シバケンの単なる雑談NO.172

雑談NO.171
雑談NO.166 雑談NO.167 雑談NO.168 雑談NO.169 雑談NO.170

雑談NO.160 雑談NO.165
雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.173

NO.1990 4月23日の話(7) 会席の、「黄桜」の話(1)

NO.1989 久しぶりの、「芋煮会」の話(2)

NO.1988 久しぶりの、「芋煮会」の話(1)

NO.1987 4月23日の話(6) 愛煙家、いよいよの、肩身狭くなるの話

NO.1986 4月23日の話(5) 話、逸れるの脱線の話(2)

NO.1985 4月23日の話(4) 話、逸れるの脱線の話(1)

NO.1984 4月23日の話(3) お供養の話

NO.1983 4月23日の話(2) 住職到着の話

NO.1982 4月23日の話(1) まずは、妹婿母の一周忌の話

NO.1981 妹婿母の一周忌の準備の話

雑談NO.171


NO.1981 妹婿母の一周忌の準備の話

日の経つは早く、いよいよ、明日<4月23日>になったです。
イヤ、妹婿母の一周忌と、町内会の、「期首総会」。

この時期、大体は重なるですが。
愛車カローラで妹宅故、ガソリン満タンと、洗車をと。
このところ、車には、余り乗りませんので、一度満タンにしたら、2箇月保つです。
又、置きっ放し故、花粉か、PM2.5か、砂埃かで、車は真っ白け。

よて、このところ、ガソリン入れる度、原則、洗車もしてまして。イヤ、洗車機にてです。
基本洗車、200円也で、ガソリン2000円以上なら、洗車で、100円引きになるですが。その分、100円也の、下周りのトッピングをします故、結果的、200円也の洗車。

但し、プリペイド・カードでして。このカードも、安売りがありての、2000円が、半額の1000円の時、買うです。結果、実質的、100円で、基本洗車と、下周りの洗車が出来るになるです。

いやね、それでね。
洗車機での洗車が終わりまして。洗車の横手で、雑巾掛けしてたら、隣に止めた車。
当方、最早の車種に疎くなりての、兎に角、赤い車。運転手なるは、ええ歳した、爺様で、云うたって、70代哉の、そしたら、当方と大して違わんですが。

へえの、その歳で、赤の車怪と。イヤ、ご夫婦で、洗車とするのか、雑巾掛けしてまして。
帽子を被ってね。
このところ、時々見るです。爺様年代のが、結構、帽子を被ってまして。
当方なら、帽子を被るの習性無くて。髪の毛が、ぺしゃんとなるを嫌うもあるですが。この年代で、帽子は、禿げなり、白髪を隠すの積もりと、思てるのもあるですが。
或る程度の年齢なら、白髪も、禿げも、隠す事は無いと、するが、我が方針。

オッとの、この爺様、帽子の件は、結構の、赤の車は、オープン・カーなんやねえ。
何故かは、分からんの、洗車が終わって、さあ、出発かの時、ビーンと、音させ、オープン・カーに変身させて。こちを、チラの横目で、出て行ったですが。
何も、こちを、チラ見しんでも宜しいのにと。

いやね、こちは、世界の大衆車、カローラの、13年か、14年選手。
あちこち、小さな傷も付けてまして。このところ、ワックス掛けも致さんが故、何ちゅうかの、かんちゅうかの、塗装にも、艶が無く。
されどの、充分に乗れるし、どこも、悪くは無い故、まだまだ、乗るですが。
反対には、これを廃車にしたら、次は、さて、果ての、どする兵衛の、新車を買うの資金無く。多分なら、嫁はんの軽自動車を共同所有にして、乗り潰すになるなあと。

いやねの、いやねで、次の免許更新より、適正検査を受けねばなりませんでして。これ、一年毎らしく。
オトトの、現免許証、いつまでかと、見たなら、平成30年2月11日ですて。フウンの、誕生日の、1箇月後なんやなと。は、結構も、ンの、当年、平成何年怪の、29年故、来年には、更新かと。
いよいよの、嫌な事が接近でして。

ほんまやでの、今まで、適正検査云々なんか、余所事に思てたですが。来年早々には、自分の番。
そもそもがの、古希さえが、余所事でしたですが。

オッとの、云うてるは、この歳で、新車を買うにしたって、後何年乗れるやの世界に相成るです。そんな意味では、先刻の、爺様、赤いオープン・カーなんか、よお、乗ってるなと。
イヤイヤ、綺麗な車でして。

そらね、云い出したら、当方にしたって、最後の最後、3ナンバーの、贅沢車に乗りたいですが。ハイブリッド車で、自動運転のを、所有してみたいですが。
モと、云うたら、カー・ナビゲーション標準装備のに、乗りたいですが。
自身の年齢と、諸般の状況、資金の事、年齢の事、考えたら、やけとけ、やめとけと、モ1人の自分が、警告するです。

いやね、高齢者で、事故起こすのが、多いみたいに云うてるですが。
当方の独断、偏見、原因、3点あるです。

一つには、年齢重ねたら、基本、運転機会、少なくなるです。近くなら、歩け、歩けでして。健康のための運動重要と。
結果、下手したら、1週間で、1度も、車に乗らずの事もありまして。
結果の、結果、偶に運転するは、緊張するです。

二つ目には、運転機会、少なくなると、同時に、車で、方々え行くも、邪魔くさくなるです。そらね、若い頃なら、大阪にでも、滋賀にでも、ホイと、気楽に出掛けたですが。
イヤ、特段の用事もありませんでしたですが。まあ、云う鱈、ドライブがてら。されどの、最近では、ふらりと、出るにも、どこに、何故にと、相成って。
その分、道路状況にも、疎くなり。

三つ目には、新車は結構も、新車になれば、事細かくの、諸般機能、装備も異なりまして。特には、運転感覚も大分違うです。
それに、慣れるに、相応の日数要するですが、運転機会少なく、遠出もしませんし、近在ならまだしもの、一寸、離れた場所にと、なればの、道路状況にも、慣れて無く。


オトトの、当方なら、亀岡よりも、京都市内の方が、運転し易いですが。これは、正直には、土地勘ありまして。
いやね、10代、20代を過ごした場所と、30代になってからの地域では、知るの度合いがまるきりの違うです。
そらね、亀岡に住んで、35年くらい経つも、自分の住み処の周辺だけでして。承知してるがです。そもそもが、職場が、亀岡とは、違いまして。
殆ど、居てませんでしたです。

オッとの、トトトの、何の話をしてるの怪と。
いやね、洗車の時、隣に止まったの赤い車の主様。
その歳で、赤の、オープン・カー怪の、金持ちやなあと。わざわざの、オープン・カーなるぞと、天井空けて、こちに、見せ付けるの事もあらへんのにと。
嫌なヤツやなと。

とかとか、以て、明日の準備、一周忌の方なれどの、車はそんな事で、ガソリン満タン。洗車も致し。
お供えの菓子なるは、嫁はんが、調達にで、洋菓子屋に出向きの、諸般、ドーナツにしたですて。へえと。
オッとの、ミスター・ドーナツの、では、無いです。少々値の張るのドーナツ。
ミスター・ドーナツのも、旨いですが。ミスター・ドーナツのでは、お供えには、チョとなと。不向きでして。
イヤ、当世、そんな事に、コダワルの事も無いとは、思うですが。それこその、10代、20代の、その手、何ちゅうかの、不文律も知らんの、でもあるまいにと。
(17/04/23)


NO.1982 4月23日の話(1) まずは、妹婿母の一周忌の話

本日<4月23日>。
正直、草臥れたです。

昼一番、12時数分には、家出発。
渋滞してる筈の、箇所、「イオン桂川」突破。要は、「久世橋」経由は避けまして。
「一文橋」より、「外環状線」経由も避けまして。

結果的、以前に良く走ってたの、「東土川」「赤池」経由に致したです。云うたら、先の中間の道を採用。
所用時間、1時間で、着いたです。
当然の、「京都縦貫道」をば、使ての話。

イヤ、伏見「寺田屋」の辺りを右折しての、すぐのそこのマンションでして。真ん前には、見た事のあるの方、礼服着ておられるのご婦人が立っておられてね。
イヤイヤ、婿殿の親族でして。婿父方の方。要は、婿殿の叔母に当たるのかと。別途には、母方の方、その方、従兄弟と聞いてるですが。

での、こんにちはと、声掛けたら、嗚呼、良かったと。ここで、合おてるのやねえと。ハイと。
当方なら、ケータイ一発、嫁はんが婿殿にで、車の置くの場所を教えて戴くになってまして。婿殿、すぐにも現れるですと。そのご婦人に伝えまして。

とかとか、事細かには、意味無いですが。まあ、ええかと。
とりあえずは、近在の駐車場所に駐めさせて戴きまして。婿殿、そこから、自宅えの道中、曰くに、昨年、12月より、諸般、入院して、煙草を止めたと。へえと。
コマツタなと。

ンの、入院と、云うたの怪の、何が原因かと、問えば、病名不明で、とりあえず、以来、煙草吸わずで、5箇月になるですと。えらいねえと。
当方、一向に止められませんでして。意志薄弱故でして。
いやね、当方的、煙草を止められたら、連れ煙草が出来ませんでして。

よて、部屋番号聞いてから、ここで煙草を吸うてから、行くと。
当然の、携帯灰皿持参してるです。最低限のエチケットでして。イヤ、煙草を吸わんと、云うてるのに、一緒にここで吸うか、とは、云えず。
基本、他家室内、屋内では、煙草は吸うてませんでして。吸うて、良いの宅でなら、吸うですが。換気扇の下で。オッとの、我が家でも、そでして。

いやね、それでね。
家に入って、まずは、嫁はんと二人して、仏壇に持参のお供え方々、香典もで、チインと、鈴を鳴らし。
当方の予定、都合を伝えましたです。
20時より、町内会の用事でねと。17時には、帰り鯛と。

