シバケンの単なる雑談NO.157

雑談NO.156
雑談NO.151 雑談NO.152 雑談NO.153 雑談NO.154 雑談NO.155

雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.158

NO.1840 2016年の本神輿奉仕参加の話(4)

NO.1839 本日開催の、郁文中学3年2組の同窓会の話

NO.1838 明日には、郁文中学3年2組の同窓会の話

NO.1837 後談・ゴミ集積場の網の話(2)

NO.1836 後談・ゴミ集積場の網の話(1)

NO.1835 2016年の本神輿奉仕参加の話(3)

NO.1834 2016年の本神輿奉仕参加の話(2)

NO.1833 2016年の本神輿奉仕参加の話(1)

NO.1832 大袈裟なれどの、明日、本番の話

NO.1831 大袈裟なれどの、万歩達成の話

雑談NO.156


NO.1831 大袈裟なれどの、万歩達成の話

有言実行の、本日、10757歩で、万歩達成。
いやね、そらね、明日、達成と、宣言しといて、雨でも無いのに、歩き、止めた。
ではなと。

にしてもの、一気、万歩は大変でして。
昨日なるは、午前と、午後の、2回で、9200歩なれどです。
感覚的、これなら、結構の、軽いなと、出来るわと、安直スタートしたですが。何の、何のの、大変やった、わと。

まずは、従前通りの経路をと。
されどの、同じの経路を2周したってなと。その方が辛い故、おもしろくも無い故。そらなの、同じの景観、景色、見ててもなと。
基本の経路一緒で、プラスのアルファをと。

昨日、コーナンの信号から、京都縦貫道路えの道、坂道をば、往復を加えたですが。そこは、2往復に致し。
だけでは、多分なら、数百歩、加算だけでして。
その替わりに、縦貫道の下の信号、コレ、時間短くてね。駆け足しん事には、渡り切れんでね。駆け足したですが。まあな、この距離なら、足も保つのけどや。

イヤ、云うてるは、本番、神輿の巡行では、走るの距離結構あっての、高速道路下の横断歩道の距離どころであらへんわいと。
されどの、この程度の、駆け足しん事には、とても、とてもの、とてもやないの、本番、保たず。
よて、意図的、駆け足するにしたですが。

でや、この程度、2往復では、万歩達成には、程遠くの、更なるの、実は、道中、造成中工業団地地帯あってね。
従前、昨日までは、完全通行止めやったのが、完全では無いものの、車止め、一部開放されてるが故、そこ歩いてやろ怪と。歩き乍らの、されどの、コレ又、大した距離、稼げてえへんぞと。

そらなの、稼げてるは、稼げども、結果的、従前の行程の、箇所に戻るになるの。要は、四角形の、行きと、帰りの、分だけの距離しか、稼げてませんでして。
大した距離と、違うなと。

でや、余計なるの話の、先に、縦貫道路の下道と、するのか、横断しての坂道、2周したと、申したですが。そこで、反対方向に歩くの若手が居てまして。
イヤ、一度、すれ違たのだけなれどの、そいつが、大回りしての、レストラン、「さと」の交差点にて、バタリ。
当然の先方も、当方見て、ンの、先刻見たの爺様やなと。爺様の分、余計なれど、です。
イヤイヤ、全然の見識あらへんの方やわと。
要は、あちらさんも、歩きをしてたんやと。状況からしての、もしかして、もしかしたらの、神輿の奉仕参加するのやろ怪と。

いやね、この時期、10月に成れば、普段、見掛けぬ。或いは、顔承知で、苗字知らんのが、近在、歩くの姿、見掛けてね。
そらねの、訓練してるです。
さもなくばの、常平生、歩いてえへん、運動してへんのが、本番一発、15.5キロは大変ぞと。くどいけどの、歩くのだけなら、なれどの、走る箇所もあるしなと。

そんな事は結構の、新しい道、加えたって、大した距離、歩数、稼げんのは、単純計算、四角形の、幾何学からして、推測出来るの、モと稼ぐに、どする兵衛哉と。
思案するまでも無いの、このままに、並河駅近辺まで、行くか、国道9号線、「さと」の交差点から、再度の、縦貫道に上がりの、旧道まで、突き進むかの、折角なら、あの坂道を駆け足で、モ一発、突破してやろ怪と。

この、モ一発のは、既に、ン千歩か、歩いて、少々の、疲労もしてるが故、効果もあるやろと。
しかるにや、気温、やや、低めもあっての、左程に疲労、あらへんでね。汗も昨日同様の、だくだくで無く。
従前、歩くに、億劫なるは、気温のせい怪と。

そらなの、気温の高い時には、疲労も増して。短いのコースでも、ヒイ、フウ、ハアと、息切ってもて。
昨日、本日なるは、それがあらへんでね。
さもなくばの、万歩に挑戦なんか、するのモンかと。
オッとの、本番、超の接近してるが当然のあるのけどや。最早の、明後日やでと。

そんな次第の、斯くなるでの。
縦貫道の下道、交差点突破で、旧道までの、往復したって、知れてるやろと、ケータイ電話の、歩数計見たら、ンの、何と、まの、まだ、7千歩。

イヤイヤ、ここから、我が家までの、歩数、概算、超の丼勘定、山勘、千歩もあるの哉の距離でして。
ここから、更に、3千歩を稼ぐに、どする兵衛哉の、一旦、宣言、公言したからには、何としてでもの。とする程、云う程の、大層なるの話で無いけどや。

この、縦貫道路の下道交差点の辺り、坂道をば、何周もするの手もあるのけどや。面白無いなあと。
ならばの、再度の、国道9号線に戻ろ怪と。
流石に、それなら、距離も稼げるやろと。鋭意決断の、又、そちに戻りの、我が家の方えと。
されどの、チョと待ての、歩数計はと、見ればの、まだ、8千歩での、ゲ。

云うたって、千歩稼いだになるのけどや。更なるの、2千歩、稼がんならんわいと。これは、万歩、なめ鱈あかんなと。
結果、国道9号線沿いにあるの、パチンコ屋の周囲、何度も往復致し。
万歩に到達してから、さての、帰る怪と。
の、結果、やとで、10757歩に成ったんやと。

いやなの、コレ、履いてるは、運動靴でして。
でや、何が云いたいの怪と、なればの、本番、地下足袋やわと。
でや、それで、何を云うてる怪と、なればの、靴底、地下足袋底の、厚さ、クッション性が全然の違うわいと。

そらなの、運動靴なるは、数センチもあるの哉の、クッション性良好の、足の疲労、防止してるのけどや。
地下足袋なるは、クッション性劣悪、薄っぺらいの、5ミリ程度の、ゴム板一枚。
とは、大袈裟なるも、そと、云うてもての、語弊の無いの、それに近いんやわと。

云うてもたら、運動靴で、豆作るは、なかなかなれどの、地下足袋なんか、履き慣れて無いもあるけどの、一発、足に豆出来てまうわと。
ンの、これが、道中、途中、苦しめるわと。破裂する程で、無いけどや。そらなの、出来出したら、歩くに加減も致すわい。

とかとか、とりあえずは、万歩達成致したわと。
での、モ一発の、諸般、諸々の、理屈、屁理屈の、あるのけどや。
本番、15.5キロなるは、概ね、万歩の倍、2万歩辺り哉と、推測致し。
ならばの、地下足袋にての、この倍怪の、ゲと。
オッとの、15.5キロなるは、神社から、神社までの、直線距離での話での、ゲの、ゲと。
(16/10/15)


