シバケンの単なる雑談NO.159

雑談NO.156 雑談NO.157 雑談NO.158
雑談NO.151 雑談NO.152 雑談NO.153 雑談NO.154 雑談NO.155

雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.160

NO.1860 古希、北海道旅行の話(48) 「花まる時計台店」での話(4)

NO.1859 ボー年会出欠確認、予約の話

NO.1858 古希、北海道旅行の話(47) 「花まる時計台店」での話(3)

NO.1857 古希、北海道旅行の話(46) 「花まる時計台店」での話(2)

NO.1856 古希、北海道旅行の話(45) 「花まる時計台店」での話(1)

NO.1855 古希、北海道旅行の話(44) 「時計台」で、待ち合わせの話

NO.1854 古希、北海道旅行の話(43) 「ケンとメリーのスカイライン」のポプラの木の話

NO.1853 風邪引いてまんねん

NO.1852 古希、北海道旅行の話(42) 「美瑛の四季彩の丘」の話

NO.1851 古希、北海道旅行の話(41) 「ファーム富田」の話(4)

雑談NO.158


NO.1851 古希、北海道旅行の話(41) 「ファーム富田」の話(4)

モ一発、昨日の話をと。
イヤ、大した話に非ずの、孫君3号の事で、嫁から、「映画村 恐竜クイズ」で、検索して頂戴の、「恐竜クイズ」の話。
イヤイヤ、それ、そのものは、孫と一緒にで、孫君3号、全問正解で、へえと。
且つは、パソコンの使い方も、チョと知っててね。
過日の如くに、無茶苦茶に、キー押さず。可成り、物事、分かって来たなあと。こいつ、マダ、4歳になったのばかり、やのになと。

イヤイヤ、この話の続きと、する程の、続きで無くて。
この、「映画村」なるは、「東映太秦映画村」の事。過日、いつかは、知らんの、次男家行ったのらしく。
ところがの、そもそもがの、「映画村」に入るの、入場料がありの、各種アトラクション等々での、結構なるの、費用掛かるのみたいでね。へえと。

いやね、その昔、息子共、小さいの時、一度、映画村には、行ったなと。家族全員、五名様で。
どこえ行くも、当家、五名様、なれどです。家族5人故。

そんな話はしてへんの、更なるの昔、当方、学生時代の話をば、嫁にチラと。
イヤ、映画村、当時に、映画村と、云うてたのかは、覚えてませんですが。多分なら、単に、「太秦の、東映」。
「太秦の、映画村」と、称されるよになったは、昭和の50年<1975年>と、違うの怪の、卒業、昭和の、44年やしなの、「村」以前。

要は、当方、学生アルバイトで、エキストラで、よお、行ったの話をしたわと。
アルバイトの時間給、100円の時代。実働、精々が、3時間程度で、千円でして。いやなあ、大学からも、近いしなと。大学から、直接に行くで無いけどや。当然の、自宅からでして。

いやね、鮮明に記憶のは、勝新太郎の、「座頭市」の映画。
そもそもがの、映画のエキストラは学生間でも、大人気のアルバイトでね。そら、先の通りの、実入り抜群。
でや、「座頭市」のエキストラ故、ンの、もしかしたらの、「勝新」に会える、見られるぞと。大いなるの期待して、出向いたですが。残念無念の、主人公現れず。

只なの、ええ加減なモンでねえ。当時の映画はや。
腕時計したまま、下手したら、革靴のまま。格好だけ、町人でして。格好とは、衣類のみ。要は、浴衣みたいなのを羽織り、鬘被るだけ。
記憶してるは、舞台から、小判をまくんやねえ。誰か、知らんの、俳優がや。それを、我々、町人が、ワーワー騒ぎ乍らに、拾うんやと。
ダケの、ワン・カットに、どれ程の時間、費やしたの哉の、3時間。よお、知らんの俳優、男優なれどの、カット、カットの連続でねえ。

いやな、二人が、まくのやけれどの、監督は、右、左に、まけと、云うのに、二人の動作が合わんでねえ。遠目見てても、あほと違うの怪の、バラバラでして。動作がや。
とかの、話、までは、嫁には、してへんのけどや。座頭市で、勝新太郎の事は云うたわと。
でや、その小判、当たり前の、色、形は、小判なれどの、拾たら、ンの、厚紙でして。

それと、エキストラで、行った先、嵯峨、広沢の池の方での、ンの、我が母校、「京都市立堀川高校」の、運動場やったり、してねと。
これは、云うたです。

そこで、見たは、安岡力也。
イヤイヤ、運動場が、映画の舞台なんやでと。応援のシーンでね。
とかの、ここから先、嫁には、云うて無いけどや。
これ、後年、ホタテ・マンとして、再度の登場したのけどの、当時のは、まるきりの、まあ、云うたら、ヤクザでね。おとり巻きのその手のを数人従えて。
いやね、これ、学齢で、一歳下。4年前<2012年>、64歳で、亡くなったですが。

オッとの、エキストラで、行って、俳優なりで、現物見たは、これ一人だけでね。云うたって、どこかで、見た事のあるのヤツ。
やなの、程度の、出だしの、でして。
この時、モ一人、女優が居たのけどの、皆目の芸名も、知らんでね。

只なの、別途の映画、見た時、予告編で、その映画、題名これ又、全然の知らん、覚えても無いの、その場面、何か知らんの、ワーワー、応援してるの場面。
なれどの、出てね。当方、映っててね。へえと。

ダケの話、なれどの、折角故と、ホントはなの、この辺りの話、嫁に延々のしたかたのけどや。孫君3号、モ一回、「恐竜クイズ」したいと、申し。
そかと、おつきあいをば致し。


でや、そんな次第の、斯くなるでの。
「ファーム富田」も、広いしねえ。店も結構あっての、一々の見てたら、覗いてたら、時間、なんぼあっても足らんわの。
ンの、ケータイに電話掛かって、誰哉の、ケンイチ君でね。
今、どこやと。
問われたって、初めての場所で、そこらが、ラベンダー畑でね。店の事、云うたって、例えばの話、「マスク・メロン屋」も、看板、大看板、掲げてるであらへんでね。
返答するに、コマルの事よの、ケンイチ君こそ、どこに居てるの怪と、問えば、三角屋根のと。嗚呼と、あれ怪と。

いやな、他のは、屋根に特徴無くの、そこも、売店なんやろねえ。三角屋根の建家あっての、そこに、エイジ君と一緒に居てるんやてえ。そかと。
ほならの、こちから、そちも見えてるの、何ちゅうかの、その場の光景申しの、嗚呼、そかと。
とかとかなんか、ここで、説明したって、さっぱりの、意味あらへんのけどや。

やとで、総勢、6名様の、5名は、一緒になれて。なれるも、子どもやあるまいにの、迷爺になってもなと。誘拐もされるの心配無くの、集合場所であるの、バスに戻れば、宜しくて。

イヤイヤ、皆と、するのか、ヒカル君以外、集まって。ラベンダーの、アクセサリーの店に入ってね。
まあ、云うたら、香水とかや。アクセサリー類、売ってるの店での。
皆、土産モノなんか、買わんわと。抜かしてたクセして、買い物してね。

ンの、当方も、何かと、探しの、香水をと。ンの部屋のやでと。
ホントはなと。ここだけの話の、嫁達にもと、思いはしたのけどや。こんなモン、3個も、4個も、よ、持って帰らんわと。
いやな、モ一発の、再度の、当方、当家、基本、何かあればの、この手の事、息子達家、共々の、同じにしてるわと。
但しの、基本であっての、完全には、無理やわと。
よて、悪いけどの、嫁はんの分、一個だけ、買うに致したわと。
地方発送して呉れるなら、ソしてるのけどや。してへんでね。

ででや、これが、空港にも、あったらなと。
ホントはなの、探したのけどの、ダダ広く。新千歳空港の、この手、売店がや。その他、この時の、観光バスでの、道中、途中、寄ったのサービス・エリア等々にての、物色もしたのけどや。
別段にの、香水に限らんのけどや。

それこその、孫共にもや。
そやけどの、これと、思うのあらへんわと。何でも、結構の、形だけ、格好だけと、するならばの、いくらでもあるのけどや。
それ、云うたら、有り過ぎての、万歳三唱やわと。
よて、結果、嫁、孫云々やめてもたわと。
(16/11/07)