ンの、ほならの、婿殿、妹、申すに、会席なるは、17時からの予定ですて。へえと。コマツタなと。
にしてもの、何故にそんなに掛かるやの、そもそもがの、17時からの予約ですて。ンの、それは、分かったの。法要、14時で、何故に、会席17時怪と。
とするよりも、法要なるは、概ね、1時間。17時まで、何をするの怪の、時間潰し、してな仕方が無いねえと。フウンと。
フウンは結構も、コマツタなと。17時から、会席なら、精々が、居て、1時間の、18時には、お暇するに致すですと。

イヤイヤ、しもたなあと。
町内会の、「期首総会」の日が決まった時、即の、その辺り、連絡しとけばと。会席不要と。されどの、まさかの、17時から、会席は想定外でして。
まあな、「期首総会」には、欠席するの手もあるですが。支部長とするのか、組長の電話番号知らんです。

いやね、当方的には、諸般の声聞いてる故、その声、一応は、発言せねばの、云うてるのご当人が、発言すれば、宜しいですが。これ又、細々も、憚るの、方々<ほうぼう>からでの、その面々が、発言する筈が無くの。何分の、当方、純粋、申請、深刻、申告の、純正、アホやしなと。
イヤ、当方、同感でもありまして。

オッとの、云うとくの、当方から、根堀りの、葉堀りの、聞いたで無いです。こんなあんなと、云うての先方応答でも無いです。
何故か、聞こえて来ましてね。
先方より、その手の話を切り出してるです。コマツタ事に、当方、同感。
とかとか、そらね、正直には、同感故、話出て、当方的考えも、申してるですが。
オトトの、何の話かは、ここでは、申さんの、しかるべくのと。ど考えても、当方、アホ故、聞かされてるの以上はなと。


そんな次第の、斯くなるでの。
1時間も早くに着いてしもて。かと、申しの、遅刻厳禁。
先刻の、婿父方、親族の、叔母さんも、同様での、そっちは、婿殿に任せ。そら、こっちが、相手するもなと。余計なるの話でして。
妹と、甥を相手に、あやこやと。
妹は、今年になって、入院したのらしくの、ンの、夫婦で、何してると。

云うたって、当方も、見掛け、健康なれどの、諸般あるです。
所謂の、高血圧で、上、149。150で、諸般、云われるですて。そですかと。
ここだけの話の、血圧測定の際には、息を大きく吸い、吐きの。要は深呼吸。すれば、多少は下がるですて。

とかとかの、健康診断の話なるは、別途に致すです。ここで、云うてるの、数字、149は、適当でして。深呼吸せずの測定なら、150を突破。
イヤ、過日、2月15日の健康診断の話は、後日として、まだ、してませんでして。
再度の、ここだけの話の、コレ捨てロールは、基準以上で、血糖値は、ぎりぎりのセーフ。
自覚症状あるは、耳鳴り、痔瘻、前立腺肥大等々。

耳鳴りはねえ、最近、云われてるの、自分で、音を造ってるですて。意味なるは、耳の老化で、高音域は聞こえ難くなってる故、自分の脳が補正してるです。
とかとか、この原因だけでは無いですが。

オッとの、それでや。
兎に角、会席は、場所移動で、「黄桜」ですて。へえと。
ンの、過日の電話では、自宅でと、聞いたですが。ま、ええかと。歩いて、すぐのそこでして。


それこその、過日、過月、過年には、「芋煮会」より、「月桂冠」「黄桜」を見学致しの、「神聖」の、「鳥せい」で、昼飯喰たです。
その、「黄桜」にて、食事が出来るですて。へえと。
トトトの、当方、下戸もあるですが。日本酒は、全然のダメ。されどの、どんな具合に、酒造るかには、興味津々の、「黄桜」には、その手のは無くて。
河童伝説の展示があったですが。

とかとか、正直、本日<23日>、諸般、草臥れたです。
(17/04/24)


NO.1983 4月23日の話(2) 住職到着の話

歳やねえ。
何かを掲載すべく、思てたですが。
ンの、イザ、掲載する兵衛かの現在唯今、失念、霧散の、コマツタなと。
イヤ、何の事を、何をと、沈思黙考するに、浮かび上がりませんでして。

イヤイヤ、続きの話なら、構想あるです。
但し、いつもの事の、すぐにも逸れて、逸れての、逸れまくりですが。失念、霧散は、その手の事に非ずの、別途の事。
の筈ですが。忘れてもたでは、仕方が無いです。

での、伏見の、妹家での話。
申してるの、婿母殿、一周忌でして。まずは、当方夫婦と、婿父方叔母が到着。
続いて、姪一家で、婿父方従兄弟。最後のピンポンのパンで、住職哉と。

当方夫婦、当日、気楽でね。
そらなの、一番の末席でして。一切の、出しゃばるの必要性無く。
そらね、婿叔母、従兄弟に、当方、相手するも変でして。婿なり、妹なり、甥に、姪に、でして。
その場に居たなら、適当なるの世間話をするですが。こちは、奥の方に入ってまして。仏壇の部屋、玄関のソバ。そこに、親族の方々、住職も入られたです。

いやね、正直なるの話。
婿母の立場の、オッとの、その年会なれどの、部屋、四畳半程度でして。過去に一度だけ、入った事がありまして。此度、二度目に成るですが。部屋に入るが、でして。
イヤイヤ、最初に、仏壇にお詣りしてると、申してるです。

最初の一度なるは、妹一家、引っ越した直後で、当日、婿母、ディ・サービスで、不在でねえ。
要は、そこに、ベッドがあって、仏壇でして。その他、諸々、置いてあったですが。再度の、四畳半の間でして。まあな、マンションの一室故、こんなモンでして。
仏壇にお詣りしたは、結果的、これで、二度目でして。
そらね、以降も度々の訪問してるですが。婿母の部屋で、不在故、これまでは、早々には、入れませんです。

当家の仏壇なら、母亡くなるまでは、居間に鎮座。
要は、当方の面前でして。部屋に入るも、入らんも無く。息子共、妹一家、来た時には、チインと鈴鳴らし。
亡くなってからは、母の部屋と、するのか、元々は、我々夫婦の部屋なれどの、六畳の間での、諸般、危ないと、するのか、それまでは、二階の部屋なれどの、下に降りて呉れと、無理矢理の移動させたです。
上の時の母のも、六畳でして。

そらね、階段で転けたり、諸般の手術をしたりして。それでも、当人、二階の部屋が良いと、云い張ったですが。ダメダメダメと、家族全員、息子共と、共に、説得致し。
とりあえずは、事程左様の、好き勝手放題、申しの、説得に苦労させられるの母でして。

オッとの、それでや、その部屋、ベッドも無くなりの、孫共も、来ると、仏壇の扉を開けたり、閉めたりの遊びまくるもあっての、移動させたですが。
移動させたの頃には、仏壇にて、遊ばんよに相成って。部屋が違うもあるですが。
そちには、仕切りはあっても、無いも同然の自由空間。要は、入るに遠慮の部屋で無く。
そらね、今や、老夫婦二人だけでして。

オトトの、又、話、チラと、戻せば、妹家なら、現在唯今、3人暮らし。それまでは、婿母との、4人でして。次男は、滋賀の方で、住み、長女は、結婚してましての。
ンの、余計なるの話の、実は、当家次男と、同じのマンション。とは、云うても、棟が違うですが。そこも、何度か、行ってるですが。

そんな事で、当方なら、奥の部屋、居間兼の台所なれどの、そこで、妹なり、甥、姪、姪婿、その子、息子、娘を相手に雑談してたですが。
住職到着にての、ぼちぼちやなと、時計見たら、お見事、14時丁度。大したモンやねえと。
イヤイヤ、ここだけの話の、他言、どでも結構の、良く遅刻されるですて。10分、20分、30分程度、当たり前ですて。へえと。
その辺り、当家、住職、盆なりで、来て戴くの時には、概ねの時間、分かってまして。嵯峨野線に乗る前か、降りてからか。この住職、当方から、し鱈の、三代目なるは、乗る前に連絡あっての、その時刻には、お出迎え致す故、遅刻は無いですが。

オッとの、この手の話、し出し鱈、切りが無い故、割愛致すの、さての、法要始まるが故、婿母部屋と、するのか、仏壇のあるの部屋に集合と、云うたって、総勢、12名は、入れ切れませんでして。無理し鱈、入れるですが。
再度の申すの、当方なら、末席も、末席の、席不要の、姻族。
むしろの、先陣切っての、住職に最接近、なんか、したらの、立場弁えずの、出しゃばりの、過ぎでして。

云い出し鱈、母方のも、そでして。母長女なれどの、上に兄二人で、妹家<叔母>居てるですが、その手法事なり、葬儀には叔母婿生前には一緒に来てたですが。亡くなってからは、来ずで、どちにしたって、当方末席でして。
イヤ、声掛かれば、母出られずになっても、必ず参列してるですが。
従兄弟内では、当方最年長故、相応に扱おて呉れるですが。従兄弟がでして。それは、それで、法要となればの、末席故、気楽、気楽の、ド気楽。

話、逸れついでの、父方の親族のなら、当方、末席では無いですが。親父、柴田家長男故でして。されどの、こっちの方、法事余りしてませんでして。
すると、なれば、気楽にはしてられんの、少々、気も使うになるですが。使うったって、こちでも、基本、当方最年長。東京には、一歳歳上の従兄弟が居てるですが。東京さからは、早々に、でして。
とは、云うたって、従兄弟でして。且つは、こちの方が、年齢近く。東京も、その昔には、大阪、梅田に在住してまして。

とっとの、この手の話、して鱈、切りが無く。
でや、ここの住職、法要も、二度に分けまして。途中、休憩の、何で哉と、思えば、煙草休憩。
ンの、ならばの、当方も、気楽ついでに一緒に煙草休憩と、したいのけどや。幾ら、気楽、気楽の、ド気楽も、その休憩時間も分からんでして。
外に出て、煙草一服で、遅刻もなと、遠慮、遠慮の、ド遠慮。
そらな、住職には、灰皿準備されてるですが。一緒にその灰皿で、煙草一服も、出来かねて。

