、台所が、食堂であり、居間も兼ねてたの哉と。
ほらなの、奥の間は、何じゃと、なればの、そこで、我々、寝てたです。
寝てた、云うたって、布団等は、一々の押し入れに仕舞てまして。それが、その当時の生活風景での、どこ様も、一緒。

いやね。
当世の如くの、ベッドの生活知らんわと。西洋カブレみたいでね。
イヤイヤ、当方、今だ、ベッドを知らんわと。
オッとの、槇島に住んだの当初の、一時、一年程度哉の、ベッドで、寝てたですが。違和感あって、止めて、廃棄処分。

いやね。
云うてるは、布団なるは、寝る時、出して、起きたら、押し入れに片づけるのモノでして。
それを、キチン、キチンと、やらぬの、無精で、布団を出したままのを、称して、万年床と、申すですが。
万年床とは、独身男性の、無精者の代名詞。女性がそんな事、してたら、嫁の貰い手あらへんわと。
はたまたの、病人かと。昔には、入院なんか、しやへんしと。
オッとの、当世のよに、入院出来るよな、大病院僅少でして。そもそもがの、医者通いも、殆どしてませんですが。

ンンの何の話、してるの哉の。
斯くなる次第の、斯くなるでの、よ考えたら、土地の面積、僅少なるも、店六畳、台所、云うたって、居間兼喰うの場所なれどの、六畳で。
居間、奥の間、六畳に加える事の、二畳で、八畳の間故、そら、京間で、八畳なら、多分なら、現六畳の間の軽くの倍の面積でして。
町内の寄り合いでも、するの気になればの、出来るわと。

いやね。
台所で、大人、最大の家族数、七名様でしたですが。その程度なら、軽くの一同に食事も出来てたわと。
そらな、叔父達、一応、結婚したり、1人暮らしを始めても、月に何回かは、戻って来てましての、上の叔父は、偶の、自分だけですが。一緒に食事をしてまして。

イヤイヤ、七名、八名やからと、台所、満席にはなってませんでして。
そこに、当時、大阪、梅田に居た、叔母一家、5人<従兄弟3人>加わっても、左程になの、総勢12名様になったですが。正確には、成るの時も、あったですが。
オッとの、大阪に居たは、当方、小学六年生まで、でして。
まだまだ、嵩知れてたですが。
(18/01/20)


NO.2223 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(16) 奥の間、二間を一間にしてたの話(2)

いやね。
大寒ねえ。
にしては、左程に感じませんでして。
昨日、一昨日の方は、暖かく。それ以前が、寒かったよに、思てまして。
但し、天気予報的、来週火曜日辺りから、週末までは、雪の可能性大ですて。へえと。

いやね。
実は、その来週、水曜日<1月24日>と、木曜日に、神戸に行く積もりでして。
目的、長男の左腕の骨折手術で、入れた金具とするのか、金属やねえ。外すですて。
イヤ、結構なると。

そらね。
歳喰てたら、そのままにしときましょかと、相成るですが。
外すは、若いから、でして。
当方も、過年、20年以上に成るですが。足の骨折で、金具入れられたですが、概ね、1年半後に外すの手術受けたです。

ンの、よ考えたら、長男も、事故られたは、2016年、5月でして。1年半は経過したになるです。
但し、思うに、考えるに、足と、腕では、骨のくっつき方が違うです。
一見、足の方が、辛いよに、見えるですが。違うです。
過日にも、掲載してるですが。足の方は、歩くが故、体重掛かるが故、ギブス、装具を外して、歩く、走るは怖いは怖くの、その恐怖心を克服するに、日数要するですが。
反面、骨の繊維の成長、くっつきは、刺激と、するのか、加重が掛かる事によりの、擦れてと、するのか、刺激を受けて、加速されるです。

がしかしの、腕は、加重が掛かりませんでして。
その理屈からは、刺激を受け難く、くっつき緩慢の可能性がと。
かと、申しの、くっつき具合なるは、レントゲンで、分かりまして。大丈夫故、外すの手術をするのであって。

いやね。
実は、当方の骨折したの左足。
右足と比較しての話の、ゴツゴツしてるです。意味なるは、折れた箇所が刺激を受け、受け、今尚、骨が成長してるの哉と。ンの、今とは、限らず、骨折以来、ドンドンと、成長してるの哉の、最早の、止まってると、思うですが。
気が付けば、ゴツゴツと、突起と、するのか、膨らんだ箇所、散見するです。触っても、分かるです。見てるだけでは、分からんの、微妙なるの量でして。

いやね。
その手術の、見舞いと、するのか、何ちゅうかの、勇気付けとでも、云うのか、嫁の手助けなん哉の。
何でも、結構の、行くの積もりなれどの、雪では、困るなと。
その場合、電車で、行かな、仕方が無いですが。
いやね。
昨年より、何故か、神戸の時には、台風が来たり、致してね。21号が、22号がと。その真っ直中に、神戸でして。


そんな次第の、斯くなるでの。
仏光寺の家ねえ。
そらねえ、台所には、テレビで、夏なら、扇風機で、冬になれば、火鉢。
結果的、居間的、皆が集まるの場所、台所でありに、居間と、するのか、奥の間には、当然の、床の間ありの、仏壇鎮座で、箪笥も二棹置いてあり。

いやね。
当方、中学生の頃には、勉強机も、置いてあり。
床の間ったって、掛け軸程度は、掛けてあったと、思うけど。物置場と化してたですが。

いやね。
三月の桃の節句では、お雛さんが、これ、五段あったの哉の、立派なのを、飾りまして。
五月の端午の節句では、大将さんを飾ったりの、場でしたですが。その大将の刀を抜いて、オモチャにしてたの、記憶鮮明。
そら、その程度しか、オモチャがあらへんわと。
張り子の虎もあった、ですが。髭がありませんでして。祖母なりに、問えば、おまえが取ったんやと。へえと。
いやね。
虎の首、ぶら下げるの式での、振れば、動くですが。それが、怖い故、せめてもの、髭を抜いたれと、全部、抜いたですて。フウンと。

いやね。
話、少々、逸らせるですが。
昔の家、京都の家の事、申すですが。
京都は、兎角に、敷居が高い等々、云われてるですが。現代風家屋の方が、拒絶感あるです。

いやね。
ウナギの寝床なるは、玄関を入って、タタキ、用は土間でして。ヅと、土足で入れまして、家の中、その気なら、裏庭まで、行くが出来るですが。
いやね。入って、履き物脱がずともの、横手、居間なり、台所でして。まあ、云うたら、玄関の床よりは、広くて、上がる事も無くの、そこに腰掛け、話出来るです。

そらね。
家によっては、居間で無く、比較的の広い、玄関なれど。
イヤイヤ、ご近所の奥様方、チョイと、野暮用、雑談にも、来られたです。そこに、腰掛け、結構の長居もされて。
が出来るの雰囲気が、当時の家にはあったなと。

