シバケンの単なる雑談NO.163

雑談NO.161 雑談NO.162
雑談NO.156 雑談NO.157 雑談NO.158 雑談NO.159 雑談NO.160

雑談NO.155
雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.164

NO.1900 年末年始の話(1)

NO.1899 バラバラの話も、申年去るの話

NO.1898 年の瀬も押し迫りの、バラバラの話(7)

NO.1897 年の瀬も押し迫りの、バラバラの話(6)

NO.1896 年の瀬も押し迫りの、バラバラの話(5)

NO.1895 年の瀬も押し迫りの、バラバラの話(4)

NO.1894 年の瀬も押し迫りの、バラバラの話(3)

NO.1893 年の瀬も押し迫りの、バラバラの話(2)

NO.1892 年の瀬も押し迫りの、バラバラの話(1)

NO.1891 立命・電気同窓会の話(9) 話、大いに逸れるの話

雑談NO.162


NO.1891 立命・電気同窓会の話(9) 話、大いに逸れるの話

いやね。
大学に行けるなら、行きたいなら、行った方がと、思うです。
行って、損しませんでして。

只な、あくまでもの、当方の場合、家とするのか、家業、電気屋でして。当時の電気屋なるは、本来なら、時代が生んだ商売でして。
やりよで、儲かったやろと。
されどの、親父、商才無く。ンの、当方も、でして。まあ、云うたら、生来のお人好しで、所謂の、趣味が商売にと。
これ、親父の話やでと。

そらな、その時代に、親父、自転車にも乗れませんでして。自動車なんか、トンでもの、変な話、当家、柴田家で、自転車乗ったは、当方最初。
バイクも、自動車も、でして。
叔父達がさえ、自転車乗ったの、知らんわと。実際には、どか、知らんですが。意味なるは、乗れば、乗れる鴨、なれどです。

いやな、云いたいは、親父に商才あって、電気屋、繁盛してたら、当方、あと継いでるやろと。
その場合、大学進学してたかは、よ、分からんわと。そやけどの、商売繁盛してたら、親の脛かじって、進学してる鴨と。かじるの脛あるからでして。

繁盛して無い故、大学進学した。
とも、云えて。
これ、最初っから、家業継ぐの気があらへんでして。イヤ、分からんかったのけどや。親父が継げと、申したならばの、継いだ鴨と。
されどの、正直には、継ぐよな、商売してへんでして。親父も継がせるよな、気もあらへんでして。

モと云うたら、当方なんか、中学生時代より、簡単なるの、アルバイトしてたんやと。
家業で、継ぐ云々以前の、家業の手伝いさせられて鱈、お小遣い、多少でも、呉れるとかや。ならばの、余所で、アルバイトなんか、するモンかと。
アルバイトしな、お小遣い、一銭もあらへんでして。
それ程に、儲からんの電気屋、やったんやと。我が家はなと。

偶には、電気の問屋に、同業者宅に、部品なりを、取りにの、用事を仰せ仕ったですが。単なるの、お手伝い、おつかい、使いっぱしりでして。
イヤイヤ、別段にの、嫌も、応もあらへんの、ハイと、超の素直の、歩いてでも、自転車でもの、行けるの範囲。

一発、覚えてるは、中学生か、高校時代の事、その問屋の事務員。
多分なら、当時、二十歳そこそこの、男性でして。
伝票に書くのため、苗字聞く故、「シバタ」ですと、返答して、伝票見たら、「紫田」故、これ、「ムラサキ田」ですがと、申したならばの、抜かすに、「ムラサキ田」で、「シバタ」と、読むんやわと。

当方、びくりして。
イヤ、中学生故、何ちゅうかの、新米事務員に、バカにされたと。
「紫田」なんか、聞いた事も、見た事も、あらへんでして。よお、間違われるも、承知してて。
イヤイヤ、「此」に、「糸」ですかと。それ、「紫」ですねえと。「シバ」は、「此木<この木>」の方ですと。

この一件、現在唯今、尚、覚えてるが故、このよに、掲載致すですが。
電気屋の問屋の、事務員、この程度怪と。
当方、「柴田」故、カチンの、ムカと、来てて。当人が、違うですと、遙か、年上の方故、丁寧に、云うてるのに、「ムラサキ田」で、「シバタ」と、読むんやと、無茶な話の、バカにされ。

オッとの、大抵、脱線してまうなと。
いやな、自分自身に何かの、才能でもあればの、それ磨くの方が宜しいかと。大学進学邪魔になるなら、時間の無駄ならばの、せぬ方がと。
ほんまやでと。
何にも、無いが故、大学にでも進学して、値打ち付けな、仕方があらへんわと。

体力に恵まれ、野球選手として、可能性大なら、プロ野球にでもと。モと、図体デカく、チカラ持ちならばの、相撲取りにでもと。
絵に才能あらば、画家にでも、でして。歌なら、歌手でも、喋り得意なら、落語家、漫才師にでも、でして。
家業、歌舞伎役者なら、嫌も、応も無くの、歌舞伎役者での。コレ、ここまで来鱈、並大抵では、あらへんけどや。修行、修行の、大学え、なんかの、行ってるの間、あらへんわいと。

云うてるは、自身の才能、家業にも寄るかと。
我々、何にも、あらへんでして。何にも、無いが、大多数なれどです。
よて、変な具合に云うてもたら、職に就く、自力で、生活、喰て行けるの、までの、時間稼ぎで、大学怪と。
イヤ、これも、又、事実の一端でして。

只ねえ、当世、諸般、騒ぎ過ぎ。
その当世の風潮なれどの、皆、生活水準上がり過ぎの、贅沢覚えてもてね。
やからと、水準、下げられんですが。大学生にさえもの、金簡単に貸し過ぎの、信じられんの額でして。

オッとの、にしてもの、大学に金掛かり過ぎも、此度、知って、びくり仰天したわと。
ンの、当世のも、息子共の時にも、思たのけどや。これ、瞬時での、息子共の時、こちは、捻出に必死でね。額膨大も、どの、このは、全然の、思わんかったなと。
行くなら、行きたいなら、行けと、ダケでして。基本、当人の希望での。対しの、親たる、希望叶えてやるが、義務、責務の、任務とさえ、頭っから、思ててね。

自分のよな事、だけは、させとは無いと。云うたって、左程に苦労となんか、思てえへんかったのけどや。
むしろの、少々話、逸れるけどの、極めての、運ヨカツタなと。
我が家の状況では、本来的、大学になんか、トンでもやったんやと。今、思えばなと。
当時に、現在の如くの高額学費なら、あっさり、行ってません、行けてませんでして。そら、逆立ちしたって、無理難題。自力で、全部はなの、楽天、気楽も、現実問題、即の、吹っ飛んでるわと。

運ヨカツタなは、無類の、無計画、楽天、お人好しの、おっちょこちょいで、我が儘、気儘の、好き放題で。
万事、周囲見えて無くの、ままに、やるべき、当然の如くの、やて来てもたわと。
まだまだ、この先、何があって、どなるかは、分からんのけどや。
オトトの、チョと待て、チョと待って呉れの、今更なれどの、学費、授業料の話、私学限定ならな、の話やなと。
(16/12/24)


NO.1892 年の瀬も押し迫りの、バラバラの話(1)