にしてもの、法要だけで、1時間の、説教始まりの、住職曰くの、政治の話も、佛教の話也と。へえと。
本気で、やるの哉の、本気での。仏蘭西の首相選挙から、憲法問題に至るの、話で、へえと。
米国からの押し付け憲法とされてるですが、石原慎太郎の自前の憲法をの話あるですがと。今の憲法、立派であると。へえと。
説教故、反論も出来ずの、ただただ、聞いてるのだけですが。

ほんとにねえ。
説教に、政治なり、憲法の話、ど哉と、思うですが。当方は。
それこその、信教の自由、言論の自由。されどの、説教には、反論不適。

そんな意味でなら、当家住職、その手、話、致しませぬ故、助かるですが。
先代住職なら、説教さえ、されず。オッとの、先代なるは、大谷大学の先生と、するのか、教授、助教授、講師かは、知らんですが。されてたと、記憶してるですが。

兎に角、話など、殆どされませんでして。
世間話的、こちが、色々、するですが。そですねえで、チョン。
時々には、住職の寝泊まりの、屋根が、トタンでねえと、暑くてねと。
イヤ、これも、世間話の範疇の、今年は暑いですねえと、申したの返答。
その先代住職も、他界され。現在、三代目でして。余計なるの話の、この三代目、離婚されてましての、子が無くて。

まあな、当方の時代、常識的には、この三代目の代で、済むですが。
年齢知らんの、多分なら、四十代後半から、五十代哉と。
ンの、妹家の住職なら、多分なら、当方辺り哉と。実際には、少々、お若い鴨なと。
更なるの、余計なるの話、声質、我が祖母の中手妹家の長男に、瓜二つ。性格も、似てるの哉と。

ンンの、親父他界より、数年は、年賀状も来てたですが。出してたですが。
二十年来、ぱたりと、音信途絶え。
されどの、亡くなったの一報もありませんですが、常識的、生存はされては無いです。親父、生存して鱈、当年105歳。
その方、2歳か、3歳下のだけ。
いやな、親父も、従兄弟達の中では、一番の年長でしたです。
祖母なら、長女で、祖父も長男。
(17/04/25)


NO.1984 4月23日の話(3) お供養の話

歳やねえと。
前回、書き出し、中身失念。
したですが。その件、今だ、思い出さずの、本日、又もやの、歳やねえと。

前回の事に非ずの、本日<4月25日>の事。
諸般、用立てがため。とするのか、来るべくの、当家、法事。母の三回忌のための、資金。そら、しかるべくの、現金いるです。
まだ、若干の日はあるですが。ぎりぎりで、ハタと、思い出せばの、当日ではなと。

早め、早めに準備をと、所用の現金、引き出しがため、近在の銀行、「ATM」なれどの、出向くに、歩け、歩けと、歩いて行ったです。
行くに、念のため、幾ら、出すかをメモ書き致しの、小物入れに入れまして。念のためと、ハンカチ、ティッシュに、煙草に、使い捨てライター、携帯灰皿はと。
小物入れに入ってるを確認致しの、まあ、はきりとは、「マツモト」にある、「京都銀行」の、「ATM」。

着いて、番来て、中に入って、ンの、ナイナイの、無い。
何が無いかと、なればの、恥ずかし乍らの、肝心の、通帳と、キャッシュ・カード。出すだけなら、通帳いらんですが。記帳しとかんとと、通帳も持参の筈がです。
何度も、何度も、小物入れの中を物色、探しまくれど、見つからずで、しもたなあと。

歩いて来てるが故、当たり前だの、クラッカーの、歩いて、戻らねばならず。まあな、運動のためと、この程度の距離、概ね、15分程度哉故、歩くにしてるですが。
往復ねえ。無駄足ねえ。しょがないなあと、早足にて、帰るの道中、見た事のある顔やなと、真向かいより、こちの方に、乳母車と共にの、歩いて来る妙齢の美女。
女性の、しかも、若い方の、ご尊顔をば、余りに、ジロジロ、上から、下まで、見つめの、凝視も、変態、変人、奇人、怪しいヤツと、疑られの、警戒、警戒、警戒信号発令のと、成っても困るの事よの、されどの、見た事がと。

いやね、知ってるのに、知らぬ顔の半兵衛噛ますの、無愛想人間でもありませんでして。当方がや。
これ、失礼千万也と、思てまして。
そもそもがの、会釈程度、交わすは、常識でして。所謂の、コミュニケーションの最低限の作法。誰様とは、申さんの、これの、出来ぬが案外にいてるですが。
当方的、先に挨拶なりした方勝ちと、さえ、認識、思てるの人間でして。

余計なるの話、最早の武士の生息してるの時代に非ずの、その当時には、挨拶せぬは、無礼千万、敵意のあるの証左故、挨拶なるは、敵意の無いの、意志表示とされてたと、聞き及ぶの、それ程に、重要なるの作法で、常識でして。
この考え、何時の時代にも、通用するの、ある意味、真意。

オトトの、そんな事は置いといて。
やからと、すれ違うの、誰様にも、会釈、会釈の、会釈しまくりなるも、変人、奇人の類での。どかしてるですが。
接近するに従いの、次第、次第に、ご尊顔も、鮮明に見え出しの、当方、見た事あるは、事実も、どこで怪なあと。
思いつつの、軽くの会釈、するは、ほぼの同時の、同時故に、嗚呼、あちら様も、こちを承知の、すれ違いつつの、嗚呼と。
同じ組の奥様、云うたって、若奥様なれどの。ソラ、乳母車と共に、でして。

イヤ、そらね、余り、馴染みが無い故、一発、分からんかっただけの方。
過日、区費徴収に来られた故、辛うじて、顔知った。とまでは、大袈裟なれどの、ソラ、転入されての、4年目になるの、怪なあと。
4年目とは、云えどの、そは、度々の会いませんでして。区費の件で、会おたが、会おたも、来られたが故の、嗚呼、あそこの方かの、以前に、3度もあるの怪と。
その3度も、話、したで無くの、チラ見の、チラ見も、表現、変なれど。区費の件、無ければ、尚、分からんかったです。一言でも、言葉、交わすが故、記憶致すです。

とっとの、つでになら、家に戻りの、持ち出し忘れたの、通帳、キャッシュ・カードを発見で、ホと安堵の、小物入れに入れて、用事済ませの、その帰りの道中。
オッとの、二度目の、「ATM」なるは、愛車カローラにての、ンの、町内会の辺りで、前歩くの、乳母車と共にの、先刻の女性故、今度は、車の窓開けの、やあやあ、二度目やねえと。手を振って。
イヤイヤ、当たり前だの、今度は、遠目で、次第、次第の部類に非ずの、遠くより、一発判明、間違いありませんでして。


とかとか、法事の話の、施主し鱈、分かるです。
金銭、相応に出費があるです。
よて、声掛かりの招かれれば、施主には、損させぬよに。施主なら、参列者に、失礼無いよに、損させぬよにが、大原則と、思てるです。
至って、当然、当たり前だの、クラッカーでして。

さての、法要、説教も終わりましての、住職も、お暇されて。ンの、当方、1時間もあれば、終わると、思てたのが、法要そのものが、1時間強で、説教終わって、1時間半強。
当家のとは、大分違うなと。そら、住職により、違うで、当然承知。

終わって、妹がコーヒーでもと、嗚呼、有り難うと。
戴いてるの最中に、婿殿、お供養の菓子類、持って来て。女性陣に分けて呉れと。ンの、何個に分けるの哉の、この辺り、ややこしく。
ン個にと、申す故、そかと。とは、姪の言。

での、ででの、菓子類見て、姪が、なれどの、嗚呼、これ、「シェ・サンタ」やと。大声出して。ンの、それ、当家の持参のでして。
へえの、よお、知ってるなと。
正直、亀岡の近在で、ならばの、少々有名とは、思てるですが、ローカルでして。
諸般、的場浩司なるの、俳優が、「はなまるマーケット」の、「はなまるカフェ」で紹介したが、名を知られるになったの、きっかけですて。

正直、ここだけの話の、的場浩司が紹介して、有名になるとはなと。
当方、最近でこそ、顔と、名が一致したですが。その話、耳に入ったの当時には、的場浩司なんか、知らんでねえ。大体が、人名、地名音痴の、真性、純正、音痴なれどです。

的場浩司は、どでも結構の、姪に、何で、知ってるの怪と、尋ねたならばの、職場の方で、ここ担当のが居てるですて。へえと。
その職場が、何の関係か、までは、聞いてませんの、ここのドーナツ、美味しいのやねと。
フウンの、そのドーナツとかとか、持参してるですが。結構、高かったですが。
とは、申してませんですが。この手、相場を少々、上回ってるですが。

姪、申すに、沢山のが、欲しいなと。
オッとの、当方に云われても、手出し、してませんの、女性陣が分配担当故、自身で、調整し鱈と。
とまでは、申してませんですが、正直、嬉しいねえ。亀岡くんだりの、「シェ・サンタ」を知ってるのが、居たと。

そらね、再度申すの、この手、法事で、まさかの、全国区、「ミスター・ドーナツ」のを、持参する訳にも、でして。
基本、「若菜屋」なり、「小倉山荘」も、近在にあっての、そこで、調達の案もあったですが。ここら、一般的に過ぎての、重なる、かぶるの可能性がと、「シェ・サンタ」にしたですが。

いやね、予測的中の、「若菜屋」「小倉山荘」のが、お供養にあったです。
予測したは、嫁はんなれどです。
亀岡で、お供養の、なら、「くりや」「保津川あられ本舗」「塩武」「ひろ季や」程度哉と。皆、こっちに来てから、知ったですが。