NO.1832 大袈裟なれどの、明日、本番の話

そんな事で。
明日、いよいよの本番。
とかとか、大袈裟なれどの、そらなの、年々の体力衰退してるわと。

云うたって、そらなの、手抜きと、するのか、まともには、やってえへんわと。
出来るの限り、遠巻きにして。神輿をや。
尚且つの、此度、日曜日だけに、人数多く。縄持つも、むしろの、大変やろなあと。

手抜きするも、走る箇所、ある程度、走らん事には、置いてけぼりになるやんかいさあと。
やっとで、目的地であるの、諸般の、町内会接待所に辿り着いたとて、休憩するも、遅れたの分、短くになるわいさと。
それ以前の、リーダー、役員が、お尻叩くしなと。
早よ行け、行けと。

正直申せば、このところ、云われんよになってるなと。
相応の年齢であるが、一発、分かるから、やろ怪なあと。
イヤ、当初、数年云われたわと。特には、超の簡単にはの、神輿委員長なるが、当方、区長時代<2005年>の、副会長でね。よて、顔見知りでね。
副会長とは、「大井町自治会」ので、まあ、云うたら、簡単には、執行部でありの、区長の上。

只、年齢下故、呼び方、「柴田はん、遅れたら、あかんで。」と、名指しで、あれどの、「はん」付けでの、発破掛けられて。
あちは、軽トラックなんやけどなと。
イヤイヤ、そんな場面もあるのだけの、前に、後ろに、走り回りの、声掛けてたです。元気やったなと。
過年、若くして、夭折されたですが。

当方的、初回参加、2009年には、案外に楽と。
それよりは、関所<町内会>、関所で、もてなされるの、旨いモノあてね。且つは、隅々と、までは、申さんの、この、「大井町」の、方々巡りの、こんな場所あるの怪と、新発見致し。
そらなの、当方、生まれも、育ちも、当地と違うわの、用事のあるの場所しか、知らんわい。
そんなとこ、数知れてるわの。まあ、簡単には、表通りしか知らんわと。

それもあるし、先の通りの、数少ないの、顔見知りも、見掛けてね。奉仕参加者にも、道中でもと。
中には、当初、2回は、見たけどの、以降、見て無い故、もしかして、もしかしたらと、思うの方、当然の、区長時代に知った方での、当時で、高齢での。
まあ、云うたら、大多数、その当時の知り合いでの。

でや、最初、2009年なるが、初参加と、申してるですが。
現在、2016年故、7年の前でして。その分、こちも、若いわの、60代は、60代も、前半やわと。成って数年やわと。
云うてるやないかの、その時には、走りやがるの箇所、引っ張ってもらうにしたって、引っ張ってもらえたんやと。足、付いてけてたんやと。

その明くるの年には、引っ張ってもらうに、途中、危険を感じ。
更に、明くるの年には、チョと、走って、即の、嗚呼、危険也と、パと、縄から、手を離したわと。
ほんとにねえ、その速度、スピードに、足がついてけんでね。危険と、するは、足もつれて、転けてみい、悲惨ぞと。

斯くなるでの、年々の、体力と、するも、足のが、目に見えての、衰え、実感させられて。
モ一発、明くるの年には、モと、深刻の、我が町内会までは、保ったのけどの。そこから先、ゴールまでの、2キロ程度やろ哉が、足が棒の、どもならず。
救援車、あるのか、無いのか、知らんのけどの、ギブの、アップを真剣に考えたわと。
何とか、辛うじての、保ったのけどや。

期せずしての、その次の神輿の日までに、「ためしてガッテン」の、牛乳飲んで、3分、3分、速歩、ユックリ歩きの、足の体力鍛えるの法なるを知ってのお、実行結果、見事、足が棒に成らずでね。
さりとての、走るの箇所では、最初っから、縄手にの、無謀はしやへんかったのけどや。
それと、足の体力、付けるは、違うわいと。

それもあるし、経験積めば、難所なるは、休憩も、早々に止めての、予めの、早くに、先行。
距離稼ぐの法、知ったしなと。
さもなくばの、追い付かんのやと。追い付かん以前の、稼いでも、アと、云う間に、先越されてまうのけどや。遙か、遠くの、置いてけぼりになるよりは、なと。

そんな事で、明日の準備。
何をと、なればの、足の豆対策用品、買い求め。
どんなモノをと、なればの、基本、バンド・エイドなれどの、当世、それ専用のが、あるんやねえ。
商品名、「キズパワーパッド<靴ずれ用・BAND-AID>」。されどの、コレ、高いね。6枚入りで、820円<消費税込み>也。

オッとの、コレ、出来たの時用での。
出来る前のがあってね。
「サカムケ。あかぎれ、靴ずれの保護フィルム」でして。これは、消費税込み、307円也の、結果的、都合の、1127円也の出費してもたのけどや。
例年、靴ずれ、豆で、苦しんでてね。
怪しいの箇所には、「保護フィルム」でもと。成てもたら、「キズパワーパッド」をと。

イヤ、既に、怪しいの箇所あっての、実は、本日<15日>、短いコースと、するよりは、スーパー、「マツモト」に徒歩で、4830歩。
結果的、ンの足の痛い箇所、摩れての話の、あっての、早々にと。
イヤイヤ、早くに出て、ヨカツタわと。

当初には、豆対策としての、単なるの、「BAND-AID」を持参の積もりやったですが。
そやそやと、検索、探索、靴ずれ、豆対策の専用具はと。
それで、先程の、何ちゅうかの、治療薬とするのか、用具、防護具発見したんやわと。

そんな事で、モ寝るわと。
(16/10/16)


NO.1833 2016年の本神輿奉仕参加の話(1)

29111歩。
何の数字。
かと、なればの、昨日、本番、「大井神社」秋の例祭、本神輿での、歩数。
当然の事、朝一番、家出て、夜に帰宅しての、全歩数。

イヤ、結果的、保ったですが、足が棒も、ギリギリの、セーフ。
イヤイヤ、危なっかったわと。棒になりかけと、するのか、過年の如くでは、無いだけでの、モ、一押し、モ、一寸で、成ってたやろと。
際どいところで、棒には、成らんかっただけでして。

只なあ、地下足袋の調子がおかしく、足がチクチクしてね。小石でもが、入ったの哉と、何度か、脱いでは、叩いてみたり、まさぐったり、したですが。
脱げば、暫しの間、ども無いものの、又、暫くしたら、チクチクしてね。
イヤ、原因不明故、それこその、準備してるの、靴ずれ防止の、フィルム貼ったり。それでも、マダ、チクチク故、「キズパワーパッド<靴ずれ用・BAND-AID>」を貼ったりしたですが。
収まらんでね。
実は、これに、一番に悩まされたわと。

いやね、関所、関所、接待所での、休憩時間、短いしなあ。
やてるの間に、さあ、出発と。そそくさと、履いて。
云うとくの、地下足袋には、12枚小鉤故に、止めるの数、沢山あってね。困るの事よの、何箇所かの、休憩では、休憩もそこそこにの、出発致し。


オッとの、でや。
朝出発。とは、我が家と、するのか、町内会からは、3手に別れてもたですが。
9時には、若手の、U原君。二番手、当方、S田さんは、9時半に。T川さんは、9時45分にと、相成ったですが。

