シバケンの単なる雑談NO.182

雑談NO.181
雑談NO.176 雑談NO.177 雑談NO.178 雑談NO.179 雑談NO.180

雑談NO.160 雑談NO.170 雑談NO.175
雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.183

NO.2090 高齢者<合理化>講習会の話(5) 「実車指導」の話(2)

NO.2089 高齢者<合理化>講習会の話(4) 「実車指導」の話(1)

NO.2088 高齢者<合理化>講習会の話(3) 「双方向型講義」は、講師の話で終わったの話

NO.2087 高齢者<合理化>講習会の話(2) 「京都湯の花自動車学校」に決めたの話

NO.2086 高齢者<合理化>講習会の話(1) 講習をどこで受けるかの話

NO.2085 恒例の四国、嫁はんの里帰りの話(1) とりあえずは、チラ話

NO.2084 三十年ぶりの、「祇園祭宵山」の話(24) 散髪の話

NO.2083 三十年ぶりの、「祇園祭宵山」の話(23) 「粽」の話

NO.2082 三十年ぶりの、「祇園祭宵山」の話(22) 知って欲しいの話(2)

NO.2081 三十年ぶりの、「祇園祭宵山」の話(21) 知って欲しいの話(1)

雑談NO.181


NO.2081 三十年ぶりの、「祇園祭宵山」の話(21) 知って欲しいの話(1)

いやね。
諸般、本日<8月7日>、「ゼネラル石油」の、「SpeedPass」と、クレジット・カードを解約したです。

いやね。
「SpeedPass」の暗号文、とするのか、数字の羅列16文字が、解読し難く、苦労したです。

いやね。
細かな文字で、版に掘ってありまして。それが、外周、円弧に沿って、でして。
解読するに、正直、老眼故、読み取れずで、「1」かと、思えば、「1」に。「7」哉と、思えば、「7」に。「3」と、「8」も、区別難しくの、「5」と、「6」も、難儀故、天眼鏡を引っ張り出しまして。
それでも、判読難解の、要は、明るい場所で、読みませんとと。
やとで、メモ書き致しの、電話一発、諸般、正解のよで、順調にの、手続き完了。

での、サポート女性申すに、「SpeedPass」は、こちで、処分せよ。その際、「NANACO」のラベルの貼った箇所、中心部をハンマー等にて、叩き壊して頂戴ねと。ハイ、承知と。

クレジット・カードの方も、順調にの、こちは、数字の羅列も、天眼鏡不要の、申せば、これは、既に、解約されてるですと。へえと。
いやね、当方、家族会員。
「SpeedPass」は、個別らしく。


でや。
別途の話の、これは、昨日の事。
いやね。
遂に、「高齢者講習(合理化講習)通知書」なるが、着弾。
イヤ、届いたです。

中身、京都府下のどこでも結構の、各自で、「自動車講習所」に予約せよと。へえと。
要は、当方、1月生まれなれどの、半年前から、構いませんの、その、終了証明書がないと、免許証の更新手続きが出来ませんですと。へえと、大変やなと。
当世、可成り、混雑故、この通知受理したなら、即の、予約せよと。フウンと。

での、どこで、講習受けるか、決めねばならずの、当方が講習受けたは、「二条自動車教習所」。
過年、免停で、受講させられたは、「園部安全自動車学校」。
更なるの過年、何で、行ったか、羽束師の、「運転免許試験場別館」も、知ってるですが。これは、実技の試験哉と。最早の、半世紀経つ故、忘れたですが。

でや、その昔、30年程の昔には、千代川の、「教習所」が、ありまして。そこなら、まあ、云うたら、歩いてでも、行けるの場所なれどの、無くなってまして。不便やねえ。
無くなったものは、仕方無く。

イヤ、選択肢なら、「園部」と、「二条」があるですが。
本来的、近くでと、するのなら、「京都湯の花自動車学校」なるが、存在なれどの、場所知らんわと。
よて、昨日、日曜日、別途の用事で、嫁はんと、「アル・プラザ」に行きまして。その帰りの道中、寄ってみよかと。ンの、要は、場所、探しにと、するのか、確認のため。

イヤイヤ、多少、迷たですが。そち方面、無知でして。そちとは、湯の花方面の事。「湯の花」とは、所謂の、温泉街なれどの、温泉には、過年、2005年の頃、当家、改造と、するのか、風呂の改築がため、その時、温泉に行ったですが。その方向とは、又、違うでね。
とかとか、兎に角、嗚呼、ここかと、発見した故、明日にでも、電話一発、申し込むかと。
正直申しの、「湯の花」方面、田舎故、混雑も可成り、マシと、期待するです。


とっとの、そんな事でして。
いやね、「光圓寺」住職と、「祇園祭」の話、宵山に行ったの話、するも、楽しくて。
そらね、話簡単、通り名等々、申せば、一発、分かってもらえまして。
そらね、住職の方が、直近、最近の事、詳しくて。当方にしたって、住職の話、細々、云われずともの、即の、理解。
そらね、その当時なら、ご近所さん、でして。

いやね、にしてもの、当方の疑問1つあって。
ここ数年、法事、法要にて、「光圓寺」に行くですが。お婆さんが居られまして。
当方、昔、昔に承知のお婆さんとは、印象にズレあって。

思い切っての尋ねたです。
いやね、当方承知のお婆さん、まあ、その昔、半世紀から経つですが。印象に残るの、当時なら、小母さん、なれどの、ふっくら感ありまして。
ここ数年見てるの、寺のお婆さんなるは、ふっくら感無く。

よて、現在の、お婆さんは、誰なん怪と。
とは、失礼なる、質問なれどの、住職との、関係はと。問えば、母ではと。ンと。
他にも、前住職、要は、親父様なれどの、姉様が、二人、居られるですが。歳が、歳故、出て来る事は無い筈でしてと。
ンの、ほならの、当方、記憶の、ふっくら感あるの方、誰怪なと。
ンンの、現住職の、祖母哉と。ンの、そですねえと。ふっくら感なら、祖母ですと。

成る程の、半世紀昔の、小母さんでして。ならばの、前住職のお母さん。へえと。
以て、当方の疑問解消したです。
そらね、このところ、度々の、「光圓寺」に出向きの、お婆さんを見てるですが。当時、その昔の、とは、印象異なってましての、誰哉と。
そらね、「光圓寺」にご縁の方とは、思てたですが。

やからと、どて事、あらへんですが。見る度、ンの、あの当時の、ふっくら感あるの小母さんにしては、そもそもがの、体格がと。
歳喰ても、ここまで、変貌するは、無いと、思てたです。
当たり前に、その祖母様、亡くなってるですが。


とかとか、「祇園祭」の、宵山の話から、全然の違うの話まで、したですが。
ンの、お盆の読経で、住職と、でして。
イヤ、このところ、諸般で、馴染み易く、相成って。先様、住職とも、諸般、色んな雑談も、致し。
いやね、そらね、住職、当家、その昔には、「光圓寺」の近所であるは、薄々は承知も、正確に、どことは、知られませんでして。
此度、初めて、嗚呼、あそこですかと。そら、仏光寺の、油小路で、一発、細々、分かるわと。
当方にしたって、住職との、距離感、狭まった故、あの、お婆さん誰と、遠慮無く。


とかとか、話戻して、宵山の日<7月16日>の事なれどの。
烏丸四条では、降りる方、多く、乗る方、少なくて。結構なると。
以て、地下鉄の、「太秦天神川」駅に着いた時には、ガラガラでして。尚、乗るの方、小さな子達、浴衣着せてもろて、宵山に、これから、行くのやろと。
大変やでと。
まあな、その大変を求めて、宵山も、あるですが。

そら、「祇園祭」でして。
当方にしたって、基本、邪魔くさいわと。行くが、です。
されどの、皆が行くのなら、一緒しても、ええなあと。そらな、基本の、基本、「祇園祭」でして。
云うたら、元地元。

いやね、変な話、山鉾が、珍しい、又、見たい。
とは、全くの、思てませんでして。

逆でして。
機会あらば、皆に、見せてやりたい、なと。見て欲しい、なと。
モと、云うたら、我が地元を知って欲しいと。皆とは、嫁はん、息子共、嫁共、孫共に、でして。

モと、モと、云うたら、興味持って欲しいわと。
「祇園祭」に、「八坂神社」に、この界隈に。
当方的になら、その昔との、違いに興味あるですが。
そらな、室町筋になら、四条通りの上<北>の方、それが、三十年ブリでして。