えらい、話が逸れてもたですが。
大学まで、出して。とか。
大学まで、行って。とか。
話、時々、聞かされるですが。
出しては、親から。行っては、当人から、でして。

恩に着せるなら、止めとけと。
悪いけど、自慢するよな、大学怪と。ならばの、ずばりと、云うて頂戴なと。大抵なら、大学名、云わんです。

云うとくけれどの、当方の経歴、職歴なんか、おそらくは、町内会のダアレも知らんやろと。口にした事、あらへんでして。
問われた事も、あらへんし。余所様のも、聞いた事、あらへんしと。
オッとの、ロームに居たは、一部の面々、承知哉と。云うた、尋ねられたの事、あって。
そらな、気楽に、その辺り、聞いたり、云えるのには、話もするですが。
そもそもがの、その手、話、するの機会が無いなと。

モと云う鱈、パソコンについて、ある程度詳しいも、町内会の、ダアレも、知らんと、思うです。
これ又、その手、機会があらへんでして。
只なの、詳しいも、最新情報、皆目の、知らんわと。その昔、昔の、大昔の、Ms-Dosの時代、Windows9xの辺りなら、相応に承知してるですが。
パソコンもどきの、タブレット、スマホと、なればの、所有してませんでして。オッとの、タブレットなら、所有してるですが。よ、使わんなと。

余計なるの話、コレ、Docomoで、嫁はんが、スマホを買う時、同時契約で、タブレットも、なら、大安売りの、タブレットは、無償に成ると。へえの、そら、ええなあと、契約致し。
結果的、殆ど使てませんでして。

ンの、されどの、来年、2017年の、1月の、1箇月の間に解約しませんと、更に、1年、基本料を支払うになるみたいでね。
と、云う具合に、しかりと、覚えてましての、解約しに行かんならんなと。忘れるも、余計なるの出費しとない故でして。
まあな、解約しても、家の中で、使てるの分には、費用掛かりませんでして。掛からんと、聞いてまして。
イヤ、無線Lanで、通信なら、出来る故でして。

云うたって、使うの用事があらへんわと。パソコンとの、比較で、どこがええの怪と。
細かな画面で、文字でして。老眼には、辛いわと。
イヤイヤ、諸般の通信の、契約さえし鱈、外出先、出先、どこででも、インターネットが出来るのらしく。そら、ええなあと、思うですが。まずは、ケータイに小さい故、楽でして。
されどの、皆様、精々が、メールとするのか、当世、Lineやねえ。ダケとか、ゲームと違うの怪の、勿体ないの話やねえ。高い契約料支払いまして。

そして、歩きスマホで、人様、歩いてる、居てるの真ん前、通過しやがてね。腹の立つノリでして。この腹の立つノリも、監督止めた故、陳腐も、古臭くも、その内には、通用致さんよに相成るですが。
ついでになら、当たり前だの、クラッカーも、誰が分かるん怪なあと。

オッとの、何の話怪と。
12月も半ばも過ぎて。
今頃、喪中葉書が届いてね。へえと。
へえも、その方の親族、12月になって、亡くなったら、仕方が無くて。
ンの、そ云う鱈、嫁はんの里の方が昨日哉に亡くなったですて。年も押し詰まって、家族の方、大変やろなあと。

とかとか、年も押し詰まって来て、ンの、まだ、年賀状も完成してへんでね。
出してませんでして、先の、今頃、届いた、喪中葉書も、停止が間に合うのけどや。
オトトの、その年も押し詰まって、家の掃除、整理整頓もしとかんとなと。

とかとかの、バラバラの話をしてるですが。
明日には、ささやかなるの、クリスマスの、ショート・ケーキでもを、2個、買おてと。
クリスマスの、イブなら、本日でして。明日は、クリスマスでして。当方、仏教徒なれどの、キリストさんのも、相応にと。甘党故もあってね。
いやな、ケーキ屋も、本日では、大入り満員でして。明日なら、空くやろと。
だけでして。

2個しか買わんのに、延々の待たされてみい、アホみたいやしと。それも、クリスマス料金、特別価格で、概ね、高いしねえ。
値は、今日も、明日も、変わらんですが。
明後日なら、元の値に成る鴨なれどの、そこまで、ズレ鱈、これ又、意味あらへんしと。

イヤ、実は、正直には、諸般、眠とおて。
話、まとまらんなと。
(16/12/25)


NO.1893 年の瀬も押し迫りの、バラバラの話(2)

予定通り。
午前中は、年末ひかえ、あっちを掃除、こっちをと。
まだまだ、やる事、あるですが。窓ガラスの上の外側なんか、しんどいねえ。年々、しんどいねえ。

イヤ、予定なるは、その事に非ずの、クリスマスのショート・ケーキ。大流行、ンの、「だいりゅこう」と、読んでもろたら、困るの、「おおはやり」の、ケーキ屋の方では、ないの。「セブン・イレブン」のそばの方。
大流行の、「マツモト」の、横手のは、避けてるです。
くどいけど、ショート・ケーキ、2個で、延々の待たされるは、嫌でして。

行った方のは、先客居てませんでして。されどの、おいしいわと。何故に、「マツモト」のそばの方のが、大流行で、こっちが、そで無いの理由、的場浩司<47歳>が、推奨しただけでして。
的場浩司ねえ、聞いても、どんなのか、知らんかってね。テレビ見て鱈、嫁はんが、これと、教えて呉れて、嗚呼、これかと。矢っ張り、よお、知らんの俳優でして。

この程度のが、推奨して、流行るんやなあと。
それこその、当方でもが、重々承知の有名人が、推奨し鱈、凄いんやろなあと。

いやな、ケーキの味が、そんなに大幅、天と、地程の差は感じませんでして。当方、味に鈍感な、だけ鴨なれどです。
実は、その昔、云うたって、我が一家、途中からの亀岡の住人なれどの、その転入した当時には、そこだけ、でしたです。イヤ、現、「セブン・イレブン」の、そばの方。

当時には、「セブン・イレブン」では無く、「農協」やったですが。
そこの、ソフト・クリームが絶品でねえ。
折角ならと、そこのを買おて、喰たですが。現在でも、やってると、とは、思うけど。

オッとの、用件、別途には、「マツモト」での買い物、正月用品と、「セブン・イレブン」では、タバコをと。更に、ケーキ屋では、ショート・ケーキ2個と、ついでに、シュー・クリーム2個。
ンの、結果的、高く付いたなと。総計、1300円也での。されどの、相当昔の、ポイント・カードあっての、それで、500円引きでねえ。

これ、まだ、有効ですかと、店の子、姉ちゃんに尋ねたならばの、ハイと。
よて、800円也に相成ったですが。ども、このポイント・カードなるは、既に、発行されて無いよでね。

そんな次第の、斯くなるでの、イブで無く、クリスマスの日に、しかるべくの、ケーキ、喰て。でや、ハタと、何故に、クリスマスで、ケーキなん怪なあと。
よ、分からんけど、甘党故、何でも結構の、理由付けて、ケーキをと。
こんな高いの、なんか、常平生に、ホイとは、よ、買わんわと。
イヤイヤ、本日なるは、ショート・ケーキだけで、シュー・クリームは、明日やでと。一気、喰うは、勿体ないわと。


いやね、話、ころりの、そんな事で、同窓会なるは、楽しいねえ。
立命館のでは、ヒデトシ君より、授業料が同志社の上、行ってもたの話出て、びくりしたですが。
伝統と、歴史をヒックリ反されたの、みたいでね。