いやね。
当世、我が家も、町内会の、どの家も、似たよな構造、作りでして。
玄関から、上がるの事、殆どありませんでして。上がれるの雰囲気で無く。どしても、京都の家と比較したなら、拒絶感、漂おてるなと。
そらね、土足のままで、家の中まで、入ってしもての、居間か、台所かの、家の中が見えるの場所で、腰掛けての話をするのとでは、全然の違うわと。

オッとの、そんな事で、京都でなら、居間、奥の部屋まで、上がって戴くは、大体は決まってまして。
坊様とか、しかるべくの、知人、親族等々でして。
まあな、上がって戴くなら、台所では、なと。

いやね。
どちにしたって、京都の家の構造からは、現亀岡の、よりは、広く感じてるです。
それは、矢張り、タタキがあって、裏庭も、庭らしくの、してあって。
何より、部屋が、襖さえ、開けたら、退けたら、間が続くです。
台所、六畳、居間、六畳に加える事の、二畳があって、都合の、十四畳は、広いわと。

いやね。
二階はねえ。狭かったです。
そもそもが、天井低く。その上、真ん中の部屋、結果的、高校生からは、その部屋が当方のになったのけどや。
これが、六畳の間で、前後にも、六畳の間は、あったには、あったのけれどの、中二階故、天井、尚低く。立てば、天井に頭がくっつくの程度での。
実際には、くっつかへんけれどや。それ程に低く。
奥の方は、物置部屋と化しの、部屋の奥の方なんか、何があるかも、知らんかった、わと。

いやね。
表側は、祖母の部屋でして。
足、腰、交通事故にて、骨折までは、元気に、二階に上がって、寝てたですが。
朝早くに起きて、用事してまして。
イヤ、我々の朝食の準備でして。皆、祖母に喰わせてもろてましたです。

いやね。
余計なるの話。
その事故られるの、直前、祖母、二階に上がって来ての、顔、土色に見えて。
要は、血色悪く見えて。
体調崩してるの哉と、思いもしの、何やら、悪い予感覚えたを記憶してるです。

オッとの、余計なるの話をしてもてね。
事程左様の、仏光寺の家、産まれ、育ったの家でも、あるですが。
最早の、あらへんですが。建家、壊され、別のが建ってるのらしくの、更地になてもたの時までは、家の前、何度か、通過したけれど。

そらね。
暫くは、散髪も、その近所ので、やってもろて。
それがため、家のソバまで、来てたですが。
ンの、車、当時なら、ホンダのNⅢか、Zなれどの、どこに置いてたの哉と。旧我が家前になんか、置けへんしと。
多分なら、車は会社に置いたままで、電車、阪急か、バスで、行ったの哉と。

ンの、話元に戻せば、京都、仏光寺時代の家、面積の割には、広く感じるの構造でしたです。
理由、部屋が、横なり、縦に、では無くの、ずどんと、真っ直ぐに繋がるが故。
且つは、京間でね。
(18/01/21)


NO.2224 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(17) 仏光寺の家、案外に広かったの話

いやね。
何か、云う事あって。
いつも、失念してしもて。
で、此度も、同様、云う事あった筈と、ダケは、覚えてまして。
がしかし、イザの、その時、その段になれば、えと。何やった怪なと、相成って。コマツタなと。
忘れてしもてる故、大した事、中身でも無いの哉と。

いやね。
そんな事で、明日<1月22日>は、朝9時、歯医者でして。
基本、歯科衛生士に寄るの歯の掃除。加える事の、右上奥歯の違和感でして。探索、検索結果、奥から3番目の歯の歯茎が後退してるのか、歯との間に隙間が感じられ。
以て、医者先生に、歯科衛生士にも、具体的に伝えるが出来るなと。
結果、矢っ張り、歯周病故、又、数日後に来いと、成るかもなと。
どちにしたって、明日朝には、少々忙しいです。
そらね、歯の掃除をして戴くにしても、歯磨きなるは、念入りにで、鼻毛も、処置する方がと。

いやね。
当方、鼻毛が矢鱈、延びまして。鏡見たら、チョロと、見えてましての、格好ワルツと。
そらね、この歳でも、その手の事、気は使うわと。
云うたら、その他、散髪にでも、耳鼻科にでも、人と会うにしてもの、その事も含めの、諸般諸々の身嗜みと、するのか、鼻毛も、歯磨きも、念入りにの、髪の毛バサバサにも、櫛入れたり、のと。
これは、一応は、なの部類なれど、です。

いやね。
ここだけの話、でも無いの、当方、余り、身嗜みの方、気にする方で、ありませんでして。
まあね、そこらに出掛けるのと、同窓会なりで、学友に会うのとでは、そらな、違うけど。

いやね。
そんな次第の、斯くなるでの、京都、下京、仏光寺の家。
ここは、借家でして。本籍の丸屋町、綾小路、大宮の方なら、所謂の祖父の代には、自宅でしたですが。判子一発、保証人になって、没収されてもてね。
事実上、そこは、知らんです。知らんとは、家の規模、中身の事。場所なら、歩いて、数分故、知ってるわと。

いやね。
今更乍らの、つらつら、考えるに、土地は狭かったと、頭っから、思てたですが。イヤ、仏光寺の家の事、なれどの、こして、考えたら、案外に広かったんやと。
但し、内風呂ありませんでして。
よて、夏場なら、裏庭に盥出して、行水したと、申してるです。

いやね。
内風呂ねえ。町内でも、内風呂のある宅様、案外に少なくて。
さりとて、どこどこに無いは、正確には、知らんですが。
只ね、仏光寺通りを、西え、郁文中学校までは、行かんですが。道中に、銭湯あって、「白山湯」と、称してたですが。週に何回の話なれどの、行ってたです。

いやね。
そこで、中学校の同級生とか、町内の子とか、ばたりと、会おては、長々の雑談と、するのか、風呂で、遊んでたですが。
今更の、よ考えたら、銭湯で会うの面々なるは、内風呂の無い家の、でして。

いやね。
当時、その手の事、一々の考えも、してませんでして。
単純に、風呂で時々会うなあの、程度。

オッとの、それでや。
仏光寺の家、裏庭眺めて、落ち着いたと、申してるですが。原因、隣家、裏手の家からは、見えませんでして。
イヤ、こちから、見えぬ故、あちからも、見えずと、思てるですが。そらな、背高延びして、覗く気になれば、ソラ、覗くは出来るですが。そんな失礼、野暮、余計な事、考えた事、ありませんです。
さもなくばの、男子と云えどの、裏庭で、行水なんか、するモンかと。

いやね。
云うたら、何やけれどの、両側の家には、ホボの、同年の女の子が居てたわと。
ンの両側どころか、我が町内に、当方同年なら、2人。一歳、二歳の、上も、下もの、女の子多く。
モと云うたら、同級生の女の子も居てたわと。
同級生とは、小学校で、クラス一緒。ついでになら、中学3年も一緒のクラスでね。堀川高校も、一緒になったけれどの、流石に、そこまでは、クラス一緒には、なってませんでして。