歩くが、です。
下<南>の方なら、「京都産業会館」。
今時、名称違いの、「きらっ都プラザ」も、廃館なったですが。とは、住職より、聞いたですが。
そっち方向なら、孫君の初宮参りの衣装買い求めのため、車も駐めて、室町筋、下の方えと、歩いたです。
(17/08/08)


NO.2082 三十年ぶりの、「祇園祭宵山」の話(22) 知って欲しいの話(2)

そんな事で。
本日<8月8日>、朝2番。
「京都湯の花自動車学校」え、電話一発、致したです。
妙齢の美女担当者に、あのですねえ、「合理化講習」の受講の件ですがと。
イヤ、申込みですがと。

ならばの、生年月日、氏名を云えと。ハイと。
続いて、届いたの、「通知書」の、しかるべくの、「通知番号」はと。ハイと、5桁の数字を伝えたなら、最短、直近なら、10日<木曜日>があるですと。えと。

諸般、それは、少々、予定あってと。ならばの、18日<金曜日>があるですと。ハイの、それで、お願い致しますと。
ではの、当日、15時15分から、17時15分ですと。ハイと。
いやねえ、「通知書」なりに、記載の事と、違うなと。

いやね、「予約が大変、混み合います。通知書(このはがき)を受け取れば、すぐに裏面にある高齢者講習等実施場所一覧表から選んで、直接、講習の予約をしてください。」と、してあって。
いやね、「混み合います。」と。

モ一発、いやねで、「湯の花」なら、田舎故、空いてるやろと。とは、思いの、ここにするかと、したは事実。
されどの、今週、来週に空きがあるの怪の、反って、心配になるですが。
まあね、1箇月、2箇月もの、先も、忘れそでね。よて、予定は、カレンダーに、メモるにしてまして。当然の、9月、10月のも、メモってるですが。
メモり忘れも、事前に、メモったですが。8月なら、カレンダーの先の月まで、見る事も無く。結構なると。

ンの、ならばの、亀岡の高齢者殿、どこで、受講するの哉と。
多分なら、「園部」か、「二条」になるの哉と。
まあね、結果、8月18日に決まりまして。続いて、電話番号もと、求められの、ハイと。
ほならの、予定日の直前には、電話連絡しますのでと。ハイ、承知と。

での、続いて、「SpeedPass」をハンマーで、壊せの件。
且つ、「NANACO」のラベルが、貼られた面をと、されてるがため、その箇所めがけて、ハンマーで、コンコンと、叩けば、成る程の、穴が空いたです。
イヤ、モノは、長径、5センチ程度の楕円の、樹脂製でして。ラベルは、その中心に貼られてましての、その面の、中に、個人情報なりの、媒体が、埋め込まれてるのやろと。

同時に、嫁はんのも、叩き壊しまして。当方の、クレジット・カードは、バラバラに切断。しかるべくの、ゴミ扱いと致したです。
以て、懸案と、する程の事でも無いの、2件、無事終了。


そらね、「祇園祭」に、地元でも無くなったの現在、自身、1人で、うろつくは、考え難く。
ましてやの、この歳でして。何をしにと、相成って。
されどの、そらね、元地元。正直、申しの、亀岡の地より、数段に詳しいわと。亀岡なるは、「湯の花」1つ、あっちの方、とは、理解も、馴染み薄く。
その他、「西友」「サティ」「アル・プラザ」にしたって。オッとの、「サティ」も、「イオン亀岡」になったですが。
その周辺を詳しくは知らんわと。

されどの、「大丸」「髙島屋」「藤井大丸」等々なら、周辺承知。
そらね、生まれて、育ったの地でして。界隈、ウロウロしてるわと。
ましてやの、「祇園祭」が接近して来たら、厭でも、雰囲気出て来るです。「粽」が回って来るし、横町では、山が組立られ出して。
宵山、宵々山ともなればの、家の前、歩くの面々、数段に多く。そら、賑やかに相成って。
そらね、日本屈指の、「祭」でして。

対して、失礼乍らの、「大井神社」の秋の大祭、御輿にしたって、コレ、参加し出してこその、分かるですが。参加してへんでみい。分からんわと。
そもそもが、海外、地方から、見物に来る怪と。まあ、来るは、余程のモノ好きでして。ましてやの、テレビ中継も、あらへんです。
オッとの、その昔の、「祇園祭」なら、話、少々、ややこしいけれどの、テレビが普及と共にの、中継され出したですが。そら、テレビの無いの時代に、中継なんか、されませんです。

いやね、どちにしろ、三十年ブリの、「祇園祭」の、宵山なるは、雨降ってるもありの、可成り、様相替わってたです。
とりあえず、人が多いなと。特段にの、想像以上とは、申しませんですが。昔よりは、多いも、まあ、こんなモンと。
よて、本来の宵、夕方からは、止めて、昼間にと、申したです。ましてやの、土地勘の無い面々でして。もしもの事、あってみい。目も当てられんです。
充分、想定出来てる故。イヤ、大人なら、イザ、知らずの、小さな子、孫共居てるです。
イヤイヤ、住職も申したです。小さい、お子さん一緒なら、手を離せませんねえと。

そらな、別段にの、「祇園祭」に限らずの、家から、出て、余所行くなら、手は、目は、離せませんですが。特に、「祇園祭」とも、なればの、それこれ、周囲の面々、地元の、とは、限らんでして。
ここで、申すの、地元とは、この界隈の意。
当方にしたって、地元と、云えどの、「元」がつきの、最早の、三十年故、云うてる程には、分からんわい。
コンビニがと、云われたって、尋ねられたって、どこにあるのか、さっぱりでの、知るもんか。むしろ、京都駅界隈の、なら、知ってるですが。
そら、度々の、行ってる故。

トトトの、何の話をしたかったか、忘れてもたです。
いやね、再度、申すの、そらね、嫁はん、嫁共、息子共、孫共が、行きたい、見たい、連れてけと、申せば、聞けば、任せて頂戴の、案内致すと、喜色が、満面、零れてしまうです。

諸般、「祇園祭」の話もしたいし、「八坂神社」「祇園社」の事も、我が、墓地、「東本願寺祖廟」の事も、諸般、申したいけどや。機会、あらばの、話の、あらへんなら、話の、しよがなく。
墓参なら、皆と一緒にも、行ってるけどや。そんな話、殆ど、しやへんわい。
そもそもが、聞かれも、しやへんわい。

とするのか、知ってるよに、思ててね。思えてね。
オッとの、特段の、まさかの、「祇園祭」の事なんか、従前より、話題にした事、ありませんですが。
只な、前の家のと。近く、横町には、「太子山」がと。そこに、我が母校、「格致小学校」がと。歩いて、1分、2分と。
の程度は、申した記憶あるけれど。嫁共に。
これ、前提、「祇園祭」の事なれどの、わざわざの、「祇園祭」。との、文言出した覚え無く。

いやね、亀岡なるは、京都。長男嫁の実家、向日市も京都。
次男嫁の実家は、伊勢なれどの、大学卒業してから哉の、住み処、山科も、京都。
云うてるは、皆、京都故、京都市内の事、承知してると、頭っから、思てたわと。

えと、思たは、実は、母の三回忌の、会席の場、「かごの屋」が、烏丸の、仏光寺と、綾小路の間故、挨拶にて、以前の我が住所と、本籍地の話をしたですが。
偶々の、道路標識、案内版が見えてる故で。
がしかしの、全員、きょとん。あのねえの、大宮がと、申せどの、皆、きょとん。

皆とは、妹一家を含むですが。妹は、諸般、体調悪く、欠席なれどの、ハタと、一緒に生活してたの、妹以外、この話、通り名、云うたって、皆目の、分からんのやなと。
そこで、初めて、知ったです。そら、地元故、こちは、至って常識の話なれどの、皆、住んでませんでしたです。
住みもせぬところの細々の話、知る訳無いぞと。
当方、現住み処、亀岡の細々、云われたって、皆目の、分からんのにと。
元々が、当方、人名、地名音痴の、真性、純正、音痴なれど。
(17/08/09)


NO.2083 三十年ぶりの、「祇園祭宵山」の話(23) 「粽」の話

イヤ、ここ数日、便秘でね。
少々、苦しんでたですが。苦しむの表現、異なれどの、要は、コマツタなと。
での、本日、快便にて、ホと、安堵。
正確には、快便と、する程の量でも無いですが。まあな、安心出来るの量。

とかとか、尾籠なるの話、してるですが。
さての、この、11日には、次男家、我が家に。そして、皆で、神戸さ、行って。一泊して。
そこから、嫁はんの里、四国、香川、詫間は、比地木さに向かうです。
そして、仁尾の義姉宅にて、2泊で、14日には、戻るになるの、予定。