立命は貧乏人で、同志社なるは、金持ちのボンボンが行くの大学也と、心底思てたですが。
それで、卑下なんか、全然の感じぬの、変な話、それを、誇りにさえに思てたわと。
そして、改めて、授業料調べて、へえと。当世、こんなにも高いの怪と。息子共の時には、その手の感覚、あらへんでして。
そらなの、高いは、高いけど、行くと、云うなら、親として、何とかせねばと、ダケでして。自身の時の比較等々、全くの、とまでは、申さんまでもの、してへんでして。

で、自分の役目、終わってもてね。
今度は、孫の話になるのけど。それは、息子共夫婦で、金策考えるの事で、最早の、こちには、関係あらへんわと。
当然の、そんな大学のと、なればの、相当なるの先の話、でも無いなあと。初孫、孫娘なら、来年には10歳でして。10歳とは、その8年後には、大学云々の話になるんやなと。早いねえ。

そこまで、当方、生存してるかは、分からんのけどや。
8年後と、なればの、大学も、どなってるかは、尚、分からんのけどや。要は、少子化でして。

そらなあ、当世、「保育園落ちた、日本死ね」で、皆<かい>保育園に進むのみたいな話やしと。これ、どかしてると、思うけど。
考え改め、発想替えての、保育園なるは、福祉の世界の話怪と。
ならばの、その内には、大学も、福祉の話で、皆大学にでも、なる鴨なと。

いやな、新生児、100万人割れ云われての、益々の、少子化進むの原因の一つに、子ども出来鱈、金掛かるがあるわと。
保育園から、大学までと、なてみい。親として、どする兵衛の、保育園なら、単に、預かって戴くだけの、まあ、云う鱈、核家族化の弊害故の、加えての、若手の皆様、都会え、都会えで、田舎の保育園、廃園、廃業。

都会では、爺婆の反対運動盛んで、場所あらへんと、探しまくりの、交渉に時間も掛かりの、遂には、市役所、区役所内にと、話成てもたりは、東京の話やでと。
当方的、廃校成ったの、小中学校の跡地を何故に、有効利用しやへんの怪と、思うのけどや。

大学も学費云々で、返還不要の、奨学金をの、検討されてるですが。月、2万円、3万円、5万円程度では、不足に過ぎるわと。
それよりは、ここまで来鱈、皆、義務教育化にしても鱈と。義務教育までは、どかと、思う故、とりあえずは、無償化をと。
訳の分からんよな、低脳大学なんか、廃校にしてもてね。悪いけど、偏差値、知能指数的、コレ以上のは、大学えと。
ならばの、差別云々と、申すの面々居てるならばの、専門学校にでもと。
数学や、ほれ、物理やと、そんなムダな事より、料理なら、料理の専門、演劇なら、演劇に専念するの方がと。

オッとの、孫娘ねえ。
続いて、孫君1号、2号、3号と、続くのけどや。
まだ、可能性無限大故、今は、とりあえずは、勉強出来るの方がと、思うわと。

そらな、当家なら、知ってるけれどの、嫁家の血筋、よ、知らんのけどや。云い鯛は、運動能力抜群のは、居てへんし。体格にしたって、相撲取り向きなんか、トンでもの。絵に、音楽の才能も、なと。無いとは、マダ、断言、断定出来んけど。
孫君3号なら、怪獣。
では無かつたの、恐竜好き。
これは、その年齢故でして。ここから先、又、何に変化してくの哉と。

そらな、当方にしたって、その昔には、古銭、切手の収集に興味持ったの時代あったがな。
孫共、その手の趣味、興味、抱くになれば、幾らでもと。手持ちのを、譲るのけどや。
多分なら、持たんやろと。
理由、簡単の、当方との、環境違うわと。
イヤ、当方なら、家にあったんやと。古銭がや。

どちにしたって、オリンピックめざしの、英才教育受けるの程で無くの、結果的、その手特殊能力分からんかったら、兎に角、勉学に励め。
としか、云いよが無く。
(16/12/26)


NO.1894 年の瀬も押し迫りの、バラバラの話(3)

での、本日<12月26日>。
モ一個のシュー・クリームを喰たです。クリーム一杯で、馬勝った。牛負けた。
です。
てな事、当世、云うのか、云わんか、分からんな。その昔、当家、柴田家では、よお、口にしたわと。叔父達、祖母がで。
ならばの、他家では、どなんやろなあと。
思えど、他家の事、知らんわと。

いやね、バラバラの話。話、バラバラになてるですが。
理由、超の簡単、ほんとはな、云いたい事、別途にあって。その事、どする兵衛と、表現法、迷てるの内、とするのか、上手い表現あらへん怪なあと、思案してるの内に、話、勝手にドンドン進み。
とするのか、右に、左に、彷徨い出してもて。
とするのか、勝手に、横道、裏道に迷い込み。それを、修正すべきか、止めるべきかと、思てても、嗚呼、邪魔くさいなと。
ええいの、そのままに、掲載してまえと。どちみちの、当方、勝手の世界故と。

オッとの、こんな表現して鱈、又、誤解産むですが。
対象なるは、同窓会の事、町内会の事。
とかとか、チョとでも、臭わせても鱈、又、誤解産むけどや。

同窓会も、当年、2016年には、中学校のが、1回。高校のが、2回。大学のは、何回か、忘れてもたですが。イヤ、大学のは、北海道旅行の打ち合わせと、本番あって。
それは、同窓会では、あらへんけどや。まあ、似たよなでして。

その同窓会の事に触れるならば、そらな、中身、全然の違うわと。
女子含むは、中学校ので、3名、3名でね。
そらね、女子には、当時、同じの町内会、喜吉荒神町のも、居てるしと。モと、云うたら、家の並び、一緒でね。云うたって、その宅様の家には、入った事、あらへんけどや。用事、あらへんしと。

そらな、正直には、同じ組の女の子の家には、少々、イヤ、可成り、遠慮致すわと。
オッとの、云うても鱈、内の、一人なるは、それこその、小学校6年一緒の組で、中学校も、3年では、一緒でね。更には、組こそ違えの、高校一緒。
そこまで、一緒は、希有の存在と。

ならばの、同じの町内会のはと、なればの、小学3年の頃、こちに、転入ですて。今更乍らの、へえと。へえも、当時には、承知してたのけどや。
年月と共に、忘れてもてね。
とか、云う鱈、又、誤解産むけどや。
イヤイヤ、何時であったかの、同窓会で、聞いたわと。最初っから、あそこの家やったの怪と。
いやな、小さい頃、遊んだの記憶無く。
と、これ又、誤解産むの、遊んだの記憶なら、あるけどや。もと、小さい頃、所謂の、竹馬の友的、遊んだの記憶無く。
そこ様、妹さんが居てたらしいのけどの、それさえ、知らんかってね。聞いて、へえと。見た事、あらへんかったなと。
そんなにダダ広い、町内会に非ずの、しかも、同じの並びでの。軒数でなら、6軒隣。なんやでと。

イヤイヤ、当家とは、大違いの、ご立派なるの宅様でして。
それ云う鱈、小学校の最初っから、同じ組の子も、ご立派なるの宅様での、当方から、申せば、お嬢様なれどです。
そんな事、云い出したら、同級生、皆様、おぼっちゃま、おじょうさま、なれどです。
まあな、中には、当家以上の、貧乏なるの。この貧乏なるの表現がや、他にあらへんの怪の、沢山居たけどや。