「くりや」も、結構なれどの、近くに無くて。わざわざの、足運んでの、程ではと。
「保津川あられ本舗」も、近在にあったですが。当方、知らんかってね。香川の、義姉が、承知で、過年、来た時、連れてったです。へえの、ここに、あったの怪の、全然の、気が付いてませんでして。
当方、の程度の、注意力散漫人間。
とるのか、近在に出来たは、ン年前ではと。とか、云うたって、軽くの、5年は経ってるですが。「あられ」は、「あられ」でして。

その辺り、「塩武」なら、正月の餅。
孫共の、「一升餅」は、ここに注文してまして。水羊羹が有名らしいですが、何時も、売れ切れでして。イヤイヤ、正月の餅なり、一升餅を引取の際、ついでにと、思てるの、一度も買えて無いなと。

「ひろ季や」は、嫁はんが知ってたの哉の。
その辺り、女性は詳しいねえ。当方、完全なるの、甘党なれどの、その辺り、知らんわと。
イヤ、これ又、過年、10年は経つの哉の、妹一家来るの際、ここの、「イチゴ大福」を買おたです。
云うたって、その一度だけの。当方的、この手の味の具合、口に合わず。甘いは、甘い方がと。イチゴは、イチゴだけにして頂戴の世界の住人でして。
いやね、一度、喰うてみたかったの思いなれどの。やから、この際と、調達しに足運んだですが。モ一度、喰い鯛は、当方的、あらず。

モと云う鱈、当方、「格致小学校」区に、和菓子の老舗もありましての、「ふたば最中」がと。とかとか、ありまして。そもそもがの、四条通りに老舗多く。
只な、ご幼少当時に、そんな高級和菓子類なんか、早々に口に入るもんですかの、駄菓子さえが、なかなかの時代やわと。
よて、所謂の、和菓子老舗なるは、無縁の世界の、横目で、見てるだけのモノ。
その辺り、当家菩提寺住職、盆に来られるの時には、祖母が調達してたですが。何分の、その手のは、住職様、お持ち帰りされの、こちには、矢っ張り、無縁やわと。

オトトの、そんな事で、姪が、「シェ・サンタ」を知ってたを、ビクリの仰天したですが。
反面では、「若菜屋」「小倉山荘」のに、せずに、ヨカツタなと。
(17/04/26)


NO.1985 4月23日の話(4) 話、逸れるの脱線の話(1)

いきなりの、話、逸れるですが。
お供養の、和菓子、洋菓子の話で、「ふたば最中」の話。
オッとの、「ふたば最中」が云々で無いですが。

その昔には、甘いものは貴重品でしたと、申してるですが。最中なり、饅頭なんか、即の喰うは勿体ないと、後生大事に、大切に保管。
保管し過ぎて、忘れてしもて。
ある時、見つけて、嗚呼、あったのかと。勿体ないなあと、喰うに、堅くてね。下手し鱈、歯が立たずの事、経験、してる方も存在哉と。

その昔には、賞味期限も、品質保証期限も、存在してませんでして。されどの、概ねの、和菓子等は、早め、早めに、喰うてくださいね。
の程度は、云われてたと。とは、思うですが。
殆ど、気にもしてませんでして。

そもそもが、小豆は、足が速いと、されてまして。事実、早いと、思うですが。
何故か、饅頭に、最中は、腐りませんでして。くれぐれもの、当方承知の範囲の、極、極の、珍しい範疇鴨なれど。

実は、その手の事、何とは無くの、知ってまして。多分なら、我が家での、出来事哉と、思てるですが。
概ねの、40年以前にも、経験してるです。モと、云う鱈、2005年<当年、2017年>にも。

40年前とは、当方、ローム社員時代の事での、まあ、云う鱈、部下の1人、女の子なれどの、出勤しませんでして。
まあ、云う鱈、家庭訪問をと。余り、くどくどは止めまして、概略、人事課で、住所調べの、嗚呼、あそこかと。五条通りの、云々の箇所での、まあ、役目故、安否もあっての、家を尋ねたですが。

当人、居てまして。家族も、母親と、姉やったの哉が、一緒に話を聞いて呉れて。
とするよりは、こっちは、何故に出勤せぬかを尋ね、出勤するよにと、説得のための訪問でして。
母親曰くに、何も、会社が、仕事が嫌では無くと。当人、他にしたい事がと、申しまして。

は、結構も、茶と、茶菓子を出して呉れて。
は、結構も、最初に勧められたの座布団が、何ちゅうか、かんちゅうかの、べたべた、ねばねばでの、気色が悪く。
そもそもがの、その建家そのものが、表現難しいけれどの、大きな太い、筒状で、螺旋状に、上がって行くの箇所に、部屋、部屋あって。
全体的、異臭を放ってるよな、場所でして。

それでも、その子の身の安全がど哉と。そら、一応は部下でして。
その手の周囲の状況、意にも介せず、座布団も、コマツタなと、思いつつも、使わせて戴きの。
茶も、茶菓子も、いらんですが。むしろ、お断りしたい程なれどの、出鱈、仕方が無いです。折角の、お母様の、ご厚意でして。

只な、この辺りにまともなるの、水道があるの怪の、場所でして。されどの、マ、ええかと。
只な、茶菓子も、饅頭でして。折角故と、口にしたですが、ンの、歯が立たず。

いやね、正直申すの、ご厚意、重々の承知。
甘いもの、貴重品故、後生大事、大切にされてたの饅頭でして。それを、来客に出されてるを理解してるですが。
噛めん事にはなと。そこを、ガンバッテ、頑張って。当方、当時、まだ、30歳にも、成って無いの、20代後半哉と。

結果的、その饅頭、どしたかは、忘れたですが。お持ち帰りしたか、頑張って、頑張って、喰てしもたか、でして。こんなモン、甘いも、感覚ありませんですが。
オッとの、家庭訪問の目的、そのものは、達成するに、その子を連れ出しの、どこかは、忘れたですが、喫茶店にと。

そこで、コーヒーと、それこその、ショート・ケーキであったの哉の、注文致しの、お母さんの云うてたの、他にしたい事とは、何ぞやと。
記憶してるは、ピアノを習いたいと、申したの哉の、へえと。
家庭環境からは、家からは、習い事の資金援助、チョと無理でして。全然の無理でして。
当家でも、ピアノなんか、無理なれど。習い事なんか、してませんでして。ンの、やったは、ソロバンだけ哉の、学習塾も、知らんわと。
学習塾なるは、当人、当方が、好まんでして。学校の授業だけで、充分也と。それさえ、やる気、あらへんのに、学習塾なんか、トンでもやと。遊んでるが、一番やと。焼酎、イヤ、小中学生の頃の話やでと。

高校生では、3年生の夏期の受験特訓の、関西文理学院に、通たですが。だけでして。
イヤイヤ、ここだけの話。でも無いの、さっぱりの、珍文漢文英文の、ほんとは、数学の講座なれどの、そら、理系志望での、聴講生の熱気にビクリしたを覚えてるです。そら、浪人諸君が主でして。
実は、これが、良い刺激には成ったです。この手、熱気むんむんの連中が、来年の受験戦争に、参戦怪と。負けてられんなと。

オトトの、それでや。
その子、曰くの、話、色々出来て、聞けて、よかったわと。
そか、明日から、出社するかで、ウンとは、聞いたですが。出社せずで、退職届けが届き。

今だ、思うです。
その子、その後、どしたの哉と。
当時には、中学卒業で、就職の子は、珍しくも無かったわと。家庭環境も、その子のは、最悪なれどの、似たよなは、沢山居たです。


オッとの、トトトの何の話哉の。
脱線、話、逸れついでの、堅い饅頭の話を、モ一発。
それが、2005年と申したですが。隠す事は無いの、当方、区長時代の、町内会の方。
とは、云うても、アパートの方。
当然の、遠の昔に、転出されてるですが。遠の昔も、一年、二年の範疇なれど。もしかしての、そこのご主人様、健康上の理由で、里に戻られたの哉と。里とは、峰山の方と、聞いてるですが。

いやね、アパートについては、準町内会の方でして。
区費半額戴いてるですが、その徴収を、その宅様に依頼してまして。配りモノ等については、区長が、そこ様に配ると、するのか、そこの住人に配って戴くがための、配布でして。要は、アパートのリーダー格の宅様での。そら、長年住んで居られまして。

配布も、当方の場合、原則、手渡しをしてまして。在宅の時にはなと。不在なら、ポストと、するのか、放り込むですが。
大抵なら、居られまして。居られるが故、ピンポンのパンであったか、ドア、コンコンであったかの。そら、外から、すぐにも、分かるの灯りでと。
こんにちはと、声掛けましての、会えば、まあ、あがれと、ご主人が、申す故に、チョとだけと、あがるですが。チョとの、積もりが、筈が、小一時間は、捕まって。

あがれば、甘いモノ、好きかと、尋ねられ。ええ、好きですと、返答したなら、まあ、喰えと、出されるのが、羊羹であったり、饅頭。
オッとの、ご主人様、当方よりも、9歳年長、奥様、当方と、同年。故に、奥様とも、話、合いまして。
での、諸般、自慢話を聞かされたり、当方からは、愚痴云うたり、致しまして。

トトトの、羊羹、饅頭の話をと。
兎に角、その歳でして。勿体ない精神旺盛。まあ、喰え。甘いモノあるぞと。
基本、大原則、当方、この程度の事、断るは無いです。失礼千万故。
ソラ、配りモノも、原則、手渡しも、礼儀也と。ほんまやでと。

オトトの、とっとの、羊羹、饅頭の話。
羊羹なら、即の、奥様、包丁持ち出しの、目の前で、切って呉れて、ご主人、曰くの、まあ、喰えと。
ンの、これは、堅くも無く。されどの、残り、皆、持ち帰れと、ご主人がで。イヤ、そこまでは、結構の、次に来た時にでもと、返答したなら、まともに、次回も、次々回も、それ、出され。