イヤイヤ、後で、聞けば、T川さん、早めの、9時15分頃、家出たですて。へえと。
ならばの、一緒に出られてるですが。ソラ、当方なら、9時丁度は早いやろ。45分は、チョと、遅い鴨と、半にしただけでして。
まあな、どちにしたって、「大井神社」では、全員、集合の、やあやあと。

その他、顔見知りとも、談笑なり、一言、二言、言葉交わし。
これが、祭礼等々、常連組の、何ちゅうかの、楽しみの一つ。でも、あって。
そらなの、知った顔やのに、知らんのフリもしてへんわと。

我が町内会の、子供神輿も、時間に成って。
いやね、例年なら、順々に並ぶですが。今年か、昨年からか、には、一旦、「大井小学校」に集合。そこから、しかるべくの、本神輿を中心に、左右に、並ぶになるですが。
そらなの、本神輿なるが、神社の主であって。

そして、お祓い等々、子供神輿よりで、それ、されたら、順々に、自身の、町内会<区>に戻るですが。
オトトの、その前に、我々としたら、町内会の、子供神輿に伴って来たの、役員には、相応に挨拶致し。そらなの、コレ又、知らんのフリも、なと。
当方、基本的、礼儀と、思うが故で。

での、子供神輿も、出払おてもたら、ここからが、本神輿、我々の出番と、するのか、出番やなと。
まずは、お祓い、役員から、諸般の挨拶等々。
要は、此度、奉仕参加者多く、158名ですて。それに、随行、30名等々、総勢、概ね、200名であると。へえと。

例年なら、平日故。
とするのか、秋の例祭なるは、10月16日と、決められててね。
日曜日なるは、7年に一度になるのけどや。基本、概ね、奉仕参加者、100名から、120名でして。此度、多いなと。

での、細々は、割愛の、多い故に、昼食も先組、後組に別れてもてね。役員より、何とか区の方々、これより、昼食をと。残りの面々にて、神輿を馬場にで、要は、当方、全くの中身、意味合い、分からんの。本神輿の回りを、馬に乗ったの、宮司、お稚児さん、武者装束の、面々数人が、ぐるぐる、何周か、回ってね。
それを、我々、或いは、近在の方、等々、見物してね。

この、行事が終われば、さての、昼飯交代の、我々の番。
まあな、諸般、何回も参加してたら、要領分かるの、要領良くの、早め、早めの、しかるべくのと。ンの、弁当戴き易いの場所にと。
場所取りも、早めの方が、ええ場所、確保し易いわと。

どこが、ええ場所かは、個々人の判断、考えなれどの、当方なら、椅子席の前の方でして。
基本、全員の分、確保してるの。されどの、2分されたが故、2分なら、いつもよりは、人数、少なくて。
そらなの、100名から、120名が、高がの、158名やしなと。半数なら、79名でして。

トトトの、そんな話も、結構の。
昼飯喰たら、此度、チョと、早めの、11時45分の出発ですて。イヤ、いつもなら、12時丁度の筈なれどです。

そんな話も、結構の。
この神社の、次男坊と、顔見知りでね。
イヤ、何度か、触れてるのけどや。
あちから、見つけてくれての。オッとの、神主装束故、分かると、云えば、分かるのけどや。一々の、注視もしてへんわの、「柴田さん、今年は、先頭で頑張ってくださいね。」と、声掛けられて。
ンの、頑張るでと。

いやね、昨年、遠慮致しの、我が家の前で、本神輿を見物したですが。当然の、騎馬の、この神主と、会釈交わし。
いやねの、いやねで、当方、区長時代の、消防分団の幹部でね。分団の表彰の会席にての、同じのテーブルに成ってね。
話簡単には、この君に、諸般の詰問致しの、中身なるは、神主に成るの法。
イヤ、坊主なら、基本、京都には、沢山の大学、あるのけどや。何も、所定の大学に進学せずとも、当世、坊主に成れるのけどや。
イヤイヤ、龍谷大学、大谷大学、仏教大学なるは、元々が、我々、京都人、曰くの、称するの、坊主学校。
同志社大学には、神学部あるのけどや。コレ、神父になるの、学部やろと。実際のところは知らんのけどや。

この時、初めて、国士舘大学、皇學館大学なるの存在知ったわと。オッとの、国士舘なるは、遠の昔より、存在なら、承知してたのけどや。
ここが、神主大学とは、知らんかってね。
(16/10/18)


NO.1834 2016年の本神輿奉仕参加の話(2)

明くるの、明くるの、本日<10月18日>。
足の方、大夫マシになったです。正確には、昨日よりも、酷いですが。
多分なら、明日には、解消哉と。
何がと、なればの、歩くに、辛く。凝ってるよな感致し。まあな、すぐにも、収まるですが。よて、明日には、なと。

での、足に貼ったの、靴ずれ対策フィルム等々、当然の、帰ったの直後には、剥がしてるですが。
痛かったの割には、何事も無く。嗚呼、ヨカツタなと。
云うたって、靴ずれも、靴で無く、地下足袋なれどです。地下足袋ずれなる表現無くて。

でや、本番の前日には、靴ずれ対策、諸般、検索、探索の、足指のサックみたい、なのがあるんやねえ。
要は、足指の、靴ずれ等々、出来たの箇所、指にはめるのサック。
よて、対策には、最初っから、5本指の靴下が有効也と、元々が、5本指の靴下、履くの積もりにしてたですが。正解なんやなと。

それでも、3万歩近くも歩きの、走らされも、してたら、豆が、出来てるの哉と、危惧する程の違和感あったのけどや。
ども無くて。
いやね、乳首の痛いも、昨日までは、ども、無かったのが、本日、痛あてね。シャツに触れ鱈での、「メンソレターム」は止めて、とりあえずは、処方されたの。とするのか、皮膚科の先生推奨の、「アンデベート」を塗るにしたですが。

更には、いつに怪我したのか。怪我と、する程の大層なるの、では、あらへんのけどや。左足に出来てるの、スリキズなら、瘡蓋が取れて来てるの状況でね。
イヤ、これが、地下足袋履いてる中に含まれるが故、摩れて、摩れて、キズ口、広がったら困るの事よと、心配してたですが。どもなくて。

嗚呼、ヨカツタなと。
他に何があったの哉の、心配事項の、細々をと。
ンの、目が逆睫で、涙目で、チクチクのと、云々と、申してたのけどの、斯くなるでの、忘れてもてたわと。結構なると。

にしてもの、靴ずれ対策ツールは大いに役立ったなと。
いやね、年に一度の事故、失念してもてるです。靴ずれの事をや。
靴ずれなんか、この日、この時にしか、出来ひんわと。普段、そんなに歩かんし。歩いたとて、地下足袋と違うわい。
クッション性良好の、ちゃんとした、靴でして。それも、連続の、延々の、こんな具合で無くて。ましてやの、走りもしやへんわいと。

ほんとにねえ。
走る、走らされるに、恐怖感覚えるでと。
そらなの、これで、何回目の奉仕参加怪の、初心者でも、あらへんしと。常連さんと、云えるかは、分からんの。地の方なら、ン十回もの、参加でして。
そらなの、消防分団に、でも、所属してたら、主力、精鋭部隊、戦力として、駆り出され。地の方なら、その辺り、義務みたいなモンやろねえ。