そらなあ、当時、今でもや。京都の、ド真ん中で、家持ち、内風呂で、家も、相応の大きさ、広さやてみい。そら、間違い無くの、資産家で、金持ちやでと。
ンの、この表現も、変でして。家屋敷あるからにして、金持ちかは、分からんけどや。この金とは、現金、預金の事での。
されどの、土地家屋なるは、資産故、金持ちやろと。売れば、相応の金額でして。されどの、余程で無いと、売らんわと。大抵ならばの、マンション建てて。
当家、借家故、余計になと。

でや、当時の家、借家であるも、嫌な話でね。
嫌故、当家の本籍、そこで無いの話なんか、同窓会でも、した事無く。するの機会、あらへんでして。わざわざの、本籍はなあと、口にするよな事で無く。
いやな、正直には、機会あらば、一度、したいな。とは、思てるのけどや。
何時間も、話してても、その時には、別の話に華咲いてもての、霧散してるわと。とするのか、矢っ張り、その手の事、口にしてもなの、今更やしなと。

オトトの、何で、こんな話、してるかと、なればの、中学校の同窓会の時、その手の話、出てね。
誰が尋ねたか、あの時の家、どなったと。よて、即の、取り壊されたと、返答したなら、それで、家買おて、行かはったんやろと。
そらなの、要は、あの歳、年齢での、意での。そら、出たは、24歳やしなと。

確かに、24歳で、家、買おたは事実なれどの、槇島の家での、中古での。住宅ローンが、目一杯での。当方的、感覚、確かに、家買おて、行ったは事実なれどの、借金やしなあと。
返済し切って、抵当権抹消しての、名実共の、我が家でね。それも、槇島のは、途中で、売って、出てもての、現亀岡やしなと。
亀岡の家なら、遂に、十年前哉に、返済し切ってもての、正々堂々の、自宅やけどや。

と、なんかの話、面倒臭くの、してへんのけどや。
それこその、何ちゅうかの、遺産家のが、何名様も、居てるわと。そらなの、はきりと、自宅京都で、当時の家に、そのままに、居てるは、相応の、やしなと。

ででや、同窓会にての、会うの面々なら、概ねの事、わざわざの、聞かずともの、承知してるわと。
但し、承知も、経歴的になら、学歴、当時の家族構成。性格から、勉強出来た、出来ん。
とか、云うたって、妹さんが居たの知らんかったり、してね。
での、何故か、現在の家族構成なり、子どもさんの話に成らんでね。飛んでもての、孫何人の話になてもたり。
一番に話するが、聞くが、病歴やったり、してね。

当方的になら、病歴あらへんけどや。
骨折入院なら、あるけどや。持病なら、沢山、あるけどや。特段の、病院通いは、してへんしと。
とかとかの、又、正直なるの話、話バラバラ。
且つは、ついでに、この事もと、思うの話、出来てえへんでね。コマツタなと。
(16/12/27)


NO.1895 年の瀬も押し迫りの、バラバラの話(4)

久しぶりに、乳首の話。
いやね、解消なんか、してませんでして。
チクチクは、チク程度の、相当にマシにはなってまして。成ってえへんかったら、医者通いしてるですが。

オッとの、正直には、以降、何度か、鋭意決断の、園部の女医さんの、皮膚科にでもと、思たですが。
検索、探索し鱈、最悪、乳ガンでして。ンの、男にも、乳ガンの可能性なら、ありまして。
やけどね、当方、乳首が、歪になってるで無く。周辺、盛り上がるとか、でも無くて。

更に、ドンドンと、これ違う、あれ違うと、検索、探索して鱈、ンの、更年期障害哉と。
更年期障害にしては、幸いにしての、歳喰てるですが。その更年期障害にて、当方、耳鳴り症状発症。
正直には、上手く説明、よしませんですが。医者でもあらへんしで。要は、その手の体質の変化により、その手の事、起こるの可能性がと。
まあね、更年期障害とか、体質の変化とか、申すは、原因正確には、分からんのやろと。

イヤ、基本、その手の事で、ない怪なあと。
されどの、さての、どする兵衛哉と。イヤ、対策をや。

それこその、近在の、皮膚科で、処方して戴いたの、「アンデベート」では、改善、快復の兆し、僅少での。僅少なら、効能あると、云えるのけどや。
正直には、ど哉と。

イヤイヤ、それでや。
「アンデベート」「メンソレータム<ロート製>」に、効能薄いは、承知。
ではと、適当なるは、無い怪なあと、買い置きのを物色、二手あって。
一手、ンの、商品名、「メンソレータム<ロート製>」なれどの、「やわらか素肌クリーム」とか、云う奴。かかとなり、角質の肌対策の、でして。
モ一手、「メンターム<近江兄弟社製>」

ンンの、ややこしい話の、元々がや、「メンソレータム」なるは、「近江兄弟社」のモノやったですが。この商品名、「ロート」に売ったんやねえ。
そして、自社では、「メンターム」怪の。どちにしたって、この手のなら、安心して使えるやろと。まずは、角質のを使えば、全然のと。

よて、モ一手の、「メンターム」では、ンンの、効能、じわじわと、現れてましての、同じのチクも、又、違いの、安心感とは、異なれどの、更に、マシの傾向あって。
云うても鱈、以前には、やっぱり、園部にでもと、思う程の、チクチクあって。あっても、日により、暫くだけ故、行くに、ど哉と、逡巡。
「近江兄弟社」の、「メンターム」を塗り出してからは、園部にでもは、考えんよになってね。

この調子なら、相当に時間掛かるも、まあ、波あっても、どしょ哉と、思うの程には成らずで、まあなと。
検索、探索でなら、場合によりの、その手、違和感、一年掛かる場合もあるのらしく。それ云う鱈、この症状、現れた、感じ出したは、10月1日から故、まだ、三箇月も経ってえへんでして。

いやね、ならばの、「メンターム」も、延々の塗るの必要性あるの怪の、気もあって。
まあな、モ暫く、塗って、塗っての、違和感、更に、軽減されるよなら、飛び飛びに、でもと。
イヤ、現在なら、日に1回。


とかとか、当面、話バラバラ、バラバラの話、するですが。
そらねえ、年末接近、年の瀬も、押し迫りの、年内にやるのべき事、細々あって。一つ、二つと、処理してるのけどや。
ほんとにねえ、あかんねえ。

小用、果たすに、外出するに、家出るだけでも、時間掛かってもてね。
車の洗車するに、プリペード・カードを探し。見つけては、財布の中のカード類見て、沢山あるなあと。余計なのは、出して、諸般、保管しとこかと。
での、出して、さてと、家出るに、ンの、そのプリペード・カードを財布に入れてえへんでね。財布はねえ、免許証入れてる故、必ずや、持つけどや。

での、カードを入れて、靴履いて。
ンの、何との、小物入れ。ここには、小銭入れが入っててね。プリペード・カードも残余、僅少故、現金もいるわと。
いやな、そこに、玄関先に置いてるけどや。手を伸ばして、取れへんわい。アホやなあの、又、靴脱いで。

洗車もね。
ガソリン・スタンドのは、年末控え、明日、明後日頃からは、大入り満車の、数珠繋ぎに成るやろと、予測しての、早めにと。
イヤ、大正解の、先客車1台だけでして。されどの、これがな。
ドン臭く。
洗車コース選定に手間取ってるのか、精算にか、知らんのけどや。降りて、やればええのに、手を伸ばしの届かんのみたいでね。
いやな、当方なら、車降りて、やてるわと。車乗ったのままでは、ども、間違いそでね。手も届かんかったりしてもなと。