は、結構も、饅頭の話。
まあ、喰えと、茶出し、和菓子として、饅頭出され。
有り難うゴザイマスと、一口、くわえて、えと。
瞬時の、五条通りのあの件、サと、脳裏に浮かぶの、あの堅さ。
程では、なかったですが。
一体、全体、いつから保管の饅頭怪。

とは、思えどの、くれぐれもの、ご厚意、重々承知の、貴重品をば、来客にと、出されたです。
それも、大切なる、来客と、されてるが故、手持ちの、これをと、念頭の、饅頭、出されてるです。
当然の、ありがたく、喰たです。
(17/04/27)


NO.1986 4月23日の話(5) 話、逸れるの脱線の話(2)

堅くて、歯が立たず。
これは、当方、20代後半哉の、五条通りの、でして。
そこまでは、堅くは無かったものの、堅い饅頭は、十数年経つの、町内会のアパートの宅様にてで。
場合により、相手様によりては、激怒哉と。

当方、背景等々、ご厚意であるを、理解の、承知故に、断じて、気分害するは無いですが。何とか、喰おと、努力致すですが。
当世の、若手なら、中年でもや。ビクリの仰天の、何事かと、ペと吐き出す鴨なと。そら、そんな経験ありませんやろと。多分ならなの、賞味期限、品質保証期限なるが、ありまして。

十数年前では、その手の事、五月蠅くも無く。当方なら、現在唯今でも、モノに寄るの、そんな期限、無視ですが。嫁はんなりが、許しませんでして。
まあ云う鱈、缶詰に、何故に、賞味期限がと。当世、真空パックまで、してて、何で、品質保証期限を云うの哉と。
そらな、新しい方が好ましいは確か。されどの、捨てるの事ありませんが。勿体ないなと、思うです。

それと、饅頭の堅いは、意味異なるですが。
オッとの、可成り、古いはあるですが。どの程度の古さかは、分からんですが。下手し鱈、年単位鴨なと。
保管目的、基本、来客あらばと。との事と、理解してるです。
その来客が、殆ど、ありませんでして。茶菓子として、出すよな来客が、でして。ならば、自分等で、喰えば宜しいですが。それも、勿体ないなあと、との、考えでして。
まあつまり、熱烈の歓迎と、までは、別にしての、歓待なり、大切なる来客と、されてるのは、当方には、伝わってるです。感じてるです。
よて、頑張って、ガンバッテ、喰うに勤めたです。

反面では、堅いですねえと、率直、素直に伝えるの法もあるですが。
要は、毒味してから、出せと。
云うたってな、それ程に、来客の無い、宅様でして。

そらな、五条通りのなんか、その部屋と、するのか、行くだけに、勇気いるぞ。その辺りに到着だけで、大方の推測出来るぞと。
ましてやの、部屋覗きの、上に上がるなんか、本来、逃げたいぞと。
そもそもが、全体的、異臭放ってるです。はきりと、申せば、糞尿の臭いの、畳なんか、何ちゅうかの、汚れ放題の、ささくれの、座布団がさえ、よおあったなと。

そんな状態の、茶に、茶菓子出されて、茶碗も、果てさてのと、一々の、思たら、考え鱈、口なんか、付けられるのモンか。
モと、云う鱈、皆様、良くぞ、この環境で、病気せず。イヤ、されてると、思うですが。その子、会社に来てたの子にしたって、その歳まで、生存出来たなと。
カラダが強いなと。

更に、申せば、当世、居てませんですが。
その昔には、四条大橋の、橋の下、直下の、下水道なんやろ哉の、空間あって。鴨川の、川よりは、上で、橋に近くの場所なれどの、そこに、何人かが、住んでたです。

コレ又、はきりと、申せば、当世なら、ホーム・レス。その当時になら、乞食。
当方、見る度、心配したです。雨降り、水嵩、上がれば、死ぬぞと。事実、鴨川なんか、大雨で、良く氾濫してたです。
その面々が、四条大橋の橋の袂で、乞食業されてたと、思うですが。ついでになら、四条大橋故、乞食業、成立するです。ソラ、通行人多く、邪魔に成らず。

これが、ド田舎の橋やってみい、通行人、居てませぬ故、お恵みの金銭受けられず。
良くも、悪くも、そんな光景、ン十年来、見ませんですが。多分なら、生活保護費受給哉と。
ンの下手し鱈、下手しんでも、当方の受給年金よりも、多いぞと。


オトトの、妹婿母の年会、一周忌の話が、逸れまくってるですが。まあ、どちみちの、逸れまくり故と。
オッとの、お供養の菓子類と混同困るの、全くの、別の話やでと。四条通りの近在には、和菓子の老舗が幾つもの、甘いモノは、貴重品であったの話より、脱線しただけでして。

脱線ついでに、その町内会のアパートの方の話をと。
イヤ、その宅様、長年居られて、アパートのリーダー格と、申したですが。そらなの、大体が、アパートの住人なるは、流動激しくて。
区費徴収も、本来なら、部屋の並びなりの、順番なれどの、結果的、その宅様が担当せずには、収まらず。
とかの、ボヤキも、聞かされて。

ついでになら、そもそもがの、歴代区長で、まあ、上がれと、申しの、まともに、上がって呉れたは、当方だけですて。へえと。
当方、何の躊躇もしてませんでして。
むしろの、この手、狭いのアパートの方が、上がり易いと、云えば、上がり易く。
そらな、ドア開けて戴き、中に入ったの、その瞬間にも、様子一発、分かるです。まあ、あがれも、そこに、テーブルあって、椅子あって。ご主人、そこに座ってるなら、そこでして。

家人、別段の強面の人相、服装、格好もされてませんの、極の普通。警戒するよな、材料見当たらんわと。
事実、気の良いのご夫婦でして。
先方様にしたって、まあ、あがれと、申しの、素直にあがって呉れるなら、結構なるの、こちが、別段の、強面、人相、服装、格好、普通での、警戒されるよなで、ありませんでして。
当方にし鱈、それも、区長たるの役目也的、思てたですが。何回目かの時、あがって呉れたは、当方だけと、聞いて、へえと。ほんま怪なと。

更なるの、余計なるの話。
この方、何度か、当家に血相変えて、来られたです。
一度は、夜、町内会のとあるの先様の猫であったか、単に、野良猫であったの哉の、五月蠅いと。何とか、せよと。
ンの、コマツタなと。相手、猫だけにね。イヤ、その季節でして。

かと、申しの、知らんわと、断るも、何でしての、どこですかと、一緒に場所をの、その時には、猫不在か、静かであったの哉の、先様、又の機会やなと、云うて戴きまして、嗚呼、ヨカツタなと。

二度目哉には、虐待やと。へえの、どこですかの、某宅やと。
聞いて、そこ様、父親、結構なるのお歳で、息子、当方とは、ほぼの、同年配哉の、でして。オトトの、母親、遠の昔、でも無いの、その当時になら、他界されて、数年哉の頃。

イヤ、息子が、親父を虐待怪と、思たならばの、その反対の、親父が、息子をと、へえと。云う鱈、親父様、その当時で、80代半ばでして。
そこ様、余りに、くどくどもの、実は、息子、もらい子、障害者でして。とまで、申したは、親父様、その後に、亡くなり、息子も、過年に亡くなってもてね。身寄りもありませんでして。要は、一家、消滅。

とかとかの、親父様の、気持ちも、分からんで無いの、ええ歳での、自身亡き後の、事思いの厳しく哉と。
コレ又、コマツタなの、警察に伝えるか、でして。
どしましょかねえと。相談、相談の、結果、様子見するになったの哉と。

でや、その当時には、「環境衛生」の日には、そこの奥様主体で、アパートの住人総出で、周辺の雑草取り等々、して戴いてたですが。そら、その手、回覧も回してまして。
何するやと、尋ねられての、事実上、草刈りですと、申したならばの、そのよにして戴いて。

不思議やねえ。
その当時には、出先で、ご夫婦なり、奥様とは、ばたりと遭遇もしてたですが。出先も、「マツモト」なれどの、お役御免、任期満了以降、ばたりも無くなってもてね。

こちも、先様に出向くの用事も無くて。そらね、区長職故、出向くですが。配りモノ、連絡事項があらへんのに、行けませんでして。
行って、何の話をの、世界でして。
そして、過年には、こちは、先様、認識故、会釈するも、ご主人、こちを忘れたのやねえ。怪訝なる表情されまして。只、その表情より、少々、呆けが来た哉と。
の矢先にも、その宅様、モヌケの空と、相成ったです。寂しいねえ。
よて、カラダの具合の、地元、峰山に戻られたの哉と。
(17/04/28)


NO.1987 4月23日の話(6) 愛煙家、いよいよの、肩身狭くなるの話

余計な話ついでの、猫の鳴き声五月蠅いがあれば、当然の、犬もあったです。
イヤ、当方、区長時代の話やでと。
イヤイヤ、基本、アホかと、蹴飛ばさずの、皆、相応に受けてるです。

犬の件、事もあろにの、区長経験者でね。へえと。
イヤ、どこ様の犬が五月蠅いと、何とかせよと、云われてね。イヤイヤ、行きましたです。との声、あるです故、すみませんですがと。云うだけ、云いに出向いてるです。
ある意味、簡単なるの話でして。

要は、区長職なるは、苦情処理係。
と、心得てまして。
何分の、当方のローム時代の主たるの職種、品質管理<QC>。
如何なるも、蹴らず、相応にと。

先刻の、女の子、五条通りのや。これ、当方、入社数年の部下と、するのか、ここで、余りに詳しくも、脱線になるですが。品質管理そのものが、年会、一周忌とは、無関係の、脱線なれどです。
入社しての配属先が、抵抗器製造部の、QC課でしたですが。配属されたの、即の、QCと、生産技術係に分離されて。当方、生産技術の方えと、相成って。