話では、長男嫁、実家に里帰りで、そのままに、こっち方面。何泊するか、までは、当方知らんですが。
その間、長男、我が家に居てるです。
その週末、8月18日、当方、初体験の、70歳以上に課せられるの、「高齢者講習」。どちが、正解かは、知らんの、「合理化講習」とも、申すですが。
イヤ、先刻、予約の、「湯の花」の、「自動車学校」にて。


斯くなる次第の、そんな具合の、嫁はんの里、「比地木」の実家は存在致し、毎年、毎年、出向きの、「仁尾」の義姉宅にお世話になってるですが。
その昔には、実家、そのもの、「比地木」のや。お世話になってたですが。諸般でね。

申してるです。そらね、実家、存在なるは、羨ましい事でして。
当家なら、当方の居てるの場が、皆の実家。まあ、云うたら、本家。
そらね、家族全員にて、引っ越してるです。
くどいけど、本籍地には、住んだ事無くて。当然の、「丸屋町」の場所承知も、ここと、とは、知らんです。多分なら、この辺りと、だけでして。
イヤ、正直、寂しいモンでして。

生まれの、育ったの地、場所は、元々が借家。
本籍地<綾小路、大宮東入ル>は、祖父の代の、持ち家なれどの、連帯保証人になるがための、実印一発、破産。
一家で、「喜吉荒神町」<仏光寺、油小路西入ル>の家に引っ越したですが。そこで、親父結婚で、当方、妹生まれてるです。
モと、云うたら、祖父、祖母、そこで、他界。

基本、親父は、最初の引っ越し先、槇島も、次の、亀岡の地は承知も、結核に寄るの、強制隔離入院にて、実質的、仏光寺の家から先には、住んでませんでして。
当方、結婚も、息子共も、槇島でして。妹を嫁に出したも、槇島でして。

にしてもの、あの家に、妹の嫁入り道具までを、よくぞ、入れたなと。
入れんと、仕方があらへんでして。四人は、2階で、寝てたです。四人とは、母、妹、我々夫婦。
まあね、嫁に出すの間だけなれど。
いやね、実質的、妹に対しても、父親替わり、みたいなモンでして。

ン、ンの、何の話、してるの怪と。
イヤイヤ、諸般、想念しただけでして。
イヤ、当方以外、皆、里が、実家があるのやなと。あって、当たり前だの、クラッカーなれど。当方は、自身の居てるの場、居所なるが、皆の里で、実家也と。

想念とは、当方的、当たり前だの、クラッカーの事、なれどの、嫁はん、よお、頑張った、なと。
当然の、母の葬儀の、喪主挨拶にての、その事、感謝と、申したですが。

モ一発、ン、ンの、何の話、してるの怪と。
フと、思うは、現在唯今なるが、我がここまでの人生にて、最少人数、2人にての、生活やなと。最多は、7人。妹誕生の時でして。

オッとの、何故に、斯様な事、考えたか、振り返ったかと、原因、探索。嗚呼と、「高齢者講習」や、なと。
自身、いつの間にやらの、こんな歳になてもたかと。「高齢者」ですて。まだ、「前期」なれど。あと、5年もせずの、4年と、5箇月経てば、「後期」やでと。
我れ乍らに、へえと、感心致すです。
そんな歳哉と。

いやね、正直申しの、そらね、年々辛くも成って来てるです。四国行きがや。車の中で、ン時間でして。
まあね、義姉も、義兄も、要は、義姉一家が、良くして呉れるが故、結構なれど。
当たり前だの、クラッカーの、我が家と、違うわと。
何度でも、申すの、当方と、嫁共のみ、血縁に非ずの、姻族。
嫁はん、息子共、孫共なら、血縁でして。
てな事、考える事もあらへんですが。義姉夫婦も、当たり前だの、クラッカーの年々、歳喰てるです。
まあな、皆、健康故、継続出来てるです。


トトトの、話、戻しの、7月16日の事。
そんな事で、全員無事、何事も無くの、我が家に戻り。
これ、18時半頃哉の、とりあえずは、腹具合、中途半端でね。そらね、昼飯、12時前に、簡単にの、にぎり飯喰て。
そらね、昼食、そのもの、六角、河原町の、「かねよ」で、うなぎをの、為でして。
それが、何時になるやら、分からんのが、2時過ぎには、喰えてもて。

さての、帰って即の、晩飯、夕食、どするやの、孫共の希望にての、寿司に決まってね。
ええなあと。フル・コースやねえ。
昼、うなぎで、夕食、寿司で。明日、昼食は、マクドナルドに決めててね。

オッとの、そんな事で、皆の注文まとめての、嫁がメモりの、国道九号線沿いの、回る寿司の、「祭り」に電話予約で、息子夫婦に、取りに行って頂戴なと。
にしてもの、「祭り」ねえ。
「祇園祭」の宵山から、帰りの、「祭り」怪と。

とかは、どでも結構の、さての、夕食喰たら、さての、「粽」の話。
トトトの、オッとの、コレ、「祇園祭」の、厄除け、護符の、「蘇民将来子孫也」の、「粽」に非ずの、中身ありの、「粽」也。
いやね、FHさんより、土管、ドカンの、ドンと、戴いてまして。

ホントは、皆が揃たの日、15日に出そかと、思てたですが。22時頃になったの哉の、最早の時刻忘れたですが。
風呂入ったら、皆、眠たい、眠たいと。寝てもてね。
そもそもがの、着いた時には、半分、寝てて。

ではと、本日、帰ってからでもと。
云うたら、本物、中身ありの、「粽」。
まあ、云うたら、食後のデザートでして。

まあな、こちの事、気にすな。沢山喰てると、長男家孫共中心にと。
オッとの、こちも、この手、好き故、喰たですが。
まあな、心配すなの、まだ、あると。されどの、勿体ない故、明日にと。
そらね、20本戴いてまして。この時、出したは、10本。
そらね、無くなるはアと云う間の、瞬時。
<参考=NO.1563 粽のこと
(17/08/10)


NO.2084 三十年ぶりの、「祇園祭宵山」の話(24) 散髪の話

オッとの、又、失念。
イヤ、冒頭、この事をと、想定の事柄を、でして。何を、掲載するの積もりであったを、失念してもてね。コマツタなと。
最近、この手の事、頻発、コマツタなと。

いやね、歳や、歳やと、自身、申してるですが。勿論の事、この歳でして。歳に間違い無いけれど。
年寄りと、云われて、特段の、腹立ちもせず。
むしろ、若いねえと、云われたら、ンの、何歳と、見てるの怪と。

ン、ンの、若いからと、二十歳や、三十歳とか、四十代には、見えんわと。
最早の、五十代にも、見えずで、精々が、六十代。ンの、ならばの、充分に、若いですが。
この、六十代も、果たしての、前半か、後半かが、問題。
六十代半ばなら、四捨五入で、実年齢と、大差無く。

只な、数歳下のが、自身よりも、当方、年下と、思てる事、多々あって。この場合、可成り、腹立つですが。さりとて、あんたなあと、とは、申さんですが。
いやね、とかの話、以前にもあったに関わらずの、一年、二年経って、又、そんなよな話になってみい、ンと。前回の話、この御仁、覚えてへんのや、なと。

オトトの、こんな話、するの積もりも、なかったですが。
オッとの、本日<8月10日>、ハタと、散髪に行くかと。
オッとの、この話、掲載の積もりで無かったの話、なれど、です。

いやね、明日から、留守すると、申すか、出発故で。
いやね、次男家、昼過ぎに、来て、一緒に神戸、長男宅で、一泊して、四国、香川の嫁はんの里でして。要は、総勢、10名様の移動。
いやね、毎回、行き方、帰り方が、違うです。

ンの、話、又、逸れ出してる、逸れてるですが。
要は、長男宅に寄って、一泊しては、此度初。何故にそんな話になったか、なんか、当方皆目の知らんわと。
要は、要は、嫁はんから、聞いて、左様<さよ>かと、だけ。

まあな、どちみちの、この、20年、里に行くに、当方運転してませんでして。当初には、息子共も、免許取り立てもあり、当然の、車は当方の、なれどの。
とりあえず、それも、瞬時で、息子共が、就職して、車を買えば、その車で、四国行き。
とするのか、以来、一緒に墓参等々、どこえ行くも、息子共の車で、でして。

いやね、先の通りの、免許取り立ての頃、息子共がや。
助手席なりに、乗っての道中、ヒヤヒヤ、してたですが。心臓に悪かったですが。いつの間にやら、慣れ出して。
いやね、それでも、怖いけれど。怖いと、するのか、口にはせぬのだけで、安全運転せよと、念じてるですが。