そんな事で、やっとで、順番来て、洗車しの、車内も、相応にの、掃除して、拭いて。
ンの、雨降って来ての、早急に帰らんと、何してるか、分からんに成るぞと。
(16/12/28)


NO.1896 年の瀬も押し迫りの、バラバラの話(5)

本日<12月28日>、やっとで、投函。
イヤ、年賀状の話。
ピーク時からしたら、半減以下の枚数で、時間、日数ばっかり、喰てしもて。
とは云えどの、これでも、例年よりは、早めでして。下手したら、31日投函の事も度々でして。自慢には、ならんけど。

での、モ一寸、乳首のチクチクの話をと。
これ又、ひつこいけれどです。まあ、云うたら、補足。

実は、ネット情報も、珠玉混交。
一応は、専門医らしき方の、掲載文、拝読してるですが。
一番に心配したは、左乳首の場合、心臓の異変も考えられると。ンと。

変な話、拝読したの直後哉に、右胸、乳首が、チクと来て。多分なら、12月に入ったの辺り哉と。
モ一発の、変な話、右乳首が、チクと来て、ンの、安心したです。
理由、超の簡単の、右なら、心臓では無いになるです。両側なら、いよいよの、更年期障害哉と。それには、歳喰てるのけどや。

その更年期障害ともなればの、耳鳴り症状の方でして。
イヤ、全然の快復せずの、そのまんまで、現在唯今、尚、耳鳴りしてるですが。最初、これも、左の耳。それが、後日、後年、右耳からも、耳鳴りしてね。
イヤイヤ、再度の、現在唯今、両耳から、可成りの高音、大きい音での、耳鳴り聞こえてるです。

まあな、二十年もの、長きおつきあいしてまして。成れてもてるですが。
当初、町医者に、或いは、京都市民病院えと、何とか、成らぬ哉と、診て戴きに参じたですが。京都市民病院にて、若き医者君より、気長におつきあいしてやって下さいと、云われてね。
イヤ、手術の手もあるですが、リスクの方が高いですと。

での、肝心の、原因の方は、教えて呉れずでしたですが。
最近では、耳鳴りの原因、分かって来たです。
要は、高齢になりの、耳の老化等々にて、高音域聞こえぬよになりての、脳が勝手と云えば、勝手に、余計な手出しの、高音域を作ってるのらしく。
要は、脳が音域の補正をしてるです。

と、知れば、当初、町医者でも、京都市民病院でも、処方されたの薬、鎮静剤。
何故に、鎮静剤かと、思てたですが。近年、やっとで、その事、理解したです。イヤ、再度の、医者が、原因申さず、単に、更年期障害ですと、だけでして。
更年期障害で、何故に、鎮静剤なんやと。大いなるの疑問抱いたですが。

どちにしたって、耳鳴りなるは、耳の老化なんやと。場合により、三半規管の方、メニエール症状のも、あるらしいですが、当方、目眩無く。そっちの方では無いけれど。ほならの鼓膜なん怪と。イヤ、詮索しても、仕方無く。
ならばの、果たしての、乳首の方、何の老化かは、知らんですが。心臓には、関係無くて。

当方、勝手推量ならばの、筋肉では無い怪と。強いてなら、胸辺りの筋肉哉と。
そらなあ、年々、運動不足になってるです。筋肉が衰え、上から、下えと、皮膚、降りてくけれど。皺も増えるですが。当世、コラーゲンが云々と、申してるですが。
モ一点、筋肉があるなあと。加齢によりの、絞まらんの肉、ダラダラ肉になてもた故、皮も、下え、下えで、腹も出てもてね。見るも無惨、惨状。自身でさえ、見るに耐えず。

ンの、何の話をしてるの怪と。
単なるの雑談してるです。且つは、話バラバラ、バラバラの話でして。
よって、乳首の方なら、両側に、「メンターム」をば、塗布してるですが。耳鳴りの方、何が出来るで無くの、そのまんまで、現在に至ってるです。


でや、話、ころりの、一般論としてです。
当方、一番に困るは、こちの記憶と、話してるの相手の記憶にズレある事。

同窓会にて、誰とは、申さんの、介護の話になってね。
この同窓会も、度々のしてるですが。ンの、具体的になら、中学のと、しとくわと。とまでも、云うてしもたら、同窓生なら、誰のと、分かるですが。

過年の同窓会にて、親父様のため、家に風呂、しかも、介護用の、まあ、云うたら、ベルト付き、装置付きの風呂に改造したの話、聞いててねえ。
イヤ、そらなあ、親孝行なるの話でして。事実、親孝行と、思てるですが。

記憶違いの話、あっても、尚、えらいなあと、思てるですが。我が家なら、逆立ちしても、出来んの話でね。
殆どの家で、そこまで、出来んですが。
そらねえ、話にズレ生じても、その話は、実際の事でして。イヤ、風呂改造の話やわと。

出来るの家であるが故に、出来るですが。出来るとは、家の広さでありの、資金力でして。広さあって、資金、本来的あっても、風呂の改造まで、して呉れるの、息子夫婦は居てへんわと。
そらねえ、資金力も、家も、親が残して呉れてるもあるけどや。
モと、云うたら、京都のド真ん中に、家あれば、子は、大分違うわと。大いに違うわと。

当方なんか、元々が借家やしなと。
コレマタ、又、云うとくの、祖父の代には、京都のド真ん中で、財成し。祖父の代で、判子一発、連帯保証人にて、資産、霧散なれどです。
まあな、祖父の無念さも、理解しの。更には、人の良さも、分かるですが。
妻であるの、祖母も立派やなと。

ンの、何の話怪の。
過年の同窓会にて、その介護風呂の改造の話、聞いて。
当方の記憶ならばの、総額、2000万円。内の半額、奥様の実家が負担して呉れたと。へえと。
当人から、具体的数字、聞かんの限り、風呂の事、改造金額の事まで、分からんわと。

とかとかを、記憶してる故、親父様、元気怪と、尋ねたならばの、ン年前に他界と。ンの、風呂の事、聞いた時、以前での。親父様が他界とは、聞いて無くて。
介護は大変の話と、ディー・サービスには、行かんが故、風呂改造してと。確かに、男は、ディー・サービス嫌うの傾向あっては、承知してまして。

まあな、風呂改造は事実での。金額まで、云うた怪と、申すが故、あのなあの、当人、あんたから聞かん事には、そこまでの、詳しいの、奥様の実家も負担したまで、知るの筈がと。
イヤイヤ、聞いた時、奥様の実家も、資産家なんやと、思たがな。
さもなくばの、1000万円もを、サとか、どかは、知らんの、出すに出せんわと。
とまでは、同窓会では、申してませんですが。
(16/12/29)


NO.1897 年の瀬も押し迫りの、バラバラの話(6)

何たるチアの、サンタルチア。
ンの、分かろが、分かるまいが、どでも結構なるの、駄洒落でして。大昔に流行ったなと。
サンタルチアなるは、サンタ・ルチアなるのイタリア民謡也で。サンタルチアは、民謡をイメージしてなくての、散々なるの結果を云うてるですが。
多分ならなと。当方はなと。そ解釈してるですが。

ついでになら、何たるチアの、カンたるチアで、サンたるチア。
とも、云うてたり。

いやな、過日、既に、判明してるですが。我が愛車の右後部ドア下、底側、傷あって。
いつか、修理とするのか、処置しんならんなと、本日<12月29日>、コーナンにて、補修用ペイントなり等々、調達。総額、3101円也でして。
イヤ、まだ、治すに着手してませんですが。