これが、又、1年、2年で、合併致しの、QC課にと。
ここでは、生産技術業務と、信頼性試験の二つを担当するになっての、その試験の方は、女の子が実務担当。
女の子が、何人居たのか、忘れたですが。5名、6名哉の、内の、社歴長く、しっかりした子を班長として、まあ、云うたら、任せてたです。
但し、欠勤が多い、退職をと。とかとかの、件についての、対応なるは、責任者として、当方が動きまして。その一環として、家庭訪問したり、でしたです。

そらもお、流動激しくて。
出たり、入ったりので、所謂の、マン管理大変でしたですが。
正直、その当時の事に非ずの、ダイオード製造部に転属も、信頼性試験関係も、担当したりの、まあ、云う鱈、品質管理に関するなら、全ての実務をしたです。

ここだけの話の、守備範囲なんか、あって、無いも同然の、材料から、工程、営業担当通じの、クレーム処理。工程とは、工程改善、歩留まり、品質向上から、標準類の作成。標準類には、検査規格、技術標準までもを含むの、何でも屋。
クレーム処理とは、顧客えの、回答は当然の事。
回答するには、工場に出向くなりの、実際の対策しての事。顧客に約束した事項なるは、遵守しの、忠実に実行してるです。

そらな、当然の、口は方便の、適当。
なるの、回答も時には、する事、あるですが。嘘八百、口は出任せでは無いの、チャンとした、背景、事実を把握した上での回答。
一旦、口にしたの回答、返答なるは、責任持つです。
出来ぬなら、どするやになるの、そんな事にはならぬよに、最大の努力してるわと。

表現、難しいけれどの、回答してるの事、全てが事実では無いです。その事を、口は方便、適当と、してるだけでして。これも、外部、顧客に返答した限りは、徹底させねばなりませんでして。
そらね、まともに回答してしもたら、顧客を心配させるになるです。
当然にして、この手、回答も、工程対策云々にしたって、万事、記憶力の勝負。
特に、顧客に対するは、回答の都度、矛盾生じては、信用問題でして。云う鱈、クレーム回答なるは、会社を代表しての、応答するになるです。

余計なるの話、これ、技術的なるの事。時には、現象不明、対策するにも、現時点、思い付かんの事もあるです。理論的、出来ても、実際には、出来ぬ事もあるです。
対して、町内会の話なんか、手段無いの事なんか、ありませんでして。楽、楽、楽の、楽な話ですやんかと。出来ぬなら、出来ませんで済むですが。
オッとの、えらそに云うてるですが。対象、主たるは人間様故、相応に大変でしたですが。諸般、業務上の、部下に非ずの、思うよには、動かず、事も運ばず。
トトトの、この手の話、して鱈、ドンドンと、横道、脇道、寄り道にての、ドン突きにと、相成ったり、致し。


での、やとで、話、戻すです。
この手の話、し出したら、いつもの事の、キリありませんでして。又の機会にでもと。

イヤ、所用時間、1時間半。法要、説教終わり。住職は帰られたが故、以て、当方も、外に出て、煙草も吸えるの状態と成り。そらな、住職居られるのに、廊下をウロウロも、出来ませんでして。
イヤ、仏壇の部屋、所謂の解放状態で、そこに、住職なり、叔母様、従兄弟さんも、一緒に居られまして。叔母様、父方での、住職とも、顔馴染みでして。

当方なら、この住職、婿父の葬儀の時、その時は、黄檗での、自宅でして。多分なら、見てるの筈なれどの、記憶の中に無く。
ご尊顔、認識、記憶したは、妹一家、滋賀に住みの、何年か経って、婿母、黄檗から、そっちに、移動で、仏壇新調されての、魂入れの時でして。親族集まられの、説教も聞いてるですが。
それから、十数年経って、以来、昨年の、婿母の葬儀なり、法事の時でして。

いやね、余計なるの話、当方、今だ、婿家の墓地、墓を知らんです。
JR桃山駅のソバの寺らしいですが。行った事が無く。此度も、墓参致さず。

イヤイヤ、次回の、当家、母の三回忌なるは、墓参は、勝手にと、申せば、異の、ご自由にと、してるですが。基本、納骨の際、四十九日の時には、親戚一同、云うたって、叔父叔母連中、来られずで、従兄弟達が代理出席したですが。
とするのか、従兄弟達、特には、母方のは、当家墓地、東本願寺祖廟なるは、初なれどの、父方のは、知ってるです。妹家も、当家墓地、何回も、来て呉れてるです。

オッとの、そんな話は結構の、住職、帰られたが故、ではと、煙草でもと、吸いに外にで、吸うて鱈、従兄弟さんが、出て来られまして。
イヤ、挨拶し鱈、用事がありましてと。失礼致しますと。へえと。
当方も、云う鱈、用事あるですが。箸だけでも、付けて呉れと、妹、申すが故、そかと。それでも、18時には、退散すると、申してまして。

そらなあ、14時からの法要でして。
早くに来てるは勝手の、13時に、到着してまして。会席、17時でして。
そ云う鱈、前回、法要の時、四十九日なれどの、東本願寺伏見別院も、14時からの法要であったの哉の。会席が、歩いてでも、行けるの、「梅の花」でして。
余計なるの話の、風情あるの、雰囲気上々の料亭でしたですが。

イヤ、そこでも、法要致し。
家に帰ったは、22時頃になったの哉と。
その時は、特段の用事無く。構わんですが。此度、町内会の、「期首総会」がありまして。18時には、お暇すると、伝えたですが。

来るの、当家、母の三回忌の予定、4日、11時、菩提寺にての法要。
まあ、1時間と見て、会席、烏丸、綾小路の、「かごの屋」での、歩いて、十分もあればの、12時よりでして。
会席も、2時間哉と。
解散14時予定の、我々なら、そこから、墓参をと、考えてまして。あくまでもの、積もりの、予定の、その時にならねば、分からんのけど。

我々とは、長男家、次男家の、総勢の、10名様。
参列するの、あとは、妹家の、8名様でして。
父方、母方の親族なるは、声掛けてませんです。本来ならばの、母方親族に声掛けるの案、あるには、あったですが。肝心の、伯父、伯母、皆他界してまして。叔母1人生存してるですが。来るは無理でして。葬儀にも、来てませんでして。

オトトの、それは、先の話の、当家法事、5月4日でして。
この話、4月23日の、婿母の一周忌の話をしてたですと。

でや、故人の親族としての、従兄弟さん、多分なら、葬儀等々にも参列されてたと、思うですが。全然のご尊顔、覚えてませんです。
叔母さんなら、覚えてるですが。葬儀でも、法事ででも、喋ってる故でして。

いやね、妹、居間で、煙草吸うてもええよと、申したですが。住職なら、法要途中の、休憩時間と称しの、仏壇の間で、煙草吸うたですが。
法要終わったからと、まさかの、姪の子、小さいのが、居てるの居間で、煙草は吸えませんです。

ででや、従兄弟さん、お先に失礼致しますと、帰られるの際、声掛けて戴きの、挨拶、言葉交わしの。この方、煙草吸われるのなら、誘てるですがと。
ンの、止められての半年とかとか、婿殿からも、聞いててね。
その婿殿も、昨年末、入院より、断煙、禁煙。
いよいよの、愛煙家、肩身狭くなりて。


<補足>

クレーム回答にての、口は方便、適当云々、記憶力がと、記載してるですが。
誤解招きそな表現してる故、補足しておくです。

顧客にたいするの回答内容、提出するの文面については、充分精査してるです。先様にて、口頭であれ、質問に応答、回答するは、個人的見解に非ずの、会社としてでして。
裏付け全く無しの、デタラメを返答してるで無いです。
必ずや、メモ書き、保管で、話の中身なるは、継承出来るよにしてるです。
全くの間違いなら、折り返しの、間違いであったの旨、連絡するです。
再度、その先様に訪問の際には、その手、資料、当たり前に、目を通してるです。

<補足2>

大前提を、記載漏れしてるです。
顧客<クレーム>は、日立、東芝、三菱、松下等々の、電機メーカーです。
又、応答の先方、品質管理、設計者、工程責任者等々の、謂わば、専門家。
(17/04/29)


NO.1988 久しぶりの、「芋煮会」の話(1)

本日<4月29日>、草臥れたです。
いやね、「芋煮会」でして。
「芋煮会」なるは、毎月までとは申さんの、2箇月に1回程度の頻度で、開催でして。

今回なら、ジャガイモ、タマネギの雑草取りと、サツマイモの苗を植えるです。正確には、雑草取りをし、植えたです。
そして、本命の話の、農園主所有の山、山全体を所有に非ずの、1角、2角で、タケノコ狩り致すです。これ又、正確には、致したです。

でや、この、「芋煮会」のメンバーなるは、まあ、云う鱈、昔の会社、ロームの面々でして。農園主も、でして。
最年長、75歳で、若手、男で、66歳。女性の方、3人居て、62歳哉と。
の、年齢での構成での、当方でも、若手から、2番目でして。同期入社のが、4名居てるですが。全くの、同年と、するのか、は、1名で、他は年齢異なるです。オッとの、一番の若手男も、同期入社。

まあな、余り年齢云々も、最早の関係あらへんですが。そらな、年齢違えど、同期入社なら、皆、同列でして。同列とは、呼び捨てでして。
正確になら、1浪して、1留なら、2歳上。一浪だけなら、1歳上なれどの、卒業年次一緒なら、一緒。
同期の面々以外の男は、皆、年齢上なれどの、途中入社組でして。社歴でなら、当方達、同期入社組が、一番に長く。

ついでになら、実は、所属してたの部署なるは、当方以外、皆、生産システム開発部。何の部署かと、なればの、生産設備の設計、組立の部署。
いや、つまり、ロームの製造設備の主たるは、内製でして。一部、外製の購入設備もあるですが。

よて、皆が皆、とするのか、男、技術屋、技術畑の面々での、機械専攻、電気専攻のばかり。オトトの、当方なら、専攻電気屋でして。云う鱈、同期ので、大学まで、一緒のが居てるです。機械屋なれどです。よて、大学時代は、面識無くて。入社してから、そかと。
ついでになら、他の同期のは、同志社と、京都工芸繊維大学<国立二期>。
女性も、3名、その生産システム開発部に所属してたの連中での、所謂の、アシスタント業務。なれどの、当時は、人数も、人数故、皆を承知してるです。