お陰様で、最早の、嫁はんの里えの、道中、忘れてもたです。
いやね、そらね、この、20年の間には、道中、道が、整備され。新しい高速道路も出来て、下道も、整備され、景観、通るの道も、大幅に替わってもてね。
実際に運転せぬ故、尚更の、さっぱりの、分からんわと。四国の里近辺と、するのか、途中からの経路が、です。
いやね、その辺り、完全に任せてると、するのか、状況不明になてもた故。
も、あるし、道を覚えるの、気があらへんです。元々が、何度も、申してるの、方向音痴、人名、地名音痴で、真性、純正、音痴故。


オッとの、それでや。
里にも、行くし。それも、明日出発故、行くなら、今日中やなと。散髪にや。明日、午前中にでも、構わんですが。忙しないし、なあ。
やけれど、実は、散髪に行くも、中途半端でね。理由、前回、6月6日。
とは、散髪屋、「cut-A」のポイント・カードにメモってあるです。その前は、3月の13日怪と。
云うてるは、概ね3箇月でして。間隔がや。此度、2箇月しか、空いてませんでして。

とかとか、悩み乍らも、そらね、礼儀も考慮で、行っとこかと。来客、待ち人、順番待ちの面々、人数、多いのなら、止めるかと。
とかとか、考えての、行けば、行くも、車で、15分掛かるの、店での、着けば、一発分かるの、駐車場の車が僅少でして。へえと。
店内覗けば、順番待ちのが、居てませんでして。へえと。
いやね、こんな事、初めてでして。少なくともの、3人、4人は、待ってまして。多くとも、7名程度哉と。それ以上なら、出直すですが。出直す程の事態には、なった事、ありませんですが。
そらね、概ね、1人の、待ち時間、5分、10分哉と。
トトトの、そんな事で、即の、とは、申さんの、とは、云えどの、1分も待たずの、順番来て。

そらね、諸般、当方にしたって、礼儀なるを思うわと。延びっ放しで、ボサボサの髪の毛なら、失礼やなと。
オッとの、ボサボサなら、いつも、ボサボサなれどの、それと、散髪してるは別問題の、出来る事なら、さっぱりした頭にしといた方がと、思いつつの、従前、やってませんでして。邪魔くさい故。

邪魔くさいもあるし、此度なら、まだ、早いなと。とも、思たですが。2箇月故。
只な、このところ、髪の毛少々薄くなり。ンの、別段の禿げてはないけどや。薄くとは、密度の問題。とするのか、太さ哉の、濡らすと、スケスケでね。

ならばの、散髪なんかしたら、余計にスケスケなれどの、それと、これは、印象チョと違い。
ンの当方独自、独特の考えなれどの、長くしててのスケスケと、短くしてのスケスケ、印象どちがと。
短いの方、スケスケ、目立つのけれどの、短い故と、納得でして。自分がや。

いやね、当方、河童。
但し、ン十年の昔の話、なれどの、高校1年生時、水泳部。云うたって、同好会的部なれどの、一応は、なと。
でや、孫娘、泳げませんですて。での、長男より、教えてやて、頂戴なと、頼まれてて、ね。
云うたって、15メートルは、泳げるよになってる、よでね。
15メートル泳げたら、立派なモンでして。後は、効率の問題でして。

いやね、理屈は別にしての、毎年、里に行けば、皆、泳ぎと、するのか、海が、そこ故、海遊びするです。
当方、里で、泳いだと、なればの、20年の昔まで、でして。当然の、若いもあって。当方がや。
そこは、比地木の里での、泳げるの浜。

仁尾で、寝泊まりするになって、約の、10年経つですが。
仁尾の浜なるは、潮干狩りに最適の、遠浅でして。泳ぐに適せぬ故、泳いだ事が無く。まあ、云うたら、孫共、おぼれぬよにの、監視役。
勝手に、監視してるだけですが。
親が付いてる故、必要性あらへんでして。

いやね、ボケっと、してても、仕方が無く。さりとて、泳ぐも、遠浅で、塩水、海水が衣類に付くも、厄介でして。
とりあえず、浜に行っても、用事が無いです。はきりと、申しの、おつきあい。下手したら、邪魔やったり、致し。

そこに、孫娘に水泳、泳ぎ方、教えてやて、頂戴なの、話あったが故、ほならと。
ほならも、そらな、クロールで、云々してたら、心臓麻痺で、こちが、救出して貰わんならんの事態になってもなと。
云うてるです。この、20年、泳いで無いと。
且つは、それこその、この歳でして。

よて、孫娘を泳がせ、ここを、こんな具合にと、理論的にと。
想定してるは、先の通りの効率でして。当方なら、どしてでも、浮くが出来るですが。その浮き方の理屈を教えてやろかと。
後は、推進力でして。手は、手のひらは、こんな具合に、足も、こんな具合にと。
ほならの、見せてやらんならんなと。見本をや。
ほならの、頭、顔なるは、水面ぎりぎり、息が出来るだけ、出せば宜しいと、相成って。

イヤイヤ、冗談、申してるで無いです。理論は、そんなモンでの、水泳選手の泳法、極めての、理屈に合致故、早さが出るです。我々、ド素人なるは、そこまでの、理論、分からん以前の、真似るの技術、体力、体型で無く。
オッとの、単に泳げるになるの話故、そこまでの、難しい理屈不要。


オッとの、トトトの、話、完全に、逸れたですが。
いやね、そんな次第の、斯くなるでの。
7月16日の、「祇園祭」の宵山の日は、皆疲れてね。人混みありの、雨降りありの。
されどの、寿司喰い、「粽」喰て、すぐに寝たです。
残の、「粽」10本なるは、明くるの、帰るの日の、三時のおやつで、一発、無くなってもての、結構なると。
そらね、中身ありの、「粽」は食べ易かったです。
適当なるの、甘みあって。

とかとか、この話も、終わりに致すですが。
ども、思うの事、表現出来ておらずの、消化不良気味。
オッとの、「粽」は、消化不良には、ならぬですが。
(17/08/11)


NO.2085 恒例の四国、嫁はんの里帰りの話(1) とりあえずは、チラ話

オッとの、四国えの、当方運転、二十年もしてないと、してたですが。
アカンねえ。
これ又、失念してたです。

昨年には、運転したです。
理由、長男、腕骨折<昨年5月>間なしで、四国行き断念。
だけで無く、介護と、するのか、看護と、するのか。付き添いで、嫁も残ったです。

そらまあね、両腕、不如意でして。
とは云え、一応は、3箇月経ってまして。全くの、不如意でも無いですが。さりとて、1人で、諸般するは、無理故と。
結果、長男家の孫共3人は、次男の車と、当方のに、適当に分散、乗せて、四国に行ったです。

いやね、正直、殆ど、コース等々、考えてませんでして。次男が先導、当方、後続にての、走り慣れぬの道、高速道路等々、走ったです。
云うたって、全くの、未知の道でも無く。
そらね、次男の車には、カー・ナビゲーション装備。当方のには、その手、文明の利器、付いてませんでして。

にしてもの、見事やねえ。
自分では、考えず、ひたすらに、ついてくだけなら、運転して、行った事、スカリと、忘れてたです。

先に云うてもたら、此度、8月11日には、次男<長岡京>が迎えに来て呉れて。長男宅<神戸>に行き、一泊して、12日、四国え出発。
道中、鳴門の渦を見たいと、相成って。
所謂の遊覧船で、鳴門の渦見物にと。

イヤ、大した渦ではありませんでして。
へえの、こんな渦かと。
イヤイヤ、乗船は、「咸臨丸」でして。聞いた事、あるなあと。
イヤ、勝海舟と、福沢諭吉が乗船してたの船の名。これは、淡路島<道の駅福良>から出航の、観覧船。当世、クルーズと称してるらしい、ですが。

まあね、気が向けばの追々にで。
の前に、時間帯、時期もあって、大した渦では無かったけどや。
兎に角、当家、総勢、10名様乗船。イヤイヤ、総数、何名様が乗船してたか、知らんですが。数えてませぬ故の。
兎に角、兎に角の、乗船した時には、見晴らしの良い場所、椅子席等々、空きが無く。かと、申しの、皆様、方々に移動してるですが。ンの、良い場所は、荷物を置いてまして。勝手に座るの訳には、なと。