でや、その本日、嫁はんの愛車、ダイハツの、MOVEの洗車に、ガソリン・スタンドえと、向かい。
この時期、大入り満車の可能性あるですが、運良く、先客2名様での、嗚呼、ヨカツタなと。
までは、結構の、コーナー・ポールを外し忘れてもてね。話簡単、ボキっと、折れてもてね。
いやね、外す以前の、付いてるを忘れてたです。洗車して、雑巾で、拭く時も、何か、変と。とは、思てたですが。帰ってから、嫁はん、ポールはと。えと。付いてたんかと。

ででや、早速にも、車屋、知り合いの、でして。電話一発、幾らするかと、尋ねたならばの、嫁はんが、なれどの、ン万円すると。ゲと。
そんなに高いモノとは、思てえへんでね。一桁違うの、ン千円かと。モと、云う鱈、千円、二千円哉と。
イヤ、事実、ネットで調べ鱈、その程度のもあって。高いので、1万円と、少々。どちが正しいかは、分からんですが。どちにしたって、年明けてからになるなあと。

斯くなるでの、年末になって、何たるチアの、散たるチアと。
新年早々で無くて、ヨカツタわと、自身、慰めてるですが。いやな、我が愛車、カローラの、傷も、軽くは無いです。重傷でも無いけどの、中途半端なるの、傷でして。横手、底部だけにです。
今更の、車屋に出しての、修繕するの気、あらへんわの、自分でと。理由なるは、2003年購入やでと。13年選手でして。
当方、大体は、乗り潰すの方でして。

云うたって、そもそもがの、この車、乗り換えるも、先立つの資金、あらへんわと。
年末ジャンボでも当たっ鱈、上等のを、買えるなと。
ンの、下一桁、二桁のが当たっても、買えんけど。

いやなあ、問題は、何時やろ怪と。
これなら、分かる筈の、分かるよなのは、そらなの、実は、度々でして。恥ずかしい話、なれどです。
夜中、路肩に乗り上げてもたりは、してるわと。正直にはなと。夜中、見難い故と、弁解しておくの、やから、夜中の運転、嫌なんやと。

モと、正直に申せば、このところ、高齢者の事故、目立ってるですが。何かと、云えば、高齢者、高齢者と、騒がれてもて。
ンの、当方、無関係と、思てるのけどや。
そもそもがの、騒ぎ過ぎの、騒がれたら、騒がれる程に、過剰に意識してまうわと。よて、一発、ニュースにされ鱈、連発するは、そのせいかと。
事故なんか、そこらで、一杯してるのにや。当方なんか、超の安全運転でして。ほんまやでと。されどの、下部の、路肩は、見えんわと。
オッとの、幾ら何でもの、公道、端を走り過ぎでの、路肩に乗り上げるでは、あらへんでと。公道に出る際でして。

そんな事で、何たるチアの、サンタルチアは、年内、ここまでにしといての。
高齢者の自動車事故。しかも、人身事故の話なるは、大学の同窓会でも、出てたわと。
見解一緒の、騒ぎ過ぎと。

只なの、年々、夜中に車で走るの用事無くなり。そこまでの、緊急の用事もあらへんし、避けてるもあって。又、歩いて行けるの範囲、歩いてまして。そもそもがの、車で、出るの用事、少なくしてる、成ってるは事実。
結果、車の運転機会、尚、僅少になてもてね。
やはり、当たり前だのクラッカーの、運転機会少ななれば、その分、運転感覚も、衰退は事実哉と。この辺りの、調整、難しく。
そらな、近所に用事は、健康の為にも、歩け、歩け。遠くなら、車で無ければ、時間掛かってもての、日が暮れるですが。

どちにしたって、高齢者は車に乗るな。
とか、免許取り上げよ。
とかや、矢鱈、高齢者を目の敵にしやがてからにの、腹の立つノリでして。余計に、若手と、高齢者の溝、深まるわと。運転の荒っぽいは、若手の方でして。
これ、道歩いて鱈、よお、分かるわと。イヤ、大通りなら、人道、車道、別れてるですが。脇道なんか、歩いて鱈、怖い、怖いの、スレスレ、速度落とさず、人を、人と、見て無い横着なるが、どれ程多い事かと。

但し、名実共の、爺様、婆様も、公道、ド真ん中と、までは、申さんまでもの、シルバー・カー押して、歩いてるですが。下手し鱈、我が道を行くでして。
イヤ、それで結構なるも、今度は、車無視。
要は、車は、人無視。人は、車無視。どちも、無視で、ええ勝負の、人は絶対に、車には、負けるわと。ぶつかったらなと。

斯くしての、当方自身、自身、高齢者と、意識し出したが、何時からかと、なればの、まずは、65歳で、前期高齢者なるの名称賜りの、腹立ったですが。
同時に、前期であれどの、自身、高齢者の仲間に入ってもたなと。

そして、68歳になりの、ンの、60代も、後2年怪と。
69歳になても鱈、ン、ンの、後1年怪と、相成ってもて。
当方、1月生まれの、11日でして。話、簡単の、年明けたら、早々にも、遂に、70歳哉と。ゾとしてるです。
そらなあ、60代と、70代では、感覚的、響き、受け取りよ、雲泥の差。

オトトの、こんな話、全然のするの積もり無かったわと。
この事は、この事で、別途、重々の落ち着いて、するの積もりでして。
(16/12/30)


NO.1898 年の瀬も押し迫りの、バラバラの話(7)

何たるチアの、カンたるチアで、サンたるチア。
一寸、出したら、連発怪と。アホやなあと。
当方が自分で、申してるですが。

イヤなあ、ここに来ての、こことは、12月も、年の瀬、押し迫っての、30日。
着弾したです。喪中葉書、一発。
当然の、とは、今年は、最早の遅かったわと。例年なら、まだ、ぎりぎりの間に合おてるですが。投函してもたわと。
されどの、それは、仕方無く。

イヤ、誰と、までは、申さんの。申しても、大方の面々には、分からんですが。
イヤイヤ、別段にの、秘密の暴露するでは無いの。超の簡単には、ローム入社、同期生。モと、云う鱈、「芋煮会」のメンバーでして。
過日、12月17日<土曜日>、年内最後の、「芋煮会」でも、会おてるわと。

当然の、イヤ、亡くなったは、彼の、お母様なれどです。
オトトの、亡くなったは、24日で、その手の話、一度もしてへんでねえ。

とか、云う鱈、又、嘘に成るですが。変な話、彼長男。
とも、一度も、その辺りの話なんか、した事、あらへんでね。家族構成等々の話をや。承知してるは、偶々の諸般で、弟さんが居てる事。よて、二人兄弟とも、聞いてえへんわと。
イヤ、その他、兄弟姉妹、居てるの可能性あって。

でや、彼の実家がどこかは、承知してて。市外なれどです。京都は京都で、結婚して、市内に在住。
ンの、当方、市内と申せば、京都市内を指すです。市外と、云えば、京都市外の、京都府下を意味してるです。
イヤイヤ、その辺りの事、全部、年賀状で承知。全部とは、語弊の、実家がどこかは、当人より、聞いて、承知してて。そら、同期入社故。
過年、十数年前、実家に戻ったを知ったですが。年賀状で、やでと。
そらな、住所見鱈、分かるわと。嗚呼、実家に戻ったなと。

戻ったの理由、原因等々、当人より、全くの聞いてえへんでと。
只、諸般、勝手に察知の、えらいなと。そんな手もあるなあと。親もえらいけどや。
とかとか、もうせど、第三者には、何の話か、皆目の分からんと、思うのけどや。