いやね。
ついでになら、中学3年の同窓会、度々の開催してるですが。当然の、その子も参加してるです。
承知、記憶の範囲、前回のみ、欠席でしたですが。

ンの、何の話哉の。
現亀岡の家とは、構造全くの違いまして。
ここでは、まさかの裏庭にての、行水なんか、間違おても、出来んわと。子どもなら、イザ知らず、なれど、です。
そらな、隣家、両隣からも、裏手の三軒からも、その気に成らずともの、自宅裏に出たら、見えるわと。二階の物干し、ベランダに出たら、一発でして。並びの家の様子、あくまでもの、ベランダの、なれどの、一発、見えるわと。
よて、裏庭を眺めてて、落ち着くなんか、トンでもの、裏庭になんか、早々の出るもせず。

いやね。
その辺り、仏光寺の家なら、二階の窓、奥の方なれどの、他家見えませんです。
特段の目隠しされてるでもあらへんですが。家の屋根、構造的、微妙に見えず。的、隠れた箇所にて、工夫がしてあったやに、伺えて。

いやね。
ついでの、余計なるの話の、当世の家々では、その手、工夫されてませんでして。
その気に成らずとも、見えるなと。

いやね。
更なるついでの話の、よて、現亀岡の家で、余所様、ベランダに下着だけで、出ててみい、へえと、感心致すです。
オッとの、それ、既に転出で、居られませんの宅様の男性なれどの、よくぞ、そんな格好で、ベランダに出るなあと。
イヤ、余所様から、見えるが故、申してるです。
イヤイヤ、仏光寺の家の裏庭で、夏場の行水、余所からは、見えぬが分かってるが故、してた事。

オトトの、それでや。
何が云いたかった、かと、なればの、今の、今までと。
までは、申さんの、ついの、先日、数日前までは、仏光寺の家、精々が、十五坪程度と、思てたですが。
どっこいの、そんな坪数では無いなあと。されどの、四十、五十もは、無いですが。三十坪辺り哉と。

いやね。
何故に過小評価してた、かと、なればの、店があって。
その分、実質的、除外してたです。更には、土地面積、殆ど、建家的、勘違いしてまして。
立派なと、するは、語弊の、裏庭は、案外に広く。まあ、云うたら、車一台なら、軽くの置けるの面積あった、なと。
車なんか、そこには、入れられませんですが。タタキ、土間なんか、人、1人が通行と、するのか、行き来出来る程度の幅でして。

いやね。そらね。
現亀岡の裏庭には、目隠しされてるの宅様、多いですが。当家、その手の事、してませんでして。
したらなあ、狭っ苦しいなるわと。
よて、解放状態にての、物置を置いてましての、他は、鬼門は、土盛っての、草木植え。以外には、鉢植え置いてまして。
面倒見るは、嫁はん、なれど。
(18/01/22)


NO.2225 歯科医院での話

いやね。
本日<1月22日>。
予定通り、朝9時、歯科医院に行って参じたです。

いやね。
出るまでには、歯を何回、磨いたか、うがいしたか。髭も念入りに剃りの、鼻毛も要確認致し。
外行のズボンに履き替え、バンドして。
健康保険証、健康保険高齢受給者証<70歳以上の2割負担証>に、診察券にと。保険証の類は、小物入れに入れてあるですが。
イザの時、役立つよにと。
そして、靴は、どれを。上衣はと、出るに諸般、迷いつつの、財布もなと。

いやね。
出て、1分は無理も、2分、3分で到着でして。
先客、3名様。歯科医院で、病院で、先客の表現、異なれど、先客は先客でして。先患者とは、云わんしなと。
イヤイヤ、着いたは、9時に1分前でして。

いやね。
すぐにも、呼び出しあったですが。そら、予約制でして。
只ね、いつもの、歯科衛生士に非ずの、いつもなら、妙齢の美女でして。云うたって、診察台に寝かせられの、目隠しされの。先様、美女に寄るの、歯の掃除でして。
美女とは、云えどの、顔なんか、殆ど、見えへんわ、見てへんわと。まあ、云うたら、最初と、最後だけ。
それも、まじまじの、ご尊顔拝してませんでして。歯科医院以外で、バタリと、会おても、分からんわと。
以前の、なら、受付嬢なら、コンビニにて、バタリで、分かったですが。ソラ、年季が違いまして。こちは、これで、何回目怪なの、兎に角、昨年<2017年>5月からでして。

いやね。
呼び出しされたは、まあ、云うたら、中年女性で、えと。
そらな、三十代哉のと、五十代哉のでは、分かるわの、へえの、此度、この方かと。はたまたの、あの方、止められたの哉と。
とは、思えどの、そんな事、聞けませんの、果たしての、この方、歯科衛生士か、看護師かも、分かりませんでして。

いやね。
案内され、そこにと、指示されたの、診察台に、腰掛けまして。
目の前のモニターには、当方の歯のレントゲン写真が、映し出されてましての、その中年女性曰くに、電話での話、聞いてますのでねと。
要は、歯の違和感の件。

よて、申したです。
右上、奥から、3番目の歯に違和感がと。ども、歯と歯茎の間に段差が伺われと、申したならばの、現在、先生、診察中故、先に、歯の掃除をしますねえ。
その前に、検査させて下さいねえと。

いやね。
その結果は知らんですが。歯の掃除の前に、歯間ブラシの話をされて。
とするのか、レントゲン写真を見乍らの、当方の顎の状態と、するのか、歯の土台の骨の件で、年齢の割には、しっかりしてるですと。へえの、サヨですかと。

いやね。
当然の、この歳故、相応に痩せて来てるですが。骨が、です。顎の、です。歯の土台の骨が、です。
この辺りの歳の面々との比較と、するのか、水準的には、遙かに、しっかりしてるですと。
そらね、褒められてる故、悪い気はしませんですが。

その上で、矢張り、年齢的にも、歯と、歯の隙間が空いて来てましてと。
その隙間を歯間ブラシで、掃除する事をお勧めしますと。フウンと。

いやね。
当方の場合、「SS」ですて。へえと。
歯間ブラシにサイズがあるを、知りませんでして。あるのやなと。
それ以前の、歯間ブラシの存在、知らんかってね。糸楊子を想い浮かべたですが。

いやね。
実際に、歯間ブラシを見せられ、嗚呼、こんなのがあるですかと。
それで、歯と、歯の隙間、根本の方なれどの、通すと、白っぽいのが、附着しまして。これが、虫歯なり、歯周病の原因ともなるの、まあ、云うたら、黴菌の塊ですと。フウンと。
確かに、喰たモノの、滓等々、黴菌が繁殖し易いの環境では、あるです。
適度なるの温度、体温あって。唾液等々、水分あって。完璧に条件揃てまして。