オッとの、それでや、
とりあえずは、話、端折りの、14日の日に、四国から、戻ったですが。
神戸の、「くら寿司」で、夕食喰て。
一旦、長男宅に戻り、今度は、長男嫁が、里帰りで、向日市えと。そして、長男自身は、我々、親を亀岡に送ると、するのか。
これは、単独にて、我が家に里帰りで、本日<8月16日>、今度は、向日市の嫁、子ども達を迎えに行って、そのままに、神戸の自宅に戻ったです。
くれぐれもの、向日市には、長男の車で、我々も一緒に行ってるです。家の前に、だけ、なれど。そこで、嫁のご両親とは、バイバイ致し。

オトトの、それでや。
次男家なら、14日には、長岡京市の自宅に戻りまして。明くるの、15日、諸般の件と、するのか、用事で、昼過ぎ、我が家に来まして。
イヤ、その当日、自宅に戻ったですが。
要は、本日、21時頃まで、長男、我が家に居てまして。
ならばと、その、本日、そらねえ、諸般の諸般で、我が家、当家の墓参りをと。
長男と共に、致したです。
実は、今月、当方、二度の墓参に相成るですが。まあな、結構なると。

の程度で、明日は、当方、70歳以上75歳未満で、義務付けられてるの、「高齢者講習(合理化講習)」。
中身的、その修了証明書がないと、運転免許の更新手続きが出来ませんですて。
へえと。
何分の、手数料4650円也の、結構なる費用掛かるです。
とまあ、「通知書」届きましての、正直、気分悪いですが。そら、その年齢に達したのや、なと。
尚且つには、警察庁の、天下りの収入源怪と。
(17/08/18)


NO.2086 高齢者<合理化>講習会の話(1) 講習をどこで受けるかの話

まずは、「高齢者講習会<合理化講習会>」の話。
下記<参考>と、中身、重複するかと、思うですが。
委細構わず、こちらは、こちらで、掲載するです。

<参考=NO.1574 高齢者<合理化>講習会<!>

イヤ、8月5日<土曜日>、お盆の読経に、「光圓寺」住職に来て戴き。
これは、午前中に終わるが故、済み次第、「東本願寺祖廟」に、墓参をと。
そら、8月11日より、外出でして。11日には、次男家車で、神戸、長男宅で、明くるの、12日より、四国行きになってまして。
四国、香川、比地木。つまり、嫁はんの里では、義理の親父様の墓参を致すです。

の前に、自分のご先祖様の、墓参りをしとかんとと。
毎年、そのよにしてるですが。
オッとの、それでや。その日、5日の日。墓参、済ませましての、帰りの道中。帰りも、既に、亀岡に入ってるですが。

いやね、「高齢者講習会」をどこで受けるか、決めねばなりませんでして。
候補先、「園部安全自動車学校」「二条自動車教習所」「京都湯の花自動車学校」。
園部のは、少々遠く。二条のも、遠いけどや。

園部のは、車で、約30分。国道9号線沿いにありまして。
二条のは、当方の、母校とも云えるの、免許証取得の教習所でして。
そら、半世紀昔は、仏光寺に在住でして。イヤ、就職してからの、取得。
そら、学生時代になんか、自動車免許証取得のための、自動車学校に通えるの、資金力なんか、あらへんわい。単車<50cc>の免許のみ、取得してたですが。お陰様で、単車が足となりての、ローム<当時は、東洋電具製作所>に就職してから、教習所に通えたです。
正確には、通えるの日もあった、です。

オッとの、その費用、実は、祖母が全額出して呉れてねえ。
就職祝いですて。へえと。オオキニと。
基本、この手費用、大卒初任給辺りと、推測してるですが。沢山の祝い金呉れたになるです。
イヤ、自動車免許取るに、学校通うに幾ら掛かるんやと、尋ねられ、当方の初任給33500円と、返答の記憶あるです。返答して、即の、その額呉れたです。

こちが、ビクリの仰天したです。
そらね、当世なら、概ねの、20万円見当をば、サと、でして。

されどの、通勤し乍らの、教習所通いも、大変でして。まともに、通たら、3箇月程で、取れるのが、半年掛かったの哉と。
それも、半年以上掛かる場合は、別途費用出さんならんでね。ならばの、年内取得と、するのか、実技も合格せねばの、大変でしたです。

いやね、余計なる話、してるですが。
当時、同期入社の面々と、3人で、申し込み。
当方的、そのよに、記憶してるですが。その2人、現在、「芋煮会」の仲間なれどの、その事、覚えてえへんで、ねえ。へえと。
その2人、足が無い故、通うに大変にての、多分なら、一度は挫折してるです。後日取得で、車にも乗ってるですが。

いやね、我々の時代は、そんなモンでして。
何を云うてるかと、なればの、単車は、高校卒業してからの取得。
自動車免許は、就職してから、でして。大抵なら、なと。

オッとの、そんな事で、二条のも、候補には、入れてたですが。そら、行くなら、JR嵯峨野線にて、二条駅で降りて。でも、行けて。
車でも、結構なれどの、時間が掛かるわと。

そんな事なら、湯の花が一番に近いですが。車で、15分程度哉の、問題は、場所知らんでね。全然の、知らんでね。
イヤイヤ、湯の花なるは、湯の花温泉の、湯の花でして。されどの、その温泉街にあるで無くの、どこなんやろねえと。
云うてたら、墓参の帰りに、嫁はんが、多分なら、あっちの方と、聞いてるえと。あっちとは、あっちで、ほならの、そっちの方、下検分でもと、らしきの方え、出向いたです。

イヤイヤ、一寸、迷いつつの、無事に発見するが出来まして。
更に、一寸、内部に入りまして。ンの、対向車、自動車学校の送迎バスと、出会して。
イヤイヤ、無事に、スレ違えてるですが。正直、ビクリしたです。先方も、ビクリしてたです。
いやね、あちらの方が、中央突破で、こち側に、出っ張って、走ってまして。こちは、概ねの、予測運転且つ安全、低速でして。

そんな話は、どちでも、結構の。案内板の示すがままに進行したなら、駐車場も、建家もあっての、嗚呼、ここかと。
いやね、そらね、他の2箇所よりも、数段に近く。
ここに、しとこかと。

いやね、正直、申しの、そらね、この界隈、坂道、山のほとり故。
そもそもがの、まあ、云うたら、亀岡でも、寒いの場所、地域故。
申し込みは結構も、時期的、12月、1月とかや。積雪、凍結の季節になれば、やばいですが。
果たしての、何時に予約が出来るかに、寄るなあと。

オッとの、それなら、園部でも、一緒。
園部方面えも、積雪、凍結の時期では、その辺り、問題でして。
その時期にしか、空いて無いなら、二条のが、俄然、急浮上するです。
そら、二条駅から、歩いて行けるです。
それなら、湯の花のでも、送迎バスが出てるですが。

何故に、現在8月。
積雪、凍結の時期の事まで、考えるのかと、なればの、「通知書」には、「予約が大変、混み合います。通知書(このはがき)を受け取れば、すぐに裏面にある高齢者講習等実施場所一覧表から選んで、直接、講習の予約をしてください。」としてあるです。

そんなに混むなら、1箇月や、2箇月。
下手したら、4箇月、5箇月先になるかも、なと。
何分の、当方、ベビー・ブーム世代。
昨年度辺りより、急激に、70歳代突入の人数、増えるです。
万事、我々世代が標的でして。
(17/08/19)


NO.2087 高齢者<合理化>講習会の話(2) 「京都湯の花自動車学校」に決めたの話

この日<8月18日>、早朝、未明より、雷鳴。
そして、豪雨。
雷鳴も、すぐのソバではと、危惧する程の、近くでして。

コマツタなと。
イヤ、終日、このままでは、傘がいるし、運転もし難いやろし。
おまけで、場所的、山の中腹でして。雷に直撃されたら、大変ぞと。
心配したですが。9時、10時頃には、晴れ上がり。今度は、猛暑、酷暑の、暑うてね。

とかとか、四国から、帰った明くるの日。15日、次男一家も来てたの時、電話一発、りんりんの、出たら、「京都湯の花自動車学校」からで、来るの、18日、15時15分からですと。
諸般の、書類等々、手続き等々、あります故、15分前には、来てくださいねの、電話。ハイ、承知と、返答してまして。

ならばの、15時には、着いてねばならずの、行くの道も、下検分なら、してるですが。下検分せねばならぬの、場所でして。
要は、不案内なる地域。
とは、云え、いつか、知らぬの間に、車で、走ってた筈の道と、思うですが。通過点故、皆目の、記憶に無く。その辺りがや。