NO.1852 古希、北海道旅行の話(42) 「美瑛の四季彩の丘」の話

まずは、一昨日<11月5日>の話をと。
イヤ、孫君1号、自宅前、電柱に顔ぶつけてもて。電柱には、金網がで、顔、フランケンシュタイン状態になてもてね。
それは、10月27日の話での。

我々夫婦、孫君2号の鼓笛隊参観に行ったが、29日<土曜日>でして。
孫君1号、熱烈の歓迎、走って来て呉れたは、ええけれどの、その顔、どしたと。
との話、既に、してるですが。

での、嫁から、嫁はんに、ケータイ一発、写真電送での、丁度、次男一家が来てるの時での、見たら、流石に、若いねえ。小学1年生やしなの、殆ど、治ってもてるの様子での。へえと。
まあな、浅い傷故、治るは、早い、この歳故と、想定だけはしてたですが。

当方とは、大違いの、乳首のチクチク、治ったの怪と、なればの、よお分からん状態でして。
意味なるは、日によて、違うでね。一日の中でも、違うしなと。
現在唯今なら、全然の、チクともせずでして。治ったの哉と。思いの、明くるの日には、チクチクやったりしてね。
結果的、延々の、マダ、皮膚科には、行ってませんでして。ソラなの、正直には、行きとは無いわい、本音やわと。

行くとしたら、諸般、第二の、皮膚科、園部の方の、過年、頬と、するのか、こめかみ辺りの、出来物と、するのか、出来物やねえ。突起物なれどの。
まあ、云うたら、イボでして。
症状、「日光角化症」とされまして。癌化の確率、25%也と。
よて、園部の女医さん、紹介して戴きの、出向いたの先にと、考えてるですが。
<参考=「単なる雑談NO.77」日光角化症の話

行くにしたって、園部やしなあと。女医さんやしなあと。
場所がなの、乳首やしと。
よて、診て戴くなら、女医さんの方がで。女医さんだけに、なと。チョとなあと、複雑怪奇なるの、気分でね。
そらなの、当方、露出症と、違うわいと。

いやね、実は、「亜鉛華」では、ガーゼに塗布も、ども、変な具合の、チクチクでの。絆創膏の痕も、消えへんしで、「アンデベート」に戻したですが。
塗り方、少々、工夫しての、替えたです。
要は、その絆創膏痕も、対応がため、乳首主で、周辺、絆創膏痕まで、消えるよにと。ソラ、これも、皮膚が荒れてると、解釈故での、すり込み、すり込むの、気持ちで、塗ってたら、ええ具合でね。
その、絆創膏痕も、マダ、消えてえへんのけどや。孫君1号の回復力とは、ホントになの、嫌になる程の歴然の差での。

どちにしたって、又、明日になたら、分からんのけどや。とりあずは、モ一寸、様子見する哉と。
とかとか、思いの、延々の日、経ってるですが。


そんな、次第の、斯くなるでの。
大体がな、当方、土産モノなんか、殆ど、買わんでね。
イヤ、嫁はん、任せでね。どちかと、なればの、良きに計らえの口でね。まあ、云うたら、無関心。
此度、その嫁はん居てへんしで、土産物選定に、四苦八苦。

ケンイチ君だけでして。土産物ある程度、買い求めると、申してたが、でして。
云うたって、数知れててね。がのめ昆布にしたって、数個。
ラベンダーの香水にしたって、皆、買おたは、1個だけ。嫁とか、娘には、買わへんの怪と、問えば、そんなモンに何でやねんと。えと。
当方なら、ご近所さんから、親戚筋のも、頼まれてるし、なと。

くどいけど、これ、北海道旅行なるは、7月での。全員で、四国行き、8月の予定してるしなと。手ブラでは、行かんのけどの、北海道に行ったからには、チョとだけでもなと。
云うたって、四国の嫁はんの里では、北海道の事、殆ど、聞かれてえへんのけどや。どやった、こやったと、ホントはなと、話もしたかったのけどや。

いやな、「ファーム富田」では、概ねの、90分哉と。
バス出発までの、時間がや。集合時間、までがや。
まあな、こんな場所、広々し過ぎてての、まともになら、軽くの日、一日を要するですが。時間も、時間故、そんなにユクリとも、土産物も、物色してられへんのやわの、ぼちぼちの、バスに戻る怪と。

での、ここを、出発したなら、次、「美瑛の四季彩の丘」でして。
イヤイヤ、ここは、凄かったわと。基本、「ファーム富田」と、似たよなの、光景なれどの、ここは、色んな花が、咲いててね。
当方、花鳥風月に、関心薄いのけどや。それでもなと。
とりあえず、北海道なるは、広大でして。

でや、園内と、するのか、入れば、「ノロッコ号」なるが、あってね。
何かと、なればの、園内、一角、トラクターに、観覧車連結しての、巡るのヤツ。
いやな、乗ったは、3人、ノブユキ君、ケンイチ君と、当方。
他の2人、ヒカル君、ヒロシ君、大体が、お疲れ気味でね。遠慮すると。云うたって、観覧車に乗って、巡るのだけ、なれどです。
エイジ君なら、写真担当での、すぐ消えて。

料金、500円也で、高いか、安いかは、よ、分からんの、兎に角、園内、大入り満員、出入り口なんか、ゴタ反してて。
そんな話、結構の、券調達、ノブユキ君に託しの、丁度の、3人で、一列の、でして。向かえ合わせの、前一列の席、ダアレも乗らん故、結構なると、思てたならばの、駆け込み乗車の、妙齢では全くの無いの、美女とも、チョと、云い難いの、2人の、女性。

まあ、ハキリと、申せばの、我々と、ど哉の、ええ勝負の、年齢の女性でして。
もしかしたらの、一歳、二歳、下鴨の。

イヤイヤ、正直、やり難いぞと。真正面でして。電車の、4人掛けの、席の程度の間やし、なと。
オッとの、日本語、喋ってる故、日本人やなと。されどの、まあ、云うたら、老年女性二人旅怪なあと。
それも、概ねの、関西弁でね。余計に、やり難いなと。

まあな、気にせぬ事、なれどの、対面なるは、ほんとに辛いぞと。所謂の、全景での。
お花畑がや。
前向いたら、妙齢でも無いの、美女でも無いのが居てと。右見て、左見るに、前の時だけ、目瞑るの訳にもなと。
(16/11/08)


NO.1853 風邪引いてまんねん

風邪引いてまんねん。
とは、風邪薬、「改源」の、宣伝文句で、風神雷神の、風神登場の台詞で、CMなれど。
相当に古いの、CMなれどや。

イヤ、風邪引いてもたわの、過日、一昨日、日曜日から、哉と。
当初、風邪気味の程度で、葛根湯一発、治るわと、思てたけどの、時間の経過、日を追って、酷くなり。
遂に、本日、町医者えと、馳せ三時。着いたは、十一時頃なれどです。

満員御礼哉と、思いきやの、ここ様、最近、患者極端に少なあて。
イヤ、当方的、待たずに済む故、結構なれどです。何で、こんなに少ないの哉と。
過年には、1時間や、2時間軽くの待たされたですが。待合い室、それこその、大入り満員、座るの場所、探すに一苦労の。そんなモン、一瞥したら、分かるのけどの。狭い合間見つけて、すみませんねえと、遠慮しつつの、腰掛けて。

されどの、ここ数年、そもそもがの、駐車場、車3台しか、置けへんけどや。そこが、空いてて、一発、様子分かるの程。
まあな、その駐車場、満車なら、ここだけの話の、他言結構の、そばの、スーパー・マツモトなりに置くのけどや。

オッとの、そんな事で、久しぶりに、耳鼻科えと。
先客一名様での、10分も待てば、呼ばれてね。先生、ほぼの、同年配の、経験豊富の、症状、喉痛く、鼻水出て、咳や懇々と。
申せば、熱計られ、ンの、36度と、少々故、大丈夫と。ンの、当方的、冷血動物、体温低め故、36度の声聞けば、あるの範疇なれどの、マ、ええ怪と。