特には、生産設備に関しては、当方、業務上も、往来と、するのか、関係、連絡、密でして。そら、工程に移管で、要求されるの、品質の、製品が出来る、製造出来る、歩留まり達成かは、重要問題。
よて、当たり前に、全員、よくよくの、承知の、やからと、業務に直接に関係してたは、少数なれど。

まあな、当時には、業務に直接に関係して無くとも、話なりは、してるです。
会社も、大きくなるに連れの、又、年齢的にも、離れ出しの、話するの事も、無くなるですが。それでも、顔だけは、認識してたですが。

オッとの、何の話哉の、「芋煮会」の話を、久しぶりに、でして。
これも、発足して、何年経つの哉の、当方なら、途中よりの、参加者でして。当方的になら、参加し出して、10年が経つです。

云うてるは、年齢的なるの話の、冒頭には、最高齢、75歳と、申したの。まあ、元気、元気の、元気印の、御仁なれどの。云うたって、75歳。
次が、農園主で、73歳でして。この辺り、72歳、71歳辺りの男が主たるの年齢層に相成って。云うたって、当方、学齢上でなら、早行き故、71歳組でして。

いやね、このところ、参加者、少々、少なくなり出したです。
原因、健康上の理由の、簡単には、調子が悪いと、だけ。具体的に、どこかが、どんな具合かは、分からんの。実は、我々の年齢、そんな話多く。
そらね、人間様、我々の歳で、どこも快調、異常全くの無いは、無いです。

云うてるやないですかの、当方にしたって、見掛け、元気、元気の、元気印、みたいなれどの、云い出せば、コレ捨てロール、高血圧は、数値上で、上限突破してるです。
実害的になら、耳鳴り、常時で、痔瘻に、前立腺肥大で、尿出難くて。困るですが。
それで、入院したり、寝込むの話で無いわと。病院通い云々なら、ほんとは、通い、薬を処方して戴く方がと、成るですが。高血圧に、コレ捨てロールに、尿の問題。出来れば、痔瘻は、手術した方がと、相成ってもてね。耳鳴りも、補聴器なりで、調整、消すが出来るらしいですが。

補聴器ねえ。邪魔くさいわと。
それ、云い出したら、目にしたって、目は、健康なれどの、細々なら、飛蚊症の気有り、老眼当然の。眼鏡がと、相成るですが。眼鏡も、掛け慣れておらずの、反って、辛くなるです。
掛けずで、済む故、掛けませんですが。現在唯今、パソコンにての、この文面作文、入力に、眼鏡不要。
但し、例えばの話の、印刷文なり、新聞取ってませんですが。新聞記事読むには、天眼鏡いるです。コマツタ事に、細かな文字、好きな字に読めるです。

オトトの、それでや。
誰とは、申さんの、Y君、前回も、来てませんでして。幹事の話の、調子がと。
このY君、亀岡の住人での、当方の家の近くなれどの、家、そのもの、知らんでね。あの辺りとの、見当なら、付いてるですが。

それと、I君。
これ、同期なれどの、城陽、寺田の住人での、目の調子がの、白内障が云々もありの、彼、酒飲まずで、車で、来てたですが。夜の運転、怖くと。そらな、寺田から、亀岡までは、可成りの距離での、当世なら、有料道路で、来るの法もあるですが。そしてるらしいけど。
集合、並河駅、13時半で、諸般、畑仕事して、予めの調達の、食料買い付け、酒飲むが、「芋煮会」での。
解散なるは、19時頃になるの哉の、夜でして。
前々回には、電車、JRで、参加したですが。前回欠席。

オトトの、この、Y君、I君、酒飲まずの、まあ、云う鱈、送迎担当でして。
当方、加えての、3名、3台の車があれば、「芋煮会」の全員、15名参加も、間に合いまして。内の1名、農園主でして。
いやね、農園主も、車所有なれどの、酒飲む故、送るは不可。
結果、前回、3月には、当方、2往復で、最寄りの駅、並河駅に、送りにと。1回で済むなら、亀岡駅まで、乗せてくですが。

云う鱈、酒飲まずで、「芋煮会」での酒席に参加も、変ですが。送迎担当だけに参加でも無くの、その手、昔の仲間での、雑談も楽しくて。
そらな、その手、話、出来る、本音の話、するが居てるは、貴重品。

正直申しの、ここだけの話、でも無いの、町内会の面々とは、この手、話も、しよが無く。そら、何度も、申してるの、前歴知らんわと。
仕事上の付き合いも無くの、人品、性格、中身、全くの不明。挨拶一つ、出来ぬの、こちがするも、しよとしても、顔逸らすの変なのも、居てるしなと。
そらな、顔合わせて、やあやあの、心底、接するが出来るは、この、「芋煮会」の面々でして。気に喰わんのは、居てませんです。居て鱈、参加もしてませんです。

でや、年齢と共にの、1名、昨年度<2016年>の初め頃より、参加せずと成り。
1名、参加したり、しなかったりで。今回なら、参加者、10名。内の1名、女性で、その手、健康上の理由で無くの、用事があってと。

ででの、最近では、「芋煮会」での、話題も、その手、健康問題。
且つは、運転免許証の更新問題。70歳からは、教習所で、運転させられ、75歳からは、認知症の検査を受けんならんぞと。
更には、従前の、10年。ここから先の10年なるは、全然の違うやろなあと。そら、違うやろと。

ここから、10年経てば、最高齢、85歳。
それでも、元気、元気の、元気印なら、参加も出来るですが。その御仁、桂坂の住人でして。諸般、来るに交通の便がと。
我々、当方にしたって、10年経てば、80歳。
さての、どんな具合になるの哉の、農園主も、83歳での、基本、農園主が、主に相成って。
ここが、健康上云々となればの、畑仕事が口実の、中身、酒飲むの会の、芋煮の怪するの場所がなと。
(17/04/30)


NO.1989 久しぶりの、「芋煮会」の話(2)

数年前までは、会社の動向、あいつが、どした、こした。
下手したら、死んだ。突然死とかとかの、話題が主でしたですが。
イヤ、死んだもありの、癌で、とか、どちらかと、なればの、会社の面々の話が、次第、次第に、自分達の健康上の話に変わって来てるです。さもありなんの、皆、ええ歳でして。

そらね、「芋煮会」に出て来てるは、相応に健康の証左でして。
只ね、これ又、次第、次第に、動きが緩慢になりつつあって。その中でも、75歳のが、一番に元気、元気の、元気印。
良く、動くです。作業にも慣れてまして。へえと、感心するですが。
ここだけの話の、むしろの、73歳の農園主が疲れるが早くになって来てるの傾向、見て取れるです。

イヤイヤ、そらね、諸般の準備等々、トラクターで、やって呉れるが故、作業も早くに出来るですが。
これ又、ここだけの話の、当人も、云うてるの、この規模の面積で、トラクターは贅沢、採算合わず。合う以前の、ほったらかしにするも出来ずと。

よて、変な話、タダでも結構、使て呉れるの方がと。それも、借りて呉れるの面々も、年々、歳喰てもてと。
イヤ、別途の場所、別のグループが、畑仕事してたですが。最近、見んよになって。
イヤイヤ、年齢、正確には、知らんの、その面々も、我々とは、大して、違いは無いの年齢層で、農園主の、再就職した先の、同僚、知り合いらしく。
我々よりも、数段の、畑仕事には、詳しく見えてたです。
収穫祭の時には、作物を分けて戴いたり、交換したり。してたですが、来ておられるの人数、激減してるです。

云う鱈、1人、良く話をしてたの方、伏見から、来られてるの方なれどの、その方が、収穫したら、持って来て戴いたり、してたですが。見んよになって。
そらねえ、伏見から、亀岡えは、可成りの距離あるです。そちらの面々、皆、自身の車で、なれどの、以前には、駐めるの場所にコマツタですが。それが、無くなってもてね。

こちらは、何度も、申してるの、最寄りの駅、並河駅で、集合で、飲まぬ、飲まずに済むの我々が、農園と、駅を送迎してまして。
そもそもがの、畑作業も楽しみなれどの、飲むがそれ以上の楽しみにしてるの面々でして。あちら、畑仕事が目的でして。本格的でして。
農園主も、我々と共にの、作業しの、飲んでまして。

その農園主が、亀岡在住を知ったは、「芋煮会」の話を聞いたの時でして。フサオ君から、でして。へえと。
フサオ君のみ、実名出してるですが、ま、ええ哉と。
そして、わざわざの、豊作でと、サツマイモを沢山呉れたですが。

その農園主とは、あちら様、入社の際、ほんの瞬時、一時、部署一緒になって。当方、生産技術に所属の頃での、多分なら、仮配属哉の、すぐにも、生産システム開発部に転属になったですが。あちらが、でして。元々が機械屋でして。
よて、重々の承知してまして。されどの、何年居たのか、諸般の事情にての、1年、2年で、退職哉と。当然の退職の経緯、承知も、ここでは、触れず。


とっとの、何の話をするのつもりで、「芋煮会」の話をし出したか。
歳喰たを実感し出したもあるですが。
いやねえ、この日、4月の29日<土曜日>。「芋煮会」なるは、土曜日なれど。
最早の皆様、退職してるが故、土曜日でなくても結構なれどの、恒例的、土曜日でして。

この日は、幹事の、某O君より、タケノコ堀りもするの通達あって。むしろの、皆様、それ、楽しみにしてたですが。
イヤ、毎年、この時期には、やってまして。

ところがや、集合時刻の、13時半前より、天空俄に黒雲たちこめ、雷が、雨がと。すぐにも、やむ筈の晴れ間も垣間見えの。されどの、そのすぐが、どれ程の間かは、分からんしと。
当方なら、その集合時刻の5分の前には、集合場所の、並河駅に、愛車で待機。