いやね。
そんな事で、まずは、歯間ブラシで、歯間の掃除をして戴きまして。
こんな具合に、隙間、隙間を通すだけです。通らないなら、無理して通す事もありませんですと。とかとか、云い乍らの、全部、通ったかと。
で、兎に角、「S」ですしと。ハイと。

そんな事で、再び、先生をと、席外されたですが。
まだ、ですねえと。先に、歯の掃除を致しますと、概ね、15分程度哉の、軽くの、掃除して戴きまして。
再度の、先生をと、席外しの、先生より、レントゲン写真を撮るよにと、との事ですので、あちらの方えと、案内された先は、レントゲン室。
イヤ、二度目でして。

いやね。
鉛なんやろねえ。それに、フィルム被せの、口にくわえてくださいの、ハイ、オシマイと、撮影終わり。
先刻までの、診察台、この場合、処置台と云うのやろかねえ。歯の掃除故。

いやね。
戻るの道中、ンの、場所、どこやったの怪の、瞬時、迷いの、覗いたの先、老年男性、歯の掃除してもろてましての、嗚呼、違うなと。
無事に、席に戻れたですが。

いやね。
担当女性、ども、歯科衛生士なんやねえ。
そして、撮った写真を目の前のモニターに映し出しの、虫歯の写真ですと。フウンの、このレントゲン写真で、虫歯の有無が分かるの怪の、よ知らんですが。専門家、医者先生なら、見て分かるの哉と。

いやね。
暫くして、先生到着で、右上奥から、4番目のに段差があるですと。ンの、2番目、3番目辺りは、どもありませんですかと、問えば、どもありませんの、4番目ですと。フウンと。

いやね。
当方の場合、舌先で、探ってまして、感覚的、実際とは、異なるの可能性大なれどの、段差ねえ。それを、隙間と、感じてるの哉の。
先生曰くに、次回、処置致しましょうと。
ンの、本日、これからかと、思てたですが、次回怪なと。

まあな、さりとての、そ云われる故、こちとしたら、従うしか、ありませんでして。
以て、本日、オシマイですて。フウンと。

いやね。
歯の掃除も、超の簡単でして。コレも、次回を決めての話になるの哉と、思たですが。
そらね、歯の掃除も、一回で済めば、結構なると。且つは、一時間も要してませんの、実質的、15分程度。

での、そんな事で、会計なれどの、精算し乍らの、次回云々の、結果、1月30日<火曜日>、11時45分と、成ったですが。
受付嬢曰くに、15分程度で終わりますしと。えと。
そんな程度なら、今日にでも、出来ると違う怪と。
とも、云えず。

いやね。
実は、その箇所、その辺り。
とは、違和感有りの、段差が云々の箇所。
過日、昨年、10月。
ここの歯医者で、虫歯予備軍治療したの箇所。
要は、白い樹脂で、覆って戴いたの箇所。
<参考=「NO.2126 いよいよの、本番<御神輿>間近の話(3)」地下足袋の話(2)

いやね。
レントゲン撮影で、その箇所、真っ白故、よっく、分かるです。
肉眼で、でも、真っ白なれど。
(18/01/23)


NO.2226 明日の空模様、積雪、天気予報が気に掛かるの話(1)

ほんまやでと。
そやから、最初に伝えてるです。
イヤ、歯科医院の事なれどの、電話予約の際、2件、云うたです。
歯の違和感と、歯の掃除と。一気、終わらせるが為でして。

いやね。
よて、中年歯科衛生士も、そのよに、理解しの、先生には、再三の、伝えて呉れてたですが。
そらね、先生も、諸般、忙しい。
とは、思うのけどや。
こちにも、こちの、積もり、覚悟なるが、あるです。
まあ、再度の、1月30日にと、決まった故、文句云わずに、従うですが。
心中、本心なら、そでして。少々、不満。可成りの、心外。かと、申しの、イチャモン付けませんですが。

いやね。
そんな事で、長男、本日<1月23日>、再度の、入院。
骨折で、入れられたの、金具を取るの手術でして。手術は、明日、午前中ですて。

いやね。
これも、こちの、積もりは、ほならの、明日にでも、見舞いに行ってやろかと。
我々夫婦が行っても、何の役にも立たぬですが。気持ちや、気持ちの世界でして。

いやね、そらね。
親族、友人、知人で、しかるべくの、間柄の、であれば、聞けば、必ずや、見舞いには、参じてるです。
会社のでも、そでして。聞けば、様子見、見舞いに、行ってるです。

そらね。
伝えて呉れぬは、行きよが無いですが。
伝えて呉れさえしたら、どやと、顔だけでも、出すです。出さぬの、水臭いの人間に非ずでして。

いやね。そらね。
聞いても、距離的、行かんのも、あるですが。それは、その方との、関係も、有りでして。
入院してたの、過去形のも、あるですが。

オッとの、それでや。
明日、朝、早くに、我が家出るの積もりなれどの、又、天候がと。積雪予報でして。コマツタなと。
基本、車で、行くの積もりでして。
諸般の、都合もありまして。

どちにしろ、明日朝一番、天気予報と相談の上、どするかを、決めるかと。
いやな、そらな、本格的積雪なら、止めるにするです。多分なら、午前中は大丈夫と、思てるですが。午後からの状況、気に掛かってまして。
いやね、手術の時間が、遅めなら、孫君2号の保育園に迎えなり、してやらんとなと、思てたですが。午前中故、その件、気にする事も無くの、そら、母たる、嫁が出来るです。

結果的、純粋なるのと、するのか、見舞いでして。
イヤ、くどいけど、その手、何かあれば、様子見なり、顔見るに行くが、家族でして。
そらな、埋め込まれたの金属、外すの手術故、生死には、関わらんですが。関わるよな、手術は困るですが。

そんな事で、明日朝早くに起きまして。出来る事なら、8時頃には、出たいなと。
当然の、空模様、雪模様、予報に寄るですが。
(18/01/24)


NO.2227 本日の空模様、積雪、天気予報が気に掛かるの話(2)

イヤ、正直、草臥れたです。
いやね。
本日<1月24日>、朝9時、我が家、出発。
嫁はんの車で、当方運転。

イヤ、早けりゃ、15時頃。遅くなら、21時頃。
雪模様の予報故でして。
当方のタイヤ、ノーマルでして。嫁はんのは、スタッド・レス・タイヤでして。
帰りの道中、雪降って、積もりでもしたら、困る故でして。

且つは、山中、池田街道なるは、怪しい故、京都縦貫道、名神高速、阪神高速で、第二神明道路の経由にしたです。帰りも、そのコースでと。
万事、安全を見て、でして。当然の、高速道路ばかりになると、料金嵩むですが、仕方が無いなあと。

いやね。
当方、嫁はんの車の運転、何度もしてるですが。
高速道路を走ったりの、長距離は、してませんでして。精々が、亀岡市内の範疇のみ、でして。

いやね。
当たり前だの、クラッカーの、安全運転で、走行予定がため、ソラ、慣れぬ車で、長距離故で、高齢運転者マークを付け替えまして。当方のを、嫁はんの車にで。さもなくばの、後続車が苛つくやろと。