での、内視鏡を鼻の穴から、突っ込まれたり、ヘラで、喉の奥覗かれ、嗚呼、こら、痛いやろと。
これから、益々の、鼻水たらたら、なれどの、咳の方は、ある程度にしといて、薬、週末までの分、4日分、出す故、様子見して、駄目なら、又、来て頂戴なと。
そして、夜寝しなに飲むの薬も、4日分ですと。ハイ、有り難うゴザイマスで、終わったですが。

会計、当方、低所得者故、個人負担、2割で、1350円也でね。
高いんや、なあと。
薬代も、入ってるのけどや。

いやね、ここだけの話。
でも、無いの、過日、乳首云々にての、町医者、皮膚科に行ったの時には、ここも、薬代、「亜鉛華」も、入れて、390円也やったでと。
まあな、モノが違うと、云えば、違うのけどや。
大体は、皮膚科安く、耳鼻科高く。

そんな話は結構の。
結構でも、無いけどや。
まずは、本題、風邪の方、薬服用も、益々の悪化傾向の、兎に角、鼻水たらたらで、ティッシュ・ペーパーを離せえへんでね。コマツタなと。
鼻水、かんでたら、鼻の下、痛<い>となるし。
イヤ、先生申すに、かみ切ってくださいねと。その理由、聞くを忘れたけどや。

そして、モ一発、朝から、何か薬飲みましたかと、尋ねられたが故、ハイ、葛根湯をと、扁桃、イヤ、返答したなら、ン、それで宜しいですと。
漢方薬故、副作用もありませんですと。
この意味なるが、よ、分からんですが。要は、一緒に飲んでも、宜しいの意哉と。
ここだけの話の、市販薬、葛根湯も、結構、高いしなと。且つは、ほんとに、ほんとにの、風邪の引き始めにでしか、利かんよに、思てるですが。
その引き始めに、服用したけどの、この結果。


いやな、この、土曜日<12日>には、「芋煮会」で。
その日には、長男家が、七五三で、来るし、次男家も、来ると、申してまして。5日には、一週間違おて、来たし、なと。
イヤ、七五三、そのものは、明くるの、日曜日、「八坂神社」で、するですが。
とかとか、諸般、早くに風邪治しとかんと、なと。
よて、早めに、耳鼻科えと、相成ったわと。
の、以前の、この状態、咳や懇々、鼻水たらたらでは、葛根湯では、間に合わずの、ジッとは、してられんわと。

その他、市販薬もあるけれどの、あるは、ドラッグ・ストアになれどの、市販薬も、大して効かへんし、なと。矢っ張り、引き始めにしか、効かんやろと。
高いばかりで、それに金使てるの間に、専門医で、処方してもろたの方が、安全確実、結果的、出費も少なくて済むよに、思えてね。

どちにしたって、風邪の方、暫く、様子見での。
さての、乳首の方、本日なるは、昨日よりも、チョとダケ、違和感がと。
昨日なるは、塗り薬、「アンデベート」のすり込みで、効果あったか、相当にマシになってたですが。
本日なるは、一昨日よりは、マシでして。快方に向こてるの哉と。

ならばの、ありがたいのけどや。
そらなの、乳首のチクチクなんか、10月の1日から、やでと。長くの掛かり過ぎでして。
その当時、やや、蒸し暑くの、ハンカチで、発汗してるの、胸元、拭いたりしてたが原因哉と、思てるですが。それと、そのハンカチを胸ポケットに、入れててね。

そんな事も、その日、だけと、違うがなと。
夏場、暑いの日なんか、しょっちゅうの事やしなと。
まあな、どちにしたって、この調子で、乳首のチクチクも、治ってくれたらの。
それより、当面、風邪やなと。
寝るの前に飲むの薬、飲んで、モ、寝るわと。
(16/11/09)


NO.1854 古希、北海道旅行の話(43) 「ケンとメリーのスカイライン」のポプラの木の話

こんな話、ばっかりしてるですが。
風邪の方、昨日よりは、チョとだけ、マシにはなってるです。
咳や、懇々なるは、ハハハの、ハックションに成り。鼻水なるは、大量に成り。

かと、申しの、感覚的、快方に向こてるなと、実感してるですが。
只なの、土曜日<12日>の、「芋煮会」は、どしょ哉と。明日辺りには、幹事君に出欠連絡一発、してやらんとなと。
要は、送迎の車の件、あって。当方、飲まずで、運転手故、貴重品。
イヤイヤ、「芋煮会」なるは、畑仕事主なれどの、その後の、飲み会を皆様、楽しみにしててね。当方なんか、ホントなら、チョとは、飲みたいのけどの、我慢出来るの方でして。
云うたって、皆が飲み、こちは、飲まずも、場、時間、保たへんでと。

解散、お開きするなら、するで、ササと、して呉れたら、宜しいですが。飲兵衛ばかり故、どでもええよな話、延々の終わらんでねえ。
ええ加減にしときやと。
とは、申さんですが。
解散と、なっても、腰上げず故、ササと、乗らんと、置いとくぞと、脅し半分、本気半分、急かさん事には、ラチ空かんでねえ。


オッとの、それは、それとしての、今度は、ヒロシ君より、ぼちぼちの、ボー年会、やらんかと。
過日には、ヒカル君からも、メールで、打診して来てるですが。ボー年会とは、申さずの、反省会でもと。
いやな、ヒカル君、当方のメール、1箇月遅れ哉の、返信でして。写真の掲載の件の返答での。そんなモン、返事遅い故、遠の昔、こちから、電話一発、直接に尋ねてるのに、今頃、何云うてる怪と。

どちにしたって、最早の、11月も、上旬から、中旬にで、ボー年会と、なればの、基本、12月なれどの、末にでもなたら、場所もあらへんしと、早々に、面々には、打電一発、11月末から、12月始めに掛けての、いつがええ怪と。
飲み放題なら、「酔心」で、17時よりで。「クーポン」での1割引無し。

11時半からなら、その隣の、「京すいしん」なるがあって、ねと。但しの、飲み放題無しで、「クーポン」での割引無し。
その代わり、まあ、「酔心」に、比べ鱈、安いわなあと。そらなの、所謂の、ランチでして。
飲みたいヤツは、その分、自分で払えと。
とは、書いてませんですが。書かずとも、当たり前田の、クラッカーでして。

当方なんか、飲んでも、生ビール一杯。それを、皆との割り勘で、やられてたら、アホみたいやわと。
中には、ヒカル君の如くの、一滴たりともの、飲まんのも、居てるのにと。まあな、烏龍茶も、飲み放題のメニューにあるの、けどや。
烏龍茶、2杯と、生ビール、ン杯と、一緒にされたら、たまらんわいと、代弁しとくです。

オトトの、本日、打電で、早速にもの、応答あったは、旅行には、不参加の、立命の講師やろ哉と、「電友会」会長してるの、只一人だけ。
イヤ、参加させて戴くと。結構なると。


そんな次第の、斯くなるでの。
「美瑛の四季彩の丘」の話をと。
「ノロッコ号」なるの、トラクターで、牽引するの観覧車。

そらねえ、平地で無いわの、坂道での。こんな場で、成る程の、トラクター哉と。賢いなあと。急いで、観覧するの、場でも無く。ゆっくり、のんびりの鑑賞で、結構での。
正直には、「ファーム富田」よりも、景色、景観宜しくて。
只なの、何度も、申すの、対面がと。妙齢でも無いの、美人でも無いの、女性二人、出発の直前、駆け乗って来て。まあな、しょがないの、けどなと。

での、ここでも、果たしての、ヒロシ君、ヒカル君、どこえで、姿見えんでね。
とりあえずは、エイジ君、写真担当での、我々、ケンイチ君、ノブユキ君との、3人、乗って。3人架けの席故での。丁度宜しくて。

ででの、ここも、入場料なるは、只。
経費、何でと、なればの、この、「ノロッコ号」なるの乗車料と、売店の売り上げ哉と。

イヤイヤ、焼きトウモロコシ、ソフト・クリーム、コロッケが売ってたですが。
売店には、ポスト・カード、ドライ・フラワー、アクセサリー類なんかが、置いてたですが。とりあえず、人で、人で、一杯でねえ。
そらなの、駐車場には、観光バスが一杯でねえ。
その他、ンの、ジャガイモ、生トウモロコシも、売ってたけどや。こんなモン、持ち帰るも大変やわと。