当方なり、解釈なるを、解説したならば、です。
要は、長男君、彼の事、なれどの、結婚して、実家離れたわと。当世ならばの、極の普通の事なれどです。我々の時にも、まあ、似たよな話、沢山あるのけどや。
原則、実家出るを親止めるは致さんのけどや。
出るが出来るの家。家を親とも、云えるですが。のと、出来ぬのがあるわと。
彼の親、えらいなと、したは、彼、家出るが出来るの親やったの意。

当家なら、当方、出るは考えに皆無でね。
とかの、ここでは、本筋より、ズレるが故、詳しくは申さんの、申す、申さんも、既に、重々の、くどい程に、掲載してるわと。
分かるの方なら、まだ、云うてる怪と。

ここでも、彼の背景、既に、分かるの方なら、行間にて、分かるわと。殆ど、答え、云うてるわと。
ま、何ちゅうかの、カンちゅうかの、親も、当人も、それ以上に嫁はんが、一番にえらいわ、賢いわと。賢いと、するのか、凄いなと。立派やなあと、感心致すわと。
万人に、真似出来んぞと。大抵なら、その逆なら、承知の、良くあるの話の、それでも、当人、嫁はんがえらいと、思うのけどや。

とかとか、一切の、当人、彼の口から、聞いたで無いわの。全部、当方、勝手推量からの話。
なれどの、聞かずとも、分かるわと。
まあな、「芋煮会」のメンバーでもあるが故、来年早々の、「会」で、諸般、話しよ怪なあと。
但し、逮夜、逮夜で、忙しくの、参加出来ん鴨なと。


いやなあ、当家なら、早いモノで、母亡くなり、1年半過ぎてもてね。
云う鱈、当年の正月、新年早々の、おめでとうございますは、遠慮して。初詣等々、遠慮して。但しの、正月もどきは、してるですが。
来年と、するのか、来たるの正月には、諸般、遠慮無用の、例年通りにと。
云うたって、例年が何時から怪と。

そらなの、長男結婚、孫娘出来て。以来の、毎年のよに、家族増えての、ソラ、次男も結婚しての、孫出来てと。
要は、毎年、毎年、変化しててね。
但しの、初水等々、年越し蕎麦とか、雑煮を、初詣等々の、なら、例年一緒でね。只、顔ぶれがと。増えて、増えての、結構なると。それも、年々成長してと。

これから、益々の成長し鱈、どなるの哉と。
オッとの、我が家、そんなに広くも無いが故の、居場所がなと。寝るの場所も、今なら、孫共、小さいけどや。

話、少々替わるのけどの。
こちが、老い感じるは、孫共の成長が、そさせるなと。
云うてるは、孫共の成長に安心してるですが。ンの、その分、こちが、歳喰てるに相成ってもて。孫共の成長、思えば、見れば、どしても、こちの、年齢、考えてしまうわと。
いやな、孫娘、孫娘と、申すの意なるは、当方、還暦の孫、初孫故の、一々の計算せずとも、考えずともの、自分の歳思えば、孫娘の歳なんやと。


そんな次第の斯くなるでの。
本日も、朝から、正月準備で、諸般致しの、ンの、昼からは、和菓子屋の餅をば、予約してての、取りに行ったりしてね。
そらなの、スーパーの餅よりは、数段の旨く、デカく。その分、値も張るのけどや。
息子共、帰るの時には、チョと持って帰れと、出来るの量買おて。
家に持ち帰れば、出来たての餅、一個、試食して。

いやな、明日<31日>には、長男一家が。
正月には、次男一家がと、以て、正月元旦全員にて、雑煮を祝うになるですが。
イヤイヤ、次男一家なるは、年末、先に、嫁の実家、伊勢に行っててね。長男嫁なら、2日の夕方なん哉の、詳しいの、予定知らんですが。当方がや。嫁はんなら、知ってると、思うけど。
兎に角、向日市の実家に戻るになっててね。
全員揃てるは、正月の、2日間だけなれどです。
(16/12/31)


NO.1899 バラバラの話も、申年去るの話

モ一発。
何たるチアの、カンたるチアで、サンたるチア。
以て、打ち止めしたく。

いやな、よ考え鱈、この12月になって、散々でして。

12月4日。
これ、大学の同窓会の日、なれどの、この日、行きしなと、するのか、京都駅構内にて。
小物入れのバンドが、本体より、ぽろりの、外れたなと。

これが、皮切りになっての、その次の週の、日曜日であるの、11日。
墓参してから、先の小物入れの新しいのをと、「一澤信三郎帆布」えと。
そこで、これはと、するのを買い求めの、駐車場に戻って、キー・フォルダーをば、元々の小物入れから、出しての、手にした途端、車のキー、フォルダーから、ポロリ。
要は、留め金具が、本体から、外れたですが。
まあな、これは、ラジオ・ペンチなりで、直せるですが。

よ、考え鱈の、これも、あれも、あったなと。
続いて、矢張り、今月に成っての、洗車の度、諸般、見つけたり、しくじったり。

いやね、26日には、我が愛車の、ボディ、右後部座席の下部に、傷。中途半端なるの、傷とするのか、当然の、塗料剥がれ、傷あるですが。下部だけになと。
見鱈、傷はきりと、分かるですが。そこまで、目が行けばの話の、自分で処理するにしてるですが。

材料だけは揃えたですが。ンの、よ考え鱈、ペイント塗る故、相応の、飛び散り対策をば、しとかんとと。
そんな事、年末、今になって、やてられんが故、来年やなと。

そして、29日には、嫁はんの愛車、洗車するに、コーナー・ポールを外すを忘れてもての、アホやなと。そこまで、きついと、思わんかったですが、ボキリと、折れてもてね。
これも、結果的、処理なるは、来年やなと。

斯くしての、4件もの、いらんの事、集中、連続発生での。続くの時には、続くですが。
モ、ここで、年内当然の、既に、年末も、年末31日でして。
打ち止めしとかんとの、そらなの、こんな事、来年、年明けてまで、継続なんか、困るの事よと。

云うても、当方の思うよには、成らんですが。諸般、大いに反省致し。
反省も、反省して効能あるは、車の件、だけなれど。
前半、2件なるは、どしょも無くて。

来るの、酉年、悪い事では、バタバタせぬよにの。
バタバタ結構も、ええ事でなと。

オッとの、モ一発、云うてまえの。
近隣のと、の、程度で、止めるの。
まあ、云う鱈、無礼なるの奴。

話簡単には、当方無視しやがてね。見え見えでね。見え見えで、無視してるが、当方にのみ分かるの態度でね。
そんな意味では、ソレ、大したモンやと、感心致すですが。オッとの、そこまでされるの原因、理由、皆目の不明。
そもそもがの、そこまでの、接触も、話も、してませんでして。

当たり前だの、クラッカーで、この件、諸般、具体的には、申さんですが。
当方に、では無いの、そら、無視してるが故での、話、余所様に、吹聴の話なるが、微妙に適当、ええ加減を、自信満々でして。
要は口達者で、能弁でして。
いやな、正解ならば、結構。
当方、居て無いなら、これ又結構の、そら、知らんの話やしと。

云うても鱈、云うてるの数字等々、違うんやと。ンの説明難しいも、面倒ありの、割愛致すの、割愛せぬなら、何の事、どの場面かが、分かるもある故の。

そんな話、自信満々に、申してね。当方に、では無いの、当方無視故の、兎角に、又、数字も、違うでね。
されどの、そんな事、一々の、目くじら立てて、申すの程の、重大問題でも、あらへんでして。単に、嫌でも、聞こえるが故の、鬱っとおしいなあと。当方がや。