オッとの、でや、下検分したは、6日<日曜日>でして。
場所、分かった故、ここならと。こことは、距離的、一番に近く。
明くるの、7日に、「京都湯の花自動車学校」に、電話一発、「合理化講習」の件ですがと。
受付担当女性に申せば、直近なら、10日があるですがと。ンの、それは、近くに過ぎての、諸般ありの、次なるは、何時かと、なればの、それが、18日の、15時15分からと、相成ったです。

いやね、混み合う故、早めに、予約をと、記載されてるが故、即の、電話したですが。ン箇月先になるかと、思いきやの、直近、その週。次回、次週で、えと。
まあね、再度、申すの、「湯の花」なるは、田舎の田舎。
されどの、亀岡なら、概ね、ここが、一番に近いと、思うですが。亀岡の老人人口知らんですが。


とかとか、話の順番、時系列なるを、逆転させたですが。
どちにしても、その当日となりての、時間も接近の、早め、早めに、出た方がと。
されどの、出るにも、持参すべきモノがありまして。
「運転免許証」「印鑑」「手数料<4650円也>」「講習通知書」「筆記用具」「眼鏡等<必要な場合>」を一点、一点、確認致しまして。

ンの、眼鏡は、老眼鏡を所有してるですが。基本、使う事、あらへんでねえ。
そらねえ、パソコンに向かいの、斯くの如くに、文字入力するに、眼鏡掛けてませんでして。
いやね、ここだけの話、でも無いの、下手に眼鏡掛けたら、頭痛と、するのか、耐えられんでねえ。慣れて無いがある故。
とは、云えどの、当たり前だの、クラッカーの、老眼でして。パソコンの文字読めても、新聞の見出し程度は苦にもならずの、されどの、細かな字は、少々苦しくて。

ならばの、安全のためと、老眼鏡も、持参するかと、小物入れに入れまして。
ンの、「学校」でも、20歳以上のも、通う故、校内、敷地内、禁煙でも無いやろと。タバコと、使い捨てライターも、準備して。

教室には、エアコン装備と、思うですが。汗拭きタオルも、首に掛けて。
オッとの、服装をどするやの。そらな、失礼あっては、いけませぬ故、短ズボンを、長ズボンに着替えまして。ベルトも締めて。
ン、ンの、Tシャツも、襟のあるのに、着替えまして。
そらな、それこその、20歳そこそこの、でもあるまいにの、軽装で、受講は、なと。最低限の気も使い。

とかとか、持ち物、服装等々、チェックを致しの、さての、出るかの頃には、結構なるの、時間を要してての、15時に15分前と、相成っててね。へえと。
まあね、所用時間推定、10分でして。但し、道を間違うなりしたら、知らんけれどの。それも、経路が諸般あって。
経路も、大体が、田舎の、田舎の方での、道狭い箇所通過の経路と、通り慣れては無いものの、道幅、ある程度はあるの経路等々の、そらね、大通ばかりを走るの手もあるですが。時間がなと。

結果的、走り慣れては無いものの、道幅広い方選択にての、要は、「稗田野神社」経由をと。
とまあ、国道372号線沿いでして。
とりあえずは、順調にで、嗚呼、ここやったなと、「京都湯の花自動車学校」の入り口に到着の、校内進みの、駐車場えと。

イヤ、丁度、先客、駐めたの、高齢女性。年齢的、受講者かと。
その隣が空いてる故、駐めて、事務所と、するのか、建家の方に行けば、担当者らしきの方、中年男性なれどの、その高齢女性に、某さんですねえと。あっちですと。
当方の顔見て、「柴田さんですねえ。」と。えと。
何で、当方の苗字が分かるの怪のと、尋ねたならばの、皆様、来てるですと。へえの、皆様、早いですねえと。まだ、15時丁度ですよと。とは、当方応答。
その担当者、何の担当かは、知らんの、後刻、分かったは、講師。

での、建家に入れば、待合いと、するのか、休憩所と、するのか、場所あって。一通り、見渡せばの、ンの、らしきの年齢の方、皆、女性なれどの、3人居てて。
他は、年齢的、20歳そこそこの、男女、数名での、これは、高齢とは、云えずの、対象外での。云うてもたら、全員揃てるにしては、人数少な過ぎるのではと。

思てたら、モ一名、これ、男性での、高齢での、多分なら、軽くの、後期高齢者で、杖突いての方、到着にて、先程の受付の方、曰くに、申すに、では、全員揃いましたので、少々早いですが、初めますと。
ンの、ならばの、当方、最後に非ずの、まあな、先様、予めの、年齢承知で、当然の、性別もで、云うてるは、受講者、女性3名、男性2名。
だけ怪なと。

いやね、想定してたは、ン十名の参加で、ここは、先の通りの、田舎の、田舎故に、同級生なり、近所の方多くの、我々、新参者なんか、疎外されるのではと、思てた程での。
内実、皆様、知らぬ者同士でね。へえと。


でや、講師、まずは、諸般の書類、資料に、記載すべき事、書いて頂戴なと。
何種類かの、書類には、氏名、生年月日、本日の日付であったり、住所であったり。
何種類かは、アンケート的なるものでの、運転頻度。運転は、毎日か、殆どしないか、週何回かと。その運転目的、仕事か、家族の送迎か、買い物かと。
とかとか、狭い道は走るか、夜間は、天候の悪い時にも、運転してるか、運転には自信があるか、等々でして。

問われたって、ねえ。返答に困るの。夜間、基本、運転しやへんけどや。必要とならばの、運転するです。
天候悪いも、同様での、そんな時、わざわざの、外出致さんですが。どしてもの、用事あらば、外出で、運転もするです。
或いは、体調悪い時の、質問あったですが。同様での、但しの、体調とは、どの程度があるの、軽い風邪なら、便秘なら、どて事、あらへんわの、必要なら、外出するし、運転もするですが。避けるが出来る状態なら、わざわざの、運転なんか、致しませんでして。

とか、真正直、真剣に考えたら、答えるに窮するが多く。されどの、一般論的、夜間なり、天候の悪い時、体調悪いなら、避けると。
イヤ、事実故。
での、この1年、運転してての、事故なり、ひやりと、した事あるかと、なればの、ありませんでして。
自分なりには、極めての、安全運転。

いやね、諸般、難しいは、従前なら、近くの用事でも、車で、行くが多かったですが。
年々、その頻度低下してるです。
理由、超の簡単、動け、歩け、健康のため、運動のため也と。

そらね、コンビニなら、10分も歩けば、あちに、こちに、あるです。20分歩けば、更に、増えるです。コンビニがや。
タバコ調達、コンビニ故での、歩け、歩けでして。
或いは、折角故、新車、自転車なれどの、乗れ、乗れ、利用せよと。

相成ってもての、自転車なら、運動なれどの、何を云うてるかと、なればの、次第、次第にの、運転機会、僅少方向。
モと、話簡単の、四国行きのための、11日から、14日まで。この、15日から、昨日、17日までは、長男居たもありの、墓参すれどの、運転してませんでして。

結果、18日、この日まで、運転機会無く。
正直、申しの、バッテリー、上がってえへんやろなあと、心配した程での、朝一番、エンジン始動一発、無事に動きの、ホと、安堵。
(17/08/20)


NO.2088 高齢者<合理化>講習会の話(3) 「双方向型講義」は、講師の話で終わったの話

諸般、講師の話。
そして、受講者の様子。
とするのか、推定年齢より、所謂の、70歳以上、75歳未満の、「合理化講習」と、75歳以上の、「高齢者講習」を同時にと、するのか、一緒にしてるなと。
イヤ、受講内容的、一部、一緒故。

いやね、当方、当初、分からんでした、ですが。
受けるは、「高齢者<合理化>講習」。
分かり易くには、「高齢者」に対する、「合理化講習」。
それと、75歳以上が対象の、「認知機能検査」を受けて、その通過<合格>者が受けるの、「高度化講習」があるです。
この、「高度化講習」の内容が、「合理化講習」と、ほぼ、一緒。

コレ又、何が、違うかと、なればの、「合理化講習」は、「双方向型講習」「運転適正検査」「実車指導」の3点。
「高度化講習」は、それに、加える事の、「個別指導」。

イヤ、中身的、概要、下記に寄るです。
<参考=NO.1574 高齢者<合理化>講習会<!>


イヤイヤ、当方、初受講故、右も、左も、上下左右、斜めも、さっぱりでして。
そもそもがの、受講者が、5名様の超の僅少とは、夢にも、でして。
そらね、少子高齢化で、我々世代、爺様、婆様の高齢者世代なるが、日本国人口の、4分の1を占めてると、されてるです。
今後、益々の増えるが故、とは、云うたって、ここ、10年20年が勝負。