いやね。
感覚全然の違うです。
速度出てるよに、思ても、精々が、80キロ程度でして。又、ハンドルも取られ易いし、風圧の影響も、受け易く。
結果、前にトラックがゆっくり走れど、出来る限りの、抜かず、車間距離も充分取って。

いやね。
京都縦貫道から、名神高速には、初でして。あっちから、こっちには、何度か、走ってるですが。何度の内の、1度は、失敗しまして、京滋バイパスの方に行ってしもての、現在地不明になりての、コマツタですが。

そらね。
京都でも、大山崎の方、知らんがな。大山崎そのものなら、サントリーの工場見学に行ってるですが。二度行ってるですが。ピンポイントでしか、分からんわと。
ましてやの、天性の方向音痴で、地名音痴で、真性、純正、音楽音痴。

いやね。
それでも、一応は、京都の人間故、地名なら、聞き覚えあるなあ。とか、分かるですが。
分かっても、細々なるは、知らんわと。

オッとの、そんな事で、9時、我が家出発で、嫁はんと、あや、こやと、話をし乍らの。
イヤ、神戸の長男宅に行くに、9時出発は、相当に早めなれどの、手術は、その9時から、概ねの、1時間半故、着いたの頃には、軽くの終わってるの筈なれどの、マ、ええかと。

いやね。
雪の件もあるが故、一寸、顔出し、嫁と、3人にての、昼飯でも、喰たら、ハイ、サイナラに相成るですが。
いやね。
本当ならばの、その手術の時間に寄るですが。午後からとかの、遅めなら、孫君2号の保育園に迎えに行くの代行してやろかと、思てたですが。
但し、これも、雪の状況にも寄るの、最大級の積雪、寒波襲来と、テレビで、云うてたら、そんな時間帯には、帰れずになるがため、一泊するの案もあったですが。
午前中には、終わるが故、それは、嫁が出来るなと。

よて、我々としたら、長男の手術の様子見と、するのか、見舞いと、するのか、顔出しのみに成るですが。マ、ええかと。
万事、気持ちや、気持ちの世界でして。
そらね、何の足しにも成らんですが。次男の入院中には、その間、何度、足運んだかの、毎週でして。
イヤ、基本、気持ちや、気持ちの世界でして。
何度でも、申すの、何の腹の足しにも、成らんは、分かってるです。

いやね。
結果、手術の時間からは、孫君の迎え不要。
朝から出発なら、9時に着くには、7時前には、家出んならんですが。そこまでは、なと。
よて、出来れば、終わるまでに。されどの、終わってても、一向に構わんの、顔出しでして。出しても、一銭の値打ちにも、腹の足しにも、痛みが、減るでもあらへんですが。

いやね。そらね。
腕に埋め込まれたの、金具取れば、痛いわと。麻酔が切れたら、なと。
そらね。
当方も、足の骨折で、経験してるわと。
ベッドから、足降ろすに、ウと成るです。息が詰まる程の、痛さと、するのか、激痛走るです。理由、感覚的、切開した辺りに血管に、血が流れるの際の痛みでして。

いやね。
あくまでもの、感覚でして。イヤ、痛いは、痛く、激痛走るは事実の、暫く、息も、話も、するも出来ずの、痛みが、落ち着く、治まるを、待つ、耐えるに成るです。
腕でも、一緒やろと。

まあね。
されどの、整形外科でして。
且つは、金属を取るの手術でありの、生命、財産には関わってませんでして。日にち薬でありまして。
時間、日数経てば、収まり、元の状態になるです。ンの、後遺症出ぬを祈るですが。

いやね。
当方の場合、後遺症的なるは、出てませんでして。
但し、骨折の、左足の骨が、ゴツゴツしてるは分かるです。
後は、季節に寄りの、違和感等々、痛み等々、全くの感じてませんでして。結構なると。

そんな事で、ゆっくり、ゆっくり、高速道路を走りまして。
ゆっくりったって、80キロ程度は出してるですが。風がきつく、ハンドル取られるの感覚、可成りでして。
それも、次第、次第に慣れるですが。

いやね。
結果の結果、入院先、「神戸市立西神戸医療センター」に着いたは、11時過ぎでして。
いやね、阪神高速では、渋滞あって。
いやね、10時半頃には、手術が終わってる筈が、延びてましての、11時頃、終わったのらしく。
とは、嫁はんと、嫁の連絡、通信結果。当方、単なるの、運転するの人。

いやね。
どちにしろ、手術中の、終わるまでには、間に合わず。元々が、間に合わせるの気も無くて。単なるの、顔出しでして。
いやね。
病院の、駐車場には、何とか、駐められたです。
いやね。
184台が駐められて。最初の、1時間210円也の、以降、30分毎50円ですて。
イヤ、210円とは、中途半端な料金設定なれどの、病院だけに、安いです。

いやね。
従前には、患者なり、見舞いの場合、無料になってたですが。取るよになったですて。
とは、嫁の言。

イヤイヤ、9階の待合い室で、待ってると。
とは、嫁はんと、嫁の通信結果で、エレベーターで、上がれば、居てね。嫁が。
イヤ、まだなんですよと。手術室から、まだ、出て来てませんですて。

とかとか、細々、話をしても、なと。
10分程度、経って、看護師が、嫁に、病室に戻ったの連絡あっての、ほならと、病室えと。
とかとか、細々、話をしても、なの、とりあえず、手術は上手く行って。されどの、3箇月間は、腕、無理すなの、腕立て伏せ等々すなよと。
とは、主治医の言。
とは、当人、長男の話。

で、チョとだけ、話を致しの、嫁と三人、隣接の、「ブレンディ」の食堂街の、トンカツ屋の、「和幸」で、飯喰て。再度の、病室に寄りの、ほなら、なと。
イヤ、長男と、嫁に、バイバイ致し。
今度の帰りは、行きの、反対でして。

いやね。
ホボの、2時間。無事に、我が家に着いたですが。渋滞が無かった分、早いだけですが。
行きも、帰りも、道中、一度、トイレ休憩、タバコ休憩致したですが。

何と、まの、現在唯今、真夜中、日付的、1月25日の、1時過ぎなれどの、雪の気配、あらへんわと。
結果的、云える事なれどの、当方の車ででも、ヨカツタかも、なと。
にしてもの、モロ、神戸を往復にて、草臥れたわと。
(18/01/25)


NO.2228 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(18) 仏光寺の家、買いたいの話(1)

いやね。
昨日と、するのか、実質本日<1月25日>の、真夜中、1時過ぎには、雪降ってませんでして。
とは、掲載してるですが。
寝て、起きたら、我が家の周辺、雪化粧で、へえと。
小さな、雪だるまなら、作れるなと。