ここを出たら、帰るに成るですが。
道中、ンの、大渋滞。
こんな、北海道で、しかも、郊外、田舎で、大渋滞とは、なと。
思てたら、先の方で、交通事故、あったのらしくで、へえと。
それでも、こんなに渋滞になるの怪の、成ってるは、事実での。要は、抜け道あらへんの怪と。
イヤ、バスは仕方が無いにしてもの、乗用車が多いんやでと。

イヤイヤ、暇に任せての、見るに、町並綺麗でね。皆、メルヘンチックなるの、建て方、且つは、新しい建家で、へえと。
バス・ガイド、ガイドするに、家の屋根、皆、平らでしょと。そ云うたら、そやなあと。理由なるは、三角屋根では、雪がで、ドカと、落ちて来たら、怪我なり、埋もれてまうが故、その対応ですて。へえの、成る程なと。
且つは、電柱もあらへんでね。積雪で、危ないが故での、電線、地下ですて。成る程なと。

でや、その、交通事故のため、本来、その道、突破のコースであるを、変更するですて。へえの、結果、迂回の道中には、「ケンとメリー」の、ポプラの木があるですて。へえと。
皆様、運が宜しいですねえと。

へえも、「ケンとメリー」なるは、聞いた事、あるよな、無いよおな、でして。
ガイド申すに、日産の、スカイラインの宣伝、CM、「ケンとメリーのスカイライン」<1970年代>の、撮影現場ですて。フウンの、そかと。
当方、スカイラインには、乗った事、あらへんでね。槇島時代には、中古の、ボロ・バードなら、あるのけどや。「5」ナンバーでね。
スカイラインは、亀岡に引っ越したの当初、欲しいてね。
注文するに、残念無念の、我が家、駐車場に入らんしで、断念。
(16/11/10)


NO.1855 古希、北海道旅行の話(44) 「時計台」で、待ち合わせの話

風邪引いて万年。
まだ、すっきりしてま千年。
薬飲んでま数年。

イヤ、「芋煮会」の件、幹事君には、その旨、朝一番には、打電で、出欠の扁桃。返答なるは、明日まで、待って頂戴なと。
ンの、現時点、まだ、やばいなと。何分の、すっきりしてま千でして。
明日になったら、分からんのけどや。
なっても、現在唯今、この調子では、欠席した方が、無難哉と。

でや、大学の、同窓会と、するのか、ボー年会の件なるは、昨日、正午頃、全員に打電で、本日には、粗方の返答、受電してるですが。
誰とは、申さんのが、この日、この日、ダメ、ダメ、ダメと。
誰とは、申さんのは、この日、この日、午前中ダメと。
誰とは、申さんのは、ケータイに電話一発、参加すると。但し、この日と、この日、ダメと。
返答あったの分、集計したなら、殆ど日があらへんでね。現時点、12月4日<日曜日>の、午後と、するのか、夕方、17時くらい怪と。

いやな、マダ、若干の、3名様、応答無く。
誰とは、申すの、その一名、時代遅れの、ヒカル君。云うてるの、メールで、打診の件、返答遅いが故、電話で、確認したの件、北海道旅行での、姿顔写ってるの、写真掲載の事なれどの、1箇月も過ぎて、掲載して戴いて構いませんの、応答して来てからにの、ヤツ。
話簡単、電話で、結構なると、返事、聞いてるわと。

いやな、それも、同窓会と、までは、云うては無いの、近々にでも、反省会なり、しません怪と、提案してたですが。その、メールでね。
こんな調子では、又、電話一発、貴君、ボー年会、参加どするやと、確認しんならんの怪と。
世話、手間、掛かるのヤツやなと。

曰くに、イヤ、電話での際、次、メール開くは、いつと、いつ也と。そんな事、知らんがな。
とは、返答の、にしたって、一週間で、1通、ありや、無しやの、メールなら、そんなモン怪と。されどの、当方、打電より、1箇月も過ぎてるやない怪の、博士で、どこぞの、大学の、客員教授してて、それ怪と。
とまでは、申してませんですが。

まあな、当方的、幹事的、昼間の、「京すいしん」では、会費をどするかが、悩ましく。但し、安く済むですが。飲んだ分、飲んだヤツが、支払えが、一番に宜しいですが。
対して、17時からの、「酔心」なら、飲み放題で、5名以上なら、「ぐるナビ・クーポン」使えて、1割の割引してもらえの、会計的、超の簡単なれどです。

その替わり、当方、ヒカル君なり、なんか、殆ど、飲まんのに、一律の、ン千ン百円也でして。正確には、5000円の宴会コースの、一割引でして。
云うたってな。
飲み放題の、料理の中身なんか、知れててね。大して、飲まんの、からしたらの、ボッタクリ価格。
まあな、どちにしたって、ボー年会の頃には、風邪引いて万年からは、解放されてるやろと。


とかとか、「ケンとメリーのスカイライン」の、ポプラの木。
当方的、聞いた事のあるよな、無いよおなと。
バス・ガイド曰くの、皆様、運が宜しいですと。本来なら、話だけで、別のコースを走りますので、見えませんでしたよと。フウンと。

でや、帰りの道中。
やったの哉の。はたまたの、違うかったの怪の、要は、山中、曲がりくねたの、道、山の道には、上の方と、するのか、電柱には、道路側に、迫り出させたの、下方向の矢印の看板状のがあってね。
何と、思うですかの、道の両側にあっての、それで、一対ですと。

フウンの、モノは、見たです。確かに、一対になってての、何かと、問われてもの、皆目の見当付かず。
結果、回答なるは、道幅の明示ですて。
目的なるは、道幅、ここから、ここまでですの意、目的での。現在唯今、夏場故、それと、分からんの、冬場では、積雪のため、道路幅、分からんよになるがためですて。
へえの、成る程なと。
当方的、そんな雪、この歳になても、マダ、見た事も無く。オッとの、テレビなりでは、見てるのけどの、体感した事無く。

でや、札幌に到着の、駅までの道中、適当なるで、降りたいの方、降ろすですと。ここと、ここ、ここならと。候補並べられの、エイジ君、曰くの、返答するの、時計台で、降ろして頂戴の、皆の衆、我々の事なれどの、ケンゾウ君、そこで待ち合わせしてるしなと。
降りるからなと。
時刻も、丁度の、宜しくて。イヤ、待ち合わせの時刻にでして。

イヤイヤ、ケンゾウ君とは、それこその、大学卒業以来故、約の、半世紀ブリに相成るなと。
以て、皆で、それこその、夕食共にの、同窓会でして。
(16/11/11)


NO.1856 古希、北海道旅行の話(45) 「花まる時計台店」での話(1)

結果、朝二番。
「芋煮会」幹事君には、打電したです。
こんな調子、風邪症状、今一、しっくりせず故、申し訳無いけど、明日、不参加也と。
送迎に無関係なら、当方一人の出欠、お好きなよに、なれどの、車確保出来ずば、諸般の手立て、取らねばならず。
イヤ、イザとなればの、タクシーででも、駅まで、行くなりすればと。
そんな事、勿体ないしなあ。当方、毎回、送迎担当してるですが。

いやな、ここら、田舎料金故、タクシー代も、高いんやと。過日、過年、一度だけ哉の、「芋煮会」からの帰りにタクシー使たですが。
イヤイヤ、数人でね。農園主宅から、我が家経由で、他の面々、並河駅まで、なれどの、家の辺りで、千円近くで、へえと。
そもそもがの、メーターが、がんがん、上がってね。
ここだけの話、その千円、そのままに駅まで、行くのメンバーに託したですが。
オッとの、遠回りは、遠回りなれどの、大した、遠回りでは、あらへんのけどや。この上がり方なら、駅まで、更に、千円か、千五百円に成るの哉の勢いでの。

そんな話は結構の、朝一番、二番は、風邪症状も、可成りでして。
現在唯今なら、相応に快復傾向にあるのけどや。外で、畑仕事して、飲み助の相手出来るの状態に無く。
そら、「芋煮会」の、飲み会も、スと、終わるのなら、なれどの、なかなかに終わらんし、なと。


オッとの、そんな次第の斯くなるでの。
札幌の、「時計台」なるは、宿と、するのか、宿泊先、「クロス・ホテル」のそばでして。歩いて、5分程度の距離哉の、既に、19時半頃での、周囲真っ暗。