そらね、当方、70歳。後10年も経ってみい、80歳。
これはねえ、生存の可能性あるも、更なるの、10年。つまり、20年後には、90歳でして。我れ乍らに、へえの、モ、結構でして。
云うてるは、そこまで、生きても、なと。周囲が困るのダケでして。こちも、諸般、不如意になりての、困るですが。
余計なる話ついでに、とは、云えどの、自分で、自分の寿命は決められず。厄介やねえ。
いやね、当方、同居にて、親見て来た故、余計に分かるです。長生きしとは、無いなあと。
世間の様子も、見てるが故と、するのか、云われずともの、見えるが故、長生きしても、なと。

そらね、健康で、資金あって、なら、老後も宜しいですが。且つは、家族が、まあな、世間並みの、平穏なら、宜しいですが。
云うてるは、自分1人、健康であっても、意味無いです。健康でも、資金なければ、なと。我慢、ガマンの、我慢大会も、なと。

オトトの、何の話をしたかったの怪の。
いやね、コレ又、余計なるの話の、この、「高齢者」対象の、「合理化講習」「高度化講習」とは、認知症の高齢者を運転から、除去する目的でして。
イヤ、当然の事でして。

只ね、体制が整ってませんです。
いやねの、いやねで、「京都湯の花自動車学校」なるは、田舎の、田舎の、「自動車学校」也と、申してるです。
「通知書」届けば、即の、申込みせよと、されてまして。よて、そのままに、申込んだですが。
意外や、意外の、その週、もしくは、次週でどかと。へえと、ビクリしたですが。
実は、京都市内なりの、状況、探索したなら、とてもやないの、その週、次週に空きは無く。早くて、2箇月先。下手したら、来年でして。

そらね、京都市の人口、約150万人。亀岡市のは、約9万人。ここに、高齢者の割合、不明なれどの、亀岡市のは、「湯の花」一箇所なれどの、対するの、京都市の、その手、講習実施場所なるは、9箇所。
そら、足らんです。
そらね、亀岡の方なら、園部が近く、そっちに、行くの手もあるです。オッとの、当世、園部は、南丹市となるですが。人口、たたの、3.3万人。

いやね、「合理化講習」なるは、当年、2017年、3月12日施行。
話簡単、何度でも、申すの、我々ベビー・ブーム世代が標的でして。この年代のが、昨年、3月より、ドンドンと、70歳に達してくです。
そらねえ、体制、整ってなく、制度のみ、施行、改正したって、間に合わず。
今更乍らの、「湯の花」のに、決めて、電話して、ヨカツタなと。
次回、何年後か、講師の言なら、4年後なれどの、その時には、相応に一杯になってるの可能性がと。


オッとの、そんな先の話は、結構の。
講習一番最初の、「双方向型講習」なるは、約30分の、講師に寄るの、講義と、するのか、「いつまでも安全運転を続けるために」の表題の、小冊子の抜粋的話で終わったもたです。

イヤ、その中身なるは、此度<2017年3月12日>改正の、道路交通法の改正点。
認知症の怖さなり、安全運転の心掛けについての話。
亀岡市での、交通頻発地域なるは、「アル・プラザ」「アミティ」「西友」の附近。要は、中型ショッピング・モールの辺り。
当方的、「アル・プラザ」には、良く行ってるですが、事故知らんですが。聞いて、へえと。

で、これが終われば、2手に別れまして。
片方、「実車指導」。モ片方、「運転適正指導」。
受講生、5人故、2人、3人にと。当方、2人組と、相なり、「実車指導」を先にと。ハイと。
(17/08/21)


NO.2089 高齢者<合理化>講習会の話(4) 「実車指導」の話(1)

過日より、ボチボチ、開始したです。
何の開始か、歩きの、でして。

いやね、この、糞暑いのに、歩いたら、汗タラタラ。且つ、しんどいです。
よて、少々、涼しくなって来たの、この時期からと。
それでも、汗タラタラ、戻れば、シャワーをせねばならぬですが。
イヤ、事実、このところ、少々、気分的にも、涼しくなって来てるです。日の暮れるも、早くなりまして。

いやね、ハタと、考えたら、最早の、8月も、下旬で、10月16日、本番まで、2箇月切ってるです。
ンの、10月16日とは、何かと、なればの、「大井神社」の秋の大祭、御輿の日。

いやね、15.5キロ走破も、口で云うは簡単なれどの、足のスタミナが保たんです。
一昨年は、諸般で、ご辞退致したですが。昨年復帰で、ゲと。
イヤ、走破はしてるですが、帰路、「大井神社」までの、1キロ、2キロは、何ちゅうかの、足が棒状態。
とは、毎年、云うてるですが。棒が、年々、まさしくの、棒になってまして。

いやね、久しぶりに、歩き出しますと、アキレス腱の辺りに、疲労感。とするのか、硬くなってまして。
とするのか、違和感。
とするのか、凝ったみたいな、感覚でして。
まずは、これを解消せねばと、鋭意、努力をと。云うたって、この歳故、快復力乏しくて。
この、「この歳」と、するが、歳喰た証拠哉と。コマツタなと。情けないなと。

いやね、何ちゅうかの、歳やな、歳やなと、このところは、云われませんですが。理由、名実共の、歳故。
ほならの、何ちゅうかの、自分で、歳やな、歳やしと、申してるです。
これが、コマツタ事やなと。


オッとの、そんな次第の、斯くなるでの。
「京都湯の花自動車学校」での、「合理化講習」の話。

「双方向型講習」は、予定通りの、30分で終了。特段も、問題無く、至って、スムーズにと。
いやね、これを、まともに、やってるのところもあるのらしく。まとも、とは、「双方向」。
諸般、講師より、質問されたり、意見、求められたり、する事、あるですて。
まあね、それが、本来の、「双方向」なれどの、さりとての、常平生、考えもせぬ事、尋ねられても、なと。困るの事よに、他の人にして頂戴の世界。
いやね、自分だけ、責められてと、解釈してるの方もあるです。責めてるので無く、質問なり、意見求めてるのだけ、なれど。当人からしたら、何で、自分だけにと、相成って。
イヤイヤ、我々、5名様には、その手の事、あらへんでして。講師によるの、解説、説明、講義で終始で、終わってもての、ホと安堵。

さての、実際には、ここからでして。
当方と、モ1人の女性。もしかしての、1歳上やろかの、同年もあるですが。どちにしたって、その辺りでして。諸般の話からは、なと。

イヤ、「双方向型講習」終えて、講師より、その事、通知され。
5分、10分、間がある故、トイレにでも、タバコにでも、お好きにして頂戴なと。ンの、講師、当方、喫煙所で、タバコ吸うてたを見てたの哉と、余計なる、推測したりして。

イヤイヤ、許可得た故、その5分、10分、建家、横手の、屋外なれどの、場所あって。
行けば、何ちゅうかの、中年の面々、バイクに乗るの格好故、自動二輪の免許でも、取りにか、何かは、知らんのも居てまして。
当方なら、自動二輪免許取得してませんの、法律改正で、普通免許が、中型になってるですが。それと、原付のみ。
まあね、普通免許取得で、原付なら、乗れるですが。


そんな話は結構の、タバコ一本、吸い終わりの、そこら、フラフラ、用事ありませんでして。
建家の中に入ってもなと。冷房利いてるですが、利き過ぎてまして。寒い程。

でや、フラフラしてたら、教習車が、ソバに来ての、停車しての、ンの中から、先刻の講師が出て来てね。
「柴田さん、後部座席に座ってください。」と。ハイと。
いやね、正直、ビクリしたです。講師が、運転席から、出て来た故で。イヤ、単なるの、教習車と、思て、見てたのだけでして。

車内は暑く、コマツタなと。されどの、指示通りに後部座席に座ってたら、受講生の、モ一名の、女性が現れまして。講師が呼びに行ったですが。
同様にして、後部座席に座れと、指示されて。
ンの、いよいよの、これから、「実車指導」の開始かと。

講師の運転にての、しかるべくの、スタート地点に到着にての、申されるに、先刻の、講習の話の一部。
年齢と共に、どしても、反射神経、咄嗟の動作、動作そのものが、遅れて来ると。
その辺り、注意されて、運転をと。

尚、コースは、その都度、指示します。
で、段差があるです。ここは、前輪が当たれば、ゆっくり、上り。登った所で、停止。この、停止までの早さ。
そして、後輪が当たる。当たって、後輪も段を上げる。そして、降りる。前輪、後輪ですが、ゆっくりと。