いやね。
その本日、町内会の、資源ゴミ回収日でして。毎月、第四木曜日が、その日でして。
資源ゴミとは、段ボール、空き缶、ボロ布を指すですが。それを、しかるべくの、業者に出すと、するのか、回収して呉れましての、市からの補助もあっての、朝8時頃、業者のアナウンスあって。
9時頃、回収されるですが。

いやね。
その9時頃、トラックが回収に来たですが。
雪で、タイヤが滑って、発進出来ずで、往生してたですが。
イヤ、何なら、手助け、しよかと、様子見してたら、動いたですが。嗚呼、ヨカツタなと。
がしかしの、この時期、トラックが、ノーマル・タイヤなんやねえ。日が悪かったもあるですが。一寸なあと。

でや。
余計なるの話の、今頃ですが。
お年玉年賀状の、当たったの、1枚。これが、未使用の、残余のと、申したですが。
当たったは、切手シートなれどの、未使用故、印<しるし>を付けずで、10円切手貼れば、使えると、聞いたと、申したですが。
印云々なるは、当方が様子見してての、付けたの気配無し故、そのよに、申したですが。
再度の、今頃ですが。
小物入れに、入れっ放しの、その1枚。見たら、印がしてあったです。郵便局印が押してあったです。そやろなあと。
オッとの、その旨、押印の件、追記しといたです。
<参考=「NO.2220 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(13)」 次第に、手狭の話(2)>

そんな次第の斯くなるでの。話を戻すです。仏光寺の家の事。
いやね。
この家、借家でした、ですが。
親父申すに、何度も、何度も、申すに、聞かされるに、右隣の宅様、当初の家主で、左隣の材木屋に所有権移ったですが。
その際、その話、売却の、です。当家の頭越しにやられたと。

いやね。
その当時になら、買おたのにと。買えたのにと。
何度も、何度も、聞かされたですが。聞かされても、最早の、そは出来ず。

いやね。
当方にしたら、後日、話過ぎて、何年も経って、そんな事、聞かされても、困るです。
いやね。
当方にしたら、何で、その時、頭越しにやられて、黙ってたのかと、相成って。
当方なら、誠、買う気有りで、資金あるなら、裁判に訴えても、話をご破算にさせてるです。そらねえ、順番が違うわと。
まずは、住人に問いの、ダメなら、その他の手段、第三者に売却の話を持ちかけるが順当でして。

いやね。
それ聞いたは、中学生辺り哉と。
相応に、知恵付き出してるの頃でして。
いやね。
その頃、自分の家、借家であるを知ったです。それが、何とまの、その旧の家主の奥様。まあ、云うたら、小母さんから、でして。
正直、ショックでね。

いやね。
それでや。今度は、こちが、大学も卒業しの、ローム<当時は東洋電具製作所>に就職致し。
就職はしたけれどの、その明くるの年には、祖母亡くなり、続いて、親父が結核で、隔離入院させられて。
更には、漏電したりしての、この家、買えんかと。

オッとの、漏電したから、だけで無くの。
そらね。
裏手の柱が腐って来て、宙に浮いて。
二階の我が部屋の天窓辺りから、雨漏りし出して、雨降ったら、金盥、傘まで持ち出し、雨しのぎ。それがため、漏電でして。
当方、電気工学専攻なれどの、電気工事士の資格あらへんしで、工事屋に配線依頼したりの、不名誉な話でね。
いやね。
正確には、当時、残業、残業で、その手、時間あらへんでして。とするのか、母が業者に頼んだと、思うですが。

いやね。
当方、当たり前だの、クラッカーの、大学出たばかりの、世間知らず故、諸般、隣の小母さん、家主の方なれどの、買いたいと、直談判致したわと。
いやね。
貯金なんか、一銭もあらへん。のに、です。
そらね。
云うてるです。祖母亡くなり、親父は、隔離入院でして。母、妹居てるし、突然の、とするのか、家長でして。
家長ねえ。
そんな自覚は無かったですが。

イヤイヤ、表現難しいけれどの、一家を支えねばならぬの、長男故のと。
との、強烈なるの、責務なるは、感じてませんですが。
自然の成り行きでの、自分が決断せねばの、相談するの相手無く。

いやね。
相談ねえ。
親族で、気楽に、相談出来るの相手が居てなかったもあったわと。
いやね。
母なら、居てるですが。母に金策、甲斐性ありませんでして。妹ねえ。問題外。

するなら、叔父達居てるですが。
その手、相談しても、なと。
要は、金策でして。
金策無くとも、どにかせねば、ならぬなと。そら、長男でして。

いやね。
隣の家主と、談判するに、母、逃げて。
あんた、長男やろと。ンの、間違いあらへんでして。
そらね、当方、その辺りの自覚なら、存在してるです。
そらね、残ってるの家族で、当方以外、皆、女。皆も、母と、妹だけですが。
親父と相談したって、なの、入院してまして。ましてやの、コレ又、金策の話したって、どしょも無いは、承知。
ほならの、何故に、買いたいと、直談判したかは、よ分からんわと。一銭の貯金もあらへんのに。

いやね。
住宅ローンの存在なら、承知してまして。
一応は社会人になってる故、金なら、何とでも、なるやろと。云うてるです。世間知らず、怖いモノ知らずでして。

いやね。
隣の小母さんやしね。親しいしね。一発、そかと、快諾して呉れると、錯覚、誤解、信じてまして。
結果は、チョと待て、後日返答すると。

いやね。
その後日、呼ばれて、出向いたならばの、知らぬの小母さん居てまして。
イヤ、正直には、何者怪と、ビクリしたですが。後日、知ったは、親戚の方でして。何故に、そんな方が来てるかは、当時には、知らんの、その手、厳しい話を、当事者は、し難い故、第三者の登場と、相成ったです。

いやね。
当方、代理人なる手法、知らんがな。
とするよりは、売って呉れの、一手のみの案でして。要請でして。他の事、考えてませんでして。
そらな、生まれ、育ったの、地であり、家でして。町内会でして。何とか、なると、頭っから、信じてまして。

がしかしの、知らんの小母さん一言、売れませんと。えと。
但し、建て替えは、して呉れても、構わんですと。
但し、土地は売らん。
建てたの家の名義は、家主のモノにせよと。えと。
加えての、その分、家賃を上げると。ゲと。

いやね。
その時、初めて知ったです。家主は強いねえと。
資産家は、大したモンやねえと。

いやね。
当方、専攻、電気工学科でして。理系でして。
云うてるは、法律の事、皆目の知らんです。
(18/01/26)


NO.2229 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(19) 仏光寺の家、買いたいの話(2)

いやね。
本日<1月26日>より、過日、運転免許証更新の手続きしての、新免許と交換出来るの日。
イヤ、早速にも、行って参じたです。新免許と、交換して戴いたです。

いやね。
過年より、運転免許証に、本籍地の記載、消えたですが。
どこかの、人権団体の圧力に寄るのかと、思てたですが。違うです。
2003年の、「個人情報保護法」の制定により、2年後の、2005年度より、全面実施の一環として、でして。