イヤイヤ、観光バスから、降りて、「時計台」に着いても、居てへんでねえ。ケンゾウ君がや。居てるも、居てへんも、そんな時刻に、人が、男が、老年のがや。
一人でも、居てたら、それやろな。されどの、ダアレも、居てへんでね。
されどの、どこや、どこやと、皆で、手分けしての、探しまくるの程の、広さで無くて。
とか、云うてたら、ども、あれと、違う怪の、敷地、横手の方に、らしきのが、現れて。

間違い無いの、男で、老年のがこちの方に近づいて来てね。
嗚呼、ケンゾウ君怪なあと。
とまでは、申してませんの、何と、声掛けたかは、失念の。そら、半世紀ブリでして。イヤ、一発、分かるですが。

そこから、早速にも、緊急同窓会、以降、再度の、実現、出来る哉の、まあ、無理やろと。
北海道そのものが、当方、初。他の面々なら、度々か、度程度、来てるのらしいけど。

そんな話は結構の、宴会場なるは、決まってるの、エイジ君選定の、その、「時計台」の横手、ビルの、「花まる時計台店」。
モノは、寿司で、エイジ君ご自慢の、北海道の寿司ネタ、大きいぞ、でっかいぞの、スケール違うぞ、新鮮やぞの、寿司屋。
イヤイヤ、先に云うても鱈の、その豪語に納得の、ネタやったわと。
特に、ウニなんか、口の中で、とろけるのよでね。へえと。

既に、最初の宿泊先、「ラビスタ函館ベイ」の朝食の、「海鮮丼」で、喰てるのけどや。オッとの、その前には、そこの横手の、店で、夕食で、「海鮮丼」喰てるのけどや。
よ、考え鱈、海鮮系、何度も、喰てるなと。

オトトの、でや、ケンゾウ君の事、なれどの。
彼、云うまでも無いの、同窓生。
只なの、出生地、静岡のヤツ。それが、何故に、北海道くんだりに渡ってもたの怪の疑問。
当方的になら、わざわざの、こんな寒冷地にと、相成るわと。

但しの、名、ケンゾウより、察するの、長男に非ずは、説明してもらわんでも、分かるの、どこえ、行こが、自由なるの立場での。
それ、云うたら、エイジ君、名より、これも、長男に非ず、なれどの、早世にての、彼、実質的、長男でして。されどの、京都、大阪に長く居ててねえ。
戻ったは、この歳になてからと、するのか、三年前でして。
云うたって、既に、ご両親、他界されてるですが。
まあな、人、それぞれに、立場、考えあっての、ハタがとやかくも、なと。

いやな、そらな、静岡産のが、何故に、北海道くんだりにと、するは、皆の疑問での。
そらな、就職先も、東光電気工業<東京>でして。当初はなと。
と、までは、承知の、そこから先、知らんでねえ。

ほならの、曰くに、東光に居たは、数年ですて。へえと。
そこから、どこと、云うたか、東芝やったか、富士通と云うたか、定かに覚えて無いの、転職してと。退職して云々の、その中身も、云うてたけどの、定かに、覚えて無いの、至ってのええ加減に聞いててね。
そらなの、既に、退職してるしと。

最大の注目、興味なるは、何故に、北海道くんだりでして。
曰くに、娘さんの、一人娘の、結婚相手が、こちらでの。結果、夫婦で、こちに、移住したと。とか、云うたって、大きくなら、北海道であっての、娘宅の近所に非ずと。へえと。
云うたって、電車か、自動車で、約の、一時間の距離なんやてえ。そかと。
北海道で、一時間ともなればの、結構なるの距離なれどです。それでも、静岡か、東京からしたら、近くやわと。

とか、云うたって、その辺りの考え、当方には、あらへんでね。
話簡単には、娘が遠くにで、親が、その近くに移住するの概念がと。娘であれ、息子であれど、です。
当方なら、ここだけの話でも無いの、現在唯今でも、尚、出来る事なら、生まれの、育ったの、家、京都の地に戻りたいわと。出て即の、取り壊されてもたけどや。

そらなの、戻れたとての、最早の、周辺、当時の面影無く。知ってるの面々少ないのけどや。
それでもなと。
現亀岡の地よりは、旧知の面々、桁違いに多く。且つは、気の許せるのヤツがなと。
そらなの、小学校から、高校までの、同窓生一杯、居てるわと。
大学のは、基本、地方のが多く。

思うは、ケンゾウ君、その辺りの事、捨てたと、するは、云い過ぎも、矢っ張り、捨てたんやなあと。
ンの、確かに、就職先、東京やったしなと。その段階でと、云えば、云えるのけどや。オトトの、その前に、大学、京都やしと。
当方なら、諸般、立場的にも、大学、就職、京都の地、離れるの気、毛頭のと。
云うたって、大学なら、地方えは、とても、とてもの、とてもやないの、通うなんか、出来るのモンかと。自宅より、市電、単車で、通えるの距離故、進学出来たんやわと。

くどいけどの、諸々の、考え、立場によて、全くの異なるのけどや。割り切り方がや。
オッとの、そんな話、寿司喰い乍らの、全然の、してへんでと。
(16/11/12)


NO.1857 古希、北海道旅行の話(46) 「花まる時計台店」での話(2)

この土曜日<11月12日>には、当家、全員集合。
イヤ、明くるの日曜日には、長男家孫君2号<5歳>の七五三でして。孫娘、9歳、孫君1号、7歳故、主人公、2号君。
イヤイヤ、次男家孫君3号なるは、4歳。来年、七五三やなと。

での、次男家は、来た日に、帰るですが。
要は、折角故、顔出して呉れたです。従兄弟同士<孫共>で、遊ぶも結構なると。

いやな、孫共、相応に、成長してる故、過年の如く、何ちゅうかの、あれこれ、触りまくり等々はしんよになったし、楽は、楽になて来てるですが。
反面、とりあえずは、男の子、この辺りの歳のが、三人は、これ又、別途の怖さあってねえ。
絡み付き、ほたえの、小競り合いの、勢い余って、扉の、ガラスを割ったりしやへん怪なあと。ガラスが割れるは、結構も、怪我されたら、一大事での。

オッとの、そ云うたら、孫君1号、過日、自宅前の電柱に顔ぶつけて、フランケンシュタイン状態になってたですが。凄い回復力での、殆ど、怪我は、分からんなと。
嫁の云うには、マダ、少々の後遺症と、するのか、傷痕残ってるのらしいけど。当方、見るの限り、全くの、でして。
まあな、この歳頃のは、その辺り、怖いんやと。
怪我して、後悔してるは、してても、遊んでる時には、そんな事、霧散。

でや、神戸在住の長男家の七五三をば、何故に京都、「八坂神社」で、かと、なればの、理由聞いてえへんけれどの、思うに、考えるに、墓参でして。
ソラ、「八坂神社」からなら、「東本願寺祖廟」えは、歩いても、5分と、掛からんわと。
よて、初宮参りも、全部を、「八坂神社」で、やっててね。
とかとか、又、ネタ話、増えてもての、追い付かんなと。とりあえずは、チョとずつでもと。気ぃ向けば、なと。


でや、そんな事で、札幌、「花まる時計台店」なる屋号の、「寿司屋」にて、まあ、この面子では、二度とはなあの、臨時でも無いの哉の、計画されてるの同窓会でして。
当初より、ケンゾウ君も加えてと、してまして。云うたって、北海道旅行に出るの、一週間前哉に、ケンゾウ君も、参加すると、エイジ君より、打電されて。

いやなあ、その時より、会えるが楽しみでねえ。
そらなの、約の半世紀ブリでして。どんなになってるのやろ怪と。一発で、分かり、分かって呉れるの哉と、それも、楽しみの一つではあったですが。

イヤイヤ、一発、分かってね。分かって呉れてね。
変わらんなと。当方がや。
化け物みたいに、云うて呉れるなと。
とか、云い乍らも、安心したですが。ンの、あんた、誰やった怪なあと、忘れられてたり、想い出して呉れんなら、どしょ哉と。

いやね、ケンゾウ君とは、どの程度の親しさかと、なればの、難しい範疇でして。
電気工学科全員なら、150名。
中には、苗字は知ってても、顔、全然の想い出さんのも、居てるわと。
中には、苗字さえ、失念のも、居てまして。会おても、皆目の、コマツタなと、するのも、居てるは、居てるですが。