次、車庫入れあって、S字カーブで、障害物です。
尚の尚、片側2車線の箇所と、1車線の箇所があるです。2車線の場合、基本、左側を走り、指示しますので、右車線に移動。
まあ、短いコースですので、ゆっくり、ゆっくりで結構です。

ででの、レディ・ファーストで、やりますかと、講師申せば、イヤイヤ、わたし、後の方がと。申されるが故、ほならと、柴田さんからにしますかと。
当方、どちでも結構の、ハイと、二の返事。

そやけれどの、本音、イヤ、それは、どちでも結構の、後部座席に、見知らぬ方、乗せて。助手席に、教習所の先生乗せて、教習所のコース走るは、落ち着かんなと。
緊張するなと。

とは、云うてられんの、課題は達成、実行せねばの、とりあえずは、講師の指示で、運転席に移動。
曰くに、サイド・ミラー等々、座席等々、好きに合わせてくださいねえと。
好きに合わせるに、結構、難しく。
そもそもがの、自分の車でありませんでして。
まあね、諸般、調整も、座席のみ、拘ったですが。ミラーはねえ、左程に、触るの用事無く。

いやね、出発進行までに、ブレーキと、アクセルの、場所と、利き具合のみ、確認致し。変な話、どちが、アクセルで、ブレーキ怪と。
普段には、そんな事、気にもしてませんですが。
上がるんやねえ。その手、基本の、基本をや。
当方、ペーパー・ドライバーに非ずの、オーナー・ドライバーなれど、です。

されどの、車の運転、一週間ぶりでして。そらな、四国に行き、息子の車に乗せられて。帰ってからは、墓参なりも、したですが。息子の車に乗せられて。
要は、このところ、運転機会、僅少。
オッとの、当日、8月18日なるは、自分の車で、運転で、ここまで、来てるのけどや。
(17/08/22)


NO.2090 高齢者<合理化>講習会の話(5) 「実車指導」の話(2)

前期<65歳以上>であれ、後期<75歳以上>であれ、高齢者は、高齢者。
されどの、自分的、高齢者の自覚無く。

で、此度、合理化であれ、高齢者であれ、高齢者対象の自動車運転に対するの講習受けるに相成り。
コレ、70歳以上からが、対象でして。
基本、何かあれば、運転免許の更新手続き出来ませんでして。云うたって、75歳未満では、認知機能検査ありませぬ故、トンでも無いの事の無い限りは、単に受けるだけの話。

では、あれどの、遂に、当方にも、この手通知が来たのかと。
本音申せば、気分的、非常に悪く。そら、強制では無いものの、事実上、強制でして。
そら、終了証明書を以て、更新手続きが出来る。反対には、受講せねば、更新手続き出来ませんです。

「双方向型講義」の中でも、講師曰くに、年々、歳と共に、反射神経、動作緩慢になり、視力も、動体視力、夜間視力、視野も低下すると。
その辺り、自覚の上、安全運転をと。
それ、云われたら、夜間は確かに、運転し難くて。基本、避けてるです。

とは、自分の中での話。
その更なるの、内心的、低下は低下も、他と比較なら、数段に自信あるです。
低下なるは、これ又、自分の中での比較。
云うてるは、同年配なりの、他と比較なら、数段に機能優れてると、自負してるです。
とっとの、あくまでもの、自分の中での話で、数字的には、「実車指導」後の、「運転適正指導」で、判明致すですが。


での、「実車指導」の話をと。
諸般の、注意事項をば、講師より、聞かされて。
云うたって、当、「京都湯の花自動車学校」の、教習コースなんか、初でして。初で無くとも、この手、教習コースに慣れてる筈は無く。

まあな、運転歴なら、最早の半世紀近く。経験豊富。
その分、自分なりの癖と、するのか、癖やねえ。身に付いてしもてるですが。
さての、準備が出来たら、スタートせよと。とは、講師の指示、命令。準備とは、バック・ミラー、サイド・ミラー、座席の位置関係等々でして。

ではの、スタートの、他にも、教習生の車がウロウロしてて。当然の、教師、先生が乗ってる故、その辺り、安心なれどの、実際に運転してるは、所謂の、素人でして。未熟者でして。
当方にしたって、そんな時期、あったですが。

いやね、余計なるの話。
当たり前だの、クラッカーの、我が家、当家、その当時に、車なんか、ありませんでして。
「二条自動車教習所」で、初めて、車の運転席に鎮座致しの、先生より、エンジン掛けよ。ハイと。クラッチを入れよと。ハイと。
当時には、全車クラッチ式、ミッション式でして。
云うたら、エンジン掛けるが、人生初。クラッチ、踏み、アクセル・ペダル踏むも、そものもがの、ハンドル持つが、人生初。

今時なら、大抵の家に、自動車あるです。
小さい時より、親の運転にて、方々、行ってるです。
云うてるは、充分なるの、車社会故、車は見慣れてるです。

そらね、当方、その当時、22歳の頃には、車、所謂の、自家用車と、申してたですが、持ってるの家<うち>なんか、まだまだの、僅少。
我が、「喜吉荒神町」、約の、40軒で、何軒がと、なればの、数軒でして。数とは、2軒あったやろ怪なあと。
明らかにと、なればの、砂糖屋には、トラックあったです。
話、逸れるですが。そこの砂糖屋の息子、歳下なれどの、何ちゅうかの、まあ、云うたら、悪ガキで、ねえ。
自慢しいで、ねえ。

いやね、そのトラック自慢で、荷台に載って、はしゃいでたですが。その子がや。
対象、我々でして。殆どの家に、車なんか、ありませんでして。その自慢で、はしゃいでまして。
車を動かすに、降りよと、親父さんから、云われましての、飛び降りたは結構も、チョと、転けてもての、運悪くも、車はバックで、その子の足の上にタイヤが乗ってしもて。我々、一部始終を見てて、えと。危ない、危ない、曳いてると。
まあね、荷物乗せてませんでして、単に曳いただけで、怪我も無かったですが。

更なるの、余計なるの話。
先の通りの、砂糖屋でして。問屋でして。
イヤイヤ、当方、1円、5円の小銭を貰いの、親なり、からで。
それでは、菓子類買えませんでして。砂糖屋で、黒砂糖の計り売りで、1円分、5円分とかとか、買いに行ったです。
イヤ、計り売り故、それなりに、買えるです。貴重なるの、糖分。

いやね、本当は、迷惑なる、注文であったかと。今なら、推測するですが。
いやね、もしかしたら、でも無いの哉と。黒砂糖も、当時、円柱形で、木枠なりに入ってたですが。割れ物もあって。
基本、割れ物を、目方計って、相応の量にして、新聞紙に包んで、呉れたですが。場合により、新品の木枠から、出したり、してまして。
まあね、近所の子、同じの町内の子故、して呉れたの哉と。

車ねえ、その家以外になら、真向かいの、「喜多本店京都支店」なる、酒屋、問屋があったですが。
建家の前が、駐車場になっててね。そこの車、そのものは、更なる内側に置いてたですが。駐車場は、客用での、殆ど、駐まってませんでして。

町内で、自家用車も、商売屋なら、商用車なれどの、それでも、自動車所有は、その2軒だけではと。
再度の、申すの、町内、40軒で、でして。
それ程に、自家用車、自動車なるは、珍しいの時代。クレグレもの、半世紀昔の話をしてるですが。

でや、人生初、エンジン掛けて、アクセル踏みの、クラッチをと。
そして、車が動き出したの感動、まざまざと、記憶してるの、次の瞬間には、大慌て、して。
車が、自分の運転にての、動いたは、結構。以て、感動、結構。

オトトの、当然の、車は、真っ直ぐ進みの、どするやの、そのままでは、前面に何があったかも、失念の、多分なら、脱輪哉の、ハンドルをば、必死に、しかるべくの、コースの方にで、四苦八苦の、汗タラタラ。
先生から、感動してるの間は無いぞと、云われたかは、定かに、記憶せず。

ついでの、モと、云うたら、路上実習の際、当時には、市電走ってまして。
その線路の上に乗ってしもたら。乗るも、進行方向故、線路そのものでの、ハンドル取られてもてね。
云うたら、進路変更するに、脱出するに、四苦八苦の、先生、ハンドルをば、ガと、掴みの、モと、チカラ、入れてと、大声出された、なと。
それ程に、市電の線路の乗ると、ハンドル取られるです。

とかとか、思い出し乍らの、イヤ、余裕からでは無いの。
教習所のコース走るに、久しぶりもあって、ね。
とは、云えどの、これからは、何年毎かに、厭でも、走らさせられるのかと。生存しの、運転出来るの間は、なと。
これが、寂しいなあと。
(17/08/23)



inserted by FC2 system