当方の住んでたの、辺りでは、そんなモン、あらへんしと。
青年団なら、あったの哉の。学生時代には、そこの幹部から、夏休みには、小学生の、何ちゅうかの、宿題なんかを、手伝おてやてくれの、要請受けて、母校、「格致小学校」に出掛けて、教えたの事もあったのけどや。
その幹部には、成ってませんでして。成れの、要請もあらへんしと。

イヤ、変な話、当方、基本、頼まれ事、拒否した事、その昔より、一切のあらへんでね。
何でも、一発、諾と、するのか、やらんならんのやなと。選択権、拒否権なんか、あるを知らんでね。考えたの事が無く。

この、本神輿の、奉仕参加の件についても、そら、承知してるわの。一度、諾と、したなら、神社の参加者名簿なり、三役、引き継ぎの際にも、名を次期区長に伝達されてもて。
頼みに来られるわと。
の程度、重々承知の、拒否権なら、この歳での、学生時代や、あるまいにの、あるも、知ってるわいと。

よて、一度の諾は、二度、三度の、拒否致すまでは、延々の続くが故、2005年の初参加より、当年まで、拒否もせずの、継続参加してるんやと。
イヤ、くどいけどの、昨年は、諸般、遠慮したのけどや。

さての、問題は、次回。来年の事。
基本、健康であれば、カラダ、正常に動くの限り、出来るの限り、継続し鱈、宜しいわと。
そらなの、20代から、50代の若手、若い頃なら、特段の、この程度の、歩きも、走りも、どて事あらへんわいと。むしろの、当方の初回なら、マダ、軽く思えたわの、楽しかったわと。

よて、次回も、次々回もと、話来るの限り、特段の事情許す限りの、拒否せず、参加してるわと。
そらなの、健康上、或いは、事情あれば、参加しとても、出来んわい。
足が、腰がと、持病がと。あってみい、参加しとても、出来んわい。あらへんが故、参加出来てるわと。

にしたって、ぼちぼちの、年齢問題、あってね。
此度、最高齢、当方で無くて。ほんまやでの、多分なら、70代半ばの方、2名様。
イヤ、昨年、当方、見物人なれどの、その方々、居たはるの怪なあと、注視してたですが。居たはらへんでね。昨年はや。
ところがの、当年、此度、その2人、居てまして。へえと。
まあ、詰まりの、当方、最高齢で無くてね。正直申しの、残念の、無念やなと。
オッとの、この辺りの話、又、後刻に致し。

そんな次第の斯くなるでの。どこの、町内会とは、申さんの、ワイン、団子、プリンの出るの箇所。
当年、ワインはあったのけどの。わんこ蕎麦はあったのけどの、その他、甘党系のが、あらへんでね。ワインだけにしたのけどや。
楽しみにしてたのに、残念やなと。

そこ過ぎて、国道9号線突破で、小休止で、ここからでして。
それまでも、走らされるのけどや。要は、コーナンの辺りから、「太田」<地区名>までが、地獄でね。
されどの、「太田」まで、行けば、過半での。後は、「大井神社」までの、帰途でして。されどの、されどで、走らさせられるの箇所多く。
そら、人家少なくて。まあ、云うたら、田舎の、田舎での。

但しの、その先には、我が町内会ありの、国道9号線を再びの、渡れば、モ、終盤でして。
ここだけの話の、如何に、手抜き、足抜きするか、出来るかの、勝負。これが、なかなかに出来ひんのやわと。
そらなの、最低条件、神輿にくっついてかん事には、なと。
どもならず。
(16/10/19)


NO.1835 2016年の本神輿奉仕参加の話(3)

本日<10月19日>、鋭意決断。
とは、大袈裟なれどの、決断致しの、歩きにと。
いやね、折角の歩きで、体力、脚力、回復と、するのか、増量致し。本番終わって、サボってもてたでは、元の黙阿弥故でして。
まあな、せめてもの、1週間に、2日、2回でも、歩かんと。距離なるは、歩数なるに、拘らずと。
結果、適当の、短いのコースで、5000歩弱なれどの、歩いてね。足、少々の重たかったのけどの、暫く、歩けば、解消致し。

でや、昨日には、乳首のチクチク、再発してたですが。塗り薬、「アンデベート」の効能発揮か、緩和されててね。
緩和故、今だ、違和感、チクチクあるけれどの、相当のマシでねえ。
いやな、反って、本来の箇所、右足、腿の、右側が荒れてましての、そこにも塗って。コレ、何やろねえ。皮膚科の先生、町医者なれどの、こすれて、刺激されて、荒れてるですと。
こんな箇所、刺激も、こすりもしてへんけどや。

強いてなら、寝るの際、当方、右向いて、寝るの習慣でね。自然に、右足、腿の右なるが、下になりの、敷き布団に接触、するには、するのけどや。
この程度で、荒れてたら、遠の昔から、荒れるのけどや。従前、そんな現象には、なてへんわと。
イヤ、それだけ、諸般の耐力、免疫力、退化してるになるの哉と。

オッとの、そんな話は結構の。
とりあえずは、細々なるの、生死に関わらずの、痛い、痒いも、解消の方向での、ヨカツタなと。
そ云うたら、一昨年に戴いたの、お守り。本神輿の奉仕参加するに、戴くですが。そのまま、財布に入れてたのを、此度ので、当日、「大井神社」に、返納、納めたわと。新しいのを受けた故。お賽銭、50円也を奮発致し。
以て、昔年の、イヤ、二年越しの、引っ掛かりも、解消致し。
いやね、お守り<お札>なるは、新旧、全くの同じモノ故、旧のには、「旧」と、明記の、新しいのも、ポシェットには、入れて、神社に出向いたのけどや。

それでや、本来、道中、巡行、過半の、「太田」では、新米の、「おむすび」なるが、名物なれどの、ここでは、地下足袋に入ったのかの、小石なりを、探ったり、痛いの箇所をフィルム貼ったりの、処置したりで、結局は、接待受けずの、休憩のみに相成ってもて。
イヤ、それでも構わんですが。

足の痛い、チクチクを我慢して、道中、歩いてられんでねえ。
いやね、その前に、どことは、申すの、「サニー・タウン」での、接待なるは、「リポビタンD」哉の、目玉商品あっての、ソレ、一本戴き、早々に出発。
理由なるは、ここから、コーナンの先、京都縦貫道経て、旧道から、「太田」までの、距離、一歩でも、先行、稼がん事には、保たんでね。

休憩も、そこそこに、一足も、二足も、お先にの、出発するに、どこの方哉の、よお、知らんですが。裃、装束の方、お若いけれどの、地の方での。
気楽に喋るが出来るの方での、休憩の集団から、外れるの際、居たはってね。先に出て、距離稼ぐわと、申したならばの、自分もと。
そらなの、装束着て、杖持っては、道中大変でして。
杖の分、重たいわと。荷物やわと。これも、順番なんか、役持ち哉の、例年、顔ぶれ変わるのけどや。

それでや、その方と、2人して、えちら、おちらの、旧道えの、坂道。
云うたって、大したの坂で無いのけどや。坂やでと、云われたら、実際に歩けば、少々の坂に成ってるなの、程度の坂なれどです。
坂は坂で、既に、相当の距離歩いてての、足が辛いんやと。
この坂を皆と、一緒では、軽くの追い越されの、後塵拝し。今度は、追い付くに、大変でして。
とは、重々の承知故、このよに、先行をと。