いやね。
この、「個人情報保護法」なる、奇妙奇天烈、意味の無い法律なんか、国会議員の暇に任せての、仕事してるフリの悪法哉と。
いやね。
これで、誰が、何の御利益賜るのかと。
そもそもがの、誰が遵守、尊重、守ってるのかと。ダアレも、守ってませんです。こちは、免許証から、本籍地消えて、不便やわと。
云うたって、当世、本籍地が必要になるの事、余りありませんですが。イザの時、困るんやと。
従前には、免許証見たら、記載してあって、便利、便利の、有効利用してたですが。

いやね。
当世、まともに、「個人情報保護法」守ってみい。
摘発してみい。テレビ局、週刊誌なんか、一発でして。
どこかの、ネット情報、匿名のなんか、どするやと。
皆様、有る事、無い事、余計なるの話の、不倫がどのこのとか、余所様の、プライバシーなんか、無視致しまして。
いやね。
不倫なんか、究極の個人情報と、違うの怪と。

いやね。
申してるは、有名人故、プライバシーも、へたくれも、あらへんとは、云わせませんです。一個の人間でして。
オッとの、当方にしたって、有名人なら、実名で、掲載するですが。皆、テレビ報道、Web新聞なり、からの情報でして。
こちは、私立探偵でもあるまいにと。そんな事、知るもんかと。

イヤイヤ、免許証の本籍地が、何故に個人情報怪と。それ云い出したら、免許証は当然の、健康保険証も、個人情報でして。
高齢者になりての、運転免許返納も、身分証明が無くなる故、「運転経歴証明書」が発行されるですて。
さもなくばの、コレ又、イザの時、自身が誰であるかの証明出来ぬの異常事態勃発でして。
当世、銀行で、定期貯金でも、降ろすに、解約するに、身分証明を求められまして。

いやね。
免許証の本籍地の記載云々なるは、個人情報に間違い無いけれどの、記載する、しないは、当人の意志で、選択させたらと。
イヤ、ほんまやでと。
それを、個人情報故、記載困ると、するなら、その人は、記載せずで、宜しいです。当方なら、特段の、記載されて、困るの事よと、成らんわと。
むしろ、大いに宣伝したろかと。
イヤ、してるですが。当、ホーム・ページにての、正々堂々の、実行してるわと。


オッとの、斯くなるでの、正月2日の、神戸牛、亀岡牛での、すき焼きの話から、仏光寺の家の話になてもてね。
ここで、申すならばの、仏光寺とは、そのままの寺の名称でして。
但し、ここでの、仏光寺は、通り名でして。

当家、その仏光寺通りに面しての、あったです。これ、東西の道で、南北なら、油小路通りでして。これが、結構、長いんやねえ。
伏見の方まで、続いてるですが。
この通りと、醒ヶ井通りの間に、我が家、あったです。

要は、京都市内の、全部では無いけれどの、何とか通りの、何とか通り西入るとか、東とか。北えは、上がるで、南は下がると、表現するですが。
と、申せば、大体の場所、分かるです。最初に申した通りに面し。次ぎに申した通りを下がると、されれば、その通りから、南に行きの、次ぎの通りまでに、家あるです。
京都の通り、通りなるは、大した距離に非ずの、精々が、100メートルも、あるの哉の程度でね。

いやね。
対して、町名で、云われてみい。さっぱりの、分からんわい。
いやね。
我が町内、喜吉荒神町也と、申してるですが。そんな町名、余所の方、分からんわと。格致小学校区の面々なら、一発、分かるですが。
遠く、離れた方でも、通り名で、なら、迷わずの、到達出来るです。

とかとか、それも、本題で無く。
只な、当方、仏光寺の家、仏光寺の家と、繰り返し、申してるですが。意味なるは、仏光寺通りに面した家の意での。その仏光寺は、通り名なれどの、事実、仏光寺なる名称の寺が、その通りには、存在致すです。概ね、1キロ程、東に行けば、あるです。
その寺には、用事がありませんでして。入った事、あらへんですが。

いやね。
そんな事で、家を売れ、売らんの話、なれどの。
誰にも、相談してませんと、云うたって、当然の、親父には、伝えてるです。
当時には、結核で、宇多野病院に隔離入院してたですが。こんな事で、売って欲しいと、談判する。等々、事細かに報告と、するのか、云うてるです。
それで、親父からは、特段の、何の話、意見も、あらへんわと。
要は、好きにせよ、でして。

いやね。
当方の立場も、中途半端でね。
家長や、長男やと、云われても、なと。
長男なら、その程度、よっく、承知してるですが。云うたって、下に、妹でして。次男居てませんでねえ。加えての、家長たって、親父は、生存してましての、単に、入院してるだけの、但しの、退院がイツになるやらの、さっぱりの、分からんでして。
よて、仮の、家長の立場哉と。

そらね。
当時、独身でして。ましてやの、入社二年目でして。
イヤイヤ、就職で、家出るなんか、毛頭の、でして。それこその、物心付いたの頃より、長男たるの、自覚あるわと。
イザの時には、柴田家を守るの意、なれど。
そらな、自分しか、居てませんでして。

でや。
隣の家主に、談判するに、何をどんな風に考えてたかと、なればの、申してるです。一銭の蓄えも、ありませんでして。
がしかしの、諸般、二の四の、誤の、禄の、苦の、十のと、云うてるの場合と、違いまして。雨漏りしてるは、柱は腐って来てるわと。
何度でも、申すの、それこその、祖母亡くなり、親父、家長たるが、我が家から、消えたの途端、お見事、家が壊れ出して来たと、するが、正解でして。
考えたら、摩訶不思議の世界やねえ。

でや。
何をどんな具合の話、なれどの。
まずは、売って呉れで、売って呉れるが前提での、幾ら哉と。
そこで、資金調達なるは、住宅ローンになるですが。或いは、月賦哉と。甘く考えてたですが。
いやね。
まずは、交渉をと。話は、それから、でして。

ところがや。
イザ、蓋開けたら、売らん。
家建てるは、好きにして頂戴の、資金は、そっち持ちで、権利は、こっちにと。その上で、当然の新築故、家賃上げさせて戴くと。
当方的、トンでもなるの話でして。飲めるの筈無く。

でや。
その上で、好きなだけ、住んで戴いても結構の。但し、修繕費用等々、一切の出さんけれどの、家賃も要らんと。
話簡単には、家主、家が壊れるを待ってたに相成るです。賢いねえ。

いやね。
何回かの交渉、当方、1人だけ、なれどの、時間指定、朝、出勤前に来て呉れ。
との、話故、その通りの、当方、作業服で、行ってたです。
話終われば、即の、出勤してたです。
(18/01/27)


NO.2230 何とまの、正月には、神戸牛で、すき焼きの話(20) 仏光寺の家、買いたいの話(3)