して鱈、最高齢の、某O。オッとの、コレマタ、幹事と重なるが故、O2にしておくの。駅に居てましての、どしたと、問えば、諸般の都合にての、JRで、一つ前の電車で来たと。そですかと。
にしてもの、本日、降り具合にも寄るの、タケノコ、畑作業も出来るの哉の、場合に寄りの、飲み会だけになる鴨なと。
とかとか、無駄話、してるの間にも、農園主も、車で到着の、迎えのためでの、電車も到着の、参加予定者全員到着。

結果的、この時辺りが、一番に強烈なるの時間帯でしたですが。雨が、雷が。
当方なら、相談結果、女性陣、この日は、2名参加で、男2名の、都合の、5名にて、近在、すぐのそこのマツモトにで。食料調達がため。
マツモト内、ウロウロ、回ってるの時、町内会の、某U夫婦に遭遇。そらまあ、ここが、近在故、調達してるの時には、町内会の面々とは、顔合わすですが。

いやね、昔の会社の仲間で、畑作業でしてと。どこでと、問われの、「薭田野<ひえだの>」の方ですと。へえと。
だけで、終わったですが。
「薭田野」で、間違いは無いけれどの、モと、正確には、「独鈷抛<(とこなげ>山」の麓になるの哉と。

での、変な話、ここでは、毎回、毎回と、までは、大袈裟も、町内会の面々とは、ばたりと、遭遇も、皆、違うの方でして。
イヤ、買い出し、大抵なら、女性陣と、当方担当。場合に寄り、男が、1人か、2人、一緒でして。

買い出し、終わった頃には、雨も止み。天空、明るくなっててね。ヨカツタなと。
これで、タケノコも、採りに行けるなと。
云うたって、この日、参加者10名様。果たしての、一個ずつなら、10個で、2個ずつの、20個も採るが出来るやろかと。
イヤ、幹事より、今年、不作と、聞いてまして。但し、少数なれどの、人数分くらいは、何とか、なるでない怪なあと。

でや、人数、少ない分、畑作業、雑草取りも、サツマイモの苗、植えるも、時間を要し。
16時過ぎに終わったの哉の。正直、こちも、お疲れ様気味でして。
さりとて、折角故に、又、手回し、準備も上々の、道具持参のも居てまして。さあ、行こかと、コレ又、歩いて、すぐの、そこの竹林に行ったですが。

いやね、例年、当方も、そらなの、何個、何本が正解かは、知らんの見つけるですが。
此度、ガンガン発見。ここだけの話、でも無いの、軽くの半数以上、見つけてるのではと。見つけては、道具持参の面々に声掛け、時には、指名致しの、ここ掘れ、わんわんの、当方、戌年。

云うたって、大小、ばらばらでの、大は、最早の、竹では無い怪の、数の内と。
採れたは、結構も、現地、竹林より、一輪車で、運ぶ、持ち帰るも大変でして。上り、下りもありまして。そら、山裾でして。幹事某Oに、上り、手伝えと。
とかとか、コレ、当方、主たる、やらせて戴いたですが。結構、疲れるです。
ンの、もしかし鱈の、毎回、この役、当方ではと。こんな、デカいの、殆ど竹みたいなのを採るなよと。重たいワンの、疲れるワンと。

事実、例年になくの、疲れたですが、軽くの、20個以上の収穫での、農園主なら、いらんと。皆で、分けて呉れの、ほなら、ありがたくと、分配致しの。あの、デカいの、竹は、誰が持ち帰ったかは、知らんですが。

明くるの本日、夕食には、タケノコご飯。
ンの、何なら、息子共家にも、多少の、お裾分け出来る鴨なと。
(17/05/01)


NO.1990 4月23日の話(7) 会席の、「黄桜」の話(1)

そらね、歳喰ても、若々しい方が宜しいです。
若くとも、老成は、結構も、実年齢よりも、老けて見えるよりはと。

当方、思てるに、考えてるに、折角でして。
イヤ、この手、「ホーム・ページ」の運営してるがです。
要は、こんな具合に、延々の、掲載してるがです。

で、何が云い鯛かと、なればの、歳相応に、思うの事あるです。ンの、この表現では、至って当たり前で、面白くも、何とも無くて。
記載なら、してるです。
外出するに、あれは、これはと、重々の点検、確認して、イザ、出先で、肝心の、通帳、キャッシュ・カードを持ち出すを忘れたり、してね。
ATMで、現金、下ろしに行ってるのにと。
或いは、最近の話題、仲間、例えばの話の、「芋煮会」にて、次第、次第に参加者少なくなったり、カラダの調子がの話あったりと。
ンの、まの、それもあるですが、一寸だけ、思てるの事、違いまして。

オトトの、話、まとまらぬ故、先に進むです。
イヤ、少々、戻して、兎角に、この手、サイトを、「ブログ」と云われるですが。
「芋煮会」の面々も、そのよに、申すが故、当方のは、「ブログ」に非ずの、「ホーム・ページ」なるぞと、説明、解説致すですが。
それは、その時間がある故でして。無い時には、一切の説明致さんですが。

大方の面々、区別が付いてませんです。
無理も無いの、多分なら、この手、インターネットの世界に触れ出したが、入り出した、感心持ったが、後年でして。
ズバリと、云うても鱈、当方から、し鱈の、超の、新参者。

少なくともの、「Windows9x」時代は過ぎて、「Xp」時代からでは無い怪と。
この当時より、イヤ、2000年よりも、モ一寸過ぎてからかと。「ブログ」なるが、出だしたが、です。流行出したが、です。
当方の、この、「シバケンの天国」なるは、それ以前の、「Windows9x」時代から、運営してるの、歴史と、伝統あるのサイト也と、自負してるです。

ならばの、いつからの運営かと、なればの、「1998/04/23」からでして。とは、表紙に、正々堂々の、記載してるです。来年、2018年4月23日になれば、実に、20年。
20年ねえ。
まだ、19年なれどの、云うとくの、「ホーム・ページ」であれ、「ブログ」「SNS」であれどの、まあ、石の上にも、3年の、3年続けば、大したモンです。

それが、5年なら、相応の、でして。
10年一昔の、その、10年続けば、褒めてつかわすです。よお、やったと。
事実、よお、やられてるです。ン箇月、ン年、飛ばして、ハタと、再開も、どかと、思うですが。その手のも、案外にと。思い出して、再開するだけでも、大したモンですが。
但し、その手の方では、又、いつか、休止するですが。大抵なら、なと。

いやな、云うとくの、サイト運営、月では無くの、週単位の休止も無くの、続けられてるは、それなりに、健康故と、思うです。当世なら、病気、怪我で、入院も、病院でも、パソコンが出来ると、思うですが。
出来るのカラダの状態ならなと。

でや、云う鱈、サイト構築、運営し出したの時、「1998年」当時に、「ブログ」なんか、知らんわと。
「ホーム・ページ」なるは、1から、自分で、構築、作成、公開、運営するのモノでして。まあな、「ブログ」も、少々の、その手、知識いるですが。いるの知識が、相当に違うです。

オッとの、さりとての、「ブログ」なるの、運営、ども苦手。自由度ありませんでして。
又、「ホーム・ページ」に慣れてるが故、そら、19年選手。今更も、ありまして。

自慢するの、「ブログ」からのスタートでは、幾ら頑張って戴いても、歴史的、当サイトの経過年数、抜けませんです。
当方が、「ブログ」に移行も、ンの、さての、「ホーム・ページ」のコンテンツが、引き継げるかが、分かりませんでして。どちにしたって、宣伝が入るを嫌てるです。
まあな、「FC2」では、チラと、入ってるですが。

実は、これも、歳喰てもたの、影響哉と。
頭が、可成りの、硬直化を実感してるです。ンの、突然に、硬直したでは無いですが。19年の間には、挑戦してみよかの、時期もあったですが。邪魔くさいが、先に立ち、現在に至ってるです。
とかとか、云うたって、この手、運営に関心のある方に対するの話の、無い方には、どでも結構なる話。


さての、4月23日の話をと。
どこまで、記載、話をしたかと。
法要、説教終わって、住職も、妹宅を出られたが故、煙草一服でもと。して鱈、妹婿の従兄弟さんも、用事がありましてと、一足お先に退散するですと、挨拶あって。

ンの、当方も、用事なら、あるですが。町内会の、「期首総会」でして。
まあな、17時からの会席なら、1時間程度ならなと。それもせずは、チョとなあと。来るの、5月4日には、当家、母の三回忌もありまして。妹家からも、8名様、参列でして。
これ又、云うたら、年会続き。その内には、自身の番怪なあと。冗談に非ずの、最早の、不思議で無いの年代に突入してまして。

オッとの、それでや。
煙草一服なんか、すぐにも、終わるの、戻れば、コーヒーでも、どえと。嗚呼、熱烈の歓迎致すと、コーヒーをば、戴いて。
戴いてる内には、ぼちぼちの、17時やでと。

妹家の面々、一向に、動くの気配がで、請求致し。
イヤ、ぼちぼちの、17時やでと。行かへんの怪と。

いやな、車を移動させて呉れと、婿殿より、云われてまして。
移動も、当方、駐めてるの場所、本来なら、婿殿の駐車場所らしく。当方のを、動かし、婿殿の車を駐めて、こちのは、会席の、「黄桜」の駐車場にと、聞いてまして。

ではと、婿殿には、教えて頂戴なと。
「黄桜」は、結構も、場所も概ねなら、承知も、駐車場を知らんです。行き方を、でして。
そらな、過年、「芋煮会」で、行ってるですが。正門から、でして。全員、電車で行きの、駅からは、徒歩でして。駐車場があるを、知らんわと。
それ以前の、本来的、「黄桜」見物で無くの、「月桂冠」でして。
要は、この界隈、伏見の酒所でして。聞いた事のあるの、酒造屋が、方々にありまして。
とは、その時に知ったですが。
(17/05/02)



inserted by FC2 system