云うとくの、若い方なら、どて事あらへんのけどや。装束組なんか、大変ぞと。
その装束組、過年には、二三人、一緒に先行したのけどの。此度、その一人だけでねえ。
苗字も、知らんのけどや。過去にも、見掛けたの事、あらへんのけどや。
諸般の雑談、世間話。精々の、そんな装束で、大変やねえ。しんどいねえの、程度なれどの、話し乍ら旧道に着いた頃、本隊、本神輿も、すぐのそこに接近。

先頭集団、駆け足でね。真似出来んなと。
いやね、その人、スマホ取り出し、写真撮ってねえ。イヤイヤ、充分に、絵になるの光景での。
ソラなの、徒組、その他大勢、元気、元気の、要は、200名とは、申さんの、公称158名の法被着たのが、駆けて来るんやでの、しもたなあと。

当方なら、ケータイなれどの、カメラ付きなれどの、出すに時間要し。
ソラ、ポシェットのチャック開けての、ンの、どの辺り哉の、ポケット・ティシュに、ハンカチ、タバコに、バンド・エイドにと。沢山、入れててね。
まあな、何枚かは、写したのけどの、アカンなと。写すにも、慣れてなくての、ピンボケでの。
それ以前の、出せた頃には、それこその、すぐのそこ。

斯くなるでの、とりあえずは、「太田」に着けば、過半での。
後は、帰途での、我が町内会を経て、神社やわと。
なんやけどの、ここからの、走りは、辛いんやと。

先の通りの、坂道、先行の、相応に稼いでも、追い付かれ。又、「太田」からの、道中でも、走らされ。
この辺り、再度申すの、田舎の田舎で、人家無く。車も少なく。
されどの、そらなの、車は走ってるの、神輿最優先での、警察官に止められて。車が止められてるの箇所では、走らんのけどや。
(16/10/20)


NO.1836 後談・ゴミ集積場の網の話(1)

いやね、余計なるの話。
過日、秋の、「環境衛生」の日。
町内会行事の、草刈りの日、なれどの、ゴミ集積場の網が、穴だらけ、破れかぶれになてるが故、どしょ哉の、交換して戴くの、所定のルートなら、承知の。
されどの、諸般で、やり難く。

イヤ、単純には、組長に伝え、組長から、区長で、宜しいですが。重々の承知の、3年前にも、破れの、かぶれになたが故に、しかるべくの、当時の、組長には、その旨伝えの、当時の、区長と、一緒にと、するのか、交換したのけどや。
当方と、一緒にの意味なるは、その時、偶々の、組長不在もあるですが。

此度には、諸般の、諸般で、やり難うてね。
遠の昔の、1箇月の前哉でして。草刈りの日がです。その時、今期、組長には、しかるべくの伝えたですが。破れてるしと。
<参考=NO.1804 余談・ゴミ集積場の網の話

その結果か、或いは、別途の方の別途の要請に寄るのかは、分からんの、本日<10月20日>、網、交換されて、ね。
いやな、再度の、組長に伝えたは、1箇月もの、前やしな。
遅過ぎるもあるしな。要は、忙しくの、忘れてしまわれてるので無い怪なと。よて、別途の機会にでもの、わざわざで無くの、偶々のでもの、バタリと、でもの、会えば、なと、思てたですが。

イヤ、再度のあの件、どなてるですかと、問うをや。
諸般の、諸般で、それ程に、気ぃ使うわと。
それもあるし、当方で無くともの、使てるの宅様、10軒でして。とは、云うたって、少々事情ありの、ややこしく。理由、そのゴミ集積場使うの町内会、2つあっての、どちがの話、あってね。
云うたって、こちの町内会、組の方、大多数での。7軒でして。2年の前からは、なと。それまでは、5軒での。それでも、大多数になる故、こちの町内会が処置し鱈と。
するが、当方の考えでの。

そんな事は、結構の。
組長に伝えたの時には、ズタズタでの。
そらなの、そもなてないのに、交換をと、なんか、云わんわと。
更なるの、1箇月の経過で、見るも無惨で、さての、どしょ哉の。今週、当家、当方の、ゴミ当番。
いやね、くどくどの、説明し出したら、背景色々あるわの、面倒での。

いやねの、いやねで、ゴミ当番とは、ゴミ収集車が来て、ゴミを処理した後の、網をば、所定の場所に、キチンと、整理整頓するの役目での。
中には、不届き者が、捨てたらあかんの、燃えないゴミ等、大型ゴミなんかを、置いてるの事あっての。さすれば、当然の、収集されませんでして。
放置されるですが。

ならばの、当然の、該当者は誰様怪なあと、探すなりの、聞いて回っての、しかるべくのと。
いやな、過去、一度、当家、ゴミ当番の時、あってね。嫁はんが、一軒、一軒、尋ね回って、該当者分かったのけどや。

オッとの、での、当然の偶々なれどの、当家、ゴミ当番の日に、新品の網になっててね。
嗚呼、ヨカツタなと。
先の通りの、当方が伝えての、一箇月経っての、話か、別途の方が、別途の経路での、要請かは、分からんしと。そもそもがの、誰が、処置した鴨、見てへんわと。

いやね、超の短時間で、処置されててね。
当方、ゴミ出し、したの時には、マダでして。
別途の用件にて、外に出鱈、ンの、交換されててね。へえと。誰やろ怪と。

どちにしたって、交換されてるが故、結構なるの。
さての、先の通りの、当方、ゴミ当番故、ゴミ集積車、ゴミ収集終わってから、網の処置せねばならぬの、行けば、ンの、大きな網で。
ンの、一向に構わんの、大は小を兼ねるの。

只なの、諸般の、諸般で、何ちゅうかの、ガード・レールに網、畳んで、大クリップ、洗濯ばさみの、大きいヤツ、なれどの、それで、固定するですが。
網も、従前には、太めの縄で、ガード・レールに括り付けてたですが。
極の単純には、網を括り付けてたの、縄をば、バサリと、切ってあっての、ダケでして。

ンの、どする兵衛の、どの程度の、何ちゅうかの、処理するべき哉と。
設置をや。網の固定と、するのか、整理の手法をや。従前通りが、ええとは、思うのけどや。チョと、待てと。
それ以前、前回以前のは、2年半や、3年では無くの、モと、保ってたなと。
網の種類、品質が、大夫、違うもあるのけどや。網を縄で、括って、固定するが故、その辺りから、破れ易く。固定せぬ方が、そらなの、破れるの要因、1個、少ななるなあと。

その替わりの、盗み易くは、なるのけどや。
云うたって、大型クリップで、止めて、縄で、固定してるだけの。こんなモン、盗むの気になれば、ハサミか、ニッパでもあればの、一発での。
ゴミの網なんか、盗むの価値もあらへんわ、なと。

ならばの、諸般、基本、クリップの方、どちにしたって、少々の無理あるの、固定手法での。この際、チョとは、マシに、綺麗に、綺麗も、気持ちだけの話の、縄解いての、結び直し、してもてね。
コレ、偶々の、当方のゴミ当番故に、なと。
さもなくばの、ここだけの話の、多分ならばの、その手の事、やて呉れそ、なのは、なと。
(16/10/21)


NO.1837 後談・ゴミ集積場の網の話(2)