ここだけの話の、過年の、同窓会で、一名、常連組以外のが、参加して呉れたですが。これが、ンの、会おて、話してるの間に哉の、朧気乍らの、嗚呼、あいつやった怪なあと、想い出したりして。
多分なら、グライダー部に所属してると、聞いたヤツ。オッとの大学時代の話やでの、当方的、大学にグライダー部の存在すら、知らんかったですが。

これが、実は、パイロット志望でね。
事実、卒業してから、受けたらしいですが、学科は合格、身長であったの哉で、落とされたのらしく。
との、話当人がして、嗚呼、あれかと。
イヤ、その彼とは、学生時代、殆ど、話等々した記憶無く。覚えてるは、グライダー部所属の話、一つだけ。

それ、云うたら、ケンゾウ君との、想い出なるは、これと、云うよなは、あらへんなと。
但し、その、グライダー部のよりは、遙か、親密でして。
そらなの、静岡出身であると。又、東光電気工業に就職の事も、風の便りで、知ってた程での、先の、グライダー部のは、その後の動向、全くのと。

イヤイヤ、云うてもたら、エイジ君、在阪、在京<京都>の頃、彼幹事で、基本、年に一度の、同窓会なり、してたしなと。
それもあるし、卒業研究が一緒やったり、概ね、一緒に行動してたわと。
ノブユキ君なら、ロームでも、一緒やしなと。
ケンイチ君、ヒロシ君、エイジ君なら、当方の結婚式にも、来て呉れて。
ケンシン君、北海道旅行には、同行してへんのけどの、学生時代には、家の方にも、行ってるし。

これ又、アキノリ君、これ、九州なれどの、大阪での、同窓会には、日さえ、会えば、来て呉れたり。
どちかと、なればの、アキノリ君なら、下宿先には、度々の、行ってもいたし。ンの、当方、家庭教師してたの、物集女<もずめ>街道の、宅様の、道中でもあってね。
イヤ、下宿先、桂離宮のそばでして。当方、移動なるは、ホンダの、スーパー・カブ。なんぼでも、自由効いたわと。

ケンゾウ君とは、そこまでの、付き合いしてへんけれどや。
どちかと、なればの、気の合うヤツ的印象でありの、感覚での。学生時代には、なと。

とか、云うたって、小学生、中学生時代やあるまいにの、高校、大学で、気が合わんで、睨み合いの、挨拶せずの、一言の話もと。
せずなるは、一人も居てへんの、けどや。
基本、皆、理系志望の、専攻学科、電気工学でして。趣向なるは、一緒やわと。


とかとか、チョと話、逸れるのけれど。
我々の時代、小学校、中学校でも、高校でもや。所謂のイジメを知らんわと。
小学生の時には、ちょっかい出され。誰とは云わんのが、当方にや。
席が真後ろ故、後ろから、ちょこちょこ、やられてね。
時には、チューイン・ガムを、髪の毛にくっつけられたりの。それ、知らんでねえ。夜寝るに、枕にチューイン・ガムで、髪の毛、くっついて。
それで、気が付いたりの。
当時に、毎日、毎日、風呂に入るの習慣無くの、勿体ないしと。とするのか、銭湯でして。

オッとの、当方、やられっ放しに非ずの、どちかとなればの、向こっ気の強い方でね。やられたら、やり返すの方でして。
後ろから、ちょっかい出されたら、振り向いて、やり返しの、目立ってもての、担任の先生に注意されの、教室で、立たされて。これ、毎日の程での。

何故に、やられて、やり返すの当方だけが立たされ、最初にやりやがたの、アイツが、不問かが、納得出来んかったのけどや。さりとての、アイツがやった云々は、云わんかったわと。
云うとくの、当方から、先にちょっかい出すはしてへんわと。前の席から、後ろにちょっかいなんか、先に出すのモンかと。
一応は、家で、勉強なんか、してへんのけどの。授業中は、授業に集中してるの学童やったわと。
とは、自分の記憶の範疇なれどです。

にしたって、やり返したら、先生にみつかり、注意されての、立たされる。
とは、やり返すの時には、全くの考えず。
ンの、どちかとなればの、男の子なるは、概ね、そんなモンやと、承知してるわと。
変に、計算高く、悪賢いよりは、損得考えずの方が、ええわと。

イヤ、イジメ云々で、自殺したりは、大人し過ぎるで、無い怪と。
やられたら、やり返したれと。男の子、なら、なと。なめんなよと。
但し、自分からは、先に手ぇ出したら、アカンぞと。
オトトの、話、逸れ過ぎた、なと。
(16/11/15)


NO.1858 古希、北海道旅行の話(47) 「花まる時計台店」での話(3)

いやねえ、大学の同窓会の話。
打電<11月9日・午前>すれど、期限<11月14日>までに、応答無いのが、3人。
要は、メールを開いて無いか、入院かの、二者択一哉と。

よて、明くるの本日、2人については、ケータイ一発、生きてる怪と。
イヤ、呼び鈴、着メロで、出て来たら、生存してるの証左なれどです。
あのなあの、メールは読んだ怪の、読まず故、応答あらへんですが。

12月4日<日曜日>に、京都駅前、「酔心」にて、17時。
イヤ、同窓会と、するのか、ボー年会なれどの、方々より、話あっての、都合のええ日、問えば、この日、この時間しか、アカンでねえと。
ええ怪、ええよで、又、別途、打電する故、メールには、要注意せよと、文句一発。

さての、3人の内の、2人については、当日、参加也と。
残るの、若干の、1人、電話番号、知らんでねえ。
年賀状にも、記載してへんしで、従前の、幹事君、エイジ君に、打電一発、知ってる怪の、分かってたら、教えて頂戴なと。
実際には、皆の衆には、12月4日の、17時にすると。参加者、これこれ、ヨシロウ君のみ、応答無くと。そのメールに、エイジ君には、その旨記載の、宜しくと。

ほならの、即の、返事あっての、ケータイの番号不明で、家のならと。へえと。
まあな、ほならの、明日朝にでも、10時頃にでも、電話一発、してみる怪と。
まあなの、まあなで、ヨシロウ君、奈良の、北勝城郡でして。云うたって、奈良不案内故、どの辺りかも、知らんけどや。
毎回、必ずやの、出て来てて。
只なの、少々の歳故。又、過日、過月の、北海道旅行も、諸般、カラダの都合で、精密検査が云々にての、不参加でして。

ほんまやでの、この歳、古希云々の年齢に達してたならばの。
又、一浪なら、珍しくも無くの、二浪、三浪も、居てるしなと。同期生でも、年齢、違うわと。違うでも、同期は、同期で、年齢上でも、一切の、敬語無用の、呼び捨てでして。

オッとの、この歳故、応答無いと、健康上の問題、心配するわと。
これがな、古希の声、聞くの以前なら、健康上云々なんか、全くのと、までは、大袈裟なれどの、まあ、5%、10%の確率で、チラとは、考えるのけれどの、大体は、あの馬鹿、何してるやの、腹の立つノリでして。
まあな、どちにしたって、明日や、明日と。


そんな次第の、斯くなるでの。
風邪の方、まだ、しっくり、しやへんでね。
耳鼻科の先生、当方、再診で、行きの、後、一押し、二押しですかねえと、申せば、ンの、一押しで、充分やろと、5日分の薬、処方して戴いたですが。
それ、12日の、土曜日の話での、4日経ったの、15日<火曜日>も、マダ、今一でして。コマツタなと。
まあな、12月4日の、ボー年回までには、治るですが。別途の、絵の個展に招待状戴いてての、それが、本日より、20日<日曜日>まで、でして。
明日か、明後日、明々後日には、行くの、顔出すの積もりには、してるですが。
まあな、咳や懇々なら、収まってまして。少々、喉が痛いと、水洟でして。水洟も、サラサラで無く、やや、粘っこいけれどや。
出来れば、明日にでもと、思てるですが。


オッとの、でや、北海道での話をと。
そんな事で、ケンゾウ君とは、これと云うよな、想い出あらへんのけどや。
何した、こんなエピソードがと、するよなが、でして。されどの、好印象でして。
元々が、アイツ、嫌い、コイツ、好き、的、好き嫌いなるは、あらへんの、けどや。
まあ云うたら、偶々の、諸般、話込むよな、機会あらへんかっただけでして。やから、この日、ケンゾウ君に会える、会うを、楽しみにしてたわと。