要するにの、してる話、能弁、雄弁の、中身、適当、出鱈目と、断定する程には、丼勘定的、まあなと。
要は、知ったかブリでして。
話雄弁も、中身、超の薄くの、話簡単の、云うても鱈、何ちゅうかの、光るモノ無く、聞くに耐えずの、簡単には、耳障り。

いやね、話、聞いてて、ンの、そやなあ。そかの、そんな事、あるんやなと。
これには、雑学的、豊富やなと、感ずるがあるですが。
こちら様の話、聞くに耐えずなれどの、くどいけどの、余計なるの口出しもなと。当方がや。下らんの話でね。重大時でもあらへんの、2が、3になってもなと。ダアレも困らんわと。

まあな、諸般、自分に正直なんやろと。
知ってる、知ってると。されどのなと。再度の、どこぞから、聞いた話を、自分の話かのごとくの、又、その場、その場の数字適当の。
出来る事なら、顔合わしとは無いんやけどな。そもなと。
云うとくの、当方、無視されてるは、重々承知の上の、委細構わずの、皆様、同じよに、接してるわと。

とかとか、云い鯛の事も、チョとだけ、なれどの、出してもての。吐いてもての。
申年、こんな話、去ってもての、新年、酉年なるは、心機一転、ええ雰囲気、ええ気分でと。
ええ事、トレるよに、バタバタ、飛んで来るよになと。

では、当年、後僅かの、来る年、酉年も、宜しく、御願い申し上げます。
(16/12/31)


NO.1900 年末年始の話(1)

いやね。
年末年始なるは、例年通り。
至って、騒動しくて。店屋のワン屋。
イヤ、てんやのわんや。
イヤイヤ、結構なると。

されどの、久しぶりに、年末には、NHKの紅白歌合戦なるを見たです。ンの例年見てませんでして。何見てたかは、覚えてませんでして。
そして、残念無念の、年末ジャンボ宝くじは、20枚で、600円しか当たらず。
淡い期待は、露と消えたです。

イヤイヤ、31日には、孫共にも手伝わせましての、結び昆布を造り、鏡餅をお飾り致し。
とか、云うたって、鏡餅なるは、当世、作らず、中は小餅の造りモノで代用してるですが。

いやね、結び昆布なるは、小梅と一緒に茶に入れて。
ンの、何の謂われなんやろねえ。
多分なら、結び昆布の、昆布なるは、喜ぶの、語呂からの、昆布で、結ぶは、結実するの意やろ哉と。

小梅は、これ又、何やろねえ。
多分なら、梅は、三毒、食べ物の毒、皿の毒、水の毒を絶つとされててね。要は無病息災哉と。
これ等を称して、「大福茶」と、申すですが。
とまでは、孫共には、教えてえへんけどや。

鏡餅に乗せるの、昆布は、ネズミ除け也と、とは、申したですが。
当世の家で、ネズミは居てませんでして。説明も、厄介やなと。

イヤイヤ、当家、京都の家なんか、何匹も、生息してた筈と。別段にの、当家だけで無く、古い家屋には、付きモノでして。
大体が、裏手は、解放状態の家多く。ネズミだけで無く、猫も出入り自由。
よて、飼う、飼わんの、意識無くともの、猫も一緒に暮らしてまして。一緒に暮らすも、先の通りの出入り自由。こちも、猫好き、犬好きでの、猫来ても、コラと、追い出しもせずの、おやつでもあれば、分け与えたりしてね。
時には、朝、ザラザラの舌で、顔舐られ、起こされたり。
とかの話もしてへんのけどや。

での、正月元旦には、次男一家も加わり、早速にも、全員、十名にての、仏壇、神棚、三宝さん、トイレの神様には、お雑煮をお供え致し。
皆で、神様には、二礼、二拍手、一拝にての、「今年もどうぞ宜しくお願い致します。」と、ご挨拶申し上げ。
以て、皆で、お雑煮をと。

お雑煮祝えば、さての、昨年には、お参りせずの、初詣の、大井神社と、出雲大神宮えと。
この、出雲大神宮は、凄い参拝客での、ンの毎年、そやけれどや。常は、まあ、云うたら、閑散なるの神社でして。
そもそもがの、駐車場に駐めるが大変の、車数珠繋ぎ。
車駐められても、今度は、本殿にお参りするに、又、大行列。

以て、コレ又、昨年には買わずの、当年の干支、酉の置物を買い求め。
しかるべくの、玄関にと、鎮座させ。

明くるの、二日には、ご先祖様、墓参をと。
只なの、昨年からやねえ。イヤ、昨年も、墓参はしてるですが。東大谷祖廟の駐車場が封鎖でね。
諸般、駐車場に駐めたいの車多く、一発では、入れぬため、並ばず、モ一周なりして来いと。そして、何周目かに、空きあれば、入れてもらえるですが。
その際、車が、界隈、ウロウロするが故、苦情が出てるらしくの、封鎖され。

ここだけの話、でもあらへんですが。諸般、鬱なるの時代になって来たなと。
何でも、苦情、苦情の、当方申せば、元々が、この界隈、観光地でして。うるさいとか、云うて鱈、こんな場所に住めへんわと。
除夜の鐘も、騒音扱いされたり、餅つきの餅は、ノロ・ウィルスの危険性がと、食べるの餅は、機械でついた餅で、臼でつくの餅は、見せる用にのみとか、へえの、変な事、云う世の中に也に蹴りと。

とか、云うたって、餅つきの方なるは、主催者側からし鱈、万が一にも、食中毒とか、ノロ・ウィルスで云々と、なってみい、責任取らされたら、大変でして。
無難に中止とかの傾向あるのらしく。

オッとの、そんな話、どでも結構の。
昨年はねえ、正確なるの名称、「パラカ祇園南側第一パーキング」に駐めたですが。正月料金で、バカ高くの、30分500円也でねえ。
そこから、墓地、当家、墓に行くだけ、往復するだけでも、1時間や、2時間と、までは、申さんまでもの、1500円程度取られたの哉と。
イヤ、息子共が駐車場代、支払おてるのけどや。

当方的、勿体ないなあと。
いやな、昨年も、祇園の市営駐車場にと、提案してたのけどや。祇園<石段>の向かっての、左手のところに、市営駐車場があると。
されどの、諸般、先の、駐車場えと、入っもたですが。そらなの、運転手任せでね。されどの、正直には、ここまで、料金バカ高い。
とは、ダアレも、夢にも、思てえへんでね。

でや、今年は、市営駐車場にと。運転手であるの、息子共に、提案致しの、最初っから、そこに向かうよにと。
イヤイヤ、当方なら、昔っから、そこに市営駐車場があるは承知。只なの、墓参にそこを使う必要性あらへんでね。東大谷祖廟には、専用駐車場ありまして。
2時間以内なら、無料でして。

只、過去、二度、三度なら、利用してるわと。
はきりと、申しの、京都市内の事なら、任せて頂戴な。でして。
何度でも、申すの、生まれの、育ったの地なんやと。
とか、云うたって、年々、微妙に変化してるのけどや。
そらなの、ほんとに、細々なんか、知らんわと。
知るは、その近在の、住人、その界隈に、用事のあるの面々でして。
(17/01/04)



inserted by FC2 system