そらね、当方にしたら、出しゃばるの気、あらへんわと。
イヤ、ゴミ集積場所の網の話やわと。

ハタと、穴を見つけ。網の周辺、破れて来てね。
当方的、限界哉と、思えどの、誰か、気が付き、云うて呉れるやろと。気が付きも、当方気が付いてるが故、皆様、分かってるわと。
思いの、一巡、ゴミ当番のや。待てど、暮らせど、交換されずで、モ一巡と、待てども、アカンが故、しょがないなあと、組長<支部長>に伝えるに、しかるべくの、時期を待ち。草刈りの日に、組長には、それと無く、伝え。

いやね、前回も、一巡、二巡、様子見したの哉の、この時には、当時の組長に伝えるを、特段の、気も使わんかったのけどや。
その組長、そこを使てえへんし、使てるの宅様には、役員居てませんでして。

されどの、此度には、その一巡、二巡様子見の。更なるの、三巡目も、様子見したの哉の、定かで無いのけどや。云うとくの、一巡するに、10軒故、ゴミ当番、回って来るに、10週間。<前回の時には、8軒。>
やでと。
当方的、信じられんなと。

とは、云えどの、四六時中の、網の破れ、ズタズタの事、考えてえへんのけどや。されどの、ゴミ当番になればの、その週には、多少は、考えるやろと。
思てたのけどや。アカンなと。

イヤ、云うとくの、組長に伝えるだけの事故、大した手間でもあらへんでして。
只なの、伝えたならばの、相応の、何ちゅうかの、責任伴うわと。交換するなら、するで、手伝うなりの。
イヤイヤ、当方的、その程度の手間、一向にの、構わんわと。当方にしたって、区長職、経験してるが故、区長も大変やなと、承知してるわと。

ほんまやでの、区長なんか、原則、雑用担当やでと。
ここだけの話の、そらなあの、該当組の組長なりが、まあ、云うたら、気易いの方なら、ええけどや。場合に寄りの、高齢者とか、女性の場合もあるやろなと。
さすれば、手伝えと。とも、云えんわい。
むしろの、処置してから、処置致しましたのでと、報告哉と。そら、組長経由、なら、なと。
よて、区長たる、大変なんやと。この手の事、これだけとは、違うわい。まあ、云うたら、諸般、全般、種々雑多の事柄あってね。

その手の事、やって当然の、やらんかたら、文句、悪評。
任期終われば、古手の区長、歯牙にも掛けられずで、相手にされずの、むしろの、完全なるの、退けモノでの。現役区長から、物事、わざわざの、尋ねられるの事なんか、超の希。
オッとの、されたの事なんか、あらへんなと。

イヤイヤ、云うとくの、当方の場合、役員には、区長経験者、4名様での。
重宝したと、申せば、語弊あるの、大いに、助けて戴いたわと。そら、個別訪問して、助言求めたり。
他にも、役員以外の経験者には、しかるべくの、尋ね回ったり。
そらね、経験者なら、立場、よっく、理解故、親身、親切に、助けて呉れるわと。但しの、尋ねられ鱈の事での、自分から、あせえ、こせえとは、僭越での、しやはらへんわい。
オッとの、過年の、組長した時には、諸般、区長に対しの、最大限の手助けしたのけどや。コレ、当然での。
基本、その期、その期の、区長方針、考えで、進めるのべきでして。

ででや、何の話、してるの怪と。
いやな、多分なら、10軒の皆様、ゴミ集積場使てるのや。余所の町内会の、3軒様は、ど哉の。よお、分からんのけどや。この手の事、話なんか、した事、あらへんしと。

それ、云うたら、我が組、町内会の、7軒の面々とも、こんな話なんかしやへんわい。尋ねられるの事も、あらへんしと。
イヤ、どする兵衛哉との、相談をや。
実は、皆様、交換して戴くの際の、ルートを知らんのやろと。

イヤイヤ、何なら、ホーム・センター、「コーナン」にでも、自分で、買い求めの、交換も、構わんのけどや。
ここだけの話。
でも無いの、「コーナン」で、普通に、この手の網、売ってるを知らんかったのけどや。当方がや。前回はや。

いやね、実は、しかるべくの、「大井町自治会」にでもを、通じ、調達するのみたいに、思てたの、けどや。
いやねの、いやねで、実際には、そ鴨と。
思わんの、事も無くの、最初の網と、比較で、何ちゅうかの、貧弱で、弱あてね。此度、新調なったの網もや。大体が、以前のは、青で、前回より、黄色でね。この黄色のは、強度、弱いなと。大体が、手で触ったの感触でも、分かるし、年月と共にの、色あせてもての、如何にもの、安モノやなと。

もしかしての、もしかしたら、「コーナン」は、「コーナン」で、売ってても、値が違うかたり、してもてね。
青のは、高いの鴨なと。
思たって、思たの、次の瞬間には、この手の事、スカリの忘却してるわと。
よて、「コーナン」に行ったからとて、網があるのか、もさえ、確認した事無くて。
イヤ、誰しもの、そんなモンやろと。右向いて、左向いたの、その瞬間、綺麗さっぱりのと。そやけど、ゴミ集積場見たら、ゴミ捨てるの際、思い出すのけどなと。

やから、何巡も、様子見したんやけどなと。少なくともの、ゴミ当番になったの宅様なら、考えやはるやろ鴨なと。
皆が、皆、そ思いつつの、様子見してたり、してね。前回と、同様にしてね。結果、当方、我慢たまらずと。
コレ、性格故。


オッとの、此度、昨日<10月20日>、突然の新品になったの直後。
誰様とは、申さんの、朝から、電話一発。
当方が、交換して呉れやはったんかと、尋ねられ。

イヤ、交換実務なるは、当方してへんでして。交換してませんと。
只なの、組長には、伝えたですと。但しの、伝えたは、草刈りの日の、とは、一箇月もの前の事でしてと。
斯くなるでの、本日、交換実務、誰がしやはったかは、見て無いしで、知らんですが。又、組長にしても、一箇月の以前での、忙しくしの、失念されてるの可能性あっての。
まあ、云うたら、忘れてまうよな事柄での、再度の、請求なりの、するを、超の、迷てたの矢先での。

云うても鱈の、誰様かは、分からんの、別途の方が、組長なり、直接にの、区長なり。或いはの、自身の負担で、網交換された云々の、詳細皆目のと。
尚の、尚、少々、括り付け方をば、チョとだけ、変更したですがと。

これは、当方、当家、ゴミ当番故の役目故と。偶々でもの、当方、当番の週の出来事やしなと。当番違うかたら、僭越故、出しゃばらんわと。
まあな、そのままでの、ほっといても、一向にの、構わんのけどや。
交換されたの、ままの、状態では、当方的、網の整理整頓、やり難く。そらなの、網括り付けてるの縄、外してもての、新品置いただけでして。
イヤ、くどいけどの、それでも、一向にの、構わんのけどや。当方のやり方、気にいらんなら、誰様でもの、修正され鱈と。

とかとか、までの、細々、電話の先様には、申してませんですが。
イヤ、電話の主、偶々なれどの、当家、当方、ゴミ当番の週であるを、承知故に、尋ねやはったんやと。
(16/10/22)