にしてもの、何やねえ。
変わらんねえ。チョとした仕草、話方なんか、学生時代と、一緒で、忽ちにしての、その当時に、遡ってもてね。
いやな、就職してから、仕事関係にての、ノブユキ君とは、ロームで、会おたですて。そかと。
いやなの、当方も、ロームに居たんやでと。嗚呼、そやったのかと。

大体は、同期生で、ローム、当時には、東洋電具と、称してたですが。一緒に入社、3名でして。
イヤ、ノブユキ君は、他社に入社で、辞めて、途中、一年経って、こちに来たですが。
その大体は、辞めるのは、概ね、一年で、辞めるなと。あるいは、3年。
それを、過ぎたら、最後まで、在職するの傾向あるの。されどの、ロームの場合、定年退職者を知らんわと。

但しの、最近と、するのか、10年、20年経つのけどや。当方、退社して。それ以降、所謂の、リストラも、下火と、するのか、大々的には、やらんよになったやに、聞くですが。
それ以前には、景気の動向にての、すぐにも、リストラ、リストラでね。
聞くの話では、やり過ぎての、人材枯渇、経験者不足に陥ってもての。辞めた、辞めさせたのを、戻す、戻ってもらうの話、案も出たのらしいけど。
実現には、至らずでして。
イヤ、当方なら、声掛かれば、戻るわと。
オトトの、そこまでの、話なんか、してへんでと。

あのなあの、ヒデトシ君、電友会の会長やっててなと。ケンシン君、会計しててなと。
九州・沖縄部会の会長、アキノリ君でと。
且つは、ヒデトシ君、ヒカル君、ケンシン君の3人、母校で、教鞭取ってるんやでと。おまけで、ヒカル君、博士やてえと。

いやな、我々の時代、博士号取るとかの、そもそもがの、大学院なんか、進むの、珍しく。数人ではと。ここだけの話の、そらなの、実家に、経済的余裕無ければなと。
それ以前の、求人難の時代での。引き手数多で、就職先に、困ってえへんかったなと。但しの、理系学生の話やでと。これは、高校でも、大学でもでして。

そ云うたら、当方、知るの範囲でなら、高校の同窓生、アツオ君が、大阪大学大学院で、工学博士やなと。
云うたって、この面々には、無関係の事故、触れてえへんのけどや。
(16/11/16)


NO.1859 ボー年会出欠確認、予約の話

モ一発。
同窓会、ボー年会の話。
イヤ、若干の一名、応答無く。
まあな、出欠後でも、先に予約入れてもても構わんのけどや。

ここだけの話、来る、出られる、出席すると成って、日がなと。時間がなと、成って。ソラ、多少なら、動かせるは出来るしな。
この日、しか無い。時間も、17時からと、するは、諸般の事情、一番に無難故でして。

オッとの、でや、本日<11月16日>、朝二番、10時頃、電話一発、掛けたら、ンの、留守電。
唯今留守にしております。ご用件は、ピと成ってから、お話下さいと。へえと。
もしかして、もしかし鱈の、入院とかや。或いは、旅行中とかや。
はたまたの、何やろなあと。イヤ、固定電話故、奥様も、不在とはなと。

でや、諸般、柴田と、申します。立命の、云々の、同窓会、ボー年会の件です。えと、そやそや、メールを見てください。返事お待ちしてるですと。
ほんとにねえ、留守電に、コメント申すは苦手でねえ。やり難いねえ。基本、誰か、出ると、思い込んでるしと。

そんな事で、入院やろか、旅行やろかと、思いつつの、待てど、暮らせどの、返信あらへんでねえ。
とか、云うたって、こちも、ズと、待ってえへんのけどや。とは、云えどの、諸般の都合にての、ほんとは、昼一番から、外出と、するのか、個展に顔出す積もりで居たですが。

これ、平安神宮、神宮道の、「唯」でして。毎年、恒例の、でして。
行くに、そらなの、手ぶらではなの、それ以前の、別途の、パソコン絡みの、トラブルと、する程でも無いけれどの、やてまい鯛事出来てもての、辞めにして。
「唯」えは、明日やなと。

オトトの、そんな事は、宜しくての、若干一名の件。
さての、夜20時にも成ったけれどの、往信無く。矢っ張り、入院か、旅行哉の、モ一発、電話をと、掛けたら、唯今留守にしておりますの、留守電でね。
嗚呼、コマツタなと。留守電では、様子も、分からんわと。

での、立命の、同窓生の、柴田です。えと、えとの、同窓会の件ですがと、云うてるの真っ最中に、女性の声で、チョと待てくださいと。ンと。
ども、呼んでるみたいでね。本人をや。

ででの、チョとの、間あっての、当人の声。すまん、すまん、電話呉れてたみたいやねえと。そやでと。
メール読んで呉れた怪の、ども、その辺り、怪しくもありの、読んでるのみたいでもありの。その辺り、明確には、問わずの、同窓会、12月4日、日曜日やけど、どするやと。
ズバリと、本丸での、ンの、今回、諸般で、辞めとくわと。そかと。
例の、健康上の話<精密検査>怪と、問えば、それもあってなあと。そかそかの、無理してもらうの事もあらへんしと。皆に何か、伝えるの事、あらばの、伝えるのけれどの、どやと、問えば、宜しく云うといて頂戴なと。

それでは、さっぱりなれどの、マ、ええ怪と。
ほならの、兎に角、生存してて、入院までは、してへんと、伝えとこ怪と。ンの、それで、結構なると。じゃあなと、電話切っての、即の、「酔心」には、予約の電話一発。

12月4日<日曜日>、17時より、七名にての、「匠」で、飲み放題でと。匠に、「飲み放題」付いてるの、けどや。
名称、どのよにされますかで、そやなあの、いつもは、「柴田」名義にしてたですが。
前々回であったの哉の、余所の大学の、多分なら、同志社の、「電友会」があったなと。それも、我々と、似たよな、年代のでね。女性と、するのか、居たはたなと。

もしかし鱈の、奥様鴨なれどです。
そらなの、当時、理工系で、女性なるは、殆ど、居てへんわの、その、余所のでは、女性が、当然の、年配のやでの、ほぼの、同年代やしなの、多いと、するのか、複数でして。男女比なんか、見てへんの、けどや。
奥様と、し鱈、妥当なる哉と。

ででや、此度、立命館の、「電友会」会長出席なれどの、「電友会」の、ボー年会でもあらへんしと。
そのままの、「立命・電気」で、お願い致しますと、申せば、立命は、立命館大学のですかと。ハイと。
「デンキ」の、「キ」は、どの、「キ」ですかと。
問われの、「エレキテル」の、「電気」で、「機械」の、「機」では無い方ですと。要は、「電気」か、「電機」か、どち怪と。
理屈申せば、専攻学科で、「電機」があるの哉の、これ、会社名なら、なと。
なんかの、余計なるは、口には、してへんでと。

での、申し込みの方のお名前、頂戴したいですがと、云われの、「シバタ」ですと、扁桃、イヤ、返答したなら、「シバ」は、「芝」の、「シバ」ですかと、尋ねられの、イヤ、「柴田権六勝家」の、「柴田」ですと。
格好ええよにと。

ほんとは、マダ、あるですが。巨人の、「柴田勲」<72歳>が居てるですが。最早の、過去の、大過去の野球選手でね。相手様、阪神不安、イヤ、ファンなら、気分悪いやろしの、ども、電話の先様、妙齢の美女のよでね。
「柴田選手」なんか、知らんやろと。

ほならの、マダあっての、俳優の、「あぶない刑事」の、「柴田恭兵」<65歳>が居てるですが。これもなと。
有名なんやろ怪と。
ほならの、ほならで、「柴田権六勝家」も、戦国時代の歴史、豊臣秀吉云々の、織田信長の妹、「お市の方」様に、興味でもあればの、無いなら、誰怪と、相成ってもて。
他にも、「柴田」姓で、高名なるが、居て鱈なれどの、居てへんなと。

当方、知らんのだけで、居てる鴨なれどの、事程左様の、「柴田」なる、苗字、説明、解説するに、案外に、難しく。
別途には、「此木」の、「柴」ですと、漢字の造りで、説明の法、あるけれど。