いやね。
本日<1月27日>、20時より、町内会会議所にての、支部会<組>の寄り合いあったです。
議題、次期、支部長<組長>と、会計の選出でして。
云うたって、支部長なるは、家の並びで、諸般、飛び飛びの、イレギュラーあったですが。
云うてもたら、当時の組長が、変な事した故でして。

いやね。
申せば、当方、支部長の時、是正致したです。
イヤ、転入者が3軒あって。そこを、飛ばしたです。飛ばされると、その他役員選出の際、まさかの、支部長もしてへんのに、経験してませんのに、三役なりに選出するも、酷でして。

いやね。
飛ばしてもてるが故、そこ様、次回、支部長回って来るは、家の軒数の、十数年経たんと、なと。それまで、その他の役、三役なり、体育振興役員等々、飛ばすの怪と、相成って。
そんな配慮、考えもせずに、次ぎ誰様と、支部長の順番勝手と、申せば、失礼なれどの、回してもてね。
よて、当方、支部長の時、その、任期満了の直前の、次期役員決めるの際、このよに、回すと、宣言致し。

まあな。
余計なるの話、なれどの、はっきりさせませんとと。
オッとの、そんな事で、支部長なるは、少々、変則でしたが、以て、次年度より、元の家の並びに戻るになるです。

いやね。
大体が、前回の話さえも、覚えてないのが多くてね。
いやね。
会計なら、前回、前年度の、寄り合いの時、現支部長が、立候補したです。やらせて戴くと。
その時、特段の異論無く、決まったですが。

まあね。
それを明確に、させるがためもありの、支部会開催哉の、話、決まってるが故、会議そのもの、5分と、掛かってませんでして。
そらね、申してるです。次期支部長なるは、家の並びで、元々が決まってまして。やとで、正規の順番に戻るになるです。
会計なら、当方、申したです。前回、貴君、立候補したで無い怪と。ならばの、それで、結構なると。

いやね。
正確には、本来、残余の面々にての、区長が回って来るですが。
詳しくの説明厄介なれどの、我が組、15軒。輪番制の役を立候補なり、阿弥陀籤なりで、決めるですが。当然の、15軒なら、15回回って、一巡でして。この役、9つありまして。
一巡したら、又、全員対象で、選出するになるですが。
現廻りで、4軒が残ってまして。次回、区長なるは、5つ目に相成っての、この廻りでは、区長はありませんです。
理由、超の簡単の、誰様とは、申さんの、その残余で無いのが、立候補してね。狂たです。
まあつまり、この残余のでは、区長当たらんがため、気楽、気楽の、ド気楽でして。
そらね。
この手の役員決めるに、何がもめるかと、避けたがると、なればの、云うまでも無いの、区長のみ。


オッとの、そんな話、どでも結構の、すき焼きの話から、家の広さの話になりての、いつの間にやら、仏光寺の家の事に相成ってもてね。
いやね。
頭越しに、家の売却進められたの時の値が幾らかは、知らんです。
但し、当世の如くの、バカ高い価格に非ず。
イヤイヤ、見当も付かんわと。そもそもがの、その話が、イツの事かも、知らんです。
少なくともの、当方、小学生か、それ以前哉と。

どちにしろ、親父が買えてませぬ故、借家。
当方、既に、社会人として、給料戴いてるの、身故、買いたいと、交渉したですが。あっさり、断られてもてね。
且つは、条件なるが、想定外の厳しいモノでして。

そらね。
まだまだ、住めるの状態なら、焦らんですが。
さりとての、今日の、明日にも、壊れるでは無いけれどや。
かと、申しの、今日の、明日にも、壊れるの可能性あって。

そらね。
まずは、天井から、雨漏りしてると、申してるです。雨降れば、金盥に、傘まで、引っ張り出さん事には、居てられませんでして。
云うたって、そんなに悲壮感もあらへんですが。根が、ノー天気の、緊迫感無しの、成り行き任せ人間でして。

かと、申しの、そらね。
早くに、しかるべくの、家探さんと、なと。
以来、新聞のチラシで、不動産、住宅情報なるを、見出してね。
云うたら、何やけれどの、それまで、全くの、その手のを見てませんでして。よて、相場も知らんでね。

但し、この当時、所謂のバブルの走りの時期、体感したです。
そらね、チラシ見て、ここを見に行こかと、母と一緒に、新築住宅の現地販売所に行ったです。
行けば、既に、売却済みでの、営業担当より、どこそこでも、やってると、聞いて、そこえ、即の、行けば、又、売却済みの、状態でして。
販売価格も、最初のが、400万円台なら、次ぎの場所、500万円台で。

そこから、又、別途のを、教えてもらいで、行けば、700万円也と。ゲと。
それがや、まあ、云うたら、400万円のは、山科でしたです。まあ、京都市内。
500万円のは、どこか、忘れたですが。700万円なるは、近鉄、宇治、小倉の駅のそば。

いやね。
この辺りでは、当方も、諸般、会社のヤツ、庶務担当のに、住宅ローンを借りるが出来るの限度額を調べさせたり、してまして。
結果、当時の当方の借金能力。返済能力からしての、400万円でしたです。

まあつまりは、その400万円が、目安とするのか、当方の借金能力でして。
残念無念の、その値で、新築は、ありませんでしたです。
イヤ、先刻の、山科のは、400万円台なれどの、今思えばの話の、コレ、この値段で、果たして、実際に、売ってたの怪と。

いやね。
オカシイです。
山科なるは、一応は、京都市でして。小金塚なる、地名の場所なれどの、そんなに広い土地で無くの、且つは、坂道の、駐車スペースも小さくて。
家の規模も、それこその、15坪もあるの哉の、でして。

いやね。
小倉なるは、既に、宇治市でして。ここも、多分なら、20坪程度の新築は、新築なれどの、真ん前に、近鉄の線路あっての、五月蠅い事。
但し、駅までは、歩いて、数分故、便利は、便利。
なれどの、そこが、700万円でして。

いやね。
手付けは打ったです。押さえると、するのか、商談に掛かるの意の、20万円也を。
但し、商談進まぬ場合、返却せず。商談、進み、買うになれば、頭金に充当すると。

いやね。
当時、結構楽しかったなと。
云うてるです。悲壮感なるは、皆目のと。
云うのなら、母なり、妹を守らんならんです。住み処を確保してやらんと、なと。当然の自分のも、でして。

いやね。
自然の成り行きにての、既に、事実上の、親父の代行してまして。
そらね、一家、柴田家。
とか、云うたって、当方含め、3人なれどの、こちが、決めるの方向にて、万事、決まるわと。従おてもらわな、仕方あらへんわと。
厭と、云うなら、勝手にせよでして。
とか、云うたって、妹、まだ、高校3年生。

やったの哉と。
イヤイヤ、結果的、新築なんか、トンでもの、宇治、槇島の中古物件、それこその、15坪程度で、駐車スペースの無いの、5連棟のが、やとで、買えたです。
(18/01/28)



inserted by FC2 system