NO.1838 明日には、郁文中学3年2組の同窓会の話

オッとの、こんな調子で、やってたでは、諸般諸々の話、終わらんなと。
古希の、「北海道旅行の話」は、終わってえへんし。
「大井神社」の、本神輿のも、マダ、中途やし。
「堀川高校3年8組」の、同窓会の話も、あったしと。これは、一言も、中身、触れてませんでして。
加えての、明日<10月23日>には、「郁文中学3年2組」の、同窓会やしなと。

あのなあの、高校のは、男6人、適当なるの、同窓会。イヤ、相応に、練ってるのけどや。奈良、千葉、東京さ、から、来てまして。総勢、6名様の、同窓会。幹事、ミノル君でして。
中学校のは、幹事4名で、往復葉書で、出欠の打診、22名様。参加、6名様でね。幹事に加える事の、2名様。これは、男女、3名様ずつでの、まあ、その話、するの時にでも、する怪と。
オトトの、明日の話で、マダ、なれどです。

事程左様の、古希を記念してと、同窓会ばかり、してるなと。
古希が記念になるの哉の、甚だの、疑問なれどです。当方的には、なと。まあな、古希の年齢に達してるが故、めでたくもありの、めでたくもなくの、複雑怪奇なるの、気分なれど、です。
イヤ、云いたいは、この歳になったが故、時間的余裕も出来て、ね。金は無いけどや。
よて、こんなに続くと、懐具合も、なと。少々、気に掛かるわと。

でや、先に云うてもたらの、10月29日<土曜日>には、孫君2号の、鼓笛隊ですて。見に来て頂戴なと。との事での、神戸にと。
ここで、一応の、現時点、分かってるの範囲の、予定なるは、終わるですが。
1件、大学の同期生、古希で、北海道旅行したの、一員なれどの、又、早々に会いたいなと、その後の報告会でもと、申し。
ほならの、忘年会か、新年会でもと。要は、年末年始に、でもと。
「京すいしん」なら、安いしなと。飲みたいなら、「酔心」の、飲み放題なれど、です。そいつ、一滴も、飲まんしなと。

いやね、明日の話。
なるは、過日、ケータイに電話一発。えの、誰様怪なと。
固定電話から、での、登録してませんの先様での。
イヤ、冒頭、「郁文中学校」のと、云々のと。Fですと。嗚呼、左様<さよ>かと。

何の用事哉と、なればの、物故者、担任の先生始めの、結構居てね。生徒では、男で、3名、女子で、2名。
男の、2名なんか、40代で、でして。へえと。
おまけで、優秀、頭脳がや。学業成績がや。大阪大学のと、東京大学でして。今年、更に、一名、コレ、京都大学やでと。

秀才で、頭、賢くともの、早死にではなと。勿体無いなあ。我々、アホで、良かったなと。
までの、話、してへんのけどや。この面々の、追悼しやへん怪と。まあな、して、悪い事、無いのけどや。
追悼、黙祷と、なればの、デハ、皆様、古希を記念しての乾杯と。申した後で、追悼、黙祷、数秒も、異なるでの。

順番、逆の、冒頭から、これだけの面々、亡くなってましての、冥福祈って、黙祷、ン秒。しかる後、デハの、気分替えての、古希云々での、乾杯をと。
にでも、なるの怪と。
イヤ、電話では、その手の事、云うてえへんのけどや。

デヤ、オッとの、そやなあと。
古希で、乾杯。
物故者には、献杯でと。
それで、やろ怪、ええなあと、たたの今、思い付いたわ。これで、決定やなと。


ででや。
当方、一応は、幹事故。
元々、あるの、作成してるの、名簿持参予定でね。
名簿も、現住所等々、先の、物故者も明記しててね。同窓会の案内状出したの面々と、結果、往信あったのと。無いのと。宛先不明者も、記載してまして。

これを、ネタにしよ怪なと。
イヤ、当方、参加の同窓会では、必ずの、とまでは、語弊の、記録見たなら、「1993年3月」なるが、初版。
以降、往信無し等々、住所不明と、その当時、既に、判明の、物故者のメモ書きしてまして。
さもなくばの、正直、申しの、葉書代勿体無いわと。且つは、住所不明の、には、出せへんしと。

イヤイヤ、初版なるを、同窓会で、配ったかは、定かには、記憶してんへんのけどや。改訂版からは、配ってるなと。
それは、「2008年12月」としてるが故、15年程は、中学のは、してへんになるの哉と。
イヤイヤ、同窓会の時、配布のため、改訂してるで無いのけどや。あくまでもの、幹事としての、案内状発行がための、備忘録的、住所禄。

但し、これを、作成してるが故、幹事で、案内状発行役になるの鴨なと。イヤ、一向にの、構わんのけどや。
パソコンにての、ちょいちょいと、印刷出来るが故と。

いやな、このところ、中学校のも、毎年やってるので無い怪なあと。昨年なるは、当方、諸般で、欠席なれどです。案内状のみ、発行役引き受けたのけどや。
よて、面々と、顔合わせるも、精々が、2年ブリ哉と。

ついでになら、内の一名なら、その間にも、顔合わせてるですが。
イヤイヤ、何ちゅうかの、高校の同窓会で、ミニミニの、ミニ同窓会なれどの。京都駅中央口で、皆が集まるを、ミノル君と、一緒に、待ってたならばの。
突然の、この幹事の1人、女性なれどの、ばったりとで、へえと。

この時、この、同窓会の件、チラと。
その時には、一泊でも、してと。との話で、へえと。
へえも、実は、メールか、この方、諸般、才能あっての、絵を画廊に出展してての、その展示会の案内状呉れるが故、その期間に、画廊に訪問致し。

そこでも、この件、同窓会の件、聞かされたり、してね。概ねなら、承知してるのけどや。
結果的、明日のは、「リーガ・ロイヤルホテル京都」。旧の、「京都グランド・ホテル」なれどの、新装開店の、中華料理屋、「皇家龍鳳<こうかりゅうほう>」に相成ったわと。
一泊が、一時に変更なれどです。

幹事の1人、男なれどの、それが、ここに、勤めてたが故でして。
イヤ、一向にの、構わんわと。
只なの、少々の、会費、値が張って。
ソラなの、中華料理は、値高いわと。されどの、一泊してるよりは、安いなと。

オッとの、そんな事で、明日は、朝2番、3番哉の、12時現地集合でね。当方、幹事故、早めにと。
(16/10/23)


NO.1839 本日開催の、郁文中学3年2組の同窓会の話

斯くなるでの。
とりあえずは、チラと、古希を記念しての、郁文中学3年2組の同窓会の話をと。
同窓会には、間違い無いけれどの、幹事4名に、加えての、2名の参加での。堀川高校3年8組の、男ばかりの、ミニミニの、ミニ同窓会と、人数一緒でね。

ソレ、云うたら、大学の同期の北海道旅行も、ソラ、こちから、伊丹空港から出発なるは、5名やけどや。現地での、同窓会、同窓会とは、銘打って無いけれどのは、7名やでと。
まあな、同窓会も、来るのは、来るし、来んのは、来んし。
されどの、過年の、郁文のは、十数名、参加したの哉と。云うたって、女子主体でねえ。女子の方が、現住所、よお、分かっててね。
男子は、殆どが、分からんなと。

理由明白の、当方と一緒で、男子なるは、ズボラなだけで、その内、引っ越し重ねの、いよいよの、現住所不明になるの哉と。
どちにしたって、来るのは、来るし、来んのは、来んし。集まるの顔ぶれ、殆ど一緒。
此度、目玉商品、あらへんでね。
目玉商品とは、初参加なりのヤツ。