ででの、予約してから、皆の衆には、打電一発、予約入れたしなと。
尚、若干の一名、不参加ですと。
そらなの、この時期、この季節。
ボー年会で、宴会場なるは、予約重なるの時期でね。早めに、云うといて、間違い無く。
まあな、7名程度なら、何とでも、成るのけどや。
(16/11/17)


NO.1860 古希、北海道旅行の話(48) 「花まる時計台店」での話(4)

昨日<11月16日>、なるは、大学のボー年会の。
何ちゅうかの、世話。中身、予約と、出席者えの、しかるべくの、打電。いつ、どこで、なんぼの料理で、飲み放題でと、参加者誰々と、ダケなれどです。

本日、中学の同窓生の、個展<三人展>えの、顔出しでして。
昼一番、しかるべくの、手土産、「若菜屋」の、なれどの、調達致しの、持参。
イヤ、平安神宮、岡崎公園、神宮道の、「唯」なる画廊。最近、毎年やてるのみたいでね。以前には、2年に、1回とか、云うてたですが。

当方、この界隈好きでして。
云うたって、どこで、何をの、用事もあらへんですが。いやな、「みやこめっせ」の地下駐車場に車駐めたですが。その真向かいの、「京都会館」も、「ローム・シアター」になてもてね。
銘々権、50年ですて。1年、1億円哉の、へえの、ロームも金持ちやなと。ここにも、用事が無い故、10年は来てへん哉と。

何が好き怪と、問われても、何がと、返答コマルの事よの、雰囲気がと、しとくですが。
まあ、云うたら、細々までは、知らんけど。どこに、灰皿、トイレがあるかを承知。「みやこめっせ」になら、トイレくらい、あるけどや。公衆トイレの場所も、知ってるでと。

灰皿も、過年には、「京都会館」の建家の前にあったけどや。建て替えを期に消えてもて。
されどの、知ってるわの、その、公衆トイレ、グランドがあってね。その裏手に、あるわいなと。知る人ぞ、知るの、タクシーの運転手なりが、休憩で、使うの場所でして。タバコ、一服をと。ソラ、トイレもあるし、云う事無し。

オッとの、そんな事で、14時半に着いたの哉の、画廊にや。
先客、女性、妙齢では無いの方での。そらなの、出展者が、この歳でして。その、知り合い、同級生なりが、多いんやろなあと。当方も、その口なれどです。

そらなの、学校も、小学校から、色々あっての、彼女とは、中学3年の同級生。
そやから、過日、過月、先月<10月>の、23日には、そのドーソー会をやったがな。古希を記念して、云々なるは、彼女の発案でして。
こちは、世話役、連絡役。結果的、進行役。

イヤイヤ、先客には、顔見覚えもあらへんし。全くの違う学校なんやろと。歳なら、まあ、そんなとこ怪なあと。内一名の方、同年配には、見えんでね。
多分なら、お若いの、やろ、なあと。云うたって、60代とは思うのけどや。

イヤ、お茶、お菓子戴き、先客消えてから、画廊の出展者、2名様と、世間話を延々と。云うたって、居てたは、駐車場から、駐車場で、一時間強なれどです。
そら、精算の時、分かるわと。1時間半分の料金故、1時間半以内。駐車場から、画廊まで、歩いて、10分以内。画廊をお暇してから、タバコ吸いに、行きもしたし、なと。
イヤ、行きしなには、行かず。
我が家からの行程、30キロ強で、所用時間、1時間半。

ほんとにねえ、この歳になればの、健康上の話。楽しい人生、人生楽しめるも、後僅かやなの、寂しい話。
絵の話、なんか、殆どしてへんなと。
するにも、知識、含蓄あらへんわの、知ったかブリ致しませんでして。


そんな次第の、斯くなるでの。
北海道旅行、三日目<7月23日>「花まる時計台店」なる、寿司屋での、ドーソー会の話。
特段の、ドーソー会とは、銘打ってえへんけどや。
まあ、云う鱈、ケンゾウ君とは、ノブユキ君は、卒業以来、ロームで、会おたのらしく。
エイジ君なら、北海道に戻ってから、会おたの哉の、その辺り、聞いて無いなあと。まあな、多分なら、会おてるやろと。
その他、当方含め、半世紀ブリでして。

いやなあ、話、弾みに、弾み。
どんな話、してたかは、覚えてえへんわと。多岐に渡りの、アイツ、どしてる、こしてるの、アイツ、死んだなと。
ンの、シゲアキ君なるが、三十年には、ならへんの哉の、それこその、梅田での、ドーソー会の時、来てたですが。終わって、解散で、フラフラ、あらぬ方向えの、呼び止めるも、大阪在住やしなあと。

当方フラフラなら、オイオイ、そちと、違うぞ、駅こっちやぞと、引き戻されるですが。この当時なら、爺で無いため。されどの、迷子もおかしいけれどの、迷子やなあの、なられても、コマルの事よと。
とりあえず、当方、方向音痴で、地名音痴で、真性、純正、音痴故、勝手にフラフラ、あらぬ方向えは、行かんけど。

いやな、シゲアキ君、それが最後で、後刻、後日、後年、死んだらしいと。
イヤ、その時に非ずの、原因知らんですが。仕事上の悩みあったの哉の、よお、知らんのけどや。
イヤイヤ、彼、九州男児、宮崎県出身なれどです。一浪でね。一緒にエキストラのアルバイトにも、行ったわと。多分なら、「座頭市」のは、ソレとで、あったよな、記憶がと。

正直、気のええヤツなれどの、モと、正直には、自尊心高く。誰でも、自尊心高いけどや。
とりあえず、九州男児自慢してて。
只なの、就職してからは、我々の同窓会に、顔出したは、数回でねえ。基本、毎年と、までは、申さんも、それに近く、してたですが。
いやな、エイジ君、仕事で、大阪から、東京に移動の期間、数年なれどの、滞ったの哉と。

偶に、顔出し、されどの、学生時代程の、陽気さ陰潜め。
そらなの、学生と、社会人とでは、違て当たり前なれどの、彼、極端でね。
とまでの、話、してへんの、同窓会で、消えてと。見たは、それが最後で、亡くなってもたと。

云う鱈、ヒデトシ君、電友会の会長様で、大学の先生で。
ケンシン君、その会計で、大学の先生しててと。現在唯今、辞めてる鴨の、最近その辺りの話、してへんでして。旅行も、突然の不参加で、ねえと。

イヤ、親父様が、昨年9月哉に、亡くなってもての、気落ちしてもてと。
云うたって、当方の母親も、その昨年、6月に、なと。されどの、こして、来てるのけどや。
只なの、当方、幹事の一員故、途中辞退、不参加も出来ず。旅行の打ち合わせも、京都駅前、「京すいしん」<「酔心」の隣で、昼間>やったしなと。

加えての、6月と、9月の、3箇月の差、大きい鴨の、当方、喪主でもありの、法事方々、ばたばたしてての、納骨終わったり、やるべきの、行事一つ、又一つと、終われば、ホと安堵してたが事実での。
要は、ショックもなと。
諸般あるわいな。

ケンシン君、四男とかで、イヤイヤ、当方、申すも異なれどの、親孝行のええ息子でね。
車椅子の親を、北野天満宮に散歩で連れてったりと、云うてたですが。余りに詳しくもなと、思いつつの、云うても鱈の、男兄弟平等に育てられ、平等に親の介護してたのらしく。
当方的、へえと。

へえの、意なるは、どの親でも、基本、平等に育ててるですが。彼の親も、斬新的と、するのか、奇抜なる考えやったんやと。勿論の事、息子達、それで、納得ならば、なと。
納得故、親孝行してたんやと。

ンの、当方的になら、親の介護等々に、親孝行の概念あらへんかったのけどや。
これ又、説明、解説するならばの、当然の事と、考えててね。そらなの、兄弟となればの、下に妹一人でね。平等も、何も、問題外。あちにも、親居てるわと。

これが、弟でも、問題外。
そらなの、従兄弟達より、諸般、本音、聞かされてるわと。諸々の親戚筋より、これ又、諸般、聞いてるわと。親の立場から、兄の、弟の、立場からなと。

オトトの、寿司屋で、そこまでの話、なんか、してへんでと。
したってな。皆、立場違うわと。
(16/11/18)



inserted by FC2 system