でや、正直、少々、草臥れたです。
当日、本日<10月23日>、12時集合。当方、幹事故、11時には、京都駅到着の。喫煙コーナーにての、タバコでも一本吸うてから、テクシーにて、ユックリ、ユックリの、それでも、「リーガ・ロイヤルホテル京都」には、半には着いたの哉の。
マダ、30分もあるなあと。コマツタなと。

いやね、先に云うてもたらの、F君の提案、物故者の、追悼しやへん怪は、その旨、冒頭、皆に伝え。
彼、申すに、黙祷でもしてと。との、提案なれどの、悪いけどの、黙祷もなと。
矢っ張り、ここは、一応、古希を記念が主のため、まずは、「古希を記念しての乾杯」。しかる後、「物故者に対しの、献杯」で、やろ怪なと、申しの、ンのそやなあと、賛同得て。

の、程度で、ここは、収めるです。
いやね、同窓会そのものは、何時やろなあ。時計見てへんしで、分からんのけどや。
多分なら、会場としたの、「皇家龍鳳<こうかりゅうほう>」には、3時間程、居たの哉の。
場所替え、喫茶コーナー、ホテルのや。コーヒー飲みの、ダベリングしての、解散したは、16時半頃やろ哉の。とりあえずは、帰宅、我が家に到着、嫁はんの迎えしてもろての、17時45分頃。

の、程度で、止め置くの。
気が向けば、後日にでも、中身、チラと、でも、致す鴨。
(16/10/24)


NO.1840 2016年の本神輿奉仕参加の話(4)

昨日の、今日<10月24日>。
葉書一枚、着弾。

イヤ、昨日同窓会で、会おてるの1人、女性なれどの、個展<3人会>、開催の通知。
イヤイヤ、昨日には、その話、一言も出てへんでね。日は、11月の、15日から、20日ですて。へえと。
イヤ、開催なら、その都度と、するのか、このところ、毎年開催されてまして。

当方、その手、絵に趣味無く。
とまでは、申さんですが。この辺り、下手に掲載もと。イヤイヤ、誤解無きよにの、如何様に申せばの、表現難しい故、矢張り、止めとくですが。

基本、案内状届けば、必ず、顔出してるです。
一度だけ、パスしたは、丁度の、その時、次男の結婚式と、重なってもてね。
されどの、期せずしての、その画廊の真ん前、タクシーにて、イヤ、ハイヤーにて、次男と一緒に通過してるわと。
そら、平安神宮、神宮道沿いにあるの、画廊、「唯」でして。毎回、そこでして。


オッとの、いよいよの、神輿の話の続きをと。
ええ加減、話、一つでもを、完結させませんとと。皆、中途半端になてまうわと。

でや、当日、神輿の日には、次男一家、来てるは承知してるです。
神社に出るの、屋台と、するのか、縁日の出店をチョと、見せたりたいと。次男家、孫君3号にや。次男夫婦がや。

こちは、「太田」に着いた時には、足がなと。
先の通りの、小石が地下足袋の中に、紛れ込んだか、兎に角、痛いしなあ。「太田」の目玉、おむすび喰うもパスしての、地下足袋脱いで、点検方々、「BAND-AID」貼ったり、「保護フィルム」をと。

イヤ、初回、既に、「南金岐」で、点検、貼ってるですが。
全然の、改善しやへんでね。
更には、その次の、接待所、「北金岐」でも、「小金岐」でも、でして。

まあな、「小金岐」での、処置で、可成り改善したのけどや。決定的でも、無くて。
要は、小石が云々で無く、地下足袋か、靴下に問題有り鴨なと。思えど、僅かなるの、休憩時間、5分程度では、でも出来ず。
まさかの、地下足袋脱ぐも、靴下止めるの訳にもなと。

後の、道中、我慢、ガマンの、ガマンしとかな、仕方があらへんわの。
さての、我が町内会の手前の、接待所はねえ。ここだけの話、でも無いの。所謂の、休憩出来るの場所あらへんでして。
要は、適当にの、そこらで、立ったままで、時間潰しやねえ。

いやな、大抵ならばの、会議所のそばには、公園なりが、或いは、道端にでも、座れるの場所あるけどや。そこは、住宅街で、公園無くて。
ある鴨の、場所、知らんしなと。知ってても、会議所の遠くなら、行けへんし。休憩出来るの広さあるなら、そこで、接待するやろしと。

オッとの、そんな事で、そこも出発の。
さての、次、我が町内会での。
大体は、例年ならばの、役員なりが、さあ、乗れと、神輿に、なれどの、指示あらへんでね。
どする兵衛と、思てたならばの、突然に、さあと。へえと。

此度、諸般、手順なり、例年とは、違てね。
役員と、するのか、リーダー格のが、慣れて無いもあってね。
総勢、奉仕参加者、多いの割には、ベテランがと。

よて、お陰様で、走らされるの場所、距離も、若干の短くて、助かるですが。
その反面、先の通りの、乗ってええのか、アカンの怪と。余所の町内会のは、自分に無関係故、気にも、してへんの、けどや。

どちにしたって、我が町内会の面々、3人、サと、乗ってもてね。
本来ならばの、角々、四隅故、4人なら、丁度の、宜しいの、けどや。もたもたも、出来ん故に、既に、2人、乗ってるの方に、当方、駆け上がり。

いやな、そこは、当方、何度も、経験してるが故、ちょいちょいと。
ほんまやでの、初心者なら、乗り方、分からんわいと。
いやね、足場、幕で、隠れてまして。その幕をめくらずの、足場に、足掛けるのバカ、居てるが故、幕破れたの事、あって。
新調されたの、ン十万円の幕がと、評判になったわと。


オトトの、そんな事で、我が町内会なれどの、ンの、我が家の前には、嫁はんと、長男一家、居ててね。
イヤイヤ、初心者の頃、初心者に、毛が生えたの、2回目、3回目なら、余裕なんか、あらへんのけどや。最早の、何回もの、まあ、云うたら、ベテランでして。
当方がや。
神輿の上から、皆に、手ぇ振って。

思てる、やてるの内にも、そんなに広いの、町内会でもあらへんしで、すぐにも、我が町内会の会議所、公園でして。
イヤイヤ、当然の、そこまでの、道中、見物人には、手ぇ振ってるわいと。
云うたら、スター気分。
とまでの、大袈裟で無いのけどや。

実は、そんな気分、更々にあらへんでね。当方はや。
反対には、見物してて、法被着た、奉仕参加者に知り合いが居て。手でも、振って呉れ鱈の、コレ、挨拶でして。
全くの、知ったのが、居てんよりは、居て、手ぇ振って呉れたら、嬉しいわと。
とは、当然の、当方的感覚での。

再度の、くどいけどの。
動いてるの、神輿の上に乗って、手ぇ振るなんか、なかなかに、出来ひんわと。
下手したら、しがみついて、落とされん、落ちんよに、してるが精一杯哉と。

まあ、神輿から、落ちたは、知らんのけどや。
むしろの、神輿から、降りるの時、上から、飛び降りたりしてもての、転けての、怪我するのが、居てるの話、聞いてるですが。
あくまでも、聞いてるの範疇。
(16/10/25)



inserted by FC2 system